5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

コージ−ミステリー好きな人

1 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 22:39
ちなみに私はバカにされようが何しようが、
アガサクリスティーとジルチャーチルが好きです。

2 :密室博士:2001/07/04(水) 23:14
シャーロット・アームストロングもいいぞ。
おすすめは「毒薬の小壜」。

あとコージーに入るかどうかわかんないけど「暗黒太陽の浮気娘」

3 :上智kanagawa0103-108159.zero.ad.jp :2001/07/04(水) 23:22
「毒薬の小瓶」はいいですね。自分も1票。

コージーかどうかようわからんのですが、クレイグ・ライスの
「スイートホーム殺人事件」もオススメです。宮部みゆきの
「ステップファザー・ステップ」と併せてどうぞ。

4 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 00:01
「クッキングママ」シリーズ
なぜか読んでしまう。

5 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 00:08
キャロリン・G・ハートのアニーとマックスのコンビばどう?

6 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 01:38
なにやら、嬉しいスレですな。

私もジル・チャーチル好きー。
でもジェーンとメルの仲には、あまり進展しすぎて欲しくなかったり・・・

あとコージー?に入るかどうか微妙ですけれど、ジーン・リューリックの
「わたしにもできる銀行強盗」。主人公の人柄に惚れました。

7 :1:2001/07/05(木) 13:47
>>2
「毒薬の小壜」いいですねぇ
「暗黒太陽の浮気娘」って誰の作品ですか?
勉強不足で恐縮です。
>>3
「スイートホーム殺人事件」子供たち大活躍でしたね。
>>4,5
未読です。
読んでみます。
>6
ジル良いですね。
でも、翻訳物は新刊がなかなか出ないので、
アマゾンで原書取り寄せて読んでます。
(辞書を片手に英語の勉強も兼ねて)
ジェーンとメル最初より進んでませんよ。

日本ではコージー物って
トリックが甘いとか、結構軽く見られがちですけど
安心して、読めますよね。
あと、翻訳物なんかだったら生活習慣とか垣間見れたりして・・・
まぁ、まつたぁ〜リ行きましょう。

8 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 16:03
>>7
「暗黒太陽の浮気娘」はシャーリン・マクラムです。
この人のは「丘をさまよう女」がサイコーに好きですけど、
「浮気娘」も可笑しいので一読の価値ありかも。

>ジェーンとメル最初より進んでませんよ。
そうなんですか。
ジェーンにはもっと探偵をやって欲しいのでメルの過保護にウムムと思ってたんですよね。

9 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 17:42
コージーミステリーってなに?

10 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 21:43
age

11 :迷探偵に名前はいらない:2001/07/05(木) 23:39
>>9
Cozy(気楽な) Mystery

ガチガチのトリック重視のミステリーと違い、ちょっと斜め読みしても
楽しめるようなミステリーのことと自分は思ってます。

12 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 23:46
どうして、コージー派の作者には女性が多いのでしょうか?

13 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 00:28
>>12
日常生活を表現するのが得意だからじゃないかな?
主人公がすごいスペシャリストとかじゃない場合が多いので・・・

14 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 12:21
age

15 :解体屋:2001/07/07(土) 13:34
ジェフ・アボット、シャーロット・マクラウド(アリサ・クレイグ)あたりが好き♪

とくに、シャンディ教授ものが大好き。

ttp://www.tim.hi-ho.ne.jp/isami/

こちらのサイトさんで、色々買ったり借りたりする目安として、お世話になってます。

16 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 18:27
>9
>コージーミステリーってなに?
「ミステリ板、ちょっとした質問スレッド」にてミステリー板筆頭コテハンねつてつが答えてます
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mystery&key=982097748&st=127&to=130&nofirs=true
けっこうまとまってるとは思いますが、若竹七海の名前がかけらもでてないので、
個人的には断固認めません

17 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 19:58
>>16
若竹七海、好きですけど・・・
葉崎市のシリーズとか、コージーといえばコージーなんだろうけど、
どうにも後味が悪くて・・・。クールキャンディーにはひっくり返った。
でも、そんな七海さんの性格悪そうなところが好き♪

18 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 23:35
上床

19 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 01:24
コージーコーナーでくつろいでいるような人が
探偵をするのでコージーミステリーと言われるの
だとずっと思っておりました。

20 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 01:33
リリアン何とかの
猫シリーズちょっと飽きてきた。

21 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 01:50
>>15
おおっ、シャーロット・マクラウド。すごくすき。
途中で出版社がかわったりしてややこしくて、ここ数年よんでないや。
でもすき。

パーネル・ホールのスタンリーシリーズもいい。
ソフトボイルドとかユーモアミステリーとか呼ばれてるけど。
でもすき。

22 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 02:58
リチャード・シャタックがわりと好き。特に「ハネムーンの死体」

23 :ねつてつ:2001/07/08(日) 10:13
>16
ゴメン、質問スレでは日本のコージーは入れてません。
だってねえ…
日本で最もコージーらしいコージー作家っつーたら、赤川次郎じゃないかって
思うもの。
現在は若竹、柴田といったところも出てますが、やはり赤川には敵わぬ。
どうも海外における「女性とコージー」の理から日本は逸脱した印象^^;

24 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 12:33
>>19
そ、そうだったのか!あんまり古くからあるんで
意味とか語源とかチットモ気にならなかった(恥
→コージーコーナー

25 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 12:35
ねつてつさんに同意
確かに日本のコージーって赤川次郎・・・・
(好き嫌いは別にして)
やっぱり、日本と欧米(特に英)におけるミステリーの歴史の違いって言うか・・
アガサクリスティが活躍してる時代に日本は乱歩や横溝が
やっと、日本の礎を築き始めたっていうか・・
うまく言えないけど、
上質のユーモアを上手く取り入れてる人って少ないように思います。

26 :ねつてつ:2001/07/08(日) 14:14
そういや、思い出したのでオススメしとくよ。
早川でかなり前に文庫で出たドロシー・キャネル。
うろ覚えなんだけど、結構昔の作家みたいで、クリスティーから
現代のコージーへと続く系譜のミッシングリングになる人かな?
とか思ったり。
「未亡人クラブ」、かなり面白かった記憶アリ。
ただし、多分今は絶版だと思うし、古本屋にも滅多にないと思う。
運良く見つけた人は読んでみてね^^

27 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 22:53
おばちゃまはスパイシリーズってコージー?

28 :パーカー信者:2001/07/08(日) 23:37
>>19
オイラもティーコージー(ティーポットにかぶせる保温カバー)が
出てくるようなミステリ(=みんなでアフタヌーンティーしてるシーンが
あるようなミステリ)のことなんだと今のいままで思ってた…
そういやマクラウドが文字通りティーコージーが出てくる短編を
書いてたよな。

29 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 00:54
クッキングママ。シャム猫ココ。ミステリ店主アニー。
私にとってマンガよりお気楽に読める。
ゴーストライター・ホーギーや「警視の愛人」シリーズやアーロン・エルキンスは
ちがうの?(どれも私が読んでるもので・・・)

30 :解体屋:2001/07/09(月) 15:30
>>29
アーロン・エルキンスはコージーだと思って読んだことはないです。
専門的な描写多いし・・
わたしの頭がお馬鹿さんなのかなあ。

>>27
わたしはアメリカ現代版・水戸黄門だと思って読んでます。

31 :密室博士:2001/07/09(月) 15:35
仁木悦子の仁木兄妹ものも結構コージーしてるよ。

32 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 19:40
主人公が法曹関係以外の仕事で、必然的に近隣で事件が起こる?

33 :化け猫ルパン:2001/07/09(月) 20:19
マーサ・グライムズなんかコージーに入りませんか?
ユーモラスだけどちょっと暗いかな?
でも赤川次郎も根は暗いよね。

34 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 21:03
>>33
確かに赤川はちと暗い物も多し

35 :HOC:2001/07/09(月) 23:02
赤川次郎をコージーミステリーの代表だとすると、
コージーミステリーが一般のミステリーより低位のものだといってるみたいなのでいやですね。
ライトノベルっぽいものにはいいものがあるのは認めますが…
若竹七海は知名度はともかく内容では負けてないと思いますよ、
なんか読んでるとニヤニヤしちゃうし
>>33
>赤川次郎も根は暗いよね
幽霊シリーズも三毛猫ホームズも最初の作品は滅茶滅茶暗いですよね、
で、作品が進むにつれてコージーっぽくなっていくけど、作品のレベルはおちていくんですよねえ

36 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 13:47
>>35
激しく同意
赤川次郎は日本のコージーの代表じゃないそぉ〜
作品的にいいのもあるけど、ちょっとね・・

37 :29:2001/07/10(火) 19:46
>>16の、ねつてつさんのコージー論、読みました。
(ハンドラーとエルキンス以外はコージーだったのね。)
クロンビーは男性警官が主役だけど、コージーなんですね。
部下とのラブラブがあるからかな。
女性が書いても、キンジーやヴィクはコージーではない。
やっぱお気楽がポイントかなあ、殺人を扱っても。

38 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 00:32
もちろん、ハイスミス、レンデル、ミラーも違いますね?

ところで、先週某ブックオフに「未亡人クラブ」があったのを思い出し、
今日行ったら無かった・・・。
ここの人に持ってかれたとしたら、チョト悔しい。

39 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 01:16
「未亡人クラブ」って、誰のだっけ?
喉元まで出てるのに・・・くやし〜い・・・

40 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

41 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 01:57
まったくの素人です。
読みやすいお勧めありますか?

42 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

43 :29:2001/07/11(水) 13:00
あ、私が読んでるコージーに、ピカードがあった。
シャム猫ココ、クッキングママ、警視キンケイド、ミステリ店主アニーに加えて
財団理事ジェニーかあ。
ごめん、いちいち羅列して。自分でもちょっと心の整理をつけたくて。
こういうミステリ読み始めて数年たつんですが。
大体自意識のある知的な女性が主役で、素敵な伴侶もいるし、舞台は海外で
よその国の様子も勉強になる・・・大昔の少女漫画のようですね、私にとって。
ハーレクインとは違うと信じたい。読んだことないけど。
でも心のアヤは、現代女性のものですよね。

44 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 13:50
久しぶりに来てみたらこんな冒険スレが。
そして当然のように嵐が来て。

私もコージー好きですが、頑固にもシャム猫と泥棒と
クッキングママとおばちゃまには手を出していない。
でも内緒で英国王室メイドは読んでる。
本棚整理したらミス・メルヴィルシリーズが揃ってた。
ミステリ店主アニー著者の別シリーズ、ヘンリー・Oもの
アニーほど売れてなさそうだけどイイよ!

45 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

46 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 16:11
age

47 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 21:11
age

48 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 12:53
ハンドラーのようなスタイルは、ソフトボイルドと言うらしいぞ。

49 :ねつてつ:2001/07/12(木) 15:53
イギリスのミステリって、なんか半コージーみたいな作風が多いね。
あまりリアル描写に走らず、暇な時にお茶でも飲みながらくつろいで読めるよう
なのが、お国柄というか、伝統芸っぽい^^
アメリカだと、主人公がおとなしめ(殴らない、撃たない、撃っても当たらない)
なハードボイルドは、ソフトボイルドという形で呼ばれ、これはコージーとは別
物。でも、イヴァノビッチなんて、結構コージー路線とも言えないこともない。
曖昧な領域もあるということかね^^
コージーって、やはり「女性」がキーポイントなのかも知れない。
女性ファンが多いなんてのも、コージーの特徴かな?

50 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 16:10
とゆーか、男性が書いたコージーなんかあるのか?

51 :名無しのオプ :2001/07/12(木) 16:14
あんまり女性って言われるのは何か気にくわないけど、
めったやたらに現代社会の真っ暗な先行きとかばっかり
出てこない、てゆあたりがポイントかも。
同じ女性でもフェイケラマン、あんた暗すぎ。
ユダヤ教の世の中になればあらゆる腐敗と悪徳は無くなる
っつーんかい、とチョトつっこんだりする。

52 :ねつてつ:2001/07/12(木) 16:15
アボットが書いた「図書館の〜」シリーズは、男性が書いたコージー
でしょう。作者、男のはずでは?

53 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 16:24
パーネル・ホールはやっぱコージーに入れていいのでは

54 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 18:06
パーネル・ホールおもしろい
なんかいい意味で、力が抜ける

55 :奥様は名無しさん:2001/07/12(木) 23:39
今手元にないんですが、教会とそこに集うコミュニティの人々を題材にしている、
イギリスの小説(創元から出てる)。
もう3作目までシリーズで出てて、私は舞台が教会という固い場所にしては、
明るくて好きなんですが、あれもコージー?

56 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 01:21
お勧め教えてください

57 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 05:39
べっぴんで凄腕のヌーヨーク帰りのミズ署長の続編はもう出ないんかな?
3作いっぺんに読んじゃって、もったいなかったなぁと思ってるんだが。

あとクッキングママ読んでみたいんだけど表紙が怖い。メチャ怖い。
集英社文庫と扶桑社ミステリーは総じて買い辛い表紙をしてる、と思うんだけど・・・

58 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

59 :名無しのオプ :2001/07/13(金) 11:45
>>55
なんかおもしろそう。著者名おしえてくださいまし。
>>57
>集英社文庫と扶桑社ミステリーは総じて買い辛い表紙をしてる
同意!

コリン・ホルト・ソーヤーの、老人ホームが舞台のミステリ、
いい感じなんだけどなあ。シリーズの続きは出ないのかなあ。

60 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 11:49
>>57
>べっぴんで凄腕のヌーヨーク帰りのミズ署長の続編はもう出ないんかな?

それ、何ていうの? 読んでみたい。

61 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 13:12
>区キングママの表紙
確かに怖い。ごついかんじ。
文中のゴルディはもっとまったりしてるよね。

62 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

63 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 13:23
>>60
57さんじゃないけど、
「ど田舎警察のミズ署長はNY帰りのべっぴんサ。」集英社

一度見逃すともう書店に置いてない。
最近それにしても文庫のサイクル早過ぎませんか!?

64 :ねつてつ:2001/07/13(金) 14:40
「ど田舎警察のミズ署長」シリーズ、本屋で注文しようにもタイト
ル言うのが恥ずかしいですねー^^;
で、続編は出てないのですが、短編を読むのが可能。
実は僕、この作者に、集英社から文庫が出る以前から注目してまし
た^^
扶桑社文庫から海外の女性作家を集めたアンソロジーが出てて、そ
こでジョーン・ヘスの作品を読んでたんですね。このアンソロジー、
何冊か出てて、署長シリーズの短編がそのほとんどに収録されてま
す。
また、ミステリマガジンのバックナンバーでも、一本、シリーズの
短編を確認。ただ、その短編、後に扶桑社アンソロジーでも見た覚
えがありますが。
実は署長シリーズ、短編の方がいいと思ってるの。
長編が出たので「おお、集英社は時々渋いのを出すよなあ^^」
とか思ってたら、長編は意外に薄味で、ちょっと残念に思った記憶
があります。

65 :ねつてつ:2001/07/13(金) 14:50
ふと、思い出したので補足。
そういや、昔アフタヌーンで連載してた4コマでミリアムって女性が
田舎で警察署長してるってのがあったんだけど、案外ヘスが元ネタか
ねえ…
あと、女性+田舎+警察署長となると、早川文庫から「花嫁は警察署
長」なんてのも出てます。こっちもコージー風なんだけど、いきなり
署長をやってた旦那が撃ち殺されて、未亡人になった新婚の花嫁(元
警官)が夫殺しの犯人を探るために署長になっちゃうっていうストー
リー。全体的にウエットです。続編とか出てるのかなー? とりあえず
日本には入ってきてないけど^^;

66 :ねつてつ:2001/07/13(金) 14:51
ふと、思い出したので補足。
そういや、昔アフタヌーンで連載してた4コマでミリアムって女性が
田舎で警察署長してるってのがあったんだけど、案外ヘスが元ネタか
ねえ…
あと、女性+田舎+警察署長となると、早川文庫から「花嫁は警察署
長」なんてのも出てます。こっちもコージー風なんだけど、いきなり
署長をやってた旦那が撃ち殺されて、未亡人になった新婚の花嫁(元
警官)が夫殺しの犯人を探るために署長になっちゃうっていうストー
リー。全体的にウエットです。続編とか出てるのかなー? とりあえず
日本には入ってきてないけど^^;

67 :ねつてつ:2001/07/13(金) 14:54
しまった。2度打ちになりました。ゴメン。
しょうがないから、情報つけるよ。

集英社文庫の海外は、時々渋い選択をしてくるので、時折チェック
を入れてもいいかも。
昔だったら「ジレンマ」とか「最後に笑う者」とかね。
最近つーか、かなり前だけど、「セント・アグネスの戦い」なんて、
冒険小説ファンにオススメ^^

68 :名無しの果て:2001/07/13(金) 15:38
ローレンス・ブロックの泥棒バーニィシリーズはコージー
ミステリというわけではありませんが、コージーミステリが
好きな人にはお勧めできます。クレイグ・ライスあたりが
好きな人にも。

69 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

70 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

71 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

72 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 07:34
>>64
ありがとう。ジョーン・ヘスの短編、ちょっくら探してみます。
自分が読んだ短編は、二見文庫の猫のアンソロジーが唯一だったんで。

73 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

74 :ねつてつ:2001/07/14(土) 12:55
>72
ああ、そういえばあったねえ。
ジェレマイア・ヒーリィのノンシリーズっぽい短編とか載ってたよ^^
で、思い出したのは、僕がヘスの作品を読んだのは、扶桑社もそうだけど、
二見もでした。かなり前だったので、記憶に不備があったよ^^;
で、二見の他のアンソロジーでも、ヘスの短編見たよーな見てないよーな…
ま、古本屋か図書館でその手のアンソロジーを見つけたら、目次で探して
みてください^^

75 :ボネたん♪:2001/07/14(土) 12:58
>>67 さん
「セント・アグネスの戦い」私も読みました。
おもしろかった〜。

76 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 17:05
ジル・チャーチルの新作なかなか出ないね・・
「war and peas」「fear of frying」
「the merchant of menace」「a groom with view」
日本語でどう訳すかすごく興味があるのですが・・・

77 :食いだおれさん:2001/07/14(土) 17:08
55はもしかしてケイト・チャールズ?「災いを秘めた酒」とか。
私にとってのコージーのベストはマクラウド。あとはサラ・コードゥエルとジル・チャーチル。本当はピカードの方がもっと好きなのだけれど、「悲しみにさよなら」から後はコージーというにはシリアスすぎる。決してコージーを低く見るわけではないが、少しジャンルとしては違ってくるような気がします。ーーところでジェニーは、ほっそり美人で知的レベルが高くてお金持ち。なぜ「金髪の元気娘」というキャッチがつくのかしら?間違ってる!
サラ・アンドリュースもフェミニズムが入ってくるし。

78 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 02:25
>>15,21
私もシャーロット・マクラウドのシャンディ教授シリーズ
大好きです。特に食事のシーンが好き。
すっごく美味しそうで(藁

そういえば、この人の本の後書きで「ティータイム・ミステリー」
(お茶の時間に読むような軽いミステリーのことらしい)という
表現がしてあったような覚えがあるんだけど、この表現は
メジャーではないのですか?

79 :ねつてつ:2001/07/15(日) 13:44
コージーのもう一つの通り名が「ティー&ケーキ派」。
メジャーな表現らしいですよ^^

80 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 16:26
「ティー&ケーキ派」って言葉を聞いて
ミスマープルがお茶をしながら「近頃の若い人たちは・・」
って言ってる姿が思い浮かびました。
あんまり関係ないのでさげときます。
 あと、一般的にコージーといわれるものは
美味しそうな食べ物が結構出てくるような気がします
やっぱり、女性作者が多いからかな?

81 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 10:38
マーガレット・マロンのデボラ・ノットシリーズは続編でないのかな?

82 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 11:59
キャロライン・グレアムって読んだ人いる? 角川文庫「蘭の告発」、
創元推理文庫「うつろな男の死」。すごく好きなんだけど。
あとサンリオSFで有名なケイト・ウィルヘルムのチャーリー・ミクルジョン&
コンスタンス・リードル夫婦ものってコージーなのかな? 創元の「炎の記憶」
しか訳出てないよね。これも良かったのに。

日本では仁木悦子の仁木兄妹ものを挙げてた人いたけど、同意。特に浅田悦子に
なってからの短編が好き。

83 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 20:55
えええ?デボラ判事もコージーなの?

84 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

85 :名無しのオプ:2001/07/17(火) 00:59
>>55の「教会系ミステリ」の者です。
>>59さん見てるといいんですが。)
>>77さんその通りです。ケイト・チャールズの一連の作品です(創元推理社文庫)。
「災いを秘めた酒」がシリーズ第1作でしたが、割と読みやすかったです。
美味しそうな料理も出てきたりして。
今第2作目を読み中ですが、第1作よりちょっとだけ難しくなってるような。
(それはキリスト教に関する知識の少なさのせいですが、
読んでるうちに大した事じゃなくなってくるのがこのシリーズのいいところです)

86 :59そして81:2001/07/17(火) 10:21
>>85 見てましたよん。ありがとう。寝床横の積ん読の中に
入ってるやつだー。読むの楽しみ。

>>83 デボラものって、ちょっとゆでてあるけど(リトルボイルド)
甥っ子やら姪っ子やらがワラワラでてくるとこがコージーっぽくない?だめ?

87 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

88 :名無しのオプ:2001/07/19(木) 01:57
マクラウド=アリサクレイグは私の青春ですわ。ほんと何もかも集めたものだ。
でも彼女の作品はミステリというよりはミステリ風味のコミカルなファンタジー
なんだとは思う。たまに本当においっ!ッていう程陳腐な事もあるが、可愛い
から許す。どちらかというとクレイグ名義の作品のが好き。とくにヘンビットもの
最高。(ヘンビットものはそれこそ本当に全然ミステリじゃないんだけど。
殺人があってどたばたするだけ。でもそこがいい)ああ、典型的なキャラ、
アメリカの田舎のおばちゃんユーモア。平和だ。心が休まる。

ジェイムズヤッフェのママシリーズはコージーでいいのかな?これも
青春かけた。

おばちゃまも集めたなあ..途中でさすがに飽きてしまったが。あれもミステリで
はないな。

でも、私の男はミステリマニアなんすけど、部屋にマクラウドあると捨てようとす
る。許せないらしい。むかつく。

89 :78:2001/07/19(木) 02:37
>>88
>彼女の作品はミステリというよりはミステリ風味の
 コミカルなファンタジー
同意。 トリックとかはツッコミたくてしょうがないところが
あるんですけど、ストーリー全編に流れる雰囲気が好きです。
私はクレイグ名義の本読んだことないので、こんど読んでみます。

90 :88:2001/07/19(木) 03:02
>>89
読んでみて下さいな。舞台がカナダなので、シャンディ
シリーズよりさらに田舎くさ〜い土の匂いに溢れているけど、
そこがまたよいのです。ほんとにドタバタがよければ
ディタニーヘンビットもの(「山をも動かす」「キルトは楽しい」)
ちょっとシリアス風味なら「潮の騒ぐ家」(珍しくシリーズになっ
てない。)王道コージィ風ならジェネット&マドックものの第一巻
(「殺人を一パイント」)って感じッス。

そういえば、マクラウド名義のセ−ラヶリングシリーズもボストンの
風景描写などに味があってよいですな。この人は多作のわりに
ハズレがない。(この人自体はずれだというミステリマニアはおいとい
て。)割と平均的にどの作品も自分の魅力をきちんと出せている。
まあ、シリーズものが後半にはいってくるとどうしてもだれるけどね。
「牛乳配達退場」(シャンディものの最新作)はちょっと頂けなかったな。

すげえ長文になっちゃった。すいません。つい熱が入って。

91 :食いだおれさん:2001/07/19(木) 21:50
88さん
77です。私もマクラウドは原文で読むくらい好きですが、ディタニーものが一番好き!
ニューイングランド地方と仕事でかかわっているので、あのおばさん感覚が馴染み深いのです。
でも「山をも動かす」のベイク・セールの美味しそうなこと!
私としては「食べ物をどれだけ美味しそうに書けるかによってコージーの力量は決まる」と言いたいですね。
―ところでアレシューザって私には加賀まりこのイメージなんですけど、皆さまはいかが?

92 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

93 :88:2001/07/20(金) 00:55
ははは。アレシュ−ザ=加賀まりこ。私の中ではもうちょいフランクな
おねえおばさまという印象ですが、なかなかにうなずけます。
しかしマクラウドって中年美女好きだよね。妙齢美女がほとんどでてこな
い。作品中でも最も美女で色気に溢れている女性はたいがい中年。
アレシューザしかり、シオニアしかり、学長の奥さんしかり。アレは何故だ
ろ。どのキャラも好きだからいいが。シオニアとか、いいキャラだよな〜

94 :名無しのオプ:2001/08/07(火) 09:16
久々にあげてみよう。
ミスメルヴィルに1票。

95 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

96 :名無しのオプ:2001/08/08(水) 01:00
このスレ書き込んでた人達カムバック。でももう話題ないのかな〜
しかもコナンと古典を比べるスレやら何やらが濫立する上の方にあげたら
また下らんスレだ、さげでやれ。とかいわれておしまいなんだろうな〜
人少ないしな〜

でもくやしいからまたあげてやる。

97 :名無しのオプ:2001/08/08(水) 01:04
1年ぶりくらいにこの板に来ました。
実は、板が出来てすぐくらいに、コージー派のスレをたてたんですよね。
あっという間に沈んでいきました(涙)。
これから読みに逝ってくるね。
そのうち遊んで。>>96

98 :名無しのオプ :2001/08/08(水) 10:12
上のほうでオススメだったケイト・チャールズ読み始めましたあげ。
たいへんかわいそーかつ面白いんですが、今のところどうやって
シリーズになっていくのかわからない。

99 :名無しのオプ:2001/08/08(水) 10:18
あ、来てくれた。嬉しい。
私はスイートホーム殺人事件を入手して読んでます。
ちょっと児童小説の趣があるのが又よし。

100 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

101 :名無しのオプ:2001/08/08(水) 13:36
>>99
ぜひマローンものも!ヘレンちゃん萌え〜!

102 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

103 :名無しのオプ:2001/08/08(水) 15:47
>>99
今読むと古くさい感じがしない?>スイートホーム殺人事件

104 :名無しのオプ :2001/08/10(金) 13:23
>>103
その古臭さが「児童小説」っぽさを醸し出すのでわ。

105 :こぉじぃ:2001/08/23(木) 01:10
ここにもきてしまった。
コージィ・ミステリ万歳。
シャンディ教授シリーズ、大好きです。スヴェンソン学長が好きで、「オオブタクサ〜」のナンセンスさがすごくなごませてくれます。
マローンシリーズも好きです。ジャスタス夫妻ののみっぷりに感動。
ジンのビール割りに挑戦して、ちょっとへろへろになった。

106 :名無しのオプ:2001/08/25(土) 00:29
上で紹介されてた「ど田舎警察のミズ署長」シリーズを
3冊まとめて捕獲。
まだ2冊しか読了してないが、楽しめたぞ。紹介して
くれた人に感謝じゃ。

107 :素敵な奥様:2001/08/25(土) 10:22
アネット・ルームはまだ出てないよね。
ミステリとしては中程度の出来と思うけど、
妙にハーレクインロマンスっぽい展開にはまった(笑)。

108 :78:01/08/30 01:46 ID:PJtcw.IY
先日18切符でのんびり列車の旅(片道12時間)やりました。
お気に入りのCDと、ずっと読みたかったアリサ・クレイグの
マドック&ジェニーシリーズ2冊とともに。

このシリーズも食べ物が美味しそうで…じゅる。
マドックシリーズも気に入ってしまい、出先でさらに3冊購入。
次はディタニーものに挑戦。

109 :名無しのオプ:01/08/30 16:42 ID:WPNtZTTQ
恩田陸「ドミノ」おもしろかった〜。
関東生命マンセー!

110 :名無しのオプ:01/08/30 16:53 ID:fD8KVAhE
「ど田舎警察のミズ署長」シリーズ探してるんだけどないよ〜
田舎だからかな?ネットで申し込もうかなとも思うけどカードkL入するのがちょっと・・
でも、本屋で題名言うのも少し、いや、結構恥ずかしかったりするしなぁ

111 :名無しのオプ:01/08/31 00:42 ID:3kKfiF32
>>110
ヤフーだったらカードNo.記入しなくてもいいし、
7・11受け取りだったら送料もかからないのでオススメですよー。

112 :110:01/08/31 12:47 ID:I2TpQglw
>111
ありがとうございます。
早速行って来ます。

113 :名無しのオプ:01/09/16 23:21
ジル・チャーチルの主婦探偵ジェーンシリーズを最近読み直しました。
このシリーズ大好きなのに、新作がなかなかでないので残念。
ジェフ・アボットの図書館長シリーズも好きだけど「図書館長の休暇」の
ラストが暗くなってしまったのには、悲しかった。
コージーミステリが好きと言うと馬鹿にされる事もあるけど、このスレが
無くなってしまうのは淋しいので、あげ。

114 :名無しのオプ:01/09/16 23:54
元警官の美食家と元警察犬の美食犬コンビの話って
なんていったっけ?
作中の食事が美味そうだった。

115 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

116 :名無しのオプ:01/09/17 18:35
>>114
その作品はマイケル・ボンドの「パンプルムース氏のおすすめ料理」では?
読みたいとずっと前から思ってるのに、なかなかめぐり合えないなり。

117 :名無しのオプ:01/10/09 08:54
ここまだ残ってたのですね!
>ジェフ・アボットの図書館長シリーズ
最近まとめて読みました。男コージーですね・・・・
主役が魅力的で、美貌の恋人をゲットし、一般人なのに事件に首突っ込むという
いつものパターンが男女逆になっただけで、こんなに???と思うものなのかと
思いましたです。
あと著者近影を見て・・・これが女性だったら、どんなお話を書こうが全然
気にならないと思うのですが、なんか妄想小説のように思えてしまった・・・
これって私が女である故の逆男女差別だよなあ。
あとこのジェフ君、重い結末の4作目のあと、何年も続きを書いてないのが
とっても気になる・・・・
スランプで酒や薬におぼれてなきゃいいけど、などと思わされてしまうのです。
そうやって考えると、お気楽なコージーも長年書き続けるのは実力ですよね。
などと、作品以外のことで色々思案してしまったシリーズでした。

これらを始め、クッキングママの新作とか、コージーを読みすぎちゃって、
ちょっと食傷気味です。
なんでおまいら毎回警察にまかせないんだあ????と思っちゃおしまいだよね。

118 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

119 :ねつてつ:01/10/09 10:11
>114、116
パンプルムース氏のシリーズは、「おすすめ料理」と「秘密任務」の
2冊が出ているのですが、普通に本屋に行っても、そうそう見かけな
いっすねー。
図書館だと大抵ありますが^^

120 :116:01/10/11 21:47
>ねつてつさん
そっかー、図書館で読むという手がありましたね。(^^ゞ
うっかりしてました。
早速リクエストを出してこよう。
面白かったらいいな〜。

121 :名無しのオプ:01/10/12 01:21
ココまだあったんだね〜良かった
コージー大好きなんだけど、ある程度読むとシリーズものにはまって
新しいのなかなか読めないんだよね・・・
最近、なんかいいの出ました?
田舎の方に引っ越しちゃって、大きい本屋さんに行く機会が
ぐーんと減っちゃって・・(田舎の中規模の本屋は海外物が極端に少なくて・・)
ネットで注文したいんだけど、新規開拓(本の)難しくって・・

122 :名無しのオプ:01/10/12 10:17
本屋で見かけたんだけど、
「女王陛下のメイド探偵」っておもしろいんでしょうか?
なんか楽しそうな表紙ではあるんだけど。

123 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

124 :ねつてつ:01/10/12 11:27
>122
早川ミステリアス・プレスのC・C・ベニスンのことでしょうか。
1冊しか読んでないのですが、英王室ファンなら楽しそうな感じでした。
コージーとしては、そこそこかな?

125 :名無しのオプ:01/10/12 11:54
>114、116、119
「おすすめ料理」は7月に文庫化されてます。
「秘密任務」は11月下旬予定だそうです。

126 :ねつてつ:01/10/15 16:22
>121
創元のコリン・ホルト・ソーヤーはもう読まれましたか?

127 :名無しのオプ:01/10/15 16:55
来月ジル・チャーチルの新作出ますね!

128 :ねつてつ:01/10/15 17:29
お。
今度のタイトルは何のもじり?^^

129 :名無しのオプ:01/10/15 18:24
ごめん、漢字が読めなかった(鬱
でも、「戦争と平和」のもじりなのは確か。

130 :名無しのオプ:01/10/15 19:34
>>127
出るんですかぁ!!
嬉しい〜結構長かったよね〜
原題は「war and peas」だけど、
平和と豆って日本語じゃかけ離れてるもんね・・

131 :名無しのオプ:01/10/15 20:33
「豌豆と平和」だった。
いま本屋さんで確認してきたよ。

132 :名無しのオプ:01/10/15 20:36
えんどうと平和、か

133 :名無しのオプ:01/10/15 20:40
来月の下旬の予定だよね

134 :名無しのオプ:01/10/15 20:43
ジル・チャーチル出るの!やったあ!
話は変わるけど、この前読んだドナ・アンドリュースの
「庭に孔雀、裏には死体」はお薦めです。ヒロインが
鍛治職人っていう設定もさながら、ヒロインの回りの
個性豊かな困ったちゃん達のドキュン振りが最高。
一方同じマリス・ドメスティック・コンテストを受賞した
シャーリーン・ウィアの「花嫁は警察署長」、古いけど
この前やっと読んだら全然つまんなかった。訳者の力にも
よるのかなあ。
あと、キャロル・オコンネルはコージーじゃないよね?
「クリスマスに少女は還る」、すごい面白かったけど。

135 :名無しのオプ:01/10/15 20:54
アニーとマックスのシリーズ
新作何時でるのかな
ずーーーっと待ってるのに

136 :名無しのオプ:01/10/15 21:34
>>131-132
訳者かなり悩んだんだろうね〜
今までは割りと原文のまま訳しても大丈夫だっただけに・・
明日、街の大きい本屋さんに行くので、
色々あさって来よう!全く、田舎はつらいぜ

137 :名無しのオプ:01/10/16 02:36
122>>124
レスありがとうございました。お返事遅くてすみません。
うーん、別に英王室ファンじゃないからどうしよう。
でも、そこそこなら読んでみようかな。
とにかくお教えどうもです。

138 :名無しのオプ:01/10/16 15:28
C・C・ベニスン割と好きよ

139 :名無しのオプ:01/10/16 16:08
悪くはないけど・・・>C・C・ベニスン
今ひとつ、読んでいて、登場人物の顔が浮かばないんだよね。
キャラ設定ははっきりしてるんだけど。
なんでだろ。私だけ?

140 :名無しのオプ:01/10/16 20:22
「パンプルムース氏のおすすめ料理」今日買っちゃった!
読むぞ〜

141 :名無しのオプ:01/10/17 07:39
>>139
やっぱり女王様の印象が強すぎちゃうからかな。

142 :名無しのオプ:01/10/24 18:48
「パンプルムース氏のおすすめ料理」読了
チョット思ってた感じと違ったかな?
コージーの定義がきちんとわからんが、「フロイト警部」シリーズのようだった。
(「フロイト警部」はコージーには入らないでしょ?)
訳が硬すぎるのかな?直訳ってかんじで・・

143 :名無しのオプ:01/10/31 16:35
来月 ジルチャーチルの新作出るんだよねえ。
皆さんは、シリーズ中では何作目が好きですか?
私はやっぱり、1作目の「ゴミと罰」がいちばんいいなあ。

144 :名無しのオプ:01/10/31 22:44
>>143
自分がすきなのは
うっ・・・題名忘れたけど
家の近所に映画のロケが来る話です。
ジェーンの苦悩がぐっと来ました。

145 :名無しのオプ:01/11/09 19:49
age

146 :名無しのオプ:01/11/12 10:07
え、本当ですか?>ジル・チャーチルの新作 楽しみ♪
私は「死の拙文」が好き。自分史講座に母親と出席するやつ。
ジル・チャーチルも、アニー&マックスシリーズも、
母親が強烈で楽しいです。

147 :名無しのオプ:01/11/12 13:50
>>146
公式には22日って書いてあったよ!

148 :ねつてつ:01/11/12 14:16
そういや、>142の「フロイト警部」って、ひょっとしてフロスト警部の
ことかしら?
思わず「精神分析で難事件を解決!抑圧された性衝動に全ての答が!」
みたいなコピーを考えてしまったが…^^

149 :名無しのオプ:01/11/13 19:23
ここのおすすめのジル・チャーチルを読んでみました。
3作目から6作目まで。なかなか楽しかった。
私が主婦だから?主婦でなくても楽しいですか?
ジェーン、38歳だというのに子ども大きいですね。
2ちゃんならドキュソだのなんだの言われてしまう・・・
恋人の刑事が大して活躍なくて、ワトソン役の親友主婦が大活躍ってのが
やっぱポイントか?
でも7作目以降はメルの存在大きくなるのかなあ・・・
6作目でのしっかり恋人してたし。

150 :名無しのオプ:01/11/15 03:00
ダイアン・デイの「フリモント嬢と奇妙な依頼人」を読みました。
これってコージー派でしょうか?
ストーリーはありきたりだったけど、主人公が魅力的で読んでて楽しかったです。

151 :MNB:01/11/15 12:49
創元推理からでてるS.J.ローザンのリディア・チンシリーズはどう?
NYのチャイナ・タウンが舞台で、中国系女性探偵リディア・チンと,
彼女の相棒,アイリッシュ系の私立探偵ビル・スミスが主人公。
一作毎に主人公が入れ替わるという趣向がけっこう楽しめる。

152 :名無しのオプ:01/11/16 19:00
コージーの反対はなんていうの?

153 :名無しのオプ:01/11/19 09:32
「フリモント嬢と奇妙な依頼人」、私も好きです。
原作で続きを読んでみましたが、結構内容がシリアスになっていくんですよね。
コージー・・とはちょっと違うのかも。
早く続きの日本語訳、出して欲しいですよね!

154 :東京地裁は役立たず!:01/11/19 09:44
171 :名無しさんの声 :01/10/09 16:13 ID:eamS2whU
ひろゆきは何をやっても絵になるよ
あのオーラは神に近いよ

173 :名無しさんの声 :01/10/10 21:16 ID:nvPoR0V6
>>171
そのオーラ?てのはスポーツ選手のそれとは違うだろ?
幼児愛好者や万引常習者と同じやつじゃない?
人に言えない罪悪を抱えた人間だけが放つ異様な空気というか
こういう奴って刑務所の野生児達には生理的に嫌われるんだよね
はやく西村刑務所入らないかなあ(ワラ


186 :名無しさんの声 :01/10/11 17:34 ID:tIF7M0rI
>>173
確かにスポーツ選手のように肉体を酷使して得た境地じゃないね
同性愛を隠して生きてる奴にああいう雰囲気の奴はいるが
ひろゆき氏はホモではないと思うが、ひろゆき氏の女性的な思考が
信者には神秘的に見えるのでは?

155 :150:01/11/19 21:53
>>153
え?シリアスになっていくんですか?
第一作でも今後の展開を予想させる人物が登場してたけど
あの人がらみなのかな?
私は英語が全然駄目なので次が出るのを楽しみに待つことにします。

156 :名無しのオプ:01/11/19 23:16
勝手なお願いなのですが、
それぞろ出版社名も書いておいて頂けるとありがたいのですが・・
本選びの時、このスレ活用しているので・・・

157 :名無しのオプ:01/11/22 16:59
ジル・チャーチル 最新作本日発売!!
さあ、今晩は読むぞ〜

158 :名無しのオプ:01/11/24 02:27
ビル・ポミドアの「解剖探偵講座」(講談社文庫)はコージーかな?
キャラ設定がほのぼのしてて楽しめた。
本格好きの人には勧めないけど。

159 :名無しのオプ:01/11/24 03:06
コージー好きな人の嫌いなミステリってどんなのですか?
例えば、でいいけど。

160 :名無しのオプ:01/11/24 05:38
トラ猫ミセスマーフィーのシリーズは結構好き(早川文庫)。

嫌いなミステリは、私の場合は殺人場面がドロドロしてるもの
と最後に救いと言うかほのぼのした所がないもの。

161 :名無しのオプ:01/11/24 05:55
レスどうも。
あんまり、というか全然コージーものになじみがないもので。。
ほのぼのVS殺伐といったところなのでしょうか。

162 :名無しのオプ:01/11/24 17:00
>>159
私もコージー大好きですが、他のものも読みます。
コージー的なもの読んだら次は重そうなものを1冊、という感じでローテーションしてます。
重いといってもでもあくまでコージーと比較して、ということですけど。
ハードボイルドや心理サスペンス、クライムミステリのたぐいは、まず手を出さないです。

163 :159:01/11/24 18:27
ローテーションですか。なかなか興味深いです。
どっちかのジャンル(?)に行ったきり、
そのまま戻ってこれないとか、そういう危険はあまりないのでしょうか。
多分に理性の力を要しそうです。。

164 :名無しのオプ:01/11/24 19:50
>>159
自分はホントにもうバラバラですよ。
横溝からJディーバーまで・・・
どっちかって言うと、上手く言えないけど動機に納得できる物が好きです。
(トリックの為の本格とかはチョット・・・)
ドラマ性があるものが好きですね。
苦手な物はサイコ物とか警察小説みたいなのかな(検視官シリーズもチョット苦手)
犯人当てが好きなんですね、きっと。(自分で書きながら納得)

165 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

166 :名無しのオプ:01/11/27 09:52
ジル・チャーチルの最新刊、「えんどう豆と平和」(創元推理文庫)
読みましたが・・・。うーむ、今までのとスタイルが違いますね。
ジェーンを中心とした日常生活の楽しい描写+殺人事件だったのが、
今回は殺人事件の解決が中心になっているみたい。
推理小説としてはそれが正しいのかもだけど、コージーとしてはどうなんだろ・・

167 :ねつてつ:01/11/27 10:24
>166
「地上(ここ)より賭場に」なんかも、結構固いミステリしてる話
でしたねー
そういう傾向は前からあったのでは?^^

168 :名無しのオプ:01/11/29 19:06
ドナ・アンドリュースの「庭に孔雀、裏には死体」(ハヤカワ・ミステリ)を読みました。
とても面白かったです。
登場する人物がどの人も個性的で魅力的。
最初に登場しただけで印象に残るので、人物表を全く見ないで読むことができました。
犯人やトリックについてはとくに目新しいものはないけど、
久々に、とても読んでて楽しい本でした。
これが処女作とは。
シリーズ化して本国では3冊出てるようなので、続きが楽しみです。

169 :168:01/11/29 19:07
ドナ・アンドリューズでした。

170 :名無しのオプ:01/12/05 19:29
>167さん
コメントありがとうございます。
でも・・メルとの仲とか・・プライベート部分での
進展が何も無いのが物足りないのですよ(;^_^A_
あ、これ以上書いてはネタバレに・・・

171 :名無しのオプ:01/12/15 22:25
早川ミステリアスプレスって、ぜんぜん新作でないし
なくなっちゃったんですか?
そのへんの事情に詳しい方はいらっしゃいませんか?
ハードなミステリ全盛の中、数少ないコージーの味方
ってカンジだったのに。

172 :名無しのオプ:01/12/27 01:32
シャーリーン・ウィアの「花嫁は警察署長」を読みました。
これもコージーに入れていいのかな?
タイトルはいかにもだけど、内容はあまり気軽な感じはしなかった。

173 :名無しのオプ:02/01/08 00:06
ドロシー・キャネルが好きなんですが・・・。
どーして全然出ないんでしょうね。エリーのシリーズ。
エリーの性格面白いと思うのに。
でもエリーの思考を英語で読むのはすんごく大変なので
翻訳で出して欲しいんだけど。売れないのかなー。

174 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

175 :名無しのオプ:02/01/21 10:47
コージーあげ

176 :名無しのオプ :02/01/22 01:27
1月1日にココシリーズが出たみたいよ。

「猫は郵便配達をする」だったかな。
前回のブラームスの次に当たる本ですね。

177 :名無しのオプ:02/02/04 13:17
>>2
「暗黒太陽の浮気娘」題名につられて書店で注文してしまいました。
SFみたいな題名ですね。発行元、ハヤカワだし(笑)
「丘をさまよう女」の作者が、どうコージーを書くのか・・・楽しみです。

でも、絶版なんだよね。手に入るかなぁ・・・・

178 :名無しのオプ:02/02/15 15:38
> スイートホーム殺人事件
読みました。「おさつをこさえて」や「おじゃがを・・・」「・・・しなくてよ」
などの言葉遣いに挫折し、でも続きが気になって読み、挫折しを繰り返し、
二日がかりで読了。
もう少し現代風の言葉だったら読みやすかっただろうが、それでも最後まで
読ませてしまうあたりは、内容の面白さなんでしょうなぁ。

普段はシャーロット・マクラウド、アリサ・クレイグ(同一人物か)、
ジル・チャーチル、ルース・レンデル、エリス・ピータースを読んでます。

179 :名無しのオプ:02/02/16 10:49
てゆうか、SFでしょ?>暗黒太陽

180 :名無しのオプ:02/02/16 14:00
>>178
当方30代女性。
「〜をこしらえる」違和感なし。京都人だからかな?
「おじゃがを〜」違和感なし。
「〜しなくてよ」“エースを狙え”のお蝶婦人で鍛えられました。w

181 :名無しのオプ:02/02/16 22:57
日本のが全然出てこないですね。
何かいいのないですか?

182 :名無しのオプ:02/02/16 23:00
赤川次郎読んでろ

183 :名無しのオプ:02/02/16 23:07
若竹七海の葉崎シリーズとか

184 :大阪人:02/02/17 01:10
>>178
>>180さんと同じく、会話の言葉使いは気にならなかったんですが
翻訳文じたいの古めかしさは気になりました。
新しい翻訳で読み直したいですね。

185 :名無しのオプ:02/02/19 11:30
若竹七海、読みました〜。コージーに認定!
日本にもこういう書き手がいたとは感激です。
「ヴィラ・マグノリアの殺人」「古書店アゼリアの死体」シリーズがいいなぁ。
女性作家ゆえか、書かれている女性達がみんな(良い意味で)カワイイです。
会話もリアルで○。

ショート・ミステリの書き方が北村薫にちょっと似ている印象を持ったのですが、
北村薫の書く若い女性は「オッサンの妄想(汚い言い方でスマソ)」が時々、
入っていてキモイ、つーか、服装の描写とかがダサい。
「うさぎの耳がついた帽子をかぶってぴょんぴょん跳ねる」女性なんていねーぞー。
いたら電波系だぞー!

186 :名無しのオプ:02/02/21 02:31
変な登場人物、事件とは関係ないグルメ描写。霞流一ってコージーだと思うんだけど。
もしかしてバカミス=コージー???

187 :名無しのオプ:02/02/21 14:06
>>186
やめてくれ〜

188 :名無しのオプ:02/02/24 13:32
>>186
ユーモア、生活描写が散りばめれていても、
ストーリーにちゃんと筋が通っていないとコージーとは認められぬ!

ところで霞流一って読んだこと無いけど、バカミスなの??


189 :名無しのオプ:02/02/24 15:46
>185
その状況は知りませんが、うさぎ耳帽子をかぶる女性はディ図にーでねずみ耳
帽子をかぶる人もいるんだし、と思ったり。

190 :186:02/02/24 15:53
霞流一は日本のバカミスの第一人者です。
ってか、「このミス」でバカミスという言葉を一般に広めた一人が霞流一なんですけどね。
最新作のライトノベル以外は全作品読んでますが、ストーリーは一応筋通ってるように思えます。バカだけど。
でも食事描写はほとんど酒がらみなので、「お茶とお菓子」ではなく「酒と肴」ミステリかな・・・

191 :名無しのオプ:02/02/26 18:29
>>189
いえいえ、ディ図に-ランド等、TPOをわきまえた場所なら
ぜんぜんOKなのですが、「街中にお出かけ」というシチュエーションで
なのですよー。

いくら美人といえども、ウサギの耳付帽子をかぶった女子大生と
銀座でデート。いけますか?

192 :189:02/02/26 21:46
>191
いけません。
ていうかそれがその作品の中で、普通の(読者が感情移入するような)人物として設定
されてるなら、何考えてんだよ、です。
でも最近は奇抜なカッコしてる人も増えたからなぁ…。

>190
酒と肴で思い出す。
鯨統一郎の歴史もの、バーに集まって〜ていう短編集もそんな感じでしたね。

193 :名無しのオプ:02/02/26 22:07
レッサーパンダ帽があったんだからうさぎぐらいあってもよくね?

194 :名無しのオプ:02/02/26 23:21
>193
レッサーパンダ帽をかぶってたのは犯人だろ
               とつっこんでみるテスト。

195 :名無しのオプ:02/02/27 00:20
北村薫の女性キャラについては賛否両論あるみたいだね。
女性からはキツイ・・という意見が強そうだが。
こちらもどうぞー

・北村薫
ttp://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/961164469/l50


196 :名無しのオプ:02/02/27 01:27
北村薫は大好きだし、
「私」をはじめ女性の描写もうまいとは思うけど
うさ耳帽子だけは擁護できない。

「覆面作家」は半分ライトノベルみたいなもんだから
見逃してはもらえないだろうか?

197 :名無しのオプ:02/02/28 17:40
見逃し、了解っす>うさぎ帽子(藁

私も北村薫、基本的には好きなんですよ。
「私」シリーズもキッチリ書きこむ文学的な体力は
すごいと思うし。だからこその、苦言でした。

198 :名無しのオプ:02/03/07 10:00
シャンディー教授、万歳!

199 :名無しのオプ:02/03/13 13:39
「暗黒太陽の浮気娘」ふるほん文庫やさんでget!
昨日、自宅に届きました。買値は定価の倍だったけど、
絶版本だから、まぁこんなもんかな?

週末に読んで、感想うpしますー。さてコージーか否か。

200 :  :02/03/24 01:55
>>199
感想どうした〜?待ってるぞ。

ついでに200ゲット!

201 :名無しのオプ:02/03/25 12:47
なんか、重たい物読みたい気分じゃなくて、
でも活字中毒なので、本屋でふと手に取った
アリサグレイグの「山をも動かす」を読み始めました。
素直に面白いね。
シャンディ教授のシリーズもいい感じなのかな?

202 :  :02/03/27 09:32
>>201
シリーズとしての安定性とキャラの立ち具合は、シャンディ教授シリーズの方が
上かも・・・と思われ。ぜひ読んでみてくださいませね。

203 :名無しのオプ:02/03/28 09:55
シャンディ教授シリーズ、理系のオヤジ教授連がいい味だしてます。
学長もいい!(あのパワフルな行動力はちょっと漆原教授風か?)
シャンディ教授は植物が専門だけど、豚専門の教授もいるし、動物も結構
出てきます。

204 :201:02/04/02 23:13
>202.203
前出に続きシャンディ教授の「にぎやかな眠り」読みました。
うん、面白い!
どうして今まで彼女の作品を、手に取らなかったのか後悔…
でも、今からシリーズ読破する楽しみが出来てよかった。

205 :201:02/04/03 01:00
>>204
シャンディ教授シリーズ、今から読み始めるなんて羨ましい!
私はひたすら次作を待つ日々。
しかし、このシリーズは「牛乳配達退場」が最新らしく、
アメリカでも97年以降、続きは書かれていないんですよ。
あぁ、もっと書いて〜


でも、読んでないけど〜(泣藁

206 :名無しのオプ:02/04/04 19:21
ココシリーズ一気に読み返し中。
でも14の謎があるだけは買ってない。
ココとクィラランは出てこないのかな?

207 :名無しのオプ :02/04/06 21:45
入手しにくいかもしれないけれど、ハヤカワ文庫の
「庭に孔雀、裏には死体」ドナ・アンドリュースが
凄く面白い。これがデビュー作らしいんだけど、こージー系の
賞を総なめしたミステリなんだって。コージー好きはぜひ一読を。

あらすじを書いておくと、母・親友・弟のケコーン式に奔走する
「わたし」が、家の裏で死体をハケーン。ミステリ好きの父親に
振り回されながら、犯人探しをすることに・・・。ってところです。

208 :名無しのオプ:02/04/07 13:30
>207
その続編が3月新刊の「野鳥の会、死体の怪」
新刊紹介スレに感想あり。

209 :名無しのオプ:02/04/07 16:45
>208
すんません、新刊紹介スレってどれですか?

210 :208:02/04/07 18:27
>209
ここだよ。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/992423574/l50

211 :名無しのオプ:02/04/07 18:36
>210
209です。ありがとうございます!

212 :名無しのオプ :02/04/08 01:11
207
>>208
お、新刊出たんだ。読んでみます。ってか、新刊紹介スレの
人は凄いよね。


213 :名無しのオプ:02/04/20 01:26
>206
ココもクィラランも出てないよ。猫の短編集。
「マダム・フロイの罪」が一番おもしろかった。

214 :名無しのオプ:02/05/02 23:54
「暗黒太陽の浮気娘」読み終わった。
コージーというか・・マニア本?
コミケとかの常連なら笑えるのだろうか・・・

215 :名無しのオプ:02/05/03 00:07
だからSFでしょっていったのに

216 :214:02/05/14 10:40
>>215
確かにSF知識が無いと、いまいち楽しめないね。

しかしこれに最優秀ペイパーバッグ賞進呈する
アメリカ探偵作家クラブって、SFヲタの巣窟なのか?


217 :パーカー信者:02/05/20 02:24
「庭に孔雀、裏には死体」(ドナ・アンドリューズ/ハヤカワ文庫)
読んだのでご報告。

2作目の方を先に読んでたのでオチは想像ついたけど、
いやあーメグパパ、イイ!(・∀・)

メグママにびっくりプレゼントしようと、皆を巻き込んで
協力させたはいいけど、メグと共に帰ってきたメグママに
ばれないように必死になるとこ(メール欄)とか、
久しぶりにミステリ読んでて大笑いしてしまった。

しかし、主役のメグはいつもいつも限界ギリギリまで
大奮闘するハメになるのな(笑

218 :名無しのオプ:02/05/25 00:18
ここでまだ名前が出ていない人で、

ギリアン・ロバーツの作品

主人公は学校の先生で、
二枚目の刑事が、実は大富豪の跡取かなんかで恋人。
一応恋人なんだけど、その刑事の名前C.K.マッケンジーの
C.K. が何の略なのか、主人公は知らないという...

まぐれ当たりを狙って顔色をうかがうのが毎回のネタでした。

「Calvin Klein ?」というのは多分一度も出ていなかったような
やっぱり、ベタ過ぎるんでしょうか。

219 :名無しのオプ:02/06/01 00:01
懐かしい名前だ・・・>ギリアン・ロバーツ

コージー好きの知人に薦められて、そのうちと思っていたら
本屋で見かけなくなってしまった・・・。ブクオフであるかね?

220 :無名草子さん:02/07/04 11:31
若竹七海をコージーというのはどうだろうか?
登場人物の会話等はほのぼのだが、結構えげつない殺され方している
話もあるし。

221 :名無しのオプ:02/07/04 12:02
>220
>>17 まぁ葉崎シリーズは間違いなくコージー(作者も狙った)ものでしょうな

222 :名無しのオプ:02/07/06 13:10
葉崎シリーズはフォーマットはコージーなんだけど
若竹七海の意地の悪い人物描写(誉め言葉)のせいで
なんとなーく後味悪い……

223 :名無しのオプ:02/07/06 15:30
>>222
同意。嫌われキャラの描写がえげつないというか・・・
確かに悪人だろうが、そんな殺し方で、周囲の人間の反応も
無神経で、殺されて同然と思っている雰囲気がある。
それでいいのか?てな印象を時々持つ。

アリサ・クレイグなんかの作品だと、周囲の嫌われものではあったが、
殺されるのはヒドイ・・てな叙述があるのだが〜

224 :名無しのオプ:02/07/06 18:25
まあ、あのえげつなさが若竹七海の持ち味だからね・・・


225 :名無しのオプ:02/07/07 02:03
コージーって、主人公が好きになれないと読むの辛いね…

226 :名無しのオプ:02/07/07 22:55
日本のコージーとしては、青井夏海さんの『赤ちゃんをさがせ』
がいいと思うんですが…。
コージー好きにはおススメです。

227 :卵立て:02/07/07 23:13
225に同意。
この間、創元から出た「青空の卵」はメインの二人が
気持ち悪くて駄目だったよ。
226 「赤ちゃんをさがせ」は面白かった。
ここ数年の国内では数少ない収穫だと思われ。



228 :名無しのオプ:02/07/12 23:41
コリン・ホルト・ソーヤーの「老人の生活と推理」読んだー。
キャレドニアが名古屋弁話してる気がしてならなかったのは、
「やっとかめ探偵団」が好きだったせいか?

229 :名無しのオプ:02/08/06 01:50
からあげ

230 :名無しのオプ:02/08/06 08:18
サイモン・ブレッドのミセス・パージェターシリーズ。
かなりいいですよ。
早川ポケミスだけど。
それはそうと、この板出入りする最近のミステリ読みは、ポケミスなんて読まないのかな・・・

231 :名無しのオプ:02/08/07 00:25
ギリアン・ロバーツは最初のうち、ポケミスでしたよね。
コージーではないけど、大好きなのがサラ・コールドウェルです。
いかにもイギリスってのがお好きな方にはおすすめ。
亡くなってしまったのが、悲しいです。
(若竹さんのブラックでも受け付けない人にはだめ、かなあ)

ある意味、コージーでもあるんじゃないかなって思うのが
修道士カドフェルシリーズなんですが、どうでしょう。
予定調和だけど、面白く読めて。
ソーヤーのは二作目のがよかったですね。
やっとかめは二作目まではよかったのにね〜。
確かに名古屋弁になってた瞬間が・・・。

232 :名無しのオプ :02/08/07 22:21

田中雅美が書いてた「あっちゃんの推理シリーズ」はコージーでよかった。
もともと少女小説(こっちのミステリはオススメしない)→大人向けミステリの人。
あっちゃんが小学生になってからはチェックしてないけどどうなったんだろ。



233 :名無しのオプ:02/09/06 12:10
さるべーじ

234 :名無しのオプ:02/09/11 22:23
確か文春文庫で警視リチャード・ジュリーシリーズってあったよね..
英国のパブの名前が題になっていて...あれってもう何年か新刊出てないと
思うんだけど、出る予定あるのかな?御存じの方?
シャーロット・マクラウドもご無沙汰だよね...
アシモフの黒後家蜘蛛の連作はコージー?


235 :名無しのオプ:02/09/12 10:56
黒後家蜘蛛の会がコージー?
なんか違うと思う
ほのぼのしてて食い物うまそうだけど、おっさんの集まりだし
お茶会じゃなくてお食事会だし(w
アームチェアデテクティブってやつじゃないですか?
どたばたしてないし

ちょっとしつこくなってしまった

236 :名無しのオプ:02/09/12 21:10
そうだね。違った。語りたかったのかも...
ママシリーズがコージーならいいっかなって
もっと読みたかったな。
コージーものの作者って年輩の方も多いじゃん
マクラウドさん早く出して!


237 :名無しのオプ:02/09/13 10:13
よくコージーコーナーでケーキ食べながらミステリ読んでますが何か。

238 :名無しのオプ:02/09/13 11:12
>>236
いえ、私も語りたかっただけで(w
屁理屈こねるおっさんの集まり、いいなぁ
もう続きはないと思うと寂しいです
アシモフの作品全般に、ですが

関係ないのでsage

239 :名無しのオプ:02/10/09 17:13
ジル・チャーチルの新作「風の向くまま」を
読んだ人いる?

新シリーズだって言うから期待していたのに、
お得意の軽妙な会話が無くてイマイチ。
犯人も途中からバレバレだったしよぉー。

主婦探偵シリーズの方が面白いよ。
早く続きを翻訳してくれ〜

240 :名無しのオプ:02/11/11 22:23
さるべーじ

241 :名無しのオプ:02/11/17 00:34
ここで名前を知った、ジェフ・アボットの「図書館の死体」を
読み終わりました。
最近ここ寂しいですね。
コージー、大好きなんで、ここの情報とてもありがたかったです。

242 :名無しのオプ:02/11/17 09:02
ジル・チャーチル「ゴミと罰」
面白かったー!一気に読んじゃった。
もっと早くに読めばよかったよ。

243 :名無しのオプ:02/11/17 09:37
続きが何作かあるよ>ジル・チャーチル。どれも面白い。

244 :名無しのオプ:02/11/17 10:22
マクラウドの新作が全然出ないけど、近年の作品は創現がダメ出しする位、
レベル低いのかな・・・

245 :名無しのオプ:02/11/17 10:36
「毛糸よさらば」と「死の拙文」は入手済み。
残りも早いとこ手に入れないと。



246 :名無しのオプ:02/11/19 00:25
「しゃべくり探偵の四季」の「しゃべくり」バージョンじゃないほう
はコージー好きにはおいしいように思います。いかが?
特に金子君の友達編。


247 :チリコンカルネ:02/11/30 15:20
ミステリ書店主アニー(キャロリン・G・ハート)とか、ジルチャーチルの
主婦探偵ジェーン、マクラウドの両シリーズ(クレイグ名義のは未読です
(;_;))、ギリアンロバーツなどなど、ガイシュツの作家さんの作品なので
申し訳ないのですがすごくコージー好きです(^_^)

ナンシー・ピカードなども、コージーに入るのだとすれば、すごく好きな
ので、読んだ方の感想聞きたいですm(_ _)m
おいしいお料理が出てくるのが好きなのかな(^_^;)




248 :名無しのオプ:02/12/13 03:00
コージーだめなんだよなあ・・・・。


249 :名無しのオプ:02/12/18 17:08
ずーーーーっと前からマクラウドファン。
私の中では人生の書ともいえる「にぎやかな眠り」。
クリスマス前になると読みたくなりませんか?
ところで、全然新刊出ないですよねー。クレイグ名義も。
ちょっとお体とか心配になってしまいます…。
どなたかそーいう情報とかお持ちじゃないですか?

ガイシュツですが、ジョーン・ヘスも大好き!

しかしいずれも新刊出ませんねー…。待ってるんですけどずっと。

250 :名無しのオプ:02/12/30 23:58
マクラウド・・・でないッスね>新刊
確か未訳のものがあるはずだから、それだけでも
早いところお願いしたいものです>創元社


251 :名無しのオプ:02/12/31 02:57
コージーだめなんだよなあ・・・・。オレも・・・・


252 :名無しのオプ:03/01/05 11:41
おくればせながら、あけおめです。
マクラウドもジョーン・ヘスも、その他私の好きな作家さんの
活動を期待しつつ…。今年も頑張ります。
何か新しい作家さんや作品がありましたら、
是非お教え願いたいものですので、
今年もなにとぞよろしくお願いいたします。

253 :名無しのオプ:03/01/21 00:26
保守age
「ジャーロ」でジル・チャーチルの「風の向くまま」を
ベタ誉めしていたのがなんか鬱。

254 :山崎渉:03/01/23 18:20
(^^)

255 :名無しのオプ:03/02/20 20:48
今日ヴィレッジブックスの新刊、ジョアン・フルークの
「チョコチップクッキーは見ていた」を買いました。
まだ読み始めたとこだけど、わりと好みかも・・

256 :名無しのオプ:03/03/23 08:25
コリン・ホルト・ソーヤーの新刊「フクロウは夜ふかしをする」出ました。
これから読みます。

257 :名無しのオプ:03/03/23 12:45
>256
うわぁ、まじっすか!?
買いにいかないとっ!!
情報サンクスコです。今から逝ってきまつ!!

258 :257:03/03/25 00:53
買いに行ったのに…なかった…
何故だぁ!? イナカだからまだ入ってないのだろうか。
気長に待ってみまつ…。

259 :名無しのオプ:03/04/08 17:09
5月上旬にハヤカワミステリ文庫よりドナ・アンドリューズの新刊
「13羽の怒れるフラミンゴ」が発売される予定。


260 :山崎渉:03/04/17 15:37
(^^)

261 :山崎渉:03/04/20 07:15
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

262 :名無しのオプ:03/04/22 16:56
保守age

263 :名無しのオプ:03/05/04 03:42
寂しいのであげとく。

264 :名無しのオプ:03/05/08 17:07
ドナ・アンドリューズの新刊のタイトル、各種新刊情報では「怒れるフラミンゴ」
だけど、ハヤカワのHPでは「恐れるフラミンゴ」になってる。
9日発売予定らしいので真実は書店店頭で!

265 :名無しのオプ:03/05/09 20:43
本日購入いたしました。
タイトルは「13羽の怒れるフラミンゴ」でした。
自社本のタイトルを間違って載せちゃうハヤカワのHPって・・・

266 :パーカー信者:03/05/09 20:52
うわ忘れてて買い損ねた… >フラミンゴ

メグパパの出番はあるでしょうか(;´Д`)ハァハァ

267 :名無しのオプ:03/05/10 10:14
メグパパもスパイクちゃんも健在です。

268 :名無しのオプ:03/05/11 13:36
北村薫の「街の灯」はコージー好きにおすすめ。
昭和初めのお嬢様とお抱え運転手が謎をバッサバッサと
解いていくのが(・∀・)イイ!!


269 :名無しのオプ:03/05/12 11:55
来月シャム猫ココシリーズの新刊が出るけど、トラ猫ミセス・マーフィーシリーズの
新刊も早く出してほしいです。

270 :名無しのオプ:03/05/14 12:56
>269
ハゲしくドウイーーーーー!

271 :名無しのオプ:03/05/16 19:45
前に誰かが挙げてくれてるけど、アネット・ルームは結構いいと思った。
ジルチャーチルにハマってブクオフで100円本漁ってた時に偶然ハケーン。
(何気にそういう棚にコージーの拾い物がある気がする)

処女長編とその続編、2冊しか出してないのかなぁ。
しかも続編が絶版だかで、たまらずアマゾン中古で買ったよ。



272 :名無しのオプ:03/05/16 19:47
ちなみにその時に汁チャーチル、一気読みしました。
メルとの仲がビミョウな「拙文」と「動物園」辺りが面白かったと思う。
最新になるにつれ作者の興味萌え(系統学とか)がチラチラしててちょっと辛い・・・。

今後もうちょっとメルとの間でイベントが欲しい。
メルがただのデレデレ(しかもTシャツに短パンなんて)じゃイヤン!

273 :_:03/05/16 19:47
  ∧_∧   
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪ 
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku04.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku10.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku09.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku08.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku06.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku05.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku01.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku02.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku07.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku04.html

274 :名無しのオプ:03/05/16 21:52
電車通勤なんだが、「暗黒太陽の浮気娘」を読んでいたんだ。
ふと気がつくと前に座っていたおじさんが
「なに読んどんじゃ」
という顔で私の顔をじっと見ておった。
ジェイ・オメガの気持ちがよくわかったよ・・・

275 :名無しのオプ:03/05/17 16:49
ジェリリン・ファーマーのケータリング探偵マデリーンシリーズはどうかな?
結構好きなのですが。
邦訳版は『死人主催晩餐会』と『殺人現場で朝食を』の二冊しかないのがチト残念。

276 :名無しのオプ:03/05/19 17:18
「13羽の怒れるフラミンゴ」読みました。
「庭に孔雀、裏に死体」に登場した孔雀さん達が、メグパパのお世話で4倍に増えてました。

277 :山崎渉:03/05/22 04:33
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

278 :山崎渉:03/05/28 12:40
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

279 :でたよ:03/06/11 15:30
シャム猫ココシリーズ。
ハヤカワ・ミステリ文庫
猫は火事場にかけつける
ISBN:415077224X
リリアン・ジャクソン・ブラウン;羽田詩津子
早川書房 2003/06出版
16cm 312p
[文庫 判] NDC分類:933

280 :名無しのオプ:03/06/19 23:07
ココで見てさっそくジョーン・へスのミズ署長読んだ〜。
もっと早く読めばよかったよ。
変な邦題のせいで読まず嫌いしてて損した。


281 :名無しのオプ:03/06/20 01:27
アイドルのコラージュを発見したでつ。
あと、つるつるオマ○コも見れました。いいの?(*´Д`*)ハァハァ
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/turuturu/

282 :名無しのオプ:03/06/20 09:26
>280
めちゃおもしろいのに、タイトルと表紙でかなり損してますよね。
集英社はもう続きださないんですかねえ・・・
同じヘスでもクレア・マロイシリーズの方は少女漫画風の可愛らしい表紙だったのにね。


283 :名無しのオプ:03/07/09 11:46
ジョアン・フルークの「チョコチップクッキーは見ていた」の続編、
「ストロベリーショートケーキが泣いている」が8月20日に発売予定。

284 :_:03/07/09 12:23
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

285 :名無しのオプ:03/07/11 23:37
ハヤカワの『フェニモア先生、宝に出くわす』が本屋に
並んでた、買うか迷い中。

286 :名無しのオプ:03/07/13 01:55
>>285
前作イマイチだったんだけど、その前が良かったので、
本日、買ってまいりました。

…ココのとこ、欲しい新刊が少ないもんで(^^;;

287 :名無しのオプ:03/07/13 21:44
>>283
情報テンキュー! よっしゃ買うぜ。レシピ有り、
ミステリとしても楽しめて個人的には好きなんだが
ほかの方々はどうだったのだろう・・・

288 :_:03/07/13 21:45
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

289 :名無しのオプ:03/07/13 21:52
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1057266713/l50


290 :山崎 渉:03/07/15 10:12

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

291 :山崎 渉:03/07/15 13:47

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

292 :285:03/07/19 08:05
『フェニモア先生、宝に出くわす』買ってしまい、一気に読みました。
いつもとは展開が違って、おもしろかったよ。

293 :名無しのオプ:03/07/31 21:27
いきなりコージーミステリが読みたくなって、
このスレに書いてある本を買い込んできました。
今日の明け方まで読んだ
「庭に孔雀、裏には死体」は、ここ最近のクリティカルヒット。
今はジル・チャーチルを攻略中。

>283
「チョコチップ〜」の続編、気になっていたから、嬉しい。
あれを読むとクッキーを作りたくなるけど
自作は上手くいったためしがないんだな、これが。

294 :山崎 渉:03/08/02 02:08
(^^)

295 :名無しのオプ:03/08/13 10:08
ダイアン・デビッドソンのクッキング・ママシリーズ(集英社文庫)の新刊、
「クッキング・ママの供述書」が9月19日発売予定。
ヘスのマゴディ・シリーズも早く続きを出して欲しい。

296 :名無しのオプ:03/08/13 10:19
  /⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒\
  \/⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒\/
   \/⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒\/
     \/⌒⌒⌒⌒⌒\/
       \/⌒⌒⌒\/
        \/⌒\/
         ┘ ̄└
              ,一-、
             / ̄ l |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ■■-っ < へぇーコージーってそんな意味だったのか
        ミ _ ´∀`/    \__________
      ミ Ё| __/|Y/\.
        ∩Ё|__ | /  | ヘェヘェヘェー!
       ━━━━━━┓
       / ̄ ̄ ̄ ̄\┃
       |   2 0  ..|┃
       \____/┃
         _|      ┃
       ━━━━━━┛

297 :山崎 渉:03/08/15 14:58
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

298 :名無しのオプ:03/08/16 09:33
保守age


299 :あんけ〜と:03/08/16 17:02
8月31日までアンケート募集してます。
(第9回)「ニュース番組何見てる?」
http://multianq3.uic.to/mesganq.cgi?room=yasuhito
第一回から八回目までのアンケートの結果は
http://jbbs.shitaraba.com/sports/7031/ankeito.html


300 :名無しのオプ:03/08/16 17:04
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Rodos/8066/guestbook1.html

301 :名無しのオプ:03/08/19 16:28
明日だよ、「チョコチップ・・・」の続編の発売日!
先週ここを見て、お盆休みに読むようにと
「チョコチップ・・・」買ったけど、見事ハマった!!
あ〜明日が楽しみだ♪


302 :名無しのオプ:03/08/19 21:21
ジョーン・ヘスのマゴディ町シリーズ、
今日読み終わった。
続きが読みたいんだけど。
すごーく読みたいんだけど。
……出ないですか。そうですか。
・゚・(ノД`)・゚・

303 :名無しのオプ:03/09/09 22:11
マゴディシリーズ、「ジルバ」だけ手に入らない。
私も読みたいよ。もっともっと。

304 :名無しのオプ:03/09/19 11:56
本日発売! 「クッキング・ママの供述書」

305 :名無しのオプ:03/09/19 12:11
ラスベガスでお馴染みのブラックジャック、ルーレット、バカラ、
スロットマシーン、ビデオポーカー、ケノ、スクラッチ・チケット、
チャック・ア・ラック等など、マルチメディアを駆使した
エキサイトゲームが豊富です。

200ドルプレゼント! まずは、ノーリスクでお試しください。

世界最大級カジノ
http://www.videopokerclassic.com/~147063WnA/indexjp.html




306 :名無しのオプ:03/09/20 04:41
ギリロバのスレにも来て味噌

307 :名無しのオプ:03/10/03 20:54
トニー・ケンリックの「リリアンと悪党ども」なんかもコージーに入ると思う。

308 :名無しのオプ:03/10/05 10:34
こんなスレあったんですね。
ジル・チャーチルが好きなのですが、スレが見つからなかったので立ててしまうところでした。
ほかには、ダイアン・デヴィッドソン、リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・パイ・ブラウンなんかが好きです。
クッキングママの新刊が出てたのここに来て初めて知りました。買わなくては。

309 :名無しのオプ:03/10/05 12:15
クレイグ・ライスの「マローン御難」発売日に買いました。
でも、うれしすぎて、もったいなくて、まだ読めません。
えーん。うれしいよー。

(スミマセン。ライスのスレあった気もするけど、とりあえず、
 この喜びだけを、誰かに聞いて欲しかっただけなんですっ)

310 :名無しのオプ:03/10/05 13:49
私の好きな作家が結構出てて、このスレ(・∀・)イイ!
クッキングママの最新作読みました
主人公が苦労性で、もっと気楽に生きなさいよ!って読んでて、やきもきしちゃう
誰か、この本にのってるレシピでお料理作った方いらっしゃいますか?

311 :名無しのオプ:03/10/05 15:02
クッキングママは表紙イラストだと50過ぎに見えるのに
本文を読むと30代前半だったりする。このギャップはどうにかならんものか。

312 :名無しのオプ:03/10/05 15:10
そうですねえ。あの表紙はちょっと、ひどい

313 :名無しのオプ:03/10/05 18:43
クレイグ・ライスは私も大好きです。
「マローン御難」はポケミスで持ってます。
久しぶりに読んでみよっと。

クッキング・ママ、あの表紙じゃなきゃもっと売れると思うんだけど・・・

314 :309:03/10/06 00:50
>313

つい最近、ハヤカワ文庫で出た「マローン御難」は、
新訳版らしいんですよ(^_^) <訳:山本やよい さん
ポケミス版は「スイートホーム殺人事件」と、同じ方でしたっけ?
あの、懐かしい感じの文体、ちょっと興味あるけど、手に入れるの
難しいだろうなぁ(^^;;

ポケミスといえば最近、D.B.オルセンの「黒猫は殺人をみていた」
というのを読みました。
こちらも、確か再版かなにかだったとおもうのですが、有名どころ
のコージーを彷佛させるような登場人物がいっぱいでてきて、なか
なか興味深かったです。

ところで、ミステリーかどうか、微妙分なのですが
シャーロット・アームストロングは、最近、新しいの出ていません
か? 好きなんだけど、ココ数年新刊を見かけた記憶がなくて…。 

315 :名無しのオプ:03/10/07 19:41
クッキング・ママ、表紙もだけど、
邦訳タイトルが似たりよったりでややっこしい。
どれを読んだか覚えてられん。

316 :名無しのオプ:03/10/23 11:25
某掲示板にジル・チャーチルのジェーンシリーズの新刊が
来年前半に刊行予定って出てました。





317 :名無しのオプ:03/10/24 17:18
>>316
わーい。楽しみ♪

ところで、集英社文庫から最近でた
「満月と血とキスと」
まだ、読みかけなので、ミステリーなのかどうかもわからない
のですが、ここの人なら、結構楽しめるかも。

読心能力のある主人公のウエイトレスと、その恋人の吸血鬼が
事件に巻き込まれるという、かなり強引な設定なので、
本格ミステリ愛好家にはお奨めしませんが、わき役の人たちも
かなり面白い人がそろっていそうで、ヨイ感じでつ。(^_^)

シリーズ物らしいので、今後にも期待♪

318 :名無しのオプ:03/11/14 02:11
このスレにひさしぶりに来て「庭に孔雀、裏には死体」のシリーズを図書館から借りて
一気に3冊読みました。
面白かったです〜。ありがとう!

ジェーンシリーズの新刊情報もうれしかったです。
ミセス・マーフィの新刊もずっと待ってるんだけど、何か情報ないでしょうか。

319 :名無しのオプ:03/11/16 22:23
さるべーじ

だけでは何なので。
クッキングママシリーズやジョアン・フルークのような
レシピ付ミステリーが好きで、「どんな味なんだろーワクワク」と
思うんだけど、砂糖の量が多すぎないかい?
バター1カップ(240cc)ってどうよ。
直径27cmのケーキで6人分っておい。
それと、「卵を殻ごとコーヒーの粉に混ぜて、塩をくわえて、コーヒーメーカーにセットして」
入れたコーヒーって・・・。
試してみたいけど、口に合わないものができそうでこわいなぁ。

320 :名無しのオプ:03/11/24 16:03
保守

クッキングママのシリーズを同僚に貸したら、レシピみてクッキー作ってきてくれたことがありました。
覚悟して食べたけど、そこまで甘ったるくはなかったなぁ。
普通に美味しかったよ。

321 :名無しのオプ:03/11/24 23:00
ほぉ、そうですか。
なら一度試してみようっと。
アメリカの1カップって日本のと違うから、気をつけないといけないな。
ステラおばさんのクッキーくらいなら食べられるから、大丈夫かも。

322 :名無しのオプ:03/12/02 22:03
>>309
クレイグ・ライスのスレってあるんですか?
スレ一覧をキーワード色々変えて検索したり、
みみずん検索の過去ログあさったりしてるんですが
見つからないんです。
良かったらURL教えて下さい。


323 :名無しのオプ:03/12/05 01:04
ないから立ててほしい
【クレイヴ】ヘレン・ジャスタス【ライス】
てな感じのタイトルで

324 :322:03/12/06 00:40
>>323
やっぱりスレは存在しなかったんですか。
スレ立ての経験が無いので練習がてら著作リストつくってみました。
間違い、記入漏れ等有りましたら指摘して下さい。



325 :【大あたり/大はずれ】クレイグ・ライス【スイートホーム】:03/12/06 00:57
●ジョン・J・マローンシリーズ
「時計は三時に止まる」    "8 Faces at 3"
「死体は散歩する」      "The Corpse Steps Out"
「大はずれ殺人事件」     "The Wrong Murder"
「大あたり殺人事件」     "The Right Murder"
「暴徒裁判」         "Trial by Fury"
「こびと殺人事件」      "The Big Midget Murders"
「素晴らしき犯罪」      "Having Wonderful Crime"
「幸運な死体」        "The Lucky Stiff"
「第四の郵便配達夫」     "The Fourth Postman"
「わが王国は霊柩車」     "My Kingdom for a Hearse"
「マローン御難」       "Knocked for a Loop"
(未訳)           "But the Doctor Died"
〜短編集〜
「マローン殺し」       "The Name is Malone"
(未単行本化)        "People vs. Withers and Malone"(スチュアート・パーマー共著)
(未単行本化)        "Murder, Mystery and Malone"

●推理小説家ノン(と子供達)シリーズ
(未訳)           "Telefair"
「スイート・ホーム殺人事件」 "Home Sweet Homicide"
「居合わせた女」       "Innocent Bystander"

●ビンゴ&ハンサムシリーズ
「セントラル・パーク事件」  "The Sunday Pigeon Murders"
「七面鳥殺人事件」      "The Thursday Turkey Murders"
「エイプリル・ロビン殺人事件」"The April Robin Murders"(エド・マクベイン共著)

その他、別名義やリンク等は>>2-5

326 :名無しのオプ:03/12/06 01:07
●マイケル・ヴェニング名義
「眠りをむさぼりすぎた男」  "The Man Who Slept All Day"
「もうひとりのぼくの殺人」  "Murder Through the Looking Glass"
                (クレイグ・ライス名義にて再販)
(未訳)            "Jethro Hammer"

●ジプシー・ローズ・リー名義(代作)
「Gストリング殺人事件」  "The G-String Murders"

※その他の未訳作品にダフネ・サンダース、
ジョージ・サンダース(代作)名義等有り。

関連リンク
コージ−ミステリー好きな人
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/994253998/
笑い(´∀`)の効いたミステリー
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1000537794/

327 :322:03/12/06 01:26
やっぱり原題がずれてる。
Open Jane使ってるんですが、
カキコし終わってからプレビュー機能を思い出した(´・ω・`)
ちょいと見辛いと思うので、もう少し手直ししてから
スレ立てしてみます。

328 :名無しのオプ:03/12/08 01:37
マローンシリーズで「暴徒裁判」と「わが王国は霊柩車」が未文庫化だよね。
後は、探せば直ぐ見つけられる。
大あたり、大はずれが有名だけど、
このシリーズの中ではやっぱりこれが、一番評価高いのかな

329 :名無しのオプ:03/12/08 07:00
>>328
暴徒裁判はクラシックセレクションで来年文庫化

330 :322:03/12/08 09:21
>>328
いくつかサイトをあたって調べ直したんですが、
Trial By Fury(1941) 暴徒裁判 クレイグ・ライス 恩地三保子 1962.02.15
My Kingdom for a Hearse(1957) わが王国は霊柩車 クレイグ・ライス 中村能三 1965.03.31
と、なっておりポケミスから出てるらしいです。
私は手に入らないので読んでないんですが(涙

>>329
うほっ!復刊されるんですか。うれしいな。
それもリストに記入しときますね。

著作リストは訳者、文庫名を追加しておきました。
再度、見直してからもう1度コピペします。

331 :【大あたり/大はずれ】クレイグ・ライス【スイートホーム】:03/12/09 23:47
●ジョン・J・マローン シリーズ
「時計は三時に止まる」 8 Faces at 3 小鷹信光訳 創元推理文庫('92)
「死体は散歩する」 The Corpse Steps Out 小鷹信光訳 創元推理文庫('89)
「大はずれ殺人事件」 The Wrong Murder 小泉喜美子訳 ハヤカワミステリ文庫('77)
「大あたり殺人事件」 The Right Murder 小泉喜美子訳 ハヤカワミステリ文庫('77)
「暴徒裁判」 Trial by Fury 恩地三保子訳 HPB('62) クラシックセレクションで'04再販予定
「こびと殺人事件」 The Big Midget Murders 山田順子訳 創元推理文庫('94)
「素晴らしき犯罪」 Having Wonderful Crime 小泉喜美子訳 ハヤカワミステリ文庫('82)
「幸運な死体」 The Lucky Stiff 小泉喜美子訳 ハヤカワミステリ文庫('82)
「第四の郵便配達夫」 The Fourth Postman 田口俊樹訳 創元推理文庫('88)
「わが王国は霊柩車」 My Kingdom for a Hearse 中村能三訳 HPB('65)
「マローン御難」 Knocked for a Loop 山本 やよい訳 ハヤカワミステリ文庫('03)
(未訳) But the Doctor Died
〜短編集〜
「マローン殺し」 The Name is Malone 山田順子訳 創元推理文庫('97)
(未単行本化) People vs. Withers and Malone(スチュアート・パーマー共著)
(未単行本化) Murder, Mystery and Malone

●推理小説家ノン シリーズ
(未訳) Telefair
「スイート・ホーム殺人事件」 Home Sweet Homicide 長谷川修二訳 ハヤカワミステリ文庫('76)
「居合わせた女」 Innocent Bystander 恩地三保子訳 HPB('61)

●ビンゴ&ハンサム シリーズ
「セントラル・パーク事件」 The Sunday Pigeon Murders 大門一男訳 HPB('57)
「七面鳥殺人事件」 The Thursday Turkey Murders 小笠原豊樹訳 HPB('59)
「エイプリル・ロビン殺人事件」 The April Robin Murders(エド・マクベイン共著) 森郁夫訳 HPB('59)

HPB=ハヤカワポケットミステリブック。   別名義やリンク等は>>2-5

332 :名無しのオプ:03/12/09 23:49
●マイケル・ヴェニング名義
「眠りをむさぼりすぎた男」 The Man Who Slept All Day 森英俊訳 国書刊行会('95)
「もうひとりのぼくの殺人」 Murder Through the Looking Glass 森英俊訳 原書房('00)
(↑クレイグ・ライス名義にて出版)
(未訳) Jethro Hammer

●ジプシー・ローズ・リー名義(代作)
「Gストリング殺人事件」 The G-String Murders 黒沼健訳 汎書房('50)
(未訳) Mother Finds a Body

Craig Rice 1908〜1957
本名 Geogiana Ann Randolph

※カッコ内の西暦は翻訳版刊行年。
新訳版が出版されているものについては旧訳版は記載しませんでした。
単行本化されていもののみをリストアップしました。
上記以外に短編集未収録作品が多数有り。
その他の未訳作品にダフネ・サンダース、ジョージ・サンダース(代作)等の名義有り。

333 :名無しのオプ:03/12/09 23:49
関連リンク
コージ−ミステリー好きな人
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/994253998/
笑い(´∀`)の効いたミステリー
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1000537794/

334 :322:03/12/17 21:25
>>325>>331
ノンシリーズ=シリーズ外の事です。恥ずかしい…

スレ立てについてなんですが、何度か試してみたものの
プロバイダが規制されているようで出来ませんでした。
どなたか立てて頂けませんか?
著作リストは再度手直ししましたのでもう一度コピペしておきます。
(本当に何度も申し訳ありません)
タイトル等、お好きに変更して下さい。
宜しくお願い致します。

335 :【大あたり/大はずれ】クレイグ・ライス【スイート・ホーム】:03/12/17 21:26
●刑事弁護士マローンシリーズ
「時計は三時に止まる」 8 Faces at 3 小鷹信光訳 創元推理文庫('92)
「死体は散歩する」 The Corpse Steps Out 小鷹信光訳 創元推理文庫('89)
「大はずれ殺人事件」 The Wrong Murder 小泉喜美子訳 HM文庫('77)
「大あたり殺人事件」 The Right Murder 小泉喜美子訳 HM文庫('77)
「暴徒裁判」 Trial by Fury 恩地三保子訳 HPB('62) '04復刊予定
「こびと殺人事件」 The Big Midget Murders 山田順子訳 創元推理文庫('94)
「素晴らしき犯罪」 Having Wonderful Crime 小泉喜美子訳 HM文庫('82)
「幸運な死体」 The Lucky Stiff 小泉喜美子訳 HM文庫('82)
「第四の郵便配達夫」 The Fourth Postman 田口俊樹訳 創元推理文庫('88)
「わが王国は霊柩車」 My Kingdom for a Hearse 中村能三訳 HPB('65)
「マローン御難」 Knocked for a Loop 山本やよい訳 HM文庫('03)
(未訳) But the Doctor Died
○短編集
「マローン殺し」 The Name is Malone 山田順子訳 創元推理文庫('97)
(未単行本化) People vs. Withers and Malone (スチュアート・パーマー共著)
(未単行本化) Murder, Mystery and Malone

●シリーズ外
(未訳) Telefair
「スイート・ホーム殺人事件」 Home Sweet Homicide 長谷川修二訳 HM文庫('76)
「居合わせた女」 Innocent Bystander 恩地三保子訳 HPB('61)

その他のシリーズ、別名義作品、リンク等は>>2-5

336 :名無しのオプ:03/12/17 21:27
●ビンゴ&ハンサムシリーズ
「セントラル・パーク事件」 The Sunday Pigeon Murders 大門一男訳 HPB('57)
「七面鳥殺人事件」 The Thursday Turkey Murders 小笠原豊樹訳 HPB('59)
「エイプリル・ロビン殺人事件」 The April Robin Murders 森郁夫訳 HPB('59)
(↑エド・マクベイン共著)

●私立探偵フェアシリーズ Michael Venning名義(日本ではライス名義)
「眠りをむさぼりすぎた男」The Man Who Slept All Day 森英俊訳 国書刊行会('95)
「もうひとりのぼくの殺人」Murder Through the Looking Glass 森英俊訳 原書房('00)
(未訳) Jethro Hammer

●ジプシー・ローズ・リー名義(代作)
「Gストリング殺人事件」 The G-String Murders 黒沼健訳 汎書房('50)
(未訳) Mother Finds a Body

※HM文庫=ハヤカワミステリ文庫  HPB=ハヤカワポケットミステリ
カッコ内の西暦は翻訳版刊行年。
新訳版が出版されているものについては旧訳版は記載しませんでした。
その他、未訳でDaphne Sanders名義、George Sanders名義(代作)、
短編集未収録作品などが有る。

337 :名無しのオプ:03/12/17 21:28
Craig Rice(1908〜1957)
本 名 Geogiana Ann Randolph
国 籍 米国

関連リンク
コージ−ミステリー好きな人
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/994253998/
笑い(´∀`)の効いたミステリー
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1000537794/

338 :名無しのオプ:03/12/17 23:35
クレイグ・ライス・スレたてますた。
サブジェクト長杉でタイトルを勝手に縮めさせてもらいました。

【大あたり】クレイグ・ライス【大はずれ】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1071671429/

339 :名無しのオプ:03/12/18 09:25
この辺でオールタイムコージーミステリトップ10やっときますか。
一人3作投票。
上から3P、2P、1P。
ってことで、どうですかね。

340 :322:03/12/18 11:02
>>338
スレ立てありがとうございます。
助かりました〜。
確かにスレタイ長杉でしたね。

341 :名無しのオプ:03/12/18 17:03
ギリアン・ロバーツのアマンダペッパーシリーズ

リリアンと悪党ども

私が愛したリボルバー

342 :名無しのオプ:03/12/18 17:18
1蹄鉄ころんだ      シャーロット・マクラウド
2スィートホーム殺人事件 クレイグ・ライス
3いい女の殺し方     ドロシー・キャネル

343 :名無しのオプ:03/12/19 17:14
最近思いついたんですが…
コージーの法則(例外もあるけど、デフォルトとして)
「1、3で全体評価」
フェニモア先生や、カムデンシリーズなど読むと、やっぱ当てはまる法則
ではないかという気がします。


344 :名無しのオプ:03/12/21 12:10
どこまでがコージーかわからないので、筋違いだったらゴメソ。

1)始まりはギフトショップ シャーロット・アームストロング
2)大当たり&大はずれ   クレイグ・ライス
3)ミス・メルヴィルの後悔 イーヴリン・E・スミス

ライスは、どちらか1個を選べませんでした(^^;;
セットでは駄目ですか?

シャンディ教授は『オオブタクサの呪い』が1番好きなんです。
でも、これはミステリーとは言い難いからなぁ…。
あとポリファックスおばちゃまもミステリーではないですよね? 
あぁ、そう言ったら、ミス・メルヴィルも…。

いずれにしても、シリーズものは1冊選ぶのが難しい (;´Д⊂) 

345 :名無しのオプ:04/01/06 15:28
クレイグ・ライス スレがdat落ちしてしまった。
最終カキコは12月25日なのになぁ。
こびと殺人事件を買ってきたので
読み終わったら感想書き込むつもりだったのに…
合掌。

346 :名無しのオプ:04/01/07 16:41
だから30レスいかないとdat落ちするっていったのに

347 :名無しのオプ:04/01/07 18:44
てっきりネタだと思ってますた。
特に「48時間以内に」ってところが。

348 :名無しのオプ:04/01/07 19:08
48時間てのはネタ

ただ30レスに達してないと圧縮がかかったときに
そのスレはdat落ちするのよ

圧縮がいつ行われるかわからないので、
48時間といわず、はやめに30レス逝っとけば
dat落ちはかなりの確率で回避されるって事

349 :名無しのオプ:04/01/08 00:48
そうだったのですか。初めて知りました。
教えてくれてありがとう〜

350 :2月の文庫新刊:04/01/10 10:28
2/20 「ブルーベリーマフィン殺人事件」 ジョアン・フルーク ヴィレッジブックス
2/下 「猫は川辺で首をかしげる」    リリアン・J・ブラウン ハヤカワ
   「夜の静寂に」          ジル・チャーチル 東京創元社
     (グレイス&フェイバーシリーズの2)


351 :名無しのオプ:04/01/11 21:37
ジョアン・フルークとジル・チャーチルの新刊!
ぅわーい。


352 :名無しのオプ:04/01/12 14:29
2月は豊作のヨカーソヽ(´▽`)ノ

・・・と、それはさておき、今月ってなんか出ます?
結局、買うかどうか悩んでいたファンタジー系なんぞを
買ってしのいでるココ数ヶ月なのですが (;´Д⊂)

353 :名無しのオプ:04/02/08 10:28
図書館シリーズのジェフ・アボットの新シリーズが3月下旬発売予定(早川書房のHPより)
コージーといえるかどうかはわからないけど・・・

354 :名無しのオプ:04/02/10 21:40
マクラウドやジル・チャーチルの新刊がないので、
いろいろと手を出してしまっている。
ウィムジィ卿、カドフェルも終わってしまった。
その結果、クッキング・ママ、ステフ、フェイス、カムデンの、
「チョコチップクッキーは・・・」のシリーズ、パンプルムース全巻読破。
若竹七波にも手を出し、ちょっと後悔。
でももう、読むものがない。
20回目の指輪物語でも読むか・・・。

355 :名無しのオプ:04/02/12 21:38
若竹女史は好きだけどコージーっぽくないような。
葉崎シリーズも他の若竹作品に比べればほのぼのしてるが
コージーと呼ぶには毒効きすぎだと思う・・・

356 :名無しのオプ:04/02/14 13:00
若竹女史のは「日本のコージーミステリー」って
帯に書いてあったから、期待していたんだけど・・・。

今月の新刊情報
ステファニー・プラムシリーズの 二月下旬
ジル・チャーチル  二月下旬
ジョアン・フルーク 二月二十日
楽しみです。

357 :名無しのオプ:04/02/25 22:12
ジル・チャーチルとリリアン・J・ブラウンの新刊買いました。
これから読みます。

358 :名無しのオプ:04/02/25 22:17
あ、もうJ・チャーチル出てるんだ!
買いに逝かねば〜。

359 :名無しのオプ:04/02/27 12:26
ジョアン・フルール読み終わりました。
いつもながら、お菓子が作りたくなるなあ。
これからジル・チャーチル買いにいってきます。

360 :名無しのオプ:04/02/28 10:55
ジョアン・フルーク読み終わりましたぁ。今回も楽しかったっす。
ハンナの3角関係も、ステフ並みにどろどろになっていきそうで
そっちも、ちょっと期待。早く次も出ないかなぁ。
でも今回1番の盛り上がりは、モシェくんがどんどん賢くなって
いったとこかも。

ついでに、読み忘れていた
E・ピーターズの『ベストセラー「殺人」事件』扶桑社ミステリ
も読みました。この人、読んだことがなかったのだけど大当たり!
猫のルシファーも賢くっていいけど、ハデハデ主人公がツボでした。
シリーズモノらしいので前作も探さねば。

ということで、猫つながりで、次はココいってきますっ!

361 :名無しのオプ:04/03/04 21:52
リリアン・J・ブラウンの猫しりーずの
一作目の邦題は何ですか?
読もう!と思って、日本語一作目を買ったら
シリーズ4つめだった・・・。

362 :名無しのオプ:04/03/06 20:23
ジル・チャーチルの新刊、読了。
新しいお客がたくさん出てきて、何度か「誰だっけ」と
読み返した。
内容も、ちょっと・・・。
お祭りとか色々なイベントがあったのに、
いまいち楽しそうな様子が伝わらなかった。
これから、毎巻、お客を招いて事件が起きてとなるんだろうか。

ジョアン・フルークは逆に、ますます面白かった。
最初は冴えない女だったのに、いまや二人の男を手玉にとるとは!
モシェも賢いね。
こんなクッキー店があったら、常連になりたいな。

363 :名無しのオプ:04/03/08 07:45
>>362
ハンナはどっちの男性を選ぶと思う?
2人とも違う魅力があるから、難しいけど・・・

364 :名無しのオプ:04/03/10 06:05
>361

遅くなったので、もう調べちゃったかな?
とりあえず、時系列で1番古いのは
『猫は手がかりを読む』です。

1番新しい『猫は川辺で首をかしげる』のあとがきに
訳者の人が時系列でリストを書いていてくれてます。

あと、ココのスレにも書いてありましたぁ。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1039183217/l50

365 :名無しのオプ:04/03/10 09:10
>364
ありがとうございます。
専用スレもあったんですね(汗
どうせなら原作出版順に読みたいものです。
では、はまってきまーす。

366 :名無しのオプ:04/03/12 23:29
あげ

367 :名無しのオプ:04/03/13 11:00
ジル・チャーチルの新刊「夜の静寂に」の巻末に、チャーチルとシャーロット・マクラウドの
作品が紹介されてるのを見て、創元は続きを出してくれる気があるのだと期待してます。

368 :名無しのオプ:04/03/13 22:35
主婦ジェーンはどうなっちゃったんでしょ。

369 :名無しのオプ:04/03/20 14:11
イヴァノヴィッチの『フルハウス』が微妙だったので・・・
# 面白かったけど…力いっぱいロマンス系だったとこがチョット
# あんな男実在しないとは思っても、つい現実を振り返って鬱に

ジル・チャーチルの『夜の静寂に』が、シリーズ2作目になって、
ちょっと波に乗ってきたぽくてウレシカッタ。

さて、パーネルホールが出るまで読む本が在庫切れ。
なにかお奨めありませんか?
・・・とりあえず主婦ジェーンシリーズでも読み返そうかなぁ。

370 :英知恵:04/03/20 15:09
私の大好きなセイヤーズのピーター卿シリーズは、
コージーミステリーに入りますか?
端役にまで行き届いた細かいユーモアが素晴らしく、
何回読み返しても楽しめます。
なぜか名前が挙がってないようなので不思議。

>>369
というわけでセイヤーズはどうでしょう?

371 :名無しのオプ:04/03/20 18:51
>369
パンプルムース氏は既読でしょうか。
食べ物が美味しそう、ポムフリットがかわいい、
そして、ちょっとエッチ。

372 :369:04/03/22 10:13
お薦めいただき、どもデス(^o^)

>370
セイヤーズ、あちこちで名前は耳にするので、ずっと悩んでは
いたんですよねへ。やっぱり面白いですか・・・。
リリアン・J・ブラウン並に本箱を圧迫しそうな予感がしていて(^^;
うーん。とりあえず1冊よんぢゃおうかなぁ〜。タイプ的には、
誰に似た感じなのかしら? そして、本箱増設の必要ありますか?(w

>371
子供の頃からパディントンの大ファンなので、パンプルムース氏は
全部そろってますにょ〜。
ヨーロッパっぽい、ニヤッとさせるユーモアが、いいですよねへ。
ただ、ポムフリットの美食ぶりは心配になりません?
おまえ、犬なのに塩分取り過ぎだろう。って感じでドキドキ。

373 :371:04/03/22 20:36
>369
パンプルムースは既読でしたか。
わたしからもセイヤーズお勧めします。
他には修道士カドフェル。中世の修道院でおこる
殺人を、元十字軍兵士のカドフェルが解決したり、ごまかしたり、
犯人を逃がしたり・・・。
カムデンシリーズも好きです。老人が元気でいい!

私もリリアン・J・ブラウンを読んでしまい、イヴァノビッチも
ジョアン・フルークもパンプルムースもジル・チャーチルも読んで
本箱を漁っているところです。
次はクッキング・ママを読み直す予定です。

374 :名無しのオプ:04/03/22 21:41
セイヤーズは面白いけど、ここまでコージーならコージーでないのはなにさ?


375 :英知恵:04/03/23 14:32
>>372
この話題は書き出すと長くなるので短文を心がけます(x_x;)
創元の『誰の死体?』から読み始めると、
間違いなく執事バンター・友人パーカーに惚れます。
主人公ピーターは道化ですが、他の脇役が粒揃いで光り輝いてます。
細かい台詞の端までユーモアが行き届いていて素晴らしいです。
(同時に、浅羽さんの翻訳も素晴らしいのだと思います)
ただ、シリーズでも一貫して同じではなくて、
最初の方が軽く、最後の方が厚みがあるような感じなので、
どちらの方がより面白いかは個人差があると思います。
順をおわないと後ろからでは魅力がわからないかも。
なお、私としては短編はお薦めではありません……。
いまなら、長編最後の一冊「忙しい蜜月旅行」を待つ特典もあります(w

私は「ゴミと罰」を買ってきましたので、これを読みます(^^)

376 :名無しのオプ:04/03/23 19:30
パンプルムースってエロいのか。
読もうっとw

377 :名無しのオプ:04/03/24 09:08
ヴィレッジ・ブックスのHPでコージーミステリーの新刊として告知されてる
4月20日発売・エヴァン・マーシャル著、三毛猫ウィンキーシリーズ「迷子のマーリーン」が
ちょっと気になります。


378 :名無しのオプ:04/03/25 09:48
>374
コージーの定義って難しいと思う。
私的には
1、濃密な人間関係、地元密着型
2、主人公の食生活がわかる(店で見つけて「あ、これー」とにんまりできる)
3、主人公の地元のイベントや生活の中で事件が起きる
4、主人公以外に準主役で濃いキャラが多数存在する
5、同じ町や同じ人間関係の中でシリーズが形成されている
6、比較的、誰にでも勧められる

というわけで、セイヤーズは微妙だけどパーカーとバンターが好きだからよし。
探偵役が必ず旅先で巻き込まれるものや、依頼を受けて出かけて
というのはどうかなと思ってます。
森博嗣とかコーンウェルとかホームズとかポワロとか(私の夫の好きなのばかり)・・・。
マープルはコージーでよいと思いますがね。
他の人はどうでしょうか?

379 :英知恵:04/03/25 14:46
>>378
なるほど!
コージーはユーモアだけじゃないんですね。
「ゴミと罰」の訳者あとがきでいうところの「ドメスティック・ミステリ」ですね。
浅羽さん曰く「ドメスティック・ミステリの場合、捜査がどんなに緊迫しようが、大詰めまでこようが、日常は決して排除されない」
納得。

380 :名無しのオプ:04/03/26 17:31
>>376
エロいっていっても、相手が非常に大人っぽい。主人公もいい年だから
釣り合いとれてるが。

381 :369:04/03/27 12:17
セイヤーズ、行きつけの本屋に在庫がありませんでした_| ̄|○
おじさん、創元の目録くれて、しるしつけて戻してって・・・
そんな危険なことできないー。(でもするけど)

と、いうことで、現在ギリアン・ロバーツ読み返してます。

※ところで日本人作家ですが・・・
松尾由美の「バルーン・タウンの殺人」創元推理文庫
からっとした文体で、海外モノ中心のワタシでも楽しめました。

382 :名無しのオプ:04/03/28 00:50
ギリアン・ロバーツは面白いですよね。

383 :名無しのオプ:04/04/07 22:08
ハヤカワのミステリマガジン5月号がコージー特集です。


384 :ジブ:04/04/07 22:51
ギリアン・ロバーツは何で7作目以降が出ないんだ〜

売れなかったのかな…
ポケミスより文庫向きだもんな…

385 :381:04/04/08 01:13
>>384
収納場所の関係で、ポケミスはパスしてるのですが・・・。
「フィラデルフィア〜」と「〜サマースクール」以外にも
文庫で出ているのってありますか?

そんなこんなで、現在ジェフ・アボットの新刊「さよならの接吻」
読んでます。でも、まだ頭の方なのでわからないけれど、これは
コージーではないかも。
だけど、主人公のホイット判事はいいキャラのヨカーン。むふー。

386 :ジブ:04/04/08 01:19
>>385
いやその2作だけです…

387 :384:04/04/15 04:10
んー。番号いちいち拾うの面倒になってきた。
なんかコテハン決めようかな?(実はそれも面倒だったり)

「さよならの接吻/ハヤカワ文庫」はサイコ・サスペンス風味で、
やっぱりコージーとは違いました。 でも、ユーモア系とは言えな
くもない感じ。図書館シリーズが楽しかった人にはお薦め。

ところで、ココってオフスレで見かける名前の人が何人か、
いらっさるようなのですが・・・。
コージー中心で読んでいるので、二の足を踏んでるのだけれど
行ってみても、話についていけるのだろうか?
・・・と、ココで言ってみるテスト。



388 :名無しのオプ:04/04/25 00:13
二見書房 アリサ・クイットニー著「恋は猛毒」  4月下旬発売予定
ひとたび口にすると、隠れたセックス願望を無意識のうちに実行してしまう危険な媚薬。
マンハッタンのダメ主婦が珍事件の謎に挑む!

何となくコージーぽいかもと思って書店に行ったけど、まだ出てなかった。

389 :名無しのオプ:04/04/25 07:12
好きな作家の新作がなかなかでない。
そりゃ、以前のを読み返すのも楽しいけどさ、
嬉々として、森や東野や西尾維新やを買ってきて
未読を山のように積んで、片っ端から読んでいる
うちの旦那に軽い殺意を覚えてしまう。
いっそ原書で読む努力しようかしら・・・
英語3以上とったことないけど。

390 :英知恵:04/04/25 22:57
>>389
わかります。
私も創元推理文庫でセイヤーズを待ち続けました……。

>>387
オフは結構気楽に考えて大丈夫だと思いますよ。
特に東京の本オフは人数多すぎて全員とは話せない状況ですので、
自分に合った話題についていけばいいと思います。
私はオフで面白そうだと思った本を読むことで、
「読む本ないなぁ〜」という状況から脱出してしまったので、
新境地を開拓することになるかもしれませんよ。

391 :名無しのオプ:04/04/26 23:11
大昔に角川文庫で3冊出た「ランドルフ師」シリーズは
コージーだよね?って知ってるほど年寄りはいないか、、
あれは原作ではもっと続いたのだろうか、、、
従僕クレランスがイイ味だしてて、よかった〜
ダン・ギャントリーにサマンサ・スタック、続きが
(あったら)読みてーーー


392 :391:04/04/26 23:13
×→クレランス
○→クラレンス 恥ずかしい、、、
従僕といえば、マクラウドのエグバートも(・∀・)イイ!!

393 :ジブ:04/04/27 00:22
>>387
前回の海外オフにはコージーに詳しい方もいらっしゃいましたよ。

ゼヒゼヒ一度足をお運びくださいまし〜

394 :387:04/04/28 02:50
>>391
新刊コージー切れたので「ランドルフ師」シリーズ検索しました。
角川の在庫は切れているみたいだし、古書探すのは根性がなくて…。
とりあえず図書館あたるかなぁ。教えてくれてどもデス。
で、ついでといっては何ですが。他にも、昔のでお薦めあります?
一緒に図書館探してみようかと…教えてクン申し訳ない。

>>390
>>393
お声がけ、ありがとうございますぅ。
都内開催の時には、そのうち検討してみますデス。

※実は前回384と書いたのは385の間違いでした (;-人-)ゴメン


395 :名無しのオプ:04/04/28 14:31
コージー好きな都内オフ参加経験者です。
マニアの範疇には決して到達できないんですけど、楽しくお話したいんで、
ぜひコージー好きな方、オフに来てくださいませ。
しかし目指すはコージー単体オフ。


396 :391:04/04/28 15:06
>>394
昔ので入手困難なのを紹介するのも心苦しいのですが、
「いい女の殺し方」ドロシー・カネル講談社1988
「未亡人クラブ」ドロシー・キャネル早川文庫1992
「未亡人クラブ」が続編で、翻訳は早川の浅羽莢子は講談社の
相原真理子に圧倒勝ち。「未亡人クラブ」に登場する
フラワーズ探偵局の老姉妹のシリーズではカドフェルを
出していた社会思想社教養文庫のミステリボックスで
「死がかよう小道」ドロシー・キャネル1992もあり、これは
抱腹絶倒、というものでもないですがしんみりとした佳品。
ブックオフで「未亡人クラブ」を見たら即買いしてみて
下さい。損はさせません。



397 :名無しのオプ:04/04/29 16:54
こちらのスレに書きこむのは久しぶりですが、コージーオフ良いですねぇ、
その折りにはぜひ参加したいと思います。

今はコリン・ホルト・ソーヤー読んでます。
一作目を読んでから、あんまし良い評判を聞かなかったこともあり、
しばらく積読にしてましたが『氷の女王が死んだ』の中盤まできました。
グローガン翁が良いですね。

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)