5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

知の巨人アイザック・アシモフ

1 ::2001/07/17(火) 03:23

Sci-fiはもちろん
ファンタジーも歴史物も教養書も
そしてもちろん専門の生化学の
教科書(英語)も持ってますよーだ
チンプンカンプンだけどね
アシモフ最高!アシモフ天才!
みんなもアシモフ大好きだよね?

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/17(火) 04:37
自伝は?

3 :タイタス:2001/07/17(火) 19:03
2さん、するどいな。
ところで僕もアシモフは大好きです。
SF作家では一番好きな人です。
ノンフィクションの部分がですけど。
一番好きなフィクションのアシモフ作品は
「永遠の終わり」
中学ぐらいのころ何度も読み返していた。

4 ::2001/07/20(金) 16:58
自伝?
買いにいこーっと♪

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/20(金) 21:37
既に売り切れじゃない?

6 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/07/20(金) 23:24
>>4 5
いきなり萎えそうな展開だけども、アシモフ好きだから許すっす。

アシモフって、ミステリーとか歴史の要素が強いから、SFファンの
中には嫌いな人も多いんだろうけど、だからこそ好きなの。好き好き。

これはアシモフ本人が書いていることだけれども、彼はユダヤ人であるが
ゆえに薄っぺらな人間優越主義に陥らない。そういうあたりも好きっす。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/21(土) 09:39
彼のエッセイに感化されて、星占いは信じなくなりました。
(それまで信じていたわけでもないのですが)

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/21(土) 23:17
グーゴルプレックス・・・そんなデカイ数があることを先生から教わりました。合掌

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/21(土) 23:41
アジモフと呼べ>>1

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/22(日) 00:37
>9
早川書房は「アジモフ」と呼ぶことを絶対に許しません。
何故?

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/22(日) 03:42
じゃあAsimovで統一しよう

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 16:06
いっそASIMOとか

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 16:53
科学読み物が良かった。図書館の児童書のとこにあった。
天才は、ドキュソにもわかるように科学の説明をしてくれる。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 18:05
エッセイが好きで、何回も読んだな〜
おかげで歴史や星の名前なんかにも、ちょっとだけ詳しくなった。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 19:34
俺はエッセイの言葉遊び好きだった。科学化学歴史も好きだけどね。
大作も好きだけど、よく読み返すのは黒後家蜘蛛とかアザゼルなんかの掌編が多いな。
読み始めてからずっと後にすでに故人となられていたことを知ってショックだったなー

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/24(火) 00:34
アシモフの雑学コレクション(星新一 編訳)
は座右の書だよ。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/24(火) 08:58
なかばずーーーーーっと生きてるんだと故意に錯覚してたもんなあ。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/24(火) 09:47
僕の心の中で生きてます(クサ

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/25(水) 03:59
凄い人なのに『おじさん』って呼べそうなとこが好き。

私のBESTは『鋼鉄都市』シリーズです。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/25(水) 09:53
絶対21世紀まで生きて気がつけば
400冊目を出している
と思っていたのに。
なによりわかららないひとにわからせる
それがすごい。
物理板とかいけばわかるけど
(ブルーバックスでもそうか)
ああ、アシモフならもっとうまく説明したろうに
と思うことが多い。
まったく残念。
すくなくてもP2を見てもらいたかった。
なんてコメントしたか。
きっと面白いことを言ってくれたに違いない。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/25(水) 10:17
もみあげがイカす。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 05:32
今日好きになった。
これからファウンデーションシリーズ読む。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 08:26
ここは悪いことを書いちゃいけない所なのかな。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 08:54
いちいち書くまでもないって事なのでは。
読む限りではアシモフも役に立ってるようだし。

25 :らら:2001/08/04(土) 17:46
はじめまして。私もアシモフファンです。
「私はロボット」がスタートラインでした(ロビーのお話)。
パウエルとドノバン、キャルビン博士、ラニング博士とか、いろんなエピソード
とか、一番好きな作品です。
ふぁうんでーしょん、鋼鉄都市、黒後家蜘蛛、科学エッセイ等々も好きです。
聖書とシェイクスピアに関する本も書いていらっしゃいますが、まだ、積んである
だけです。

硬質な知性と、暖かみのある視点がよいと思います。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 20:19
神々自身にはお世話になりました…ハァハァ

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 21:11
科学エッセイの前振りだけ読み返すのは漏れだけ?

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 23:02
もっと彼の暗黒面を見たかったってのは贅沢だね

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 23:20
>>27
同志よ!

あと、アンソロジーの中書きとか解説もな。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 23:24
>>26
第二部か、三部か?

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/04(土) 23:45
アシモフ自伝、文庫落ちはまだか
・・・いや、わかってるんだけど

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/05(日) 07:24
ファウンデーションシリーズの続編を、グレゴリー・ベンフォード、グレッグ・ベア、
デビッド・ブリンの三人がそれぞれ1冊ずつ連作を書いてるけど、みんなの評価は
どうよ?

漏れ的には、ヴォルテールver.1.00とかでイヤになった。
とはいえ、今年にデビッド・ブリンの三冊目が出て完結するのでかなり楽しみにしてるが。

33 :23:2001/08/05(日) 10:06
書き込むべきか悩みましたが。
結局、この人の話は、歴史小説や純文学でも表現できる感情を、性格があまりアクティブでないテーブルホビー好きな人向けに、
無理やりSFの舞台でやってるだけなので嫌いなのです。
ハインラインも同じく。
なぜ日本人はこういったわざとらしい小説を好むのか解りません。
人格的なことは会ったことないのでわかりません。
(昨日「母なる地球」と「クリスマスの十三日」を読み返して思いました)
でもチオチモリン(だったっけ・・・)の話は面白かったかも。

34 :24:2001/08/05(日) 11:16
>>33

いや、俺も似たようなことは思うっすけどね。
ひとりよがりな謎解きとかさ。
まあ入門にはいいんじゃないの?もっとろくでもないものも世の中には
あるわけだし。
新しくファンを獲得できないジャンルは滅びるだけだよん。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/05(日) 11:19
>>32
「銀河帝国シリーズ」のスレが出来ていますね。
私はセルダンが若いころを描いた「ファウンデーション前史」には
あまり興味がないので、新シリーズもちょっと、、、。

アジモフは、SFじゃないけど「黒後家蜘蛛」シリーズが好き。

36 :34:2001/08/05(日) 11:22
>>新しくファンを獲得できないジャンルは滅びるだけだよん。

とはいえいつまでもアシモフが好きという人もまた多いのだろうが・・・。

37 :33:2001/08/05(日) 12:22
そろそろSFファンは言うべきです!
アシモフとハインラインは保護されているッッッ!!
本部「野郎……タブー中のタブーに触れやがった。」

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/05(日) 12:33
>>33
しかーしだなあ,
歴史小説や純文学では表現できない感情を
性格がアクティブなアウトドア好きな人向けに
書いたSFって存在するの?

ちなみに俺はあんまりアシモフは好きじゃない(科学エッセイは好き)

39 :38:2001/08/05(日) 12:36
あ,「宇宙の戦士」あたりは当てはまるな。
(スレ違いだが>>33でハイラインの名前が出てきてるんで)

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/05(日) 12:50
>>33
「バイセンテニアルマン」も歴史小説で表現できるのか?
試みにあんたやって見てくれない

41 :33:2001/08/05(日) 13:19
ごめんなさいできません。

>>38
確かにないかも・・・アウトドア好きな人はレムやボルヘスは絶対読まんだろうし・・・。
じゃなくて。
文学の枠組みを広げてくれるようなSFが好きだという事です。
家庭的な(こんなにいい日なんだから・・・みたいなタイトルの短編があったよね。うろおぼえ)
のは、とりあえず他の文学の系統で読むから。
しかし他の人がそういうのをSFに求めようとも、よく考えれば僕には止める権利はありませんね。
暴言だったかもしれません。

しかしそういうマターリ感が金字塔への条件なら、本来失うもののない文学形式であるSFに於いてだけは、
はっきり違うぞ、という考えです。

42 :34 35:2001/08/05(日) 18:06
>>41
>>確かにないかも・・・アウトドア好きな人はレムやボルヘスは絶対読まんだろうし・・・。
わからんぞ、椎名誠は読んでたりするかも。・・・じゃないのか。

まあ33の
>>結局、この人の話は、歴史小説や純文学でも表現できる感情を、性格があまりアクティブでない
>>テーブルホビー好きな人向けに、無理やりSFの舞台でやってるだけなので嫌いなのです。
は表現が妙だが。

アシモフ批判したい気持ちはわかるし、そういう人もたくさんいるんじゃない?
ある程度年のいった本読みに「なんかいいSFない?」と言われた時に
真っ先にアシモフを薦めるか?俺はやらねーぞ。
やって喜ばれる可能性もあるだろうけどね。

でもそういう好み(アシモフ嫌い)も存在するということを知ってもらえれば
それで十分じゃないの?

「マターリ感漂うものが金字塔と呼ばれるのは嫌だ」というのも
判るけどさ、SFのオールタイム・ベストと同じで
結局よく知られているものに人気が出てしまうのはSFに限らずそうだろう。
SFの金字塔なんて文句は厨房の時にまず信じて、後で裏切られるものだったり。
ヒューゴー賞のケンイと同じで、売り文句なんだから。
ボルヘスまで読むんだったらジャンルへの過剰な期待はしないとか
いうのはどうだ。

43 :42:2001/08/05(日) 18:13
失礼。俺は34 35でなく34 36だった。

44 :42:2001/08/05(日) 18:16
盛り上がりたいならアシモフ嫌いのスレッドを立てるというのはどうだ?

ファンとしてはケナすという行為は盛り上がるし楽しい(でも編集長としては
ケナさない)、とかなんとか「ローカス」のチャーリー・ブラウン
(だっけ?)が言ったとか。古い話だが。

45 :42:2001/08/05(日) 18:23
「アシモフ嫌い」というよりは「アシモフのここが嫌」スレッドか。

俺にもアシモフの文で好きなものはある。ただしSFでも科学エッセイでもないけど。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/05(日) 18:59
>>41 「こんなにいい日なんだから」みたいに価値観が逆転している
一応ありそうな未来世界を描くのはSFだからこそと思うけど。
他のジャンルでやるとしたら、ファンタジーというかお伽話系統とか?
他のスレで星新一はSFっぽくないと指摘されているのを思い起こしたり。

47 :しつけえ42だスマソ:2001/08/05(日) 19:10
>>46
でもね、価値観の逆転の話だったら「こんなにいい日なんだから」
よりもずっといいSFだってゲンソウブンガクだってあるのね。少なくとも俺にとっては。

のぽぽんとした感覚が好きだからあれを推すの?っつーかタトエで出しただけ?

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/05(日) 20:31
>>47
「俺にとっては」って言い出したら収拾がつかないんだけど

49 :47:2001/08/06(月) 00:55
>>48
じゃあ「アシモフってつまらねー」っていいたい時はそれだけでよし、
「アシモフってつまらねー、俺にとっては」とは書くなとおっしゃる?

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/06(月) 10:01
>>33がヘンなのは、個人の評価を一般的な評価にすり替えようと
しているからじゃないか? 好き嫌いは自由だし、個人の見解を
聞くのは面白いからどんどんやってほしいけど、あんたの考えを
人におしつけんのは止めてくれ。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/06(月) 12:33
まあまあマターリマターリいこうよ。
俺的にはここがいい、ここが嫌いから作品ごと議論になってくれるとうれしい。

52 :46:2001/08/06(月) 12:44
>>47
>のぽぽんとした感覚が好きだからあれを推すの?っつーかタトエで出しただけ?

いや、>>46は単に>>41さんが「こんなにいい日なんだから」を出したから
それにレスしただけなんだけど。

53 :47:2001/08/06(月) 13:15
>>52
そうだった。申し訳ない。

だが、俺の言いたいことは47に書いている所に割と集約されているっす。

例えばSFにおけるセンス・オブ・ワンダー的なものを求めるなら、
アシモフが書いてあるものよりももっとよいものがあるはず
ではなかろうか。

あと単に小説としてのデキを求めるなら、アシモフが
書いてあるものよりももっとよいものがあるはずなのでは
なかろうか。

アスモフ好きがアシモフを好きだ、というのはそれがアシモフの
ようなマターリしてるものが好きであるというところに
あるのではなかろうか。

もしそうであった時、そういう人は「SFが好きだ、アシモフとか」と
いうよりは「アシモフという作家が書くような小説が好きだ」
というものなんではなかろうか。

まあそう宣言されるなら俺はそれでいいんだけどね。
正直な所は好感がもてようってものだ。


#あと、ちょっと別な話として、「SF小説というものが他の
#ジャンルの小説でもできることをその小説の中でやっている場合、
#そのSF小説はよろしくないSF小説である」みたいなことは
#33に限らずよく言われることだが、俺はそれは妙な話だと思う。
#ラファティとかがSFなのかなんなんだかよくわからないものを
#書いている場合、それを非難されるべきだという話なのか?
#ラファティだというのに!!

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/06(月) 13:56
星界の紋章はファウンデーションだよ、絶対!
でもファウンデーションにはラフィールがいないから、一般にはウケないよ!

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/06(月) 23:49
47はいつになったらアシモフ批判を行ってくれるのやら

56 :47:2001/08/07(火) 00:53
やっと一人来たか。ここは善人ぞろいなのかしらやっぱ。
でも51の人が言ってるようにやるのがファンにとっては
実りが多いんじゃない?
でも厨房らしく反応しておこう、あんまり答えになってないかもしれないが。
俺的にはアシモフは
・「論理的に言うと」とか書いてある文章はたいてい論理的でない
(ex.茂木健一郎の書く文章とか)ということを教えてくれた反面教師
・「ロボット三原則によれば・・・」といえばオッケーと
思ってるヘタレを増やした困ったオヤジ。
友達のマービン・ミンスキーに「もうちょっと最近の研究成果を
反映したらどうだ」言われて「変えるつもりはない」とか
なんとか言ったらしい(そらそーだわな。あの陽電子脳が
カンバンなんだから。しかしフラクタルブレインは
ポジトロン脳よりも弱し、といった内容の頭の痛い短編はあったな)。
妄想するにミンスキー先生、学生に「三原則からスタート
すれば論理的に人工頭脳はできるでしょ」とか言われて
頭抱えたりしたことがあったりしたのかも。
・歴史的には重要だったかもしれないががオレ的には
あまり重要ではなかった作家
・有名作家が面白いとは限らない、とかを教えてくれた作家
とかいった所か。いやー。いてくれてよかったよかった。

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 01:00
>>56
一つめは、同意。
二つめは、まあ、本人も「なんとなく格好いいから陽電子にした」とか言ってたんだし、許してあげて。
ただ、そのオヤジと学生は逝ってよし。
三つめと四つめは、単なるあんた個人の好みだな。

58 :55:2001/08/07(火) 01:00
ごめん、期待した俺が悪かった。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 01:23
>>56
>>「論理的に言うと」とか書いてある文章はたいてい論理的でない
>>(ex.茂木健一郎の書く文章とか)ということを教えてくれた反面教師
というのは具体的にどういうことかよくわからん

あと、ロボットものは、陽電子頭脳とかの小道具にこだわるような
話じゃないとおもうけど?

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 01:48
俺はロボットものは「いかにして三原則を破らずに解決するか」を楽しむもんだと思ってた。
アシモフに関して言えばミステリを楽しむ方なんで、俺は。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 02:19
陽電子頭脳が看板だったとは知らなかった
ロボット三原則だとばかり思っていた

そもそもアシモフってあまり最新の研究成果を反映したSF書いてないんじゃない?

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 02:55
多作の性か痛いのも多いけど、おおむねマル〜

63 :無名草子さん:2001/08/07(火) 03:57
>>60
賛成だね。アシモフの場合は、ストーリー・テリングが命。
ロボットものにしても、ファウンデーションにしても同じ。

でもね。彼のおもしろさは、そこにあるんだよ。

陽電子頭脳のような、古い設定でも今なお楽しめるのは、アシモフの
物語作りがうまいから。そこらへんが、「最新科学知識」に乗っかった
作品と違うわけ。

だけど、SFオタにはわかんないんだよね。そこのところが。
かわいそうといえば、かわいそうだけどサ。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 05:00
『永遠の終わり』がアシモフ最後の傑作SFだったと思う。
それ以降の作品は…(以下略

65 :47:2001/08/07(火) 11:23
スレにはレスがいっぱい・・・。まあ楽しんでくれ。

>>57 コマカイが再度読んでおわかり(であろう)の通り、
「オヤジ」はアシモフで「学生」は妄想の産物だ。

>>58 ボクにもわかるような答えを書けずにスマソ。

66 :47:2001/08/07(火) 11:24
>>59 これも申し訳ないが、いちいち本の山をひっくりかえしてアシモフを
掘り出した上で「ここがかくかく・・」とやってるヒマがないっす。

#例えばロボット物変奏曲の中の変わりもの「うそつき」の中にも
#変なロジックはいくつかあった。しかしそれを本にカキコしながら読んでいた
#ヘンタイリアル厨房だった俺のその本は本の山の中に埋もれたママだ。

ファンだったり手元にアシモフの本があったりする方がやってくれ。
それで盛り上がるならヨシというものではなかろうか。

あと仮に具体例を挙げた上で懇切丁寧に説明を試みたとしても、
(引用部分が長大になることは想像に難くない・・・)
人類のウン%はそれに同意しないのは眼に見えている。
そして単に同意しないだけでこの種のヨタはいくらでも引き伸ばすことができ、
それに最後まで付き合う程俺はシンセツではないし、こんな文を書いている俺は
もう十分以上にシンセツであったろうとウヌボレておるのだ。
前に書いた通り、ここでは「俺のような意見を持つニンゲンがいる」と
いうことを言っておく程度にしておきたい(なるべく・・・)。仕事あるし上司いるし。

そしてロボット物ではまずあのなんとか脳を持った三原則入りロボットが存在する、
というのがあの世界のありとあらゆるモノの前提になっているのだ。そういう意味では
アシモフはひたすらあのガジェットにこだわり続けたわけだわな。
そしてそれについて「ウン十年もマンネリ続けてんじゃねー」と言う向きがあったと
しても、それはそれで仕方のないことではなかろうか。

それにだ。「ガジェットにこだわってるわけじゃなくではなく三原則がメインだ」
とか言われたら「カビの生えたアイデアに固執するのはいかがなものか。
アイデアならこだわっておっけーなわけ?」とかついつい返しちまうじゃねーのよ。

67 :47:2001/08/07(火) 11:24
>>60 その言い方はよく眼にするが、「いかにして三原則を破らずに解決するか」を
あのおばちゃんとかが言うロンリの過程に穴がいっぱいあるだよ
(短編とかだとおばちゃんがヘリクツこねて一件落着、というのもパターンだし。
どうしてあれにヒタスラ耐えられるのだ??惰性だと言うならまだうなずけるが・・・)。

さて、恐らくもっと具体的に、というリクエストもあろうが、
上に挙げた理由により俺にはできないし、その通り、君の言うとおり、逃げているのだ。
だれか試みる人が居てもいいかもしれん。ちとオツムにパワーが必要だろうけど。スマソ

あと古い古い三原則についてウンチクたれるマンネリさ加減とかはおっけーなわけ?
バリエーションがあるたって水戸黄門のバリエーションを語ってるようなもんでは?
新しい「センス・オブ・ワンダー」とかいったものはあるわけ?

68 :47:2001/08/07(火) 11:27
>>63 アシモフがストーリー・テラーねえ・・・。いやあ。俺にそんなことが「わかる」
能力がなかったのはヒジョーニ嬉しいね。この能力は「SFオタ」以外にも持たない人は
大勢いるとは思うが。また「SFオタ」であっても持ってる人は多かろう。
あるいは幼年期には持っていたとか。

追加:
・アシモフってあざといのでは。
「サリーはわが恋人」とかが入っている短編集の序文で「俺はひたすら
誉められたい、先生って呼ばれ続けたいのよ、あなたの物語ってクズだとかいった
批判なんか聞かないよ〜」
みたいなことが書いてあって、それはそれでワラえて面白かったんだけど、
「やっぱ自覚してやっとるのかー。あざといのお、このオヤジ」と
思わせるものではあったねえ。
お好きなみなさんどー思うのよあれ読んで。「そうですよね、先生!」とかっすか?


その他の方々はに対するレスはであるのと、上に書いたのとレスの内容がダブる部分も
多くなるだろうと思うので略。スマソ

#あるいは人類を救う為と称して2chにカキコを続けてくれるアシモフロボットを求む
#っつーかそれをネタとして話を一つ誰か書いてくれ。

69 :47:2001/08/07(火) 11:29
そういえば
>>54
そうかー。キャラ萌えの御婦人方、殿方にとってもあれはキビシイか。

そうだよなあ。あれを読んだときは「これは『あの』アシモフ御大の
ファウンデーションものだから面白いに違いない」とか思い続けてないと、
とても読めねーもんではないか?」と思ったような気もするなあ・・・。
いっぱい喋ったけど要約すると何も言っていなかった大使、というのは
ワラったけど。

#いやーSFを広めたい人は地道に色々紹介してかなきゃダメってことですか?
#アシモフを受け付けない人もいるようであるなら。

やっぱアシモフって「歴史的には重要だし有名だけど評価は分かれる作家」とか
いった評価もされるべきか?最近まで活躍してて功績も大きいんだけど、
読むとなんかガーンズバック読んだ時の感覚(ラルフの出だし読んで大笑い)と
似た物を感じてしまうぞ。デビューもすげー古いし、内容は変わらないし・・・。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 13:59
>>68の追加の部分に関して
俺は「あざといのぅ」じゃなくて実にアシモフらしい露悪趣味だと
思ったネェ。肯定派だって「そうですよね、先生!」とは思わんよ。

あれは、どうしても出てくる批判派の数を少しでも減らす
(そして、その批判ってのがアシモフからしてみれば耳タコな「おまえに
言われなくても承知してるよ」てなもんが余りにも多かったんだと思う)
為の予防線で、そういうマンネリでも求めている人間が多いうちは書くよ
というアシモフのエンターティナー精神の発露だと思ったけどねェ。
実際売れてたんだろうし。

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/07(火) 21:57
アシモフ云々抜きにして、47のレスは自分酔いしていてハァ?だね。

で、結局47がSFとして高く評価する作家は誰なわけ?
47の価値観が今ひとつわからんので教えてけれ。

72 :60:2001/08/07(火) 22:56
感覚的で申し訳ないが47の言うことは理屈っぽく本人のスタンスもわからなくてちょっとイヤ。

俺としては理論に穴があっても話の流れで無視できるぐらいだしいいんではないかと。
前言ったことを言い直せば、「謎解きを楽しむ」というより「謎解きをしてゆく人たちの物語」を楽しむってことかな。
ふつうの(頭はいいにせよ)人たちが不可解な現象を解明していく姿が楽しいんだよ。
俺が木っ端な事もあるから超人的な登場人物はいい。

くそレスなんでsage

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 00:30
47の批判は、たしかに傾聴すべき部分があるのかもしれない。

ことに、
>もしそうであった時、そういう人は「SFが好きだ、アシモフとか」と
>いうよりは「アシモフという作家が書くような小説が好きだ」
>というものなんではなかろうか。
あたりは、「そうかもなあ」と思った。

でもね。

やっぱキミの考えているSFの理想型というか、好きな作家がよく分かんないのでは、
対話は成立しないよ。キミのやっているのは、後出しじゃんけん、というか、自分の
手を見せずに、「ほーら、あんたの負け!」と叫んでいるようなものじゃないか。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 00:31
>>71
同感同感
「アシモフを否定してるオレ、カッコイイ? カッコイイ?」って感じ

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 08:10
だれか47の代わりにアシモフ批判してやってくれ。
47みじめすぎる。

76 :47:2001/08/08(水) 10:11
>>70
多分そこで何が起こっていたかの現象については結構似たような理解をしているのだろう。
「あざといのお」ではなくて「おぬしもワルよのお」と書いた方がニュアンスは
伝わったのかな?
ただそれを肯定的に捕らえたがるかどうかの違いはあるようだが。(笑

予防線たってケナしたい奴は自分が正しかったと思うだけなのでは。アレでは。

あれでは30年以上前に既に生きた化石扱いされてもしょうがあるまい。

77 :47:2001/08/08(水) 10:13
あらーお分かりになったかしら?
(ご機嫌を損ねた事はほんのちょびっと申し訳ないとは思うけど)
しかし経験上はそういう事言いたがる奴ほどトースイ入ってるよな。
しかもただ罵声を発してみました、ってか?

でも罵倒合戦になったようではここまでかな。いかんいかん。
見えていた事ではあるが・・・。

価値観についてはすでに書いた通りだ。
何度も書く必要もないだろう。必要であれば読解力を磨くよろし。

78 :47:2001/08/08(水) 10:14
>>77 は 71向けだ。スマソ

79 :47:2001/08/08(水) 10:16
>>72
いや作品評に個人の感覚以外の何があるのよ?

あとは、何かモノを作っててだね、何か不可解な事が起こった時、誰か先生が
やってきてあっさり解決して「ほーらいわんこっちゃないワトスン君」とか
言う類の話は俺は嫌なのよ。

それは木っ端としての俺の直面している現実とは少々異なるしね。
んで御都合主義的な話も過ぎるとイヤミではない?
そして俺にとってアシモフの話って「そこまでやるのもイヤミだのう」、と
感じてしまうくらいにあっさり事がスムーズに運んでいるモノなのよ。トラブっていても。
「解明」とやらについても「先生、これを解明と呼ぶのかよ。おいおい」とか思うし。

しかしケンカイのソウイってものの元凶もきっとその辺りだねえ。

#ときに怪しげな権威とか好き?教祖様とかどうよ?

80 :>>73:2001/08/08(水) 10:17
でね。ここはアシモフスレっしょ?

で俺は「じゃ批判してみれ」と言われたのでやってみただけで、
君とけなしっこしたいわけじゃないっす。不毛すぎるし。

別に君と勝ち負けを競いたいわけでもないしね。

基本的にはアシモフのここが嫌!とかSFファンの言う事のここは変では?
とか書いてただけなんだけど。

あと「あれをマンネリとは思わないんですか?」とかいうのはマジで
お聞きしたい所だが、こんな所でそんな問いにまっとうに答えはしないか・・・。
「昔好きで今は惰性で読んでる」、とかいう答えだったら俺も半ば納得するところでは
あるのだが。

81 :47:2001/08/08(水) 10:18
>>74
カッコヨク見えたのがネタましかったのかな?

そんなにカッコヨク見えた?見えた?(笑
そーなのよ「あの」アシモフ先生をケナせるんでしょ?
これってすごいコトじゃない!?(笑

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 10:27
自伝は文庫になぜならないんでしょうか?

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 10:29
初期短編集の青臭い作品が好きだ。トカゲ人と宇宙戦争してるやつとかさ。

84 :70:2001/08/08(水) 11:15
>>76 ソッコーでマルチレス返してんじゃねーよ、この暇人。
おめー、夏厨だな。>>66の仕事あるし上司いるしってのも嘘だろ。
とか煽ってみたり(W
なんかみんな忘れてるみたいだけど、これって批判のための批判
いわばディベートだったんだよね。そこんとこ忘れて
>>71みたいに47の高く評価する作家教えろとか言ってる人は何考えてるんだろうね
逆にケナシ返してやるってか? 意味なーいじゃーん。
まー脊髄反射で「ワ、ワタシのアシモフセンセイが貶サレタ!反論セネバ!」
てな人も散見されるが。夏だからしょうがないか(W

> 予防線たってケナしたい奴は自分が正しかったと思うだけなのでは。アレでは。

に対する答えとしては、そう思わせて批判の言葉を封じればアシモフの勝ちだ。

85 :71:2001/08/08(水) 14:05
47の高く評価する作家が知りたいってそんなにおかしい?
逆にその作家を貶めようと考えているわけじゃなくて、
47の価値観を知る上で一番手短な方法だと思うんだけどね。

個人的にはアシモフの作品にはいろいろ欠陥はあると思うし、
それについて議論もしてみたい……けど、47には何を言っても
イヤミとはぐらかしで返されるしね。自分以外はみんなアシモフ
マンセー派扱いみたいだし。もうちょっとフィルタ無しで人の意見に
耳を傾けてくれないと議論にならんよ。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 14:13
>>80
そのマンネリさがいいんですよ。またこの世界にひたれるという。
例えば先日初めて「黄金」見つけて未読のロボット短編がある!楽しみ!と読んだけれど、
はっきり言ってつまんなかった。
でも面白かった作品の記憶があるから、見つけるとつい読んでしまうのです。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/08(水) 17:46
>>84
  ハハハ
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ^∀^)<  あほか
 ( つ ⊂ ) \_________
  .)  ) )
 (__)_)     (^∀^)ゲラゲラ「(W」ダッテ

88 :47ni:2001/08/08(水) 18:03
>>86
マンネリ

89 ::2001/08/08(水) 18:06
88のレスは誤送信。ゆるしてたも。
名前のところの47niというのも、間違い。
かの47氏とは何の関係もなし。
下に正しいレスをアップしております。

90 :88の書き直し:2001/08/08(水) 18:15
>>86

マンネリさというのも、たしかにあるかも。
ちょっとたとえが違うかもしれないが、一種のノスタルジー
で読んでいる部分があるかもしれない。
よくも悪くも、アシモフみたいな「わかりやすい」物語を
書く人が最近はいないですから。

今の時代に、ロボットものを読む意味があるかと言われれば、
そりゃ反論はできないよなあ。

でもファウンデーション・シリーズは私にとって
何度でも読み返したい別格の作品なんです。
中世ヨーロッパ史を下敷きにした歴史ロマンと申しますか、
大河小説と申しますか。

あ、やっぱそれもノスタルジー、時代錯誤の一種か。

要するに、こういう私はSFファンではなくて、
アシモフ・ファンってことなんでしょうね。しみじみ。

91 :57:2001/08/08(水) 20:22
>>69
いや、ファウンデーションは、最初の三部作は面白く読んだよ。
星界の紋章も、ちょっと似たような感じだけど、ライトノベル風に上手くアレンジしてあ
るなーと感心した。独自言語とか凝ってたし(作者はまだ小説の書き方がイマイチ分かっ
てないなー、とは思ったけど)。
>>57 は単純に、ファウンデーションはメディアミックスしにくいね、って話。
あと、
>#いやーSFを広めたい人は地道に色々紹介してかなきゃダメってことですか?
>#アシモフを受け付けない人もいるようであるなら。
ってのはどういう意味?
今更、SF入門としてアシモフを薦める人は居ないと思うが。
自分が薦めるとしたら、ディックやヴォネガットや、ベスター(これはちとキツいか?)
あたりだな(関係ないが、ハリポタ好きの人には、「図書室のドラゴン」をお勧めした
い)。「火星夜想曲」とか「ヴァーチャル・ガール」あたりも良いかも。

92 :60:2001/08/10(金) 12:29
>>79
いや、反論にしては感情的すぎるなっておもったの。感情的な議論は嫌いなんで。

ただ短編に関して言えばすっきりしてる(そう見えるだけであっても)そっちの方がいい。
長編なら後を引く(余韻を残す)終わりってのも好きだけど、短編ではそういうのはちょっとね。
見解のそういってのは確かにどうしょうもないとは思う。押しつけても仕方ないし。

#教祖すきだよ。グル(古いな)マンセー
#見てて楽しいやん。

新しいこと言ってないのでsage

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/13(月) 23:02
ところでアシモフの銀河帝国シリーズと、ベアとかの新銀河帝国シリーズはどうよ?
俺の評価ではアシモフシリーズの方がいい。
たんなるアシモフ萌の意見だが。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/17(金) 10:17
あげさせてくれー

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/17(金) 14:17
SFではなくて、ミステリーだが、「象牙の塔殺人事件」は、結構出来がよいと思
う。大学における理科系の研究ネタだが、今読んでも古さをあまり感じさせない。

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/21(火) 13:00
ミステリーでは「黒後家蜘蛛」の「会心の笑い」がよかったなー
…と、上げたい一心で書き込んでみる

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/21(火) 13:43
ディックで初心者にSF啓蒙?おいおい。
それだったらダン・シモンズ読ませろよ。ディックよりよっぽど役立つぞ。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/21(火) 14:20
自伝読むと、人間的にたいがい好きになるぞ。
キャラ立ちまくり。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/22(水) 06:53
>>98
同意!
本当に若い頃はハンサムなんだもんな、自分でも言ってるけど。写真見てビクーリ。

自伝文庫化して欲しい。チオチモリンのあたり大好きだ。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 00:40
いまごろになってアシモフを読もうと決意。
知り合いに聞いたら、まず「われはロボット」あたりから始めろと
いうので読んでみた。

・・・お、おもしれぇ。これか、有名なロボット3原則ってのは!
しかもそれにジレンマがあるわけね。自分で提唱しといて自分で
つっこんでるのか。スゴイひとだ。

読み終わったので、次は何かと訊ねたら「鋼鉄都市」
本屋にいったら、どうやら続編らしい「はだかの太陽」っていうのも
あったので買ってきた。今鋼鉄都市読み中。

この後は何かねえ?
ファウンデ-ションに逝ってヨシ?

101 :名無し@イーガン者:01/10/08 01:00
ファウンデーションは、題材自体はとても興味深いのですが、先の三作に比べると、ひたすら退屈に思えるかもしれません。また、未完です。
『夜来たる』などいかがでしょうか? 短編がハヤカワ、長編版が創元より出ています。
SF以外でもよければ、ミステリ『黒後家蜘蛛の会』(創元)と『アシモフの科学エッセイ』(ハヤカワNF)を推します。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 07:27
長篇だったら永遠の終わりとか,神々自身がいいと思うけど
短編集だったら聖者の行進がお勧め.バイセンテニアル・マンが泣かせる泣かせる

ウェットな短編なんだよね.アシモフって

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 09:57
>101-102
情報ありがとうございます!
創元からも出てるんですね。探してみます。
短編は読みやすくて好きだな。子育て中の主婦なので
切れ切れにしか読めないし。

しかし、アシモフって著作物多いんだねえ。
本屋にあるかなあ。古本屋逝った方が早いかなあ。
でもアシモフファンって買った本を手放しそうにないね。
なんとなく。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 12:19
長編版はやめといた方がいいよ……。
高いしさ。

しかし、あの世界の人って目をつむっただけで気が狂うのかね?

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 13:49
>>104
長編版にはそれはそれでいい色はあると思うよ。でも、アシモフの色とはちょっと
違うような気がする。優劣とか好悪とかの問題ではなく。
>目をつむっただけで
つまり、真っ暗なはず、と思っていた夜空が、ぞっとするほどの数の光の点でおおわれ
ていたとしたら、と言うことなんだろうね。それも、ぼんやりと明るい空ではなく、
くっきり一点一点がきわだって見えるとしたら。
そりゃあもうショックだろうね。

ただこの作品が凄いと思うのは、ショックを受けるだろうとスペキュレートしたこ
とだよね。
当時のSFで今も名作と読んでもいいものには、こういう点があるね。
つまり、将来こうなるだろう、ってことだけじゃなくて、もしこうなったら(主語
は何でもいいが)こういう事を考えてこうするだろう、とその先まで考えたこと。

>ファウンデーションは、・・・ ひたすら退屈
異議あり! 君はホーバー・マロウの活躍を忘れたか!
ミュールが出る前の「予定調和」のファウンデーション、安心して楽しめたなァ。
あ、もちろん個人的感想。>>101氏の感想に逆らうわけではありません。

106 :105ですが:01/10/08 14:02
蛇足。この話題は、短編及び長編の「夜きたる」についてのものです。念のため。
>>104氏のもそうだよね?

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 14:09
あ,俺も同意だ.
ファウンデーション一巻は好きなんだけど・・・ね

108 :104:01/10/08 19:53
>105
でもさあ、それだったらその間眠ってたらいいじゃん、とか思わない?
なんか甘いのよ、この小説。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/08 20:03
>>108
「それ」ってのが伝わってないんだろう
以下メール欄

110 :名無し@イーガン者:01/10/08 23:51
>105さん
退屈云々は、あの本編の長さに対し、物語の進行過程を比較しての発言です。
個人的には好きですが、他人様に薦めるかどうかなので、慎重になってみました。

111 :教えて主婦:01/10/09 12:58
うーん、なるほどー。
皆さんの話を伺って総合すると、まず短編を読んで
長編を読んで、一番最後にファウンデーションシリーズ
っていうことですな!

ところで、皆さんが一番好きなアシモフの文庫本って
何ですか?
SF、エッセイその他全部ひっくるめてお願いします。
(この話が入ってるからこの本が好きっていうのも有りで)

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/09 19:38
っつーか、ファウンデーションは、ロボット物と名作短編の後でいいんじゃないの、
って事でしょ。長編とか短編とかじゃなくて。
ロボット物と名作短編の間に、神々自身を読む事をおすすめします。

113 :名無し@イーガン者:01/10/09 19:51
>111さん
アシモフ作品と付き合っていくのですか? でしたら、忙しい時は短編、気力が充実している時は長編と、交互に読むことをお薦めします。また、銀河帝国興亡史はスパンの長い物語ゆえ、間に他の本を挟んでも問題ありません。ご自分の読書スタイルに合わせてどうぞ。
アシモフのマイベストは、SFでは甲乙付け難く思います。なので『16品の殺人メニュー』を。料理のコースに見立てた、食をテーマにしたミステリ・アンソロです。アシモフの編集者としての腕前が拝見できます。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/12 01:38
「アジモフ博士の聖書を科学する」はおもしろかった。
聖書というか、聖書の神に対するイメージが一変した。

115 :教えてサン:01/10/13 22:47
>>113さん
アシモフの読み方ご口授ありがとうございました。
今は鋼鉄の都市をとぎれとぎれに読んでるところですが、これから
どんどん本を入手して読んでいきたいとおもってます!

『16品の殺人メニュー』おもしろそう!私は食いしんぼうなので、こ
ういうテーマはすごく興味があります。
ハヤカワから出てるんですか?

116 :矢口の巨人アイザック・アシモフ:01/10/14 01:32
真里たんハァハァ

117 :名無し@イーガン者:01/10/15 00:41
>115さん
『16品の殺人メニュー』は、五年前に新潮文庫から発売されました。しかし、残念ながら現在は絶版のようです。
ただ、古書店でなら見かけますので、探せばあるかもしれません。背表紙は赤茶色です。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/15 06:03
>116 ワラタ

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 19:55
>>111
亀レス(死語だろうなァ)ですが。
アシモフには匂いがあります。人によっては、そのアクの強さに辟易します。
だから、あなたがどんな匂いが好きかによって、おすすめできる本は変わります。
ただ単に、今彼のなにかを読もうかな、と何の気なしに思うとしたら、ぼくなら
「黒後家蜘蛛の会1」「聖者の行進」「人間への長い道のり」の3冊のどれかを
選ぶと思います。

硬すぎる本はいいや、と思うときに薦められる本でもあります。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/16 21:08
短編にいくつかある、落語のオチのような駄洒落センスは倒れそうになります。

でもそんな腰砕けな所も好き。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/17 20:07
結局ブリスはロボットなのかそうでないのか?
「ファウンデーションの彼方で」ではロボットとしか思えないが
「ファウンデーションと地球」ではロボットとは思えない

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/26 22:02
「第0法則って... 」ってスレッド立てたら親切な人がここ教えてくれたよ。

で、一番気になってるのが、「R・ダニールがロボット3原則を自分で破っちゃうのって
ありなんですか?」ってことです。銀河帝国につなぐ為にはしかたなっかった?

123 :   :01/10/26 23:49
自己破壊ものデス。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/27 02:16
第ゼロ法則を生み出したことにより、三原則の存在意義が小さくなったようです
最初はプルプルしながら行動してたのに、そのうち全然気にしなくなります
セルダンに対して「トランターのスパイスはキツいから、時々お腹ゆるくなるよ」って告げて
セルダンをビビらせていました(ファウンデーションへの序曲)

…思いっきり人間傷つける、1条違反ですな。

さらに最後の最後で「三原則ってウザいから、縛られたくない」といって
ソラリア人の脳味噌貰ってサイボーグになります。
この辺になると1条なんてもうどうでも良くなってるようです。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 18:57
アシモフ氏の訃報を聞いた後、買った科学啓蒙雑誌に氏の寄稿が(日本語訳されてい)載っていた。
『遺稿になったなんてことはないだろうなぁ』と思いつつその雑誌をしまい込んだ。大切に。
今も実家の押入に仕舞われている。

アシモフの作品に出会わなかったら私はコンピュータ関係の職に就かなかった。
私の人生に多大な影響を与えた作家の一人のひとりなのは間違いない。
でも好きなのは「黒蜘蛛後家の〜」だったりする。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 01:08
ベンフォード、ベア、ブリンと受け継がれたシリーズはどうでした?
かすかな違和感があるのは否めませんけど。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 02:02
末期は松本零士状態だったな、アシモフ爺さん

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/18 18:30
>>125
ニュートンだね。私アシモフのエッセイ載ってる頃の奴
全部持ってるよ。好きだったなあ。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 22:15
>>124

実際に腹を壊すのを看過するのと、
忠告してショックを与える程度なのを比較すれば、
後者の方を選択すべしということでしょう。

それより、ベンフォード、ベア達の続編が最悪。
まだ完全に確立されていない第零法則を乱用しすぎ!
確立されていないから、判断基準とするため、
心理歴史学を支援していたんだろーに。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/21 00:40
Killer B's の続編はどれもおもしろかった。ベンフォードのはかなりベンフォードっぽかったが別に違和感というものでもない。ベアのは一番アシモフっぽかった。
ブリンのもおもしろかった。まあファウンデーションにそれほどの思い入れはないからだろうけど。だけど全部読んでるよ。

131 :名無しさん :01/12/21 10:01
>>124
ダニールが第1法則の限界を突破したのではありません。
ダニールより旧式で無骨なあるロボットが第0法則を発見しました。
しかし彼はそれにより機能を停止しました。

たしかに「ファウンデーションと地球」のエンディングは
中途半端or謎めいたものでしたが、「脳味噌貰ってサイほーグ」というほど
単純なものではないと思います。

>>129
ロボット社会の中では第0法則は確立しているという設定だよ。
賛成派反対派の対立はあるが。
ただ、4原則を人間に組み込むわけにはいかないので
そのかわりに4原則の基本理念を心理歴史学に組み込むために
セルダンを支援しているわけじゃないかな。

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/02 18:29
ロボットは人を傷つけてはいけない。
そんなプログラムは見たこともない。

133 :正しいロボット三原則は?:02/01/03 16:50

第1条
ロボットは故意に人間を傷つけてはならない。
また故意に危険を看過することで人間に危害を及ぼしては成らない。

これが正解だと思うんですけどどうでしょう?
どこかの長編でジスカルドが言ってた様な気がしますけど。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/25 15:48
ところで0原則って何?
「心にかけられたるもの」で出てきたようなやつ?

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/29 00:04
「ロボットは人間を〜」の『人間』を『人類』にした奴だね。>0原則

ヨアケノロボット?
どこにでたやつだっけなぁ。誰かがちぇっくしてくれるとおもわれ。

136 :134:02/02/14 13:43
実は「夜明けのロボット」は読んでいたのだが、そんな事はすっかり忘れておった。
そうか、人類の安全が最優先ってことは、人類に対して有害だと判断された人間は
ロボットに殺されてしまうこともあるわけだな。でもこれは多数決の論理だよな。
二人殺すより一人の方がまし、でも二人を殺すことによって百人助かるのなら、
その二人殺した方がましってことだもんね。たがそういうことなら小学生を二人
助けるために高名な学者一人を殺すような愚をおかさずにすむ、ということか。
でもそういった帰納法的な解決はいつか無理を生じそうな気がするが。

137 :134:02/02/14 13:47
でも「心にかけられたるもの」の中では優れた人間の存在は劣った人間の存在
に優先し、もっとも優れた人間は人間の形をした理性的なロボットであり、
それゆえにロボットは人間の上に立たなければならない、という「鉄人兵団」的
発想をしておったが、これってもろに0原則とぶつかるな。それともヒューマノイド
を人間と認識した時点で0原則はヒューマノイドに対して発動するのかしら?

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 16:13
ファウンデーションシリーズを読んでくだせい。
それで、ロボットと帝国?だったかなを読んでくだせい。


139 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/14 16:23
人間とロボットを (故意に) 誤認させる事によるロボットの殺人
については、はだかの太陽で語られています。

140 :134:02/02/14 16:39
>139
「はだかの太陽」は人間とロボットの誤認ではなくて、無関係の非攻撃行為を組み合わせる
ことによるロボットの人間への攻撃ではなかったっけ?

141 :質問・・・スマネエ:02/03/02 17:53
『ファウンデーション』シリーズを詳しく解説した書籍、Webサイト等、
ご存じのお方がおられましたら、教えてくださいませ・・・。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/10 00:47
最近アシモフを読み始めました。
こんなに多作な人だとは知らなかった、、。
それもいろんな分野で。
しばらく楽しめそうです。

143 :名無しはロボット:02/03/10 01:10
黒後家蜘蛛の会2「殺しの噂」。あと「終局的犯罪」。
ああアシモフ、あんたもアレやアレを読んでハァハァしたんだね!

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 23:00
アシモフの死因は手術時の輸血によるAIDS感染だった。

http://member.nifty.ne.jp/windyfield/diary.html
http://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2002-03/14/12.00.books

感染がなければP2、P3を見せてあげられたかもしれないのに。
いや、彼はそれを想像することができたのだからいいのか・・・

145 :144:02/03/17 23:03
連続レスになるけど、改めてショック。
大ファンだったのに、そんなことで死ななければならないなんて。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 00:12
神々自身を読んでるが、難しくてわけがわからんぞ!

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 02:14
アシモフのエイズ死は本当に本当にショック


148 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 02:38
83年の手術で感染か…
今だったら、いい薬もあって発病を防げたかもしれないのに。
癌だとかだったら、寿命だと諦めもつくけど、こういうのはやりきれないですね…

>>144
ソニーから「ASIMO」って名前をつけたいんですが…と頼まれたら、
喜んで承知したでしょうね。で、例の調子でエッセイに嬉しそうに書いただろうな…

149 :148:02/03/18 02:45
うわ〜、ホンダの間違いです〜

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 11:21
死亡のニュースを聞いたとき、2,3年したら妙にこなれた作品を書く
新人がこっそり登場するんじゃないかと妄想した。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 14:15
>> 148 同意
嬉しそうにタイプをたたくモミアゲおじじが目に浮かぶ。
私はアシモを観た時、次はロビィ!と、願いました。
そして今回の指輪物語の映画化で、イライジャ来日、の報に、
すかさず「ベイリ」と脳内変換、、。


152 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 23:22
>150
F・K・ディックが死んだ時、偽装じゃないかという噂がありましたね。

153 :重箱すまんが。:02/03/19 10:41
>146
「神々自身」はSFとしてはそれほど難解じゃないが、アシモフのものにしてはややこしいかも。
分らん描写は無視してどんどん読み進むべし。そのうち分る。(御大初の×××シーンもあるし)
>150
あ、俺も思った。あの人自然死では絶対死なさそうな人だったし。
>152
P.K.ディックね。


154 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 00:58
5世代目ASIMOは、やっぱりASIMO-Vと名づけるんだろうか。

155 :153:02/03/20 09:35
>154
その頃には何ができるようになってるんだろか。
ヒマラヤ登山とか。

156 ::02/03/20 12:01
どこかの財団が、ロボット開発者に送るアシモフ賞を創設するとか。


157 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/20 19:25
>>154
一号機にはなんとか渡米してもらってアシモフのお墓に献花して欲しいですね。
「博士、ロボットはここまで来ましたよ」って。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 19:07
博士の死亡原因が輸血によるエイズだそうだ。何とも言えない気分。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 23:07
もっとアシモフの作品を読みたかったのに!!
エイズのせいで!

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/21 23:20
>>157
それは気に入った!
だが、ポジトロン脳か三原則か、どっちかだけでも実現してからにして欲しいとは思う。

>>159
つーと、「AISMOV」でっか。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/23 05:06
>>157
そういえば、同じアイザックのニュートンの墓を訪ねるエッセイが
あった気がするけど、どんな内容かわすれちゃった。

162 :157:02/03/25 16:25
>>161
ハヤカワNVの科学エッセイの『アイザック賞発表!』ってタイトルのでは
なかったか?人類史上で偉大な科学者10人を選んでみよう、ってネタの。
ニュートンの墓の前に立ったら同時代の科学の巨人たちの墓が一望に出来て
畏敬の念に打たれた、とかいうのが枕だった。


163 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/26 00:51
心臓バイパスの手術の時にか...。
この手術も科学エッセイの枕になってましたよね。

しかし、こういうのが理由なのはつらいなぁ。
もっと科学エッセイ読みたいよ〜。

早川は続編出さないの?社会思想社は一部絶版にしちゃうし。
死後10年だし、アシモフ自伝も再販してほしい。


164 :不謹慎その1:02/03/26 20:43
これがもしクラークの方だったらAIDSって言われてもみんな納得してた気が・・・。


165 :153:02/03/27 16:42
おととい「ロボットと帝国」読み終えた。
ちと消化不良って感じ。
でもダニールとベイリのあのシーンは素直に感動した。あれが0原則を生み出し、
ひいてはダニールをも救うことになるのだなあ。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/27 19:30
>164
自分的に一番納得出来るのはハインライン(藁

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/28 13:04
しかし、最近のHPでの実名報道などを見ていると「死せる過去」を思い出すな。
我々は既にプライバシーの無い世界へ突入しつつある。
芸能人なんか、より強く感じているのだはないか?

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 18:36
>>165
しかし、その第霊法則でさえ完全ではないとして、
扱われています。-->「地球」
博士、まだまだ書き続けるつもりだったんだろうなぁ…

新・三部作では、その第零法則をもとにいろんなこと
やっちゃってくれたことになってるみたいですが、ダニール。
あ、「帝国」でもけっこヒドイカ。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 18:40
>>1
あなたは精神異常者の傾向がみられます。
下記目安箱に自覚症状を記入下さい。
治る見込みがある場合のみ診断書を発行します。
http://poteto.itits.co.jp/b.asp?S=seijikaenomichi&KBN=INPUT&RESNO=355

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 18:42
なんでそこで煽りアゲが行われるのかサパーリ。診断書いる?(笑

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/01 07:09
ジスカルドの話が出てこないな。
俺がロボットと付き合うんなら、ヒューマンフォームよりも
ジスカルドの方が良いんだが。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/01 08:00
アシモフはエロが書けないとさんざん言われているが、俺は小説以外で時々見せるエロっぷりが大好きだ。
奥さんとのイチャイチャぶりが羨ますぃ

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/04 16:46
鯖移転につきage。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/11 22:06
>172
 どっかの大会に招かれた折、ファウンデーションのコスプレ美女をよく見ようとして
来賓席から身を乗り出したつー告白があったね。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/23 20:40
初心者でスマソ。アシモフの小説に出てくるロボットの名前には意味があるって
本当なんですか?
友人に言われたんだけど、俺には分からなかった。
彼曰く、LVXとかNDRとかはわりと分かりやすく表れているらしいんですけど。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/25 14:53
>>174
・・・私の貞操を奪ったのだ!

なんてネタも自伝で仰ってましたな。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/25 15:07
痴(を装える)の巨人でもあらせられたのだな

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/25 21:24
電脳惑星シリーズって、5巻以降はでてるんですか?知ってる人いたらおしえて!
ロボット3原則との出合いはこのシリーズでした・・・

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/28 06:45
アイザック・アシモフ = ポール・フレンチ = ジョージ・E・デイル
他に偽名あったら教えてください。アシモフ本コンプリートしたいので。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/28 11:02
コンプリ、ってノンフィクション含めると
不可能に近いぞ。

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/28 13:43
小説だけなら可能でしょ。

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/29 00:57
取りあえず、6/28の読売(朝刊)に、
「社会思想社が債務により経営が行き詰まり、清算へ。」

とあります。
現代教養文庫に入っていた科学エッセイは入手困難になるかも。
ニュートリノと暗黒質量と指輪物語を絡めた一編があったのを
覚えています。

ニュートリノ振動、陽子崩壊などは好きなテーマだった様なので
スーパーカミオカンデ関係のエッセィなどきっと書いてくれていた
でしょうね。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/02 23:10
電脳惑星読んだ人いないの?


184 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/02 23:17
合作物には興味なかったもんで。
だいたいあれシリーズ完訳されてたの?

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/02 23:28
それに岩崎賀都彰(名前正しい?)さんの画集も持ってるの?
コンプ目指すって事は?

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/03 06:50
>>185
三つの名前からいって小説のみでしょ、きっと。画集だってアシモフが書いたわけじゃないし。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/08 16:02
早川と創元のアシモフ作品はコンプリートしたんですが、
あと他にどっかからでてませんかね?
あ、ノンフィクションについてはあきらめました・・・

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 00:00
>>187
>あ、ノンフィクションについてはあきらめました・・・
賢明な判断です。

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 00:04
新潮文庫から若干出ていたような気もするけど
親元に置いて来て有るので今はハッキリポイントでけへん。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/09 03:33
赤い背のミステリアンソロジーor短編集?>新潮
わりとよくみるやつだと小悪魔アザゼル18の物語、いぬはミステリー、
クリスマス12のミステリー、ビッグアップルミステリーとかかな(ウロ)。
扶桑社の猫ミステリのアンソロジーにも一本書いてたね。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/23 01:29
NHKBS2 StarTrek 1観たけど special science consaltant だかで
アシモフ てあったな.ノーカットで観たの劇場公開以来な気がする

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/26 07:15
復刊どっとこむにアシモフ特集できたね。
自伝復刊してほしいなぁ…。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/26 19:18
きちんとリンクしる。

http://www.fukkan.com/group/?no=1730

アゲ

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/26 19:27
小説は大好きなんだが
エッセイとかから見えてくるアシモフ本人は
なんか頑固で権威主義的な老人の見本って感じでヤ。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/26 20:37
>>194
俺は逆だな。あれこそがアジモフ節って感じで好きだけどね。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/26 21:12
>>195


197 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/26 21:15
>>195
同意。あの自慢話たらたらが子供みたいでかわイイ!

(週末なもんで飲酒書きこミスすまぬ…)

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/27 04:12
昔、古本屋で見かけた時に自伝買っとけば良かった。。
学生には8000円は厳しかったんだよう。

だからさっそく復刊.comで投票!



199 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/27 09:15
もう時効だと思うから告白する。
某図書館の皆様、アジモフ自伝返却してないの私です。ごめんなさ〜い。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/27 10:20
>199
・・・返せるんなら、ちゃんと返せよー。ブックポストにでも放り込んでさ。

あなたの住んでる地域の何人かは、それで悔しい思いをしてるかもしれないんだぞ!

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/27 11:46
>>193
リンクサンクス。投票してきますた。


202 :鏡山仙人 ◆44gW8ggw :02/07/29 20:28
 僕はアシモフさんの作品そこまで読み込んでいるというわけでは
ないんですけど、氏の作品にはいろいろと感銘を受けてます♪
 特にファウンデーションシリーズのファンです。ロボット三原則に第ゼロ
原則があるんだって知った厨房のあのころ。大人になった気がしたな〜。

 で、最近政治思想の本読んでて思ったんですけど。ファウンデーションシリーズ
にでてくる心理歴史学の元ネタってレヴィ=ストロースの構造主義なんすか
ね?!なんか中学校の頃読んだファウンデーションの世界観に今更出会うなん
てなんか、なんか、ステキやん?

 


203 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/29 22:00
ラッキー・スターと「宇宙の小石」には誰も触れないのか。
ぐすん。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/29 22:43
暗黒星雲の彼方に、もな

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/30 15:37
暗黒星雲のオチには脱力したなぁ…

自信家の博士も、この頃は、まさか自分が世界的に
売れるとは、予想だにしてなかったんだろうな。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/31 11:39
御大が米国礼賛するたびにげんなりしてるのはオレだけでつか?

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/31 12:54
生まれた国と育った国の格差を経験したのが人格形成終盤の時期だったってのが、影響大きいんだろうね。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/31 19:22
あの落ちは編集に教養されたものだと、永瀬唯が書いてた

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 00:31
>194
自分は、半ばアジモフによる自作解説目当てで短編集買ってます(藁
作品からは想像出来ないような俗っぽさが好き。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 10:24
>>208
白人至上主義者のジョン・キャンベルかな?
彼ならやりそうだな。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 12:36
そのあたりは自伝に詳しく書いてあったが、当時ギャラクシー誌の編集長だった
ホレス・ゴールドのアイデアだったような気がする。連載する条件として合衆国
憲法云々をいれることを強要された模様。単行本で出すときはそのサブプロット
を削ろうとしたのだが、ダブルディ社の編集がそれを許さなかったらしい。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 12:39
>>202
おりはマルクス主義かと思った

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 12:40
>>194
権威主義的?
どのへんからそういうイメージが出るのかな?
星占いを信じてるとか?

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 13:32
>194
(゚Д゚)ハァ?
むしろ諧謔に満ちた好々爺だと思うが?

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 14:35
>>212
実際そういう分析されて本人が否定しとったな。マルクスは読んでないそうだ。

216 :鏡山仙人 ◆44gW8ggw :02/08/01 16:25
 構造主義はトポロジ−の応用らしいんすね。
 数学的手法によってある部分集団から全体の法則性をみつけだすってトコが心理歴史学と共通かな?と。



217 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/01 16:59
その説の問題はファウンデーションシリーズが40年代に書かれたことだ。
レビストロースが有名になったのは60年代だ。
自伝には、当時化学の学生だったアシモフは、統計力学で多数の粒子の平均的な
性質が予測できることのアナロジーから心理歴史学のアイデアを思いついたとある。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 03:55
電算機を心理学に活用しようと言ってた技術者(数学者?)が居たと思ったけど。
ジョンなんちゃら、ノーなんとかっていうヒトだとおもった。


219 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 04:14
×アイザック・アシモフ→○アイザック・アジモフ

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 09:19
どうせカタカナ外来語だからなんだっていいんだよ

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 13:23
いや、"Asimov" の発音については、博士も何か一言あったような。
探してみよ。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/04 23:41
>>221
確か某所で声をかけられた時、相手が「アシモフ」ていったから聞こえないふりして立ち去ろうとしたんだっけ?
(;´Д`)お茶目なアジモフタンハァハァ

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/05 09:48
has him of
これのhをぬかして発音するだけのどこが難しい
とは御大自身のお言葉でした。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/05 19:10
アイザックもイサークかもしれないという罠。

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/06 07:23
>>224 「イザーク」とも、聞こえるかも・・・

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/07 00:03
イサーク・アジモフ



…言い辛ぁ

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/07 05:08
もはや別人の気がしてしまうぞう。

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/09 03:01
いさーく・あじもふ……もう誰だかわからん

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/09 10:46
「アイズァック・アズィモブ」で、二つの「ア」を強調し、最後の「ブ」は上の歯を下唇に当てて軽く発音する。あと、「ク」と「ブ」は「う」の音を入れないで子音だけ。

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/09 21:38
>>229
よくできているが、ロシア語なら最後のV(ロシア文字ならВ)はサイレント。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/10 10:16
>>229 確信は無いが、アイザックのほうは、「イ」にアクセントが来ないか?

232 :229:02/08/10 11:35
>>230
上にもあるが、ロシア語読みならそもそもアイザックのような読みにはならないだろう。(イサークに近くなる?)
229は本人の指定である223を日本人向けに説明したまでだ。

>>231
二十母音(diphthong)なので「アイ」に強調が来るといったほうがいいかもしれないが、
日本語の感覚では「ア」だろう。「イ」に来るというのは無理。

233 :229:02/08/10 11:37
二十母音−>二重母音

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/10 17:11
こだわり派の皆様へ、参考までに。

<FAQ for alt.books.isaac-asimovより>
2.1 How do you pronounce "Isaac Asimov"?

"EYE'zik AA'zi-mov". "AA'zi-mof" is also OK. The name is spelled
with an "s" and not a "z" because Asimov's father didn't understand
the Latin alphabet clearly when the family moved to the U.S. in 1923.
(中略)
Asimov's own suggestion, however, as to how to remember his name was
to say "Has Him Off" and leave out the H's.

あとこっちは辞書(Merriam-Webster)から
発音:''I-zik,(-z&k) a-zi-"mof
発音記号の読み方:[I] as i in ice; [i] as i in hit; [&] 曖昧母音
[a] as a in ash; [o] as aw in law

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/10 18:17
いろいろ検索してたらニューヨークタイムズのHPで
アジモフのインタビュー(1987年の)をハケーン。
子供時代の話とか著作について話してる様子。(あまり自信なし)
URLはこちら↓ RealAudio、27分間。
http://www.nytimes.com/books/97/03/23/lifetimes/asimov.html
登録(無料)が必要。(メアド、性別、国、仕事の種類など。)

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/11 13:39
> 206 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/07/31 11:39
> 御大が米国礼賛するたびにげんなりしてるのはオレだけでつか?

誰か別人と勘違いしてるのか?
アシモフはかなりのリベラルだったはずだが。
例えば次のエッセイを読め:
http://www.skeptictank.org/isaac.htm


237 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/12 20:55
>>236
ブラッドベリとか?

ところでアシモフは父称(ロシア人特有のミドルネーム)名乗ったことはないのかな。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/13 17:20
>>237
自伝を読めばわかるが、アシモフはユダヤ人であって自分がロシア人であるという認識は
全くなかったようだ。ロシア語も喋れなかった。もし伝統的な名の名乗り方をするなら
ユダヤ風のそれになるのだろう。「アイザック、ユダの息子」みたいに。しかしアシモフ
の両親は宗教およびユダヤ的伝統をだいたい無視して子供たちを育てた。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/14 01:50
>>236

間違えてはいない、アイザック・アシモフのことだよ。
つーか、別に彼が熱烈な愛国者で右寄りだとか言ってるわけではないぞ、
合衆国国歌の全ての連が唄えるとか、そういうのが萎える。

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/14 01:57
>239
オズワルドにスパイの見分け方について小一時間習ってこい。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/14 03:55
>>239
その国家話は知ってるけど、だったそれだけの理由で米国礼賛してると思うの?
でも、その内容って「国家もまともに歌えないとは、国民の教育がなっとらんヽ(*`Д´)ノ」て話しだったと思ったけど?

242 :修正⊂~⌒つ。Д。)つ :02/08/14 03:56
×国家 → ○国歌

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/14 06:04
>宗教およびユダヤ的伝統をだいたい無視して
なんかいいな、この表現(w

244 :238:02/08/14 18:22
>>243
そりゃどうも。どの辺りが?

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/14 22:25
>240
グリズウォルドじゃなかったけ?

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/15 13:34
多分、アメリカ人のどんな発言からも「米国礼賛」を
読み取っちゃう人なんだろうなぁ。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/15 23:46
たぶんアシモフのいばりんぼな所を米国風権威主義的と勘違いしたのでは?
あの人は国とかに関係なく「生まれつき偉そうな人」なんだろうけどなあ(w

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 00:39
ベトナム戦争の時、反対派に回ったんじゃなかったっけ?
レーガンの「スターウォーズ計画」の時はどうだったかな…

249 :鏡山仙人 ◆44gW8ggw :02/08/22 14:40
>>217
 なるほど。時期的にはアシモフ氏のほうが先だったわけですか。
 と、いうことはレヴィ=ストロース氏のほうがアシモフ作品に
触発されたのか・・・な・・???
 そういった考え方がでるべくしてでる時代だったんすかね。
社会科学とはよくいったものだ。



250 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/22 22:36
>>248
SDIのときは、賛成派のハインラインや実際に計画に一枚かんでいたパーネルらと、
反対派のアシモフ、クラークらの間が険悪になっていたらしい。パーネルの主催して
いた団体のある集会で、SDIに反対の意見を表明したクラークが、アメリカ人でも
ないのに黙っていろとやじり倒されたということもあったということだ。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/23 00:34
なんか、その件で喧嘩して以来クラークとハインラインは二度と口を聞かなかったらしいね。
巽孝之「サイバーパンク・アメリカ」のスターリング・インタビュー項に、そこらへんちょっと詳しく
書いてあった。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/23 09:52
まあ、住んでるところが遠いし、ハインラインはその後数年しか生きてなかったからね。

253 :空飛ぶお花畑:02/09/11 04:48
>>124
ドースなんざエラー博士を叩き殺してますぜ

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/24 09:36
あげてみる


255 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/27 04:13
>>199
市ね!

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/04 01:17
age

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/22 22:37
ファウンデーション、前3部作は壮大な歴史絵巻として楽しめたんだけどなー。
ガイアとギャラクシア構想にはがっくし。アシモフ、お前もか!?って感じ。
でもどっかのレビューには、ガイアという集合意識に仮託した、アシモフの全体主義に対する嫌悪感の
あらわれとか書いてあるし。本当のところどうなんですかね?

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/23 09:13
「ゴールド」に記されているが、博士は二つ(以上)の勢力の
抗争を描く時に、どちらの側にも善と悪の要素を少しずつ
混ぜるのが良いとの考えをお持ちだったようです。ガイアの
ギャラクシア構想についても、博士自身の理想とする社会を
示しているものでは無いと考えます。

また、博士が「地球」を完結として考えたとは思えません
(最後の一行を読めば自明ですね ^_^)。
「地球」の結論をひっくり返す(または修正を要する)ような
プロットがあったのではないでしょうか。


259 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/27 12:25
なぜサートン博士はR・ダニールを女性型に作らなかったんだ…
なぜサートン博士は女じゃなかったんだ…

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/06 17:57
>>258
禿同。
257がなぜそういう解釈にいたったかが不思議だ。

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/06 23:09
257は田中芳樹の信者では?

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/07 17:51
フムン、更生できるよう祈ってやろう。

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/13 05:03
アシモフはあれだね、ファウンデーションシリーズでは顕著だけど、
絶対的に正しい「正解」を導いて、いかにその結論が
全てを上手く説明するのかを、キャラに蕩々と説明させるよね。

そしてその話はとりあえず決着する。
だけど、後になって結局その正解を、背景になる設定もろとも
ひっくり返すんだよね。

説明好きかつ、意外性のあるものが好きなんだよね。多分。
それに、ギャラクシアの共産主義的な悪い側面に関しては、
ゴラン・トレヴィズとかはさんざん口にしてるよね。


264 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/13 05:08
アシモフって、日本でいう血液型占いの分類でいくと、
AやABじゃない感じがする。B型かO型的な芸風。
なんていうか、刺激的で押しの強い感じが。

それにしても、マイコゲンのキノコ食いてえな。

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/13 16:57
アジモフスレで血液型占いなんてもの話す奴がいるとは、ちと驚きましたな。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/14 04:34
血液型占いの話を海外の人にしたらキモがられる。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/15 20:20
日本限定の迷信だからな。
信仰している香具師が出すソース自体がそれを否定してるのにな。

「明白な要素」だったけ?
超常現象を信じるということをネタにして書いた話は。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/24 00:44
御大の自伝復刊されないかな?
投票してるけどまだ票が足りないよ。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/25 00:52
>>267
でもアメリカ人が書く伝記って、まずそいつの星座の話から始まったりするのが結構あったりするんだ…
どっかのパーティーに出席したアシモフが「星占いを信じない」と言ったとたん、
周りがいっせいに引いてしまったというエピソードがあったけど、マジに信じてるのが多いようで。

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/26 22:13
>>268
最近英語で全部読みました。3冊あわせて2000ページ超えました。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/03 01:45
原文でか。
本当はそれが一番なんだよなー。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/06 12:01
今ちょっと確認したけど皆上下2段組で400ページ以上、それでも全く退屈せずに
読めた。当時の自分には4冊で1万ってのが相当高価な買い物だったけど。


273 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/06 22:09
>>272
改めて読み直すと大した波風がある訳でもないんだけど
楽しめる読み物になってるよね。





クラークが自伝をだしたら....(ネタ書こうと思ったけど自粛)

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/09 23:15
「黒後家蜘蛛」「ユニオンクラブ」(創元)と「小悪魔アザゼル」(新潮)。
訳者の違いでしょうか、アザゼルが図抜けて面白いのは。
創元の短編集収録のアザゼルもの、同じ話でもいまいちだし。

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/10 17:12
その中では黒後家が一番良かったな。
まあ俺が料理と雑談が好きなのもあるが。

後はヘンリーの締めくくりの台詞もいいね。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/10 21:37
ユニオンクラブやアザゼルは一回しか読んでないけど、
黒後家蜘蛛は5回は読み返してるな。それぐらい好きだ。
ヘンリーもいいけど他の面子も個性的で非常に良い。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/11 00:36
今日は鮭の焼き物でございます、>>276さま。またとない珍味でございますよ。
ロブスターのソースはシェフの秘伝でございまして

278 :sage:02/12/11 16:46
「アザゼル」は、アザゼルのお色気トークがいまいちだったし
「ユニオンクラブ」は、グリズワルド(だっけ?)の傲慢ぷりがどうも…
その点、ヘンリーは品があったな、と。

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/12 01:37
今、弟スタンリーアシモフの編集した書簡集を読んでいる。

280 :276:02/12/12 21:55
>>277
正直、自分が黒後家蜘蛛の会のゲストに呼ばれる妄想をしたことがある。
でも、例え英語が喋れたとしても謎ネタを提供できないのが難点だ。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/12 22:12
>>276
俺も黒後家蜘蛛大好き。けど、一作目のヘンリーは違和感があって、
読み返すときはこれをはずす。俺のヘンリーは復讐など決して行わない。

282 :276:02/12/12 22:42
>>281
「飛び入り」は?
温厚なだけに怒ると恐い、がヘンリーだと思う。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/12 22:54
どんな話だっけ? 昔のことで、忘れちまった。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/13 23:38
>>282さま
むごい仕打ちをいたしましたのは、相手の男でございます

285 :281:02/12/14 00:02
>>282
誠実で、病的な正直者である彼が、財産を取り上げられたぐらいで、
烈火のごとく怒りくるうのにちょっと違和感がある。
自ら手を下すのに、違和感がある。
事が成功して会心の笑いをし、かけらも後悔の念のないことに非常に
違和感がある。「飛び入り」のアヴァロンと同じ気持ち「ずいぶんむごいなあ」

もっと本質的ものがあるのだがネタばれになるので書かない。


286 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/14 01:49
ヘンリーは自分自身だけじゃなくて、騙された客のことなどが積もりに積もってああしたのではないでしょうか。
私は不満がたまり続けて、ついにアレが引き金になったとそう解釈しています。

まあ、御大自らが2作目から軌道に乗ったというか感触がつかめたみたいなことを言ってますので、
違和感があるのも当然だと思います。


あれはあれ。そういうことにしておいたほうが、よろしいようにございます>>285さま。
舟は揺すらぬものにございます。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/14 14:34
確かにちょっと別物っぽい感じはするけど、会心の笑いは個人的に好きな話だな。


288 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/17 16:02
黒後家蜘蛛と科学エッセイが大好きです。
ファウンデーションは個人的にダメでした。
長編なら《神々自身》、短編なら《停滞空間》が自分内bestです。

−−−−話の流れを切ってスマソ。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/17 23:19
イライジャマンセー

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/18 01:56
番組の暴騰にアシモフ博士の写真が出てくるというだけで、
月曜深夜のフジテレビ「トリビアの泉」を見てしまう俺。



291 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/18 10:53
じゃあ、わたしの押しは、『火星人の方法』ってことでよろしく。
ラストのダイナミックな演出+逆転劇。しびれますな〜。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/24 23:16
12/24=10/30

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/30 08:51
そういえば、2000年問題の時のおまけのうるう年も
黒後家蜘蛛で知ったんだっけ。
28年周期のカレンダーも話のネタで使わせてもらった。
でも、これ今は当てはまらないのかな?



294 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/05 12:31
多分大丈夫だと思うけど。
万年カレンダーの話去年聞いた覚えあるから。

295 :山崎渉:03/01/12 04:14
(^^)

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/17 23:30
ここも終わりか

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/18 02:24
アシモフはやっぱり科学エッセーが好きでした。
もちろん彼の書いたSFの殆どは読みましたけどね。
彼の死後最新の科学の成果をやさしく噛み砕いて
その雰囲気なりを伝えてくれる人が中々でてこない
ことは大変残念です。
今ではミューオンの謎は解けたのでしょうか?
ユダヤの話が多かったけど、何故12月24日の夜が
クリスマス「イブ」なのかなど決して忘れないでしょう。
月生成の謎に最後には到達できたのも良かったですね。
彼の人の冥福を祈りつつ

298 :アジモフ?アシモフ?:03/01/19 14:35
キャルって主人に壊されたの?

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/21 15:54
キャルが主人を壊すんだろ、

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/21 17:32
オイこそが 300げとー

301 :山崎渉:03/01/23 03:39
(^^)

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/08 15:36
SFには無関係で板違い、かつ教えて君で申し訳ないが、
御大はチャレンジャーの事故については何かコメントしていたかな ?

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/09 17:40
>>302
していたようです。

http://www.skygod.com/quotes/safety.html
>All of a sudden, space isn't friendly. All of a sudden, it's a place where people can die. . . .
>Many more people are going to die. But we can't explore space if the requirement is that
>there be no casualties; we can't do anything if the requirement is that there be no
>casualties.
>--Isaac Asimov, regards the Challenger investigation, on CBS television show 48 Hours, 21 April 1988.

304 :302:03/02/09 23:27
>>303
ありがとうございます。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/10 12:05
始めまして。私もアシモフの科学エッセイ大好きです。
一度全部読んでみたいと思ってAmazonを検索してたのですが、
出版社がバラバラかつ、あまり刷って無いみたいでボロボロでした。
このサイ原著にチャレンジしようと、洋書や外国のアマゾンで検索したのですが、
外国でも科学エッセイは絶版みたいなんです。
アメリカでは死後全集をだしたりする動きは無いのでしょうか?
科学エッセイだけの全集があればベストなんですが、多作で知られるアシモフさん
どんなに検索してもそれらしき物が見つけられません。(;´Д⊂)
なにか情報ある方いませんか?

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/12 16:23
>>305
ここ参考に汁
ttp://member.nifty.ne.jp/hagu3/a/asimov/asimov_e.htm

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/22 00:22
ファウンデーションの最初の一巻が一番好きってのは異端ですかね・・・
短編だと『滅びがたき思想』だっけか、月の裏側を巡る話。
最後のオチのためだけに書いたような話が結構好きなのは私が落語好きでもあるからかも知れないけど。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/24 04:48
>>307
俺も一巻が一番好きだが?
あの「何かが始まろうとしている」雰囲気が大好きだなあ。二巻、三巻と息切れして
いったけど。
ハーディンもいいキャラだし、あれだけの登場だとモッタイナイような

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/24 13:17
ファウンデーションの一作目はなんというか、くみ上げたパズルを分解する過程を逆回しで見るようなもんだから。
そのピースが全部ぴったりはまる瞬間が楽しいと思う人と、予定調和でばかばかしいと思う人とでどうしても二分される。
個人的にはあのままプランに沿って行ってくれてもよかったんだけど、さすがにだれるかな。


科学エッセイの「無学礼讃」が30年以上前のアメリカに対して愚痴っている内容なのにもかかわらず、
今の日本にもそのまんまぴったり当てはまってるのが何とも情けない。
たぶん今のアメリカですらぴったり当てはまってるんだろうけどさ。

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/25 23:04
久しぶりに「鋼鉄都市」と「はだかの太陽」を読み返したんですが、
十数年間ずっと勘違いしていた事にやっと気づきました。

  ダニール・オリヴ「オ」−だったんですね

オリヴ「ア」−だと思ってました.......。


311 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/26 00:28
>>310
え?オリヴァーじゃないの?
手元に本が無いから確認できーん!

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/26 03:10
私もオリヴァーだと思ってた。苗字なんて気にしてなかったから、てっきりオリヴァーだと…。
(;´Д`)どこでこんな初歩的な間違いをしたんだろう…?

R・ダニール・オリヴォー(R.Daneel Olivaw)

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/27 22:02
ところで、これは既出?

アイザック・アシモフの短編集「I,Robot」(邦題「われはロボット」、ハヤカワ文庫)を
元にしたSFミステリー「I,Robot」の映画化の計画が進行中。
主演はウィル・スミスに決まった。
アシモフはロボットものを得意とし、そのSF観は『ターミネ―ター』から『A.I』に至る
まで、様々な作品に影響を及ぼしてきた。原作は’40年代を通してアシモフが執筆
した九つの短編からなり、有名な「ロボット工学三原則」が確立された作品。
ウィル・スミスはロボットによる犯罪を追求する刑事役を任されることになりそう。
監督はアレックス・プロヤス(『ダーク・シティ』)で、撮影開始は今年4月。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/27 22:17
>313
プロヤスーは期待が持てるが、ウィル・スミスが不安材料だ。
ロビン・ウィリアムスの「アンドリュー」に似た匂いがする…。
(あれは監督コロンバスか)。

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/02 12:02
キャルビンはでるのかな?

316 :山崎渉:03/03/13 16:28
(^^)

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/13 20:45
アジモフは巨大数フェチ

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/23 19:13
ファウンデーションbyハヤカワの翻訳ってひどくない?読んだけど意味がわから
なくって、後日創元の銀河帝国読み直してやっと楽しんだ経験がある。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/24 02:50
そーかあ? ハヤカワで読みやすくって普通に全部読んでしまった。
創元のやつと比較しようにも、そっちはなかなか売ってない罠・・・

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/25 02:04
>>319

俺もそう思う。別にひどくなんかないでしょ。普通に読めるレベル。


321 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/25 02:24
アタイこそが 321げとー

322 :318:03/03/25 22:05
>319>320
そっかなー、自分は書いてあることの意味がわかんなかった。
特に日本語読解能力に劣るつもりはないんだけど。
4作目をハヤカワが出した直後に1〜3作目をあわてて出したような感じ
だったから、時間が無くてひどい訳になったのでは?と邪推するくらい
(自分にとっては)ひどかった。
もしかして、2版以降は訳文に手直しが入っているとか?

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/25 22:20
>>322
> 4作目をハヤカワが出した直後に1〜3作目をあわてて出したような感じ
> だったから、時間が無くてひどい訳になったのでは?と邪推するくらい
言ってる事がよく分からない?

324 :318:03/03/25 22:43
>323
4作目(「ファウンデーションの彼方へ」だっけ)をハヤカワが出した時に、
同じ訳者に1〜3作目も訳させてまとめて出した(創元が「翻訳権独占」など
というマネをしてなかったので)。
ハヤカワか創元かどちらを買うか迷って、4作目まで同じ訳者で読めるハヤカワ
を選んだんですが、前述の理由で挫折して、創元の方を買い直しました。結局4
作目は未読。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/25 22:57
>>324
了解した。でもまあ、そんなにひどい訳とも思わなかったんだよね。
比較しなきゃ何ともいえないけど。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/26 00:17
>>318

あれで読みにくいのなら、他の翻訳SFは読めないのでは。
日本語読解能力に自身ありってんなら、
たとえばどこがわかりにくいか挙げてみてくれないか。


327 :318:03/03/27 00:40
>326
日本語読解能力、特に秀でていると思ってるわけでもないけどね。
で、肝心のブツが、多分実家の腐海に沈んでいるので、具体的にどこがと
挙げることはできないけど、読みにくいというよりも、状況説明とか、
情景描写の部分などの把握がしんどかったような記憶がある。
ちなみに、翻訳SF、それなりに有名どころは読んでいるので、耐性がない
わけではないと思う。

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/29 17:22
ま、合う合わんは誰にでもあるし。
1〜3まで創元で読んでたが以降出てないので早川買った。なんだあの訳は!
なんてタイプはちょくちょく見るんで318氏は珍しいタイプかもしれないけど。

初めて早川版読んだ時に「おどろきもものき!」 に脱力した記憶があるんだけど、
創元のほうはどういう表現にしてたかの記憶が残ってない。
うちも創元版が行方不明になって久しいからなあ。
我が家に時限遺品館なんてあったっけか・・・

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/12 14:04
ずっと探していた「アジモフ博士の聖書を科学する」を
地元の図書館で見つけて、やっと読んだ。
アシモフ節炸裂でおもろかった〜。

さる統計によると、
アメリカには、聖書の「天地創造」が正しくて
「進化論」信じていない人が3割もいるらし。
アシモフ先生も必死になるわな、そりゃ。

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/12 14:17
>>329
今のアメリカはファンダメンタリストが勢力を伸ばしかねない状況だからもっと酷いかも。

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/14 19:39
アシモフ自身ユダヤ系だっけ?
ヤバイ?この話題

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/14 20:39
>>331
別にやばくない


333 :山崎渉:03/04/17 11:58
(^^)

334 :山崎渉:03/04/20 05:59
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/27 21:30
「ネメシス」の上巻を買ったんだが下巻がどこにも売ってない!
二冊並んでるから後で買おう、と思ってて行ってみたらそれも上だったんだよ。
微妙にマイナーだったのか。注文するのめんどくさい…

てか、アシモフ読み始めたばっかなんだけど面白いね

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/27 22:29
>>335
君は幸せ者だな!
ずくやんでないで注文したら?ネット通販も最近は便利になったし。

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/28 00:59
>>335

俺もうらやましい。
科学エッセイを大学の図書館で見つけて読みふけった頃が懐かしい。
ハヤカワだけじゃなく教養文庫で見つけて喜び3倍!みたいな。

アシモフ自伝、再版しないかなー。
Iの前編だけ偶然古本屋で見つけて読んだけど、面白すぎる。
続きがよみてー。


338 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/28 14:15
早川の文庫版科学エッセイを1冊ずつそろえてた頃が懐かしいな。
あまり金がなかったからまとめ買いはできず、田舎だから大きい書店にたまたま用があった時しか機会がない。
もちろん取り寄せれば早いんだが、先に誰かに買われはしないか、マイナーだから誰も買わないか、
買われてしまったら二度と入荷はされないんじゃないかという状況も楽しんでたおばかなわけだが。


自伝は見果てぬ夢だな・・・

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/28 19:12
ブラックホールのエッセイが読みたい。
アシモフならわかりやすい解説で書いてくれるから、もっとわかった気になれるのに。

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/28 22:41
アシモフ好きが好むアシモフ以外の作品てどんなの?

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/29 04:44
ビルゲイツ未来を騙る

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/29 05:41
>>340
一例。
ホーガン、シェフィールド、R.L.フォワード はシンクロ率が高い。
一方、
ディック、ル・グイン は低い。
………
単に複雑なストーリーについていけないだけかもしれない。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/29 05:50
>>340
レム、ハインライン、ブラウン、ブリンはかなり好きだ
要するに節操がない

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/29 13:50
>>340

>>342に禿同。
加えて俺としては、
ニーヴン、ブラウン、シェクリイ、
最近だとソウヤー、ヴィンジ、イーガンなどが好き。
サイバーパンクは無視。
あとハインラインよりはクラークが好き。

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/30 02:14
>>338

未投票ならぜひ1票!
復刊ドットコムのアシモフ自伝復刊希望です。

http://www.fukkan.com/vote.php3?no=11068

>>340

俺もニーヴン、フォワード、ブリン、ホーガン、クラーク
辺りが一番ストライクゾーンかな。基本的に変な宇宙人が
出てくると盛り上がります。


346 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/01 09:16
ttp://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1032488234/862でリンクされてた
ttp://www.grex.com/rowena/ を見たら,上から4番目の画像
(ttp://www.grex.com/rowena/pics/row04.jpg)は Asimov に見える.

で,Rowena Morrill でぐぐってみたら,どうも,この人は画家で,
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1855857782/qid=1051747469/sr=1-3/ref=sr_1_0_3/249-8898703-9311508
て本を出している.どうもその本からの画像のようだ.

それから Asimov でぐぐって ttp://www.bloodhag.com/oldsite/authors/asimov.htm
てのも見つけた.ロボットがかわいい.

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/03 21:59
ファウンデーションと地球を読んだ感想。なんじゃこの結末は。
アシモフは当初、繁栄する第二(ないしは第三の)大銀河帝国の一史家から見た
過去の銀河帝国の興亡史てつもりだったいうが・・結末がギャラクシア(ガイア
の拡大版)であっさり。しかもラストの妙な不気味さ・・・。
もしかしてアシモフはこの作品の続きぐらい書く気があったのかと思わせるし
もしかしたらギャラクシアの要素と両ファウンデーションの要素を備えた銀河帝国
想定してたのかな。
 
 それと2ちゃんの痴の巨人どもに聞きたい意見がある。佐治芳郎て作家がリュウ
ノベルズて本で出してる仮想戦記もので「最終戦争・銀河大戦編」太陽系独立戦争
て本をぜひ立ち読みしてみてくれ。(買う価値はないだろうし)そいで感想聞きたい。
おもっきそ笑けること受け愛だよ。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/04 13:25
>>347
銀河帝国興亡史は全三冊ですw
という下らない冗談はさておき、実際アシモフはファウンデーションとR・ダニール・オリヴォーのロボット物との
融合を考えていたみたいだし、その後「完全完結編」でも書くつもりはあったんだろうね。執筆中毒なあの人のことだし。

しかし地球も拍子抜けだったが、個人的にはそのショックのあとだったからか序曲と誕生の方がぱっとしなかった。
初期3冊から時間があいたせいもあるんだろうけど、なーんか半分もう義務感だけで読んでる気分になった。
これから読むであろう347にこんな話するのも問題なんだろうけどさ・・・

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/04 19:06
ファウンデーションは壮大な未来史と見せて
実際はドロナワで書かれたものだしなあ。

俺は序章と誕生も好きだ。
御大だけでなくセルダンまでドロナワな人だと分かって、
ある意味とっても面白いw
田中芳樹の解説はイマイチというかダメだと思うけど。

問題は、ベンフォードベアブリンの新三部作なんだよな・・・
読むべきか、読まざるべきか、未だ決心つかない。
よりによって、俺の嫌いなSF作家3人衆が書いてるって、
何かの嫌がらせかこれは。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/05 05:42
連中、キラービーズとか言ってたっけ。
3人の中ではベアぐらいしか知らないけど最近のベア作品同様SFらしくない内容だったし、ベンフォードは文章というか状況描写が解り辛いし、ブリンはライトノベルっぽいし。
何でこの3人が後継者になったのか理解できない。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/05 10:36
アシモフ関連商品系(何か違うな)は昔読んだ夜来たるの長編版で嫌になったな・・・
せっかくの雰囲気がハリウッドの3流パニック系映画になってて大ショックだった。

おかげでバイセンテニアル・マンの映画化作品もスルーしてしまったが、このスレ的にはどうだったんだろう。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/05 23:25
>>351
アンドリューがリトル・ミスの孫娘と恋仲になるっつー下世話なハリウッド的展開に
萎え。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/06 01:08
>>351

前半はいい感じだったけど、後半に行くに従い原作の素朴な良さみたいな
もんが失われていった感じがした。人間になって結婚するなんてラストは
最悪といっていい。


354 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/06 01:18
>>353
そんなのアシモフじゃないじゃん
バイセンテニアル・マンじゃないじゃん

355 :352:03/05/06 02:08
>>353-354
あぁ良かった。ここの映画関係のスレや映画板板では割と佳作的評価で
>>352のような意見を書いてもスルー気味だったので、恋愛話改竄批判は
俺だけかと思ってたんだが、やはり原作FANは賛同してくれるか。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/06 02:34
>>355
いや映画見てないだけなんで、観たら評価するかもしれないけど

ラストでアンドリューが死んでいくのかな
死んでいくのであればそれなりにバイセンテニアル・マンである気もする


357 :356:03/05/06 02:51
とりあえず検索して映画版のあらすじ見てみた
うーむ。やっぱり中編版と趣旨が違うなあ。

これはこれでいいのかもしれないが、原作ファンには違和感があるだろうな。

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/06 13:39
あれが原作だと思わなければ、それなりに。>映画
ってかラストシーンの看護婦さんって……

359 :351:03/05/06 13:52
なんかある意味予想通りのレスが帰ってきてる・・・喜ぶべきなのかどうなのか。

当時あの映画を評価した人の中で、原作知ってる人間はほとんどいないだろうから、
単純にいい話として受け入れられてしまったんだろうかねえ。
もともとアシモフの名前なんてSFファン以外の日本人はまず知らんだろうし、
映画を紹介するようなものでも原作の話まではしなかっただろうし。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/06 22:28
映画のオープニング、アンドリューが作られていくシーンで、
早くも原作の粗筋が脳裏にフィードバックして涙腺緩んだ
俺は駄目な人ですた。

映画本編は、最悪のシナリオ想定しながら観たせいか、思ったよりは良かった。

良くも悪くも、晩年のアシモフがリメイクしたらこんな話になったんじゃないかなー
と言ってみるテスト(w
#ゴールドとかの晩年の作品も結構好きなもので。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/16 23:39
>>358
ラストシーンおもいっきり人間殺してるよね…
三原則って……????

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/17 04:19
駄作スレから誘導されて来ますた。
ワタシも原作読んで物凄く大好きだったので『アンドリュー』はチト不満。
でもハリウッド映画にするには仕方ないかなとも思います。
もう一回読もうっと。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/17 04:53
>>361
1)尊厳死は危害を加えることにならない。
2)本人の意思に反して生存を続けさせることは、危害を与えるに等しい。

てな判断基準が明確になってれば問題ないかもしれん。

364 :山崎渉:03/05/22 01:53
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

365 :山崎渉:03/05/28 16:59
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/29 11:43
よし、それじゃオレが映画「アンドリューNDR114」を一言で語っちゃうぞ。


「ティムポついたのがそんなにうれしいんか?」


これだけじゃ芸がないのでこれも貼っとく。
ttp://www.generalworks.com/databank/movie/title1/bicen.html
"SF MOVIE DATA BANK:アンドリューNDR114:"

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/01 15:03
ガイシュツかも知れん話題だが、
「ファウンデーションシリーズ」とても面白い作品だったが、第3巻までね。
第4巻からワケ解らなく、面白くなくなった。
ダニールを無理矢理この作品に絡めようとしたために、作品自体が変質してしまった。
銀河中の人類全体が蟻や蜂のような、一細胞の如く生きる結末を迎えるという、強烈なオチである。


368 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/02 01:32
>>367
ロボットシリーズとの融合よりも、人類が進化すべき姿を「ゲイア」に求めて
「永遠の終わり」まで取り込もうとしたのがマズかったのではなかろうか。
零則はそのための新設定かと。作品あとがきだったか自伝だったかで
御大自ら、「永遠の終わり」のマージは上手くいったとは言い難いと
述べてた記憶がある。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/02 11:02
晩年の先生には緑色の柔毛の斑点が・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/04 19:51
学校の図書室でアシモフをみかけ、「神々自身」を借りてみました。
かなり面白かったが終わり方がなんだか・・・。
第二部の終わり方もよくわからないし。俺がアホなだけか。
初めのラモントとプロノフスキーが出ていた頃が一番楽しかった、
ポンプは危険だとわかっているのに、どうすることも出来ない絶望感が
たまらない。
しかし終盤の主人公がデニソンとは意外でした、そこであんたが
出てくるとは思わなかったよ、ていう。
出てきたときはもう名前忘れてて読み返しまいましたよ。
三部にラモントの登場を心待ちにしていたのに残念・・・。

図書館には結構アシモフ作品があったので、皆さんの推薦図書を
教えて頂けないでしょうか。


371 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/05 01:08
ファウンデーションシリーズは基本だろうが,僕はごく初期の中篇をお勧めする。
文庫だと,ただの「ファウンデーション」なやつ。
あとは無難に短編集などどうだろうか。
僕が好きなのは巨大電子計算機「マルチヴァック」が出てくるやつ。

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/05 01:32
>>371
うんうん、まるちう゛ぁくシリーズ好きだよ。
最終的に「光あれ」に行き着く話なんざぁ、なんだか手塚治虫みたいだね(ん?逆なのか)

>>367
個人的に入門編としてお薦めなのは「鋼鉄都市」→「裸の太陽」のライン。
その後ロボット三原則使う短編(「わたしはロボット」「ロボットの時代」)へ逝くと
なかなか良いかもと思います。もちろん逆でも良いんだけど。
ファウンデーションは一度頓挫すると結構キツそうだしね・・・

ただ、「神々自身」読んでるんだったら、渋めの中編でも大丈夫かもしんない。
特に「夜来たる」は良いよ。

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/05 11:58
「夜来たる」を読むなら、是非とも中編版を読んで欲しい。
個人的には長編版は失敗作だと思ってるが、これはあくまでも好みの問題になってくるんだけれど、
中編版を読んでから長編版を読むという流れはできても、
逆は駄目だというのはたぶんこのスレの既読者は認めてくれると思う。

374 :370:03/06/05 22:21
レスくれた方々どうも有難う。
助言を参考にして借りたいと思います、しかしレスが待ちきれずに
「宇宙の小石」を借りてしまいました。まだ途中ですがこれも面白い
ですねえ、お薦めを聞いておきながら結局図書室にあるアシモフを
すべて読んでしまいそうです。



375 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/06 00:18
>>374
宇宙の小石はいいね。
俺のアシモフの出発点だよ。

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/06 00:19
で、お勧め作品だけど

・永遠の終わり
・鋼鉄都市
・バイセンテニアル・マン

を読んどけと。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/06 01:46
おれは永遠の終わりだけはなんかくどくて駄目だった。

宇宙の小石がいけるのなら、
「宇宙気流」
「暗黒星雲のかなたに」
「ファウンデーション(特に1-3)」
は絶対大丈夫。面白いから安心。

短編集では「アシモフのミステリ世界」が個人的にはお奨め。「夜来る」も
もちろんOK(長編版はアシモフ作品とは言いがたい)。
これがいけたら、それ以外のロボットもの各種、「サリーは我が恋人」
「火星人の方法」などなどに手を出していただきたい。

あと、短編のあいだのアシモフの作品紹介が面白く感じるのなら、
科学エッセイもお奨めする(ハヤカワ文庫、教養文庫など)。

で、アシモフたまらん!となったら、

http://www.fukkan.com/vote.php3?no=11068

でアシモフ自伝復刊希望に協力してくれい。



378 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/06 11:07
>374=>370
>376の言う通りですね。
「宇宙の小石」に入っちゃったんなら、いざ『ファウンデーション』シリーズへ。
「宇宙気流」あたりも含めて、トランター=銀河帝国シリーズって言ってもイイのかな。

379 :370:03/06/06 20:55
いやあ、「宇宙の小石」面白かった。一気に読了してしまいましたよ。
シュヴァルツの存在が多少アーヴァーダンに押され気味な気もしましたが。
お利口さんなんだからもうちょっとその頭のよさをアピールして欲しかった。
>>376
「永遠の終わり」と「鋼鉄都市」はあるので読んでみます、
「バイセンテニアル・マン」は図書室に無かった様な・・・。
図書室にリクエストでもしようかな。
>>377
「宇宙気流」と「暗黒星雲のかなた」にはあったかなあ。
恐らくあったと思うのですが、問題はファウンデーションシリーズが3くらい
からしか無いのですよ。借りるのは諦めて買うか、リクエストかな。
読むべき短編集もたくさんあるようですし、
こういうのを嬉しい悲鳴というのですかね。
もうアシモフ先生の作品をすっかり信用しているので復刊希望、
あとで行ってこようと思います。
>>378
ファ、ファウンデーション・・・。

もし買うとしたら何処の出版社が良いというのはありますか?
因みに私が読んでいるのはハヤカワです。

今日は失敗しました。油断してなにも借りずに帰ってきてしまったのです。
普段、本は少しづつ読むので、こんなに一気に読んでしまうとは
思わなかったのです。これもアシモフ先生の成せる業でしょうか。
学校に次に行くのは月曜だし・・・本当に失敗だ!



380 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/06 21:11
>>370
君は幸せ者だ!

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/06 23:06
>>379
バイセンテニアル・マンは短編集の「聖者の行進」に入ってるぞ。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 00:18
>>379
一応「鋼鉄都市」「はだかの太陽」はミステリ仕立てになってるのでその辺注意。
もちろんSFとしてもミステリとしてもいい作品なんだけど、たまにミステリ駄目って人もいるんでね。


アシモフ先生の落語が読める「木星買います」も変わってていいぞ〜とさらに惑わせてみる。

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 01:01
なんだか寄って集って370を教化しようとしてますな(w

漏れはこのやりとりきっかけで「夜来たる」と「宇宙気流」読み返しました。
いやー、何年も読んでなかったから新鮮!
やっぱ一気に読んじゃうよねー。

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 03:18
初めて鋼鉄都市を読んだのが約一年前
それまでSF小説なんて興味もなかったのに
ロボットブームに押されて興味本位で手にとってみたんですが
それ以来完全にアシモフの大ファンになりました
はだかの太陽、我はロボット、ファウンデーションとシリーズを
通勤電車の行き帰りちまちま読んで来て
今ファウンデーションの誕生(下)読んでます
はやく結末を知りたいのに、ずっと先を楽しみに読んできた
ファウンデーションもこれで最後なのかと思うと
なんか寂しくなります
この後はなに読めばいいんでしょうか


385 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 06:54
ネメシスみたいな単純でどこにでもありそうなストーリーも、アシモフが書くと面白い。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 10:17
>>379で思い出したけど、
ハヤカワのものと創元社SF文庫って読みくらべてます?

漏れはファウンデーション三部作しか比較してないけど
人名の表記から雰囲気までわりと違っていて面白かったですが。
ハヤカワの方は時々英文がストレートに透けて見える時があって
分かり易いんだけどちょっと萎えることも。
創元の方は雰囲気ある気はするんだけれど、装丁の印象もあってか暗い(w


387 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 11:45
>>386
漏れの場合もともと初アシモフが親戚にもらった創元版の銀河帝国三部作だった。
その後後期シリーズを文庫で揃えたついでにハヤカワ版も買ったけど、
やっぱ最初の印象が強いせいか創元版の翻訳の方が好きかな。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 14:19
御大の科学エッセイシリーズのどれかで、
ハリウッドからアイデアを買いに来たって話があったと思う。

地球の中心核へひたすら旅するというプロットを披露したら
映画会社の人が不安そうに
「それ、面白くなるのか?」
と聞くので
「もちろんさ」
って陽気に答えた、とかいう奴。

今度公開の「The Core」と何か関係あるのかね?

389 :_:03/06/07 14:35
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz09.html

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/10 00:44
>>367
微妙に遅レス。
ひょっとして4巻までしか読んでない?
そっから先読めば分かると思うけど、アシモフは別に
ガイアが絶対であるとはいってないよ。
そういう選択肢があるけど、状況如何によってはどうよ? みたいな。
いささか陳腐であることは確かだが、全てが幸せになれる社会体制の
発案はさすがにアシモフにもできなかったやね。

391 :川村ひかる交際発覚!!お相手の有名力士は?:03/06/10 14:20
http://bestranking.misty.ne.jp/gamble/enter.cgi?id=yami83


392 :_:03/06/10 14:23
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku06.html

393 :370:03/06/10 19:13
「裸の太陽」を借りて読んでいます。
もうね、アシモフの作品なら何でも面白いんかい、ていう。
しかしさっき気付いてしまった、これは「鋼鉄都市」の続編だという事を。
「鋼鉄都市」読んでないのに続編から読んでしまうとは・・・
ヨシヤパテ!

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/10 21:39
>>393
だからあれほど鋼鉄都市を勧めたのに……

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/10 22:29
>>393=370
そそっかしい感じねぇ・・・

まあ、勢いがあって羨ましい感じもしますが(w
鋼鉄都市もどうぞ。必須です。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/10 22:31
「夜明けのロボット」に入る前に
「我はロボット」もお忘れなく


397 :370:03/06/10 23:07
>>394
全く面目ない。余り選んでる時間がなかったもので、
ぱっと目に付いた太陽を手に取ってしまいました・・・。
>>395
次こそ必ず。
>>396
今度こそ間違えません!

398 :370:03/06/10 23:16
あ、そういえばハヤカワは>>386氏の言うとおり訳が
ストレートな気がしますね。
ベイリがダニールにむかって「凍りつけ!」ってのは無いだろう。
フリーズって言ってるんだろうけど「凍りつけ」ってのはもはや
直訳ですらないと思う。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/10 23:17
>>398
言われてみればそれって何か剣と魔法の物語に出てきそうな科白だ。

400 :386:03/06/10 23:55
しかし、ハヤカワと東京創元社だと、後者の方が会社として弱げなのが辛いところだね。
比較しようにも、ほぼハヤカワの独占市場化が進んでしまっている。

創元推理文庫(未だSF文庫ですらない)時代から出ている
ファウンデーションの1〜3(厚木淳訳)なんて絶版じゃなかったかなぁ?
「彼方へ」「地球」「序曲」の新三部作も実はこの人の手によるものが読んでみたかったが、
まぁ、年から行っても無理な感じぃー・・・。

あと、結局は訳なんて会社じゃなくて個人の責任になるわけだけれど、
ハヤカワでも小尾芙佐さんなんて良い感じだった気がする。
岡部さんがどうも表現を砕きすぎて馴染めなかった印象が強い。


401 :386:03/06/10 23:59
・・・知らぬ間に400ゲトしてますた。

もとい、訂正です。
創元推理文庫から出てたタイトルは「銀河帝国の興亡」1〜3でした。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/11 00:04
>>397
いえいえ。さっきのは冗談半分です。
あまり順番を気にする必要はないかなとも思います。

訳で言えば、鋼鉄都市の福島さんの訳は良いなと。
なんて言うか、作品と訳がマッチしてる。

403 :386:03/06/11 00:07
・・・・何度もスマソ。

東京創元社HP逝ってみたら、訃報出てました。合掌。
ああ、これで本当に不可能になったわけだ。鬱々。

--------------------------------------------------------------------------

厚木淳氏逝去

新聞等で既報のとおり、さる5月19日、小社元編集部長、翻訳家・厚木淳(あつぎ・じゅん)氏が胆管癌で亡くなりました。享年73歳。
厚木氏は、1930年3月9日、東京日本橋に生まれ、京都大学経済学部を卒業。1952年、東京創元社入社。取締役編集部長を経て、翻訳家として活躍。
SFとミステリの翻訳で知られ、代表的な訳書に、火星シリーズをはじめとする東京創元社より刊行のバローズ全作品、
アシモフ『銀河帝国の興亡1〜3』、クリスティ『晩餐会の13人』『ミス・マープル最初の事件』『ポワロの事件簿1、2』、ディクスン『白い僧院の殺人』ほか多数。



404 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/11 00:28
だいぶ前のスレにアシモフの「ロボット物」に対する違和感を訴えるカキコがあったけど、漏れも読んだ当時のことを思い返すと
そんな気もした覚えがある。
いいかげんウザったいというか、たしかに短期集中では読みたくなくなった記憶が……。
第1作「ロビー」がもっともピュアな作品で、それから長い間「三原則」をこねくり回してたけど、「最後のロボット」から
「二百周年を迎えた男(バイセンテニアル・マン)」あたりで原点回帰したっつーか、「三原則」の前提である「人間」とは
なんぞや、ちゅうところで、ヒューマニティをテーマにした傑作が生まれて、改めて全体を見直したという感じです。

ところで「三原則」の第1条、
「ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない」
っていうの、「看過する」って意味がぱっと分からなかったですよ、当時厨房の漏れには。
「ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、人間への危険を看過ごしてはならない」
とでも訳せばいいのに。



405 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/11 00:36
>>404
ロボットの時代はともかく、われはロボットはちょっとなあ。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/11 01:06
>>400

会社として弱いといえば、教養文庫の社会思想社。
潰れちゃうのは致し方ないとして、「翻訳権独占!」のエッセーは
ハヤカワに引き継いでほしいなぁ。サイトには「版権を引き継ぐ
ものもある」と書いてあるが、どうなったのかな?

ハヤカワにはこれをきっかけに、いまだに翻訳されていない「月の悲劇」
とか「電子の左手」とかも是非出版してもらいたいが...。

#内容は古いだろうけど、読んでてとにかく面白いからなぁ。
#いま「空想自然科学入門」を読み返しても、抜群に面白いもん。

ま、最近ハヤカワもあんまりアシモフアシモフしてないから、期待は出来ないけど。
2002年には没後10年とかでキャンペーンをやって欲しかった。


407 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/11 22:45
まぁ一応「夜明けのロボット」の話に
「われはロボット」に関することでてくるし


408 :VOc.:03/06/11 23:04
厚木淳氏の『銀河帝国の興亡』については、固有名詞のカタカナ表記に
ちょっと違和感がありました。「テルミナス」は、ちょっと、どう
も……。「テルミヌス」あるいは「ターミナス」でしょう。もっとも「リ
ナックス」なんて言い方が主流を占めているこの言語なので、こちらとし
ては負け犬の遠ぼえみたいなもんですが。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/11 23:11
>>408
工房の頃、漏れも友達と議論したよ、固有名詞。
「指輪」とかも含めて。うーん、なつかしい。

で、漏れ的結論は「カタカナ固有名詞は雰囲気が大事」
ラテン語読みで統一しても、英語読みで統一しても
かえってどこか違和感があるカタカナ名詞になってしまう。

日本語の音韻にあっていれば、多少の無理はオッケーみたいな。


410 :386:03/06/12 02:06
 なお、このような大作の場合、無数に出てくる固有名詞の発音とその表記には、いつもながら悩まされる。
たとえば、ファウンデーションが設置されている惑星およびその都市の名は原語ではTerminusとなっている。
これを英語式に読めばターミナスで、終点とか末端とかの意味になるし、このシリーズの背景にある
ギボンの『ローマ帝国衰亡史』を意識して、ラテン語として読めばテルミヌスで、境界とか結末、
または境界神の意味になる。『銀河帝国の興亡』で厚木淳氏がおやりになったように、
前半はラテン風にテルミ、後半は英語風にナス、つまりテルミナスとすれば、
この両方が包含される感じでたしかにおもしろい。
 しかし、考えてみれば、これは、地球の存在さえも忘れ去られようとしている遙か未来の話ではあるし、
固有名詞の一つ一つの地球上の語源を辿ってこれはラテン系これはスラブ系というように
発音をしわけるとなると収拾がつかなくなるので、この際、原則として、ごく英語風の発音を日本語化して
カナ書きにすることにした。年季の入ったファンの中には違和感を覚える方もおられるかもしれないが、
ご了承願いたい。

『ファウンデーションの彼方へ −銀河帝国興亡史C−』より、訳者あとがき(岡部宏之氏)


・・・まあ、先達に敬意は払うけどって雰囲気だね。
原文から英米人がどう読むかと言えば、岡部氏の言うとおりフツーに英語読みでありましょう。
厚木氏の訳が出たのは1968年。バローズのシリーズとかもやってたみたいだし、
それ以前のSFの雰囲気を引きずったある種の活劇系で、ちょいと神秘的にやりたかったのかもね。


411 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/12 02:28
アシモフは何て発音したんだろうね。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/12 03:15
あ?そういや、アシモフの名前がテルミナス状態ってことは内科医?

イサーク・アシモフか、アイザック・エイジモフじゃねーのかなぁ?

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/12 05:42
>>412
アイザック・アジモフだよ。アジモフのアはェに近い発音。
アシモフと濁らないようにしたのって日本くらいだろうね。

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/12 05:57
それ何かの話で、住後の名前がどうのこうのって話が出た時のやつだよね。そのインタビューでは本人が「本来ならイサーク・アシモフ(サはズィが少し入る)って発音なんだよ。けどアイザック・アジモフで構わない」って答えてたっけ。

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/12 05:58
住後 × → 移住後 ○

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/12 09:59
なんだっけ、 has-him-of で、hをはずして読めばいいとか言ってたんだっけか。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/12 12:30
日本はプラトンとかカエサルとか、妙に原語表記に忠実たろうとするところがあるからな。
アシモフもテルミナスも語源(出自)を意識しちゃった結果なのだろうね。

・・・ちなみにテルミナスそんな嫌いじゃないっす。

418 :370:03/06/12 22:08
裸の太陽を昨日読了。
面白かった、毎回こればっかり言ってるけど。
気になったのはリービッグは「見る」事が出来ない、
だから殺しは出来ないという事に誰も気付かないというのは
何か引っかかる。もっとしっかりした理詰めで解決して欲しかった。
まあ俺も気付かなかったけどね。馬鹿なのかな、彼らも俺も・・・。



419 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/16 22:47
黒後家蜘蛛の会
吉祥寺ロンロン内の本屋一巻だけがないっ
早く入れてくれぇ



420 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/17 23:00
アシモフの記念館のようなものは海外にありますか?

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/18 00:50
あなたが探してるのってこれだよね?この中にあったよ♪
http://endou.kir.jp/betu/linkvp/linkvp.html

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/18 21:26
>>419
門前仲町のブックオフに100円で出てたぞ。


423 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/18 23:57
ブックオフは嫌いなんで
新品がなくて古本屋で探すことになっても絶対に行きまへん


424 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/19 00:38
>>418
「鋼鉄都市」 「裸の太陽」
この二冊でこのシリーズはお終いと思ってください。
この続編と言われる物が多数でておりますが、個人的にはあまりお勧めできない。
「裸の太陽」の終わり近く、ヒロインが「馬鹿なことをするんじゃない」と言われながら、
主人公の頬にそっと触れる。
この男女の機微を書くことが少なかったアシモフ最大の名場面の余韻を胸に
残りを読むのはやめませう。

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/19 00:53
>>424
夜明けのロボットやロボットと帝国もそれなりに好きなんだけどな
夜明けのロボットのラストのダニールとジスカルドの会話のシーンが実にいい

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/19 01:36
ハードカバー版の、ロボットと帝国の表紙が非常に好きだったんだが、
文庫になったら‥

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/19 02:55
>>423

そういうこと言ってると、読めるもんも読めなくなる罠。

428 :370:03/06/21 13:35
「我はロボット」を読み終えました。
うーん・・・やっぱ長編の方が面白いな。いや、これはこれで面白いけど。
ロビイやキューティの話はなかなかよかったんだけど、
最後の話「災厄の時」はつまらんかったな。
今「ロボットの時代」を読み始めたところです。

>>424
うう、読むのをやめるのは無理です・・・。
読んでしまいますよ、>>425氏の話ではまたダニールも出てくる様ですし。
しょっちゅう刑事に苛められてるダニールに安息の日は来るのか。

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/21 13:40
>>428
ダニールとイライジャを素で間違えてた
誰か指摘してくれても良いじゃないか!

ダニールに安息の日々か……そうだねえ

「われはロボット」は正直そんなに面白いもんでもないと思う
ロボットの時代の方が肌には合うかも

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/21 19:39
ロボット工学ハンドブックほしい!

誰か作ってないかな?


431 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/21 20:17
「ロボットの時代」の校正が好きだった
ちょうど逆転裁判やってた時読んだんで


432 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/22 23:51
>>370
後期アシモフへ行くのだったら、「ネメシス」もお薦めしたいなぁ。
ロボットシリーズとも帝国シリーズともとりあえず独立した雰囲気の作品ってことで、
アシモフ自身話の辻褄合わせに奔走してないでのびのび書いている。
展開される心理劇も結構ドロドロ内面的で一級品だし、正直イイ感じ。
依然として地球は舞台の一つになるけれど、ハイパースペース航法開発前から
スタートするというのが物語の中に時間と距離を生む限界設定として素敵。
ロボットにしてもファウンデーションにしても後年書き連ねていったものは
万能キャラがちょくちょく出てくるようになっていて興ざめすることもあるけれど、
そうした設定にある程度煩わされないで読めたのが良かったかな。


433 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/23 13:40
地球シミュレータってすげえな。
あと10年したら、心理歴史学者が誕生するかもしれないと思った。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 06:05
アシモフは、奴隷制度などから西側の文明から人型ロボットが生み出されると思ってたみたいだけど、
実際は東側の文明が開発した。しかも、歴史や習慣や気質なんて関係なく、アニヲタが…アニメと同じようにロボットと暮したいという理由で。

さすがに、これは予想できなくとも仕方ない。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/05 19:34
西側じゃなくて西洋側、東側じゃなくて東洋側って書いてくれたら助かる。

アシモフの功績は、東洋的なロボット思想を西洋に広めたってとこじゃ
ないかと思う。
人に反抗する、人を攻撃するロボットじゃないロボットもあるんだと人々に
認識させたところ。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/06 04:48
アシモフじゃないが、「ファウンデーションの勝利」の内容も東洋的だよね。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/11 15:32
アイザック・アシモフは糞して寝てろ

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/11 19:47
>>437
もう寝てるって、永遠に。
合掌

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/12 14:03
>>434
だがそのアニメが製作されたのは、やはり日本特有の文化的状況の中だったわけで。

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/12 15:14
風見潤編集『SFミステリ傑作選』講談社文庫

ようやっとゲット

441 :人気サイトhttp://pocket.muvc.net/:03/07/12 18:03
人気サイト
http://pocket.muvc.net/

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/12 22:31
心理歴史学って研究してる奴がいるんじゃなかったか?

かなり昔(10年以上前)のアシモフへのインタビュー記事で読んだことある。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/12 22:46
>>434
銀河帝国の中ではNewTypeを予想していたが
それがアレとはね。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/13 08:19
>>440
いいなあ
高かった?

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/13 12:43
最近、ようやっと「暗黒星雲のかなたに」を読了。





・・・あれは若気の至りってことでイイでしょうか?

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/13 17:09
>>445
あのオチを編集長の強い要望で泣く泣く書いたのは、自伝等で有名です。

447 :445:03/07/13 18:29
>>446
そうなんだー。そりゃ辛いわ。
まだ当時としては通用する系統なのかもしれないが、
なにしろ読んでて辛かったし(w

あと翻訳が古風な会話調を採用しているのも多少キツイね。


448 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/13 23:39
月刊ニュータイプによると、
噂になってた「われはロボット」映画化、無しになったみたい。
似たような映画を企画してたから、権利を奪っただけらしい>われロボの権利を獲得した会社
クラークの「神の鉄槌」がディープインパクト(※1)の原案扱いになった時同様、クレジットもされない可能性あり、だそうな

(※1)ニュータイプの記事では「アルマゲドン」と書いてあるがディープが正解

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/13 23:47
>>448
似たような映画?
ロビイでも映画化するのかしら。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/13 23:52
>>444
1470円ですた。定価は340円。
ランドル・ギャレットのダーシー卿モノも載っているので
このくらいなら。

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 00:20
>>449
ロボット3原則を扱ったミステリーらしい。
(;´Д`)そりゃぁ、権利取っとかないと、訴えられる可能性あるわ。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 00:22
>>451
うーーーーん。禁断のジャンルに手を出したような気がしないでもない。
どう考えてもアシモフと比較されてしまうしな。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 00:23
>>449
他作品を原作とする映画という可能性を否定はできないけど、
オリジナル脚本だけど、何ら措置をとらずに映画化したら
パクリとそしられるおそれがあるから、念のために権利を買った
ってだけの方が可能性としては高いでしょう。

IBMがドクター中松の特許を買ったようなもの。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 00:34
>>453
われはロボットの中で、一番作りやすそうな話がロビイかなと思っただけなんだ


455 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 17:22
ダニール・オリボーの出てくるのって
鋼鉄都市、はだかの太陽、夜明けのロボット、ロボットと帝国、の他は
>>440のに載っている短編「ミラー・イメージ」だけだっけ?

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 17:29
>>455
出てくるだけならファウンデーションシリーズにも
出てくるやつあるけど…

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 22:50
「ファウンデーションと地球」では
ただのゲスト出演だけど
「ファウンデーションへの序曲」では
ちゃんとストーリーに絡んでるよ


458 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 23:24
後はキラービーズのシリーズね。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 23:43
黒後家蜘蛛の会のヘンリーは
実はタイプマシンを使って現代に来たダニールだよ


460 :山崎 渉:03/07/15 11:28

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/16 22:03
>>459
タイプマシンか・・・まあ、ダニールなら何でも出来そうだ。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/18 00:17
どっちかというと本人の方が”タイプマシン”だよなあ・・・

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/18 13:18
フジテレビのトリビアの泉でアイザック・アシモフの名を
知った視聴者が読んでくれないかな?

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/18 18:03
トリビアをたくさん集めた本を書いてると勘違いされる罠。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/18 18:33
>>464
> トリビアをたくさん集めた本を書いてると勘違いされる罠。
でもまー、ノンフィクション本はそれに近いよな。

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/19 10:25
「アシモフの雑学コレクション」(星新一編訳)がそれだよね。
確かトリビアの言葉もここから引っ張ってるし。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/25 17:03
おもろい


468 ::イラストに騙された名無しさん:03/07/25 17:19
http://plaza.rakuten.co.jp/japan2003/

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/05 04:14
「ラッキースターシリーズ」読みたいが何処にも無いよぉ

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/07 08:01
これは私の想像なのですが、アシモフの前夫人は普通の人で、知の巨人とはほとんど
話が合わなかったと思うのです。再婚したジャネット夫人は学者だから、同じ土俵
で語り合えたことでしょう。

471 :_:03/08/07 08:20
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/hankaku09.html

472 :_:03/08/07 08:41
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/13 02:17
>>448の続報(海外から)
脚本は依然として製作会社が用意していた脚本寄りのままらしいが、アシモフ側からスーザン=キャルヴィンと他1名(2名との話もあり)、登場人物として採用されるらしい。
キャルヴィン役のキャストも決定したらしい(名前不明)。

とのこと。
キャルヴィンはいったい誰に…。原作通りのタイプだといいな(*´д`)ハァハァ

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/13 09:28
>>473
シガニー・ウィーバーではないだろうか。
眼鏡かけてもっさりした髪型にすれば、原作のイメージをそれほど
崩さずにスクリーン映えもするのではなかろうか。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/13 16:26
>>474
シガニーならイメージどおりにやってくれそうだ。奴の表現力は凄い。

476 :山崎 渉:03/08/15 22:09
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

477 :山崎 渉:03/08/15 22:44
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/16 17:06
短編集の「ゴールド」に入っている「谷のなか」の意味がわかりません。
気ィ長過ぎだろおまいら!てことなんでしょうか?それとも途中の描写に
すごい落とし穴があったんでしょうか?

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/12 11:48
新型ロボットの名前が「Rダニール」ってか・・・せめてもう少し待てと。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/12 13:05
>>479
漏れも昼のニュース観てTVの前でひっくり返りますた・・・
奴のようには立ち直れませんですた・・・

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/12 14:53
>>479
ダニールの前にせめてジスカルドだろうと

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/12 16:12
>>481
それ以前にRサミイだろうと

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/12 16:52
昼のワイドショーでは事もあろうに頭のRを省いていたバカもいたぞ。

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/12 17:35
ウェブにあった。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20030912AS3K1201S12092003.html

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/12 21:53
>>484
こんなダニールは嫌だ。何を思ってダニールなんぞ名付けたんだか・・・。

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/13 00:49
せめてASIMOUにしておいてくれれば・・・

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/13 03:11
ホント、もう少しまともなのが出来てから、Rダニールという名を使って欲しかった。

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/13 04:38
>>482
ロビイだろうと

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/13 09:17
ニュー速とか見てると時代はSFからロボットアニメ(あれらを”ロボット”と呼んで良いかは別として)に
移っているんだなあとしみじみと思ってしまった。

まあ、だからってダニールだと高級で田中一郎ならダメだっていうのも違うだろうけど。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/13 23:48
やっぱり例のロボットの命名に不満持ってるか。
当然だな。
無性に腹が立つんだが怒りはどこにぶつければいい?

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 02:17
東大にメールするかw
間違いなくアドレスあるだろうしな。ダニールをもう使っちゃったら
後つづかねーだろ!

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 03:37
女性型を作ったときはやっぱりドースと…

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 05:06
いちおう。


世界初、人型跳ね起きロボット開発 所要時間は2秒

仰向けに寝た状態から全身を使って瞬時に跳ね起きる人型ロボット「ダニール」が
12日、東京都文京区の東京大で公開された。東大大学院情報理工学系研究科の
国吉康夫助教授らのグループが開発した。瞬発力と反動をうまく利用して起き上がる
等身大ロボットは世界で初めてだ。

ダニールは身長160センチ、体重70キロで、ボディーはアルミ製。
寝たままで90度以上に脚を振り上げて反動をつけ、腰や足首など30カ所の関節を
制御しながら体を丸めてスムーズな動きで跳ね起きる。この間わずか2秒。
従来のロボットは動作開始から終了まで、プログラムに従って一様に手足に力を入れて動く。
これに対しダニールは、要所で力を入れる以外は、反動をうまく使い全身のバランスを
とるよう設計されている。同グループは今後、ダニールが状況に応じて動作のコツを
学習できるようにする。国吉助教授は「将来は心を察する知能も備え、災害救助や
介護の現場などで人を助けるロボットにしたい」と話す。

ttp://www.asahi.com/science/update/0913/001.html (朝日/全文)

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 15:41
あれはやはり「A型ダニール」なのだろうな。
この次のバージョンが「B・ダニール」で、以下C、D、E…と続いて、

「R・ダニール」になる頃には人間と見分けがつかなく
なっているさ。

そう言えば、ホンダのアシモもタイプ5型なら
ASIMO・V
になるってネタがあったっけか

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 16:54
[Computing] 自力で跳ね起きるロボット 東大研究グループ開発(毎日新聞)

自力で跳ね起きる人型ロボット=東大工学部で
 東京大大学院情報理工学系研究科の研究グループは12日、あおむけ状態
から自分で跳ね起きることができる人型ロボットの開発に成功したと発表した。
跳ね起きるような俊敏な動作に成功したのは、人型ロボットでは世界で初めて。

 アイザック・アシモフのSF小説に登場する人型ロボットにちなみ「R・ダニール」
と名付けられた。20日に開催される日本ロボット学会で発表する。

 国吉康夫・助教授(知能機械情報学)らが開発した人型ロボットは体長160セ
ンチ、重さ70キロで、成人とほぼ同じサイズ。あおむけに寝た状態から、足を大
きく振り上げ、その反動で一気に起き上がることができる。

 等身大の人型ロボットは、瞬間的な素早い動作は難しかった。研究グループ
は出力の大きいモーターを使用し瞬間的に大きな力を出すなど、人体の動きに
近い動きを可能にした。

[毎日新聞社:2003年09月12日 23時47分]

ttp://newsflash.nifty.com/news/td/com/td_com_mainichi_20030912_008.htm

-------------------------------------------------------------

レスの中にRを(ryしたアフォメディアがあるってあったけど、朝日だったんすね。
上の記者は絶対アシモフ読んでない(w

>>494
ってわけで、そんな気の利いた話ではなくもちろん「R・ダニール」なんだよね。
残念無念・・・

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 19:24
>>495
483なんだが、実は日テレ系のワイドショーだ。

今さらだが、この国のマスコミはバカばっかりか・・・

497 :495:03/09/14 19:35
>>496=>>483
そうでしたか。早合点失礼!

つうか、みんな命名の由来とかちゃんと取材しないんだね(嘆

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 21:06
>>497
また変な名前つけるなあ。 こんな名前のモビルスーツあったっけ? とか思ってたんじゃないかと。

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 21:41
>>496
て言うか殆どがRを省いているだろ

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 22:51
そもそも今時の日本人にアシモフ読んだことある人間が何人いるかって考えりゃ仕方ないのだろうが・・・

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 22:53
>>499
まぁ、Rって言われても分かりにくいしな。名字ってわけでもないし(w
しかし、漏れが当日見てた範囲ではTBSとNHKは大丈夫だったような・・・。

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 22:57
>>488
ふと「わたしはロボット」(伊藤哲訳・創元推理文庫)読み返してみたんだが、
ロビイの体型を記述しているとこに出てくる表現で、


「 平 行 六 面 体 」  っ て 何 で す か ?



503 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 22:58
>>500
別に記者本人が読まなくてもいいけど、名前付ける時の思い入れを聞く時には
とりあえず裏を取ってほしいな、というのはあるね。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 23:02
>>502
ぐぐってみたら、立方体とか直方体とか

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 23:08
>>504
ありがとう。なるほどね。
適当に考えて立方体だと思い込んでたんだけどさ、
それだと頭部はいいんだけど、胴体部分がめっちゃデブになるなぁと。
ドラえもんみたいになっちゃうんじゃないかと心配で心配で・・・

バカでスマソ

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 23:14
>>502
20年くらい前にその記述を読んだ俺がイメージしたロビィの体型
ttp://www.tatsunoko.co.jp/Products/DVD/Gold/

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 23:16
>>506
なんだか凄くなつかすぃーんですけど(w

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/14 23:43
>>506
ぐっじょぶ

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/15 08:56
逆にトリビア扱いされたりしてな。


先日発表された起きあがるロボットの名前は・・・・・


この番組のオープニングにも登場するアシモフの小説がモデルになっている。

・・・・・なんて(苦笑)

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/15 22:22
補足トリビアで、
「あのASIMOも・・・」
なんてな。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/16 21:43
全然関係ない話だけど、近所に新しくできたデカい書店で、
アシモフの科学エッセイをひとそろい発見して、買い込んでしまった。
うあーいシリーズコンプできたよ

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 23:51
「はだかの太陽」読了。いやぁ、面白かった。
あの最後のオチは、安心しきったところに、不意に背中を押された感覚と言うか、脱帽のひと言。
それにラストもこれ以上ない爽快感。
改めてアシモフはすごいと思った。

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/18 23:53

やはり例の番組冒頭の御真影の影響で買うやつが少しは増えるに
違いない、という見込みがあったのだろうか。

514 :513:03/09/18 23:54
↑*2
に置き換えて読んでおくれよ


                      .......グスッ

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/28 00:55
復刊.comのアシモフ自伝への得票が100票に達したage

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/28 11:47
持ってるからいいや。

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/28 19:40
【2チャンネラが、日本を救う!!】
マルチポストでごめんなさい。でも皆さんに緊急で考えてもらいたいことがあります。
東海地震が一年以内に迫っていると言われています。
しかし現在の震源域の浜岡原発[静岡]の現在の耐震設計は、予想される大地震には到底堪えられません。
阪神大震災の揺れは、地表面で最大818ガルでしたが、浜岡原発の3・4号炉は450〜600ガル、
1・2号炉にいたっては300〜450ガルの耐震設計しか兼ね備えていないのです。
が、カネの力にしばられたマスコミは声を上げることができない!
今この危機を回避できるのはネットの力しかありません!
 1.東海地震が来るのは確実である。
 2.震源域にある浜岡原発になんらかのダメージが及ぶのも確実である。
 3.最悪のシナリオでは、2000万人が即死する可能性がある。
もはや一刻の猶予もありません。妻を、恋人を、子どもを、親を、自分の命を、
失いたくなければ、いざ下のスレに集え。(-人-)ヨロシクネ

【東海地震】浜岡原発をなんとかスレ!!【間近】
http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/eq/1064694092/
シミュレーション
ttp://www.stop-hamaoka.com/simulation.html
ハザードマップ あなたが住んでいる地域はどうですか?
ttp://hp16.e-notice.ne.jp/%7Epeace/hamaokatotal.PDF
原子力事故が起こったら 市民の防災ノート・伊那谷版
ttp://www.tekuteku.net/atomdez2.html
ストップ浜岡原発
ttp://www.stop-hamaoka.com/nikki/0308.html

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/23 14:16
その後、「われはロボット」の映画の話が出てないようですが…
以下のサイトによると、主役はウィル・スミスでいくそうで。
(なんでもウィル自身のSF好きのルーツである「I, Robot」だとか、
出演できてとても光栄と本人談)
http://countingdown.com/movies/2954287

ウィル・スミス演じる探偵Del Spoonerが、自殺に見せかけてロボットに
殺された疑いのある高名なロボット科学者の事件を追っていく…って
筋書きらしく。(詳細は以下)
http://countingdown.com/movies/2954287/news?item_id=2954421
製作配給:FOX
監督:Alex Proyas (アレックス・プロヤス)
プロデューサー:Laurence Mark, John Davis
主演:Will Smith (ウィル・スミス)
現在撮影中で全米公開予定は、2004年7月11日独立記念日だそう。

現在撮影中のウィル・スミスの体型、及び髪型は以下参照のこと。
http://www.bb2bad.jp/trailer/bb2b_special2.wvx
http://www.bb2bad.jp/trailer/bb2b_special2.rpm
(バッドボーイズ2バッドの来日記者会見より)

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/23 14:22
ちなみにラッパー/俳優になる前のウィル・スミスの経歴は
マサチューセッツ工科大中退、何気に理系らしい…。

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/24 22:36
アンドリューNDR114放送中あげ


…原作読んで号泣したのに。・゚・(ノД`)・゚・。

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 00:36
>>520
前半は原作に忠実だったけど、後半が結構変わってたね。
アンドリューが抱いた恋愛感情がストーリーに絡んできて、
何が人間なのか、という原作のテーマがすこしぼやけた感もあるけど、
これはこれで良かったと思う。

あと個人的にだけど、スーザン・カルヴィンの名前は出して欲しかったなぁw

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 01:24
アンドリューが放送されたというのに、レスは二つだけ・・・
相変わらず人がいないなぁ。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 02:00
漏れはあれをアシモフと関連付けたくなくて、敢えて出てこなかったわけだが・・・

あれはそもそも絵的に美しくない。着ぐるみロボも萎え。

524 :352:03/10/25 02:42
言いたい事は>>352>>355で既に言ってるので黙ってますた。

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 02:53
アシモフ作品で映像化がそこそこ成功ってのはミクロの決死圏ぐらいっすか?


526 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 03:05
>>523
少なくとも序盤は完全プロップかCGにして、「人の顔」はしてない造形にして
欲しかったな。ロビン・ウィリアムズの出番が減るから無理だったんだろうけど。

527 :521:03/10/25 03:18
あらら、すでに既出の意見だったのねw
でも「原作にこだわらなければ」良い映画だったと思う。

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 04:49
アンドリュー萎え萎えだったので、欲求不満の勢いでコンタクト観ちゃいました。
アシモフと関係ないけど、話の落とし方なんかはよっぽどSFらしい。
突込みどころはいろいろあるにしてもね。

んー、SFの映画化って難しいなぁ・・・

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 12:55
>>525
ミクロの決死圏はアシモフが脚本を小説化しただけだってば。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 17:01
映画アンドリューは

*似てるだけで当初孫娘に不遜な態度をとりまくる
あの態度がロボットとは思えなかった。

*冒頭あれだけきらびやかにと三原則をブチあげた割に
晴れて「人間」と認められたアンドリューの生命維持装置を
エンディングで「三原則ロボットが」あっさり切っているのはどうなのかと…
さしたる葛藤もなく。せめて葛藤が欲しかった。だって折角人間と認められてるんだもん。
監督に割と何も考えてないだろお前と激しく突っ込みたい。

その二つがどうしてもゆるせないので嫌いですあの映画。
一応二度見たけどもういい。

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 21:18
映画アンドリューは許せんわ。
原作(シルヴァーバーグに非ず)を知らない人の映画の感想を読んだ時に、ひっくり返ったよ。

人間性の追求が即物的で単純すぎる、アシモフの時代が古いから仕方ないか、だとさ…

頼むから、アシモフの小説を読んでから、アシモフを評価してくれ!!
アンドリューが人間だと読者に示されるのは、老衰手術を受ける為に行動した時なんだよ。
人間の外見や老衰を得たから人間だなんて、アシモフはそんな事を否定しているのが、あの医者との会話だろう?!

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/26 01:42
ロビーが健気だとかアンドリューとリトル・ミスのふれあいに萌えるとかは、
御大が読者をミスリードするる為に仕組んだ餌なんだよな。作中で
非常に人間臭く書かれたロボット達の振る舞いは、プログラムされた
パターンに過ぎない(アンドリューの場合は設計不良だけど)というオチ
を付けるのが御大のロボット物のパターン。

アンドリューが「狂った」ためにどんどん人間との境界が曖昧になる
様を示す事により、「人が人たる要件とは一体何か」(人とロボットの
境はどこか)を描いたのがバイセンテニアル・マンなんだから、感動
巨編にしちゃアカン。そもそも(ハリウッド)映画向きのテーマじゃ無い。

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/27 08:06
>>531
二つの塔をみて戸田字幕はやっぱり素晴らしい! と大喜びする人みたいなもんか。
板違いすまん。


しかしゆーちゃ悪いがこの映画が大当たりして同じコンビの夜来たるも映画化とかならなくてよかったなあと。
あっちはリメイクの段階で既に三流ハリウッド映画的になってるからな・・・

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/27 17:24
ファウンデーションシリーズ映画化の話は?

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/28 00:28
いっそ、宇宙の小石あたり映画化してほしいかもw

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/28 00:53
いや、むしろアザゼルあたりをw

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/28 13:48
ファウンデーションを二部作でやるのか。
どうなんだろう。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/28 18:57
初期三部作だけにしてほしいかも>ファウンデーション映画化

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/29 12:09
どうだろう。むしろ派手な映画にできそうなのは後期作なわけで。
特に初期1冊目の部分なんてものすごーく地味だぞ。

初期三部作をまともに映画化できるようなスタッフならむしろJ・P・ホーガンの三部作を・・・

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/29 13:06
最近初めて鋼鉄都市〜ロボットと帝国読みました。
んでちょっと疑問に思ったんですが
はだかの太陽の最後のほうで、人間(本当はダニール)が
直接会いにくるのを恐れたリービッグ博士が服毒自殺しますよね。
んでそこに現れたダニールがまったく陽電子回路に
ダメージを受けた様子がないのは何故ですか??
自分のせいで博士が自殺したことには気づいてないのだとしても
目の前で人間が死んだらかなりのダメージなのでは?

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/29 17:26
>>540
ダニールはオーロラで作られたロボットなので、
ソラリア人の直接対面の恐怖は理解できても、その感情が
「人間の形をしたロボット=ダニール自身の姿」にまで及んでいるということには思い至らない。
ダニールにとって彼自体はどこまでいっても「ロボット」だから。
ダニールの姿そのものと、リービッグの自殺との因果関係が希薄になれば
そのぶん陽電子回路にかかる負荷は軽くなるだろう・・・

とは言うものの、少しも影響を受けないのはやっぱりヘンだよねぇ。
死を確認した後、声がひび割れるとかそのくらいの演出はあっても良かったね。


542 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/30 23:07
>>530
映画の中で最後に女ロボットが切った生命維持装置は、ポーシャの
ものではないですか?
ロボットに合わせる為に人間が電源に繋がってなんとか生きてたって
ことでしょう。
もちろん三原則には反してるっぽいけど。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/31 04:37
アンドリューが窓から飛び降りて壊れるのもおかしいよね。第2条を守りつつ第3条も守れる状況だったと思うのだけど、着地するとかなんとかして。

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 04:26
アシモフの「はだかの太陽」について。
軽く内容教えてください。



545 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 05:46
>>544
すべてがロボットによって管理される惑星ソラリア――
だがそこで、有史以来初の殺人事件が発生した。

密室状況下で人間が殺され、しかもその場にはロボットしかいなかったのだ。
ソラリアの要請で、急遽地球から派遣されたイライジャ・ベイリ刑事はロボットの
ダニール・オリヴォーとともに捜査に着手するが、ソラリア社会の因習の壁にはばまれ、
袋小路につきあたってしまう。

はたして〈ロボット三原則〉がふみにじられ、ロボットによる殺人が可能になったの
だろうか? 『鋼鉄都市』の名コンビが再び登場し、完全殺人の謎を鮮やかに解明する、
ファン待望の傑作SFミステリ!〔初刷カバー裏解説より〕

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/03 15:28
>>544
つか、予備知識なしで読んだ方が面白いと思うぞ。
特に「はだかの太陽」はミステリー色が前面に出ていることだし。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 18:29
探偵ロボット如きがモノリスやオーバーロードばりに人類を支配する未来世界、
1万2千年の銀河帝国も落ちぶれたもんだぜ。

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 18:52
スーザン・キャルヴィン博士が、パラレルワールドに出張してますた!
きっとチャンドラ博士とは仲が悪かったと思いマス!!

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 23:39
>>548
生きてた時代が違うでしょ。

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/08 23:55
>>548
おみやげにプルトニウム186を持っていったら、HALが喜んでたわよ。
かわりにタングステンをもらって帰ってきたわ。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/11 01:15
すみません、
どなたか「ヨシャバテ」のスペルご存じないですか?
英語で伝えたい相手がいるのに、スペルが判らない〜!

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/11 15:35
Jehoshaphat

で良いんじゃないのかと思ってるんだけど、
アシモフ登場人物の名前なんかはわざと本来の綴りから外すっていう話だから
正確ではないかも。
原書持ってないからなー

で、なんでヨシャパテがなんてこったいな意味になるのか
すごく不思議に思って調べてたんですが
どうしてあの言葉を使用するのか、判る方居ますか?
本来は聖書に出てくる王様で良いんですよね?

553 :551:03/11/11 21:37
>552
ありがとう〜!
原書が欲しいんだけど、アマゾンとかで買えるかな。

本当に、なんでこういう意味に使われてるんだろうね。
「オーマイゴット!」と同じ意味なのかな?

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/16 20:20
アザゼル読んで思ったんだが、アシモフってスケベじーさん?

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/17 06:16
アシモフがスケベなのは有名。でも小説にはスケベなことは書かない。



556 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/20 20:13
アザゼルが未来から来たネコ型ロボットだったら
もっと売れたんだろうか?

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/27 11:35
ソラリア人は何処へ行ったんだ…後ファウンデーションの後のダニール。

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/28 02:31
>>557
俺んちにいるYO


559 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 00:32
>557
ダニールが両性具有になってたらいやだな・・・

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 00:39
講談社のSFミステリ傑作選って売ってね‐じゃん
「ミラーイメージ」が読みたいんだけど・・・
このスレで読んだことある人いる?

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/30 19:15
I. Asimovってどうなったの?

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/01 02:29
>>561

I, Asimovって翻訳の予定あったの?

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/01 21:37
>>562
ないんですか…


564 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/02 00:07
>>560
あるよ、国会図書館に読みに行った。
収録されてるのってなんの中だったっけ……昔で忘れたな。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 07:27
>>560,564
『SFミステリ傑作選』
風見潤編/訳 講談社文庫
edited by Kazami Jun,1980


566 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/06 23:42
>565
これって絶版だよな?

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/11 03:13
イライジャとR.ダニールが宇宙船の中で事件を解決する短編があるはずなのですが、
どの短編集に入って入るかどなたかご存知ありませんか?
翻訳でも原書でもかまいません。m(__)m

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/11 05:26
だから、565ががそれなんだって・・・
俺だって読みたいよ・・

569 :◆1suARs6s5o :03/12/11 12:38
>>567
図書館で借りれ、取り寄せ可ならなんとかなる。
別に大してなんにもドラマはないがね。
推理物としてもプチな感じ。

2作目と3作目で関係が変わってるような気がするから、なんか
あったのかなー、と思っている人多いようだが。
実になんもない。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/12 05:09
そうなのか、夜明けのロボで急に信頼度が増してるから
なんかあったのかと
じゃあ内容としては黒後家みたいな感じか

571 :ミステリ・マガジンで読んだ:03/12/14 19:07
「ミラー・ イメージ」では、ベイリは警察を辞めて、探偵事務所を開いているんだ
よ。

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/14 19:42
夜明けのロボットって読んだほうがいい?
前二作読んでけっこう面白かったんだけど夜明けは上下巻だから
敬遠しちゃって・・・

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/14 21:54
>>572
微妙だなぁ。好きは好きなんだけど、読まなくても構わないような気はする。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/16 13:47
>>572
ジスカルドが好きだからわりと好き。
でも内容のわりに長いという気は確かにするな。
趣味によるとしかいえないかもしれん。
「ロボットと帝国」……はもっと評価わかれるかもなー、
アシモフそのものが好きなら多分好きかも。

「帝国」読みたいなら「夜明け」も読むべし。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/17 18:05
父親の書棚を整理していたら、“The Alternate Asimovs”というペーパーバックが
出てきた。1986年刊行、となっている。以下目次
Introduction
1 Grow Old Along with Me (original version of the novel Pebble in the Sky)
2 The End of Eternity (original version of the novel The End of Eternity)
3 Belief (first version)
4 Belief (published version)
Final Word

・・・邦訳があるかどうか、どなたかご存じないか?
まぁ、ボチボチ読むか

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/17 19:40
1:宇宙の小石
2:永遠の終わり
で邦訳されてるけど、オリジナルバージョンって書いてあるから
細部が違うのかもしれなうぃ。

beliefはシラネ( ゚听)

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/17 20:17
"アシモフ Belief"でgoogleすれば簡単に発見できるわけだが。

578 :575:03/12/17 20:35
>>576-577
すみません、我ながら書きかたが恐ろしく中途半端でした。
1と2の長編ヴァージョンがそれぞれ邦訳されていること、
4が「信念」のタイトルで邦訳されていることは判っております。

オリジナルヴァージョンを集めたこの中編集、もしくはこのコンテンツが
日本語で読めるのかどうかが知りたかったわけでして。
いずれにせよご教示には感謝いたします。

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 20:38
突然ですまんが、アシモフの死因を知っている人っていますか?
いたら教えてください。

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 21:47
>>579
エイズという話だったような

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/18 22:16
>>579-580
>>144-148あたりにその話が出てきてます

582 :577:03/12/20 12:24
SFM1995年12月号アシモフ特集の
「アイザック・アシモフ著作リスト 牧眞司編」
には"The Alternate Asimov(1986)"とある
(575が挙げた書名とは1文字違うが、おそらくこれのことだろう)。
このリストが作られた時点では邦訳は出ていないようだ。


583 :575:03/12/21 21:48
>>582
情報ありがとうございます
邦訳がないようなので、長編ヴァージョンと引き比べつつ、
暇々に少しづつ読み進めることにいたします

584 :jehoshaphatでバッチリ!:03/12/23 16:50
うそつき は一度原書で読んで欲しいね。スーザンがとっても可愛い!
THE ROBOTS OF DAWN は読んだほうがよい。
 が、ロボットと帝国を読むのならファウンデーションの彼方へまで読もう。
帝国を読んだら、地球以降が読める。セルダン最高!

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/24 23:37
>584
『うそつき』は弱冠21才の青年の手になるものとは思えない渋い作品。

586 :sage:03/12/25 17:53
>584

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/25 17:59
>585
良いよねー。あれ映画化してほしい。ショートでいい。なんだったらテレビで。
長い映画向きじゃないよね。 映画だったら是非「ハイパーウェイブドラマ」を作って欲しい。
それをイライジャになった気でみてみてえ! まじで!

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/26 03:06
>587
「うそつき」を映像化するなら、スーザン・カルヴィンの役はマーシャ・ゲイ・
ハーデンがいい。そしてハービイ役はクロマティーのメカ沢だな。

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/26 06:46
>588
では、イライジャとグレディアはだれがよいですかな?

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/26 23:22
イライジャ・ウッド & 叶恭子

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/06 17:28
>>588
っていうことはハービイの声は若本か・・・

592 :P・スカイラー・ミラー:04/01/09 22:11
>588
>ハービイ役はクロマティーのメカ沢だな。

ロード・オブ・ザ・キングのゴラムみたいにCGというのもありかも。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/14 17:18
「永遠の終り」読了。大変面白かったです。

自分の既読は「神々自信」「銀河帝国の興亡」一から三
「鋼鉄都市」「はだかの太陽」そして永遠の終りなのですが
その順番なら次はこれってのがあれば教えていただけたら幸いです。

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/14 17:19
もうひとつ。

>>25
> 聖書とシェイクスピアに関する本も書いていらっしゃいますが

それはどんな題名の本でしょうか。特にシェイクスピアの方。

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/14 17:26
>593
「夜明けのロボット」も読んで下さい。是非。

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/14 19:25
永遠の終わりの文庫版の表紙、昔はダサく感じていたけど
今はあれはあれでいいかも、と感じるようになった。

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/14 23:44
科学エッセイが激しく好きだった。小説じゃないけど。

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/15 01:52
すごい長生きスレだったんだねえ
>>20とか歴史を感じるな〜

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/15 18:02
永遠の終わりの映画化は順調に進行しているようで何より。
監督のリドリー・スコットには気合を入れてほしい。
製作はトム・クルーズの会社だそうだがトムも出るのだろうか?
恋愛パートが強化されるんだろなあ。

一番心配なのは神秘の人たち、というかヒロインの言ってることが
見ようによっては好戦的なので、それ自体はともかくとしてそれを理由に
今の合衆国のやっていることを肯定するような方向にもっていくのは
勘弁して欲しいもんだ。杞憂であってくれ。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/15 23:57

>>永遠の終わり

どうせ設定だけ借りて、CGだけはすげー
やすっちい恋愛アクションになる、に
いくら賭ける??

しかしトムクルーズもマニアだよなw


601 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/16 00:03

>>593
「暗黒星雲のかなたに」(創元推理ウンコ)
がよかった。

記憶喪失してたホームレスみたいのが主人公で
それを保護して助けてあげる知恵遅れの女性が
いて、だんだん主人公が記憶を取り戻す話って
なんだっけか?結局そいつってすげー立場の
人間だったとかなんとか。
ちなみに銀河帝国シリーズ。



602 :過ぎた るは猶ほ及ばざるがごとし:04/01/16 07:17
>601
全然違うと思う。「暗黒星雲のかなたに」は、若い男女が活躍する話だった。
ラストは編集者(キャンベル?)の意見を取り入れたもので、アシモフは不満
だったらしい。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/16 10:59
>>601
ん?それは「宇宙の小石」?ではなくて?

>>602
「暗黒星雲のかなたに」はつい最近読んだけれどもあのラストには大笑いしてしまった。
いま読み返すとオーウェル並みにキッツイ皮肉たっぷりの諧謔に読めてしまって・・・。

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/16 11:11
>>601
>>記憶喪失してたホームレスみたいのが主人公で
それは、「宇宙気流」だと思う。

「暗黒星雲の彼方に」を初めて読んだ時は、最後で肩すかしを食らったような感じがした。

605 :603:04/01/16 11:24
>>604
あ、そうだね。THX!
混じってた(w

606 :603:04/01/16 11:40
「暗黒星雲」はラストもさりながら、あの訳文の調子についていけなかったなぁ。
時代を考えれば仕方ないのかもしれないけど、
中世の冒険もの系のふるくささを醸し出す、
中途半端に美文調の台詞回しとか・・・。

607 :601:04/01/17 06:47
>>604
THX1138!!
そうだ、宇宙気流だ。

鍛冶屋の爺さんかなんかが銀河大戦に巻き込まれる、って
暗黒星雲だっけか??ちがうか。。

ごめん、ぜんぜん覚えてない…。。
ファウンデーションシリーズ最高!
アレに比べれば、銀河英雄伝説もグインサーガも
まだまだ小さいよ。。





608 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/17 07:16
>>607
まだまだどころか比べるのがおかしい
特にグイン

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/19 20:26
>>607
それは「宇宙の小石」。
けっこう銀河帝国ものあるね。

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/20 01:05

なんだYO
二日でレス1かよ
アシモフファンはこんな少ないのかYO

611 :豊登別温泉卵丼:04/01/20 01:11
>607

鍛冶屋の爺さんではなく仕立て屋のご隠居ですな。タイムスリップするのです。

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/20 01:22

銀河帝国モノってけっこうアニメ化したら
面白そうなのにな〜。
変にマニアックじゃないし。設定は王道だし。
宇宙戦シーンを脚色して盛り上げてさ…。


613 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/20 06:59
ファウンデーションって楽しめるのは何巻まで?

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/20 09:58
>>613
全部楽しかったよ。
「ファウンデーションの誕生」は泣いた。

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/20 11:16
>>613
正直、三巻まで。
そっから先は別物として読んだ。

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/20 20:51
7冊まとめて読めた人間は全部ひっくるめて楽しめたんじゃないかな。
翻訳待ちにせよ、文庫待ちにせよ、どんな形でも前期3冊から空白期間を経た人間は、
どうにも期待が先行してしまって、前3冊との違いに少なからず戸惑いはあったんではと。
何の根拠もない勝手な思いこみだけど。

617 :(;´Д`)ハァハァ:04/01/20 21:50
後の方はアーケイディアちゃんみたいなキャラもいないしな。

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/20 22:34
>>613
おれはミュールが出てくる前まで。
それ以後は別物として読んだ。つまらないと言っているわけではないけど。


619 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/21 07:54
ここで言うファウンデーションには、キラービーズ版は含まれないのだろうな。アシモフスレだし。
ヒーロー物として見れば、キラービーズ版も面白いのだが。
…ヒーロー物して見れば…………ヒーロー物して……ヒー( ´Д⊂ヽ


620 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/21 10:50
停滞空間の長編版の話はどうなったんYO!
アンドリューのあとがき読んだ時からずっと待ちつづけているのに。
このスレ頭から読んだのに一度も話題に上がってないのはなぜ?
みんな長編では読みたくないのかな。

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/21 17:39
だって長編はアシモフじゃねーじゃん。

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/22 03:20
>>613
ロボットシリーズと一緒に読まなきゃダメだよ?
ファウンデーションシリーズの後半は特に。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/23 13:35
>>622
禿同。
“彼”のこと知らないと後半全然意味がないよ。

読み途中は正直つまらんとこあると思う、全部読んで始めて全部の
意味がわかるというか……。
ついて来れる人だけでいいよー、みたいな作者の意図を感じたよ。

624 :名無しは無慈悲な夜の仔猫:04/01/24 23:21
『鋼鉄都市』と、『裸の太陽』好きだったっけが、あれ三部作だよね。
もう一作(って何だったっけ?w)読んでねえなぁ。

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/25 00:36
>624
「夜明けのロボット」


626 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/25 01:09
> 624
長篇は『鋼鉄都市』『はだかの太陽』『夜明けのロボット』『ロボットと帝国』
の4作と思うんだが。

627 :名無しは無慈悲な夜の仔猫:04/01/25 15:26
あれ、そうだったっけw 「われはロボット」は定番だが、「ロボットの時代」も
悪くなかった。

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/26 04:00
>>626
その通りなのだが、「ロボットと帝国」にかんしては個人的に3部作と分けておきたい。
「ロボットシリーズ」「ロボットと帝国」「ファウンデーションシリーズ」で大きな三部作ということにしたい。
私の心の中ではこうなんだ。シリーズ同士を繋ぐ偉大な作品なんだ!
他にもそう思ってくれる人がいないかな〜?と思う今日このごろ。

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/26 14:09
雑学コレクション、もういいかげんボロボロになっちゃったなぁ。


630 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/26 15:04
はだかのロボット



631 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/27 04:46
イライジャ=ベイリ
ダニール=オリバー
ジスカルド=レベントロフ
のスペルを教えてください


632 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/27 06:59
>>631
せめてこのスレぐらい検索しなよ。>>312のスペルを元にググれば見つかるでしょ。



633 :ティミー:04/02/07 19:23
ママン・・・

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/10 19:43
そういえば今年の2月13日は金曜日だけど
3月13日は違うんだよね

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/11 04:52
あーそれ!
たまたま黒後家を読み返してて、その話を読んだ日
仕事の打ち合わせでその話が出て、
「今月は13日が金曜日だから、来月もか」
ってなった時、思わず即答で
「今年は閏年だから違います」って言ってしまって驚かれた。
さすがにリープイヤーの説明はしなかったが…

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/12 04:05
夜明けのロボットでグレディアが再登場しちゃったのがちょっとヤだったなあ。
はだかの太陽で最後に顔に触れるだけで終わる、ってのが凄く印象的だっただけに。
自分が再婚したから重ね合わせてたのかなー?
その後も出てくるとこみるとアシモフ気に入ってたのかね。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/17 01:01
ttp://irobotnow.com/
↑これってがいしゅつ?

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 15:30
初めて見た。
カルヴィン博士の写真が見たかったな

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/19 15:53
>>637
面白そう!

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/20 00:09
>>637
(・∀・)イイ!

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/20 00:27
動画もカコイイし、自分でオーダーしたNS5を壁紙にできたり、サイトとしても作りがいいね。映画も期待。

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/20 09:26
どこかのサイトには次は「鋼鉄都市」やるって書いてあった。

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/27 21:54
昔ハインライン読んでた時、俺の評価は「宇宙の戦士」はダメで「月は無慈悲な夜の女王」はOKだった。
アシモフ読み出してハインラインよりアシモフ作品が好きになった。

自分の属性がおぼろげに見えてきた気がする。

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/13 16:22
みなさんはクルーグマンってご存知ですか?
サイコヒストリーを研究してる人なんですけど。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/13 17:56
うんにゃ初耳。
実際におられるんだ>研究者

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/13 19:57
それが経済学者のポール・クルーグマンのことで、
ファウンデーション三部作を読んで心理歴史学者になりたかったが、
そんな学問は(まだ)ないので経済学者になった、という
ttp://www.post1.com/home/hiyori13/books/krugnote1.html
にも載ってる件ならおかどちがいじゃないか?

当人のページ
ttp://www.wws.princeton.edu/~pkrugman/incidents.html
の"1. Becoming an economist"の第3パラグラフが該当部分。

現在は経済学者から心理歴史学者に専門を変えた、というのなら教えてくれ。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/13 20:19
クルーグマンによれば、20世紀というのは、機械が人間という下僕を
手に入れた世紀として後世に語られることになるそうです。
21世紀からは、機械による機械のための文明が開始される。

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/17 06:04
雑談スレに映画の予告へのリンクがあった。
http://www.apple.com/trailers/fox/i_robot/

>>637のサイトはおもしろいけどこれ見たら映画にはとても期待できん……。

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/17 12:50
どうもみてもアシモフの欠片もないありきたりなアクション映画になってるな…


650 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/17 13:32
ロビン・ウィリアムスなら、まだ「知的」
(実際はともかく)な感じがしていいが、
ウィル・スミスに知性は期待できないぽ…_| ̄|○

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 11:31
ロボットがカニ歩きして人間におそいかかってるし…_| ̄|○


652 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 12:42
この映画はアシモフとは関係ない
この映画はアシモフとは関係ない

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 21:47
映画が公開されるころには、この映画が表紙の「われはロボット」の文庫が出るんだろうか。
なんか嫌だなあ。

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 22:29
なんじゃこの予告は・・・
エイリアンか?

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/18 22:42
どうしてもアシモフ原作に見えないし
どうしてもイノセンスの模造品にしか見えない。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/19 14:09
カルヴィン博士が、若くて美人…_| ̄|○

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/19 16:02
三原則はどこに逝ってしまったんでしょうか…
こんなのがやりたいなら、何もアシモフを引っ張りださなくてもいいだろうに。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/19 18:54
>657
「激怒したアシモフ氏が監督をどつき倒すために蘇る」ことを期待した呪術の一種なのでは。
と非科学的極まりないことを言ってみる。


659 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/19 22:46
頭悪そうな映画だなー

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/19 23:18
そんなやばいことになってるのか。

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/20 22:54
これって「迷子のロボット」に出てくる第1条を緩和されたロボットってのが元なんでしょう
かね......。物語の方向性が完全に明後日の方を向いちゃってる予告編ですが。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/21 16:21


こないだ太陽系の外で見つかったセデスだっけか、
あの惑星(?)の「一年」は一万年なんだって。
あんまし関係ないけどとっさに
「夜来る」っていう話を思い出したよ。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/21 16:25
痛くなったらすくセデス♪

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/21 19:19
>>662
セドナな。

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/22 00:53
>>661
>これって「迷子のロボット」に出てくる第1条を緩和されたロボットってのが元
それっぽいと思った。
それにしてもまた安易なフランケンシュタイン・コンプレックスが、
と当のアシモフ御大の声が天から降ってきそうな絵面だこりゃ…。

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/22 22:04

>>662
「夜来る」じゃなくて「夜来たる」なw

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/23 01:33
「夜が来る!」と書くとまた別のものに…


668 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/23 09:40
>>667
もうやめろw

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/25 16:49
スレ違いだが、「ファウンデーションの危機(上・下)」がハヤカワから出てた。

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/25 17:36
文庫になったの?


671 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/25 22:30
>>670
なった。もう書店に並んでる。
ttp://www.hayakawa-online.co.jp/bookbody.asp?MENUID=02&ORDER_CD=11473
ttp://www.hayakawa-online.co.jp/bookbody.asp?MENUID=02&ORDER_CD=11474

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/26 00:22
アシモフが科学エッセイで指輪物語を再読してヤハリイイ!って
書いてたのは何巻だったっけかな?

パロってたのは黒後家の二巻なのは覚えてるんだが。


673 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/02 01:23
>669ってどう?違和感なく読める?


674 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/02 07:26
「ファウンデーションの危機」か
柴咲コウが「ファンデーションは使ってません」というCMをやっていたな。


675 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/06 20:08
黙祷


676 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/06 22:27
んっ今日はアシモフの命日だったか


677 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/07 21:44
6月に「象牙の塔の殺人」が復刊されるらしいですが、
この作品はおもしろいですか?


678 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/07 22:57
映画板のDVDスレで発見。
ttp://www.foxjapan.com/dvd-video/bogof/6/index.html
2枚で3980円(税抜き)。店によっては2枚で2980円(税抜き)のところもあるらしい。

「ミクロの決死圏」ともう1枚はなにを買おうか思案している。
「十二人の怒れる男」かなあ……
ソダーバーグ版「ソラリス」は未見だがかんべんしてくれ。

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/08 05:46
「ミクロの決死圏」かぁ。小さい頃にこの映画のビデオ見てあまりの馬鹿っぽさに、「こんな物を書くような作家は嫌だ」って思ってその後10年近くアシモフの本には触れなかった。
当時、ミクロの決死圏=アシモフみたいな売られ方をしてたから勝手に誤解してただけなんだけど、アシモフが関わったのはアドバイスとノベライズだけだと知ったのは何年も後になってからだった。
それからアシモフの色んな本読むたびに「もっと早く読んでいれば良かった」と何度も思ったよ。けどノベライズ版ミクロの決死圏は未だに読んでない、設定とか訂正されてるらしいけど全く読む気になれない…。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/08 22:20
>>677
自分は好きだぜー。
大学を舞台にしたミステリー。
教授の顔のアシモフが読めます。

681 :677:04/04/09 23:55
レスどうもです。
よっしゃ、復刊ドットコムで予約だーッ

SFミステリ傑作選も復刊してくれないかなあ

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 00:24
>>681
SFミステリ傑作選もかなり好き。
復刊?絶版だったのか。普通に書店で買ったような気がしてた
て言うか本屋で何度も見かけた気がするんだが…。あれ?

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 07:09
アシモフのミステリははずれが無いと思う。

黒後家は言うに及ばず、象牙もABAもどっちも面白かった。
個人的には「アシモフのミステリ世界」がお気に入り。


684 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/11 12:05
黒後家やABAは好きだけど象牙はいまいちな気がして昔処分してしまった。
子供だったからわからなかったのかな。また買ってみよう。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/18 01:49
>>679
個人的な好みがあるからなんとも言えないけど、ミクロの決死圏は好き。
今2しか思い出せないので、取りあえず2をお薦め。
医療関係の仕事をしてるけど、遜色なく楽しめた。
技術の設定?描写?が古いのは、書かれた時代を考えれば簡単に目を瞑れるしね。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/18 10:35
ファウンデーションとかを読むと”モニター”とか”スクリーン”
じゃなくて”ヴィジプレート”なんて呼び方してる。
1940年代、テレビも無かった時代なんだなぁ、
偉大な作品は60年たっても色褪せない。


687 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/18 15:43
>>686
計算尺とか原子力包丁とかは?

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/29 23:05
「ファウンデーションの危機」読んだけどかなりナニだね。
銀河帝国を舞台にする必然性が感じられない。
アシモフが書いたならまだ納得できたかも知れないけど・・・

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/30 00:23
>>688
気持ちはよくわかるが、私としては「新3部作」の残り2篇(「混沌」「勝利」
だったかな?)を読んでから態度を決めよう、と思う

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/30 07:55
読んでも感想は変わらないと思うよ…

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/30 12:56
>>688
漏れはあと少しで読み終わるが、
ワームホールとかもしアシモフが書くと出てこないようなものが
たくさん出てきてうんざりしたよ。
単行本で買わなくてよかったと思った。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/30 13:59
つまりなんですか、新3部作にアシモフを求めるのは、
金田一少年に横溝正史を求めるようなもんですか。

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/30 15:39
というより誰もファウンデーションにヴォルテールやジャンヌ・ダルクは求めてない、って事です。


694 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/01 21:59
映画"I, Robot"が
>FOXがイノセンスへの出資の交渉として脚本手直しを要求したが
>押井サイドが「こんなのイラネー」と蹴ったプロットを、そのまま実写化した映画
http://freett.com/iu/innocence/innocence.html
ってのはマジですか?
どっかにソースあります??

これが本当ならアシモフの原作からのかけ離れっぷりもなんとなく納得できそうな気もしますが。


695 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/02 03:59
>>694
元々アシモフのは原作じゃないよ。
ロボット物のプロットが元々あって、その内容がアシモフのロボット物と似通ってたからアシモフロボットの映画化権利を取得して、後であるかもしれない訴訟を防いだだけ。
ディープインパクト製作の為にクラークの神の鉄槌の映画化権を取得したのと同じ。小説からキャラが何人かでるみたいだから、ディープインパクトの時と違ってクレジットまでされないということは無いと思うけど。

180 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)