5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

絶対に最後まで犯人がわからない小説

1 :叢書:02/09/17 23:01
しかも、きちんと後で読み返せば、いろいろ伏線があって、よく考えればわかる小説。
時々あるのが、なんの前フリもせずに犯人のみ特定するのはつまらない。
こんな小説ってありました?
是非教えていただけないでしょうか?

2 :名無しのオプ:02/09/17 23:03
2get

3 :名無しのオプ:02/09/17 23:04
俺的には
1)黄色い部屋のなぞ
2)アクロイド殺し
3)Yの悲劇
かな。

4 :名無しのオプ:02/09/17 23:04
>しかも、きちんと後で読み返せば、いろいろ伏線があって、
>よく考えればわかる小説。

それは「絶対にわからない」とは違うのでは?


>時々あるのが、なんの前フリもせずに犯人のみ特定するのは
>つまらない。

日本語ヘンだよ。

5 :名無しのオプ:02/09/17 23:04
教えて君です。
東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」
犯人はどっちなんでしょうか? 
今、連れと言い合っていて堂々巡りです。
メール欄でいいので教えてください。(本気です)

6 :名無しのオプ:02/09/17 23:06
そうだよsageが犯人でいいんだよ

7 :名無しのオプ:02/09/17 23:07
>時々あるのが、なんの前フリもせずに犯人のみ特定するのはつまらない。

意味わからん・・。

8 :名無しのオプ:02/09/17 23:09
>>1
文章を校正してスレ立てて欲しかった。
>>5
メモとか取りながらゆっくり読めば
わかると思うんだけど。

9 :名無しのオプ:02/09/17 23:13
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=%82%C7%82%BF%82%E7%82%A9%82%AA%94%DE%8F%97%82%F0%8EE%82%B5%82%BD+%83l%83%5E%82%CE%82%EA&lr=

10 :A.M.:02/09/17 23:13
ご趣旨と合っているかどうかわかりませんが、最終的には読者に
結末を委ねてしまうリドルストーリーはそれに近いかと。

F.R.ストックトンの『女か虎か』や 加田伶太郎の『女か西瓜か』
などの作品。>>5様の東野圭吾の作品などもこれに当たると思います。

11 :名無しのオプ:02/09/17 23:29
つーか、リドルストーリーは「女か虎か」で
最初で最後にして欲しかった。

12 :名無しのオプ:02/09/18 03:00
ミステリ初心者だけど、クリスティの「三幕の殺人」の犯人の動機は
「わかるかこんなもん!」と思いました。

13 :名無しのオプ:02/09/18 04:21
シドニィ・シェルダンの作品には多い、ように思います。
もしも彼の作品をミステリィとみなすのならば。

14 :名無しのオプ:02/09/18 04:25
うろ覚えでスマソ。

ホームズの「緋色の研究」。
ホームズが見つけた手がかりの一部(メール欄?)を
読者が教えてもらえないので、犯人がわからんかった気がする。
(解説も、そう批評していたような気がする)

15 :名無しのオプ:02/09/18 05:08
黒死館

犯人とおぼしき人物が指摘され謎解きらしきものが示された読後でも
ほんとにあれが事件の犯人であったかどうかさっぱり

16 ::02/09/18 05:12
A.M.様。
「女か虎か」は知っているのですが、
「女か西瓜か」という話は初耳です。
まさか、扉を開けたら西瓜が転がり出てきて・・・
という話じゃないですよね?

17 :名無しのオプ:02/09/18 05:17
芥川龍之介「藪の中」。
諸説はあるみたいだが、やっぱり真相は「藪の中」だと思う。

http://www.asahi-net.or.jp/~IJ9S-UCYM/rasyoumon.html
↑この人の解釈が好きだけど。



18 :名無しのオプ:02/09/18 05:19
>16
わはは!
片方が西瓜なら、
男はどちらの扉を開けるか悩まなくていいじゃん。

19 :名無しのオプ:02/09/18 06:58
本来の意味で「絶対に最後まで犯人がわからない小説」といえば、やっぱり
連城三紀彦『私という名の変奏曲』。なにせ作者自身も犯人を知らないのだ。

20 :名無しのオプ:02/09/18 07:16
やはり、アレか?
夢野久作の「ドグラ・マグラ」。

21 :名無しのオプ:02/09/18 07:30
虚無への供物はどうだろう?(メール欄)

22 :名無しのオプ:02/09/18 07:52
夏目漱石の「こころ」
(メール欄1)って(メール欄2)に自殺に見せかけて殺されたんでしょ

23 :A.M.:02/09/18 08:43
>>16 時様。

若く美しい女性の扉か、甘く瑞々しい最高級スイカの扉か、
はたして王女の指し示したのはいずれの扉だったのか!?

・・・・という話ではありませんので念のため(笑)。

24 :名無しのオプ:02/09/18 09:15
とりあえず清涼院のコズミックジョーカー

25 :名無しのオプ:02/09/18 10:33
スレ違いの話題、御無礼。
「女か虎か」の内容を女性に説明して、
「あなたなら、どっち?」って尋ねると、
虎を選ぶ女性が圧倒的に多いと聞いたことがあります。
怖ぇ〜。

26 :名無しのオプ:02/09/18 10:45
>24
あれは小説ではなく大説・・・

27 :名無しのオプ:02/09/18 10:50
>>1のコテハンが唐突でよい。

こういう理解でいいのだろうか・・・
小説の最後にどんでん返し的に真犯人が明かされるタイプの小説に、2種類ある。
(1)伏線があり、後で読み返せば納得できる小説。
(2)再読してもヒントがない小説
 (例「最後の5ページくらいで真犯人登場」「まったく伏線がなかった」)
要するに成功した本格フーダニット、ということだろうか・・・


28 :名無しのオプ:02/09/18 14:00
最後の最後じゃないけど、綾辻の十角館は見事だね。

>>15
激しく大爆笑

>>22
え?そうなの?

29 :プロバビリティ:02/09/18 14:03
>>22
ってゆーか、あれは(一応メール欄)か?(笑)

30 :プロバビリティ男:02/09/18 14:04
↑あ〜あ、いつかやると思ってたよ・・・超鬱・・・

31 :名無しのオプ:02/09/18 18:51
>>30
罰として今日からコテハンね(w

32 :名無しのオプ:02/09/19 00:54
東野圭吾の「アンフェアの見本」(『名探偵の掟』)
だって最後に(メール欄)って思ったもん。

ミステリとしては素晴らしいと思うけど。

33 :名無しのオプ:02/09/19 01:20
>>22
台所への扉は全て鍵がかかっていた。死亡推定時刻の間に廊下を歩く足音は聞こえなかった。
(1)は(2)のふすまに向かって倒れていた。これは密室殺人である。
ってな話じゃないし

34 :名無しのオプ:02/09/24 13:56
あげときます

35 :名無しのオプ:02/09/28 06:09
>>22
>33
それ言い出すと、おかみさんやお嬢さんが犯人の可能性もあるし。
外部犯のセンもあるし。
全部「先生」のついた嘘。遺書は創作、というオチだって考えられるし。

36 :名無しのオプ:02/09/28 19:56
「毒入りチョコレート事件/アントニィ・バークリー」(創元推理文庫)。
図書館で借りて、何度読んでもよくわからない。今日とうとう買ってきたけど、
やっぱりわからない。
誰か教えてください。

37 :名無しのオプ:02/10/08 23:19
>>36

38 :名無しのオプ:02/10/09 11:00
「フランス白粉の秘密」は?

・・・意味が違うのか・・・

39 :名無しのオプ:02/10/09 18:53
>>36
何が分からないのか分からない


40 :名無しのオプ:02/10/09 20:58
氷の微笑。何回読んでもわからん。

41 :名無しのオプ:02/10/09 21:04
古畑任三郎

42 :名無しのオプ:02/10/09 22:11
>>39
「犯人が」です。
誰か読んで教えて。

43 :名無しのオプ:02/10/09 22:12
>>42
>>37のメール欄

44 :37 :02/10/09 22:57
>>36
メール欄って書くの忘れてました(死
失礼しました。

しかし「毒チョコ」普通に読んで理解出来ないですか?

45 : :02/10/09 23:06
折原1の大半の小説
(自身、全部読んだわけではないが)

46 :名無しのオプ:02/10/09 23:54
もしかするとスレ違いどころか板違いかもしれないが、
佐川光晴『縮んだ愛』がわからない。
誰が犯人か、とかを考える小説じゃないのだろうけど、
すっきりしない。真実はなんなんだ?

47 :名無しのオブ:02/10/10 18:44
>1の主旨とは違うが、我孫子武丸『0の殺人』。絶対に犯人がわからない。

48 :名無しのオプ:02/10/14 22:29
>>47
だめなんですよ。
あの文庫本、字が小さくて読むと疲れてくるっていうのもあるかもしれない
...。なにしろ近眼ひどすぎて。(言い訳)
ということで犯人の名前教えてくれませんかー?もしくは、
どこのページ見たらいいか...。




49 :名無しのオプ:02/10/14 22:40
筒井康孝の「ロートレック荘事件」などいかがでしょうか。

50 :名無しのオプ:02/10/14 22:49
>>49
いわゆる(メール欄)は「唐突」とは違うと思います。
おもしろいし

51 :名無しのオプ:02/10/16 16:28
バリンジャーの「歯と爪」は二回読んだが、最後の1ページに仕掛けられたと
いう、どんでんがえしがよく解らなかった。誰か教えてください。


52 :名無しのオプ:02/10/16 17:30
>>48
<メール欄>にて

53 :名無しのオプ:02/10/16 20:05
歯と爪で返金を受けた人はどれくらいいるのだろうか・・・

54 :名無しのオプ:02/10/17 07:03
>>47
俺もスレタイ見た瞬間それ連想したよ(w

55 :名無しのオプ:02/10/19 21:49
>>52
ああ...。
だからか...。
ありがとうございます!

56 :名無しのオプ:02/10/19 22:02
「三毛猫ホームズの狂想曲」はどうよ?

57 :名無しのオプ:02/10/20 04:37
綾辻の「どんどん橋」文庫化記念アゲ

58 :名無しのオプ:02/10/20 10:22
>>3
ゴメンあげあしとるよーだけど、私的にはその3作品途中から犯人
バレバレだったんですけど…でも>>1 の人がわからなかったらそれで
いいんでしょーけど

59 :名無しのオプ:02/10/20 10:37
DVDだけど、『赤ずきんの森』

60 :名無しのオプ:02/11/07 13:57
ゴメンあげあしとるよーだけど、私的にはその3作品途中から犯人
バレバレだったんですけど・・・なんて言ってるような人信用でき
ないんですけど・・・
アナタ本当に事前にネタバレorヒントでも何でもいいから頭に入っ
てなかった??全く知らない人が初めて呼んで3作とも途中から犯
人バレバレなんていうのは到底信じられないんだが・・・。本当に
容疑者一人に絞ったか?自分の中で。何人か考えてなかった?それ
じゃわかったとは言えないよ。ありがちなことだが。

61 :名無しのオプ:02/11/07 14:02
アクロイドが最初から見え見えだったら…
なんでミステリーを読むのか、それが不思議。
あおってるわけじゃなく、面白く無いじゃん。
アクがわかるほどだったらみんなわかるんじゃない?

62 :名無しのオプ:02/11/07 14:16
>60-61
オマエ等釣られてるぞ。

63 :名無しのオプ:02/11/07 14:21
>>62
そうか?それは勘ぐり過ぎじゃ・・・

64 :名無しのオプ:02/11/07 17:51
ロバート・J・ソウヤーの『ゴールデン・フリース』
ちなみに倒叙ミステリだが。

65 :名無しのオプ:02/11/07 20:27
外国の本で、子供が殺された話。夫婦は互いに相手がやったのでは?と疑っている話。忘タイトル。

66 :名無しのオプ:02/11/08 07:09
クリスティの「そして誰もいなくなった」は最後までわからなかった・・・

67 :名無しのオプ:02/11/08 08:04
誰も…は日本語訳では正しい犯人を挙げられないと若松あたりが言ってたと思ふ

68 :名無しのオプ :02/11/08 11:07
「覆面作家」折原一
犯人がどうとか言う前に、読んでてこんがらがってしまた。

69 :名無しのオプ:02/11/09 00:25
倒錯のロンドも。
読んだ時はなるほどだが、今では完璧に忘却。

70 :名無しのオプ:02/11/09 01:38
>>67
どーゆーコト?
ちゃんと書いてある気がするが・・・

71 :名無しのオプ:02/11/09 17:33
>>70
翻訳が間違っているの。

72 :名無しのオプ:02/11/11 06:59
>70ようするに冒頭にあるメール欄1がメール欄2になるように
訳されちゃっているわけ。

73 :名無しのオプ:02/11/12 00:38
>>71-72
あー!!ほんとだ。
こないだ初めて読んだ時は結末であまりにびっくり仰天して
<メール欄>をすっかり忘れてたよ。

74 :名無しのオプ:02/11/12 22:23
gy

75 :名無しのオプ:02/11/12 22:40
よく考えてもわからない夏と冬の奏鳴曲

76 :名無しのオプ:02/11/13 00:29
君はあそこに書いてた人か。



77 :名無しのオプ:02/12/02 14:57
椹野道流の「鬼籍通覧」シリーズかねぇ…。
ホントはミステリじゃないのに、最後の二行までミステリだと思って読んでたな。
微妙にスレ違いスマソ。

78 :名無しのオプ:02/12/16 21:49
>>51 最後の1ページというよりは2ページぐらいにさりげなく書いてあるから。
この小説は冒頭で三つの謎が提示されていて、第一と第二はまあわかるでしょ。
第三は(メール欄)ということ。

79 :名無しのオプ:02/12/18 02:05
横溝正史の「夜歩く」
大昔読んだので内容がほとんど覚えてないけど、
意外な犯人で衝撃的だった・・・・・。

80 :名無しのオプ:02/12/18 16:00
あやつじ君のは、
>>きちんと後で読み返せば、いろいろ伏線があって、よく考えればわかる小説。
って件に関しては、だれよりも完璧。
十角館では、それが説明っぽくなっちゃってるけど、それでも
感心させられる。殺人鬼の伏線張りもすごいよ。
ファンタスチィック系のは、読みかえしてないから
わかんないけど。


81 :名無しのオプ:02/12/18 17:19
スレ違いで申し訳ないんですが、「氷の微笑」の犯人が
結局誰だったかどうしても分かりませんでした。
逝ってきます・・・。

82 :名無しのオプ:02/12/18 18:35
>>81
あの映画で犯人が特定されなかったことに驚く。
どんなにひねって考えてもメール欄である。

83 :名無しのオプ:02/12/18 18:38
ちがうだろ。マイケル・ダグラスだろ。

84 :名無しのオプ:02/12/18 18:45
('∀`)<あなたを、犯人です。

85 :名無しのオプ:02/12/18 18:49
ブレアウイッチの犯人がわかりません

86 :名無しのオプ:02/12/18 19:26
ツインピークスの真犯人がわかりません。

87 :名無しのオプ:02/12/18 21:29
犯人はどれも羽賀健二だろ。

88 :名無しのオプ:02/12/18 22:04
悪い奴は田口計と相場が決まっとる。

89 :名無しのオプ:02/12/19 01:53
「慟哭」
ってか、最後まで読めない

90 :名無しのオプ:02/12/19 08:32
>>100の犯人はいまだにわからん

91 :名無しのオプ:02/12/19 10:52
>>氷の微笑」の犯人が
結局誰だったかどうしても分かりませんでした

どう考えても、犯人は「メールらん」なのに、
もう一人の容疑者が、死ぬ間際に(結局ネタバレだね)
「ごめんなさい」とか言うから話がこんがらがるんだよね。
でも、その「ごめんなさい」は、翻訳家が日本語に直した
字幕なわけでしょ?じつはそれが間違えてるっぽいんだよ!
問題のシーンで、「ごめんなさい」のときに、彼女が
本当は何て言っているかというと、
実は「アイラブユー」なんだよね。
絶対にそういってる。ひどいミスだよね。
おかげで日本人ってバカだなって,監督に思われたよ。


92 :名無しのオプ:02/12/20 14:23
虚無。

93 :名無しのオプ:02/12/20 14:30
>>92
(メール欄)

94 :名無しのオプ:02/12/20 15:09
あれれ、まだあがってないのか。
『検屍官』にはむっちゃ腹立ったぞ!

95 :名無しのオプ:02/12/20 16:01
>>92
>>93のメール欄と、それからこっちのメール欄

96 :名無しのオプ:02/12/22 12:55
このスレの>1は、
『よくできてて、読者には真相を見破ることができない』
推理小説を教えて欲しいと思っていたのでは。

97 :名無しのオプ:02/12/22 13:06
>>96
単に読解力の無い教えて君と説明厨の巣窟へようこそ

98 :名無しのオプ:02/12/22 16:45
刑事コロンボ

99 :名無しのオプ:02/12/22 20:50
>>98
市警の他の刑事は一体何やってるんだ?

100 :名無しのオプ:02/12/26 21:10
100げっと! のついでに。
『コロンボ』シリーズはマジで難問でしょ。
あれ、犯人当てられないって。

101 :名無しのオプ:03/01/11 22:47
どうして誰も>10に「どちらかが彼女を殺した」はリドルストーリーじゃないって
ツッコまないのかが不思議でたまらないのですが。


102 :名無しのオプ:03/01/17 14:07
>>101
読んでません


103 :山崎渉:03/01/23 18:24
(^^)

104 :名無しのオプ:03/02/22 11:38
我孫子武丸「殺戮に至る病」
絶対、最後まで読み終わるまで、犯人を正確に理解できない。
最高の叙述トリック。

105 :名無しのオプ:03/02/22 12:23
『殺戮』は「あ、あれだったらやだなー」と思っていたやつが結末でげんなりしてしまった。
結末を見抜けなかった小説があまりないんだよね。
当方IQ160、周りの人間のほとんどがバカに見える。

106 :名無しのオプ:03/02/22 12:40
マンガ「Q.E.D.」の14巻で、作者は
「犯人を決めないで」お話を描いてみたことがある、
と告白しています。作者が決めていないのなら、読者が
犯人を当てるのは難しいでしょうね。

107 :名無しのオプ:03/02/23 10:05
最後まで探偵役が犯人を見つけられないまま話が終わってしまう
迷宮入り事件を小説でやったら・・・って短編小説でありそうだけど


108 :名無しのオプ:03/02/23 10:22
>>104
はあ?
105ほど自分で頭がいいとは思わないけど、
「殺戮に至る病」については105と同じ意見。
同じようなオチの話、読んだ事もあったし。タイトル忘れたけど。
「殺戮に至る病」程度でそんなに感動できるなら、世の中の
ミステリほとんどが超傑作に思えるだろうね。ウラヤマシ。


109 :名無しのオプ:03/02/23 10:26
>>105
そうなら俺のIQも160だな。

110 :名無しのオプ:03/02/23 13:15
>「あ、あれだったらやだなー」と思っていたやつが結末・・・
俺は「頼子のために」がこのパターンだったな。

「殺伐・・・」について言わせて貰えば、108と同意。
よって104は羨ましい。
まあ初めて折原を読ませれば折原で感動。筒井を読ませれば又感動。
微笑ましいじゃないかw


111 :名無しのオプ:03/02/23 13:53
「ウロボロスの偽書」はどうだ?
私は解決編を読んでも納得できてない。
まあ、犯人を特定する話ではないかもだけど。

112 :名無しのオプ:03/02/23 14:43
>>110
「殺伐に至る病」か。ちょっと読んでみたいな(w


113 :名無しのオプ:03/02/23 15:48
「クリスマス12の死」
あ、ごめん嘘ついた。犯人の見当つくわ。
「木曜組曲」。ダメ?

114 :名無しのオプ:03/02/23 19:58
>>112
主人公がにちゃん中毒になったりするのかな?

115 :名無しのオプ:03/02/24 02:34
貫井の「プリズム」は犯人(メール欄)でいいのすか?
厳密に言うと犯人、つーより(メール欄2)にしたの、(メール欄)だよね?

116 :名無しのオプ:03/02/27 00:58
>114
メイントリックは吉野家コピペ。

117 :名無しのオプ:03/02/28 17:12
>>116
叙述かよ!


118 :名無しのオプ:03/03/01 01:57
清涼院大先生の「コズミック」は既出ですか?

119 :名無しのオプ:03/03/05 14:20
清涼院御大のは最後まで読みきっても 意 味 が 分からないので別枠。

120 :名無しのオプ:03/03/05 23:45
犯人が永遠に分からないということであれば、貫井さんの『プリズム』ですな。

121 :名無しのオプ:03/03/14 22:32
麻耶雄嵩の「翼ある闇」?だっけ?
なんだかどんでん返しが3回くらいあっておもしろかったけど、
最後の方はよくわかんなくなったかも・・・


122 :名無しのオプ:03/03/14 22:35
氷の微笑

123 :山崎渉:03/04/17 15:54
(^^)

124 :名無しのオプ:03/04/18 16:14
火車

125 :名無しのオプ:03/04/18 16:25
柔らかな頬

126 :山崎渉:03/04/20 02:40
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

127 :山崎渉:03/04/20 06:47
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

128 :山崎渉:03/05/22 04:58
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

129 :山崎渉:03/05/28 12:25
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

130 :名無しのオプ:03/06/02 09:08
暗黒館の殺人は最後まで犯人わからないよ。結末も。

131 :名無しのオプ:03/06/02 09:11
>>130
サグラダ・ファミリアのようだな。

「永遠に書き続けられる未完成」。

132 :名無しのオプ:03/06/02 15:33
1の日本語がわからない

133 :名無しのオプ:03/06/02 16:07
>>110は「殺戮」を「さつばつ」と読んでしまったんだな。


134 :名無しのオプ:03/06/02 16:09
>>133
微笑ましいじゃないかw

135 :名無しのオプ:03/06/02 16:18
>>132
1は本格見捨てリーが大好きなんだよ。
だから文章力は関係ない。

136 :いい加減読者:03/06/03 18:21
暗黒館って、書き出しの一行すらわからないんだよね、違うの?

137 :名無しのオプ:03/06/05 02:52
その1行を読んだこと無いから、>>136の言ってることがよく分からない

138 :山崎 渉:03/07/15 10:49

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

139 :山崎 渉:03/07/15 13:28

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

140 :山崎 渉:03/08/02 02:23
(^^)

141 :山崎 渉:03/08/15 16:48
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

142 :名無しのオプ:04/01/03 01:57
「『アリス・ミラー城』殺人事件」北山猛邦(講談社NOVELS)
最後の一行で犯人が判明する。そういう意味では確かに「最後まで犯人が
わからない小説」。頁をめくる際は気をつけましょう。

143 :名無しのオプ:04/01/04 04:13
とりあえず、西澤保彦の「殺意の集う夜」。

まあこれをここに書いて良いものなのかは微妙ですが…

144 :名無しのオプ:04/01/05 09:16
芥川の「薮の中」は?

145 :当方IQ180:04/01/05 12:42
よって105もバカに見える

146 :名無しのオプ:04/01/06 11:18
あれだよあれ
有栖川有栖の「幻想運河」
再読する気も無いけど

147 :名無しのオプ:04/02/16 23:45
アジモフのミステリーは最後にどんでん返しがあって感心させられる。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)