5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

フレデリック・フォーサイス

1 :Lewis:02/06/06 07:27
彼のスレッド見当たらない。日本では人気ないか?
緻密な構成ではずれがないんだけどね。舞台は色々だけど英国好きな人にはおすすめ。
ただどういう訳か女性の読者は少ないみたいなのが謎。

2 :名無しのオプ:02/06/06 07:45
        ヤタ!朕が2げっとだ!!お前等朕にひれ伏・・・・・・・(あれ?)
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    .;":.;":.;":       /珍\
                  .;":.;": プシャァァァァ      (´∀` )  ;":.;":.
       o())o__てO二 ̄ ̄~)                      ||--==≡≡≡==--||
       / /||(二ニ) (__).                      ||          ||
   γ ⌒ /|V||彡Vミ/⌒_ノ二二ノl0ドルルル             ||          ||
   l| (◎).|l |((||((゚ )(⌒)/||三三・) | ||  (´⌒(´           ||          ||
__ ゝ__ノ     ̄ ̄ ̄ ̄  ゝ__ノ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡      ||          ||
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(´⌒(´⌒;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

>>3へ    なぜ朕のバイクが前を?
>>4へ    もしかして首がとれてますか?
>>5へ    接着剤ありませんか?
>>6へ    このまま死ぬのですか?
>>7へ    一足先に逝ってるよ
>>8へ    生まれ変わっても一緒だよ
>>9へ    周りが暗くなってきた
>>10へ   誰かが呼んでるみたいだ
>>11以降  みんな今までありがとう。さようなら

3 :名無しのオプ:02/06/06 08:42
フレデリックフォーサイスの作品 (37)
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/987/987924011.html

4 :名無しのオプ:02/06/06 11:23
「帝王」を読んだことがある。さかなサカナさかな〜♪

5 :Hasting:02/07/05 19:59
やはり”ジャッカルの日”は傑作

6 :B37 ◆lPJpzlnU :02/07/05 20:01
>5
映画もなかなかおもしろかったなー。

7 :Hasting:02/07/07 10:19
6>オデッサファイルも良かった。原作にかなり忠実。

8 :LR:02/07/08 23:31
私は「シェパード」が好きなのですが、
フォーサイスは私の父親世代の作家ですね。

断筆したり、また書いたり、詐欺にあったりと、
今はナニしてるんだか。

9 :DB5:02/07/15 14:18
シラク大統領暗殺事件。でもジャッカルに比べちゃお粗末。。。

10 :DB5:02/07/15 19:23
あ、すみません、7/14日の暗殺未遂事件。ジャッカルの日がまた売れる。

11 :名無しのオプ:02/07/21 07:06
8>私は団塊世代だからあなたの父親と同じでしょう(笑)
でもジャッカル、オデッサ、悪魔の、戦争の、あたりまでは良いですよ。

12 :名無しのオプ:02/07/21 13:19
あがらんなー。やっぱり翻訳が悪いのか?

13 :モーロック:02/07/21 14:35
「第四の核」の映画版、
面白かった。マイケル・ケインが
主役のやつ。ああいうスパイ映画が
もっと観たいです。他にありますか?
ちなみに原作は未読です。

14 :名無しのオプ:02/07/22 13:45
The Negotaterも映画にしたら面白そうだけど。

15 :B37 ◆lPJpzlnU :02/07/22 21:21
おれ「ネゴシェイター」ってかなりイイと思うんだがなー。

16 :名無しのオプ:02/07/24 07:55
The Negotiatorです。失礼。1部と2部の趣が変わって良いですね。ヨーロッパ大陸を彼女と一緒に移動するのが面白いし謎の殺人者が。。。

17 :B37 ◆lPJpzlnU :02/07/24 21:34
>16
主人公がなかなか登場しないハッタリめいた語り口もたまらんものがある。

18 :名無しのオプ:02/07/30 06:30
フォーサイス大好きだー。ビアフラ物語だけ未読なんだよな。

19 :名無しのオプ:02/07/30 13:13
ビアフラ。。はドキュメンタリーだから。。でもあれが戦争の犬たちのもと。

20 :名無しのオプ:02/08/01 01:21
age

21 : :02/08/04 07:05
「騙し屋」シリーズは手軽に読める。
個人的には「神の拳」も好きだけど,
やっぱり「ジャッカルの日」かな。

22 :名無しのオプ:02/08/10 08:28
フォーサースの新刊が今年出てたんだね。
知らなかった。

23 :名無しのオプ:02/08/12 13:33
いま「ジャッカルの日」の原書に挑戦中。
映画は何度も観てるのでストーリーはわかってるから
辞書一切使わずに読破するつもり。

24 :名無しのオプ:02/08/13 15:01
22> 新作?
僕も知らなかった。Bordersでチェックしてこよう。

25 :名無しのオプ:02/08/13 15:20
The Veteran: Five Heart-Stopping Stories
These are the ones I didn't know was published.

No Comebacks
The Phantom of Manhattan
Great Flying Stories

Thanks, 22>

Expert Systems Principles


26 :名無しのオプ:02/08/15 19:16
あげ

27 :名無しのオプ:02/08/15 19:41
「ジャッカルの日」最高!映画版はイマイチ。
映画なら「ジャッカルの日」を真似た「ジャッカル」の方が
面白い。ブルース・ウィリス主演のやつ。
「ジャッカルの日」をかなり真似たシーンが多くて
笑えてしまう。

28 :名無しのオプ:02/08/17 19:57
ジャッカルをテーマにした小説ではロバート・ラドラムのBourne IdentityとBourne Supremacyがあります。邦題は知らず。

29 :名無しのオプ:02/08/18 12:27
>28
前者が「暗殺者」、後者が「殺戮のオデッセイ」。
前者はマット・デイモン主演で映画化されて秋公開予定。
ちなみにシリーズ第3作Bourne Ultimutumもある。
これの邦題は「最後の暗殺者」。

30 :B37 ◆lPJpzlnU :02/08/18 13:17
「暗殺者」まえにリチャード・チェンバレン主演「狙撃者(ザ・スナイパー)」
という映像化されてんの洋画劇場で観たけどあれはテレビ映画だったけ?
(まあまあ面白かった)

31 :名無しのオプ:02/08/21 00:35
ジャッカルのモデルと言われたカルロスは捕まったんだったっけ?それとも殺されたのかな。

32 :名無しのオプ:02/08/24 14:20
やっぱり最初の2作がいいね。でも5作めあたりまではOK.あとはまあまあ。

33 :名無しのオプ:02/09/01 21:23
age

34 :名無しのオプ:02/09/09 03:37
日本を舞台にしたあのなんとかいう作品はがっかりしました。

35 :キッド:02/09/09 23:40
カルロスは確か、モロッコかどこかで、整形手術の最中に麻酔をかけられた状態で、
フランスかどこかに連れてこられたんじゃなかった?
彼をモデルにした、フォーサイスプロディースのビデオが出てる。
「騙し屋」シリーズの中の1本で、原作なしのオリジナルビデオ。

↑↑日本を舞台にした作品とは?

36 :名無しのオプ:02/09/10 01:32
ハイデイング・プレースです

37 :キッド:02/09/11 00:30
>36
こんなのあったんだ!知らなかった!
今初めて知った。
角川以外出てるとは思わなかった。
いやあ、お恥ずかしい。読まねば。

38 :名無しのオプ:02/09/16 22:26
「イコン」以外全て読みました。
「悪魔の選択」面白すぎ!
彼の作品では一番好きだな。

39 :名無しのオプ:02/09/17 04:39
Iconはほとんど日本語なのに何故アイコンと訳さなかったのが不思議。イコン??
そんなに悪くなかったですよ。 すこし悪魔の選択に近い(ロシア)感じです。

40 :名無しのオプ:02/09/19 09:38
Fist of The God(神の拳)だけ買ってから読んでない。登場人物が現代人だからなー。

41 :名無しのオプ:02/09/22 19:01
>>39
日本でもイコンといいません?

>>40
フォーサイスの小説の多くは現代人が主人公じゃないですか。

42 :名無しのオプ:02/09/22 21:41
言い方が悪かった。現実に存在している人間が登場する、の意味です。

43 :名無しのオプ:02/09/22 23:44
マンハッタンの怪人読んだ人います?

44 :名無しのオプ:02/09/23 03:15
このごろForsythはちょっと御無沙汰。マンハッタンの怪人、どうでした?

45 :名無しのオプ:02/09/23 03:54
>>35
警官に射殺された
後に調べてみたところ、彼の仕事とされる殺人の多くは
未解決の殺人事件を現地の警察が勝手に「ジャッカルのせい」にしたとか

晩年の彼は安アパートで酒に溺れ食うや食わずの悲惨な生活だったらしい


「戦争の犬達」の主役シャノンのモデルであるピータースは
小説以上の冒険の傭兵生活を送り、現在はシンガポールで事業を興し、成功してるらしい



46 :名無しのオプ:02/09/23 06:11
フォーサイス、といえば
我らが軍事板の大師匠である、柘植久慶大先生が企画立案していたクーデターと
同地域のクーデターを興し(失敗)、のち対談されていたなぁ、ということで紹介。
「柘植久慶 PART3 」
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1005042503/l50

柘植大先生は、フォーサイスに先をこされた(しかも失敗)せいでクーデターを断念されました。

47 :名無しのオプ:02/09/25 08:33
>>46
そのスレ全部見たけどどこにそんなこと書いてある?

48 :B37 ◆lPJpzlnU :02/09/25 22:49
「マンハッタンの怪人」10月末に角川文庫で出るよ。

49 :名無しのオプ:02/09/26 10:51
モース警部のThe way through woods半分読んだトコなんだけど、マンハッタンの怪人買ってきちゃった。

50 :名無しのオプ:02/09/26 14:47
さっきAmazonでDay of the Jackalを注文してきますた。

>>27
ありゃあ最初Day of the Jackalという題にしようとしたが
許可が下りなかったのでThe Jackalという題にしたのです。

51 :名無しのオプ:02/09/27 11:36
なんでこんなレスが少ないんだ?
6000万部以上売ってる大作家だってのに。

52 :名無しのオプ:02/09/27 21:10
最新作「戦士たちの挽歌」も面白かったが、
やはり上・下巻にまたがるような、長編の方が読み応えがある。
「悪魔の選択」、「第四の核」、「ネゴシエイター」、「神の拳」、「イコン」
あたりは、どれも甲乙つけ難いほど気に入っている。
スパイ小説というかポリティカル・サスペンス(?)については
断筆宣言しちゃったから、もうこの手の作品は書かないのだろうか?

53 :名無しのオプ:02/09/27 21:22
マンハッタンの怪人もLove storyだしね。

54 :名無しのオプ:02/09/30 23:46
>>52
長編も文句無く好きだが短編もかなり良くないか?
「Privilege」と「The Emperor」あたりがかなり好きだった。
あの2作だけでも短編集買ったかいあったよ。

しかし漏り上がらないスレだな

55 :名無しのオプ:02/10/01 07:53
The Emperorはいいね。ああいうの大好きだよ。
No comebacksも(・∀・)イイ

56 :名無しのオプ:02/10/01 08:05
>>54
>しかし漏り上がらないスレだな

ミステリにあるのが悪いんじゃないか。


57 :名無しのオプ:02/10/01 08:09
そうですか。。ミステリーじゃないのか。。。ドキュメンタリーに近いのかな?

58 :名無しのオプ:02/10/01 11:00
サスペンスじゃないのか?

59 :名無しのオプ:02/10/01 19:14
確かドキュメンタリースリラーとか呼ばれてると思ったが。

60 :名無しのオプ:02/10/03 03:00
しかし本当に盛り上がらないな。

61 :名無しのオプ:02/10/05 05:14
age

62 :名無しのオプ:02/10/05 11:44
>>61
さげてるぞ。

63 :名無しのオプ:02/10/09 00:53
ナイジェル・ageン

64 :名無しのオプ:02/10/18 22:23
サイン会でサインしてもらいました。

65 :名無しのオプ:02/10/18 23:32
>>64
イコンの時かな?

66 :名無しのオプ:02/10/20 18:39
神の拳とイコンの時です。(2回も行くなって?w)

67 :名無しのオプ:02/10/29 23:05


お前ら!!フォーサイスの小説で一番好きなキャラを挙げてください。

68 :名無しのオプ:02/11/04 03:54
ネゴシエーター、悪魔の選択、ジャッカル。。の警視。はでではないが精神の強さがある。

69 :名無しのオプ:02/11/10 20:37
>>67
「悪魔の選択」のテロリストのリーダーに1票(名前忘れた)

70 :名無しのオプ:02/11/25 04:04
あのウクライナ人の父を持つスボボダですね。僕もあの頭脳の緻密さと勇気が好きです。

71 :名無しのオプ:02/12/14 17:01
今も忘れません。サイン会の時イコンにしかサインしないということなので
お気に入りの騙し屋にしてもらいたかった自分は紀伊国屋でイコンの
上下を買って下巻のカバーを外して騙し屋にかぶせた。

上巻にサインをもらって、(下巻にみせかけた)騙し屋にもサインをして
もらおうとしたところフォーサイスの手が止まった。
そして御大の口から・・・

"Oh! Deceiver"という言葉がでました。

でも、なにも言わずそのままサインしてくださいました。

72 :名無しのオプ:02/12/20 12:17
やっと「ジャッカルの日」読みました。

ジャッカルの正体は(メール欄)なんですよね?

73 :名無しのオプ:02/12/30 23:34
今「悪魔の選択」読んでる。
もっと人気(日本で)あってもいいとおもうんだがなぁ。
前半はひたすら伏線張りに徹する書きかたするから、我慢の足りない人は途中でやめちゃうのかも。
どの作品も中盤からクライマックスにかけての盛り上がりは鳥肌が立つくらい凄い。


74 :名無しのオプ:02/12/31 00:13
結構人気あるよ。サイン会の時すごく人が並んでた。

75 :名無しのオプ:03/01/08 23:28
「アサインメント」観た。
最高に面白かったよ。あれはフィクションなんだろうか?
それとも元ネタがあるのかな?だれか教えて。

76 :山崎渉:03/01/23 18:33
(^^)

77 :キッド ◆kQOyJA.DgI :03/02/07 23:28
イラク攻撃が秒読み段階に入っています。
「神の拳」の最後の方で、多国籍軍が何故、イラクに侵攻しなかったのかが
それとなく示唆されていましたが、その問題はどうなるのでしょうか?

78 :名無しのオプ:03/02/17 07:08
保守

79 :名無しのオプ:03/03/14 05:14
ageとくよ。

80 :名無しのオプ:03/03/15 01:33
「第4の核」読んだ。
政治的な話が多くてちょっと単調だったかな。
「戦争の犬達」がなかなかみつからない。

「ジャッカルの日」がKGBの教本になったって話は本当なのだろうか?

81 :名無しのオプ:03/03/17 22:26
ずいぶんと昔にオデッサファイル読んで、
ナチスの残党や秘密機関の存在とか興味もって調べたこと
あったな〜。


82 :名無しのオプ:03/03/17 23:19
>27
禿同!
映画は『ジャッカルの日』より『ジャッカル』のほうがおもしろい。
ただしパロディー以外の何物でもないけど、かなりニヤニヤできるシーンがあった。
前者は私が思う見所をほとんどストーリーから削ってたから、
あんましおもしろくなかった。

83 :K:03/03/18 00:00
フォーサイススレがあったとは。

>>82
パロディとしてなら。
ブルース・ウィリスのホモシーンが色っぽかった。
一瞬くらっときましたが、何か?

84 :名無しのオプ:03/03/19 00:33
小説関係の板って冷遇されてない?

ライトノベル
ミステリー
SF

だけしかない。
フォーサイスはどこに分類されるんだYO!?

85 :名無しのオプ:03/03/19 00:41
>>84
元々人が少ないのにこれ以上細分化してもしょうがないじゃん。

86 :名無しのオプ:03/03/21 16:52
>>82
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´_ゝ`)< ふーん
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

87 :名無しのオプ:03/03/22 20:56
ジャッカル揚げ

88 :K:03/03/23 00:38
>>84
フォーサイスは広義のミステリーで良いかと。
SハンターやTクランシーだと軍事板くさい。

89 :名無しのオプ:03/03/23 01:24
だが誰もいない罠。
日本ではスパイ小説への関心は薄いのか。

90 :名無しのオプ:03/03/23 09:46
フォーサイス好きだね。
緊迫感がたまらない。
ただ描写が細かすぎて、読む気力ないときは面倒くさくなって、
筋を追うことを第一にするためにいろいろ読みとばすこと多し。
そんで、一応読み終えてから、描写を楽しむために再読する。
それでもとばす場面があるし、情報量が多くて細部を忘れるから、
結局何度も読んで楽しめるから好きだ。

91 :名無しのオプ:03/03/23 18:05
ガキなんで、短編の中では、皇帝と免責特権が好きだ。
シンプルに楽しい。

っつーか、「ジャッカル」が面白い人っているんだね。
正直、驚いた。
「超少女REIKO」とか「北京原人」並の映画だと思うんだけどなぁ・・・。
ジャッカルが”闇の”インターネットで買い付けするのは、腹の底から笑ったけど。

92 :名無しのオプ:03/03/24 00:36
>>91
あの映画はブルース・ウィリスが全てだ。
彼の存在感が全てを覆す。

他になんの価値も無いけどねん。


短編はシェパードが好き。
モスキートの写真を資料から引っ張り出してながめてしまった。

93 :名無しのオプ:03/03/24 23:42
フォーサイスを読み過ぎたせいか、今回のイラク攻撃は米英の情報機関が
”今”軍事攻撃を行わなければいけないような事情を掴んでいるのかという
見方をしてしまうのは僕だけですか?

94 :名無しのオプ:03/03/25 01:01
>>93
俺もなんとなくそう思ってしまう。
何年か後にこれをネタに書いたりしてな。

95 :名無しのオプ:03/03/25 17:58
だけどもう断筆宣g・・

96 :名無しのオプ:03/03/26 22:42
もう一冊書け!
世界が、いや俺が待ち望んでいるんだ!

と暴言を吐いてみるテスツ。

97 :名無しのオプ:03/03/27 06:25
一度断筆宣言破ってるし、書きたくなればまた書くでしょう。

98 :名無しのオプ:03/03/27 08:58
『ビアフラ物語』もう絶対文庫にならんのかなぁ。
ヴォネガットの「ビアフラ―裏切られた民衆」を読んでから、ビアフラ熱に感染しちまって。
二人とも、ことビアフラに関しては熱いねぇ。

99 :名無しのオプ:03/03/27 16:22
>91
そうそう「ジャッカル」は笑う映画だってば。
ブルースウィリスのミスキャストぶりや、どんどん訳分からなくなってくストーリーや
とってつけたような渋いラストを楽しむ映画です。
他に映画化されてるのはないの?
日本を舞台にした小説のあとがきに映画化の話が書いてあったけど
正直おもしろくなかったからその後調べてみてないけど。
バブルの頃の日本にまつわる小説は、今読むとみんなおもしろくない。

100 :名無しのオプ:03/03/27 16:39
中学生のころ、動物感動ものと勘違いして「ジャッカルの日」を読んだ。
中身が、想像してたのとあまりに違っていたから、驚いたけど
すごくおもしろくて、読んでよかったと思ったよ。
それまでそんなハードボイルドな小説には興味なかったから、
そのとき読まなかったら今もずっと知らないままでいたと思う。

101 :名無しのオプ:03/03/27 17:30
CAT・シャノンだっけ、実在したのかな。
大藪の小説にもちらと名前だけ出てきたので。

102 :名無しのオプ:03/03/31 01:07
ビアフラ物語、やはり古本屋で探すしかないのか。。。

103 :名無しのオプ:03/03/31 01:27
オコチャがビアフラのイボ族の末裔だよね。

104 :名無しのオプ:03/04/02 23:47
せっかく入学したんだから大学の図書館でビアフラ物語をさがしてみよう。

105 :名無しのオプ:03/04/07 00:21
戦場の犬達ゲトー!!
が、その前に積み上がってるミステリ諸々を片付けねばならない。
美味しいものは最後まで取っておこう。
まずは寒い国から帰ってきたスパイから〜

106 :名無しのオプ:03/04/08 23:00
>>105
まぁまぁ、おちけつ
「戦争の犬たち」だよ

107 :山崎渉:03/04/17 15:49
(^^)

108 :山崎渉:03/04/20 02:57
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

109 :山崎渉:03/04/20 07:11
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

110 :名無しのオプ:03/04/20 15:23
家に何故か「戦争の犬たち」のビデオ(録画)
があったので見たが、テープがいかれてて最後の方しか
見れなかった。残念。

111 :名無しのオプ:03/04/22 00:24
>>110
それは残念だったね。
登場人物のイメージ合ってた?とか聞いてみたいけど
そこまで見れなかったかな…?
それって市販されてるのを買ったの?
それともTV放送を録画したの?
今でもレンタルできるかな?

112 :名無しのオプ:03/04/22 00:38
出来るんじゃない?
主演はクリストファー・ウォーケンだよね?

NHKの世界名画劇場あたりで放送してくれないかなぁ。

113 :110:03/04/22 00:51
>>111
TV放送を録画したものでした。
ホント最後の方(官邸襲撃中)だったので…
>>112
覚えてないんでググッたらどうもそのようですね。
今度暇を見つけて借りてみます。

114 :名無しのオプ:03/04/22 07:53
角川書店からでてた「ハンティング・プレイス」だな>日本を舞台にした作品

TVにでている佐々なんとかが、日本の秘密警察長官だかで登場すると記憶。
この佐々は、「第4の核」でも出てたな

115 :英知恵:03/04/23 17:00
『第四の核』を入手!
ページを開いたら……既読でした(T_T

116 :クイン:03/05/01 16:31
フォーサイス、私も大好きです。
『戦争の犬たち』のシャノンの口笛、スパニッシュハーレム、ってどんな曲ですか?

117 :名無しのオプ:03/05/01 17:26
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


118 :名無しのオプ:03/05/10 20:14
>>116
60年代の曲だね。ベン・E.キングの曲らしいが、
俺も聞いたことないな〜

119 :クイン:03/05/17 19:56
>>118
ありがとう。今度調べてみます。

120 :名無しのオプ:03/05/20 23:19
80年代には売上年間トップ10に入ってたんだね

121 :クイン:03/05/21 20:19
今でも定期的に各作品を読み返してます。
皆さんの好きな登場人物は?

122 :名無しのオプ:03/05/21 22:09
Day of the Jackalのルベル警部だね。
というよりもジャッカルとルベルのセット。
後半に展開される、2人の息もつかせぬ追っかけあいが好きだ。

123 :クイン:03/05/24 17:35
主役級なら『悪魔の選択』のアンドルー・ドレーク。
脇役はKGBの高官達、特に『ネゴシエーター』エンディング間際に出てくる
キルピチェンコ将軍の台詞『我々は全力疾走に入った』のくだり、かなり
好きです。

124 :山崎渉:03/05/28 12:11
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

125 :名無しのオプ:03/05/31 22:12
今夜BS2で「ジャッカルの日」あるっぽいな。
俺は見れないが。

126 :名無しのオプ:03/06/20 01:53
保守

127 :名無しのオプ:03/07/02 10:00
ごきげんよう、マーガトロイド!

この台詞の気持ちのいいこと!

128 :名無しのオプ:03/07/07 23:25
age

129 :山崎 渉:03/07/15 13:56

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

130 :名無しのオプ:03/07/16 05:45
「ジャッカルの日」

とりあえず読んでおけ。

131 :名無しのオプ:03/07/16 11:03
●●●2004年も被害者がでるのだろうか?●●●
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/kouhaku/1057943092/
マスコミ、行政による、
盗聴、盗撮、不法侵入、嫌がらせ、恫喝、盗作について、
「マスコミの盗聴、盗撮は許されるのか?」から、
被害状況がわかりやすい書き込みを抜粋しました。


132 :名無しのオプ:03/07/16 12:58
なんで「運ちゃん」なの?執拗に

133 :名無しのオプ:03/07/18 03:42
ジャッカルで確実に判明してるのはアングロサクソンということだけ?

134 :名無しのオプ:03/07/18 13:28
アングロサクソン風に整形してるのかもしれない。

135 :名無しのオプ:03/07/19 01:30
結局ジャッカルが誰なのかわからないんだよな。
ルベルが殺したのも偽者なんじゃないのかと思えてくる。

136 :名無しのオプ:03/07/19 03:09
>134
ドゴール暗殺のところをよく注意して読んで。
アングロサクソンというのは時の文で書いてある。

137 :名無しのオプ:03/07/19 12:27
カッソンの台詞以外にアングロサクソンってあったっけ?
ジャッカルと名乗るまでは、便宜上イギリス人としてるから
アングロサクソンと言っただけでしょ。地の文でもイギリス人だったし。
大体、イギリス人かどうかも分からない。

138 :名無しのオプ:03/07/19 13:01
>137
はっきり言おう。文庫の537頁をみてくれ。

139 :山崎 渉:03/08/02 02:09
(^^)

140 :名無しのオプ:03/08/02 14:55
騙し屋シリーズが好きです。
最後の釣りをしてる最中に
クウェート侵攻のニュースを聴くエンディングがなんともいえません。

このスレ見つけたことだし久しぶりに読み返してみるかな。

141 :名無しのオプ:03/08/02 20:02
ジャッカルは、ほんとに実在するのかな。ドキドキワクワク。

142 :名無しのオプ:03/08/02 22:35
>141
イスラエルで大活躍。

143 :名無しのオプ:03/08/08 06:36
神の拳読み終えた。
イラク戦争前に読めばよかった。

144 :イラストに騙された名無しさん:03/08/12 23:22
>>140
禿同。
サム・マクレディは渋くて良いね。
性格も辛気臭くないし、今でも再読してる。

「売国奴の持参金」のラストなんかも中々良かった。

145 :名無しのオプ:03/08/14 12:09
今更だが「戦争の犬たち」上巻を読み終え、下巻に入ったところ。
キャット・シャノンって魅力ある男だな。

146 :山崎 渉:03/08/15 14:50
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

147 :名無しのオプ:03/08/19 04:07
あげとくかな、山崎のせいで落ちそうだし。

148 :名無しのオプ:03/08/19 23:37
ペーパーバックのマンハッタンの幽霊は買ったんだがまだ読んでない。。。

149 :名無しのオプ:03/08/21 22:39
マンハッタンは・・・

150 :名無しのオプ:03/09/02 03:18
マンハッタンといえばトランスファー。
という事が言いたいのではなくて
何故みんなAvengerについて語らんの?
また日本に来るかな?

151 :名無しのオプ:03/09/23 17:44
小説関係の板って活気が無いよね。
もっと読書しようぜ。

152 :名無しのオプ:03/09/24 20:23
突然だが、「戦争の犬たち」の序文に入ってるトマス・ハーディの詩の名前はなんと言うか
知ってる人いますか?

153 :名無しのオプ:03/09/28 12:38
「神の拳」読了しますた。
微妙にネタバレですが、いつイラク人兄弟が(両方とも)氏んだのか
よく分かりませんでした。

154 :名無しのオプ:03/09/28 15:29
>>153
「アッラーの神は偉大なり!」の所。

155 :名無しのオプ:03/10/02 23:45
「オペラ座の灰塵」のパロがあるんだけど、この人書い
てるよ。
結構好き。

156 :名無しのオプ:03/10/12 00:25
「第四の核」の中に
親ソ労働党政府を作り出す為のモデルケースとして
ロンドン市議会で起こった労働党内部のクーデターの話が出て来るんだが
これが本当にあった話だと知ってちょっと驚いた。
首謀者ケン・リビングストンは下院労働党最左派を経て
現在ロンドン市長。

「ネゴシエイター」辺りからフォーサイスの売りだった
史実と虚構の絶妙のバランスが崩れだしてきた気がする。
これ以降は、力作ではあるけどフォーサイスでなくても
書けるレベルの作品ばかりになってしまった。

157 :名無しのオプ:03/10/12 07:25
戦争の犬(The Dogs of war) はDVDで出ています(2500円)
原作と比べればすこし大雑把。。

158 :名無しのオプ:03/10/12 08:03
戦争の犬(The Dogs of war) はDVDで出ています(2500円)
原作と比べればすこし大雑把。。

159 :名無しのオプ:03/10/12 11:06
>156
「第四の核」は、作中の1987年だか86年の総選挙目当てに書いた
反労働党選挙キャンペーン小説だったから。

フォーサイスに限らず、選挙当時、保守系陣営は「労働党左派が雌伏し、
選挙で勝った暁には、合法的クーデターをおこす」って騒いで、結果的に
サッチャーの大勝を導いたと記憶

160 :名無しのオプ:03/10/12 12:50
>>156
>>159
実際に存在する公党(しかも英国二大政党制の一方を担ってきた)を
名指しでソ連の手先扱いするってのはスゴイ。

もっとも「第四の核」の構想があったと思われる80年始め頃は
実際こんな事も起こりかねないくらいに
労働党急進左派の影響力が強くなっていたらしいが。

あとこの作品の「ソヴィエト共産党書記長」は
明らかにアンドロポフとして描かれているよね。
執筆中で当人が亡くなった為、矛盾が生じてしまってるのはご愛嬌ですな。

161 :名無しのオプ:03/10/12 17:42
たしか第4の議定書The Fourth Protocolとかそういう原題だったよね。
(選挙後の党首選出の)党内規約をさして、なにかユダヤの議定書風の怪しげな
タイトルつけて誹謗中傷しまくり。

中距離核配備とかで、80年代、欧州に反核ヒステリーがまきおこったご時世だから、
保守系シンパのフォーサイスの旦那としては我慢ならなかったのでしょう。

かつてビアフラだかナイジェリアの英国帝国主義を痛罵した硬派ジャーナリストは
どこにいったんだか・・・

162 :名無しのオプ:03/10/16 21:57
それだけ左派に危険を感じていたんじゃない?
社会主義体制はろくな国を作らないって取材を通して実感してきたのでしょう。

163 :名無しのオプ:03/10/16 23:18
>158
というかフォーサイスの映画化作品は
「ジャッカルの日」を除いては殆ど大雑把ですな。
フォーサイスお得意の
一見無駄だと思える細かい段取りとか伏線を逐一映像化してたら
映画として面白味の無い物になってしまうんだろう。
以下ネタバレ含むので見たくない人は飛ばしてくれ。

「オデッサ・ファイル」
大ヒットし評価も高かった「ジャッカルの日」の後を受けて制作された割には
全体的に展開が大味で緊張感が無い。
ジョン・ボイトとマクシミリアン・シェルの力演が救い。
ミラーがロシュマンを射殺してしまうラストは改悪に近い。

「戦争の犬たち」
傭兵役はミスマッチとも思える、線の細いウォーケンのシャノンが意外とハマってる。
「アフリカのユダヤ人」といわれたビアフラ人に
ザンガロを提供するという原作はかなり問題があるだけに
結末はこちらの方が納得がいく。

「第四の核」
キム・フィルビーや労働党絡みの話は、総てすっ飛ばして
「ジャッカルの日」以来のマンハントを中心に描いているが遠く及ばず。
ペレストロイカのソ連を意識してか、黒幕は共産党書記長からKGB議長に格下げ。
雰囲気はいいが、例によって大味な描写が目立つ。
クライマックス、戻されたタイマー見て驚愕するペトロフスキーがマヌケ過ぎ。
フォーサイス自身が製作総指揮・脚本に携わっている為か
ブロスナンのペトロフスキー以外殆どキャスティングに違和感が無い。
イアン・リチャードソンのアービンは正にイメージ通り。
地下鉄で黒人女性に絡んでいたパンクスをぶちのめしたり
ラストでアービンとカルポフを弾劾するプレストンのキャラは
原作より立ってると思う。(なんかチャーリー・マフィンみたいだ)

164 :名無しの英知恵:03/10/17 00:34
小説に比べれば映画は粗雑になるのは仕方ないのでは。
論理性と感性で、訴えるものが違うわけですから。
と思ってみるテスト。

165 :名無しのオプ:03/10/17 00:54
>161
>162
保守党副幹事長まで務めたジェフリー・アーチャーが
「めざせダウニング街10番地」で保守党、労働党それぞれが勝つ
二通りの結末を書いたってのとは対照的な話ですな。

ウィルソン‐キャラハン政権時代は
スペインやアイルランドに住んでたってくらいの労働党嫌いだからねえ。
「キム・フィルビーの共産党書記長へのメモランダム」という形をとった
フォーサイスの私観による労働党史を読むと
クレメント・アトリーの事は尊敬してる様だけど。

フォーサイスは若い頃結構苦労しただけあって
保守的ではあるけど反骨・反権力な傾向が作品に垣間見えていて
それが人物造形にいいアクセントを与えていたんだが
サッチャーさんモドキが登場した「悪魔の選択」(作品としては抜群に面白いが)
からなんかキナ臭くなってきた。

166 :名無しのオプ:03/10/17 01:17
>164
そうですな。
フォーサイスの映画は雰囲気で楽しむのが正解かも。
全盛期の作品では唯一「悪魔の選択」のみが映画化されてない。
最もスケールのデカイ作品だけに無理も無いが。

167 :名無しのオプ:03/10/27 15:51
今日、テレ東の昼の映画はオデッサファイルだったよ。
本読んだのがずっと前で、すっかり展開を忘れてたので
最後はびっくりできました。
それにしても、こんな話の映画化に、よくドイツは協力したね。
ふところが広いのか、ある意味全部軍のせいにしてるからか。
日本では、こんな話は、たとえ100%フィクションでも
いろんな団体から横槍が入って実写化は無理そう。

168 :名無しのオプ:03/11/06 18:54
「悪魔の選択」は徹夜して読んだな。
気が付いたら朝だった。
こんなに夢中で読んだ小説はほかにない。

169 :名無しのオプ:03/11/08 00:37
個人的にはイコンがベスト。
二番目は神の拳。

170 :名無しのオプ:03/11/12 00:26
>161
そうそう、原題は「第四の議定書」だった。
途中まで読んで第一の核はともかく第二、第三と続く核が出てきそうになかったのでおかしいなと思って原題を確認した記憶がある。
響きは悪くないけど内容を知ってから見ると変な邦題だと思う。

それと党内規約じゃなくて核関係の条約かなんかの取り決めじゃなかったかな?
今手許に本がないから確認できんのだけど。
それとあの内容だと反核ヒステリーを煽ってるようなもんだと思うが。

171 :名無しのオプ:03/11/18 00:27
>168
「悪魔の選択」は1982年という近未来の話だけど
登場する政治家達は執筆時1979年のそれが
モデルやモチーフになってますな。

ルージン書記長=ブレジネフ(イメージ的に)
ペトロフ政治局員=?
イワネンコKGB議長=アンドロポフ(イメージ的に)
ルイコフ外相=グロムイコ(そのまんま)
ビシナーエフ政治局員=スースロフ(イメージ的に)
ケレンスキー国防相=グレチコ?

マシューズ大統領=カーター(そのまんま)
ポクレウスキー補佐官=ブレジンスキー(そのまんま)
ローレンス国務長官=バンス?
ベンソンCIA長官=ターナー?

ディートリヒ・ブッシュ西独首相=シュミット?

カーペンター英国首相=サッチャー(そのまんま)

この作品のエピゴーネンは一時期本当に多かった。
特にソ連共産党政治局の陰湿な描写は
後のポリティカルスリラー作家達にかなり影響を与えてると思われ。

172 :名無しのオプ:03/11/18 08:13
確か、キム・フィルビーが故郷に赤旗背負って帰りたくて
「偽装核爆発事故」計画提案するんだよ。

・・・って、文官の彼がさ、それはちょっと・・・

173 :名無しのオプ:03/11/18 22:50
>172
フィルビーは、英国と労働党の情勢の分析が主で
計画自体の立案は核物理学者ロゴフ教授だけどね。
ただ、実際のフィルビーは
こんな事やらねーだろうなってのは同意。
60〜80年代、フィルビーはスパイ小説のイコン的存在だったから
もう何でもアリ状態だったんだよ。


174 :名無しのオプ:03/11/19 21:31
なるほどね。ロゴフ教授というのがいたかぁ。
やはり大分詳細を忘れてましたね。訂正感謝。

確かあの小説のなかではフィルビーは、伝書鳩で英国情報部だかにもソ連亡命後
内通してたとか、とんでもない嫌がらせいうか誹謗中傷もあったような気がするが。

正直、第四の核を最後に、フォーサイス読むの辞めちゃったからなあ

175 :名無しのオプ:03/12/03 09:56
今年に入ってから初めてフォーサイスを読み始めますた。
ハマってしまいますた。以下今年読んだ作品。

ジャッカルの日        シェパード(短編集)
オデッサ・ファイル      ネゴシエイター
戦争の犬たち         第四の核
神の拳   

ただ今「悪魔の選択」上巻読破。面白くて危険ですな。フォーサイス


176 :名無しのオプ:03/12/04 02:17
>175
フォーサイスの小説は文章が平易で凄く読み易いね。
構成にもまったく無駄が無い。
漏れが悪魔の選択を読んだのは中1の時で
政治絡みの話は殆ど理解できなかったが
それでもドキドキしながら読んだのを覚えている。

177 :名無しのオプ:03/12/06 17:56
悪魔の選択は、新聞に日暮修一(だっけ?今、ビッグコミックスピリッツだかの
有名人似顔絵表紙描いてる人?)の絵で発売広告が出て、発売日に本屋に行き
ました。あの頃の角川書店+フォーサイスの人気は凄かったです。

何といっても、本邦において007みたいな荒唐無稽な冒険小説を越える「大人の読み得る国際情報小説」
いうことで、あの当時、大々的に売り出したものです

178 :名無しのオプ:03/12/06 20:54
日暮修一のカバーイラストはいつもそうだけど
「悪魔の選択」旧版の文庫上巻のマシューズとルージンと思われる人物が
「博士の異常な愛情」のマフリー大統領と
サデスキー・ソ連大使まる写しなのが萎えるなあ。
下巻はスボボダとラーセン?なんだろうけど
作中とはまるでイメージ違うし。

179 :英知恵:03/12/07 00:06
私もフォーサイスにははまりました。
フォーサイスは作品が少ないと思います(涙)

>>175
"騙し屋"マクレディのシリーズもいいですよ
>>177
大々的に売り出した後でも楽しんで読めるのは本物の証拠ですね
世の中には宣伝だけで終わるものもあるようですが

180 :落合信彦:03/12/07 01:51
お国の事情というものがあろうから「神の手」あたりのサッチャー首相を称える
ハリセン愛国講談口調を一概に責めるわけにはいきませんが、初期作品
(ジャッカル〜悪魔の選択やモスキートが表紙絵や釣り話)は味があって
好きでした。
「国際謀略情報小説」の宣伝キャンペーンの嚆矢は、やはりフォーサイスあた
りからですね。おかげで私(落合)も、そのブームにのって泡沫と笑われながら
こうして30年生き残ってきたのも、「国際情報」に飢える日本国民の皆様の
知識欲の結果かと思慮します。

開高健あたりがファクション(Fact事実+Fiction創作もの)とか絶賛。
同時期、ラピエール&コリンズ「第5の旗手」とか、世界的ベストセラーが
目白押しで、本を買うというのが一種のお祭り騒ぎだったフォーサイス初期ブーム
懐かしいです。
ありがとう、角川春樹という感じですね


181 :↑179氏へのレスです:03/12/07 01:55
>178氏
そうです。お気づきのとおり、日暮修一氏は映画や写真からの
転載が多いので。リアリズム画家はどうしても、「自身のオリジナルを拒否」
でいいことなのか悪いことなのか模写も多いのでしょう。

ちなみに第四の核表紙の「大口あけてSMGを乱射するSASらしきベレー帽」
あれ、西ドイツのGSG9だかの訓練写真の模写ですね

182 :名無しのオプ:03/12/07 02:46
「悪魔の選択」で
後のソ連のアフガン侵攻を匂わせているのには驚き。
そのフォーサイスもカーター(マシューズ)の再選失敗と
ブレジネフが死ぬまで権力の座にしがみつく事は
予測できなかった訳だけど。
しかしまあ、よくこれだけ広げた風呂敷を
綺麗に畳めるものだと関心する。
唯一ケチを付ける点があるとすれば
他の作品に比べて主人公(マンローとドレーク)があまり魅力的でない事だけど
これだけスケールの大きい話では仕方無いかもね。

183 :名無しのオプ:03/12/07 08:01
のちに「悪魔の選択」から「大味」「風呂敷広げすぎ」いう批判がはじまりましたが
あれはあれで、大好きな一品ですね。
ウクライナ解放運動の闘士(あれ?抑圧ユダヤ人でしたっけ?)の謎めいた脱出から
始まって、世界最大のタンカーの進水事情やら、「KH11衛星は農夫の手の平まで見える」
くらいの多少誇大描写も含めて米ソ農産事情からめて、しかも主人公が大西洋横切るには
わざわざ「あの機体」を持ち出してくる。

胸が高鳴る傑作ではないでしょうか

184 :名無しのオプ:03/12/07 08:08
じつはフォーサイスで一番感動したのは、「オデッサ・ファイル」なんですよ。
全部じゃなく、一部。イスラエルの少佐が、ハンブルグで「私には罪がある。
だからイェルサレムには行けない」と失意のうちに亡くなったユダヤ老人のために、
、ついにイェルサレムで祈ってやるという罪と救済のロマン。

あと主人公が、中盤、高速道路で何の脈絡もなく遭遇する駐留米軍のシャーマン?戦車。
読んでて、「あの戦車はなんだったんだろう?」思いましたが、ラスト数行、イスラエル陸軍に
買い取られて、第3次中東戦争で、シナイ半島を横切り、ついにスエズ東岸で停車するシーン。
なんか映画「アラビアのロレンス」のアカバ攻略シーンみたいに、うわっと観客が驚く
スペクタクルだと喜びましただ

185 :名無しのオプ:03/12/07 18:14
一見意味の無いように思われる描写が、最後の最後に強烈に効いて来る。
こういうところが好き。

オデッサの戦車とかイコンの指輪とかね。
後者は少しスケールが小さいけど。

「オデッサ・ファイル」は主人公の動機に説得力があったな。
1人のユダヤ老人のためでも、知らないユダヤ人達のためでもなく、父親の仇っていうのがね。


186 :名無しのオプ:03/12/07 23:13
フォーサイスの微妙なエロ描写が苦手。
無い方が締まっていいと思うんだけど。
アレはサービスなのか?

187 :名無しのオプ:03/12/08 00:33
>186
「ジャッカルの日」の
サンクレア大佐とジャクリーヌの濡れ場とか
妙に笑えますな。

ペレストロイカ〜冷戦終結以降の作品は
切れが悪いと思うのは俺だけかな。
全作品を読破してファンになり
初めてリアルタイムで読んだのは「ネゴシエイター」だったけど
誘拐事件の顛末は読後感が悪かった。
意外な裏切り者の安っぽさもシドニィ・シェルダン並み。
得意の近未来予測もほとんどハズレ。
「悪魔の選択」と「第四の核」の感動を求めていただけに
ガッカリしたのを覚えている。

188 :名無しのオプ:03/12/08 14:08
映画「ジャッカルの日」だと、サンクレア大佐自殺しちゃうんだよね。
フォーサイスにしろル・カレ(ぜんぜん傾向違うけど)冷戦崩壊で
小説がつまらなくなっちゃった

189 :名無しのオプ:03/12/08 14:13
誰か、角川だかのハンティング・プレイスって日本を舞台にしたフォーサイスの
小説読んだことある人いる?

「第四の核」でも出演した、例の「日本のスパイマスター佐々氏」が出ずっぱりとか?
のちの初代内閣安全保障室長の佐々淳行がフォーサイス来日の折、案内したからのサービスらしいけど

190 :名無しのオプ:03/12/08 14:14
ちなみに水戸黄門の助さん、佐々十竹(ささじゅちく)(介三郎宗淳)って
佐々淳行のご先祖いう噂聞くけど本当かね・・・

191 :名無しのオプ:03/12/08 21:23
>>189
ある。

確かこれ、フジテレビでのドラマ化を前提にしての書き下ろしだった。
でもカスだったよ。で、本人の著作歴からも消されたとか言うし。

192 :名無しのオプ:03/12/09 00:17
>>190
西南戦争で薩軍と連携した
熊本隊一番小隊長・佐々友房
(司馬遼太郎の「飛ぶが如く」にも登場)
の子孫ってのは確か。

>>191
主役は健さんを想定してたんだっけ。
多分これ、プロットだけ手掛けて
フォーサイスは本編書いてないんじゃないかな。

193 :名無しのオプ:03/12/21 16:59
フォーサイスよりもジェフリー・アーチャーのほうが面白いと思うんだが
そんな人いる?

アーチャーのすれどこにもないのが不思議。あんなに面白いのに。

194 :名無しのオプ:03/12/21 17:00
>>193
どんな作品があんの?


195 :名無しのオプ:03/12/21 17:38
>>194
百万ドルを取り返せ!・・・衝撃的唯一無二の面白さ 
ケインとアベル   ・・・ノーベル文学賞級の完成度  大傑作 
ロシア皇帝の密約  ・・・ジャッカルの日の5倍の緊迫感
十一番目の戒律   ・・・ジャッカルの日の10倍のスリルと興奮
チェルシー・テラスへの道・・・完璧な英国的サクセスストーリー 名作


ちなみに本人、史上最年少で英国下院議員に当選
大金の詐欺に合いその経験を元に「百万ドル…」を執筆
一躍人気作家に。
現在は自身詐欺行為で服役中?
英国随一の人気作家(ハリポタの人は除く)です。
って、日本でも売れてるじゃないの?ブックオフなんかでも
ずらっと置いてあるし。
翻訳も素晴らしい。ストーリーテラーとして天才。
ジョン・グリシャムやトマス・クックよりもすごい作家と思う。
古本屋か図書館行ってすぐ読んでください
フォーサイスが二流に感じられるから。

196 :名無しのオプ:03/12/21 17:58
何でジェフリー・アーチャーと比べてるんだ?
全然違うタイプの作家だと思うが。
なにかわからんが痛いな。

197 :名無しのオプ:03/12/21 20:13
>>195
御自分でスレッドを立てて其処で語られるが宜しいかと存じます。

198 :名無しのオプ:03/12/21 21:17
きょう久しぶりにジンネマン監督の「ジャッカルの日」(1973)ビデオで再見したけど、
いや、面白いわ。パリ解放記念日(8/25)の異様な緊張感はたまらない。
映像だけで解放記念日の朝から、暗殺実行の瞬間まで、ほとんど台詞無しで淡々と
つないでいくドキュメンタリタッチがたまらない。

冒頭のプチ・クラマール襲撃にしろ、ラストの狙撃にしろ、現代ハリウッドの
映画の論法だと絶対スローモーションなりBGM入れて「一瞬を1分にもひきのばす」
あざとい演出するんだけど、こっちの1秒なら1秒の映像をさっとだす手法がいいな。

72年くらいの解放記念日の映像いれてるんだろうけど、どこが63/08/25の記録映像で、
どこが72/08/25の記録映像で、あとアップ画面でこさえたド・ゴール役者をまぜた作りものの映像か
わからんところが凄い

199 :名無しのオプ:03/12/21 23:12
>>195は他スレでも書いてるDQNだよ。無視無視。
全く意味のない比較と権威主義でわかる。

200 :名無しのオプ:03/12/22 21:09
もっと人口の多い板で荒らそうよ。

201 :175:04/01/07 06:06
相変わらずハマっております、フォーサイス。
その後更に

帝王              戦争の犠牲者
カリブの失楽園       騙し屋    
売国奴の持参金      

悪魔の選択下巻を読もうとしたら、買ったはずなのにどこに
いったやら・・・・。気づいたらもう下巻入れても、読むのないんだよな。
もっと書けよ、フレデリック。 


202 :名無しのオプ:04/01/07 20:07
フレデリック・フォーサイス。

よく考えたらハーレクインの女性作家並みに
恥ずかしい名前だよな。
冒険・ミステリー作家の名前は
ジャック・ヒギンズやディック・フランシスといった
ちょっとそっけない、男っぽい感じの名前が好まれるんだけど。
まあ本名だし
作品のスケールの大きさを体現した
いい名前だとは思う。

203 :名無しのオプ:04/01/08 20:35
>>202
作品だけでなく、実際スケールも大きい。
彼は「ジャッカルの日」の印税をつぎ込んでマジにクーデター起こそうとしたらしいし。
ビアフラ戦争取材で書いたルポでは世の中変えられないと売れ線の小説書いて軍費稼ぐ
なんて、普通は不可能なことだが、彼は実際やっちやったんだから。

204 :名無しのオプ:04/01/12 20:27
角川、文庫で出てたフォーサイスの本を装丁新しくして出し直すのな。

205 :名無しのオプ:04/01/13 01:18
今のヤツ結構気に入っていたのに。
あの暗示的な写真が好き。

206 :名無しのオプ:04/01/16 18:59
>195はアフォとしても、アーチャーで思い出すのは処女作
「百万ドルを取り返せ!」の中で、騙す相手の娘と準主役の貴族が車中で
出会うときに、その娘が「オデッサ・ファイル」を読んでいたって設定。
「前作も面白かったが、この作品も負けず劣らず面白い」という文にニヤリと
してしまった。アーチャーもフォーサイス愛読者だったんねと。

207 :名無しのオプ:04/01/17 14:21
>>203
軍資金を稼ごうとしたのは「オデッサ・ファイル」だ
間違えるなボケ

208 :名無しのオプ:04/02/06 12:48
僕はフレディの小説が大好きだ。

209 :名無しのオプ:04/02/06 13:31
フレディ・マーキュリー?

210 :名無しのオプ:04/02/08 20:47
>>209
何のスレだ?ここは。ん?

211 :名無しのオプ:04/02/10 09:51
まあ、フォーサイスはフレディ マーキュリーに関する
一文も書いてるから関係ないとも言えない。

212 :名無しのオプ:04/02/10 22:56
SIS(MI6)長官としてナイジェル・アービンが
「悪魔の選択」「第四の核」に出てくるけど(「イコン」では元長官)
パーソナリティが同じってだけで別に続編ってわけじゃないんだよね。
最初の内はちょっと混乱した記憶があるな。

映画版「第四の核」でナイジェル卿を演じたイアン・リチャードソンは
タッパが足りない事を除けば正に原作のイメージ通り。
眉一つ動かさずベレンソンを尋問する姿は迫力満点。
この人はテレビ版「チャーリー・マフィン」でも
ナイジェル卿とは別の意味で英国的な情報部長カスバートスン卿や
「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」のビル・ヘイドンなんかも演じてた。

213 :名無しのオプ:04/02/11 05:32
作品によって表記がSISになったりMI6になったりするのは何故?

214 :名無しのオプ:04/02/11 14:08
>>213
多分深い意味は無いと思われ。
SIS(Secret Intelligence Service=英国秘密情報部) が正式名称。
MI6(Military Intelligence 6 =軍事情報第6課)というのはその前身名で
マスコミ等ではこちらが通名になっている事が多い

初代長官
初代 サー・マンスフィールド・カミング(1909-1923 海軍大佐。ファミリーネームは長官職を表す“C”の由来となった)
第二代 サー・ヒュー・シンクレア(1923-1939 海軍少将)
第三代 サー・スチュアート・メンジース(1939-1952 陸軍少将。第2次大戦を通じての長官。イアン・フレミングの上司であり「007」シリーズ“M”のモデル)
第四代 サー・ジョン・シンクレア(1953-1956 在任中フィルビー事件発覚)
第五代 サー・ディック・ホワイト(1956-1968 MI5とMI6両方の長を務めた唯一の人物。後に首相直属の情報調整官)
第六代 サー・ジョン・レニー(1968-1973)
第七代 サー・モーリス・オールドフィールド(1973-1978 這え抜きのプロフェッショナル。ジョージ・スマイリーのモデル?)
第八代 サー・アーサー・フランクス(1979-1982)
第九代 サー・コリン・フィギュアーズ(1982-1985)
第十代 サー・クリストファー・カーウィ(1985-1989)
第十一代 サー・コリン・マッコール(1989-1994「神の拳」にも登場。 在任中、メージャー首相が議会で公式にMI6の存在を認知)
第十二代 サー・デヴィッド・スペディング(1994-1999)
第十三代 サー・リチャード・ディアラヴ(1999-現職。この人の元で大量破壊兵器の報告書が出されたわけですな)

我等がナイジェル・アービンの在任期間はちょうど
アーサー・フランクスからクリストファー・カーウィあたりになるわけですが。

215 :名無しのオプ:04/02/11 14:10
ちなみに国内防諜機関
SS(Security Service=英国保安部)通称MI5の歴代長官。

初代 サー・ヴァーノン・ケル(1909-1940 陸軍少将)
第二代 サー・デヴィッド・ペトリー(1940-1946)
第三代 サー・パーシー・シリトー (1946-1953)
第四代 サー・ディック・ホワイト(1953-1956 退任後MI6長官へ横滑り)
第五代 サー・ロジャー・ホリス(1956-1965 プロヒューモ事件に巻き込まれる。ソ連のエージェント説が…)
第六代 サー・マーティン・ファーニヴァル‐ジョーンズ(1965-1972)
第七代 サー・マイケル・ハンレー(1972-1979)
第八代 サー・ハワード・スミス(1979-1981)
第九代 サー・ジョン・ジョーンズ(1981-1985)
第十代 サー・アンソニー・ダフ(1985-1988)
第十一代 サー・パトリック・ウォーカー(1988-1991)
第十二代 デイム・ステラ・リミントン(1991-1996 史上初の女性長官。“M”)
第十三代 サー・スティーヴン・ランダー(1996-2002)
第十四代 デイム・エライザ・マニンガム‐ブラー(2002-現職。歴代2人目の女性長官)

オックスブリッジ出身者や貴族の子弟が多いMI6に対して
比較的叩き上げの人材が多いと言われるMI5。
女性長官が誕生しているのもその辺の表れでしょうかね。

216 :名無しのオプ:04/02/12 21:37
>>214
詳しいのぉ。
旧MI6という名称からすると軍の下部組織なのかな?
一方ジョン・ル・カレでは登場人物の所属を"サーカス"って呼んでるね。
これは外務省管轄という設定だが、複雑やのう。

217 :名無しのオプ:04/02/13 03:03
「悪魔の選択」上巻・第一章で記されている
「SISのボスには外務省の高官をあてるという慣例を破り
内部のプロを昇格させた人事」
というのはモーリス・オルドフィールドの事を指してます。
政治的理由で任命された前任者ジョン・レニーは部内の評判が悪く
息子の麻薬スキャンダルが公にされた事もあり早めに退任し
NO,2としてMI6を仕切っていたオルドフィールドが名実共にトップの座に就きました。

ル・カレがMI5(後にMI6)に籍を置いていた事もあって
オルドフィールドがジョージ・スマイリーのモデルというのはかなり有名な話です。
両人ともこの噂は否定していた様ですが。
オルドフィールドは経歴といい風貌といい
英国産スパイ小説の愛好家がイメージするスパイマスター像にピッタリの人物で
スマイリー・シリーズに限らず様々な作品のモデルになっています。

218 :名無しのオプ:04/02/23 11:48
フォーサイスは20年前からファンだが、本屋でよくそばにあって
気にはなっていたラドラムを初めて読んでみたよ。
死ぬほどつまらんかった。フォーサイスの方がはるかに
面白い。

微妙にスレ違いsage


219 :名無しのオプ:04/02/23 19:30
>>218
ラドラムは「高尚なシドニィ・シェルダン」と思って読んだほうがいいよ。
漫画的荒唐無稽なストーリーをそれなりのリアリティある設定で包むという。
文体にも癖が有り過ぎてフォーサイスのノリで読むとガックリ来る。
好みの問題もあるだろうけど長々続く登場人物の退屈な会話や
勿体付けた主人公のフラッシュバックとかは読んでて辛いモノがあった。
同じ路線ならクレイグ・トーマスの「ファイアフォックス」や
「闇の奥へ」の方がずっと面白い。

220 :名無しのオプ:04/02/23 21:00
>>215
MI5長官ロジャー・ホリスがソ連に通じていたのではって話は
「第四の核」のプレストンの回想にも出て来たね。
労働党内閣の首相ハロルド・ウィルソン謎の辞任も
同様の嫌疑がMI5によって懸けられており
その訴追を免れる為の取引なんて噂もあったそうな。
まあ、これはかなりマユツバ物の話だけど。

>>217
“Sir Maurice Oldfield”でググって見たら
ホントにスマイリーみたいでワラタ。
クレイグ・トーマスの一連の作品に出て来る
ケネス・オーブリーもそれっぽいね。
映画「ファイヤーフォックス」でのジェフリー・ジョーンズ演じる
オーブリーは分厚い眼鏡に梟みたいな風貌、小太り、ダサイ着こなしと
完全にオールドフィールドのイメージだね。

221 :218:04/02/24 10:30
>>219
レスサンクスコ。ちなみに「ホロクロフトの盟約」ですた。
なんか舞台があちこち飛ぶし主人公はいつも尾行されてるし
敵対関係も把握できないし、で、最後もなんじゃこりゃあって
感じで。

同じかそれ以上に複雑でもフォーサイスの小説はちゃんと
理解できてぐいぐい引き込まれた。好みの差もあるんだろうけど。

ところでフォーサイス作品でエンディングが素敵と思うのはどれでつか、
皆さん。
漏れは長編ならネゴシエイター、短編ならシェパードです。
つーか、みんな味わい深い余韻があって好きなんですが(w



222 :名無しのオプ:04/02/24 20:41
>>219

オレも「暗殺者」以外ラドラム駄目だった。
「戻ってきた将軍たち(The Aquitaine Progression)」とか
タイトルはみんなカッコイイし
「各国の退役した将軍たちが新秩序をつくるべく武装蜂起する」
なんて筋立ても面白そうなんだけどね。
角川での翻訳はフォーサイスと同じ篠原慎氏だけど
回りくどい気取った地の文がどうにも鼻について
最初の数ページで挫折しそうになった。
多分演劇界に身を置いていた事と無関係じゃない
あの「ラドラム節」がファンにとってはたまらないんだろうけど。

>>221

キャリアを棒に振り、文字通り東西奔走して愛する人を救おうとしたマンローが
真相を知りレーニン廟の前で思わず笑い出す「悪魔の選択」かな。
あれだけの大風呂敷がラスト50Pで見事に収束していくカタルシスも凄かった。

223 :名無しのオプ:04/02/24 23:12
ラドラムよ、つまらん。オマエの話はつまらん。

やはりフレッドはひと味違うよ。
作品の情報量も、リアリティも、展開のスピードも。
少しは見習え。

224 :ラドラム:04/02/24 23:20
>>223
今更そんなこと言われてもなあ・・・

225 :名無しのオプ:04/02/24 23:26
ラドラムは自分の作品の映画化を視野に入れてるような気がする。
ストーリーが映画化向きって言うか。
その分小説としては大味な印象。
フレディ作品は映画化するのにチト骨が折れるような物語が多いような。
小説としては最高なんだけど。

226 :名無しのオプ:04/02/24 23:38
シェパード読んでまさかこんな話だとは。
フォーサイスってこういうジャンルも書くのですね。
てっきりものすごい陰謀があるのかと思ってました。

227 :名無しのオプ:04/02/25 00:01
>>225
同意なんだけど「バイオレント・サタデー」
「第三帝国の遺産(ホルクロフトの盟約)」「スナイパー/狙撃者(暗殺者)」と
ラドラムの映像化作品は微妙な出来ばかりだったりする。
「暗殺者」の再映像化「ボーン・アイデンティティ」もアレだったし。

フォーサイスもラドラムも好きな漏れはちょっとショックだなあ。
かつて日本でも確実に「ラドラム・ブーム」みたいなものはあったんだけどな。
「陰謀の金太郎アメ」って感じであきられちゃったけどさ。

228 :名無しのオプ:04/02/25 01:10
白き鷹の荒野は色々な意味で最高だったけどな。

229 :名無しのオプ:04/02/25 02:17
イギリス人好みとアメリカ人好みってことじゃないですかね。
フレディとラドラム。

230 :名無しのオプ:04/02/25 02:40
>>229

そのまんまだけど激しく同意。
ラドラムの陰謀・秘密結社好きは
アメリカ社会の体質と無関係では無いって
評論もあるくらいだし。

>>228

ラドラムが変名で書いた「法王の身代金」の続編だっけ。
44歳と遅い作家デビューにもかかわらず物凄い多作家だよね。
世界的ベストセラー作家なのに
80年代前半までは毎年のように作品を発表してる。
(一体幾ら稼いだんだ?)
作風は全然違うんだけど
ラドラムをフォーサイスの代用として読んでた人って
結構いるんじゃないかな。

231 :230:04/02/25 02:43
「法王の身代金」はジョン・クリアリーだった(汗)
訂正。「四億ドルの身代金」ね。

232 :名無しのオプ:04/02/25 03:02
>>226
それなら短編集の「帝王」もお勧め。
特にタイトルにもなってる「帝王」はシビレた。
ヒネリはないが、オトコのタマシイに火をつけるようなストーリー。
読んだのは5年以上前だが、ラストの痛快さは今でも印象に残っている。

233 :名無しのオプ:04/02/25 08:53
>>232
ごきげんよう、マーガトロイド!

あれには漏れも心がカーっとなりますた(*^-^*)

234 :名無しのオプ:04/02/25 21:59
おお、しばらく見ないうちに凄いスレが進んでる。
フォーサイススレというより冒険・スパイ小説スレになってるけどw

>>219
「闇の奥へ」は燃えたなあ。
フォーサイスに比べると「んなアホな!」ってハッタリギリギリのリアリティなんだけど
あれだけ興奮した小説は他に無いよ。
SISやMI5に興味持った人は読んでみるといいかも。

>>232
「小説」としての完成度が低い、
史実(事実)と虚構の描き方が大人と子供並みの落差
とか一部で言われてるフォーサイスだけど
「アイルランドに蛇はいない」等の短編を読むと
そんな事はないってのがよく分かる。
そういやフォーサイス自身が朗読した
英語の教材カセットって無かったっけ?

235 :名無しのオプ:04/02/26 02:34
Forsyth Collection I/II (角川文庫)出てました。
短編集『戦士たちの挽歌』を2分冊して文庫化したものです。

236 :名無しのオプ:04/02/26 18:25
フレディは女子供が読む小説ではないことは確かだ。

237 :名無しのオプ:04/02/26 18:56
>>235
ハードカバー持っているのに文庫買ってきちゃった。
文庫版の表紙が好きなんだ。

238 :名無しのオプ:04/02/28 05:06
だいぶ前だが、「本の雑誌」でラドラムの「マトロック・ペーパー」を
誉めていたので、買って読んでみたらクソつまらんかった。
ラドラムの名前はとりあえず知っていたので、フォーサイスの
半分くらいはと期待したら大ハズレ。
それ以来「本の雑誌」の評論は一切信じていない。

239 :名無しのオプ:04/02/28 21:47
>234
あったあった。フォーサイスコレクションってヤシ。
友人に聞かせてもらったけど
けっこういい声してた〜。

240 :名無しのオプ:04/02/28 21:57
フォーサイス・コレクションについて
検索してみましたが
ここくらいしか見つかりませんでした。

ttp://jiten.cside3.jp/work/work_01.htm
(音楽が鳴るサイトなので閲覧の状況によっては注意w)

241 :名無しのオプ:04/03/02 18:39
「囮たちの掟」の飛行機の描写がすごい。すごすぎる。感動した。しかし物語りはわけ輪からんかった。


242 :名無しのオプ:04/03/02 18:54
昨日と今日の朝日新聞にフォーサイスでてましたよ


243 :名無しのオプ:04/03/05 14:22
>>242
どんな記事?

244 :名無しのオプ:04/03/05 18:22
国際面のカラシニコフという連載記事の中で
朝日のインタビューに答えてました。
日付は2/28,3/2,3/3の3回
一番興味深かったのは2日目、赤道ギニアの政権転覆を謀ったが失敗した
とサンデータイムズに報じられた件について。
彼いわく 「取材のため作戦会議に同席させてもらった。
そこから始まったうわさにすぎない。」と答えてましたが、
真相はどうなんでしょうね
      

245 :名無しのオプ:04/03/05 23:22
初めてこのスレ知ったよ。
ビアフラとマンハッタン以外は
ハイディングプレイスも含めすべて読んだ(はず…かな)

個人的には今は「時をこえる風」が
せつなくてせつなくてしゃーない…

オデッサファイルの文中にフォーサイスが
登場してるのに気づいた人いる?

ちなみに現・国会議員の中村敦夫の
処女小説は「ジャカルタの目」(w

アーチャーは「大統領に知らせますか?」と
「ロシア皇帝の密約」がかなりフォーサイス的だと思った。

>>212
サー・ナイジェルは
拳とイコンにも出てなかったっけ?

246 :名無しのオプ:04/03/07 14:18
>>215
MI5のトップは女だったんだ・・・。
クールで強面の英国諜報部のイメージが崩れるなぁ。
女子供が務まるような機関かと思うとさ。
スパイがそうであっちゃいかんだらう。

247 :名無しのオプ:04/03/07 16:45
>>246
何作か前から007シリーズも
長官'M'が女性になってたでしょ。
あれは現実に歩調を合わせたから。
当時は新聞にも載ったけどなぁ。

248 :名無しのオプ:04/03/09 23:25
鉄の女サッチャーの国ですよ?
イギリス女はコワイコワイ。

女は顔色一つ変えずに嘘をつけるしね。

249 :名無しのオプ:04/03/10 01:51
国内の防諜なら女でも務まるのかも知れない。
MI6のような対外諜報活動には女子供の出る幕はないでしょう。
せいぜい「ジャッカルの日」に出てきたような色仕掛けで要人に
接近するくらいじゃないかな。役に立つ可能性と云えば。


250 :名無しのオプ:04/03/10 03:32
頭よけりゃ男女関係ないって。

251 :名無しのオプ:04/03/10 03:33
何年か前に新聞で見たステラ・リミントンは
「婦人画報」の表紙を飾りそうな
フェミニンっぽい雰囲気を漂わせたカッコイイおばさんでした。
リミントンは「第四の核」のジョン・プレストンが所属していた
“F”局(対極左右活動担当)出身で後にテロ対策部長となりましたが
冷戦後のMI5の主任務が対IRA、組織犯罪、麻薬取締りへとシフトし
また89年の治安法の制定で対外的なイメージも重要視される様になった事を考えれば
当を得た人事だったかもしれません。
リミントンはMI5の長官に任命された事が公表された最初の人物です。

252 :名無しのオプ:04/03/10 04:24
>>245
>オデッサファイルの文中にフォーサイスが登場してるのに気づいた人いる?

オデッサファイルの文中にフォーサイスが登場したって意味が分からんのだが。

253 :名無しのオプ:04/03/10 05:12
>>252
若き日のフォーサイス(と思われる人物)が
作品中に一瞬だけ登場するのです。
ストーリーとはまったく関係ない部分なので、
作者自身のお遊びで間違いないかな、と。

254 :名無しのオプ:04/03/10 05:23
>>253の続き。
この辺読むと、まさに時空軸がぴったりだと確信。
http://www.about.reuters.com/japan/trader/backnumber/td_010708_81/p18.html

255 :名無しのオプ:04/03/10 11:42
憲法改正に伴い、我が国に諜報部が新設されることになりますた。
防衛省陸軍に所属する機関で、
国家情報網(National Inteligence Network)と呼ばれます。
略してNIN。一般には所属機関である陸軍の英語名をつけて(of Japan Army)
NINJA(ニンジャ)と呼称されます。

256 :名無しのオプ:04/03/11 08:58
>>255
是非俺を採用してホスイ。
一スパイとして人生をやり直したいんだが、ダメかね?

257 :名無しのオプ:04/03/12 04:24
ティンカー、テイラー、ソルジャー、失敗

258 :名無しのオプ:04/03/12 15:22
フォーサイスはセクースの描写とかハテーンする恋愛とかをあまり作品に描かんな。
それが好きなところでもあるんだが。
フォレットとかはすぐ恋愛を持ち込むからイヤ。
生き馬の目を抜く諜報戦に女子供の出る幕はない。

259 :名無しのオプ:04/03/12 22:08
>258
ハテーンする恋愛はほとんどないけど
セクース描写あるじゃん〜〜〜こっぱずかしやつが
あれは編集者とのお約束なのだろうか!?
絶対蛇足だって!!

260 :名無しのオプ:04/03/13 09:10
>>258
フォレットはそれが芸みたいなもんだからなぁ。
「針の目」は俺的には最高だったんだけど、その後のスパイものは
パッとしない印象。

261 :名無しのオプ:04/03/13 09:53
フォレットは微妙に路線が違うってことで。
「針の目」のほうが作者的には無理してたんじゃないか。

262 :名無しのオプ:04/03/19 19:32
スパイ小説家の第一人者としては言うまでもなく、フレディだが
2番手としてはアーチャーを上げておきたい。
テンポ良く読めて、とにかく面白い。

263 :名無しのオプ:04/03/20 00:35
フォーサイスはスパイ小説家というよりポリティカル・スリラー作家だと思うよ。
少なくてもグレアム・グリーンやル・カレ、レン・デイトンの様な作家じゃない事は確か。
スパイ小説のテーマの一つである「裏切り」の問題について
良くも悪くもフォーサイスは表面的な解釈しかしてない(というか資質的にできない)気がする。

264 :名無しのオプ:04/03/26 02:46
age

265 :名無しのオプ:04/03/27 11:10
>262
ジェフリー・アーチャーか?

266 :名無しのオプ:04/03/28 01:26
>>265
そらそだろ。

267 :名無しのオプ:04/03/28 23:27
今発売中の雑誌(名前は失念した。S・・で始まるヤシ)にル・カレのインタビューが
掲載されてるんだが、そこでフォーサイスを右翼作家呼ばわりしている。
もっともル・カレ自身をサルマン・ラシュディが「低脳作家」呼ばわりしていることも
取り上げられていて面白かった。カッとなったル・カレが長年のつき合いだった
編集者と、彼がラシュディの友人というだけで絶縁したのだそうだ。ドロドロやね。

268 :名無しのオプ:04/03/31 23:05
>>263
ル・カレやグレアム・グリーンの裏切りのほうが本格的ってこと?
だとしたら同意できないな。フォーサイスのほうが地味だが奥深いと思う。

269 :名無しのオプ:04/04/01 00:45
>>268
「良くも悪くも」と書いた様にどっちが上とか言ってるわけじゃないよ。

「売国奴は売国奴以外の何物でもない」(それは正しい)というフォーサイスに対して
グレアム・グリーンやル・カレは「裏切り」に何らかの意味を与えようとしてるって事。

そのグリーンとル・カレもキム・フィルビーの評価を巡っては論争を戦わせたらしいけど。

270 :名無しのオプ:04/04/01 01:28
まあ、フォーサイスとデイトンやル・カレはちがうね。
フォーサイスはジャーナリスティックな法螺話だけど
デイトンは小説の超絶技巧(つっても佐藤大輔レベルの話だけど)
ル・カレはトーマス・マンにとちくるって、「トニオ・クレイゲル」
ばりの劣等感に苛まされた人物ばかり書く。こっちは19世紀小説風。
グリーンは、まんま20世紀ブンガクの巨匠自身だからなあ。

いや、フォーサイス貶してる訳じゃないよ。
これだけ世界中の楽しませるのは凄い才能を持った職人作家だと思うけどね


271 :267:04/04/01 02:07
先に紹介した雑誌名はロッキンオン発行の「SIGHT」ですた。
興味のある方は一読を。

272 :名無しのオプ:04/04/05 00:48
篠原慎さんの訳は硬質で鋭くフォーサイスの世界にあっていると思うが、
“VETERAN"を『戦士たちの挽歌』と訳してしまってはネタばれにもほどがある。


273 :名無しのオプ:04/04/06 11:23
>>272
ストレートに「ヴェテラン」で意味通じるのにな。
その方が味があったのに・・・・。

274 :名無しのオプ:04/04/06 22:43
「老兵」でキボン

275 :名無しのオプ:04/04/07 02:19
「元SAS同窓の制裁」

276 :名無しのオプ:04/04/07 05:41
>>274
それもいいな。

>>275
それはネタバレやろw

277 :名無しのオプ:04/04/10 04:26
滞り気味だから、関連スレッドを。

佐々淳行は神
http://news11.2ch.net/test/read.cgi/news/1081537700/

278 :名無しのオプ:04/04/11 06:01
ジャッカルの日ってどのあたりから面白くなるんですか?
200pで挫折気味です。。。

279 :278:04/04/11 07:49
あれから50P読んだら、面白くなってきました。
ごめんなさい・・。

280 :名無しのオプ:04/04/12 00:50
マンハッタンの怪人は買ったけど読んでない。
Avengerのサイン入り単行本ははじめたばかり。

281 :名無しのオプ:04/04/13 23:05
自慢君が登場ですか?

282 :名無しのオプ:04/04/23 19:28
271 名前: jfjfjfj 投稿日: 01/09/18 04:29 ID:QddMy9Pc

フォーサイスは何度か来日しているが、一時期、フジテレビがフォーサイス書下ろし
の作品をドラマ化しようと企画を立ち上げたことがあった。
「ハイディング・プレイス」と名付けられた、このストーリーはフォーサイスが移動
中の飛行機の中ででっち上げたプロットを彼のスタッフがリライトしたヤッツケ仕事
だった。
ともかくも「ハイディング・プレイス」を持って意気揚々と来日したフォーサイス氏、
フジテレビが用意した女性通訳を非常に気に入り、夜の相手をさせるようフジテレビ
関係者に要求した。抱かせ・飲ませ・食わせで仕事をしてきたフジの社員はさっそく
女性通訳を上手く騙して、フォーサイスの部屋に連れ込む事に成功。
しかし、脂ぎったフォーサイスに迫られた女性通訳は猛反発。幇間フジ社員の制止を
振り切って帰ってしまった。
この不手際にフォーサイス氏は非常にご立腹、「ハイディング・プレイス」映像化の
話は空中分解してしまったのでした。

283 :名無しのオプ:04/04/23 21:15
>>282
これ↓だろ?
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/army/1000258287/271
ちなみに272は漏れだが。

284 :名無しのオプ:04/04/23 23:59
>>282
ウソくせえな

285 :名無しのオプ:04/04/27 01:44
今出てるビッグコミックのゴルゴ13、
かなりフォーサイス・タッチでイイ!
同じ時代を生きたCIAとKGBの老スパイが
過去の共通の友人(二重スパイ)の墓参りで
偶然知り合い、その娘を救うべく協力するという…
サム・マクレディのその後を読みたくなった!

286 :名無しのオプ:04/04/30 18:40
フォーサイス作品が面白いのは訳者の力によるものもあるのじゃないかな。
篠原慎氏の訳は本当にすんなり違和感なく読めるよ。
一方クィネルとかを訳してる大熊栄はダメ。
なんで誰彼なく敬語を話させるんだ?すごく違和感あって原書の雰囲気を壊してる。

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)