5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

矢月秀作・横溝美晶・松岡弘一・その他B級活劇総合

1 :  :02/01/05 11:13
おもにノベルス・文庫書下ろしで活躍している、B級アクション小説の書き手をここでまとめて。
単独スレッドではなかなか盛り上がらないし……板の定義に合うかどうか疑問な方もいるでしょうが、
冒険・ハードボイルド系のいちジャンルということで、よろしくお願いします。

2 ::02/01/05 11:16
タイトルには話のネタになりそうな作家名を入れましたが、
他に、龍一京、南英男、広山義慶、はたまた門田泰明、勝目梓など、
当てはまりそうな作家はどんどん語りましょう。

3 :名無しのオプ:02/01/05 11:19
松岡圭祐はいかがなもんか
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/972369111/l50

―――――横溝美晶――――
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1000470862/l50

4 :名無しのオプ:02/01/05 11:20
こいつは?
楡周平どうですか?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/986440992/l50

5 ::02/01/05 11:24
一応タイトルの作家の解説を……
「矢月秀作」
エロゲーのノヴェライズなどを経て「もぐら」シリーズ(新中公)でスマッシュ・ヒット。
悪名だかい「ダイソー百円ミステリ」で、気を吐いた数少ない作家。作品は「チーム」。
「横溝美晶」
伝奇風味の「一角獣シリーズ」(祥伝社)がおすすめ。平井・菊地のフォロワーだったが、
最近は官能小説に激しく傾倒。アクションものの復活が待たれる。
「松岡弘一」
黒豹小説賞でデヴュー。この時点でポイント高い。ホラー風味が特徴。代表作は
「荒鷲シリーズ」(光文社)。やたらフリークスが出てくる。

6 ::02/01/05 11:33
松岡圭祐って「催眠」「千里眼」のひとですか? 楡周平は「Cの福音」ですよね。どちらも未読ですが。
おれが思い浮かべてた作家とはちょっと毛色がちがいますが、B級テイストがあるとは聞いています。
大藪や寿行、大沢もB級アクションといえばいえるし、なかなか定義はむずかしいですな。
まあ、スレッドがつづけば、徐々に路線が固まっていくでしょう。

7 :名無しのオプ:02/01/05 12:41
樋口明雄、今野敏、伴野朗も捨て難いけど・・・分かってくれる人は
いるのかな?

8 :名無しのオプ:02/01/05 12:58
今野敏は蓬莱あたりでブレイクすると思ったんだけどねえ。

9 :名無しのオプ:02/01/05 18:53
戸梶圭太をここで語るのもOKですか?
「このミス2002」では票割れでランクインを逃がす。あっでもこのミスに
ランクインしてしまったらB級とは言えなくなるかな?
ちなみに私は「なぎら☆ツイスター」がいちばん好き。

10 :名無しのオプ:02/01/05 19:10
マニアックなところで、北野安騎夫とかどうよ?

11 :1:02/01/06 10:02
ちょぼちょぼ書き込みがあってうれしいですな。
>>7
3人とも名前は知ってますが、読んでいるのは今野敏だけです。すいません。
(樋口明雄さんは、ちっちゃいとき、ゲームブック作家として愛読していましたが……)
>>8のいうとおり、ブレイクしそうでぜんぜんしない作家ですね。「ビート」とかおもしろかったのに……
とくに、ブレイクの「兆し」もないころの格闘小説は、まさにこのスレッドのためのB級アクションです。
>>9
そうか、戸梶をタイトルに入れればこのスレッドもっと目立ったかも……
おれは「赤い雨」が好きです。この作家のなかでは一番シリアスな作品。
>>10
未読ですが、本屋で見た感じでは、まさにこのスレッドで語って欲しいタイプです。
「グランド・ゼロ」っておもしろかったですか?

12 :1:02/01/06 10:04
お分かりのとおり、おれはこんなスレッド立てたわりにかなり不勉強です。
来てくれたひと、ささいなネタでいいからどんどん書き込んでください。
情報交換の場としても機能すればいいなあと思います。

13 :7:02/01/06 10:51
やっぱりパッとしないな・・今野敏は良くも悪くも平均的な出来
ばかりだから目立たないのかな?
伴野朗の歴史活劇物も結構ハマってた時期あったが、最近ないしな。
後、「脱出」が目茶苦茶面白かった西村健は路線変更したのか?
ああいうのまた書いて欲しいんだが・・・

14 :名無しのオプ:02/01/06 12:55
>「グランド・ゼロ」っておもしろかったですか?

わたしはけっこう楽しめたぞ。素直に活劇としてもまあまあ良かったし、
バイオホラーが流行った時期に便乗した作品でもあるのだが、SF的に観ると
とってもショボイので、またそこにB級の面白さが(w

15 :名無しのオプ:02/01/06 14:37
読んだ事ない作家名ばかりだけど、このスレ応援したいっage

16 :名無しのオプ:02/01/06 14:57
桑原譲太郎の「復讐の帝王」三部作。これがピークだったとおもうが、この人どう?

17 :7:02/01/06 17:40
>16 悔しいけど、その通り・・・ 後は出涸らし、焼き直し・・・
   でも、「我が標的は日本」シリーズは「復讐の帝王」にちかい
   破壊力が戻って来ている様な・・ 気がしなくもない。
   

18 :7:02/01/06 17:42
>15 ブックオフにいけば、大体揃うよ。ここの作家のは。

19 :7:02/01/06 22:46
ほっとくと倉庫行きなので、AGE
それと、書き忘れたけど佐々木譲もなかなかイイ!
特に戊辰戦争後の元幕軍兵士の生き様を描いた「五稜郭残党伝」「北辰群盗録」
がお勧め。

20 :名無しのオプ:02/01/07 07:33
面白いけど佐々木ってB級かあ?

21 :名無しのオプ:02/01/07 07:45
西村健の「突破」まだ読んでないけど面白いですか?

22 :7:02/01/07 12:48
>20 B級扱いはまずかったか。馬鹿にしたつもりはないんだけどね。

>21 俺はなんとも・・・ 読んで判断して。

23 :名無しのオプ:02/01/07 13:13
桑原譲太郎は群狼シリーズもよろし。最終作の群狼伝説のプリズンアクション燃えまくり。春樹文庫で旧作はほとんど手に入るが何だあの改題は。

24 :名無しのオプ:02/01/07 13:43
山田正紀の「24時間の男」「謀殺の翼747」

25 :7:02/01/07 14:20
火坂雅志の「花月秘拳行」シリーズ。西行が実は拳法の達人で
蝦夷やら陸奥で政権奪取を謀る連中と闘う時代拳法活劇。
予備知識なしで読んだけど面白かった。他に「骨法」の達人を
主人公にした小説もあったけど、そっちはつまらなかったなあ・・
こんな事書けるスレ他にないから、好きにやってるけど勘弁ね。

26 :名無しのオプ:02/01/07 15:22
>7講談社ノベルズで出てたの覚えてる。今読みたいけどどっかで文庫になってないかな?

27 : :02/01/07 16:27
>>24
山田正紀をB級の書き手って扱いにしてもいいもんかな?
いや、その作品にはそういう香り(B級アクションっぽさ)
があるのは同意するが・・・。

28 :1:02/01/07 18:40
おお、書き込みが続いていた。
>>14、レスポンスありがとうございます。>>15のいうとおり、ブックオフでさがしてみます。
佐々木譲と山田正紀は、うーん、このスレッドでは全く想定していない作家でした……
西村健と火坂雅志は未読。桑原譲太郎はまさにここだと思います。
「シュドラとの7日間」はすごかったです。「インコ真理教のメロン野郎をぶち殺す」って、あんた……
それにしても>>7、かなり「好き」なひとですね。これからも盛り上げてください。

29 :7:02/01/07 21:38
>26 確かどっかから文庫が出てた。ケイブンシャだった様な・・・

30 :名無しのオプ:02/01/07 22:42
海外作家だと誰がB級活劇小説家っぽいかなあ?

31 :使者:02/01/07 22:54

(`・ω・´) シャキーン
(∩ ∩)

32 :名無しのオプ:02/01/07 23:14
>
>30 ハドリー・チェイスなんか典型的でわ?

33 :7:02/01/07 23:38
>30 創元推理文庫とかで出てたペーパーバックのシリーズ物なんか
  はもろB級の面白さに満ちてるけどなあ・・・
  「殺人機械」「マフィアへの挑戦」「デス・マーチャント」
  ・・・・
 
  後、毛色が違うけど、トム・クランシーの書いてる
  「レインボーシックス」 対テロ多国籍特殊部隊なんて
  いかにもB級だけど、良いなあ。
   

34 :32:02/01/07 23:57
あー創元と言えば「インクィジター」もあった。バチカン市国の諜報員が主人公で、敵を殺したらパンと水だけでお勤めを強いられる宗教活劇。

35 :名無しのオプ:02/01/08 00:15
海外ものはこっちでやろうよ
「マック・ボランとかのスレッド」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1001329971/l50

36 :7:02/01/08 00:24
>35 立てた本人です・・・そうですね、つい調子に乗って・・・・

37 :名無しのオプ:02/01/08 00:29
じゃ日本ので。あんまり大声で自慢できんけど田中光二の「処刑捜査官」シリーズ全部読んだ人いる?すごいよ。

38 :7:02/01/08 00:34
田中光二は傭兵物何作か読んだ事あるけど・・・なんか大藪春彦
とダブってるなあ位に思ってた。まだ読んでないけど、どういう
風に凄いの?

39 :37:02/01/08 01:21
暗殺エージェントものなんだけどエスカレートする展開がなんとも。
主人公が気功を身につけて銃弾に無敵になると敵も狼男、バイオモンスターになる。
最後は宇宙船をめぐる戦いになりヒーローはエイリアンと結ばれる。
まじめに読むと腹立つけどB級狙いならかなり楽しめるのでは。

40 :名無しのオプ:02/01/08 11:36
>>33
レインボーシックスはクズ
あんな受け身だけのバカ共が国際テロに立ち向かえるわけない

41 :1:02/01/08 11:41
>37 凄いな・・・読みたいような読みたくない様な・・・

>1 勝目梓は中学、高校の頃に違う意味で大変お世話に・・・
   広山義慶は「裏刑事」「雷神」シリーズを何作か読んだけど、Vシネマを
   まんま小説にって感じが。「裏刑事」の設定は大藪春彦の「名のない男」
   の影響かな。でも「雷神」の武装検事って設定は、門田秦明の「黒豹」
   と一緒。まさか、「黒豹」のパ(以下自粛・・・)
 

42 :名無しのオプ:02/01/08 13:31
ageとこ

43 :ドラム:02/01/08 15:46
井上淳なんかはどーだろ。外人ばっかりでる国際謀略ものをかいておった。いつも
予定調和でお話が終わるのが難点だが、
アクション場面はスタイリッシュでかっこよっかった。ケイブンシャで架空戦記物を書いたときは
「ここまで落ちたか!」
と、思ったが読んでみると無茶苦茶おもしろかった。
興行的に苦戦してるので消えたか?と思う頃に新刊がひっそりでる。
「エンドレス・ファイト」「罪深き街」がイイ。
開き直ってスナイパー版「魔界転生」みたいなの書いたら凄そうな気が。

44 :ドラム:02/01/08 15:56
まだノベルズで1,2作しか出してないけど凄くなりそうな人、っているかな?

45 :名無しのオプ:02/01/08 16:16
キーワードは“ケイブンシャ”か

46 :名無しのオプ:02/01/08 17:01
>>44
舞城王太郎 (藁

47 :ドラム:02/01/08 17:04
>46
出版と作品名お願いします。

48 :46:02/01/08 17:24
舞城王太郎 「煙か土か食い物」 「暗闇の中で子供」 講談社ノベルス
B級テイストはあるものの、このスレで語るのはちと違うスマヌ m(_ _)m
こちらへどうぞ
http://mentai.2ch.net/mystery/#7

49 :名無しのオプ:02/01/08 19:41
あげ

50 :7:02/01/08 23:41
>1 >41で1でカキコんでるけど、間違いです。すいません。他のスレで1で
   書き込んでるんで・・・

51 :37:02/01/09 00:05
>43
井上淳は「夢魔のわらう夜」(だったか?)を真面目なハードボイルドと思って読んでたら
とんでもないオチで(メール欄)ぶっとんだ。ちゃんと伏線はあるのだけど。
>7
ボクシングもので「かませ犬」勝目梓が好きですね。

52 :7:02/01/09 00:09
>43 いたねえー 井上淳 確か「殺戮者」しか読んでないけど 
  良いなって思った。「エンドレスファイト」はブックオフの
  100均コーナーでよく見かけるから買っとこう。

53 :名無しのオプ:02/01/09 04:12
あんまこの辺は詳しくないんだけど、
故竹島将の『ファントム勇者伝説』とかでもダイジョブ?
あとみなさん門田御大の『黒豹』の名前を出したがらないように見える(w
のはなぜ?
ハードカバーで出た新作のあとがきは必見だと思うのだが。

54 :7:02/01/09 11:50
>53 竹島将も懐かしいなあ・・・広済堂?から出てた番外編なんて全編
   殺戮大会って感じで凄かったな。
   「黒豹」については・・・スレも立ってたし語り尽くされた感が
   あるのかな?でも、特命武装検事って常人じゃ思い付かないよな・・・

55 :名無しのオプ:02/01/09 12:16
竹島将もこれからの人だったのにな・・・

56 :名無しのオプ:02/01/09 15:17
個人的には竹島将、菊地秀行、夢枕貘あたりが
「最後の流行作家」って感じなんですけど、
ライトノベルや新本格が出て来て、竹島氏が亡くなって、
なんか象徴的な気がしましたっけ。

57 :名無しのオプ:02/01/09 15:22
なんて寒いスレだ…
好きだけど。
頭使わずに読めるのがいいよね。

58 :名無しのオプ:02/01/10 16:08
>>53
門田先生のあとがきといえば、「黒豹ダブルダウン」の何巻かで、
ファンレターに応える形で日本の危機管理の甘さを怒ってたけど、
差出人のA子さんだかB子さんだかは、実在の人物なのだろうかと、ふと思った。

59 :名無しのオプ:02/01/10 17:39
>>58
やらせは何もテレビだけのことではない

60 ::02/01/10 18:29
おお、そろそろわからない作家のほうが多くなってきた。特に海外は全滅です。
竹島将(名前だけ知ってた)井上淳(全く初耳)か……ブックオフ行ってきます。
田中光二は「殺し屋カラス」というのを読んだことがあります。
なんか「特命武装検事・伊達邦彦」って感じでした。

61 ::02/01/10 18:36
おののいてばかりじゃ何なので、おれからもネタ振りを。
中島望「Kの流儀」(講談社ノベルス)は、かなりおすすめです。
極真空手を使う少年が、高校にのさばる番長グループ(全員格闘家)と闘う話で、キャッチコピーは「梶原一騎の再来か!」
風変わりな推理小説が中心の講談社ノベルスで、B級アクションの道をつっぱしっています。

62 :名無しのオプ:02/01/10 18:57
>>1
桑原作品は「シュドラとの七日間」よりもっと凄いのがあるぜよ。「新ガスコップ」までくると
もはや手のつかられない状況かな。
あと、B級で地味だけど、中公で出してる山本甲士の探偵稼業シリーズは好きかな。

63 :名無しのオプ:02/01/10 19:00
誰か桑原譲太郎爆笑スレッド立ててくれんかな。

64 :名無しのオプ:02/01/10 19:06
殺し屋カラスは最初のが面白い
後になるととんでもないのが00になってて
ガッカリする

65 :名無しのオプ:02/01/10 20:07
>>61
「Kの流儀」は(・∀・)イイ!
続編の「牙の領域」も(・∀・)イイ!
でも去年の「十四歳、ルシフェル」は(゚Д゚)マズー

66 :名無しのオプ:02/01/10 21:39
大男の凄まじい攻撃が開始された。

蹴りが飛ぶ。蹴りが飛ぶ。関西仕込みの蹴りが飛ぶ。
蹴りが飛ぶ。蹴りが飛ぶ。日本海に蹴りが飛ぶ。
立たされて、襟をつかまれ、びんた飛ぶ。男こぶしのびんた飛ぶ。
転ばされ、突き倒されて、びんた飛ぶ。これでもなのかとびんた飛ぶ。
天と地が、ひっくり返って、ゲロを吐く。これでもなのかとゲロを吐く。
頬が裂け、レバーが泣いて、ゲロを吐く。くたばっちまえとゲロを吐く。

演歌さながら・・・怒涛の攻めであり,狂乱の責めである。

            「爆走物語」より桑原譲太郎

67 :名無しのオプ:02/01/11 10:31
誰かつっこんでくれ。

怨讐の牙 徳間文庫
広山 義慶 (著)

超一流企業・東亜物産で日陰の閑職を強いられる牛島翔平は
結婚を誓った社長秘書・佐伯彩子の死を知った。
彩子は全裸で局部、肛門にバイブをはめ込まれる形で発見された。
翔平は自殺で片づけられた彩子の死に疑問を感じていたが、
突然訪れたフリージャーナリスト吉沢高広により殺人の確証を得る。
そして、吉沢は訪問の翌日、井の頭公園で死体となって発見されたのだ。
翔平は真相の解明に乗り出すが。

68 ::02/01/11 15:10
桑原譲太郎、人気ありますね。「復讐日本」ってやつ、読んでみようかな。
ハルキ事務所もこの作家に力入れてますが、そのわりに表紙がしょぼいように思います。
とくに「新・ガスコップ」。あの表紙でだれが買うんだ。どの出版社もノベルスの装丁に工夫をこらしているこのご時世で。

69 :名無しのオプ:02/01/11 15:24
「復讐日本」は「復讐の帝王」の改題。断然のお勧め。ぜひ読んでくれ。
タイトルは前の方が好きだ。この身も蓋もない潔さが内容にぴったりで。

70 :名無しのオプ:02/01/11 18:58
ようし!
みんなまとめて読んでやるかな!

71 ::02/01/11 22:34
>>62
 山本甲士、興味はありました。確か横溝賞作家で、けっこういろんな本出してますよね。
 なんか1冊読んでみようっと。うーん、どんどん「宿題」が溜まっていく……
 まあ、殺し屋カラスは>>64のすすめにしたがって手つかずにしておきます。
>>65
 おれはちょっとちがって、Kの流儀>ルシフェル>牙の領域、という印象です。
「牙」は、なんか、緊張感が「K」よりない気がして……うまく説明できませんが。
>>67
 某センセイ風に。
「そんな格好で自殺する女がいるわけないだろう。警察を超弩級のマヌケに見せることで
 主人公をヒーローに仕立て上げる、典型的なC級ミステリー」
 

72 :36:02/01/12 00:30
ルシフェル買ってきました。読んでみます。

73 :名無しのオプ:02/01/13 20:23
ルシフェルって1冊で完結してないんだよね?

74 :36:02/01/13 21:00
後書きによると、続編を書いてるそうです。
まだ、ルシフェル前半しか読んでないけどハルキノベルズの「ゾアハンター」を
思い出しました。あれもサイボーグもので楽しめた。

75 :7:02/01/14 16:21
ルシフェル読んだけど、面白かった。サイボーグだから良心の呵責なく悪党
殺し捲くり!ってのがイイね。まあ、ラストの死闘は取って付けた様な気がしなく
もないけど・・・ とりあえず続編期待。
後、鳴海丈の「処刑人 魔狼次」について何か云いたい人は・・・
エロとバイオレンスでお腹一杯っつーのは嫌いじゃないが、エロがちょっと
クドイかなあ・・・

76 :名無しのオプ:02/01/14 16:22
==H======================================================

         2ちゃんねるのお勧めな話題と
     ネットでの面白い出来事を配送したいと思ってます。。。

===============================読者数:84480人 発行日:2001/12/21

どもども、ひろゆきですー。
こないだのメルマガでお知らせしましたが、警察を相手にしたおいらの勇姿見てくれましたかー?
警察を相手にしても一歩も引かなかったですよー。
いやあ、5月に珍走団に土下座させられて以来、「ひろゆきってヘタレ?」なんて言う奴等が
いるので頑張ってみたですよー。
「得意気に武勇伝を披露する中学生みたいで馬鹿みたい」なんて声も聞きますが大きなお世話ですー。

実を言うと、おいらは企業や警察を相手に勇姿を見せるのは結構得意なんですー。
この連中はいきなりパーンチやキーック飛ばしてくることはないですからねー。
苦手なのはやっぱり珍走の連中ですー。
あいつらときたら、おいらの屁理屈に全く耳を貸しませんからねー。
まったく困った連中ですー。えぇえぇ、、、

ところで今回発売した本の中で珍走団との一件をいかにもクールに乗りきったように嘘を吐いて
しまいましたが、これって奴等の世界じゃ背信行為に当たるんですよねー?
本当は丁重に詫びて許してもらったわけですからー。
もし珍走団がそれを読んで再び乗り込んできたらどうしたらいいんすかねー?
もちろん言い分けは用意してありますけど、言葉遊びに付き合ってくれるかなあ、、、
なんだかちょっぴり不安な今日この頃ですー。。。

それはさておき、最近みんなおいらに冷たくない?なーんか信者だって激減してきたしー、、、
以前はネット王子とかwebヒーローなんて言ってもて囃してくれてたじゃん、、、
それが最近じゃ、ワキガ王子に歯糞オトコなんて、、、ちょっとひどいよー(泣
明日からは頼んだじょ!

んじゃ!

77 :36:02/01/14 19:23
当方もルシフェル読了。なんかイメージと違ってましたな。
いろいろ気になる部分もなくはないですが、買い。
うーん、続編ですか。面白そーなんだが、あの余韻のあるラストシーンで封印してほしい気が・・・
でも出たら読むし。

78 :77:02/01/14 19:31
>72 >74 >77  以上を36で書いてましたが間違いで私めは37です。
7さん申し訳ない・・・

79 :37:02/01/14 20:01
>7
鳴海丈は修羅之介斬魔剣の続きが読みたい。スピンオフの魔狼次は・・・読んでみます。
現代物で『殺されざる者」は、なんか消化不良で・・なんか、もっと面白くなりそうな気がして・・
いつも後書きのB級映画(しかも邦画)の話を楽しんでます。
ぼちぼち勝負作書いてほしい。
(この人のエロは苦手。なんか女の人が苦しそうで・・・)

80 :7:02/01/14 20:48
風間一輝の「男たちは北へ」に影響されてロードレース用自転車の
購入を検討。あまりの高額に速攻で断念・・・

81 :7:02/01/14 21:13
鳴海丈には一度だけでいいから、エロ抜きのヤツを書いてほしいん
だが無理かな・・・アクション描写は結構悪くないんで。

82 :名無しのオプ:02/01/14 21:30
御満子とか御珍棒とか、品のかけらもない当て字がたまらない。

83 ::02/01/14 22:17
鳴海丈、そうだ、この作家もいました。とくにここ2、3年、時代物の文庫化が進みまくってますね。
現代ものでは「完殺者真魅(ジェノサイダー・マミ)」という、美少女が古武術で改造人間と戦う作品があります。
ジャンプノベルスというマイナーなブランドでひっそりと出版されました。
イラストが、1巻が「なつきクライシス」、2巻が「ヒカルの碁」のまんが家さんだったりします。

84 :37:02/01/14 22:31
>1
あれはエロ抜きな作品だったなー。ヒロインアクション、アダルト物でかかんかなー。
全編エロにされてもこまるが・・・
あと大藪の「女豹シリーズ」みたいな女性主人公のバイオレンスってないもんかな?
(千里眼も好きなんだが、ダークなのが読みたい)

85 :37:02/01/14 22:35
>1
小説は二巻で中断してるけど漫画は完結してるの?

86 :1:02/01/14 22:36
>37 龍一京が女刑事物書いてた様な。読んでないから何とも
   云えんけど。エロ絡みのアクション物だったら多そう。

87 :37:02/01/14 22:56
戦ってる姿がセクシーなのが読みたい。
田中光二も女性主人公を書いておったが、なんか女ぽくなかった。
あ!大沢の「相続人TOMOKO」があった!
(B級じゃないと言わんでね・・・おれにとって、大沢はハードボイルドというより
かちょいいアクションを書いてくれる作家なのよ)

88 :1:02/01/14 23:06
>37 思い出した!森雅裕の「漂泊戦士」「感傷戦士」確か台湾の
   高砂族の血を引く女子高生が自衛隊のクーデター部隊と闘う
   話。セクシーか?と聞かれれば答えに詰まるけど、まあ
   面白かった。

89 :37:02/01/15 09:27
>1
意表を突いた作家の名が・・・
探してみます。

90 :7:02/01/15 10:44
また間違えた・・ 86・88は7です・・・

91 :7:02/01/16 10:49
とりあえず倉庫行きは阻止しないと・・・
後、東郷隆の「定吉七番」シリーズについて何か云いたい人は・・・

92 :名無しのオプ:02/01/16 12:56
↑↑買いたいがブクオフでも売ってない

93 :37:02/01/16 19:43
スレのネタにしょうと読んでみた「魔クルスの黙示録」大下英治。カッパノベルズ。
ちと古いが、こいつは濃いーぞ。
中尾根総理(変換ミスではない)が拉致され、国会議事堂が迫撃される。
アマゾンの密林奥地ではヒットラーの孫が第三帝国復活を計っていて、なんと洗脳された中尾根が・・・・
これだけの展開で序盤50ページ。で対する主人公は秘密組織イリガールのメンバー北神遼。
昼間は男だが夜になると、女性の理沙に変身するという体質の持ち主。
とにかく1冊に詰め込んだネタと展開が半端じゃない。

中尾根総理は、大衆の人気をさらった。ブリッ子をもじってブリッ子ジジイの意の
「かわいいブリジジ」との異名までとった。

て、その・・・・うーん、80年代だなー濃いわ。

94 :名無しのオプ:02/01/16 19:46
↑読んだことあるな どんなのか覚えてないが

宮部とか森よりこの手の方が神経使わなくてもいいから楽しめる

95 :7:02/01/16 20:43
>93 似た様なので中島渉の「アルマゲドン黒書」とかゆーのがあったけど・・・
   この人今何してんの?

96 :名無しのオプ:02/01/16 21:21
>>91
そんな下がってないじゃん。
野獣だ野獣になるのだー(意味ナシ

97 ::02/01/17 20:44
>>37
「完殺者真魅」まんが、本としては3巻で完結してます。
話としては未完です。『戦いはまだまだ続くわ……!』って感じのラスト。
まんが家さんは、いま、「ゴー・ダ・ガン」という格闘まんがを書いてます。

98 :37:02/01/17 21:26
>1 
ありがとー!
わしも宿題がたまってしもて・・・
落ち着いたら読んでみます。
ちょっと小説読むのに疲れ気味。石川賢の漫画でも読もう・・・


99 :7:02/01/18 09:15
>98 石川賢と云えば、「爆末伝」「極道兵器」・・・本当はもっと語りたいが
  板違いなのでここらへんで止めとこう。


100 :37:02/01/19 11:41
>7
まあ少しぐらいいいのでは。適当に雑談したり脱線したりしながらのんびりいかんと
マイナーなジャンルなだけに正直しんどい。
それにスレの流れをみると
あまり行儀よすぎるのもかえって問題な気が。


101 :名無しのオプ:02/01/19 11:50
http://au.geocities.com/newyorksnk

102 :7:02/01/19 13:06
B級の枠には当てはまらないが無茶苦茶面白かったのが森村誠一の「星の陣」
家族を死に追いやった暴力団を殲滅すべく、旧陸軍兵士だった老人がかつての
戦友を率いて立ち上がる。上下巻だったが一気読みした記憶がある。これ
読むまで小難しい社会派推理とかそんなのしか書けない作家だと思ってたが、
認識を改めた。

103 ::02/01/19 14:51
おお、なんだかんだで100コ書き込みいってる……
>>7>>37をはじめ、たくさんの方の書き込みを読んで、すごくためになりました。
桑原譲太郎、竹島将なんかがけっこう話続きましたね。
これからもB級アクションについて語っていきましょう。
おれはいま、横溝美晶の「鬼殺師(おにごろし)九宝剣士郎」シリーズを読んでいます。
ページ数の半分が不必要なベッドシーンという、横溝節全開の伝奇アクションです。
主人公が後半からしか出てこないのはやめてくれ……でも、読む。

104 :名無しのオプ:02/01/19 20:09
横溝美晶ってエロ小説だしたね。

105 :名無しのオプ:02/01/19 21:15
「この官能小説がスゲエ!」という本にB級活劇作家の作品も
結構紹介されてるね。

106 :1:02/01/20 20:51
>>104
徳間文庫の新刊ですか?「女教師の愉しみ」みたいな、犬でもわかるタイトルのやつ。
最近はそんなのばかりみたいですね。ちょっとかなしい。
ハルキ文庫、SFレーベルで伝奇アクション書かせてやれ。

>>105
勝目梓は奥の深い官能文学の作家として玄人筋で評価たかいみたいですね。
おれは軽ハードボイルドみたいなのしか読んだことありませんが。

107 :37:02/01/22 08:00
松岡圭祐「千里眼の瞳」が古本で入手できたので読んだ。
よくもまあこれだけ節操なく時事ねたをバンバンしこむなあ。ここまで徹すると感心する。
小回りのきくフォーサイスですな。ある意味凄いエンターテイナーと思うけど
松岡スレでは叩かれまくてたな。
冒頭から007ばりに空中戦があって、クライマックスは米国テロの(しかもジャンボ機直撃の瞬間)
ワールドセンタービルだぜ。
あと北朝鮮の女工作員は好みでした。
トンデモ活劇(というより講談と言うほうがぴったりくる)系では今一番元気なシリーズだね、これ。

108 :37:02/01/22 08:03
>>107
叩かれまくてたな→叩かれまくってたな、でした。

109 :名無しのオプ:02/01/22 17:43
代筆くさいよな、松岡圭祐。中谷彰宏みたいに、工房かかえてやってる気がする。

110 :名無しのオプ:02/01/22 18:29
松岡圭祐はC級

111 :37:02/01/22 18:54
やっぱりここでも叩かれるか・・・
ま、正直わしもかなり腹立ってた時期もあって、松岡スレで叩く人の言うことも
納得いくんで。でも最近は割り切ったしなー。



112 :37:02/01/24 21:45
ところで菊地秀行のタフガイ路線が読みたいぞー。魔界行とか。
とりわけ好きなのはコマンド・ポリスシリーズ「魔人街」
この作家のガン・アクションの巧さがよくわかる一編。
美青年が主人公の作品に圧されてこの路線はなかなか出ない・・・


113 :1:02/01/24 21:52
そろそろ打ち止めかな……
>>37
「淫殺街」「魔人街」よかったですね。もうこういうのは書かないでしょうね。
「放浪獣(ながれじゅう)」という2年前の作品が、ちょっと近いテイストでしたが。


114 :37:02/01/24 22:03
>>1
そうしんみり言われると悲しくなる・・・・このスレ好きだしな。


115 :7:02/01/25 05:18
広済堂?から結構出てた志津三郎を憶えてる人は何人位いるかな?
「スノーコマンド」「ドラゴンコマンド」等中途半端に格好良い?タイトルが
多かった。最初の頃は自衛隊のクーデター部隊の裏に北○鮮の陰謀があったり
っつー話もあったし。何故かシリーズみたいになってて主人公が自衛隊情報部
所属の加賀八束。その内、チャイニーズ・マフィアも敵にまわしたり・・・
あまり面白くなかったが、頭から離れない。


116 :名無しのオプ:02/01/25 08:36
菊地秀行はコマンドポリスしか読んだことない
他のはどうもね

117 :37:02/01/25 13:54
大藪スレで声掛けてくれたの1さんなの?

118 :名無しのオプ:02/01/25 15:22
戸梶圭太新刊「牛乳アンタッチャブル」・・・・追い風が(藁

119 :名無しのオプ:02/01/25 19:17
まだまだ頑張れるサ!

120 :1:02/01/25 21:35
>>37
そうです。なんか勢いで、へんに柄の悪い口調でした。失敬。

戸梶圭太は心の底から確信犯なんで、おれの中では逆につっこみにくい感もありますね。
でも、このスレッドで語るのはぜんぜんオーケーだと思います。追い風(w)には乗りましょう。


121 :37:02/01/25 23:45
>>120
そんなことないっすよ。



122 ::02/01/27 17:54
「宿題」の竹島将、山本甲士、井上淳がなかなか見つからない……
いまは萩史朗の「殺手(サーソ)」というのを読んでいます。双葉文庫。
なかなか読み応えあります。

123 :名無しのオプ:02/01/27 22:02
そーいえば山田正紀もこういう路線のヤツを書いてたな。
「スーパーカンサー」シリーズだっけか?
本人の資質にまったくあってなくて、まるでおもしろくなかったけど。

124 :7:02/01/27 22:25
>123 あれは片手間だよ、多分。

125 :37:02/01/27 23:22
>123
これ以降山田正紀はあまり活劇を書いていないのでさびしい・・・
ミッション・インポッシブルを見たときは山田正紀の世界じゃん、と思ったものよ。
まあ、山田正紀がスパイ大作戦を意識しまくってるので当たり前なんだが。

126 :123:02/01/28 00:09
>124
片手間つーか、菊池や夢枕のスタイルを意識的に模倣したんじゃないかと思う。
山田正紀って「なんでも一度は試してみる」ってトコがないか?
オレは読んでないんだけど、架空戦記まで書いてるじゃないスか。

127 : :02/01/28 09:23
>ページ数の半分が不必要なベッドシーンという、

谷恒生のムラマサシリーズも似たような内容だったな。
レギュラーメンバー以外の人物の初登場シーンは9割ぐらいの確立でHしてるw

128 :37:02/01/28 10:32
谷恒生好きだったのにな・・・・「北の怒涛」「マラッカ海峡」なつかしい。
いまや第二の志茂田に成り果てた。

あんた、安倍晴明で何作書く気なんだ?

129 :名無しのオプ:02/01/28 12:44
生田直親の蟇目蔵人シリーズ 「○○伝説殺人事件」というやつ。
主人公は剣術の達人で管狐つかいという設定だった。
最初の頃の作品ははわりと気合入れて書かれていて、結構面白
かった。
だんだん薄っぺらくなっていき最後の方はお手軽なアクション
とサービスのエロシーンだけが特徴の2時間ドラマみたいな安
物の伝奇アクションになってしまったけど。

130 : :02/01/28 12:57
どうでもいけど、門田御大の写真を見るとパンチョ伊藤と同じ人種に見える。

ところで、黒豹キルガンってどんな話?読みどころある?
黒豹シリーズでこれだけ読んだこと無いんだよね。古本屋に売ってなくて。

131 :1:02/01/28 21:06
山田正紀のB級活劇では「崑崙遊撃隊」というのを読みました。おもしろかった。
「火神を盗め」とか「謀殺のチェスゲーム」も、ひかれるタイトルで、興味あります。

谷恒生は「死霊」というのを読みました。妙に硬い文章のベッドシーンがえんえんつづいていました。
安倍清明もの――たしか、小学館文庫、ノンノベル、光文社文庫、徳間文庫で出てますね。
どうやって内容に差をだしてるんだろう。もしかしてみんな同工異曲……

生田直親という作家は初耳です。「〜殺人事件」では視界に入らんなあ。
伝奇ブームの最中に書かれた作品でしょうか。

「黒豹キルガン」は(旧)ソ連で敵をぶっ殺しまくる、いつもの黒豹です。
アクションシーンとベッドシーンがたくさんあるので、他の巻をたのしめたのなら
これもだいじょうぶだと思います。

132 :37:02/01/28 21:48
「火神を盗め」ってそれよ!おれがミッション・インポッシブルみたいだっていうの。
当時試験前日に読んで(文春文庫版、表紙がつまらなさそうだったし)
あまりの面白さに徹夜、おかげでテストはさんざんだった。
なお文春文庫は谷恒生が短いが熱気溢れる解説を書いていた。

「謀殺・・・」はシミュレーションノベルのはしりとも言うべき作品。
昭和51年(ノンノベル)にこれを書いていたのがおそるべし。

どちらも読んだときの衝撃が忘れられない。二作ともアクションだけでなく頭脳戦が楽しめる。
絶対のお勧め!

崑崙は鑿の殺し屋が大好きだった、また読みたい。
(だから本は処分するなと言うんだ、おれのあほーーーー!)




133 :7:02/01/28 21:58
>132 「謀殺の〜」は映画化の話もあったらしいけど・・観たかった・・
   生田直親はスキーを題材にした推理物をよく書いてた。読んだ事
   ないけど。確か近未来バイオレンスの「昭和新撰組」とかいうのも
   書いてたけど、どんなのなんだろ。
   


134 :123:02/01/28 22:29
ぐはあ!
自分で振っといてなんだが、アグニもコンロンも謀殺もB級じゃないよ〜

135 :6:02/01/28 22:36
>134 別に否定的な意味でB級っていってる訳じゃないよ。
   とにかく面白さを追求してるって意味で(肯定的)に使ってる
   つもりだけど・・・ まあ、人によって意味の取り方はそれぞれ
   だから、気を悪くしたなら申し訳ないと思うが。
   

136 :6:02/01/28 22:43
付記 俺は今まで、「B級」って言葉は褒め言葉として使ってたんで・・


137 :37:02/01/28 23:03
もうちょっとB級をゆるい意味に考えたほうが良いんでは?
ほんとは語りたい作家、作品ももっとあるんだけどB級かな?と遠慮して上げれなかったのもあるし・・・
そういうのも話せたほうが楽しいとおもううんだが・・・
それにアクション小説を語れるスレも少ないし。

だからリラックスして活劇小説を語れるスレ、ぐらいでいいんではないかと。
どうでしょうか?

138 :123:02/01/28 23:11
>>135-137
いや、もちろんそれでもいいんだけども、
アグニあたりをB級と言ってしまうと日本の冒険小説には
A級がほとんどなくなっちゃうのではないかと(w
それに個人的にはこのスレは安っぽいノベルス系活劇中心でいってほしいし。

139 :37:02/01/28 23:37
>>138
うーむ、そうだな。

しかしこの板で活劇・冒険小説系は弱いので、またなんらかの形で盛り上げたいもんだな。

140 :名無しのオプ:02/01/29 00:13
松岡は最近よくテレビに出てるね。
あまり好きではないが、
正直な人ではあるみたいだ。

141 :名無しのオプ:02/01/29 07:37
地元では人気があるらしい>松岡

142 :名無しのオプ:02/01/29 08:36
>139
この辺を盛り上げてくれ。
「★冒険小説・ハードボイルド板できました★」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/950959549/l50
「警察ミステリー小説を称えよ!」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/949998277/l50

143 :37:02/01/29 09:14
>>142
良いネタしいれたら行って来るとしょう。

144 :1:02/01/29 10:03
>このスレは安っぽいノベルス系活劇中心

おれもそのつもりでスレッド作って、山田正紀とかは想定外だったのですが、
そんなに厳密でなくてもいいかと、気楽に考えました。
まあ、作家単独でスレッドが続くようなひと(大藪春彦、山田正紀とか)よりは、
なかなか語る場のない作家の話を、なるべくは持ち寄りましょう、ぐらいで。
大沢在昌も売れる前(80年代半ば)ならここで語られてたのかな……


145 :1:02/01/29 10:04
>>140>>141
松岡って「千里眼」のひとですか。
まさか松岡弘一じゃねえよな……もしそうならたのしいけど。

146 :名無しのオプ:02/01/29 10:12
松岡って、エロ催眠術師じゃん(笑)
フジの深夜番組で、自虐的に、そう自称していた時期が懐かしい。

同じ松岡でも松岡弘一は、どーも面白いとは思えないけどなぁ。

147 :名無しのオプ:02/01/29 10:26
どっちも大して面白くない

148 :7:02/01/29 11:18
松岡弘一かあ・・・「荒鷲デス・アタック」「荒鷲スーパー・ウェポン」
         「荒鷲ブラック・ローズ」・・・・
読まず嫌いはいかん!て分かってるんだけど、タイトルで引くなあ・・・ 

149 :名無しのオプ:02/01/29 12:21
>>147
エロ催眠術師の方は、とんでも本としての、面白さが(藁

150 :名無しのオプ:02/01/29 13:12
>>148
「荒鷲スペースナントカ」は?

151 :7:02/01/29 13:39
>150 「荒鷲スペース・キラー」だね なんか一昔前のヒーロー物みたい
    なんだよなあ・・・こーゆー物だって割り切るしかないんだろう
    けど、ブックオフで見つけた時、手が出なかった・・・

152 :名無しのオプ:02/01/29 13:42
いかにもB級なタイトルは、惹かれるか引かれるか、ですね。

「クロスファイア」ってB級活劇として書いたほうが面白いネタなのにね〜。
なんてもったいないことをするんだ宮部。

153 :名無しのオプ:02/01/29 14:51
>>145
熊本の人らしいよ。

154 :37:02/01/29 16:23
一番この手ノベルズで新人がでるとワクワクするのはノン・ノベルズだな。


155 :密室博士:02/01/29 19:44
「荒鷲ブラック・ローズ」の書評in「ダメ小説の傾向と分析」
http://y.virtualave.net/clubaae0000.html#clubaae20000615061328

結構面白そう…



156 :37:02/01/29 19:46
よく考えたら、ここしばらく読書しとらん。古本屋巡りしてくるか。

157 :37:02/01/29 19:57
>>155
けなしているのだが、おれには絶賛に読めてしまうな・・・・


158 :7:02/01/30 00:14
>155 とりあえず読む本がなくなったら、「荒鷲」シリーズに挑戦すると
    しよう・・・・

159 :名無しのオプ:02/01/30 00:24
>155
おお、スゲーおもしろそうだ(w
「きゃほほほほほほほ」

160 :名無しのオプ:02/01/30 07:44
松岡は鈴木と仲いいのかな。


161 :37:02/01/31 21:32
>>160 鈴木って誰だっけ?

ブックオフで「荒鷲スーパーウェポン」と門田泰明「超獣閃戦」(全2巻)を買ってきた。
さすがにレジに出すのが恥ずかしい。
黒豹ラッシュダンシング7の後書き立ち読みしたけど、あのシリーズ一旦終わってたのか。知らんかった。
作者のB級アクションを書く喜びとつらさがよくわかるいい後書きだった。
黒豹も半分ほどしか読んどらんからまた集めるか・・・

しかし宿題が溜まり過ぎ。一気に読まねば。


162 :1:02/01/31 22:22
>>152
栗本薫とか今野敏とかが書いたらB級色が強まったかもしれませんね。「クロスファイア」。
>>155
「荒鷲ブラックローズ」についての書評は、既読者の目から見て、はっきりいって完璧です。
「おもしろそう」と思うか「一生読まねえ」と思うか、それはもう好みの差だと思います。
>>160
鈴木輝一郎でしょうか。
>>161
未読なのですが、新作「黒豹奪還」の主役は別の人物で、黒豹は売れ行きを見込んでむりやりゲストとしてねじこんだとしか思えない扱いだそうです。
だから門田さんの中ではまだ終わったままなんじゃないでしょうか。
「ラッシュ〜7」の後書きはいいですね。「もうクソ作品を書くのは止しなさい」……うーん、2ちゃんねる的だ。

163 ::02/02/05 13:42
まだ先の話だと思いますが、このスレッドが消えたら(1000行くことはないでしょう。たぶん)、
懲りずにまた「B級活劇小説」のスレッドを作ろうかなー、などと考えています。
そのときのタイトルはどうしたらいいでしょうね。
「竹島将・桑原譲太郎・戸梶圭太・その他B級アクション」とかかしら。

164 :名無しのオプ:02/02/05 14:57
戸梶圭太「闇の楽園」文庫版は加筆された<完全版>だね。

165 :名無しのオプ:02/02/14 17:20
さるべーじ

166 :名無しのオプ:02/02/14 19:56
うーん。愛すべきスレだ。

167 :B37:02/02/17 12:45
富樫倫太郎「MUSASHI!」
陰陽寮シリーズなど、畳むことを考えず大風呂敷を広げまくり
作品が相互にリンクしているという漫画家で言えば石川賢みたいな作家で本来伝奇ロマンの人と思うが
この作品でぐっとバイオレンスアクションによってきたぞ。
タイトルどおり宮本武蔵ものなんだが求道的でなくどんどん修羅の道を落ちていくような主人公が暗黒小説風。
あいかわらず悪党や俗物の描写がうまい。物の怪や妖怪も登場し話も大きくなりそうだ。
わりと筆の早い作家なので偉くならずノベルズでガンガン飛ばして欲しい。

最近訳あって女の子向けのライトノベルズも読んでいるのだが
交互にB級活劇読むとあまりのギャップに頭がくらくらするなあ・・・・
 



168 :B37:02/02/17 12:55
超獣閃戦、一巻目読んだけどすげえ!
黒豹のみならず門田泰明という作家そのものを制覇しようか、などという考えがよぎる・・・

169 :B37:02/02/18 20:18
超獣閃戦襲来編、反撃編共に読了。
唸る鉄拳、飛び散る鮮血、脈打つ男根、爆裂倒壊する超高層ビル、一撃で吹き飛ぶ重戦車
闇を裂く強烈な黄金の閃光、すべてのシーンが凄まじい勢いで
皆さんの前に展開します。(著者のことば)

クローン・サイボーグの美少女、舞弓が獣人戦士達と激闘をくりひろげる話だが
なんとヒロインは全裸で戦う!!!
反撃編は7割がたオールヌードのノンスットプアクションが展開される!
おれもセクシーなヒロインアクション読みたいと言ったが、全裸で戦う美少女とは・・・・

しかしこんなムチャな話をよくここまで真摯に書けるなあ、きっと真面目な人なんだろうが・・・
黄金の女シリーズとあるが続ける気だったのだろうか?
これが映画になったらすっとんで見に行くぞ。


170 :7:02/02/18 23:54
>169 思い出したけど、「黒豹」って鹿賀丈史で映画化!の噂を昔聞いた事が
    ある・・・  観たかったなあ・・・

171 :B37:02/02/19 20:14
>170
鹿賀はイメージが違うような・・・藤岡弘だったらいいな。

172 :7:02/02/19 21:44
>171 藤岡弘かあ・・・「白い牙」の頃で観たかったな。俺はなんとなく
   西岡徳馬イメージして「黒豹」読んでたなあ・・・

173 :B37:02/02/20 22:18
ところで小川竜生はこのスレ向きなのか?新世界を舞台にした「極道ソクラテス」しか読んだ事ないが。
あの辺りは馴染みもある土地だし西村健「ビンゴ」とほぼ同時に読んで
あちらの新宿と好対照で面白かった。
小川竜生ファンの方お勧めがあったらお願いします。

174 :B37:02/03/04 01:18
どばーっと積読をかたずけ中。このスレ向きのをまとめて書く。
全部百円均一本だなー。
「ムルロワの復讐」加藤学生 講談社ノベルズ
  5、6年前吉村達也推薦で出た冒険アクション。前半まあまあだが後半枚数の関係か尻つぼみで
  ばたばた終わり。解説で吉村達也が作者のデビューを祝っているが、これ一作で消えたみたい・・・

「明治必殺!」楠木誠一郎 祥伝社ノベルズ
  タイトル通り明治時代の暗殺チームの話。標的は大久保利通。
  初めて読む作家だがキャラが立ってないし、いかにもサービスでいれました、な「濡れ場がどうも・・・な。

穴狙いで読んでみたがこのジャンルは見極めが難しいわ。で、続けて
「恋太郎、危機一発」斎藤純 徳間文庫 
  桑原譲太郎の初期作品みたいなタイトルだがそんな感じ。軽ハードボイルドですな。
  最近こんなのは少ないので楽しめた。
「黄金の女たち」斎藤純 実業之日本社
  上記の作品の姉妹編。これはなかなか好みです、○。
  美女三人が主役でエロシーンもバイオレンスも多いのだが(お話もかなりチープ)
  語り口がポップなのでえぐい感じがしない。戸梶圭太作品のノリに似てる。
  これで装丁とタイトルがもっとお洒落だったらいいんだがな。

斎藤純も読むのは初めて、この路線以外も読んでみよう。恋太郎ものも解説に続編の予定が
かいてあったがまだ出ていない。 

175 :名無しのオプ:02/03/14 00:05
保全あげ

176 :名無しのオプ:02/03/14 04:43
ノベルス版黒豹の表紙のイラストは、どうみても、ビンラディンの時に
テレビに出ずっぱりだった「中東調査会」の水口とか水上とかそういう名前の
ひとにクリソツなんだけど……。

177 :B37:02/03/14 20:54
>176
加藤孝雄のイラストのこと?あれって門田作品に妙にはまってるな。
最近また集めてるけどあの絵がないとなんか物足りない。

門田泰明の本はやたら百円均一のコーナーにあるのでとうぶん楽しめるってもんよ。
(でも読む暇がなかなかねえよっ)





178 :名無しのオプ:02/03/21 13:36
age

179 :?A:02/03/30 13:03
この手ので面白いの最近でてない?

180 :名無しのオプ:02/04/09 21:12
デビル・ブラザーズは叫ぶ「きゃほほほほほほほほほ!」

あげっ!

181 :B37 ◆lPJpzlnU :02/04/13 15:10
田中光二の文庫書き下ろし「聖竜伝説・燃える地球」光文社を読んだ。
タイトルのケバさがなかなかきてるな・・・
古代文明の力を得た主人公が魔と戦う話でけっこう大風呂敷を広げている。
まだシリーズ一巻目だからプロローグといった感じで続きに期待か。
まあはっきりいえば肝心のお話より作者の雑談の部分の方が面白かったりする。

ケネディがドラッグ中毒の愛人マリリン・モンローをもてあまし謀殺させたことはまちがいない。

って、ほんとかよ・・・
130あたりから山田正紀をB級扱いしていいものか話題になったけど
田中光二はこのスレ向きの作家になってしまったなあ。


182 :B37 ◆lPJpzlnU :02/04/13 18:49
ついでに・・・・
光文社文庫書下ろしで出てた田中光二「レイピアン」が妙に好きだったりする。
侵略SFというか伝奇アクションというかトンデモ活劇系では楽しかった気が。
珍品といえばそうなんだけど、これ読んだ人いるのかな?


183 :B37 ◆lPJpzlnU :02/04/16 21:45
もういっちょ光文社で田中光二ネタ。
「アマゾン・チェイス」文庫創刊の時の書下ろし冒険小説なんだけどヒロインの名が

             水木精子。

セイコと読むにしてもなんぼなんでも精子はないと思うのだが誰も止めなかったのだろうか?
かくて文面は精子の2文字がウヨウヨと・・・・


184 :名無しのオプ:02/05/03 23:57
さるぺーじ

185 :板違いエロバカ:02/05/09 16:46
横溝美晶の作品で一番好きなヒロイン

「復讐の女獣」の芹沢礼奈

彼女で何度ヌかしてもらったことか・・・。

186 :B37 ◆lPJpzlnU :02/05/10 17:17
横溝美晶わりと官能シーンいいよな。

187 :名無しさん:02/05/21 15:27
竹島将の「灼熱の女獣」で
ヒロインの沢村ゆりが媚薬でメチャクチャに
犯されるシーンが(・∀・) イイ

188 :名無しのオプ:02/06/04 07:42
age

189 :名無しのオプ:02/06/16 10:55
類似age

190 :名無しのオプ:02/07/03 14:57
感想文どんどん書けYO

191 :名無しのオプ:02/07/21 22:15
age

192 :名無しのオプ:02/07/23 11:54
小峯隆生の「ズロチ」 ガンヲタのガンヲタによるガンヲタの為の小説・・・
ブックオフで見つけたら必ず買おう(定価で買っちゃ駄目)

193 :B37 ◆lPJpzlnU :02/08/11 18:09
光文社文庫「聖竜伝説・凶獣たちの宴」田中光二
邪悪な魔物ゴーラが世界中で出現、密かに戦士たちが集結する。彼らは前世でもゴーラと戦った能力者だった・・・

なんだか幻魔大戦みたいになってきたな。今回は作者のうんちくがあまりなかったよ。


194 :名無しのオプ:02/08/12 21:05
よかった・・・まだあった。
久しぶりに「定吉七番」シリーズを読む。中学の時嵌まったが、30過ぎて
読んでも目茶苦茶面白い!
東郷隆! この路線に戻ってきて!!


195 :B37 ◆lPJpzlnU :02/08/13 02:10
>>194
まえまえから読もうと思っていて講談社から復刊されて安心してたら
あっという間に消えてしまったな。買っておくんだったよ・・・
古本でも見かけんし。

196 :名無しのオプ:02/09/10 08:45
さるべーじ

197 :名無しのオプ:02/10/01 09:52
┌──────────────────────―─┐
│                                    |
│                                    |
│                ∧_∧               |
|                ( ;´∀`)               |
|                人 Y /                |
|               ( ヽ し                 |
|               (_)_)                |
|                                        |
│             Now Bokkiing. ...             |
│                                    |
│                                    |
│         しばらくちんちん勃ててお待ちください。      |
│                                    |
└───────────────────────―┘

198 :2チャンネルで超有名:02/10/01 10:14
http://www.tigers-fan.com/~xxccxxc

女子中高生とHな出会い
  ロリロリ児童とHな?
  2チャンネルで超有名

199 :名無しのオプ:02/10/01 13:02
最近この手の小説出てないね
キャラ萌えミステリよりこういうのがもっと出てほしい

あ、これもキャラ萌えの一種か?

200 :名無しのオプ:02/10/28 11:42
age

201 :名無しのオプ:02/12/15 21:22
さるべーじ


202 :名無しのオプ:03/01/10 09:01
キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!
        へ )   (  ノ  (  )ノ   (  )   へ  )   へ )    へ  )
          >    >    <      <       <      >      >


203 :名無しのオプ:03/01/12 07:59
 ∋oノハヽo∈
 ○( ´D`)○ ヒャッホ-♪
  \(  )/
  (ノ(ノ
  彡


204 :山崎渉:03/01/23 18:36
(^^)

205 :名無しのオプ:03/02/11 23:22
保守

206 :名無しのオプ:03/03/17 10:38
>186
横溝美晶は官能小説も出してます。
つか、それしか読んだことない。


207 :B37 ◆WslPJpzlnU :03/03/18 20:31
>206
わ、一年以上前の書き込みにレスが。
なんというか横溝の官能ものは作者も楽しんで書いてるなー、というのがわかる。
ここしばらく官能ものしか出してないんじゃないかな・・・

208 :山崎渉:03/04/17 15:53
(^^)

209 :山崎渉:03/04/20 02:54
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

210 :山崎渉:03/04/20 07:06
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

211 :名無しのオプ:03/05/14 20:46
age

212 :山崎渉:03/05/22 04:38
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

213 :山崎渉:03/05/28 12:38
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

214 :B37 ◆WslPJpzlnU :03/07/10 00:34
>>37
これがミス板の初カキコだったなあ、と久々にこのスレに来てふと思う・・・

ライトノベルだけど樋口明雄「ハイスクール重機動作戦」にはじまるシリーズ全4作なかなか面白かった。
女子高生だけど戦闘のプロ、羽場由加里が毎回大暴れする内容で
作者がやりたいこと全部やったる!という意気込みが伝わってくるな。
もうちょっと続き読みたいけど10年以上中断してんのね、これ。



215 :山崎 渉:03/07/15 10:26

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

216 :山崎 渉:03/07/15 13:38

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

217 :山崎 渉:03/08/02 02:17
(^^)

218 :山崎 渉:03/08/15 16:32
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

219 :みゃーるす:03/08/17 23:38
桑原譲太郎の新刊読了。ゴーストシリーズはこれで終わるのかな。
個人的には主張が強すぎた。レイプ魔の都議で和田信二郎ってのが
出てきたのにはワロタけど。

個人的には郡狼シリーズの郡狼炎上まで好きだった。
ああいうテイストのをまた書いて欲しいなあ。
炎の人信長みたいに幕末ものを書いてもいいのに。
とびだせ新選組ってのも書いてるし。興味がないはずはないし


220 :B37 ◆P3udnAZtt. :03/09/09 00:18
ああ「日本壊滅」か。1巻目買って忘れてた。
最近また小説出てんのは嬉しいけど、ほんと作者が主義主張言いすぎでなんかギスギスしてんのよな。
おれは「新宿純愛伝説」みたいな楽しいアクション小説がまた読みたい。

221 :B37 ◆P3udnAZtt. :03/09/15 02:43
>220
間違えてた「新宿純愛伝説」じゃなくって「新宿純愛物語」だった。こんな人の居ないスレでは誰も突っ込んでくれやしない(w

222 :名無しのオプ:03/09/15 03:18
■■■■■【質問】■■■■■
その映画にジャンヌ・モローは出演してますか?


223 :名無しのオプ:03/09/15 08:28
>>222
誤爆?

224 :名無しのオプ:03/12/16 14:33
捕手

225 :名無しのオプ:03/12/19 19:21
二流のA級より一流のB級って言ってる椰子もいるし自信モテ!

http://www.maromaro.com/thinking.html#thinking29

226 :名無しのオプ:03/12/20 11:44
>>225
>二流のA級より一流のB級
判ったようで判らん表現だな。

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)