5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

12ページ目最初の1文を書き込むスレ

1 :名無しのオプ:04/02/19 20:46
理由もわからぬままに、老人は窓を開ける。

2 :名無しのオプ:04/02/19 20:50
もう終りにしよう。

3 :名無しのオプ:04/02/19 21:01
かりなのに、終了宣言とはひどい話だ。そもそも似たようなス

4 :名無しのオプ:04/02/19 21:58
殺人鬼は喉切り隊長といった。

5 :名無しのオプ:04/02/20 02:00
第2章 その人びと

6 :名無しのオプ:04/02/20 21:16
「それは公平じゃないよ、シェリー。

7 :名無しのオプ:04/02/20 21:54
当然ながらこのクラブは、実際のものとは様子が違う。

8 :名無しのオプ:04/02/20 23:36
朝の5時だぜ。

9 :名無しのオプ:04/02/21 08:49
それからコンビニで三色弁当(三百八十円)と、お握り二つ(各百二十円)と、ミネラルウォーター一本(百五十円)と、歯磨きブラシセット(五百九十円)と、タオル一枚(三百九十円)も買う。

10 :名無しのオブ:04/02/21 16:41
>>9の元ネタ判明

11 :名無しのオプ:04/02/21 17:04
マスクをしているせいもあったのか、最初、ミイラというのはにおいはしないものかと思って

12 :名無しのオプ:04/02/21 20:11
おれはその伯父を頼ってこのブラジルにやってきた。

13 :名無しのオプ:04/02/21 20:25
ヴァン・ダインです

14 :名無しのオプ:04/02/21 20:51
ところでここが問題なのだが、それほど満堂の注視を集めながら、さて、後になってその女のことが問題になったとき、誰一人、彼女の服装を的確に証言しうる者はなかった。

15 :ちょうどタイトルだった:04/02/22 00:45
赤いペンキを買った女



16 :名無しのオプ:04/02/22 08:08
こいつが犯人でなかったら、死体が起き上がって裸足で逃げ出すだろう。

17 :名無しのオプ:04/02/22 14:57
借りないということにきめたらしい。

18 :名無しのオプ:04/02/22 19:06
楽しい用で行くのではないのだろう、と野村は思った。

19 :名無しのオプ:04/02/22 19:09
話の順序として、まずこの差出人の青蛙堂主人について少しく語らねばならない。

20 :名無しのオプ:04/02/23 12:26
買い受けた頃には競馬課というのはなかった。

21 :名無しのオプ:04/02/24 23:30
寸鉄人をえぐる言葉

22 :名無しのオプ:04/02/26 01:35
「まあ、それはいい考えだわ!」


23 :名無しのオプ:04/02/26 21:53
すこし間をおいてから元の位置へもどると、もう相手の姿はなく、さらに二箇所でシェードがあがっていた。

24 :名無しのオプ:04/02/27 20:48
校長は一瞬たじろいだ。

25 :名無しのオプ:04/02/27 23:40
―でもその辺は家でもやろうと思えばできますよね?

26 :名無しのオプ:04/03/04 23:27
たかしさん!あの全作パクリクソマンガ金田一少年スレで、
馬鹿な低俗マンガ厨信者がこんなことほざいてますよ!
論破してやってください!

558 :名無しのオプ :04/02/21 09:29
>>555
ハァ? お前、わざわざ関係ないスレに来て何ほざいてんだ?
まあ金田一初期のパクリが批判されるのは仕方ない、俺も擁護する気はないが、
お前のいう「全作パクリ」というのはあきらかにいいがかりだ。
しょせん乙一なんか、たまたま若デビューだから特別に思われているだけ。
いい話や奇妙な話を書くセンスがそれなりなのは認めるが、
本格としての出来でいえば、金田一の良作エピソードのほうが格段に上だ。
GOTHなんか綾辻我孫子の劣化コピーにオタ好みテイストを振りかけたにすぎない。
俺に言わせれば全話バレバレで全然驚けなかったしな。
どうせお前ら幼稚な活字信仰者は、自分の頭で判断できないくせ、
小説は漫画より高級で、乙一は出版社が天才だと宣伝してるから天才、
金田一は漫画だから低級とか決め付けてるんだろ。その程度なんだろ?w

27 :名無しのオプ:04/03/05 09:28
「こんにちは、ドリオ」と弁護士会長は、いつもとは違う愛想のいい態度で話しかけた。

28 :名無しのオプ:04/03/06 22:17
マイク・リアダンは警官だったのである。

29 :名無しのオプ:04/03/07 15:07
>>4>>9>>15>>16>>28は見当がつく。
>>20も作者とシリーズくらいは。

30 :名無しのオプ:04/03/08 03:25
歳三だけが悪いのではない。

31 :名無しのオプ:04/03/10 00:01
ときどき、ごく稀にだが、彼女自身の声が聞こえることもある。

32 :名無しのオプ:04/03/13 11:58
「でもそんなに若くもない」彼女はジャケットを直し、ボタンをとめた。

33 :名無しのオプ:04/03/16 21:00
霞が関の明かりを見、首都高速のオレンジ色の灯火の列を見たのは、ほんの半時間
ほどのことだった。

34 :名無しのオプ:04/03/20 03:17
しかたなく猫を持ち上げて床に下ろし、自分の足も床に振り下ろして、少しためらってから、やっと立ち上がった。

35 :名無しのオプ:04/03/23 17:31
「ジャック豆」をもらった。

36 :名無しのオプ:04/03/23 17:36
だね。住所は世田谷区粕谷二丁目だから、この近くだね」

37 :名無しのオプ:04/03/23 17:36
「出るよ、たまにね」

38 :名無しのオプ:04/03/25 10:28
美にヨカナーンの首を欲しがるというあれで、伴奏の方は、レコードではありきたりすぎるとい

39 :名無しのオプ:04/03/25 18:46
得体の知れない海草やぬるぬるとした浮遊物が身体のあちこちに触れる。その度にびくり

40 :名無しのオプ:04/03/26 01:31
ロジェは、生真面目な顔になって、沢木に、いった。

41 ::04/03/26 02:29
「ええ。まあ」

42 :名無しのオプ:04/03/26 02:31
走るほどの早足になり、私は馬車道の舗道を伊勢佐木町方向に急いだ。

43 :名無しのオプ:04/03/27 20:05
「きっと、そうよ!たった今、あたしにはわかったわ。

44 :名無しのオプ:04/03/27 22:24
>>38は分かった

45 :名無しのオプ:04/03/27 22:28
「ヴェルマというのかね。ここには、ヴェルマという女はいねえよ。酒もねえ、女もねえ、何もねえ。帰んな。白人のあんちゃん。おとなしく帰るんだね」

46 :名無しのオプ:04/03/27 22:30
おまえら全12ページの作品で12ページ目の最初の一文で驚愕のトリックが明かされる話だったらネタバレじゃんかどーすんだよこんちきしょー。

47 :名無しのオプ:04/03/28 00:09
>>46もわかった。

48 :名無しのオプ:04/03/29 11:25
われわれは歴史的事実の前にたじろぐべきではないからである。それにまた、私は、この事件解

49 :名無しのオプ:04/03/29 12:57
本当は最初の「1行」ではなく
最初の「1文」を書かねばならぬというトリック。

50 :名無しのオプ:04/03/29 18:59
窓からのぞくと、哨舎のまえに、カヴァーをかけた大型トラックが駐つていた。

51 :名無しのオプ:04/04/05 00:24
私は日本人の必殺技を使った。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)