5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジェイムズ・ティプトリー・Jr

1 :名無し・シェルドン:2001/01/06(土) 08:34
みんな、ティプトリーをどう思っての?

2 :ここがウィネトカなら君は名無し:2001/01/06(土) 09:03
「たおやかな狂るえる手に」大好きです。
やっぱり伊藤さんの訳がいいんだよね。
このころのめちゃ暗いという短編集を出してほしい。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/06(土) 09:24
「たった一つの冴えたやり方」は表紙が恥ずかしくてなかなかかえなかった

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/06(土) 14:18
「たった一つの冴えたやり方」は
鉄腕アトムの最終回のパクリだね

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/06(土) 21:20
↑ そーかな?

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/06(土) 21:23
ティプトリーの本は内容はいいんだが、確かにカバーが辛い。

7 :アーサー・デント:2001/01/06(土) 23:11
「たった一つの冴えたやり方」で泣いた自分って痛いですか。

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/07(日) 01:17
躁病の女

9 :名無しさんの駆動体:2001/01/07(日) 01:25
「たった一つの冴えたやり方」で電車内で泣いた上に目的駅で降りそこねた自分ってもっと痛いですか。


10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/07(日) 16:46
「たった一つの冴えたやり方」は間違いなくパクリだ
鉄腕アトムのアニメはアメリカでも繰り返し放映されていたから
てぃぷとりーも見ているはずだ


11 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 17:04
バックトゥザフーチャーは、タイムマシンのパクリです。言った私はちょう恥ずかしい。
野生のエルザは、ジャングル大帝レオのパクリです。
サーキットのオオカミは、マッハゴーゴーのパクリです。
きっとみんなに言われそう。馬鹿じゃないのって。

12 :2001年名無しの旅:2001/01/07(日) 19:18
「たった一つの冴えたやり方」全然感動できなかった。
頭に寄生するカビみたいな奴「おまえがすべての元凶なんじゃー」
と思ってしまった。こいつさえおらんかったら、
コーティ(だったっけ)が死なずにすんだのにって思ったよ。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/07(日) 20:26
「セックスとはなにか」について書いた人では?
『たった一つの冴えたやり方』はおまけ。


14 :もぐもぐ名無しさん:2001/01/07(日) 20:32
>10
ネタなんだろうけど、「太陽に突っ込む」しか、共通点ないじゃん。

15 :名無しさん@1周年:2001/01/08(月) 07:25
>14
普通はそう思う。手塚オタクは、なんでも手塚のパクリにしたがる。
手塚作品って、そうしないと評価できないの?

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/08(月) 08:23
『愛はさだめ、さだめは死』の中の「楽園の乳」がめちゃ好きなんですが、変ですか?

17 :名無し:2001/01/08(月) 10:58
死んだの86年か87年だっけ?
彼女の最期は衝撃的だった。
人の死にかたについて
考えさせられてしまった。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/08(月) 18:36
1です。ティプトリーが大好きです。
さっきも伊勢丹でティプトリージャム買ってきました(ウソ)。

ティプトリーって好き嫌いがはっきり分かれる作家のようですね。
個人的には『たおやかな狂える手に』がベストです。


19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/10(水) 02:22
「グッドナイト、スイートハーツ」のレイブンの葛藤は
男として正しいモノなのか、未だに何となく理解できない。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/10(水) 02:58
タイトル忘れたけど、主人公の女が子供の頃から
宇宙から呼んでいる声を頑なに信じて宇宙飛行士になって、
ついにコンタクトするという話に感動した。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/10(水) 03:53
↑ それが『たおやかな狂える手に』です。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/11(木) 19:11
age

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/11(木) 19:17
すげーいらいらした時は「スローミュージック」を読むと
なにもかもどうでも良くなってなんか落ち着くね。
違う精神状態の時読むとちょっと危なそうだ。


24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/12(金) 13:05
このスレ、下がってる。
ティプトリーは関心うすいんやね。


25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/12(金) 14:17
「故郷へ歩いた男」が好きだ。
あの閉塞感がたまらん。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/12(金) 15:33
やはり「私は目覚めるとこの肌寒い丘にいた」が最高
読み終わった時には、認識の地平が広がった、と錯覚した

27 :名無し・シェルドン:2001/01/12(金) 16:20
ティプトリージャムうまいぜ!マジ。

28 :名無し・シェルドン:2001/01/13(土) 21:10
土曜アゲ

29 :誰も上げてないので:2001/01/14(日) 15:46
『接続された女』が魅力的なのはなぜでしょう。やっぱ、訳文いいんですかね。

30 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/16(火) 05:01
>29
発表されたのが70年代ってのも凄いよな。


31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/16(火) 06:42
ティプトリーって「第一行の時間軸は全てが終わった後」ってパターン多いんだけど、本当に無情なんだよなー・・・この人のこのパターン。

#誉めコトバです。一応


32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/16(火) 10:39
『ビームしておくれ、ふるさとへ』。
あのラストは取って付けたようでちょっとなんだかなーだけど、
それまでの葛藤、疎外感は震えがきました。


33 :ななし:2001/01/16(火) 22:51
今、『たったひとつの〜』を買う勇気がない。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/17(水) 06:58
「愛はさだめ、さだめは死」で萌えちゃった私って変態ですか。

35 :ななし:2001/01/17(水) 08:30
>>34
そんなこたない。
みんなそうだ。

36 :At.N.:2001/01/17(水) 11:56
>>34
「そして目覚めると、わたしはこの肌寒い丘にいた」で萌えるのとどちらがましだろう。


37 :34:2001/01/17(水) 22:58
よかった。。。悩んでたの(嘘)

38 :名無しさん:2001/01/21(日) 07:15
何でこの人こんなに人生波瀾万丈何でしょう。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/24(水) 08:29
ティプトリー好きはマニアが多いのか?ビギナーが多いのか?
オレはどちらかというとマニアより。
少なくともビギナーじゃないな、うん。

40 :あほ:2001/01/25(木) 02:10
自分でも恥ずかしい過去だが
10年くらい前『衝突』のシャラーナに惚れて、理系になった。
この本を読んでなかったら、間違いなく人生変わってた。

本屋いくと、必ず未訳だったものが出てないか
万に一つの可能性に期待して、早川のコーナーを探す。

41 :ななし:2001/01/25(木) 12:54
本屋に行くとティプトリーの本を買いそうになります。
全部持ってるのに。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/30(火) 16:03
ブルーさん、僕の卒論の資料を捜してください……
くだらん。sage。

43 :ななし:2001/02/05(月) 08:29
age

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/05(月) 16:00
SF冬の時代をつくった張本人。

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/07(水) 03:37
そうだったのか

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/07(水) 05:38
トーキングヘッズ叢書で特集したりしねぇかな。

・・・・・・売れそうにないからやらねぇか(w

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/08(木) 01:18

 初めて読んだSFが『愛はさだめ・・・』でした

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/08(木) 09:54
>47
お気の毒に・・・

49 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2001/02/08(木) 10:25
>>48
なんで気の毒なの?

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/21(水) 19:31
下げちゃダメ

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/26(月) 11:04
でも下がってるからage

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/26(月) 11:20
>>46
そのまえにトーキングヘッズって売れてるの ?
あそこのラインからティプトリーはずれてるとは思うが。


53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/04(日) 00:13
あまりクリーチャーデザインに関する想像力がないので
「愛はさだめ〜」に出てくる生き物のフォルムが想像つきません。
足が何本あるのかさえも。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/04(日) 01:07
俺はハドソンベイ毛布がモロに涙腺直撃するな。
逆に「そして目覚めると(以下略)」がいまだに理解できずにいる。
感性の問題なのか?

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/04(日) 19:05
>>53
思い描くイメージは人それぞれでしょうが、私が想像したのは
「カマキリ+バッファロー+風の谷のナウシカに出てきたでっかい虫」
てな感じです。



56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/06(火) 05:58
ティプトリーは、その作風から判断するに相当な心中マニアで、
マニアが昂じて本当にボケが来てた旦那と無理心中した、としか

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/19(月) 22:20
他のスレッドでは、頻繁にティプトリーの名前が出てくるのに
なぜこのスレッド自体は上がってこないんだろう?

とりあえず、モア・ブルー萌え。



58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/20(火) 01:29
この人の作品読んでると何となく男性不信に陥りそうな気がしてくるのですが
大丈夫でしょうか。

59 :わたきちロボット:2001/03/20(火) 10:47
私は、”ラセンウジバエ解決法”とか、”男達の知らない女”
など、良くも悪くも、男と女の社会的問題に触れた作品好きなんですけど。
だからちゅうて、フェミニズム云々に結びつけられると不愉快。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/20(火) 13:30
ただ、あの辺の作品が、70年代の
フェミニズム運動にに影響を受けてることは確かだよね。
(ル・グィンなんかもそうだろうけど)

この系統の作品で、私が一番好きなのは
「おお、わが姉妹よ、光満つるその顔よ!」かな。
電波女の妄想の世界が、悲しいけれど、美しすぎる。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/21(水) 00:39
『たおやかな狂える手に』とか『接続された女』とかに出てくる男は
大概ゲス野郎なんで思春期とかの潔癖気味な時分には読まない方が
いいかも。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/22(木) 21:09
もう思春期もだいぶ過ぎましたが、それでも「たおやかな狂える手に」
を読んであこがれてしまった・・・・・・。
やばいんでしょうか?


63 :>>62:2001/03/22(木) 23:00
やばいかどうかは、何に憧れたかにもよるぞ。
詳しく語ってみ。


64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/23(金) 05:24
私はSF小説はほとんど読まなかったのですが,好きだったマンガ家の佐藤史生が
彼女のファンだったので読んでみてはまりました。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/23(金) 08:57
やはり、たいていの女性読者は
後期のロマンチックな作風の方が好きなんでしょうか?

私自身は、「たった一つの・・・」や「たおやかな・・・」より
「接続された女」のような、感傷を突き放した作品が好きですが。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/23(金) 13:22
「男達の知らない女」とかって女性じゃないと実感できない部分
とかあるんじゃないだろうか。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/24(土) 00:38
女の怖さがわかってくれば、わかる。

68 :64:2001/03/24(土) 03:19
私は男性ですが「男達の知らない女」が大好きです。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/25(日) 02:24
佐藤史生といえば
「ヒューストン、ヒューストン聞こえるか?」
と佐藤史生の「アレフ」をちょうど同じ時期に
読んで同じ感覚を味わえたなぁ。


70 :64:2001/03/25(日) 08:22
>>69
影響関係は歴然だと思う。「アレフ」の方が出来が悪いけど。

あとこのスレッドでもう挙げられているような"心中嗜好系"
も大好きですが(^_^;),ティプトリーの中では珍しく死に
意味を求めようとした「最後の午後に」がとても印象に残
ります。結局"共同体に殉じる死"も"永遠の超越的な悟り"
も虻蜂取らずになって主人公は無駄死にしてしまうのです
が。


71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/28(水) 01:30
>>65
ちがう。そのどちらの作風も間違いなく好きであって、
そこに生じる二面性やギャップの生々しさとか、
血の通った人間的な醜いけれどもリアルな心情とかが、
ティプトリー御大の真骨頂だと。

つうか、とにかく好き。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/28(水) 02:02
昔は男と信じられていて、評論家諸兄も、
「男性SF作家もこれだけ女性を描けるようになったのだ」
みたいな事言ってたってのはマジですか?(藁

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/03/28(水) 03:41
なんか大恥かいた評論家たくさんいたみたいですね。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/27(金) 16:28
昔、どっかの文庫で出てたティプトリーの長編って
どーなの?短編と同じくらいキレのあるもんなの?

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/04/27(金) 17:18
えっ。長編……知らない。

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/06(日) 22:42
たったひとつの冴えたage

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/06(日) 22:47
>>72

シオドア・スタージョンだっけ?
「今は女流作家ばっかり生きがよくて、男性作家でイイのは
 ジェイムズ・ティプトリーだけだ」って言ったらしい。

だから別に恥かいたわけじゃないみたい。むしろ当時の状況を
生き生きと描き出す名言かと。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/06(日) 23:09
>>77
ロバート・シルバーバーグじゃなかった?
 たしかそのあと自分のエッセーでいいわけしていたけど。

79 :なつかしいな(はーと:2001/05/06(日) 23:40
恥かいた評論家はさておき、ティプトリーJrの育てられ方が野郎も顔負けだったらしいからなあ。このスレにカキコした方で、アフリカで暮らしていける自信のある方いますか。
と言えば、わかるかな。幼少期を学者やってた両親とともにアフリカで過ごしたそうです。既出なら、スマソ。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/07(月) 05:18
アフリカ?場所にもよる。
ちょっとなら住んでたことありますけれど?
金があれば自信は要らないと思う。でも自分は金なかった(笑)(>当方女)

本題については、現在と比べなくても、ちゃんとバックのある探検家・博物学者
として英仏植民地の上流階級に混ざってたら、想像を絶すると言う生活で
はないでしょう。
(どのくらいティプトリーが親と一緒に居たのか、学校に送られたのか
は知らないんですが)
アジア、アフリカを探検したり、入植したりした西欧人女性って
いくらでも居るので、男女にはあまり関係ないと思う。

でも、その幼少期の背景が、ティプトリーの作品や生き方に影響を
与えてるのは確かだから、重要な点だとは思います。
(小谷真理がいつか触れてたかな)

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/08(火) 18:52
おおかたおらうーたんに育てられた結果電波が聞けるようになったんでしょう

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/08(火) 20:41
>>79
そうそう、たしか母上が「ジャングルの国のアリス」て本を
書いてたはず。
読みたいなあ、と思って探してるけど見つからない。
英語で良いので、誰か知りません?

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 10:30
少部数の絵本みたいなものだと思ってた
知ってるかもしれないけど、こんなビブリオがあった。
二次的に誰かが引用してるかもね。

http://hubcap.clemson.edu/~sparks/tiptree2.html

子供のころのティプトリーの写真ってせつないですな

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 10:49
そのページでお母さんの名がわかったからついでに検索
したけど、「ジャングルのアリス」みたいな名では見当たらないなあ。

AUTHOR: Bradley, Mary Hastings.
TITLE: The five-minute girl : and other stories
New York : D. Appleton-Century, 1936.
DESCRIPTION: 341 p. ; 21 cm.
ざっと見ると、はいってるとしたらこの辺?
しかし、 Mary Hastings Bradley (ってお母さんらしい)って結構
本書いてるんですね

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 11:29
『たったひとつの冴えたやりかた』のあとがきによると
訳者浅倉久志氏は持っているらしいの『Alice in Jungle Land』。
ちなみに1927年刊行。ダメそうですね。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 12:06
アフリカに居たっていっても、現地人に混じって狩猟採取生活送ってた
わけじゃないだろうに…

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 12:45
いやきっと動物たちとお友達だったんだよ。
そういうことにしようよ。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 15:42
Dr.スパークスありがとうage

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 16:21
なかなか感動的な本で、300j払った価値がありました
ロスの古書店には結構、数があった>1996年当時

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 16:26
内容は「たったひとつの冴えたやりかた」に過不足なく紹介されているので
そっちを読んでね
たしかに川辺でワニと遊んでいたりするから、動物とお友達ですな

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 16:41
今から5年前で$300もしたのですか、絶句。
>>89さん、遺言状書いといて頂けませんか?
「ティプトリースレの91さんに譲ります」って。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/09(水) 19:48
ティプトリーは、「たったひとつの冴えたやり方」以外全部良い。
「たったひとつ」だけは、何だかティプトリーらしくないんだよね。
短編型の作家だということでしょうか。
中でも好きなのは「ヒューストン、ヒューストン、聞こえるか」「接続された女」。
アメリカSFが生んだ最高の作家のひとりだと思う。


93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/10(木) 21:03
>> 83

幼いティプトリーがかわいい。


94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/14(月) 14:37
アゲ

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/30(水) 23:03
ティプトリー新作 刊行予定はないのか!

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/30(水) 23:21
「接続された女」はすごい。もうヤメテーって感じがした。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/05/30(水) 23:22
えーと。
新作って、天国から入稿するの?

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/01(金) 00:18
いや、訳されてないのがあるはず。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/01(金) 00:32
今度,「ネズミに残酷なことが出来ない心理学者」
マジでやることになりそう。
頭ちょんぎって・・・うーん,鬱。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/01(金) 12:00
>>99
学生さんですか?

101 :99:2001/06/01(金) 13:16
>>100
そう,院に入ってから生物をやることになって,学部時代に動物を使うことが
無かったから心の準備が・・・
今になって思うとあの短編で書かれてた心情がよく解る。
最終的には何かのきっかけでふっ切れるんだろうけどね。

102 :100:2001/06/02(土) 08:20
>>101
小説のように豹変しないでね。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/13(水) 23:25
「ネズミに残酷なことが出来ない心理学者」
へりよろけ って言葉が好きだ。
学術用語?(謎)

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/06/17(日) 15:50
「たったひとつの冴えたやりかた」泣いた・・・

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/07(土) 01:23
あげとこ

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/07/25(水) 08:22
やっと「愛はさだめ、さだめは死」読了。
やっぱり、表題作と「接続された女」が文句無しに良いね。
あと、山に登るけど死ぬ科学者の話とか、すごく後味の
悪い話だったけど、個人的には好きだ。「断層」は最初のシーンと
オチの対応に技巧を感じた。

ところで、「乙女に映して〜」、何度読んでもよく意味が
分からないのは俺だけ?
結局、何だったんだろあの話・・・

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/13(月) 11:58
>>92
激しく同意

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/13(月) 16:32
ティプトリーは、最低の作家、「愛はさだめ、さだめは死」
なんて支離滅裂で小説になってない。
彼女のおかげでSFがきらいになった人は多い。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/18(土) 19:46
>>108
ホントによんだのか?あれを支離滅裂って読解力なさスギ!

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/18(土) 19:59
コピペ煽りっぽいなあ。>>108
もしマジレスだとしたら,108にはまだまだ読むのが早すぎたんだよ
ガキ向きな作家じゃないし。

111 :VESTA:2001/08/18(土) 20:52
 いや、ティプトリー短編の最高傑作は「故郷へ歩いた男」だ!
 次点が「ラセンウジバエ解決法」ミソジーヌの問題はシャレにならnよ。

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 01:02
先入感なしに読むと、骨太な小松左京というか
たけり狂う安岡力也という感じなのに女。
稀に見る擬態力だよ。

ビームしておくれ...の反応がいまいちだったと
後書きにあったが、崩壊家庭で育った漏れには
ウソでも夢でもいいから安心できる居場所が欲しいって
意味で腑に落ちる話だったです。

113 :無名草子さん:2001/08/19(日) 12:21
>>112
すまぬが前半訳が判らないなり。(擬態って結局「男文」つーことか?)

自分的ティプトリーベストは「そして目覚めると、私はこの肌寒い丘にいた」かな。
後、前から気になっていたんだけど、大森望がSFマガジンの年間ベストテン号で「ティプトリーを好んで読む人は
総合職(に挫折感を感じている)女性が多そう。差別的な言い方だけど」という
感じのことを述べていたんだが、SFマガジンの読者層を考慮するとやっぱ
若い男性の支持者も多いんでは?
読者の4分の3は男性で、そのうち半数が20代だったよ、昔のデータでは。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 12:51
日本の男性は性根が女性的、という解釈も成り立たんかえ?
これも差別的な言い方だけど。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 14:17
人を猿の群れあつかいして云々...という的外れな批判が
あったと聞くが、それこそがティプトリーの神髄。
がさつで粗暴なオスと、無知でひよわなメスの世界。
そういう男と女の因果な関係を、絶望したり、慈しんだり
揺れ動いている視線が彼女の味だと思う。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 14:46
>>115
それが神髄なの?
115に当てはまらない作品の方が多いような気もするが。

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 15:27
ティプ(笑)から男と女って主題は外せないだろ。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 18:07
>>114
「総合職(に挫折感を感じている)」の部分はどうなるの?
そもそも「女性的」とはどんなもんを指すのだ。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 18:30
 苦手です。面白いものも多いし、「接続された女」のようにぴんと
来ないものも少なくない。なんであれで泣けるの? あれが代表
作だとは思えない。あの短編集にももっといいのはあると思うけど。
 

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/19(日) 20:03
>>119
「接続された女」は代表作と言うより
「サイバーパンク以前にこんな作品を書けるなんてスゲエ!」
って評価じゃないかな。

121 :116:2001/08/20(月) 07:13
>>117
男と女って主題は外せないと思うが
>がさつで粗暴なオスと、無知でひよわなメスの世界。
ってのはどうか?

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/20(月) 14:49
>>121
すべての作品にあてはまる訳じゃないが、ティプトリーに
そういう男性原理と女性原理の拮抗と言う認識があるのは
間違いではないと思う。もちろんそれは、互いを人生のパートナーとして
認め合い・・・なんていう生易しい過程ではなく、一種の優位性とか
力関係として。
というかそういう「チ○コとマ○コから逃げられない」人間というものに
ティプトリーは限り無く絶望しているように自分には思えてならない。

ただ、ジョンと息子を見守るオノヨーコ的な、強さと悲しさに満ちた視線で
彼女はそういう人類を「猿」と描いた訳で、安直な博愛主義を超えたところで
生き物として、営む主体として人間を彼女は慈しんでいる。
それは決して「人類ダメ生物」観ではない訳で。

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/21(火) 01:33
言いたいことはなんとなく分かるし、同意できる部分もあるけど、頭悪い
俺にも理解できるようにもうちょい平易な単語使用してくれんかな。
この文脈で男性原理と女性原理て何を指すのか、118じゃないけど今ひとつピンとこない。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/21(火) 10:00
自分はラブコメ好きだから「接続された女」はすごい楽しく読めたね。
あと同じ視点で、「ハドソンベイ毛布‥」や「そしてめざめると‥」もいい。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/21(火) 22:07
>>124
らぶこめ・・・確かに恋愛要素で(ブラックに)笑えるという点では
その通りだが(藁

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/21(火) 23:42
読むと鬱になる。でもなぜか本はほとんど持っている。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/22(水) 15:23
男がいやになって宇宙人についていっちゃう感覚
がわからない。
接続された女は、整形すれば解決することを
なんでめんどいことするの、と思っちゃう。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/22(水) 17:40
>>127
オポッサム女達については、
優秀な遺伝子を持つオスを求める女の本能、
というテーゼだと思う。この前まで敵だった進駐軍に
ころりとなびいちゃった隣のミヨちゃん、そういう話。
接続女については、彼女のやとい主の目的は
ドロイドを操縦してもらう事で彼女をビューティにする事ではない。
的はずれだと思うがな。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/22(水) 21:09
木ィィ部位・ヴぁ嗚呼ある・屋ッ!

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/22(水) 22:32
>>113
将棋の故・村山九段も愛読者だったね。

エイリアンからみて「受け身」の人類。
今の日本人がまさにそのような気がする。
ナショナリスティックな意味ではないんだけど。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 13:49
>128
宇宙人は異種族だから本能の対象にはならないし、
戦後、女性が心変わりしたのは戦前の教育が男尊女卑で
女性の自立心を育ててこなかったからでしょう。
接続された女は醜い女性が究極の美を追求しようとして
陥った悲劇で、アンドロイドを操縦する楽しさを描いた
話じゃないと思う。

132 :( ´∀`)厨@SF板( ゚Д゚,,):2001/08/23(木) 14:30
| >>131 ティプトリーにとっては“alien”も性的魅力を持つ存在
| なんじゃないかな。「星ぼしの荒野から」も異星人との
| (そして近親相姦の)セックスの話だよね。ただ、
| それはあくまで魅力があるだけの存在で、生殖は不可能なのが
| ポイントかな。‘And I awoke〜’のペーパーバック版あらすじには
| こう書いてあるよ。↓
| Now we've met aliens we can't screw, and we're about to die trying.
| あとP・バークは究極の美なんか求めてなかったのでは?
| “スター”の追っかけからの夢のようなシンデレラ・ストーリーに
| 酔って、冷徹な企業原理と階級社会の下に死んでいったブスの女の子の物語だと思う。
\_______ ________________________
     V
    ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (, ゚Д゚) < 「たおやかな狂える手に」といい、ティプトリーの描く
  ヽ/   |   | “ブス”には異様な凄みがあるね。
  ⊂∪ ∪⊃  \_____________

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 15:06
異星人にあいたくて会いたくてしかたがない男...みたいな話って何だったっけ。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 15:10
>>133
「そして私は目覚めると・・・」
後半が出てこない・・・・鬱だ。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 17:56
127に対する返答として妥当と思いますので修正しません。以上。

136 :128:2001/08/23(木) 18:01
あ、128-135です。131さんに宛。

というか、私もアンドロイド操縦して楽しいななんて書いてませんが。
異星人についていっちゃうのは「優秀な遺伝子」で語弊が在るなら
「外来の新しい遺伝子」でも結構。
実際にエイリアンと子供がつくれるかなどとマジに考えても仕方がないと
思うし、「女性の自立心を育ててこなかったから」と私に言われても
私のせいじゃないんで困りますが。

137 :128:2001/08/23(木) 18:02
結局、「そういう話だろ」ってところで妥当と考えます。以上。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 18:15
あの母娘が、エイリアンにどんな魅力を
感じたのかは確かに描かれていないよ。でも
それを詮索して楽しみこそすれ、マジで
疑問にしても仕方ないだろ。
本当に「なぜなんだろう」と考察するならだいたい
128の説で間違いではないだろ。
128の例えが妥当かどうかは各自好みはあるだろうけど。
俺的には、袖にされた主人公が、むしろ女という生き物を
深く悲しんでいるラストと読めるので、
「進駐軍に女とられた」という平井和正的憤りとは違うと思うが。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 19:35
>138
SFで失恋話を書くために宇宙人を便利な小道具に
使った、という理解で良いのかな・・・

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 21:27
恋愛小説でさんざん書かれたテーマをSFでやったって
ことかなーー。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 21:49
エイリアンにどんな魅力を感じたのか、きちんと
書くのがSFだと思うけどなーー。
説明はぶいて現象だけ書かれても理解できないよ。
本格推理じゃないけどSFにも論理的解答が必要だと
思う。謎だけ提示してばっくれるのは卑怯。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/23(木) 22:01
「ラセンウジバエ解決法」などは、フレドリック・ブラウンの「大同小異」と
コンセプト的には変わらないと思う。
しかし、巧妙さという点ではなかなかのものだ。
ブラウンの単純な故の残酷さも捨て難いのだけれど。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 00:39
オポッサム母娘の話を読んだときは
「下らないエゴと自尊心だらけのチンケな地球人の男よりは
エイリアンの方がよっぽど素敵だわ!」
というオチなのかと思ってたけど。

本当は、この地球上に自分の居所を見つけられなかった人の
話だったのかな。

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 05:48
>>141
ばっくれちゃいないよ。
ラスト1行に提示されているだろ。
あなただってまさかあれを見て
「そうか、この女二人は動物だったんだ」とは思うまい。
メタファーを読みとくのが文学の愉しみじゃないのかな。
もしホーガンやベンフォードが科学論理を詩的に端折ったら
ブーイングも出ようがそういうもんじゃないだろ。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 05:55
つーか「卑怯」ね・・・
いろんな人が世の中にゃいるもんだ。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 06:41
>>141
いかに欠陥のある話でも、心に滲みる部分があればフェイバリットになり得る。
ディックなぞがもてはやされているのもそれじゃよ。
女はのう、男の見ていないところで男を値踏みするんじゃよ。
まして結婚ともなれば一生もんの「契約」だから
何を切るか逡巡する阿佐田哲也なみに女はシビアになれるんじゃ。
望みのセックスだか遺伝子だかの為なら、
母子で彼氏共有するのも、地球を捨てるのも平気なんじゃ。恐いのう。
キミは宇宙人の魅力の謎が気になってしかたがないか。
そういう「女」性を肌身で知らずしてあれを読んでも、
確かに結末の書いていない推理小説にしか見えないかものう。
若いのう。わし最近オナーニ減ったんじゃ。達者での。フォフォフォフォフォフォフォ。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 15:53
だらしない男に女が愛想をつかしたってだけの話でしょ。
SFってもっと夢のあるすばらしいもんじゃなかったの?
こんなしょぼい話読みたくてSF買ってるんじゃないんだぁーー。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 16:22
挫折しつつある総合職女性としては、
男社会の中でいかに居場所を見つけるかという話だと思える。
男が嫌になるということじゃないよ。

女性として、社会の中で自分をいかに認めさせ、居場所を作るか、
既存の男女意識をもつ男性に対しての問題提起じゃないかな。
もろ、フェミだとおもったよ。

「男たちの知らない女」

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 18:19
>>147
あんた、小説読むのやめたほうがいいよ。お金と時間のムダだよ。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 18:44
>>147
「たったひとつの冴えたやりかた」の表紙とさし絵で
ティプトリー知ったクチだろお前。
2000円やるからジブリの映画でも見てこいや。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 18:50
この人の作品一度原書で読んでみたいな〜
語学まるっきしだめだから、一生の内で挑戦できるか?(藁

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 19:07
>>147
どこをどう読めばそんな感想になるんだか
マジに今まで読んだティプトリー作品をあげてほしいな
煽り抜きで知りたい。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 19:08
>>152
「ピカチュー」と書いてあったら「ピカチュー」以外の意味はない、
そういう世界の住人になに聞いてもムダです。

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 19:27
>>147
うーん、夢があるものか。ティプトリ-で一番それに近いのは「エトセトラ エトセトラ」かな。
何気にワシは好きです、この作品。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 20:24
>152
「愛はさだめ、さだめは死」という早川文庫で、
これが短編集で『断層』まで読んで、こんなのSF
じゃねぇーーと思って放り出した。

156 :At.N.:2001/08/24(金) 20:34
>>147 の読解能力は確かにかなり疑問だが。
このひとにとってティプトリーは SF じゃない(= つまらない、というのも古典的な突込みどころだが)というのは全然問題ないでしょ。
おれ自身は、SF に「夢のあるすばらしいもの」を期待しているわけではないので、このひとと好みを共有するのは無理かもしれないが :-)

# もちろん「夢のあるすばらしいもの」があってはいけないというわけでもないので念のため。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 20:41
ティプトリーは、SFじゃなくフェミニズムの論文を
書くべきだったんじゃないか、と思う。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/24(金) 20:50
.>>157
作品読まずに評判だけ聞いて言ってない?
あるいは読んだ作品が偏ってるとか。
フェニミズム関係ない作品もたくさんあるよ。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 01:24
もしかして性的に多感なお年頃(厨房,興亡)で読んじゃって
独特のドロドロ感に拒否反応が出ちゃったとか。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 01:57
>>159
面白くないと言っただけでコレだよ(w
ファンはこういう痛い奴が多いのか?

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 02:04
>>160
おまえ、他に並ぶ者無き馬鹿?

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 02:23
>>160
それ以前に書いてることが余りにも的外れだってことに気づけよ。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 03:05
ちなみに、160で初登場なんだけど…信じてもらえないだろうなぁ(w

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 06:25
>>159
それだ。

面白く思えないのは個人の勝手だが、
>>141の言い種は例えば
「ホーガンは人間が書けていない」
「クラークの書く濡れ場では興奮できない」
「ラファティはふざけている」
とマジで言うのと同じだ。こういうのを世間ではいちゃもんという。
つーかあれだろ、引っ込みがつかなくなったチャレンジ厨房。
風穴あけようとしてすべっちゃったのかな。
お茶漬け食べてくかい?

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 06:43
数少ない女性としての>>148あたりの意見をもっと聞きたいんだが。
与太郎にひきずり回されてんじゃねーつの。ほっとけ。
流れ戻してくれ。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 07:57
>>164
「ホーガンは人間が書けていない」
「クラークの書く濡れ場では興奮できない」
「ラファティはふざけている」

というような話題が一番やってて面白いと思うんだけど。

「ホーガンはハードSFだよね」
「クラークを発想は壮大だ」
「ラファティは洒脱としか言い様がない」

じゃ何も書く気にならないなあ。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 08:08
>>166
そりゃ分かった上でのシャレだろ。
141が洒落でやってるようには見えないんだが(大笑)

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 08:12
宇宙人と女の関係が書けていない、ってボケでやるなら
せめて皆を笑わせるくらいの展開を見せてほしいのさ。
笑われてどうする>>141。つうか天然は芸人失格だ。うぜー。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 09:02
何でもいいからこれ以上生き恥を晒さないでください。痛いの・・・

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 13:55
ティプトリーは、論文を小説と偽ってるんだよ。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 14:21
ティプトリー作品は、出来の悪い社会学の論文というのが
妥当な評価でしょう。

172 :141:2001/08/25(土) 14:34
おれは、「銀河帝国の興亡」は、SFと認めるが
「2001年宇宙の旅」は、SFと認めない。
それがおれのSF観。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 14:54
>150
表紙で本を選ぶことのどこが悪いんですか?
真鍋博や生頼範義や武部本一郎を否定するんですか?

ジブリ映画が好きなことのどこが悪いんですか?
根拠を言ってください。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 15:07
>>173
150の煽りは「表紙だけで本の中身を判断するんじゃない」ってことだろ
わざとかどうか知らないが論点ずらしまくり。
あと,煽りにマジになって噛みつかないように。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 15:39
>>174
どっちかというと >>173 が煽りなんじゃないか ?
煽りにマジレスは >>174 のほうだと思うよ。

176 :175:2001/08/25(土) 15:43
もっとも、自分も他人のことを言えたものではなくて、
>>157 にそれなりに真面目な comment をつけようと思って考えてたんだけど
>>170-171 を見てさすがに思いとどまったよ。
ひさびさに 2ch らしい煽り(にもなってないが)を見た気分。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 17:20
>174
論点ずらしてるんじゃなくて、買う側だけに責任が
あるようなことを言うなっていうことでしょ。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 17:57
>>172
聞いちゃいねーよ。
デヴュー果たせたんだからとっとと消えてください。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 18:18
なんかモメているが、おおもとは胸を張って誤読しているバカが
去りぎわを逸して暴れているだけだろ。なあ141。
引導渡されまくってるんだから、すでに死んでいることに気づけ。
言うに事かいて今度は2001がどうのと、いらない地雷まで踏んで。
おまえのありかた自体が厨なんだよ。違うと言うなら
さっさと皆を納得させてスレを治めろ。出来なきゃ消えろ。迷惑だ。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 18:43
やぁやぁエキサイトしてるね(藁

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/25(土) 20:49
なんか半年前のスレがエキサイトしてるな

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/26(日) 04:47
だって宿題もしないでほざいてるやつって頭にくるの(w

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/26(日) 04:54
チャットチャットチャット〜〜〜〜!!!!!

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/26(日) 05:02
あーあ。遂に論争放棄。厨な素顔が出ちゃったね。
そういう者としてしかもうここには居られない訳だしね。
つーかなんでここに貼り付いてるの?
趣味は恥の上塗りですか??(笑)

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/26(日) 05:09
ちくしょうやるな141。
じゃあおれはリメイク猿の惑星をSFとは認めない!w

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/26(日) 05:23
だれもおらんの?

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/26(5) 33:00
いたら何だヴォケ。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/26 06:25
板、変だね

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/08/26 06:31
>>187の日付けは何だ・・・

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 12:37
タイムシェアリングはワークシェアリングに触発された造語?

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 13:55
ティプトリーはパッケージに偽り有りってことだよ。
2001年が地雷とは、笑止。あれこそモノリスだして
ばっくれたダメ小説の見本。
176は社会学、知らないもんだから反論できないんだよ。
SFだと思って買ったら、くだらない自己満足の論文もどき、
この人がSFをイメージダウンさせ、SF冬の時代をまねいた。
読解力、読解力いうけど、それ以前に人に読んでもらおうという
文章じゃない。こっちは金出してんだ、出したぶん楽しめなければ
そりゃー怒るよ。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 14:02
金出した、金出したいうけど、それ以前に読解力がなけりゃ
そりゃー怒るよ(w

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 14:03
>179
誤読してんのは、おまえだろ。
男たちの知らない女はただの恋愛小説、SF雑誌にのせる
ためにむりやり宇宙人だしたのがみえみえなんだよ。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 14:05
悲惨な141に認定します。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 14:28
>>192
>>194
下手にいじっても喜ぶだけだろ。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 14:34
>>141 が大喜びしてるよ……。
こんなに煽りに反応してあげてるとはみんな優しいね。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 14:39
192の考え方は非常に傲慢だなーー。
作家の実力不足を読者のせいにするのはやめろ。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 14:42
>>197 の考え方は非常に傲慢だなーー。
読者の実力不足を作家のせいにするのはやめろ。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 15:46
ティプトリ-の作品より感動させる社会学の論文があるのなら、教えてくれ。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 16:30
>>199
予想として。
141 の人はティプトリーには感動しなかったんだろうから
どのような論文であってもティプトリーよりはまし、と答えればすむ話になるんじゃないかな。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 17:57
恥を上塗りしないと死んでしまう病気な141に認定。

202 :いきなり最終回:01/08/26 18:07
「ネタに熱くなってんじゃねーよバ〜〜カ!いいヒマ潰しだったぜアバヨ!」

203 :エピローグ:01/08/26 18:20
「ひとりで熱くなったあげく尻尾を巻いて逃げ出した141に乾杯」

204 :sage:01/08/26 18:24
>>141の文を読むよりはティプトリー読んでたほうがマシ。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/26 18:34 ID:nOUUUhcM
ティプトリーでこんなに盛り上がるとはめずらしいですなあ。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 02:16 ID:GKlUtXVk
うん、このスレがこれだけ盛り上がったのも>>141のおかげ。
次のアンチ役も決めないとね。

207 :199:01/08/27 03:26 ID:pqk9E.b.
>200
そだね、あんたが正しい!

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 03:31 ID:UdFYugn.
これだけ熱狂的な信者が居る外人SF作家は幸せだね(w

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 09:38 ID:0tmIFYFc
別に信者ってほどじゃないけど、ティプトリーは面白く読んでます。
でも高校生の頃に読んだ時にはいまいちよく分からなかった。
141さんもムキにならずに、つまらなかったらつまらなかったでいいんじゃないの?
現在のあなたには合わなかったってことで。
作家や他の読者の人を誹謗中傷するのはあなた自身の品格を下げることになると思います。

210 :141:01/08/27 13:40 ID:bSxojp4E
>209
最初に読解力がないと言って誹謗中傷したのは
ティプトリー信者のほうですよ。非難されるべきはそちら側です。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 14:17 ID:YSlQgYCQ
あほな喧嘩はやめときなさい?

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 17:16 ID:9bKRspVk
だ〜か〜ら〜胸はるのやめてくださいね141、こっ恥だから。
まだいるんかい...

213 :141:01/08/27 17:28 ID:hW.eFRUg
ティプトリー信者の言うことは全部解説やSFマガジンの
受け売りで説得力がないんだよ。
自分が本当はどう思ったかがわかってないんだと思う。
すべての先入観捨てて読むといかにティプトリーがクズか
わかるよ。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 17:33 ID:qmP8VmVM
>>166->>168

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 18:02 ID:9bKRspVk
もう捨てるものも恐いものも何もなくちゃったね141。
ここまでいければ立派なもんです。
強く生きてください。

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 18:20 ID:OViAVz9k
> 最初に読解力がないと言って誹謗中傷したのは

誹謗中傷ではありません。
なぜなら正しい評価だからです。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 18:21 ID:OViAVz9k
>>141 の言うことは全部解説や煽りの
受け売りで説得力がないんだよ。
自分が本当はどう思ったかがわかってないんだと思う。
すべての先入観捨てて読むといかに >>141 がクズか
わかるよ。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 19:07 ID:aTidr3sI
>>141
まあ,あと10年ぐらい経ってから読み返してみれば?
取りあえず,どこがどうクズに見えるのか具体例をきぼん。
このままじゃただのアホで終わってしまうぞ。

219 :141:01/08/27 21:05 ID:Ai7YzB4c
>216
誹謗中傷だよ、読解力がないって言った人は、
具体的なことなにも言ってないんだから。
>218
男たちの知らない女で宇宙人についてなんの説明も
ないところ、これでは恋愛小説家の夢が挫折した人が
SFを利用したとしか思えない。

しっかし、2001年きらいなだけで恥よばわり
するとは、かなわんなーー。

220 :141:01/08/27 21:09 ID:Ai7YzB4c
ティプトリー信者はピカチュウがドラエもんに
みえるんだろなーー(藁

221 :141:01/08/27 21:13 ID:Ai7YzB4c
ティプトリーがSF嫌いを増やしたのは、まちがいない
事実だよ。なんで夢とロマンの世界でいじましい失恋話
読まなあかんねん。(しかも内容が不正確)。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 21:13 ID:YSlQgYCQ
なんかちょこまかID変わる人ですね

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 21:16 ID:XyomNwT.
>いじましい失恋話
その短編のタイトルは???

224 :エピローグ:01/08/27 21:24 ID:pLxQdnJU
>ティプトリーがSF嫌いを増やしたのは、まちがいない 事実だよ。
具体的に証明してみなさい。「事実」なんて言葉を軽々しく使わないようにね。
キミが集中砲火を浴びているのは、ひとえにそういう態度のせいだよ。

225 :141:01/08/27 21:39 ID:9wv.yvEI
>224
言葉は使うためにあるんだよ。
具体的にいうとSFと名をつけた本の出版が
ほとんどないことだよ。これはティプトリーの
本がはじめて出てから急に起こった現象だよ。
断定口調がきらいらしいけど、議論するときは、
どこかで区切りをつけなきゃならないんだよ。
あいまいにするとできる議論もできなくなる。

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 21:47 ID:/y2p.Xj6
>これはティプトリーの本がはじめて出てから急に起こった現象だよ。

んなわきゃない。

227 :At.N.:01/08/27 21:47 ID:BOJvjehE
> 具体的にいうとSFと名をつけた本の出版が
> ほとんどないことだよ。これはティプトリーの
> 本がはじめて出てから急に起こった現象だよ。

具体的にというなら出版点数の変化くらいはちゃんとした数時で出すこと。
「ほとんどない」とかあいまいな表現にすると、できる議論もできなくなる。

228 :227:01/08/27 21:49 ID:BOJvjehE
おっと誤変換。
数時ってなんだよ。数字だな。

あと、この場合仮説を提示したのは >>225 だから、証明する必要は まず >>242 側にある。
反証を挙げろとか言って数字を挙げないのは逃げね。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/27 21:52 ID:YSlQgYCQ
せめて

事実と断定したのは確かに性急だったかもしれないスマソ
俺が思うに、ティプトリーを皮切りに、出版時にSFと銘打たれて
世に送り出される作品が激減したように思えてならないんだ。

あと断定口調が嫌いらしいけれど、議論するときには時に断定
することも、その進展上必要だと思う。

くらいにしてくれ。

230 :228:01/08/27 21:54 ID:BOJvjehE
>>242 ってなんだよ...>>225 だよな。
今使ってる Mozilla の Nightly はフォームの表示にいろいろ問題があるので
確認もまともにできてなかったり。
すまん。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 00:02 ID:WRzDxFYM
>>229
このサイトを見る限りでは
h ttp://www.generalworks.com/databank/novel/writer4/tiptree.html
ただ単に80年代初頭のSFバブル崩壊と翻訳版の出版が重なってるだけ
の様な気もする。
あと,googleでSFバブルで検索してたらこんなページもあった。
SF出版数の’78から’96までの統計だけど
h ttp://www.page.sannet.ne.jp/toshi_o/check_list/check_index.htm
ティプトリーをきっかけに・・・・減ってるか??

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 00:14 ID:JkpnZH6I
>>231
その>>229って>>225のまねっこ翻案版では?
ティプトリーは、どうなんでしょうね。多くの人々の心をつかんでいることだけは
確かだと思うのですが…。

233 :231:01/08/28 00:27 ID:WRzDxFYM
ネタにマジレスかこわり〜〜〜(反省
鬱だ。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 00:35 ID:JkpnZH6I
>>233
いや結果的には>>225へのちゃんとしたレスになっているので全然OKだと思いますよ。
むしろ定量的な話をすかさず持ってくるあたりかこいいのでは?

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 00:48 ID:tGT6vu8s
>>231
見るかぎりではほぼ一定だよな。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 01:27 ID:P/ml0CAw
個人的にはティプトリー読んだあと、相対的に他のSFが色褪せた感じがして
読書量が減ったのは事実だ。

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 06:01 ID:z6tuzZes
なにモメてんだよあんたら。
141を最初の方から見てみろ。
な〜んか好きじゃないなあっていう感覚的なとこから始まって、
「宇宙人の位置付け」でひっかかって先鋭化しただけじゃん。
SF的にクズ、とか状況的解説しか出来ないのは文学論で語れるバックグラウンド皆無だから。
知ってたらこんな恥ずいイチャモンで引っ張れるはずないでしょマゾでもない限り。
スレでのポジションと口先のギャップがいい味出てる。応援してるぜ(笑)。

しかし、「男の知らない女たち」に何を期待してたんだか(爆笑)

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 06:06 ID:JkpnZH6I
>>237
そういう煽り方も頭悪そうなのでやめたほうがいいと思いますよ。
あくまで個人的な意見に過ぎませんが…。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 06:11 ID:k2YOBQ4w
地獄を見た人が必ず太宰にピンとくるように、
「男の知らない・・・」を読んで、ああ、その話ね。と
腑に落ちないという事は、おやじであるオレに言わせれば
「黙っておいたほうがいいぞ」だな。
だからみんな、141をそうっとしておいてやろう。
新風を巻き起こしていると思わせておいてあげよう。

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 09:02 ID:k2YOBQ4w
141には松本清張の「疑惑」は
「なんだか蛇足ばかりのつまらない法廷劇」なんだろうなあきっと(w

241 :At.N.:01/08/28 12:53 ID:UPuCg/Bw
>>237-238
文体とかわざわざいいたがるところはともかく、言ってること自体はそんなにおお外れでもないと思うけどね。
おれ自身は「状況的解説しか出来ない」でいるところを逐一指摘しようかと思ったんだが
それはそれであまりに粘着そうだなとか。

# ただでさえこないだ粘着煽りに分類されたばかりだし :-)

242 :141:01/08/28 12:54 ID:BboM80jA
>237
文学論でかたってるよ、はっきりティプトリーは
恋愛小説が書きたかったと。
男たちの知らない女に期待していたのは、女性が
じつはエイリアンだったという風なSF的展開。
袋小路的失恋話じゃないわけ。
>239
ふにおちないことは、だまってると精神衛生上わるい。
あなたの考え方は極端に言えば戦前の言論封鎖と同じ。
>240
松本清張は一時期、夢中になったけど、「疑惑」
っていうのは記憶にないなーー。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 13:03 ID:JkpnZH6I
>>241
う〜ん、なんというか路上で丸出しにして「まるだし!」と連呼してる人に
お尻の穴に扇子を突っ込んで「まるだしだ!」って言ってもしょうがないと思うんですよ。
もうちょっと会話になるように話し掛けて欲しいなというのは贅沢でしょうか?
ゆるりと逝きたいじゃないですか、ゆるりと

244 :とおりすがりのSFファン:01/08/28 14:48 ID:/0q5qgT2
ティプトリーは俺的になんとなく肌に合わない作家というのはあります。
いろんな作家が書いてるアンソロジーとかを読んでいて「!?」って独特の
(俺としては)嫌な読後感があって作者名を確認するとティプトリーだった
事が何回かあった覚えが。
ん〜なんでしょうね。ハードSF好きの人が「説明」がないとものたりなくて、
逆に興味ない人はその「説明」がうざいように、ティプトリーが小説で「語り」
たい部分に興味が涌かないからなのかなとは自分で思っていますが。
「たった一つの冴えたやりかた」は友人のSFファンから名作だよ〜って薦め
られてるんですが、別な所で「オチ」を聞いてしまって、読む気が失せてます(苦笑

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 16:13 ID:eMInW54Q
>>244
ティプトリー好きだけど、嫌な読後感ってのはよく分かるよ。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 16:27 ID:kJD08oX6
ティプトリーがSFを破壊した。
ティプトリーがSFを破壊した。
ティプトリーがSFを破壊した。

ティプトリーがSFを地獄に落とした。
(つまらなくしたってことね・・・)

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 17:14 ID:6TZ1jnK2
>237
文学論で語らないのは、SFは文学みたいなつまらないもの
じゃないから。くだらない文学とSFを一緒にしないでくれ。
あと、あんた、ティプトリー読んだことないだろ、
作品のタイトルまちがってるよ。

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 17:22 ID:6TZ1jnK2
ティプトリー信者は、自分の言葉ってもの
もってないんだよなーー。

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 17:36 ID:.GGPAZ96
つーか141、何と比べてつまらん訳?
君のフェイバリットが知りたいなあ。

250 :141:01/08/28 17:49 ID:6TZ1jnK2
わたしのマイベストSF
1位、レンズマンシリーズ
2位、火星シリーズ
3位、スターキング
4位、武器製造業者
5位、20億の針
6位、夏への扉
7位、地球幼年期の終り
8位、分解された男
9位、宇宙の小石
10位、人間以上

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 17:50 ID:k2YOBQ4w
>>239
>>242

239は「それ、晒すには恥ずかしいぜ」と指摘しているんだが。
言論封鎖か。自分の言葉に酔い始めたなこいつは。やべえな。
そりゃそうとこういう返しができる神経って...
とぼけているだけだよね141?
239の意味がマジ汲めないでまだ騒いでいるとすれば本当に痛い....

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 17:53 ID:k2YOBQ4w
お前いったい何時間スレに貼り付いてるんだよ141?

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 17:53 ID:5e3uv1cE
なんか141ふたりいない?(藁

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 17:59 ID:z6tuzZes
>>249
どういうつもりでそれを聞いたの?
嗜好はひとそれぞれだから141が何読もうとあげあしとる気はないよオレは。
まあ250を見ると、オレ的にカスあるけど、読むのは141の自由だし。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 18:10 ID:qEs7GjNA
>>250
創元色の濃いラインナップだな。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 22:11 ID:Q2WN33Rc
しかし、ちゃんとデータを示した >>231 は無視か :-)
ただの煽りっぽいなぁ、ますます。

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/28 23:56 ID:PrGtqdgQ
そうだそうだ
ティプトリー以降ほんとに「SF出版物は激減」したのか?
231さんのデータを元にぜひ241さんには語っていただきたい(煽りでなく、マジで)

ところで私見としては「男たちの・・・」に対して恋愛物というような甘い要素は
まるきり感じなかったです。ていうか「異性人の性的魅力」云々と書かれていた
意見もどうなんだろ?セックスもラブも抜きで、ついでにフェミニズムも
抜きで、ただ自分の居場所を必死で探す人の話と受け取りました。
ここ論客多いけど、自分どうもボキャ貧で論理的な文章が書けず、浮いてると思います。
すみません逝ってきます

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 00:35 ID:IRs2zuIw
>242のご希望通りあの母と娘の正体が宇宙人だったりしたら、
むしろただ単にお迎えを待っていたかぐや姫みたいな
つまらんオチになってしまうのではないかと
個人的には思うが、それで面白いってヒトもいるのね。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 00:38 ID:wolFT1Fs
>>257
うん。なんか時代的にフェミニズム的な文脈で語られること多かった
と思うけど、もっと根源的な孤独感を感じるよね。
フェミ感が薄まった「ビームしておくれ‥」や「たおやかな狂える手に」のほうが
ストレートでわかりやすいな。はげしい叫びのような孤独感がビシビシ伝わってくる。
「男たちの・・・」は意図的に変化球投げたって感じだな。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 07:11 ID:SMw1XPSo
解釈もばらばらだし、結局どう言おうが
あの短編が未完成な欠陥品なことにかわりはない。

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 08:00 ID:0P8f1mGM
ああ夏休み。

262 :At.N.:01/08/29 12:38 ID:7CDcX8gk
> 解釈もばらばらだし、結局どう言おうが
> あの短編が未完成な欠陥品なことにかわりはない。

「解釈がばらばら」「未完成」「欠陥品」
この全てが正しいとしても、あれを面白いとか、興味深いと感じる人がいることとは何も矛盾しない。

263 :262:01/08/29 12:40 ID:7CDcX8gk
つか、>>260 って、解釈が一意に定まってない作品は全て未完成な欠陥品といいたいんだろうか。
「フィネガンズ・ウェイク」みたいな極端な例をあげるまでもなく、
別に関係のない話だろそれは。

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 16:55 ID:2OHpPBcU
めったやたらと孤独感えがく文学がきらいでSF読んでんのに
SFの世界にまでくだらない文学趣味がはびこるとは(怒)。

265 :At.N.:01/08/29 17:56 ID:0aYKz8TQ
>>264
例えばオールディスに言わせると、SF の祖には「フランケンシュタイン」があがるんだが
こいつはまさしくめったやたらな孤独感の塊みたいな話。

別にティプトリーが「めったやたらと孤独感えがく」ことを流行らせたわけじゃないよ。
ティプトリーより遥か以前からジャンルの一部として内包されていた方向性だと思う。
あなたが SF のそういう部分を評価しないのはもちろんありだが。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 18:56 ID:N8BlWvII
>>263
ティプトリー嫌いなのはわかったよ。
でもそういう作家で、そういう世界向きの読者がファンについてる訳で、それの何が悪い?
だいたいティプトリーファンがティプトリーしか読まないかのような言い種が袋小路。
うちにゃティプトリーもラッカーもニーヴンもあるんだよ。
作者が生きているなら、もっと陽気なもの書けって要望ともとれようが他界しているし。
炉里系ジャンルなどをしつこく叩くなら気持ちもわかるが、
ティプトリーをターゲットに怪気炎あげてるお前がカフカ的に不可解だ。
まずティプトリーでルサンチマンというこだわりの立場が既にお笑いなんだよ。
何がやりたいんだ。

267 :266:01/08/29 19:02 ID:N8BlWvII
で、俺は神棚に「愛はさだめ」を祭っている訳じゃないが
一読者として普通に141にムカついているのでこの言葉を贈る。

お前の人生に何があったんだ? 素直に告白してごらん。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 19:14 ID:XDD84NE.
他の人はどうだか分からないが、漏れの場合は
買った本の七割が古本屋行き。いちいち怒っていたらキリがない。
せっかく読んだら自分向きじゃなかったというだけで...確かに気分はわかるが...
ここまで粘るのは正直、書評とか文学論以前に、己の読み手としての
未熟さをさらしてしまっているだけのような気がする。
何を、どこでどう怒ってこだわるかは個人の感性だろうが、
公の場でそれを持ち出せば、そういう感性を最大公約数的に評価されるのも必然。
そのへんふまえてやってほしい。

269 :263:01/08/29 19:21 ID:0aYKz8TQ
>266
えと... 264 へ、ですよね。
文脈を読んでりゃわかる話ですがいちおう念のため。

270 :266:01/08/29 19:28 ID:XDD84NE.
>269
そうですスマソ。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 19:35 ID:etGMG3tY
ダークとされるフランケンにしても
改造人間の悲哀という表向きの陳腐な物語のうらに、
破壊欲や自滅願望が暴走していく刹那の快感がみなぎっている。それも楽しさだ。
そういう読みがなきゃS・キングが売れる訳がない。
ここでティプトリーが暗い、ブンガクだと騒いでいる奴等、
富士見ファンタジア文庫宣言でもしたいのかな。
...俺も持ってるけどさ(笑)

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 19:52 ID:etGMG3tY
>>271
僕はどちらかというと富士見ロマン文庫宣言したいです。
ヘンリー・ミラーの回帰線二部作の裏版ともいうべき
「オプス.ピストルム」などあなどれないラインナップでしたハァハァ

273 :つまらん:01/08/29 19:54 ID:etGMG3tY
ちっ自作バレか...

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 20:02 ID:0aYKz8TQ
>271
きっちりこういう突っ込みがくるところが SF 板の楽しさのひとつではあるかな。

しかし ID をわざと残して自作自演っぽく書くところが芸ですね。
爆笑。

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/29 20:03 ID:0aYKz8TQ
なんだわざとじゃないのか...
真面目に感心してたのに :-)

276 : :01/08/30 04:54 ID:mKkPJzpw
宿題終わった?

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/30 17:02 ID:4HwBijyQ
読解力がないってケンカ売られたから買ったまで、
単純な話をむりやり複雑にとらえてもしかたないっしょ。

278 :141:01/08/30 17:25 ID:lZynAGLc
どうしたんだよみんなああ?
ティプトリーだぜティプトリー。よく平気で読めるなあ?
つか何であんな作家がこの夜に存在しているんだよ破邪してくれよお
俺、気になって夜もおちおち眠れないんだよおお
俺に24時間フェミニズム電波を浴びせやがって誰かハヤカワを核攻撃してくれよ
眠れないんだよおおおおお

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/30 17:48 ID:VWzzDZBs
>277
だから、あなたにとって単純明快な捉え方が
他の人間にとって単純明快だとは限らないという話なのだが。

無理やり複雑にとらえているのではなくて、
あなたが文脈を単純化しすぎているというのが他のほとんどの人間の意見。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/30 17:52 ID:VWzzDZBs
というか、本気で喧嘩を買うつもりなら、
事実の提示だけであっさり覆るようなしょうもない話を提示するのは
本来の意見への評価をも下げるだけだと思うのだが。
例えもとの意見に見るべきものがあったとしても、
支離滅裂な主張を場当たり的に繰り返すだけでは
話を真面目に検討するに値しない人物の主張として切り捨てられるだけ。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/30 17:55 ID:VWzzDZBs
人と違うことを言うときには隙を作っちゃいかんと思うんだがなぁ。
珍獣扱いされて、少しでも他の人間の感情を害しようとあがくだけの存在に
そんなになりたいものなんだろうか。

以上マジレス(ってなに)終わり。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/30 23:20 ID:4YQAevis
太宰も三島も漱石も孤独、孤独、孤独、もーうんざりです。
やっとみつけたSFという希望の世界にもそいつらが侵蝕、
いいかげんにしてくれ。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 00:39 ID:5Kk33.96
ついでに282も孤独。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 00:51 ID:eE.0ok9g
漱石は孤独か?
胃弱で神経症なだけだろ。

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 04:54 ID:YWFUyPfw
282の言ってることって、レディ-ス売り場で「パンツばっかりのメンズが嫌でやってきたのに、どうしてここでもパンツ売ってるの?!俺はスカートはきたいんだ!!」ってかんじがする(w

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:06 ID:rXIBW7.Y
要するに人間ドラマについていけません宣言だな。
SFは悪い侵略者が科学力で制圧されてめでたしめでたしと。
出直してこーい。つうか来るな(笑)。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:26 ID:pluEsuU.
だいたい件の短編にしても謎なんかどこにもないよ。
こやつの言いぐさを敷衍するなら
「ストーカー」読んで、影が大陽側にのびるのはなぜだ、
蚊の禿は物理に反していないか、こんなデタラメ読めるかとマジで騒ぐのとおんなじ。
ばかたーれ。
まあそういう情操の持ち主だからこそ
「ばっくれるのは卑怯」プププププププ...つう、俺的今年下半期の名言吐いて
くれた訳だし、捨てたもんじゃないけどな(笑)。
おお、上塗りされた恥が深い輝きを放っているな。オーリーで手入れしとけよ〜。

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:28 ID:j3QpentU
なんとなくP.K.ディックのスレッドを上げてみたくなった。
孤独感満載の上に神経症だし(胃弱には見えないが :-)
ティプトリーよりデビューはかなり早いし
少なくとも晩年以外の作品は SF だといわれてるし
映画化作品が多いので多分ティプトリーよりは知名度があるだろうし。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:29 ID:pluEsuU.
あ、そうだ!
オレ今すごい解決策思い付いたよ!
お前は一生本読むな(爆)

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:30 ID:j3QpentU
> 少なくとも晩年以外の作品は SF だといわれてるし

あ、初期に書いてたというメインストリーム狙いの話は別か。
突っ込み対策で一応補足。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:32 ID:pluEsuU.
>290
ディックは神経症じゃなくて精神病だぞ(煽りに非ず。マジ)

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:36 ID:j3QpentU
>291
そのへんの認識は欠けてたな。すまぬ。
ディックスレッドで違いを解説していただけるとありがたいかも。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:40 ID:pluEsuU.
>292
いや、今このスレからばっくれるのは卑怯だから(笑)。
というか、ディックはですね、つっこみどころの固まりみたいな存在なので
逆に書くだけつまらないかもと思いますが。
どこまで本当かわからないプライベートの逸話あたりが語りどころでしょうかね。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 06:42 ID:pluEsuU.
つうか、あのスレはあまり見てませんでした。
後でのぞきまーす。眠いのでとりあえず。

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 07:47 ID:pluEsuU.
今、141に「視点を変えて読んでみたら?」と提言しようと思ったが、
たぶん本を斜め45度から見たりしそうなのでやめとく。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 15:48 ID:0QAFGssY
世の中には孤独をえがいた話が多すぎる。
なぜSFまでその渦にまきこまれるのか、
不愉快 and 不可解。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 15:53 ID:0QAFGssY
>287
だから謎のないただの失恋話だって何度も言ってるじゃん。
フェミニズムとか孤独とか、あとからくっつけた文学ヲタ
の与太話をまともに信じるほどSF者は甘くないよってこと。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 17:20 ID:rXIBW7.Y
あ、そうだ!
オレ今すごい解決策思い付いたよ!
お前は一生本読むな(爆)

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 17:59 ID:C3bvA8Uk
というかウェルズとヴェルヌの昔から
SFの条件に「明るい」が不可欠なんて誰も決めてないんだが。
141にアドバイスしてやろう。
今すぐ、表紙がアニメ絵になっている1.5時間で読める本を読め。
読む環境として、TVでサタスマをかける事、BGMはモー娘だ。
天井からモールやホンコンフラワーをぶらさげておくとよりグーだ。
お前ならショック死しかねないからうっかり山崎ハコなどかけてはならない。
それで自我が癒されたら鼻メガネをかけてコンビニに走れ。
店員に心のこもった「おっつー!」を忘れるな。

それでお前は生きていける。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 18:12 ID:1mQgmrts
呼んでもいないのに勝手にオリにはまってパニックしている小動物。
てめーのチンケな自我と三島・漱石がつり合うと思うのは勝手だが、
どうして誰も>>250をあげつらって反撃しないかわかるか?
こいつと同レベルまで堕ちたくないからだ。
つけたテレビにエスパー伊藤が出ているのを見た時より恥ずかしい。

301 :At.N.:01/08/31 19:05 ID:/klZXMh6
>282
>297
あなたがそういう好みであること自体には何も問題はないけど
そうやって自分の好みを特定のジャンルに重ねてもどこかで裏切られるだけだよ。
自分だけにしか通じない「SF」の定義を抱えて不幸になっていくのが落ち。

行きつく先は、例えば梅原克文あたりか。
それでも梅原克文にはまだ、自分の作品なり自分の言葉なりを
マスメディアに乗せてゆくだけの実力があったわけだが。
もっとも、「SF者」という帰属意識をわざと間違えて使うことが
ここで有効な煽りに使えると思ったのならたいしたものだが。

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/08/31 23:33 ID:Q5x9F09M
「ズボンのファスナーがあいてますよ」と教えてあげることを
「喧嘩を売る」とはいいません。
さっさと閉めればいいだけなのに
恥ずかしまぎれに一物をだして「おらおら〜!」と暴れまくって
自爆した馬鹿がひとりいただけ。責任転嫁はやめましょう。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 00:36 ID:LTaG/QvY
>297
「俺には孤独感もフェミニズムも理解できる感性と思考力が
ないんだ、理解できないものは嫌いだ」ってとっととゲロしてうち帰れ。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 06:11 ID:AW2VY5z2
>>302
まず、ファスナーが開いている事を指摘される。
恥ずかしい小ミスを糊塗するだけの為に、
「いや、これはわざとだ。今から露出をするところだった」と一物を出して
ますますドツボに。
当然向けられる奇異の視線。
ならばとばかり、これは自覚のうえでやっていますと
印象づける為にそのまま町内一周。
そして今は
「なぜ誰も俺の露出趣味を認めてくれないんだ」と
勝新太郎の「もうパンツは履かない」風すりかえ失敗玉砕状態。

と解釈してよろしいだろうか。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 06:51 ID:NU9TWa2s
>304
最後のセリフは
「ぜんぶファスナーが悪いんだ。ファスナーなんて嫌いだ」だな。
スレの流れで言えば。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 11:39 ID:NU9TWa2s


307 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 13:19 ID:Tmrj1i2U
きれいなSFをどす黒い文学が汚した。
ティプトリーは、結局、純文学くずれ、SFじゃない。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 13:25 ID:EeQCjIjo
何か一つきれいなSFとやらをあげろゴルァ

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 13:33 ID:Tmrj1i2U
>308
250に書いてある。

310 :At.N.:01/09/01 13:40 ID:oSv09LHI
あーあ。
結局「SF だ/SF じゃない」が煽りに有効だ、ってだけの話になるのね。
だめじゃん。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 13:43 ID:oSv09LHI
しかし「きれいなSF」は名言かもしれない。

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 13:47 ID:oSv09LHI
「だらしない男に女が愛想をつかしたってだけの話」ってのも
韜晦としてはわりと面白いんじゃないかと思うが。
天然を装って煽ってるからこうなってるけど。

313 :At.N.:01/09/01 13:57 ID:oSv09LHI
さらに煽っちゃえ。
たぶん言葉尻の問題だとは思うんだが、
人間ドラマがどうのこうのと反論が出るのもそれはそれで気持ち悪いかな。

個々の人間を描くより「人類」という概念を優先するのも
一つの異様な状況を再現するために古典的な物語の作りを放棄するのも
それはそれであり、というものじゃないのか ?
よりによってティプトリーで人間ドラマ云々、のレベルの話をされてもな。

だから、自分が一番好むのは
「そして目覚めると、わたしはこの肌寒い丘にいた」なんだが
これは余談。
ってはじめからぜんぶ余談しかないけど。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 14:01 ID:EeQCjIjo
>>313
いやスレの1を見る限り、あんたが一番本筋だろゴルァ!

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 14:20 ID:5LVIVM02
ティプトリー嫌いの人がこのスレに書き込んだのが間違いのもと、だなぁ。
「途中で放り出した本、ありますか?」スレに書き込めば、ふーん、こういう
ヤツもいるんだ、で終わっただけだと思うが、どうか。
でもSFは明るくてきれいのしか認めない、って言ったら大半は脱落するよなぁ。
この人は「たったひとつの冴えたやり方」なんかはどう評価してるのだろう。
読んでないか。スペオペだけ読んでてもらうのがおたがい幸せなのでは。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/01 15:33 ID:V1VYvX7.
「ビームしておくれ、ふるさとへ」はSFだと思うが
「男たちの知らない女」はむりにSFにしなくても、
 とは思う。

共産国は男女平等の理想社会だと信じてるあほ女でも
ヤマギシ会に金突っ込んで世の中から逃げ出す女でも
この話の主人公になれそうじゃねえかなぁ。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 15:42 ID:fHwSYa.c
そりゃそうかもしれんけど、北朝鮮やヤマギシ会に逃げていく女じゃ
話になんないだろ。
いきなり出会った宇宙人についていっちゃうところが強烈な
インパクトを生んでるわけで。そこがスペキュレーションやね。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 16:24 ID:oSv09LHI
>316
それ言い出したら、「ビームしておくれ、ふるさとへ」にしたところで
新興宗教に傾倒したあげくにコスモクリーナー作っちゃった奴とかでもいいじゃん、
ということにならないか ?

319 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/01 16:47 ID:V1VYvX7.
良い悪いじゃなくて「男たちの知らない女」は宇宙人が単なる小道具なので316の書き込み。

あと念のために逝っとくけど俺ティプトリー好き。

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 18:45 ID:WVqH2KPE
>317
スペキュレーションがつまらないSFの言い訳になっている。
SF界からスペキュレーション思想を排除すべき。

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 18:48 ID:EeQCjIjo
>320
おまえ、スペキュレイティブな要素がなくなったらSFじゃなくなるって…

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 18:51 ID:Je5x0zXs
スペキュレーションがSFの醍醐味だろ。それがなくなったらSFが成立せんよ。

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 20:23 ID:oSv09LHI
>320
ところでスペキュレーションって何 ?

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 21:13 ID:9maCBx5.
>323
きさまぁっ!すぺきゅれーしょんも知らずにこんなところを彷徨いておるのか!
説明してやれ、>325。

325 :323:01/09/01 21:24 ID:oSv09LHI
いや違う。
320 が何を指してスペキュレーションといってるのかな、って。
なんせこれまでの展開が展開だから、321 以降の人と同じものの話を
してるかどうかすらわからん。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/01 21:47 ID:V1VYvX7.
俺は321以降が正しいのかもよくわからん。
俺たちだけはスペキュレーションとやらを理解してるよねって事かね?

宇宙人=強烈なインパクト=スペキュレーション なら
「スペキュレーション」とやらは要らんでしょう。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 21:52 ID:oSv09LHI
> 宇宙人=強烈なインパクト=スペキュレーション

おいおい...ネタか ?

328 :316:01/09/01 21:56 ID:V1VYvX7.
俺に聞いてるのか?
317に聞いてるのか?

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 22:04 ID:oSv09LHI
言葉の定義論争ほど不毛なものは世の中にないそうなので
とりあえず辞書を引いた結果。研究社のふつうのやつね。

> 1◆(確実な根拠なしの)思索, 沈思; 推測, 憶測 〔on, about〕.

根拠レスってのはちょっと面白いとこだが
少なくとも「強烈なインパクト」やらと等号で結ばれるようなしろものじゃないわな。

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/01 22:11 ID:oSv09LHI
>317 は、
スペキュレーションの結果があの話を生んで強烈なインパクトを与えている、と読むべきで
いきなり等号で結んでしまうのは乱暴だろという話ね。

まぁ好意的に読まないと変に取れるのは確かだが。

331 :317:01/09/02 02:15 ID:W8Q.42z2
とりあえず

>宇宙人=強烈なインパクト=スペキュレーション

こういう等号の意図はないです。少なくとも「宇宙人=強烈なインパクト」は乱暴すぎ。
「たまたま出会った宇宙人にあっさりとついていってしまうほどの所在のなさ」を考察した時に
はじめて強烈なインパクトがあるわけで、>330さんの解釈されている通り。
ティプトリーの場合最小限のシチュエーションが提示されているだけで、考察は読み手に
ゆだねられているからこういう論争がおきるのは無理ないかもしれん。

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/02 04:54 ID:hU8bl9SY
それを言ってしまったら、
ストーカーは西欧の利器にとまどうどこかの原住民の話でいいんじゃないかとか、
ソラリスは単に、別れた女と再開して苦悩するハーレクイン話で充分じゃないかとか、
そういう事になっちわないか?
いや実際、SFの必然がないと思われる戦記物SFとかあるし。
それは、SFと名がついていないと気が済まない人の為の娯楽作だろうけど。

「XX星人がXX装置でXX効果を」的な、頭から尻まで空想仕立てで成功している
SFって数少ないと思う。補完機構シリーズとか...これだってナチスやチャイネシアという
「現実」が遠くこだましているから活きている訳で。

結局SFの必然は自分にもよくわからないが、SF作家達が、
個のリアルをなぜSFという手段で表現するのか考えてみたい。

333 :無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/02 14:12 ID:DSyRWvCM
「ぼくがハリーズ・ハンバーガーショップを辞めたわけ」を
説得されて家出を止めた少年の話に書き換えてもいいよね(微笑。
・・・・・・・・・・・・俺には考えられねえなぁ。

「たまたま出会った宇宙人にあっさりとついていってしまうほどの所在のなさ」は
「たまたま出会ったカルトにあっさりとついていってしまうほどの所在のなさ」でも可。
つうか強烈なインパクトの部分を宇宙人という極端さと読者の考察に頼るSF作家は
カルトについてきっちり調べて現代社会でこんな事が?まじ?ってスタンスのライターに
負けて当然。
SFに向かないテーマをSFだから興味深いと思うならご自由にってことかなぁ。

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/02 15:09 ID:1VJJfOl2
んーそういう理解なら別にそれならそれでもいいんだが、例えば「ぼくがハリーズ‥」だったら
一度旅立ったら2度と戻ってはこれないという枠組みが提示されるのが重要なわけで
「男たちの知らない女」も同様。つくづく郷愁とか孤独とか文学的感傷に無縁な人なんだね。

SF的な仕掛けによらないで同じ表現が可能なら自分はそれでもかまわんが「男たちの‥」
の宇宙人をカルトにおきかえてたら成立しない。
カルトって人間が作ったものだからどれだけ突飛でも理解できるが、宇宙人って全く異質な物の
メタファーとして出てくるわけだから。それについていってしまう不可解さがあらかじめタイトル
に明示されているところがまた洗練されているなあと思ったりする。
つーか言葉で説明するとやたら陳腐になるんだけど。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/02 18:41 ID:ap38Ib7Q
ティプトリーとか2001年とか、物議をかもした過去アリなものを
後追いでちまちまくさすのってどうかねえ。
しかも今頃。
自分の頭で考えられないのは誰なんだか。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/02 19:40 ID:DSyRWvCM
例えば「ぼくがハリーズ‥」だとアメリカド田舎人に
異世界とは何かを語るのに人類すぎる異次元人が
効果的な小道具として生きてるよね。
でも「男たちの知らない女」だとエイリアンは
(多分)学生や研究者、(多分)いい人、
多分食人の習慣無し、多分性別まである。
(このニ作品のねらいはまったく違うのはおいといて)

俺にとってカルトよりエイリアンのほうが人間的すぎるんで
「男たちの知らない女」は絶望や孤独がマイルドに感じるデス。
(We are not aloneな映画な感じです)

それと俺は誰が自分の頭で考えられないかを指摘した覚えは無いよ、
そんな必要性ないしな。
さて、そろそろ書き逃げしてネタスレで遊んでくるデス。

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/03 02:35 ID:ClKQEYf6
「なぜSFでやる必然があるのか」
の答にはなっていないが、少なくともカルトと宇宙人では
話のニュアンス、読み方がまったく変ってしまうと思う。

カルト〜社会病理になびく女たち〜というような社会派物語。
宇宙人〜種をも超えた普遍的な「男性性」「女性性」の問題。という風に
(例えば、だよ)。
オーソドックスな物語の祖形というのはだいたい大昔に出来てしまっている訳で、
あまり抽象化、単純化してしまったら、例えばスターウォーズは
「貴種流浪譚」で終わってしまう。つまらん。

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/03 02:52 ID:ClKQEYf6
あと、「惑星地球の霊長類ヒト目」というところまで視野が広くなっている今、
小説が前時代的ヒューマニズムで人間を語り切るのには限界があると思う。

思弁的にヒトを考察するとき、ヒトの対象物として宇宙人や未来文明などが
「仮定的に」必要というだけでもSFの存在意義はあると思う。
もちろんすべてのSF、思弁的小説にそれが該当する訳ではないが。

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/03 03:05 ID:W2rsb6V.
自分は、問

340 :押してしまった・・・:01/09/03 03:16 ID:W2rsb6V.
自分は、問題の短編については
>>331さん説に賛成。「ビームしておくれ」などで露な
孤独感が、何より作者の頭にあったことじゃないだろうか。
宇宙人というのは何かのアナロジーではなく、文字どうり、
馴染めそうにもない外来者という存在で。
あの短編は、男と女の云々という読みが容易だし、
解題してカルトに置き換えるのも一興だろうが、
何より私・アリス・シェルダンのXX(これは自分には不明)という話のような気がする。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/03 03:46 ID:/tIB3ec.
「ぼくがハリーズ‥」の旅人役を仮にソビエトからの亡命者に置き換えたら
と考えたんだけど、そういうんじゃあの軽さって出せないんだよね。
ボタン一つで異世界旅行っていうスペオペ的な軽快さと、永遠に旅をせざるを
得なくなった旅人の郷愁が絶妙なとりあわせだと思う。そんなに簡単に還元できるものではない。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/05 06:30 ID:/QoL74/A
P.K.ディックが好きなんですわ。
彼の経歴を見ると、
主流小説家になろうとあがきながらもSFに搦め取られたというか、
SF漬けな一生だったでしょう?
そういう「悲しき職業作家」って多いと思うんですが、
ティプトリーのの創作活動は、
恐らくCIA職員でないと知り得ない、世界の均衡の危うさを暗に告発というあたりから
始まって、ビームしておくれ...のような内面吐露の作風に至ったのでは・・・。
もとからエンターテイメント狙いの作家ではないと思う。
失礼ながら、小児的に過ぎて141君を擁護する気にはなれないが、
確かにティプトリーのSF性は目的ではなく手段だったように思える。
表現の為なら「虚構船団」すらやってしまう筒井康隆などと違って、
恐らく、ティプトリーは言いたいすべてを書き尽くす鬼にはなれなかったのでは。
ナイーブだったんだと思う。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/05 13:19 ID:fYXPGnXw
>恐らく、ティプトリーは言いたいすべてを書き尽くす鬼にはなれなかったのでは。
>ナイーブだったんだと思う。

同意
死や性にたいして、「そんなもの」と意味付けや感傷を拒否して突き放した所が。
感傷を覚えない人は感傷を拒否する必要すらないと思う。

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/07 05:32
>>333
>「たまたま出会った宇宙人にあっさりとついていってしまうほどの所在のなさ」は
「たまたま出会ったカルトにあっさりとついていってしまうほどの所在のなさ」でも可。

いや、それじゃ比べられないと思う。
オレらにとってはどっちも異質だけど、
ティプトリーにとって異質なのは人間であって宇宙人ではない。
もし彼女が宇宙人を異質なものとして捕らえてたら、
「たおやかな・・・」とか書けないはず。

CIA時代の色々なことのせいで、
人間と人間の作った世界に…失望?なんか違う気がするけど…
とにかく人間がさっぱりわからなくなって疎外感を覚えて、
でも根っこのところで人間を完全に嫌いになれない。
そんな彼女が異質である人間を追求していったら
宇宙人とか出さざるを得なくなっただけだと思う。

「男たちの〜」や「ビームしておくれ」が宇宙なのは、
彼女にとって地球のどこも居場所にはなりえないからじゃない?out of everywhere。
宇宙になら自分の居場所があるという希望と、
正直「ビームしておくれ」なんかはそうでなきゃ困るみたいなのも感じる。

「たったひとつの冴えたやり方」の明るさも
「宇宙ってきっとこういうところ!」っていうティプトリーの希望が
ストレートに出てる作品として結構重要と思う。

345 : :01/09/07 06:48
「よたかの星」と「ビームしておくれ」が似ているって何かで読んだ。
でも、
未知の宇宙に挑んで惨然と星になったよたかに比べると
ビーム・・・の方はひたすら「もう疲れた。帰りたい」という切なさが。
>344さん他の指摘するCIAで知ってしまった事・・・なんだけど
エイン博士や遺伝子欠損で腕のない少女・・・などを念頭におくと
かなり恐いものがある。
国家機密を扱う人間は情報漏出禁止の宣誓にサインしているはずだが、
彼女の「いきなり作家デビュー」は彼女に可能なギリギリの賭けだったように感じる。
人類ってもうダメかも、でも伝えなきゃ・・・という。
彼女の「もう帰りたいワ」という切実な嘆きは、
文学的なこみあげる思いという以上に、
知り過ぎた者の苦悩のような気がする・・・

んですが、裏読みしすぎでしょうかね・・・

346 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/07 22:46
>ティプトリーにとって異質なのは人間であって宇宙人ではない
なるほど、宇宙人を全く異質な物のメタファーとして脱走話と見るより
そっちの側面のほうがしっくりくるなあ。
カルトよりエイリアンのほうが人間的すぎると感じたのはそうゆうことか。

しかし「ビームしておくれ」ならともかく「男たちの知らない女」は
アマゾネスの子造りなんぞを現代版に焼きなおしてまで
「男性性」「女性性」を前面に押し出してるからねぇ。
あの作品の宇宙人には女性性も非男性も感じられないんだよなあ。
男性性の集合に含まれない存在は女性性ということで良いのかな?

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 06:15
>346
たまたま母子家庭を知っているんだが、
あの小説の、ボケてるんだがしたたかなんだか分からない行動パターンは
かなり女々しさを鋭くついていると思うぞ。

その母子家庭なんだが、俺が小さい間違いについて指摘などすると、
「だって、ねえ...」
「ねえ...」
とか顔見合わせて、いつの間にか暗黙の了解済みだったり、
女の世界はわからんと思った、あの家庭を見ていて。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 06:21
なんかさあ、○○は●●に置き換えても意味が通るからどうのこうのって言ってるやつらって
悪いもんでも食ったの?

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 06:54
漏れも置き換えするな派なだけに困ったもんだよ。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/08 09:13
自分の頭で考えられない人がまた出てきたデスねぇ。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 09:50
ですねえ。窮鼠に噛まれると痒くてウザ。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 10:50
ジサクジエーン

353 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/08 10:57
まったくデス、ティプトリーの良さがわからない奴は悪いもんでも食っテロです。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 11:03
 えーと、「たった一つの冴えたやりかた」は、主人公の女の子の自業自得ってことで終了。

 オーソン・スコット・カードの短編とティプトリーの短編って、すこし共通するものがある気がするんだけど、どうだろう?

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 11:10
まだ夏休みが終わってないらしいな...はあ...

356 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/08 11:15
ジサクジエーンってなんのことデスか?
私を348、349、351といっしょにシないでください(プンプン

357 :とおりすがり:01/09/08 14:00
ん、俺348だけど>350−351は俺に対する煽りじゃないの?
どこらへんが自作自演なのかよーわからん。
おつむに虫でもわいたか?

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 18:41
>>347
ああ、そういえば旅行で母と娘二人の家族といっしょになったことあるけど
なんかやっぱそんな感じだった。
なんか目に見えない膜みたいなもの感じたな。なんとなく別の生き物っぽかった。
海岸で輪になって歌うたってたよ。宇宙人呼んでたのかもしれない。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/08 23:19
男の自分には、347、358の言う「女はわからん」ももっともだと思うが、
実はティプトリー自身が女だった事と、わざわざ男性名を騙って
あの手の作品を書いた事が不可解だな。
自分だって女のくせに分かったような事書くな!という批判をかわすために
男になりきったのだろうか?
書評なんかでそのへんは詳しく解説されていると思うけどあいにく読んでない。
どうなんだろう。

360 :無名草子さん:01/09/09 00:58
>読めよ

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/09 02:00
夏休み続行中。はあ...

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/11 18:29
どうも夏休み以来、板のあちこちで
噴飯もののチャレンジャーが顰蹙買ってるんだが。
ネタバレさせたくないから書かないが文体も同じ。
こんなのどかな板で何ふかしまくってんだか・・・

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 18:07
SF者は、CIA職員なんてブランドにはだまされない。
ティプトリーにはSF魂がない。

364 :At.N.:01/09/12 23:08
>>354
どのへんが共通していると感じられるのかを
もう少し書いてもらえないとなんとも、かな。

自分自身はティプトリーはともかくカードにはなじめないものがあるので。

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 23:11
>>363
厨たんの煽りのほうが面白いな。
出直せ。

5 名前:( ´∀`)厨房代表@SF板( ゚Д゚,,) 投稿日:2001/06/11(月) 15:00
> この作家に対するSF者の意見っておもしろいと思うんだけど。
>ラインバーガー博士≠ヘ政治上の重要人物であった、とか
> すぐ言うのが愉快でしょうがねえ。
> んで似たようなことをアリス・シェルドンについても言うからさらに笑える(プ
> そんなに露骨にマイノリティコンプレックスをさらさなくてもいいじゃんSF者さんたちよ(プ

読めって

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/12 23:16
>365
つか、いいかげん放置を覚えろよ。

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 00:50
>366
あんた、養殖という言葉を知らんのか?

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 01:43
>367
SF 板は素直に煽られてる純真な奴が多くないか ?

369 :354:01/09/13 02:14
 なんというのか、どちらも(傍目に)救われない話を書くところ。
 と、書いてしまうとアホみたいだけどさ。
 救われないけど、ティプトリーはそれをロマンチックに仕上げる。
 救われないけど、カードはそれを宗教的なカタルシスで仕上げる。

 という印象。

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 05:32
そうそう。荒らしなんだよね。確信犯なんだよね。
素で意味不明な事言ってた訳じゃないんだよねプププ

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 05:35
こういうあほ(370)もちゃんと大事に養殖しないとね!

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 05:38
図星だった?ゴメソ!

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 05:41
ティプトリーは卑怯〜!ギャヒャヒャヒャヒャ

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 05:42
宇宙人の意味がわかんないよ〜!グヒョヒョヒョヒョ〜〜〜!!!

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 05:43
アフォなぼくちんにはおいしくてたまんないウ〜!
もっとエサくださ〜いギェヒェヒェヘ〜!

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 05:57
はーい餌の時間ですよぅ!たんと食べてね!って餌のやりすぎでスレが
過飽和になっちゃ困るわね…。今日はこれで最後の餌にしなくっちゃ。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 06:02
ちい。
じゃあぼくちんもおやすみしまちゅ。
8月中に踊っていた兄ちゃん復活きぼ〜ン
ずっとウォッチしてるんだからファンを大事にしてね〜
じゃおやすみグー

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 17:05
荒れてるなーー。
SFは空想科学小説、空想とスペキュレーションは違う。
だからティプトリーはSFじゃない。
SF者からみると噴飯ものの作品。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 17:48
よくあるSF周辺作品だと噴飯しちゃうんですか?
面白い笑いの感覚ですねえ。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 17:59
確かにね。
ティプトリーはSFなんかじゃないよ。
SFなんて腐ったジャンルにはもったいないすばらしい作家。

なんでSF板なんかにスレッドが立ってるんだ?
本人がSF好きでSF作家として見られたがったから?
可哀想だな、なんか。

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:06
>380
ここでの長々とした議論、過去のリソースをざっとおさらいして
決めセリフ吐きたがる378みたいな奴ばかりだ。ネタ与えちゃだめじゃんか。
初期からそれが問題だったかのように「スレ違い」とほざく奴が出るぞ。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:07
しょせん「SF者」とやらにはティプトリーのよさはわからないってことか。
ここ、匿名だけあってSF者だのSFファンだのと自分で言ってる連中には
いい感情を抱いてない奴が多いように見えるからね。

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:08
>381
スレ違いではありません。
板違いです(藁

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:09
てえかSFもスペキュレーションもお前等
怨恨厨房の為の道具じゃねえんだ。
「スペキュレーションは噴飯」
「SFは腐ってる」
偉いなあお前等。

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:12
>384
放置できずに遊ばれる人がまた一人。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:14
そういう意見と意味にコメントしてるんだ。
お前にやレスしてないよ。安心しろ。

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:18
ほんとうに愉快犯に喜ばれそうなタイプだな、このひと。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:18
>385
もうやめようよ・・・いじる相手を間違っているよ・・・
最近なかなか硬くならない自分のティンコをいじる努力をしてよ・・・

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:19
>>381 は間違ってないと思うよ。
そこで止めときゃまだいいのに延々反応するあたりが粘着。

390 :381:01/09/13 18:20
ありがとう389。
やつにはジサクジエンと思わせておこう。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:26
おい385、質問だ。
今ここに何人いるでしょうか?
遊ばれてるのは誰でしょう?バーカ

392 :385:01/09/13 18:31
完全に一人で全部自作自演をやった覚えはないから
ありそうな可能性としては379以降で二人かな。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:34
マジで答えるなよプ

394 :141:01/09/13 18:38
ガタガタうるさいよ!
ティプトリーは卑怯なんだ!僕は許さない!
卑怯なんだよおーっっっ!!!

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:39
さらにまともに答えておく。
380=382=383=385=387=389=392。
確かに遊ばれてるな。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:42
わたくしもまともにこたえておく。
>395
見たまんまって感じで面白くない。
使い分けろよ〜

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:43
1から377までは俺の自作自演でした。皆さん申し訳ありません。

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:44
別に自演のつもりでやってないし。
それこそ見ればわかるでしょう。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:45
一粘岩をも通す。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 18:48
犬に餌やる時間なの。さよならは辛いけど...(藁

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/13 19:07
おや?

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/14 14:28
昔のミステリーが本格と変格にわけてたように
SFも本格と変格にわけて、ティプトリーは変格で
出せばいい。

>380
文学板にティプトリーのスレッドたてれば?

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/22 18:14
やっと単行本全部揃った。
短編集では、「故郷から〜」が一番好きだ。
でも、「老いたる〜」はどの話もいまいち好きじゃなかった。
「ネズミ〜」の言いたいこととか、俺には難解すぎて
分からない所が多いわ。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/24 03:10
早川で出版される前のサンリオ時代からの
読者集合!

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/09/26 11:38
解散。終了。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王 :01/09/28 04:59
ティプトリ−は文体的にナボコフ/ボルヘスの影響著しいというか、
似たような所を狙ってたような気がするんだけど、どう?

っていうか鼬害かも。スマソ。

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/10 00:34
俺ティプトリー好き。
読んで鬱になった後、新宿の雑踏の中に行くと、
「・・・こ、これはいったいなんなんだっけ?」って感覚が味わえる。
強烈なSF→現実の眩暈感。これぞ醍醐味。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/10 12:14
ティプトリーこそSFだろ。
ティプトリーだけが、いまだにSFの前衛にして中核なのだ。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/13 19:28
暇だな。しょうがねえ、相手してやるよ。

>>408
はあ? 何言ってるの? あんなカスをありがたがる奴の気が知れねえな。ヴァカ?(藁

こんなもんでいいか? じゃ、あばよ。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/19 04:04
「たったひとつの冴えたやりかた」って、英語では何て言ってるんですか?
いや、タイトルじゃなくて、セリフとして。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/20 00:29
↑俺も気になる。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/20 00:53
Only one clear way.

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/20 04:53
The only neat thing to doだろ?

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/20 20:41
透明あぼーん機能(・∀・)イイ!

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/10/21 03:58
なるほど
興味深い話です
ワトキンスさん...

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/12 08:17
age

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/13 22:02
今日のプロジェクトX見てたら「ラセンウジバエ解決法」が
頭から離れなかったよ。
あの作品、最後のブラックなオチがたまらないんだよな。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/22 13:26
長編が読みたいage

419 :418:01/11/22 13:27
短編のキレはないのか?

420 :418:01/11/22 13:27
でも,読みたい。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/23 03:28
>418
とりあえず「輝くもの天から落ち」希望ですな私は。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/11/26 18:49
彼がね、山へ狩りに行ったんですよ。山へ狩りに・・・
そこでね、こびとに遭ったんです・・・
何ていう名前のこびとだったか忘れましたけどね
ずいぶん昔の話だから・・・
とにかくそのこびとに遭ってウインクルはお酒をご馳走になったんですよ
そのお酒があまりにも美味しくて
どんどん酔ってしまったんです・・・
そして夢を見たんです・・・
眠りに堕ちて・・・夢を見たんです・・・
その夢はね、どんな狩りでも許されるという素晴らしい夢だったんです・・・
ところがその夢がクライマックスに達した頃
惜しいことに目が覚めてしまったんですよ・・・
辺りを見回すとこびとはもう居なかった・・・
森の様子も少し変わってた・・・
ウインクルは慌てて妻に会うために村へ戻ったんです・・・
ところが妻はとっくの昔に死んでたんですよ・・・
村の様子も全然変わってましてね・・・
つまり・・・ウインクルが一眠りしてる間に何十年もの歳月が経っていたんです・・・
リップ・バン・ウインクル・・・こびとに何ていう名前の酒をもらったんだ?
できれば俺も飲んでみたいなぁ・・・
覚えてます・・・
ラム、クアントロ、それにレモンジュースを少々・・・
シェイクするんです・・・わかりますか?
X・・・Y・・・Z・・・
そう・・・『これで終わり』って酒だ!

423 :1:01/12/04 12:28
沈んでるではないか!

みんなティプトリーは読まないのか?
最強作家の一人だと思うんだけどなぁ。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/04 14:01
>422

なんでそこで「野獣死すべし」

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/04 14:04
http://proxy.ymdb.yahoo.co.jp/users/dbbcdf7/bc/index.html?bcD4wK8AOWwezmxl

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/04 23:48
『愛はさだめ、さだめは死』を買ったら
それは表紙だけで、中身はカードの『エンダーズ・シャドウ』だったよ。
いたずらはヤメて欲しいと思った。

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 02:06
いいじゃん。エンダー。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/09 02:10
接続された女のラスト付近の語りになぜか泣けた。
   ↓
”ジョーはちょっぴり泣いてもいる。彼一人だけが、P・バークを本当に愛していたのだから。”

429 :5:01/12/16 05:39
あげ〜ん

430 :名無し@イーガン者:01/12/16 09:47
>428さん
ジョーが愛したのはP・バークの資質であり、生身の彼女では無いと考えると二重に泣けますね。

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/17 01:12
ttp://angel.lolipop.jp/cgi/imgboard/img-box/img20011216024348.jpg

このサブタイトルは止めてくれ。

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/27 01:20
煙は永遠にたちのぼって、とかも好き。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:01/12/29 02:26
>>430
そうそう、それだ。それが漏れの泣きのツボに入ったんだ。

434 :名無しの鼻は夜開く:01/12/31 03:54
ティプトリーの評価ってこんなに分かれるんですね。
私なんか一気に5冊読みましたけど。
「すべての種類のイエス」や「乙女に映しておぼろげに」のようなユーモラスでナンセンスなやつと、
「一瞬の命の味わい」のような暗い時期の作品が好きです。
「たった一つの冴えたやり方」の頃になると毒がなくなって、なんか寂しくなりました。

435 :名無しの鼻は夜開く :01/12/31 19:00
ティプトリーの面白さはコミュニケーションの断絶にあると思うので「乙女に映しておぼろげに」とかは
孫とおじいちゃんの会話のようで、ストーリーの起承転結ではなく話の噛みあってないところがおもしろ
かった。
レヴィ・ストロースの「悲しき熱帯」とあわせてこの人の本を読むと面白いと思う。
SFというよりも文化人類学の本みたいだしね。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/01 01:20
各自が考えるティプトリーで一番の傑作はなんだと思う?
個人的主観当然ありで。

437 ::02/01/01 13:30
コメディのほうが好きだ。

438 :名無しの鼻は夜開く:02/01/01 16:04
色々書いたけど、「マザー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」。
ユーモアナンセンスでも暗い作品と言うわけでもないけどカッコいい!!

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/01 19:32
なんとなく「ラセンウジバエ解決法」はすごいような気がする。

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/02 02:18
やっぱり「故郷へ歩いた男」はスゴイはず。

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/02 17:42
「故郷へ歩いた男」は結構泣ける。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/02 17:56
結局「ハドソンベイ毛布よ永遠に」を一番よく読んでるな。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/02 18:23
涙腺を刺激する作品が多いよね

444 :仮装巡洋艦:02/01/03 09:33
ほとんど読んでメチャ好きな作家なのに未だに
「たった一つの冴えたやり方」だけ買ってないんだよなぁ。

445 :名無しの鼻は夜開く:02/01/03 10:03
やっぱりティプトリーのファンは、1期〜2期にかけてが好きなんじゃないでしょうか?
3期(たった一つの〜の頃)は、それまでのティプトリーとは随分違うからね。
でも3期も嫌いじゃないですよ。

446 :すべての名無しふたたび生まるるを待つ:02/01/03 21:46
「たったひとつの〜」に収録されている作品なら
「衝突」が一番好きだな。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/04 02:56
レイブンの話が個人的には一番好きかなー。

448 :すべての種類の名無し:02/01/04 15:40
ハンドルにしてしまったけど「すべての種類のイエス」が一番好きだよ。
まあ怪物でメロドラマやってみたというだけの話、それはわかるけど(w

449 :名無しの鼻は夜開く :02/01/05 21:29
>>448
「すべての種類のイエス」の最後は悲しいね。
前半がドタバタで笑わせるだけに、よけいに悲しい。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/06 09:18
「そしてわたしは失われた道をたどり、この場所を見いだした」
雰囲気が好き。後に残る切ない読了感も。

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/07 02:24
「ネズミに残酷なことのできない心理学者」がすき。
「ビームしておくれ、ふるさとへ」の潔さ(?)も好きだ。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/08 23:53
自分はエイリアン等の異質な指向性が気に入ってます
やっぱ幼少のアフリカ生活が異質さを与えたんだろうなー
社交界デビューが嫌でどっかのガキと駈け落ちしたアリスたん、はぁはぁ

453 :1:02/01/14 20:48
「そして目覚めると、私はこの肌寒い丘にいた」
「故郷へ歩いた男」
あたりが最高と思われ。

個人的なベストは「楽園の乳」

ティプトリージャム食べてたら太った。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/26 22:37
age

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 08:56
すみません、ちょっと質問させてください。

「たった一つのさえたやり方」のヒロイン。コーティ・キャスの名前の
綴りをどなたかご存じ無いでしょうか?

教えて君ですみません(汗

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 09:58
Coty Cass

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 14:14
そういえば、エ○ァの最終回サブタイトルは企画時は「たった一つの冴えたやりかた」
だったが、途中で「世界の中心でアイを叫んだ獣」に変わっちゃったらしいね。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王 :02/01/27 14:43
エリスンの「世界の中心でアイを叫んだけもの」って、よくわからないんだけど、
どの部分が評価されたわけ?

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/01/27 19:52
 エリスンがうけたのは、
アメリカの社会問題をネタにしているところ。
現実をテレビショーでしか知らないSFナーズに
予見的だともてはやされたりしたのです。
今読んでもわからないのは仕方ない。
分かっても仕方ない。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/15 11:21
いまさらティプトリーにはまりはじめました。
で、質問なんですが
ティプトリーが実は男だった!というニュースに
リアルタイムで遭遇した方はおられますか。
どんな感じだったのかききたいなあと文庫解説よんで思ったので

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/15 13:43
>460
根本的に勘違いしてるような気がするんだが・・・・

ティプトリーショックについては水鏡子「乱れ殺法SF控」が
お勧め。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/15 15:18
>>460
ある意味ティプトリーショックを体験できると思われ(w

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/15 18:19
>>461-462
一見、あまりに自然なので気がつかなかった...
脳内補完恐るべし。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/17 00:23
「たったひとつの冴えたやり方」
SFマガジンで読んだ時、すんごくがっくりきた。
暫くして死去のニュースを聞いた時も、大してショックを受けなかったくらいだった。
今でもこのシリーズは、どこが良いのかわからん。

465 :460:02/03/18 18:57
あっ!!!!!
ご、ごめんなさい。すごい間違いを。。。。
えーーっと、それはともかく参考文献ありがとうございました。
読んでみまっす。

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/18 19:19
なにがどうアレなのか3分ほど考え込んでしまたーよ。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 01:09
ティプトリーの短編集3冊持ってるけど、
みんな最初の作品の途中で読むのに挫折。
2編目以降きっといい作品があるんだよね!?
ちなみにチャレンジしたのは「愛はさだめ〜」「老いたる〜」「故郷から〜」

468 :名無し@イーガン者:02/03/19 01:37
『接続された女』が一番好きです。
純愛小説で涙を流すとは、思いもよらなかった……

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 04:14
>467
何故、たった一つの〜を読まない? あれは他の話は面白くないけど。
後はやはり、接続された女だな。うん。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 08:57
【愛はさだめ〜】は「ハドソン・ベイ毛布よ〜」あたりが入門編としては
最適だと思うよ。分かりやすいし、読後の寂寥感がたまらないね。

SF初心者の頃、同じく最初の話で挫折しかけたので参考までに。


471 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 09:08
個人的には「ネジレウジバエ」の解法かな

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 11:17
恐竜の鼻は夜開くの太ってる女博士に萌え

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 17:18
「ラセンウジバエ」好きなんだけど、賛同者少ない気がする。
ティプトリースレですら、フェミニズムっぽい話は不人気なのか?

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 17:50
ラセンウジバエ、オチが好きだよ。ぞっとするね。
あれは別にフェミニズムって訳でも無い気がする。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/19 20:53
>473
漏れも「ラセンウジバエ」好きだよ。
フェミっぽい話が不人気なのはこのスレの1から読んでいけば解かると思われ。

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 03:31
テスト

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/20 04:58
『男たちの知らない女』だっけか…
あれ変に好きだ。女はこわいねえ。

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 01:25
面白いんだけど、非常に読みにくいときがある・・・・
もしかして自分はティプトリーというより浅倉訳と相性悪いのかと(以下略

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 01:34
[接続された女]は自分の中でベストな短編。
よくもまあ、あれだけ容赦がないなあ、とつくづく。
女は女に対して一番容赦のない生き物です。
フェミ系に不人気なのは、それは皆、腹の底で判ってて、
判らないふりをするのがお約束なのに、って反発もあるかも。



480 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 03:30
 アリスたん、ハァハァ…
真面目な話、シヴィアな話ばっかなんでマジデ男かと思ったYO!

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/22 05:05
「接続された女」、私もこれティプトリーのベスト。
あの時代に今でも色褪せないサイバーパンク(というと怒る人いるか)が書かれた
という事実には畏怖すら覚える。          ↑でも怒らないで

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 00:53
愛はさだめ、さだめはage

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/23 21:32
正直ティプトリーをフェミニズムの面で語るのはお腹いっぱい
女が女に対してどうとかどうでもいい

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/01 03:18
ティプトリー好きの人の、ティプトリー以外のお勧め作品ってどんなの?
教えてプリーズ!

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 16:46
>484
グレッグ・イーガンと小林泰三

486 :すべての名無しふたたび生まるるを待つ :02/05/09 00:07
ここ2日くらいの2chを見てると、ティプトリーの
『動物に残酷なことが出来ない動物学者』とか『ラセンウジバエ』とか
思い出した。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/10 22:19
>486
なんでなんで?

488 :すべての名無しふたたび生まるるを待つ:02/05/10 23:22
>>487


489 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/11 01:58
>484
ジョン・ヴァーリイの短編、ヤワなティプトリーな感じ?

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/17 23:57
「接続された女」と「ニューロマンサー」の両方にアイシャム姓の人が出てくる。
アイシャムってありふれた名前?

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/18 01:39
若い頃は読んでもぴんとこなかったけど、最近は
『スロー・ミュージック』が好きだ。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/21 21:46
>>489で名前が挙がったのに乗じて。
漏れ的にはジョン・ヴァーリイとティプトリーを対で見てる。

ティプトリーがセックスに絶望していそうなのに対して
ヴァーリイがフリーセックスマンセーなあたりが特に。
二人の世代の違いってのもあるんだろうけど。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/22 20:25
ティプトリーって、作品の長さと難解さがあ反比例してると思う。

494 :名無しにうつしておぼろげに:02/05/23 01:47
思いつくだけであげてみると
乙女にうつしておぼろげに、とか?

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/23 05:58
ティプトリー「接続された女」

ヴァーリィ 「ブルー・シャンペン」

ギブスン  「冬のマーケット」

だんだん、ダメ男でも生きていける世の中に(w

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/29 06:14
age

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/17 21:21
感覚で技術に対応する女、それに戸惑う男

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/07/19 09:50
下がりすぎ

499 :名無しマンの誕生:02/07/28 09:56
久々に読もうかなage

500 :phos:02/07/29 01:53
「ランバージャック」がいまだに訳わからんのは
私だけ?なーーーんとなく分かるような気がするんだけど。


501 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/09 18:47
「たったひとつの」や、「汝が半数染色体の心」はフツーにスペオペしてて読めたのだが、
他のいくつかは何書いてるのかさっぱりわからむ。

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/09 19:06
j
k
【難民板で祭り】
今、難民板でもの凄いことが起きている。SF作家?米田淳一氏が難民板の名無しさん
相手に自HPで電波ゆんゆんな反論をして、雪だるま式にヲチが増えてしまっているのだ。
いちおう現役の作家でハヤカワから本を出している方なのだが、日記のデムパぶりが
凄すぎて、SF板を追放され難民板に流れ着いたといういわく付きの作家。
もはや夏厨のみならずSF板をも巻き込んだ一大騒動にハッテンしている。
今が旬の米田スレを見逃すな!

米田淳一氏のHP http://www4.justnet.ne.jp/~jyl/
米田スレin難民板 http://ex.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1022103979/l50

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/09 23:58
「たおやかな狂える手に」
を半年くらい前に読んだ。ティプトリーのなかで一番好きな短編になった。
ちょうど恋愛に対して絶望的になっていた頃だったから、
気持ちいいくらい泣けますた。

でも、すごい幕引きだったとはいえ、彼女も結婚してんだよなぁ。
ティプトリーの結婚生活ってどんなんだったんだろう。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/11 12:47
>>500
ようするに、悲惨な結婚生活を回避するために取った行動のせいで悲惨な結婚
生活を送る羽目になったということでは。

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/18 23:33
ティプトリーの作品で映像化されてるものって無いよね。
個人的には、「接続された女」を一時間くらいのドラマで見てみたいage。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/19 01:51
>>505
主演は?

...キャシー・ベイツ位しか重い浮かばん。

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/19 03:08
実体はオジー・オズボーンの娘、
虚像は「ルーカス」のウィノナ・ライダー

508 :すべての名無しふたたび生まるるを待つ :02/08/20 02:25
「汝が半数染色体の心」の落ち、倍数体の胞子虫類 のくだり
未だによくわからないのだけど、あれどういう落ちなの?

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/20 14:01
実体はフィリップ・シーモア・ホフマンの妹
虚像はシャーリズ・セロンで

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/20 22:54
でもあれを映像化したら、ラストを変えてただの悲恋ものにされそーでやだ。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/22 23:27
>>508
ハゲドウデス


512 :愛は名無し、名無しは死:02/08/23 02:19
スレ全部読んだ記念age

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/26 13:21
同上


514 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/27 00:39
今更ながら
「老いたる霊長類の星への賛歌」読了
記念カキコ


515 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/27 03:14
たったひとつの〜はSF苦手な女子に受けがよかった。読みやすくていいと。

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/27 13:10
エトセトラ、エトセトラの意味分かった人いる?

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/27 19:23
ハドソンベイ毛布が抜ける。
漏れも「猿みたいに身体をよじ登られ」たり
「氷のような冷たい手でポコチンをにぎ」られたりしたい

あの小説で一体何回抜いた事か…

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/27 20:06
ティプトリーってえろいのばっかだよね。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/28 00:51
それなりにエロいシーンあるかもしれないけど、
続き読むとすぐ萎えるような作品多いじゃん。

とは言っても、『エイン博士』の女の描写とか好きだな。

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/18 00:28
久々にあげとこかな

521 ::02/09/18 02:32
あ、こんな板あったのね。
既出だけど、「たった一つの冴えたやりかた」で泣いたクチです。(汗)
#ハッピーエンドを期待して読み進み…やられました。
表紙以外に挿絵なんかないんだけど、主人公に萌え萌え〜!

でも、これってティプトリーの芸風から離れた作品だったんだよね。
他の作品読んで、ちょっとビックリしました。(でも、大体読んだつもり)

 あと、ガス状(?)の知的生命体が女の子に宿る話も「たった一つ〜」的で
結構好きだった。(作品名忘れた。SFマガジンに掲載されて読んだ。)

 結局、健気で頭の良い女の子燃えな俺・・・。

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/18 08:50
>521
それって父親と危ない関係になっちゃう話だっけ?
氷山をアメリカに引っ張ってく内容だった気が。漏れも好きだ。


ところで、「星々の涙」って違う作品に何度か出てくるね。
いや別に良いんだけどさ。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/19 11:44
>521,522
『星々の荒野から』ね。
ティプトリーのファーストコンタクトものって何気に良作ぞろいだと思う。

俺的には『ビームしておくれ、ふるさとに』がベストだが。





524 ::02/09/20 20:41
>521
>それって父親と危ない関係になっちゃう話だっけ?
>氷山をアメリカに引っ張ってく内容だった気が。漏れも好きだ。

 そそ、それそれ!
 親父とネンゴロになって、「パパに教えてもらったの〜」には
参った参った。(汗)

>>523
>ティプトリーのファーストコンタクトものって何気に良作ぞろいだと思う。

 非常に個人的な出会いで、それが人類全体に関わらない(?)あたりで
ファーストコンタクト物だとは感じなかったンですが…。
 言われてみると、確かにファーストコンタクト物には萌えな娘が多いかも。

 本棚あさって、もう一度読んでみるかな。


525 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/20 20:48
何気に良作ぞろいだねーぞろぞろいだねーこりゃこりゃ
http://www.yurika.tv/

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/22 23:45
ラセンウジバエもいい作品だよ

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/25 12:19
>>523
>俺的には『ビームしておくれ、ふるさとに』がベストだが
同じく。あれは泣けた。。
生い立ちとかインタビュー見ると、あの主人公はかなり本人が出てるんだろうな。
作品も素晴しいが、あの人生はそのまんまドラマだと思う。
映画か伝記を誰か作ってくれないものかな。
本気でやれば、SFというジャンル超えていいものになると思うんだが。

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/03 21:23
今だから言える独り言。
中学時代「好きな作家」を書けと言われ、この人の名前をあげた。
今思えば、かわいくないガキだったなぁ、と思ふ。

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/27 14:37
あげ

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/28 04:04
ティプトリーの作品でまだ翻訳されてないのってある?
あるんならがんばって原書を買って読もうかと思ってるんだけど。


531 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/28 05:34
>530
ティプトリ−は長編2本と短編が何点か未訳だったはず
文庫の後書きに載っていたと思います
>>522
「星ぼしの涙」はその未訳の中の長編の中で出てくるはずです



532 :530:02/10/29 03:26
>531
ありました、文庫の後書き。
早速アマゾンで確認してみたけど、在庫無し・絶版多いね…
でも一冊注文しました。おしえてくれてありがとね。

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/03 11:19
「すべての種類のイエス」のドタバタな感じがイイ。


534 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/04 04:08
最初からスレ読んだけど、ほとんど「老いたる霊長類の星への賛歌」を
言及する人、いないね。せいぜい「ヒューストン〜」ぐらいで。

ダメですか? 七編、これから読もうかと思ってるんだけど。
本棚みたらこれだけハヤカワ、サンリオ両方持ってた。アホですな。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/04 17:30
サンリオ版だけしか読んでないけど、
「煙は永遠にたちのぼって」良く意味がわかんなかったなぁ。
あとで『究極のSF』の方を読んで何となくわかったって経緯がある。
そんなヘタレなSFファンの俺には「汝が半数染色体の心」は程良い加減だった。

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/04 18:16
アイデアよりも雰囲気を楽しむSFが多いかな、「老いたる〜」は。
ネズミと染色体が好き。煙も、何だかぐっと来るものがあったよ。
結局意味は良く分からなかったけど、それでも良いと思われ。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/06 23:33
『煙は永遠にたちのぼって』は詩的だし、結構好きだな。
なんていうか、ティプトリーの生死観(、というか世界観かな)が
少し表れてる気がしない?


538 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/22 21:02
「ジャングルの国のアリス」未知谷から来月出版だそうです。

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/09 22:20
愛はさだめ、さだまさ死 が好き

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/12 01:47
age

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/14 13:34
冬たちが大きくなる、だっけ


542 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/17 00:04
雨が降ってくると、「衝突」に出てきた乳母(名前忘れた)の
「あめ、あまーぐ、あな」ってセリフを思い出す。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/17 00:20
>>538
めちゃ!たのしみである!

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/20 08:12
ピューパは何でも知っている
とか、あのシリーズも好きです…
ティプトリー的かどうかはわからないんですが。

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/20 09:38
>>544
ぽっく、も、とってぽすきっぽ!
てぃっぷとるる、なに書ゆても、うぱクチクチクチ!

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/21 03:05
「ジャングルの国のアリス」、ついに刊行されました!
出るって知らなくて図書新聞読んでたら出版広告出てたんで走って買って来た。
定価1600円は未知谷の本としてはわりと安い気がする。

原書ではあったらしいアリス=ティプトリーの挿絵がなくなって、
かわりに別の挿絵が入ってますが、でもそれもなかなかいいかも、と。

本国では続編も出てるらしいんで、ここまで贅沢言っちゃなんだけど、
ぜひ翻訳してもらいたい。
あとがきには、彼女の晩年について触れられてなかった…

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/21 09:22
>>546
おお!!ついに出たか!!
ティプトリーファンとしては読まずにはいられない!!
漏れもGETするぞ!!

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/21 19:54
>538
情報thx!買ってきました。
連休にゆっくり読もうっと。

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/24 17:10
ジャングル買ってきました!!
いいクリスマスプレゼントになりました!!

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/25 13:38
「ジャングルの国のアリス」読みました。
せっかく出すんなら原書の挿絵を使ってほしかったね。

白人の“大名旅行”ではあったけど、スゴイ生活だったらしくうらやましい。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/09 00:59
ティプトリーの未訳って以下の5冊で良いんですかね?

1. Up The Walls of the World (1978)  長編
2. Brightness Falls from the Air (1985)  長編
3. Byte Beautiful (1985)
4. Tales of the Quintana Roo (1986)
5. Crown of Stars (1988)

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/09 01:19
>>551
3は傑作選みたいなものでこれは別。
4,5は一部がSFマガジンに訳されているね。


553 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/09 01:41
>>552
ありがとう。

早く翻訳して欲しいけど、難しいんだろうなぁ。

554 :山崎渉:03/01/12 03:58
(^^)

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/14 19:47
いや、探しまくりました…
で、その時に見かけた本がこれなんですが
ttp://www.aritearu.com/Life/photo/Photo/Tippi.htm
「ティッピーアフリカに育まれた少女」
TV朝日のドキュメントもたまたま見たんですが、
現代にもティプトリーと同じような少女時代を送る子もいるんですね。
将来、祖国に戻った時にティプトリーと同じように「自分の場所」を探し続けるんでしょうか…

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/20 01:45
このスレやSF板のあちこちで『たったひとつの〜』が
泣けるとあったので仕事の不毛さを癒すために
休日を利用して読みますたが全然泣けませんでした。
ディックの『逆回りの世界』と
『アルジャーノン』では大泣きしたのに…

また月曜からクソの嵐、別名現実(クスン)に戻らなければ…



557 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/20 03:35
>>556
ティプトリーって泣けてくるんだけど、世評に高い「たったひとつの〜」は
正直「え?これマジティプトリー??」と思った。あれが「冴えたやりかた」だなんてティプトリーらしくない。
あくまで個人の意見として、私あれどちらかと言うと嫌い。
あれでティプトリーのイメージ作って欲しくない。たくさんいる好きなひとゴメンネ。

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/20 11:43
>557
同意。あれ読んだ時はかなりショックだったなー。
さすがのティプトリーも老いには勝てないのか…と。
サイバーパンクについてけなかった事もあって
あれでSFを読むのをやめた。
そのためティプトリーが死んだのを知ったのは数カ月後だった。
感想。まぁ、年だったしな…という程度だった。
しばらくして死に方を知り、さすがにショックを受けたが。

559 :山崎渉:03/01/23 03:41
(^^)

560 :名無しは無慈悲な夜の女王 :03/01/26 10:54
何度読んでも「グッドナイト、スイートハーツ」のオチがわからない漏れは逝ってよしですか?

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/28 01:43
泣けてくるといえば・・・
歩いて帰った男、ハドソンベイ、ヒューストン、かな。
つーか、煙は永遠に、も、ラセンウジバエも、すべてのひと再び、も、
いや、ほとんどが泣けるかも・・・。

562 :イラストに騙された名無しさん:03/01/30 21:51
われらなりにテラ
が泣けるのは俺だけ?

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/02 01:04
金曜日の朝日新聞の夕刊に未知谷のやつの書評が出てたよ。

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/02 02:46
美しい音楽と高層ビルでに溢れた生まれ故郷の星に帰ったら、って短編はなんだっけ。あれと「愛は・・」がベストです。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/02 02:55
>562
大好き。ゲームワールドも大好き(笑)
川原泉(由美子ではない)ならマンガでもいいな・・・いや小説のみが
いちばんだけど

まあ「泣ける」というは、まったく逆方向にとる人がいるからなー
好きなのは、ヒューストン、そして君は冷たい丘に・・、早川の
老いたる霊長類の・・の後ろにはいってた中編の探検隊のやつとか・・


566 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/02 03:51
ティプトリーってファンの人でも理解不可能な作品がたくさんあるみたいで
あんしんしました。
「老いたる霊長類〜」「故郷から〜」
が未読なので改めて挑戦してみようと思います。
でわ

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/02 04:39
すごい古いネタなんだが、殊能将之の「ハサミ男」は
ティプトリ―知ってるとなかなか楽しめます。
講談社ノベルズのやつ。

最近ようやく読んで気付いた。
けっこう常識なのだろうか、これ?

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/02 11:37
ここで何度か話題になってたよ。ミステリ板だっけな?
O森氏の古い知人だそうだし。

569 :山崎渉:03/03/13 17:01
(^^)

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/27 01:05
http://www.asahi.com/health/medical/TKY200303260191.html
鳥、新種のウイルス、世界中で発生……
エイン博士の仕業じゃあるまいな。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/27 10:32
>>564
「楽園の乳」では?

572 :山崎渉:03/04/17 11:56
(^^)

573 :山崎渉:03/04/20 06:00
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/04/30 02:11
こんなときだからあげ

575 :動画直リン:03/04/30 02:13
http://homepage.mac.com/hitomi18/

576 :山崎渉:03/05/22 01:56
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/26 22:42
誰もいない・・・

578 :山崎渉:03/05/28 16:58
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/05/30 09:05
個人の翻訳って難しいんだろうなぁ。
特にティプトリーの場合。

580 :_:03/05/30 09:06
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz01.html

581 :不倫の代償!!ウッチャン慰謝料5000万円?:03/05/31 00:07
http://bestranking.misty.ne.jp/gamble/enter.cgi?id=yami83


582 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/04 18:57

   ケイト!ケイト!
   ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
     ∧∧   )     (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザザーーーーーッ


583 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/07 13:52
>>582
イカス

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/27 23:25
;y=-( ゚д゚)・∵. ターンあげ

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/04 01:11
最近、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』を読んだ。
ラセンウジバエを思い出した。

586 :名無しさん名無しさん聞こえるか:03/07/09 21:36
「故郷から...」はよくわからなかったって覚えがるよ、ほかはよかった.



587 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/09 22:55
それが位置版

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/09 23:04
そして目覚めると〜が一番


589 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/10 00:46
愛はさだめ〜が一晩

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/10 00:53
ヒューストン賀市番陀

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/12 03:21
やっぱ故郷へ歩いた男だろ、悲劇だけど感動的
>>582はワロタ

592 :山崎 渉:03/07/15 11:34

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 21:14
アンバージャックは、アレはどういう解釈をすれば良いのだ・・・。
誰か教えてくれ・・・・。

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 21:37
あげ

595 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:47
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/02 13:51
ビームしておくれ、ふるさとへが一番

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/17 21:40
キィィブイ・ヴァアアアル・ヤッ!

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/18 09:24
テラよ、は面白いよね。

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/18 18:58
ハイーキョな中、こんなに早くレスがつくとは・・・昨日読んだので書いてみました。

ええ、書いてみたかっただけなんです、ヤッ!てね・・・

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/19 02:45
「故郷から10000光年」を読み終わった、と報告してみる。
故郷へ歩いた男が良かった。
ハドソン・ベイ毛布はなんか笑えた。

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/19 12:37
おいおい、故郷からで一番いいのは、ビームしておくれだろ。
あと、ヴィヴィアンと苦痛志向とテラよ奉じるは君だけとスイミングプールも素晴らしい。

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/21 10:44
"Meet Me at Infinity"の"The Color of Neanderthal Eyes"ってまぁまぁだった。にしても中途半端な本だな。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/05 22:03
今さらながらにツンドクだった「老いたる〜」読んでます。
暗くて難しい話ばっかりで、初心者にはお薦めできないが
再読に耐える作品ばかりだと思う。
集中でいちばん分かりやすい「ヒューストン、ヒューストン〜」
がヒューゴー/ネビュラをとったのはわかるけど、質的には
他の作品も遜色ない。
「一瞬のいのちの味わい」が特に好き。この暗さがたまらん。
一種の進化テーマ(アンチ進化テーマ?)といってよいと
思うけど、とにかく救いがない。
基本は単純なアイデアストーリーなんだが、主人公の
ねちっこい心理描写(こいつ妹と近親相姦だし)が
これでもかと畳みかけるように積み重ねられて、異様な
迫力を醸し出している。
内容を象徴する主人公の見る夢から始まり、「わたしは
もはや夢を見ない」に終わるラストまで、完璧。
暗い話の中では最高傑作の一つだと思う。

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/06 09:22
ティプトリーの未訳5冊をアマゾン古本で注文しますた。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/20 03:38
どなたか詳しい方、教えて下さい。
『故郷から1000光年』の解説で触れられている、
ティプトリーがアマチュア時代に書いた「スタートレック」小説
というのは発表されているんでしょうか?

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/20 07:13
>>605
その「故郷から10000光年」にちゃんと収録されてるよ。

607 :605:03/09/20 16:32
>>606
レスありがとうございます。
ということは、「ビームしておくれ、 ふるさとへ」がその作品なんですかね?

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/24 22:02
>607
606の人じゃないけどそれで正解
スタートレックの転送は原語ではビーム

609 :1:03/10/10 19:06
このスレが、
こんなに続くとは
思わなかった。


610 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/10 19:48
細く長く、まったりとしたスレだね

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/10 20:00
>>609
長寿はさだめ、さだめはDAT落ち

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/10 20:59
SF板だから全然大丈夫さー

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/19 14:37
「たったひとつの〜」
を読んだけどサパーリ泣けなかった……。
どうやら俺は人間じゃないらしい、うすうす感じてはいたけど……。

むしろ「グッドナイト〜」と「衝突」のが面白かった。

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/19 17:40
   ケイト!ケイト!
   ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
     ∧∧   )     (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザザーーーーーッ

では泣いた
それ以外では泣かなかった

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/19 19:12
そしてぼきはもちろんピートのかたをもつ
   ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
     ∧∧   )     (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザザーーーーーッ

あしたたったひとつの〜買いに行ってきます
今月金がなくてつらかったけど、やっと余裕ができたよ

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/19 21:19
俺も衝突の方が好きだよ。

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/20 22:16
現在「愛は定め」を読んでいるところなのですが、
「すべての種類のイエス」で会話の意味が不明なのは、作者の狙いなんですよね?
あと、「楽園の乳」のクロップとかいう生物も、分からなくて当たり前ですか?

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/21 20:56
薬を打てば解るよ

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/24 00:19
夜は千の目を持つ

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/10/30 18:48
「男たちの知らない女」を思い出しますた。
http://www.sankei.co.jp/news/031028/1028kok065.htm
 外務省は28日午後、北朝鮮から日本政府に対し「北朝鮮に不法入国し、亡
命申請した日本人女性がおり、調査中だ」との連絡が、27日に北京の大使館
を通じてあったことを明らかにした。

 これに関連し朝鮮中央通信は28日、女性の名前が「キタガワ・カズミ」である
と報じた。外務省によると、同一人物とみられる女性が今年4月、中国・瀋陽の
日本総領事館を訪れ「北朝鮮への亡命を希望しているので相談したい」と言っ
てきたので、応対した館員が翻意を促していた。

 外務省は女性の名前や住所、年齢などについて明らかにしていない。入国目
的は不明だが、政治的目的はないとみられ、今後日朝間で引き渡しなどにつ
いて協議が行われる。


621 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/17 09:21
「男達の知らない女」に「ビームしておくれ、ふるさとに」
は最初読んだ時はよくわからなかったけど、
要するにあれは女の子のお姫様願望みたいなものと解釈していいのか?

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/17 15:00
いま無理に解釈しなくていいよ。
いつか、「ああ、これか」って思うときが来るよ。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/20 15:08
>>621
奥さんに捨てられた濡れ落ち葉の亭主ってイメージがある。
熟年離婚とか。

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/14 03:05
エイン博士の最後の飛行でも語らない?

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/14 07:57
今年も流行るのかね、SARS……

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 01:17
そういや、あれエイン博士そのものか…

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/15 22:45
なんだか菌をばらまく動機が読み取れなかった覚えがあるな。


628 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/16 00:03
人間を絶滅させて、人間以外の生物を守ろうとしたんでしょ。

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/17 18:11
寄生獣?

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/23 23:37
寄生獣よりずっと前の作品だよ。

お願いだから誰か、「汝が半数染色体の心」のオチ、
倍数体の胞子虫類 のくだりの意味を教えてください。

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/25 00:03
>>630
別に難しい意味はこめられてない。
「人類でよかったと、彼女に告げることを……」
ってことだよ。

胞子虫類ってのは現在じゃ使わない分類なんだけど、
(分類は3つに分かれた)強いていえばマラリアとか。
そういう細かいことはこの場合どうでもよくて、
本文中の説明セリフで何の例えに使われているか説明されてる。
「胞子虫類なのだ―分芽によって繁殖する無性生殖種だ」(60p9行)
正常な胞子虫類(1倍体)=人間の精子や卵子は半数体(1倍体)=クローン
倍数体の胞子虫類=人類(2倍体)
という対応になってる。
倍数体の胞子虫類が有性生殖種なのかどうかは知らないけど。

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/29 03:34
>>631
ありがとうございました。
私は、てっきり人間を立場的に相対化するのが得意技で、
オチを最後の最後に配置するティプトリーのことだから、
最後にこいつらも(いわゆる染色体上でいう)
人間ではなかったってオチなのかな、と思ってました。


633 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/30 17:49
ようするに植物の雌株、雄株みたいなもんだと。

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/30 22:11
>632
まぁそれは「一瞬のいのちの味わい」でやるわけだから、
ニ編で対をなすといえるかもしれない。

>633
うーん、無性の植物(エスザアン)と
有性の前葉体(フレニ)の話といった方がいいかも。
雄株と雌株という場合はエスザアンも雌雄異体
のはずなので。
エスザアンは一人で男女のフレニを
自活する前葉体(半数体)のように産む。
フレニ同士が生殖してエスザアンが産まれる。
乱暴に人間に当てはめると、
子宮も精巣も機能するフタナリ達、
人間並に生活する精子と卵子達の体外受精。


635 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/05 19:05
確かにティプトリーの作品と寄生獣は似てるところがあるかもしてない。
前者では性欲が、後者では狩猟本能が異常に強調されてるところなんかが
お互いに通じるような雰囲気を出してると思う。

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/05 23:31
俺、ティプトリー読んで性欲を強調してるって
思ったことないんだけど、
違和感もてないくらい異常に強調された性欲野郎ってことか?
返答によっては635を犯す。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/06 23:14
性欲というか生殖がテーマの話が多いな。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/11 13:26
性欲と言うより生殖本能というべきか

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/13 21:23
鳥インフルエンザに新型肺炎・・・
もしかしなくても、エイン博士がバラ撒いてやせんかとガクガクブルブル。

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/13 22:12
性本能は、攻撃本能が変ったものって話があったな。
「ラセンウジバエ解決法」

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/17 08:40
環境ホルモンも異星人のセールスマンがバラ撒いてんのか。

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/22 02:48
「愛はさだめ、さだめは死」は
どう考えてもロリコン小説だと思う。
誘拐して監禁して緊縛して……

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/22 22:44
642はどう考えてもロリコンだと思う。

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/01/31 18:55
>>495
うまいな・・・


っと超遅レス

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/08 20:52
「エイン博士…」なんだけど、最後に博士が口走る
「熊はイイよー」ってセリフの意味がよくわからん。

あの話の世界では熊が既に絶滅してるってこと?

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/08 23:42
漏れは、熊が絶滅って訳じゃなくて、
「滅び行く全ての生き物への哀悼の意を、熊に仮託した表現」
だと思ってたけど・・・

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/09 01:59
紀伊半島の熊は絶滅寸前らしいしな

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/09 08:11
鳥インフルエンザは、マジで
エイン博士が仕掛けたのではないかと・・

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/09 09:34
近親相姦イクナイ

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/02 09:23
セールスマン来襲中の予感

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/03 23:27
一ヶ月書き込みがないってのも・・

652 :PSYPHILIA:04/04/04 02:17
Tiptreeは若い時分に子供が産めなくなったことを
物語にして語った人だと思う。

子供が生めない私は、果たして女と言えるのだろうか?
無論、男ではない。では、自分は何なのか?
それは、つまり・・・

だから彼女が描いたお話は、女性的であり、暴力的であり、
セクシャルであり、フェミニズムであり、そして、無理解と孤独。

彼女の自殺した時の詳細を知った時、ショックだったが
上述の理由で納得はした。理性の人だったと思う。
そんな彼女の本名が、永遠の少女、

         ア  リ  ス

だったのは・・・恐ろしい。卑弱な人間を打つ神の一撃。
そう、運命といえるのを私に知らせた最初の人。

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 18:23
アリス・シェルドンってCIAの写真技師だったよな?

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 19:34
>653 莫迦だ、莫迦ばかりだ…
えーとな、アレだ、写真技師つうかダブル・オー・セブンだな。ここでも読んでくれ。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~li7m-oon/doc/kaisetu/warmworlds.htm

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 19:46
旦那は、シドニー・シェルドンだっけ?

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 20:52
>655
誰よ?

657 :655:04/04/10 21:39
>>656
アカデミー出版からいっぱい「超訳」だしてるオサーンでつ…
(つまんないネタでごめんなちぃ・゜・゜(つД`)・゜・゜ >)

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/10 21:50
空挺戦車はシェリダン

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/11 22:56
>657
「シドニー・シェルダン」だと思っていたが… それとも綴り同じ?

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/13 08:49
>>659
早川書房の表記では、シドニイ・シェルドン、
アカデミー出版の表記ではシドニィ・シェルダンになりまつ。
綴りはSidney Sheldon でつ。

ttp://www.asahi-net.or.jp/~fx2h-szk/i/essay/o-2.htm

スレ違いのネタ振ってごめんなちぃ ・゚・(ノД`)・゚・

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/13 08:50
あげてしまいますた_| ̄|○
アリス・シェルドンのファンの方、すみません…・

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/15 03:38
へー、知らんかった。ティプトリーの旦那ってその人だったんだ。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/15 21:41
ちがうだろ・・

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/15 23:02
夫婦で稼いでいるんだよ。
作家夫婦って珍しいよな。

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/17 11:31
アリスといえばアリス・ベリーマン

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/17 20:19
アタイこそが 666げとー

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/17 22:46
シドニイ・シェルドンってまだ生きてるんだっけ?

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/17 22:57
イスラム舞台のSFで面白いの、ありますか?

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/17 23:09
>>668
スレ違いだが「重力が衰える時」

670 :668:04/04/17 23:29
ごめんなさい。ティプトリーを「重力が衰えるとき」の作者と勘違いしていました。
エフィンジャーの「重力〜」を読んで、他にイスラムSFがあるかと思って、質問
しました。スレ汚し失礼しました。


671 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/17 23:56
雑誌に載ったインタビューでは、
ティプトリーはイスラム教を嫌っていたような。。。

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/18 00:17
宗教一般が嫌いで、イスラームは特に嫌いだった様だな。
それ誤解だって突っ込みたくなるところもあったが、「現行の」イスラームはティプトリーに嫌われても仕方ないと思う。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/18 08:21
アメリカンズウェイマンセーの普通の右寄りアメリカ人だからな

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/18 20:03
>>673 …どこからどう突っ込んだらいいんだ? おい…

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/22 23:52
>>236
折れも。
3年前のカキコにレスするのもどうかと思ったが
同じような人がいるので安心した。

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/23 00:00
うーむ。
エンターテインメント系の上下巻に別れた長編なんかは特に
苦労して読む価値ないような気がすることはあるな。
と便乗したりする。

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/28 02:18
>>460
今度は2年前のカキコにレス。

SFマガジンで読んだよ。
海外SF状況を紹介するコーナーだったかな?
塩ドア・スタージョンの有名なセリフも載っていた。
ウロ覚えだが扱いは小さかったと思う。
でも当時ティプトリーを知らなかったから、フーンそうなんだって思っただけだな。

読むようになったのは自殺した直後からだな。
そのときはSFマガジンで大きく扱っていた。
そこで10年前の記事を思い出したわけだ。


678 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/28 04:43
実は男だった?
とオモタラ>>462-462に突っ込みが・・・

679 :677:04/04/28 08:14
アハハ。気がつかなかった。
>>463 さんと同じです。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/05 08:42
「そして目覚めると・・」読んだんですが、
この最後に出てくる「女房」って人間の女ですよね。
じゃないと話のつじつまが合わないでしょうから。
でも、なんかすっきりしませんね。

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/05 14:53
昔短編集を読んだら父娘相姦のロリ話があってうへっ、と思った記憶があります

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/05 17:24
そんな話しあったっけ?

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/05 20:34
今のところ最新の短編集に入っているエイリアン侵略?もののこと?

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/05 20:45
星ぼしの荒野から
二人とも結構あっけらかんとしていたのでショック、更にその後…で
ダブルショックだった
一瞬のいのちの味わいも衝撃を受けた

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/06 01:08
>>681
ウホッだったりして

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/06 10:25
>>680
互いに若い頃異星人とアレしてボロボロになった者どうしが夫婦になった、って
事じゃないのかな?…

687 :682:04/05/06 15:19
>>684
その短編集、ラセンウジバエまでで放り出していた(w
読んでみたけどアララァ。。。って感じだね。
後の方は要らない気もする
っつうか何でそうしちまったんだ?
社長室長の思惑通りで、社長はピエロみたいだ。

>>686
漏れもそんなふうに思っている。

688 :682:04/05/06 15:43
追記
>>684
セーラー服のところ藁田!

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/06 22:24
SFマガジンに載ったときはイラストの所為で通勤で読むのに
苦労した。

690 :680:04/05/07 03:44
>>686>>687
そうですよね。
そうなのですが、男が昔話を語る合間に
何度か手首を見たり、女房に言及したりしますね。
そのせいで、最後に登場する女房に妙な期待を寄せてしまうのかもしれません。


691 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/09 17:17
相姦ロリ話は、描写されてないディテールを想像して読んだためエロすぎて困った。
インモラルだと引いちゃう人にとってはどうでもいいシーンではあるが。テーマとも関係ないし。
あまり関係ないけど、『神々自身』もエロかった。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/05/09 20:24
確かその近親相姦を知って父親を告発した夫婦が悪役として描かれてたよな。
理不尽だな……。

147 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)