5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

君の街をうたってよ

1 :名前はいらない:04/02/03 02:32 ID:AwZuNnV5
自分の住んでいる街や旅で訪れた街を詩にしてください。
その詩がどこの街のことかは書いても書かなくてもOk

2 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/02/03 02:53 ID:wlHvHYdz
僕の街ではないけれど
僕の住んでたその街は
三軒隣にパン屋があって
そこの主人は毛ぶかかった

時たまの朝の訪問
もう、扉の前からにおってる
ふわふわと
むくむくと
ほら、パンの香り

全部をトレイに入れたいけれど
僕の財布は減量中
ハチマキなんか巻かなくっても
ズンズンズンズン減っていく

ざっくりつかんだクロワッサン
照りもいいねバターロール
サンドウィッチはカツ入りの
しあげは伝家のアンパンで

すっぱいオレンジ、もうよだれ
ペットで買おうか箱入りか

すべてをどさっとカウンターに置き
おかみから柔らかいお釣りを受け取る
その向こうに背中がある
太い腕がある

僕の街ではないけれど
今でも時々思い出す

3 :名前はいらない:04/02/03 02:55 ID:sUrhj2w+
北に臨む海 空の対に碧い海
日本海なら寒すぎる
太平洋なら明るすぎる
沖縄よりも熱く 深い
本当は浅いけれども 深い
ここは瀬戸の
瀬戸の三波
寄る波 返す波 穏やかな海
ヘヘヘ

4 :しんしん:04/02/03 05:11 ID:vnnUC2Dn
     「俺の町」
もうすぐ俺の町に軍隊が来る
お偉いさんが決めたって
ヘリポートを作るんだって
きっと銃やミサイル、戦車も来るんだろ
町のシンボルマークは羽を広げたハト
皮肉なもんだ 今にも飛んで行きそうだぜ

俺の町に軍隊が来た
緑のハトは飛んでった

5 :しんしん:04/02/03 05:16 ID:vnnUC2Dn
あっこの詩よんだら俺が住んでるとこバレちゃうね
鳩がシンボルマークで
海上ヘリポートが作られる町さ
そこに俺は確かに住んでいる
今日は久しぶりに夜更かししてるな

6 :名前はいらない:04/02/03 06:21 ID:ef2/uhfF
川が丘の様に・・・ 丘から街を眺めた やがて川はかれ 丘へと変わった もう街は動かない 朝、桜並木だけが面影を残す 。未来の消えた街。草と風が結ぶ街。誰も知らない街

7 :名前はいらない:04/02/03 20:09 ID:588W3SB/
洞海湾に浮かぶ工場の煙突は
咳き込むようにゴボゴボと煙を出し続ける
波打つ黒い海は
人の気配を感じさせる
彼女はそこで働く人を見るのが好きだった
汚れてしまった水や空気も
別に嫌いじゃなかった
彼らの汗が海に戻り
呼吸が空になるならば
それを誇りに思い
生き続けようと決めたから

8 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/02/04 03:26 ID:e0vQDoL7
音ですか、まあまあです。

9 :名前はいらない:04/02/04 04:45 ID:oEPpQ0Rh
七階から広がる
景色を眺める私は
この街では未だ他人
夜明けですら
大層不機嫌だ

昨年ならば
バイクで海へと走ったもの
この街には海もなく
サボる時も遊ぶ時も
呆ける時も海であった
なのに、それが、ない と
ロクな街じゃあない

10 :9:04/02/04 05:09 ID:oEPpQ0Rh
詩にならんかった
スマソ…逝ってきまつ

11 :3:04/02/04 05:16 ID:hnPieqM/
>>10
また数年後に 今度はその街で
いい想い出が描けるとといいね
今はシンドイかも知れんけど
頑張んな♪

俺のほうが詩じゃないけど……

12 ::04/02/04 05:31 ID:rMKP6yiY
すばらしい都だ。ゴミ捨て場もアパートの前にあり、快適な街だ。

13 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/02/04 14:44 ID:qPjIyXRP
音なめらかにしてここちよくなりしも、かの金属音のやや耳ざはりならんか。

14 :BLUE HAWAI ◆jHhtPIEfFY :04/02/04 15:40 ID:gZbx2p0+
都落ちフィーリング
とっても華やかな場所から逃げ出してきた。
この町にはなんにも無い。
なんか探す気にもなれない。
絶対、復活してまたあの場所へ戻るんだ。

15 :名前はいらない:04/02/04 16:03 ID:JS3Y0BCs
午前10時
僕の街の急な坂を下ってた買い物へでかける
午後11時半
袋片手に急な坂を登って空を見上げた
習慣となったこの行動はもう少し慣れたよ
星がでていて綺麗だなぁ
きっと星は寒さなんてどうって事ないんだね
オリオン座しかわからないでもそれでも十分だ
だっていつでも変わらず光ってる。
西の空はまるで夕焼けみたく炎をあげて燃えてる
親に聞くと製鉄工場が星を燃やしてるらしい

ああ、燃やされても星はきらきら輝いて変わらずいるよ

ああ、これがこの景色が僕の街なんだ
きっといつまでも消えない僕の居場所なんだ
。。

てきとうでしたすいません

16 :空使い:04/02/04 17:12 ID:iE0LyRpX
〜街の風〜

子猫がひたすら歩く
小さな街
街の風、水の鏡、夜の桜が
囁くほどに
子猫は歩く
夜に盗まれた街の様
いつの間にか月は
湖を照らし
金色の柱を
映し出す
綺麗な星さえ
輝く月さえ
詠う空さえ
街は遠ざけて
離れようとする
まるで罪にうもれ
瞳の清らかさ
喪おうとしている様に

・・・ごめんなさいデス。本当へたくそですいません・・・。


17 :名前はいらない:04/02/04 17:24 ID:tGtV4mCj

僕の故郷は東京から新幹線で4時間

田舎だけどド田舎でもない

四季のとても綺麗な故郷だ 

だけど冬は好きじゃなかった 

雪が嫌いだった 寒いし外に出たくない

でもテレビに雪景色が映ると

涙ぐんでしまうのは何故だろう 

時々 故郷の友人達と雪合戦をしてる夢を見る


起きたら 彼女に言われた

「笑ってたよ 楽しかった?」

18 :名前はいらない:04/02/04 23:18 ID:Sj23VaQL
知らない街を歩いた
不安にも似た感覚で
街をつくる一つ一つを見ていく

知らない人
知らない考え
彼らの向く方に
知らない流れ

この街で知った
知らない人がいること

今日は彼らの船に乗る

19 :Akira:04/02/06 21:53 ID:s2L80nAC
親友の家が建て替えられているほんの数ヶ月
親友一家はマンションに住んでいた
親友の今の家も、昔の家も広くて綺麗で好きだけど
一番好きなのはあのマンション
緑色で汚いけれど 窓の外から川が見える
マンションの隣にはパン屋があった
2人で塾に行く時はおやつ代わりにパンを買った
大きな木もあった
桜かどうかはわからないが
春にいったらピンク色に染まっているのだろう


もうすぐ春がやってくる
約2年ぶりに あのマンションへたずねてみようか
一人で行ってみよう
場所がどこかはうる覚えだが
川に沿って自転車を走らせよう

20 :名前はいらない:04/02/06 22:52 ID:XDTQW1MV
この土地に越してきたのはだいぶ前だ。
その当時ここらあたりは、養豚の悪臭とハエが飛び交う田舎町だった。
ぼくと妹はさっそく初めての土地の探索に出た。
新居の横をとおる小道を桑畑の間をくねくねと進んでいくと、
やがて舗装された車道に行き当たった。
突然、目の前に刈り取り前の稲穂の絨毯が現われた。
眼前は見渡す限りの田園だった。

秋風が妹の帽子を飛ばした。
「あっ、とんじゃった」
「ばか! もうだめだよ、とれないよ」
帽子は風に乗って崖を越え、田んぼの上をふわりふわり飛んでいった。

今、その場所から見えるのは一面の住宅街。
妹の帽子はどの家に落ちたのだろうか。

21 :吝嗇VR4 ◆G.VR4wY7XY :04/02/07 19:49 ID:mEJ5xc60
この街は5つの高速入り口を抱え、4つの幹線道路が交差する
スピードを手に入れるために何でも出来た、誰にも負けたくなかった
19歳のトキ、瀬田で見つけた宝石は、今も曇る事なく輝き続ける
僕はずっとここにいる

22 :名前はいらない:04/02/07 22:51 ID:AjlM+dNG
鉛色の空 色褪せた家々 
来るべき死に 目を背け
めでたくもあり めでたくもなし




23 :てす:04/02/08 05:33 ID:ZqVl5QoJ
ぼくは子供の頃、精神病院の中で育ちました(広義)
広い庭のある大きな病院でした
 看護婦さんの寮に遊びに行ってトランプしたり
霊安室で肝試ししたり
 温室の中を探検したりして
遊びました。 精神病院の 鐵の扉の向こう側
に 時には 得体の知れない叫び声がしたり
 配管がむき出しの廊下に
 夜の病院は 聖者の行進です
何時かまた その場所を訪れることがあるのでしょうか?
 さも ありなん

24 :てす:04/02/08 05:39 ID:ZqVl5QoJ
 夜中に ふとっちょの女医さんが回診に来ます。
じゃらじゃらと 腰に鍵の束を付けて
その鍵の束の中のたった一つの鍵が
 この病院の中の どの扉も開けてしまうことが出来る
 じゃらじゃらと 夜中にやって来ます。

 今 ぼくはその鍵の束をもって 
夜の病院の中を探検しています
 じゃらじゃら どの鍵に辿り着くのか
試しながら 

25 :てす:04/02/08 05:42 ID:ZqVl5QoJ
 すべての鍵穴に辿り着くのか
扉は開くのか?
 ぼくは閉じ込められた叫びを
見つけることが出来るのか・

 そして 夜の帳の中へ
扉を開けて 逃がすことが出来るのか・
 
目白の 声がする 篭の中

26 :名前はいらない:04/02/08 06:05 ID:d0CBC0y6
あの街は変わらない
みんなも何も変わらない
少ししっとりとした空気も
ラーメンの味も
汚い言葉も
みんな停まってる
それが良くもあり悪くもあり
それが好きであり嫌いであり
それが住みやすく住みにくく
時々帰ってみるけれど
少しすれば逃げ出したくなる
そんな街

27 :Akira:04/02/08 16:43 ID:mG7GnHx3
私の家の向かいには、昔通っていた小学校があります。
休み時間、放課後には後輩達の楽しそうな声が聞こえてきます。

キーンコーンカーンコーン


中学のチャイムの音より、こっちの方があったかい。
校長は狙ってやってんのかな?

28 :ポエマー:04/02/08 21:57 ID:+HSARRBl
いとしこの街
君ゆえに
いくたび振り返る・・・

29 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/02/08 23:58 ID:BrG5FQs7
[クロスカウンター]

糞っ垂れたジジイのための娯楽施設で
酒に腐れた金をせいぜい巻き上げたらさ
そいつで天守閣に金のシャチホコでもブチ上げな
張りぼての文化がお好きだろ?

古臭い煤けた商店街を蹴散らして
駅前の整備を始めなよ
パチンコとゲーセンで埋め立てた
犬のヒゲどもの肥溜めに
爆弾を落とす日になったらさ
ゴキブリホイホイとおんなじで
せいぜい役に立つだろよ

糞を栽培してそいつらのゲロから巻き上げろ
酒びたりのハリボテに金メッキでも施してやれ
あんたらの手が回らなくなるころにはさ
この街はどうせ俺らが崩すんだ

30 :てす:04/02/09 03:16 ID:rl6ZcFVB
 精神病院の 大きな体育館の扉は閉まっている
けども 便所の扉はたいてい開いているので
 そこから 誰でも入ることが出来る
 誰も 看守も その扉には鍵をかけないのだから

 今 夜中にまた 聖者達の行進が始まる
バレーボールの ボールが 床に弾む
 天窓を開けよう
 ガラガラと 鎖を動かして
 静謐の 夜の体育館で
 僕は 弾丸サーブを
レシーブする はたまた
硝子の 戸を開けると
 そこは 湿った植物の
繁茂する 温室だ
 怪我をした 小動物の
行進だ 決行 午前2時

31 :てす:04/02/09 03:19 ID:rl6ZcFVB
 イタドリや ヤブガラシが
鎖鎌のように
 フェンスに絡まっている
 そのフェンスを越えれば
僕は 示威し 繁茂し
 ケロイドの皮膚を
削り 流れ出た血を
消し
 また 小さな茶室へと
届くんだ 
 聖者の行進が
 始まる

32 :てす:04/02/09 03:35 ID:rl6ZcFVB
 ゴミ捨て場では
腐葉土の むせ返る臭気の中で
 ガマガエルと 蛇が
睨み合っている
 農奴とは
 いつも 平原の中で
誰かの 帰郷を待つ
 いつも 励みに
もう 鶏も 卵を生まなくなって
久しい
 この 光景は すべて
精神病院の 庭

33 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :04/02/09 03:51 ID:DvkecXGu
どちらの町、という疑問から入らなければならないこの心は
どちらからもよく見える山並みの麓を幾筋もの川が流れては
そそぎこんでたっぷりと水瓶。
滔々とたゆとう、ここからはとてもいい眺めで、好きなので
この水になじむことにしました。
ところで

この水が、まっくらなトンネルを回転して
もうひとつの町へとやってくるわけです。
蛇口をひねるとステンレスに飛び込み飛び散るこの水玉模様の奇々怪々
それは同じものでもあるわけですが

ちがうものでもあるのです
嗜好品を嗅ぎ分る嗅覚の犬

欠けた月へは何もいわない
満ちた月なら明るくてよい

こどもたちは元気でいいです
ほどほどに田舎の
そこそこは都会の
もうすぐ菜の花の

海やまのあひだ、という歌集のようだ




34 :名前はいらない:04/02/09 10:56 ID:/MvQNNKT
森 声のない声
ざわざわざわざわ 葉がふるえ枝がざわめき木がゆれる
石がゆれる 気がゆれる 気がゆれる 気がゆれる
はるか はるか はるか 潮騒
sing sing sing sing sing

35 :名前はいらない:04/02/15 19:04 ID:ldvBcTz2
>>28
ポエマーじゃなくてポエトpoetじゃないの?

36 :ポエマー:04/02/16 22:50 ID:Lx6A5oYk
>>35
何ですか?それ?

37 :名前はいらない:04/02/17 14:58 ID:u25keYOc
age

38 :てす:04/02/19 07:31 ID:QuaMFj5c
 夕暮れになると チューインガム工場から
香料の匂いが立ち込める
 窓の小さい 工場から
 流れ出てきた 匂いだから

まだ 死ぬのには早すぎる
老婆が 軒先で果物を売るが
客が 入ってる姿を見たことがない

 果物は いつも新鮮だ
 バナナや 林檎 蜜柑 梨
季節の果物が 新聞紙の上に置いてある
まだまだ 死なない
 
 レイモンドの小説に出てくるような
洋菓子屋が 一つ350円以上する
 小さくて とてつもなく高い ケーキを
売る まだまだ 売れ残っているが
 ケーキはどれも新鮮だ

39 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :04/02/21 01:58 ID:m0inZwnd
  
『ベランダの外にあるもの』
   
ベランダから手をのばし
その折り重なって倒れたままブリッジの姿勢で間違いなく首でも鍛えていよう悪趣味な配色とコントラストの
ビルと分譲住宅街の屋根々々と一目数十万本の電柱と八木式テレビアンテナと排ガス色の壁のような空気
をすべて取っぱらったなら
とおく Perfect Liberty の塔をはっきりとさわれる位置に見ることができる
つまり
完璧な自由!
それはまぎれもなくたったすぐそこにそのようにしていともいつでもかんたんにあるのであった
けれども地下鉄の窓のような日日という名の原稿用紙の四角形の連続に馴染むと
そいつはいかにもグロテスクなモニュメントにみえる
さらにはこの手にはそのさえぎるすべてをなにひとつ取っぱらわない理由が
    
その起源へと帰る旅こそ私なのだと
一年に一度 サラマンドラとなったおまえの天に吐く火炎が
投網のように数百万本の無垢な視線を一点に集めると
大地を震わせ 空を染め 
雲をよび 雨を
過去から降らせてくれるのである
   


40 :空使い:04/02/21 14:37 ID:5gBiT7Iy
39さん上手
ですね・・・。

41 :名前はいらない:04/02/21 16:51 ID:Xta4KtxQ

二つの山の谷の底
竜の名残の河と共に人は流れて集まりまた散って行く
鳶が輪を描く視点でゆうげの香にさそわれ
まだ私はここから根をはずす事ができずに
うずくまっている
いつかあの白峰を越えて海と空がつながる様を惚けたように眺めてみたい


42 :名前はいらない:04/02/21 20:40 ID:IRu0gGry
僕の住む町には川がある。
川には鰻が棲んでいる。
ちいさいドジョウみたいな鰻は子供の鰻。
ちょろちょろ泳ぐ。
今日は大きい鰻が浅瀬で立ち往生しているのに出くわした。
大きい鰻を掴んだ事はなかつたけど思わず手を伸ばす。
見た目ほどヌルヌルしてなかった。
鰻は大人しくしてたのでかわいい奴だと思った。
逃がしてあげたのできっと恩返しをしに来るだろう。
早く元気になってね。
まってるよー。


43 :あいこ:04/02/21 20:51 ID:ORWHC8Yn
見上げればハンカチ一枚分の夜空
ぼんやり明るくて 馬鹿みたい
写真で撮ったら桜よりもピンクに写った
枯葉の匂いなんて知らない私たち 道路の窪みみたいなこの街
雨水と同じ ひきよせられるがままに

44 :意外と住みやすいよ:04/02/21 21:05 ID:NZxDe4Ww
ヤンキーヤンキー 嗚呼、ヤンキー
爆竹爆竹 嗚呼、爆竹
公園公園 嗚呼、公園
さびれたさびれた 嗚呼、商店街

誰に何と言われようと

我が街我が街 嗚呼、平和

45 :名前はいらない:04/02/21 22:47 ID:WzOLNi/Y
田んぼ 田んぼ 嗚呼 田んぼ
人 人 嗚呼 人いないー
隣の家 隣の家 嗚呼 隣の家まで500m

誰に何と言われようと

我が村 我が村 嗚呼 田舎
 

46 :外房線 ◆uFdq7zl7Vg :04/02/22 18:17 ID:MRXEPmXV
貴方と私が生きる街
貴方や彼らが生きる街

あの日
私が犯した過ちも後悔も
富士はお見通しなのね

砂の校庭を見る度思い出すなら
私も樹海に抱かれようか

47 :名前はいらない:04/02/24 17:53 ID:no/kAZvP
星が見えそうで見えないこの街は
人がやけに多い
この時期になると観光客でごった返し
さらに人が多くなる

春夏秋冬いろいろな顔を見せてくれるこの街は
僕らを飽きさせてくれない
春は桜を咲かせ
夏は人々を喜ばす
秋は紅葉がキレイで
冬は雪を降らす

だから僕らの住んでるこの街は
人が多いのかもしれない

48 :うにれもん ◆pbunil/dMM :04/02/24 17:58 ID:VxmSoxV9
 「平和町4丁目の角に刻まれた」
病めるビート
ひたすら耳コピなんかしようとして
届かない空なんか
ここに繋ぐ天国より何が勝るというんだろう

僕は僕にひたすら
溶けるハチミツの栄養価に混ざり
古ぼけた電波時計の中に隠された
浮浪者の匂いを貪り喰うようであれと

人間は溜めに溜めた
頭の中にある想像図の脳と格闘していって
止め処なくありふれた
夢達をソウセイジにしてもらった

晴れ渡る箱の中で
ガレキと群れ合った
春に亡くした銃声と
呼び合った君の声
とめどなくあれ
とめどなくあれ
どめどなくなったそれは今

レコード屋だったり
トンネルの手前のパン屋だったり
タマゴボーロのある肉屋だったり
僕の墓だったりして
懐かしく思う
懐かしく思ったんだっけ
いつか僕が思いだすように
いつか僕が思い起こすように

49 :名前はいらない:04/02/25 03:00 ID:2M+aDm8f
私は遠くで思う
君の記憶
くすぐったい旋律が
長い坂を転がり続けた頃
思い出して
柔らかく高くはずむ音
おっとりとした表情をした時間
君にだけは聴こえてほしい
この街の歌
細く切ない弦がざわめき
今もあの街の君を思う

50 :名前はいらない:04/02/25 03:14 ID:TS1Mi2Kn
白壁の続く歴史の街
寂れた商店街がある街
夜の駅前にトライブが集う街

そしてあなたの生まれた街

51 :名前はいらない:04/02/25 03:29 ID:BR2H7UCt
最高

52 :れん@2ch ◆YltgToqNj6 :04/02/25 18:58 ID:3koni8Qq
>>40空使いさん
褒めていただいて、ありがとうです。

53 :三日月:04/03/02 04:31 ID:TavyZ59t
この街に住み着いて19年が経つ
周りの景色に慣れ過ぎて
いつしか思い出も色濃くなっていた
この街では記憶という名の鎖が
僕を縛り付ける
―痛みに負けそうだ

さようなら…
僕はもう
戻りはしない
いつかはきっと
思い出すだろう
かつて愛したこの街と
永遠に還ることのない
愛する人の笑顔を


54 :reiko:04/03/07 23:19 ID:hziBdLQa
久しぶりに帰った街は
相変わらず 私にはそっけなくて
でも たまらなく懐かしくて

杏色に染まった雲を見上げながら
愛する人にも見せてあげたい気持ちになったり、
遠い過去のことを思い出していた

国道沿いに咲くミモザの花を手にとって摘んでみたりする
狭い農道の道をひたすらまっすぐ歩いていく
今度戻るのはいつだろうなあ
大していい思い出なんてなかったけど
私はこの街が好きだ





55 :電波姫 ◆a.TgNskvck :04/03/07 23:22 ID:7xm3fSO3
☆NAGOYA☆ 作詞・電波姫

ナレーション:かつて そこは天下の中心だった・・
        しかし 今や ケチだなんだと多方面から押され  
(戦国無双 豊臣秀吉の声)「押されとるがやぁ!」
        かつての戦国時代さながらの気運に満ちていた・・

ういろうマズイとか言っとんじゃねーよ この おたんちん!       コーラス・・ま・ず・いけど!
名古屋県ってどこ?・・とか言っとんじゃねーよ この うつけ者!
ああ・・そうだがんね 名古屋にゃ 港にシャチホコの船が浮かんでいるぎゃー!
ああ・・そうだがんね 名古屋は はっきりいって田舎だぎゃー それがどうしたケッタマシン!
  ※やったるがや! やったるがや! 
    名古屋は最強です N・A・G・O・Y・A!
    名古屋をバカにする おみゃーは 東山動物園のコアラにでも食われちまえ!

赤味噌マズイとか 言っとったら しばくぞ! ゴルァ!          コーラス・・ま・ず・いけど!
名古屋の女はブスとか 言っとったら ゆわすぞ! ゴルァ!
ああ・・そうだがんね 3大都市とか言っとるが たぶん 博多とかの方が都会だと あたしも思うがね
ああ・・そうだがんね 名古屋駅前の名犬サーフ像は間違いなく 忠犬ハチ公像のパクリだがね 
  ※ぶったるがや! ぶったるがや!
    みそかつは激ウマです N・A・G・O・Y・A!
    名古屋をバカにする おみゃーは TOYOTAの車に轢かれちまえ!

名古屋人は 関西人から見たら 東京人   関東人から見たら 大阪人   コーラス・・中・途・半・端!
お得 お得! 名古屋はとっても お得だぎゃ! ヤッホイヤッホイ やっとかめ!
中日ドラゴンズ 「竜」ってのがイケてるぅー☆
グランパスエイト 「鯱」って そのまんまやん・・(^^;
  ※しめたんがや! しめたんがや!
    鳥山 明はナゴヤンだぞ! N・A・G・O・Y・A!
    名古屋をバカにする おみゃーは ニコちゃん大王に拉致されちまえ!

56 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/03/07 23:39 ID:4xibRU5Y
>>55
ウワー!すぐ下のスレでサイキックウェーブなプリンセス発見ー!
これまた素敵やねぇ ナゴヤ ダガヤ
三戦板とかでも楽しく読ませてもらってましたよ
相変わらずの電波っぷり イイ(@ω@)!

57 :Akira:04/03/08 11:15 ID:90MCIubI
僕の街
日本の首都
その中でもまた都会
都庁もあればなんでもある
そんな区に住んでいるから
都会っ子だねってよく言われるけど
実際そうでもないって罠

僕の街
紹介しようか
結構何にもないところ
近くのコンビニはつぶれた
そんな風に不景気だから
都会は良いねってよく言われるけど
実際そうでもないって罠

58 :名前はいらない:04/03/09 04:59 ID:brynXkHZ
桜が咲いたら
祇園に行こう
ポント町の石畳を歩く
早朝の朝露に濡れた石の道
みんながまだ寝ている静かな町
お寝坊さんの静かな町
白河流れる
情緒ある風景
あの子と歩きたい
静かな朝を

59 :名前はいらない:04/03/17 04:24 ID:hAN+OZAN
この街では
夜でも烏が鳴いていて
それが
力を手にしたものの
虚しさのように思えました

60 :名前はいらない:04/03/17 04:58 ID:eU7AdIW7
溶けかけのみぞれを
かきまぜながら
おこさないように 泣かせないように
そうっと そうっと
かおをあげる

ほら 地球がうつってる

61 :名前はいらない:04/03/22 17:23 ID:c+Jo8DaX
どんなに姿を変えようと
どんなに形を変えようと
そこは私のふるさとです
ここは私のふるさとです
山川田畑
それがわたしのふるさとです

62 :和田あき子:04/05/08 11:50 ID:UOQ9HsMn
街は今
悩みの中
あの鐘を
鳴らすのは
あなた〜

63 :名前はいらない:04/05/08 12:58 ID:fj8t4LRh
しょぼいYO
でも落ち着くの。
工事中止してくれ。

64 :名前はいらない:04/05/09 01:52 ID:XYW0mzhg
俺の街は退屈だ
狭いし静かだし
なにより友達がいない
俺はこの街に住むことを真剣に考えるとブルーになる
この街に生まれたことは不幸だ
この街に生まれたことを幸福に思ってるやつを頃氏対

65 :名前はいらない:04/05/09 03:16 ID:R54L2ZH+
猫ばかり死んで渋滞が増えている
行列は前を見れずに、法螺ばかり吹いている

影がまだ多いから、市民運動が活発で
右向け右!自殺志願者が多いらしい

ゴミがいつまでも片付かないよ
チリ一つ許してないのさ

ここが世界の中心
天国は容赦しない

66 :名前はいらない:04/05/09 06:23 ID:L9HAz8zt
昔は富士山見えたけど
今じゃ見えない町なのさ



67 :楽団:04/05/09 09:40 ID:/pDm+jYq
窓から見える ぶどう園の消えた風景
ベランダから見渡す 車の往来
戻れないと知る あの頃は錆びた手すりが知る

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)