5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ロバート・ゴダード

1 ::02/07/17 19:14
2chでは人気ないの?それとも時代遅れ?
なぜかゴダードのスレがないみたいなので立ててみました.
マターリ語りましょう.

2 :名無しのオプ:02/07/17 19:23
基地外ピエロはいい映画だったよな!

3 :名無しのオプ:02/07/17 19:48
ゴダートは素晴らしすぎて、2chに書くのは気が引けるなあ。

4 :1:02/07/17 20:06
>>2
ゴダールの間違えでは・・・

>>3
そういわずにじゃんじゃん語って下さい

ゴダードについては>>5を参照


5 :名無しのオプ :02/07/17 20:17
俺に話を振るなよ!



「惜別の賦」が一番すき。

6 :1:02/07/17 20:19
Robert Goddard(1954〜) 英

Past Caring(1986) 『千尋の闇』
In Pale Battalions(1988) 『リオノーラの肖像』
Painting the Darkness(1989) 『闇に浮かぶ絵』
Into the Blue(1990) 『蒼穹の彼方へ』
Take No Farewell(1991) 『さよならは言わないで』
Hand in Glove(1992) 『鉄の絆』
Closed Circle(1993) 『閉じられた環』
Borrowed Time(1995) 『永遠に去りぬ』
Out of the Sun(1996) 『日輪の果て』
Beyond Recall(1997) 『惜別の賦』
Caught in the Light(1998) 『一瞬の光の中で』
Set in Stone(1999)
Sea Change(2000)

7 :3:02/07/17 20:38
以前、「千尋の闇」スレがあったんじゃないかな。
随分昔だけど。
「日輪の果て」「閉じられた環」以外はいいね。
テレポーションに萎えた。
「閉じられた環」の秘密結社にも萎えたな。

「惜別の賦」の純愛に泣けたよ。

8 :名無しのオプ:02/07/17 21:08
過去ログ
ゴダード (14)
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/952/952044113.html
ロバート・ゴダードってどうよ? (23)
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/990/990299838.html


9 :1:02/07/17 21:36
>>7
ゴダードの作品は最初の5作とそれ以降では
少し趣きが異なりますね
元々プロットの妙というかあらすじの構造の面白さで
読ませる作家だと思いますが、前5作の方がその傾向が顕著で、
後半の作品はやや情景描写や心情描写に
重きを置いている気がします。
私は前半の作品では『千尋の闇』が後半の作品では『惜別の賦』が
好きです。

純愛といえば『さよならは言わないで』もいいですね
なんだか昼のメロドラマみたいなストーリーですが
緊迫感があって引き込まれます。んでラストで号泣(T T)

>>8
過去ログあったんですね。
やっぱ2chでは人気ないのか・・・

10 :名無しのオプ:02/07/18 00:58
2ちゃんでは、アンチ的な読者も来て議論できる方が盛り上がるからね。
ゴダードだと、読者も品のいい人が多そうだからな(w

あと、意外と女性の読者が少ないよね、我が国では。
海外ものだと新潮や早川の棚の前にも女性はいるが、創元や文春の棚の前では
あまり見ないような気がする。扶桑社においては、論外だろう(w
ロマンス小説としても、よく出来ているのだから、もっと女性の読者もついて
欲しいなぁ・・・

11 :名無しのオプ:02/07/18 01:22
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション


12 :名無しのオプ:02/07/18 01:22
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション
テレポーション



13 :名無しのオプ:02/07/22 14:38
盛り上げろ

14 :名無しのオプ:02/07/24 23:27
創元以外の翻訳だと……うーん。本の作りがイマイチなのに加え、
翻訳もイマイチのような気がする。
個人的には、『千尋の闇』『惜別の譜』の翻訳が、文体としてはいちばんハマった。
ゴダードが日本でもある程度売れるとわかったとたん、あちこちの出版社がとびつき、
やっつけ仕事のような本をたて続けに出版したのが敗因だと思うぞ。

特に、伏見なんたら氏の訳文は、ゴダードを異様に薄っぺらくみせた。
残念すぎる。もっと硬質な文章で訳す翻訳者に仕事をまわすべき。
というか、それができないのは出版社(編集者)の怠慢。

15 :名無しのオプ:02/07/24 23:27
創元以外の翻訳だと……うーん。本の作りがイマイチなのに加え、
翻訳もイマイチのような気がする。
個人的には、『千尋の闇』『惜別の譜』の翻訳が、文体としてはいちばんハマった。
ゴダードが日本でもある程度売れるとわかったとたん、あちこちの出版社がとびつき、
やっつけ仕事のような本をたて続けに出版したのが敗因だと思うぞ。

特に、伏見なんたら氏の訳文は、ゴダードを異様に薄っぺらくみせた。
残念すぎる。もっと硬質な文章で訳す翻訳者に仕事をまわすべき。
というか、それができないのは出版社(編集者)の怠慢。

16 :名無しのオプ:02/08/19 15:07
さるべーじ

17 :名無しのオプ:02/08/19 23:02
『千尋の闇』という邦題はべつにいいが、なにも無理して「ちいろ」と
読ませるこたぁない。それをまた訳者に義理立てして、
「これ、ちいろと読みます」なんて、一般読者が注をつけるこたぁない。
「ちひろのやみ」でかまわんやろ。


18 :名無しのオプ:02/08/19 23:14
オレ的には、いまんところ『千尋の闇』と『リオノーラの肖像』が
好印象。『闇に浮かぶ絵』は、なんぼなんでも無理があると思う。


19 : :02/08/20 00:34
『一瞬の光の中で』は読後感もイイし、すっげぇ面白かった。(嘘)

神保町の均一棚で文庫全作揃いを各百円でゲット。日を置かんと
胸焼けしそう。

20 :名無しのオプ:02/08/20 00:43
ガンダーラ?

21 :名無しのオプ:02/08/20 22:49
『一瞬の光のなかで』。この前、本屋で文庫になってたのを
見つけて、買って、積んでおいてある。
あらま。「いやな気分になる」人もいるらしいね。
でも『千尋の闇』読んで「いやな気分」になる人もいるようだから、
まぁ読んでみんと、ほんとのところは分からんな。
性犯罪者が主人公なんて許せない!ってとんちんかんな
こと言う女の人もいたし…。

22 :名無しのオプ:02/08/25 11:17
イギリスでの書評を読みたい。
文学の玄人筋には人気があるんぢやなからうか。

23 :名無しのオプ:02/09/22 13:24
新刊出てたのか。あげとこう。

24 :名無しのオプ:02/10/23 08:38
さるべーじ

25 :名無しのオプ:02/11/30 22:37
あげ

26 :名無しのオプ:02/12/08 15:10
「鉄の絆」だけ読んだ。つまんないので、その後、読んでない。訳もへただった。
ゴダードの訳はころころ人が変わるけど、大昔のベテラン翻訳家みたいな雰囲気のある人じゃないとだめなのではないか。
翻訳学校上がりというか、そこの先生とか、そういう、薄い訳をする人はどうも。


27 :名無しのオプ:02/12/08 15:13
ふしみいわんは下訳を使っているのですか。本の数多い。
もっとも、下訳使っても、矢野浩三郎はよいな。


28 :名無しのオプ:02/12/08 17:59
個人的には『闇に浮かぶ絵』好きだけどナー。
いや、現実的にはありえないけどさー。

29 :名無しのオプ:02/12/13 23:22
主人公が自分の動機で動く「惜別の譜」が一番好きだな
後の作品て巻き込まれ型ばかりなのでどうも入り込みにくい

30 :山崎渉:03/01/23 18:37
(^^)

31 :名無しのオプ:03/01/24 00:46
「石に刻まれた時間」(創元推理文庫)発売age

32 :無名草子さん:03/01/29 23:26
物語の核を成す2つの回顧録は気持ち悪い位ストラフォードの人生が正確に描かれている為、エリザベスとの拗れや、クーシュマンの裏切りなど
に、少し感情移入してしまう。
また、マーチンにも暗い過去があり、それも読んでいくうちに明らかになる。
言うなれば「ミステリーの王道中の王道」である。
過去の謎を現代で次々解き明かしていく話の筋や、エリザベス1人が生き残ってたり、主役マーチンに暗い過去があったり、マーチンとストラフォードの人生が所々似てたり、
何が目的かが全く不明の美人女がいたり、最後の方で黒幕が登場したり。
各人それぞれが各々の考え・行動をもっていて、かつ視点がマーチン、ストラフォードに限られている為、読んでて先が予想できない期待感がある。
ただ、裏表紙に「稀代の語り部が二重底、三重底の構成で語る、騙りに満ちた物語」とあるが、期待したほど話自体は深くない、せいぜい二重底の話。
いずれにせよ、次々と出てくる謎が読んでいく事にどんどん解決される展開の速さはいつの間にか読者をロバートゴダードの虜にさせる。
よっぽど最初の方で読むのを諦めない限り、謎が謎をよぶ展開で読者は最後まで読まされると思う。

33 :名無しのオプ:03/01/30 15:27
↑この32、ちゃんと作品タイトルを書いといたほうがいいと思いますよ。
知らない人が見たら『石に刻まれた時間』のことだと思うじゃないすか。
32は『千尋の闇』の感想ですよね。
自分もゴダードでは『千尋の闇』がベスト。重厚さに虜になりますた。
『石に刻まれた時間』、現在読んでます。


34 :無名草子さん:03/02/03 22:25
ロバートゴダード全巻制覇しヤシいます?


35 :名無しのオプ:03/02/03 22:44
邦訳されてるのは全部読んでるよー
最新作はもったいなくて買ったけど積読しとります。
いつでも待っているという幸せ…
誰がなんと言おうと読んでて一番楽しい作家でつ。

36 :名無しのオプ:03/02/03 22:54
↑最新作は、永遠に読まないほうがいいぞ。

37 :名無しのオプ:03/02/04 00:57
>>36
まじでつか…
去年の「今ふたたびの海」は面白かったけど
ゴダード作品としてはちょっと底が浅かった感じがしましたが…
とはいえ、好きな作家なので、新作がどんな話にせよ
"個人的には"他の作家より絶対に面白いと感じるはず…

38 :名無しのオブ:03/03/05 23:54
今やみに浮かぶ絵読んでるんだけど、正直よみづれー
先を読もうっていう気にならない

39 :名無しのオプ:03/03/06 22:27
今頃千尋の闇をよんでまふ。
いやあ面白い!今夜は徹夜になりそうな勢いです

40 :名無しのオプ:03/03/08 00:49
で、石に刻まれた時間の感想希望。

41 :名無しのオプ:03/04/01 00:22
『石に刻まれた時間』をようやく読み終えたのだが……。
漫然と読んだためか、それともおれの頭が悪すぎるのか、
ラストの意味がサパーリ分からん。

これは謎を謎として残しているのか、
それともきちんと解明はされているのか?
……メル欄がカギなのか?

どなたかに解説をお願いしたい。

42 :名無しのオプ:03/04/01 12:57
なんか日本の新本格な人たちが書きそうなネタだね>石

>41

◎◎(日本では使用後回収されるが、英国では客が持ち帰る)が実在
した、という点から、ある推理が裏付けられる。

ではそれがいつ投函され、それができたのは誰か? またその意図は
何か(◎◎の使用者と思われる人物は、自分と建物との関係を語り
手に正直には語っていない。ある一文でそれを仄めかしている)。

日付や曜日はわかりにくいね、あれ。一応語り手の体験をその順に
全て書くというスタイルのようだから、○○トリックによくある時
間的な前後関係の作為や、経緯の省略(ある晩寝たという記述の次が、
例えば翌々日になっている)をしていないと思っていいんじゃないか
と思われる。

それと、語り手が「入院」するけど、日本だったら場合によっては
時間外診察室のベッドで横にならせる程度の「入院」だね。

そうすると、「罪と罰」みたいなもので、読んでいる印象より短い
期間の話だと判る。ちなみに、真相の一端が明かされる最後の対決
が日曜日だということも、来客の言葉で判るよ。

43 :41:03/04/01 18:36
>>42
助言サンクス。
この書き込みを参考にもう一度読んでみる。

44 :名無しのオプ:03/04/01 23:12
>>42
まだわかんないよー。
結局、あのラストってどうだったの?
面白かっただけに、ラストが「?」ですごい消化不良。
おしえてちゃんでスマソ。

45 :名無しのオプ:03/04/03 18:18
>44 読んだのが大分前なので、間違っていたらすまそ。主人
公の縁者の女性を鶴子、その知り合いの女性を亀子とするね。

1:◎◎の使用日が、発端となった事件の日だった場合→

亀子の主張(鶴子と別れ単独で帰宅した)ことが裏付けられる。
ということは主人公の恐れは多分正しい。

ではなんの目的で亀子は◎◎を保管したのだろう。事件が報道
される前に保管の必要性を感じたのは何故か(あとは一人で恐怖
に浸って下さい)。

2:◎◎の使用日が、発端となった事件の日でなかった場合→

何のために◎◎を郵送したのかよくわからないので、一応この
可能性は捨てておく。

A:投函されたのが日曜日の午後である場合→

◎◎の入手しやすさから見て、亀子が投函したのだろう。

B.投函されたのが月曜日の午前中である場合→

鶴子、亀子共投函することができない。鶴子の縁者も、亀子の
古い関係者も別の事情で投函できない。

投函できたのは、主人公の周辺も、鶴子亀子の周辺も全部調査
することができ、家宅侵入も辞さない人物に限られる。そんな
人物は誰で、誰のために動いていたのか? ここでも別の恐怖に
浸ってください。

46 :名無しのオプ:03/04/04 23:51
>>45
さんくすこ。
超常現象的要素が多かったために色々ラストの落ちが
考えられて消化不良だったのだが、ま、そういう事なんだな。



47 :山崎渉:03/04/17 15:43
(^^)

48 :山崎渉:03/04/20 07:13
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

49 :名無しのオプ:03/04/23 15:10
最近、このスレでゴダードを知り1作目から順に読んでいきました。
感想は、

「千尋の闇」・・・重厚な作品だが、人物イマイチ。ラスト後味悪い。
「レオノーラの肖像」・・・適度にアクロバティックなプロット。人物まあまあ。読後感まずまず。
「闇に描いた絵」・・・かったるい展開。英国貴族的ドロドロ度高し。不自然すぎる設定。
「蒼穹のかなたへ」・・・重厚さ・意外さともなし。テンポ悪し。明らかに前3作より落ちたクオリティ。

もう次を読む気がしなくなってきました。
まだ「これは読んどけ」ってのありますかね?

50 :nanasi:03/04/26 15:09
>>49
ゴダードは合わないんだろ。
次読む気しないんなら読まなきゃいいと思うよ。

51 :名無しのオプ:03/05/20 07:31
>>49
合わない作家の作品をよく4冊も読めたね。根っからの本好き、ミステリ好き
なんだろうね。もう読むのはよしたほうがいいよ。

52 :山崎渉:03/05/22 04:22
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

53 :山崎渉:03/05/28 12:42
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

54 :名無しのオプ:03/06/08 19:43
あげ〜

55 :名無しのオプ:03/06/28 22:59
『闇に浮かぶ絵』読みました。38の言うとおり読み辛かった。
コンスタンス酷くないですか?トレンチャ−ド可哀想過ぎですよ。

56 :山崎 渉:03/07/15 13:57

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

57 :名無しのオプ:03/07/18 23:19
で、「石に刻まれた時間」はどうなのさ?

58 :山崎 渉:03/08/02 02:08
(^^)

59 :山崎 渉:03/08/15 16:09
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

60 :名無しのオプ:03/09/13 15:27
新作に期待しつつ保全上げ

61 :名無しのオプ:03/09/13 19:54
「秘められた伝言」買ってきました。
まだ本編は読んでいないけど、佐々木徹氏の解説によれば
>インターネットなどを見ますと、最近ゴダードは力が衰えたという
>意見がありますが、僕にはそう感じられません。
>(中略)ご安心下さい、ゴダードは好調を維持しております。
だそうで。

自分は「石」が邦訳されたゴダード作品の中で最悪の出来、
「海」は随分と巻き返してくれたという印象だった。最悪と
いっても、そもそも他の作家とレベルが違うんだけど…。
ゴダードには、つい「もっともっと!」と期待してしまう。
「秘められた伝言」、楽しめますように。

62 :60:03/09/14 19:42
>>61
おれも今日入手したよ。
さてさて。

63 :名無しのオプ:03/09/14 22:24
「秘められた伝言」読んだよ。
ゴダードもついにあのネタに手を染めてしまったか‥‥の感想。
この秘められた伝言(手紙)で、果たして殺人までいくかなあ。
世に問うても、せいぜい偽書のレッテルを貼られておしまいでしょう。
話が甘いんじゃないかな。

64 :名無しのオプ:03/09/14 23:05
てか、紙が分厚い。

65 :名無しのオプ:03/09/15 02:20
日本が舞台になってるね。

66 :名無しのオプ:03/10/07 11:41
「秘められた伝言」読んだ。今回も面白かった。

でもゴダード、だんだんつまらなくなってきていると思う。
作風が変わってきた(軽くなってきた〜それ自体は悪いことではない)
ことを考慮に入れてもね。

あとがきに
「ネット上では『最近ゴダードがつまらなくなってきた』という
意見を多く目にするが、そんなことはない、ゴダードは依然好調だ」
なんて書いてある。
この人がそう思うのは勝手だが、「つまらなくなってきた」という
意見が実際多いんだとしたら、ほんとにつまらなくなってるんでしょ。
エンタテインメント商品の公的評価は多数決で決まるべきなんだから。
(もちろん私的評価を軽視するつもりもないが)

愚痴書いてすまん。ちょっとあとがきに腹が立ったもので。





67 :名無しのオプ:03/10/11 22:54
佐々木氏はゴダード氏とも直接知り合いだし、特に今回は
日本の取材に協力しているわけだから、リップサービスは
必要だろう。自分はあれを読んで「売り込み必死だな」と
気の毒になってしまった。立腹するより何倍も失礼だな…。

ゴダードはもともとレベルの高い作家だから、何を書いても
「もっと面白いはず!」と言われてしまうんだよね。
「ゴダードの本だから無条件で買う」のは、あと何冊続くかな。
できることなら、ずっとついていきたい作家さんだ。

68 :名無しのオプ:03/10/12 04:57
>>66>>67
同意。
まああとがきに「この人の作品は面白いが以前に比べると質は落ちている」
なんて書けないよな。ましてや自分が直接関わった作品だ。

69 :名無しのオプ:03/10/14 18:46
>>67
うん、しがらみがあって誉めまくるしかないってのは理解できる。
でも素直に誉めればそれでいいのに、「ネットではつまらなく
なったと言われているが〜」などとネットを引き合いに出した
から萎えたんだよね。


70 :名無しのオプ:03/10/20 23:16
「秘められた伝言」は……(事件の構造において)ちょっと偶然の
占める要素が大きかったかな? 面白かったけれど。

71 :名無しのオプ:03/11/04 20:50
ロバトン、ゴダドン

72 :名無しのオプ:03/11/07 20:51
これだけ短期間にガンガン訳されてるんだから売れてるはずなのにスレが
伸びないね。
面白いけど語る対象ではない、って感じなのかな。

73 :名無しのオプ:03/11/08 14:27
ようやく「秘められた伝言」読了。
翻訳の際、日本人の名前に当てる漢字は誰が決めたんだろう?

ゴダード氏がまず名前を決めて、それを受けた佐々木氏が
「Mayumiでしたら真弓と真由美、Toshisigeは俊成や敏茂は
いかがでしょう」なんて候補を出して、ゴダード氏が字面で
選んだのかと推測してみたけど、共同作業なら解説でもっと
自慢していたかなあ。
だからといって加地女史が独断でつけたとも思えないし…。

74 :名無しのオプ:03/11/08 19:50
なかなか面白い着眼点ですね。

どちらにせよ、ゴダードに日本人(゚听)イラネ
ちっとも感情移入できなかった。

75 :名無しのオプ:03/11/09 21:44
感情移入できるほど奥行きのある人間として描かれてなかったしね。

76 :名無しのオプ:03/11/10 01:59
でもまあそろそろ復活と信じたい。
次回作はとんでもない傑作でありますように(-人-)
読めるのは来年夏頃かな?

77 :名無しのオプ:03/11/12 08:15
今回程度の作品でも十分面白いわけだがゴダードには
それ以上を目指してほしいよね。

78 :名無しのオプ:03/11/13 21:56
初期の作品があれだけのレベルだっただけに
期待してしまうよねえ。
秘め伝で初めてゴダを知り、
遡って読み始めた人がいるとしたら驚くだろうなあ。羨ましいなあ。

79 :名無しのオプ:03/11/13 22:54
ゴダードを読み始めたのは平積みになっていた『リオノーラ』の
表紙を見て「あ、キングの『シャイニング』と同じ人の絵だ」と
手を出したのが始まりだった。
全然知らない作家だったので、読み始めたらぶっ飛んだ。
あの驚愕と興奮をもう一度味わいたいなあ。

80 :名無しのオプ:03/11/24 15:17
ゴダード好きは他のどんな作家のが好きですか?

ゴダも読んでたというドナ・タート「シークレットヒストリー」
コリン・ハリソン「マンハッタン夜想曲」「闇に消えた女」なんかは
ゴダ並みに面白かったです。
なんかおすすめあればきぼんぬ。

81 :名無しのオプ:03/11/25 22:55
英のゴダード、米のトマス・H・クック。
このふたりはセットで好き。
そういえば、In☆Pocket入選おめでとう。

82 :名無しのオプ:03/11/29 00:05
>>80
今更すぎですがw「飛蝗の農場」は面白いYO
ディーヴァーの「悪魔の涙」なんかも好き。
どちらもプロットのカラクリに気持ちよーくと翻弄された作品。

83 :名無しのオプ:03/11/29 00:28
ゴダードの中では「闇に浮かぶ絵」が一番好きだ。
初ゴダードがこれだったので思い入れがあるのサ。
この作品のけれん味に惚れたw
他は「永遠に去りぬ」と「さよならは言わないで」も
かなり好き。しかし、さよならは言わないでってタイトルが
もろハーレクインなんだが・・・装丁もどことなく・・

84 :名無しのオプ:03/11/29 00:53
>83
「さよならは いわないで」は、知ってる人は知ってる歌曲のタイトルだよ。
邦題としては結構いいと思う。

ゴダードの邦訳版はタイトルが凝ってて好きだなあ。
そうきたか、ってのが多い。

85 :名無しのオプ:03/11/29 07:06
「さよならはいわないで」確かに原題から外れてはいないわけだが、
このタイトルであの装丁だとハーレクインを狙ったといわれても
仕方ない気も…。
実際メロドラマ要素も大きい小説だから、まだゴダードが知られて
いなかった当時、ああした売り方されるのも理解はできるけどね。

86 :名無しのオプ:03/12/06 23:18
age

87 :名無しのオプ:03/12/06 23:23
>>80
F・フォーサイス「ジャッカルの日」は面白いよ。


88 :名無しのオプ:03/12/06 23:38
グチを言わせてください。悪口じゃないから、気にさわったらスルーして。

なんで本格好きって、冗長って言うんだよー。
ゴダードをそういうヤシは新本格だけよんでろ。



89 :名無しのオプ:03/12/07 02:30
>>88
いや、同意しますよ。
恋愛とか人生への後悔とか、そんなのが描かれているとウザい長いと
思う人っているんですよね。

90 :名無しのオプ:03/12/20 01:54
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1070373658/l50

「各作家のナンバー1を決めよう」スレで、ロバート・ゴダード作品、投票中。
締め切りは、平成15年12月23日(火)〜12:00まで。(最近は夕方過ぎて集計だが)
一人一票で、参加しる!!

91 :名無しのオプ:04/01/04 03:10
人気はあるのに語られない作家だね。あまりツッコミどころがないのかな。
ファンサイトみたいなのはいくつかあるけど。

92 :名無しのオプ:04/01/13 20:05
記憶シリーズで(日本で)ブレイクしたトマス・H・クックのスレは
ここより後にできて、もう300レス超えてる


93 :名無しのオプ:04/01/14 22:28
一度ageてみます。

94 :名無しのオプ:04/01/14 22:42
>>80
キャビン・ライアル「深夜プラス1」
がいいよ。


95 :名無しのオプ:04/01/14 22:50
ゴダードは確かに英国冒険小説(のなかでもミステリ寄り)
の系譜の作家としても語れる存在ですね。
あまりその視点からの評論は無いような。

日本の作家では志水辰夫のいくつかの作品が、ゴダードに共通する
味とストーリー(どんでん返しのタイミングとか味方が実は敵だった
とか主人公とヒロインの関係性とか)を持っていると思いました。
志水もゴダードも英国冒険小説の影響下にあると考えれば
納得がいきます。
志水には「深夜プラス1」に捧げた作品?「深夜ふたたび」が
ありますし。

96 :名無しのオプ:04/01/24 00:14
「秘められた伝言」や「閉じられた環」あたりは確かに冒険ミステリだね。
初期のゴシック風味、メロドラマ風味は薄れてきている。
面白ければ作風はどうでもいいし最近の作品も悪くないけど
俺は初期のほうが好きだな。


97 :名無しのオプ:04/01/29 09:46
age

98 :名無しのオプ:04/02/10 00:20
話題ないけどあげとく

99 :名無しのオプ:04/02/15 03:41
「石に刻まれた時間」
スティーブン・キングの「ローズ・レッド」を思い出させた。
そして消化不良。
途中までは面白かっただけに尚更・・・

100 :名無しのオプ:04/02/25 13:35
石に刻まれた時間はツマンナイネ。
IN☆POCKETは充てになんねー。

101 :名無しのオプ:04/04/22 17:14
「蒼穹の彼方へ」久々にゴダードを読んでます。
でも、今上巻の後半なんだけど、読むのがめんどくさくなってきてる自分が居ます。

『ゴダードって、こんなにつまらなかったっけ?』

あー、ゴダード好きだったのに読むのが苦痛だよー
もう投げ出しちゃおうかjfkだyfhvdしあ・・・・

102 :名無しのオプ:04/04/28 13:43
予言:101さんは、下巻でスピードアップ、一気読みすることでしょう。


103 :名無しのオプ:04/05/09 19:56
下がってきたのであげ

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)