5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

皆川博子スレッド

1 :名無しのオプ:02/10/13 20:26
スレが無かったので、たててみた。
語ろう。

「結ぶ」はとんでもない作品…。

2 :名無しのオプ:02/10/13 20:26
博子たんハアハア

3 :名無しのオプ:02/10/13 20:43
どにが「とんでもない」作品なんですか?
どこから出てるの? よんでみたい・・・

4 :名無しのオプ:02/10/13 20:48
「死の泉」しか読んだことない・・・。
1さんもうちょっと語ってよう。

5 :名無しのオプ:02/10/13 20:51
ブタに犯されちゃう短編とか書いてますよね

6 :羊バンター:02/10/13 20:54
服部まゆみが絶賛していたので読んだ「聖女の島」、すばらしかったです。
その後、「作品精華」にハマりますた。
いつになってもトリッキーで耽美で、異常(アブノーマル)、かっこよすぎます。

7 :名無しのオプ:02/10/13 20:57
「作品精華」はとりあえず必読!
豚に犯されるのはちくま文庫のアンソロジーに収録されてる!
これも必読!

8 :名無しのオプ:02/10/13 20:58
「語る」は文春から出てる短編集『結ぶ』の表題作だね。
白泉社の『皆川博子作品精華 幻妖』にも入ってる。
同傾向の短編をまとめて読める白泉社版がおすすめ。

9 :名無しのオプ:02/10/13 21:00
「語る」→「結ぶ」ですた。スマソ。

10 :1:02/10/13 21:10
「結ぶ」は文芸春秋から出てる短編集。
恩田陸が何かで「一読ぶっとんで平伏した」と書いてたので、
読んでみた。
どんな設定で何を書いてるのかわからんけど、、、でもぞくぞくする。
なんかさ、ホラーとか幻想小説の中で、怖い部分だけを純粋結晶化
させた感じがするんだよ。物語の背景が一切なしでね。
なんかうまく説明できん…。鬱だ…。とにかく読んでみてくれ!!

11 :名無しのオプ:02/10/13 22:27
>6
聖女の島もすごいね。
今までほとんど読んでなかったよ。
もっと読んでみようかな。

12 :名無しのオプ:02/10/13 23:45
皆川さんのスレあったんですね。嬉しい。
『死の泉』だけじゃなく何を読んでも面白いですね。
時代小説ってあんまり好きじゃないけど、
皆川さんのは幻想的でうっとりして読める。

13 :12:02/10/13 23:48
短編集は何を読んでも面白いですね。
とくに『水底の祭り』『愛と髑髏と』
『骨笛』『ゆめこ縮緬』『結ぶ』が好きです。
長編もいいけど人に薦めるなら短編集がいいですね。

14 :名無しのオプ:02/10/13 23:58
あたしも「死の泉」しか読んでいないのですが、これだけでもやられちゃってます。
他のも読みたい!
どんどんオススメ教えて

15 :名無しのオプ:02/10/14 00:01
初心者には、斜め屋敷の犯罪だね。
皆川初期の傑作。

16 :名無しのオプ:02/10/14 00:25
最近はまっているのでスレ立て感謝(w

聖女の島はもう、アノ作品全体の雰囲気がたまらん

短編集もいくつか読んだがハズレがないです

17 :砂絵:02/10/14 10:23
「旅芝居殺人事件」
中学生の頃何件も古本屋をはしごして探しまくったものだった。
結局商店街の小さな新刊書店で当時絶版だった文春文庫版をみつけて狂喜した
おぼえがあります(また、この書店には新潮文庫の筒井康隆で唯一絶版になっていた
「影武者騒動」があったりした。買わなかったけど)。

18 :名無しのオプ:02/10/14 22:38
この人の作品は「不倫や性的なもの、に触れる少年」
っていうモチーフが多いような。
服部まゆみや竹本健治が好きな人には絶対お勧めできる。

ところで誰か「ジャムの真昼」って読んでない?
感想キボン。

19 :名無しのオプ:02/10/14 22:42
「花の旅 夜の旅」と「聖女の島」を合本にした扶桑社文庫版が最強。

20 :名無しのオプ:02/10/15 19:54
>19

それは良さそうだな。最近出版したやつ?

21 :名無しのオプ:02/10/15 20:00
>20
昨年。まだ十分手に入る。

22 :名無しのオプ :02/10/18 18:04
agetokou

23 :ごぞんじですか?:02/10/18 22:00
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/977814377/278
278 :名無しのオプ :02/10/15 19:08
14 :風と木の名無しさん :02/10/06 19:00 ID:SDseDEBS
 漠然とした依頼ですみません。
 10年くらい前に図書館で借りて読んだのですが、
 タイトルも作者も忘れてしまいました。
 801小説じゃなくて一般書籍だったのですが、私の記憶では801風味だったような…
 短篇集で著者は女性で、そんなに若くない人だったと思います。
 中の一編にJ系を彷佛とさせる男性のみのグループが出てくるのですが
 そのグループ名が「男○呼組」みたいな和風な感じでした。
 どなたかごぞんじないでしょうか?
コピペスマソ
皆川博子のような気がするのだが検索しても思い当たらない
違ったっけ?

24 :名無しのオプ:02/10/18 22:24
>23
『水底の祭り』の中の「紅い弔旗」じゃないの?
<海賊船>ってバンド出てるよ。ホモ話だし。

25 :23:02/10/18 23:25
ありがとう!
そんな名前だった気もする。
検索したら他にもアイドルグループとかマネージャーとか
出てくる短篇があったので…。もっかい読んでみよう。

26 :名無しのオプ:02/10/19 21:52
>「花の旅 夜の旅」と「聖女の島」を合本にした扶桑社文庫版
ブクオフで買ったのでage

27 :名無しのオプ:02/10/23 09:43
23の元レスを書いたものです。ありがとうございました>24
その後判明したのですがメール欄(1)でした。
グループ名はメール欄(2)で、明らかにJ事務所がモデルと推定される
描き方でした。当時そのグループ名がいかにもありそうな感じで
うまいことつけるなーと思っていたのでそれだけ印象に残っていたのでした。
それにしても皆川さんはJ事務所ファンなのでしょうか?

28 :名無しのオプ:02/10/23 14:20
>>26
皆川ビギナーにお勧めの超極楽コース。
扶桑社文庫を読んで気に入ったら思い切って白泉社の3冊本を買ってみる。
7000円チョイとお高めだが、3冊で普通の単行本10冊ぐらいの分量だから、
実はかなりお買い得。確実に値段以上に楽しめるぞ。

29 :名無しのオプ:02/10/23 16:30
>27
業界内の長男、綾辻氏によると、
仰せのとおり一時期J事務所ファンだったそうです。

30 :名無しのオプ:02/10/27 21:17
dat防止age

31 :名無しのオプ:02/10/28 00:00
皆のもの博子たんで抜いてみろ!

32 :名無しのオプ:02/10/28 00:39
冬の旅人も良かったよ。
ロマノフ王朝時代やラスプーチンが好きなので、博子タンが題材にしてくれて
二倍得した気分だった。
大河モノも博子タンにかかれば幻惑的でたまらん・・・

今年中に皆川初期作品の一つが復刻されるそうで、これも楽しみです。

33 :名無しのオプ:02/10/28 01:56
冬の旅人、単行本化されてたの?

ほんなら、次はいよいよ「薔薇密室」か・・・

34 :名無しのオプ:02/10/28 02:05
うん、最近まで平積みされてたから在庫はどの本屋でもタプーリあると思う。
薔薇密室の単行本化、かなり楽しみだ。でもまだ発売日は未定の段階だよね?

35 :名無しのオプ:02/10/28 10:44
死の泉
神話、人体改造、サスペンス、アクション、ミステリー、テーマが盛りだくさんでとても読みがいのある小説ですた(少しテーマ広げすぎな気もしたけど)
最後にメール欄が出てきたけどなんで生きてたの?あれちょっと興ざめだった
あと書きに出てくるあの人も出てこなくてよかった気がする
虚実ない混ぜですっごくすっきりないしというか、なんか感動した自分が間抜けで読後感悪い

36 :名無しのオプ:02/10/28 11:14
>35
あの曖昧さがいいと思うんですが。
やっぱりミステリ好きの人はきっちり理屈で説明つかないと駄目なのですか?

という私は幻想文学好き。

37 :名無しのオプ:02/10/28 16:59
うわーすげーマニアック。
みなさん『恋紅』とかしってます?
確か直木賞これでとったんじゃないかなあ。

38 :羊バンター:02/10/28 17:01
>18さん
「ジャムの真昼」読みました。
なんか既存の写真から幻視するシリーズということでしたが
とくに表題作がいかにも皆川節(少年と戦争と不倫・・)で好きでした。
ちなみに最後の作品にまつわる少女の写真、一見の価値ありです。

39 :18:02/10/28 18:54
>38
まいど。「ジャムの真昼」面白そうだな。
今度時間のあるときにゆっくり読みます。

40 :名無しのオプ:02/10/28 23:34
作品精華一巻は収録作ほぼすべて既読だったけど書き下ろしの
「廃兵院の青い薔薇」が読めるだけでも買いだと思った。この作品すごい好き。

41 :名無しのオプ :02/11/15 18:20
保守

42 :名無しのオプ:02/11/26 13:43
防止あげ

「聖女の島」再読。やばい。筋がわかってても
このラストは発狂しそうにすごいぞ。
皆川さんって、見た目はほんと普通のおばちゃんだけど、
こんなの書けるんだよなぁ。
これだけの質を保ちながら長年書いてるのには、恐れ入る。

43 :重要無名文化財:02/11/27 18:31
花闇、集英社から復刊だって。
これ、結構好きだから嬉しい。

44 :名無しのオプ:02/11/28 21:07
文庫で?
未読だから買ってみようかな。

45 :名無しのオブ:02/11/29 16:16
文庫で。
12月13日発売予定だそうです。

46 :名無しのオプ:02/12/01 15:40
丸尾末広、この人の本で知って読んだんだよな〜。
犬の時計のやつとかグロ怖かった…

47 :44:02/12/01 18:07
>45
サンクス。俺も買うわ。

2003年には長らく入手困難だった初期傑作長編「彼方の微笑」も
初文庫化の予定(永遠の伝奇小説BEST1000 より抜粋)
だそうだ。薔薇密室も来年か?

48 :名無しのオプ:03/01/02 22:31
hozen

49 :山崎渉:03/01/23 18:38
(^^)

50 :名無しのオプ:03/01/29 13:37
   

51 :名無しのオプ:03/02/02 14:56
「死の泉」のヘルムートにドキドキ。

52 :名無しのオプ:03/03/24 17:35
「花の旅夜の旅」初読中。たまらん。

53 :名無しのオプ:03/04/10 00:59
この人の解説が好き

54 :山崎渉:03/04/17 15:33
(^^)

55 :山崎渉:03/04/20 07:17
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

56 :age:03/04/20 20:40
ageさせてくれーい。
今さっき、ここ発掘してきました。スレ立て感謝。
他のサイトの読書記録とか回ってきたけど、
死の泉しか読んでないってヒト結構多いですね。
もっと評価と人気高くてもよさそうなのに…皆川様。
いきなり妖櫻記とか瀧夜叉とか読んじゃって、
どっぷり皆川世界から抜け出せないってお方は見えませぬか?
友達に勧めてもムズイーとか云われ放置されさびしー;

57 :名無しのオプ:03/04/20 20:47
「獣舎のスキャット」や「舟唄」が好き。
「瀧夜叉」もいいね。
これほど文章が美しい作家ももうほとんど生き残ってないと思うので、
貴重だと思うよ。

58 :56:03/04/20 22:29
早速のレスありがとうございますー(;_;)
皆川ばっかりひたすら読んでたとき、久々他の作家の本開いたら、
全く受け付けなかったよ…
生々しい表現も多いけど、日本語の良さを再認識させられますね
瀧夜叉や朱鱗の家とかは、ちゃんと単行本で見て欲しいところ。
十五歳の掟、だったかな、あれがちょっとトラウマ。
もっかい全篇再読してみよ♥



59 :名無しのオプ:03/04/20 22:32
それでいい。それでいい。

60 :名無しのオプ:03/04/21 01:36
>56
私が一番最初に読んだのは、たままた書店で目に付いた「秘め絵燈籠」
という短編集でした。ぱらぱらっと中を見て、殆どヤマカンで買って帰って…もうノックアウト食らいましたねー。本当に、この出会いに
どれほど感謝した事か。以来、手に入る本は殆どすべて集めましたよ。
幻想的な物は勿論、「会津恋い鷹」とかもすごく好きです。


61 :56・58:03/04/23 00:25
>出会いに感謝、に同感。
私は平将門関連の本収集してて、それで「瀧夜叉」を
友人に教えてもらったのがなれそめ。
すぐさまやられたー!って感じで、
読了後もしばらく皆川魔界から帰ってこられなんだ。

>手に入る本は、ってとこが悲しいやね。
入手はもちろんお目にもかかれない絶版本の多いのがなんとも…
全作品収録の全集刊行激希望。

とりあえず「花闇」から読み直してみてる、今。
俺的皆川キーワード=美形・異形・女装 etc.
?次郎や兵藤太のようなキャラも好きだす。

62 :56・58:03/04/23 01:21
↑IMEパットで探したのに字が出なかった;
「金丸」で、かんじろうです;

63 :名無しのオプ:03/05/16 23:29
私は皆川作品は短編が大好きで短編ばかり読んでいて
長編は読んだことないんです。
今度長編も読んでみようと思うのですが
何から読むのがベストでしょうか?

64 :名無しのオプ:03/05/17 00:50
>63
短編の中では、どういうのがお気に入りですか?

65 :名無しのオプ:03/05/17 00:55
花闇とかどうよ。 文庫復刊して入手し易いし、そんなに長くないから。
短編でも、田之助の話が出てくる話があったと思う。
既読でしたら、シンクロ感に酔うよ。


66 :名無しのオプ:03/05/17 01:07
63です。
短編では「ゆめこ縮緬」や「骨笛」などが好きです。
65さん、ありがとうございます。その短編は読んだことがありませんが
「花闇」図書館で探してみます。

67 :名無しのオプ:03/05/17 02:32
皆川age

68 :名無しのオプ:03/05/19 13:49
では「乱世玉響」もお勧めしておこうかな。


69 :山崎渉:03/05/28 12:46
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

70 :名無しのオプ:03/06/09 10:58
妖櫻記読了age

71 :名無しのオプ:03/06/09 12:56
この伸び具合を見ればミステリ板のレベルが分かるな
講談社ノベしか興味ないのかな

72 :名無しのオプ:03/06/09 20:41
もしや煽り?
妖櫻記は再読(再々か、何度目かは突っ込むな)、
その他は読めるものは制覇してますが、何か?
それにしても伸びないスレだな・゚・(ノД`)・゚・。


73 :名無しのオプ:03/06/10 07:18
だって突込み所がないし(w
好きだし(特に短編)面白いんだけど
語りにくい作家ではある

74 :名無しのオプ:03/06/10 09:42
>73
そう、「余計な事言わず、ただただ世界に浸りたい」って言うか。


75 :名無しのオプ:03/06/10 11:54
じゃあ 終・了 かな…

76 :文芸誌もやってますが:03/06/10 11:58
マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?その8
http://natto.2ch.net/mass/kako/1011/10115/1011522150.html

467 名前: まとめ 投稿日: 02/02/26 12:29 ID:DUfBoTIy

彼らの意図は、ひとえに対象者へのダメージ効果を狙ってる
ということに尽きるのではないか。
追い込みをかけるということだ。

盗聴内容をテレビ番組や漫画に使うのも、
面白いものを作りたいのは二の次で、
それを目にした対象者への心理的ダメージ効果を狙ってる
と考えるほうが妥当だ。

その前段階で、対象者がどんなテレビ番組や漫画を目にしてるか、
どんなタレントを好むのかなどは情報収集によってリサーチ済み
なのは言うまでもない。

その情報収集手段としての盗聴盗撮がここで問題視されてるわけだが、
もっと原始的な手法として、知人友人を通しての情報収集もある。

また、隣人や上下階の住人による集音器の盗聴が挙げられる。
この場合深刻なのは、一挙手一投足が筒抜けなので、
直接的にダメージを与えることができる。
つまり就寝起床時や入浴時など、本来寛げる筈の時間に、
騒音などで効果的にダメージを与えることが可能になる。
     

77 :名無しのオプ:03/06/10 12:00
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page002.html

78 :名無しのオプ:03/07/02 01:10
「彼方の微笑」読了。読めて嬉しい。
まだちょっとくらくらしている。
しかし、あの解説はなんなんだ。切り取って捨ててやる。

79 :名無しのオプ:03/07/06 23:04
篠田真由美だっけ?
印象批評はいいから、解題情報を充実させてくれよな。

80 :名無しのオプ:03/07/06 23:23
うわ、篠田真由美が解説書いてるのか…。
解説読まないようにしよ…。

81 :山崎 渉:03/07/15 10:29

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

82 :山崎 渉:03/07/15 13:35

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

83 :名無しのオプ:03/07/26 23:54
ブックオフで1冊購入してきた。
これまで、死の泉しか読んだことなかったから、なんでもいいやと思って探していたら、1冊だけあったので。
これから読んでみます

84 :名無しのオプ:03/07/27 18:08
>>83
何を買ったのかぐらい書いてくれぃ

85 :83:03/07/27 23:51
>84
いやあ…
タイトル書いて、読む前に「それはいまいちだぞ」とか言われたら、ショックだから。
面白いことを祈る。

「闇椿」ってやつです。

86 :名無しのオプ:03/07/28 01:35
>「それはいまいちだぞ」

皆川作品で、少なくとも自分はそういう目に遭った事がない。安心せい。

87 :山崎 渉:03/08/02 02:03
(^^)

88 :山崎 渉:03/08/15 15:59
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

89 :名無しのオプ:03/08/18 01:36
本屋ぶらついてたら、創元から文庫が出ていたので、購入。
「彼方の微笑」ってやつです。
「初期の問題作、ついに文庫化!」って帯に惹かれてしまいました。


90 :89:03/08/18 02:17
あ、前にカキコありましたね。
そうですか、解説、糞なんですか…

91 :名無しのオプ:03/09/23 23:05
落ちそうなんでアゲ。
「ゆめこ縮緬」ではまって
ここのおすすめの白泉社版など読んでますが
誰もいませんね。

92 :名無しのオプ:03/09/24 00:41
いや自分も最近、時代物の短編集を読んだクチなんだが
正直語ることがないんだよ、良かったと言うしかない。
突込み所がないからネタにもならないし。

積読状態の短編集があるが少し寝かしておきます。

93 :名無しのオプ:03/09/24 02:14
彼方の微笑、まだ途中なんだよ。
読み終わったらまた書くよ。

でも、過去レスで解説の話が出てたので、気になって、解説は先に読んじまったよ(w

94 :名無しのオプ:03/09/24 02:31
>>93
だから、解説は読んじゃ駄目なんだよ。
切り取って捨てるか、糊付けするかしないとw

95 :名無しのオプ:03/09/24 16:21
確かにトリック云々の作家じゃないものね。
「聖女の島」駄目だったけど、作品精華は大好きです。
四巻も企画してほしい。

文芸春秋「オール読物」10月号で桐野夏生と対談してます。
今日本屋で買いました。新作情報無かったのが残念。
文芸春秋さん、対談組むなら、品切れの文庫再版してください。
「瀧夜叉」「妖櫻記」上下文庫でそろえたいです。(涙)

96 :名無しのオプ:03/09/24 19:19
おお、久々にレスがついているw

『冬の旅人』は文庫にならんのかな…。

97 :名無しのオプ:03/09/28 19:06
冬の旅人は巷の評判はしらんが、個人的に好きな作品だなあ。
皆川博子の影響で中井英夫や西条八十の詩に興味をもった遠い昔・・・。

ところで「薔薇密室」はどうなってんの?

98 :名無しのオプ:03/09/30 00:06
「彼方の微笑」読み終わったよ。
その前に読んでたのが、「木製の王子」だったので、偶然『聖家族』つながりになっていた自分に藁。
読むの、逆じゃなくてよかったかも。

99 :名無しのオプ:03/09/30 16:19
「彼方の微笑」おもしろかったですか?
とりあえず短編集から読んでます。
精華伝奇の「土場浄瑠璃の」って、映画「アザーズ」見てから
やっとオチが理解できました。
なんかこの人の話って死人も生きてる人も境が無い気がしてたので。


100 :名無しのオプ:03/09/30 16:20
「彼方の微笑」おもしろかったですか?
とりあえず短編集から読んでます。
精華伝奇の「土場浄瑠璃の」って、映画「アザーズ」見てから
やっとオチが理解できました。
なんかこの人の話って死人も生きてる人も境が無い気がしてたので。


101 :名無しのオプ:03/10/13 00:06
「彼方の微笑」
正直、よくわからなかった自分は、未熟者でしょうか?

102 :名無しのオプ:03/10/14 00:04
全然話題になってないので書きますね。
「総統の子ら」10月25日集英社からついに発売だす。
舞台はレーベンスボルン…嗚呼!


103 :名無しのオプ:03/10/14 16:11
新刊情報ありがとうございます。
全然知りませんでした。嬉しいです。

104 :名無しのオプ:03/10/17 01:03
>102
私も全く知らなかった・・・
すごく嬉しいです。ありがd!

105 :名無しのオプ:03/10/17 04:42
うわー新刊出るんだー!
うれすぃー。

106 :名無しのオプ:03/10/19 19:51
「巫子」ブクオフでゲット。


107 :名無しのオプ:03/10/23 14:10
『彼方の微笑』読了
最近の作品と比べてぎこちなさが目立った。語りの視点もぶれてるし。
登場人物たちは、作者が頭の中で創造した人形である、という以上には
動いてくれない。
冒頭の、空が罅割れて微笑が浮かぶ、という幻視のイメージがあまりに
も鮮烈だったので、期待しすぎたのかもしれないです。

108 :気付き@幸せ掴む:03/10/23 18:26
人が自己実現するは大切ですが、目標という夢に描いた自分に成り得ることが目的ではなくて、それ
に近づいて行こうと努力することが、人生にとって本当の意義があるということを知りましょう。
人生とは魂の学習をする過程を指し人格(霊格)とか品性(霊性)を高めることが目的なのです。
人は、魂的に観ると物質的に恵まれていても進歩向上がない時は、退屈を感じ焦燥するものです。
あなたは自分の能力を引き出して個性や才能を発揮するには、事物の正しい観方を学ぶと共に
心(精神)を物事について悲観的に考えたり、否定的な言葉を使うことを改め、肯定的な生き方
へと生活態度を変えなければ、輝く未来はとても期待できないものです。それは正しい考えこそ
が正しい想いと正しい知恵と正しい判断が湧くようになり、そして正しい行動もできるからです。
この件に関する出典の説明があるHP↓に注目。参考にしよう。危機が近し心して暮らそう。
ttp://www.d7.dion.ne.jp/~tohmatsu/

109 :名無しのオプ:03/10/24 01:00
『総統の子ら』フライング発売GET!
表紙のハーケンクロイツで萌えました。

110 :名無しのオプ:03/10/27 22:45
日経朝刊の最終面に皆川博子の連載が始まったよ!

111 :名無しのオプ:03/10/27 22:53
禿しく読みたい・・・。
何てタイトルですか?

112 :名無しのオプ:03/10/29 16:31
で、新刊読まれた方、どうでした?
探しに行った書店、ことごとく置いてない。
購入するか否か悩んでます。

113 :名無しのオプ:03/11/03 01:37
総統の子ら、どこにも売ってないから諦めてネットで通販しました。
しかし皆川タソそんなにマイナーでもないよね(w 冬の旅人は発売当初は結構見掛けたのになあ。

114 :名無しのオプ:03/11/09 20:06
「文学界」で乙一について書いてましたね.
パニック演劇のアラバールと並べる辺りさすが。

115 :名無しのオプ:03/11/15 21:44
この人に解説してもらえる本は幸せだと思う。

116 :名無しのオプ:03/12/11 00:26
「総統の子ら」読み終わりました。
苛烈な歴史の流れの中で繰り返される主人公達の出会いと別れに涙…。
終章でギョッとして、もしや「死の泉」のような仕掛けが?と思って
しまった自分が情けない…。でも、自分だけじゃないかも(?)。
あの幕切れの仕方は切ないなー。最初から読み返したくなりますよね。
来年は「薔薇密室」が読めるみたいで嬉しい限りです。

117 :名無しのオプ:04/01/08 22:13
他スレにも書いたんだけど・・・

皆川先生が2001年版だかの「ホラーナビ」に「人形の家」という短編を
書かれているのですが、読まれた方はおられませんか。
幻想性といい、説明しすぎないで余韻と想像の余地を与える文章といい
短いのにぎゅっと濃密でうなってしまう小説でした。
でも、主人公の女の子かわいそうなんですよね。人形作家の母親は死んで
しまっていて、家にはぬいぐるみ作家の後妻とその子供が入ってきている。
写真家の父親は健在だけど、後妻の子供ばかり可愛がっている。そんな家に
たしかに父の娘なんだろうに、主人公は孤独な居候状態。
主人公の孤高の美意識と疎外はやがて悲劇を生んで・・・という話。

「想像の余地」と書いたけれど、いろんな解釈ができる一本だったと思います。
たとえば父親の気持ちなど、本文に「父の気持ちはよく判らない」と書いてあるのですが
本当にわからないです。下の娘が可愛いのははっきりしているのですが、
まったく愛情を注いでいないように見える主人公に対して本当はどうだったのか、
ラストで主人公は父親に捨てられるのだけれど、父親は果たして主人公が
憎かったり怖かったりという感情だけでそうしたのか(主人公にとっては”自分は
家に居場所はない”としか思えていないのですが・・・)。
他にも引き取らないと言った父親のもとへ帰ろうとした真意など、ここには書ききれない
くらい色々なクエスチョンが残ってしまいました。
ただ、あまりに救いがないので私が無理に多面的に解釈しようとしているだけかも
しれません.でも・・・やっぱり救いがほしい(w
この小説、ググルで検索してもまず引っかからないのです。
他の読者の方の見方も知りたいのに・・・





118 :名無しのオプ:04/01/23 01:09
やっと「総統の子ら」読了。第2次世界大戦中のドイツに対する見方が
少し変わりました。個人レベルにおいては、戦争に被害者も加害者も
ないのかなと思いました…。

誰か教えて下さい!メル欄は本当は最後どうなったの?


119 :名無しのオプ:04/01/25 19:46
「花の旅 夜の旅」読み中。

120 :名無しのオプ:04/03/07 01:03
猫舌男爵!

121 :名無しのオプ:04/03/23 02:53
うろこの家読んでます。

122 :BDJとして活動:04/03/29 03:49
>118
書いてあった通りじゃないでしょうか…

123 :122:04/03/29 03:50
うわ、ごめん!ごめんなさい!! 書き込む所間違えた!!!

124 :名無しのオプ:04/04/02 15:36
『総統の子ら』読みました。
誇りとか、祖国とか、民族としての矜持とか、いろいろ考えさせられました。
去年の今頃、『バンド・オブ・ブラザーズ』というアメリカのドラマを
見てたんですけど、これはノルマンディー上陸から始まる米空挺部隊の話で、
『総統の子ら』はある意味それを反対側から見たものなのかなと思いました
(内容がどうのっていうんではなく、単純に立場の話です)
見る側の立ち位置が変わるだけで歴史は全く違った姿で立ち現れてくること、
それから、戦争を含めた、個人レベルを越えた国家という大きなものの存在、
それが動くたびに引き起こす影響のすさまじさ、のようなものに、
読みながら圧倒されっぱなしでした。
手に取ったのは偶然だったけど、この本を読めてよかったです。

…あと終章のアレには自分も一瞬ビクーリしますた
(『死の泉』で見事に騙された経験が…)
それだけに幕切れはとても切なかったです。この傑作に惜しみない拍手を。

125 :名無しのオプ:04/04/03 15:32
あげようぜ

126 :名無しのオプ:04/04/10 12:00
今「総統の子ら」読んでいますー
「死の泉」と同系等の物語ではないのかな?

あと、「死の泉」についてのネタバレ質問があります。
最後のトリックの意味が全くわからなくて、いろいろ検索してみた結果
ttp://shihyo.himajin.net/bbs/index.html?cmd=h&id=2494&num=0
ここに辿りついたのですが、皆さんはどう思われますか?
やはりこれが正解なのでしょうか。確信を持って書かれているようだし。
私が自分で考えていた真相は、
「ギュンター(グレーテから見たらフランツ)は犬に喉を噛まれ死にかけていた。
 城を手に入れたかったクラウスは、ギュンターを死なせないためにグレーテと接合。
 第三章はそもそも実際にはなかったことだorギュンターとグレーテなしで行われていた」
だったのですが(汗) 的外れかな…

なんだか流れを無視した唐突な質問すみません。

127 :名無しのオプ:04/04/20 10:24
なんか落ちそうなので保守。

>>126
すまん、答えたいが随分前に読んだんで忘れてる…
図書館寄って借りてくるから数日待ってくれー

>同系列
全体の形式というか最終章の構造は「死の泉」と同じだよね。
そこで書かれている「以前の取材」ってのが「死の泉」の取材のことだろうし、
同系列という意識はされてると思う。

128 :127(ネタバレ含みます):04/05/08 15:12
やっと読んできますた。

細い弱々しい脚、と書いてあるのでギュンターではないような気がする。
接合技術は臨床では双子でやった例しかないようだし、
マルガレーテと適合しそうなのは実子のミヒャエル(どっちでも)
なんでは。個人的には“エーリヒ”でない方だと思う(“エーリヒ”は
レコードジャケットに写っていたカストラート歌手かも。ヴェッセルマンも
「声は矯正すればまだ間に合う」と言ってたし)
第三章の城での事件は実際に起きたことだと思うし、グレーテも
その場に居合わせたはず(でなければ手記の最後の記述がおかしい)
ただ、作中の「あとがき」によれば、第一章のグレーテの手記以外は
全て“ギュンター”を名乗るヴェッセルマンが執筆した内容ということになるから、
そもそも第二章・第三章はその全ての真偽自体が曖昧なわけで、その辺は
読者には判断不可能なんではないかと。
ヴェッセルマン本人も
「実在のものもいるし、架空の人物もいる。また、特定のモデルではなく、
 数人の特性をかさねあわせて一人の人物を造形したものもある」
と語ってるし、結局のところ、フランツは本当に生き延びていたのか
(戦後現れたのはグレーテが誤認したギュンターだけだったんじゃないのか)
エーリヒは本当に死んだのか、ミヒャエルは本当に二人だったのか、
ゲルトは存在したのか、城の接合された双子の死骸ははレナたちなのか
或いは11頁の発掘された別人のものなのか等々、ヴェッセルマン自身しか
答えを知らないようなことが多いわけです。

延々と長文失礼しますた。参考になる…でしょうか?
自分はとりあえず「架空の物語が現実側に溢れだしてきた」ことの怖さと混乱に
ひたるだけにしときます…

129 :名無しのオプ:04/05/08 17:01
異形コレクションの「断章」がもんのスゲー好きですよ。
ああいうのいっぱい読みたい。

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)