5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

詩涙紅の部屋

1 :薔薇薔薇:2001/07/15(日) 20:04
<天と地>
黒い鳥が飛んでいる
暗闇の空を音も無く飛んでいる
漆黒の鳥よ
その心の中に何を持って飛んでいるのだ
誰の目にも止まることすらないのに
漆黒の鳥よ
その空を飛ぶ自由を苦痛に変えてまでも
翼は一度も休むことなく
羽ばたき続けているのは・・・なぜ
地上にはお前の望むものがある
欲しいものが全てある
しかし なぜ・・・降りてこないのだ
私は
この何でもある地上から
深い絶望の底に堕ちたまま上を見上げている
ここには
私を苦しめるもの以外何もない
漆黒の鳥よ・・・
大空を暗闇に向かって羽ばたく鳥よ
我々は
本当の自由を求め
その地へ辿り着く為に
私は崖を何度も堕ちながら登り続け
お前は苦痛を抱えてでも飛び続けているのか
まるで我々は答えの無いモノクロの世界で
完全なる孤独に包まれたまま
それでも行き続けているようだ
漆黒の鳥よ
自由とは・・・
何なのだろうな・・・

2 :えいがかん:2001/07/15(日) 22:26
ある動物園に立派な鷲がいました。
その鷲には檻も鎖も無いのに
飛ぼうと思えば飛んでいけるのに
その鷲は飛ばないのです。

何故だろうなと思っていると
鷲が翼を広げました。
そのとき解ったのです。

鷲は飛べないように誰かに翼を折られていた

この話はとっても悲しい感じがするでしょう?
でも悲しんでも鷲の翼は二度と戻らない。

そんな話を聴いたことがある。
遠くない昔に聴いた音楽。

3 :えいがかん:2001/07/15(日) 22:28
歌詞思いっきりアヤフヤだけどブランキーだったはず。

4 :えいがかん:2001/07/15(日) 22:30
>>1の詩カコイイね。
心に深く刺さりました。

5 :薔薇薔薇:2001/07/16(月) 05:59
<月の叫び>
青い月が語りだした
これほど荒んだ青い星を
私はこれ以上見たくないと
それでも私には
ここから離れる自由が無い
永遠に見続けていなければいけない
どれほど心が傷つき痛んだとしても

青い星よ
その美しい青さは幻か
その地に住まう人々の心の中まで
その美しさに染めることはできないのか
ならば幻だけを見せていて

私とあなたの間には
永遠の暗闇が広がっている
全てのしがらみを吸い取り
消し去ってゆく暗闇
あなたはその暗闇までも
自分のものにしようとしているようだ

そして私の声は届かない
暗闇の中へ消えてゆくだけで
どんなに叫んでも
・・・届かない
・・・消えてゆく
私はもう見ていたくないのに

6 :名前はいらない:2001/07/16(月) 06:06
>>ならば幻だけを見せていて

>>私はもう見ていたくないのに

このことばがあまり響いてこないんですが
どういう気持ちをいっているんでしょう?

7 :詩涙紅:2001/07/16(月) 14:08
>>6さん
この詩は人々の心のけがれた所を
気の遠くなるほど昔から見続けている
月の悲しみを書いたものです。
あまりにもむごい人々の行いを
地球の青さを透して見ていたら、私だったら目をそらしたいです。
それから青という色に悲しみと澄みきった心という意味を込めてみました。
わかりずらい詩ですみません。
もっと勉強します。

8 :名前はいらない:2001/07/18(水) 19:02
age

9 :(・∀・):2001/07/19(木) 19:58
FFXカッタヨ

10 :詩涙紅:2001/07/20(金) 09:28
>>9さん
やり心地はどうですか?
ウチもやりたいんですが、入院中なもので・・・。

新作どんどんできてます。ここで紹介していきますので、
皆様よろしくお願いします。

11 :詩涙紅:2001/07/21(土) 19:41
<ベスト プレイス>
自分を変えたくて 遠く旅へ出たのに
僕はいつも同じ場所へ辿り着いてしまう
そこは
悪夢の始まった場所
僕が壊れてしまった場所
苦しみだけの場所
だから 幾度も離れた
遠く・・・遠くへ・・・

知らない道をどれほど歩いても
迷いの森をどれほとどさ迷っても
結局 この場所に着いてしまう
そして自分は・・・どこも変わらないままだった
心の中は
たくさんの毒を含んだまま
たくさんの傷が癒えないまま
たくさんの苦しみを抱えたまま
永遠だと思える程の長い旅を
孤独を押し殺して続けていた
それでも最後には・・・
この場所へ辿り着いてしまう
・・・誰か
誰か・・・僕の手をひいてよ
僕を変えてくれる場所へ
僕が新しくなれる場所へ
現実という悪夢のない場所へ
この手をひいて 導いてほしい
疲れきったこの身体では
もう 何処へも行けない
それに・・・とても苦しいから
だから・・・たとえ心が消えたって
・・・今は・・・かまわないよ

12 :詩涙紅:2001/07/22(日) 10:06
<毒と刃>
止めど無く流れ出る紅い毒
苦しみの雫たち
途切れることなく流れ出る

私の身体中を駆け巡る
紅い毒よ
私の中にどれほどいるのだ
日々増えてゆく・・・
流れ出るよりも早く
溢れんばかりに増えていく

苦しい・・・
毒が・・・身体中の毒が
私の全てを奪ってゆく
時間がない・・・私がいなくなる

しかし
差し出された救いの手の中には
冷たく鋭い刃があった
妖艶な美しさを装った刃が

次の瞬間
それは私の喉元をとらえていた
しかし恐怖はなかった
私は何もいらない
私自身すらいらない

でも・・・本当に消えてしまえたら
毒に苦しむ自分の時間は終わるだろうか
開放されるだろうか

13 :詩涙紅:2001/07/29(日) 14:53
久しぶりに来てみたら・・・自分しかいないじゃん!!
・・・ってなことになってますね。
皆様、ウチの書いた詩には興味無しですか??

・・・詩なんか掲載するんじゃなかったかなぁ?

14 :名前はいらない:2001/07/29(日) 15:23
あなたの詩が含む毒はなかなか強力。
ぐさぐさくるけど或意味快感。

>差し出された救いの手の中には
>冷たく鋭い刃があった
>妖艶な美しさを装った刃が

多少の毒を入れてこそ表現は美味しい。
そのつもりが毒だらけになっちゃったりする。
ってあなたのことじゃなくてわたしのことです。

15 :詩涙紅:2001/07/29(日) 16:48
うわぁ!!ここを覗いてくれる人がいたぁ!!
評価ありがとです。
感想を書き込んでくれる人がいてくださるって事が嬉しいです。
また、新作できたら書きますね。
ここを覗いてくれる人がいるかぎり続けたいと思います。
よろしくです。

16 :詩涙紅:2001/07/29(日) 20:05
<僕は空を飛べるのに>
風向きが変わった
 僕は空を飛ぶのを止めるべきだろうか
雨が降りだした
 僕は空を飛ぶのを止めるべきだろうか

季節が冬に変わった
 僕は方向を変え南へ飛ぶべきだろうか
知らない土地へ来た
 僕は方向を変え元の土地へ返るべきだろうか

どこまで飛んでも
 空はどこまでも同じ空だった
どこまで飛んでも
 空気はどこまでも同じ空気だった

そう
違うのは景色とほのかな香りだけ
それなのに僕は怯えている
どんなに小さな事にでも
・・・怯えている

渡り鳥のように多くの仲間と
いつもの同じ場所へと行くのならば
僕はこれほど迷わない

一羽鳥のようにいつも独りで
いつも同じ場所へ行くのならば
僕はこれほど悩まない

毎日・・・毎日・・・
何かに怯え
あても無く飛びまわっている
僕は一体何をしたいのだろう

 空を飛ぶ
  翼はあるのに・・・・・・

17 :名前はいらない:2001/07/29(日) 20:45
>詩涙紅さん
がんばって書いてくださいね。
時々ROMらせてもらってますよん。

ところで入院してるんですか?
もう長いの?

18 :詩涙紅:2001/07/30(月) 17:19
≫17さん
応援ありがとうございます。
入院は今月の12日です。
でも、退院のメドはたってません。

19 :yuki:2001/07/30(月) 17:43
詩涙紅さま
初めて書きます。
これで、退社しまーす。

「九天に向かう」

君 本我を知りて
いのち 言祝ぎ
九天に 向かわんとす
その願い 報われんことを
我は こいねがうべし

またレスさせて下さい。

20 :詩涙紅:2001/07/30(月) 19:24
>>19 yukiさん
覗いてくれてありがとです。いつでもいらして下さい。
yukiさんの詩は悲しい片思いの詩だなと読みました。
が、言葉が難しいので正確に読み取れませんでした。
ごめんです。

21 :名前はいらない:2001/07/30(月) 19:52
詩涙紅 = 薔薇薔薇 ?

22 :yuki:2001/07/30(月) 21:08
>>20
すまそ。確かにその詩が多いかも知れません。

口づけはキスは接吻は口づけ
愛する人とのキスは蕩(とろ)けます

好きな人とのキスは甘い味がする
どれだけ愛しているか、きっと伝わるね

そして、どれだけ好きか気付くのよね
あなたのキスはメープルシロップの味がした

素直な気持ちを、表現しました。

23 :詩涙紅:2001/07/31(火) 06:28
>>21さん
そのとおりです。
薔薇薔薇は2ch用の名前です。
詩涙紅(silk)は詩人としての名前です。
実は詩人としての活動は長かったりします。
今回、初めてネット上に登場したしだいです。
どうか、よろしくお願いします。

>>yukiさん
とてもすばらしい詩だと思います。
ウチは難しい言葉が使いこなせないので尊敬です。

24 :名前はいらない:2001/07/31(火) 09:00
俺は白人の女のほうがアジア人の女より
全然綺麗だと思う。
別に黒人の女が一番きれいと思う人がいても個人の
価値観の問題なのでいいのではないか。
アジア人の女はあまりきれいと思わない。俺の判断(外見)
白人>>>>>>アジア人>>>>>>黒人

25 :エゴ:2001/07/31(火) 09:10
僕は人間がスキです。

26 :詩涙紅:2001/07/31(火) 16:53
>>エゴさん
ウチは無機質なものが好きです。
人間嫌いなんで・・・

27 :yuki:2001/07/31(火) 20:56
「無農薬野菜」

キレイに育てたいと 薬まくのは
虫と仲良くなれません

じーさん育てた 無農薬は
形がいびつで 穴だらけ

でも虫とも 友達になれるのです

本当の味がするのです
目を閉じて 味わうのです

ああ・・・・生きていてよかった。

28 :お前はいらない:2001/08/01(水) 00:07
>>26
自分も人間嫌い。
動物は好きですが。

29 :詩涙紅:2001/08/01(水) 08:47
>>27さん
良い詩ですね。
ウチも無農薬野菜は好きです。
家の家庭菜園から取ってきておやつがわりに食べたりします。

>>28さん
仲間ですね。
でも、ウチはかみつく動物は苦手です。
・・・犬は飼ってますけど・・・。

30 :松原飛鳥:2001/08/01(水) 10:58
どもっ!!初カキコです!
僕はまだ詩を書きはじめたばかりなので
読むに耐えないものが多いと思います・・・
でも頑張って書かしていただきます!

「涙」

僕は知らなかったんだ・・・
悲しくもないのに涙が出るなんて・・・
君に会うまでは・・・
だから僕は君に会った時の あの涙がわからなかったんだ・・・
でも今ならわかるよ・・・

僕は・・・嬉しい時の涙を知らなかった・・・
ただそれだけだったんだ・・・
でももう・・・ 僕は・・・
嬉しくても泣かないんだ・・・
その涙は・・・
遠くに行ってしまった君に・・・
もう一度会えた時のために・・・
大切にしていたいから・・・

31 :詩涙紅:2001/08/01(水) 12:30
>>松原飛鳥さん
良い詩だと思うんですが「・・・」が多すぎて
少し読みづらいように思います。
次回作を期待してます。がんばってください。
応援しますよ!!

32 :yuki:2001/08/01(水) 18:42
お邪魔しますー。

「何やってんの?」

夕立がきて
洗濯物が 濡れてんの

そっちは 降ってんのかな?

ううん きっと 晴れてるだろうね
ううん きっと 笑ってんだろうね

「何やってんの?」
こんな言葉に 頼って生きてる

33 :OHATU:2001/08/01(水) 19:23
最近 酷評!スレ以外のところにも
顔を出すようになりました。

松原飛鳥さん? でしたっけ
今のキモチを忘れずに、
少しだけ伝える努力をしてみてください。
決して伝える努力だけが大きくならないように・・・
でないと、僕みたいになってしまいますから(笑+涙)

34 :詩涙紅:2001/08/02(木) 07:49
おはようございます。
なんだか良い雰囲気になりましたね。
とっても嬉しいです。
皆様、これからもよろしくです。
また後で来ますです。

35 :松原飛鳥:2001/08/02(木) 12:15
>詩涙紅さん
ありがとうございます
次はもうちょっと考えて作ってみます
>OHATUさん
伝える努力ですね!
がんばります

「よかった」

よかった 産まれてこれて
よかった みんな会えて
よかった みんながこんなにも優しくて

一人で産まれてきたと思っていたのは
僕の勘違いだったんだね・・・

だから

よかった 君に会えて
よかった 同じ空間に産まれて来れて
よかった

僕が僕として産まれて来れて・・・

36 :童貞京大:2001/08/02(木) 13:50
>>27
無農薬野菜には

寄生虫の卵が一杯

寄生虫は胃壁を食い荒らし

脳に達し

人を桃源郷に誘います

ああ

死んでしまって

よかった

37 :詩涙紅:2001/08/02(木) 18:58
>>36
無農薬野菜だからって死にません。
周りにハーブでも植えればそんなことになりません。

38 :童貞京大:2001/08/02(木) 21:00
>>37
ああ

やっぱり

寄生虫が

脳に

浸み込んで

いるのですね

その

ハーブには

その

ハーブのことが好きな

寄生虫がつくはずです

人と人の出合いの

ようね

39 :詩涙紅:2001/08/03(金) 06:23
>>38
逝って下さい。
ウチの部屋が汚れる。
無知な詩はいりません。

40 :OHATU:2001/08/03(金) 08:40
「アイスクリーム」

生きていることの意味を初めて尋ねた雪の朝
僕は 笑っていたのかもしれない
それとも 泣いていたのかもしれない

きみは少し笑ったきり 空を見ていたっけ

いつかは死ぬんだなんて冗談を言えなくなった噴水前
僕は よそ見なんかできずに
いつまでも きみと雪を見てた

きみは目を瞑ったきり それっきりだったっけ

確かにここにいるという意味を
失いつつあるきみに
笑い方を教わって そして泣いた
確かにここにあることの価値は
無くなりつつあるきみに
「ありがとう」を言われて そして消えた

それでも
それでも僕は 生きていて 息してる
だから
ありがとうは 僕のほうだよ
−−−−−

いちおう書いてみましたが
どんなもんでしょう?

41 :詩涙紅:2001/08/03(金) 10:16
>>OHATUさん
良い詩だと思いますよ。
アイス・クリームとアイ・スクリームを掛け合わせたんですか?
また、書いて下さいです。
ウチもこれから一編仕上げます。
では後程・・・

42 :童貞京大:2001/08/03(金) 23:29
>>39
有機農業で

作った野菜は

大自然の

輪廻転生に

支配されています

そこには

人間の意志等

ごみ程にしか

考えない

残酷な「神」が

闊歩しています

自然を支配し

自分が自然の中心にいると

勘違いした

無知な人間の子は

一生懸命に生きる

寄生虫に胃壁を

喰いやぶられて

絶命することでしょう

43 :詩涙紅:2001/08/04(土) 06:16
おはようございます。
後で昨日まとめた詩を書きますね。

44 :詩涙紅:2001/08/04(土) 06:33
<Lunacy>
小さな四角い空間から
大きな空が見えた
でも
私はここから出ることができない
空は手が届きそうな程
青々としているのに

小さな空間から見える空は
私を 自由の国へと
導いてくれそうな程大きかった
それでも
私はここから出ることができない

大きな空から見下ろした
私のいる 小さな空間は
束縛と狂気とで
満ちているのがわかるだろう

あの月の夜からずっと・・・

45 ::2001/08/04(土) 10:06

小さな 四角い 空間から
大きな 空が 見えた
でも
私は ここから 出ることが できない
空は 手が 届きそうな 程
青々と しているのに

小さな 空間から 見える 空は
私を 自由の 国へと
導いて くれそうな 程 大きかった
それでも
私は ここから 出ることが できない

大きな 空から 見下ろした
私の いる 小さな 空間は
束縛と 狂気とで
満ちているのが わかるだろう

あの 月の 夜から ずっと・・・


文節で区切ってみた。
適当だから、マチガイあったら直して(ゲギャ
ちょっと詩ポイントがアップした?

46 :詩涙紅:2001/08/04(土) 12:41
>>影さん
なぜ文節で・・・

47 :詩涙紅:2001/08/04(土) 12:52
<風の羽>@
「風」はそこに留まっていた
垂れ流しにされたもののように

そして僕は
羽を掻きむしって飛べなくなっていた
「風」のいない空が不安を呼んできて
そうせずにはいられなかったんだ

それからずっと僕はうずくまっていた
空を飛べない絶望感でいっぱいだったから

しばらくして僕は
自分に足があることに気が付いた
陸路で辿り着ける場所が在ることに
気が付いた

48 :詩涙紅:2001/08/04(土) 13:06
<風の羽>A
それで最初に
「風」の所へ行ってみた
長い、とても長い旅の末 見たものは
「風」と呼べるものではなく
どんよりとした流れが
ゆっくりと渦を巻いているだけの風景だった
「風」とは程遠いものだった

僕は羽のない翼を抱え
空と「風」だったものを睨みつけた
「風」がいない為に
僕は自由を失ったんだ
一つの自由を失ったんだ

空白になった心の一部に
急に何かが流れ込んできて
その空白を埋めた

49 :詩涙紅:2001/08/04(土) 13:13
<風の羽>B
その空白を埋めたのは孤独だった
強い、とても強い孤独だった
この世界には
この僕以外に
誰もいないかのように・・・
そして、闇にも包まれた
深い、とても深い闇だった

そして僕は今
その二つ、孤独と闇とを相手に
・・・闘っている

空へもう一度帰る為に・・・

50 :詩涙紅:2001/08/05(日) 06:49
おはようございます。
皆様、昨日 書いた<風の羽>は
いかがですか?

51 :名前はいらない:2001/08/05(日) 18:53
age

52 ::2001/08/06(月) 01:27
1200点/五億

53 :未明死す:2001/08/06(月) 03:13
>>50
少年(?)の物語。少年の心の傷みは伝わってくるのですが、
何処か詩になり切れていない散文という気がします。
いっそ行分けせずに散文詩風物語りにしてしまうのはどうでしょうか。

54 :イニシャルR:2001/08/06(月) 03:21
>>53
>いっそ行分けせずに散文詩風物語りにしてしまうのはどうでしょうか
同意です。
>>50
綺麗な詩なので生きると思いますよ、
詩ってゆーか繋げまとめて小説にしてみたらおもしろそう。

55 :詩涙紅:2001/08/06(月) 08:44
なるほど。わかりました。
やっぱり書き込みしてて正解でした。
皆様ありがとうございました。
また後で新しいのを書き込みしますので、よろしくです。

56 :詩涙紅:2001/08/06(月) 18:43
<新たな世界へ>
あの空を流れている
雲に乗って遠くへ行けるのなら
今すぐにでも乗りたい
でも
今、自分の中にある闇がいる限り
辿り着く場所には闇しかないはず
だから
今の自分の中から
闇を追い出して
いつかは辿り着くよ
明るい世界へ

目の前の扉が開かれて
どこへでも行けるのなら
今すぐにでも行きたい
でも
今、自分の中にある悲しみがいる限り
辿り着く場所には悲しみしかないはず
だから
今の自分の中から
悲しみを追い出して
いつかは辿り着くよ
幸せの世界へ

今の自分から
闇と悲しみを追い出したら
後には何も残らないかもしれない
それなら
新たに明るい自分を
   幸せな自分を
   自由な自分を
手に入れれば良いだけのこと

57 :詩涙紅:2001/08/07(火) 07:36
おはようございます

58 :童貞京大:2001/08/07(火) 23:57
>>57
寄生虫の恐ろしさ、人間中心では無い生物の世界、わかっていただけたでしょうか?

59 :詩涙紅:2001/08/08(水) 08:46
おはようこざいます。

60 :詩涙紅:2001/08/08(水) 08:52
<朝>
朝日を浴びて外が
緑の優しさに花が導かれて
鮮やかに咲き乱れている
私の心も 今日は
鮮やかに咲いているようだ
つややかな葉を見て
香る花を感じて
私は幸せになった
箱の中で過ごす日々は
もう終わりにしよう
外の空気が
私を呼んでいるから

61 :いぅみぴこ:2001/08/09(木) 05:11
がんばってるのぉ〜
よしよし…

62 :詩涙紅:2001/08/09(木) 06:15
おはようございます。
>>いぅみぴこ
やっと来てくれたね。待ってたよ。
そっちはどう?
こっちはまだまだ。でも、がんばってるよ。
たまにおいでよ。

63 :詩涙紅:2001/08/09(木) 12:21
メンヘル板から逃げて来ました。
しばらくここにいます。
よろしくです。

64 :詩涙紅:2001/08/09(木) 21:05
おやすみです。

65 :詩涙紅:2001/08/10(金) 06:33
おはようございます

66 :詩涙紅:2001/08/10(金) 10:27
<毒と刃>
とめどなく流れ出る紅い毒
苦しみの雫たち
私の心身(からだ)を駆け巡る紅い毒
どれほどいるのだろう
流れ出るよりも早く増えていくようだ
苦しい
毒が、体中の毒が
私の全てを奪ってゆく
私がいなくなるようだ
そして私の前に
差し出された救いの手の中には
冷たく鋭い刃があった
妖艶な美しさを装った刃があった
瞬きをした次の瞬間
それは喉元をとらえていた
恐怖を抱かせることもなく
私は何もいらない
私自身すらいらない
しかし
本当に消えてしまっても
毒に苦しむ自分は終わらない
開放されない
自分のてによってやるまでは

67 :化石凝固:2001/08/10(金) 22:47
メンヘルでROMしてました。はじめまして。
ご自分のHPは作らないんですか?いい雰囲気かと思うんですけど。
それと、バンドやってらっしゃるんですよね?
この詩に曲ついていたら聞きたいです

68 :詩涙紅:2001/08/11(土) 06:55
おはようございます
>>化石凝固さん
はじめまして。
HPは作りたいんですが矢先に入院しまして、
まだ、出られそうにないんですよ。あと1ヶ月はこのままです。
バンドはこれからっていう時でした。詩は提供するつもりです。
いつかはライブやりますので・・・自分が生きてたら。
その時はよろしくです。

69 :(・∀・) ◆X/nGKWrk:2001/08/11(土) 09:06
メンヘル板見てきたよ…
ま、ここ2chだからよ!気にすんな。

70 :(・∀・) ◆X/nGKWrk:2001/08/11(土) 09:08
詩涙紅用にトリップ↑なんか良いのあったら探しとくよ。

71 :yuki ◆/1xn1wAo:2001/08/11(土) 10:39
おひさしぶりです。

「戻ってきた」

ここに 戻ってきた

部屋は 寒くて 寂しいけれど

ここには 文字列が 踊ってる

どんな文字にも 血が流れてる

だって 人の手から 飛び出してきたんだもん

一瞬の命が宿った 文字には

生暖かい 何かが あるって感じるの

だから 戻ってきた

72 :すねお:2001/08/11(土) 12:39
http://isweb34.infoseek.co.jp/feminine/takoimo/
スネちゃまがあなたのお相手。

73 :名前はいらない:2001/08/11(土) 17:29
5年前の白い目薬賛成反対
おんなでくさっての15Hyou

74 :名前はいらない:2001/08/11(土) 17:46
フォントでおきかえれじゃ
ロケットの上がりも冴えん

75 :名前はいらない:2001/08/11(土) 18:49
>>1

あれ

76 :ハヤト ◆X/nGKWrk:2001/08/12(日) 11:47
くぅっ…
P503に迷惑メールが毎日4、5通来るんょ(はぁと)
どうするよ?放置?

77 :詩涙紅:2001/08/12(日) 18:42
>>ハヤト
アドレス変えれば?
で、それは誰の?

78 :詩涙紅:2001/08/12(日) 20:56
>>ハヤト
とりあえず放置しとけば?

79 :詩涙紅:2001/08/13(月) 08:25
おはようございます

80 :OHATU:2001/08/13(月) 09:01
ども、噂によれば、お久しぶりです。
詩ぃ 書いていいすか?
あっ、そうすか? では・・・

−−−−−

小人が入るくらいの
小さな夢でさえ
持て余してしまいそうな
いつかの午後の記憶

ここにあるはずの宇宙
ずっと眺めて 息を吸う
途方も無い彼方
もうここにはない もうどこにもない

海底から きみの夢を見るような
透きとおった世界 並ぶ
崩壊して 後悔しても 息を吐く
たとえ つながりが嘘でも

きれいな習慣が 漂う
リンケージを 拒んでも
広い海には 夢が2つ
きれいな空間が まどろむ

−−−−−
いつもすません
お邪魔してます
最近、詩涙紅さんの詩がありません
ちと 寂しいれす でわでわ☆

81 :詩涙紅:2001/08/13(月) 11:37
>>OHATUさん
最近 不調で書けないんですよ

82 :詩涙紅:2001/08/13(月) 17:33
age

83 :名前はいらない:2001/08/13(月) 20:12
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□■■■■■□□□■■■■■□□□□■□□■□□■□□□■□
□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□■□□■□■□□■□□
□□■■■■■□□□■■■■■□□■□□□■□□□■□□□□□
□□■□□□■□□□■□□□■□□■■■■□□■■■■■■□□
□□■■■■■□□□■■■■■□□□□■□□□■□□□□■□□
□□■□□□□□□□□□□□■□□□□■□□□■■■■■■□□
□□■□□□□□□■□□□□■□□■■■■■□■□□□□■□□
□□■□□■■■■■■■□□■□□□□■□□□■■■■■■□□
□□■□□□□□□■□□□□■□□■□■□■□■□□□□■□□
□□■□□□□□■■□□□□■□□■□■□■□■□□□□■□□
□□■□□□□■□■□□□□■□□■□■□□□■■■■■■□□
□□■□□■■□□■□□□□■□□□□■■■□□■□□■□□□
□□■□□□□□■■□□□■■□□■■■□□■■□□□□■■□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

84 :ザ・神様こと吟遊詩人WIZ!!:2001/08/13(月) 21:19

おわり?ここ
      r'⌒';=ニニ=:、                              ー┼,_   / _干``/ _干``/ _干``     /   / /
       川_ノ从仆从))                         <」フ ) 〈 (__ノ` 〈 (__ノ` 〈 (__ノ` ー´ ̄` /^V~ ・ ・
       | |_」O  Oy                   
       | .人ひ − ノ| 隠滅・・・ /       / _十゚ / _十゚ / _十゚ / _十゚ / _十゚  / /
      `⌒ニ| 匸⌒'      〈_ノ ゆ 〈 (__ノ` 〈 (__ノ` 〈 (__ノ` 〈 (__ノ` 〈 (__ノ` ・ ・
       f´\〔X〕ス                                  (⌒从⌒从⌒⌒⌒从
       !__j_》、___,》_)       - −――===≡≡∋ [ニニエエ⊃Σ(⌒ ( (∧ /))つ∧_∧)ζ)
      〔>ヽヽ、_,ノ、ヽ、   /                               ( (∩(゚Д。∩ )) )  )ζ ))
      ∠/i\_)ー..、q_)    −――===≡≡∋ [ニニエエ⊃      Σ (( ( ⌒ ))0)_) つ
   O〜/ /f::::i`ー=≡∋[ニニエエ⊃     −――===≡≡∋ [ニニエ⊃(( ⌒ (⌒ ∧_/∩))
      / /;:::i::ヾ−――===≡≡∋[ニニエエ⊃                ( ⊂(( ( (〜))∀・ )ノ
     V;;;j  | |:::ヾ:::::::/     −――===≡≡∋ [ニニエエ⊃  Σ( (( ⌒∪ ( ))つ  )ζ

85 :名前はいらない:2001/08/13(月) 21:32
gokotigogotidesoreikutu
suikyuuama

86 :名前はいらない:2001/08/13(月) 22:28
ボーイッシュと声とのアンバランスがいいの
じゃなかったんだかこか

87 :ハヤト ◆lbRujjPI:2001/08/13(月) 23:54
sage進行

88 :詩涙紅:2001/08/14(火) 12:21
なんか荒らされてるみたい
皆様ほのぼの行きませんか?

89 :薔薇薔薇:2001/08/14(火) 14:42
詩が書けない時って皆様どうしてます?

90 :名前はいらない:2001/08/14(火) 17:54
わかっているようで、わかっていなかった
花の咲き乱れる土地の中を 美しく流れる小川を
ぼくらは輝けるあるはれた日に発見して、
その清らかな水は、わたしたちの胸まであり
透明な川底はいくつかの美しい小石で光っていた
ぼくはそこへもう一度いってみようとした
君もそうしたはずだったね
でも
予期していたことは全て裏切られ
ぼくたちはあるビルディングの中でばったり会ったんだ
二人はすべてわかってしまった
なにもかもわかるってことが、こんなに恐ろしくてつらいことだったなんて
予期すること… できるはずなかった
ぼくらはぼう然と長い時間…そこに座っていたのだと思う
君はそのとき 空の遠さを見ていたんだろう
ぼくらは変えられた
そうさ すべて変えられてしまった
何がそうやったのか まるでわからない
わからないまま 今まで生きてきた
いまだにわからない…
いまだに小川の流れが聞こえる
花の匂いも覚えている
でも、
なにもかも変わってしまったのはいつからか…
ぼくらの心は
君と会うたびに すこしずつ、言葉さえ失ってゆくんだ…

91 :名前はいらない:2001/08/14(火) 23:50
>>89
書かない
書きたくなったらまた書く
それでも書けなかったら詩に適性がなかっただけのこと

92 :薔薇薔薇:2001/08/15(水) 09:38
おはようございます
>>91さん
やっぱりそうですね。

93 :薔薇薔薇:2001/08/15(水) 10:02
汚れた窓から見る空は
とても美しいとは言えなかった
汚れてしまった私の心も
やはり美しくはないだろう
空に流れる雲のように
心の闇も
流れ去ってはくれないだろうか

94 :パウン・ラトゥイン:2001/08/15(水) 10:38
詩は誰でも書ける と
誰でも書けるから素晴らしい と
黴と光にまみれた娼婦もほら書ける と
だから詩は素晴らしい と
詩人はだから詩人は決して独りではない と
誰でも書けるから と
詩人はただ自分の名前を名のりさえすればいい と
そう きみは詩人なのだ と
広場に集った心優しき聴衆は微笑みながら言った

95 :パウン・ラトゥイン:2001/08/15(水) 11:04
かれは言葉を辞書から盗みだす
ずらりとリストアップされた それらの言葉
死んだ言葉?
……おお あなたは まだ生きた言葉を信じるというのか!

かれは言葉を捨てていく
ただでさえ少なすぎる言葉の寄せ集めを さらに少なく!
かれは言葉を削り かれは言葉を燃やす
手垢のついた言葉はひとつ残らず!

言葉の大量無差別虐殺
もはや かれは言葉を信じていないのだ!
内なる言葉?
……おお あなたは虚無から生まれるあのやさしさをどう説明するというのだ!

言葉はなくなり
無 となる
かれは沈黙するのだ
接続詞も置かず ましてや固有名詞など思い出すこともなく

ああ かれこそが詩人か!

96 :詩涙紅:2001/08/15(水) 12:32
>>パウン・ラトゥインさん
おもしろい詩ですね。
勉強させてもらいました。

>>いずみぴこ
ここを見てたらこっち(病院)にも来いよ!!

97 :名前はいらない:2001/08/15(水) 19:29
age

98 :いすみぴこ:2001/08/16(木) 09:20
>詩涙ちん
実名を晒すな〜!!(w

>ここを見てたらこっち(病院)にも来いよ!!
そのうちね(はぁと)

99 :薔薇薔薇:2001/08/16(木) 13:21
>>izumipiko
だって暇なんだもん
早く来いよ

100 :OHATU:2001/08/16(木) 13:47
ども。
お邪魔します。

−−−−−
「ひかりとのぞみ」

誰もいない ひかりのそこ
光合成する ひのひかり

ただただ コトバもなく
濡れてみる 光跡

きらめきは それ自身に似て
美しいほど 奇麗

さあ 汚れよう
ひかりにまみれ 嗚咽しよう

きみは こんなに輝いて
素っ裸で コトバを吐き

スラム街の 1平米の
空の下で 殺される

スポットライトは
きみではなく 肢体を照らした

−−−−−
まだまだ、精進ですな

101 :詩涙紅:2001/08/16(木) 16:22
>>OHATUさん
がんばってください。

102 :志乃:2001/08/16(木) 17:49
詩涙紅の部屋って楽しい(ハ〜ト)

103 :童話:2001/08/17(金) 01:49
『魔女の宅急便』を見まして、それで書いてみた詩です。
韻も何もないですが、ほのぼの、ということで、よろしく。

まずはバックパック
つぎに旅の手帳 これが大事
ペンのインクもたっぷり これも大事
彼女の家まで長い船旅 なのだ

海は暗い 夜だから
誰もいない甲板 ひとり船長がデッキチェアに
孤独な船長 潮風が白ひげにふわっと乗っかる
ぼくは言う 恋人に会いにいくんです
船長はパイプをふかし 何も答えない

ぼくはペンを走らせる ランプの下で
詩を書くため
船長の孤独を描くため
それだけが伝えたいこと それだけがぼくの恋人に伝えるべきことだから

港から再び離れていく大きな船
港に残るぼくに向けて 船長は手を振ってくれた 恥ずかしそうに
ぼくは嬉しくて悲しくて敬礼した さよなら船長!と  
このこともちゃんと詩に書かなきゃな 彼女もきっと聞きたいはず

104 :詩涙紅:2001/08/17(金) 07:39
おはようございます

>>童話さん
もう少しですね。がんばってください。

105 :中華的熊猫:2001/08/17(金) 12:50
へたくそ

106 :詩涙紅:2001/08/17(金) 16:29
良い詩ないですか?

107 :OHATU:2001/08/17(金) 16:53
ども。
良い詩<しるくさんが書いてくださいよぉ。待ってますよ。

−−−−−

なくして
こわして
さがして
あつめて

そんな ゆめを あさはやくから
ずっとみてる きみのそらで

きのうのはなし
かすんでいくのは なみだのせい
それとも いつかの まほうのせい
いやいや かざられた ことばのせい

それでも あこがれる ひのひかり

いつかは あらわれる きみのひかり みた?

−−−−−
とにかく書く <イタいけど、早く回復しますよ。
 

108 :yuki ◆GOvMmkNg:2001/08/17(金) 17:01
おひさしぶりです。
お邪魔いたします。

幼児(おさなご)の
 
『ゆかたの袖で、
     うけましょう』

消えゆく 花火

追うや 愛しい

109 :calm:2001/08/17(金) 20:55
がんばって
がんばって
がんばって山を超えれば
そこにまた山がそびえる

いつになれば爽やかな風ふく平原にたどり着くのだろうと
思いながら
また山を登る

そこには、罠もあり
苦しみに耐える人間を罠に陥れる人間もいる

だけど、俺はただ前を見て、進んでいく

110 :calm:2001/08/17(金) 21:02
ほろ酔いで
好きだと言った
不甲斐なさ

111 :中華的熊猫:2001/08/17(金) 21:43
へたっぽ〜〜

112 :ごん:2001/08/18(土) 00:22
少しずつだけど
前へすすんでいこう

113 :(・∀・) fwisp-ext7.docomo.ne.jp ◆fi1KvLOM:2001/08/18(土) 05:54
疲れた…

114 :詩涙紅:2001/08/18(土) 06:50
皆様、詩を書いてくれてありがとです。
入院中だと毎日が同じで書けなくなるんですよ。
しばらく時間をくださいな。

115 :詩涙紅:2001/08/18(土) 20:41
おやすみ

116 ::2001/08/18(土) 20:44
>詩涙紅
お大事に。

117 :OHATU:2001/08/18(土) 21:22
>>詩涙紅さん
ども、入院中とは知りませんでした。
おカラダお大事に-。

−−−−−

ひのひかり
笑って そして 泣いた
遥か遠くにある 刹那
未来より ずっと近く… 悲しいね

忘れないように 傷つけた
いつまでも 子供のように
繰り返し 繰り返し 繰り返した
そして 泣いて 繰り返した

傷は消えないけど
約束も消えないけど
あのコトバは
空気に溶けて 消えてしまった

ひのひかり
揺れ動く 透明の空

空虚 でも 奇麗

もう取り戻せない
ひかりを浴びて 消えてしまった…

小さなひかり 雪のこだま 出会おうよ
でたらめな哲学で
この瞬間を 採点しよう

−−−−−
パンダさん、ちゃんと読んでくれるといいなぁ。
あ、そうそう、HP見てきたよ… キャラ違うね…
昼パンダ/夜パンダ? そ-ゆのってかっこよいね。

今度 BBSにも遊びに行くね。
ちと、年齢低そうで入りにくいけど… でわでわ

118 :yuki ◆GOvMmkNg:2001/08/18(土) 23:40
>>115
つかの間の時間(とき) 安堵で満ちる・・・

「遭遇を 楽しみにしてます」

119 :kuma:2001/08/19(日) 00:39
人間、一生がんばり続けなければ行けないんだよね。

幸せな期間なんて長続きしない
けど、その一瞬の為に僕はがんばり続ける

120 :詩涙紅:2001/08/19(日) 09:02
<空になりたい>
雲は自由に流れていくのに
私の心はどこにも行けずにいる
空は綺麗に晴れ渡っているのに
私の心はどこも暗闇に覆われている
私は空のようになりたい
この手が届くなら空になりたい
どんなに手を伸ばしても
届かない空になりたい
自由な心になりたい
晴れ渡った心が欲しい
重く沈んだ心が
私自身を押しつぶそうとしている
この苦しみを捨てたい
この悲しみをなくしたい
この孤独から出たい
空よ
なぜそんなに高い所にいるの

121 :yuki ◆GOvMmkNg:2001/08/19(日) 09:37
>>120
おはようございます。

今精一杯戦ってる心は美しい
君は美しいどころか眩しいくらい

今のあなたは自由になるための
休息の時間 生き様かえるチャンス!

どんな豊かな生活をしてても
どんな泥をかぶった生活してても
人では 自分の心は変えれないもの

必ずどんな時も
生き生きと 生きれるときがくる!

人の心は一瞬で
コロコロ変化する
その想いを書きとめ
自分の成長の記録とす

人間は成長する生き物
昨日の自分より、今日の自分

そして過去はなるべく振り向かず
一緒に 前を向いて歩こうよ!

あなたは孤独なんかじゃない!
ここに皆がいてる。

ヤッホー!!届きましたか?
今日の空は キレイだね!

122 :簡単な言葉で:2001/08/19(日) 09:55
羊雲たなびく鮮やかな空の絵があった

いつも同じ場所にかかり
変わらない景色しか見ず
綺麗な青い色に合わない
過剰な枠に収められていた

私は陽の当たる場所に置いた

その空は透明というよりは
まぶしい光をうけて
青い色が徐々に光溶け出した
輝き光る空の固まりは
いともたやすく枠を乗り越えた

空が青い理由がわかった

123 :いずみぴこ:2001/08/19(日) 10:19
昼過ぎに逝くよ

124 :詩涙紅:2001/08/19(日) 11:12
皆様、すばらしい詩をありがとです。
これからも、この部屋が盛り上がっていけば嬉しいです。

>>いずみぴこ
待ってるよ。

125 :254:2001/08/19(日) 11:17
僕は夕方逝くよ

126 :名前はいらない:2001/08/19(日) 17:24
     ∧∧ /\ガチャ
    ξ,,´/ /|>  ,◇
     ノつ、/||◇γ
    (_,,う▲□□凸□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


      ∧ ∧  〜♪
      ξ´∀`ξ
     、ノ つC□
    (_,,う▲□□凸□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    ★★
     口◇口口☆   ■            age!!
          □   ☆口口◎口     ∧ ∧
       口 ▽   ▼  ◎       ξ´∀`ξ
       ○         口        /  |
      ▼          ○      〜(,_,,ノ

127 :名前はいらない:2001/08/19(日) 18:37
↑かばい(可愛い)ー!!!

128 :詩涙紅:2001/08/19(日) 19:49
>>126
かわいい!

皆様、今日は良い事ありましたか?
良い詩がうかばないのですよ。

129 ::2001/08/19(日) 20:43
>>126
懐かしいテンプレですね。

130 ::2001/08/19(日) 21:39
>>詩涙紅
NHKの古代の番組を見て
縄文の時代に心は旅だち
マンモスのが吼える草原に降り立ち
遠い過去を偲ぶ

ちょっとダメかな。

131 :詩涙紅:2001/08/20(月) 09:43
おはようございます

>>青さん
その時代の人は何を思っていたんでしょうね。
がんばってください。

132 :赦彌嘉:2001/08/20(月) 22:31
はじめまして。
全くの初心者ですがよろしくお願いします・・・。
―――――――――――――――――――――――
何もかも
崩して
何もかも
壊して
何もかも
捨てて
どこかへ
消えてしまいたい
走り去りたい
そうすれば
また新しい
気持ちが
持てる筈だから・・・

133 :詩涙紅:2001/08/21(火) 19:03
>>赦彌嘉さん
はじめまして。
そうですね・・・少し改行が多いと思います。
がんばってください。

134 :コリィ:2001/08/21(火) 19:56
覚醒された また被害妄想さ
いつからだろう こんなに人目を気にして・・
いつからだろう 鏡がみれなくなったのは・・

涙すらながれない 頭がおかしくなりそうだ
いつからだろう 被害妄想を快楽としたのは・・
いつからだろう 前がみえなくなったのは・・

だれなんだろう 僕を・・
        僕をこわしてしまったのは・・・

135 :詩涙紅:2001/08/22(水) 08:52
>>コリィさん
心が苦しそうですね。大丈夫ですか?

136 :sakana :2001/08/22(水) 09:59
ふたり
僕ら、いつも離れてばかりいた
ふたり、一緒になることなど
叶わぬ夢なのか
僕、君のこと傷つけてばかりいた
ふたり、一緒に暮らすことなど
叶わぬ夢なのか
愛よ、全てはお前のせいだ
生きることを教えたのに
何故、君は死のうとするのか
愛よ、全てはお前のせいだ

137 :sakana:2001/08/22(水) 12:23
>>sakanaさん
強いメッセージを感じます。
良い詩ですね。
もう少し映像的な言葉が欲しいです。
詩の世界が見えてくるとすばらしいと思います。

138 :yuki ◆GOvMmkNg:2001/08/22(水) 20:31
詩涙紅さん、お久しぶりです。

つよがりの
  ベールの内は
      我がよわさ


*強さと弱さは
表裏一体なんですね。

*今夜は
短くてごめんなさい。

139 ::2001/08/22(水) 21:54
ベールをかぶれない、私の弱さ

1行のみで、すいません。これ以上書けないので。

140 :ハイジ萌え:2001/08/23(木) 04:29
>>38
強さと弱さは、表裏一体かぁ・・・そうなのかなあ?うーん

141 :(・∀・):2001/08/23(木) 21:22
元気?

142 :名前はいらない:2001/08/24(金) 17:22
age

143 :詩涙紅:2001/08/24(金) 19:02
>>yukiさん
久しぶりです。強さと弱さ・・・そういう時もあるでしょうね。

昨日、退院が延びまして家族に拒否されてるのかな?と・・・
もう、退院してもいいんですよ。あとは家族なんですよ。
昨日からキレまくりでやばいです。
詩も書けません。ノートを開いてはため息の毎日。
自暴自棄になりそうです。

144 :名前はいらない:2001/08/24(金) 20:16
>>詩涙紅さん
病院の生活、ご苦労が多いですね
入浴、食事、自分の思い通りにはならないし
真夜中夜勤の看護婦の声で起こされたり
でもこのスレ最初から見直しましたけど、なんだかだんだん元気になってるなって感じました。

145 :yuki ◆GOvMmkNg :2001/08/24(金) 20:22
>>143
どうも。お久しぶりですね。

まだ暑いから
しばらくしなさいって
天からの声が
聞こえませんでしたか?

物事は
一度は、落胆しても
良いふうにとっていくという
自己訓練がいるみたいです。

涙は疲れるまで
泣いちゃうと
次は沸々と
エネルギーが出てくる
もんなんです。

人間って素晴らしい
生き物だと思います。

いつも言うように
表裏一体。
良いことも悪くなるし
悪いことも良くなる。
あなた次第。

応援してます。

146 :青=144:2001/08/24(金) 20:32
元気になる日、着々と近づいていますね
ゆっくり休もうよ
今はあなたが元気になるための準備時間

147 :時間は過ぎてく:2001/08/25(土) 01:42
表裏一体ねぇ・・・ふぅん。

148 :詩涙紅:2001/08/25(土) 12:45
皆様ありがとです。
yukiさん、応援してくれるんですね。嬉しいです。
ウチはメンヘル版から来たのに偏見の目で見る人がいなくて助かってます。
退院が延びたのは病院側が決めた事で家族は知らなかったようでした。
今日は落ちついてます。

149 :yuki ◆GOvMmkNg :2001/08/25(土) 13:01
>>148
今日は寝坊から始まり
全てがズレて・・・・。
偏見は人が作ってるようで
実は自分が壁を作ってるのでは?
いつも友達と話て思います。

悩んでる人、苦しさを知る人ほど
未来に可能性や夢はイッパイです。

安心してください。
いっぱい応援しています。

では戻りまーすー!

150 :詩涙紅:2001/08/25(土) 19:02
>>yukiさん
いつもあったかいメッセージで助かってます。

151 :yuki ◆GOvMmkNg :01/08/26 09:42
>>150
yukiの言葉でよかったら
イイところは とって
キライな部分は ケズってください(w

人の言葉も 占いのよう
いいこと 吸収
やなこと 流す

こんな強さを 蓄えたい。
どうですか?

152 :詩涙紅:01/08/26 14:13
>>yukiさん
蓄えたいですね。

153 :詩涙紅:01/08/27 16:09 ID:nho835qI
今日は誰もいないですね。

154 ::01/08/27 20:50 ID:FMdlMn6w
>>詩涙紅
確かに少ないですね・・・

155 :(・∀・):01/08/28 06:01 ID:pAH3WPH2
2ch無くなったら、とりあえずコレ使え↓

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=silksan

156 :詩涙紅:01/08/28 11:38 ID:rvXDZrH.
>>155
つくんなよ!
ぴこ!

157 :yuki ◆GOvMmkNg :01/08/30 11:41 ID:lZ18N2E6
詩涙紅さん、おひさしぶりです

紅の花
咲きながら散り
散りながら咲き
涙の詩人よ あなたは
最後の花の散りに重なる

お元気ですか?

158 :詩涙紅:01/08/30 20:18 ID:DUTQNENA
>>yukiさん
え?散っちゃうの?

159 :yuki ◆GOvMmkNg :01/08/30 20:30 ID:Ls0A3cDw
>>158
押忍(w

ううん。逝かないよ!
なんか気分的に・・・
ごめんね♪
今度は、明るいの考えとくからっ!

160 :詩涙紅:01/08/31 06:41 ID:r2NbXyqU
>>yukiさん
よかった。まだ逝きませんよ。

皆様、本日退院です。

161 :yuki ◆GOvMmkNg :01/08/31 07:50 ID:0l.3q8TY
>>160
おはよう!

いつものように
画面に目をやる

楽しい詩
切ない詩

それぞれの状況
背景が心に映し出される

「ヨカッタネ・オメデトウ」
「ハシャイデ」
「ムリシャダメヨ」

詩涙紅へ
朝一番、君に届け!

☆イッテキマス!

162 :(・∀・):01/08/31 08:38 ID:uNVc.jL2
これからお迎えにあがりますぅ〜

163 :yuki ◆GOvMmkNg :01/08/31 14:06 ID:I4j2Pu56

帰ってきたら 文字を見せてね♪
その文字から、伝わるもの探すから・・・

164 :詩涙紅:01/08/31 20:52 ID:pNTSsDfw
ただいま。家に帰ってきました。
やっぱり家が一番。

澄んだ空気の隙間から
朝日を見よう
きっと心も晴れているはずだから

165 :名前はいらない:01/09/01 00:16 ID:UZpGKgm2
詩涙紅 ってレディスの名前ですか?
馴れ合ってて良いですね。

166 :yuki ◆GOvMmkNg :01/09/01 08:04 ID:CblSu9bY
>>164
オカエリ!ヨカッタ!
家はいいよね♪

澄んだ瞳の少年の心の隙間から
旭日を見よう
きっと全てが美しいに違いない

167 :WIZ:01/09/01 11:05 ID:36sCjcuQ
はじめまして WIZ といいます

詩涙紅さん・・・ あなたの名前 どっかで見た気がする
結構有名だったりする?

168 :詩涙紅:01/09/01 15:57 ID:lZ/xK7q.
>>165
詩人としての名前のつもりなんですよ。

yukiさん
ただいま。
きれいな詩をありがとです。
これからたくさん書こうと思います。

>>WIZさん
はじめまして。よろしくです。
ウチの名前を見かけたんですか?
有名ではないと思いますけど・・・。
今度はあなたの詩を待ってますね。

169 :WIZ:01/09/01 20:21 ID:7YUyyQRk
あ はじめまして 言い忘れたかな? いや・・・・
あれ さっき言ったような・・・

まぁいいや・・・

よろしくです

170 :yuki ◆GOvMmkNg :01/09/01 21:21 ID:Ms4l.f2o
>>168
おかえり〜!
詩涙紅の文字を見る。
まず安心したよー!(w
まったりとね♪待ってる!

171 :詩涙紅:01/09/02 12:08 ID:GX75FXM6
今日は天気が良いですね。
この晴れた空を見ながら詩を書きます。
これからね。

172 :詩涙紅:01/09/03 19:42 ID:dssJF222
降り注ぐ悲しみよ
私の優しさになれ
雲間から降り注ぐ光よ
私に明日を

173 :yuki ◆GOvMmkNg :01/09/03 23:23 ID:vzithD5M
見渡せば
小さき薄穂
広がりて
さやけき風の
波と見えしか

174 :(・∀・):01/09/05 09:02 ID:OnJyK8Hs
ハァハァ
ハァハァ
ハァハァ
ハァハァ
ハァハァ

    しるく

175 :薔薇薔薇:01/09/06 07:41 ID:NN4eQ6sA
傷つくことも寂しさも慣れたけど、悲しい時は泣きたいな。
自分を傷つけるだけでは、誰も救われないから
傷を癒せる場所を探そう。
ここの人にはわからないんだろうな自分を傷つける気持ち。
自分を切り刻んでやりたい気持ち。
わからないんだろうな。

176 :yuki ◆GOvMmkNg :01/09/06 20:35

泣きたい時は デカイ声でなけばいい
泣き続けたい時は ずっと泣いていればいい
人ってのは 疲れると正気に戻ったりできるもの

キズなんて あちこちにあるわよ
自分でつけたキズ
人につけられたキズ
でも治療できるのは 自分しかいないもの

取ったり 貼ったり 縫ったりは
医者の仕事

心の底の底まで治療できないよ
親でさえわからないのに

本当にわかってないのは自分だよ
自分をわかってあげて
すきになってあげないと

遠い日々を回想しながら・・・・

177 :いずみぴこ:01/09/11 09:31
もどるまで

178 :yuki ◆GOvMmkNg :01/09/11 13:05
詩涙紅、元気ですか?

誰でも 一度二度は

傷つき 傷つけながら

誰でも 胸の痛み

繰り返し 年を刻む

そして今、あなたに逢えて
よかったと・・・・。。。

どうしてる?

179 :松原飛鳥:01/10/02 16:01
お久でございます!!ってえか俺の事なんか覚えてる人居ないか?
うーyukiさんのスレが見つからんよ−・・・

「いとこへ」
遠い昔に こんな事を聞いた
人の価値は その人が死んだ時に
どれだけ涙が流されるか によるって
もしそうなら・・・
君はどれほど価値があったのだろう

だって・・・
みんなの涙に誘われるように
空までもが 泣き出したのだから・・・

180 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/02 17:08
>>179
はいはい。おひさしぷりです。
元気にいてますよっ♪
女三人「姦しポエム」の中の一人です。
仲良く一緒に、詩のお勉強してます。
遊びに来てください<(_ _*)>

詩涙紅は、どうしてるんでしょう?
少し疲れたのかな?
入院かな?心配しながらココにいてます。
では1つ・・・。元の名前で・・。

「別離」

人生には、色んな別離があります
それはとても、悲しく言葉に表すのが
とても難しいもの
だから、私も毎日このように
何かを、どうしていいか・・・
何かを綴りたくて・・・
居てるんでしょう・・

松原飛鳥さん、詩涙紅のリアル状況
知ってるんですか?
よかったら、ウチのスレにも来てください<(_ _*)>

181 :yuki ◆4X9FwsMw :01/10/02 17:17
>>179
追伸:前スレは無事に1000いきました<(_ _*)>
    最後は楽しいバトルでした。

182 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/02 17:18
>>181
あうっトリップ訂正だ。こんどはちゃんとなってるかな?
何回もすまそ。。。

183 :詩涙紅:01/10/06 09:29
ただいまです。
入院してました。本日退院です。
またよろしくです。

184 :詩涙紅:01/10/06 22:23
月が何度も満ち欠けする程
孤独な夜が過ぎ去った
止まらない涙は少しずつ
冷たい悲しみを消してゆくのに
傷ついた心は癒えることなく
いつまでも疼いている
心なんてなければいい
苦しみを押し殺して泣くことも
飾り続けた心の中で
本当の自分を見失うこともないのに

185 :たまみん ◆cTamahxo :01/10/06 22:30
>>183-184
たまたま、発見しました
yukiのスレにいます
お帰りなさいですね

自由になれない
心と身体は辛いね

手を繋ぎ
あなたとあたし
温もり 感じたら
心が落ち着き
温かくなるはず

根っこが強いと
倒れないんだって

大樹に育て
若き月 紅の月

186 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/06 23:49
>>183
おかえり。
寝る前に覗いて見たよー。
>>184
いつ見ても美しいね
澄んだ心なんだろぅなぁ
羨ましいぐらい美しいよ
どんな辛い経験も
最後に不死鳥の如く蘇れ
って言われたこと思い出す
最後に笑えばいいんだね
まだまだこれから
長いトンネルなんだけど
いつか光が放つまで
後戻りしても
また進めばいい


じゃ、ゆっくり静養しながらね。
時々「その身そのまま美しい詩」を
拝見させてくださいね。

187 :詩涙紅:01/10/07 10:52
>>yikiさん
お褒めにあずかり光栄です。
またがんばります。

188 :悲炎:01/10/07 15:35
街灯にかき消されそうな星空

見上げて目を閉じる

時々行き交う鈍い音や
人々の声が
遠くに聞こえ
小さくなり
そして消える

髪をなでる冷たい風も
徐々にやみ
体を包み込む暖かさだけがのこる

まぶたの裏の無数の残像を通り越して
体が月を包み込み
やがていくつかの星をも包み込む
星空が鮮明になってゆく
輝いてゆく

無限を感じて

無限を抱いて

すこし力が宿る

・・・そしてゆっくりと重いまぶたをあけ
急につんざく物音に
胸を切り裂かれそうになるのを押さえ、
急に冷え込む風にぎゅっと唇を噛んだ

ぐっと耐え
宿った力でこの道を歩き続ける

宿った力でこの道を歩き続ける

189 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/07 18:08
>>187
今日も来てたんだね^^
光栄だなんて、もったいない話ですm(__)m
>>188
横レスごめんなさい。
「ぐっと」きました。「ホロっ」ともきました。

190 :悲炎:01/10/07 22:40
>>yukiさん
そんな風に言ってくれてうれしいです。
最近詩を書き始めた自分には、
その一言が力になります。

191 :詩涙紅:01/10/08 08:12
おはようございます。

192 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/08 09:05
詩涙紅 、おはよう<(_ _*)>
ご機嫌いかが?
>>190
悲炎さん、私詩人ではないので^^
ただの好きだけで、気持ち書いてるので
批判ありありです。
でも、気持ちがないと書く意味がないものね。
またよろしくです<(_ _*)>
>>191
あら、入れ違いだな・・・・。

「一本路」

自分に引かれたレールだものね
クネクネ曲がり路
デコボコ険しい路
ツルツル滑り路

どの路も、確かに一本路

            <(_ _*)>

193 :名前など要らない:01/10/08 09:07
ジャ伊湖↑

194 :詩涙紅:01/10/09 09:13
<ナルシスト>
輪郭のない夢を見る
僕のいとおしい憂鬱
届かない空に手を伸ばして
泣いているよ

狭い空間で
狂気を演じている
僕のいとおしい被害妄想
心の小さな傷にすら
怯えて泣いている

ナルシスト
壊れてしまえばただの塊
僕はナルシスト

過去の虚像に酔いしれて
見たこともない未来に浸っている
美しい
生きている僕は美しい
誰にも壊させはしないよ
今日も空は高く
僕は狭い空間で輝いているから

195 :詩涙紅:01/10/10 20:22
もう何も失いたくない

196 :いかいか:01/10/10 20:33
>>195

おまえはすでに才能を失ってる、、ってっか最初からないだろ?

あえて言わせてくれ、「逝ってよし」

俺もか!!(藁

197 :名前はいらない:01/10/10 21:09
>>196
  ∧⊂ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (´∀`)ノ< まあ落ち着けよ、ジジイ
 ⊂|  |  \_______
  |   |
  ⊂ノ〜
  ∪
   

198 :ラサ:01/10/10 22:37
>>196
マジな話し、友達を自殺で失ったのよ。
あまり煽らんといて。

199 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :01/10/10 23:20
枠から溢れでた青は
陽が経つにつれて
透けるようなそれから淡いものになった

帳が訪れる事が悲しいほど多いけど
叢雲の月は必ず照らしだすよ

そうして迎える宵の頃も
一刻も経たぬ間に彩を求めてさ迷う

その行方は知らないけれど
昨日見えた月は茜輝くところでは
薄く薄く見えなくなってるよ

一瞬の静寂がこれからも青が
溶けだしまた迎える

200 :詩涙紅:01/10/11 08:06
知らずにいればよかったことなんだろうか?
いや、これも知るべきことだったんだ。
友達が自殺するってきついね。

201 :ラサ:01/10/12 00:43
わすれたい
なにもかも

あなたはたくさんのものを残してくれた
短かったけどたくさん
それが全部ぜんぶ壊れてしまいそうだよ

あなたがいなくなってもなんとも思わなかった
悲しいくらい不自然に
消えるってこんなにかわいたもの?

あなたがいたら
みんながしあわせでいられた気がする
でも、もう帰ってこない


もういなくても
帰ってこなくても
思い出だけはここに残ってる
みんなの胸に残ってる

今は楽しかったこともすべて悲しみだけど
いつか全てが楽しかったことになる

わすれたくない

202 :詩涙紅:01/10/12 08:41
忘れない。
あの、楽しかった日々は忘れたくない。

203 :いかいか:01/10/12 18:13
>>202

君は友達が死んだことを書いてネタにしてるのか?

なんかいも、なんかいもしつこいです。友達をネタに詩をみんなによんでもらおうとか、ふいんきのためにかいてるのか?

204 :詩涙紅:01/10/12 19:13
>>いかいか
違うよ。
辛い気持ちを吐き出したかっただけなの。
ごめんなさい。

205 :笑顔なパソコン@FMV:01/10/12 19:38
BIBLO

206 :悲炎:01/10/12 20:31
明日が待ち遠しくて
家の中をなんども回ってたっけ

いろんな事を描いては
ニヤける顔をおさえてたっけ

だけど今、そんな日々がやけに
輝くしく思えて
滲む風景はいっそう悲しみを演出している


ちょっと言葉を間違えて
落ち込んだりして
でも、美味しい夕飯にありつけば
暗い顔なんて吹き飛んでたっけ

ずぶ濡れになって帰宅した
あとも暖かい体が幸せを
運んできたっけ

でも今じゃこの傷が
明日も癒えることもないと分かってるんだ

君が明日笑ってくれる事もないと分かってるんだ

僕が明日に向う理由は君だけだったのに・・・

希望の朝と呼んでいたものは
いまただこの傷を深めるだけ

207 :ohatu:01/10/13 12:07
ひさび〜 …て覚えているわけもなく(苦笑

「とけた」

きのうとけた
かけらを きょうは
つなぎあわせて

そのまま
たべてしまいたいような
あふれるものへと
かえました

あたらしい
おかあさんは
あまりすきじゃないけど
はんぶんとちょっと
おかあさんに
あげました

このままで
でんきを こわして
へやをでました

へやは くらくなって
おかあさんは きえました

−−−−−
また来ます
             ペイジェ☆

208 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/13 19:29
詩涙紅、おひさです。

めぐり来る季節ごとに
この手からこぼれ落ちるもの
立ち止まり 振り返れば 寂しげに僕を見てる

いつも いつでも 誇れるものをひとつ 信じてきた日々

出会いと別れをくり返し 歩いてきた道を
かけがえのないものと思う 今の自分ならば

がむしゃらな情熱さえ 懐かしく思う日が来ても
静かなる強さ秘めた ともしびを掲げていよう

自由 愛情 手放した時 初めてその意味を知る

痛みと歓び分かち合い 絆深めた人の
飾ることのない 言葉の粒 今も抱いて

暗雲切れて 光が射す
大地が歌いはじめる

*大好きな詩なんです*

209 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/14 09:31
「口癖」

大丈夫?
そうきかれて
  「大丈夫、元気だよ」

大丈夫
元気

これが最近の「口癖」

210 :詩涙紅:01/10/14 20:37
心に鏡があって
あなたの心を写すことができたら
悲しみは少なかったかもしれない
私の心も誰かの鏡に写らないだろうか

211 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/14 20:51

大陸に
   
落とした涙を

求めさまよう
   
心の明鏡

響かすように

212 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/18 08:53
「海のとり」

大の字に寝て
ずっと空を見てると
果てしない大海原に見えてきて
落ちて沈んでゆきたくなるんだ

パンドラの箱のように
悩みや不安や悲しみのいっぱいつまった
この胸の重さを
この海に沈めて
深く深く沈めて
人知れず葬ろう

ちっぽけな魂の
阿鼻叫喚など
どこにも届かない
広大な静寂
すべてを限りなく受け入れるから




この空の青が瞳に宿って
私を底知れぬ深海へといざなうんだ

213 :詩涙紅:01/10/18 09:20
どこまで歩き続ければいいの?
鍵だらけの箱に閉じ込められた心を持って
どこへ行けば解放されるの?
自分の居場所を探してさまよっていたら
心が音をたてて崩れていった
こんな暗い絶望の闇の中では
何も見えないよ
粉々になった心が
指の隙間からこぼれ落ちてゆく
もう 独りでは歩けない
歩いてゆく道すら途切れて
何も見えない
時間よ
この胸の鼓動を止めて
苦しみだけの道は
もう歩きたくない

214 :名前はいらない:01/10/18 10:15
どこまでコキ続ければいいの?
しみだらけのエロ本に閉じ込められた精子を持って
どこへ出せば解放されるの?
精子の出し場所を探してさまよっていたら
人生音を立てて崩れていった
こんな暗い独房の闇の中では
何もできないよ
しょぼしょぼになったちんぽが
指の隙間で行き来する
また 独りでするしかない
セックスする道は途切れて
誰もいない
女よ
この俺の童貞を奪って
苦しみだけの道は
もう歩きたくない

215 :za:01/10/18 10:49
変わったの発見!!!http://merumo.ne.jp/i/00040521.html

216 :≫214 ばか!!:01/10/18 13:42
アホーな事を書いてんじゃーないの!! ヘタレー!!

217 :名前はいらない:01/10/18 14:00
>>214 俗物くんは 氏んで下さい。サルなんですか??

218 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/18 19:59
キミを恋しく思った時
いつも天を仰ぐ
なぜって...
キミも、月を見て
私を思い出してくれてると思うから

天高く両手をかかげ
おもいきり背伸びをする
今宵も大空を抱きしめた

*詩涙紅元気?

219 :みみう:01/10/18 21:27
yukiちゃんすきすき

220 :詩涙紅:01/10/19 07:53
>>yukiさん
気分は沈みぎみ。
夜もあまり眠れず。
元気?と聞かれれば答えられない。
でも、生きてるから大丈夫。

221 :ohatu:01/10/19 09:21
>ああ みみうさん、リンク忘れてますよ。(w
>yukiさん スレ復活きぼんぬ 遊びに行きますよ
>しるくさん ああ やっぱ覚えてないか…

−−−−−
「空が無いなら」

手の届くところに
空が無いなら
少し背伸びして
キスをしよう

宇宙のはじっこは
ここと そこだから
ずっと遠くなんて
見ないフリして歩こ

いつの日か
太陽が目覚めて
大きな空が
落っこちてきたら

やっぱ ちょっとだけ
手を伸ばして
キスをしよう


         ペイジェ☆

222 :詩涙紅:01/10/19 11:00
>>ohatuさん
覚えてますよ。
当たり前じゃないですか!
・・・で、どちらさんでしたっけ?・・・ウソです。

空には手が届かなくても
空は私を優しく包んでくれる
その青く澄み切った色は
心の奥まで染み込んでくるよ

223 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/19 17:03
>>219
あらら、どうもです。
>>221
スレありますよ。「姦しポエムもどき」
遊びに来てください!ね。
前は確か大文字「OHATSU」じゃなかった?
間違えてたら、ごめんなさい。
>>222
呼び合う魂
引き合う魂
求め合う魂
きっと なにものにも 引き裂かれることがない
永遠の ふたつの いや ひとつになる魂
その場所が「空」

224 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/21 10:00
翔ぶ鳥の 白き翼に 想い馳せ 共に超えたし 厳しき冬も

225 :ohatu:01/10/24 03:32
濡れて
輝く
あれはなに。

どこを
呟く
聞こえないだろ。

羽根の
白い色さえなければ
どこでも
どこまでも
行けたろうに。

とめどなく
雪は
同化し
言葉を そっとすくう

          ペイジェ☆

226 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/24 18:40
受話器の向こでなくとも

三日月がキレイだと
言ってくれると思う君

きっと 同じ月を見ているよ

遠く離れた場所でも
同じ事に感激する事

それだけでも潤うよ
それだけで癒される

僅かな共有の時間を
共に分かち合う事で
お互いを認めていく
良い関係だと思うの

詩涙紅の月も 同じでしょ?
yukiの眼に写るモノと....

227 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/24 18:53
>>226+もひとつできたっ!

『今日の月は消えてしまいそうに細いよ』
そのメールの言葉に、夜空を見上げる

今、同じ三日月を見ているんだね

三日月は、あなたの不安そうな表情も伝えてくれた

「だいじょうぶ!私は変わらずここにいる」
そう伝えたくて、つまらないジョークの短いメールを送った

三日月よ...あの人に、伝えてほしい
「私はここにいるから...」

228 :薔薇薔薇:01/10/24 19:29
>>yukiさん
yukiさんの詩を読んだら元気が出てきたよ。
すばらしい詩だと思います。
どうもありがとです。

229 :ohatu:01/10/27 08:19
「ロリータ・スタイル  〜RRMEPT remix〜」

光が透過する
無限大の奇跡に
あなたの夢は
星を呑んでた

何色とも言えぬ
世界の中で
涙もコトバも
そのままで息をする

とめどなく溢れる
公園の朝は
あなたを微笑ませるのに
充分なスタイルで

どこまで行っても
死なない心で
傷つけた身体を
空気のタブに沈めて

強くて弱い 宇宙味のウエーブは
まだ行けるんだと
君の背を押す

ひのひかりを浴びて
何にも拠らず

君は此処にいる。

             ペイジェ☆

230 :薔薇薔薇:01/10/27 09:40
>>ohatuさん
力のある詩ですね。
ちなみにペイジェ☆とは・・・?

231 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/27 09:59
>>228
ありがとうね。よかった。
詩涙紅、元の名前にしたんだね。
yukiは、スゴイ風邪です(><)

帰り道
街のあかりが にじんで見えた

冷たい風がしみたかな?
ひとりでは 重すぎるのかな?

なんだか こころが 震えてる

感動なのかな?
 複雑なこの気持ち...

232 :詩涙紅:01/10/27 10:20
あ!名前間違えてる(T-T)
yukiさん、教えてくれてありがとです。ヽ(^ー゚)ノ♪

233 :詩涙紅:01/10/27 10:47
<道の終わり>
曲がりくねった細い道を歩いていました
終わりが見えないほど長く
何もない道でした
ただ歩く以外に何もしなかったのでとても退屈でした
それなのに考え事もしなかったので知っていたことも忘れて
大切な思い出も失ってしまいました
私の頭の中は
まるでこの道のように何もなくなってしまいました
どこまで歩いてもやはり道の上には何もなく
空は雲一つない青空のまま
時間が止まってしまったかのように
一度も日が沈むことはありませんでした
道の外側には果てしない草原が広がり
やわらかな風が吹き
おだやかな日の光に誘われて
小鳥達が美しい声でさえずっていました
しかし私はその様子を
目の端で捉えていたにもかかわらず
興味をそそられることなく
ただ歩きつずけたのです
その道はひどく蛇行していたので
まっすぐに進めば楽だったに違いありません
それでも私は疑うことなく道の上を歩いたのです

きっとこれが私の人生なのでしょう
そしてあの太陽が沈み夜が訪れた時
心がカラのまま私は星になるのでしょう
”何もなかった”
ただそれだけの人生を過ごして

234 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/27 13:31
>>232
変えたのかと思ってた!(笑)
>>233
「それぞれの道(レール)」

あなたの道は
日の沈まない明るい道なんですね
あなたの道は
優しい風が吹き 小鳥が鳴いていて...
それなのに上の道を歩いたんですね

私の道は
暗雲立ち込める中険しい道でした
途中で何回もつまずいて 膝を擦り剥き
血だらけになるような道でした
それでもこの道しか歩けない不器用者なんです...

それぞれの道だけど
自分にしかない道(レール)

この道に何か軌跡を残しましょう
詩涙紅は「☆」
yukiは、何を残せるでしょう.....

235 :かずー:01/10/27 14:15
   「かけら」


どうなっていくのかな・・・
どうなるコトを望むのか・・・

真っ暗な闇の中で
そうつぶやいてみた。
その世界には存在しないものを
そっと眺めてる私がいる。
肥大しすぎた「かけら」・・・
私の心はうもれてしまう・・・

いつからだったかな・・・
形成される前からなのか・・・

小さな空間の中で
「かけら」は手を広げてゆく。
それは何もかも取り込んで
やがて形を作る・・・
私は影に消されてしまう・・・

どこにあるの・・・・
どうすれば触れられる・・・

影は視界をさえぎり
私の彩をも変えていた。
何もかも奪われていく
その中でまたつぶやいた・・・
アナタが私を消してゆく・・・

236 :かずー:01/10/27 14:24
  「闇」


何もしたくない・・・
誰もいない・・・・
温度さえ感じないこの世界
ずっと固まったままの時間が
僕を苦しめる
なぜ?なぜ?なぜ?
この気持ちは
どこから生まれてくるの
限りなく湧き出てくる
闇が僕を覆いこむ・・

いつになったら這い出せる
とまったままの時計じゃ
前に進めない・・・
鍵のかかった扉は開けない・・
ずっとずっと
同じ景色の中で・・
そっと息を潜めてる・・

心のかたち・・・
ずっと僕を閉じ込める・・
その波はさらに
勢いを増してゆく・・・
そして僕は流されて・・
何もわからぬまま・・・
空をみている・・・

237 :詩涙紅:01/10/27 22:24
YAHOOメールアドレス公開してみます。(興味本位)
silkxxjp@yahoo.co.jp

238 :ohatu:01/10/28 14:50
>>230
「ペイジェ☆」に意味はありません。
気にしないでください。

−−−−−
「機械は朝の夢を見る」

カドミウムの奇麗な発色に
うとうとするような風を吸い
潤滑油を塗った 華奢な足で
データに無い道を歩いてみる

追いかけようとするのに
どこまでもどこまでもどこまでもどこまでも
立ち止まろうとするのに
いつまでもいつまでもいつまでもいつまでも

少女のすかあとを
ノイズまみれの画像記憶を
ひのひかりに重ねて 夢を
与えられたルーティンの中で

足跡が何度も重なり 歩く
力を失った僕は 認識したのだろうか
すかあとではなく骨が
荒野で夜を浴びている

 泣けないカラダで良かったと思う
 複数のアラートの合唱が奇麗

月とすかあと
視界は その領域を閉じる

239 :詩涙紅:01/10/28 20:46
>>ohatuさん
ohatuさんの詩って不思議な世界観がありますよね。
なんか吸い込まれそうな感じがします。

240 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/31 20:01
自分の中に埋もれた真実を 掘り起こせ
いつでも 前を向いて 真っ直ぐに歩いていけ
泣き崩れることを 赦せる自分であれ
自分の弱い部分を 認められる 強い私になれ
---------------------------------------
詩涙紅、お変わりなし?

241 :詩涙紅:01/10/31 20:28
>>yukiさん
砂漠の砂になってしまいた気持ちです。
あぁ、消えて無くなってしまいたい。
存在を消してしまいたいです。

242 :yuki ◆DIe/YuKI :01/10/31 20:34
人間いつか消えてなくなるんだもん。
あわてなくて、いいじゃない。
ぼちぼち生きていこう。
ぼちぼちとね。

243 :ohatu:01/11/01 22:12
[mint,choco,scream]

ささやかなひかり
時は祭の中を 一人抜け
高原の 蒼が揺れるのを
静寂の中で

太陽の
揺れる吐息にも似た
空風に 吸い込まれる
たなびく帽子だけが
乗って まだ高くへゆく

カップとまどろむ影と
ただただ 透きとおる音に
こころはいくつものカタチを
繋ぎ 紡ぎ そして届く 甘い火を

夢の中で 見つけた答えを
ユーカリの葉に綴り

今は 目を閉じる  そっと
−−−−−
英語で書こうとして断念(w
タイトルだけで 勘弁してください。

244 :詩涙紅:01/11/02 10:26
おはよです。
詩うかばないっす。

245 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/02 18:10
涙枯れ 心の居場所 探せずに
     あなたを求め S.O.S
----------------------------
今週は、疲れました (;´д`)

246 :詩涙紅:01/11/02 20:11
>>yukiさん
お疲れ様です。

自分の居場所が見つからなくて
毎日泣いておりました
朝日が昇るたびに
私は絶望でいっぱいになったのでした

247 :18歳:01/11/03 02:09
孤独を抱えながら飛び出した
体は雛のままなのに
心だけは大人のふりしてた
揉まれていく大人の築きあげた世界で
精一杯背伸びして
踊らされていたことも知らずに
売春まがいのことして生きていくスベだなんて理由つけて
汚した体も心も今となってはもう・・・
再生不可能

248 :18歳:01/11/03 02:20
もう泣かないで
悲しまないで
もう戻らないあの日、あの時
かけがえの無い季節だった
街には家路を急ぐ人が足早に目を伏せて
安らぎ求めて
愛の喜び夢に描いて
傷つく涙も枯れて
気が付いた時笑う事さえ忘れてた自分に
きずいた

249 :詩涙紅:01/11/03 08:46
>>18歳さん
はじめまして。
初々しい詩だなと思いました。
これからもよろしくです。

250 :18歳:01/11/03 12:29
≫詩涙紅さん、お初です。おじゃましちゃいました。
これからよろしくお願いしますm(__)m

251 :名前はいらない:01/11/03 13:17
>>250
オマエ シバンハスレ ト ヤミクモスレ ニ
ハリツイテイル ネンチャクダロ?
バレバレ ナンダヨ
>>248
>きずいた
ジブンノ バカサカゲン ニモ イイカゲン キヅケ

252 :まん子:01/11/03 13:59
ポエムとか書いてて恥ずかしくならんの?あんたら。
こっちは見てるだけで虫唾が走ります。

253 :名前はいらない:01/11/03 14:14
>>252
ダッタラ ワザワザ ミニクルナ バーカ

254 :ちょっとより道:01/11/03 15:30
>>251
>オマエ シバンハスレ ト ヤミクモスレ ニ
>ハリツイテイル ネンチャクダロ?
おれのことを指してるんなら違うよ。
闇雲スレには最近ちょっとお邪魔してるけどね。
シバンハじゃないし。

255 :名前はいらない:01/11/03 15:38
ちょっとより道=18歳???

256 :名前はいらない:01/11/03 15:47
あ。釣られてる。しーらないっと。(  ̄m ̄)プッ

257 :ちょっとより道:01/11/03 16:30
>>255
答えるまでも無いとは思ったけど、誠意をもって
返事するのが信条なおれとしては間違いを放置
するのもどうかということで一応ね。
おれはもうちょっと老けてるよ。
ということで「18歳」氏とはまったくの別人。
たまたまこのスレをのぞいたら>>251だったので
書き込んだまで。
あと、シバンハスレにはまだ一度も書き込んでない。
というか読んでもない。。。
ではみなさん、お互いもうちょっと建設的であってくれ。

258 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/03 19:45
>>246
詩涙紅サンキュ!今日は元気復活日!
辛い時は、何も考えないことにしてるけどね(笑)
-----------------------------------------
黙り込む丘
  眠りにつく森
  いのち達は最後の輝きを放ち終え
  灰色の空に見を任す
  秋はひそやかに冬に抱かれて
  冷たい褥に横たわり
  光すらもう身動きしない

  ねむれ いのちよ
  太陽が
  一輪の花を咲かすまで
  幼く新たな顔ぶれが
  歓喜の産声 あげるまで

259 :ohatu:01/11/03 20:08
「いっこ」

透明な味の無い空気を
僕のと 君のと
知らない誰かのに
分けるなんて出来ないから

何かを 誰かを
奪ったり
奪われたり
分け合ったり
共有したり
そんなのは ぜんぶ嘘☆

いっこの
ぼくら
いっこの
うちゅうで

いっこの
ぼくら
いっこの
奇跡を

いっこの
ぼくら
あいして
壊して

流れる
涙も
それでも
愛して

いけない
とこを
それでも
目指す

いっこの
僕らの
かぎりない
ひのひかりが

少しだけ未来の
僕らを照らし
まだ行けると励ます
千鳥足の神様を
いっこの魔法で
笑い飛ばして

誰かの足跡と
ちょっとだけ逸れても
同じで違う 宇宙味のGimmi☆
みんな 明日へ

透明の息をして

−−−−−
久々に 書けたって気がする(w

260 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/04 19:55
「みっつ」

甘酸っぱい飴玉のような
ひとり ふたり さんにん

奪うことなど しらない
ただ ただ 純粋に
分け合うことが だいすき

前世は
働き蜂だったのかな

いっこの中に
ひとつ ふたつ みっつの生命

いっこの中に
あなた きみ ぼく わたし

舞踊  赤鬼 雷雨 てふてふ
(喜)  (怒) (哀)   (楽)

すべてが
いっこのなかに
ちょっとした縁に触れて
コロコロ変化

吐息は虹色

261 :詩涙紅:01/11/04 21:48
少しにぎやかでしたね。
いつも来てくださる方々
良い詩をいつもありがとです。
なんだか心が透明になった気がしました。

262 :hellolouytrew:01/11/04 21:53
今大きな試練の時にある。俺は自由なんだ。紙でも仏でもなく
人間なんだ。もう、性はだめだ。あきらめた。もう、僕の水道管は
壊れてるんだよ。

263 :hellolonnlymann:01/11/04 22:06
崩壊さ前線は、もう、落城寸前さ

264 :詩涙紅:01/11/06 20:50
何か良い詩浮かばないかな…?

265 :YOU:01/11/06 23:01
age

266 :ohatu:01/11/07 06:11
「素直が一番」

大きなプレゼントを
小さなリボンで

そんな素直な世界は奇麗
はみ出した愛も
きっと蜜みたく甘いはず
素直な君に溶け始めたアイスを

ガードレールに体を売って
わずかなお金でチケットを買う
素直な雨が服を貼り付けて
汚れたその手で奇麗なものを拾う

暗いスクリーンの端っこで
何度も消えるよな小さな声で
軌跡を信じて笑ってみたけど
素直な宇宙は僕らを包む

息をする意味を
気球に載せて
素直に 素直に

267 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/08 08:04
詩涙紅
今度は私に聞かせてくれませんか

生きる意味を。

詩涙紅
次はあなたの番です(笑)

透明な心伝えてくれませんか。

268 :詩涙紅:01/11/08 09:27
>>yukiさん
生きる意味……
わかんないです。
未遂何回もやってて生きる意味なんかわかんない。
早く死にたいくらいなのに(T-T)

269 :名前はいらない:01/11/08 11:40
            __,,..、、- - - .、、...,,___
       ,,、‐''"~ ̄            ̄``''‐、、
     /                      \
    /                         ヽ
   /                           ヽ
   /  / ~~` '' ‐- 、、 ,,__   __ ,,..、、 -‐ '' "~~\  ヽ
   |  /    __           ̄       __   ヽ  |
  .|  {  ´   ‐- ....__    __... -‐   `   } .|
  .|  〉,,・^'' - .,,      ~  i ~    __,,.- ^`・、.〈  |
./ ̄|  /,/~ヽ、  `'' ‐--‐ ,.| 、‐-‐'' "~   _ノ~\,ヽ | ̄ヽ
| (` | / ヽ,,_____`‐-、_、..,,___ノ八ヽ___,,.._-‐_'"´___,, ノ ヽ .|'´) |
| }.| ./'   \二二・二../ ヽ  / ヽ、二・二二/  'ヽ | { |
.| //| .|          / |  |. \         | |ヽヽ|
.| .| | .|        /    |  |.    \       | | | .|
|ヽ.| |      /     .|  |.     ヽ      .| .|./ .|
 |  .| |     /      |  |        ヽ     |  | /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ .| |    /       .|  |       ヽ    |  | /  | うんこもらした
  .ヽ.| |    /     '二〈___〉二`       ヽ   |  |./  <
    | |          `-;-′         |  |     |  ………
     iヽ|.      ,,... -‐"`‐"`'‐- 、、     |/i       \_________
     |  ヽ     /...---‐‐‐‐‐----.ヽ    /  .|
     |   ヽ.    ,, -‐ ''"~ ~"'' ‐- 、    /   |   
    .|    ヽ         !          ./   .|

270 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/08 19:31
>>268
難しいよね、人は何故生きてるのか。
何故生まれてきたのか。

「君へのバラード」

泣いた夜
キズだらけの過去
君が側にいるだけで
落ち込んだ時は
何より効くんだ

夢ばかり手探りして
何ひとつ出来ない

言葉に出来ないこの気持ち
ありがとう

ひとりぼっち
その心のもろさ
教えてくれてありがとう
キズカズニ ゴメンネ

今なら言えるから
伝えたい ありがとう

271 :Ohatu:01/11/09 03:27
あなたのことはよく知らないけど
あなたのいる世界のほうが
あなたのいない世界より
きっといいと思う。ぼくにとってはね。
多分、きみにとっても。

理由なんてぼくにもないよ。
生かされているわけじゃないんだから、
理由なんかいらないよ。ただこうして、
言葉を交わし。息をしているだけ。
そんなことでほんのちょっと満たされる瞬間。

その瞬間のあなたのために
あなたはいま。生きているんだと思う。
涙がしょっぱいのは。偶然じゃなくて。
あなたがそれを忘れないように。

いあいあ、辛い想いじゃなく。
こんな奇麗な涙が流せるんだてこと、
忘れないように。

ごめん。こんなんしか。
でも、伝わると信じれば
ちょっとだけ伝わるかも。
魔法。いまだけ。おねがい。

272 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/09 21:33
大切な
時を重ねて
今ここに
巡り巡って
運命かな

273 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/11 20:43
そう名前なんて
       いくらでもある

本当の自分で
       あったり
嘘の別人に
       なりすましたり

世の中上手く渡れなんて
簡単に言うけど

簡単に出来れば
名前なんて
       いらないのに

こだわってないよ
       こだわってるの

無色透明な空気に
手をかきまわし
まさぐってみる

神様、嗚呼。
感触は満たさない。

274 :名前はいらない:01/11/12 02:01
     /⌒\     /\
    /'⌒'ヽ \  /\  |
    (●.●) )/   |: | yukiウザイ
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|     |
   |√7ミ   |::|  ト、   |
   |:/    V_ハ   |
  /| i         | ∧|∧
   и .i      N /⌒ ヽ)
    λヘ、| i .NV  |   | |
      V\W   ( 、∪
              || |
              ∪∪

275 :Ohatu:01/11/12 02:20
>>274
いいからどっかいけ。それしか言えんのか。ばかぁ☆

276 :Ohatu:01/11/12 02:28
「無尽」

途切れた
手紙の続きに
無人島での
経験を
当てはめてみて考えた

そっと無くなるような
ひかりが
見えなくなるような
夕暮れに紛れ
僕にくれた
意味は何だろう

確かに光った
君は泣いている
こぼれ落ちる
無限のひかりだけが
悔しがる君の
生きていることを証明した

理由は辞書から
切り貼りして偽造って
信じられるものを
信じていよう

君だったり僕だったり
雪だったり夏だったり

もうとにかく
信じられるもの全て

277 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/12 20:24
「straits」

流れ出る
しょっぱい涙

海の味

あの日あの夏
ふくんだ季節といっしょ

海を舞う鳥のように
揺れるさざなみのように
坂道から海峡へといばらと闘いたい

そうだ 今度は冬の海へ

欲望と風を感じて真実へと

これは自分の手じゅなきゃ
闇を拭えない

278 :yuki ◆DIe/YuKI :01/11/12 20:25
>>277
これは自分の手じゃなきゃ
闇を拭えない

最後ミスタイプ、いつものことでスマソ

279 :yuki ◆tESDgagk :01/12/14 23:35 ID:???
詩涙紅。どうしてる?
>>268
1ヶ月以上、きてないんだ。
心配だど。(TT)

280 :yuki ◆DIe/YuKI :01/12/14 23:36 ID:???

これ、返事しておくれ。

281 :名前はいらない:01/12/16 07:43 ID:???
入院してます。

282 :風の谷の名無しさん:01/12/17 10:34 ID:???
入院中。。。

283 :yuki ◆DIe/YuKI :01/12/17 22:32 ID:???
あり。了解。いつもロムしてるよ。

284 :yuki ◆DIe/YuKI :01/12/18 21:06 ID:???
ここはdat落ちするの
まったりだから安心だ。

285 :yuki ◆DIe/YuKI :01/12/22 00:05 ID:???
「夢の川」
まんなかに
立派な木があって
右は工事現場から
ドウドウ流れてきたような
泥んこ川
左は湧き水が
ゆったり流れる「夢の川」
どっちに住むかで
大きく変わります。
ケーロケロッ。

286 :yuki ◆DIe/YuKI :01/12/29 15:00 ID:???
本日2本目のスレ終了。
詩涙紅、体調どー?
詩板がなくならない限り
見に来るね。

287 :詩涙紅:01/12/30 10:52 ID:q6ZBu3YY
外泊で帰ってきました。

288 :yuki ◆DIe/YuKI :01/12/30 11:11 ID:???
おかえり。
ただいま。わたしも買い物から帰ってきたよ。

289 :詩涙紅2:01/12/31 08:12 ID:???
2

290 :yuki ◆DIe/YuKI :01/12/31 17:57 ID:???
2

291 :詩涙紅:02/01/01 20:57 ID:d7E8MbWy
なんか…記憶にない詩が出てるようで。
それだけ見てくれる人がいるってことなんでしょうね。
ウチは11月始めから来てなかったんですけど、
ここが消えてなくてびっくりです。

>>yukiさん
いつも良い詩をありがとです。
最近、駄作ばっかりかいてます。
生活に変化がないと行き詰まるんです。

次に来た時この部屋がまだありますように……

292 :詩涙紅3:02/01/02 11:42 ID:???
(゚д゚)ウシー

293 :yuki ◆DIe/YuKI :02/01/05 18:23 ID:???
>>291
詩涙紅、あけましたね。おめでとう。
>駄作?そなの?

美しいだけが、綺麗じゃないと思う。
醜い姿さえ、美しい時がある。
だから、それでいいと思う。

また来るね。
詩涙紅は、ただ一人だから安心してー。

294 :yuki ◆DIe/YuKI :02/01/14 08:18 ID:???
連休だったね。

295 :yuki ◆DIe/YuKI :02/01/14 08:20 ID:???
胤舜さんのとこで書いたものだけど。
無事、朝を向かえられたよ(笑)

「祈り」

やわらかな朝を下さい
心の棘を抜き去り
しじまに今
身を横たえました
悲しみはこれ以上
私を強くすることなどできません
夜の深さは充分に
私の魂を古ぼけさせましたから
やわらかな朝を下さい
惑いも憂いも忘れて
私は私のままで
ふたたび生まれて来ます
まばゆい光に胸震わせた
遠い日々を思い出せるように
明日からの私に
どうか
やわらかな朝を下さい

296 :yuki ◆DIe/YuKI :02/02/12 20:38 ID:???
2001/07/26

熱ったかい蒸タオルを
君の額に乗せてあげよう
ため息が鼻の奥から這い出して
目玉はゆらりと夢をみる
耳の後ろも拭いたげよう
キュ と音がするように
すると君は蘇える


297 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :02/02/13 22:36 ID:???

君の産毛を撫でながら
このいとしい時が奏でます

想いはどこまでも続くとは思えないけど
だから僕は夢見てます

あなたの吐息を首筋に
感じるからこそ今こそは

永遠の時間にとどめます




yukiさん相変わらずですね、あなたの言葉は私に訴えます。

298 :yuki ◆DIe/YuKI :02/02/13 23:15 ID:???
簡単な言葉でさん、覚えていますか?

あなたに贈る
百万もの言葉
千万もの文字
億もの想い

想いは新たな物となり
この瞬間を記録し
永遠のものとする

大切にしてます。いただいた詩(心)
詩涙紅も、大切な友人と思って毎日ロムしていますし
この詩も、勝手に送呈してしまいますね。著作権は以下省で(笑)

299 :yuki ◆DIe/YuKI :02/02/18 06:50 ID:???
「 春 よ 」

変わりたい空
変わりたい町
変わりたい木や草や蕾や
変わりたい私たち
 
お願い
力を
かして下さい


300 :通りすがりの名無しさん ◆SgtagZkk :02/02/19 15:34 ID:???
300!!

301 :yuki ◆DIe/YuKI :02/03/15 23:36 ID:???
足跡yuki(゚Д゚)ポエ−

302 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :02/03/25 00:46 ID:???
通り道の あの咲く花は
匂いだすような 鮮やかな

まわりの色も溶け出して
ただ一色に染めるね

わかってはいたけど
巡る季節が待ちどうしかった







そして
お帰りなさい





303 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :02/03/27 01:45 ID:???
私には 止めゆくゴシックが組めません 組めません 古いのか?

304 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :02/03/28 00:17 ID:???
RとGとBで色をわけるなんて しかも数えるなんて 組めません 組めません

305 :yuki ◆DIe/YuKI :02/03/30 22:35 ID:???
あなたはこっそり現れた
夏の風鈴 かき氷を食べながら
冷たいっ て こぼしながら
100あるレスの1の確立で こんばんわー
春 見つけた
櫻の花弁が ひらひら舞うように
ひらひら ひらひら こんばんわー

306 :yuki ◆DIe/YuKI :02/05/03 15:22 ID:???
定期ageできない状態だ。
詩涙紅、本当にどうしてるのか。


307 :火尭烏:02/06/21 16:03 ID:???
      ∧..∧
      (´・ェ・`)<パワーアップ!!
  (( ━─OO─━ ))
       ∪ω∪

308 :yuki i043103.ap.plala.or.jp:02/06/26 22:55 ID:???
保守足跡


309 :名前はいらない:02/07/11 13:16 ID:???
保守りんこ

310 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :02/07/18 00:10 ID:???
眩しさに手び差し 
陽炎を吸い込む
濃緑の葉陰で一休み・・・

へばり付く取っ手を引く
顔を撫ですぎる冷気
少し目を閉じてみる
おぼつかず握りきれない手で
勢いよすぎて飛び散る
ゆっくりと曇らし玉になる
口の端からこぼれる

なによりも美味しい

・・・信号は二つ変わった
湯気たつアスファルト
いつもの道ぼやけてる
枝間から無い雲求めてる
食い込む革帯握り直す
一歩下がって勢いつけて
蝉は鳴き止み飛び出した

走るつぶやく走るつぶやく
「冷たい麦茶」「麦茶」「麦茶」 



311 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :02/08/15 02:14 ID:XxdowYIf
朝日が見たかった
いつもの見慣れた道を手探りで

見覚えのあるシルエットに
此処が河原なのはわかっていた

向こう岸を眺めながら
少しずつ色がついてくる

虫の音も鳥の声も全てが止まる
その時を待っていた

312 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :02/08/22 02:23 ID:LkdXcxC/
階段は3段目に「ギッ」て軋みます 
薄暗くて灯りもありません

胸ときめかして登りました 
唇を噛みしめ降りました

もう3年になります 
洗濯と掃除をしました 
何かをしてないと不安なんです

窓を開けると隣の壁 
夕焼けも夜空もありません

お出掛けで閉めるのを笑われました 
二人に淀む空気を流してくれました

もう3年になります 
この部屋の事は全部知ってます 
あなたの手紙は捨てました

扉に鍵は掛けません 
捕られる物は思い出以外ありません

送って欲しくていつも振り向きました 
追いかけて来るのを期待して飛びだしました

もう3年になります
この建物より馴染んだ気がします 
だけど不安なんです

313 : ◆nocyk5hk :02/09/02 16:48 ID:xr03xApo
靴音がなくなった
君は階段をのぼっていたのに
わからないけど突然
靴音がなくなった

314 :簡単な言葉で ◆TEEEEEEE :02/09/10 22:22 ID:LYHupTqr
ちょっと見たくなったから
手摺から顔だけ突き出してみたのさ

そうしたら驚くよ
どこまでも続いてるじゃん

降りる事も考えたさ
でもここまで来たんだし
だから
ちょっと一休み

一服して視線を下ろしたら
足跡があるのよ


なんだみんな同じじゃん

だから
ちょっと一休み

315 :名前はいらない:02/11/01 21:04 ID:T8Ru5Yos
ageとく

316 :Mana魔名:02/11/05 00:38 ID:RRVtw6Pd
詩人が今日も俳諧している ベッドの上を跳びはねて
涙は火花となり 水泡が放射状に拡がっていく
紅の背中に触れ メイクを落として大人しくする
のんびりと 何も考えず 明日まで 魂を置き去りに
部分的にウソ 全体的にウワサ 今日の主役はチェック済
屋根裏部屋で膝を抱えて 目を閉じる度に固唾を呑むんだ

317 :Mana魔名:02/11/06 15:59 ID:IhpgAQxT
Bad Blood をSEXY STREAM LINERに捧げて 今夜もHURRY UP MODE
Unknown...「MY GOD」 ROMANESQUEを施し貴方に送る殺シノ調ベ
C言語でSEVENTH HEAVENの扉叩く 闇の先はdarker than darkness
Kiss Me More...月の恵みで悪の華が咲き乱れているよ
|(極東 I LOVE YOU) CUT UP <SWEET STRANGE LTD.>|
TABOOにはまってCATALOGUEを無心に眺め叫ぶ「SEXUAL XXXXX!」
I hate you . 狂った太陽を抱き締めてCOSMOSがSix/Nineしている 
Check It Up ! [ONE LIFE,ONE DEATH] これぞまさに真実 
Kill Me Again... 世紀末のSCHWEINが今夜も爆竹を鳴らしている

318 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 09:30 ID:RqBYbol7




ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


319 :yuki ◆whnocyk5hk :02/12/04 02:45 ID:b5FtlQ4V
Mana魔名さん、どうも。
いつもひっそりこっそり拝見してます。
立て読みオンリーですか?

一休みを終えて、戻ってきました。
保守。。。

320 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 15:23 ID:hMe41Hmu



お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


321 :yuki ◆whnocyk5hk :02/12/25 10:11 ID:mdxNGjb7
>>291
お正月以来。。。
詩涙紅う、もうすぐ1年になっちゃうよぅ。

この部屋残ってるように、保守しとくから。
会いたくて。

322 :yuki ◆whnocyk5hk :03/01/02 13:24 ID:oj2Uyo88
真紅のワイン
グラスの向こう
真っ赤な薔薇を見つけても
同化して 
何も 見えなくて

323 :出鱈目日記:03/01/12 12:43 ID:1F8XHzsj
それから相変わらず鬱な心は晴れないまま
どす黒く濁っていく気がしてキモチワルイ。
そして憂い表情は曇っていくいく一方です。

つひに引き籠もり度が42.7%をマークしました。
人間とは逢いたくないし、喋りたくもないです。


最後になりましたが生まれてきてごめんなさい。

324 :yuki ◆whnocyk5hk :03/01/12 15:54 ID:6t/i5AIr
>>323
すごいっすね。
人生真っ黒って感じ。
>42.7%
例えばこういう数字が、気になったりします。
最近友達と詩の感想を、書きあったりしてるんですね、で
つい最近も、数字の出る詩が話題になり
自分なら「いくつの山を越える」にするかなー、とか言い合ってます。
深く考えずにパッと出てくる数字が、その人の心の置くに潜んでいる数で
あるような、ないような・・・・ そんなんで「数字」にはチョット興味アリです。


私の場合は、引き篭もり50の、出歩き50ですかね。
人は一人で生きてゆけないと思うので、上手く生きていくことが
人生の勉強なんだと思います。言い聞かせてます。はい。

オイ詩涙紅
どうしてるんだあ?


325 :名前はいらない:03/01/12 17:03 ID:1F8XHzsj
 「 薄っぺらな皮膚 」

わたしの中に キセイする何か が
這いずり廻り 蠢いているような…

そんな観念に捕らわれ
壁際に追いつめられる

死ぬほどキライなことだってあるし
間違えてもいいと思えるときもある

326 :yuki ◆whnocyk5hk :03/01/12 23:47 ID:uFWJ0uMT
>>325
だから、どうなんだぁ?と思ってしまいました。
最後に、もう一・二行足してみたらいかがでしょうか。

私も少しずつ参加していくようにしますね。

327 :yuki ◆whnocyk5hk :03/01/12 23:49 ID:uFWJ0uMT
「Masturbation is carried out by FERACHIO(改)」































328 :名前はいらない:03/01/13 00:08 ID:CPU1R+go
ageてみませう

329 :山崎渉:03/01/19 13:37 ID:33JLtwpT
(^^)

330 :名前はいらない:03/02/09 22:47 ID:faT09yUZ
赤い涙が 目から産まれたとき 人は人でなくなる

死ぬのだ

331 :簡単な言葉で ◆3ATEEEEEEE :03/03/16 23:21 ID:uVb8AFjg
ゆっくりと流れているんだろう
楽しみにしている

理解しているさ いや そうでもないか
あの時とは違う自分だと言い切れる 今

違うのは自分だけじゃない事も判れるよ

セッつかれても もう 揺るがない    はず 

窓穿つ雨のようだ

332 :yuki ◆whnocyk5hk :03/04/01 13:10 ID:fU2Tx8ug
そうね私は青いバラより黒い宝石になりたい
そしてあなたになりたい

あなたのゆっくりとした足跡を
堂々と踏んずけて歩くの 
誰にも先を越されないように ね

小さいからとか 大きいからとか
叶わないのなら

せめて たわいのない夢物語だと

もう忘れはしないから

333 :yuki ◆whnocyk5hk :03/04/01 13:25 ID:fU2Tx8ug
>>332
ちと改造

そう私は青いバラより黒い宝石になりたいし
あなたになりたいしはりつきたいしくっつきたい抱きしめたいし
欲望と願望と妄想は奇想天外で
あなたの歩み続けた足跡を 堂々と踏んずけて歩くの
ペタペタペタ リンコ
誰にも先を越されないようにねと、るるるー
小さいからとか大きいからとか無理だとか無駄とか叶わないと言うのなら
せめてたわいのない夢物語だと忘れて欲しいし欲しくないし理屈じゃないの


334 :yuki ◆whnocyk5hk :03/04/01 13:36 ID:fU2Tx8ug
>>333
また改造して他所に投稿しました、てへっ。すまそ。

335 :山崎渉:03/04/17 14:17 ID:GAm0uYE/
(^^)

336 :山崎渉:03/04/20 01:48 ID:3rQpfsMd
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

337 :山崎渉:03/05/22 03:29 ID:R3rNNKvM
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

338 :山崎渉:03/05/28 11:00 ID:0k3PpwVO
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

339 :名前はいらない:03/06/22 00:13 ID:uNdwpSjE
浮かべたり沈めたり
不屈な赤い花

空をひっかいた月と
焦げ茶の猫で散歩

時が乾かないように
零れ落ちた感情の虹

340 :名前はいらない:03/06/30 03:39 ID:YEN/k7Mf
潤びる先で骨が絡むのを
その幼気で細い指は

幻想の貴方は魅惑的は笑み

脊梁、(怠惰な空間ごと)
メランコリー、ボナンザc

現実味を失くしていく過程で、
痛いほどの…
寒いのだ、凍えそうなのだ、と施しを乞う。

貴方は何も言わずに、只。

341 :山崎 渉:03/07/12 12:31 ID:Cc9F2JY5

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

342 :山崎 渉:03/07/15 11:46 ID:7z6F/fGC

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

343 :山崎 渉:03/08/02 01:38 ID:GCypsXvY
(^^)

344 :山崎 渉:03/08/15 14:00 ID:6uqIVx7n
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

345 :yuki ◆whnocyk5hk :03/11/24 15:20 ID:d1jFxKWE
荒れ狂う波を眺めながら
自分は何者かを考えてみた
地平線なんてよく聞くけど
どこまでいっても
自分は変わりはしないものだ

なんとなく肩の荷を降ろした
ほんの一瞬だけど

荒れ狂う波も味方につけて
このまま「らしく」「らしく」生きていこうと思った

346 :名前はいらない:04/01/03 01:31 ID:jIIeym1x
詩涙紅からのメッセージです。諸事情により代筆します。

部屋を長く空けてすいません。詩涙紅は生きています。
                     詩涙紅

347 :名前はいらない:04/01/04 19:12 ID:xi0VtWel
障害者は物じゃない
障害者にはあたたかい血が通っている
障害者は物じゃない
障害者は心がある
生きている
障害者は物ではない
障害者を物のように考える
障害者に偏見をもつ、
そしてそれを正さない
世間とマスコミが憎い

348 :詩涙紅:04/02/07 11:21 ID:ATleF50g
お久しぶりです

349 :詩涙紅:04/02/09 11:10 ID:J5entZ2n
自分の部屋がまだあるとは・・・感動してます。
でも、詩を書けなくなってしまったので、
この部屋は閉じた方がいいのでしょうか?

>>345
yukiさんはまだポエム版にいらっしゃるのでしょうか?

350 :詩涙紅 ◆beItxp3sg6 :04/02/11 09:20 ID:9FYtHnzv
誰も来ない部屋・・・

351 :名前はいらない:04/02/11 10:21 ID:f0InDDje
>>349 12月の終わりにyukiさんのまぶだちが亡くなってショックと
いうのが最近見たレスで覚えてるな。確か雑談スレだった。
直感で繋げるスレにもその日以降は見てない

352 :詩涙紅 ◆beItxp3sg6 :04/02/13 11:46 ID:uan83ac9
>>351
そうだったんですか・・・
わざわざレスくれてありがとです。
もし、yukiさんを見かけることがあったら、
詩涙紅が部屋に帰ってきていると伝えては頂けないでしょうか?
とても心配しています。

353 :yuki ◆whnocyk5hk :04/02/22 18:48 ID:6VOakUFg
ぬぼーんとお久しぶりです。
マジで詩涙紅?
まぶだちが死んでから一層お仕事が増えました。

354 :名前はいらない:04/03/30 14:20 ID:hli9iGoD
お仕事がんがれ。

103 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)