5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アルセーヌルパン     。

1 :モーリス ブルラン:2001/02/18(日) 03:53
語れ

2 :仕様書無しさん:2001/02/18(日) 04:20
三回借りて三回とも一行たりとも読みませんでした。

3 :名無しのオプ:2001/02/18(日) 06:54
お孫さんは大好きです。

4 :名無しのオプ:2001/02/18(日) 14:39
子供向けにリライトされたヤツ(南なんとかって人)は読んでました・・・

5 :パーカー信者:2001/02/18(日) 21:42
訳が確か堀口大學で驚いた。

6 :名無しのオプ:2001/02/18(日) 23:48
8・1・3

7 :名無しのオプ:2001/02/19(月) 10:42
推理物というより冒険小説の色合いが濃いと思う。

8 :密室博士:2001/02/19(月) 11:34
短編はミステリとしても結構楽しめるぞ。

9 :名無しのオプ:2001/02/21(水) 18:09
「バーネット探偵社」は傑作揃い。

10 :名無しのオプ:2001/02/24(土) 06:18
ふーじこちゃーん。

11 :名無しのオプ:2001/02/24(土) 06:46
スカパーで、ベルギーかどっかで制作されたドラマやってたね。

12 :英国名探偵ファン:2001/02/25(日) 00:47
オイラの敬愛する名探偵をあんな風に登場させた
「ルパンvsホームズ」はキライだ。


13 :仏国怪盗ファン:2001/02/25(日) 02:19
オイラの敬愛する怪盗をあんな風に登場させた
「黄金仮面」はキライだ。

14 :大日本帝国軍事探偵ファン:2001/02/25(日) 02:22
オイラの敬愛する名探偵をあんな風に登場させた
「名探偵なんか怖くない」はキライだ。

15 :名無しのオプ:2001/02/25(日) 13:56
ポプラ社から出てた子供向けのやつ、南洋一郎訳の全集はおもしろかったな。
ホームズや二十面相ものとかと一緒に、図書館で借りて読み漁った記憶がある。
シリーズ後半は、ルパンが潜水艦の艦長になったりして、子供心にちょっとどうかと
思ったが。

16 :名無しのオプ:2001/02/26(月) 13:16
幼少の頃、カバーの絵が怖くてワクワクしたものである。>ポプラ社

17 :名無しのオプ:2001/02/26(月) 15:00
幼少の頃、訳者の名前を「なんよう・いちろう」と読んでいたっけ。>ポプラ社



18 :名無しのオプ:2001/04/13(金) 12:55
南洋一郎訳! 懐かし〜
小学校の図書室に全巻揃ってて、端から借りて読んだのを思い出すよ。
子ども向けだけあって、読みやすい言葉で書いてあって良かったよね。
大人になってから堀口大学が訳したのを読んだら、ヘンな日本語が
多くって萎えたもんだ。

19 :名無しのオプ:2001/04/13(金) 16:01
俺も消防のころ昼休みに図書室に籠って読んだよ>南洋一郎訳
その間、ダチは「からだのひみつ」とか読んでたなあ

20 :名無しのオプ:2001/04/13(金) 18:00
今見たら
うちの倉庫にまだあったよ。

奇岩城 8・1・3

21 :非公開@個人情報保護のため:2001/04/15(日) 20:49
ホームズとルパン両方一通り読んだことあるけど、個人的にはルパンの方が
好きだったな。ただルパンの方は、作品にばらつきがあって、出来のいいやつ
と悪いやつがあるんだよな。


22 :名無しのオプ:2001/04/18(水) 01:25
>>18
同意。堀口大学の訳はあまりよくねーな。


23 :加護@あいぼん:2001/04/18(水) 04:53
横溝正史の著作にはカーよりもルパン物の影響を感じるんですけどいかがですかね?
「813」→「真珠郎」
「棺桶島」→「獄門島」
「奇岩城」→「八つ墓村」・・・これは無理ですけど(笑)

>>18
一人称が「わし」ですからね(笑)

24 :名無しのオプ:2001/04/19(木) 06:59
「わし」なんて、ルパンじゃない!(泣

25 :名無しのオプ:2001/04/24(火) 03:14
あれー、俺すごい好きなのに、あんまし盛り上がってないなあ。
「813」とか「奇岩城」とか、スケールがでっかくってすごい面白いのに。
ミステリとしても、短編とか、かなりいいと思うんだけど。

DVDでドラマが発売されるみたいなので、記念あげ。

26 :南洋.・イチロー:2001/04/26(木) 00:00
ルパンはルパンだ。
リュパンじゃない。


27 :名無しのオプ:2001/04/26(木) 00:13
↑うむ。やっぱルパンのほうがしっくり来る。
偕成社版の全集、大人っぽい装丁で文庫になんないかなあ(笑)。

南洋一郎さんの、子供の頃夢中で読んだけど、ルパンがかなり「正義の人」なんだよね。
完訳版を読んで、ルパンの悪人さに、結構びっくりした。
813(&続813)なんかの壮大な野望と破局は、
悪の帝王の魅力バリバリで南版とは比にならんくらいの迫力だったよ。

28 :名無しのオプ:2001/04/27(金) 01:36
翻訳はいろんなところから出てるみたいですが、どこのがお勧めですか?

29 :名無しのオプ:2001/04/28(土) 01:26
↑「わし」という一人称や、古典調の雰囲気がよければ新潮社版(黒い表紙で渋い)、
「リュパン」という表記が気にならなければより平易な創元推理文庫版でしょうか。
でも、どちらも全ての作品が読めるようにはなってないんだよね・・・。
それぞれ、肝心な作品が抜けてたりする。

一応全ての作品が読めるのは、偕成社の「アルセーヌ・ルパン全集」だけだと思う。
ただし、ハードカバーな上に、たまに児童書のコーナーに置いてあったりするのが哀しい。
間違いなく「完訳版」だし、装丁も悪くないんだけど(笑)。
そろえるならこれがお勧め。
バラでいいんなら、新潮社か創元推理文庫で気に入った作品を、ってとこでしょうか。


30 :名無しのオプ:2001/05/01(火) 03:24
>>25
ドラマがあるの?


31 :名無しのオプ:2001/05/25(金) 20:19
ポプラ社のスレは盛り上がっているがこちらは沈滞気味

32 :21:2001/05/25(金) 22:40
ルパンのドラマがあるのか。
原作に忠実なやつなら見てみたいなぁ。

それにしても、確かにこのスレ盛り上がらないね。
ルパンってあまり読む人いないのかな。
813とか結構面白いんだけどなぁ。

33 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 10:26
本当はみんなルパンが好きなのに
もう卒業したふりをしているんじゃないか

34 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 11:51
今にして思えばバカミスが多かった。ホームズもだけど。

35 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 19:36
すごく懐かしい気持ちになったので age

36 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 20:15
ルパンのニセモノってモンキーパンチと乱歩だけ?

37 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 20:25
ルパンけっこう好きだった。
ガッコの図書館で読んだなー。
カリオストロ伯爵夫人とか。



38 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 20:26
>>36
山田風太郎にもあり。

39 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 10:42
乱歩ルパンが日本来て口説いたのが不二子さんってのは一般常識なのかな。

40 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 21:34
>>32
ミステリチャンネルで放映されてるよ。
金三角とかルパンvsハーロック・ショルムズとかの原作ものとオリジナルが半々くらいかな。
「帰ってきたアルセーヌ・ルパン」というタイトルからみて、漏れは他に第1シリーズがあったんじゃないかとにらんでいる。
で、そっちで主だった原作を使い果たしてしまったと。

ルパン役の役者がちゃんと変装しているのは感心する。
変装用具が、ドラマの時代にはなかった素材にも思えるけど、そこはそれ・・・。

41 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 13:56
お、ちと盛り上がってきた。嬉しい(^^)。
俺は「バーネット探偵社」が好きだったなあ。
あと、やっぱり「奇岩城」と「813」。これは最高!
「金三角」、「三十棺桶島」、「虎の牙」のドン・ルイス・ペレンナ三部作。
初期の短編集や「八点鐘」あたりも面白かった。
あと、「水晶の栓」、「緑の目の令嬢」あたりかなー。

ドラマ見て〜! ミステリチャンネル見れないんで。
DVD早く出ないかなー。
いつ出るの?

42 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 17:29
三十棺桶島って
乱歩か横溝みたいな題だよね。

はじめて読んだとき(消防)はこわかったなあ

43 :21=32:2001/05/28(月) 21:21
>>40
ありがとうございます。
なんか見てみたくなりました。
でも私の家はCS入ってないので今は見られません(泣)
DVDレンタルでもしてくれないかな。

44 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 21:30
>>41
つまらんこときくけど、「813」といったとき、普通「続813」も含んでるのかな?
俺も読んで最高におもろかったよ

45 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 22:30
>>43
ルパン役者、毛深すぎ。
でも見なれてくると、それが忘れられなくなるの

46 :名無しのオプ:2001/05/28(月) 22:36
>>38
山田風太郎、ルパンも書いてたのか。
ホームズ、半七、ガリバー、レッド・バトラー…節操がないというか
オールスター趣味といいますか。

47 :41:2001/05/29(火) 15:13
>>44
あ、「続813」も含んだつもりでした。
そうそう、「813」のラストにも「続813」のラストにも大どんでん返しが用意されていて、
どちらもすんげー満足感があるんだよね。

「続813」の、「世界中が爆笑した!!」っていう813のラストを受けたオープニングが
大好き。

48 :名無しのオプ:2001/05/31(木) 21:07
age

49 :名無しのオプ:2001/06/01(金) 00:39
ルパンのドラマのDVDのページ見つけた!
楽しみ。
http://www.ivc-tokyo.co.jp/index_wm.html


50 :名無しのオプ:2001/06/01(金) 00:45
>>49
見てきた。
あやや、ミステリチャンネルでやってるのとは、違うドラマだった!
そういえばミステリチャンネルのはベルギーのTV局制作とか言ってたっけ・・・

51 :50:2001/06/01(金) 00:49
でも、ルパン役者1930年生まれと書いてあるわりには、肌とか若いぞ。
ひょっとして、そうとう昔のドラマなのか?

52 :名無しのオプ:2001/06/01(金) 02:50
>>49のドラマのページ、
なんかルパンをもう一度盛り上げようとしてるみたいだな。
ええことだ。やっぱし次の世代にも読んでもらいたいし。

しかし、「奇厳城」の前編と後編?らしきの、出る順番が逆じゃないか?
「ジェーブル城の怪事件」のあと、「エギーユの秘密」じゃない?
順番考えると。



53 :名無しさん@1周年:2001/06/02(土) 10:58
子供向きだが、南洋一郎ではなくて、確か、池田なんとかという人の訳の
シリーズで読んだ。南洋一郎が小学生にも読めるとしたら池田なんとか氏は
中学生向け、という感じか。南氏は原作をかなり端折っていたが池田氏は
かなり忠実だった。訳文もよかった記憶がある。

大人になって堀口大學の訳には驚いたが東京創元社の「リュパン」という
表記もなあ、、、と思った(原音には近いらしいが)。

フランス語を専攻した知り合いの話では本国でも「ルパン」ものはほとんど
忘れ去られた存在とのことで、ドイルのホームズとは大違い。


54 :清涼飲尿水:2001/06/02(土) 12:38
>堀口大學の訳には驚いた

どういう意味で驚いたの? ヘタな直訳調で驚いたとか(それならわかる)

55 :名無しのオプ:2001/06/04(月) 12:02
堀口訳ってけっこう評判悪いのね・・・格調高くて好きだけど。
「我が輩」ですもんね。


56 :名無しのオプ:2001/06/04(月) 12:37
堀口訳>
個人的には嫌いじゃないんだけど、さすがに人には薦めれない…。
読みにくくて途中で挫折するでしょ。普通の人は。
あと、全部の作品読めないしね。

一般人に薦めやすい完訳版のルパン全集どこか出して欲しい。
大人っぽい装丁の文庫で。

57 :名無しのオプ:2001/06/18(月) 21:18
age

58 :名無しのオプ:2001/06/23(土) 22:11
DVDもう売ってるね

59 :名無しさん@1周年:2001/06/24(日) 02:29
>堀口大學の訳
ルパンものとしては古くさくて「ちょっと、、、」と思ったけど
中学生の時に読んで難しい漢字や表現を覚えたので感謝している。
「南無三」とか、「出鱈目」とか。

60 :名無しのオプ:2001/06/25(月) 00:09
DVD買ったよー。
雰囲気良かったよん。
映像で見れる日が来るとは…って感じでちょと感激。
原作そのままってわけにはいかないみたいだけど、
それなりに生かしてた。

61 :名無しのオプ:2001/06/26(火) 01:38
他に見た人いない?

62 :名無しのオプ:2001/06/28(木) 00:36
DVDなかなかいい感じだよ。みんな、もっと話、しよーよー。

なんか、つい何度も見なおしてしまう。
一時間、まったりとルパンのいたずら者っぷり、
トリックスターぶりを笑う感じ。結構面白い。
コンパクトにまとめてあるものの、大筋は原作に忠実です。

でも、「奇巌城」のようなシリアスものは随分いじられちゃっていた。残念。
レイモンドいないし、イジドールはへらへらしてるし(T_T)。
このシリーズのコンセプトは「コミカル」なんだろうな…。
あ、でも、「水晶の栓」はわりと緊迫感も再現されていた。良かったよ。

見た人いないの?

63 :名無しのオプ:2001/06/29(金) 01:34
先日、図書館で「綱渡りのドロテ」(創元推理文庫)というのを見つけました。
もち、モーリス・ルブラン作です。

表4の便概には「サーカス団の女座長ドロテは、ふとしたことから隠された財宝を
めぐる争いに巻きこまれた…」とあります。
また「リュパンの好敵手とも言うべき才気煥発の少女の大活躍」とも。
残念ながらルパンは出てこないんですけどね。面白いのかな? これから読んでみまーす!

64 :名無しさん@1周年:2001/06/29(金) 16:09
>>55
「我が輩」って、結構好きだな。
ルパンのイメージって、プライベートでは「おれ」、人前で気取る時は
「我が輩」っ感じ、自分的には。日本語って便利だね。
堀口大學の訳は、「わし」じゃなかったっけ? これはやめてほしかった。

65 :名無しのオプ:2001/06/29(金) 16:50
「奇巌城」は面白かったな。暗号の書かれた紙片の解読が、
フランス王家の謎にまで行き着いて、最後「針の塔?」での
大どんでん返し。
子供の頃、ルパン、ホームズ、二十面相とか読んでた中では、
ダントツで一位だった。

66 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 04:04
部屋から創元文庫版の「怪盗紳士リュパン」が出てきてびっくり。再読age

67 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 13:00
自分も「奇岩城」が一番好きだった。どんどん上に登って行く描写に
ワクワクしたものよ。いつか全巻揃えるのが夢だったなー。<ポプラ社版
いつのまにか忘れてしまったけど。
大人になってから、堀口大学訳に挑戦したけど、かなり厳しかったッス。

68 :名無しのオプ:2001/07/01(日) 19:23
奇巌城、面白かったよね。
わくわく感も、どんでん返しも、悲劇性も。
イジドールの凄さ。そのはるか上を行くルパン。
そしてそのルパンを捉えていた大探偵ホームズ(ショーメス)。
そして最後の悲劇。
すっげー面白かったよ。

そうそう、よくこれのホームズ間抜けって言われるけど、
俺はそうは思わなかったな…。
まあもちろん、人の作品のヒーローを使うルブランがアンフェアなのは
議論の余地はないが…(笑)。

69 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 05:14
新潮文庫でアルセーヌ・ルパン著ってなってる
パスティーシュ(?)が三冊ぐらい出てたと思うんだけど
読んだ人いる?

70 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 05:36
ボワロー・ナルスジャック作の奴だよね。
「アルセーヌ・ルパン第二の顔」って奴だけ持ってる。
でも、読んだの随分前なんで内容忘れちゃった…。

71 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 05:39
ミステリー版のタイトルロゴのところを見ても、
やっぱり「ホームズ」と「ルパン」って、一つの象徴なんだねえ(笑)。

72 :名無しのオプ:2001/07/03(火) 23:01
よく観てるねェ。気が付かなかったよ。

73 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 21:43
子どもの頃読んだきり御無沙汰でしたが、このスレ見て読みたくなりました。
ルパンの闘志あふれる熱血漢ぶりがもっとも味わえる作品はどれでしょう?
あと「おれは…」と語るルパンが読みたいです。

74 :名無しのオプ:2001/07/06(金) 22:22
>73
ポプラ社ですが、「古塔の地下牢」のルパンは闘志満々でした

75 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 06:30
74>>
「古塔の地下牢」。
他の訳だと「水晶の栓」ですね。
名作。緊迫感あるしルパンかっこいいし敵役のドーブレックも凄みあるし。

俺のお勧めはやっぱり「813」「続813」。あと「奇巌城」。普通でごめん。
あ、「虎の牙」のルパンはかなり熱血漢かも。
自分が逮捕されることも省みず、警察の面々の命を救うために必死になるし。
あそこ結構感動的だと思うんだけど、どう?

76 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 08:09
オルタンス萌え

77 :執事バンター:2001/07/07(土) 15:34
豹の仮面をかぶった敵が出てきて、
ピラミッドで冒険しながらルパンがやっつけるのはなんでしたか?
おもしろかったのに忘れてしまいました、教えてください。

78 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

79 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 23:35
77>>
ポプラ社の「ピラミッドの秘密」。
でもこれ、実はルブラン原作のじゃなくて、
南洋一郎のオリジナルルパンなのだ。そう、面白いんだけど(笑)。
しかも、今のポプラ社のシリーズには入ってないんじゃないかなー。
古本屋で探さないとないかも。

80 :名無しのオプ:2001/07/07(土) 23:36
ソニア萌え。

81 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 01:27
ここって荒らされてるの??

82 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 01:41
81>>
78だけなんじゃない?

83 :81:2001/07/08(日) 01:53
ほんとだ、いつものコピペ厨なのね。
ごめん驚いたもので>82

84 :執事バンター:2001/07/08(日) 19:00
>>79 そうだ、思い出しました ありがとう!
しかしおどろいたなあ、
他にもそういうのはあるんですか?

85 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 03:44
>>84
他には、69、70で話題になってる
ボワロー・ナルスジャック作のパスティーシュが3冊、
同じ南洋一郎の訳でシリーズに加わってたと思います。
当時の版で、28巻、29巻、30巻だったかな?
「ルパン二つの顔」と「ルパン危機一髪」と…、あと一冊は忘れた(笑)。

あと、「ルパンの大作戦」は一応ルブラン原作ではあるけど、
原作の「砲弾の破片(邦題、オルヌカン城の謎)」には
ルパンはほんの1、2ページほどしか出てきません。
ちょっとしたゲストキャラで、主人公にアドバイスを与える役どころ。
ポプラ社のシリーズの方は、南洋一郎がルパンが活躍するように
かなり大幅に変えたんじゃなかったかな。

86 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 00:35
age。

87 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 02:47
ポプラ社新版て、全20巻に厳選、南洋一郎作などは除いてるんだね。
大人向けの新潮版や創元版はあまり書店で見かけない。さみしい。

88 :名無しのオプ:2001/07/13(金) 07:54
リュパン?ルパン?

89 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

90 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

91 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

92 :名無しのオプ:2001/07/17(火) 06:53
昨日本屋でポプラ社版見た。全20巻になってるねえ。
装丁も俺の頃と違ってたし、南洋一郎の前書きもなくなってた。
あの前書き、読む前にわくわくさせてくれて好きだったのになあ。
代わりに解説がついてた。
順番が原作の刊行順に近くなってたんで、ルパンシリーズの流れを
意識できて、その点は昔のよりいいかも。

どこか大人向けの文庫で全シリーズ出してくれないかなー。

93 :名無しのオプ:2001/07/25(水) 22:03
DVDドラマ、「緑の目の令嬢」と「バーネット探偵社」見た。
バーネットみたいなコミカル路線にはホントにこのドラマシリーズはまるな。
緑の目の令嬢の方は、さすがにあのお宝の描写は無理だったみたい。
オーレリーがちゃんとかわいかったからよしとします(笑)。

94 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 02:57
>>53
たしか、南洋一郎はペンネームで本名が池田だったね。

95 :名無しのオプ:2001/07/27(金) 01:14
文庫のルパン読みたいと思って本屋回ったんだけど、
なかなか売ってない。
「怪盗紳士リュパン」だけ、創元ミステリフェアかなんかで平積みになってた。

なんやかんや言ってルパンって誰もが知ってる存在なんだから、
キャンペーン張ってシリーズ出せばそれなりに売れると思うんだけどねー…。

96 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

97 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

98 :名無しのオプ:2001/07/27(金) 01:59
集英社文庫で「奇厳城」が出てますね。他のは出てないみたい。
解説・鑑賞がやたら気合い入ってて詳しかった。
全部とは言わないまでも名作選りすぐって出してほしいな。

話かわって。なぜルパンスレが荒らされなきゃいけないの??

99 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

100 :名無しのオプ:2001/07/27(金) 06:17
名作選りすぐりでもいいんだけど。出来不出来に差があるし。
ただ結構ルパンシリーズって微妙に個々の作品が
お互いリンクしたりしてるから、
全体像が見える全集もどこか出してほしーなーと思って。

(「奇巌城」の最初の方で「ルパンの冒険」のソニアの死が描かれてたり、
「続813」のラストで使った「ドン・ルイス・ペレンナ」の偽名を
大戦前後の作品「金三角」「三十棺桶島」「虎の牙」を通して使ってたり、
「緑の目の令嬢」のエピローグでちらっと「813」のルノルマン部長が出て来たり、
「バーネット探偵社」のベシュ刑事との因縁が「謎の家」「バール・イ・バ荘」
…と続いたり)

101 :名無しのオプ:2001/07/27(金) 23:37
>>100
なるほどー。すると全集を編むときは、物語世界での年代順が望ましいわけですね。
発表順と合致するのかな。全巻読むときは、どの順で読むべきか、上記含めて
ご教授いただきたいです。なんて、教えて君ですねー(汗

102 :100:2001/07/28(土) 00:58
>>101
発表年代順がいいんじゃないのかな。<読む順

例えば、「カリオストロ伯爵夫人」は、ルパン20歳の時のほぼ初めての大冒険。
(6歳の時の最初の盗みや19歳の時のデビュー戦は除く)
でもこの作品、発表年代順としては中期の作品なんですよ。
んで、エピローグに、その後のルパンの活躍として初期作品の冒険に触れられてたりする。
これはその初期作品を読んだ後に読んだほうが、いい味わいがあると思います。

103 :100:2001/07/28(土) 01:34
続き。発表年代順ってこんな感じだったと思う。
あ、ホームズは嘘ホームズなんで、「ショーメス」って言うべきかも(笑)。

「怪盗紳士ルパン」…第一短編集。初のルパンモノ。
大戦前の、ベル・エポック期(古き良き時代)が舞台。ラストの一遍でホームズと出会う。
「ルパン対ホームズ」…2本の中篇。ホームズとの全面対決。
「ルパンの冒険」…舞台の小説化。ソニアが出てくるやつ。
「奇巌城」…初の長編。名作。ルパンの隠れ家の暴露。ホームズとの対決の決着(破局)。
「813」「続813」…大長編。名作。ドイツのカイゼルも出てくる。大戦への予兆がちらほら。
ルパンの自殺で幕を閉じる。(が、軍隊で「ペレンナ」として復活。)
「水晶の栓」…長編。名作。時代はちと戻って、またベルエポック期の話。
「ルパンの告白」…第2短編集。これもベル・エポック期のエピソード集。
「砲弾の破片」…長編。第一次大戦勃発。ルパン、1,2ページしか出てこない(T_T)。
「金三角」…長編。大戦真っ只中。ルパン、「ペレンナ」の名前で活躍。
「三十棺桶島」…長編。大戦後期。ルパン、「ペレンナ」の名前で活躍。
「虎の牙」…大長編。大戦直後。ペレンナ=ルパン、世間にばれる。
「八点鐘」…連作短編集。ベル・エポック期のエピソード。
「カリオストロ伯爵夫人」…時代は大幅に遡って、ルパン20才の時の最初の冒険。
「緑の目の令嬢」…長編。ベル・エポック期のエピソード。
「バーネット探偵社」…連作短編集。ベル・エポック期のエピソード。ベシュ刑事とのコンビ。
「謎の家」…長編。バーネット探偵社の直後と思われる。ベシュ刑事とのコンビ。
「バール・イ・ヴァ荘」…長編。謎の家の直後と思われる。ベシュ刑事とのコンビ。
「二つの微笑を持つ女」…長編。多分ベル・エポック期。
「特捜班ビクトール」…長編。虎の牙より後。ルパン、50近い。
「カリオストロの復讐」…長編。特捜班ビクトールの直後と思われる。ルパン、50近い。
「ルパン最後の事件」…長編。ルパン50近い。敵は、ルパンの財宝を狙うアメリカマフィア。

ふう…こんなもんでどうでしょう。(なんか抜けてるかな…)
結構歴史の流れを感じて、面白いと思うんですけど。

やりすぎたかな。うざかったらごめんなさい>ALL。

104 :名無しのオプ:2001/07/28(土) 03:47
年代設定はけっこう無茶苦茶だよね。
とくにカリオストロ以降。何度も結婚してたり。つじつまが合わないことも多い。

105 :100:2001/07/28(土) 17:49
「虎の牙」あたりまでは、大河モノとまでは言わないけど、
比較的ちゃんとした流れだと思うけど。

それ以降の作品って、時間を遡った若い時のサイドエピソードみたいなもんだから
細かいところでいろいろぼろが出てますね。

ルパンの結婚は公式にはクラリス、アンジェリク、レイモンド、ルバッスールだけじゃない?
みんな死別なり離別なり描かれてるんで、一応つじつまはあってます(笑)。
その他のヒロインとは初期作品のはマジ恋愛だけど死別が多くて、
後期の作品のはただのアバンチュールって扱いだったと思う。
要するに女ったらしなんです…くそっ(笑)。

106 :101:2001/07/29(日) 01:04
うわぁ…、100様ありがとうございますぅ。103の順に読めばいいわけですね。
女ったらしといえば、幼少の頃、ポプラ社版ルパンで初めて「愛人」という
言葉を知りました。意味はよくわかんなかったけど(笑
でもルパンのおかげで、愛人という響きは大変好ましいものと受け取って
いましたね。

戦争の記述については、愛国心に燃えるルパンも好きでした。なんか、
ホームズは冷たい印象だけど、ルパンは熱いヤツ、みたいな、ね。

107 :100:2001/07/30(月) 22:16
>>101さん
いえいえ(^^)。
僕も小さい頃親に「こいびととあいじんってどうちがうのー?」
と聞いちゃいました(笑)。

大戦期前後を舞台にした「813」「金三角」「三十棺桶島」「虎の牙」って、
スケールでかくて燃えて作品としても好きでした。
「813」以外は一般(ミステリファン?)の評価はいまいち高くないみたいですけど、
僕は好きだったなー。

108 :名無しのオプ:2001/07/30(月) 23:49
私はルパンでフィアンセという言葉の存在を知りました。小学校低学年く
らいのとき。 あのころから、このシリーズはきれいなおねーさんがいっぱい
でてくるなーとか思ってました。  そういえば、コルシカ島という地名も
「最後の・・」で初めて聞いて、7歳くらいだったとおもうけど妙にリアルな言葉
として今もコルシカ島とかいうとばっとルパンに意識がいく。

109 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

110 :104:2001/08/01(水) 00:47
ルブランはもともと恋愛小説作家だろうから、愛人という言葉は不可欠だろうねぇ(w

「ルパン」は、個人的には、次の4つの作品群に分けられると思う。
1)怪盗紳士アルセーヌ・ルパンもの
2)ドン・ルイス・ペレンナの愛国冒険もの
3)怪しい探偵もの(「八点鐘」、ベシュウ三部作、ヴィクトールもの)
4)ラウールと二人の女もの

これらは、別のシリーズとしても考えられると思うし、「八点鐘」は純粋な探偵小説としても秀逸だ。
しかし、ルブランには「ルパンの影」(実は編集者の影)がまとわりついていて、別シリーズとして
売ることを許さなかったんじゃないかな。
ルブラン自身も「ルパン」が一人歩きしていることを嫌がっていたふしはある。

111 :100:2001/08/01(水) 02:48
>>110
うまい!! 同感、その通りだと思います(^^)。
作家が脱皮するためにあまりに大きすぎる自分の作品から逃れようとすることは
よく聞きますよね。
「続813」の最後も、ホームズと同じでここでルパンを殺すことによって
シリーズを終わらせたかったと聞いたことあります。
(104さんの分類で言うとちょうど(1)の終りにあたる時期ですよね。
「813」の後しばらく間があいて、「水晶の栓」と「ルパンの告白」の後に
やっと続編の「続813」が出たとどっかで読んだことある)

それでもルブランは晩年にすんだ別荘に「ルパン荘」って名前をつけたし、
やっぱり愛情は持ってたんだろうなー。

112 :名無しのオプ:2001/08/01(水) 20:57
八点鐘おもしろい。
ホームズもそうだけど、探偵小説はやっぱ短編だよね。
でもホームズの長編は退屈だったけど
ルパンの長編はおもろいのはすげー面白かった。探偵小説じゃないのかもしれんけど。

113 :名無しのオプ:2001/08/04(土) 02:08
新潮文庫を手に取ったら、かなり行間がつまってて読みづらそうだった。
やっぱり、創元文庫で読むのが一番なのかな。でも、全部訳されてないんだよね?

114 :名無しのオプ:2001/08/05(日) 05:24
創元文庫も新潮文庫も全部はないんで、組み合わせて買わなきゃそろわない。
どこか全部出してくれ〜

115 :名無しのオプ:2001/08/10(金) 02:29
創元版をそろえて、創元版欠番を新潮で補うという感じかな。

116 :名無しのオプ:2001/08/16(木) 14:57
あっという間にホームズスレッドに抜かれた…(T_T)

117 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

118 :名無しのオプ:2001/08/25(土) 18:26
すごいつまんないことなんですけど。
子どもの頃、ポプラ社のルパンシリーズを愛読してたので、
新潮でルパンの一人称が「わし」になってるのとか、
創元で「リュパン」になってるのを大人になって読むと落ち着きません。
…「わし」って。おじいさんじゃん!

119 :illusion@Polymorphia:01/08/28 17:53 ID:???
pass!!

120 :名無しのオプ:01/08/30 21:08 ID:fMnniZ7Q
わし>
広島弁だったりして。

121 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

122 :名無しのオプ:01/09/10 06:07
このスレを見て懐かしくなり、「怪盗紳士リュパン」(創元推理文庫)を
読み返しました。
やっぱりルパンは、(・∀・)イイ!
第1作が逮捕から始まるというのも、奇想天外ですよね。
普通だったら、活躍している話から始めるでしょうに・・・
しかも(メール欄参照)だし、うまく作ってあるな〜と思います。

123 :名無しのオプ:01/09/11 17:05
「ルパン対ホームズ」、
よく言われてるほどホームズ一方的に負けてないと思うんだけど、どう?

「金髪の婦人」では確かに中盤はルパンにコケにされ、からかわれたけど、
その屈辱をばねに最終的にはちゃんとルパン逮捕してるんだから
むしろカタルシスはホームズ側にあると思う。
ルパンの裏をかいてホームズ現われるところ、カッコイイ。
ルパン逃がしちゃったのガニマールだし(笑)。

「ユダヤのランプ」では…これは確かにルパンの計画を阻止したことで
みんなが不幸になった間抜けな役回りではあるんだけど、
でも事件を明らかにしたのは確かだし。ルパンにとっては結局邪魔されたわけで。

小さい頃初めて「怪盗対名探偵」読んだときは、むしろルパンの負けに読めて
悔しかったくらいだよ。
「奇巌城」だって、ホームズがマヌケとも悪者とも思えない。
あれは戦いが頂点をむかえたあげくの中の悲劇って感じだし。(勿論哀しかったよ)
むしろあれだけかっこよく描かれたイジドールより上の次元でルパンを追い詰めてた、
大探偵の面目躍如って感じで、素直に燃えたけどなあ。

俺にはそんなにひどい扱いには思えないんだけど。ルパンのホームズ。
そんなにだめかな。

…まあ、「キャラが違う」「キャラの研究がたりん」と言う意味ではそうかも知れんけど。
そもそも人のキャラ使うのはアンフェアだけどね。

124 :名無しのオプ:01/10/02 16:08
age

125 :aヴぁ:01/10/03 00:31
ヌルパンマンセー!

126 :名無しのオプ:01/10/03 00:39
ポプラ社版にはフランス語のルビがけっこうふってあったね。
なんでだろ。でもおかげで、単語いっぱい覚えたよ。

127 :名無しのオプ:01/10/03 21:09
>>126
ウイとかノンとかムシューとかマダム、マドモアゼルとかねえ。

DVDのルパン見てたらルパンが「ん〜、トレヴィア〜ン。」って言ってるのが
聞こえてきておもろい。どうせならそれもルビふってて欲しかった。
タダキチー、シルブプレー。

128 :名無しのオプ:01/10/03 21:22
>>127

あー,フランス語はわからんなあ

#板違いなので,sage.

129 :名無しのオプ:01/10/23 18:43
救出age

130 :名無しのオプ:01/10/23 18:52
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

131 :241:01/10/23 23:45
>130
このページよく張られてるけど、女の子不細工すぎて、売れないの?

>118
そーだよね〜。ポプラ社を見た人間に、「わし」はつらいよ〜。
発音的には、「リュパン」なんだそーです。
「ワトソン君」も「ワトスン君」とかあって、、、つらい、、、。

132 :名無しさん@1周年:01/10/24 01:07
創元推理文庫のリュパンは、昔の装丁の方がよかったんだけど、現行のものはなあ、、、。

「続813」は「ルパン3つの犯罪」、「金三角」は「黄金の三角形」という児童向けの
タイトルで覚えていたので、文庫本を見たときは違和感あった。

「奇巌城」というタイトルは名訳だよね。原題の直訳は「空洞の針」だったはず。
これは最初にルパンをまとめて紹介した保篠龍緒(だったっけ)がつけたのかな。

133 :241:01/10/24 05:08
>132
昔(?)のタイトルつけた人って、結構センスいいよねー。
今みたいに規制が少なかったからかなぁ???
反対に、原題名と意味違いすぎとか、あぽーんなのもあるけど、、。

ルパンじゃなくって、スマソだけどホームズの「青い紅玉」は子供な
当時にも{?}でしたよ。
青いのに、紅玉???なんでやね〜ん。
結局この紅玉って、ガーネットですよねー????
(たしか青いガーネットという題名もあったよーな、、。)
ガーネットって赤かせいぜい緑ですよね、、、。
青いのはいったいなに?

スレ違いでスマソー。
でも誰かしってたら、教えて。

なーんて、検索してたらでてきました。
http://www.geocities.co.jp/Berkeley/8772/daradara/dara01.htm
益々、スレちがいだ。
逝ってきま〜す!

134 :名無しのオプ:01/10/24 06:47
DVDドラマの発音聞いてるとリュパンでもルパンでも
かまわないんじゃないかなーと思った。
しょせん外国語のカタカナ表記なんて正確には表せないんだし。

邦訳のタイトル、ほんとにセンスいいよね。
いまでもタイトル聞くとワクワクする。
「オルヌカン城の謎」は原題の「砲弾の破片」の方が好きだけど。

135 :名無しのオプ:01/10/24 17:06
カタカナ表記が気になるならフランス語マスターして
フランス語版読んだほうがイイのでは?
あ、ちなみに私は青い鳥文庫で読んでます。

136 :135:01/10/24 17:11
フランス語の話題(マジレスのスレッド)
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/988277233/

137 :名無しのオプ:01/10/24 18:36
135>>
いや、ちょっとした話題って事で(笑)。

138 :名無しさんの1年:01/11/01 19:25
age

139 :名無しさんの1年:01/11/03 16:10
age

140 :アンドレ:01/11/03 21:40
犯人が女だった、というのは子供のころはびっくりした。

141 :名無しのオプ:01/11/28 18:48
あげ¥

142 :名無しのオプ:01/12/01 13:54
age

143 :名無しのオプ:01/12/07 09:55
消防の頃ルパンを読んですごく好きだった。でも、本家ホームズを
読まずにヘタに「奇巌城」読んじゃったもんで、そこに出てくる
嘘もんホームズに魅力を感じなくて、20過ぎるまでホームズ読まなかった。
本家ホームズ面白いじゃないか。ホームズを貶めたルブランのバカヤロー
と叫びたくなった。

いや、「奇巌城」自体はすごく好きなんだけどね。

144 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

145 :名無しのオプ:01/12/25 17:22
アゲ

146 :名無しのオプ:02/01/04 03:15
hage

147 :名無しのオプ:02/01/07 00:04
age

148 :名無しのオプ:02/01/08 15:21
ヨドバシカメラでルパンのDVD売っていたよ

149 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

150 :名無しのオプ:02/01/18 21:16
age

151 :名無しのオプ:02/01/19 22:07
age

152 :          :02/01/20 21:13
     

153 :名無しのオプ:02/01/21 00:55
俺が今まで読んだ中で一番あきれたミステリのネタ
「犯人は実は隕石だったのだ」
あれ読んでからはルパンはギャグだと割り切るようになったね。

154 :名無しのオプ:02/01/21 08:30
ここでは「奇巌城」好評なのですね。
わたしは大嫌いなのですが…
あそこまで盛り上げといてあんな結末。

ちなみにわたしが好きなのは、
「虎の牙」「水晶の栓」「バーネット探偵社」
「特捜班ヴィクトール」「八点鐘」の5冊です。

155 :名無しのオプ:02/01/21 11:19
>>154
ハッピーエンドっぽいのが好きなんでしょうか。
あの盛り上げの末の悲劇的な結末がまたぐっと来るじゃないですか〜。
ちなみに僕は一番好きなのは「(正・続)813」です。

>「虎の牙」「水晶の栓」「バーネット探偵社」
>「特捜班ヴィクトール」「八点鐘」の5冊です。

これはどれも僕も好きですねえ…。
「虎の牙」なんてスケール大きくて大好きなんだけど、
犯人に驚かされないんでミステリファンからは名前が挙がりませんけど。。


156 :154:02/01/22 23:44
>>155
どちらかというとアンハッピーエンドのほうが好きなのですが、
ルパンシリーズには爽快な結末を期待してしまいます。

「813」も面白いですよね。忘れてました(w
これだけは偕成社のを持ってるんですよね。
いずれ偕成社シリーズ全巻そろえたいです。

157 :          :02/01/24 16:06
age

158 :名無しのオプ:02/01/25 09:18
いま、813読んでます。子供の頃から何度も読んでるけど再get。
新潮版、活字が読みやすくなった気がする。
堀口大学は詩人として好きだし、我が輩でもOKなのだ。
大人になって描写から読みとれる場面がリアルになったから
初めて読むように楽しいのです。

DVD やたら売ってますよね。欲しい、すごく欲しいけど買えないよ。
全巻大人買いしたいな〜(遠望)
販売店の人って2ちゃん見て売れ筋決めてるのかしら。

159 :名無しのオプ:02/01/27 13:18
813読み終わったage

160 :名無しのオプ:02/01/27 14:45
ポアローのはつまんない。いまだにルブランを超えた冒険小説家はいないのでは?


161 :          :02/01/28 17:12
>160 禿同!

162 :マルクスの恋人:02/01/28 18:55
アルザスってもともとドイツ語圏だったんだってね。
「ルパンの大作戦(オルヌカン城の謎)」小学生の頃読んだのと「最後の授業」とが重なって
ずーっとフランス語圏だったのにドイツ語強制された悲劇の州だと長い間思ってたけど。

ところで、完訳の「砲弾の破片」にも「アルザスはフランス語圏」みたいなこと書いてあります?
ポプラ社南版には「アルザスの少年少女はきれいなドイツ語を話すが
年寄りはどうしてもフランスなまりがある」と書いてたように記憶してるんですが。

163 :名無しのオプ:02/01/29 00:04
どっちかというとドイツ語圏なのかもしれないけど、
ちゃんぽんなんじゃないかなあ。
関連の本を読もうとしたことあったけど数ページで挫折。
国で線引きされて、勝手にこの国だどの国だって言われるほうは
たまったもんじゃないよね。

164 :名無しのオブ          :02/01/29 15:53
age

165 :  空飛ぶ青銅の電人Qの呪い  :02/01/29 16:06
>>79
ああっ、あの話好きだったんだよなぁ
仏蘭西に行ってシャンゼリーゼ通りを散歩してた時に
「この道をルパンがオープンカーに豹を乗せてドライヴしてたんだよなぁ」って感慨深く
思ってたのに


騙された(藁

166 :名無しのオブ          :02/01/30 19:00
age

167 :名無しのオプ:02/01/30 23:53
DVD、大人買いしてます(笑)
ちょっとオリジナルストーリー度合いが強いけど、
これはこれで一見の価値ありなんじゃないかなあ。
割り切ってみれば面白いっすよ。
「ルパン逮捕される」「水晶の栓」あたりは原作に近くて良かった。
「バーネット探偵社」もまあまあかな。
全体的にコミカル調なので、そんなルパンが好きならどうぞ。
私はシリアスルパンも好きなので少し物足りないですが。
(特に奇巌城のアレンジはきつすぎだった…フランス人はああいうのが好みなのか?)

このシリーズとは別に、「813」を原作に完全に忠実に、
全6話、5時間半かけて完全再現したものがあるそうです。
うおーっ、めちゃくちゃ見てえ…

168 :167:02/01/31 00:05
上の「813」情報追加。
まだソフト化はしてないもよう。
だから今見る手段はなさそうです。
是非今回のシリーズを買って成功させて、
発売もとのIVCに、「813」もDVD化してもらいましょう(笑)。

コミカルルパンに慣れた当時のフランス視聴者には受けが悪かったものの、
原作のルパンファンには非常に評価が高いそうです。

169 :         :02/01/31 21:47
>167 情報さんきゅう!

170 :名無しのオプ:02/01/31 22:49
>>155虎の牙最近久しぶりに呼んだけど子供の時にポプラ社で
読んだ時の印象のほうが良かった。サブで大風呂敷広げすぎな感じ。
メインはだだの追っかけっこ。(後悔。
やっぱ最高傑作は「8・1・3」
話がそれるけど(同時代つながりで)、ルルーの「黄色い部屋」久しぶりに読んで
当時のコナンドイルに対する対抗意識が読み取れて興味深い。
本文で「まだらの紐」のトリックばらしていた。

171 :名無しのオプ:02/01/31 23:00
>やっぱ最高傑作は「8・1・3」
同感。
完全再現の映像化作品があるなら是非見てみたい。
どこに頼めばいいんだ?
やっぱ今DVDでテレビシリーズの奴出してるIVCか?

172 :名無しのオプ:02/02/01 18:45
813age

173 :名無しのオプ:02/02/01 19:13
このスレ、いつか813まで行くんだろうか…(笑)

174 :名無しのオプ:02/02/01 22:42
創元推理文庫の中島河太郎の解説

奇岩城より「1912年に発表された奇岩城の発端はルルーの作品と
      決して無縁のものではないと思われる」

黄色い部屋より「リュパンが初めて登場したじぶん、ルブランにはただ一人の
       競争者があった。それは翌1907年、黄色い部屋を発表した
       ガストン・ルルーである」

どおりでイジドール・ボートルレとルールタビーユは似てるね。
両方読むとほのかに面白いとおもわれ

175 :名無しのオプ:02/02/03 23:20
age

176 :名無しのオプ:02/02/06 08:17
age

177 :名無しのオプ:02/02/06 20:24


178 :名無しのオプ:02/02/07 22:02


179 :名無しのオプ:02/02/08 15:44
 

180 :名無しのオプ:02/02/08 22:56
ageだけじゃなくてなんか話題書こうよ。

とりあえずみんな、ルパンのライバルで誰が印象的?
俺はガニマール好きだが、ベシュもかなり好き。
唯一ルパンと対等の友人っぽい一面がある男なんで。

あとは「緑の目の令嬢」に出てきたマレスカル警部かな。
「ちょっと火を貸してくれんかね」

181 :名無しのオプ:02/02/08 23:04
ハーロック・ショームズ。

182 :名無しのオプ:02/02/10 08:02
やっぱイジドール。子供の時読んでてすげー感情移入した

183 :名無しのオプ:02/02/10 20:45
ベシュは好きだが
だんだん可哀想に…(笑

184 :名無しのオプ:02/02/10 23:43
アルテンハイム男爵(813)。
なかなか存在感のある「悪漢」じゃなかった?
L.M.よりなんとなく情があるような気がするし。

185 :名無しのオプ:02/02/11 17:08
3月はミステリーチャンネルでルパン放映されるみたい。

186 :名無しのオプ:02/02/12 01:57
どのルパンだろ。DVDと同じかな。
他にも違う俳優が演じてるのもあるらしいねえ。
「813」完全再現のがあるなら是非見タヒ

187 :名無しのオプ:02/02/14 16:33


188 :  空飛ぶ青銅の電人Qの呪い   :02/02/15 19:38
最近ブックオフなどで大量に仕入れています
嫁に懐かしいねって嫌味を言われながら値段は100円やからええやんって言い訳してます
やっぱり表紙がイカしてるよ ルパンと少年探偵

189 :名無しのオプ:02/02/17 20:42


190 :名無しのオプ:02/02/18 16:23
 

191 :名無しのオプ:02/02/19 20:41


192 :名無しのオプ:02/02/24 15:32


193 :名無しのオプ:02/02/25 02:06


194 :マルクスの恋人:02/02/25 14:14
完訳の「オルヌカン城の謎」読んだ。
絶句。
全編憎独感情沸騰の大怪作。
乱歩の「偉大なる夢」をイデオロギーで上回り、完成度で下回る。
人種偏見の標的は、仮にも同盟国のイギリス兵にまで及んでる。
南洋一郎が筋を変えたくなるわけだ。

まあ、パリの軍事博物館でも、ナチスとの戦いを「自由のための聖戦」とばかりに称えまくってるくせに
ベトナムやアルジェリアでやってたこと完全に知らん顔してやがるもんなあ。
戦争という集団狂騒と完全に無縁で、むしろ抵抗した(宇宙怪人事件)という点で
怪人二十面相はあきらかにルパンを上回る自由の紳士だ!

195 :名無しのオプ:02/02/25 14:35
>189-193

意味のないカラ上げやめろ、ばか。

196 :A.M.:02/02/25 15:06
よく考えてみたらルパン作品はポプラ社の南洋一郎訳の本以降は
創元推理文庫の『世界短編傑作選』収録の『赤い絹の肩かけ』を
読んだくらいだなあ。

創元推理文庫の場合「リュパン」という名前に、新潮文庫の場合
ルパンが「わし」と自称するということに、各々違和感を感じて
しまうのが原因のような気がする。

197 :名無しのオプ:02/02/26 01:05
大人向けの「ルパン」全集、文庫で欲しいですよね。

「オルヌカン城の謎」、イデオロギーに引っかかるのは
こちらも自分のイデオロギーで見てるからだと思うけど(^^;)
まあ、単純にあまり面白くなかったな。ルパン1ページくらいしかでないし。

198 :通りすがりの者ですが:02/03/02 02:15
ポプラ社、なつかしいなあ。
消防のとき(20年以上まえだ...)夢中になって読みましたよ。
南洋一郎の創作もあったんですか、知らなかった...。ルブラン
のお国自慢丸だしなのは子供心に辟易したもんですが(藁)。
あした、創元推理文庫買ってこよかな。

199 :名無しのオプ:02/03/06 02:55
まー確かにそうだけどそういう差別気にしてたらロビンソン・クルーソーだって
読めなくなっちゃうからねー。書かれた時代の空気だってあるし。
今の時代の小説だって後の時代の読者が見たらどうだか(w。

ちなみに乱歩は乱歩で身障者への蔑視はそういう眼で気にしだしたら
胸が悪くなるものがある。

ルパンはむしろ当時の身分階層間の心理をある程度うまく表現してある、らしい。
ルブランは写生主義だったのかもね。

200 :名無しのオプ:02/03/06 11:41
200!

201 :名無しのオプ:02/03/24 22:19
ベシュってバーネットの刑事だよね。
>>183
最後は本当に可哀相だった(w

202 :A.M.:02/03/25 16:28
ルパンvsリュパン

Lupinは「リュパン」の方が原語の発音に近いという話をよく聞きますが、
日本で最初に「ルパン」と訳した人は誰なのか、どなたかご存じですか?
 南洋一郎・・・じゃないですよね。

203 :名無しのオプ:02/03/25 20:59
>>202
保篠龍緒らしい。読みやすさを考慮してとか…。
個人的にはリュパンでも充分読みやすいと思う。
いや、むしろリュパンのほうが読み(呼び)やすい。
ただ、書店で探す時はルパンのほうが目に付くとは思う。
日本人のファンの中にはルパンでないと絶対に嫌だとか言う人がいるけど、
いいじゃん、リュパン(ルパン)に「わし」なんて言われるよりは。

204 :A.M.:02/03/27 19:53
>203様。

遅くなりましたが、ご教示ありがとうございます。
保篠龍緒ということは、だいたい1910年代後半から1920年代初めにかけて
ということになりますか。大正時代ですね。その当時は「リュ」といった
表記・発音が、まだ馴染みの薄いものだったのかもしれない。

205 :名無しのオプ:02/04/01 01:45
デュパンという刑事か探偵が出てくるのは、アルセーヌ・ルパンシリーズですか?

206 :名無しのオプ:02/04/01 02:50
>>205
オーギュスト・デュパンが登場する探偵小説の事なら
著者は江戸川乱歩です。
あ、チガタ。笠井潔でした。

207 :名無しのオプ:02/04/01 05:36
>>205
群衆の悪魔―デュパン第四の事件 講談社文庫
笠井 潔 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062648849/ref=sr_aps_d_1_1/249-8923548-2255502

208 :206:02/04/01 11:37
ネタだとは思うけど、念のためマジレスしておく。

オーギュスト・デュパン
一般的に探偵小説の開祖とされる、エドガー・アラン・ポーの諸作に
登場する探偵。いわゆる名探偵の元祖と言える。

登場作
[モルグ街の殺人]
[盗まれた手紙]
[マリー・ロジェの怪事件]

>>205のネタは
江戸川乱歩:エドガー・アラン・ポーに当て字したペンネーム
笠井潔:デュパンが登場するパスティーシュ(>>207のフォロー)を書いた

209 :A.M.:02/04/02 12:52
ふと興味を覚えたので、デュパンのスペルを調べてみたら
やはり「Dupin」でした。デュパンの方は、この表記以外
見たことがないなあ。

でも「ヂュパン」とか「ヅパン」とか「ドゥパン」とかの
表記されても、ちょっと間抜けな感じがするし。

210 :205:02/04/02 21:47
皆さま、ありがとうございました〜! うろ覚えでルパンやデュパンをごったにしていました。
マジレスしてくださるとは思っていなかったので嬉しいです。
さっそくメモして図書館や書店をあたってみたいと思っております。

211 :名無しのオプ:02/04/16 05:01
本場の発音耳にした限り(DVDドラマとかで)は、
言われてるほど「リュ」に近いとは思えなかった。
発音へのこだわりなら、なんかどっちでもあたってるって感じ。
(所詮カタカナ表記で顕わしきれるわけないんだし)

「ルパン」派は、単にせっかくルパンで定着してるものを
わざわざ混乱させるほどの意味あったの?
って事なんじゃない?
ただでさえホームズに比べて影が薄いのに(^^;)。

212 :名無しのオプ:02/04/19 12:41
このスレの影響で、30年近く前の消防時代にポプラ社版を読んだきり
だったのを再読開始。まずは創元版奇巌城から。

ルブランは、ポーやドイル、ルルーでは無く大デュマの裔たる作家なのだ
という認識を新たにした。最近モンンテクリスト伯を再読したせいもある
だろうが……
初版から三十数年経っているのに(1999年44刷)細かな誤訳や誤植が直って
いないのがチョト萎え。ルイ十四世/十六世の取り違えとか、マリー
・アントワネットが王妃だったり女王だったり……

213 :名無しのオプ:02/04/19 17:57
ヌルパン

214 :名無しのオプ:02/04/19 19:10
 子供のころ、ポプラ社版の想い出しかないんであれなんだが。
 「記述者=犯人」の叙述トリックって、クリスティのあの作品より、
ルパンの方が早いよね?なんで、ルパンじゃなく、クリスティのあれ
が、このトリックの元祖ってことにされてるんだろ。

215 :ガニマール:02/04/21 00:59
 ルブランのトリックは八点鐘とか、ルパンの告白なんかでも、ずいぶん考案されているけど、チェスタトンと同じであんまり評価されてないね。
結局、探偵小説というより、フランスの伝奇ロマンの系譜に連なる冒険小説としての受け取られ方が強いのだろうけど。


216 :名無しのオプ:02/04/21 05:47
俺はミステリの要素もあり、伝奇ロマン・冒険小説の要素もありだからこそ
スケールでかくて話のバリエーションも豊富で、
ホームズよりルパンの方が面白く感じたんだけどな。
ミステリ板としてはふさわしくない発言かも知らんけど、
むしろ「ルパンがミステリとして評価されないのは残念」って人の論調の中に
ミステリ>冒険小説、との感覚があるようで悲しい。
(215さんの発言のことじゃないよ)
俺としては人には
「ルパンは探偵小説と思われてるけど、それだけにとどまらない面白さがあるんだYO!」
と言ってすすめたいところ。

大デュマの裔たる作家>
それだ!!! と思いました。モンテ・クリスト。納得。
歴史との絡みもさることながら、
「そうだ、私はダンテスだ。」ってモノクルを取って正体を明かすとこなんか、ルパンっぽい。

217 :名無しのオプ:02/04/21 08:17
南洋一郎版を消防の頃に夢中で読んだ。あのシリーズ、後半はルパンとは無関係のおっさんの冒険
の話とか出てたと思う。地中海で冒険するやつとか。で、訳者前書きに

「ルパンの名前こそ出ませんが、私はこの主人公はルパンの変装した姿だと思います」とか書いてあった。

子供心にもちょっとそれは強引じゃないか、と思ったものだ。

218 :名無しのオプ:02/05/13 00:08
>>212
創元版奇巌城,たしかに訳が不味いねえ。先日読了したけど
子供のころ読んだポプラ社版のほうが読んでてワクワクした。

というわけで新訳希望。ルパンを原書で読むべく学生時代習った
フランス語を再学習中。でも基本的な動詞の活用もあやふやで・・・
前途は厳しい(w

219 :名無しのオプ:02/05/13 00:24
ルパン対ホームズって、当時は著作権の問題ってなかったのかな?
勝手に人の作品の登場人物使っちゃって。

220 :名無しのオプ:02/05/13 02:49
うわあ〜ルパン好きでした。
南洋一郎さんの訳が小学校の図書室にあって、思いっきり
浸りながら読んでました(その割に内容全然覚えてない・・・ガーン)。
ルパンから入ったので、当時ホームズ嫌いでした・・・。
その後ホームズも明智さんも読みましたが。
ルパンは、人を殺さない、女子供に手は出さない、庶民の味方、という
ところが好きでした。
あと、これで結構フランス語覚えました。憧れた。
コション(ぶた野郎)とか、アデュー(永遠にさようなら)、アントレ
(お入り)とか。
ルパンは時間に正確だったんですよねえ。

221 :21:02/05/13 21:08
このスレまだ続いてたんだ〜。ルパンまた読もうかな。
俺の場合、子供の頃に奇岩城は読んだことあったけど、どんな話かはすっかり
忘れてしまった。で、高校の時にホームズを文庫で一通り読んだんだよね。
結構面白かったけど、もう一度読み返す気にはならず、本屋でふと黒表紙の
ルパンシリーズが目に留まり、「813」を買ったんだ。正直なところ、それ程
期待していた訳じゃなくて、もしつまらなかったら次は買わないつもりだった。
で、「813」読んだら予想よりずっと面白くて、すぐに続を買い、続けて読んだ。
読み終わった時は、なんというか、ルブランの思惑にすっかりはまってしまって、
しばらくその世界から抜けられなかった。こんなのはホームズを読んだ時には無か
った経験だった。それからルパンシリーズを読みあさった。一通り読んでみて思っ
たのは、俺にとっては、やはり「813」が最高傑作だということ。この作品に
最初に出会えて、本当によかったよ。(おっと長文失礼)

222 :名無しのオプ:02/05/21 05:46
http://www.asahi.com/international/update/0519/006.html

おおっ、怪盗ルパンの名はヨーロッパでもまだ健在だったのだね。
何となくめでたいぞ。美術品泥棒の代名詞に今も使われてるとは。
「ルパンがいまだに読まれてるのは日本だけ。本国ではとっくに忘れ去られてる」
とかいうのは大ウソだと聞いたが、これが何よりの証拠。

それはええけど、×日新聞記者よ、ルパンは「少年小説」ちゃうやろ。
もともとは大人向けに書かれたのを子供向けにリライトしたんやろがな。

223 :名無しのオプ:02/05/27 11:13
西村京太郎の「名探偵が多すぎる」読んだ人いる?
アレはひどすぎる。
何でルパンが「密室殺人」で挑戦なんだか。

224 :名無しのオプ:02/06/02 00:06
やっほー!
ヤボンのセネガルがフランスをやぼーん、じゃなくて
あぼーんです。

225 :名無しのオプ:02/06/02 00:32
>>223
厨房の頃読んだ。あの程度のトリックでも
当時はすげえ驚いたなあ。クライマックスもよかった。
ちなみに密室殺人はメール欄ではなかったんじゃなかった?
もうよく覚えとらんけど。

226 :名無しのオプ:02/06/02 09:18
>225
あらすじのところでルパンが密室殺人・・・
って書いてあっただけで嫌悪感を催してしまった
なんか妙に読みにくかった
それ以来西村京太郎の本は読んだことないです

227 :名無しのオプ:02/06/13 08:54
すみません、昨日初めてルパン読んだんですけど、
ルパン、自分のこと、わしとか言ってるんです!
これはどういうことなのですか!?私のこれまで漠然と持っていた、
「マント、片眼鏡、キザ、女好き、バラ、ムッシュー、ボンジュール」
のルパンのイメージは綺麗さっぱりなくなってしまいました。
おまけに、「運ちゃん、婆さんなんかひき殺せ!」
みたいなこと言ってるんですけど・・。マジショックでした・・・。
でも、ホームズはちゃんとショルメスって表記してあったから良かった。

228 :名無しのオプ:02/06/14 22:38
奇岩城、いろんな訳よんでみたけど
集英社のが一番よかったです。
つぎが岩波かな?
あとなんかアメコミみたいのを図書館で発見したけど
イジドールがおっさんだったのにショック。


229 :名無しのオプ:02/07/20 02:07
>228
つけひげしてたんじゃないの?

230 :名無しのオプ:02/07/20 02:18
解説が充実してたのは偕成社の全集だったかなぁ。
単なる作品解説だけじゃなく、当時のフランスの風俗なんかも詳しく取りあげていて、
本編を読んだ後で解説を読むのが楽しみだった。
あの解説だけもう一度読みたい。


231 :名無しのオプ:02/07/23 22:18
リュパン物で長篇では「二つの微笑を持つ女」、短篇集では
「バーネット探偵社」が最高傑作と思う。 何回読んでも
飽きない。

232 :名無しのオプ:02/08/05 03:46
>>123
そうですね。ポプラ社版のを全巻読んだものとしてはそう思います。
南さんの翻訳によるところが大なのかもしれませんが、ルブランが相当配慮して
書いたということなので、そこはそれをかいたいかと。

そういえば、創元のルパン対ホームズも読みましたが、ひどかったせいなのか
頭にきれいさっぱり残っていません。
ルパンのおしゃれで瀟洒な紳士のイメージを伝えているのは、実は低年齢向きに
翻訳されたポプラ社版なのかもしれませんね。

ルパンの他巻の話を思い返すに、あそこまでいろいろなトリック的な部分が独自に
看破されたのはホームズだけのような気がしますね。他は自分で半ばばらしてるのが
多いような気もしますし。

ルパン対ホームズが一番好きではあるんですが、その次はバーネット探偵社ですね。
12枚の鉱山株券を探し出してあげる話がなんともいい雰囲気だったりします。

233 :名無しのオプ:02/09/03 18:04
さるべーじ

234 :d:02/09/03 18:07
-------変態・MTTどこでも-------
---●●●変態痴女を紹介致します。●●●---
例えば>欲求不満オマ●コヌレヌレ女・露出オナニー痴女・
フェラチオおしゃぶり女・ミニスカ・ノーパン娘・巨乳パイズリ娘・
アナルSEXおねだり娘・オマ〇コ弄られマン汁グチョグチョ女・
SM牝豚・緊縛・浣腸・スカトロ・等・・・刺激を求めています。
●●●学生・OL・主婦・モデル・牝豚・女王様・オカマ等・多数!●●●
 090-8002-8356番   
-----------------------------
  http://www.mttdocomo.jp/
-----女性アルバイト随時募集・高収入(日払い)月100万円可能-----
http://www.mttdocomo.jp/
Iモードはこちら→http://www.mttdocomo.jp/i




235 :名無しのオプ:02/09/23 02:11
>>105
フロランスとも離別したんだっけ?
読んでないだけかな

236 :名無しのオプ:02/09/23 02:19
>>85
ルパンの大作戦は大好きなんだけど、原作も読んでおくべきかしら
どっちが面白いのだろう

237 :名無しのオプ:02/10/10 01:45

・・エトルタの下手・・空洞の針(エギュィーュ=クルーズ)?

>813 get したい!

238 :名無しのオプ:02/10/10 01:49
「八点鐘」も良くないですか?

239 :名無しのオプ:02/10/10 04:08
リュパン

240 :名無しのオプ:02/10/10 12:57
>>235
フロランスは、105のカキコの最後にあるルバッスールですよね。
フロランス・ルバッスール。
離別も死別も描かれてないはずです。
虎の牙のラストは二人末永くお幸せに・・・的なハッピーエンドだったけど、
そのあとの年代に設定されている「特捜班ビクトール」「ルパン最後の事件」
ではルパン再び独り者だったしなあ。また女口説いてるし。
死別だったらまあしゃ−ないけど、離別だったらフロランス可哀相じゃ。許さん(笑)。


241 :名無しのオプ:02/10/27 02:24
保守

242 :名無しのオプ:02/10/27 13:00
小学生の頃、図書館にあったルパンシリーズを読破したのが懐かしく
ルパンの本を捜し求めましたが、図書館にあったやつはなかなか売ってないですね。
文庫本のルパンは翻訳がおかしいのかセリフがめちゃくちゃだったりして、
ルパンがルパンじゃないみたい。
私が美化しているだけなのか???

243 :名無しのオプ:02/10/27 13:16
>>242
ポプラ社のはどうよ?

244 :名無しのオプ:02/10/27 13:21
友だちがルパンで卒論書いてた(仏文)

245 :名無しのオプ:02/12/04 20:05
>>226
 真相はメール欄の通り。

 ルパンのキャラクターは原作とそれほどの差を感じなかったが、
クライマックスの対決はいきさつがいきさつだけに、読んでいて
つらかった。

 怪盗組も名探偵軍団も全盛期の設定で明るく戦って欲しかった。



246 :名無しのオプ:02/12/27 12:01
age

247 :名無しのオプ:03/01/20 11:28
age

248 :名無しのオプ:03/01/21 01:04
映画の「クリムゾンリバー」「ヴィドック」がルブランのルパンものの雰囲気がある。やはりフランスの伝統か。

249 :山崎渉:03/01/23 18:20
(^^)

250 :名無しのオプ:03/01/24 00:25
「カリオストロ伯爵夫人」が好きだったなぁ。ここでは話題に上がんなくて残念。
小学生の頃みんながホームズ派の中一人ルパン派で頑張ってたよ。

251 :名無しのオプ:03/01/24 00:47
>250
いいですねえ。俺が小学生の頃は悲しいかなホームズもルパンも
読んでる人は周りに一人としていませんでした。

252 :名無しのオプ:03/02/12 03:14
キープオンロッケッソ

253 :名無しのオプ:03/02/12 16:18
ちょっとみなさんに確認したいのですが、メール欄のトリックはルパン物が元祖
だったと記憶しているのですが、そうでしょうか?

254 :名無しのオプ:03/02/12 20:31
奇巌城のモデルになった島?か岩?が、
小学校の時に読んだ本に写真があった気がするのですが、
どこの出版社のものか誰か知っていたら教えてください。

255 :名無しのオプ:03/02/13 08:07
このスレ見逃すとこでした。
東京創元社の「水晶の栓」読んでる最中です。
内容忘れてるからワクワクですよ。

256 :名無しのオプ:03/02/19 08:44
「アルセー・ヌルパン」


・・・というのはどうですか?

257 :名無しのオプ:03/02/19 17:48
新潮社の「棺桶島」ネットで注文。”売り切れ中”だって。
鬱だ〜(´・ω・`)ショボーン

258 :名無しのオプ:03/02/19 17:52
偕成社の全集を全て集めようと思い立ってはや十年・・・
やっぱ本には財布の紐が固くなるなあ。

259 :名無しのオプ:03/03/01 00:13
英国グラナダ版ホームズみたいに、仏国でルパンTVシリーズになってませんかねえ。

260 :名無しのオプ:03/03/03 02:26
ルパンなつかしい〜。
大分昔に読んだんで、内容はうろ覚えだけどすごく好きだった
覚えがあります。
盗みに入って宝石とかいっぱいもったところを、好きな女の人に
みつかってしまう話ってありませんでした?
もうしないよって慌てて逃げ出しちゃうのが印象的でした。
名誉欲も物欲も有りの、無茶苦茶人間臭いところが、ホームズよりも
好きだな〜。

261 :名無しのオプ:03/03/03 15:20
>260
ルパンが第一作でガニマールに逮捕された時、一緒に船に乗っていた女性の
屋敷に盗みに入って、偶然再会するシーンですね。
あの話は私も好きです。ルパンが若くて、まだ無名の頃だったような・・・。

262 :名無しのオプ:03/03/04 04:52
>260-261
私もあの話好き。
女性がミス・ネリーで、ホームズも出てくる話でつね。
女性に弱いというキャラ設定が良かったなー<ルパン

263 :名無しのオプ:03/03/19 23:55
「虎の牙」読みマスタ。○○な○○じゃなかったよ〜。ストーリーは素晴らしいので
惜しい。

264 :年寄り:03/03/20 01:22
やっとのことで原書が読めるまでになったけど
翻訳がとてつもなくおもしろかったのにビックリ。
正しい翻訳でないのは確かなんだが、訳者の創作
部分(しかも複数の訳者で共有してる!)が
めちゃくちゃおもしろい。本国で忘れ去られ
日本で根強い人気があるのがわかる。

名探偵読本のルパンの巻は便利だから持ってた方がいいかも。


265 :名無しのオプ:03/03/24 18:10
ホームズのスレは順調に伸びてるのに、このスレが半分死んでるのは何故か。
あっちはグラナダTVシリーズと言う、最強のドラマがあるからか?

266 :名無しのオプ:03/03/24 18:44
単純に読んでいる人が少ないからだろうな。

267 :名無しのオプ:03/03/25 15:53
南洋一郎の少年版と
翻訳版全然違っててびっくりしたのを
覚えてる。(ビクトワールの態度とか、
東洋の秘薬云々のくだり)
南版は「超人ルパン」と呼んで、ひそかに
本家とは違うものと思っているYO。

ところで南版の「ピラミッドの秘密」
最近シリーズから名前が消えてたけど、
やはり白人マンセーな描写がいくなかった
のだろうか。

268 :名無しのオプ:03/03/25 15:57
★男はココを見るべし★女と金と???★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.pink-angel.jp/betu/linkvp2/linkvp.html

269 :名無しのオプ:03/03/25 16:06
必見
http://zoetakami.fc2web.com//

270 :名無しのオプ:03/04/12 17:43
近所の図書館に「ピラミッドの秘密」あったよ。
昭和63年版だった。
まえがきに「この話は、仏英の短編を一つにまとめあげたものです」
って書いてあった。
フランスはわかるんだけど、なんでイギリスの短編があるのか不思議だった。

271 :名無しのオプ:03/04/15 03:11
ピラミッドの秘密は原作ないようなもんだからねえ。
ほとんど南のオリジナル。
でも、少年向け冒険小説としてかなり面白いんだよな。
少年の心に残るルパンものの面白さも、南の筆力によるところが大きかった。

でも、完訳版は完訳版で面白いんだよなー。
心理描写やルパンの悪人っぷりはやっぱ原作が魅力的。

272 :名無しのオプ:03/04/15 03:13
確かにこのスレ伸びないけど、やっぱルパンって大好きだから
ちょくちょく覗きに来て保全してるよ(^^;)。

さあ、このスレは813まで行くのだろうか…(笑)

273 :名無しのオプ:03/04/15 15:33
完訳版だって日本語版は完訳じゃないからなあ。

274 :山崎渉:03/04/17 15:21
(^^)

275 :山崎渉:03/04/20 03:17
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

276 :山崎渉:03/04/20 07:22
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

277 :名無しのオプ:03/04/20 08:59
昔読んだのが最後だけど…

結構面白い。世間はホームズ派が多いらしいけど、
ルパンにはホームズにはない魅力があると思うな。


278 :名無しのオプ:03/04/20 14:50
私はホームズ派なんだけど、なんでホームズ派かというと
ルパンはあまりに奇想天外すぎるから、はまれないというか
まず「こんなのありえない」と思ってしまうんだ。
だからルパンはごくたまに読むのは面白いんだけど
毎日読むにはちょっと話が濃すぎてくどくて読めない。
その点ホームズはあっさりしてるから毎日でも読める。

279 :名無しのオプ:03/04/21 03:40
>>278
うん、わかる(笑
確かに主役からしてキャラ濃いからね

280 :名無しのオプ:03/04/21 12:02
ホームズとルパンは、夫々探偵と盗賊の代表と我々は思っていますが、
こういう意識があるのは日本と(せいぜい)フランス位でしょう。
どこが違うのかっていうと、ホームズは世界中で読まれ有名ですが、
ルパンは日本とフランスでしか読まれていない。
このスレで以前、本国フランスでも忘れられているとか、いや読まれ
ているかと意見がありました。更に詳しく知りたいと思います。
ちなみに仏amazonでモーリス・ルブランを検索してみると34件ありま
した。それなりに読まれているということでしょうか。もっとも日amazon
ですと184件引っ掛かる(子供向、品切含)。米amazonですとフランス語
の原書も引っ掛かってきて数はありますが英訳で手に入るのは「怪盗紳士」
「水晶の栓」「奇巌城」「ルパン対ホームズ」位のようです。日仏以外でル
パンと言えばモンキーパンチの「ルパン三世」のことなんですね。
日本のアニメが世界を席巻しているのはご存知と思いますが、宮崎駿の「ル
パン三世カリオストロの城」をアメリカに輸出したとき、普通のアメリカ人
はルパンを知らないと言われたのは有名な話です。
それで上記米amazonのカスタマーレビューに「ルパン三世」で馴染んできたの
で原作を読んで真のルパンを知ってビックラコイタとかあります。まあ日本の
アニメもルパンを世界に広めるのに貢献しているということでしょうか。

>>219
原作ではホームズとは言ってません。名前は変えてあります。
Herlock Sholmesです。エルロック・ショルメス(ショルムス?)
ではネタとわからない日本人が多いと思ったためか、わが国では元
の名を使ってきただけです。


281 :名無しのオプ:03/04/21 14:16
悪徳勧誘業者に大人数で押し掛けるオフ
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1044439342/l50

282 :名無しのオプ:03/04/21 18:56
>>278
ホームズもかなり濃いと思うけど…

283 :名無しのオプ:03/04/28 22:45
ホームズは世界中で読まれているのにねえ・・・
この仏の怪盗が長命になれなかった理由はなんであろうか

284 :名無しのオプ:03/04/28 23:38
>>284
むしろ日本でこれだけルパンに人気があるのはなぜか、という方が解明すべき理由
ではないでしょうか。
日本人はフランス物が好きというのもありますが、同じフランスでもルルーは
あまり読まれていないようだし。

285 :名無しのオプ:03/04/29 06:16
そりゃ南洋一郎が日本にしかいなかったからでしょう

286 :名無しのオプ:03/04/29 10:53
ルパンには、楽しい突っ込みどころが少ないからだと思われ
伝記作者がルブラン自身と言うのも、何か嫌な感じだし

287 :名無しのオプ:03/04/30 19:40
>>286
ワトソンは医者であったドイルがモデルですよ。

ホームズ人気はキャラ受けが一番の要因だと思うんだけど。ホームズとワトソンもゴールデンコンビだし。
推理だけなら他に独創的で優れたものはいくらでもあるし、明らかにおかしな場面もある。
(蛇をミルクで飼ってたりな。)
折れはホームズシリーズはミステリというより、大いなる娯楽物だと思うんだがね。



ルパンも女っ気をもう少し抑えてイジドールあたりとコンビ組めば人気出たかな?

288 :名無しのオプ:03/04/30 19:47
単にあの当時はイギリスの作品のほうが、フランスの作品なんぞより世界に広まりやすかったのではないかと。
もちろんホームズというキャラクターが人気者になれる要素を大いに持っていたという事もある。
あとルパンは結構愛国心を垣間見せるから、フランス以外はウザく感じたのではないのだろうか。

289 :名無しのオプ:03/05/01 18:10
>287
作者がモデルであるってのと、作者自身の名前が作品中に出張るのとでは
似て非なるものなんだよね。
ワトソンの名前がドイルだったりしたら、果たして自分はホームズ物の
ファンになっていたかどうか、わからない。

290 :名無しのオプ:03/05/01 22:04
そういう人はよほど心の狭い人だね。
漫画なんかでも作者自身が出てくるのはいくらでもあるわけで。
それによって作品の価値が下がるわけでもなし

291 :名無しのオプ:03/05/02 08:04
まあまあ、ワトスンは実在の人物でないので、それだけ彼の人物像について読
者の想像の余地があるという事だと思います。それに対し、自分としてはルパ
ンみたく作者自身が出てくる方が作品のリアリティが増すかな、とか思ったり
します。ようは好みの問題で、心の広さ狭さの問題ではないのではないかなあ。
あくまで私の感想ですが。

292 :名無しのオプ:03/05/02 12:28
僕が考えるルパンとホームズの違い。

話の形式
○ルパン
…いろんなパターン。警察側から描いたり。ルパンが探偵役をしたり。
 壮大な冒険話だったり。小粋なミステリだったり。
○ホームズ
…基本的に、依頼者の事件を解決する短編。

※ルパン好きである僕からすると、その壮大さ、多彩さがルパンの魅力の一つだが、
ミステリ好き、ホームズ好きからは、まさにその点がルパンものが子供っぽく見えて
好きになれない理由らしい。

語り部
○ルパン
…大きく見ると、語り部はルパンの友人、「わたし」。
 でも、毎回それを意識した描き方になってるわけではない。
 基本的には、「後からルパンが語ってくれた話」で、「わたし」がいつも作中に登場するわけではない。
 (あと、別に作中で「ルブラン」って言ってるわけじゃないですよ。
  作家である「わたし」、ってだけです。ルブランって言ってるのは南版だけじゃない?)
○ホームズ
…ワトソン。こちらはワトソン視点で統一されている。ワトソン自身も重要なキャラ。

※これも、上のレスを見ると賛否両論ですね。


293 :292:03/05/02 12:29
つづき。

性格
○ルパン
…女好き。基本的に色恋沙汰で話が進む。派手好き。
 野心家で破滅型。自殺とかするし。引退もしたがるがすぐ戻ってくる。
○ホームズ
…女嫌い。ゆえに色恋沙汰は少ない。ストイック。オタク(マニア)っぽい。
 推理好きではあるが野心家ではない。(最後引退して養蜂してるあたり)

※基本的に、男性はホームズが好き、女性はルパンが好きって聞いたことがあります。
女性は色恋沙汰が好きだからでしょうね。僕は男だからルパンの女ったらしはムカツク(w。
女性は誠実な男性よりも、もてあそばれても一時でも情熱的な方が好きなんだろうか…(涙)
オタク(マニア)っぽいところも、多分世の男性の共感を得てると思う。男って本質的にマニアック。
でも、上向きのエネルギーのあまり感じられないホームズより、
アツくて野心的で破滅的なルパンの方がやっぱり僕にとってもセクシー。
その辺がでかいんで、僕にとってもやっぱりルパンの方が好きかな。

登場人物
○ルパン
…「わたし」、ガニマール、ショーメス、ベシュ・・・など、複数の話に出てくる
 キャラクターはいるものの、基本的にはルパンの一人舞台。
 つながりが深く感じるのは、ビクトワールくらい?
 特に、対等の男の親友がいなさそう…って言うのが、ちょっと。部下はいるけど。
○ホームズ
…ワトソンがいるのは大きい。やはり、コンビは面白い。ボケとつっこみ。
 加えて、ハドソン夫人、レストレード警部…など、
 ルパン物以上の頻度ででてくる準レギュラー、たくさん。

※やはり、毎回ゼロから始まるより、なじみのキャラクターたちと会える安心感のある
ホームズの方が、入りやすい気はします。
ルパン物は「誰がルパンなんだ?」みたいな緊張感が面白いのですが。

294 :名無しのオプ:03/05/02 12:33
ルパンが嫌いなホームズファンは、ホームズを全く別キャラにしてしまったことにも
理由があるからであろう。
後に改名してはいるが、あれがホームズをおちょくったものであることには
変わらんわけで。


295 :名無しのオプ:03/05/02 14:09
>>294
いや、なんで他国ではルパンはホームズほど広まらないのかな?って話で。
なんでルパンはホームズファンに嫌われるのかな? って話題じゃないです。

まあ、言ってる内容はルパンファンの俺からしても同意。
そのへんがちょっと作品としての小物っぽさを醸し出してるのかも。パロディーっぽさと言うか。パスティーシュ?
そのへんやっぱり、純文学を志してたルブランはかなり気楽に、肩の力を抜いて書いたんだろうなあー。

でもただのパロディー作品と言っちゃうには、やっぱりもったいない作品だと思う。

296 :名無しのオプ:03/05/02 14:09
自分はホームズを読み終えて、ルパンに入ったくちだけど、
ルパンが肉を食べないというのが意外で、妙に親近感が沸いた。

297 :名無しのオプ:03/05/02 14:23
>ルパンも女っ気をもう少し抑えてイジドールあたりとコンビ組めば人気出たかな?

僕はベシュとのコンビが好きでしたね。ある時は敵、ある時は味方、って感じで。
もうちょっと出てきてくれても良かったかな?
「最後の事件」に出てきた時は激しくキャラが崩れてて、萎えたけど。

ガニマールとの関係も良かったから、後半の作品にももうちょっと出てきてくれたら良かったですね。
例えば、ベシュとガニマールとウェベール副部長が一緒に出てきたりとか、
そういうシーンがもうちょっとあれば、キャラ物としても面白かったと思う。

パトリス=ベルバル大尉とかも、もっと出てきてくれると燃えたなあ。三十棺桶島に再登場してくれたのは良かった。

ルパンの部下も、毎回クローズアップされるやつが変わるんじゃなく、ある程度レギュラーキャラがいてくれてもよかったのにね。

298 :名無しのオプ:03/05/02 14:26
手下がいっぱいいるってところで、子供の頃引いた。

299 :名無しのオプ:03/05/02 14:32
まあ、マフィアとゆーかヤクザとゆーか、結局そのたぐいのヒーローだからねえ。
単独行動が多いんで、一見そうは見えないけど。

300 :名無しのオプ:03/05/02 16:35
意味も無300

301 :名無しのオプ:03/05/03 13:21
「8・1・3」でどうやって宙に飛んだところからまた生還できたのか?
やっぱりどっかに引っかかって自殺をあきらめたのかな?マヌケだけど

302 :名無しのオプ:03/05/04 04:04
俺は、海に飛び込んだ後気絶ぐらいですんで、気を失ってどこかの浜辺に流れ着いた…
みたいな感じでイメージしていたが。
ホームズではどんなんだったっけ。モリアーティーと落ちた時。
あっちは下が海じゃないからもっとやばかったよね。


303 :名無しのオプ:03/05/04 10:12
なんか日本の柔術を体得していたから底から這い上がってこれたとか・・・
こじつけだろうが。

304 :名無しのオプ:03/05/04 12:45
モリアーティだけ落ちて、ホームズはほんとは落ちてなかった、とかゆう話だったような・・・
うろおぼえ。

305 :名無しのオプ:03/05/04 14:52
日本の柔術を体得してたから底から這い上がってこれた>
それってルパンの方? ホームズの方?
ルパンは柔術できるよね。ホームズもだっけ?

306 :名無しのオプ:03/05/04 15:50
ワトソンに話してた。もともと死んで終わらせるつもりだったが
人気で仕方なく再開した。母親もファンなので説得したんだったかな

307 :名無しのオプ:03/05/04 20:09
>>306
そんなことワトソンに話してたのか?((((( ;゚Д゚)))))

308 :名無しのオプ:03/05/05 10:09
話したのは崖から落ちそうになってホームズだけ助かったことだけだよ

309 :名無しのオプ:03/05/05 17:57
ルパンスレすらホームズスレになりそうな悪寒(つД`)。

ホームズは「日本のバリツ」(=武術?)
ルパンは「柔道のウディンギ」(=腕ひしぎ?)

ですね。

どちらにしろ当時、日本文化は西洋から見てエキゾチックな魅力があったんかなーと推察。
その割には当時美術界で話題になっていた浮世絵とかなんかを
一切ルパンは標的にしてないんですよね。
ちょっと寂しい?

310 :名無しのオプ:03/05/06 01:29
ルパンの変装って案外現実的なんやね。
実在の人物に化けきるってシーンは実はほとんどないんだな。
(海外で死んだ人間の戸籍をパクッて、何年ぶりに外国から帰還した、とかそんなくらい?)
あとはほとんど偽名をつかった架空の人間への変装。

311 :名無しのオプ:03/05/06 16:09
青年時代は相当ビンボーだったようだが、公爵にも化けたりしてるな
彼は一体上流階級の作法や慣習をどこで覚えたのか
本物の貴族が見てエセと見破れなかったのか

312 :名無しのオプ:03/05/06 18:08
少年時代は父親がいなくて貧乏だったので母親の友達の伯爵夫人の家
に母子でおいて貰ってた。(この頃からすでに泥棒の才能がw)

313 :名無しのオプ:03/05/06 18:40
母親は勘当されたものの貴族の娘だから、
貴族の生活のたしなみは教えてもらってたのかもね。
その伯爵夫人の生活は近くで見てたわけだし。

あと、20歳の時の話ですでに貴族のふりしてるし、
その後も何度も貴族に化けて生活してるから、
エセ貴族としてのキャリアは長い。

314 :名無しのオプ:03/05/06 23:56
えっ、母親貴族の娘だったっけ?
じゃルパンも一応貴族の血を引いてるってことになるね。

315 :名無しのオプ:03/05/07 04:25
父・テオフラスト・ルパン。体操・柔術などの教師にして詐欺師。アメリカにて逮捕・投獄・死亡(だったかな?)。

母・ダンドレジー(=ド・アンドレジー)家の娘。名前忘れた。テオフラストと結婚したことにより実家を勘当される
後に実家も没落、友人である伯爵夫人の家に住まわせてもらうが困窮のうちに死亡…だったかなー。

ルパンの本名は「ラウール=ルパン」で、良く使う偽名「ラウール・ダンドレジー」は
母方の苗字使ってるだけなんで限りなく本名に近いと思う。
でも作中で一度も「俺も貴族の血は引いてるんだ」みたいな言い方したことなかったんで、
母系の血筋は社会的には認められてなかったんだろうな。
それに、母の実家のダンドレジー家から、ラウール(ルパン)は認められてなかっただろうし。

316 :__:03/05/07 04:28
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku01.html
ttp://yamazaki.90.kg/zenkaku/index.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku04.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku10.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku07.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku08.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku05.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku03.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku06.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku02.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku09.html

317 :名無しのオプ:03/05/07 05:33
懐かし!
このスレ読んでたら偕成社のルパン全集というのが読みたくなった。
消防の時(今でもだけどw)
友達いなくて孤独だったから同じく孤独なルパンに親近感を覚えた。
孤独なのに華麗なところに憧れた。
でもその偕成社のやつは悪人全開のルパンなんだよね?
これもまた読みたくなる人物設定だなw

318 :名無しのオプ:03/05/07 21:10
>315
スミマセン、それはどの本に載ってるんですか?
子供の頃全巻読んだと思ってたけど、全く記憶に無かった(汗
出来ればその話が載ってる回、読んでみたいので

319 :名無しのオプ:03/05/07 23:22
いっちゃん最初の短編集の「怪盗紳士」の中の一編、「女王の首飾り」に
ルパン6歳の時の最初の盗みと、母親と過ごした幼少時代が書かれてます。

あと、20歳の頃の最初の大冒険を書いた長編「カリオストロ伯爵夫人」の冒頭で、
婚約者のクラリス=デティーグに、出自のことをちょこっと告白してます。
たぶんこの二つを読めば書いてあるかと。

でも今ちょっと本が手元になくって、うろ覚えで書いてるんで
もしかしたらそれだけじゃ足りないかもしんない。
本文中は断片的な情報だけで、まとまった経歴は
本の後ろについてる解説とかで読んだだけかもしれないです。
(どちらにしろソースは本文中からであって、解説者のでっち上げじゃないと思うけど)


320 :名無しのオプ:03/05/08 18:52
サンクス!
今度図書館で探してみます

321 :名無しのオプ:03/05/10 19:21
作者のルブランはルパンの顔をどんな風に想像していたのだろう?
ポプラ社のを読みまくった俺は片眼鏡、シルクハット、蝶ネクタイ(ネクタイ可)、
ちょびひげでオールバックしか想像できないわけだが。

322 :名無しのオプ:03/05/10 20:59
山田康夫

323 :名無しのオプ:03/05/10 23:15
片眼鏡って事は、がちゃ目だったのね

324 :名無しのオプ:03/05/11 00:20
>>323
んなあほな。
当時流行のファッションですがな

そういえば方眼鏡(モノクル)とシルクハットってルパンで覚えたなー。


325 :名無しのオプ:03/05/11 17:33
最近小学校以来のルパン熱が高まって色々読み返してる。
数冊持ってるのも図書館で借りるのもずっと偕成社版。

田中槙子さんだっけ?挿絵が凄くかっこいい。
中身をしっかり読んで描いてるようだし。
三十棺桶島決闘シーンなんか圧巻だったなぁ。

326 :名無しのオプ:03/05/12 17:46
俺も偕成社版持ってる。
田中槙子さんの絵、悪くないんだけど、
絵本作家らしくて俺としてはちょっとほのぼのしすぎなんだよなあ…。

フランスでの雑誌掲載当時の重厚なイラストでどっか出してくれないかな。
ホームズみたいに。

三十棺桶島、最近読み直しました。奇遇やね。
おどろおどろしい序盤から,ラストの当時の最新科学にひっかけたオチのギャップが、
かなり面白いなーと思ったよ。

327 :名無しのオプ:03/05/13 22:25
ルパン40年ぶりに映画化だって
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1052824086/

328 :名無しのオプ:03/05/13 22:59
>>327
見た!!
情報せんきゅー!

> ルパン三世のおじいさん、アルセーヌ・ルパンが40年ぶりにスクリーンに返ってくる。
>監督は『ルーヴルの怪人 』のジャン=ポール・サロメ。

>物語は1924年にモーリス・ルブランによって書かれ、
>“宮崎版「ルパン三世」”でも扱われた「カリオストロの公爵婦人」が選ばれる模様。

>ルパンの青年期を扱っており、年齢設定は20歳。
>今までジャン=ピエール・カッセル(ヴァンサン・カッセルの父親)や
>ジャン=クロード・ブリアリが演じた大怪盗だが、
>今回白羽の矢が立ったのはロマン・デュリス(『パリの確率』)。
>どちらかと言えば渋いイメージのアルセーヌ・ルパンというよりも、
>軽〜いルパン三世のイメージに近いような気がするのだが…。

なんかこの記事書いた人、根本的に勘違いをしてるような・・・(笑)
ポプラ社のイメージで言ってるのかな?>渋いルパン。

はっきり言って原作のアルセーヌ・ルパンも、軽〜いイメージで問題ないよね。
実際こないだ出たDVDのルパンも、かなり軽〜いイメージだったし。

引用元
http://www.so-net.ne.jp/movie/news/030513/04.html



329 :名無しのオプ:03/05/13 23:20
この事件でルパンの産まれたばかりの息子が誘拐されちゃうんだよね?
じゃあ評判良かったら続編の「ルパン最後の冒険」も作られるのかな?
個人的にフェリシアンのファンだから・・・(´∀`)

330 :名無しのオプ:03/05/13 23:33
生まれたばかりの子供誘拐されるのはエピローグ的な部分だから、
映画では描かれないと思うんだけど、どうかな?
一本の映画としてみたら、なんか後味悪いし。
長編大河モノとしてのラストへの複線みたいなものであって、
この話自体には直接関係ないもんなあ…。

若いのから作るってことは、好評だったら続編もあるかもね。
俺としてはやっぱ、原作に忠実な奇岩城を見てみたいなあ…。

331 :名無しのオプ:03/05/13 23:45
つーかそもそも、「カリオストロの公爵夫人」ってなに?(w
「カリオストロ伯爵夫人」だよねえ。


332 :名無しのオプ:03/05/14 18:51
>>327のスレッド、ほとんどルパン三世の話題になってるのがなんとも…。

333 :325:03/05/15 00:28
>>326
ほのぼの…かぁ。確かに鉛筆書きで柔かい感じではありますね。
三十棺桶島、見事に忘れてたんで前半のホラー風味にどきどき。

>>327
ありがと!
こないだ伯爵夫人と復讐読んだとこなので感慨深い。
脳内イメージではカリオストロ伯爵夫人はドミニク・サンダでした…

334 :名無しのオプ:03/05/15 21:30
ルパンか。子供の頃ははまったんだけどなあ。
ホームズはいまだにちょくちょく読み返すけどルパンはさっぱりだな。

335 :名無しのオプ:03/05/16 23:46
子供のころ「奇岩城」とかそんなタイトルで読みました。
すごいわくわくして、主人公の少年見たく冒険をしたいって思ってたなー
最近「ルパン三世」を見てたらそんなことまで思い出してこのスレにきてしまった。

初めてルパンを読むのにお勧めな作品はありますか?

336 :名無しのオプ:03/05/17 00:18
>>335
やっぱり発表順に、「怪盗紳士ルパン」から読むのが一番じゃないかなー。
短編集だからサクサク読めるし、いろんなタイプのルパンの話の典型が入ってて、入門編に最適と思います。

他に短編集だと「ルパンの告白」、連作短編集だと「八点鐘」「バーネット探偵社」があって、
これらの短編ものはどれも出来がいいんで、読んで損はないかと。

冒険モノのワクワク感が味わえるのは長編のほうで、
335さんの上げた「奇岩城」、あと「813」「続813」、それに「水晶の栓」は、
どれもルパン好きが必ず名前をあげる傑作なんで是非。

あと、第一次大戦期のスケールのでかい冒険話で「金三角」、「三十棺桶島」、「虎の牙」、
女性の方に人気な恋愛小説っぽいものだと「緑の目の令嬢」「カリオストロ伯爵夫人」、
このあたりをお好みで、というところでしょうか。

>>100に全作品の発表順が書いてあるんで、参考に見てみてくださいな。



337 :336:03/05/17 00:19
100じゃなかった。
>>103でした。スマソ。

338 :投稿マン:03/05/17 00:42

ここ小説&まんが投稿屋 -オンライン作家支援サイト
http://bbs.bookstudio.com/index.htm

が面白い。特にノンフィクションが、

339 :名無しのオプ:03/05/21 23:36
やっぱり南洋一郎バージョンがヤバいんじゃねーの?
あれは確かに読みやすいが、あんな完璧超人に仕立て上げられたルパンでは、
原作の面白さは半分も伝わらない。子供の時読んで、最初は面白いものの次第に
ワンパターンさに飽きてしまい、そのまま原作を読む気もなしに忘れちまうんじゃないのかな。
でも南バージョンのシリーズが、絶対的な子供へのルパン普及源となっているのは
確かなので、非難は出来んし。南バージョンは諸刃の剣だな。
もっと面白い子供向けバージョンのルパンシリーズ求む。

340 :名無しのオプ:03/05/21 23:38
>>294
江戸川乱歩の黄金仮面に出てきたルパンはもはや別物だったな。

341 :名無しのオプ:03/05/21 23:39
でもあれ読んだあと創元や新潮読んでがっかりしたのも事実・・・・

342 :名無しのオプ:03/05/21 23:42
でもルパンって何気にトリックの宝庫だよね。
若い新本格ファンにも楽しめると思うので読んで欲しいんだけどなあ。

343 :名無しのオプ:03/05/21 23:53
>>341
折れもビクトワールに邪険にされるルパンを見てショック受けたよ。
おまけに毒薬効いてるし。



>>342
怪盗紳士とか色物のイメージがついてしまってるから大変だよな。

344 :名無しのオプ:03/05/22 05:01
俺原作も南版もどっちも好きだけどなー。

子供の頃あんな面白い冒険小説は他になかったし、
高校になって読んだ完訳版も、ギャップに驚いたものの
より深みを感じれてすぐ大好きになった。

色物のイメージ>
しかしさー、例えばマトリックスとか指輪物語とかハリーポッターとかだと
大人もちゃんと「そういうもの」として楽しんでるのに、
なんでルパンはミステリではないってだけで批難されるのかなー?
別に、「ミステリ>>冒険モノ」 じゃないと思うんだけど。(ミステリ板だからってだけじゃないよね。)
ルパンは「オペラ座の怪人」とかの「ロマン・フュトン(だっけ)」の系譜に連なる、
れっきとした「そういう」名作だと思いまっせ。

上の方で誰かが書いてたけど、「三銃士」「鉄仮面」「モンテクリスト伯」の
アレクサンドル・デュマの流れをくむ作品だと思う。
ああいう作品の良さって、わかんないかなあ・・・?


345 :名無しのオプ:03/05/22 18:23
フランス人て真の意味でのダークヒーロー好きだね。
「ヴィドック」観たけど主役がルパンでもかまわない感じ。
むしろルパンてあれをモデルにしたのかな?

346 :名無しのオプ:03/05/22 18:48
>339
>面白い子供向けバージョンのルパンシリーズ

自分の持ってるのは川崎竹一(講談社)、寒川光太郎(偕成者)、
江口清(旺文社)、池田宜政(ポプラ社)シリーズだけど
旺文社とポプラ社のは結構良いと思った。
てか、南洋一郎ってそんなに原作から離れてるの?

347 :名無しのオプ:03/05/22 20:53
>346

おい、池田宜政と南洋一郎は同一人物だそ

348 :名無しのオプ:03/05/22 21:11
南洋一郎って短編ひとつから9割を自分で書き足して
長編に仕立ててるって聞いたことあるけどマジ?
なんかルパンとピラミッドの話だかで。

349 :名無しのオプ:03/05/23 00:16
>>346
南バージョンのルパンはスーパーマンとしか言いようが無い。
原作813(南版のタイトルは813の謎・「」は南版の原文)とのうろ覚えの比較




一服盛られて眠りこける。
(東洋の秘薬で基本的に毒が効かない。一服盛られてもすぐに目覚めた。
「ルパンは毒菓子をもりもりと食べだした。」)


無罪の男の処刑を止めようとするも、間に合わず。
(途中で車をおしゃかにするものの、見事に男の処刑を止めた。
ルパンはかすり傷ひとつ負っていない。車はめちゃめちゃだ。」)


また、原作とは違いルパンがドイツ皇帝を手のひらで操ってた。

350 :名無しのオプ:03/05/23 00:29
>>348
うろ覚えだが、2つの話(多分ルブラン原作ではない)を統合して南氏が新たに作り上げた話らしい。
内容は、ちび黒サンボもびっくりの内容。ある意味オモロイが珍作としか言いようがない。
差別表現が原因かは知らないが、最近シリーズからその名を外されてしまった。
図書館で探せばあるかも。

南氏のルパンシリーズは、確か半分ぐらいは原作者がルブランではないものだったと思う。
中には「悪魔のダイヤ」という何故か原作がルパン名義のものまである。
題名が明らかに怪しいもの(「ルパンと時限爆弾」など)や、ルパンが「フランス」の為に
何かする話は、たいがいルブラン原作ではない。

351 :名無しのオプ:03/05/23 05:49
>>349
「813」で毒菓子をもりもり食べたのは、アルテンハイム男爵の家でだろ。
そのシーンでは、原作でも毒入りの菓子ちゃんと食ってるよ。
以下、完訳版。「大の好物だから、ほんのひとかけらでも食べ残すのが惜しいというかのように、
おちつきはらい、まじめくさった顔つきで――。」

一服盛られて眠りこけるシーンは、ドイツの城に行ってから。
同じシーンで、南版でもちゃんと眠りこけている。
毒は効かないけど睡眠薬は効くんだなーと、ガキの頃つっこみ入れたものだ(笑)。

南版がアレンジあるのは確かだが、このシーンはほとんど同じだよ。曲解して貶めるのはやめよう。


処刑を止めるシーンは、そこはやはり子供向けと大人向けの違いでいいと思うがな。
やはり無実の罪の人間を処刑台にまで導いて、しかも救うことすらできないなんて、
どうしようもない十字架を背負うと思う。人命は取り返しつかないし。
子供用としては、もうそこでヒーローの資格は失ってしまう。
完訳版のほうではそこが深みになっていって、苦悩するルパンとか味わいが増すんだが、
それを子供にわからせるのは難しいよ。
子供用の三銃士に、ダルタニャンとミレディーの濡れ場を載せるようなもんだ(笑)。

ドイツ皇帝とは、原作ではもうちょっとがっぷり四つって感じで緊迫感あったね。
でも、「フランス人がドイツ皇帝を手玉に取る」って言うコンセプト自体はどっちもそんなにかわらんと思うよ。
原作のラストに握手を求めさせるシーンとかだって、きっとフランス人の溜飲を下げた胸のすくシーンなんだろうし。


352 :つづき:03/05/23 05:50
まあでも、完訳版未読の人がいたら、「813」「続813」は確かに読んでみてほしいなあ。
ポプラ社版との差がある意味最もわかる作品だとは思う。描き方が奥深い。
確かに完訳版知っちゃうとポプラ社版はもう物足りないね。だから349さんの気持ちは分からんでもない。

俺は349さんが上げたシーンよりも、そもそも完訳版のルパンは
「ヨーロッパ制服(?)」を目指して、むしろ戦争を利用して一旗上げようとして戦ってたのが良かったな。
ポプラ社版は、世界平和の為に戦うんだよね。この差がいい。


>>350
ピラミッドの秘密>
大人になってからは読み返したことないけど、
子供の頃読んだ初読ではむちゃくちゃ面白かったけどなあ。
インディー・ジョーンズと思えばいいじゃん。
南氏は、少年冒険小説家としてほんとに優れてたんだなーと思う。

「悪魔のダイヤ」「ルパンと時限爆弾」は、ポアロー&ナルスジャックって言う、贋作専門の作家が原作。
「アルセーヌ・ルパン」名義で作品を発表して話題になったらしい。
「ルパン二つの顔」「ルパン危機一髪」「ルパンと殺人魔」もそう。
ポアロー&ナルスジャック原作のは、確かかこの5作。

>ルパンが「フランス」の為に 何かする話は、たいがいルブラン原作ではない。

これは言い過ぎ。
「金三角」「三十棺桶島」「虎の牙」などの愛国モノはどれもれっきとしたルブラン作。


353 :名無しのオプ:03/05/23 06:21
●〜 精子
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

354 :名無しのオプ:03/05/25 20:51
このスレに刺激されて、完訳ものを読みたくなっているのですが、
創元社の文庫のは、「リュパン」になっていて、抵抗あるし、
訳もヘタ糞で読んでいられませんでした。
どこのものを読むのが良いでしょうか?


355 :名無しのオプ:03/05/25 22:29
>>354
新潮社版の方は、ルパンの一人称が「わし」だし、
文章が独特なんでさらに読みにくいと思います。
(あれはあれで味わいあるんだけど)

やはり偕成社の「アルセーヌ・ルパン全集」が一番でしょう。
全作品そろってるし、文章も平易だし、一応完訳だし。
ただしハードカバーで、なぜか児童書のところにおいてあることが多いんで
ちょっと悲しい。(中身は完訳。)

バラではいろんな出版社からぽろぽろでてるんだけど。
文庫でどっか全集出してほしいですねー。

356 :名無しのオプ:03/05/25 23:54
同じく、まとめてどこか出してくれんかな?

今出てる出版社のでもAmazonやヤフーで注文できなくなってるのもあるし・・

357 :354:03/05/26 02:25
>>355
ありがとう。
明日、本屋いこっと。

358 :名無しのオプ:03/05/26 06:04
絶版なのがあれだけど、角川文庫の水谷準訳が自分的には好き。
ちょっとベランメエ調なところもあるのだけど。

堀口大學訳はちょっと読みづらいでし……

359 :山崎渉:03/05/28 12:06
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

360 :名無しのオプ:03/06/02 13:15
ルパンは文庫本もマンガチックな表紙で買うのも借りるのも恥ずかしい。

361 :名無しのオプ:03/06/02 21:02
マンガチックかなあ・・・?

362 :名無しのオプ:03/06/02 21:45
出版社にもよるんだろうなあ。
昔は結構、写実的なのが多かったんだけど。

363 :名無しのオプ:03/06/04 18:05
>>360
お歳はおいくつですか?
普通買うんだったら偕成社のやつだろ。
つーかマンガチックてどんな本よ(w

364 :川村ひかる交際発覚!!お相手の有名力士は?:03/06/04 22:06
http://bestranking.misty.ne.jp/gamble/enter.cgi?id=yami83


365 :名無しのオプ:03/06/05 16:36
図書館で見たことある>漫画みたいな表紙絵の文庫本
江口清訳だったような気がする・・・

366 :名無しのオプ:03/06/10 09:49
集英社で出た奇岩城の文庫は漫画っぽい(っていうかハウス名作劇場っぽい)表紙だったな。
なんかやたらかわいいイジドールがアップだったと思う。
巻頭の数ページでジュ・セ・トゥとか初版イラストとかの資料やエギーユ・クルーズの写真とかついてて
なかなかお得だったとは思うが。

・・・人に貸したっきり戻ってこない・・・

367 :名無しのオプ:03/06/10 17:52
映画面白くなるかな?

368 :名無しのオプ:03/06/11 03:39
映画板の方のスレ、しつこいくらい三世と勘違いしてくるやつが多いな。
悲しくなってくるわ・・・。

369 :名無しのオプ:03/06/14 01:29
このスレびみょーにネタバレ多くないですか?気をつけよう…。

370 :名無しのオプ:03/06/14 01:34
いま前の方のレス読んだら新潮の堀口訳評判悪いんですね。わたしは創元の
ほうがなじめなかったんです…。堀口訳カッコよくないですか?

あと、新潮文庫はなぜか八点鐘のみ絶版になっています。何故!?
八点鐘は創元で出てないから絶版にされるとかなり困る…。

371 :名無しのオプ:03/06/14 03:28
なんか、新潮社は権利抑えておいて絶版にしてるよね・・・
813とか八点鐘なんか、新潮社が余計なことしてなけりゃ
もっといろんな出版社から出ててもおかしくないのに。
(奇岩城はあちこちから出てるよね。)
権利押さえるんなら責任持って出しつづけて欲しいな

しかし創元の方も結構権利独占してる・・・なにやってんだこの両出版社は。

372 :名無しのオプ:03/06/14 10:12
いやそれ以前にルパンを文庫本で読もうとする人は少ないでしょ。
子供だったらポプラ社のやつ読むしファンの人は偕成社のやつ読むし。
文庫本には需要が少ないんだろう。

373 :名無しのオプ:03/06/14 16:08
んー、いや、知名度はあるんだから、クリスティーやクィーン程度に複数の出版社から出てたら
少しは違うと思うよ。
ふと読みたいと思っても、本屋で見かけないから「まあいいや」となってそのまま忘れてしまう。
そのまま世代が変わっていって、今度こそ本当に忘れられて行っちゃってるのかも。もったいない。
乱歩などの時代の日本の作家(推理作家・冒険作家)は必ず作品名を挙げたほど一世を風靡したのに。

374 :名無しのオプ:03/06/14 16:15
しかし、創元社もある意味意欲的だよな。
わざわざ「リュパン」にせずに素直に「ルパン」で出してたら、
商売的にはもっと成功するだろうに。
ルパン三世好きな人が、ふと興味持って(あるいは間違えて(笑))
手にとってくれることもあろうになあ。

商売的な成功=普及 なんだから、創元社の功罪は大きい。

375 :名無しのオプ:03/06/14 17:47
犬ホームズみたいに、アニメで動物ルパンでもシリーズ化して作ったら
(それも出来のいい奴)少しは原作に興味を持った人が本買うかもね

376 :名無しのオプ:03/06/14 23:50
>>374
刷が重ねられる程度には売れ続けてるが、改訂する程のコストはかけられない
ってだけでしょ。最近の刷の活字の潰れ具合からすると、数十年前の活版で
刷り続けてると思われ。

377 :370:03/06/15 02:05
偕成社のルパン全集って絶版になってませんかもしかして?
いま本屋のサイトで検索したら絶版だとさ。みごとに八点鐘手に入らない。

378 :370:03/06/15 07:58
あ、ちょっと不正確な書き方でした。偕成社の『アルセ−ヌ=ルパン全集』は、
ところどころの巻が絶版になってるみたいで、まだ買える巻もありますね。
http://www.orionshobo.com/ このサイトの検索結果によると。
でもなんでこんな虫食い絶版なんだろう…。 


379 :名無しのオプ:03/06/15 10:19
あらーっ、八点鐘もう手に入らなくなってんの? もったいなすぎる!
あれだったら推理小説としても、今の推理小説ファンの鑑賞にも耐えられると思うのに。

>>376
創元社の功罪、ってのは、そもそも当時危険を冒して「リュパン」って名前で出しなおしたことに対して言ったんす。
意欲的だったとは思うけど、混乱を招いて失敗ですやね。

フランスの映画が成功してシリーズ化でもしてくれたら、どっかの出版社が文庫で全集出してくれないかなー。


380 :名無しのオプ:03/06/15 10:26
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page003.html

381 :名無しのオプ:03/06/16 12:12
100年前のルパンの人気って今のハリー・ポッターのブームのような
感じだったのかねー、と想像してみる。

382 :名無しのオプ:03/06/16 12:29
パロディとは言え同業者のキャラクターを無断拝借した時点で作家の評価が(r

島荘の方はまだ愛が感じられたが





383 :名無しのオプ:03/06/16 13:27
>>382
それは、ホームズを無断拝借したルブランに対して言ってるのか、
ルパンを無断拝借した乱歩に対して言ってるのか、
はたまたモンキー・パンチに(ry

島荘と比べてるってことは乱歩?
まあ、あの頃は著作権とかの意識ってあいまいだったんだろうな。

384 :名無しのオプ:03/06/16 21:11
島荘はトリックを金田一少年の事件簿とかいうコミックにぱくられてたな。

385 :名無しのオプ:03/06/16 23:32
それは単行本の何巻なの?>トリックのパクリ

386 :名無しのオプ:03/06/17 13:47
普段来ないこの板に来てみたら・・・うわーこんなスレあったのか!
懐かしいな、ルパン。
小学生の頃:ルパン3世で大喜び。図書館で見つけたポプラ社版を読み漁る。
中学〜高校:新潮・創元推理文庫版読み漁る。
それ以降10年以上経つけど、今も手元に新潮・創元文庫で
お互いのダブり除いて23冊あって、たま〜に読み返す。
とにかくスケールのデカさが好きだった。
高校世界史の帝国主義アフリカ分割の授業のときなんて
「ああ、西アフリカのフランス領は、もともとルパン帝国だったんだよなあ・・・」(虎の牙)
なんて空想してましたw

387 :名無しのオプ:03/06/17 17:07
ヌルパン?

388 :名無しのオプ:03/06/17 17:08
ヌルパン (;´Д`)/ \ ア  / \ ア

389 :名無しのオプ:03/06/17 17:13
ルパンの中にでてくるホームズはへたれてて

乱歩作品の中にでてくるルパンはへたれてる。

390 :名無しのオプ:03/06/17 17:45
あからさまに人殺してるしな。黄金仮面だしな(w

391 :名無しのオプ:03/06/17 18:00
明智がへたれてる作品はありますか?

392 :名無しのオプ:03/06/17 18:03
>>386
まじで?
俺がルパンを読んだのは中学二年の頃。
初めて見たのは『虎の牙』。当時、小説家になりたいと思っていた俺は意気勇んで一晩で読んだんだが、
正直、読むの辛かった。
文章が下手とかそう言う事じゃなくて、展開が嫌すぎた。
惚れた女への求愛シーンなど、思春期の俺にとっては見てて恥ずかしいと言うよりは、ある種の嫌悪感みたいなものを感じたのを覚えている。
なんかもう行動一つ一つがわざとらしいって言うか…
他の長編とか覗くと毎回美女が出てきて、当たり前のようにくどいてんだからもうあれだ、お前は発情期の猿か!

それ以来ルパンは読んでないんだけど、今読むとどうなんだろうか。

393 :名無しのオプ:03/06/17 22:35
ルパンが美女追うのはもうしょーがない。自覚してるみたいな口上があったし。『謎の家』のOPかどっかでさ。

394 :名無しのオプ:03/06/17 22:48
虎の牙を読んだのは小6だったけど、充分引いたよ・・・>女への態度

395 :名無しのオプ:03/06/18 13:10
ほー、そういう人もいるんだね。
007シリーズの映画なんか許せんだろうな。
ミステリー好きって、ストイックな方が多いのかな?

396 :名無しのオプ:03/06/18 20:22
怪盗紳士から読んだ方がいいんじゃないかな。
盗んでいるところを惚れた女に見つかるシーンなんか結構笑えるけど。
その後女に話し掛けても冷たくされてるしな。

397 :名無しのオプ:03/06/19 03:03
初期の恋愛はまだ好感もてるんだけどね。結構まじめで一途だし。
後期はもうおめー何人女くどいてんだよっていう感じで、
初期の恋愛までうそ臭く感じちゃう。

でもさ、虎の牙は結構好きだよ。
警察の面々の命を救うシーンとか素直に感動してしまった。
ルパン帝国にも素直に萌えたなあー。モーリタニア帝国だっけ? 皇帝アルセーヌ一世(笑)。

398 :名無しのオプ:03/06/19 03:07
>>386
気が合う(・∀・)!
俺もルパンもののスケールのでかさが好き。燃える。
「続813」でドイツ皇帝と渡り合うところなんか、もうゾクゾク。

399 :名無しのオプ:03/06/19 23:12
私はルパンの超ポジティブシンキングな性格が好き。『続813』の最後の方…。これ以上書くとネタバレか。

400 :名無しのオプ:03/06/20 17:42
もう上のほうでネタバレしてるけど

401 :名無しのオプ:03/06/20 21:58
このスレ見つけてマジ嬉しい。
ホームズよりも断然!ルパンの方が好きなもので。

小学2年の時に、「小学2年生」の付録についていた漫画版「緑の目の令嬢」。
次の日、図書室で原作探して借りたんだよなぁ、懐かしい。
ルパンに出会ってなかったら、読書の楽しさも知らなかっただろうし、
まちがいなく今の自分はいない、と断言できるよ。

私は無邪気で少年っぽさの残るところが好きかな。
負けて地団太ふんじゃったり、企み上手くいって踊りだしちゃう辺りが。
もう死語だけど「好漢」とか「快男児」という言葉が合う人だよ。
そして、誰が知らないけれど「怪盗紳士」という言葉を生み出しだ訳者!
グッドジョブ!


402 :名無しのオプ:03/06/21 17:26
前にも言ってる人いたけど、完訳が読めないのが痛いな。
某社のは完訳と言っているが、抜けや日本向けの補完が
多すぎる。(当事者はそうでないと売れないんすよと
言っていたが)

がっかりする人も出てくるだろうがホントの完訳は
必要だと思う。

403 :名無しのオプ:03/06/21 19:09
>>402
偕成のも忠実訳じゃないのか(´・ω・`)
仏語じゃ読めないし、どっかやらないかしら。

404 :名無しのオプ:03/06/21 22:27
>>401
うん。怪盗紳士っていう肩書きは素敵ざんすよね。
でも新潮の方の強盗紳士っていうタイトルはなんか凶悪でいやん。

405 :名無しのオプ:03/06/21 23:01
確かにやってる事は強盗で、窃盗だが(w

406 :名無しのオプ:03/06/22 04:16
詐欺もあるし、実はかなり現実的な悪党だよね。(苦笑)
「怪盗紳士」ってネーミングはかなりロマンチックな名訳だと思う。

407 :名無しのオプ:03/06/23 18:04
>>402
ルパンは三人称や一人称が混ざってて日本語に訳しにくいと新聞で見たことがある。
だから完全な訳は難しいんじゃないかな。そのために補完しないといけないらしいし。



408 :名無しのオプ:03/06/28 00:30
オルヌカン城の謎ってあれルパンシリーズと言えるのか…。
ルパンに会いたくて読んでたけどガッカリ…ガク…


409 :名無しのオプ:03/06/28 01:29
「女王の首飾り」って短編、二階堂や有栖川が
「固定観念を崩すトリックに仰天」と発言しているのを見て
読んでみたがどこが?

410 :名無しのオプ:03/06/28 01:48
たぶん仕掛けに気づいていないんだろうな。。。

411 :名無しのオプ:03/07/01 22:13
棺桶島おもしろいね!奇岩城よりも良かったと思う。
奇岩城は、(メール欄1)がどーしても気に食わない。
私は(メール欄2)じゃないけど、あれはあんまりだYO…。

412 :名無しのオプ:03/07/05 23:34
「女王の首飾り」ふつーの探小だとおもう

413 :名無しのオプ:03/07/11 20:32
「ねえ、ルパン。きみはガニマール警部をどう思ってるんだい?」
「えらい奴だと思ってるさ」
「じゃあ君はどうしてことあるごとに彼をなぶり者にするんだい?」
いくつかの訳がごっちゃになってそうだけど、この書き出し超好き。

414 :名無しのオプ:03/07/15 04:30
別冊の真夜中から7時までとか何ミリ砲弾の戦争の話が面白かった。偕成社っていったかな

415 :山崎 渉:03/07/15 10:30

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

416 :山崎 渉:03/07/15 13:34

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

417 :名無しのオプ:03/07/18 20:41
>>414
『砲弾の破片』(=『オルヌカン城の秘密』)
でつかね…?

418 :名無しのオプ:03/07/31 14:51
>>417
そうそれ。
つーか明日ルパン三世やるね


419 :_:03/07/31 14:58
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku08.html

420 :名無しのオプ:03/08/01 23:48
ここのサイト、美少女のパイパンおまんこ画像がいっぱい!
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/wareme_tatesuji/omanko/

(*´Д`)ノ<何故か美人おねーさんのオッパイもいっぱい!


421 :名無しのオプ:03/08/02 00:16
世間はルパン三世をルパンルパンて言うよね。
ちゃんと三世を付けんかい!と言いたい。

422 :名無しのオプ:03/08/02 00:57
どうでもいい話だが、2世は誰なのか・・・フェリシアン(ジャン)か?


423 :ケッセルバッハ&グスタフ・ブド:03/08/02 01:42
殺られました・・・

424 :山崎 渉:03/08/02 01:45
(^^)

425 :名無しのオプ:03/08/02 15:47
ルパンはフェリシアンが泥棒になる事をあれだけいやがって苦しんでたのに・・・
フェリシアンが2世だったらカリオストロの復讐は完遂されたってことですな

カリオストロの復讐のラストシーンでフェリシアンがニヤリと笑って終わってたら
さながらホラー映画の落ちみたいです

426 :名無しのオプ:03/08/04 23:43
ホームズは49歳で引退し、ルパンは48歳で引退か
ルパンの引退後って、何してたんだろう
やはりバーネット探偵?

427 :名無しのオプ:03/08/05 09:28
「冒険はもうこりごりさ!」といいつつ死ぬまで冒険してたと思われ
俺の妄想だけどな。

若い時も結婚するたび「これで冒険は終いだ!」と言ってたが、
結局冒険に舞い戻ってるしさ。



428 :山崎 渉:03/08/15 15:38
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

429 :名無しのオプ:03/08/19 12:42
階成社版を読破しました。
後半は、ちと辛いね。
1.813
2.虎の牙
3.水晶の栓
4.カリオストロ伯爵婦人
かな・・・

図書館の児童書コーナーにあるんで、借りるのチョー恥ずかしかったよ。

430 :名無しのオプ:03/08/23 17:17
確か4回くらい結婚してたな・・・
で、その内の3回は死別だったか?
子供は2人か
何気に凄い人生歩んでる

431 :名無しのオプ:03/09/12 21:50
何気にって言うか凄い人生でしょ(w

432 :名無しのオプ:03/09/16 08:51
小学生の時
奇岩城を読んでホームズが嫌いになった。
犬のホームズで好きになった。

433 :名無しのオプ:03/10/02 01:13

   /⌒ヽ
  /#´_ゝ`)すいません、ちょっとageますよ・・・
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U

434 :名無しのオプ:03/10/07 00:18
怪盗紳士を読んで一気にはまった。
幼稚園か小学生低学年くらいの頃に親が図書館で借りてきたのがきっかけ。
奇巌城を読んだ後は悲しかった。

ティピカルな、とまではいかないかもしれないけど、
フランス男性がなんとなくわかった気がする。
理知的でスマートなホームズ、
情熱的でセクシーなルパンという感じに。
そんな自分はフランス語やらず
大学ではドイツ語を選択してしまったというオチ。

435 :名無しのオプ:03/10/08 14:25
幼稚園で読んだと言うのは、凄い
自分は小学校高学年から読んだが

436 :名無しのオプ:03/10/08 22:45
個人的には「水晶の栓」がいい。
内容は忘れたが、ルパンが常に窮地に立たされて最後に大逆転するような
話はこれ以外になかったような気がする。

437 :名無しのオプ:03/10/09 02:09
考えてみるとルパンって、もう100年近く前に書かれてるんだ‥。
その頃のフランスっていう時代を、現代の日本人がどれだけ理解
できるンだろぉかと、たまに考えちゃうね。
ルパンを楽しめるかどうかは、そのへんにあると思ったりするけど
ど〜なんだろうか。特に男女観において(笑

438 :名無しのオプ:03/10/11 23:40
>>435
いや、凄くないよ。
教育的配慮からか?、親が子どもに本を読ませるのが好きだったもので。
自分も読書が好きだったというのもあって、どんどん読んでいった。

最近は全然本を読んでないなぁ。
実学っぽいのは読むけど、小説は特に。
でもこのスレ見て、もう一度小説に向かい合おうと思ったよ。

439 :名無しのオプ:03/10/11 23:48
ルパン3世カリオストロの城って、カリオストロ伯爵夫人から、カリオストロ
と、古代遺跡とヒロインの名前を緑の目の令嬢からとったという話ですが、
ホントかな

440 :名無しのオプ:03/10/11 23:52
俺も消防の高学年だったな〜。
初ルパンは「ルパンの大冒険」ってタイトルのやつだったっけ。
当時あのどんでん返しには驚いたものだ。

441 :名無しのオプ:03/10/12 20:21
>439
名前で一目瞭然じゃん・・・

442 :名無しのオプ:03/10/14 03:06
>>
宮崎駿本人が、昔何かのインタビューでそう言ってたよ。

443 :A.M.:03/10/27 22:34
やれやれ。怪盗紳士ルパンがこのニュース聞いたらどんな顔をするやら。

○ルパン名乗る窃盗団22人逮捕
【headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031028-00000047-mai-soci】

444 :名無しのオプ:03/10/27 22:36
>443
ああっ!俺が貼ろうと思っていたのに、タッチの差で先を越された!!

445 :A.M.:03/10/27 23:27
>>444様。

……(ニヤリ)

まあここは一つ、「遅かりしシャーロック・ホームズ」と
いうことでご勘弁くださいませ。って意味不明でしたね。

446 :名無しのオプ:03/11/02 23:16
ホームズ目当てで買った、新潮のルパン対ホームズ、
それですっかりルパンにはまってしまった。

さっそく集めたいと思ったんだけど、一番良い翻訳してるのは偕成社?
「ワシ」は嫌なので新潮はちょっと、と思うんだけど、じゃあが良いのか悩む。

447 :名無しのオプ:03/11/03 00:21
ナンバーズはつい 8 1 3 を買ってしまう

448 :名無しのオプ:03/11/03 03:28
>>447
ワロタ
チョト古い掛時計を見ると、文字盤にボタンがあるかどうか探しちゃうよね・・・

449 :名無しのオプ:03/11/03 18:49
1. コンビニにいく。
2. 普通に買い物をする
3. なにくわぬ顔で店を出る
4. 数分後、息を切らしてコンビニのレジにかけよる
5. 「お、おい!さっきこんな顔をした奴がこなかったか!」と叫ぶ
6. 「あなたがさっき買い物していったんですよ?」と店員に言われる
7. 「ば、ばかもぉ〜ん!それがルパンだ!追えぇ〜!」と、叫びながら店を出る



450 :名無しのオプ:03/11/04 00:09
家にあるルパンは保篠龍緒が1冊、井上勇(つまり創元)、堀口大学(新潮)
水谷準(角川)とバラバラ。味わいでいうと新潮かなという気がする。ルパンの
1人称は、何となくだけど、我が輩かなという気がするんだけどね。奇巌城までは
そんな感じ。813以後はちょっとそぐわないけど(ストーリーが重い)

451 :名無しのオプ:03/11/04 01:49
>>449
氏ね

452 :名無しのオプ:03/11/05 00:51
>>449
いや、ワロタ!

453 :名無しのオプ:03/12/06 13:31
今夜の実況は こちらで

アニメ感動の名場面知られざる謎99連発
http://live6.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1070681611/

454 :名無しのオプ:03/12/13 13:15
個人的意見だけど、偽名じゃなくて最初からルパンなほうが好き

455 :名無しのオプ:03/12/13 14:40
アルセー

ヌルパン

って書くと2ちゃん語みたいだな

456 :名無しのオプ:03/12/21 18:58
おまいらのルパン像ってどんなの?
俺は昔からずっと、がっちりした体格のスーツ着た男みたいなの想像してたんだが、
他の人が書いたルパンとかだと、黒マントに片眼鏡(っていうのかあれ?)のひょろっとした男だったりして。


457 :名無しのオプ:03/12/21 20:26
子供の頃買ったポプラ社の怪盗ルパン全集の表紙で
すっかりイメージが出来あがってる

458 :メイザ:03/12/22 18:53
>457
表紙の題名のあたり黄色だったような。


459 :名無しのオプ:03/12/22 22:47
新潮文庫の八点鐘また店頭に並んだね。
文字がデカくなってたよ。

460 :名無しのオプ:03/12/24 15:21
>>458
そう黄色いの
今は新訂シリーズになっちゃって、絵がちがうんだよね

461 :名無しのオプ:03/12/31 14:59
hosyu

462 :名無しのオプ:04/01/08 01:53
えーと、芦辺拓の「真説ルパン対ホームズ」を読んだ人いる?
折れ的には面白かったんですけど。


463 :名無しのオプ:04/01/08 02:36
>>462
年末に「映像の世紀」の再放送してたので見てたら
第一回にいきなり1900年のパリ万博が出てきた。
あれがあの作品の舞台かぁとか思った。




464 :名無しのオプ:04/01/08 13:59
>>463
ホームズとルパンのキャラクターに多少の違和感はあるものの、日本人にしか
書けないネタを織り込んだ佳作だと思ったであるよ。
なにより「ホームズ≠ショルメス」説の上で書かれた作品てな折れの知る限り
これしかないものな。


465 :名無しのオプ:04/01/08 14:39
おれも南洋・一郎だとおもってた・・・
図書室のルパンシリーズが思えば俺の最初のミステリ体験だわ

その後はずっこけ3人組に流れるんだが

466 :名無しのオプ:04/01/08 16:44
>>465
中学生の頃、ポプラ社の「ピラミッドの秘密」の完訳版wを探した記憶
が懐かしいww


467 :名無しのオプ:04/01/11 00:06
「カリオストロ伯爵夫人」(偕成社全集版)再読中

468 :名無しのオプ:04/01/11 00:25
>466
あれが南洋一郎のオリジナルだと知ったときは驚いた。あれが一番好きだったから。

469 :名無しのオプ:04/01/12 11:14
>>468
そうそう、まえがきにある「英仏両国語の短編の中にあったもの」って一体
原著はなんなんだーっと調べまくった。あえなくギブしたが。


470 :名無しのオプ:04/01/13 22:18
「カリオストロの復讐」読了

「カリオストロ伯爵夫人」「赤い数珠」の次に続けて読むと興味倍増。


471 :名無しのオプ :04/01/14 20:48
おおお・・・こんなスレがあったとは。
俺の高校入学祝いが偕成社の全集だったよ。
中学校の図書館で読んで、はまり買ってもらったんだがな。
もう10年ちょっと前のことだけど、買ってて良かった!!

472 :名無しのオプ:04/01/15 00:40
>>471
な、なんてウラヤマシイヤツなんだ!

473 :名無しのオプ:04/01/15 23:21
「虎の牙」(偕成社全集版)読了

創元推理文庫版と比べてラストのニュアンスが大きく異なっている。よりハッピー
エンドの方に傾いたみたいだね。このラストだと、まるで「虎の牙」が最後の事件
のように思えるが、実際はその後も冒険はルパンを解放しなかったわけで、一体
ヒロインとの仲はどうなったやらという感じですな。

創元版の結びは、ルパンを再び冒険へと投げ返して終わっている。この違いは
大きい。



474 :名無しのオプ:04/01/16 19:29
全集全部読んだはずなのに
一晩女と過ごして手を出さなかったイケメンの話しか覚えてねえ_| ̄|○

475 :名無しのオプ:04/01/22 23:43
「バーネット探偵社」(偕成社全集版)読了

ああ、ベシュー刑事いとあはれ。恋いこがれるモト妻を寝取られた日には
怒髪天を衝くどころではなかろうが、悲しいかな歯の立つ相手ではないと
いう悲しさ。


476 :名無しのオプ:04/02/10 00:46
「813」「続813」読了。
いささか分をわきまえない無謀きわまる野心と、その悲惨な敗北の物語、ですな。


477 :名無しのオプ:04/02/10 01:09
>475
ポプラ社版とは全然違う話になっているな

478 :名無しのオプ:04/02/10 19:30
>>477
かえって、この何ともオトナ向けなネタを南洋一郎がどう料理したのかに
興味がわいてきたw
今度見つけたら読んでみるとするか>「ルパンの名探偵」


479 :名無しのオプ:04/02/10 21:54
>>456
服装は
ダークスーツか黒マント、時折片眼鏡、黒の革靴ってとこで、
外見は長身で細身、暗い髪色(黒か茶、間違ってもブロンドではない)
というとこかな。自分の想像では。
目の色ってなんだっけ?緑?茶?青?

480 :名無しのオプ:04/02/11 16:44
>479
初登場は金髪だったよ

481 :名無しのオプ:04/02/11 22:31
>>480
まじっすか。とっくに忘れてたというか、ダークな色だと思い込んでいたよ。
情報サンクス。

482 :名無しのオプ:04/02/13 23:00
昔ラジオドラマで、アルセーヌルパンやってたなあ・・・
声優誰だったか忘れたけど、結構色っぽい声の人だった


483 :名無しのオプ:04/02/15 00:43
偕成社の「813」って今だに品切れ?

484 :名無しのオプ:04/02/15 01:39
新潮文庫は再販が徐々に始まってるらしい。偕成社なんとかしてくれ。


485 :名無しのオプ:04/02/17 01:35
アニメ「ルパン対ホームズ」のルパンの声は広川太一郎だったなあ
後に犬のホームズもやったが

486 :名無しのオプ:04/02/17 01:45
>>449
ルパンといえばルパン三世と思っている人にはもう何も申しませんが
これを「ルパン三世ごっこ」のつもりであちこちに書き込む人には萎える。

バロネス・オルツィの『紅はこべ』の名場面だよ、これの元ネタは。
(もっと古い作品にもあるのかもしれないが)

487 :名無しのオプ:04/02/19 07:10
>(もっと古い作品にもあるのかもしれないが)

じゃあ何も言うなよ。自分が知ってる知識を基準と思うな、みっともない。

488 :名無しのオプ:04/02/19 07:14
元ネタがバロネスだろうがなんだろうが、
やってる人たちの頭にあるのがルパン3世な以上、
「ルパン3世ごっこ」だろう。

まあ、このスレは「アルセーヌ ルパン」スレであってルパン3世スレじゃないんだから
アルセーヌに絡めて話してるわけでもない>>449は見事にスレ違いなのは確かだが。

489 :名無しのオプ:04/02/19 23:16
(´-`).。oO(何で皆コピペにマジレスしてるんだろう・・・)

490 :名無しのオプ:04/02/23 23:29
偕成社版全集、ほぼ読了

「オルヌカン城の謎」(砲弾の破片)が最後になった。世間がきな臭いと、
戦争小説ってのは途端にリアリティもってくるねえと思ったことであるよ。

491 :名無しのオプ:04/03/23 06:05
ルパン危機一髪が初めて自分で買った本でした。
全集最終刊だからものすごく楽しみにしてたのに、アレな結末には子供ながら
かなり傷つきました。

492 :鉄人M:04/03/23 07:42
子供のころ、ポプラ社のルパン全集を読みましたが、記憶があまり残っていません。
『虎の牙』は何だか、恐ろしい挿絵が印象に残っています。
個人的にはホームズ=乱歩>ルパン。

493 :名無しのオプ:04/03/23 08:34
そろそろ偕成社版全集をしのぐ文庫版のルパン全集希望!
読むだけなら図書館で借りりゃいつでも読めるケド、
何となく所有しときたい人も結構いるのでは?
文庫なら場所取らないし、買ってもいいかも?

494 :名無しのオプ:04/04/01 01:36
もう復刊しねぇつもりなら、手持ちの文庫本から寄せ集めでテキスト起こしして
自家製本しちゃる!(怒)>偕成社全集


495 :名無しのオプ:04/04/01 12:12
>>457-458>>460
ちょっと写真の撮り方下手でスマソですが。

ポプラ社版「奇岩城」 表紙
ttp://v.isp.2ch.net/up/8b053a1995e2.jpg

496 :名無しのオプ:04/04/02 15:03
8月13日はルパンの日!!(だといいな…)

ちなみに漏れは「水晶の栓」が好き

497 :495:04/04/02 17:01
ひゃ〜、貼ったのは昨日なのにもう流れちゃいましたか…
もうちょっと賞味期限長いところ探さなくっちゃ(´・ω・`) ショボーン。

498 :名無しのオプ:04/04/02 17:07
>>497
みたよ。懐かしかったです。

499 :名無しのオプ:04/04/02 20:27
ひそかに気になっていたのだけど…
スレタイの「    。」は何だろう?

500 :名無しのオプ:04/04/03 19:04
>>499

_■_
('A`)  アレ? モノクル オトシチャッタ.....
ノ ノ)_   。←


501 :名無しのオプ:04/04/26 18:22
人が少ないな

502 :どんるいす:04/05/04 18:23
みんなアツいですね。ルパンが日本とフランス以外でほとんど読まれてないわけは、もろ白人至上主義だから と どっかで読んだ。当時としては、っていうかフランス人としては その感覚でアタリマエだったのかな。

503 :名無しのオプ:04/05/08 04:36
>>502
日本の場合、南洋一郎の超訳による所が大きいです

504 :どんるいす:04/05/08 12:59
みんな 堀口訳の 「わし」 に 手厳しいけど ぼくはけっこう好きなのよ。 いかにも年齢不詳 正体不明みたいな感じしてさ 

505 :名無しのオプ:04/05/08 15:44
8・1・3本国ではもう映画完成したのか?

506 :名無しのオプ:04/05/09 16:44
子供の頃、南洋一郎訳で読んでました。

親から「すいしょうせん」ってのが一番面白いって言われてて、僕は「古塔の
地下牢」が一番好きなんだけど…ってって思いながら30巻完読。そう言えば、
「すいしょうせん」って無かったなぁと思いながら「古塔の地下牢」の前書き
を見てビックリ。「すいしょうせん」って言葉の響きだけで覚えてたんで、
漢字の「水晶栓」とつながって無かった。。。

ココ見て、はじめて南洋一郎オリジナルの話があった事を知りました。
どれがルブラン原作には無い話だったんですか?

507 :名無しのオプ:04/05/09 18:07
「ピラミッドの秘密」が南洋一郎オリジナル。

121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)