5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

21世紀まで生き残った知の老人A・C・クラーク

1 :楽園の能天気:2001/08/07(火) 17:05
「知の巨人アイザック・アシモフ」ってスレもあることだし、
ハインライン、アシモフを送り出し、ただ一人生き残っている、
子供買春疑惑でナイトの称号の授与が延期された、
知の老人、アーサー・C・クラークも語ろう

2 :楽園の能天気:2001/08/07(火) 17:26
自分で自分にレス
「知の老人」じゃなくって「恥の老人だった」

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 17:47
いいんだよ、やつはそろそろスターチャイルドになるんだから

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 22:37
全然、未来予測当たってないんですけど。
火星到達は何時になるんだぁ

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 22:51
>子供買春疑惑でナイトの称号の授与が延期された、
>知の老人、アーサー・C・クラークも語ろう
痴の老人? 恥の老人?
でもいまではサー・アーサー。

6 : :2001/08/12(日) 09:20
かれは、ラテン語が読めるのか?

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/12(日) 12:10
御三家で一番好きだよ。
他の二人はある意味SF作家ではない。

8 :名無しさん@DQS:2001/08/12(日) 14:30
「宇宙文明論」が読みたい。早川さん再版してよ。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/12(日) 14:32
つーか、もうボケてるんだろ?
小松と同じでさ
そういえば、レムはどうなんだ?

10 :楽園の能天気:2001/08/12(日) 15:53
「宇宙文明論」持っているよ。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/12(日) 16:31
>6
>かれは、ラテン語が読めるのか?
ラテン語ってのは、ある意味ヨーロッパの教養人にとっては
日本の教養人にとっての漢文みたいなもんじゃないかな。
つまり、すらすら読みこなせなくても、ちょっと引用とかできればかっこがつく。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/12(日) 17:26
「宇宙文明論」俺を者にした一冊。
すでに80年代、月面着陸も人力飛行も成功し英国は脱落
核融合の見込みは立たず、火星人は居らず
内容は殆ど過去のものとなっていたにも拘らずハマった。
もっかい読みたいよー!
あ、アシモフの「空想天文学入門」もね。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/14(火) 12:45
クラークがゲイだとはじめて知ったときはマジに驚いた。
ディレイニーがゲイだと知ったときには全然驚かなかったが。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/14(火) 12:47
ゲイじゃなくてペドじゃなかったの?

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/14(火) 13:00
少年買春なので、ショタです。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/16(木) 13:35
セイロンって、少年売春には厳しい国なんだけどね…

17 : :2001/08/16(木) 14:20
ペドってショタにも当てはまるの?

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 21:06
>>16
じゃあ、少女売春には寛容なのか?

19 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/08/24(金) 21:14
恥スレになってきた

20 :楽園の能天気:2001/08/25(土) 11:36
アシモフの「空想天文学入門」は古本屋で5回くらい見たことがある。
一度なくしたので二度買った。
「宇宙文明論」は後にも先にも一度だけ。
某デパートの古本市で500円で初版本を購入したときは嬉しかった。
昔、日比谷図書館の蔵書にあるので、奥から出してもらって読んだ。
今でも、あるんじゃないかな?。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/09 11:19
>>19
そうかも知れない。
もっと誇りを持て。

22 :名無しさん@ドキュン:01/09/09 11:31
>ペドってショタにも当てはまるの?

はい。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 17:52
>>9
レムは生きているけど、カフカで隠居生活。
クラークと違って、引退を撤回しない。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 21:04
結局、スターチャイルドやオーバーマインドに犯された子供達も、
クラークちゃんの想像プレイの産物だったんちゅか?

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 23:04
か、どうかがわかるかどうか。
N○Kの「夢伝説」でクラークの特集あり。

26 :楽園の能天気 :01/09/12 10:19
>>25
それいつやるの?。

27 ::01/09/12 23:38
>>26
ttp://www.nhk.or.jp/tempo/yumedensetsu/

28 :楽園の能天気:01/09/13 10:14
>>27
あんがと。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/16 18:56
ttp://www.geocities.com/jcsherwood/ACClinks2.htm
(米サイトだが)はためいてるよ、スターズアンドストライプスが。
全米で星条旗売り切れ続出だそうです。

30 :ランデブー名無し:01/09/17 23:45
>>27のWebでの昨日までの予定では
9/17(月)ジャニス・ジョプリン
10/1(月)アーサー・C・クラーク
10/15(月)マレーネ・ディートリッヒ
だから順調なら10/15に順延だがその前に報復攻撃ありそうだから
とうぶん無理か.2001年じゅうに放映できないかも.

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 05:16
http://news.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=1001876617
クラークがノーベル文学賞受賞するとか言う噂がとびかってるのだが…

32 : :01/10/01 05:26
速報〓ノーベル文学賞決定!〓速報
http://news.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=1001876617

本当だろうか…

33 :32:01/10/01 05:27
>>31
あ、先越されてた。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 16:21
Vere? Voro credere.Sed non possum accipere certum responsum.

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 16:24
↑voroはvoloでした。スマソ。
クラークなるまでまって。
クラークを共にしたい。
ぼクラークはみんな生きている

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/01 19:22
確かさあ、ディックとレムも候補になった事あるんだよねえ。
筒井康隆は翻訳出来ないから無理か。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 05:53
クラークに逮捕歴があるって本当か?

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/02 21:35
>>7 みたいな意見もあるけど、僕にはクラークはまったくだめです。
だからって「クラークはある意味SF作家とはいえない」とはいわないけど。
でも、日本でかれがえらい人気がある、というかずいぶん評価されてるのは、
なぜ?とは思う。
ぼくはかつてのビッグ3のなかではアシモフが一番好きで、
ハインラインが一番おもしろい、
つーかある時期までは彼が一番頭がいい人だったと思うんだけど。
ま、とはいえアシモフも小説はあまり読んでないし、
ハインラインも後期のものでは「ヨブ」ぐらいしか読めないけど。
僕がクラークの作品で面白いと思ったのはいくつかの短編と「楽園の日々」ぐらいで、
繰り返し読んだのは「楽園の日々」だけ。
勿論そんな人間なのでクラークの作品は数、読んでませんけど。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/03 19:46
すまん、ハイラインのどこらへんが良いのか教えてくれないと、話し合い出来ないよ。

因みに、私はクラークが好き。次がアシモフ。
ハイラインは「宇宙の孤児」と「夏への扉」しか読んだ事ないが、どっちも物凄くマッチョ
で厭になった。

40 :名無しさん@ドキュン:01/10/03 21:04
ハインラインとM・Z・ブラッドリーが好きですが何か?
38は文中で逃げを打ちまくってっるので放置推奨。

41 :くらあく・げえぶる:01/10/04 18:43
ともかくノーブラ賞とったら、年末は大祝いぢゃ!
2001年にとるなんてそりゃイキな。
是非12月25日、ロッド・サーリングの誕生日に、
みんなで骨をほうりなげて祝おう!!!!

42 :sss:01/10/04 19:14
http://zzz777.room.ne.jp/~erodouga/

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/06 20:23
速報板のスレは持ちこたえられずdat逝きになってるな
 この前候補に挙がったのが94年だったから7年振りかな

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/06 20:38
>38
少なくとも読んでから言え。
私は多分翻訳されたもののうち9割以上は読んだと思う。その上で。

ハインラインは、何度か行き詰まって路線を変えた。そのたびに引いてしまった。
アシモフは、壮大なネタと言われる割には軽い。だから読みやすい。
クラークは、この年になってやっとわかってきた。多分、今はいちばん好き。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/10 01:03
ストックホルム・スウェーデンアカデミー によれば
発表は10月11日木曜午後1時(日本時間午後9時)だそうだ

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/10 22:47
>>45
おお? 期待していいのかな?

47 :古参伍長:01/10/11 21:19
ちぇ。
やっぱりガセだったか。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/13 17:59
10月15日(月) アーサー・C・クラーク 〜未来と人類の予言者
   1945年世界で初めて通信衛星の構想を発表したSF作家のアーサー・C・クラーク。映画「2001年宇宙の旅」などの作品に込められた彼の宇宙哲学を、作家の高橋源一郎と映画監督の大森一樹が読み解いていく。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/14 03:21
クラークの作品には、他の2者を凌駕する
神秘的な宇宙観、大げさに言えば神々しさがある。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/14 04:24
>>38
宇宙のランデブー(続編はだめだが)はどう?
個人的にはものすごく「面白い」と思うが・・・。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 20:14
NHKで今晩23:00から放映age

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 22:37
そろそろだな。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 23:01
25分からだってさ。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 23:02
アフガン、自衛隊派遣、誘拐事件やらの影響か。
予定変更だとよ……

55 :54:01/10/15 23:03
>53
良かった。このまま風呂入ろうかと思ってたよ。
ありがとー。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 23:29
よりによって大森一樹かよ……なんちゅー人選じゃ。

57 :56:01/10/15 23:31
ナレーションがピーターなのは納得だが(藁

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 23:36
しかもvtrは3年前教育でやった「知への旅」(BBC97年)の使い回し
だしさあ……馬鹿野郎!NHK!受信料返せや!

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 23:40
コメンテーターの選び方まちがってる気がする。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 23:47
だからさ、ジュースは重力でもどったんじゃなくて、入れ物の弾性でもどったんだYO

2001年ネタばかりというのもどうかと。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 23:55
宇宙エレベーター>「トップをねらえ!」?

62 :信者:01/10/16 00:20
ケツの60秒だけ録った。

63 :海底ボクJOE :01/10/16 00:27
TV画面に「ハードSF」って語が出る事自体
10年に1回くらいじゃなかろうか.

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 00:39
SFって言葉を一つの番組の中であれだけ聞くのも
珍しいのでは。

65 :  :01/10/16 01:07
トップをねらえのやつはエレベーターというよりロープウェイかな

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 04:42
つまんねぇな。なんかSFをどこかでバカにしてるみたい。
科学者みたいですねって、まるで科学者の方が上みたいじゃん。

クラークはキングズカレッジ首席卒業してんだよ。

科学の素人だけど、素人だからこそ夢と希望と予知力が凄い人みたいな描き方。

石原藤夫の本を土台にして欲しかったな。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 04:43
後、通信衛星についても、単なる予測とか思いつき
じゃなくて、学術誌に
載った科学論文だからね。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 06:27
特許とかはとったの?
例の静止軌道の通信衛星というアイディアは?

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 11:04
特許、取っておけばよかったな〜というオチでした。

70 :あげ:01/10/17 00:32
クラークはいいね

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/17 06:14
特許とってても期限切れてた。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/17 09:27
なんで素直に「知の巨人」て
かかねんだタイトル

73 : :01/10/17 16:09
2を参照。

スレ立てた人がアシモフスレに対抗して「恥の老人」としようとしたものの、
間違えて自分が恥さらしたんだよ。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/17 20:15
アシモフ、ハインラインの方が御三家では好きだけど、
正統SFとかハードSFというとクラークだよね。
アシモフはちょっと軽いし、ハインラインは言わずもがな。

75 :  :01/10/17 21:36
彼がいつスターチャイルドになるか教えれ

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/18 13:33
漏れは35歳だが、クラークから日本へのメッセージで、
「人類の未来には無限の可能性が広がっている」
のせりふを聞いて、ショックを受けたよ。
子供の頃は、けっこうよく聞いたせりふだった気がするが

77 :1:01/11/04 14:57
age

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/04 15:13
「未来のプロファイル」重版記念age

79 :名無しさん@ドキュン:01/11/04 17:15
いまさらこの人がペシミズムに浸られても困るしな>>76

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 05:19
「宇宙のランデブー」が、3Dバリバリのゲームになったらいいのになぁ。
HalfLifeや、DOOMみたいに探検できたりして。

初めて読んだときは思わず外に出て直径50Kmの円筒を想像して
目が回りそうな気分になった。

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/11 09:17
>80
ネタ?
あるよ、ゲーム。ヘボヘボだけど。タイトルはまんま「Rama」で。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/12 11:30
最近『幼年期の終わり』を読んだのですが、他に何かお勧めがあったら教えて下さい

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/15 22:21
>82
「遥かなる地球の歌」なんか大好きですが。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/16 23:34
ジャニー・倉悪

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 20:28
確か「2061年」の最後で、ヘイウッド・フロイド博士もモノリスに取り込まれたと
記憶してるんだけど記憶違いですかね?
「3001年」ではまったく触れられてない。
クラークボケてる?
それとも俺?

86 :短編のファンです。:01/11/18 20:36
>82
楽園の泉が、かつかつ面白いかと。
そのあと発表された、あれとかそれとかは、
頭うっておかしくなったとおもわれます。
特に合作関係はすべて避けたほうが、いいと思われます。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 20:41
>>82
聖書

88 :名無しSUN:01/11/18 21:34
「太陽系最後の日」とか>>82

89 :れーるがん・ふぇち:01/11/18 22:40
>>88
ぞくぞくする話だよね。
ご本人はこの話を褒められるのが嫌らしいけど(w

90 :オーバーテクナナシー:01/11/18 23:32
クラークは短編がイイ、と言うとヤパーリ御本人は不機嫌になる?

91 :れーるがん・ふぇち:01/11/18 23:39
>>90
クラーク氏の最初の作品なんで、この作品が最高傑作だと
よく言われるらしいんだけど、じゃぁ全然進歩してないのかと
思ってしまうって

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/20 23:29
>>85
 本人が「完全な続編ではない」って言っているから
多少目をつぶっていいのでは?
新しい発見を取り入れているだけのはずだが・・・
面白いから気にしない。

93 :85:01/11/21 23:56
>92
「完全な続編ではない」って言ってんですか・・・。
ちゃんと本の中でも言い訳しろっての。あんなけ延々後書き書いてんだから。
っていうかすでに重要な科学的発見は終わってて、1000年後の未来も
基本的に今の価値観でOKって、世間一般では常識なんですかね?

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/22 00:33
>93
頭固いなぁ。
「2010年」の終わりで20001年とやってたのが3001年になったところで
「あ、設定変更したんだな」と察して気楽に読めばいいやんか。
現実の歴史じゃあるまいし、なんでそうガチガチの整合性求めるんだか。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/22 00:44
小説の「2010年」だって小説の「2001年」の完全な続編じゃない品(藁

96 :オーバーテクナナシー:01/11/22 14:05
老人のやる事にあまり目くじら立てなくてもいいだろう、と思う。

97 :85:01/11/22 20:58
ううっ・・。俺って頭固いのか。
「2010年」が小説の続編でないのは、作品上で断り入れるから受け入れてるし、
20001年だって「3001年」より後のことだから「またそのうちフォローするんじゃないの?」ぐらいに思ってるんだけど。
設定変更するのは別にいいんだけど、なんのフォローもないのがいやなの。

>現実の歴史じゃあるまいし、なんでそうガチガチの整合性求めるんだか。現実の歴史じゃあるまいし、なんでそうガチガチの整合性求めるんだか。
「3001年」の主人公がモノリスにいないなんて結構大きな設定変更だと思うけど。

98 :楽園の能天気:01/12/16 16:12
続編はいつもご都合主義でしょう。
T2だって、悪役が正義の味方に変わり身しちゃうし。
深く考えたら整合性のある続編を見つけるのが大変ですよ。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/20 01:47
別々の作品だから
2061年のエピローグに国連入口に設置されたモノリスが消失ってあるのに
3001年ではどっかいっちゃったって、設定になるんじゃないかYO!

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/20 01:50
http://www.max.hi-ho.ne.jp/~http/

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/20 01:57
いっその事「さらば宇宙の旅」とか「宇宙の旅よ永遠(とわ)に」とか
分かりやすいタイトルつけて貰えば簡単に諦められたのにな。

102 :マザン侯爵:01/12/20 15:42
としとるとよぉ
だんだん「物語」ってのが気にならなくなるみたいだな。
映画でも黒澤とかフェリーニとか。気持ちイイけどスッカスカ。
「3001」も盲腸炎で入院していたワシにとっては
老人の寝言みたいで楽しかったよ。
なかなか地球に帰れないところが「オデッセイア」の基本をふまえてる程度かな。

103 :それにしても:01/12/21 07:03
「3001」って、普通の人が読むと本当に31世紀の話だと思えるのかね。
SF読みからすると、せいぜい24世紀くらいの社会・テクノロジーとしか思えないだろう。
1000年後の未来が現代と大して変わってなくても、それはそれでいいんだが、
「なぜ変わらなかったのか」少しは説明してほしかった。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/21 07:37
その半端な24という数字にしたのに、妙なこだわりを感じるのだが…(笑

たしかに、あまり変わってなかったな。1000年後ならもっと宇宙空間利用がバリバリで
月なんか人工物でぎっしりで、交通手段は転送ビームぐらいになっててもよさそうだ。
当然、不老長寿は実現してるだろうし、人工変異させた異形の人達がウヨウヨいそうだな。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/21 09:30
クラークのエロ描写はナカナカ良い。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/28 00:44
新刊「トリガー」読んだ人の感想希望。
キュービー・マクダウェルとの合作はべつにいいんだけど、訳者が冬川亘ってのがどうも…
「遥かなる日々の光」は読むのが辛かった。だからまだ買ってない。
やっぱりクラークは伊藤典夫訳がいいなあ。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/28 01:05
>>106
冬川亘って、上手いと思ってたんですが。SFマガジンで初訳された「200周年を
迎えた男」(アジモフ)なんか絶品でしたよ。元来、クラークの文体が固いってのは
あると思うんですが、どうでしょう?

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/28 01:37
「トリガー」いま(下)のまんなかへん読んでます。
SFっていうより、政治とか法廷もののミステリっぽいと思いつつ読んでたけど、
ようやく量子力学とか出てきてとんでもな話になっていきそう。
世界にパラダイムシフトがどんなふうに起こっていくか、そのとき科学者は、
というのをけっこうまじめに予測している、という感じ。
イーガンなんかはもうすべてがぶっとんでる感じだけど、地道というか。
クラークは4部作しか読んでないんですけど、他のおすすめは?
いっぱいあって分らないので、よかったら教えてください。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/28 12:06
初期短編はすべてお薦め。

合作ものは敬遠した方がいい。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/28 13:08
>>108
あらすじ見てキュービー・マクダウェルのtriad三部作の焼き直しのような予感がしたんだけど・・・

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/28 13:32
>>108
>>109
つーか、クラークの初期短編はSFの基礎教養だと思っていたのだが。
時代が変わったのかねえ…… って、26なんだが。

とりあえず、「明日にとどく」収録の「太陽系最後の日」は必読。
文体がかたかろーが作りが古くさかろーが、名作にャ違いないというのが
実感できるよマジで。

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 00:46
このあいだ「レッドマーズ」読んだ勢いで「火星の砂」を読み返したけど、
さすがにちょっとつらい…
現代SFよりむしろヴェルヌやウェルズに近いように感じた。
書かれた年代を考えると無理もないか。
俺にはそれなりに面白かったけど、中学生あたりが読んだら
「古くさい」の一言で片付けられちゃうかも。

宇宙エレベーター萌えの俺としては、「楽園の泉」を推薦しておく。

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 20:16
『楽園の泉』とくれば、アイデアの同時発生で有名なシェフィールドの『星ぼしに架ける橋』も
読まずばなるまい。

絶版かつ入手困難だけど・・・・・・

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 22:02
ポピュラーサイエンスの前々号に、
火星探査機が最近送信してきた火星表面の写真を見て、
「99パーセント、これは木だ」
とクラーク御大が主張・・・・との記事が掲載されていました。

気持ちはわかるけど・・・年をとるということは哀しい。
願望がローウェルの視覚を狂わせたように、クラークも又・・
ということでしょうか。

ちょっとショックでした・・。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 23:05
それで本当に火星に木があったら笑える。
#樹形フラクタル模様(そんなのがあるのかは知らんが)が表面に走っている、とかではなくて?

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/30 00:38
>>114
木ならまだイイジャン。

「この黒い影は99%、モノリスだ」
て言いだしたら、お迎えは近いと思われ。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/31 10:32
>>106
 他のスレに書いちゃったけど、未消化で未昇華。
 思考実験が薄すぎて真実味に欠ける。
 後半からラストなど、E級映画のそれのような流れ&落ちで「買ってはいけない」
級だと思う。

118 :106:02/01/02 01:30
>>107/108/117
ありがとうございます。
やはりクラークの合作に名作なし、ですか。
火薬が使えなくなるっていうアイデアは、小松左京が「明日泥棒」だか「ゴエモンのニッポン日記」だかで既にやってましたね。
結局中世風の軍隊が復活して槍騎兵が第一線兵器になる、というオチでしたが。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/02 15:46
>114
見て笑った。
でもクラークさんの気持ちもわからなくもない。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/01/04 02:30
>>114
1/3放送HiVision「火星はぼくらの惑星だ」(BS2:1/13放送)
でクラーク御大、あの相変わらずな執筆用PCのモニタ上NASA画像を指して
これは生命活動の証拠かもしれない.....て感じでおっしゃってましたョ.
この番組用コメント映像も わりと多め.
他に15分位のアニメ.クラーク書下ろし原作;いとうせいこう脚本

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/04 09:03
クラークってあんまりおもしろいと感じないんだけど、これって
もしかしたら大間違いなのかなあ。
 昔から、印象に残るのが少ない。
 「太陽系最後の日」にすべてが集約されちゃっているようで、
なんか後は、その惰性って感じもしないでもない。
 クラークの最大駄作と思っているのは「ライオンの棲む都市」
 ああ、このひと、ファンタジーは書けないだあ、なんか半端
じゃないかいと思ったんだけど。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/04 10:37
これは良く言われる話ですが、クラークの作品には「遠未来&哲学的」SFと
「近未来&技術的」SFの二つの流れがあります。「太陽系最後の日」は前者で
他に、「地球幼年期の終わり」なんかが有りますね。

何故か、日本ではこの遠未来SFが評価される事が多いようですが、私はクラークの
真骨頂は「近未来&技術」SFにあると思っています。高精度に考え抜かれた技術予測と
建造物等の壮大緻密なイメージ。また科学的考察に裏付けられたストーリ。
つまり本当の「サイエンス」・フィクションなわけです。その意味で「楽園の泉」は
クラークの最高傑作だと思いますよ。

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/04 11:29
その分類はイイね。
近未来ものだと「海底牧場」なんかもイイと思う。決して最高傑作ではないが。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/04 18:21
>>122 さんの分類は的確。

ただ、SF小説ではないが、クラークの「未来のプロフィル」
は技術予測者としてのクラークの真骨頂だとおもう。
工房の頃読んで、その後進路を変えてしまったのだが・・。

125 :122:02/01/05 00:13
いや、私もどこかで見て、なるほどと思った区分けですから。

宇宙のランデブー(1973)、地球帝国(1975)、楽園の泉(1979)等を発表した
1970年代がクラークの近未来&技術SFの黄金期だと思います。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/05 00:46
一般的には、映画とセットで「2001年」が代表作になるのかな。
実は自分も一番好きだったりして。
122さんの言う区分け的には、両者を結びつけるような作品じゃないかと思うが。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/05 23:21
太陽系最後の日の序文に
これが私の最高傑作というなら私はここ何年も
下がり調子なのかって書いててワロタ。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/13 02:37
『火星はぼくらの惑星だ』BS11 本日放送 age

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/13 03:32
たしか「渦」とかいうようなタイトルだったと思うんだけど、短編で
月から地球に帰還するのにお金を節約するために貨物用のリニアアクセラレータに
乗り込み、事故であわや大惨事になるところを奇跡の脱出する話。これなんか
クラークの真骨頂だと思うんだよね。最後のワケの分からない状態、そしてその
オチがわかった瞬間のセンスオブワンダー、こういう作品は分かりやすい
ストーリーを書く才能と確かな科学知識の両方をもつクラークならではだと思う。
(分かりにくいストーリーと科学知識が合体するとレムになる)
なんというか、数学の問題が解けたときの壮快感をストーリーを読ませることで
体験させてもらえる感じというか。逆に言うと読み手が科学にあまり興味のない
場合、非常に陳腐なストーリー(しかもオチはあたかも数学の答えをただ字づらで
読むかのごとく脳みそに染み込んでこない)を読まされることになり、
「つまらない」ということになってしまうと思う

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/14 15:12
>128
ttp://www.onputan.com/cgi-bin/img/img-box/img20020114081906.jpg
クラークが監修した短編アニメの画像八軒

これの後編を松本零士が監修で作ってたんだけどこれがまたヒドくて…
髪の色以外が森雪とおんなじなキャラがでてきたりしてるし。
いきなりワープとかしてるし
クラークはともかく松本零士はSFの重鎮なのか

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/28 20:19
>>130
認めたくない現実だが、本人(松本零士)はそう思いこんでおるようだ。
合掌。

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 12:45
新作『トリガー』を本屋で見かけたのだが、カバー裏の梗概を見る限り、ガジェットの
アイデアがホーガンの『創世記機械』になんか似てるような気がした。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 13:15
牢屋からはいつ出獄したの?
相手の男の子はどうなったの?


134 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 14:22
>>133
いつの話やねん。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/31 14:41
>>134
去年の秋


136 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 10:08
割り込み申し訳ありません。
今 雑談スレで 左のメニューの SF板を SF&FT板に変更して
もらえないか? という話をしてるんですわ、 オッケーならばいいけど
もし ダメだーという人が居れば、今のうちに雑談スレで反論しておいてね。
■■■雑談・質問@SF板 ver.4 ■■■
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/sf/1007627586/388-

私的には、看板はすでにそうなってるし、メニューの名称変更は問題ない
んじゃないのというスタンス。

といくことでよろしくお願いいたしますね。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 14:15
>136
むしろ、「ファンタジー禁止」を明確にするのが筋というもの

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/01 23:54
「幼年期の終わり」が映画化!
http://www.aint-it-cool-news.com/display.cgi?id=11401

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 00:28
age

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 13:27
ラ板との区別がきっちりしてればSF/FT板でも問題ないと俺は思うが

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/03 14:30
FTとライトノベルは実質的に区別不可能だと思うけど

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 19:02
クラーク氏にメールで聞いて見るってのはどうだろう

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/05 19:09
>>1さぁ、ちょっと聞いてくれない?
僕の厨房時代はバンド活動に夢中になり始めた頃だ。
あの時代にはビートルズが絶大な人気を誇っていて、ギャル達はこぞって
キャーキャーワイワイ、時に失神して口から泡を吹きながら
のたうちまわっていた時代だったのだ。
ヤッホー、僕もギャルにキャーキャー騒がれたーい!そう叫んだとたんに
厨房の僕は親の金をくすね、エレキギターを買っていた。
そしてギャル達が僕の奏でる魅惑のサウンドに酔いしれ絶叫する姿が、
頭の中で大気圏突入くらいのスピードで回転運動していたのだった。
そしてその時から血のにじむ、汗の滴り落ちる、
「僕、ギターに命懸けるんだもんね」的猛練習が始まったのである。
厨房3年で友達3人で作ったグループの初ステージはクラスで行った、
クリスマス会出演だった。その卓越した演奏ぶりは学校中の話題になり、
他のクラスからも出演依頼が殺到したのだった。今思えばあの時代は、
今の僕にいろんな影響を与えてくれた一番輝いていた時代だったのかなあと
しみじみ思うのである。




144 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 00:36

ふーん、よかったね。   …誤爆?それともコピペ晒し?

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 02:50
When a distinguished but elderly scientist states that something is possible he is almost certainly right.
When he states that something is impossible, he is very probably wrong.

The only way of discovering the limits of the possible is to venture a little way past them into the impossible.

Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.



146 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 02:52
まだ、セイロン島にいるの?

147 :保全カキコ:02/04/12 16:02
>146 ずっと、居てはるんやない?

148 :ちょいとごめんよ:02/04/29 10:24
「幼年期の終わり」スレが落ちちゃったんで、保全上げです。
ねたもないのに、すまぬ。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/30 17:07
保つべし
全てのスレ

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/06 22:15
ワールドカップの審判どもをパンフレット光線で焼き頃したいです

151 :楽園の泉:02/06/16 01:47
最近読みました!

楽園までは50リーグ・・・でしたっけ?

スリランカ、もといタブロバニーに行きたくなっちゃいました。

ってなわけで、age

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/16 12:19
グランドバンクスの幻影も面白かったな。
クラークの典型的技術系SFだね。
合間にちりばめられた人間ドラマは、クラーク好きはいやかも。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/19 00:21
やっぱりパンフレット光線で(以下略

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/19 06:01
>153
トルコ戦には、ベルギー戦と違い、パンフ光線を放つ要素はなかったと思います。
このスレで、アンフェアなことばかり書いていると、全てのクラークファンが
ずるい奴だと思われそうなので、良くないと思います。反省してください。

それはそうと、サッカーボールに収まる誘導ミサイルを(以下略

155 :153:02/06/22 00:57
>>154
いや韓伊戦のことでして・・・

しまった。
夜だとどうせパンフ光線使えないじゃんギャー
ついでに失明レーザーも発射してるのでギャワー

156 :153:02/06/23 01:12
アルマダの皆さんごめんなさい
今日は曇っててパンフ(以下略

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/05 12:35
最近、幼年期の終わりを読んだ初心者です。
いやー素晴らしい。圧倒的ですね。
よくアレだけ壮大なプロットを文庫1冊にまとめたものだ。
オーバーロード達の名前も良いですね。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/05 22:37
だね

159 :無名草子さん:02/07/06 00:37
クラークの作品はその思弁性によって古びていないと思う。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/07 12:40
すたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
ぁぁぁぁぁぁぁぁちゃいるどっ!

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 16:44
都市と星、結構好きなんだけど少数派?

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 17:31
>>161
おお、同士!

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 21:26
都市と星見つかりません。
古書店でも、ブクオフでも見つかりません。
太陽の書なみに、見つかりません。


164 :1:02/07/09 22:11
ココ最高でした。サンプルとかタダだし、ネタとしては使えると思います。
ちなみに僕はロリです、同士な人はいってください。
http://muke.up.to

165 :161:02/07/10 16:54
>>162
いいよね、あのスケールの広がり方とか。
まだ未読の方の為にも詳しくは書きませんが、個人的に一番映画化して欲しい。


166 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/11 22:34
前半は好きだが、後半風呂敷を広げ過ぎって印象だな、おれ。


167 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/13 03:48
>>165
だね。だね。
個人的に、一つ目小僧のロック外してく
マザーコンピューターの処理速度がたまんない。
それとマザーコンピュータ自体の描写も。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/13 19:08
今、宇宙のランデブー読んでます。
ラーマの氷を採集したところ。
展開早くて素敵。


169 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/13 19:19
>>168
俺がそれを読んだ当時、マーガリンのCMで
「ラーマ奥様インタビュー」っていうのが
あった。読んでた途中、それが頭から
ずっと離れなくて・・・(W

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/13 23:25
映画「インディペンデンス・デイ」って
「3001」パクったの?
単なる偶然?

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/17 19:44
3001がぱくり

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/17 20:31
>>171
そうなの?
オラてっきり、あのクソ映画がパクったもんだと
思ってたよ!

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/18 01:16
わかりにくい単語や表現に日本語の「るび」のふってあるruby文庫という
シリーズに『幼年期の終わり』があるよ。
一度も辞書引かずに読めた。こりゃいいよ。
もっと、sfもの出版してくれ。


174 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 02:38
>>168
4迄全部読んだけどオモシロカタ。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 09:29
どっちかっていうとしょうもない話の部類に入るけど
宇宙人がミッキーマウスのフィルムを見て「これが地球人なのか?」
と論議する話が好き

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 11:32
ハインライン……エンターテインメント
アシモフ……ミステリ
クラーク……小説になってない

正直こんな感じ。アイディアだけ楽しむ分にはよし。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 12:43
>>176
とりあえず、幼年期の終わりを30回読みなおせ。

178 :176:02/08/18 12:53
>>177
うむ。「幼年期の終わり」「都市と星」「2001年」は面白い。
あとはこれで小説のつもりかゴルァ! てのが多い。

179 :176:02/08/18 13:04
小説として見ると、登場人物のキャラが全く立っていないから、
誰も印象に残らない。「都市と星」の少年ぐらいしか思いつかない。
「海底牧場」のトラウマをもつ主人公もちょっと弱い。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 19:39
>176
うわあ、そういう見方もあるんだな。
自分は、小説的にはクラークが一番だと思うがなあ(ハインラインとアシモフがあんまり好きじゃない
ってのもあるが)。
あの、シンプルな科学と素朴なキャラクターからあれだけの詩情を生み出せるのは素晴らしいよ。
『渇きの海』とか『楽園の泉』等は分かり易くかつスリルに満ちていて、シナリオ構築も上手いと思うし。

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 19:55
キャラが立っていないというか、アイデアかプロットしかないというか…


182 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 20:09
俺は小説の形を借りたドキュメントを読んでる、って感じで読んでたが。
クラークの作品は。
あるいは透明な傍観者として現場を覗かせて貰っている感じ。

だからキャラクタがどうこうなんて感想は持たなかった。
例外が一人(?)あって、カレルレンなんだけど。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 20:49
HALも好き

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 21:05
一つ疑問なんだがジャンの密航計画は、実は
オーバーロード達には全部お見通しだったのかな?
見つかった時ぜんぜん驚いていなかったし、
カレルレンが事前に視察した時に聖書のヨナについて
言及したのがなんともわざとらしくて気になるんだけど・・



185 :コギャルとHな出会い:02/08/18 21:12
http://s1p.net/kado7net

 朝までから騒ぎ!!
   コギャル系
 コギャル〜熟女まで
   メル友
  i/j/PC/対応

女性の子もたくさん来てね
  激安携帯&情報
 各種スポ−ツ情報
全国女子高生制服集
  お金儲けみっけた
おしゃれ&女性に大人気
  ネイル情報

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/19 13:30
クラークは小説じゃない。詩だ。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/19 13:51
人によっては小説ではないらしく
詩としては二流くさい様に自分は思う


でも好きなんだわ、このペドさんの作品群は。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/23 00:22
これは小説だよ、ばか!

189 :176:02/08/23 01:49
漏れが書いた程度のことでスレが影響されるとは正直予想しなかった。
クラークは小説は下手だなんてことは百も承知だが、あのイマジネーション
は素晴らしい、で軽くいなされるかと思っていた。
アシモフスレでも当初粘着のアンチがいたが、反論百出だったし。
あ、もちろんあれは俺じゃないよ(w

>>178で面白いと言った3作は「遠未来・哲学的」だが(2001年はすでに
過去だが、テーマ的に)、これらは「人類」が主人公といってよいし、また
すでに指摘されているようにカレルレンやHALといった印象に残る「登場
人物」も出ている。こういうものはその他の登場人物が弱くてもあまり気に
ならない。

「近未来・技術的」のほうは、人物描写の弱さが気になる。彼らはクラーク
が描く未来世界の案内人的な役割しか果たしていない。「ジュラシック・
パーク」で、登場人物たちが恐竜復活のしくみを説明する映画を観るシーン
があるだろ? あの映画で説明役を務める「遺伝子くん」みたいなキャラが
いるが、あの程度の存在のように思えてしまう。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/24 19:16
>>189
正直、何を言いたいのか良く分からん。
カレルレンやHALが印象的っていうんなら、
クラークは小説が上手いってことで終了ではないのかな?
176の基準に照らしても。

>「近未来・技術的」のほうは、人物描写の弱さが気になる。

描写したいものが人物以外のものだったっつーことじゃないの?
それが気になるなら「176の趣味には合わない」ってだけの話。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/25 02:47
楽園の泉のおじさんが好き。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/26 00:24
白鹿亭綺譚のキャラはどれも好き。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/26 00:41
俺は楽園の泉をプロジェクトXの様に読んだ。
そして感動した。あれがエンジニアの生き様だとね。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/03 19:48
渇きの海に出てくる、ラグランジュ点のひねくれ科学者が好きだ。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/04 20:25
ハヤカワの社員の方と話す機会があって
ぜひクラークを日本に呼んでほしい、と言ったら
「でもボーイフレンドが……」云々と口ごもってた。
クラークなら俺がケツを貸す!と口から出そうになった10年前の夏。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/05 08:35
誰でもお手軽に文芸評論家気分になれちゃう魔法のセリフ、
「○○は人間が描けていない」。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/05 11:19
たとえば絵画だと、風景画や静物画に対して「人間が描けていない」なんて肖像画に
対する批評を出さないよね? 風景画や静物画にはそれぞれの批評軸がある。
ところが小説など物語になると、人物描写を興味の中心に据えていない作品に対してまで
「人間が描けていない」と馬鹿の一つ覚えのような批判が繰り返される。
これはどういうことだろう?

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/05 18:33
ま、
「人間心理を描くのが一番高度な文学である」
「人間心理が描けていなければ小説として失格」
っつー偏狭な価値観は良く見かけるが、
これを掘り下げると、
「心理描写を味わえるボクってばなんて高尚な審美眼の持ち主!」
というありふれた人間心理に行き着くのではないかな。

関連スレ
人間が描けているミステリー
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1031063302/l50
1はミステリを読むのに向いていない人、という結論が出たらしい。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/05 20:09
こんな意見があるな。

50 :名無しのオプ :02/09/04 01:48
「人間が描けている」っていうのは、結局のところ
「自分の考える人間像に登場人物が合致している」ってことだろ?
で、この「自分の考える人間像」が人によってかなり違うから、
ある人にとって人間がよく描けている作品が、別の人にとって
人間の全然描けていない作品になってしまうこともある、と。

ミステリは一見不可能な犯罪事件の成立と解決が主題だし、SFでは
色々あるが中核といえるハードSFなら科学や未知への挑戦が主題に
なるだろう。そんな小説群に向かって「人間が書けていない」といわれても
正直いって困惑するだけだな。だったら純文学では科学が書けているのかと。

200 :楽園の能天気:02/09/06 17:44
殆ど書かないトピ主です。
落ちずに続いてくれて嬉しい。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/08 21:18
>>199
同意。
ジャンルごと、あるいは個々の作品ごとに主題として描くテーマが違うのは当然。
「小説とは常にニンゲンが描かれねばならない」
という単一の基準に拘束される必要はない。
というより、多様な基準で物を見ることを知らないってことの方が、
SF読みとして恥ずかしいことだろう。

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/08 21:27
で、1も戻ってきたところでクラークに話を戻すけど、
この人の「描く能力」が特に優れているのは、
対象が視覚的なもの、それも大きなものであるときだと思うんだな。
ラーマの内部とか、「メデューサとの出会い」の木星の風景とか、
あと渇きの海の光景とか。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/09 22:14
『ああっ女神さまっ』は『幼年期の終わり』の匂いがする。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/09 23:48
痴の巨人は米田淳一かな。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/10 17:56
>>202
激同!

「太陽系最後の日」
がクラークの最高傑作!

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/11 04:59
>>200
>>1はヤフー人だったのか…スレと言えスレと。

>>202
同意。圧倒的なスケールの描写力。
>>205
激反!

「楽園の泉」
がクラークの最高傑作!(w

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/11 08:54
ハルって名前、本当にIBMと無関係に付けられたんですか?

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/11 09:55
まあとりあえず本人は無関係だ単なる偶然だと主張している。

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/11 22:20
老人はいたわろう

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/12 00:47
クラーク「だから俺ももうトシなんだよ」
大森望「ははは、まだまだ元気じゃないすか」
クラーク「老人は」
 クラークが手刀を振り下ろすと、重厚なマホガニー製デスクが真っ二つに割れた。
クラーク「いたわろう」

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/18 05:49
楽園の泉って心臓病で倒れちゃう奴だっけ?
あれは感動したなあ

あと、神の名前をなんたらっていうの、白鹿亭綺譚だっけ?πっていう映画見たときに、あれ思い出した。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/20 04:37
クラークはサイクロプス計画で宇宙人が見つかると信じている低知能者

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/20 18:40
気にいったみたいだね、それ・・・。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/24 06:41
NHKBS深夜「ドキュメンタリー・キューブリック」 出てたな。
新味のしゃべりなど もちろん何も無いが。 セレーネ号浮上age

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/24 09:48
>>211
90億の神名とかいう短編だった?

216 :うんこ丼:02/09/24 11:38
http://www.rendezvouswithrama.com/index.htm

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/25 01:22
The Nine Billion Names of God「90億の神の御名」ね
「天の向こう側」に収録

218 :211:02/09/25 03:21
あーやっとレスもらえた
うれしいっす
前半もあってる?読んだの10年以上前だから忘れちゃっててさ

219 :211:02/09/25 03:24
あら、神の名前のは白鹿亭綺譚じゃなかったか。
音が消える機械の奴はそうだよね・・・ほかにどんなのあったっけ

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/26 01:40
クラークのSFって、簡単な科学しか使っていないのに凄いビジョンを描き
出しているのが凄いよなあ。

221 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

222 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/13 00:00
あのチベット仏教風科学崇拝思想がオームを連想させて
正直いって全部燃やした。

224 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

225 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

226 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

227 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

228 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

229 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/13 02:05
ごめん。長文なので流す

231 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/13 11:54
>>223
というか、オウムがそういうビジョンを悪用したわけだから、似ててもおかしく
ない。

233 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

234 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

235 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

236 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

237 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

238 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/15 23:50
独り言板にどうぞ

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/16 02:08
庭先で排便して捨てていいですよという老人発見

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/16 20:53
最近気が付いたんだけど、
電波ってコテハンのことが多い気がする。
電波は自己顕示欲旺盛で自意識過剰である傾向が強いのか、
それともコテハンの電波が目立つからそう思えるだけなのか。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/16 22:29
削除する手間が面倒なので、生きてるスレじゃなくて廃スレでやってくれ。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/17 08:58
全部読んだやついる?

244 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

245 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/17 23:08
クラークの話しようぜ。

海外の作家の中で一番好きなんだが
個性的な人物が描けてないのがかえってイイな。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/17 23:17
クラーク作品でなりきりやろうと思ったらオーバーロードくらいだもんね

248 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

249 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

250 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

251 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

252 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 00:01
いや折れは「渇きの海」がベストだと思うんだがどうか?
乗客の皆さんの人間もまあ描けてない訳では・・・いやいささかステロタイプに
過ぎるかもしれんか。いや、んなこたあどうでもいいんだよ此の際。
エンジニアとエンジニアリングこそがこの話の主題だしな。

案外ハリウッド映画にしたらいい感じだと思うんだが・・・。

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 00:30
>>253
あの話にどうやってラブロマンスとカーチェイスを入れるかが
問題になるな。

255 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 00:52
>「渇きの海」
アンビリーバボーで再現ドラマってのはどうか。
(今日やってた飛行機事故もの、真剣に見ちゃった)

257 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

258 :おっちゃん:02/10/18 00:57
偶然来て、このスレみつけて、うーん、

クラークで“この一冊”といえば何だっけ(儂にとって)と考えました。
するって〜と、やっぱ「都市と星」なんだな〜
今、手元にハヤカワ文庫ひっぱり出してきて奥付みると

「昭和五十七年九月十五日 九冊」となっていました。。
いま、この本は絶版なんですかね・・・

259 :ルナテック:02/10/18 01:14
>おっちゃんさん ごめんなさい。今日は私専属がいるの。だからお話
できないわ。

260 : :02/10/18 01:21
ネタレスもいいが、続いてるスレを終わらすのは辞めてくれ・・・

261 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 01:30
「大きく息を吸って」だっけ? あの「天の向こう側」に入ってる短編が好きだった。
「真空呼吸者クラブ」ってある意味特権っぽくていいよね(w

263 :ルナテック:02/10/18 01:31
>260 ごめん。でも譲るわけにはいかない。今日だけは。

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 01:41
>>258
俺にとっては永遠に「太陽系帝国の興亡」ですがw

265 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

266 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

267 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

268 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

269 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

270 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

271 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

272 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

273 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 08:09
去ね。

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/18 08:50
SF板では平気でスレ順位が300以下になるんだけどな。
数ヶ月書きこみが無くても落ちないからね。それで決して死にスレってわけじゃ
ないんだよ。

しかもSF板でクラークスレをメモに使うってのは…無知、無理、無謀。

276 :253:02/10/19 00:02
>>254
ラブロマンスはスチュワーデスと船長で十分まかなえるとして、
カーチェイスは、アポロ着陸船の部品泥棒とクラヴィウスシティ警備部が
ダストスキーで追いかけっこってことでどうだろう。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/19 00:23
素直に海底牧場で手を打て

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/19 00:40
>>1 昔からあの顔はゲイっぽいって思ってたね。
が漏れが昔好んでいたヤシがほぼ全員モホだった事に
なるので、それには一応驚いている。

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/19 01:41
渇きの海も、楽園の泉とかのエンジニアものが好きなのだが、
でも1冊選べと言われたら「白鹿亭綺譚」だなあ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   |
     |        | ∧_∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ ミ |
     |        |/ ⊃  ノ |   |  アーミントルード
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/19 03:05
なんか、災害後の復旧作業のようだ・・・。

クラークから1つ選ぶなら「宇宙のランデヴー」
巨大な異星人の飛行物体なんてものは
長いSFの歴史でさんざん描かれているんだろうが、
これは異様にリアリティが感じられる。なぜか陳腐にならない。

想像力を喚起させるのがものすごく上手な作家。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/19 19:31
>>279

  ∧_∧ グッジョブ!!
( ´Д` )     n
 ̄     \    ( E)
フ     /ヽ ヽ_//


282 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/19 21:04
削除屋さんありがとう……

えーと、最近出ている合作名義ものはどうですか?
クラークの作風がでてるのかなあ。と心配で買ってないんで。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/19 23:49
>>282
「トリガー」読んだけど、クラークっぽさ微塵もなし。

クラークのこと忘れて評価するにしても、あまり面白くなかった。
アイデアはいいし序盤はすごく引き込まれたけど、
後半に話が全然膨らまない。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/20 00:00
>>232 ごめん反論するの忘れてた。
日本共産党もおんなじ理屈をこねてるけど、信用されて無いぞ。

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/20 01:54
『白鹿亭』の自動作曲マシーンの話、すき。

和声についてはなにも書かれてなかったけど。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/20 10:42
>>282
合作モノは止めましょう。クラークの翻訳されたものはほとんど読んでますが
宇宙のランデブーII以来、合作モノには二度と手を出していません。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/20 11:12
>>284
小説とイデオロギーを一緒にするなよ。

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/20 12:52
>>286
同意。ただ、宇宙のランデブー4は結構好き。
あのつまらない2,3を読まなくては話が理解できないのが難点だが。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/20 15:32
白鹿亭で思いだしたが、逆位相の音の音ぶつけて無音化させるって言うのが
普通に実用化されるとは思わなんだ。
これって身近なSFのスレかな

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/20 17:48
アリを文明化しようとする日本人科学者の話は絶品。

日本の読者を代表していいます。クラーク先生、あなたは偉大だ。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/22 14:11
>254
・乗客に貧乏な画家志望の青年と、むっちりなお嬢様を加える。
・あの事故は過激派のテロだった!砂上スキーでテロリストとの一騎打ち。

……ここまでして見たかねーな。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/11 21:56
なんかさ、スレが延びなくて延々最後の>>291さんのが目に付いてたら、
「そ れ も お も し ろ そ う じ ゃ ん ?」とか思い始めた
ワシは逝ってよしでつか?

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/19 22:24
「幼年期の終わり」クラスの進化はともかくとしても、
ブレインキャップはいずれ必要になる思うんですが、どうでしょう。

…漏れはかぶってもいいかな。

294 :楽園の能天気:02/11/20 15:26
NHK朝のテレビ小説「満天」でアポロ11号の乗組員が書いて、
クラークが監修している「おおいなる一歩」(First on the moon)
なる本が頻繁に出てくる。
あれ持っていないな。どこの出版社なの。
だれか知っている人いる?。

それにしても「満天」のオープニングのラストは
「2001」年そのものだよな。

295 :ランデブー最近読了者。:02/12/01 11:42
クモダコあげ。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/01 13:51
>>289
白鹿亭では、反位相の音をぶつけて音を打ち消すという作品のオチは大
爆発が起きる訳だが、そんな事は起きない。
この手法は、ボーズがボイジャー(無給油地球一周)の為に開発した騒音
打ち消し機構で初めて使われた。

>>294
「大いなる一歩」がクラーク監修とは知らなかったよ。
しかしアマゾンで探しても見つからないね。


297 :楽園の能天気:02/12/16 15:23
↓Yahoo!ブックスショッピング に「大いなる一歩」あった。
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=jb&id=00351191
早川書房 1973年発行
530P 22cm
ISBN: 4-15-203111-5
価格: 3,000円(税別)
取寄せ不可 :在庫切れ、絶版、重版未定等により、お取り扱いいたしておりません

復刊ドットコムにリクエストしよう

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/28 05:23
初書き。

過去レス読んだが、誰も「宇宙島へ行く少年」とか「宇宙への序曲」の話ってしてないのね.....。
俺、この2作の細かい技術描写がすんげえ好きなんだけど。ガンダムにも出て来たウォールフィルム
が登場したり(ぬえのスタッフがクラーク読んで流用したかも知れんが、当時未訳だったので偶然
かも)で。

そりゃキャラクターも粗筋も覚えちゃいないけどさ。

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/02 05:36
1/2 NHK教育「火星はぼくらの惑星だ」
何回目かわからんほど再放送してるが age

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/03 23:15
300クラーク

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/04 01:08
「都市と星」を読みました。よくできたジュブナイル、といった感想です。途中、主人公と友人、異星生物、ロボットが砦で出会う場面が1枚の絵としてツボを押された感じで印象的でした。
原型の「銀河帝国の崩壊」も読みます。買ってこ。

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/04 04:43
「都市と星」は持ってるけど未読だった。これを機会に読んでみるかな。
これって、今は絶版で入手不可なんだっけ?


303 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/04 10:48
「都市と星」、「幼年期の終わり」、「渇きの海」
がクラークの最高傑作である。
どれか、一つを押せといわれれば、昔は「都市と星」今は
「幼年期の終わり」かな.. 微妙だけど。

アシモフ作品は読みやすいのだが、比肩する感動がない。
これは、本人が 感動より、読みやすさ、楽しさをとったから仕方ないのだが。

もう、この手のハードSFを書ける人はいなくなってしまったね。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/05 02:30
>>303
む、ヴァーナー・ヴィンジなんかどうよ?
近作はクラークつーよりホーガン+フォワードてえ気もするが。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/05 02:56
その中では、ホーガンが一番ましかなぁ。でも、最初の頃から
もう変わっちゃったから。。。

シェフィールドってまだ生きてるんかな?彼にはもっと書いて
ほしかったがなぁ。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/10 00:30
シェフィールドさんは最近亡くなりました。
フォワードモナー。

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/10 23:10
今インディペンデンス・デイ観てたら、
主人公がPC起動した時の画面にHAL(赤いライトみたいなやつ)が
映ってたような気がしたんだけど、
これって2001のパロディ?それともオラの気のせい?

308 :楽園の能天気:03/01/11 10:59
俺もクラークじゃ「都市と星」が一番好きだ。
センスオブワンダーを肌で感じる

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/11 11:25
>>307

おっしゃる通り。
主人公の名前がデイヴィッドだから2001のHALの「ハロウ、デイヴ」
でかけてある。

310 :307:03/01/11 13:57
>>309

おお!
IDの監督とかがクラークファンなのかな?

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/12 01:44
>>307 実際そーいうMac用ソフト かつて売ってたよ.昔買った.映画でもあのNotePCは
DOS/VじゃなくてMac. もちろんそのソフトそのものじゃないけど.
起動時画面とかHALの音声ファイルとか. 今も売ってるか、Win版とか は知らない.
今だと Desktop貼付用 自製のHALカメラアイ画像を落とせるサイトとかどこかで見たな.


312 :山崎渉:03/01/12 03:52
(^^)

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/18 00:44
ID4のDVDもテレビもみてておもうんだが
あそこのハローデイヴって場面を吹き替えなよって
感じなんだけどw

314 :山崎渉:03/01/23 03:42
(^^)

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/31 01:20
3001年読んでしまった...
読まなければ良かった。


316 :楽園の能天気:03/02/09 10:44
>315
「2010年」の時と「宇宙のランデヴ―」に既に、そう思っていた。

317 :楽園の能天気:03/02/10 12:32
間違えた。
「宇宙のランデヴー2」でそう思った。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/10 22:39
>>317
はげどう

下手な人間ドラマなんぞ要らん。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/11 11:58
あれはリーが書いてんだろ。

320 :318:03/02/11 16:03
>>319
らしいね。

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/11 16:05
>>1
            /           /  /   /( ∧  ) ヘ ヘ        
           く           // ( /| | V )ノ( ( (  ヘ\   お  て
    ┘/^|    \         (  | |ヘ| レ   _ヘ|ヘ ) _ヘ    し  め
    /|   .|              |  )) )/⌒""〜⌒""   iii\    え |
     .|  α  _          ヘ レレ  "⌒""ヘ〜⌒"  ||||>    て
          _∠_       イ |  |  /⌒ソi   |/⌒ヘ  <    や に
     _     (_        ) ヘ  | ‖ () ||  || () ||  _\   ん は
     /               (  ) ヘ |i,ヘゝ=彳  入ゝ=彳,i|\    ね
    /ー               ( /  """/   ー""""   >   |
      _)   |          ヘ(||ii    ii|||iiii_/iii)ノヘ|||iiiii<   |||||
          |          ( ヘ|||||iiii∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     フ    ""'
    /////   ヘ_/       ) ヘ|||""ヘ===二二二===7フ / ム/∧ ∧ ∧
    /////              (  | ii  | |LL|_|_LLL// |    )( ∨| ∨)
   ・・・・・                ) )| || | |||||||||||||||||||||||| | |   ( ヘ | ヘ ) (
          ___        | | /| .| |||/⌒/⌒ヘ | | |  iiiiヘ ( | ( | /
            /         / (|.| | |       | | |  iii  ) | ヘ )( )
            (          ( /..|  | |_____/ | |  iii  ( )( // /
            \         ) )..|  |ヘL|_|_L/ / /  ,,,,--(/Vヘ)(/


322 :318:03/02/11 16:06
あ、まちがって送信してしまった。
つけたしで、

なんで、リーと組んだのか分からん。

あと、今「楽園の泉」読み終わったけど、
イイ!!
「宇宙への序曲」もそうだったけど、
ああいう、夢を成し遂げようとするの大好き!

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/13 13:28
宇宙のランデヴー2読んだ。
ストリーそのものの感想は、
ここで言われてるものと大差ないので省略。
ところで、山高昭って、翻訳へたすぎねぇか?
クラークとは関係ないけど。

>>288
4は面白いかもしれないのか・・・
3以降を読むかどうか迷うなぁ。

324 :288:03/02/14 02:02
>>323
まあ、冷静に考えると、2,3よりは多少ましな程度
だったかも知れない。
2を読破したのが苦痛だったら、先へ進むのはお勧めしない。

325 :323:03/02/15 22:21
やめときます。
クラークの小説、まだ読んでないのがたくさんあるので
そっちを先に読む事にしますた。

326 :宇宙太:03/02/16 16:57
はじめまして。
最近クラーク読んでます。
「地球光」
「宇宙島へ行く少年」
「渇きの海」
「宇宙のランデブー」…
と読んで今「地球帝国」。
年取ってはじめてわかるクラークの味。
「幼年期」「都市と星」「2001」「楽園の泉」…と
読んで「クラーク、御三家ん中で一番つまんねえよ」
とかうそぶいてたン十年前の自分はショージキ
修行が足りませんでした。(ただそのあたりの作品
をもう一度読みたいという気分にはなれない)

「宇宙のランデブー」にページくる手ももどかしく
乗り越しそうになるとは思わんかった…。
ラーマのどこか夢の中の情景のようなムードから
ラブクラフトを想起。クラークの若書き、同人誌
時代の作品にラブクラフト・パロディがある
そうだ。読みたいけど訳あるのかな?

あと現代的なクラーク論のいいのありませんかね?
「『2001年宇宙の旅』講義」は愛読してるし、
クラークにおける難破船漂流譚モチーフや
クラークなりのサイバーパンクへの対応の指摘
なんて実におもろい。でも著者の多才が災いして
他の話題に横滑りしてゆく、それ自体もまた
おもしろいけどクラーク論としては薄味。
自分自身もふくめて「幼年期の終わり」あたりを
頂点とするクラーク論はもうたくさん。

327 :楽園の能天気:03/03/04 12:24
age

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/10 23:06
クラークなら
「太陽系最後の日」を読んどけば、まちがいなし!
あとはどーでもいい作家・・・・・・

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/11 01:43
クラークの作品は結構読みまくったけど、
「遥かなる地球の歌」が好きだな。
この作品は結構、引き込まれた覚えがあるよ

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/11 22:48
>>328
またえらく偏った見解であるな。

331 :宇宙太:03/03/13 18:43
>>ジブン
「楽園の日々」読んだら何のことはない
クラーク御大自らラブクラフトを読んだ
若き日々を回顧してました。「狂気の山脈にて」
がお好みだったようです。そう思って読み返して
見ると「前哨」なんかもラブクラフトっぽく思える
ふしぎ。(「クトゥルーっぽい」とはちがいます)

あと「てめーらいつまでも「『太陽系最後の日』が
ベストだとかいってんじゃねーよ!」とお怒り
あそばされてますね、一度ならず…
お怒りはともかく、再読してみると何だか救助隊の
ベムのみなさんがカートゥーンぽくってコミカル。
地下鉄に乗っちゃうとことか…

332 :(^^):03/03/29 21:07
(^^)

333 :(^^)(^^):03/04/11 03:57
(^^)(^^)

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/15 21:51
「遥かなる地球の歌」(長篇の方)読み終わった。

設定が良かったっす。

335 :山崎渉:03/04/17 11:26
(^^)

336 :山崎渉:03/04/20 06:11
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/22 23:08
先週の世界不思議発見で、楽園の泉に出てきた岩山宮殿が映ってた。

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/25 20:23
  ∧_∧
  (# ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >.__Λ∩
  _/し' //. V ; ^^)/
 (_フ彡        /  ←>>山崎渉

339 :スレ違いスマソ:03/04/25 20:40
>>331
漏れも「狂気の山脈にて」は大好き!
時代性を考えれば、冒険小説としてもファーストコンタクトもののSFとしても
大傑作だと思う。南極の探検のディティールの濃さや、生命を創造した異星文明というアイディア、
生命工学の暴走(ショゴス)、最新の「トンデモ」学説だった大陸移動説にさりげなく触れている
ところなど魅力満載。確かにラヴクラフトの幻視性と描写はクラークに通じるところがある。
(ラヴクラフトと違って、クラークは徹底した人間中心主義者だが。それもクラークの魅力)

>>326
>クラークの若書き、同人誌時代の作品にラブクラフト・パロディがあるそうだ。
完全なパロディーじゃないけど、短編の「寄生虫」(『明日にとどく』に収録)が
ラヴクラフトムード満点。ただしクラークの醍醐味は薄い。
(余談だけど、この「寄生虫」はクラーク&バクスターの「過ぎ去りし日々の光」の
原案の一つだそうだが…。ボブショウでもなく、クラークでもなく、ありゃ完全に
バクスターの(ry)

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/04 09:24
共著は止めて下さい…。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/07 21:25
水星人が短気だというのは差別ニダ!

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/11 02:33
>>341 いや、友達の水星人に「一年で返すから!」って言っても
二ヶ月も待ってくれなかったぞ。

343 :山崎渉:03/05/22 01:59
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

344 :山崎渉:03/05/28 16:56
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/28 21:56
クラークの描く未来像で
一番実現して欲しいのは

看護婦が性のお相手もしてくれることだ。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/22 18:47
「地球帝国」読み終えた。

↓↓↓↓↓以下ネタバレ含む・ご注意↓↓↓↓↓

最後が分からなかったのだが、何で赤ん坊は白人だったの?
カールの遺伝子からクローン作ったってこと?

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/24 00:29
不幸な医療事故だったのです。

348 :楽園の能天気:03/07/02 17:21
「地球敵国」
↓↓↓↓↓以下ネタバレ含む・ご注意↓↓↓↓↓
>>346
つまり、養子をもらって、代々のクローンの後継ぎは辞めたのよ。

349 :346:03/07/03 02:51
>>348
レス返されないと思ってもう諦めかけてた。
ありがとう!!

↓↓↓↓↓「地球帝国」以下ネタバレ含む・ご注意↓↓↓↓↓
でも、37章ではクローン作る事になってるけど。。。
どこで養子のことが触れられてるの?

それからもう一つ疑問が・・
9章の最後でカールは何を貰ったの?ジョイマシーン?

350 :1・2・10・20・26・28・98・200・294・297・308・316・317・327・348:03/07/04 11:05
「地球敵国」
↓↓↓↓↓以下完全にネタバレ含む・ご注意↓↓↓↓↓
>>348
>どこで養子のことが触れられてるの?
触れられていないから、誰の子供またはクローンかは判らない。でも主人公(名前忘れた)の子ではないことだけは確か。
クラークの意図は、主人公が地球を訪れ様々な出会いや経験によって人間的に成長し、
クロー人間による不毛な無性生殖の世継ぎを終わりにして、
生殖能力を備えた養子かクローン養子(カールかも知れなね)をもらって帰ったってのがオチち、
と読者に訴えたかったのだと思う。

20年も前出版直後のハードカバーの黄色い表紙を読んだ口なんだけど、
生殖能力に異常が起きるほど宇宙線にさらされていた体なら、
体細胞のDNAもずたずたで、正常なクローンなんて出来るンかいな?と思った。
それに、体細胞クローンが正常に育ったなら、生殖細胞も正常なはず、と思った。
あの頃は、クローンなんて、アフリカツメガエルの生体ではなくオタマジャクシからだけやっと造れた時代で、
まさか体細胞クローンに奇形や老化が頻発するなんて夢にも思わなかったし、テラミアなんて知識もなかった。

正常なクローンを造れるDNAが体に残っていたなら、
自分のDNAを半分、バアさんのDNAを半分にしてキメラクローンの子供をもうけた方が現実的な選択だったろう。

>9章の最後でカールは何を貰ったの?ジョイマシーン?
そんなような気がするけれど、
何せ二昔前に読んだ人間なので覚えていない、すまん。


351 :346:03/07/04 13:35
>>350

おひょひょ〜
「地球帝国」談義が出来るとは思わなかった!
うれしー

>>350にレスする前に、もう一回読んでみるよ。俺の記憶は曖昧だし。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 14:00
『帝国』の頃からお下品になっていった。

『歌』は『ほしのこえ』に通ずる押し付けのせつなさを感じる。

『グランド』は暗い。クラークの暗黒面がいちばん露骨に出ていると思う。



個人的には『2061』の、突き抜けたノリの良さが好き。


353 :山崎 渉:03/07/15 11:38

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

354 : 山崎 渉 :03/07/23 15:08
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉


355 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/31 02:40
「太陽系最後の日」がベストって、あれはクラーク作品では一番ハイライン
ぽい話だと思うんだけどな。

356 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:23
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/04 16:42
「イルカの島」の話、ここではまだ挙がってないですよね?
あの児童文学テイストが好きでたまらないんですが…。
小学校高学年〜中学生の夏休みの読書感想文には最適という感じ。

358 :山崎 渉:03/08/15 22:17
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

359 :山崎 渉:03/08/15 22:35
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

360 :楽園の能天気:03/08/30 11:36
半月も書き込みないのでageの意味も込めて。

映画『2010年』をNHK衛星放送で久々に観た。
1984年頃に作られた映画にしては良く出来ていたほうかもしれない、
SFXも『エイリアン』よりは良かったかも、
16年前に作られた映画より劣るのは仕方がないにしても。

でも・・
太陽系で移動速度が一番速いかも知れない、木星にエアブレーキ掛ける前の状態で、
探査衛星をエウロパにランデヴーさせたり、
頑丈なセラミックの盾か何かで作る必要があると思われる
エアブレーキ用のバンパーがただの風船だったり、
ディスカバリー号のメイン・ポッド・ベイ(スペース・ポッドの格納庫、映画の解説本によるとこう言う名らしい)や通路、
その他至る所で重力を感じさせたり(2001年でも多少あったが)、
もう少し注意を払って作ったってよかったんじゃない。
クラークは口挟まなかったのかな?


361 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/30 21:47
>>357 同意、久々に読み返そうかなぁ。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/30 23:10
361>> 最近は安いDVDも出回ってましたね。

映画館で観たとき、「無重力区画でビスケットぼりぼり喰うな」と突っ込んだ
りしてた口です。あれはハイアムズ氏が「キューブリックに敬意を評して敢え
てそのままにした誤り」だったかも知れません。ソースを忘れてるので間違い

も。
一番文句を言いたくなったのは、レオーノフが装備していたでっかいフック。
もっとも燃えるディスカバリーからの離脱シーンをすっかり台無しにしてく
れました。

今では、薄味ながらも良心的な作りだったんではないかと思ってます。

363 :楽園の能天気:03/09/01 11:13
>>362 同意
『2010年』は公開当時文句たらたらだたたけど、
今にして冷静に思えば、当時としては良い出来だったかも。
1968年に公開された映画が、返す返すも時代を超越しすぎていた。
レオーノフ号ってアームが回転しているから遠心力があるかと思えばなかったり、
デザインも!!!?だし・・・、何だったんだろう。
公開から35年、コンピューターの合成技術や
当時存在すらしていなかった、CGを駆使しようともなお最高峰のSF映画の
金字塔(ピラミッドの和訳だって知っている人少ない。トリビアの泉に投稿しようかな)
をぶち上げたキューブリックはあの世で(自殺らしいから地獄か?)笑っているはず。


364 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/01 22:16
362>> レオーノフのデザインはミード大暴走で…すっかりディスカバリー
の引立て役でしたねえ。そのディスカバリーも映画化過程でV字放熱翼を
剥ぎ取られてすっかりspermになってしまった訳ですが。

2010でフロイド博士を演ったロイ・シャイダー氏も随分前に鬼籍に入られ
ましたっけ。原作を汲んだすばらしい演技でした。


365 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/01 23:13
待て待て待て。
ロイ・シャイダーって亡くなったの?

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 01:42
365>> 今の今まで随分前に亡くなったと信じ込んでたんだが、慌てて
ぐぐったら最近ERのゲストに出て来てたそうでした。
誰と勘違いしたんだろう。ピーター・ハイアムズも元気だし。

とりあえず、この際自分が吊ってきまつ。すまん。

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 04:42
2001年でフロイド博士を演じた人は亡くなってるはず

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 15:15
>>367
「2001年」のフロイド博士は別人
ロイ・シャイダーじゃないよ。

つか、急に盛り上がってきたね。

369 :楽園の能天気:03/09/02 15:36
>>366
『ジョーズ』でロイ・シャイダーと競演した、ロバート・ショーと勘違いしたんじゃない。
007で、シベリア鉄道だかオリエント急行だかで、ショーン・コネリーの首しめてた、
007の後のジョーズ役のモデルとなったオヤジのロバート・ショーは確かに死にました。

『ジョーズ』のに出演した海洋学者役の人は
HAL2000をプログラムしたチャンドラ(だっけ)博士と一緒なのかな?。
もしそうなら、それで益々混同するかもね。


370 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 16:32
ロバート・ショーの出てた007はロシアより愛を込めてsage

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/03 11:45
>>369
海洋学者はリチャード・ドレイファス。
「未知との遭遇」にも出てた。
チャンドラ博士役とは別人。

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/04 11:03
最近亡くなったのはチャールズ・ブロンソン
クラークとの接点は・・・どうも無いようだw

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/13 03:36
最近の地震騒動を見ていて、『マグニチュード10』をまた読みたくなった

374 :宇宙太:03/09/15 08:11
旅先の五所川原で
さがしてた「悠久の銀河帝国」発見!
…いや、ただそれだけなんですがね…

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/15 20:52
ああ、世界丸見えのエウロパ
特集見れなかった!

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 01:11
老いてなおお盛んな最近の御大の発言

>私は現在86歳で、20年後でもまだ106歳にすぎない。多分、生きているうちに
>それ(※)を目にすると思う」。会議においてクラーク氏は、スリランカの自宅から
>衛星中継でこのように話した。
(※引用者注:実現された軌道エレベータの現物の事)
ttp://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030917302.html



377 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 01:31
建造にかかる時間が
10年やそこらのオーダーでできるモンなんだろうか

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 01:34
>377
宇宙戦争にでもなれば、あるいはひょっとして・・・

379 :楽園の能天気:03/09/18 15:17
HALをIBMから来ているとかんぐる人がいても、
Hal Clement から HALが来ていると考える人はいない。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 15:36
えっ。 青空はるおじゃないの

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/25 17:52
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/ 三波ハルオで・・・
 (_フ彡        /

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/26 20:01
>私は現在86歳で、20年後でもまだ106歳にすぎない。
ワラタ。子鼠再選なんかより余程未来に希望が持たせてくれる。さすがクラーク先生!
新しい宇宙時代の幕開けを、生きて見届けて欲しいね。根拠はないけれど、本当に
実現するんじゃないかって思えてくる。

…でも隣の国のお馬鹿さん達を見てると、クラークの理想の世界が、
無限の彼方へ後退していくようで…。人類の進化は、未だスターゲートの彼方…。

383 :楽園の能天気:03/09/28 13:44
近所の「ブックオフ」で「トリガー」2冊200円・・・とりあえず買った。
読まないほうが賢明だろうか?。
「ランデヴー2・3・4」と「星々の揺籠」、「マグニニュード10」
「アーサーCクラークのミステリーワールド」
もう1つ持っているけどタイトルさえ思い出せないオカルト物上下2冊
クラークの合作にろくなものがなかった。
誰か教えてくれ。



384 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/28 15:07
読まないならボキに下さい。

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/28 20:58
こないだレムのスレ見たら「泰平ヨンの未来学会議」が6万つけたとか。
俺の「宇宙文明論」幾らで買ってくれる。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/29 08:55
>>385
…ただでもらえないでしょうか…

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/04 07:48
>>383
上巻の1/2くらいまでは面白かったぞ。
それ以降は、話が銃問題限定にしぼんでいってつまらん。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/08 18:20
2001年宇宙の旅で、非常にさりげない表現で
「アウストラロピテクスがもしも性玩具を考え出していたら、
その時点で絶滅していただろう」と仄めかしていたのが印象的だった。


389 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/10 11:07
>388
サルにオナニーを教えると死ぬまでやる。ってヤツですか。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/10 20:05
オナホールと張型。

技術的には後者のほうが楽でしょう。
動力源が絡むとまた別の話か。


というか我々はまだ動力つきホールを開発していないのではないか?

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/10 22:35
え?
もう開発されてるんじゃないの?

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/11 02:46
軌道エレベータなんですが。

下から造るわけにはいかんのでしょうか。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/11 03:24
>>392
無理


394 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/11 03:25
>>392
自重で潰れないような、禿げしく圧縮強度の強い物質が発見されれば
不可能では無いけど、今のところ当分発見されそうに無い。
大抵の物質は引っ張り強度>圧縮強度で、ようやく数万キロ伸ばしても
自重で千切れない材料に目処が付きそうって状況。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/11 03:40
ありがとうございました。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/19 09:17
>>388
教えて君は嫌われるそうですが、昨日小説版「2001年宇宙の旅」
を読み返しましたが、仄めかすと思われる箇所を発見できませんでした。

せめて第何章にあるかだけでも教えてくださると大変嬉しいです。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/27 01:16
カン「来てよボーマン 僕のところへ」

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/01 05:25
2003年終局への旅のエピローグ
「彼らのちっぽけな宇宙はごく若く、その神はまだ幼い。しかし判定を下すには時期が早すぎる。最後の日々、我々がもどったとき、何を救ったらいいものか考えるとしよう。」
って書いてあるけどその幼い神っていうのは、誰のこと?ハルマン?

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/02 19:14
2003年もあと2ヶ月

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/02 23:37
だれか2001年から3001年までの話を簡単に説明してください

読むのめんどくさいんで

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/02 23:59
>>400 説明するのがめんどくさいから自分で読め。
2001年で詰まったら、2010年から読んで最後に戻れ。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 00:49
>>400
凍って漂った

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 04:53
>>402
ワラタ。簡単すぎ。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 06:19
>>400
木星に行った。
モノリスに吸い込まれた。
また木星に行った。
逃げ帰ってきた。
またまた木星に行った。
またモノリスに吸い込まれた。
今回はプレゼントを持って木星に行った。
無事に帰ってこれた。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 20:23
>>404
俗に「お使いゲー」と呼ばれるようなRPGのクエストを
連想してワロタ。

406 :400:03/11/04 01:57
>>404
ほほう
あなたなかなか通ですな
でプレゼントってなんですか
無事に帰ってきてどうしたんですか

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/04 20:41
無数の星々を越えて銀河の彼方へ飛翔→ただいまボーマソをうpしてます。しばらくお待ちください…
物質の殻を捨て去り、時空を超越した超生命→モノリスの中の人(エミュ)
思うがままに時空の隙間に沈み込み…→超えられない壁(光速)



408 :ネタバレ含む2001〜3001のあらすじ:03/11/05 02:45
・2001
モノリス発見! 土星に向けて電波を発射。
ディスカバリー号で土星に行くぞ。
途中で乗組員のプールが死亡。
土星にて、唯一の乗組員になったボーマンまでが行方不明。
・2010
木星に乗り捨てたディスカバリー号を拾いに行こう。
えっ木星?
木星です。
木星爆発! →太陽化してルシファーと呼ばれるようになる。
・2061
木星の衛星で超巨大ダイヤモンド発見!
フロイド博士までモノリスに吸い込まれた。
3001年、ニューヨークにあるTMA・0を照らすルシファーが消滅。
・3001年
プールを再捕獲。
えっ死んだんじゃなかったの?
それから更に30年経ちました。
ルシファーが消滅。
えっ3001年のうちに消滅したんじゃないの?
アフリカのTMA・0も同時に消失。
えっTMA・0はNYにあるんじゃないの?
宇宙人「モノリスが消えてしまいましたが、地球の処理に関しては保留ということで」

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/05 04:33
「2061年宇宙の旅」では3001年にルシファーが消滅したけど、
「3001年終局への旅」では、ルシファーは消滅してないよ。エウロパのグレート・ウォールは消えたけど。「エウロパでは、ルシファーの食は起こらなかった」ともあるし。
モノリス消えたのにどうやって重力維持してるんだろう、木星は…

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/05 04:34
重力じゃなかった、圧力だ…

411 :408:03/11/05 05:18
あぁ、一時的に見えなくなっただけだな。

ルシファーが一時的に見えなくなる。
えっ3001年に消滅したんじゃないの?

に訂正しないと。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 20:50
2001年でのボーマン船長の最後の通信連絡となった、
”My God! It's full of Stars!"

からGodが抜けてDiasになるなんて、カソリックの連中は
何を秘密にしていたんだろうか? やはり異端審問関係?



413 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 23:36
>>412
3001年終局への旅を読み直せ

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 09:05
>>413
拝承。御意のままにいたしますが、秘密を公開した
法皇がキリスト教原理主義者に暗殺されるくらいの
とてつもない秘密だったという記憶しかありません。

ともあれ論より証拠。再読いたします。



415 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 15:51
映画と小説がごちゃごちゃになるな。

      映画   小説
2001  木星へ  土星のヤペスタへ

なんで映画は木星になったのかな?

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 18:31
415>> キューブリックが変えたみたいですね。
「スタンリーと特撮チームは、土星を映像化しようと相当に時間をかけたが、
けっきょく木星にこだわることにした」(失われた宇宙の旅2001 218p)
続く記述は、手に余った他にも何か判断があったように読める。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/09 22:32
でも面白いよな。
小説と映画のストーリーが違った場合、
続編小説は小説版の続編になりそうなもんなのに。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/11 00:09
>>408
NYにあるのは月面のティコから持ってきたモノリス。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/14 19:24
>>415
ヤペタス

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/15 11:25
>>417
宇宙探査機ボイジャーから送られてきたデータを見た
クラークが土星探査機を「待たないことにした」ためと思
われる。


421 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/18 12:59
木星の高解像度画像あり鱒
http://ciclops.lpl.arizona.edu/

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/23 20:12
21世紀まで生き残った恥の老人A・C・クラーク

2回も離婚してるのもペドだから?

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/23 23:01
クラーク様は宇宙に行くまで大往生しません。間違いない。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/25 19:29
モノリスはコンピュータ・ウィルスで破壊したんでしたっけ?

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/25 22:36
今更だが、
エミュレータ上のウィルスで本体が壊れるもんかなぁ。

っていうか、破壊系ウィルスって、
相手のシステムを熟知してないと作れないだろ。

っていうか、そもそも破壊プログラムであればいいだけで
ウィルスである必要ないよな。

ってなことは、発表直後から言われてタと思うけど。

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/26 04:19
ウイルスであってウイルスじゃない。計算をさせ続けることでPCを暴走させるプログラムの配布方法としてウイルスという形態をとっていただけ。モノリスに送ったのは前者の部分のみ。
>>424、もう一度該当部分を読めば分かるよ。

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/26 09:35
対象が1枚のモノリスなのだから、繁殖する意味は無い、
「配布方法」としての「ウイルスという形態」は無意味。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/26 09:45
「トロイの木馬」と言っているのだから、
繁殖はしないのだろう。


と思うのだが、なぜかハルマンには感染してるんだよな。

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 04:25
ハルの方が興味持って、プログラムを自分で実行とか
ってのはネタで、

ハルマンは完全にモノリスの一部、モノリスに作り出されたエミュレーションだったからじゃない?

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 11:02
いやだから、
「トロイの木馬」ってのは繁殖しないの。

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/28 00:55
まぁ何にせよ
当時のクラークの知識が
現在のちょっとPCかじった程度の人間にも追いついてない
というあたりが実情なんだろうよ
著名なSF作家の作品でも
萎えるようなコンピュータ描写はいくらでもあるしね

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 04:15
作中でトロイの木馬と書かれたのは、「プログラムがトロイの木馬」という意味じゃなくて、「使用方法をトロイの木馬に」という意味では?
現代ウイルス、トロイの木馬は、コンピュータ上のプログラムには感染しないし増殖もしないけど、
モノリス内部で実行されたのはただの演算プログラムだし、モノリスがハルマンにも計算を手伝わせるように命令したら逆らえないんじゃ…。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 07:35
作中で使われたトロイの木馬という言葉は、ただ単に「目標の内部で実行する」という意味でしかない。
今知られているウィルスのトロイの木馬と同じ仕組み、などとは書かれていない。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 08:41
クラークのせいじゃないが、映画「2010年」ではフロイド博士はApple][c
を使っているし、今はどうか知らないがクラークはAmigaユーザだった。
PCの事情に疎いのも無理はなかろう。



435 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 08:55
っていうか、
ハルマンに運ばせる時点で、「トロイの木馬」ではないような気もするが。

どうでもいいけど、>>432>>433
「トロイの木馬」っていう名前のウィルスなりプログラムなりが存在するとでも思っているのか?

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 10:20
以前から気になっていたのだが、
ボーマンがスターチャイルドになった場所ってどこなんだろう。
モノリスといえども光速は超えられないんだよな。
2010年には既にスターチャイルドになって帰ってきているのだから
遠くとも5光年以内ということになるはず。
(ボーマンのその後の活躍を考えれば、そんなに年単位で太陽系を離れてたような
感じはしないんだが)
しかし、一番近い恒星でも、太陽系から4光年程度だったと記憶している。

それとも、あれはモノリス内での擬似旅行だったのかな。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 11:03
<436
いや、あれってスターゲートなんじゃ? モノリスが光速を越えるんじゃなくて、
ゲートをくぐって何百光年か何千光年か先の超文明の世界に行ったんじゃないの?


438 :437:03/11/29 11:09
<436って何だよ……_| ̄|○



左右反転して来まつ。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/29 12:18
スターゲートでの移動が光速に縛られないなら
モノリスが上司と光速度で通信する必要ないよな。

440 :クラーク:03/12/04 13:20
>>439
そうだね。
言われて、今気が付いた。

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/04 20:38
1^2:2^2:3^2で1:4:9だから次に16が来て、
相対性理論を回避したんじゃないんですか?


442 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/04 23:45
>>439
>モノリスが上司と光速度で通信
・・のソースは?。

>>437以外の解釈があるとは思えないのだけど。
原作ではボウマンを迎えたホテル(のニセモノ)は、
モノリスが掘り出された当時のTV番組を
もとに作られたとする説明がある。
月での第一声で情報を超光速で転送したんだと
思ってたんだけど。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 00:54
>>436
>>407
2001年-2010年までは、2万光年彼方の球状星団内の赤色巨星で
物質から解脱した純粋エネルギー生命に転生した、ってことになってる。
スターゲートはワープみたいなものとして描写。超光速。
2061年あたりで、ハルマンの神秘性が薄れはじめ、3001年で正式にエミュのROMレベルの存在に
落ちぶれた。モノリスのソフトの一つ。さらに光速=超えられない壁と設定変更され、
スターゲートはなかったことに。

映画版を見て、トリップシーンは、コンピューターの内部でデータを読み取られているところなんだと
解釈した人がいたそうだが(今から何十年も前の話なのに!)結局その解釈が正当に
なってしまったわけだ。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 04:07
>>442
3001年読んでみるといいよ。あれはあれで面白いから。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/05 21:29
>>モノリスが上司と光速度で通信
>・・のソースは?。
ソースも何も、3001のオチじゃねーか。
読んでない作品の話には加わるのは無理だと思うぞ。>>442

と言ったところで、
オデッセイのシリーズは、シリーズが進むと
部分部分で以前の設定がナシになってるから、
通して見ると>>408みたいな(もっと多いか)食い違う点が出て来るけど
それについて議論するのは、あまり意味のある事ではないな。


ところで、>>436は、別にモノリス自身が移動するという話をしてるわけじゃなく、
モノリス(を作った種族)の科学力をもってしても
「光速は超えられない」と言っていると思うがいかに。

446 :442:03/12/06 15:18
>>445
いやスマソ。
若かりしころのバイブルだったので
シリーズは一応全部読んだんだが、2061以降は
悲しさのあまり詳細の記憶は抹消されているらしい。

だがウイルス注入ネタの痛さは消えてくれん。
・・先生!もう十分です!。やめて下さい!(泣)

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 19:28
2001-3001で、個人的に納得いかない話

1:ウィルスでモノリス壊した
2:HALのボーマン殺しの理由
3:ブレインキャップ

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 23:08
1・ウイルスでモノリスは破壊してないってば。
2・後付けの設定としては、自分は良い理由だなぁと思った。
3・何故?

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 23:39
ことブレインキャップに関しては、「幼年期」の融合ENDを
より食べやすくしたって感じでイイと思う。

ハルマンとモノリスは付き合い長いことだし、ある程度
命令セットの把握とか出来てそうな気も。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/07 20:31
小説「2001年宇宙の旅」はSFの金字塔といっても良かったけれど
「2010年」以降はつまらん冗談を言い合う酩酊船になってしまった。

クラークが自分が書いた冗談が読者に受けると本当に思っていると
したら、これほど悲しいものは無い。



451 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/07 21:07
感想は人によりけりなんでどうでもいいけど、
2061の「水があるじゃん。すぐそこに。」的なエピソードなんかは好きだな。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/08 00:06
自分の場合、2001は小説版もキューブリック色が残ってて苦手。クラークの共作物って面白くない。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/09 21:31
映画の2010は詰まらなかったけど
小説版は2001,2010,2060,3001全部面白かったよ。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/09 21:38
>>425
壊れませんよ。単に無駄な作業に忙しくて本来の業務が行えなくなるだけ。
>>431
全く判ってないのが431ですな。


455 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/09 21:39
>>454
まぁ未開人(>>431)には科学は魔法に見えるって事だ。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/09 21:58
ごめんなさい。
「壊れる」というのは、物理的に壊れるということを
指しているつもりはありませんでした。

小説には、そういう描写はなかったと思いますが。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/10 01:21
2061ってイラネとおもう

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/10 05:31
>>457 それを言うなら、2010だって微妙だぞ

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 18:53
>>458
2010って「さよならジュピ(検閲)」とそっくりだよね。



460 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 19:34
全然。

共通点は木星太陽化だけじゃん。

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 20:23
>>460
期待はずれの大駄作という共通点もある。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 20:35
>>461
さらに言えば、「老いたる麒麟は駑馬にも劣る」ことが証明された。
クラークも2001年クラスの傑作が書けないのなら続編なんか
いらなかったのに。

新クラークの法則「第一作を超える続編を書くことは魔法と
区別がつかない」


463 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 21:54
映画版は見たことないけど、
小説版は良かったジャン。

さよならの方。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 23:39
999ですか。





という寒いジョウクはおいといて。

こないだ上巻のほうを読み返したら、ミリー・ウェルム博士のつかってる携帯こんぴゅうたは数ギガの記憶容量という
描写があった。わたしが今使っているノートパソコン、22世紀どころか1999年のだけど性能的には互角。

それから女性の描写が酷すぎる。尼か色魔かカマトトか、でなきゃ肝っ玉姉さんしかおらんのか小松太陽系はよう。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/16 17:58
2010年そんなに駄作でつか?
漏れの中では都市と星、遥かなる地球の歌、2010年は苦楽の三大傑作(独断偏見)
になってるんだけど。

3001年は駄作だと思うけど…。

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/16 20:32
>>465
2001年、都市と星、最後に短編集の「太陽からの風」か「白鹿亭奇譚」
のどれを選ぶかだな。俺としてはね。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/16 20:34
私も2010年好きですよ。
泣ける。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/16 21:38
「太陽からの風」、「白鹿亭奇譚」か「天の向こう側」、「楽園の泉」。
好みが偏っているのは承知。

2010年は、古い短篇にあるくすぐりがふんだんにあって楽しく読んだ。

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/17 01:46
「宇宙のランデブー」
続編は無しということでw

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/17 12:19
>>468
>2010年は、古い短篇にあるくすぐりがふんだんにあって楽しく読んだ。

どの辺がそうなのかヒントだけでもキボンヌ。ちなみに俺の解釈では
2001年映画版しか観てない人のための解説本が2010年。

ちなみにHALは狂ったわけではなくて生物知性と機械知性の闘争を
やっただけでボーマンが死んでHALがBig Brotherのところへ行って
いればまた違った展開があったに違いない。と思うのだがやっぱだめですか?

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 00:07
>>470 「ラスリッシュ公報」とかの小ネタのこと。「月に賭ける」の
肩の力が軽やかに抜けていく結末などと重なる。
状況解説にはなってはいるが主題とは密には絡まないことが多い。

ところで、HALは闘争したという自覚を持っていないのではないかと思
うけど。もともと任務遂行が乗員生命維持の上位にあるプログラムを
突っ込まれているし。

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 20:23
HAL暴走の責任は誰も問われなかったんだろうか。

小説のほうでは原因究明は地球側でなされていたと思うんだけど。クビがとんだとかいう
描写はなかったような。

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 22:30
>>472
保安部署の責任じゃないの?

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/20 14:09
映画2001の類人猿が骨を空中に投げると、
宇宙船に変わるシーンがあるよね。
そのシーン、人間が闘争によって文明を発展させてきたことの
表現っていう解釈があるんだけど、みなどう思う?
俺は映画中で、人間の闘争本能や戦争とかに
それ以降触れて無いところを見ると、
別に上のようなコンセプトがあったとは思わないんだけど。
単なる時間的な端折りとしてのシーンだと思う。
第一、類人猿同士の争いは、水場という生命線をかけてのものだったしね。
こういう縄張りの争いは他動植物にも見られることで、
人間特有のものでは無いし。

「解釈は人それぞれ」なんて小学生並の詰まらないこと言わずに
みんなの考え・解釈おせーて。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/20 22:27
文明のハッテンというコンセプトはあったかも知れないとオモタ

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/20 23:49
木星はハッテン場ですか?

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/21 23:07
あの人工衛星は核ミサイル衛星だったってーのはもう有名すぎるネタだろか

個人的には、投げ上げた骨がフロイド博士の宇宙ペンになったと思うとるんですが

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/22 00:09
もともとは核ミサイルなんだろうけど、
映画でもハッキリとはふれられてないし、
小説でも特に言及されていない。

骨から始まった文明を象徴してるくらいに考えている。

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/25 10:40
そもそもあのシーンってロケ先でキューブリックがふと思いついて撮ったシーンが
元でしょ。意味なんて後付けであくまでイメージ優先のシーンじゃないかな。
クラークだって骨を持って打ち砕くシーンを上映会で見てはじめて、これが人類の
争いの始まりなんだ、って気付いたそうだから。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/26 22:37
>>478
小説版2001の「死の積荷」」「眠れる半球に偽りの朝が訪れた」という
ところが該当するんでしょうか?

「何をすればいいか分からなかった。が、その内思い起こすだろう」
で、てっきりボーマンがヒトから神に進化したと思ったんですが、
結局はハルマンになっちゃいましたね。


481 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/05 20:33
火星で水の痕跡でも見つかれば
また何か。

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/05 22:13
>>481
「3001年終局の旅」が出てるのにまだやるの?

「火星の砂・続」で勘弁してよ。


483 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/10 14:47
4001年次元の旅

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/26 04:14
宇宙の旅 シリーズに出てくる人類は、牛のBSE問題をきっかけにコストやモラルを考え草食人種へと変わっていくんだっけ。
現実の人類は、やっぱり肉へのこだわりを捨てられそうにないな。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/26 13:22
草食じゃ無くて
人工的に合成された食べ物に変わっていくって感じだったよ。

あと、コスト、モラルの他に衛生面から。

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 01:22
『渇きの海』読了。
大変面白かった。クラークの作品は今までに他には
幼年期の終わりと都市と星と楽園の泉と宇宙デブくらいしか
読んでないので次にはこれというのがあれば教えていただけませんか。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 01:25
>>486
私的には「宇宙への序曲」が好きであります。
あと、読んで無いなら2001

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 02:29
>486
「イルカの島」「火星の砂」は読んでおくべきだろう。
科学考証がすでに大分古臭くなってるが、
だからこそ興味深いとも言えると思う。

宇宙デブってのはヒドすぎw

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 03:00
>>486
短編集の『太陽からの風』と『白鹿亭奇譚』


490 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 05:30
火星の砂、渇きの海、楽園の泉 な系統は好きだなぁ
幼年期、ランデブー は苦手。
オポ撮影・火星の黒土を見た 御大のコメント聞きたいが

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 12:44
スペースオデッセーはー?

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 17:39
2010以降と共作以外は全部読んでも損はしないと思うが。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/01 07:51
共作だけどトリガーは面白かったよ。(読んでる最中、不快になる場面はあったけど。)

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/04 23:29
ゲームのramaやったことある人いる?

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/04 23:54
オレもやりたい

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/05 00:56
ものすごいクソゲーらしいが、おれもやりたい

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/05 01:39
  477 :名無しは無慈悲な夜の女王 :03/12/21 23:07
    個人的には、投げ上げた骨がフロイド博士の宇宙ペンになったと思うとるんですが

骨−宇宙船→ペンって流れは91年頃文庫でも刊行された
2001年<決定版>で紹介されてましたね。

498 :494:04/02/05 03:30
クラーク爺が杖持って
「蜘蛛ダコに気をつけろ!」なんてやってる
撮影シーン見ると、辛抱たまりません。

たしかプレステでも出てたような。。。

499 :494:04/02/05 03:40
ttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/970718/all4.htm
ジイさーーんッ!

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/05 15:06
え?まだ生きてたの?

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/05 17:51
>>499
みれば判るだろう?
CGだよ。最近のCG技術はすばらしいね。本物みたいに見える。

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/06 15:52
今日も元気に巨大パラボラで衛星放送見てるべ
明日も元気に古いPCATで一本指タイピングで創作してるべ

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/18 18:11
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/science/astronomy.html?d=18yomiuri20040218i402&cat=35&typ=t

ダイヤを資産として所持している人は気を付けてください。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/18 20:27
デビアスが居る限り大丈夫です。

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/18 21:21
>503
「ルーシー」と名づけることを思いついた人は、最初にクラークの本を思い出したな。
Beatlesでなく。 マチガイない。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 17:31
>503
なんか頭の悪そうな人間が書いた記事だなぁ。

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/28 03:08
今日TVでやってたデーブインパクトって
原作クラーク?

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/28 11:32
ちがー

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/28 22:33
>>507
「地球最後の日」のリメイク企画と、クラークの「神の鉄槌」の映画化企画が、一緒くたにされた挙げ句、
全くの別物になったのが「ディープインパクト」

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/29 01:02
そうなんだ。なんとなくディープインパクトの公開当時、原作クラークみたいなことを
聞いた記憶があって・・で、TVみながらなんか確かにクラークぽいテイストがあるなぁ・・と。
でも調べても原作は「神の鉄槌」とは書いてないし、どうなんだろう?と思いますたが、納得しますた。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/04 03:41
久しぶりに短編集「前哨」を読み返してるが、
「おお地球よ……」何度読んでも最後のシーンに
涙ぐんでしまう。

言い尽くされていることだけど、ハードさと
抒情性が高次に共存した心地良さ。
情に溺れないリリカルさっていうのかな。

「太陽系最後の日」「幼年期の終わり」
「都市と星」みんなそういう要素があると思う。

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/05 21:09
2001年以外の宇宙の旅シリーズ(?)ってどなんでしょうか?
2001年は読んで面白かったんですが・・・他のはいまいち手を出す気にならず
(深遠からほど遠い印象を受けるからかな・・)

初心者的質問ですみませんがお願いします

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/06 00:05
問題ない。
大丈夫。面白い。

気をつけないといけないのは、合作のやつ。

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/08 09:25
ランデブーの2とか。

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/08 14:59
ランデブーは
2になったら、エンジニアっぽさみたいのが
無くなっちゃった。

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/11 16:19
「表面に水の証拠 過去に生物の可能性」
http://www12.mainichi.co.jp/news/search-news/899157/89ce90af-0-2.html

さぁ1篇書け。

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/24 11:37
太陽系で最も遠い惑星状天体 米加工科大チームが発見
http://www12.mainichi.co.jp/news/search-news/900079/83Z83h83i-0-1.html

火星:表面に水の証拠 過去に生物の可能性
http://www12.mainichi.co.jp/news/search-news/900079/89ce90af-0-3.html

さぁ書け。
ドンドン書け。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/31 01:05
もう家族の顔も分からない状態じゃないの?

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/31 03:02
いやそこまでボケちゃいないだろう

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/31 11:35
何言ってんだ セイロン娘を毎晩ヒィヒィ言わせてるぞ

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/31 11:58
クラークの作品中のゲイは
みんな頭良い奴にえがかれてるな。

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/31 23:55
アメリカではそういうイメージが強い。>ゲイホモ

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/01 15:26
美輪明宏もゲイを美化したがるよな。
つーかゲイはゲイを美化したがる。感受性が豊かだとか。

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/01 15:47
まあ、マイノリティーはどこもそうだよ。
SF者だってSFを美化したがるじゃん。
「SFは20世紀の文学」とか

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/01 16:34
>「SFは20世紀の文学」とか
つまり古臭いってことだな(w




526 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/01 19:26
虎ノ門書房田町店の大竹さん、かわいい

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 18:27
今、「失われた2001」読んでるけど、かなりおもろい。

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 19:01
あれはおもしろいよね>失われた2001

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 19:03
キューブリックが骨の直撃受けていたらどうなっていたか…

530 :527:04/04/10 20:11
>>528
うん!
今読んでるのは、どのバージョンか分からないけど、
ボーマンが自分以外を人工冬眠で眠らせて
これからポッドでスターゲイトに向かうところ。
ドキドキっす!

映画の製作秘話も感心することばかり。
なるべくしてなった名作ですな。2001は。

>>529
クブリックがスターチャイルドに・・・

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 21:03
http://money2.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1081555816/
テロ予告キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
祭開催

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/16 02:53
ゲイだったのか…

とーちゃんに言ったら唐突に大笑いしていたな…びっくりしたようだ
偏見は別にないが、なんか普通にびっくりだ。みじんも感じさせなかった。


533 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/16 03:28
>>532
そう?物語中にやたらゲイが優遇されて出て来るあたりで
怪しいと感じてたけど。

あと、裏表紙の笑顔ww

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/16 06:45
横山光輝が死んだ
次はクラークか・・・

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/16 09:01
>>534
クラークと森繁は、次の世紀まで生きそうな気がする。

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/16 18:15
>535
一瞬笑っちまったが、よく考えたら大いにありそうな話だ

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/16 18:27
思ったんだけど、クラークの長篇一本は
幾らくらいの原稿料になるんだろう?

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/16 22:21
ブラッドベリとどっち年上だっけ?
両方とも元気だなあ。クラークって今も書いてる?

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/19 16:12
人工冬眠中

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/19 16:47
秘密でクローン製作中

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/20 01:47
>>520
セイロンボーイでつ

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/22 02:55
質問です。"Childhood's end"って、早川と創元で
「幼年期の終わり」と「地球幼年期の終わり」がありますよね。
これはどちらの方が(訳として、とかで)良いということはありますか?
あるいは両方読んだ方が良いような理由はありますか?

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/22 17:50
漏れはハヤカワ版を薦めるよ。
でもどうせなら原書と創元のも買って読むのがいちばんいいかもね。

544 :542:04/04/22 23:40
サンクス。余裕があったら(全部)読みます。

112 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)