5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

感動させてください

1 :ヒュー:04/04/26 21:39 ID:Ukav2UJo
とにかく感動したい
心が温まるような話
涙が出るような詩
何でもいいです
実体験だろうと、フィクションだろうと関係ないです
この汚れた世の中を浄化してくれるような
感動を待っています

2 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/26 21:45 ID:HsSKMXRP
ここは俺のスレだ

3 :しんしん:04/04/26 21:45 ID:VCmsmcqs
んなもんないよ
残念で2ね

4 :しんしん:04/04/26 21:47 ID:VCmsmcqs
残念で2ね

2ゲットをかけていたのにぃ
どうしてくれるんだよぉ

5 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/26 22:30 ID:6P/2YEmr
(゚∀゚)アヒャアヒャアヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

6 :名前はいらない:04/04/27 12:14 ID:MOuZIJM3

燗憧


7 :ヒュー:04/04/27 17:24 ID:VGRLMiCV
やっぱこんなもんか…

8 :詩の虜姫:04/04/27 17:55 ID:NlHkdrB7
ある女の子が飴をくれました。それは病院の庭での出来事でした。
私は我を忘れ泣いていました。気配を感じ、ふと横を見ると女の子が立っていました。
「悲しいことあったん?これあげるわ・・涙が止まるお薬やで」
そういって私の口に飴を放り込みました。甘くて優しい味がしました。
「な?いいやろ?」
女の子は優しい表情で私を眺めていました。
なんだか温かい気分になり、次第に前向きに考える事が出来ました。
「私も嫌なことあってん。お父さんガンでしんでん。それで最後にこの飴くれてん」
そんな大事な飴もらっていいのかと目をぱちくりしてたら。
「おねーちゃんも私とおんなじ顔してたから、特別にあげる。」
そういうと女の子は去っていきました、私は自分の甘さを後悔しました。
小さい子でも分かってることを私は理解できてなかったんだなって。
それ以来二度と父の病のことでは泣きませんでした。



9 :詩の虜姫:04/04/27 17:58 ID:NlHkdrB7
>>8
実話です。
つい昨年の出来事です。
かなり私的には感動な出来事でした。
父が生死をさまよってるときの話です。
いかがでしょうか?>>1さま

10 :名前はいらない:04/04/27 21:04 ID:neCtEgpG
えっと、これは英語の授業の時のお話です。
私のクラスはM先生がうけもっていて、
すごく優しそうなおじいちゃんみたいな感じの先生なんです。
それで、授業をしている時に後ろにいた中学校の時からの友達が
「あの先生去年死んだおじいちゃんに似てる」
と言い出しました。
その時は何にも考えずに「へぇ。そうなんだ。」と思っていただけでした。
そしたら次の日に友達が授業中に
「やっぱりおじいちゃんに似てる。口癖とかがめっちゃそっくりや。」
と半泣きになりながら言ってくるんです。
それで授業終わってから先生のところに連れて行ったら
先生の前に立った瞬間に彼女の目から大粒の涙が。
おじいちゃんにそっくりな事を涙をこぼしながら先生に喋っていました。
先生は「いいお孫さんを持ったなぁ」といっていました。
彼女は去年「おじいちゃんが死んだ時に試合があって立ち会えなかった事を
すごく後悔してる。」といっていたのを思い出して
思わずもらい泣きしそうになりました。

いちお実話っす。
長文&意味不明ですいませんでした。。


11 :ヒュー:04/04/28 11:47 ID:w7C8y8TT
やっぱいい話持ってる人いるよ…人生前向きに考えられそうだ…

12 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/28 19:55 ID:cqJFv9Kn
『流れ星』
病室の窓際のベッドに
足が動かない女の子がいました
いつもカーテンは開けっ放し
今日も日差しが暖かい

夜になれば 星が輝きだして・・・

星を眺めて 月は何処かへ消える
いつも あの子が夜空を見る時は
雲 一つ無い
星を眺めて あの子は願いをかける
いつも同じ願い 「流れ星が見たい」

病室に誰かが訪ねてきても
話は上の空で全く興味が無い
けれど カーテンを閉めると
急に顔色変えて 怒り出す

夜になれば 星が輝きだして・・・
けれど ある日 大きな雲が夜空を覆いました

病室の窓際のベッドは
上をきれいに片付けられていて
あの子は何処かへ行ってしまった
今日も日差しが暖かい

流れ星が一つ
とても短いけれど
とても輝いて見えた
あの子の命は流れた


13 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/28 19:56 ID:cqJFv9Kn
『チャリンコ』
僕が乗ってる赤いチャリンコ
めんどくさがり屋で ろくに手入れをしないから こいだ分だけ進まない
急いでいる時だって 立ち乗りしても遅すぎる

冬も終わろうとしていたあの日は 平凡すぎる一日だった
ちんたらちんたら スピードの出ないチャリンコでひとりぼっちで家へと帰る
いつもいつもゆっくり流れる町の景色を眺めていて 今 桜のつぼみに気付いた

「速ければいいってもんじゃないだろ?」
僕はすこしキョトンとして そして 微笑んだ

君が乗ってる綺麗なバイク
負けず嫌いだから 「バイクは危ないんだぞ」って
強がりばかり言う 急いでる時だったら 乗せてって欲しいけど

今日は君が少しの間 遠くへ行く日
駅で待ち合わせしてたのに 寝坊しちゃった
赤いチャリンコで大急ぎでこいでいく

やたら寒すぎる今日の風は 一層スピードを奪ってく
キーキー 音をたてて 頑張ってるけど時間は過ぎる
時計を見れば もう電車は行っちゃった

「ごめん、俺のせいだ」
僕はハンドルにうつ伏せて ゼーゼー言いながら やっぱりそこでも微笑んだ
また
ちんたらちんたら スピードの出ないチャリンコで一人ぼっちで家へと帰る
今日だってゆっくり流れる町の景色を眺めていて 今 一つだけ 桜の花を見つけた
「おい 見えるだろ?もう春なんだな」
今度はこいつは何も言ってこない
僕は少しキョトンとして そして 微笑んだ

14 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/28 19:58 ID:cqJFv9Kn
『今日ころごろ』

やたら立ち止まりたくなる今日ころごろ
夕焼けを見て 泣きそうになるなんて
昔の僕には考えられない事
明日へ明後日へと ただ走る毎日が
今はとてもなつかしい

そう 今はこうして立ち止まって
下らなすぎる事を考える
そして 飛躍した未来図を
不安に思い 無かった事にする

君が隣いてくれたら
君の事しか考えないのにな
一人になると どうしても 頭の中が複雑になる

やたら振り返りたくなる今日ころごろ
誰かを見て ため息つくだなんて
昔の僕には考えられない事
他人は他人 僕は僕 と割り切れてた時が
今はとてもなつかしい

君が隣いてくれたら
君の姿しか目に入らないのにな
一人になると どうしても 周りを見てしまう

やたら 涙にもろすぎる今日ころごろ
写真を見て 泣いてるだなんて
昔の僕には考えられない事
今はこの写真しか 
君の事を思い出せる物が無い

15 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/28 19:59 ID:cqJFv9Kn
『ビリーヴァー』
急に告げられた ピッチャー交代
それは最終回二点差勝ってる2アウトの満塁
「何で、僕が・・・?」
小さいその声は大きな声援にかき消されて
自分の耳にも聞こえなかった
そうして グラウンドに上がって
そんでもって振りかぶって
投げてみれば ボールは何処かへ消えた
ため息と歓声が同時に空へ舞い上がる

クラスじゃ このごろは嫌な視線ばかり感じて
机からも動けなくなって 若いくせに腰痛になった

家に帰ったら 真っ先にベッドへ倒れこみ
枕に突っ伏して ワケもわからず 涎と涙を流しながら いつのまにか寝ている
涎と涙のせいで枕にはもう一つの顔が
毎日、朝になったら そいつを見つめてる

ある夜に 僕は目が覚めて そして そいつを見てめて こう言った
「僕はどうすればいいだろう?」
涙で赤くなった目をした僕の顔をずっと見てるそいつは
「・・・なんなら 朝が来るのを止めてやろうか?」
こう言った気がして 慌てて枕 裏返しにして また眠ろうとした

いつか僕だって上手に投げられるさ
いつか僕だって歓声のど真ん中にいけるさ
いつか僕だって・・・ 初めてそんな風な言葉が次々に
「哀れなビリーヴァー・・・」
頭の下から聞こえてきた
目を閉じながら 笑って僕は言った
「ごめんね。僕 英語わからないんだ」

16 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/28 20:00 ID:cqJFv9Kn
>>1
>心が温まるような話
>涙が出るような詩
>何でもいいです

とあったので書きこんでみた。
>>1
こんなのでどうかね?


17 :ヒュー:04/04/30 13:35 ID:+W35CX3m
いいですね!自作ですか?

18 :名前はいらない:04/04/30 15:14 ID:/bBv3L+d
>>1へ。。。

『ひとりぼっち』

薄暗い部屋ひとりぼっち
それは今の自分の現状
眠れない夜ひとりぼっち
うるさいんだよ暴走族

ピーマン炒めてピーマン炒めてピーマン炒めて
ねえ、もっと
「野菜好きはエスカレートすると生野菜好きに転じる」って
君の言葉?え、僕の言葉?あ、ならいいや

なんだろうこの気持ち
初めて湧き上がるこの気持ち
待ち望んでいた出会いは ある時突然訪れるもの
冗談めかした日常に はっとする程鮮烈に訪れるもの

ピーマン焦がしてピーマン焦がしてピーマン焦がして
ねえちょっと
眉毛薄くない?


19 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/30 16:08 ID:kK3Bmrub
>>17
あたり前だろが
他人の奴を勝手に転載なんかしないよ
著作権がどうのこうのだし

20 :ヒュー:04/05/01 11:10 ID:UxVmpvFE
ピーマン…

21 :名前はいらない:04/05/02 05:35 ID:mVxKwlWx
>>1に送ります

「スルメ」

お前の部屋、なんかスルメくさいよ
ユーア スメル ア スルメ
スルメ食った?
え?食ってない?
あ、そうか、お前歯弱いもんな


22 :名前はいらない:04/05/02 05:40 ID:gq1EPXpm
>>8がいいなー。小さい子の強くて健気な話に弱いです。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)