5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

森村 誠一@@山、ホテル、戦争@@

1 :名無しのオプ:03/09/11 15:32
何故私のスレがないんだ
今更だけど少しぐらい語ってくれてもいいじゃん・・・

2 :名無しのオプ:03/09/11 15:34
2。
>>1
アンタの読んだことない。

3 :名無しのオプ:03/09/11 17:36
つーか森村スレってすぐ落ちるんだよね・・・

4 :名無しのオプ:03/09/16 22:15
アタミステリー・・・・・

脱力


ttp://www.city.atami.shizuoka.jp/event/c_mistery.html

5 :名無しのオプ:03/09/16 22:19
「人間の条件」読んだけど、棟居、救いがなさすぎ…

6 :名無しのオプ:03/09/16 23:07
おもしろくない。

7 :名無しのオプ:03/09/16 23:34
島田荘司、二階堂禿人、綾辻行人、有栖川有栖、小川勝己と、リスペクトしてる作家は多いんだけどね・・・
つーか初期作品なんかすげえと思うんだけどな。

8 :名無しのオプ:03/09/16 23:47
森村ハニー

9 :名無しのオプ:03/09/18 05:14
「星の陣」読んだら無茶苦茶面白かったんで、もっとこんなの書けばいいのにと
思ってた。後、白い羽根が卑怯者とか臆病者の印ってのはこの人の本で知った。


10 :名無しのオプ:03/09/18 08:56
推理小説といえば森村誠一という時代が確かにあった。

11 :名無しのオプ:03/09/18 09:03
腐食の構造が一番好き。
あの伏線はかなりすごいと思う。

12 :名無しのオプ:03/09/18 11:41
夏樹静子派ですが、何か?

13 :名無しのオプ:03/09/18 17:30
この人は女性の描写が昭和40年代から進歩してないのがネックだと思う。
「星の陣」タイプの、各分野のエキスパートが集って敵と戦う話はすごく面白いけど。

14 :名無しのオプ:03/09/18 18:55
床屋のおっちゃんが客の首を剃刀でかっさばく話がおっかない。

15 :名無しのオプ:03/09/18 20:32
黒い墜落機は日本の冒険小説のはしり的な感じするね。
あれって船戸のデビュー前でしょ

16 :名無しのオプ:03/09/18 23:37
この人の描く人物同じようなのばっかり出てくる。
内容も似たようなの多いし、、、
まぁたくさん書いてるからしょうがない事かもしれないけど
ちょっとひどすぎると思う。
20年前に書くのやめていたらこの人のスレッドが無い
なんてことは無かったと思う。


17 :名無しのオプ:03/09/19 00:11
>>15
「黄土の奔流」嫁。森村じゃないがな。

18 :名無しのオプ:03/09/19 00:30
「幻の墓」は途中まで報復美みたいなのがあって痛快だったがオチが後味最悪だったなあ

19 :名無しのオプ:03/09/19 10:33
<過去ログ>
森村誠一について
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/962/962865462.html
森村誠一!ただミステリーだけでなく。。
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/987/987875667.html
【森 木寸 言成 ー】
http://book.2ch.net/mystery/kako/1048/10485/1048506446.html

20 :名無しのオプ:03/09/21 16:00
短編にいいのが多い

21 :名無しのオプ:03/09/21 16:37
森村誠一長編推理選集
第1巻 高層の死角/東京空港殺人事件
第2巻 虚無の道標
第3巻 新幹線殺人事件/虚構の空路
第4巻 密閉山脈/分水嶺
第5巻 日本アルプス殺人事件/銀の虚城
第6巻 超高層ホテル殺人事件/恐怖の骨格
第7巻 鉄筋の畜舎
第8巻 真昼の誘拐/夕映えの殺意
第9巻 星のふる里/偽造の太陽
第10巻 暗黒流砂/黒魔術の女
第11巻 腐蝕の構造
第12巻 霧の神話/虹への旅券
第13巻 鍵のかかる棺
第14巻 人間の証明/悪夢の設計者
第15巻 死媒蝶/野性の証明

森村誠一長編推理選集〈第二期〉
1 太陽黒点/空洞星雲
2 白の十字架/火の十字架
3 花の骸/致死眷属
4 黒い墜落機/死海の伏流
5 青春の証明/青春の反旗
6 新・オリエント急行殺人事件/新・新幹線殺人事件
7 捜査線上のアリア/神より借りた砂漠
8 腐蝕花壇/暗黒星団
9 駅/街
10 星の陣

22 :名無しのオプ:03/09/21 19:46
ファンとはいかないまでも、わりと好きで結構読んでます。
この人の作品は後味の悪い終わり方してるのが多いですね。
逆にハッピーエンドを探すのが難しいくらい…。
「野性の証明」なんか、救いようがない気がします。
(でもあれは面白かった)

23 :名無しのオプ:03/09/22 01:40
>>22 「星の陣」「君に白い羽根を返せ」はまあハッピーエンドだね。
   「星の旗」はなんかすっきりしなかったけど。

24 :名無しのオプ:03/09/22 01:45
この作家、なんか時代とズレた横文字を使うんだよな。
編集者は注意してあげるべき。

25 :名無しのオプ:03/09/22 04:03
>>24
こんなベテランに注意できるやつなんていないんじゃねえかな。

26 :名無しのオプ:03/09/22 07:05
この人「トイレット」っていう言い方にこだわるよな。場所の説明としてならまだしも、
セリフでもこういうふうに言うし。

27 :名無しのオプ:03/09/22 07:06
わりとパターンがあるよね。
過去の事件が2、3あってそれがどんどん交錯していって解決に向かう。

最後は「○○は自供を始めた。」って言葉が多い。

28 :名無しのオプ:03/09/22 07:49
>23
22ですが、「星の陣」ハッピーエンドですか?
一応目的達成といえるかもしれないけど、
あんなに生気を取り戻していた老人達が、
最後また侘しい日常に戻ってしまったのは虚しく思いました。
「君に白い〜」というのは読んだ事ありません。
レスありがとうございました。

29 :名無しのオプ:03/09/22 12:45
東京空港殺人事件つい最近読んだけど、なかなか面白かったよ

30 :名無しのオプ:03/09/22 18:09
棟居刑事って何歳なんだろう?

31 :名無しのオプ:03/09/22 23:59
各作家のナンバー1を決めよう!Part5
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1054112916/461-488
各作家のナンバー1を決めよう!Part6
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1060430329/69

あんまり読まれてないね。かく言う俺もだけど。

32 :名無しのオプ:03/09/23 02:34
冒頭で、名前の出てこない人物による事件や事故が起き、
それが後に出てくるメイン事件とリンクしてくる…というパターンがよくある。


33 :名無しのオプ:03/09/23 23:37
森村誠一短編推理選集1
高燥の墳墓/あるOLの復讐/精神分析殺人事件/虚偽の雪渓/殺意の接点/“鉄筋家畜人”の反逆/
暗合殺人事件/被殺の錯誤/稚い殺意/垂直の陥穽/蟻の競争/裂けた風雪/供血殺人事件

森村誠一短編推理選集2
空白の凶相/小説代理業/殺意の重奏/祖母為女の犯罪/派閥抗争殺人事件/憎悪集中橋/
麻薬分析殺人事件/平均社員汚職連座事件/殺意の盲点/レジャーランド殺人事件/人間解体/虚構の家族

森村誠一短編推理選集3
人間溶解/情熱の断罪/科学的管理法殺人事件/ステレオ殺人事件/黒い合併/児童心理殺人事件/初夜の陰画/
“自殺”殺人事件/モルモットの餌/出向エリート自殺事件/シジフォスの刺した人形/無医村の神/復讐社員

森村誠一短編推理選集4
二重死肉/静かなる発狂/垂直の憎悪/魔性ホテル/文学賞殺人事件/殺意の逆流/
催眠術殺人事件/赤い蜂は帰った/夢の虐殺/歪んだ空白/“企業タコ部屋”憤死事件

森村誠一短編推理選集5
死を運ぶ天敵/サギ・カンパニー/殺人環状線/殺意中毒症/残酷な視界/姦の毒/
精神分析殺人事件/課長夫人売春事件/北ア山荘失踪事件/虫の息/崩落した不倫

34 :名無しのオプ:03/09/23 23:38
森村誠一短編推理選集6
集合凶音/枕に足音が聞こえる/共犯の瞳/雪の絶唱/単位の情熱/異常の太陽/
鳩の目/腐った流域/魔少年/虚業のピエロ/密閉島/腐食会社/堕ちた山脈

森村誠一短編推理選集7
鈴蘭の死臭/殺意の造型/企業特訓殺人事件/青の魔性/侵略夫人/風媒の死/犯意の落丁/
社員廃棄院/褥の病巣/禁じられた墓標/鉄筋の猿類/埋没社員/途中下車/闇の欠陥

森村誠一短編推理選集8
紺碧からの通信/虫の土葬/浜名湖東方十五キロの地点/行きずりの殺意/暗渠の狼群/電話魔/
妖獣の債務/通勤快速殺人事件/虚無の標的/殺意開発公社/無能の情熱/燃えつきた蝋燭

森村誠一短編推理選集9
盗まれた密室/孤独の密葬/雪の螢/溯上水系/愛社精神殺人事件/
兇家/中禅寺湖心中事件/致死鳥/無能の真実/魔犬/飼い主のない孤独

森村誠一短編推理選集10
神風の純愛/完全犯罪の座標/盗めなかった“切り札”/凶原虫/終身不能囚/団地殺人事件/
連鎖寄生眷属/死導標/醜い高峰/断罪喫茶店/殺意を抽く凶虫/喪われた夕日/無限暗界

35 :名無しのオプ:03/09/24 20:26
東京空港殺人事件は小説としてはいいけど、ミステリーとしてはどうかな。ホテルの通路のトリックはちょっと

36 :名無しのオプ:03/09/24 21:14
「七日間の休暇」って短編を読んで大泣きしました。


37 :名無しのオプ:03/09/24 22:35
短編好き。「出向エリート自殺事件」とか。

38 :名無しのオプ:03/09/27 16:57
暗渠の連鎖の表紙カバーハァハァ・・・

39 :名無しのオプ:03/09/27 17:55
誘鬼燈読了。結構面白かった

40 :名無しのオプ:03/09/27 18:11
短編集の解説は先に読まないほうがいい
ほとんど寝たばれ

41 :名無しのオプ:03/10/09 18:36
「死の器」
面白いけど、尻すぼみ

42 :名無しのオプ:03/10/15 18:33
山路刑事 (゚д゚)ウマー

43 :名無しのオプ:03/10/17 22:46
次スレ
森村 誠一【スポイル、スピロヘータ、恣(ほしいまま)】
これでよろしく

44 :名無しのオプ:03/10/18 00:42
>>43
まだ100も行ってないw

45 :名無しのオプ:03/10/18 18:21
身体の相性にこだわる人

46 :名無しのオプ:03/10/19 15:28
死体発見のシーンも何の関係もないような文章が続き、おもむろに腐乱死体の
発見てパターン多くない?

47 :名無しのオプ:03/10/19 15:45
死体発見者のちょっとしたエピソードが入ってる事多いね


48 :名無しのオプ:03/10/20 07:05
悪魔の飽食しか読んだこと無いです
推理モノで一番オススメはなんでつか?

49 :名無しのオプ:03/10/20 09:38
新幹線

50 :名無しのオプ:03/10/21 19:02
厨房のときこの人の小説で抜いたのは秘密です。

51 :名無しのオプ:03/10/21 21:25
>>48
>>49

高層の死角(江戸川乱歩賞受賞作)
人間の証明

昭和40年代〜50年頃迄の作品に名作が多い
ような気がします。それ以降はいまいちかな。

52 :名無しのオプ:03/10/22 17:02
通勤快速殺人事件(痴漢電車殺人事件)でヌきますた。

53 :名無しのオプ:03/10/23 23:30
この人昔好きで50冊以上読んだんだけど殆ど覚えてないや
覚えているのは・・・・
マッチ売りの少女が1本何千円かでマッチ売ってて
マッチが燃えている間だけマンコみせてくれるとか
雪山で遭難しかけた女の人の正確な体温が知りたくて
マンコに体温計突っ込んで体温測ったとかそれぐらいかなぁ・・・


54 :名無しのオプ:03/10/24 18:51
健気な猫が主人の無念を晴らす話が好き(いくつかある)

55 :名無しのオプ :03/10/24 22:49
>>53
雪山で遭難した女のうんこ食う話もあったけ?



56 :53じゃないけど:03/10/25 01:51
>>55
そういう話があったかどうかわからないけど

登山しに行って、同じものを食べているとうんこが
同じ色、匂いになるのか興味があって仲間のうんこを
観察していたら好きな女にそれを見られたって話はあったと思う。

57 :名無しのオプ:03/10/25 13:21
>>53
遊人のマンガはパクり?

58 :名無しのオプ:03/10/25 19:42
中房の頃「人間の証明」読んで一時間泣いた。今でも日本有数の大傑作だと思う。
中年のおっさんになって「人間の条件」読んだら、
まったくこの人、進歩がないなと思った(W



59 :名無しのオプ:03/10/26 01:08
「棟居刑事の証明」は面白かった。あと今日読んだ「都市の遺言」。
でもこれは時代背景が古い。
短編で見かける尊属殺人には時代を感じるな。日本にはこんな法律
もあったんだ、なんて感じながら読むのもいいのでは?

60 :::03/10/26 04:57
yahooの日本シリーズMVP投票、みんなで「その他」に入れてみよーよ!
http://sports.yahoo.co.jp/baseball/jps/event/

面白くなるぞー!!では



61 :名無しのオプ:03/10/29 13:52
このスレでおすすめだった『星の陣』を読んでみた。
作品そのものも面白かったけど、
「ピチピチギャル」、「正義の味方マン」
みたいな、脱力感溢れる言葉遣いがまた面白かった。
森村センセーって天然?

62 :名無しのオプ:03/10/30 02:37
男女関係の「プレイ」って表現がどうもな…

63 :名無しのオプ:03/10/30 03:02
誰も使わないような、ヘンな横文字を使うのが得意。
それを見るのが実は楽しみでもある。

64 :名無しのオプ:03/10/30 11:00
数年前にいいとものテレホンショッキングのコーナーに出てたけど、ボケなのか
天然なのかわからない、素敵な受け答えをタモリとしてたな。

65 :名無しのオプ:03/10/30 11:13
70歳とは思えない。

66 :名無しのオプ:03/10/30 19:06
熊谷の人だっけ?

67 :名無しのオプ:03/10/30 21:07
『星の陣』は、今年話題になった某本格ミステリ作品と
テーマがおなじだけど、
それだけに作家性の違いというのをものすごく感じる。
おなじテーマでも、某氏が書くと本格ミステリに、
森村センセーが書くと戦争になるw
そこがいいんだけど。

68 :名無しのオプ:03/10/30 23:24
本当に読ませる作家だよな〜。ついつい読んじゃう

69 :名無しの証明:03/10/31 00:18
改めて森村誠一公式サイトを見たけど、
やっぱりこの人、天然だよ。
序文からして、
「森村ワールドを満載しております。」
だもん。
なんだよ、森村ワールド、ってw
自作解説も、それぞれに味があってファンには堪らない。

70 :名無しのオプ:03/10/31 00:50
>>69
見てきた。

なんというか…
解説になってない解説だな。

71 :名無しの証明:03/10/31 01:17
>>70
思い出話っぽいのが殆どだけど、
当時の状況を知らない自分にとっては、
苦労話なんかも結構面白く読めた。
時々、妙におかしいのがある。

72 :名無しのオプ:03/10/31 09:56
第7回ミステリー文学大賞受賞

73 :名無しの証明:03/10/31 11:46
『高層の死角』を読んだ。
存外にまっとうだったというか、
生真面目なくらいに本格ミステリで、堪能した。
傑作だと思う。
相変わらず「トイレット」だけどw

74 :名無しのオプ:03/10/31 16:39
ようやく「星の陣」映画版が来年公開らしい。
映画化するって聞いたのが5年位前なんで、企画倒れしたのかと思ったが・・
出来ればキャストが、大木実・三橋達也・植木等・犬塚弘・内藤武敏・長門勇
織本順吉だったら云う事なし・・・


75 :名無しのオプ:03/10/31 23:36
>>73
「高層の死角」は実質上のデビュー作と言えるごく初期の作品だから、

「相変わらず」はおかしいぞ。

これが大当たりしたからこそ、今日の森村氏がある訳だ。

76 :73:03/11/01 01:04
>>75
ごめぽ。
じゃあ、「この頃から」に訂正。
でも、傑作だと思ってるのは本当だよ。

77 :名無しのオプ:03/11/03 15:43
今日「タクシー」という作品を読んだ。相変わらず癖のある書き方で
常連にはまたかって感じだけど、作品としてはかなり面白いと思う。
森村数十冊読んだ漏れからのお薦めでつ

78 :名無しの証明:03/11/04 00:18
森村センセーのお弟子兼推奨ネットアイドル
ttp://www.yurika5.com/news.htm
センセーとのツーショット
ttp://www.morimuraseiichi.com/shashinkan/b/b_18.html

センセー、なにやってるのさ!w

79 :名無しのオプ:03/11/04 01:03
上から二段目、三段目
ttp://www.morimuraseiichi.com/shashinkan/a/a_16.html
上から一段目、二段目
ttp://www.morimuraseiichi.com/shashinkan/a/a_23.html

ワロタ

80 :名無しのオプ:03/11/08 16:59
女性の話し言葉が時代がかっているというか
「・・・ではありませんわ」「よろしくってよ」みたいな具合

81 :名無しの証明:03/11/09 18:34
『悪魔の飽食』を読んだ。
個人的な意見だけど、
ノンフィクションにはあまり向いてない気がする……
ディテールに拘り過ぎて、全体像が把握しにくいというか。
でも、題名はかっこいいよなあ。

82 :名無しのオプ:03/11/09 20:44
>>80
そういうところが好き(もしくはネタとして賞味)でないと
この年代の作家は読めないね。
自分は脳内フィルタでスルー。

83 :名無しのオプ:03/11/10 23:28
>>74
公開までに誰かお亡くなりになりそうなキャストだ…

84 :74:03/11/11 00:08
>>83  突っ込みありがとうw
   あくまで脳内キャストなんで、実際のキャストは分からないけど、
   旗本だけは大木実以外に考えられないんだよね・・

85 :名無しのオプ:03/11/11 06:23
「窓」が好きですね。
みなさんどうですか?

86 :名無しのオプ:03/11/14 18:54
新撰組買ったよ。司馬新撰組から抜け出そうと様々なエピソードを
入れてる所が面白い。ただ「流れに掉さす」って言葉が「時流に逆らう」って
本当とは逆の意味で何度か使われてるのが気になった。担当チェックしてないのかな。

87 :名無しのオプ:03/11/17 23:53
そういえば、「野性時代」で
『野性の条件』という連載が始まったね。
「野性時代」の「野性」と
『野性の証明』の「野性」をかけているのか……

88 :名無しのオプ:03/11/21 22:49
「魔少年」萌え! 「無能の情熱」のお父さん萌え!

89 :名無しのオプ:03/11/25 21:28
今朝の読売新聞に出てたよ

90 :名無しのオプ:03/11/27 19:28
>>89
日本ミステリー文学大賞だっけ?70歳にして現役バリバリって顔してた
な。

91 :名無しのオプ:03/11/28 17:40
>>80
西村京太郎の本に出てくる女は全員「〜ですわ」っていう。そっちの
方が気になる。

92 :名無しのオブ:03/11/29 16:25
何冊も読んでると、ワンパターンだなーと感じつつも、ハマッてます。
今、読んでるのは「駅」。先に「街」を読んでしまったのですが。
「純愛物語」が特に好きです。
人物の一覧を書き出しながら読んでます。ややこしいから。

93 :名無しのオプ:03/12/05 23:47
何だか、話の内容と題名がかみ合わなくて、題名聞いただけじゃ
既読か未読かわからない。ついでに話の内容も思い出せない。

94 :名無しのオプ:03/12/06 09:34
>>93
相当読んだ証じゃない?

95 :名無しのオプ:03/12/06 15:02
>94

そうですね。確かに読んでます。もう10年以上。。。

96 :94:03/12/06 21:05
何冊も読んでれば忘れるね。俺もそうっす。だから昔のがまた楽しめ
たりもします〜

97 :名無しのオプ:03/12/06 21:13
昔、森村スレ作ったことあるけど
すぐ落ちちゃったんだよね・・
1000レスつくことを願っております

個人的ベスト3は
白の十字架
夕映えの殺意
黒いファントム かな


98 :名無しのオプ:03/12/07 09:11
よーし。
じゃあ、このスレで、森村ベスト10を選出するぞー。

漏れは『野性の証明』を入れてほすい……

99 :名無しのオプ:03/12/07 09:47
森村誠一って見た目いつ見ても変わらないよな。
いつでもピッチリ横分け、知性派な印象。

100 :名無しのオプ:03/12/07 10:07
虚構の空路
密閉山脈
新幹線殺人事件

この3本は不朽の名作でしょ

101 :名無しのオプ:03/12/07 17:49
やっぱ「人間の証明」。

102 :名無しのオプ:03/12/07 19:14
>>101に同意

103 :98:03/12/07 19:29
おお、レスがついてる……!
じゃあ、今のところ、このスレが選出する森村ベスト10は、

『野性の証明』(1977)
『虚構の空路』(1970)
『密閉山脈』(1971)
『新幹線殺人事件』(1970)
『人間の証明』(1976)

まだ、5作しかない……
>>97も加えていいでつかね……

104 :名無しのオプ:03/12/07 19:48
略歴:
埼玉県熊谷市生れ。青山学院大学卒。
ホテル勤務ののち一九六七年に「大都会」を刊行。
六九年、「高層の死角」で江戸川乱歩賞を受賞した。
七三年に「腐蝕の構造」で日本推理作家協会賞を受賞し、
「新幹線殺人事件」「人間の証明」「駅」「棟居刑事の復讐」など多くの推理長編があるほか、
「忠臣蔵」ほかの時代・歴史小説や「悪魔の飽食」などのノンフィクションも発表している。

105 :名無しのオプ:03/12/07 20:54
今日「捜査線上のアリア」買いました。未読だったんですが
おもしろいかなあ。読んでみます。

「高層の死角」はベストに入れるには今更ですか?

106 :98:03/12/07 22:03
>>105
今さらなんてとんでもない。

『野性の証明』(1977)
『虚構の空路』(1970)
『密閉山脈』(1971)
『新幹線殺人事件』(1970)
『人間の証明』(1976)
『高層の死角』(1969)

今のところ、6作……

107 :名無しのオプ:03/12/08 00:04
漏れは高層の死角読んだのがあとの方だったから意外とランク低め。
「証明」がつくのなら「棟居刑事の証明」がいいかな。


108 :名無しのオプ:03/12/08 00:09
全然毛色が違うが
「星の陣」はどうだろう。

109 :98:03/12/08 08:16
とりあえずいろいろエントリーして、
あとから消していけばいいんじゃないでしょうか。
というわけで、今のところ、
このスレが選出する森村ベスト10は、

『野性の証明』(1977)
『虚構の空路』(1970)
『密閉山脈』(1971)
『新幹線殺人事件』(1970)
『人間の証明』(1976)
『高層の死角』(1969)
『棟居刑事の証明』(1997)
『星の陣』(1989)

今のところ8作……

110 :名無しのオプ:03/12/08 10:39
黒い墜落機なんかも人気あるんじゃない?

111 :98:03/12/08 22:35
『野性の証明』(1977)
『虚構の空路』(1970)
『密閉山脈』(1971)
『新幹線殺人事件』(1970)
『人間の証明』(1976)
『高層の死角』(1969)
『棟居刑事の証明』(1997)
『星の陣』(1989)
『黒い墜落機』(1976)

今のところ9作。
とりあえず10作出揃わないと、議論ができないなあ……

112 :名無しのオプ:03/12/08 23:47
腐食の構造は当然入るだろ

113 :98:03/12/09 00:32
>>112
お、イイ(・∀・)ネ! 漏れも大好き。

暫定版森村ベスト10

『野性の証明』(1977)
『虚構の空路』(1970)
『密閉山脈』(1971)
『新幹線殺人事件』(1970)
『人間の証明』(1976)
『高層の死角』(1969)
『棟居刑事の証明』(1997)
『星の陣』(1989)
『黒い墜落機』(1976)
『腐蝕の構造』(1972)

とりあえず出揃いましたが、
いやいや、この作品の方が面白いぜ!
というのがあったら、がしがしプッシュしてください(=゚ω゚)ノ

114 :名無しのオプ:03/12/09 01:37
全然関係ないんだが、昔「腐触の構造」が連続ドラマになった時、

久美子=島田陽子
雨宮=篠田三郎
冬子=梶芽衣子
大町=松田優作

って配役だったよね。
そこまではいいけど、土器屋やったの、今の東映の社長なんだよな。

他にも岸田信とか夏樹陽子とか出てて面白かった。
犯人が原作と変えられてたのは嫌だったけど。
だからラストは久美子とメル欄1の和解で終わるという・・・

メル欄2は当時というか放送中のインタビューで
「今度は殺人犯人の役」
と言ってたんだけど、そのネタバレ発言のせいで急遽設定変えたのかな。

ちなみに脚本は、映画「人間の証明」と同じ松山善三。

DVD化きぼん。

115 :名無しのオプ:03/12/09 01:49
腐食の構造って連続ドラマになってたんですか。知らなかったです。
調べてみると1977年。僕の生まれた年か。
TBSも仲居主演で砂の器リメイクやるんだったらこれリメイクしたらいいのに。

116 :名無しのオプ:03/12/09 02:03
>>114
森村誠一シリーズですな。
それだと『暗黒流砂』がよかった。
原作に忠実だったような気がする。
つか、ベスト候補に『暗黒流砂』入れて下さい。

117 :98:03/12/09 20:04
暫定版森村ベスト10

『野性の証明』(1977)
『虚構の空路』(1970)
『密閉山脈』(1971)
『新幹線殺人事件』(1970)
『人間の証明』(1976)
『高層の死角』(1969)
『棟居刑事の証明』(1997)
『星の陣』(1989)
『黒い墜落機』(1976)
『腐蝕の構造』(1972)

『暗黒流砂』(1973)

118 :98:03/12/09 20:12
個人的には、
ミステリとか時代小説とかサラリーマンものノンフィクションとか関係なく、
森村作品の十傑を選びたいです。
もちろん、人によって違うだろうけど……
まだまだ候補作が足りないと思うんで、
がしがしプッシュしてください(=゚ω゚)ノ

119 :名無しのオプ:03/12/09 21:15
狙撃者の哀歌

120 :名無しのオプ:03/12/10 14:08
悪魔の飽食。これも相当話題になった作品だし

121 :名無しのオプ:03/12/10 23:04
夕映えの殺意。今まで読んだ森村作品の中で一番インパクト強かった。

122 : ◆xAG4.Wd6wQ :03/12/10 23:28
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

123 :名無しのオプ:03/12/11 00:31
好きな作家なんですが、長編あまり読んでないです。
ここで上がってるのを読んでみます。
推協年鑑とかに入ってる短編がなんか好きです。

124 :98:03/12/11 01:00
森村ベスト10、候補作。

『野性の証明』(1977/ハルキ文庫)
『虚構の空路』(1970/ハルキ文庫)
『密閉山脈』(1971/青樹社文庫)
『新幹線殺人事件』(1970/ハルキ文庫)
『人間の証明』(1976/角川文庫)
『高層の死角』(1969/ハルキ文庫)
『棟居刑事の証明』(1997/ハルキ文庫)
『星の陣』(1989/角川文庫)
『黒い墜落機』(1976/徳間文庫)
『腐蝕の構造』(1972/ハルキ文庫)

『暗黒流砂』(1973/講談社文庫)
『狙撃者の哀歌』(1984/角川文庫)
『悪魔の飽食』(1981/角川文庫)
『夕映えの殺意』(1974/徳間文庫)

>>123のような方もいらっしゃるので、
余計なお世話かもしれませんが、
手に入りやすそうな版元も併記してみました。
まだまだ候補作プッシュしてください(=゚ω゚)ノ
短編集/短編もいいんじゃないでしょうか。

125 :名無しのオプ:03/12/12 08:10
初めて古本屋で森村氏の作品を買いました。
『鍵のかかる棺』上下巻。
この種の小説は読んだことが無かったので、十分おもしろかったのですが、何より主人公がしがない、下品なとこになお惹かれてしまいました。


上記であげたベスト候補作品、参考になります。
見つけ次第読んでみます。


126 :名無しのオプ:03/12/12 13:16
白の十字架に一票
意外な犯人(てか伏線全然張ってないが)
登山に命をかける主人公の魅力
結末は切なくていつまでも心に残る

127 :名無しのオプ:03/12/12 20:27
じゃあ短編で「魔少年」。おそろしー。

128 :98:03/12/13 00:01
森村ベスト10候補作。

『野性の証明』(1977/ハルキ文庫)
『虚構の空路』(1970/ハルキ文庫)
『密閉山脈』(1971/青樹社文庫)
『新幹線殺人事件』(1970/ハルキ文庫)
『人間の証明』(1976/角川文庫)
『高層の死角』(1969/ハルキ文庫)
『棟居刑事の証明』(1997/ハルキ文庫)
『星の陣』(1989/角川文庫)
『黒い墜落機』(1976/徳間文庫)
『腐蝕の構造』(1972/ハルキ文庫)

『暗黒流砂』(1973/講談社文庫)
『狙撃者の哀歌』(1984/角川文庫)
『悪魔の飽食』(1981/角川文庫)
『夕映えの殺意』(1974/徳間文庫)
『白の十字架』(1978/角川文庫)
「魔少年」(『残酷な視界』所収/1974/講談社文庫)

※「魔少年」は、初単行本は上記の通りですが、
角川ホラー文庫でも『魔少年』として、
再編集されて出版されているようですね。

129 :名無しのオプ:03/12/13 17:09
あれっ?東京空港殺人事件がない。

130 :名無しのオプ:03/12/13 17:44
駄作は
黒魔術の女(読中吐き気がした)
鉄筋の畜舎(退屈、某金田一作品のパクリ?)
新人間の証明(ただ731部隊について書きたかっただけ)
かな

131 :名無しのオプ:03/12/13 17:48
>>130
金田一作品って、金田一耕助?

132 :名無しのオプ:03/12/13 20:42
>>126
ずいぶん昔に読んだ記憶があるんだけど、たしか登山隊結成の費用捻出するために
ホストクラブに勤めたりする主人公の話だよね?
また読んでみたくなったし題名もわかった事だし、買いにいってみようかな?
漏れも白の十字架にいっぴょ。

133 :98:03/12/14 12:32
森村ベスト10候補作。

『野性の証明』(1977/ハルキ文庫)
『虚構の空路』(1970/ハルキ文庫)
『密閉山脈』(1971/青樹社文庫)
『新幹線殺人事件』(1970/ハルキ文庫)
『人間の証明』(1976/角川文庫)
『高層の死角』(1969/ハルキ文庫)
『棟居刑事の証明』(1997/ハルキ文庫)
『星の陣』(1989/角川文庫)
『黒い墜落機』(1976/徳間文庫)
『腐蝕の構造』(1972/ハルキ文庫)

『暗黒流砂』(1973/講談社文庫)
『狙撃者の哀歌』(1984/角川文庫)
『悪魔の飽食』(1981/角川文庫)
『夕映えの殺意』(1974/徳間文庫)
『白の十字架』(1978/角川文庫)
「魔少年」(『残酷な視界』所収/1974/講談社文庫)
『東京空港殺人事件』(1971/廣済堂文庫)

134 :98:03/12/14 13:04
候補作が結構集まったし、一週間経ったので、募集は締め切り、
選考を始めようかと思います。
いろいろ考えましたが、選考方法は投票ではなく、
各作品ごとに、十傑に値するか話し合って決めたいと思います。
一日一作ずつやるつもりなので、全部で十七日間やることになりますが、
別に急ぐことでもないんで、マターリやりましょう。
そういうやり方だと、ちょうど十作にはならないかもしれませんが、
その時はその時で……

135 :98:03/12/14 13:15
選考基準としては、歴史的意義よりかは
作品単体の面白さでいきたいと思いますが、
その辺はみなさんにお任せでつ。
各作品ごとに、ベスト10に値するか否かを明記し、
できれば、その理由も書いてもらえると、議論がしやすいでつ。
では、早速、明日から、選考を始めたいと思います。

136 :名無しのオプ:03/12/14 15:29
>>131
そう。「悪魔が来りて笛を吹く」
恋人同士が実は兄妹だったということに関する伏線が同じ

137 :98:03/12/15 09:14
では、僭越ながら、漏れの推薦作からですが……

『野性の証明』(1977)
・「証明三部作」の掉尾を飾る作品。「野生時代」発表後、角川書
店より刊行。1977年の「週刊文春」の「傑作ミステリーベスト10」
の3位に選ばれる。翌年、高倉健の主演で映画化される。

ベスト10に値するか否かを明記し、
できればその理由も書いてください。

138 :名無しのオプ:03/12/15 11:39
じゃあ人間の証明を推薦した漏れから一言。読んでるうちはまあ割と
普通の森村作品だと思ったけど、北村薫の解説を読んで、嗚呼作者は
こういうことが言いたかったんだ、俺はなんて読みが浅いんだろう、と
痛感し、感動した。まさに人間であることの意味を問う、素晴らしい
作品。

139 :名無しのオプ:03/12/15 19:53
人間の証明(・∀・)イイ!

被疑者が人間であることに賭けた捜査陣がすごいです。

140 :名無しのオプ:03/12/15 19:55
「社会派推理とか小難しいモノしか書かない」と思って森村誠一は敬遠してたけど
「星の陣」読んだらまさに目から鱗・・・
全てを奪った暴力団に人生懸けた壮絶な死闘を挑む愛すべき爺ィ達に
ここまで胸を焦し、涙するとは思わなかった。

それから森村の活劇小説に嵌まったが、とりあえずのベスト5は
「星の陣」「黒い墜落機」「星の町」
「野生の証明」「人間の証明partU 狙撃者の挽歌」

「致死連盟」なんかも捨て難かったりするが。

141 :名無しのオプ:03/12/15 21:10
ちょっと流れからずれてごめんね。

自分が森村さんすげーと思うのは、すごく率直で、かつ偉ぶらず、
ミステリを本気で愛してるところ。

島荘が占星術でデビューしてみんなが叩いてる時、
一人で擁護したうえに島田荘司はすごい作家だって大絶賛。

他の大御所が若手について「どうでもいい、好きにやれ」と発言したら
「彼らはすごい。尊敬する。だからこそ、僕は彼らに負けたくない」
と意地を張る。

デビュー当時叩かれてた綾辻や法月等を大絶賛したあげく、
あなたがたに勇気をもらったと感謝さえする。

自分の近年の作がミステリとして気に入らない(満足いかない)として、
待っていてくれたファンや、そんなことないですと言ってくれた後輩作家に
「力及ばず申し訳ない」
と謝る。

デビューしたばかりの新人作家がいれば、
飯と酒をおごり、自分の過酷な体験を踏まえて一生懸命アドバイス。
軽い話題の合間に激励の言葉。

自分はもう書けないけれどと言いつつも、
本格ミステリの火を消さないで欲しい、意欲があれば本格を書いてくれ、
とのお言葉。

こんな人、他にいないよ。
馬鹿詐欺は森村先生の爪の垢でも煎じて飲め。

142 :98:03/12/15 23:29
皆さんの熱いレスは非常に嬉しいんですが、
俺の説明が解りにくかったせいで、
意図してたのとはちょっと違った感じになってしまいました。
自分としては、一日につき一作を検討、
つまり、今日は『野性の証明』の話、明日は『虚構の空路』の話、
という風にしようと思ってました。
仕切り直した方がいいかな。
それとも、俺はでしゃばり過ぎでしょうか……
皆さん、どう思いますか?
(まあ、大半の人はどうでもいいだろうけど)

143 :138:03/12/16 00:01
>>142
ふむ、その方がいいかもね。勘違いスマソ

144 :名無しのオプ:03/12/16 00:21
>>142
そうすると、読んでない作品についてはスルーするしかないですね。

145 :名無しのオプ:03/12/16 01:13
森村作品に関する単なる雑談チックな話題は書いてはいけないのですね…

146 :98:03/12/16 01:20
>>143
こちらこそ説明不足スマソ。

>>144
果たして、各作品、どれくらい読者がいるかが不安でつ……

147 :98:03/12/16 01:31
>>145
全然OK。
ってか、勝手に仕切ってて、マジでスマソ。

148 :名無しのオプ:03/12/16 01:56
『悪魔の飽食』以降の作品は読んでないので、ベスト10に値するかとか言われるとわからないんですけど、
『野性の証明』は、昔読んで面白かった記憶がある。
村で何があったのか、だんだん全貌がわかってくるところはドキドキした。
ナンプ病(漢字失念)は、こわかった。
キャベツから感染するんだっけ?

惜しむらくは、最近うっかりケーブルで映画を見たために、小説よりも映画の方の記憶が鮮明になってしまったことだ。
あんなひどい終わり方じゃなかった、はずなんだが。

149 :名無しのオプ:03/12/16 02:01
自分は奮起したいときに、
「君に白い羽根を返せ」(改題前の本を持っているので)を読み返すことにしている。

森村作品によくある、「世間の片隅で生きている何かのエキスパートが集い、
巨大な悪にゲリラ的な戦いを挑む」というパターンには毎度勇気づけられる。



150 :140:03/12/16 02:43
忘れてた−!「君に白い羽根を返せ」も好きだー!
ついでに「非道人別帖」も好きだー!

151 :98:03/12/16 09:51
では、改めて。

【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かどうか話し合います】

本日は、『野性の証明』(1977)
(作品紹介)「証明三部作」の掉尾を飾る作品。「野生時代」発表
後、角川書店より刊行。1977年の「週刊文春」の「傑作ミステリー
ベスト10」の3位に選ばれる。翌年、高倉健の主演で映画化される。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

152 :名無しのオプ:03/12/16 12:09
野性の証明は文句なしだと思う

153 :98:03/12/16 22:38
『野性の証明』は、出版当時、
このオチで非難されなかったのかがすごく気になる。
この作品をF1とかに例えると、
ドライビングテクニックは神がかっていて、各周のラップタイムも記録的。
最後の周回もスピードを落とすどころかますます加速して、
これは確実に世界記録だ、でも、どうやって止まるんだろう、と思っていたら、
ゴール直前、最後の最後で唐突に車体が飛行機に変形して、
そのまま空に飛び立ってしまい、観客は唖然として
それを見ているしかなかった……という感じ。
それでも、いや、だからこそ、『人間の証明』が表ベスト1だとしたら、
『野性の証明』は裏ベスト1だと思う。

154 :名無しのオプ:03/12/16 23:42
>>153
森村作品ってそういうの多くない?
堅実な社会派と思ってたらオチでバカミスとかさw
おれはそんな森村さんが大好きだけどね。

>>148
映画は無茶苦茶だし、
あのラストは健さんの任侠映画の最後そのまんまだよねw
シナリオでは松方と相討ちってラストだったんだけど。
でも何か好き。

そういえば、本当は健さん、人間の証明の棟居やりたかったらしい。
それで角川春樹にやらせてくれと直訴したんだけど、
年齢的に棟居じゃないとして春樹が拒んだ。
春樹は棟居役を渡哲也に打診したがスケジュールの都合で断られ、
代役として優作が選ばれた。
でも健さんの棟居でやりたかった佐藤純彌監督の思いをくんだ春樹が、
シナリオできる前に味沢=健さんと決めた。
でも原作ファンとしては、健さん=味沢ってのは当時違和感あった。
ドラマで林隆造が味沢やったけど(彼は棟居も演じたことがある)、
そっちの方が原作の味沢に近かった。
ただドラマは、自衛隊出て来ないし、
あの大量殺戮がメル欄の謀略だったとか、味沢がメル欄の息子だったってオチが(゚д゚)だった。

以上、馬塵みたいな長文とひとり語りスマソ。
ちなみに野性〜が裏ベスト1ってのには禿同。

155 :名無しのオプ:03/12/16 23:49
テレビ版の「野性の証明」って、ヒーローアクションっぽい感じがやたら高かったような印象があるな

156 :98:03/12/17 00:44
既読者が4人で、その内3人が「ベスト10に値する」と言っているので、
『野性の証明』は森村ベスト10認定、ってことでいいでしょうか?

>>148
「軟腐病」だね。

>>154
いまいち社会派になりきれてないよねw
確かに、そこがまたいいんだ。

157 :98:03/12/17 00:49
【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かどうか話し合います】

本日(12/17)は、『虚構の空路』(1970)
(作品紹介)乱歩賞受賞後第一作(『虚無の道標』は受賞前に書か
れた作品)。講談社より刊行。1971年、『新幹線殺人事件』と共に、
第24回推理作家協会賞候補作に選ばれる。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

158 :名無しのオプ:03/12/17 16:04
それでは推薦者から一言。
「高層の死角」は熱気あふれる力作ではあるものの、すっきりしないゴタゴタした感じがありますが、
乱歩賞受賞後第一作の本作品は、ラストの上がりを含めて、実にスマートな仕上がりで、格段の進歩を伺わせる作品です。
アリバイ崩しものとしても、非常に良くできており、傑作の名に恥じない出来映えと思います。
敢えて欠点を探せば、人物描写が薄い点でしょうか。私見では、必ずしも欠点ではないと思いますが・・・。
以上。


159 :名無しのオプ:03/12/17 18:24
>>140
遅レスですが「致死連盟」私も好きです
老人たちが特技をいかして暴力団と戦うシーンは圧巻でした
準主役が少女ということで、森村さん薬師丸ひろ子で
映画化を狙ったのかなと
当時は二ヤリとしたものですが

160 :名無しのオプ:03/12/17 20:44
捜査線上のアリア〜隣り部屋の女…
ttp://www.tv-tokyo.co.jp/mystery/next.html

161 :名無しのオプ:03/12/17 23:02
虚構の空路は漏れ的にはパンチ力が足りなかった気がするんですけど
どうでしょ?

162 :98:03/12/18 00:36
既読者が2人で、「ベスト10に値する」と言っている人が1人なので、
>>158には申し訳ないけど、『虚構の空路』は保留ということで。

ついでに、今後の予定を。

18(木)『密閉山脈』(1971/青樹社文庫)
19(金)『新幹線殺人事件』(1970/ハルキ文庫)
20(土)『人間の証明』(1976/角川文庫)
21(日)『高層の死角』(1969/ハルキ文庫)
22(月)『棟居刑事の証明』(1997/ハルキ文庫)
23(火)『星の陣』(1989/角川文庫)
24(水)『黒い墜落機』(1976/徳間文庫)
25(木)『腐蝕の構造』(1972/ハルキ文庫)
26(金)『暗黒流砂』(1973/講談社文庫)
27(土)『狙撃者の悲歌』(1988/角川文庫)
28(日)『悪魔の飽食』(1981/角川文庫)
29(月)『夕映えの殺意』(1974/徳間文庫)
30(火)『白の十字架』(1978/角川文庫)
31(水)「魔少年」(『残酷な視界』所収/1974/講談社文庫)
1(木)『東京空港殺人事件』(1971/廣済堂文庫)

年を越しますなw

163 :98:03/12/18 00:41
【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かどうか話し合います】

本日(12/18)は、『密閉山脈』(1971)
<作品紹介>講談社の乱歩賞作家書き下ろしシリーズ。1972年、第
25回推理作家協会賞候補作に選ばれる。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

164 :名無しのオプ:03/12/18 15:09
参加したいけど「密閉山脈」は読んでないや
森村作品は結構読んでるけど上記のは未読の作品ばかりだな・・・

「鍵のかかる棺」とか「指名手配」とか「凶通項」とか
マイナー作品なのかな


165 :140:03/12/18 16:39
推理モノは数える程しか読んでないな・・
「腐食の構造」は覚えてるけど、題名思い出せないが高校のミス研みたい
なのが出て来て、現在の事件と戦時中の特攻隊がリンクして云々・・ってのを
読んだ記憶がある。

「星の陣」なら鬱陶しがられる位語れるんだが・・・

166 :名無しのオプ:03/12/18 17:37
それでは昨日に引き続いて、推薦者から一言(笑)。
「密閉山脈」は、推理以外の部分に比重のかかった、
しかし、トリックは本格ものとして良くできた秀作だと思います。
トリックは正に一発ネタですが、明快で非常に楽しいモノです。
この作品辺りから、人物が厚みを増しているようですね。
個人的には、エピローグ部分は余計だと思います・・・。

167 :名無しのオプ:03/12/18 17:56
>>164
三つともマイナーじゃないと思うよ。特に漏れは指名手配は好き。

168 :名無しのオプ:03/12/18 21:04
>>162
20日は祭りの予感・・・

169 :名無しのオプ:03/12/18 21:10
今考えればなんだそれって感じだけど、
密閉山脈、発表当時は(メール欄1)ことで、すごく叩かれたらしいね。

しかし、ストーリーもキャラも覚えてるくせに
肝心のトリックを思い出せない。
こんな自分に密閉山脈を語る資格はないと思うのだけど、
荼毘のシーンやラストシーン、喜久子が(メール欄2)に手紙を出した真意などは、
読んでから20年以上たった今も、はっきり覚えてるし、
それだけのインパクトのある作品だったと思うので、
ベストに選ばれることに異論はないです。

170 :名無しのオプ:03/12/19 00:26
神奈川の小田急線沿い育ちの人間からすると、森村作品には
東京の町田やその近辺など、全国的にはマイナーな地域が登場するのがすごく嬉しい。



171 :98:03/12/19 01:10
既読者が2人で、2人とも「ベスト10に値する」と言ってるので、
『密閉山脈』は森村ベスト10認定ということで。

>>119
確認しておきたいんですが、
推薦作の「狙撃者の哀歌」という作品が存在しません。
『狙撃者の悲歌』(1988)
『人間の証明PART2 狙撃者の挽歌』(1997)
のどちらかだと思うのですが、どちらでしょう?
(暫定的に前者にしておきましたが)

>>165
23日は発奮しよう成功しよう。

172 :名無しのオプ:03/12/19 01:16
候補に挙がってるの、ほとんど読んでいないので
(既読のも忘れてる)あまり貢献できませんが
次に読むのに参考にします。

森村誠一は熱さがなんかいい。
現代的ではないかもしれないけど、涙が出る。

173 :98:03/12/19 01:18
【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かどうか話し合います】

本日(12/19)は、『新幹線殺人事件』(1970)
<作品紹介>光文社より刊行。1971年、『虚構の空路』と共に、第
24回推理作家協会賞候補作に選ばれる。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

174 :名無しのオプ:03/12/19 01:29
>>172
森村作品の「熱さ」って、
「厨だと思われそうで人には言いづらいんだけど、心の中に秘めているストレートな正義感」
みたいなものを刺激しますよね。電車内で読んでいて目頭が熱くなることもしばしば(笑)。



175 :172:03/12/19 01:33
>>174
>厨だと思われそうで人には言いづらいんだけど、心の中に秘めているストレートな正義感
そうそう!禿同。
横山秀夫はそれを薄めて現代的にした感じかなあ


176 :名無しのオプ:03/12/19 03:39
新幹線キター!
たしか森村小説で初めて売れた作品だよね。
消防の時読んでレズシーンでハァハァした記憶あり。つーか使ったw
その時はよく分からなかったけど、大人になって読み返したらトリックの緻密
さに驚いた。
森村作品にしてはって言い方変だけど、キャラも立ってる方では?
サナトリウムのシーンなんていいと思うし。
佐野洋が読んだら「視点が乱れてる」って言いそうな箇所もあるけど、
綾辻行人も「唸った」というトリックも含め(無理もありますが)
当時の風俗などいろんな意味で面白い作品なので、
ぜひランクインをば。

177 :名無しのオプ:03/12/19 10:17
今日は早めに推薦者登場します。
「新幹線殺人事件」は、犯人が非常に好きですね。「君はがんばったよ」とねぎらってあげたいです(笑)。
トリックが、トリックのためのトリックになり気味なのは欠点ですが、ストーリー的にも面白く、初期の本格ものでは最高傑作と言えるのではないでしょうか?
(個人的には「虚構の空路」が1番好きですが。)

178 :98:03/12/20 00:11
既読者が二人で、二人とも「ベスト10に値する」と言っているので、
『新幹線殺人事件』は森村ベスト10認定ということで。

179 :98:03/12/20 00:18
【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かどうか話し合います】

本日(12/20)は、

『人間の証明』(1976)

<作品紹介>「証明三部作」の第一作。1975年、「野生時代」発表
時に第三回角川小説賞受賞。のち、角川書店より刊行。累計発行部
数770万部の超ベストセラー。1978年、松田優作の主演で映画化、
「母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね…」というキャッチ
コピーと共に大ヒットする。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

180 :98:03/12/20 00:23
>>138も一応カウントしておきますが、語り直したければ、
それはそれで全然OKです。

181 :名無しのオプ:03/12/20 00:33
社会派ミステリの金字塔でしょ〜。漏れのベスト1です。

182 :名無しのオプ:03/12/20 16:05
人間の証明は文句なしだと思う。


183 :名無しのオプ:03/12/20 16:28
「青春の証明」は、登場人物のうっかりが重たい話だと思った

184 :名無しのオプ:03/12/20 17:44
松本清張作品の真似、悪く言えばこの作品のせいで本格ミステリ
の隆盛が十年遅れたと厳しい評価もありますが
個人的に「キスミー」の件が好きなのでオッケーです

185 :名無しのオプ:03/12/20 17:45
いわゆるメディアミックスで大成功した作品だよな。人間の証明なくして
森村は語れないでしょ〜

186 :名無しのオプ:03/12/20 17:51
森村氏は埼玉県熊谷市出身
森村作品によく出てくる架空の町、埼玉県上武市は
熊谷市がモデルのようです
「鍵のかかる棺」では冒頭、熊谷市の土手の桜並木が舞台となり
地元ファンを喜ばしてくれました


187 :名無しのオプ:03/12/20 19:55
テーマと関係なくてスマソ
「捜査線上のアリア」読み終えました。

……工エエェ(;´Д`)ェエエ工

森村誠一がこんなのを書くとは……メール欄かと思いました。

188 :名無しのオプ:03/12/20 21:15
タイトルもいいよね。
証明3部作の中でもやはり1番はこれでしょう。


189 :名無しのオプ:03/12/20 22:31
西条八十の詩が心を揺さぶるYO

190 :98:03/12/21 00:21
>>189も含めていいのかな。
既読者七人中、七人ともが「ベスト10に値する」と言ってるので、
『人間の証明』は森村ベスト10認定ということで。

やっぱりよく読まれてるなあ。
実は俺はまだ読んでないんですが。

191 :98:03/12/21 00:28
【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かどうか話し合います】

本日(12/21)は、

『高層の死角』(1969)

<作品紹介>1969年、第15回江戸川乱歩賞受賞。その斬新な密室ト
リックが、選考委員の高木彬光、中島河太郎らに激賞される。講談
社より刊行。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

192 :名無しのオプ:03/12/21 17:51
>>191
「推理作家 森村誠一」はここから始まったようなものだよね。
そういう記念碑的存在であるし、ベスト1とは言えないまでも
ベスト10には文句なしに入れたい作品です。
そういう私にとってのベスト1は実は「分水嶺」なのですが・・・

193 :名無しのオプ:03/12/21 19:23
ついこないだ「分水嶺」を読んだのですが、冒頭のシーンでラストのオチが全部わかってしまい、
終始切なくなりながら読み通しました。面白かったです。

194 :名無しのオプ:03/12/21 23:55
「高層の死角」を読んだとき、あの作品がこれをパクっていることに気が付いた。
密室のトリックは紐とか針を使わない非機械的トリックに好感がもてる。
でも、この作品の読みどころは後半のアリバイ崩しのほうで、
何重もの壁を設定した犯人のトリックと、それを追いつめる捜査側の攻防に
手に汗を握った。

195 :98:03/12/22 00:06
既読者二人の内、二人ともが「ベスト10に値する」と言ってるので、
『高層の死角』は森村ベスト10に認定ということで。

>>194
>あの作品がこれをパクっていることに気が付いた。
どの作品ですか? メル欄でこそっと。

196 :98:03/12/22 00:11
【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かどうか話し合います】

本日(12/22)は、

『棟居刑事の証明』(1997)

<作品紹介>角川春樹事務所より刊行。1993年より始まる「棟居刑
事シリーズ」の一編(棟居刑事は『人間の証明』に登場)。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

197 :194:03/12/22 00:18
>>195
パクリと言えば(メール欄)です。

198 :名無しのオプ:03/12/22 10:58
棟居刑事の証明は漏れも好きだが、読んでる人が少ないだろうな....


199 :名無しのオプ:03/12/22 23:17
推薦した漏れが言うのもなんだけど、他の作品に比べると少し弱い
な〜。候補作は多い方が良いと思ったので出してみたんだけど、これは
はずしてくれてかまわないでつ

200 :98:03/12/23 00:06
残念ですが、『棟居刑事の証明』はベスト10落選、ということで。
俺も読んでないので、評価ができない。申し訳ない。

>>197
ありがとん。
そのシリーズは読んでたけど、その話は読んでなかったな。
今度チェックしてみよう。

201 :98:03/12/23 00:15
【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かどうか話し合います】

本日(12/23)は、

『星の陣』(1989)

<作品紹介>「星シリーズ」の第一作。著者初の新聞連載小説。光
文社より刊行。2003年、阿部勉監督による映画化が決定(公開時期
などは未定)。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

202 :140:03/12/23 02:20
自分の中ではベスト3にも入る傑作。
人生の瀬戸際で牙剥く老人達がとにかくカッコ良過ぎ・・
多少クサイかもと思われる描写も気にならない熱さに溢れていて
怒り、興奮し、涙し・・と読んでるこっちが忙しく、とりあえず人前では
読めない本ではあるw  

森村誠一入門編としてもお勧めかも。


203 :名無しのオプ:03/12/23 17:48
暴力団に対する義憤がよく伝わってくるよね

204 :名無しのオプ:03/12/23 17:52
ただ森村作品に出てくる暴力団って、ちょっとおとなしすぎる印象もある。



205 :名無しのオプ:03/12/23 21:51
暴力団の犯行に見せかけて....実は真犯人がいる、ってパターンも多いな

206 :98:03/12/24 00:17
>>202,203をカウントしときます。

「既読者二人ともがベストに値すると言っとるから、『星の陣』は森村ベスト10に決まりじゃ」
「目崎君、まさか票をサシクってきたんじゃなかろうな」
「いくら私でもそんなことはしませんよ」
 一同どっと沸いた。

207 :98:03/12/24 00:23
【一日につき一作、森村ベスト10に値する否かを話し合います】

本日(12/24)は、

『黒い墜落機(ファントム)』(1976)

<作品紹介>光文社より刊行。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

208 :98:03/12/25 00:50
既読者が0なので、『黒い墜落機』は森村ベスト10落選、ということで。

209 :98:03/12/25 00:55
【一日につき一作、森村ベスト10に値するか否かを話し合います】

本日(12/25)は、

『腐蝕の構造』(1972)

<作品紹介>「サンデー毎日」連載後、毎日新聞社より刊行。1973
年、夏樹静子『蒸発』と共に、第26回推理作家協会賞を受賞。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

210 :名無しのオプ:03/12/25 07:11
「腐蝕の構造」は完成度はやや低いと思いますが、盛りだくさんで力作感がありますし、
協会賞だし(笑)、やはり代表作の1つでしょうね。

211 :98:03/12/26 00:08
うーん、既読者が一人だと、ベスト10認定とは言いづらいですね……
『腐蝕の構造』は保留ということで。

212 :98:03/12/26 00:12
【一日につき一作、森村ベスト10に値するか否かを話し合います】

本日(12/26)は、

『暗黒流砂』(1973)

<作品紹介>「週刊ポスト」連載後、祥伝社より刊行。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

213 : ◆xAG4.Wd6wQ :03/12/26 21:05
http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60252-3

214 :98:03/12/27 00:23
既読者が0なので、『暗黒流砂』はベスト10落選ということで。

215 :98:03/12/27 00:25
【一日につき一作、森村ベスト10に値するか否かを話し合います】

本日(12/27)は、

『狙撃者の悲歌』(1988)

<作品紹介>講談社より刊行。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

216 :名無しのオプ:03/12/27 02:21
悪い、ついうっかりここに来るの忘れてた。
ベスト落ちは仕方ないが、暗黒流砂は妙な面白さとカタルシスがある。
まあ例によって後味は悪いがw
末読の人は読んでみて。

217 :名無しのオプ:03/12/27 13:05
ベストテンと別ネタですけど、森村作品によく登場する埼玉県K市って当然熊谷市
がモデルなんだろうけど、実際に埼玉のK市って他県より多いような気がするけど
どうでしょう?北海道在住の私でもとりあえず、川口・川越・春日部・越谷・久喜
・加須って出てきます。県北と限れば、熊谷以外だと鴻巣、北本ぐらいになるかな、
たぶんまだ他にもありそう。ちなみに知らない頃は毛呂山もケロヤマって読んでたし。

218 :名無しのオプ:03/12/27 13:41
埼玉は確か市の数が日本で一番多いからね

219 :名無しのオプ:03/12/27 14:00
>>217
上福岡市もあるよ

220 :名無しのオプ:03/12/27 18:01
>>217
 「毛呂山」って「ケロヤマ」でないんですか?


221 :名無しのオプ:03/12/27 22:00
>>220
もろやまですよ

222 :名無しのオプ:03/12/27 23:27
今日の土曜ワイド劇場、森村誠一の「レッドライト」っていうやつ
だったんだけど、メチャメチャ面白かった〜。氏お得意のいくつもの
事件が絡み合うんだけど、最後の最後まで絡まりまくってすごいの
一言。今年ドラマで見たサスペンスの中でも三本の指に入る秀作だった

223 :名無しのオプ:03/12/27 23:30
>>222
えええ、見れば良かった〜

224 :名無しのオプ:03/12/28 00:16
多分忘れた頃に再放送するでしょ

225 :名無しのオプ:03/12/28 00:57
狙撃者の悲歌

面白かったよ。
ベストというほどでもないけど

226 :名無しのオプ:03/12/28 01:03
今日「新幹線殺人事件」と「殺人倶楽部」買ってきました。
新幹線〜の方は解説で名作を強調されているので楽しみです。

227 :名無しのオプ:03/12/28 01:23
「レッドライト」、「マジンガーZ対デビルマン」パターンで見ていて萌えたな

228 :98:03/12/28 04:51
既読者が一人ですが、「ベスト10に値する」とは言ってないので、
『狙撃者の悲歌』は森村ベスト10落選ということで。

ところで、『むごく静かに殺せ』、『虚無の道標』、
『忠臣蔵』、『エンドレスピーク』なんかは
話題にならないけど、面白いのかな。
未読なんで気になる。

229 :98:03/12/28 04:57
【一日につき一作、森村ベスト10に値するか否かを話し合います】

本日(12/28)は、

『悪魔の飽食』(1981)

<作品紹介>「しんぶん赤旗」連載後、光文社より刊行。旧日本軍
731部隊が満州で行った人体実験を告発したルポタージュとして話
題を呼ぶ。翌年、『続・悪魔の飽食』が刊行されるが、そこで使用
した写真の誤用が明らかになり、正編も併せて絶版となる。1983年
、角川書店より復刊。また、この作品に基づいて、作曲家池辺晋一
郎により合唱曲「悪魔の飽食」が作られている。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

230 :名無しのオプ:03/12/28 12:37
売れ行きから考えても当然ベスト10に入れていいと思います。

231 :名無しのオプ:03/12/28 16:29
もれは文句なし。
代表作のひとつ。

232 :98:03/12/29 00:52
既読者が二人共が「ベスト10に値する」と言ってるので、
『悪魔の飽食』は森村ベスト10認定、ということで。

233 :98:03/12/29 00:54
【一日につき一作、森村ベスト10に値するか否かを話し合います】

本日(12/29)は、

『夕映えの殺意』(1974)

<作品紹介>徳間書店より刊行。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

234 :名無しのオプ:03/12/29 03:51
ベストテン、というのにはちょっと足りないとは思うが、
「人間の証明」的なテーマの重さと、ハードボイルドな展開、ターミネーター系敵キャラ半間捨男がいい。

235 :名無しのオプ:03/12/29 15:30
「夕映えの殺意」
これ、おもしろい物理的密室トリックが出てきます。
日本人にしかない習慣(?)をトリックに用いてるのですが、
ちょっと驚かされます
さらに日中戦時下での大量虐殺という重たいテーマ・・
文句なしの傑作だと思う


236 :名無しのオプ:03/12/29 17:50
面白い、とは思うがこれより落選した腐蝕の構造が上だと漏れは思う。
腐蝕の構造今日読んだんだけどね。遅レスすまそ

237 :98:03/12/29 22:37
俺もベストではないと思うけど、
密室トリックの解明の仕方が面白かった。
えー! と思った。

238 :98:03/12/30 00:16
既読者四人の内、「ベスト10に値する」と言ってるのが一人だけなので、
>>235には申し訳ないけど、
『夕映えの殺意』はベスト10落選ということで。

239 :98:03/12/30 00:20
【一日につき一作、森村ベスト10に値するか否かを話し合います】

本日(12/30)は、

『白の十字架』(1978)

<作品紹介>「十字架シリーズ」の第一作。角川書店より刊行。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

240 :名無しのオプ:03/12/30 05:22
ミステリーじゃないし、傑作とも言えないかもしれないけど、
「青の魔性」という短編が好きだ。
主人公と少女の愛に萌えて、自分がロリコンなんじゃないかと疑った。

241 :名無しのオプ:03/12/30 19:34
>>239
『白の十字架』
森村作品らしい、ストイックな主人公のストイックな振るまいが単純に心地よい佳作だと思う。
一見異なる事件達が錯綜しつつ後半に纏まっていく過程も、いかにもの森村風で面白かった。
かといってベスト10に値するか否かと聞かれたら、非常に微妙な位置のような感じなんだよな。

242 :名無しのオプ:03/12/31 00:48
「魔少年」推薦者ですが、
31日夜はここにこられないので先に書かせていただきます。

全ベスト10かと言われるとためらうものがありますが……
短編も意外とイケる森村作品の中で、自分が読んだ内では
傑作だと思います。短編ベスト10には入るかと。
悪意の少年と大人の事情の絡みが森村っぽいです。

243 :名無しのオプ:03/12/31 04:01
規制にひっかかっていて書けなかったので、
昨日の「白の十字架」について書かせて〜

ベストテン入りするにはちょっと足りないとは思いますが、
カーペンターズの歌詞のくだりなどには、センチメンタルな味わいが満ちていて、
「佳作」という表現が一番ピッタリした作品でしょう。

244 :98:03/12/31 05:50
既読者二人中、「ベスト10に値する」と言ってる人がいないので、
残念ながら、『白の十字架』は森村ベスト10落選ということで。


245 :98:03/12/31 05:53
【一日につき一作、森村ベスト10に値するか否かを話し合います】

本日(12/31)は、

「魔少年」(1974)

<作品紹介>『残酷な視界』所収。のちに再編集され、『魔少年』
として講談社文庫、角川ホラー文庫などから刊行される。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

今後の予定は>>162

246 :140:03/12/31 15:25
森村誠一ってこんなのも書けるんだ、と唸った一編。
恐ろしく、そして切なく・・・
衝撃的って点ではベスト10でもおかしくない。

247 :98:04/01/01 12:21
>>242もベストにカウントしますよー。
既読者二人中、二人ともが「ベスト10に値する」と言ってるので、
「魔少年」は森村ベスト10認定ということで。

248 :98:04/01/01 12:23
【一日につき一作、森村ベスト10に値するか否かを話し合います】

最終日の本日(1/1)は、

『東京空港殺人事件』(1970)

<作品紹介>光文社より刊行。

【ベスト10に値するか否かを明記し、できればその理由も書いてください】

249 :名無しのオプ:04/01/01 12:51
厨房時に読了。
2重の壁に阻まれた完全な密室殺人という設定に
ワクワクしながら読んだけど解決編を読んで愕然。
なんですかあのバカトリックは?
ストーリーはすでに忘却の彼方なので評価はトリックのみということで。
ベスト10入りは当然、否です。

250 :名無しのオプ:04/01/01 14:20
殺意の架橋と並ぶバカミスだよねw
個人的には森村氏らしいバカっぷりが好きなんだけど、
ベストにふさわしいかと言うと、自分も否です。

251 :名無しのオプ:04/01/01 16:03
ホテルマンとしてはあのトリックを使いたかったんだろうね。
でもストーリーは結構好き。プロローグの墜落現場の話はつかみとしては絶品と
思う。できればベスト入りさせて欲しい作品ではある。

252 :名無しのオプ:04/01/01 17:23
名探偵コ○ンがパクッたトリックで有名(?)なヤシだな。漏れは
ベスト10入りもありだと思う。トリックは別として、話としては
かなり面白かった。

253 :名無しのオプ:04/01/01 17:49
森村作品はトリックより、全体の話の内容で評価したい。
この話、私は好きです。

254 :名無しのオプ:04/01/01 19:23
「棟居刑事の人間の海」を読んでいます。
私が好きな森村作品パターンである、
「社会の落伍者が集まって何かを守るうちに自分自身を取り戻す」話と、
地道な捜査ものがリンクするので、読み終わるのが惜しい…


255 :名無しのオプ:04/01/01 23:04
>>228
遅レスで申し訳無いが、『虚無の道標』はミステリーというよりは大河風味の小説作品だと思う。
森村作品のある種の「厨」っぽさというか青っぽさが好きな人は、なかなか楽しめる一品だと思う。

256 :98:04/01/02 06:26
既読者五人中、三人が「ベストに値する」と言ってるので、
『東京空港殺人事件』は森村ベスト10認定ということで。

>>255
さんくす。

257 :98:04/01/02 06:40
【このスレが選ぶ森村誠一ベスト9】(順不同)

『野性の証明』(1977)
『密閉山脈』(1971)
『新幹線殺人事件』(1970)
『人間の証明』(1976)
『高層の死角』(1969)
『星の陣』(1989)
『悪魔の飽食』(1981)
「魔少年」(1974)
『東京空港殺人事件』(1970)

選考過程は>>148-256

258 :98:04/01/02 06:50
というわけでベスト10には一作足りませんが、
ひとまず終了いたします。
ラインナップには賛否両論があるかと思いますが、
選考方法や時期が異なれば、また違った結果が出てくるでしょう。
ベストに選ばれた作品も落選した作品も、
候補にならなかった作品にも読むべきものはたくさんあると思いますので、
次に森村作品を読む時の参考にしてもらえればこれ幸い。
また、俺の仕切りが悪かったかもしれなくて、すみません。

選考にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
では、俺は名無しに戻ります。

259 :名無しのオプ:04/01/02 20:30
98さん乙でしたー。
10作にならなかったのが惜しいような。
未読のもの、読んでみます。

260 :名無しのオプ:04/01/02 21:20
魔少年が入ったのには「えっ!?」って気がしたが他はまずまず順当
じゃないですかね。ホントに98さん乙です。盛り上がりましたよ

261 :名無しのオプ:04/01/02 21:32
楽しかったですよ。

262 :名無しのオプ:04/01/02 22:43
「分水嶺」が好きなんだけどな……
短編だと「青の魔性」……

少数派?

263 :名無しのオプ:04/01/03 01:20
「青の魔性」は>>240も挙げてる。
結構評判いいみたいですね。
自分は未読だから今度読んでみよう。

264 :名無しのオプ:04/01/03 01:23
「分水嶺」は、森村の最大の魅力のひとつである「厨チックな正義感」が
最大限に表現されている作品だと思う。
さまざまな描写に「昭和40年代」っぽさが顔を出していたりするのも面白い。
個人的には、悪役企業のなりふりかまわぬ度がもうちょっと強く描けていれば
もっと良かったように思う。割合に筋を通しているので悪として対象化しきれなかったりする。

265 :名無しのオプ:04/01/03 02:07
>>260
>242ですが(´・ω・`)ついでにどの辺がダメかを語っていただければ
(作品名あげたときは軽い気持ちだったんで)

266 :名無しのオプ:04/01/03 02:38
ベスト10の中で一般的な代表作は何でしょう?
「人間の証明」かな?

267 :名無しのオプ:04/01/03 09:21
横溝正史のエッセイでマイベストは9作、もう一作は次回作と書いていたので、
森村ベストのもう一作も次回作ということで、メデタシメデタシ・・・

268 :名無しのオプ:04/01/03 11:07
超高層ホテル殺人事件はだめですか?そうですか。

269 :名無しのオプ:04/01/03 11:24
>>265
短編だから、でないかい?

270 :名無しのオプ:04/01/04 16:15
火の十字架しか読んだことのない香具師が一般書籍板にスレ立てた。

 森 村 誠 一 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1071428380/

271 :名無しのオプ:04/01/04 18:26
>>240
>>262

青の魔性はおれも好き。
あの頃の心理サスペンスっぽい短編、面白いのが多かったと思う。

272 :140:04/01/07 02:22
「勇者の証明」も少し青臭いけど好きだ。

273 :名無しのオプ:04/01/07 23:18
>>266
まあ順当でしょうね。
森村誠一って固有名詞は知らないけれど、人間の証明って作品名は知ってるって人も
結構いそうな感じだし。

274 :名無しのオプ:04/01/11 03:03
新幹線殺人事件、読み終わりました。切ないラスト……
冒頭を読んだときは、全く予想できませんでした。

しかし万博ってすごかったんですね。(自分の生まれるわずか前ですが)
SFですが眉村卓の「EXPO’87」を思い出しました。

275 :名無しのオプ:04/01/14 02:04
先生、壊れたか?w
ttp://www.morimuraseiichi.com/eizo/index.html

276 :名無しのオプ:04/01/14 23:43
>>275
これ誰だよ……
内容となんにも関係ないじゃんw

277 :名無しのオプ:04/01/16 19:00
テレビに出るらしい
ttp://www.nhk.or.jp/sonotoki/yotei/yotei.html

278 :名無しのオプ:04/01/16 22:16
歴史作家としてもある程度の知名度があるし見てみようかな。


279 :名無しのオプ:04/01/17 00:25
偽造の太陽は中学生ごろ読んだときは、面白すぎて感動した。
しかし、15年経った今読んでみると・・・

280 :名無しのオプ:04/01/22 23:09
>>98
うざかったよ、正直。

281 :名無しのオプ:04/01/22 23:29
書き込みが何も無く、人知れず沈んでいくのがスレの理想的な状態。

282 :名無しのオプ:04/01/23 01:41
>>280
卑怯者が

283 :名無しのオプ:04/01/23 20:03
>>280は何もない、つまらん、寂しいと文句を言い、かといって自分では何もせず、
誰かが何かすると叩き、やがて何もなくなるとまたつまらんと文句を言い、
現状に反抗する自分はアウトローでかっこいいはずなのに
なぜちやほやされないのか判らず、不満だけが鬱積し、また他人に文句をつけるタイプ。

284 :名無しのオプ:04/01/27 04:57
>>98 = >>282 = >>283

仕切りたがる粘着質。ただただ気持ち悪い。


285 :名無しのオプ:04/01/27 18:57
文句しか言えないお前よりはマシだろう

286 :名無しのオプ:04/01/27 21:48
荒らしで盛り上がる悲しさ

287 :名無しのオプ:04/01/27 21:58
ちょっと気になっているんですが、どなたかご存じでしたら
教えてください。

佐野洋の「推理日記」の何巻かで「前科十数犯の若者なんて
裁判の進行から言ってありえない」みたいにつっこまれてたのって
森村の「捜査線上のアリア」でしたっけ?
どっちも本が手元になくて確認できないのです。
(佐野スレで聞いた方がよかったかな……)

288 :名無しのオプ:04/01/28 00:56
確かに、>>98氏が頑張ってた頃って
>>287みたいな書き込みがしづらかったのは事実。

289 :名無しのオプ:04/01/30 22:40
>>288
いやあ自分は結構関係ないことを書き込んでましたよ。
未読が多かったためもあるけど。

290 :名無しのオプ:04/02/01 00:18
                     _ /- イ、_
 ヤッホー!!  _        /: : : : : : : : : : : (
          〈〈〈〈 ヽ     /: : : : ::;:;: ;: ;:;: ; : : : ::ゝ
          〈⊃  }     {:: : : :ノ --‐' 、_\: : ::}
   ∩___∩  |   |      {:: : :ノ ,_;:;:;ノ、 ェェ ヾ: :::}  
   | ノ      ヽ !   !   、  l: :ノ /二―-、 |: ::ノ
  /  ●   ● |  /   ,,・_  | //   ̄7/ /::ノ
  |    ( _●_)  ミ/ , ’,∴ ・ ¨  〉(_二─-┘{/
 彡、   |∪|  /  、・∵ ’  /、//|  ̄ ̄ヽ
/ __  ヽノ /         /   // |//\ 〉
(___)   /        /    //  /\ /


291 :名無しのオプ:04/02/06 00:02
「腐食の構造」を百円で買いました。

前半少しだるいなと思っていたけど、
中盤からぐいぐい引き込まれて面白かったですよ。

292 :名無しのオプ:04/02/09 15:41
「醜い高峰」面白かった。


293 :名無しのオプ:04/02/12 10:20
Nガスって、言うんだな・・・


294 :名無しのオプ:04/02/12 20:54
>>287
ちょうど手元に「捜査線上のアリア」があったので、
登場する集団すりの面々の履歴。

酒井実吉(47) 前科13犯 逮捕暦23回
酒井速雄(40) 前科8犯 逮捕暦14回
浅岡敏夫(28) 前科7犯 逮捕暦11回
洪秀蘭(23) 前科5犯 逮捕暦9回
高松重和(35) 前科11犯 逮捕暦19回

だとさw

295 :287:04/02/12 22:18
>>294
ありがd。
たしか、裁判が終わって「1犯」と数えるから
日本の裁判制度だと刑を終えて再犯して、を
繰り返してたらもっと時間がかかる、みたいな
話だった気がする。

図書館で借りてた頃があるので、ところどころ
持ってないんですよ推理日記。ってスレ違いでスマソ

296 :名無しのオプ:04/02/17 08:26
稚い殺意があったのでage。
角川文庫では短編集「殺意の重奏」に収録されているのですが、子供の世界は怖いもんです。
オチを書くとGL違反ですのでやめときますが、え?と思うものでした。
子供のいじめは「魔少年」のほうが露骨ですが・・・あれは確かにすごかった。


297 :名無しのオプ:04/02/17 22:39
青春の神話読みますた。
また、「市を支配する悪の権力者(暴力団付き)とそれに対抗する正義のレジスタンス」
系のお話かYO!
これの前に読んだのが勇気の証明だったから、キツかった…
特攻機で指令所に突っ込む話ももうカンベン。

298 :名無しのオプ:04/02/18 08:10
やっぱり刑事モノ、正義モノと交互に読まないとなぁ・・

299 :名無しのオプ:04/02/19 00:51
でも社会派ってホント出てこないよな。そういう正義モノは今貴重だよ。

300 :305:04/02/19 14:17
エンドレスピーク読了。こういうのもいいね。

301 :名無しのオプ:04/02/19 18:01
森村正義ものは、ちょっとダウナーな気分の時に読むと救われる気がするぞ。


302 :名無しのオプ:04/02/23 23:31
ザ・テレビジョンの名付け親この人らしい。

青山の英米卒だから「英語ができるんでしょう」と言われるが
少し喋れる程度で、最近英会話を習い始めたと聞きました。

303 :名無しのオプ:04/03/04 20:52
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040304-00000151-kyodo-soci
銃、銃弾大量所持で起訴 「防衛隊結成が目的」
東京地検は4日、銃10丁と大量の銃弾を隠し持っていたとして、
銃刀法違反などの罪で三重県名張市
無職中村泰容疑者(73)
=現金輸送車襲撃事件の強盗殺人未遂罪などで名古屋高裁で公判中=を起訴した。
中村被告は「防衛隊をつくろうと思った」などと起訴事実を認めているという。

起訴状によると、中村被告は2003年8月21日、
東京都新宿区の生命保険会社のビル地下にある貸金庫に
銃10丁と銃弾1006発などを保管していた。
銃などは米国で購入し、国内に持ち込んだ。いずれも発射可能だったが、
別の事件で使用された形跡はないという。

中村被告は02年11月22日、名古屋市西区のUFJ銀行押切支店で、
現金輸送車の警備員2人に短銃を発射し1人の両足に命中させた。
現金約5000万円入りの袋を奪ったが、すぐに別の警備員が取り押さえ、
強盗殺人未遂の現行犯で逮捕された。(共同通信)
[3月4日17時48分更新]

304 :名無しのオプ:04/03/10 13:44
>>302
13ヘェ

305 :名無しのオプ:04/03/10 17:08
この人の作品、パクリが多いよね。




306 :名無しのオプ:04/03/10 23:50
>>305
どんなのがパクリ?

307 :名無しのオプ:04/03/11 01:57
まあ「星の陣」は草野唯雄の「七人の軍隊」と話は似てるが、面白さは
比べ物にならん。

308 :名無しのオプ:04/03/11 03:04
個人的にはパクリというよりオマージュだと思うが
人間の証明は砂の器を連想させ(メル欄)
動機はゼロの焦点を連想させるね

309 :名無しのオプ:04/03/11 07:34
読むに絶えん文章。

310 :名無しのオプ:04/03/11 16:55
森村誠一の代表作はやっぱり「殺しの双曲線」でしょう。あれは傑作だった。

311 :名無しのオプ:04/03/12 11:11
>>310
ネタ?

312 :名無しのオプ:04/03/14 11:03
盛り上がらんな。これならベスト10やってた方がマシだったかも。

313 :名無しのオプ:04/03/14 11:08
立正大学心理学部の長澤亜希子さん、かわいい。

314 :名無しのオプ:04/03/14 11:59
森村誠一と西村京太郎はなぜ仲が悪いんだろう? 森村×赤川は仲がよさそうなのに。
誰か知ってる人がいたら教えて。

315 :名無しのオプ:04/03/14 12:54
>>314
???

316 :名無しのオプ:04/03/14 13:47
この人の作品、パクリが多いよね。

317 :とことめ:04/03/14 15:25
西村京太郎は読むに耐えない でも森村誠一は読むに耐える小説だと思う
 でもあまり書き過ぎ出し過ぎじゃないかしら 段々ねた切れ症状違います

318 :名無しのオプ:04/03/14 17:42
>>317
四つの終止符は? 天使の傷痕は? D機関情報は? 殺しの双曲線は? 華麗なる誘拐は?
これらの初期名作を読んでいる上での発言なら納得せざるをえないが、最近の作品(十津川警部
の○○や、○○列車殺人事件)を読んだだけでそう判断するのは良くないと思う。
森村氏だって最近の作品より初期や中期に名作が多いのは誰もが認めるところなんだし。

319 :名無しのオプ:04/03/14 17:52
森村誠一と西村京太郎はなぜ仲が悪いんだろう? 森村×赤川は仲がよさそうなのに。
誰か知ってる人がいたら教えて。

320 :名無しのオプ:04/03/14 18:40
>>319
どんなのがパクリ?

321 :名無しのオプ:04/03/14 21:03
西村京太郎と仲が悪いってネタだろ?
ttp://www.morimuraseiichi.com/shashinkan/a/a_07.html

322 :319:04/03/14 21:29
「仲が悪そうと思った理由」
1:森村誠一と一緒に写っている西村京太郎の顔に笑顔がない。
2:森村×西村のツーショット写真が一つもない。

323 :とことめ:04/03/16 20:54
318さん失礼いたしました 四つの終止符・天子の傷痕等々どれも読んでませんでした
 十津川警部のシリーズ2・3冊を読んでの感想でした

324 :318:04/03/16 22:03
自分もちょっと言い過ぎたと思っていたので、気にしないでください。
それらの初期名作は本当に最高ですので、もしいつか読む事があったら
本スレでぜひ感想を書き込んでくだされ。

【$$$西村京太郎$$$〜PART3〜】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1078155067/l100

325 :名無しのオプ:04/03/29 11:25
「いけない!ママが乗ってる!やめろ!ストップ!やめるんだ!!」


326 :名無しのオプ:04/03/29 18:17
age

327 :名無しのオプ:04/04/01 21:31
偶然か必然か、難事件解決に向けて、重要登場人物の邂逅が描かれるあたりが好き。

328 :名無しのオプ:04/04/03 05:21
北区立東田端図書館の細井さん、かわいい

329 :名無しのオプ:04/04/08 20:56
森村と西村のツーショットの写真はいつでも見られますよ。だって、その写真は湯河原の西村京太郎記念館に掲出中だから。ちなみに森村と西村はともに笑顔! 記念館に行ったことがある人、だれか証言して!

330 :名無しのオプ:04/04/10 16:55
東スポにあの露出狂っぽいコスプレ弟子の記事が載ってたな

331 :名無しのオプ:04/04/10 22:12
「致死海流」がわりとおもしろかったかな。 
密室トリックもそれなりによかったかも

332 :名無しのオプ:04/04/10 22:22
>>330
HPでコスプレしてる女の子?
あれ一体何者よ?

333 :名無しのオプ:04/04/12 06:35
話の腰を折るようですが、俺的には森村リメイクの「バトルロワイヤル」が読んでみたいな、と
どんな森村節が炸裂するか興味深々であります(w

334 :名無しのオプ:04/04/14 23:34
えーと、センセの作品で紀行作家宮脇俊三の「時刻表昭和史」の一節が
引用されているものがあったと記憶していますが、作品名わかりますか?

勘違いならスマソ。

335 :名無しのオプ:04/04/15 05:35
ステージハーズの砂間真理子さん、かわいい

336 :名無しのオプ:04/04/15 20:46
>>334

確か「勇者の証明」のはず。

337 :名無しのオプ:04/04/15 21:48
森村は、熊谷出身で確か厚木在住のはずなのに、
妙に町田や相模原周辺を舞台にするのはなぜだろう


338 :名無しのオプ:04/04/15 22:13
まあ東京在住の作家がニューヨークを舞台にした話を書くようなもんなのかな

339 :イラストに騙された名無しさん:04/04/15 23:49
 森村誠一は短編の名手です。
 「祖母為女の犯罪」「妖獣の債務」「連鎖寄生眷属」とかがいいです。
 もっとも、重複されてることが多いのは
 「姦の毒」「鉄筋の猿類」
 などですね。まだ他にもいっぱいあるでしょうけど。

340 :334:04/04/16 22:41
>>336

サンクス。探してみます。

341 :名無しのオプ:04/04/17 01:40
「ファミリー」の終わり方がこわかった!

342 :名無しのオプ:04/04/17 19:31
伊勢丹新宿店化粧品売り場の桑子夏枝さん、かわいい

343 :名無しのオプ:04/04/17 19:49
>>337
以前、東京都なのに神奈川に飛び地しているような不思議なエリアである町田に昔から興味がある、と語ってたよ。

344 :名無しのオプ:04/04/19 22:00
>>341
ファミリー、結構おもろいよね。

俺は星の旗を読んでる。
町を牛耳るヤクザ、( ゚Д゚)アキタヨ・・・

345 :イラストに騙された名無しさん:04/04/19 23:57
 「ファミリー」って、「連鎖寄生眷属」のネタを拡大したようにも思えた。
 最後の最後で背筋を寒くさせるのも、やっぱり普通の家庭とは・・と考えたりもする。
 ちなみに私はドラマで知りました。
 でも文庫版の挿絵は、横溝でおなじみの杉本一文なのでなんか怖かった。

346 :名無しのオプ:04/04/20 00:13
ドラマでやってたんですか!
見たい〜!

347 :名無しのオプ:04/05/05 04:08
ホームアウェイも面白かった。
暴走族をやりこめて正明がヒーローになったりしたところ
の描写とか(^_^)

348 :名無しのオプ:04/05/08 22:55
>>1がスレを立てたまま、消息を断ってしまったのは、おかしい。
>>1の身に、カキコしたくともできないような事情が発生したのではあるまいか。
その事情とはなにか? 不安が確実に水位を増していた。

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)