5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆         週末旅        ☆

1 :石原 ◆k7cUHBNNT. :04/04/03 23:59 ID:ltA++z3z



  



 (ΘωΘ)/Θ 明日は猫に首輪をつけて隣町まで旅に行きます。
         ↑
      オニギリと猫飯ニギリ

2 :名前はいらない:04/04/04 00:06 ID:ij3n3vQ7
2げt


3 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/04/04 00:24 ID:UOtWKPCf
じゃあ 3ゲト

4 : ◆SCodz99rtY :04/04/04 00:25 ID:y4zrdTAM
4ゲト 石原は元気だな、、、

5 :名前はいらない:04/04/04 01:08 ID:26LApHR0
石原ストッパー来ないな

6 :BH:04/04/04 01:29 ID:J4pZ1GVE
石原ストッパーが気づかない間に1000まで行ったら、石原ストッパーはどんな気持ちになるのかな?

7 :石原ストッパー ◆Stop/AB10c :04/04/04 20:10 ID:SO4uaRYr
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 先生!また石原です!
 \__  _______________
      ∨┌───────        /         /|
        | ギコネコ     __      | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|  |
        | 終了事務所. /  \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |          | ∧∧ | < ふざけやがって!終了だ!ゴルァ!
                    (゚Д゚,,)|  \________________
     ∧∧        .※ ⊂ ⊂|. |〓_ |,[][][]|,[][][]|   ..|  |
      (,,   )     / U ̄ ̄ ̄ ̄ 〓/| |,[][][]|,[][][]|,[][][]|/
     /  つ    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   〜(   )     |              |  /ノ~ゝヾ
                         (’ヮ’ン  ∩∩
                         (   ) (´Д`)  ̄ ̄ 〜 ゴラァ
                          ∪∪   U U ̄ ̄UU     【完】

8 :くろれな ◆4rPu9Lgbfo :04/04/04 20:14 ID:tubEBO4z
旅には出たいけど、金はなし。
ふぅ。
全く、世の中どうなってんだろ。

9 :名前はいらない:04/04/04 20:59 ID:4WfHsNXg
いいねぇ 旅

10 :くろれな ◆4rPu9Lgbfo :04/04/04 21:18 ID:oBLHN055
PC止めたら、旅行けるかなぁ。
ほんとの出会いがほしくなってきたよ。


11 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/04/04 21:32 ID:07XAttFH
浮浪者にでもなろうか。

12 :名前はいらない:04/04/06 03:41 ID:VqdDLFO3
 (ΘωΘ)/Θ 明日は猫に首輪をつけて隣町まで旅に行きます。
         ↑
      オニギリと猫飯ニギリ

13 :名前はいらない:04/04/09 21:22 ID:Yi/0iVom
任意捜査であればどのような場合でも許されるのか。
任意処分であれば特別の規定がなくてもすることができるが、任意処分であっても強制的要素を伴うことがある。
任意処分も、個人の自由の侵害を伴うものであることから、まったく無制限に許されるわけではない。
その限界は、個々の捜査方法について論じざるをえないが、一般的にいうと、
憲法31条の趣旨と刑事訴訟法の基本構造に違背しない範囲で許されると解される。
すなわち、犯罪の重大性、嫌疑の程度、捜査の必要性・緊急性に照らして、相当な方法によるものでなければならない。
また、特定の捜査方法が、強制処分にあたらない場合であっても、具体的状況のもとで任意捜査として許されることがありうるにとどまり、
常にそれが適法な任意捜査の方法となるものではない。強制手段にあたらない有形力の行使についても、そのことはあてはまるのであって、
何らかの法益を侵害し又は侵害するおそれがある行為である以上、具体的状況のもとで相当と認められる限度においてはじめて許されるというべきである。
集団の一員が、警備中の警察官に暴行を加えその職務の執行を妨害するとともに傷害を与え、その集団に紛れ込んだ場合において、
警察官が犯人を探索して検挙するため、歩行中の集団を六、七分の短時間停止させた行為は、犯罪発生後間がなく、
被害者である警察官が犯人の人相・特徴を明確に記憶しているなど犯人検挙の可能性が極めて高い状況にあり、集団が四散する直前で、
犯人検挙のためには直ちに集団を停止させてその四散を防止する緊急の必要があり、かつ、他に有効適切な方法もなく、
その方法が停止を求めるための説得の手段の域にとどまるときは、
捜査活動として許容される限度を超えた行為とまではいえないとした裁判例(最決昭59・2・13刑集38巻3号295頁)がある。



14 :名前はいらない:04/04/10 23:44 ID:y0DYSVvl
>>7
無事にストッパーできたようですね♪

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)