5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現実では不可能なトリック

1 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 00:50
あなたが読んだミステリーでどう考えても
現実にはこれは無理だろうと思ったトリックを
教えて下さい。ただし本のタイトルや作者名抜きで
お願いします

2 :密室博士:2001/07/01(日) 00:54
死体の頭部に火傷があったので至近距離から撃たれたと鑑定されたが、
実はその火傷は前日のパーティーのクラッカーで出来たものだった
(んなアホナ。法医学をなめたらいけんぜえ。

3 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 00:59
犯人がABふたりの首を切っって殺したら
偶然Aの首がBの胴体につながって体を動かし
勝手に部屋に入り鍵をかけて、犯人の意図しない密室を作った。

このトリックに合掌

4 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:00
>>2
クローズド・サークルにして、素人判断、もしくは素人を騙す医者とかであれば可能
死体はもちろん警察が来る前に焼却

5 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:01
列車の中で小麦粉を撒いたら爆発し、列車を宙に浮かせた。
(サパーリワカランが作者は大マジメだった。)

6 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:01
>>3
それは(Mail欄)

7 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:03
>>5
粉塵爆発は落盤事故を引き起こすほどなので可能?

8 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:05
>>7
だよね?俺も今このスレみてそう思ったよ

9 :名無しのオプ :2001/07/01(日) 01:08
>>5 列車を吹っ飛ばすのがトリックなのか?

10 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:08
>>7 同意

11 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:10
致死量6グラム(だったと思う)と文中に明記してある毒物を
気付かれないようにコーヒーカップの縁に塗りつけて毒殺。

12 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:16
あんまりにも強引過ぎて笑えるトリックばっかりで面白い
そりゃー無理だわ(w。>>11とか

13 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:17
>>11
元ネタわからないけど、ソルティドッグみたいな感じなのかなあ。

14 :迷探偵に名前はいらない:2001/07/01(日) 01:21
電話トリックのほとんどはこれだけ携帯電話が発達した今では
アリバイトリックになりませんね…

あ、これじゃ「今では使えないトリック」でした。

15 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:22
氷づけの死体を解凍すると
さっき死んだばかりみたいな新鮮な死体ができあがる。
人間の死体はジャガイモかい。

16 :密室博士:2001/07/01(日) 01:25
>>15
おーあったねえ。死亡診断書使いまわしトリック(笑。
俺も読んだとき驚愕したぞ。昔の人は凄いこと考えるんだなーって。

17 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:25
ジャガイモは凍らせたら変質しちゃって食えたもんじゃないよ…。

18 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:26
6グラムって・・・ソルティードッグみたいにしても6グラムもいかねーぞ。
0.6mgならわからんでもない

19 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:29
30階建てのビルの最上階からエレベーターを使って逃げる
被害者に階段を使って追いかけ、被害者が1階に着いて
扉が開いたら目の前に犯人が追いついていてあっさりと殺される
普通追いつくわけねーだろ!!某漫画みたいに瞬間移動使えるわけじゃあるまいし!

20 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:30
>>14
まだ地下とかじゃ使えない場合が多いので、余地はあるよ。

>>15
瞬間冷凍した金魚が生き帰るという実験は見たことがある
細胞が壊れないように冷凍すれば新鮮な解凍死体は可能かもしれない
ま、とんでもではあるな

21 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:31
>>13
よく覚えていないのですが。たしか
・白いコーヒーカップ
・液体
・無色透明ではない
毒物だったと思います。
(図書館で借りた本で今手元に無い。一応メール欄に入れときますが、
知ってる人は教えて)

22 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:32
>>19
深夜のエレベータが保安上各階に停まるため追いつかれる
というのは結構あるな・・・

23 :19:2001/07/01(日) 01:32
すまん、打ち間違ってた50階建てね

24 :19:2001/07/01(日) 01:33
>>22
昼間だぞ?しかも誰にも助け呼ばないところが凄い

25 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:37
>>24
なんじゃそら(w
悪夢のような話だな
無理矢理こじつけるとエレベータの巻き上げ機が貧弱で
一階降りるのに30秒くらいかかる・・・とか?

26 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:40
有名すぎる作品ですが、屋敷の端を
つららを滑らせて……というのは、どうかと。

27 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:45
>>26
あれは多分成功する
製氷を完璧にして実験を繰り返せば・・・

28 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:46
有名すぎる作品ですが、1200個の密室で1200人が殺される…
というのは、どうかと。

29 :19:2001/07/01(日) 01:51
>>25
それもない(w!最初のプロローグで、その被害者は
新築のマンションに引っ越してきたシーンから始まるから
(そのマンションで殺される、俺もなんじゃそりゃ?って思ったよ)

30 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:51
>>28
(Mail欄)

31 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:52
>>27
滑らすだけなら良いが、うまく当たるかが問題。
寝相の問題もあるし。
だいたい、あんなベッドに寝させられたら怒るぞ、たぶん。

32 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:52
>>29
犯人は二人いた!が一番現実的だね(ww
あと、欠陥住宅に引っ越してきたとか

33 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:56
>>31
たしか、なんやかや理屈つけて被害者はあのベッドに寝ざるを得なかった
とされていた・・・ような気がする

34 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:58
車で人を跳ねた犯人が地下鉄の線路まで運び、
偽造事故を装う。どうやって夜中に線路まで入るんだよ!!

35 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 01:59
時計が普段より2割早く廻ったら誰かしら
おかしいと思うんじゃないか?

36 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 02:01
>>34
時代・場所によるかもしれない
>>35
意外と気づかない(体験済み)

37 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 02:04
氷を弾丸の形に削って銃で撃ち殺すっていうのがあった
絶対に無理だと思う・・・・・

38 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 02:10
そのまま撃ち出すのはよほど火薬量をへらし、銃身を切り詰めるなどしないと不可能かな?
なるべく低い温度で凍らせたり、弾丸を保護する薄い皮膜をつけたり
衝撃によってばらばらにならないような工夫をすればあるいは・・・?
あんま銃詳しくないから予想どまり

39 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 02:15
>>38
氷の小片ていうのは常温では極めて速く解ける
また氷は圧力を加えると溶けるという性質があるから
弾丸の形に削ってライフルに詰めて発射する事は不可能と思われ

40 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 02:20
>>39
ライフルなんか?そりゃまた・・・
通常の銃身よりも太いものを用い、(弾丸を小さくすると強度が落ちるような気がする)
油脂など(なにを使えば可能なんかなんてわからん)によって保護すれば・・・あるいは?

某スナイパー小説にあった弾丸を紙で包むというのから発想してるだけだけど

41 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 03:17
>>37
ボウガンやパワースリングで撃ち殺すという手もあります。

ちなみに昔の火縄銃は一定サイズの球状固形物なら
鉛玉だろーが瀬戸物だろーが味噌の塊だろーがちゃんと撃てたらしい。
散弾やロケット弾まであったそうだし。

42 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 03:17
西澤保彦のSFミステリーは難しそうですね

43 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 03:29
>>42
さすがにそれは・・・
メイントリックにSFが絡まなければ可能かな
たとえば・・・(Mail欄)
チョーモンインはトリックを超能力で成立させることを
前提としてるので不可能

44 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 06:11
>43
「いや、超能力は存在するんですよ。」(某編集長)

45 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 08:10
蛇を牛乳で飼育し、
のみならず口笛でコントロールできるのは超能力だ。

46 :書斎魔神:2001/07/01(日) 08:46
朝、検便の採取を忘れたため、登校途中で犬の糞を拾って代わりに提出。
これは絶対ばれる。諸君くれぐれもやらないように。

47 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 09:05
書斎魔神のせいで一気に盛り下がったな

48 :名無しのオプ :2001/07/01(日) 09:20
毎日ちょっとずつ毒を摂取していって
免疫ができているから
一緒に毒入り飲み物飲んでも犯人だけ死なない。

理屈はわかるが鑑識なり医者なりに聞けば一発でバレルと思う。

49 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 10:48
>>41
夢野久作のアレは宝石でやってましたね

ところで、「血液を凍らせて弾丸にする」というアイデアをどっかで見た記憶が
ゴルゴだったか…?思いだせん

50 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 11:29
>>49
凍らせてではなく、凝固させて、というのは聞いたことがある。
作品名までは知らん。

51 :1/3:2001/07/01(日) 17:18
ちょっとSFミステリーについて可能性の考察
お題は「人格転移の殺人」(ネタは裏表紙に書いてある程度)
作中では
A(a), B(b), C(c), D(d)
という本来の人格が(大文字は外見、小文字は精神)
A(d), B(a), C(b), D(c)
と入れ替わり、aが犯人ではあるがそれが主人公サイドには
xとしか分からないところにキモがある

52 :2/3:2001/07/01(日) 17:18
しかし、これを外部から監視していた場合どのように映るだろうか?
AがBを殺し、BがCを殺し、殺人者同士のAとBが殺しあい、AがBを殺す
とみることも可能、というか自然でしょう
つまり、この人格不転移殺人は実際に起こっていて、
人格転移殺人はそれをトレースしたとしたら・・・
aはA→B→Cの記憶を植え付けられているD、
bはB→C→死体の記憶を植え付けられているA(略
人格転移が起こった時は実は撮影のカットのようにその場面で
中断が入り、A(b)→A(c)となるときに齟齬が生じないように
Aにはbとして体験した記憶を破棄してもらい
cが体験したであろうBやCの記憶も植え付ける。

53 :3/3:2001/07/01(日) 17:19
結論として、殺人劇は2つあり、
政府が隠そうとした、「人格"不"転移の殺人」と
政府によって演じさせられた、「配役転移の殺人」
があったのである
(スッゲー長文スマソ)
え?記憶操作がそんなにうまくいくかって?
そこはそれ、SFでごにょごにょっと・・・

54 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 20:46
>>45
金庫の中のミルクと聞こえてくる音楽で
1.ミルクで飼育
2.笛(口笛だっけ?)で操る動物=蛇
ということになっていたので
1.について、
ミルクで飼育していたのは蛇の餌の小動物
2.について、
笛で操っていたのもその小動物。蛇にはそれを追いまわさせていた。
もしくは、音センサー(時代考証無視!)で熱源を作動させ、
熱感知器官を持つ蛇を暗闇で誘導した
ってのでどう?

55 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 20:47
>>48
証拠隠滅は犯人の手際次第

56 :54:2001/07/01(日) 20:53
ちなみに54の説を取った場合、犯人は***です

57 :37:2001/07/01(日) 23:21
今日、他の小説見たら塩で作った弾丸で撃ち殺され
塩が溶けて弾丸が摘出できないというのもありました
そんな馬鹿な・・・・可能なのか?ちなみに氷ではやはり無理のようです

58 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 23:32
37さんがどんな小説読んでんのか気になる・・・
そーとーにトンデモ系?
マンガとかよくあるよね実現可能性をまったく検証しないで
思いつきだけで書くトリック。
昔のマンガで純金で作った弾丸を耳から打ちこんで
すぐには射殺がばれない殺し方ってのがあったな(理由違ったかも)

59 :37:2001/07/01(日) 23:36
>>58
タイトルと作者名はいえませんが、今日読んだやつは
昭和40年代位に出たやつです。最近ブックオフで買った
やつだから一応まともな小説だと思うけど(笑)
↑友達に薦められて読んでみた

60 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 23:36
>>57
発射の衝撃や温度変化に耐えた塩の弾丸が、人間を殺傷しかつ
人間の体の中でうまく溶けるもんだろうか?と思った。

61 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 23:38
>58
メール欄だね。

62 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 23:41
>>60
だから現実には不可能なトリックなんじゃねーの?(w

63 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 00:25
>>60
俺も無理だと思う・・・・

64 :58:2001/07/02(月) 01:08
>>61
YES

65 :58:2001/07/02(月) 04:47
しかし、腹を低回転弾で撃ち抜いて致命傷にしないってのは可能かも・・・

66 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 07:39
age

67 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 14:06
潮の融点は1000度を越えるから温度自体(摩擦熱も)には耐えると思う。
ライフルにしろピストルにしろガス圧で加速するわけだから打ち出すことは可能じゃないかな?

ただ、内がされた塩(おそらく氷砂糖みたいに単結晶)が体内でそう簡単に解けるかどうかは
疑問。

68 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 14:08
× 潮の融点は
○ 塩の融点は

× ただ、内がされた塩
○ ただ、打ち出された塩

重ね重ねスマソ

69 :67:2001/07/02(月) 15:34
ついでに比重をちょっと調べてみた。
塩     2.16
ガラス   2.2〜2.5
アルミ   2.7
鉄     7.85

塩で弾丸を作ったとするとガラスよりもちょっと軽い程度だから
いけるかも...

70 :GMA:2001/07/02(月) 16:39
弾丸ネタはMASTERキートンでもあったね(線状痕?とかいう)
ところでうちの近くの団地のエレベータはノンストップでもダッシュに負けます。子供の頃そのエレベータにのるといつも生命の危機を感じた。
妙に揺れるし、スピードも不安定。

71 :GMA:2001/07/02(月) 16:43
上の話はトリックと関係なかったので、もう一つ。
山中にもみじが植えられていて、紅葉の時期になると、(赤緑)色盲の人には見えない秘密の道が浮かび上がる…というのがあったけど、紅葉が黄色とかオレンジの段階でばれるのでは、と思った。どうでしょう?

72 :執事バンター:2001/07/02(月) 17:45
これは有名なのかもしれませんが、
蛇を別室に忍び込ませて噛ませる、
という密室トリックがありましたけど、

蛇は平らな壁をのぼれるんですかね?
よくわからないので教えてください。

73 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 18:42
クレーンでプレハブの片側を持ち上げて中の者を殺す、
というトリックもあったけど、それも無理。片側から
持ち上げればプレハブがポキンと折れるし、仮に折れないよう
丈夫なものだったとしても、土台の部分がボロボロになるから、
何か細工したことが見え見えになる。

74 ::2001/07/02(月) 18:44
ミステリー@京都板です

http://kyoto1.ceo-jp.com/sig/mystery/

75 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 18:46
土台に関しては「ただ乗っけてあっただけ」とかなんとかいう伏線が張ってあったと思う。
それよりも鑑識で墜落死であることが分からないはずがない。

76 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 18:54
クレーンで吊るってったって、一気に角度がつくわけじゃないからズルズル滑って
底(低い側の壁)について終わりじゃないかな。

77 :名無し:2001/07/02(月) 19:00
クレーンで胴体切断して、ライオンの歯形とかいうの無かったか?
なんか同じ作家だったような?
ヘビは通気孔から入れたんじゃないの?

78 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 19:55
昔の漆くいの壁ならばつるぺたではないので検証の価値は有りそう
実際に樹上に居るヘビは多いが樹と言うものは何も真っ直ぐに伸びるばかりではない
というのは前もって断っておくべきだろう。
ただ、私は見た!ミミズが壁を伝っているのを!

79 : :2001/07/02(月) 20:07
地面を杖でたたいて空洞があるかどうか調べる。

80 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 20:23
>>71
ちょっと話題がずれるけど
色盲をネタにした作品はいくつか読んだことあるんですが
作品によって症状が違ってるのが気になってます。
1.赤が緑に見えて緑が緑に見える。
2.赤も緑も灰色に見えて区別がつかない。
3.赤が緑に見えて緑が赤に見える。
どれが正しいのかな。

81 :ixi:2001/07/02(月) 20:54
症状に違いがあったはず。
4種類くらいあったと思うが。

82 :ixi:2001/07/02(月) 20:56
http://homepage1.nifty.com/kristall-plus/con1/fbl/fb1_01.htm
ここ読んで勉強なされ。

83 :黒猫缶:2001/07/02(月) 23:15
天井裏からモルヒネを垂らすトリック(?)。
モルヒネに即効性はなく、喉に入る前に吐き出してしまうそうです。
それに現在のアパートでは、防犯・安全上で天井裏を歩くことはできないと
どこかのスレで言ってた気が。

84 : :2001/07/02(月) 23:51
>>83
今出来ないことと現実に不可能なことは違うと思うがどうか。

85 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 06:07
age

86 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 06:25
コナンのジェットコースター首飛ばし殺人なぞ、
引田天功でもムリじゃ。
ま、漫画だから笑い飛ばすか。

87 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 06:26
このあいだ、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、150円引き、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、150円引き如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよ、ボケが。
150円だよ、150円。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で吉野家か。おめでてーな。
よーしパパ特盛頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、150円やるからその席空けろと。
吉野家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、大盛つゆだくで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、つゆだくなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、つゆだくで、だ。
お前は本当につゆだくを食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、つゆだくって言いたいだけちゃうんかと。
吉野家通の俺から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり、
ねぎだく、これだね。
大盛りねぎだくギョク。これが通の頼み方。
ねぎだくってのはねぎが多めに入ってる。そん代わり肉が少なめ。これ。
で、それに大盛りギョク(玉子)。これ最強。
しかしこれを頼むと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前、1は、牛鮭定食でも食ってなさいってこった。

88 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 06:47
>>86
もう一つの有名な某漫画のほうも実際には無理な
トリックばっかりだよね(笑)あれで本格化ミステリーって
キャッチコピーなのが笑える

89 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 07:36
このあいだ、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。
で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、150円引き、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、150円引き如きで普段来てない吉野家に来てんじゃねーよ、ボケが。
150円だよ、150円。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で吉野家か。おめでてーな。
よーしパパ特盛頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、150円やるからその席空けろと。
吉野家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと座れたかと思ったら、隣の奴が、大盛つゆだくで、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、つゆだくなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、つゆだくで、だ。
お前は本当につゆだくを食いたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、つゆだくって言いたいだけちゃうんかと。
吉野家通の俺から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり、
ねぎだく、これだね。
大盛りねぎだくギョク。これが通の頼み方。
ねぎだくってのはねぎが多めに入ってる。そん代わり肉が少なめ。これ。
で、それに大盛りギョク(玉子)。これ最強。
しかしこれを頼むと次から店員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前、1は、牛鮭定食でも食ってなさいってこった。

90 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 08:50
不可能を可能と言いきってこそ本格ミステリー(w

91 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 10:00
>>88
「本格化ミステリー」ってキャッチコピーは確かに(以下略

92 :黒猫缶:2001/07/03(火) 12:17
>>84
確かに。納得。

93 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 14:21
>>80
>1.赤が緑に見えて緑が緑に見える。

これは本人も回りも確認できないんじゃ?

94 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 23:48
>>93
紅白歌合戦を不思議そうに見ていることでバレます。(笑)

95 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 23:56
あの一つ分からないんですけど、最近読んだ本で
氷付けにした後、ばらばらに砕いて死体すら出てこないっ
いうのがあったんですけど、これは可能なのでしょうか?

96 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 00:01
>>95
てっとり早く、鶏一羽を氷付けにして実験してみましょう。

97 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 00:05
プラナリアを氷付けにしてこなごなに砕いたら、解凍後無数のプラナリアが
わいて出てくるのだろうか?

98 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 00:10
97、きもいよきもいよ。絶対夢に見る。

99 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 00:25
>>97
それは嫌すぎる・・・・

100 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 00:26
完璧な死体処理を考える会
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=991326092

101 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 02:09
>>95
どーにかこーにかすれば可能だとは思うけど、言うほど簡単ではないだろう。
段階ごとの可能性を考慮すれば、
1.人体を氷付けにする
これは充分可能であろう。大量の液体窒素などが手に入れば
水を使わずに全身を急速に冷凍することが可能である。
2.氷付けの人体を砕く
氷付け→脆くなるというのは多分に弾力がなくなるということに帰因する。
薔薇は粉々になってもバナナは釘が打てるのである。
氷付けになった人体であればボーリングで温泉くらいは掘れるかもしれない
(閑話休題)
幸いにも、現代文明の利器には削岩機・掘削機など、この作業に
ぴったりの道具が用意されている。ハンマーなどは使わないように。
3.死体がなくなる
凍らせようと粉々にしようと人一人分の質量がなくなるわけではない。
人ではありえない形にしているだけである。
とはいえ、海にばら撒くなどすれば魚がたちまちの内に掃除してくれることだろう。
ここで注意しなければ行けない点は、たとえ一欠けらになろうと、
その人物がいたという証拠を根絶するのは難しいということである。
常温において粉砕作業を行えばたちまちの内に解けて辺りに血肉をばら撒きかねない。

まあ、長々と書きこんでしまったが、根拠はない。
死体がなくても殺人が立件することもあるのでヤーさんと友達だったりしたら
専門業者に任せたりした方が何万倍も安全である。

102 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 03:36
>>101
要するに死体は粉々に砕いてもなくならないってことだな

103 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 05:41
死体遺棄には海ですね。それも外洋で事故を装うくらいしか。
大型クルーザーを持つ甲斐性のないうちは殺人などしないようにしてます。

104 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 06:31
小原は何でルーシーさんのイタイを海に捨てなかったの?
クルーザーまで買ったのに。

105 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 07:49
>>101
殺人などする気も起きんが、本を読んで実際には
無理だと思ったから聞いてみただけだよ。

106 :101:2001/07/04(水) 08:53
>>104
スレ違いであるが、現実世界では常に人は合理的に動くわでではない
ということであろう。なんで?というならなんで殺しちゃったの?ビデオ撮るだけでイイじゃん。
>>105
断り入れるとぁゃιさ爆発しますぜ(w

107 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 11:56
昔、「鯉は雑食性だから、鯉の池に死体投げ込めば大丈夫」って
死体処理法があったような。
でも、骨は残るよな・・・。

108 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 12:26
>>72
遅レスだが。
あれはたしか、ベッドの脇に呼出鈴(枕もとの紐を引っ張ると
上で鈴がカランカラン鳴る)があって、天井に向かってその紐を
たどっていくと、天井近くで紐が切れている。
その横に通気孔。
蛇はその紐を使って登っていったんだよ。

109 :執事バンター:2001/07/04(水) 14:27
>>108 読み直しもせず書いてしまいました、すみません。
紐だったら登れるのかな?

別の大作家のもので
木の上でかかしのふりをして隠れ、
藁をつないでストローを作りそれで水を飲んでしのぐ、
というのもありましたが、
繋げるものなんですかね?

結んだのか?

110 :GMA:2001/07/04(水) 14:39
>93

同じ明度の赤と緑をみせて、違う色に見えるか聞けばいい。
色盲のテストってだれでもやったことがあると思うけど…違うのかな
色盲トリックを読んでいつも気になるのは、
明るさが違えば別の色として識別できることを考えてるんかな?ということ

111 :93:2001/07/04(水) 14:44
>>110さん

生まれたときから赤と緑が入れ替わって見えるのであれば、
例えば、りんごは最初赤くて、熟してくると緑色に見えるってことになるよね?
でも、その人は熟す前のりんごを「緑」、後を「赤」という風に覚えているから、
周りは気がつかないんじゃないかな?

と思ったわけ。同じ波長の光を見て、脳内では(神様から見て)赤と緑が
ひっくり返ってたとしても色の名前もひっくり返ってるからね。

112 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 14:52
メール覧なんだろうけど無理だよ。
だって、もし色盲じゃない人がいたらばれるし
全員色盲なら血の色くらい赤以外で表現するよ。
命に関わることだよ。

113 :執事バンター:2001/07/04(水) 18:59
ということは、メール欄(ネタバレ注意!!)もなにか無理があったのかな?

114 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 20:27
>>111
それ無理。「緑」とか「赤」って概念教えるのは周り。
色に名前つけるのは人間だから。
あと入れ替わるんじゃなくて見分けがつかないの。

そこまで考えて、>>112がいってる作品は
とんでもない状況作ってるはず。すごい大技だけど。

115 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 21:54
>111
おそらく匣の中の失楽にあった上下の問題からの連想なんだろうけど。
で実際にどうかというとテストしてみれば簡単。
匣を未読の人のためにちょっと補足すると、生まれたときから視界が上下逆さまに視える障害を持っていたとしても、それを証明するのは無理という話。
「上」というのは頭や空がある方向で「下」は足や地上がある方向だという認識により判断されている。これは人間であれば誰だって共通してる(当然)
じゃあその逆さまの障害を持っている人間をテストしてみたらどうか。
例えばこんな質問をしてみる。
「上はどっちか指でさしてごらん」
そうしたら間違い無く、空のある方向を指すだろう。
どんな質問してもこれは証明が無理。それこそ解剖でもしないと。

じゃあ色覚異常のときはどうか。
まずこういう質問を出す
「このリンゴの色は何色に見えるか」
そのリンゴの色は赤いけれど被験者には「緑」に視える。だけどこれまでの経験からそれは「赤」だと認識するだろう。
他の質問にしても同様。

つまりそういう症状があったとすれば判別は不可能だろう。
なにせ俺たちは上下や赤や緑という存在の性質を言葉で表現するには、それらの特性を持った代替物を使って表現するしか術がないんだもの。
緑が黄色と青を混ぜた色なんて説明も、緑と赤が逆さまになる症状を証明することはできないしね。

ただし俺が知っている限り、赤が緑に見えて、緑が赤に見えるなんていう珍奇な症状はないよねえ^^;
>>80の読んだ小説がどんなだかは知らんがよほどアホな作家だったんだろうね。

116 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 22:26
>>115
>ただし俺が知っている限り、赤が緑に見えて、緑が赤に見えるなんていう珍奇な症状はないよねえ^^;
>>80の読んだ小説がどんなだかは知らんがよほどアホな作家だったんだろうね。

おそらくは読者を誤認させないように正常者から見た色を主体としたん
だろうね。

ただし、これは先天色覚異常の話。後天色覚異常の場合、視神経疾患に
よって障害が進むと赤-緑異常が目立ってくるからそうとはいえない。
でも、おそらくは先天色覚異常をネタにしているんだろうけどね。

117 :名乗るほどのものではない:2001/07/04(水) 22:36
墓石くらいの大きさの石を倒すとドミノ式に段々大きな石が倒れ
ついにはニュータウンの街ごと倒壊してしまうというトリック。
ここまでやれば、めくじらたてる必要はないでしょう。

118 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 22:53
>>117
昔の特撮物で、怪獣が民家を蹴飛ばすところころと転がったシーンを
連想しちまったよ…

119 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 23:11
>>117
その話を書いた人はもう二度とノベルスを出してもらえなくなったそうです(合掌

120 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 23:17
>>117
車ごときのドミノでも失敗するくらいだからねぇ・・・
でも、それってミステリーのトリック!?(藁

121 :密室博士:2001/07/04(水) 23:20
>>120
ミステリーのトリックなのだ。一夜にして町中のビルが倒壊するという
大技(笑

122 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 23:42
>>121
う・・・読んでみたい。
作者名、作品名きぼ〜ん

123 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 23:51
>>122
メール欄参照。
確か、講談社ノベルス。

124 :名無しのオプ:2001/07/04(水) 23:54
>>115
赤と緑が他の色と完全に切り離されて存在し、
かつ、「赤」(という語)と「緑」(という語)が他の色彩語から独立に使われるなら、
確かにふつうの人と見え方が逆になる人を判別するのは不可能。
ただし、実際には、赤と緑の間には連続的に変化するさまざまな色合いがあり、
またそれに対応する色彩語(さすがにこちらは非連続だけど)が存在する。
そこで、もし赤と緑を逆に認識し、それ以外の点ではふつうの人と同じ視覚をもつ人物
が存在したなら、その人の言葉遣いはどこか奇妙なものとなり、
何らかの異常があることがわかるはず。

125 :122:2001/07/05(木) 02:07
>>123
おお、あれか!あんまり評判良くなかったからノーマークだった。サンクス。

126 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 02:48
ラブホテルで鏡を引っぺがして違う場所に自分がいると思わせ
相手の女を殺すっていうトリックあったけど実際には無理なはず

127 :93=111:2001/07/05(木) 14:55
>>114
???

>>115
つまり「赤が緑に見えて緑が緑に見える人がいたとしても本人も回りも確認できない」
っていうのに同意してくれてるんですよね?

>>124
中間色も入れ替わるんじゃないかなぁ。どうだろ?
青に黄色を混ぜていくと青→青緑→緑→黄緑→黄
になるけどこういう変化も入れ替わるんじゃないかなぁ。

128 :110:2001/07/05(木) 18:00
>>112
なるほど。いろいろと無理があるんですねやっぱり。好きな作品なのだけど。
>>127
失礼しました。80の
3.赤が緑に見えて緑が赤に見える。
読み落としてました。そういう症例はないですね。80のタイトル希望

129 :80:2001/07/05(木) 21:26
>3.赤が緑に見えて緑が赤に見える。
にあたる作品には長篇と短編と二つ心当たりがあったのですが、
軽く読み返してみました。
結論から言うと私の勘違いでした。すまん。
どちらも登場するのは普通の赤色盲でした。
けど言い訳させて。
二つある作品のうち長篇の方が読んだ順序は先だったのですが、
その人物(美大生)は後天的な色盲で
本人は夕焼けのつもりで描いた絵が実は青空になっていた、
それを他人に指摘されて自分が色盲であることを自覚した
という内容でした。
ここを読んで私は「この作品における色盲は赤と緑が反対に見える」
と誤解したようです。
赤に対する色覚が麻痺したのなら絵の具を出したときに
以前はあったはずの赤系統の絵の具がなくなって
その分緑系統の絵の具が増えたように見えて変に感じるはずですし、
そこで不審に思わなくても赤と緑の識別が困難な状態で絵を描いた場合
「赤のつもりで緑」という間違いは当然あり得ますが
「赤のつもりで赤」も起こるはずです。
そうなれば赤系統と緑系統の色がごっちゃになって色盲でない他人には
支離滅裂な色使いの絵として映るのではないでしょうか。
それが完成した絵は(描いた者の意図とは別に)まともな絵
に見えたのだから色盲の知識のない私は上記のような
勘違いをしたのだろうと思います。

あまり内容を確認もせずに書き込んだのがよくなかったですね。
以後気をつけます。

130 :111:2001/07/05(木) 21:32
>>129
いえいえ。議論(?)もなかなか面白かったですし。
で、129さんのレスを見て思ったんですが、赤絵の具と緑絵の具を混ぜると
黒になりますよね?(三原色の原理としては)
赤緑色盲の人は赤と緑(同じ色)を混ぜるとなぜか黒くなると言う風に
見えるんでしょうかね。

131 :名無しのオプ:2001/07/05(木) 23:01
>>117
島田荘司がかわいく見える。

132 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 18:54
爆発でちぎれた片腕を低温のホルマリンガスで保存
他人の血液を注入して爆弾設置場所に放置し
爆破後、新鮮な「ちぎれたばかりの片腕」と錯覚させる。
・・・そんなうまくいくのか?

133 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 19:08
双子の入れ替わりかと思われたが
生き別れの三つ子がいた。

134 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 20:41
オランウーランが密室をつくる。

135 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 23:20
age

136 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 23:36
断崖絶壁に囲まれた孤島
天然の密室で猟奇殺人を起こした犯人のロッククライマーは絶壁を降り泳いで脱出

137 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 23:39
建物自体がどうこうする類の話全て

138 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 23:56
ここ単なるネタバレスレじゃねーか

139 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 00:12
二酸化炭素で密室殺人

140 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 00:40
>>139
それ今の時期しゃれにならない。死んでないけど。

141 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 00:44
空気注射ってホントに人を殺せるの?

142 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 00:59
>>141
注射器に自転車の空気入れを接続して、一所懸命に空気を送り込めば死にます。

143 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 07:29
>>141
昔、その手を使って人気歌手が自殺未遂をはかり大騒ぎになった
ことがあるので多分ホントに死ぬと思います

144 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 09:20
>>141
空気が血管を詰まらせます。場所によっては心筋梗塞、脳梗塞を起こし
たりします。

145 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 15:21
空気なんか入れるより液体入れるほうが抵抗少ないし楽なんじゃない?
エタノールで十分死ねるかと思われ。

146 :執事バンター:2001/07/07(土) 15:30
空気注射は解剖してもばれないというふれこみだったと思うんですが。
ほんとなんですか?かえってすごくばれるような気がする。

147 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 15:33
あーひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ
ひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ
lヽ         +                      +
l l.アーヒャヒャヒャ.   lヽアーヒャヒャヒャ    アヒャヒャー!!!M    /lケキャハアヒャハヒャ
l_」 ∧_∧     l 」∧_∧   Σ∧_ ∧ _∧    l.」∧ ∧
‖(  ゚∀゚ )    ‖(  ゚∀゚ )  (゚∀゚ ;三; ゚∀゚)     ||(゚∀゚ )
⊂     つ   ⊂     つ     ( つ ⊂)      ⊂_ ⊂ \
 人  Y       人  Y        )  ) )   ___+  \   `〜
 し(_)      し (_)       (__)_)==|__/     U U
_______________________________
          ∧_∧アーーーヒャヒャヒャヒャヒャ            アヒャヒャヒャヒャー
lヽ       (  ゚∀゚ )                        ∧ ∧
l l アヒャー!!  ;;' ヽ ヽヽ ヽ    クケクケクケーキャハヒャ       (゚∀゚ )∴;*
l_」 ∧_∧    ∵;"*.∴      ∧_ ∧ _∧      彡 彡".∴
‖(  ゚∀゚ );*;:∵;;' ―――==⊂ (゚∀゚ ;三; ゚∀゚) つ ==―――"*.;'':∵∴
⊂     つ   ⊂ ~~~~~~~つ  \( ⊂   つ )/ ⊂_~~~ つ;'':∵
 人  Y       人  Y        ((  | |  ))      \・ `〜
 し(_)      し (_)        (((__)))          U U
_______________________________
 ___                       ∧_ ∧ _∧
 \;:∴|== ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ ⊂ (゚∀゚ ;三; ゚∀゚)アーッヒャヒャヒャヒャ
    ̄ ̄     アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!       彡∴;* 彡∴;* ・∴;ヒャヒャヒャ
アーヒャヒャヒャヒャ∴*"*. ∧_∧          .;".;"     ".∴
;ヒャヒャヒャ;∵       (  ゚∀゚ ) ==―――――;":    ∴"*.;'':アーヒャヒャヒャヒャ
∵:⊂ :~~~~~~つ;   (  つ  つ彡  (~~~~~~)  ⊂_~~~ つ;'':∵ヒャヒャヒャ
  ∧_∧  Y     人  Y       | | |  ".; \  `〜  ∧ ∧
 (  ゚∀゚ )_)    し (_).;".;"::: (__)_):;.;".;": U U  (゚∀゚ );'':
あーひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ
ひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ

148 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 16:31
注射痕を消さない限り、何注射しようがバレバレです。
ただし、人体の血液として不自然な成分か、溶け出てしまう空気かでは
原因特定には多少の差があると思われ。

149 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 23:47
毒物で殺すのはいいけど、そのあと解剖に回しても
その毒物というか薬物?が出てこないというのが
ありました。実際にあるの?確かハロペりドールっていう
名前だと思ったが

150 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 23:54
河豚の毒って、体内で即効分解されて検出されにくいと聞いたことが有る気が

151 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 00:35
>>149
あんまりネタバレとかじゃないけど、(Mail欄)でそういう毒がでてきます。

152 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 00:36
>>150
それはトリカブトの毒と合わせると・・・じゃなかったかな?
現実の事件の話ですね。

153 :149:2001/07/08(日) 00:39
>>152
それだったかなー?今度古本屋で探してみて読んでみるわ
情報サンクス

154 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 00:40
遅レス気味なんですが、沖縄戦の民間人の自決の手段で空気注射が使われていた気がします

155 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 01:22
>空気注射ってホントに人を殺せるの?
由良三郎氏は「人間に試したことないから分からない」と明言を
避けていました。でも兎なら間違いなく死ぬらしい。

156 :151:2001/07/08(日) 03:20
ちょっと読み間違えたかも・・・>>151のMail欄のはフィクションです。

で、現実の話に戻すと、身体の中には存在するが
一時に大量に取るとショック死を起こすような物質はあります。
そういうものを使えば極めてバレにくい、毒物になるでしょう。

157 :ixi:2001/07/08(日) 03:50
>>156
確か、古畑任三郎で(メール欄)使ってた。

158 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 04:44
***の裏から刺殺する。

あぁ書きにくい。メール欄で察してくれ(w

159 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 23:38
女性が犯人で殺したあと、首吊り自殺に見せかける
女一人の力で、死体を持ち上げれるわけないと思うんだけど・・・・

160 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 23:40
>>159
殺すくらいのすごい決意でやれば持ち上げられるよ。
可能。

161 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 23:44
>>160
マジ?なんかの本で読んだけど死体って
めちゃくちゃ重くなるって書いてあったけど
可能なのか?一人でって言うのは無理っぽいと思うのだが

162 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 23:46
死体を氷で冷やして腐敗速度を遅らせ、死亡推定時刻を実際より前に見せかける。
これ、光文社文庫の『本格推理』に載ってた。
活字にする前に、誰か気づかなかったのか……。

163 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 23:47
>>161
死体が重くなるわけないと思うが・・・。

164 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 23:49
>>163
死後硬直が進むと体重が何倍かになります。

165 :163:2001/07/08(日) 23:50
>>164
どういう理屈で重くなるの?
酸化するとかかな?

166 :吾輩は名無しである:2001/07/08(日) 23:57
>>165
蟲がいっぱい湧くのでその分重くなります。

167 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 23:58
生きてる人間は筋肉等を使っているから、当人自身によって、
力が適当に分散されている。
死ぬと、全重量がダイレクトにかかっている上、人体そのものの
他者が支える時にはバランスをとりにくい構造がもろに仇となる。
という感じなんでは?

泥酔者を抱きかかえた経験のある人はわかるはず。

168 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 00:00
それ以前に死後硬直進んでたら自殺偽装はできない。

死体(意識のない人)が重くなるというのは、
普通に考えても人体は40〜80kgくらいあるわけで、結構重い。

加えて表面・関節共に硬くなく、さらに持つことを前提とした形状をしていない。
つまり、人体は基本的に重く、持ち運びし難いものなのである。

それが、意識のある人であった場合、重さ自体は変わらないものの、
自発的に持たれやすいように身体をコントロールしてくれる。
緊張して身体を崩さないようにしたり、重心を持ちやすい位置に直したり・・・。

169 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 00:03
>>166
蟲が沸くくらいの間腐乱させておくと
たんぱく質が分解して流れ出したり、水分が乾燥したりしてかえって軽くなります。

170 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 00:42
人体を縦に一刀両断。

171 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 00:45
>>170
道具による。

172 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 01:01
>>171道具って・・・NCフライスでもつかわな無理やて

173 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 01:07
>>170
骨のあるところをどこまで通過するかを条件にすると難易度を設定できる。

174 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 01:10
頭蓋は真っ二つ、背骨中心を割り、骨盤、足は、なしか

175 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 09:58
>>174
得物は日本刀?
青竹を縦に斬り裂けるような達人がもしいたとすれば可能。。。かも

176 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 10:09
>>72
あのトリックは現実には絶対無理な理由が私の知る限りふたつあります。
本で知ったのですが、
まず空気穴というのは外と家の中を隔てる壁にあるものであって、
隣の部屋に通じる空気穴というのは存在しないのです。
もっとも、犯人が犯行を遂行するために無理やりあけることはできるでしょうが。
あと凶器となったまだら模様の蛇ですが、
口笛を使って蛇を操ることはできません。蛇に聴覚がないからです。

177 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 11:34
ただの包丁で八人も殺せるとは思わなかった。
血糊が着くだろうし、骨に当たって刃こぼれするだろうし…

178 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 13:04
>>170
探偵学園Qだね。

179 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 13:14
>>178
あれはチェーンソウを使っているね。
でも、あのやり方だと「一刀両断」という表現には違和感を感じる

180 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 17:00
チェーンソ−でもあんなに巧く切れないだろうね、人間の体って。

181 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 17:16
ノコクズがいっぱい出そう...

182 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 19:33
切断面に関しては半身が消失しているのでホントに真っ二つかはわからない。

183 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 19:45
墨出すのが面度くさそうだなそれ

184 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 22:56
どんな達人でも日本刀で斬るのは十人が限度のはず。当人の体力よりも刀がもたない。
柳生十兵衛が京都で十二人斬ったというのが一対多数の最高数の妥当なところ。
そんなわけで…

現実では不可能なトリック(じゃないけど)
「荒木又右衛門の鍵屋ノ辻36人殺し」

185 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 23:44
コンピューターを使ってシュミレートした答えを
実施していくんだけど東京とどこかの他の県の仲を
険悪にしていって最終的には戦争に持っていくって言う話
あのな、どこに悪口いわれただけで険悪な雰囲気になっていくんだよ
いくら情報操作とはいえ思い切り無理があると思うんだが

186 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 00:02
現代じゃ人も多いし、さまざまな手段で交流できるので非現実的だが、
----それ以前になんで都道府県レベルで戦争になんだよ・・・
むかーしむかしは、それこそ一触即発状態の外交も稀ではありませんでした。
で、そういう輩が同盟くんでたりすると流言を撒き散らすだけで
結構諍いを引き起こすことができたのでした。
東京と他県で戦争は無理としてもそんなたいしたことない(と他人からは思える)理由で
戦争なんて起こってたりするもんじゃない?

187 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 00:49
>>184
剣をぼろぼろにしないように戦うのも技の一部です。
・絶対に鍔迫り合いはしない。
・骨は触らないように。急所の心臓などへは肋を滑らすように。
・争わない。

188 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 00:59
>>184
史実の荒木は一人の脳天叩き割った上、
もう一人を胴斬り、
当然ながら刀を痛めて
雑魚の木刀を受け伊賀守金道を叩き折られた男だ。
36人斬りは無理だろう。

189 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 06:31
>>177
大阪の殺人鬼(キチガイと言ってはキチガイ様に失礼)は
心臓を狙って刺したそうです。

プロの手口ですか。自衛隊で教わったのかな。

190 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 06:39
今日、友人とジムに行った時のこと
そこは設備はしっかりしてるんだけど、空調がちょっと悪くて、汗ダクダクかいたから
そばのファミリー銭湯に行った。
やっぱ、広い風呂はいいね。足のばせるし、風呂もたくさんあるから
のんびりしようとして友人とジャグジーの寝湯に入ってたとき
入り口が開いて、17,8歳のヤツが、もの凄い奇声をあげながら飛び込んできた。
そいつは、身体も流さないで、一番大きな浴槽になんども飛び込んで遊んでいた。
その浴槽には、ちょっとコワモテのおじさんがいて
「しずかにせんか!バカモノ」とそいつを一喝した。
するとそいつは、腕をぐるぐると回しながら、おじさんに近づき、
「ぅうさいわぁ。ぅうさいわぁ」といいながら、おじさんの顔にお湯を
じゃばじゃばとかけ始めた。
(これだけでも分かってやってるから最低なのだが)
おじさんは怒って、そいつの頭を一発ハタクと、
「迷惑かけるなら出ていけ!バカたれが」とそいつを叱った。
するとそいつは、浴槽からでると、さらに大きな声で
「ぃぃいいぃぃいいぃいいぃいいぃいぃいいぃい」と奇声を上げながら、浴場内を
走り回りながら、壁をなんども叩いたり、積んである洗面器や椅子を蹴ったり
タオルを湯船にたたきつけて威嚇したりしていた。
この騒ぎ中女湯の方から
「まぁくんうるさい!まぁーくんうるさい!」と連呼する声が聞こえた。
男湯にいた客の半分くらいは出てってしまったが、オレや友人は、慣れているためか無視できた.
だけど一番最悪なことを、そいつはしてしまった。
ソイツは脱衣場の入り口近くの壁にしがみつきながら、ばたばたと足踏みし始めた。
すると、ソイツの尻から、茶色い汁が太股に流れ始めた。
「まさかな・・・」と思うよりも早く、ソイツの尻から、ぼたぼたと糞が落ち始めた。
そいつは、入り口近くでみんなを外に出さないようにわざとしている。
現に、中腰になって、わざわざ力んで糞をしているのだから。
さすがに浴場内に残っていた人からは「なにやっとんのじゃ」「うわぁ」「おやはどこじゃ」との怒号が飛び交いみんなもう一つの出口から出ていってしまった。
普通はサウナとか入って1時間くらいはゆっくり過ごすハズなのだが、これのお陰で
10分もいないまま浴槽から出た。
その後の、施設か親かは知らないけど、謝罪もなにもなかった。
オレはあのときのこもった浴槽内での糞の臭いや出来事で、メシも食えなくなるし
本当に気持ち悪くなって今まで寝ていた。
本当に罰して欲しい時だって時にはあるよ。
重度以外の知障の他人への迷惑は遊びでやってて、本人意識してやってるんだからさ
で、自分の思うようにならないと、騒ぎ起こしてるんだから、こんなん
「ああ。かわいそうですねぇ」で済まされないと思うけど。
マジ身障は隔離してくれ。

191 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 06:50
切ると人の脂が刀につく。これで切れ味が落ちるから
どんなに刀を痛めないように闘ったって10人も続けざまに
切れれば神業もん。俺が言うんだから間違いない。ちなみに
戦国時代の刀は切ると言うよりも鎧を叩き割るといった
使い方だったらしい。

192 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 08:06
要するに、切る・斬るではなくて刺すように殺さないと駄目ということか。

193 :黒猫缶:2001/07/10(火) 09:19
なるへそ。
ベルセルクのガッツは理にかなっているというわけですね。

194 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 09:20
脂についてはぬぐえば問題なし
(料理とかすれば分かる)
戦国時代においても刀は常時使う武器ではなかった、とある。
ただし、日本刀は鎧を叩き割るという使い方は無理。
それこそポッきり逝ってしまいます。
西洋刀は肉厚で重量があるため、切れ味自体はいまいちだが
殴り殺すような使い方であったため問題なかったようだ。

195 :ねつてつ:2001/07/10(火) 10:16
一時期、古武術系の話や理論に凝っていたことがあるので、ちょっとだけ。

サムライといえば刀のように思われがちですが、戦国期、合戦の場で最強な刃物
は、槍でした。間合いが長い方が、やっぱ有利。戦国期は剣術でも様々な流派が
興った時代なのですが、多くの剣術では「VS槍」の技が秘伝扱いされていたよ
うです。それだけ脅威だったのね。
また、刀という武器は振り下ろす場合でも、腰から下に下がると威力は落ちる。
遠い間合いから相手のすねを狙える薙刀なんてのも、刀には脅威。
屋内外で使えて間合いをそこそこ取れる刀という武器、汎用性は高いが強い武器
とはいえなかったようです。

で、刀でどれくらいの物が斬れるかという話ですが、案外一刀両断は可能だった
のかな? とか思ってます。
斬首刑で首を一打ちなんて話、ありますから。
でも、普通にやったんじゃそうそう斬れないそうですよ。コツみたいな物があり
ました。有名な首切り浅右ェ門の何代目かは、「うなじに顔アリ」という言葉を
後継ぎに伝えていたそう。
頚椎の間にほんのわずか、ミリ単位で空いた隙間に刃を打ち込んだそうです。
手ごたえなくスッパリ切れるポイントがあるそうなのですね。
ただ、そのポイント、あたりまえですが人によってズレがある。うなじを見るだ
けでそのポイントを見極めたと考えると、下手な解剖学者の比ではない^^;
人間を唐竹割に斬る場合にも、ポイントといえるものはあったのでは?

また、太いものを斬ったという話になると、抜き打ちで、ひとかかえもある柿の
木を根元からスッパリなんて話もある。
伝説的な達人の話は、脚色が多くて信用するに値しないという人が現代には多い
のですが、僕はむしろ、達人を信じたい。
だってね、「不可能」っていう人がよりどころにしているのは西洋的な運動理論
なのだもの。明治の頃まで、日本人は右手と右足が一緒に前に出てた民族。それ
で一日300キロを軽く走る飛脚なんて人間がいました。
運動理論が根底から違うのではと思ってます。

196 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 10:41
そういえば、必殺仕事人の主水も
仕事を終えた後、斬った奴の着物で
刀を拭いてたなぁ。

197 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 10:46
そういえば、書斎魔人は
シャツの裾で鼻水かんでたなあ。

198 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 10:50
>>195
武道はまったくの素人だからよくわからんが…
なんかオカルトっぽい話になっちゃうけど、
「気」みたいなもんもあるよねー?
物理的には無理だけど、気でうまくいった、みたいな。

合気道やってる友人に訊いたら、
相手にまったく触らずに倒す
(格闘技ビデオなんかによくある、達人技みたいなヤツ)
というのは本当にあるんだそうだ。
まあ、何十メートルも飛んじゃうのは嘘だけど、と言っていた。

だから、刃こぼれとか脂がつくとかあっても、
剣の達人なら36人斬りもアリなのかも。

199 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 11:33
そいや怪獣VOWに載ってたが
地球侵略を狙う宇宙人の計画(うろおぼえ)

灰皿を使った偽UFO写真を町にばら撒く
    ↓
人間同士でUFO論議が持ちあがる
    ↓
本物派と偽者派で日夜論争を繰り返す
    ↓
誰もが疑心暗鬼にかかり人を信じられなくなる
    ↓
国家間の争いに発展する
    ↓
地球を壊滅に導く戦争が起きる
    ↓
宇宙人(゚Д゚)ウマー

ってのがあったな


飛躍しすぎ

200 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 11:47
メール欄の振り子は可能でしょうか?
股に痕跡が残ってもよさそうなものですが・・・

201 : :2001/07/10(火) 13:11
催眠術で自殺させる

202 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 14:14
某小説にも書いてあったが、直接自殺させるような命令は無効らしい。
(効いてしまうとしても表向きは『効かない』としているかもしれないけど)
ただし、間接的に死に至る行動を取らせることは可能。
100%騙される人を誘導するんだからそれほど難しくはない。
強力なクスリを使うのも催眠術に含めればさらに容易。

203 :執事バンター:2001/07/10(火) 17:24
関係しそうなので質問、
サビリミナル効果を持つ映画を見せて殺人を促すというのは出来ますか?

204 :執事バンター:2001/07/10(火) 17:24
すいませんサブリミナルです
訂正するまでもなかったけど一応

205 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 17:30
素人なんですが
そういう何だっけ、ふだんからやっては行けないことを
人にやらせるのは難しいと、どっかで聞いたよ。

曖昧ですみません・・・

206 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 17:45
>>203
最近の事件を鑑みると可能でしょう。
ただし、それは受ける側の資質(言葉が不適当かも)が必要。
あと目的を絞っての殺人は無理だと思う。
というか、サブリミナルじゃなくても可能じゃないか?
>>205が言ってるように「やってはいけないこと」の意識が
壊れてる場合には可能な気がする。

207 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 17:47
訂正
× >>205が言ってるように「やってはいけないこと」
>>205が言ってる「やってはいけないこと」

208 :執事バンター:2001/07/10(火) 18:40
目的が絞れないなら意味ないですよね

思うに現実味のないトリックは
1 物理的に無理
2 実行するには不確定要素がありすぎ
3 実行するとかえって疑われる
と分類できると思うんですが、他になにかあるかな

209 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 18:59
なぜかちょうどいい枝ぶりの木があったり、都合のいいところに通気口があったり、
いい角度で鏡が置いてあったり...

210 :雷昔:2001/07/10(火) 20:54
現実味のないトリックがでてきたほうがワクワクしないか!?
>>208でいうと、「物理的に無理」のパターンが好きだ。
奇怪な屋敷とか。
切った首が一時的にくっついて逃げ出すようなのは最高だ。
「不確定要素がありすぎ」ってのは多いな。
偶然に頼り切ったやつとか。

211 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 00:05
>サブリミナル
有名な「コーラとポップコーン」の話は作り話だったことが今ではわかっている。
だからといってサブリミナル効果が完全に否定されたというわけではないが、少
なくとも、映画を見せて人間の行動をコントロールするというのは無理。
(メアド欄)を読んだときには頭を抱えそうになった。

212 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 01:01
到底ありえそうにない出来事を実現させようとしたり、
砂漠でダイヤモンドを探すような確立なんてものじゃない奇跡の可能性に懸ける犯人たちの
捩くれ曲がっているものの世界そのものを歪ませてしまうような情熱はいとおしい。
当事者の誰もが予期し得なかった偶然がもたらす壮大な幻想もミステリの醍醐味。
だからこそ、俺は言ってやりたい・・・・「それはできる!」と。

213 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 01:10
さて、新本格についての、自分なりの考察。前もって長文失礼。
『新本格』という言葉自体は、講談社のブランド名+販売戦略では あるのだけれど、こうした作品群が登場する流れそのものは以前か ら出来ていたはず。
だって、新本格直前の日本ミステリって、社会派の流れをくむ通俗 小説的、あるいは情報小説的ミステリか、モロ土曜ワイド風のお手 軽サスペンス+お色気サービスシーン詰めこみ2時間ドラマの 原作みたいなのだったしね。松本清張と赤川次郎という言葉があれ ば、当時の日本ミステリの風潮は語りつくせる感があると
思うよ^^
尚、ちょっと前までの乱歩賞受賞作品が、大体この系統。そりゃ乱 歩賞、マンネリと言われても仕方ない。
そうした中でマニアから一般までミステリ好きの注目を広範囲に集 めていたのが、角川映画の『八つ墓村』で世間に大ブームを巻き起 こした横溝正史。TBSで放映された『金田一耕助シリーズ』は、 まだ記憶に残ってる人もいることでしょう。日本における本格ミス テリの代表が正史と金田一さんという意見は、この当時に確立され たのでは?
そう、当時の日本で誰もが認める凝りに凝った本格というのは、正 史くらいしかいなかったのですね。大乱歩は誰でも知ってるビッグ ネームでしたが、作品自体はそれほど読まれていなかった感があり
ます。乱歩という作家はある種の幼児性を色濃く残した作家で、猟 奇趣味に走る描写は結構読む人を選ぶのではないかな?乱歩をダー クサイドとするなら、正史はサニーサイドで、とっつきがよいので すね。角川が正史を前面に押し出したのは、その辺もあるのではな いかと思います^^
さて、正史ブームで当時本格ミステリにハマった人にとって残念な ことは、その頃は本格を書く作家が少なく、又、昔の探偵小説など も入手し辛かったこと。『幻影城』みたいなマニアックな雑誌は、 よほどの通でないと知らなかったしね。
そう、当時のファンは新しいミステリに飢えていたのです。
で、登場するのが島田荘司。後に新本格の仕掛け人となるこの作家 のデビューは、乱歩賞の落選という形で始まりました。
今更大時代な本格は受けないとか、新人が名探偵なぞ10年早いと かいった意見が当時の大家からは出たようですが、『占星術殺人事 件』は落選したにもかかわらず、ファンからは非常に好意的な目を もって迎えられたのですね。パチパチ^^
そう、停滞状況にあったのです。当時のミステリ界は。
で、島田荘司、確信したようです。「現在のミステリファンと作家 の間には、大きなギャップが存在する。新しい波が今こそ必要だ」
もちろん、新人の島田氏は影響力がまだ低かったため、新しい波を 呼び起こすためにはそれなりの実績を積まねばならなかったのです
けどね…
実際、島田氏はマーケティングの才がある人みたいで、「本格ミス テリー宣言」は、マーケティング論として読むと楽しいです。小室 とかつんくみたいなものかな、島田荘司?^^
『新本格』を語る上で、島田氏の名はは外せない印象があると思い
ます。もし僕が誰かに「新本格の作品を読もうと思うんだけど」と 相談されたとしたら、「『島田荘司』をまず読んでみては?」と薦 めますね。ダメ?

214 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 01:28
倉知淳の「空中散歩者の最期」
物理的に無理

215 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 01:30
>>214
それは・・・(Mail欄)

216 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 01:33
>>214
それと・・・猫丸先輩は(Mail欄)

217 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 05:20
age

218 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

219 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 23:16
催眠術でひところさせるって言う事件が昔あったらしいが
可能なのかどうか・・・・

220 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 00:36
地下鉄の線路に放尿したら感電して転落。
これって可能、っていうか有り得る?

221 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 02:40
>219 過去ログにあり

222 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 03:46
>>220
尿を通じて感電したんでしょ?そりゃムリだろうな…。
転落して感電なら納得できるが。

223 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 04:44
>220
TV版でこの話あった?
いや、さすがにないだろうなぁ。

224 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

225 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 08:50
>>223
俺はTV版でしかみてない。
話はすっげー好きなんだけど、あの一点のみが気になる。

226 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

227 :ねつてつ:2001/07/12(木) 09:23
>放尿で感電
元は乱歩にありましたね。プロパビリティーのお話^^

228 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 11:07
避雷針に人が死ぬほど帯電するのも有り得るのかどうか…

229 :黒猫缶:2001/07/12(木) 12:53
何らかの原理でもないと、大きな電気を帯電するのは無理っぽいですね。
ごくわずかな電気でも、心臓にペースメーカーを付けてる人なら
死にいたる場合があるかも。

230 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 13:07
避雷針は電気を地中に逃がすようになっているはずなので
そもそも帯電などしないはず。

なんか「トリック」があるの?

ちなみに放尿で感電についてだけど、いわゆるアサガオみたいに
チ○コと的の距離が近ければ通電するかもしれないけど、的が
遠い場合はある程度チ○コから離れた時点で水滴(尿滴?)に
なるから通電しないと思う。
(ものすごい量をものすごい勢いで出せば別だけど)

231 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

232 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 18:18
長篠の合戦の鉄砲三段撃ち戦術はどう考えても不可能トリックだ。

233 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 19:38
>>230
飲みすぎて我慢できなくてしたくらいだから量・勢いはともに相当であったと思われ。

234 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 22:05
 茶道で使う建物に被害者を眠らせておいて
 囲炉裏に木炭、その上にドライアイス
 化学反応で一酸化炭素発生
 隙間から漏れないようにガムテープで目張り

 ……あまりにも苦しすぎるトリックだ
 

235 :黒猫缶:2001/07/12(木) 22:29
さっきアンビリバボでやってた白昼堂々の射殺事件。
それは現場に村人が何人も居合わせたにも関わらず、犯人を
誰も目撃していないという不可解な事件なのですが、
これの真相がまさに小説のようでした(メール欄)。
事実は小説より奇なり、ですね・・・。

スレ違いでスマソ。

236 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 23:41
>>235
あれ興味深かったね。
メール欄みたいな本もあるけど、実際に起きているとは。

237 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 23:49
住人全員犯人かあ・・・
あのドラマを思いだしたりして・・・

238 :名無しのオプ:2001/07/12(木) 23:54
>>237 氏ね!

239 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 00:53
>>238
俺はあの小説を思い出したが

240 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 00:55
小麦粉とバターでパンを作って中にカギを詰め密室に穴から転がし入れ、ネズミがパンを平らげる。
↑ハァ?って感じしません?

241 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 01:02
フライング?>>240

242 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 01:06
なぜわざわざパンに鍵を詰める? 穴があるなら鍵をそのまま入れればいいじゃん?

243 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 01:19
>>242
それは・・・(Mail欄)を読めば分かる(ってわざわざ・・・

244 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 02:34
万単位の人間が乗り込めるでっかい宇宙船を
ドライアイスで作って星(収容所)から脱出するやつ。

245 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 08:28
>>244
SFの常識・・・というやつですな。
ドライアイスだけで作るんじゃなくて、ドライアイスは推進装置。
つか、トリックじゃねーだろ、ゴルァ!

246 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

247 :黒猫缶:2001/07/13(金) 10:21
>>236
事件の真相にも驚いたけど、事件後の街の様子がなんとも不気味でしたね。
殺されて当然だとは思ったけど、後味悪し・・・。
236メール欄よりもインパクト大でした。

>>237
せっかくメール欄に書いたのに・・・(泣

>>244
それって不二子・F・藤夫の漫画のやつですか?

248 :ixi:2001/07/13(金) 12:28
メール欄とかでも使ってた。
厨房代表@SF板にでも聞きたい所ですな。

249 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 13:19
発泡スチロールにくっつけて水に浮かべるとしゅーって進んで楽しい

250 : :2001/07/13(金) 16:27
発泡スチロールを擦った音で狂い死に

251 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 18:05
「青の炎」の作者あとがきで「実現不可能」と書いてあったがどうしてなんだろう。
(1)絶対的に不可能
(2)だめな理由を書いたはいいが、その点だけ改良のうえ実行されると困る。
(3)ホントは可能だけど(2)と同様の理由でそう書いてあるだけ

もし(1)だとしたら小説自体が成り立たんぞ。

252 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

253 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 23:22
密閉度の高い蔵が熱膨張の関係で陰圧になってあたかもカギがかかっているかの錯覚を起こした。

254 :上智kanagawa0102-108105.zero.ad.jp:2001/07/13(金) 23:24
>>251
それ自分も気になりました。
誰か教えて……理系の方。

255 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 13:38
6人の身体から一部ずつ切り落として7人に見せかける。

256 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 13:39
>>252
って何かいてあったっけ?ネタバレメール欄にでも書いてもらえる?
そんなまずいこと書いてなかった気がするのだが。

257 :ねつてつ:2001/07/14(土) 13:41
ネタバレスレになってきてる…
用心のために「第2ネタバレ」とタイトル変えられないかなあ…

258 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 14:02
>>256
最近多かったコピペ荒らしがアボーンされただけ

>>257
トリックについて系スレはある程度覚悟して入るべきでは?
>>1では一応、トリックと作品を直結させないようにして欲しいとは書いて有るけど

259 :執事バンター:2001/07/14(土) 16:26
以下、トリックをはっきり書きます。
(子供の頃クイズで読んだトリックです)

ピストルを長い紙にゆわえて自殺。
紙の端っこは山羊がかじっていて、ぱくぱく食べていくため、
ピストルが移動して他殺と見なされる。

山羊は飽きないのか、雨が降らないのかなど、
不確定要素がありすぎて実際には無理だと思いました。

260 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 16:32
ピストルにヒモを結び、その先に重りをつけて・・・。
は腐るほどあるな。

261 :執事バンター:2001/07/14(土) 16:34
腐るほどあって、たいてい無理ですよね?

262 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 16:37
無理とは失敗すること?探偵に見破られること?
探偵に見破れないトリックは基本的にミステリに登場しないのでは?

263 :262:2001/07/14(土) 16:45
あ、現実に事故、他殺に見せかけて自殺できるかってこと。
保険会社にいろいろ事例がありそうだね。
すごく興味深いなぁ。

264 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 16:55
>>259
そのトリックは初出時には(おそらく)なかった硝煙反応テストがメジャーになった時点で
ギャグか子供だましにしか使われなくなっております。

265 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 17:01
>>264
ああ、古き良き時代・・・。

266 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 22:25
高所恐怖症の人がベッド毎持ち上げられて餓死

267 :名無しのオプ:2001/07/14(土) 22:40
>>266
気持ちは痛いほどわかる
つか、餓死の前に狂い死ぬ

268 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 01:20
氷の凶器系全部
一番ワラタのは、冷凍秋刀魚で撲殺して焼いて食ったってやつ。

269 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 01:39
雪国ではツララが刺さって死ぬ(事故)ことがあるというは本当なんだろうか?
ちなみに、トビウオが刺さるのは本当。

270 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 02:34
>>269
先っぽって折れるか解けるかしてるからそんな鋭利じゃないよ、日中は。

271 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 02:47
>>269
「ホッグ連続殺人」でツララで首チョンパがあったよ。
でもそれは(メール欄)だけどね。

272 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 04:00
おっきいツララが二階・三階の高さから落ちてきたら充分殺傷能力はあるか・・・

というわけで形状別氷の凶器検証

1.鈍器
これは大きさ・重量があれば普通の武器と変わりませんね。
持ちにくいとか、犯人が非力で持てないとかは人間に不可能とかいうレベルでない限り
凶器の現実性とは無関係なので無視でしょう。

2.先端を尖らせた場合
刺殺できるかどうか。刺し貫くためにはただ尖っていればいいわけではなく、
それなりの強度・スピードも必要となる。
>>270では日中の場合は否定されているが、夜間であれば強度を保っているし、
大きければ鋭利さとは別に貫通力が増す、
また、人工的に折ったり、形状を維持する可能性までは否定できないので、
保留。

短剣様の氷を突き刺すと言うものもあるが、
衣服の上からは強度不足のためほとんど不可能と思われる。
裸体の特に柔らかい部位からであれば挿入は可能ではなかろうか・・・?

3.氷を刃(ナイフ・のこぎりなど)状に研磨した場合
この場合、刃は薄くならざるを得ないが、斬る時の摩擦熱に到底耐えられるとは思えない。
しかし、溶けないような状況であった場合、可能性あり・・・?
>>271にあるような現象もこのパターンに含めるべきであるが、充分な強度・速度・質量があれば
薄い鉄の板で切断すると言うくらいの事は再現可能と思われる。

氷の凶器の形状としては以上のようなもので全部・・・かな?(他あったらたのんます)
条件を組みあわせていけば結構まだ再利用できるトリックのような気も・・・

273 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 10:49
氷と言えば、「凍った湖の上にお城を建てる」というのも
ありましたが・・・

274 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 10:51
ラストブロンクスと言うゲームで
武器が「冷凍マグロ」というのが有った
ミステリーに関係無いのでsage

275 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 13:31
昔、人殺すためだけに城作ったってのがあった。
因みにラストは城壊して証拠隠滅(わら

276 :ねつてつ:2001/07/15(日) 14:08
>269
トビウオというか、ダツみたいな大きいのが刺さって死んだ人とか
実際にいる模様。
ダツ、モトダツといった魚、口が鋭利にとがっている上、明かりに
向かってトビウオのように飛びこんでいく習性があるので大変危険。

それで思い出したが、漫画の「コブラ」に、似たような習性の昆虫
を使ったお話があったなあ…
コブラの作者、古い映画とかよくモチーフに使ってくるので、時々
ニヤリとする回がありました。「ヘルハウス」ネタとか懐かしかっ
たよ^^

277 :ねつてつ:2001/07/15(日) 14:23
氷の凶器。
実は乱歩で読んだ記憶アリ。
刃物ではなく、鈍器でしたが。
尚、乱歩の幻影城あたりで、氷ができるときの膨張力を利用できない
だろうかという話があって、なるほど、なんかできるかもとか思った^^

278 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 19:52
>>268
>一番ワラタのは、冷凍秋刀魚で撲殺して焼いて食ったってやつ。
残念ながらその作品は知らないが
「密室に残された七輪と下ろし金」
「何故に犯人は醤油をつかわなかったのか?」
などとアホなキャッチコピーを考えてツレと盛り上がってしまいました

279 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 23:46
>276
実際、ダツに刺されたという人の傷口を見せてもらったことがある
足だったんだけど、かなり深くささったと言っていた。

船の前に縛りつけておいてわざとダツに刺されるようにしておく。
その人の前には胸、首など致命傷以外の場所はカバーしておく。
とかで事故死に見せかけれないか?とか思った。

280 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 00:07
ダツは眼を狙うって聞いたことあるけど、ほんとかな

281 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 00:12
>>279
実現性は否定しきれないが、
海に連れ出してる時点で容疑かかりまくりです。

>>280
魚に食われる時は目とか内臓からだけどね。柔らかいから。
でも、死体になってからの話。
俺が聞いたことがあるのは「カラスは目を狙う」これも真実か?

282 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 00:24
首だけ本物で服の中に風船詰めといてちょっとした隙に隣の部屋にひっぱる。
すると、周囲のバラの棘で風船はやぶれ首だけは狭い窓からでも取り出せる。
あたかも死体が焼失したように見える。

どうよ?

283 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 00:26
>>282
不可能要素はどれだと?

284 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 00:28
>>280
>「カラスは目を狙う」
屍肉を食うときは、まずは柔らかい目と唇から。
というのは、どこかで読んだ記憶が。

285 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 00:28
>>282
(メール欄)じゃなかったっけ?

286 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 00:46
そうそう、松潤の特番の時のだね。
マリックが死体の役だったような気が。

287 :名無しのオプ:2001/07/16(月) 00:50
>>281
事故に見せかけるんだから別にいいんじゃないの?
単なる同行した知人ということで。
アリバイ工作する必要もないだろうし。

288 :執事バンター:2001/07/16(月) 10:09
あるシリーズに繰り返し出てきたトリック。

犯人を追いかけて、行き止りの道に追い込む。
するとなぜか前方から関係なさそうなお爺さんなどが歩いてくるので、
「ここに怪しい奴がきませんでしたか」
「いやあ、見なかったけんどのう」
「それはおかしい、行き止りなのに」
などの定型的会話。

真っ先に疑われる気がするんですが。

289 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

290 :名無しのオプ:2001/07/17(火) 00:23
>>282
それって、海外にもあったような……。
うろ覚えだけど(メール欄)とか。

291 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

292 :名無しのオプ:2001/07/17(火) 00:58
>>283
血や皮膚が窓にすれて証拠が残る。
風船が残ってしまうと個数からばれる。
そもそも、バラ用意する時点で怪しすぎ。
密室から死体消失させるメリットなし。

293 :名無しのオプ:2001/07/17(火) 14:03
>>292
>血痕と皮膚
あの作品でそうやってたかは忘れたけど(たぶんしてない)、
止血する方法はいくらでもある。
こすれる時は、ひっぱるとビニルのようなものが死体を包むような
仕掛けを用意することで回避可能と思われ
これが薔薇にひっかかって破れるかもという心配は薔薇の配置を考えればよさそう

>風船の個数
破れた風船の個数は数えるのが難しいというのがひとつ。
破裂した分も含めて全部回収してしまい、
あらかじめ個数分の破片を見えない場所にばらまいておく、というのもひとつ。
減るかもしれないのであれば、逆に増やしてしまうというのも一つ。
(風船の中に破片を用意するなどこの方法は無数)

>薔薇のあやしさ
(Mail欄)という演出に紛れさせているので

>メリット
犯罪美学とやらのため。上記演出のため

あんまり不可能要素とは言えないような・・・
でも、元ネタがそもそもばれないことを前提にしてなかったんじゃない

294 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

295 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

296 :名無しのオプ:2001/07/18(水) 00:17
>>293
ばれないことを前提にしていないって、Mr.マリックは電波手品師のオナニー犯罪の犠牲になったのか?

297 :名無しのオプ:2001/07/18(水) 00:24
>>296
元ネタだよ、元ネタ。
あのトリックはパクリで有名だろーが。

298 :名無しのオプ:2001/07/18(水) 01:05
可能かどうかはともかく、
「ピアノ線を張っておいて、ドアを開けたらナイフがザクッ!!」
みたいなトリックってまず使わないよね。

299 :名無しのオプ:2001/07/18(水) 01:09
ブービートラップは実践的です。

300 :名無しのオプ:2001/07/18(水) 03:26
精神的なダメージも与えます。

301 :GMA:2001/07/19(木) 09:00
>>252
実験して成功した話を聞いたと作者が言ってました。
今週のQは、バターの匂いでばれると思った

302 :名無しのオプ:2001/07/19(木) 09:05
>>301
鍵べとべとだしねってスレ違い?

303 :名無しのオプ:2001/07/19(木) 17:58
>>301
ってかネタバレはメール欄でやれってば。

304 :名無しのオプ:2001/07/20(金) 12:54
薬を飲んだら体が縮んだ。

305 :304:2001/07/20(金) 13:01
某超有名漫画。まずその謎から説明してくれよ。

306 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

307 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

308 :名無しのオプ:2001/07/20(金) 21:21
>>304-305
こんなアホでも生きてることが謎

309 :名無しのオプ:2001/07/20(金) 22:11
オマエモナー

310 :名無しのオプ:2001/07/20(金) 22:15
逝って推し!

311 :名無しのオプ:2001/07/20(金) 22:39
ああ古難

312 :名無しのオプ:2001/07/23(月) 01:13
age

313 :名無しのオプ:2001/07/23(月) 11:52
「名探偵コナン」は、なんであんな無理な設定してまで
探偵を小学生にしなきゃならなかったのかな。
推理の説明するときも、おっさん眠らして声変えてって
無理がありすぎる。高校生でいいじゃんとか思うんだけど。

314 :名無しのオプ:2001/07/23(月) 12:23
本陣殺人事件は、実際のところ、可能か?
大好きなんですが、皆さんどう思う?

315 :名無しのオプ:2001/07/23(月) 14:14
>>314
水車小屋がネックだと乱歩が指摘していた。

316 :執事バンター:2001/07/23(月) 14:28
>>314
映画では一応できてましたが、なんかすごく不自然でした。

317 :名無しのオプ:2001/07/23(月) 14:33
映画のあれトリックだよ

318 :名無しのオプ:2001/07/24(火) 02:13
本陣殺人事件ってどんなんだっけ?
地下道彷徨ってたらブス専になっちゃったやつだっけ?

319 :名無しのオプ:2001/07/24(火) 02:48
本陣だったら、
二階堂がそれの新解釈(新トリック?)を
短編で書いていたね。
冷凍にしては、面白かったよ。

320 :密室博士:2001/07/24(火) 06:40
>地下道彷徨ってたらブス専になっちゃったやつ

なんじゃそりゃ?
乱歩の「防空壕」?

321 :314:2001/07/24(火) 10:19
>>318
何と勘違いしてるんだろう?
琴の糸と水車小屋を使った密室殺人です。
私は横溝至上主義ですが、このトリックは情景的に非常に評価が高いんだけど、
実際できるのかな、と不思議でなりませんでした。
映画のは間違いなく映像トリックだと思いますが…。

322 :執事バンター:2001/07/24(火) 17:56
なるほど、どうりでぎこちなかった。

>>319
ほんとに、彼は物理的トリックの不備を修正することは上手ですよね
(西澤保彦の修正もちょっとよかったし)

>>318それはなんだ!大笑いだ!なんなのか知りたいです。

323 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

324 :314:2001/07/24(火) 18:10
二階堂さんの新解釈読んでみたいな。
タイトルと掲載タイトル教えてください。

325 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

326 :執事バンター:2001/07/24(火) 18:16
徳間ノベルスの「水乃サトルの大冒険」中、
「本陣」という言葉が含まれた短編です、たしか。

327 :314:2001/07/24(火) 18:18
>>326
ありがとうございます。
早速読んでみます。

328 :名無しのオプ:2001/07/24(火) 23:44
どれを読んでも「不可能だあ」と思う私は、逝ってよしでしょうか

329 :名無しのオプ:2001/07/24(火) 23:53
>>318
それは『八つ墓村』でしょ?
乱歩の『孤島の鬼』のパクリ、とまでは言わないけれど、すごく似たモチーフが出てくるやつ。

330 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

331 :名無しのオプ:2001/07/25(水) 00:34
331>
いったい、何をしたいの?
どんなスレがあがっていれば、あなたは満足なの?

332 : :2001/07/25(水) 00:36
>>331
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mystery&key=993907038
これの1じゃない? 粘着

333 :名無しのオプ:2001/07/25(水) 00:43
331です。スマソ、331の発言でnumber間違えてます。
正しくは330>でした。宇柘田〜、氏のう

334 :名無しのオプ:2001/07/25(水) 01:32
>>320
八つ墓村だな

335 :名無し:2001/07/25(水) 01:46
>>330
確かに。いったい何をしたいのだ。
文章が書けないのだろうか?
非常に空しいものがあるなあ。
死ぬまでこんなことしてるつもりなのかな?

336 :名無しのオプ:2001/07/25(水) 01:50
>>335 このように全部半角英字で書くとリンクされます。

337 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

338 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 10:19
>>329
八つ墓村と孤島の鬼は似てるかあ?
ただ洞窟の中を逃げ回るシーンがどちらにも使われてるってだけじゃない?
パクリとは言わないと思うけど、そういうの。

339 :密室博士:2001/07/26(木) 13:17
そもそも孤島の鬼の洞窟シーンは鴎外訳「即興詩人」のパクリだと
乱歩自身が書いてたと思う。

340 :執事バンター:2001/07/26(木) 13:32
同定のための鍵はブス専になる、という部分だと思うんですが、
八つ墓村、そんな話でしたっけ?
というか「ブス専になる」という言葉の意味がよくわかりません

341 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 13:51
>>340
ブス専かどうかはわかんないけど、ちょっと頭の弱い女の子とくっつくんだよね。
たまちゃんていう子じゃなかったっけ、確か。でもあの子ブスって設定だっけ?

342 :>>28:2001/07/26(木) 14:47
それなんて作品ですか?
見捨手理ですか?

343 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 15:19
>>341
月足らずで生まれたため、発育不全で、頭もちょっと弱く(今なら考えられない設定だ)
主人公が初めて会った時の感想は「正直いって美人じゃないな」なんだけど、
その主人公を恋い慕う気持ちが、彼女をみるみる開花させ(これもすごい理屈だが…)
最後には周囲の人にも「あの子があんなに綺麗だったとは」といわせたはず。
頭もよくなったはず。名前は…何だっけ?

344 :341:2001/07/26(木) 15:31
ところでスレの本題からどんどん外れていくね。(ワラ

345 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 16:13
>>273
遅レスだが
「“冷凍”の城だった」というオチは?

346 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 16:34
老母が成人の息子を殺し、死体を担いで大煙突のてっぺんにのぼり、
ロープで吊るす。下からロープを外すと死体が落ちてくるんだっけか?

347 :執事バンター:2001/07/26(木) 17:41
>>341,>>343
なるほどそうでしたね。
しかしすごいなー
「現在では不可能な設定」かもしれません

348 :名無しのオプ:2001/07/29(日) 00:44
>>346
それってもしかしてMail欄のこと?

349 :名無しのオプ:2001/07/29(日) 01:37
>>347
そう、あれはワラタ。主人公の思い込みで知能や容姿が主観的のみならず客観的に向上するのであるから。

350 :名無しのオプ:2001/07/30(月) 09:42
>>346
>>348
これは…こっち(メール欄)かと思ったけど…。
どうだろう?しかも二人殺すんだよね。

351 :346:2001/07/30(月) 09:43
>>348
じゃなくてメール欄

352 :名無しのオプ:2001/07/30(月) 09:48
>>350-351
すげぇ!この人の少ない板の亀レスでかぶってやがる!
おれもそうだと思うよ。

353 :350:2001/07/30(月) 11:07
ほんとだ!1日レス数10程度だというのに!!
かぶりレスゲットだ、ワーイ!!
でも、それだけみんなピンと来た話題なのね。

354 :密室博士:2001/07/30(月) 11:14
>>348が挙げている作品には、そもそも大煙突なんか出てこないと思った。

355 :名無しのオプ:2001/07/30(月) 15:43
なんかその死体が風見鶏と一緒に風で飛ばされて
トラックの荷台に落ちてって話じゃなかった?

356 :名無しのオプ:2001/07/31(火) 04:18
島田の場合は不可能なんじゃなくて
「そんなに偶然にうまくいっていいのか」だと思う。

357 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

358 :名無しのオプ:2001/07/31(火) 07:51
>>356
偶然はあり!
よく、「宝くじに当たるような確率」とかいうけど、
実際には毎回当選者は出てるわけだし。
理不尽な気持ちは残るが許容範囲内。

359 :名無しのオプ:2001/07/31(火) 16:02
天井からナイフを落として一突き、ってのは
やっぱり無理なんだろうか。
めちゃめちゃ切れ味の鋭いナイフならいける?

相手が死ぬようにナイフを落とすのが一番難しいんだろうけど。

360 :名無しのオプ:2001/07/31(火) 16:04
>>359
ナイフが3キロぐらいあったら刺さる事は刺さる

361 :名無しのオプ:2001/07/31(火) 17:01
>>356
 しかし、兆発してるみたいな偶然ばかり。
 同じ構造のマンションで、一階ロビーに土俵があって、その日が日蝕で、すれ違った老人がめく〇でコモドドラ〇〇がいて、
 もとのマンションの非常階段が〇階部分そとに飛び出していて、
 取材しにいったくせに宿泊先を考えていなかったので遭難しかけ、その場で手に入れたガイドブックで宿を探し
 取材先でたまたま相手が崖から落ち、落ちたショックで〇〇を思い出したうえ、うわごとでつぶやき
 そもそも主人公が〇〇〇〇で、こんな偶然が重なるかよという凄い話。破綻しまくり。めまいがしてくる(←あっ)。

362 :名無しのオプ:2001/08/01(水) 03:29
「同じ構造」はトリックだろ。「その日が日蝕」「コモドドラ〇〇がいて」
これは手がかり。

363 :名無しのオプ:2001/08/01(水) 07:46
「不可能」、というのとは違うことだけは確かだな

364 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

365 :執事バンター:2001/08/01(水) 10:33
高層ビルなどすごく高いところから小石を落とすと、
地上に落っこちるまでものすごい加速になっているので、
人間の脳天など一発で粉砕する、
というのを読んだことがあるんですが、
だとすれば日常茶飯事に人は死んでませんかね?

366 :名無しのオプ:2001/08/01(水) 12:54
空気抵抗があるからそんなアホなことは起こらない。

367 :執事バンター:2001/08/01(水) 13:07
なるほど!なんとなく変だと思ったんですよね、厨房時代。

368 :名無しのオプ:2001/08/01(水) 13:25
でも厨房の頃、理科の先生が東京タワーから10円玉落としたら
直撃した人は間違いなく死ぬっていってたけど…。
だまされたのかな?

369 :名無しのオプ:2001/08/01(水) 19:45
>>358
別に、偶然でも起こってしまったことは仕方がないが、偶然が起こらないことには
小説自体が成り立たない、というのはいただけない。

370 :名無しのオプ:2001/08/01(水) 20:37
雨で人が死なないのと同じ。

371 :名無しのオプ:2001/08/04(土) 03:56
>>368
漏れも習った。
10円玉じゃなくて針だったけど<針落としたら瓦が割れる>と。

372 :名無しのオプ:2001/08/04(土) 04:15
明らかに>>368,>>371は「死ぬ」の後に付け加えられているべき
「真空中ならね」を聞き漏らしている(先生がいわなかっただけかもしれないけどさ)

373 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

374 :森博嗣:2001/08/04(土) 10:28
>>368
人はいつか必ず死ぬので、命題としては真。

375 :執事バンター:2001/08/04(土) 13:33
大学にきていてあまりに暇だったので、つい落下実験をしましたが、
気の弱さから失敗しました。一応報告します。

僕が下で待ち、7階から十円玉を落としてもらうことにしました。
そこらにあったボニータキューブで頭を防御。
いきなり命中しましたが、別に雑誌に穴があくようなことはありませんでした。
(ちょっぴりへこんだだけでした)
でも頭に直接落としてもらう勇気はありませんでした。
死なないまでも痛そうだし。

七階というのが中途半端だし、鬱だよ。というか自分が情けないです。

376 :368:2001/08/04(土) 13:42
いえいえ、体を張ってくれてありがとう。
ボニータキューブって厚さどれくらい?
7階っていうと天井約3メートルとしてその他もろもろで20〜30メートルでしょ。
東京タワーって300メートルあるわけだからその10倍だよね。
物理とか大っキライでよくわからんけど、かかる力は単純に10倍ではないよね?
そしたらやっぱり頭に直撃したら穴くらいはあきそうな気がする…。

377 :執事バンター:2001/08/04(土) 14:13
4センチくらいか?定規がないへなちょこ研究室です。

しかし思ったより衝撃はありましたよ。
喩えるのが難しいですが。

378 : :2001/08/04(土) 15:39
(Mail欄)の短編集の中に、
上下に切断された死体のうち下半身を消失させるとかいうトリックがあって、
真相は事故で下半身を失った犯人が自分の車椅子に隠していた、
とかいうのがあったような気がするんですが、
それって血の臭いでバレバレじゃないんでしょうか?
ちゃんと読んだ訳ではないので記憶は曖昧ですが。
あとそれとは別に、そこまで無茶しなきゃならないほど
この作者はアイデアに困ってるのかなとも思った。

379 :ixi:2001/08/04(土) 17:51
>376
落下物の重さをM、加速度をG、高さをH、初速度を0とする。
エネルギーてのは保存されるから、位置エネルギーで計算できて、
結局地上でのエネルギーはMGHな訳です。
エネルギーだけなら単純に10倍。

で、よかったはずですが。物理板の人、検証お願い。

380 :名無しのオプ:2001/08/04(土) 19:03
終端速度ってもんがあるだろ。

381 :名無しのオプ:2001/08/04(土) 21:58
物理板で聞いてきました。

876 名前:ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2001/08/04(土) 15:06 ID:CWr.wLc2
東京タワーの頂上から10円玉を落としてそれに頭が直撃したら
氏にますか?

877 名前:ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2001/08/04(土) 15:16 ID:???
いるよね、橋の上から空き缶落とす奴>やめれ

878 名前:ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2001/08/04(土) 15:50 ID:???
10円玉に当たって死にたくないな。

879 名前:ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2001/08/04(土) 18:49 ID:WHlZI9EU
10円玉じゃまず死にません。
パチンコ玉なら死ぬかもしれません。
だいたいこんなもんだと思ってますが、合ってるかな?

882 名前:ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2001/08/04(土) 20:16 ID:???
銃を真上に撃つと、弾は70-80m/sぐらいで落ちてくるようです。250km/sぐらい。
高さや発射速度は一定値以上になると関係無い。落下時の空気抵抗と弾の重さで決まる。

883 名前:ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2001/08/04(土) 20:17 ID:???
×250km/s
○250km/h

382 :名無しのオプ:2001/08/05(日) 02:08
>>365 -381
雹でも降った日には死者数千人か?

383 :名無しのオプ:2001/08/05(日) 02:35
ま、雹で死ぬ人はいなくもないけどね。
十円玉は形状が問題。

384 :名無しのオプ:2001/08/05(日) 02:44
斜め屋敷やトリック狂殺人事件って実際やったら証拠の固まりだよね

385 :382:2001/08/05(日) 10:30
メール欄消し忘れなり。
逝ってきます。

386 :黒猫缶:2001/08/06(月) 13:09
>>384
どっちも家を建てるお金がかかりそうですね(^^;

387 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

388 :名無しのオプ:2001/08/06(月) 14:04
落下してきた隕石に当たってやられたってのがあったな。
トンデモちゃんだなあと思ったけど、面白かったし、いいや。
他の作品はまじめだと思うんだけど。
ガイシュツだったらスマソ。

389 :名無しのオプ:2001/08/06(月) 16:19
森の作品

390 :名無しのオプ:2001/08/06(月) 16:26
>>388
あれはトリックじゃないのでは?
まぁ、冒頭にあんなとんでもないの持ってきて許されるのは、
泡坂か山田風太郎(合掌)くらいでしょう。

391 :名無しのオプ:2001/08/07(火) 14:29
age

392 :名無しのオプ:2001/08/13(月) 06:46
短編(シリーズもの)だけど、最近読んだやつでこんなのはどうか。
重い書物を入れて施錠した鞄を引越荷物で送ったところ、誰も手に触れてないのに
中身が空になっていた。荷物が入っていたのは探偵役が自分で運んだので確認され
ている。(時代的には1922年くらい)
→鞄の中身は最初から氷に詰め替えられており、鞄にあいた穴から溶けた水は流れ出ていた。

鞄の中も周りもびしょ濡れの筈だよな。(シリーズ名はメール欄)

393 : :2001/08/13(月) 13:43
>>392
せめてドライアイスにすべきだね。
(その時代に手に入るのかは分からんが)

394 :名無しのオプ:2001/08/13(月) 13:53
>>392
実際に作品見れば不可能は不可能だと思うので、
同設定でどれだけ可能かの検証・・・

(内部)
びしょびしょになる点について
a.蝋などで防水加工をする
b.たとえばビニルなどで口を穴に固定して中に氷を入れる。
 溶けても内部は無事。回収時は外側からすっと引き出して捨てる。

(外部)
ぽたぽた垂れるのをごまかす点について
・穴の場所・移動時にばれ難いルートを取らせる、くらいか?

かばんの回りがびしょびしょになる点について
・吸水性のよい布で周囲を固めておく。
 荷に濡れても不自然でないものも混ぜておき、そちらへすばやく抛り込む。
 発見時の処理が多少煩雑になるが、「氷と積めかえられている」という事実を
 知らない読者にとっては言い訳は可能。

395 :392:2001/08/13(月) 14:44
>>394
ナイスレス!
というのは内部のbというのは私も思い付いて結構良いトリックと思ったから。
実際は犯人が開梱したわけではないので無理だが、外部はまだごまかし易い設定だったはずだし、
何よりもトリックがこのシリーズらしい。
ちょっと頭を使えばだいぶ良い作品になったのに、という好例と思われ。

396 :密室博士:2001/08/13(月) 15:52
不可能犯罪に小道具をうまく使うのがこの作者の味だよな。
作者の人柄とあいまっていい味だしてると思うよ。
無茶なトリックでも、この作者だから許してしまう、というのはあるかもしれない。
やはり小道具で印象的だったのはメール欄。

397 :名無しのオプ:2001/08/13(月) 16:37
密室やらせろ。1回でもいい。

398 :名無しのオプ:2001/08/13(月) 20:47
>>388
それってメール欄の短篇になかったかなあ。

399 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

400 :名無しのオプ:2001/08/14(火) 14:31
そういえば何で誰も島田の「数字錠」に触れない。

401 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

402 :名無しのオプ:2001/08/14(火) 14:40
数字錠はあれよりももっと簡単に開くからじゃないの。
あれは不可能トリックじゃない。

403 :名無しのオプ:2001/08/14(火) 18:45
いや、あれにだまされる方がおかしいと思わないかい?

404 :名無しのオプ:2001/08/14(火) 19:39
それをいったら島田の作品のほとんどがアウト。
できるだろうけど、それはないよなっていうトリックなので、
不可能トリックとはちょっと違う。

405 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

406 :名無しのオプ:2001/08/14(火) 21:03
>>403
激しく同意
(メール欄)みたいなことを堂々と書く気が知れない。

407 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 01:07
島田といえば「出雲伝説」
トリックと関係ないからそのまま書いてしまうが、因幡の白兎に出てくる「ワニ」が
鮫のことだと知らずに小説を書いているのがナイス!

408 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 01:29
ナナメ。読んだ日、怖くて。あれを書いた島田も怖いが買った自分も怖い。

409 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 01:56
なんか電車の運転士がトンネルに入る前のカーブで後ろの車両と
自分の席とが直線になって、その時にライフルで撃ち殺したってやつ。
馬鹿か。氏ね。と思った。

410 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 12:26
数字錠は(メール欄)が(406のメール欄)にだまされること自体ありえないと思うが。

411 :406:2001/08/15(水) 12:44
ついでに言えば、数字錠は設定自体がありえなくないか?
普通の業者はあんな無駄はしないもんだ。
器材は現場近くに置いておいて地下鉄で通うか、どうしても車が持ち運びが必要でも
運転手が一人いれば済むことではないか?

412 :411:2001/08/15(水) 12:45
「車が」→「車で」
逝テキマス

413 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 13:01
島田のトリックは「こんなことないよ」とは思うけど
不可能じゃないと思う。
数字錠の場合はあえて御手洗が嘘ついてるし。

414 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 13:16
>>410
「御手洗が言ったから皆信じた」ということもないとはいえまいが。
ところで(メール欄)にする必要はないのでは?

415 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 14:28
飛島殺人事件がむかついた。
あんなのって(メール欄)って言えるか?

416 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 14:32
>>415
いきなりネタ割るなよ。作品名も違うだろう。

417 :名無しのオプ:2001/08/15(水) 18:36
>>416
それこそ415の叙述トリック

418 :410:2001/08/15(水) 21:26
>>414
そういう解釈もあるんだね。なんとなく納得したよ(w
メール欄にしたのは念のため。
あの話は御手洗がウソをついたってとこがキモだと思うから。

でも、あのウソには小学生だってだまされないと思うぞ。

419 :名無しのオプ:2001/08/16(木) 00:39
あれは一時的に誤魔化せればいい、つまりハッタリでなきゃいけないわけだから、
ストーリー的には破綻のない理論を突きつけるよりは美しいはず
さらに言えば、トリック見破れてみんなうれしかったんじゃないの?(w

ってここまで書かれてるから結構核心まで書いてしまってるな・・・

420 :名無しのオプ:2001/08/16(木) 09:52
数字錠の議論もここまで来たのであけすけに言ってしまうと、
あれって、輪が3つあるから正解は10の3乗なのだけど、
御手洗の答のどこを見ても3という数字は出てこない。
この辺を嘘っぽいと思うかどうかだと思うんですけど。

421 :名無しのオプ:2001/08/20(月) 18:12
age

422 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

423 :名無しのオプ:2001/08/20(月) 20:47
殺人が起こった一軒家の物置に6体の死体を置いとく。
いくらなんでも、これは見つかるだろ?

424 :名無しのオプ:2001/08/20(月) 21:29
確かに数字錠は現実ではだれかがつっこみ入れるだろうね。
幼稚園児じゃないんだから。当時は赤川のライト路線とか西村の列車物とかの全盛で
それとは違う路線というだけで許されてたのかな。レベルはかなり低いよね。
コーヒーがどうの紅茶がどうのでキャラ萌えのオタクが対象だったのかな?

425 :名無しのオプ:01/08/31 19:13 ID:lBOsLy1g
>>392
同じことが(メール欄)にもいえるな。
392の鞄が(メール欄)に変わっているだけに
こっちは更に無理っぽい。

426 :425:01/08/31 19:26 ID:lBOsLy1g
しまった。425のメール欄は開くまでなんの作品か
ぜんぜんわかんねーおそれが!
一応作者だけは(メール欄)に書いておくのでご注意を!

427 :名無しさん@1周年:01/08/31 20:17 ID:jf.N7moQ
「現実には不可能なトリック」なら沢山思いつくのだが
「理屈の上では不可能だが実際にやれば出来る」トリックてのはないだろうか?

428 :名無しのオプ:01/09/01 15:52 ID:ptXKqdOI
よくある、
「風呂場で溺死させたのを海に放り込んで事故死に見せかける」
というトリックは肺の中のプランクトンで見破れるはず。

>>427
厨房か消防のころ、
「頚動脈に針を深く刺したら血を出さずに死んで自然死に見える」
って理科で教わったのだが本当だろうか・・・・
法医学についてはどこの板で聞けばいいんだろう・・・・

429 :名無しのオプ:01/09/01 16:39 ID:iACBuHCI
>>428
すくなくとも、法医学レベルでは、頚動脈に突き刺した針の穴が見つかった時点で殺人と判断すると思われ。

430 :名無しのオプ:01/09/01 18:52 ID:pci5BRIc
>>427
それはトリックでなく、単なる「気合」だろ!

431 :名無しのオプ:01/09/01 19:07 ID:zz8SLIKg
>>428
さすがにその溺死は2時間ドラマだってやらないと思うけど。
海水汲んできたけど、その海にいるはずのないプランクトンが
検出されたってことから、謎解きになる小説だかドラマはあった。

432 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

433 :3000:01/09/02 00:13 ID:1kgrxyHk
何故荒らす?

434 :名無しのオプ:01/09/02 01:11 ID:OA.wr2sM
例のコナンマニアなんだろ、ほっとけや

435 :名無しのオプ:01/09/02 01:20 ID:TRQCQRa.
最近、海野十三の帆村ものをいくつか読んだけど、どれもこれも無理っぽい。
『振動魔』とか『赤外線男』とか。

436 :名無しのオプ:01/09/07 17:12
倉知淳の「空中散歩者の最期」

「えいやっと**する」いう部分が無理ではないですか?

437 :名無しのオプ:01/09/10 16:47
>>429
本当に出血しないなら館ものか孤島もので活用できると思うけど・・・・
まあ、出血しないわけないと思うが。

438 :名無しのオプ:01/09/16 05:12
age

439 :名無しのオプ:01/10/18 00:36
南蛮渡来の殺人アイテム。
極端に鋭利で細い刃物。ただ一突きに心臓を突き刺す。
傷痕がほとんど残らない。刺されてもすぐには死なない。数分後に突然死亡。
傍目には自然死にしか見えない。
加藤清正もこれで死んだ…

440 :もんまり:01/11/02 00:44
今日、スーパーで芋ケンピ売ってるのを見て思いついたんですが
凶器が芋ケンピで、その凶器は被害者の胃の中にあった!!
こんなミステリー読みたい?

441 :名無しのオプ:01/11/03 04:54
>>440
・・・・・俺も全く同じこと考えたことある(食うのは犯人だけど)・・・恥泣

442 :名無しのオプ:01/11/04 00:56
>>440
歯茎に刺さって大出血という日記を見たことがある
si...sika(謎)

443 :名無しのオプ:01/11/17 20:14
>>441
恥泣・・・・チキュウ・。・

444 :勘違いしてま〜ス ねつてつです^^:01/12/20 19:46
ねつてつ バンダナはやめとけよ、ったりめーダヨ、今日この頃^^)

445 :勘違いしてま〜ス ねつてつ叩きです^^ :01/12/26 00:23
ねつてつ叩き バンダナはやめとけよ、ったりめーダヨ、今日この頃^^)

446 :名無しのオプ:02/01/10 21:23
くたばれ!ねつてつ
くたばれ!ねつてつ
くたばれ!ねつてつ

447 :名無しのオプ:02/01/22 13:01
馬鹿の書き込みは脳内あぽーんして保全age

448 :名無しのオプ:02/01/29 01:52
>>440
凶器が誰かの胃の中に納まるって話、学校の英語の教科書で
読んだことあります。
妻が夫を凍った鹿肉で殺してそれを料理して、たずねてきた刑事
たちに食わすって話。証拠隠滅。らしいが、凶器がなくても
自供で、有罪になりそうだが・・・
ニュースで死体を灰にして河にまいたけど自供で立件されて、
警察が必死で河をざるですくってたのみたことあるし・・・
実際どうなんだろ?

449 :名無しのオプ:02/01/29 22:20
>448
あ、そのお話が収録されている本持ってる。
短編集なんだけれど、途中で読むのやめちゃって何処かにいっちゃった。

450 :1716:02/02/03 21:07
海外物ですが「五十一番目の密室」。
考えられる限り無茶。あと有栖川の「四十六番目の密室」も無理っぽい。

451 :名無しのオプ:02/02/03 22:44
>>448
たしかに部屋の中に鈍器になりそうなものがほかに1個もない、という状況はちょっと考えづらいかも。
(どこからもルミノール反応がでない、ということはあるかもしれないが。)
>>449
その短編集自体はめちゃくちゃすぐれもの。448のような本格っぽい作品はあまりないが、古今
の短編集でもベストを争う出来(と一般には言われている筈)

452 :449:02/02/04 01:39
>451
そうなの? 知らなかった…ありがとう。
何気なく買ったものだったからビックリ。
時間が出来たら読んでみよう。

453 :名無しのオプ:02/02/04 19:14
「13階段」のメイントリック(メール欄)って仮に可能だとしてもミステリにおいては究極の禁じ手だと思う。
もっとも他スレでも「絶対不可能」と断じられてはいたが。

454 :名無しのオプ:02/02/11 09:41
斜め屋敷


絶対無理。
斜めの屋敷からして欠陥住宅以外ない(w

455 :名無しのオプ:02/02/11 09:53
ウイチャリーのは無理って某書に書いてあったね。
ハードボイルド系なのに・・・
やっぱりロスマクは本格作家ですな。
(別に糸と針とか殺人機械とかが出るわけじゃないけど)

456 :Ms.テリー:02/02/11 13:06
島田のトリックは不可能なのばっかりだ。
その大胆さで売れているのかもしれないけど
俺はああいうのは好きではないな。
やはり現実味のあるトリックじゃないと。

457 :名無しのオプ:02/02/11 13:30
島田氏に限らず最近の日本の有名どころはみんなそんな感じだね。
十角とかもちょっと無理矢理な感じだし。
文系タイプと理系タイプに好みがわかれそうだ。
文系タイプ「やっぱり大胆でないと!!」
理系タイプ「こんなのできるわけねえだろもっと現実的なのぎぼんぬ!!」

458 :基地外 ◆zqJV6Sg2 :02/02/13 17:30
どの小説ってわけじゃないけど、
青酸カリを入れた飲み物なんて刺激があって普通飲めませんよ。
お茶系のものだったらどす黒く変色してるし。
化学系出身者として。
(そんな小説ないか・・・)

459 :名無しのオプ:02/02/13 17:36
>>458
煽るわけではないが、味見したことあります?

460 :基地外 ◆zqJV6Sg2 :02/02/13 17:51
>459
するどい指摘!さすがにそれは無いです(藁

461 :名無しのオプ:02/02/13 18:10
>>460
というか、青酸カリの半数致死量って100〜200mgくらいでしょ?
そんな量で味って分かるんだろうか?(何かの飲み物に混ぜた場合)

462 :基地外 ◆zqJV6Sg2 :02/02/13 18:24
>>461
手元の資料では致死量500-800mgでした。
確かに、>>458は言い過ぎたかもしれません。
紅茶に入れたら色は変色して、強アルカリが舌を刺す感じというのは、
コリンウイルソンだか憶えて無いけど、描写を見たことがあるのですが・・・
現実に青酸コーラ事件やビールに青酸を入れて殺したセアラハドラー事件も起きているから、
コーラとかビールに混ぜれば気付かないのかも・・・
帝銀事件のは刺激があったとされていますが、あれは確か青酸カリでは無いと言われていますよね。

463 :名無しのオプ:02/02/13 18:38
今あるミステリ小説の約80%は不可能らしいんですが、
逆に可能なのを挙げていくほうが早いのではないでしょうか。
知らんけどね。

464 :基地外 ◆zqJV6Sg2 :02/02/13 19:27
青酸カリの致死量の件、理化学辞典で調べ直したら150mgでした。スマソ。

465 :名無しのオプ:02/02/13 19:43
>>458-464
青酸カリに限らないんだが、
致死量ってのは、体内にとり込まれたら死ぬ量なんだよね?
150mgをお茶に入れたらOKってわけではないよね?
確実にっていうのならば、一口あたり150mgになる分量ってことか。
結構な分量(味が変る程度)必要なのかもしれんな。
飲んだことないからわからんけど(w

466 :名無しのオプ:02/02/13 19:46
古畑は可能そうなのが多いね。

467 :名無しのオプ:02/02/13 20:35
藤田和日郎の「夜に散歩しないかね」
幾ら(メール欄)が落ちて来たってあんなうまく行くか?

468 :名無しのオプ:02/02/15 22:06
有名ミステリーは題名や屋敷でトリックが解っちまうのが多いね。

<島田>斜め屋敷の殺人→なぜ斜め??→答
<綾辻>十角館→なぜ十画にこだわる?→答
<金田一>蝋人形城→なぜろう人形?→答
 

469 :名無しのオプ:02/02/16 01:01
新しいところで、森博嗣の捩れ屋敷、保呂草がやったとされてることって>メール欄


470 :名無しのオプ:02/02/17 00:35
あした天気になあれ(岡嶋二人)
出来そうでやっぱ出来ないだろう。

471 :MSテリー:02/02/17 01:14
コナンのトリックのうち80%ぐらいは無理。

472 :名無しのオプ:02/02/17 01:24
話ずれるけれど、今この世に存在する最も強固な糸って
どんな物になるのだろうか
マジシャンが大金はたいて買うような特殊な糸に興味があるのだが

473 :MSテリー:02/02/17 01:25
やっぱピアノ線ちゃう?

474 :名無しのオプ:02/02/17 01:34
>>468
金田一にそんな事件あったか? って一瞬考えちゃったじゃないか!
金田一少年ならちゃんと少年を付けてくれ〜。

475 :名無しのオプ:02/02/17 18:20
>472
「バキ」でドリアンが使ってるの。


476 :名無しのオプ:02/02/27 18:22
最近のミステリってなんか実現不可能そうな大掛かりなトリック多いよな。


477 :名無しのオプ:02/02/27 18:22
それがミステリの醍醐味だ。

478 :名無しのオプ:02/02/27 18:47
>>470
それはちばてつやのゴルフ漫画。
(正解は「あした天気にしておくれ」)

479 :名無しのオプ:02/02/27 19:25
>>200
キャンタマがつぶれそうだよね
…下品でスマソ

480 :名無しのオプ:02/02/28 06:38
いわゆる日本の本格物ってやつ
大体が屋敷に閉じ込められるって設定だけど
どうせその家の主が犯人なんだからみなごろしにすりゃいいのに。

っていうか屋敷にトリックがあるとかってアリ?

481 :>480:02/02/28 07:00
>大体が屋敷に閉じ込められるって
閉じ込めなきゃ連続殺人できない。

>どうせその家の主が犯人なんだからみなごろしにすりゃいいのに
イキナリ皆殺しにしたら小説にならない。

>屋敷にトリックがあるとかってアリ?
トリックもでつくされて屋敷にトリックぐらいしか思いつかないのだろう。



482 :不眠症の美少女:02/02/28 20:58
睡眠薬を飲食物に混入して相手を眠らせるやつ。よくあるパターン。

おいおい人間、そんなに簡単に眠れるならこの世に不眠症なんかいねーよ。
睡眠剤なんて効かねえんだよっ!

483 :名無しのオプ:02/02/28 22:06
美少女ネエ・・・(笑

でも睡眠薬たくさんいれれば効くんじゃないの??

484 :名無しのオプ:02/03/12 22:43
美少女w

485 :名無しのオプ:02/04/04 22:09
良スレage

486 :名無しのオプ:02/04/04 22:41
>>482
クロロホルムを染み込ませた布で顔を覆って眠らせる、というのも
不可能らしい。医者の友人に聞いた。


487 :名無しのオプ:02/04/06 08:44
バトル・ロワイアルの冒頭で、投げナイフ(しかも細身のナイフ)が女生徒の額にぶっ刺さるシーンがあるのだが、
頭蓋骨の前頭部ってそんなにヤワなわけないよな?

488 :名無しのオプ:02/04/07 20:49
・頭殴って気絶させる
めったにできる芸当ではない。
・ドアを体当たりで破る
できるわけがない。

489 :名無しのオプ:02/04/07 22:03
>488
鍵のあるあたりを蹴るとうまくいくらしい。

詳しくは「この方法で生きのびろ!」をどうぞ。

490 :名無しのオプ:02/04/16 23:12
昨日読み終わったばかりの小説なんだが。
ウイスキーに毒を仕込んだのをプレゼントしておいて、
その後某ビデオを見るようお奨めする。
実はそれは(メール欄)で、ついつい毒を呑んでしまう…
というのは物理的にトリック的にありなんだろうか?
初めてこんなの見たんで吃驚してしまってつい

491 :親切な人:02/04/16 23:21

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

「高性能ビデオスタビライザー」↓
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/NEO_UURONNTYA

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

492 :名無しのオプ:02/04/16 23:31
>>490
それは「プロバビリティの犯罪」ってヤツだろうから、まあ、
ありと言えばあり。
実際かなりお粗末なトリックだけど、もっと不確実なものだって
まかり通ってるからなあ。たとえばリラックス効果のあるアロマを
嗅がせて、<メール欄>とかね。

493 :名無しのオプ:02/04/16 23:34
>490
有栖川某作品ですかね。
コロンボにも類似トリックがあった気がするけど、
そもそも(メール欄)に効果があるかどうかは疑問ですな。

494 :名無しのオプ:02/04/16 23:38
>>490
でも、いずれそうなるんだろうから、必然性がないような・・

495 :名無しのオプ:02/04/16 23:43
>>490
科学的な根拠は無いかもね。
要するに自分が納得できれば良いんだから、誰か実験で確認してみないかな?
高性能のパソコンが普及して、(メール欄)も簡単になったことだし。

496 :名無しのオプ:02/04/17 21:05
>492-495
490です。ありがとうございます。有りと言えば有りなんですね…。
493さん、多分その某作品だと思います。
どこだったか忘れましたが「不確定・偶然に頼った殺人は駄目」
とあったんで、「これはいいのか?」と吃驚してしまった訳です。
…勉強になりました。ありがとうございました。

497 :名無しのオプ:02/05/19 12:44
保全あげ

498 :名無しのオプ:02/05/19 13:25
一人二役


499 :名無しのオプ:02/05/19 20:31
昔、人を眠ったように殺すには20センチくらいの針を耳から一気に
刺すって話を読んだか、見たかしたんだけど・・・・
んで何人も殺してんの
あれってホントだったんだろうか 気になって仕方ない

500 :名無しのオプ:02/05/19 20:42
>499
それ、小学生の時に担任から教えてもらった。

力のない人でも人を殺せる方法として。

501 :名無しのオプ:02/05/19 20:46
>>499
(メール欄)かな?
戦中〜戦後の、法医学が未発達で社会も混乱していた
当時なら可能だった気もしなくはない。

502 :名無しのオプ:02/05/19 21:02
>>500
他にも知ってる人がいて安心した

>>501
多分それだ  教えてくれてありがたい

503 :501:02/05/19 21:04
上を書いていて思い出したが、>>501メール欄のメイントリック
(メール欄1)こそ不可能そのもの。
昔、ドラマ化されたものを見たが、原作を読んでネタを知っていたのを
考慮しても、一目でバレバレだった。

スタッフも無理を感じたのか、犯人はトリックを狙ったのではなく
(メール欄2)だったと言い訳していた。

504 :名無しのオプ:02/05/19 21:24
つーか、たいてい不可能だろ

あるいは警察が知れべたらすぐにバレる



505 :名無しのオプ:02/05/19 21:35
ぜんぜんミステリーじゃないけど「恋愛ピアノ教師」っていうV氏ねもそう。
同じ女優が姉妹を演じていて、姉妹揃って同じ男を好きになり、
そのゴタゴタが原因で姉は過去に自殺未遂した経験アリという設定。
妹のほうにピアノを習う主人公の青年と妹とのV氏ねらしいお決まりのエロシーン
などもありつつゆる〜く物語は進行し、
ラストで姉は過去に「自殺未遂」ではなく本当に「自殺」していて、姉の死に責任を感じた
妹が多重人格者となり「姉」の人格を生み出してしまったという驚愕の結末が明かされる。
小説だと陳腐なトリックだけど、映像作品だと同じ役者が一人二役で姉妹を演じるというのは
ある意味お約束なだけに、ホントに一人一役でしたというオチに
思わずチンポを持つ手が固まった。もちろんオナニーどころではなかったのは言うまでもない。

506 :名無しのオプ:02/05/20 07:33
空気を注射したって死なないよね?ね?

507 :名無しのオプ:02/05/20 09:04
>>506
空気注射は死ぬでしょ。
確か10cc位で血管が詰まると聞いた。

ってか、実際最近の看護婦さん達の事件でも使われたとか……

508 :名無しのオプ:02/06/09 11:18
>ってか、実際最近の看護婦さん達の事件でも使われたとか……
どうやら実行可能だったみたいね。

由良三郎は「理論的には死ぬはずだが
生体実験するわけにもいかないので実際のところは分からない」と書いていた。



509 :名無しのオプ:02/06/17 18:00
誰も書かないので久々に。
鯨統一郎「九つの殺人メルヘン」で、犯行時海外にいた犯人のアリバイトリックが(メール欄)つうのがあったがありゃいくらなんでも無理では。
一応もっともらしい説明はされてるんだけどね。

510 :名無しのオプ:02/06/28 15:05
age

511 :名無しのオプ:02/06/28 16:24
犯人の小柄な女が被害者(女)を背負って雪の中を離れに歩く。
自分と同じ体重の被害者を背負って歩いて、力持ちだから?
帰りは酔っぱらって寝ている被害者の姉を背負って母屋に帰る。
両方無理だろ!!
自分と同じ体重だぞ!!

512 :名無しのオプ:02/06/28 16:42
冷凍した仔牛だか羊だかの腿肉でダンナ撲殺して
捜査に来た警官にその肉を料理して食わせちゃうってのもあったな
ぉぃぉぃって思ったもんだが…

513 :名無しのオプ:02/06/28 19:10
目の前に死体があるのに見えていなかった
もしかしたら可能なのかもしれないけどさ

514 :名無しのオプ:02/07/01 00:17
某宮崎アニメ映画で、放った矢が野武士の腕を
引き千切って吹き飛ばすというのはどうだ。

515 :名無しのオプ:02/07/01 00:22
ソニックブームです

516 :名無しのオプ:02/07/01 01:43
>513
可能だと思う。
とある病気にかかった時にそういう現象が起きた。
目の前にあるのに脳が認知していないという現象は絶対に存在するんだよ。

517 :Hasting:02/07/01 03:15
日本以外で西村君系の鉄道ミステリーは無理。あんなに正確なダイアがあるのは日本だけです。イギリスもアメリカもひどいもんね。ドイツが2番

518 :名無しのオプ:02/07/01 03:41
>>514
ありゃ憑き物の影響じゃなかったか。

519 :名無しのオプ:02/07/01 05:21
木曜に終わったドラマの「眠れぬ夜を抱いて」
原作じゃあどう書いてあるか知らんが、(メール欄)を無視してるんじゃないかと思ったが。

520 :名無しのオプ:02/07/09 21:50
テープを自分の首にまきつけ
その一端を17キロのダンベルに結わえて
窓から落として自殺する・・・

首の骨、折れないか?

521 :名無しのオプ:02/07/21 00:33
>>517
国内でも遅れる所は遅れるからなー
新潟県のローカル線は大風が吹くと遅れます

522 :名無しのオプ:02/07/21 10:56
頭殴って気絶させるってよくあるけど
あれってしんじゃうよね

523 :名無しのオプ:02/07/21 11:22
娘が母親に化けてしかも探偵と飲んだらバレるよなあ

524 :名無しのオプ:02/07/21 11:24
チェスタトンの『見えない男』(だっけ?)
ありゃばれるだろ。

525 :名無しのオプ:02/07/21 14:14
>>524
確かに。
時代を感じさせますな。

526 :名無しのオプ:02/08/03 21:26
赤魔術に木馬仕込むヤツ。
(メール欄)に気を取られたスキに脱出。ダレカキヅケヨ!
発動までに時間をかけた大掛かりなシカケのわりにそこだけがオソマツ。

527 :名無しのオプ:02/08/03 22:37
>>508
あと、動物実験ではけっこうな量を注射してもしななかった例も
あるって書いてあったよね、確か。由良氏じゃなかったかもしれないけど。

528 :sage:02/08/03 23:00
>>519
(メール欄)なので比較できないのでは?

529 :名無しのオプ:02/08/08 23:11
>>520
なぜそんな面倒な自殺を?

530 :A.M.:02/08/08 23:19
森村誠一の『盗まれた密室』の主人公=犯人が、密室殺人を創るため
使用したトリック(メール欄)。もちろん私には実行できないけれど、
もしそれができる人がいたら、ぜひとも後学のために見てみたい。

531 :名無しのオプ:02/08/09 15:00
勘ぐりすぎも多いね。
>>482
睡眠薬を知らず知らずのうちに飲むのと、意識して眠ろうと思ってのむのとはちがうんだよね。
湯しらないで飲むとついつい油断するのかも。

>>511
やや苦しいけど「火事場の馬鹿力」かもね。
「火事場の馬鹿力」は非科学的なものではなく、科学的に立証されてるそうだ。
匿名リサーチでもしてた。

>>493
サブリミナルはほとんど嘘だが、映像で美味しそうの特定のものを食べる映像を見れば、
特定の食品を食す可能性はあるだろう。
まあ、失敗しても、さしたるリスクはないし良いんじゃないか?

>>530
骨を外すというのはともかく、泥棒が驚くほど小さな穴から逃げたという事件はあった。
これはワイドショーでやってたのを私がこの目で見ていたので間違いない。
具体的に言うと換気扇を外して、その隙間(それも驚くほど小さな隙間)から抜け出て換気扇を元に戻しておいたというもの。
事実は小説より奇なり。

532 :名無しのオプ:02/08/09 15:11
>>530
軽業師とかサーカス芸人は常人にはできないようなこともできるのは確かだな。

533 :名無しのオプ:02/08/09 16:29
レインボーマンも確かできたと思ふ。


534 :名無しのオプ:02/08/09 19:48
>>533
月の化身(月曜日担当)だね。

535 :名無しのオプ:02/08/11 10:10
>>532
それにしても(メール欄)はやりすぎと思ふ。

536 :名無しのオプ:02/08/27 06:51
トリックとはちょっと違うが
拳銃の弾が体をかすめたような場合、衝撃波で骨折すると言う話を聞いた。

537 :名無しのオプ:02/08/27 19:07
>>536
それは口径によるね

538 :名無しのオプ:02/08/27 20:54
室内で熊を飼うのは
不可能っぽい

539 :名無しのオプ:02/08/28 20:59
最近の本格って、普通に推理してもあたるわけがない、ってトリック多すぎ

540 :名無しのオプ:02/08/30 03:20
>>526-7
口径と同時に弾速も重要だね。
ある程度大口径でかすめるときに音速を超えていれば衝撃波で骨折
するような気もする。実際どうなんだろ?

541 :名無しのオプ:02/08/31 09:26
メール欄(伏字にする必要なかったかな?)は読んだあとに本を床にたたき
つけました。
極めてムリなトリックとムリな犯罪動機、ムリな犯人。
これが本格なんだろうか?


542 :名無しのオプ:02/09/01 15:31
>>541
タイトルをメール欄に入れたら、意味がわからなくなります。
怖くてメール欄を見られないし・・・

543 :名無しのオプ:02/09/02 15:23
>>542
メール欄にはズッコケ三人組って書いてあります

544 :名無しのオプ:02/09/03 14:40
>542
ネタバレ満載なこのスレで、今更何を言っているんですか。

545 :名無しのオプ:02/10/08 06:56
age

546 :名無しのオプ:02/12/21 22:19
アイルランドの薔薇の(メール欄1)
絶対ありえないとはいわんが、確実性が低すぎる。
仮に失敗した場合、実行犯は絶対に言い逃れできないと思うがどうか。

547 :名無しのオプ:02/12/21 22:23
>>546
アイルランドの薔薇の、アレについてなんだけど、

548 :名無しのオプ:02/12/22 03:36
>>541
取り敢えずお前は読み違えている。もう一度読み直せ。
犯人にせよトリックにせよ「無理」ではない。

そう云うことは「流水大説」を読んでから云うんだな。
まぁ、あれは「小説」ですらないが。




549 :名無しのオプ:02/12/22 03:56
>>541
ほんとに最後まで読みました?
木更津のとこまでしか読んでないんじゃないの?

550 :546:02/12/22 11:43
>>547
まあ、そういうことも無いとも言いきれないが、状況がきわめて限定的だからな・・・

551 :546:02/12/22 11:49
550に追加。失敗した時点で(メール欄)だったらどうする?

552 :名無しのオプ:03/01/05 14:27
age

553 : :03/01/06 10:42
>>549
つーかラストの真相も相当ムリだけどね。

554 : :03/01/06 10:50
あの犯人にあの犯行が可能だと思ってるの? どうかしてるんじゃないの?>>549

555 :名無しのオプ:03/01/06 22:52
翼ある闇はあの真犯人には無理とか、木更津の推理はありえないとか
そういうのはどうでもいいんだよ。
作品全体に仕掛けられたトリックに酔いしれることができたなら、それでOK!!


556 :      :03/01/11 07:32
>>555
酔えねーよ、あんな駄作。マジで評価してるやつ低脳だと思う。
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Mystery/Maya/Maya_1.html


557 :名無しのオプ:03/01/19 10:44
>>530
遅レスだが
www8.ocn.ne.jp/~moonston/shiratori.htm
こういう人間は実際に存在したらしい。

558 :山崎渉:03/01/23 18:31
(^^)

559 :名無しのオプ:03/02/08 20:32
地蔵背負いって検死の段階でバレそうな気がする。

560 :名無しのオプ:03/02/09 04:37
あげてみる

561 :名無しのオプ:03/02/18 19:51
「メール欄」とは、何を指すのでしょうか。

562 :名無しのオプ:03/02/18 20:04
いろんな板から集まってるよ
http://gamble.2ch.net/test/read.cgi/pachi/1044810924/l50
悲惨すぎるスレ、特に>>14(黄昏)
かなり痛い香具師です

563 :名無しのオプ:03/02/26 00:33
個人的に好きな作品で、かつ一般的にも名作と言われているのであまりけなしたくはないのだが、
岡島二人の「そして扉が閉ざされた」のトリックは絶対不可能だろうと今日、再読して思った。
理由は、あのトリックが成立するためには、(メール欄)が絶対的な条件の筈なのだがどこを
どう読んでもそうなるとは考えられない、ということなのですが・・・
ちょっと細かいところにケチつけすぎでしょうか?

564 :名無しのオプ:03/02/26 01:44
あんまり細かいところを気にしすぎるとねえ…。
島荘の「斜め屋敷の犯罪」だって【メール欄】で一巻の終わりだし。

565 :■むぎ茶 ◆MUGIydg/Z. :03/02/26 12:08

> 岡島二人の「そして扉が閉ざされた」のトリックは絶対不可能だろうと今日、再読して思った。
> 理由は、あのトリックが成立するためには、(メール欄)が絶対的な条件の筈なのだがどこを


 わたあめの割り箸が首から脳に刺さって死亡って事件も
 実際にあったからね。不可能ではないと思わ。



566 :563:03/03/04 00:13
よくよく読み直してみると、絶対不可能ともいえないかな、とも思えてきた。
ポイントは(メール欄1)なのだが、(メール欄2)との表記もあり、
あの岡嶋がそこまで考えない訳無いか・・・という気もする。
それでも不自然な箇所はいくつかあることは確かだが。

>>564 
あれは一応成功してる訳だし、俺的にはセーフ。
もちろん「失敗したらどう言い訳するんじゃ〜」という意見は正しい。
>>565
それは普通に考えてもあり得ることではないかと・・・。


567 :名無しのオプ:03/03/09 20:55
島田荘司「暗闇坂〜」
あの犯人に、あのトリックは実現不可能だろ。
しかも、嵐の中でどうやって(メール欄)?
何でスコットランドの家には、風呂もトイレもキッチンも無いの?



568 :山崎渉:03/04/17 15:55
(^^)

569 :名無しのオプ:03/04/18 23:48
誰も触れないけど、綾辻の「時計館の殺人」
で(メール欄)ことが無理なのはすでにミステリファン
の間では常識なのだろうか。。。


570 :名無しのオプ:03/04/18 23:51
>>569
何で無理なの?

571 :569:03/04/19 00:07
570さん、あなたは男性ですね?
(メール欄)


572 :570ではない:03/04/19 00:27
>>571、「男性ですね」で分かる。メール欄の意味無し。

それはともかく、そういう知識を与えなければ、何とかなるんじゃ?

573 :570:03/04/19 00:32
>>571
なるほどね。
確かに私は男です。
でも、男なら「メール欄」で気付くかもね。
ある程度年齢がいってればだけど。

574 :名無しのオプ:03/04/19 00:40
>>571
女だけど、気付いてなかった、あたし。
んでも、20年以上前で、病弱だったことも考えると(メール欄)かも。

575 :569 :03/04/19 00:44
>>572
すみません。やってしまった。。。
> それはともかく、そういう知識を与えなければ、何とかなるんじゃ?
うーん、永遠は生まれた時からあの館に居るわけじゃないですよね?
病弱とはいえ、普通に学校とか通ってたんじゃないかと思ってたけど。。。





576 :名無しのオプ:03/04/19 00:51
いや、学校行ってたらその時点でトリック不可能でしょ。
たしか館から出させないようにしていた記憶がある。

577 :569:03/04/19 02:55
>>576
すみません。分かりにくい書きかたをしてしまいましたね。
学校に通ってた云々は、中村青司が時計館を完成させる前の
ことのつもりで言ったんです。
今読み返してみたら、永遠は10歳まで東京にいたって書いてあり
ました。
だから、普通にその頃は学校に通っていたのかな、と
思ったんですが。。。


578 :山崎渉:03/04/20 02:38
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

579 :山崎渉:03/04/20 06:45
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

580 :名無しのオプ:03/04/20 21:00
他にも、昼間のはずなのに聞こえる花火の音とか。

581 :名無しのオプ:03/04/24 23:52
永遠は病弱だったんだから不規則だったんじゃ?
(そんなこともないのかな)

582 :名無しのオプ:03/04/24 23:56
周期をコントロールする薬ってあるよね


583 :名無しのオプ:03/04/25 22:41
一般的な周期は25日から38日だそうで、
それなら永遠が知識を知っていても、
充分に誤差の範囲内では。


584 :名無しのオプ:03/04/26 13:27
>583
誤差っていっても、普通に考えて(メル欄)のは変だと思うんじゃ・・・

585 :名無しのオプ:03/04/26 15:38
正常に来てたという確証もないがなー

586 :名無しのオプ:03/04/26 16:30
何年も来ない人もいるしね


587 :名無しのオプ:03/04/26 22:18
時計館ならそもそも、江南があそこまで細かいアリバイ表を作って
なかったら犯人はどうするつもりだったんだ?
時間に大雑把な奴を生き残らせたら、犯人の工作は
徒労に終わるだろ。
・・・まあ、ここら辺のツッコミは皆してるだろうが。


588 :名無しのオプ:03/04/26 23:00
十各館の殺人なんだけど、
あれって犯人以外の誰かが、旅行に行かない友人
(河南など)に「(メル欄)」って言った時点で
バレるんじゃない?

589 :名無しのオプ:03/04/26 23:14
(メール欄1)だけなら、結局犯人が誰かは分からない。
(メール欄2)まで言ってたらアウトだが。

590 :名無しのオプ:03/04/28 09:47
>588
江南はメンバーと切れてたんじゃ

591 :名無しのオプ:03/04/28 12:29
>590
江南はたとえばの話。
ミス研には7人以外にも部員がいるはずだし、
そもそも行きの船の中で送ってくれたおっさんに
言う可能性だって否定できない。

592 :名無しのオプ:03/04/28 13:50
話はもどるけど、
女の子って、1年間に来た生理の回数なんて、普通数えないよ。
それに、若いときは不順だしねー。
生理が2ヶ月来なかったり。2週間で来たり。


593 :名無しのオプ:03/04/28 14:20
もういいじゃん整理ネタは
下世話な話だよ

594 :名無しのオプ:03/04/28 20:42
じゃあ次は、うんこの回数とオナニーの回数、
どっちの話しにする?


595 :名無しのオプ:03/04/28 20:51
生理よりうんこやオナニーの方がましだな
オナニーだったらとんかつだな

596 :名無しのオプ:03/04/28 22:32
574説に1票だな。
(メール欄)だし、微妙だろ、きてるかどうか。

597 :名無しのオプ:03/04/28 22:45
いろんなとこに生理ってよく登場するけどなんかもういいよって感じ
綾辻つながりだとメール欄とか
そんなに生理出すんなら精通とかも出せや

598 :名無しのオプ:03/04/29 01:46
くろけんの「ウェディングドレス」の密室トリックは何となく不可能だと
思っているんだが、実際のところどうなんだろうか?
おいおい、て思うけど、物理的にどこがありえないか指摘できる
わけじゃないんだよな

599 :名無しのオプ:03/04/30 10:40
「Y」の腐らないミルク

600 :名無しのオプ:03/05/07 00:33
>>598
つうか、あれは作者も実現可能とは思っちゃ無いでしょ。

601 :名無しのオプ:03/05/12 23:28
>>587
つうか俺、謎解きが始まるまで謎に気づかなかった。

602 :名無しのオプ:03/05/12 23:33
>>601
オマエは入館禁止!


603 :山崎渉:03/05/22 04:41
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

604 :山崎渉:03/05/28 12:35
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

605 :名無しのオプ:03/06/14 14:38
>>602
だって人がばたばた死んでいくのが怖かったんだもん

606 :山崎 渉:03/07/15 10:57

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

607 :山崎 渉:03/07/15 13:23

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

608 :山崎 渉:03/08/02 02:24
(^^)

609 :名無しのオプ:03/08/06 19:07
ニャ―――――ン!!!!!

610 :山崎 渉:03/08/15 15:34
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

611 : :03/09/06 19:33


612 :名無しのオプ:03/09/06 23:45
>>506
物凄い亀レスだけど昨日あたりその事件起こって病院謝罪したね。

613 :名無しのオプ:03/10/16 18:34
>>506-508>>612

物凄い亀レスだけど空気注射の致死量は300ccらしいので殺すのは不可能だね。

おそらく507が言ってる事件の最高裁判例
ttp://roppou.aichi-u.ac.jp/scripts/cgi-bin/hanrei/hanrei.exe?122

614 :名無しのオプ:03/10/24 20:18
空気注射では死ぬことはまずないであろうと
上野正彦センセイもおっしゃってた。

615 : :03/10/28 19:09
>>613
上告が棄却されたってことは、殺人未遂で有罪が確定してってこのなの?
難しく書いてあってよく分からん。

616 :名無しのオプ:03/10/28 21:47
「北の夕鶴2/3の殺人」を読んだのですが、あのトリックは物理的にも
心理的にも無理なように思います。
解説の人が「現実的に不可能なことは作者も百も承知の上なのだから批判しては
いけない」と言っていましたが、あんなことをすれば第1すぐ見つかって
しまうのでは。作品のリアルっぽい雰囲気と合っていないように思います。
外出だったらすいません。


617 :名無しのオプ:03/10/29 06:39
某作家の一連の死体を飛ばすトリック。この頃はいい加減「またかよ!」と思うが、今後も
どんどん死体を飛ばしてほしいとも思う。

遅レスだが>>505
>思わずチンポを持つ手が固まった。もちろんオナニーどころではなかったのは言うまでもない。
 禿ワラ。余程「驚愕」したんでしょうね(笑)。なんだか微笑ましいエピ
ソードだ。て、ちょっと違うか?

618 :名無しのオプ:04/02/15 09:23
このスレ好きなんだが、まったく人気がないな、と思っていたらたまたま強烈なのを
読んでしまった。
>>214 でもガイシュツで、一部では有名な話らしいんだが、「日曜の夜は出たくない」所収の
「空中散歩者の最期」(倉知 淳)がソレ。
こいつ(=倉知)、物理とか数学とかよっぽどできないんだろうなあと思わせるようなドキュソぶり
を存分に発揮した怪作。
あまりにのけぞったので、ググってみるも、この作品のそういった側面からの評価が
意外に少ないのにも驚いた。どこかのHPでも言及されていたが、日本の理系教育の将来は
大丈夫か?、と憂えた次第。

619 :名無しのオプ:04/02/15 10:53
>>618
はははは、あれね。あれにはのけぞったわ。
倉知自身が気がつかなくても編集が注意すべきだよね。

620 :名無しのオプ:04/02/15 11:06
理系教育といえば、島荘「水ピラ」の例のピラミッドに水のトリックも
初版では大変なことになっていたらすい。

621 :名無しのオプ:04/02/15 18:00
>>618
あれは「前提が間違っている」以前に、そもそも実行自体が不可能だろう。
猫丸先輩の説明を聞いても、どうやったらそんなことができるのか、
まったく理解ができない。

622 :名無しのオプ:04/03/04 02:28
>空中散歩者
というか、(メール欄)

623 :名無しのオプ:04/03/04 05:58
金田一少年の事件簿すべてトリックは実現不可能

624 :名無しのオプ:04/03/04 07:34
青酸カリを「塗る」となっているもの
青酸カリは固体なので塗ることは出来ないといつも思うのだが
(食塩を塗ることが出来ないように)

あと犯人は青酸カリ等の毒物を素手で扱っているのだろうか?
ゴム手袋つけないと怖いよ

625 :名無しのオプ:04/03/04 08:22
>11>21
遅レスですが、たしかに致死量6グラムでしたね
液体の毒物がコーヒーカップの縁から垂れない、
というのもかなり無理っぽいように思われました。

626 :名無しのオプ:04/03/04 16:30
現場を全焼させる事で、そこにある指紋や体毛・体液等を処分することって出来るのかな?

627 :名無しのオプ:04/03/13 14:36
ディスカバリーチャンネル見てる限りでは、FBI 研究所の目は逃れられそうもないな。

628 :名無しのオプ:04/03/13 21:35
あんまり大規模に燃やすとそれだけで証拠になっちゃうし、
裁かれる時のこと考えたら全然得策でない。
それよりは、見つからな(ry

629 :名無しのオプ:04/03/15 14:30
現実で可能なトリックを考えた方が早いのでは?

630 :名無しのオプ:04/03/23 18:26
>626
現場を全焼させると別の証拠が残ったうえ、放火罪で罪が重くなるリスクも。
焼け出されたご近所から賠償金を請求される可能性もあるしね。

631 :名無しのオプ:04/03/30 00:50
「安政五年の大脱走」
無類に面白いのは認めるが、あのオチはどう考えても実現可能とは
思えんのだが・・・

632 :名無しのオプ:04/03/30 01:12
>>624
青酸カリの致死量は約0・25グラム
水に溶かして簡単に塗ることができる。

633 :名無しのオプ:04/03/30 02:00
>>632
食塩0.25グラムを塗ってみるとわかるよ。
ソルティードッグみたいになる。

青酸カリの場合は口に含んだだけでとんでもない刺激があるし、
0.25グラムを摂取させるのはかなり無理があるよ。


634 :名無しのオプ:04/03/30 05:22
ttp://www2.2ch.net/2ch.html
頼む、助けてくれ。オマエラの力が必要だ

635 :名無しのオプ:04/03/30 17:50
>>633=アホ
0.25gだぞ。
おまえやってみたことないだろ。
1gの1/4でソルティードッグが出来るわけないだろ。
小さじ1パイの1/20だぞ。
このおおばかもの!

636 :名無しのオプ:04/03/30 18:01
塗るという方法をとる場合、別に水に溶かしただけじゃないんだろうと思うが。
だいたい、水に溶けるとシアン化水素発生しちゃうし。
ちなみに、水に溶かすと固形時の苦みはなく、とんでもなく酸っぱくなるそうだ。
青酸カリよりも毒性の強い無味無臭毒はたくさんあるので、それらを使うのが現実的だろう。
まあ、無知によるものでなく、不可能を前提に書いてる小説も多々あるということを付記しておく。

>>633
ソルティードッグは溶かしただけじゃなくてわざわざ塩をまぶしてるんで例として不適切だと思われ。

637 :633:04/03/30 18:17
確かに「ソルティードッグみたい」ってのは表現が悪かった。

でも、0.25gの青酸カリを一気になめさせなきゃだめなんだよ。
(即効性だから飲み物全体に混ぜるのは無理だと思う)
唇の幅に0.25gも塗るとなると、ジャリジャリになるよ。

青酸カリの比重は1.52だから、0.25gの青酸カリは、
1 x 1 x 0.66 (cm)になる。結構多いでしょ?

638 :633:04/03/30 18:19
ちなみに塩の比重は2.16ぐらいだから
1 x 1 x 0.46 (cm)になる。これでも塗るのは大変。


639 :633:04/03/30 18:41
ごめん計算違い。

青酸カリは 1 x 1 x 0.66 の更に1/4だね。
0.5 x 0.5 x 0.66 (cm)とかくとイメージしやすいかな。
塩の場合も同様に、0.5 x 0.5 x 0.46 (cm)

FRISKの直径が約7mmで、厚さ(レンズ状だけど一番厚いところで)が約4mm。
青酸カリでもだいたいこんな感じじゃないかな。
これぐらいならバレずに塗れると思うかどうかだね。

#ちなみにFRISKは50粒で7gだから一粒0.14g。


640 :名無しのオプ:04/03/30 19:19
>>633
その密度はぎっしり押し固めた状態だから
粉のときはもっと軽くなる。

更に書くと0.25はぎりぎりの致死量だから現実的には
もっと多く塗らないとだめだろうね。塗った分がさっと溶けて
飲み込まれないといかんのだから。
体積としてはフリスク(w)2、3粒ぐらい(青酸カリ0.5グラム程度)には
しとかないと殺り損ねが心配だな。


641 :名無しのオプ:04/03/30 20:59
山村美紗たんにもあったね、口紅に青酸カリを混ぜ込んで飲ませるというもの。
蜂蜜を塗るわけではないから、そんなにペロペロとはやらないし、質感とか
変ってくるはずだから難しいと思うが

642 :名無しのオプ:04/03/30 21:46
腕時計なんか持っていなさそうな貧乏学生を家に招待し、家中の時計を一時間遅らせておく。
そしてまだ学生の来ていない九時に学生の常食であるラーメンの出前を取り、九時(と見せかけて
実は十時)に替え玉を入れて出すというアリバイトリック。
普通二重に気付くだろ(ラーメンと時間)。
ちなみに作者はメール欄。

643 :名無しのオプ:04/03/31 01:30
カップの縁に塗るならフグの毒(テトロドトキシン)みたいに
致死量が数ミリグラムとかじゃないとだめだろうな。これなら
青酸カリの100分の1ぐらいの体積ですむだろうから
何とかなりそうな気がする。

644 :名無しのオプ:04/03/31 01:58
河豚毒は抽出が難しそうな気が。
トラフグ釣ってきて肝臓すりつぶしてじゃ死亡率は下がりそう。
とはいえ、河豚毒とトリカブトチャンポン殺人は現実であったな。什器に塗ってとかじゃないけど。

それはそうと、青酸カリ殺人って帝銀事件が影響大きいような気がしないでもない。

645 :643:04/03/31 02:47
>>644
確かに・・・
純度の高いテトロドトキシンなんて手に入らないだろうな。
青酸カリとか砒素みたいに薬品として手に入るつもりでいた。


646 :名無しのオプ:04/03/31 08:02
0.25gて実際秤量すると結構量が多いんだよな
カップの縁はまだしも果物に塗るとかは不可能だろう

647 :名無しのオプ:04/03/31 10:27
フリスク数粒以上の粉を塗るんだから、厚みのあるコーヒーカップ
とかじゃないとだめだろうね。グラスなんて問題外かな。

毒を飲ませるのも実際は大変だよなあ。小説内では記号化しちゃってるよね。


648 :名無しのオプ:04/03/31 21:45
俺、小さい頃、トリカブトってなんかの生き物だと思ってたよ。
具体的にはカブトムシとかカブトガニとか、
ああいう殻のついてる鳥っぽい生き物をイメージしてた。

649 :名無しのオプ:04/03/31 23:02
この前お店でトリカブト見つけて、
「これ食べたら死にますよね」って言ったら、
店のオヤジに「食った事あるけど、体が元気になったよ」て返された。
ホントに平気なのか?

650 :名無しのオプ:04/04/01 20:31
トリカブトとかジキタリス、ごく少量なら滋養と強壮に効果がある。


651 :名無しのオプ:04/04/01 23:02
杏仁も当たったら死ぬ青酸入りだけど漢方薬。

652 :名無しのオプ:04/04/02 10:37
漢方薬には水銀の化合物もあるよ。
風邪をひいたら、これを飲んだらしい。
高い熱がでるので、一晩中歩いて冷ますんだそうだ。
で、次の日には治ってるということらしい。

運が悪いと死んだそうだが。


653 :名無しのオプ:04/04/11 23:52
青酸カリは即死しない……。
2時間、3時間は苦しみのたうつ……。

654 :名無しのオプ:04/04/12 10:03
>>653
本当にそんなにかかるのか?

655 :名無しのオプ:04/04/12 17:33
>>653-654
そりゃ、飲んだ量とその後の処置によっても違うだろうw

656 :名無しのオプ:04/04/13 01:34
「Xの悲劇」で探偵が変装によって容疑者(だったかな?)の家族を欺いているのに突っ込むのは野暮?
当時のメーキャップ技術ではどうやっても一緒に住んでいる人間にはなりすませないと思うが。

657 :名無しのオプ:04/05/05 02:16
現実に完全犯罪できるトリックを思いついても
悪用されると危険だからボツにするんだよ

658 :名無しのオプ:04/05/05 02:20
>>657
推理作家というのは科学者と同じで、悪用されるかも知れないと思っても
自分の論理を発表したくなるんじゃなかろうか。


659 :名無しのオプ:04/05/05 02:41
>>658は釣られていることに気付いているのだろうか……

660 :名無しのオプ:04/05/05 02:47
23世紀の超科学力による以下略

661 :名無しのオプ:04/05/05 19:26
トリックではないですが、部屋に死体があるのに主人公にだけ死体が見えない話がありました。
小説の中では現実にもありえる風に解説されていたのですが…
現実では不可能に私には思えるのですが。

662 :名無しのオプ:04/05/05 21:06
天才が起こす天才的(らしい)トリック。
トリックに穴があってもそれも天才な犯人は理解済みで
人物描写が浅くても理系の人はそういう感じでリアリティがあるで済ませる。

663 :名無しのオプ:04/05/06 00:15
>>661
 >>513,516

664 :名無しのオプ:04/05/06 02:53
>>661
アレは主観の問題だから何とも言えないな。
目の前を犯人が堂々と通ったのに気付かないなんてものもあるくらいだし。

665 :名無しのオプ:04/05/07 00:27
>>661
一人称だしな
身体外空間把握認知障害?とかもあることだし

そんなこと言ったら20代くらいの若者だと思ったのに老人だった
とか
男だと思ったのに女だった
とか叙述系トリックは全部不可になってしまう

666 :名無しのオプ:04/05/07 03:50
>>665
叙述トリックは読者がダマされるものだからなあ。

密室トリックで、押しても引いても開かないから鍵がかかってると思ったら
引き戸だった・・・って感じ。


・・・いや、ちょっと違うな。

667 :名無しのオプ:04/05/07 22:20
叙述トリックを不可能とか可能とか行ってる時点でおかしいと思う
現実は文章で構成されてるわけじゃないんだからできるわけないじゃん

668 :666:04/05/08 01:22
>>667
東野圭吾でそういうのあったね。
「プッ・・・あなたは本当は女だ・・・ブヒャヒャヒャ〜」
みたいな感じの奴。


669 :名無しのオプ:04/05/08 04:08
>叙述
でも、あれって、記述は一人称だけど、状況的には他の人も見てたよな

670 :名無しのオプ:04/05/08 10:28
ここで不可能と言われているトリックは
「探偵役の謎解きに穴がある」
だけで実はまったく別の手段で成立するのかもしれない

156 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)