5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

淋しい雲

1 :匿名希望:03/04/23 22:27 ID:4Xwo9F1Z
あの頃のぼくが見ていた景色が夢や幻だというのならば ぼくはその直中に埋もれて死んでしまいたいんだ
初夏の日ざしにも似たキラキラと輝く暖かい光の中で 永遠に続くと思われた美しい時間に抱かれながら…

すべてが幻だったというのなら ぼくもまた幻だったのだから…

2 :名前はいらない:03/04/23 22:35 ID:BWtrsl2c
高校教師?

3 :ねほん:03/04/23 22:46 ID:nt4N0uw8
必死になって夢と幻を追いかけて
僕はキミに出会った もう食べしまったけど
どうしてキミは私のウンコに成ったの?
優しく便器に向かって微笑み。  そんな甘くおぞましい[現実]

4 :名前はいらない:03/04/23 22:53 ID:9HuHJ3fG
桜の花は散り、若葉が活きづいている
きみのいなくなった季節はとても穏やかだよ

ぼくは淡々と日々を送っている
モノクロームの単調な日々を…

あの頃のぼくは ただ一人ぼっちでいる事がとても怖かったんだ
愛したい 愛されたいわけでもない
ただ、独りでいる事が なんだかとても 怖くて…

5 :名前はいらない:03/04/24 20:55 ID:v4ZyOD7E
きのうは夜中に目が覚めた(´ー`)
きみの夢で、目が覚めたんだ(´ー`)
きみが微笑んだ瞬間、ぼくは何かを言おうとして、そして目が覚めた(´ー`)

ぼくは穏やかに今日を過ごしているよ(´ー`)
ぼくが足を止めても季節は流れていく(´ー`)
ぼくも立ち止まることなく、この風景に同化するんだ(´ー`)
時々、うたを歌いながらね(´ー`)

そう、眠れない日はきみのことを思い出しながら(´ー`)





6 :カトリーヌ ◆Zv9HW2a9LU :03/04/24 21:06 ID:+ejqTZRY
桜 散って

それが背景

貴方

なんて綺麗なの

7 :動画直リン:03/04/24 21:09 ID:GFAfIfbC
http://homepage.mac.com/hitomi18/

8 : ( ・∀・)/< こんなのあったっち♪:03/04/24 21:13 ID:1GlAKz8+
http://muryou.gasuki.com/zenkaku/index.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku08.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku07.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku10.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku09.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku06.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku05.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku02.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku01.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku04.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku03.html

9 :名前はいらない:03/04/25 21:42 ID:HffgYCx+
今夜の雨は夜霧みたいだね(´ー`)
車のライトが乱反射してとてもきれいだよ(´ー`)

ぼくが大人になった時、すべては終わっていた(´ー`)
いや、それは正確じゃない(´ー`)
すべてに絶望したときに、ぼくはやっと大人になれたんだ(´ー`)
夢や野心、すべてをあきらめた時(´ー`)
ぼくははじめて退屈な、醜い日常をうけいれることができたんだ(´ー`)
そう、ぼくははじめて自分を受け入れたんだ(´ー`)
詛うべき運命をね(´ー`)

結局ぼくは、きみに甘えていたんだね(´ー`)

10 :名前はいらない:03/04/26 22:01 ID:k2ETPrFN
過ぎ去った季節はとても美しく感じるね(´ー`)
あの長く憂鬱だった冬ですら、いまのぼくにはとても懐かしく感じるんだ(´ー`)
そしていま、こう感じているんだ(´ー`)

あの頃のぼくも、そうだったのかもしれない…(´ー`)

11 : :03/04/26 22:17 ID:ZMedO1QY
台湾のエロ画像掲示板が今一番ホットと言えませんかね?
http://wossal.k-server.org/tw/
盛り上がってますよ。



12 :名前はいらない:03/04/27 16:51 ID:59g+yukE
あの頃のぼくは度重なる頭痛やめまいに悩まされ、そして病院で検査をうけた(´ー`)
それから後のことは、いまさらきみに説明する必要もないだろう(´ー`)

すべては終わったんだ(´ー`)

いまのぼくは、巡ってくる日々をやり過ごすことで精一杯さ(´ー`)
時々、うたを歌いながらね(´ー`)
そして少しずつ気がつきはじめているんだ(´ー`)

これが自分の人生なんだなっていうことを(´ー`)
きみがぼくを救ってくれる訳ではないんだということを(´ー`)


13 :名前はいらない:03/04/27 17:15 ID:RDRDKPTn
http://www.yahoo2003.com/betu/linkvp2/linkvp.html

14 :名前はいらない:03/04/27 17:16 ID:59g+yukE
あの時ぼくは、一体きみに何を期待していたのだろうか(´ー`)
予定通り、きみへの観察が終わったに過ぎないというのに(´ー`)
きみがモノクロームの世界から、ぼくを救い出してくれる訳ではないと、百も承知だったのに(´ー`)

ぼくは一体何を失ったというのだろう…(´ー`)

15 :名前はいらない:03/04/30 22:12 ID:y9HDFGYu
あの頃ぼくたちは妙にはしゃいでいた。
眠るのが惜しくなるような日々。
とりわけぼくは、何かから目を背けるようにして
百年の呪縛から解き放たれた蝶のように舞っていた。
背中からきれいな羽が生えてきて、いずれは飛べるようになる。
そんな気がしていたんだ。

もう、そこに迷い込むことはないような気がしていたんだ。


16 :名前はいらない:03/05/01 21:40 ID:MLp9K4jo
きみがいなくなって数日後に桜が咲いて(´ー`)
そして今日、五月になった(´ー`)
ぼくはもう、落ち着いているよ(´ー`)
いいことも無いかわりに、ひどく落ち込むこともない(´ー`)
淡々とした毎日さ(´ー`)

ときどきあの冬のことを思い出すよ(´ー`)
そんな時は、あのうたを歌うんだ(´ー`)

17 :名前はいらない:03/05/04 15:18 ID:pAg6hSCJ
ぼくたちは笑いながら泣いていたんだ(´ー`)
そう、あの時も…(´ー`)

18 :名前はいらない:03/05/04 17:34 ID:Xq8vF8pP
あの頃ぼくは、この人生を楽しむ覚悟を決めかねていたのかもしれない(´ー`)
そこへ向かって、流れに身を任せていたんだ(´ー`)
ただ、ひたすら、真っ暗な海へと向かって行く強い流れに(´ー`)

いまのぼくは、目の前に拡がるこの流れに逆らうことができるだろうか(´ー`)


19 :名前はいらない:03/05/06 21:16 ID:bpqMBncA
      /⌒⌒〆ヽ
     //ノノノ \ ヽ 
     |(| ∩  ∩ |)|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     从ゝ_ ▽_ ノ 从 < 死ね♪
   ∋8ノハヽ8∈ \   \____________
 オメレロ(´ー` )_ ノ   |
     ∪ .Ё|__ノ|
      ∪ ∪

20 :名前はいらない:03/05/07 18:04 ID:P0z53J95
あの頃ぼくたちは、よく公園で夕焼けを眺めていたね(´ー`)
空気はどこまでも澄んでいて、滑り台にのぼると富士山のシルエットがよく見えた(´ー`)
そして、日が沈むと、ぼくはきみを抱き締めた(´ー`)
何を話すわけでもない(´ー`)
ただ、闇の中でぼくは、きみの存在を感じていたかったんだ(´ー`)

やがて、この闇も明けるのだろうか(´ー`)

21 :名前はいらない:03/05/07 18:38 ID:xzdAOzeV
いつもきみの後から 長い影を踏んで(´ー`)
いつもきみの後から ついて行きたい(´ー`)
どこへ行くあてもなくぼくたちは よく歩いたよね(´ー`)
夏の街の夕暮れ時は 泣きたいほど淋しくて(´ー`)
ぼくひとりでは とてもやって行けそうもないよ(´ー`)

きみの好きなミセス・カーマイク ぼくもいいと思うよ(´ー`)
夏休みが終わったら もう会えなくなるね(´ー`)
そうしたら時々なつかしいミセスの話をしようよ(´ー`)
夏の街の夕暮れ時は 泣きたいほど淋しくて(´ー`)
きみひとりでは とてもやって行けそうもないから(´ー`)

22 :山崎渉:03/05/22 03:03 ID:HGif30+j
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

23 :名前はいらない:03/05/24 22:55 ID:cj/XhUyE

      / ̄ヽ  / ̄\
      |    |  |    |
      |    |  |    |
      |    |_|    |
     /         \
     /            ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |  >       <   | < 大人なんて大っ嫌いっ!
     '、     _     /   \
     `>┬―‐,、―‐┬<      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (_ヽ/` ̄´ ゚` ̄^(Oぃ)
      ./        ヽ、
      く_______,ゝ
       (__| |__)


24 :名前はいらない:03/05/25 17:40 ID:NFSHmG3H

     ,へ
   \/  ヽ    (  )
    _/*+*`、    ( )
  <_______フ    )   ボクのように生きてみないかい?
    从  ̄ >ノ    〜
     /゙゙゙lll`y─┛      ボクは何ものにも縛られない
    ノ. ノノ |
.    `〜rrrrー′
.      |_i|_(_



25 :名前はいらない:03/05/25 21:25 ID:w+IgsYum
「淋しい雲」たら森田童子じゃないか・・・


26 :ヽ(*´ー`)ノりゅんりゅん ◆bnmjdO.VgI :03/05/25 21:28 ID:ZnJL2Xf2
ファッキン!ロッキン!スナフキン!イエーア!

27 :名前はいらない:03/05/25 21:29 ID:w+IgsYum
21で詞を書いてるジャン
カーマイク→カーマイケル


28 :山崎渉:03/05/28 10:45 ID:0k3PpwVO
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

29 :名前はいらない:03/06/06 02:51 ID:PE3JqTin
青空にぽっかりと
白い小さな雲

青いの布に生まれた虫食い
青い誰かが吐き出した吐息

30 :Mana魔名:03/06/07 13:35 ID:WZ0OsDpF
淋しくて やるせなくて
しとしと降る雨の中 ひとり
いつものように考えてみる
雲路の果てに光はあるのかと

31 :名前はいらない:03/06/07 19:24 ID:6H7iGN5R
心を乱す
不快な態
拭えない
乾いた疵
お前は亦
爪で毟る


32 :名前はいらない:03/06/15 17:21 ID:82391CC1
昼間、星は、どこにあるんだ?

33 :名前はいらない:03/07/14 00:08 ID:2t0eaGio
夏の足音がすぐそこまできている(´ー`)
きみは元気にしているだろうか(´ー`)
ぼくは相変わらずさ(´ー`)
日々を淡々とやりすごしている(´ー`)
時々あのうたを歌いながらね(´ー`)

あの頃を思い出すんだ(´ー`)
雨が降った後にはね(´ー`)

34 :山崎 渉:03/07/15 11:40 ID:7z6F/fGC

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

35 :なまえをいれてください:03/07/15 14:24 ID:clAHo4RQ
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

36 :名前はいらない:03/07/20 19:39 ID:I7TtZMzk
つかれたよ


37 :名前はいらない:03/07/20 20:00 ID:bVdCs0ex
つかれるね

38 :名前はいらない:03/07/20 22:04 ID:UxCyQ3e4
いつまで…

39 :イオ ◆QF5oszRdpY :03/07/22 08:19 ID:wct6SPTt
黒い画面が青くなる
また誰かと話す事も無く切る
いつまで続くのだろう
疲れるね…

>>37-38
拝借御免。

40 :名前はいらない:03/07/23 15:27 ID:DgQdLzTf
あれから、まだ半年も経たないんだね(´ー`)
ぼくにはもう何年も前のことのように感じるよ(´ー`)
少しずつ、少しずつ君の思い出が色褪せて(´ー`)
だけど、こころは君を求めて(´ー`)
やっぱり焼き付いたのは心だったんだなって(´ー`)
きみもその方が喜ぶのだろうか(´ー`)

今日は寒いんだ(´ー`)
あの頃、ぼくたちはいつも寒さに震えていたね(´ー`)

41 :名前はいらない:03/08/01 15:35 ID:MwGLQtSk
ところで、浜崎あゆみですが、これも基本的にはELTの物思いを綴っていく方法に近いものがあります。ただ、「Depend on you」を聴くと、
彼女の詞の異質性を垣間見ることができます。
まず、何とも不思議な言葉づかいをしていることに気づきます。
たとえば、「あなたがもし旅立つ その日が いつか来たら」というところがありますが、
普通、「もし」を使ったら「いつか」はいらない、
逆に「いつか」を使ったら「もし」はいらないのです。要するに<言葉>が「重複」しているわけです。恐らくメロディー先行によるものなのでしょうが…。
また、「目指してたゴールに届きそうな時 本当はまだ遠いこと気付いたの?」の部分。これも不思議な疑問文です。
本来は「目指してたゴールに届きそうな時 本当はまだ遠いこと気付いた」は、相手自身の内面の<言葉>です。それが、
ここでは、問いかけるこちら側の人間の<言葉>として発せられています。相手の心の中身がわかっていて、
しかもそれを疑問文として相手に投げかける。普通の日常会話でこういう問いかけ方はしない。
したとしても、あまりに疑問を投げかける側が上に立ちすぎて少々イヤミな感じになってしまいます。要するに疑問文の<言葉>としては長すぎるのです。



42 :名前はいらない:03/08/01 15:36 ID:MwGLQtSk
 しかし、ここまではまあ良いのですが、最後の「これから始まって行く ふたりの物語は 不安と希望に満ちてる」はもっと不思議です。
この曲は全体を通じて「私はここにいるよ」「ふたりで始めよう」「私があたためるよ」等々とあるように、
少々不安と逡巡を抱えた相手の男性に対して、励まし、力づける、そういうメッセージから成り立っています。従って、
当然、締めくくりは決定的な励ましの<言葉>がくるはずなのですが、「ふたりの物語は 不安と希望に満ちてる」となっている。
「希望に満ちてる」のではなく、
「不安と」なのです。勿論、現実問題として「不安」はつきまとうはずですが、詞の世界では、
それまでずっと相手を励ましているわけです。それなのに最後にきて「不安」をロにする。これは一体何か?考えられるのは、
<言葉>の重複の問題は別として、長い疑問文にしても、この最後の部分にしても、浜崎あゆみの詞はフレーズが勝っている、
全休の流れの中で<言葉>を選ぶ、
あるいは<言葉>を紡ぎだしながら全体像を形成していくのではなく、使いたいフレーズをとにかく歌詞の中に入れ込む、
そのような<言葉>の使い方によって成立しているのではないか、ということです。



43 :_:03/08/01 15:54 ID:S8/wmKih
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku09.html

44 :名前はいらない:03/08/01 16:21 ID:MFEyRo/s
森田童子はもっと評価されるべき。最近の若いやつは、感性がドライ過ぎる。そして世界が狭い。

45 :山崎 渉:03/08/02 00:59 ID:GCypsXvY
(^^)

46 :名前はいらない:03/08/06 15:08 ID:hjJAS3MZ

                      _
                     / _ . `ヽ、
                       / ./ .゙ヽ、 ヽ
                _,, ..,, _,ノ ノ__ノ  ノ
              (_ ,, _,,.. - ' "    ""ヽ ‐ - 、..,,_,,....,,_
               ,.;:''"           ヽ        ゙ヽ
                /               `- ::_,,,,_ _,,::ノ
            ,::'                   "'' - ,,.. _
             /               ..::/ヽ,,/ヽ-::,,::     ヽ
          ,:'               ..::/ヽ,,/ヽ _,:;'" ̄"'':.'-::,,_,ノ
          :/iヽ      /i     ::/ヽ,,/ヽ.  i,:;'" ̄"'':., )〜〜
         / i ヽ     / i   ::/ o   ゙i (     )〜〜
          / i   丶''""'''`   i .::/ヽ,,/ヽ_,:;'" ̄"'';:(~_,.ノ
       /           ヽ/ −  ヽ     )〜〜
         i    ○     O i-   * _,;''" ̄"'':.ノ
        i             i`.-,.,:'"      ,)〜〜
       ヽ  *  `ー―‐   /;ノ(~__ ,,..-(~__,,..ノ
        / ヽ 、_       _,, .ノメ
         i   /  ̄   ̄ヽ、  ヽ
        /    i        ヽ   i
         i   i          i  ノ
        ヾ:_ ノ         `-'


47 :名前はいらない:03/08/06 16:27 ID:VSuSNk0Q
>>46
カワイイ!

48 :山崎 渉:03/08/15 12:32 ID:jFO+cPAl
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

49 :名前はいらない:03/09/18 20:05 ID:HgSC/esl
懐かしい声が聞こえる(´ー`)
疲れ果てた夜の片隅(´ー`)
忘れたはずの涙がにじんだ(´ー`)

どうしてこんなに悲しくなるんだろう(´ー`)
子供みたいになきたいなんて・・・(´ー`)

私の名前を呼んでる人がいたよ 遠い夏(´ー`)
やさしい愛と温もりで 痛く強く抱いた(´ー`)

あなた誰なの(´ー`)


50 :心空乾:03/09/18 23:40 ID:zxjNVISj
こんばんわ。
突然遊びに来てすんません。
もう覚えてないかもしれないけど、つい探してしまった。
元気そうで良かった。

季節は秋ですね。
人違いだったらすいません。

51 :名前はいらない:03/09/24 15:32 ID:QrFJMyLX
君と別れて電車に乗ったとき(´ー`)
何故か、これが最後になるような予感がしたんだ(´ー`)
何が終わるのか、ぼくにはわからない(´ー`)
ただ、それは確実に最終列車だったんだ(´ー`)
何かが終わるリアルな感触が冷たかった(´ー`)
秋の寒空の中で、それはとても乾いていたんだ(´ー`)




52 :*´ー`).。оO〇(〜) ◆bnmjdO.VgI :03/09/28 23:51 ID:asdopIyy
思いの深さにはまり込んで(´ー`)
二度目はなく俺は死んでしまうと思った(´ー`)
それが初めてだったから(´ー`)


53 :名前はいらない:03/10/08 12:51 ID:uwiSQ34B
きみが見上げた空に虹(´ー`)
そう、たぶん虹がある(´ー`)
天空の清らかさ(´ー`)
同じ虹を見て追いかけてたら いつか会えるね(´ー`)

きみの迷う森に花(´ー`)
そう、たぶん花が咲いている(´ー`)
花の清らかさ(´ー`)
その花をみて立ち止まれたら きっと会えるね(´ー`)

天空の清らかさ(´ー`)
花の清らかさ(´ー`)

虹のはじまる場所で(´ー`)
泥だらけでも そこで会いたい(´ー`)

54 :名前はいらない:03/10/20 21:09 ID:tJ2SzMR2
   ⊂⊃    ☆.。.:*・゜☆ ゚  ゚ .。.:*・゜☆. .。*:。.
(\ノノハヽヽ. /                        :。
(ヾ( V ▽V)/        ぼくが見守ってるからね☆   .。:*゚
.//( つ  つ    。:*゚゜
(/(/___|″    ゚*:。.*:。.。.:*・゜☆..。*:゚・*:・。..  ・:* 。.  ☆
  し′し′     

55 :名前はいらない:03/11/26 21:26 ID:x6uYp2Ew
パトラッシュ、疲れたろう。
どこか遠くへ行こうよ…
   ,.-─-、
   / /_wゝ-∠l
   ヾ___ノ,. - >
   /|/(ヽY__ノミ
  .{   rイ  ノ

56 :名前はいらない:03/12/07 17:38 ID:YhyogFQu
       ,,.、 _、、
      /  };;゙  l ))
.      ,i'  /  /
     ;;゙  ノ  /   ぎりぎりセーフっ☆
    ,r'     `ヽ、    三
   ,i"        ゙;         三
   !. ・     ・  ,!''"´´';;⌒ヾ,    (⌒;;
 (⌒;;   x   ,::''    |⌒l゙ 三 (⌒  ;;
  `´"''ー-(⌒;;"゙__、、、ノヽ,ノ


57 :名前はいらない:03/12/15 21:41 ID:gSZF5Eyv

     \ 馬 /    \ 鹿 /
               ∩     ∩
               | つ   「,"|
        ヾ∧     !,'っ_ ⊂_,!
      / ・ |ミ    /  ・ ヽつ
     (_'...  |ミ   ▼,__  |
      (゚Д゚; )..|ミ     (゚Д゚ ,)・|
      (|  .、)|      (|   、)|
       |    |      |   ・・|
       ヽ.._人     ヽ._・ν
       U"U        U"U


58 :名前はいらない:03/12/16 21:22 ID:emRfK8N6
     /⌒ヽ   /⌒ヽ
    /    ヽ /    ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |     | |     |  < 通報しますた
    |     | |  i⌒i.__.|   \_______
    |     | (_`○´__)
    |      V L人__!ヽ
  /              \       / ̄ヽ  / ̄\
 /                 ヽ      |    |  |    |
 |                  |      |    |  | i⌒i.__|
 |   ●         ●   |      |    |__(_`○´__)   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ                /    /      L人__i,  < 通報しますた
  \      ×      /   ./           ヽ   \_______
     -、、,,,,,___,,,,,、、-      |  ●       ●  |
   /::/::::`ー―'o`ー―':;:ゝ、    '、     ×     /
  (__ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__)    >┬―‐,、―‐┬<
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    (_ヽ/` ̄´ o゚ ̄^ヽ/_)
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ∩∩
 /~`〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'~\  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   (・x・) シマスタ
 `ー、_,、_,、_,、_,、_,、_,;--'~´  く~'~"~~~~"~~"~'~'~~,ゝ  /;;゜;Y゜


59 :名前はいらない:03/12/19 22:13 ID:tuz/iZQG
キミの涙の色はきっと 鈍いボクには見えやしないから(´ー`)
そう、だから何度も ボクはことばで確かめる(´ー`)



60 :名前はいらない:04/02/02 01:26 ID:AbV4JMuW
夕焼け色に染まる雲
僕はあれに似てる。

自分は、いつか蒸発して消えてくんだ。
どうしてだろう、涙が止まらないよ。
永遠なんて言葉、嘘。
一体誰が考えたんだろう。
こんな気持、いつか浄化される時がくるの?
僕は何処へ行ったらいいんだろう。
君の放つ優しい言葉も体温も、今の僕には何も感じ取れないんだ。

61 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :04/03/08 10:43 ID:BPN1t3Ah
さびしいくも

からっぽだった空に春の予感
ふわふわ流れる 独り雲
あさひが駆け足 まぶしい正午
5時のたそがれと 独り雲

62 :名前はいらない:04/03/13 02:13 ID:tFjQzc/g
星屑のようなクズになりたい。

63 :名前はいらない:04/03/19 03:59 ID:p9vuJ59O
夢の島に埋めてください
夢を実現できないのなら
夢と共に死にましょう

64 :名前はいらない:04/03/19 23:27 ID:by3K/0Z4
夢など無くなってしまった
夢あると勘違いしてただけだった
自分の思考
水分飛んで
干乾びた瞬きをして
時間が過ぎていく
途方も無い黒い宇宙に散らばる無感情な星の光
こぼれるような星空を見上げても
もう何も感じない



65 :名前はいらない:04/05/02 12:36 ID:uHwQOGKQ
[川原にて]

あかね色 さみしい雲
今日は綺麗な夕焼けだねっていえない
いう相手がいない
ちぎれた雲は今日の自分

かわらのみなも
ささぶね 流す
よどみ
流れから外れて 同じ所をくるくると

お前も このささぶねだったら 指で押すことも出来るのに

66 :名前はいらない:04/05/02 13:16 ID:YUofuf0m
「淋しい雲」

雲が白いとき 空は青かった
花は薄紅で 葉はしたたる緑だった
空が朱に染まり 雲の底は黒くなった
黒い空がきて 月は雲を黄金色にした
でも雲は なんとなく淋しかった


67 :ももんが:04/05/02 15:17 ID:tFAh/avT
「回天運動」

黄金色の雲は
黒い空を軽々と追い越して
別の青い空を
茜色に染めるだろう

黒い空は
黄金雲が残していった金粉で
やがて来る白い雲を
シャンパン色に染めるだろう

68 :谷川サマリ:04/05/02 16:32 ID:zr2guYq1
「さみしいくも」

じぶんがさみしいと
くもはさみしくみえる

じぶんがおなかいっぱいだと
くもはまんぷくって言ってる

あなたにあいたいから
くもがあなたに見える


69 :名前はいらない:04/05/02 18:40 ID:FsbA5wh6
「さびしい雲」

雲ひとつない晴天の日に、
うっかり生まれたさびしい雲
仲間もなく、たったひとりで空をゆく。
その姿は大空を泳ぐ鯨のようだと人々が、
憧れを乗せて見つめるのだけれど
場違いな恥ずかしさからか、
みるみるちいさくなって消えてしまった。

70 :名前はいらない:04/05/02 21:40 ID:gpbLMfIb
君は青い空にたった独り浮かぶ徒雲

生きてるって素晴らしいよって君は涼しい顔して空を泳ぐんだ

風はあまりに強く
君を望まぬ方向に押し流そうとするよ

けど、君はただ笑って
僕に、何にも変える事の出来ない
小さな宝石を見せてくれる

姿が変わっても変わらないもの
時が経ってもそこにあるもの

僕はまだ見つけていない
あまりに強い風はあらぬ方向へ僕を流していく
思い出をなくして
言葉をなくして
君もなくして

僕はどこへ行きたいんだろう

寂しくないよって、夕闇の中で目をこすった
涙なんて出る筈もない

いつか君が笑って泳いでくれる
青い空になれたらなぁ

過ぎ行く時間のなかで
僕は無言のまま蒸発を始める



71 :名前はいらない:04/05/04 09:15 ID:7QpyKF4+
薄いベールの青空に はっきりしない薄い雲
今にも消えそうな雲をみて 今日もなんだか憂鬱な気分

高い所ではずっと強い風が吹いている
じっと見てると不思議な感覚に襲われる
まるで今の自分とは関係ない もう一つの世界を見ているような

さびれた公園のさびだらけのブランコは
弛緩した空気の中 キーコキーコと揺れている
見も知らぬ親子が戯れている
その声はずっと遠くに聞こえる

何もすることがなく家に帰り
何もすることがなくテレビをつける
NHKで喉自慢
顔を真っ赤にして飛び跳ねる女子高生

ずっと昔にもこんなことがあった
ずっと昔にもこんな気分でいた
ふとひたるノスタルジー
終わりなき日曜の午後




25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)