5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何を今さら西村寿行

1 :コロスケ:2000/10/30(月) 14:56
「垰」いいっすね。
つーか、今のゲロゲロに長い小説よりも潔いです。ナリ


2 :名無しのオプ:2000/10/30(月) 19:30
いいねえ。好きです。
でも最近、支離滅裂です。記述の視点が一体何なのか?
鯱シリーズのファンですが、十樹クンとうとう時空の旅に出ています。
そのうち宇宙人と戦うのでは。

3 :名無しのオプ:2000/10/30(月) 23:57
大昔の傑作しか読んでません。「蒼氓の大地滅ぶ」「滅びの笛」
とかね。県知事ってなんて偉いんだろうと感心した覚えが。
あとスポニチ連載の「牙城を撃て」でボッキしてしまい一駅乗り越した
ことも(恥
まだ健在なんですよね。最近のでよいモノを知りたいなあ。

4 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/10/31(火) 00:22
「鯱」シリーズねえ、10年前にはまって読んでました。でも段々トンデモ
本なノリになっていきましたね、そうか十樹クンは「時をかける少女」してるのか…

5 :名無しのオプ:2000/10/31(火) 14:41
完全に峠を越えた気がします。
意外に時代劇良いよ。

「秋霖」「虚空の影落つ」「怨霊孕む」「鬼」この辺りは最高傑作です。
あと、「血(ルジラ)の翳り」も傑作。

>3
勃起ものなら、「悪霊の棲む日々」。ちょっと歪んでますが。
>4
「鯱」シリーズも勃起もののシーンが多いですね。

6 :名無しのオプ:2000/10/31(火) 18:27
にしむらことゆき?

7 :名無しのオプ:2000/11/01(水) 06:45
「闇に潜みしは誰ぞ」なんてのはどう?

8 :名無しのオプ:2000/11/01(水) 16:39
時代劇、いいすね。やたら杖術が活躍するのね。
初期の「君よ憤怒の河をわたれ」「白骨樹林」なんかもいいす。

9 :>8:2000/11/01(水) 17:54
杖には無限の命がある。

10 :名無しのオプ:2000/11/01(水) 20:34
>>6
じゅこう。

杖はまじで活躍しすぎ。
難事件をこつこつ解決していた徳田左近ですら、いつのまにか杖術の達人だもんなあ。

11 :2:2000/11/01(水) 21:42
田宮雷四郎シリーズの白川武秋も。

12 :コロスケ:2000/11/02(木) 12:46
>11
宮田雷四郎ナリよ。俺、マジで杖道の教室を探したことがあるナリよ。

13 :11:2000/11/02(木) 19:41
>12
すまん。間違えた。

14 :名無しのオプ:2000/11/04(土) 03:00
杖が一番活躍するのは「秋霖」だね。


15 :名無しのオプ:2000/11/04(土) 03:14
ちとキワモノ? だけど『地獄』が好き〜
各社の編集者たちとフグ食って死んで
あの世でガキの喧嘩する話

マジで俺の西村ベスト(自藁

16 :11:2000/11/04(土) 09:01
>15
同感。西村はキワモノがおもしろい。
「地獄」同様に「黒猫の眸のほめき」もご贔屓に。
寿行が主人公で、例の編集者たちも登場します。

マイベストは「魔の牙」です。もう七度読んだ。

17 :コロスケ:2000/11/06(月) 19:14
>16
魔の牙、やくざがいいキャラナリね。

18 :名無しのオプ:2000/11/07(火) 13:06
西村寿行のあの漢文調の文体がカッコイイ!
漢文がちょっと好きになったなあ。
「壮士ひとたび去ってまた還らず」...とか

19 :名無しのオプ:2000/11/08(水) 11:14
最高なのは出だしの文章。
「夏八月、一人の僧が峠に・・・・峠は垰とも言う。・・・・・・」


20 :名無しのオプ:2000/11/08(水) 12:56
小説の内容は暴力と陵辱の嵐でアレなんだけど、
下品にならず、格調の高さも同居してるよね。あの文体って。

21 :>20:2000/11/08(水) 20:00
純文学に走っていたら、かなりの地位にいたはずだ。

22 :若葉名無しさん:2000/11/12(日) 00:42
基地外的西村寿行ファンです。
たまに出てくる文学的な表現、あれはやっぱりプロを感じさせる。
文章はテンポが良くて読みやすい。
鯱シリーズや鷲シリーズもおもしろいけど、牛馬解き放ちなんか結構泣ける

23 :名無しのオプ:2000/11/12(日) 03:17
「癌病船」「無頼船」シリーズが好きなんですが、駄目ですか?
クルーは殴り合い、白人女は必ずレイプ。
What's a wonderful world.

24 :2:2000/11/12(日) 09:10
>22
おー、そうだった。鷲シリーズがあったんだ。あれはおもしろい。
中郷・伊能コンビ最高。吉良の親分が登場する「鷲の巣」がいい。

25 :名無しのオプ:2000/11/12(日) 14:42
昔、図書館で借りて読んだ本がトラウマになってて
いまだにこの人の名前を見ると引いてしまふ・・・。
ここにオススメで載ってる本は面白いのかな?
また借りてみようかな〜。

26 :名無しのオプ:2000/11/12(日) 21:39
原点ということで「老人と狩りをしない猟犬物語」をお薦めしたい。
エロスもバイオレンスもないしね。

それと、「黒猫の眸のほめき」は「珍しや蟾蜍吐息す」といっしょに読むと、
通常の感覚の持ち主なら怒ると思う。ほとんど二度売りだから。
そこを楽しく読めたら立派な西村寿行マニア。

27 :若葉名無しさん:2000/11/13(月) 19:29
22>23
「無頼船」シリーズもおもしろいですね。
ということで西村ファンを増やすため上げちゃいます。
ミステリー板なのにいいかな?


28 :25の名無しのオプ:2000/11/13(月) 21:47
>26
「老人と狩りをしない猟犬物語」
たしか西村さんの処女作でしたか?
未読なので読んでみます。どうもありがとうです。

ちなみにトラウマになった作品は
「晩秋の日の燃ゆ」(タイトルやや自信なし)
エロスもバイオレンスもまあまあ平気ですが
濃ゆいホモネタがいたいけな小学生にはキツかったです。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/14(火) 12:02
寿行のホモネタって独特だよね。

30 :若葉名無しさん:2000/11/14(火) 21:24
幻覚の鯱の3作目ってまだですよね。
果たして書いているのだろうか。
大病わずらったし、年も年だからちょっと心配。

31 :名無しのオプ:2000/11/14(火) 23:34
県知事大活躍モノ、次は長野県希望。

32 :名無しのオプ:2000/11/15(水) 00:13
「症候群」の変態ぶりが最高です。迷い込んだ幼い兄妹を狭い檻に飼って、
やがて白痴化する兄妹。そして性に芽生え、マウント行為から無理矢理
妹を犯す兄、、、。書いている途中で、、、。


33 :名無しのオプ:2000/11/15(水) 11:11
自分は大学生の時にハマったけど、寿行を厨房工房で読んだりするとさぞかしトラウマになるんでしょうなあ。
寿行は鬼畜なダークサイドを執拗に描く反面、
個人の尊厳や踏みにじられたものへの怒りや悲しみへの共感も書いた作家でもあったよね。
(そのあたりが凡百なキワモノ作家と異なるところ)

34 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/15(水) 14:01
>33
厨房の時に「鯱」シリーズ読んでました、夢枕獏氏が自分のルーツだと言ってたので。
ちょっとSM描写に影響受けたと思います。西村氏の影響を受けたといえば、サンデーで
「うしおととら」や「からくりサーカス」書いてる藤田和日朗氏もファンだそうです。

35 :名無しのオプ:2000/11/15(水) 18:43
怨霊孕む が狂気の頂点です。


36 :名無しのオプ:2000/11/15(水) 22:30
だからあ、「滅びの笛」と「蒼氓の大地滅ぶ」は必読なんだってば。

37 :名無しのオプ:2000/11/15(水) 22:41
動物ものがいいと思います。動物の描写は日本一うまいと思います。

38 :若葉名無しさん:2000/11/15(水) 23:16
>36
滅びの宴もね

39 :名無しのオプ:2000/11/16(木) 00:30
宿題の読書感想文を書くのに西村寿行の小説を読んで書いた。
小学校3年くらいの時に。
「垰」だけど。

40 :名無しのオプ:2000/11/16(木) 08:55
みなさんのオススメを見てみると寿行はいろんな面を持っているよね。
題材でざっくりと分類すると
パニック...滅びの笛など
動物...老人と狩りをしない猟犬物語
時代劇...秋霜
復讐...牙城を撃て、我が魂は久遠の闇に
冒険活劇...鯱シリーズ、鷲シリーズ
推理サスペンス...安楽死
ええと他にもいろいろあったような。
題材がクロスオーバーしてる場合もあるよね。

41 :名無しのオプ:2000/11/16(木) 14:20
>34
夢枕は文体に影響がありありですな。
藤田は意外ですなあ。他に作家のリスペクターっているのかな?

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/17(金) 10:39
>41
よくゴルゴがパクっていたけど。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/21(火) 10:31
このスレを読んで、『化石の荒野』を再読しました。
切れのある文体、主人公の心理描写などやっぱり一級品ですね。

44 :名無しのオプ:2000/11/22(水) 03:49
「症候群」、70回ほど読みましたが…いいですね。
「幻想都市」にでてくる2人の男子高生も良かった。

45 :名無しのオプ:2000/11/22(水) 14:51
「悪霊刑事」はスプラッター描写がかなりキていたなあ。

46 :名無しのオプ:2000/11/24(金) 23:56
涼子様のおしりさま

47 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 11:21
尻へのこだわりもすごいね。
必ず後ろから犯す。
>46

48 :名無しのオプ:2000/11/28(火) 02:19
高い尻ね
>47

49 :15:2000/11/28(火) 02:25
>11氏
黒猫の眸やっとこ見つけたんでやんスよ。
しかしプレミアついて漱石君1枚半はキツイっスよ


50 :名無しのオプ:2000/11/28(火) 12:00
人妻専門でロリはほとんどない。

51 :11:2000/11/28(火) 19:12
>15
『神浴温泉郷始末記』堪能して頂けましたでしょうか。
しかし何故1500円? 角川文庫で600〜700程度では?

52 :名無しのオプ:2000/11/28(火) 22:01
西村氏の性生活が知りたい。
意外にノーマルだったりして。

53 :名無しのオプ:2000/11/28(火) 23:18
高校時代、「異常者」がクラスで回し読みされた。
あまりの内容に、男子校にも関わらず、男性不信になった。

54 :蒼氓の大地滅ぶ:2000/11/28(火) 23:40
読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!
読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!
読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!
読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!
読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!読め!

55 :>54:2000/11/29(水) 13:29
ブックオフで探してくる。

56 :名無しのオプ:2000/11/29(水) 17:28
「狼のユーコン河」あたりが面白く読めた最後かなあ。
リアル厨房の頃は読みまくっていたんだけどな。
「風紋の街」の本家・分家の馬鹿コンビが大好きなんだけど、
続編?では前作の設定完全無視してて萎えた。

「地獄」も大好き。
これを連載させてた今は亡きSFアドベンチャーは偉かった(w

57 :名無しさん@1周年:2000/12/07(木) 23:55
消防で出会ったのが運の尽き。
「黄金の狗」って、ドラマとは全然別物やん!

58 :名無しのオプ:2000/12/08(金) 18:21
あーそうそう結構ドラマ化されてたね。
火曜サスペンス劇場で「淋雨の時計台」がドラマ化されてて、田中邦衛主演。
主人公を癌で余命が短い設定に変更してた。
これはなかなか良くて、原作より感動した覚えがあった。

59 :名無しのオプ:2000/12/08(金) 19:59
化石の荒野 の映画のポスターがいやらしくて好きだった。
子供だったから、じっと見てたっけ。

60 :名無しのオプ:2000/12/08(金) 20:44
>>54は猛プッシュのわりにタイトルが誤変換。コピペ?
蒼”茫”ね。

61 :54:2000/12/08(金) 21:25
>>60
ゴメン。本は実家に置いてあるので気がつかなかった。大恥

62 :奥さまは名無しさん:2000/12/09(土) 23:16
いくらなんでも沈みすぎ

63 :>59:2000/12/11(月) 11:28
再読しました。ヒロイン抱きたい。

64 :名無しのオプ:2000/12/13(水) 14:02
逢魔シリーズは?

65 :名無しのオプ:2000/12/14(木) 16:25
抜けるヤツ教えてくれ!


66 :名無しのオプ:2000/12/14(木) 19:07
>65
「汝!怒りもて報いよ」
あればっかりです。

67 :名無しの宰相:2000/12/14(木) 21:17
「我が魂、久遠の果てに」だったっけ?

カニバリズムに走った作品でわたしはかなり好きです。


68 :名無しのオプ:2000/12/14(木) 21:29
「峠に棲む鬼」「去りなんいざ狂人の国を」
「妖しの花乱れにぞ」「頽れた神々」


69 :名無しのオプ:2000/12/14(木) 21:45
西村寿行の登場人物って独特な名前のが多いけど、
元ネタとかあんのかな?

70 :名無しのオプ:2000/12/18(月) 21:44
>>65
「われは幻に棲む」:凄い設定が多いなぁと感じましたが。

71 :名無しの灯の燃ゆ:2000/12/22(金) 01:25
厨房の頃に読んで以来、単純にエロ作家として尊敬しています。

一番オススメのエロ作品は何ですか?

72 :名無しの灯の燃ゆ:2000/12/22(金) 01:27
すいません。66で出てましたね。読んでみます。

73 :名無しのオプ:2000/12/22(金) 10:43
「悪霊の棲む日々」
最強のエロです。
ボボ、ボボ、そればっか。

74 :名無しのオプ:2000/12/23(土) 18:42
エロエロいうなあ〜。動物物短編集「捜獣鬼(うろおぼえ。捜神鬼だったっけ?)」最高!亡き祖父との約束を守りアカテガニの産卵行を見守る少年。それを支える人々。あと『滅び3部作』はパニック物の最高峰。あれに匹敵するのはロメロの『死人3部作』しかありません。絶望の中の愚行、諦念の中の信念……。最高っす。

75 :名無しのオプ:2000/12/25(月) 14:45
初期作品「白骨樹林」(ちょっちマイナー)古本屋でゲットして一気再読。
権力に復讐する個人というテーマ。
長すぎず、締まった構成。魅力的な脇役たち。
ラストが非情なのにそこはかとなく感傷的ですごくいい感じです。
(エロエロは無しよん)

76 :名無しのオプ:2000/12/26(火) 11:51
『滅び3部作』は怪獣映画好きにもお勧めする。特に滅びの笛。
次々に突破される人間の英知をかけた防衛線!(もちろん電撃作戦もある)

ところで、えーとなんてタイトルだっけ?
あの狂信集団がトンネルで毒ガステロ(青酸ガス)やるやつ。
オウムの時に話題になるかと思ったけど意外に言及されなかったね。


77 :名無しのオプ:2000/12/26(火) 11:59
>76
「去りなん、いざ狂人の国を」
みたいな題だったような。

78 :名無しのオプ:2000/12/26(火) 20:57
こうしてみると西村寿行ってホントに凄かったなあ。
過去形なのが残念至極。
もし未読の方がいたら、74・75・76さんあたりを
参考にお読みになることを強くおすすめします。

79 :名無しのオプ:2000/12/27(水) 01:31
>過去形なのが残念至極
 昔は本とおもしろかった。割と新しい目(かな?)の『旅券のない犬』大好きなんだけど、国際謀略戦とか幻の遺跡とか無意味に話を大きくしすぎ。単に犬が苦労しながらユーラシア横断して飼い主(の息子)と再会する話にすればよかったとか思う。
 功なり名を遂げて読ませるものが書けなくなったのかなあ。ま年だし無理はいうまい。『往きてまた還らず』でも再読しよう。これもテロ・パニックものの傑作だよ。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 01:36
>76
ニュースで取り上げられてました
その辺西村氏にインタービューしたがノーコメントだった

81 :名無しの鷲:2000/12/27(水) 14:00
>『往きてまた還らず』でも再読しよう。
ああ、これもよかったねえ。
これが後の「伊能と中郷のお笑い珍道中」シリーズに化けることを誰が想像できたでしょうか。
あ、「頻闇に命まどひぬ」もおもしろいよ。

82 :名無しのオプ:2000/12/28(木) 01:19
>「頻闇にいのち惑いぬ」
カーマとバーホ萌え。ハァハァ

83 :名無しの犬:2000/12/28(木) 02:58
別スレの故大薮氏もそうだが、西村寿行ももう書かないほうが晩節を汚さないような気がする。借金でもあるのか?とりあえず『往還』の二人をやじきた状態に追い込んだのは許せぬ。
『往還』で伊能がシスコンという設定になんか萌えた。あと斧割、鉈割コンビはなんて作品だっけ?

84 :名無しのオプ:2000/12/28(木) 09:05
>とりあえず『往還』の二人をやじきた状態に追い込んだのは
そーいえば「鯱」シリーズもそうだね。(「頻闇に...」までは結構すきだけど)

>借金でもあるのか?
借金はないかもしれないけど、貯金もなさそうだなあ。
寿行って破滅型だからね。

85 :名無しさん:2000/12/28(木) 22:12
でも、幻覚の鯱の結末は知りたい。

86 :名無しのオプ:2001/01/04(木) 14:06
>84

相続対策はすでにばっちりやってあるらしいよ。

87 :名無しの鯱:2001/01/05(金) 08:31
>86
ふーん。1年くらいまえのエッセイで、女房と子供が出ていったようなことが
書いてあったけど、戻ったのかなあ?
(娘さんはたしか双葉の編集と離婚してなかったけか)

88 :われは名無しにぞ棲む:2001/01/11(木) 13:26
「時の旅」はお勧め。
環境破壊を取り締まる特別捜査官と権力の闘い。
メインプロットのいくつかの独立したサブプロットがからむ。
どのエピソードもおもしろく、かつ本筋からけして逸れることも無くまとまっている。
全体としては地味な印象ながらも題材は
老人と犬、動物、少年、レイプ、パニック、孤独な主人公、権力の犯罪、
とこれまでの西村寿行の要素がいろいろ入っている。
省庁のリストラについての記述は昭和に書かれた当時としてはさすがに慧眼であり驚かされる。
主人公は孤独だけれど、けして虚無にならず、暖かみもあり魅力的。
この主人公でシリーズ化されないのが惜しいくらい(売れなかったんだろうね)。
寿行作品としてはアクも少なく、目立つ存在でもないだろうけど、愛すべき佳作かと。
古本屋でみかけたらぜひ。

89 :名無しのオプ:2001/01/16(火) 08:30
「滅びの笛」を読んだとき、「ななはん」という表現が気になってしまったな。



90 :名無しのオプ:2001/01/17(水) 23:39
「鬼の足音」の由紀ちゃんいいね。

91 :名無しの宴:2001/01/31(水) 19:00
あげさせてくれ。

92 :名無しのオプ:2001/02/03(土) 02:41
>>7
>>66
>>67
このへん若い頃に読んじゃったから、私のトラウマになってますね。
危ないか・・苦笑。

93 :名無しのオプ:2001/02/13(火) 16:19
古本で入手した「赤い鯱」を読んだ。
女性を思いっきり「物」あつかいしてるのが面白い。
本筋とは関係ないはずのサロベツ原野、深海、動物の描写が寿行ならではの味だ。

ちなみに元ねた?の「レッドオクトーバーを追え」は
あぜんとするほどつまらなかった覚えがある。

94 :名無しのオプ:2001/02/13(火) 22:12
検索した。
「赤い鯱」が1979年。
「The Hunt for Red October」が1984年だった。
少なくとも元ネタじゃないな。

95 :93:2001/02/14(水) 09:52
>94
ありゃ。よく調べずに思い込んでた。申し訳ない。

96 :名無しさん:2001/02/14(水) 13:39
いま「無頼船」シリーズに嵌まって読んでます。なんかホントムチャクチャで
大人の御伽噺ですな。

97 :名無の鷲:2001/03/02(金) 15:15
「頻闇に命まどひぬ」
「鷲」シリーズの3作目。
1作目のシリアスさはどこへやらで中郷はすっかりわらかしになっているが、
伊能と中郷のキャラクターがそれぞれ確立しているし、
敵も凶悪でスケールも大きく、シリーズで最も痛快なのでは。
4作目以降つまらなくなったのは、伊能と中郷の区別がなくなったからだ。
中郷の毒電波にやられたんだろーか。

98 :名無しのオプ:2001/03/12(月) 14:54
BOOK OFFで「黒い鯱」をゲット。
読んでみるとなんと、メロドラマだったとは...

99 :名無しのオプ:2001/03/16(金) 20:16
「梓弓執りて」
なんとなく、俺的最高評価。
ここら以降、女の扱いが神性を帯びはじめたと思うな。

100 :名無しのオプ:2001/03/22(木) 10:54
>99
シブいですな。

101 :名無しのオプ:2001/03/28(水) 16:03
霖雨の時計台、無茶苦茶読み返したなあ。
すごい筆力だと思う。あの荒唐無稽をリアルに読ませるんだから。
小学校五年くらいに初めて読んで(なんだったかわすれた、「わらの街」だったか)
女性が蹂躙されまくる話で引いたというかビビッたけど結局なんのかんので読み続けたなあ。

そういえば関係ないかも知れないが2chオカルト板に行って
「不気味な事件」スレなどを読むと面白かった。西村寿行が書きそうや、とか思ったり。

102 :名無しのオプ:2001/03/29(木) 13:55
>霖雨の時計台、無茶苦茶読み返したなあ。
「火曜サスペンス」でドラマ化されたよね。
田中くにえが主人公の刑事をやった。
主人公は癌で余命いくばくもない...というアレンジがプラスされていて、
なかなかよかったなあ。

103 :名無しのオプ:2001/03/29(木) 14:08
>>102
過去ログで読んではいたけど…どうにかやって見られへんかなぁ。
すげえ見たい。

104 :名無しのオプ:2001/04/02(月) 23:11
断固としてageたい。私にとって神。

105 :名無しのオプ@逆から読んでもベルタルベ:2001/04/03(火) 01:06
をを粋だねえ、そうすっと悪魔は西村望か京太郎か?(藁


106 :名無しのオプ:2001/04/06(金) 16:16
>105
いやたぶん赤川次郎(なんとなく)。

107 :名無しのオプ:2001/04/08(日) 02:42
≫104
私も男根としてageたい。

108 :名無しのオプ:2001/04/08(日) 12:20
ああ、男根さま・・・

109 :匿名希望さん:2001/04/11(水) 18:40
男根さまと尻あげ

110 :名無しのオプ:2001/04/11(水) 19:58
お尻さまといいなさい

111 :名無しのオプ:2001/04/12(木) 01:49
上品な奥さまが、粗野な男に抱かれているうちに「男根さま!」と叫んでしまうのだ。

112 :名無しのオプ:2001/04/12(木) 14:06
寿行はロリはないんだよな。

113 :名無しのオプ:2001/04/12(木) 16:44
>112
「症候群」

114 :名無しのオプ:2001/04/18(水) 09:59
例の佐藤はリアル「症候群」だったなあ。

115 :名無しのオプ:2001/04/19(木) 10:38
「問題小説」に寿行のエッセイていうか近況が載ってたよ。
大邸宅で独り住まいだけど、それなりに平和に過ごしてるみたい。
枯れた文章だったけど、
「独りが良い。二人以上は対立になる」
と書いているのは、らしいな、と思った。

116 :名無しさん@1周年:2001/04/23(月) 15:27
寿行から男を学んだ。
って、やばい?

117 :いのしし:2001/04/24(火) 21:51
寿行はいのししを過大評価している。

118 :名無しのオプ:2001/05/01(火) 01:11
緋右衛門の麗息丹(だっけ?)が欲しい

119 :名無しのオプ:2001/05/04(金) 02:20
「鬼の跫」はよかった〜。。。。。。

120 :名無しのオプ:2001/05/04(金) 12:35
「鬼女哀し」が迫力があって好き。

121 :名無しのオブ:2001/05/04(金) 22:58
俺は「悪霊の棲む日々」がトラウマだな。
本当に悪夢みたいな小説だった・・・今でも読み返してはイヤ〜な気分に浸ってるよ。

122 :名無しさん@120分待ち:2001/05/14(月) 20:53
>121

激しく同意。ボボの連呼、あの年代の漁師を見ると今でもどうもいただけない。

123 :名無しさん@120分待ち:2001/05/17(木) 17:30
滅びの笛 の「ななはんの男」のメンバーに加えて欲しい。

124 :名無しのオプ:2001/05/19(土) 00:38
逆にワーストでも考えてみるか。
「無法者の独立峠」とかどうよ。

125 :世界@名無史さん:2001/05/19(土) 01:44
寿行は男根のちからも過大評価しているよね

126 :名無しのオプ:2001/05/19(土) 02:11
>>125
だがそれがいい

127 :名無しさん@120分待ち:2001/05/21(月) 14:06
>>126
女の尻モナ


128 :名無しさん@120分待ち:2001/05/21(月) 17:21
ワーストに
道州制モノすべて。
妄想だらけでもう秋田。
動物モノで再出発せよ。

129 :名無しのオプ:2001/05/23(水) 10:50
「問題小説」でエッセイ連載してる。
ほどよく枯れていていいかんじ。

130 :名無しのオプ:2001/06/01(金) 14:22
寿行で抜いたのが50回や100回ではおさまらない。

131 :名無しのオプ:2001/06/01(金) 15:36
いくら抜いても抜ききらない男のサガ

132 :名無しのオプ:2001/06/01(金) 16:39
一番抜けるのはどれ?

133 :名無しのオプ:2001/06/02(土) 16:49
>>132
やっぱり症候群だろう。「明彦と博子を全裸にしてそこに飼いはじめた。…
明彦と博子は最初は怒り狂った。哀訴した。家に帰してほしいと泣いて暮ら
した。絶対に帰さないと朱野は断言した。死ぬまでおまえたちを飼う。…」
ってとこ。

134 :名無しのオプ:2001/06/04(月) 15:43
症候群収録の徳田刑事ものがイイ。

135 :名無しのオプ:2001/06/15(金) 11:21
さすがに下がりすぎ。

症候群 は今の若者が読むと本当に実行しそう。

136 :名無しのオプ:2001/06/15(金) 23:37
>>135
広大な地下室を所有する今どきの若者、は少ないと思われ。


137 :名無しのオプ:2001/06/18(月) 14:28
新潟の佐藤なんかはモロだよなあ。

138 :名無しのオプ:2001/06/18(月) 15:25
広大じゃないけど
地下室(防音のカラオケルーム)作る人
増えてきてるよ
「建築屋」より

139 :名無しのオプ:2001/06/18(月) 23:36
>>134
「馬鳴神」、短いながらも佳作だよね。
パンツを履こうと焦る大学生萌え。

140 :名無しのオプ:2001/06/21(木) 05:11
男根さまとお尻さまあげ

141 :名無しのオプ:2001/06/23(土) 01:48
「異常者」古本屋で見つけたよ。

142 :名無しのオプ:2001/06/24(日) 02:07
エロは好きだけど、異常者はちとキツイ。

143 :名無しのオプ:2001/06/28(木) 11:17
>ALL
短編なんですけど、畳ほどの石鯛を釣る話しが収録されているタイトルを
教えてください。
多分初期の作品だと思います。

144 :名無しのオプ:2001/07/15(日) 20:34
「症候群」読んだけどラストがよーわからんかった

145 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 16:29
あげとくか

146 :>143:2001/07/27(金) 14:44
たしか「海の修羅王」じゃなかったかな。ミサゴを海に引きずりこんだ石鯛が出てくるやつ。
「咆哮は消えた」という文庫本に入っていたと思う。しかし、相当初期なので、古本屋にしか
置いてないだろうな。
がんばって探すべし。

147 :名無しのオプ:2001/08/05(日) 22:28
男根さまage。

最近は小説を執筆されてないのでしょうか?

148 :名無しのオプ:2001/08/07(火) 18:48
「問題小説」でエッセイ連載してるよ。

149 :名無しのオプ:2001/08/07(火) 19:43
2年くらい前に「SPA!」で、妄想こそが究極のエロである
みたいなことを言っていた。さすがイカす。
マンガ家の新井秀樹あたりもファンなんじゃないのかな。
老猟師の格好良さのあたりとか。

150 :名無しのオプ:2001/08/17(金) 01:50
女も男も別なし。尻を上げい。というのが良い。
しかもそういったことを豪放な文章で描くから
読者を部屋の隅に追いやることがない作品だと
思うのよね。プロの物書き、という存在を意識
させる作家。

151 :名無しのオプ:01/09/14 08:46
ageとこう

152 :名無しのオプ:01/09/30 04:32
「女さまの、お尻さま」ってフレーズを厨房の頃に目にして、
こんな本を本当に出版していいのかと思った。
紙一重の人だろうね。

153 :名無しのオプ:01/10/02 17:21
>>149
マジで!? そんなイカス記事が。読みてえ。詳しい号数わかる?

藤田和日郎さんの「うしおととら」はキャラのネーミングが寿行さんだよね。
「関守日輪」とか「秋葉流」とか。

154 :149:01/10/02 18:22
>>153
ごめん。いつ頃だったかもうろ覚えだし、何人かにインタビュー
したうちの一つだったからごく短いものだったよ。

おまけに「うしとら」の流は、たしか杖(錫杖)を使ってなかった?

155 :名無しのオプ:01/10/07 23:31
この人の書くカラス好き。
どうしても飼いたくて、どっかに雛が落ちてないか探し回った消防時代が懐かしい。

156 :名無しのオプ:01/10/16 17:52
>>153
藤田和日朗さん、西村さんの大ファンだそうです、何かのインタビューで
言ってました。ネーミングセンスにも影響受けたそうです。

157 :名無しのオプ:01/11/15 19:13
本当に何を今更なんですが、男根って何て読むんですか?
ダンコン?オトコネ?
西村寿行、いっぱい読んでるんですが、未だに分かりません。
恥を承知で誰か教えて下さい。
男根持ってないもんですから・・・

158 :クワジ:01/11/15 19:34
高校時代、昼飯代を100円ラーメンで切り上げて
近くの古本屋でワゴンセールになってた西村寿行作品を買いまくったよ・・・
エロ目的でもあったけど、やっぱあの粘ついた凄みが好きだった。
ジャンル的には違うんだろうが、商業っぽいエロ+仮借ない暴力+古本屋における紙くずみたいな値段で
個人的には日本パルプ・ノワールの先駆者として推したい。
『学歴のない犬』『帰らざる復讐者』は傑作!

159 :名無しのオプ:01/11/16 00:22
何て読むか俺もわかんね
もしかして、ここに書き込んでる奴も
しらねぇんじゃないのか

160 :名無しのオプ:01/11/16 00:58
新聞広告で見たんだけど、「鷲」ってもう店頭に並んでる?
中郷と伊能が大好きなんで、探してるんだけど、どの本屋にもないんだよなあ。
徳間文庫だと思ったんだけど、間違ってる?
それとも、寿行好きが買いあさった後ってこと?

161 :名無しのオプ:01/11/17 14:01
え?文庫の広告が出てたの?!
私はノベルズ版を古本屋で探して買いました。

>157
ダンコン様です

162 :名無しのオプ:01/11/17 14:27
>>159
西村ひろゆき

>>160
ただの「鷲」?

163 :名無しのオプ:01/11/17 15:15
「鷲」は、さすがにつまらんぞ。
寿行よ、復活せよ。

164 :157:01/11/17 16:39
>>161
ありがとうございました。おかげで自信を持って読書出来ます。
ちなみに162を見て、作者の名前も にしむらじゅこう と
間違って読んでいたことに気づきました。
自分の無知を思い知りました。

165 :名無しのオプ:01/11/17 20:59
ネタ?マジ?>164

ちなみに「鷲」の誤字、文庫でも直ってなかった。
「亀頭組」はねえだろ!!「鬼頭組」だろ!!
ジュコウ先生、早く二人がアラブのテロリストを殲滅する話とか書いてください。

166 :名無しのオプ:01/11/17 21:10
ドブネズミのやつをまた書いてよ

167 :164:01/11/18 08:54
マジなんですけど・・・
エッ!何!じゅこうでいいの?

168 :名無しのオプ:01/11/18 09:38
他にどう読めるんだよ

169 :162   :01/11/18 09:57
>>167
マジだったのか・・・
昔の角川版では本の裏に「JUKO」って書いてあったんだけどね。

170 :名無しのオプ:01/11/18 12:16
中学生の頃たまたま手に入れて読んでたら、母親が青ざめてた(藁

171 :名無しのオプ:01/11/18 21:37
息子が症候群なんか読んでたら、私も青ざめるよ
親からはすすめたくないね
自分は高校生の時に読んで、かなりショックだったから

172 :名無しのオプ:01/11/27 17:29
鉛の法廷、人類法廷、を忘れてないすか?

173 :名無しのオプ:01/11/27 20:06
忘れている。

174 :名無しのオプ:01/11/27 20:38
「幻覚の鯱」は十樹とゼロが過去に飛ばされたまま永遠に未完なのだろうか。

175 :名無しのオプ:01/11/27 22:31
>172
闇の法廷を忘れていないか。

176 :名無しのオプ:01/12/06 11:34
藤田和日郎に「無頼船」をまんが化してほしい。
「笑顔に清潔感のない男は滅びる。」

177 :名無しのオプ:01/12/09 19:12
一般書籍版のスレはdat落ちしちゃったの?残念

178 :名無しのオプ:01/12/11 04:17
ベルタルベ山。うまー

179 :名無しのオプ:01/12/14 20:30
あるじさまの男根さまを女神さまのお尻さまにーーーーーーーー!!!!!!!!!

180 :名無しのオプ:01/12/15 19:23
>>179
それ最初かなり衝撃的な文章だったけど
いろいろ読むうちに慣れてきたよ。
あっまた男根さまだって
どれにも出てくるね。

181 :名無しのオプ:01/12/17 20:10
どのへんから今のうねうねした文体になったのかわかるひといますか?

182 :名無しのオプ:01/12/22 17:01
ねつてつ 死ね

183 :名無しのオプ:01/12/26 16:22
「問題小説」で連載のエッセイおもしろいね。
寿行の父親はかつて中国で馬賊をやってたんだと。
この親にして...

184 :名無しのオプ:01/12/28 00:48
私なんざぁ小学生の頃から読んでましたが。>171
『去りなんざ〜』とか『牙城を撃て』とか。
でも何やってんのかいまいち分からなかったけど。
(ただやらしいことやってんのはわかってた)
でも、穴の数があわなくて
「こいつら、肛門に入れてんだ!」
とか思っていた。

185 :名無しのオプ:01/12/29 10:43
>寿行の父親はかつて中国で馬賊をやってたんだと。

それを元ネタで小説にしたらどうですか、寿行先生。おもしろそうだ。

186 :名無しのオプ:02/01/10 11:26
ねつてつ 死んでよ

187 :名無しのオプ:02/01/16 11:06
さるべーじ

188 :名無しのオプ:02/01/31 13:47
保全age

189 :名無しのオプ:02/02/12 15:03
保全age

190 :名無しのオプ:02/02/13 03:33
親父に寿行を教えたのは女子高生だった私ですが、何か?
親父はそのまま、清水一行に流れてしまいましたが。

191 :名無しのオプ:02/02/13 13:34
同人板で出てたな、と探してきた。
http://storm.prohosting.com/hebon/
ここの

http://blake.prohosting.com/hevonne/juko.html
ここ

192 :234:02/02/27 19:47
「鯱」シリーズと「死神」シリーズは次で完結になるんじゃないかな。
十樹君がゼロと一緒にイージス艦バージニアを駆って暴れ回っているところを
いきなり千石じっちゃんの思念で現代に呼び戻され、「あの、じじいー」と憤慨して終わり、伊能と中郷がビンラディンを含むアルカイダの残党(「幻覚の鯱」ではエリツィンも出てたね)を潰滅させてしまい、「あんた、これから
どうする」「バカタレ」という線で。まあ「鷲」も完結編という見方もできんことはないな。いつもの男根やら尻やらはなかったが、昇進前のエリート警察官僚がフリチンにされて放り出されるところなんて、妙に現実的で面白い。
「伊能と中郷なら、フリチンで署に戻ろう」という文もナイス。




193 :名無しのオプ:02/03/10 19:50
>>187
さるべーじといえば猿。
猿に犯されるはなしで抜いた17歳の夏。(遠い目)

194 :名無しのオプ:02/03/10 20:00
>>193
漏れも抜いた(w

195 :名無しのオプ:02/03/18 07:09
age

196 :234:02/03/18 09:42
死神(ザ・デス)読んだよ。
36歳の熟れた人妻が息子を殺した少年暴走族に復讐するために少年どもの
性交奴隷に……。

197 :名無しのオプ:02/03/27 06:46
ところで今日てれびとーきょーで『犬笛』をやるのですが
娘助けにいくのが父から母になってるよ。
どんだけ違うのか見たいけどぬるそうだから見たくない。
アンビヴァレンツだ。



198 : :02/04/03 14:36
>てれびとーきょー

 ここの2時間ドラマってやけに寿行原作が多いね。
 徳田シリーズとか向いてそう。いかりや長介かな。

199 :名無しのオプ:02/04/03 20:37
「症候群」ドラマ化きぼん。
このスレ読んではじめて読んだけど
これだけで500回は抜けそう。

200 :名無しのオプ:02/04/03 22:30
200ゲト
>>199
俺もきぼん
ま、絶対無理だろうが…

201 :名無しのオプ:02/04/03 22:49
>>200
キャストは、

明彦:滝沢くん(10年前の)
博子:後藤真希(10年前の)
朱野:俺(10年前の)

でどうだろうか。

202 :名無しのオプ:02/04/04 03:28
「双頭の蛇」とか「悪霊刑事」、有栖川も寿行ファンではないかと思う。
火村シリーズの何かに「ルジラの翳りを読んでないのか!」みたいな台詞が
あったよ。

203 :名無しのオプ:02/04/04 16:24
>201
きれいにオチてますな。

204 :名無しのオプ:02/04/04 23:09
「症候群」、博子が出産するシーンを描いて欲しかった…。
あと、親子3人の写真付き年賀状を
朱野が明彦たちの親元に送ったら面白いと思った。

205 :名無しのオプ:02/04/06 17:17
寿行好き。でもミステリーじゃないじゃん。

206 :名無しのオプ:02/04/06 19:45
昭和50年代の作品は「サイコ・サスペンス」や「謀略もの」や「ピカレスク」ってことで
広義のミステリ(冒険・ハードボイルド・ノワール系)に入れていいんじゃないか。
平成以降は、もうありゃ散文詩だね。前衛詩。じつは、きらいじゃないけど。

207 :名無しのオプ:02/04/06 21:08
>>202
「46番目の密室」冒頭の、大学の犯罪学の講義のシーンですな。
これがきっかけで「血の翳り」読んだ女の子が2、3人はいるんじゃなかろうか。
その後寿行作品に近づいたかどうかはわからんが(w

208 :名無しのオプ:02/04/09 20:22
「蒼茫の大地、滅ぶ」を読んでいるのだが、すげーおもしろい。
簡潔な文章なのに気が張っている。いまとは逆だね。

209 :名無しのオプ:02/04/16 21:49
徳間の電子文庫のページいくと
「官能、バイオレンス」のジャンルに西村望と並んでんだよなぁ。

210 :名無しのオプ:02/04/20 23:39
勝目梓とどっちがヌけますか?

211 :名無しのオプ:02/04/21 09:36
おれは寿行さん。
勝目さんは、文章がうまくて、描写が精密で、それが逆に「ぬく」のには向かない。客観的というか。
寿行さんは、犯す/犯される人間の倒錯した心理に描写を割いていて、「犯す!」って感じがすごくする。


212 :名無しのオプ:02/04/23 09:13
このスレ読んで、10数年ぶりに読みたくなり、
段ボール箱の上のほうにあった無頼船シリーズを読み返した。
えろてぃっくなシーンを読んでいると「尻」が脳裏にうかぶ...
性技のヴァリエーションは実はあまりなくて、オーラルと後背位ばかりだとおもふ。
でもそれが イイ!

213 :名無しのオプ:02/04/24 11:26
最近、どっぷりです。
寿行たんハァハァ

214 :名無しのオプ:02/04/25 07:12
いや、寿行たんに直接ハァハァするのは如何なものかと...

215 :名無的発言者:02/05/02 13:49
>212
無頼船シリーズは乗組員の愛すべきダメ人間ぶりが読んでて楽しい

216 :名無しのオプ:02/05/04 01:43
212ですだ
そうなんだよなぁ。緑地獄でも最後は殴りあってたし...


217 :Aチームのやつ:02/05/23 23:45
世界中で鳴らした俺達仙石文蔵一味は、濡れ衣を着せられ極東のデビル呼ばわりされたが、
あらゆる包囲を突破し、易々と各自の領土に戻った。しかし、山奥や孤島でくすぶっているような俺達じゃあない。
気分さえ乗れば金次第でなんでもやってのける命知らずのスケベ、不可能を可能にし巨大な悪やそうでないものも
粉砕する、俺達、国際冒険ロマン野郎≪鯱≫チーム!

わしは、リーダー仙石文蔵。通称ご老人。
あらゆる武術とと思念の達人。
わしのような神にも等しい武術家でなければ百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。

俺は十樹吾一、通称てふてふ。
自慢の逸物に、女はみんなイチコロさ。
ハッタリかまして、ブラジャーからミサイルまで、何でもそろえてみせるぜ。

よおお待ちどう。俺様こそ天星清八。通称天星君。
諜報戦略家としての腕は天下一品!
奇人?変人?だから何。

関根十郎。通称関根君。
科学技術の天才だ。NASAの宇宙ステーションも作ってみせらぁ。
でも影が薄いっていうのだけはかんべんな。

俺達は、道理の通らぬ世の中にあえて挑戦する。
頼りになる神出鬼没の、国際冒険ロマン野郎≪鯱≫チーム!
助けを借りたいときは、思念を放射するか、スイス銀行に五千億円振り込んでくれ。

218 :名無しのオプ:02/05/27 23:57
>通称てふてふ。
そーいや、そーだった。

219 :名無しのオプ:02/05/29 04:49
角川以外の寿行は本人の娯楽として書いているような気がしてしょうがない。

220 :中郷広秋:02/06/09 23:03
よく作品に出てくるけど、空挺旅団は本当に仔犬を育てて大きくなったら殺して食べる訓練をするのだろうか?
あと鯱シリーズって最後呪いの鯱じゃなかったっけ?幻覚の鯱ってなに?ぜんぜんわからん、誰か教えて!

221 :密室雀:02/06/10 00:01
幻覚の鯱は以前メフィストに連載されてたが、あれどうなったんだ? 終わったの?

222 :中郷広秋:02/06/10 22:41
>>221
えっ?連載だったんですか?でも呪いの鯱が文庫になったのが10年前ぐらいだったと思うけどまだ寿行は鯱シリーズ書く気あったんですね?(笑)
その連載っていつ頃の話か覚えてますか?

223 :密室雀 :02/06/10 23:27
>221
いやそれがまだ連載中らしいんよ(w
毎号載ってるわけじゃないんでオレもよく把握できてないんだけど。ストーリーは支離滅裂だし(w
中身は「ゼロが醜男の性交奴隷になって…」とかいう、おなじみの話。

224 :中郷広秋:02/06/11 12:17
>>223
連載中?でも毎号載ってるわけじゃない?そうなんですか、わけわからんですね。
たしかゼロって処女を喪うと能力も喪うのでは?
性交奴隷になっちゃだめじゃん!!

225 :中郷広秋:02/06/16 00:08
age

226 :名無しのオプ:02/06/16 00:17
>>224
ゼロは、もう能力を失ってるよ。

227 :名無しのオプ:02/06/16 16:00
「幻覚の鯱」か……
2年くらい中断したままだ。その間、なぜか読みきり短編を『メフィスト』に載せたりしている。
ちなみに、「〜神軍の章」「〜天翔の章」という副題で、2巻まで出ている。
「神軍」は初刊からもう7、8年経つんだが、なぜかノベルスにも文庫にもなってない。
たぶん、いきあたりばったりすぎて破綻し、寿行さんが続きの執筆も文庫化も拒否しているのではないかと……

228 :中郷広秋:02/06/16 23:48
>>226,227
ほほぅ。なるほど。
ご情報ありがとうございます。
とするとゼロの筆下ろし(??女だから違う?)の相手は仙石文蔵推薦の十樹吾一?
ますますわからんですな。
最近は鷲シリーズを順番によんでますが、母なる鷲なんて伊能も中郷も死神っぷりを発揮しないまま終わっちゃったし回を追う毎に行き当たりばったり支離滅裂になってきますねぇ。

229 :中郷広秋:02/06/17 13:35
age

230 :名無しのオプ:02/06/17 14:47
ドブネズミ又どこかで異常発生しないかなー

甲府全滅!!!!!!!!!

231 :名無しのオプ:02/06/17 19:01
蝗も。
東北からの流民を自衛隊繰り出して追い返す石原慎太郎。

232 :名無しのオプ:02/06/18 19:37
>>231
忘れてた
蝗もカムバック!!!!!!!!
石原都知事が実名で出てきたら最高なんだな

233 :中郷広秋:02/06/18 22:40
>>230
竹笹が30年に一度開花結実するときにネズミが大量発生するんですよね?
たしか猛禽類を刈りすぎて生態系が狂って・・・・

234 :名無しのオプ:02/06/18 22:46
滅びの笛は異様に面白かったなあ。

235 :名無しのオプ:02/06/19 08:46
>232
「幻覚の鯱」もクリントン前大統領が実名で出てきたしね。
あ、文庫にならないのってそのせいか……?

236 :中郷広秋:02/06/23 21:56
誰か「地獄」って読んだ人います?

237 :名無しのオプ:02/07/17 18:19
寿行さんと編集者たちが暴れまくるやつだっけ。未読です。

238 :名無しのオプ:02/07/17 21:08
>>237
おいおい、これを読まずして、何の人生の楽しみぞ。

239 :中郷広秋:02/07/18 21:52
地獄読んだっすよ!
まさにこれを読まずして、何の人生の楽しみぞ、ですねぇ。
ひさびさに進行しててビックリ。

240 :名無しのオプ:02/07/23 21:49
「犬族からの通信」はやく一冊分たまらないかな。
エッセイだか小説だかわからんところがまたいい。

241 :名無しのオプ:02/08/08 14:10
「晩秋の陽の炎ゆ」読んだけどすごいね
同性愛の一族が男子学生たちを誘拐して
無理やり強姦するとこがイイ

242 :コギャルとHな出会い:02/08/08 14:11
http://web.agi.to/pqwzxc/

 朝までから騒ぎ!!
   小中高生
   
   メル友
  i/j/PC/対応

女性の子もたくさん来てね
良いこと必ず有りますよ!
cococurb@yahoo.co.jp

日本最大のコギャルサイト
                  
女の子とHや3Pしたいならここ!!

おこずかいの欲しい女の子もたくさん来てね!!

243 :グラディエーター:02/08/10 20:40
西村寿行の作品で、オススメのレイプ作品は何?
俺は最近、「症候群」よんで、スゲーと思った。
その他の作品も読んでみたいので。

244 :名無しのオプ:02/08/11 17:49
>243
俺も最近、「症候群」読んだ。
俺も他の作品読みたいぜ。

245 :名無しのオプ :02/08/11 18:00
「症候群」は
小6の頃読んで異常に興奮したな・・・

246 :名無しのオプ:02/08/16 14:43
ageteokou

247 :吾輩は名無しである:02/08/19 03:24
>243
「帰らざる復讐者」の最初の所の季美が陵辱されるシーンには、なんどもお世話になりますた。

248 :名無しのオプ:02/08/24 00:56
いつ、誰とやっちゃったの?
詳細きぼん

249 :名無しのオプ:02/08/24 19:09
寿行の作品読むと角川春樹を思い出す。
作中人物にいそうな感じ。

250 :名無しのオプ:02/08/25 16:51
248は>226への質問

251 :名無しのオプ:02/08/26 20:05
確か過去の南アに飛ばされて、奴隷市場に立たされて売り飛ばされた(wと思う。
十樹が助けにいったときは、もう遅い、私は能力を失ってしまった、とか発言していた、と思う。
具体的にやられた描写はでていなかったよーな

252 :248:02/08/30 21:37
>251
レスさんくすです。
やられた描写はないですか。そりゃ残念。期待してたのに。
しかし、「過去の南アに飛ばされて」ってアンタ(w
確かここ、ミステリ板でしたよね?

253 :名無しのオプ:02/09/01 16:36
作中で天星だか十樹だかが「昔は肉弾戦で爽快だった。最近は思念バトルばかりで疲れる」と
ぼやいているのが、なんか寿行さんの肉声に思えておかしくてやがて哀しきという感じでした。

254 :魑魅魍魎:02/09/01 21:57
懐かしい作家の名前を見たよ。
何気無くこの板を覗いて驚いた。
今でも寿行ファンっているんだね。
それよりIMEが寿行を変換したよ。

俺も20年以上も前?に滅びの笛を初めて読んでから全巻読破したよ。
何冊も纏め買いして夜の7時くらいから朝の5時6時まで時間を忘れて読んでた。
懐かしいなぁ〜。
もう10年以上も買ってないけど何冊くらい新刊がでてるんだろう?
今度本屋さんに行って見てこよう!

俺が特に好きだったのは「垰」シリーズだったなぁ。
ゴールデンイーグルだったかな?
ジープが欲しくて堪らなかったよ。

255 :名無しのオプ:02/09/02 00:03
>>254
書店にあるかどうか…文庫すら怪しい。
さらに、ブックオフでも場所が減りつつある寿行。

256 :名無しのオプ:02/09/02 01:55
あのう、裏警察というのは本当にあるのでしょうか?

257 :名無しのオプ:02/09/06 09:36
>254
新刊か……純粋にここ数年間での新作といえば、
光文社文庫「牡牛の渓(たに)」短編集。
光文社文庫「月を撃つ男」長編。
徳間ノベルス「碇の男」短編集。
徳間文庫「鷲」中郷&伊能シリーズ。
講談社「幻覚の鯱 天翔の章」鯱軍団シリーズ。
ぐらいかな。旧作の再文庫化は活発です。 

258 :名無しのオプ:02/09/07 21:04
「虚空の舞い」読んだ。ストーリーが二転三転していく、ぶっちぎりの寿行節だった。おもしろかった。
20冊くらい読んだら、だんだん文体でいつごろ書かれたのかわかるようになってきた。
70年代、80年代、90年代以降って感じで。

259 :名無しのオプ:02/09/11 01:38
「滅びの笛]読んだ!
今まで、冒険活劇ハードロマンエロ小説専門だと思ってた!
見方変わった!
すげぇぜ、寿行!

260 :名無しのオプ:02/09/12 10:27
>259
直木賞候補作です。たしか。
その路線を極めれば、今とまったく別のポジションに立つ作家だったかも。
だが寿行さんは名誉より、自分の妄想力に忠実であった。すばらしい。
だれか正当に評価してくれ。大藪春彦にくらべて扱いがひどすぎるよ。

261 :名無しのオプ:02/09/14 09:48
>>260 大藪春彦にくらべて扱いがひどすぎるよ。
そーかなぁ?昭和のころは
三「村」時代とかって、もてはやされてたと思うけど。

262 :名無しのオプ:02/09/14 21:17
>261
大藪さんは爆発的なブームが去ったあとも批評の対象になりつづけたが、
寿行さんは文学的な価値が認められてない、というか。
激売れした時期があるのは存じておりますが、現在語られないのが哀しいんですわ。

263 :名無しのオプ:02/09/17 14:07
>>262
「現在」か...
平成の現在に寿行作品を正当評価できる批評家や同業者が
はたして存在するのだろうか...


264 :名無しのオプ:02/09/19 08:29
鯱シリーズまとめ読みしましたが…
熊やタヌキはともかく、トリュフと思念会話を試みるって
あんた…

265 :名無しのオプ:02/09/23 08:44
夢枕獏のサイコダイバーも大樹の精神に分け入ってるし、いいんじゃないでしょうか。

266 :254:02/09/23 10:32
>>263
別に評論家に評価されなくても我々読者が評価すれば良いんじゃ?
俺の中ではベスト作家だよ。
>>257
有難う御座います。
本屋で探して読んでみるよ。
10年振り位で楽しみだ!


267 :名無しのオプ:02/09/26 14:56
>266
70年代後期〜80年代前期の寿行さんを想像してるなら、
読んで失望する怖れも……文体も筋運びも変わったから。

268 :名無しのオプ:02/10/07 06:02
西村寿行、勝目梓、大薮春彦・・・貴重な青春時代にこの御三家にはまっていたバカな俺。
ひたすら暗かった・・・。もし当時の俺にアドバイスできるならこう言ってやりたい

「各出版社の夏の100冊シリーズを読んでくれ、頼むから」



269 :名無しのオプ:02/10/20 21:30
「症候群」を読むと、北朝鮮に拉致される恐怖が
擬似体験できるね。
無念にも彼の地で分裂病で亡くなった人も多いのでは…
本当に気の毒だよ。

270 :名無しのオプ:02/10/31 00:50
何で「咆哮は消えた」が出てこない。こんなに面白いハードボイルド動物小説は無いぞ。
これを長篇化した「風は凄愴(この字でよかったんだっけ?)」が寿行の最高傑作だと思うのだが、今は入手困難と思われるのでせめて中篇のこちらを。
こちらは最近表題作として再文庫化された。

271 :名無しのオプ:02/11/26 15:04
お尻様age

272 :名無しのオプ:02/12/01 13:21
乳をもみしだきながら、丁寧に舌をすっている・・・age

273 :名無しのオプ:02/12/10 21:25
>270
なにをいうか
絶対、寿行の最高傑作は「魔の牙」だ!

274 :名無しのオプ:02/12/10 22:58
「魔の牙」も漫画化されてるんですなー
http://www.angel.ne.jp/~yama/general/hobunsha/hobun11/index.html

275 :名無しのオプ:02/12/21 19:39
>>273
同志よ !!

276 :世直し一揆:02/12/26 16:10
 <血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ(偽善)に騙されるな!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」)
●他人に異常に干渉する(しかも好戦的・ファイト満々でキモイ)
●自尊心が異常に強く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする
(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはたいてい、内面的・実質的に負けている)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者に弱く、弱い者には強い)
●あら探しだけは名人級(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため、性格がうっとうしい(根暗)
●一人では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、体裁をいつも気にしている(「世間体命」、「〜みたい」とよく言う)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度も言う、知障)
●表面上意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をし、ストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い

277 :名無しのオプ:03/01/11 11:56
↑きちがい?


278 :名無しのオプ:03/01/15 15:51
弾痕様age

279 :名無しのオプ:03/01/15 18:19
悪霊の棲む日々、だっけ?悪が勝っちゃうヤツ。
そんな話は読んだ事なかったから衝撃でしたよ。

最初に読んだのは犬笛だった。
映画公開時でキャンペーンも大々的だったねぁ・・・

280 :名無しのオプ:03/01/16 23:03
最近、西村寿行を読み始めハマってます。
最初に読んだのは、「妖獣の村」小説というものを薦められ一緒に
西村寿行も薦められた。この最初に買った妖獣の村だが、古本屋で100円だった。
だが読んでみると、ページがかなり抜けていた。
いきなり村雨が監禁されてたのは笑った!次は古関志保が奴隷になってた(笑)
よく内容が分からんかった。
んで、今は、鯱シリーズ。ミーハーか?
神聖の鯱を最初に読んだからなのか、好きなキャラは十樹吾一(藁)
あの女好きは神クラス。

281 :名無しのオプ:03/01/17 16:56
厨房のころにそれまでよく読んでいた夢枕獏の本のあとがきに、
「鬼」のことが、出ていたんで読んでみたら、いっぺんにはまってむさぼる
よーに読みまくりました。
厨房には、異常につよーい刺激でしたなあ・・・
今は手元に残ってほとんど残ってませんが、鮮烈なエピソードは、断片的に
残ってますね。
オウムの一連の事件の報道をTVとかでみたときも、「西村寿行愛読者が、
やんたんかなー。」とか思ってました。
一番強烈だったのは、話はわすれましたが、敵地に潜入するのに番犬の
ドーベルマンを手なずけるために、自分の肛門にメス犬の分泌液を塗って
犯させるとゆうエピソードでした。
あー、また読みてーな。

282 :名無しのオプ:03/01/17 21:42
>281
「風紋の街」だっけ、「陽炎の街」だっけ。
あのコンビのやることは笑ったなァ。

283 :名無しのオプ:03/01/20 11:44
あら、「炎の大地」は良くないのかしら〜
これの男同士の絡みには、ちょっとだけもの悲しさを感じました。
今ほど女の子向けの、そういうのがなかった頃、
寿行を読んでた女性は結構いたと思われ(当時の雑誌から推察するに)

284 :名無しのオプ:03/01/22 23:33
ViViとかに寿行連載があったら凄いな

285 :山崎渉:03/01/23 18:21
(^^)

286 :名無しのオプ :03/02/06 23:28
「牙城を撃て」と「汝! 怒りもて報いよ」がすきです。

287 :名無しのオプ:03/02/07 15:50
>>286
めちゃくちゃ熱い時期の作品だね。
へんなおちゃらけがなくて、まさにハードボイルド。
エロもたっぷり。
寝取られ属性の方にお薦めw

288 :名無しのオプ:03/02/07 20:31
「純子は糸切り歯で麻糸をプツンと噛み切った。
噛み切った瞬間、自分の体の中でまだ清純さを保ったところがあるとしたら、
この歯ではないかと思った。磨くことができないから汚れてはいるが、
麻糸を切断したするどい感触が、汚辱と縁を断ったように、
体の中を清い戦慄となって駆けた。」(「牙城を撃て」)

ここの文章が特にすきです。
エロ+バイオレンス、大人の読む本はこういうものだと思ってました。
文体のかっこよさと内容の組み合わせも他に知らないです。

289 :名無しのオプ:03/02/09 20:31
だれか再評価しろよなァ。大藪や山風ばかりじゃなくてさ。
廣済堂がノベルス全集みたいなのをもくろんだが、中途半端で終わった。
徳間ノベルスで代表作をまとめて復刻しないか。
月一冊、第一期復刻は全部で十冊、各巻に寿行さんのあとがき(はしがきでいいから)と
寿行ファンの作家や評論家の熱い解説を追加、って感じで。
北上次郎と郷原宏はいいや。前者は初期だけほめまくり、後者は自己模倣なのが明白だから。

290 :名無しのオプ:03/02/09 23:25
岡山の姉妹失踪事件で「症候群」を思い起こしたよ。

291 :名無しのオプ:03/02/09 23:34
20年位前のやつはよかったですわ。
でも本人が癌になってからは、トンデモの方向へ行ってしまって残念。

ところで西村というと暴力、エロのシーンが多いんだけど、以前雑誌の特集で
下半身に関する失敗談みたいなものを特集していたときに、結構みんな
面白い話を披露している中で
  「下品な話は好まぬ」
と切り捨てていたのが印象的だった。


292 :名無しのオプ:03/02/22 01:54
男根樣あげ

293 :名無しのオプ:03/02/22 13:57
司祭さまage

294 :名無しのオプ:03/02/22 16:36
男様あげ

295 :名無しのオプ:03/03/11 22:51
少年さまの男根さまあげ

296 :名無しのオプ:03/03/11 23:16
女神さまのお尻さまあげ。

297 :名無しのオプ:03/03/12 03:49
乳を丁寧に揉んでいるage

298 :名無しのオプ:03/03/12 21:28
尻の位置が高いあげ

299 :名無しのオプ:03/03/12 21:31
おさるさまのご主人さまあげ

300 :名無しのオプ:03/03/12 23:21
>298と連動してジーパンを穿いた足が長いあげ

301 :名無しのオプ:03/03/13 23:03
ああっこんなにあげ

302 :名無しのオプ:03/03/14 07:36
狂うてみぃ あげ

303 :名無しのオプ:03/03/15 00:43
そうですな あげ

304 :名無しのオプ:03/03/15 02:46
女はのこらず、性奴隷にするけん!age




けんけんうるせえ!

305 :名無しのオプ:03/03/17 06:52
声を出せ あげ

306 :名無しのオプ:03/03/17 13:21
ゴールデンイーグルあげ

307 :名無しのオプ:03/03/18 18:00
鯱シリーズ(お尻さま)
滅びの笛、宴(糞尿まみれで脱出)
蒼茫の大地滅ぶ(バッタ怖い)
呑舟の魚(足切蛆湧き)
去りなんいざ狂人の国を(おうむでどっきり)
君よ憤怒の河を渡れ(熊に喰われちゃう)
なんたらの犬(静香がやられちゃうやつw)
復讐物?(遭難してオムァンコタベラレルヤシ)

と、色々読みましたが
寿行氏はもう執筆されてないのでしょうか?
最近は本を探す事がすくなくなって情報に疎いです。
新作あれば読みたいので面白いのがあればどなたか教えてくだされ。

308 :yamaneko:03/03/18 21:19
犬笛

309 :名無しのオプ:03/03/18 23:12
君よふんどしで川を渡れ

310 :名無しのオプ:03/03/19 06:54
赤いしゃちほこ

311 :名無しのオプ:03/03/19 15:43
>307
>>257
>>267
を参照ください。

312 :名無しのオプ:03/03/20 09:42
「イラクもバカタレ、アメリカもバカタレ、日本もバカタレ」あげ

313 :名無しのオプ:03/03/20 22:56
兄貴の西村望も初期のころはよかったなぁ。。
今じゃわけのわからない時代小説かいてる。

314 :名無しのオプ:03/03/21 08:29
西村望と西村寿行って兄弟だったのか。
初めて知ったあげ

315 :名無しのオプ:03/03/21 09:27
西村望「風の辻」よかった

316 :名無しのオプ:03/03/21 17:48
久しぶりに寿行先生の本読みたくなった。

317 :名無しのオプ:03/03/22 17:48
「蟹の目」get。
「海と女と少年」に久々の興奮を覚えた。

318 :名無しのオプ:03/03/22 22:20
西村兄貴(望)は鬼畜で決まりしょう。やはり。


319 :名無しのオプ:03/03/22 22:20
http://218.44.246.37/~2ch/

320 :名無しのオプ:03/03/23 00:32
誰か西村寿行ファンサイト作ってくれない?
短評つきの全著作リストやキャラ一覧なんかがあるとすごく嬉しいのだが。

321 :名無しのオプ:03/03/23 03:49
症候群あげ

322 :名無しのオプ:03/03/25 22:00
>320
そりゃめちゃめちゃ大変だよ

323 :名無しのオプ:03/03/25 23:41
>>320

「元刑事が殺された妻の復讐に」
「同上」
「男根さま」
「おしりさま」
「犬」
「鳥」

こんなんになるぞ

324 :評価厨:03/03/28 00:20
症候群 光文社文庫
1、症候群 ★★★★
 内容→拉致、監禁、ガラスの箱、閉じ込めた男と女の人間観察
2、ベシ見のカオ ★★
 内容→猿と女をセックスさせる
3、魂パクさながら幽鬼なり ★★★
 内容→去勢された男と女の夫婦生活
4、馬鳴神 ★★★★★(傑作)
 内容→読め!!!
5、濁流は逝く者の如し ★
 内容→でかい魚と少女

325 :名無しのオプ:03/03/28 00:30
http://218.44.246.37/~2ch/

326 :名無しのオプ:03/03/31 22:41
その美しい体でわれらに仕えれば命だけは許してやろう

327 :名無しのオプ:03/04/01 02:09
一時期、ハマッて図書館通いしてますた。
徳田警部シリーズがおもしろかったっす。

328 :名無しのオプ:03/04/02 22:28
>>324
「魂魄さながら幽鬼なり」イイね。
慶大生、いい味出してます。

…誰か寿行作品登場人物の若い男だけ集めて
同人誌作って!

329 :名無しのオプ:03/04/02 22:36
どっかのホームページで、伊能と中郷の絵を載せてた
オヤジ萌えの同人少女がいた。

330 :名無しのオプ:03/04/03 00:26
文蔵×吾一きぼんぬ

331 :名無しのオプ:03/04/05 10:28
「黄金の犬」の映画が最初だったかなあー。
なんかタダ券もらって松竹で見て、帰りの本屋で劇画版を立ち読みして大興奮(w
ついでに徳間の新書を買って一気読み。それから原作を漁り出した。
免許を持たない偽医者の話が面白かった。題名忘れたけどもう一度読みたい。

332 :名無しのオプ:03/04/08 00:48
「君よ憤怒の河を渡れ」を手に入れた。
仕事を一段落させて早く読みたいものだ。

333 :名無しのオプ:03/04/08 23:24
そこに立って尻を見せろ

334 :名無しのオプ:03/04/09 00:52
今から男は吊るすけえ!
女は残らず性交奴隷にするけえ!



西村望は「鬼畜」が衝撃だったな。

335 :名無しのオプ:03/04/09 01:32
西村兄弟は性交奴隷が大好きだね。僕も大好きです。

336 :名無しのオプ:03/04/09 21:24
西村兄貴はあんまり性交奴隷とかないんじゃない。
結構ストレートだよ。
あの人の場合,エッセイが面白いよね。取材のときに聞いた話とか,
しいの犯罪の話とか。
「虫の記」なんかお奨め。

337 :名無しのオプ:03/04/09 23:26
小4の頃、親父の書棚にあった「蘭菊の狐」でこの世界に・・・
その後「屍海峡」「魔の牙」「犬笛」「梓弓執りて」「白骨樹林」などなど一気に読みました

一番印象に残ってるのは「裸の冬」でしょうか
あれに出てくる歴史描写に興味を惹かれ、
気がつけば考古学などを生業とするようになってしまいました

今とりあえず蛙がどうとか言う本を買ったとこなんですが、面白いんですかね?

338 :名無しのオプ:03/04/10 02:15
「怒りの白き都」を読んだせいだと思うけど、その夜
入浴中に鼻血を出しました(笑)。19の夏でした。
このスレではあまり評価されていないみたいですね。

339 :名無しのオプ:03/04/12 13:56
怒りの白き都はいいんじゃないの?
俺も面白いと思う。
友達に読ませたら「怖えー」っていいながら一晩で読んでた。


340 :名無しのオプ:03/04/12 23:00
しばらしい尻だ

341 :名無しのオプ:03/04/13 05:21
「怒りの白き都」で女刑事を奴隷として扱うところが凄かったです。

342 :名無しのオプ:03/04/13 07:23
今から男は吊るすけえ!
女は残らず性交奴隷にするけえ!



西村望は「鬼畜」が衝撃だったな。
    ↑

すいません。これを書いた334です。
上は西村寿行です。
分けてかいたつもりでしたが、
誤解をさせてしまったようで申し訳ない。
俺は寿行も望も両方好きだ。
寿行は荒唐無稽ようなものが多く、
望はリアリズムを追求しているというか
平凡な男女の日常を舞台に書かれていると思います。
望で一番すきなのはやはり鬼畜です。
鬼畜の犯人はそれほど著名ではないが、
彼には大久保清を題材にして書いて欲しいと思う。

343 :名無しのオプ:03/04/13 07:25
そうそう、怒りの白き都もいいよね。

344 :名無しのオプ:03/04/13 09:39
「汝!怒りもて報いよ」で儀式の過程で蛇に犯されるシーンが未だに忘れられません。
この話に出て来た女性は犯されるためだけに存在するような扱いをされていましたね。
もう一度読みたいな。角川文庫の表紙のデザインも扇情的でした。

345 :名無しのオプ:03/04/13 09:45
http://www2.leverage.jp/start/

346 :名無しのオプ:03/04/13 12:43
>>344
どの話でも女性はみんなそうじゃない?

347 :名無しのオプ:03/04/13 13:43
>346
そのうち「犯す」「君臨する」側になる女も多い。そういう意味じゃないか、たぶん。

348 :名無しのオプ:03/04/13 13:52
バイアグラ、媚薬、ダイエット http://www.familymartusa.com
究極の若返り噂の"ロシアンポリペプチト

349 :名無しのオプ:03/04/13 23:09
>>347
いずれにせよ、「性の象徴」としてしか描かれていないように思うが。

350 :337:03/04/14 00:15
女ネタが続きますが
「垰」に出てくる四駆のりの男たち。
実在の人物で、実際に雑誌の編集をしておりまして
その雑誌の中で「小説『垰』を尋ねて」という企画を設けて
実際に作中のルートを走破してみる、といった記事が連載されてましたな
今走ってみたいけど、大抵舗装されてたり新道出来て廃れたりしてるんだろうなぁ・・・

351 :名無しのオプ:03/04/14 06:53
>347
君臨する女が出始めてから,西村のはつまらなくなったと思う。

352 :名無しのオプ:03/04/14 15:41
お前に飯はやらん。女の襞にたまった精液と愛液が飯の代わりだ。
はいつくばって舐めるとるんだ、いいな。

353 :名無しのオプ:03/04/14 23:14
>>351
同意。
それから白人女(ジェーンとか)のも今一つだった。
悪くはないけどなんかね。

354 :名無しのオプ:03/04/15 00:21
外人女な、あれも確かに出てくるとつまらないね。

>344
「汝!怒りもて報いよ」いいよねぇ。ああいう暗ーい感じのやつは
本当に最高。




355 :名無しのオプ:03/04/15 01:42
外人女と言えば「無頼船」に逃げ込んで来たヤンキー娘、ジェーン。
隣国との境界海域で戦闘状態になった時に甲板で突如裸踊りを・・・・
「こんなのただのDQNじゃんか」と思ったのは私だけでしょうか?
そういう女性が○されてもなんだかなー(笑


356 :あぼーん:03/04/15 01:42
   ∧__∧∩   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)/  < 先生!こんなのがありました。 
__ /    /    | ttp://www.saitama.gasuki.com/saitama/  
\⊂ノ ̄ ̄ ̄\  \__________
||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄||
 ...|| ̄ ̄ ̄ ̄||  

357 :山崎渉:03/04/17 15:22
(^^)

358 :名無しのオプ:03/04/18 05:45
逢魔麻紀子が良かった。あの役が出来る女優はいるのかな?

359 :山崎渉:03/04/20 02:41
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

360 :山崎渉:03/04/20 06:48
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

361 :名無しのオプ:03/04/24 00:26
age

362 :名無しのオプ:03/04/24 01:12
ここにきて尻を差し出せ

363 :名無しのオプ:03/04/24 08:26
このスレに触発されて久々に親父の書庫から「滅びの笛」出して読んだよ。
陵辱シーンで消防のトラウマが一気に甦ったw

当時気付かなかったけど片倉がかなり萌え。
暴徒と化した五万人の山梨県民、その首謀者に向かって
「五万人はどうでもよい。わたしの阻止できるのは十人だ。最初からそれしか考えていない」

364 :名無しのオプ:03/04/25 22:37
尻を見せろ

365 :名無しのオプ:03/04/26 00:30
>>358
情報化社会マスコミの弊害で、今の女優には神聖さがないから難しいわな。寿行作品に限らず。
ひと昔まえなら緑魔子か中野良子あたりでFAなんだが。


366 :名無しのオプ:03/04/26 06:51
>>365
言えてるね、何人か考えてみたけどどれもAVもどきになってしまいそう。
絶望の中で犯されて反応するという哀しさを表現出来る女優がいない。

367 :名無しのオプ:03/04/26 14:05
最近オンラインカジノでよく遊んでるよ!
30ドルのチップを始めに貰えるのでよかったらやってみて♪
無料でできるプレーもあるし、結構楽しめるよ(^.^)
おすすめはルーレット!!赤か黒にかけるだけで、
50%の確率で2倍になるよ♪
http://www16.vis.ne.jp/~yahoo/imp


368 :名無しのオプ:03/04/28 23:36
石くれの街では東日流三郡誌について熱く語っていたな。
っていうかほとんど意味のない引用が延々つづくんだが。
それをジーッと読んでいる自分もいかがなもんかと思う。

369 :名無しのオプ:03/04/28 23:37
昨日ここでアダルトDVD買ったんですがすごく安くてすぐ届きました
購入したのは看護婦、OL、人妻、スッチ、女子大生などです。
抜けました!

http://www.net-de-dvd.com/


370 :名無しのオプ:03/04/29 01:35
携帯とかがない時代の作品だから、今リメイクされたらもっと違った展開に
なったのが多いだろうな。

371 :名無しのオプ:03/04/30 22:55
映画とかだと原作のくらーい雰囲気を出すのが難しいのでは。
西村作品の魅力はその辺だと思うんだ。
女を犯すのでも、普通のAVみたいにやられたら面白くも何ともなくて,
何かおどろおどろしい背後関係があってこそ萌えるんだよな。



372 :名無しのオプ:03/05/01 00:17
厨房の時読みまくったな
エロ小説として

373 :名無しのオプ:03/05/01 05:00
「化石の荒野」で浅野温子のレイプはあるの?

374 :名無しのオプ:03/05/02 00:10
>>365
緑魔子って画像が出てこないんですが、西村ヒロインやれそうですか?

375 :名無しのオプ:03/05/02 01:27
>>374
ツタヤで借りて、自分の目で確かめれ。
おすすめは「眠狂四郎・人肌蜘蛛」「盲獣」


376 :名無しのオプ:03/05/04 00:16
>>375
DVD が出てますね(盲獣)。興味があったので注文しました。

377 :名無しのオプ:03/05/04 16:33
緑魔子ってすんげーおばさんじゃない?
もう50後半くらいでしょ。きっと。

378 :名無しのオプ:03/05/04 20:01
「まぼろしの獣」でも若い男が犯されてました。
ただ19歳で、個人的には微妙なんだけど。

379 :名無しのオプ:03/05/04 21:18
18歳なら個人的にはオケなの?

380 :名無しのオプ:03/05/05 23:10
ホモ、近親相姦、外人女これがでてくるのは面白く無かった。

381 :名無しのオプ:03/05/07 00:42
ホモが出てくるのばっかり探して読みあさりました。
「晩秋の陽の炎ゆ」とか。

382 :名無しのオプ:03/05/07 01:35
女性読者はホモが好きみたいね。


383 :名無しのオプ:03/05/07 02:59
高校のときにタイトルだけに惹かれて「帰らざる復讐者」買って読みました。
すごく面白くていっきに読んだ覚えあったけどそれ以外読んでません。
作者は異常だなーって漠然と思った記憶があります。
ここ読んでまた興味が湧いてきました。再び読んでみようと思います


384 :名無しのオプ:03/05/07 16:05
このスレで症候群が好評だったからブクオフで買って読んでみた。
監禁話は良かったけど…。

猿 は 勘 弁 し て く れ (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

385 :名無しのオプ:03/05/07 20:18
ホモのやつってそんなにあったっけ?

386 :名無しのオプ:03/05/07 21:12
「症候群」収録の5作品はすべて映像化すべきだな。
どうよ?>テレビ局

387 :名無しのオプ:03/05/09 06:30
ホモなら新堂冬樹だな。
なんといっても近親相姦ホモだから。

388 :名無しのオプ:03/05/09 08:08
つうか、登場人物の名前までみなさんよく覚えていますね。
たくさん読んだけど陵辱シーンが断片的に思い出せるだけです。
そう言えばレズのもあったけど、レズは面白く無かったです。

389 :名無しのオプ:03/05/09 12:02
新藤はなぁ・・・結局はお涙ちょうだい話になっちまうからなあ。


390 :名無しのオプ:03/05/09 22:30
逢魔母娘は良かった。娘がレズに走るのはいただけなかったけど。

391 :名無しのオプ:03/05/10 08:34
>389
君、忘れ雪しかよんでないだろ。
溝鼠とかカリスマとか無間地獄をよめ。

392 :389:03/05/10 09:29
>>391
読んだのは神話、貴族、ろく、無間までの4冊。
おすすめの無間もそれほど感心するとこなくてなあ。それで離れた、スマンね。


393 :名無しのオプ:03/05/12 22:16
デビルズアイランドを読んだのですがとてもおもしろかったです
自衛隊負けた!!!

どうなる?

じいさんが二人移り住みました
他に突然、蟹の一人称になるし
あんまりな展開が素敵です
憤怒、宴、老人と狩、症候群と読んできましたが
これが今のところ一番キマシタ
次は時代小説を読みたいのですが、題は「秋雨の時計台」でいいんですか?
あと峠も読んだほうがいいですかね?
しっかしよくもまぁこんなに違った話をいろいろ書けるもんですね


394 :名無しのオプ:03/05/13 01:41
「真月は就職人気第一位とされる業界最大手の
保険会社に就職した」(「厄病神」)

もっと武骨な方だと思っていたが、こんなおちゃめな文章を
書くとは…

395 :名無しのオプ:03/05/13 20:13
>>393
「虚空の影落つ」も幕末、明治初期もの。
いつもながらの「杖術最強説」が爆発しており
杖術>>>>>示現流>新陰流というランク付けが
なされています。


396 :名無しのオプ:03/05/14 00:10
投網>>>(超えられない壁)>>>杖術

397 :名無しのオプ:03/05/14 00:19
>>393
時代ものなら「牛馬解き放ち」も。

398 :名無しのオプ:03/05/14 22:54
>393
蟹の一人称?
そんなのがあったのか!うーん。暇があったら読んでみよう。

どうもここ10年くらいのやつは一歩間違うとトンデモのやつが多く,
なかなか読む気になれません。


399 :名無しのオプ:03/05/15 08:58
ジュコー小説を読み返しているんだけど、書きたいことは全て書いてしまったのではないかな。
超能力とかも書いてみたけど、その路線で行くと平井和正となんら変わらなくなってしまい、
その辺の限界に気が付いて筆を折ったのだと思う。でも最後に自伝位は残して欲しいね。

400 :名無しのオプ:03/05/15 11:54
>399
問題小説に自伝風のエッセイを連載してます。「犬族からの通信」。
はやく一冊にまとまらないかなー。月20枚くらいは載ってると思うんだが。

401 :389:03/05/15 20:11
正直、犬に関しては、拘りがあるにしてはいまひとつ記憶に残らないんだよなあ。
迫力で川上宗薫に、情念では押井守にすら負けてるような気がする。


402 :名無しのオプ:03/05/15 22:22
>401
犬に関しては、の「犬」って「犬族からの通信」のをさしてるの?
(読んだことないんだけどね。)
あるいは西村本人の全作品に対してって事?


川上宗薫って普通の小説とかエッセイが結構いいなぁと思うのもあるけど,
ポルノ(っていうんですか?)は最悪でしょう。



403 :クワジ:03/05/15 23:47
『血の翳り』を今さら読んだんですが、これ優生学ですね、今でいう。
なんかわりと中立的な(抹殺か?矯正か?)立場から描いてるのが怖い。
刑事の話をいつの間にかうっちゃって、延々と江戸女体絵図が展開するあたりはもう、笑うしかない感じ。

404 :名無しのオプ:03/05/16 02:03
>>400
それは楽しみですね。

405 :名無しのオプ:03/05/17 16:13
西村のエッセイって珍しいのでは?


406 :名無しのオプ:03/05/17 22:25
もうかつてのようなハードロマンは執筆しないのかな?
超能力が出てこないのが読みたい。


407 :名無しのオプ:03/05/18 18:10
何の作品だったか忘れたけど,小麦粉を空中にばら撒いたら
爆発したというシーンがあった。

なんかの条件が重なったときに実際にありうるらしいんだけど,
そこではもう必ずそれがおきるみたいに書かれていたので,
すごく妙だった。

408 :名無しのオプ:03/05/21 12:31
久し振りに
男根樣age

409 :名無しのオプ:03/05/21 21:12
粉塵爆発かな、強引なところが寿行らしさだったり。


410 :407:03/05/21 22:33
>409
それだ!
簡単にはおきないんでしょ?

411 :名無しのオプ:03/05/21 22:54
空気と粉との比率がなんたらかんたらあったと思うわけだが
小説でも漫画でも、やろうと試みたらほぼ成功してるなw


412 :山崎渉:03/05/22 04:10
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

413 :名無しのオプ:03/05/23 23:31
厨房の時はわからなかったが、読み返してみると出てくる科学者はどれも若くて
天才過ぎ。レグルス号のクルーの一人にノーベル賞候補がいるのには笑った。

414 :名無しのオプ:03/05/25 22:09
で、必読の5冊をあげるとすれば?

415 :名無しのオプ:03/05/26 11:04
魔の牙
滅びの笛

赤い鯱
牙城を撃て

416 :名無しのオプ:03/05/26 14:00
地獄

狂人の国
異常者
老人猟犬

417 :名無しのオプ:03/05/26 22:08
往きてまた還らず
老人猟犬
滅びの笛
咆吼は消えた
無頼船


418 :山崎渉:03/05/28 12:06
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

419 :名無しのオプ:03/05/29 13:11
蘭菊の狐
赤い鯱
化石の荒野
遠い渚
犬笛
五冊にしぼりきれんぞ

420 :名無しのオプ:03/05/30 01:37
汝 怒りもて報いよ
峠に棲む鬼
黄金の犬
滅びの笛
魔の牙

421 :名無しのオプ :03/06/07 23:10
ガソリンスタンドで息子を殺されて母親輪姦される描写がある小説の題名教えて。
昔読んだけど忘れた


422 :名無しのオプ:03/06/08 00:47
>>421
死神(ザ・デス)
http://www.esbooks.co.jp/product/u/08/10?accd=09763775&introd_id=Xmo46Wk9o36G989Wi81Gi1X96oG43163&pg_from=u

423 :名無しのオプ :03/06/08 01:17
>>422
サンクス、小学生に読んで以来、時々本屋や図書館で思い出しては探していたんだけど、わからなかったんだよね


424 :無料動画直リン:03/06/08 01:25
http://homepage.mac.com/norika27/

425 :名無しのオプ:03/06/09 22:02
>421
それ聞いてどうするの?
もう一回読んでオナニーするの?

426 :大塚裕司:03/06/09 23:38
http://elife.fam.cx/a001/


427 :名無しのオプ:03/06/10 23:45
寿行の小説に出てくる大学生♂がいい
皆ほとんどヘタレな役どころ、かつ悲惨な末路をたどる。
(イメージとしては妻夫木聡かな)

428 :名無しのオプ:03/06/11 06:45
なぁ421オナニーの件に関してはどうなんだ?
人妻が性交奴隷になって男たちに奉仕するところを読んで
オナニーしたのか?
どうなの?

429 :名無しのオプ :03/06/11 13:03
幻戯読みたいんだが売ってないな。つーか最近大きな本屋でも寿行の本あんま置いてないな。
古本屋のほうが充実してる

430 :名無しのオプ:03/06/11 21:18
新刊が出ないと普通の本屋では扱いがどんどん小さくなるよね。
古本屋では確かに大量にある。

431 :名無しのオプ:03/06/12 01:58
電子文庫のラインナップをもっと増やして欲しい。

432 :名無しのオプ:03/06/19 07:09
宮田雷四郎ガ好きだ。

433 :名無しのオプ:03/06/20 11:28
死神シリーズ(鷲シリーズ)の一作目と二作目以降の落差はどういうことなの。
寿行さんがふたりいるとしか思えない。

434 :ねつてつ:03/06/20 12:52
無頼船シリーズとかも、結構な落差。
でも、個人的には馬鹿っぽくなった後期の方が、楽しかったりするの
ですがねー^^

435 :名無しのオプ:03/06/20 15:50
スイマセン。
 鷲シリーズ、「母なる鷲」の次は出てます?
 もし出てたら書名を教えて。

436 :名無しのオプ:03/06/20 23:41
ずばり「鷲」です。

437 :名無しのオプ:03/06/21 14:55
↑マジ?
デビル工房は出ますか?

438 :名無しのオプ:03/06/21 17:03
>434
「無頼船」は、最初からまあまあコミカルだったから、そんなに気にならんのです。
やっぱり「鷲」と「鯱」のゆるみっぷりが凄すぎます。
>437
出ません。どぶろく造りながら親分とだらだらしてる場面が三分の二くらい続きます。

439 :435:03/06/21 17:05
>>438
なるほど、サンクスです。
鷲のあとはまだ続きますか?

440 :名無しのオプ:03/06/22 07:57
あの人癌になったでしょ、それからなんか変なんだよね。
もしかしたら年齢的なボケも若干入っているのかも。
いずれにせよ,もはや初期の緊張感ある世界は書けないです。

441 :_:03/06/22 08:07
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

442 :名無しのオプ:03/06/23 15:11
引越し荷物から「蒼氓の大地滅ぶ」「滅びの笛」
「滅びの宴」「地獄」、望「鬼畜」を発見。読むのが楽しみ。

443 :438:03/06/23 16:59
>439
「鷲」の残り三分の一は、自衛隊の秘密部隊みたいなのとの死闘が描かれますが、
途中で飽きたのか、すさまじく適当なオチで終わります。打ち切りまんがみたいに。
その後新作は出ていません。「幻覚の鯱」も未完だろうな……
>440のいうように、高齢だから、もうハードアクションはきついのかも。
「犬族からの通信」は、一回の分量が少ないし、半自伝だから、軽妙でおもしろい。

444 : :03/06/28 02:40
いわゆるひとつのお尻様

445 :名無しのオプ:03/06/28 13:18

おまいら、文章的に最高と思う作品をひとつだけあげてください。

「深い眸」

446 :名無しのオプ:03/06/30 10:56
>445
もうそのへんの作品は前衛詩みたくなっていて
小説としては完全に崩壊してるよな。
でもおれも、90年代以降の作品もけっこう好きです。
読むMTVみたいな。

447 :名無しのオプ:03/06/30 18:19
悪霊の棲む日々

448 :名無しのオプ:03/07/04 02:50
たわ

449 :名無しのオプ:03/07/05 20:19
気にかかってることがあるんだけどさ。
「母なる鷲」かだったか、デビル工房のおかげで「あいつ」が生き返ってでしょ?
それでラストまで死なずにいたよね(確か…)
その後の作品には「あいつ」は登場してないはずで、「あいつ」結局どうなったの?
放置プレイ?

450 :名無しのオプ:03/07/14 02:36
矮男 鬼女 岳女 男根さま お尻さま
公安捜査官 空挺部隊 蘭菊 奇怪犬
異能者 願人坊主 ち一号 逃亡検事
・・・・うむ、不気味でよろしい

451 :_:03/07/14 02:58
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

452 :山崎 渉:03/07/15 10:10

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

453 :山崎 渉:03/07/15 13:48

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

454 :名無しのオプ:03/07/23 15:30
>449
放置です。

455 :山崎 渉:03/08/02 02:06
(^^)

456 :名無しのオプ:03/08/02 11:50
「晩秋の陽の炎ゆ」の、温泉で男に背後から抱かれる
男の子のおびえの描写は、何度読んでも傑作と思います。
映像化希望。

457 :名無しのオプ:03/08/02 15:59
 う〜ん、このスレ読んでたら、なんか急に昔ハマってたころを思い出してしまった……。
でももうみんな古本屋に売っちゃったもんなあ……。マジでちと買いに行ってみよ。

 誰かも書いてたけど、西村先生は、ノベルスその他の出版社から便利に使われて
しまったような気がする。先生はエンターテインメントに徹すればいいのだと考えて
いたのかも知れないけど……漏れは大沢在昌先生なんかを越える大御所になった
可能性はかなりあると思う。
 ただ、ノベルス出版社は今でもそうだけど、とにかく無意味なエロシーンを要求する
から、それで文壇からは冷たい目で見られてしまった。もちろんそれはそれでいいんだけど
もったいない気がしてさあ……

458 :名無しのオプ:03/08/02 16:13
門田泰明(だっけ?)もこの前いきなり新刊ハードカバー出して復活してたなあ……

漏れが思うに、最近、お涙ちょうだい系ミステリーばっかり花盛りじゃない。
読者が飽きてきたんじゃないかな。トラウマもういいよって。

ストレートなバイオレンス物とかが、望まれてるんじゃないかって。

459 :名無しのオプ:03/08/02 16:17
 いま紀伊国屋とかで検索してたら、重複してるんだろうけど600冊以上あったよ。
 よくネタ尽きないでそれだけ書いてたなあ。やっぱ天才であることには変わりない。
 どこかの出版社、何か賞でもあげてよ……

460 :名無しのオプ:03/08/07 15:23
たわを読んだんだが、変換できん

461 :名無しのオプ:03/08/08 16:19
犬笛を読んだ。鉄が良かった

462 :名無しのオプ:03/08/11 11:19
近所の銭湯に徳間のノベルズ選集が結構揃ってるんで、風呂あがりに読んでいる
なかなか乙なもんや

463 :名無しのオプ:03/08/15 11:06
銭湯で風呂上がりに寿行かー。
男っぷりがあがりそうだ。

464 :山崎 渉:03/08/15 14:34
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

465 :名無しのオプ:03/08/17 01:09
両足を肩に担いでの責めage

466 :名無しのオプ:03/08/17 18:49
「地獄」おもしろいな。

467 :_:03/08/17 18:52
   ,.´ / Vヽヽ
    ! i iノノリ)) 〉
    i l l.´ヮ`ノリ <先生!こんなノがありました!
    l く/_只ヽ    http://www.yakuyoke.or.jp/
http://www.hokekyoji.com/
http://members.tripod.co.jp/hossyoji/index/
http://www.honmonji.or.jp/
http://www.maap.com/tanjoh-ji/
http://www.kuonji.jp/
http://www.butsuzou.com/jiten/sanmen.html
http://www.butsuzou.com/list1/sanmen2.html
http://www.butsuzou.com/list1/sanmen3.html
http://www.butsuzou.com/keitai/sanmen-kz.html

468 :名無しのオプ:03/08/25 21:45
明彦と博子は兄妹だ。交われば蛭子が生まれる可能性が高いage

469 :名無しのオプ:03/08/25 21:53
水蜜桃のような尻

って表現にやられました

470 :名無しのオプ:03/08/26 23:24
薄い精液が博子の貌に飛び散ったage

471 :寿行初心者:03/08/27 20:29
西村寿行さんの作品で、エロが少ない小説なんてあるんですか?

472 :名無しのオプ:03/08/27 20:35
アジアンテイストただよう巨乳美女です。
このオッパイの張り具合はかなりのもんですよ。
押したらはじき返されそうな感じです。
顔の好き嫌いは分かれると思いますがエロ度が高いので
どのシーンでもボッキしてしまいます。
無料動画をどうぞ。
http://exciteroom.com/

473 :名無しのオプ:03/08/28 12:38
>>470
白骨樹林


474 :名無しのオプ:03/08/29 00:17
>>471
垰.
犬笛(娘よ,果てなき地に我を誘え)
あたりは比較的少ないかと。

マルチル様萌え

475 :名無しのオプ:03/08/29 12:30
初期の作品はエロ少ないんじゃない?
むかし北上次郎が『冒険小説の時代』か何かで分析してたと思う。

476 :寿行初心者:03/08/29 15:05
>>474
>>475
ご丁寧にお教えいただきありがとうございます。
そういった作品から入っていきたいと思います。

477 :名無しのオプ:03/09/11 01:37
男根様あげ

478 :●のテストカキコ中:03/09/11 01:39
http://ula2ch.muvc.net (このカキコは削除しても良いです)


479 :名無しのオプ:03/09/12 01:34
高校生の時はずりネタでした。
恥ずかしい話、たまらんくなって駅のトイレで放出したことある。
フランス書院よりはるかに萌えますた。
受講のひさしぶりによんだら当時の興奮を思い出し
嫁さんにたのんで後ろからやらせてもらった。
がんがんやってたら痛いって本気でおこられた。



480 :名無しのオプ:03/09/12 10:40
頼まないとバックはやらせてくれないの?
なんだか哀しい夫婦生活だね・・・

481 :479:03/09/12 22:14
よめさんは後ろは嫌いです。痛いんだと。

482 :名無しのオプ:03/09/16 23:52
ほろびシリーズもう一回読みたいな。
中学の頃、オヤジの本棚から拝借。
エロかったんだな>おやじ

483 :名無しのオプ:03/09/17 02:18
確かに文壇からは無視されていた。
直木賞を取り損なって自然卒業になっちまってからは
開き直ったようにノベルスに書き散らしていたからな。
この点、同じ個性派、直木賞外し組でも
筒井康隆は後年、純文も書いて谷崎賞、鏡花賞
(しかも大江健三郎推薦)などをえて大御所の一角に座している感じがする。

ガイシュツの「深い眸」なんか読んでると、ほんと凄い文章力だと思う。
ぶっちぎっている感じがする。
いまさら賞というより、むしろ「西村寿行賞」の創設で称えたい。

484 :名無しのオプ:03/09/17 14:36
>>476
老人と狩りをしない猟犬物語なんかほぼエロゼロと言っていいかと
主人公の孫の母親(嫁)のところだけちょっとあるような気はするが

あれはエロに含めないよなぁ

485 :名無しのオプ:03/09/18 17:40
昔、寿行氏作品にでてくる鬼畜エロシーンを妄想してCGを描いてました。
獣姦とかダルマ女とか。
みなさんはどのシーンが好きですか?

486 :名無しのオプ:03/09/18 19:03
西村作品でもっともエロスとバイオレンスい満ちた作品を教えてください


487 :名無しのオプ:03/09/18 19:20
消防の頃、寿行読んだよ。
親戚がいっぱい持ってたから何の気なしに手に取ったら……
オナニー覚えたてだった漏れにはもう…(;´д⊂)

それ以来全然読んでないんだけど、多分今よんだらおもしろいんだろうな。


488 :名無しのオプ:03/09/19 13:50
>483
審査員は戸梶圭太、福井晴敏、北上次郎、夢枕獏……って感じだろうか。

489 :名無しのオプ:03/09/19 20:39
昔は『渚』シリーズの根岸由紀さんにお世話になりました。

490 :名無しのオプ:03/09/19 21:07
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.casinoglamour.com/~14ts/japanese/



491 :名無しのオプ:03/09/20 17:05

>>486
「峠に棲む鬼」

492 :名無しのオプ:03/09/26 01:19
お尻様あげ

493 :名無しのオプ:03/09/26 01:57
寿行氏って亡くなったンちやうん?

494 ::03/09/26 03:42
有栖川有栖の『46番目の密室』の中で火村が
「西村寿行の『血の翳り』を読んだのもいないわけか」
というシーンがあったので古本ネットで買ってみたが、私の感想は
うわあ〜〜〜〜〜というものだった。

495 :名無しのオプ:03/09/29 22:40
>494
いた〜! 現実にあなたのようなひとがいたか〜!
しかも期待通りの感想! おつかれさま!


496 :名無しのオプ:03/10/06 22:38
「この人の書くエロシーンって、途中で終わっちゃうパターンが多くて困る。
男の人がイくまでしっかり書いてほしい。」
と思った高校生のころ。


497 :名無しのオプ:03/10/09 06:32
西村兄貴の話は反則かも知れないけど、久々に読んだ「水縄」
良かった。
たしかこれ、実話なんだよな。

498 :名無しのオプ:03/10/09 17:10
このひとのエロシーンは女の浅ましい部分を強調して書きたいがためのメソッドですから。
だんだんそれが男にも用いられて、すごいことになっていく。そこがダイナミック・寿行!

499 :名無しのオプ:03/10/09 21:45
このサイト、寿行初心者(?)におすすめかも。

http://myshop.esbooks.co.jp/myshop/yuri-books?shelf_id=02

500 :名無しのオプ:03/10/09 23:33
肛門を責める少年の動きが早くなったage

501 :名無しのオプ:03/10/10 22:14
「地獄」の中で寿行が死んだ飼い犬に再会したシーンで泣きました。
犬大好きさがストレートに伝わった。

502 :名無しのオプ:03/10/11 19:22
海保>警察
杖術>剣術
老人>青年
犬>人
そして最強はやはり「尻」


503 :名無しのオプ:03/10/11 21:54
寿行氏の手書き原稿が欲しい
いくらなのだろうか

504 :名無しのオプ:03/10/22 20:07
>501
死んだ犬に小説の中でもいいから
ひとめ会いたいっていう気持ちがあふれてて泣けたシーンだよね。
たしかちーこはひき逃げされて側溝の中に落とされてたんだよなあ。
その怒りが「闇の法廷」の第一話「有罪」につながるわけだ。
あれは凄かった。


505 :名無しのオプ:03/10/22 20:15
>>504
野生時代にちーこが死んじゃったときの事を書いてたよね。
大学の講義中に読んでたんですが泣いちまった。
先生誤解しちゃってもー大変。

506 :名無しのオプ:03/10/24 02:52
西村寿行賞の設立をみんなで呼びかけよう。
でも大藪賞みたくなったら、なんかヤだな。

507 :名無しのオプ:03/10/24 07:13
賞が設立されたとしてどんな作家が値するのだろうか?
たしか篠田節子さんが「平成の寿行と呼ばれたかった」ってどこかで書いてたよ。
冗談かもしれんが


508 :名無しのオプ:03/10/24 15:07
>交われば蛭子が生まれる可能性が高い

蛭子ってなんだっけ?

509 :名無しのオプ:03/10/24 15:19
>>507

バイオレンスやハードロマン、ミステリ、動物ものなど、
ジャンルにとらわれず、男の矜持をテーマにしたものがイイ!
男に限らず孤高の精神でなにか大きなものに挑むとか。意地を張り通すとか。
「君よ憤怒の河を渡れ」
なんか、この言葉に集約されているのではないかな。

510 :名無しのオプ:03/10/24 19:51
>508
古事記なんかだと、骨なしの子供だったけど、
まあ一般的には障害児と思っておけばいいかと。

ところで、このスレで話題にのぼってたので「血の翳り」買いました。

511 :名無しのオプ:03/10/24 23:41
>>510
レス、サンクス。
なるほどね。でも文化人類学的、民族学的、近代的解釈より
骨なしの子って方がミステリアスだなあ。

512 :名無しのオプ:03/10/25 02:49
この巨匠の作品を読んでサルの精子は一定時間経つと固まるって知った。

なんというか、アレから流れ出ないようになるんだっけ、そんな感じ。

513 :名無しのオプ:03/10/25 03:41
そう、俺もそれ読んで知った。題名忘れた。
あと二人の男が犬にマジでケツ貸して射精させるってのもあった。
題名忘れた。

514 :名無しのオプ:03/10/25 03:43
512を書いた俺も俺だが、それに対して513のレスくれた君もかなりアレだな。
もちろんいい意味で。

こんな時間に・・・。


515 :名無しのオプ:03/10/25 11:57
>507
たぶん「滅びの笛」みたいな路線を指しているのであって、
「鯱」や「鷲」ではないと思う……
「ジョジョ」の荒木飛呂彦も、「小説はあまり読まないが、
西村寿行と筒井康隆はよく読んだ」らしいし、
クリエイターの支持が意外と多いのかも。


516 :名無しのオプ:03/10/26 07:34
うしおととらの作者も好きだって言ってたね、
寿行氏の小説の登場人物の名字を漫画のキャラクターに使ったらしいよ。
具体的にどれかは知らないけど。


517 :名無しのオプ:03/10/26 16:45
藻前ら 「風は悽愴」嫁!

518 :名無しのオプ:03/10/26 16:52
鏖あげ

519 :名無しのオプ:03/10/27 21:58
>516
「関守日輪(せきもり・ひのわ)」「秋葉流(あきば・ながれ)」
なんてキャラクタの名前は、寿行さんのセンスだな、たしかに。

520 :名無しのオプ:03/10/28 13:21
「呑舟の魚」
北陸の旧家を舞台に兄弟の相克を描く。
「蒼茫の大地、滅ぶ」
東北六県独立。

521 :名無しのオプ:03/10/28 20:50
<男根さま>なんて叫ぶ女居らんで、なんぼなんでも。

522 :名無しのオプ:03/10/29 03:00
>>521
世の中広いよ。君が知らんだけで。

523 :名無しのオプ:03/10/29 05:41
<お尻さま>なんて叫ぶ男居らんで、なんぼなんでも。


524 :名無しのオプ:03/10/29 15:54
〈あるじさまのお尻さま! ああっ! ああっ!〉
と叫んだことはないな、さすがに。

525 :名無しのオプ:03/10/29 23:54
寿行読んで、俺も尻フェチになった。
それまでは脚フェチだった。

526 :名無しのオプ:03/10/30 00:11
このスレも3周年かー

527 :名無しのオプ:03/10/30 08:03
「お尻さまああぁぁぁぁっーーー!」
と絶叫しながら寿行氏の小説を読んでるが何か?

528 :名無しのオプ:03/10/31 02:27
一時期寿行氏の小説にはまり、貪るように読んでいたなぁ。最近コンビニで「蒼芒の大地、滅ぶ」の漫画があったのでまた読んだが、あの物語の荒唐無稽さはやっぱ比類無きものであると思います。どうしてバッタにやられて独立戦争になっちゃうんだろう…。すごい。

529 :名無しのオプ:03/11/03 22:42
「症候群」ネタの同人誌は出ているのでしょうか?
同人の方、教えてください。

530 :510:03/11/06 21:03
血の翳り読みました。
もっとあちこち巡って血の源流を探すのかと思ってた。
実際にはあちこちいって調べまわったんだろうけど、
なんか主人公は出てくるたびに多摩川をながめてたような…

あと、「精薄からは犯罪者が生まれやすい」なんて内容の本がよく出版されたもんだ。

531 :名無しのオプ:03/11/08 18:42
駆けだしの寿行ファンです。このスレはかなり参考にさせていただいてます。
しょぼいですが↓で寿行コーナーやってます。ちなみに「牙城を撃て」が好き。
http://myshop.esbooks.co.jp/myshop/headofgarcia?shelf_id=08

532 :名無しのオプ:03/11/11 18:38
汝!  age

533 :名無しのオプ:03/11/13 11:45
全部読破したいのだけど「新世界動物記」だけ見たことがない。
古書店で売っていたら教えてくれ。

534 :名無しのオプ:03/11/13 19:58
碧い鯱,蒼き海の伝説,赤い鯱,悪霊の棲む日々,梓弓執りて,荒らぶる魂,安楽死,怒りの白き都,往きてまた還らず,犬笛,黄金の犬 第1部,黄金の犬 第2部,鬼が哭く谷,鬼狂い,オロロンの呪縛,怨霊孕む,回帰線に吼ゆ,帰らざる復讐者,化石の荒野,

535 :名無しのオプ:03/11/13 19:59
風は悽愴,神の岬,牙城を撃て,癌病船,鬼女哀し,君よ憤怒の河を渉れ,虚空の影落つ,牛馬解き放ち,昏き日輪,黒い鯱,原色の蛾,攻旗だ、無頼船よ,荒涼山河風ありて,虚空の舞い,去りなんいざ狂人の国を,屍海峡,秋霖,修羅の峠,症候群,白い鯱,

536 :名無しのオプ:03/11/13 20:00
地獄,世界新動物記,瀬戸内殺人海流,捜神鬼,双頭の蛇,蒼范の大地,滅ぶ,垰,血(ルジラ)の翳り,峠に棲む鬼,遠い渚,扉のない闇,呑舟の魚,汝は日輪に背く,汝!怒りもて報いよ,二万時間の男,裸の冬,白骨樹林,遥かなる海嘯,晩秋の陽の炎ゆ,

537 :名無しのオプ:03/11/13 20:00
風紋の街,ふたたび渚に,無頼船,咆哮は消えた,炎の大地,滅びざる大河,滅びの宴,滅びの笛,魔界,魔笛が聴こえる,魔の牙,幻の白い犬をみた,妄執果つるとき,虎落笛,闇に潜みしは誰ぞ,闇の法廷,妖獣の村,蘭菊の狐,老人と狩りをしない猟犬物語,

538 :名無しのオプ:03/11/13 20:01
わが魂、久遠の闇に,鷲の啼く北回帰線,わらの街,われは幻に棲む,鬼,濫觴の宴,幻戯,宴は終わりぬ,狼のユ−コン河,魔境へ、無頼船,霖雨の時計台,花に三春の約あり,頻闇にいのち惑ひぬ,地獄,黒猫の眸のほめき,沈黙の渚,妖魔,空蝉の街,妖しの花乱れにぞ

539 :名無しのオプ:03/11/13 20:01
夢想幻戯,緋の鯱,憑神,監置零号,垰よ永遠に,鉛の法廷,鬼の跫,石塊の衢,鷲の巣,雲の城,牙,襤褸の詩,人類法廷,衄られた寒月,異常者,ガラスの壁,まぼろしの獣,遺恨の鯱,無頼船ブ−メランの日,曠野の狼,山姥が哭く,死神,時の旅,癌病船応答セズ,

540 :名無しのオプ:03/11/13 20:53
無頼船、極北光(オ−ロラ)に消ゆ,母なる鷲,陽炎の街,凩の蝶,風の渚,峠大魔縁,人間の十字路,旅券のない犬,珍らしや蟾蜍吐息す,コロポックルの河,幽鬼の鯱,魔の山,無頼船、緑地獄(グリ−ンインフェ,残像,聖者の島,執鬼,たわよ永遠(とわ)に,道

541 :名無しのオプ:03/11/13 20:54
無法者の独立峠,ちぬられた寒月,賞金犬(ウォンテッド),幻想都市,悪霊刑事,頽れた神々,学歴のない犬,風と雲の街,神聖の鯱,涯の鷲,呪医(ウイッチ・ドクタ−),魔物,矛盾の壁を超えた男,蟹の目,魔性の岩,凩の犬,呪いの鯱,鬼の都,魔獣,消えた島,

542 :名無しのオプ:03/11/13 20:54
,ここ過ぎて滅びぬ,幻獣の森,深い眸(め),幻覚の鯱 神軍の章,世にも不幸な男の物語,デビルズ・アイランド,大厄病神,幽鬼犬,鷲,凌虐の町,牡牛の渓,幻覚の鯱 天翔の章,陽は陰翳(かげ)してぞゆく,濁流は逝く者の如し,禁呪(ごんじゅ),月を撃つ男,垰大魔縁,幻獣,碇の男

543 :名無しのオプ:03/11/13 20:55
これで全部か?

544 :名無しのオプ:03/11/13 21:44
「たわよ永遠に」がダブリですな。

抜けは…全体的な並びが順不同なのでぱっと見では分かりません。
出典とか参考にしたものはありますか?

545 :名無しのオプ:03/11/13 22:49
暇なヤツやな

546 :B37 ◆P3udnAZtt. :03/11/13 23:07
なんというか・・・タイトル並んでるだけなのにおどろおどろした魔力めいたの感じるな。
密教の経典読んでるみたい。

他作家のタイトルじゃこんな雰囲気でないよ。

547 :名無しのオプ:03/11/13 23:57
タイトルでは判らない・・・。
野性時代に連載してた美貌のレズの大学教授(=殺し屋)
が主人公なのってなんてタイトルか判る方いますか?

548 :名無しのオプ:03/11/14 10:33
>>534-542
びっくりした。
最初荒らしかとオモタ。

549 :名無しのオプ:03/11/14 14:19
534-542は、コツコツ集めた手作りのデータベース。
「垰よ永遠に」はダブりですね。漢字の登録ミスでした。
実は533も私で、「新世界動物記」じゃなくて「世界新動物記」だけが分かりません。

550 :名無しのオプ:03/11/16 08:04
『世界新動物記』発見
ttp://www.kt.rim.or.jp/~sizenrin/yomimono.htm
このページまだ生きてるのか?

551 :名無しのオプ:03/11/19 07:16
>547
色々読んでるつもりだけど全然思いつかないよ。
そもそも寿行御大ってレズを書くっけ?
ところで、僧都保行って再登場してから性格丸くないか?
ちょっと残念だ。
実の妹をも殺すところがよかったのに。


552 :名無しのオプ:03/11/19 09:50
547>> もしかして「碇(いかり)の男」か? 徳間ノベルスから出ているようだが、俺は読んだことがない。
レズの大学教授かどうかは不明だが、「美貌」という言葉が紹介文にあったし、殺し屋っぽいようなストーリーだと思うのだが。

『作家が帰宅途中、交通事故に遭った女性を病院へ送り届ける。十三年後、死の床にある件の女性から面会の申し出を受け、宴席が用意され、もてなされる十蔵。
が、気づくと監禁され理不尽な尋問が始まった。』というストーリーらしい。
間違ってたら、スマン。

553 :名無しのオプ:03/11/21 18:43
534-542>> 漢字変換が難しいなぁ。読めないもの多し。

554 :名無しのオプ:03/11/22 17:07
>551
僧都の変化を嘆くより、伊能と中郷の堕落を嘆くほうが先だろうw

「往きてまた還らず」「妖しの花乱れにぞ」「去りなんいざ狂人の国を」……
このへんの長いタイトルが好き。寿行さんはタイトルをつけるのが上手い。
それだけで愛しています。この才能だけは大藪さんも北方さんもかなわない。

555 :名無しのオプ:03/11/23 04:01
角川文庫だと思うんですけど、
武士の奥方が、旦那の留守中に山伏にやられちゃう作品の題名を教えてくだされ。

556 :名無しのオプ:03/11/23 08:59
「怨霊孕む」か「虚空の影落つ」あたり?

557 :名無しのオプ:03/11/23 13:38
>>556
ありがと。「怨霊孕む」でそた。

558 :名無しのオプ:03/11/26 22:45
ところで、新作ってあるのか?

559 :名無しのオプ:03/11/27 03:03
>558
全盛期の寿行が大好きでしたら新作は読まない方がいいですよw

つーか、平井もそうだが、この手の作家は何故、晩年が近くなると
神憑り的な物ばかり書くようになっちゃうのかな?

560 :名無しのオプ:03/11/27 03:53
ええゲイもんないん?

561 :名無しのオプ:03/11/27 07:38
>晩年が近くなると

なんだよ、その言い方。

562 :559:03/11/27 09:56
>561
ウォッ 確かに変な言い方だw
ボケた頭でヘタな事を書き込むモンじゃないね。
老境に差し掛かるとに訂正。
(平井はそれ以前から神憑り的だったけど・・)
でもやっぱり、否応なく迫り来る死が、作品に影響を与えるんかねぇ・・・ 

563 :558:03/11/27 21:10
平井は昭和40年代後半に「狼男だよ」を読んで、ハマッタ。
西村は3年ほど前から『神憑り的な物←(559ありがとう、いい響きだ)』になってきたみたいで、触手をそそられていない。
「老人と〜」とか「赤い鯱」とか、鷲シリーズなどの読み物は、もう書けないのか?

564 :名無しのオプ:03/11/27 22:06
まあね、「デビルズアイランド」あたりは、もういけないね。
もともと破綻ぶりが魅力の作家だと思うけど、
あれにはもうついていけない。
最近、書店での在庫も著しく減ってきてるようだし。
逆にブックオフあたりだと、ズラーっと並んでいる。
100エンコーナーで寿行を手にとった若者が、
初期から中期あたりの作品にふれてファンになるかもしれない。
印税は入らないけどね。

565 :559:03/11/28 00:11
>563
平井は初期の犬神明物や死霊狩り等は本当に名作だったよね。
短編も人類に対する、どうしようもない呪詛みたいな物が滲み出てる
作品が多くて寿行が好きな人なら否応なくハマれる作家だと思うw
でも幻魔大戦の途中からは、もう神憑ってきて個人的にはダメだったよ・・・・

鷲シリーズは実は最新刊が出ているとチラッと聞いたのですが
恐ろしくて手が伸ばせない・・・・・
やっぱり全盛期のトチ狂った様な小説は、もう期待出来ないんだろうね。

566 :名無しのオプ:03/11/28 00:29
西村寿行の小説で、姉と弟の近親相姦の話があるらしいんですが、
なんというタイトルですか?

567 : :03/11/28 21:40
>566
症候群

568 : 567:03/11/28 23:57
症候群は新品無いかも、二万時間の男って中にも入ってるよ。これは新品
あると思う

569 :名無しのオプ:03/11/29 00:29
「往きてまた還らず」よかったなあ。読んだの20年ぐらい前だけど。

570 :558:03/11/30 00:06
>>569
あのシリーズは、先が読めないんだよな。次がどうなるのか予測ができない。「鯱」も同様だけど。

571 :名無しのオプ :03/11/30 15:02
「君よ憤怒の河を渉れ」の映画見ました。
これって原作ともしかしてかなり違う?
題名の「憤怒」って自分を陥れた者に対する怒りとか憎しみという意味なんでしょうか。
映画を見る限りでは高倉健の行動原理は「社会への復帰」「真実の追究」が強いように
思えたんです。自分を陥れた者に対する怒りは悪役の政治家西村晃を殺すシーンに
出ていたかもしれないけど、それは社会悪を制裁するための義務感からの行動とも
とれる。原作を読んでいないんですがちょっと気になったので…

それにしてもあのクマの強襲シーンは何度見ても笑いました。
どうにてもはく製なんだもん。
あとシリアスなシーンで「ポカポカポカポーン」と呑気なBGM
がしつこいくらい繰り返し流れるのにもワラタ。
セスナ強奪していきなり運転するところと新宿を暴れ馬が疾走するシーンも
「アリエネー!!」を連発。まあ結構面白かったんですけどね。
しかしこの頃の健さんと原田芳雄の格好いいこと。
とくに原田の存在感が凄かったな。

572 :名無しのオプ:03/12/01 18:58
 「鼻白む」
寿行作品で、よく見る言葉だけど、
読み方が分かりません。なんと読むんですか?


573 :名無しのオプ:03/12/01 19:11
>>572
   はなじろむ

意味は辞書で引いてください。

574 :名無しのオプ:03/12/01 21:01
症候群読んだ。寿行作品初体験。
俺は一生この人についていきます。最高すぎ。

575 :名無しのオプ:03/12/01 21:21
初めて西村寿行よんだのが
「丑三の村」映画化される前だったが面白かった

576 :名無しのオプ:03/12/02 20:15
>>574
寿行初体験が「症候群」とは、これからが思いやられる。
氏の作品は幅広いジャンルなので、手当たり次第に読み漁ることを薦める。
ここ数年はツマラナイと思うべし。

577 :名無しのオプ:03/12/04 01:26
寿行の文章って中毒性がないかね?
なんか、バシン、バシンって脳に響くような快感のある文章。



578 :名無しのオプ:03/12/04 02:26
脳を灼く
ってやつですな。

579 :名無しのオプ:03/12/04 18:36
もっと昔(ふう)の新作を!! といった感じで。

580 :名無しのオプ:03/12/10 11:42
ハイテンションのセルフパロディーっぽい作品で、
地の文に「尻・尻・尻・尻・あぁお尻」と書いてあり
尻フェチの強烈アピールぶりに笑ったものを昔読んだのだが、
あれはなんていうタイトルだったかな・・・

581 :名無しのオプ:03/12/10 21:34
街シリーズのような気もするが、鷲シリーズか?
大穴で地獄。もしかして垰、無頼船、法廷?

読み返さないと分からない。

582 :名無しのオプ:03/12/14 01:09
昔スタローンとビリーディー・ウィリアムス(スターウォーズのランド伯爵)主演で
「ナイトホークス」という映画があったが
これがまた「往きてまた還らず」のパクリかと思えるような話だった
僧都役はルトガー・ハウアー
スタローンの映画にしては面白かったよ

583 : :03/12/16 23:47
この前、月を撃った男を読んだ。
その他の作品は全部読んでいるはず?なので今までの作品のタイトルが
いっぱいでてくるこの作品は「もう書く気ないのでは?」と思わせるものだった。
落ちもやっぱり超常気味だし。
ところで彼は今でも執筆しているのだろうか?(というか今でも生きているのか?)

俺の人生哲学の原点は彼の作品にあるのだが最近書店でみないのでかなり寂しい。本気で。


584 :名無しのオプ:03/12/17 01:14
>>580
そりゃ「地獄」ですがな。
西村寿行と担当編集者(実在)たちがふぐにあたって地獄に落ちる話。

585 :名無しのオプ:03/12/17 12:06
寿行先生は銀座などあまり行かず、
自宅で編集者たちと車座になってウイスキーや焼酎を飲むのが好きだったらしい。
カックイイナー。


586 :名無しのオプ:03/12/23 17:41
>>地獄

 ぶくおふにもなかったんで電子になったのをパブリで買って読んでみた。
 先生、筆走り過ぎ(vv;。
 あとがき代わりの、出演者座談会も○。

 死神シリーズも途中から地獄っぽくなってくるね。

587 :名無しのオプ:03/12/23 17:54
君よ憤怒の河を渡れ

このタイトル好きだなぁ。

588 :名無しのオプ:03/12/23 23:29
明彦タン@症候群萌えage

589 :名無しのオプ:03/12/24 12:12
「憤怒」の読み方、フンヌかフンドかで揉めたんだって?


590 :375:03/12/25 01:52
>死神シリーズ

 伊造親分萌え(vv;

591 :名無しのオプ:03/12/28 08:48
>>590
ぢつは、おれも(^^;;;;;

592 :男根さまお尻さまマンセー狂信的西村原理主義信者:03/12/28 12:15
神スレめっけ狂喜death!
厨房2、3年の時、「滅びの笛」を読んだのがきっかけでドップリはまった。
田辺節雄のコミック版も揃え、以後受験生にもかかわらず塾の帰りに古本屋に
入り浸り、「ああッ、男根さまッ、男根さまッ」連発のナニシーンのとこばかり読んでは勃たせていたw。
同じ頃、永井豪の「バイオレンスジャック」が親に見つかって狂ったように叱られたが、西村ライブラリー見つかったら、それこそ西村ワールドが現実になっていただろうw。
ちなみに当時の抜き材料は専ら西村作品だった。本当にあの頃の自分は鬼畜だったと思う。

593 :名無しのオプ:03/12/28 13:06
西村作品エロナンバーワンは「ガラスの壁」だと思ふ。
性交奴隷教団とKGBの陰謀、北海道へのソ連上陸計画…。あのダイナミズムは
今時のヘボ小説にはあるまい。
>220
遅でスマソ。西村氏は、こう逝っては失礼ではあるが、第1空挺団を過大評価し過ぎている。
グリーンベレーやスペツナズと、陸自のレンジャーをごっちゃにしてる時点でダメ。
腕立て伏せ何百回とか千回とかは本当らしいが、犬はどうか知らない。蛇とか鶏をさばく訓練は知ってるけど。
「亡国のイージス」「オペレーションローズダスト」とかで
福井晴敏氏が防衛庁の特殊部隊がその訓練を積むシーンを描いていたが、西村作品からインスパイアされたのかも?
>592
あなたの名前に「ああッ、あるじさま!」

594 :名無しのオプ:03/12/28 19:52
11月にはタイトルばかり並んでいたが、主人公と登場人物の総まとめをやってくれないか?
多すぎて、データベースできない。

595 :真白な尻、豊かな尻、尻、尻----ああ、お尻。:03/12/28 20:39
話題になってた作者御自ら御出演の「地獄」を、さっそく立ち読み。
ぶっ飛びまくったセルフパロディに思わず吹き出し、店のオヤジに怪しまれた。死んだ愛犬チー子や本文イラスト担当の金森達も出演してたし。
みっともない女歴も詳細に記述。
極度な尻フェチを示す「真白な尻、豊かな尻、尻、尻----ああ、お尻。」、爆笑しかかったw(^^)w

596 :名無しのオプ:03/12/28 22:40
同人腐女子は寿行作品をもネタにする。特に伊能×中郷×僧都。あとは鯱。

嗤う僧都 ttp://www.saiin.net/~kei/
鳴神 http://www.narukami.com/at/index.html
鷲の棲家 ttp://www.sakai.zaq.ne.jp/manekineko005/washi/
電脳APPLE RABBIT ttp://www.eonet.ne.jp/~green-apple-load/

597 :名無しのオプ:03/12/29 11:26
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

598 :0W9:03/12/29 20:23
「ガラスの壁」で思い出したが、鷲とか隼とか雉やらは、要は政府の命令で
人妻をたらし込んで性交奴隷にしたり、住民データをフロッピーに収めたり、
わざと北海道民が一時的に狂うの放っといたりしてたん?
今でも実際にありそうで怖いな。人妻性交奴隷萌え〜

599 :名無しのオプ:03/12/29 22:43
「往きてまた環らず」の下野辺克子タソ激萌え〜!


600 :名無しのオプ:03/12/30 00:53
パニックものでは滅び三部作がベスト。
それ以外で1位を選べと言われたら、俺は迷うことなく「呑舟の魚」を挙げる。
幽鬼のような姿になり、フケ入り水を飲み、小便入りの食事をし、座敷牢を食い破って脱出し、
孤島の洞窟に鎖で繋がれ、ウジ虫に傷口を食わせて足を切ってまた脱走し、しまいには鳥に本土まで
運ばせて帰ってくる、黒須平吉の恐るべき姿は、何度読んでも色褪せない。
どこか映画化してくれんかなぁ。R18指定の問題作としても、客入ると思うんだけど。

601 :名無しのオプ:03/12/30 01:36
↑パピヨン観たら?

602 :名無しのオプ:03/12/30 01:47
>593
寿行の過大評価は他にもある。公安の外事警察がCIAやらKGBやらと同じくらいの情報網を
持ってるとか、対戦車ヘリ・コブラのTOWミサイルは撃ちっ放し可能みたいに書いたり。
ま、爽快だからいいんだけどね。あと、タイトルは忘れたが、渚シリーズでソ連空軍のミグ戦闘機が
横田基地に亡命を装って飛来し、爆弾落とすというすごいのもあったね。また読みたくなった。

603 :名無しのオプ:03/12/30 01:58
デビルズ・アイランド面白いね。神憑りしてても、これくらいは味が出てていい。
カニの視点で語りが進むのもよかった。陸自空挺隊もかっこいい。(柴崎はバカだったが)
牛の精の少女にも萌えた。満足だ。

604 :名無しのオプ:03/12/30 10:34
あんた、すごいマニアとみた。
デビルズ・アイランドをそこまで読みこなしたか。
俺はついていけなかった。

605 :名無しのオプ:03/12/30 11:23
「呑舟の魚」の性交奴隷志望熟女人妻・真澄に激萌え!
広沢の気持ち、大いに分かる(^^;
漏れも真澄タソを座敷牢で転がして尻から犯しまくりたい。

606 :名無しのオプ:03/12/30 11:32
>602
「幻覚の鯱」で、十樹がステルス機からレーザー誘導爆弾を性交奴隷市場に
「地上で」落とすのもアレ。ミサイルじゃないんだから、そのままボテッと投下したら
あんた、地面にめり込むか大爆発よ。十樹君しっかりせえよ…

607 :名無しのオプ:03/12/30 13:06
十樹がステルス機のジェット燃料やバルカン砲弾を西洋人に調達さすところを読んで、「戦国自衛隊」を思い出した。で、イージス艦がまた出れば、「ジパング」ねw

608 :黒須吉孝:03/12/30 22:32
平吉ッ!

609 :名無しのオプ:03/12/31 01:23
>>575
亀ですが
「丑三つの村」は、寿行ではなく、
寿行の兄・西村望の作品

610 :名無しのオプ:03/12/31 02:58
西村望もなにげに、キツイ小説書くなあ。

611 :横川検事:04/01/01 14:46
広沢ッ

612 :名無しのオプ:04/01/01 21:48
現時点では「月を撃った男」が最新作みたいね。
この前読んだが、「鷲」の名無し隊(コードレス・セクション)も出たし、
陸自ヘリのナパーム爆撃もあったし、細菌テロみたいなことも書いてあったが、
過去の作品のようにダイナミックではなく、ただの劣化コピーだったのが悲しかった。
死神シリーズは「鷲」で終わりでもいいが(伊能・中郷ももう60近く?)、
「幻覚の鯱」を完結させ、最後にあと1本書いて欲しい。
>582
「ナイトホークス」、今度借りて見てみます。寿行作品はスケールが壮大過ぎるので、
ハリウッドで映画化した方がいいかも?キャスティングなど考えてみた。
監督:ジョン・マクティアナorポール・バーホーベン
伊能:マイケル・ダディコフ
中郷:エド・ハリス
僧都:ケビン・ベーコン
下野辺:モニカ・ベルッチ

613 :名無しのオプ:04/01/01 23:58
僧都はジャッカルで狙撃手やった人がいい。


614 :名無しのオプ:04/01/02 00:01
間違えた。
ジャッカルの日だ。
ジャッカルだと禿になってまう。


615 :名無しのオプ:04/01/02 08:52
禿げでいいんじゃないの。

616 :名無しのオプ:04/01/02 14:27
ブルースが僧都?ちょっと微妙。
モニカは下野辺で十分通用すると思うけど。
漏れは呑舟の魚のキャスティングなど考えてみた。

平吉:本木雅弘
吉孝:ビートたけし
真澄:天海祐希
広沢:鈴木宗男
横川:役所広司
吉野:大杉漣

617 :名無しのオプ:04/01/03 15:04
工房の頃、友人に薦められて「双頭の蛇」を読んだ。
短編だったけどかなりショックを受けたよ。
主人公はとあるマンションに住む平凡なサラリーマンの一家なんだが
隣室の変態夫婦の異常っぷりは凄かったな。
主人公の妻が隣室の夫婦のおかげでノイローゼになっていき
たまりかねた主人公は・・・・。(ry

618 :双頭の蛇:04/01/03 16:33
変質者の眼だった。廊下の隅から、ねばい視線が美樹の乳や尻を舐めていた。
隣室の物音や夜の声に悩まされて、やっと引越した新築マンションだった。
その隣人が変質者だった。絶望感が美樹を襲った。
ベランダにカナリヤを出すと、隣人はミキと名付けた猫を飼った。
露骨な悪意があった。そのカナリヤが怪死した。
警察は被害妄想だという。だが娘までが…。

619 :梅吉:04/01/03 18:26
こいつらは人妻じゃないけん!おらたちの奴隷けん!奴隷とボボして何が
悪いちゅうけん!

――ボボだと!死にぞこないのじじいめ! 

620 :名無しのオプ:04/01/03 19:53
「人類法廷」を読んだ。飲酒運転で大量殺人を犯した運転手が無罪となって云々と
という話だったが、こういう話題まで先取りしたジュコー先生ってやっぱすごい。

621 :名無しのオプ:04/01/03 21:46
こんなのもあるんだね

ttp://www.eonet.ne.jp/~green-apple-load/series/series_jukou.htm

622 :名無しのオプ:04/01/03 22:47
寿行さんの文庫本の表紙って
やっぱ角川文庫版の表紙が一番良かったよな。

623 :名無しのオプ:04/01/05 00:42
新書より文庫の表紙に、燃えw

624 :名無しのオプ:04/01/05 01:17
>616
吉孝は斎藤洋介がいいと煽ってみるテスト。
>612
伊能はデビッド・モースで頼む。あ、そうすると「ザ・ロック」か(藁



625 :名無しのオプ:04/01/05 20:47
【魂魄さながら幽鬼なり】(症候群・所収)
良沢:二谷英明
恵美子:大竹しのぶ
沖田:妻夫木聡

見たい!

626 :名無しのオプ:04/01/06 01:06
>625
旦那が陰茎ガンになって宦官になっちゃうアレ?
初めて読んだ時、「すげぇの書くなぁ」と思った。
男ならああもなってしまうかも…。
キャスティング見て、映画観たくなった。

627 :名無しのオプ:04/01/06 01:32
>恵美子:大竹しのぶ
 沖田:妻夫木聡

イイ!


628 :名無しのオプ:04/01/06 17:00
親父の書斎にダイヤモンド・ボックスが大量に積んであったので漁ってみたら、
何と西村寿行氏の記事が2つもあった。1つは作家生活の実態をルポしたものだったが、読んで驚愕した。
あれでよく今まで生きられたもんだ。それにしても1本書くのに1メーターの資料に1日半本のウイスキーって、あんた…。
もう1つのは「峠」を書くきっかけになったCJ-5ジープの記事。今はあるのだろうか。

629 :名無しのオプ:04/01/06 19:53
漏れも毎晩焼酎3合飲むヘビードランカーだが、
毎日ウィスキー半本は飲めんわ。

余談ですが、1人で飲みつつ本読むのって至福。
酒好きにはおすすめしたい。

630 :名無しのオプ:04/01/06 20:06
馬鳴神
相良:渡部篤郎
真紀恵:米倉涼子
真紀恵と性交中に刺殺される大学生:妻夫木聡
徳田左近:西村寿行

631 :名無しのオプ:04/01/06 20:39
北上次郎、じゃなかった目黒孝ニさんのエッセイに
「本も酒も好きだけど、自分は、酒を呑みながら本は読“め”ない」
みたいな記述があったような気がします。
私も無理だなー。再読以降なら大丈夫だけど。
あと、『冒険小説の時代』には、
「北方謙三はジョバンニで、西村寿行はバローズである」
というような記述もあったように記憶しています。

632 :名無しのオプ:04/01/07 22:09
age

633 :名無しのオプ:04/01/08 00:10
ナニシーン執筆中は自らハァハァしてたみたいね。

634 :名無しのオプ:04/01/08 00:31
「ワンアワ! スティンガーミサイル・アタック! ミッチェル・ユウ・サレンダー」
私はここで泣きました。
「無頼船・極東光に消ゆ」からですが、今になって冷静に考えると中股ってここまで
英語しゃべれるんでしったっけ?包木、斯波以外はNGっだったような...



635 :名無しのオプ:04/01/08 23:06
教えてください。
西村寿行氏の作品の中で家庭崩壊を描いた作品があったような記憶があり、
今その作品を探して本屋を回っているのですが、肝心のタイトルが分からないため
完全に行き詰まってしまっています。
よろしければ、分かる方は教えて頂けませんでしょうか。よろしくお願いします。

636 :名無しのオプ:04/01/09 01:34
>635
寿行はその手のテーマを腐る程書いてるんで
具体的な内容を言ってもらわないと、分からんかと・・・

637 :名無しのオプ:04/01/10 09:10
>>635
犬笛だね。
娘が誘拐されたお父さんが犬と一緒にがんばる話だよ。
お母さんは心労で精神病になってるっていう話。
探してるのこれでしょ?

638 :名無しのオプ:04/01/10 20:46
犬笛ってさ、たしか犬好き寿行さんが
犬だけに聞こえる笛があったらいいなって妄想してたら、
実際にそういう笛があるって知って吃驚して
早速小説にしたらしいよね。


639 :名無しのオプ:04/01/10 21:15
ここ読んでたらボボって何なのか気になって悪霊の住む日々買ってきちゃったよ。
今からテレビみるからそれ終わったら読んでみよう。

640 :名無しのオプ:04/01/11 10:19
>639
自分はそれ14才のとき読んで
ラストでえらいブルーになったよ…。



641 :名無しのオプ:04/01/11 17:03
>>634
「ジャパン大使館、テレフォン プリーズ!」
私はここで死ぬほど笑いました。
「鷲の巣」からですが、今になって冷静に考えると伊造親分を笑いながらも、
自分でも「大使館」を英語で言えないことに気づいてみたり…(-_-;.


642 :名無しのオプ:04/01/11 21:04
>>631
西村は北方のパクリって話もあるよね。

643 :名無しのオプ:04/01/14 01:22
>>641 さん
634です。
そのとき伊造親分、吉良は「カンカン帽」姿でしたよね。
死神シリーズは中郷伊能もそうですが、やっぱ伊造親分がいい味をだしてますね。
ちなみに死神、無頼船と再読してて、いま垰を読んでいます。

644 :名無しのオプ:04/01/14 12:58
ダルマ女がでる作品ってありますかね?

645 :名無しのオプ:04/01/15 01:00
俺みたいに最近読み始めた人いませんか?

646 :名無しのオプ:04/01/15 02:12
>644
確かダルマ女が出てる作品はあった。
だがタイトルが思いだせん。
内容は主人公の恋人?が香港マフィアか何かにさらわれて
ダルマ女にされるというオーソドックスなものだったと思う。
それを見た主人公がブチ切れまくってたような記憶があるんだが、
どうだったかのぅ。

647 :名無しのオプ:04/01/15 02:24
西村寿行 切断
でぐぐってみると、2chのスレらしきものが引っかかったが、
あいにく過去ログで読めない。

【事実か】行方不明の立教大女子学生 ...
... 04/01/04 17:29 ID:4O11QT6U 西村寿行の小説は香港 ... しかし、小屋に入った彼はそこ
に晒されていたものからすぐに目をそむけ、 ここに入ったことをひどく後
悔することになる。 その小屋の中の舞台の上で、手足を切断された全裸の ...

646の言うように香港というキーワードが確かにでてるからこの小説なんだろうか。
題名はなんだろう。
手足を切断された全裸の・・・なんだろう。ここで終わってるのが歯がゆい。


648 :名無しのオプ:04/01/15 02:33
あーウツになってきた。

649 :646:04/01/15 03:06
>647
おお。こんな速レスが・・・w
情報サンクスです。
題名、自信ないが確か街シリーズの中のどれかだったような・・・
違ってたらスマンです。

650 :名無しのオプ:04/01/15 04:08
『異常者』のラスト近くでは?
鹿児島市の女性と少年が何人も拉致されて
香港に売り飛ばされる話、
だったか?(うろ覚え)

651 :名無しのオプ:04/01/15 05:50
170 :番組の途中ですが名無しです :04/01/04 17:02 ID:4O11QT6U
昔、西村寿行の小説で読んだ。題名忘れたが。
いやにリアルで事実を元にしてるな、と感じたもんだが。

175 :番組の途中ですが名無しです :04/01/04 17:29 ID:4O11QT6U
西村寿行の小説は香港という設定で男も女もいる。
見世物ではなく、娼婦(夫)だ。

180 :番組の途中ですが名無しです :04/01/04 17:35 ID:nY8syGSQ
>>170
「異常者」
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4061842714.html

181 :170 :04/01/04 17:46 ID:4O11QT6U
>>180
すごいなー、さすがチャネラー、よく見つけたね、多分それ。
もう捨てちゃったからブックオフででも100円で買うかな。

しかし寿行の小説は巨根願望がいたるところに見られて面白い。

652 :名無しのオプ:04/01/15 05:51
ぐぐってHPが消えてる場合はキャシュを使え

653 :コタロー:04/01/15 19:37
西村寿行の「幻覚の鯱 神軍の章」の続編はどうなっているの。知っている人いませんか。

654 :名無しのオプ:04/01/15 20:37
「神軍の章」の次は「天翔の章」が発売されている。
完結はしていない。
このスレッドの上の方でもその話が出ているんで、読むよろし。

655 :コタロー:04/01/15 20:51
名無しのオブさんありがとう。勘違いしていました。もうひとつ教えてください。天翔の章の後、メフィスト2,000年1月増刊号でPART3第1回が掲載されましたが、その後は、発表されていないのですか。

656 :名無しのオプ:04/01/15 21:12
名無しにさんづけの人キターw

657 :名無しのオプ:04/01/15 21:52
しかもオブさん

658 :名無しのオプ:04/01/15 22:40
ネタだよネタ。初心者ネタ。
小説のネタが尽きたからネタを作ってんだよ。
そしてお前らもそれを分かってる。わかって乗ってる。
それほどお前らは暇ってことだ。
そして両者が分かり合ってることをあえて指摘するという
何の意味も無い文章を書く俺もまた暇ってことだクソ。

ま、コタローは「なんのことです?本当に分からないんです。初心者です」
みたいなことを言え。
そして他の奴はそれに合わせろ。
そうでもしないと退屈で脳が退化しちまうよ?

659 :名無しのオプ:04/01/16 01:34
おしりさま

660 :名無しのオプ:04/01/16 18:20
>>659
ひらがなでかくと幼女がニコニコしながら無邪気にいってるみたいで心が痛んで仕方が無いからやめろバカ
お尻さま!と書いてくれ。

661 :名無しのオプ:04/01/17 16:26
ダンコンさま

662 :名無しのオプ:04/01/18 04:30
「往きてまた還らず」
「白骨樹林」
「滅びの笛」
の三作が、私のベストスリー。

昨日、20年ぶりに「白骨樹林」を読み返したら、アラばかりが目に付いた。
時代が違うとはいえ、強引すぎるような・・・。

663 :名無しのオプ:04/01/18 05:10
怒りの白き都たったいま読了。
俺の心も怒りに満ちている。
到底許せん。

664 :名無しのオプ:04/01/18 10:52
>>663
その怒りを665にぶつけろ

665 :名無しのオプ:04/01/18 11:01
んじゃ先にあやまっとくか。
>>663
正直、スマンカッタ。

666 :名無しのオプ:04/01/18 14:55
京子
則子
山岡
中田
こいつらダルマの刑にしたい。
とくに京子とはガチンコでたたかいたい。
んで勝っても負けてもダルマ。

667 :名無しのオプ:04/01/18 20:04
悪霊の住む日々みたいに敵側の悪が勝つんじゃなく
怒りの白き都みたいに敵側の正義(ともいえないが)勝つのでもなく
犬笛みたいに正義の主人公が勝つのでもなく
悪の主人公が女を奴隷にして勝って終わる話ってある?

668 :名無しのオプ:04/01/18 20:06
漏れの知ってる西村寿行はそんなのばっかりですがw

669 :名無しのオプ:04/01/18 23:55
じゃあ題名一個でいいから上げてください。
それ買って読むから。

670 :名無しのオプ:04/01/19 18:23
短編集「双頭の蛇」に入ってる「狂った夏」が好き。
異常な祭りに萌えました。
レズもの「荒野の女」も入ってて素敵な1冊。

671 :名無しのオプ:04/01/21 00:50
ムリヤリさらってきた女がすぐに喜んで犯されるようになるというのはリアルなんですか?
俺エロ漫画とかだと徹底的に嫌がる女を犯してるわけで、俺はそういうの大好きなんだけど。

672 :訂正:04/01/21 00:51
ムリヤリさらってきた女がすぐに喜んで犯されるようになるというのはリアルなんですか?
エロ漫画とかだと徹底的に嫌がる女を犯してるわけで、俺はそういうの大好きなんだけど。


673 :名無しのオプ:04/01/21 09:40
ストックホルム症候群みたいなのはあるかもな。

674 :名無しのオプ:04/01/21 19:12
>>672
エロ漫画ではムリヤリさらってきた女がすぐに喜んで犯されるようになる
のが一般的で、最後まで嫌がる女が出てくるほうが少ないと思うが。

あとリアルなんですか?と訊かれて答えられるやつは流石にいないだろう。
それともいるのか?経験者?

675 :名無しのオプ:04/01/21 20:09
「妖獣の村」読破しました。熱すぎる。やはり寿行作品は最高です。
男女の真摯な生き様と後背位にこだわり続ける寿行先生、タイプだわ

676 :名無しのオプ:04/01/21 20:32
寿行で、レズが描かれた話ってありますか?

677 :名無しのオプ:04/01/21 23:16
>>674
それは違うぞ。すぐに喜ぶようにはならない。
確かに大抵は最後のページで精神崩壊してちんぽおいしーとか行ってて
やってる最中はいやあああとか中だけはああとか言ってるだろ。
そこで俺は最後のページとかみないで、嫌がってるシーンだけでオナニーしてる。
ところが寿行の作品は俺が今まで読んだかぎりではほとんど一瞬で女が
アグレッシブになるから俺の趣味にあわない。


ただ、漫画の話に戻るが、俺はネットで同人誌を落としているんだが、お前はそうじゃなくて、
お前は実は凄いおっさんで、劇画漫画ばっかり読んでるなら、
ひょっとしたら劇画漫画はお前の言うようにすぐに喜び出す漫画が多いのかもしれないという
予想くらいは出来る。

678 :名無しのオプ:04/01/21 23:19
あともしお前が劇画漫画ばっかり読むような凄いエロい中年のおっさんなら
お前とか言ってごめんなさい。

>>676
わりとあるよ。
上の方で出た怒りの白い都でも、性交奴隷同士がさらに仕えたり仕えられたりしてる。
ただし女同士の濃密な描写はたしかに無いかもしれない。

679 :名無しのオプ:04/01/22 08:12
なんかツボにきてハゲワラタw

680 :名無しのオプ:04/01/22 17:12
劇画漫画を過大評価しているな。

681 :名無しのオプ:04/01/23 14:30
寿行に続く作家は、誰だろう?

682 :名無しのオプ:04/01/23 14:45
エロ漫画家

683 :名無しのオプ:04/01/23 22:00
悪霊の棲む日々読破。バッドエンドすぎて欝だ。
若妻の艶かしい尻ハァハァ

684 :名無しのオプ:04/01/23 22:20
地下鉄サリン事件が起こった時
手口が『去りなんざ狂人の国を』に似ている
と新聞や雑誌に指摘されてたね。

685 :名無しのオプ:04/01/23 23:09
>684
寿行はそれについて完全ノーコメント。


686 :名無しのオプ:04/01/24 00:55
俺も悪霊の住む日々は最近読んだばっかりだよ。
確かに気分は悪い。
でも女が勝つよりはよっぽどいいよ。
女が勝つのだけはダメ。
小説で女が勝ってストレスをため、現実で女に復讐できるという境遇にある読者なら
嗜虐心増幅剤として利用できるかもしれんが、
あいにく俺に彼女はいないので、負けっぱなしで終わる。
だから少なくとも俺は許せん。ボボ万歳。
でもボボし放題の奴らも許せん。ああ

687 :名無しのオプ:04/01/24 08:18
>>686
> 小説で女が勝ってストレスをため、現実で女に復讐できるという境遇にある読者なら

君もそうとう歪んでるねw

688 :クズ:04/01/24 12:49
寿行が好きな奴なんて、
多かれ少なかれ皆歪んでるでしょw
実社会ではマトモな社会生活を送ってる奴が
少なそうだ。それか出世に見放されたのリーマンとか・・・

689 :名無しのオプ:04/01/24 12:57
昔いた会社の社長がファンだったぞ。
某有名企業を30台で独立退職し当時の人脈で営業をかけ、
漏れが辞めた当時で従業員30人ほどになってた。

690 :名無しのオプ:04/01/24 13:35
>689
その社長も夜になれば、お尻さまプレイを毎晩。
うらやますい・・・・・


691 :名無しのオプ:04/01/24 16:49
流れをぶったぎって悪いが「白骨樹林」が好きだ。
自らの死に名誉をかける叶捨吉がいいんだよ。
あと路傍の野菊を見て娘を思うところとかさあ、
その後の『パパ、負けないで』がまた泣ける。



692 :名無しのオプ:04/01/24 17:07
寿行の殆どは読んだが、「世界新動物記」だけは見かけたことがない。
どんな本なのだ?

693 :名無しのオプ:04/01/24 18:36
俺も読んだことは無いが
たぶん動物が沢山でてくるな。
あと女は性交奴隷にされると思う。
それにタイトルに世界ってついてるくらいだから、
また必要以上にでかいスケールの話だと思う。
よって、カーゲーペーと警察庁も高確率でからんでくると思う。

694 :名無しのオプ:04/01/24 22:14
寿行作品は犬好き女優の川原亜矢子に薦めたい

695 :名無しのオプ:04/01/25 00:19
たまには寿行の描写する正常位や騎乗位も見てみたい

696 :名無しのオプ:04/01/25 02:00
タイトル忘れたけど、10歳そこらのガキに人妻がフェラして騎上位で乗って
「ぼうやさま!」と喘ぐのがあった。あんま萌えなかったけど。

697 :名無しのオプ:04/01/25 02:01
>693
自衛隊が出るのとなると、泣く子も黙る第1空挺団が出るよ。

698 :名無しのオプ:04/01/25 02:16
ぼうやさまワラタ

699 :名無しのオプ:04/01/25 04:56
>>696
笑った。
寿行ヒロイン、作者は映画化も想定して執筆していたのだろうけど
誰を念頭に置いて書いていたのだろうね。

700 :名無しのオプ:04/01/25 14:31
「騎乗位」と言いつつ男が女の上に跨ってる描写があった…
一方で「女騎乗位」という表現も使っている(『症候群』)ので、
寿行氏と一般の理解とはちょっと違うのだろう。

701 :名無しのオプ:04/01/25 16:21
おしりさま&ぼうやさまマンセー!

702 :名無しのオプ:04/01/25 19:08
>>695
「裸の冬」に騎乗位をとる(とらされる)描写があるよ。

703 :名無しのオプ:04/01/25 22:11
仙石文蔵マンセー!!

704 :名無しのオプ:04/01/26 00:58
仙石文蔵→強姦じじい(十樹談)

705 :名無しのオプ:04/01/26 01:08
俺はエロ画像の整理にこの日曜の午後を使ってしまったぜ。
でもおかげで500メガほど容量が増えた。
本当はもっともかさばるエロ動画の選別もしたいんだがなあ。時間が……

706 :名無しのオプ:04/01/26 14:53
>>ぼうやさま
坊屋三郎の顔が浮かんでくるよ。

707 :名無しのオプ:04/01/27 00:42
ショタには「まぼろしの獣」(14歳×4人)
がお薦め。

708 :名無しのオプ:04/01/28 01:26
705は源信

709 :ショタフェチ:04/01/31 19:27
「まぼろしの獣」、結構萌えたよ。
ちなみに、有名なセルフパロディ「地獄」では、寿行先生と愛犬ちー子のdキスシーンが読める藁。

710 :名無しのオプ:04/02/01 00:59
高校の頃一気に読んだなあ。

この人のほかは西村京太郎だの
クイーンだのクリスティだのミーハーな趣味なんだが

711 :名無しのオプ:04/02/01 07:34
西村京太郎とクイーン・クリスティを同列で見てるのですか、君はw

712 :名無しのオプ:04/02/01 21:32

     _____
   /::::::::::::::::::::::::::\〜プーン
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〜プーン
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_|〜プーン
  |;;;;;;;;;;ノ∪  /   \ヽ〜
  |::( 6∪ ー─◎─◎ )〜    / 
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)〜  < 西村京太郎とクイーン・クリスティを同列で見てるのですか、君はw
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー!\ 
  \        ⌒ ノ_____
    \_____/ |  | ̄ ̄\ \
___/      \   |  |    | ̄ ̄|
|:::::::/  \___ | \|  |    |__|
|:::::::| \____|つ⊂|__|__/ /


713 :名無しのオプ:04/02/01 21:45
ついでに言えば、E・クイーンとA・クリスティのどこがミーハー趣味かとw

714 :名無しのオプ:04/02/01 22:51
ついでにいえばアガサクリスティしか知らないしかも名前しか知らない

715 :名無しのオプ:04/02/01 22:51
寿行氏の小道具といえば、針金と擂り粉木。
あと何かあったっけ?

716 :名無しのオプ:04/02/03 14:05
青大将とか。

717 :名無しのオプ:04/02/03 21:54
CIA KGB 自衛隊特殊部隊

718 :名無しのオプ:04/02/05 11:13
ドスでしょ。

719 :名無しのオプ:04/02/05 12:42
軽石

720 :名無しのオプ:04/02/07 00:28
妻は尻を高く掲げて叫び続けている。age

721 :名無しのオプ:04/02/07 17:04
「碇の男」と「月を撃つ男」を読んだが、寿行もうだめ。
渚シリーズで口直しだ

722 :名無しのオプ:04/02/07 18:36
「碇の男」って近作だったか?取り敢えず読んでみようっと

723 :名無しのオプ:04/02/07 23:32
小道具と言えば手錠。

724 :名無しのオプ:04/02/07 23:41
以下内容が書かれた寿行氏のタイトルを探しています。

無人島に監禁され、洞窟内に手錠をかけられたまま放置され、
なぜか落ちてた缶詰で自らの手首を切り落とし脱出した。


725 :名無しのオプ:04/02/08 09:56
「碇の男」2001年だから近作とはいえないが、前のような筋が通った作品ではなくてツギハギだらけの物語。
後味も悪い・・・・・

726 :名無しのオプ:04/02/08 12:48
>724
おお、それは我がフェイボライト西村作品「呑舟の魚」ではないかっ!
ちなみに、「なぜか落ちてた缶詰」ではなく、「餌用のアルミ皿」でつ。
あれはすごかった。

727 :名無しのオプ:04/02/08 13:42
ジョジョ5部でガラスの破片で自らの手を切る、というのがあったね。

728 :名無しのオプ:04/02/08 13:46
全言語のページから西村寿行を検索しました。
約3,940件中1 - 10件目 ・検索にかかった時間0.12秒

729 :名無しのオプ:04/02/08 14:42
あらすじを紹介したページって意外にないよね。

730 :名無しのオプ:04/02/09 02:19
ここが勉強になった
ttp://www12.pos.to/~misumi/kokunai/jyuko1.htm

731 :名無しのオプ:04/02/09 13:29
死神シリーズ最新作、満を期して遂に登場!
ttp://www.saiin.net/~kei/

732 :名無しのオプ:04/02/11 03:03
>726さん
情報ありがとう。呑舟の魚は持ってるので早速再読してみます。

またまた教えて君で申し訳ないが
(1)人質に取った男を虐待するときにホースの水を鼻から入れて粘膜が・・・
(2)コンクリ詰めで窒息死寸前
のタイトルを教えちくりませんか?
(1)と(2)は同一小説では無いかもしれません。

うーん、頑張って寿行DBを作ろかな...


733 :名無しのオプ:04/02/11 03:06
連続カキコ スマソ

>727さん
「ジョジョ5部」って何ですか?


734 :名無しのオプ:04/02/11 22:32
ジョジョの奇妙な冒険のことじゃないの?

735 :名無しのオプ:04/02/12 17:47
>>674
>あとリアルなんですか?と訊かれて答えられるやつは流石にいないだろう。
>それともいるのか?経験者?

東南アジア研究で世界的に有名だった元京大教授・矢野(故人)が、研究室秘書に対して
のセクハラで起訴されて、反省したり強気になったりあれこれお騒がせのあと海外に出て
ウイーンで最期を迎えたという事件はよく知られていると思うけど、実際にレイプされて
その後も秘書として勤務している間の数年にわたって性行為を要求され続けた女性の手記
を読むと、最初のレイプの時の矢野のやり口が寿行小説の描写によく似ているので驚いた。
有無を言わせずに行為を強要して抵抗の素振りを見せると叩いたり、大声で遮ったりして
女性を一種の骨抜きにして逆らえないように調教してしまうのだそうだ。小説では圧倒的
に理不尽な暴力をバックに女性を支配してしまうけれど、矢野の場合は圧倒的な権力。
矢野は少なくとも経験者だった。もちろん手記では被害女性側のリアクションには言及さ
れていないけど、裁判では「レイプの時に性的快感を得たか」の類のえげつない質問は
あったのだろう。

736 :名無しのオプ:04/02/14 02:11
>>726
読みました「呑舟の魚」。切り落としたのは足でしたね。


737 :名無しのオプ:04/02/14 21:56
ウジムシに腐肉を食わせたのはすごかった・・・

738 :名無しのオプ:04/02/15 00:51
ウジって甘くておいしいらしいが、ホンマに食ったんかいな?>西村氏


739 :名無しのオプ:04/02/15 20:27
杓杖

740 :名無しのオプ:04/02/16 19:27
映画「犬笛」では、海上自衛隊の護衛艦がフィリピン海軍艦艇役で出演。

741 :名無しのオプ:04/02/16 20:53
ゴルゴ13も傷口に蛆虫をくっつけて腐肉を食わしてたよ

742 :名無しのオプ:04/02/16 20:53
漏れ、高校の頃日本史のテストで、「村田珠光」を
「西村珠光」と書いて、教師に笑われました。
あの恨みは未だに忘れません

743 :名無しのオプ:04/02/16 20:55
(1)村田 珠光(1423〜1502)  
 村田珠光は、茶の湯の開山といわれている。室町中期の茶人。
奈良称名寺の僧侶。京に上り、大徳寺一休宗純に参禅し、仏法も茶湯の中に
あるのを悟り、それまでの世俗化した闘茶を改め、能阿弥によって
整えられた茶の湯に精神的な基礎を与える。足利八代将軍義政の茶道師範と
なった。1502年、80歳で没している。

744 :名無しのオプ:04/02/16 20:57
西村もHだけど、漏れは勝目梓のほうがコーフンするな。
風呂場で女に突っ込んだままションベンするしーんとか、
ギンギンになったよ。

745 :名無しのオプ:04/02/17 00:22
>744
その作品のタイトル教えてけれ・・・

746 :名無しのオプ:04/02/17 01:08
確かに勝目と寿行には相通じるものを感じるw


747 :名無しのオプ:04/02/17 01:44
【世界・偉大な文学者ランキング】

ドストエフスキー>西村寿行>トルストイ>>>>>>>>>>>>>
>>>>>村上春樹>>>菊地秀行>大藪春彦>勝目梓>川上宗薫

748 :名無しのオプ:04/02/17 04:25
勝目も読んだけど西村の方が迫力あったなあ。
西村の場合は女はモノ扱いでしょ? 勝目はその点まだ甘い。

749 :名無しのオプ:04/02/17 09:57
80年代にこの人の書いた本って、必ず「性交奴隷」と「ああッ、男根さま!」
が出てたね。

750 :名無しのオプ:04/02/17 15:39
「坊や様」笑った。

751 :名無しのオプ:04/02/17 22:42
>>749
80年代の作品は良かったよね。
若い男の子も結構出てきたし・・・

752 :名無しのオプ:04/02/18 01:28
ウジ=機関銃ってのもあったね。
あとはヘリコはバートル107
ジープはゴールデンイーグル(っても垰シリーズだけだっけ)

753 :名無しのオプ:04/02/18 01:53
この人のショタ描写は独特でなかなか萌える。
「ぼうやさま」の小説、また見つけて読みたいなぁ。

754 :名無しのオプ:04/02/18 02:08
西村って、女性器を普通にオマンコと書くよね。
それがまたいいんだけどさ。

755 :名無しのオプ:04/02/19 08:07
>>749
同人小説には寿行の影響を受けたのがかなりあるね。

756 :名無しのオプ:04/02/19 14:06
寿行は20年早過ぎた・・・

757 :名無しのオプ:04/02/19 17:22
>>755
くわしく聞こうか。

758 :名無しのオプ:04/02/19 18:26
尻から犯る点がだろ?

759 :名無しのオプ:04/02/20 00:01
あっそ。つまらん。

760 :名無しのオプ:04/02/20 00:26
「晩秋の陽の炎ゆ」
拉致される大学生役に滝沢くん&今井翼で
映像化きぼん

761 :3つのC:04/02/20 01:27
クリーンシェイプド
クリーンシューズ
クリーンハンド

762 :名無しのオプ:04/02/20 21:40
10年以上前ですが、会社の面接試験で
「好きな作家は?」と聞かれ、
「西村寿行です!」とノータイムで答えた私はOKですか?

しかしこのスレ見たら、また読みたくなってきたなぁ・・・

763 :名無しのオプ:04/02/21 14:12
>>732 うーん、頑張って寿行DBを作ろかな...
ぜひ、やってください。
そしてhtmlで公開するかxlsファイルでUPするかして俺に利用させてくれ。

764 :名無しのオプ:04/02/21 14:59
>762
同じ西村でも毒にも薬にもならない
狂太郎の方なら話が合ったかもね。
で、その会社には受かったの?

765 :762:04/02/21 18:52
>>764
今の会社です。バブリーな時代でした。
「へぇ、ハードボイルドが好きなんだ?」
って返された後、何て答えたか覚えてないけど、
心の中では「いや、エロが・・」と。

766 :名無しのオプ:04/02/22 03:12
『鬼の跫』の最初の、妻が不倫している最中に
刑事の夫が踏み込むシーンが何度読んでもいいですね。

767 ::04/02/22 04:22
西村望(ぼう)って兄弟がいるよね。

768 :名無しのオプ:04/02/22 09:39
批判的なレスが少ないスレだな
低俗エロ小説と罵られてもおかしくはなさそうなのに・・・
ちゃんと実力があるということか

769 :名無しのオプ:04/02/22 11:35
低俗と高尚を同時に、軽薄と重厚を同時に
表現できる稀有な作家。

770 :名無しのオプ:04/02/22 11:45
自伝でも書いてくれないかな。売れるぞ。

771 :名無しのオプ:04/02/23 10:54
>766
「先生さま」とか言って喘いでるところに踏み込んだんだよね。

772 :名無しのオプ:04/02/23 22:23
「男根さま」「ぼうやさま」「女神さま」「お尻さま」など、
寿行の描くエロには、尊敬や感謝の念が強く表れていますね。

773 :名無しのオプ:04/02/24 09:22
「女神様」はあまり覚えていないなあ。「坊や様」はここで初めて知ったけど。

774 :名無しのオプ:04/02/24 17:00
今でも、27・8年前に読んだ「牙城を撃て」の衝撃は忘れられない。
高校時代、図書館で借りた。ぶっ飛んだ。

775 :名無しのオプ:04/02/24 19:33
バーボンウイスキーを1日に半本開けるという大酒豪(アル中?)である西村さんだが、
エッチも週に5、6回してたそうな。相手は奥さん?

776 :名無しのオプ:04/02/24 19:44
寿行は何か物凄く屈折した青春時代を送ってきて
そのドロドロした思いが、作家デビューしてから一気に弾けて
あんなトンでもない作品を書く原動力になったと
勝手に思ってたんだが実際はどうなんだろ?
何か40過ぎまでマトモな定職についてなかったみたいだしねぇ〜
寿行の自伝、本当、読んでみたいよw


777 :名無しのオプ:04/02/24 21:57
明彦くんが博子に顔射するシーンが実写で見たいです。

778 :名無しのオプ:04/02/25 12:08
ジュコウ作品ではすべてガチンコでしょ?
口内、チツ内、肛内が基本。
たまに足の裏で出したとかいう描写があったけど、妊娠とか気にしないで
きっちり出している。そう言えばコンドームなんて一度も出ていないと思う。

779 :名無しのオプ:04/02/25 12:12
そういえばドーベルマンに生肛内発射させた奴もいた。

780 :名無しのオプ:04/02/25 15:41
はらませてみよう、という意図で監禁して輪姦中だしする作品ってある?

781 :名無しのオプ:04/02/25 20:39
>>780
そこまで凶悪なのはさすがにないだろ・・・

782 :名無しのオプ:04/02/25 22:27
>>780
女性が山の中で何もしゃべらない逞しい男二人(兄弟みたいで、会話をしなくても
思念で通じ合えるようだ、との女性の感想あり)に捕獲されて、樹木に大の字に縛
られて前後から犯されて、また山の中を少し歩いては犯され、野営の時にも犯され
翌朝には放置されていて「あれだけ激しく犯されたからきっと妊娠している」と漏
らすエピソードがあったなあ。女性は、何かの理由で追われている刑事さんに化粧
を施してやったりするのだけど、タイトルはすっかり忘れました。西村寿行の小説
で「妊娠」という単語が出てくるのは珍しいので山の中の部分だけ覚えていたので
す。

783 :名無しのオプ:04/02/26 00:36
かたせ梨乃主演の「犬笛」、3月20日辺りに再放送するそうだ。

784 :名無しのオプ:04/02/26 01:47
妊娠しようがどうしようがお構い無しに犯すのと
妊娠させようとして犯すのとでは邪悪さがぜんぜんちがうよ。

785 :名無しのオプ:04/02/26 02:43
美貌の母と息子に首輪をかけて、ビデオに撮りながら
母子同時に犯す、なんていうのは中々思いつくものではない。
寿行氏って、実はかなり変態入ってるんじゃないのか。。。

786 :名無しのオプ:04/02/26 04:17
何を今更・・・変態ど真ん中だろうが

787 :名無しのオプ:04/02/26 08:18
寿行作品をコミカライズした人は田辺節雄という漫画家。やらしいシーンもうまく
処理され、誰でもよみやすくなっている。最近では戦国自衛隊の続編を描いたことでも有名。
また、この前亡くなった横山まさみちは「めくらまし」を漫画化している。

788 :名無しのオプ:04/02/26 08:35
「ガラスの壁」
真智・礼子以下鶸の女エージェントに激しく萌え。輪姦されても絞り方次第で
愉しんじゃう・・・ハァハァ

789 :名無しのオプ:04/02/27 00:18
>>787
田辺節雄氏の作品で「蒼茫の大地、滅ぶ」がありますね


790 :名無しのオプ:04/02/27 19:21
闇に潜みしは誰ぞ

土田明子が一番のオナペット

791 :名無しのオプ:04/02/28 09:37
>>790
たぶん読んだと思うのですが、まったくストーリーが思い出せません。
土田さんは研究者かなにかで、地下にもぐっていって巨大むかでに出会ったりする人でしたか?

792 :名無しのオプ:04/02/28 16:46
>>791
イグザグトリー(その通りでございます)

793 :名無しのオプ:04/02/29 09:50
>>790
「一番」と言えるようなヒロインは自分にとっては誰だろう?
強烈に印象に残っているのは「怒りの白き都」の刑事、礼子(たぶん)と
「峠に棲む鬼」の逢魔まき子、「黄金の犬」の犬の飼い主の女性、
「汝、怒りもて報いよ」で教団のボスの奴隷になってしまう奥さんかなー。

794 :名無しのオプ:04/02/29 20:30
「滅びの笛」「滅びの宴」の主人公の奥さん。
女のしての強さと弱さをあれほど体現したヒロインはいまだ現れていないと思う。


795 :名無しのオプ:04/02/29 20:36
常盤貴子はなかにし某の赤い月やらテレビ朝卑の過去反省汁ドラマ(溥傑の)
とかの戦前戦中の中国大陸を舞台にした作品に出演してるので、個人的には
「まぼろしの獣」に出て欲しい。

796 :西村寿行狂信者:04/03/01 00:22
>659 660
こんなん描いてみたが、何か?
ttp://w2.oekakies.com/p/19990306/p.cgi

797 :797:04/03/01 21:25
俺もお前の上にかいたぜ。

798 :西村寿行狂信者:04/03/01 22:37
797よ、拝見したぞ。おまえのは「幼女」ではなく「美少女」だったが、な。
(伊能風)

799 :名無しのオプ:04/03/02 00:14
>>798
藻前のはコスチュームといい下手すりゃ幼女を面倒見る保母だぞ(;´ー`)

800 :名無しのオプ:04/03/02 00:43
膣は下になった少年の男根をくわえ込んで離さないage

801 :名無しのオプ:04/03/02 03:11
二人ともうまいと思った。
同じもの描けと言われても描けん。
もっと見たいものだ。

802 :名無しのオプ:04/03/02 12:24
NOVA池袋本校に通ってる関華子さん、かわいい。

803 :名無しのオプ:04/03/04 04:29
JALの佐藤静香さん、かわいい。

804 :名無しのオプ:04/03/04 15:22
画像掲示板の49分の人はデザインとか絵画を生業にしている人ですか?
すごく奇麗な絵だと思いました。

805 :名無しのオプ:04/03/05 13:22
こんなスレがあったとは……。
濃いファンが多いってことでしょうかね。

島でムカデが大繁殖したという動物パニック物の、
たぶん短編のタイトルをどなたかご存知ないでしょうか?
どの本に入ってるのか、探してもわからないので。

806 :名無しのオプ:04/03/06 00:08
ムカデは知らない。ハエが大発生して自衛隊が出動する話は知ってる(タイトルは
忘れた、多分ナントカ刑事)。

807 :名無しのオプ:04/03/06 08:42
作品が多いと、探すだけで苦労するよね……。

808 :名無しのオプ:04/03/06 11:47
>806
悪霊刑事
人の体の中で生きたまま繁殖しまくる
ウジムシがサイコー。

809 :名無しのオプ:04/03/06 11:56
悪霊刑事の1章はムカデに取り憑かれた男の話だよ。大繁殖?はしないけど
島も出てくる。

810 :名無しのオプ:04/03/06 13:05
確か人妻が高校生をフエラしてたら、精液じゃなくてウジが口ん中に溢れるんだよね。
滅びシリーズではないが、映画化したらこれまたすごそう。

811 :名無しのオプ:04/03/06 16:04
ttp://homepage3.nifty.com/r_souzu/death_frame_1.html

このサイト、既出かな?
掲示板で「死神シリーズ」の話をしてるよ。

812 :名無しのオプ:04/03/06 16:28
小学生の時分に読んだ西村氏の作品が自分のリビドーの原点です。
不意にもう一度読み返したくなり、どうしてもタイトルを思い出せず
苦しんでいるのですが、覚えていることが、
「ひなびた村に監禁された女性(主人公の恋人)が敵に犯される」
「なんとか裸で逃げ出すが、手下たちに追い詰められて海辺で失禁する」
というストーリーの本筋とは何も関係ないことくらいです。
自分の年齢を考えても、1985年より前の作品だと思うのですが、
何か覚えている方がいらしたら教えて下さい。

813 :名無しのオプ:04/03/06 16:31
「遠い渚」だと思うね。>812

814 :812:04/03/06 16:59
>813
素早いご回答、ありがとうございます。
早速探してみます。

815 :名無しのオプ:04/03/06 23:54
>811
おお、素晴らしいサイトの情報をありかとう、神よ!

816 :名無しのオプ:04/03/07 03:06
ここのcgi、無駄に重い。

817 :名無しのオプ:04/03/07 09:40
>812
うろおぼえだが、「人間の十字路」1987年刊にも似たような話がある。
雑誌連載は1985年前後だったのでは。

818 :名無しのオプ:04/03/07 10:56
鯱シリーズ続刊中だったんすね。著者が病気らしいし、とっくに
意欲が失せてるのかと思ってたました。
仙石文蔵の娘ゼロが出てきたのが、神聖の鯱で、ゼロが主役になったのが
幽鬼の鯱だっけ。話が途中までだったのは憶えている。
『幻覚の鯱 神軍の章』講談社
『幻覚の鯱 神軍の章』講談社
『幻覚の鯱 天翔の章』講談社
とあるサイトからのコピーです。
自分が読んだのは、神軍の章だったのだろうか。神軍の章は分冊に
なってるんでしょうか?
今出てるのは講談社からで、ハードカバーだけなんでしょうか。
ブックオフ辺りで探してみますので、出版社、タイトルの
正確な名前を教えてくださいませ。

819 :名無しのオプ:04/03/07 12:07
動物パニック物の情報が欲しい……。短編がどこに入ってるのかわからなくて。

820 :名無しのオプ:04/03/07 17:23
亀レスで申し訳ないが、782の作品ってどれのこと?
思い当たらない。

821 :名無しのオプ:04/03/08 23:50
>>810
で、人妻とやった男の尿道を、ウジが伝ってくんだよね。ギャッ!となったよ。
「でも案外キモチいいかも」とか思った自分はちょっとアレだ。
あと「症候群」今さら読んだんですが、これは寿行の中でもひときわ濃いですね。
普通の読書の三倍くらい疲れました。

822 :名無しのオプ:04/03/09 02:12
虎落笛って、真犯人を探していないのが気になる。

823 :名無しのオプ:04/03/10 00:54
受講を読んでる奴はほかに誰を読んでるの?

ちなみに俺は赤川とか西村恭介とか結構好き。
特に西村は、西村っつったら性交奴隷なのかトラベルミステリーなのかってくらい好き。
でもマンネリ。どっちの西村も。
あと宮部みゆきは話題になるたびに読んでるが、基本的に宮部みゆきは嫌い。
あと綿矢りさたんはこれからチェックしていきたい。

824 :名無しのオプ:04/03/10 01:37
>>823
漏れは大沢かな。一時は鮫と佐久間公にはまってました。

825 :名無しのオプ:04/03/10 06:02
>>823
乱歩と横溝とかをよく読んでいました。
乱歩は今でもたまに読みます。

826 :名無しのオプ:04/03/10 08:04
>>853
大藪春彦、田中光二、平井和正、
モーリスルブラン、江戸川乱歩、久生十蘭、
千草忠夫、由紀かほる、扇紳之介、
永井豪、梶原一騎


827 :名無しのオプ:04/03/10 15:29
友成純一 村崎百郎 ジャック・ケッチャム
日野日出死 徳南精一郎

828 :名無しのオプ:04/03/10 20:19
>823
川端康成
「眠れる美女」には妄想かきたてられる。

829 :812:04/03/10 20:39
>817さん、レスが遅くなって申し訳ありません。
現在「遠い渚」を注文しています。
もしこちらでなかったら「人間の〜」を探してみますね。
どうもありがとうございました。

830 :名無しのオプ:04/03/10 20:48
>812
「人間の十字路」は夫婦が謎の村で監禁(妻は陵辱)される話なので、
違っていたらゴメン。短編集で、全部不思議系というか謎系というか。
もちろんエロも多くて寿行らしかったけど。

831 :名無しのオプ:04/03/11 02:47
>>829
100% 「遠い渚」です。
ついこの間、電子文庫で購入して読んだばかりなので(笑)。
「人間の十字路」は雑誌SFアドベンチャーに1986年-1987年に掲載された
短編群からなるシリーズで、いずれもものすごく短いです。様々な主人公
が様々なシチュエーションで拉致されたり、魔界に迷い込む物語です。
悪く言えば同工異曲ですが、面白いです。



832 :名無しのオプ:04/03/11 03:57
作家名書いてる奴の中でおれに一番近いのは826だな。
...千草忠夫が。

833 :名無しのオプ:04/03/11 11:32
千草忠夫はぬるい。寿行を読むと、そう思えてきた……。
これから図書館で借りた「呑舟の魚」を読むぞー。

834 :ゆうすけ17歳:04/03/11 12:45
廃版になりかかっていた「風は凄愴」をキヨスクで見つけ、すぐに買った。
男、狼と犬、動物と山。描写力は言葉が短いほどすごい。全てが様になっている。
もし人妻強姦の描写にこだわりがなければ、直木賞は確実だったと思う。
日本人の男女よ、到底文学とは思えない(文藝春秋4月号)芥川賞作家の
「蹴りたい背中」も「蛇にピアス」も全てドブに捨てて、「風は凄愴」
を読んでほしい。

835 :名無しのオプ:04/03/11 19:08
>>834
最近、徳間文庫から出たやつかな?
去年の今頃に「無頼船」が刊行されて、続々出るのかと思っていたが、音さたなし。
久しぶりの文庫出版ではないのかな。

素人芸が日本のテレビ、映画を席巻するようになって久しいですが文学まで駄目になった
かと嘆かわしいですね。

836 :名無しのオプ:04/03/11 20:42
>>823
ライトノベルとかは書かないほうがいいのか?
ってか読んでるのは俺だけか?

837 :名無しのオプ:04/03/11 21:44
ラノベのすべてが悪いとは思わないが、あれが主流になるのはどうか、って思うよ。
普通はマンガ、頑張ってラノベ、っていうのが標準化されると、日本の幼児分化にますます拍車がかかる。
「蹴りたい背中」「蛇にピアス」がプロとしての芸とはどうしても思えないよ……。

838 :名無しのオプ:04/03/11 21:51
寿行が終った時点で
日本の文学界は鬼籍に入りました。

839 :名無しのオプ:04/03/11 21:53
分化じゃなくて文化だった。スマソ。

840 :名無しのオプ:04/03/11 23:03
蹴りたい背中はライトノベルじゃないよ。あんなもの。
魔法をつかう性格の悪い奴ら(でも美形)がドタバタするのが俺にとってのライトノベル。
あと魔族。

841 :名無しのオプ:04/03/12 08:36
>>833
そんなアナたに結城彩雨で大量浣腸
・・・まあ、千草忠夫はぬるいというより「裏の純文学」だからな。

そういや寿行ってアナルネタ少ないよな。
あっても痛がってる描写ばっかだし・・・
どうも人生の楽しみ半分損してるような気が

842 :名無しのオプ:04/03/12 10:13
寿行の場合は、後を拷問、自白強要のために使うパターンと
いきなり二人の男に前後から貫かれて忘我の域に達するパタ
ーンの二つがあります。線引きは難しいですが後期の作品に
なるほど後を責められて悶えるという描写が多くなります。

843 :名無しのオプ:04/03/12 10:15
>千草忠夫
純文学をやりたかったが、売れなくてエロに走ったんだろうなあ。

>842
女性の腸壁は頑丈なのか。寿行作品はエロもバイオレンスだよな。

844 :名無しのオプ:04/03/12 14:32
綿矢りさ
金原ひとみ








(越えられない壁)





西村寿行

845 :名無しのオプ:04/03/12 17:35
綿矢には俺がセコンドでつくから、たとえ全盛期の西村でも勝てないよ。
金原はどうでもいいから好きにしてくれ。

846 :名無しのオプ:04/03/12 19:06
綿矢たんの寿行流凌辱二次キボーム。

847 :名無しのオプ:04/03/12 19:41
『歯茎攻め』西村寿行 4月刊行

848 :名無しのオプ:04/03/12 19:58
『汝、怒りをもてインストール
     〜綿矢りさ×西村寿行対談集』
                (河出書房新社)

849 :名無しのオプ:04/03/12 23:12
結城彩雨はどれがオススメ?

850 :名無しのオプ:04/03/13 01:34
841じゃないけど、どれでもいい。と思う。
彩雨は「偉大なるワンパターン」の人だから。

851 :とことめ:04/03/13 17:27
 西村寿行の作品では 犬笛が最高

852 :名無しのオプ:04/03/13 18:19
犬笛しか知らんわけだな。
安心しろ俺も犬笛しか知らん。

853 :名無しのオプ:04/03/13 20:38
学歴のない犬が最高傑作

854 :名無しのオプ:04/03/13 20:42
おお、イイっすね。「学歴のない犬」
というか、やっぱり「犬」「狼」とつく話に当たりが多いような。

855 :名無しのオプ:04/03/13 22:47
>>853
「旅券のない犬」では?
紀州犬「十兵衛」が犯人に復讐し日本を目指し旅に出る物語ですか?

856 :名無しのオプ:04/03/13 23:07
855です
すまん、「学歴のない犬」もありましたね。


857 :名無しのオプ:04/03/14 14:29
「旅券」もイイ。とにかく犬がオトコマエ。

858 :名無しのオプ:04/03/14 18:57
セックスして中だししたい。うえとあやに。

859 :名無しのオプ:04/03/14 20:00
寿行とは関係ない。

860 :812(829):04/03/15 03:12
>830-831さん
「遠い渚」でビンゴでした! どうもありがとうございます。
小学生のころにはこれで興奮したな、と思いつつ読んだら、
やっぱり興奮しましたw
やはりこの本が原点のようです。大切にします。

861 :名無しのオプ:04/03/15 13:38
>>859
むきになるなよ

862 :名無しのオプ:04/03/15 22:57
このスレ読んで久しぶりに寿行作品に触れたくなって、近所の本屋で
「碇の男」(短編集)っつーのを買って読んでみた。
なんだか消化不良感が強い。おれが好きだったのは「濃ゆい」寿行だったんだな
と、実感。

863 :名無しのオプ:04/03/16 18:51
「飼い主様」というのもありましたね。

>>862
死を前提にしたレイプとかの描写が凄いと思う。

864 :とことめ:04/03/16 20:19
牙城を撃てを読んで 異常な事態に陥った時の 人間の怖さ 凄い大人の本でした

865 :名無しのオプ:04/03/16 20:45
豊島区立中央図書館の伊藤さん、かわいい。

866 :名無しのオプ:04/03/16 21:16
物語の最後にとんでもなくデカイ津波が来て
終わっちゃう話、どなたかご存知ないですか?
多分、短編だったと思うんですが・・・
家中ひっくりかえしても見つからない・・・。

867 :名無しのオプ:04/03/16 21:39
去りなん いざ狂人の国を・・・
素晴らしいタイトルにオウムもビックリの
素晴らしい内容w
久々に読み返したらやっぱ凄かったw
この頃の寿行は人間の業に対する何かが
取り憑いていたとしか思えんね。

868 :名無しのオプ:04/03/16 22:15
っていうか西村寿行ってミステリー作家だったの? もしかして板違いなのでは?

869 :名無しのオプ:04/03/17 02:36
寿行がライトノベルなわけないだろ!
...もしかしてエロ漫画小説板にいけっていってんのか?

870 :782:04/03/17 03:02
>>820

>>782 ですが、寿行の出版リストを眺めていて思い出したのですが、たぶん
「魔物」です。某サイトから拝借した紹介によると・・・
北海道へ当てのない旅に出た警視庁刑事・露無清高を、突然、一台の車が襲
いかかった。 殺意を秘めた見知らぬ敵に鉄弓を撃ちこまれ、満身創痍となっ
た露無は、原始の森の中に身を隠した。 だが、執拗な死刑執行人の追跡は続
く。 恐怖の“人間狩り”に隠された驚愕の異常実験。 未知の生き物の眸を
もつ魔物の正体とは。 長編ハード・バイオレンス衝撃作。

この魔物はどこかの孤島で近親交配を繰り返して特殊能力を増強した人間
だったと覚えています。ラストの方では、島に乗り込んだ主人公と敵一味
との決戦になって、主人公の妻(?)が全裸で処刑台に張り付けられてし
まい、敵一味は主人公に投降をアナウンスするのですが、張り付け女性の
安否は歯牙にもかけずに戦いの決意を新たにすると言うものでした。

全くの勘違いかもしれないので、どなたか詳しい方のコメント希望します。

871 :名無しのオプ:04/03/17 07:46
>>865
昔そこの図書館で、寿行読んで興奮しちゃって
トイレでオナ(ry
認めたくないものだな、若さ故の過(ry

872 :名無しのオプ:04/03/17 13:50
「帰らざる復讐者」サイコー!

873 :名無しのオプ:04/03/17 15:47
寿行ファンから見て、「黒豹シリーズ」っていうのはどう?
スレ違いかもしれないけど、感想を聞いてみたい。

874 :名無しのオプ:04/03/17 23:16
>>872
どんなストーリーなんだよ
教えろ

875 :名無しのオプ:04/03/17 23:42
>>873
国から殺人ライセンスを与えられた検事の葛藤を描いた小説

876 :名無しのオプ:04/03/17 23:52
あれを検事と呼ぶのはどうにも苦しいが。

877 :名無しのオプ:04/03/18 01:23
>873
「鯱」シリーズが好きだったが「黒豹」は食指が動かんかった。

はまっていた高校生の時、親父と「鯱メンバー最強は誰か!!」とゆー
実にアホな論争をした事があった。(←『碧い鯱』時点で)
親父は仙石文蔵、俺は関根十郎で一歩も譲らなかったが、
なぜか最弱メンバーは十樹吾一で一致した。

そんな俺のバイブルは「老人と狩りをしない猟犬物語」だったり。


878 :名無しのオプ:04/03/18 01:38
たぶん仙石文蔵の若いころは十樹吾一そっくりだったと思われ。
てふてふを殺す吾一の念力が数十年後には....。

879 :名無しのオプ:04/03/18 01:54
俺は現実で念力使えるようになりたいんだけどなんかいい方法ねえかな。
あとテレパシーも。テレポートも。あと変身能力もほしい。
とりあえずそれだけでいいわ。よろ。

880 :名無しのオプ:04/03/19 09:28
○○奴隷が欲しいな。

881 :名無しのオプ:04/03/19 09:30
バス・コーポレーションの上野良子さん、かわいい。

882 :名無しのオプ:04/03/21 00:10
>877
いい親父さんですなー。

883 :名無しのオプ:04/03/21 09:43
>>834
「風は悽愴」途中まで読んだところです。この間の最後のニホンオオカミの写真(福井県)
の印象もあって面白く読んでいます。

884 :820:04/03/21 10:49
>870
ありがとう。図書館へ行って探してくるよ。
もう書店ではほとんど手に入らないねえ、寿行……。

885 :名無しのオプ:04/03/21 12:49
女は鬼にならないと戦えないけど男は鬼にならなくても戦えるんだぜ!
男カコイイ!
でも女より地味なのがかわいそう。

886 :名無しのオプ:04/03/21 13:26
>884
寿行はブックオフ等に行けば
100円均一で腐る程あるから
入手にそれほど困難はないかと・・・
でも、ないところには全然置いてないけどw

887 :名無しのオプ:04/03/21 19:35
駅前書店では文庫(徳間)が四冊くらい置いてあるのが標準だったなあ。
勝目はもう少しあったような気がする。まだバリバリ書いているのだろうか。

寿行の全集とかハードカバーで出てもおかしくないくらいにうまい作家なのになー。


888 :名無しのオプ:04/03/21 21:34
>>874
父親と妹を殺され、恋人を誘拐された医者が、父の最期に残した「タイサガ、クラシイ」
という言葉を手がかりに、妹の婚約者だった刑事の助けを借りながら、復讐と恋人の救
出のために、今は権力者となった敵を追い詰める。最後のアラスカでの死闘は圧巻だ!
是非一読をおすすめ汁。

889 :名無しのオプ:04/03/22 01:39
>>870
眸と書いて目と読ませていたっけ?
あの作品結構好きだった。

殺伐としていて、脈絡もなく、いかにも寿行って感じ。
不意に突然陥る不条理って寿行のテーマなのかもね。

ところで「てふてふ」って他の鯱達が思念で動植物と
会話できるのに、十樹だけがなかなか思念が使えなくて
「てふてふ」と思念を通じ合わせるにはどうするんだ!って
暴れた話だっけ?


890 :名無しのオプ:04/03/22 11:17
>>888
「ケイサツニ、クラシイ」。
「タイサガ」は別の被害者。

891 :名無しのオプ:04/03/22 12:48
「犬笛」今日の1時から再放送だね。

892 :名無しのオプ:04/03/22 21:19
――長い間、忠正は背後から抱き取られていた。重衡の男根が
勃起して忠正の股間にある。いいようのない汚らしさとおびえが
忠正を染め尽くしている。

という一節を読むたびに恍惚となります・・・
忠正=滝沢くん  重衡=ボブ・サップ
で早く映像化してください。

893 :名無しのオプ:04/03/22 21:26
>>889
「てふてふ」は、十樹と仙石老人が殺し合いを始めて、
十樹が必殺の思念を放ったら、そこを飛んでいたチョウチョが落ちた。
で、「おお、恐ろしや」とかなんとか馬鹿にされて、恥ずかしくなって走って逃げた。
そういう出来事からきていたと思います。

894 :名無しのオプ:04/03/23 00:59
狼のユーコン河(ウルフのユーコンリバー)読破。
これがまた感動な訳で...

895 :名無しのオプ:04/03/23 04:03
姉に犬笛読ませたら、かなり気に入ってたよ。熱かったって。
だから今度は症候群を読ませようと思います。

896 :名無しのオプ:04/03/23 15:29
>>895
なにお前ひょっとして笑わせようとしてんのウケねらうなサムいよザーコ(プ


ジエンによる「犬笛と症候群のギャップワロタ的」レス


897 :名無しのオプ:04/03/23 18:41
「呑舟」やっと読み終えた……。つかれた。

898 :鳴島小菊:04/03/25 12:53
「去りなんいざ狂人の国を」やっと読み終えた・・・・。

899 :寿行様:04/03/27 00:45
まだ生きていらっしゃるのでしょうか?教えてください。

900 :名無しのオプ:04/03/27 11:03
存命であることは間違いない。

901 :名無しのオプ:04/03/29 01:56
今の寿行はデビル工房で造ったクローン。

902 :名無しのオプ:04/03/29 07:38
市長の娘、白昼失踪の記事を見て寿行小説を思い出しました。

903 :名無しのオプ:04/03/29 12:59
うーん、謎だよね。靴が片方だけ落ちてたってのがミステリー。

904 :名無しのオプ:04/03/29 14:40
全く普通の日常がある瞬間から一変することってあるんだな。


905 :名無しのオプ:04/03/29 15:51
>>902
市長の娘が性奴隷にされてると言いたいのか

906 :名無しのオプ:04/03/29 19:40
これだけ騒いでただの家出だったら……。

907 :名無しのオプ:04/03/29 22:20
>>905
ニュー束の当該スレッドはその手のカキコで満載ですが何か?

908 :名無しのオプ:04/03/30 12:44
このスレもやっと900を突破したね。

909 :名無しのオプ:04/03/30 19:36
青山ブックセンター本店の北嶋利恵子さん、かわいい。

910 :名無しのオプ:04/03/31 00:15
次スレのスレタイは?

【男根】西村寿行 其の弐【お尻様】

911 :名無しのオプ:04/03/31 12:36
ただの家出だったねえ。<市長の娘
親は辞任するしかないだろうな。気の毒に……。

912 :名無しのオプ:04/03/31 16:06
市長の娘、発見された場所が
青木ヶ原樹海ってのが何とも寿行っぽく・・(ry


913 :名無しのオプ:04/03/31 16:57
わざわざ樹海へ行かんでも、と思うのは自分だけ?
本当に死にたいときは旅行したいとも思わないもんだけど。

914 :名無しのオプ:04/03/31 17:08
>913
本当に死ぬ気なんてなかったんだろ。
お嬢様育ちでヌクヌクと育ったからシューショクするのヤダーって
感じでプチ家出みたいなモノだったんじゃないの。多分。
寿行的展開なら今頃とっくに海外に性交奴隷として
売り飛ばされてるぜw

915 :名無しのオプ:04/03/31 17:29
150cmだとお尻の位置も低いでつね。

916 :名無しのオプ:04/03/31 20:02
916


917 :名無しのオプ:04/04/03 10:34
「妖しの花乱れにぞ」のタイガー先生は最高ですね。
自分の権利だった女王を紀魅に譲り
地底都市へ突っ走るラストは感動もんですね。

918 :名無しのオプ:04/04/03 16:38
>プチ家出
しかし、親は責任を取らされるよ、きっと……。

考えてみると、寿行作品は男も女も腹を括って行動してるね。
そうでないのはひどい目に遭うし、作者の人生観なんだろうか。

919 :名無しのオプ:04/04/03 22:01
うん。寿行はノラリクラリしないのがいい。

920 :名無しのオプ:04/04/04 13:12
お前等拉致監禁が好きか?

921 :名無しのオプ:04/04/04 15:18
それほど好きでもないなあ。

922 :名無しのオプ:04/04/04 19:08
メンドくさそうだしねw

923 :名無しのオプ:04/04/05 21:08
おお、良スレですな。
自分は、「異常者」が好きですね。
海上保安庁の巡視船が出動して、麻薬密輸船に向かうところなど、緊迫感があります。
映画化希望。無理でしょうが。
手元には、「襤褸の詩」(ぼろのうた)があります。
中国の特務機関の女性諜報員5人やら、泥棒の村やらが出る本です。
これも映画化希望なんだが。

924 :名無しのオプ:04/04/05 21:30
海のシーンが大変そうだね。
映画化も当たりとはずれがあるから、期待半分だなあ。
「犬笛」だって母親の娘探しになっちゃうと、寿行じゃないよ! な感じだし。

925 :名無しのオプ:04/04/06 03:10
日本医科大学付属多摩永山病院の北原郁紀さん、かわいい。

926 :名無しのオプ:04/04/06 20:09
むかし、NHKのラジオドラマで、「滅びの笛」やったことがあります。
4時間ぐらいの大作。
いや〜結構迫力がありますたよ。
どこそこ村が全滅からはじまって、どんどん被害が拡大していく。
ついに甲府市壊滅となった時は、たまげました。
こりゃ一体どうなるのかと、固唾を飲んで聞いてました。
ラジオでも立派なパニックものができたのは、原作がいいからでしょう。

927 :名無しのオプ:04/04/07 17:36
日本医科大学付属第二病院の藤本真澄さん、かわいい

928 :名無しのオプ:04/04/07 21:01
最近コンビニで「滅びの宴」の漫画(上下2巻)が出回ってますね。
もう圧巻。分厚い本で内容もわかってるのに、一気に読んでしまった。
あそこまで見事に絵にされるともう言うことなし。
すげぇ。

既出だったらすまん。



929 :名無しのオプ:04/04/07 22:04
「滅びの宴」と「滅びの笛」。
どっちを読んだか忘れてる……。

930 :名無しのオプ:04/04/07 22:13
あれ、漏れは10年以上前、「 滅 び の 笛 」のコミックを見たことがある。
「笛」の方だったと思います。
暴徒たちに主人公の恋人が監禁されていて、「あんたはおれたちの奥さんだ」、とペロペロされまくるシーンがあったから。
なんだか、望月三起也をへたにしたような絵だったけど。
じゃあ、「宴」の方もコミックになったんですね。


931 :名無しのオプ:04/04/07 23:07
>930

「宴」の冒頭に「笛」回想シーンがあったぞ。
尤もダイジェスト過ぎて前作知らない人にはなんだかわからん状態だったが。

そうかぁこれもう10年以上前のコミックなのか・・・
復刻版万歳!


932 :931:04/04/07 23:18
いまざっと調べてみたら・・

昭和59年に秋田書店からでてたみたい。
「笛」のみ重版かかってた模様。

この作者、「蒼茫の大地滅ぶ」も漫画化してたのね。
すげ。



933 :名無しのオプ:04/04/08 08:46
松竹で「黄金の犬」が映画化された前後に、本屋で「黄金の犬」の漫画を
立ち読みしたことがあります。厨房でしたが内容は知っていたので、店の
人の目を盗んで大急ぎで暴行シーンがどういう描写になっているかを碓認
しました。礼子さん(たぶんこういう名前のヒロイン)が、暴力団の男に
まさに犯されんとして、「アアッ!」と定番の叫びを上げたところへゴロ
が飛び込んで来て事無きを得るという感じでした。なんとも半端な描写に
厨房心にもがっかりした覚えがあります。作画は、上の数レスで述べられ
ている人とは違いました。「黄金の犬」の映画も内容は今一つですが、
大野雄二氏の音楽、菅原文太の特別出演、森田健作の射殺されっぷりは
記憶に鮮やかですね。

934 :名無しのオプ:04/04/08 21:08
70年代から80年代にかけて、西村作品がいくつも映画化されましたね。
またそのようなブームがきてほしいものです。
一般映画では、直接的なハードな描写は無理でしょうが、それでも、映画化を望みます。


935 :名無しのオプ:04/04/09 08:44
テロリストのことならここで聞け

936 :名無しのオプ:04/04/09 11:15
動物物の映像化って難しいのかな。「妖魔」は観たことあるんだが……。

937 :名無しのオプ:04/04/09 21:13
「犬笛」でしたか?昨年かたせ梨乃主演でTVドラマになったのは。
犬が、再開して抱き合う母と子のそばを素通りしてましたっけ…
動物を使うのは難しいかも…


938 :名無しのオプ:04/04/09 22:17
難しいですね。
でも、最近は群れだってCGで出せそうに思います。
ネズミの大群とかイナゴの大群とか……どこかで映像化してくれないかなあ。

939 :名無しのオプ:04/04/09 22:36
>>933
>店の 人の目を盗んで大急ぎで暴行シーンがどういう描写になっているかを碓認しました。
>なんとも半端な描写に厨房心にもがっかりした覚えがあります。

心中お察し申し上げます。
西村作品だったら、そこがちゃんと描けてないと、本当は意味がないのですが。
漫画でもそのように無難な表現なんですね。
では、一般映画だと、その辺はもっと無理ですね。


940 :名無しのオプ:04/04/10 15:48
エロじゃなくて暴力シーンでR15にされそうだ。「バトロワ」みたいに。

941 :名無しのオプ:04/04/10 19:01
>>940
胴囲。
鷲は映画化作品はほとんど見ていないが、ご覧になった方、その辺いかがでしたか?
暴力やエロの描写は。

942 :名無しのオプ:04/04/11 00:26
凡百のエロ小説家と違って、
エロスを、簡潔に記述する所が萌えるんだよね・・・

「裸に剥かれて母と息子で並べられた。手枷足枷をかけられて犯された。
その様子を三方向から映写機で撮られた。」とか。

943 :名無しのオプ:04/04/11 10:02
>>941
「黄金の犬」しか見ていないのですが(松竹映画)、冒頭の地井氏扮する殺し屋田沼
(だったと思う)が人妻を犯すシーンはかなり原作の雰囲気に近かったと思います。
もうすでに手なづけてある人妻だったと思うのですが、言葉もなく後から犯されていき
ます。劇場で見たのですが、「一般映画か?」と思うくらいの激しい描写でした。
島田陽子さん(当時)はヒロインですが犬を誘き寄せるために山小屋の周囲を下着姿で
這わされたり、柱に下着だけで縛られてそのまま小屋ごと焼き殺されそうになるシーン
があったと思います。冒頭の地井氏の場面があまりにも強烈で、島田さんの方の印象は
薄かったのですが、今 映画を見直すことが出来たら島田さんの屈辱を強いられるシーン
に大興奮するかもしれません(この間、1978版白い巨塔をみたので)。
暴力描写でも地井氏の演技が光っていて、夏木勲氏は無残な拷問を受けていました。
小説では「黄金の犬 第二部」がありましたよね。第一部の田沼を上回る冷酷な殺し屋に
第一部から続投のヒロインは犯されっぱなしでした。言うまでもなく島田さんをイメージ
して読んでいました。


944 :名無しのオプ:04/04/11 11:33
>>941
ありがとうございます。
それは激しいですな。
そういう描写が西村作品では重要なポイントなんですね。

945 :名無しのオプ:04/04/15 18:02
死神コンビをイラクに派遣。

946 :名無しのオプ:04/04/15 18:03
親分も追加。

947 :名無しのオプ:04/04/18 18:04
「梓弓執りて」読了。
マジで泣いた。小説で泣いたの初めてだ・・・

948 :名無しのオプ:04/04/19 13:57
>>947
再読したいけど電子文庫で売ってないんですよね。
泣いた覚えはなくて、犯される女性の描写に興奮していました(w

949 :名無しのオプ:04/04/21 14:11
尻、人妻、ジーパン。

950 :名無しのオプ:04/04/21 14:32
こんなスレがあったんですね。
昔読み漁ってた頃を思い出しました。
また読み返してみようかな。
「みだれ鬼大先達」が出てくるのは何という作品だったかな。
好きでした。



951 :名無しのオプ:04/04/21 17:41
【犬】西村寿行 其の弐【ジーパン】
どなたか次スレ立てお願いします。

952 :名無しのオプ:04/04/21 19:18
LEC新宿本校の土屋さん、かわいい

953 :名無しのオプ:04/04/21 20:57
【バイオレンス】西村寿行【ハードロマン】

スレ立てましたのでヨロシコ

954 :名無しのオプ:04/04/21 21:06
>>953
立てたならアドレス貼れよ。だいたい早すぎじゃ。
あと50埋めるのにどれだけ掛かると思ってるんだよ。

955 :名無しのオブ:04/04/21 23:02
昔のような美人妻誘拐路線に回帰してほしい

956 :名無しのオプ:04/04/22 00:22
はぁーこんなトコロにまでスレ立てたいだけで厨の魔の手が。。。

957 :名無しのオプ:04/04/22 21:31
>>954
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1082548457/l50


958 :名無しのオプ:04/04/23 06:57
お尻さまに埋めsage

959 :名無しのオプ:04/04/24 01:41
犬笛のラスト近くで出てくる艦長?はよかった。
なんかありがちなキャラなんだけど男気を感じた。
それに単身ヘリで乗り込んでいく刑事。
でも犬笛もやっぱ女が監禁されてやられまくるとこがでてきた。
やっぱあれがないと読者がゆるさんのだろうか。


960 :名無しのオプ:04/04/24 19:48
>>950
雷四郎シリーズだったと思います。

961 :名無しのオプ:04/04/24 19:51
やっぱりまずこっちを先にうめるの?

>959
映画ではその船長は、たしか三船敏郎が演じたと思ったが?


962 :名無しのオプ:04/04/27 13:54
>なんかありがちなキャラなんだけど男気を感じた。
寿行キャラは情けないやつにも情けないなりの男気を感じる。なんちて。


963 :えろ:04/04/27 22:08
誰か、教えてください。
高校生ぐらいの息子と車で出かけていた人妻を、暴走族5人組?が、ガソリンスタンドでからかって、それに腹を立てた息子とけんかになり、殺したうえ、その人妻を拉致し、性奴隷にするところから始まる小説の名前とできたら出版社を教えてください。

964 :名無しのオプ:04/04/27 23:15
勘で「死神(ザ・デス)」といってみる。

965 :名無しのオプ:04/04/28 21:32
誰か教えて下さい
「廣野の狼」に出てくる戒能兵馬と
「狼のユーコン河」に出てくるらしい戒能兵馬は同一人物なんですか?

966 :名無しのオプ:04/04/29 19:09
>965
自分は同一人物だと思って読んでたよ。
ラムピリカは故人みたいな描写無かったっけ?妄想かな、妄想かも

967 :名無しのオプ:04/04/29 21:22
>>963
前半は面白かったけど、後半は今一つだったな。
亭主が戦いに加わってから面白くなくなった。

968 :名無しのオプ:04/04/30 04:53
オロロンの呪縛しか読んだことないんだけど
寿行作品の中でそれほど重要ではないの?

969 :名無しのオプ:04/04/30 20:39
早々とたった次スレがえらく低レベルで、できればあちらはこのまま静かにdat落ちしてほしいものだ…
何で同じテーマでこうも雰囲気が違うのか。

970 :名無しのオプ:04/05/01 00:33
>>963
由紀かほるのエロ小説にも似たような話があったな・・・
御大へのオマージュ?

971 :名無しのオプ:04/05/01 09:24
>>968
「オロロン」は、暴力描写などがまだ発展途上にある。
自分が読んでみて描写がピークに達したのは「汝 怒りもて報いよ」を経て「峠に棲む鬼」あたり。
ヒロインは死を前提に無造作に犯され、男は命乞いの暇もなく死んでいく。
これより後の作品から、超能力とか異常に強い老人が幅を効かせるようになって、
寿行節が次第に抑えられて、自分としては寿行なのか平井カズマサなのかわからなくなった。
異常に強い老人と言うのは、作者の老いが作品に反映しているのだろうけどね。
「峠に棲む鬼」も、ヒロインの娘が主役になる続編はアマゾネスだの心眼だので、あまり面白くなかった。

972 :名無しのオプ:04/05/05 15:01
『鷲の鳴く北回帰線』の中郷と伊能の2人の台詞の応酬が何気に面白かった。

「俺は自主独立を取り戻したぞ」
「・・唯我独尊だろうが」

「お前がやれ。俺は鬱病だ」
「中郷!」

「俺は将来を考えていたのだ。俺には金もない。未来もない」
「あるわけなかろうが!」



172 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)