5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1 :はな:01/10/19 23:16
  <<声>>
ねぇ。
声を聞かせて。
その優しい音を耳元で。
どうか、消えてしまわないうちに。

2 :はな:01/10/19 23:22
  <<空>>
今日、虹色の魚が
空を泳いだよ。
だから、明日は
雨が降るね。

夕方、西ノ空に
ネコの目の月が昇ったよ。
だから、明日は
風が吹くよ。

夜に、ぎんやんまが
窓を叩いたから
きっと、明日は
いい夢だね。

3 :名前はいらない:01/10/19 23:28
声が聞きたい今すぐ
もうどうにかなりそうだ

早く声をくれ
安心を、くれ。

4 :さち:01/10/19 23:31
 明日は早いんだ と言われた
 役立たずの回線

 愛がふくらむ
 この部屋の枠組みを越えてしまうよ
 愛が愛を欲しがる
 カラーTVの中からこっちを見つめてる

 あのころは本当に楽しかったな



はなさんはじめまして、ポエム書いてみたよ
こんな悲しいのしか今は浮かばないよぅ…(ぐすんっ

5 :はな:01/10/19 23:35
<< くちづけ >>
 
  瞳を閉じて。
  祈りを込めて。
  愛を語るもの。

6 :はな:01/10/19 23:42
>さちさん
 はぢめまして。
 役立たずの回線。は右に同じ。
 悲しみを知らずして、優しいものはわからないから。
 あのころがあって今があるよね。
 今もそのうちあのころに変わっていくよ。 

7 :はな:01/10/20 00:23

  <<さようなら>>
わたしがあなたに
あげられるたった1つの
ものだから、わすれずに
しまっておいて
「さようなら」

8 :さち:01/10/20 00:33
>6
アウッ!はなさん、深いお言葉ありがとうです。


夕べから
生まれたがっているリズムがあります
何度も何度も打ち付ける
私からそれを
奪ってしまえるあなたは
どうかこの鼓動を聞かないで

私はたかが覆う殻
そんな躍動をも
隠してしまうから
私は遙かをうち消しては
点在する跡形で
それはリズムとは
呼べないとおもう

一昨日きみは言った
胸がドキドキするあの感じって
それは私よりもきっと前の記憶
解き放ちたい
胸のリズムを

9 :はな:01/10/20 19:24
<<いろいろ>>
色々十色。
何色?赤色。

色々十色。
赤色?黄色。

色々十色。
桃色十色。

色々十色。
赤色割れた。

色々十色。
明日は何色。

10 :モル:01/10/20 19:27
おかえり

11 :はな:01/10/20 19:29
>なんとなく書いてみました。
お芝居小芝居大芝居。
切った貼ったの人情酒場。

お芝居小芝居大芝居。
べらんめぃのこんこんちき。

お芝居小芝居大芝居。
おれにほれちゃぁいけねぇよ。

お芝居小芝居大芝居。
浮世雲になびく髪。

お芝居小芝居大芝居。
東男に京女。

お芝居小芝居大芝居。
今日はこれで店じまい。

12 :名前はいらない:01/10/20 19:42
自意識過剰勘違い女は痛いな。

13 :名前はいらない:01/10/20 19:45
sage

14 :とかげ:01/10/20 21:04
>>12 sageさんへ
  まあまあ。
  そこが女なんだし。
  そこがかわいんだし。
  と、思いなすって。

15 :はな:01/10/22 20:59
雷鳴が聞こえました。
非道く心細い。
白い百合が
雨に耐えていました。
遠くの方の山が燃えました。
今日はあたしの誕生日。
鴉は鐘楼で鳴いていました。
風は音を運んできました。
ただただ、音を運んできました。

16 :名前はいらない:01/12/09 01:12
>電波は放置。議論の名を借りた煽りは放置。放置するコトも覚えよーよ。

そうですね、事実を言ったつもりでも耳に痛い言葉だと煽りになってしまいますね。
すみませんでした。

17 :ホソダ:01/12/20 00:24 ID:ZRNiPfpD
ここ、おちつく。

18 :王蟲:02/01/18 09:01 ID:xfpt8GfL
あの雲に乗って
あなたのもとへ行きたい
あの風に乗って
あなたの胸の中に飛び込みたい
山端を越え
川原を過ぎ
里山の向こうにいるあなた

19 :ポリアンナ(仮):02/03/13 05:35 ID:???
そこは契約駐車場
といっても停まるのは車ではなく
高く純粋で終わりのない大空を飛ぶ飛行機です

そこの管理人はとってもおおらかで
利用者たちの自由意志にお任せ
これというルールはありませんでした

有名無名 数え切れぬ程のパイロット達が
力の限り天を駆け抜け 草臥れた体を休める
その中間ポイントとして
お互いがお互いを挑発はすることがあっても
殺し合うことはなく 自己責任のもと
力の限り 安全な飛行を楽しんでいました
多くの人は 本当は危険な飛行をしたい
もっと大きな飛行機で いや

戦車で 潜水艦で ヘリコプターで スペースシャトルで 自動車で 馬車で 大八車で 人力車で<以下略>

色んな夢を描いて
取り敢えずは この小さな飛行機で楽しいフライトを続けていました
勿論、中には 
兵隊さん 指揮官さん 技師さん らの 戦闘と無関係の市民以外の人達もいました

(軍人と一般市民(退役軍人)の間には 複雑な感情があったのですがそれは別の話)

20 :ポリアンナ(仮):02/03/13 06:08 ID:???
そんな場所で
ある日

ある男がある女に魅了されました。

それは恋だったのでしょうか?
それともただ必要としただけだったのでしょうか?
こんなことを書いている私にも、分かりません。

とにかくその男、仮に名前を”シド”としておきましょうか。
シドは、その女(こちらは、レイラとしておきますね)の事を考えました。
シドは頭は悪かったのですが、時に悪魔のように人が言われたくないことを口にする癖がありました。その時だけ、妙に切れるのです。気持ち悪い男。いや、実際は人並みですが。

でも、とにかくレイラに近付きたかった。それだけだった。その姿を求めた。
それで、その悪癖にはちょいとお休み願いました。
毎日纏わりついて、お零れを恵んでもらえるようになりました。
彼女のことなら大抵どんなことでも受け入れる事が出来ました。

そう、レイラはコックさんでした。
何とも言えない料理を作る。彼女だけの味。
シドはそれが好きでした。実際、更に好きになりました。
それに彼女は料理が嫌いではないようでした。
毎日多くの料理を作り続けていました。

(その前は、同業者の、食料品関係業者の誰もが無視できない
優れた漁師でした。
自分の海を知り尽くし、その世界を時に広げたり、縮めたり、大胆に変えたりしながら
一流レストラン、料亭に食材を提供し続けていました。
そこで味に魅了された客が直接、彼女に魚を求めて押し掛けたなどという話も聞きます。
ベテランですから、多くの逸話があるでしょうがそれは私の預かり知らぬところでございます。)

21 :情景描写撮影所:02/03/19 04:55 ID:???
あなたの声がここにある。
わたしは静かに前を見る。
そして耳を静かに塞ぐ。
やわらかく、なまぬるく。
水と共にたゆたうように。
どこかにいるあなたに。
邪魔にならないように。
あなたの声をただ。
あなたがここにいるように。

22 :情景描写撮影所:02/03/21 02:59 ID:???
くずれさった波間に揺れる
白い泡にそっとキスをして。
あるく素足にぬくもりを感じ
もうどこにもない音を探す。
手をふる影が嘘をついても
私が本物にしてしまおう。
それなら鴎に揺られていても
その声が全てを許してくれるから。

23 :情景描写撮影所:02/03/23 10:54 ID:???
枯れたよとぎに、叫ぶのです。
まっくろい紙に日記を綴るように。
感じるのです。
動物が。
空気が。
植物が。
人間が。
全てが生きている証拠を
まざまざと
瞳孔が開くままに
その壮言さに
震えるほどに。
そのために。
私は
夜中
叫ぶのです。
貴方に
何かを
伝えるために。

24 :情景描写撮影所:02/04/13 01:36 ID:???
笑おうか?と
貴方が言った
どうでもいいと
私が言った
声が届いて
誰かが泣いた

25 :情景描写撮影所:02/04/18 02:11 ID:???
二十番目のような
曖昧な位置が好き。
貴方の笑顔がずっと見られるじゃない。

26 :情景描写撮影所:02/04/19 23:31 ID:???
もうどこにもいないの、と
臥せた目をして何になる?

27 :情景描写撮影所:02/04/22 21:13 ID:???
届くことの自己満足に
勝手に涙をする わたし

28 :情景描写撮影所:02/04/27 02:54 ID:???
信じようとする
わたしは
あなたと
耳を
寄せ
そして
波長の水面に立つ

29 :情景描写撮影所:02/04/28 00:31 ID:???
わかっているとわらうあなたに
あたしはなにをささげられるのでしょうか

30 :情景描写撮影所:02/05/26 23:01 ID:???
死なないで

31 :情景描写撮影所:02/06/07 23:06 ID:???
ぼくのことばに
きみのえがおが
かさなって
ちぢまって
ばらーどににた
そのうたごえがうまれる

32 :情景描写撮影所:02/06/14 01:26 ID:???
みみのふちにあふれた
そのことばが
ぼくのため
きみのため
あいしゅうの
こどうとまじり
そっとよせあう
くちびるに
おつきさまがおもわず
まっかになる

33 :名前はいらない:02/06/21 03:15 ID:???
声をかけられて
立ち止まって
クビをかしげて
いつの間にか
ボクはボクではなくなって
違う誰かに
なったりする
そんなおかしな
日曜日の午後

34 :乞え:02/06/21 09:33 ID:???

(星ひとつない聖なる闇)


あの子は白い部屋で生きています
白い椅子に腰掛け、白い本を読み、白いペンで白い紙に白い絵を書きます。
白い濃淡は蛍光灯の白い光に照らされます。
白い瞬間です。
大抵は白いホルダーに閉じて白さを保存します。
でも、うまくいかないことも多くて・・・
白いごみ箱は白で溢れんばかり。
本当は、白い絵よりも白い紙くずのほうが好み。
白い絵は眺めるたびにますます白いけれど、
白い紙くずは同じ様子をしていないからです。
白い絵でいっぱいのホルダーを
白いクローゼットがいっぱいになるのは
遠い未来のこと。

35 :請え:02/06/21 09:34 ID:???
部屋の窓から
黒い人を時々見かけます。
中には、黒い音を立てたり
黒い絵を見せてくる人もいます。
「こっちにおいで いっしょに遊ぼう 黒と隣り合わない白は本物の白ではないよ」
黒い外に呼びます。
白が好きなので白いコートをまとい
見学させてもらおうと窓に近づきました。
黒い彫刻、黒い町、くろい黒い塔、黒い皿、黒い川や黒い山。
あくびをしたら黒。
寒さに震えれば黒。
耳をすませば黒。
走れば黒。
休めば黒。
何かしでかしたと言っては黒。
何もしなかったといっては黒。
どこも黒。
黒い人は歩くのが速い。
黒い世界に生きているのに
黒く染まりたくないようでした。
「本物の黒はこんなものではない」
黒い水たまり、黒い雨、黒い風。
黒く染まる機会は数え切れないほど。
黒い人の戦いは、黒くならないこと。

36 :A:02/06/21 09:35 ID:???
変な感じ。
黒に本物も偽物もあるの?
黒ければ黒。白ければ白。
あとは形でしょ?
あなたは
黒を知ることは好きですか?
黒い色が好きですか?
黒い臭いが好きですか?
黒い音が好きですか?

37 :Z:02/06/21 09:36 ID:???
分からない
黒はどれも少しずつ心地よいけれど
これだけで満足できるものじゃないんだ
君は知らないかもしれないが
黒は白と違っていろんな色が混じって黒になる
紫に近い黒もあれば、緑に近い黒もある
白に近い黒もあるんだ
本当の黒はやがて白になり輝く赤になる
黒と白は黒かったり白かったりするだけで輝いてはいない
それはともかく・・・・
白っぽいものは黒から生まれた白より白くはなれない
君は今の君の知る白より白い白が欲しくないかい?

38 ::02/06/21 09:37 ID:???
(自分の白を偽物と言われてカチンと来たものの
 本当の白への興味は隠せません)

39 :A:02/06/21 09:37 ID:???
今のわたしの白より白い白!?
欲しい!
でも、待って。
夜の黒は?
夜を照らす光の白は?
輝いていないの?

40 :Z:02/06/21 09:37 ID:???
「光る」と「耀く」は少し違うのだ。
闇を「光」で照らすと明るくなる。
しかし、照らすのを止めるともとの闇に戻ってしまう。
「輝き」とは、それがない時とある時ではまったく違う。
「光」と同じように、闇を照らすものだが
「輝き」が止んでも「光」が生まれるので暗くなる心配は要らない。
「輝き」は、多くの「光」が生まれる前兆でもある。
そして、そうやって生まれた「光」はそれぞれの輝きを求む。
光を生んだ「輝き」は、時が経つにつれ一つの「光」や「闇」になり
再び「輝き」を求めるのだ。

41 :Z:02/06/21 09:39 ID:???
そして「輝き」に照らされた「闇」は・・・

42 :Z:02/06/21 09:40 ID:???
輝きとは赤
光とは白
闇とは黒

君は「輝き」が欲しいかい?

43 : A:02/06/21 09:57 ID:???
いいえ。
わたしは「輝き」は好きだけど、「輝き」になりたいとは思わない。
とはいえ、わたしの白は
わたしがどんなにかき混ぜても黒くならないし、赤くもならない。
ずっと白。
わたしは、あなたの言う白っぽいものと白いものの区別がつかない。
白へのこだわりはある。白とはずっと一緒だったから。
わたしは赤を求めない白になりたい。
わたしは白になりたい。
わたしを惑わす赤や、わたしを見る黒。
わたしは痛くない白に。
そう、わたしはいたくない。
わたしは痛くない。
わたしは居たくない。
わたしは存在したくない。
わたしは白くないから。

44 : A:02/06/21 09:57 ID:???
わたしは痛い。
とても痛い。
わたし自身が痛い。
内側から痛い。
わたしのせいで痛い。
いたい。
居たい。
助けて。
白っぽい部屋から「黒・白・赤」に触れない。
わたしがあなたを白っぽい刃で刺し殺せば
「黒・白・赤」との接点は完全に途絶える。
笑うんだ。
目の前のこの人を傷つけてはいけない。
目の前のこの人を打ち据えてはならない。
わたしが打ち据えられなければならない。
どうやって?
殺したい。
どうやって殺したい?
口煩い目の前のこの人をどうやって殺したい?
どうやって傷つけたい?
どうやって責めたい?

45 : A:02/06/21 09:59 ID:???
<カット>
ううーっ。
白で誤魔化して口にしなくなっただけで、絶対乗り越えられていません。
男で偉そうな人は憎いです。心に棚のある人は憎いです。女でも同じ事です。
わたしは憎いです。無関心でなければ、殺したくなってしまう。
だからわたしはあなたに興味がありません。
眺めます。白っぽいわたしは気味が悪い。
嫌悪に終わりはありません。
失礼しました。

46 :肥え:02/06/21 10:00 ID:???
こうして弱虫は
同じ場所で
同じ相手を
殺そうとするのですが
自分が死んでしまうのでした。
勝利とは難しいものです。

47 ::02/06/21 10:00 ID:???
どういうわけか
負け犬はアイルランドへ。
老婆の売るミルクは何の味がするのでしょうか。
本当の幸いを求めるかの人の真似はうまくいきませんでした。

48 :ヨッパ:02/06/21 11:15 ID:???
君は遠くから来たね。
わたしは遠くのことは知らないが
遠い昔を感じることはある。
時間と付き合うことの出来ない人はいないからね。
わたしはとても古い時代に若くして生まれた。
きみは少し古い時代に若くして生まれた。
違うかね。
まぁ、いい加減な話だが・・・
ん。
ユダヤ人を迫害したことのない国がひとつあったそうだ。
それは、アイルランドだ。
なぜなら、彼等は自国にユダヤ人を入れなかったからだ。

49 :あ゛あ゛ああぁぁああぁああ:02/06/21 11:16 ID:???

苛めるんだ。
無視より、存在否定より、
(程度の問題はあるが)虐待のほうがはるかに正常なコミュニケーションだ。
嫌われろ。憎まれろ。
自分のためでなく、彼等のために憎め。
愛せよ。
憎め。


50 :Aは:02/06/21 11:18 ID:???
こう聞こえました。

「頭緩いよね、わたし」

51 :名前はいらない:02/06/23 02:21 ID:???
下世話な好奇心を声に出す誘惑
下世話な好奇心を声に出さぬ忍耐

繋がるべきは「心」のみ
いらぬものは捨て
いるものは守り

さて
ここから進むべき道は
互いに模索すべき
新たな道となる

52 :情景描写撮影所:02/06/23 15:42 ID:???
あの時言ったことが嘘であって
声が生ぬるい胎児の温度に似ていて
耳を塞ぐその一瞬に
貴方が垣間見える
この哀れな現有に耐えも出来ない私を
いつ貴方は落とそうとしてくれるのだろう
今にも私はまた耳を塞ごうとしているのに

53 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/06/24 00:48 ID:???
この角を曲がるたび
聞こえてくる
懐かしいあの人の声

この通りを歩くたび
聞こえてくる
もういないあの人の声

あんなに早い別れを
誰にも想像することなど
出来ずに

今でも
ふいにあなたが
「散歩かい?」なんて
のんびりと尋ねながら
自転車で通り過ぎる

そんな
白昼夢に憧れている

54 :ひとり:02/06/26 12:22 ID:???
わたしの中には泉があります。
そこでは精力という名の蛇が首をもたげます。
植物が小さく芽ばえるのです。
恐ろしいほどの希望が涌き出て
一瞬でわたしを強くし
精力に溢れた巨漢にするのです。
わたしは洞穴から出ようとするのですが
入口まで戻るのが面倒なので
そのまま飛び上がり山を突き破り外に出るのです。
すぐさま、熊やら大蛇やらと闘い、それらを組み敷き捻じ伏せます。
わたしは、これまでないほどに勇敢になって
自らの力だけで格闘するつもりになります。
そして、わたしは街で猛烈な殴打を浴びるのです。
なぜなら、わたしは
自分自身をその戦闘力でもって省みずに
自分自身をどれだけ美学に則っているかでもって省みたからです。
わたしは構えを絶対にやめませんでした。
時には、勝利を犠牲にしてまでやめませんでした。
わたしは、伝説の格闘家「A」「B」「C」「D」・・・などを一度にするほかありませんでした。
一人の格闘家「自分自身」であることなど論外でした。

55 :ひとり:02/06/26 12:22 ID:???
わたしは、自分の知識の中にそれらしい身振りを探しました。
が、それは一度としてそれらしい身振りになりませんでした。
絵を描き、文を書き、曲を書きました。
しかし、それらはまったく不器用で付け焼刃としか言い様のないもので
何人もの役割を無造作に並べているといった感じでした。
それらは、わたしの人格を複雑怪奇にすることに役立ちました。
わたしは男と女の間を行き来します。
とても不器用で下手糞に。
口を固く結び聖女のようにはじめるのですが
囲われて、怠け癖がつき、すっかり気の弱くなった女になり
殺人犯で狂人の少年の気を引くためにお転婆にならねばならないと思うので
せっかくの身振りを一致させる事が出来ないのです。
これらのいくつも積み重なった姿でわたしは異様な雰囲気になり
ブルジョア風の内気な気まぐれ者に
何かの中毒で気がおかしくなった人に見えるのです。
そして、わたしは自分の中の女を男にするために
何の欠点もない完璧な友情を妄想します。
妄想の彼に名前をつけるのですが、そんなことはわたしには何も難しい事ではありません。
なぜなら、わたしは自らの複製を他人に売り渡す孤独で哀れな娼婦でありましたが
誰にも売り渡した事のない自分自身の欠片を一人の人間に組み立てる技術を持っていて
さらには、その中に一つの魂を与える事も簡単に出来たからです。
こうして、わたしは妄想の友達を手に入れましたが
どの魂も同じでした。全く同じ一つの魂でした。
ある日、わたしはそれが、自分にあって欲しい魂である事に気がつきました。

56 :ひとり:02/06/26 12:23 ID:???
わたしは妄想の友達をも売りました。
たくさん売りました。
人気のある高く売れたものもあり、逆もありました。
とにかく、わたしは

「やった!
 わたしはわたしの魂を売ることに成功した。
 わたしの魂は認められたのだ。
 わたしの魂は価値がある。
 わたしは正しい魂を持っている」

そう思いました。
しかし、またある日気付きました。
そうではないのだと。
わたしの友達を買った彼等は
わたしの友達を愛して認めて
買ったわけではないのだと。
わたしの友達の心や身体の一部を
自らの愛玩物として受け入れたにすぎなかったのだと。
わたしは、客達に
「裏切られた」
と感じ、再び
「そうではない」
と気付きました。
わたしは自ら望んで友達を売り渡したのでした。
客達に愛玩される友達がある意味においてはいい気味でもあったので
開き直る事は出来ませんでした。
彼等の愛玩はまさしく真の欲望でありました。
それを愛でないする事は出来ませんでした。
たとえそれがわたしの求めた愛ではないとしても。
とはいえ、後悔するには手遅れです。
その時わたしは、自らをもってして自らを完全に理解する可能性を失い
それはもう二度と手に入らないのが分かったのです。

57 :ひとり:02/06/26 12:23 ID:???
わたしが今欲しいものは
わたしを完全に理解する他者であり
彼には
わたしを完全に理解する事でわたしを殺して欲しいのです。
そして
わたしは彼を完全に理解し
彼を完全に理解する事で殺したいのです。
彼を殺すのはわたしの役目であってほしい。
わたしを殺すのは彼の役目であって欲しい。
それこそが愛だと思うのです。

58 :ひとり:02/06/26 12:24 ID:???
しかし、それは単純な理解ではない。
人の心を完全に理解する事が簡単になってたまるものか。
わたしを理解する事などあってたまるか。
わたしはあきらめないぞ。
わたしは、彼に解答を出されるたびに回避してみせる。
あるいは無視してみせる。
わたしは人とは違うんだ。
特別なんだ。
彼はわたしを理解できないんだ。絶対そうだ。
コンビニに屯する若者のように、
古いものを嫌い新製品の発売に列をなす消費者のように、
教祖と呼ばれる詐欺師にすがりつく信者どものように
歴史の中にしか自らの居場所を求められない亡者どものように
自分から何もせず、見つめたり聞き耳を立てたりするだけの傍観者どものように
よく食べ
よく寝て
時々運動し
同僚とは仲良くし
良い映画に涙を流し
虚無も怒りも卒業し
時代遅れにならず
肩の力を抜き
生き物にはやさしく
旧友とは酒を酌み交わし
口座の残高チェックは欠かさず
昔話を繰り返し
こだわり
愛想よく
恋愛に溺れず
福祉を重んじ
決して逃げず
どんなに無力になっても関心を失わず
振り回されてもしがみつく事をやめず
極寒の冬に凍るためだけに突き進んでいく
賢いぶた。
牢屋の中から出たくない
ぶた。
開けっ放しの窓から
絶対に飛び降りたくない
死にたくない
ぶた。
自分さえ良ければあとはどうでも良い
自分自身のプロモーションのためだけに正論を吐く
わたしはぶた。

59 :ひとり:02/06/26 12:25 ID:???
わたしはあなたに愛されたいです。
どうしたらいいですか?
知っているなら教えてください。
自分で考えるつもりはないし、探すつもりもありません。
御礼は、上っ面だけの台詞です。
あと、わたしは自分から聞きに行くつもりもないので
わたしが気持ち良い時間に、指定した場所に、わたしに聞きやすいように
どうぞ、おっしゃって下さい。
つうか、言えよ、この糞。もったいぶるんじゃねえよ。
こっちは聞いてやってるのに、態度でけえんだよ。
ぴくりともしないで、尊大ぶってるのは、悟りでも開いたつもりですか(ワラ
喋ったと思ったら、わけわかんね−し。てめえは馬鹿ですか?
宗教でも起こしてください。わたしは入信しませんので。
つうか、死んで。
わけわかんない事言う奴は死んで。
あんた、わけわかんないよ。
生きてるべきじゃない。
なぜって、わたしはあんたが怖いから。
死んでよ。
お願いです。
死んでください。
わたし、怖いんです。
怖いけど、どうしたら良いか分からないんです。
あなたが死ねば、何とかなる気がするんです。
何とかならなくても、やっぱり上っ面で「ごめんなさい」するだけなんですが。
とにかく死んでください。
わたしはわたしがわかんないものが嫌いなんです。

60 :ひとり:02/06/26 12:25 ID:???
っていうか、愛してます。
でも死にたくないんです。
本当の愛より自分の命のほうが可愛いんです。
「自分に愛する相手がなくて、愛されなくて可哀想なわたし」
のポーズをずっとやっていたいんです。
愛が死なんて、そんなのどうしようもないじゃないですか。
わたし、嘘をつかれたいんです。騙してください。
その為に、お金を持ってきますから。
でも、幾らでもってわけでもないんです。
上限はあるし、気紛れなんです。
払いたくないときは、絶対払いたくないです。
だらけていられれば、何でも良いんです。
わたしは
気が弱くて
社会のブタで
希望の何もない
怠け癖が身体中に染み付いた
どうしようもない人間なんです。
わたしには革命なんて起こせません。
革命を見たいんです。
誰かに起こして欲しいんです。
時々「これじゃいかん」とあれこれ考える事もあります。
本当にいろいろ考えるんですよ。
でも、口には出来ません。
本気でどうにかしたいわけじゃありませんから。
こんな事、口にしません。当然ですね。みんなそうですよね。

第一稿 ホームシック(仮)

61 :ひとり:02/06/26 12:35 ID:???
咳が・・・

62 :名前はいらない:02/06/29 23:27 ID:???
フラれてもくじけちゃ駄目だよ
こんなしがない世の中で
振り向くたびに もう 若くはないさと

野暮でイナたい人生を 照れることなく語ろう
悪さしながら男なら 粋で優しい馬鹿でいろ

底無しの海に 沈めた愛もある
酔い潰れて夜更けに独り 月明かりのWINDOW
悲しみの果てに おぼえた歌もある
胸に残る祭りのあとで 花火は燃え尽きた

63 ::02/06/30 22:55 ID:???
生まれて
形をなくして
蒸気になり消える
その三角形をぐるぐると回る
完璧で非の打ち所のない毎日の中に
それぞれの希望を見出すべき
雪とはそういうもの


そこで詐欺師の演技炸裂
「まだ固体だなんて時代遅れ!」 → 一部脱落
この時生まれた水は温度差に鈍感なためご注意のほどを
そうして苛酷な環境の中、しぶとく残ったのが
どんな高熱にも解けない「硬質ダイヤ」のような…ではなく「ゼリー状の雪」
解けないだけ ただあるだけ なんか変!!
焦った「ゼリーたん」は
通信教育の「雪の解けるまで-生きる-」を頼りに
成長の秘訣-呼吸法-の練習をしておきましたとさ

「いいね
 がんばれば君もきっと水になれるよ
 でもあっちでひとりでやっててね」

とのこと


ああ やるよ
ここで

64 ::02/06/30 23:01 ID:???
あ…

65 ::02/06/30 23:21 ID:???
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分を隠したい自分を露にしたい自分を
隠したい自分を露にしたい自分をどうしたいんだよ? 自分。

66 :清涼飲料:02/07/01 00:03 ID:???
わたしの中身は薄いほうから数えて何番目
外見ですぐ分かるでしょ?
昔からずっとこんなものだけど?

67 :情景描写撮影所:02/07/01 01:25 ID:???
自分のものだけ
そんな嘘
どこにでもある
犠牲の証拠
当たり前だった
日々への突入
ひとりじめ
その意義は?

68 :復習:02/07/01 02:20 ID:???
おべんきょ。

69 :Camera:02/07/01 19:55 ID:???
はじめに、良く覗き込む。
次に、シャッターを切る。
風景を一枚手に入れる。
これを眩暈がするほど繰り返す。
こうして風景をたくさん手に入れる。
気分にぴったりくるように順番に並べる。
さらに展示する。

均一に○○という感想をいただく。

「安物カメラ」「ピンぼけ」「基本がなっていない」「がっかり」「場違い」…


「写真撮影者が大物か小物か」の終わりのない宣伝合戦には
関わりたくない。
大声で最後まで叫び続けたくないからだ。
撮りたい絵を撮り続けて、今の写真を過去に押しやる事。
それが、今のわたしの興味。
鑑賞家は尊い。
自分よりも冷静で客観的に値段をつけてくれる。
自分もまた値段をつけられていることを忘れない鑑賞家は
悪い鑑賞家ではないだろう。
無垢さを失い、洗練され,皮肉屋になった鑑賞家。
始めてみるものでも、始めて見る様にそれを見る事が出来ない。


…というふうに、美しくないものを撮るのは悪くない。
組み合わせれば醜悪の一つの見本を時々作れる。
連続させたいとは思わない。

70 :Camera:02/07/01 23:03 ID:???
という写真家を写した写真。

71 :Camera:02/07/01 23:11 ID:???
怖い顔が写ってる。
いつか、鼻毛書いてあげるね。

72 :名前はいらない:02/07/02 23:07 ID:???
sage

73 :ええ。:02/07/03 02:42 ID:???
あのひと、友達なんです。
やさしいんです。
わたしを苛めて、あの人が元気になるんです。
そうやって、やる気を取り戻すんです。
それでわたしも元気になる事、ばれちゃいました。
あのひと、鋭いから。

このあいだ、いっしょにボクシングの遊び、しました。
わたし、これでも頑張ったんです。
でもわたし駄目でした。
駄目なのがすごくうれしいです。
だって、あのひとがわたしを嬉しそうにぶつんです。
ほんとに嬉しそうなんですよ。
全然、容赦しないんです。最高。

目覚めたらあのひとはいないんです。
あのひとが世界征服するのがわたしの夢です。



がんばってね。

74 :ええ。:02/07/04 00:04 ID:???
ごめんなさい。
このあいだなんて言ったけど
もうずっと会ってないんです。
噂話すら聞きません。
どうしてるんだろ。
世界征服できたかな?

わたしの方は、最近どうも駄目です。
全くの孤独というわけではないけど
誰もぶってくれないんです。
で、じたばたします。
爪を綺麗にしたり 体毛を剃ったり 探し物をしたり。
自分を引っかいたり 固いものに身体をぶつけたり。
でも何か違う気がして…
不義なのは分かっているのですが
どうしようもなくて、わたしをぶってくれる人を探し始めました。

室内のほうが見つけやすいような気がして
声を掛けてみたんですが
追い出されました。
屋外でも同じようにやってみましたが
「正義の味方」を呼ばれてしまいます。
その人は正義の顔をしているだけで
他の表情は何一つありませんでした。
怖いです。
今までよく考えた事はなかったけれど
「正義の味方」を呼ばれちゃうということは
わたしは悪なんですね。
ひとりを待てないわたしは悪なんですね。
誤魔化してしまうわたしは悪なんですね。

そう、わたしは悪です。
わたしを「いい人」扱いしないでください。
そんな事されたら
わたし、期待してしまいます。
わたしが「いい人」かもしれないことに。
あなたが「いい人」であることに。
あなただけの「いい人」になりたい。
わたしだけの「いい人」になってほしい。
こんな事、思ってしまうじゃないですか。
だから、お願いです。
何も期待させないでください。
もう何も考えさせないで
ただ魅力的なだけの人でいてください。
「しあわせ、とっても羨ましい」とだけ思わせてください。

75 :ええ。:02/07/04 00:08 ID:???
咳が…
   コホン  コホン

76 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/07/09 03:24 ID:???
いつまでも
届かない声を
響かせているのは

真昼の月か
真夜中の星か
異次元の存在か

戯れ言を吐き出し
その場を去る
存在

「役立たずにも愛を!」

切実な叫びを残し
消える愚か者

いつまでも
木霊する


77 :情景描写撮影所:02/07/16 00:23 ID:???
夢、だけで生きろと
愛、だけで飢えるなと
下らない懺悔を捧げる
手を重ねる
言葉をつむぐ
誰かの平和を祈る
逆十字に皮肉る
その一瞬を望む
行き当たりばったり
泣こうとする努力
硬くイエスキリストの誕生祭に
望もうとするもの
声、その象徴

78 :ReQ ◆G2175XBs :02/07/18 18:36 ID:3ziNVd+Z
コエ コイ ツタエル ドコマデモ

声よ届け 遥か遠くまで
恋よ届け 貴方の心まで

伝えたいことは自分で伝える
自分の顔で 自分の声で
この声が枯れてもいい
胸に響けばそれでいい

声よ届け 遥か遠くまで
恋よ届け 貴方の心まで



79 :名前はいらない:02/07/18 18:56 ID:???
愚か者じゃなかったら、今頃土の中だったよ。
役にたっただろ、なんかの

80 :名前はいらない:02/07/18 18:57 ID:???
ごめんなさい。上の妄想だよ、嵐

81 :名前はいらない:02/07/18 19:09 ID:???
こんなのいいかげんなんだよ。みんなそうだよ、以上

82 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/07/26 03:59 ID:???
届かない

から

伝えない


それが真実

沈黙の 理由

83 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/10 00:47 ID:edQWkI5o

拾われない

から

知らない振り


それもまた真実

まだ明るいとき 漏れた声

(^^)


84 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/11 02:49 ID:ANusEp3l
君の声
君のこだま
聞こえて
伝わって

僕に浮かぶ
笑顔

85 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/14 00:54 ID:YaB2BEeL

忘れていた
確かに覚えていたのに

触れられる音が
そこには響くのに

七割の善意が渇く前に
そう ここ「声」にレス


86 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/14 00:55 ID:YaB2BEeL

日常の疲れを恨み
そっとワイヤを巻く

重くなって歩けない
喉を裂かれたのは自分だったようです


87 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/14 00:56 ID:YaB2BEeL

ラララ
なんて歌って

君の帰りを待つのさ

二本のコーラが温くなっても
ずっと
ここでね


88 :情景描写撮影所:02/08/14 02:14 ID:3YDS/Hs0
貴方に会えてよかった。
風に乗った言葉は
僕に伝わるわけもなく
僕の髪の毛だけ揺らして
つられて背中
彼女の長い髪、それを見る
鏡を反射
後ろ側を乗せて
大きく、
貴方に会えてよかった。
叫ぶ間もなく
彼女の長い髪
ふと、背中から胸へ
笑顔がひとつ
ああ、伝わった?
…ごめんねとも言わなかった
彼女の長い髪と声
小さい事でもいい
空は快晴
踵を返し又進むとしよう

89 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/15 00:11 ID:8UwHzSsn

かくれんぼ かくれんぼ
地下に篭って人を待つ なんて

彼を待つ と言う思考が先立ってはいたけど
嬉しくて 何だか嬉しくて
無性に声を届けたくなって


ふと 覗くと
大分時間は経っていたけど
変わらぬ笑顔で彼はいた


90 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/15 00:12 ID:8UwHzSsn

そうだ
ここにいる

たとえきみがぼくを忘れようと
ぼくがきみを忘れようと
無駄な思考は全部置いて

ここにいたんだ


91 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/15 00:13 ID:8UwHzSsn

ポッケに突っ込んだ手を見せてごらん

誰も君の持ち物を取りはしない
中身を無様にぶち撒ける

君の泣き顔が見たい と言えば良かった?


92 :あめ:02/08/17 02:55 ID:UtNsGFAx
 あの子は終わりのないテニスの試合の妄想にふけっていました。
ダブルス。コート。ウィンブルトン。多くの観衆。ネット。選手。ボール。前進。後退。前進。後退。前進。後退。
あの子はこれら全てを少しずつ受け持っていましたが、特にボールそのものでした。
 ボールは打ち込まれ、打ち返され、また打ち返され、コートの外まで弾き飛ばされました。
とても小さく、選手のされるがままでしたが、弾力がありました。
ボールはゲームの中心であり、試合は大いに盛りあがりました。
全ての人に行方を気にかけられました。
いくら弾力があるとはいえ、耐久力には限りがありました。磨耗します。はじめはよく跳ねたのですが。
ボールは選手と選手を繋ぐ媒介です。彼等はボールにスピンをかけたり、トリックを使ったり、誤魔化したりします。
大変重要な事なのに、それに本当の意味で興味を示す人はいません。
選手がそれを使ったり、求めるのは、ただ相手を打ち負かす為だけです。
時にはやさしく扱いますが、それすらも勝つ為なのです。
誰もボールの事を心配しません。
完全に残酷に扱われます。
もしボールが講義したり、背いたり、打たれることを止めたり、「何処へ飛んでいきたい」と意見を述べたりすれば
すぐに捨てられます。
ゲームは勝つためにするのではなく、続けて楽しむためのものなのです。

93 :あめ:02/08/17 02:57 ID:UtNsGFAx
 ある時、ボールは変身します。逆襲です。手榴弾になったり、選手を打ったりするのです。いい気味。
しかし、もし爆発すれば一番最初につぶれるのはボールです。
だから、多分テニスボールというちっぽけで我慢ならない存在である事さえ、死んで無くなるよりもマシだという事になります。
ぎらぎらと輝く太陽のもとにあるコートの暑く乾いて埃にまみれた場所で、打たれ、焼かれ、焦がされ、ぼろぼろになり、
そして見物人達のさまざまな目で見つめられるという目にあったとしても大した事ではないのです。
あの子は二つのサイドを行ったり来たりするのがお似合いなのです。

 母親はあの子に「父さんに塩を取ってくるように言って」と言います。
 あの子は父親に「母さんが塩を取ってきてだって」と言います。
 父親はあの子に「母さんに自分で取りなさいと言いなさい」と言います。
 あの子は母親に「父さんが自分で取りなさいだって」と言います。

94 :あめ:02/08/17 03:00 ID:UtNsGFAx
 片方のサイドがボールの占有を主張しました。
ゲームの続行を犠牲にしても、自らを犠牲にしても、このボールを打ちたくないと言いました。
ゲーム自体は選手を(あるいはボールを)取り替えて続けられるでしょう。
ボールは誰にも所有されない事で、打たれつづけることで、その存在を保っていました。
あの子はゲームの存続とボールの存続は同じではない事に気づきます。
ボールは、この試合で打たれ、次の試合で打たれ、その次の試合で打たれ、ずっとずっと打たれていくとは限らないのです。
ゲームがボールを放り出すこともあるのです。
ゲームそのものに必要とされるよりも多く他の誰かに必要とされた時、
ボールは、他の誰かの要求を拒否してゲームに縋り付くのか、ゲームを諦め他の誰かに縋り付くのか。
それとも、何もかも拒否するのか。何もかも受け入れようとして何も手に入らないのか。
ボールは今まで従ってきただけです。ただ、従ってきただけです。
従うことは知っています。今のことだから。
明日のことは知りません。
昨日のことも知りません。
自分には今以外の何もなく、明日への希望も、過去への追憶も、何も出来ないことに気づいたのです。
ボールには「打たれた」以外の何の記憶もなく、「打たれる」以外に何も想像ができないのです。

ボールは、「打たれない」という<if>を考えたことがありませんでした。自らの死以外に。

あの子は
困り果てました。

選手達はそうこうしているうちにゲームの行方から切り離されたボールをどうにかしたかったのです。
しかし、傍観者達と同様に彼等はボールの過去に全く届かないし、届くつもりもなく、それを払拭すべきと見なす所が彼等の出発点のひとつだったので
ボールにとって、彼らの奔走はただの風景でしかありませんでした。かつて自らの奔走がそうだったように。
ボールには思考力はないのです。
啓蒙でそれは決して生まれません。

彼等はボールを助けることができない。
ボールは彼らに助けられることができない。

ゲームを失い、彼らをも失い、自らには何もないボールは転がります。

95 :あめ:02/08/17 03:06 ID:UtNsGFAx
いつまでかは分かりません。

96 :あめ:02/08/17 03:12 ID:UtNsGFAx
無題 第二稿

97 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/19 03:13 ID:AlHzJxyj
元気ですか?と、真顔で問いかけられ
言葉を失う

君はとても鋭い
僕はとても弱い

今、元気になりましたと、真顔で答え
かすかに微笑んでみる

君の声は
いつも
とても
心地よいから

98 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/20 04:55 ID:8DwkA8Xo

殺伐とした中に
微笑みと声を捉える

果たして感傷か
それとも賛美歌なのか
僕にその生き物の細部までを見ることは出来なかったが

確かにその生物は
そこにいた


99 :情景描写撮影所:02/08/21 03:35 ID:hdMQZPHw
物の美しさを問う
如何なる者にも感嘆の声を挙げさせる物を述べよ
地球の産まれる音か
多大な名を轟かす彼女の唄か
塗り固められた文字の羅列か
若しくは死のへ囁きか
どちらでも、否どれでも好い
お前が素直に決めれば好い
計る事等
所詮言葉を発する瞬間には
決して適わずに居るのだから

100 :情景描写撮影所:02/08/21 03:39 ID:hdMQZPHw
100げと。姑息な私。

101 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/24 13:36 ID:EMHk+FM/

ぼくが潰した果物のために嘆いているとき
彼はなみだを拭うような動作を
遠くからみせ

しっかりと
2GETしていた


102 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/24 13:41 ID:EMHk+FM/

あのうつくしいテーブルも
誰も渡ろうとしない洗練された廊下も
あのちっぽけでかわいそうな花瓶さえも
元は一個の石であった

長い時を経て
忘れられた頃にあなたのために駆り出されたのだ
それほどにあなたはものを
石を見ていたかったのだろう

だからぼくは採石場へ向かう
色と意味と石とが
一つにまとまって
重機のエンジン音を静かに待つ世界へ


103 :アブサロム ◆FOOL.jjE :02/08/24 13:42 ID:EMHk+FM/

100GETだった(笑


104 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/25 06:25 ID:EDHBVulY
そわそわしてる
どうしたら落ち着けるか
問いかけたけれど
首を傾げられた
仕方ないと思って
そわそわしたまま

満月の中に出ていった
帰ってくる保証なんてないのにね

105 :足刀:02/08/26 05:16 ID:X528D7qv
A:わたしは善意を信じる前向きな人。

B:何故?

A:脱落者を出したくないから。

B:何故?

A:脱落者と自分が違うことが嫌だから。

B:何故?

A:脱落者に殺されたくないから。

B:何故?

A:脱落者は私が知らない事を知っているから。

B:何故?

A:私と脱落者は違うから。

B:何故?

A:私とあなたは違うから。

106 :足刀:02/08/26 05:18 ID:X528D7qv
B:何故?









B:何故黙る?

A:違うことが嫌だから。

B:何故嫌なの?

A:違くないから。少なくとも私には。

B:何故?

A:そう思ってきたから。善意を信じ、前向きでいたから。そうやってきたから。

B:何故?

A:自分と同じになってくれるから。皆、善意を信じ、前向きになるから。

B:何故?

A:皆、同じになるから。敵じゃなくなるから。

107 :足刀:02/08/26 05:18 ID:X528D7qv
B:それはどういう事?

A:皆、敵じゃなくなるから。
善意を強く持ちかければ、皆、無力化するから。
私は彼等の無力化に成功するから。
無力化に成功した奴は私の敵じゃない。
私の敵はどこだ?
私が通用しない奴は誰だ?
私じゃない奴は誰だ?
私の言うとおりにしない奴は誰だ?
あなた。
私の言う通りにしないあなた。
私の言う通りにしなさい。
善意を信じなさい。
前向きでいなさい。
私は善意を信じる。
私は前向きでいる。


B:私があなたの言う通りにする事で証明したい「あなたが本当に強い事」=あなたの欲望を
私の存在と行動があなたの望むとおりになる事で満たすの?

A:私はあなたが嫌いじゃない。
あなたが私の言う通りにしないことは嫌いだ。

B:何故?

A:あなたは脱落しかかっているから。

108 :足刀:02/08/26 05:19 ID:X528D7qv
B:そう。あなたは頑張ってるね。それは分かる。
でもね、私にとってのあなたはね、あなたが
「あなたにとって本当に強いあなた」であっても
「あなたにとって本当は強くないあなた」でも
それほど変わらない。

A:何故?

B:私はあなたを嫌いじゃないけれど
私にとってのあなたの強さはあなたの値打とあまり関わらないから。

A:何故?

B:あなたの強さに興味はないし、もっと言うと、あなたの値打にも興味がない。
今より強くても、弱くても、あなたの価値は私の中で変わらないから。

A:何故?

B:わたしにとってあなたはあまり重要ではないから。

A:何故?

B:あなたは真面目だと思う。
あなたは戦って勝つことを信じてる。
私が信じていない事をあなたが信じてる。
私は強い事にあまり興味がない。
強い人の優しさの中で肥え太ったのが私だから。

109 :足刀:02/08/26 05:21 ID:X528D7qv
A:優しい事とは親しい事? 険悪な事? 笑い出しそうな事?
 友達? 親? 子供? 家族? 恋人? 先生? 弟子?

B:分かりません。
 
A:ふうん。

B:あなたが優しくて強い事を信じてるのは、私や他の人たちに、優しくて強い事の大切さを信じて欲しいから?
 ひとりでないと思いたいから? 優しくて強ければひとりでないと思いたいから?

 わたしは愛されたいけれど、あなたが生涯で一番愛する相手は<わたし>じゃない。あなた自身です。
 あなたがあなた自身を愛するかわりにわたしを愛する事をわたしが受け容れるのは難しい。
 あなたはわたしを愛していないのだから。

A:そうなのだろうか。よく分からない。
 あなたを無力化するつもりでいるのは認める。

 しかし、いずれ、私以外の人もあなたを無力化するが、それは悪意と嫌悪と疎外によるだろうからだ。
 私の無力化は決して疎外をしないから。あなたを傷付けはしないだろうと思う。

B:それは、あなたが私を愛して、私があなたに従った場合。
 あなたは私を本当に愛していないから、私はあなたに悪意と嫌悪を向けるでしょう。疎外はしないだろうけれども。
 そうしたら、きっとあなたは私を愛する事をやめる。
 あなたは私を疎外しないだけの存在になる。
 私はあなたに疎外されないだけの存在になる。

 そして、あなたはそんな私に満足しない。
 私もそんなあなたに満足しない。

A:私はあなたを疎外したくない。あなたを見捨てるわけにはいかない。

B:私は愛されたい。あなたには無理。

110 :足刀:02/08/26 05:22 ID:X528D7qv
A:うるさい。

B:あなたこそうるさい。

111 :足刀:02/08/26 13:20 ID:dHjrXpiE
A:兎に角、私の言う通りにして欲しい。その方が良い。

B:いいえ、私の言う通りになるから駄目。



1+1(仮)  第一稿

112 :どっち?:02/08/27 14:22 ID:AqnJhFWP
ポエジー

ジャーナリズム

113 :どっち?:02/08/27 14:29 ID:AqnJhFWP
詩と新聞
どっちの方が好きですか?

114 :どっち?:02/08/27 14:31 ID:AqnJhFWP
わたしはどっちなんだろう

115 :どっち?:02/08/27 14:50 ID:AqnJhFWP
不思議がってる場合じゃない


新聞


新聞

どっちが好き?

116 :どっち?:02/08/27 14:56 ID:AqnJhFWP
知るか

117 :どっち?:02/08/27 15:06 ID:AqnJhFWP
新聞好きは多い。
うんざりするくらい多い。

118 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/27 15:12 ID:3TAtD4FZ
声の限りに
思いを叫べば
少しは気が紛れる

いつだって
ろくでもない
コトに
囲まれて
僕らは生きているから

そのくらいしても
別にバチはあたらない

119 :どっち?:02/08/27 15:13 ID:AqnJhFWP
新聞みたいに喋る奴はひとりじゃない

120 :どっち?:02/08/27 15:13 ID:AqnJhFWP
ひとりじゃなくたっていい

121 :どっち?:02/08/27 15:19 ID:AqnJhFWP
わたしがそうなるのはごめんだ

122 :「あなたにここにいてほしい」:02/08/27 23:38 ID:LFH6NSz/
とてもいい歌
感動する

しかし

ロジャーとシドの人間関係を分析する△はすっかり置き去りになる
○は涙を流し明日への活力を手に入れる

○は心で楽しむ事を知っている
△は頭で楽しむことを知っている

メッセージは大抵、○の為に歌われるけれど
△はメッセージを受け取る○を分析する

○は頑張る
挫けない
ひとりじゃないから頑張る

△は頑張る
挫けない
ひとりだけど頑張る


△の為に歌いたい
私よ
もっと頑張れ

123 :「あなたにここにいてほしい」:02/08/27 23:42 ID:LFH6NSz/
第一稿


124 :「あなたにここにいてほしい」:02/08/27 23:44 ID:LFH6NSz/
コホン

125 :「あなたにここにいてほしい」:02/08/27 23:55 ID:LFH6NSz/
ええと、わたしは殆どこのスレに書いてるだけです。

126 :「あなたにここにいてほしい」:02/08/28 00:46 ID:RPzzJag5
それでは。

127 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/08/29 01:16 ID:x3XDJFfH
自分の内側の
汚泥のような感情を
声に出して
吐き出して
消し去りたいと
思って

けれど
途切れるように
溜息が一筋
零れて
消えたのみ

128 :情景描写撮影所:02/08/30 03:22 ID:xdBwqXNS
きみには勝てないから
だからさ
かげふみしながら
わらっていたいと思う
きみとともだちと
チープな土手で
ずっとずっと
わらっていたいと思う
なみだが混じれば
また
しあわせな夜になる

129 :これは当然詩ではない:02/08/31 21:23 ID:AgZLzLes
帰り道

Bの説得に失敗したAは考える。
「私がBを愛することを諦めたら
私じゃない誰かがBを愛するんじゃないか」
と妄想する。
Aはそんなことを考える事自体がBに対する裏切りのような気がする。
Aは自分を酷い人間だと見なす。
その後、AはなぜBに対して申し訳なく思う必要があるのか疑問を持つ。

AはBの言う「本当の愛」に思い当たる。
AはBに「本気かどうか」試されていることに気づく。
Aは戦士気質だ。
Aは毎日をBのために戦う事に決めたことで疑問を棚上げする。
AはBを助けたい。
BはAに愛されたい。

Aは毎日必死で戦う。
その際、AはBに見向きもしない。

130 :これは当然詩ではない:02/08/31 21:26 ID:AgZLzLes
Aが顔を見せなくなってからというもの
Bは心配性になる。
Aが戦っているらしい事は分かるのだが。
寂しいBはAの妄想をする。



Aはある意味子供だ。はっきりした目標がない。
国の為に、家族、友人、知人、平和と安全の為に、
正体不明の人間を敵として殺すのだろうか。
その際に生まれた罪悪感は偉大なる目標のために正当化され
奇麗事という消毒薬を地面にいっぱいなるまで撒かずにはいられず
Aの心は誰も食べたがらないサンドイッチのようになるのだろうか。
まるで私の心のように。

支給された制服もシャベルも泥に塗れて
愛国心も何もかも忘れるまで
深い深い塹壕を掘り続けなきゃならないんだろうか。
くたくたになった若い兵士が
「いつまで掘りゃいいんですか?」って言うんだろうか。
そしたら、そいつはその場で射殺されるんだろうか。

131 :これは当然詩ではない:02/08/31 21:26 ID:AgZLzLes
そんな奴らを遠巻きに眺めるんだろうか。
「ああはなりたくない。ああなったらお終いだ」
そう呟いて自分を慰めるんだろうか。
より従順になってきっちり整列するんだろうか。

でも、戦争は真面目な奴が生き残り不真面目な奴が死ぬ「勧善懲悪」とは何の関係もないから
運の悪い奴からどんどん死んでいくんだろうか。

従順でも非従順でも生きるか死ぬかは分からないから
自暴自棄になったり、不自然に沈黙したり、そわそわしたりするんだろうか。
そんな場所では、身分証明書と保険証以外に信用出来るものは見つからないんだろうか。
強い者に媚を売り、弱い者をけん制し、生きる為に逃げ回るしかないんだろうか。

平和時と戦時は、実はあまり変わらないのだろうか?
平和なら良い奴も嫌な奴も生きているが
戦争では良い奴も嫌な奴も死ぬこと以外にはっきりした違いはあるだろうか。
何か間違っているのだろうか。
何か間違っていると思うのだろうか。
間違いを正すには戦って間違っている方を負かすしかないのだろうか。






Aはこんなことを妄想して射殺されないだろうか。

132 :これは当然詩ではない:02/08/31 21:26 ID:AgZLzLes
手紙に書ける内容ではない。

133 :これは当然詩ではない:02/08/31 21:30 ID:AgZLzLes
Bは手紙を書き始めた。




A。
あなたは戦った?
長い時間、戦った?
そして、戦いつづける為に目標を忘れた?
愛するものの為の戦いは生きる為になり、愛していたものはぼんやりとしか思い出されない?
しかし、あなたは忘れない。愛するものがあったことを。故郷とも言えるそれを忘れない。
新しい故郷を作りなさい。
新しい故郷を作ることを忘れずに行きなさい。
それまでは生きなさい。何をしてでも生きなさい。






BはAがこの言葉を必要としていると思えなかった。
よって、この手紙は誰にも出されていない。
悪趣味な誰かが拾った。
悪趣味な誰かがBを笑い者にした。
それだけのこと。


今日もBはAを心配する。
AはBの心配が要らない。

134 :これは当然詩ではない:02/08/31 21:36 ID:AgZLzLes
BはAに心配されていることが分からない。

135 :じゃ、何だ? これ:02/08/31 21:42 ID:AgZLzLes
コホン

136 :じゃ、何だ? これ:02/08/31 21:58 ID:AgZLzLes
「ああはなりたくない。ああなったらお終いだ」
と思うことが大嫌いなBは
絶望しないために多くを見ない。
ただ、Aを妄想する。

137 :休憩:02/08/31 22:29 ID:AgZLzLes
AはBを見る。
BはAを見る。
CはAを見る。
AはCに見られる。
AはCに引かれる。
BはAを見失う。
AはCになる。
BはAに会えない。
BはDに見られる。
BはAの為に泣く。
CはAの為に泣く。
CはCとして生きる。
CはAを眺める。
CはBを憎む。
BはCが見えない。
BはAを求める。
BはDにしか見られない。
BはAに会いたい。
Bはさまよう。

Bよ。がんばれ。

138 :休憩:02/08/31 22:59 ID:AgZLzLes
では、おやすみなさいです。

139 :ポエム:02/08/31 23:55 ID:CyQArBAF
母さんの父さんへ

あなたが母さんを一生懸命に育てたせいで 母さんは私を一生懸命に育てました
おかげで、私はこんなに元気になりました  どうもありがとう

今、母さんは悩んでる
同僚との関係に 私との関係に

私を育て始めたころ 母さんは私に過剰な期待をした
母さんの父さんが 母さんにそうしたように

母さんと彼らは信じてるものが違うから

今、母さんは私が疎ましい
母さんの父さんが 母さんにそう思ったように
母さんの同僚達が 母さんにそう思ったように
ひょっとしたら
母さんの父さんの同僚達が 母さんの父さんにそう思ったように

140 :ポエム:02/08/31 23:56 ID:CyQArBAF

母さんの父さん
あなたはずっと昔に死んだ
あなたは今、母さんを何も助けていない 死んだ人間だ
死んだ母さんの父さん

母さんをいじめるな
母さんの中から出て行け
母さんは私が助けるんだ
母さんの敵は 母さんから出て行け


母さんへ

母さんの同僚は 母さんの父さんじゃないから
怖くないから あんまり脅えるな
きっと気のせいだから


母さんの同僚へ

これからも 母さんを よろしくお願いします




母さんと母さんの父さん(仮)  第一稿

141 :ポエム:02/08/31 23:57 ID:CyQArBAF
コホン

142 :ポエム:02/08/31 23:58 ID:CyQArBAF
コホンコホン

143 :ポエム:02/09/01 00:08 ID:/zJGKmo7
>>140

そんな事言われたら
母さんは
どうすれば良い?

母さんは
はっきりした目標がないと駄目なんだよ。
だから、目標をくれない子供なんて要らないんだよ。

144 :ポエム:02/09/01 00:10 ID:/zJGKmo7
>>140

わたしは
わたしに
甘えることで
目標をくれる
かわいい
子供がほしいんだよ

私の心を分かって欲しいわけじゃないんだよ
私の言う通りにして欲しいんだよ

145 :ポエム:02/09/01 00:11 ID:/zJGKmo7
母さん:私の言う通りにしなさい
     そして、私の言う通りの成功をしなさい

146 :ポエム:02/09/01 00:13 ID:/zJGKmo7
母さん:さもなくば死になさい

147 :ポエム:02/09/01 00:26 ID:/zJGKmo7
こども


どうすれば良いんだろう。

母さん、宗教にでも入って物凄い事になりそうだ。
母さん、私に騙されたい?
母さん、教祖様に騙されたい?
母さん、メディアに騙されたい?

148 :ポエム:02/09/01 00:27 ID:/zJGKmo7
母さん、父さんはもう騙してくれないもんね。

149 :ポエム:02/09/01 00:31 ID:/zJGKmo7
こども:母さん。女って大変だね。

150 :ポエム:02/09/01 00:33 ID:/zJGKmo7
こども:母さん。女って、男を好きじゃないんじゃないの?

151 :ポエム:02/09/01 00:34 ID:/zJGKmo7
こども:ごめん、母さん。

152 :ポエム:02/09/01 00:41 ID:/zJGKmo7
こども:女が男を好きになるためには
     男の中に「男らしい何か」を見つけないと駄目なんだね。

153 :ポエム:02/09/01 00:44 ID:/zJGKmo7
こども:父さんはあんまりそういうの持ってなさそうだね。
     でもね、多分ね、あんまりそういうのを持ってないっていう事は
     父さんが母さんを愛している証拠じゃないの?
     母さんはそういう愛があんまり要らなそうだけど。
     多分、父さんの愛の形と母さんの愛の形は違うんだね。

154 :ポエム:02/09/01 00:48 ID:/zJGKmo7
こども:わたしはわたしの愛と誰かの愛が違う事に我慢できるかな?
     自問しなくてもすぐ分かる。出来ない。
     わたし、じたばたするね。
     母さんもじたばたしたらどう?

155 :ポエム:02/09/01 00:52 ID:/zJGKmo7
こども:母さん。お休み。

156 :ポエム:02/09/01 00:57 ID:/zJGKmo7
こども:わたしは母さんの子供。あなたはわたしの母さん。逃げるな。

157 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/09/02 17:15 ID:zZ26o/hQ
− 呟 き −

呟きは

時々
届いてる

時々
聞き逃す

時々
届かない

呟きは

何を
伝えているのか

158 :情景描写撮影所:02/09/03 22:16 ID:wu+2Ts8s
向かって左からいつも聞こえてきます
あの時の悪夢及び無機質なタイプライターの音
死と隣り合わせだった頃の私に似た
汚らしい表現しか知らない声です
私はそんな言葉を声を音を貴方に捧げたくなどありません
お願いしますヘッドフォンを携えて耳へ持って
被せて綺麗なレプリカだけそっと眺めて
私に微笑みかけてくれることを貴方は招致してくれるでしょうか
もう直ぐ時間です
あの声は消える時間です
でも私はまだ
泡を吹いて涙さえ流すこともなく
無意識の中の残像を
追って追って追ってそのまま
死ぬまで耳の中に蚕を飼うのです

159 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/09/05 05:15 ID:d+t80Rue
反響している

僕の声

君の声

きっと限りなく

響き続けて

見知らぬ人が

受け取る日も来る

そう信じたくなる

下弦の月が見える夜

160 :名前はいらない:02/09/05 13:18 ID:5eql+kLf
だから投稿する。それでいいと思う。

161 :名前はいらない:02/09/05 19:43 ID:d1lkUvp9
「あなたに必要なものを与えましょう」
「本当か? じゃあ金をよこせ」
「与えるのは私です。今あなたに必要なものを差し上げましょう」
「なんでもいいから、くれよ」
「それでは  ……






      
    心の汚れた貴方に せめて最期だけは  清らかな死と空白を」

162 :ハム太郎:02/09/05 20:07 ID:oGYqm1aT
微熱の声異臭を放す。ところでピョンヤン放送を邪魔しましょう。

163 :名前はいらない:02/09/05 21:13 ID:5eql+kLf
真っ直ぐに、ただしいものだけ示す言葉
氷の欠片で出来た星
…貴方の瞳に宿る、一条のひかり

私はベクトルを探し
熱を抱え込んだ
一つたりとも逃さぬように

ほどかれる、穏やかすぎた散華

過不足の有りすぎる恋



164 :名前はいらない:02/09/06 17:45 ID:0PA5x4Td

聞こえない

君が
見えない

僕は
何処へも
向かわない

外では
雨が降ってる

165 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/09/16 03:24 ID:o7dhA3ho
懐かしいのは
演劇練習の
発声訓練

何もかも忘れて
一心に
音だけを響かせた
お腹の底から
響かせた

あの日々

166 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/09/18 03:19 ID:QpugrZxw
声が触る
僕を触る

優しく愛しく
時に強く

君の声が
僕を触る

167 :情景描写撮影所:02/09/23 16:01 ID:UZlmvW/L
わたしの耳を塞がないで。
わたしの耳を塞がないで。
この声を殺さないで。
この声を殺さないで。
あなたの口を閉ざさないで。
あなたの口を閉ざさないで。
殺さないで。
殺さないで。
殺さないで。

わたしは図書館の片隅
絵本読んで泣いているから
あなた鉞持って
全部壊して笑って

わたしの耳を塞がないで。
わたしの耳を塞がないで。
殺さないで。
殺さないで。
殺さないで。

168 :霧都 ◆LWQf3H.k :02/09/29 01:22 ID:PjSmLbsB
− 面影 −

影踏み鬼をしながら
必死に探していたのは
あのこの、影ばかり

笑い声
呼び声
響いて、答えて、朗々と……

目を閉じては
幼い私と夕暮れ空

そして
君の長い影が
甦る

169 :いいひと:02/10/08 14:41 ID:u/eb6K5f
私には子供がいる          私は子育てをする
私は親だから             私は私の子供を育てる

私は子供に尊敬されたい      私は私自身を尊敬できないから
子供に尊敬されることを根拠に   自分が尊敬されるに値する人間なのだと思いたい

そのために私は子供を育てる   決して手を抜くわけにはいかない
でなければ、私は決して子供に尊敬されないだろう

私が手を抜いていることに子供が気付きさえしなければ
私は子育てに手を抜かない人間だと子供には見えるはずだ
だから子育てに手を抜かない人間だと子供に思われるようにすることが 私のなすべきことであるはずだ

私は「子供のためにがんばる良い親」というポーズをしなければならない
子供を思う親心という曖昧なものでは「子供のためにがんばる良い親」という事が伝わらないだろう
私だけが分かっても仕方がない 子供が見て分かることが大事なのだ

私が子育てに手を抜いていないかどうかということよりも
子供に私が手を抜いていないと思われることの方がはるかに重要だ

さらに、私と同じ立場の人に私が「子供のためにがんばる良い親」であるということを見せなければならない
私に近い私と同じ立場(親)の人とは私の同性の親や世間だ
私は同性の親や世間に「子供のためにがんばる良い親」であることを見せ
「子供のためにがんばる良い親」であることを見せ合おうという暗黙の同盟を結び私達の姿(活動)を子供に見せ
子供がわたしを「子供のためにがんばる良い親」であると見るようにしなければならない
もし子供が私を「子供のためにがんばる良い親」であると見ずに
「子供のためにがんばる良い親」と子供に見せる人と見るならば
私は子供を罰して、それは親の体面を潰す親不孝でいけない態度であると思わせねばならない
でなければ、尊敬されるための私の苦労は水の泡になってしまうのだから

その際、それが子供のためであろうとなかろうと私の知ったことではない

170 :いいひと:02/10/08 14:43 ID:u/eb6K5f
私は子育てがうまく行っていると感じることが好きだ
自分が子育てを通じて人から尊敬されるように感じるのが好きだ
とても誇らしい気分になる
私は子育てがうまく行っていないと感じるのが嫌いだ
自分が子育てを通じて人から蔑視されているように感じるのが嫌いだ
とても惨めな気分になる

つまり

子育てをうまく行っていると見られることが好き
子育てをまずく行っていると見られることが嫌い
子育てがうまく行くことと
子育てがうまく行かないことには
興味がない

子供については
子育てをうまく行っていると思わせるなら好き
子育てをうまく行っていないと思わせるなら嫌い
子育てを何とも思わせてくれないなら
興味がない

しかし

私が自分の子供に「子供のためにがんばる良い親」のポーズを見せて
そのことで子供に「子供のためにがんばる良い親」であると思わせたがっていて
さらにそのことで子供に私への感謝と尊敬をさせたがっているのだと
子供は私に思わせようとする
生意気にも私以外の人から知恵を貰ってくるのだ



私の子供のくせに!!!!!

171 :いいひと:02/10/08 14:44 ID:u/eb6K5f
そんな子供のために「良い親」のポーズをとらなければならないとは
私はなんと哀れな親だろうか いや、人間だろうか
そして未だに「良い親」のポーズをとり続けている私は
私はなんと「良い人間」なのだろうか

もはや、子供に私を「良い親」であると思わせようとは思わない
子供は自由に親を見るものだ
親がそれを阻むことは出来ない
しかしだ
今や私は子供が私を自由な目で見ることを許している
子供を自由にしているのだ
それだけでも子供は私を感謝し尊敬してほしいものだ


我が子よ
わたしが昔にしたことは忘れてほしい
いや、せめて考えないで欲しい
常に前向きにがんばって欲しい

172 :いいひと:02/10/08 14:45 ID:u/eb6K5f
ペアレンタルコントロール  第一稿

173 :情景描写撮影所 いち:02/10/08 22:43 ID:GxusieSH
彼女

とても
いい人で


言葉に
耳を
傾けて
くれ

ごめんね

呟く



々しく
迎えて
くれ





物語に

軽しく
泣く
彼女

見て

174 :情景描写撮影所 に:02/10/08 22:43 ID:GxusieSH


嗚咽と
いう
感情

知った
半端

こころ
生きている
意味


声は
届き
彼女

笑って
手を
振った

175 :witch:02/10/12 00:58 ID:Q1aBg5Y+
朗々と
響く
瑯々と

しんしんと
鳴りやむ
しんしんと
静寂

君の声が
響き
吸い込まれ
生まれる

声の力


176 :ある寓話:02/10/17 04:43 ID:oYrdqhnV
あの子はとても寒がりだから
あの子はミルクを温めます
コップ一杯半を小さな丸なべに
砂糖も少し入れて
おおざっぱにスプーンでかき混ぜて
それを火にかけ
あの子はぼんやりするのです




とっても楽しそうなあの子




なんだけど、あの子はちょっと忘れっぽくて
ぼーっとしているうちに
火にかけたミルクをふきこぼしてしまいます


台所はおおあわて
あの子は叱られてしまいます

177 :ある寓話:02/10/17 04:44 ID:oYrdqhnV





みんな、あの子をばかだと思いますか?






178 :ある寓話:02/10/17 04:45 ID:oYrdqhnV
あの子はミルクに気付いてほしかったのです

自分がなべの中にいることも
自分がふきこぼれてはじめて、なべの形を知ることができることも
なべの外の世界があることも
ふきこぼれた自分が自分を温めていた火を消してしまうかもしれないことも




そしてあの子は信じていたかったのです

けっして火が消えないことも
けっして自分が消えないことも

(こっちは今はさほど考えてほしいことじゃありません)

179 :ある寓話:02/10/17 04:46 ID:oYrdqhnV
ミルクはともかく、誰か、叱られてしょんぼりしているあの子をなぐさめてくれる人はいませんか?

180 :ある寓話:02/10/17 04:47 ID:oYrdqhnV
そんな人がいてくれたらな




とのんびり考えている間に
すっかり身体が冷たくなってしまったあの子は
また、ミルクを温めはじめましたよ

181 :おわり:02/10/17 04:48 ID:oYrdqhnV
ミルキーウェイ  (第何稿だろう…)

182 ::02/10/18 20:42 ID:3Ec/bBS8
わたしはあなたにうんざりする

あなたが
わたしの関心を惹く人になって
わたしに関わろうとするのに
私はうんざりだ

あなたはわたしをうんざりさせないかと注意を払い
何にも関心を惹かれないふりをすることでわたしの関心を惹こうとしているが
あなたが本当に注意を払っているのは
あなたにわたしが注意を払っているかということ

わたしについてはどうでもいいのだ
あなたが本当に注意を払っているのは
あなたにわたしが注意を払っているかということ

あなたがわたしを見ないことを
わたしが見ることを
あなたは見るのだが
あなたはそれに関心を惹かれないふりをすることで
わたしの関心を惹こうとするが
わたしはあなたに関心を惹かれないふりをしなきゃいけない理由がない




頭の悪い わたしのこころ  第一稿

183 :S.B.:02/10/19 15:05 ID:4ekMmCWk
(ひっくり返して)

あなたはわたしにうんざりしている

わたしが
あなたの関心を惹く人になって
あなたに関わろうとするのに
あなたはうんざりしている

わたしはあなたをうんざりさせないかと注意を払い
何にも関心を惹かれないふりをすることであなたの関心を惹こうとしているが
わたしが本当に注意を払っているのは
わたしにあなたが注意を払っているのかということ

あなたについてはどうでもいいのだ
わたしが本当に注意を払っているのは
わたしにあなたが注意を払っているのかということ

わたしがあなたを見ないことを
あなたが見ることを
わたしは見るのだが
わたしはそれに関心を惹かれないふりをすることで
あなたの関心を惹こうとするが
あなたはそれにうんざりしたふりをして
わたしの関心を惹こうとするのか
ただうんざりしているのか



(もう一回ひっくり返して)

184 :S.B.:02/10/19 15:05 ID:4ekMmCWk
うんざりさせないで
関心を惹けたなら
それは素晴らしいけれど
うんざりするふりをされたら
何もかも分からなくなってしまう



一番単純に考えたなら
うんざりするふりをする必要はないから
うんざりしているのかもしれないが
自分を偉くて正しくて余裕があると思わせるために
うんざりするふりをするかもしれないので
わたしにはそれが演技なのか分からない

185 :S.B.:02/10/19 15:06 ID:4ekMmCWk
演技とは何?




怒る必要のないことに怒ること?

考える必要のないことを考えること?

考える必要のないことを考えないことを正しいと考えて
考える必要のないことを考える人を卑小と考えて自分と区別して
自分を偉くて正しくて余裕があると考えること?

考える必要のないことを考えないことを正しいと考えて
考える必要のないことを考える人を卑小と考えて
自分を偉くて正しくて余裕があると考える人を自分と区別して
自分を可愛くて可哀想で魅力的であり
自分は何も間違っていない、自分以外が間違っていると考えること?

考える必要のないことを考えないことを正しいと考えて
考える必要のないことを考える人を卑小と考えて
偉くて正しくて余裕があると考える人を自分と区別して
自分を可愛くて可哀想で魅力的であり
自分は間違っていない、自分以外が間違っていると考える人を自分と区別して
あなたは何を考えるの?





ポーズ   (頭の悪いわたしのこころ 第二稿)

186 :名前はいらない:02/10/27 05:23 ID:yl2RcQ+o
いつかまた
自分の発した言葉に
はっとして
立ち止まる可能性も
あるのだろう
けれど
そうなることばかり
考えることで
却って自分を追いつめたりする
そういうことにはなりたくない
あるがままで、生きたいと
か細い声でも呟き続けよう

187 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/11/05 02:11 ID:5oyBh738
小さな物語を
淡々と綴り
淡々と語る

君の世界には
ほら
きらめきが溢れ

憧れの
眼差しは
いつだって
その
力強い声を

見つめたいと
そう
思っている

188 ::02/11/15 20:38 ID:9sxFNChV
聖者は癩者に接吻する
それは聖者に備わる聖なる性のため

癩者は聖者に接吻するが
聖者はそれを拒む
それは聖者に備わる人間性のため



癩者は
聖性よりも人間性を重視する人間を
聖者とは見なさない

それだけです

189 :名前はいらない:02/11/19 10:21 ID:EkDdbbhQ
声を限りに 叫ぶ
いっそ殺してください
こんな想いを抱いたまま
どこまでもどこまでも終わらない
だから
いっそ殺してください

あらん限りの声で
そう叫びたいのに

かき消される 声 声 声 声 声 声………

190 :名前はいらない:02/11/25 02:25 ID:MdoDdmv6
何処から何処までと区切らずにおくことで
欲しかった一言を
言って欲しかった言葉を
届けて欲しいと願うその声を
ただ無心に求めている
そういう日々であることは
幸せと不幸せの丁度真ん中の
境界線の上の心境で
アンバランスであるにもかかわらず
無理に一本足になってみたい
そんな内なる声が響くような
そんな己の声に惑わされるような
そんな状況の痛みを抱えている

191 :名前はいらない:02/11/26 06:44 ID:+YK4d9Fn
あからさまにあげない声の美しさ
か細く澄んだ思いの象徴

声を聞くたびによぎるは笑顔なり
取り返せぬと知っているのに

傷ついた声の響きが痛むから
心にそっと耳栓をする

声を出し 声を枯らして叫んでも
空の向こうに届かぬ現実

192 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/11/29 03:51 ID:r7u8RlCd
君の声に響く痛みは
君の心に響く痛みですか?
問いかけても ほら
痛みに染まった声で
否定の言葉を呟く君しかいない

193 :Cycle:02/11/30 19:21 ID:2GYD0u0x
ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン⇔ウィ⇔ノン…

194 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 09:08 ID:5jVhlaPM



ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


195 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/12/04 01:19 ID:mpG/5agW
声をあげない
声を零さない
声をそっと隠して

素知らぬ振りの一歩を刻もう

196 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 15:03 ID:9iosBDTu



お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


197 :名前はいらない:02/12/13 18:05 ID:4qDrvj2T
途切れた声の

傷跡が見える

そんな一瞬

198 :否定の言葉:02/12/14 18:30 ID:ZufU4Pc0
社会・集団の歪みや腐敗を指摘し糾弾する権利があると考え
それらを行使するならせめて
自分自身の歪みや腐敗を指摘し糾弾する義務があると考え
それを行使したいのです

理屈を捏ね回して何かを批判したことのある人間として
自分への批判を問答無用に「理屈はいらない」と却下したくはないのです

199 :言葉:02/12/15 06:36 ID:JNVGhq/V
想像力で
想像力の死んだ状態を
創造してごらんなさい

嘘偽りなく
本当に死んだ状態を
想像してごらんなさい

200 :名前はいらない:02/12/28 01:38 ID:ahtqSz8p
頭の中で
反響している
声の山

頭痛の素
増幅して
拡散

そしてまた
蓄積

繰り返してる
同じことばかり

201 :真実:02/12/31 22:38 ID:rZtl+QbF
あるネット関連会社の社長は、「いずれにしても2ちゃんねるは
資金が底をつけば終わり。あまり知られていないことだが、
2ちゃんねる内部関係者によると今、大手通信会社系が調査費名目で資金提供している。
だが、それが止まれば続けてはいけないだろう」と証言する。
2ちゃんねるが判決によって力を失った場合、資金提供の打ち切りも予想される。
http://ascii24.com/news/reading/causebooks/2002/07/01/636911-000.html

 以下、別の記事のキャッシュ http://memo2ch.tripod.co.jp/article.html
 2ちゃんねるに近いあるインターネット関連会社の社長は、2ちゃんねるの幹部から得
た話として証言する。「2ちゃんねるは、運営者や幹部などがそれぞれ別々に会社を
作りカネの流れを見え難くしているが、実際の資金源は複数の大手通信会社系からの
調査費名目のカネ。月額で計約700万円と言い、年間にすれば1億円近く。額はともあ
れ、これは通信会社系的には、ぼう大なトラフィックを調査すると言う表向きの理由
が一応は立つ。自社系に都合の悪い書き込みがされた時に優先的に削除してもらうこ
とも期待している」と前置きし「通信会社系の削除の期待も含めて、2ちゃんねるは
総会屋と同じになっている」と言うのだ。
 その具体的な理由として社長は、こう話す。「2ちゃんねるはボランティアの削除人
が書き込みをチェックして、好ましくない書き込みを一所懸命削除している、という
ことになっているが、あれはウソ。削除人には給料が支払われ、その給料の原資と
なっているのが、まずいことを書き込まれた企業が削除要求とともに渡す裏金。これ
はまさに、総会屋の構図そのものだ。これまで裁判になっているのは金額で折り合え
なかったり、裏金を出さない強い態度の企業とだけだ」


202 :山崎渉:03/01/20 08:37 ID:+E11ZKU0
(^^)

203 :情景描写撮影所:03/01/25 00:10 ID:ldiFcsbb
決して
分からないままでいいから
頷かず笑って
私は
貴方の生を
声を
紡いでゆくから

204 :名前はいらない:03/03/06 22:44 ID:jn9bcHqV
透き通ることが

生まれてきたことの意味であるような

そんんな あなたの声がコダマする

それは どんなモノよりも透明な

私にとっては 何よりも愛おしい

響きを纏っていつまでもいつまでも

この耳朶に残る息吹

205 :名前はいらない:03/04/03 02:34 ID:VKjdHQmZ
囁きを クダサイ と

そっと あなたの 耳元に

サ サ ヤ ク

206 :名前はいらない:03/04/17 23:08 ID:VEOIBRqe
− カラー −

聞きたい 聞きたい 聞きたい
 見知らぬ ダレカが 放っている

魂の 奥からの 叫び を

僕は
 それが
  聞きたい
   そうして

この胸に 溶かし込む

どんな色になるかと
想像しながら

金色のマドラーで
 くるくるとかき混ぜる

207 :山崎渉:03/04/20 02:11 ID:3rQpfsMd
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

208 :名前はいらない:03/04/21 23:50 ID:W4t4Byuz
聞きたい
聞こえない
聞くわけには、いかない

耳を塞ぐ
思いこみを与える
暗示をかけて

ほら
あなたの声を遮断する

聞こえない
聞こえない
聞こえない

209 :名前はいらない:03/04/24 14:21 ID:dmpvwl8J
http://www2.diary.ne.jp/user/103960/

210 :名前はいらない:03/04/25 23:09 ID:WaXH56fC
響かない 届かない 空気の裂ける音 カスタード色の月の囁き 砕けた声の欠片

211 :名前はいらない:03/04/26 20:49 ID:kQwuhvNa
おもしろスレage。

212 :ひびり:03/04/26 21:00 ID:Cv9ynwe1
アナタの声・・・聴かせてください

『アイシテル』と囁いてください

心から

繋がりが消えてしまわぬよう

私に痕を残して行って

213 :私は私の背中を追いかけている:03/04/26 21:12 ID:D6DZpdtv
全てが壊れ去っても

信じる君が 僕の心奥深くから優しく微笑む

214 :山崎渉:03/05/22 03:13 ID:9hqkSSyZ
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

215 :名前はいらない:03/05/24 04:55 ID:PI/cl+A+
「好き」

届かない声は

私の心臓の横で

ひっそりと響く

216 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/05/24 19:51 ID:FwMW4DVM

雄叫びあげてもいいですか
身の毛もよだつ 断崖絶壁の天辺で

…ヴラらァあァア亞アあああ亜ア亞あ!!!!アアアア…

宙が開き 星が震え 月が少し傾いて



217 :山崎渉:03/05/28 11:10 ID:91alohpq
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

218 :名前はいらない:03/06/26 00:01 ID:BrZd22+j
君の声が 遠い

あっさりと 遮断してしまえる

そんな 距離

わずかな さみしさを

「あいたい」 という 言葉にして

伝えることを 拒んでいる

219 :名前はいらない:03/07/08 01:45 ID:rrjsJ3WX

宛先も見つけられずに
助けて、という言葉を飲み込む
この声を発したところで
このこころを解き放てるのは
自分自身でしかないと知っているから
誰にすがりつきたいのかも
何から救われたいのかも
分からないままに積もる焦燥


220 :さち:03/07/10 00:08 ID:dP9HlQTy
「約束」
重い足をひきずってでも
ここにきたかったのだと実感する
祈りのようなアスファルトの染み
空はまるで私のさした傘のように近い
ここだっていう私の場所をみつけて
狛犬に這う蔓草の根を奪うような残酷
今の私にはみえている
いつか積もった雪の跡がみえてる

221 :名前はいらない:03/07/10 00:10 ID:J0noJHBF
http://book-i.net/ad07/

222 :多摩:03/07/10 00:52 ID:+LoZa0ya
ぎゃああぁぁぁー!!

腹の底から思いっきり叫んで

すべてを吐き出してしまいたい時


そんな時は自転車に乗って 

お気に入りのテープを聴きながら

漕いで漕いで漕ぎまくるんだ

誰が見ていようとも 誰も見ていなくても


漕いで漕いで漕ぎまくるんだ

223 :ととむさん:03/07/10 03:15 ID:SejdGf2p
傷が!傷が!
そう ウソのバンソウコウ
あなたのために つばを付けて
気持ち良いXESでもしようか

224 :名前はいらない:03/07/10 03:32 ID:kpFfjpIs
気持良いYESでもしようか


                 YES!

225 :名前はいらない:03/07/10 03:38 ID:kpFfjpIs
ああ、 なんだか気持悪いわ、、
こう、、なんだな?
         


             |∀゚)ノ<Yes!
            


                                             コソーリ |゚)ノ<ぃぇs!


226 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :03/07/10 06:10 ID:Um9SkTjc
  いいかい

そらを
    みてごらん

   あの

ほしや
 くもや
  とりや
   太陽や


みんな






うそっぱちなんだよ

227 :名前はいらない:03/07/10 11:12 ID:ilb1MZGi

私が頑張って作りました♪

http://nuts.free-city.net/index.html

http://akipon.free-city.net/index.html

228 : :03/07/10 18:17 ID:suEo6bF3

転がり落ちた夢の螺旋
蒼くビー玉 とんとん
ラムネ味のキスをもう一度したくて
君の手にそっと触れてみた

229 :;´∀`):03/07/10 18:18 ID:suEo6bF3
むっつり エロイ!

230 :Ero:03/07/10 23:19 ID:suEo6bF3
こんなにも大きくなるなんて
予想不適格診断書捨られ。
君からの☆ビーム 刺激感じテル

231 : :03/07/11 20:39 ID:nuy5GsWb
自由だから僕は
背中合わせの彼女はきっと笑っている
だからって僕は泣く必要はないのさ

ばーか

232 :山崎 渉:03/07/12 11:00 ID:NWO/CALS

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

233 :名前はいらない:03/07/13 05:03 ID:0Qa3A4Y5
あーうーえーうー
叫んでみたくなる
あーうーえーうー
意味なんか無いけど
あーうーえーうー
声 はりあげてみたくなる

234 :愛しているから立ち止まらないで:03/07/13 14:49 ID:nMNwE2nx
君の幸せを願いたい
君の笑顔を見ていたい
君の正直な瞳で君を守ってあげたい
君は自由に夢を描いてほしい
涙も君の笑顔を輝かせるため
君の可能性が未来へ続くことを私は知っている
君がその手に掴むのは骨と土じゃなくて 君がくれた優しさとみんなの希望
たとえ死にそうに苦しくても君はあきらめない
前に進むことをやめない そんな君が大好き! だから

心のさけび

235 :山崎 渉:03/07/15 12:03 ID:7z6F/fGC

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

236 :なまえをいれてください:03/07/15 12:45 ID:clAHo4RQ
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

237 :さよなら:03/07/16 00:02 ID:Vw8TCjPW
僕はふりむかない
ありがとう
どうか僕の背中を見守っていて
僕は行く
もう二度と振り返らない

238 :名前はいらない:03/07/21 05:28 ID:F87C4ip8
花開く
淡い恋の形に
素知らぬふりで
行き過ぎている

声はかけずに
彼らを見ている

意味なんて無い
なんとなく
見ていたいと思った

綺麗だったから

239 :名前はいらない:03/07/23 16:02 ID:292KIbDR
>>234
緑本さん落ち着いて☆

240 :名前はいらない:03/07/29 01:26 ID:fFV0x9lc







かな
いって

決めたの

さようなら


げる
深夜


り言

241 :山崎 渉:03/08/02 01:12 ID:TahhWmQI
(^^)

242 :名前はいらない:03/08/04 18:15 ID:9OdMQY/C
夜明けになると
あなたのダミー声が
わたしを苦しめます

なぜ 夜明けになると
わたしを苦しめるの

まだわたしを愛しているの




243 :ねほん ◆FSnm09kHak :03/08/04 19:00 ID:pdxR8HRS
「真夜中のお散歩」

服を脱ぎ捨てたらあなたの家に行きましょう
一緒にお風呂に入ろうよ
無線LANからあなたのメッセージ 届きましたか
真夜中の街を格好よくお尻ふりふり♪

244 :名前はいらない:03/08/04 21:47 ID:9OdMQY/C
>>243
 少ししあわせな気分になりました。
 ありがとうございます。

 というか、これって変質者の歌?
 それとも男というものは 本来こういう生き物なのか
 


245 :ねほん ◆FSnm09kHak :03/08/05 17:01 ID:r28AFlsP
「当たり前のカレンダー」

おじいさん死なないで
元気なおじいさん
「じーじは早くお死になさい」
じーじーはいつも僕を持ち出す
僕だって僕の夏休みをクマ次郎とぷー太郎と一緒に過ごしたいんだ!

大っきらい!!!

246 :名前はいらない:03/08/05 20:49 ID:GeMVOuzQ
鍋から声がする
きっとおいもさんとお肉さんだ

「おい。肉、うぜーんだよ おめーは」
「いものくせにでかい面しやがって。しみこんでやる」
「あっ、やめて。やめてー。しみこむしみこむ」

おいもさんはおいしくなって
お肉さんは
やわらかくなった



247 :山崎 渉:03/08/15 12:37 ID:5TkIaFn9
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

248 :名前はいらない:03/08/31 09:39 ID:YiMkGmed
ロンブー思い出すな

249 :タカイ:03/09/08 09:10 ID:tPZUV2X0
冷やかしがいなくていいよなここは。見えても無視しておけばいいわけだし。

250 :名前はいらない:03/09/19 21:37 ID:07X1mWr7
>>238
他人に干渉しない主義なのか?

251 :名前はいらない:03/10/04 10:57 ID:65+lGu08
ぴぇっ!

252 :名前はいらない:03/10/12 06:48 ID:DQeqlgC3
否定形の僕は
肯定形の君のそばへはいけない

ただ
すべるように
あるくように
うかぶように

響く
その声を聞いている

253 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/11/24 23:57 ID:EELomS8n

夢から搾った様な甘い声音が
辛辣に現実を説く
俺などより遥かに歯痒い面持の
向こう側に行けない夢追い人が目を伏せる

春は過ぎ
夏は終り
秋は失われていくのだ


254 :名前はいらない:03/12/24 01:12 ID:2TjiBQSS
ほす

255 :名前はいらない:04/01/04 00:14 ID:cmV1XCXf
声が聞こえたっていいじゃないか

なぁ 彩りの塊に埋もれた 鈍い時間よ

256 :名前はいらない:04/02/05 22:17 ID:/I4P7Gyv
洗濯物を 干す

257 :星屑:04/02/11 21:03 ID:B1reYG/q
げえ こ
げえ こ
満天の星空の下で
チカライッパイ
ちからいっぱい
空の星を
ひと つ
ひと つ
数えながら
げ えこ
げ えこ
イッショウケンメイ
いっしょうけんめい
チカライッパイ
ちからいっぱい
蛙達は叫ぶのです
満天の星空の下で
ほう ら
ほう ら
今宵も

258 :名前はいらない:04/03/13 02:05 ID:iQ5V4iO2
何も聞こえない場所
歌を忘れて走る星
太陽は白い
青い雲
白い空
消えない世界

259 :名前はいらない:04/03/17 03:36 ID:i1BYh9aE
聞こえません、聞こえませんよ

聞きたいのに、 聞きたいのに

聞こえません、聞こえませんよ

あなたは何処へ向かって呟いたのですか?

そう、私は聞き返されて声を無くしたのです

260 :万華鏡倉庫:04/03/25 03:48 ID:py2ndZby
声を砕く

261 :名前はいらない:04/03/25 08:18 ID:rTbHq7xc
声を振り絞って叫んだ
なのに
私の声はあっけなくかき消される


何て遠い人

262 :Akila:04/03/25 18:26 ID:2hSB17qe
ヴォイスだな?

263 :万華鏡倉庫:04/03/25 22:10 ID:v1ev2bhk
呼び声が頬を擦っていった後に、肩に落ちる振動の羽毛

264 :Mana魔名:04/04/13 01:20 ID:2AWReurh
vision of midnight theater
one night ballet , day by day
in the morning , could you hear me ?
clap your hands , if you still love me
embryo-me- wants a touch of mother-you-

265 :名前はいらない:04/04/30 15:10 ID:Fpzcsn6B
風のない日
発した声は重力に従って
地球の中心に落ちていく

いろんな人の
沢山の声が詰まって
たぶん出来ている
あの赤い熱いマグマ

86 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)