5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天童荒太ってどうよ?

1 :名無しのオプ:01/09/14 22:34
今更だけど『永遠の仔』ってどうよ?
普段は新刊を読まない俺が珍しく買って読んだのに文章が下手すぎて全然
面白いと思くて即古本屋行きだったんだけど、かなり評価されてたよね?
ドラマ化までされたし。

2 :名無しのオプ:01/09/14 22:38
俺は結構好き。永遠の仔はね。
なんか予感を感じる部分が。

だけど孤独の歌声を読んでガックリ。なんか同じ話っぽい・・・

3 :名無しのオプ:01/09/15 00:17
俺も騙された。永遠の仔は。
あんなの二冊にするほどの話か。
文章が下手というのも同意。くどくて読みにくいだけ。
また子供たちが成長後の職業も看護婦、刑事、弁護士というありきたりの設定。
リアリズムもなにもあったもんじゃない。
バカ評論家どもも直木賞の選考批評を読んで反論してるがホントにバカだ。
俺は渡辺淳一の「遠近法を使っていない絵を見せられているよう」という意見に同意する。
こんなの高評価してるから、ミステリがバカにされるんだ。バカ評論家ども。

4 :1:01/09/15 00:36
>>3
同意、ありがとう! 正直「感動した」とかいう人が多くてどこが?と
思ってたので一安心。渡辺淳一は好きじゃないけどその意見はいいね。
ちょっと見直した。

あと最初の書き込み「面白いと思くて」は「面白いと思わなくて」ね
(自爆)。

5 :名無しのオプ:01/09/15 03:55
ドラマ見て、原本にあたろうかと思ってたんだけど

そんなに文章まずいのか……

6 :名無しのオプ:01/09/15 08:18
いや、ドラマより小説のがマシだと思うよ。
文章下手なのも却って迫力あっていい。でも粗筋知ってると、文章の下手さだけが
鼻につくかもだけど・・・

自分は泣いちゃったほうです。母親の遺書で。

7 ::01/09/15 08:27
でも下巻の父親を殺す理由のあたりがあまりにも定型で
それさえなけりゃ〜と思ったことは否めませんが。

8 :名無しのオプ:01/09/15 12:12

とりあえず100円コーナーにあれば
おさえておこうかな

9 :名無しのオプ:01/09/15 16:22
同じ「幻冬社」「上下巻」つうことじゃ「天国への階段」もあるがこっちの方が内容ひでえぞ。

10 :名無しのオプ:01/09/15 16:57
マジ? 見城はなにやってんだ。

11 :名無しのオプ:01/09/15 18:15
永遠の仔のダメな点
・上下巻にして売り上げ倍増を狙った(幻冬舎の作戦か?)
・子供の自己分析がすごい。こいつら精神分析医か?→描写でなく説明に終始している

結局子供の名を借りて、幼児虐待に関する作者の見解を説明しているだけの話では?

12 :名無しのオプ:01/09/15 19:16
「永遠の仔」は悪くないと思うけどなぁ。

「家族狩り」のほうが面白かったけど。

13 :名無しのオプ:01/09/20 12:24
作者が「永遠の仔」中毒になってる感じがいや。
「孤独の歌声」みたいなのも読みたいよ。

14 :名無しのオプ :01/09/21 01:30
たしかに文章はヘタだと思う。
ただ「永遠の仔」に関しては、妙な迫力があって
なんかこう・・「これを訴えたいんだ!」っていう気迫はあった。
その気迫に引きずられて泣いてしまった人が多かったんじゃないかな。

でも、「あふれた愛」あたりは、13の言うとおり自己中毒って感じがする。

なんていうか・・ステロタイプな登場人物にかなりひいた。
そんなにあっさり説明できる問題じゃないことを、
あっさり形骸化しちゃうのは、この手の問題には逆効果なんじゃないの?

ちなみに渡辺淳一の批評については、まぁマトを得てるとは思うんだけど
なんであんなにバッシングされたかっていえば
「『失楽園』なんてバカ小説書いてたお前が言うな」っていう
それだけの理由だと思います。
確かに「失楽園」に比べれば「永遠の子」の方が読みがいあるもん。

15 :名無しのオプ:01/09/21 01:43
永遠のコのドラマは無理あるよね。
中谷美紀って・・・美人過ぎて不幸の説得力ねぇよ
って思っちゃいました。
原作は普通におもしろかったけど、人にすすめるほどではない。

16 :名無しのオプ:01/09/22 09:45
優希の母親は結局最後まで、直接娘に向き合って謝ることはしなかった!
私が優希だったら「手紙だけ残して死に逃げてんじゃねーよ!」って思うと思うけど・・・

17 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

18 :名無しのオプ:01/09/22 22:39
「家族狩り」って皆イイ!というので
図書館で借りたけど、何か描写が
気持ち悪くてダメだったな。なんか
トイレで食事をしているような気分
だったよ。表紙もカバーをかけないと
やばそうな感じだったし。

19 :名無しのオプ:01/09/30 09:50
うーむ。
  文章が下手? そんなことないけどなー。
  読みやすくて、一気読みできる作品と思ったけど。
  どちらかといえば、ミステリ的プロットの建て方が下手なのでは?
  書きたいことが、家族的なことや幼児虐待であったり、その中での
  人間ドラマだから、ミステリ的手法が違和感あったりする。

  「家族狩り」ってあの描写があるから成立している話でしょう。
  あれがないと平凡な話になりそう。

20 :白根山:01/09/30 13:22
「家族狩り」はスゲイヨ

21 :名無しのオプ:01/10/24 12:47
「永遠の仔」のテレビドラマは最初の10分間見ただけでやめた。ひどすぎ。原作
では、場面が変る度に「植物描写」(なんとかの花が咲いてとか林の緑がどうとか)
が掟のように出てくるので気になってしかたなかったよ。

22 :新宿平目:01/11/10 12:58
最初に読んだのが「家族狩り」だったので、そのときのインパクトが忘れられない。
それから、待てど暮らせど、小説が出ずに、消えた作家なのかと思ってたら、
「永遠の・・・」で大ブレイク。次が読みたい作家のひとり。

23 :名無しのオプ:01/12/13 10:35
dat落ち防止age

24 ::01/12/17 20:12
1ですけど、まだあったんですね、このスレ。
これだけレスがないってことはあんまり読まれてないのかな。

25 :名無しのオプ:01/12/18 02:23
作品数が少ないからね。『永遠の仔』に続く長編がどうかで
評価しようと思ってるのに、なかなか出ない(笑)。

その『永遠の仔』は、確かに熱気は感じさせるけど、技術的には
イマイチだった。『家族狩り』の方が、まとまりはよい。
それにしても、トラウマをネタにするの、もう止めません?
安易過ぎるんだよね、動機として。

26 :名無しのオプ:01/12/18 02:50
「あふれた愛」はどうよ?

27 :名無しのオプ:02/01/04 00:57
>>26
なんとなくサルベージage
精神科で知り合った男女の切ない話が好きだなぁ。ラストとかも。
残りは普通の読後感だった。
まぁ、『永遠の仔』が好きならば読んでも損はしない、かな。

28 :名無しのオプ:02/01/04 06:03
この正月休に、買ったままずっと放置してあった永遠の仔を読了した。
読後、ずーんと重い気持ちになった。
奈緒子がいとおしく思えた。

29 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

30 :名無しのオプ:02/01/18 15:50
age

31 :名無しのオプ:02/01/19 02:17
心理描写が好きな人にはいいんじゃない?この作家。
それ以外の人にはツライだろうね。

私は多分全部・・・っても少ないが・・読んでるけど
「孤独の歌声」が1番だね。

っっっっってか、レスすくねぇぇぇ〜


32 :名無しのオプ:02/02/04 16:27
さるべーじ

33 :名無しのオプ:02/02/18 14:28
保全age

34 :名無しのオプ:02/02/18 14:34
過去ログ
「天童荒太」(40)
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/973/973303257.html


35 :名無しのオプ:02/02/18 14:46
天童荒太は典型的な一発屋

36 : ◆.Sf2RJok :02/02/18 14:56
4発打って3発も当たればエエやろ。

37 :名無しのオプ:02/02/18 14:56
「永遠の仔」は子供時代の傷を軽く扱いすぎと思って気分悪かった。
むしろ同時期の「百夜行」のほうが納得のいく話だった。
でも、「永遠の仔」出版後、天童氏にたくさーーーんの勘違いレター
(自分の身の上を延々語るようなヤツ)が届いたと聞いて気の毒に
感じている。とうぶん小説を書く気がしないんでは・・・

38 :名無しのオプ:02/03/04 23:24
文章下手かなぁ・・・?
永遠の仔は読みやすくてすごくよかった。
子供の受ける心理的圧迫等を上手く描写してたと思う。
傑作だったと思う。
他の作品はまだ味読だけど

39 :名無しのオプ:02/03/10 15:48
新作情報ないですか?

40 :名無しのオプ:02/03/10 15:56
半年でレスが50も逝ってない哀れなスレ

41 :ねこ:02/03/12 00:59
俺は好きだったよ。
読みやすかったし、読んでる途中で飽きなかったし。

「理由」は半年間放っておいたし。
「リセット」は、まだ読んでねー。
「雪月花」も。。。

42 :名無しのオプ:02/04/01 14:01
落ちそうだからあげてみる

43 :名無しのオプ:02/04/04 05:56
当時若かった私には重くて辛い話すぎて読んでて泣けてきた。
というか泣いた。
文章は割と好きなほうだけどな。細かい描写嫌いじゃないし。

44 :名無しのオプ:02/05/05 02:45
dat落ち防止age

45 :名無しのオプ:02/05/05 04:24
文章うまいでしょ。
『家族狩り』なんか描写すごいよ。気分悪い。
『永遠の仔』も泣けたけどなー。

46 :名無しのオプ:02/05/07 01:02
次作は何? 寡作型なんでしょうか。

47 :名無しのオプ:02/05/13 02:49
永遠の仔はかなりの秀作だと思ったけれど
あれしか読んでなかった頃は一発屋っぽいイメージを勝手に作り上げてた。
その後、孤独の歌声で読んで確かな手ごたえ。”濃い”作家だなぁと。
他の作品群も是非読んでみようと思います

48 :名無しのオプ:02/05/13 03:38
天童荒太の自然描写で出てくる夥しい花や木の名前って違和感あるよね。
図鑑みて書いたみたいな、とってつけたかんじ。

49 :名無しのオプ:02/05/13 04:29
『永遠の仔』・・・どうよ?もなにもどこがおもしろいのか説明して欲しいくらい。
しかもバカみたいに長いし。
11 転載↓
「幼児虐待に関する作者の見解を説明しているだけの話」
同感。専門書読んだほうが100倍マシ。



50 :名無しのオプ:02/05/13 04:42
>>49
じゃあ、お前は専門書だけ読んでろ、馬鹿!!

51 :49:02/05/13 04:44
つまんねーのは事実だ。
現にこれだけしか書き込みないだろ。あほ。

52 :名無しのオプ:02/05/13 04:45
永遠の仔の長所・短所

●だめな所
・いきなりカバーの見返しで「父を殺した」とバラして、それで「12歳の少女と父の
 間の秘密」ときたら「ああアレね」ってわかるべ。それを下巻までひっぱる。
・「父親にアレされて復讐しました。その過程でいろいろありました」ってだけの
 短編で書けるような程度の内容を上下巻ハードカバーに水増しする手腕に脱糞。
・登場人物がいきなり長ゼリフで演説しまくり。別にどんなテーマで書いてもいいけど
 登場人物にテーマを演説で説明させんなよー。
・犯人の最後の処理が安易。いきなり難病? で火曜サスペンス並みのオチ?

●いい所
・分厚いので凶器になるかも
・たくさん売れたのでブックオフにいつでも在庫がある
・表紙の人形がキモくてインパクト抜群


結局メロドラマだよねえ。俺はメロドラマ好きだから割と面白かったけれど、
「いい小説か」と聞かれたらノーと答えるなこれは。


53 :名無しのオプ:02/05/13 04:50
>>51
ミステリ手法の使い方うまいじゃんよ!

54 :名無しのオプ:02/05/13 04:54
この小説って、
・「あんたのためなんだからね」的虐待例の提示
・それに対する見解を登場人物のセリフか独白形式で延々と演説
・味付けに連続殺人
というのを延々上下巻やってるだけだし。

本筋とあまり関係ないシーンだけど、刑事がある事件の犯人が捕まったとの
報告を警官から受けるシーンで、「誰それが自首したそうで(略)まるで親に
見捨てられて寂しがっている幼い子供のようだったということです」みたい
なセリフ言うのよ。

現実にそういうこと言うかどうか以前に、そういうテーマで話を書いてるからっ
て唐突に全然関係ないエピソードで関係ない登場人物のセリフで「親に見捨て
られた子供の〜」とか唐突に言わせるのか。

こういう「はあ?」がもの凄い沢山あるんだよ、この小説。

唐突な身の上話、唐突な演説。ある意味、島田荘司(末期)のようだ。


55 :名無しのオプ:02/05/13 04:54
>●だめな所
>・いきなりカバーの見返しで「父を殺した」とバラして、それで「12歳の少女と父の
>間の秘密」ときたら「ああアレね」ってわかるべ。それを下巻までひっぱる。
それは別にひっぱってない。露骨な表現をさけただけ。

>・「父親にアレされて復讐しました。その過程でいろいろありました」ってだけの
>短編で書けるような程度の内容を上下巻ハードカバーに水増しする手腕に脱糞。
丹念に書いてあるところこそ、この小説のいいところ。

>・登場人物がいきなり長ゼリフで演説しまくり。別にどんなテーマで書いてもいいけど
>登場人物にテーマを演説で説明させんなよー。
してない。

>・犯人の最後の処理が安易。いきなり難病? で火曜サスペンス並みのオチ?
いきなりじゃない。




56 :49:02/05/13 04:54
もうだいぶ前に読んだものだからほとんど忘れている。
具体的にはどの辺が?
52 にうなづくところが多いけど?
「父親を突き落としたのは私です」それだけの話じゃなかった?

57 :名無しのオプ:02/05/13 04:57
>>54
しっかりしたテーマのない小説なんか読みたくもない。

58 :名無しのオプ:02/05/13 04:59
反復が多いのには同感するけどそこまで酷い小説だとは思わなかったけどな。
このミス1位には疑問だとしても秀作だったと思うよ

59 :49:02/05/13 04:59
57 テーマがあっても消化しきれてなかったら意味ないやん。

60 :名無しのオプ:02/05/13 04:59
>>56
その真実のひっぱりがうまいじゃんよ。
小説をむやみに複雑にする必要はない。

61 :49:02/05/13 05:01
58 そうかな?俺は駄作だと思ったけどな。

62 :名無しのオプ:02/05/13 05:02
>>59
小説は問題提起するだけでいいの。
安易な回答をだすほうが阿呆。

63 :名無しのオプ:02/05/13 05:03
>それは別にひっぱってない。露骨な表現をさけただけ。
下巻まで具体的事実をバラさず、また三人の計画が父殺しでであることも
語られない(見返しの紹介文は作者ではなく編集者のものだろうから、作者の
意図とは別)。でなければ前半で具体的に語らない意味が無い。

>丹念に書いてあるところこそ、この小説のいいところ。
丹念ではなく、同じことをパターンをかえて何回も書いている。しかもその
語り方は、ほとんどが長々とした演説形式。「俺の児童虐待論」の様相。

>してない。
事実とことなることを断言するのは、1)読んでいない 2)嘘をついている
3)忘れた、のいずれでしょうか。

>いきなりじゃない。
いきなりです。突然、血の痰を吐きました。うわー、というのをいきなりという。


64 :名無しのオプ:02/05/13 05:03
>>61
駄作だ、なんてよく言えますね。

65 :49:02/05/13 05:04
60 引っ張りすぎっていうのは?
だって何したかってほとんど想像つくだろ?
たいしたオチでもないし。

66 :名無しのオプ:02/05/13 05:04
♪ミステリーってくだらないよねん♪
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1021231900/

って言ってるのと同じだな

67 :名無しのオプ:02/05/13 05:06
>>57
「しっかりしたテーマ」の定義は?
またそれが必要であるという根拠は?

68 :名無しのオプ:02/05/13 05:07
>>63
「児童虐待論」なんて抽象的な議論はしてないって。
すべて具体的に丹念に書いてあるの。
問題を具体的にかんがえるのが小説です。

69 :名無しのオプ:02/05/13 05:09
>>67
あなたはテーマもなにもない、ただびっくりするトリックがあるだけの
小説が読みたいのですか?お笑いですな。

70 :49:02/05/13 05:09
>62=64?の方へ
「三人の計画が父殺し」←これすぐ分からなかったか?
>62 あと俺は別に小説に回答なんて求めてないよ。
小説としておもしろくなかった,それだけ。

71 :55:02/05/13 05:11
> >いきなりじゃない。
> いきなりです。突然、血の痰を吐きました。うわー、というのをいきなりという

伏線を読み落としてます

72 :名無しのオプ:02/05/13 05:12
予想できないオチ、とか言ってるけどんなこと言ってるから>>66って言われるんだと思うよ。

73 :55:02/05/13 05:13
>>49
だから「三人の計画が父殺し」はひっぱってないってば。

74 :名無しのオプ:02/05/13 05:13
>「児童虐待論」なんて抽象的な議論
「児童の虐待に関する論」に「抽象的」になる余地がどこに?


>すべて具体的に丹念に書いてあるの。
同じことを何回も書いてあるだけ

>問題を具体的にかんがえるのが小説です。
登場人物に自説を演説させる小説です。

75 :名無しのオプ:02/05/13 05:13
永遠の仔だけだと批判の的になるのは理解できる。何より長い。これがネック。
孤独の歌声、家族狩りの辺りを読む限り凄い力のある作家だと思ったけどなぁ

76 :名無しのオプ:02/05/13 05:14
>>69
答えなかったので再度

「しっかりしたテーマ」の定義は?
またそれが必要であるという根拠は?

77 :55:02/05/13 05:15
>>72
あなたはテーマもなにもない、ただびっくりするトリックがあるだけの
小説が読みたいのですか?お笑いですな。


78 :49:02/05/13 05:16
72 よく分からない。
オチが分かる=つまらない,オチが予想できない=おもしろい
とは俺は書いてないけど・・・

79 :72:02/05/13 05:16
>>77
をい・・・逆だよ。
俺は

>ただびっくりするトリックがあるだけの小説

みたいなこと言ってると>>66になるって言ってるんだよ

80 :55:02/05/13 05:18
>>72
ごめん。

81 :49:02/05/13 05:18
>>75 しかし永遠を最初に読むと他のを読もうという気にならない。

82 :名無しのオプ:02/05/13 05:19
>>78
65 名前:49 投稿日:02/05/13 05:04
60 引っ張りすぎっていうのは?
だって何したかってほとんど想像つくだろ?
たいしたオチでもないし。

70 名前:49 投稿日:02/05/13 05:09
>62=64?の方へ
「三人の計画が父殺し」←これすぐ分からなかったか?

この辺。

83 :55:02/05/13 05:19
>>76
77に書いた言葉をそのままあなたに

84 :名無しのオプ:02/05/13 05:22
天童荒太大人気だな

85 :名無しのオプ:02/05/13 05:22
>>81
よっぽど気に入らなかったみたいだな・・・

86 :名無しのオプ:02/05/13 05:24
濃密さがいいとおもうけどね

87 :49:02/05/13 05:25
その分かっているいる結末に向かって盛り上がっていくだけの内容が
あるのかってこと。俺はないと思った。
同じものを読んでも感じ方は違うだろ。
>>52 に近い感想を「俺は」持った,そういうこと。

88 :名無しのオプ:02/05/13 05:26
最初にその犯行を提起し、その後現実と交互に展開しながら過去の詳細を明かしていく手法は中々いいと思った。
クドイのは確かだけど

89 :49:02/05/13 05:28
>>85 よっぽどもなにも,「壁に投げつけたい本」だよ。
一応最後まで読んだけどね。

90 :名無しのオプ:02/05/13 05:30
>>49
微妙に間違えてると思うんだけどな。
「三人の計画が父親殺し」とか虐待の事実とかは、ひっぱってない。
「誰が殺したのか」をひっぱってる。

91 :49:02/05/13 05:36
>>90 誰だっけ?(55氏怒るなよ)
女の子じゃなかった?
結局,やたら長いところが気に入らないのかも。

92 :名無しのオプ:02/05/13 05:37
>>90
父親殺しや虐待の具体的内容は上巻分ずっとほのめかすだけでその
内容を語らない。下巻まで具体的内容を述べないのは、その部分を
中盤のサプライズにするため。上巻では明らかに具体的に書かず、
「主人公達だけが知っている例のアレ」として書かれている。

父親殺しの真相は、最終的な真相。これもまたサプライズ。
違うのは最後か中間かだけ。最後のサプライズがあることは、
中間のそれの存在を否定しない。

そもそも「ひっぱる」ってどういう意味で使ってるのか。


93 :49:02/05/13 05:42
終わり?なら別板行こうかな。

94 :90は55:02/05/13 05:43
>>49
・・・ちがうよ。ネタバレはしませんけど。
>>92
うーん。断定はしてなくても、わかるようにかいてある。。
三人の想いには、けっこうはやい段階から違和感なかった?
みんな自分が殺したとおもってるみたいな・・・
読んだのだいぶまえだけど

95 :49:02/05/13 05:48
>55氏
「父親殺しの真相は、最終的な真相」←こうじゃなかった?
でもって,「実は真相はこうなんですわ,びっくりしたでしょ」
という小説としか思えなかった。バカにしているのかと・・・

96 :55:02/05/13 05:50
近いうちにもう一度読んでみようかな。
ありがとう。さようなら。

おわり。

97 :49:02/05/13 05:51
解散ね。ハイ。

98 :名無しのオプ:02/05/13 05:51
なんかしらんが白熱しとるな。

99 :名無しのオプ:02/05/13 05:52
一気にレスが倍になった・・・49は実は工作員に1円50銭

100 :名無しのオプ:02/05/13 05:56
100!!!!!!

101 :49:02/05/13 05:57
ふらっと立ち寄ったら馬鹿とかかかれたんでつい・・・

102 :49:02/05/13 06:01
あ,あと全編通してひたすら暗い,というのをマイナス要因に。
じゃあ,バイバイ。

103 :名無しのオプ:02/05/13 19:06
白熱age

104 :名無しのオプ:02/06/24 10:16
さるべーじ

105 :名無しのオプ :02/06/28 00:04
只今読み返し中ですが、なかなか面白いと思います。
普通の家庭に育ってるだけでも幸せなんだと改めて思ったかな。
ただ、メール欄の人には死んでほしくなかった。
いや、そういう人だらけかこの小説は。

106 :名無しのオプ:02/06/28 00:28
幸せになりたいのにどうしてもできないってのが
よく書かれてる小説かね?とくに梁平。
養父母との会話、良かったです。

107 : :02/07/08 20:15
「あふれた愛」、ものすごく良かったよ。
喫茶店で、涙が出ちゃって出ちゃって困った・・・。

文章うまいし。。
どのお話も、切なく哀しく暖かく・・・、
天童さんの優しさがにじみ出てるというか。
メンタル方面により接しつつも、変にクサくなく巧い。。
こういう作家さんはあんまり居なかったから、今後にも期待です。。

108 :ww:02/07/08 20:19

-------風俗の総合商社・MTTどこでも-------

〇デリバリーヘルス〇デートクラブ〇女性専用ホストクラブ〇
〇ハードSM奴隷クラブ〇レズビアン倶楽部〇ホモ・オカマ倶楽部
〇変態痴女と遊ぶ会〇痴漢・覗き趣味の会〇変態同好会・各種!
●楽しく遊べます! 090-8002-8356番
-----------美男・美女会員など多数在籍中-----------
  http://www.mttdocomo.jp/
-----女性アルバイト随時募集・高収入(日払い)月100万円可能-----
-----レズビアン・スタッフ●ホモスタッフ●女性専用ホストスタッフ同募-----
http://www.mttdocomo.jp/
------------------------------------------------

109 :名無しのオプ:02/08/09 15:08
さるべーじ

110 :名無しのオプ:02/08/10 08:54
寡作だね
どうやって生きてるんだろう?

111 :名無しのオプ:02/08/11 01:36
永遠の仔、昔読んだよー
梁平と、養父母の会話で
「僕はあなたたちに似たかった・・・あなたたちの子供ならほんとによかった」
みたいな話がほんとに感動したぽ

112 :名無しのオプ:02/08/11 21:48
栗田教行名義の「白の家族」読んだ人ここにいる?
傑作だったんだけど。古本屋に売っちゃって・・
文庫出ないかな?

113 :名無しのオプ:02/08/12 12:06
天童はダイアローグが上手いと思う。
永遠の仔はセリフでたびたび泣かされた。
でもストーリーは飽きて飛ばし読み。

114 :名無しのオプ:02/08/15 03:58
素直に感動した。「永遠の仔」。
でも、メール欄の2人が幸せになってくれたらなお良かった。

115 :名無しのオプ:02/08/15 09:10
「永遠の仔」
なかなか文庫本にならないね


116 :名無しのオプ:02/09/18 08:38
さるべーじ

117 :名無しのオプ:02/09/20 21:30
よかったね、永遠の仔。
始めドラマのみだったけど、本借りて読んだ


118 :名無しのオプ:02/10/22 17:53
保全age

119 :名無しのオプ:02/10/22 17:54
新刊まだ?

120 :名無しのオプ:02/11/04 23:24
そうだそうだ

121 :名無しのオプ :02/11/17 18:46
家族借り、文庫版が出るらすぃ

122 :名無しのオプ:02/12/14 22:27
>>111
オレもその場面で泣けてしまったよ。
梁平の養父母の深い愛情が伝わってたね。

123 :名無しのオプ:02/12/20 23:03
次の長編はいつなんだぁ!

124 :名無しのオプ:02/12/24 20:55

アメリカが好きな作家だな
アメリカは何でも進んでいると思っているんだろうね
戦後民主主義の旗手だな

125 : 次郎:03/01/03 11:56
家族狩りがすきでし、、、

126 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 16:37
永遠の仔・・・くたびれただけだった。

127 :山崎渉:03/01/23 18:32
(^^)

128 :名無しのオプ:03/02/10 01:32
「家族狩り」「永遠の仔」読んでけっこう気に入って
こういう精神おいつめられる感じんのが好きなんですが、他の作家でこういった感じの
小説で面白いのあったら教えてください。(できたら登場人物は二十代くらいがいいです・・)

家族狩り、宗教じみた登場人物が気持ち悪かった・・・

129 :名無しのオプ:03/02/10 01:33
「最悪」や「邪魔」とかは?

130 :128:03/02/10 01:41
>129
それは誰が書いた小説ですか?初心者なんです・・・

131 :128:03/02/10 01:50
検索したら見つかりました。他にもおすすめあったらよろしくです。(登場人物10代もよいです)

132 :名無しのオプ:03/02/10 02:03
>>131
それじゃあ「リアル鬼ごっこ」で・・・

133 :名無しのオプ:03/03/05 00:42
ageてみるよ

134 :名無しのオプ:03/04/12 20:24
新作出ないの?
この人今どっかに連載とかしてないんでしょうか

135 :名無しのオプ:03/04/14 20:26
「あふれた愛」ブッコフ100円ゲット

136 :山崎渉:03/04/17 15:24
(^^)

137 :山崎渉:03/04/20 03:15
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

138 :山崎渉:03/04/20 07:21
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

139 :名無しのオプ:03/04/29 07:30
さるべーじ

140 :名無しのオプ:03/05/18 17:25
今頃になって初めて読んだから感想をかくけど
構成の緻密さが面白かった。
犯人については誰を選んでも後からいくらでも説明できそうでフ〜ンという感じ。
若い女性2人の書き方がいかにも男からみた理想の女性ぽくて定型にはまりすぎ。
例えれば「ナウシカ」みたいに現実味のないいい子ちゃんすぎ。

141 :名無しのオプ:03/05/28 02:43
ネタが・・・ネタがない・・・

142 :_:03/05/28 02:54
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/moe/jaz04.html

143 :山崎渉:03/05/28 11:50
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

144 :名無しのオプ:03/05/30 09:48
山崎通過あげ

145 :山崎 渉:03/07/15 10:51

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

146 :山崎 渉:03/07/15 13:27

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

147 :名無しのオプ:03/07/15 20:25
最近何しているの

148 :名無しのオプ:03/07/16 20:02
天童さんの本はみんな読んだと思うんだけど、
新刊の噂って無いのかな?



149 :名無しのオプ:03/07/18 23:27
「永遠の仔」は文庫化されないの?
3,4年たってるのに。

150 :名無しのオプ:03/07/18 23:32
私を見てね♪

http://www3.free-city.net/home/akipon/page003.html

151 :名無しのオプ:03/07/19 17:11
「孤独の歌声」の文庫版の表紙の絵、キモスギ。
おっさんのイク直前みたいな顔萎え。

152 :名無しのオプ:03/07/20 03:16
ついに読みました。永遠の子。こんなに感動した本初めてです。雑誌すばるに
連載していた、あふれた愛がよかったので買ってみました。実は昔の記憶が蘇
るのを抑えるのが大変でした。私も父に性的虐待を受けていました。読んでて
かなりつらかったです。3人の気持ちがよくわかりました。最初から最後まで
涙が止まりませんでした。すいません、今はこれ以上書けません。 


153 :名無しのオプ:03/07/20 09:44
>>152
誰も書けとは言ってないワナ

154 :名無しのオプ:03/07/21 06:34
あげ

155 :名無しのオプ:03/07/21 17:20
 人それぞれだから、それはそれでいいんだけど、
でも問題は、永遠の仔でワンワンと泣いてしまう感性の持ち主が、
文学賞の下読みの書評子に多いというのが問題……

 そいつらのおかげで、ミステリーその他のジャンルで、トラウマ満載お涙ちょうだい路線急増と
いう結果を招いてしまった……

 もういい加減に安っぽい小説はいいよ……

156 :山崎 渉:03/08/02 02:06
(^^)

157 :名無しのオプ:03/08/09 17:10
>152
縦読み

158 :山崎 渉:03/08/15 15:23
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

159 :名無しのオプ:03/08/19 04:51
「家族狩り」は結構好きだったんだけど、あの残酷な描写は必要なのかな?
あれがなくても十分面白いと思うんだけど。


160 :名無しのオプ:03/09/25 20:12
a

161 :名無しのオプ:03/09/28 20:04
ま、深刻な話だからね。

162 :名無しのオプ:03/10/02 01:54
それより「白の家族」を文庫化して欲しい。ランドセルに麻薬が萌える。


163 :名無しのオプ:03/10/02 03:00
友達に借りた。
卒業までにはヨみたいな。

164 :名無しのオプ:03/10/08 23:34
孤独の歌声を読んだ。
私は真島昌利ヲタなので、主人公が真島チックだというだけで楽しめたが(w、
なんというか文章がクサいと思った。
>>151氏が云う様に、表紙が気持ち悪い。なんだあのオサーン・・・松田か?

165 :名無しのオプ:03/10/11 22:22
自分は、性的虐待のトラウマで、セーラー服も着れなかった女のヒトが、
色々性的なことも言うだろうボケたじいちゃんの世話をできると言うところに
ものすごい矛盾を感じたけど、そういうヒトはいないの?
(ボケたから無害なことしか言わないってわけじゃないと思う、むしろ
欲望がオープンになって性的な言動をするヒト多いと思うのだが)
それとセーラー服がイヤで看護婦の制服がいいと言うのも全く納得できない。
どっちも痴漢は大好きだと思うのだが。(そういうことを考えないブリっこ
って設定でも結構ムリがあると思う)
どんなにもとが美人でもマジで気をつかわなければ普通”美しくは見えない”
ようになるのだが、誰が見ても美人みたいだしな。せめてよく見ると美人くらい
にしとけばよかったのに。
そういうことを考えると主人公が看護婦なのがまず安易。
障害者=天使っていう考え方と一緒で、性的虐待者=天使みたいな考え方が
透けて見えるのがすごいイヤ。贖罪の意味もあるのかもしれんが。
だとしてもトラウマ受けたヒトってあんな他人から見ていい人ではなくて
結構困ったちゃんだったりすると思うのだが。
つまり作者の主人公萌えがウザいんだな、自分はきっと。

166 :名無しのオプ:03/10/18 01:36
ロト6で400,000,000円当たったら。
孤独の歌声の映像化権買うぞ!

風希は井川遥。
潤平は要潤。
京子は吉岡美穂。
赤松はTOKIOの松岡。
松田は窪塚。

でどう?



167 :名無しのオプ:03/11/06 00:25
今頃読みました。読むの結構時間かかった。

子供時代の3人の行動とか気持ちとかは胸に迫るものがあったけど、
ラストあたり都合よすぎ。一気に萎えたっす。

振り返ってみて、特に人に勧めたい!と言うほどでもなかったな。
実際面白かった本は祖母にも回すようにしているけど、今回は見送ったw




168 :名無しのオプ:04/01/05 20:54
今月末に新作出るって聞いたけど、何か情報ない?

169 :名無しのオプ:04/01/06 01:29
小説もドラマも普通に良かったんじゃない?
大人気になったから貶してるって奴が多そう。
嫌いな人は感動メロドラマ的な作りが嫌なのかもしれないけど、
別にそれはマイナスポイントにはならない。
単なる個人の好き嫌いだから。

170 :名無しのオプ:04/01/07 20:28
上巻のうちはすごく面白く感じてたんだけど、どんどん進んでいく
うちに、段々話はぐだぐだに感じてくるわ、出てくる人出てくる人が
一生懸命介護やら虐待やらについての演説を始めるわ、次第に辛く
なっていって最後辺りはかなりどうでも良くなってきた小説。

>>165の意見はかなり納得した。
ボケ老人の介護者への性的嫌がらせってすごく良く聞くよな。
ボケ老人=傷ついた子供みたいな構図が段々嫌になってくる。

171 :名無しのオプ:04/01/15 00:34
21世紀版の家族狩り、との事

ttp://www.shinchosha.co.jp/kazoku/index.html


172 :名無しのオプ:04/01/15 01:58
『孤独の歌声』は良い。
他は知らん。『家族狩り』を早く文庫化してくれ。

173 :名無しのオプ:04/01/15 20:14


    テント洗った?


174 :名無しのオプ:04/01/16 16:24
これで家族狩りの文庫化はなくなったということか。
まあ元版が残っただけでもいいのかもしれんが。

175 :名無しのオプ:04/01/22 13:22
「家族狩り」どのくらい改変してあんのかな
高村薫並?文庫化するというから未読にしといたけど
図書館で借りるか

176 :名無しのオプ:04/01/22 18:44
>>171
>書籍版の文章を1行たりとも使わないという徹底ぶり

177 :名無しのオプ:04/01/25 16:47
残酷度は下がっているのだろうか?

178 :名無しのオプ:04/01/31 17:34
まだ誰も読了してねえのけ?

179 :名無しのオプ:04/02/01 13:45
読んだよ。5巻編成で一月ごとに一冊づつ刊行の予定らしい。
一巻は内容で言うと最初の殺人事件がおきて馬見原達が現場で少年が
書いたと思われる「ゆるして〜」と書かれた紙片を発見したあたりまで。
書き加えられた点としてはたとえば児童相談所の遊子と駒田(アル中おやじ)の
間に今までどのようないきさつがあったのかが書かれている。
駒田は単行本では登場の時からすでに遊子と知り合いのようだが。

180 :名無しのオプ:04/02/01 15:26
グリーンマイル も 上と外 も全部揃ってからじゃないと
読み出せなかった私は目の前にありながらまだ読めていない。

181 :名無しのオプ:04/02/20 23:25
>>180
上下・・・?

182 :名無しのオプ:04/02/20 23:32
>181
恩田陸の「上と外」のこといってるんだろ。

183 :名無しのオプ:04/02/21 02:10
「永遠の仔」は秀作だとは思うけど、冗長すぎる。もっと刈り込めたとは思うな。
>>165さんの意見も最もだと自分も感じつつ。

184 :名無しのオプ:04/03/12 00:52
家族狩りage。
永遠の仔は読んだことないけど、家族狩りおもしれー。
新刊が待ち遠しくてたまらん。生々しい描写がたまらん。

185 :名無しのオプ:04/03/24 13:58
永遠の仔って文庫化されないんですか?

186 :名無しのオプ:04/03/25 22:25
永遠の仔読み終わりました
1000冊読んだなかで一番重い内容だとか、やりきれない気持ちになると
か書評にかいてあったので期待したのに
最後はなんかつまらない
もっとみんな不孝になればよかったのに



187 :名無しのオプ:04/03/26 11:44
186 :名無しのオプ :04/03/25 22:25
永遠の仔読み終わりました
1000冊読んだなかで一番重い内容だとか、やりきれない気持ちになると
か書評にかいてあったので期待したのに
最後はなんかつまらない
もっとみんな不孝になればよかったのに


188 :名無しのオプ:04/04/05 09:27
ホシュ

189 :名無しのオプ:04/04/06 17:27
家族狩り3巻目まででてどうよ?
まだ一巻読み終わったところだけんど

190 :名無しのオプ:04/04/17 14:44
オリジナルの家族狩りは読んでないけど美術教師の教え子の女の子の家庭が
最終的に狙われるとみた

191 :名無しのオプ:04/04/29 08:04
3巻の途中まで読んだ。
昨日、4巻を買った。
↓オビのコピー。
「鎖を解き放ち、
わが手に人生を取り戻す。

願いは、きっとかなう。」

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)