5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆☆☆北森鴻☆☆☆

1 :ノネ:2001/07/09(月) 23:48
語りましょうよ。

2 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 00:24
えらく渋いとこきたね

3 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 01:21
私は好きですが・・でも人気ないのもわかるかな。
「凶笑面」をすすめとく

4 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 01:33
私も「凶笑面」を奨めるなぁ。
「メビウス・レター」はあんまり好きじゃないな。

5 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 03:23
「狐罠」も「優」です。
「メインディッシュ」は読みたいけど見つからない。

6 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 06:21
なんか書店にある本みんな初版止まりなんですけど。

7 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 19:21
わー、なんだか嬉しい的…
「狐罠」、ちょっと「贋作師」っぽいけどけっこう面白かった。
「アヌビスの産声」「メビウス」はいまひとつ。
ハードカバーの時代小説ってゆうのが「凶笑面」ってやつなのですか?
全体に薄い感じもするけど、翻訳エンターテイメントタイプとして
安定供給してくれてると思います。

8 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 00:29
「蜻蛉始末」はどうなんでしょう?
書店で見当たらないんですけど、探す価値有ります?
読んだ人、感想聞かせてください。

9 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 16:14
age

10 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 01:20
「凶笑面」は民俗学ミステリ(?)です。
ハードカバーの時代小説って、「狂乱廿四孝」ではないでしょうか。

11 :ななし:2001/07/12(木) 02:23
>「ハードカバーの時代小説って、「狂乱廿四孝」ではないでしょうか。

新刊「蜻蛉始末」のことと思われ。

12 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

13 :名無しのオブ:2001/07/16(月) 08:54
蜻蛉始末は傑作です。トリックはないけど。十分合格点。

14 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

15 :名無しのオプ:2001/07/17(火) 03:50
暗色のソプラノが良かった。
うちで購読している新聞に北森センセの時代ミステリーが載っていてラッキー
最近終わったけどなかなか面白かった。
で、今は真保裕一。

16 :ノネ:2001/07/17(火) 10:59
>>15
すごい! 何新聞?!
私は「凶笑面」は割と好きです
なにげに「狐罠」の冬狐堂さんも友情出演してます。

17 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

18 :名無しさん:2001/07/17(火) 14:17
「共犯マジック」って出てましたね。
徳間だったかな。
どうですか?
読んだ人います?

19 :名無し:2001/07/17(火) 14:26
北森は短編がよい。

20 :15:2001/07/18(水) 02:20
>>16愛媛新聞。地方紙です。こんな所くらい良い事ないとね。

21 :ノネ:2001/07/18(水) 20:53
田舎の祖父母がとってる……(愛媛新聞)
でもきっと読んでないんだろうなぁ

22 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

23 :名無しのオプ:2001/07/18(水) 21:12
「共犯マジック」最高。

24 :名無しのオプ:2001/07/18(水) 22:11
華がない。

25 :名無しさん:2001/07/19(木) 11:01
>23

「共犯マジック」ほんとに凄かったね。
どう凄いのか説明したいけど、ネタを割っちゃうかもしれん
から、できない。

26 :北森鴻:2001/08/02(木) 22:37
霧舎巧くんを発掘したのは、大学の先輩である僕です。
あまり彼のことを悪く言わないでね。

27 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 21:21
really?!

28 :名無しのオプ:01/09/10 23:38
「屋上物語」も好きだったよ。
最後の締めが今一つ物足りなかった気もしますが。

29 :名無しのオプ:01/09/10 23:50
>>27
>really?!
発掘したかどうかはともかく、同じ大学の先輩後輩であることは本当。

30 :名無しのオプ:01/09/11 01:07
なんて〜こったい!!
霧舎巧を発掘しただとー??
取り返しのつかないことしてくれたな!!
逝ってヨシ!!!!>北森鴻

31 : :01/09/11 03:05
カドカワがはっちゃけてるお陰で散財…
狂乱廿四考、文庫落ちでようやく読めたけど、なんか…
自分的にはピンとこなかったなあ。
山本昌代とか女流系の凄いネタが先に出てるせいと、
あと「東州しゃらくさし」とか先に読んじゃったせいかもしれないけど、
いまひとつ話しに入れなかった。
ウソでも時代モノ選ぶんだったらもうすこし描写に水気というか粘り
というか、はっきり言って血肉のある色気を添えるべきだと思う。
文庫しか読んでないけど、今までの総括を言えば「下手な鉄砲」。
悪い意味だけじゃなくて、好奇心旺盛で、そこそこ目端がきいて、
多岐に渡る興味をうまくネタに仕上げてシゴトすることはできるけど、
うつくしくなるときとがっさい時がアンバランス。という感じ。
屋上物語、いいほうだと思います。半村良の下町探偵局のほうが好きだけど。
共犯マジックというの、読んでみたいです。
ところでこの人と飛鳥部カツノリをまとめるのは許されないことなのですか?

32 :名無しのオプ:01/09/11 04:25
文庫「狂乱廿四考」のあとがき、
立ち読みしたけど、イタくない?

33 :名無し:01/09/11 07:12
北森は東京創元社とワケアリなんだよね。
『メビウス・レター』でひどい目にあったから。
で、講談社から出版。

34 :名無しのオプ:01/09/19 03:49
『凶笑面』を読んでから『狐罠』を読んだので、
冬孤堂さんは悲惨な最期をむかえると思っていました。
まあ、そうはならなかったので、ほっ。

35 :名無しのオプ:01/10/12 17:50
>>33
それで鮎川賞受賞作なのに『狂乱〜』が
角川から出てるのか。

36 :名無しのオプ:01/10/20 00:59
ぎえっ、講演会なんかあったの!?
知っていれば行けたのに・・・花大

37 :名無しのオプ:01/10/20 03:16
この人の作品の食いものはどれも上手そう〜
「屋上物語」のモデルになったというデパート屋上うどん屋って、西武?東武?

38 :名無しのオプ:01/10/31 01:04
>>33
ワケありって何があったんですか?
教えて下さーい!

39 :名無しのオプ:01/10/31 03:20
編集者と大喧嘩。

40 :名無しさん:01/11/01 23:34
>>38
詳しくはメビウスレターのあとがき参照。
かなりぼかして書いてあるが。

41 :名無しのオプ:01/11/02 00:00
あとがきや解説に私怨を書き連ねるような奴ら(北森&愛川)
はみずから己の価値を貶めていると言えよう。

42 :名無しのオプ:01/11/02 01:18
「凶笑面」読んで、久々に面白い作家発見!と思って
「狐罠」>「メビウスレター」と読んだ。
・・・・。
この人って、無理にミステリー書かないで、ちょっとマニアっぽい世界を
普通の小説で書くのが一番面白いような気がする。
出身の賞的に無理なのかもしれないが。

43 :名無しのオプ:01/11/02 14:44
あっ「共犯マジック」って真崎守だったのか

44 :名無しのオプ:01/11/14 02:45
>43
どういう意味?

45 :名無しのオプ:01/11/14 07:21
久々に復活してるのを見かけたから一応。
「孔雀〜」って「狐罠」に似過ぎ。
面白いけど「狐罠」の続編の方が読みたかったような...。

46 :名無しのオプ:01/11/18 23:46
真崎守「共犯幻想」(マンガ)

47 :名無しのオプ:01/11/24 05:15
『「永久笑み」の少女』見て面白かったんでage。
 ↑以外の作品も読んでみたくなったんですが、コレ読んどけって
ヤツと、読む順番あったら教えて下さい。
とりあえず、「共犯マジック」は読んだ方がいいのかな?

48 :ひなこ:01/12/05 02:59
一昨日図書館で何気なく「親不孝通りディティクティブ」を手に取り
(博多旅行を控えていたので…)面白くて一気に読んだ。
昨日「屋上物語」と「花の下にて春死なむ」を読み、今日「メイン
ディッシュ」を読んだ。
ミステリとしてはどうかと思うところもあったけど、エンタメとして
読むならかなりいいと思った。2ちゃん見て、評価が低くて驚いた(笑)。
これから「凶笑面」を読みます。(蜻蛉始末と狐の罠も借りてきた)

49 :名無しのオプ:01/12/05 06:34
そうだよね、おもしろいよね!
でも『凶笑面』より『狐罠』先に
読んだ方がいいかも?

50 :ねつてつ:01/12/05 10:50
>ひなこさん
実はキャラの関係というのがちょっとあって、『狐罠』を先に読んどく
のが、ホント、吉なのです。
で、この系統が面白かったら、次は『孔雀狂想曲(多分最新刊)』を
読んでもいいかな?^^
で、『狐罠』の続編もそのうち出る筈なので、楽しみに待つべし。

51 :ひなこ:01/12/05 21:05
49さん、ねつてつさん、アドバイスありがとうございます。
途中まで読んじゃってた凶笑面を閉じて、狐罠に取りかかったら
図書館から電話で予約してた本の順番がまわってきたとのこと(泣笑)。読みたい本がありすぎて大変です。
孔雀狂想曲も狐罠の続編も面白そうですね。ミステリ板っていい人多く
て嬉しいなあ。

52 :名無し:01/12/09 00:38
今月、『桜の下にて春死なむ』という
傑作短編集が講談社から文庫化されるので
ぜひお読みください。

53 :ひなこ:01/12/09 02:25
>37さん

すんごい遅レスで申し訳ないんですが、著者近影にちょこっと
映ってるテーブルを見る感じでは、西武なのでは、と思いました。
あったかくなってきたらぜひ行こう(笑)。

狐罠と凶笑面読みました。面白かった!
早く全制覇したいです。
みなさまのお勧めはどの作品ですか?

54 :名無し:01/12/09 04:56
共犯者なんとか。

55 :ひなこ:01/12/16 05:02
蜻蛉始末おもしろかったage

メビウス・レターもおもしろかったです。

56 :名無しのオプ:01/12/16 09:52
>>54
共犯マジックのことか?

57 :ねつてつ:01/12/16 10:32
「屋上物語」とかもいいなあ。
うどん食べたくなる。ぐぅ^^

58 :名無しのオプ:01/12/16 10:50
ねつてつ、仕事は何をしているんだい?

59 :世界@名無史さん:01/12/27 01:59
『花の下にて春死なむ』読了。
やっぱこの人の短編上手いわ。
特に「花の〜」は絶品。料理もおいしそうだし。

60 :名無しのオプ:01/12/27 02:56
「屋上物語」さいご切なかった……
あのうどん、まだあるなら上京したとき食べに行きたい

61 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

62 :名無しのオプ:02/01/15 12:50
age

63 :名無しのオプ:02/01/29 10:55
さるべーじ

64 :47:02/02/11 01:51
「狐罠」読みましたがメチャクチャ面白かったです。その後で
「花の下にて〜」読んで、本当いい作品読んだなぁと余韻に浸
り中。作中の句とかも自作で、句に作者(草魚)の人物像が現
れていて凄いです。
「共犯マジック」は書店何件廻っても見つけられませんでした。
図書館逝ってきます。

65 :名無しのオプ:02/02/28 01:07
『メインディッシュ』3月に文庫化age

66 :名無しのオプ:02/03/18 07:10
良スレあげ

67 :名無しのオプ:02/03/18 17:29
>37、53
三越説があるよ。

68 :名無しのオプ:02/03/20 16:31
『メインディッシュ』文庫化(書き下ろし追加)age



69 :名無しのオプ:02/03/23 11:56
北森さんの1番最初の作品好きで、その後も気になりつつ読書から離れてました。
また、ゆっくり本を読めるようになったので、いい本無いか?と覗いてみれば
北森さんスレあるし。
しっかり「狐罠」読了。よかった。でも、怖かった。クリ−ムがね。
只今「メインディッシュ」その次「花の下にて〜」の予定。


70 :名無しのオプ:02/03/24 05:16
「花の下にて春死なむ」「屋上物語」「凶笑面」を最近続けて読みました。
こんないい作家を見逃していたのかあ、とちょっと後悔。
なんでこの人、地味な評価なのかなあ。
教養の豊かさといい、その知識の使い方といい、北村薫さんに通じませんか?
「花の下〜」の「香菜里屋」のマスターと、北村氏の「円紫さんと私」シリーズの円紫さんが
ダブります。



71 :名無しのオプ:02/03/24 07:19
>>70
あまり出版社と仲良くないから、出版社も
金かけて宣伝しない。デビューの東京創元社は
もとより、最近でも……

72 :名無しのオプ:02/03/26 17:51
メインディッジュ本日、読了かな?
久々に、???という感じの本でした。
読み返したりした事ないんだけど、途中から訳解らなくなっちゃった。
そこが面白かったと言えば面白かったんだけど。
さて、次は「花の下〜」と思いきや、本屋で1冊だけあったのが状態悪く断念。
ハ−ドカバ−に手を出すか、文庫になるのを待ちながら浮気するか、迷うな。
蜻蛉は、狐罠にかな−り似た感じなんですけど、どうなんでしょう?
狐罠は大変面白く読ませて貰ったので、蜻蛉気になるんだけど・・・内容似すぎ
な気がするんだけど。お薦めですか?文庫待てですか?迷ってます。

73 :名無しのオプ:02/03/26 18:59
>72
3年待つなら図書館で借りて、こりゃイケそうと思ったら買うのが
よいかもよ?

74 :72:02/03/27 00:37
>73
近くに図書館無い。かも?
いい本は、手元に置きたいしなぁ。
椅子とテ−ブル置いてる本屋に行って検討します。
来週、近くまで行く予定あるし、とりあえずは文庫から漁ります。
仕事中に読書は黙認というありがたい所で、暇な時期で仕事中=読書タイム
だから本に飢えてるんです(ワラ
ご意見ありがとうございました。人の価値観はそれぞれですもんね。
自分で確かめるのが一番でした、恥ずかしい。



75 :名無しのオプ:02/04/18 21:42
メビウス・レターを読んで阿坂のメール欄が気になった。
合理的なつじつまあわせがあるか?

76 :186(一服中) ◆Smokecpc :02/05/12 23:24
やっとメビウス・レター読んだ。

思ったよりもトリッキー也。
保守かねてかきこ。

77 :名無しのオプ:02/06/20 13:09
さるべーじ

78 :A.M.:02/06/27 11:29
今、『共笑面』を読んでいるところです。で、この作品に登場する
蓮丈那智って、女優でいうと誰がイメージ的にいいと思われます?
この作品って、ドラマ化というか映像化が難しそうですが。

79 :名無しのオプ:02/07/04 10:54
狐闇age

80 :名無しのオプ:02/07/09 09:42
「触身仏―蓮丈那智フィールドファイルU―」 期待age

81 :名無しのオプ:02/07/11 00:48
>80
いつごろ出るんですか?楽しみですね!(^^)

82 :名無しのオプ:02/07/12 17:26
「狐闇」って雅蘭堂や蓮丈那智もでるから楽しみ。

83 :名無しのオプ:02/07/17 15:42
おまいら!「狐闇」もうだいぶ前に出てるけど誰か感想書いてくれませんか?

84 :名無しのオプ:02/07/21 00:40
「狐闇」もうだいぶ前に読んだ。面白かったよ。
全体的に「狐罠」にはおとるけど、こなれてる感じかな?

85 :名無しのオプ:02/08/17 17:52
さるべーじ

86 :名無しのオプ:02/08/18 01:09
「凶笑面」や「狐罠」のような作品と、
「パンドラ'S ボックス」の落差(?)はすごい。
この方、露悪趣味なんですねぇ。

87 :名無しのオプ:02/08/18 12:12
「狐闇」おもしろかった。
手堅い(荒唐無稽でない?)高橋克彦の伝奇ものみたいな感じ

88 :サンデーーサイレンス:02/08/30 18:26
「触身仏―蓮丈那智フィールドファイルU―」 明日、買いに行ってきます。


89 :名無しのオプ:02/08/30 18:32
↑今日買いますた
後で酒でも飲みながら
読みまする

90 :名無しのオプ:02/09/23 09:10
「狐闇」読んだ。
「狐罠」に続き、悲惨な目に遭うヒロインが可哀想だ〜
ところで、この人が書く歴史学・民俗学ネタは、
どのへんまで本当なんでしょ?
87さんの言うとおり、それほど荒唐無稽でないから、
うっかり信じてしまいそうだ。
というわけで、今わかりやすそうな民俗学の本、物色中。

91 :名無しのオプ:02/09/26 02:42
「狐闇」に蓮丈那智でてるの?

92 :名無しのオプ:02/09/26 02:44
しかし内藤三國ってすごい情けない男だと思うが、
どうよ?(w

93 :名無しのオプ:02/10/03 14:46
>>91
バリバリ出てますよ。凛々しいです(女性だけど)。


94 :名無しのオプ:02/11/04 09:32
さるべーじ

95 :名無しのオプ:02/12/11 21:22
「狂笑面」文庫化ー!
1月を楽しみに待ちましょう。

96 :名無しのオプ:02/12/12 02:10
蓮丈那智シリーズは内藤三國の成長物語だろ、読みどころは。
講師になれたのかな、ミクニ

97 :名無しのオプ:02/12/14 22:48
「狂笑面」文庫化!
まじ?

98 :名無しのオプ:02/12/15 18:01
文藝春秋「緋友禅 旗師・冬狐堂」北森鴻 1,857 1月後半

これって書き下ろし?


99 :名無しのオプ:02/12/23 00:37
で、その「凶笑面」収録の「不帰屋」ちょうど今、
今読み終わったところ。
評判どおり!素晴らしい!
密室生成のメカニズムは序の口。
最後の最後で、ようやくパズルのピースがすべて揃い、
現在の事件と民俗学的解明がダイレクトに結ばれるその瞬間の感動。
ファンタスティック!

100 :名無しのオプ:02/12/25 03:51
そろそろ大ブレイクせんかなあ。
『狐罠』でプチブレイクしたが……
けっこうヘンクツで、編集者と折り合いが悪いと聞くが、
それがいまいち各社がプッシュせん理由だろうか?

101 :名無しのオプ:02/12/25 06:47
文春のはマスターズですかね。

102 :名無しのオプ:03/01/15 19:10
もうすぐ「狂笑面」文庫化アゲ。

103 :名無しのオプ:03/01/15 22:24
一冊読んだ時は(初体験は共犯マジックだが)、上手い作家だなーと単純に感動し、
二冊、三冊読んでいるうちに、めちゃめちゃハマり、
六冊、七冊目になるともうお腹イパーイというか。
コンプリした今では、次が出ても買うかどうか…。
プロットが巧みな分、どの物語も起承転結が同じなんだよねぇ。
ちょっと趣向を変えた物語を読んでみたい、というのは贅沢な望みなのか。

104 :山崎渉:03/01/23 18:25
(^^)

105 :名無しのオプ:03/01/27 09:26
「凶笑面」文庫化&「緋友禅」発売age

106 :名無しのオプ:03/01/30 22:29
凶笑面読んでます。
ひょっとして、内藤については
(メール欄)ような気がするのですが、
これは、作者が何か思うところ
あってのことでしょうか。

107 :名無しのオプ:03/01/30 23:06
軽くチェックしてみましたが「狐闇」に書かれていますね。
特にそういう意図はないかと。

108 :名無しのオプ:03/01/30 23:32
そうでしたか。私の考えすぎでしたね。
すんません。

109 :名無しのオプ:03/02/02 23:22
緋友禅ってもう売ってるの?

110 :名無しのオプ:03/02/03 22:19
大阪にはあった。

111 :山崎渉:03/04/17 16:02
(^^)

112 :山崎渉:03/04/20 02:45
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

113 :山崎渉:03/04/20 06:54
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

114 :名無しのオプ:03/04/24 13:35
『桜宵』age。
出てたの気が付かなかったYO!

115 :名無しのオプ:03/04/24 16:13
『桜宵』良かったよー。
期待以上のすごい出来でもないけど、水準は保ってると思う。
オリジナルカクテルが2つも出てくるし。

116 :ドンコ:03/04/25 10:40
骨董ものは見逃せません。
緋友禅もなかなか良かったね。

117 :ミホノブルボン:03/05/18 18:59
桜宵、そこそこおもしろかった。
ただ、「約束」は人間ってそこまでやるかなと疑問に思いました。
酒の肴はおいしそう。

118 :山崎渉:03/05/28 12:47
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

119 :名無しのオプ:03/06/09 13:38
「桜宵」と「緋友禅」
読みました〜。
「奇縁円空」がちょっと構成がわかりづらい気がしたけど、
面白かったです。

120 :名無しのオプ:03/06/17 20:30
うわーー発見!!! 最初はだいぶ前だねぇ。

最近凝ってる作家なんですよ。狐罠をすすめられて読んだら
これがまたなかなか面白い。

図書館で借りまくってますわ。狐闇、那智先生(2冊)、メインディッシュ、
花の下・・と進んでます。ホント、ブレイクしないのが不思議

121 :名無しのオプ:03/06/17 21:56
>>120
最近文庫化された「屋上物語」もお薦めですよ!
未読でしたらぜひ!

個人的には「アヌビスの産声」(?)以外はハズレなしって感じです。

122 : :03/06/17 22:04
●●●マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?その2●●●
http://natto.2ch.net/mass/kako/988/988402795.html

949 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/28(月) 18:46
>>916
直接の実行犯はわからなかった。ただし、その盗聴機関がマスメディア産業の
各方面につながっていることは確認済み。団体名なんか書く必要ないでしょ?
フジ・テレビとか読売新聞社とか電通とか...みんなが知ってるあの会社って
感じ。講談社の週刊誌(現代とかフライデイとか)が政治家の過去を暴露する記
事や写真をよく掲載するでしょ。あの手の記事は、盗聴/盗撮で得た情報で商売
をしている人達がいるという証拠。あういう人達に、オレの個人情報をつかまれ
ているんで非常に心配ですが、現状では、対抗策がない。

123 :名無しのオプ:03/06/18 17:37
普段漫画ばっかり読んでる身としては、
「本格ミステリ」とか言うジャンルに、
必ず読むって作家さんができるとは思ってなかったのですが、
小品一本読んでハマッたために、ほぼ全作読んでるところ。

ミステリという分野で、一人くらいフォローする作家さんがいてもいーだろう、
ってあたりがフォロー動機ですが、結局は楽しんで読んでます。
ほかの作家さんが楽しめないのかというとそういうわけではないんでしょうが、
複数の方フォローするほど本格ミステリという分野に興味あるわけでなく。

氏の全作がすごい好き、ってわけではないのですが、
ソフト目の作品の方が好み。
なので香菜里屋の二冊はとても好きです。

#読み始めるきっかけになった作品の主役母親名のコテハンの方がいらして一瞬ドキっとした。

124 :名無しのオプ:03/07/05 13:28
7月17日 『支那そば館の謎』(光文社)
発売決定age


125 ::03/07/06 09:04
ゃっと屋上物語を買った…文庫ね。

126 :名無しのオプ:03/07/13 12:38
>>121
図書館で借りてきました。ここんとこ図書館ばかり、
孔雀狂想曲もかりたけど、これは雅蘭堂さんなのね、みんな
どっかでつながっている。

127 :無料動画直リン:03/07/13 12:43
http://homepage.mac.com/miku24/

128 :山崎 渉:03/07/15 10:13

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

129 :山崎 渉:03/07/15 13:46

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

130 :名無しのオプ:03/07/30 11:11
たまたま見つけたんだけど、北森さんがマンガの原作をしててびっくり。

『鬼が疾る(はしる)』智中 天 ジェッツコミックス/白泉社

↑これ読んだ人、感想きぼー

131 :名無しのオプ:03/07/30 16:44
>>130
おっとなーな絵柄。
劇画。超どシリアス。重い。

ミステリとしてどーかは忘れた。

132 :名無しのオプ:03/07/30 19:00
誰も支那ソバ館に触れないのは何故?

133 :名無しのオプ:03/07/31 22:49
>130
舞台は江戸の町。主人公は蘭方医。
死体を腑分けして、死者の声を聴くのだ。

「北森さん、医学や江戸の風俗やらについて
一生懸命調べたんだろうなー」という内容。


134 :名無しのオプ:03/07/31 22:54
「花の下に春死なむ」「凶笑面」と読みました。
さらっと読みやすい気がする。結構好きかもしれませんが
熱狂的に好きだ!という感じではありません。
影響受けてオシャレなビアバーが近所に無いか探し中。

凶笑面の不帰家はミステリとしてもなかなかイイ!と
思いました。あの家の構造のミステリ的理由づけと
作中での民俗学的動機の融合はおもしろいと思った。

135 :130:03/08/01 00:04
>131、133
ありがd。
一応古本屋で探してみまつ。



136 :名無しのオプ:03/08/01 13:40
>>132
読みましたです。
北森さんとしては普通の出来。
大悲閣には行ってみたくなる。

137 :山崎 渉:03/08/02 01:51
(^^)

138 :名無しのオプ:03/08/05 17:26
那智の過去の男性体験とか気になる
「ブルーベルベット」とか、ああいう体験をしてないだろうか?

139 :名無しのオプ:03/08/06 23:07
最近知って、一発でハマりました。
ガランドーのはちょっと軽いけど、
冬狐堂、那智のは(・∀・)イイ!
一番良かったのは、凶笑面の中の不帰屋。
これ、密室トリックは森博嗣のにも似てるのがあったけど、
こっちのほうが説得力あり、しかも自然。
密室をことさらに大仰にせずに、サラリと解いてしまうのがステキ>那智先生
本格ミステリとしても上出来なのだから恐れ入る。



140 :名無しのオプ:03/08/08 18:25
屋上物語

おいしくいただきました。

141 :GET! DVD:03/08/08 18:25
★☆ 夏休みを GETDVD で満喫・満喫!! ★☆★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★ 送料激安!  スピード発送!  商品豊富!   
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 激安DVDショップ 「GETDVDドットコム」 
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 今すぐアクセス Let’s Go・Go!!   
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


142 :山崎 渉:03/08/15 15:29
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

143 :名無しのオプ:03/08/17 01:00
指揮者の西本智実が,ちょっとイメージなんだよね,那智おねーさま。
参照↓
ttp://www.tomo-nishimoto.com/photos/CD_king1-1.jpg

144 :139 ◆8YB0M.Sp5E :03/08/21 23:10
>>143
ワラタ

ところで、携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 久夛良木氏は,“PSPはゲーム業界が待ち望んだ究極の携帯機”として説明。「ここまでやるかと言われるスペックを投入した」という。
 発表によれば「PSP」は,曲面描画エンジン機能を有し,3Dグラフィックでゲームが楽しめる。
7.1chによるサラウンド,E3での発表以来,クリエイターたちにリクエストが高かった無線LANも搭載(802.11)。
MPEG-4(ACV)による美しい動画も楽しめるという。これによりゲーム以外の映画などでのニーズも期待する。
 外部端子で将来,GPSやデジタルチューナーにも接続したいとする。
また,久夛良木氏は,繰り返し「コピープロテクトがしっかりしていること」と力説。会場に集まった開発者たちにアピールしていた。
 さらに,ボタン設定なども明らかにされ,PS同様「○△□×」ボタン,R1・L1,アナログスティックが採用される。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

いきなりへんな事言い出してスマソ……
GBAとくらべてみてどうなんでしょうか?(シェアの事は抜きで)

145 :名無しのオプ:03/09/01 07:06
作者ってけっこうオトコマエ

146 :名無しのオプ:03/09/01 10:29
>>145
サングラスかけてる写真しかWWW上じゃ目にしたことないや…

147 :名無しのオプ:03/09/01 14:53
この人、生きるためにロリコン小説書いてた時期もあるんだよなぁ。
人に歴史あり。

148 :名無しのオプ:03/09/02 09:12
>>147
どれも似たような内容だしなぁ、ロリ小説や漫画なんてのは。
ロリと銘打っても、どうせ出てくるのは高校生以上なんだろうし。

149 :名無しのオプ:03/09/03 21:32
「メビウス・レター」読了。
いやぁ、贅沢な構成ですね、これ。
読者に95%くらい真相を見破ったと思わせといて、残り5%でうっちゃるとは。

150 :名無しのオプ:03/09/04 08:59
「冥府神の産声」って読んだ人いる?
社会派(!)だってことだけど。
感想が聞きたい。

151 :名無しのオプ:03/09/04 17:32
>>150
クライマックスはちょっとすんなり行き過ぎてる気がするけど、
いろいろ考えさせられる点は面白かった。

生理学(でいーのかな)関係が好きな人ならお勧めかも。
コメディパートは殆ど無かったんじゃないかしら。

時期的には、学年誌ジュヴナイルと並行してこれを書かれてたことになりそうです。
そっちから入った私には、(覚悟はしてましたが)かなり落差が激しかったです。

152 :名無しのオプ:03/09/05 02:06
>>151
ありがとー!
すごく楽しみになってきました。
さっそく明日、探しにいきます。

153 :名無しのオプ:03/09/05 05:45
>>152
水さすようでなんだが、自分はそんなにおもしろくなかった。
なんかまだテーマを活かしきれず、取材したネタの咀嚼も
こなれてなかった。けっこう初期の作品だから、まだ小説として
練れてないんだなあ。

154 :名無しのオプ:03/09/05 07:54
>>150

学年誌ジュヴナイルって、「パンドラ'sボックス」に一本だけ入ってる
「ちあき電脳探てい社」ですか?
通して読まれた印象はいかがでしたか?

155 :名無しのオプ:03/09/05 12:00
>>154
私は>>123の、実はアニオタなので、あまりミステリファン的評価はできないと思いますが。

 「自信を持ってお勧め」はしないけど、
 「私自身が熱狂するには構わないだろう、誰にも迷惑かけないし」というところ。

 一般的なミステリファンが読まれれば「ふーん、まーコドモ向けだしこんなものか」となりそう。
 しかしながら、キャラに萌え<wてしまえば、ある程度の水準であれば、いい方にいい方に評価してしまうものです。

 なお、特に公言されてはいませんが、主役二人のキャラクターは北村薫氏の「覆面作家シリーズ」をオマージュしてます。
 無断かどうかは不明。作中でも、知ってる人ならソレだとわかるような表記があります。…でも、読者たる小学三年児童は北村薫作品は読んでなかっただろうな…。
 ちなみにこの作品を読んでた児童は、2003年現在、高校1年生になっているはずです。2ちゃんを覗くにはまだ若いか。

余談:
 この作品をとっかかりに、私は北森鴻作品で本になってるものは、当時入手困難だった「狂乱廿四孝」以外はぜんぶひととおり読んでることになります。
 (「狂乱廿四孝」も文庫化されてるし、いつか読まねば…)

156 :名無しのオプ:03/09/05 13:37
「狂乱」読んだ後に皆川博子「花闇」を読むのがおすすめ。
文庫後書きで北村先生が影響受けたと書かれてるし、
偶然「花闇」の方から読んだんで、筋は違うのに
キャラクターの何人か性格が似すぎていて頭が混乱したりしました。
「花闇」は推理物じゃないけどね。

157 :名無しのオプ:03/09/05 18:11
>>155

ありがとうございます。そう聞くと面白そうですね。
どこかまとめて単行本化してくれませんかねえ。
学習誌はあとからだとまず入手不可能だし
同じ「X年の学習」に載った東野圭吾氏の「おれは非情勤」も出たことですしね。

158 :名無しのオプ:03/09/06 20:41
>>157
ミステリファンにとっては喰い足りないでしょうし、
ジュヴナイルとして出すには量が少なすぎるし、
(二年予定が一年で終わったっぽいですし)

私としては続きも読みたいんですけどね。(挿絵も当時と同じ作家さんで。)
…物語根幹の謎は、ぜーんぶほっぽらかしのまま終わってますから。

159 :名無しのオプ :03/10/13 14:15
半年位前に図書館で1冊借りたらはまりました。
市内の図書館にあるだけ借りて、先日隣の市からも借りてきました。
個人的に、「美味しい料理を手際よくさり気なく提供できるヒト」に
憧れているので、やはり香菜里屋ものが大好きです。
「メイン・ディッシュも」素晴らしい。
求職中なので新刊は買えませんが、どこか古本ででも
安くめぐり合えたらいいなあ。

残念ながら、時代モノがあまり好きではないので、
「狂乱廿四考」の読み進みがゆっくりスローになってます。
あんまり楽しくて早く読めてしまうと
もったいないですもんね。


160 :159:03/10/13 14:28
北森さんに近い軽快な作風の、他のミステリー作家さんをご存知な方がいらっしゃるでしょうか?
こういう質問はスレ違いなのかな?
外国のドロドロした血なまぐさいミステリーを読み倒してから
綾辻さん、島田荘司さん、有栖川さん、二階堂さん、岡嶋二人(井上夢人)さん等
読んだのですが、最近私生活で落ち込む事が多いので、猟奇殺人系から手を引きました。
そして、図書館で北島さんを見つけた時に、今邑綾さんも自分に合うと発見したのですが、
それも読み終えてしまいそうですので…。
北森ファンの方の本棚のお薦めを伺えたら嬉しいです。
(自分の精神衛生上とても良かったのはピアズ・アンソニーとアン・マキャフリーでしたが
 SFは遠慮しておこうかなと。)

161 :名無しのオプ:03/10/15 12:16
>>160
本格ミステリーは苦手な私のオススメじゃ不安かもしれないだろうけど
先入観抜きで読んでいただいたら大丈夫かな?・・・軽いやつですよね?

大沢在昌「らんぼう」 「走らなあかん夜明けまで」 をとりあえず。
あと森博嗣のシリーズは気分転換によく読みます。
登場人物全員が「これでもか!」級の激萎えキャラで、元々あったイヤな気分を忘れさせてくれる。
  
他にも思い出したら又書きます。


162 :160:03/10/15 12:29
>>161
ありがとうございます、大沢在昌、読んでみますね。
森博嗣は、きっと自分に合う!と信じて4冊いっぺんに読んでみて、
なぜか肌に合わず諦めたんです。
ダ・ヴィンチの連載では楽しめそうだと感じたんですが、
本っていうのも開いて(読んで)みなきゃ解らないものですね。

「狂乱」、半分を過ぎて、自分の中でようやくキャラが立ってきました。
宮部みゆきでも時代劇が苦手だったので、鬼平さんも無理かなぁ…。

163 :161:03/10/15 22:48
>>162
よく考えたらオススメしない方がよかったかも
北森さんの「蓮丈那智シリーズ」が好きなんですよね
作品のジャンルが多彩な北森鴻の中でも、そのシリーズが好き?それだけが好き?(あちゃー
気晴らしにはなると思うけど・・自信なくなった・・
キライだったらごめんなさいね 自分はどっちかというと文藝系サスペンス好きなもんで

森博嗣はあまりにも馬鹿馬鹿しくて、頭に血がのぼります。
買った本だったらビリビリにして森家へ着払い返品。いつも図書館です。(よかったな博嗣



164 :名無しのオプ:03/10/16 09:23
>>160
倉知淳の猫丸先輩シリーズなんかはホノボノしてますよ。


165 :160:03/10/17 14:14
>>164
倉知さんって、「星降り山荘の殺人」の方ですね。
ほのぼの路線、期待大です。ありがとうございました。

166 :名無しのオプ:03/10/30 17:18
偶然にも北森さんと知り合いになり今月初めに一緒に酒を飲みました
なんだかとっても気さくな方で凄く楽しかったです

来月あたりにまた飯会の予定です

ただの自慢ですんません

167 :名無しのオプ :03/10/31 08:46
う、うらやますい!

168 :名無しのオプ:03/10/31 13:59
age


169 :名無しのオプ:03/10/31 16:02
>>166
うわぁいいなぁ。

『花の下にて春死なむ』読了。
最高。短編うまいな。香菜理屋の店主イイ!


170 :名無しのオプ :03/10/31 20:45
>>169
うんうん。北森さんの書く人物の中で一番魅力的。
なんたって美味しそうだもの。

171 :名無しのオプ:03/10/31 21:04
>>170
魅力的かつ料理が美味しそう、といったら
『メイン・ディッシュ』もお忘れなくw



172 :170:03/11/01 11:10
ええ、勿論です!
手際よく料理のできる男性は憧れだぁ…
女性もそうだけど、実際結構存在しているから男性の方が希少。
何か一つ得意料理がある、ってのもかっこいいと思うんですけどね、
北森さん自身、料理は得意なのかな?

173 :名無しのオプ:03/11/01 12:26
料理と言えば「屋上物語」のうどんも気になりますね。

174 :名無しのオプ:03/11/01 18:45
age

175 :名無しのオプ:03/11/01 19:36
>>172
居酒屋でのバイト経験があって、
調理師免許持ち…

というのが載ってたのは、あとがきだったかパンドラ’sボックスだったかどっかのサイトだったか…

176 :名無しのオプ:03/11/01 20:42
>>173
最近読み終わったんだけど、結局モデルは何処?
池袋すぐ近くだから、行ってみたいんだけど…
西武、東武、それとも三越?

177 :名無しのオプ:03/11/02 10:29
東武だそうです。

178 :名無しのオプ:03/11/02 17:20
age

179 :名無しのオプ:03/11/02 17:32
グルテンのから揚げを真似してみたくて
うどんに片栗粉まぶして揚げてみました。(無精者)
揚げたてにとりあえず塩ふって食べたら
‥‥サラダ煎餅
まずくはないです。
でも「歯ごたえ」が違うんだあ。

スレ違いっぽいですね。ごめんなさい。

180 :166:03/11/03 13:13
>>179
今度会ったときにでも聞いておきますよ。

181 :名無しのオプ:03/11/04 11:50
age

182 :名無しのオプ:03/11/05 11:44
孔雀狂想曲おもしれかった

183 :名無しのオプ:03/11/05 15:47
京都には北森氏の行きつけの店が結構あるって事実

184 :名無しのオプ:03/11/06 09:16
京都先斗町にバー2件。
西之京町に料理屋2件。らしい。

185 :名無しのオプ:03/11/06 20:49
ただ今、「狂乱廿四考」を読んでるよ。
なかなか面白いね。

186 :名無しのオプ:03/11/06 21:42
こいつの性格の悪さは
各編集者が述べている。
要するに、偽善者ですね。
僕も、犠牲者の一人です。

187 :名無しのオプ:03/11/06 21:45
まー、「作家の性格が悪い」なんてのは、今日び
作品読む印象にはぜんぜん影響を与えないんだけどね…

188 :名無しのオプ:03/11/07 00:56
>>186
だ か ら 何 ?

189 :名無しのオプ:03/11/07 07:48
>>186
それはテメーがゲスなヤローだからじゃねーのか?
かったるいこといってんじゃねーよ!

190 :名無しのオプ :03/11/07 12:58
作品と本人の性格は別だと思っている。
性格の問題点が、作品に反映されてしまっているのなら
離れていく人もいるだろう。
(内田春菊や柳美里等)
何に騙されたのか、そう思い込んだのか知らないが
  酔 う な 

191 :名無しのオプ:03/11/07 16:11
>>186
私怨くせぇー
スレ違いだ、↓ここに思いっきり書き込んで鬱憤晴らせ。

http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1064583581/l50

二度と来るな。

192 :名無しのオプ:03/11/13 15:58
今月22日発売の「小説宝石」(光文社)で
裏京都ミステリーシリーズ第2シーズン第一話が発表されるらしい

そこに出てくるBarは俺の行きつけの店とバーテンがモデルらしい

早く読みたい!

193 :名無しのオプ:03/11/23 14:46
>>192
読んだよ。なかなかよかったね。
それにしても、話に出てくるBarが気になるね。
京都に旅行したときにでも行ってみよう。
カズさんにもあってみたいし。
と、言うか実在の店、人物なんだろうか?



194 :名無しのオプ:03/11/28 04:18
age

195 :名無しのオプ :03/11/29 10:36
ネットで知り合った食いしん坊のミステリ好きの友人に勧めたら
すっごく喜ばれた。
図書館で全冊制覇するつもりらしい。
嬉しいね。

196 :名無しのオプ:03/12/11 18:20
age

197 :名無しのオプ:03/12/21 19:08
age

198 :名無しのオプ:03/12/24 00:21
狐罠読みました。なかなか面白かった。
文庫化したやつだけ少しずつ読んでいこうかな

199 :名無しのオプ :03/12/25 08:30
いいなあ、これから読んでいく楽しみが待っているんですね。
早く次の本が出ないかしら。

200 :名無しのオプ:04/01/04 19:41
メインディッシュ読了。
今まで読んだ中では一番好きかも・・・

201 :名無しのオプ:04/01/06 04:02
面白いです。上手いです。でも、地味です。
どうしてなんでしょうか?
ときどき読んでる方も、その地味さ加減がイヤになるのでしょうか?
蓮丈那智シリーズなんて、ちょっと劇画チックなところもあり
凄くウケる要素を持っていると思いますが。
小振りのビデオ作品シリーズとして映像化されたりすれば、ブレイクするかもしれません。
大道具やロケなど制作費が少ないと不可能な設定もあるので、
アニメシリーズのほうが手っ取り早く実現されやすいかもしれません。
なんでこんなに人気ないの?地味過ぎると思う。
作家本人が性格悪いとかいう噂が本当だから? 
この作者は結構イジメられやすいというか、
相手に攻撃性を誘発させてしまうタイプって気がするなァ。想像だけど。相手にどこか軽く
見られてしまい、しかし実際には、それ相応に何事に対してもそれなりの実力があるので、
必要以上に事を構えてしまい大喧嘩。その結果、評判を落としてるんじゃないのかなァ。
緻密に考える面があるので、どうしても根に持ってしまうところもあるだろうし。

202 :名無しのオプ:04/01/06 08:02
>>201
地味だけど滋味がある

203 :名無しのオプ :04/01/06 10:47
>>201
地味でも全然嫌になりません。
時々読んでる…というより、次回作よ来いと待っています。
人気が無いとは売れていないという意味ですよね?
理由はいろいろあるでしょうが、
201は憶測で悪い状況を想像しすぎている感じも受けます。


204 :sage:04/01/06 14:10
そろそろブレイクしないかな。実力的には直木賞くらい取っても不思議ないと思うのだが。

205 :名無しのオプ:04/01/06 21:30
北森さんは文章巧いしね。
伊坂とか新本格系とか文章ヘタなの大杉。
賞取って、過去の作品もブレイクして欲しいけど、
直木賞はなー。半落ちの件で、なんか萎え〜な賞になっちまったからねー。
むしろ、このミス1位の方が、セールス的には効果高いんじゃないの。


206 :名無しのオプ:04/01/06 21:48
>>205
ブレイクしなくてもいい、と思ってるんですが

伊坂と新本格とかを一緒にしないでほしいな。
↑ けっこう北森と路線は似てる気がする。
↑ ブレイクしたのはたまたまラッキーだったんだよ。
ほんとは二人ともそんなに売れないで、大事にいい本を出し続けてもらいたい。

207 :名無しのオプ :04/01/07 08:51
賞をとると、その後の作品に期待が高くなり過ぎて結構大変そうだ
あまりせかされずに良品を書いて行って欲しい
映画でブレイクっつーのは、忘れた頃にあったりしそうだね

208 :名無しのオプ:04/01/07 21:28
いい作品を書き続けて欲しいという気持ちは、もちろん一緒なんだけど、
あんなに良い作品を出しているのだから、セールス的にと言うか、
作者が経済的にも恵まれるといいなあと思うわけですよ。
いや、余計なお世話かもしれないけど。


209 :名無しのオプ:04/01/08 19:29
直木賞の候補にくらいはなったことあるの?
直木賞受賞した石田イラよりは小説上手いような気がするけど。
どうなんだろう。

210 :名無しのオプ:04/01/09 02:23
いや、しかしだな、よくよく思い返してみると、直木賞なんて、意外にヘタレなんだよな。

http://www.sanspo.com/shakai/data/book/naoki.html

年に2人も選んでいるが、そのうち、どれだけ憶えているよ?
賞もらってから、その後どれだけの人が成功しているよ?
ましてやセールス的に成功した人なんて、数えるほどしかいない。
賞を取らせてあげたいとかは、ファン心理としてあるけれども、
実際には、こんな有名な賞でも、あんまり役に立ってないっぽい。


211 :名無しのオプ:04/01/09 09:06
>>208 >作者が経済的にも恵まれるといいなあと思うわけですよ。
そんなに恵まれてないんですか?
痛い劇画原作に手を出すくらいだから、やっぱり・・・

212 :名無しのオプ:04/01/21 19:05
木田元が誉めてたんで興味持ったんだけど
なにから読み始めるのがいいですか?

213 :名無しのオプ:04/01/21 21:12
木田元って哲学者の人?

214 :名無しのオプ:04/01/21 23:58
>212さんが、どんなタイプのミステリを好きかによる。
北森は、基本的になんでも書く人。骨董や歌舞伎や民俗学の
世界を地道に取材した(だろうと思われる)ミステリから、
叙述トリックからなにからありったけの仕掛けをぶちこんで
読者はついていくのが大変、というハードミステリとか、
グルメミステリ(?)とか、なんでもあり。

215 :名無しのオプ:04/01/22 00:30
>>212
木田元が北森を誉めたの?

216 :名無しのオプ:04/01/22 07:53
木田元はハイデガー研究者です。
『猿飛佐助とハイデガー』で北森鴻について言及
していました。
私の好きなミステリー作家は笠井潔です。

217 :名無しのオプ:04/01/22 12:31
>>216
とりあえず文庫落ちしてる
『桜の下にて春死なむ』
『狐罠』
『メインディシュ』
を読んで合わなかったらやめる。基本的になんでもこなすが
これといった代表作は上3つかと(個人的見解)。

218 :名無しのオプ:04/01/22 14:19
>>217
『凶笑面』も文庫落ちしてるぞ。
>>216さんには、むしろこっちの方がよさそうな気もする。
思想というかアカデミックというか、そういう雰囲気も持っているので。

219 :名無しのオプ:04/01/23 20:18
みなさんありがとうございます。
本屋で見てきますね。

220 :名無しのオプ:04/01/25 02:23
共犯マジック読了。
うーん、オチはそれなりにまとまってるので人しだいかも知れんが、俺は駄目だな。
魅力的なキャラが一人も出てこないし
(メール欄)ってのが俺的には萎えまくり

221 :名無しのオプ:04/01/25 02:43
>>220 エッ、そう(メール欄)なんですか?

222 :名無しのオプ :04/01/25 12:48
他のスレを見ていたり、ここを見たりでいろいろ読んでみました。
北森さんと共に、結構若竹さんがお気に入りになりましたが、
どちらも地味加減が似てマス…

223 :名無しのオプ:04/01/27 17:28
>>220
強引すぎるものが混じってるしw。
○○事件を再現したもの…ってなんだよそりゃ。

224 :名無しのオプ:04/01/27 19:50
最近連載はやってるの?

225 :名無しのオプ:04/01/27 21:49
隠し玉で連載しないと食えないっていってたから連載してるんじゃないか

226 :名無しのオプ:04/01/30 21:37
今何処に住んでるんだろう?
親不孝どおりモノを書くときは博多に滞在して取材したりしたんだろうか?

227 :名無しのオプ:04/02/09 23:03
狐罠を、昨夜、一息に読んだ。
狐闇と比べると、やや大味なところがあるけど、結構面白かった。

ところで、鞠絵って名前、シスプリ以外で初めて聞いた気がする。

228 :名無しのオプ:04/02/19 20:09
鼻の下伸ばして春むんむん!

229 :名無しのオプ:04/02/20 23:15
シナという言葉を使う差別主義者。

230 :名無しのオプ:04/02/22 23:29
やっぱり短編のほうが合ってるのかな。
でもなんかはっきりしない味付けって感じがするんだよな。
筋やトリックなどもよく工夫できてると思うのに。なんでだろう?

231 :名無しのオプ:04/02/25 18:08
売れないのはキャラの萌え度が足りないからかな?
なち先生なんか、他の作家が書いたらもっとデフォルメしそう。
でも、そんな地味なとこが好きです。

232 :名無しのオプ:04/03/02 00:22
>231
蓮杖先生は、僕も好きですよ。
あの蓮杖先生がデフォルメされてしまったら、
話が嘘っぽくなってしまうので、僕には、受け入れられません。

凶笑面読み終わりました。
狐闇との兼ね合いもあって、双死神がお気に入りです。
十年前に読んでいたら、高校で日本史を専攻していたかもしれないと思う。

233 :名無しのオプ:04/03/19 14:58
最近何冊か読みました。
蓮丈那智,ガイシュツで女性指揮者西本智美ってあったのが
なるほど、です。でも、もし現実に映像化されるなら
ほとんどの演出家がアマミユキをまず想定しそう。

あと「屋上物語」も読んだんだけど、舞台になったデパートで
小説が書かれた当時働いててあのうどん屋で毎日のように
昼食とっていたので感慨深かったです。
「サクラ婆さん」のモデルになったと思われる女性は
山岡久乃似で確かに昔美人だったろうな、て感じでしたが
決して怖い人ではなかったよな記憶。きびきびしてたけど。

234 :名無しのオプ:04/04/04 13:15
切ないほどレスが少ない

235 :名無しのオプ:04/05/01 18:00
新作が待ち遠しい!

236 :名無しのオプ:04/05/06 18:59
こないだ「支那そば館の謎」に出てくる京都嵐山の大悲閣へ行ってきた
かなり情緒があっていいカンジだったよ

ちなみにここのスレは北森さんも見てるらしい・・・?

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)