5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

同性戀愛詩抄

1 :nothing:2000/11/30(木) 01:42
ゲイ・レズビアンの方々の作品をお待ちしています。。

2 :同性愛板に掲載済ですが。。:2000/11/30(木) 03:15
蒼い闇を練り混ぜて
気の痴れる水を浴びて
僕は時間を眺めてる

貴男の卑猥な体臭が
深をえぐる欲望が
醒めた体を蝕んで

ぬるい滴は僕のものになる

何をも生まないこの体
せめて貴男に浸かって欲しい

黒く茂った脚に触れたくて
欲にうごめく尻を抱えたくて
野卑な悦楽を注がれたくて

僕は電話を眺めてる

娼婦の心のまま
ひとときの愛にすがったまま



3 :everything^2:2000/12/01(金) 11:17
不求不得

永遠に変わらないものなど
僕は信じようとはしない
人の世に変わらないものがないことなんて
この目で嫌というほど見せつけられてきたから

たとえそれを受け入れたとしても
たとえそれを獲得したとしても
僕はよく知っている
それは失うための第一歩でしかないことを

失うくらいなら
得られないほうがいい
断ち切ることができないのなら
己ごと断ち切るよりほかに
方法がないのだから



4 :everything^2:2000/12/01(金) 11:17
残酷


どうしていつも「憧れ」が
そこに在るんだろう

そんなものさえなかったなら
もっと自由に
今を今らしく
幸せを幸せのまま
受けることができるのに

いつも「憧れ」という美しいものは
僕の心の片隅で
僕を縛り
僕を苦しめ

時として全ての邪な思いの元になる


5 :everything^2:2000/12/01(金) 11:18
堕天使

抱きしめていたいいつまでも
この身体が朽ち果てても
君を一人にはしない

男を好きになったわけじゃない
男だから好きになったわけじゃない
好きになった人が男だっただけ
愛した人が
君だっただけ

抱きしめていたい いつまでも
口づけていたい いつまでも
君が欲しい
僕の願いは・・・届かないのか

肌と肌を触れ合わせ
瞳を、髪を、吐息を、その唇を
こんなにもそばで感じられるのに
感ジラレルノニ!

この想いを伝えてはいけない
まっすぐな瞳を 失いたくないから
その笑顔を 失いたくないから

このまま時が止まればいい
傷つくのは僕一人でいい
汚れるのは僕一人だけでいい
その笑顔守れるならば
僕は地獄にだって

・・・堕チラレルカラ



6 :everything^2:2000/12/01(金) 11:19
5が切れちゃった。どれも随分と昔に書いたやつ。

>1
これらはどう?



7 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 12:38
おおそのたくましい腕で
俺の頬を殴り付けてくれ
青痣が残るまでに強く

そして野太く硬質な声で
涙が出るまでに厳しく
俺の腐った性根を叩きなおしてくれ

黒く艶やかに光るお前の体は
オリンポスの神の如く偉大だ

さあその強張った胸で
俺を潰れるまで強く抱きしめてくれ

8 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 13:09
149 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2000/11/28(火) 20:37
      刻み込めた曖昧と両手
      結び目を解かれたようにはなれて

      散らばる思い出そっと返すたび
      もう迷わない なのに

      壁に抱かれ一人憂鬱 無くした重さ
      キミを想ういまさらながら

      まだ二人嘘がつけたなら でも互いに
      白すぎたから しょうがないね

      僕が気づかないフリしていられたら
      キミだけには優しくなれたはず

      傷ついていたのに気づいてあげられなかったのは
      キミが迷いもなくいつも笑ってるように見えたから

      そしてまた夜が来る一人きりの約束された安らぎと不安

      そっとそこに居たのに そっと香りだけ残し
一瞬の間違いが永遠の苦しみ背負わせた なのにキミは笑顔だけで見守る

      キミが僕に求めた姿演じきることできなくて
      キミの弱さこぼした涙に気づいてあげられたなら

      壊れた鏡のように バラバラに写る二人が
      拾い上げ直しても 鏡に写るひびは消えない

      伝えたかったこの想いだけでも
      手を握っていたかったキミのそばで



9 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 13:10
227 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2000/12/01(金) 01:56
甘え方を習わなかったんだね
君はまわりを大切にしすぎたから
甘える前に我慢を学んだんだね
僕が教えてあげる
甘え方も
駄々のこね方も
わがままの言い方も
僕が全部教えてあげる
ゆっくりゆっくり覚えればいい
だからここへおいで
僕の腕の中に
僕は君を包む毛布になる
君を守る家になる
ここにおいで
この腕の中に



10 :K:2000/12/05(火) 01:08
>9
 自分の書いた詩がここにコピーされていて驚きました。
 同性愛板の「ポエム。。」スレッドで投稿番号を名前にしてたんだけど
 長くなってきたから昨日から「K」にしたんです。
 こう言うの、お好きですか?
 それともものすごく嫌い。なんでしょうか?
 ほら、これとこれの前に書いたヤツをすごく陰惨にパロった人がいたから・・・。

11 :9をコピペしましたよん:2000/12/05(火) 01:44
>K
もしかしてメンタル板のk?違うよな?
まあ、いいんだけどさ。

あーその詩ね、すんごく気に入ったんだ
みてて胸がどきどきした

12 :K:2000/12/05(火) 01:51
>11
 お返事いただけて光栄です。(^^)
 そう言っていただけるととても嬉しいです。
 こういうところに書き込むの、そんなにしないから・・・。
 メンタル板には行ったこと無いです。
 同性愛板と今のこの詩・ポエム板と。後は全部ROMです。

13 :ニコ:2000/12/05(火) 03:47
火宅

この欠落感を誰かに補って欲しかった。
たとえ其れが冥府から俺を連れ去るためにやって来た者だったとしても
或いは結果的にそうなったとしても
ほんの一瞬でいい!
あいつの懐に抱かれ、安らぎを感じることが出来たのなら、
この身を地獄の業火に焼かれてもいいとさえ思った。

14 :ニコ:2000/12/05(火) 14:14
獣じみた粗野な肉体に備わった
つぶらな眸に出遭ってから
オレの心臓はダメになった

成熟したぎこちない仕種の放恣なる
瞬間を見る度に
オレは素直に笑えなくなった

男らしいお前のやさしさが
オレを打ちのめした…
鉄の男にはなれなかった

闘って闘って 結局オレは堕落した
孤独なかさぶたにそっと手を触れて
男根おっ勃てて
懐かしい匂いを嗅いで
歯を食いしばって
溢れ出す哀しみの涙で濡れた亀頭を
きつくきつく握り締めて…一人呟く

なぁ、オレ疲れちまったよ

15 ::2000/12/06(水) 00:39
向かい風をにらみつける君は強情で
俺ははらはらとその背中を見つめる
まっすぐすぎてうまく歩けない君の足取りを
俺はおろおろとただ見つめる
時折君が振り向いて
どこにも持っていけないその悲しさを
俺の体にたたきつけるのを
ただその涙ごと抱きしめるために
俺は君のすぐ横を歩く
君は一人で歩けるから隣を歩く
手は貸さない
でも疲れたら肩を貸そう
涙ごと抱きしめよう
怒りごと受け止めよう
君の抱えた空洞ごと
君を包み込もう
そしてその度に
俺は君の耳元でささやく
大丈夫、と
ただ一言
大丈夫、と
全ての愛おしさを込めて
君が眠るまで

16 :ニコ:2000/12/06(水) 01:35
寒い夜にはあいつのことを思い出す
女に振られてやけになってビールをあおった夜
はじめての煙草をふかして大人を気取った夜
泥酔したオレは
あいつと同じベッドに横たわった
薄明かりを反射した
健康的な笑顔の中の
潤んだ瞳に
悲しくなって思わず固くなった己を押し当てた
何も起きる筈ないのに……

孤独を癒すためにオレは筋トレをした
熱いシャワーで汗を流して
Evansのトリオを聴きながら
ブラウザを開く

今日はやさしいKの詩が身に沁みたから
思わず頬を濡らしてしまった

ありがとう
そして おやすみ

17 :ニコ:2000/12/06(水) 01:37
寒い夜にはあいつのことを思い出す
女に振られてやけになってビールをあおった夜
はじめての煙草をふかして大人を気取った夜
泥酔したオレは
あいつと同じベッドに横たわった
薄明かりを反射した
健康的な笑顔の中の
潤んだ瞳に
悲しくなって
固くなった己を押し当てた
何も起きる筈ないのに……

孤独を癒すためにオレは筋トレをした
熱いシャワーで汗を流して
Evansのトリオを聴きながら
ブラウザを開く

今日はやさしいKの詩が身に沁みたから
思わず頬を濡らしてしまった

ありがとう
そして おやすみ

18 :名無しさん@1周年:2000/12/06(水) 01:51
すごい!ニコさん!
2重カキコは勿論、詩的効果を狙ってるんですよね☆
細やかな工夫に貴方の才能を感じました


19 :ニコ:2000/12/06(水) 06:18
もう一度
笑顔見たさに
薄汚れたジーンズ穿いて
出かけた
埠頭近くのたこ焼屋

あの夜以来
オレに向けられた
眉間に寄せる
お前の不快の表情への
謝罪のつもりだった

夕焼けの空
背中にして
練習オフの日に一緒に行った
夏の砂浜を思い出した

「ごめんな」とだけ
書き記したpost it貼りつけて
机に置いた
お前の大好きな
冷めちまったけど たこ焼

オレとお前とは違いすぎるから
オレの人生は何処にも辿りつかないから
泣いて泣いて
お前の写真見詰めながら
擦り切れて血が滲むまで
右手動かし続けた

好きな女の名前で
長淵剛の純恋歌を大声で謡ってたよな
絶対に 幸せになれよ

バイバイ


---
>>18
ゴメン、二重カキコは"internal server error"の所為です。
俺には才能なんて無いよ。
モテナイ馬鹿な男の寂しい愚痴です^^;;)
でも、感想ありがとう。

20 ::2000/12/07(木) 00:03
大人になるのは感情を捨てることだと
気付いたのはいくつの時だったか
怒り方も
悲しみ方も
忘れてしまった
なぐさめ方も
あやまり方も
もうわからない
いつしか笑い方まで忘れたけれど
捨てきれなかった想いが
涙を流しつづけている

21 ::2000/12/07(木) 00:11
>19
 ニコさんの詩はストーリー性があって
 言葉の裏の色々な情景が想像できるから
 面白いし俺は好き。
 ポストイットのメッセージが張り付いた冷めたたこ焼きっていうのが
 リアルでいい。
 昔から感想文は得意じゃなかったから、あんまりうまく言えないけど。

 才能は有る人間には有るで良いけど
 そうじゃない人は無いんじゃなくて
 まだ分からないか見つからないだけだと思うよ?

22 :ニコ:2000/12/07(木) 00:47
「親愛なるK」

Kの詩が読みたくて
いつからか
オレはこの板に来るようになった

オレはKが Kの詩が好きだ
可愛がっていたゴールデンレトリバーの死を看取って
愛し方を知っていて
人に愛される資格のある 真面目な男だ
そして その溢れる包容力で
オレの孤独を癒してくれたんだ

帰りの混み合った電車の中でKの面影を
何処かにきっとあると
まだ信じて疑わない やさしさを
ずっと探してみた

駅を下りると 人々は
真っ暗な闇に 吸い込まれて
消えた
北の空から切り裂くような
冷たい風を受けた
オレの耳が痺れて疼く

ポケットの中で拳を握り締めて
誰に叫ぶともなく心の中で叫んだ
畜生!
自分なりに精一杯生きてきたじゃないか!
でも 何でこんなに寂しいんだ!

その瞬間
空っぽの
底無しに暗い闇に突き刺さる
温かいKの声が聞こえた
のはきっと気のせいだ

オレはいつも一方的だ
少しやさしくされると
勘違いしてしまう悪い癖がある
きっと 愛というものを
愛されるということを知らずに
育っちまったんだろう

こんなみっともないオレだけど
Kの詩がKのことが好きだ
Kと一つになりてえよ

23 :名無し@20世紀の忘れ物:2000/12/07(木) 01:13
BIOSPHERE
愛の惑星
青い記憶回路
パスワード
「オ・カ・エ・リ」
あなたを包み込む命
吹きわたる風
歩いていこうどこまでも

BIOSPHERE
水の惑星
神様の子守歌
抱きしめた
「オ・カ・エ・リ」
あなたを包み込む光
あふれてく夢
見つめていよういつまでも

BIOSPHERE
愛の惑星
永遠の約束
あいことば
「オ・カ・エ・リ」
あなたに続く時間
見えてくる明日
歩いていこうどこまでも

24 ::2000/12/07(木) 01:43
「親愛なるニコ」

精一杯なら君はそれを誇って良い。
人がなんと言おうと
判断するのは自分
正しいも
間違いも
人生にはない
あるのは好みの問題だ
死ぬ瞬間に振り返り
もう一度同じ道を辿っても良いと思えるなら
それは最高の人生だ
ゆっくりと深呼吸して
小さなものを忘れなければ
例えば
バス停に咲いたタンポポ
ゴミを拾った中学生
席を譲ったサラリーマン
雨の日の静かな目覚め
この世は捨てたものじゃない

25 :ニコ:2000/12/07(木) 01:49
>>21
Kさん
キモイ詩書いてゴメン。
α波が出すぎてしまったのか、弱ってるのか自分でも分かりません。

誰も見たことのない海岸に
大の字になって 寝転がってみたい
きれいな南十字星を
最後に この目に焼付けたい

Kさんを敬愛しています。

26 :ニコ:2000/12/07(木) 03:00
暗闇だけが、世界に向かって自分の心を打ち明けたいという
気持ちを人に抱かせる力を持つ。
(Paul Auster)

オヤスミナサイ

27 ::2000/12/07(木) 03:06
>25
ニコさん
どうも、恐縮です(笑)
南十字星も良いですが
冬の凍った空気で見る
オリオン座も良いものです。
よくベランダでぼーっと空を見上げています。
寒いのですが
上に落ちそうになる感覚が好きで・・・。(笑)
煙となんとかは・・・というように
どうも高いところが好きなんです・・・(笑)
(思い切り高いところがいいです。少し高いところは逆に怖い。)

28 :ニコ:2000/12/07(木) 15:15
朝 温かい布団の中で
きみのことを考えながら
腰を動かしている
夢見心地のオレがいた
外は寒いから出たくなかった
ちょっと苦しかった

随分昔のことだけど
ハレー彗星が地球に接近した頃
オレは天体望遠鏡を買ってもらった
ちっぽけなレンズを通して
無理に片目を閉じたりして
妖しく輝く月ばかり見て興奮していた

天蓋に瞬く星たちを見ていると
幸せそうな彼らを羨ましく思うときがある
煙草のけむりに乗って
今夜オレはきみのところへ行く
きみとならオレも
高いところに登れそうな気がする

東京の空には星が数個しかないから
未だ見ぬきみと唇を重ね合わせ
仄かに白む息を
感じながら
オリオン座の三ッ星の下で
狂おしく舌を絡ませて
きみときつく抱き合いたいんだ
オレの頭を両手でぎゅっと掴んでくれ
人間になりたいんだ
そして 星になりたいんだ

29 :名無しさん@1周年:2000/12/07(木) 15:24
質問です。
男性同士のセックスはお互い(?)にアナルを使えば良いのでしょうけど、
女性同士の場合はどうするんですか?
指?
でも、男役?の人は指を入れられるのは嫌いなんですよね?
んん〜とっても謎めいてて詩的!
私も女の人に抱かれてみたい!どうなるの?

30 :ニコ:2000/12/08(金) 00:29
静まりまえった
誰もいない夜の路地で
切なく咽喉を鳴らす
一匹の猫と出遭った

オレのあげたスナック菓子を
うまそうに食べるそいつを見つめながら
「さむくないか?」
と語りかけてみた

コンビニで買ってきた
ひんやりとした
みかんを頬張って
きみのことを考える

オレはきみのことを
これぽっちも知らない
なのに
どうしようもない感情の塊が
こみあげてきた!
もうこの板に来ない方がいいのかもしれない
と思うと
涙が溢れて……からだが震えた

31 ::2000/12/08(金) 01:25
坂道を駆け下りていく子供達の背中に
朱鷺色の羽根があるような気がした
自分たちが起こした風に笑い声を乗せて
走る

ためらうことなく叫んでいられたころ
はばかることなく笑い声を残して走り去れたとき
自分の影すらも友達にしてあそんでいた・・・

子供達の背中で
まだはえそろわない翼が
それでも懸命に羽ばたいている
風を起こせ朱鷺色の翼
見守る空の高さ
この急な下り坂のどこかで
飛び立てることもあるかもしれない

だから走れ、走れ
風を起こせ
朱鷺色の翼

32 :ニコ:2000/12/08(金) 02:26
>>31
ぐはぁ〜、こんばんわ。
今回の詩は難しくて俺にはわかんないや。
朱鷺色ってどう読むのかな?
あと、大好きなKさんの詩集を作ろうかなって思ってる。
何となくだけど、もうここには来なくなるんじゃないかと思ってた(笑)


33 ::2000/12/08(金) 03:16
トキいろです。
鳥の、トキです。ニッポニア・ニッポン。
バラ色ともちょっとニュアンスが違って綺麗な色ですよ。


誤解は誤解のままが良いのか、
真実に優るものはないのか、
痛い本当と優しい嘘と
どちらがより、罪深いのか
出ない答えを探しています。

34 :ニコ:2000/12/08(金) 03:34
ありがとうございます。
俺も考えるのが辛いから、今日はもう寝ます。
おやすみなさい。
夢の中だけでもいいので、お会いしたいです。

35 :ニコ:2000/12/08(金) 07:24

この世には
美しいものなんて無いんだと
何度自分に言い聞かせてきたことか!

実験用のハツカ鼠だって
最後には首をへし折られて殺される
けな気にきゅうって鳴いて消えちまう

愚かな俺のA10神経を
ズタズタに切り刻めば
この苦しみから開放されるだろう
腐れ根性丸出しの詩など書けなくなったっていい
それで楽になれるのなら

あなたを困らせるのは 嫌なんだ
あなたの錘になるのは 辛すぎる
だからあなたの真実をきかせて欲しい!
遠くの星を眺めて 憧れる
荒みきった心を ほんの一瞬 潤す
ただそれだけのことだったのかもしれないから

俺はあなたに何もしてあげられない
ただ ただ 素敵なあなたに
こころの叫びを
聴いてもらいたかっただけのガキだった

激しく思いあぐね
右手を動かしつづければ
全てを忘れられる
誰にも届かない想いを
迸らせて 深呼吸すれば
何もかもリセットできる

それでも あなたへの感情が残っていたら
それが真実なんだと信じていたい

きゅう……


---
親愛なるKさん

大人になりきれない俺にKさんの真実を聞かせてください。
優しい嘘なんて要りません。
どんなに残酷な答えでも構いません。
ここに書けないのならメールでもいいです。
俺を大人にしてください。
馬鹿で身勝手な要求だとは思いますが、
どうか、どうかお願いします。
俺を大人にしてください。



36 ::2000/12/08(金) 20:01
あなたの優しさ
あなたの純粋さ
あなたの真っ直ぐさが
あなたを傷つけることがありませんように

メールを出しました。
あなたが困ったことになっていないか
それだけが心配です。

37 :ニコ:2000/12/08(金) 23:14
ただいま

帰ってすぐにメールをチェックしました
言葉が全然出てきません
それでもきみのことを愛しています
きみにこの気持ち届きますように


38 :名無しさん@1周年:2000/12/08(金) 23:15
Kとニコ
君たちは愛し合っているのですか?互いに詩で気持ちを交換しあっているのですか?


39 :ニコ:2000/12/09(土) 00:51
俺が勝手に気持ちをぶつけているだけです。

40 ::2000/12/09(土) 01:34
>38・39
 届いた気持ちをゆっくりとかみしめています。
 一方通行ではありません。

41 ::2000/12/09(土) 01:44
君から届いた言葉は
一枚のマフラーのよう
寒い日にも負けない
一枚の砦・・・
君のメッセージ
暖かく肩を抱いてくれる
柔らかいマフラーのよう

42 :ニコ:2000/12/09(土) 02:00
君が求めてくれるなら
俺はよろこんで このからだを差し出そう
君が寂しくなったら 思いきり抱きしめよう
無邪気な君を 俺は汚したくない
いつも元気に微笑んでくれるのなら
遠くにいても 俺は幸せだ
淋しくなったら 詩に癒されなくなったら
遠慮せずに俺を呼んで欲しい
新幹線に乗って君に逢いにいくよ
その時は お互いに生きていることを
確かめ合おう

43 :ニコ:2000/12/09(土) 23:14
bo tree を庭に植えて
太陽をいっぱいに受けた
鮮やかな緑の
その木陰で
柔らかい風を感じながら
二人で絵本を読もうよ

44 ::2000/12/10(日) 03:25
かけらを探しているんだね
何色が良い?
どんな形が好き?
あわてて指を切らないように
あせる必要はないよ
ゆっくり考えて
自分の好きなパーツを
探していって
その穴にコトンとはまる
その胸にこくんと落ちる
透明なかけらを

45 :ニコ:2000/12/10(日) 21:11
かけらはみつかったよ
まだ何色かはわからないんだ
どんな色なのかな

おひさまがが沈む方向に あるんだ
まだ みたことはないんだ
でも あるんだよ

かけらはみつかったよ
とても あったかい かけらなんだ
ひみつだよ

46 :名無しさん@1周年:2000/12/21(木) 11:55
今お二人はどうなっているのでしょうか・・・二人とも幸せであることを願っています。

47 :名無しさん@1周年:2000/12/27(水) 17:02
Kさんは別なスレッドで見かけたな・・・。

48 :名無しさん@1周年:2000/12/29(金) 16:07
もしかしてネタだったの・・・?だとしたらショック・・・。

49 :名無しさん@1周年:2001/01/11(木) 23:34
ニコとKが自作自演だったらこれ以上キモイこたねーよな・・・。

50 :名無しさん@1周年:2001/01/27(土) 18:40
気になります
もしネタだったら私もショック・・・
また、来ないのかな

51 :名無しさん@1周年:2001/01/27(土) 18:54
2ちゃんに来てネタかどうか気にするのは****!

52 :名無しさん@1周年:2001/01/30(火) 03:38
他のスレで捕まえて聞いてみれば?
コテハンだろ? Kは。

自作自演じゃないと思うぞ。
ニコはなんか直情的でストレートだし
Kは男? 女? 女っぽいよな? 詩の感じ。
オカマってこともあるか。このスレだと・・・・・・。
自作自演じゃねーならネタってのは可能性薄いんじゃないか?

53 :名無しさん@1周年:2001/02/15(木) 00:08
age

54 :名無しさん@1周年:2001/02/21(水) 13:30
エスカレーターで

前に立つあなたの

首筋に

手を触れたくなって

55 :名無しさん@1周年:2001/02/22(木) 01:43
君が急に振り向いて

何?

と聞いたから

別に

と答える

ありがとう振り向いてくれて

あと1秒遅かったら

君に触れていた

56 :名無しさん@1周年:2001/02/22(木) 13:01
いたずらに抱き合った

あの瞬間

あの空気を

あなたは

忘れずにいてくれるでしょうか

57 :名無しさん@1周年:2001/02/22(木) 19:56
>>54-56
このスレに書いてなければ同姓愛の「ど」の字も感じられんね。

58 :名無しさん@1周年:2001/02/23(金) 02:06
君の肩越しに見ていた

深い青空に

遠い日の傷跡のように

今日は一筋の

飛行機雲が走る

59 :名無しさん@1周年:2001/02/23(金) 12:23
星が消えるまで語り明かした

御影石のベンチ

冷たい背もたれに

耳をあててみる

60 :名無しさん@1周年 :2001/02/23(金) 12:50
 君のもっこり

 僕のもっこり

 二人並んで

 もっこりもっこり

 耳をあててみる

61 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 20:59
目のうしろに言葉が消えるの

知っていますか?

あなたに会わなければ

知る事のなかった発見でした


62 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 02:10
君の理想が痛い
君の言葉が痛い

僕は天使じゃない
僕は人形じゃない
僕は完璧じゃない
僕は・・・
君の理想にはなれない

苛立つ君をいっそ殺せば
ありのままの僕を
受け止めてくれるだろうか

でもそれよりも僕を殺して
君の手で僕を殺して
そして君の理想に
僕を縛りつけて
僕を縛りつけて
僕を君の天使にして
君に殺されるのなら
僕は喜んで
君の人形になる

君の手は痛くない
それが僕の首を絞めても
君の手は痛くない
痛いのは君の言葉
君の視線
君の・・・僕には実現し得ない、理想

63 :名無しさん@1周年:2001/02/26(月) 15:20
昨日 別れた人

誰かに似ていました

その人じゃない事だけが

別れる理由になった

64 :名無しさん@1周年:2001/02/26(月) 15:34
言葉と心が

交差して 混乱して

あわない

あってはいけない

65 :名無しさん@1周年:2001/02/27(火) 00:10
君の背中の夢を見た
君の寝息を聞いた気がした
君の気配だけが、
まだこの部屋にいる

66 :名無しさん@1周年:2001/02/27(火) 13:15
窓の外を見ている

無防備な耳元に

キスをして逃げよう

コーヒーの幻想


67 :名無しさん@1周年:2001/02/28(水) 01:41
レースのようなキスをして

68 :名無しさん@1周年:2001/03/01(木) 12:51
視線が揺れて

白い袖が床に伸びた

眩暈がするほど

伝えたくなった瞬間


69 :名無しさん@1周年:2001/03/01(木) 16:41
Kが好きだKが好きだ
どこに行ったK
帰ってきてくれK
お前がもしもうニコのものでも
俺はKが好きだ
俺はKが好きだ
お前の腕の中で眠りたい
お前を抱きしめて
お前の中で眠りたい
Kをどこにやった
ニコ出てきて報告しろ
なんでKはこない
Kの詩が読みたい
Kがどんなやつでもいい
お前の言葉に惚れたんだ
お前が二目と見られないヤツなら
俺は目をつぶす
お前の言葉さえあったら
俺は何もいらない
K、戻ってきて
その透明な言葉で俺を癒やしてくれ

70 :名無しさん@1周年:2001/03/02(金) 12:42
想うだけなら幸せ

離れていれば幸せ

あなただけが

私を不安にするんだから


71 :提供:名無しさん:2001/03/29(木) 17:54
Kさんとニコさんは・・・?

72 :Rs:2001/03/29(木) 21:56
離れたくない。
僕の知らない誰かの所に行ってしまわないで。
一緒に居たい。
ずっと抱きしめて居たい。

ゴメンナサイ。
僕は君を好きになってしまいました。
好きになってはいけなかったのに。
禁じられた恋なのに。

そんな僕の気持ちも知らずに
話し掛けてくる君。

出口が見えないこの恋の

答えを下さい――――。



73 :提供:名無しさん:2001/03/29(木) 22:22
知られてはならない恋心

幸せになるのです
あなたの姿を見ると
声を聞く度に鼓動が高まる
この心を
きっとあなたは知らない

それでもいい
あなたが今日も生きているなら

74 :名前はいらない:2001/07/05(木) 12:29
ganzo age

75 :ざりがに:2001/07/05(木) 22:00
キミは知らないだろうが
僕はキミといる時
森林浴をしてる気分
こっそりマイナスイオン
もらってるんだよ

76 :名前はいらない:2001/07/09(月) 20:19
我々は1が何故こんなにもドキュンなのかという疑問を解決するため、
1の故郷である金星に向かった。「宇宙にはこんなところがあるのか…!」
思わず口に出てしまった言葉を同行した矢追純一に失礼だと咎められた。
スライム状の物質でできた蠢く奇妙な家、硫化硫黄の息を吐く金星人たち、そして
彼らは地球人で見慣れない我々を監視する様に見詰めている。
ファーストコンタクトだの、ボイジャーだの、宇宙旅行だので浮かれていた我々は改めて
金星の現状を噛み締めていた。黄緑色のゲル状の家に居たのは老いた母親とおぼしき金星人
我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに「息子が申し訳ありません」と
我々に何度も土下座して詫びた。我々はこの時初めて元を許そうと思った。
誰が悪い 訳ではない、地球とは異質の金星文化が全て悪かったのだ。
我々は元の母親から貰ったニポポ人形を手に、打ちひしがれながらスペースシャトルへと
乗り込み、地球への帰路についた。

77 :名前はいらない:2001/07/10(火) 00:14
1ヘ

わかる!
君の気持ちはよくわかるよ!
俺も君と同じく、ブサイクでデヴで粘着質な男だよ。
この一週間部屋から出てないから、風呂にも入らなければ歯も磨かないさ。
家族以外の女と最後に話したのは半年前、コンビニの女性店員さんだった。
縁なしメガネがよく似合う、いい匂いのする鈴木さん。
萌えたからカウンター越しのクンクン嗅いだら、ちょっと嫌がってるみたいだった。
もう濡れてる癖に、照れなくてもいいのにね!

何なら今度二人で会わないか。
君となら話が合いそうな気がするんだよ。
もしよかったら、お互いのオナニーを見せ合おう!
君が望むのなら、俺が手伝ってあげてもいい。
俺は君と同じくこれまでの人生で女性に縁がなかったけど、
男同士ってのも意外と悪くないぜ。
最初は抵抗があるかもしれないけれども、君には素質があるから大丈夫だよ!

自覚してないかも知れないけど、君は俺の分身みたいなやつさ。
君の素晴らしいカキコを見れば、それがわかるんだ。
君を非難しているような屑どもから理解されなくても、君には俺がいるよ。
君のことを想って今、全裸でキーボードを打っている。
君も俺の気持ちに応えてくれ。恥ずかしがらなくていいんだ。

with labu

78 :名前はいらない:2001/07/10(火) 03:17
ここに書かれた詩って荒らし用に
いろいろなところでコピペされてるよ

79 :名前はいらない:2001/07/10(火) 05:50
1だけど最近ここの板も荒れてきたNE‥

80 :薄弱者:2001/07/11(水) 22:11
僕は何も悪い事はしていないし、いたって真面目に生活している社会の歯車です。

しかし、世間の眼差しは恐ろしく冷たいのです。
それは僕達の精神を発狂させるのに十分なほどなのです。
汚らしい、気持ち悪い、不潔、異常、かわいそう、変態、死ね。

僕達は何も悪い事はしていないし、いたって真面目に生活している社会の歯車です。

世間はほっておいてすらくれないのです。
メディアは民衆を扇動し、民衆はまんまと躍らされます。
僕達はその踊りを盛り上げる生贄なのです。
好奇の眼に晒され続ける僕達は社会の生贄なのです。
無知な民衆の退屈を満たすための生贄なのです。
僕達は社会の歯車であり、生贄なのです。

81 :Nothing:01/10/15 05:46
放置しててごめんね>スレ

てなわけで3ヶ月ぶりに浮上

82 : ◆7vo1x8mE :01/10/15 06:29
男脳と、女脳は違うのか?

83 :名前はいらない:01/10/15 12:56
ホモの脳は女性的ですが完全にオンナ脳ではない
そこに悲喜劇が生まれるわけで。

というか、同性戀愛詩を‥^^;

84 :名前はいらない:01/10/15 14:01
◆7vo1x8mE =いかいか注意報

85 :名前はいらない:01/12/08 04:49
どうせ同性愛

86 :名前はいらない:01/12/12 19:28 ID:jpnIClc/
僕は吸い付く肌を持たない
つかむことのできない
つるりと滑る脚は持っているけれど

僕は甘く香る黒髪を持たない
日に透ける毛束は
干し草のように匂い立つけれど

僕の体躯は飼い主を持たない
抱き上げてもらう術に
必死になろうとはしないけれど

87 :95.9.21:01/12/13 16:03 ID:I0zEajZQ
目をそむけるのは簡単
瞳を閉じるのはよりたやすい
全てに諦めの血を放ち
私の鼓動は旅に出る

町ゆく動物達は植物性
青のにおいの片木のしみ
爛れる花弁の黒い腐臭
彼らは知る由もない
逝き過ぎた熱さを儚むことの
寒々しさを知る季節の到来を

かき集められ
木くずと共に焼き捨てられる

用無草は生い茂るけれど

せめて一べつをあげるよ

刈り入れの日はすぐそこ

88 :2001.12.13:01/12/13 16:34 ID:???
よくもまあ やってきました親分バエ

シカトかますにゃ ちと耳障り鼻ざわり

はやる気持ちを押し殺し も少し眺めていましょうよ

89 :名前はいらない:01/12/17 14:17 ID:fw5ZpFOX

我 一点を見据え 汝 葬るなり>>87

90 :名前はいらない:01/12/17 20:35 ID:???
hage

91 :名前はいらない:01/12/18 03:58 ID:lGIqBz73
出来そこないの頭では
広辞苑観て この程度
腐った頭じゃ 陳腐という物
詩をひねるのに 数時間
困ったもんだよ 負けず嫌いは
評価は私がしてあげよう
Dランク−(マイナス)>>87

92 :名前はいらない:01/12/18 04:23 ID:nWDsqHKS

我 三点を見据え 汝 葬るなり>>87

93 :名前はいらない:01/12/18 12:34 ID:???
男にも女にも見放された>>87
http://www.jaist.ac.jp/~ymorita/etc/akaji.html

94 :nothing:01/12/18 14:11 ID:nftS8Q+W
なんかまた荒れてます‥
このスレはどうしてもこうなる運命なんでしょか^^;
>>87さん(ゲイの方でしょうかレスビアンの方でしょうか)
の作品は、大人びた少年のものとも少女のものともつかぬ
諦念めいた倦怠があり、どこか異国風の情緒もあり好きです。
同性愛的には >>86さんに
「女には無い良さを分かって欲しい」という切ない願いみたいなものを
乾いた言葉の端々にひしひし感じてうなってしまいます。

引き続き 投稿お待ちしてます。。

95 :gooll:01/12/18 15:42 ID:???
ホモにも飽きたあなたへの贈り物

http://hizuka.tripod.co.jp/pa/pa_004_a.htm

96 :nothing:01/12/19 20:36 ID:Ex6/0XrZ
なかよしスレです
17歳のゲイ少年の心に触れてください
【17才のゲイの詩】
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/poem/984752540/

97 :名前はいらない:01/12/20 18:50 ID:???
晒しage

98 :名前はいらない:02/02/08 05:25 ID:vizu+5Fz
86とか好き
もっときかせてage


99 :名前はいらない:02/02/08 07:01 ID:???
>>98

変態!氏ね!

100 :名前はいらない:02/02/08 09:03 ID:???
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λ  <  変態!氏ね!2度とageんなヤ ボケ
  < `∀´メ>   \____________
 ( ̄ ⊃・∀・)
 | | ̄| ̄
 〈_フ__フ


101 :名前はいらない:02/02/08 17:31 ID:CNegogJw
あげ

102 :名前はいらない:02/02/08 18:00 ID:???
いや、>>86はいいっすよ。
短いし、単純な2文構成の繰り返しだから何とも言えないけど、
セクシャリティーに関する事を書いててちょっと色っぽい。



103 :名前はいらない:02/02/12 23:40 ID:gDNEIPuG
現代詩だと高橋睦郎ですかね。


104 :名前はいらない:02/02/13 00:18 ID:???
ageんな

105 :名前はいらない:02/02/15 12:23 ID:1ajE2nxE
田中なんとかがいるね>103

あれは定型詩だったか?

106 :名前はいらない:02/02/15 15:14 ID:rJmtrrV6
あ、また上がってる。じゃ君らに問いたいのだが、>>87の詩は同性愛と
どんなカンケーがあるのか説明してください。タンテキによろしく。

107 :糞スレは下げろ!:02/02/15 15:20 ID:???
>>106
無理やり話題のっけて引っ張るなよ! アホー!

108 :名前はいらない:02/02/15 15:21 ID:???
>>107

同感です

109 :106:02/02/15 15:39 ID:???
せつめーできない奴はすっこんでな

110 :名前はいらない:02/02/15 16:11 ID:???
>>106 >>109
解説するに値する価値というものが無い。
無駄な作業です。つまり徒労というものですなぁ(w

111 :名前はいらない:02/02/15 16:20 ID:???
>>110
はい、意義無し!!異議なし!!(爆笑


112 :名前はいらない:02/02/15 16:26 ID:???
>>109
オマエモナー、すっこんでろー!
>>110
同意!!

113 :名前はいらない:02/02/16 08:56 ID:???
>>107-112は明らかな自作自演‥
いったいあの詩のどこに反感を持ったんダイ?

114 :106:02/02/16 18:53 ID:???
>>87
お前が説明しないのなら受け手の側で判断するより他ないな。俺はこの詩だけは絶対無視しない。

115 :名前はいらない:02/03/07 06:26 ID:xcSa18Iy
分からない人には分からないだろうね

116 :名前はいらない:02/03/07 14:03 ID:CQZYvmYt
問い詰めた炉かテメー>>115

117 :87ではないですけど‥:02/03/07 14:49 ID:???
>目をそむけるのは簡単
>瞳を閉じるのはよりたやすい
:
:
逝き過ぎた熱さを儚むことの
>寒々しさを知る季節の到来を
>かき集められ
>木くずと共に焼き捨てられる
>用無草は生い茂るけれど
>せめて一べつをあげるよ
>刈り入れの日はすぐそこ

【解説その1】
木、花、雑草、食用草の中で、『逝き過ぎた熱さを』…はまる単語って何?
『寒々しさを知る季節の到来をかき集められ』→ここまでで、容易に紅葉過ぎの花ってことが解かる。
『かき集められ木くずと共に焼き捨てられる』→肥しにしておくと、景観を損ねる様な場所かので、、、。
『用無草は生い茂るけれど』→雑草パワーは遥かに人間の認識をこえております。(^^)
『せめて一べつをあげるよ』→忘れがたき花の「押し花」を、、、
『刈り入れの日はすぐそこ』→これで、やっと理解できる。木の花ではなく、茎の花。

花の命は短いけれど...って、この作者は、咲いては散って逝く艶やかな花たちの
運命を、経験かつ知識をもって哀愁の遺を表現すると共に、せめて一べつをあげるよ、と
極めて繊細なやさしき心で、花たちの喪失に“せめて”を捧げた。1995年9月21日、彼岸入りの最中。


>>116は何かを自分とオーバラップさせているのだろうが、100%、それとは違う。

118 :116:02/03/07 14:58 ID:CQZYvmYt
(´・ω・`) ショボーン
(∩ ∩)ソウダッタノカ......

119 :119:02/03/07 18:06 ID:???
ビアンですが、なにか?

120 :名前はいらない:02/03/07 18:17 ID:???
<丶`∀´>シニダ

121 :名前はいらない:02/03/07 20:55 ID:FnDm0xRN
>>87です
>>117さん、繊細な、素敵な解説ありがとうございます。
荒んだ気持で書いた詩でしたが、なんだか優しい気持になりました。
付け加えて
私はその頃、一般社会の風俗流行やセックスからつまはじきの寂しい存在でした。
男でもない、女でもない宙ぶらりんの時期にいたのです。
花は「セックスアピール・性生活旺盛な若者たち」を暗喩しています。
どんなに若い肉欲をむさぼっても、所詮あんたたちは植物みたいなものなのよ、
そんな強がりも手伝って不可解な詩をつむいだ19歳の終わりの思い出です。
あんまりにも情けないバックを持った詩なので誰が解説を求めても
書けずにいました。 今日やっと自己満ながら告白できました。
怪訝な気持だった人、ゴメン  117さん、重ねてどうもありがとう 

122 :名前はいらない:02/03/07 22:10 ID:???
まあageとけ

123 :名前はいらない:02/03/07 22:21 ID:???
4ヶ月越しの告白

124 :名前はいらない:02/03/07 22:35 ID:3gSKMpdH
無理。

125 :名前はいらない:02/03/07 22:38 ID:???
4ヶ月越しの告白

126 :名前はいらない:02/03/07 22:42 ID:7HxZJSnZ
(´・ω・`)
(∩ ∩)


127 :名前はいらない:02/03/07 22:50 ID:???
(((((((; ゚Д゚)))))))ガタガタブルブル

128 :119:02/03/07 23:35 ID:???

触れた肌に籠る熱を
ただ風邪と。

覗く白へ
極めて慎重、咽を鳴らす。


笑い声を耳に押し付けて、荒い息で。
濡れた指を嘗めた、

舌先の背徳に。

都度泣く、


弱さ。

                    エロ!

129 :名前はいらない:02/03/08 01:22 ID:???
(; ゚Д゚)))))))ガタガタブルブル

130 :名前はいらない:02/03/09 12:46 ID:???
好きだから辛いの。
好きなの。

だから
嬉しかった。

131 :名前はいらない:02/04/04 21:40 ID:fHhBPbl6
傷つくのは、好きだからで
別れられないのは、好きだからで
苦しいのに、くやしいのに、納得いかないのに
好きだからもうどうしようもなくて

あなたは
守るものがあるくせに
僕を守ると言い
僕を守ると言いながら
僕のことを傷つけてる
ばかだよ。本当に、ばか。

でも、好きなんだ。
どうしようもないよ。
それに、あなたの頑張りを知っている。
だから、傍目には笑われるかもしれないけれど
誰よりも愛されてるって、
信じてるよ。


132 :田村としこloving長沼ちえ:02/04/06 23:25 ID:kJp/K8HD
あなたを抱きしめた。
あなたのやわらかさを
あたたかさを
体の中に吸い込んで
あなたをずっと離さない、と
心に誓った。
たとえ
この恋が実らなくても
いつくしみの思いだけは
あなたに伝わりますように…

133 :Nothing:02/04/07 22:34 ID:/JOUzTAO

僕の手は小さいけど掴めるものはあるのかな?
僕の手はちっぽけだけどあきらめていないんだよ
僕の手は傷つけることも、癒すこともできるんだよ
僕の手はできることと、できないことがあるんだよ
僕の手から始まることがあるんだよ
僕の手は寂しがり屋だから
僕の手と君の手が触れ合うとすごい力を出すんだよ






134 :名前はいらない:02/04/29 15:35 ID:???
age

135 :岡田克彦:02/04/29 20:59 ID:IU9xVsHY

私のホームページ「K.OKADAワールド」
(URL;http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5933/
立ち上げから1年少しになります。この短期間に8万人近い
人達のご来客をいただき、私の音楽作品やエッセイに触れて下さり、
ご感想、スコア送付依頼等もたくさんいただきました。
それもこれも全て、2チャンネラーの皆様が必要以上にお騒ぎ
下さったお陰と深く感謝申し上げます。本当に有難うございました。
これからも頑張って、自分のライフワーク、趣味の音楽に取り組んで
参りたいと思っております。まずは取り急ぎ厚く御礼申し上げます。
(2002.4.28.Katsuhiko Okada)


136 :名前はいらない:02/05/16 18:19 ID:h9nrrSnt
hosh

137 :名前はいらない:02/05/23 22:27 ID:???
光子の悲しい顔見たくないよ
笑顔の光子が
笑顔の光子が
笑顔の三つ

ぷっつん。

138 :名前はいらない:02/06/15 07:45 ID:???

   ||
 ∧||∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( / ⌒ヽ <
 | |   |  \_____________
 ∪ 亅|
  | | |
  ∪∪
   :
   :

 ‐ニ三ニ‐


139 :名前はいらない:02/06/15 17:03 ID:???
       ||
 ∧  ∧ ||  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`ノ :< やっぱり生きよう
 | |   |   \_____________
 ∪ 亅|
  | | |
  ∪∪




140 :名前はいらない:02/06/15 17:11 ID:aIWYHwa6
同性愛は同性愛

141 :H・T:02/06/15 21:06 ID:XYg3XQUn
「主将」

あなたに近付けない

あなたは主将で
ぼくは補欠

教室で笑顔
爽やかな笑顔を取り囲むひとたち
あのひとたちのなかに
ぼくも入りたい
ではなくて
あのひとたちを押し退けて
主将を独り占めしたい

同じ部室にいても遠い世界
大会では異なる世界
主将と同じ場所にいるのに
ぼくは主将と同じ場所にいない

がんばってください
なんて いえない
同級生だから

がんばれ
なんて もっといえない
遠い世界のひとだから

好きです
なんて いったら
もっと遠い世界のひとになる

142 :名前はいらない:02/07/07 19:14 ID:JPpOMlF0
キャップage

143 :名前はいらない:02/07/24 03:23 ID:kjczEfRo
死のうと考えた数だけ生きようと思ったろ?
                 だって今生きてるじゃん

http://www.ne.jp/asahi/filanzea/wind/69/
乱交見学がイイ


              

144 :名前はいらない:02/09/03 14:09 ID:9eL/bPTN
age

145 :名前はいらない:02/09/03 15:06 ID:wKNdZ396
>>143

織田敏憲 = スケベ



146 :名前はいらない:02/09/08 01:12 ID:bcjPOTdp
べつに好きっていうわけじゃない
そんなことかんけいないんです
でもね、すんごい気持ちイイんです。ごめんなさい

147 :名前はいらない:02/09/11 19:17 ID:rQuIjCre
非常識な頼みだという事は分かっていますが、、、
どなたか、同性愛板の「ポエム。。」スレッドを貼ってください!
Kさんの詩がとても気に入ったので、他のも読んでみたいのですが、探しても見つからないんです…。
どうか、お願いします。


148 :名前はいらない:02/10/17 22:35 ID:qU67gOqz
>>147 ↓ここで思い当たるキーワードいれて探すがよろし
http://www1.odn.ne.jp/mimizun/


149 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 09:04 ID:2+VulWat


ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


150 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 15:01 ID:5pFlg8nf

お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


151 :test:02/12/13 23:09 ID:Nj/RLrgA
目尻のしこりがアクセサリー代わり 祝福されぬ成熟
をとこ達は刃を研いでゐる 方舟に曳かれ近づく別れ
開かずの扉さゑ声を出し 炎の中に一人取り残されて
けだるい予感に青い血が騒ぎ始める 砂嵐に消された
ろうそくを持って食卓へ そこには練乳をかけた果実

152 :test:02/12/13 23:10 ID:Nj/RLrgA
目尻のしこりがアクセサリー代わり 祝福されぬ成熟
をとこ達は刃を研いでゐる 方舟に曳かれ近づく別れ
開かずの扉さゑ声を出し 炎の中に一人取り残されて
けだるい予感に青い血が騒ぎ始め 砂嵐に消された
ろうそくを持って食卓へ そこには練乳をかけた果実

153 :test:02/12/13 23:11 ID:Nj/RLrgA
目尻のしこりがアクセサリー代わり 祝福されぬ成熟
をとこ達は刃を研いでゐる 方舟に曳かれ近づく別れ
開かずの扉さゑ声を出し 炎の中に一人取り残されて
けだるい予感に青い血が騒ぎ始め 砂嵐に消された
ろうそくを持って食卓へ そこには練乳をかけた果実

154 :名前はいらない:03/01/11 01:32 ID:bykeKfgo
もう詩なんてつむぐための性欲はサティスファ井戸

155 :名前はいらない:03/01/15 01:50 ID:B/k2Uuq7
忘れられた言葉 置いてかれた小さな欠片
永遠を望んでなんかいない 存在を否定しないで
いつも一緒に 笑っていたい
君に触れたいなんて 二度と思わないから
お願いだから もう一度だけ


156 :山崎渉:03/01/19 13:40 ID:0KpP5AQU
(^^)

157 :名前はいらない:03/02/09 22:26 ID:JdmtwHx/
レズなんて 見たことないよ 僕20才

158 :nothing:03/02/10 18:09 ID:DoqucBbB
わすれた鏡が胸に映る
たくましくふくれた胸に映る
僕は何を覚えたの
あの子は優しい声してた

ウソにきづかぬウソに慣れ
僕はあの子を葬った
僕の包皮と葬った
見開く眼差しにせものだから
涙は枯れても輝く瞳


固めた砂鉄はもうくずれないのさ
僕は優しい声してた

159 :名前はいらない:03/03/11 04:10 ID:06zVOD2R
貴重スレ保全

160 :名前はいらない:03/03/14 22:36 ID:VcS+CCHY
たった一度の過ちが
まんまるな人生狂わせた
にんじん色の頬紅と
はっさく色の脱色と
あたしこんなにきれいだわ
げに恐ろしき 闇夜のつぶやき 

161 :名前はいらない:03/03/14 23:11 ID:tqdpRk4l
自己愛性人格障害


他人の気持ちに全く共感できない吸血鬼

思いやりもこれっぽっちもなくあるのはうわべの優しさ

自分のメンタル研究したら

もっと面白いから

162 :名前はいらない:03/03/15 07:17 ID:AcN+URUO
よくわかんないけど >>161さん

無意識の技術としての優しさも必要じゃないかな。
表面的な優しさの存在は、そうだな人間がパンツはくことに
情況として似てると思う。
なんとなく相手の気持をすくい取って上げるのはとても大事だが、
悲劇のソープオペラに友情出演し続けてあげるのは
哀しくも相手のためにはならないさ。
ともすればナルシシズムは倣岸さを生み出しがちだが、
生活の中で感謝と内省と向日性をなくさなければ、
きっとどんな傷を持っていても人は頑張って生きてゆけ
る、そんなふうに僕は思います。自分教!
ぉっと、それが過ぎると自己肥大しちゃうのかな?気をつけよう


163 :名前はいらない:03/03/15 07:59 ID:e+QB6/lO
カウンターで汁、現実日本社会。

164 :名前はいらない:03/03/15 08:20 ID:AcN+URUO
>>163さん 
一言で深いね、酒は人を脱がしてしまうからな。
個人の、そして社会の現実問題とは乗り越えるべきものだけど、
たまには酩酊に逃げたい時もあり。
でも溺れちゃダメなのは一緒だね。
・・あー眠い。が!今日はこのまま。
うんめんどうだ、横読みでよろしけ、マタネ!

165 :名前はいらない:03/03/15 11:27 ID:yDDLla9r
パンツはくとかさ、何でそういう下劣な表現ができるの?
例えばさ、仮面をかぶれれば危険を回避できるのに
仮面の付け方がわからない人間がいたとしてさ
本物のやさしさで人を眺めていたりしてさ
本当は人の不幸を願ってやさしく洗脳してあげるのとさ
パンツはくってそういうことかな

例えばあなたのためにおいしい料理を作りましたと旦那にちやほやして
毒を少しずつ混ぜて早死にを願っているのとか
本当にその人のためなのだろうか(そういう妻がいいという夫もいるにはいるんだけど)

メンヘルへ帰って続きはやってください

166 :名前はいらない:03/03/15 20:15 ID:AcN+URUO
ではでは、みんなまた気軽に投稿しよ。
ビアンもバイもゲイもジェンダー系の人も。
みなさん、詩人な人が多いし。

167 :祈り壜:03/03/23 04:09 ID:akPi9W32
海の向こうに泣く人がいる
海の向こうに怯える人がいる

西の彼方に奢る人がいる
正しさの壜は中身を抜き取られてしまった
ラベルは毒と書き替えられて
怯える人の頭上 降り注ぐ

海の向こうの仲間達
愛の苦さもままならない
ネクタイかルージュか ままならない

一つに続く海の中
頼りない陸地に僕はいる
ちっぽけな想い 壜に詰めて

ごらんよ あの壜の山を
君の壜が 僕の壜が 彼の壜が 彼女の壜が

小さな壜の大きな山は
海の流れを変えるだろう
僕らの生きる
海の流れを変えるだろう

168 :名前はいらない:03/03/29 06:08 ID:yu3gFymy
今日は少しイイことがあったからage

169 :山崎渉:03/04/17 13:45 ID:eCtYXLid
(^^)

170 :山崎渉:03/04/20 01:54 ID:3rQpfsMd
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

171 :名前はいらない:03/05/21 10:28 ID:4HDDbg7z
かなしみのアフロディーテ
その手をほどかないで
身も心も
かなしみのアフロディーテ
肉欲と愛欲の間に
全てを捧げて
かなしみのアフロディーテ
漏れこのままアフロヘアになりたい

172 :山崎渉:03/05/22 02:39 ID:R3rNNKvM
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

173 :名前はいらない:03/05/22 05:04 ID:R8Sa0bbB
ジュウダン爆撃は収まったか

174 :名前はいらない:03/05/22 19:18 ID:qBszj8aB
どうして そんな目で見るのですか
新しい命を作り出せるかどうかは
そんなに大事なのですか

私達は ごく自然に
触れ合っているだけなのに
そこから新しい命が芽生える事ができないのなら
この行為はそんなに無駄なものなのですか

だけど いつも恐れてしまう
いつか貴女も 新たな命を欲しがって
彼方へ去ってしまうのでしょうか
新しい命を生み出す事は
私達の想いよりも
そんなに 大事な ものなのですか

175 :名前はいらない:03/05/27 06:26 ID:2wbTNOpp


同性愛や性同一性障害の子ができて苦しんでいる親御さんが沢山おられます。
同性愛や性同一性障害の出生前検査の研究推進にご理解をお願いします。



176 :山崎渉:03/05/28 10:42 ID:gH/nLI1G
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

177 :名前はいらない:03/05/30 20:15 ID:3EAsT2k3
ニューハーフの詩人いませんか?
ききたい。

178 :_:03/05/30 20:16 ID:QQNWew4C
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku10.html

179 :名前はいらない:03/05/30 21:32 ID:7jGhmE/5
★無料で見れます★
http://endou.kir.jp/betu/linkvp/linkvp.html

180 :山崎 渉:03/07/15 12:06 ID:91J1lTCd

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

181 :なまえをいれてください:03/07/15 12:33 ID:DW8MrxYy
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

182 :名前はいらない:03/07/28 04:34 ID:pIjuwBQu
俺がほしかったように
おまえを抱きしめたい

寂しさを投げ出すように
俺だけにもたせかける肩をうなじを
俺は抱きしめるように

桜桃のくちびると
カスタードクリームの肌は
俺を真似たココア味に変わって

まつげを伏した瞳の先は
俺の昂ぶり 突き刺すように
薫る髪束 ほつれる先は
いじらしい銀のペンダント

濡れた火照りの薄桃に
流れる二人の欲望を
眺めるままに抱きしめたい

英樹おまえだけを

183 :名前はいらない:03/07/30 02:22 ID:UVNxUunD
age

184 :山崎 渉:03/08/02 01:06 ID:GCypsXvY
(^^)

185 :名前はいらない:03/08/06 16:02 ID:uqnlCKVO
れずっ子 

186 :名前はいらない:03/08/06 16:02 ID:uqnlCKVO
れずっ子  

187 :山崎 渉:03/08/15 12:33 ID:6uqIVx7n
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

188 :名前はいらない:03/08/21 21:41 ID:IpMhS69e
救済の青汁 青い香りの白い汁

189 :ねほん ◆FSnm09kHak :03/08/22 04:23 ID:luIbp2nb
『スカートせんたい』

きみのおちんちん 咥えて
わんわん!

四つん這いになって
少しイヤらしい瞳で おちんちんをネダル ぼく。

190 :ねほん ◆FSnm09kHak :03/08/22 04:24 ID:luIbp2nb
ぼく ⇔ ボク

191 :embryo ◆3Xu0//S666 :03/08/22 05:03 ID:PppNatXG
こっちにも書いときます

「きもくて悪かったな」

きもくて悪かったな
ああ俺はきもいよ きもいですよ
男の同級生の裸を想像して
毎晩ヌイてるようなヤツですよ俺は
でも悪いですか?ゲイで?
男のちんちんしゃぶりたいと思っちゃ悪いのか?
男のおしりの穴にいれたいと思っちゃ悪いのか?
修学旅行の風呂で勃起してしまいました
僕はアブノーマルです
親に知れたら首吊ります

僕って欠陥品ですか?不完全ですか?
きもいですかぁ?


192 :詩人 ◆w5Ryv3MbXc :03/08/22 05:59 ID:NEo3ZKMK
気持悪いなぁと思ったことは事実です

193 :nothing:03/08/23 02:54 ID:OeAWJmXb
なかよし相互リンクスレ

■■《シーメール好き》−変態男どもの哀歌■■
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1060772712/l50

194 :nothing:03/08/23 03:00 ID:OeAWJmXb
しかしよくみりゃスレ立ててもう3年、2ちゃんねらー歴も3年とはんぶか。。
2ちゃんと共に歩んだ我が激動史だったよ〜

>>191 自分の常識美意識で厚顔に生きればよいのだよ

195 :性別はパンダでいいよ:03/08/23 14:01 ID:pvRqB/8R
[ 女装ぱんだ!☆ ]

女のこと 女のこがキスしてる
可愛いすぎちゃダメなんだ

かたほうは絶対にオトコなんだからさ


さあ手のひら キミの光へ
信じていればパンダ星に連れてってね  大好きだもん
オトコみたないおんなが ぱんだを愛していた
ぱんだに救われた 青年はパンダパンツを集めていた

 P  A  N  D  A  !

196 :くるう びと ◆92iIhxr3s2 :03/08/23 14:05 ID:f0AhI6+Q
おんなですが…男の人の書いて見ます。

なんで男同士が愛し合ったらいけないんだ?
俺は本気でお前のことを愛してるのに
不愉快だ
禁断の愛?
笑わせるな
これは「真実」の愛だ
結ばれたいとおもってなにがいけない?
気持ち悪い?
これ以上言うな
俺達の愛は変わらん
ずっとずっとな

197 :ねほん ◆FSnm09kHak :03/08/23 14:32 ID:pvRqB/8R
『 けいさつ尋問パートA 』

あぅあ・・アンドゥリューさん 僕をお内に帰してください
ダメだ

ひぃ。
激しい尋問 エロイ尋問
アンドゥリューは自分のベルトをのばして 青年の腰をしばりあげる
わんって言ってごらん(微笑)

お手
ちんちん
可愛いやつだな(嘲笑)

198 :すとろが ◆ZpL9uLERfQ :03/08/25 20:04 ID:I052i9Sw
d(゚∀゚∀゚∀゚)b ブヒャヒャヒャヒャ

199 :すとろが ◆ZpL9uLERfQ :03/08/25 20:04 ID:I052i9Sw
d(゚∀゚∀゚∀゚)b ブヒャヒャヒャヒャ

200 :すとろが ◆ZpL9uLERfQ :03/08/25 20:05 ID:I052i9Sw
200 d(゚∀゚∀゚∀゚)b ブヒャヒャヒャヒャ 

201 :名前はいらない:03/09/13 02:01 ID:jrrQYhet
君が幸せならそれでいい
あたしは穏やかな君の笑顔見て
それで幸せになれるから

彼氏できたって嬉しそうに
あたしに報告してきた君
ちっぽけな恋心 君の愛に叶わない
よかったねって無理に笑って
のろけ話は耳鳴りに消えた

届かなくていい
あたしは一生伝えない
君の幸せな顔が好きだよ
ずっと親友の仲で居たら
ずっとそんな君見てられる
君が幸せならそれでいい

202 :名前はいらない:03/09/28 23:42 ID:SJucvhAt
>201
今の状況とかぶって泣いた。

できれば私があなたを幸せにしてあげたい、
叶わないけど、

203 :名前はいらない:03/09/30 22:28 ID:2SeH+Z7f
この手は
温度を求めるから
あなたに触る事も叶わない

その手は
無垢であたたかいだろうから
愛を抱き締める事も叶う

やさしい人よ かなしいあなたよ

声をあげて泣きたい夜など
もうずっと 忘れていたのに

204 :名前はいらない:03/10/07 23:01 ID:uKeCmFye
>>151さん、ありがと 漏れもがんがる

205 :てす:03/10/07 23:26 ID:Ej34SWb3
 友達ならば愛があるのだろう。
許されざる客人のように、不遠慮な重奏でうち解け合って
今宵の尺八を君に捧げよう。
 別れならばそこにあるのだろう。
招かれざる罪人のように、気障な科白で決められなくて
限りある命だ共に生きよう。

206 :てす ◆QwaM9H3lKA :03/10/10 02:22 ID:YwPpBcRC
 きみの縮れ毛が愛おしい
きみの力無くなった後の一物
 きみの体のよれ
きみの愛撫への最後の抵抗力が愛おしい

 腹部に広がる
甲殻類の臭気が愛おしい
 
 ベッドの上の二人の時間が愛なら
その上にある形而上の愛は愛の天蓋


207 :名前はいらない:03/10/13 08:49 ID:dEuUzPYM
愛してるって言ったら
嫌われるから言わない

好きだって言ったら
笑ってくれるから言う

心臓が痛い

208 :名前はいらない:03/10/14 17:41 ID:ZguzEqqg
「無罪」

サッフォーという詩人はレスビアンだったという
レズはレスボス島から来ているのだろうか?
インテリゲンチャの精神分析医が、「ホモを隠すのは大変か?」
と図星をさされて、激怒していた(「グッド・ウィル・ハンティング」)

ミケランジェロはゲイだった
同性愛はカトリックでは大罪である
しかし、同時に原罪なき人でもある
彼はゲイという犯罪を隠すことはなかったが

さて、ホモとレズは罪状を白状しない
愛の告白もしない、目に見えない隠れた神
悪いことは、隠れてこっそりとやるもの
秘密の共犯関係、証拠隠滅、隠蔽工作

神の絶対命令は、アダムとエヴァの原罪の禁止だった
それゆえに、全人類は罰を受けた
ホモとレズの童貞処女の判決は、はたして
「無罪!」

209 :名前はいらない:03/10/14 18:03 ID:fz0QzZEA
君が僕の身体に、笑いながら触れるたび、

この想いは、
この欲求は
増してく。

恋は加速をつけていくばかり。
ブレーキなんか知らないよ。
ねぇ?

僕がおかしいだけ?

210 :名前はいらない:03/10/15 15:21 ID:Tp+HgQb1
愛を語ろう
岸壁で魚でも釣りながら
愛を語ろう
何にも釣れそうにないけどいいさ

遠く投げようとしたオモリは
君の釣竿に絡まった

子ども扱いされてるけど
それはそれでいい
日が暮れたら一緒に風呂に入ろう
背中流し合おう

愛を語ろう
魚はやっぱり釣れなかったけれど
愛を語ろう
肩寄せ合って 誰もいないから平気さ

211 :名前はいらない:03/10/19 01:56 ID:iHCCZzKp
彼は髭を生やした冴えないおっさん
俺は名前もない飼われた仔犬

頭撫でてくれよ
そうしたら嬉しくなってて何でもするぜ?
お手でもおかわりでもチンチンだってやってみせるよ

彼は髭を生やした眼鏡のおっさん
俺は寝転がって甘える仔犬

腹撫でてくれよ
こうやって服従だってしてるんだからさ
餌だって食えれば適当でいいから気にしなくていいんだ

俺は単なる犬
血統書もないけど傍に置いてくれ
泥棒だって吠えて追い払うぜ?

わん!
わん!
わん!
わん!

212 :名前はいらない:03/10/21 22:40 ID:kifywC/J
声を殺して夜を待て

213 :名前はいらない:03/10/22 23:39 ID:r9Lr7PxX
「恋愛とは、共犯の快楽である(カトリック詩人より)」

男女の愛を、隠すものがあるだろうか?
男女の義は、愛である
しかし、原罪である
男女の愛は、原罪の告白である

ホモやレズを隠すのに必死な子は多い
それは、悪いことだから恥ずかしいのだろうか?
そのために、どんなに嘘をつきつづけ、偽証をし、
迫害され、言いふらされ、犯罪者予備軍たりうるか?

しかし、原罪なき者が、ホモとレズである これは、たしかだ
ところで、ヘテロの原罪の結果、子供が生まれる
それは愛の証拠なのか、罪の証拠なのか?
ホモとレズが隠すのは、無罪の証明であり、義を隠しているのか?

セックスは、不良行為だと仮定してみよう
子供とは、罪の結果なのか、愛の結果なのか?
われわれは、罪を背負うのか、それとも愛を背負うのか?
罪無きホモとレズは、原罪を背負うのだろう

214 :てす ◆QwaM9H3lKA :03/10/24 06:45 ID:pNq3TCUa
 宗教とは束縛のもっとも美しいマゾヒズムだ
神は、礼拝の途中でも、雄と雌に
 オルガスムスを与える。
 
原罪なき自由を手に入れるには、オルガスムスに
 対抗する超越者にならなければならないのだ。

215 :「真冬のスケッチ」:03/10/28 01:09 ID:JQAH9ESF
底冷えのする夜に
思い出して奏でる
その歌は過去の歌
遠い昔捧げた

思いは遥かかなた?
──結晶に乗り飛んで行った
冷たい思い届け
一生かけて寒空の向こうへ

一面の銀世界に
とまどわければいいね
その夢は今の夢
樹氷が立ち塞がる

思いは遥かかなた?
帰りを待ち今日もまた眠る
冷たい思い届け
何も見えなくても前へ進め

216 :「真冬のスケッチ」:03/10/28 01:09 ID:JQAH9ESF
真っ白な 祈り 真っ白な 大地
届かぬ声は 今 樹の腕の中
真っ白な 祈り 真っ白な 大地
君を待ってる 今 氷の下で

「君が旅に出てからというもの、
僕はいつの間にか心まで凍っちまったみたいだ。
春なんて今度いつ訪れてくれるのかもわからないし、
一人でこうしているのはどうも寂しくてやりきれない。
ねえ君、もし気が向いたら早めに戻ってきてくれないかなあ。
ああ、もう寒いのも感じなくなってきたよ。
春と冬ってのは、どうしてこう気まぐれなのかねえ…。」

真っ白な 祈り 真っ白な 大地
冷たく凍る 今 帰りを待ちながら
真っ白な 祈り 真っ白な 大地
君を待ってる 今 氷の下で

真っ白な 祈り 真っ白な 大地…

217 :名前はいらない:03/10/29 22:51 ID:gDIaClwf
あの子とても美しかったよ
それはもう
とても、とても

儚いような白色の肌に茶色の瞳
とても美しかったよ

愛を疑わない 諦めない
とても美しかったよ

淋しさも悲しさも誰にも見せず
ただ 美しかったよ

あの子とても美しかったよ
それはもう
とても、とても


>215,216
なんか世界観とか好き。綺麗ですね。

218 :名前はいらない:03/11/02 00:16 ID:QYZi/pD/
僕の神様はただのおっさん

それでいいじゃない
何か問題あった?

僕の神様はブリーフで玄関

それでいいじゃない
愛し合ってるんでしょ?

僕の神様は有給で旅行
お金ないのに種子島行った

それでいいじゃない
浮気してるじゃなし

お土産は宇宙食半ダース
「酒のつまみになるだろ
つまんないことで落ち込むなって」

僕の神様はぎゅっと抱き締めた

それでいいじゃない
何も問題ない 愛って素敵

219 :名前はいらない:03/11/04 11:33 ID:vrggkhkG
愛なんてつづれ織り
ぼくの唇 気持ちよく回れ

夢なんてつづら並木
幾重にも伸びて 空はつかめない

夜なんてつづみ草
明日の君も もっとよがってご覧昨日の彼みたいに儚く

さぁおいでよ
つづくものなんてなにもない
つぎつぎ変わるチャンネルの数だけ
ここにいられるのさ
つぎの君はだれ?
つぎの僕は彼?

愛なんてつづれ織り
切り裂くも無くあやかにほどけてゆく

220 :名前はいらない:03/11/04 21:06 ID:x2QGqaIY
爆風スランプの「ランナー」はとても良いね。
あれ同性愛をテーマにした詩らしいけど切ない

221 :「鬼桜」:03/11/05 00:45 ID:ip9vkeFK
僕らは恋に破れ儚く散りました

咲く花は咲きました
呆れるくらいいっぱい
呆れるくらいきれいに

僕らは恋に落ちてフリーセックス

咲く花は咲きました
呆れるくらいいっぱい
呆れるくらいきれいに

上等の身体が実をつけることはきっとありません
畜生道へ至る途中で見たあの花は
あの時息絶えた僕らの姿だったのかもしれません
道は違えども巡り会うことがいつかあるでしょうか
修羅道へ至るあなたが見送った目には
あの秋咲いた桜が映っていてくれたでしょうか

あなたがまた生まれ変わり
畜生に生まれた僕と出会ったなら
あの花をどうか思い出してください

──あなたの慟哭の声が響いている
ただただ胸の中で静かに果てていきます
その頬に触れて 蘇る日を待ちます

その頬に触れて

>217
ありがとございます
褒められるとは思ってなかったんで恐縮です

222 :名前はいらない:03/11/30 12:30 ID:Is4MYcOf
男が好きな俺(w

223 :名前はいらない:03/12/06 21:41 ID:ZPdGqBQL
ごめんなさい。嘘ついてた
ごめんなさい。もう優しくしないでください
涙が出てきそうです

224 :名前はいらない:03/12/07 09:22 ID:buKrW2hN
しっかりしてよ 私は女なんだよ
どうしてあんな嘘ついた
男になんてなれないくせに
愛するあの人を傷つけた
激しい胃もたれ 眠れない夜
私 いまほど自分が女だって恨んだ事無い
取り返しが付かない 嘘 嘘 嘘
私消えたらいいの?
男だったら正々堂々と日の光を見ることができたのに
あの人を愛する事ができたのに

225 :名前はいらない:03/12/07 17:20 ID:KyW5TVEy
世界さえ恨んだ
あなたさえ憎んだ
真夜中加速する汚い感情

あなたが幸せなら何にもいらない
確かにそう思ったけど
どうしても淋しいんだよ
友達のフリした顔の下
恋心は目を赤くしてる

知り合う事なく生きていたら
苦しむ事もなかったのかな
あなたの笑顔のない世界など
最早想像できないけれど

226 :名前はいらない:03/12/12 06:27 ID:16eayeeN
ネオンサインにうすら響く
婀娜を真似た君の嬌声が痛々しい
おどけて隠す君のやるせなさ
望むも叶えぬ君の怠惰
知らん顔してまた一杯
飛び込む君の慈悲深い切り付け
僕は身に付けた愚鈍で笑う
その場しのぎのおかしみコピーが
僕と君を安いインクで汚してゆく
もう一杯飲んだら帰ろう
ぼんやりきこえるだみ声は
男であろうとする君
女に移せ身しようとする君
どちらも筋が張ってるね
化粧を落としたら
アルコールが棘をならしたら
もっぺん抱き合おうぜ

227 :名前はいらない:03/12/13 02:16 ID:Ig8Htj8/
鏡の前には ブラシで地肌を叩く中年男が
俺の前でほう、とため息をついている

なくしていくものをいつまでも
ブツブツ言いながら繋ぎとめようとするとこでは
どうやら俺もあんたも一緒みたいだ

ドアの前では 靴を履こうとしてバランスを崩し
俺の前でぶっ倒れたあんたが照れて笑う

「それじゃ」と 不意に似合いもしない
真顔で手を振ってドアを開けて去っていく
どうやら外の世界はもう朝らしい

家の前では 犬が目を覚ましあんたに駆け寄る
あんたの前に広がる景色はもう違って見えるのか

俺の前で 不思議そうに顔を覗き込んでいる
犬のその目にはかたわれの不在もわからないだろう

228 :182:04/01/02 06:18 ID:klqC2lXt
ここに書くべきことじゃないが
確かに>>182の日、俺たちは二人だった。
5ヶ月ぶりの再会を終えて 
俺は一人、3日間眠りつづけた。
眠りに逃げる以外何も出来なかった年の瀬・年始め。
ヘタすぎる、へタレすぎる、俺がにくい。
チャンスを見過ごし
あの子の気持を掴み取れぬまま
唐突に吐き出し やんわりと流れていったブザマな求愛。
あきらめきれず
はしなくも垂れ流してしまったねばっこく脂臭い未練が、
俺とあの子の間に溶かしようのない堰を作ってしまった。
こんな新年 あるかよ。
いくつ年を重ねても おれはこんなままなのかよ。

229 :名前はいらない:04/01/15 23:37 ID:O64F4x5J
シンジ「ア、アナル・セックス!?」
カヲル「そう、きみたちリリンはそう呼んでるね。
    なんぴとにも犯されざる聖なる領域。
    ケツの穴。リリンもわかってるんだろう。
    アナル・セックスはだれもがもっている腸の壁だということを」
シンジ「そ、そんなの、わからないよ、カオルくん。う、うわあっ!?」

230 :名前はいらない:04/01/17 05:10 ID:QzahMCS1
シンジ萌え

231 :名前はいらない:04/01/17 14:36 ID:W82tqeYD
こんなのは?
ttp://www.shimirin.net/an/an2003/an03_005.html

232 :名前はいらない:04/02/19 19:11 ID:dyKe4yd/
ほしゅ

233 :名前はいらない:04/03/01 14:44 ID:VWZvX2ci
なんでおれの人生は こうもままならないのか。

予言詩をくれた>>151さん、答えてくれよ 頼むよ

234 :名前はいらない:04/03/30 13:56 ID:hli9iGoD
同姓愛はあるよ。

235 :名前はいらない:04/04/07 03:10 ID:CWkZfqAq
151の通りになっちゃった。でも練乳はにがく、喉越し悪くしかし美味い。

236 :紙のお告げ:04/04/07 05:31 ID:Z186j+Qf
>>233
151の詩を縦読みするがよい

237 :名前はいらない:04/04/08 22:32 ID:/ifoeNQc
「目」

愛してるって言った。
愛してるってイッた。
目の前であいつをおかずにオナ二ー。
名前を連呼して、愛してるって連呼して、手を伸ばして、振り払われた。

あいつは軽蔑したみたいだった。
其処に在るのは確執的な嫌悪と侮蔑。

俺は其れでも良かった。
あんな女をあいつの目に映したくなかった。
嫌悪でも侮蔑でもあいつの目にあの女以外を映して遣れれば良かった。

あいつの目にあの女以外を映したかった。
俺を映したかった。


238 :名前はいらない:04/04/09 02:05 ID:q5q5UelC
>>237 
すごくいいすごくいじらしい。。
うそのミテクレとうその笑顔とうその誠でしか、
他者と対峙できない自己愛過多な俺には、
貴男のまっすぐな男根がまぶしい。

239 :てす:04/04/09 06:27 ID:4lE+9mdG
 け むくじゃら
 つ んつん元気
 わ れをさして
 れ いせいに

240 :名前はいらない:04/05/07 06:08 ID:BH9AQjxf
Today
ばかみたいな感傷を
っぶっぶのザーメンに混ぜて
くぅーっと飲み干した!
だってもう子供じゃない
いや 大人じゃないけど
すきなことして暮らせるなら
きつい家計も苦にならないさ



241 :波留架 ◆ncndw0d4cw :04/05/07 09:32 ID:nTujuoU0
カラダをさわって
アタシのカラダを

紅い唇を
白い首を
膨らんだ胸を
腰の曲線を
濡れた裂け目を

オンナである部分に
貴女の印を
貴女の匂いを
付けて欲しい


70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)