5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

秋の夜長にF・W・クロフツ

1 :名無しのオプ:02/10/24 15:59
なんてどうでしょう?この人何気に著作多いよね。オレはまだ「樽」と
「マギル卿最後の旅」しか読んでないからまだまだいけます(笑 

2 :名無しのオプ:02/10/24 16:15
2   

3 :名無しのオプ:02/10/24 16:35
さてフレンチ警視最初の事件読むか

4 :名無しのオプ:02/10/24 16:36
持ってるのかよ!!くれ!!

5 :名無しのオプ:02/10/24 17:55
けいかほうこく
ねっとしょてんでざいこをかくにんしました。

クロフツのミステリは全部で37作。
そのうち長編は34作。3作が未訳。
翻訳のある31作のうち、10月24日現在、在庫があるのは以下の5作。

「樽」
「英仏海峡の謎」
「フレンチ警部と紫色の鎌」
「フレンチ警部と賭博船」
「クロイドン発12時30分」

11月に創元から「マギル卿最後の旅」が復刊。

短編集3作中、本日現在現役本は以下の2作。
「クロフツ短編集1」
「クロフツ短編集2」

ぼくのしらないうちに、たくさんしなぎれになっていました。
かなしいです。

6 :Enigma:02/10/24 18:06
ご苦労様……と思ったら『フレンチ警部と賭博船』の在庫があるのか!
知らなかった。

7 :名無しのオプ:02/10/25 00:01
「賭博船」ではなく「多忙な休暇」だと思うが・・・。
「賭博船」は1968年頃に絶版になったはず。

ただし、創元以外から出ているのなら、話は別だけど。

新カバー出ていたのは5で挙げられた以外に、
「最大の事件」「チェインの謎」「製材所の秘密」「スターヴェル」
「山師タラント」「黄金の灰」「蜘蛛と蠅」ぐらい。
うーん、これがみんな品切れ扱いか。
消えるの早すぎ。


8 :=5:02/10/25 09:34
>6,7
スマソスマソ
古本あたまが自動翻訳してしまいますた。
もちろん「賭博船」ではございません。
「多忙な休暇」です。
自宅にて逝ってきます。

9 :Enigma:02/10/25 20:14
『賭博船』は読んでるけど『多忙な休暇』を読んでいないという人もいそうだなぁ。
最近読んだ『油田』は94年の新カバー。せめて10年に1度くらいは再版して
ほしいとは思うけど、あいかわらず品切れになっていないものが売れないようで。
ほかのはともかく、『製材所』とか『蜘蛛と蠅』とか『スターヴェル』とか
『サウサンプトン』なんかは面白いんだけど……。

10 :書斎魔神:02/10/25 20:35
「ポンスン事件」を語らないといかんよ。
創元の翻訳が初の完訳なのに随分早く絶版になってしまった。
「樽」と並ぶ傑作と評価する声もあるトラベルミステリの元祖中の元祖。
短編集では、クロフツにしては洒落た遊び心に富む「殺人者はへまをする」
もとうに絶版なのが残念。
刑事コロンボとかも好きな人にはお薦めの1冊なんだけどね。

11 :鮎の生寿司:02/10/25 23:56
クロフツは2、3冊読むとあきちゃうんだよね。
全作読み通すには10年越しの計画が必要だった。
すごい名作といいたくなる作品もないけど、
本を投げて怒るほどの駄作もない。歩留りのいい作家。
でも最近は人気が凋落したね。世界探偵小説全集とかの
古典復刊企画にすべて洩れている。

12 :書斎魔神:02/10/26 10:23
この板にはクロフツが存命中に生まれてた人は皆無でしょ。
探偵小説の本場である本国(イギリス)でも、とうに忘れられた作家。
極東のミステリ大国で、かくも長きにわたり愛読されるとは、
作者も予想どころか夢想もしなかったと思う。
最近は、日本でも読まれなくなった来たね。
本格派ビッグ5の中でも、ミステリの代名詞とも言える世界的な作家クリスティは
別格として、クイーン、カー、ヴァンダインと比較してもスルーされがちかも。
もっとも、海外ではクリスティ以外は皆同じような状態らしいけど。

クロフツは「樽」「ポンスン事件」といった代表作にシリーズキャラの
名探偵(フレンチ警部)が登場しない珍しい作家だね。


13 :名無しのオプ:02/10/26 10:27
創元の「樽」に小学校時代挑戦したけどダメだった。
クリスティーやクイーンやドイルは平気だったのに。
今から読んで見ようかな。

14 :名無しのオプ:02/10/26 13:53
>12
>本国(イギリス)でも、とうに忘れられた作家。
まあ、概ね正しい理解ですが、2000年末から2001年明けに
かけてHouse of Stratusという出版社が、ジュヴィナイルを除く
全36作をペーパーバック化しますた。
今でも、直接注文できます。日本のAmazonからでも頼めます。
未訳の「Found Floting」や「Antidote To Venom」も、簡単に
買えるようになってますんで、ガッツのある人は原文に挑戦可。
とりあえず、House of Stratusが潰れるまでは
>本国(イギリス)でも、とうに忘れられた作家。
という「定説」は避けておいた方が無難かと。

15 :書斎魔神:02/10/26 13:57
クロフツと鮎川哲也先生を比較することには異論もあるようだけど、
読書ガイドとしては共通項もある。
俺は、鮎川哲也読書ガイドとしては「黒いトランク」は薦めていない。
傑作に間違いはないんだが、初めて読むにはマニアック過ぎる気がするんだな。
この点は「樽」にも該当する。しかも分量的に大部でもある。
入手可能な範囲の作品で言えば、「英仏海峡の謎」「マギル卿最後の旅」あたり
を手にとってみたらどうだろうか。
分量的にも適当だし、クロフツの持味は良く出ていると思う。


16 :名無しのオプ:02/10/26 14:01
>10
>「殺人者はへまをする」もとうに絶版なのが残念。
>刑事コロンボとかも好きな人にはお薦めの1冊なんだけどね。
はげどう
あれって、ラジオドラマかなんかだったんでしょ?

17 :書斎魔神:02/10/26 14:02
>>14
情報サンクス。
しかし、その出版社って結局、日本の国書刊行会みたいなもんなのでは?


18 :名無しのオプ:02/10/26 17:49
>17
House of Straus は、「マニア好みの渋い作家の作品」と
いうラインナップでは国書に通じるものがありますけど、
・6,7ポンドの廉価版で出し、図書館よりは個人狙い
・一人の作家の作品をとにかく数十冊オーダーでまとめて出す
・バークリーや、フリーマンも出すけど 必ずしも古典に拘らない
といったところが「国書刊行会」とは少し毛色が違うかも。

House of Straus ファンには怒られるかもしれんけど、
漏れ的には「ハルキ文庫」のイメージに近いものがあったりして。
経営が危なっかしそうで、ファンがひやひやしている
ところなんかも(藁

クロフツはものによっては冒険ものの要素もあって
ちっとも退屈じゃないんですけどね。
「樽」の呪縛かな。

19 :18:02/10/26 17:51
>18
ミススペル、スマソ
House of Straus → House of Stratus

20 :名無しのオプ:02/10/26 18:46
クロフツ原書で読んだ感想
ほかの作家に比べると意外に読みやすい
って感じでございました。
「クロイドンjと「ホッグスバック」読んだけど

21 :土方の変人:02/10/26 18:53
>18
情報どうもです。
それにしても国書も6,7ポンド(1000円くらい?)で出してほしいものなり

22 :書斎魔神:02/10/26 19:21
>>16
「あとがき」にはラジオドラマ用とあるね。
これもノヴェライぜーションというヤツかな。
「殺人者は・・・」のフレンチ警部は、いかにも余裕しゃくしゃくな名探偵風で
長編の地道な捜査官のイメージとは異なる感じだね。
非常にらしくない。
ショートショートに近いくらいの作品から成る短編集だから、
こういうキャラになるのも仕方無いかもしれないけどね。

クロフツは純粋な本格ミステリ作品の他にも、イギリスお家芸の冒険小説風の作品、
「殺人者は・・・」のような刑事コロンボ風の短編とかいろいろ書いているね。
しかし、フレンチ警部を創作してからは、作品の傾向に関係無くフレンチが主人公
になっているのは、どうかと思うな。
もう少し主人公に多様性を持たせた方が、抵抗感・違和感がなかったような気がするんだが。

23 :Enigma:02/10/26 22:11
House of Stratus、いっかいアウトになりかけたらしい。
なんとか立ち直ったようです。詳しいことは知りませんけど。
オルツィの『紅はこべ』シリーズも出てる(もちろん隅の老人も)。
ここの本は、イギリス人よりも日本人の方がたくさん買ってたりして。

>>20
はげどー。何だか教科書に出てきそうな、きっちりした英語のように思えます。
逆に言うと、その辺が文学的ではなくて、読まれなくなった一因なんでしょう。

24 :12:02/10/27 00:15
>14
亀レスですが、情報ありがとうございます。
House of StratusのHP見てきました。
コレクターズアイテムですね。原語で読める読めない
はともかく、どの作家も集めたくなる感じです。
これでもちっとペーパーバック安ければ・・・
Amazonで表紙のデザインを見てすごく購買欲に
かられています。


25 :名無しのオプ:02/10/30 18:15
24≠12
誤爆した。スマソ
House of Stratusは邦訳ほぼ全滅のバグリイ全作や
フリーマン全長編出してますね。これはいい。


26 :名無しのオプ:02/10/30 20:05
退屈といわれるクロフツも、常に結末の意外性があって好きです。
「海の秘密」や「死の鉄路」などは、自分が初心者だったせいもありますが、
ひっくり返った記憶があります。
翻訳されたものはかなり持ってるつもりですが、後悔しているのは、
「ヴォスパー号の遭難」を買い損なったことです。
ハヤカワが復刊するとは思えないし。
流れと関係なく、しかもまとまりのない文で失礼しました。

27 :名無しのオプ:02/10/30 20:14
http://www.area-saitama.com/shop/happy2/girl/hina/index.html
http://www.area-saitama.com/shop/happy2/girl/hina/index.html
http://www.area-saitama.com/shop/happy2/girl/hina/index.html
今、蕨市アメリカンドリームで働いてます


28 :名無しのオプ:02/10/30 22:57
しかしクロフツってデビュウ作が凄すぎて(決してほかの作品だって質が悪い
わけでもないのに)あとが続かないようなかわいそうなイメージない?




29 :名無しのオプ:02/10/30 23:01
その点では竹本健治に似てたりして。

30 :名無しのオプ:02/10/30 23:46
>29

樽の中の失楽
狂い窓発12時30分
フレンチ警部と閉じ箱の死

い、いやだああ!!!!

31 :名無しのオプ:02/10/31 01:13
>29
フォア・フォーズ荘の恐怖
ウロボロス号の遭難
見えない碁敵
酉つ九最期の足袋

いかが?読みたい?

32 :名無しのオプ:02/11/04 18:33
「マギル卿」はもう再版されたの?

33 :名無しのオプ:02/11/08 22:16
最近海外物を読み始めて
初めてクロフツを読もうと思うんだけど何から読んだらいいですか?
いきなり「樽」でもいいすか?

34 :名無しのオプ:02/11/08 22:31
>>33、僕も「樽」まだ読んでないんで、「樽」そのものの評価は出来んが、
「マギル卿最後の旅」はすごく良かった。お薦め。
他の人の書き込み見ても、最初なら「マギル卿」の方が良いのでは?
創元推理文庫で復刊されたばかり。

35 :33:02/11/08 22:53
>>34
レスありがとう!
じゃ「マギル卿」から読んでみますわ。

36 :名無しのオプ:02/11/09 11:10
>>33
クロフツの翻訳は古くてスゴイものが多いので、その点は覚悟すべし。
わたしゃあ『スターヴェルの悲劇』がいいと思うけど、たしか品切れだよね。

37 :名無しのオプ:02/11/16 13:55
手遅れだったか・・・・
「樽」のが断然いいと思うのだが・・・
「マギル卿」がアリバイ崩しだけに走っていたのに比べて、「樽」は本格の面白さも
加味してるし。ま、次には「樽」をよろしく。

38 :名無しのオプ:02/11/16 17:31
そういや昔の創元ではクロフツもののいくつかは時計マークになってたな・・・

39 :33:02/11/16 18:27
>>36-37
アドバイス有り難うございます。
マギル卿見つけに本屋行ったらそこになかったので
つい別の作家の本買ってしまいそれを今は読んでますんで(^_^;)

40 :名無しのオプ:02/11/16 20:33
>>37
言いたいことがよくわからん。
アリバイ崩しは「本格」じゃないのか?

41 :名無しのオプ:02/11/16 23:27
クロフツは安心して読めるいい作家です。
50歳を過ぎたら文庫本全冊読み返そうと思ってます。
それまでは本棚の奥にじっくり熟成させときます。

42 :独者 ◆7lIkUklBz. :02/11/17 22:26
>>38 時計マークは倒叙ものじゃないの?

43 :37:02/11/18 18:10
>>40
いや、つまりその、「犯人がわかった時の驚き」がまだしも確保されてるってこと。

44 :名無しのオプ:02/11/18 20:42
今日の試合の先発メンバーを発表する。まずFWは・・・・クロフツ!!
そしてGKは・・・・チェスタトン!!以上だ。

45 :名無しのオプ:02/11/18 20:49
あははっははっはっはwww

46 :44:02/11/18 20:56
お、ウケた(w

47 :40:02/11/18 21:16
>>43
『樽』って、容疑者が2人しかいないじゃん。
それで驚きが確保されるの?
・・・やっぱりよくわからん。

48 :37:02/11/18 21:18
確かにそうだが、そのどっちが犯人かは最後までわからない。
どっちもどこかしら胡散臭く書いてるからイイ、と思ったわけで。

49 :名無しのオプ:02/11/18 23:05
自由人・病原体・黒仏

50 :Enigma:02/11/19 21:15
>>49
そうそう病原体……って、それは「virus」やっちゅうねん(ペシッ)!
以前ネットの某翻訳サイトで「Freeman Wills Crofts」を訳したら、
「自由人は農園を意図する」だって。オイ。

51 :名無しのオプ:02/11/29 15:01
つーかここ寂れすぎですよん・・・
一応5大作家の一人なんですよ・・・
それが50だなんて・・・おいちゃん悲しい

52 :名無しのオプ:02/11/29 18:25
>>49
『ホッグズバックの怪事件』→『ブタのケツの怪事件』

53 :名無しのオプ:02/11/29 18:43
やばい

54 :名無しのオプ:02/12/01 00:29
明日、新宿紀伊国屋に探しに行ってきます。

なんだか文が重そうな気がするんですけど、最初にこれは読めってのはありますか?

55 :名無しのオプ:02/12/01 21:45
>>54、その書き込みの「明日」というのが12月1日のことなら、もう手遅れだが、
とりあえず「英仏海峡の謎」でどうでしょう。

56 :54:02/12/02 01:35
結局書店でもほとんど無く、駅前の図書館で探してみました

まず『短編集1』を読んでグッと掴まれたんで、
短編集1・2と『二つの密室』を借りました。

『最初の事件』も『マギル卿』もあったし、『樽』も分館から取り寄せられるらしいし、
今の所は借りて読んでいく感じで充分です。

クロフツの訳書リストは何処に行けばありますか?

57 :名無しのオプ:02/12/02 05:58
>>54
ぐぐる。

58 :名無しのオプ:02/12/02 07:29
>>56
うらやましい・・・
都内の図書館ですか?

59 :57:02/12/02 23:23
>>54
でググってみたら、こんなの出ました。
ttp://www.cityfujisawa.ne.jp/~katsurou/mystery/crofts/crofts.html

60 :54:02/12/03 01:45
>>57
ありがとうございます

>>58
都内です。

ちなみに、ああいうのは青空文庫にはやっぱりでないんですかね?


61 :58:02/12/06 13:46
>>54
何区(あるいは何市)の図書館か教えてください〜
もちろん54さんがお目当てのものを借りたあとでいいので。
お願いします。ウチの近辺は所蔵が少なくて・・・。


62 :54じゃないですが:02/12/06 13:49
都内の図書館なら、申し込めば1週間くらいで必ず手に入りますよ。

その図書館になくても、基本的に都内の全図書館と連携して
相互貸借しますから。最悪の場合、都立中央図書館から持ってきますし。

63 :58:02/12/06 14:05
ホントですか!!
やってみます。どうもでした〜

64 :Enigma:02/12/06 20:42
>>60
著作権は没後50年間は保護されているので、
その間は勝手に著作を複製したりできません。
翻訳も無理なはず。
最近イギリスでは、この保護期間を延長しようという話も出ていると聞きましたが。

65 :名無しのオプ:02/12/06 20:56
イギリスで延長されたら日本での翻訳が無理なの?

66 :54:02/12/07 02:06
>>64
あ、イギリスでも没後50年間の保護は変わらないんですね。>著作権
じゃあダメですね、夢野久作で我慢してます。

>>58
都下の住民です。京王線沿いの市であると言っておきましょう。

>>ALL
クロフツを含めた『5大作家』は、世界のなかの五人ですか?それともイギリス国内?

67 :名無しのオプ:02/12/07 02:42
本屋行きゃあ、文庫本でいっぱいでてんだから身銭切って読めよ。


68 :名無しのオプ:02/12/07 04:19
>>67
ここに来ての盛り上がりは「最初の事件」に対する反応なのでは
ないかと思われ。

69 :名無しのオプ:02/12/07 04:33
>>66
『五大作家』って、いわゆる黄金期の五大作家として日本で言い習わされ
きた、クイーン、クリスティー、カー、ヴァン・ダイン、クロフツの
つもりじゃないのかな?
だとすれば、3人はアメリカ人なので、イギリス国内って事はない。
世界の五大ミステリ作家とすれば、ドイルやシムノンが絶対に入って
くるんだろうね。

今のイギリス国内で「イギリスミステリ五大作家」を問えば、
クリスティー、ドイルが不動で、あとデクスター、PDジェイムズ、
エリス・ピーターズとかいわれちゃうんじゃない?
黄金期と限定したら、セイヤーズ、バークリーあたりがエントリーする
のかな?
いずれにしても、クロフツをミステリの五大作家に挙げるのは
創元推理文庫の恩恵を受けてきた日本人ぐらいのような気がする。

70 :名無しのオプ:02/12/07 04:40
「樽」は積読になってから、すでに1年以上が経過している

71 :Enigma:02/12/07 22:45
>>69
5大作家にはヴァン・ダインは含まれていないはず。
H・C・ベイリーが入っていたと思う。
これは外国の評論家が言いだしたらしいけど、なぜこの5人なのかという説明は、
あまり聞いたことがない。

72 :Enigma:02/12/07 22:49
訂正。
71で書いたのは「イギリス5大作家」で、セイヤーズ、クリスティー、
フリーマン、クロフツ、ベイリーでした。

73 :名無しのオプ:02/12/10 17:18
クロフツとシムノンがフュージョンしたらスゴイ推理作家が生まれるのでは、

と、言ってみる。

74 :名無しのオプ:02/12/10 20:21
歴史時間と地理空間を超えて読み継がれている作家という意味で

ポオ / ドイル / クリスティー / カー / チャンドラー

で5大作家では駄目なのでしょうか。
カーを無理矢理入れたのは、私がカーヲタだからですが、
カーは今も欧米でさかんに読まれておるそうです。

クロフツ、チェスタートン、セイヤーズ、ウールリッチあたりは
どの程度、世界で読み継がれてるのでしょうか。
ルブランとヴァンダインは今はあまり読まれてないそうですが。
クイーンはミステリ収集家・批評家として歴史に残りそう。
ラブセイとかデクスターとかPDジェイムズは
これから歴史の評価を受けることになりそう。

75 :名無しのオプ:02/12/10 20:24
だめかどうかはベイリーの判断なんで我々には・・・

76 :名無しのオプ:02/12/11 11:43
>カーは今も欧米でさかんに読まれておるそうです。

以前どこかの掲示板にアメリカ在住の人が書いていたが、
大都市の大きな書店でも、ディクスン・カーの本は置いていないらしい。
こんなヨタを飛ばすのは、カーの読者だけだろう。

77 :名無しのオプ:02/12/11 12:00
Amazonで検索してみた。
カーの本はほとんどが絶版で、現役本はディクスン名義も含めて
せいぜいひとケタ程度。
これが「今も欧米でさかんに読まれておる」作家の実態だ。
House of Strausで全巻復活したクロフツの敵ではないな(藁

78 :名無しのオプ:02/12/11 19:07
黒仏大師>女王様>謎の女王様>蒸気船野郎>>>>>>>>>>>車

79 :名無しのオプ:02/12/12 00:26
>黒仏大師
>蒸気船野郎

烈しくワロタヨ

80 ::02/12/12 00:26
>>79
http://www.webcamteenies.com/ttt/123/amp.htm
http://www.slitcentral.com/daily/829/2.html
http://www.absolute-amateur-teens.com/tgp/10/20/37store.html
http://www.eases.net/279vw/zzanaee.html
http://free.javmodel.com/jav1/jav8.htm
http://www4.kinghost.com/hardcore/kkk2/106/
http://www2.cleanadulthost.com/asian/mingpin/axxion232/index13.htm
http://www2.kinghost.com/asian/urabon/0018/w0033/


81 :名無しのオプ:02/12/12 02:26
なぜ「ポンスン事件」のことをだれも言わない?

鮎川御大がクロフツ好きになったのもこの作品がきっかけだし、
読みやすさと終盤のスリルはこれからこの作家を読み始める人にもオススメ

82 :名無しのオプ:02/12/12 12:27
海外旅行をすると、図書館とか本屋とかには必ず寄ってみるんだが、
カー、クイーン、クロフツ、ヴァン・ダイン、セイヤーズ、シムノン etc.
全然置いてないね。有っても1、2冊程度。
クリスティーはどこに行ってもたくさん並んでるのにね。

83 :名無しのオプ:02/12/12 13:58
>81

これが傑作、これが駄作、これがおすすめ・・・

これらは魔○の召喚呪文だから

84 :Enigma:03/01/07 21:16
復刊された『マギル卿』は、たくさん売れたんだろうか。
ちなみに私は買ってませんが……。

85 :名無しのオプ:03/01/20 18:15
マギル卿は糞。

86 :名無しのオプ:03/01/20 18:31
今読んでもクロフツって面白い?

87 :名無しのオプ:03/01/20 18:49
うん。特に樽はお勧め

88 :山崎渉:03/01/23 18:20
(^^)

89 :名無しのオプ:03/01/26 01:01
>>87
面白いけど、文章が古くて初心者には退屈かも・・
「クロイドン発・・」が個人的に超お勧め。

90 :名無しのオプ:03/01/26 01:30
>>87>>89
お勧めに従って今度読んでみます。ありがトン。
クロイ丼って確か倒叙の名作とされてるやつですよね?
倒叙物好きなんで楽しみです。

91 :Enigma:03/01/26 20:10
>>90
『刑事コロンボ』が好きなら、あまり薦められんけど……。
『クロイドン』は倒叙というには苦しいし。

92 :名無しのオプ:03/01/26 22:55
>91
犯人との一騎打ちみたいな感じではないんですか?

93 :名無しのオプ:03/01/26 23:35
>91ではないが「クロイドン」(読んだのはかなり前だが)
犯人は自分の犯罪計画に入れ込んで、
警察官個人をあまり意識はしてないような。
フレンチ警部の方も事務的に処理してるような。
一晩寝たら、犯人のこと忘れてんじゃないかな。
一騎打ちではなく、犯罪の計画⇒実行⇒崩壊の過程を楽しむ作品かと。
ラストの(メール欄)のシーンは未だに忘れられん。

94 :Enigma:03/01/27 20:35
>>92
ほとんど犯人主観で、フレンチも途中出てくるけどちょっとだけ。
あとは、最期に解説をするけど、ほとんどオマケ。
主人公は完全に犯人の方だから、感情移入できれば
それなりに面白く読めるかも。。

95 :名無しのオプ:03/01/27 21:38
>>86
「ポンスン事件」を推すが入手難の現状

96 :名無しのオプ:03/01/27 23:25
>>94
うん。犯人が可哀想に思える。

97 :名無しのオプ:03/02/21 09:10
そんなにこの人嫌いか?

98 :名無しのオプ:03/02/21 09:11
http://homepage3.nifty.com/digikei/ten.html
( ´_ゝ`)


99 :bloom:03/02/21 09:23
http://www.agemasukudasai.com/bloom/

100 ::03/02/21 09:38
100ゲト

101 :名無しのオプ:03/02/21 10:20
この擦れが100逝くとはねー

102 :名無しのオプ:03/02/21 14:05
今年の「秋の夜長」までもいこうぜ

103 :名無しのオプ:03/02/21 14:06
クロフツの作品って面白いっていうより、安心して読めるって感じですね。
ただなぜか犯人の名前が全く記憶に残らない。再読してるうちに思い出すんですけど。
ガイシュツかもしれないですね。スマソ。

クロフツの作品、5年位前に手に入るもの以外は図書館で探しまくって読んでました。
でも「フローテ公園〜」がいまだに見つからない・・・。
読みたいよぅ・・・。

104 :名無しのオプ:03/02/22 19:39
「チョールフォント荘の恐怖」「黄金の灰」「見えない敵」
「フレンチ警部とチェインの謎」「ギルフォードの犯罪」
「山師タラント」を手に入れたっす。
さすがに焼けがスゴイ・・・

105 :名無しのオプ:03/02/22 20:23
「殺人者はへまをする」激しく読みたいッス!

106 :名無しのオプ:03/03/31 08:11
下がりすぎたのでage

107 :名無しのオプ:03/03/31 15:09
はじめてクロフツを読んでます。
「樽」です。
今、フランスに来たところ。

訳の日本が思ったより古くさくないので驚きました。



108 :Enigma:03/04/01 20:55
>>107
読んだら感想キボンヌ。
第2部はややこしくないですか?

109 :名無しのオプ:03/04/02 00:01
「フレンチ警視最初の事件」ついに入手しますた!

110 :名無しのオプ:03/04/02 01:25
よこせ!

111 :名無しのオプ:03/04/02 01:26
さっさとこっちにわたせ!

112 :名無しのオプ:03/04/02 08:39
しかし最近は、クロフツ本どんどん入手難になっているので「最初の事件」が
手に入ってもあまりうらやましくない。

113 :107:03/04/02 14:14
>>108
まぁ、こういうものかなぁと思いながら読みました。

少しずつ手がかりが見つかって、それらがいつかかっちりとはまって一つの絵になるという
過程を読む作品だと思うんですが、なかなか面白かったです。

手がかり発見のエピソードの中では、ポンプ会社のタイピストのところがよかったです。
あまり登場人物の心理描写がないこの作品の中で、好色ともとれる視線が
プロフェッショナルな探偵の視線に変わっていくところが面白かったです。

ところで以前、小林信彦が「この作品には有名なキズがある」と書いていたのを読んだことがあるんですが、
それはいったいどこなんでしょう?

探しながら読んだつもりなんですが、分かりませんでした。面目ない・・・


114 :名無しのオプ:03/04/02 21:47
1ヶ月放置していた<樽>を手に取ったんですけど<火刑法廷>もその横にあるんです。
どっちも未読ですがどっちにしようかと....

115 :bloom:03/04/02 21:53
http://www.agemasukudasai.com/bloom/

116 :Enigma:03/04/05 21:59
>>113

 さんくす。
 
> あまり登場人物の心理描写がないこの作品の中で、好色ともとれる視線が
> プロフェッショナルな探偵の視線に変わっていくところが面白かったです。

 この辺はあまりわかりませんでしたが……。

> ところで以前、小林信彦が「この作品には有名なキズがある」と書いていたのを読んだことがあるんですが、
> それはいったいどこなんでしょう?

 文字通り「樽のキズ」です。
 樽の動きをよく復習して、12章を読むべし。
 ほかにもミスはあるらしい……。

117 :113:03/04/05 22:09
>>116
レスありがとうございます

>文字通り「樽のキズ」です。
>樽の動きをよく復習して、12章を読むべし。
全然気づかんかった・・・




118 :山崎渉:03/04/17 15:41
(^^)

119 :山崎渉:03/04/20 07:14
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

120 :Enigma:03/04/25 19:35
早川の「クラシック・セレクション」でクロフツ再版しないの?
クロフツがないと、「ミステリのクラシック」と言われても気が抜ける……。

121 :名無しのオプ:03/05/10 03:55
>>120
お前こないだ「フッ、クロフツは金にならんから復刊しないのさっ」とか偉そうにぬかしてたじゃねえかよ。

122 :名無しのオプ:03/05/15 00:15
昔古本屋で見つけてた、ハヤカワの「列車の死」読了。
このタイトルって、“列車内における殺人”て意味じゃなく、
列車を人に見立てて、“列車が殺された”と言ってたのか。

作品的には、本格ではないですね。スパイ小説。
地理的な説明や、列車運行の説明などが少々頭に入りにくかったが、
ストーリー展開はさくさく進むし、多数のキャラが弄する策が
割と奇想の連続という感じで、結構面白かった。

ただ、「個人の生命より国家が大事」的放言が、全編通してやたらあるが
何か今的にまずそうですな

123 :名無しのオプ:03/05/15 01:03
黒フツ短編集1を読んでるんだけど、3分の1くらいまできたとこでちょっと飽きてきた。
ずっとこんな調子なのかな?倒叙が好きなので手を出してみたんだけど…。

124 :名無しのオプ:03/05/15 16:31
こんな調子。

まあ一篇読んだらしばらく間を置くか、別の作家を読むかするとよいかも。
連続で読むのはイメージ的には薬味ばかりを食べてるととおなじかも

125 :名無しのオプ:03/05/23 03:12
>>123
それならフリーマンをお薦めします。
クロフツは短編はだめだよ。

126 :名無しのオプ:03/05/27 09:48
一編に全部読むとつらいかもしれんが、あの味がいいんだなあ。

127 :名無しのオプ:03/05/27 12:20
>>125
えーそうかなあ。結構いいと思うんだがなあ。

128 :_:03/05/27 12:27
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz07.html

129 :山崎渉:03/05/28 11:59
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

130 :名無しのオプ:03/05/30 08:05
「列車の死」とかハヤカワの方も復刊しないかなぁ・・・

131 :名無しのオプ:03/05/30 10:35
マギル卿は買っといたほうがいいかな。

132 :名無しのオプ:03/06/13 13:35
さるべーじ

133 :名無しのオプ:03/06/28 12:10
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1054112916/l50
ナンバー1スレで、クロフツ投票中

ついでにage

134 :山崎 渉:03/07/15 10:36

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

135 :山崎 渉:03/07/15 13:31

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

136 :山崎 渉:03/08/02 02:21
(^^)

137 :山崎 渉:03/08/15 16:42
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

138 :名無しのオプ:03/08/31 18:10
そろそろ秋ですな

139 :名無しのオプ:03/09/02 13:26
ageつつ質問を一つ。
私は最近、ネットで『フローテ公園の殺人』(創元)を手に入れたんですが、
長谷川修二氏のの旧訳でした。
これと1975年の橋本福夫版はどのくらい違うのでしょうか。

すごく読みにくいというほどでもない感じなんですが、
改訳されているということは何か問題があったのかもしれません。
新訳を入手しなおした方がいいのでしょうか。
だれか両方読んだと言う人は居ないでしょうか。
マイナーすぎて無理かな・・・。

140 :名無しのオプ:03/09/02 15:22
今月ホッグス・バック復刊するんじゃなかったか?

141 :名無しのオプ:03/09/02 16:59
>>140
するよ、創元の復刊フェアで・・・
つい最近ホッグス・バック買ったばかりだったのに・・・
・・・知ったのは買った翌日でした・・・ヽ(`Д´)ノウワァァン!

142 :名無しのオプ:03/09/03 23:21
初クロフツは「樽」なんだが、読めない。
飽きてくる。挫折しますた。

143 :名無しのオプ:03/09/03 23:34
うーむそういわれてもなあ・・・

144 ::03/09/04 00:14
「樽」で挫折するんじゃ大概の作品が厳しくなるな。

ちょっと毛色の違う奴読んでみれば?
「スターヴェルの悲劇」とか「二つの密室」とか。
面白いかはわからんが。

145 :142:03/09/04 00:18
ありがとん。樽で2回挫折していますが、もう一度樽にトライします。
何としても読み終えます。メラメラ

146 :名無しのオプ:03/09/04 00:24
クロイドンはわりと読みやすいと思うぞ

147 :名無しのオプ:03/09/04 00:28
>145
「樽」は長いからね。途中で読書のテンションが途切れちゃうのもわかるよ。
だけど、じつはそんなにめんどくさくもないし、平板でもない。
後半で混乱したという人は、ただダラダラ読んで前半を忘れちゃっただけだと思うな。
つまり、『樽」は勢いで読むことが大事。

とにかくこれを読めば、後の作品は楽勝になる。

148 :名無しのオプ:03/09/04 00:33
>>147
そこまで苦労してクロフツを読む必要性ってあるの?
もっと面白いものは一杯あるよん。

149 :147:03/09/04 00:39
>148
苦労だと思っているんじゃないかという人(推測)に向けて、「べつに苦労じゃないぞ」と言ってるんだが。


150 :名無しのオプ:03/09/04 00:59
クロフツより面白いミステリはそうはないと思うが。

151 :名無しのオプ:03/09/04 01:09
初クロフツです。

「クロイドン発・・・」は単純に考えて面白いですか?

152 :名無しのオプ:03/09/04 01:12
>151
なんでそんな質問をするのか分からないね。
面白いかどうかを自分で決めるために読むんじゃないのかい?

153 :名無しのオプ:03/09/04 01:13
>151
俺は面白いと思う。読んでほしい。

154 :名無しのオプ:03/09/04 01:17
>153
サンクス

155 :名無しのオプ:03/09/04 01:20
「樽」は冒険小説的活劇もあるし楽しいよ。


156 :147:03/09/04 17:09
『英仏海峡の謎」を読了しました。
これはけっこうちゃんとしたフーダニットだね。
『ポンスン事件」なんかと同系かな。
幾人か居る容疑者の中から、誰がそれを出来たのかという視点で
犯人を推理する。
捜査法は、例によって「アリバイ崩し」なんだけど、
海の上なので選択肢が多すぎるのが特徴か・・・。

157 :142:03/09/05 21:49
>>148
樽はコツコツ型の典型と言われている作品なので、
絶対に読む必要があると思ったのです。

158 :名無しのオプ:03/09/06 14:04
ホッグズバック、900円は高い。


159 :名無しのオプ:03/09/07 00:17
『ホッグズ・バック』持ってるんだよ。『マギル卿』も持ってたし。
ここんとこ、創元は持ってるものばっかり復刊されるなぁ。
『赤い拇指紋』も、『ピカデリーの殺人』も、『アブナー伯父の事件簿』も持ってるんだよ!
もっと復刊して欲しいものは他にあるんだよなぁ〜、
誰もが言う『警視最初の事件』とかよー。

160 :名無しのオプ:03/09/07 16:34
「製材所の秘密」を久々に読んだ。
今の時代だからこそ、クロフツを読むと何故か安心する。
クロフツには、真面目な作家というイメージがある。
読者に対してフェアであることは勿論、
堅実な描写は無理がなく、読み物としても良くできている。
クイーンやカーに比べると派手さはないが、
安定しているので、再読しても十分おもしろい。
20世紀初めの英国の雰囲気を味わうには打ってつけだと思う。


161 :名無しのオプ:03/09/07 17:11
私の親愛の情をお受けください。
あなたのお手紙は私たちが再び友達になることを望んでいらっしゃるように拝読しましたが、私も全く同感です。

いい人だ…

162 :名無しのオプ:03/09/08 20:39
樽は読むのきつい。死体が出てくるまでが長い。
家の周りで梯子の足跡を検証するシーンを何とか越えた。
過去2回、ここで断念したからね。
長い。本当に長い。ちょっと詳しく描きすぎてる。

163 :名無しのオプ:03/09/08 22:00
「樽」は、私も最初は挫折しました。
でも、数年後に思い出したように本棚の奥にしまってあった
「樽」を読んでみたところ・・・
これが、面白いのなんのって!
最初は機が熟してなかったんだなって思いました。
今、きついのでしたら、
今は読まずに大切にしまっておくのも良いかも・・・
やっぱり、本は楽しく読まなくては意味がありませんから。

164 :名無しのオプ:03/09/12 21:22
「クロイドン発12時30分」、30年前、小学生用のこの本を初めて読んだときは、
倒叙物の展開が、ものすごくおもしろかった。

165 :名無しのオプ:03/09/13 23:29
「樽」
文庫本でチラっと立ち読みしたら、さくさく行けそうなんだけど。

166 :名無しのオプ:03/09/13 23:34
>>161
日本のファンにクロフツが送った返事だね。
大戦直後で、反日感情が激しかったイギリス人の手紙とは思えない。
自分の本は戦争のせいでけっこう品切れが多いことをわびたうえ、
しかも『フローテ公園』か何かを同封してくれたんだよね。

ほんとにいい人だ……。

167 :名無しのオプ:03/09/13 23:44
クロフツは当時の時代風俗を思い浮かべると面白さが倍増。

ヒッチコックのイギリス時代の作品とか
テレビのポワロ・シリーズでもいいや、とにかくああいうのを見たこと
ある人だと、フレンチ警部たちが歩き回る捜査が楽しめることうけあい。

168 :名無しのオプ:03/09/14 10:38
創元のミステリーズ2に石上三登志が「探偵小説ふたたび」というので
クロフツについて
「アリバイ」物ばかりでない。長編三十三の中で少ないと書いています。
久しぶりに読んでみたくなりました。

169 :名無しのオプ:03/09/14 15:22
>>168
『シグニット号の死』所収の紀田順一郎エッセイ以来の
画期的なクロフツ論だよね。

クロフツは探偵小説研究会の一派がくだらねえ理論をひねくりそうにないので、
安心して読めます。ていうか、奴らの餌食にされる前に早く読もうっと。

170 :名無しのオプ:03/09/15 13:47
探偵小説研究会の連中は深読みが過ぎるよね。

171 :Enigma:03/09/15 14:47
>>168
買ってきて読んだけど、要は「クロフツは警察もの、捜査ものの原点」
ってことでしょ? それなら今までにも指摘した人はいるし、
あんな大げさに騒ぎ立てるほどのことでもないと思うけど。
そもそも、クロフツはそれだけで収まる作家じゃない。
しっかり「本格」してる作品もあるし。
まあ、第6節は面白かったけどね。
しかしこの人の書くもの、あいかわらず自分一人で納得しているような
ところがあって、読みにくい。だから全然説得力がない。

172 :名無しのオプ:03/09/15 19:05
クロフツは文章が味気無くて、印象的な絵が出てこないけど
手間隙かけて作ったような後が感じられて好感は持てるなあ。

173 :名無しのオプ:03/09/15 20:23
クロフツがいいのは、突如「ぐいーん」って感じでカメラが急速に寄っていって
真相が見えてくるところ。『マギル卿』とかね。

>>168
クロフツ自体がまともに論じられず、
「トリックがしょぼい」みたいな言い方しかされないのだから、
まず石上氏の指摘あたりのレベルから始めないといけないのでは。

174 :名無しのオプ:03/09/15 20:27
井上良夫は?

175 :名無しのオプ:03/09/15 20:37
アリバイモノばかりじゃないんですよ、クロフツは。むしろアリバイモノは少ない
んですよ皆さん。

是非読んで下さい。

176 :名無しのオプ:03/09/15 20:54
樽やっと読破。捜査する人がどんどん変わっていくので感情移入するのが難しい。
最後の探偵はなかなか良かった。
最初の方で家の周りの梯子の足跡を検証するシーンとか、
最後になると長々と描写した意味も無くなってる。結局ページの無駄だった。
細部にこだわりすぎの部分が多い。しょーもない所は結果だけを知らせれば十分だった。

177 :名無しのオプ:03/09/15 22:52
実は密室物もあるんだよね、確か。

178 :名無しのオプ:03/09/16 00:45
『二つの密室』
ちょうど今読んでいる。
若い家政婦が家庭に潜む不吉な陰を察知する・・・。
ある意味で『樽』の正反対の作品。

179 :名無しのオプ:03/09/16 02:42
『二つの密室』は新旧2タイプの密室トリックの取り合わせが面白いね。
『フレンチ警部と紫色の鎌』もいいっすよ。全く正体と動機不明の連続殺人鬼に
地味で堅実なフレンチ警部はどうやって網をかけたか?

ああ、でもこれらの作品もいつのまにやら入手難なんだな。ヒデー

180 :名無しのオプ:03/09/16 03:06
入手が容易なものが少なすぎんだよな

やっぱ原書にいくしかないか?

181 :名無しのオプ:03/09/16 18:27
クロフツなんていつでも読めるやと思ってたら、いつのまにか壊滅状態

創元の最新目録で見たら「樽」「紫色の鎌」「英仏海峡」「クロイドン」「多忙な休暇」
「短編集1」「2」以外はゴッソリ脱落して、
「マギル」も「最大の事件」も警告信号ついとるじゃないか。

そこへこのスレ読んでたら、未読のが急に読みたくなって
ネット古書店であわててまとめ買いしちまった。

182 :名無しのオプ:03/09/16 18:29
>>178
有栖川がその話のヒロインに恋しちゃったらしい(w

183 :名無しのオプ:03/09/16 18:56
アンだったっけ?

184 :名無しのオプ:03/09/16 18:56
そうそう。

185 :178:03/09/16 19:55
いま、まだ100ページくらいで事件が起こったところ。
『二つの密室』って、なんだか「もし、知っていたら」な感じだな。
かなり意外・・・。

186 :名無しのオプ:03/09/17 05:14
>>185
それって、HIBK(もし私が知ってさえいれば)派にありがちな、
女性が主人公のサスペンスタッチの展開という意味だよね?
怪しげな屋敷に泊まったり雇われたりして、少しずつ変なことが起きるっていう。

『二つの密室』そのものには、そういうアンフェアさはなかったと思うが。

187 :名無しのオプ:03/09/17 05:51
犯人が意外だった気がするなぁ>二つの密室
ただのアリバイ崩しだと思ってたんで

188 :名無しのオプ:03/09/17 06:34
内田康夫『鐘』のあとがきはクロフツファン必読
ただし激怒必至

それにしても単にコツコツ歩き回るだけのミステリーを
"クロフツ流"と称するのはもうやめたらどうか
「クロフツの何たるかを知らない」で平気な人物を推理作家扱いするのも

189 :名無しのオプ:03/09/17 08:07
別に例外が真髄ではあるまいよ。
俺はある程度イメージで語ってもいいと思う。
カーとかもそう。

190 :名無しのオプ:03/09/17 08:28
「クロフツ流」と聞くと↓を思い出す。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4795216878/

正直絞め殺したい。

191 :名無しのオプ:03/09/17 08:34
「二つのの密室」は俺がおこづかいで買った最初のミステリだよw。
いい具合に内容を忘れているので再読しようかしら。この秋の夜長に。

192 :名無しのオプ:03/09/17 09:14
「土木技師見習をふり出しに鉄道の技術畑を歩いたが、四十歳の時、大病の後に『樽』を書き上げ、
大成功を収めた。以来フレンチ警部(のちに首席警部から警視へと昇進している)をはじめとする
努力型、凡人型の探偵の活動するアリバイ破りものに『マギル卿最後の旅』等、数多くの名作を残し
たほか、『クロイドン発12時30分』などのような倒叙ものの傑作がある。」

創元社の解説目録より。
「クロフツ流」のイメージをひろめたのはやっぱり版元なのか?

193 :178:03/09/17 11:27
>186
”Had I But Known”=アンフェアってことは無いでしょう。
私の言ってるのは、単に「女性サスペンス」ということだけど、
メアリ・ロバーツ・ラインハートなんかも「サプライズ」ではなく、
「サスペンス」にこそ眼目があるわけでしょう。

クリスティの初期のノンシリーズ長編みたいな大胆なトリックがあるものと
混同しておられるのではないかと思う・・・。(『七つの時計』とかね)
それに『二つの密室』は、

>女性が主人公のサスペンスタッチの展開という意味だよね?
>怪しげな屋敷に泊まったり雇われたりして、少しずつ変なことが起きるっていう。

――が、第一部に関して言うと、まさにそのままだと思う。
現にヒロインの「もし、知っていたら・・・」というモノローグの一行もあるので、
やっぱり意識してそれっぽい導入にしてみたんじゃないかと思うな。

スタイル的に変化球を狙った作品なので、
なにかを参考にするというのは十分ありそうな話し。

194 :名無しのオプ:03/09/17 18:45
>”Had I But Known”=アンフェアってことは無いでしょう。

いや十分アンフェアでしょ。「もし知ってさえいたら」って名称自体がアンフェア
ってことじゃん。
手がかりなんてないんだから推理しようが無いし。

195 :名無しのオプ:03/09/17 23:48
>194
えっ・・・えっ?
なんか、根本的な勘違いをしてるような気がするけど?

「もし、知っていたら」っていうのは、
サスペンスを盛り上げる&感情移入をさせるための手法に起因するのであって、
フェアとかアンフェアとかいうこととは無縁だと思うけどな。


道を歩いていたら交通事故にあう。
ヒロイン「もし、車が来ると知っていたら、この道は選ばなかったのに・・・」
読者(かわいそう・・・)


えらくスレ違いなんで、終わらせて欲しい。

196 :名無しのオプ:03/09/18 16:45
便乗して

例2

ヒロインが分かれ道で右を選び、歩いていく。

作者「ああ、もし彼女がそこに待っていること知っていたら、左を選んでいただろう・・・」

読者(まあ、何が起きるのかしら、どきどき)

交通事故にあうヒロイン。

この図式もHIBNには欠かせないよ。
ほんとにスレ違いだが。


197 :名無しのオプ:03/09/18 17:41
最近古書店でぞろぞろとクロフツばかり買ってたら結構な数になってしまった(あと四冊ほどで創元・ハヤカワの
翻訳ものはコンプリート)
買ってただけであまり読んでなかったが、このスレの1にたちかえり秋の夜長一冊ずつじっくり読んでいこうと思う。

198 :190:03/09/19 21:20
紀伊国屋にプロフィールが書いてあった。

>クロフツ断腸[クロフツダンチョー]
>元通信院技官・電電公社(現NTT)職員。元地球化学会会員。1925年生まれ

仕事をリタイアしてトンデモに嵌まるという典型的なパターンなのかな。
でも、よっぽどクロフツが好きなんだろうなぁ。
年も78だし、なんだかちょっと憎めない気もしなくはない。
正直複雑な気分だけど、前言撤回、生暖かく見守ることにします。

199 :名無しのオプ:03/09/19 21:47
原書を注文しました。
自分の英語力でどれだけ読めるかは不明ですが、
あのペーパーバックのシリーズもいつ無くなるかわからないので、
買えるときに買っておいた方がいいかなと。
とりあえず、未邦訳の2冊と最初の事件なんですが。
死ぬまでには何とか読み終えたい。

200 :名無しのオプ:03/09/19 22:12
フェアかアンフェアかといえばアンフェアじゃん。

次元が違うってことなんだろうけど。

201 :名無しのオプ:03/09/20 00:05
>200
もう、やめろ。終わった話題は。

202 :名無しのオプ:03/09/20 03:25
>>199
言われてみればそうだ
いつなくなるかわかんないよね
アタクシも注文しようかな

将来的には全巻原書で読破が夢

203 :名無しのオプ:03/09/26 01:44
ホームズやポアロみたいな感じで、イギリスのテレビでドラマ化されないかな、
フレンチ警部シリーズ。もちろん時代考証ばっちりで。

『樽』や『ポンスン』をどうするかって問題は、とりあえず置いといて。
ブック・オブ・ストラウスの表紙絵見てる内に浮かんだ妄想です。

204 :名無しのオプ:03/09/27 07:49
「殺人者はへまをする」はラジオドラマのノベライズ(?)らしく、
軽いノリの短編集なので、これから読んだ人はぜひ長編の方もよろしく。

しかしクロフツって想像してた以上にトリックメーカーなのな。
「刑事コロンボ」に慣れた目からすると、犯人が自滅するツメが甘い気がするが、
当時の倒叙ものってのはこれが標準レベルだったんだろうね。

205 :名無しのオプ:03/09/28 14:27
「フローテ公園の殺人」読了です。
やっぱ、面白いですわ。
特にファンダム警部が署長に捜査の不備を指摘される場面なんて
現実の自分とカブるところがあって、
まるで、こっちが叱られてる気がしましたよ。
フロフツワールド炸裂の意欲作ですね。

206 :読後感:03/10/03 19:58
>>54
都内に「最初の事件」があると言ってたが、こないだ最寄の図書館に予約したら都内には無いと言われたぞ!
嘘ついたな!

207 :名無しのオプ:03/10/04 08:55
私立図書館かも

208 :名無しのオプ:03/10/05 00:49
国会図書館だろ

209 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

210 :名無しのオプ:03/10/05 18:18
メール欄ねえ(藁

211 :209:03/10/06 14:10
あ〜間違えちゃった。何とか削除できないかな? 

212 :名無しのオプ:03/10/06 17:47
>>211
削除依頼を出しておきました。
ネタバレ部分を修正して再書き込みして頂けると有り難いです。

213 :Enigma:03/10/06 20:40
まあ、知ってても楽しめないことはないと思う。
知らないに越したことはないけど。

214 :名無しのオプ:03/10/06 22:25
ところで「樽」はいろいろな翻訳本がでるけど、
どの訳で読んだ?
手に入りやすいものだけでも、
角川・講談社・新潮・集英社・創元・ポケミスとあるけど。

215 :214:03/10/06 22:38
失礼、ミスしたまま書き込んだ。

誤 翻訳本がでる
正 翻訳本がでてる

ちなみに俺は創元の大久保康雄訳で読んだんだが。
訳によって印象はかわるもんかな。

216 ::03/10/07 00:28
>>213
来んなっつっただろ。
ちょっとトラブルが持ち上がった時だけしたり顔でしゃしゃり出て来やがって。
目障りなことこの上ない。

217 :209訂正コピペ:03/10/07 22:21
クロフツの「製材所の秘密」初めて読んだけど、日本でいう社会派推理小説って感じがした。
もちろん面白かったけど。1つ1つの事象を丁寧にそれでいて詳細に書く筆致はもはや古典芸能の域と思う。
個人的にはクロフツは英国伝統の「冒険小説」作家の一人と思っているが、それに加えて絶妙なリアリズムが
非常に良い味出してる。この「製材所の秘密」は単なる一般人が大捜査し、最後はヒロインと結ばれ、
しかも悪人の悪事が(メール欄)という妙に具体的なものという作品。でも面白いんだな。暴言かもしれないが
御気に入りの作品「関税品はありませんか」なんか悪人たちの悪事があまりに些細で、同情できるので、このまま
ばれずに物語終わって欲しいな、なんて思ってしまった記憶が有る。つまりそれだけクロフツって誠実に作品を
描いてるってこと…長文スマン。さあ次ぎは読み残した中から「山師タラント」でも読むか。



218 :名無しのオプ:03/10/08 20:21
ネタバレというと、「スターヴェルの悲劇」は巻末付録で北村薫がネタバレしていますね。
あまり決定的なものではないですが、本編を楽しめなくするには十分かも。
このスレにはあまりいないかも知れませんが、未読の方はご注意を。

219 :名無しのオプ:03/10/09 00:45
当該作品の解説でネタバレするのは別に悪い事じゃないと思う。
最後に読むように最後に配置されてるわけだし。
結末先に読んで「ネタバレされた!」っていうのとあまり変わらないと思う。

220 :名無しのオプ:03/10/09 02:10
>>219
> 最後に読むように最後に配置されてるわけだし。

そ、そういうことなん?

ま、なんにせよ、解説を参考にして本買ってる人間が少なからずいることは
自明のことなんだから、出版者側、解説者側が少し配慮すべきことだと思うよ。

221 :名無しのオプ:03/10/09 02:15
ものによっては警告はいってる解説もあるのにね
「この先は本作の核心に触れています」みたいに

222 :名無しのオプ:03/10/09 11:13
北村薫解説は、本名の宮本和男時代から要注意です。
光文社文庫版の鮎哲傑作選(今は創推に入ってる)でどれだけ泣かされたことか!

223 :名無しのオプ:03/10/10 18:31
「ヴォスパー号の遭難」(ハヤカワミステリ文庫版)が無性に読みたいのですが
なかなか入手できずにイライラ。
「フレンチ警部最初の事件」ほどの入手難易度の高さではないはずと
思っていたのですが甘かったですかね?古書の事情に詳しい方の解説希望。


224 :名無しのオプ:03/10/10 19:55
図書館行けよ

225 :名無しのオプ:03/10/17 22:49
「ホッグズバッグの怪事件」復刊・・・・・・なんだが、こないだ古本屋で買ったから、売り上げに貢献できない。

226 :名無しのオプ:03/10/19 01:06
マギル卿、最強に悪党面だね

227 :名無しのオプ:03/10/20 19:30
「短編集2」読了。
新聞連載だったせいか、いまいち味付けの足りなかった「短編集1」にくらべてかなり読ませる。
初出が書いてないのではっきりしないけど、雑誌等への書き下ろしが中心ではないか。
登場人物の描写が濃くなっている。
一ひねりある倒叙物「踏切り」、正統派謎解きの「ソルトバー・プライオリ事件」が
お気に入り。

228 :名無しのオプ:03/11/09 01:48
創元のホムペで貴志がクロイドンを推薦してた。
意外だった。

229 :名無しのオプ:03/11/13 04:06
サウサンプトンの殺人、スターヴェルの悲劇、フレンチ警部とチェインの謎、
これらはどうよ?

230 :名無しのオプ:03/11/13 04:27
>>229
「スターヴェルの悲劇」は、プロットの骨格はいいのだが肉付けに失敗してると思う。

231 :名無しのオプ:03/11/30 23:09
今日、古本屋で「フレンチ警部の多忙な休暇」ゲット。
「短編集1」もあったが、痛みが割りとあったので、そっちはスルー。
さて、いつ読めるやら。

232 :名無しのオプ:03/12/12 00:12
>>228
貴志って意外と本格好きのような気がする。

233 :かな ◆tr.t4dJfuU :03/12/15 08:51
とすと

234 :名無しのオプ:04/03/21 11:46
新年おめでとうクロフツ

235 :名無しのオプ:04/04/19 23:57
春の夜長もクロフツ

236 :名無しのオプ:04/04/20 00:38
おお、まだあったのかこのスレ

237 :名無しのオプ:04/04/21 04:20
4月、創元が「スターヴェルの悲劇」「ポンスン事件」を復刊。
「ポンスン」は新解説だから買うかな。

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)