5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大藪春彦「餓狼の弾痕」

1 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 19:51
一体この作品をどう評価すればよいのでしょうか?
ナチュラルにトリップ出来ること請け合いです。
音楽でいうならゴア・トランス。その展開には絶句しました。
読後感がジェイムズ・ジョイスの「ユリシーズ」に似ています。
ひょっとしたら大藪春彦の最高傑作かもしれません。
ほかにはどのくらいの人が読んでいるのかなあ。

2 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 20:03
どんな話?

3 :1>2:2000/08/08(火) 21:08
金銭強奪組織「オペレーション・ヴァルチャー」の実行部隊が

1・悪徳金満家の家に忍び込み
2・護衛たちを射殺して
3・金持ちから金を奪い
4・見せしめに愛人を爆殺し
5・次の獲物を聞き出して
6・脱出する

以降は1〜6の繰り返しです。
読んでいると頭がクラクラして来ます。

4 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 23:45
「トンデモ本の逆襲」のあとがきで紹介されてた本か?

5 :名無しさん:2000/08/08(火) 23:46
>ナチュラルにトリップ出来ること請け合いです。

激しく同意。
何も考えてなさそーな登場人物たちが最高で。(例:あっさり慰安婦
にされちゃうアレ)

正義の味方かと思えば、「悪党の上前をはねる悪党」の話なんだよなぁ。


6 :名無しさん:2000/08/08(火) 23:48
>4
そうです。
ホモからロリまで幅広いベットシーンもあったりしてオススメだヨ!(嘘)

7 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 23:56
ぎゃははは、実は3さんのあげたフェイズの一つ一つでさらに細かく
同じ事やってるんだよ〜。
おれもと学会の本で知って読んでびっくりした。
まあなんつうか、フラクタル?全く新しいスタイルの実験小説とかだったりは…
しないよね。ところでこれって雑誌に連載されたの?
もう捨てちゃったから分からないや。


8 :巻末より:2000/08/08(火) 23:59
 本作品は「野生時代」'93年8月号、12月号、'94年2月号に掲載されたものです。




9 :巻頭より:2000/08/09(水) 00:13
これ、今文庫で出版されてるの?
読んだことないけど、ひょっとして『暴力租界』みたいなパターンなの?
もし、そうだったら読みたくないな。
『暴力租界』読むの辛かったです。遺作だから無理して最後まで読んだけど、そうじゃなければ投げつけていました。
私は熱狂的な大薮ファンです、誤解のないように。

10 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 09:43
文庫でも出ているはずですが絶版の恐れあり。
「暴力租界」はどのような話なのですか?

11 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 11:11
音楽でいうならラヴェルのボレロかな、ただし最後まで笛の。

12 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 12:15
シーバス・リーガルのお湯割り…

13 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/19(土) 19:38
以前、古本で読んだ。
「ああ、この人は脳が煮えちゃってたんだな」
と思いました。
繰り返しの描写が段々雑になってきて、最後にはただのリストに
なっていたような。

14 :>13 :2000/09/02(土) 23:04
大藪はそのパターン多いよね。「汚れた英雄」とか「アスファルトの虎」とか。


15 :名無しさん@1周年 :2000/09/08(金) 00:53
大藪は「野獣死すべし」を書いたというだけで存在意義のある作家です。

16 :名無しのオプ :2000/09/09(土) 09:19
2chの大藪関連のスレってここだけ?
最早忘れられた人なのか?

17 :nanasi :2000/09/09(土) 15:32
漫☆画太郎を彷彿とさせますね。


18 :9 :2000/09/11(月) 22:48
>16 2chの大藪関連のスレってここだけ?

大藪を語るのに「餓狼の弾痕」や「暴力租界」が上がるのは情けない。とほほ。
伊達邦彦や西城秀夫はどうした?

エアウエイ・ハンターシリーズは「獣たちの黙示録死闘編」が中途のままですが、この後、グラスノチフ⇒ソ連邦解体⇒共産主義崩壊で、続編が書けなくなった。
私はこれを読んだ時点でシリーズ打ち止めを予感した。



19 :名無しのオプ :2000/09/18(月) 23:17
15です。
今年で30になりますが、私は子供のころ病弱で外に出れませんでした。
コンプレックスで鬱になりそうだった私を救ってくれたのが
「野獣死すべし」でした。
バスジャックの彼もこういうのを読んで屈折した気持ちを昇華させてほしかった。

20 :名無しのオプ :2000/09/19(火) 16:08
>19
おいらは中学の図書室で「野獣死すべし」に出会ってしまい、
タイミング良くTVで松田優作の映画も見ちまって、進学校へ入るための塾に
毎日かよいながら完全犯罪の計画が頭の中で渦巻いてるガキだったよ。
しばらくして同じ図書室でマルティンベック・シリーズ読んだら
なんかバランスとれちゃったけども。

21 :なべ :2000/09/20(水) 01:18
大藪春彦の「餓狼の弾痕」だけ読んでる奴見ると腹立ちます。
確かに「アスファルトの虎」あたりから大藪は壊れてきました。
でも、それだけで今までの業績を無視して笑い者にするとは。
まず、他の本を読んでいただきたい。
確かにリフレインが多いが、それが得も言われぬ凄みを出すんです。
でも、品切れ多いんだよなあ。
個人的には、矢吹貴?とか鷹見徹夫とか好きだったんだけどね。
秘密諜報員もの。
とにかく読んで見てくれ。

22 :名無しのオプ:2000/12/20(水) 13:55
おお、こんなスレがあったとは

23 :名無しのオプ:2000/12/20(水) 18:33
ほんとだ。こんなスレあったんだ。おれとおんなじ感想(音楽でいうとボレロ)の人もいる。
しかもこれってトンデモ本だったんだあ。

24 :吾輩は名無しである:2000/12/20(水) 20:48
昔、仕事先で会った人が実は作家志望で、どんな作家が好きなの、と
聞いたら、恥ずかしそうに「おおやぶはるひこ」と答えたのが印象的
でした。
でも大藪さんを手本に小説を書いても、なかなかデビューできないだ
ろうなあ。傭兵経験があるならともかく・・・・。

25 :名無しのオプ:2000/12/23(土) 23:29
餓狼の弾痕はさんざ笑いものにしてますけど、基本大薮ファンですよ。
おれは。
小学生のときの”破壊指令No.1”と”裁くのは俺だ”体験は大きかった。

26 :名無しのオプ:2000/12/27(水) 06:37
「ヘッドハンター」以降の作品はなかったことにしてください。
オススメは「傭兵たちの晩歌」と「戦士のバラード」です。
「アス虎」も「餓狼」も「野獣は蘇る」も何かの間違いだったんでしょう。

27 :コルト38スーパ:2000/12/27(水) 14:19
>オススメは「傭兵たちの晩歌」と「戦士のバラード」です。
「戦士の挽歌(バラード)」
はサラリーマン物で、「蘇る金狼」の系統だね。
しかも銃撃戦は長篇のラスト近くしかないんだけど、
大部分を占める主人公のリーマン生活がすっごく面白いんだ。
大薮春彦の魅力が単純にアクションだけじゃないっていうのがよく分かるよ。

ところで、古本屋でみかけたらこれは保護しとけっていうのはある?
自分は「傭兵たちの晩歌」「戦士の挽歌(バラード)」「蘇る金狼」
次点で「長く熱い復讐(ころし)」「エアウエイハンターシリーズ」かなあ?

28 :26:2000/12/27(水) 22:12
>27さん
>ところで、古本屋でみかけたらこれは保護しとけっていうのはある?
 復讐ものっつたら「黒豹の鎮魂歌 」もおすすめ。あと初期だったら「ウィンチェスターM70」。主人公の得物がオープンサイト、ボルトアクションライフルなのがイカス(死語)。あとは伊達邦彦物の盲点「血の来訪者」。伝説のパロ「渡米編」は文庫で再録されたが、こちらは稀少かと。やってることは「復讐編」とほぼ同じだけど(藁)。あと邦ちゃん短編集「優雅なる野獣」「不屈の野獣」も吉。
 リーマン裏サクセス物だったらスケール最強の「戦いの肖像」「唇に微笑み、心に拳銃」も凄い。何が凄いか説明できないほど凄い。男の夢。それと徳間が昔出した黄表紙OHN「ゲリラは太陽の下を走る」。短編集だけど表題作は大薮唯一の主人公が準軍人(ベトコン)。傭兵、スパイは多いけどこれは再録されていないと思うので即買いが大吉。面白いし。あと角川文庫の短編集「銃は知っている」も最初で最後の『ジュブナイル』である「拳銃天使」が萌えるぜ!
*長レスすまぬ。>諸氏

29 :名無しのオプ:2000/12/27(水) 22:19
大薮読むと、やたらボロニアソーセージを丸かじりして、”エネルギーとして貯え”たり、焼き肉を常人の2倍量食ったりしたくなる。

30 :なべ:2000/12/27(水) 23:04
熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びたりね。

31 :名無しのオプ:2000/12/28(木) 09:13
おやすみの前に悪霊の神に祈ったり。

32 :27:2000/12/28(木) 09:32
>28さん
おすすめありがとう!!
大薮春彦は長いものがいいと思ってたんで、短編は見落としてたよ。
題名を頭に刻み込んだ(ちょっと大薮風)。
そういえば「汚れた英雄」を忘れてたよ。

33 :名無しのオプ:2000/12/31(日) 22:59
>29
大藪先生はステーキまじで2キロ注文する男だった。ある時、ウェイターが、いくらなんでもそんなまさかと200グラムの肉サーブしたからもう大変。
オレのこと誰だとおもってんだー。オレは大藪春彦だぞーっ。
っとブチきれたという話、有名だよね。

34 :名無しのオプ:2001/01/05(金) 05:25
ああ創価 お前もか by三上寛
優作の映画は面白かったけどな〜勉強になります。


35 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 15:08
思い出したけど、西城は痔持ちだったなあ。
きっと作者もそうだったんだろうなあ。

36 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 15:27
コーヒーをマグカップに注ぎバターを半ポンドぶち込みます。
半ポンドというのは、いわゆるお店で売っている一箱分です。
馬刺しを1キロ注文します。薬味は生姜です。
本当はニンニクのほうがうまいのだが、これから敵地に潜入
するので諦めます。でも結局店を出て、胃を撃たれたら危険
という理由で指を突っ込んで全部吐きます。
安富病院の理事長の私宅は10万坪の敷地があります。
いきなりバランタインの壜の首を平手で叩き割り、全部飲み干します。
枚挙に暇がありません。無防備に読むと笑い死にします。
ハードボイルド界の島田荘司です。


37 :マジ質問:2001/01/26(金) 21:55
どうして馬刺を1キロ食べた状態で胃を撃たれたら危険なんですか?

38 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 23:22
>>37
まあ本当かどうか判らないけどね。
胃がパンクするってことなんじゃない。

ところでピンゼットとマッカリ飲食したことある人いる?
(これはガロウじゃない他の作品だけど)

39 :37:2001/01/28(日) 03:07
>>38 くだらない質問だけど、マジに疑問だったので
答えてくれてうれしいです、ありがとう〜
でもピンゼットってなんだろう… 検索かけてもでてこなかった…
マッカリは美味しいです。カクテキを肴にしていくらでもいけます。

40 :名無しのオプ:2001/01/30(火) 13:17
>枚挙に暇がありません。無防備に読むと笑い死にします。
いやあ、食い物にトラウマがあったんだよ。大薮春彦。
幼少のみぎりに韓国で敗戦を迎えて、餓死しかかったりして。
まあ、物語に必然のないトンデモ描写の臭みも魅力なわけよ。
忘れがたい描写が印象にのこるってあるじゃない?

41 :36:2001/01/31(水) 16:17
>>40
 わたしは大藪氏の大ファンなのです。大笑いしながら、多分出版された作品は
「野獣死すべし」から「暴力租界」まで全部読んでいます。
 晩年、「餓狼の弾痕」や「暴力租界」のような怪作があった一方
 明らかにゴーストライターの筆と思われるものもあって寂しい想いもありました。

42 :名無しのオプ:2001/01/31(水) 16:28
>明らかにゴーストライターの筆と思われるものもあって寂しい想いもありました。
えっ、マジですか?
どのあたりがゴーストライターぽかったの?
(ウエポンハンターあたり?)

43 :36:2001/01/31(水) 18:05
>>41
 すみません。本が見つからなくて(徳間文庫だったか…)。書庫が爆発状態なのです。
 確か、ブラジル移民の元力士が主人公で、恩人を殺した相手に敵討ちするために来日して
 というような話だったと記憶してます。冒頭2,3ページ読んだだけで「ああ、全然大藪じゃないな」
 と思いました。ストーリーが破綻していない上に、上記のようなトンデモエピソードが全くなくて
 物足りない話でした。

44 :名無しのオプ:2001/01/31(水) 18:58
>ブラジル移民の元力士が主人公で
あーなんかそんな話もあったなあ(おかしな設定だったなあ)。
雑誌掲載されているのは覚えている。文庫になってたっけ?

>上記のようなトンデモエピソードが全くなくて
トンデモつーか、
銃や車のデテールや、
主人公の狩猟の想い出のエピソードをつらつらと綴ったり、
プロットには関係のない描写が大薮作品の魅力ではあるよね。
作者ものりのりで、楽しそうに書いている。
話の筋は忘れてもこのへんの細部が印象に残ってたりする。

ウエポンハンターや伊達邦彦の新シリーズはそのあたりがもの足らなかったね。

45 :名無しのオプ:2001/01/31(水) 20:06
>>43
>ブラジル移民の元力士が主人公

狼の追跡のこと?あれもトンでもな部分があるよ。
実在のAV女優の憂木瞳が実名で出てくる
(実際に登場場面はないけど)のが不自然。
しかも、憂木瞳と握手した手を洗わないでとっておいて、
その手でオナニーするマフィアが出てくるよ。

46 :名無しのオプ:2001/02/01(木) 21:47
大薮読み過ぎて、
”車でスピード出せば女はフラフラになって落とせるぜ”
とか信じたバカな奴はいんねえが?(最後はなまはげ風に)

47 :名無しのオプ:2001/02/05(月) 12:18
>>45
実名で出てくるところが大藪じゃないよな。本人が「キムノバックのような曲線」なんて文章は死んでも書かないって言ってたんだから。
汚れた英雄に「ロバート・ケッチャム」とか「ブリジット・バルドーニ」なんて凄いの出てきましたな。

48 :名無しのオプ:2001/02/08(木) 19:03
田中康夫と浅田彰の対談集「憂国呆談」を立ちよみしてたら『公と私』みたいなテーマの話で田中が「コバみたいなの見てると、大薮晴彦ってすごいよな〜。個が確立してて絶対国とかに寄りかかんない」とか「高校の時は伊達邦彦に憧れ、女難破しまくった」(以上うろ覚え要約)と言っていた。でぶ知事まで元ファンとはすごいな大薮。
田中は全然凄くないが。

49 :名無しのオプ:2001/02/09(金) 14:48
>でぶ知事まで元ファンとはすごいな大薮。
うむ。
そーいえばSF作歌の平井和正も熱烈なファンだが、
大薮に向かって「動物をハンティングで殺さないでください」
と直訴して困らせたらしい。

50 :>49:2001/02/09(金) 16:42
言っても無駄だとわからんかったのかあの基地外は。あと西村寿村と一度けんかになりかけたそうだ。西村は元ハンターだから射撃の話が原因で「座間で俺と勝負しろぉ!」と大薮先生が叫んだらしい。

51 :名無しのオプ:2001/02/10(土) 05:33
age

52 :名無しのオプ:2001/02/10(土) 18:49
age

53 :名無しのオプ:2001/02/13(火) 08:57
>50
>「座間で俺と勝負しろぉ!」と大薮先生が叫んだらしい。
「銃で勝負しろ」と言ったのは西村寿行のほう。
(本人の談話があった。編集者に途中で止められた)
自動ライフルで獲物をばりばり撃ちまくる大陸的な大薮春彦のスタイルが気に入らなかったんだとか。
ライフルに弾丸を一発のみ込めて、自然と獲物と駆け引きが...
というのが西村の主張だが、アツいねえ。

54 :名無達の挽歌:2001/02/15(木) 15:15
「傭兵達の挽歌」を読んだ。
敵役の組織の陰謀が主人公の復讐とともに徐々に明らかにされていく構成になっているが、
それが特に作品の魅力につながっているわけではないのが痛い。
自分的にはイマイチだった。
印象に残ったのは主人公が不利な状況での敵との一対一の対決のシーンがある。
大薮作品ではめずらしい場面だ。
大薮春彦はこの作品でスケールの大きい舞台で新機軸に挑んだが、
大成功してるとは言い難いという印象だ。

55 :名無しのオプ:2001/02/15(木) 15:34
嬉しい、こんなスレッドがあったとは。
私も大藪の大ファンでほとんど全て(数度にわたり)読んでいます。
「暴力租界」で主人公が屋台村に何度もありがたがって
通ってるのがつらかったな。
ストーリーはまあいいでしょう(笑)。
鏡明の解説が涙を誘いました。

56 :名無達の挽歌:2001/02/23(金) 15:14
「黒豹の鎮魂歌」1部読んだけど、
今をときめいてるデビィ夫人が登場しているんでびっくり。
小説では「ビディ・パン・スケーノ」。パン助ってあーた...
しまいには主人公と乱交してます。
大薮かきたいほうだい。
復讐がテーマなんだけど、
初期作品と違ってなんとなく明るいムードがありますな。

57 :空母キルラージ:2001/04/13(金) 00:17
『餓狼の弾痕』のKノベルス版の表紙にはドキドキ!!
モー×ーの私は参っちゃいます。
『暴力租界』は『問題小説』の連載で(このオヤジ小説誌買うの抵抗あった。)、
読んでたんだけど『また先月と同じだ...』と毎回思ってました。
それにしても未完というのが残念です。

58 :名無しのオプ:2001/04/13(金) 21:56
Age

59 :名無しのオプ:2001/04/16(月) 15:51
左翼の学者で
泥水なんたらってのが出てきた。清水幾太郎のことらしい。
歳で立たないので「ハメハメしないでナメナメしている」←地の文

60 :名無しのオプ:2001/04/22(日) 02:06
汚れた英雄(1巻)のレースに出るのにリアカーにバイクを積んで、山道を
登ってく場面が好き。あと不良の女たちに、主人公が逆レイプされそうになった
ときのセリフ、たしか「がっつくな、順番にやってやるから」みたいな感じだった。
最高!


61 :名無しのオプ:2001/04/24(火) 10:08
どっかのお嬢様をナンパして落とすって話でさ、その女の家に行って両親に歓迎されて
女がピアノの弾き語りをするってシーン。
「○○(女の名前)は、ピアノを弾きながら歌を唄った。下手であった」
というみもふたもない文章で、大藁

62 :名無しのオプ:2001/04/24(火) 10:27
みんな『餓狼の弾痕』のこと言うけどさあ。

『アスファルトの虎』とか、

銃女車銃女車銃女車銃女車銃女車銃女車銃女車銃女車

のパターンが何冊も続くんだぜ。10冊以上。
この人雑誌連載のとき、毎度前回書いた内容忘れてたんじゃないのかな。

63 :62:2001/04/24(火) 12:04
がいしゅつか。スマソ

64 :名無しのオプ:2001/04/24(火) 13:21
>『アスファルトの虎』とか、
>パターンが何冊も続くんだぜ。10冊以上。
そうそう。で、最終巻は最後には粗筋だけがだーっと書いてあるんだよな。
角川が掲載誌廃刊にかこつけて
「すいませんもうかんべんしてください」
といってむりやり終わらせた痕跡がうかがえる。

65 :名無しのオプ:2001/04/24(火) 13:36
比較的初期の短編には、
ヤクザの兄貴分が舎弟に銃刀法の改正と銃の構造について講義するシーンで
数ページが埋まっているものがある。
要はページ数稼ぎなんだけど、「はじめて物語」のおねえさんとモグタンみたいでおかしい。

66 :名無しのオプ:2001/04/28(土) 03:14
あげ

67 :名無しのオプ:2001/05/21(月) 22:17
久々にあげ

68 :名無しのオプ:2001/05/23(水) 10:53
エアウエイハンターの香港編面白いね。
今読み直してみると、クーロン黒沢のアジア紀行ものみたいな味もある。

69 :伊達邦彦は:2001/05/24(木) 21:36
結局、島暮らしなわけだが、個人的には高校時代に野獣死すべしに出会い、
その後、伊達邦彦登場作品を古本でかき集めて読んできた身としては、
いい人になりすぎてがっかりです。
でも女豹シリーズのレイパー邦ちゃんはいい感じ。
「松の根っこみたいにコブコブのできた」のってどんな奴やいったい?

70 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 15:54
ここで大藪春彦必読作品リストを紹介する。
順不同
1 「野獣死すべし」
  暗い情念に彩られた青春ハードボイルド。第1作のみが
  持ち得る新鮮な感性が魅力を放つ。
  映画化作品はすべて逝って良し!
2 「蘇える金狼」
  ボリュームがあり読み応え充分なリーマンアクション。
  松田優作主演の映画もまあまあ良かった。
3 「戦士の挽歌」
  これもリーマンアクションだが2より娯楽性が強い。
  読み応えは充分。
4 ウインチェスターM70
  問答無用のピカレスクロマン。凄すぎ。
5 「長く熱い復讐」
6 「黒豹の鎮魂歌」
7 「傭兵たちの挽歌」
  いずれもA・クイネルも失禁するリベンジャーものだが
  特にスケールの大きい7がいい。
8 「凶銃ルガー08」
  拳銃放浪談の傑作。ある意味異色作。阿部寛主演の
  ビデオは逝って良し!
9 「みな殺しの唄」「凶銃ワルサ―P38」
  マカロニウエスタンを凌駕する殺しのバラードが炸裂

10 「獣たちの墓標」
   西条もの最高傑作。
   「ちゅらさん」もぶっ飛ぶ沖縄アクション

番外「赤い手裏剣」
   異色時代ハードボイルド。結構いい。
   市川雷蔵主演の映画は逝って良し!

個人的御薦め
「死はわが友」「奴に手錠を」
暗い情念が苦手な人向き。気軽に読める娯楽アクション。

女豹シリーズは逝って良し!大藪春彦は女性読者に媚びる
必要は無かったのに残念。
あの間抜けな主人公には引いた。

中期の処刑シリーズ以降の集団アクションものもいただけない。
大藪春彦の主人公は悪霊を守護神にひとりで戦い続けるのが
いいのだ。
  

71 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 16:28
>>70
このスレのタイトルに触れないのはどうしたこと?

72 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 18:52
>>71
70です。つまらなそうなので買いませんでした。
金と時間は大切です。

73 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 19:01
>>72
それなら、このスレに書く資格ないんじゃない?

74 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 19:52
>>73
スレの内容的には過去レスみても大藪春彦総合スレ
ですよね。ここにおいてください。
カキコしたリストたたき台にトークしましょう。

75 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 19:58
久々に上がったと思ったら、もう終了か…

76 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 20:24
>>75
なぜ?続けましょう。

77 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 12:29
大藪は不滅だぁーっ!

78 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 16:58
>70
「獣たちの墓標」10位か?
これはもっと上だぞ。俺は5回読んだ。
ハイウェイ(エアウェイ)ハンター・シリーズの最高傑作。

79 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 17:12
>>78
70です。順不同とカキコしましたが?
「獣たちの墓標」はもっと注目されてもいい作品
ですね。僕も3回読みました。


80 :78:2001/05/27(日) 17:43
>70
すまん

81 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 19:15
>>80
とんでもないです。
それより、西条ではなく西城ですね。こちらこそ失礼しました。


82 :名無しのオプ:2001/05/29(火) 02:02
最初期の長編読んで、
銃のレトロさに時代を感じた。笑えた。

83 :名無しのオプ:2001/05/30(水) 00:20
阿部寛主演の「凶銃ルガーP08」がチャンネルNECOで
放送されます。未見なら一応見ましょう。
原作とは全然違います。
前回の放送では主人公の妹のレイプシーンがカットされて
いました。この点にも充分留意して鑑賞しましょう。

84 :名無しのオプ:2001/06/13(水) 07:01
大藪にレイプはつきものですね。
それがまたよし。

85 :名無しのオプ:2001/06/21(木) 15:30
あげ

86 :名無しのオプ:2001/06/21(木) 15:37
**大薮春彦はハードボイルドか?**
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mystery&key=991354317&ls=100

87 :名無しのオプ:2001/06/28(木) 18:19
緊急連絡!
7月チャンネルNECOにて豪華映画「野獣死すべし」4本立て
一挙放送!(詳しい放送時間等は番組表参照)
・野獣死すべし  主演 仲代達也
 白黒映画。レンタルでもあまり見かけないので是非この機会
 に見ましょう。
・野獣死すべし 復讐のメカニック  主演 藤岡琢也
 仮面ライダーV3こと藤岡琢也が伊達邦彦とは
 昔レンタルで見ましたがイマイチでした
・野獣死すべし
・野獣死すべし 復讐篇
 上記2作は木村一八主演。おそらくVシネでしょう。
 あまり期待はできそうにありません。

83のレスで書いた「凶銃ルガーP08」では私が懸念していた
とおりやはり前回放映時と同様に主人公の妹のレイプシーン
がカットされており憤りにたえません。
このシーンは最終的に主人公が破壊と殺戮に向けて壊れて
いく要因となる重要なシーンであります。
今後はこのようなことがないようにチャンネルNECO当局には
充分に注意して欲しいものです。
特に同じ6月に放送された花村萬月氏の「皆月」では
オイルプレイ等の過激なシーンがノーカットで放送されており
誠に遺憾な処置と言わざるを得ません。

88 :実習生さん:2001/06/29(金) 01:34
そいつはいかんねえ

89 :名無しのオプ:2001/07/17(火) 15:40
あげとくね

90 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

91 :名無しのオプ:2001/07/26(木) 16:30
あげとこう

92 :名無しのオプ:2001/08/08(水) 14:37
age

93 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 08:21
>>87
木村一八の「野獣死すべし」は劇場公開作品ですよ。
勿論、ビデオでの収入をあてにして作ったものでしょうが。

公開時に銀座のぼろっちい映画館で見ました。(97年3月)
大藪ファンだったと思われる中高年の男性で一人で見に来ている
ケースが多かったみたい。(私は当時20代後半)

復讐編のCMも同時に流れていましたが、
結局は劇場公開はされなかったのかな。
スポーツ新聞でチェックしていたんだけど。

木村一八、よかったですよ。大藪未亡人も主人の書いた伊達邦彦の
スケッチにそっくり、とリップサービスしてたし。
狂気を秘めた物静かな美声年という感じだった。

あとでビデオで見たら、こんなもんだったのか、とスケール感の
なさにがっかりしたけど。

94 :93:2001/08/19(日) 08:32
一昨年のゴールデンウィークにはCS707(日本映画チャンネル)で
大藪春彦原作特集がありました。

野獣死すべし  (59年東宝、主演:仲代達矢)
みな殺しの歌より拳銃よさらば  (60年東宝、主演:水原弘)
顔役暁に死す  (61年東宝、主演:加山雄三)
野獣都市  (70年東宝、主演:黒沢年男)
野獣死すべし復讐のメカニック  (74年東宝、主演:藤岡弘)

私自身は大藪作品の中で「野獣都市」が最も好きだったので、
偶然にもこのCSで見ることが出来て本当にラッキーでした。

主人公の大学院生・有間は今やTV界のご意見番オヤジ・黒沢年男です。
あまり知的な感じはしませんが、実にかっこいいですね。

そして、有間とともに暴虐無尽の行為を行う実業家石浜をなんと、あの
三國連太郎がやっています。
こんな大物がやっていたのかと映画を見て初めて知りビックリしました。

映画自体は途中まで原作に近い仕上がりでゾクゾクさせてくれるのですが、
後半からは原作から遠く離れて荒唐無稽な方向へ。

いい俳優と監督を使ったのに、雑な脚本と萎え〜な主題曲が残念です。

95 :93:2001/08/19(日) 08:39
映画の話ばかりになったので自分が好きな大藪作品作品長編のベスト3
を書いておきます。

1・野獣都市
2・男の掟
3・復讐の弾道

理由を書こうと思ったけど、好きなのものに理由はないので止めました。

でも、メカをことをゴチャゴチャ書いてあるものよりハードな精神を持った
主人公の心理を描くドラマが好きなようです。

また角川文庫の「青春は屍を越えて」に収録されているような、
破滅を急ぐ若者の話も大好きでした。

96 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 10:54
>>95
大藪作品の中でも比較的エンターテイメント色の薄い、渋い暗めの作品が
お好きなようですね。
この嗜好だと、「野獣死すべし」が当然ランクインしてもいいと思うのですが、
メジャー過ぎるので意図的にはずされたのでしょうか?

あなたのベスト作品の中では、「復讐の弾道」が印象に残ります。
特に当時衝撃的だったのは、親子どんぶりのシーン。まさに悪夢です。
この作品は比較的早く角川文庫に入りましたが、現在は入手難。
わたしは、転居の時紛失してしまい慙愧の念にたえません。
「男の掟」は、出てくる女がアホとイタイ奴ばかりで(大藪作品はどれも多かれ少なかれこの傾向がありますが)
楽しめます。
日本テレビ「知ってるつもり」で水野真紀ちゃんが「大藪作品は登場する女の人の気持ちが無視されてるようだ」という趣旨の話しをしてましたが、
この言葉を具現した快作です。
「野獣都市」は、ギラギラした主人公のキャラのみ記憶にありますが、わたし個人としては、印象の薄い作品です。

とにかく、あなたのような若者にも大藪ファンがいるとは嬉しいかぎりです。
短編集「青春は屍を超えて」は大藪入門篇として、高校の夏季課題図書にしても
いいくらいですし。

97 :93:2001/08/19(日) 11:40
>>96
独り言に長いレスを付けていただき恐縮です。

>この嗜好だと、「野獣死すべし」が当然ランクインしてもいいと思うのですが、
>メジャー過ぎるので意図的にはずされたのでしょうか?

好きなことは好きなのですが、う〜ん、どうでしょう。
なんか、作者のオナニーを長々と見せられているような気がするんですよ。
デビュー作ということもあるのか、エンターティメントとして"見せる"
ということをあまり意識してない作品だから仕方がないのでしょうけど。

>転居の時紛失してしまい慙愧の念にたえません。

私も引っ越しするときに、文庫本は8割方捨ててしまいました。
中でも「男たちよ戦いの荒野に死ね」(大藪春彦対談・コラム集)と
「極限の狩人」(レーサーもの中心の短編集)<いずれも角川文庫>を
捨てたことは今でも悔やんでいます。
また読みたくなっても、どこの古本屋でもなかなか見つかりません。

98 :93:2001/08/19(日) 11:40
>>96
>(復讐の弾道の)親子どんぶりのシーン

親子どんぶりというのは母親と娘の両方とやってしまうことでは?(笑)
思い出してみたら近親相姦の描写は2つありましたね。
最初のは血が繋がってない設定で、二つ目のは主人公が無理矢理しかけて
やらせるというかたち。
その後、彼らが主人公にどうされたかは省かれていました。

>短編集「青春は屍を超えて」は大藪入門篇として、
>高校の夏季課題図書にしてもいいくらいですし。

これ以上、キレた若者を増やしたくないので、やめときましょう。(笑)
我々オヤジが若い頃のエネルギーを思い出すために読むのはいいですが。

99 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 12:27
>>93
「復讐の弾道」の親子どんぶりの件にこだわり恐縮ですが(W
確か、原典に「親子どんぶりしろ!」といったようなセリフが
あったような・・・本が手元に無く、確認のしようもなく、
あらためて慙愧の念に堪えません。
初めて読んだ時は不思議に思わなかったのですが、後に世に言う
「親子どんぶり」の実態を知るにつき、大藪先生の誤用では、との疑問
が生じました。
大藪先生は教育学部出身ですし、こんな初歩的なミスを犯すことは
信じがたく、わたしの記憶違いかもしれませんが。

大藪作品は93さんも含めて今の若い人もストレス解消になって、
いいのではないでしょうか?
わたしは、若い頃そのように服用してました(W
切れる人間も逆に減る効果があるのでは?

「野獣死すべし」は93さんの指摘も妥当かと思いますが、
デビュー作特有ともいえるジコチューなオナニー的展開が魅力
でもあります。
これは、大藪風青春小説のひとつの形ではないでしょうか。
学生版が野獣の第一部、リーマン版が「蘇える・・」なのでは。

しかし、初期の頃からのファンですと、スレのタイトルにある
「餓狼の弾痕」等の後期作品は、眼をおおうばかりの惨状。
どう思われますか?

100 :93:2001/08/19(日) 13:12
調べたところ、主人公・羽山が兄の妻・洋子の男が誰かを
尋ねたときの元家政婦・高子のセリフが
「けがらわしい親子どんぶりだわ」でした。
まぁ、学のない家政婦として、わざと言葉の誤用をさせているのかも(笑)
でも実際には血が繋がってないので近親相姦ではなくて
純粋な親子どんぶりなんですけどね(笑)
後半のはこんな感じでした。
「閣下、自分の娘を可愛がってくれませんかね?」
「意味は分かったろう、さぁ始めるんだ。そうでないと今すぐアンタを殺す。」

今ちょっと読み返して笑ってしまったのは利用するために近づいた
オールドミスとの話。
口説く手間は長々と書かれているのに、殺害する部分が妙に簡潔。

>友人に見送られて敦子は札幌行きの日航機に乗った。
>北海道では一足先に飛んだ羽山が凶器を用意して待っていた。
>敦子の死体を処分した羽山はすぐに東京に引き返し、

>「餓狼の弾痕」等の後期作品は、眼をおおうばかりの惨状。

とても読めるようなものではないですね。
私はモーター・スポーツ(特にF1)も大好きですが、
例えばアスファルトの虎などはとても読むに耐えませんでした。(笑)

101 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 14:16
>>93
丁寧なレスありがとうございます。
93さんは、モータースポーツ好きとのことですが、
「汚れた英雄」がベストではないのですか?
わたしは、車好きではないので、力作とは思うんですが読んでて
少しつらい部分もあります。

102 :93:2001/08/19(日) 14:36
>>101
力作だと思いますが、主人公がどうも好きになれないんですよ。

やたら格好いいセリフを吐く割りには恐喝・レイプを繰り返していて、
ちょっと感情移入できる主人公ではないですね。
悪人だったら徹底的に悪人でいて欲しいですね。(笑)

じゃあ、どういう男が好きかというと、先に挙げた「極限の狩人」の中で、
確か「死のドライブ」という題名の短編の例を挙げます。
セミプロのレーサーが内縁の妻を誘拐され、その相手のところに乗り込む。
内縁の妻はつい先ほどまでは「愛している」を連発していたのに、
男に対し、「こんな人、私は知らない、関係ないわ!」と冷たく言い放つ。
結局この女も敵の一味に殺されてしまう。
しかし男は形勢を逆転して敵を全て倒し、震え上がる敵のリーダーに、
「あんたには生きててもらう。死んだ女房の慰謝料ももらわないと
いけねぇからな。さぁ行こうぜ」とニヒルに笑う。

こんな鋼鉄の男に憧れます。(笑)

103 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 14:59
>>97
「極限の狩人」、残念ながら未読です。
しかし、レス読む限りええ話しやなあ(W

初期から中期のワンマンアーミーものが好きなんですよ
処刑シリーズ以降の集団ものは、どうも気にいらない。
ひとりで戦うのが大藪ヒーローの基本形って気がしてならんのです

府中3億円事件のモデルといわれた「血まみれの野獣」も
主人公はモータースポーツの選手でしたよね
小品ながら、この作品結構好きです。
新潮文庫版しか持ってませんが、最初はジュブナイルとのこと。
大藪春彦が子供向きに書いた本とは、ぜひ見たいものです。

きみも、サーキットに行けば、
自作のビースト・スぺシャル・プロトタイプを悪魔のように巧みに
飛ばしている敏夫に会えるだろう。
新しく整形で作った爽やかな微笑を仮面の下に、血まみれの過去を
隠した鶴田敏夫に・・・・・・。

104 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 15:05
「血まみれの野獣」を探していたら、
角川文庫「大藪春彦マインド 荒野からの銃火」が出てきました。
今、ぱらぱら見たら、結構勇ましい文章で笑えます

105 :93:2001/08/19(日) 15:09
>>103
ワンマン・アーミーものですか…
傭兵達の挽歌は完成度が高い作品でしたね。私も好きです。

暴力列島なんかはちょっとずれるけど一匹狼といえばそうかな?
地下鉄サリン事件はこの作品が暗示していましたね。

106 :名無しのオプ:2001/08/19(日) 15:25
>>93
先ほどは、レス番号(93と97)を間違え大変失礼しました。
ところで、わたしの言うワンマン・アーミーものとは、主人公がひとりで戦う、
ないしは目的(現金強奪等)完遂に邁進するパターンの物語といった程度の意味
合いで使いました。わかりにくかったら失礼しました。
この意味では「暴力列島」はワンマン・アーミーものかと思います。

しかし、ワンマン・アーミーもの以外でも「男の掟」は面白いし、
(どことなくノワールの味わいもあるような感じがします)
「ウインチェスターM70」は物凄い。この連中の悪業三昧にはぶっ飛びました。

107 :名無しのオプ:01/09/03 21:15 ID:hsOQFvl.
あげよう。

108 :名無しのオプ:01/09/04 19:15 ID:/hIVMjoU
先ほど図書館で「汚れた野望」というハードカバー見たら、
「復讐の弾道」であった。元はこのタイトルだったとのこだ。
解説が森村誠一、過去レスにある親子どんぶりのシーンの引用で書き始めている。
当時はプロの作家さえ感動させる印象的なシーンだったのだろう。

109 :名無しのオプ:01/09/16 13:58
晩年なら「野獣は蘇る」がイイ

オープニングのマドンナとのシーンがカッコイイ

ネット、グロック拳銃、スカイラインGTR
大藪氏が「現在」に間に合ってくれたことがうれしい

現在のモノで大藪氏に描いてほしいモノは何だろう
SATかな・・・?

110 :名無しのオプ:01/09/21 17:30
たぶん大藪ファンのなかでも評価は低いと思うけど、
異色ハンティング小説「ヘッドハンター」はイイよ。
主人公は大藪作品の中でも(たぶん)最狂。

111 :名無しのオプ:01/09/22 02:50
>>110
「ヘッドハンター」は正真正銘のストイックなハードボイルド小説だな
ただし、ストーリーが面白い作品ではない。
復讐とか謀略の絡むアクション小説ではないから娯楽性が薄いんだよね
この作品以降くらいから急激に大藪氏がパワーダウンしていく気がするな

112 :名無しのオプ:01/10/06 21:16
晩年の作品、どれがゴーストでどれが本人だ?
「餓狼」と「暴力租界」は多分本人、
「野獣は死なず」と「ウエポンハンター」は別人、多分大藪氏監修で別の奴が加筆してる

灰色なのは「女豹」と「野獣は蘇る」、

113 :名無しのオプ:01/10/07 00:33
ゴーストか……そんな噂があるんだ。
口述筆記程度だと信じたい。

114 :名無しのオプ:01/10/10 19:05
リニューアル後の伊達はゴースト臭い。
ホシジーマもかなりゴースト臭い。
延々リフレインする作品は本人の筆と見て間違いあるまい。
そういや高見沢ってリンスキンLで執拗にケツ拭ってたな。

115 :名無しのオプ:01/10/18 20:49
プロットがまともなほうが本人って……
餓狼と租界ってけっきょくなんだったんだろう。文学実験?
ところで「孤剣」の復刻徳間文庫読んだが、時代劇っていうのが目新しいだけで
大藪作品としてはわりとふつうの出来だった。

116 :名無しのオプ:01/10/18 20:51
「弧剣」は市川雷蔵で映画化されてるよ
115見た?

117 :名無しのオプ:01/10/18 20:56
>>116
いいえ。近々借りてこようと思ってます。

ところで、香取慎吾の「金狼」ってビデオになってます?
見かけたことがない。

118 :名無しのオプ:01/10/18 23:50
>>117
香取の金狼はビデオ無いみたいよ、評判悪かったようだし、
松田優作のイメージが強すぎて、可哀想な気はすんけどね

119 :名無しのオプ:01/10/19 15:02
TV「知ってるつもり」の大薮春彦の回で、
「大薮には男の生きざまを教えてもらった」
とかなんとか偉そうに語っていた鶴見慎吾。
「映画しか見てませんが」とぬかした。

コンバットマグナムをファニングで全弾打ち込んでやろうかと...

120 :名無しのオプ:01/10/19 15:33
「トンデモ本の世界R」で「餓狼の弾痕」が紹介されていたね・・・

121 :名無しのオプ:01/10/24 23:24
「餓狼の弾痕」ばかりが話題にされるが
「アスファルトの虎」や「暴力租界」も似たようなもんだろう。

122 :名無しのオプ:01/10/25 01:19
暴力租界は確かにそうだけど、アスファルトの虎はプロットもあるし
楽しめたけど、特に前半 、後半は確かにレースが延々と続くがそれ
でも 餓狼とは違ってチャント展開があるから楽しめる。個人的には
アスファルトの虎 以後にがくっと力がおちた感じがする。

123 :名無しのオプ:01/10/25 04:12
私は大薮先生の書く文章そのものが好きなので、くり返しでもトンデモでもいいのです。
もうああいう文章を書く人がいないというだけで、悲しい。
おかげでエンタ系はさっぱり読まなくなりました。大薮先生に比べると、みんな
軽くて軽くて…。純文で濃いものを読むしかなくなりました。
大薮先生の文章に触れられればいいので、「暴力租界」も苦もなく読破しました。
あらためて、合掌。

124 :名無しのオプ:01/10/25 17:19
>>123
花村萬月なんか読んでるわけ?

125 :名無しのオプ:01/10/26 20:25
花村萬月の「紫苑」という小説は作者本人が認めるように大藪色が強い。
もし未読ならどうでしょう、123さん。徳間文庫。

126 :名無しのオプ:01/10/26 22:25
>124,125
「笑う山崎」を買ってみたのですが、読む前に誰かに持ち去られてしまいました。
面白いとは聞いているので、今度こそ読んでみようと思います。
しかしセルフ・インディペンデンスの精神(@鏡明)まで堪能できるの
かな…。

127 :我漏の男根:01/10/29 22:47
>>119
風見慎吾だったヨ!!

128 :名無しのオプ:01/11/03 01:01
大藪先生が健在であれば、今頃は、
アフガン/パキスタンあたりを舞台に
書いていたんだろうなあ。

129 :名無しのベーカー・ストリート・チルドレン:01/11/03 04:37
>アフガン/パキスタンあたりを舞台に
>書いていたんだろうなあ。
篠田節子さんが現在連載中の小説で、影の主役にアルカイダとビン・ラディンを
設定していたそうな。もちろんテロ事件以前。本人はシブいところ狙ったつもり
だったはずが、あぁそのはずが。現在必死で構想練り直し中ですと。発売中の
「SFマガジン」12月号巻末の執筆者欄より。
いやぁ似たような事やるひとはいるもんですね!

130 :名無しのオプ:01/11/04 21:28
練り直すところがプロだよな。さすが篠田節子。
架空戦記系のあの作家やこの作家にも見習って欲しい。

131 :名無しのオプ:01/11/13 23:56
なんでミステリ板?作者の晩年の作品が、おいおいって感じだから?
確かに伊達邦彦を、DK呼ばわりしたのは唖然としたが・・・。

ウエポンハンターも最初の方は、まあまあだったけど・・・。

132 :名無しのオプ:01/11/14 00:16
一般書籍板の大藪スレ、お互い切磋琢磨して、頑張ろう!

http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/990543921/l50

133 :名無しのオプ:01/11/14 02:04
紫苑ね〜、読んでみたら1ページ目で大藪してなかったから、止めちゃったよ。
やっぱりあのしつこい文体じゃないとなあ…。

134 :絶版を集める男:01/11/15 23:11
一般書籍版からの転載です。

「ビッグ・ゲーム」大藪春彦 集英社
あの「野獣死すべし」で鮮烈なデビューを飾った大藪が
アフリカで出会った数々の野獣との闘いを語る。
文筆家にして、狩猟家である著者だからこそだせるこの迫力。
剋目して見よ。

135 :名無しのオプ:01/11/26 21:32
花村萬月以外で大藪テイストを感じさせる作家って
いませんか? 洋邦新旧問わず情報下さい。お願いします。

136 :名無しのオプ:01/11/26 21:46
福井晴敏はどうですか。文章濃いし、
「亡国のイージス」で大藪賞とってるし。

137 :名無しのオプ:01/11/26 21:48
>135
当然、ダシール・ハメット、リチャード・スターク。
もう読んじゃいました?

138 :名無しのオプ:01/11/26 21:53
『笑う山崎』のなかにあるセリフ「愛だろ、愛」に失笑。
感傷は鑑賞に耐えず。
中途半端な花村満月。

139 :名無しのオプ:01/11/26 22:00
>135
古いですが、ミッキー・スピレイン、ハドリー・チェイスはいかが。

140 :135:01/11/28 13:45
情報ありがとうございます。
ハメット、スピレインというのは、
大藪作品の中にも時々登場しますよね。

今、ネルソン・デミルの「王者のゲーム」というのを読んでます。
単身アメリカに潜入したリビア人テロリストがスゴイ行動力と非情さで敵味方問わず
ガンガン人を殺して行くのを米対テロ捜査機関が追いつめるという話です。
敵役のテロリストの側から描くと大藪っぽいなあと感じながら読んでいます。

141 :名無しのオプ:01/12/07 12:26
パンスケーノ

142 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

143 :名無しのオプ:01/12/07 17:55
>135
桑原譲太郎かなあ・・・亜流にしては面白いってレベルだけど。

144 : :01/12/11 21:07
桑原??笑わせんじゃねえよ!!
確かにハルキのオビに「大藪を凌ぐ」って書いてあるけどね(藁。

145 :名無しのオプ:01/12/11 21:40
>144
人の好みだろ? くだらねえ茶々いれんな、糞が。

146 :名無しのオプ:01/12/11 23:24
test

147 :144:01/12/12 09:17
>>145殿
悪かったヨ、言い過ぎた。
ゴメン許して。

148 :名無しのオプ:01/12/17 20:17
桑原譲太郎か……
「シュドラとの7日間」ってやつはおもしろかった。半分はマジで、半分は「バカミス・トンデモ」としてだけど。
「インコ真理教のメロン野郎をぶち殺す」とか、熱いグルーヴ感がたまらない。
しかし、残念ながら、ハルキ事務所は、この作家に力を入れておきながら、装丁がすばらしく無気力だ。
「新・ガスコップ」とか、あの表紙でだれが買うんだよ。カッパもトクマも必死におしゃれしてるこのご時世に。

149 :ねつてつ 消えろ!!死ね!キチガイ:01/12/26 12:24
死ね死ね死ね ねつてつ

150 :名無しのオプ:02/01/08 16:44
ねつてつ は無職だから昼間から2ちゃん

151 :名無しのオプ:02/01/08 18:55
age

152 :名無しのオプ:02/01/10 02:19
実は「アスファルトの虎」、結構好きだったりする。
主人公と悪仲間(軍団)が信頼し、されあってる描写とかが何ともイイ。
大藪春彦の文と主人公でそれが読めるのがタマランのです。

153 :145:02/01/10 16:45
>>144さん
俺の方こそ言い過ぎた。スマン。

154 :名無しのオプ:02/01/15 14:54
甦る大藪スレ。

155 :名無しのオプ:02/01/15 14:56
大藪賞っていまひとつ世間に浸透しないね

156 :37:02/01/22 13:58
大藪の本なんていつでも買えるもんだ、と思って大量に処分してしまった。
なんとバカなことをしたものか・・・・
短編含め99%はコンプリートしたのに・・・鬱だ・・・・

157 :名無しのオプ:02/01/22 14:00
>>156
37は間違い、いよいよ鬱

158 :名無しのオプ:02/01/22 16:48
>>155
第四回受賞作が最近決ったのかな。
世間というより大藪ファンにも浸透していないんじゃないかな。
俺も受賞作をよんだことないし・・・

>>156
大藪フェアの頃、かなり大藪本を買った。
しかしあまりに買いすぎたため、やや食傷気味になりノベル本を数十冊売った。
あれから十数年、再び大藪本を読みたくなった。
書店に足を運ぶも「お」行では大藪本は無く大槻ケンヂの本が置いて有り
呆然となった。

置き場所に困るといっても簡単に本は処分するものではないな。
最近つくづく感じる。

159 :名無しのオプ:02/01/22 16:51
>>155
一回目でミソつけたからね。馳星周「漂流街」という自社本に箔つけたいための
お手盛りと誤解されてもしかたない感じだった。とくに船戸与一の選評がすごかったんだ。
えんえん「漂流街」への不満を述べて、最後に「しかし、小説としての底力が他の
候補作とは桁違い。受賞は当然」でシメ。おいおい。

160 :名無しのオプ:02/01/22 17:34
>>156
もしかして「B級活劇小説」のスレッドの37?
濃いネタ提供しまくりだと思ったら、大藪99%所持って……あんた……
はー、すげーわ。

161 :名無しのオプ:02/01/22 19:01
>>160
そーです。B級スレの37です。バレちゃいましたねー。


162 :161:02/01/22 19:17
大藪って賞らしい賞とってないのが栄光みたいな作家だし・・・
へんに権威あっても困る賞だわな、大藪賞は。

163 :名無しのオプ:02/01/23 00:16
今日のニューースでやってた新潟の逃走犯って
次々と車を盗み変え、最終的にトラックの荷台で遠方に脱出っていう手法が大藪作品の主人公のようだったよな。

ま、トラックの運ちゃんに見つかってタイーホされちゃったのでアレだが。


164 :名無しのオプ:02/01/23 12:49
>>162
しかし賞金500万は魅力だ。

165 :名無しのオプ:02/01/23 12:56
>>164
うーむ・・

166 :名無しのオプ:02/01/23 13:18
一般公募じゃないから盛り上がらないんだろ
プロに与える賞なんて直木と芥川で充分

167 :名無しのオプ:02/01/23 13:23
直木賞のボケ、今ごろ船戸を選ぶな。遅いんじゃ。

168 :名無しのオプ:02/02/07 23:54
さるべーじ

169 :名無しのオプ :02/02/08 21:55
ヤブ氏最後の長編「暴力租界」が文庫化されたヨ!!
「読者を圧倒する傑作長編」だって...確かに別の意味で圧倒されたな。
完読の自信がある方はどうぞ...


170 :基地外 ◆zqJV6Sg2 :02/02/13 17:42
ここは、大薮スレと化しているのですか?
自分も”餓狼の弾痕”を読んでトリップ感を味わった1人です。
音楽好きなのであれは、音楽と思って読むといいですね。メタルでいうところの様式美です。

若かりし頃に読んだ大薮小説のせいで、
ボローニャソーセージを丸ごと食べたくなったり、内臓系の焼肉をレアで食べたくなったりします。

171 :名無しのオプ:02/02/15 02:17
過労の男根

・・・すいません

172 :文学板にも書いたが、試論「餓狼の弾痕」問題について:02/02/18 22:38
「餓狼の弾痕」で話題になった、性描写のリフレイン。あれは皆知っていると思うが
「アスファルトの虎」の最終巻や、「暴力租界」でも使われている。ここでポイント
となるのが、これらの作品が大薮の晩年近くに書かれているということだ。「租界」
などストーリーそのものがリフレインである。果たして大薮は晩年に至って何を悟った
のだろうか?
大薮はかってこう書いている。
「文体は、作家にとっての命」と。
つまりあれは、大薮にとっての、理想の文体なのではないかと。
彼は、彼にとって理想の文体を見つけたからこそ、繰り返しそれを書いていたのでないかと
思うのだ。さもなくば、一行に数時間も数日もかけたという大薮が、あんな傍目から見れば
いい加減な事をするはずがない。
どうせストーリーは似たようなものだからと、「租界」に至ってはストーリーさえも
リフレインさせたのかもしれない。特に晩年に至っては、銃の方は綿密な描写にもかかわ
らず性描写はおざなりだ。そう言えばエッセイでは、銃は彼一流の愛情を持って触れられて
いるものもあるのに(「二〇世紀」昭和41年十一月号掲載の文など)、女性に関しては
男尊的な表現が目立ってもいる(『女は台所にでもスッコんでればいいのに』中央公論昭和
三十五年八月号より)。文体は見つけたのだから、女なんかそれで書けばいいと思って
そうしたのかも知れない。肉体の衰えもあってなおさらそうしたのかも知れない。
結果的には、それがトリップを生むような前衛的な効果に繋がることになるのだが、
おそらく本人はそういう気持ちはなかっただろうと思う。何せ現代日本の文壇を馬鹿にして
いたのだから。
という事なのだが、皆さんはどう思われるだろうか。出来ればこの至らない文を契機に
して、大薮が残した最後の謎について語りたい。


173 :名無しのオプ:02/02/18 22:49
「暴力租界」
原稿貰うたびに、編集者は泣いただろうな。

174 :名無しのオプ:02/02/18 22:55
>>173
大薮の作品が載っていれば良いというファン層が多数いただろうから、そうでも
ないのでは。
実際売れているから文庫になるわけだし。

175 :基地外 ◆zqJV6Sg2 :02/02/18 23:33
狼の追跡を読むと、どうもAVの憂木瞳を気に入ってたらしいと感じる。
(実名で出てくるので)

176 :ボクにも書ける餓狼の弾痕:02/02/20 05:33
1:世見月、栗本、君島が付け髭、レイ・バン・アクション・アイズのシューティング・グラス、
防弾ジャケット、防弾スーツ、トレンチ・コート、肌色のラテックス・ゴム手袋、
足音の立たない特殊ブーツ、消音器付き一流メーカーの銃、アタック・ザックを装備する。

2:ターゲットの妾宅に到着する。玄関のオート・ロックを偽造エントリー・カードで開けたり、
塀をジュラルミンの梯子で越えたり、ドアの鍵を先端を潰して曲げた二本のピアノ線と
先端にペン・ライトがついた内視鏡のようなものでカチッと音を立てて開けたりして侵入する。

3:番犬やガード・マンや家政婦がいたら射殺する。栗本が空薬莢を拾う。
メイドとかとエロいことをしてる関東稲田組のボディ・ガードを射殺する。栗本が空薬莢を拾う。
ボディ・ガードの持ってた一流メーカーの銃をアタック・ザックにしまう。
寝てたりエロいことをしてる秘書をブラック・ジャックで殴って失神させる。

4:妾の部屋でターゲットと妾がエロいことをしてる。しばらくヴィデオ・カメラに撮る。
ターゲットが世見月達に気づく。ペニスがしぼむ。ボディ・ガードの名を呼ぶ。
ボディ・ガードは殺したと世見月が嘲笑する。永野の言ってた金を頂戴しにきたと言う。
ターゲットが永野なんて名前でしか知らないと言う。

5:栗本がビデオ・デッキにカセットを挿入してリモコンで再生する。永野の画面が写る。
再生が終わると巻き戻してカセットをアタック・ザックにしまう。
ターゲットが永野は出鱈目を言っていると言う。
ターゲットか妾に乱暴して事実を認めさせる。妾が失神する。
(化け猫や怪鳥のような悲鳴をあげたりマラリアの発作時のように震えたりする)

6:金の場所を問う。数宅の金庫にある。金庫の鍵の場所を問う。ズボンの尻ポケットにある。
秘書を連れてきて一流メーカーの金庫のダイアル・ロックを開けさせる。
世見月が一流メーカーの刻印がされたキーで金庫のキー・ロックを開ける。
その後ダイアル・ロックを出鱈目に回して閉める。

7:金庫の中には一口一セット2999万円のワリコーとかの割引債券の山がある。
3000万円以上だと受け取りに本人確認が必要になる。
抽出しを平べったいキーで開けて計算書の束を取る。アタック・ザックにしまう。

8:世見月がターゲットと妾の鎖骨下に、10年以上寿命があるリチウム・ヨウ素電池の
心臓ペース・メーカー型の爆弾を埋め込むと宣言する。
それを聞いたターゲットが失神する。

9:世見月がターゲットに7分で手術する。パラマイシン軟膏をすりこみながら丁寧に縫う。
栗本が妾を死体収容袋に入れて3分で手術する。消毒とかもせず手荒に縫う。
ターゲットに覚醒剤を打って起こして、手術が終わったと宣言する。悲鳴をあげる。
そして妾を爆殺すると宣言する。ターゲットはやめてくれと哀願するが却下する。

177 :みんなもボクの私の餓狼の弾痕を書こう!:02/02/20 05:34
10:栗本が妾の死体収容袋を閉める。世見月がリモコンの番号を押す。
そんなに大きくない音を立てて死体収容袋がふくらむ。しぼむ。袋を開ける。
首が千切れた妾の死体にターゲットや秘書がびびる。

11:携帯電話の暗号で死体処理部員を呼ぶ。合言葉は「ウルフ」「餓狼」

12:ターゲットに服をつけるように言う。
外の一流メーカーの車のキーは誰が持ってるか問う。秘書が持っている。
車にアタック・ザックをしまう。新しいアタック・ザックを背負う。

13:ターゲットの車に、栗本が運転席、秘書が助手席、残り3人が後部座席に座って
別の妾宅に向かう。妾がいたら世見月達は新しいボディ・ガードだと偽名を言う。
一流メーカーの金庫のダイアル・ロックを開けさせる。
世見月が一流メーカーの刻印がされたキーで金庫のキー・ロックを開ける。

14:金庫の中には一口一セット2999万円のワリコーとかの割引債券の山がある。
3000万円以上だと受け取りに本人確認が必要になる。
抽出しを平べったいキーで開けて計算書の束を取る。アタック・ザックにしまう。
その後ダイアル・ロックを出鱈目に回して閉める。

15:次にターゲットの自宅に向かう。
妻や家政婦とかがいたら世見月達は新しいボディ・ガードだと偽名を言う。
一流メーカーの金庫のダイアル・ロックを開けさせる。
世見月が一流メーカーの刻印がされたキーで金庫のキー・ロックを開ける。

16:金庫の中には一口一セット2999万円のワリコーとかの割引債券の山がある。
3000万円以上だと受け取りに本人確認が必要になる。
抽出しを平べったいキーで開けて計算書の束を取る。アタック・ザックにしまう。
その後ダイアル・ロックを出鱈目に回して閉める。

17:ターゲットに新世代の抗生物質”ホスミシン”と、空港で金属探知機がピー、ピーと
鳴ってもいいように、偽造の赤い心臓ペース・メーカー患者手帳を渡す。
ターゲットが解放してくれるのかと叫ぶ。世見月がもう少しだと言う。

18:車で外に出る。目隠しして数えたら解放すると言う。
目隠しをして車のアタック・ザックを取る。
後ろに資金奪取及び不正資金浄化部員の乗る一流メーカーの車にアタック・ザックを載せる。
オーケイと言ってターゲットに数を数えるよう言って現場を離れる。

19:次のターゲットの妾宅に向かう。

178 :名無しのオプ:02/02/20 20:35
それを最初にやるのが大薮のスゴイところなんじゃん。
わかってないね〜。
大薮先生は神!誰がなんと言っても神!カミ!kami!
頭悪いカキコでスンマソ

179 :名無しのオプ:02/02/22 15:59
生誕記念、あげ

180 :名無しのオプ:02/02/27 23:49
世見月あげ

181 :世見月:02/03/02 01:17
俺は世見月明だが、なにか質問はあるか?

182 :名無しのオプ:02/03/02 01:19
満☆画太郎的と言うのは言い得て妙だと思う

183 :死体処理部員:02/03/07 00:53
ウルフ

184 :世見月:02/03/07 23:46
餓狼

185 :名無しのオプ:02/03/14 13:52
ttp://www.lfx.jp/each/ondemand/asx/03.asx

小林信彦が大藪(の作品外の話題)を語る。
日曜日までの公開らしいので気をつけて。

186 :名無しのオプ:02/03/14 23:12
深夜のプランは
【深夜】 蘇る金狼 1 【テレ東】
http://live.2ch.net/test/read.cgi/weekly/1016105730/


187 :B37:02/03/14 23:28
こっちでは見れない・・・・
優作に撃たれる場面で、頑丈すぎたのか壊れなかったセットを
エルボーで破壊しながらぶっ倒れる岸田森にご注目!

188 :名無しのオプ:02/03/17 00:14
 既出か?

 ttp://mypage.naver.co.jp/popsaurus2601/contents/c1.html

 ↑HP製作者は間違いなく大藪さんのファンだろう。

189 :名無しのオプ:02/04/09 17:38
あげ

190 :名無しのオプ:02/04/09 20:15
「餓狼の弾痕」読みました。
そりゃ、プロであればなおさら、裏金の回収は別に波乱万丈の展開にはならんだろう。
人間そうそう変わった行動をとる(とれる)もんじゃないし。
これがリアリティといえばリアリティなのかもしれんが……
小説の枠組みを破壊してまでリアリティを求めたってことなんだろうか。

191 :財前五郎:02/04/21 18:23
>>37
胃を撃たれた被害者が救急外来に搬送された場合、
フルストマック(胃が食物で充填された状態)ではなんにもできないから。 
麻酔も出来ず。腹膜炎必至。つまり、助かる可能性が低くなるのです。

192 :名無しのオプ:02/04/26 07:12
すげー小説だ。
途中、大盛りタンメン食って、でかい糞して、セックスする以外は
同じことの繰り返し

193 :名無しのオプ:02/04/28 21:21
餓狼の男根

194 :名無しのオプ:02/04/28 21:27
「処刑戦士」とやってる事一緒じゃん・・・・って大藪ヒーローは皆同じか。

195 :親切な人:02/04/28 21:28

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

「高性能ビデオスタビライザー」↓
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/NEO_UURONNTYA

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

196 :名無しのオプ:02/05/01 13:24
いま平井和正体験中。
『幻魔大戦』は長くて賛否両論が激しいので『死霊狩り』を読んでいるのだが、
平井さんって大藪さんのファンなのか。SF的な部分をのぞけば、激似なんだが。


197 :B37 ◆lPJpzlnU :02/05/01 20:20
>196
その通り間違いなくファンで平井和正本人も自作のあとがきなどで大藪を絶賛している。
たとえば「ウルフガイ」シリーズに登場する西城恵は「ハイウェイ・ハンター」の西城秀夫から
とっていてるなど、意識して作品に取り入れてたんだよ。

ついでに・・・幻魔は角川文庫版20巻読破したことあるけどほとんどカルト教団の宗教話なので
おすすめしない。我ながらよく最後まで読んだもんだわ。

198 :名無しのオプ:02/05/06 14:52
>>196
平井で良かった作品はアダルト・ウルフガイ・シリーズだけ。
ここ数年、書店では全く見かけないけど、読み始めたら止まんない。
ただしウルフガイ以外は駄作ばっかし。変に宗教じみてるしね。

199 :名無しのオプ:02/05/06 17:28
「俺の血は俺が拭く」読了。銃撃、強奪、拉致、拷問、強姦……
「餓狼の弾痕」とやってることは変わらんのにな、このおもしろさの差はいったい。

200 :名無しのオプ:02/05/11 22:18
CS707日本映画チャンネルで大藪春彦原作「野獣の青春」(原作は「人狩り」)放映中。
主演はエースのジョー。

http://www.nihon-eiga.com/prog/101444_000.html


201 :パーカー信者:02/05/11 22:54
>198
同意同意。「トップ屋」なる職業にあこがれた(w
ブルSSSにモナー

でもアダルトウルフガイの方も途中から前世ネタが
出てきたりして???だったけど。
光の戦士とか言われても…

スレ違いなのでsageにて

202 :名無しのオプ:02/05/14 02:32
この作品もトンデモ本としてすっかり有名になって、大藪はこれしか読んでないやつも
多いだろう。しかし、これだけで大藪センセイがいつまでも笑われているとしたら、
あまりに不憫だ。

203 :名無しのオプ:02/05/29 14:11
海外にも大藪春彦みたいに、食欲増進させるようなミステリーはあるの?

204 :名無しのオプ:02/05/29 14:38
リア厨の時なんにも知らずに読んでしまった私は
ワリコーとワリチョーの嵐に神経がやられました

205 :名無しのオプ:02/06/01 02:12
この退屈を誘う残酷描写の反復は、かのサド侯爵に匹敵する。

206 :名無しのオプ:02/07/03 18:09
かの天才芸術家、岡本太郎氏も物真似されるようになってから
茶化されるようになった。遺憾に思う。

207 :名無しのオプ:02/07/07 03:21
餓狼の弾痕はミニマリズムの傑作。
延々と繰り返される反復と、要所要所で顔を出す微妙な差異が、
読者をトランスに導く。

208 :名無しのオプ:02/08/09 12:12
さるべーじ

209 :名無しのオプ:02/09/01 13:54
この人って、長生きしすぎた早熟の天才なんだろうな
「野獣しすべし」「蘇る金狼」「汚れた英雄」などの傑作・代表作は
二十代、三十代に集中しているし、年取ってからは・・・

210 :名無しのオプ:02/09/01 18:03
晩年の大藪春彦には「用語・描写に関する出版社の自主規制」との闘いも
あったらしい。(不摂生がたたって、健康状態も悪かったようだが)
筒井康隆が断筆宣言した当時、雑誌「創」が作家を対象に用語規制に関する
アンケートを行った際、大藪春彦からの回答は、
「悲しいが多すぎて書ききれない」という意味の1行のみ。
旧作の文庫化でも必ず「心血を注いで」著者校を入れるとの「大藪伝説」の裏
には、相当な軋轢もあったのでは(編集者に恵まれていなかったのでは)
と推察される。
『餓狼の弾痕』も、より描写がエスカレートしていく展開だったはずが、
編集者からストップがかかって、ああなったのでは、と同情したくなる。
『暴力租界』は、壮大な「実戦訓練小説」でしょう。
最初は使い物にならなかったチンピラが徐々に銃器の扱いに慣れていく。
強姦にも殺人にも慣れる。こうして非情な殺人機械が揃った「私設軍隊」を
作り上げて、戦争するつもりだったのが、そこまで書くことが出来なかった。
無念。

211 :名無しのオプ:02/09/12 10:32
「9・11」以後の大藪作品を読んでみたいものだ。叶わぬ願いだが。

212 :名無しのオプ:02/10/12 07:16
さるべーじ

213 :ギャランGTO:02/10/22 23:09
アリー・カーンって誰? カコイイの?

214 :名無しのオプ:02/11/24 19:59
age

215 :名無しのオプ:02/11/30 13:38
生島治郎ってどうよ?

216 :名無しのオプ:02/12/01 07:42
みんなわかってて書かないのか?
いいよ、じゃあ、俺が書いてやる。
いいか。
大藪先生は若い頃のアフリカ等のサファリハンティングで
現地の土人も食わないようなターゲットの心臓やレバーを
スペシャル・レアなステーキにしてバンバンお食べになられたのだ。

その結果、迫真の戦闘描写を得られたものの、
晩年の先生の肉体というより頭脳は、狂牛病でボロボロ。

だが、それがどうした。そのスポンジ状の頭脳でもってお書きになられた
「飢狼の弾痕」
でさえ、いまだ語り継がれている。

もし今この現代日本に大藪晴彦が存在したならば、
そしてその偉大な頭脳が狂牛病に蝕まれていなかったならば、
その小説の中で朝鮮総連や朝銀幹部は
「アイゴー」
と叫ぶはずだし、
西城秀夫あたりが半島に侵入して
縦田めぐみさんをはじめとした拉致被害者及びその家族の救出、
首領様の影武者50人ぐらい暗殺、
核開発研究所を科学者もろとも爆破、
半島脱出のほんのついでに首領様(ほんもの)の拉致を
一人でやっちゃってたはずなのだ。

217 :名無しのオプ:02/12/14 15:15
大藪あげ

218 :名無しのオプ:03/01/11 20:34
大藪物の同人ってあるの?

219 :名無しのオプ:03/01/12 21:33
どんなんなん(w
伊達邦彦VS矢吹貴とか?

220 :名無しのオプ:03/01/12 23:51
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.imperialcasino.com/~1h4n/japanese/


221 :名無しのオプ:03/01/22 20:40
>218
少年チンプ辺りにあったような無かったような

222 :山崎渉:03/01/23 18:27
(^^)

223 :名無しのオプ:03/03/02 23:30
保守

224 :名無しのオプ:03/03/27 16:43
保守

225 :名無しのオプ:03/03/30 02:41
>>196
『死霊狩り』最高。

226 :山崎渉:03/04/17 15:49
(^^)

227 :山崎渉:03/04/20 02:57
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

228 :山崎渉:03/04/20 07:11
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

229 :名無しのオプ:03/05/09 19:39
age

230 :名無しのオプ:03/05/13 20:55
>>216
ガンスミサーさんなのか?

231 :名無しのオプ:03/05/19 19:01
「餓狼の弾痕」……それは大藪春彦版の「惣流・アスカ・ラングレーでーす!」の
複数の声優による反復行為なのである!

232 :名無しのオプ:03/05/26 12:43
age

233 :名無しのオプ:03/05/26 16:16
ううっ、餓狼の弾痕読みてーけど手に排卵!

234 :30-06:03/05/26 18:35
>>233
まず立ち読みしてから、買うかどうか判断した方がいいぞ

235 :名無しのオプ:03/05/26 19:42
立ち読みできるの? 書店で探してもないんですけど・・・

236 :名無しのオプ:03/05/27 12:59
角川文庫版ならブクオフに普通にあると思う。

237 :動画直リン:03/05/27 13:25
http://homepage.mac.com/hitomi18/

238 :名無しのオプ:03/05/27 21:03
ブクオフに逝ってもなかったようビエーン(泣

239 :基地外 ◆u6OZZYSoz2 :03/05/27 21:18
>>238
あれだったら貸したげてもいいけど。

240 :名無しのオプ:03/05/28 00:19
画廊の男根?

241 :名無しのオプ:03/05/28 04:56
大説もすごいが大説より狂ってる

242 :山崎渉:03/05/28 11:49
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

243 :名無しのオプ:03/05/28 18:12
大説は狂った小説だが、餓狼の弾痕は狂った人間が書いた小説です(同じことが繰り返し書いてある点以外は普通の活劇()。
シャイニングのJ.ニコルソンが書いていた小説を思い出す。

244 :山崎死すべし:03/06/01 23:00
              ∧_∧
( ゚д゚)  ;y=ー      (  ^^ )・∵. ターン
(| y |\/     =〔~∪ ̄ ̄〕
           = ◎――◎  

245 :名無しのオプ:03/06/03 04:37
何はなくともワリコーとワリチョ−

246 :_:03/06/03 05:10
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/moe/jaz02.html

247 :名無しのオプ:03/06/11 17:00
ウルフ

248 :名無しのオプ:03/06/28 02:54
男根かぁ。

249 :名無しのオプ:03/06/28 19:30
ミニマリズム的ループはさておき、細かいディテールにも
かつての大藪作品の愛読者にとっては、違和感がありあり。
浄水器はナショナルの「ミズトピア」、酒のツマミはクラフトの「切れてるチーズ」って……(w

250 :名無しのオプ:03/06/28 19:38
っていうかこれなんでミス板にあるんだ?
これどう読んでもSFだろう。

251 :名無しのオプ:03/06/29 03:15
大藪にもミステリーもの結構あるよ>特に初期の頃
宍戸錠主演+鈴木清順監督で映画にもなった「探偵事務所23」
シリーズとか。

252 :_:03/06/29 03:19
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

253 :_:03/06/29 05:22
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

254 :_:03/06/29 07:01
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

255 :名無しのオプ:03/07/06 23:35
age

256 :山崎 渉:03/07/15 10:29

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

257 :山崎 渉:03/07/15 13:35

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

258 :名無しのオプ:03/07/26 07:32
>>249
確かに俗っぽくはなったけど、こんなのはどうかな?森永乳業グループのエムケーチーズが米国クラフトフーズと提携して造ったクラフトの塩味は絶品!それに強くも弱くもなく飲みやすいミズトピアの電解水。肺と肝臓を傷めた大藪師には時点での優れ物で在ったとな。

259 :_:03/07/26 08:11
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

260 :名無しのオプ:03/07/31 00:30
ほんと!クラフトって旨いよね。チェダー6Pなんかクラッカーにマジ合うよ。柔らかいから空腹時の胃痛にも万遍無く拡がって良いし。たまねぎとチーズのサンドはクラフトが一番旨かった。塩気と香りがね。

261 :山崎 渉:03/08/02 01:54
(^^)

262 :名無しのオプ:03/08/05 04:05
読んだ。め、めまいが・・・。

263 :山崎 渉:03/08/15 15:38
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

264 :名無しのオプ:03/08/19 13:05
八王子の南大沢図書館にありました
びっくり

他の図書館にもこれ、あるんですかね?

265 :名無しのオプ:03/09/06 22:07
野獣は死なず、なくなったの?

266 :名無しのオプ:03/10/01 16:35
保守

267 :名無しのオプ:03/10/05 08:21
「ウルフ」

268 :名無しのオプ:03/10/05 13:06
「血の罠」がなぜ話題に出ない?
ある意味ハードボイルドの様式美を極限まで追求した作品。
ここまでやれば「赤い収穫」を書いたハメットも本望でしょう。

269 :名無しのオプ:03/10/09 20:57
なんか呪われそうで捨てられない

270 :名無しのオプ:03/11/06 22:44
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1060430329/l50
「各作家のナンバー1を決めよう!」スレで、現在大藪春彦投票中。
11月7日(金)〜12:00まで。(最近は夕方過ぎてからの集計のようだが)

なんか今回、全然投票無いんで、ちょと宣伝を。

271 :名無しのオプ:03/12/04 18:03
あんまり『餓狼の弾痕』を宣伝し過ぎると初心者はこれが
大藪の代表作かと思ってしまう。
初期・中期の傑作群をまず読んで欲しい。

272 :名無しのオプ:03/12/04 20:06
初心者がここにくるか?

273 :名無しのオプ:03/12/07 20:00
暴力租界、再読中。
撃たれた韓国マフィアは声を揃えて「アイゴー!」
中国マフィアは異口同音に「アイヤー!」

チョトワロタヨ

274 :名無しのオプ:03/12/10 15:42
高校3年生の俺だけど大藪春彦を何冊か持っている
最初に買ったのは「野獣死すべし」と「蘇える金狼」だった。
その次に「黒豹の鎮魂歌」「復讐のシナリオ」「雇われ探偵」
「孤狼の掟」「東名高速に死す」「血の罠」「ベトナム秘密指令」
「廣野に死す」「狼は暁を駆ける」「復讐に明日はない」「処刑軍団」
「優雅なる野獣」「孤狼は挫けず」「全開で飛ばせ」「戦場の狩人」
「謀略の滑走路」「香港破壊指令」「オメガ・ワン破壊指令」
「アウトバーン0号作戦」「砂漠の狩人」ほとんど古本屋で買っているよ

275 :名無しのオプ:03/12/10 15:49
>>274 「戦いの肖像」で挫けない事を祈る・・・
    自分はこれ読んで「大薮はもう、いいや・・」になったので。 


276 :マジレスです:03/12/10 17:56

みんな、大藪先生の作品がなんだかんだ言っても好きなんですね!




                  ありがとう!!

277 :名無しのオプ:03/12/10 20:12
はっきり言って駄作もけっこうあると思うけど、
どんな駄作に当たっても許せてしまう。
なぜか嫌いになれないんだよなー。

278 :名無しのオプ:03/12/10 23:11
日本政府を脅して太平洋上に男の楽園を作る話は何というタイトルでしたっけ?

279 :名無しのオプ:03/12/11 01:15
>>278
>>275


280 :名無しのオプ:03/12/11 02:41
「名のない男」が結構好きで、Vシネになったのも観たが悪くない。
 主演の草刈正雄がいい感じ。

281 :名無しのオプ:03/12/11 16:23
>>274
はっきり言って,これを呼んでいると中野富士見中に立てこもりたくなる。
まじむかつくんですよ,あの中学校。

282 :名無しのオプ:03/12/11 23:13
出版関係でライターやってる友人から聞いたんだけど
ウェポンハンターシリーズとかの後期作品は結構ゴーストライターが書いてたとか
確かに最後期の伊達邦彦シリーズとか文体が変わりすぎて最後まで読めなかった
どうなんだろ?

283 :名無しのオプ:03/12/12 23:40
まぁウェポンハンターは、それまで確信を持って切り捨てていた部分を
逆に狙って書いてたような気も・・・

あ、伊達邦彦で「DK」は駄目だと思うw


284 :名無しのオプ:03/12/13 02:50
ちがう! 飢狼の弾痕や暴力租界の方がゴーストの手によるものなんだ!
そうに決まっているんだ(⊃Д‘;)

285 :名無しのオプ:03/12/13 12:26
俺大薮春彦ってコレしかよんだことない
よんだってゆーか整然とした抽象画眺めてる様な感じだったけど

286 :名無しのオプ:03/12/15 19:06
雌豹シリーズってレズのお姉ちゃんが活躍するのがありましたよね。
若い女性をヤる性描写が男の場合と代わらないのが笑えました。
最後に伊達邦彦に犯されちゃうんだよね。
これもゴーストライター作品だったのかな?

287 :名無しのオプ:03/12/15 23:24
>>286
あれは藪さんの作品だと思います
主人公の心理描写がなく、行動にも情け容赦が感じられません
文体もその頃の他の作品と同じですし
最後に登場する「物凄い男」は読者サービスでしょうね

288 :名無しのオプ:03/12/18 23:47
大藪の場合、男のは凶器・マグナム砲、女のは花弁、花芯、蜜壺でしたっけ。

289 :名無しのオプ:03/12/21 20:46
晩年の作品はゴーストライターが書いたとか噂されているのですね
でもゴーストならもっと上手く書くでしょう。
がろうのだんこんとか暴力租界とか本人が書いたか
もしくは近所の中学生が書いたかどっちかでしょうね。

290 :名無しのオプ:03/12/25 00:12
小説のディティールとリアリティを追及するとその果てが「餓狼の弾痕」になるのかも。

291 :名無しのオプ:04/01/13 19:07
>>274
の高校3年生の俺だけどまた新しく「暴力列島」「ウィンチェスターM70」
「獣を見る目で俺を見るな」も買った。
「ウィンチェスターM70」は三菱銀行の立てこもりを思わせるな

292 :名無しのオプ:04/01/13 22:22
>>291
三菱銀行の立てこもりと大藪本の関係はもちろん知っているよな?

293 :名無しのオプ:04/01/14 07:19
大藪晴彦って、時代を先駆けてたよなァ
なんたって(ネタの)リサイクルに熱心だったもんなぁ







294 :名無しのオプ:04/01/14 16:33
「アスファルトの虎」シリーズの、
田口軍団側とのぬるま湯的な信頼や連携感が好き。

295 :名無しのオプ:04/01/16 21:23
ぬるま湯どころか、信頼や連帯感なんて両者の間には微塵もないだろ。

296 :名無しのオプ:04/01/31 23:20
田口に雇われていた殺し屋と言えば、『処刑の掟』の速水誠。山野組と協力?して『長く熱い復讐』の鷲尾進の頭を撃ったのは、実は速水と思う今日このごろ。

297 :名無しのオプ:04/02/02 15:15
主人公達にはとりあえずもう少し米や魚も食ってもらいたいな。

298 :名無しのオプ:04/02/06 18:48
日本人作家で大藪先生に近い作風の人は誰でしょうか
教えて下さい。

299 :名無しのオプ:04/02/07 12:31
故竹島将氏のファントム英雄伝説シリーズはどうでしょう?
『黄金漂流』とか。

300 :名無しのオプ:04/02/07 13:12
小説では無いけど、
ちょっと古い劇画の『兇獣よ、闇に咆哮よ』や
『ライブマシーン』も大藪氏に通じるものを感じます。
メル・ギブソン主演『ペイバック』もいい。
(原作はスタークの『人狩り』)


301 :名無しのオプ:04/02/12 22:31
>>297
「アスファルトの虎」の高見沢優。

302 :名無しのオプ:04/02/13 03:03
>>298
菊池秀行

303 :名無しのオプ:04/02/23 13:27
「唇に微笑、心に拳銃」を、通勤電車で読み返している。気が滅入る事が多い毎日なので、
この本、元気が出る。つぎは、「蘇る金狼」だ!

304 :名無しのオプ:04/02/23 14:14
「唇に微笑、心に拳銃」が好きなら「戦いの肖像」もいいよ。
結末が「唇に微笑、心に拳銃」よりもつきぬけている。

305 :303:04/02/23 19:12
>>304
そうそう、「戦いの肖像」も好きだ!「蘇る金狼」の次に読むつもりであります。
こういうサラリーマンサクセスストーリー(?)とか、「黒豹の鎮魂歌」「戦士の挽歌」の
ような、一匹狼の主人公が最後に笑って終わる話が好きだ!
「餓狼の弾痕」は、どうにも再読する気になれないのが淋しい。

306 :名無しのオプ:04/02/24 12:47
>>305
最後が好みじゃないかもしれないが「復讐の弾道」もいいかも知れない。

307 :名無しのオプ:04/02/25 01:37
[野獣都市]も好きなんだけどね。

308 :名無しのオプ:04/02/26 01:49
命日上げ。

309 :名無しのオプ:04/02/27 01:13
大藪ノベルの書き出しの部分がすきだった。静で始まり動から静へという展開。
浪人中には戦士の挽歌を繰り返し読んだ。大藪の晩年の作品を笑う人は
BOOK OFFで古本をあされば?時代の設定が現代と合わない分も多いが
大藪色が色濃く出ている。多少、偏執狂なところもあるがそれもいい。

大学時代に京王線明大前の近くで、犬の散歩をしている本人とすれ違った
ことがある。元気が良すぎるぐらいの犬に引きずられるように歩道橋を小走りに
おりてきた。昭和60年くらいだ。この犬をつれて銃を撃ちまくるのかとちょっと
感激した。

310 :名無しのオプ:04/02/27 01:16
>>309
漏れが書き出しの部分で好きだったのは「濃いスープを流したような〜」
みたいな初期の作品。

311 :名無しのオプ:04/02/27 02:52
「処刑戦士」とか「処刑軍団」みたいな悪党皆殺し&裏金強奪モノは
結構好きだった。
「ウェポンハンター」からもう大薮はいいかな・・って感じになってた。

312 :名無しのオプ:04/02/28 00:58
主人公たちの共通点は、何者にも寄りかからずに、自立している
ということだと思う。
確かエッセイのなかに「基地外といわれてもいい、自由な存在でありたい」という
一文があった。一匹オオカミ的な気概だけは持ちたいもんです。


先見性もあった作家だと思います。政界や経済界の描き方など。


亡くなったのは96年だけど、翌日の朝の満員電車でひとの肩越しに見た
スポーツ紙の記事の見出しで知った。その日は何か仕事も上の空でした。
メディアの報道の仕方は、司馬遼太郎の時とはトーンがかなりちがっていた。


313 :名無しのオプ:04/03/04 19:39
「暴力租界」の続きでもいいから、新作が読みたい!!

314 :名無しのオプ:04/03/04 21:00
宇崎竜童の「刺青あり」で主人公が「戦士の挽歌」を読んでいた
「戦士の挽歌」読みてー!

315 :名無しのオプ:04/03/06 23:53
>>314
徳間文庫で3巻です。原稿用紙1700枚だよ。大藪小説のすべての要素が
詰まっている。古本なら1冊100円くらい。製薬業界の実情もメチャ細かく
書いてある。サラリーマンは石川克也のようにならなきゃだめだな。
間違っても安富忠治のような人間には・・・。

316 :名無しのオプ:04/03/17 18:50
よく小説でクラークってでるけどどういう仕事なん?

317 :名無しのオプ:04/03/17 19:55
執事

318 :名無しのオプ:04/03/17 22:25
初期は結構好きだった。ただ、女があんなにびしょびしょに濡れる描写に
引いたけど(この人の知ってる女はみんな潮吹きなのかと思った厨房時代)。
大学に入って久しぶりに読んだら、なんと、主人公が男とファックしてるじゃありませんか。
「汚れた英雄」で、男に跪かれて、求められても、冷笑して拒否した。
それが大薮の男(ヒーロー)だと思ってたので、801者の自分には大変ショックだった。

319 :名無しのオプ:04/03/18 18:37
昔、本屋で表紙に伊達邦彦全集って書いてあるのを見たとき、
なんで著者が大藪晴彦って書いてあるのに
「伊達邦彦全集」なんだろって思った。

320 :名無しのオプ:04/03/23 21:15
>>318
それ薬屋リーマンの話だよね。
4人組の悪党が主人公の作品で、無理やり男に男のカマを掘らせる場面があるよね。
あと敵の殺し屋2人組がホモ関係だったという描写も。

321 :名無しのオプ:04/03/25 20:34
髪の毛を落とさないために、木綿の三角巾を被り、顔を隠すためと唾を飛ばさないようにするため、
ガーゼマスクをして、返り血が服に付かないようにするため、割烹着を着て、
指紋を残さないようにするため、ゴム手袋を嵌はめ、ズボンのすそが汚れないように、ゴム長靴にすそを入れて履き

清掃のおばさんですか

322 :名無しのオプ:04/03/26 21:53
>>318
西城秀夫はヒッピー時代、金に困るとホモ男に後ろからブチこんで満足
させてやり金を稼いだ。高見沢優も自分のマシンのインチキを正当化する
ために実力者のおっさんをヒーヒー言わせてた。

323 :名無しのオプ:04/04/06 00:34
保守

324 :名無しのオプ:04/04/17 20:13
俺のベストは
第1位 蘇える金狼 面白い何度も読み返した
第2位 戦士の挽歌 これも面白かった、蘇金と同じレベル
第3位 アウトバーン0号作戦 ウェポンハンターはこれが一番
第4位 戦いの肖像 これは男の夢とファンタジーだ!
第5位 傭兵たちの挽歌 片山が最後死ぬのは泣いた
第6位 狼の追跡 子供でもわかりやすい、面白い小説だ

325 :名無しのオプ:04/04/21 05:53
津山30人殺しを、ウィンチェスターM50のノリで
書いてもらいたかった

326 :名無しのオプ:04/04/21 19:17
釣りかも知れないが、M70だ。

327 :名無しのオプ:04/04/26 09:23
>>274 の俺が半年で集めた本はこれだけだ

野獣死すべし 角川文庫(松田優作バージョン)
血の罠 トクマノベルス
血の来訪者 徳間文庫
凶銃ルガーP08&戻り道はない 徳間文庫
ウィンチェスターM70 ケイブンシャ文庫
獣を見る目で俺を見るな 徳間文庫
蘇える金狼 角川文庫(香取バージョン)
雇われ探偵 光文社文庫
諜報局破壊班員 徳間文庫
ベトナム秘密指令 徳間文庫
偽ドルを追え 徳間文庫
破壊指令NO1 光文社文庫
孤狼の掟 角川文庫
謀略空路 徳間文庫
復讐の弾道 光文社文庫
復讐の掟 庚斎堂文庫
戦いの肖像 ケイブンシャ文庫

328 :325:04/04/26 21:45
失礼。間違えました。
M50って何だっけ?
ゴルゴ13だっけ?
それと勘違いしてたかも

329 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :04/04/28 20:51
「狼の追跡」は、大藪作品には珍しく醜男(元力士)が主人公。
悪い作品ではないが、この頃の作品になると大藪作品の特徴であった
暗い情念の迸りが足りない感があり、非常に物足りないものがある。
暗い情念萌えまくりな角川文庫第1弾「復讐の弾道」が、
このスレでは、ほとんど話題にならないのが残念だ。

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)