5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なんでも詩だろ?

1 :名前はいらない:04/01/10 01:20 ID:KIiRh2/c
なにいったって詩だろ?
だから視の評価なんて人により違う。
それなのになぜプロの詩人がいるんだ?
誰でも詩人なのにさw


2 :名前はいらない:04/01/10 01:25 ID:KIiRh2/c
反論もできないのかw

3 :名前はいらない:04/01/10 01:29 ID:KIiRh2/c
プロの詩人ってwだな

4 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 01:29 ID:P8zzEaAl
いやその通りだと思う
日常の会話だって見方によっちゃ詩だ
もう何でも詩だ

5 :名前はいらない:04/01/10 01:34 ID:vNO4n+SN
文字数からも、意味上からも
描かれた内容以上の世界を
読者に届けられるものが「詩」なんだと思うんですけど…?


6 :名前はいらない:04/01/10 01:36 ID:KIiRh2/c
>>4 ャパーり、そうでつよね。

>>5 そんなのうけとるひとによるだろ?

7 :しんしん:04/01/10 01:36 ID:4djDZPbB
プロの詩人 響きが滑稽だなw
詩人でプロ 滑稽な響きだなw
なんでもそうだけど
趣味を仕事にしたら
趣味じゃなくなるのな

8 :激辛正当派 ◆PmUYNHN29Q :04/01/10 01:38 ID:+yVGNe2v
おもしろい詩は、人それぞれ違ってて基準はないと思う。
ただ、誰が読んでもおもしろいと思えない詩、それはたぶん詩じゃない。とか。


9 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 01:39 ID:P8zzEaAl
んで プロの詩人ってのは良い言葉を選ぶのが上手だと俺は思ってる

日常の会話や 落書きだって詩だが 何かを感じ取る事は少ない
つまり詩的に優れてない

詩的に優れた物を書けるのが詩人だ
そういう事になると俺はまだ詩人になりきれてないワケだが


10 :名前はいらない:04/01/10 01:41 ID:vNO4n+SN
>>6
ですから、詩を読むという行為自体に
実は、才能が要求される様に思われるんですけど…


11 :名前はいらない:04/01/10 01:43 ID:KIiRh2/c
>>8 本人は面白いんじゃないの?
>>9 詩ってどうとでも解釈できるじゃん、だから、
どんな詩からでも、面白く優れたものが、感じられるだろ?

12 :名前はいらない:04/01/10 01:44 ID:KIiRh2/c
>>10 詩を読むには才能がいるよね、でもなんでも詩でしょ?

13 :根暗:04/01/10 01:46 ID:yl1pvSGb
新年に至りマンスリーヌードカレンダー貼ったよ!
ウイークリーでペニバン痴女先生が契約で
女特命係長タチナメ横なめマンズリ
いよいよ明日非常階段で淫虐の就職試験
ピンサロの店員だけど夢より星より太陽より
アダルト福袋がもらえるのじゃ
職業に貴賎なしグランドスラム
明日からはデカパイプルルン ザーメンシャワー
奴隷ボンデージの堕天使に告ぐ
店長にしてくれ
今日からできるSM講座で先生の体温を感じさせてくれ
鬼畜監禁事件をもう止めさせるためにも
おれは明日からピンサロづとめ


14 :しんしん:04/01/10 01:46 ID:4djDZPbB
俺の価値観の中て
詩て金が発生してる環境で書いてる詩人よりも
純粋に詩を書いてる詩人の方が
本質的には素敵な詩がかけると思う


15 :名前はいらない:04/01/10 01:49 ID:Q3UytPPR
虎ノ門でいづつ監督が、ついさっき、辛口さんと同じよなこと言ってたよ。
びっくりした。

16 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 01:52 ID:P8zzEaAl
>>15
俺は今 うら関根TVを(ry

17 :名前はいらない:04/01/10 01:53 ID:OSXJ42dN
多くの人が読んでおもしろいものを書ける人

18 :名前はいらない:04/01/10 01:54 ID:Q3UytPPR
いまやってる虎ノ門の恋文選手権は詩板的に興味ぶかい。

19 :名前はいらない:04/01/10 01:54 ID:vNO4n+SN
>>12
[作品A]vs[感想・批評B]
の関わり合いを1セットとして
成立する面も有る様に思われるんですけど…

例えば音楽のオケとソロパートとの対立、或いは協調ですね…


20 :名前はいらない:04/01/10 01:56 ID:+sCA9CO+
その声は 自分から飛び去っていく奇跡なのか
相手を釣るエサなのか

21 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 01:57 ID:P8zzEaAl
>>18
投票したか?w
俺はまんどくさくて

22 :名前はいらない:04/01/10 01:59 ID:KIiRh2/c
>>19 感想・批評は能力いるけど、詩はいらないだろ?
だってなんでも詩だから。

23 :名前はいらない:04/01/10 02:00 ID:mmgQGw/O
俺もたまに思うな。ただ小説や物語とは確実に差別化はできるはず。
でも作者本人がこれは詩だって胸張って言えれば
世界中の人が全て否定したとしても詩なんだと思う。

24 :根暗:04/01/10 02:00 ID:fOhMmLXl
詩人の前に人間として認めていますか?
周りの人を、みなさん。

25 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 02:02 ID:P8zzEaAl
何でも詩だと思うけど

人を感動させれないと詩とは言えない気がする
それは個人個人で違って
って事だと思ったりする

26 :名前はいらない:04/01/10 02:03 ID:Q3UytPPR

二つのものが重なったとき詩は産まれるんだぜ!

27 :名前はいらない:04/01/10 02:03 ID:KIiRh2/c
>>23 たとえば、
詩と物語、あるいは、小説の違いをどんなところにみてるの?

28 :名前はいらない:04/01/10 02:05 ID:KIiRh2/c
>>25 本人が詩だって言う以上本人は何らかの意味で
かんどーしてるだろ
だったら詩じゃないものなんてないじゃん。

29 :名前はいらない:04/01/10 02:08 ID:vNO4n+SN
>>22
誰かの記した文字列の集合体を
「詩」と感ずるのは本人以外の誰かの所作であって…
反対に、その辺について意識的、自覚的になれるのが
詩人の様にも思われ…


30 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 02:09 ID:P8zzEaAl
いや だから俺は>>28はあながち間違ってないと思っとるよ

詩なのか ただの下らない言葉の羅列かは
読んだ本人が決定権を持っていて

全ての言葉は詩になり得る可能性を秘めている

って感じかな

31 :根暗:04/01/10 02:15 ID:sMZ7Voa7
自分を人間と認め他人を人間と認める人はみな詩人です。
人間とも思えない人、を人間にしてくれる人は
プロということでしょう

32 :名前はいらない:04/01/10 02:20 ID:vNO4n+SN
カエルの跳び込む音や
雨だれの音に詩を感じた人も居たんですけど…


33 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 02:20 ID:P8zzEaAl
確かにそうかも知れない
詩人しか持ってない目で物を見るんだよな (何か偉そうか?w
俺は擬人法とかってかなり好きだし

34 :名前はいらない:04/01/10 02:21 ID:KIiRh2/c
すべての文字列は詩だ

35 :名前はいらない:04/01/10 02:21 ID:KIiRh2/c
詩人しか持ってない目ってなによ。

36 :根暗:04/01/10 02:25 ID:B37A6De/
言葉は感動させる為にあるのか、それとも、意思伝達の手段として
あるのか、みんな迷っているのだと思う。この二つを割り切って
意識的に使っている詩が詩だと思います。いわば、表現しつつ
種明かしもしてしまうマジックです。

37 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 02:27 ID:P8zzEaAl
>>35
スマソ うまく説明出来ないw
例えば・・う〜ん
今叩いてるキーボードが可哀想だなぁとか
そんな感じ?

38 :名前はいらない:04/01/10 02:27 ID:Q3UytPPR
なにいったって「詩」なわけねーじゃん。
考えるのがめんどくさくて、精神論に流れてるだけじゃないの?
それでも、詩を書く人ですか?
まったく呆れる。


39 :名前はいらない:04/01/10 02:28 ID:Q3UytPPR
言葉を愛するもの。

40 :名前はいらない:04/01/10 02:29 ID:KIiRh2/c
>>36 意識的に感動させるために使っているのが詩ってこと?

41 :名前はいらない:04/01/10 02:30 ID:KIiRh2/c
>>38 それなら、詩と詩じゃないものの違いって何なの?

42 :名前はいらない:04/01/10 02:34 ID:Q3UytPPR
〉〉41
簡単なことさ。
スタイルの表明が詩であるかないかの違いだ。
詩があって小説がある。
永遠にこない朝」
爆発する孤独」
スタイル、形式、文体、異次元。

43 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 02:36 ID:P8zzEaAl
とりあえず 広辞苑にのってる「詩」
@ 中国の韻文の一つ
A 文学の一部門。風景・人事など一切の事物について起った感興や想像などを
   一種のリズムを持つ形式によって叙述したもの。
   押韻・韻律・字数などの律格のあるものと、散文的なものとがあり、また、叙事詩・
   抒情詩・劇詩などに分ける。ポエトリー。ポエム。
B  詩経の略

Aをどういう風に思うかですな

44 :前に書いたんですけど…誰も相手にしてくれないの。:04/01/10 02:37 ID:vNO4n+SN

[168]肉汁10/07 09:00 ID:yNzPxHrK

 1 12 15  6     11 14  8  1
 8 13 10  3      2  7 13 12
14  7  4  9      5  4 10 15
11  2  5 16     16  9  3  6



45 :名前はいらない:04/01/10 02:38 ID:KIiRh2/c
>>42 どのような文章にもスタイルはあるだろ?

>詩があって小説がある。
なら
詩⊃小説
ってこと?

46 :名前はいらない:04/01/10 02:39 ID:KIiRh2/c
>>43
>一切の事物について
ってところからいっても、なんでも詩じゃん。

47 :抑揚:04/01/10 02:43 ID:GKrcSj2D




ウンコー
-------
ってのも詩ってことだろ。オレは納得。

48 :抑揚:04/01/10 02:45 ID:GKrcSj2D
只、






おもしろくない詩ってのはあるよ。




それを詩じゃないと、誰が言ったのかしらないが


それは間違い。





ただ、面白くない詩ってあるよ。>>44とか。詩じゃないとは言わないけど

面白くない詩ってたくさんあるよ。

49 :名前はいらない:04/01/10 02:47 ID:Q3UytPPR
抑揚はたいした皮肉屋だよなー

50 :根暗:04/01/10 02:53 ID:sR9nBwFD
詩は意識の集中でもあるし、その人の思考そのものを見る
ということですね。俺はみんなの詩を哲学書を読む感じで
読んでいます。デモそうそう新しい思想もないし、暗号化というか
比喩をやたら難しくしてしまう傾向はある。大体プロといっても
詩でご飯喰えてる人は殆ど世界的にあまりいないし。

51 ::04/01/10 03:00 ID:rO4fzyaM
詩は自身の成長の鏡だと思う。
人は神の様なものを、どんな言葉-言霊-からでも受信することが出きるんだろうな。

52 ::04/01/10 03:03 ID:rO4fzyaM
だけど現代に至っては、言葉も社会の様に複雑になってしまっているから、おいらは目眩や吐き気がする。

53 :根暗:04/01/10 03:05 ID:mWXeRuDF
プロの詩人の定義を教えてください。どなたでもいいです。
自費でもいいから、詩集を出版したひとかしら?それとも
ユリイカとかの商業詩に載った人とか?多分思いつきを
インターネットでつらつら書いてる俺はダメなんでしょうね?
正直、みんなの詩を読んでいるとへこむ事がおおいな、俺は。

54 :根暗:04/01/10 03:15 ID:hyXZbdII
つまらない詩というのは読む当人がわすれてる感情だね。
初めて恋人ができたとして、「恋人ができた、愛してる」
という詩を抑揚さんが読んでも、あまりモテスギテ忘れてる
のだと思う。まあ技術の未熟さもあるとは思うけど、

55 :しんしん:04/01/10 03:20 ID:4djDZPbB
53>>
インタネットでつらつら書いてる俺はダメ〜
えっなんでて感じ なんで駄目なん?
詩を書いて人にみせて金がうまれるかの有無だけじゃん
違うのはそんだけじゃん
プロって奴にあこがれてんの?
真剣によくわからん

56 :しんしん:04/01/10 03:22 ID:4djDZPbB
54>>
俺も普通に恋愛の詩みても
あっそう
としか感じませんが・・・・・・・

57 :名前はいらない:04/01/10 03:25 ID:vNO4n+SN
>>56
あなたのそおいうトコロが‥‥‥‥♡


58 :しんしん:04/01/10 03:28 ID:4djDZPbB
57>>
はっきりいってほしいぴょん
遠慮すんなって

59 :名前はいらない:04/01/10 03:28 ID:KIiRh2/c
なんでも詩だから、詩って意味ないと思うのであります。

60 :根暗:04/01/10 03:31 ID:Bl/JxTN2
自分のことを言ったまでですよ。真剣に書けばメディアがなんで
あろうと関係ないでしょう。俺は大体、帰ってきたら詩版をざーと
見て何か適当な言葉を書くだけになってしまったのだ。前は自分の
生活から詩を書けていた少しだけ気がする。プロというより
オリジナルにみんな憧れてるということかね、よう解りません。

61 :名前はいらない:04/01/10 03:32 ID:bukOGklu
ありふれている物に価値は見い出せ無いと。

62 :根暗:04/01/10 03:41 ID:64KBaFf8
>>59
そしたらみんな意味があることでもあるのじゃないのですか


63 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 03:42 ID:P8zzEaAl
意味の無い物なんて無い

64 :抑揚:04/01/10 03:43 ID:GKrcSj2D
ふふふ、根暗よ。
>つまらない詩というのは読む当人がわすれてる感情だね。
非日常的な詩はその時点でつまらない詩だと?
初めて恋人が出来たときの感情が甦ればつまらなくないだと?
オレがモテスギだと?

オレがモテスギだと!!!

ここで一句・・・
「つまらないという芸術を理解できないセンスなら
  無線LANのPCカードをイジェクトして喉に押し込むが良い」

つまらない/面白くない = 存在が許されない

ってわけではないだろ。つまり、だ、
オレが>>48あたりで言ってる事に中途半端に反論すると、
根暗'sセンスが疑われちゃうぞ☆ミ

65 :根暗:04/01/10 03:44 ID:4fC7vB4B
>>61
俺はそういってないよ。そのありふれている事を
大切にしている人こそ詩が書けると思ってるくらいです。

66 :しんしん:04/01/10 03:44 ID:4djDZPbB
自分が言いたい事って多いようで少ないよね
そういう俺も詩坂に来てかなりの膿をはきだし詩にしたよ
だんだん膿が無くなっていくのを感じるよ
才能って枯渇する物って本当だね
だからこそ自分が吐き出した詩を大事にして
垂れ流しの言葉にしないようにしてる
もし俺の自スレが1000までいったら
俺は次のスレに全部の詩を移植するつもりだ
それ位自分の詩を大事にしたい


67 :名前はいらない:04/01/10 03:44 ID:vNO4n+SN

空気詠め!


68 :抑揚:04/01/10 03:52 ID:GKrcSj2D
>>67
オマエただ空気詠めって言いたかっただけだろ(ゲラ

69 :しんしん:04/01/10 03:52 ID:4djDZPbB
俺は自分の詩を愛してる
誰に駄目だしされてもだ!!
なんとなく、とか適当に言葉遊びで詩をつくってないからね
けっして垂れ流したりしない
まあたまにはバカみたいは詩つくるけど
それはコミニケーションの一つとして作っているのだ
俺にとって詩はコミニケーションの一つではない

一人で熱くなってる俺にウザイとか言わないでおくれ

70 :抑揚:04/01/10 03:54 ID:GKrcSj2D
で、「なんでも詩だろ?」の答えはYESだよな。

71 :しんしん:04/01/10 03:55 ID:4djDZPbB
こみゅにけぇしょん ですね 
そうとう熱くなってる様です

72 :根暗:04/01/10 03:56 ID:yqoqiknl
つまらない=理解不能暗号解読的ということ?わからないという言葉
を補えばいいのですか?面白くないといっていたから、単に既知のゆえ
だと思いました。「面白くない」と、「理解できない」詩がなくなれば
単純にいって全ての言葉は、詩といっていいことになるのかな。

73 :名前はいらない:04/01/10 03:57 ID:vNO4n+SN
[91]都立家政 ◆MD76fFko5o 05/06 11:49 ID:UjrG+ki9
>>90
とりあえず精子出し尽くすまでオナニーしてから
電車乗って河原行って夕陽見て来い
そいで力いっぱい河原に石投げて来い
それが偶然ヤンキーの集団の頭に当たってボコボコにされてこい
そいで一人で河原で泣け、震えとけ
あほだからいっぱい泣け
そいでもう一回夕陽を少しだけ見とけ。



74 :しんしん:04/01/10 03:58 ID:4djDZPbB
72の事について
さっき抑揚と俺のスレではなしたような、、、、、

75 :抑揚:04/01/10 04:06 ID:GKrcSj2D
面白くないものも理解できないものも、
それが詩だと当人もしくは誰かがそう言えばそれは詩だのです。
たとえそれが金属のオブジェであってもクマさんが「詩だねぇ」って
言えば詩で良いとオレは思うのさ。たとえそれが母上の手料理であれな。

>>しんしん
うんうん。

つまり、「それが詩であること」と「それが読み手が求める詩であること」の
違いだよな。読み手が否定しても詩であることには変わりない。
しかし、オレは読み手が詩だと思ってくれる詩を書きたいし、
そういう詩を書いてる奴を尊敬するよってあたりでどーよ、根暗。

76 :根暗:04/01/10 04:10 ID:AZ1ROOax
>>74
ああそうですか。大変失礼いたしました。

「つまらない」詩は詩じゃないでしょう。「面白い」詩も詩ではない。
何か形容詞を必要とするのは潔くありません。


77 :抑揚:04/01/10 04:12 ID:GKrcSj2D
ほう。じゃぁ、根暗はこの世には詩なんて存在しないって言うんだね(プピ

78 :しんしん:04/01/10 04:12 ID:4djDZPbB
つまり詩には魂込めろってこった
俺の詩見て魂こもってねぇ〜っていう奴には
有無いわさず鉄拳制裁だ
たとえ相手がヒョードルでも!
ノゲイラでも!!ミルコであってもだ!!!

79 :名前はいらない:04/01/10 04:13 ID:vNO4n+SN
>>70
それは、そう言うわよね…

だって、その方が詩人や批評家や
出版社にとって好都合ですもの…(^0^*


80 :抑揚:04/01/10 04:15 ID:GKrcSj2D
>>79
あら?どう好都合なのかしら?

81 :しんしん:04/01/10 04:18 ID:4djDZPbB
なんかファッション坂の
「ファションだけのパンクはパンクなのか」の時に近い論争になってるな

82 :名前はいらない:04/01/10 04:20 ID:vNO4n+SN
>>81♡♡

面白い…?


83 :根暗:04/01/10 04:21 ID:B1t2M/RD
書いた人間にとって詩で、読む人間にとっては「理解できない」詩
「面白くない」詩という場合でも「詩」そのものは成立している
といえるのかどうか、ということだよね?
普通はペケじゃないの?
そういう言い方より人間性見たほうが早いよ。
しんしんさんなんてこれから傑作書く可能性いっぱいありそうだし
今書いてるのも「詩」そのものなんじゃないですか?
本当かどうかわからないけどさ。

84 :根暗:04/01/10 04:24 ID:icETEAVW
俺は詩は言葉の力、そのものだと思うから、おもろい、つまらんは
超越してると思う。

85 :しんしん:04/01/10 04:25 ID:4djDZPbB
82>>
俺の脳内で盛り上がってるだけだ
脳内麻薬でやすい質でな

86 :名前はいらない:04/01/10 04:28 ID:trEHk1Zx

自分が「面白く」詩を書けば、受け取る側も「面白く」詩を読むと思うんだが。
逆に死んだ魚のような目で言葉を組替えるだけならそういうものとして詩は読まれてしまう。
多くの科学者は超能力というものを鼻で笑うが、俺は超能力のようなものを信じる。
「楽しんで書かれた詩」はすなわち、「楽しんで読まれる詩」である。



87 :抑揚:04/01/10 04:28 ID:GKrcSj2D
論点をすり替えるなよー
面白い/しろくない詩というふうに形容詞が付いたら詩じゃないなら
根暗の言う詩とは一体なんなんだ?

88 :根暗:04/01/10 04:29 ID:dcg9kbWn
結局書く人間にとっては「詩」と全てが考えられるとしても
読み手によって、詩そのもの
おもしろい詩
わからん詩
しょうもない詩とか
に色々価値をつけられてしまうのではなかろうか?

89 :抑揚:04/01/10 04:29 ID:GKrcSj2D
>>86
ダウト。

>>84
言葉の力そのものの詩っていう形容詞はいいんだ。

90 :名前はいらない:04/01/10 04:30 ID:vNO4n+SN
[5]無17歳11/24 03:43 ID:NAVr1hBq
「ひあぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・。なんて気色悪いんだお前らキモイ。」
そんな事を他の板で聞きました。主に文学版で、というか文学版だけで聞きました。暇なようです。皆さん暇です。
私も暇なのでとても相性がいいことでしょう。つまりは本屋さんで破廉恥なマンガ本を読みふける、お隣さんのようです。
相手の事を何も知らない、でも共通している部分を見つけたからなんだか好きになれそう。そんな気分。
そして妄想。ところで妄想とは、つまらない現実を忘れて想像の世界を信じることですがこの板の人は。
みんなみんな。全員で目が醒めていますね。こんな夜中なのに、寝たスレに文句をつける人がいない。皆さんお暇じゃない。
暇じゃないのかそうか・・じゃぁ仕方ない。独り言を言うしかありませんが、詩的な文章のつもりなので削除はおかしいと思います。
現実で私を押さえつけるのは良心ですが、2chで押さえつけるのは削除人さんです。削除人さんの倫理です。
押さえつけているのに、それを感じさせないのが、職人さんの技ですね。要らないスレは削除削除。あぁすっきり。盲腸取った気分だ。
そんなに簡単に削除。ところで私もこんな迷惑なスレを立てておきながら、恨み言を言ってしまいます。仕方ないのです。
この世に起きる全ての事象は、私が目に入れて信じるものだけです。信じるものしか存在してはいけないのです。
信じられないならそれは嘘です。妄想です。小説です。詩です。冒涜です。死んでください。
巨乳とか呼ばれてる人たちは地球の外に出て行ってください!!


91 :名前はいらない:04/01/10 04:31 ID:trEHk1Zx
>>84
というより、言葉自体が、おもしろいという次元のものではなく、むしろ道具的なものであり、魂を伝達する空間のようなものであり、
即ち、言葉そのものにおもしろい、つまらんというものはない。
詩人が言葉を“おもしろいorつまらん”で語るのは、大工がトンカチを“おもしろいorつまらん”で語ることと同じではないか。


92 :抑揚:04/01/10 04:32 ID:GKrcSj2D
>>88
その詩を読んだ人の評価が価値として付随することも「詩」を構成する上で必要だろ。
じゃなければ、人に読んでもらう意味もなければ、評価してもらう意味も無い。
自分で書いて、自分でほくそえむのが詩の真髄かぁ

93 :名前はいらない:04/01/10 04:33 ID:trEHk1Zx
>>89
ダウトだと。貴様はなんのつもりで書いているのかしらんが。
俺は絶対に「面白く書かれた詩」でなければ「面白く読まれる詩」は市民権を得ないと思うが。


94 :抑揚:04/01/10 04:33 ID:GKrcSj2D
>>91
言葉そのものにおもしろい/しろくないというのが当てはまらないとしても
その言葉を使って作成された「詩」にはそういう評価が下る。
大工が家を作れば、良い家/悪い家が語られるように。

95 :しんしん:04/01/10 04:34 ID:4djDZPbB
余談だが俺は超能力者を信じる
つぅか間違いなくいる だって従兄弟がそうだもん
まあ、そいつはその力の所為で超人間不信だけどな
本気で、ばれたらナサとかに連れて行かれる
と思ってる位の痛い奴だがな

96 :抑揚:04/01/10 04:35 ID:GKrcSj2D
>>93
じゃぁなぜ、笑いながら>>89を書いた俺に対して、
93は怒っているんだ?詩じゃないからか?超能力が足りないからか?

97 :名前はいらない:04/01/10 04:36 ID:trEHk1Zx
>>94
それならば、どういうものが「面白い」のか、
「心底面白く書かれた詩」でなければ、
「面白い詩」は成立し得ない。矛盾が生じる。

98 :名前はいらない:04/01/10 04:39 ID:trEHk1Zx
>>96
それは、詩じゃないからだ。
詩と言うものは、孤立しているとも言える。

それはつまり詩は、
他者に対して語りかけてはいけない。指図してはいけない。命令してはいけない。
表現しなければいけない。

99 :しんしん:04/01/10 04:40 ID:4djDZPbB
お、俺のレスが、、、、
話しの速さについていってない、、、、

100 :抑揚:04/01/10 04:40 ID:GKrcSj2D
その矛盾が生じるのは、自分で「心底面白く書かれた詩」でなければ、
「面白い詩」は成立し得ないって決め付けてるからだよね。
ウンコーってだけ書かれてても、雰囲気によってはおもしろいよ。

101 :名前はいらない:04/01/10 04:41 ID:trEHk1Zx
詩は、感動であり、爆発であり、途方も無い無限の、宇宙的な、なにものかを表現するもので、
「それ」を説明したり、訴えたりするのは、まったく作文というものである。

102 :抑揚:04/01/10 04:42 ID:GKrcSj2D
>>98
詩にそんなに(独自の)ルールを課すなよ。

103 :根暗:04/01/10 04:42 ID:UTIEarXz
おもしろい詩という言葉でなく、詩そのものが書かれていることは
体験しているのではないですか?例えば暗い感じで後ろ向きだけど
全体的に勇気付けられるような矛盾した形容詞のつけ難い詩です。

104 :しんしん:04/01/10 04:42 ID:4djDZPbB
こういう時に2CHでは
さあもりあがってまいりました〜!!
て言うんだよな

105 :抑揚:04/01/10 04:43 ID:GKrcSj2D
つか、そんなにがんじがらめじゃ詩なんて書けないだろ

106 :抑揚:04/01/10 04:44 ID:GKrcSj2D
あと、根暗よ。君の日本語は難しい。
>暗い感じで後ろ向きだけど
>全体的に勇気付けられるような矛盾した形容詞のつけ難い詩
形容詞つきまくりじゃん(ゲラ

107 :名前はいらない:04/01/10 04:45 ID:trEHk1Zx
>>100
ウンコーと発言した作者の気分みたいなものが伝導してきて、面白いんだよ。


108 :しんしん:04/01/10 04:47 ID:4djDZPbB
さっきのファッション坂の
「ファッションパンクはパンクなのか」
の結論を書こうか、、、、、
精神論はもってくるな!!だ


109 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/01/10 04:47 ID:cZJytShH
おはよー…あついね。
>>95
どんな能力なんだ!?すげー気になる 

俺は表現に技術があるとしたら表現したいことと表現された物の間の
ズレや誤差を極力なくしていけるようなもんだと思うよ


110 :抑揚:04/01/10 04:47 ID:GKrcSj2D
作者が「このスレつまんねー」って気持ちで「ウンコー」って発言したことを、
証明することは出来ないが、その逆も真理だろ。
矛盾ばかり言ってるからダウトと笑ってることに気付いてくれ。

111 :抑揚:04/01/10 04:49 ID:GKrcSj2D
>>しんしん
あはは、確かに。
精神論かー、でも詩自体が精神論の考察みたいなところがあるから、
ここではそういう終わり方するかどうかわからないね。
パンクではなくてパンキッシュだって発言がそのスレの中にあったに100ポエット

112 :名前はいらない:04/01/10 04:49 ID:trEHk1Zx
>>110
その矛盾こそ、詩の根源的なるものだ。
なにがなんでも「面白く書かれたもの」それは「面白く書こうとしたもの」ではなくてまた「訴えたいことがあるもの」でもなく
純粋に「面白く書かれたもの」でなければ、「面白く読まれる」詩はありえない。

113 :しんしん:04/01/10 04:51 ID:4djDZPbB
ここら辺でギャグはやめて
自分の立場をはっきりしとこう
書いた本人が詩だといえば、その文は詩である
他人からみたら只の駄文でもな

114 :名前はいらない:04/01/10 04:52 ID:vNO4n+SN
>>112
「オモシロイ」の定義づけきぼんぬ…


115 :名前はいらない:04/01/10 04:54 ID:trEHk1Zx
>>114
感動。

116 :抑揚:04/01/10 04:54 ID:GKrcSj2D
>>112
いやいやいやいや、
だから、自分の発言を抽出してみてよ。
段々弱気になってきてるから。

作者が絶望の淵でひねり出した苦しい詩が、
面白いと読み手に思われることは無い理由を宜しく。

117 :抑揚:04/01/10 04:55 ID:GKrcSj2D
>>114
(形)[文]ク おもしろ・し
〔「面(おも)白し」で、目の前がぱっと明るくなる感じを表すのが原義といわれる〕
(1)楽しい。愉快だ。
「昨日見た映画は―・かった」「勉強が―・くて仕方がない」
(2)興味をそそる。興味深い。
「何か―・い話はないか」「最後にきて―・い展開を見せる」
(3)こっけいだ。おかしい。
「―・いしぐさで人を笑わせる」
(4)(多く、打ち消しの語を伴う)心にかなう。好ましい。望ましい。
「病状が―・くない」「―・くない結果に終わる」「私に―・からぬ感情を抱いている」
(5)景色などが明るく広々とした感じで、気分がはればれとするようだ。明るく目が覚めるようだ。
「十日あまりなれば、月―・し/土左」
(6)心をひかれる。趣が深い。風流だ。
「昔を思ひやりてみれば―・かりける所なり/土左」
[派生] ――が・る(動ラ五[四])――げ(形動)――さ(名)――み(名)

118 :名前はいらない:04/01/10 04:55 ID:trEHk1Zx
>>116
面白いと言う言葉を、俺は感動として捉えている。
笑える詩や楽観的な詩を面白い詩といっているのではない。

119 :抑揚:04/01/10 04:56 ID:GKrcSj2D
>>115
で、なんでオマエが感動してんだよ(メッサワロタ

120 :抑揚:04/01/10 04:56 ID:GKrcSj2D
>>118
あ、そゆことね、ゴメンナサイ。

121 :根暗:04/01/10 04:57 ID:3QtH3JPk
抑揚さん、あなたは
おもしろくてつまらない詩という批評は成り立つと思うのでしょうか?


122 :しんしん:04/01/10 04:58 ID:4djDZPbB
113>>
自己レスすれば 俺がいってることは精神論だ
つうかパンクの時も精神論かましてたからね、俺は


123 :抑揚:04/01/10 04:58 ID:GKrcSj2D
>>113
++激しく同意++ 詩は自己申告及び第三者の代理申告(本人許可不要)に依って
認められるで良いと思うのだが、、、違うのか?

124 :名前はいらない:04/01/10 04:58 ID:vNO4n+SN
>>117
それじゃあ、私に限って言えば
何で苦しい時に限って詩を書いたり読みたく
なったりすんのよ…?


125 :しんしん:04/01/10 05:00 ID:4djDZPbB
ねえ、、、もしかして俺の論点ずれてるw?

126 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/01/10 05:01 ID:cZJytShH
パンクは精神だっ^^
こんちきしょう
それより超能力がきになってしかたないのは俺だけか?

127 :抑揚:04/01/10 05:03 ID:GKrcSj2D
>>121
おもしろくてつまらない詩という批評が成り立つかどうか?
成り立たないよ。

128 :名前はいらない:04/01/10 05:03 ID:trEHk1Zx
>>123
概ね同意。
その自己申請は、どのようにやるか?
それは、スタイル、文体、である。
詩は言葉で閉じられているから、詩の中で“これは詩ですよ”という自己申請がないかぎり、
それは詩とは呼べない。
詩の技巧が重要なのは、その点であり、最低限の共通ルール(俳句であれば季語)から逸脱した詩は
詩ではないのではないか。

129 :抑揚:04/01/10 05:03 ID:GKrcSj2D
>>126
ホラ、きっと触れたらイケナイところだと思って・・・正直キニナルゾ、しんしん

130 :抑揚:04/01/10 05:04 ID:GKrcSj2D
>>128
作者に尋ねてごらん。これ詩?って。

131 :根暗:04/01/10 05:06 ID:1ISJXaTQ
書いた人が本気であれば本人にとって詩である。(公理)
しかし、読んだ人間によって、分かれる運命(解釈)
必ずしも詩として読まれないことはしばしば。
然しそれが駄文ではなく、伝達文としては優れていたり、小説の
一部として優れていることはありうる。

132 :名前はいらない:04/01/10 05:06 ID:trEHk1Zx
>>130
死んだ作者に尋ねることは不可能です。


133 :名前はいらない:04/01/10 05:06 ID:vNO4n+SN
>>128
アタシって、そのこと今まで全然きがつかなかた(ウロコ


134 :抑揚:04/01/10 05:08 ID:GKrcSj2D
>>132
そか、なら>>132が決めてもええんでない。

135 :名前はいらない:04/01/10 05:09 ID:trEHk1Zx
>>133
ルールに縛られて、それでも、「面白く詩を書こうとする」この窮屈な世界は、窒息しそうですが。
これが、非常に、苦しくて、苦しくて。知らない方がいい詩が書ける場合もある。
無限に広がる「面白さ」に圧倒されて。


136 :しんしん:04/01/10 05:10 ID:4djDZPbB
モヒカンしたらパンクなのか?
セッズのTシャツ着てたらパンクかい?
クラスターパンツ履いてたらパンクかい?
靴はマーチンならパンクかい?
ちがうだろ?
ギター引けなくてもセックスピストルズなんて知らなくても
精神がパンクなら誰がナンテ言おうとパンクなんだよ
詩だって同じだ!!!!
同じのはずだ!
同じだよね?

137 :根暗:04/01/10 05:11 ID:rScJyTLN
>>127
ですよね。だから形容詞をつけられない詩そのものに出会い
と思うわけ普通の読者は。

138 :名前はいらない:04/01/10 05:11 ID:trEHk1Zx
>>134
詩という言葉・道具を共有する場合に、そんな身勝手な事は出来ない。
延々と受け継がれてきたルール。体言止や擬人法による表明が、詩を保証する。


139 :抑揚:04/01/10 05:12 ID:GKrcSj2D
>>137
いやいや、だから理論のすり替えをするなと(ガックシ
「おもしろくてつまらない詩」は矛盾してるからダウト。
「おもしろい詩」「つまらない詩」は成立します。ハイ、どうぞ。

140 :抑揚:04/01/10 05:14 ID:GKrcSj2D
>>138
オレには138が自分でルールを作って自分をがんじがらめにしてるようにしか取れないよ
明確なルール(俳句で言う季語とか)がないからこういう議論してるんじゃないの?

141 :根暗:04/01/10 05:17 ID:VoKPCjk5
だいたい、メディアにさらした時点で言葉は自分の手を離れる運命。
それがいやなら、詩も小説も辞めた方がいいね。自分の中のルールとか
ナニ言ってんだか。これは詩だ!!といって日記つけてるのと同じ。

142 :名前はいらない:04/01/10 05:17 ID:i7WGvOpR
やあやあ、熱いね!
君たちも眠れないのかい?

143 :名前はいらない:04/01/10 05:18 ID:trEHk1Zx
「おもしくてつまらない詩」
というのは、とても素敵な詩の魂であると思います。
成立し得ない事を、言葉は表現できる。
詩の表明の一例ではないでしょうか。これこそ“詩的”なるもの。

1、この質問は1問目である
2、この質問は2問目である
3、この質問を含めたyesの数は2である。

というのも、僕はかなり詩的であると思いましたよ。

144 :しんしん:04/01/10 05:18 ID:4djDZPbB
じゃあいうよ
そいつは俺より一学年下の裕二っていって俺の親戚だ
そいつは透視能力をもってたんだ
紙に何をかいてもわかるし
トランプや花札でも同じように裏から透視できる
いつも月刊ムーとかを買う奴だった
そういう力が有ったからムーに興味を
もったのか、又は逆なのかは知らんがな

145 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/01/10 05:19 ID:cZJytShH
論点とか全然わからないんだけどね
なんか自分本位で表現を追及していくと一般的な理解からどんどん離れていく気がするね
個性であるゆえに理解がえられないみたいな自己矛盾ね。もともと理解されたいから表現するのにね
芸術と呼ばれるものには避けられない運命なのかね
俺自身は芸術なんてクソだと思ってんだがね。。



146 :抑揚:04/01/10 05:19 ID:GKrcSj2D
>>143
それ書いたの俺じゃなかった?(ゲラ

147 :名前はいらない:04/01/10 05:21 ID:trEHk1Zx
>>140
心配してくれて有難う。
しかし、この見果てぬ夢というか、100%倒せぬ敵を倒しに行くような、
ドンキホーテ的な、ストイックさの中で、多くの詩は書かれてきたと思います。


148 :名前はいらない:04/01/10 05:21 ID:i7WGvOpR
>>144
だれか周りににサクラがいたんじゃん?


149 :華司 市葉:04/01/10 05:21 ID:dPHKjZ2d
ホームページ作りましたぁ♪TEXT・小説等中心です(^^)v
見にきてねv('∇'*)⌒☆
http://www.geocities.jp/innocence_bluesky/

コピペsorry.。・:*:・゚`☆

150 :名前はいらない:04/01/10 05:22 ID:trEHk1Zx
>>146
そうだよ。

151 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 05:24 ID:P8zzEaAl
少し時間がたって この板に来てみれば・・
何でこのスレはこんなに盛り上がってるんだよw

詩板住人ってあんまり議論とかってしないイメージがあったたんだが

152 :根暗:04/01/10 05:24 ID:UURCtSy+
>>139
おもしろくてつまらない詩というのは、形容詞がつけられない例
として上げてるだけだよ。ダウトというのは批評を拒否してしまう
という意味ではないの?
それが詩の力だといってるの。詩そのものだといってるの。
理論のすり替えとはどこかしら?


153 :しんしん:04/01/10 05:25 ID:4djDZPbB
俺は当時中学生だたけど
人間なにかを強く疑うことなく信じれば
たとえ超能力でも手に入れる事が出来る事に
すごく感動したよ
思いの力ってのはこれほどにスゴイものなんだ
だから詩だ!って強く思えば
たとえ「♪」の一文字でも詩なんだよ

154 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/01/10 05:25 ID:cZJytShH
>>136
ha-ha-ha
はげどう!
パンクはファッションでもアティチュードでもない!
魂だっ!!

155 :抑揚:04/01/10 05:27 ID:GKrcSj2D
>>152
まずは「おもしろくてつまらない」という日本語が矛盾してることは分かる?
故に矛盾した批評は成立しないって言ったってことはわかる?
それが、「面白い詩」を読み手が求めていない理由はどこですか?

156 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 05:27 ID:P8zzEaAl
>>153のしんしんの発言が結論じゃないのか?

157 :名前はいらない:04/01/10 05:28 ID:i7WGvOpR
>>153
いや、多分だまされてるって。
そいつが透視したときの状況を詳しく教えて。

158 :名前はいらない:04/01/10 05:30 ID:trEHk1Zx
>>153
その強い気の狂ったような想いは、ルールさえ突き破ってしまうかもしれない。
そういう詩人は、いるとは思うが、1000年に1人さえいない。
強すぎる想いに自ら破綻を来たしてしまう。
純粋な繊細さは凄まじく強靭なのだと思う。
しんしんは、自分を信じて疑わない域にまで達しているだろうか。
詩板でしんしんは、そういう方向性で詩を書きつづけて欲しい。



159 :根暗:04/01/10 05:31 ID:39UEw6Bi
>>143
俺が言いたいのもそう言うこと。でもそんな言葉で批評はなりたたないでしょ、
といいたい。批評できない本当の詩に出会ったとき人は詩を書き始めるんだよ。

160 :名前はいらない:04/01/10 05:31 ID:wz10UjEi
しばらく寝てました
携帯から書き込みますが
結論はでたのでつか?
なんでも詞でいいでつか?

161 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 05:33 ID:P8zzEaAl
>>160
全スレを読むと何がなにやら
みんな結構難しい事言ってる
まぁ なんでも詩でいいでない?

162 :名前はいらない:04/01/10 05:33 ID:i7WGvOpR
しんしんは毎日毎日、スロってて脳への刺激が足りなくなってんじゃん?
7そろったときにちょっとドーパミンがでるくらいじゃん?


163 :しんしん:04/01/10 05:33 ID:4djDZPbB
148>>
いや、それは無い だって二人きりでもやったしね
何回やっても彼は見事に透視したよ
もちろん紙は普通の紙だし
トランプや花札だって
おじいちゃんの家にずっとおかれてる普通の奴だった
まあ、見てない人間は信じられないのも無理はない
後、俺がU.F.O.見た話しとダパンプのイッサと
俺の弟が同級生だった話しは また今度なw

164 :名前はいらない:04/01/10 05:34 ID:trEHk1Zx
>>153
そういう詩を書く人は、
「人それぞれだ」なんて思わないと思うよ。

「なんでも詩」という言葉だけで、詩の問題を片付けるのは、思考の挫折者だ。

165 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 05:36 ID:P8zzEaAl
俺がなんでも詩だって思うのは

「詩」を壁で囲まないで 凄まじくフリーでやっていこうっていう感じに思ってるからなんだけど


166 :名前はいらない:04/01/10 05:36 ID:i7WGvOpR
>>163
は〜〜〜い
またね〜〜〜

167 :名前はいらない:04/01/10 05:36 ID:vNO4n+SN
>>164
でも、もうお餅あきた…


168 :名前はいらない:04/01/10 05:37 ID:trEHk1Zx
>>165
それでいい。

169 :根暗:04/01/10 05:39 ID:LA1ic3/p
>>155
読み手が求める詩?書き手は読み手が読みたいおもしろい詩
を必ず書くとお思いですか?読み手の前に詩人(!)がいること
を忘れないでください。

170 :名前はいらない:04/01/10 05:40 ID:wz10UjEi
詩の本質はなんでも性です。

171 :抑揚:04/01/10 05:40 ID:GKrcSj2D
とりあえず、色々な意見を聞いた気がするが、
俺の中での「詩」に変化はなかったので、そろそろおいとまするよ。
根暗やtrEHk1Zxよ、気分害する発言してたらごめんなー




・・・でも









・・・なんでも詩だよ!!!!(ポヒョン

172 :しんしん:04/01/10 05:41 ID:4djDZPbB
162>>
たとえ当たりフラグひっぱても
設定と確率考えるだけで嬉しくもなんともないね

173 :名前はいらない:04/01/10 05:43 ID:trEHk1Zx
>>171
全く気分は害さなかったよ。
現時点で、俺は、詩について、思っていたことを書いた。
ルールに雁字搦めになりつつ、俺は「面白い詩」を書くことに専念するよ。
おやすみ。

174 :名前はいらない:04/01/10 05:44 ID:i7WGvOpR
>>172
じゃああなたのドーパミンが放出されるのはいつなんです?
換金所でお金を手にするときですか?


175 :しんしん:04/01/10 05:45 ID:4djDZPbB
いやぁ・・・・・熱い夜だった・・・・・・
しばらくこの余韻にひたろう

176 :名前はいらない:04/01/10 05:45 ID:trEHk1Zx
>>172
プロなんですね……。

177 :しんしん:04/01/10 05:48 ID:4djDZPbB
174>>
そのとうり
換金する時っていうかコイン流して
いくら今日は浮いたと計算できた時だね
あとは収支表つける時

178 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 05:50 ID:P8zzEaAl
>>しんしん・・何者だ?w
ちなみにそのとうり じゃなく そのとおり かもな

179 :名前はいらない:04/01/10 05:51 ID:i7WGvOpR
>>177
そっか〜
ねえねえ、スロ何年やってどんくらい貯金できた?
おいらは三年で470万くらい。
去年の六月くらいに引退したけど。

180 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/01/10 05:52 ID:cZJytShH
詩が詩だけで完結しないとおもうのは
詩の向こうに作者がいるからです
僕は詩を見るとき詩を見る以上にそれをつくったひとを見てます
別に詩でなくてもいいんです
そんなことはどうってことありません
じゃーね

181 :根暗:04/01/10 05:52 ID:TKr9vWf8
抑揚さんは博愛主義者なんだね。俺の意見聞いてくれてどうもね。
人の詩読むとき大変かと思うけど頑張ってね。

182 :しんしん:04/01/10 05:52 ID:4djDZPbB
あっでもそれは確率の計算や設定の上げ下げが
わかりやすいAタイプの話しだよ?
まあ、そういう機種か
ストックやATは熱い場所のハイエナしかしないからね

183 :名前はいらない:04/01/10 05:53 ID:i7WGvOpR
>>177
万枚規制はいっても立ち回れる自信ある?
いつか技術介入(立ち回りも含めて)の余地がなくなったら、、と思うとゾッとしない?
いつもスロりながら詩を考えてるの?

184 :しんしん:04/01/10 05:57 ID:4djDZPbB
月平均は20稼働して30〜40位かな
そんなにかせいでる方じゃないよ
一日フル稼働もほとんどしない
そんなに高設定なんて落ちてないし
バカみたいに何時間もハイエナ待ちとかやってやれんし

185 :しんしん:04/01/10 05:58 ID:4djDZPbB
一日の平均稼働は4〜5時間てとこだろ!


186 :しんしん:04/01/10 06:04 ID:4djDZPbB
183>>
そう打ちながら詩考えてる
後沖縄はスロ環境が他の県とかなり違うしね
規制の件だがストックでのあぶく銭が無くなるのは
いたいが
逆に設定に出玉が左右されやすいノーマルAタイプ
に力がはいるぶん
いまとかわらないんじゃないと

187 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 06:06 ID:P8zzEaAl
俺はパチンコやりながらなら考え事出来るけど 
スロットやりながらでは出来ないねぇ
しんしん凄いねぇ

188 :しんしん:04/01/10 06:08 ID:4djDZPbB
もう誰もいないのか、、、、、嵐の後のなんとやらだな
そういえば一ヶ月半位家で引き篭ってたな、、、、、
連休明けにでも打ちにいくか、、、、、、

189 :しんしん:04/01/10 06:11 ID:4djDZPbB
だってスロでやることって立ち回り以外
DDTとリプレイハズシだけじゃん
最近は設定判別利かない台ほとんどだし、、、、
あげくのはてにはDDTやハズシさえも、、、、きかないの
多いしな

190 :しんしん:04/01/10 06:13 ID:4djDZPbB
沖縄はレベル低いのさ本土の人が
みたらビックリする位

191 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 06:13 ID:P8zzEaAl
なぁ しんしん。
しんしんは競馬しないのか?
競馬の話するなら寝なくてもいいぞ

192 :しんしん:04/01/10 06:26 ID:+YCEuKbB
何回やっても連続投稿だよ
softおきてるー?

193 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 06:27 ID:P8zzEaAl
この時間になると連投になっちまうのはいなめないさw

194 :しんしん:04/01/10 06:28 ID:+YCEuKbB
やっと書けたよ おきてるかな、、、soft
もう落ちたかな しばらくまとう

195 :しんしん:04/01/10 06:31 ID:+YCEuKbB
競馬は東京に住んでた時に馬券一回勝った事ある
でもダビスタはまってた時期あるよ



196 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 06:32 ID:P8zzEaAl
なぁ 聞いてくれ
有馬で5万すった・・

197 :しんしん:04/01/10 06:35 ID:wbMaQfyg
俺の趣味は
ファッションとゲームかな?
でも最近ゲームしないしな、、、、、代わりに
詩を書くのが趣味かな?否違うな
詩もパチスロと同じで生きる為にしているに違いないw

198 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 06:36 ID:P8zzEaAl
よぉし じゃあ 俺の趣味も教えてやろう

1.だらだらする事
2.だらだらする事
3.だらだらする事

199 :しんしん:04/01/10 06:38 ID:wbMaQfyg
俺がいうのもなんだがギャンブルはヤメタ方がいいよ
リスクとリターンを考えるべきなんだ
俺にとってスロはギャンブルじゃないからね

200 :しんしん:04/01/10 06:39 ID:wbMaQfyg
198>>俺もおなじだ!!w

201 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 06:42 ID:P8zzEaAl
ギャンブルって何でこんなにハマっちまうのか
ほぼ麻薬だね
もう完全に負け越してるから 競馬も俺にとってはギャンブルじゃないかもな〜
工房から普通に馬券買ってて
ある時期 禁競馬したけど 日曜の昼間は競馬の実況を見てる自分がいたり

もうヤメランネェゼ オレw

202 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 06:42 ID:P8zzEaAl
>>200
だらだらマンセーだなw

203 :しんしん:04/01/10 06:48 ID:wbMaQfyg
抜け切れるコツを教えるよ
勝つのが当たり前になったら脳内麻薬でなくなるよ
逆になんてくだらん事してんだって冷静になるんだ
冷静になったら周囲が見えて来て勝ち組になれるのさ
まあ俺の場合、人生負け組だからね

204 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 06:52 ID:P8zzEaAl
しんしん、オレは愚か者なのさ
どう愚かかっていうと
負け越しているにも関わらず
競馬をやっている自分を自分の中で美化しちゃってるんだ

それに新馬戦からずっと見守ってる香具師がいたり
昔ハマった馬の生んだ香具師がいたりと
やめたくない理由も多々あるな

競馬の詩も書いてたりするしw

205 :しんしん:04/01/10 07:00 ID:wbMaQfyg
俺が思うにそれはギャンブルじゃないよね
一つのドラマを観るための投資だよ
お金以上に大切な物が手に入ったんだろ?
素敵な事じゃないかい

206 :しんしん:04/01/10 07:05 ID:wbMaQfyg
競馬でも
何か技術介入的な物はあるんでしょ?
血統とか?距離適正とか?ダート適正とか?
そういうの考えてもやっぱ勝てないもの?
競馬は複雑だから勝つのむずかしそうだね、

207 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 07:08 ID:P8zzEaAl
>>204のやり方で逝けばあらゆる事から脱せそうだな
禁煙とか禁酒とか
んでも これまたやめる気が無い
駄目な香具師だなぁ オレはw

そう 競馬は素敵なのさ
何よりも競馬場であった見ず知らずのオサーンと話すのが楽しい


208 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 07:12 ID:P8zzEaAl
競馬ってホンット難しいんだな
俺は連戦連勝の時だったら簡単簡単って言ってたかもしれんけど。
G1で有力馬が16~18いた場合、
多くても6頭くらいまで絞れる 俺はね
そこから ジョッキーに
馬場や、芝ダート適正やら、調教の具合とか
だな

距離適正はあんまりアテにすんな ってのを頃ごろ実感した事もあったし
やっぱりデータ競馬をするより 自分の応援してた馬を軸にした方が
負けても悔いは残らないね

209 :しんしん:04/01/10 07:20 ID:yhLKxN/q
ギャンブルする場所って共通意識があるから
仲良くなりやすいよな
俺は友達できやすいタイプだから、すぐ友達になったりする
だけど勝ち組のスロ仲間は大切だけど
一般の人達と仲良くなったら顔おぼえられて
嫉妬かったりして余計なシガラミ増えるんだよな
だからスロ屋では、なれあわないようにしてる
これが俺の性格にはきついんだよなあ
ついなれあいたくなる

210 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 07:23 ID:P8zzEaAl
2chで馴れ合い出来る板なんて数少ないぞw
ここはある意味 2chらしくないw

211 :しんしん:04/01/10 07:28 ID:yhLKxN/q
なんか本にかいてたな〜
かならず3位までに入る馬えらんで
そこから自分で絞った馬数頭と複で流すなんて
いう勝ちかたみたことあるよ
筆者がいうには一年で100万位
この方法で浮いてるんだってさ

212 :しんしん:04/01/10 07:34 ID:yhLKxN/q
210>>
俺この板に来るようになってコテハンになったんだ
ファション坂に居たころは
ネタの時以外は名無しだったし

213 :soft ◆1unIKApLkA :04/01/10 07:34 ID:P8zzEaAl
あれだな〜
豊って連対率高いからぁ いいかもなぁ
3位以内に入る馬って事は
馬券は三連かワイドだなぁ

てか しんしんいつまで起きトン!!w
もう眠いでわしゃ
しんしんも寝んさい

んでしんしんもよかったら競馬やりんさい
んじゃ

次はしんしんスレで会おうぜ

214 :しんしん:04/01/10 07:38 ID:yhLKxN/q
OK
スレにくる時は薮鳩と詩の評価していってくれ

酷評でもいいよ、詩と人間とのなれあいは別でいいからさw

215 :しんしん:04/01/10 07:40 ID:yhLKxN/q
あっ薮鳩の知り合いは別の人か、間違ったw
わるい

216 :名前はいらない:04/01/10 12:39 ID:wz10UjEi
結局なにを言っても詩。
あとは好みの問題のみ。

217 :名前はいらない:04/01/10 14:26 ID:LHU1Twod
頭の中に自分の言葉で何か思いつけばその時点で詩であるだろうけれども
それを人様に

218 ::04/01/10 16:49 ID:mmgQGw/O
言葉って何?
すばらしい詩をただの文章だと思って読んでも、沸いてくる感情はそのまま。


219 :名前はいらない:04/01/10 17:48 ID:WBVmiZxd
手っ取り早く、智恵子抄なら素人にも読めます。
素晴らしいです。読んでみては?

220 :華司 市葉:04/01/11 03:22 ID:SjVpuLN0
ホームページ作りましたぁ♪TEXT・小説等中心です(^^)v
見にきてねv('∇'*)⌒☆
http://www.geocities.jp/innocence_bluesky/

コピペsorry.。・:*:・゚`☆


221 :華司 市葉:04/01/11 03:23 ID:SjVpuLN0
ホームページ作りましたぁ♪TEXT・小説等中心です(^^)v
見にきてねv('∇'*)⌒☆
http://www.geocities.jp/innocence_bluesky/

コピペsorry.。・:*:・゚`☆


222 :華司 市葉:04/01/11 03:23 ID:SjVpuLN0
ホームページ作りましたぁ♪TEXT・小説等中心です(^^)v
見にきてねv('∇'*)⌒☆
http://www.geocities.jp/innocence_bluesky/

コピペsorry.。・:*:・゚`☆


223 :華司 市葉:04/01/11 03:24 ID:SjVpuLN0
ホームページ作りましたぁ♪TEXT・小説等中心です(^^)v
見にきてねv('∇'*)⌒☆
http://www.geocities.jp/innocence_bluesky/

コピペsorry.。・:*:・゚`☆


224 :華司 市葉:04/01/11 03:25 ID:SjVpuLN0
ホームページ作りましたぁ♪TEXT・小説等中心です(^^)v
見にきてねv('∇'*)⌒☆
http://www.geocities.jp/innocence_bluesky/

コピペsorry.。・:*:・゚`☆


225 :華司 市葉:04/01/11 03:25 ID:SjVpuLN0
ホームページ作りましたぁ♪TEXT・小説等中心です(^^)v
見にきてねv('∇'*)⌒☆
http://www.geocities.jp/innocence_bluesky/

コピペsorry.。・:*:・゚`☆


226 :しんしん:04/01/11 03:34 ID:RhR0QKMk
犬はワンと吠えるし
猫はニャーと鳴く
俺にも詩くらい語らせろ

227 :なみなみお ◆mCFk32Woec :04/01/11 03:36 ID:c1BsJuxu
http://www.inunya-p.com/

228 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :04/01/11 09:42 ID:gCHLIwiX
>>226
なるほど。

229 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/11 10:17 ID:q4DFLmQL
なんでも詩かどうかは知らないが
詩にならないものはない
と思ってる

230 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/11 10:19 ID:q4DFLmQL
あと、誰でも詩人とは思わないが
なりうる可能性はある
と言っておく

231 :名前はいらない:04/01/11 13:58 ID:g//5t8CP
>>229
229 快楽童子 ◆plhXCa4.HY sage new 04/01/11 10:17 ID:q4DFLmQL

試しにこれをテーマにどうぞ

232 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/11 14:29 ID:q4DFLmQL
>>231

「こころ」


  〇


  ●


  あ


  ほ


  か




233 :名前はいらない:04/01/11 14:38 ID:g//5t8CP
結構なお手前で

逃避の陰に隠れるものを否定




234 :名前はいらない:04/01/11 19:44 ID:fYM4bcGP
誰でも詩人だし、何でも詩だよ。
太陽を太陽と呼び、
雲を雲と呼び、
愛や希望に名をつけた。
つまり言葉=詩。
名前無き物に名を与え
それに対し心を動かす。
このとき人は詩人になるのだ。

235 :根暗:04/01/11 21:18 ID:5KsH/z0j
なんでも詩になるといっている人は
詩がコミュニケーションの道具となる
ことを前提にしているのだと思う。

236 :名前はいらない:04/01/11 21:33 ID:fYM4bcGP
>>235
違うよ。さっきも言ったけど、太陽を見て、
それを「太陽」だとする心が詩なんだよ。
本来言葉なんていうものはなくて、説明なんか不要で、
それはそれのまま扱うんだけど、
そこであえて「言葉」を介入させて、言葉で描写する。
そのとき、ただそれとしてしか存在しなかったものが
言葉によって心を動かす何かに変わる。
その言葉こそが詩なんだよ。
陰陽道の話で、最も強い呪は何か?
ってなったときに、それは「名前」だって話があった。
名前はその存在を縛る。
だから名前をつけるってことは非常にエネルギーがいるし、
名前そのものにもすごいチカラが宿る。
そしてそれはモノの名前だけじゃなくて、
夢とか、愛とか、そういうカタチのないもの。
それを「言葉」として吐き出した瞬間に
それは「詩」なんだ。
コミュニケーションであるとかないとか
そういうのはまた別の話。

237 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/01/11 21:47 ID:GwzQKDLV
>>234
単純に、「言葉を使わない人」も「詩人」なの?
「言葉を使えない人」は?

238 :名前はいらない:04/01/11 22:01 ID:fYM4bcGP
>>237
それはどこまでの範囲をさすのかわからない。
ただ、言葉を発しなくても、言葉を知り、
言葉を思えたならそれは詩人だと思う。
例えそれが人とは違っていても。

239 :根暗:04/01/11 22:06 ID:qL941OFJ
だからそれでいいんだよ。多分あなたが
誰とでも付き合えると思うのは大切だから。
名前を付ける(自己紹介?)にしても、
呪い、にしてもコミュニケーションの一種だと
は思わないのだろうけれども。


240 :名前はいらない:04/01/11 22:13 ID:fYM4bcGP
言いたいこと纏め切れてないけど、
例えば「石」って言葉はずっと前から在って、
それが何を示す言葉なのかってのも決まってるんだけど、
石を見てそれを「石」だとするのは結局自分で、
「石」と名づけるのは自分なんだ。
だから石を見てそれを「石」だと思う心が詩なんだ。
言葉ありきの詩なんだけど、詩は心なんだ。
独り善がりだったりするけど
どれも詩だし、詩人なんだ。

241 :根暗:04/01/11 22:29 ID:nbBf2VHy
自分にとって大切な事が詩になるとしたら、なんでも
詩になるというわけではない。ただ、誰でも特別な体験
てそうないし、自分の発見を大切にするというのは
よくわかります。
みんな詩人だから詩集は売れないのかしらね。買わない俺が
言う資格もないが。

242 :名前はいらない:04/01/11 22:35 ID:fYM4bcGP
どんな言葉にも言葉である以上意味があって、
その意味を決めたのは別の人なんだけど、
その意味を認めるのは自分で、
その言葉の意味を認めて、あるいは
意味を見出して思うってだけで詩で、
特別な感情とか、
決まった言葉とか、
それも含まれるんだけど
それだけじゃなくて、
やっぱりさっきも言ったけど
言葉になった時点でそれは詩なんだよ。
それが自分の中だけの話でも。

243 :根暗:04/01/11 23:12 ID:WGA6qKp7
冬の風が 看板をなでる
国道沿いの潰れたドライブイン
その看板の文字が今日 消えるのだ
店の名前は「詩」
風に乗った砂塵が少しづつ文字を削ってきた
「詩」の看板はほんとうに詩であったのか 
もう誰もわからない

僕の心に風が吹いているのか
誰かの 「詩」 を忘れてしまいそう
でもそれでいい
忘れてしまいたい事は とても多く
詩なんて もう 作らなくていいから
そっと あの看板といっしょに
今日 消してしまおう

一泊の宿を ここに借りて
埃のつもったソファーに横になり
立派な人間 悪辣な人間に感謝しつつ
ただの人間を発見しにいく


244 :しんしん:04/01/11 23:19 ID:dq6niBrV
243>>
俺の詩なんて忘れてもらっても構わない
ただ俺自信は忘れないで欲しい
もちろん君自信も

245 :名前はいらない:04/01/11 23:28 ID:nTL4AkAu
>>236 感動詞マスタ。
>>1 そうでつよね、僕もいまからしじでつ。
ちょと読んでみました。


それから
天上で音楽がなりはじめる
そして
あらゆるものが踊りだす
そのリズムのもと
地上の舞踏会が続いてく
どれくらいの時間がたったのだろう
気付くとぼくらが踊ってた
かわらないリズムのなか
自分の想いをそのまま重ねる
いま、天上の音楽がきこえだす


どうでつか?

246 :名前はいらない:04/01/11 23:32 ID:fj5ttOu3
>>1
他人のいいなりになれないところ。

247 :根暗:04/01/11 23:38 ID:7o8WoKRg
>>244
一応、人の詩でいい!!と思ったのはノートに
縦書きしてますよ。自信なくなるけど、その時はその時。

248 :名前はいらない:04/01/12 00:00 ID:Qrp5z0lS
>>245

いまみると、なんか恋愛の歌みたいでつ
生物の進化の詩のつもりだったんでつけど
推敲たりないなぁ〜

249 :名前はいらない:04/01/12 00:37 ID:r9ffAuyX
>>245
たりないなぁ。

250 ::04/01/12 00:44 ID:RLoDhMTN
>>248
良いんじゃないの?例えば自分が書いた詩の中に

>太陽は照らすことしかできないんだ なにもかも

っていう一文があったんだけど、
本当の意味は忘れてしまって当時の自分しかわからん。
でもこの詩を書けたことは満足してるよ。





251 :名前はいらない:04/01/12 01:11 ID:r9ffAuyX
>>250
ん〜、ん〜、

252 :名前はいらない:04/02/03 03:08 ID:iAk8bWf0
>>251
どうした?クソしたいのか!?

253 :名前はいらない:04/03/29 14:58 ID:5rNW1g6K
詩といえば


どうしても詩である

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)