5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★J・エルロイ統一スレッド★★

1 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 01:36
存分に語ってくれい!

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/01/24(水) 01:43
ドン・デリロ「リブラ」(JFK暗殺もの)読んだけど、たしかにの熱気は
エルロイが「参った!!」いうのわかるね。

それにしてもアメリカン・タブロイド第2作どうなったのか?
誰か教えて。

3 :(^‐^)V :2001/01/24(水) 02:18
情報=『The Cold Six Thousand』──夏。
パート2/〈アンダーワールドUSAトリロジー〉?
恐らく糞ハードカバー。
驚愕!──来日の噂。

4 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 03:28
>2
どこの出版社からでてるんだい?
>3
来日?!やつは狂犬だぜ。一回肉声を聞いてみたい。

5 :くるくる回って溶けていく/チビクロサンボ:2001/01/24(水) 05:02
>4
ドン・デリーロ『リブラ 時の秤』(文芸春秋)だ。
【物語】
貧乏白人のオズワルドはCIAのスパイどころか駄目人間、生活不能者で
行き当たりばったりにソ連に亡命し、結婚し、貧困の中に自分を追い詰めていく。
そこに反共ヤクザや、反カストロ・キューバ人、駄目人間をうまくあやつる
CIA野郎がからみ、どうしようもない狂った熱気の中に、ケネディの頭に、
ダムダム弾をぶちこむ暗殺チームにやとわれていく・・・。

【評価】
オズワルドに関しちゃ、ま、ダメ人間ってところが適正評価。
文章は異様な熱気。エルロイが「アメリカン・タブロイド」を構想してた頃、
一読して、「おれの書きたいのはこれだ」って思ったとは本人コメント。
で、しゃーないから「Aタブロイド」は、JFK暗殺をキーフォーバーから
接戦選挙、キューバ革命とピグス湾事件、チームスター裁判等の一連の
3モン記事事件のなかに埋もれさせる手法を選んだだけ。

また、くる。
馳はえらいが、読んだこと無い。このスレで名をみたくない。
デビッド・リンチ「ロスト・ハイウェイ」みて、これから寝る。
ハッシャバイ


6 :くるくる回って溶けていく/チビクロサンボ:2001/01/24(水) 05:11
http://www.ellroy.com/
http://www.edark.org/ellroy/

参考にしてくれ

7 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 05:23
奴の肉声もあった

http://www.edark.org/ellroy/english/nytimes_3.html

8 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 15:55
あがんないね 人気ないかな?
LA四部作の中ではやっぱり「コンフィデンシャル」が
一番好きです。救いがあるから。
映画まで見に行っちゃった。エクスリー以下3人はともかく
ダドリー親父の役者がちょっと期待外れでした

9 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 16:00
さげちゃった〜ん
あげあげ

10 :上智:2001/01/24(水) 16:03
ホワイトジャズを中学生の時に読んで、すごい衝撃を
受けた覚えが。

11 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 21:44
ホワイトジャズは途中で放り投げた。
ビッグノーウェア以降の作品はストーリーが複雑すぎて読解するのが大変。
つーか完全には理解しきれていない。
みんなはどんなもん?

12 :上智:2001/01/24(水) 23:17
ストーリーは破綻寸前ですよね。ぼくはブラック・ダリアの
時点からなにがなんだかわかりません。
それよりも、あの圧倒的なパワーにただ平伏する。エルロイ
は文章読んでるだけで面白い。

13 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 00:35
安心しやした。

14 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 00:44
ブラック・ダリアがやはり最初だけに強烈だった。
上智氏の言う通りエルロイの作品はストーリーうんぬんより勢いで読んでしまう。
あとで彼の幼児期の体験を知り、なるほどと思った記憶がある。


15 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 01:31
ユリイカ増刊が近所じゃどこにも売ってないよ…。
デリーロと双璧というのは同感。「アンダーワールド」の邦訳、早く出してくれ。>新潮社
馳に目をつけられたのは幸いなのか不幸なのか…何かこう、はしゃぎ過ぎなんだよね。
来日するのか。馳よりも高村薫、もしくは押井守との対談キボン

16 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 01:42
なんていうか、afterディック・コンティーノから、いきなり文章の密度が薄くなった。
「アメリカン・タブロイド」が全米を舞台にする以上、距離と時間の関係で、一人一人が
面ではなく点と線になっていく。

しかたない。コミックみたいだって<ユリイカ>誌の評は適正だ。でも面白い。
はやくウォーターゲイト・ビルにもぐりこんだ悪党どもの話を読みたい。
ニクソン再選委員会の悪党どもに出会いたい。
ついに力尽きて時代の波に飲み込まれていく悪党どものストーリーを読みたい。


17 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 03:15
たしかにストーリーはあんましわかんないんだけどさあ
それでも「LAコンフィデンシャル」にはなにか
救いがある様な気がするのよね。
ホワイトジャズは救いはないけど希望はあるってかんじ。
読後感が良いので好きです。読む前は気合入れますが

18 :文きりだが:2001/01/25(木) 03:32
母親の死がトラウマとなって、何としても犯人や、死んだときの背景を知りたい。

その妄執が、稀代の陰謀小説、電波系謀略ノベルを書かせるんだろうな。
ブラック・ダリアの殺人現場が、都市再開発工事とともに、数年後、ようやく発見される
って、なんか象徴的じゃない?

ようするにずーっと日常の背後の<異界>に隔されてたって雰囲気があってさ。
ツイン・ピークスのローラ・パーマーと同じ、異次元にすいこまれ、
死体となって帰ってきた、みたいな感じ

19 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 10:20
直接関係ないけど、ブラックダリア事件の犯人が
オーソン・ウェルズかも知れないって記事が話題に
なったよね。
http://www2.justnet.ne.jp/~azono/news2.html

20 :名無しさん:2001/01/25(木) 15:13
俺は、ブラックダリアのラストの手紙で泣きそうになった。

21 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 19:51
>15
ユリイカのバックナンバー教えてください。
>18
ブラックダリア云々って現実の話?それとも小説の中の話だっけ?

22 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 21:19
>>21
ユリイカ12月臨時増刊「総特集ジェイムズ・エルロイ ノワールの世界」
レギュラーの号ではないのでご注意を

23 :世界@名無史さん:2001/01/26(金) 01:26
>>21
ブラック・ダリア事件は、実際の事件です。
簡単な経緯は、
>19氏
http://www2.justnet.ne.jp/~azono/news2.html
のリンク先にメモあります。
ただしウェルズが犯人ってのは、まああくまで一説です(^^:;)

ケネス・アンガーの「ハリウッド・バビロン」(リブロポート)に
写真載ってるよね。
どなたか、ダリアの死体写真、リンクご存知ない?

24 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 05:06
悪い白人たちってのがいいね

25 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 07:17
「L・Aコンフィデンシャル」のラストに感動してから
「ホワイトジャズ」を読む・・。
エドやってることダドリーと変わんないんだけど。
法月が言うようにホント「エクスリーと仲間たち」状態。
でもエクスリー好きだから、いいや。

26 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 08:01
>23
Black Dahlia で検索すれば簡単に見つかります。
とりあえずココなんかいかがですか。

http://www.bethshort.com/dahhome.htm

そんなに写真は明瞭ではありませんが、きちんと
顔とかは分かるので、見る場合はそれぞれの責任
で確かめてください。

27 :23:2001/01/27(土) 01:39
お。これはどうも有難うございます(^^)

しかし、まあ血抜きしてギニョール化したところが、歴史に残るイコンですな

28 :23>26:2001/01/27(土) 01:40
お。これはどうも有難うございます(^^)
今見てきました。うーむ・・・・。

しかし、まあ血抜きして人形化したところが、歴史に残るイコンですな

29 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 07:03
うーむ。あまりにも酷すぎて現実感が沸きませんな。


30 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 11:40
ビッグノーウェアが一番話がわかりやすく、
心をくすぐられたものがあったのだが、あまり話題にならないね。

31 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 13:24
ほんとに小説の通りの死体で・・・
いや小説の方があとなのはわかってますが・・・・合掌・・・

ビッグノーウェアは私も好きです。
アップショーがね〜〜〜ねたばれになるので以下自粛ですが。

32 :エルロイ:2001/01/27(土) 17:06
私もビッグノーウェアがベスト。

33 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 22:40
ロイド・ホプキンッズシリーズも仲間に入れてちょ。
私も「ビッグ・ノーウェア」がベスト。
始末屋ミークスがいいキャラ。

34 :おお!ビッグー・ノーウェア独走:2001/01/28(日) 00:22
あれいいよね。
ポランスキーのLA創生神話だった「チャイナタウン」と似てさ。
ディズニーランドの暗黒創生神話(ほら。昔はポルノアニメ作ってたとか)
からめたり、父子同性相姦とか、汚い話てんこもりなのに、
一生懸命、みんな救済をもとめるところが好き(私見)

冒頭、<クリスマス・ツリーに飾り付けしようとして蝋燭で火傷した子供>とか、
ディズニーの狂人息子が死体集めて<天使>をつくろうとしたりとか。
例の真犯人が、懸命に近親相姦の腐敗を浄化しようと<ビッグ・ノーウェア>って
幻のコードを懸命にさがす、あの一行には打ちのめされました。

あとラストのバズ・ミークスが、安っぽいブルースをききながら、
<擦り切れ磨耗した冷戦の赤狩り戦士たち>を追悼するところ。
・・・いいよね

35 :名無しのオプ:2001/01/28(日) 11:29
ビッグー・ノーウェアのラストいいよね。
アップショー死後の2人の男の関係の変化もいいね。
話忘れているようだから,もう一度読みたくなってきた。

36 :映画LAコンフィデンシャル:2001/01/29(月) 04:48
バズ・ミークスが、ちょっと情けなかった。
<ビッグ・ノーウェア>ファンからすると。

ま、しょうがないけどさ

37 :エルロイ:2001/01/29(月) 07:27
アメリカンダブロイドって失敗作って聞いたんだけど、どんな感じ?
またまたストーリーを追えないような話なのかな?
ハリウッドノクターンは?
わが母なる暗黒は駄作って評判だよね?

38 :名無しのオプ:2001/01/30(火) 03:37
アメリカン・タブロイドは、改行しすぎなくらいスカスカ。(内容は好き)
だから、ストーリーは老いやすいです

39 :名無しのオプ:2001/02/01(木) 15:41
犯罪者の視点で書かれたキラー・オン・ザ・ロードはどうよ?
LA四部作やホプキンズシリーズとはまた違った湿度の低い
虚無感が好悪わかれるところだと思うが。

40 :吾輩は名無しである:2001/02/01(木) 23:18
>39
気が狂いそうになりましたよ。
こんな小説を書くエルロイはやっぱどうかしてるな。

41 :名無しのオプ:2001/02/04(日) 07:16
バズ・ミークスって実は生きてるの?


42 :名無しのオプ:2001/02/06(火) 16:27
「血まみれの月」読書中。
冒頭シーンに圧倒されました。「ブラック・ダリア」の解説にもあったけど、
現在のために過去がある点がものすごく強調される作家ですね。
単に過去を引きずっているのとは違う。
冷たい狂気を感じます。

43 :名無し不動さん:2001/02/06(火) 20:09
「血まみれの月」って映画化されてましたよね。
ご覧になった方いらっしゃいませんか?


44 :名無しのオプ:2001/02/07(水) 14:33
「血まみれの月」は「Cop」という題でアメリカでテレビドラマになった
みたいですね。

45 :名無しのオプ:2001/02/10(土) 15:44
このスレあがって欲しいのになあ。
誰か、44のドラマ見てない?

46 :名無しさん@そうだ確定申告に行こう:2001/03/11(日) 02:05
ホワイト・ジャズようやく読み終わった。
馳星周は完全にホワイト・ジャズの真似になっているね。

47 :名無しのオプ:2001/03/14(水) 04:27
よかった。「アメリカン タブロイド」いまいちだったので
安心した。評価高くないのね。

キラー オン ザ ロード<これ、純粋に金の為に書いたとか。

48 :名無しのオプ:2001/03/20(火) 21:58
>>46
馳と同じにしないでくれ。
>>47
でも一番好き。

49 :名無しのオプ:2001/03/24(土) 22:14
映画地上波あげ

50 :名無しのオプ:2001/03/24(土) 23:25
地上波やってるのに書き込みないのネ・・。
うまくまとめたなぁという印象。
文句なしです。

51 :名無しのオプ:2001/03/25(日) 08:22
バズがねずみに・・・・・
ガイ=ピアーズの眼鏡に萌え。

52 :名無しのオプ:2001/05/01(火) 02:18
age

53 :名無しのオプ:2001/05/05(土) 08:16
あげ

54 :名無しのオプ:2001/05/25(金) 14:29
あげる

55 :懐かしいスレがあがってるな:2001/05/26(土) 04:48
「アメリカンタブロイド」、結構好きだよ。

しかし、後続の邦訳はでないなあ。何をしているんだ、文春。
馳なんてバッチモン出版する暇があったら、本家本元抄訳して雑誌に載せるとか、
GQ誌なりマガジンハウスのブルータスなり、とタイアップ企画せんかい。


集英社のプレイボーイでもいいぞ

56 :日本@名無史さん:2001/05/26(土) 05:38
おれはミステリは高村薫とエルロイとマーティンクルーズスミス、
あとル・カレくらいしか読まぬなぁ

57 :名無しのオプ:2001/06/01(金) 13:51
>>55
先月出たばかりなんですね。>後続
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/stores/detail/-/books/0679403922/reviews/102-7069632-2295320#06794039226601
ということは邦訳が読めるのは何時だろう…

58 :55:2001/06/02(土) 03:52
>>57

おお。ありがとうございます。どれどれ、英文はしばらく読んでないが、
読んでみましょ読んでみましょ♪

59 :名無しのオプ:2001/06/04(月) 12:05
漏れは邦訳をじっと待つ。

60 :名無しのオプ:2001/06/05(火) 02:03
スレの最初の方に書いてある、来日の噂はどーなんでしょ?
刊行とあわせて来るのかなぁ。

61 :名無しのオプ:2001/06/05(火) 11:25
>>59
私も。まあ、三ヶ月ぐらいなら普通に待てるよね。
http://www.twn.ne.jp/konomys/hayamimi/
>あ、あと、御大ジェイムズ・エルロイの新作長篇 “THE COLD SIX THOUSAND”、
>9月上旬刊行となりそう。
>担当者権限で原書を読ませていただきましたが、もう即死モノの傑作です。
>まるで『ビッグ・ノーウェア』+『ホワイト・ジャズ』+サミュエル・フラー。

62 :名無しのオプ:2001/06/21(木) 01:12
すごそーだー
早く読みたいです。気合い充電しとこ。

63 :名無しのオプ:2001/06/23(土) 11:41
http://homepage2.nifty.com/yoshinojin/Mutter.files/MutOld.file/M0105.html
上記の文章で例に挙げられている法月綸太郎の『ビッグ・ノーウェア』解説は、馳星周の『ホワイト・ジャズ』解説でも猛烈に反発されていたけど、なんでそんなに反感を買うのかはどうもよくわからない。別に「暴力・狂気・情念」の迫力を否定しているわけでも、エルロイ作品の本質がスパイ物としての緻密な構成にこそあると主張しているわけでもないだろうと思うのだけれど。逆に、ただ純粋に暴力や狂気のあふれる話が良ければ、『キラー・オン・ザ・ロード』みたいにストレートな異常犯罪ものでもいいような気もする。(あ、でも『キラー・オン・ザ・ロード』は充分おもしろいんですけどね)

64 :名無しのオプ:2001/06/23(土) 18:33
>63
まったく同感。

エルロイファンには、ル・カレも高村薫も好きという人が多いよ。
あの解説でもエルロイ小説=スパイ小説だ、
なんてことを主張しているわけではないと思う。

たまにエキセントリックなエルロイファンの思い入れ(過ぎ)
を見るとゲンナリする。

65 :名無しのオプ:2001/06/24(日) 01:21
>>63−64
またまた同感。

はっきり言って、馳にはもうエルロイ語ってもらいたくナイ。

66 :名無しのオプ:2001/06/25(月) 20:39
来日するらしい。

67 :匿名希望さん:2001/06/25(月) 22:21
>>63-64
俺も同感だね。
馳のエルロイに対する評価ってピンとこない。
あの精緻ともいえる構成がすばらしいと思う。

68 :名無しのオプ:2001/06/25(月) 22:34
>>66
馳が?

69 :名無しのオプ:2001/06/25(月) 22:41
>>68

エルロイが、だよ(藁
今秋の予定。↓
http://www.asahi.com/culture/update/0625/002.html

70 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

71 :(^‐^)V :2001/06/26(火) 01:29
>>69
宮部みゆきがノワールだって(笑)
池上氏も相変わらずテキトーなこと言ってるし。
ノワールなんか終わってるっての。エルロイは好きだけど。

72 :名無しのオプ:2001/06/26(火) 01:44
>>71
宮部の「理由」はどう読んでもノワールだろう
いっかげなこというなこの厨房め

73 :名無しのオプ:2001/06/26(火) 02:10
「理由」がノワール!!

74 :名無しのオプ:2001/06/26(火) 02:20
個人的には、ウェストレイクの「斧」がノワールってのも
納得いかないんだけど。

75 :名無しのオプ:2001/06/26(火) 11:49

「宮部クンがノワールを書く」ってのは企画モンだろ?
新しい作家が出てこなけりゃつまらないよ。

「アジア・ノワール」なんて言葉でくくっても
中身はもうおなじみのメンツじゃないか。

76 :(^‐^)V:2001/07/08(日) 07:41
吉野仁ってひとも宮部はノワールだって逝ってたよ。>>72
彼にそう言われると考えを改めないと……?

77 :名無しのオプ:2001/07/08(日) 07:48
理由はノワールではない。理油こそ真のノワールだ!!

>>76
吉野仁は箸がつかえません。

78 :名無しのオプ:2001/07/09(月) 16:31
エルロイに集中してくれ

ノワールかどうかなんてどうでもいいぞ

79 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 05:33
皆さんのノワール観を語って下さい。

80 :名無しのオプ:2001/07/10(火) 11:15
>>78
激しく同意!

>>79
ノワールのスレは別にあるだろうが!

ノワールのおすすめは?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mystery&key=979477666

81 :名無しのオプ:2001/07/11(水) 02:37
エルロイ来日するみたいだけど、海外作家が来日したら
どんなことやるの?
まさかサイン会なんてしないだろーし。

82 :(^‐^)V :2001/07/11(水) 05:37
>>81
サイン会は王道でしょ。やると思うけど……。
あとはインタビューを幾つか受けて、
洒落た雑誌のグラビア飾って、馳と対談して、
運が良ければNHK教育の小ネタで特集されて、
もちろん書店はエルロイ平積み状態で、
文春のお供で六本木が銀座に飲みにいって
ハイ、さようなら。

83 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

84 :(^‐^)V:2001/07/14(土) 02:03
来日キャンセルだって。
あほらし。

85 :Spade Cooley :2001/07/20(金) 22:35
Dick Contino のCDを買いたいのだけれど売っているのか?
Spade CooleyのCDならCDNOWで買えるのだが、

86 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

87 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

88 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

89 :アメリカン・タブロイド:2001/07/22(日) 07:23
久しぶりに読んだけど、おもしろいぞ。まんがみたいで。

あと1974ジョーカーとかいう、ハヤカワのエルロイ・オマージュ小説ってどう?

90 :名無しチェケラッチョ♪:2001/07/24(火) 01:44
ビッグ・ノーウェアの評判を目にし、初エルロイとして読み始めた者です。
60ページを過ぎたあたりなのですが、自分にしてはとても、とても読み進むスピードが遅いのです。
エルロイの文章の運びと自分の相性があまり良くないようです。
挫折しそうです。
でも期待していたので読み終えたいんです。うぅ。
ここにお集まりのみなさまは、もう、小説の始めから引き込まれるようでしたか?

91 :名無しのオプ:2001/07/24(火) 01:57
>>90
この作家、大好きだけど君と同じく読むスピードは
他の作家よりも遅くなる。
読むスピードと密度は別と思うけどなぁ。

92 :名無しのオプ:2001/07/24(火) 06:30
文体は個性的は確か。前半のためが後半一気に爆発って感じ?

93 :名無しのオプ:2001/07/25(水) 17:04
ホプキンズ三部作と「キラー・オン・ザ・ロード」とLA四部作は読破してるんですが、初期の「レクイエム」と「秘密捜査」ってどんな感じですか?
個人的には「ブラック・ダリア」以降の人間関係が錯綜しまくってるのが好きなんですが。

94 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

95 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 00:47
>>93
「レクイエム」はハードボイルド。いかれポンチ度は発展途上。
「秘密捜査」は「ブラックダリア」のプロトタイプ。話が甘い。
しかし「秘密捜査」で特筆すべきことは(メール欄)が登場することだな。

96 :93:2001/07/26(木) 10:22
>>95
どうもありがとうございます。

97 :名無しのオプ:2001/08/09(木) 12:46
新作長篇刊行まで後一ヶ月
というわけで、取り敢えずageとくよ。
>>90-92
私は普通だな。>読む速度
凄く癖のある文体だとは思うけど。

98 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

99 :名無しのオプ:2001/08/09(木) 15:01
>>98=荒し/カス

100 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

101 :名無しのオプ:2001/08/09(木) 17:19
>>100=標的を探して喜ぶ――――僕はここにいるよ――――強すぎる自己主張

102 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

103 :(^‐^)V :01/09/09 07:48
アメリカン・デス・トリップあげ。

104 :名無しのオプ:01/09/11 18:49
おいおい。翻訳でているじゃねえか。
アメリカン・デス・トリップで。

今度はケネディ暗殺犯目撃者皆殺し小説!
うわあああああああああっ。面白そう!!

105 :偏屈:01/09/11 18:51
バカ野郎。国内のつまんないフーダニイットだか密室電車殺人だか
読んでられるか。

おら、高村薫とマーティン・クルーズ・スミスとル・カレとエルロイしか
よまねえんだよっ。

106 :名無しのオプ:01/09/13 17:11
今度はキング牧師とRFKの暗殺か。
本屋でちらっと見たら確かに面白そう。
文庫になるまでは図書館で…と思ってたけど、
やっぱり買っちゃおうかなぁ。

もう読み終わった人居る?

107 :名無しのオプ:01/09/15 12:19
貧乏なので図書館待ちっす。でも、読みたいなあ。読めば一気読み間違い無しなんだけど。

仕方なのでBOOKOFFで100円でキラーオンザロード買ってきて飢えを誤魔化してます

108 :名無しのオプ:01/09/20 11:24
>>107
おお、同志よ!私も図書館待です。
リクエストしてから一週間以上経つのにまだ連絡がない…

とりあえず、気を取り直して、
キラーオンザロードも良いですよね〜

109 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

110 :名無しのオプ:01/09/20 18:26
くそ。ホワイトジャズの時点であの文体について行けないことが
分かってたのに、また買ってしまった。
ちなみに98ページの「汚名を挽回」という誤植?を発見しました。
けど、いまだに「ガイ」と「ピート」の違いもよく分からん始末。
ブックオフに売りに行こうかな。

111 :名無しのオプ:01/09/20 18:54
>>110
汚名を挽回・・・ぼくも、2chで昔、それを使い誰かにつっこまれたなあ(藁)

112 :名無しのオプ:01/09/21 23:48
アメリカンでストリップ、読了。

LAコンフィデンシャルホワイトジャズ風味って感じ。
登場人物が全員既知外だったアメリカンタブロイドみたいな爆走感は
ないやね。
でも、猫好きピートに萌えたので、良しとしますか。

113 :名無しのオプ:01/09/22 15:34
アメリカン・タブロイドの三重スパイまがいのことをしていた人物、
ものすごくカッコよかったなー。読んでいてシビレタ。

個人的なエルロイベストはビッグ・ノーウェア。
とても切なくて、呆然とした。
次点がホワイト・ジャズ。

114 :名無しのオプ:01/09/24 17:43
>>114
>個人的なエルロイベストはビッグ・ノーウェア。
>とても切なくて、呆然とした。
>次点がホワイト・ジャズ。

同意。
ビッグ・ノーウェアをベストに挙げる人多いね。
主役の3人に感情移入しやすいっていうのはあるなあ。
3人の、業を背負いまくった生き様と、それぞれの終着点は
「切ない」という言葉がぴったりくるね。
デイヴ・クラインも然りだけど、デイヴはさらにワルく、さらに頭が切れるので
なおさらカッコいい。LA四部作のキャラでは一番スキ。

115 :ベルヌーイ:01/09/26 19:01
ビッグ・ノーウェアは、あの擦り切れ磨耗し死を持って停止する
「冷戦の赤狩りの戦士たち」がいいですよ〜。

ディック・コンティーノ(だっけ?アコーディオン弾きの芸人)初出演だしね

116 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

117 :名無しのオプ:01/09/26 20:49
げ、エルロイ・スレッドでも荒らすほどの価値があったのか(笑)

118 :名無しのオプ:01/10/06 23:11
またーりいきましょうよ。
エルロイの訳者では誰が一番いいですか?

119 :名無しのオプ:01/10/12 14:07
>>118
そんなこと考えたこともなかった。
私がホワイト・ジャズだけ苦手なのは、
ひょっとして訳のせいかな?

120 :名無しのオプ:01/10/14 04:11
アメリカン・タブロイド文庫本になったね

121 :名無しのオプ:01/10/14 11:37
>>120
今、買ってきたとこ。
これから読むけど、読んだら感想書くね。

122 :名無しのオプ:01/10/15 13:00
>>120
今日買って帰る!

123 :ハッシュハッシュ!:01/10/15 19:04
アマリカン・タブロイドは面白いよ。マンガみたいで。

マリリン・モンローの情事とか、ケネディ兄弟の悪徳伝説とか意図的に、
一番センセーショナルな仮説ばかり、引用してるけど、タイトルが
「アメリカン・タブロイド」だもの。

タブロイド記事よんでると思えば楽しみのひとしお

124 :名無しのオプ:01/10/15 21:28
アメリカン・タブロイドを今、読んでいるけど
誰が実在の人物だったのかよくわかんね〜
詳しい人、教えてたも

125 :名無しのオプ:01/10/15 21:46
主役2人の悪徳私立探偵とFBI捜査官以外は、ほとんど実在のような気が。

サム・ジアンカーナとか、トラフィカンテとかマフィアの大物や
フーバー、ケネディ兄弟とかはわかるよね。

あとジャック・ルビーとかケネディ暗殺事件周辺の暗躍人も実在

126 :名無しのオプ:01/10/15 21:57
早いレスありがとう。
ジミーホッファとかジョンスタントンとかも著名な実在の人物なの?

っていうかそんな人物も知らない俺はダメ人間??

127 :名無しのオプ:01/10/15 22:30
ジョン・スタントンはちょっと判らないが(読みなおしてみます)
ジミー・ホッファは全米トラック運転手組合(チームスター)委員長で
有名な実在の人物。

>っていうかそんな人物も知らない俺はダメ人間??
いえいえ(笑)どちらかといえば、祖国の閣僚の名前より
アメリカ暗黒街100年の歴史のほうが詳しい当方のほうが、
困ったチャンでしょう

128 :名無しのオプ:01/10/16 12:19
>>123
>ケネディ兄弟の悪徳伝説とか意図的に、
>一番センセーショナルな仮説ばかり、引用してるけど、
でも、兄と弟で扱いが全然違うんだよね。
今デストリップを読んでるんだけど、エルロイ自身、
ボビーには何か思い入れがあるような気がしないでもない。

129 :名無しのオプ:01/10/16 13:22
フーヴァー最高

130 :名無しのオプ:01/10/16 14:25
ボビーは、史実でも腐敗する兄の崇拝者であり、ケネディ家のなかの
禁欲的清教徒(カソリックですが)

あれなんすよ。対マフィア戦争の時なんか、政権内部でも相当、孤立しながら
ひとりで正義の旗ふってた人だから。
アクがつよいです。

エルロイとしてはつい虐めたくなっちゃうタイプなんでしょうね

131 :名無しのオプ:01/10/16 16:14
>虐めたくなっちゃうタイプなんでしょうね
確かにアメリカン・タブロイドのラストでは可哀想だった。

それにしても、デス・トリップのウォード・リテル、
ほとんどボビーのストーカーと化してるね。

132 :名無しのオプ:01/10/16 16:30
>>124
>誰が実在の人物だったのかよくわかんね〜
オリバー・ストーン監督の「JFK」や
「ニクソン」を観て学習するというのはどうよ?
大きなレンタルビデオ屋なら絶対置いてあるだろうし。
エルロイと違う犯人説を取ってるから、かえって混乱するかな。

133 :このあたりっすね:01/10/16 19:41
くるくる回って溶けていく/チビクロサンボ :2001/01/24(水) 05:02
>4
ドン・デリーロ『リブラ 時の秤』(文芸春秋)だ。
【物語】
貧乏白人のオズワルドはCIAのスパイどころか駄目人間、生活不能者で
行き当たりばったりにソ連に亡命し、結婚し、貧困の中に自分を追い詰めていく。
そこに反共ヤクザや、反カストロ・キューバ人、駄目人間をうまくあやつる
CIA野郎がからみ、どうしようもない狂った熱気の中に、ケネディの頭に、
ダムダム弾をぶちこむ暗殺チームにやとわれていく・・・。

【評価】
オズワルドに関しちゃ、ま、ダメ人間ってところが適正評価。
文章は異様な熱気。エルロイが「アメリカン・タブロイド」を構想してた頃、
一読して、「おれの書きたいのはこれだ」って思ったとは本人コメント。
で、しゃーないから「Aタブロイド」は、JFK暗殺をキーフォーバーから
接戦選挙、キューバ革命とピグス湾事件、チームスター裁判等の一連の
3モン記事事件のなかに埋もれさせる手法を選んだだけ。

また、くる。
馳はえらいが、読んだこと無い。このスレで名をみたくない。
デビッド・リンチ「ロスト・ハイウェイ」みて、これから寝る。
ハッシャバイ



6 :くるくる回って溶けていく/チビクロサンボ :2001/01/24(水) 05:11
http://www.ellroy.com/
http://www.edark.org/ellroy/

参考にしてくれ


7 :名無しのオプ :2001/01/24(水) 05:23
奴の肉声もあった

http://www.edark.org/ellroy/english/nytimes_3.html

134 :名無しのオプ:01/10/16 20:21
>>118
いまとなっては田村義進以外の翻訳は考えられないような。
駄洒落と頭韻がすごすぎ。

135 :マイルス ◆nXaa2qjs :01/10/18 21:30
>>134
禿同。アメリカン・タブロイドを読んだ直後なだけに。
ハッシュハッシュ誌にあった、
「カストロを能無しの髭鬼(悲劇?)・・・」とかね。

ホワイトジャズはストーリーは良かったが、
いかんせん、読みにくかった。原典に忠実だとああなるのか・・・。

136 :名無しのオプ:01/10/18 23:35
エルロイの小説に良く出てくるベンゼドリン(名称に自信無し)って飲んだ事
ある人いる???あれって麻薬なの??

137 :未読だが:01/10/19 01:53
興奮剤の一種じゃないの?

筒井康隆の小説(日記)とか読んでると、時々、服用してる描写あるけど、
最近は処方箋あっても難しいでしょ。

アメリカン・デス・トリップかあ。

次作はいよいよウォーターゲイト事件の鉛管工グループだね。かっちょええ!
ハワード・ハントとか、もうデス・トリップあたりだと出てるでしょ?

138 :名無しのオプ:01/10/23 12:48
>>137
まだだよ。

139 :名無しのオプ:01/10/23 13:52
あ。そう?

ケネディ暗殺当日、ダラスの鉄道引込み線の近くで逮捕された浮浪者一味の一人が
ハントだって(もちろん信頼度はタブロイド紙れべる)きいたことあるから、
口封じグループのひとりとして出てくると思ったんだがなあ

140 :名無しのオプ:01/10/23 13:53
しかしケネディ暗殺事件目撃者皆殺し小説って前半の設定は狂ってるよなあ。

はやくヨみたいよ

141 :名無しのオプ:01/10/26 17:59
文庫待ちしてたのでようやくタブロイドの方読み終わったよ。
圧倒的にハッシュハッシュの記事が読みやすくなってて感激!
ホワイトジャズの時はあまりにつらかったよ。とくに
ハッシュハッシュに、、てのが。
私はケンパー好きだったのでちょっと悲しかったです。
頑張ってデストリップも文庫待ちしようっと。

142 :名無しのオプ:01/10/26 19:00
「アメリカンタブロイド」は「LAコンフィデンシャル」とか「ホワイトジャズ」に比べると
文章軽いし台詞も多いから、単行本買ったときは、ちょっと損した気分でした。
文庫本にすると、ちょうどいい感じ。

143 :名無しのオプ:01/10/26 22:20
>>142
「タブロイド」についての意見、禿同。

ただ、「デス・トリップ」はそういう感じはなくて、
結構ヘヴィなんでハードカヴァーっぽいかも。
俺的には「タブロイド」より全然好き。

どうでもいいけど、「デス・トリップ」、
下巻の表紙がRage Against the Machineのジャケと
同じなのは意図的なのかな。

144 :名無しのオプ:01/10/28 14:19
>>143
俺、ジャケ買いしちまったよこの本・・・

読んでたらデッドケネディーズの歌詞を思い出してしまう。

145 :名無しのオプ:01/10/28 22:56
「アメリカン・タブロイド」読んだけどグッドタイミング。
ピッグス湾侵攻の謀略なんか、現在進行形のアフガン侵攻と同じね。
笑っちまった。

146 ::01/11/02 08:26
「L.A.コンフィデンシャル」が映画になるくらいなんだから(決してエルロイファン
の満足のいく出来ではなかったものの。)
「アメリカン・タブロイド」だって映画化してくれ。

ケンパー・ヴォイド → ジョージ・クルーニー
ウォード・リテル → ジョン・タトゥーロ
ピート・ポンデュラント→ ビニー・ジョーンズ
(ガイ・リッチーの映画の常連で、「スナッチ」では
弾丸の歯のトニーという役で出ていた。)

147 :名無しのオプ:01/11/02 11:22
>146
ケネディ兄弟は13デイズの役者を再利用だな。

148 :名無しのオプ:01/11/02 12:40
あの狂ったお話、どうせならデビッド・リンチに南部のゴシック話風に
撮らせたいなあ。
めちゃくちゃ原作改変されるし、原作ファンから「原作と違う」叩かれるけど
あのダークファンタジーな雰囲気は、リンチじゃないと駄目なような気がする。

オリバーストーンのJFKも、「南部の不気味な話」の雰囲気が随所にあったしさ。

149 :名無しのオプ:01/11/02 13:01
というわけで
個人的な思い入れで申し訳ないが『アメリカンタブロイド』は
Dリンチか、コーエン兄弟監督の映画化推薦します。
奇妙な味、というやつがないと満足できない。エルロイは

150 :名無しのオプ:01/11/05 21:19
「アメリカン・デス・トリップ」上下巻で5,000円、高い。
しかし、タブロイドがめちゃ面白かったので、つい買ってしまった。
中々いいんだけど、60年代アメリカはとても興味深い時代だから
もっとぶっ飛んで欲しかった。
エルロイワールドにしては当たり前すぎるね。
ジーン・ハックマンの「ミシシッピ・バーニング」を合わせて観ると、なお吉。

151 :名無しのオプ:01/11/05 22:40
黒人公民権運動とかあのあたりですねぇ。

はやく読まねば。ADT(アメデストリ)

152 :名無しのオプ:01/11/06 13:11
「ファイトクラブ」(否ガティンコ)もノワール。

153 :名無しのオプ:01/11/06 13:12
>>152
誤爆です。スマソ

154 :名無しのオプ:01/11/06 14:31
実在の人物でマイヤー・ランスキー、ジャック・ルビーとか好きそうだね

155 :名無しのオプ:01/11/06 18:04
>154
エルロイが?

156 :名無しのオプ:01/11/07 19:53
ジャック・ルビンシュタイン(ジャック・ルビー)は、アメリカン・タブロイドで
大活躍・・・・でもないか

157 :名無しのオプ:01/11/09 13:34
だったら私は、実はロバート・ケネディが好き、に一票。
「ボビーは正義感のかたまりだ。ボビーは正義を体現している。
ボビーは悪を切って捨てる。」これはちょっと言い過ぎだよね…

158 :名無しのオプ:01/11/11 23:13
デス・トリップのラスト―予想されてた進行だけど、R.ケネディの死はやるせない。
当時報道された、眉間を打ち抜かれ、口を半開きにしたアップ写真がまざまざと甦った。

完結編は、ウェインがニクソンの裏仕事を一手に引き受ける線で描かれるんだろうな。
激化するベトナム戦争、激化する反戦運動、やがてパリ和平。
組織の中南米カジノ浸透に合わせ、深入り始めるアメリカの中南米政策。
そして、民主党に対する盗聴事件とニクソン失脚。
話はそんなふうに展開していくんだろうな。

159 :名無しのオプ:01/11/12 01:36
エド・ハリス、「スタリングラド」がらみで女性ファンにきゃあきゃあいわれてるけど、
オリバー・ストーン「ニクソン」で鉛管工グループ演じたハリス(ハワード・ハント?)、
あれが一番似合ってる。うん。
清教徒の目がサイコで、エルロイ向き。

>>158
早く読みたいです。上下巻あわせて5000円は貧乏人には痛いのれす

160 :名無しのオプ:01/11/13 11:43
>>158
>当時報道された、眉間を打ち抜かれ、口を半開きにしたアップ写真がまざまざと甦った。
NHKの映像の世紀にもあったね、その場面。
ただ、撃たれたのは眉間じゃなくて、確か右耳の後ろだよ。
心臓が停止したのは翌日で、担架で運ばれるまでに二三言話してる
と言うことは、あの状態でもまだ意識はあるんだな…

161 :158:01/11/13 18:49
>>160
Thanks。そうだったんですか。
なにぶん、三十数年前のことですからよくは覚えていませんでした。
私が小6のときのことで、結構ショックだったです。
R.ケネディはアメリカを変えることのできる人物だと期待していました。
あの流れであれば、大統領は確実だっただけに残念でした。

162 :名無しのオプ:01/11/14 11:13
教えて君でスマソ。
ホワイトジャズ以降買ってないんだけど、
それ以降に出た本を教えてください。

163 :名無しのオプ:01/11/14 12:47
アメリカン・デス・トリップ(上)(下)
クライム・ウェイブ
わが母なる暗黒
キラー・オン・ザ・ロード
アメリカン・タブロイド(上)(下)
ハリウッド・ノクターン

164 :名無しのオプ:01/11/14 12:50
>>163
162です。どうもありがとう。
こんなに出てるのか・・・・。
あれ、キラーオンザロードは持ってる。
改訂版?

165 :名無しのオプ:01/11/14 14:37
>>164
いいや。
ホワイト・ジャズ以降って言っても、単行本じゃなくて文庫のほうなのか。
Amazon.com.japanとかで自分で調べた方が早いんじゃないか?

166 :名無しのオプ:01/11/23 01:12
ファイトクラブのパンフにはフィンチャーが「ブラックダリア」を撮影する
準備をしてるとかなんとか、書いてありましたよ。「ダリア」ならば
フィンチャーもありかなあ、と思う。(「ダリア」にはダドリー絡まないよね?)

単に「ボクサー上がりの警官」を演じるブラピが見たいだけなんだけど。

167 :名無しのオプ:01/11/23 07:29
>166
うわー、自分も思い出した!
雑誌の『スターログ』にもそういう記事が載ってたヨ。

168 :名無しのオプ:01/11/23 13:14
リー・タマホリの映画「LAスクワッド」は、ちょっとエルロイっぽくてよかった。
一人で済むところ警官が4人、車に乗って台詞をわけあい喋るのが難だけど、
あとは被爆兵士とか、不気味な変死体(ジェニファー・kネリー??)とか。

ブラックダリア、多分、流れたような気がするけど、見たいなあ

169 :名無しのオプ:01/12/02 05:12
映画版コンフィデンシャルはこのスレの住民的にはどうなんですかね?
私は映画(しかも今年のテレビ放送)で「お!」ってきて一気に四部作を読破
したクチなので、ちょっと気になったり。

170 :名無しのオプ:01/12/02 05:18
来週観ますので、そのときにまた。(映画版コンフィデンシャル)

171 :名無しのオプ:01/12/03 20:30
主役3人がいい味出してるのは間違いない。
ダドリーとハッシュ誌のヤツ(本貸してて名前わかんないや)の
イメージはちょっと違うかな〜って感じ。間違ってはいないけど。
あと、猟奇風味不足とラストシーンがハリウッド的なのはバツ。

172 :名無しのオプ:01/12/04 01:28
エルロイファンからみて馳星周ってどう?

173 :名無しのオプ:01/12/04 11:01
>>171
全体的に薄味だったのはしょうがないかと。
>>172
論外でしょ。
漏れは馳からエルロイの名前知ったけど、
いざエルロイ読んでみると、馳読めなくなった。

174 :名無しのオプ:01/12/04 11:52
>>171
「ベイブ」で牧場主のホゲットさんを演じてた人なんだよね>ダドリー

>>172
読まなきゃ駄目?

175 :171:01/12/04 20:30
>173
まぁ、ハリウッドだしね。あの出来なら上々だよね。

>171
そうそう。ベイブ観てないけど、悪い人に見えなかった…。

176 :名無しのオプ:01/12/05 03:53
>>175
そうなんだよ、悪人にみえないのがねぇ。

177 :クワジ:01/12/05 06:11
『アメリカン・デス・トリップ』好きなんだが、いまいち主人公たちの年齢設定などが頭に浮かばないため
脳内で勝手に自分の好きな俳優と結びつけてしまいがちだ(笑)
オレの中ではピート=ニック・ノルティ、ウォード=ジェイムズ・ウッズ、
ウェイン・ジュニア=ショーン・ペンなんだが、どうだろう?
(オリバー・ストーンつながりね、一応)
『L.A.コンフィデンシャル』映画版はあんま好きじゃないなぁ。ストーリー単純化しすぎ。
邦画だが崔洋一監督の『マークスの山』のほうがずっとエルロイっぽくて良かったよ。
あとここでは『ビッグ・ノーウェア』の評価が高くて安心したよ。おれも『ビッグ〜』が4部作中のベストだと思ってたから・・・
バズ・ミークス好きだ〜

178 :通行人でゾルゲファン:01/12/05 11:03
映画版『マークスの山』は、音楽や機動隊の槍ヶ岳登山もふくめて、もっと評価されても
いい映画だよね。

『ビッグ・ノーウェア』は評価高いよ。多分、作中、<ビッグ・ノーウェア>いう
JAZZタイトルは一回か2回くらいしか記述されてないんだけど、精神科医の口を通して
語られる、ただ一度だけの作曲、それさえ作曲されれば救済でもおとずれるようなむせび泣くような
犯人の精神の遍歴は、ちょっと圧倒的だった

179 :通行人でゾルゲファン:01/12/05 11:07
そうそう。デイヴィッド・ピースの『1974ジョーカー』読み始めてるけど、
これも結構、おもしろいね。クリス・ベティット『詩篇殺人者』と似た雰囲気感じるけど、
ジョーカーはもろエルロイのファンジン小説という感じで、そこが評価分かれるところだと思う。
多分、英国での評価は、日本におけるエルロイファンによる馳評価みたいに厳しいものだと思うけど・・・。

やっぱジャーナリスティックな全体小説(高村薫のレディ・ジョーカーとか、Tカポーティ冷血とか)
じゃないと、エルロイファンはもはや満足できないんじゃないかな?
バルザックがナポレオン時代の猟奇殺人事件で小説でも書いてくれてたらと夢想します

180 :名無しのオプ:01/12/05 21:03
オイラもバズ・ミークスが一番好きだなぁ。

4部作読み始めの頃はダドリー嫌いだったけど、
エルロイ漬けになった後は、もうダドリー最高って感じ。

181 :名無しのオプ:01/12/06 08:24
ニック・ノルティで思い出したが
ホワイト・ジャズ映画化の話あったらしい。
Nick Nolte (Dave Klein)
John Cusack (George Stemmons)
だってさ。どうよ?

www.corona.bc.ca/films/details/whitejazz.html

182 :名無しのオプ:01/12/09 19:30
>>181

それ、エルロイ自身が脚本まで書いたらしいです。
「ハリウッドのいうことは何一つ信じるな」
というのがエルロイ本人の弁で、
いちおう企画は細かなところまで決まっているようだけど、
じっさいどうなるのかはアヤしいところ。

監督は「救命士」の撮影のひとでしたっけ?

183 :名無しのオプ:01/12/09 20:21
ニック・ノルティってクライン役には歳くいすぎじゃないのかね。
>>177 の挙げてるショーン・ペンなんかのほうが合うような。

184 :名無しのオプ:01/12/09 23:23
ここ2ヶ月ほどでLA四部作を読破。
「アメリカン・タブロイド」に行く前に頭と目を一休めしようと
加納朋子と宮部みゆき(どっちも文庫)を一冊づつ読む。
…ページ捲る速度が違う違う!通勤時間40分の電車内で
エルロイ--約40ページ
加納・宮部--約80ページ
とほぼ倍!恐るべしエルロイ…。

185 :名無しのオプ:01/12/16 00:15
「アメリカン・デス・トリップ」買ってきたぞーage

186 :名無し:01/12/16 10:06
  質問 アメリカンデスの原題
  「THE COLD SIX THOUSAND」
  これになにか意味はあるの?
  「冷たい六千」ってなに?
   どういう意味なのか、知ってる人いませんか。

187 :185:01/12/16 14:56
きっと読んだら解ると思う。

188 :名無しのオプ:01/12/18 12:46
>>186
日本版のタイトル、『アメリカン・デス・トリップ』は、原題そのものではない。
原題はTHE COLD SIX THOUSAND──裏金六〇〇〇ドル。
これは主人公ウェインがカジノ経営者協会から押しつけられたカネを意味する。
この巨大な物語の引き金となった「殺しの報酬」だ。
http://bunshun.topica.ne.jp/jicho/deathtrip/deathtrip02.htm

ま、後書きにも書いてあるけどね。

189 :名無しのオプ:01/12/21 16:41
『レクイエム』が映画化されたって聞いたけど、どんな感じなんだろう?

エルロイは『秘密捜査』がベストかな。
やっぱり初期は迫力が半端じゃないと思う。

190 :クワジ:01/12/23 14:20
>>189
昔、ジョン・ホプキンズをジェイムズ・ウッズが演じてた映画ならありますよ。
最近ビデオ屋で見つけたので、サービス日にでも借りてくる予定。

191 :名無しのオプ:01/12/23 15:23
「このミス2001」立ち読みしたら
「アメリカン・デス・トリップ」3位だったね。

192 :名無しのオプ:01/12/23 15:27
↑間違えた「2002」だった・・・

193 :186:01/12/23 16:29
  >>188
  ありがとう。
  日本向けにはアメリカンデスの方がいいな。
    ただ今、上刊途中で挫折中。

194 :189:01/12/25 23:47
>>190
レスサンキュ。
それロイド(だよ)・ホプキンズシリーズの
「血まみれの月」?
昔観たなー。ちょっと安い映画だったけど
けっこう雰囲気よくて頑張ってた気がする。
J・ウッズ、なんかでミッキー・コーエンもやってたね。
こっちはなかなかはまってたかな。

195 :名無しのオプ:01/12/25 23:52
>>191

同率二位ですよ。
「フロスト」と同点。

196 :ageるついでに、:02/01/04 12:35
映画雑誌のプレミアには、ホワイト・ジャズが
ウィノダ・ライダーの次回作になるもよう、とだけ書いてあった。

197 :名無しのオプ:02/01/06 14:23
ジャズにあった「ピート・Bは病み衰えた」の意味が分かったYO!

198 :名無しのオプ:02/01/06 21:15
今TVでラナ・ターナーとジョニー・ストンパナートの話やってるYO!

199 :名無しのオプ:02/01/06 22:19
ぐるぐるまわってageてゆく・・・

200 :名無しのオプ:02/01/07 13:02
200!
でも嬉しくない。

201 :ねつてつの体の中は汚い水でいっぱい :02/01/11 18:12
ねつてつの体の中は汚い水でいっぱい

202 :名無しのオプ:02/01/12 04:00
ニック・ノルティか・・・見る?

203 :名無しのオプ:02/01/19 21:55
ウィノナ・ライダーも出るみたいだ

204 :名無しのオプ:02/01/20 22:09
さるべーじ

205 :名無しのオプ:02/01/21 15:37
>203
それ196でガイシュツなんだけど…でも分かるよ、
ハードカバーでも読む人はとっくの昔にアメリカン・デス・トリップを読み終え、
文庫待ちの人もアメリカン・タブロイドを読み終えて、今は他に話題ないもんね。

206 :名無しのオプ:02/01/23 19:19
やいおめーら!、


クライムウェイブはいかがですか?

207 :名無しのオプ:02/01/27 01:14
>>206

エルロイ作品でおなじみ《ハッシュ・ハッシュ》の記者の一人称え書かれた、
狂った短篇二篇が圧巻です。これだけでも読む価値あり!!
《ハッシュ・ハッシュ》って、頭韻をやたら踏む文体で書かれてるんだけど、
その記者が主人公だから、文体がみんな頭韻を踏んでる。
訳文でもほとんど完璧に全文章が頭韻を踏むという狂いっぷり。
(というか偉業)
お話も狂っていてグー。もはやバカミスの域では。

ルポルタージュも自伝同様の殺伐文体で書かれてていいと思うけど。

装幀はちょっとヘン。面白いけど。


208 :名無しのオプ:02/01/27 07:26
やはり「ビッグ・ノーホエア」には熱を上げたな。
それにしてもエルロイってゲイのことを扱った話多いね。
ホプキンズ物にも、そういうのあったし。

209 :名無しのオプ:02/01/27 08:26
変な名前。
馬鹿みたい。

210 :名無しのオプ:02/01/27 10:37
>>207
田村義進マンセー!な内容でしたね。
「アメ・タブ」の駄洒落記事も感心したけど。


211 :名無しのオプ:02/01/28 03:02
映画版のLAコンフィデンシャルでエルロイの事知ったクチなんだけど、
LA4部作はどの順で読めばいいの?

212 :名無しのオプ:02/01/28 07:16
>>211
文庫が逆に出たからわかにくいかもね。
「ブラックダリア」「ビッグノーウェア」「LAコンフィデンシャル」「ホワイトジャズ」
の順。
「ブラック・ダリア」は独立しているので別にしてもかわまわないが、
あと3つは人物と時系列がつながっているのでできれば順を追ったほうがいい。

213 :212:02/01/28 07:16
> 別にしてもかわまわないが、
かまわないが

214 :211:02/01/28 14:27
>>212
サンクス。
たまってる本を読み終えたらチャレンジしてみます。

215 :名無しのオプ:02/01/28 20:45
聖林ノクターンは文庫化する予定無いの?

216 :名無しのオプ:02/01/28 21:27
ないみたいだね。
某筋からの横槍がキツイし、
ダブルチェンジにもなりかねない。


217 :名無しのオプ:02/01/28 21:36
このスレはすぐ沈むと思ったら頑張るね。
俺は好きだから嬉しいよ。
でもコイツを読むのは覚悟がいる。初心者は注意ね。
でも本物の作家だ。大変でも挑戦の価値はある。

218 :名無しのオプ:02/01/28 22:38
扶桑社の本って、まだ買えるの?
家のほうの本屋には売ってないんだけど?
都会の人、教えてください。

219 :名無しのオプ:02/01/28 23:09
エルロイをハードカバーで集めてるんだけど
扶桑社のは絶版なのだろうか?

220 :名無しのオプ:02/01/29 00:21
>216
某筋て?
暗殺犯一派?

221 :名無しのオプ:02/01/29 01:21
>218
なんかかわいいな。
自分は知らないから何とも言えんが<絶版?


222 :名無しのオプ:02/01/29 01:59
>>219
アマゾンぐらい使えよ、田舎の人。

キラー・オン・ザ・ロード 扶桑社ミステリー
ジェイムズ エルロイ (著), その他 文庫 (1998/08/01) 扶桑社
通常4〜14日以内に発送
価格: ¥686


自殺の丘 扶桑社ミステリー
小林 宏明 (翻訳), ジェイムズ・エルロイ (著) 文庫 (1990/12/01) 扶桑社
通常4〜14日以内に発送
価格: ¥602

223 :名無しのオプ:02/01/29 12:09
>219
扶桑社は最初から文庫なんじゃないの?

224 :名無しのオプ:02/01/29 12:30
>217
私も入れて2、3人で頑張ってるような気もする。
点呼代わりにアンケートなんてどうかな。
Q1.あなたが初心者に薦める作品はなんですか?
とか、こんな感じの。

225 :名無しのオプ:02/01/29 14:26
>>1
出席番号1
初心者は「血まみれの月」あたりかな?
(第1作だっけ?)
>>219
>>223
ハードカバーは初めから発売されてないはず。
ハードカバーで発売されたのは『ブラックダリア』が始めて。

226 :名無しのオプ:02/01/29 14:38
>>222
「血まみれの月」
アマゾンで検索したら無かった。
読みたいけど一番近くの図書館にはエルロイ1冊もない。
赤川次郎は、山ほどあるのに・・・。

227 :224:02/01/29 16:06
出席番号2
私のお薦めは「アメリカン・タブロイド」かな。読みやすいから。
同じ理由で「キラー・オン・ザ・ロード」も良いかと思ったけど、
これはエルロイの作品としてはちょっと異色かもね。

第一作は「レクイエム」じゃなかったけ?(実はまだ読んでない…)

>>226
bk1だと2〜3日以内出荷になってるよ。>「血まみれの月」
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_result_book.cgi/3b8a0b44e458c0104260?aid=&kywd=%B7%EC%A4%DE%A4%DF%A4%EC%A4%CE%B7%EE&ti=&ol=&au=&pb=&pby=&pbrg=2&isbn=&age=&idx=2&gu=&st=&srch=11&s1=za&dp=&kywdflag=0

228 :名無しのオプ:02/01/29 18:59
正直ほぷきんずシリーズより、キラーの方がいいと思った。

映画になんないかなぁ。

229 :26:02/01/30 08:06
出席番号3。

ビッグノーウェアかなぁ>お薦め
ダリアはあんまり好きじゃないから。


230 :名無しのオプ:02/01/30 10:11
出席番号4です。

うーん、やはりいろいろな意味で
「ビッグ・ノーウェア」では。
法月氏による文庫解説もグーだし。

それからLA4部作へ行くのが順当だと思います。

231 :名無しのオプ:02/01/30 10:55
>>226
「血まみれの月」古い文庫で探したのではないですか?
ジャケットカヴァーを変えて再発していますよ。
個人的には昔のイラストカバーの方が好きだったけど。


232 :名無しのオプ:02/01/31 01:09
http://www.fou.com/slash/la_elm.html

とにかく凄い。
アメリカ版ヤオイ小説。

233 :名無しのオプ:02/01/31 12:18
出席番号5。
「ホワイト・ジャズ」が一番好きだ。

>217
同意!

友人に「ブラックダリア」を貸したらえらく気に入って
次に「LAコンフィデンシャル」貸したら
途中で挫折してるな。
自分は今「アメリカン・タブロイド」の下巻を読んでます。
ん〜たまらん!


234 :名無しのオプ:02/02/03 19:54
出席番号6。
今「ビッグ・ノーウェア」を読んでます。他に文庫で出た物は全部読んだはず。
「ビッグ・ノーウェア」を読み終わったら、前に途中で挫折した「ホワイト・ジャズ」
をもう一回読み直します。LA4部作の読む順番がバラバラではありますが。
「デス・トリップ」を早く読みたいけどハードカバーは持ち運びに不便なので文庫化待ち。

235 :名無しのオプ:02/02/03 22:52
エルロイってテロ事件についてコメントしてるのかな?
あの事件が起こったとき、エルロイがどういう感想もったのかすごく気になった。


236 :名無しのオプ:02/02/03 23:29
>>235
多分、ブッシュやアミテージをボロカスだろうな。

237 :230:02/02/04 01:53
>>233

ぼくもフェイヴァリットは「ホワイト・ジャズ」です。
付録年表のせいで文庫も買うはめになった。
あれって翻訳者が作製したのかな? クレジットないけど。
ハードカヴァーと活字とかちがってるのも気になる。



238 :出席番号5:02/02/04 20:40
>234
自分も「アメリカン・デス・トリップ」は文庫化待ち。
>235
いつか、あのテロ事件を題材に小説書いてくれたら面白いかも。
>237
年表はやはり訳者が作ったのでは?
自分は「LA4部作」の人物相関図作ろ!と意気込んだけど途中で挫折したよ・・・

239 :名無しのオプ:02/02/06 00:31
貧乏性なので、必ず文庫になると分かっている
「アメリカン・デス・トリップ」をハードカバーでは買えない・・・
でも早く読みたいので、図書館でリクエストして一番に借りた。
返却後、棚に並んでるのを見かけたことが無い。
今も誰かが読んでるかな。

240 :名無しのオプ:02/02/06 03:06
ホプキンズ・シリーズがいちばん好き。次点がブラックダリア。
だんだん冗漫になってきてない? そこがいいのかな・・・。
ホワイトジャズが駄目だったので、エルロイマニア失格かな?

一番はじめに読んだのは「自殺の丘」だったな。高校生のとき。

241 :名無しのオプ:02/02/07 20:27
「ホワイトジャズ」はファンの間でも好みが別れるのでは?
自分は読後震えがくるほど気に入りましたが。

どんな顔してるのか検索してみたよ。
ミッキー・コーエン 
www.americanmafia.com/images/Mcohen.jpg
ジミー・ホッファ 
www.hoffa.com/images/hoffa.gif
ハワード・ヒューズ 
www.crimelibrary.com/forensics/literary/images/U1864830%20Howard%20Hughes%20young.jpg
J・エドガー・フーバー 
www.crimelibrary.com/assassins/jfk/images/J.Edgar_Hoover.jpg
ジョニー・ストンパナート&ラナ・ターナー 
ffmedia.ign.com/stax/multimedia/stax_report398.jpg


242 :名無しのオプ:02/02/07 23:30
>>238

>年表はやはり訳者が作ったのでは?
>自分は「LA4部作」の人物相関図作ろ!と意気込んだけど・・・

編集者が作ったという説もあるらしいが……
前書きが訳者っぽくないといえばないか。
どっちでもいーけど。

243 :名無しのオプ:02/02/08 14:51
私も「ホワイトジャズ」は駄目だなぁ。
良さが全然分からない。別に嫌いでもないけど。

どうせアンケートするなら、
貴方が苦手なエルロイ作品は何ですか?
とか、そういう方が面白かったかもね。

244 :名無しのオプ:02/02/09 23:03
んじゃ好きと苦手、両方アンケートしる。

245 :名無しのオプ:02/02/09 23:32
>>228
おれも「キラー・オン・ザ・ロード」好き。
「血まみれの月」とかは正直「レッド・ドラゴン」の影響に縛られているのを
否めないところがあると思うんだよね。
その点「キラー」はなんかやりたい放題やってて、いま読むならこちらのほうが歪んだ小説で
おもしろいんではないかなと。


246 :名無しのオプ:02/02/09 23:44
最近LA四部作一気読みした者ですが、
ビッグ・ノーウェアが文句無く面白かった。
逆にホワイト・ジャズはちょっと期待しすぎたかも。
読んでるとデカ文字がチラチラ見えちゃうのがどうにも気になって集中出来なかったよ。

247 :名無しのオプ:02/02/10 23:38
>>244
こんな↓感じ?
1.エルロイで一番好きな作品は何ですか?
2.エルロイで苦手な作品は何ですか?

でも好きな本を選ぶのは難しいよ・・・
初心者にお勧めする本と、違ってくるのかどうか興味あるけど。

248 :名無しのオプ:02/02/11 00:01
「デストリップ」とにかく早期文庫化希望。
金がないのよ。でも好きな作家の本を”借りて”読むのはやな
んだよ。

249 :名無しのオプ:02/02/11 01:09
つかエロロイって両刀なのかな?

キラー(以下略)のチンチンしごき合いの描写なんて、
迫真過ぎてキモかったYO!

とおもってみたり。

250 :名無しのオプ:02/02/11 14:37
>248
ハードカバーは場所も取るし、デス・トリップは特に分厚いですよね。

>249
それは私も疑問に思ったことがありますが、でもそんな話は聞いたことがないし・・・
>迫真過ぎてキモかったYO!
あ、やっぱり男性から見るとそうなんですか。

251 :名無しのオプ:02/02/12 00:38
ゴルァお前さん達!

「 わ が 母 な る 暗 黒 」

はどうでい?



高い金出して雇った元刑事がたいして使えなかった・・・。

252 :名無しのオプ:02/02/12 12:23
>249
母親が殺されて父親も死んだ後、酒と麻薬と悪事の日々だったんだよね。
その時期に、なんか経験しちゃったのかもね・・・
今は違うんじゃ?

「アメリカン・タブロイド」文庫読み終えた!
次は、買ったけど持ち運べなくてずっと読んでない「我が母なる暗黒」読むかな!


253 :名無しのオプ:02/02/13 10:18
>>249

「わが母なる暗黒」だったと思うけど、
そういう遊びをガキのころにしてた、
というような記述が。

おれは男だけどそういう経験がありませんが、
「小便の飛ばしっこ」に似たような感覚の遊びとして、
そういう「遊び」があるらしいことは何かで
聞いたことがあるです。
たしかに想像するとかなりキモいが。

上記自伝によると、そういう行為をしている自分が
ホモなんじゃないか、という恐怖はエルロイも
感じていたようではあります。
(ただし自伝の内容はうろおぼえ)

254 :名無しのオプ:02/02/14 02:52
この中にエルロイの母ちゃんを頃した犯人がいたら、名乗り出て書き込むように。

255 :名無しのオプ:02/02/18 15:00
アメリカン・デス・トリップ(THE COLD SIX THOUSAND)、
読みはじめたけど、猟奇殺人が出てこないとちょっと
物足りないのは毒されすぎ?(w



256 :名無しのオプ:02/02/19 20:52
Ellroy.comのnewsに載ってたけど、「The Cold Six Thousand」と「American Tabloid」
テレビシリーズになるのかいな?
もうみんな知ってたね・・・すまん・・・

257 :名無しのオプ:02/02/20 13:31
>256
知らなかった!今すぐ見に行くよ。ありがとう。
ところで、何を謝ってるの?

258 :256:02/02/20 20:25
>257
いや1月17日の記事だったからね、今頃・・・?かなって思ってね。
ブルース・ウイリスってのが気になるなぁ〜
誰の役かな?ウォードかな?頭髪の感じは合ってるかもね・・・(笑)

259 :名無しのオプ:02/02/22 11:50
誰の役でも、ブルース・ウイリスは何か微妙…

260 :名無しのオプ:02/02/22 21:51
早くデス・トリップ読まないと。すごく楽しみにしています。
今までの作品の中ではバズが1番好き。
短編を読んで「あれ?」と思ったんだけどあれはどうなんだろう。

261 :名無しのオプ:02/02/23 01:32
エルロイの「我が母なる暗黒」のビデオ見た人いますか?
エルロイの声が聴きたい!!

262 :名無しのオプ:02/02/23 01:46
6 :くるくる回って溶けていく/チビクロサンボ :2001/01/24(水) 05:11
http://www.ellroy.com/
http://www.edark.org/ellroy/

参考にしてくれ


7 :名無しのオプ :2001/01/24(水) 05:23
奴の肉声もあった

http://www.edark.org/ellroy/english/nytimes_3.html


263 :名無しのオプ:02/02/23 01:47
いや、よくつづくよね。このスレ。
時々上がっているの見ると、嬉しいよ

264 :名無しのオプ:02/02/23 10:59
>>260
バズ・ミークスいいよね〜。オレも4部作の中では
一番好きだな。
でも次に好きなのは悪の親玉のアイルランドの強拳
だったりするんだな(w


265 :名無しのオプ:02/02/28 11:16
ホワイトジャズを読んで次にブラックダリア(遡りすぎ?)を読みました。
ブラックダリアもおもしろいっすねぇ〜
後半300ページくらい面白すぎて徹夜ですよ。
おかげで一時間しか寝てません。
LAコンフィデンシャルは映画見たんですが
本も読んどいたほうがいいですかね?


266 :名無しのオプ:02/02/28 15:08
是非読んでください。
映画よりずっと面白いですよ。

267 :P板住人:02/02/28 16:26
初めまして
「ビッグ・ノーウェア」読了して
タマらなくなり此処に書いてます。
バズ・ミークス!最初ムカついていたのに
最後に彼にはなんとか生き延びて欲しいと
切なくなりました。
LA4部作、全てに登場する人は居るのですか?

268 :名無しのオプ:02/02/28 20:24
>267
LA4部作といっても「ブラックダリア」はちょっと別物だよね。
他3作品全てに出てる人物といったら
ヤツしかいないぜ・・・
・・・・・・ダドリー!

あとはエリス・ロウとかミッキー・コーエンかな?



269 :名無しのオプ:02/02/28 20:47
エロい統一スレッドと勘違いしたのはおいらで何人目ですか?

270 :名無しのオプ:02/03/02 23:19
「我が母なる暗黒」読み始めたけど
最初の方はきついな・・・(笑)
なかなか読み進めない。
まあエルロイはいつもこんな感じだな。
踏ん張って読もう。

271 :名無しのオプ:02/03/03 17:44
>269
一人目(w

272 :名無しのオプ:02/03/03 23:36
アメリカン・デストリップ最高です。
ビック・ピート大好き。
リテルも良い。
2人ともマフィアに金玉を握られている。
今後はジュニアに期待。

273 :名無しのオプ:02/03/04 14:14
>アメリカン・デストリップ最高です。
激しく同意!ラストが辛いけど。
ウォード・リテルが一番好きなんだけど、もしかして少数派?

274 :名無しのオプ:02/03/05 00:02
ホッファがいつ駐車場に埋められるのか楽しみ。

275 :名無しのオプ:02/03/05 12:00
次回作がフーヴァーの死までってことは、
ジアンカーナの最期は読めないね。

276 :名無しのオプ:02/03/05 18:41
フーヴァーが誰に暗殺され、誰がフーヴァーの秘密のファイルを
持ち出すのか?
>275
サム・GはCIAが消したらしい。


277 :名無しのオプ:02/03/06 13:16
フーヴァー暗殺説取るかなぁ?普通に病死になるかもよ。
これまでの流れも、意外にオーソドックスだし。

278 :名無しのオプ:02/03/16 22:19
学校の近所のリサイクル書店で
デス・トリップを見かけたよ。
帯び付きの美本が上下それぞれ1650円。
ちょっと複雑な気分だ・・・

279 :親切な人:02/03/16 22:25

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

「高性能ビデオスタビライザー」↓
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/NEO_UURONNTYA

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

280 :名無しのオプ:02/03/31 17:18
あめりかん・です・とりっぷ、読了。
いやいや、なかなかよかったねぇ。4部作よりも
怨念が薄くなってハマリ度は薄くなってるけど、
整ってて入りやすいのはよかった。
ビッグ・ピートとか、いいキャラ多いねぇ。
フランス人たちが好きなんだけど。




281 :名無しさん:02/04/14 11:35
エルロイ未体験なんですが、何が良いですか?

282 :名無しのオプ:02/04/17 08:20
>>281
「キラーオンザロード」あたりなんか読みやすくていいと思います。
人間の歪んだ情念が見事に炸裂してておすすめです。


283 :名無しのオプ:02/04/20 04:31
今フーバーの伝記読んでるけど、
60年代シリーズのネタ元みたいな捜査官が一杯出てきておもろいわ。

284 :名無しのオプ:02/04/27 07:47
>283
>今フーバーの伝記読んでるけど、
どれ読んでるの?やっぱりアンソニー・サマーズのかな?
ロバート・ケネディのイメージがエルロイと全然違うんだよね。

285 :名無しのオプ:02/04/29 00:48
ハリウッドバビロンと一連のオリバー・ストーンの
映画を組立てそこなった感がする60年代物。

286 :名無しのオプ:02/06/03 22:14
salvage

287 :名無しのオプ:02/06/04 04:12
デストリップ早く文庫化しないかなぁ〜
明日してくれ

288 :名無しのオプ:02/06/06 14:55
タブロイドは文庫化までどのくらいかかったんだろう?

289 :名無しのオプ:02/06/07 06:22
ちょっと質問いいですか?
LA4部作を読んだのですが、アカ狩りっていうのはなんなんですか?
アカの意味がわからないんですが・・・。自分で勝手に「共産主義」の事じゃないか?と思ってるんですが。
意味がわかれば、もっと作品を楽しめると思うんです。
お願いします。教えてください。

290 :名無しのオプ:02/06/07 06:40
そうだよ。共産主義者のこと。

291 :名無しのオプ:02/06/07 06:42
こんなに早く答えてくれるなんて・・・(w
ありがとうございます。

デストリップ文庫化待ちです。

292 :名無しのオプ:02/06/07 06:42
すいません。もう1つ。ソビエトの国旗が赤いからなんですか?

293 :名無しのオプ:02/06/08 21:02
詳しくはわからんけど共産主義の国の国旗は赤が多いよね。
って中国とソ連だけかな?

294 :名無しのオプ:02/06/09 19:29
共産党板へ行って訊いてくるのはどうかな。
分かったらここで発表してクレ。


295 :名無しのオプ:02/06/09 22:51
>294
そんなとこもあったのか。知らんかった。

296 :名無しのオプ:02/06/17 23:08
アカ・・・辞書に書いてあった(鬱

革命旗の色 からアカと呼ぶようになったらしい
革命旗とは?

297 :名無しのオプ:02/06/30 21:10
ホプキンスシリーズってのはどれ?
興味あるんだけど

298 :名無しのオプ:02/07/03 02:36
>297
「血まみれの月」「ホプキンスの夜」「自殺の丘」
順番はコレであってたっけ???

299 :名無しのオプ:02/07/04 22:34
ホプキンスシリーズは読んだけど物足りなかった。
それよりキラーオンザロードがお勧め。
それ以前の作品はパッとしないな。


300 :名無しのオプ:02/07/04 22:41
ドン・デリーロ 「アンダーワールド」
発売age


301 :名無しのオプ:02/07/10 17:11
話のネタが尽きてきたな・・・。

302 :名無しのオプ:02/07/13 23:27
たしかに・・  暇だから、ももたろうをホワイトジャズ風に書いてみようかな


303 :名無しのオプ:02/07/14 00:12
>>302
見てみたい。
このスレ↓みたく、カフカでもいいかモナー
ttp://mentai.2ch.net/book/kako/963/963421916.html

304 :名無しのオプ:02/07/16 18:18
そうだなぁ
桃太郎のテンプレ?みたいなのないかな
ちょっと長いと読むのも大変だし、だいいち細かいストーリーわからんしw

305 :名無しのオプ:02/07/17 10:47
エルロイの作品読んだあと、自分もあんな風にかっこよく会話してみたいと思う

306 :名無しが懇願する:02/07/20 22:46
「よう、にいちゃん」
ちなみにおれは、
『ブラック・ダリア』
『ビッグ・ノーウェア』
『L.A.コンフィデンシャル』
『アメリカン・タブロイド』
『ホワイト・ジャズ』
の順で読みましたが、
『我が母なる暗黒』は途中で放り投げてしまいました。
『千と千尋の神隠し』はお金がないのでまだ読んでません。
そんなおれの出席番号はいくつですか?

まぁ、とりあえずこれで勘弁してくれ。(『ホワイト・ジャズ』映画ポスター等)
  ↓
http://www.modestyarbor.com/ellroyonfilm.html

Rockabye!!!!

307 :名無しのオプ:02/07/20 23:18
ホワイトジャズとタブロイド映画化すんの!?

308 :名無しの目玉野郎:02/07/21 00:08
「よう、にいちゃん」
ホームのアドレスも一応ね。
  ↓
http://www.modestyarbor.com/

Rockabye!!!!

309 :名無しのオプ:02/07/28 17:26
>>1->>308


            そ れ で ? 




310 :名無しのオプ:02/08/09 15:34
ゴキブリに向かって叫ぶ/すがる/懇願する。
とち狂った感覚――空を飛ばないでくれ。

311 :名無しのオプ:02/08/10 12:31
エルロイをひと通り(『我が母なる暗黒』は除く)
読んだら、他の作家がヌルくて読めません。
・主人公(側)は常識人
・悪さが中途半端な(キレきってない)悪人
・ハリウッド的な丸く収める結末
こーゆーのがイヤなんです。一言で言えば作品に
性善説的な雰囲気が漂うのがイヤ。
こんな私に合うクライム・ノベル、または殺人鬼モノを
教えてください。
ちなみに『アメリカン・サイコ』はダメでした(笑)




312 :名無しのオプ:02/08/10 13:24
>311
アンドリュー・ヴァクスはどうだろう?


313 :名無しのオプ:02/08/10 13:41
>>311
小川勝己の『彼岸の奴隷はどうだろう?

314 :名無しのオプ:02/08/10 15:12
>>313
登場人物全員とち狂ってるね。

315 :名無しのオプ:02/08/10 16:07
>311
古いけど、ハドリー・チェイスなんかいかがでしょう。

316 :名無しのオプ:02/08/10 16:08
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




317 :名無しのオプ:02/08/10 16:34
このスレにはドン・デリーロのアンダーワルド読みきった
 人は居なさそうね。

318 :名無しのオプ:02/08/10 18:27
高いからねぇ。文庫化してほしいよ。デス・トリップもまだ読んでないし。

319 :名無しのオプ:02/08/10 19:10
http://kabu423.tripod.co.jp/shop.html
http://kabu423.tripod.co.jp/
http://kabu423.tripod.co.jp/yuutai.html
http://kabu423.tripod.co.jp/top.html


320 : 貧乏人は本を買えない/図書館/リクエスト:02/08/11 02:01
リブラなら読んだよ。面白かったし、あれにエルロイがうちのめされたいうの
判るなあ。傑作よ。

アンダーワールド面白そうだけど・・・ちょっと手元不如意でね(w
わかるだろ?

321 :311:02/08/11 21:19
アンドリュー・ヴァクス、ハドリー・チェイス、
ドン・デリーロね。実家に帰る電車の中が暇なので
早速読んでみましょう。ヴァクスっていう名前の
登場人物、どっかにいませんでしたっけ。

小川勝己、日本人のは、よっぽど筆力がないと
「日本人はこんなことしないよなぁ」って
思っちゃうから、難しいですよねー。

Thanx for all.


322 :名無しのオプ:02/08/11 23:20
デストリップはやく文庫化しろ、話はそれからだ

323 :名無しのオプ:02/08/12 07:07
>>322
激しく同意

324 :名無しのオプ:02/08/15 16:28
>>317
おいそれとは手がつけられんもんなあ。
時間と金と根性があれば挑戦しようと思ふ(笑)。

325 :名無しのオプ:02/08/17 16:54
キラ〜のモデルってヘンリー・リー・ルーカス?

326 :名無しのオプ:02/08/22 23:03
>>311
同意
他の作家読めなくなった

「我が母なる暗黒」
途中で挫折しそうだ


327 :311:02/08/24 00:07
アンドリュー・ヴァクス読んでみましたが、主人公の
私立探偵・バーク君が用意周到、用心を怠らない小心者で、
そーゆーところが自分に似ててちょっと…萎えちゃうかな…(^^;)
エルロイじゃなくてすみません。のでsage。

主人公もある意味「基地外」なエルロイ作品…他にはない麻薬ですね…。


328 :名無しのオプ:02/08/25 16:28
エルロイのビデオ買いました。
ビデオでも熱にうなされました。
イイ!!

329 :名無しのオプ:02/08/25 16:54
>328

ビデオってホワイトジャズのことですか?
あれはエルロイの声が渋いのに驚いた記憶が。
もっと基地外めいた声と喋り方だと勝手に思い込んでいたので(W


330 :名無しのオプ:02/09/02 19:15
エルロイの訳の多くを小林宏明が担当してるが、小林訳のエルロイはクズ本だ。

331 :名無しのオプ:02/09/04 00:59
>>330

じゃあ菊地光訳のエルロイがいいのか?(ワラ

332 :名無しのオプ:02/09/04 06:27
ハリウッド・ノクターンの文庫化、いつよー。

333 :名無しのオプ:02/09/14 05:00
それで?

334 :名無しのオプ:02/09/14 12:38
>>311
ホントに、エルロイ読んでから他のフィクションが読めなくなった。
それと映画も見なくなったな。
読書の中心は歴史の裏側・極道・事件関係のノンフィクションだな。
バブル時の金融事件モノなどは登場人物多彩(金融屋、極道、政治家、謎のブローカー等)で面白い。

335 :311:02/09/14 14:38
>>334
でしょでしょ!
エルロイも3回目ともなると、先が見えないドキドキ感がなくて
電車を下り損ねそうになることもないし…。
結局その後、自分もウラ事情モノばっかり読んでます。


336 :名無しのオプ:02/09/19 01:52
暗黒のLA4部作以前のシリーズものってある?
順番に並べてください。

337 :名無しのオプ:02/09/20 02:06
>>298
にホプキンスシリーズが書いてある。

338 :名無しのオプ:02/09/20 02:58
秘密捜査はシリーズものとは違うのか?

339 :名無しのオプ:02/09/24 18:24
ウォードがクレア、スーザン、ヘレンとメシ食ってる時、クレアが部屋を飛び出すシーン。
飛び出したあと、ボイドがワインを注いだって・・・間違いか?

340 :名無しのオプ:02/09/24 23:30
>>338

「秘密捜査」にもダドリー・スミスらが出てきますが、
彼らの在籍警察署などが四部作とちがっていたりするので、
「パラレル・ワールド」みたいなもののようです。

>>339
ごめんなさい、ご指摘の箇所は誤植です。


の箇所、誤植なのです。

341 :340:02/09/24 23:32
すみません。
340、最後の一行は消し忘れです。鬱。
ミスの上塗りですね。ごめんなさい。

342 :名無しのオプ:02/10/13 14:16
ビッグ・ノーウェア読んでる最中なのでage

343 :名無しのオプ:02/10/14 19:08
デストリップ文庫化しろや!

344 :名無しのオプ:02/10/23 18:19
不謹慎だけど、今ワシントンで起こってる事件・・・。

キラー・オン・ザ・ロード!

345 :名無しのオプ:02/10/25 13:22
図書館で最初にホワイト・ジャズ借りて読んだのですが、そのあと時系列に
借りなおしてもう一度ホワイト・ジャズも読みました。
いや〜、エルロイええわ。
ハリウッド・ノクターンでバズが生きてくれてたのも嬉しかった。
ピート・ボンデュラントも恐らく怖い目には遭わなかったのだろうし。
(実在の人間でないのに、なんですが(汗))
二人とも凶悪なことするのに、惚れた女にめろめろになるとこも、女の
わたしにゃ魅力的だす。

しかし、我が母なる暗黒、そんなにつらいんですかい?
図書館にはないので買おうかな、とも思ったんだが引けますな。

346 :名無しのオプ:02/10/26 11:49
いやぁ、シリアルキラーが黒人というのは、
皆無ではないが珍しいね。
エルロイ読むと、犯人はみんな性的倒錯者に
思えてしまうのは何故(w
(と無理矢理スレにこじつけ)


347 :名無しのオプ:02/10/26 13:05
当然だけど、犯人マーティンじゃなかったな

348 :名無しのオプ:02/10/29 23:17
どうでも良い事だがエルロイファンってロス・マクドナルドには興味ないの?

349 :名無しのオプ:02/10/30 00:39
おれはロスマク大好きだよ。

350 :名無しのオプ:02/11/02 02:46
売ってるのみたことないけど
amazonとかで買うの?

351 :名無しのオプ:02/11/09 01:19
イイスレ見つけて良かった!情報量が多いので感謝です。
わたしは過去馳ファンでとコンフィデンシャルの映画が同時期くらいで、
ダリア、ビッグノーウェア、コンフィデンシャル、
ホワイトじゃズ、母なる暗黒、デストリップを読了済み。
下手なノワ−ル、正直馳も読めなくなった(エルロイがほぼすべて彼の
元ネタというかんじなのだもの)最近LA4部作を読み返していたら、
また熱再燃。やはりノーウェアはいいです!
初読みのときは、前半の細かな描写についていくのが大変だったけど、
後半でのカタストロフがもう寒気がした。このスレではミ−クスが人気だけど
アップショーの焦躁と、コンシディーンのインテリ故の鬱屈が凄い…ミ−クスって
達観し過ぎていてなんとなく得体が知れないな。そこがいいのかしら。

アンダーワールドもだけど、まずはエルロイの既刊からweb古本屋などであたって
がんばってみる!


352 :名無しのオプ:02/11/13 17:50
エルロイ読む人はどんなの読んでる?
歴史の裏を描いたノンフィクションとか?
よさそうなのおしえてください。

353 :名無しのオプ:02/11/13 17:51
エルロイ読む人はどんなの読んでる?
歴史の裏を描いたノンフィクションとか?
よさそうなのおしえてください。


354 :名無しのオプ:02/11/15 16:41
ブラック・ダリアの表紙=池上季美子ですよね?

355 :名無しのオプ:02/11/15 22:47
>>354
え?ビューティーコロシアムに出た林家パー子じゃないの?

356 :名無しのオプ:02/11/16 08:03
季実子=キムタク

ダリア=キムタク

・・・ありッ?

357 :名無しのオプ:02/11/16 08:10
>>351

ミークスへの思い入れが生まれるのは、達観というより
悪党のくせに、変にストイックな面があるからじゃないかな。

358 :マジレススマソ:02/11/16 12:40
>>354
エリザベス・ショート本人でしょ。


359 :名無しのオプ:02/11/17 02:47
ケイ・レイクの顔が想像できなくて表紙の顔をケイに当てはめて読んでた俺。
たしか茶色の髪なんだよなぁ。

360 :名無しのオプ:02/11/19 10:58
ブラックダリアとホワイトジャズ映画化の話はどうなったんでつか?

361 :名無しのオプ:02/11/30 11:19
>>241
ジョニー・ストンパナート&ラナ・ターナーも実在の人物だったのか。

362 :名無しのオプ:02/11/30 14:35
ジョニーたん
ttp://www.angelfire.com/mo/crimeinc/images/stompanato.jpg

363 :名無しのオプ:02/11/30 15:34
でストンパナートは現実でもターナーの娘に刺殺されたんですか?

364 :名無しのオプ:02/11/30 17:21
いや、オレが殺った。懐かしいぜ。

365 :名無しのオプ:02/12/10 17:29
ほしゅ

366 :名無しのオプ:02/12/15 17:39
ノルティ、リアルでエルロイワールドに入りつつあるな(w
ライダーは捕まっちゃうし。
ホワイトジャズが出来るのは何時の日か・・・


薬物運転で罰金刑 米俳優ニック・ノルティ被告
http://www.sankei.co.jp/news/021213/1213bun069.htm


367 :風花 ◆XcfxKkjmWw :02/12/23 15:38
俺がその昔立てたスレがまだ続いていたとは・・・。ちょっとだけ感動。
でも俺自身は「ホワイト・ジャズ」を途中で投げ出して以来エルロイからは離れている。
しかしエルロイを読んだせいで他の小説が読めなくなってしまった(特にミステリー)。
映画「ブラッド・ワーク」が面白かったからマイケル・コナリーの原作の「我が心臓の
痛み」を読んでみようか思うがどうだろうか?

368 :名無しのオプ:02/12/30 06:37
「ホワイト・ジャズ」の、あの、むせび泣くようなモノローグ。

369 :名無しのオプ:02/12/31 01:52
「ビッグ・ノーウェア」のあのやるせない絶対の静寂……。

370 :名無しのオプ:02/12/31 19:23
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.imperialcasino.com/~1h4n/japanese/


371 :名無しのオプ:03/01/11 21:59
ハリウッド・ノクターン文庫化記念age

372 : :03/01/12 15:30
文春文庫だよね。発売日いつ?

373 :名無しのオプ:03/01/12 15:36
>>372
もう出てるよ。

374 :名無しのオプ:03/01/12 18:43
25歳。
去年まで金無し君だったけど、スロット強盗と車回収で
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、黒人街のヤク中を襲えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、キューバで赤に
思い切って貢いでしまえば50パーセントの上がりになる。
金なきゃ不法侵入で覗きすればいいだけ。暇つぶしになる。
ハッシュハッシュとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。


375 :372:03/01/13 16:43
あ、もう出てんだ。
近所はどこにもなかったからまだかと。

376 :名無しのオプ:03/01/15 23:37
ハリウッド・ノクターンにはドット・ロスティーンタンも出てきてくれて嬉しい。

377 :名無しのオプ:03/01/18 01:42
この前テレビでLAコンフィデンシャルやってるの観て、はじめてこの人読んだんですけど、
…みんなスゴいなあ、おれ自分がこんなバカとは思わなかった。
誰が誰だかわかんなくなるW…小学生みたいにはじめんとこの「主な登場人物」のところ、
何度も見てる…おれほんとバカだ。ぐちゃぐちゃになる。

378 :名無しのオプ:03/01/18 02:25
こないだの映画は酷かったらしいね。
元々2時間にまとめるのも無理があるってのに、さらにカットされたらしいし。

379 :名無しのオプ:03/01/18 13:13
>>377
しかし4部作(他もそうだけど)は共通の登場人物が出てくるので
むしろ入り込みやすくなる罠。


380 :名無しのオプ:03/01/18 13:37
>>377
4部作最終巻の「ホワイト・ジャズ」巻末年表を確かめながら読むという手もある。
面白くなくなるでしょうが。

381 :377:03/01/23 00:38
アドバイスありがとうございました。面白かったです。
ぐちゃぐちゃになったのはおれだけじゃなくて、エドもジャックもバドもみんなぐちゃぐちゃになって、
「最後の一点」にたどりつくんすねー。
ラスト、通じ合うとこ、チビりました。

382 :名無しのオプ:03/01/23 00:53
4部作の中でもLAが一番感動できる。

383 :名無しのオプ:03/01/23 02:39
「ブラックダリア」「LA」はまだ救いのある終わり方だもんなあ。
赤狩り戦士のブルースなんてもうたまらん。

384 :名無しのオプ:03/01/23 02:48
ビッグ〜はあまりにも救いが無さすぎる。。。

385 :山崎渉:03/01/23 18:15
(^^)

386 :名無しのオプ:03/01/23 22:21
ブラックダリアのラス・ミラードカコイイ
L.A.では(´・ω・`)ショボーン

387 :名無しのオプ:03/01/26 04:22
ボブギャロデットをずっとギャデロットだと思っていた俺。。。

388 :名無しのオプ:03/01/29 02:50
LAの翻訳は好きじゃない
ダドリーがいかにも紳士的過ぎる
まるで映画化にあわせて訳されたような感じ

389 :名無しのオプ:03/01/29 02:51
http://www.kenmon.net/

これってあり?





390 :名無しのオプ:03/01/30 00:29
聖林ノクターンどうよ?

391 :名無しのオプ:03/01/30 21:52
聖林ノクターン->200ポンド女ドット・ロススティーン萌え。


392 :名無しのオプ:03/01/31 04:16
ノクターンは少々期待はずれ。
解説は最悪。

393 :391:03/01/31 20:02
そうか?
シリーズのお馴染みさんがいっぱいでてきてイイけどな。
長編に比べるともちろんテンションは比べるべくもないが
それでも他の作家のよりもずっと面白いけど。

解説? どうでもいいや。

394 :hhky:03/01/31 20:22
どう考えても、エルロイは露出狂です!!!-
本を売るためなら、自分の母親でも売る奴です。


395 :名無しのオプ:03/01/31 20:37
アメリカン・デストリップのあとにBIGNOWHERE読んでいるけど
同じ作者とは思えない文体だね。
これでLA4部作全部読むことになったんだけど内容ほとんど忘れているよ。
アイルランドのジャガイモ野郎のダドリーはほんと下種野郎だよね。
BIGピートがすがすがしく感じるよ。
1950年からのマッカーシーの赤狩りやピートたちの赤の皮を剥ぐていうのが
今ひとつわからないだけどくわしいひといる?

396 :名無しのオプ:03/01/31 21:07
>ピートたちの赤の皮を剥ぐていうのが
ここはよくわからんが、頭皮を剥ぐという意味か?

赤狩りってのは、アカいわゆる共産主義者を片っ端から逮捕したり活動できないようにする。
日本でいうところの戦後の特高だな。
共産主義は「危険思想」であるという考え方があったようだ。
何故アカと呼ぶかっていうのは、赤色は共産主義のシンボルカラーであり、革命旗の色。
たぶん「赤」を辞書で調べるだけで意味はわかるはず。
頭皮を剥ぐってのは実はよく知らないんだが、思うに戦国時代の「首を討ち取りますた!」みたいなもんじゃないかな。
敵に勝ったことで得る勲章 or 復讐を果たした際の手柄みたいな。

397 :名無しのオプ:03/01/31 21:09
デストリップはまだ読んでない。文庫化してくれ。

398 :名無しのオプ:03/02/01 08:33
>>397
その辺ぐらいは良く知ってるんだけど、つまり赤に対するアメリカの過剰反応が
いまいちわからんてこと。その時代は反ソ連や確か中国も共産化した時代だったからかな。
根本的に資本主義の権化のアメリカ対共産主義ての関係があるだろし。
日本でも赤専門の公安の部門があるのは知ってるのが。
日本でいえば共産党や旧社会党かな。
それとも革マル派とか日本赤軍みたいなテロリスト連中のことか。
あと朝日ははいるのかな。

399 :名無しのオプ:03/02/02 00:06
アメリカってやっぱ「赤」には(日本人から見るに)過剰に反応するんでないの?
今現在はどなんだろう…やっぱなんとなく大学教授みたいのに多そうだけど(←オレの勝手なイメージ)…。
だれか教えてください。

400 :名無しのオプ:03/02/03 17:36
>>398-399
マッカーシズムについては
講談社oh文庫から出ているハルバースタムの「50s」を読めばだいたいわかるよ。

401 :名無しのオプ:03/02/05 22:00
ブラックダリア映画化決定!
詳細は4月に発表!!

402 :名無しのオプ:03/02/06 22:06
ラス・ミラードはスコット・グレンで
羊たちの沈黙

403 :名無しのオプ:03/02/06 23:03
リーランド・ブランチャード……ブラッド・ピット

404 :名無しのオプ:03/02/07 16:37
やはりエルロイの小説を深く読むには、当時のアメリカの歴史や背景を
理解してないと分かりづらいところがあって困る・・・。
読書前に歴史の勉強も必要ですな。

405 :名無しのオプ:03/02/08 14:52
>403
悪くないね。ただ「俺はかっこいいんだぜ主役だぜ」オーラを消して
くれれば、の話だけどね。薄汚い屑どもの世界だもん。
あと、「粗暴な背後にある繊細さ」みたいなのを感じさせすぎなので
(ブランチャードにもそれはあるんだけど、ピットは出しすぎ)
もうちょっとマッチョにやってほしいね。



406 :名無しのオプ:03/02/08 16:46
リーは金髪マッチョだからブラッドピットでいいんだけど。
バッキーが思いつかんのよ。どうしてくれるよ?

>>387
そういえば、ボブってLA〜の時はエドに敬語使ってたけど、ホワイトジャズじゃいきなりタメ語w

407 :名無しのオプ:03/02/09 01:24
バッキーは出っ歯だからジム・キャリー。

408 :名無しのオプ:03/02/10 01:49
ジム・キャリーはMr.ダマー!

409 :名無しのオプ:03/02/10 03:55
ハッシュハッシュってホントにあったんだな
びっくり

410 :名無しのオプ:03/02/10 16:10
>>406
ギャロデット、WJでは地方検事になってるからね。

411 :410:03/02/26 20:58
自分が最後の書き込みして2週間も誰も書かないのは
なんかすごくバツが悪いage

412 :名無しのオプ:03/02/26 21:50
んじゃ久々にカキコ……

エルロイの新刊まだかいのぉ
今ジム・トンプソン読んでるよ
いかれた気分になってくるね(w

413 :名無しさん@Emacs:03/02/27 01:07
んじゃ漏れも
>>401
監督デヴィッド・フィンチャーって話を大昔に訊いた覚えがあるけど
実際どうよ


414 :名無しのオプ:03/02/27 20:23
>>413
うんうんそう聞いてた

ダリアの死体はどうすんだろ?
敢えて映さないのかな……?
それとも忠実に作るのか……

415 :410:03/02/27 21:25
みんなありがと(T-T)

416 :名無しのオプ:03/02/28 03:27
>>414
「切断」って本に写真が載ってた。
さすがに無理じゃないかな?

417 :エルロイとの出会い:03/02/28 08:57
カリフォルニアに興味があった。
そんな折り、「LAハードボイルド(海野弘)」を読んで、偶然エルロイの存在を知る。
ホワイト・ジャズの一部が抜粋されていた。
それはほんの一部の描写だけだったけれど、文面から何かが立ちのぼってくるのを感じた。
舞城を読んで、文体について結構考えていた頃なので、これは”買い”だろうと思った。
調べて、四部作のトリだとわかった。
しかし、前三作は例の特異な文体じゃなかったので、読みたくなかった。
妥協点として、LAコンフィデンシャルの映画版があることを知り、それを見た。
エクスリーが非常に魅力的なキャラだった。
で、いよいよホワイト・ジャズを読んだ。

418 :エルロイとの出会い:03/02/28 09:21
感想は、「悔しい」だった。
この作品は不世出の鬼子だ。
もう誰も、同じことを出来ないし、やれない。
この世に一つしか存在しない席を、エルロイが奪い取ってしまった。
その後、エルロイの母が亡くなった経緯などを知って、更に悔しくなる。
インクではなく血で書かれた小説。
フィクションだけでは、ノンフィクションだけでは辿り着けなかった場所。
もう、この類の小説を読む必要がなくなってしまったのではないだろうか。

419 :名無しのオプ:03/02/28 09:43
>>418
エルロイにしか書けない境地・・・

それでもワラワラと湧いて出た(w
中途半端にかぶれて勘違いした連中が

420 :エルロイに出会って:03/02/28 12:53
広義でのミステリ作家が血で書けないとすれば、あとはエンターテイメントに徹するしかないと思うのです。
悪い言い方をすれば、「眼鏡の眼鏡による眼鏡のための小説」です。(私は眼鏡です)
エルロイを読むと、フロンティアの人間の強さを鎖国民として見ているような、屈折した気持ちになります。
銃社会や多人種や麻薬や広い国土や軍隊・・・とても敵わないと思うわけです。国としてのアメリカを意識させられるわけです。

銃社会は異常ですが、一般的に、面白さは異常さに正比例すると思います。
エンタテイメントの材料が、向こうの方が豊富な気がします。
日本が持っているもので、アメリカが持っていないものはないからです。
京極作品がウケるのは、日本人として、変なメンタリティを刺激されるからだと思います。
「日本文化」という金鉱を掘り出したわけです。これはアメリカにはありません。
京極作品を読んでいると、妙なエキゾチズムを感じます。小泉八雲の見た、逆輸入の日本と近いかもしれません。
ただのエンタテイメント(ここではミステリ)に、文化や時代のギャップといった味付け、プラスアルファをしたわけです。
エンタテイメントとは、読者至上主義です。受け手がいなければ成立しません。
読者たちはたくさんいます。作品が共有出来るか否かが売れる鍵です。

421 :エルロイに出会って:03/02/28 12:53
その逆ベクトルに文学があるなら、文学は作品至上主義であるべきです。
(日本の私小説は文学ではないと思います。今の時代であれをやると、Web日記以上の評価は得られないと思います)
エンタメと文学の他には、いわば「動の作品」があると思います。現代を扱い、社会性や時代性を孕んだ作品です。
動の作品は、広義です。社会学や歴史学など、学者や研究者のがいろいろとありますが、わかりやすい例で、村上龍を上げます。
現代を刈り取るのは勇気がいります。何かが起きてそれを評価しても、未来でそれを振り返った場合、間違っているおそれがあるからです。
しかし、敢えて村上龍が現代を扱うのは、「動の作品」でしかダイナミズムは表現出来ないからです。
文学では、それを表現出来ないのです。エンタテイメントでは嘘になります。
日本を舞台にした場合、狭い国土や単一民族(少なくとも建前は)などから、ダイナミックな作品は生まれません。
村上龍が政治や経済を表現の手段に選んだことは、全く正しいと思うのです。
ダイナミズムを生み出す表現方法が、日本にはそれしか残されていないからです。
(戦争作品もありましたが、村上の扱ったそれは、主題としては弱く、どちらかというとエンタメに属していました)

422 :エルロイに出会って:03/02/28 12:54
では、エルロイ作品は、上記の三つ(エンタメ、文学、動の作品)のうち、どれに属しているのでしょうか。

エルロイ作品には、現代を取り込む力はありません。(一作しか読んでいませんが、敢えて言い切ります)
村上龍のように、「現代」をストレートに感じさせる作品ではありません。
エルロイが描くのは、「過去」です。ここでいう過去とは、単に西暦のことではありません。
我々の住むリアルな世界と地続きの、「正当な過去」です。
エンターテイメント作品の中では、過去も現代も未来も、全て嘘です。
私たちの世界を何百倍にも薄めて、代わりに化学調味料をぶち込んで出来上がったような料理です。紛い物の世界なのです。
私は、文学とは、その「正当な過去」を獲得したものだと思います。
ホワイト・ジャズは、文学の匂いを孕んでいます。そこは停滞した過去で、現代の匂いは全くしません。
ただ、それは「正当な過去」です。我々の住む世界と地続きの、リアルな過去なのです。フォークナーに近いものがあるかもしれません。

423 :エルロイに出会って:03/02/28 12:57
エルロイは現代に生きています。
エルロイが描く作品の中で描かれる過去に澱む怒りや悲しみ、苦しみや狂気に満ちたアメリカが、
現代に生きるエルロイ、引いては我々にきちんと引き継がれている所が、我々を驚かせるわけです。
まるで、エルロイが作品、つまり過去の中から生まれ出てきたような――そして、またエルロイが作品を生みだし、
エルロイが作品の中で正当な過去を獲得し、その過去のアメリカの狂気が、現代のアメリカに生きるエルロイに連綿と連なっているような、
いわば過去と現代の狂気のメビウス、連環を意識させるのです。
書き手の我々の共有する現代の意識と、作品の持つ過去の意識が強烈に混ざり合い、逆説的に時代を意識させるわけです。

424 :エルロイに出会って:03/02/28 12:57
ホワイト・ジャズはどちらかというと、警察の内部を描いた、箱の中の小説だと思います。
魂の内へ内へと向かっていく、内側にこもった作品です。
その暗さがかえって、箱の外、市民たちの暮らすアメリカを意識させるわけです。
そして、箱の外もやはり病んでいるような気がします。
この病み方は、たぶん日本人よりも、アメリカの人々の方が敏感に感じ取れると思います。
漢字だらけの京極作品を読んで、日本人で良かった、と思うのと同じです。
が、京極作品とエルロイ作品には、一つだけ、大きな違いがあります。
それが正当な過去の有無です。(どっちがいい悪いではありません)
私たちがこの世界にいることを、嘘にさせないわけです。

日本も病んでる感がありますが、アメリカのそれは、肉体をもってやり尽くされた感があります。
やっぱりアメリカは変な国です。日本も変ですが。
他の国はどうなんでしょうか。
やはり、ミステリの成り立ちと国というのは、切り離せない問題です。
作家も国民もそこで生まれて育ったからです。
問題は、エルロイの特殊性です。アメリカの中にあっても、やはりエルロイは特殊だと思います。
だからこそ、日本人として読む私に、日本やアメリカを意識させ、外側に目を向けさせるのだと思います。

425 :書きすぎました:03/02/28 13:22
無意識のうちに、エルロイを褒め称えようする力が働いていたようです。
マンセーはよくないです。
俺、エルロイの顔もよくわかんないし、他の作品も全然読んでません。
でも、ホワイト・ジャズは凄い。それだけは確実です。
虚無を表現するのに、虚無という言葉を用いずにやろうとすると、大変です。
写真や映像、絵画などの一瞬の喚起力も、音楽の持つ時間制も、文字にありません。
積み重ねることでしか、それが出来ないわけです。
それに、読み手の意識も重要です。
例えば、寂しい気分の時に、2chにぽつんと書き込まれた「寂しい」というのを見て、
自分の意識を勝手に投影するのとはわけが違います。
誰がいつどんな風に読んでも、ホワイト・ジャズは虚無を孕んでいると思うのです。
例えば天国で陽気な天使が読んでも、なんだこのオッサン、狂ってるぜ、と顔をしかめると思うのです。

426 :名無しのオプ:03/02/28 19:25
>>417
ホワイトジャズだけ読むのは惜しいと思うけどなあ。
それまでの四部作の人間関係(と言ってもブラックダリアは独立してるようなもん)の終着として
エクスリーとダドリーの決着があるでそ。
けど俺はあの文体に乗れなかったけどなあ。

427 :名無しのオプ:03/02/28 20:03
>>426
> ホワイトジャズだけ読むのは惜しいと思うけどなあ。

同感だね
LA4部作取りあえず全部読んでみて欲しいな

> けど俺はあの文体に乗れなかったけどなあ。

ここでは「ビッグ・ノー・ウェア」好きな人が多いのかな?
自分は「ホワイト・ジャズ」が最高です。
読後震えが来た
しばらく頭の中はあの文体で動いてた



428 :名無しのオプ:03/02/28 21:01
原書だとなお良い。

429 :名無しのオプ:03/03/01 11:58
ホワイトジャズ、アメリカだとLA4部作の中で1番売れてないらしいね。


430 : :03/03/01 13:58
読みづらいのは確かだよね。字面だけ追ってても情景が
頭に入るような文ではなくて、その人物と視点を共有して初めて
情景が浮かんでくるような気がした。

431 :名無しのオプ:03/03/01 14:37
馳星周とディヴィッドピースが早川の対談でそれに触れてたな

432 :名無しのオプ:03/03/02 05:15
>>431
そんなのもあったな(w

433 :名無しのオプ:03/03/06 20:25
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1041271190/23

434 :名無しのオプ:03/03/10 19:21
コンティーーーーーーーノ

435 :名無しのオプ:03/03/11 05:24
"Dark Blue"っていうエルロイ原作の映画が全米公開されてるそうですが、
日本で公開しますかねぇ。カート・ラッセルとビング・レイムスが出てる
そうですが。見たい。

http://movies.yahoo.com/shop?d=hv&cf=info&id=1807812153&intl=us

つい先日ホワイト・ジャズ読了しました。読後は放心状態....。
ログでどなたか書いてましたが、私も今はまだ頭の中が「あの文体」で
動作してます。これがエルロイ初体験。濃厚な充実感。


436 : :03/03/12 21:45
さあ、他の作家が読めなくなった人がまた1人。


437 :名無しのオプ:03/03/12 21:59
おれは高村薫とエルロイ、ル・カレぐらいしか、この分野じゃ読まない
=再読しないな

438 :名無しのオプ:03/03/13 10:02
おあじゃづおあひおほうあああああああああ!!!
文庫化待ってられねぇええええええええええええええええええええ!!
ハードカバー買う!ハードカバー買う!俺はハードカバー買う!!!
待ってろデストリップゥウウウウウウ!!!!!!

439 :名無しのオプ:03/03/14 16:54
  ↑
こういう奴もエルロイ読んでると思うと、ガックリくるね。

440 :名無しのオプ:03/03/14 17:07
  ↑
こういう奴もエルロイ読んでると思うと、ガックリくるね。

441 :名無しのオプ:03/03/14 20:28
…別にガックリこないよ。

442 :名無しのオプ:03/03/14 21:32
ところで、>>438の1行目声に出して読める人いる?

443 :名無しのオプ:03/03/14 22:04
>>442
ほれよ。
「おあじゃづおあひおほうあああああああああ!!!」

444 :名無しのオプ:03/03/20 10:04
タブロイドの話
ローラがケンパーに「ケンパーというのは母方の姓なの?」とかいうシーンがあったが、どういう意味だ?
この場合ボイドじゃないの?
たしか本名ケンパー・カスカート・ボイドだよな

445 :名無しのオプ:03/03/25 02:01
ブクオフにて「ビッグ・ノーウェア」初版上下めっけ。

文庫本あるけど100x2円なんで購入。
上巻と下巻、片方真っ白なんだけどもう片方は薄っすら色付。
ヤケじゃないよネ?

446 :名無しのオプ:03/03/26 11:30
第三部はどうなってるんか脳

447 :名無しのオプ:03/03/26 12:03
第3部には馳が出てくるよ

448 :名無しのオプ:03/03/26 19:13
ああ、バラバラ死体の役で

449 :一抹の不安:03/03/27 03:17
ブラック・ダリアは10年以上前の作品なので
図書館で借りたよ。最初とっつきにくかったから
なかなか進まなかったよ。おかげで
バラバラ死体発見のところでタイムアウトだよ・・・
ところでバッキーって出っ歯を直すと
ハンサムになるってキャラだけど
映画ではどんなキャストになるの?

450 :名無しのオプ:03/03/29 06:58
そういや、「我が母なる暗黒」で犯人探すのに「アメリカズ・モスト・ウォンテッド」
で情報提供依頼したって話なかったっけ。
FOXチャンネルでいつその回放送するんだろとワクワクしてたことあったんだが。

今は無きリブロポート刊の「ハリウッド・バビロン」を読んでたおかげでエルロイ
世界に違和感なく入り込めた。つーかバビロンの方がむしろ参考資料が必要な書籍
であるわけなんだが。

451 :名無しのオプ:03/04/01 05:30
ネタもないし、エルロイ読む人が他に読む本が知りたい

452 :名無しのオプ:03/04/01 06:51
エルロイしか読んでないやつがいそうだな

453 :ヘンリー ◆mg6VqeIz0. :03/04/03 23:31
>320
>アンダーワールド面白そうだけど・・・ちょっと手元不如意でね(w わかるだろ?

笑った。海外の作品の、日常会話での、たわいのない、猥雑なやりとりを連想して思
わずにやりとさせられた。

454 :名無しのオプ:03/04/05 22:18
ホワイトジャズを読んで以後、読書しなくなった。
エルロイ作品も読まない。

455 :名無しのオプ:03/04/06 14:45
>>451
らんずでーる
とんぷそん


456 :名無しのオプ:03/04/09 22:48
>>451
フィリップ・K・ディック
チャック・パラニューク

457 :名無しのオプ:03/04/12 20:09
>>451
カフカ
阿部公房

458 :nari:03/04/13 05:19
nari

459 :山崎渉:03/04/17 15:29
(^^)

460 :一抹の不安:03/04/20 01:21
今、アメリカン・デス・トリップの上巻を
読んでいるけど、これ、マジで
JFKの暗殺の裏話なのかい?
もし、これが真実だったら
エルロイは、既に殺されている
はずだろう?
何故なら、JFK関連は
アメリカ公文書館の中でも
極秘中の極秘扱いで
タブー扱いのはずだから・・・
これは、単なる作者の推測だよね?

461 :山崎渉:03/04/20 02:31
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

462 :山崎渉:03/04/20 06:35
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

463 :名無しのオプ:03/04/20 09:20
実在した人物も多く登場しますが、物語そのものはフィクションです。
安心してください。

464 :動画直リン:03/04/20 09:29
http://www.agemasukudasai.com/movie/

465 :名無しのオプ:03/04/22 03:56
じゃあ、ファイティング原田とモンローがやっちゃった話も?

それとも当時そう言う噂があったのかな?


466 :名無しのオプ:03/04/26 03:50
>>451
メフィスト賞とかラノベとか

467 :名無しのオプ:03/04/27 07:07
ジョン・スタントンは実在したんだろうか?
ガイ・バニスターはどこかで写真見たが。たしかに太ってた。記憶ではカニみたいな顔してたよ。

468 :名無しのオプ:03/04/29 18:20
エルロイの文庫化のタイミングって、
いつもどれくらいでしたっけ?
デストリそろそろかと思うんですが…

469 :名無しのオプ:03/04/29 18:35
>>468
文庫化、結構時間かかった気がするなぁ……
私もアメリカン・デス・トリップ文庫化待ちです

470 :名無しのオプ:03/05/04 22:30
エルロイのスレッド発見できて嬉しい。
後で全レス読ませていただきます。

頑張ってるウォード・リテルが好きなのですが、
前三作読んだ後のホワイト・ジャズが一番お気に入りです。

471 :名無しのオプ:03/05/05 00:36
>>468

順番でいくと、
『わが母なる暗黒』がつぎでは。
さらに『クライム・ウェイヴ』がくるはず。
『デス・トリップ』はそれからだと。
三部作完結編が出るなら『デス・トリップ』が
繰り上げで文庫化する可能性もあるけど……。

ぼくは個人的に『デス・トリップ』、
『ホワイト・ジャズ』『ビッグ・ノーウェア』と
同率でフェイバリットです。

472 :一抹の不安:03/05/07 01:22
おとつい、やっと「アメリカン・デス・トリップ」上巻読了。
もう、殺しマクリでお腹いっぱいという感じ。
そうは、言っても多分下巻も読んでしまうんだよね〜。
二人の危険な女の行く末が気にかかるし
ピートやジュニアやウォード・リテルが
どんな結末をたどるのか、やはり知りたい。
このデス・トリップは図書館から借りても
二週間では読みきれないと思う。
だって、さくさく読み進めるタイプじゃないから
この

473 :動画直リン:03/05/07 01:26
http://homepage.mac.com/hitomi18/

474 :名無しのオプ:03/05/17 03:51
ジョン・スタントンは創作。元FBIで私立探偵のガイ・バニスターは実在の人物。
つうかオリバー・ストーン「JFK」でジャック・レモンを殴り倒すあの白髪の
猪首男がたしか、そうだったじゃないかな。(逆かな?)

JFK暗殺マニアのおれにとって、アメリカン・タブロイド以降、若干、マンガな展開があれだけど、エルロイの殺しまくり法螺話、大好き

475 :一抹の不安:03/05/19 02:41
>>474
映画のJFKね、観たよ。
確か、産軍複合体がJFKを狙ったとか
そんな真相だったね・・・あの映画の場合は
よく、こんなテーマを政府は許したなと
当時はマジで思ったよ。
多分、エルロイのマフィア説が正しいのだと思う。
だって爺さんのジョセフ=ケネディは1930年代の
禁酒法の時代に闇酒をさんざん売りまくって、ひと財産作って
成り上がったというのが定説になっているんだから
その後、自分の息子が大統領の地位に近くなるに従って
過去を清算しようとして(というか全て無かったことにしようとして)
結局反発を買って組織に消されたというのが真相のようだよ。

476 :名無しのオプ:03/05/19 17:54
「アメリカを殺した男」だったかな?
サム・ジアンカーノの弟が書いたとかいう本があった。

477 :名無しのオプ:03/05/19 19:04
落合信彦訳「アメリカを殺した男」か〜。

あれ、視点や語り手チェックすれば、まああきらかに複数のゴーストライターが
書いた際物なんだけど、一応、サム・ジアンカーナやカルロス・トラフィカンテ?
(だっけ?司法長官のロバート・ケネディに国外追放された)が、弟ケネディの
圧力に怒って、弟の権力基盤である兄JFKを撃つって過程、いちおうスジがとお
ってると思う。

オリバーストンの映画だと「ジョンソン大統領をふくんだクーデター」いう話だけど、
やっぱ弟の清教徒ぶりに怒ったマフィアがってあたり妥当だと思うけどなあ

478 :名無しのオプ:03/05/19 19:07
はやくUSAアンダーグラウンド第3作読みたいよ。
ニクソン再選委員会とウォーターゲイト事件?
ヴェトナム戦争?

なんか、「リング」なみの暗黒ファンタジー大作で好き

479 :名無しのオプ:03/05/25 01:04
そういや、あと30年ぐらいでケネディ暗殺に
関する資料が公開されるんだろ。


480 :名無しのオプ:03/05/27 01:56
LAコンフィデンシャル→ビッグノーウェア→ブラックダリア→ホワイトジャズ
と時系列無視して読んでました。ホワイトジャズは途中で投げ出したんだけど。
流れ途中に自殺の丘、キラーオンザロードを読み、アメリカンタブロイド
ハリウッドノクターン。
小説あまり読まないから自分で買ったのはケイゾクとアホでマヌケなアメリカ白人ぐらい。

どうして親父はエルロイに出会ったんだろう…?

481 :名無しのオプ:03/05/27 02:28
>>480の父でございます・・・
このたびは息子が以下略


482 :名無しのオプ:03/05/27 21:42
>>480
ホワイト・ジャズ!最後まで読むベシ!

483 :名無しのオプ:03/05/27 21:52
>>482
>>480を見た限りでは、
さて、それはいかがなものか…

484 :山崎渉:03/05/28 11:53
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

485 :名無しのオプ:03/05/28 18:06
山崎の腕をコンポーザーに突っ込んでぐちゃぐちゃにする

486 :ビッグピート:03/05/29 16:09
タブロイド>デストリップ一気読みしてしましました。
おもしろい。
ピート=ニック ノルティ少し分かるな。
誰か映画化してほしいよ。

あまりにおもしろすぎて洋書買って
辞書ソフト引きながら読んでる。(cold six)
やばい言葉のオンパレード。
「黒人」「オカマ」で少なくとも5種類はあるよ。
こんな単語覚えてどうすんだって感じ。
あの文体は ほとんどロックの歌詞みたいだね。

487 :ビッグピート:03/05/30 00:29
>485
Wayne braced yamazaki.Pete braced him,ditto.Wayne cliped him.
He's baaaaad.He' decomoped in his pad.Littel knew it ditto.
ウェインはヤマサキを追い詰めた。ピートも追った。ウェインが彼を始末した。
ヤマサキはゴミ溜の男だ。死体は朽ち果てる。リテルも承知の上だった。





488 :名無しのオプ:03/05/30 04:50
ホワイトジャズだったか>ドワイト・ジレットの手をコンポーザーに突っ込んだ

489 :くわっくわっ:03/05/30 07:34
朝っぱらから「ピート・ポンデュラント」で検索したら
このスレに出会ったよ。
早くデス・トリップ文庫化しろ!
早くアンダーグランドUSAの三つ目出せよエルロイたん!


490 :名無しのオプ:03/05/30 21:38

ピートは言う「山崎はキューバの大義に不要だ」

バニスターは鼻をほじっていた。

491 :ビッグピート:03/05/31 13:41
USAアンダーグラウンド第3作の仮タイトルは
「ポリス ガゼット」らしい。できるのは来年か?

この辺読むとより楽しくなるね。
http://www.maedafamily.com/ansatu/anbu.htm
http://www10.plala.or.jp/shosuzki/chronology/usa/asassin.htm
>元FBI捜査官で暗黒街に顔が効くロバート・A・メイヒューと接触.
>メイヒューはハワード・ヒューズの個人顧問としてCIAとの連絡役を勤めていた.
これがリテルのモデルらしい。ってじゃあやっぱりほとんど実話か?

492 :_:03/05/31 13:47
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku06.html

493 :盗聴リテル:03/05/31 14:18
>>452
ロス・トーマス
ローレンス・ブロック
ジム・トムプソン

http://www.modestyarbor.com/policegazette.html
Ellroy also vows the book will be the longest of the trilogy.
だって!
ヤタ〜長くなれ〜どんどん長くなれ〜

494 :aaa:03/05/31 14:32
↓無料ゲーム
http://my.vector.co.jp/servlet/System.FileDownload/download/ftp/0/281853/pack/win95/game/table/pachinko/SUTING.LZH

http://my.vector.co.jp/servlet/System.FileDownload/download/ftp/0/286201/pack/win95/game/avg/love/yume-tai.lzh

495 :名無しのオプ:03/05/31 16:59
>>488
LAでバドがやるんだよ。

496 :名無しのオプ:03/06/02 01:08
>>491
どうせ日本題は違うだろw

ここからは予想するスレに

「アメリカン〜」

497 :名無しのオプ:03/06/02 23:11
いつもエルロイが直々に付けてるんだっけ?
あめりかん・ポリスじゃ水野はるおみたいだし。

498 :名無しのオプ:03/06/03 01:43
アメリカン・ガゼットでいいやん。

499 :ビッグピート:03/06/03 02:24
>あめりかん ポリス 水野晴男
デストリップ 映画化されたらぜひ出演して欲しい。
ダラスの警官コスプレ変質者。すぐぶっ殺される。
出演時間 約4秒。

500 :ビッグピート:03/06/03 02:44
↑そんな登場人物いません。一応。
アメリカン バス トリップ
これじゃただのバス旅行か。デス トリップはフランス版
の為にエルロイ(の奥さん)がつけたタイトルだが、
きっと文春が無理やりアメリカン〜と、つけるんだろうな。

501 :名無しのオプ:03/06/03 14:24
おれの中では
ピートはマイケル・マドセン
ケンパーはジョージ・クルーニーだったりするんだが

すまん、そんだけ

502 :名無しのオプ:03/06/03 15:32
アメリカンれーこー

日本人以外意味不明なタイトル

503 :名無しのオプ:03/06/04 10:04
>>491

何かのインタヴューで、新作が
「POLICE GAZETTE」だというのは
デマだと、エルロイ本人が答えていた記憶あり。
わりと収まりのいいタイトルだとは思うんだけど。
「L.A. CONFIDENTIAL」とか
「AMERICAN TABLOID」とかと共鳴するしね。
「THE COLD SIX THOUSAND」は原語だと
めちゃくちゃカッコいい響きだけど、そのままじゃ
据わりのいい日本語にしようがないですよね。


504 :名無しのオプ:03/06/04 16:05
一時期のロックのアルバム(特にビクターかな?)の
日本語タイトルはすごかった。
KISSの
Dynasty(王朝, 王家)>日本語題「地獄からの脱出」
Rock'n Roll Over >日本語題「地獄のロックファイアー」
このノリですね。


505 :名無しのオプ:03/06/04 20:48
「母なる暗黒」読み開始。


506 :川村ひかる交際発覚!!お相手の有名力士は?:03/06/04 21:12
http://bestranking.misty.ne.jp/gamble/enter.cgi?id=yami83


507 :ビッグピート:03/06/06 22:53
USAシリーズしか読んでないけど 一番好きな女はバーブ。
エルロイの小説の「女」で誰が好き?
マッチョだけど、それほどエロ好きでは無いんだよね。
女に対して。強い女が好きなのだろう。
というage。



508 :一抹の不安:03/06/08 02:59
一ヵ月半をかけてアメリカン=デス=トリップ
やっとのことで読了。
もう殺しまくり小説は当分受け付けそうもない
何とも言えない後味の悪さで
本当に体調を崩してしまった・・・
漏れは、小説の中で好きになった女はジェーンだね。
何かくのいちっぽくて、一途で共感を覚えるね。
男では、やっぱり、ウォード・リテルだね。
良心の呵責に苛まされるところが人間臭くていいねえ〜
もう一回読めと言われてもお断りだけど、これって名作なのかな?

509 :名無しのオプ:03/06/08 17:09
>>508
激ワラタ

510 :ビッグピート:03/06/09 00:18
>508
名作かといわれると?だよね。
これにひっかかって単語調べつつ洋書まで読んでる
アホなおれ。
42章最後の
He said,"Why are you so fucked up and
stoked on a cat?"
Pete said "Shut up." Pete said "Smile more
and hate less"
ウェインはいった。「どうしてそんなに落ち込んでいるんだい。
どうしてそんなに猫を可愛がっているんだい」
「そんなことはどうだっていい」ピートは言った。
「もっと笑え。憎むな」
デナケタ。

511 :一抹の不安:03/06/09 02:53
>>510
とにかく、もう、この小説は下品だよね。
暗殺されたJFKの棺を開けて
イチモツの大きさがたいしたことないのを
確認しているフーヴァー長官とか、
ベトナムの拷問で金玉(文中通り)に電極をつけて
嘘発見器にかけて、拷問するシーンとか、
親子でSEXするシーンは出てくるは
これじゃあ、新堂冬樹なんて、エルロイに
かかったら、赤子同然だよね。
ブラックダリアは、少女の足を開いた死体発見のところで
読むのを中断したよ。とにかく気持ち悪いよ〜
エルロイの作品ってさぁ・・・

512 :名無しのオプ:03/06/09 04:22
>>511
検死写真でわ?

513 :名無しのオプ:03/06/09 20:41
P.コーンウェルという、女物書きもいたな。随分と流行し、最近はその名をあまり
聞かなくなった。主人公はすべて、同じ女性検死官だったな。

514 :_:03/06/09 20:45
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku09.html

515 :一抹の不安:03/06/10 01:44
>>512
>検死写真でわ?
スマソ
14章に書いてあったね。
「フーヴァー長官が検死の写真を見た。
ケネディは短小だったらしい」
あなたの指摘どおり。
もう、この小説、こんなの、ばっかりだね(萎

516 :名無しのオプ:03/06/10 18:08
まあ「下品」にしか目が行かないのは
おバカなノワールファンにもいるわけだが。

517 :名無しのオプ:03/06/10 18:09
下品だから好き。下品だから嫌い。
どっちも似たようなものだ。

518 :ビッグピート:03/06/10 21:45
最初からすらすら読めて面白い作家 自分はあまりいないな。
何でだろ。情報量が多いのがすきなんだろか?混乱してる
作家が好きなんだろか?
Jアービングはどうしてもダメだけど(苦労して読むと楽しいが)
船戸与一は楽しい。

ドラクエ何回もやると新作でもなんとなくダンジョンの正解が
最初から判ってしまう=作者の思考回路がわかってくる。

ということでしょうか。

エルロイ映画化は失敗するとひどい物になりそうだから
「ヴァガボンド」の作者で漫画化希望。

でも白人描けないか。

519 :名無しのオプ:03/06/14 10:50
正直デストリップは読みづらい
視点が三人代わりながらすすむけど、場面によって記録調になったり
私小説風になったりと変化する上、省略も多いような気がする
時間もけっこう飛ぶし、挿入文書もその意味するところを考えないと
わけわからない
ちょっと放置するともう話がわからなくなる
入り組んでいるからこそわかりやすい記述で、と思うが
従来手法で叙述されて魅力があったかと言われると疑問もあるが

520 :盗聴リテル:03/06/15 23:14
チンポコ電流流しは
南米、アフリカほか
実際頻繁に実行されている拷問だ。
エルロイの「下品」は
凄惨な「世界」を直視するためにユーモアにすぎん。

笑え、泣くのはそれからだ。

521 :名無しのオプ:03/06/16 18:25
下品が浅はかな下品で何が悪い。
一見表面的な露悪趣味にこそ真実(力)がある
っていうのも見方じゃないの?

522 :名無しのオプ:03/06/17 01:28
日本人だから、アメリカの下品さは数歩離れてるから許容できる。

でも、日本の終戦後の闇市とかドサクサ紛れの暴力で
やったモン勝ちの世界とかを、関西弁(私は神戸)で書かれ
たりすると結構読むんキツイで。

523 :名無しのオプ:03/06/17 02:40
>>522
それ東北弁でやったら面白いだろうね。
北の人間って口数少なそうだし、セリフが「・・・」って
ゴルゴみたいになったりしてな。

524 :ビッグピート:03/06/18 14:25
>でも、日本の終戦後の闇市とかドサクサ紛れの暴力で
やったモン勝ちの世界とかを、関西弁(私は神戸)で書かれ
たりすると結構読むんキツイで。

確かにそうかも。関西弁じゃない人だと そういう言葉
怖そうだけど 現実感がないというか 少し滑稽に
感じてしまっていた。

ポルノ小説とか ページを開いただけで 単語で日本人には
エロそうに見えるが アメリカ人がエルロイのページを開いただけ
で「黒くて 重い」んだろいうな。

525 :名無しのオプ:03/06/18 15:28
こないだ馳星周←変換してびっくり)の新しい本立ち読みしたら
文体がエルロイ調だった
訳文と似ててもなあと思わなくもない
かえって読む気がしない

526 : :03/06/19 03:07
>>525
ソイツのことはもうホットケ。

527 :名無しのオプ:03/06/20 14:13
>>525
エルロイ読んでしまうと、他はみんな亜流に見える。
訳者にも恵まれたんだろうね。

528 :名無しのオプ:03/06/22 02:39
>>527
というより、訳しがいがあるからだろう

529 :名無しのオプ:03/06/26 22:29
ブラックダリア事件の真犯人が見つかった!
とCNNのサイトにありましたが…。ほんとか?
http://edition.cnn.com/2003/US/West/05/10/black.dahlia.ap/

530 :名無しのオプ:03/06/27 16:43
>529
LAPDの元殺人課刑事の亡父(有名な医者)が犯人……。
何だかまんまエルロイな世界。

531 :名無しのオプ:03/06/29 17:27
エドワード・バンカーの読者と被ってないか?
犯罪小説という以外は、全く別物といっていいが気に入るはずだ。
ドッグ・イート・ドッグあたりどうだ

532 :名無しのオプ:03/07/05 10:02
エルロイ興味あるんだけど、まだ読んだことないや。
ケッチャムと比べてどう?

533 :名無しのオプ:03/07/05 18:38
何でケッチャムが出てくんだよ
どう?と言われても別物過ぎてどうとも言えんよ

534 :名無しのオプ:03/07/07 08:00
ケッチャムは、狙いすぎ。

535 :盗聴リテル:03/07/08 00:38
>>529
>530
す、すげえ、
ほんとまんまエルロイじゃないすか…。
Black Dahlia Avenger
どっか翻訳契約したかしらん?
どこでもいいから速攻翻訳出版キボンヌ。

536 :名無しのオプ:03/07/08 07:00
>>533
スマン、カキコした後、見当違いかも?って思ったんだが、やはり・・・。
とりあえず読んでみます。スレ汚しスマソ

537 :名無しのオプ:03/07/08 11:54
あえて引き合いに出すんなら、
デイヴィッド・ピースあたりじゃなかろか
あれも救いかないからな

538 :名無しのオプ:03/07/08 12:46
>>537
ブラックダリアに影響を受けたと公言しているくらいだけど、
エルロイと比べるとちょっとね。狙いすぎなのがちょっと痛い。
エルロイというよりは『イギリスの馳星周』だな

539 :名無しのオプ:03/07/08 23:42
実はロス・トーマスなんかと意外に親和性高いと思う。
トーマスはもっと上品だしクールだけど、
見てる世界はたぶんエルロイとかぶってると思う。
「世界を動かすならず者ども…
 の実働部隊であるならず者どもを見よ!」
ってな感じ。

540 :名無しのオプ:03/07/10 00:02
>>537
序文?か何か書いてるけど
あれ見て変だと思わない人にはお勧めかね(w

541 :名無しのオプ:03/07/10 04:54
ヤマなし意味なしオチなし
エルロイの亜流はお腹いっぱい。

542 :名無しのオプ:03/07/13 13:51
不謹慎かもしれんけど
長崎の12歳の少年の事件
エルロイっぽく思った

543 :名無しのオプ:03/07/14 07:10
エルロイの小説っていうよりエルロイ本人っぽいところがある罠。
妄想を押しとどめて暗黒小説を書くぐらいの根性があればよかったんだが。


544 :名無しのオプ:03/07/15 02:25
エルロイだと被害者は子供より女だろ

545 :山崎 渉:03/07/15 10:10

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

546 :山崎 渉:03/07/15 13:49

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

547 :名無しのオプ:03/07/15 14:42
エルロイの小説って、救いが無いと言われているけど、
じつはあると思ってるのは漏れだけですか?

548 :名無しのオプ:03/07/15 15:14
>>547
L.Aコンフィデンシャルあたりはちょっとだけ心和むラストだった気がする。
けどL.A四部作やホプキンズシリーズも結局破滅へ向かうんだよね。
どのあたりに救いを感じるの?


549 :547:03/07/15 16:35
>>548
うーん、主人公たちのキャラクタですかね。
暴力的で悪にまみれてはいるけれど、
女性に酷いことはしないところとか。
とくにバド・ホワイトは女に暴力を揮う奴は
徹底的に痛めつけますよね。

550 :名無しのオプ:03/07/16 08:30
>>547
救いがないと思ってる人のほうが多いの?
だから屑のような小説が量産されてるわけか。
救いを救いと見抜けない人は救いようが無い罠

551 :TTTBOY:03/07/16 20:22
自分のお袋でも、売りかねない奴⇒ジェイムズ・エルロイ
または、露出狂!!!

552 :名無しのオプ:03/07/17 23:34
救いか、例えば音楽で、
ノイズというジャンルの音楽は、多くの人から見たら
全く癒されないのだが、それがある種の人間にとっては
ヒーリングミュージックなんだ。
きっついAVでうんこやゲロにまみれているやつらに
とってはそれが癒しだったりするようなものだ。
言ってる意味通じるか?
何を救いと感じるかは人それぞれの現実によって違うんだな。

553 :名無しのオプ:03/07/18 02:13
快楽と苦痛も表裏一体だからな。

554 :名無しのオプ:03/07/19 05:26
いや、そういう意味ではなく
50年代アメリカで言うと奴隷の音楽に端緒を発している
ロックと、支配階級である白人たちのバラードの違い
というか。(今現在のロックはもうその役割を終えているが)
それぞれが何で癒されるかが、違うんだ。

辛い現実があって、それを表現した音楽なり、小説なり
でそれを直視し、癒されると言う場合もあり、
マステリーの場合もある。
夢物語、成功の物語で癒される者もいる。
人それぞれだ。

エルロイはロックは聴かないそうだからエルロイすれに
相応しい例えではないが

555 : :03/07/19 15:24
エルロイはカルテットの白人ジャズ(ホワイトジャズ)が好きなんだよな。あとドイツ浪漫派。


それから「癒し」≠「救い」だと思うが。

556 :名無しのオプ:03/07/21 05:14
「なにもかもを犠牲にして、なんの意味もない栄光-----エリクソン」
これ、やっぱり端的に表現されていると思う。
「栄光」なんだけど、そこには「なんの意味もない」んだよなあ…だから「救い」がないなあ、と思う人もいるだろうし。
でも男達は「なにもかもを犠牲にして」グチャグチャになってそこにたどり着く、その様子だよなあ。

現実世界でも、そうやって費やされた人生、
時代の中で命を溶かしていった人、少なからずいるんじゃないかな。(そして今溶かしつつある人も。)
あんなにドラマはなくっても。
…こう言うとまた別のハナシにもなってくるんだけれども。

エルロイ自身も、ふと「オレこんなんばっかり書いててなにしてんだろう?」とか、
もし考えてたとしたら、面白いな。

557 :名無しのオプ:03/07/21 06:18
http://satellite.esenden.com/ranking/ranklink.cgi?id=groovy

558 :名無しのオプ:03/07/21 06:56
別に栄光でなくてもいいけどな、なんつーか。
いや、やっぱこの場合栄光ってのはいるのか
何でいると思う?>>556
お前の答えの後に、おれのてきとーな答えを書こう

559 :名無しのオプ:03/07/21 21:23
へえ。嬉しいな。きょう、初めて、短編集読んだら、バズ・ミークス、死なずに
70年代くらいまで生きてたいう設定もあるね(「お前を失ってから」)

おれは、エルロイの最高傑作は「ビッグ・ノ-ウェア」だと思っているから、
バズ・ミークスが死ぬのは寂しいと思ってたよ

560 :名無しのオプ:03/07/23 04:16
映画じゃあんまりな扱いの上に即死だったけどな。

561 :名無しのオプ:03/07/24 00:02
あの映画は映画で、纏めるとなるとバズはどうしても端役だからなぁ。

短駆(漢字忘れた)の肥満体だから、LAコンフィデンシャルの映画のあの俳優でも
間違いってこたないが、どうせなら、チャイナタウンのJニコルスンあたりにやって
ほしかったよ>バズ・ミークス

562 :名無しのオプ:03/07/24 04:48
それだと、またアクが強すぎるんでないかな、あのキャストの
中では明らかに浮かないか
つーかあの映画にはいろんな点で納得いかん

563 :名無しのオプ:03/07/24 07:54
テレビムービーverのゲイリー・ビジーはどうよ。

564 :名無しのオプ:03/07/25 01:27
なんつったっけ、ほら、あの、ショーン・ペンの兄貴。ちょいと体重増やして、あのかすれ声で。

565 :名無しのオプ:03/07/25 01:55
ミッキー・Cがジェームス・ウッズってのも納得いかねえ。

566 :名無しのオプ:03/07/26 06:54
>562
>アク
うん。御大ニコルソンがでたら、エド・エクスリー(ガイ・ピアース)、バド・ホワイト(ラッセル・クロウ)
を食っちまうからなぁ。

ただ、まあ、オレ的には、40代後半くらいのニコルソン配役は脳内映画「ビッグ・ノーウェア」で
バズ・ミークス(Jニコルソン)
ダニー・アップショー(ガイ・ピアース。糞真面目で権力志向だが、じつはホモ願望隠し持ってて破滅する奴)
コールマン(ゲイリー・オールドマン)
いう、ま、一目見てネタバレ気味だが、手堅い配役かとも思うわけ。

・・・最近思うんだが、下手なエルロイ映画より、「JFK」や「ミシシッピー・バーニング」に
アメリカンアンダーグラウンド3部作、「フレンチコネクション」とか「真実の瞬間」とかの映画のほうに
エルロイを感じるなあ

567 :名無しのオプ:03/07/26 07:03
最近、偶然、ユリイカ別冊の「エルロイ特集」入手して読んだけど、
そのなかの青山信冶とかいう映画監督の指摘が新鮮だったな(p67)

つまり・・・
『わが母なる暗黒』のなかでエルロイはオットー・プレミンジャーの
大時代なイスラエル建国映画「栄光への脱出」が好きとかいってるんだけど、
中にイルグン(ユダヤ人の武装独立運動組織)の入団テストの場面がある。
爆破技術をもつユダヤの若者が入団したいいうのをイルグンの隊長が逆スパイ潜入防止のため
尋問するんだけど、
「おまえはどこで爆破技術を覚えた?」
「ワルシャワ暴動で」
「ウソだ。ワルシャワ暴動で爆弾は使われていない」
って、ついにこいつがアウシュビッツで仲間の死体処理(爆破粉砕)のため
ドイツ軍から爆弾技術を学んだことを暴き出す。
生き残るために協力して、こと。
「でも、おまえはまだ隠していることがあるはずだ」
「いやない」
「いやあるはずだ」
って、じつはドイツ軍将校にホモ行為を強要されたことも暴き出す

568 :名無しのオプ:03/07/26 07:06
で、若者は恥辱に泣き崩れるんだけど、そこで初めて隊長は、
「おまえのイルグン入団を認める」
っていう。

つまり、どうしようもない人間の弱みや暗黒を暴き出して初めて信用するって過程が、
「LAコンフィデンシャル」の「殺人事件当時、別な場所でレイプをしていたから無罪」とか
「ビッグ・ノーウェア」の赤狩りにおける協力者(密告者)を描写する過程に影響があるんじゃないかってこと。

既出かもしれないが、成る程と思ったね

569 :名無しのオプ:03/07/30 03:02
ビッグノーウェア読んでたんだけど・・・
ダ、ダニータンが、ダニータンが・・・・゚・(ノД`)・゚・
うぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーん
この気持ち誰に話していいかわからないんで、とりあえずここに来ちゃったアルよ。
でも不思議とすかーっとした。この二律背反的な気持ちはなんだろ?
これもエルロイの魅力なんだろうな。

570 :名無しのオプ:03/07/31 17:57
エルロイ作品、なんつーか登場人物多すぎて誰が誰だか覚えてない
それにいろんなエピソード入ってるし
それぞれのあらすじ、かいつまんで誰かまとめて

571 :名無しのオプ:03/08/01 08:30
>>570
L.A四部作なら『ホワイト・ジャズ』文庫版の巻末の年表を
参考にすれば分かりやすいと思う。ネタばれがかまわなければの話だけど。
それが嫌ならダドリー・スミスを中心に相関図を自分なりに書くことだね。


572 :名無しのオプ:03/08/01 10:24
デストリップ、文庫化いつになるんだろう・・・

573 :名無しのオプ:03/08/01 10:40
>>572
図書館で嫁!
単行本はかさ張るので、漏れはいつも借りて読んでいます。

574 :名無しのオプ:03/08/01 23:24
やっぱさ、ビッグ・ノーウェアかホワイトジャズが頂点と思うわけ。
「秘密捜査」だか「ホプキンズ」だかの苦しい下積み時代を経て、
「ブラックダリア」でブレイクして、どうしようもない情念とルサンチマンと
殺された母親のトラウマが噴出し、捜査小説としても完璧を極めたのが
「ビッグ・ノーウェア」と思うわけ。

あの歯車として擦り切れ磨耗する冷戦の赤狩り戦士3人を悼む最後の1行までの
疾走感は何物にも代えがたいと思うなあ。
以降は技術はあるけど情念が下降気味。
以前は情念はあるけど執筆技術が未熟。

あの表題の「ビッグ・ノーウェア」の小説内でたった1語が出てくる瞬間の
あの咽び泣くような雰囲気はいいなあ

575 :名無しのオプ:03/08/02 00:14
>569
あれはしょうがないです。
ごく、最初の2,3ページで高校生時代の女装の話がでてくるから、滅びるべくして
滅びたのれしょう。

高校時代の彼のホモ仲間、後半でちらっとでてきた

576 :名無しのオプ:03/08/02 00:47
私もフェイバリットはビッグノーウェアだけど、
ホワイトジャズも結構好き。
単体で見るよりも、ビッグノーウェア>LAコンフィデンシャル
ときた流れの終着点として読むと結構泣けてきませんか?
今までひたすら熱く、赤く突っ走ってきたのが、
最後には白く静かにそれでいてより熱く燃え尽きていく感じで。
淡々とした文章もそれを体現しているようでいいと思いますが。

577 :名無しのオプ:03/08/02 00:50
>>570
映画LAコンフィデンシャルを見てから原作の方読むというのは?
違うところもいろいろありますが、主要人物の役割は変わってないと思うので。

578 :名無しのオプ:03/08/02 00:59
遅レスですけど、エルロイ作品に救いが無いという人は
救い=ハッピーエンド(部分的な物も含め)
というか終わりよければすべてよしと考えるからじゃないかなあ。
エルロイの登場人物の価値はその生き様でしょう。
確かに志し半ばで悲惨な死を迎える人物も多いが
その熱く濃い生き様が共感を呼ぶし、救いなのかなと。

まあダニーはやっぱり救われないけど

579 :名無しのオプ:03/08/02 01:39
今日の刺激!
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

580 :山崎 渉:03/08/02 01:45
(^^)

581 :名無しのオプ:03/08/02 02:01
ビッグノーウェアいいよね
最初はいつものことながら何がなんだか良く分からなかったけど、2度目以降はものすごい疾走感に圧倒される。
連鎖爆発していく感じがたまらない
……なすすべもなく破滅していくのが読んでて辛いけどね
ラストシーンとか、バズ=ミークス好きだなぁ

582 :名無しのオプ:03/08/02 02:18
>576
ビッグ・ノーウェアの感動の余韻に浸りつつ、ホワイトジャズ、今、読みなおしてます。
あの妹似のグレンダに恋する美男子の主人公が一度破滅した過去を回想しつづける
モノローグは、4部作の末尾としていいなあと、ボクも思います。

>578
LAコンフィデンシャルの天使の羽根をつけた幼児の合成死体つくる知恵遅れの子とか、
ダニー・アップショーを死なせた借り返すべく、自分に似合わぬ義理人情をつくす
バズ・ミークスとか、底辺の人間が懸命に救済や正義を求める過程がいいですね。
一方で「ディズニーランド」とか「JFK神話」とか「ドジャース・スタジアム」とか
アメリカ神話を懸命に冒涜する片手で、文章の所々にそういう浪花節やリリシズムがにじむのが
いいです

583 :名無しのオプ:03/08/02 02:22
>581
あのラストでバズ・ミークスが聞く「冷戦の赤狩り戦士たちを悼む」
安っぽいカントリー・ミュージック、どんな曲か聴いてみたいですね。
当方の脳内では、なにか「黒いオルフェ」とかああいう類の
物悲しいボサノバを想像しているのですが。

ジャズはともかくカントリー・ミュージックは趣味の範囲外なので、
よくわからんです

584 :名無しのオプ:03/08/02 09:12
570>>571
そういうのがあったか。ネタばれは大丈夫。文庫化されたやつは
全部読んでるはず
570>>577
ありがと。でも、読んでる間は、分かってる。こいつどんなやつ
だっけ?って思うやつが出てきたら戻って探す。
ただもう読んだのが数年前のことだからもう忘れてんの。
登場人物の名前と行動が一致しない

「ビッグ・ノーウェア」「ホワイトジャズ」が評判いいんだね。
おれは「LAコンフィデンシャル」が一番好きだったな。
映画にはがっかりしたけど。

また読み返してみるかなー。
みんなエドワード・バンカーは読まないの?
「ドッグ・イート・ドッグ」とかブックオフの
100円コーナーにあったりするよ

585 :名無しのオプ:03/08/02 16:22
>>584
「ドッグ・イート・ドッグ」読んだよ。
さすが元犯罪者、そこら辺のチンピラとは比べものにならないよね。
面白かったし、話題にもなったから読んだ人も多いのでは?
作家としても、役者としてもその後どうしたんだろ?
ひょっとして死んじゃった?

586 :名無しのオプ:03/08/02 16:36
>>585
まだ死んでないんじゃない?元から寡作だったし
役者はついでみたいなもんだろうし
自伝を最後にここ2、3年翻訳は出てないのかな

587 :名無しのオプ:03/08/03 00:35
ぐるぐるまわって
落ちていく……

588 :名無しのオプ:03/08/03 09:55
夕べ、古本屋で、偶然、チャールズ・クレンショー「JFK謀殺」(早川書房)
いうの入手した。
ベセズダ海軍病院で狙撃直後に、大統領の救命処置をした医者の回顧録。
お察しの通り、背後のテキサス教科書会社にいたリー・ハーベイ・オズワルドの
銃弾ではなく、前方のグラスノールの丘から狙撃された前方入射痕てんこもりの
大統領の遺体所見集。

いわゆる「JFK暗殺伝説」の中でも、1990年代に入ってからのかなり新しい著作
なんだけど、「南部に潜む悪党ども」の影がちらちら見えるのが面白い。
ドン・デリロ「リブラ」はJFK暗殺の熱気を語った小説の中で白眉だけど、それの圧倒的
影響下にあるUSA地下社会3部作は面白い。
確信犯的に、信憑性の低い与太話をいれてコミカルにしてるのがまたいい

589 :名無しのオプ:03/08/03 09:59
自叙伝的な(藁「キラー・オン・ザ・ロード」読むと、彼も少年時代に呼んだ
ポルノ・コミックとか漫画・アニメといったジャンク文化の圧倒的影響下にあ
るね。

一見、リアリズムだけど、元ネタはスティーブン・キングの「実はギャングが経営
していた豪華リゾートホテル(シャイニング)」と同じ、壮大なホラ話の側面もあるね。
巨大な冗談(ディズニーはポルノ・アニメ作成で資金を作りと殺人鬼の長男を持つ)
を細部の詳細で過剰な描写で埋めていく感じ

590 :名無しのオプ:03/08/04 11:00
ビッグ・ノーウェア、評判良いですね。
エルロイ作品ほとんど読んだけど、これだけまだなんだ。
行きつけの図書館で、なぜか閉架に入ってるもんで…
文庫版もあることだし、買って読むかあ。

591 :名無しのオプ:03/08/04 14:39
>570
登場人物は確かに多いけど、それよりも同じ名前の使い回し多いのがやだ。
黒人はとりあえずリロイかタイロンかよ、みたいな。
過去の作品でそれなりに中心人物だったのが、他の作品で名前使い回しされてたり。混乱する。
別に過去作品を使ったお遊びという感じでもないし、単に名前のストックが極端に少ないのか。


592 :名無しのオプ:03/08/05 07:44
とりあえず、黒幕ダドリーの悪の手駒がカーライルとブルーニングだと
覚えておこう。

ああ。わかったわかった。ネタバレ文句言うな。どうせ、LA4部作中、第2作の中盤からわかる話だ
どうせ読んでるうちに誰が誰だったか忘れちまうさ

593 :_:03/08/05 07:53
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

594 :_:03/08/05 08:20
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz10.html

595 :名無しのオプ:03/08/05 19:55
たとりー・とぅみとぅ

596 :名無しのオプ:03/08/06 01:09
モームス・エルロイ

597 :名無しのオプ:03/08/06 15:57
ピート・ポン引き

598 :名無しのオプ:03/08/08 21:32
エドワードバンカ最高

599 :名無しのオプ:03/08/08 21:59
>>598
ノワールのおすすめは?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/979477666/
↑このスレの前半部分にもエドワード・バンカーの話題が出ているな
前はエドワード・バンカーすれも作られたこともあったと思うんだが
やはり多くのレスがつくこともなく沈んだようだ。
おれは「ドッグ・イート・ドッグ」が一番好きだな。
次点で「リトル・ボーイ・ブルー」かな。自伝は読んでいない。
エルロイ作品のような凝ったつくりでもないし、濃厚でドロドロした感じ
もないが「ドッグ・イート・ドッグ」のあの乾いた痛みは突き刺さるようだ。

600 :名無しのオプ:03/08/08 22:19
ストレートタイムもいいよ。映画も。

601 :名無しのオプ:03/08/08 23:44
エルロイ原作の「ダーク・スティール」はエルロイ原作映画の中ではかなり出色!!


602 :名無しのオプ:03/08/09 02:21
>>600
マックス・○ンボ。映画はヒゲ

603 :名無しのオプ:03/08/09 13:11
>601
ダークスティール、目茶面白そうじゃん。
ロス暴動を背景にしたLAPD腐敗いうとこがいい。
エルロイは最近は歴史小説の風格さえ出てきたから、
こういう現代史の一齣はいるのいい

http://store.nttx.co.jp/DetailsViewer/ItemDetails.asp?ITEM_CD=D110759058

604 :名無しのオプ:03/08/09 17:23
主演がニック・ノルティだったらもっと良かったけど、
カート・ラッセルもなかなかよい。
シナリオがよく練られてるし、刑事たちの間にはりめぐされた複雑な因果関係が、
いかにもエルロイワールドっぽい。
裏切り、妄想、悪徳の限りを尽くす刑事、黒人暴動等々、
とにかく久々に面白いノワールだったよ。お勧め!!

605 :名無しのオプ:03/08/09 18:19
脳から直接コンピューター操作が可能に?

http://www16.brinkster.com/aliceandwebern/a.htm
*****

606 :名無しのオプ:03/08/10 08:06
少年時代、母親が実父に殺されるのを目撃した三鷹市警察署捜査課警部補・
馬頭白一郎(バド・ホワイト)と、出世欲に凝り固まった同市役所税務課税務吏・江戸仁
(エド・エクスリー)、踊る大捜査線の非常勤アドバイザーを務める警視庁刑事部捜査4課OBの
便箋次郎(ジャック・ヴィンセンズ)が、三鷹駅前ドトール・コーヒーにおける夜間大量殺人を
皮きりに、ジブリ・ワールドの創設をめぐって、宮崎駿の闇に迫っていく。

背後にちらちら垣間見える、東映動画時代の地下流通したポルノ・アニメや、
ズブリ同人誌と名乗るエロ同人の影・・・

607 :本当に!:03/08/10 08:14
なんか、先が見えない世の中だしねぇ。
こんなサイトを見つけました。『着実に』ってこれなんだ思いました。
http://www.suimu.com/prepaid/0918/
少額だけれども、小市民の楽しみって言うのでしょうか。


608 :_:03/08/10 08:20
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/jaz04.html

609 :_:03/08/10 08:26
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

610 :名無しのオプ:03/08/11 14:07
ダーク・スティールかあ。覚えておこう。今度ビデオ借りてこようっと。
「L.Aコンフィデンシャル」は映画としては、本当に素晴らしい出来だったと思う。原作と微妙に違う
のは当たり前。別の作品だから。たしかエルロイ本人もベタ誉めだった(意外?)
 エルロイにハマったのは今年。順当に?「ブラック・ダリア」から時代を追ってる。
自分が最も愛するスポーツ、ボクシングはアメリカの時代背景を象徴するのに野球と双璧だが、
エルロイが野球よりもボクシングで時間軸を表すのはなんだか納得。しまいにゃフラッシュ・エロルデ
なんていう殺し屋まで登場するんだからこたえられないやね。(エロルデはフィリピンの国民的
英雄で日本でも数多くの試合をした元世界チャンピオン)
 ホワイト・ジャズも読みにくいってことなかったなあ...。ただ物語りにひきこまれて電車をのりこした
のが何回もあった(笑)  原書を辞書ひきながら読んでる人がいたが、そこまでの根性はなし。
 でももう1回アメリカ&LAダークサイドストーリーを最初から読みなおしてみようか...。

バズ・ミークスが生き残ってたらしいのには自分も思わずガッツポーズが出たね@電車(笑)

611 :名無しのオプ:03/08/12 00:32
本当は「ダーク・ブルー」なんだよね、タイトルは。
同時期にジブリが買い付けた同名の飛行機映画があったんで変更になった。
ダーク・ブルー。即ち、警官の青い色。それがダーク。いかにもエルロイっぽ。

612 :名無しのオプ:03/08/12 07:28
世の中には「暗黒小説」てジャンルのノベルがあると教えてくれたのがエルロイだなあ。


613 :名無しのオプ:03/08/12 07:42
★☆ 夏休みは GETDVD で満喫・満喫!! ★☆★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★ 送料激安!  スピード発送!  商品豊富!   
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 激安DVDショップ 「GETDVDドットコム」 
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 今すぐアクセス Let’s Go・Go!!   
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


614 :名無しのオプ:03/08/12 13:18
自分がアメリカン・ノワールについて知ったのは滝本誠さんという映画評論家(というジャンルに
おさまりきらないけど)の本で。エルロイはもちろん、ジム・トンプソン、チャールズ・ウィルフォード
など原作が映画になってるけど作家としては特に日本では無名に近い人達をずいぶん教えてもらった。
滝本さんの新作はたしかもう少ししたら出るはず。今回のはもろノワールについての本らしい。
前作「きれいな猟奇」もイイ!
>>606 オモロイ!

615 :名無しのオプ:03/08/12 13:27
あげ

616 :名無しのオプ:03/08/12 14:33
エルロイって、何かと太平洋戦線だすな。
ヨーロッパ戦線のほうは、コンシディーンがナチを殺したときぐらいしか覚えてない。
エドがガダルカナルでピートが硫黄島だっけ?


617 :名無しのオプ:03/08/12 15:11
んだす<616 ほんでもってコンティーノが徴兵逃れと(笑) 冗談だよ<コンティーノ

618 :名無しのオプ:03/08/13 07:25
>614
滝本誠さんには、ツイン・ピークス以来、色々啓蒙(笑)されました。
ジム・トンプソンは別格だけど、あと映画ではデビッド・リンチ「マルホランド・
ドライブ」とか、エルロイ・ワールドの匂い感じましたね。
大のエルロイ・ファンであるリー・タマホリ「LAスクワッド/狼たちの街」は
ネバダ核実験とアトミック・ソルジャーと美女の変死体(墜死して扁平化)いうところが
狙っているなと思いましたし、佳作だとも思うのですが。

やっぱリンチの変態こそが、エルロイの性的妄想ワールドを映像化するにふさわしいの
じゃないかと思いました。
「ディック・コンティーノ」なんか、「ブルーベルベッド」の雰囲気で赤いサテンに
青いスポットライトてんこもりで映像化可能だと思うけど

619 :名無しのオプ:03/08/13 07:28
>616
日系人とかメキシカンとか、50年代当時のマイノリティ出すのが、彼の
小説家としての自負なんでしょうね。
凡百の作家が、ろくに取材もせず、ロス・マクドナルドとかの焼き直しで
「中華街のチャイニーズ」出せばエスニック色十分とするところ、捜査や地理の
リアリズムを尊ぶ彼として、その種の人種描写ははずせないんでしょう

620 :名無しのオプ:03/08/14 20:16
バルザックはどうよ?

621 :名無しのオプ:03/08/14 20:26
黒いヒモパンが妙に色っぽい女性です。
ちょっと年はいっているようですが円熟味のあるSEXシーンを演出してくれています。
見てくださいフェラの時のほっぺのくぼみ。
カリ首にまとわりついて離れない強力スロートですよ。
他の援交美女も乱れてます。
無料ムービーでお楽しみ。
http://www.geisyagirl.com/


622 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

623 :山崎 渉:03/08/15 14:47
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

624 :名無しのオプ:03/08/15 19:33
age

625 :名無しのオプ:03/08/16 01:20
>>619
やたらとジャップって出てくるよね・・・
あからさまにユダヤ人も差別されてるし。
しかし不思議と読んでて不快にならないんだよね。
アメリカって、特定の人種を差別的に扱うと当の圧力団体から
猛反発くらうから、差別する時は一様に差別しなきゃいけないらしいよ。
変な話だけど。

626 :名無しのオプ:03/08/16 14:00
>>625
エルロイがそんな規範に従ってるとは考えたくないな…

627 :名無しのオプ:03/08/16 18:01
エド・エクスリーのガダルカナルのエピソード(怖くて斥候のふりして逃げている間に
本隊が全滅。かわりに日本兵の傷病死体を焼いて、1個小隊自分でやっつけたと報告・勲章)
って、どうも映画「硫黄島の砂」の「コーヒー呑みに本隊を離れている間、本隊全滅」のエピソードから
創作した予感。

ほら、エルロイって軍務ついてない?し、わりと戦争映画ファンだし・・・

628 :名無しのオプ:03/08/17 02:07
>>625 まるでダーティー・ハリーですね。第一作目で、ハリーは差別をしない、黒人もメキシコ人も
東洋人もみんな憎んでる、とか新米刑事に先輩が言うシーンがあったような。(新米はメキシコ系)

>>618   懐かしいですね〜<ツイン・ピークス   ただ、エルロイのアメリカン・ダークサイド
ストーリーは、思いっきりその世界の中に棲む者の視点から描かれていますが、リンチ・ワールド
は一見ノーマン・ロックウェル描くところの良きアメリカのすぐ裏というか隣り合わせのダークサイド
を普通の人間が覗き込み落ち込んで行くという違いがありますね。  でもたしかにディック・コンティーノものなんかは意外にイイ!かも。マルホランド・ドライブに出て来る劇場でコンティーノが
歌い、踊る!なんて。

エルロイから離れるけど、同じノワールつながりで、ジム・トンプソン原作の「ホット・スポット」
を監督したのが「ブルー・ベルベット」で無気味なマスクでヤクを吸ってた強烈な変態悪党を
演じたデニス・ホッパー。ホッパーの演出もどこかリンチを思わせるところがあるので、意外に
エルロイ原作の監督には向いてるかも。
それとも直球勝負で(笑)コッポラやスコセッシなんかはどうかな?え、見たく無いって?
私もです(爆)


629 :名無しのオプ:03/08/17 02:30
ポランスキーなんかが撮れば凄い映画ができると思うんだけどねえ。
「ダイアナザーデイ」のタマホリが「ビッグノーウェア」の映画化を
熱望してるらしいけど、触れるな(w
消えろ(w

630 :>>2ちゃんねらーの皆さん:03/08/17 02:37
( ´Д`)/< 先生!!こんなのを見つけました。
http://www.hokekyoji.com/
http://www.yakuyoke.or.jp/
http://members.tripod.co.jp/hossyoji/index/
http://www.maap.com/tanjoh-ji/
http://www.honmonji.or.jp/
http://www.maap.com/tanjoh-ji/
http://www.kuonji.jp/
http://www.butsuzou.com/jiten/sanmen.html
http://www.butsuzou.com/list1/sanmen2.html
http://www.butsuzou.com/list1/sanmen3.html
http://www.butsuzou.com/keitai/sanmen-kz.html

631 :名無しのオプ:03/08/18 10:27
>>627
エルロイ、いちおう兵士として
訓練は受けたものの(ベトナム用)、
途中でやっぱりイヤケがさして精神障害を
装って速攻で除隊したはずです。
おやじさんが死んだのを除隊のきっかけに
したんだっけか。自伝にくわしいはずです。

632 :名無しのオプ:03/08/19 00:24
627>631
わが母なる暗黒ですか。
あれ、読もう読もう思ってるのに、いまだ読んでないんですよ。
アメリカン・デストリップも単行本値段が高くて、つい購入あとまわし。

確かわが母なる暗黒に、退役刑事雇って母親変死の再捜査みたいなこと
やるけど、あのへんて、すでにLA4部作書き上げた後ですかね?
いや、ビッグノーウェアにはじまる警察の司法体系(書式とか符丁)ほぼ完璧に
把握した捜査小説を描く才能って、どこから来たのかな思ったもので。

ホプキンズ・シリーズとか「警察行政小説」としてどの程度の出来なんでしょ・・・?

633 :名無しのオプ:03/08/19 00:32
>628
デニス・ホッパーの監督業は仄聞してましたが、ジム・トンプソンもの
彼が映画化していたとは寡聞にして知りませんでした。
ジム・トンプソンもの映画なんて、当方はマックイーン主演の「ゲッタウェイ」しか
知りませんでしたので、それは貴重な情報有難うございます。

思うに、エルロイの周辺人としてのトラウマや屈折は、>629氏もいっている
ポランスキーとか、あるいは美術や芸能に通じているスコセッシあたりじゃないと
出せないという意見、同意ですね。
「LAコンフィデンシャル」やタマホリもいいのですが、「チャイナタウン」のあの破滅的な世界観や
「グッドフェローズ」の本物の悪党の雰囲気に比べると、所詮、ハリウッド・ギャング映画の
お約束の範囲にとどまると思うのですよ

634 :名無しのオプ:03/08/19 00:37
>629
「チャイナタウン」は、生涯のベスト映画のひとつなんですよ。
あれ、砂漠に浮かぶ地方都市ロス・アンジェルス郡?に、人工の水源を
導くことで1930年代、のちの大都市LAがつくられた創世記神話を題材に、
そのなかで圧殺された運命の女の薄倖を、主人公のジャック・ニコルソンが
目撃する正統派ハードボイルド映画なんですが・・・

「LAの不動産」「LAの土木開発」を隠しテーマに選んでいるところが、
エルロイ・ファンとして感じる人も多々あるかと。

635 :名無しのオプ:03/08/19 01:53
バズ・ミークス 太った稲妻 ジャック・ニコルソン・・・
やっぱりしっくりくる。

636 :629:03/08/19 01:54
「チャイナタウン」最高だよねー。俺も大好き。
でもよく考えたら、ポランスキーはアメリカで映画撮れないんだよね。
今度「MIー3」撮る「NARC」の監督なんか、いいかも。

637 :名無しのオプ:03/08/19 03:21
>>633 ごめんなさい!「ホット・スポット」はチャールズ・ウィリアムズでした。
どこでどう勘違いしたのか、まったくもって面目ない。 最近「残酷な夜」を久々に
読み返したばかりなんで、頭の中がトンプソンで一杯だったか......。<自分

「チャイナ・タウン」を最後に観たのは随分前だけど、ニコルソンの鼻の穴をイタイことしてた
のはポランスキーでしたっけ?また勘違いだったらイタイな...。<自分

638 :名無しのオプ:03/08/19 04:18
そうそう、あのチビ。


639 :名無しのオプ:03/08/20 00:12
キラーオンザロードではまって、次にホワイトジャズにいったんだけど、
その後ブラックダリアから四部作の順を追って再びホワイトジャズ。
滅多に読み返しはしないけど、改めて読むと面白いね。
はじめてホワイトジャズ読んだときは人物の相関関係に圧倒されたけど、
ビックノーウェアから一気に読むと全体像が見えてより楽しめました。
しかし、エルロイの頭の中はどうなってるんだろ???

640 :名無しのオプ:03/08/22 09:53
つまりこうだ

アトミックバンパイアの襲撃

641 :名無しのオプ:03/08/22 12:08
>633
スコセッシで映画化、大賛成。
まあ、漏れがスコセッシ好きなだけなんだけど。
『カジノ』で見せてくれた怒涛のような勢いでもって、
『アメリカン・タブロイド』あたり映画化すれば、決まると思うんだけどなあ。
もっとも、ロックまみれの映画にされたらエルロイ激怒かもしれんが。
デカプリオ重用しがちなスコセッシの最近のセンスにもちょっと疑問はあるけどね。
『レイジング・ブル』なんかはエルロイ見てないのかな。

そういえば、『アメリカン〜』でウォードがFBIのマフィア資料を読む場面、
「吹き出すような名前が次々に出てくる」として列挙されてる中に、
「トニー“ジ・アント”スピロトロ」って名前が挙げられてるけど、
これ、後にラスベガスに移って大暴れする実在の人物。
『カジノ』でジョー・ペシが演じたキャラのモデルなんだよね。
こんなところにもきちんとした資料使ってるんだなエルロイ……って、感心したなあ。


642 :名無しのオプ:03/08/23 09:53
>『アメリカン・タブロイド』あたり映画化すれば、決まると思うんだけどなあ。
アメリカの皇族ご一家様wを愚弄してるので映画化は無理では?

643 :名無しのオプ:03/08/23 15:20
マルホランドドライブ、ホワイトジャズにも出てきた。
名所なのかな?

644 :名無しのオプ:03/08/23 23:25
>>643
名所も何も、検索すればたくさん出てくる。

645 :名無しのオプ:03/08/24 04:09
東京方面の奥多摩周遊道路とか大垂水峠とかみたいな、有名なワイディングロードです。<マルホ
長年事故が多発してたので、通行規制がされてたような....。モーターサイクルはNGだとか?
「マルホランド・ラン」って映画もありました。最後はポルシェ356改VS初代コルベットスティングレー改の対決です。コルベット乗りのちうねん暴走族は件のデニス・ホッパー!

646 : ◆gMW93387v6 :03/08/24 15:53
↑↑

647 :名無しのオプ:03/08/26 02:09
スコセッシはまともだ。
画面から狂気が滲み出てこない。
タクシードライバーがいい見本。
面白いが、マトモ過ぎるのだ。
おそらくスコセッシには
実人生の苦労=不幸な体験が無いに違いない。


そう、
ヴァーホーベン。
奴こそがカギだ。

648 :名無しのオプ:03/08/26 08:30
おそらくスコセッシには
実人生の苦労=不幸な体験が無いに違いない。


w

649 : :03/08/26 08:35
少年に性的虐待を加え続けていた元神父が刑務所内で殺害された。
殺された方も殺した受刑者もエルロイの登場人物に相応しいね。
ま、殺した方が「こっち側」なわけだが。

650 :名無しのオプ:03/08/26 11:52
>>649
映画「スリーパーズ」みたいな話しだね。

651 :名無しのオプ:03/08/26 17:56
同和利権の真相を読んでたら文中に
「悪党どもに幸いあれ」って書いてあってワロタ。

日本でエルロイる
ならそっちの方面ですかね、
歌舞伎町なんかじゃなくて
ね、馳さん?

652 :名無しのオプ:03/08/26 23:28
>>651
あった、あったwww

戦後の「三国人」勢力の浸透やら部落利権の暗部やらは
危険すぎますんで、ナンチャッテエルロイには無理ぽ。



653 : ◆8V7CZQMjr6 :03/08/28 13:13
d

654 :名無しのオプ:03/08/30 21:38
アメリカンタブロイドを読んだ
あいかわらず勢いで上下共サクッと読めたけれども、もう一つでした。
だって下巻の背表紙の書き方だと主役の3人が暗殺やりそうな風に書いて
あるんだもん・・・ラスト2,30ページぐらいどうなるのかと思って読んでいたのに
なんか期待ハズレだったよ。


655 :名無しのオプ:03/09/06 16:41
>>654
漏れはウスノロに・・・が殺されるシーンで鳥肌がたったよ。
その瞬間情景がスローモーションで頭の中に展開した。
本を読んでてあんな光景は初めてだったよ。
「えっ?えっ?えっ?」って感じだった。


656 :名無しのオプ:03/09/12 20:32
ビッグノーウェア読書中につき

age

657 :名無しのオプ:03/09/14 03:36
文庫本で出てるのってLA4部作とアメタブとハリノクだけ?

658 : :03/09/14 04:51
ホプキンズシリーズ・レクイエム・秘密捜査・キラーも文庫
現行かどうかはしらん

初期作品はみんな不当に評価低くないか?
レクイエムとかかなり好きなんだが。
秘密捜査も発表当時は小泉喜美子の名訳とかいわれてたろ。

659 :名無しのオプ:03/09/14 20:15
たぶんブラックダリア以降が凄すぎるからだと。
たしかに初期も好きだけど。
秘密捜査とホプキンスシリーズの1作目が大好き。

>>657
大きい書店だと置いてるところもある。

660 :名無しのオプ:03/09/15 08:37
よく高村薫が「捜査小説として、大半の推理小説が描写が足りない」っていって、
それは全くのその通りなんだけど、「ビッグ・ノーウェア」前後だけは、ダニー・
アップショーは優秀な捜査官という以上、考えられる限りのその時点時点の可能性が
偏執的に描かれている。

「優秀な刑事の描写」いうのは、こうでなくっちゃね。

661 :名無しのオプ:03/09/15 08:41
デイビッド・ピースの70年代イギリス4部作も、雰囲気は好きなんだけど、
捜査小説としては描写がすかすかで、なかなか読みきれない。

ヨークシャー・リッパーなんて、いい題材だと思うのに、なあ

662 :名無しのオプ:03/09/15 09:06
ピースは未読。馳と対談してるの見て萎えたw

663 :名無しのオプ:03/09/15 14:08
>>662
だって、馳の本が英訳されるわけないじゃん。
「日本のエルロイ」とかテキトーな紹介されたのでは?
漏れは馳の小説はク○だと思ってますが。

664 :名無しのオプ:03/09/15 16:35
休日、読もうと思ってデビッド・ピース買ったけど、読めへんかったです。
なんか渋谷系ブンガクだか、基本的に普段、ギターでも弾いていそうな奴の
ヒッピー小説って雰囲気が濃くて

念の為に海外サイト見ると、一応、海外で出版されてるけど、
これって日本の小岩井のアパートで書いたんでしょ?
ハヤカワ書房の二番煎じ商法臭いなあ

665 :名無しのオプ:03/09/15 17:51
>>665
ピースについて。
「1974」の日本の版権は、
早川書房を含む数社でオークションに
なったはずですゆえ、ハヤカワの
自作自演ではないです。
もっとも、「1974」出版時の
なりふりかまわないパブ(ミステリマガジン
の「ノワール別冊」のふりしてピースの
宣伝とか)はすっごくイタかったけど。
イギリス本国ではちゃんとした
版元から出ていて、それなりに本屋とかに
積んでありますよ。

666 :665:03/09/15 17:51
すみません。
>>664
でした。

667 :名無しのオプ:03/09/15 22:37
けっきょく、エルロイ以外はク○っていう結論?

668 :名無しのオプ:03/09/15 23:31
犯罪物(?)はエルロイが初体験だけど、
これを超えるような感動はないような気がする。
毛色はちとちがうけど、クレイグ・ホールデンは
悲しくてよかったよ。(多少ちぐはぐな感は否めないけど)
シンプルプランも、全体像が判明しているジグソーパズルを組み立てて
いる感じでよかった。

669 :名無しのオプ:03/09/16 01:17
誰かマックス・アラン・コリンズの「黒衣のダリア」
読了した奴いないか?
「エルロイ『ブラックダリア』とぜひ読み比べてみてください」
の帯文句には惹かれるんだが…。

670 :名無しのオプ:03/09/16 04:18
>665
amazonとかのレビュー読むと、好きな人は好きという感じですね。
ジャック・ロンドンとかオーウェルとか引用して評価してた人もいたけど、
1974年〜1983年(4部作)の北イングランド?世相を背景にした個人史いう
ことで、amazon.ukあたりだと、さすが★★★★★が多いです。
アメリカamazonだと、エルロイのばったもので、文章が作者の情念に追いついて
ないという手厳しい★1〜2個評価が多いですな。
White Jazzの影響で文章かくのは、リスクが高いようです。

後期ヒッチコック映画でよく引用される、英国の連続殺人鬼って嫌い
じゃないんですがね

671 :名無しのオプ:03/09/16 04:20
>669
ああ。本屋に並んでいましたね〜。
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/0451205170/ref%3Dnosim/speculativefic05/104-1568440-5278348
あたり読むと、良くも悪くも職人芸小説として手堅くまとまっているようです。
ディック・トレイシーもの漫画のシナリオライターでもあるらしく、その意味では
「情念」とか「パッション」のエルロイ風味を求めるのは間違っているようです。
30年代〜40年代の米国世相(リンドバーグ愛児誘拐からロズウェルUFO事件まで)
撮り入れて何でも書いてるようですが・・・

672 :名無しのオプ:03/09/16 11:28
>>669
読んだよ。
最近判明した事実と解釈がふんだんに入ってるのがいい。
小説としては甘めのトーン。

673 :名無しのオプ:03/09/16 11:29
なるほどー。似たような傾向の作家はけっこう居るんですね。
でも、漏れはエルロイだけでいいや。

674 :名無しのオプ:03/09/21 19:37
ハルビンカフェ今更ながら読了しました。エルロイ好きの皆さんも
既に読まれておると思いますが、打海さんも素晴らしいですね!

675 :名無しのオプ:03/09/24 22:28
マイケル・ギルモア著村上春樹訳『心臓を貫かれて』(文春文庫)読了。
1977年ユタ州で男2人を殺し、自ら死刑を要求したゲイリー・ギルモアの実弟が書いた
ノンフィクションだけど、内容的には村上春樹訳だけあって、ソフトな「キラー・オンザ・ロード」
いうか、殺人者を生んだ一家の伝記という感じ。

作者の後書き読んで、執筆を薦めたのは「友人のジェイムズ・エルロイ」とのことでした。
成る程ねえ、て感じの本でした

676 :Nana:03/09/25 02:12
あ、

677 :名無しのオプ:03/09/25 02:24
舞城はエルロイっぽいんだけど、みんな舞城読まないの?読んでみるべき!舞城はエルロイを越えた!

678 :名無しのオプ:03/09/25 10:05
>>677
そうか? 作風ぜんっぜんかぶらないと
思うのですが。どのへんがどう越えたのか
(というか比較となる類似要素なのか)
好奇心もあるので説明乞う。
トンプスンならまだわかるんだけど、
エルロイと??

679 :名無しのオプ:03/09/25 12:07
>>678
おそらくつりでしょうw
住人が少なすぎて荒らしようがないけど・・・

680 :名無しのオプ:03/09/27 00:06
spinning falling

681 :名無しのオプ:03/09/29 00:45
で、アメリカン3部作の最終作ってどうなってるの?

682 :名無しのオプ:03/10/01 23:37
どうもこうもない。

683 :名無しのオプ:03/10/02 17:35
ボストン・テランおもろかったよ。
過剰に運命に対峙する姿は
「神」につながってるけど
文章から立ち上がってくる情景が
からっからに乾いてるので
「死者」の方が読みやすかった。
主人公のネエチャンは
映画だったらヒラリー・スワンクに演らせたい。


684 :名無しのオプ:03/10/02 17:58
神は銃弾、訳のせいなのか文体そのもののせいなのか、非常に読みにくかったしつまらなかった

685 :名無しのオプ:03/10/05 02:45
>>684
おおー、同志よ。
紀伊国屋の大層なお触書に釣られて買ったけど・・・以下同文。

686 :名無しのオプ:03/10/06 03:39
ぐるぐるまわってあげていくのだ

687 :名無しのオプ:03/10/07 02:44
>>684
絶対、映画化→原作料でがっぽり狙いだとおもた。

688 :名無しのオプ:03/10/07 15:11
ブリンコウもなんとなく読みにくいっすね
テランよりは面白いけど、音楽好きじゃないと楽しめないところがあるかも

689 :裏・大統領の陰謀:03/10/08 01:31
Destination: Morgue(4 November, 2004)

終章は死体置き場。かつてNY市警には赤狩り班という政治警察めいた連中がいた。
ウォーターゲイト以前、上院公聴会以前のアメリカ最後のタフガイ連中だ。
CIAとも共同で左翼活動家やブラックパンサーあいてに違法捜査をしていた。
今度はニクソン再選委員会の悪党どもの物語。
70年代に絶滅した、今は亡き悪の白人たちの最後の物語。

ボブ・ウッドワードのひ弱なインテリ面に唾を吐きかけてやれ!!

690 :名無しのオプ:03/10/08 01:54
>>689

邦題はアメリカンモルグか?w

http://books.fantasticfiction.co.uk/n11/n55590.htm?authorid=9707

691 :ディック・コンチーノ:03/10/08 05:59
3作目って「POLICE GAZETTE」じゃないの?

はやく「アメリカン・デス・トリップ」文庫化してくれ〜

692 :名無しのオプ:03/10/08 23:33
>3作目って「POLICE GAZETTE」じゃないの?
すまん。その通りだ。DESTINATION MORGUEはGQ誌に載ったエルロイ作ノンフィクション&
フィクションのアンソロジー。
USAアンダーグラウンドのとりは、POLICE GAZETTEだなあ

693 :名無しのオプ:03/10/08 23:56
この時期の話で、エルロイより読みやすいのない?
ブラックダリア挫折しちゃってさあ・・・。

694 :名無しのオプ:03/10/09 01:06
1回目はとにかく勢いにまかせてページをめくっていけ
初めて読むと、ストーリーが破綻してるように思ってもしかたない
2回目以降、読むたびに緻密なプロットに驚かされる

695 :名無しのオプ:03/10/09 08:11
ケネス・アンガー「ハリウッド・バビロン」いう映画スター醜聞のノンフィクション古典なんか、
入門としてええんじゃないかのう。
あれの第2巻?だかに、ブラックダリアの写真入記事もあるし。

ただ、エルロイ読むなら、やっぱ最高傑作「ビッグ・ノーウェア」から読むの
がベストじゃないの?
あれは情念に勢いあるし、執筆技術的にも完成してるし。
「ブラックダリア」は、冒頭のあのダリア事件と無関係なボクシングの前歴話が長くて
再読する気になれん


696 :名無しのオプ:03/10/09 08:16
デビッド・ピース「1974ジョーカー」今、頑張って読んでるけど、
読むのきついなあ。「ホワイトジャズ」に発奮して、
「あ。普段、文章書かないオレみたいなバカでも小説書いていいのか」
って感じで、手前の脳内画像を描写する単語、断片的に書き連ねている
だけだけど、読者は今、主人公がどこに居て、誰と喋っているのかもわからん
文章でなあ・・・。

月刊カドカワに連載されてるアイドル歌手の推理小説でも読まされてる気分でふ。

小説の材料はめちゃくちゃいいから、文章さえ良ければ、「エルロイワールドの偽入門書」として
最良だと思うんだが・・・

697 :名無しのオプ:03/10/09 08:51
あとさ、暗黒小説って何?
おれは、まあ主人公が、人生なり社会情勢なりが混沌としてる中を、
ただ茫漠とさまよっていく小説って風に解釈してるけど、ミステリ界では
どう、分類されてるんだろ?

698 :名無しのオプ:03/10/09 12:39
エルロイはクライム・ノベルじゃなかった?

699 : :03/10/09 14:51
>>695
おれボクシングとこばっかり再読してる。

八百長すれば親父と縁きれるのに、本気で勝ちにいってしまうとこが好きで。

700 :名無しのオプ:03/10/09 15:42
>>697
俺的には心の暗部や、時代の陰鬱とした空気と捉えている。
エルロイの場合、華やかなハリウッドの影だったり、吹き荒れるマッカーシズムだったり。
だからピースではチト物足りないのだ。

701 :名無しのオプ:03/10/09 21:02
>698
最初はクライムノベルの売り文句で扶桑社あたり経由して本邦に殴りこんできたけど、
最近は犯罪小説のドストエフスキーどころか、「犯罪小説界のトルストイだ。
歴史小説家と呼んでくれ」とか自称してるようです。

そのうち蓮座で天上天下唯我独尊とか言い出しそう・・・

>699
そうですか。親父がらみで、あの長い一章があったとはすっかり忘れてました。
父親の影って、エルロイのトラウマのひとつだから、今度読み返してみますか。
「ビッグ・ノーウェア」なんか読むと、ダニー・アップショーが犯罪学の泰斗に
「偉いぞ、ボク」と肩叩かれるの夢見たり、実父と同性近親相姦持ち出したり、
たぶん、フロイトとかも懸命に読んで、自らの精神分析とかもしたりしたんだろうな
と夢想

702 :名無しのオプ:03/10/09 21:08
>700
ともかく初読、LA4部作には打ちのめされましたね。文春の売り出し文句「暗黒小説」
ってのは、こんな物凄いものなんだって感動しました。ある個人が、歴史や人間関係を
一片の倫理もなく、地獄めぐりをするエルロイみたいな小説って、もっと読みたいから
ピースやら手を出したり、最近では、スティーブン・キングあたり再読してるのですが、
なかなか巡り合えない。

誰か、上の方でいっていた「神は銃弾」とかどないです??

703 :名無しのオプ:03/10/09 22:54
「神は銃弾」はうーむ・・・・かな。キャラ造詣がやや類型的なのはいいが
人物描写が浅いんで、面白いアイデアが半減してる感じでつ。
特にボスと女主人公。ボスがラマー・パイぐらい描けてたらなぁ・・・
読みにくいという評判だったが、何故かスラッと読めた。
ちなみにエルロイはノクターンしか読んでないでつが
犬が出てくる話とか気持ちよく読めたんで、代表作逝ってみる予定。

704 :704:03/10/09 22:58
造形だった。

705 :名無しのオプ:03/10/10 05:55
>>703
造詣の方が本質を突いている

706 :703:03/10/10 19:20
>>705
ウホッ! いいフォロー
うれしいこと言ってくれるじゃないの。

704→703だった。

707 :名無しのオプ:03/10/11 07:01
>703
ラマー・パイって作家いたっけ思ったら、スティーブン・ハンターかぁ。
あの作家もナチスの狙撃手もの一冊読んだきりだけど、面白かったな。
もっとも、そっちは健全な価値観の奴しかでてこなかったけど。

エルロイのハリウッド・ノクターンは、長編の主人公や脇役たちの後日談前日談で
長編読んでるとにやりと出来ます

どの作家に限らず文春文庫で分厚い翻訳が出るたびに、期待するんだが、これはと
いうもの無いかなあ。

708 :名無しのオプ:03/10/11 07:32
いま手元にユリイカのエルロイ特集あるんだけど、
エルロイが1989年に選んだお気に入りのミステリで、
ハメット「赤い収穫」チャンドラー「さらば愛しき女よ」メイヤー・レヴィン
「Compulsion」、ジョージVヒギンズ「The Digger's game」エドワードバンカー
「ストレートタイム」ジョゼフ・ウォンボー「クワイヤ・ボーイズ」「ジョン・グレゴリーダン」
「エンジェル・シティ」トマスハリス「レッドドラゴン」

ちなみにダンの「エンジェルシティ」(1977)は、ブラックダリア事件に材を取っていて
翌年ウール・グロスバード監督「告白」として映画化。「この本がなければブラックダリアは
書かれなかったろう」って、エルロイも言っている。

作家はみんなそうだけど、エルロイの創作って、結構、「先人の作品の暗黒パロディ」ってのが
多いような気がする。ある幸せで平凡な物語りがあれば、悪が善で、善が悪な非凡な残酷なお話を
でっちあげるのが好きなんだろうな

709 :名無しのオプ:03/10/12 01:49
サム・ジアンカーナって本書いていたのね・・・
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3435/doublecross.htm
呼んだ人いますか?

710 :名無しのオプ:03/10/12 11:02
落合信彦訳で読んだことある。内容的にはアメリカン・タブロイド世界まんま
だけど、時々、堂々と「サム・ジアンカーナの居ない場所での会話」が載ってるから、
サム・ジアンカーナ自著いうのは、どうかなあ・・・(苦笑

山口組お手盛りの「組長苦節40年もの」とおなじで、業界ライターの代筆なんでしょうな。
内容的には目茶おもしろいけど


711 :名無しのオプ:03/10/12 15:38
多少手を加えられていても面白ければいいから、読んでみようかな。

ジアンカーナ
http://glasgowcrew.tripod.com/giancana2.gif
結構いい人そうですね(w
小説のイメージと全然違う。

712 :703:03/10/14 02:24
ブックオフでホワイト・ジャズを手に入れた。
かなり綺麗なのに100円とは・・・・さらに値札シール
を綺麗に剥がせることができて(゚д゚)ウマー
本当は文春のフェアかなんかで、重版された美本
を待とうかと思ってたんだがなぁ。

713 :名無しのオプ:03/10/18 17:45
ぼくはようやく、アメリカン・タブロイド文春文庫上下100円で入手。
BOOKOFFは書店万引きを誘発させて、既存本屋の敵で好きじゃないんだが、
便利なのは仕方ない。

恥ずかしながら、貧乏で、アメリカン・デストリップまだ買ってないんだよね。
文庫に落ちるまで待つつもりだけど、USAトリロジー3部作目が邦訳されるまで
文庫ニャならんだろうな


714 :名無しのオプ:03/10/18 21:17
心配しないでください
僕も買ってませんから

715 :ディック・コンチーノ:03/10/19 15:25
アメリカン・デス・トリップ、まだ文庫化しないので
図書館で借りてしまいました。二度目。
買うなら文庫でブクオフ

716 :名無しのオプ:03/10/23 02:01
バドが黒幕=ダドリーだと気づいた理由がよく分からない。
勢いに任せて最後まで読んじゃったけど、やっぱり分からん。

717 :ビッグピート:03/10/24 11:42
今日アマゾンで本探してた時、そういえばと洋書でellroy引いてみたら
police gazette が近日発売。予約可能。と出てました。 本当?

思わず注文してしまった。



718 :名無しのオプ:03/10/24 12:31
>>716
映画だと「ロロ・トマシ」がキーワードなんだけど、
原作だとどうだったかな? 忘れた!

719 :名無しのオプ:03/10/24 17:15
イタ公ジョニーがドットとダドに電話していることを知って、ナイトアウル事件にダドリーが「関与」している事を知る
バドエドジャックの3人での会話で完全にダドリーが「黒幕」だと確信
じゃなかった?

何故ジョニーの通話記録を調べるまでに至ったかは読み直さなきゃわからない
プロットが緻密すぎる

720 :716:03/10/24 22:29
ありがd>718,719

>>719
>何故ジョニーの通話記録を調べるまでに至ったかは読み直さなきゃわからない

それが分からないんだわ。
ビビっと閃いて通話記録を調べて、黒幕だと確信していく課程は
すごく好きなんだけど。
読解力なさすぎかな、自分(ニガワラ

721 :ディック・コンチーノ:03/10/26 14:45
ピートは一歩進んだ。
バーブは二歩進んだ。
ピートは跳ねるように三歩進んだ。

・・・泣いたよ

722 :名無しのオプ:03/10/28 17:41
ダドリーが「囲い込め」って言葉を良く使っていて
同じ言葉を使っていたことからピンときたんじゃなかったっけ……
しばらく読み返してないので曖昧だが

723 :名無しのオプ:03/10/30 16:04
なぜか未読だった「ビッグノーウェア」を読んでます。
訳者が田村氏でないのが残念だが、ストーリーはおもしろいですね。
ラストまで突っ走るぞ!
# なんか誤訳が多いなあ…

724 :名無しのオプ:03/11/01 16:53
えーと、ファイティング原田だったっけ、モンローとヤッテたというのは史実なの???

まぁ、昔の日本で世界チャンプならいろいろ凄かったのかも知んないけど
歴代チャンプが一杯いることと比べたら、モンロー効果のほうが凄いかも
・・・・そっちも、一杯いるのかな(テヘ

でもあの人、ファイティング原田氏、解説以外あんまり喋ったりしなさそうだね。。。


725 :名無しのオプ:03/11/02 03:05
下ネタついでに、ディック・コンティーノって本当にクンニの達人なのかな?

726 :名無しのオプ:03/11/07 00:25
【国際】女性48人の殺害認める、米史上最悪の連続殺人
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1068076606/


727 :MMプランケット:03/11/07 01:52
↑ブルーカラーのくせにして、司法取引で死刑を免れる---軽蔑、嫌悪…バラバラにして、全ての肉片にSSと刻み込む。

728 :名無しのオプ:03/11/07 02:12
リアル
Killer On The Road!!!


729 :名無しのオプ:03/11/07 19:03
捕まってない連中、山のように居るんだろうな。

730 :名無しのオプ:03/11/11 15:00
ブラック・ダリア、フィンチャーからデ・パルマに変更して映画化だってよ。

731 :名無しのオプ:03/11/11 19:59
ジョシュ・ハートネットか。
いや、あんがい悪くないぜ、この企画は。
デパルマは意外だったけど。

732 :名無しのオプ:03/11/11 20:47
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば250ドル(3万円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.videopokerclassic.com/~147063WnA/indexjp.html

733 :名無しのオプ:03/11/12 12:33
ブック○フで、文庫の「ホワイト・ジャズ」を
半額で買ってきた。図書館で既読なんだけど
手元に置いておきたくて。
でも、半額ってのはフクザツな気分だね。
あと、リン・S・ハイタワーの「引火点」が
100円だったので、これも買ってしまった。

734 :名無しのオプ:03/11/13 21:04
TVでコップランドやってるよ。
エルロイのホプキンズものとか見ている気分」

735 :名無しのオプ:03/11/14 23:38
>>717の新作って三部作の最後なのかな?
エルロイを原書で読むのは相当きつそうだけど、
待ちきれないから俺も買うぞ!

736 :名無しのオプ:03/11/15 15:11
ブラック・ダリア映画化age
ttp://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=5649

737 :名無しのオプ:03/11/15 23:30
おれ、以前にスコセッシで映画化を推した者だが、デ・パルマ良いかも。
エルロイとデ・パルマといえば、ヒチコックの「めまい」に影響受けてるあたり、共通点だね。
ラストで台風とか出したりしなきゃ、成功するかも。


738 :名無しのオプ:03/11/16 11:38
いや、わしもデ・パルマ案外悪くないんじゃないか思ってるんですよ。
歪んだ死体性愛(歪まないネクロフィリアなど無いが(w)の持ち主らしく
それらしい映画、初期に何本も撮ってるし。

ただ問題は、デ・パルマの場合、「犯人と死体」の描写は秀逸だけど
「警察」の描写がデビッド・リンチなみに「幼稚(いうか変質者が夢想する警察)」
でリアリズムは持てるかだなあ。
その点、同じイタリア系でも人脈あるスコセッシのほうがいいもの撮れるから。

出来たらハーヴェイ・カイテル演じる警部とか出ると、エルロイ作品にでてくる警察の
あのざらざらした苛立たしい雰囲気が出るんだけどな

739 :名無しのオプ:03/11/16 12:16
フィンチャーでブラックダリアすごい期待してたから残念だなあ。
フィンチャーはゲームとよかったし、すごい濃いのができそうで。
デパルマなら外れはあんまなさそうだけど。

740 :名無しのオプ:03/11/16 21:44
いや、フィンチャーはインテリすぎてダメ。
パニックルームみたいなB級スリラーを退屈にしてしまったのは致命的。
スコセッシもだめぽ。
この人は徹頭徹尾フィクションの快楽にひたれないもん。
よってデパルママンセー

741 :名無しのオプ:03/11/17 02:10
>738
ハーヴェイ・カイテル萌え
いいね

742 :名無しのオプ:03/11/18 00:53
「アメリカン・タブロイド」の主人公3人組は、JFK暗殺にしくじるんだよね。
同時多発的に起きたJFK暗殺プランのひとつで、彼らのはたまたまガイ・バニスター
(実在)も絡んでいるプラン。ワン・オブ・ゼムね

743 :名無しのオプ:03/11/18 04:12
現代物を書いてほしいね。
エルロイが描くところのラムとか。

744 :名無しのオプ:03/11/18 14:46
>>743
うーん。エルロイっていうと '50 - '60 年代ってのが
漏れの頭に刷り込まれてるからなー。
まだ戦争の記憶が生々しい時代だからおもしろいんじゃないの?

745 :名無しのオプ:03/11/18 20:58
LA4部作がブレイクするまえは、ロイド・ホプキンズとか
80年代-90年代の同時代警察もの書いてなかったっけ?

海外のサイトみると、むしろ1920年代の金ぴか時代とかの小説構想も
あったようだけど立ち消え。
なんとなく「裏・華麗なるギャッツビー」みたいな気がする

746 :名無しのオプ:03/11/19 01:18
>>744
あと五十年待てって言うのかw

>>745
でもその発端はワッツ暴動だったりする訳で。


747 :名無しのオプ:03/11/19 21:27
いや、じつはロイド・ホプキンズもの読んでないんですよ(苦笑
そうか、ワッツ暴動ですか。

スリーピー・ラングーン事件とか歴史的大事件からめるの好きなんだなあ

748 :名無しのオプ:03/11/22 11:17
最近タブロイド読み返してケネディ暗殺にちょっと興味持って調べてみたら今日なんだな
深夜にダラスの熱い日もやってた

749 :名無しのオプ:03/11/23 04:35
LA4部作ヤクザ買いアゲ

750 :名無しのオプ:03/11/24 13:10
ユリイカ増刊でのエルロイ特集は買う価値ある?

取り寄せてまで買うのはどうかなと。

持ってる人、感想よろしく。

751 :名無しのオプ:03/11/24 19:24
面白いよ。僕は2000年12月増刊号、新刊で買ったけどね。
どうせ、この手の本買う人はエルロイ中毒だから、いろんな批評家
(やはりエルロイ中毒)の物の見方が知れて、「じゃそんな読み方あるなら
再読するか」とLA4部作再読するきっかけになりまふ

752 :名無しのオプ:03/11/24 19:26
エルロイって何故、ゲイにこだわるんでしょう。
アメリカでゲイ団体に抗議されていたりしましたよね。

753 :名無しのオプ:03/11/24 22:20
共産主義、人種問題と同じように彼の描こうとする時代背景には
必要不可欠の要素だから

754 :名無しのオプ:03/11/24 23:18
>>741
私も新刊で買いましたよ〜
読み応えあるし、損はないと思いますよ

755 :名無しのオプ:03/11/25 23:08
「わが母なる暗黒」よりも「キラー・オン・ザ・ロード」あたりに
内面の自伝要素が色濃く出てるのですが、やっぱ、一時期、父親への
思慕と憎悪の父子近親相姦願望とか、あったんじゃないかなぁ。

ほれ、「ビッグ・ノーウェア」のアップショー保安官あたり読むと
ゲイへの憧れ認めるの怖さに罵倒するって部分、エルロイ本人にも
あったような・・・


756 :名無しのオプ:03/11/26 00:10
アップショーのゲイ願望が露呈する過程(?)って描写が甘いような気がする。
「へ?いつのまに?」って感じで死んじゃったし。
なんかそのへん誤魔化されたような気がして腑に落ちなかったけど、
エルロイがそのへんの描写を躊躇ったと考えれば納得がいきますね。

757 :名無しのオプ:03/11/26 13:18
エルロイは短小コンプレックスがあるね。
やたらケネディのチンコは小さいとか出てくるし。
自分のオヤジのはデカかかったとか、気にし杉な描写が多い。

758 :名無しのオプ:03/11/29 09:21
「狼の時」がベストだな。非常に楽しい。

・・・「スワン・ソング」 昔、すごく好きだったんだけどキングの「ザ・スタンド」
読んで幻滅。パスティーシュやらオマージュやらで誤魔化せないほどの
パクリっぷり。

実際、本国じゃキングは格がまるで違うらしいけどコレに怒んないのは
(キングがよ)まるっきりマキャモンを馬鹿にしてるからなんじゃないかと思った。



759 :名無しのオプ:03/11/29 09:22
>>757
間違った。ゴメンヨ。

760 :名無しのオプ:03/11/30 21:29
ジェイムズ・エルロイ投票中。

各作家のナンバー1を決めよう!Part6
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1060430329/l50

761 :名無しのオプ:03/12/02 14:31
初エルロイは「ブラックダリア」
現在読書中。
まだ100ページ未満なんだが。
すいませんがイマイチです・・・
それともこれから面白くなるのでしょうか。


762 :名無しのオプ:03/12/02 16:25
個人的には、ダリアは100ページ過ぎてからがすごいと思ってます。
正確には、事件発生以降。

763 :名無しのオプ:03/12/02 18:46
>>762
同感。
漏れも最初は退屈なんて思ってましたが、途中からすごいことに。
いまではエルロイの翻訳された小説をほとんど読了するまでになりました。

764 :名無しのオプ:03/12/03 02:20
>>757
てえかエルロイはフーバーみたいな隠れフォモの悪寒・・・

765 :名無しのオプ:03/12/04 19:49
ディックコンティーノブルース、出だしでつまづいて
一番最後に読んだけど、一番おもろかった。
オチに思わずニヤリ、さすがエルロイ。

www.continomusiclasvegas.com/order%20Dick%20Contino.html


766 :名無しのオプ:03/12/15 12:33
>>761
とにかく最後まで。
私も最初は「何じゃコリャ」と思いました。

767 :名無しのオプ:03/12/16 11:35
ダリアの最初ボクシングらへんなんか
青春小説みたいだもんな。まあ殺人起こってからだわな。

768 :名無しのオプ:03/12/25 21:31
今日は血のクリスマスです

769 :エド:03/12/25 21:39
出してよぉ
出してくんないと証言しちゃうぞ

770 :名無しのオプ :04/01/09 11:28
未読なんですが、これって面白いですか?
http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/7/65/13/4167651378.shtml

771 :名無しのオプ:04/01/09 19:32
>>761
やっと「我が母なる暗黒」文庫化だね〜
自分はこれはちょっと苦手っす……
でもエルロイファンなら一度読んでもいいのでは

772 :名無しのオプ:04/01/16 03:20
重複あげ

773 :名無しのオプ:04/01/22 16:10
デストリップの文庫化まだかよ!いい加減キレるぞ!

774 :名無しのオプ:04/01/23 22:20
うわああ。長いことBOOKOFFに1200円で上下巻ならんでいたアメリカンデストリップの
上巻のみ100円コーナーにおちたのでGET

775 :名無しのオプ:04/02/03 21:51
あめりかんですとりっぽ

776 :名無しのオプ:04/02/10 01:25
寂スィ・・・

777 :名無しのオプ:04/02/12 12:17
777get!!!

個人的に面白かったのは「レクイエム」〜「L.A.コンフィデンシャル」まで。
「ホワイト・ジャズ」からはマンネリ化したような気がする。
映画の「L.A.〜」はダドリー・スミス役に失望。
あの役はぜひともジャック・ニコルソンかジーン・ハックマンにして欲しかった。

778 :名無しのオプ:04/02/12 19:00
「キラーオンザロード」の裁判所中継が、それまでのぐちゃぐちゃした雰囲気と一変
して、ドリフみたいな感じになっておもしろかった。
うわー
うわー
おい、被告が倒れたぞ。

779 : :04/02/13 03:15
「キラーオンザロード」てマンソンとの獄中対話シーンあったやつだっけ?あれワロタ
エルロイも昔はこの手の妄想してたんだな。

780 : :04/03/07 04:09
新作or新薬の情報はないの?

781 :名無しのオプ:04/03/14 14:27
「キラーオンザロード」、ここ読んで、それはそれで読んでみたくなった。ドリフて。

LA四部作と「我が母なる暗黒」「ハリウッド・ノクターン」しか読んでなかったんだけど、
それ以前もということで「血まみれの月」を読んでみたら、結構面白かったんだけども
最後らへんの猟奇趣味がとってつけたようだったのがマイナスですた。まぶたをどうこうってのが。
そうとうな目にあってても「ビッグ・ノーウェア」の犯人のどうしようもない哀しさは感じられない。
でもホプキンズのキャラは好きだから、残りも読んでみようかな。
しかし、エルロイの本はホモ度高いなあ。

エルロイ自体の新作は無いけど映画のキャストは決まってきてるね。
ジョシュ・ハートネットはアメリカの純朴そうなにーちゃん風でいて、ダリアに魅かれてく…ってのは
けっこうありかも。マーク・ウォルバーグはもとボクシング選手の警官にはぴったりだし
アカデミー賞ノミニーのクソ生意気な演技派・スカーレット・ヨハンスンがケイ役だし、監督デ・パルマ。
悪くはならないんじゃない?

782 :名無しのオプ:04/03/15 17:31
http://wiredforbooks.org/jamesellroy/

この1987年のDon Swaimのインタビューいいね。エルロイ若くて。機嫌が良かったのか軽妙
なしゃべり方。でも内容はあくまでエルロイ。自分の盗み歴についてしゃべるところ、まるで
自慢しているみたい。

あとビデオ『James Ellroy: Demon Dog of American Crime Fiction』観たけど、これもええ。
お酒やめて、書き始めたころ、ひたすらコーヒー飲んでは書いて書いて、コーヒーメーカーが
破裂したんだってさ。

あと奥さん(元LA WEEKLYの映画批評担当)のHelen Knodeもダンナに刺激を受けて
犯罪小説出したね。これ未チェックながら、あらすじなどから察するに(よって信用できないが)
軽妙な印象。もちろんちゃんと読むまでわからんが。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0156029057/qid=1079339138/sr=1-1/ref=sr_1_1/102-6084401-3141712?v=glance&s=books

あと話変わるけど、彼のことホモ嫌い、人種差別主義者っていう人、米国内でまだいるみたいだけ
ど、そんなら「ロバート・ケネディは偉いヤツだ」なんて言うわけないよね?

783 :名無しのオプ:04/03/15 21:53
というかエルロイって隠れフォモだろ。


784 :名無しのオプ:04/03/16 04:37
書いてて怖くなったらしいね
もしかして自分はホモなんじゃないのかって
本当のところどうなのか知らんがw

785 :名無しのオプ:04/03/18 16:10
age

786 :名無しのオプ:04/03/19 16:52
>741
ハーヴェイ・カイテルは『バッド・ルーテナント』があるし、『バグジー』でのミッキー・コーエン
役も良かったな。

787 :名無しのオプ:04/03/19 18:37
「アメリカン・タブロイド」上巻の途中で挫折した。
気合入れてLA4部作を一気に読み直してから挑んだのに・・・。
“いつになったら面白くなるのかなぁ?”と思いながらの読書に
耐えられずにギブウップしてしまった。


788 :名無しのオプ:04/03/20 10:40
>>787
我慢して読んでみ。
意外な人が意外な人に殺されるシーン(説明になってない)
では頭真っ白になるから。

789 :名無しのオプ:04/03/20 10:56
4部作と比べるとサクサク読めるよ
繋がりが複雑すぎて頭に入ってこないけどw
何度も読みかえしてなんとか人の繋がりやプロットを理解した

790 :名無しのオプ:04/03/20 21:21
アニヲタですまんが、「イノセンス」見てきたよ。
40年代パッカード風の自動車に、闇夜にうかびあがるエドワード・ホッパー
(あるいはデビッドリンチ風の)街の窓ガラス。
店や路地の奥に入っていくと、死体が隠されていたり、冷蔵庫に腑分けされた
惨殺死体の内臓がかくされてたり、ちょっと映画LAコンフィデンシャルの引用を
感じました

791 :名無しのオプ:04/03/31 04:44
アメリカン・タブロイドを飛ばしてアメリカンデストリップを先に読んでも
大丈夫ですか?

792 :名無しのオプ:04/03/31 08:20
ダメだ

793 :名無しのオプ:04/03/31 12:44
初めて読んだのは、中学の頃の「血まみれの月」。家にあったから、
多分、親父が文庫買ってたんだろうね。本棚の奥にあったから
あんまり見せたくなかったのかも。あー明日から就職だが、今からレクイエムから再読しよー(何度めだ?)
やっぱ、ホワイトジャズがベストです。最初からすんなり入っていけました。
他に読んでるのは、高村薫、船戸与一、京極、ロスマク、トンプソンとか。
ユリイカの特集で掘ってます。文庫本でお薦めなのはどんなのがありますかねえ。

794 :名無しのオプ:04/04/11 19:50
LAコンフィデンシャルやっと読了。

STORYが複雑すぎて、わけわからん

795 :名無しのオプ:04/04/12 02:23
>>793
エルロイのLA四部作が好きなら、ピーター・ストラウブのブルーローズ三
部作が楽しめると思う。ロスマク的な複雑なプロット、サイコミステリ、過
去のトラウマ、父親や家族に対する思いなどがうまく描かれている。ココ、ミステ
リー、スロート、すべて傑作。(ただ、スロートだけは文庫本になっていな
い)

>>794
上に書いたストラウブの小説もそうだけど、ロスマクやエルロイの小説は 
プロットが異常に複雑なので、一回読んだだけでは、その面白さがよくわ
からないと思う。少し時間をおいて、再読すると、いかにエルロイのスト
ーリー作りの才能が傑出しているかよくわかる。

796 : :04/04/12 04:33
後期ロスマク、バーナード・ショーペンは登場人物表作っても頭割れそうになるね

797 :703:04/04/13 01:53
>>790
俺も「イノセンス」観たよ。LAコンフィデンシャルは映画も小説も
まだなんだが、ノワールの薫りがいい感じな作品だよね。

798 :名無しのオプ:04/04/13 08:32
794>795

よく言われることですけど、エルロイのLA4部作って、物凄い関係性妄想なんでしょうね。
A(たとえば実母が惨殺される)という事件があって、時間も地理も遠隔地でB
(ポルノ雑誌の違法販売)という事件があって、一見無関係なんだけど、どこかで
捜査情報が重なり、それを端緒に事件の全体像が浮かび上がる。

たぶん、「願望」なんでしょうが、「実母を殺したのは誰か」ってものすごい
強迫観念で捜査資料を読み漁った経験の産物なんでしょう。

ただ、ゴミ箱ヴィンセントが、映画よりもあっさり殺され、どこで誰がネタバレメール欄に
行き着くのか、よく判りませんでした。
ディズニーランド暗黒の誹謗中傷史(wが入るから、余計プロットが複雑になった部分も
今回あるので、うーん・・・・。

やはり、マイフェイバリットはビッグ・ノーウェア揺るがずでしただ。

799 :名無しのオプ:04/04/13 08:54
いや、LAコンフィデンシヤルが傑作なのも揺るがずですが・・・。

>797
「イノセンス」私もよかったです。主人公が延々、亡き妻を想いつづけたあげく
冥府まで下り、変容し果てた彼女と再会するオルフェウス神話の変形が
好き。人体解剖ネタも、絵的にエルロイぽかったし。

エルロイ風の美学って、単に50年代犯罪映画をリメイクするだけじゃなく
押井守やロマン・ポランスキーみたいに、それ以外の何かを持ってる人じゃないと映像化難しいと
最近夢想。

スターリング・ヘイドンをラッセル・クロウにキャスト変えただけじゃ
物足りない


800 : :04/04/13 15:51
>>798
> A(たとえば実母が惨殺される)という事件があって、時間も地理も遠隔地でB
> (ポルノ雑誌の違法販売)という事件があって、一見無関係なんだけど、どこかで
> 捜査情報が重なり、それを端緒に事件の全体像が浮かび上がる。

これってストーリーテリングのありがちな手法だと思うが。

801 :名無しのオプ:04/04/13 16:47
>800
賛成。そういう意味で古典的な手法使っているのではないかい? もちろんエルロイはそれ以上の
ものがあるが。サブストーリーの絡み方、極端なキャラクターとか。『ブラック・ダリア』しか
読んでいないけど。キャラクターにすぐに感情移入して、そのまま勢いで最後まで読んでしまった
ので、あまり斜に構えるヒマもなかったよ。確かに「ああ、この話はどこで、これまでの話と絡む
のかなあ」なんて考えることもできたわけだけど。

ところで
チャールズ・ウィルフォードの『危険なやつら』はその正反対に、関係ありそうなものが、気持ち
いいくらいに絡み合わず、骨がどんどん外れるように(この表現はあとがきから)物語が破綻して
いって、最後は全く腹に力が入らない「ヘヘヘヘー」という笑いで終わるのが最高だった。『ブラ
ック・ダリア』の読後感と正反対とは言えないけど、全然ちがう種類のものだったよ。

802 :名無しのオプ:04/04/23 09:06
age

803 :名無しのオプ:04/05/07 05:38
http://www.modestyarbor.com/policegazette.html
アンダーワールドUSA第3作:
『Police Gazette』(警察新聞、警察官報?)2006〜7年発売?
フランスの編集者はこのアンダーワールドUSAトリロジーのタイトルに一貫性を持たせるために
第2作目を『アメリカン・デストリップ』にしたそうだけど(明らかに日本版タイトルはここから)
第3作目は『アメリカン・マッドネス』なのだそうな。これも日本版のタイトルなっちゃうのかな?
内容はリチャード・ニクソン指揮による南米における帝国主義支配に焦点を当てるそう。

804 :名無しのオプ:04/05/07 15:27
デストリップ文庫化遅ぇ

192 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)