5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ミステリーを書きたいのですが…

1 :名無しのオプ:02/06/01 01:13
本格物のミステリー(どっちかというと短編)を書きたいのですが、「これは読んでおけ!」という作品を教えてください。
特にネタが被る可能性のある作品や、トリックが素晴らしい作品、参考になる作品をお願いします。
思考機械シリーズやシャーロック・ホームズ、それに「そして誰もいなくなった」などは読んだのですが。

2 :名無しのオプ:02/06/01 01:16
俺も書きたい。
そしてサントリーミステリー大賞に応募したい。
出来れば賞をもらいたい。
ついでに出版してもらいたい。
そして、金持ちになりたい。

3 :名無しのオプ:02/06/01 01:30
片っ端から古今の名作と呼ばれているものを読んでいけばどうでしょう?
ミステリーでネタかぶりを防ぎたいのなら、膨大な読書量がいりますよ。
基本的に、よほどミステリー好きでないなら、このジャンルには手を出さない
ほうがいいと思いますが。


4 :名無しのオプ:02/06/01 01:35
もうちょっと読もーぜ!応援するぞ!

5 :名無しのオプ:02/06/01 09:19
笠井潔はミステリ作家は「古典100冊分くらいの知識でOK」といっていた。
が、ミス板を見ていると、古典(海外)を読んでいる人は少ない。
そのかわり、新本格以降はほとんど読んでいる人が少なからずいる(印象がある)。
古典も当然必要だけど、この板の住人に負けないくらい最近のも読んだ方がよいと思う。
一言でいうと、3と同じく片っ端から面白そうなの読め、となる。

6 :名無しのオプ:02/06/01 11:24
ミステリーを書きたいと主張しながらうっかりしていると、
↓のスレで扱われているような存在になりかねない。
気をつけながらガンガ゙レ!

若桜木虔と仲間たちをみんなで嫉妬しよう! その10
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1021916045/


7 :名無しのオプ:02/06/01 11:59
過去ログ
ミステリ書いてる悩み深き男たち専用
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/997/997283298.html

と言うか、これと重複して無い?

新人賞に応募したことのある人いますか?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/973795746/l50

8 ::02/06/03 13:29
とりあえず、創元推理文庫の古典を片っ端から読んでみます。
ところで、小説家志望の人達は資料を手に入れる時は古本派、それとも新本派?

9 :名無しのオプ:02/06/03 14:05
図書館を使おうぜ!

10 :名無しのオプ:02/06/03 15:11
ミステリーを資料にミステリーを書いても、継ぎはぎか焼き直しにしかならないような気もするけど。
知識的な事は自分でちゃんと調べるべきだろうし。

11 :マジレス:02/06/03 20:40
読む暇あったら書け

12 :名無しのオプ:02/06/03 23:59
>>10
ネタがダブらないようにするため、ミステリーをチェックしたいんです。

>>11
読むか書くか、どちらかの時間しか余裕がありません。

13 :名無しのオプ:02/06/04 20:22
age

14 :名無しのオプ:02/06/04 20:28
ミステリーかかずにマスでもかけ

15 :名無しのオプ:02/06/04 20:33
マジレスしとくと、
古典はとりあえず有名作を押さえとく程度でいいと思う。
それよりミステリ以外の本もたくさん読んだ方がいいのではないかな。

16 :名無しのオプ:02/06/04 20:35
ネタがかぶることはまずないから頑張ってお書きなさい

17 :名無しのオプ:02/06/04 20:57
たいていのことは、先人がやっている。
ネタがかぶるのが嫌なら、何も書かなくていいよ。
使い古されたネタでも、面白く作れば面白い。
どうしても新しいものが書きたいのなら、
昔にはなかった、現代ならではのものを探すんだね。

18 :名無しのオプ:02/06/04 20:59
プロ作家だって大して読んでない人は多いよ。N氏とかK氏とか
まずは短くていいから作品を1つ完成させること。

19 :名無しのオプ:02/06/05 06:19
しかし、この板には親切な人が多いな。

20 :名無しのオプ:02/06/17 00:22
過疎版の最大の長所だよな。
現実と同じか。田舎ほどみんな人情に厚い。

21 :ストラップ:02/07/18 16:05
探偵小説なんか、基本的には低俗な物だよ。実事件の記事と、初等の論理学の教科書の方が、参考に成るんじゃないかな。

22 :新着レスの表示:02/07/20 01:44
若桜木虔と仲間たちをみんなで嫉妬しよう! その10
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1021916045/



23 :名無しのオプ:02/07/23 01:09
こちらから移動して来ました。

新人賞に応募したことのある人いますか?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/973795746/l50

24 :名無しのオプ:02/07/23 08:21
ちょっとageてみる

25 :名無しのオプ:02/07/25 17:53
メフィスト、角川NEXT、カッパワン・・・
変わった新人賞が増えてきとるのぅ
関係ないけど、今日は日本推理作家協会のパーティーでふ

26 :名無しのオプ:02/07/25 18:45
得意分野を生かせ

27 :名無しのオプ:02/07/26 09:25
あげておく。

28 :基地外 ◆OZZYSoz2 :02/07/26 09:27
>「これは読んでおけ!」という作品

セーリョーイン全部!

29 :名無しのオプ:02/07/26 14:03
前スレに出てた20枚以下の短編の賞について詳しく教えてください

30 :名無しのオプ:02/07/26 16:51
>>29
ちょっとは調べた?

31 :名無しのオプ:02/07/26 19:01
雑談所で相談した作品が不評だったので別の作品でメフィスト賞に挑戦しようと思います。
密室内で殺人が起き、被害者が部屋の唯一の鍵を握り締めた状態で発見されます。
名探偵(メルカトルとかファイロ・ヴァンスみたいな偉ぶったキャラ)が
どうやって鍵を死体に握らせた後、犯人は部屋を脱出できたのかと小一時間推理しますが解決できず、
当初は探偵に馬鹿にされる単なる道化役と思われた所轄署の警部が事件を解決します。
ちなみに真相は、鍵は被害者がダイイングメッセージのつもりで自ら握り締めたというものです。
例えば犯人は貴一という名前で、被害者は子供の頃から彼を「きーちゃん」と呼んでいたので
キー=KEY=鍵と死に際に思いついて握り締めたというのはどうでしょう?
ただ、犯人は鍵を掛けた後どうやって鍵を密室内に戻すことができたのか?という肝心なトリックが
思いつかないので、よろしかったら皆さんのお知恵を拝借したいのですが。。。

32 :名無しのオプ:02/07/26 19:16
被害者は実は部屋の外でやられ、部屋の中に逃げ込んで
カギを閉めた後に生き絶えた。
ありがちだなあ。


33 :基地外 ◆OZZYSoz2 :02/07/26 19:19
凡人が見ると「彼が鍵を握っていた」のであるが、
天才探偵の目には「鍵が彼に抱き締められていた」ことがわかる。
つまり、主役は鍵であった。

34 :名無しのオプ:02/07/27 00:09
>>31
状況自体がありがちなので、ありがちな解答しかないと思う。
限定条件が他にあるなら別だが、それでも謎自体に新鮮味はない。

まず、トリックを考えてそれに見合う魅力的な不可能状況を考える
のが最初は楽。あと、本番ではもうすこし厳密な文章書こうな。そ
の調子だと(他の賞なら下読み段階で)落ちるぞ。

35 :名無しのオプ:02/07/27 00:54
むっ!ナイスアイデア!
ぱくっちゃおーっと(W

36 :名無しのオプ:02/07/27 01:04
>>31さんの書き込みを読んで、何とも悲しいというかムナシイというか
ガックリきちゃうのはどうしてでしょうか。

今の出版社にしろ読者にしろ、いやミステリそのものにしろ
ここまでナメられた存在だったんですね。

37 :名無しのオプ:02/07/27 01:15
>>36
のりりん?

38 :基地外 ◆OZZYSoz2 :02/07/27 02:47
>31
そのDMネタやめれば、俺の考えたバカトリックをあげる。

犯人は被害者の手を物凄い勢いで帯電させる。メビウスコイルとか何か
そんな怪し気なもの使って。
そして、絶縁体材料で出来たカギを逆符号に物凄い勢いで帯電させる。
わずかな隙間からカギを滑らすと静電引力でカギは被害者の手に吸い込まれる。

39 :名無しのオプ:02/07/29 05:09
質問だが、印税ってどのくらい入るの?
賞金とか決まっていない賞に応募するとき、やっぱ気になる・・・・
まぁ、受賞しないとは判ってるんだけど、一応な。

40 :名無しのオプ:02/07/29 08:21
ダイイングメッセージの無意味性は、クィーンの作品群や「月光ゲーム」に詳しい。

41 :名無しのオプ:02/07/29 08:30
>>1
必読。公魚スレのビジュアル系作家・フランソワーズ大野HP内「週刊執筆レポ」

http://www.aoikuni.com/book

42 :名無しのオプ:02/07/29 09:50
>>1
必読。トリックメーカー薫葉豊輝の電脳日記

http://geocities.yahoo.co.jp/dr/view?member=hiroyukioota1

43 :名無しのオプ:02/07/29 11:11
1ではないのですが質問させていただきます。
自分はストーリーの構成力より文章力のほうが欠けていると思うので、
まず文章の書き方から学ぼうと思っています。
で、手っ取り早く学べる方法として作家の文章を真似て書いてみる、
という手段を用いろうとしているのですが、皆さんはミステリー作家なら誰が適当だと思われますでしょうか。

(;´д`)<教えてくれ〜

44 :名無しのオプ:02/07/29 11:51
原僚

45 :名無しのオプ:02/07/29 11:55
清涼院流水

46 :名無しのオプ:02/07/29 12:05
なによりまずきちんと最後まで1作書き上げるべき
すべてはそれから



47 :名無しのオプ:02/07/29 12:27
ミステリーじゃダメだろ。

48 :名無しのオプ:02/07/29 13:40
島田荘司は詩を書くことで文章力を磨いたとか何とか言ってた。

49 :名無しのオプ:02/07/29 16:01
>>43
おれは桐生夏生の短編集から気に入った一篇を毎日、
数ページずつ書き写してます(<ただの好み)。
また、井上夢人「おかしな二人」(講談社文庫)に
は氏が岡嶋二人としてデビューする以前に実際、こ
の練習を試してみたときの体験談が載っています。
非常に面白い本なのでお薦めです。

短編なら短いし、一篇をまるごと書き写すことで構成
力の向上にも役立つと思います。

50 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/07/29 17:31
こっちから移動して来ました。

新人賞に応募したことのある人いますか?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/973795746/l50

実況執筆します。目標はメフィスト賞。
スケジュールの都合で出来れば8/8までにはでかしたいところ。

51 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/07/29 17:36
現在、約60枚目あたり(400字詰原稿用紙換算)
下書きなしで突っ走ってます。

応募して、落ちたの分かったらどっかにアップするかもしれないんで、
そん時はご批判評論よろしくぽ。

52 :名無しのオプ:02/07/29 17:45
>>51
そんなこと言っといて消えてったヤシが前スレに何人いたことか・・・

53 :名無しのオプ:02/07/29 19:56
>>51
まぁ、あたたかく見守っていこうじゃないの。
漏れは応援するぞ!!頑張れ、51・・・・

54 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/07/29 23:33
>>52
それでも俺は突き進むのさっ(キラリ
……消えたら消えたでまたネタになるやろし……。

>>53
ありがとうっ!
頑張るぞー! おー↓(トーンダウン

現在、75枚あたり。
今日はもう無理。シャワーしてビール飲んで寝ます。オヤスミ。

55 :名無しのオプ:02/07/29 23:48
>>54
書くの速いな。

56 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/07/30 20:02
現在110枚。規定枚数の350枚に達するかどうか不安であります!

>>55
書ける日と書けない日のギャップが激しい。
経験上、書けない時は一週間も一ヶ月も何も書けない。

57 :53:02/07/30 20:37
>>56
いい感じに、書けてるジャン!
まぁ「書けない日がある・・・・」ってはしょうがないよな。漏れも経験あるし。
なんか、乗ってるときに徹夜してでも書き上げて後で推敲したほうがいいと思うぞ。

あと、希望としては、「現在何枚」と書くより、今日はこんなシーンを書いたって実況してホシーイイ。
2ch初(?)のメフィスト賞受賞目指して頑張れよ。
ところで、タイトルとか決まってるのか?良かったらキボーン・・・

58 :名無しのオプ:02/07/31 15:54
age

59 :名無しのオプ:02/07/31 19:46
>57
五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し


60 :名無しのオプ:02/07/31 19:54
>>59
「恋の完全犯罪」にタイトル変更すれ

61 :名無しのオプ:02/07/31 19:57
>>59
ギリシャより面白いんだろうな?(w

62 :メフィスト賞選考委員:02/07/31 20:00
「ミニモニジャンケンピョン殺人事件」ならメフィスト賞合格させるよ

63 :名無しのオプ:02/07/31 20:01
多重人格サイコミステリーなら、「24枚のトンカツ」で


64 :名無しのオプ:02/07/31 22:19
メフィスト受賞したいならタイトルは
「煙か土か食い物かFかハサミ男かフリッカーなUNKNOWNのコズミックとDOOMSDAYでQED」
これで受賞確実。

65 :名無しのオプ:02/07/31 22:33
パンチラ期待

66 :名無しのオプ:02/07/31 22:36
>>64
なんだか随分と、64にとって都合のいいタイトルに思えるのだが(藁

67 :名無しのオプ:02/07/31 23:51
>>62すげー読みたい

68 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/01 00:44
>>57
応援アリガト!

現タイトル案は『真球の永遠力学』(恥ずかしっ!)。
ちょっと所用で今日は忙しかった。
実況はまた明日再開。いじょ。

69 :名無しのオプ:02/08/01 02:59
>>68
がんがれ。
私も夏休みの間に短編を書き上げる予定。

70 :中田英寿司:02/08/01 03:03
>>69
漏れも「パブリック・エネミー」ってタイトルのSF探偵ものを書いてる。
みんな頑張れー!

71 :名無しのオプ:02/08/01 08:10
>>64
全部メヒ賞作品かよ!

72 :名無しのオプ:02/08/01 08:34
原稿の進捗状況を、日々「4章の半分まで進行。全体の47%。」
みたいに書くのがお約束(o^ー')b。

73 :名無しのオプ:02/08/01 09:48
まあ、今の時代はメフィストを筆頭とした、直接選考型新人賞だろ。
一年あるいはそれ以上またされる新人賞は敬遠されて当然。

つうわけで、俺はメフィスト、ネクスト、カッパワン狙いです。

74 :名無しのオプ:02/08/01 10:53
皆さん書いているのは本格ですか?

75 :名無しのオプ:02/08/01 11:20
殊能みたいに連絡先を記載しないで応募するのも、インパクトあるかもなw

76 :名無しのオプ:02/08/01 15:30
>>75
それじゃあ殊能の二番煎じになるから、何か新しいのを考えないと
タウンページで同姓同名の人を捜して、その連絡先を書くとか

「もしもし○○さんのお宅ですか?」
「はい」
「あ、こちらK談社文三編集部のJと言います」
「は?」
「えと、あの、メフィスト賞に応募した○○さんですよね?」
「いえ、何ですか?メフィスト賞って」
「え?」
「……」
「……」
ガチャン。
Jはゆっくりと受話器をおろした。またか――これで何人目だろう?
最近、誰の真似をしたのか自分と同姓同名の他人の連絡先を書いてくる応募者が多い。
普通に書いてくれれば、すんなりとメフィスト賞をあげられるのに……。

77 :名無しのオプ:02/08/01 16:16
「デビュー作にして遺作!大型新人ついに登場!!」

78 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/01 21:38
うむぅ……。資料が必要な部分を書いていたら、10枚程度しか進まなかったな……。

>>72
書けるところからバラバラに書いてるんで、何章とかは言えないですなあ。
総合すると、大体今は 30% くらいかな……?

79 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/01 22:40
>>74
ミステリィだけど本格じゃあないねえ。
少なくともパズルではないです。
あと、ちょっとペダントリィ入れてます。

80 :名無しのオプ:02/08/03 00:09
>>80
>あと、ちょっとペダントリィ入れてます。

文芸第三はこれがウケル編集と受けつけない編集の両極端である。

81 :名無しのオプ:02/08/03 00:12
本人は「ペダントリィ」と思っても編集が見るとオタ知識以外の何物でもないという罠。

82 :名無しのオプ:02/08/03 02:30
ペダントチィってなんやの?

83 :名無しのオプ:02/08/03 04:22
>>82
「知ったかぶり」のこと。


84 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/03 15:47
>>83
正しい。

85 :53:02/08/04 06:33
>>79
「真球の永遠力学」
何か、バリバリの理系タイトルだな。漏れは好きだけどな。
>書けるところからバラバラに書いてるんで
凄い書き方!あとでまとめるの?皆そうやって書いてるのかな・・・


86 :名無しのオプ:02/08/04 21:18
そう言えば、去年書いてた奴が『生ける屍の死』と
トリックがかぶってて鬱になった事があったなぁ……

87 :名無しのオプ:02/08/04 21:27
よくトリック思いつくねえ。

88 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/04 21:34
下書き終了〜。多分、今、150〜170枚くらいのはず。
これから肉付けしていきます。

>>85=53
あれ? そんな変な書き方かなあ。普通だと思ってたよ。
>>あとでまとめるの?
そうです、あとで部品部品を接合していくんですよ。
あと、タイトル褒めてくれてありがd。

89 :名無しのオプ:02/08/04 21:35
私の書いた奴はタイトルが「二万匹のゴキブリの謎」なんですけどタイトルだけで
友達に読んでもらえないし、実際読む人が気持ち悪くて印象悪くなってると
思うんですが二万匹のゴキブリが深く内容に関わってるので変える訳にも
いかないので鬱です。

90 :名無しのオプ:02/08/04 21:44
>89
ネタっぽいけどレスしとく。
タイトルが内容をまんま表す必要はない。

91 :89:02/08/04 22:10
その通りですが内容も二万匹のゴキブリの謎がメインの短編なのでタイトルだけ
変えても余り意味がないし、内容を変える訳にもいかないという意味です。

92 :53:02/08/05 00:46
>>89
いいんじゃない?
読みたい奴は読むし、読みたくない奴はタイトル変えても読まないと思われ...

93 :名無しのオプ:02/08/05 00:52
て言うか読んでみたいぞ、「二万匹のゴキブリの謎」

94 :89:02/08/05 02:34
>>93
万が一出版される事があったら読んでやって下さい。一応内容を書いておくと
製薬会社で二万匹のゴキブリとゴキブリ誘引剤が盗まれてそれを使った密室殺人
が起きる話です。自分でもなんの賞もとれそうにないと思います。

95 :中田英寿司:02/08/05 03:33
>94
いや、小さな規模の賞を狙うと、ネタの独特さで可能性高くなると思われ。

96 :名無しのオプ:02/08/06 02:58
私はミステリー初挑戦な上にサウンドノベルを作ろうと思ってるんだけど…
やっぱり無謀ですか……。
無謀っぽいなぁ。もうトリックどころかストーリーも思いつかない。鬱。
所詮世に出そうとか思ってないから、初心者に優しいトリックとかないですかね。

心意気からして駄目な雰囲気。

97 :名無しのオプ:02/08/06 03:47
>>96
小説よりサウンドのベルの方が簡単じゃないかな。

98 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/06 06:17
200枚超えたあたり〜。
調子良いから今日は一日中書いてるかも(今日中に完成したら良いな……)。

99 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/06 13:28
250枚で終わっちゃった。
どうやって枚数増やそう……。

100 :名無しのオプ:02/08/06 20:24
>>99
温泉で胸チラシーンを追加。

101 :もげら ◆WELAD2io :02/08/06 20:34
>>100
いや、エロシーンは3つほど用意していたんだが……(w

もうどう頑張っても枚数増えなくてのっぴきならなくなったので、
重要なところを使い回して新しく書くことに決定。また0からだ……。
今度は館ものだから枚数多いはずだ……。

102 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/06 20:34
ハンドルとトリップ間違えた。
「もげら」っての、俺ね……。

103 :名無しのオプ:02/08/07 01:55
早稲田君のトリックにまんまと騙された!

104 :名無しのオプ:02/08/07 02:12
重要なのは奇想です。
コードに依存してはいけません。

島田先生のお言葉でした。

105 :名無しのオプ:02/08/07 03:03
>>104
嘘つけ。ネタか?

106 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/07 06:57
未練がましく原稿いじってたら、何とかなるような気もしてきた。
少し時間がかかるかもしれんが、もう少し枚数稼ぎに尽力してみる。

8月中にダメだったらさすがに諦めるか……。

107 :名無しのオプ:02/08/07 07:37
一度、読ませてくんない?
そしたらコメントなりしやすいんだが。

108 :69:02/08/07 09:01
無理に枚数増やしたりはしない方が良いんじゃない?

……書き出しがきまらねぇ

109 :☆☆ 牛は10ケタ、ヒトは11ケタ ☆☆:02/08/07 09:14

〜 小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい人にも
  自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、
  刻印を受けさせた。

  また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を
  持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできない
  ようにした。

  ここに知恵がある。思慮のある者はその獣の数字をかぞえなさい。
  その数字は人間をさしているからである。その数字は666である。 〜

       http://www2.ocn.ne.jp/~chikyuu/sub2.htm




110 :名無しのオプ:02/08/07 11:37
今から書こうとしているミステリ。
謎解きに関わらない枝葉末節が多すぎ。
の割に、犯行動機しょぼ過ぎ。
生まれて始めた書くミステリは試行錯誤だらけだ。

111 :名無しのオプ:02/08/07 12:11
俺様が生暖かく見守ってやる。
存分に書け、おまいら。

112 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/07 22:27
>>107
恥ずかしいから完成までは勘弁してくれい(汗。
その代わり、これで諦めるって判断ついたらアップするよ。

でも何か結構見えてきたかなー、て感じはする。

113 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/07 22:30
>>110
俺は枝葉末節が思い浮かばなくて苦労しているよ。
人それぞれタイプがあるんだなあ……。

そういえば、生まれて初めて書いたミステリ、メフィストに送った経験有り。
あのJからコメントもらったよ(笑)。

>>111
ありがd。
頑張るよ。



114 :名無しのオプ:02/08/08 01:27
>早稲田たん

枚数を増やすテク

・無駄な会話を増やす
・古典からの引用を節ごとに
・登場人物に歌を歌わせる
・物事をより具体的に記載

115 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/08 01:55
>>114
>>古典からの引用を節ごとに
>>登場人物に歌を歌わせる
これは思いつかなかった! サンクス!
頑張るよ!

116 :名無しのオプ:02/08/08 06:28
>>115
……本気か?
250枚で終わるってことはしょせん250枚程度のネタだってことだぞ。
水増しはやめとけ。しばらく原稿放っておいて、あとで読み直せ。
たぶんその原稿は独りよがりで描写・説明不足で、そのくせ無駄な部分
(たぶんセリフの掛け合い)は多いはずだ。
キャラ一人増やせ。状況を客観的に見て動くようなキャラがいい。
それは、作品を客観的に見ている自分と重なる。それで足りないところと無駄とがわかる。
わかったら1から書き直せ。これで100枚は確実に増える。まだ350枚だ?
そういうときは情景描写を足せ。素人の小説はまず間違いなく描写ができてない。
見せ場に向かって盛り上げるよう注意して描写を重ねて行け。

117 :名無しのオプ:02/08/08 06:44
>>96
シェアウェア作品はたいがいエロゲーなんで無視しろ。シェアウェアの推理ものも
あることはあるが、ノベルじゃなくてAVGだ。無視しろ。
ノベルツールは横書きならNscr、縦書きなら吉里吉里が定番だ。
実際にできあがったものを見るには、Googleで「まとめページ」で検索。
2ちゃんねるで紹介されたほとんどのフリーソフトがまとめられたHPが出る。
ノベルはノベルでまとまっているから片っ端から落とせ。作品につけられた
コメントが参考になる。文章がほめられているヤツから順にあたれ。
ノベルの場合、トリックがしょぼくても許される。むしろ文章や映像・音楽の
演出に重きが見られる。逆にいえば演出がしょぼいと相手にされない。注意だ。
で、何か面白いゲームが見つかったら俺にも教えてくれ。ここはゲーム板じゃ
ないんで、小説として読めるものをな。

118 :名無しのオプ:02/08/08 06:46
>>94
光文社に送れ。ほかの短編の賞はまず無理だと思う。あそこならトリックの
着眼点が良ければ採用される可能性がある。出す前に推敲しろよ。

119 :名無しのオプ:02/08/08 10:47
350枚いけばメフィストへ
いかなければ、カッパワンかネクストへ

120 :名無しのオプ:02/08/08 11:27
やはり乱歩賞が王道と見た。

121 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/08 14:35
>>116
確かにネタ的に重要な部分しか書いてません。
他の情景描写とか心理描写とか捜査描写とかいったものが皆無に等しいです。
っつーわけでそれを増やしてみようかと思ってます。
あと、舞台を移してみることにしたので半ば1から書き直すことにはなりそう。

アドバイスありがd。

122 :名無しのオプ:02/08/08 15:31
独りよがりだの描写不足だのと書いたのは別段煽っているわけじゃない。
第一稿なんてそんなもんだ。推敲してなんぼ。

舞台に関しては徹底的に資料を活用しろよ。資料を書き写して描写を
細かくしろといってるんじゃない、資料のエッセンスをひろってゆくんだ。
もちろん場所を特定するやり方としないやり方があるがな。特定するのなら
資料はさらに読み込む必要がある。特定しないなら、たとえば海辺の街を
描くなら潮の匂いや漁船の油の匂いや魚の匂いや海辺の人の家や服や生活を
文章の中に紛れ込ませてゆくんだ。

警察関係の資料は探すのがキツいと思う。都内在住なら警察内部で発行している
雑誌のたぐいを買えたりするらしいが俺はよく知らない。図書館に行っても
手にはいるのは事件記者の書いた思い出話がせいぜいだしな。
なんとか探してくれ。良いのがあったら俺にも教えてくれ。
おっと、言い忘れてた。法医学の資料は金さえ出せば簡単に手にはいるから、
死体現象でウソ書いたらすぐバレるぞ。

123 :122:02/08/08 15:54
……我ながらちょっと文章のおかしなところがあるな。まあいい。
だから推敲は大切だといっている。くそ。

124 :名無しのオプ:02/08/09 00:26
既出かもしれないけど、ここの書店は面白いよ。

http://tachibanashobo.co.jp/index.html

多分通販もしていると思う。


125 :名無しのオプ:02/08/09 00:30
いや、おもしろくない。
広告ウザ。

126 :名無しのオプ:02/08/09 02:07
>>125

それは残念。俺は>>124だが、別に広告屋じゃない。
お前が面白いと思うものを、何か晒してみろ。


127 :122:02/08/09 02:22
ちょっと待て。125の書き込み見て「なんだ広告かよ」と思ったが、
ここの本屋いいじゃんよ! 感謝する。>126
ただ、どうせなら、もうちょっと店の内容に関するコメントを
入れてくれるとありがたかった。
「警察関係の資料なら、この本屋はどうだ? 警察昇任試験の問題集や
122が言っている警察内部で読まれている雑誌、捜査資料などをネットで
販売している」
とかな。マジで助かった。東京でしか買えないと思ってた。本気で感謝する。>126



128 :122:02/08/09 02:32
世話になったんで、俺もなんか書いとくか。有名な本ですまんが。
長谷川公之/映人社「犯罪捜査大百科」だ。検索してくれ。
刑事物シナリオを書く人のための資料として、シナリオ雑誌での連載を
まとめたものだ。定価3800円。

ただし、よくまとまってはいるが、正直知っているようなことばかりが書いてある。
けどまあ一冊あっても損はないという感じか。あくまでドラマシナリオ関連の本で
専門書じゃない。だからでかい本屋に行けばふつうに買える。
メリットはそのくらいだ。すまん。

129 :124:02/08/09 02:48
>>128

情けは人のためならず、ってことだね。
あと、2ちゃんねるの警察板も見ているが、こちらはノイズが多いので
小説書く参考にはならないと思う。

http://corn.2ch.net/police/

個人的な趣味、ってことで。


130 :122:02/08/09 02:57
警察板はちょっと方向性が違うような気がしてな。すまん。でもサンキュー。
あと、やっぱり書籍の方がまとまっていて使いやすいんだ。
ネットで拾えるのは断片的な小ネタばかりで、正直使い物にならない。
警察ものを書いているヤツならそれなりに利用方法もあるだろうが、俺には
向かないし、このスレで「ミステリ書いてます」って言ってるヤツにもそうかもしれんな。

俺はネットでネタひろってるヒマがあったら124さんに教えてもらった書店から
まとめ買いして読む。(つーか買うよ)
ちょっとヒマつぶしのつもりで立ち寄ったがこのスレに来て良かった、つーくらいの
情報だったよ。今まで検索かけても見つからなかったんだ。

131 :名無しのオプ:02/08/09 08:09
>>128
もう絶版だと思う。
勘違いダッタラゴメン。

132 :名無しのオプ:02/08/09 08:24
>>131
確かに怪しい。amazon.comだと在庫切れになってる。Yahoo! Booksだと取り寄せ可。
bk1でも取り寄せ可。版元品切れでも問屋にダブついている可能性はあるから、
とりあえず入手はできるかな。
128も言っているが、わりと表面をなめたような本だからな。マニアには
向かないと思われ。執筆の参考資料程度にはなるかもしれないけど。

133 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/09 10:23
>>122
いや、まじアドヴァイスサンクスと思ってる。
文章修行に少し励みつつ書くことにするよ

ただ、8日から22日までちと個人的にスケジュール辛いので、
実況は休みがちになると思われ。スマソ。

>>all
警察資料は俺はちょっと使わんかなー。
警察とか死体現象とか、あと893とか出て来るとゲンナリするんで自分。
だから俺は自作中では出さないと思う。
ただそういう資料の情報はバンバン書込むべきだよな、このスレは。

134 :名無しのオプ:02/08/11 21:46
k察はいれとけ。
枚数は稼げるし、いろいろ役立つ。

『すごいミステリーはこんなふうにして書く』
ほんの少しくらいなら役には立つと思うぞ。


135 :名無しのオプ:02/08/11 23:07
質問者がミステリー小説を書くのがはじめてなのか、それとも
小説を書くのがはじめてなのかによっても参考書は変わってくる。

136 :名無しのオプ:02/08/12 05:11
土屋隆夫「推理小説作法」H.R.Fキーティング「ミステリの書き方」
都築道夫「黄色い部屋はいかに改装されたか?」佐野洋「推理日記」
岡嶋二人「おかしな二人」井上良夫「探偵小説のプロフィル」
島田荘司「本格ミステリー宣言」はちょっと微妙なので笠井潔「ミネルヴァの
梟は黄昏に飛び立つか?」を併読すると良い。
小林信彦編「横溝正史読本」江戸川乱歩「幻影城」「続幻影城」
クーンツ「ベストセラー小説の書き方」
ミステリ系にしぼって考えると、評論・書き方でぱっと思いつくのはこんなものか。
あとは小説を新旧とりまぜ最低2、300冊。ミステリ以外の本を同じくらい
読んでおけばなんとかなるのでは。


137 :名無しのオプ:02/08/12 05:17
それにしてもこのスレは俺と早稲田くん二人のスレみたいになってきたな。
まあいいや。二人でがんばろう。俺もがんばるよ。

138 :名無しのオプ:02/08/12 05:21
このスレ過疎すぎなんで連続カキコ。みんなも書け。
とりあえず124さんに教えてもらった書店で5、6冊注文してみた。
届いたら内容紹介するよ。

139 :111:02/08/12 10:14
>>137
俺が生暖かく見守ってやるっつってんだろボケ。
↓これよりは良い作品書けよおまいら。
http://www.konomys.jp/

140 :名無しのオプ:02/08/12 15:20
>>136
書き方では講談社文庫「ミステリーの書き方」(ローレンス・トリート編)が
ベストなんじゃないかと思うわけさ。
特にマクロイの章。これを読めば250枚を350枚にしようなんて気はなくなるハズ。

参考になるかといえば?だが、読むとなんとなく頑張ろうって気になるのが
姉小路祐「推理作家製造学 入門編」。

141 :名無しのオプ:02/08/12 18:48
>>139
サンキュー。あんたいい人だな。

142 :名無しのオプ:02/08/12 19:15
>>136
そういやリストにあげるの忘れてた。ありがと。
内容も忘れてるんで、いまから読み返してみる。
姉小路の方も読んだが忘れたな。こっちもざっと斜め読みしておくか。

143 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/14 11:59
うーん。忙しい。
実況再開は22日まで待ってくれい。

小説の書き方とはちょっと違うかもしれないが、
ミステリィを書いて賞取ろうってなら、
森雅裕の『推理小説常習犯』もオススメだぞ……。

>>139=111
生暖かい視線アリガト!!(笑

>>140
>>これを読めば250枚を350枚にしようなんて気はなくなるハズ。
む。ども。余裕あったらちょっと見てみます。

144 :名無しのオプ:02/08/15 21:25
とんちミステリ(短編24枚)書けた



激しくつまらねぇ……

145 :名無しのオプ:02/08/16 00:35
>>144
どこがつまらないか、なぜつまらないのかを考えるのです。
その答えを次の作品に活かしましょう。

146 :124:02/08/16 00:55
>>144
分かった、とんち探偵、ってのが出てくるんだ。

ダイイングメッセージが「このはしわたるべからず」


147 :名無しのオプ:02/08/16 01:15
「この事件の犯人を捕まえて見せろ」
その言葉を聞くと、百休はにやりと笑い、ロープを手に腕まくりをして言った。
「では、犯人をここに連れてきてください」

148 :名無しのオプ:02/08/16 04:47
>>147
ひどくワラタ

149 :144:02/08/16 12:38
>>146,147
ちょっと違うけど、概ねそんな感じです。
ルパン三世のパロディで、現代科学の粋を集めた大金庫(鉄壁の密室)から
時価数億のダイアをどうやって盗むか、という話
オチが解りづらいと近所の犬猫に評判

150 :名無しのオプ:02/08/17 02:40
>>149
読みたいよぅ。うpキボンヌ

151 :名無しのオプ:02/08/21 06:52
第2回富士見ヤングミステリー大賞 2次選考通過作品

『時田右一郎奇譚 千年王国』 月硝 石
『リメイン・ザ・ハート ―椎名タケルの場合―』 天河 晃一郎
『トータル・エクリプス 』 青木 克
『業多姫』 時海 結以
『タクティカル ジャッジメント』 師走
『タイム・アゲイン ラスティ・ジョーカー』 桜井 統綺
『眠れる聖母 〜絵画探偵の事件簿〜』 國本 まゆみ
『作家と探偵の事件簿 TWO in ONE』 冬生 代英
『そいつの名はJ・J』 福嶋 恵介
『ぐるぐる渦巻きの名探偵』 上田 志岐
『愛する君へ』 駒田 尋緒

さすが富士見、応募者のタイトルセンスも最高

152 :名無しのオプ:02/08/22 08:00
>>151
ヤングノベルでデビューしちゃうと後々きついぞ

153 :名無しのオプ:02/08/22 08:00
>>151
ヤングノベルでデビューしちゃうと後々きついぞ

154 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/22 20:11
今日から実況再開する予定だったんだけど、
今日は最後で激烈に忙しかったから明日からにしまふ。
まあ、誰も期待しちゃいないだろうからどうでもいいだろうけど(笑。

155 :名無しのオプ:02/08/22 21:17
書き上がってみたものを見ないとなんともいえないが……
簡単に期待とかいうのはかえって無責任な気がするし。
いやまあ匿名掲示板で責任も何もないのだが。
ともあれ、気にかかってはいる。がんがれ。

156 :名無しのオプ:02/08/22 23:47
>>154
俺が生暖かく見守ってるといったい何度言えばおまえらは(略

157 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/23 22:51
>>155
>>156
ああ、まだいらしたのですね。ありがd。
匿名掲示板だとまったりした時にむしろ言動に困る(笑。

さて、また1からリライトしております。
いきなり蘊蓄かましたせいで今日は25枚しか進まんかった。
でもまあこんなもんか。
プロット的には400枚くらいになりそうなんで、6%ってとこかな。
今回はかなり細かいプロット作ったんで、
「枚数足りない」っていう結果にはならんと思う……。

158 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/23 22:53
>>140
そういえば、その本、アマゾンで注文してみたよ。

繰り返すが、ミステリィ書いて賞獲ろうってなら、
森雅裕の『推理小説常習犯』もオススメだ……。

159 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/23 22:55
連打スマソ。
「その本」ってのは講談社文庫の『ミステリーの書き方』ってヤツね。

160 :名無しのオプ:02/08/24 22:14
俺様が生暖かく解説してやる。

・H・R・F・キーティング「ミステリの書き方」
入門に最適。欧米ミステリの歴史から、探偵小説と推理小説の違い、なぜ古典的推理小説がすたれたのか、などの解説から入り、プロットの作り方、ミステリのスタイル(人称について、伏線の張り方、クライムノベルの書き方)など、にまで及ぶ。
翻訳も丁寧。
欧米ミステリを学びたいならコレ。

・ディーン・R・クーンツ「ベストセラー小説の書き方」
超有名。瀬名がこれ読んで「パラサイトイブ」を書いたのも有名。ミステリに限らず、ホラー、SFにも言及。つーかこっちがメイン。
プロット、文体、盛り上げるコツなどが上手に説明されている。
より実践的なのでキーティングに飽き足らなくなったらコレ。

・久美沙織「新人賞の獲り方教えます」
初心者はこれを読んで反省しろ。逆にこれを読んで物足りなくなったら早速書け。
ライトノベル作家が書いたものなんて・・・・・・、なんて言ってる奴はおしまい。
物書きをなめたらいかん。
しかし、これはもりあげ方とかプロットについてはほとんど触れていない。
「日本語で文章を書く基本」についてくどいくらい説明している。
日本語も読み書きできないワナビーはまずコレ。

・斎藤栄「ミステリーを書いてみませんか」
はっきり言って古い。読む価値があるかは疑問。
が、昔はこうだったんだなぁ、という温故知新の心構えも必要かと。
いろいろ読んでみたかったらコレ。

・渡部直己「本気で作家になりたければ漱石に学べ!」
「それでも作家になりたい人のためのブックガイド」の続編。
純文がメインなのだが、文章構成、人物の描写法、文章修飾について非常に詳しく且つわかりやすく書かれている。
漱石(に限らず、日本文学全般)も読んでないやつが作家になるなどおこがましいということを主張する、非常に辛口の書物。
現代有名作家の文章が超辛口コメントでなで切りにされていておもしろい。
上級者向けが読んでみたいとおもったらコレ。

[論外]若桜木虔「作家養成講座」
役に立ちません。業界での生き残り方がメインだが、それなら森の「推理小説常習犯」を読んだ方が百倍マシ。
ミステリ作家ではなくとにかくライターになりたい!って奴は、トイレでウンコする間くらいならば読んでも良い・・・・・・、いや、やっぱ読まなくても良い。
文章の書き方、プロット、表現方法などには一切触れてない。
金の無駄。

161 :名無しのオプ:02/08/24 23:52
James N.Frey
"How to Write a Damn Good Novel"
今まで読んだノウハウ系ではベストがこれだった。
ただし英語なので136ではあえてふれなかった。
しかし役立つのは確か。自力で翻訳してくれ。俺はした。
アメリカの作家養成学校は権威があるし、非常に実践的な教えかたをしている。
そのノウハウをまとめたものがこの本。キャラクターのつくりかたから
はじまって、プロット作成の際の注意点、視点などについても。



162 :名無しのオプ:02/08/24 23:58
ネット上の知り合いにライター養成学校に通っているヤツがいるが、
話をきいているとうまくない感じだ。
あまり本を読まないけど何か書きたいという気持ちだけはある、という
若いヤツをだまして金をとっているだけのような気さえする。
俺は136、161の本をぜんぶ読んだら学校なんか行かなくていいと思うのだが。

163 :名無しのオプ:02/08/26 00:27
>>162
うーん、やっぱそんなもんなのか。
その手の学校に興味あったんだが。
でも宮部みゆき創作教室だかに通ってデビューしたんじゃなかったっけ。
今でも人気で予約待ちだとどっかのスレで読んだ気がする。
そこってプロの先生が教えてんの?
創作教室ってどんなこと教えてんのか興味ある。


164 :名無しのオプ:02/08/26 01:01
『ぐるぐる渦巻きの名探偵』 上田 志岐

なんかこれ読んでみたい気がする。

165 :名無しのオプ:02/08/26 09:36
土屋隆夫さんの小説作法の本も実践的で勉強になったよ。
特に発想の所とか。

166 :名無しのオプ:02/08/26 13:01
宮部みゆきは山村正夫の教室。新津きよみ、篠田節子、鈴木輝一郎などもそこの出身。
山村正夫が死んだあとは、有志により教室は継続。講義内容は主に作品批評。
短編小説を書くと、プロの作家や編集者が読んでコメントをつけてくれるという感じ。
鈴木輝一郎の著書だったかHPだったかによると、「作品の書き方は自分で身につける
よりほかにない。むしろ、作家や編集者とじかにふれる事によって、業界に対する
自分の甘えをうち砕かれることができるのが利点」といっていたようないなかったような。
ソースきぼんされても困る。忘れた。

ネットの知り合いが行っているところは、そういうのとはちがう。どこかは知らない。
講師が原短い脚本や短編小説を書かせたり、合同で創作させたり。
ただ、話をきくと、課題提出の締め切りまでの期間が妙に長い。1〜2ヶ月に1本
30枚程度の短編小説を書くていどで上達できるかどうか謎すぎる。
もっとも、創作そのものよりも、ゼミ等の運営をするにあたって、サボるヤツとか
連絡がとれないヤツが多くて、人間関係の交通整理で疲れると言っていた。
正直、そいつの人間性にも問題があるとは思うが。

167 :名無しのオプ:02/08/26 16:27
文体磨くなら三島由紀夫なんか読むといいかもよ。
テクニックに関しては抜群だから。作家志望の人は絶望するかもしれないけどw

168 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/26 19:14
うーん、「書けない」。
書けない時はとことん書けない……。
というわけで資料読んでます……。

169 :名無しのオプ:02/08/27 13:02
高校生の時に推理作家を目指してから既に20年。30代後半の親父に
なってしまった。まだあきらめたわけではない。
文章力ってのは書かなくなったり、本を読まなくなったりするとすぐに
落ちてくるから、コンスタントに話題の新作を読んだり、ショートショートを
書いたりしてる。
いったい、いつになったら夢がかなうのか・・・

170 :名無しのオプ:02/08/27 21:32
>>169
長編書いて新人賞に送る以外ないだろうさな。オレモナー。
時間を自分で作れないヤツはダメなんだろう、きっと。オレガナー。

171 :名無しのオプ:02/08/27 23:25
なんかプチ文芸創作板と化してるな。
良い傾向だw

172 :名無しのオプ:02/08/28 00:05
メフィスト賞最新受賞作「死都日本」の作者、石黒耀が「作家でごはん」のBBSに降臨中。
アドレスは書かない(心無い2ちゃんねらにあらされるとイヤだから)。
というか、創作文芸板住人やこのスレの住人ならば知ってるだろうしな。
まぁ読んどけ。

173 :名無しのオプ:02/08/30 16:40
俺もメフィスト用に書いているんだけど・・・
今36枚くらい。むーん、100枚くらいで終わっちゃうよ。これじゃ。

174 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/08/30 19:13
ダメだ。まったく書けなくなった。
少し引きこもる。宣言しといてスマソ。

折角だからスランプ実況中継でもするかw。
L. トリート編『ミステリーの書き方』(講談社文庫)読んでます。

>>173
がんがってこのスレを盛り上げてくれw。

175 :名無しの書き手:02/08/31 10:47
序章がミステリと、な……何の関係もなくなってしまった。
やっぱり、ミステリの構造自体が性に合わないのか?
そうだ、なぜか連続殺人が起こる普通の小説なんだ!
……って、それも違うぞ。

ところで、このスレ誰が読み手か書き手かわからんです。
どっちかつーと、書き手がはっきりと意思表示をばお願いしたい。

176 :名無しのオプ:02/08/31 11:05
漫画とかドラマをノベライズすると素晴らしい文章を書けるんだが、自分で
創作しようとすると途端に、つまらない純文学の私小説みたいになるのは
何故だろう?

177 :名無しのオプ:02/08/31 12:47
>>176
いや、それは単純にプロットができてもいなけりゃシーンのイメージが
できてもいない状態で書き始めるからではないか……?

178 :名無しのオプ:02/08/31 13:03
お前らちゃんとプロット作ってんのか?
まさか設計図も無しに書き初めてんじゃねーだろーな?

179 :173:02/08/31 16:04
>>早稲田
あいよ(w
でも、俺土日しかこれないから。

>>178
俺、ひどいときにはラスト考えないで書き始めることすらある(w
もっとも、今まで書いてきたのはSSばっかだけど。

昨日は夜七時から深夜三時までがんがって72枚まで書きました。
とりあえず、200枚までいきそうだ。よかった。(ぉ
これじゃだめなので、もうひとつ事件おこさなきゃ。

それにしても小説家って大変やな…。
もっとも、実質四日でここまで書いたってのは、速筆なんだろうか?

180 :173:02/08/31 17:28
ええと、内容は
「青春残虐連続猟奇首切りミッシングリンクオタPC用語全開本格ミステリ」



まじかよ

181 :名無しのオプ:02/08/31 17:46
「真備町ショートショートミステリ大賞」って、何作くらい応募あったのかなー。

182 :173(トリップテスト) ◆wouHZhqA :02/09/01 16:51
昨日は83枚まで。
次に書こうと思ってる新現実用のSF系SS連作の構想が頭の中をぐるぐる。

>>180はうそっぽいです。直します。
「青春残虐同時多発猟奇首切りミッシングリンクPC用語全開ミステリ」
こんなものでしょうか。
残念なことに、本格ではないような気がします。
浦賀とか、佐藤とかが若干近いです。
もともとトリックから思いついたので、アンフェアな部分とかはありません。
オカルトな部分もありませんが、綾辻の雰囲気論とかからすれば、本格ではありえません。
引用は町田康だし。

183 :名無しのオプ:02/09/02 22:08
綾辻さんの「どんどん橋、落ちた」みたいな作品を書いたんだけど、
短編にもならんような短い作品になってしまった・・・
何か、トリック重視の一発コンテストみたいな募集ない?
作家デビューとか関係なしに作品募集しているところをキボンヌ!

184 :蝙蝠男:02/09/02 23:21
創作文芸版にまたり文庫という投稿専門サイトがある。
一レスにおさまるくらい短いのは削除されるが、
そんな時は、あなたの文章真面目に批評しますスレに。

185 :名無しのオプ:02/09/02 23:34
>>185
虎の穴でひどい目にあった人

186 :名無しのオプ:02/09/04 20:41
>>183も書いてるんだけど、俺も短編がいくつかたまってんだよ。
でも短編の賞のページ数と合わないやつも多いし、どっか送りたいと思ってんだけど
普通の出版社じゃいきなり送っても読んでくれないのかな?
読まずにゴミ箱にポイ?

187 :名無しのオプ:02/09/04 20:56
>>186
大半がそーゆー運命。
創元の二十枚の謎あたりに送ってみたら?

188 :蝙蝠男:02/09/05 03:13
一冊分たまったら蘇部氏のようにメフィストに贈るという手もあり?

189 :名無しのオプ:02/09/05 06:07
>>149

そのとんちミステリ、もしかすると読んだことあるかも。
トレヴィアン三世とか異次元大介とか出てくるんとちゃうか?(w

190 :名無しのオプ:02/09/05 19:35
うぉう。全然、完成してないけど、
サイトにアップすると広告が邪魔だ!
でも気にするのは作者一人だろー。
神経質なのがいかんのだろーか。

191 :名無しのオプ:02/09/06 12:22
次回乱歩賞に挑戦する猛者はいないのか?
俺様が生暖かく見守ってやるっちゅーとんのに。

192 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/09/06 18:18
私はまだ生きてます。でもいまだ書けずです……。
詳細なプロットは出来てるのに、文章が出てこない。

仕方ないからやっぱり本を読むしかないのです……。うーん。

乱歩賞の最近の傾向はどんなんだろう?
それによっては狙ってみても面白い鴨な、なんて。

193 :名無しのオプ:02/09/06 20:07
>>192
プロットできてんならあせるこたーない。
フレーズが閃くまでそーゆー時もあるさ。
ゆっくり発酵するまで待つのも手だ。
乱歩賞狙うならガチガチの本格はやめときな。それだけ。

194 :名無しのオプ:02/09/06 20:07
>>192
プロットできてんならあせるこたーない。
フレーズが閃くまでそーゆー時もあるさ。
ゆっくり発酵するまで待つのも手だ。
乱歩賞狙うならガチガチの本格はやめときな。それだけ。

195 :名無しのオプ:02/09/06 20:11
>>192
プロットできてんならあせるこたーない。
フレーズが閃くまでそーゆー時もあるさ。
ゆっくり発酵するまで待つのも手だ。
乱歩賞狙うならガチガチの本格はやめときな。
叙述トリックなんかもよしといた方が賢明だ。
審査員に乃南なんてデブがいるから、心理サスペンスは穴狙いだな。
審査員の得意分野への応募は冒険だ。


196 :名無しのオプ:02/09/06 23:17
>>160
斉藤氏のは内容が薄かったような気が。
事前に計画してた事より、執筆中に自然に物語が展開するならそれを優先させよ
っていうのが記憶に残ってるぐらい。

197 :名無しのオプ:02/09/07 16:31
関口苑生の「乱歩賞と日本のミステリー」という評論を読めば
乱歩賞の伝統がつかめると思う。そこから傾向と対策を練ってくれ。
一般的には、ある分野の専門家が専門知識を駆使して描く広義の
ミステリー、という風に位置づけられているはず。
病院モノとか弁護士モノとか。スーパーの万引き監視員とか。
食品調査官とか。ここ数年はそういうカテゴリからはずれてきてるのかな。
とりあえず、文章がダメだと相手にされないと思う。<乱歩賞

198 :名無しのオプ:02/09/07 17:31
>>197
>ある分野の専門家が専門知識を駆使して描く広義のミステリー
専門分野が名探偵、っつーのは避けたほうがいいよねw

199 :名無しのオプ:02/09/09 04:24
『小説家への道II』(出版社わすれた)
いやIはどうしたとかいうのなしな。添削の実例とかあって文章の
書き方を再確認させられる感じ。なんとあの清涼院御大(wの
コメント(私はこうして賞を取った!)が載ってたりします。
文章を書く上で、初心者が陥りがちなミスを列挙して十戒みたいに
まとめた説明とかもあって分かりやすい。
久美沙織の『新人賞の取り方教えます』読むならこっち読んだ方が
効率いいかも。『新人賞の〜』は久美が受賞した時の作品がどうのと
書かれているけど、最近の投稿者たちは「そんな作品しらん」というの
が正直なとこだろうし(w 「最近おもしろかったことについて作文を
書け」という課題を出されて「最近おもしろかったこと」とかいうタイトル
で、「最近面白かったことは〜」とかいう書き出しをなんのてらいもなく
できるヤツは『新人賞の〜』を読んだ方がいいかもしれんが……。

森雅裕『推理小説常習犯』
ミステリの書き方を学べる本かと思ったら、全然ちがった(w
内容は、横溝正史賞佳作、そして江戸川乱歩賞を受賞し、推理作家の
エリートコースを歩むはずだった著者が、いかにして業界から干されて
いったかを克明に書き記した私怨120%の遺書だ(違、いや違わない
この本は、賞の受賞後、作家としてデビューしてから待ちうけている
現実を教えてくれる(と思う)。この本の刊行からすでに6年が経過
しているので業界の現状がどんなもんかは定かではないが、とりあえず
これを読んで覚悟はしておいた方がいいかも。
それにしてもあの狂歌は……
うそつきの やすうけあいを まにうけて しごと失い ねがう復讐
折句(各句の頭文字をつなげると……)が生々しい(w


200 :名無しのオプ:02/09/09 05:45
「小説作法」の本はかなり読んでるほうだと思うけど、今までで一番
印象に残ってるのは、『小池一夫の劇画村塾』(?)っていう薄い
マンガの描き方の本。キャラをどう立たせるか、作品冒頭でどうやって
読み手を感情移入させるか目から鱗。

じつは、次回乱歩賞に投稿するため処女作を書いてる途中。

201 :名無しのオプ:02/09/09 13:37
>>200
そういうのは「投稿」ではなく「応募」というのだよ。

202 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/09/09 16:39
>>195
フォローサンクス。

>>197
>>一般的には、ある分野の専門家が専門知識を駆使して描く広義の
>>ミステリー、という風に位置づけられているはず。
なるほどー。これ、乱歩賞作品の定義って感じの文ですな(笑。
とりあえず文章ダメだとダメですかそうですか……。

とりあえず発酵させつつ別のプロットも立ててみたりもする。
何か時間置くと自分のプロットが信用できなくなってくる。
時間を置いてみるのも良いな、やはり。冷静になれる。

203 :200:02/09/09 17:15
>>201

ご指摘どうも。(酔いにまかせて書き込んだもので)

簡単な単語でも使うときは辞書を引きまくるよう心掛けます。

204 :200:02/09/09 17:16
>>201

ご指摘どうも。(酔いにまかせて書き込んだもので)

簡単な単語でも使うときは辞書を引きまくるよう心掛けます。

205 :名無しのオプ:02/09/10 16:47
注文した警察関係の資料がやっと届いた。興味のある人は参考にして。
出版社はすべて立花書房。同社のHPに簡単な紹介があるので著者名などはカット。

「公判に強い捜査実務101問」
公判審理における手続きの流れを解説。また、警察が集めた証拠の証拠能力や、
手続きの不備などに関する注意点を解説。例えば偽の手がかりや偽の情報で
犯人をひっかけて自白に追い込んだとき、その自白は裁判で証拠能力を有するのか。
その捜査方法がそもそも違法ではないのか。

「新捜査書類全集――証拠法」
「新捜査書類全集2――任意捜査」
「実況見分調書記載要領」
「供述調書記載要領」
ちょっとした事件でも、詳しい見取り図、詳細な説明が作成されているのがわかる。
正直、あとから現場をもう一度調べなおした名探偵が新しい証拠を見つけるってのは
キツいなあ、と思ったり。

「職務質問実務必携」
警察が職務質問の際、どういう態度・口調で、何を聞くのかをまとめた本。
「あんな口調であんなことを聞いてくる警官はいないよ」と新人賞審査員に
笑われないために。

俺がいま知りたいのは、警察は殺人現場を何日くらい立ち入り禁止にするか。
素人探偵が現場に行けるのは事件発生後いつくらいからなんだろう。
誰か教えてプリーズ(ソースもキボンヌ)。

206 :名無しのオプ:02/09/10 20:23
>>205
素人探偵がでるということは本格なんでしょう?
社会派並のそんなに詳細な内容が必要でしょうか? 
あんたの話はリアルな設定をめざしているのか、いないのかわからんな・・・

最近の新本格を読んでも、警察関係に関してそこまで詳細気にしている
作家いないよ。

207 :名無しのオプ:02/09/10 21:14
>>206
素人探偵つーか、巻き込まれ型で、一般人が友人の死に疑問をおぼえて調査
するというタイプ。内容は密室+アリバイ崩し+叙述。既知のトリックの
組み合わせ。(一応誰もやっていない組み合わせだとは思うが自信なし)

自分の知識が足りなくて誰でも知っている(少なくとも審査員が求める
程度には)ことでポカやるのは嫌だなあ、と思うので調べてますな。
このあたりは文体および作風(そして投稿先)とからんでくることだとは
思うんでひとつ。過去の審査員評に「あのくらいは調べておいても」とか
あるのを見るとやっぱり気になってなあ。


208 :名無しのオプ:02/09/10 21:19
>>206

そりゃ必要ではないかと。アンリアルな設定のためにリアルを極めておくのは
戦略として何の不思議もないと思うんですけど

>最近の新本格を読んでも、警察関係に関してそこまで詳細気にしている
>作家いないよ。

そりゃそうですが、いかに何でも耐えられないときがあります

たとえば実際の警察捜査を踏まえて、素人探偵の食い込むスキマを見つけられて
それでシリーズ化でもできたら、これは絶対編集者が飛びつきます
だって大人の鑑賞にたえる本格物って、一番なくって困ってるんだもの

209 :名無しのオプ:02/09/11 00:06
警察の捜査はテレビドラマで見た記憶でしか書けない。
ごく普通のサラリーマンが何をしているか知らない。
とにかくプロフェッショナルな大人が描けない。
刑事や鑑識が報告に来るセリフは書けても、それだけのデータを得る為に
どんな労力が必要なのか想像が及ばない。
法廷シーンを書くなんてとんでもない。
面白い話や体験がある人がいてもインタビューに行かない
資料調べや取材なんてごめんこーむる。

描けるのは社会と無関係な生活をしている人間だけ。
語れるのはオタク的な知識だけ。
舞台にするのはありもしない場所の、事件に都合のいい建物だけ。

頼みますから、これからミステリー作家になる人は、こんなのだけは書かないでください。
ほんとお願いします。大変なんですから。

210 :205,207:02/09/11 01:16
いやまあ、俺は気にするので調べてるってだけで。
209さんの言いたいこともわかるが、個々人の作風によりけりだろうから、
まあみんな自分が信じるとおり頑張ってくれ。

あと余談だが、俺は、理科年表やインターネットの「過去の天気」なんかも使って、
気温や月齢、天候なんかも気にはしてる。これは別に「その年のその日の天気は
正確に書かなきゃダメ」ってんじゃなくて、だいたい何月の何日くらいは
これくらい風が冷たくて雪がちらついて……とか、情景描写にも役立つし、って感じ。
ガチガチに資料を適用しなくても、利用方法はあるだろうってこと。

もうひとつ余談。「知らないでポカをするのと、知っていてあえてウソを書くのは
やっぱり違う」と俺は思っている。一般論でいえば、資料にふりまわされる
うんちく小説も問題だし、むしろ資料をどれだけ捨てられるかが大事ってところか。
それに俺は正直知識不足なので、調べてわかる程度のことは調べておきたいという、
ただそれだけ。まあそれぞれだわな。みんながんばれや。オレモナー。

211 :209:02/09/11 02:25
思わず毒ガス入ってしまってすみませぬ。

>>210さんのおっしゃるのを聞いて、なぜだかとっても安堵しました。
心からご健筆を祈ります! 今の時流にとらわれず、
真摯で真っ当なミステリーを僕らに読ませてください。

212 :名無しのオプ:02/09/12 23:23
なにはともあれ、俺様が生暖かく見届けてやるから安心して書けや

213 :名無しのオプ:02/09/13 19:51
今月末〆切の横溝賞に応募するやつはいないんかい?

214 :名無しのオプ:02/09/13 22:45
>>213
横溝賞ですか。少し考えたんだけど、もう間に合わない。
俺は、長編は初応募となるから、玉砕覚悟で一度乱歩賞に応募しようと思っている。
もしかしたら、来年の今頃は横溝賞に応募しているかも。
横溝賞に応募しようと決めたのは、どういう理由からですか?



215 :名無しのオプ:02/09/14 00:02
参考になる本と言えば、
創元から文庫で出ている『推理短編六佳撰』は
いかがでしょう?

216 :名無しのオプ:02/09/16 17:44
>215
良い見本として「参考」にするのか、
他山の石として「参考」にするのか、
どっちですか。
なんか、どっちにしても、帯に短く、
襷に長いもんが6篇ならんでいるだけのような気が・・・

217 :215:02/09/16 17:48
で、その6編に選者の結構詳しい解説が載ってますでしょ。
『この作品が賞を逃したのはなぜか』って。
そこって参考になるかと思ったんですが。
だから、『他山の石』かな?

218 :名無しのオプ:02/09/17 06:55
誰か、創作文芸板に「ミステリー新人賞情報局」といったスレ立ててくれないかな。
ホラーのスレが三本も立っているのに、ミステリーがないんだよね。
俺? ごめん俺、初心者。スレ立てるなんて怖くてできないよ。
誰か2チャンのベテランの方、お願いします。


219 :名無しのオプ:02/09/17 10:00
>>218
誰だって最初は初心者だよ。気にせず自分でスレ立ててみな。
そうしなきゃ結局、いつまでたっても「初心者」レッテルのままだぞ・・・

220 :名無しのオプ:02/09/17 20:19
向こうで需要があるかどうか、向こうの雑談スレできいてから立てないと
まずいと思うぞ。

221 :名無しのオプ:02/09/17 20:45
以前、むこうで「ミステリー書いている人いますか」だったか、
そんな感じのスレがあったのを見たことがあるけど、
あまり盛り上がらずにすぐに倉庫入りしたみたい。
あの板では、ミステリー作家志望者はなぜかあんまり元気がない。
うまく仕切らないと大変だと思う。

222 :216:02/09/18 17:44
>217
なるほど。
作品そのものだけじゃなく、解説も含めてということか。
なら「他山の石」だね。
でもあの解説って、弱点をはっきり指摘してたっけ。
すまん、読んだの随分前なんで、忘れちまった。
作家志望じゃない人が買うと、かなり痛い本だ、
という事だけはよく覚えてるんだが。



223 :215:02/09/18 17:56
>222
あの本のコンセプトは『どの短編もそれなりのレベルだけど、
足りないところがあるので、なぜ創元の短編賞が取れなかったかを解説しつつ、
作品を紹介する』てことらしいですから、
作家志望じゃない人が買っても痛い、というのは正解です。

224 :名無しのオプ:02/09/18 20:29
本格物ではないが、小説推理新人賞のアンソロジーはおすすめ。
文庫本二冊で、受賞作の短編十作が読める。
新人のデビュー作だけど、プロのアンソロジーよりレベルは高いと思う。

225 :名無しのオプ:02/09/18 20:43
姉小路祐「推理作家製造学」が漏れ的にはよかったな。
姉小路が酷評もらいながらなんども賞にチャレンジしていく過程が描かれ
ている。その応募作自体も掲載されていたりして(この作品が相当イタイ
のだが・・・)
その作品のどこがだめか選考委員の解説もちゃんと載っている。
「作家のデビューってこういうもんなんだ」というふうに参考になったよ。







226 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/09/18 20:56
プロット作り直したらミステリーじゃなくなった……。
吊ってくる。

227 :名無しのオプ:02/09/18 21:00
>>225
その本に対する返事のような内容が、そのときの選考委員を務めた
佐野洋の「推理日記6」の(4)に収録されてる。

228 :名無しのオプ:02/09/18 21:13
>>226 俺もよくあるよ。
刑事や探偵を主人公にしない場合は、事件の解決より重要なことがでてきて、
それもきっちり書くべきだと感じてしまうんだ。
乱歩賞や横溝賞の最終選考でも、ミステリーじゃないという理由で、
落とされる作品がよくあるよね。
でも、下読みの人は評価したものを失格にするのなら、
ミステリーかどうかの基準を明確にして欲しいところだよね。

229 :名無しのオプ:02/09/18 21:25
別にミステリじゃなくてもいいじゃないの?
小説の価値って、「おもしろさ」だけだと思うからさ。
「おもしろさ」のみで評価されるメフィスト賞ってもんもあるし。
本人がミステリにあくまでもこだわりたいなら別だが・・・

でも最近の売れている作家って、京極、宮部、山田正紀とか、あまり
ジャンルにこだわってなくって実に自由にいろんな小説書いているよ
ね。あんな感じで自由にいろんな小説を書いてみたいと漏れは思うよ。



230 :名無しのオプ:02/09/18 21:37
>>229
>別にミステリじゃなくてもいいじゃないの?
では、このスレは一体・・・(w

231 :228:02/09/18 21:45
>>229
ほぼ同意。
ただ、デビューの際、ミステリー作家として認知されることが、
作家として生計を立てるうえで重要だと俺は思っている。
それに、いろんなものを書いてみたいという欲求もあるが、
やっぱりミステリーが一番好きだし。


232 :名無しのオプ:02/09/18 21:52
本多勝一 『日本語の作文技術』、『実戦・日本語の作文技術』(朝日文庫)

オススメ。
「俺の文章、ダメなんじゃないかな」と思ったことのある人は読んでみると吉。
どのように日本語を書くべきかが論理的に書かれてます。
よくブックオフ100円コーナーにおいてあるYO!

233 :名無しのオプ:02/09/19 00:06
やっぱ若桜木先生に弟子入りするのが一番だよ。

234 :名無しのオプ:02/09/19 00:30
>>232
あの本は頼りになる。個性的な文体を狙う以前に読みやすい文章を書く
技術を身につけるべきだという自戒を込めつつ禿同。
中島らもも「うまい文章より読みやすい文章」と言っていたし。

235 :名無しのオプ:02/09/19 00:53
というわけで、とてもレベルの低いところに話しが戻ってしまいました。

236 :名無しのオプ:02/09/19 01:33
まあ、ミステリを書くんだから正確な叙述の方法、
それを逆手にとって読者に勘違いさせる叙述を
学んで損はないかと。

237 :名無しのオプ:02/09/19 02:31
>>235
煽れば何か出てくると思ったら大間違いだぞ(プ

238 :名無しのオプ:02/09/19 02:52
>229
山田が、、、売れて、、、る?

239 :名無しのオプ:02/09/19 07:05
山田正紀を売れている作家に入れるのはどうかと(残念ながら)。
「ミステリー好きに支持されている作家」ではあるけどね。

西村・赤川・内田と並べてみると
あまり好きなもの書かされていないようだが…。


240 :名無しのオプ:02/09/19 07:58
別にレベルが低い話じゃないだろうに。素人の書く「個性的なつもりの文体」
ほどイタいものはないからな。特に一人称形式だと自慢か自虐かのどちらかが
多くてイヤになるし。読みやすいようにそぎ落とした文章を書ける
人は実力があるといっていいと思うが。
煽りにマジレスカコ悪い。

241 :名無しのオプ:02/09/19 08:12
同じことを二度書かない。これができるだけでだいぶ違う。

242 :名無しのオプ:02/09/19 13:08
>218
メフィスト賞のスレはあるな。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1030807405/l50
全く盛り上がってはいないけど。

243 :名無しのオプ:02/09/19 19:37
みんなミステリはどんなの書いてるの?


244 ::02/09/19 22:39
>>243
私は、パソコンで推理アドベンチャーゲームを作っています。
(質問の趣旨と違いますね。失礼しました)

245 :名無しのオプ:02/09/19 23:36
>242他にもミステリ書きスレ、トリックスレがあるよ。

246 :名無しのオプ:02/09/20 00:16
>>243

やっぱそ、警察関係者でもない捜査の素人が事件に取り組み、
最終的に解決に導くとして、そこに素人が事件を解決する必然性
がある話だす。逆に言うと、素人だからこそ事件を解決できたとか、
その素人だからこそ知ることのできる情報、考えることのできる
トリックみたいなのがあるといいな。

247 :名無しのオプ:02/09/20 06:55
>>246
さしつかえなければ事件のあらすじなど、書いてくれるとありがたいです。


248 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/09/20 23:21
とりあえず俺、スレ違い&板違いになってしまったんで、
創作文芸板に逝ってくる。
またプロットがミステリーになってしまったら戻ってくるよ。

今まで生暖かく見守ってくれた方々、ありがd。

249 :名無しのオプ:02/09/20 23:27
>>248
オイオイ… 今、創作文芸板は大荒れだぜ。ともかく、うさぴょんとかしっぽとかいう
コテハンは完全に無視しろよ。そうしないと、すぐにコピペの嵐が吹きまくるからな。

250 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/09/20 23:47
>>249
ホントだ(w。何か大荒れですね。
メフィストスレは下がってるから良いものの……。気を付けます。

251 :名無しのオプ:02/09/20 23:53
しかし下がっていると盛り上がらない罠。

252 :名無しのオプ:02/09/21 00:02
>>250
俺、創作文芸版の角川ネクスト賞のスレを毎日チェックしているよ。
結構盛り上がっているんだけど、あそこも最近変な書き込みが多いんだ。
ミステリーかどうか微妙になったら、メフィスト賞より
角川ネクスト賞の方がいいかもしれないよ。


253 :名無しのオプ:02/09/21 07:11
プロットでいいアイデアがうかぶとデビューできそうな気にならない?
実際はそれからが死ぬ思いなんだけどな。


254 :名無しのオプ:02/09/21 13:11
私はプロット以前の核となるアイディアだけでデビューできそうな気がする
実際はプロット立てる事に死ぬほど苦労する
……駄目じゃん

255 :名無しのオプ:02/09/21 16:27
素ん晴らしいアイデアもあって、しっかりしたプロットが出来上ってるんだが、
文章にすると突然つまらなくなる・・・何故だ

256 :名無しのオプ:02/09/21 18:23
オレはプロットやアイデア以前に「ミステリーの書き方」的
マニュアル本を読んだだけでデビューできそうな気がする。

257 :名無しのオプ:02/09/21 21:02
早稲田はここにもいてよー。

>256
ワラタ。

258 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/09/21 22:42
>>252
うぃ。角川ネクストも一応考えておきます。
でもちょっと「講談社」にこだわりがある罠。

>>257
うぃ。お誘いありがd。ではまったりと。
でも、さすがに実況はスレ&板違いなんでなるたけ控えます。

259 :名無しのオプ:02/09/23 08:54
角川も落ちぶれたよな〜講談社一人勝ちはまだまだ続くのでしょうか。


260 :名無しのオプ:02/09/23 11:57
光文社のカッパワンにも実は期待しているのだが、なかなか第二弾が出ないね。

261 :名無しのオプ:02/09/23 13:32
>>260
やっぱセールスに結びつかなかったんだろうな。
原書房の出してる新本格系と同じようなもんか。


262 :名無しのオプ:02/09/23 13:36
カッパワンの第一弾は目立たなかったけど
そこそこ読ませる作品だったんだけどねぇ

263 :名無しのオプ:02/09/23 14:19
>>261
原書房は意気込みは伝わってくるんだけど、いかんせん面子が弱いよな

264 :名無しのオプ:02/09/23 16:18
なんか最近、メフィスト賞に応募するのにためらいが生まれた。
絶対イロモノ扱いされるしな。でも俺、イロモノなんだけど(w

265 :名無しのオプ:02/09/23 16:54
>>263
作品も悪くないと思うんだが。


266 :名無しのオプ:02/09/23 17:04
メフィスト賞みたいに、「何でもあり」の新人賞に
応募するのって、実はけっこうリスクがあるのじゃないかと思う。

267 :名無しのオプ:02/09/24 00:09
例えばどんな?

268 :名無しのオプ:02/09/24 05:14
>>267
俺、266じゃないけど。
何でもありといっても、売れセンのジャンルでないと、
かえってハードルは高くなると思うよ。
それに、その賞のカラーから、
読者が内容を勝手に判断してしまうということもありうるね。


269 :名無しのオプ:02/09/24 07:00
たしかにある作品をみてメフィスト賞受賞と書いてあったらちょっと最近では
「すこしヲタっぽい風変わりな小説(ミステリ?)」という印象になってきた。


270 :名無しのオプ:02/09/24 07:01
ごく普通の本格系のミステリ書いても、メフィストに送るのはためらわ
れるね。


271 :名無しのオプ:02/09/24 09:38
確かに、メフィスト賞なんか読まんという人は俺も含めて多そうだね。

272 :名無しのオプ:02/09/24 13:00
266です。書き捨てにして申し訳ない。

『十角館の殺人』を落としてしまった乱歩賞を見てもわかる通り、
既存の新人賞のダメっぷりは周知のことだし、「面白ければ何でもOK」な
講談社ノベルスの受け入れ態勢が、多くの才能を世に出してきたことは
承知の上で書くんですが……

ここのスレなど見てると、「他の賞では受け入れてくれそうにないから」
メフィスト賞にという人が多いように見えるんですね。
普通、プロ作家って自分の書きたいものと発表媒体や時代状況、それに
読者が求めるものとの葛藤の中から作品を生み出していくものだと思います。
だから、一人の作家が多くのジャンルを書きこなすのも当たり前だったわけで。

もし、そういう姿勢が最初に欠けているのならちょっとヤバいですし、
「そういう葛藤抜きで、自分の好きなごく狭い範囲から出ようとしない書き手」
というレッテルを張られるなら不利じゃないかなあと思ったわけなんです。

でも、エンタメ作家といって清涼院氏の名が挙がる時世ですから
上記のようなプロ作家観も時代遅れなのかもしれませんね。
というわけで、失礼しました。

273 :名無しのオプ:02/09/24 14:56
>>272

>自分の好きなごく狭い範囲から出ようとしない書き手

 だが、その狭い範囲だけでマーケットが成立してるわけだしねえ
 現にメフィスト的な作品しか読まない、それどころか
 272さんがいう葛藤を経たような作品をウザがる読者が激増したのも事実

274 :名無しのオプ:02/09/25 00:21
うむ。
意外と由々しきものなのだよメフィスト賞というのは。
評価が定まるのは10年あとだな。

275 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/09/25 08:04
メフィスト賞は「傾向と対策」が立てにくいので、
ピンポイント爆撃は意外と難しいと思う。
俺もいかに作品を「珍奇」にするか四苦八苦したりしてるし。

276 :早稲田 ◆iogmRv7g :02/09/25 08:07
「珍奇」っつーのも変か。「新奇」。

277 :名無しのオプ:02/09/25 12:39
と思ったら氷川透ガ取ったりもするんだけどな

278 :名無しのオプ:02/09/25 20:04
受賞の選定基準ってあまりないからね>メ賞
たんに編集者が気に入るかどうか。


279 :名無しのオプ:02/09/26 04:35
変な物が続くと、逆にまとまりのよい物が受賞してるような雰囲気も

280 :名無しのオプ:02/09/26 06:46
あとメフィストの場合、その回でよかったやつを修正させて再度別の回
で賞にするということがあるみたい。一発勝負ではないところが最も
デビューしやすい賞といわれる所以でしょうか。


281 :名無しのオプ:02/09/26 07:17
>>280
それは知らんかった。
さすが「持ち込み」を標榜するだけのことはあるな。

282 :名無しのオプ:02/09/26 18:44
>>215 >>216
「推理短編6佳撰」読んだよ。期待しないで読んだら、割と楽しめた。
最終選考に残った6作品について、宮部みゆきと北村薫が巻末の対談の中で、
その落選理由を明らかにしている。
これ受賞してもいいじゃないかという作品が2、3あったけど対談を読んで納得。
とても参考になったよ。

283 :215:02/09/27 13:12
そうですか。お役に立つことが出来て
私も嬉しいです。

284 :名無しのオプ:02/09/28 20:53
最近じゃ鮎哲賞も受賞作に、デビューを前提に何度か修正を入れさせるらし
いね。
島荘のデジカメ日記に書いてあったが。



285 :名無しのオプ:02/09/28 21:57
オール読物推理小説新人賞に応募したんだけど、まだ連絡こないって
ことはダメなんかな?

286 :名無しのオプ:02/09/29 03:43
ご愁傷様。

287 :名無しのオプ:02/09/29 11:52
オール読物推理小説新人賞の受賞者リスト見たけど、
全然聞いたこともないような人か、ベストセラー常連かどっちかしかいないな。
何でだろ?

288 :名無しのオプ:02/09/29 17:14
>>287
乱歩賞もそんな感じだよ。
今は消えちゃってる人も多い。

289 :名無しのオプ:02/09/29 20:00
それでも、乱歩賞は一番生存率が高いんじゃないの。
横溝賞やサンミス賞は、かなり厳しいよ。

290 :名無しのオプ:02/09/29 20:50
こんな意見も


ttp://homepage2.nifty.com/yoshinojin/Mutter.files/Mut02.html

291 :名無しのオプ:02/09/29 22:30
>>288
乱歩賞の生存率が低いのは分かる。
専門知識を持つ人が、それをミステリ仕立てで紹介して取るような賞だから次に続かない。

実は鮎川哲也賞の生存率が賞の規模の割に凄いと思うんだが。
みんな中途半端だけどな。

292 :名無しのオプ:02/09/29 23:05
そりゃ、鮎川賞は方向性が定まっているから。
ある意味せまい部分をねらい撃ち。

293 :名無しのオプ:02/09/30 02:40
要するに、どの賞もダメなヤツはダメってことですね。

294 :名無しのオプ:02/09/30 04:22
>>293

いや、そういっちゃかわいそうだ。
新人に冷たい出版社とそうでない社の差というのもある。
大手の看板雑誌ほどそういう傾向が強いかも。

たとえば、西村京太郎がオール読物推理新人賞と江戸川乱歩賞をとったあと、
オールと小説現代の編集部を訪れたときの対応はずいぶん冷たいものだったという。
森村誠一も、なかなか乱歩賞受賞第一作の短編を載せてくれずに苦労したそうだ。
赤川次郎でさえ、第二作の発表まで1年近く間があったんじゃなかったか。

受賞者に担当がついて、次を書け書けという出版社(そのかわり抱え込みがキツイ)、
別に何もフォローしてくれないけど、自主的に書いていったら出してくれる出版社、
全然相手にせず、受賞作だけで縁切りにしてしまう出版社、
そのあたりの見極めが大事。これがまた時代とともに変わるしね。

かつて今はなき「小説CLUB」新人賞が注目されたことがあった。
毎年の新人に、1年間は誌面を開放する。つまりいいものを書いてくれば毎月必ず載せる。
これで本人も力がつくし、その間に業界でも名が知られて注文がくるというわけだ。

295 :名無しのオプ:02/09/30 11:32
今ならやっぱり講談社なのかなあ

296 :名無しのオプ:02/09/30 15:13
森雅弘はなぜあんなに苦労したのか

297 :名無しのオプ:02/09/30 17:31
あの人は人間的にアクが強すぎるよ

298 :名無しのオプ:02/09/30 19:33
鮎川賞の方向性って、どんなの?
ちなみに乱歩賞や横溝賞もそういうのあるんですか?


299 :名無しのオプ:02/09/30 20:14
鮎川→本格指向が強い。
乱歩→情報・専門小説、あるいは社会派が有利か、大人の読物であることを重視。
横溝→一概に言えないが、本格、ホラー系、ノワール系が有利かも。
ただし、テーマの設定という工夫により、偏りを是正している様子。
こんなところでしょうかね?

300 :A.M.:02/09/30 20:31
確かに鮎川哲也賞(長編)の方は本格志向が強いですね。その一方で
創元推理短編賞の方はわりと本格志向が薄いような気がするのですが
いかがでしょう。受賞作の『高塔奇譚』『とりのなきうた』を読むと
本格志向というより、文学的な香りが好まれているみたいな感じ。

今年の受賞作『昆虫記』はどうなのでしょう。

301 :名無しのオプ:02/09/30 21:07
なんで専門性が高い賞になってしまったんでしょうね。乱歩賞。
なんか乱歩の名前を冠するわりに違和感が・・・


302 :名無しのオプ:02/09/30 21:47
創元推理短編賞って応募作が100ちょっとぐらいしか集まらないんでしょ。
そのなかからあまりに酷いものを除くと、後は推して知るべし

303 :名無しのオプ:02/09/30 22:04
>>302
過去のデータはわかりませんが、今年に限っていえば、応募者数は、
創元推理短編賞→210
鮎川哲也賞→74
となっていますね。

304 :名無しのオプ:02/09/30 22:17
>>303
あ、逆か。鮎哲賞のほうが応募が多いと思ってた。

305 :名無しのオプ:02/09/30 22:18
しかし74って、一次を通らなかったら小説書くのはやめたほうがいいような数字だな。

306 :名無しのオプ:02/09/30 23:31
減ったなあ。弟5、6回くらいまでは応募総数120くらいが普通だった
ように記憶しているが。<鮎川賞
あそこはトリックや論理が優先される賞なので、
「トリックだけは歴史に残るものだ」と思うなら投稿するが吉かと。
本格じゃないと相手にされないってのはお約束。
受賞作なし、って年もあるから、あまりなめてかかるのもどうかと思うが。
あと実際賞をとっているのは、文章や人物造形とトリックがバランス良く
まとまったものだと思う。

307 :名無しのオプ:02/09/30 23:35
補足。西澤保彦が鮎川賞に何度も落選してるので、現実味の薄い作風は
ちょっとつらいと思う。選評を読んでもそんなようなことがよく書いてある。
オーソドックスな本格をきっちり書ける人なら挑戦するといいかも。

308 :名無しのオプ:02/10/01 00:06
なるへそ

309 :名無しのオプ:02/10/01 08:29
よく考えてみると、謎解きゲームという非日常なものを、
日常的な現実空間の中にピタッとはめこむのが本格ミステリの妙味だったわけで、
それをまたトンデモな非現実設定の中に入れちゃう今の「本格」ってヘンだよね。
そういう頑固さを鮎川賞には期待したかったりして。

310 :名無しのオプ:02/10/01 10:04
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/2968/rzAyukawa.htm

311 :名無しのオプ:02/10/01 12:32
>>鮎川賞
社会派っぽい(乱歩賞的?)な作品やSF発想のサスペンスっぽい(メフィスト?)
作品に関しては、選評で「投稿先をまちがえたのではないか」とか言われていて
妙に笑える。あと「トリックや謎解きが単純すぎる」とか。
二階堂黎人が佳作をとったときには、他の賞なら古くさいと言われて
相手にされなかったかもしれないが鮎川賞は問題ない、と鮎川哲也本人が
言っていたように記憶しているな。
お前ら地味で手堅いガチガチの本格書いて送ってください。俺も読みたいし。

312 :名無しのオプ:02/10/01 12:53
>311
「地味で手堅いガチガチの本格」というのは、具体的にはどういうの?
法月みたいなのかな?
俺、本格物を書こうとすると、どうしても短編になってしまう。
長編にするためには、キャラ萌えとか、オタク話を入れないと続かないんだ。

313 :名無しのオプ:02/10/01 15:39
>>312

いや、だから本筋に関係ない薀蓄とか入れなくってもさ。
まず事件が起こって、その謎を解いてゆく行為は過去へさかのぼってゆくことだけど、
捜査そのものは現在進行形でしょ? そこに状況の変化とか盛り込んで結末に向かって進めてゆけば
おのずと読みごたえある長編になりますわな。つまり謎解きはトリッキーに、捜査はドラマチックにてなわけで。

黄金時代の長編は必読だが、ヴァン・ダインや初期のクイーンみたいに、
関係者の尋問がえんえん続くのはむろん避けた方がいいですじゃ。

そういうのが苦手だった横溝の金田一もののベスト級長編はやはりいいものです。
きっと参考になりますよ。

−−って何アドバイスしてんだ>俺

個人的には「ガチガチの本格」より「ガッチリした本格」を希望いたす。

314 :名無しのオプ:02/10/01 16:00
>>312
冗長なくらいなら短編の方がいいな


315 :名無しのオプ:02/10/01 16:29
短編集ってあまり売れないそうだね。
そのせいか、短編ネタを無理やり引き延ばして、
長編に仕立てているような作品が最近多いと思うよ。

316 :名無しのオプ:02/10/01 18:25
昨夜の「爆笑問題のススメ」って番組みた?
小説家の卵を募集して、部屋に閉じ込めて、笑い者にして、
その見返りとして本を出してあげるという企画があるらしいぞ。

317 :名無しのオプ:02/10/01 22:57
>>312
もう2・3人殺しとけ

318 :名無しのオプ:02/10/02 06:48
>>317
同意。長くするなら連続殺人に限る。
金田一物のほとんどがそうだし、昔の本格である程度以上の長さの長編だ
と、単独の殺人の場合のほうが稀だよ。


319 :名無しのオプ:02/10/02 08:45
まず誰かを殺す。
次に、一見関係なさそうな誰かを殺す。
さらに、その二人を殺した容疑者と思われる誰かを殺す。


320 :牛丼特盛。武部さん更迭されちゃったね・・・:02/10/02 08:46
>>315
そうみたいね。本の市場全体が冷え込んでるってこともあるけど
最近の読者は「短編集のお得感」よりも「駄作な装丁本の手触り」
がよろしいみたいね・・・
つまり、装丁本を持ち歩くことを一種の教養のパフォーマンス
とおもってるみたいね。

>>316
見たよー!はっきりいってあれは電波少年的トキワ荘のパクリだね
しかもうしろにいたグラビアアイドルが目障りだったね。
爆笑問題は色気とは無縁だと思ったのに、深夜帯の番組だから
しょうがないかと思った・・・

321 :名無しのオプ:02/10/02 08:50
>320
おまえ、何様?

322 :名無しのオプ:02/10/02 08:55
末永ぴゃーぽ様

323 :名無しのオプ:02/10/02 10:36
>>318,>>319

おいおい、それじゃ古典本格の時代よりもっと前の、
1910年代とか20年代初めのミステリになっちゃうよ。
いくら何でもパターン古すぎ。

探偵が訪ねてゆく先々で関係者が殺されてるタイプのやつね。
ル・キューとかオッペンハイムとか、ウォーレスとか。
といっても読んだことはないですけど。

324 :名無しのオプ:02/10/02 11:14
>>322
流行に敏感だな

325 :名無しのオプ:02/10/02 21:42
>>323
パターンが古いっつーか、本格はこれしかないだろう。

326 :名無しのオプ:02/10/03 06:49
>>323
あんたあんまり新本格とか読んでないだろ?今でも王道なんだよ>連続殺人


327 :名無しのオプ:02/10/03 12:42
冒頭でひとり死んで、あとはえんえんと捜査、尋問、尋問、また尋問。
新しい証拠がでるたびに変わる容疑者。仮説の上に仮説を積み重ねた推理。
これもまた王道。

328 :名無しのオプ:02/10/04 10:32
とにかく、最初の1章で死体が出てこないとイライラすんだよな、俺…。


329 :名無しのオプ:02/10/04 16:31
>>328
こういう人は多いと思うから、
ド頭で死体を出してから冒頭部分にカットバックしましょう。

330 :名無しのオプ:02/10/04 16:46
>>323
読んでますわいな、そんなもん。

>>328>>329
最近のブ厚い系新本格は、かえって殺人の起きるまで何百ページも費やしてますよね。
あれもいいんだか、わるいんだか。
ブレイク前の西村京太郎は「殺人をさっさと起こせ、レギュラー探偵を早く登場させろ」と命じられていたそうだ。
昔の方が、そういうシバリはきつかったのですかね。

331 :名無しのオプ:02/10/04 21:08
>>330
時代もあるかも知らんけど、西京と京極では読者層も違うだろう。

332 :名無しのオプ:02/10/06 10:03
連載か書き下ろしかによっても違うよ。


333 :名無しのオプ:02/10/06 11:11
爆笑問題のススメ
http://www.stv.ne.jp/tv/susume/

作家志望の方大募集!!
「爆笑問題のススメ」では作家志望の方々を募集します。
 自分の本(小説)を出版する大チャンス!

応募要項

●履歴書
(住所,氏名,年齢,職業,性別,電話番号と
好きな作家 (小説家)・好きな作品も記入)
●未発表の短編小説
●"意気込み"を400字詰めの原稿用紙1枚
  (どんな小説を書きたいのか?)

宛先
〒060−8706
札幌テレビ「爆笑問題のススメ かんづめ」係

334 : :02/10/11 07:14
age

335 :初心者:02/10/11 18:18
ミステリー小説の書き方といった本を二、三冊読んで、
プロットをきっちり立てることが重要だということを学びました。
でも、辻褄合わせや自然なストーリー展開といった細かい点を気にしていていたら、
プロットが完成するまで二カ月近くかかりました。百枚程度の短編になりそうです。
プロットづくりにこんなに時間をかけていいのでしょうか?

336 :名無しのオプ:02/10/11 18:27
それでいいのです

337 :初心者:02/10/11 18:38
こんな遅いペースだと、仮にプロになっても、
本を一冊出すのに一年以上かかりそうです。
才能がないのかなと不安になります。
新人賞に短編を応募している人たちは、一作仕上げるのに、
どのぐらい時間をかけているのでしょうか?

338 :名無しのオプ:02/10/11 18:59
最初はそんなもんだよ
文章は慣れれば早くなるしね
そりゃスピーディにプロットが練れれば、それに越したことはないけど
現役プロ作家の短編なんてほとんどがやっつけ仕事みたいなのばかりだし
時間をかけても納得のいくものを作る方がプラスになるよ。絶対

339 :名無しのオブ:02/10/11 19:06
一作書くのに予想外に時間がかかる。
僕も書いてるけど、
プロットができていても書いてる途中で別の展開を思いついて、
どっちにするか迷う時があったり、
一回ちょっと書いて読んで書きなおすを繰り返したり、
こんな感じで僕は書いてるからペースが遅くなるけど、
時間に余裕があるなら1日五ページのペースで書けば、
2、3か月くらいで書けると思うけど。
まあ、人によっては違うからね。




340 :初心者:02/10/11 19:11
>>336 >>338
ありがとうございます。多少不安の解消になりました。

341 :初心者:02/10/11 19:27
>>339
ありがとうございます。

もう一つ質問ですが、百五十枚ぐらいのミステリーの短編というのは、
応募するとところはないのでしょうか?

342 :名無しのオプ:02/10/11 20:15
>>341
内容にもよるけど、なかなかない……はず。
ちなみに、150枚だと中編とみなされまふ。

343 :名無しのオプ:02/10/11 23:59
つーか、電話して聞けよ


344 :初心者:02/10/12 18:29
今日図書館でいろいろ調べてみたけど、出版社系のミステリーの新人賞では
150枚ぐらいの中編はやはり募集がないみたいだね。
フリージャンルの〆切なしの賞としては、ネクストとカッパワンが200枚以上、
メフィストが350枚以上だった。
一覧表を作成してみたけど、誰かの役に立つかもしれないので、アップしてみるよ。
このほかにも、出版社系のミステリーの新人賞があったら教えてほしい。


345 :名無しのオプ:02/10/12 18:48
名称 規定枚数 〆切 発表 賞金
鮎川哲也 350〜800 10月末 3月中旬 ナシ
小説推理 40〜80 11月末 6月下旬 100万円
松本清張 250〜400 11月末 4月中旬 300万円
江戸川賞 350〜550 1月末 5月下旬 1000万円
創元短編 30〜100 3月末 6月下旬 30万円
日本ミス 350〜600 4月末 10月下旬 500万円
このミス 350〜800 5月末 10月上旬 1200万円
読物推理 50〜100 6月末 10月下旬 50万円
横溝正史 350〜800 9月末 2月下旬 500万円


346 :名無しのオプ:02/10/12 21:01
(・∀・)イイ!

  名称   規定枚数   〆切    発表    賞金
鮎川哲也  350〜800  10月末  3月中旬   ナシ
小説推理  40〜80    11月末  6月下旬  100万円
松本清張  250〜400  11月末  4月中旬  300万円
江戸川賞  350〜550  1月末   5月下旬   1000万円
創元短編  30〜100   3月末  6月下旬   30万円
日本ミス   350〜600   4月末  10月下旬  500万円
このミス   350〜800  5月末  10月上旬  1200万円
読物推理  50〜100.  6月末  10月下旬  50万円
横溝正史  350〜800  9月末  2月下旬  500万円

347 :初心者:02/10/12 23:43
>>246
見やすくしてくれてありがとう。
アップしようとしたら、要領がわからなくてうまくいかなかったんだ。

一部訂正があります。カッパワンは〆切なしではなくて、6月末と12月末が〆切。
ただ、〆切前の出版もありうるということです。
それから、小説推理新人賞は40〜80枚ではなくて、80枚以内でした。
申し訳ありませんでした。


348 :名無しのオプ:02/10/13 00:08
すみません
短編 中編 長篇 の分かれ目って、何枚くらいなのでしょう?

349 :名無しのオプ:02/10/13 00:25
短編 100枚以下
中編 150〜250ぐらい
長編 300以上
てな感じ?

350 :  :02/10/13 16:16
ちなみにメフィスト賞の募集要項ってわかりますか?


351 :名無しのオブ:02/10/13 16:27
メフィスト買えば?

352 :名無しのオプ:02/10/13 18:45

http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1030807405/l50

353 ::02/10/13 18:48
創作文芸版メフィストスレ発言37が、募集要項を略記。

354 :  :02/10/14 08:29
そうかメフィスト賞って締め切りないのね


355 :名無しのオプ:02/10/14 13:11
まだ大丈夫と思ってゆっくり書いてるうちにメフィストが無くなりそうだけどな。

356 :名無しのオプ:02/10/21 13:24
小説推理新人賞に応募します。

357 :名無しのオプ:02/10/21 17:23
>>356
わっ、俺も応募しようと思っていたのだが。もう完成したんですか?
俺はやっとプロットが9割方できたところだけど、あまり面白くなさそうな感じなので、
どうしようかと悩んでいるところだ。ところで、去年の受賞作は読んだ?

358 :名無しのオプ:02/10/22 03:07
俺も出そうかな、小説推理。来月末が締め切りだっけか? 今月?
はよ書かな。

359 :名無しのオプ:02/10/22 05:51
>>357
一応原稿容姿53枚一気に書ききりました。
これから誤字脱字や文章の誤りを直して、最終的に完成させます。


360 :    :02/10/22 08:52
鮎哲賞に応募する人いる? 今月締め切りだけど

361 :名無しのオプ:02/10/22 17:27
小説推理の今年の受賞作と選評を読んだけど、文芸性重視という感じを受けたよ。
選考委員に萬月が入っているから、文章力も大切にしているみたい。

362 :名無しのオプ:02/10/23 04:47
メフィストってオカルトはだめだよね?

363 :名無しのオプ:02/10/23 07:00
>>362
おもしろければ何でもいいんだよ。

364 :名無しのオプ:02/10/23 14:24
>>362
面白ければトイレットペーパーでもいいんだよ


365 :名無しのオプ:02/10/30 09:44
  

366 :名無しのオプ:02/10/31 13:09
ノヴェラってどれくらいの量なの?

367 :早稲田 ◆9jiogmRv7g :02/11/01 23:48
ども。早稲田です。紆余曲折にプロットを弄くり回して、
結局ミステリィを書くことになったメフィスト志望者です。
今は創作文芸板に住んでますが、
ミステリィ書くことになったんで挨拶だけしてみました次第。

368 :名無しのオプ:02/11/04 13:01
>>366
400字詰め換算で100〜150枚程度かな。
今は小説が全体に長めの時期なんで、150枚前後と考えてもいいかも知れない。
単行本に3〜4本ぐらい入って「中編集」と言えるぐらいの長さですか。


369 :名無しのオプ:02/11/05 00:04
>>367
ガーンガレー

370 :名無しのオプ:02/11/05 01:57
漏れもメフィスト用に原稿書いてマッスル。
京極夏彦と高田崇史と北村薫と北森鴻と舞城王太郎と佐藤友哉とを
融合させたようなミステリ作品です。
>>367一緒にガンガローぜ。

371 :名無しのオプ:02/11/06 04:13
>>370
想像できんよ

372 :名無しのオプ:02/11/06 13:40
これといって、良いミステリー作品が見当たらない文庫シリーズの新人賞に応募するのは得なのかな?
ジュニア系の電撃文庫に収録されている「ミステリー」を読んでみたが、糞だったので、そう思ったのですが。

最近は、何で短編集の人気がないのかな?
創元から出ているクラシックシリーズの短編集を愛読している私は時代遅れ?

373 :名無しのオプ:02/11/06 15:33
>>370
…なんか油帯分離しそうな面々だな。

それはそうと、ミステリー書くのにミステリーを多く読んでおくべきもの?
漏れは逆に好きな作家一人に絞ってそこで文法覚えて、
後は全然違うジャンル(というかnot小説)ばかり読んでるのだが…

374 :名無しのオプ:02/11/06 15:56
>>372
電撃にミステリーなんかあったのか。

個人的には富士見ミステリーの東京タブロイドは好きだけど、
どれにせよラノベ書きにミステリー書かせてみましたという感じが強いので勧めない。
そもそもキャラの個性が優先されるから、ミステリーなんて名前だけというのも多い。

漏れも短編集は好きだ。(最初がシャーロック・ホームズの冒険だったのもあるが)
「萌え要素」がふんだんに散りばめられ、
「キャラの個性」が皆強く、
中身は本格な短編集だと意外にウケるかもしれない。

375 :370:02/11/06 18:52
>>371
観念的な意味での妖怪、叙情的かつ破壊的文体でつづる青春群像(藁

>>372
電撃のミステリ作品ってそんなに知らんですが、高畑京一郎の『タイム・リープ』
『ダブル・キャスト』はけっこうおもろかったよ。あれらはどっちかというと
日常SFミステリか。
うえお久光の『悪魔のミカタ』シリーズは痛いな。一作目はかろうじて
西澤系SFミステリでそれなりに読めたけど、以降は一応謎は出てくるけど
萌えに走りまくって電波とかDQNとかばっか出てくるんでだめだ……それでも
読んでるけど。
電撃賞応募作で、ミステリは他の投稿作品と比べて少数派だろうからそういう
意味で狙い目かもしれないけど、電撃というフォーマット自体がけっこう邪魔な
制約を持っていると思うんでどうだろう。

>>373
確かにミステリ作品ばかり読んでいると霧舎みたいな局地的な話を書くように
なってしまうのかと思ったり……、題材やトリックの重複を防ぐとか、様式を
知るためにいくつも読むとかいうことはあるけど、あまりそうやってミステリ
作品ばかり偏重してよんでいると、逆に「あの作品はああいう構成だったっけ」
とか「あの作品ではああいうトリックを使ってた」とか、既存の作品と違うこと
を書くことに執着して自分の作風を殺すことにもなりかねないんで、ほどほどに
って思います。本当は、いくつ読んだところで自分の作品がそれらにとりこまれる
ことのない自信を持つことが一番なんだろうけど。

>>374
漏れが今書いているのは連作中編集で、一つの話ごとにちょっとした事件が
起こって、そこに関わる人間のうち、特に主人公格の二人くらいを読者に
紹介するみたいな形で進んでいって、最後にオールスター登場(藁 で
大きな事件を各人の視点で書くって構成で進めてるよ。

376 :早稲田 ◆9jiogmRv7g :02/11/06 23:09
書いてる人いるねー。
こっちはまったりしてて良いね。一緒にガンガロー!

俺が書いてるのは西澤系の割と端正な変格ミステリィ。
バランスの良さが評価されなかったらそれまで。
地力が問われる。死ぬる。

377 :名無しのオプ:02/11/08 14:17
>>374 >>375
ちなみに俺が読んだ電撃のミステリーは《英ファイル》っていうやつ。

ところで、
「ジュニア物は囲い込みが露骨で、しかも無期限」とか
「大人物の編集者はジュニア作家を作家として認めない」っていう話、本当?

378 :名無しのオプ:02/11/08 15:26
>>377
ほぼ本当。一部該当しない所ありだが。

379 :名無しのオプ:02/11/10 03:43
>>377
編集は見栄の世界があるからね。
作家として認めないというよりは、見下してるという感じ。
でも、そんな「大人物」より文法が綺麗で面白い物を書いてる人も中にいるんだよな。
ネタがホモだとかショタだとかいう困ったものもあるのだが…

380 :名無しのオプ:02/11/10 16:59
ん?
ジュニアものを書いていたからと言って、
一般小説で面白い物がかけるかどうかは別物。
だから一般小説での実績としては認めない。
ってのは当たり前だと思うけど。
本格ミステリ書いてた人が、突然、ラブロマンス書きたいんです。
って言っても、編集者に苦い顔されて、却下されるのと一緒だよ。
当然のようにジャンルが違う。

381 :名無しのオプ:02/11/11 15:23
その「ジュニアもの」と「一般小説」っていうものの区切りってどこだろう?

余談だが、本格ミステリー書いてるはずなのに気がつくとラブロマンスになってる人気作家もいるけどね…

382 :名無しのオプ:02/11/11 16:12
あきらかに違うじゃん。
微妙な位置のはあるにはあるが、核の部分は全然違う。

383 :名無しのオプ:02/11/12 18:36
>>381
版元が違う

384 :名無しのオプ:02/11/13 16:25
ジュニアものでデビューするのは、損か…

385 :名無しのオプ:02/11/13 16:28
ジュニア物といえばテキスト王の工藤さんは元気にやってんのかな?

386 :A.M.:02/11/13 16:38
ミステリー作家が「実は僕、ホラーが書きたいんですよ」と
言い出したとき、編集者はどんな顔をしたのかなあ、などと
ふと考えてみたりする。

どんな顔をする、じゃなくてどんな顔をした、ってのが味噌。

387 :名無しのオプ:02/11/14 02:19
死ぬまでに一冊は本だしたいやね

388 :名無しのオプ:02/11/14 08:39
>>387
そういうこといっている人は出さないよ絶対。

389 :名無しのオプ:02/11/14 09:40
いや、そういうこといってた綾辻はデビューしたじゃないか。

390 :名無しのオプ:02/11/14 18:25
とりあえず書き上げることから始めようぜ

391 :名無しのオプ:02/11/15 16:34
大人ものの作家には、ジュニア向けのところから依頼があるよ
両方書きたければ、大人ものでデビューするが吉

392 :名無しのオプ:02/11/15 18:41
>>387
一冊だけだとたちまち流されて、あとかたもなく消えてしまう。
その一冊を生き残らせるためにも書き続けなくてはならない。
会社に入ったら毎日出勤しなくてはならないように。

「書かない・書けない」ことが許されて、
しかも消えずにすむのは、ほんの一部の選ばれた作家だけ。
それが幸運なのかどうかはわからないけど。

393 :名無しのオプ:02/11/15 18:49
>388,>392
387が書いたのは「死ぬまでに一冊は本出したいやね」なんだぞ。
そんなつっこみをするのはずれてると感じないのか?

394 :名無しのオプ:02/11/15 20:51
一年に一冊でいいですか?

395 :名無しのオプ:02/11/15 21:41
>>393
それもそうであった。すみませぬ。ちなみにワシ>>392

396 :名無しのオプ:02/11/16 01:20
謝る必要はないぞ!
わが道を進め!!

397 :名無しのオプ:02/11/16 14:25
真備町ショートショートミステリ、受賞作3作の発表だけでなく、最終候補の22名くらい、発表しても良いと思うがな。

398 :名無しのオプ:02/11/16 22:41
選考委員やら編集者やらに
露骨にゴマをすったような作品を選ぶのをやめれ

399 :名無しのオプ:02/11/21 10:20
本格物が好きな俺としては、近年の本格物の少なさに愕然としている。
特に、本格物を受け入れてくれる賞が少ないということが。

400 :名無しのオプ:02/11/21 10:56
>>399
ここ1年ぐらいで本格は急激に売れなくなった模様。
講談社メフィスト系の色モノ本格のせいか。


401 :名無しのオプ:02/11/21 11:32
今は何が売れてるの?

402 :名無しのオプ:02/11/21 14:59
>401
ラノベ

403 :名無しのオプ:02/11/21 18:20
>>400
いや、本格作品の数自体が減ってるんだよ。がくんと。

404 :名無しのオプ:02/11/21 21:58
ああ、ここはいいなぁ…
創作板は怖くて怖くて(w

405 :名無しのオプ:02/11/22 09:53
>>403
うーん、俺は今年は逆に出すぎだと思うんだが。


406 :名無しのオプ:02/11/24 00:24
たぶん403の考える本格と405のそれは全く違うもののような気がする

407 :早稲田 ◆9jiogmRv7g :02/11/24 14:12
創作板荒れてるねえ……(笑。

一日10枚書く、とか言って書けない人がここにはいっぱいいる。
と言ってみるテスト。

408 :名無しのオプ:02/11/25 00:56
創作板って作家志望が集まってるところなのか?

409 :名無しのオプ:02/11/25 01:35
いや、作家になれない人たちが自分のポジションを確認するために集ってる板です。

410 :名無しのオプ:02/11/29 18:32
小説推理新人賞、今日、応募しました。
簡易書留にしたら、郵便局のお兄ちゃん、受取り証に小説推理新人賞と書き込んでくれた。
内心笑っているんだろうね。なんか恥ずかし。
次は、小説現代に送ろうかな。応募要項見たら、推理小説もOKみたいだし。


411 :名無しのオプ:02/11/29 20:58
>>410
賞取ったらこのスレにAAでサインして。

412 :名無しのオプ:02/12/03 16:12
乱歩賞の〆切まで2ヶ月きったけど、ここの住人で応募する人は誰もいないのかな?
私は100枚書いたところで止まってます。

413 :名無しぞな:02/12/04 20:04
いま、『曲り角の殺意』(仮題)というのを書いてます。
どこかの雑誌の「第一次予選通過作品」の欄で見かけたら思い出してくれ。

414 :名無しのオプ:02/12/04 20:09
いま、『曲り角の殺意』(仮題)というのを書いてます。
どこかの雑誌の「第一次予選通過作品」の欄で見かけたら思い出してくれ。

415 :名無しのオプ:02/12/05 00:26
犯人が自首の場合の拘留期間と犯人同席の現場検証がいつ行われるかを知っている方いらっしゃいませんか?

416 :名無しのオプ:02/12/05 08:43
柴田の日記より
>ただ、作家として生活したい、職業として作家をやりたい、という人には
>残念ながら、もう今からのデビューではそれが実現する可能性はごく低い
>と覚悟した方がいい、としか言えない。もちろん運良く上昇気流に乗れる
>人はちゃんといますから、食べるのが不可能ではありませんが、これから
>デビューする場合には、やはり、作家を副業だと言えるように、生活の基
>盤は別の仕事で確保しておいた方がいいです。
>たとえば今会社に勤めておられて、その会社が嫌で嫌で、作家デビューで
>きたら辞めてやる、と思っている方には、作家デビューする前にもっと働
>きやすい会社に代わることをおすすめします(^^; そんな簡単に会社が代
>われるかよ、という方は、なんとか今の会社が好きになるよう努力してく
>ださい(笑) 作家デビューできても経済的理由からその会社を辞めること
>ができない可能性が極めて大きいからです。
>「あと少しの辛抱だ」と思って生きていて、やっとゴールしたのにまだ走
>り続けろと言われたら、精神的に持ちませんよね。ですから、そうしたゴ
>ールは設定せずにいるしかないわけです。
>さみしい話だなあ。でもそれが現実です。作家デビューは、新しい人生の
>門出にはなりますが、新しい生活の門出にはならない、程度に達観してい
>ないと、デビューしてからの現実の厳しさに対応できませんから。
>ざっと数えてみたのですが、今年だけで、「デビューできました」という
>新人作家さんと20人弱知り合いました。でもデビュー二作目が刊行できた
>人は10人未満です。また、ここ三年間ぐらいで考えてみても、かなり大き
>な賞で佳作だとか優秀賞などでデビューした人の中にも、まだ二作目が出
>せていない人が5.6人はいますし、三冊、四冊目となると、出せた人の方が
>少ない有様です。

想像以上に出版不況は厳しいらしいな。

417 :名無しのオプ:02/12/05 09:50
>>416
有名作家でも売上げ落ちてるからな。


418 :名無しのオプ:02/12/05 13:43
柴田の日記を読むと、メフィスト賞がものすごく魅力的に思える。
3作目までは絶対出るし、そこそこ売れればそれからも書いていけるし。
やっぱりメフィスト賞に出そうっと。

419 :名無しのオプ:02/12/05 15:46
>>416
でもこの日記の真意は
「俺はデビューして食っていけてるぜ。いいだろ。でもお前らにはム・リ・」って事だろ?
それこそ古今東西のありとあらゆる作家が、言ったり書いたりしてきた言葉だよ。

420 :名無しのオプ:02/12/05 17:35
>>419
そこまで悪くは取らんが、病気自慢みたいな面はあるだろうな。

421 :名無しのオプ:02/12/05 19:17
単に、ライバル増やしたくないだけでは。柴田って、柴田よしきだよね?
横溝賞の受賞者の生存率がかなり悪いのは、みんな知っていること。
佳作や優秀賞ぐらいで会社やめたりしないよ。

422 :名無しのオプ:02/12/05 19:26
よく法月とか歌野は食ってけるよなあ……。
寡作なのに。ヒモの綾辻は別として。

423 :名無しのオプ:02/12/05 19:29
歌野しょうごは専業じゃないでしょ。

424 :名無しのオプ:02/12/05 19:32
専業作家と称しながら、秘かに出版社で校正のバイトをしている作家とかいたら、嫌だ。

425 :名無しのオプ:02/12/05 19:35
別名でポルノ書いたりしてるヤシはいそう。
あとゴーストライター。

426 :名無しのオプ:02/12/05 19:49
法月のポルノは読みたいなり。

427 :名無しのオプ:02/12/05 20:57
>>418
たしかにメフィスト賞が一番歩留まりがいい感じだな。
講談社なのが影響しているかも。
鮎哲賞も乱歩賞も最近の受賞者で活躍してる作家少ないし。

428 :名無しのオプ:02/12/05 21:42
だけど、乱歩賞は、数年後大ブレイクするヤツいるからな。

真保とか桐野とか。

……90年以降はこれだけか?

429 :名無しのオプ:02/12/05 21:49
歌野って兼業なの?

兼業作家って多いのかな?

森博嗣  大学教官
姉小路祐 高校教師
中嶋何某 弁護士
野沢尚  脚本家

……ほかに思いつかない。 

430 :名無しのオプ:02/12/05 22:43
>>419
いや〜、そこまで悪く解釈しちゃ悪意の持ちすぎでしょ。
実際、新人作家、という以前の、新人賞受賞作家が食いにくい時代なんだからさ。

というより、バブル期の新人作家が食いやすすぎた?
西村京太郎や宮部みゆきの話などを聞くと、やはり「食えないのが普通」と思えるよな。


431 :名無しのオプ:02/12/05 22:50
>>429
有栖川有栖は東京創元社時代は本屋のバイヤーで
専業になると同時に駄目になった。

432 :名無しのオプ:02/12/05 23:00
どこかで見た意見なんだけど
兼業の時はまだ収入源があるから自分の書きたいものを書きたいように書きやすい
でも専業になると、書きたいものを書く前にまず生きるために書かなきゃならないから云々

ある意味的を射ていると思った

433 :名無しのオプ:02/12/06 00:21
>>429
柴田の日記に愛川晶が兼業だと書いてあった。不況知らずの手堅い業界と
書いてあったが、なにやっているのかはわからん。
対して柴田の旦那は無職らしいのでそのグチがかいてあったね。

434 :名無しのオプ:02/12/06 00:22
他に兼業作家って知ってますか

435 :名無しのオプ:02/12/06 00:24
愛川晶たんは高校教師なり。

綾辻たんはヒモ業を兼業。

436 :名無しのオプ:02/12/06 00:28
>>432

でも、「生きるために書いたもの」の方が、
作者が「書きたいものを書きたいように書いた」作品より
胸を打つ場合だってあるわけで。

437 :名無しのオプ:02/12/06 00:34
教師? 教師おおいね。公務員の中では忙しい部類だと思ったがそうでも
ないのかな? 担任もたなきゃヒマなのか。


438 :名無しのオプ:02/12/06 00:35
教師だと夏休みがあるからね。

439 :名無しのオプ:02/12/06 00:42
誰だったか、医者の作家がいたでしょう。医者って忙しくないのかね。

440 :名無しのオプ:02/12/06 00:52
>>439
コナン・ドイル

441 :名無しのオプ:02/12/06 00:56
日本人でだよ

442 :名無しのオプ:02/12/06 00:57
ミステリでなければ、南木佳士かな?
渡辺順一も医者だっけ?


443 :名無しのオプ:02/12/06 01:00
>>441
森鴎外

444 :名無しのオプ:02/12/06 01:11
>>443
医者っつーより軍人だな


445 :名無しのオプ:02/12/06 01:11
国語教師で作家になった人って多いけど、
やっぱり文章がうまいという問題の気が……。
国語教師→一般人に比べてまともな文章書ける→特別うまいやつが作家になる
という図式が私の中には出来上がってるんですが。

446 :名無しのオプ:02/12/06 01:41
>>439
由良三郎じゃねぇ?

447 :名無しのオプ:02/12/06 03:53
>>445
それは勘違いです



448 :名無しのオプ:02/12/06 07:23
そうそう、愛川晶は高校の教師だったね。

あと、浅田次郎  ブティック経営
   高田崇文  薬剤師
   川田や一郎 医者
   藤原伊織  広告代理店勤務(もう辞めた?)
   
を思い出しました。でも、国語教師が特別文章が上手いと思わないなあ。


449 :名無しのオプ:02/12/06 07:31
>>448
割とそこらへん、みんなやめてるんじゃないかな。
北村薫も高校教師だったがやめた。


450 :名無しのオプ:02/12/06 08:12
篠田秀幸も高校の国語教師みたいね。
でも↓で結構字を間違えてるのがこき下ろされている。
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Mystery/index_2.html

451 :名無しのオプ:02/12/06 08:55
そうだね。

452 :名無しのオプ:02/12/06 19:34
>>446
そうだ由良三郎だ。たしか綾辻の文庫の殺人方程式の解説書いてたな。

453 :名無しのオプ:02/12/06 19:38
姉小路祐って、微妙なくせによく生き残ってるよなあ。
ベイスターズの万永みたいだな……

でも現役高校教師だったとは驚き。

454 :名無しのオプ:02/12/06 20:26
漏れは姉小路は推理作家製造学しか読んでないのだが、最初全然しらない
作家だなーと思ってたけど結構最近本屋や図書館で作品が並んでいるのを
みてビックリ。系統としては法廷物らしいね。地味だけど2時間ドラマなどに
よくなっているみたいだから、ああいう作風(2時間ドラマ系)が生き残
りやすいのかな?


455 :名無しのオプ:02/12/06 20:34
>>448
藤原は今日の朝日新聞・夕刊でやめた話に絡めたコラムを書いて種。


456 :448:02/12/06 20:45
見てみよう。
情報サンクス。

457 :名無しのオプ:02/12/06 21:47
で、柴田君はどの程度の水準の生活を送っているのかね?


458 :名無しのオプ:02/12/06 22:19
日記をみるかぎりじゃ苦しいとかいいつつ結構いい暮らししてるみたい
だよな。来年家を買うらしいし。リーマンの家とはちょっと違う。

459 :名無しのオプ:02/12/07 07:44
探偵が警察に誘拐されて犯人が解決するってプロットはどうだろう(意味不明

460 :名無しのオプ:02/12/07 09:14
犯人と間違えられた泥棒が事件を解決するというのは、
バーニイ・シリーズのパターンですね。


461 :名無しのオプ:02/12/07 11:46
>>459
まず警察に誘拐されるって言うのがよく解らないんだけど……
なんだかサスペンスフルな展開にする新しいパターンの予感

462 :名無しのオプ:02/12/07 14:13
>>459

目新しそうだけど、WHYの部分が恐ろしく難しそうだな


463 :名無しのオプ:02/12/07 15:33
警察が組織ぐるみで不祥事隠し、
探偵はそれを暴こうとしていた。犯人は責任を押し付けられかけている。





とここまで書いて気づいた。
それ犯人じゃないじゃん!!

464 :名無しのオプ:02/12/07 17:53
ふんどしみたいなビキニってどうよ?

ttp://fundoshi-bikini.infoseek.ne.jp/

465 :名無しのオプ:02/12/07 18:00
>>463
他のちっちゃな事件の犯人で例えば刑事が殺人を犯した場所にたまたま
こそ泥で入っていて、なすりつけられちゃうパターンでどう?>>ありが
ちだねどうも。

466 :これでどうだ:02/12/07 20:50
病院。記憶喪失の男。そこに探偵を名乗る男が来る。
探偵「気がつかれたようですね。○○さん。
   実はあなたは連続殺人事件の犯人なのです」
 ある程度の推理、動機などを探偵が語る。
探偵「だがあなたは逃げたほうがよい。ここに隠れなさい」
 探偵は鍵を渡す。
男 「なぜ?」
探偵「あなたの他にも犯人がいる可能性があるからです。
   あなたが真犯人でない事件が紛れ込んでいる。それは――」
 ここで銃声。悪徳刑事っぽい男が入ってくる。
警察「○○、連続殺人事件の逮捕する」
 男は逃げる

 探偵の差し出した鍵の場所を拠点に、
 関係者を脅したり買収したりしながら男は独自に捜査する。
 指名手配中のため、捜査は難航。

・自分がすべての事件の犯人なのか?
・そうでないとすれば他の事件の犯人はだれ? 刑事か?

(オチ)
 実は事件の真犯人は探偵。その中に刑事が犯人のものが紛れ込んでいる。
 探偵は男に罪を着せて消してしまうため、隠れ家を用意していた。
 刑事は探偵か男のどちらかに罪を着せればよかった。

467 :名無しのオプ:02/12/07 22:43
昔、ファミコンのディスクシステムので、
そんな筋書きのがあったよ。

468 :名無しのオプ:02/12/07 23:06
>>466
読み始めた時「おっ!面白そう!」って感じで一瞬ときめいたよ。
そのオチが途中で疑念として湧いて、さらにどんでん返しがあれば売り物級じゃなかろうか。

>>467
そのゲーム教えて。

469 :名無しのオプ:02/12/08 05:59
>>466

残念ながら、”刑事が”ってことならさして目新しくないんじゃないか
結局、動機が個人に還元できるから
このポイントは警察という国家組織がってとこだろう
それに、それぞれの役割が”名乗る男”じゃあ弱いよ
どっかにありそうじゃん、都筑とか辻とかの作品で
できるなら犯人は本当の犯人で、探偵も本当の探偵の方がいいと思う





まぁ、言うだけ番長の俺には想像もつかんがw

470 :名無しのオプ:02/12/09 17:54
すんごく卑怯な心理トリック思いつきました

471 :名無しのオプ:02/12/09 17:56
ほう、いったいどんなトリックですか?

472 :名無しのオプ:02/12/09 17:58
どんなトリックなんですか?

473 :名無しのオプ:02/12/09 18:00
……


474 :名無しのオプ:02/12/09 18:05
どんなトリックなんだよ

475 :名無しのオプ:02/12/09 18:05
おい!教えろよ!

476 :名無しのオプ:02/12/09 18:10
教えろォッ!

477 :名無しのオプ:02/12/09 19:31
>>470->>476 楽しい?

478 :名無しのオプ:02/12/10 00:06
なるほど、そういうトリックか……

479 :名無しのオプ:02/12/10 11:25
くわっぱ!

480 :名無しのオプ:02/12/11 02:30
遅レスだけど
はやみねかおるも小学校教師だな

481 :名無しのオプ:02/12/13 02:07
実は超能力者だった。

482 :名無しのオプ:02/12/13 04:01
>>481
なにが?

483 :名無しのオプ:02/12/18 22:51
age

484 :名無しのオプ:02/12/18 22:51
失敗。

485 :名無しのオプ:02/12/19 05:41
送る小説に図とか入れる場合はどうしてます?
地図だとか、館の断面図、五十音表、「踊る人形」みたいな暗号、
その辺の事書くとするとどうしてもイラストが要る時があると
思うんですが、手書きをそのまま送ってます?
大体発表されてるのは綺麗に印刷されてきちんとなってるけど、
あれは編集の人がやり直してるんですか?
自分で見取り図とか書いてみたんですけど、手書きなんで我ながら汚くてその上しょぼい気がして・・・

486 :名無しのオプ:02/12/19 07:14
>>485

原図をもとに製図屋さんが綺麗にトレースしてくれるから心配なし

でも建物の図面は、素人が描くと
部屋の配置とか人間の動線とか、絶対おかしなことになるので
専門家でなくてもくわしい人(マイホームを建てたことがあるとか)
に頼むとか、実在の建物をモデルにするが吉です

487 :A.M.:02/12/19 12:58
>>485様。

すみません、真面目なコメントの前に無粋なツッコミを。
「断面図」じゃなくて「平面図」ですね、ふつうは。

『斜め屋敷』のような芸術的(?)見取り図はなかなか
難しいと思いますが、簡単な平面図でしたらEXCELなどを
使って描いてみてはいかがでしょう。

図形モードを使えばかなり美麗な図ができると思います。

488 :名無しのオプ:02/12/19 19:19
ほんとは図無しで説明し切るのがベストなんだろうけどな。

489 :名無しのオプ:02/12/19 21:00
いっそのことミステリー漫画に転向、だな。


490 :名無しのオプ:02/12/20 00:23
漫画原作者ってどうなん?
城平京っていま原作やってるらしいね。

491 :名無しのオプ:02/12/20 03:10
>>486 >>487
どーもです。
>原図をもとに製図屋さんが綺麗にトレースしてくれるから心配なし
って事は手書きで出していいんですね。
しかし建築家の専門家なんて身近にいないんで、やっぱ自分でやるしかない・・
それとExcelで絵を書くスキルが自分には無い(泣 
一応模写したりして綺麗になるようにやってみます・・・

492 :名無しのオプ:02/12/20 17:14
みすてりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ

493 :名無しのオプ:02/12/20 18:56
>>491
建築屍材にはCADで書いた克明な図面が載っているね。
おいらはvisioで作ってます。

494 :名無しのオプ:02/12/20 18:58
館の平面図とかは、トリックに深く関わらない限りいらないでしょ

495 :名無しのオプ:02/12/21 10:20
>>1
こんな本が12月20日発売されたそうです
よろしければ参考図書としてご購入下さい
「稼ぐ作家になるための裏技Q&A174」(文芸社)
作者:若桜木虔&「筆客商売」

496 :名無しのオプ:02/12/23 01:44
公魚キタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━ !!!!!

497 :名無しのオプ:02/12/24 00:29
>>495
だれか、これをマジに論評してくれませんか?

498 :名無しのオプ:02/12/24 14:10
「ミステリーはこう書く」は、買ってしまった。
科学的知識のところは役に立ちそうだけど、それ以外は使えない。

499 :名無しのオプ:02/12/25 03:43
ミステリの新人賞獲ってデビューするよりも、
メフィスト賞狙ったほうがいいのかなあ。

乱歩賞
横溝賞
サントリ
鮎川賞
清張賞

ぐらいしか知らんが。
光文社のシェラザード賞ってまだあんの?

500 :名無しのオプ:02/12/25 11:23
500get


501 :名無しのオプ:02/12/25 11:50
>>499
JDCオーディションがあるだろ。
あ、もう締め切り終わったか。

502 :名無しのオプ:02/12/25 13:03
>>498
バカダネー











                     。・゚・(ノД`)・゚・。<オイラモ、カッタヨー

503 :名無しのオプ:02/12/25 15:21
カッパワンがある

504 :名無しのオプ:02/12/25 16:29
>>499
サンミス大賞は今回で打ち切り、もう募集しないそうだ。
このミス大賞ができたせいかも。
光文社の日本ミステリー大賞新人賞は、健在。応募数少ないから狙い目かも。

505 :名無しのオプ:02/12/28 00:39
鮎川賞も狙い目かな?
ところで、創元は「囲い込み」が激しい?

506 :名無しのオプ:02/12/31 16:03
正月の間に乱歩賞用の作品を完成させなければ・・・

507 :名無しのオプ:02/12/31 16:06
>>498>>502 気にするな・・・・・おいらも買った゜・(ノД`)・゜

508 :名無しのオプ:02/12/31 16:31
。・゚・(ノД`)・゚・。<オイラモ、カッタヨー

509 :名無しのオプ:02/12/31 16:58
◆毎年約1万人も韓国・朝鮮人が大量に帰化しているというのに、
在日の数がほとんど減っていない。(ニューカマー含む人口)

        1998年   1999年  2000年
在日人口   638,828   636,548  635,269 人

その約1万人のうち日韓・日朝結婚が年間約8500組。
混血も相当数産まれており、ハーフだけで既に20万人近くも。
これではいつまでも韓国・朝鮮人の日本人汚染が続く。
1952年から累計約27万人も帰化し、売国奴もどんどん増えていく。

また、不法滞在の韓国人は56000人で外国人で最も多い!

◎外国人帰化数
http://www.moj.go.jp/TOUKEI/t_minj03.html

510 :名無しのオプ:02/12/31 18:15
>>505

あまり拘束しないんじゃない?
北森鴻とか、もう没交渉らしいし。

511 :名無しのオプ:03/01/03 04:26
>>507
おれも買ったよ。
現在の犠牲者は少なくとも4人

512 :名無しのオプ:03/01/03 16:38
>>498
>>502
>>507
>>511

それで、ミステリーは書けたのか?

513 :名無しのオプ:03/01/04 02:11
仮にも小説書こうとしている奴が、公魚の本を買うなんて。
どういうことか!

514 :名無しのオプ:03/01/04 04:58
今月末の乱歩賞に出すために書いてる。300枚近く書いて気づいたんだが、これ
殺人が起こらない(w 自殺も事故死も出てこない。大丈夫か?


515 :名無しのオプ:03/01/04 10:46
>>514
じゃあ、何が起こるんだ?

516 :名無しのオプ:03/01/04 17:25
>>514
ミステリとして成立していたら、大丈夫だろうよ。
誘拐、銀行強盗、コンゲーム、いろいろあるさ。
謎解き物にする必要はないんじゃないの。
俺も乱歩用にサスペンス物を今書いているけど、やっと400枚を超えたところ。
募集要項では、350〜550枚だけど、できたら500枚ぐらいにしたい。

517 :名無しのオプ:03/01/04 19:40
>>514
ただ、その作品が北村薫直系の日常派本格だったら
絶対落ちると思うよ。

518 :名無しのオプ:03/01/04 23:30
やっぱり稼がなきゃだめってことでこれを。

http://members.jcom.home.ne.jp/wakasaki/qa.jpg

519 :名無しのオプ:03/01/05 01:32
がんばれーーーっ!

520 :名無しのオプ:03/01/05 03:44
表紙ダサいね

521 :名無しのオプ:03/01/05 06:06
ワロタ。
明日、買ってくるw

522 :名無しのオプ:03/01/15 01:12
ダサい表紙age

523 :名無しのオプ:03/01/15 15:44
>>428
遅レスだけど福井晴敏も

524 :名無しのオプ:03/01/15 21:32
ところで>>1の言うように自分のネタが既存作品とかぶったことある?
ちなみに私は二回ある

525 :名無しのオプ:03/01/16 03:09
>>524
ネタっつーか舞台設定がかぶったことがある。
そしてそれはその舞台でしか通用しないネタなので忘れることにした。

526 :名無しのオプ:03/01/16 21:20
>525
どんな舞台で何とかぶったのか気になるなぁ・・・。
もう断念したのならちょっと聞いてみたい気もする。

ちなみに俺は、まだ実際に読んではいないので何とも言えないけど
自分では斬新だと思って考えてた探偵のキャラが、メルカトル鮎とかぶってる悪寒・・・。

527 :514:03/01/17 01:00
超遅レス、スマン

書いてるのはフーダニット型の話だ。刑法犯として成立するかもわからん。背任罪くらいにはなるのかな?
…が、それが公になれば社会的には終わり。マスコミの大叩きが来るだろう。ある団体が数千億円単位の
損害を受ける可能性がある。
 こんな感じだ。ネタのところなんで詳しくは書けないが(w

>>516さんはできた?
俺はなんとか山は超えた。今のところ420枚くらいか。後は謎解き一直線。ネタ蒔きは済んでるからもうすぐできそう。


528 :名無しのオプ:03/01/19 01:02
ガンガレ

529 :早稲田 ◆9jiogmRv7g :03/01/19 23:59
いやあお久しぶりです。2ヶ月ぶりくらいか、書き込むのは。
いやー、なんつーか。
生垣真太郎『フレームアウト』
と完全にかぶりました。手法が。似すぎ。つーわけで没。死んだ。
あー、まあ、信じてはもらえんだろうが、
『フレームアウト』並によく出来た構成と××トリックだったのよ……。

ああまた一から考え直しだ。
ついでにコテハン変えようかと思う。
ホームページでも使ってるハンドルネームにするか、
やはり2ちゃん限定のコテにするか、どっちが良いのですかね、この板的には。

530 :514 527:03/01/20 02:34
 法学部卒で院生やってる人に聞いたら、やはり刑法犯としては成り立たないそうだ。
団体が民事で賠償請求するくらいらしい。まあ、小説のネタとしてはかまわんが。
 昨日最終章に突入。もうちょい。書き上がるのは数年振りだな(w

>>529
 お気の毒様。俺もかぶったことあるよ。メインのネタやキャラ設定が似過ぎていた。
構想段階だったからダメージは少なかったけどね。
 でもそれをベースに、大元の舞台設定(ネタに通じる部分)を変え、動機なども全部
変え、できあがろうとしているのが今書いてるもの。もう原型はほとんどないけどね。

531 :516:03/01/21 00:53
>>527
キビシー。推敲しながら、先に進めていたのだが、あちこち削除したため、
枚数はほとんど増えていない。推敲を完璧にするため、応募を見送ることも考えている。

現金輸送車襲撃を書いているが、拳銃の知識がないんだ。
日本であまり流通していない珍しい拳銃だった、ということを捜査の糸口にしたいが、
そういうのに参考になるいい資料が見つからん。
拳銃の流通に関する詳しい情報、資料を知っている人、誰か教えてくれ。

532 :名無しのオプ:03/01/21 01:00
何だかんだ言ってしっかり書いてるのはすごいな

533 :527:03/01/21 08:06
>>531
拳銃の流通?むちゃ言わんでくれ(wそんなやばい情報が紙メディアにあるわけないだろう?
拳銃の構造とかなら、俺も一通りは知ってるけど(w
 珍しい拳銃って、グロッグとかか?ベレッタM92Fクラスでも日本ではほとんど手に入らない
…もとい押収されたことはないと思うが。最近は中国製トカレフ(64式短槍だったかな?)が
ほとんどで、他はコルトガバメント系だろう。
 流通とかは、想像を広げて本当っぽく書ければいいと思う。実際とは違ってもな。まあ、
それがトリックとかに直結するようだと拙いが…。


534 :名無しのオプ:03/01/23 04:32
ごくごく簡単なトリックしかないものを書いています。

形式としては、本格ものではなくスリラーです。
名探偵は出てきません。

アリものの知識だけで書いていますので、資料など、お金はかかりませんが、
作品を換金するまでに(できればの話ですが)貯金が無くならないか、心配です。



535 :早稲田 ◆9jiogmRv7g :03/01/23 05:49
皆さえ良ければ、俺、この板に常駐しようと思うんだけど、
ホント、ホームページでも使ってるハンドルネームにするか、
やはり2ちゃん限定のコテにするか、どっちが良いのですかね、この板的には。
どなたか答えておくんなまし(ウザいから出てけ言うんなら大人しく出て行きますですw)。

536 :527:03/01/23 16:48
>>535
 どっちでもいいんじゃない?


 ああ、ねむ。脱稿したから熟睡できたけど、頭が痺れてて目が醒めない。

537 :山崎渉:03/01/23 18:24
(^^)

538 :名無しのオプ:03/01/23 21:56
興味のある方限定! リレー推理小説を創るスレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1043318064/l50

ここもよろしくです。

539 :名無しのオプ:03/01/23 22:13
おすすめ(・∀・)おすすめ めっちゃイイサイト教えます。
★★★貯金クラブ」★★★
コンセプトは…無料で収入GET。とにかく参加費用は一切かかりません!!
OPENキャンペーンにつき今なら500円プレゼント!!
詳細は→http://www.webhouse.ne.jp/n/n1.htm
登録は→https://www.e-ats.jp/ddm/i?INTRO_ID=a00004447
一人紹介で200ポイント。さらにその下からも続々収入が入ります。
その後もメールを受け取るだけで、収入が入ります。
今後、最も稼げるサイトだと思います。目指せ、月収20万ゲット!

★フルーツメール★
http://www.fruitmail.net/cgi/introduce_jump2.cgi?1265465
↑毎日懸賞などあって登録だけでもしておいても損はないですよ。
一人に紹介するたびに300ポイント!年会費等は一切かかりません。
 興味ありましたら紹介者IDのとこ『1265465』でお願いします(>_<)

540 :名無しのオプ:03/01/24 02:14
age

541 :名無しのオプ:03/01/24 02:15
>>535
他人とかぶってなければなんでもいいよ。

542 :名無しのオプ:03/01/24 03:21
みんな頑張ってるなぁ、俺もやるらないとなぁ。
因みに、狙うはカッパワン

543 :名無しのオプ:03/01/24 04:17
>>535
うざくなったらそういいます
いてもいなくても困らないので、お好きにどうぞ


544 :名無しのオプ  :03/01/24 12:32
このミス大賞がいいなぁ・・・賞金高いし。

545 :名無しのオプ:03/01/24 16:12
このテのスレでコテハンに大学系の名前つける奴は
必ず途中で逃げ出す、というジンクスがある。
ハンドル名考える暇があったらプロット練って書き続けろや。
俺がなまあたたく見守ってやる。

546 : ◆9jiogmRv7g :03/01/24 19:54
>>545
まったくもってその通りですねw。
トリップだけあればいいか。
頑張ります。
生暖かく見守ってくれてアリガトウ。

547 :名無しのオプ:03/01/24 20:34
ところで、やっぱり早稲田大出身だったりするの?
ミステリクラブ出とか?(現役って可能性もあるけど)

・・・そーいや、野崎さんのミステリ創作なんて講義もあったっけ。

548 : ◆9jiogmRv7g :03/01/24 21:31
>>547
ええと、正直にカミングアウトすれば、現役早大生です(学部は法学部)。
今二年生。もうすぐ三年生。留年確定しています。
只今、学年末試験期間の真っ最中で、修羅場。

ワセミスに関しては、下手なコトいうと個人特定されるんで、
ちょっと沈黙させて下さい。

549 :名無しのオプ:03/01/24 21:59
>>548
もう遅くないか?(w



550 :名無しのオプ:03/01/24 22:00
これに関しては?

http://www.deai-navi.net/linkrank/linkrank.cgi?mode=in&id=fdeai

551 :547:03/01/24 22:08
そーなんだ。答えてくれて有難う。立ち入ったこと聞いちゃってごめん。
ちなみにこっちも現役なんだけど、ワセミス入っとけば良かったってちょっと後悔してるんで
つい聞きたくなってしまいました・・・失礼。
それじゃ頑張って下さい(単位の方も)。

552 :名無しのオプ:03/01/31 18:22
>>533
なんとか仕上げて送った。目標の五百枚には遠く及ばなかったけどね。
推敲不足は否めないけど、これで予選落ちだったら、
もうあきらめていいと思えるだけものは、書けたつもり。

拳銃の話ありがとう。少しは参考になった。
安全策をとって、はっきり機種は書かなかった。
では、また!   

553 :名無し物書き@推敲中?:03/02/01 11:07
>>552
とりあえずおめでとう。
俺も完成させて出したよ。カタカナの長い題名があったら俺のかもしれない(w

554 :名無し物書き@推敲中?:03/02/01 11:12
 次作のプロットもまとまりつつある。いつのまにか横溝賞の〆切が9月末に移ってる
みたいなので、これに合わせて書くかなと思ってる。
 今週はプロット(というか基本ネタ)をふたつも思いついた。やはり書く脳になってるときは
思考がまとまり易い。ひとつは書くのが難しそうなネタ(文章力が今の状態では無理そう)
なのでしばらく寝かせるつもりだが。

555 :名無しのオプ:03/02/03 22:17
自信をなくして書けなくなるといやなので、他人の書いたミステリーは
読まないことにしました。


556 :名無しのオプ:03/02/05 16:55
自分の実力に疑問を持ち、自信をなくしかけてる人は
↓を読んでみよう。自信回復まちがいなし!

http://www.bungeisha.com/bookstage/realoni.shtml

557 :名無しのオプ:03/02/06 20:08
そういうことか(w


558 :名無しのオプ:03/02/06 21:18
おい、誰か文芸板のアリ祭りに参加する奴はいないのか?

559 :名無しのオプ:03/02/06 23:22
あの板キモイじゃん。


560 :名無しのオプ:03/02/07 09:15
確かにキモイ。作品の感想をミステリ板住人にまで頼んでいるようだ。
怖いもの知らずというか、もともと魑魅魍魎の館というべきか。

561 :名無しのオプ:03/02/07 15:01
558 名前:名無しのオプ 投稿日:03/02/06 21:18
おい、誰か文芸板のアリ祭りに参加する奴はいないのか?


559 名前:名無しのオプ 投稿日:03/02/06 23:22
あの板キモイじゃん。


562 :名無しのオプ:03/02/10 04:44
おまえらメフィスト学園に入りたいんですか?

563 :名無しのオプ:03/02/10 08:58
メフィスト賞をとりましょう

564 :名無しのオプ:03/02/21 01:42
age

565 :名無しのオプ:03/02/21 15:02
☆★☆インペリアルカジノ☆★☆
〜信頼のGVGA加盟オンラインカジノ〜   ・1996年創業 世界最大のオンラインカジノグループ
・200ヶ国から100万人を越すプレーヤー
・100%信頼できる安全性と厳密な機密保持
・初回チップ購入時にUS$30をもれなく進呈
・世界中に向けて賞金発送
・16ヶ国語でカジノソフトウェアとカスタマーサービスをご提供
※禁止されている地域ではご利用いただけません。  
http://www14.vis.ne.jp/~gvga/imp


566 :名無しのオプ:03/02/22 19:36
書いた文字数がわかるテキストエディタってあるんですかね?
あったら使いたいんですが。

567 :名無しのオプ:03/02/22 21:15
>>566
アウトラインプロセッサだけど。

Kie
http://www5.airnet.ne.jp/mas/
Nami2000
http://homepage2.nifty.com/ultla7/mozart/_start.htm

568 :名無しのオプ:03/02/22 22:20
>>566
有名どころはみんなついてるんじゃないの?
秀丸とかQXにはついてないけど、そういうマクロがあるよ。

569 :わお:03/03/03 17:32
こんにちわ。初めてこのページ見たんだけどミンナ書いてるんだね。
俺はまだ一作しか書いたことないけど、三百ページ位の田舎で起こった殺人事件。
自分的にはカナリ気に入っているんだけど、世の中に発表するすべを知らないんだよね。
よかったら誰か教えて??

570 :名無しのオプ:03/03/03 17:59
>>569
赤川次郎にあたりに頼んで自作で使ってもらえば?

571 :名無しのオプ:03/03/03 20:29
自分でサイトでも作ればいい

572 :名無しのオプ:03/03/04 07:21
>>569
新人賞を狙う場合、300枚というのは中途半端だね。
ミステリーの長編の新人賞だと、350枚以上というところがほとんどだし、
500枚ぐらい書かないと、受賞の確率は低いかも。
11月末〆切の松本清張賞が、250枚から400枚となっているから、
枚数的には、狙い目かもしれないが、ここは社会派でないと厳しいと思う。
あとは200枚以上でOKの、角川のネクスト賞か光文社のカッパワンだろうね。
どっちも賞金なしで、実質的には持ち込みと一緒だが、
ネクストの方が評価、コメントをもらえる点で魅力的だろうね。

573 :名無しのオプ:03/03/04 09:44
ネクストは一回の受賞作に萎えたからカッパにします

574 :名無しのオプ:03/03/04 11:14
ああ、忘れていた。
集英社の小説すばる新人賞があった。
200枚から500枚で3月末〆切だったはず。
ただ、ここはフリージャンルでエンタメ作家志望者の人気が高い。
毎年、応募数が1000前後のようだ。
ミステリの賞に応募した方が賢明だろうな。

575 :名無しのオプ:03/03/09 23:15
書いていると、けっこう色々な物の名前がわからなくて困ることあるんだよな。

576 :名無しのオプ:03/03/10 01:29
>575
あるねえ。自分の語彙のなさを痛感してます

577 :名無しのオプ:03/03/10 01:46
調べてわからなかったらここで聞いて見るといいんじゃないか。
俺が知ってることなら教える。

578 :名無しのオプ:03/03/10 11:20
創作文芸版にこんなスレッドもあるよ
(=゚ω゚っっ ミステリ書きが専門知識を持ち寄るスレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1015085955/l50

579 :名無しのオプ:03/03/11 23:50
>>577
鍵をかけると、ドアの横から四角い物が出てきますよね?
あの飛び出る部分は何と言うのでしょうか?

あ、それから
本格物OKの賞って、創元推理短編賞と鮎川哲也賞以外には何がありますか?
長編&短編両方で教えて欲しいのですが。

580 :名無しのオプ:03/03/12 00:00
>>579
仮締め(ドアを締めた状態から開かないように仮に閉じておく金具)が「ラッチ」、
本締め(サムターンを回すと出るやつ)が「デッドロック」と、
黎人の『地獄の奇術師』に載ってた。

本格OKの賞は……まずメフィスト(w
電撃も、ゲーム性を付与すれば本格OKだと思う。


581 :名無しのオプ:03/03/12 00:15
乱歩、横溝って本格ものはNGなんだっけ?


582 :名無しのオプ:03/03/12 00:20
>581
乱歩は島田・綾辻が玉砕してるだけに無理っぽいね。
横溝は綾辻・北村が選考委員をしてるので眼鏡にかなえばいけるかも。

583 :名無しのオプ:03/03/12 01:09
>>580>>582
御答えいただき、ありがとうございます。

ところで、電撃は主人公を少年少女にしなければならないのでしょうか?

584 :名無しのオプ:03/03/12 01:26
>>583
ていうか、それ以前に電撃は「ミステリー」じゃ無理なんじゃないの?
「ミステリーみたいなもの」だったらいいのかも知れないけど…。


585 :名無しのオプ:03/03/12 01:38
>>584
電撃の募集内容は、
「ゲーム感覚にあふれた、オリジナルの長編及び短編小説。
ファンタジー、SF、ミステリー、ほかジャンルを問わず。
ただし、特定のゲームタイトルを想定したものは不可。
未発表の日本語で書かれた作品に限る(他の公募に応募中の作品も不可)」

なので大丈夫なはず。ただしこの「ゲーム感覚にあふれた」というのが
クセモノ。西澤保彦っ“ぽい”路線の作品が受賞した実績もあるので、
工夫次第ではミステリも十分いけると思う。

ちなみに応募規定は、
長編=400字詰め原稿用紙250〜350枚。
短編=400字詰め原稿用紙40〜80枚。




586 :名無しのオプ:03/03/12 07:57
>>579
オール読物推理新人賞は、本格物もOKじゃないかな。
昨年の受賞作の「フクロウ男」は、本格物だと思うよ。

587 :名無しのオプ:03/03/12 11:45
カッパワンを忘れないでいてあげて……

588 :名無しのオプ:03/03/13 23:38
観音開き式の扉って、片側が締切りになっていることがよくありますよね?
扉の側面についている、扉を固定するための装置を何というのでしょうか?
あと、そういった扉とか鍵についての解説書があったら教えてほしいです。

589 :名無しのオプ:03/03/13 23:43
>>588
観音開きではないことにスレ



590 :名無しのオプ:03/03/14 00:08
短編で本格OKなのは創元と電撃だけ?
光文社とかにも短編賞があるみたいなのですが、応募要項が見当たらなくて。

591 :名無しのオプ:03/03/14 01:04
>>588
単純に「ストッパー」とか?
それか「扉の片側は、金具で地面に固定されている」みたいな地の文を
書くか。

592 :名無しのオプ:03/03/14 01:33
>>590
光文社には「本格推理」があるぞ。

593 :名無しのオプ:03/03/14 02:02
>>588
だいぶ前に「赤っ恥青っ恥」というクイズ番組で「それ」の名称が
問題になっていたことがあった。
答えを憶えていないので役立たずレス。すまん。

594 :名無しのオプ:03/03/14 09:57
今書こうと思ってるのの内容が
b>Aを殺した、c>bを殺した、d>Cを殺した
と見せかけて、Eが全部を殺してたってのを
書こうとしてるんですが、これって前例ありますかね?

595 :名無しのオプ:03/03/14 10:01
>>594
「メール欄」かな?

596 :名無しのオプ:03/03/14 14:07
>>594
メル欄

597 :名無しのオプ:03/03/15 01:38
扉や鍵の各部の名称が載った本を知りませんか?

598 :名無しのオプ:03/03/15 01:39
オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ
http://hkwr.com/
http://hkwr.com/bbs

599 :名無しのオプ:03/03/15 01:50
>>588
蝶金

600 :r-666:03/03/15 02:31
>>588
フランス落とし。
参考
http://www.miefuji.com/care/care01.html
ちなみに「扉 各部の名称 両開き」でググると一番上だが……検索はした?

これに関しては乗っていなかったけど、漏れは何かの部分の名称を知りたいとき、ワーズ・ワードって英和図鑑を見ているよ。気象衛星、大聖堂、苺の各部の名称が一冊に載っているので便利。

601 :名無しのオプ:03/03/15 03:30
>>600
おーやっとわかった。588ではないがサンキュー。

602 :名無しのオプ:03/03/15 09:10
ただ、その用語を使っても普通の人が理解できるかどうか、ってのもある。
「留め金」とかでも、小説によってはいいかもね。


603 :594:03/03/15 10:17
>595 >596
情報サンクス、読んでみてかぶる様なら
あきらめます。

604 :名無しのオプ:03/03/15 12:11
基本的なアイディアが被ってても
要は見せ方の問題じゃないかな

605 :588:03/03/15 16:44
>>600
ありがとうございます。
密室物書いているんで、どうしても説明する必要があって困っていました。

606 :名無しのオプ:03/03/15 17:34
み、密室…マンセー!
私も密室ものを書こう。

607 :名無しのオプ:03/03/15 20:02
短編で歴史ミステリー書いてます。

608 :r-666:03/03/16 00:22
>>588
がんばってくれ。
ついでだから語源。
http://www3.ocn.ne.jp/~vam-k/qaanswer14.html

609 :594:03/03/18 13:43
メイントリックが全然違ったんで書き始めました。
3日で7216文字
このペースは速いのだろうか?

610 :名無しのオプ:03/03/19 13:19
内容にもよるけど、速くはない。


611 :名無しのオプ:03/03/19 17:08
西尾維新は1日300枚以上書けるそうだ。

612 :594:03/03/20 10:05
>>611
早っ!!

このままいくと、中篇と長編の中間になりそう。
伸ばすか、削るか迷い時

613 :名無しのオプ:03/03/29 23:31
短編だと、送る先が限られてきちゃうから、連作短編にしようかな。

614 :名無しのオプ:03/04/02 09:55
              ,.-、
           /.n l  /⌒ヽ
             | l l | ,' /7 ,'
        , '' ` ー ' '-' /
       /  、_,       `ヽ  
         l   , .-. 、`´    l
         ヽ  ヽ ̄フ     / やっぱもろ〜〜〜!
        丶、 ̄____,/
         /  ,. - 、  ) http://www.media-0.com/www/dvd01/index1.htm
      (( ( n ([N],ハ_う
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /   _   l ))
            〈__ノ´   `(_ノ



615 :名無しのオプ:03/04/07 17:55
日本代表で「黒い家」の主婦や綾辻の殺人鬼、
外国代表ではレクター博士やジェイソンとか、他色々。
そんな有名著名な世界各国の小説上の殺人鬼達が無人島で刺しつ刺さされつの
バトルロワイヤルしている小説を読んでみたいのだが。
誰か書いて下さい。


616 :名無しのオプ:03/04/07 18:13
○○でバトロワっつーのはもう飽きたよ。
それ既にミステリーじゃねえ死。

617 :名無しのオプ:03/04/08 01:12
鳥山明がネタに困って天下一武闘会に走るようなもの

618 :名無しのオプ:03/04/08 12:49
>615
でもそのへんの話が怖いのは、殺人鬼に殺される一般人たちが
感じる恐怖が伝わってくるからであって。
実際に出来たとしてもあまり怖くなさげ。
>617
いい例えだ。

619 :名無しのオプ:03/04/09 22:53
>>615
富士見ミステリー文庫にそんなネタあったな。
多分もう入手難だとは思うが。


620 :山崎渉:03/04/17 15:37
(^^)

621 :山崎渉:03/04/20 03:03
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

622 :山崎渉:03/04/20 07:15
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

623 :名無しのオプ:03/04/30 00:16
あげ

624 :名無しのオプ:03/04/30 17:46
このスレの書きこみが少ないってことは、ミステリー作家志望者が減ってるってことかな?
それとも皆さんこんなとこに来ないで真剣に書いてるのでしょうか?

625 :名無しのオプ:03/05/02 06:14
創作板だろ?

626 :名無しのオプ:03/05/05 23:59
>>624
学校が始まって、書く時間がちょっと減っただけ。

627 :名無しのオプ:03/05/06 04:05
いや、書いてるけど落ちたし。

628 :名無しのオプ:03/05/14 02:13

新人賞{本格ミステリ系}限定スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1052325154/


629 :名無しのオプ:03/05/19 00:53
なかなかまとまらないな…。

630 :山崎渉:03/05/22 04:27
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

631 :名無しのオプ:03/05/27 03:30
age

632 :山崎渉:03/05/28 12:01
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

633 :名無しのオプ:03/05/30 19:29
「やあこんにちは」
「驚いたな。まさか人がいるとは。こんなところで何をしているんだね」
近くに来た男は40歳前後に見えた。長髪を後ろで束ね、紺のマントに身を包んでいる。
男のやや後方に黒いフードを被った男が佇んでいた。長身で、がっしりとした体格をしている。
荷物を全て持っていることからどうやらこの男の下僕らしい。背中に大きな長剣を背負っている
のが見えた。
「食糧を探しているんですよ」
「ほう、そうか。しかしこの近くに住んでいるというわけじゃあるまい。見たところ傭兵のようだが、
 一人旅の途中かね?」
「いえ、その、いや、そうです。旅の途中です」
それを聞いた男は薄く笑った。
「何か事情があるようだね。私の名はヴァルマ・ギメイダ。さる高貴な筋からの司令を受けて都へ
行く途中だ。後ろの男は部下の一人クリュドだ。・・・どうだい、君がどういう男なのか教えてくれないか」
「い、いえ、だから今言った通り私は・・・」
ヴァルマ氏は、若い男が同じ事を繰り返そうとするのを手で制した。
「あくまで隠そうと言うのならそれでもいい。だが私は陛下に忠誠を尽くす敬虔な僕の一人として、陛の
 預かり知らぬところで邪な企てが行われようとしているのならそれを未然に防ぐ義務がある。わが剣に
 かけて」
ヴァルマ氏が本当に剣を抜きそうな勢いをみせたので若い男はややたじろいで、言った。
「ちょ、ちょっと、落ち着いてください。私は何も邪な企てに参加してなどいません」
「なら、どういうわけかね」
さっきまでの迫力は何処へやらといったような穏やかな顔で、ヴァルマ氏は尋ねた。

634 :名無しのオプ:03/05/30 19:30
「私はとある高貴な姫君を護衛して荒野を西へ抜ける途中なのです」
「ほう、で、その姫は無事なのかね?」
「はい、勿論です」
「しかし今君はここにいるじゃないか。姫をほったらかしにして」
「いえ、護衛は他にもたくさんいますから、何の心配も無いんですよ」
それを聞いた途端、ヴァルマ氏の顔色が変わった。
「何?たくさんだと?一体何人だ?」
「は、私を入れて20人ほどですが・・・何か・・・?」
「クリュド」
ヴァルマ氏は後ろに控えている黒衣の男の方に目を向けた。
「は」
「この荒野で一人の人間を守るのに何人の護衛が必要と思うか?」
「通常の訓練を受けた兵士なら3人いれば十分かと」
「ふむ、なるほど。・・・聞きましたかな?」
ヴァルマ氏は若い男に向かって言った。
「は、はぁ・・・」
(この男は一体何を考えているんだ・・・?)
若い男は戸惑いと苛立ちの入り混じった顔でヴァルマ氏を見つめた。
ヴァルマ氏は無言で彼の視線を受け止めた。
そうして1、2分ほども静寂が場を包み込んだ後、ヴァルマ氏は徐に口を開いた。

635 :名無しのオプ:03/05/30 19:31
「気に入らんのだよ」
ヴァルマ氏はぽつんとそう言った。
「え・・・?一体何が気に入らないと言うんですか」
「一人の人間が過剰なまでに多くの人間に守られているという状態がだ」
「何ですって!?」
「そのような状態は極めて不自然であり、かつ不平等だ」
「あ、あなたは一体何を言ってるんです・・・?」
「なら君は自然だというのかね?(ヴァルマ氏は次第に興奮して来た)一人の人間
 が物々しく身を固めた何十人もの強者に保護され、誰かほんの少しでもその人間
 に近づいたり不安を抱かせたりする者がいようものならすぐさま過度の暴力でもっ
 て捻じ伏せてしまうといった状態が!」
「彼女はオトランド公のご息女なのですよ!」
ヴァルマ氏はせせら笑った。
「そして美人で、スタイルもよく、気立ても優しいというわけか・・・だが」
次の瞬間ヴァルマ氏の表情が一変した。
「そんなものは理由にならん!」
若い男は辛抱できなくなって叫んだ。
「我々のやっていることが一体あなたに何の関わりがあると言うんだ!余計な差出口は止めてくれ!」
「余計なことだと?お前はどうやら何もわかっておらんようだな。だが最後に一つだけ聞かせてくれ。こ
 の邪悪な状態を現出させた責任はお前たちにあるのか?それともお前たちの身分にあるのか?」
「我々は何の命令も受けてはいない!姫君の哀れなご境遇に同情したからこそ、こうして荒野を抜ける
 までの護衛を務めようと決心したのだ」
「なるほど。ならば誰にも迷惑はかけぬな」
ヴァルマ氏は薄く笑った。
「何だと?」
「お前たちのほとんどが荒野に斃れても」

636 :名無しのオプ:03/05/30 19:31
「な・・・」
若い男が声を荒げようとした刹那、クリュドが一足飛びに彼とヴァルマ氏の間に飛び込んできた。
そしていつの間にか鞘を払っていた長剣を凄まじい速さで彼の右下から振り上げ、そのまま蹴り飛ばした。
若い男は血飛沫を上げながら沼地にどうと倒れこんだ。
「しまった。居場所を聞くのを忘れたな・・・。クリュド」
「無理です。」
「ふむ、困ったな・・・。まあいい。ならばしばらくここらで待つことにするか」
「いえ、その必要はないかと。2時の方角に煙が見えます」
「ん・・・化け物め。ところで剣は大丈夫だろうな」
クリュドは初めて口元に微笑らしきものを浮かべた。
「50までは人数に入りません」
ヴァルマ氏は満足そうに目を細めて言った。
「平均的なのを3人だぞ」
「御意」
ヴァルマ氏はもう一度彼方へ目を向けたが、やはり何も見えなかった。


637 :名無しのオプ:03/05/30 22:33
という夢を見た。


638 :名無しのオプ:03/06/19 20:24
オール読物の締め切りに間に合わない、長編に書き直して横溝賞に狙いを
変える。

639 :名無しのオプ:03/06/30 09:29
>>638
器用なヤツだな。でもやめとけ。

640 :名無しのオプ:03/06/30 22:31
なんで?

641 :名無しのオプ:03/07/01 00:14
>>640
話を引き延ばすとつまらなくなることが多いから。

642 :名無しのオプ:03/07/02 08:18
という夢を見た。

643 :名無しのオプ:03/07/03 04:39
何冊ミステリーを読めばミステリー作家になれますか?

644 :名無しのオプ:03/07/03 16:23
ゼロでも場合によってはOK。
つーか、ミステリのマニアじゃなかったけれど
ミステリ作家になれた人はいる。
井上夢人(岡嶋二人)は確か、『賞金が欲しい』という理由で
江戸川乱歩賞に応募したらしい。

645 :名無しのオプ:03/07/03 16:43
オーギュスト・デュパンは0冊からミステリー作家になってる。

646 :名無しのオプ:03/07/04 00:58
ヴァン・ダインは2000冊だっけ?


647 :名無しのオプ:03/07/05 10:01
江戸川乱歩は国産ミステリーを1冊も読まずに二銭銅貨を書いたはず。


648 :名無しのオプ:03/07/05 15:24
>>643
「これだけミステリーを読めば作家になれる」という保証を要求している時点で既に駄目。
ほとんど読んでなくてもなれる奴はなれるし、いっぱい読んでてもなれない奴はなれない。

649 :名無しのオプ:03/07/05 15:42
>>648
一行目の精神論は全く無意味。
俺の知り合いは、ライトノベルだが、ライトノベルの名作を他人から勧められて、それで通った。
その経験を踏まえると、それこそ648の二行目をパロって、
保証を要求してもなれる奴はなれるし、
保証を要求しなくてもなれない奴はなれない、
ともいえる。

しかし、最近、色々なところで、
ケースバイケースという結論でまとめちゃう人おおいな。
一番安易で無意味な論だとおもうんだが。

>>643
本格推理の名作佳作と呼ばれる作品を、
一日一冊は読む事を一年ずっと続けてみな。
それだけでかなりのレベルにはなるよ。

650 :名無しのオプ:03/07/05 22:28
>>649
ライトノベルのたとえが違うよ。
それは部外者でも専門分野に食い込めるってことでしょ。
「よい推理小説を書く」という目的は「一定の冊数を読む」という手段では直接的に達成されないってこと。
「数千冊読んだ」→「だから自分は作家になれる」という考え方そのものが間違っている。
それは目的と手段をはき違えている。

「なれる奴はなれるし、なれない奴はなれない」ていうのは、その通りだから仕方がない。
必要十分条件は存在しないのだから。

651 :名無しのオプ:03/07/05 22:56
>>650
毎日どれくらい練習すればリフティング100回こえるようになりますか?
の問いに、センスのある奴はすぐできるようになる。
センスの無い奴はどれだけやってもできない。
というように答えててどうなるんだ? と言う話だろ。

ケースバイケース、と言ってもしかたあるまい。

652 :MMM:03/07/05 23:52
ミステリって、それまでの歴史(?)に大きく左右されるわけで。
どんなトリックが考案されてきたのかとか、最近ではどんな作品が
書かれているか、とかね。
そういったことを全く知らないよりは、知っておいた方がいいし、
その方が作家になるための近道にはなるかも。
あくまでも「かも」だけど。近道の途中で行き倒れになる奴もいるし。



653 :名無しのオプ:03/07/06 05:54
>>651
そういう答えで何の問題がある?
「ケースバイケース」だよ。実際そうだし。
リフティング100回越えたいなら、100回越えるまで練習すればいい。
プロの世界に「これだけやったら大丈夫」は存在しない。
努力はしてて当たり前、しかもそれでプロになれるとは限らないし、食っていける保証もない。

俺の職業は漫画家だから畑違いだがね。
下手ちんの10代がジャンプでヒットとばす傍ら、ムチャクチャうまい奴が何処にも連載持てないでピーピーだったりすることはざら。
プロってのはそういう世界。
これは経験から言うが、「一日にこのくらい絵を描いてたらプロになれるだろう」というけっこうしんどいノルマを自分で想定し、一応その夢は叶ったが

そ の 程 度 は ほ と ん ど 全 員 が や っ て て、
何 の 武 器 に も な ら な か っ た。

参考までにね。
652の意見などを無視するわけじゃないよ。もちろん。

654 :名無しのオプ:03/07/06 07:25
リフティング100回できなくても、センスいい奴は格闘技で食える、とかいう例もありそうだな。


655 :名無しのオプ:03/07/06 09:58
>>653
ん? 噛みつかれてる部分が何か違うな。
どんな場合もケースバイケースは事実だろうが、
どんな話題でもそう言いう結論は無意味だろ、
と言う意味だが、ちゃんと届いてるか?

どんな食事をすれば風邪に効きますか?
の問いに、「ケースバイケース」といって、
何のデータもあげない結論の付け方は、
話題を勧める上で意味がないだろ、ってお話。
これなら分かるか?

656 :名無しのオプ:03/07/06 14:27
「ケースバイケース」っていいフレーズだな。
「最強の・・・ってなに?」と聞かれたら、
「ケースバイケース」
って答えるようにしよう。


657 :名無しのオプ:03/07/06 15:27
>>655
違う違う、あんたこそ勘違いしている。
「X冊読む→プロになれる」という方程式はない、という話をしているんだって。
冊数読むこととプロになることは直接的な関係を持たない、というとるだろうが。
「日本語力の上達のためにはどんな訓練をすればいいでしょうか」
「プロになるにはどのような方法がありますか」と
「何冊ミステリを読めばミステリ作家になれますか」
ていう質問の性格の違いがわかるか?
こう答えればいいか?

何万冊読んでもなれない人もいます。
数冊読んだだけでなれる人もいます。
プロっていうのはそういうものです。
だから貴方は、商品性の高いミステリを書くことだけに集中しなさい。
運がよければプロになれるでしょう。
だけど、何冊読めばそうなれるかは、人それぞれなので私には保証できません。

658 :名無しのオプ:03/07/06 15:36
ケースバイケース、にあらず、あなた次第、とゆーことですね

659 :名無しのオプ:03/07/06 15:59
ミステリ作家っていうのが何をさすのかにもよるよね。
1冊出せばいいっていうレベルか、専業でメシの種にしたいのか。
方向性もね。
本格じゃなく2時間サスペンス系書いててもミステリ作家には違いないわけだから。

657の意見は筋が通ってると思う。
100冊しか読まないでプロになったヤシがいるとして、
「100冊読めばプロになれる」っていう結論にはならんもんな。
とはいえ、一般にプロと呼ばれる人は参考までにこれだけ読んでる、みたいなデータを出してくるのも答え方ではあるわけだが。

ちなみに、ルース・レンデル(英国の女流作家。現ミステリ界の第一人者)は、1週間に5冊、ジャンルを問わず読んでるらしい。
赤川次郎は、世界文学の名作といわれる作品を一通り(抄訳でなく)読んでおくべきだってエッセイで言ってた。

660 :名無しのオプ:03/07/06 17:28
>>657
だからさ。
何万冊読んでもなれない人もいる。結構。
数冊読んでもなれない人もいる。結構。
ケースバイケースなのは事実だろうよ。

だけど、そこで話を終わらしても仕方ないだろ、って意味だよ。
たとえば、>>659の最後の二行のように体験談なり、データなりをあげるべきじゃないのか?
って話。

その上で、自分は何冊読もう、というのはおのおのが判断すべきことだろう。

ただし、最初から、ケースバイケース、あなた次第と言ってしまい、
何のデータもあげなければ話的にまったく無意味、という事。

伝わってる?

661 :名無しのオプ:03/07/06 17:46
>>660に一票。

662 :名無しのオプ:03/07/06 17:56
>1冊出せばいいっていうレベルか、専業でメシの種にしたいのか。

俺も推理小説家になりたいと思っていた時期あったけど
ミステリの場合、この方向付けが結構重要な気がする。
専業で食っていこういう気には結局なれませんでしたw

663 :名無しのオプ:03/07/06 20:32
>>643は質問する場所を間違えたってことだ。
プロのミステリー作家のエッセイでも読んでみな、答えが書いてあるよ。
2チャンの不毛な論議を聞いててもなにもプラスにならんにょ。

664 :名無しのオプ:03/07/07 00:22
>>660
643に対する俺の答えは657で言ったとおり。
これだって答えの一つ。答えはいろいろあっていいだろ。
言っとくけど俺は人の回答に何もケチはつけてないよ。
「名作を1年読めばかなりのレベルになる」ってあったけど、まじめにいいと思ってる。
俺の答えも貴方の答えもワンオブゼム。
貴方はあっちから喋る。俺はこっちから喋る。
それで何の問題があるのだろう?
俺のアドバイスは、
「プロっていうのは厳しいから、設問にあるような発想は意味ないよ」
ってこと。
それは643が精進する上で「話的に無意味」ではないと俺は思うがね。
それを「ケースバイケースという言葉で結論をぼかしている」と判断するならどうぞご勝手に。

665 :名無しのオプ:03/07/07 03:36
ケースバイケース=分かりません

だろ。


666 :名無しのオプ:03/07/07 05:58
ミステリーってのは
必ず自然科学で解明されてるような現実的な犯人がいないと
ダメってことだよな。

667 :名無しのオプ:03/07/07 10:13
>>665
そら、患者(作家志望者)の症状が分からないと、「分かりません」というしかないからな。
「風邪にきく食事は何ですか」と言う質問と同じ。
まぁ普通に言えるのは、市販のミステリーおよびその周辺の小説を
「読んでおくに越したことはない」。

「栄養のあるもの食べて、沢山寝てください」と同じようなアドバイスしか言えない。
人によっては、激辛なモノ食べて汗がんがん流して風邪直す人もいるだろう。
が、そんな食事は万人にはおすすめできない。


668 :643:03/07/07 12:23
いやー、笑わせてくれてさんくすこ
てか、おまえらほんとによく釣られるよなw

669 :名無しのオプ:03/07/07 12:35
668はニセモノ。


670 :名無しのオプ:03/07/07 19:32
>>664
俺の発言の意味は、こういう意味だけど、伝わってるのか?
と繰り返し言っているだけ。

そちらの論の細かい各論に対して俺はまだ何にもいってないんよ。

なのに返ってくるのはそちらの意見の補強と、
別につっこんだ覚えもないことに対しての反論。
そして、肝心の、伝わってるかどうかのコメントは無し。

勝手に仮想敵として俺を扱うのも良いけど、
書いた事に対してちゃんと会話してくれよ。

671 :名無しのオプ:03/07/08 05:48
ミステリーってのは
必ず自然科学で解明されてるような現実的な犯人がいないと
ダメってことだよな。

672 :山崎 渉:03/07/15 10:28

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

673 :山崎 渉:03/07/15 13:35

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

674 :山崎 渉hunter:03/07/19 01:27
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        | ∧_∧ |   |
     |        | (# ´Д`)|   |
     |        |⌒     て)  人                            
     |        |(  ___三ワ <  >  ====≡≡≡三三三三>>>>>>(^^) 
     |        | )  )  |   ∨
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |


675 :山崎 渉:03/08/02 02:18
(^^)

676 :山崎 渉:03/08/15 16:34
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

677 :名無しのオプ:03/08/21 20:34
>>671
・・・そうか?

678 :ニンニ ◆mea1Mscubk :03/08/22 03:10
やはりプロデビューするには、
長篇を書き上げて、何かしらの賞を受賞するのが正道なのでしょうか?
短篇では受賞しても、雑誌には載っても、
単行本化にはなりませんよね。
そうすると、本の一冊も出してないようでは
プロ作家とは認められず、仕事の依頼も来にくいのではと思います。
でも個人的には、ミステリーは長篇よりも短篇の方が
向いていると考えております。
短篇だけかいて食っている作家とかいますかね?

679 :名無しのオプ:03/08/22 03:29
遅RESですみませんが、
「ミステリ作家になるためには、そんなにたくさんのミステリを読まなくてはならないのか」
という問いについては、料理人と料理の関係にたとえるのが早いと思う。

いっぱい料理を食べて、味わって、その結果どんな満足感をがもたらされるかを知っていないと、
いい料理人にはなれないのではないですか。
そのうえで、どういう火加減で何時間煮込めば、そういう味になるかを覚えていくわけで。

・・・ま、どんなアドバイスをしても今どきの作家志望者さんは
「それなら、おれはそんなうるさいことを言われないメフィスト賞をめざす」
と言われちゃうんで、しょうがないですけどね。

680 :名無しのオプ:03/08/22 03:36
あともう一つ。
作家専業で食えないのは事実ですし、兼業作家にも立派な方はたくさんいらっしゃいますが、
どんな商売でも専業が原則ではないかと。
兼業の床屋さんに髪を切ってほしくはないし、兼業の弁護士や医者にかかりたくはないでしょ。
兼業の八百屋さんや魚屋さんは、何日かにいっぺんしか仕入れに行けなさそうだ。

何人もの作家さんが、安定した給料を捨てて専業生活に入ったときに言っています。
「一日に16時間、いや20時間もずっと書き続け、アイデアを絞り出すことができる幸せ」を。

681 :名無しのオプ:03/08/22 04:08
 >>680
 作家の方も兼業編集者に担当されるのは嫌だろうな

682 :678:03/08/22 21:16
だれかおらぬか・・・・

683 :名無しのオプ:03/08/23 01:24
乙一は短編だけでのし上がってきた感じだが。
枚数制限のないメフィスト賞に短編を大量に送るとか、
連作短編形式で送るとか、
出来が良ければ一冊の本でデビューできるのでは。


684 :Coldplay:03/08/23 03:16
連作短編形式って何?
シャーロックホームズみたいに、
ひとつの決められた世界の中で、
いくつもの事件(物語)が展開されていく
いわゆるシリーズ物みたいなの?


685 :名無しのオプ:03/08/23 03:25
>>684
要するに>>683は「六枚のトンカツ」を読め、といってるわけだ。
そうすれば分かる、と。


686 :名無しのオプ:03/08/23 04:13
ホックはほぼ短編だけで食ってるんじゃないのか

687 :Coldplay:03/08/23 04:35
読むのダルい。
ただでさえ、読まなきゃならん本がたまっているというのに。
それくらい教えてくれよ。

688 :名無しのオプ:03/08/23 05:39
>>678
かつては雑誌が小説発表の主舞台で、
古い作家には「書き下ろし? そんな貸本屋向け作家みたいなことができるか」と
怒る人がいまだに多い。

そんな中、長篇連載→まとめて単行本化 or 短篇掲載→たまったところで単行本化
というのが主流だったわけで、今は書き下ろし長篇が第三の選択として主流入りしつつあるわけだが、
だが、書き下ろし短篇集という形式は、まだまだ特殊。
ってか、長篇と短篇集では売れる勢いが全然違うので、まして新人の場合
「どうせなら、長篇を持ってきてくださいよ」と言われるのが関の山。

ということは「短篇で食う」というのは、
雑誌にコンスタントに書かせて貰う場を確保するということ。
といっても、一人の作家が毎月書くなんてスペースはありませんから、
ニンニ ◆mea1Mscubk さんが小説雑誌5〜6誌に基盤を置くことができれば、
大丈夫、短篇だけ書いて食っていけますとも。

689 :名無しのオプ:03/08/23 05:42
>>678
編集者の友人がいるが、短篇の新人賞だと、いまいち
その作家の力量が分からんらしいので、長篇を依頼しにくいそうだ。
経験からして、長篇を書ける新人はほぼ必ず短篇もこなせる。
だがその逆は必ずしも成り立たないらしい(もちろんこなせるのもいるが)
だから短篇で新人賞とっても担当編集者は長篇賞の応募を勧めるらしい。
(かれ曰く「正直、短篇新人を育ててるヒマない」)

690 :名無しのオプ:03/08/23 06:21
>「正直、短篇新人を育ててるヒマない」

 これが本音だろうね。

 長編もバリバリ書けるけど、短編にも意欲的−−ってんならともかく、
 「長編が苦手だから短編だけ書いていたい」作家志望者なんて、
 編集者はハナもひっかけたくないと思う。

691 :名無しのオプ:03/08/23 07:30
ウゼーなお前ら
今はメフィスト賞があるんだから
そんなことどうだっていいんだYO!

692 :Coldplay:03/08/23 07:54
>>経験からして、長篇を書ける新人はほぼ必ず短篇もこなせる。
ホントかよ。
俺からしてみれば、「孤島の鬼」や「幽霊塔」クラスの作品を書ける奴は
他にもいるが、「人間椅子」を書けるのは、
乱歩をおいて他にいない、という見解なんだが。
つまり、短篇とは詰め込める情報が極端に少なく、
それだけに何を書き、何を書かないかの取捨選択がシビアで、
それだけ作家の個性が出やすくなると思っている。
特に、ミステリーのようなある種の定石があるジャンルでは、
それはより顕著になるだろう。
つまり、優れた短篇を書き上げるのは、
長篇を完成させるよりはるかに難しいと俺は認識、いや確信している。
>>688,689
反論あるかね、妄想カキコ君達w



693 :名無しのオプ:03/08/23 09:34
>>689氏の言ってるのは、そういう何十年に一度という短編大傑作の話ではなくて、
プロとしてコンスタントに作品を書いていけるかどうかなのでは。

編集者としての経験上、
本になるような長編を書きあげたことのある人は、たとえどんなに苦労しようとも
一定レベルの短編を期日までに仕上げる力があると見ていいが、
短編だけしか書いたことのない人だと、果たして長編が書けるかどうかは
未知数だってことでしょ。

井上夢人『おかしな二人』で、乱歩賞を取ったばかりで、
短編は一度も書いたことのなかった岡嶋二人コンビに
編集が「大丈夫、書けるに決まってます」とタイトなスケジュールで短編を
依頼するシーンがあることからも、そういう考え方があるのだと想像がつく。

逆に、短編ではそこそこ評価を得ていたスティーヴンスンが、
長編を書くのに失敗し続けていたことが
『宝島』の序文だったかにあったはず。

694 :名無しのオプ:03/08/23 10:20
>>編集者としての経験上、
本になるような長編を書きあげたことのある人は、たとえどんなに苦労しようとも
一定レベルの短編を期日までに仕上げる力があると見ていいが、
短編だけしか書いたことのない人だと、果たして長編が書けるかどうかは
未知数だってことでしょ。

漏れもこの意見にはおおむね同意するが、
長篇がメインの香具師の短篇って読むに耐えない作品が多すぎるぞ。
「書く」と「書ける」の差は大きいぞ。


695 :名無しのオプ:03/08/23 12:01
北村薫は短編デビューでは。

696 :名無しのオプ:03/08/23 16:18
>>694

>長篇がメインの香具師の短篇って

それは同意。それに、「珠玉の短編」を発表する場って今はあるのだろうか。

>>695

折原一氏もね。『五つの棺』(文庫は『七つの棺』)も『空飛ぶ馬』もすばらしい短編集だが、
この二人が東京創元社の戸川編集長(当時)のミス研時代からの友人で、
しかも同社が日本人作家のシリーズを始めようとしていたという条件がなかったら、
書き下ろし短編集でデビューという理想形は難しかったかもしれない。

697 :名無しのオプ:03/08/24 00:19
デビューは長編だったような気もするが、
短編と言えばチェスタトンを忘れてもらっちゃ困るぜ

698 :名無しのオプ:03/09/06 15:28




http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60232-9

699 :名無しのオプ:03/09/06 16:19
俺は星新一って長編書けない人と思ってたが、長編もレベル以上でビツクリした。

700 :名無しのオプ:03/09/06 17:21
この中に、横溝狙ってる奴もいるんだろうなあ。
がんがれよう。一月切ったぞー。デビューしたら買うからなあ。
糞だったら真っ先にスレ立てるからなー

701 :名無しのオプ:03/09/06 17:53
メフィストは5%という高確率で受賞できます。
必要なのはオリジナリティーですね。
その内投稿してみせます。

702 :名無しのオプ:03/09/06 22:24
>>701
マジ?
それはつまり、応募者が20人しかいないということなのか?

703 :名無しのオプ:03/09/07 01:11
>>701
くじ引きとは違うから確率は関係ないだろ


704 :名無しのオプ:03/09/07 05:27
ファウスト賞の詳細きぼんぬ

705 :名無しのオプ:03/09/07 06:00
「ファウスト賞」募集要項
募集内容・小説作品、ただし書き下ろし未発表作品に限る。
応募資格・1980年1月1日以降に生まれた者に限る。
締め切り・第一次締め切りは2003年11月15日(当日消印有効)
原稿枚数・ワープロ原稿、四百字詰め原稿用紙換算で百二十枚以内。
(A4用紙に一行30字×20〜30行、縦書き。感熱紙は不可)
はじめに20字程度のキャッチコピーと、800字程度のあらすじを添え、
ダブルクリップでとじること。
別紙に氏名、年齢、性別、職業、略歴、住所、電話番号、原稿枚数を明記。

原稿送付先・〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21 講談社 新事業開発部内『ファウスト編集部』「ファウスト賞」募集係

優秀作品は『ファウスト』に掲載。賞金はないが『ファウスト』に掲載されれば
規定の原稿料が支払われる。
また一人につき応募できるのは一作品のみ。
二重投稿、他者デビューの方はご遠慮くださいとのこと。

ジャンルの指定はなし。なので強いて言えば太田が面白がるものを書くのが吉。

706 :名無しのオプ:03/09/07 09:12
>また一人につき応募できるのは一作品のみ

これはつまり一発勝負ということですか……?

707 :706:03/09/07 09:12
ってよく見たらメフィスト賞と違って〆切があるのか。
すまない……。

708 :名無しのオプ:03/09/07 11:00
短編のほうが難しいんじゃないのかな。

709 :名無しのオプ:03/09/07 15:00
年齢制限があるのか。面白いね。

710 :名無しのオプ:03/09/07 23:48
枚数が微妙だなぁ

711 :名無しのオプ:03/09/07 23:49
ここは14歳の漏れが・・・

712 :名無しのオプ:03/09/08 01:19
とりあえずユヤタソをちびらせるくらいのネタはあるのだが、年齢制限がなぁ……

713 :名無しのオプ:03/09/08 01:42
中編ってことですか

714 :名無しのオプ:03/09/08 04:16
>>705
わざわざありがとうございます。
乙かれです

715 :名無しのオプ:03/09/08 20:07
>A4用紙に一行30字×20〜30行

これ、多分、A4用紙に一行30字×30〜40行の間違いだと思う

716 :名無しのオプ:03/09/08 22:02
>>715
でもファウストの応募要項では「1行30字×20〜30行」って書いてあるよ。

717 :名無しのオプ:03/09/08 23:37
間違いじゃないだろ。メフィも同じだよ。30字×20行〜30行。

718 :名無しのオプ:03/09/09 01:48
>ファウスト
正直どんな作品が出てくるのか気になるところであります。
某ミステリー新人賞のように大賞一発目からこけないことを祈るのみ
だな。

719 :名無しのオプ:03/09/09 02:24
他者デビューの片はお断りっつうことは
講談社デビューの奴ならいいのか?

720 :名無しのオプ:03/09/10 04:09
本格より、ユヤタソや西尾ふうのエンタメのほうが受賞しやすそう

721 :名無しのオプ:03/09/10 06:46
Jは本格好きなの?

722 :名無しのオプ:03/09/10 11:22
おいおい、相手が本格好きとか言う前に、まず編集者じゃということを忘れちゃいかん
相手の「好み」なんかどうでもいいのじゃよ。
要は「この作品を世に出したい」と思わせるかどうかじゃ。

もともとはマンガの編集で、清涼院流水のデビュー作に感動したJ氏を
うならせる本格を書けたとすれば、それはそれでスゴイと思うぞ。

以上、ファウスト賞の年齢制限をはるかに突破した年寄りからの意見じゃ。

723 :名無しのオプ:03/09/10 12:32
>清涼院流水のデビュー作に感動したJ氏
これもどうかと思うけどな

724 :名無しのオプ:03/09/11 23:10
どれくらい応募数あるのかな?

725 :名無しのオプ:03/09/11 23:31
年齢詐称しての投稿も、やっぱあるだろうな。

というか、むっちゃセンシブルな原稿にむっちゃセンシブルなイラストついてて、
Jも思わず瞠目して「ファウスト賞 キタ――――(゚∀゚)――――!!」と思って
投稿者に連絡とったら「すいません、実は70年代生まれなんです」とかいう
展開だったら最高だな。最高のイヤガラセ。


726 :名無しのオプ:03/09/12 22:25
そしたら別の賞に回すだけのことですよ。

727 :名無しのオプ:03/09/13 05:21
年齢制限がある分、投稿できる俺にとってはありがたい。
ライバルが少なくなるからな。

728 :名無しのオプ:03/09/14 15:02
松本清張はあのタラコ唇で何を表現したかったんでしょうか?

 それが分かるまでは書けません。

729 :名無しのオプ:03/09/14 15:29
初心者で、これから小説を書こうとしている者ですが、
どのエディターを使っていいか分かりません。
みなさんは何を使用しているのですか?
縦書き可能な物となると、あまり種類がありませんよね。
オススメのソフトがありましたら、教えていただけませんでしょうか?


730 :名無しのオプ:03/09/14 15:39
>>729
ワード

731 :名無しのオプ:03/09/14 16:28
>>729
Rupo

732 :名無しのオプ:03/09/14 16:56
>>729
ハードの話になっちゃうけど









紙とえんぴつ

733 :名無しのオプ:03/09/14 18:23
>729

ぶっちゃけ、横書きで書いている人も多いと思うのだが・・。
QXがおすすめでし。縦書きもできるし

734 :名無しのオプ:03/09/14 18:51
>>729
自分が使いやすければ何でもいいよ
書いてる段階で縦書きにする必要もないし

735 :名無しのオプ:03/09/14 23:51
O's Editor

736 :名無しのオプ:03/09/15 14:26
>>729
Win板で、フリーで縦書き可能、かつ使い物になるのはCoolMintしかないんじゃないかという結論に達した


http://webinter.net/pbd/



737 :名無しのオプ:03/09/23 04:29
>>733
ドウイ!

738 :名無しのオプ:03/10/04 21:28
http://product.esbooks.yahoo.co.jp/product/product/detail/author?accd=31166929

739 :名無しのオプ:03/10/05 20:54
ファウスト賞ゲットしますので、よろしく

740 :名無しのオプ:03/10/13 02:39
23歳以下か

741 :名無しのオプ:03/10/28 22:56
で、1よ、何か書けたんか?

742 :名無しのオプ:03/10/28 23:29
--------●○●別れさせ屋●復讐代行業務●○●----------
http://freebbs.around.ne.jp/article/h/hahan/6/puhmdp/puhmdp.html
●騙された・裏切られた・弄ばれた・逃げられた・捨てられた・
相手に誠意が無い・異性問題・家庭内暴力・不倫疑惑解明・人間関係・金銭トラブル★
別離工作・情報収集・トラブル対策・ボディガ―ド・等々!
●真剣にお悩みの方、安心してご相談下さい。解決へ導きます★
□■電話番号調査・住民票・戸籍謄本など調査■□
★☆★【重要@yahoo検索キーワード】→悩める方の駆込み寺  
●別れさせ屋・特殊工作・調査全般
http://freebbs.around.ne.jp/article/h/hahan/6/puhmdp/puhmdp.html
--------------------------
リンク@yahoo検索キーワード→呪屋本舗
●怨念波動・怨念呪殺術代行!!!
●憎き相手を奈落の底へ!!!

743 :名無しのオプ:03/10/30 00:07
で、何か書けたんか?

744 :名無しのオプ:03/10/30 23:49
ど〜なっているのよ?

745 :名無しのオプ:03/10/31 02:11
ド本格を書いていたつもりがいつの間にやらエロティックサスペンスになってしまいますた。

746 :名無しのオプ:03/11/29 16:59
>>745本格だけは最後まで考えてから書くようにしてくれ

747 :名無しのオプ:03/11/30 04:16
>>745
'`,、('∀`) '`,、

748 :名無しのオプ:03/11/30 11:08
なあなあ、ミステリーズ!短編賞で落ちた作品を、「新・本格推理」に出しても
大丈夫だよね。前者の締め切りが3月で結果発表が6月、後者の締め切りが9月
なんだが・・・・

749 :名無しのオプ:03/11/30 14:37
落ちるって事はどこかに瑕疵があるわけで、それなら新しいのを書いた方が良いと思ったり思わなかったり

750 :名無しのオプ:03/12/01 02:26
同じ人が下読みやる可能性もあるので注意。
そういう場合、書き直したやつなら
認めるらしい。

751 :名無しのオプ:03/12/01 19:21
テキストエディタって何?

752 :名無しのオプ:03/12/01 23:21
テキストをエディッたりするヤツだよ

753 :名無しのオプ:03/12/04 16:50
>>751
PC板で聞いたほうがよい

754 :名無しのオプ:03/12/05 00:47
>>753
ほんとに訊いたら確実に叩かれるぞ

755 :名無しのオプ:03/12/08 06:40
偏差値の低い俺でも、ミステリは書けるのでしょうか?

756 :名無しのオプ:03/12/09 00:03
偏差値ひくいからこそ書けるミステリもある。

757 :名無しのオプ:04/01/27 12:29
>>469
よーし、1年前のレスに返答しちゃうぞ。

犯人が探偵を捜す話は存在します。「犯人は誰だ!」(海外もの)


758 :名無しのオプ:04/02/08 06:59
犯人が動機を探す話と
犯人が凶器を探す話をかいてくれ

759 :名無しのオプ:04/02/25 22:50
生暖かく見守るのを1年近くさぼっていたが、諸君、書いているかね?

760 :名無しのオプ:04/03/10 16:41
パソコン・ワープロ専用機・手書きの比率って4:4:2くらいかな

761 :名無しのオプ:04/03/10 20:06
専用機ってかなり少数派だと思う。

762 :名無しのオプ:04/03/11 17:26
>>757
パット・マガー『探偵を捜せ!』は?

763 :名無しのオプ:04/05/05 00:09
おらおら、お前ら書いてんのか?
つーことで喝を入れるためにage

183 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)