5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

まったりと詩を書くスレ。

1 :くみ。:03/07/26 19:13 ID:mRMzTY+t
スレタイどおり、まったり書いていきます。
書くのも批評もご自由にどうぞ。

2 :くみ。:03/07/26 19:13 ID:mRMzTY+t
聞いてあげない
だって もう充分でしょう

何もかも分からなくて
何もかも任せていたら
立っていることさえ出来なくなった

演技でもないし、なんでもない
ただの自然だったのに

任せる事は従う事
従う事は楽な事
そうでしょうご主人様
そして嘘よね?ご主人様

聞いてあげない
だって もう充分でしょう

もう 戻れないよ?
「捨てられたご主人様へ」


3 :くみ。:03/07/26 19:17 ID:mRMzTY+t
これ無しでは生きていけません
ええ ただの箱ですよ
金属とかプラスチックとかで出来たね

でも それが どうしようもなく重要なんです
無いと死んでしまいます
手で思い道理になる鼠も
鍵盤の多すぎるキーボードも
もはや私の身体なのです
奪う事はすなわち
私の手足をもぎ取るのと同じなんです

だから 取り上げたりしないで


「パソコン」

4 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/26 19:43 ID:mRMzTY+t
トリップを付けてみました。


嫌い 嫌い 大嫌い
無くなればいい 死ねばいい

一方だけでも
どんなに苦しさを背負うか 分からないでしょう

冷たいのもぬるいのも関係ない
後ろへなびく黒も めくれ上がるスカート
嫌い 全部嫌い

無罪なんて嘘 罰せないなんて関係ない
殺したって足りない 滅しても足りない
足りない足りない足りない

嫌い 嫌い 大嫌い
無くなればいい 死ねばいい

死んでしまいなさいよ!


「向かい風」

通学大変なんだもん…(遠い目)

5 :3回目の新人:03/07/26 19:54 ID:m7DS0im4
なぜ
人は生まれたのか
世界はそこにあるのか

どこに
真実などあるのか
真理がきえゆくのか

だれが
天罰を与えるのか
善悪を判断するのか

いつ
この疑問達に答えがでるのか
この疑問達に終わりが来るのか

6 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/26 20:06 ID:mRMzTY+t
ありゃ、間違い発見。
推敲したつもりなのに…。
つもり、じゃ駄目ってことか…。

>>4
×「めくれ上がるスカート」→「めくれ上がるスカートも」



7 :名前はいらない:03/07/26 20:40 ID:xzQto3nZ
幸せを手に入れるんじゃない。
幸せを感じることのできる心を手に入れるんじゃ。

8 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/27 08:31 ID:U90QOf1Y
毒だって知ってるよ
でも 摂取せずには居られない

痛さを含んだ液体が
通り過ぎるたびに思うのは
ああ 今いくつのカルシウムが破壊されているのだろう

大量に溶かされた甘さを
のぼってすぐ消える泡を
私の全てが求めてる

自虐でしかない
それを「飲む」という事


「炭酸飲料」

身体に悪いなんて、百も承知ですけど、飲みたくなる…。
コカコーラとか三ツ矢サイダーとか。

9 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/27 08:38 ID:U90QOf1Y
見つかれば怒られる
だけど どうしても止められないのは
これ以上ひどくしないため

ぼろぼろの指先
短すぎる爪
手首を 腕を守るため

めくってもめくっても
痛みを指が訴えるまでやめない

カッターナイフは怖いから
持続性の痛みはひりひりして
腫れ上がってしまうから
短い袖に 腕を通せないでしょう?

ひっそりと
また指を痛めつける

「指先の皮膚」

いいじゃんめくっても…。
誰も見ないし。
私の指はいつもボロボロ。
でもそれが好き。

10 :4番目の新人:03/07/27 18:10 ID:d8Df4fuy
生きること それは痛みを伴った薬
死ぬこと  それは快楽のそばにある毒

だから
生きても死んでも
また夜が来て
私を絶望に落とす

けれど
私はまだ生き続けている
心の中の私を殺しながら

毒を飲み 薬を飲み
苦しみあえぎながら
今日も 私の目に
朝が映る

11 :名前はいらない:03/07/27 18:35 ID:frOYA5hp

ちょっと聞いてくれ、すごいことを発見した。

桃から生まれたアイツは桃太郎だよな。

ということはだ、膣から生まれた俺達は、

膣太郎と名乗るべきなんじゃないのか?

12 :名前はいらない:03/07/27 18:36 ID:37KAAtGj
暇なら投票でもしる

http://youth.s17.xrea.com/ana_vote/vote.cgi


13 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/27 19:12 ID:U90QOf1Y
吊り上げないで
まるで 悪いことをした気分よ

14 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/27 19:15 ID:U90QOf1Y
>>11に思わず納得してしまいました(w
ところで、女の子も「太郎」なんですか?
ついでに、「子宮」ではなく「膣」なのは何故?

>>12そのアドレスは安全な場所へ繋がってますか?

15 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/27 19:22 ID:U90QOf1Y
黙りなさいよ
きゃあきゃあ騒いで楽しい?
言う事聞けないなら
その口塞いでもよろしいかしら

たった一人で
私にわめき散らす
あなたの方が子供みたいよ

悪いのくらい分かってるわ
聞いているわよ
だから発散の道具にしないで

そうね もうお年ですものね
だったらそれらしく落ち着いてなさいよ


「母上様のヒステリー」

病院行ったほうがいいんでない?
と思うほどうるさいんです。

16 :5番目の新人:03/07/28 18:08 ID:9wQ/IwsD
ペンを
あるいはキーボードを
あるいは鉛筆を、消しゴムを

修正液や
いろいろなペンを持って書いた
ただ ひとつだけの詩

湖に落ちた石のように
波紋が広がることがあり
また地面に落ちたときのように
静かに終わってしまう時もある

むしろ波紋が立つときのほうが少ないのかもしれない

けれど
書き続ける

あるいは
私は書くために生まれたのかもしれないから

17 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/28 19:37 ID:hybkzzwK
ただの音に私は怯えた

音と同時に持ち上がる
名前の刻まれた小さな画面
それが 背筋を冷たく凍らせる

何かされたわけではなく
何かしただけ

怖いのは
自意識が沢山詰め込まれた脳

話しかけられるのが 怖い
期待しそうよ
裏を切られた気分になりそう

来ないで来ないで
こないで こ な い で

きっとまた泣いてしまうわ


「MSNメッセンジャーに登録したとある人」

18 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/28 19:42 ID:hybkzzwK
私はあそこへ帰りたい
画面に映った巨大な水溜りへ

私はあそこに帰りたい
暗い場所にある湖へ

きっとあそこで生まれたの
何にも混ざっていないような
どこまでも色の無い水

海じゃなく
地底の湖で生まれたの
海水から生まれたなんて嘘でしょう
懐郷病にかかった気分になるのは何故?

あそこへ 還りたい


「地底湖」



19 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/28 19:51 ID:hybkzzwK
深海魚は
底から引きずり出された

不愉快な電子音は
その手を伸ばし
身体がばらばらになるのも構わず
起こすのを目的に 引っ張る

小さな電話は
手紙を運ぶ
カメラのついた 小さな電話は
従順に運んできて
それを電子音で知らせた

見れば クラスメイト

やめてよ
くだらない事で殺そうとしないで
私は沈んでいたいの
乱される事の無い静かな流れに
知っているのに
15から6つ進んだ時
私は深海魚になっているの

何度も鳴る16和音
3回目でついに電源を切った

もう一度 海の底へ


「21:43にメール」

20 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/28 20:03 ID:hybkzzwK
>>16
決まった名前じゃない、って、面白いですね。
「〜番目の新人」
なんかいいです。
どうでもいいんですけど、お題スレであなたを発見しました。

書くために生まれたんだったらいいなぁ…。
そうだったら素敵。

21 :火尭烏 ◆lXZBPVO3GQ :03/07/28 21:51 ID:GUay6zzk
『 原始世界@ savage garden 』

灰皿の上でお前は泳ぐ
煙の臭い染み付いた、
薄い紙の重なり
掻き分けながら

お前の海は、
もうずっと昔に火に抱かれ
終末の赤い宴は
単色の思い出話しに浸りながら
いつか幻想に変わってしまった

風が吹けば、お前の海は幾度かは荒れ
その時にはまだ、お前は懐かしい歌を歌う

煙の残り香に縋り、浮遊しながら
お前は海と共に
その生命を消費する

獣らしく無口な
崩壊の白い魚

灰皿の上で、お前は泳ぐ
煙の臭い染み付いた
薄い紙の重なり
今もまだ掻き分けながら

22 :7番目の新人:03/07/29 18:42 ID:jZD05NHm
悲しくなる
君がいなくて
私は悲しくなる

寂しくて、寂しくて
ジンクスが私に味方してくれなくなって
私 今にも
泣きたくなる

口に当てられたグラスのように
私の心が
誰かに飲み干されてしまいそう
「帰ってこないかな」
希望が幾たびも裏切られて・・・
もしかして君のグラスの水は誰かに
飲み干されちゃったのかな


わかってるのにね。
私の心のグラスはもう・・・あの時みたいに
いっぱいにならないことなんて

23 :↑続き:03/07/29 18:43 ID:jZD05NHm
くみサマへ。
感想ありがとうございました。
くみサマの詩、いつも拝見しています
面白くて、それでいてちゃんと詩になってて。
私の目標のひとつですね・・・そういう詩は

いずれ自分で満足できる詩が書けるようになったら
「〜番目の詩人」にするつもりです(笑
詩を書いた順番に増やしていくので、もしかしたらいまのように
ひとつ飛ぶかもわかりません(汗
また感想・意見くださいませ

24 :名前はいらない:03/07/29 21:38 ID:5zEvHMVG
なおも存在する者ではありえない
たった一枚の写真を残し
消え去った可哀想な友人

君のために用意された
祝祭のための廃虚で
彼は私の中で永遠に生きて、
僕らはそれを変容させるが、
傾注したあの時間に比べて
僕が徐々に会得しているものを同時に吸収して
それは、より偉大になっているのだ

耐えうるなら、
解き放つ
危険のなかの
五月の夜だけだった

25 :名前はいらない:03/07/29 21:49 ID:5zEvHMVG
夜で一杯な
新しい季節を

神の映像を映すべく
崇高なる行いから

あらゆる過去の縁者であった
君がさ迷っていると

私は本当に
能力を持つ
救貧院のベッドで
盲にならない間、
所有権を行使したい

助けてくたまえ

そして、時間は長い
成長する庭のように

26 :空白の氏名欄:03/07/29 23:01 ID:m2rS9o4L
貴方との繋がりがとても希薄で
少しでも目を離していたら
消えてしまいそうなほど
弱く、儚く
貴方は気付いていないかもしれない
貴方の腕の中
この時が
潰えることに怯える私を
だから
私は
貴方の腕の中
不安も忘れさせてくれることを信じて
目を閉じる


27 :無添加:03/07/29 23:08 ID:0Yg+fXyX
あああ 君に会いたい
抱きしめたい
僕は跪き
君 シャイニングウィザード
僕 ブロックそして青春の握り拳
ほとばしる汗 チョップ
チョップチョップ
チョップチョップ
チョップチョップ
君は虚ろに立ち竦み
僕 豪腕ラリアート
ワン
ツー
スリー
鐘の音


28 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/30 12:52 ID:XX/0QnHx
>>23
うわぁ、見てらっしゃるんですか。

面白いのは私自身がおかしな人間だから
かもしれません(藁
ちゃんとした詩なのかは自信ありませんが
そう思う人がいる、という事は、そうなのかもしれませんね。

早く「〜番目の詩人」になれるといいですね。
応援してます。

29 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/30 13:01 ID:XX/0QnHx
会いたくない 会いたくない
来なければいい 来なければいい

北の大地に
閉じ込められていればいい
だから来ないで
お願いだからそこに居て

逃げようか 逃げてしまおうか
人ごみの中へ 紛れてしまおうか
二人っきりで楽しんでいて
余り物にはなりたくないの

好きだったよ 好き だったよ
過去形だよ もう進まないよ

会いたくないって言えたらいい
会いたくない って 言えたら いい


「夏休みの恐怖:その1夏祭り」

30 :8番目の新人:03/07/30 18:13 ID:jskw3fJO
ある時 私は生きることに目覚めた
そして一気に叫び声をあげて
新しい目覚めに狂喜乱舞した

だんだん私はいろんなことに目覚めていった
あそぶことや考えること
書くことや読むこと・・・
まるで規則正しく点灯してゆくランプのように
ゆっくりと光り輝いていった

けれどいつかランプに終わりが来て
「死」に目覚めた時に
私のランプは全て消えてしまう
最後のランプを灯さないまま

ランプの残骸が、そして新しいランプが、
またひとつ、この世に、鮮やかにシミを作っていくのを
私は見守ることしかできなかった

31 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/30 19:12 ID:XX/0QnHx
血が流れ続けるのを
どうしようもなくて
ただ 眺めた

分からないって言ったわ
でも 「本当」の範囲内だったの
私は 嘘をついたの

過剰なほど
爪跡は付けられて
ただ 放っておいた

あなたは本当だった?
皆と同じだって言ったのを
私は刻み込まれて覚えてる

私はまだ 血を流してる


「世界で一番惨めな失恋の仕方」

32 :大空:03/07/30 23:08 ID:tqN60rgy
花に埋もれて
死んでしまいたい
虫達の行き交い見つめ
  まだ生きてるよ

日差しの中で
死んでしまいたい
光、さわさわと流れ見つめ
  まだ生きてるよ・・

落ち穂の奥で
死んでしまいたい
青空を彩る小麦色見つめ
  まだ生きてるよ・・・・

白銀世界の底で
死んでしまいたい
染みてくる凍った音見つめ
  ・・・・・私は死なない


生きようと思った
季節がめぐる中私もついていくよ・・・・

33 :_:03/07/30 23:23 ID:03Qfw7dZ
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/2ch.html

34 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/31 13:43 ID:ZuRtX1Qa
終わった 終わった
苦痛が終わったよ

偽の「優秀」というレッテルを貼られて
進むものはありはしない

遅れて来た愚かさに
静寂が切り裂かれる
きゃあきゃあ喚いて 妨害して
確実にやる気を削ってる

黒板の前に立つ人が
必死で止めさせようとするけど
愚者の素晴らしい耳は
その人の言葉を流す

こんなのが居なければ
隣の教室に居なくてすんだのに

終わった 終わったよ
苦痛が終わったよ 無駄が終わったよ


「補習サボり魔の言い訳」


35 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/07/31 15:11 ID:ZuRtX1Qa
一生懸命書いた
そうしたら それはあらすじだった

どうしてか あらすじになる
何故か お話を辿ってる


必死で書き直した
そうしたら これ以上ないぐらい下手だった

どうしてか 下手になる
何故か 実にくだらない

だから嫌いなのよ


「夏休みの恐怖:その2 読書感想文」



36 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/08/01 17:57 ID:MvjBpxGm
明日が怖い
太陽は もう死んでしまうよ

例えば今が 日の長生きする季節でも
24は変えられないでしょう?

明日は来る
二人は 待ってるよ

例えば私が どんなに醜くても
あの人はそうだと知らないでしょう?

明日はなくなればいい
私は 逃げ出さずにすむから

例えば私が あの人を好きでも
会いたいなんて思えないよ

あまりにも 醜いけれど
あの人は無事でいられるかしら?


「明日はチャットで会った人とオフラインで会う日」(長

たまには上げてみたりして。

37 :708:03/08/01 18:38 ID:u9glxzih
「太いメン」

足の右にそれるところが
なんか変
微妙に変

目が悪いのか
足が素直なのか
よくわからない

携帯電話のひもを
ぎゅっと
ひいてみる
歌詞はいりませんか?
と言ってみる

かわいたセキが
聞こえた
ホリデー
太陽の日

うちわをなくしたからといって
大騒ぎになる
まだ右にそれてると

子供が
通り
巨乳が通り
最後が警官だ

38 :708:03/08/01 18:39 ID:u9glxzih
長めの液体が
性器の染み込むおとで
目が覚める
こんな柔らかかって
柔らかいから
殺された日を思い出してみる

どろんこ遊びをしるように
ぐちゃぐちゃ遊んでると
白くなって抜けていく
海岸倣岸
抜けていく


39 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/08/01 19:55 ID:MvjBpxGm
1520円ですって
不思議ね ちゃんと無料の中に
収まってる

7634円ですって
不思議ね 同じ期間なのに
私の2倍以上

だって私のは
鳴らないもの
誰にも呼ばれない 必要とされない
それは数字に しっかり表れていた
番号を知ってる人ぐらい いるのに
悲しい でも 悲しくない

要らなかったかもね?


「携帯電話の料金で分かる事」

40 :山崎 渉:03/08/02 00:59 ID:TahhWmQI
(^^)

41 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/08/02 08:53 ID:iT6QL4xh
西のある場所で
知らない親戚が死んだ

帰らなくてはいけない
たった片手で足りる年を
過ごした場所へ

遠い 300KMの場所
きっと 葬られ終えて
あるべき所に帰ったら
花火はもう打ち上げられない

どうして? どうして 今日なの?
どうして? どうして 私は行かなければならないの?
どうして? どうして 今日が楽しみにしていた日なの?

誰 か 教 え て


「知らない親戚の葬式へ行かなきゃ」

42 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/08/07 08:42 ID:CfT36N9Q
寂しいのだとしても
私は見ない振りが出来るから
そのまま

怖いと言ったら笑うかしら?
例えば このままを維持できなくなった時
その瞬間を一筋の赤さえ流さずにいられると
思わないから

一人にしないで
でも一人でいさせて

43 :10番目の新人:03/08/07 16:27 ID:Gx5tatdC
白い影
蒼い光
差し込むパレットに
夏は 黒が混ざって
黄色が出てくる
やがて黒が晴れると
また、赤色に、戻る
いや、進んだのかもしれない
しかしダークパープルに
しかしまた白に水色に
白い影や灰色の影があらわれて・・・


44 :続き。:03/08/07 17:00 ID:Gx5tatdC
規則正しく、また不規則に
パレットに色が映し出されていく
後何回、
私はこの不思議なパレットを
この眼で見られるのだろうか
今日もやはり
パレットは私の心のように
子供っぽく、大人らしく、
そしてもどかしいほど
ゆっくりと素早く
思い思いの色で、
自分自身を彩っていく

「思春期の夏空」
くみサマ形式で作ってみました〜♪
結構力作のつもりです。

45 :_:03/08/07 17:33 ID:tQk5LIZ4
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

46 :名前はいらない:03/08/08 15:22 ID:AiHYiAXg
今すぐ会いたいの。さんごはあなたなしじゃもうだめみたい。

私、ここにいるから……探しに来て、くれる?

7日間会費フリー、10分間無料になってるの。

あなたに会えなくちゃ、寂しくて死んじゃいそうだから

待ってます。来てくださいね!
→ → → http://www.gals-cafe.com ← ← ←

47 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/08/09 19:37 ID:Vd37K7qJ
飛び立て あの空へ
連れてって あの空へ
私は そこから落ちるから。


>>43
何か違うと思ったら、私形式で書いたんですね。
私は、感想を書くのは得手ではないので、ただ
すごい、としか言えません(無能め!)
力作、とご自身でおっしゃっている通り、
とてもよい作品だと思います。
これからも頑張ってくださいね〜!

48 :12番目の新人:03/08/09 21:16 ID:Fq++NLpG
私たちは 今 海原で
見つめている 同じ星を

私たちは 今 草原で
呼んでいる 同じ人を

私たちは 今 光の中
飛び込んでいくだろう 同じ空間に

夢幻の日々に祈りをささげながら

>>45>>46すみませんね私がageたせいでへんなかきこさせちゃって
>>47
ありがとうございます
なんか感想を無理強いしちゃったみたいで・・・
スイマセンでした。

49 :名前はいらない:03/08/10 01:10 ID:cnW+PE3D
雪原の大地のような場所でも
もしかしたら危険がありそうだなどとは
一度も感じたことなどなかった私なのに
それでも夜は夜の風をはらみ
私の五感は星々に驚嘆して眠りにつくこともできない

さわやかな香りとともに
試みたいと思っている新たなる国へと、未来へと、
入って行く時が君には訪れたのだろうか
それは朝の仕業だ

君を、神の芝生の上に血が撒かれていたかのような
黄金の扉を知らん顔で閉じた夏の一日に喩え、
見知らぬもの共に仕えながらその者の内部から
彼らが君たちを愛していることが
欺きだけだったことを見分け得るだろう
僕はそれを目に焼き付けるだろう

50 :くみ。 ◆Kumi/qnToE :03/08/10 09:43 ID:jkJZaKZm
嫌い うるさい どうしようもない

可愛くなんてない 悪魔

逃げられないのは
隣の小屋にいるから

どうでもいい事で泣き喚く
ただの悪魔

ああ 自分もこうだったのか
そう思って陥るのは自己嫌悪


「小さい子供」

子供なんか超嫌いです。


>>48
強要なんてしてないですよ。
ただ、何も書かないのはどうなのよ、と思っただけです。
お気になさらず〜

51 :14番目の新人:03/08/10 21:51 ID:lDsAufNC
巧い文章を書きたい!誰かの前で叫んでしまいたい!
この心の中をっ!すべてぶちまけたい!
ああもどかしいもどかしい!
なんてもどかしいんだろう!
今すぐ魔法のペンを握りたい!
今すぐ奇跡のキーボードを叩きたい!
お願い今すぐにはやく!!!
・・・
・・・・・・
ふう
それか
「本当の遠く」にいかせてくれ
この
うやむやな古傷だらけの心と
不器用で格好悪い体から一刻も早く逃げたいから

――「私の本当の本音」より。

私形式も作ってみたりする(ぇ

52 :名前はいらない:03/08/11 00:30 ID:u3oG0gdz
どうして私が昼間を憎み
昨夜夢の中で君が遂に見ることのなかった国で
重々しく咳をする女神の呼び声が
太陽の輝きのように商品を陳列しろと
偶然の悲しい出来事や炎を投げつける
夜も眠れないほどの不吉な予感を示している
危険な夢の中へ落ちる時を
待つようになったのだろう

君と血縁があり、若い森の中で
一目で恋に落ちるような
肩甲骨を輝かせてボール遊びをする
子供達が無邪気な瞳で
婚約者たちが選ばれた者のように歩んでゆくように
遥かへと成熟することを
古里の在処を信じていた
私がその嘗ての心の中から
混乱しながら嘆こうではないか

53 :15番目の新人:03/08/11 12:47 ID:Det38JTA
もしあなたが1だったら
私はそのまま寝るわ
もし君が2だったら
ボクは夜通し眼を開いていよう

もしお前が3ならば
俺はお前に全てをやろう
ただ貴様が4ならば
お前は俺に全てをくれ

もし、貴殿が5ならば
我輩は希望に生きよう

モシアナタガ6ナラバ
ワタシハシンデアゲル

全ては、
6つの数字のために

――賭博師達の日常

54 :名前はいらない:03/08/11 21:05 ID:C/99NIZO
君がここにいると空が照り輝くのも
その地では、いつの世も
泣く力となるばかりで
静かな安らぎとはならず

仮に故郷も無いたくましい男が
その衝動を戦いの喜びに費し
引きさらった君を強く抱いても
君を待つ野原は新雪に包まれて

他の事物たちと同じように一条の閃光が
静かに芝生の上に立つ私を掴んで
私の生きている眼差しは
私の小さな窓が別様に必要として
黄金の額縁に夜の天を仰ぐ

私がこの血の河を踏み越えることを
許したまえ

55 :蟲篭(ムシコ):03/08/12 02:18 ID:X6NaO7iQ
亀だが>>8私は炭酸少年派


  聴いて哀しみの唄


朱い花 抓み剥ぐ 大地に 祈り捧げ 舞う 緑

海の道 歩けば 続く桟道 険しい 荒波 捥げるまで

懐かしい声 響く漣 だけど大切な事は・・・
何もかも消えてゆく そんな記憶は 曖昧すぎて

手の平に残る はらはら 水に濡れ

やさしさと幻想 夢模様


56 :16番目の新人:03/08/12 20:57 ID:vze7Y7GZ
テレビから、CDから、ラジオから
声が聞こえる
これが本物の声じゃないなんて・・・

指で小さなゴムを押せば
クーラーから風が出る
これが魔法でないなんて・・・

窓の外を見れば
満月が輝いている
この光が月自身の光ではないなんて・・・

私は今
悲しみに震えながら生きている
これがただの化学反応だなんて・・・

綺麗で賢くて、愚かな人間達が
アルテミスの夢を
飲み干すよりもはやく
私は
緑色のベッドに倒れ込んでしまいたいな
――科学の闇

57 :名前はいらない:03/08/12 22:17 ID:LZLC7XPt
地上におけるすべての人間がある人物を認めた時
その芸術家は仕事の中で
その中に潜む撹乱者たちの存在を感じ取れるように
自らの心の内側を少しは整えることができるように
熱く息のつまるような感覚をその両手に掴んで
焔や動物や私を写し取り
心理そして、諸々の力も含めて
両方のことを歌い始めた

大切な気持ちを、恋を、この暴力的な心を今
覚えておくことが可能だといいのだが

その場所ははるかなる外国の世界の彼方ではないにもかかわらず
その高地から眺める景色は理解できないほどにバラ色だ
その象徴の内に私は狂気を見る

58 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/13 13:20 ID:RSrf7YSl
PCのRPCがいかれて、リカバリしたため、トリップ紛失。
なので変えました。

59 :19番目の新人:03/08/13 14:38 ID:ruMUJIz1
うざったいほど、青々と空が晴れている。
その一瞬に、右手でうるさい目覚まし時計を黙らせた。
望まずとも躍動し続ける、私の鼓動が、

生きているのに、死んで行く私を
強く、責め続けている気がする。

眼をふさぎたくなるほど、真っ暗で明るい夜が広がっていた。
その一瞬に、左手で夜を深くした。
いつの間にか静かになった、私の鼓動が

生きているのに、死んで行く私を
優しく、慰めている気がした。

――都会人の家にて。

60 :名前はいらない:03/08/13 19:53 ID:15Ql/Ccy
漆黒の空間に、灼熱の神が
今しがたまで百もの声を聞き
あなたを認めても
陳列された商品を大切にしなくなり、
時には噴煙に煙る心ない風が
宙に吹き飛ばすという事件を
数限りなく経験し

夜も更けた頃に
いまや怒りに震えて
数式から真っ白な時を導き出す

やがて幕を上げ
引かれた全ての円が
駆け出す世界に鼓動を轟かせ
誰もそれ以上ではない
祝福された息子たちの顔を集め
あざ笑う神を引き下ろし、
真っ白な時を奪い返す未来を求め


ーー科学の光

61 :20番目の新人:03/08/14 15:13 ID:eq9OxvKy
それはまるで
静かなる宣戦布告
署名も何もない
言葉さえ、ない

それはまるで
大いなる天災
誰かを何度も傷つけて
どこかで、優しくなれる

それはまるで
遥かなる前奏曲
奏でられたハーモニーが
むなしく空を駆けてゆく

それはまるで
明らかなる事実達
それが運命だったかのように
そこにいつも横たわっている

――あって当たり前のモノ達

62 :名前はいらない:03/08/14 21:23 ID:IeMsUu8s
眠れない夜に生まれて来た闇よ
夜の風をはらんでいるそれは
流れ去り、増大し、そして、
生きている僕らが時間を消費していながら止まっている

君が目の前に掲げた鏡によって
人々が放った光を弾き動転させ
その作物を奪い去り領土から追放し
人はその緊急事態に
目覚めることのない死に自らをふたたび閉じようとして
間もなく捕え合うだろう

君が持っているかのようなそれを
恐らくは僕の厳かに感受された
ひとつの新たな被造物へと呼び戻した時に
天命によって導き出された君の血の悦びが
うごめいているかも知れない


ーー邪推

63 :山崎 渉:03/08/15 12:24 ID:5TkIaFn9
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

64 :21番目の新人:03/08/15 13:29 ID:S8RYWOzS
びりびりに破れた未来目指して
私は歩く過去のロードを

悲しすぎる記憶たちに
別れを告げて
拭いきれなかった傷跡に
涙を流しながら

どんなに穢れた未来見据えても
どんな輝く過去を持ち続けても

純白だったあの頃
乳白色だったさっきまで
色あせていく今
近い将来私は墨色に染まるんだろう

あの日誓った未来作るため
私は今も大地に血涙落とすのだろうか


どんな恐怖がこの先待ち受けていても
またそれを知ってしまっても

私は絶対に諦めないから
――二十一世紀

65 :名前はいらない:03/08/16 00:59 ID:/cM6VUKQ
君が憧れていた、まだ青い種子が
君の鏡像から胸に突き刺さる時

誉められたいと君は願ったのだから

始めはほんの一部だけだった。司祭たちを賄賂で動かし、
既知のすべてを意図しないものへと
戸口の中へと引き入れている
忠実な波がそれをこの世に写し入れるのだ
霞んでゆく辺りのその景色は色褪せ
まるで廃墟のようだ

発生するもととなったこれこそが罪なのだから

でも、このままではいけないと、
その場に立ち上がり
留まることのないように、ゆっくりとした足どりで

そして、常に存在の中から
己が運命を奪わないでくれ、

熱烈に愛するものを必要としたのだから


ーー記憶の彼方の種子

66 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/16 09:18 ID:ECkRjF97
よかった…まだあった…。

私は我慢しない
たとえば 壊れているのだとしても

私は我慢できない
長い間 ネットの海に漂っていたから

無いと駄目なの
息苦しくなるの

「インターネット中毒」

67 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/16 19:43 ID:ECkRjF97
ふるふるふる
雨が降る

ふるふるふる
静かに

「雨」

意味不。

68 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/16 19:49 ID:ECkRjF97
愛してる 多分

例えば私が機械なら
その機能は 搭載されているかも
インストールしてあるかも

愛してる 多分

例えばそれに定義があるなら
それは たやすくわかるかも
理解できるかも

愛してる 多分

例えば私に自信があるなら
臆することなく言うだろう

あいしてる だいすきよ

わかりもしないのにどうやって言う?

「maybe で書く恋愛詩」

69 :ホニャX ◆b6ZyFvz7.I :03/08/16 22:42 ID:D5vThHJY
エメラルドの四輪馬車の車窓に映る
地平線の彼方の若い森の
風景の中の一本の樹が
自分の芽を吹くように諭すのを
いま一度感じ取ろうと
君と血縁がある大人達が殺到し
押し入ってくるために

君にもたれて肩を震わせる
愛に飢えた小さな雌犬の
鼻を蒼ざめさせる淡い記憶が
その心に嘆きをやがて蘇らせる

その精密な呼応の曲線の類いなのか
手にすることのできない
宙に浮く神の実が
心を揺する香りを放ち邪魔をする

幸福をもたらす鐘の音を
設計段階に於いてすでに


ーー錯綜する苦悩

70 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/17 07:54 ID:1k3WotrA
梁山泊一点も入らなかった…。
あはは…。(遠い目


知ってるよ
無いって知ってるよ
でも
だからといって
書いてはいけないわけではないでしょう?


「才能」

71 :shinshi_desu ◆OoyP1AcKC. :03/08/18 14:00 ID:wvWFAckT

>>70 :くみ。

別に気にしなくても良いのでは。
ひょっとして、、、、、、。
マイペースで自分の作風を確立することですよ。


72 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/18 18:31 ID:ptZlycV1
>>71
あら、心当たりあるんですか?
丸分かりでしょうけど(w


73 :shinshi_desu ◆OoyP1AcKC. :03/08/18 20:24 ID:wvWFAckT

>>72 :くみ。

心当たりなんて、なんにもないさ。
ただ、なんとなくそんな気がしただけ。
まあ、ぼくの直感かな。

re: 丸分かりでしょうけど(w

藁・・・・・・。この藁ですか。
日本語はまことに難しい。




74 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/19 16:38 ID:nhVteV8O
>>73
なーんだ。そうなんですか。
で、どれだと思います?

日本語は確かに難しいですね。

75 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/19 18:44 ID:nhVteV8O
わからないけど
多分 これでいい

理由は 知らない
ただ これない事だけ
そこにある

わからないけど
多分 それでいい

搭載されていない機能を
求められて困ったのは
きっと 私だけが知っていて
後からインストールしてあると
気づいたのも多分私だけ

苦しんでもがいて悶えてのたうち回って
口が放つのは否定
脳が染まった肯定は そのまま静かに

こっそり踊っていたのを どんな気分で待っていたかを

誰もわからないけど
多分これでいい。



「嘘つき」


76 :25番目の新人:03/08/19 23:18 ID:zAJeJkq9
誰からも理解されなくてもいい?
愛があればそれでいい?

決して
だれからも賞賛を浴びない
Bがつく予定の詩を
原稿用紙に書き連ねるボク

ほら、やっぱり
隣の女の子の詩
A゜つけられてる

ボクってなんてだめな奴
いっそ死んでしまいたいくらい
でも怖くて死ねないや

誰からも理解されたい?
愛なんてなくてもいい?
――詩人の憂鬱

77 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/27 12:54 ID:NQgLu0R6
下がれ下がれ このまま

上は嫌い
来なくていいのに
どこかの住所が貼られるから
だから このまま静かに
地下へ

「地下スレになろう」

78 :28番目の新人:03/08/27 16:54 ID:tWo+bzKc
四つの眼を見て
四つの手を取り

四つの三角定規を食べて
四つのセイムを見つけよう

四つの無限を使って
四つの限定を投げ出し

四つの闇を見据え
四つの光を誓おう

――Quadrangle

79 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/27 19:53 ID:NQgLu0R6
誰も
好きになってくれない

そう思って 嘆く

誰も
好きになれないから

そう思って 沈む

世界は 私を見放した
そう思う私を 殺してしまえたら いい

被害妄想に染まった脳が
水で 清められたら いい

「妄想する人格」

80 :くみ。 ◆RC5a.NxJV2 :03/08/30 09:00 ID:3dorTR/b
ギコナビからかちゅ〜しゃに乗り換えてみる。(だから何

81 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/08/30 09:01 ID:3dorTR/b
…?トリップ変わってる…?
それとも、間違えただけ…?

82 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/09/04 18:47 ID:p76yWulE
言ってしまおう
言ってしまおう
要らないって言ってしまおう

言ってしまおう
言ってしまおう
あんたなんか嫌いって
言ってしまおう 言ってしまおう

でも 言えない

「いい加減縁切りたいんですけど」

83 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/09/14 18:09 ID:KfzzTpr8
私はどこか
おかしいのかもしれない

わかっているの
縛れないことぐらいは

私はどこか
おかしいのかもしれない

怖くなるの
ただ会えないというだけで

私はどこかおかしいの

制 御 不 能 だ も の

84 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/09/14 18:13 ID:KfzzTpr8
苦しくて 悲しくて どうしようもない

二人の世界に入る
一番最初の二人は
一番幸せそうに見えます

油の切れた
二番目の私たちは
ちっともらしく見えません

言葉は無意味
手段もなくただ 冷えるのみ

85 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/09/14 18:20 ID:KfzzTpr8
銀の紙が音を立てて
その物体は現れた

砂糖を食べた 甘いあまい長方形が
静かに横たわっている


「真夜中の葛藤」

86 :名前はいらない:03/10/08 06:10 ID:GElur6wV
>くみさん、元気?
また、書き込みに来てね

(保守)

87 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/10/10 17:56 ID:NfhxER8h
>>86
超元気…かもしれない(は?
保守有難うございます。

怖い
助けて
死んでしまうよ。

言えない
寂しい
壊れてしまうよ

誰か 助けて
私はもう
ばらばらになるよ。

88 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/10/10 18:03 ID:NfhxER8h
そこに居るのはだあれ?
姿を見せない存在のみの者よ

そこに居るのはだあれ?
発言権の無い寂しい人よ

いらっしゃい
採って食ったりしないわ。
大丈夫
私に牙など無いから

そうね 怖いの
監視の感覚はあなたが居ると消えない

「チャットで人を待ってみよう」

89 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/09 16:47 ID:441ubMs/
さあ、怒涛の勢いで書いてみよう

つめたい手は
いつまでも冷たい

繋がるのを忘れた寂しい手は
どこへ行くのか

つめたいつま先は
いつまでも冷たい

ぬくもりを知らない哀れな体

90 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/09 16:50 ID:441ubMs/
さあ そのドアを破るの

怪獣は出てきてしまうよ
さあどうする
「大丈夫。強くすればそれで」
本当かしら 本当かしら

もうあふれ出てしまうよ
さあ どうする
「大丈夫。押し込めばそれで」
どうかしら どうかしら

ねえ全てには
限りの世界があるのを
知らないの?

91 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/09 16:52 ID:441ubMs/
目から雫
ぽたり ぽたり

一人赤を生み出す
ぽたり ぽたり

92 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/09 16:54 ID:441ubMs/
冷たい つめたい
夜の風のように

怖い こわい
失いすぎたように

わからない わからない
誰とも愛し合ったことが無い

ごめんなさい
幸せに出来ない

93 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/09 17:00 ID:441ubMs/
耐えればいいと考えた
大丈夫 なんてことないと

言いたいと思った
言ってはならないと 押さえつけた

嫌悪を抱かせるのが怖くて 怖くて
大丈夫 言わなければ嫌われない

痛くていたくて たまらないのだけど

94 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/09 17:00 ID:441ubMs/
あ、93げっと〜♪


95 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/14 19:21 ID:m3X3f6pC
目をそむけないで
さあ言え
限界まで叩き潰したそれを

原型など無くても
さあ見ろ
分からないはずは無い

96 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/14 19:22 ID:m3X3f6pC
恐怖を
寂しさを
辛さを
全部
リボンで飾ってあげましょう

それにあわせた包装紙で
綺麗にラッピングしたならば
ほうら もう見えない

97 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/11/14 19:29 ID:m3X3f6pC
息をするのは
マイナスの
苦痛を生む悲しみの根

押し殺されるのは
プラスの
ぬくもりを与える光

98 :34番目の新人:03/11/30 18:15 ID:jfS9iKxw
絶望の詩を書く人には
希望の光を当てましょう

羨望の目を持つ人は
優しく闇で包みましょう

聖なる夜を待つ人は
邪な昼を過ごすのでしょう

どちらにせよ
朝は来るのでしょう

――マニュアル

99 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/03 18:39 ID:fupbtWbY
平気よ
落ちたりなんかしない。

100 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/03 18:42 ID:fupbtWbY
上手く踊れない
血液のめぐりは とても 悪い

色は 変わらないけど
でも ひどく 冷たい

表してなんかいないわ
本当よ
さあ触れてごらんなさい
そして凍え死ねばいい

大丈夫 醜くなんかないから

でも ねえ
死んでいるのは どちらなのかしら


この季節は手が冷たくなって、よく打ち間違いするから嫌い。

101 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/03 18:47 ID:fupbtWbY
今年もやってきた!やって来たったらやって来た!

そうよ 確かにまだ早い
だから何?何だって言うの?

やって来た!今年もやって来た!

だけど いつも一緒なのよ
それが何か?

やって来ない!やって来ない!

だから 期待なんて しないの
白い羽根は降って来ないよ 神様もね

やって来た!やって来た!

聞いて いつも一人なの
それが 普通


クリスマスなんか関係ないよーだ。

102 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/03 18:53 ID:fupbtWbY
昔々 女の子は傷を作った

それから少し後
傷はだんだん増えて 消えるのを忘れてしまった

もっと後
女の子は沢山怪我をした
骨を折って病気になって息も絶え絶え

最近
知らないやさしさにただ 戸惑っていた
それから 捨てようとしていた
傷はまだ相変わらずあった

そして今 女の子は



103 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/03 18:56 ID:fupbtWbY
全ては幻
そして夢

さあ目を覚ますの

どこにも許容なんてないのだと

104 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/03 19:01 ID:fupbtWbY
祈りを
懺悔を捧げたら
無駄だと思い知ったらいい

過ちを
過去を悔やんでは
もう戻れないと身に染みこめばいい

もっと
早く会っていたらと思っては
ただ 嘆くしかないのに
泣き叫ぶ

105 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/05 18:40 ID:CVV06poa
来ない来ない来ない
誰も来ない

来ない来ない来ない
でも平気

106 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/05 18:43 ID:CVV06poa
ねえ 今何番目かしら

ねえ ゴミ箱は近いのかしら

107 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/17 16:43 ID:AhDBMaYQ
ああ 凍えてしまいたい
氷になったって構いやしない

だってほら
指先はこんなにも 体温を捨てて


108 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/17 16:45 ID:AhDBMaYQ
もっと 傍へ
突き落とされてもいいから
少し 近くへ

さてこうして誰が
崖から落ちるのを免れた?

もっと 遠くへ
見ることさえ出来ればいいから
少し 遠くへ

さて こうして誰が
距離を埋める事が出来た?

109 :名前はいらない:03/12/19 17:42 ID:AdC7c1EU
カゼが冷たくなって雪がつもってあなたの言葉も降り積もります

遠く?
高く?
深く?

どこまでも
あなたの言葉は
ただ、真っ直ぐであってほしいと

思わされる 刃の雪

110 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/20 08:58 ID:R6kqwEdH
綺麗ね 粉を被ったように

無様ね 泣いているように

ぽたりぽたりと落ち

黒くなって

なんて 醜い

111 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/20 17:09 ID:R6kqwEdH
赤くて 甘くて 体に悪くて
それが何?

おいしいのよ さあ食べてみて
そう言っているようで 嫌い

112 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/20 17:11 ID:R6kqwEdH
アヴェ・マリア
我らに救いがありますように

アヴェ・マリア
どうか祈りが届きますように

アヴェ・マリア

うるさいわね!と
女の像が叫んだ

113 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/20 17:16 ID:R6kqwEdH
*一日目
待っていた
寒くても誰も来なくても待っていた

*二日目
今日も待っていた
独り言を言いつつ待っていた

*三日目
また待っていた
相変わらず来ないのに

*四日目
やっぱり待っていた。
─そろそろ諦めたら?
そうね 後三日経ったら

114 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/20 17:19 ID:R6kqwEdH
*五日目
相変わらず待っていた
後二日
そう言いながら
口調と顔は一致せず

*六日目
しつこいくらい待っていた
だって会いたいんだもの
届きもしない言葉と一緒に

*七日目
待った
待って待って待って待って
それでも来ない
得たのは諦めと 冷たい空気のみ
もう来ないねと 聞こえないよう呟いて

115 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/20 17:20 ID:R6kqwEdH
*八日目
そこには誰も居なかった
ただひたすら待った事実を
誰も知らないまま
そこには何も居なかった
誰も 居なかった

116 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/21 12:05 ID:odm4iTgH
あがったっていいじゃない
どうせ突き落とされるのなら。

117 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/21 12:07 ID:odm4iTgH
どうせ 下手ですよーだ
才能なんかないんだから

どうせ 下手ですよーだ
頭が腐食しているんだから

どうせ 無駄だもーん
だって誰も見やしない

118 :名前はいらない:03/12/21 14:10 ID:4cYgXRVc
えー?
見てるよー、毎日

下手じゃないよー
くみ。さんの詩、好きだよー
楽しくなったり、切なくなったり、風刺が効いていてニヤリとしたり
どの詩も、まっすぐでいいと思うよお

ただ、邪魔しちゃ悪いなあ、と思ってあんまりレスは書かないようにしてるだけ
たぶん、みんなそうじゃないかなあ?

119 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/21 15:52 ID:odm4iTgH
>>118
れ、レスがある…。(びっくり
いえ、何となく書いてみただけなので、
気にしないでください。
毎日見てて下さるんですか!どうも有難うございます。
まっすぐなんですかー。新発見ですね。

邪魔だなんてとんでもないですよ。
というわけで、皆さん書いてください
むしろ書きやが(以下略



120 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/21 16:02 ID:odm4iTgH
行かないの?行けとうるさいくせに
口だけしか無いのなら
さっさと撃たれて死にやがれ。
所詮はエゴの吹き溜まり
さあいってらっしゃい
爆破されに いってらっしゃい。

121 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/21 17:40 ID:odm4iTgH
どうしてこんなに稚拙なの
憎くて疎ましくてたまらない

はらりはらりと
吐き出した葉が
糸を汚しているのは
耐えられない
そんな事できっこないのよ!

どうしてこんなに嫌いなの
うんざりし過ぎて千切れそう

あの時綺麗だと
思った葉っぱが
今こんなにも燃やしたいのは
嫌いだからなのよ!
好きになんてならない!なれないのよ!
好きになんてなってやらないんだから!


122 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/21 18:02 ID:odm4iTgH
塩水が 後から後から湧いてきて
病気だと思った

呪文をかけた
脳が住所の心臓は
いつの間にか 目を 覚ましていた

結局そこにも
変わらない事は
何も 無かった

昔自分と
指切りをした事を
守ればよかった


123 :くみ。(続き) ◆/DExt4SBtc :03/12/21 18:03 ID:odm4iTgH
思わず いつもの場所へ行く足を
感じて自分はストーカーかと思った

でなければ
ただのしつこさの塊
なりたくないと 思っていたのに

結局自分は 
守れなかった
針を千本 飲まなくちゃ

そうしたら 忘れるかなぁ
「混沌」と位置づけても
おかしくないような 感情を

─約束だよ もう二度と
誰にも好きって言わないって

あの日が 塩水で歪む

124 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/22 19:44 ID:XR8ws4CY
界の限りまで押さえつけてみて
そうしたらきっと死ねる

125 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/22 19:46 ID:XR8ws4CY
たった3時間で 何が分かるというの
どうせ死にたくなかったんでしょう
じゃあ行くな。

公正で明大ですって?
冗談じゃない
宗教とくっついてんじゃないわよ
このアホジジイが!

126 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/22 19:47 ID:XR8ws4CY
ごめんなさいね
置き換えなんて出来ないよ
「人の気持ちになって考えなさい」
じゃああなたがやってみて
出来ないなら言わないで
もしもがないなら 立場になる事だって出来ない

127 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/22 19:51 ID:XR8ws4CY
安らかな場所ならば
怪我さえしないと
思い込んでいるのね
可愛そうに
行く人と 結ばれた人の事も
頭に浮かばないなんて

128 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/22 19:54 ID:XR8ws4CY
いつまでこうなのかしら
永遠が無いならば さっさと幕を下ろしてちょうだい。

どれだけ痛いと思っているの
言葉を交わせないまま落ちるのが

嵐を知らないでしょう。
どんなに激しいか
頭の中で吹き荒れる風を
晴れる事の無い空を!

もう 放して
糸さえ切れたら
多分私は楽になれる。

129 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/22 19:58 ID:XR8ws4CY
嫌いだと言えたらこれほど辛くなど無い。

130 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/22 19:59 ID:XR8ws4CY
好きだと言えても楽だとは限らない

131 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/22 20:00 ID:XR8ws4CY
会いたい が鎖になるのなら
どうやって話したい欲求を潰せばいい

132 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/23 17:27 ID:NQaoAM/q
確かと言ってその嘘は
あっという間に
仮面を被った真実になったのだった

本当と言って約束は
いつの間にか
千切れたのだった

そうして
学んだのだった
どこにも欲しいものは無いと
そして 繰り返すのだった
ああ 寂しいと呟いて。

133 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/23 17:28 ID:NQaoAM/q
まったりと行こう
何ヶ月かかったってどうでもいい
完全に走ったら それで

134 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/23 17:30 ID:NQaoAM/q
あらあら
名前と同じね
多分 すぐに変わるけど
見れてよかった
93番って素敵ね

135 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/23 17:41 ID:NQaoAM/q
空の中に いるのかもしれない
やけに冷たい空だけど
空に岩があるなんて不思議ね
それにしても
体が重い

きっと空よね?違うかしら
こんなに美しいそして青いから
見間違えてしまいそうよ
重いのは きっと違うわよね
だって 空へ落ちている

ああ 天空魚っているのね
空に合ういい色ね
ところで
やっぱり重いのは気のせいじゃないみたい
それでね
何故か息が出来ないの

もうすぐ天国よね?
だってこんなに青い
エデンはきっともうすぐ。

136 :くみ。(多分続き) ◆/DExt4SBtc :03/12/23 17:46 ID:NQaoAM/q
彼女は引き上げられた
どういうわけか
浮かび上がってきたからだ

おかしい
確かに沈めた
コンクリートをつけて
どぼん という音と一緒に落ちた
だけど彼女はやって来た
冷たくなっても息は
失っていない

今更 何をしに来たと言うんだ
要らなかったそれだから
削除したはずなのに
目の前から

背中が凍りそうだ
ふと見た鏡に彼女が笑っている

あなたを冷たい空に連れてってあげるわ

そう言ったのを 僕は確かに聞いた

137 :くみ。(さらに続きかも) ◆/DExt4SBtc :03/12/23 17:49 ID:NQaoAM/q
聞いた?
聞いた!
やっぱ追ったのかな?
あったりまえじゃん!
鬱陶しいぐらいだったし!
うーん でも だからって死ぬかな?
死ぬでしょ!あいつなら!
そうかな?
そうだよ!

138 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/28 19:34 ID:Ftq2BmmI
まったりと行こう
それで歩みが遅くなっても

139 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/28 19:38 ID:Ftq2BmmI
つま先で立って
バレリーナのように
背を高くして
結局は倒れても
とまらない

もっと 側においでと
口調はやさしさを含んでも
それでも私は私のまま

中では
己を嫌悪する物質に変わって
内部から崩れていくのだった

140 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/28 19:41 ID:Ftq2BmmI
何処にも居場所などない人は
それを潰すから無いとは
知らない

141 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/28 20:00 ID:Ftq2BmmI
そんなことより1よ、ちょっと聞きなさいよ。スレとは全然関係ないんだけどね。
このあいだ、クラスで話してたのを聞いたのよ。女子がね。
そしたらなんか4,5人が固まってて通路が塞がってんの。
で、よく聞いたら盛り上がってて、冬休みまでに彼氏欲しい、とか言っててさ。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
あんたらね、冬休み如きで普段言わない事を言うんじゃないわよ。ボケが。
冬休みだよ、冬休み。
なんかブスとかもいるし。興味ないとか言ってて彼氏欲しい、か。おめでたいわね。
よーし私彼氏作っちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
あんたらね、出会い系紹介するからそこどけと。
教室ってのはね、もっと殺伐としてるべきなのよ。
近くになった女といつ男の取り合いになってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんでないの?ガキはすっこんでな。
で、やっと通れたかと思ったら、すぐ後ろの奴が、私、今年彼氏と除夜の鐘つきに行くんだぁv
とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、一緒に除夜の鐘なんてきょうび流行んないの。ボケが。
得意げな顔して何が、彼氏と除夜の鐘つきに行くんだぁvだ。
あんたは本当に鐘つきに行きたいのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。
あんた彼氏とラブラブvvって言いたいだけちゃうんかと。
彼氏居ない暦16年のあたしから言わせて貰えば今、彼氏の居ない女の間での最新流行はやっぱり、
一人でカウントダウン、これだね。
みかん食いつつ行く年来る年を見る。これが通のすごし方。
一人でってのは孤独。その代わりテレビ大音響。これ。
で、みかん。これ最強。
しかしこれをすると次の日家族にキレられるという危険を伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦めできないわね。
まああんた、1は、一生彼氏無しで生きてなさいって事よ。

142 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/28 20:01 ID:Ftq2BmmI
改変へただね。私は。もっと笑えるもん作りたいね。今度は。

143 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/28 20:03 ID:Ftq2BmmI
大音響って何さ…。大音量だろ…。今頃気付いて鬱。
ああ 折角書いたのに酷いわ。この脳は打つ事しか出来ないのね。
推敲も出来ないなんて最低よ。

144 :名前はいらない:03/12/29 02:53 ID:MPn4jOGr
いや、かなり、面白かったよ>くみ。さんw

大音響、大音量、大音声、やっぱり音量カモね
怨霊って打ち間違わないよう気をつけて☆ミ

んじゃ|ノシ

145 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/29 09:59 ID:3O4DDPH7
>>144
やった!ウケた!あはははは!

ですね。あの時酔ってたんですねぇはい。
大怨霊藁。どんな怨霊ですか(w


146 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/29 16:42 ID:3O4DDPH7
何かがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
どこかにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

具体的に
何がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
のかは分からないけど
とにかく
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

説明しろと言われても
多分出来ないのだけど
とりあえず
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
のだけは確か。

147 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 16:37 ID:VrFyXAwc
破壊済みの頭を
もっと砕いて
粉にして
飲み込んであげましょう。

無傷の目を
ケースに入れて
飾ってあげるから
ずっと見つめあっていましょう。


148 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 16:39 ID:VrFyXAwc
押し付けがましくて
鬱陶しいのだけど
振り払う手は千切れてしまった

149 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 16:40 ID:VrFyXAwc
もっと 美しい字を 文を 詩を


150 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 16:48 ID:VrFyXAwc
その時私には
走るしかなかったのだ
「休館日」の文字を見て
ああ何だったのだろう
こんなはずじゃなかった
あれほど月曜が憎かった事は無い

そこは自転車で30分
本が沢山眠る場所

その時私は 字が欲しかったのだ
こうして見る仮想の ではなく
もっとリアルな字が欲しかったのだ

ヤケだった
走って走って走って
痛めつけるように走って
どこかもわからずただ走って
迷った子になど なりたくなかった
だからひたすら真っ直ぐすすんでいった

その時私は
頭を空洞にしてしまいたかったのだ
バカだなどと思い知らなくていいように。

151 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:28 ID:VrFyXAwc
わたしは汚されない
何故なら誰も触れられないから

152 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:29 ID:VrFyXAwc
狂ってちょうだい
そうしたら躊躇無く刺せる

153 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:31 ID:VrFyXAwc
ああ なんて薄い頭の辞書

154 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:33 ID:VrFyXAwc
稚拙な体が憎くてたまらないの

155 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:34 ID:VrFyXAwc
死にたいと言うのは死にたくないからだと言う
本当に死ぬならそんな事は
言わないと

だったら
生きたいというのは死にたいからかと
幼い脳はそれしか言わない

156 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:37 ID:VrFyXAwc
何でもなくていい
そこにあればそれで

157 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:40 ID:VrFyXAwc
紫よりどこまでも白かった

空が黒いとき
かちりと火はついた
先は一瞬燃えて
そのまま不完全な燃焼を続けるのだった

本当は 手にさえしてはならないのだ
今ここにあるのは 紛れも無く税と毒の塊

158 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:44 ID:VrFyXAwc
わたしが
今ここで
血を吐いて醜く倒れたら
あなたはただ
燃やしていればいいの

そして
残った
カルシウムの塊を
風にまけばいいの

もしくは
濁りを知らない水に
突き落として捨てて
海まで追いかけてくれればいいの

159 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:45 ID:VrFyXAwc
殺される前に殺してあげたい

160 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/30 19:47 ID:VrFyXAwc
It is better not to live than not to love

ならばわたしは抹殺されなければ。

161 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :03/12/31 16:14 ID:Xq0Qo5Ua
規制しないで
私が紡ぐのは害のないものだから

162 :35番目の新人:04/01/09 21:27 ID:XxgMFUEh
ガラスの窓の中
何で出来ているのかわからない壁の中
白いコンクリートの上
空気がよどんだ部屋の中

ケタケタと笑いながらパレットを黒くしていく人々
それが誰のものか知っているの?
黒の上に黒を重ねて何が楽しいの?

声は聞こえない

狭い自転車置き場に吹く夜風

(続く)

163 :続き。:04/01/09 21:45 ID:XxgMFUEh
その夜風の中
私はパレットを抱えて走り出す
そう
あのパレット、私のだった

抱えてたパレットから黒が滲み出す
私の服に、体にもしみが出来た
でも私は気にしなかった
私のしみはもう消えないって、わかってるから
この黒色はもう消えないって、知っているから

狭い部屋に響くあの笑い声

(さらに続く)

164 :続き。:04/01/09 22:02 ID:XxgMFUEh
今日もまた
偽りの白を塗り重ねている私
馬鹿馬鹿しい――
けれど、もう慣れたから

明日は良いことあるって
嘘を言って帰っていく私
どうしても拭えない
あのしみに誰も気付かない

気付いて欲しいんだけどね
自分で自分に嘘をついている限り
無理だろうね――

――塾帰りにて



すいません間違えてageてしまいました^^;

165 :へたれ。:04/01/10 02:07 ID:/1iUfP2r
何かよさげなスレを発見いたしましたので即刻カキコ。書くの自由という言葉に甘えさせていただきます。

『遺愛』

もし貴方がそれを望まないとしても 私は自らを踏み台にして
夢を叶えてというでしょう

そのためならばこの目を耳を、手を、足を、命さえも
私は喜んで差し出すでしょう

後は追わないで 幸せが其処にあるならば
持てる力の全てを尽くして しがみついて行けば良い

後は追わないで 私は決して後悔してない
『貴方に愛された』その事実 それだけで私は充分だから

でも 一つだけ誓って 約束して

貴方と出会ったあの日だけ ほんの一瞬でかまわないから
私のことを思いだして

貴方と出会ったあの日だけ ほんの一粒でかまわないから
私のために涙を零して

もし貴方がそれを望まないとしても 私は自らを踏み台にして
夢を叶えてというでしょう

『貴方に会えた』それだけで私は充分だから。
―――
では、駄文失礼いたしました。これからも、くみ。様の詩を楽しみにしています。

166 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/01/10 18:16 ID:Ed2jhxmk
でも大丈夫
黒は醜くなど無いから
気付かれたって平気
染みなど同じ色で消せばいい


167 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/01/10 18:17 ID:Ed2jhxmk
底を知ったらもう這い上がれない

168 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/01/10 18:18 ID:Ed2jhxmk
そこになど本当は居なかったのだ
結局たった一人のまま
過ぎるものは振り返りさえしない
だけど
そこには居るのだ
紛れも無く

169 :36番目の新人:04/01/11 19:20 ID:uG2AIocY
還りたい

大地より優しく
太陽より強く

私を抱きしめている場所へ

昼より明るく
夜より暗い場所へ

還りたい

この世より合理的で
あの世より感情的で

この世でも
あの世でもない

私だけを
私のみを
愛し守る

場所へ

今すぐに 還りたい

――母胎回帰本能

170 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/01/25 11:03 ID:wwabM+gj
ただいま
一人にしてごめんなさい。

171 :37番目の新人:04/01/26 18:35 ID:1sTVedUy
おかえり
もう独りじゃないんだね。

172 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/01/27 18:46 ID:TJBeGlFo
大丈夫よ
燃え尽きさえしなければ

173 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/01/27 18:49 ID:TJBeGlFo
扉を閉じても
隠せるものは何も無い

だけど
開け放つわけにはいかないのだった

174 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/16 13:14 ID:5Clzs0sB
網にかかっちゃ
書くのも出来ない
だあれ?緒を切ったのは

串を刺しても無駄でした
刺し殺してやりたかった

175 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/18 19:22 ID:fWdNxxbi
私は外に出て行けません
私は外に出ていけません
何故なら邪魔だから

私は外に出て行けません
私は外に出ていけません
何故なら恐怖が刺し続けるから


176 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/18 19:29 ID:fWdNxxbi
どうか許してちょうだい
私は今すぐ死にますから

177 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/18 19:31 ID:fWdNxxbi
ちぎってください今すぐに
じゃなきゃ私は倒れない

178 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/18 19:37 ID:fWdNxxbi
私はもう立てません
私はもう歩けません
私はもう走れません
だから私は蔦になります

私はもう泣きません
私はもう喜びません
私はもう怒りません
だから私は石になります

私はもう話せません
私はもう叫べません
私はもう罵れません
だから私は水になります
濁りを知らない冷たい光

179 :名前はいらない:04/03/18 22:33 ID:VaXvt6Bg
>>176
……なんかあったん?大丈夫?

180 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/19 18:42 ID:tLy/Qr5x
>>179
I am mad always.
Didn't it know?

181 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/19 19:22 ID:QoNi5+kq
クリックして
何て下らないんだと思う
歌は 詩と同じだろうか
なのに
糸はいくつも絡まって
同じように
下らない固定を捕まえているのだ
そして
私もそんな
吹き溜まりの一滴なのだ

182 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/19 19:23 ID:QoNi5+kq
見苦しいから生存権などありません

183 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/03/22 13:01 ID:FaaxodKm
こんな足じゃ
歩けない
そうして蛇は
歩くのを捨てた

醜いと
打ちのめされた
赤が流れるその足は
繋がっているのを忘れて
見下ろす視点を蛇から奪った

さて自分のあれは
無駄なものだったか
誰も知らない

ただ分かるのは
あれはもう戻らないのだけだ

184 :Alnamight ◆w4ncu9VFAA :04/03/31 17:30 ID:f6/IRgRr
ありがとう
おかげで今年は春が来たね
君に会えて良かった
冬の雪が解けて作った泥の上を
這って 這って 這い蹲って
やっと会えたね
ありがとう ありがとう
三年後また必ず会おう
2123番 君は本当に素敵だよ


――緑の封筒

>>180
×I am mad always.
正しくは、I am always mad.

〜番目の新人は、UDに参加する関係でトリップ取得しました。
これからもよろしくお願いします。

185 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/04/01 08:56 ID:p7H4BHQn
拙い手先で
繋いだものは
やがてといえず
すぐに解けた

>>184
うわぁマジですか。
翻訳サービスって当てにならない…。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

186 :Alnamight ◆w4ncu9VFAA :04/04/01 19:27 ID:NkmUVugT
現代曲の歌詞というポエムしか知らない
現代の若者は
やがて
混沌という異界へと旅立って行くのだろうか
しかし その答えは
穢れを知った者には永遠に理解できないだろう

>>185
Didn't it know?の方も何かおかしいですね。
和文は何と打ったのですか?

187 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/04/02 10:50 ID:FnJ+IeEL
潤んだ地面に
棒で立つ
二度と
泥にまみれたりしなくていいように

>>186
えーと、たしか、
「私はいつも狂っています」と
「それを知らなかったのですか?」
だったかと。

188 :Alnamight ◆w4ncu9VFAA :04/04/02 15:00 ID:KVZQzuMH
地響き そして鮮血とともに
賽は投げられた
泥にまみれた者達はただ 逃げ惑うだけ
笑みを浮かべるのは 天使の顔をした悪魔達
制裁と平和維持の名のもと 下された判決は
壊す事 ただ三文字
そしてその裁判官は静かに眠る その間に
眠る事を知らない街は崩れ落ち
責任はいつの間にか消え去り
限りない死の中 強き者の傷つくことのない
無残な偶像崇拝を続ける民衆達の奏でる曲は
悲しく神聖な ノクターン


――有限の無の中にて

>>187
あ〜なんとなく翻訳サービスの気持ちがわかった。(藁
下の文には主語がないから訳しづらかったんだ。
それで「それは知らなかったのですか?」という文章になったんだ。なるほど。
正しくは、Didn't you know that?(←多分thatはitでも可)

189 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/04/02 19:25 ID:o82JpNF4
こうして
機械のせいに出来るから
わざと愚かになったのだ
結果的に
空っぽの頭を
開く事になっても

>>188
なんか変だとは思ったんですけど、
面倒でコピペしたという以下略
なるほど、勉強になりますた。

190 :Alnamight ◆w4ncu9VFAA :04/04/02 23:03 ID:KVZQzuMH
あなたは機械のせいになど出来ない
なぜなら機械は人間が作ったから
それでも人間のせいになど出来ない
なぜならそこに罪はないから


――I.G.

>>189
もしかして>>160もそうですか?

191 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/04/03 08:00 ID:Y2AFdkzv
意味が無いものが無いなら
私は何だ
空虚か
無か

>>190
>>160の英語部分は「世界の名言、名句」とかいう
やつに載ってました。

192 :Alnamight ◆w4ncu9VFAA :04/04/03 21:06 ID:GYpsiFvJ
意味が無いものが全てなら
存在とは何だ
空虚か
無か

>>191
翻訳サービスと名言との区別もつかないとは。
漏れも勉強せねば。

193 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/04/04 08:18 ID:N3TwUMaR
それで終わりだから
空っぽで全てだと
ピリオドを打てる

>>192
頑張れ〜(・∀・)ノシ

194 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/04/27 19:04 ID:awvDmfw3
誰も来ないのは
無様の証明
いとおしいほどの静寂。

195 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/04/27 19:06 ID:awvDmfw3
よろしくって?
残酷が恐ろしいなど
言わない事よ
覚えた恐怖を
刻み付けたいのです

196 :くみ。 ◆/DExt4SBtc :04/04/27 19:08 ID:awvDmfw3
無駄な役目はいりません
無くて結構
在って当然
何も無いならそれで宜し
とってつけては欲しくない

197 :Alnamight ◆w4ncu9VFAA :04/04/27 23:22 ID:Mq/lIxvk
誰か助けて
私は安定がほしいのに
世界は
いつも静寂を引き裂き
私を混沌へ突き落とそうとしているのだ

果たして
抗う事はできるだろうか


――radioisotope

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)