5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

星新一 短編以外の作品

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 10:40
について語ろう!

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 10:58
進化した猿たちはSFじゃないし、あと何あったっけ

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 11:10
>>2
夢魔の標的
声の網
ブランコの向こうで
火星航路
etc

あと進化した猿たちも、部分的にSFだよ

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 14:20
「火星航路」
最初期の作品。このころの星作品は、後にかなり改訂されて原型をとどめていないが、
この作品は当時の文体のままで読める。そのため、いわゆる星文体とはまったく違う
文体にえらく違和感を覚えるが、内容的にはとてつもない古くささが逆に新鮮。
取っつきにくさはあるが、結構楽しめた。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 15:11
気まぐれ指数
今で言う経済ミステリーっていう分野なんだろうけど、名作だよ。
凡百の日本のミステリー作家には絶対書けない作品だね。
この作品が確か初長編、それも新聞小説だったから、この作品で
星新一の評価ってかなり上がったはずだね。直木賞にもノミネート
されたし(でも受賞できないのが、日本の文壇のSFに対する見方
をよく物語ってる。)


6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 15:57
エッセイ「東京に原爆を」は衝撃的だった。
来るべき次の関東大震災にそなえ、今ある建物がどれだけ振動に耐えられるかを試す
ため、東京の地下で原爆を爆発させよう、という内容。
石原さん、ぜひお願いします。

7 :無名草子さん:2001/05/25(金) 16:30
声の網
あの時期に、ネットワーク社会ものを書いたのは
すごいと思う

8 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/05/25(金) 16:48
>>7
内容が内容だけに、最近になって急に再評価されてる作品。
でも絶版のまんま。ハルキ文庫当たりから出そうなもんだが…

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/25(金) 19:55
「ブランコの向こうで」の本に入ってた惑星が植物に征服された
話ってなんだったっけ?

10 :無名草子さん:2001/05/25(金) 20:39
「ほら男爵現代の冒険」ってのもあったね。
あと、父親の半生を書いた「人民は弱し官吏は強し」ってのも。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 00:31
>>9
宇宙の声

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 01:04
「人民は弱し官吏は強し」泣けたなぁ。
でもSFでは無いかな。
続編も有ったよね。(あれ?前編だったっけ?)

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 12:02
>>12
前編(明治・父・アメリカ)あとになってから書いた。
「祖父・小金井良精の記」は今ひとつ。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 19:08
「城のなかの人」
豊臣秀頼の一人称小説って他にないとおもうけどどうだろう。


15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 21:50
>>13
今ひとつ名のは「明治・父・アメリカ」の方だろう。いかにも
テンションが低い。
「祖父・小金井良精の記」はとんでもなくすごい小説だと思うぞ。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/26(土) 21:52
「生命のふしぎ」は、読むと結構面白い
後半にSF作家っぽいところも出てくるし

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/27(日) 09:28
エッセイで元号について書いたのがあったよね。
西暦2000年まで昭和を続けて、2001年1月1日から元号を
「弐扇」でも「爾専」でも、何でもいいからニセンにするっていうアイディア。
西暦と元号を一致させるこのアイディア好きだったな。2001年は来て
しまったのでぜひ3000年までに政府は法案を通して欲しい。


18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/27(日) 20:34
>>16
『生命のふしぎ』ってどんな内容ですか? 大いに興味あります

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/27(日) 21:03
少年少女向け科学解説書

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/28(月) 10:34
「アシモフ雑学コレクション」角川文庫
アシモフの本から一行知識を集めて一冊の本にしたもの。だから、著書でなく編書になりますが。
これが面白いんだ!残念ながら絶版のはず。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/28(月) 10:40
珍しい、星さんの訳書。
「海竜目ざめる」ジョン・ウインダム 早川の銀背
(ちなみに岩崎書店の子どもむけSF「深海の宇宙怪物」の原作)
訳文が平易ですごく読みやすい。あるいはウインダムの重厚な文体とは
ミスマッチなのかも知れないけど、面白かったのでOK。
しかし、なぜ、ブラウンでもブラッドベリでもなくウインダムなんだろ?

22 :無名草子さん:2001/05/28(月) 11:59
サンリオのブラウン傑作集の翻訳は、星風味とブラウン風味が水と油であまり
面白くなかったよ。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/28(月) 18:13
>>22
あ、それ同意。
どっちも好きなんだけど、コレはダメだった。
早川の異色作家短編集「さあ、気ちがいになりなさい」に収録されてるのと
内容が一部重複してるけど、改稿とかはしたのかな。
サンリオのあとがき読んでも、いまひとつわからなかった。

今、扶桑社文庫だったかで出てる「肩の上の死神」ってタイトルを見るたびに
星さんのアレを思い出すよ…。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/29(火) 14:01
「竹取物語」
日本最古の小説を、独自の解釈で現代語訳した作品。
結構大胆に内容を変えていたのはびっくりしたが、そのまま訳したのより数段おもしろくなっていると思う

25 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/06/01(金) 08:39
age

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/06(水) 14:52
未文庫化作品(既出除く)
「手当の航跡」
「気まぐれ読書メモ」
「私とおまえの深い関係」

それぞれ、どんな内容なのでしょう? ご存じの方教えて下さい

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/07(木) 00:49
 「人民は弱し官吏は強し」はSFじゃないんだけど、好きだ。星製薬を
経営した星氏の父の話なのだが、荒俣宏氏によってもっと詳細に彼の父の
事が描かれている作品がある。それが「大東亞科学綺譚」この本は星氏の
父親以外の事も書いているが、「人民は…」と一緒に読むと星氏の描いた
部分と描かなかった部分が見えてきてとても面白い。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/06/07(木) 01:15
激しく動悸、でなく同意。
ぜひ三十年後と選挙大学を復刻してほしいもんだ。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/07(木) 08:46
>>28
星一の著書、読みたい!

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/07(木) 18:14
星新一と星一の文体って、似てるんだろうか?
でも、森鴎外と星新一って全然似てないよなあ。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/08(金) 02:01
「手当の航跡」 お医者さんとの対談。専門書です。
「気まぐれ読書メモ」 書評集。これは文庫にすべきだ。
「私とおまえの深い関係」これは「野性時代」で連載して
いたテーマエッセイをまとめたアンソロジー。いろんな人
がタイトルどおりのお題で書いたエッセイが入っていて、
星さん一人の著書という訳ではない。

>珍しい、星さんの訳書。
>「海竜目ざめる」ジョン・ウインダム 早川の銀背

海竜は、南山宏さんの下訳をほとんどそのまま使っている
ので、星さんの訳書というよりは名義貸し本です。

>『生命のふしぎ』ってどんな内容ですか? 大いに興味あります

超稀覯本だったけど、今は新潮社の電子ブックで買えるはず。
HPに行ってみれ。

>「祖父・小金井良精の記」はとんでもなくすごい小説だと思うぞ。

同感、同感。最初は寝そべって読んでたけど、途中から
正座したぞ。祖父に対する愛情が、星さんの知性と教養
でコーティングされ、見事な伝記小説に仕上がっている。
凄い本だよ。文庫化されなかったことに憤りすら感じる。




32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/08(金) 04:02
>海竜は、南山宏さんの下訳をほとんどそのまま使っている
ので、星さんの訳書というよりは名義貸し本です。

そうなの?なぜそんな内部事情をご存知なんですか?

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/08(金) 12:10
>そうなの?なぜそんな内部事情をご存知なんですか?

以前、全然別の件でインタビューする機会が
あった時、南山さんから直接聞いたダス。

当時の早川書房編集部内では、割と下訳原稿
がそのまま本になるケースが多かったみたい。

異色作家短篇集の『キス・キス』(開高健訳)
が、「ミステリ・マガジン」にいた小泉太郎
(=生島治郎)の訳というのは、有名な話。
つーか、生島さんがエッセイで書いちゃって
る(w

あと、講談社のSFシリーズで出た『裸の太
陽』も伊藤照夫(=都筑道夫)名義になって
いたけど、実際には常盤新平の訳。後でハヤ
カワの銀背に入った時に常盤名義になったけ
ど、文章まったく同じ。

下訳者をたてて楽しよう、とかいうことでは
なくて、薄給(って、洒落にならんな…)の
早川編集部の友人に仕事を回してあげた、と
いうのが実状のように思われます。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/08(金) 17:57
32>>33
お返事どうもです。そうか、そういう事情があったんですか。
星さんの訳書だと思って、実は南山氏訳の本を読んでたわけか。
星ファンだから、大枚はたいて購入したんだけどなあ。
正直、ちょっと残念。騙された、とまでは思わないけど。
訳者あとがきで「訳文は読みやすいように心がけた」とか「単位は、あえてメートル法
でやってみた」とか書いてあるのも、実は・・・なわけですね。
翻訳業界にはよくあることなのかも知れないけど、うーん・・・複雑な気分だ。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/08(金) 22:47
星一の「三十年後」は、昔ファンクラブ周辺でコピー本が頒布された
ことがあったはず。借りて読んだけど、大正期(だっけ?)の本だから
文体が全然違うので息子とは比較しようがなかった。
星一の口述筆記を、硯友社の某作家が手を入れて文章を整理したもの
だそうだ。前書きに件の作家への謝辞が書いてある

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/08(金) 22:50
星一は著作が多い。他にも「哲学 日本哲学」「支那の歴史」とか、
おかあさんの作った日本史とか何とかいう題名の本もあったはず。
あと、官吏学も忘れちゃいかんな。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/09(土) 00:41
星新一の「作品」
2人の娘とか。
2回やったらしい(w

38 :26:2001/06/09(土) 18:13
>>31
感謝。
「生命の不思議」が入手可能だとはビックリ!
2ちゃんねんるに来たかいがありました。
是非とも読んでみます。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/17(日) 02:14
復刊ドットコムに、星作品をリクエストしよう!

メインページ:http://www.fukkan.com/
星特集:http://www.fukkan.com/group/index.php3?no=63

40 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/07/19(木) 09:07
「生命のふしぎ」、少年向けというから大した内容を期待してなかったのだが、
読んでさすが! と思った。ちゃんとしっかりした、大人の鑑賞に堪えるないようだし、
随所にちりばめられたSFマインドに感激。
まあさすがに今の科学水準と比べると古いことは否めないが、ファンなら一読の価値あり。

41 :城のなかの人:2001/07/21(土) 10:47
この本の「紙の城」という話が秀逸。
内容も面白いし、何よりタイトルのつけ方がうまい。
時代小説としては異色だけどなかなか楽しめる。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/22(日) 00:14
>>39
http://www.fukkan.com/group/?no=105
のほうじゃないですか?

43 :39:2001/07/23(月) 16:00
>>42
ごめんなさい。そのとおりです。
でも、票数のびないなあ…

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 16:05
無限艦隊サイクル

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/23(月) 16:07
>>44
無限艦隊サイクル

46 :  :2001/08/05(日) 12:02
星の原作で、映画かアニメになったものがありますか?
星製薬というのは、戦前は麻薬を精製して大陸に輸出していた会社なんですって?

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/21(火) 14:54
>>46
単に麻薬と書くと誤解されるだろ…
麻薬と言っても、作ってたのは医療用のモルヒネとキニーネ。別にヤバイものを作ってたわけではない。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 09:18
>46
映画「マタンゴ」の原案を福島正美とやった事くらいしか思い出せない。
テレビドラマなら「女難の季節」。「世にも奇妙な物語」では、「ミドンさん」
が田原俊彦主演で、「ネチラタ事件」が細川俊之主演でドラマ化されたのを
みた。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/10 21:23
まったりとした感じが良いのであげます。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/18 21:17
50 

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 02:02
気まぐれメモだったかなんだかで

幼児期に宇宙人にさらわれて、青年期に地球を攻めるも、改心?し、
地球の味方になるって話を考えてたって

書いてあった。

ただ、子供向きでも大人向きでもないので没になったとさ。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/10 02:13
できそこない博物館だろ

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/21 18:43
星新一と池辺良って似てない?

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/23 13:16
ちょっと話がずれるけど、「真鍋博のプラネタリウム」というのがあって、
これはいつも星さんの本でイラストを担当している真鍋さんを前面に出し、
星さんが脇役に廻っているという異色の本。
他の作家では見掛けないパターンだよね。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/23 22:04
age

56 ::02/01/26 00:34
…こ、このスレまだ生きてたのか。
数ヶ月に渡るプロキシ規制が解除され、久々に来てみてびっくらどっぴゅん!

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 17:58
>>1さん
おかえりなさい。

58 :Sandy:02/01/27 17:59
♪私と一緒にお小遣い貰いませんか♪
毎月2〜3万円ぐらいは可能ですよ。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1642/

ここでお待ちしてま〜す。

Sandy

59 :1:02/01/31 11:30
>57
ただいま。
>54の本に題名&イラストだけ出てくる「三つの劇的なカプセル」って作品が気になる。
「星新一ショートショート1001」にも、「気まぐれスターダスト」にも未収録。
はたして実在する作品なのか、それとも題名考えただけてボツになった作品なのか?
実在するとしたら、なぜ未収録のままなのか? なんかヤバい表現とかあるのかな?

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/03 22:11
32 名前:名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2000/10/20(金) 04:53
真鍋さんの挿絵集の文庫の中に「劇的な3つのカプセル」(うろ覚え)
といったような作品の挿絵が載っていたのですが、
どの作品集にも載っていません。
この作品についてどなたかご存知ないですか?

33 名前:>32 投稿日:2000/10/20(金) 23:07
どの作品集に載っているかはわかりませんが、
「三つの劇的なカプセル」は
名前通りカプセルが出てくる三つの作品をまとめた名称です。

早川SF文庫版の目次で見た記憶があります。
たしか三つとも新潮文庫に収録されているはずです。

それぞれのタイトルは失念、内容もうろ覚えですが
未来世界の吸血鬼の話。
不老不死の技術を持ち帰る宇宙船の話。
あと「最後の事業」がふくまれていたはずです。

35 名前:>33 投稿日:2000/10/22(日) 12:08
「妖精配給会社」収録の
「沈滞の時代」「ある戦い」「おみやげを持って」
http://lightnovel-2ch.hoops.ne.jp/sflog_mentai/969637526.html

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/02/04 09:55
>60
なんだ、そういうことだったのねん。THX。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/02 16:23
ついであげ。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 10:39
星一の「三十年後」が出るなら、「星マリナのサーフィン日記」は?
星さんの娘さんが、大学時代にサーフィンに熱中したものをまとめたもの。
文庫本になってたよね。
文体はなんとなく星さんのエッセイに似ていた。
娘さんの写真も載っているんだけど、星さんにどことなく似た顔にハイレグ水着。
高校のときドキドキしちゃった。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/06 14:18
「声の網」って題名といい、内容といい、すごくインターネットぽいよなあ。
軽軽しく「未来を予見した作品」などというつもりはないが、傑作。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/07 14:14
「声の綱」は今、絶版らしいですね。もったいない。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/28 01:14
声の綱読んでみたいな。どんな話なんだろう。

67 ::02/04/29 08:58
星さんの短編以外って言うか、小説以外で小松さんか、筒井さんでも
星新一アフォリズム全集みたいなの出版してくんないかな
「我人類を愛し、平和を愛す。されど胃はなんともない」
これ最近新聞やらテレビやら見るたびに思い出す

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/02 21:42
繁栄の花ってタイトルの短編知ってる人いませんか。
小学校の教科書に載っていたような記憶があるんだが、
記憶があいまいでホントに載ってたのか定かでない。
そんな話知らない?
星新一の本はこれがきっかけで読み始めてるはずなんだが・・・


69 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/02 23:30
星さんの長編は夢魔の標的くらいしか読んだことがないなあ。
声の網は面白そうなのでどこかで確保したいところです。

>>68
とても素晴らしい花。
どんどん増やしたくなる花。
だから世界が花であふれる。
その結果世界は…?
確かにそういう話はありました。




70 :(;´Д`)ハァハァ:02/05/04 01:47
>>68
新潮文庫「宇宙のあいさつ」にそのままの題名で収録されているレス。

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/05 13:18
こじつけだけど、「繁栄の花」も現代社会そのものですね。

便利なものが出現し、どんどん普及する(インターネット、コンピューター)

弊害が生まれる(ウイルス、クラッカーの出現や2000年問題など)

弊害をなくすために以前は必要なかったものが必要となる(ワクチンソフト、ファイアーウォールなどセキュリティ関連)

それを得るために金が流出する。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/25 00:02
今日でこのスレ、ちょうど一周年ですね。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/12 06:36
夢魔の標的は最高だった。声の網は其程でも無い。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/12 21:29
星新一 大正15.9.6(1926ー)東京生まれ。東大農学部卒。昭和32年、
短編「セキストラ」を、雑誌宝石に発表、作家生活にはいる。36年短編集「人造美人」
を発表、その意表を突く構成と、ファンタスティックな味わいで多くの読者の注目を引き
日本で初めてショートショート形式の短編を定着させた。(小泉太郎)
そーだなあ・・僕個人は、昔、よく読んだ。個人的には、恐竜の日、白い服の男などが好きですね。
(核戦争が起こる前に人類が、恐竜の幻を見る。戦争の残りの記憶を、むちでたたく。)

75 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/06/16 16:05
「ショートショートの広場」について語ろう。

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1020230944/l50




76 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/03 19:00
短編作家としては超一流というのは誰もが認めるところだけど、
長編作家としてはどうだったの?

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/16 08:24
はて?どうだったのでしょう?

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/19 11:34
長編はおもしろいけど、やっぱり書き慣れていないせいか、構成力が弱い。


79 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/19 13:52
>>74
>そーだなあ・・僕個人は、昔、よく読んだ。個人的には、恐竜の日、白い服の男などが好きですね。
>(核戦争が起こる前に人類が、恐竜の幻を見る。戦争の残りの記憶を、むちでたたく。)

「午後の恐竜」?


80 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/24 23:19
「にぎやかな部屋」
やっぱり戯曲形式で書いたほうが良かったと思う。


81 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/06 22:23
星新一の長編なんてあったんだ!

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/06 23:12
進化した猿たちがすきでした

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/31 07:37
プラネタリウムいいです。でも星さんの作品とはいえないか。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/16 00:58
星新一の場合、短編以外の作品だけで語り継ぐのは無理があるね。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/25 04:05
「夢魔の標的」は日本のSF長編でベスト10に入れて良い作品だと思うんだけど…

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/15 07:37
>>85
今度読んでみます。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/31 13:50
あげてみます

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/02 03:29
全集でないのかな? CD-ROMに収録して欲しい。青空文庫になるまで待てない。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/20 20:52
>>88
古本屋さんへは行かれたのですか?

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/11 13:51
短編以外の作品と言うことは、
エッセイも含むの?

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/22 19:08
星新一の長編は、『夢魔の標的』しか持ってない。
俺の中では、かなりのお気に入りです。
ドラクエの主人公に『クルコ』って名前をつけてるし。


92 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/29 18:53
星新一が年譜に書いてた、いずれ小説化する予定になっていた「会社を引き継
いでから、会社を清算し作家になるまでの時期」ってのは、結局作品化された
のかな?

93 :山崎渉:03/01/12 04:08
(^^)

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/19 07:18
虫プロでは、具体的に何をしていたのか問いたい。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/20 00:27
気まぐれ指数大好き。あんま人気ない?

96 :山崎渉:03/01/23 03:41
(^^)

97 :名無しは無慈悲な夜の女王 :03/01/25 23:39
明治父アメリカは感動。
人民は弱し官吏は強しは悔しい。
この2冊を読むとなんかやる気になれる。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/17 00:36
政治家はつくづくやることが汚いなと思うね。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/18 15:39
『人民は弱しされど官吏は強し』ヤンジャンで連載して『栄光なき天才たち』
にて取り上げて欲しかったっす。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/18 23:16
アタイこそが 100げとー

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/18 16:14
短編以外の作品なんて知らない。
ないんじゃないの?

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/18 17:13
>101
・・・・・・・おひ。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/27 00:41
なんとなく食指が動かなかったから、ショートショート以外は読んでなかったんだが。
私事ながら、失業してね。傷心の旅先でなんとなく読み始めた「明治・父・アメリカ」に
非常なる感銘を受けたなあ。旅行先は富士山麓。雄大なる山と、雄大なる人物に、というわけ。
苦しかったが再就職もでき、今当時を思い返しても、あの一冊が大きな位置を占めてます。


104 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/27 03:46
>>103
スレ違いだが、失業して富士山に近づくのは余計な憶測を呼ぶのでヤメレ

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/27 21:14
>>104
あンた面白いな。今後、考慮させていただきますよ(w


106 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/16 21:47
今度のGWあたり、星の長編SF三昧というのもいいんでないか?

107 :山崎渉:03/04/17 12:04
(^^)

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/17 20:43
「星の長編」ってなんですか?

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/17 21:32
星(新一さん)の長編SF三昧という意味でしょう。
あちゃあしまった。先週声の網とブランコのむこうでを読了したばかり。
夢魔の標的はGW用にとっとこうかなあ。
その前に休みがあるかが問題w

110 :山崎渉:03/04/20 05:45
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

111 :109:03/04/24 18:15
だあれもいないけど、ま、いいでしょ。
夢魔の標的、今朝読了。15年くらいぶりの再読でした。やー。面白かった。
謎の機械、近隣の者が見た同一の夢、記憶の消去やひと一人の死亡など、
異次元あるいはそれに類する不可解な黒幕は感じさせるんだけど、
全部「彼」の妄想・精神衰弱で説明がつくかもしれない。再読してみようかなとも思う。
怪奇現象と精神病のせめぎあいを縦糸に、夢のように素敵な恋を横糸に。
星さんならではの傑作だなあ、と思いましたよ。余韻がきわめてすがすがしい。

残念なのは、石田健夫なる人物の解説。まるで読み込んでいない上に、
ゴシップ方面への興味ばかりが旺盛で、読後の余韻に水をさすことこの上ない。
偏見かもしれないが、新聞記者の文章にはある種の下品な画一さを感じるよ。


112 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/18 03:02
>>111
>偏見かもしれないが、新聞記者の文章にはある種の下品な画一さを感じるよ。
なんとなくわかります。善かれ悪しかれ、世俗への関心が強いんですよね。
俗臭紛々たる人が多い。星新一の解説には向きませんよね。

さて、109さんではありませんが、じつは25年ぶりくらいで『気まぐれ指数』を読み返しました。
近所の古本屋で手に入れた昭和38年刊の初版本ですが、表紙は新潮文庫版とよく似ています
(文庫化にあたって同じ人が描き直したらしい)。

読了後の感想ですが、なんといいますか、予想した以上に古びていない、しかも、四半世紀前の
初読の時の印象がほぼそのままあてはまる、という非常に珍しいケースになりました。
複雑精妙なプロットを組み立てていく才能にはあらためて感心しましたが、あまりにも帳尻が合いすぎて、
結末の印象がやや弱く作り物めいた印象を受けるのですけれども、まあ、もともとそういう作風の人ですし、
飄々とした会話の端々に鋭い批評眼が光っているあたりは相変わらずの星節を堪能できました。

また、必ずしも意図していたわけではないのでしょうが、高度成長期当時の世相を感じさせる描写が随所にあり、
風俗小説としても楽しめます。やれ名作だ、傑作だと、鉦と太鼓で宣伝する気にはなれませんが、
何気なく読んで楽しんでもらいたい作品ではあります。

113 :山崎渉:03/05/22 01:39
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/27 21:22
「声の網」買ってきた。1970年の初刊本。ブクオフで\100だった。
これから読んでみる。ワクワク

115 :山崎渉:03/05/28 17:02
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/29 08:59
>>114
「声の綱」は絶版で、なかなか手に入らないと聞く。しかも初刊本。
100円以下で売り払った人はどういう人なのだろう。

117 :114:03/05/31 13:16
>>116
>100円以下で売り払った人はどういう人なのだろう。

たぶん思春期の頃に小遣いで買った本を後で売り飛ばしたものが
流れ流れてブクオフの本棚に漂着した、と言ったところかな。
不幸にも、星新一というのは大人になると「卒業」されてしまう作家
だからなあ。その辺の事情については、以下の文章を読まれたし。
ttp://www.netcity.or.jp/otakuweekly/BW1.0/column1-1.html
ttp://www.sapporotimes.co.jp/book/0321.html

118 :動画直リン:03/05/31 13:25
http://homepage.mac.com/hitomi18/

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/31 21:26
「夢魔の標的」
厨房の時、よく読んでたなあ。星新一の中でもすごく気に入って
いたんだが内容を忘れてるよわたし・・・
また読み返します。

120 :116:03/05/31 21:45
>>117
その二つの文章、読んでみた。
確かに、自分も氏の本を束ねて押入に入れたままになっていることに気づき、
ああ、同じ事をやっているのかな、という気分になった(売るかしまい込むかの違い)。
でも何かの拍子に無性に読みたくなることもあるから、私だったら売ることはしないだろうと思う。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/20 22:14
古本屋で「夜明けあと」という作品のを見つけたのですが、
アレはもうボケたからああなってしまったのでしょうか?

とても気の毒で買って読む気がしなかったのですが、
でもひょっとすると晩年の大傑作だという可能性も万に一つは・・・

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/22 20:49
>>121
アシモフの雑学コレクションなんてのもありましたな。
知的好奇心を刺激する、不思議な形態の作品だと私は思いますぞ。
明治の雑踏を表現するのに、こんな方法もあるのかと感心しました。


123 :121:03/06/23 01:42
>>122
なるほど。どうもありがとう。
そういえば、史実の断片を列挙して時代の雰囲気を構成する
という手法は、明治ものの大家山田風太郎がやってましたね。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/23 01:58
>>121
読んでから判断しようぜ
個人的には明治の雰囲気がよく伝わってくると言う印象



125 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/23 08:04
あまり有名じゃないけど充実してて好きだ
http://www.geocities.jp/torotoro73/


126 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/23 17:50
>>124
読むべきか否かの判断も読んでからするのか?

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/23 22:40
>>126
迷うくらいなら読んじゃった方がいいでしょう

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/24 11:08
>>127
判断に迷うケースなどざらにあるのだから、いちいち読んどられんよ。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/27 23:38
いやまあ、確かにあんな小さなセンテンスが散りばめられていたら、
「この作品の意図はナヘンニアランヤ?」
と思いますわな。あたしゃアホだから「読みやすーい」つって喜んでたけど。
あのセンテンスの短さは、星さんならではの技なのかもしれないなあ。
下手な人が書くと、整合性や物語性に色気がでて、ゴテゴテしちゃいそうだもの。
やっぱりすごいな、星さんは。


130 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/12 12:35
小金井良精の記って、どんな感じの筆致で描かれているんでしょう?
あの独特のちょっと皮肉っぽい感じなんでしょうか?
いえ、かなり面白いと言われましたのでいつか読んでみたいと思いまして。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 20:21
ぜんぜん話が出てこないけど「現代のほら男爵の冒険」は、
かなりの傑作だと思う。特に三話目の地下を旅行する中篇は
個人的には星新一のベスト。kkkに入団したがる黒人が出
てきた時には、あの星新一がここまでやるかと爆笑してしまった。
おもろ放談なんかを読んでいると、この作品が一番普段の星新一
の会話に近いのかなあと思う。でも、今本屋に売っているのかな?  

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/14 22:06
「ほら男爵 現代の冒険」じゃなかったでしょうか。
この本って絶版になってしまったような気が。
今度本屋さんで調べてみます。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/15 07:25
一応まだ大丈夫みたいよ。「改版」ってのが気になるけど・・・
ttp://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3ef2f7d5c6083010428b?aid=&bibid=00977033&volno=0000

134 :山崎 渉:03/07/15 11:25

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/15 21:52
age

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/17 00:50
よしよし、ほら男爵は読み継がれているのだな。
でも、どうせみんなすぐ卒業しちゃうんだろうねぇ・・・

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/17 16:45
「明治の人物誌」いいね。
しかしお父さんの星一の交友関係の広いこと広いこと…。
「人民は弱し 官吏は強し」で少しナーバスになった人はこれを読むとスカッとすると思う。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/19 12:28
「星新一ショートショート1001」に「殿様の日」と「城の中の人」が収録されているのが
納得できない。
あの2冊のどこがショートショートなのか?

139 :aaa:03/07/19 13:55
人気サイト
http://pocket.muvc.net/

140 :_:03/07/19 13:59
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/19 18:27
>>138
星新一にとっては長編だが、
他の作家から比べればこれでもまだまだ短編だよ。
基準としては、本一冊の中に、全く内容が異なる小説が2編以上あれば、
短編ということになるんじゃないのかな。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/19 19:40
>>141
短編=ショートショートなの?

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/19 20:19
ショートショートの定義は、400字詰原稿用紙で10枚以下とか、
見たような見なかったような。

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/19 21:07
アタイこそが 144げとー      

145 :142:03/07/20 00:12
>>143
その定義からすると「殿様の日」や「城の中の人」を
ショートショートに分類してはいけないことになるね。

傑作なのは間違いないと思うけど・・・

146 :お気に入り集 ☆http://beauty.h.fc2.com/:03/07/20 00:44
お気に入り集 ☆
http://beauty.h.fc2.com/



147 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 00:47
初歩的な質問で申し訳ないんだけど、
星新一本人は「ショートショートの神様」って
呼ばれることに対してどう思っていたんだろう?

内心では忸怩たる想いがあったんだろうか?
星新一ってどうも世捨て人みたいでその辺
何考えているのかよくわからんのだが・・・

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 00:50
★私のオ○ン○見て下さい★お母さんには内緒!!
http://endou.kir.jp/betu/linkvp2/linkvp.html

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 00:52
明らかに自負を持っていたと思うよ。
エッセイなんか読んでもそんな感じ。

この人はたぶん、世捨て人じゃないだろう。
世を捨てるなんて、ハンパなわかりやすいニヒリズムじゃなく、
もっとブチ抜けた所に居るんじゃないか。

150 :147:03/07/20 01:09
>>149
ショートショート以外の表現の仕方を模索していた
という印象もあるのですけど、その辺どうなんでしょうか?

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 01:09
>>145
それらはショートショートじゃないよ。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 01:18
時代小説が結局あまり評価されずに、せいぜい
オヤジの伝記ものしか評価されなかったのは、
結構くやしかったらしい。たしか、新潮社の
元担当編集者がそんなことを書いていたような
気がする。
それでも、ショートショートに関しての自負は
それはそれであったんじゃないの。

153 :147:03/07/20 01:24
>>152
>たしか、新潮社の元担当編集者がそんなことを書いていた
ような気がする。

ぜひ出典を教えてください。読んでみたいです。


154 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 02:24
何かの短編集の解説だったか。
その解説の筆者と星さんが飲んだ時に、
「そのうち、星さん以上にショートショートの名人と呼ばれる人が出るかもしれないですね」
という意味のことを言ったら、星新一は、苦笑して、
「そんなことになるぐらいなら死んだ方がましですよ」
と言ったそうだ。

そう言いつつも、後進育成のために「ショートショートの広場」の審査員を
長年続けていた人でもあるが。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 02:28
星さんの創作姿勢については「できそこない博物館」を読めば、
かなりわかるんじゃない?
自分の目標は「現代における寓話の復権」とも言ってたはず。

156 :147:03/07/20 02:35
>>154
>「そんなことになるぐらいなら死んだ方がましですよ」

後世恐るべしってことがありますけどね。
星さん以上の名人が以後出現しなくなる状況というのは、
ショートショートが書き続けられなくなった状況でしょう?
後進の育成に意を砕いてらした星さんらしくないお言葉ですね。

157 :147:03/07/20 02:39
×意を砕く
○意を注ぐ
かな?

作家というより人間として、どこかアンビヴァレントな
側面があったほうが自然といえば自然なんですが・・・

158 :αランド:03/07/20 11:09
http://elife.fam.cx/a006/

159 :156:03/07/20 11:20
さらに間違えてる。
×後世
○後生
鬱だ、死なう・・・

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 12:14
死なう団の逆襲

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 20:48
>153
思い出したんだが、本じゃなくて、TVだった。
「知ってるつもり」で星新一を取り上げたとき、
インタビューに答えていた。
時代小説は、本人としては相当意欲的な
チャレンジのつもりだったのに、評価して
もらえなかったと。

162 :153:03/07/21 12:00
>>161
わかりました。どうもありがとう。
TV番組ではもう観るチャンスはなさそうですね。
あきらめます。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/22 00:51
時代小説とはどの作品のことを指してるのですか?
人民〜や明治の人物誌かな。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/22 01:49
殿さまの日
城の中の人
あたりでしょう。明治ものは時代小説とは言わんわな。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/22 05:41
たぶん、そのテレビは「知ってるつもり」じゃなくて「驚き桃の木20世紀」。
(「知ってるつもり」では、星さんを取り上げたことはないので)

「驚き……」では「魂の千夜一夜」というサブタイで星さんを紹介してた。
ゲストは筒井康隆。ほかに小松左京、石川喬司、眉村卓、星さんの担当編集者、
星さんの奥さんらもコメント。

ただ、その番組の中では、「時代小説や明治のノンフィクションが評価されなくて
悔しい思いをした」という話題は出ていない。(録画したのを見直して確認した。
そもそも、時代小説を書いた、という話が全く出てなかった)
「人民は弱し、官吏は強し」が売れなかったという話は出たが、編集の人によれば、
星さんは最初から「こういう本は売れないかも知れないな」と言っていたそうな。

166 :_:03/07/22 05:41
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

167 :_:03/07/22 06:22
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku10.html

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/23 06:33
何故そう思ったのかすっかり忘れてしまったのだが(w
「驚き桃の木20世紀」に腹を立てた記憶がある。確か三宅裕二が知りもしないくせに
薄っぺらいことを言ったせいだと思ったが。
名作「鍵」も大分改竄さんして紹介していたような・・・



169 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/23 22:04
>>164
どうもありがとうございます。
殿さまの日や城の中の人ですか。所謂ショートショート以外は
熱心なファン以外には読まれなかったのでしょうかね。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/25 01:00
>>169
どれ読んでも力作なのにね。ほんとに星さんにしてみれば
意気阻喪したでしょうねぇ。作風のしからしむるところと
言ってしまえば身もふたもないですが・・・

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/25 17:27
俺は星新一の歴史物好きだけどな。異分野のものを書いても、全て星新一テイスト
になってしまうあたりは才能を感じる。
正雪の乱なんか作者名を伏せて読ませても、一発で星新一が書いたってわかりそう。

172 :GET! DVD:03/07/25 17:34
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★ 送料激安!  スピード発送!  商品豊富!   
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 激安DVDショップ 「GETDVDドットコム」 
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 今すぐアクセス Let’s Go!   急げ! 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


173 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/26 02:18
時代小説には、言うなれば「泣きの要素」ともいえるしめっぽさが身上というようなところがある。
昔のひとはどうだったか、今の時代とくらべ、どう違っていたか、というのが知りたい読者にとって、
時代の差はシステムの差、人の本質はみな同じであり作者はあくまでドライに作中人物を描くという、
独自のスタンスを誇る星時代劇は、しばしば現代人を驚かせ、あわてさせるちからがあった。
あるいはそれを「毒」と言ってもいい。予定調和の破壊をおそれ、近寄らぬ読者は多いのではないか。
そういう攻撃性も含めての「意欲作」であったのだとわたしは思っています。


174 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/03 16:21
>>92
多分作品化されてないな、なってたら俺も読みたい!

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/03 17:08
「夢魔の標的」は厨房の時読んだが"わたしは***だ"のくだりを読んだ時怖くて眠れんかった・・・今遠い思い出。

176 :_:03/08/03 17:18
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/05 23:38
超亀レスですが、

>7 :無名草子さん 、>8さん:声の網
あの時期に、ネットワーク社会ものを書いたのは
すごいと思う

 私も全く同感です(^−^)

>内容が内容だけに、最近になって急に再評価されてる作品。
でも絶版のまんま。ハルキ文庫当たりから出そうなもんだが…

 そこで、私の提案。『復刊ドットコム』という、絶版本を復刊して欲しい!!という要望を受け付ける
HPがございます。『声の網』の復刊希望の方、投票なさると良いですよ!!(^−^)
http://www.fukkan.com/

178 :山崎 渉:03/08/15 22:12
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

179 :山崎 渉:03/08/15 22:40
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

180 :驚きモモの木20世紀:03/08/22 10:24
>>154>>156
現実が空想を超えていく・・・・

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/22 10:41
俺は星進一達のせいで日本の若者が書くSFがすごく陳腐になってしまったと思う。
もっと外国の長編SFを輸入するべきだった。

182 :驚きモモの木20世紀:03/08/23 10:54
>>165
そもそも「知ってるつもり」はほとんど

 放 送 当 時 に 死 ん で い る 

奴しか放送してなかったから・・・・
マザーテレサ位しか生きた人間放送してなかったような・・・

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 13:26
>>181
それは違う。星新一はSSをエスエフとしてはあまり書いていない。

その上、最初期のSFマガジンなんかを読みこなしていればわかると思うが、
海外の長編エスエフは(まだアメリカでも盛り上がらなかったころから)
最上級のものが導入されていた。

…でも日本にはそれを読み、継いだ人は一人もいなかった。だから日本の
エスエフは「劣化コピー」レベルのものになったと自分も思う。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 15:46
>>183
読み違えかもしれないが、ある時期をもってして、わが国のSF小説は、
ばっさり断絶されているというふうに思った。それなら同意。
星さんや広瀬さん、小松さんや筒井さんの作品が誰かの劣化コピーだとはゆめ思わないが、
あきらかにアニメから入ってきた作風だと思える作家がいまのSFには多いように思う。
叱られるのを承知で言えば、おそらく「ダーティペア」あたりが犯人のような気がする。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 20:56
もうね、SFというジャンルすら危ういよね

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 21:02
SFとSMの区別すら付かない連中が多い者だから、
趣味はSFです、などと軽々しく言えない。
どこどこの息子は今、SMに夢中だそうな、
などと噂になったら、町を出ていくしかない。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/23 22:51
しかしまあ、日本のSFの衰退の原因を、ベテラン作家たちの
せいにしかできないという、時代感覚のなさには、いささか
うんざりするな。
うさんくさい「ポストモダン」なんて言葉は使いたくないが、
SFというコンセプトの抱え込んでいる時代性というものを
もう少し考えてほしいもんだ。

188 :183:03/08/24 16:48
>184
そう、そんな感じ。「最初期の小松御大や筒井氏、手塚氏あたりの同期は
明らかにSFの系譜を継いでいるんだが…」というところです。

最近は特に安きに流れたネタになっている感に堪えないです。

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/27 01:33
「きまぐれ読書メモ」読んでまつ。
この本出した有楽出版社って聞いたことないです。
文庫になってないみたいだけどなぜなんでしょうか?

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/27 11:46
くだらないから

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/28 00:14
星新一はあまり読者には恵まれなかったみたいね・・・

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/28 00:56
読者よりも文学的評価に恵まれなかった

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/30 01:13
そういう意味じゃないんだけど・・・

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/31 12:48
星新一が亡くなってから5年たつが、「星新一全集」の話しを聞かない。
星新一作品の大部分は、文庫本で読むことができるので、
全集の需要はないだろうという出版社の判断なんでしょうか?

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/31 14:40
>>192
おおいに同意。
非常に形而下的な問題ではあるのだが、初期SF作家に直木賞を与えられなかった、
いわゆる文壇の閉鎖性こそが、問題だったとおれも思うよ。
作品のよしあしは別にして「パラサイト・イブ」がミステリーの範疇に入れられて刊行された、
という事実に、なにか図書業界、文壇のややこしい営業問題を感じたものです。
純文学=私小説、エンターテインメント=ミステリーという画一的なレッテル添付がうすら寒い。

「処刑」は、娯楽作品としても純文学としても第一級の短編であると主張するのは過激ですかね。


196 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 01:58
>>194
 全ショートショート集はあるが、中長編やエッセイなどの文庫版が今では手に入りにくいので、非SSの全集も欲しいな。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 02:29
星新一の作品集・第二期キボン

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 14:22
売れねえっつーの!

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 18:28
ダーク・アスピリングループの工作員が居るようですね。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/02 19:37
アタイこそが 200げとー   

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/03 01:32
アシモフの雑学コレクションがどこにも売ってない…
トリビアブームで再版してくれませんかね

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/03 02:13
>201
大型書店では、並べて売ってるところもあるよ。
先々週、仙台のジュンク堂では見た。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/19 09:06
自分は三省堂でみた。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/03 03:09
 既出かもしれませんが、長編・『夢魔の標的』を小6の時に読んだ時の恐怖感や、読み終わるに当っての感動、今でも忘れられません。
 でも、この本(新潮文庫から出てます)、世ほど品ぞろえの良い書店でないと、見つからないのが不便。まだ読んでいらっしゃらない方、品切れにならないうちにうちに超大型書店に行ったり、書店で注文したりなさる事をお勧めいたします。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/03 21:34
「明治父アメリカ」と「できそこない博物館」文庫版で復刊して欲しいのは
俺だけでしょうか。他は文庫でほとんど持ってるのですが・・・。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/03 21:44
>他は文庫でほとんど持ってるのですが・・・。
この部分が他人には共有できないので、「あなただけです」としかw

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 20:11
>205の方

 復刊して欲しいとお思いなら、絶版本の復刊の要望を受け付けてくれて、要望の投票が一定数に達したら出版社と交渉してくれるHP――『復刊ドットコム』に投票なさってはいかがでしょうか?

http://www.fukkan.com/

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 22:05
復刊ドットコムで復刊される可能性なんてゼロに限りなく近いような・・・

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/05 22:41
確かにあまり意味のないサイトではある。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 00:33
それなりに復刊されてはいるけどね・・・

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 00:41
ドットコム以外の力ですよね・・・

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 01:32
>208さん,209さん

  いいえ。『復刊ドットコム』は、復刊要望に応えてくれる、結構有力なHPですよ(^−^)
 現に私は『声の網』に1票入れましたが、現在では、15票集まってます。
 100票に達したら、復刊するよう、出版者と交渉してくれますから。あと85票です。
 早く、100票に達するよう、願って止みません。
……というわけで、205の方、手に入らないとぼやいてばかりいないで(失礼な表現でスミマセン)、『復刊ドットコム』に復刻希望の投稿をなさってはいかがでしょうか。

>210さん

 そうなのですよ。現に、かなりの数の著書が、復刊にこぎつけてますからね(^−^)

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 02:40
マンガ以外の本(文芸書など)も復刊されるようになるといいなぁ・・・

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 06:04
復刊ドットコムは100票集まっても一年以上
交渉してないブツもあったりするんだが。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 06:19
サイトは有名になってもスタッフはほとんど増えてないからね、追いついてないんだよ。

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 09:47
復刊ドットコムで100票集まるぐらいなら、出版元にもかなりの要望があるはず。
だから復刊させようという気になる。別に復刊ドットコムの功績が大というわけではない。
自分もかなりの数に票を入れているが、一つも復刊されず、正直、嫌気がさしている。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 10:02
その一方で2、3票しかはいってないものでも復刊されたらいかに自分のたちのおかげと言わんばかりに騒ぐのよね

ということでこのはなし、スレ違いの板違いなんでこれにて終了。


218 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/06 13:35
既出だったらスミマセン。中編・『ブランコのむこうで』、中1の時に初めて読みましたが、当時はものすごく感動しました。一人の少年が、人の夢の世界をさまよう話なのですが、その夢の世界一つ一つが、鮮明にイメージできたのです。
しかし、30過ぎて読み前してみても、字面を追ってるだけで、肝心のイマジネーションが少ししか沸かなく、「ああ、俺も年を取ったのだなあ」と嘆きました(T−T)
星氏の小説には、うんと若い頃に触れてないと、その良さがわからないのかもしれませんね(^^;
ん? 30過ぎて初めて読んだけど、星氏のファンになった――という方、いらっしゃいますか?

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/07 00:28
>>218
可能性はあるけど、2ちゃんねらにいるかどうかはわからない。
いてもSF板には来ないしねぇ・・・・・・

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/14 00:51
星新一を論じたまともな(読むに耐える)評論って何があるかな?
ご存知の方おられましたらぜひおしえて下さい。

221 :夜帆:03/10/14 23:07
>>46
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0214020.htm

『宇宙船シリカ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00007GRF5/ii-22

 この他に人形アニメの「花とひみつ (モゲラ対メカモゲラ)」や「キツツキ計画」がありますね。

>>92
 二冊にまとめられている一連の時代物がそれに相当するのでは?
 気づけよ>>武蔵野次郎@解説

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/15 00:40
追跡
1966. .  第3回草月アニメーション・フェスティバル
1巻 2分 カラー
--------------------------------------------------------------------------------
製作 ................  真鍋博
演出 ................  真鍋博
原案 ................  星新一
撮影 ................  宮坂恵夫
音響 ................  大野松雄
写真 ................  浅野明
動画 ................  関園子

これだな。

223 :92ではないが・・・:03/10/15 00:43
>>221
>二冊にまとめられている一連の時代物がそれに相当するのでは?
 気づけよ>>武蔵野次郎@解説

すみません。意味が良くわかりませんのでご説明願えませんか??

224 :夜帆:03/10/15 00:43
>>220
 単行本としては↓が唯一みたい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104598011/ii-22/ref=nosim
 あとは文庫の解説だけど、どれもイマイチ。
 何度も再録されている平井さんの↓くらいかな、読みでがあるのは。
http://member.nifty.ne.jp/hiraist/mokuroku/bib/bib5_ho.html

225 :夜帆:03/10/15 00:48
>>223
 いずれも当時の体験を下敷きにした作品だと思われるのに、文庫版の解説ではまったくそのことに触れられていない、ということです。

 あまりにもつらい体験だったのと、当時の関係者がご健在だったのとで、そのような形にしたのではないかと思われます。

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/15 01:55
>>273
それもとりあえず攻殻機動隊だよなあw

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/15 23:09
どこだったかで、筒井康隆さんが「できそこない博物館」をほめてました。
「星さんにとって無用のアイデアは、われわれにとって宝の山」だなんて、
カンチューハイ二本で言ってしまっていいのというような賛辞でした。
どの本だったかな。失念してしまいました。あっ忘れてしまいました。

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/16 00:22
サラダ記念日じゃないの?(w

229 :92ではないが・・・:03/10/16 09:37
>>224
どうもありがとうございます。
さっそく図書館で探してみます。

230 :223:03/10/16 09:44
>>225
なるほど。わかりました。
「すずしい夏」にはそういう意味合いがあったのですか。
城のなかの人もたいへんですね。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/24 13:33
>>227
「着想の技術」収録の「着想‐わが『できそこない博物館』」ですね。

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/25 00:02
>>184
>おそらく「ダーティペア」あたりが犯人のような気がする
猫柳ヨウレじゃねーのか?

233 :星千一:03/11/12 23:38
星鶴

について語ろう!

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/14 01:55
アタイこそが 234げとー     

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/14 12:45
ホシツル↓
J___
⊂・_ J⊃
JUUJUU

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/20 17:25
《お知らせ・星新一先生時代のウルトラマン》

 毎週日曜日、夜7時30分から8時00分まで、東京放送(TBSラジオ)、954kHzにて、
「ウルトラQ倶楽部」が放送されています。
「ウルトラQ」はウルトラマン・シリーズの第1作目に当たる作品で、かつては東京放送
(TBSテレビ)系列で、昭和40年から昭和42年にかけて放映されました。
 当初は、星新一先生や半村良先生も脚本に加わって、今の「世にも奇妙な物語」みたい
な感じのテレビ・ドラマだったらしいです。
 後年になると、カネゴンやガラモンなどの怪獣が登場し、さらにウルトラマンまでもが
加わるのですけど(ウルトラマンは脇役だったのだ)、「ウルトラQ倶楽部」は、「星新
一先生時代のウルトラマン」の雰囲気を、ラジオ・ドラマにて復活させようという企画な
のです。
 ショートショート執筆の参考にもなりますので、ぜひ聴いてみましょう。


237 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/20 17:26
「ショートショートの広場」について語ろう

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1020230944/
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1044504711/
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1051512753/
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1051512956/
http://www.bs1.net/test/read.cgi/news23/1056616840/
http://jbbs.shitaraba.com/movie/942/


238 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/23 14:50
引越しして新しい本棚をかった。入りきらない本がたくさんあって、
まあ、2度と読み返さないだろうと思われる星さんのショート・ショートは
みんなブクオフに行ってしまった。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/23 16:27
文庫ならべるより「1001」のが収納スペースとらないよ

240 : ◆hRJ9Ya./t. :03/11/25 11:40


241 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/25 19:52
ウルトラQにはウルトラマンはでてこない。


242 : ◆Emjcf.lfLU :03/11/26 15:14


243 : ◆h97CRfGlsw :03/11/26 16:24


244 : ◆Iycd7aMiBk :03/11/26 18:04


245 : ◆q55Z4c2ulg :03/11/27 14:04


246 : ◆qhG8z.OhHc :03/11/27 14:58


247 : ◆V4n.MW5Rd2 :03/11/27 14:58


248 : ◆DLUg7SsaxM :03/11/27 14:59


249 : ◆DLUg7SsaxM :03/11/27 14:59


250 : ◆amfavy1WFo :03/11/29 21:30


251 : ◆nGbfus9IUc :03/11/29 21:32


252 :OOOOOOOO:03/11/29 21:33


253 : ◆HU7XfvOYA2 :03/11/29 21:33



254 : ◆Dz9/J15TVI :03/11/29 21:34



255 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/02 01:00
アシモフの雑学コレクションが帯付きで平積みになってた。おそるべしトリビアブーム。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/02 01:24
アタイこそが 256げとー

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/04 05:52
お〜い でてこ〜い

258 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 18:28
《告 知》
【あの名場面が9月10日(工藤の日)に引き続き12月24日に降臨する】
 吉野家。「大盛りねぎだくギョク」。2月22日(2chの日)に全国の『吉野家』
で繰り広げられたあの奇跡が、今回は、2ちゃんねる創作文芸板の神様、工藤伸一
バージョンで降臨する。(2ちゃんねる版・ホシヅルの日)
【ルール】
 @ 馴れ合い禁止。(一人で来る事)
 A 「大盛りねぎだくギョク」を頼むこと。
 B 工藤伸一氏が敬愛する、星新一氏 or 阿刀田高氏の著作を持参すること。
   (氏の愛読誌、「小説現代」 or 「群像」(いずれも講談社)でも可)
 C 会場に指定時間厳守で現地集合。
【日 時】
 平成15年(2003年)12月24日(水) 09:10 or 19:10 or 21:10
【会 場】
 「吉野家 相模大野店」 神奈川県相模原市豊16−6
  2ちゃんねる創作文芸板の神様、工藤伸一氏ゆかりの吉野家。
  駐車場がないので交通機関を利用すること。
 (てめえの近くの吉野家でも可だよ、ばかやろう)
【交 通】
 小田急線相模大野駅下車。北口商店街に出、伊勢丹百貨店前の県道を西に。
 BOOK・OFF前、消防署前を経て、「南文化センター前」バス停近く。
【関連レポート(2chの日)】
 http://ime.nu/www2.mnx.jp/carvancle/yoshigyu/


259 : ◆IE6N51SBPQ :03/12/19 20:43


260 : ◆XJ5AwQFYiY :03/12/19 23:20


261 : ◆GiFXkq.M0s :03/12/22 23:51


262 : ◆TIGERSM8e. :03/12/22 23:59


263 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/04 20:47
自ら病気になってワクチンとなる人を国中さがしまわって云々という作品ってどの文庫に収録されてます?

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/04 22:12
「あの男この病気」のことかな?

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/05 10:21
そうでしょう。鬼ごっこ&かくれんぼなんですね。
新潮文庫「おのぞみの結末」だったと思います。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/17 12:54
>92
カメれすだが、
星一と星製薬については、ここのサイトが詳しいよ。
ttp://homepage2.nifty.com/tanizoko/hosi_hajime.html

267 : ◆XDpYfk8cuc :04/01/21 22:23


268 : ◆pcgHHIAoa6 :04/01/21 22:24


269 : ◆MN/N8HG612 :04/01/21 22:25


270 : ◆bBNpOzsHE6 :04/01/21 22:26


271 : ◆zFCy4KhDnU :04/01/21 22:27


272 : ◆52RcRe0n4E :04/01/21 22:27


273 : ◆6TuDapjob6 :04/01/21 22:28


274 : ◆NdKMOJ1xJk :04/01/21 22:29


275 : ◆QGzKDwdrMs :04/01/21 22:31


276 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/16 23:57
短編を読みあさったあとは、
長編も読んでみたくなるね。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/21 23:28
>>276
それはどうかな。

「きっとそうよ」

とクルコちゃんは笑うけれど。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/29 09:12
星先生の批判をSF板でするのは気が引けるけど、この人のエッセイには
結構とんでもない事が、さらっと書いてある。
「永久機関が不可能なのは知ってるが、では電子が原子核の周囲を回り続けているのは
なぜなんだ」(この人、これで東大出だぜ)とか
「(日本軍が)中国で行った残虐行為を行った事実を否定する気はないが、だれが
ゲリラで、誰が一般市民なのかなんて、区別付かないから、多少殺し過ぎても仕方
ない。米軍のソンミ虐殺とかも同じだろう。」とか

あ、ちなみに映画「マタンゴ」に関しては名前を貸しただけで、何もやっていない
そうです。


279 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/29 14:09
たしかにエッセイは突っ込み所多いね。
でも作品は面白い。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 13:55
古本屋で手に入れた「声の網」持ってるけど、そのあとがき(?)で
星さんの修論タイトルが紹介されてるね。
農芸学会誌かなんかに掲載されてるらしいから、こんど図書室で
調べてみようかな(当方農学部)。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 14:17
東大つーても農学部やんか。量子力学なんか基礎教養でもやってるかどうか
アヤシイぜ。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 17:24
> 「永久機関が不可能なのは知ってるが、では電子が原子核の周囲を回り続けているのは
> なぜなんだ」

これ、俺も理屈がよくわからない。
教えてエロイ人

283 :非278:04/03/01 17:47
>>282
いや、漏れもF派で、サイエンスは、よくわからないけども、
電子が回り続けるといっても、電子にも、寿命があるわけで、
「永久」とはいえないということなんじゃないの?

いまぐぐったらこんなのでてきた。

ttp://www.kek.jp/newskek/2002/novdec/life.html

284 :非278:04/03/01 17:59
ごめん…「電子が原子核を回るしくみ」そのものへの質問だったのね…。
(「電子が原子核をぐるぐる回るのなら、なぜ永久機関はできないのか」
という意味だとオモーテタYO…_| ̄|○ )

漏れは、「そういうものだbyカート・ヴォネガット」とおもってたんだけど、
いわれてみりゃわからないぽ…_| ̄|○

ググッたら、こんなんでました…
ttp://www.pref.hokkaido.jp/soumu/sm-genat/kiso1.html

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 18:02
池袋西口のマクドナルドの伝田さん、かわいい。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 18:16
永久機関とちょっと違うけど、
永久磁石の磁力も永久なのかな?
アレを利用して、永久機関を作れないものかと、
日頃思っているのだが。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 18:17
そういえば、引力も永久だし。

288 :282:04/03/01 18:29
>非278
dクス。
とりあえず、わかったような気になったような気がする。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/01 20:55
と、ことほどかように様様な考えを惹起させてくれる星随筆であるわけだが。


290 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/02 10:32
電子が原子核の周りのグルグル回るだと…

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/02 16:58
そんな無道は許さーーーーん!!

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/02 22:46
永久機関にするためには絶対零度にするとか?
中途半端な知識だけど、そんなこと聞いたことがある。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/05 17:41
逆に短編スレってどこですか?

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/05 18:29
(゜д゜)ようこそ地球さん・・・星新一の夢世界2
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1075630672/


295 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/06 12:17
>>294
さんくすこ

296 :名無し物書き@推敲中?:04/03/08 17:56
☆☆☆ 緊急企画 ☆☆☆
【ちゃねらーは吉野家を救う(2ちゃんねる版・ホシヅルの日)】
 吉野家。「大盛りねぎだくギョク」。2月22日(2chの日)に全国の『吉野家』
で繰り広げられたあの奇跡が、今回は2ちゃんねる創作文芸板の神様、工藤伸一バ
ージョンで、「吉野家新メニュー」とともに降臨する。
【ルール】
 @ 馴れ合い禁止。(一人で来る事)
 A ☆☆ 吉野家新メニュー ☆☆を頼むこと。
 B 工藤伸一氏が敬愛する、星新一氏 or 阿刀田高氏の著作を持参すること。
   (氏の愛読誌、「小説現代」 or 「群像」(いずれも講談社)でも可)
 C 会場に指定時間厳守で現地集合。
【日 時】
 平成16年(2004年)4月1日(木) 09:10 or 19:10 or 21:10
【会 場】
 「吉野家 相模大野店」 神奈川県相模原市豊16−6
  2ちゃんねる創作文芸板の神様、工藤伸一氏ゆかりの吉野家。
  駐車場がないので交通機関を利用すること。
 (てめえの近くの吉野家でも可だよ、ばかやろう)
【交 通】
 小田急線相模大野駅下車。北口商店街に出、伊勢丹百貨店前の県道を西に。
 BOOK・OFF前、消防署前を経て、「南文化センター前」バス停近く。
【関連レポート(2chの日)】
 http://www2.mnx.jp/carvancle/yoshigyu/


297 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/10 19:31
行かない

298 :名無しは無慈悲な夜の女王 :04/03/11 03:09
「明治・父・アメリカ」と「人民は弱し官吏は強し」そして
最近になって「明治の人物誌」読んだけど、SS同様割とサラっと読めますね。
星一という一本の柱を軸に、同じ時代の出来事が色々な視点で繰り返し
描かれていて、少しづつ繋がっていくのがなかなか面白いです。


299 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/23 17:13
オートコアフュルヴォーグの小笠原緑さん、かわいい。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/24 00:47
結局のところ、なぜまわるんでつか?(・∀・)


301 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/25 03:47
久しぶりに声の網を読み返した。
「ノアの子孫たち」でnao神の事を思った。

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/05 18:13
星一にまつわる著書は、現代の若い企業家に通ずるものがある。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/11 00:55
「殿さまの日」収録の中ではあまり面白いとは思わなかったくせに
ストーリーだけはやけに覚えている

「ああ吉良家の忠臣」

いかにも星新一らしい発想から出発した作品なわけだが。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/06 20:55
地球の磁力を利用して、誘導電流とか発生させらんないかな?

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)