5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三津田信三〜迷宮草子にとりこまれて〜

1 :名無しのオプ:02/09/24 13:48
着々と三津田信三ワールドが築き上げられてるなぁと思う「作者不詳」読後。
「これでもか」と畳み掛ける展開にうっかり心を鷲掴みされ、
あちこち検索をかけまくるが、ヒット数の少なさにすっかり鬱になりました。

みなさん、三津田信三って……どうですかね?



2 :名無しのオプ:02/09/24 14:25
文章がヘタクソで話にならん。
マジな話、このひと作家の才能ないよ。

3 :むふふ:02/09/24 14:34
作者不詳読んだが最後の最後でわからん。
思わせぶりなタイトル、思わせぶりな装丁…で思わず読んでしまったが。
うたい文句ほどではなかったぞ。忘却せよ。

4 :名無しのオプ:02/09/24 14:43
前作は割と面白く読めた。
今回は期待外れ。途中で飽きる。これが実力か?
次作で評価を決めたい。

5 :名無しのオプ:02/09/24 14:47
うへえなり

6 :名無しのオプ:02/09/24 15:00
倉阪鬼一郎なんかに悪い意味で影響されてるんじゃないか?
底の浅いペダントリとかメタな仕掛けの多用とか弱点がそっくりだ(w
ちゃぶ台がえしやらんだけマシか・・・・

7 :名無しのオプ:02/09/24 15:22
前作読まずに作者不詳だけ読んだけど、
メタな部分以外はまぁ読めた。

メタに関しては、相当上手い人以外は使わんほうがいいと思ふ今日この頃。

8 :名無しのオプ:02/09/24 16:05
ただ、「作者不詳」のオチが、「ホラー作家〜」に絡んでくるのが痛い。
「作者不詳」は「作者不詳」の中で落として欲しかった。
前作を読んでて「にやり」って感じではなくって反則だよって感じでした。

個人的に『朱雀の化物』は好き。こっくりさぁん〜



9 :さく・え/ななし:02/09/24 18:48
>7
メタって何ですか?
メタミステリーのこと?

10 :名無しのオプ:02/09/24 20:10
最後のあれさえなければもっと良かったのになあ、と思う。

私も「朱雀の化物」や「子喰鬼縁起」は雰囲気は好き。

11 :名無しのオプ:02/09/24 20:16
竹本健治さんの『闇に用いる力学』が、まさか読めるとは思っていませんでした。
長編連載は完結後に読むことにしているのですが、
この作品ばかりは読みはじめてしまいそうです。
完結後はぜひ『隅という名の惨劇』の連載もお願いします(無理でしょうか?)。
(奈良県奈良市・三津田信三)

12 :名無しのオプ:02/09/24 20:20
「作者不詳」ダメなの?
ミステリーチャンネル見たら大森望が今月のイチオシに挙げてたからブックオフで買ったんだけど

13 :名無しのオプ:02/09/24 22:58
うひゃあ、大森望推薦かあ・・・

14 :名無しのオプ:02/09/24 23:15
大森望推薦かあ(乾笑)。地雷本ケテーイだな。

正直、ノベルスで1500円という価格でもう萎えまくり。
よほどの傑作じゃなきゃ1500円も出して買う気になれないよ。ブクオフで買っても
新刊のノベルスとおんなし値段だからな・・・
それも小口にUNKNOWNなんて、つまらんところに金かけてるんだもんなー。
正々堂々と中身で勝負せんかい!

15 :名無しのオプ:02/09/25 00:16
>>14
そのつまらん装丁に萌えて買ってしまった漏れは逝ってきます。

16 :名無しのオプ:02/09/25 11:20
どうでもいいが、『「偶」という名の惨劇』ですな。
でもこの小説の原稿見つかったんだってね。やでうれしや。出版を熱烈キヴォオン。

17 :名無しのオプ :02/09/25 13:05
>>14
>>15
そんなオイラも逝って来ます。

この人はミステリー作家としては無駄が多いけど、
場の雰囲気を作るのは旨いと思う。
そういう意味では装丁も本の一部として評価。

18 :名無しのオプ:02/09/25 13:44
スマソ。漏れも価格でビビって買わなかった。
前作「ホラー作家の棲む家」がまあまあいけたので、新刊で出たとき手には取ったが
1500という数字に凍り付いたヨ。
「これなら密室本2冊かえるじゃん」と思って蘇部と秋月を買ってしまった漏れを
許してくれえ。

19 :名無しのオプ:02/09/25 13:48
>>12
超大作映画って感じではないけど、来週が気になって仕方がないドラマって感じではある。
本はジックリと読むほうだけど、「作者不詳」は一気に読んでしまった。
あちこちボロはあるけど、仕掛け満載で踊らされるのが好きな人間なら良作かもしれない。

20 :名無しのオプ:02/09/25 14:27
このスレを親友と読んでて
「確かにあの装丁(そうちょう)はやりすぎかもなぁ」
「装丁(そうてい)だろ?(鼻で笑いながら)」
といわれた。

今、とっても鬱なので、親友殺してみたいと思いました。

21 :コギャルとH:02/09/25 14:44
http://tigers-fan.com/~pppnn

http://www.tigers-fan.com/~fkijjv

ヌキヌキ部屋に直行
  コギャルとヌキヌキ
  全国地域別出会い

22 :名無しのオプ:02/09/25 16:42
>>20
もしかしたら2chでは「そうちょう」がデファクトスタンダードになる
かもしれんから、それまでは我慢しる!

23 :名無しのオプ:02/09/28 16:56
>>20
俺もだよ(涙

ずっと「そうちょう」で変換できねえからおかしいなあ、って思ってたんだYo!

24 :20:02/09/30 14:13
>>23
うぉお!アンタもか!?アンタもなのかっ!?

どうして「そうちょう」じゃないんだろなぁ
賭け事も丁半、豆腐だって一丁だってのによぉ……


>>23
「装丁=そうちょう」で辞書登録完了(゚∀゚)b


25 :名無しのオプ:02/10/01 03:40
俺は絶版を「ぜつばん」、合本を「ごうほん」と思っていた。
今でもたまに気が弛むと言ってしまう。

んで、作者不詳読んだが、文章技術は稚拙なものの、
1編ごとに作風が変わる趣向は面白い。
最初は読み難かったが、3話あたりからスイスイ読めるようになった。
ただミステリとしては、謎もその解決もあまり魅力がなく、
ホラーとしては「怪異」にひねりがなく、
メタとしてはスッキリしないオチという感じであった。
「娯楽としての殺人」「朱雀の化物」の2編が比較的良かったが、
これらが何らかの水準に達しているかどうかは微妙なところ。

結論、連作形式とメタにそれほど深い意味がなく、実際の厚さに対し、内容は薄い。
個人的には前作より楽しめたし、このダメダメな雰囲気が却って好きではある。

26 :名無しのオプ:02/10/01 20:12
なにか知らんが「朱雀の化物」人気あるなあ・・・

27 :名無しのオプ:02/10/02 09:01
「ホラー」読了。
確かに文章は酷いな。

28 :名無しのオプ:02/10/03 22:14
もちっと文章練ってから出せば傑作になったかもしれないのにね。
この本に限らず、講談社ノベルスには「ああ惜しい」と思う作品が多い。
もっと編集者がビシバシ書き直させてほすい。

29 :28:02/10/03 22:16
あと、語り手が(メール欄)って落ちは、いくらなんでも陳腐に過ぎると思われ。

30 :名無しのオプ:02/10/03 23:31
前作にもでてきた“リョウコ”なる女性が気になってみたり。

31 :名無しのオプ:02/10/03 23:40
どのていど文章の酷いの?
具体的に引用キヴォンニュ


32 :名無しのオプ:02/10/10 16:47
>>29
銅鑼衣紋の都市伝説落ちだよなぁ....

33 :名無しのオプ:02/10/10 16:59
ブクオフ落ちしてたので読んだよ。真相を推理しなければ怪にやられるという設定はバッチグー(古)なり。
ただこれだと、推理が正しいことを保証するのは探偵の論理じゃなくて
怪のジャッジだから、どうも本格としてのカタルシスには乏しいなあ・・・
ヤパーリ、ホラーと本格ミステリの融合はやめた方がいいのではないか

「もし料理店のコックが、オートミール好きの客とカレー好きの客との
両方を喜ばそうとして、オートミール味のカレーを作ったら、両方の客
にそっぽをむかれるでしょう」という都筑道夫の名言(「黄色い部屋は
いかに改装されたか」)を思い出したよ。

でもこの設定をパクって漫画化すれば結構人気が出るんじゃないかとオモタ。


34 :狂悪:02/10/27 11:47
竹本健治の「ウロボロスの基礎理論」を読んだあとに「作者不詳」を読んだので、
それほど酷い内容とは思えなかったが、之が「函の中の失楽」の後だったら 
まよわずブクオフ だったかな。(W

「作者不詳」そのものは短編小説を幾つも読んでいる感じなので、推理する
「猶予」が与えられてる気になり「この場合犯人は?」と落ち着いて考えること
が出来て中々楽しめたように思う。
推理が当たった時は「ふぅー怪異に襲われずに済んだ」と 右手を突上げたりは
しなかったが、握りこぶしは握ったな(爆

作品の中では「子食い鬼縁起」と最後の「首」がよかったが、 
好き嫌いは別として小説として評価すると「ミステリ」というには
トリックに頭が捻られてなく「ホラー」と呼ぶには中途半端な印象、第一怖くないのが致命的
今日「ホラー作家が棲む家」が気になったので新刊で買ってきた、貶しつつ
ついつい買ってしまう漏れは「逝ってよし」なのだろうか?

35 :名無しのオプ:02/10/28 00:24
「逝ってよし」なのだろう

36 :名無しのオプ:02/10/28 01:29
確かに文章も謎の提示も解決もメタ的趣向もうまくないけど、
どっかで賞とって公然と801書いてる腐女子よりはマシかと。

なにげに次回作も楽しみにしている。どっかのサイトの近刊情報に載ってたね。

37 :名無しのオプ:02/11/10 22:31
 最近、「いかにも」な感じのメタに触れてなかったので結構面白く
読めてしまった。
 私もなんとなく次回作を待ってるなぁ。頑張ってほしいところ。

38 :名無しのオプ:02/12/03 14:00
「ホラー作家〜」初めて読んだけど、けっこうツボだったなぁ。
これから作者不詳も読んでみる。
文章がヘタって批判されてるけど、そんなにヘタか?散文的な味も
素っ気もない文章だけど、読みやすくていいと思ったけど。
あれでもうちょっと密度があってネットリした感じだとさらにいいけど、
文章がヘタって貶すほどヘタだとは思わんかったけどな。

逆にホラーやミステリ系で文章が旨いって誰よ?(連城三紀彦とかは別格だと思うが)

39 :名無しのオプ:02/12/03 14:02
ホラーは文章が命なり。あんなのではだめなり。

40 :名無しのオプ:02/12/03 18:53
だめならだめでもいいんだけど、じゃあ合格点をあたえられる文章を
書いてる人を教えてくりよ。

41 :名無しのオプ:02/12/03 22:33
最初に「作者不詳」読んで、ブクオフで「ホラー作家の棲む家」買って読んだ。
文章は決して上手くは無いが漏れには読みやすかった。
でもどっちも結末の畳み方がちょっと雑な印象。
もっと最後を上手く〆られたら良かったと思ったよ。

42 :名無しのオプ:03/01/22 02:26
 

43 :山崎渉:03/01/23 18:37
(^^)

44 :名無しのオプ:03/02/02 00:31
 

45 :山崎渉:03/04/17 16:01
(^^)

46 :名無しのオプ:03/04/17 21:40
新刊まだー?

47 :山崎渉:03/04/20 02:45
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

48 :山崎渉:03/04/20 06:55
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

49 :山崎渉:03/05/22 05:01
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

50 :山崎渉:03/05/28 12:23
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

51 :名無しのオプ:03/05/28 12:56
山崎が常連かよ・・・('A`)

52 :名無しのオプ:03/05/28 13:56
頼む、早く新刊出してくれ…
山崎で埋め立てられたら激しく欝だ・・・

53 :名無しのオプ:03/05/29 09:29
あげ

54 :名無しのオプ:03/05/30 20:55
新刊まだぁ?

55 :名無しのオプ:03/06/18 17:19
しんかんまだぁ〜?

56 :名無しのオプ:03/06/22 16:08
新刊まだ?あげ

57 :名無しのオプ:03/07/12 02:25
作者不詳は面白い。読んでいてリングのような緊迫感があった。推理も適度に楽しめるし良かった.マニアにはものたりないかも?

58 :山崎 渉:03/07/12 08:06
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

59 :山崎 渉:03/07/15 10:20

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

60 :山崎 渉:03/07/15 13:41

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

61 :名無しのオプ:03/07/19 02:59
ハハ、山崎も三津田好きか。そうかそうかアハハハ・・・・・・。

62 :山崎 渉:03/08/02 02:17
(^^)

63 :山崎 渉:03/08/15 16:30
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

64 :名無しのオプ:03/08/31 19:00
愛読者だなw

65 :名無しのオプ:03/09/01 00:37
今月新刊発売予定

66 :名無しのオプ:03/09/04 23:06
新刊「蛇棺葬」発売age
「百蛇堂」も12月発売?(氷川透HPから)


67 :名無しのオプ:03/09/04 23:24
三津田好きだ。
二冊も出るのは嬉しいなり。

68 :名無しのオプ:03/09/06 18:22
新刊かってきた
これから読む

69 :名無しのオプ:03/09/07 08:53
68じゃないが新刊読了。
今回はちょっとホラー部分とミステリ部分が前ほど上手く融合してないなぁと言う感じ。
オチも「え?これで終わり?」って感じもするんだが、12月に出るっていう「百蛇堂」に続いてるのかな?

雰囲気はあったんだがちょっと消化不良なのでsage。

70 :名無しのオプ:03/09/17 13:35
なんかいきなり推理始まって置いてけぼり食らった。
それまでのホラーっぽさをいきなり止められたようでなんだかアレな感じ。
百蛇堂に期待。砂川どうなったのか激しく気になる。

71 :名無しのオプ:03/09/18 17:05
民婆がマーモウドンなんだろ

72 :名無しのオプ:03/09/18 17:24
>71
それは、少々ネタばれでないかい?
ま、そうだと思うけど。

73 :名無しのオプ:03/09/25 17:24
ネタが無いけ

74 :名無しのオプ:03/09/25 20:57
た、民婆ぁ…………

75 :名無しのオプ:03/09/26 18:28
>>74
御前は・・・・・・・・・・・・け

76 :名無しのオプ:03/09/27 22:18
>75
あれはなんて言ったんだろうな。

前話:かなり好み。面白い。
後話:推理までは面白い。推理始まったら、なんか、ねぇ。

77 :名無しのオプ:03/10/11 22:53
来月新刊発売予定age

78 :名無しのオプ:03/10/21 02:28
    ∧_∧
   ( ・∀・) <お茶菓子もう一つ貰っていいカナ?いいカナ?
   ( つ旦)   
   と__)__)


79 :名無しのオプ:03/10/21 16:25
      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >  妾の子ぉはぁぁ!!!
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    / 
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l    .\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、  _/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     | l. /    |=  ヽ/ | .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    | l./     .!    / | i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |. .!    .|  /  .!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |  l.    .| /   | i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //

80 :名無しのオプ:03/10/21 17:45
       /     \
     /  / ̄⌒ ̄\
     /   / ⌒  ⌒ |
    | /  (・)  (・) |  
  /⌒  (6     つ  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (  |  / ___  |  < なんと卑しいけぇぇぇぇぇぇぇえ!
  − \   \_/  /    \_____________
 //  ,,r'´⌒ヽ___/     ,ィ
   / >>79 ヽ       ri/ 彡
  /   i    ト、   __,,,丿)/        ζ
 |    !     )`Y'''" ヽ,,/      / ̄ ̄ ̄ ̄\
  ! l   |   く,,   ,,,ィ'"      /.         \
  ヽヽ  ゝ    ! ̄!~〜、       /           |
  ヽ  /""'''⌒ ̄"^'''''ー--、 :::  |||||||||||||||||||||||||||||||>>78
   Y'´          /    """''''〜--、|||||||||||||||||) 
   (      丿  ,,;;''  ....::::::::::: ::::r''''"" ̄""ヽ   |
    ゝ   ー--、,,,,,___      ::: ::,,,,,ー`''''''⌒''ーイ  ./
    ヽ      \  ̄""'''"" ̄   \____/-、
     ヽ       ヽ  :::::::::::::::::::: /          `ヽ

81 :名無しのオプ:03/10/21 23:44
うへえ

82 :名無しのオプ:03/10/23 11:48
11月分に新刊載ってねーな。

83 :名無しのオプ:03/10/24 00:44
12月には出ますよーに

84 :名無しのオプ:03/10/28 19:48
新刊まだ〜

85 :名無しのオプ:03/10/29 18:12
マーモウドンって文字見てたら
ウドン食いたくなってきた。

86 :名無しのオプ:03/11/03 03:00
マーモウドンはマーメイドの親戚の玄孫のひ孫の友達の三男坊

87 :名無しのオプ:03/11/03 20:53
マーメイドと関係ないじゃん(w

88 :名無しのオプ:03/11/07 01:21
百蛇堂マダ〜?
マチクタビレタ〜

89 :名無しのオプ :03/11/10 20:16
編集者としての三津田信三はいい仕事してたと思う
『ワールド・ミステリーツアー』シリーズはおもしろかった
全巻揃えてはいないが(海外編しか買っていない)各巻最後に
『編集部』として一章設けてあったが、おそらく三津田本人が書いていたと思われる
ホラー関係の知識は相当なものだが、薀蓄もこういった形でならイヤ味がない
小説のなかでやられるとちょっと、ね・・・・・・
『ホラージャパネスク叢書』シリーズは
『ワールド・・・』の国内のものがつまらなかった分を補っていてよかった
三津田の薀蓄が無いのが、物足りないかも知れないが
その代わりといってはなんだが、写真が怖くて楽しめる
廃墟ブームらしいが、ちょっと個性的な写真で面白い
『ホラー・・・』がもし再開されたらまた見てみたい

90 :名無しのオプ:03/11/17 20:24
来月百蛇堂発売age

蛇棺葬の世界をぶっ壊すくらいのオチキボン

91 :無しのオプ:03/11/22 22:13
>>89
本当にあったんだ、その手の本
へえ〜

「ホラー作家の住む家」だけ読んだけど
どこまでが事実かワカラ中田から話半分で読んでたよ

92 :名無しのオプ:03/11/25 11:06
まだけ?

93 :名無しのオプ:03/11/25 21:36
来月じゃけん

94 :名無しのオプ:03/11/30 22:59
あさひそーらーじゃけん

95 :名無しのオプ:03/12/01 22:26
今月発売じゃけん

96 :名無しのオプ:03/12/02 03:53
もうすぐけ?

97 :名無しのオプ:03/12/03 15:05
まだけ?

98 :名無しのオプ:03/12/04 15:47
でたんけ

99 :名無しのオプ:03/12/04 17:45
フラゲしたけ?

100 :名無しのオプ:03/12/04 17:57
明日買いに行くけ

101 :名無しのオプ:03/12/04 18:11
ほんまけ

102 :名無しのオプ:03/12/04 19:45
俺も明日売ってたら買うけ

103 :名無しのオプ:03/12/04 20:24
ttp://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1823442&x=B

新刊け

104 :名無しのオプ:03/12/04 20:24
がまんするけ

105 :名無しのオプ:03/12/04 20:26
やっぱり買うけ

106 :名無しのオプ:03/12/04 20:35
妾の子ぉは辛抱がないけぇぇええええ!!

107 :名無しのオプ:03/12/04 20:48
貴女が――マーモウドンだったのですね……け

108 :名無しのオプ:03/12/04 21:03
それがマーモウドンの理け・・・・・

109 :名無しのオプ:03/12/05 01:45
新刊1200円け……

110 :名無しのオプ:03/12/05 13:15
売ってなかったけ姉飼買ったけ

・・・明日買いに行くけ。

111 :名無しのオプ:03/12/05 21:50
でてないけ

112 :名無しのオプ:03/12/05 22:10
まだけ?

113 :名無しのオプ:03/12/06 00:27
いつけ?

114 :名無しのオプ:03/12/06 02:36
6日になっとるけ

115 :名無しのオプ:03/12/06 13:49
これから読むけ

116 :名無しのオプ:03/12/06 14:31
>読んだ者の元にあれが迫り来る…!!

今晩、お前んとこに行くけ・・・・・・・

117 :名無しのオプ:03/12/06 16:42
マーモウドンキタ━━━━(゚∀゚)━がふっ!

118 :名無しのオプ:03/12/06 19:38
おれもこれから読むけ

119 :名無しのオプ:03/12/06 22:50
4章読み終わった。普通に怖いけ。
さっき部屋の扉が勝手に閉まって((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルしたけ。

120 :名無しのオプ:03/12/06 22:59
はやく読みたいけ。

121 :名無しのオプ:03/12/06 23:00
行くけ・・・・・・・
行くけ・・・・・・・
もうすぐけ・・・・・・・

122 :名無しのオプ:03/12/07 00:02
…………がいっぱい来るけ

123 :名無しのオプ:03/12/07 00:10
こわいけ

124 :名無しのオプ:03/12/07 02:52
お前ら楽しそうけ

125 :名無しのオプ:03/12/07 11:11
漏れも今日探しに逝くけ

・・・・・ここはネタスレ…け…?

126 :名無しのオプ:03/12/07 14:13
読み進める程に周りで不可解な現象がおきる・・・・・・不安け・・・・

127 :名無しのオプ:03/12/07 16:02
朝の5時ごろどこからかドンドンと音がしはじめたけ
家のすぐ近くなのに発生源が分からなかったけ
屋根に猫がいただけだったけ

128 :名無しのオプ:03/12/07 16:34
あれは自分の存在を知った人の下にも行こうとするけ
ああぁぁぁー

    ・・・・・・け

129 :名無しのオプ:03/12/07 18:02
>>127



         …見たの

130 :名無しのオプ:03/12/07 18:45


足首・・・・

131 :名無しのオプ:03/12/07 19:53
すうぅぅぅぅぅ……はあぁぁぁぁぁぁ……ごおぉぉぉぉ……はあぁぁぁ……

132 :名無しのオプ:03/12/07 20:11
今墓荒らしまで読んだけ。
怖いけ。
マーモウドンがこw

133 :名無しのオプ:03/12/07 21:31
ずるずるっ

134 :名無しのオプ:03/12/07 21:35
読み終わったけ。
色々と言いたいこtttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttttt

135 :名無しのオプ:03/12/07 23:02
ほぼネタスレと化しているけど、新刊面白かったけ。俺のツボだったけ。

だけど、最後の信一郎の解説はメル欄とおんなじレベルじゃないk

136 :名無しのオプ:03/12/07 23:34
「なぁ。この本、妙に紙が厚くないか――」
 飛鳥信一郎はそう言いながら、新書判の本を閉じた。

 *  *  *  *

 長い長い男の話は終わった――

137 :名無しのオプ:03/12/08 00:02
       lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / み  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  み ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  つ  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  つ |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  だ   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  だ  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /

138 :名無しのオプ:03/12/08 00:43
次回作まだけ?

139 :名無しのオプ:03/12/08 00:57
そんな気が早い話してると……が笑うけ

140 :名無しのオプ:03/12/08 12:26
面白かったけ

>>1の言うとおり
>着々と三津田信三ワールドが築き上げられてる
…け

141 :名無しのオプ:03/12/08 19:42
百ページ以上長い『作者不詳』とあんまり厚さが変わらないのは
何か理由があるんだろうけ?

142 :名無しのオプ :03/12/08 22:37
編集者としての仕事はもうないのけ?
『ワールド・ミステリーツアー』『ホラージャパネスク叢書』好きやけ

143 :名無しのオプ:03/12/09 16:35
同朋舎って本当につぶれたんけ?

144 :名無しのオプ :03/12/09 19:56
メディアファクトリーからも出してたけ

145 :名無しのオプ:03/12/09 22:25
とりあえず百蛇堂3分の1くらい読みました。
まとめると蛇棺葬は呪のビデオで百蛇堂はリングってことでいいんですか?
自分はここまで読んだだけで風呂で目をつぶるのがマジで恐かった腰抜けですが、
今から残りを夜更かしして読もうと思うのですがヤバいですか?

146 :名無しのオプ:03/12/09 22:58
・・・・・け

ずるっ

いくけ・・・・・

147 :名無しのオプ:03/12/09 23:07
>>145
途中で読むのをやめて寝る方がヤヴァイけ

おまいの元にもそろそろ行く・・・け

148 :名無しのオプ:03/12/09 23:18
ガクブルしながら読み終わって昨日は寝たけ。
朝起きたら布団の中に変な毛がいっぱいあったけ(マジ)。

普通に怖いけ。

149 :名無しのオプ:03/12/10 00:11
ホラーという名の嫌がらせけ?

150 :名無しのオプ:03/12/10 01:37
法螺話け

151 :名無しのオプ:03/12/10 01:41
頭じゃ分かっててもやっぱり怖いけ

152 :145:03/12/10 12:22
昨日はすっかり怖じ気づいて読むのを途中でやめて寝ました。 作者不詳を夜読んだ時はハンパなく怖いおもいをしたので、 それを思いだし夜読むのはやめました。 ですからいくら読んでも怖くない状況 学校で授業中に読みました。

153 :名無しのオプ:03/12/10 21:11
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
ずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっずるっ
                            ・・・・・うっ・・・・・・どぴゅっどぴゅっ・・・・

154 :名無しのオプ:03/12/11 01:31
せんずりけ

155 :名無しのオプ:03/12/12 21:06
ネタ切れけ

156 :名無しのオプ:03/12/12 23:58
新作出せばオールオッケーけ

157 :名無しのオプ:03/12/13 01:13
新作まだけ?

158 :名無しのオプ:03/12/14 22:10
新作まだけ?

159 :名無しのオプ:03/12/20 02:22
新作出たけ?

160 :名無しのオプ:03/12/21 03:05
いきなり百蛇堂から読み始めてしまったのだけど駄目け?



161 :名無しのオプ:03/12/21 17:37
ホラー作家から読まねえと、蛇足の意味わからねえけ

162 :名無しのオプ:03/12/22 03:33
>161
読了してしまったけ。
勢いつけてホラー作家から読んでみるつもりだけ。

163 :名無しのオプ:03/12/22 13:22
だいたい蛇棺葬読まないで百蛇堂読んじゃダメだと思うけ

164 :名無しのオプ:03/12/23 01:00
この人、(メール欄)のネタがなくなったら作品も打ち止めなんてことに
なりそうだな、とかシリーズ読み通して思ってしまったけ。

165 :名無しのオプ:03/12/23 11:41
別にメル欄に書くほどのことでもないけ

166 :名無しのオプ:03/12/23 13:21
三津田マンセーけ

167 :名無しのオプ:03/12/23 20:47
三津田マンセーけ?

168 :名無しのオプ:03/12/24 10:09
三部作が終わったらメタは終わりけ?

169 :名無しのオプ:03/12/31 00:55
『ホラー作家』文庫化まだ〜?

170 :名無しのオプ:04/01/01 13:32
メタもおもしろいけど、そろそろ普通の小説読みたいけ
この人は旧き良き時代の本格書けるような気がするけ

171 :名無しのオプ:04/01/01 23:05
『百蛇堂』の、
「東京創元社から依頼があった」
ってーのは本当なのかね。本当だとしたらかなり楽しみなのだが。

172 :名無しのオプ:04/01/02 02:08
蛇棺葬読了したけ、やっぱり順番は大切と思ったけ。

173 :名無しのオプ:04/01/10 03:05
眠れないけ

174 :名無しのオプ:04/01/18 00:21
寝れ

175 :名無しのオプ:04/01/21 20:13
新作まだ〜?

176 :名無しのオプ:04/01/21 22:27
ホラー作家読んだよ。
けっこういいじゃん。作中作が怖かった。

作者不詳も読んでみるよ。

177 :名無しのオプ:04/01/26 07:44
「百蛇堂」物語もよかったけど、どうでもいい脱線のだべりも楽しかった。
どのホラービデオをみるか、とかイギリスのしたいあばきの歴史のうんちく
とかなかなか面白かった。
フレディ・フランシス監督の映画「贖われた七ポンドの死体」が実話と知って
びっくり。

178 :名無しのオプ:04/01/28 17:47
その映画って面白いの?

179 :名無しのオプ:04/01/30 00:47
みなさんは三津田作品の中で一番面白かったのはどれですけ?
私はまだ ホラー作家の棲む家 を読んでないんです。
で、この人ってミステリ?ホラー??どっちなんでしょう?



180 :名無しのオプ:04/01/30 04:14
作者不詳ですけ

181 :名無しのオプ:04/01/30 08:38
>>178
怖いよー。「ブラジル」のジョナサン・プライスの怪演がすごいです。
「バルタザールの遍歴」の佐藤亜紀も絶賛してるそうです。

182 :名無しのオプ:04/01/30 16:13
どれが、というか
ここまでの4作は同じ世界観に基づくメタ・フィクションだからなあ
4作とも読んだ方が、尚面白いとも言える
逆に作中作もふんだんにあるから、その中で選ぶなら
『作者不詳』の中の『娯楽としての殺人』かな
それも章全体ではなくて、純粋に作中作の部分
『完全犯罪』という概念の解釈を、個性的かつ見事に料理したと言える

確かにホラー系の知識は凄いしそっちのスピリットも感じるけど
この人の背骨には本格ミステリの芯がしっかり埋まってると思うな


183 :名無しのオプ:04/01/30 19:24
着実にファンが増えている。

184 :名無しのオプ:04/02/07 21:35
犠牲者も増えるけ

185 :名無しのオプ:04/02/09 04:53
何と言っても、高野山大学卒。
本人にとっても、何より知られたくない事実であろうな(藁


186 :名無しのオプ:04/02/11 19:25
アフォですか?あなたは
出身大学と作品が何の関係が?
と云いたいところだが、メタフィクションが売りの作者のこと
いっそ高野山をストーリーに絡めた作品を書いたりして・・・
作風に合ってるもんな

187 :名無しなんじゃ:04/02/12 03:25
蜜田氏はお寺さんの子け?
『作者不詳』に警官の息子ってあったけど
まあ、小説として面白かったらなんでもイイけ
高野山が舞台の話、俺も読んでみたいけ

あと、185は何時代の人け?

188 :名無しのオプ:04/02/12 16:50
186と187の人に賛成、というか作家は作品だけで充分でしょ
しかし作家に学歴とは・・・久し振りに笑ったな
この国で政治家の学歴詐称がなくならないはずだわ

ちなみに185は、さぞ高学歴なんやろな(W
まっ低俗な奴は放っておいて
オレも高野山を舞台にしたホラー、ミステリでもいいけど、読みたいけ


189 :名無しのオプ:04/02/12 21:35
どうでもいいけ。ただじっと次回作を待つけ

190 :名無しのオプ:04/02/13 04:12
新作まだけ?

191 :名無しのオプ:04/02/14 12:13
そういえば去年、下のような対談?がネット購入の特典であったけ

三津田 『蛇棺葬』が8月で、『怪談作家(仮)』が
    その一、二か月後くらいの予定です。
東 その後の御予定は。
三津田 その次は、東京創元社の書き下ろしになります。
    『シェルター 終末の殺人』という作品を既に脱稿していますが、
    年内に出すかどうかは未定です。
    来年が同社の創立五十周年に当たるので、
    それに合わせて刊行されるかもしれません。
    その後はダリオ・アルジェントに捧げるジャッロ三部作(笑)を
    構想していますが、書いてみないと何とも……。
東 ホラー系の予定はないんですか。
三津田 全く普通の建て売り住宅のような家を舞台にした幽霊屋敷物と、
    執拗に拘っている(?)百物語テーマ物と、
    それぞれ漠然と考えている作品はあるのですが、
    どうなりますことやら。

192 :名無しのオプ:04/02/14 13:25
うおおおおおおおお!

早く、早く出すけー!

193 :名無しのオプ:04/02/14 13:34
高野山を舞台にしたメタフィクション!
よ、読みたいけ・・・

194 :名無しのオプ:04/02/15 17:46
まだけ?

195 :名無しのオプ:04/02/15 22:31
しんぼうたまらんけ

196 :名無しのオプ:04/02/16 09:40
「アルジェントに捧ぐ」って、綾辻みたいのけ?
三津田氏のことやから、和風色が入っとるんやろか?
なんにせよ、ジェニファー・コネリーみたいなヒロインが出るんやろな
三津田氏企画の「ワールド・ミステリーツアー」で再三アルジェントとりあげてたけど
ジェニファー好きらしいけ
小説は勿論読みたいけど、この人の企画した本も相当面白いけ
また読みたいけ・・・

197 :名無しのオプ:04/02/16 10:41
三津田氏の「西日」っていう短篇は知ってるけ?
「幻想文学」の63号に掲載されている作品だけど、
なんとサブタイトルが「ホラー作家の棲む家」その後、というけ!
版元が潰れてるから本は手に入りにくいと思うけど、
「ホラー作家」が好きな人には、きっと面白いけ。

198 :名無しのオプ:04/02/16 18:39
「西日」ブクオフで見つけて読んだけ
K,Fって誰け?

199 :名無しのオプ:04/02/18 16:34
しるけ
実在するのけ?
するならかなり不思議な人じゃけ

200 :名無しのオプ:04/02/19 10:08
三津田氏の新作「シェルター 終末の殺人」って
どうやら東京創元社のミステリ・フロンティアの一冊らしいけ

201 :名無しのオプ:04/02/19 11:23
>>197
版元は潰れてねえ!
63号なら注文すればまだ手に入るけ!!!

202 :名無しのオプ:04/02/22 12:00
「幻想文学」が廃刊なら潰れたようなものけ。
興味ないからどうでもいいけど…

「西日」のK・Fは、ちょっと気になるけ。
意味はないのかもしれないけど、三津田氏のことだから、
何かと関わっているのかもしれないし…

203 :名無しのオプ:04/02/22 14:36
K(かなり)F(不思議な人)
せっかく惚けたのに・・・
三津田氏周辺の業界人に居るんじゃないけ?

204 :名無しのオプ:04/02/23 10:28
す、すまん、気付かんかったけ…
というより、普通は分からんけ。
ところで誰か、「シェルター 終末の殺人」の情報はないけ?

205 :名無しのオプ:04/02/24 17:15
>全く普通の建て売り住宅のような家を舞台にした幽霊屋敷物と、
    執拗に拘っている(?)百物語テーマ物と、
激しく読みたぁぁぁあぁぁぁあぃいいいいぃいい!

ところで、こちらの三津田ファソの方々教えてください。
私が所有してる三津田氏の関ってる本は何故か東氏が
一緒にお仕事されてる事が多いんですが何故でしょうか?

206 :名無しのオプ:04/02/24 23:08
>>205
特に意味はないのではないでしょうか。
三津田氏の交友関係(?)が、
加門七海、福澤徹三、東雅夫といった怪談関係と、
水木しげる、京極夏彦、多田克巳といった妖怪関係とから成っているから
とかじゃないですか…。
その他にも、仁賀克雄、友成純一、島村奈津といった怪奇関係もありますしね。
間違ってたらゴメンナサイ。

207 :名無しのオプ:04/02/25 10:22
交友関係というより、編集者時代に築いた仕事関係じゃないのけ
まぁそこから交友関係になった人もいるんだろうけど・・・

千街も書いてたけど、三津田のミステリーとホラーに関する造詣は
物凄いものがあるので、是非また企画の方もやってほしいけ
もちろんその前に小説の新作を読みたいけど・・・

208 :名無しのオプ:04/02/26 23:52
新作と企画、どっちとも読みたいけ
こんなのどうけ?
高野山を題材にして、三津田氏自身が案内する形の企画モノ
その実・・・中身はメタ・フィクション!
ってのはどうけ?
交友関係の業界人も登場したら、すごいことになるんじゃないけ?

209 :名無しのオプ:04/02/27 00:45
そりゃいいけ

210 :名無しのオプ:04/02/27 10:25
アイデアはいいと思うけ
でも、内容にもよるだろうけどヘタしたら名誉棄損で訴えられるけ
でもって、どう考えても三津田氏がツマラン内容でお茶をにごすとは
思えないから、裁判沙汰は間違いないけ(W

211 :名無しなんじゃ:04/02/27 11:06
訴える可能性があるとこってどこけ?
少なくとも高野山は大丈夫やと思うけ
今までも高野山を舞台にした小説や漫画、映画なんかでも、そりゃあヒドイの多かったけ
有能な編集者だった三津田氏なら大丈夫やと思うけ

個人的には京極氏なんか絡むといいと思うけ
天下の直木賞作家が関わってたら大抵の取材は問題ないけ
写真なんかも載せるといっそうリアリティが増すけ

212 :名無しのオプ:04/02/27 11:11
それはそうなんだけど、問題は三津田氏の作風け
あくまでもメタ・フィクション、それも208の人が言っているような内容だと
やっぱりマズいけ
どこまでが現実で、どこからが創作がわからん作品になるわけだから・・・

213 :名無しのオプ:04/02/27 14:22
その辺はうまくやってくれるんとちゃうけ?
まあ、いちファンの願望をそのまま実現してくれるとは思ってないけ
むしろいい意味で裏切ってくれたらうれしいけ
三津田氏と高野山の組み合わせには、すごく魅力を感じるけ

214 :名無しのオプ:04/02/28 12:49
確かにそうけ
それにしても、たまに低能が紛れ込むとはいえ
ここが平和はスレで良かったけ

215 :名無しのオプ:04/02/29 12:17
ここのところ面白い話が続いてるけ。
210が言いたいのは、高野山を表面的に扱っただけのヌルイ作品なら
誰にでも書けるだろうけど、三津田氏がそんなことをするはずがないから、
書くとしたら逆に名誉棄損で訴えられるくらいの話になるだろう、
というか、まぁそれくらい面白い内容でないと
舞台に選ぶ意味がない、ということじゃないのけ?
それから五木寛之くらいでないと、京極レベルでは相手にされないけ。

216 :名無しのオプ:04/02/29 16:49
>>205
この人は何が知りたいんけ?

217 :名無しのオプ:04/02/29 21:56
名誉毀損で訴えられるくらいの内容でないと、メタフィクションとしてヌルイ?
言いたいことはわからんでもないけど、それは些か安直じゃないけ?
『物語』の力ってそんな単純じゃないと思うけ

218 :名無しのオプ:04/03/01 08:58
「物語」の力がそんなものじゃないのは重々わかっているつもりだけど、
今回の話題は、高野山を舞台にしたメタ・フィクションけ。
どんな内容になるのか当然それは知らないけど、
少なくとも高野山の寺が舞台になることは間違いないけ?
もちろん架空の寺だろうけど、設定から考えて真言密教もテーマになってくるけ。
しかもメタということで、色々な実在の人間が絡んでくるけ。
そういう状況で、ホラーとして、またはミステリとして面白く、
かつメタ・フィクションとしてもしても優れている作品を書くのは、
かなり大変なことやと思うけ。
少なくとも「その辺はうまくやってくれるんとちゃうけ?」と
安易に言うべきことではないのと違うけ?

219 :名無しのオプ:04/03/01 17:15
三津田氏の書いていないというか、
書くのかどうかさえわからん作品で議論しても仕方ないけ?
まぁお互いの言いたいことはわかるけど…

220 :名無しのオプ:04/03/01 19:07
とりあえず「新作まだけ?」ということでFA?

シェルター読みたいけ。

221 :名無しのオプ:04/03/02 09:33
了解け。
ただ最後に一言だけ・・・
できれば「ホラー作家の棲む家」のネット上での感想を
時間があるときに読んでほしいけ。
どこまでが現実でどこまでが創作かわからんというものが多いけ。
実際にあの家が存在しているとか、過去の事件も本当にあったとか
思っている人もいるようけ。
実際にまわりでも、そう思った読者がいていたけ。
これが「物語の力」というか、メタ・フィクションの力け。
この力が、悪い方に向いてしまう場合もあることを考えてほしいけ。
実在の地を舞台にすることによって起こるかもしれない
負の現象を考えてほしいけ。
「物語の力」って実は怖い、悪い力もあるということも認識してほしいけ。

222 :名無しのオプ:04/03/02 14:38
こちらも了解、そして一言
マイナスに作用する力があるからこそ面白い
と思うけ
小はプライバシー等の下世話なものから、大は物語の枠を超えて読者の心を喰らうようなものまで
少なくとも三津田氏は『小』じゃないと思うけ
と、基本的に無責任な存在である一毒者は(開き直りゴメソ)勝手に期待しとるけ

あんたぁも高野山と三津田氏の組み合わせに興味を示してくれたけ別に議論になっても不愉快な気分にはなっとらんけ





・・・一言で終わらんで悪かったけ・・・

223 :名無しのオプ:04/03/07 03:02
蛇棺葬読み始めたが、百巳家の間取りがよくつかめずイライラする。
こういうときは家の間取り図を描いといてほしいなあ。
ああいう複雑な家をみんな一読してすぐ把握できるの?

224 :名無しのオプ:04/03/07 12:00
玄関を基点にして、
左手に台所と使用人部屋、右手に民婆の部屋「民の間」、
その「民の間」のさらに右手に伯母や叔父のいる「前の間」があるけ。
そして「民の間」の北に義母や父や私のいる「中の間」、
「中の間」の右手に廊下をはさんで「庭の間」、
「中の間」よりもさらに北に渡り廊下を行くと祖母のいる「隠の間」ということけ。
複雑そうだけど説明は丁寧け。
分からなかったら文章通りに紙に描いてみるといいけ。


225 :名無しのオプ:04/03/07 23:21
>224
説明あんがとね。やっぱ文字だけでイメージできないみたいだから
紙に書いてみる。漏れこういうのがはっきりわからんと先に進めんのよ

226 :名無しのオプ:04/03/09 00:01
アルジェントに捧げるジャッロ三部作楽しみ。しかし日本人作家は現在進行形で
アルジェント好きな人多いみたいで嬉しい。大森でアルジェント映画祭やった時
ちらしにはリンチなどもファンとかかれてたけど、今も好きって
感じじゃなさそうだし・・・



227 :名無しのオプ:04/03/09 21:26
別のスレで三津田作品が話題になっていたので来たんだけど
彼って編集者なの?(だった?)
で、小説以外の彼が編集した本も面白いの? おすすめはある?

228 :名無しのオプ:04/03/10 04:12
>>227
小池壮彦の怪談本はけっこう怖くて良かったよ

229 :名無しのオプ:04/03/10 11:28
自分的には
1.日本怪奇幻想紀行 巻之四 <芸能・見世物録> 
その気になれば自分で見に行ける怖ーい不思議なスポットや、世にも恐ろしい写真が載ってる)
2.百物語の百怪 東雅夫.著 ホラージャパネスク叢書 
ご存じ「幻想文学」の編集者、東雅夫氏による、百物語のまじめ〜な考察。今後の三津田氏の作品を読むうえでも、何かのヒントになる?
3.ワールドミステリーツアー13 vol.2 <イタリア編> 
ぜひ一度行ってみたい!と思わせるイタリアの怪奇・不可思議スポット。島村奈津氏の「イタリアの魔力」とどっちがいいか悩んだが
こちらは第13章で、三津田氏自ら(?)ダリオ・アルジェント作品の解説をしているので
これまた今後の氏の作品を読み解く上で重要か、と
4.幻想秘湯巡り 南条竹則.著 ホラージャパネスク叢書
いっぷう変わった温泉の紀行本。ホラー色は薄いが、民俗・伝奇的な逸話もけっこうあって面白い
三津田氏編集の本のなかで、唯一なごみ系要素あり
あと、表紙をはじめ写真がいい
5.怪談徒然草 
メタかネタか妄想か!怪しさ爆発、霊感作家(?)加門七海氏との対談本
一部で有名な「霜島ケイの三角屋敷」に加門氏が深く関わっていたというオドロキの裏話をはじめ
作家自身が体験した実話怪談てんこもりの一冊
フツウの人が語れば正気を疑われるであろうエピソードを
当たり前のように話す加門氏と、それを真面目に聞く三津田氏が異次元ワールドを形成しとります
ところでこの対談が行なわれた旅館って何処?

順不同
1〜4は同朋舎(発売は角川)5のみメディアファクトリー

こうしてみるとけっこうな数の本を手懸けてらっしゃいますな
小説は勿論、編集者としての活躍も期待しとります


230 :名無しのオプ:04/03/10 12:47
やっぱり「ワールド・ミステリー・ツアー13」の各巻の第13章でしょ。
筆者は編集部になってるんだけど、その下に小さくSHINZOU MITSUDAと署名?がある。
ミステリーやホラーの短編や長編の小説から映画まで、
それぞれテーマを設定したうえで初心者にも読めて、
かつマニアも楽しめるような書き方がされていて感心する。
この章だけまとめて、そこに大幅な加筆をしたうえで一冊にまとめてほしい!


231 :名無しのオプ:04/03/10 13:31
まずは訂正
南条竹則×→南條竹則○
>>230
それイイ!
編集者や作家としては勿論、ライターとしても優秀ですな
思えば大学を卒業するとき、「ホラー作家〜」をいたく気に入ったワタクシは
部室にあった「ワールドミステリーツアー13」全巻を「餞別」に貰って帰って以来(ちょろまかして、ともいう)
編集者としての三津田氏の仕事にも、今後おおいに期待しておるのでした
只残念なのは、氏が手懸けた本の大半が、同朋舎が潰れたおかげで入手困難なこと
このまま有名な作家さんになったらプレミアがつくかも知れないので
ヤフオクや古書店へGO!かな
一部はまだアマゾン等で手に入るけど

編集者・三津田信三のファンの方、他に意見があったらUPして欲しいな・・・

232 :名無しのオプ:04/03/10 16:56
部室に「ワールド・ミステリー・ツアー13」が全巻あったの?(W
一体あんた何部だったの? 羨ましいというか何というか・・・

三津田氏の編集者としての才能がよく分かる例をあげよう
「ホラーを書く」というツマラン本があるのは知ってる?
で、三津田氏が企画した「ホラー・ジャパネスクを語る」という本がある
これ、どちらも何人かの作家に東雅夫がインタビューをしている本なんだけど、
比べると作った編集者の能力の差が本の出来に反映されていて面白い
もちろん「ホラー・ジャパネスクを語る」の方が断然出来はいいわけよ
実はそれまで、編集者って作家から原稿をとる以外は何をしているのだ?
と思っていたけど、こういう企画ものの場合はまた違うことがよくわかったよ

ところで「本の雑誌」に出ていた大森望の「百蛇堂」評は見た?
まだならどうぞ
かなり笑えるぞ(三津田ファンにはいい意味で)


233 :名無しのオプ:04/03/10 17:34
>>227
それってどのスレけ?

234 :名無しのオプ:04/03/11 00:20
企画編集ってことなのでどこまで関わってるのかわからないが、
福澤徹三「怪を訊く日々」は怖い。

235 :名無しの正面だあれ?:04/03/11 06:54
日本怪奇幻想紀行・六之巻 「奇っ怪建築見聞」がお薦め
「霜島ケイの三角屋敷」が本人の手で書かれている
>>229 ひょっとしてこの中にでてくる「私(霜島)には見えないものを、当たり前に見ている」友人Sってのが
加門七海さんですか?イニシャル違うけど

他にも崖に穴を掘って作られた「岩窟ホテル」ゴテゴテの折衷建築ホテル「雅叙園」
東京都内の廃墟とか、興味深い建物がとりあげられている

236 :名無しのオプ:04/03/11 09:53
加門七海って、どう見てもペンネームっぽいから
Sっていうのは本名のイニシャルでは?

三津田氏って怪談が好きなのはよくわかるけど、
それ以外にも好きなものが一杯ありそうけ。
おそらく奇妙な建築物というのもその一つなんだろうな。

237 :名無しのオプ:04/03/11 14:31
そうだね。
だから「ホラー作家の棲む家」みたいな小説が生まれたんだろうし。
写真も好きそう。
この人が編集した本には、いろんなタイプの写真が載ってるし、
それが本やページの性格に合わせて配置されてる。これは好きでないとできない。
自分などは、この写真の為に買ってるような部分があるね。


238 :名無しのオプ:04/03/11 17:14
そうそう。
クレジットを見たら氏の名前があって、
おいおい自分でも撮影しているのかと驚いたことがある。
「幽霊物件案内」も「怪談徒然草」も「怪を訊く日々」も
基本的には写真はいらないんだけど、
おそらく雰囲気を出すために入れたと思われる本もある。
しかしそれがちゃんと機能しているんだから…立派!
いやはや好きでないとなかなかできんでしょ、そんな面倒なこと。

239 :名無しのオプ:04/03/11 18:32
胴衣。
ただ、氏自ら撮ってるのは単純に予算の問題かもね。
当方、とある地方都市で役所勤めをしてるけど、公報に載せる写真なんか自分で撮ることもあるもの。
その自分の乏しい経験から思うんだけど、
資料的な写真や、有名カメラマンの写真を借りたりするときは別として、
無名のカメラマンにイメージ写真を依頼する時は、意外にいい結果を出すのは難しい、ってこと。
特に氏が手懸けるような本はね。ひとつ間違えると雰囲気ぶち壊し!になるだろうし。
単にホラー好きなカメラマンを運よく見つけられたのかも知れないけど、
それにしたって発注する方に明確なビジョンがなければ、こううまくいかないと思う。
ちなみに私は「幻想秘湯巡り」「幽霊物件案内」の写真が好きです。

240 :名無しのオプ:04/03/11 18:45
>>233
めちゃくちゃ怖い小説2
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1021882287/l50

なにげに聞いたのに、いっぱい答えてくれてサンキュ
ちなみに上のスレは、
ここの住人にはいまさらながらの感想しかないと思うけど一応・・・

241 :名無しのオプ:04/03/13 13:00
「恐怖のネット怪談」(ホラージャパネスク叢書 同朋舎・角川書店)は?
本当に恐い話は書物の形でも恐い、ってことがよくわかる
この本の表紙も恐いですよ〜

242 :名無しのオプ:04/03/13 13:13
「恐怖のネット怪談」は珍しく絵を使ってたね。
ネット怪談ということで、他の怪談本とは区別したのか?
ところであの本って「百怪の会編」ってなってたけど、
以降はその名義で本が出ていないのはなぜ?
ひょっとして「百怪の会編」の正体は三津田氏自身?

243 :名無しのオプ:04/03/13 15:38
「ロンドンの怪奇伝説」を忘れてるぞ
もう海外物は編集しないのかと思ってたら出たので驚いた
イギリス好きなんだろうな
イタリアも好きそうだけど
なんといってもダリオ・アルジェント好きだし・・・

244 :名無しの正面だあれ?:04/03/14 10:38
「幽霊物件案内」の1と2、あと「イタリアの魔力」を古本屋で発見、購入しました
「幽霊〜1」の廃墟ホテルの写真がヒジョーにコワイ!
中でもブラウン管の割れたTVのやつ
なんかページから怪しい空気が滲み出してくるような感じ
ここって何処にあるホテルなんでしょ?ひょっとして文中に出てる?

245 :名無しのオプ:04/03/14 22:31
「ワールド・ミステリー・ツアー13」の折り込みの地図!
すべて「〜ミステリー・マップ」という作りなのだけど、
ロンドン塔で幽霊の出る地点だとか、東欧の吸血鬼の種類別出没地点だとか、
とにかくマニアックな地図で唸らせられる!
あれ作ったのも(地図そのものは専門家だろうけど)氏なのだろうな。

246 :名無しのオプ :04/03/15 21:37
オカルト板にこんなん立ってたぞ
【ホラー】編集者・三津田信三を語る【怪談】
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1079308763/l100

247 :名無しのオプ:04/03/16 09:54
↑行ってきた。
ここと少し立場(?)は違うけど、
氏の活躍を望んでいる人がいるのは嬉しいよね。
確かに創作の間に少しだけでいいから編集の仕事もして欲しいような…

248 :名無しのオプ:04/03/16 12:28
胴衣
それにしても三津田氏が、編集者として手懸けた仕事が次々と明らかになり、
それがホラーや実話怪談の本であることがわかると
氏の作品がメタ・ホラーであることの重みが増しますなあ
作中で描かれたエピソードは、どこまで本当にあったのか?
登場人物は誰が実在していて、誰が創作なのか?
「暗闇坂」や「ホラー作家の棲む家」は実在する(した)のか?W
たまらん、早く次が読みたい!

249 :名無しのオプ:04/03/16 18:18
久しぶりに「三津田信三」で検索をかけてみた
すると、な、なんと「大法輪」という仏教雑誌?に
「日本最恐の祟り」という原稿を書いているではないか!
どんな内容なのか激しく気になる
誰か読んでない・・・よな

250 :名無しのオプ:04/03/16 20:45
ありがちなタイトルだけど三津田氏が書くと本当に怖そうだね
いつ頃の本なんだろ?っつうか一般の書店にあるのか?明日でも紀国屋へ行ってみよう
それにしても仏教専門誌かぁ。やっぱ高野山題材になんかやって欲しいね。メタ・フィクションに限らず

251 :名無しのオプ:04/03/18 23:36
新作まだけ?

252 :名無しのオプ:04/03/19 19:13
なんかこのスレ読んだら三津田編集本も揃えたくなってきたな。
ワールド・ミステリー・ツアーとか海外旅行なんて行くことないから
ほとんど興味なかったけど今のうちに買っておくかな。

253 :名無しのオプ:04/03/23 17:35
追加報告
「水木しげるの魅力」「宮部みゆきの魅力」という本にも三津田氏の名があったけ

254 :名無しのオプ:04/04/06 09:25
新作まだけ?

255 :名無しのオプ:04/04/08 19:36
5月に
シェルター 終末の殺人  てのが創元から出るらしいけ。

256 :名無しのオプ:04/04/08 20:36
5月まだけ?

257 :名無しのオプ:04/04/10 13:04
シェルター 終末の殺人
三津田信三【ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装】
シェルターに逃げ込んだ作家・三津田信三の眼前で繰り広げられる連続密室殺人。
世界滅亡の恐怖に晒されている今、犯人はなぜ殺人を続けるのか?
鬼才が放つ終末のミステリ。

というものらしいけ(東京創元社のHPより)。

258 :名無しのオプ:04/04/16 00:15
ミステリ・フロンティアキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

259 :名無しのオプ:04/04/18 14:20
SFミステリーけ?
それともSFホラーけ?
もしかしてSFホラーミステリーけ?
まさかSFホラージャパネスクミステリーではないけ(笑

260 :名無しのオプ:04/04/19 01:09
風呂場で作者不詳読んだらフニャフニャニなった。

261 :名無しのオプ:04/04/21 22:18
ちんぽがけ?

262 :名無しのオプ:04/04/22 02:06
>>261
ちげーよ。ページの黒い部分が水吸って変に乾燥しちゃったんだよ。

263 :名無しのオプ:04/04/22 20:01
「ジャイアンはコレが大好物なんだよな〜」
スネ夫がタケシの菊座にディルドを押し当て、リズミカルに刺激を与える。
桜色をしたタケシのすぼまりが、だらしなく蜜を溢れさせておねだりを始めた。
「ホラ、ちゃんと『欲しい』って言わないとあげないよ」
タケシの切ない吐息が、意地悪なのび太の胸板をじとりと湿らせる。
「・・・タケシの、…オシリに、その…、そのぶっとい黒船入れてください!!」
「このド淫乱のオス豚が!好きなだけ喰らいな!」
瞬間、タケシの肛門に宛がわれていたディルドが、容赦なく腸内深くまで捩じ込まれた。
「ぎ・ぎもぢぃいいいいいよぉおおおおおおおおおお!!!
もっと、もっと、タケシの大事なとこメチャメチャにしてぇ!!!!!!!」

――仲間はずれにされた静香が、すぐそばの切り株に腰掛けて、
三人の痴態を退屈そうに眺めていた。
暦は既に春とはいえ、まだ肌寒い四月の出来事だった。

264 :名無しのオプ:04/04/27 11:24
作者不詳終わり方が、良くわからなかったんだけど
誰か説明頼む

265 :名無しのオプ:04/04/28 16:15
どこがわからんかわからん
というか、ネタバレにならないように説明できる自信がない

266 :名無しのオプ:04/04/28 18:14
↑たしかに
でも本文中で、あからさまに実はネタバレを書き込むという
遊びがあるんだよな、あの本・・・
それがどこか教えると、ネタバレになるしな(笑

267 :名無しのオプ:04/05/04 10:20
ホラー作家読んだ。
ってこれ「寄生木」じゃん。

268 :名無しのオプ:04/05/04 13:37
「寄生木」は読んでないけど、
もし作中作が作品世界に侵蝕するというところが似てるなら、
それは何も「ホラー作家」や「寄生木」が最初というわけじゃないからな。

269 :名無しのオプ:04/05/04 15:04
>>268
いや、別にホラー作家がまねっこで非難してるわけじゃない。
「寄生木」読んだとき内容じたいはしょうもなかったんだが、
最後の後日談みたいな物読んで実際の話か、ってすごくびっくりした。
でも全部うそだった。
その時のやるせなさがあってどうもこういう趣向はだめ。
「ホラー作家」はせっかく面白かったのに個人的には最後のアレで
だめになっちゃったから。

270 :名無しのオプ:04/05/04 17:39
なるほどね。その気持ちはわかる。
俺は逆に最後のアレで「おおっ!」と思ったほうだけど(笑
でも、三津田作品は実際に虚実がかなり入り交じってるみたいだから、
そういう酩酊するような感覚が好きなんだよな。

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)