5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〜oreは死人〜 

1 :oredayo:02/10/21 23:05 ID:uGLhElGM
ああ〜弟よ・・・(いない)、俺は泣く
俺詩にたもうことなれ
過に逝きし俺ならば
親の情けまさりしも、
親はちくわをにぎらせて
人を頃せておしえしや 

         〜与謝野晶子風〜 

2 :名前はいらない:02/10/21 23:20 ID:uCO7o3G9
2
g
e
t



3 :名前はいらない:02/10/22 00:45 ID:qHOc9tFX
3頂きました。

死して屍シシカバブ

4 :名前はいらない:02/10/22 00:49 ID:a0KgnxKk
氷室に扇持ち込んで凪の静けさ

5 :うたた寝死人 ◆WvShSU0mOg :02/10/22 07:05 ID:ss2sH4JH
 「水死体の夢」

たふゅ     ぽ                     ぷ。
とふぉん     る                    
砂の白に 光の網                  ゚
                         
数メートル上の水面に                 ゚
イワシのうろこ色が縞になる            り 。
                     
ふやけて膨張した私から          ぷ
小さな泡が 生まれて生まれて         こ
 じぐざぐと昇っていく           ゚
置き去りの私は 底            ゚
                          。
                      。
ざぬ...... とぅふん......        。
尾ビレが停滞を打ちつけ      。
私の上に積もる時間     。
肩とわきと  埋まる     。
魚影も消え 夢だけが  ゚

じゅぎり

 手首がめくれて
 体が傾いだ
崩れた肉から立ち昇るのは
妄想ではなく 希望

(あと少し・・・ )  食い散らかされた腱と筋肉
(あと少し・・・ )  ずたずたに 切れた結合


6 : :02/10/22 07:06 ID:ss2sH4JH

私を闇に縛す縄が
残る繊維に歯を立てて
張り 伸びる桃色は 端々から  ッツ ツツプツ ツツチツ...

溶けたアミノ酸に濁って のぞく カルシウム

そして ついに私は
指骨を捨て  捨てて!

上へ! 上へ! 上へ!!!!!!!!





                                     海水を 押しのける眼窩を  再び灼く空の青―――


7 :うたた寝死人 ◆SIBITp2nLc :02/10/22 07:15 ID:ss2sH4JH
生者の池に 垂らす釣り糸 今日は死人がいくらかかるやら

                      トリップこっちにしておけば良かった・・・

8 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/10/26 04:29 ID:pYogwnJz
生きてるような、死んでるような
日常はそんな人々の群れで彩られてる
いっそ、あなたのように「死人」を認識出来るなら
これほど、半端な人々が
世界多うこともなかったのやも知れず
そうして、僕自身もまた、どちらに行けず
狭間で、半端に、藻掻いている
現実

9 :うたた寝死人 ◆SIBITp2nLc :02/11/08 10:06 ID:yylqWq2t
   [昇天]

 亡霊が居た
狭いままで失った世界が
悲しくて悲しくて悲しくて
入ったことのない路地に弾かれて   眼差しに憂い

 骸骨が居た
竹林で人知れずに散らばる身が
寂しくて寂しくて寂しくて
在りし日のコートの 襟を立てる

 屍が居た
命が尽きたことに気がつかず
惰性と惰性と慣性と惰性で
緩慢と  何をするでもなく

 火の玉が居た
体を沈め侵した海が
憎くて憎くて 憎くて
干上がらせてやろうと  猛く赤く


落ち葉の匂いがする公園の ベンチに3人と1匹
亡霊と 骸骨と 生ける屍
松ぼっくりの上に 火の玉
新聞紙にくるまれた焼きいもの赤紫からのぞく山吹
変わり果てた冷たい手の中で しあわせが湯気をたてている


 彼らの 控えめな口が 焼きいものほくほくを含んだとき


10 : :02/11/08 10:09 ID:yylqWq2t

おいしいなぁ、というため息が
聞えたような気がしたけれど
ベンチにはコートと生ける屍
冬の そ知らぬ顔をした風

おかしいなぁ、と閉じかけの目蓋で
屍はコートを着た
ぷ、ぷ、ぷ、ぴぅ おならをしつつ
生ける屍はぼうっと
惰性で ぼうっと


11 : ◆SIBITp2nLc :02/11/27 04:47 ID:fmYGZo7r
   [心配なんだ]

もっと駄目な男だと そう思っていたのだけれど
俺もいつしかいっちょ前に 親だったらしい

もちろん
死にたくなんかない
どうして俺だけが とも吠える
理不尽に正体などないから 殴れば全て八つ当たり
 カーテン引きちぎりレールを曲げ
 ふすまを蹴っては穴開ける
 手当り次第落として放り投げて  無駄に抗った後

息をつきながら想うのは

不幸な俺じゃなく
馬鹿をやっていた頃でもなく
残された短い未来でも手の痛みでも泣いているあいつでもなく

 お前のことなんだ


お前はしょっちゅう転ぶから ちゃんと地面を見て歩けよ
お前は男の癖に弱いけど いじめられたりすんなよ
お前は風邪をひいてばかりだから 好き嫌いを言わずに食えよ
お前はただでさえ女々しいんだからもう何があっても泣くな

なあ         泣くなよ?

お前のことが心配なんだよ ほらまた鼻水出てっから
お前俺に似て駄目なガキだから 本当に心配なんだよ


12 : ◆SIBITp2nLc :02/11/27 04:48 ID:fmYGZo7r
何も分かってないくせに
そんな目で俺を見上げてんなよ

どうしてそう馬鹿面なんだよ


ボロボロになった俺たちの 俺がズタズタにしちまった部屋で
お前一人気持ち良さそうに寝て
俺の腕が重くて熱い

お前が 心配なんだよ            俺は 心配なんだよ

俺やっぱ駄目な親父だな
ごめんなほんと


ごめんな


13 : ◆SIBITp2nLc :02/11/27 04:49 ID:fmYGZo7r
何も分かってないくせに
そんな目で俺を見上げてんなよ

 どうしてそう馬鹿面なんだよ


ボロボロになった俺たちの 俺がズタズタにしちまった部屋で
お前一人気持ち良さそうに寝て
俺の腕が重くて熱い

 お前が 心配なんだよ            俺は 心配なんだよ

俺やっぱ駄目な親父だな
ごめんなほんと


ごめんな


14 : ◆SIBITp2nLc :02/11/27 05:06 ID:fmYGZo7r
>>11-13
12は空白が消えてしまって失敗です、、13が正しい方。


しかしこのスレ何をすればよいのでしょうな・・・   >>1様ー
主人公が死人ならどんな詩でも良いのでしょうか、それとも
HNが死人っぽければどんな詩でも良いのでしょうか。
微妙です、、

正直云いますと、このスレをコッソリ乗っ取ろうかと思っていたのですが
好きな詩を書いて良い筈のスレはもうありますし、
詩作スピードは遅いですし、その割に廻りたいスレが多いですしで
私の能力を鑑みるに非合法に自スレだなんてやぱ100年早いみたいでした。

自スレ化計画破綻ー(笑)

チョト記念的な詩もあるのですがdat落ちしても泣かナヒヽ(´w`)ノ  
板の為にはむしろ落とすべきなのでしょうな。 
 あ・・・激しく雑談すいませんでした(でも多分どなたも見ていないと思われ、、)。

15 :むこうの317 ◆317..n/Ke6 :02/11/27 13:53 ID:WEOsULyp
( ´,_ゝ) プ

16 : ◆rift.1dHPM :02/11/28 16:21 ID:3qW7VvFB

│゚)


17 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/11/29 02:50 ID:r7u8RlCd
落とすなんて言わないでください。
泣きます(ああ、最近こればかり言ってる……)

落ちないように地味に派手に保守カキコに来ます……。
覚悟してくださいね?(顔文字的には、ニパッ。の笑い)
であであ……。

18 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 09:22 ID:ZZEApRNo
ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


19 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/12/04 01:40 ID:mpG/5agW
巻き込まれないように……
あえて、さけましたね?(w

20 : ◆SIBITp2nLc :02/12/04 02:27 ID:kYyxAUlx
>>19
ちぃ、見つかりましたか(笑)。

圧縮要望スレにも一応、
「スレッド圧縮まで一週間程度猶予をくれ」という書き込みがあったようなので、
多分他のスレ保守してまわるにはまぁ、何とか時間があると思います。

と云うわけで途中で保守さぼりつつ。
でもここだけは最後まで避けようと企んでいたんですけどね(笑)。

21 : ◆SIBITp2nLc :02/12/07 05:10 ID:XeXWzGNI

[小部屋から]

目覚めたら
凍死していた

もう起きなくても良いのかぁと
意識の白い束は伸びて
糸巻きもない空に抜き取られ
抜け殻は笑いながら冷める

おはようそして おやすみ
みなさん

22 : ◆SIBITp2nLc :02/12/09 23:43 ID:0unLUOVq
死して屍 歩くことなし
とろとろうたた寝 落とす文字文字

IDテストたぁ死んでも云えぬが
死んでるからまぁ 良いかね良いか寝⊂⌒O。Д。)⊃

23 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 15:17 ID:TV+iCwsX
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


24 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/12/14 15:47 ID:Dnyfdkjd
煩悩を捨て去り
死人になりたい
死人になりたい

夢も希望も
時に残酷で

だから

死人になりたい
死人になりたい


(保守)

25 :むこうの317 ◆317..n/Ke6 :03/01/11 15:32 ID:XOC4Ru9J
死人のように
ただ
虚空を見つめ

ーーーーー

俺も保守

26 :山崎渉:03/01/20 09:36 ID:ktp24cuz
(^^)

27 :名前はいらない:03/01/21 01:13 ID:lWqpC4ym
死ねない
 死ねない

  それだけ
   たぶん

28 : ◆SIBITp2nLc :03/01/21 03:24 ID:38jOLxzS
   [墓参り]

ご結婚おめでとうございます
昨日葉書が届きました
最後にお会いしたのは
一昨年の 夏
「彼女ができそうなんだ」 と
おどけない眉毛で


 背中に当たる第2ボタンの彫りが硬くて
 3分ほどの体重を
 預けたり 取り返したり
 貴方の腕が私の前で交差することもなく
 私は悪態ばかり投げ
 「好き」を口で量産しつつも
 貴方の腕が私の前で交差することはなく


墓石も置かなかった原から
貴方の便りが其処此処生えて
風が幾分冷たいこんにち
ご結婚おめでとうございます
貴方は私をしっかり殺し埋めてくれたでしょうか
「良かったじゃないですか先輩」
一昨年の夏と同じ口調に寿の水引を添えて
ご結婚おめでとうございます
私もおどけない眉毛で

29 : :03/01/21 03:25 ID:38jOLxzS

にょきりと伸びた思い出に
貴方の幸せが今満開で
むしる私の目に鮮やかです
ご結婚おめでとうございます

 5年前より素直な心で
 一昨年よりも負けましたの顔で

ご結婚おめでとうございます
お幸せに先輩

30 : ◆SIBITp2nLc :03/01/22 04:01 ID:8+24cnK1
 〜oreは死人〜 1ゲト!

200と300はオレのものと
颯爽と青年が攫っていく
500ゲトズザー――と滑りながらも
502の男に歓声が飛ぶ
900後半のスレで期待が放物線 カウントダウン

錆びの浮く焼却炉の北側で
灰ほど脆い30ゲトをする
 oreは死人

31 : ◆317..n/Ke6 :03/01/22 19:50 ID:BYXlR04Y
>>30
何か一部、、俺の事が言われてる気がしないでもないんだが、
気のせいかな、、

32 : ◆SIBITp2nLc :03/01/22 21:27 ID:KQ4rThEU
>>31  (・∀・)ニヤリ

しかしどんどん痛々しさを増すスレだなぁ、、、

33 : ◆317..n/Ke6 :03/01/22 21:31 ID:BYXlR04Y
>>32
しかし、つくづく思うんだが、ホンットタイミングが悪いよな。
ていうか、トリップそれに変更か?
なら、プロフの方、変更するが。

34 : ◆317..n/Ke6 :03/01/22 21:32 ID:BYXlR04Y
いや、このトリップ(SIBIT)じゃなくて、もうひとつの方だ>上専用?

35 : ◆SIBITp2nLc :03/01/22 21:52 ID:KQ4rThEU
>>33‐34
ああ、そうなんですよな。
いい加減出現スレと共に訂正希望を出そうと思っているのですが
遅々としてましてね・・・。

 "追加"という形にしてもらおうかと思っています。
新しいのはトリプのみでレスつけても丸分りなのでチト使い勝手が悪(笑)。
 まぁその内に、恐縮ですが宜しゅうにレス を付けに行きますので
それまでお気遣い無く。他コテ様作業でお忙しい中どうもでした。

36 : ◆317..n/Ke6 :03/01/22 22:01 ID:BYXlR04Y
>>35
了解。
んじゃ、訂正キボンヌレスが来るまでそのままにしときますわ。

37 :名前はいらない:03/02/17 08:34 ID:E6wUz8B/
旅行詩キボンヌ。

38 : ◆SIBITp2nLc :03/02/20 03:53 ID:5B7VyjVd
  [ハレルヤ!!]

それにしても晴れは良い
思わせるのは雨上がりの朝
町は水槽に沈められ
一斉に泡を昇らせる
標示のラインの鮮明たるや!

用もないのに走り出すのは
出目金ではなくテトラだからだ
コートの袖が飛行機雲を引いて僕を迎える下り坂!

 まだ辛うじてふやける蚯蚓を百舌がくわえて行く
 丸いのや痩せたのや小さいの 雀達が地面を転がる
 ガード下の流水が歌う 変速リズムの羽衣シャンソン

眼鏡を外し僕は断言する
冬はつとめない!
肩の清少納言も渋々承諾する
冬はつとめない!
あはれより愉快愉快快見事
雲を纏い睥睨す旭たるや!
宝くじ助成金の花壇たるや!
春とばし現れし夏たるや!
かの水面で跳ぬるこの身たるや!!

今日の日の 始まりにハレルヤ!!!


            *「冬はつとめて」 冬は早朝(が美しい)、とした清少納言の随筆、枕草子の一節。
                     寒がりとしては9時以降こそがおかし、と思ったりと。


39 : ◆SIBITp2nLc :03/02/20 03:58 ID:5B7VyjVd
>>37
どうもです。
けれどあまり外に出なかったので、全く旅行という感じではなく。。
 きた、見た、寒かった みたいな記憶しかありません。

これから新幹線に乗って・・・と夢見がちに家を出たときに作っていたヤツ
(旅行の1番最初の詩と云えなくもない、、)で勘弁して下さい↑38。

40 : ◆SIBITp2nLc :03/03/09 20:18 ID:SeRR8oG+
 〜oreは死人〜 2゚

居酒屋で気の合った同士が
大ジョッキを割れるほど打ち鳴らす
くたびれた男は十八番を唸り
背伸びした青年は笑い止まず
頬染めた女は博愛を配る 天使のように

酌み交わす相手を得られないまま
火照りを1枚2枚散らしている
 oreは死人

41 : ◆SIBITp2nLc :03/03/11 21:13 ID:0SUFqolJ
 〜oreは死人〜 子供3枚

マラカイト色のカード片手に
春用コートが羽ばたく改札
折りたたみ杖の婆様方も
よいせベンチから腰を引き剥がす
1時間に2本の下り電車を送り出そうとベルが終わりかけ  残響

認識されないプッシュも恨めしく
券売機と延長戦に入る
 oreは死人

42 : ◆zDxz9OdTFw :03/03/14 14:25 ID:oKG88v1q
test

43 : ◆zDxz9OdTFw :03/03/14 14:27 ID:oKG88v1q
何ヶ月か前からおかしいなぁとは思っていたんだけど、
嫌われているのだろうか?恨まれているのだろうか?
不快な思いをさせてしまったかもしれない。
わかってると思うけど、俺はこのままだったらどうにもならない人間だよ。
暇も持て余している。
何かの縁だと思って、よかったら話でもしない?
うざいって言われてしまうかな。
でもこのままじゃ、なんか寂しい関係だと思うけど。
男になりすまさないで、女性として書き込んで欲しい。
これは、詩じゃない。人があまりいないみたいだから
このスレで話をするっていうのはどうだろうか。

44 : ◆SIBITp2nLc :03/03/14 14:43 ID:TegWj7JB
>>42 testて(笑)

>>43 すいません、頭が悪いので話がチョト見えていません、、
    どなたかと人違いなさってますか・・・?
    うーむ、、取り敢えずどなたなのかIDを確認してきます。

45 : ◆SIBITp2nLc :03/03/14 14:51 ID:TegWj7JB
申し訳ありません、分りませんでした、、、、、、ぅう

46 : ◆zDxz9OdTFw :03/03/14 21:14 ID:oKG88v1q
今日のマネーの虎は熱かった。
ちょっと胸を打たれたな。
こまごまとした話をするつもりはないので、よかったら話でも。
最近、体もへとへとになってきてるのでネットとか長時間はできないけど、
このスレは見に来るので。
俺もよくわかってないので、わからないのは当然かもw
testっていうのはベタだったかなw トリップとか付けたことないんで。
まぁ、春だしネットとかやってる場合じゃないかも。

47 : ◆zDxz9OdTFw :03/03/14 21:20 ID:oKG88v1q
◆SIBITp2nLcさんってここの住人さんみたいですね。
失礼しました。消えますので、詩を続けて下さい。

48 : ◆SIBITp2nLc :03/03/14 22:06 ID:TegWj7JB
>>43
すいません、
まさか詩(または他の方への呼びかけ、でしょうか)とは思いませんで、、


スレを立てられたようですが、
また気が向きましたらお好きなようにこちらにも書き込んで下され。
もう絶対、邪魔はいたしません故 。

本当に申し訳ありませんでした。

49 : ◆SIBITp2nLc :03/03/14 22:07 ID:TegWj7JB
>>47
ああああああああああああああ 本当にすみませんでした、、、

50 :Mew ◆uSezxvwowc :03/03/16 22:21 ID:sBmuFUwS
|д゚)<ドタバタしてますね

51 : ◆SIBITp2nLc :03/03/18 15:56 ID:G6VXR6gd
>>50  ・・・ 傷口に塩を塗り込みナサンナ ヽ(`死´)ノウワァァン!!

    スレ、最深部到達おめでとうございました。

52 :Mew ◆uSezxvwowc :03/03/18 19:48 ID:ZU1YBNXr
びっくりするほど沈んでしまった、、

53 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :03/03/19 05:34 ID:e8JmNtH1
− 黒 青 桃色 −

詰まっているのは
ピンクの綿菓子

空に引っ張られて
私の死体が浮いている

優しい気持ちがふわりと
私を空へつり上げる

優しい言葉がほんのりと
死体の私を染め上げる


どたばたが収まって良かったですな……(笑)
私は元気復活ですが、読書が私の楽しみを邪魔しているのです……(涙
(あなたが)新天地へ向かう前にいずれ……。

54 :名前はいらない:03/04/14 06:13 ID:bjO1Lm26
死人だろうて
日々を楽しく
忙しく満たす

それも良いと
眺める 僕は

朝日を浴びて
塵芥の存在へ

吸血鬼ばりに
布団へ逃げる

もう、朝なんだよ

55 :山崎渉:03/04/17 14:42 ID:h0xijIvJ
(^^)

56 :名前はいらない:03/04/18 04:58 ID:3lOY+vGI
− 幸 せ −

世の中は不公平なもの

不公平の山から 一握り

半死半生のわけまえを貰う

世の中の不公平さなど忘れる

楽しいわけまえに 笑う

57 :山崎渉:03/04/20 01:41 ID:3rQpfsMd
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

58 :Mew ◆mewrkbizfg :03/05/02 20:48 ID:qxwozzcN
タルー
     ,.、,、,. ∧_∧,_ タルー     /i
   ;'~;...::⊂(´∀`⊂⌒`つ:::`゙:.:゙:`''': -‐i
   :';: ...:,.: .、.:...: ,:. :.、.:',.: .:::,.: . ::,;;;;:'゙~' ̄
   '、;,.: .:: : ...: ,:. :.、.:'_;.;;..; :..‐'゙


59 :山崎渉:03/05/22 03:21 ID:HGif30+j
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

60 :山崎渉:03/05/28 11:05 ID:91alohpq
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

61 : ◆SIBITp2nLc :03/06/02 00:03 ID:PGre+PT0
 [浮遊霊と家と近所の猫と]

下らないと吐き捨てて
勝手に消えろと背を向けたボロ屋が
都会の只中で未だ潰れずに 残っている

光線を透過させては響く ラムネ色の証券ビルや
マジックミラーとふちの御影石が淡々外を映すバンクの
谷間の暗がりに
木造の廃屋

大破した西の壁をくぐれば
俺が食いかけたコンビニ弁当が
幾分かの埃を被りつつも昨日のことのように在り
東の壁には大きくネコの絵
南の窓辺に点々吸殻
落ちそうな屋根を補修した跡やつっかえ棒が諸所に見られ
椅子の上陽気なビンからは奴が好きだった酒の匂いがする


夜風が静々と回遊する此処は少なからず好ましい
屋根の穴から降りてくる星は少なからず 愛おしい

砂の積もる床に薄っすらついた手形に指を這わせ懐かしもうと
自縛霊でないこの身は

立て付けの悪い戸を開けたままによたりよたり
 出て行く

ひしゃげた障子の一区画だけ新しく貼り替えて

62 : ◆SIBITp2nLc :03/07/01 02:09 ID:bgmZL9uy

私が老い
雲は流れ

私が臥し
天は高く

私が逝き
空は青い


生在るうちは只只管
抗し難いこの小ささに泣く
涙とてすぐ乾くと知りつつ
声とて誰に届くでも無しに

63 :山崎 渉:03/07/15 12:06 ID:7z6F/fGC

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

64 :山崎 渉:03/08/02 01:24 ID:8+jueK0E
(^^)

65 :山崎 渉:03/08/15 13:22 ID:5TkIaFn9
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

66 : ◆SIBITp2nLc :03/08/21 00:05 ID:9lS6js4E
[DE MACHINE VAN BLIK]

夜に電池を入れなおす
単三1個で1日もたせる
使い止しのマンガンを入れた朝は
再起動までもvriezen

胃壁が酸で錆付いても
穴が開かないと修理に出せない
工場からいつか出る修理費は
体のいい手切れ金だから
俺達は正常に作動する
回路の二つ三つ 焼き切れようと

何日も拝んでいない夕日は
煤煙まみれの施設野を
燻らせながら過ぎているだろう
束の間の静
泥縄の安息
邪悪な旭はすぐ昇る

De Machine van blik
De Weg van lood
Wens onder schrootijzer
Slaap slaap slaap

De Machine van blik
De ernst die weergalmt
De regen die de afvalolie raakt
Slaap slaap slaap


67 : ◆SIBITp2nLc :03/08/21 00:06 ID:9lS6js4E

*止サし vriezen=(蘭)freeze(英)  煤煙バイエン 燻クスブらせ 静セイ
 De Machine van blik(蘭)ブリキの機械
 De Weg van lood(蘭)鉛の道
 Wens onder schrootijzer(蘭)屑鉄下の希望
 Slaap,slaap,slaap(蘭)眠れ、眠れ、眠れ
 De ernst die weergalmt(蘭)鳴り響く重力
 De regen die de afvalolie raakt(蘭)廃油を叩く雨


「,」入れ忘れるはsage忘れるはと散々な、、、

68 :憂鬱 ◆SCodz99rtY :03/08/21 00:48 ID:3gJhZHqy
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< 先生!先生がカタツムリでなく
 _ / /   /   \       slak だったとは知りませんですた 
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ _________________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||

69 : ◆SIBITp2nLc :03/08/21 00:54 ID:9lS6js4E
>>68
同じじゃないですか、、           slak→  @y

70 :憂鬱 ◆SCodz99rtY :03/08/21 00:56 ID:3gJhZHqy
>>69
ほら、エスカルゴとか異国語に直すと高級そうに聞こえるじゃないデスカ、、

71 :名前はいらない:03/08/22 21:39 ID:EDDTHswe
http://book.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1052057119/l50

72 :Mana魔名:03/10/09 01:21 ID:H0/HYENc
obscure baby try to cry and fly dry air
rotten strawberry bury very deep 雲の谷間
enormous shadows is reflecting on the mirror door
はずかしげを捨てて 腐った欲望をドロドロに吐き出せ
死の影と重なれば 天空の彼方へ解き放たれるだろう
人の枠を超えたとき 祝福されし赤子になれ Neo grotesque

73 :Mew ◆mewrkbizfg :03/10/17 14:57 ID:kg6aBTae
       ∫
     ∫
   /■\∫
  ( ´∀`)、ハフハフ、ホシュ。
  (つ=||||_⊃__
  ̄ ̄\≠/


74 :Mew ◆mewrkbizfg :03/11/22 04:13 ID:U+YchH+o
         ∧_∧
        ( ´∀`)
     \  /,   つ
こんにちは >(_(_, )
     /   しし'


75 :Mew ◆mewrkbizfg :03/12/26 16:49 ID:xPbDFgiq
 ヽ(・ω・)ノズコー
\(.\ ノ
     、ハ,,、  ̄


76 :名前はいらない:04/02/05 22:06 ID:99xFkDKI
てこー。

77 :名前はいらない:04/03/03 16:38 ID:FXiDbrt2
test

78 : ◆SIBITp2nLc :04/03/05 00:24 ID:AQL6vrW2
[下り階段での思索]

望むから
得られず打ちひしがれ
期待して
叶わず悲嘆する
自分を信じてはその度
限界と現状に阻まれる

そのうえ手に入れたものですらも
いつかは失うというのだから

幸福は存在するのだろうが
こちらに回ってくる事はない
目の前には終わりが横たわり
始まりは芽吹く度葬られる

およそ全ての文章にはnotかneverが挿入されている

目を開いてはいけない
そ知らぬふりを続けることだ
さも願っているふうに
微笑みという表情を模して

嘆くことはない
これが世界の摂理なのだから
涙を集めて海はより広く
これまでそうしてきたように
これからもそうして深くなる

79 :名前はいらない:04/03/09 21:55 ID:whPWRLIX
てす

80 :名前はいらない:04/03/18 22:59 ID:VaXvt6Bg
いろいろ落ちてる
死んじゃったスレが多すぎ
つまらんことだ

81 : ◆SIBITp2nLc :04/03/20 11:00 ID:l//mh8mj
>>80
なのにこんなスレが生きている、と。
申し訳ない、、、

あと少しで底ですねぇ、このスレも。

82 : ◆SIBITp2nLc :04/03/20 11:01 ID:l//mh8mj
  [Endless]

従業員通用口を出ると
いつものように暗いだけの空
「wonderful.」
呟きを夜に蒔けば
月の金が天を占める

波音は桜花のように
クレーター目指し流れていくのだ

土がぽっかり口を開ける鉢も
傷んだ踵が脇を抜ければ
「happiness.」「happiness.」
ピンクシルバーの文字を跳ね上げて
チューリップが芽吹き色付く

腕を貫く零時の風には
クリオネが混じり始める

83 : ◆SIBITp2nLc :04/03/20 11:02 ID:l//mh8mj
"わきまえた"足はコツカツコツカツ
規則正しく前進を続ける
背後の光景を
痛い程分かっているのだ
病気がちな眼は胡乱に泳ぎ
捏造できそうな切片を探す
コツカツコツカツコツカツ
早めても現実を追い越せない

ループして昨日が今日へと変わる
寮の階段は絞首台へ伸びる
死に切れずにまた収められる独房で
いつまでもNo.203

84 :ρ(=$ω\)ノ さぃきょぅ ◆PsyCHO8eyE :04/03/23 16:58 ID:rOd+5Lts
着底寸前で鯖移転に伴うシャッフルか。
どうせならTop10内に入れば面白かったのになあ。

85 : ◆SIBITp2nLc :04/03/24 00:00 ID:r/hSXfr5
あと少しで底辺でしたのに何たる事、、、、、、

86 : ◆SIBITp2nLc :04/03/24 00:02 ID:r/hSXfr5
                                            orz...







クハー sageすら残ってなかった模様。

87 :うたた寝死人 ◆SIBITp2nLc :04/04/22 12:27 ID:QKGdj42v
 [サンタマリア]

私という容れ物は
つま先から頭のてっぺんまで
亡骸でいっぱいになっていて
口を開いてしまおうものなら
紙細工のようなそれが次々
微かな音を立てて地に落ちる
拾おうと伸ばす指をかすめもせず
さして強くもない風に攫われる

慈悲深きベツレヘムのマリア
私の子は皆死んでしまった
完璧な息子をと求めるあまり
未完の命を丹念に潰した
見えるだろうかサンタマリア
私の指先は細い悲鳴でブルーグレーに染められている
割られた卵殻とえらのある肉と
そんなものの輪郭に苛まれ
嘔吐してはそこにまた骸を認めるを繰り返し
殺し
嘆き
口付け 他方で打ち捨てる

私は生まれなかったものの母
孵らない卵を暖める親
罪深きマグダラのマリア
お前のさんざ流した蜜ですら渇きが癒せようというのに
埋もれるようにしてかき抱いている組成式のような器たちに
私は乳の一滴も落としてやることができないでいる
慈悲深き 慈悲深きサンタマリア
止めどなく生まれ出ようと湧き上がる余りに欠けた娘たちは

88 : :04/04/22 12:28 ID:QKGdj42v
私の悲鳴を声帯のその奥から塞いでしまっている
光はどこに消えたと云うのだ
空はどこに在るというのだ
どうすれば涙が頬を伝う
微笑の下サンタマリア
侮蔑するのならば寧ろ殺せ
穢れなきサンタマリア
お前の悪意で増すばかりの胎動を
いつまで終わらせ続ければ良いのか
お前など
私など
何も知らずに点る我が子よ
死んで しまえば良いのだ

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)