5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ローラ】大きな森の小さな家【E・ワイルダー】

1 :なまえ_____かえす日:03/06/14 00:45 ID:tI5s6zkG

このシリーズの雰囲気が好きだ。
食べ物が美味しそうだし、暮らしの様子が面白い。
ドラマにもなった「大草原の小さな家」だけでも面白いけれど、全部とおして読んだ人はいませんか?

2 :なまえ_____かえす日:03/06/14 00:59 ID:+DtcVVx2
えっと、ローラとアルマンゾが結婚した後の話まで、なら読みました。
農場の少年が特になんだけど、食べ物の描写につばごくっ、ってなりますよね。

3 :なまえ_____かえす日:03/06/14 01:00 ID:+DtcVVx2
あれ? 2げっと?
やヴぁい、初めてだ…。

4 :なまえ_____かえす日:03/06/14 01:08 ID:fhJTwrkr
全部読みましたよ〜。残念ながら手元には今ないけど。
シーツの真ん中が薄くなったら、半分にして接ぎなおしたり、
カーテンにしたり。生活がとってもシンプルであたたかい。
娘に着せたい、あのエプロンドレス。(タブリエドレスって言うらしい)
いや、自分が着たかったのよ(w

5 :なまえ_____かえす日:03/06/14 03:38 ID:cP6xOwcg
>1
このシリーズにでてくる料理を集めた本があったよ。
うちは引越の時処分しちゃって今はないけど。
でも読むだけがよろし。
実際スープを作ってみたら。。。まずかった。

6 :なまえ_____かえす日:03/06/14 09:45 ID:SqtrEOoe
「大草原の小さな町」と「この楽しき日々」はどちらが先だっけ。

7 :なまえ_____かえす日:03/06/14 11:03 ID:tsfKRlJC
「この楽しき日々」が青い鳥文庫では最終話だとオモ。
「初めの四年間」って日本で出てるのかな?

8 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

9 :なまえ_____かえす日:03/06/14 22:41 ID:g0n6EE/R
>7
「はじめの四年間」、岩波から出てますよー。
ただ、岩波のは訳がいただけない気がする。

10 :なまえ_____かえす日:03/06/14 23:56 ID:SqtrEOoe
岩波は最近訳者変わって「父ちゃん」「母ちゃん」じゃないはず。

11 :なまえ_____かえす日:03/06/16 13:51 ID:3Hz6mFKq
もう昔の話だけど
最初にドラマから大草原のイメージを掴んでしまったので、
「父ちゃん」「母ちゃん」に読む気を無くした小学生の私・・・
懐かしいイです。

12 :なまえ_____かえす日:03/06/18 00:00 ID:Xq4pJJ++
>9-11
そうですそうです、私も!!

食べ物といえば、ソーダクラッカーって
どんな物なんでしょうか?
私が真っ先に思い出すのは、小さな家に載ってたと思うけど、
雪の上にメープルシロップ(?)をたらしてキャンディーを
作るところ。

13 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

14 :なまえ_____かえす日:03/06/18 00:10 ID:DXTxDzGn
ごく普通の塩味のクラッカーだよ、重曹を使ってる。>ソーダクラッカー


15 :なまえ_____かえす日:03/06/18 21:13 ID:mxb5x/lG
重曹=soda 炭酸ソーダだからね。

自分は「父ちゃん母ちゃん」の訳を最初に読んだので
「父さん母さん」に違和感があるなー。
食べ物バナシなら…メープルシロップ作り!
あとアルマンゾが焼いたそば粉パンケーキの重ねたやつ。
ムクドリのパイなんてのもあったな。
食べ物や服の描写が細かいとこが好きでした。

16 :なまえ_____かえす日:03/06/19 04:11 ID:aS3m14v/
白いお砂糖をスプーンで一人一人なめるシーンが好き〜

17 :なまえ_____かえす日:03/06/19 04:13 ID:GFXFovI5
test

18 :なまえ_____かえす日:03/06/19 20:53 ID:g79QXvrc
ローラとメアリーが町に連れていってもらい、
お店の人にキャンディーをもらうシーン。
メアリーのキャンディーには素敵な詩が書いてあったけど、
ローラのキャンディーには一言だけだった、というくだり。
妹であるローラの複雑な心境が伝わってきてなんとも…
泣くようなシーンではないと思うのですが、泣いてしまいます。

19 :なまえ_____かえす日:03/06/19 23:08 ID:ZPm+fLsK
や、泣かんでも。
マザーグースだっけか>素敵な詩  The rose is red〜みたいな。

詩や歌もいっぱい出てくるよね。
童謡やら聖書の引用やら、アメリカ国歌もあったなー。
大きくなって出典がわかったときはなんか嬉しかったり。

20 :なまえ_____かえす日:03/06/19 23:16 ID:qs8EKW8k
ヴァイオリンってオーケストラのイメージしかなかったので
開拓者の親父が奏でる図には違和感がありました。

後に「バック・トゥー・ザ・フューチャー3」の
西部の祭りの場面でなんとなく納得。

21 :なまえ_____かえす日:03/06/20 16:52 ID:DFVCL2TS
ヴァニティケーキ、食べてみたかったな。
大草原の小さな家料理本に出てたとかいう話聞いたんだけれど、誰か
実際作ったことあります?

22 :なまえ_____かえす日:03/06/20 20:48 ID:/2OIkbDH
全部読んだ。
そしてまだ全部持ってる。読み込んでボロボロ。
新訳版は買おうかどうかとりあえず悩み中。

ところで青い(うれてない)カボチャで作ったパイは、
本当にアップルパイと同じ味がするのでしょうか。
ためしてみたいけど、青いカボチャなんか当たりそうでイヤダ。

23 :なまえ_____かえす日:03/06/20 21:01 ID:GRaoj3u5
>22
パンプキンパイの上に、薄く切ってさっとレモン汁とシロップで煮た
カボチャを花みたく綺麗に並べて焼いたのを食べた事があるんだけど、
その上のカボチャは確かにリンゴっぽかったです。

あの話でも確かカボチャはビネガーと砂糖と一緒に煮てたと思うんで、
熟れて無い=固くて煮崩れないのも考慮すれば、リンゴっぽい感じに
なるんではないかと。

24 :なまえ_____かえす日:03/06/20 22:42 ID:tuh1AKmC
今更なんだけどスレタイ、インガルスはEじゃないのでは…

25 :22:03/06/20 22:53 ID:ehTWMOfx
>23
レスありがとうでござる。で、作り方を調べてみました。
「若い青いカボチャを輪切りにして皮を剥く。
パイ皮の上に赤砂糖と香料をまぶし、その上に薄切カボチャを乗せ、
酢とバターをかけてから、パイ皮で覆ってしかるのち焼く」
だそうです。
どうもインガルス家ではカボチャは煮ないで焼いた模様です。
……やっぱり当たりそうだ。

ただ、私の手元のは1955年初版発行の岩波少年文庫版(鈴木哲子訳)なので、
新訳または料理本ではどうなってるのかは分かりませんが。

26 :なまえ_____かえす日:03/06/22 01:18 ID:73AGaoNV
日本で出ている関連の本はほとんど買ったと思うがほとんどは実家にある。
ローラの本に出てくる料理は今の基準ではあまり美味しくないものも多かったみたい。
りんご農園が軌道に乗ったあとの豊かな時代のレシピは美味しいそうだけど。
色々読んでわかったことは、素朴でシンプルなローラの文章は
当時流行作家であった娘のローズが徹底的に推敲した賜物だったということ。
確かに60歳過ぎて書き始めたにしてはすばらしい文学作品です。
それでも何回も何回も読んでしまうほどこのシリーズは好きです。

27 :なまえ_____かえす日:03/06/22 01:45 ID:0Ph89K61
10年くらい前NHKスペシャルで、ローラ・ローズ親子の葛藤を描いたのがあった。
もう一度見たいな〜

28 :なまえ_____かえす日:03/06/22 03:23 ID:/KPe3Ji1
>>27
その母娘の葛藤みたいな番組見た覚えあります。
私が見たのはNHKではなく「知ってるつもり?」でしたが。
懐かしい。

29 :なまえ_____かえす日:03/06/22 09:57 ID:73AGaoNV
「これ以上私の話に手を入れないで」ってローラが怒ったのよね。
結局、自分の本は後世に残らず母の本が残ることがわかった老後のローズの葛藤。
NHKスペシャルもう一度みたいですね。

ローズは子供を生まずに亡くなり、メアリーもキャリーも子供がいない。
インガルス一家はグレイスの子孫だけになった。
なんか切ない。

30 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

31 :なまえ_____かえす日:03/06/22 20:33 ID:Ey7Welfb
今日、図書館に行ったらシリーズが軒並み持っていかれてた。
岩波も福音館書店のも、ハードカバーも新書版も全部。
複数が読んでいると見ていいのかな。
ぽっかり空いた棚に
何かあったんだろうかと、はじめ見たときはちょっとビビった。

32 :なまえ_____かえす日:03/06/24 12:28 ID:ocQ88vlq
チャールズ・インガルスがあちこち移住していく資金が謎だ。
・大きな森 独身時代に貯めた金でじいちゃんから?購入
・大草原 無人の土地に勝手に家を建てる。
・プラムクリーク横穴の家 馬・馬車と交換で入手
・プラムクリーク木造の家 小麦畑の収穫をあてに借金
・鉄道工事現場の家 社宅
・測量技師の家 管理人として住み込む
・ドゥ・スメット町の家 これも勝手に建てたような…
・シルバー・レイクの開拓地 事務所に徹夜でならんで入手 無料?

まじめな男に見えて山師なところがあるなチャールズ。

33 :なまえ_____かえす日:03/06/24 21:20 ID:Je2RvpAI
写真集にあった、実際にインガルス一家の住んでいた「大草原の家」。
そうとはしらずに鶏小屋として使われていたとのこと。
本当にボロ屋であった。
あの挿絵だと素朴な丸太小屋だけど、
インガルス一家は本当に貧しかったようだ。

34 :なまえ_____かえす日:03/06/24 22:11 ID:QmKRI9WT
というか、大草原の過酷さに家族一丸となって立ち向かう
開拓者魂というのには本当に脱帽するな。
無茶するぜチャールズ!

35 :なまえ_____かえす日:03/06/24 23:59 ID:gAi8AT5w
フロンティアスピリットってやつで

36 :なまえ_____かえす日:03/07/03 14:15 ID:h5gzr1SX
塩漬け豚!!
クリスマスにもらったクッキー?
昔はあんま輸入ものもなかったし、よだれものでした。
ローラって、結構モテルんだよね。
テレビの吹き替えがよかったよね。(お母さんなんてぴったり!!)

37 :なまえ_____かえす日:03/07/03 17:39 ID:+ZHtgmAa
どっかできいた名前なんだけどなー

38 :1:03/07/04 14:01 ID:Z0VBiYob
>>24
うわああご指摘ありがとう。遅ればせながらぐぐりました。
「ローラ・I・ワイルダー」ですな。
次スレではそれで。
Eと表記してるところもあったんだよう(苦藁

39 :なまえ_____かえす日:03/07/06 04:23 ID:/uRrIl4y
>36
個人的にはローラの吹き替えの声がすごく好き。
お母さんもいい声だよね。
ネリーのお母さんの声も捨てがたいw

40 :なまえ_____かえす日:03/07/08 00:45 ID:KsJO6XbY
ヴァニティケーキ、実際食べてみたいよー
料理本にもレシピはなかったような。

カリってした食感で、すぐふわっととろけてなくなってしまうって
どんなだろ?
中身がカラッポだから、ドーナツの薄いのみたいなのを想像してるんだけど。


41 :なまえ_____かえす日:03/07/08 00:56 ID:b8YjwtPg
ローラ自身、ヴァニティケーキの作り方は母さんから教わらなかった、
と語っていたような記憶。

42 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

43 :なまえ_____かえす日:03/07/08 11:59 ID:r3ORN1W0
この楽しき日々に出てくるローラの学校の先生(名前忘れた)は
ローラのこと好きだったのかなあ、と子どもの頃思った。
「私辞めるんです、結婚するから」って言った時に
急にソワソワして「いやぁ、それは残念だ。いや、君が結婚するのが
残念って訳じゃなくて・・・」と訳わかんないこと言い出すから。

後、この楽しき日々の上巻で一箇所翻訳が変なとこありますよね。
昔からずっと気になってたんだけど。

44 :なまえ_____かえす日:03/07/08 17:47 ID:mzFOQw1m
このスレの>>77に神が現れますた               
http://human.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1056770458/l50      

77 :ほんわか名無しさん :03/07/07 07:07
                         *
 7月7日7時7分に         。    。o
 77ゲットォォォォォォ!!     *   *
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄   *  ゚  。。 *
      ∧∧☆   )  +    。  ・
   ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ * 。
         ̄ ̄      *  。゚  +
         キラキラリーーーーン                 

45 :なまえ_____かえす日:03/07/10 23:28 ID:bF+JjbXd
>43
ちゃんと卒業させたかったんだけど…っていう感じじゃなかったっけ。

どのへん?>翻訳が変なとこ

46 :山崎 渉:03/07/15 11:21 ID:OHnl0NrN

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

47 :なまえ_____かえす日:03/07/20 02:45 ID:gh5GohIj
おなべに雪を詰めて、
そのうえに、メープルシロップをたらしてキャンディーにするの!!
あのシーン、大好きでした。
メープルシロップって、ああゆうふうに固まるの?

48 :なまえ_____かえす日:03/07/22 09:35 ID:nvi0R14O
>47
べっこう飴やカラメルは砂糖を煮詰めて作るので
原理はそれと同じかと。
煮詰めて結晶化する寸前で急に冷やすんだもんね。

49 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

50 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

51 :なまえ_____かえす日:03/07/28 22:25 ID:TnkgdBvY
カロリーヌでもやってた。>メープルシロップ固め

52 :なまえ_____かえす日:03/08/01 11:07 ID:HJUH0pDf
なんでこのシリーズって食べ物から話題が広がらないのかね?

53 :なまえ_____かえす日:03/08/01 12:18 ID:nfMUH1CW
じゃあ>>52、お前が話をふれ。

54 :なまえ_____かえす日:03/08/01 12:27 ID:CGcu0jqd
大草原スレって今までにもあったんで
語り尽くしちゃってるから自分から特に書きたい事ないんだよね。

55 :なまえ_____かえす日:03/08/01 18:43 ID:CsJWuujR
>>38
遅レスなんですが、ローラのミドルネームがエリザベスじゃなかったっけ?
すごくおぼろな記憶なんですが。
インガルスのほうが一般的だと思うけども。

56 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:05 ID:Wprhf3lL
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

57 :なまえ_____かえす日:03/08/02 16:47 ID:iiXQZGqA
>55
お母さんがエリザベスだから
名前もらったのかなあ?
ミドルじゃなくてセカンドネームで。

58 :52:03/08/02 19:17 ID:eESCiG7W
>55
んじゃ、
父方のお祖母さんがエリザベスでローラ・エリザベス・インガルスだよ。

59 :52:03/08/02 19:26 ID:6a75LKK5
蛇足ですが、アルマンゾ・ワイルダーと結婚したからラストネームワイルダーがくっついた。


60 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

61 :なまえ_____かえす日:03/08/02 21:15 ID:FIgYMD+i
ヴァニティケーキの作り方は
「ローラのお料理ノート -むかしむかし大きな森の小さな家の台所で-」 文化出版局
に バニティケーキとして載ってました。

この本には、大草原の小さな家シリーズに出てくる
いろいろな料理のレシピが載ってて
実際にいくつか作ってみましたが、
う〜ん…。

現代人には脂っこすぎる料理が多いかも。
あと、味が素朴なので、物足りない感じがしました。
ひたすら甘いだけとか。
それが良いって言えば良いんだけど…。

62 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

63 :52:03/08/02 23:25 ID:uOi+V5aY
やっぱ食いもんに帰結かいw まーいいけどさ。
なんかこの話、つまんない食べ物を父さんが思いっきり誇張して
「うまい!キャロライン、お前は偉大だ。」って持ち上げてる気がする。



64 :なまえ_____かえす日:03/08/02 23:32 ID:ErOOTBR3
それが夫婦和合家庭円満の秘訣ナリ。

65 :なまえ_____かえす日:03/08/03 01:14 ID:tRugauuE
>61
現代の食材が当時とかなり違うっていうのもあるだろうし
(手作りバターに天然塩、粉も野菜も味がしっかりしていそう)
とにかくハードな仕事で暖房も満足にないから
脂肪こってりな食事じゃないともたなかったんだと思う。

で、バニティケーキってどんなのだった?

66 :なまえ_____かえす日:03/08/03 01:15 ID:tRugauuE
>52
当時はつまんないなんて誰も思わないって。
現代ッ子だねえ。

67 :なまえ_____かえす日:03/08/03 02:02 ID:yUJZCswn
>65
作り方がネットに載ってた!
http://www.geocities.co.jp/Foodpia/6374/pioneerrecipe.html

私は、バニティケーキは作ったことないので
味はわかりません。 ゴメソ


68 :なまえ_____かえす日:03/08/03 18:15 ID:FEQyoqRq
>67
おお、こんど休みの時に作ってみます。
サンクスコ

レシピ見た限りではカリっとしててパウダーシュガーの甘みがついた
お菓子みたいだけど
ローラの時代に粉砂糖は使ってないだろうし
本には砂糖まぶすとか書いてなかったよね。
やはり現代だとそのままではあまりに味気ないのかもね。

69 :なまえ_____かえす日:03/08/04 03:41 ID:GKYuw3La
「小さな家シリーズ」の中で、母さんの一週間の仕事のことが
書いてあったと思うのですが。
月曜日は○○の日、火曜日は・・・というふうに。
分かる人、教えてください。

70 :なまえ_____かえす日:03/08/04 06:59 ID:0E9TYv3d
月曜は洗濯 火曜はアイロンかけ 水曜は繕い物 木曜はバター作り 
金曜は掃除 土曜はオーブン仕事 日曜は安息

マザーグースにも入ってるような気がする。

71 :なまえ_____かえす日:03/08/04 22:29 ID:ok7piym/
ちょいまち!
バターはともかく 週にいっぺんしかしないのかよ!
掃除とか洗濯とか!
しかも洗濯とアイロンと繕いが、別の日かい!


72 :なまえ_____かえす日:03/08/04 22:37 ID:0E9TYv3d
そんな時代もあったのです。

73 :なまえ_____かえす日:03/08/04 22:43 ID:gLkOxzX4
水道がない時代に
どうやって洗濯をしていたのか
電気がない時代に
どうやってアイロンかけをしていたのか

水道もガスもない時代に毎日料理しながら
自分だったらどのぐらいの時間でできそうか
考えてみましょう。
夏休みの宿題です。>>71

74 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

75 :なまえ_____かえす日:03/08/04 23:30 ID:ok7piym/
>73
炭火アイロンは、そんなに手間がかかるものじゃない。
掃除機のかわりにホウキを使っても、時間的には変らない。
繕いのたびに、ミシンは持ち出さない。今も昔も針と糸だ。
ガスも水道もない昔でも、毎日掃除洗濯繕いをしていた人はいたよ。
ようは、ためるかためないかだけだ。

さて、一週間に一度しか掃除しない部屋に洗濯から繕いまで三日間放
置される洗濯物、というのを想像して、俺はえらい汚い生活しとった
んやなと、とりあえず突っ込みを入れただけだがな。
別に俺の書き込みを読んで、俺の知能を疑うヤツがいたってかまわ
ないし、いちいち教育してくれようとして、ありがとさんな。
でも、ありがた迷惑だから、ほっといてくれな。
一応お礼に、とりあえず、オマエさん向けのサイトだけ紹介しとく。
ttp://www.iajapan.org/rule/
考えてみましょうとか、お前の夏休みの宿題だとか、そういう失礼
なことを、平気で他人に言うオマエさんにだって、言う気はない。
だから、気が向いたら、読んでくれ。


76 :なまえ_____かえす日:03/08/05 00:19 ID:8CI0H8yi
>>75
73じゃないし揚げ足取るつもりはないけど
ローラ達が使っていたのは炭火アイロンじゃないよ。
鉄製の重い重いアイロンをストーブの上で熱しただけのもの。
取り扱いも大変だしなにしろ重いんで重労働ですよ。
そのストーブにも石炭なんてそうそう使えなかったから
ほとんど薪。火をおこすのも大変なしろもの。
手間はかかりますよ。
掃除機とホウキでの時間は同じっていうのは
本当にしっかり較べて掃除した事があるのか?とも思う。
細かい隅はホウキだとすごく時間かかるよ。
毎日玄関掃除してますからこれは確か。
昔のホウキは今みたいにきちんとそろってないしね。

後は、確かに現代っ子からすれば汚いだろうねとしか
言いようがないね、確かに。
宿題って言葉にカチンとくるあたり現役の厨房くんだろうけど
まあそんなに怒らないのさ。

77 :なまえ_____かえす日:03/08/05 00:40 ID:7Zs1o3Fk
オロオロ

78 :なまえ_____かえす日:03/08/05 01:49 ID:/Ff3hwXB
>さて、一週間に一度しか掃除しない部屋に洗濯から繕いまで三日間放
>置される洗濯物、というのを想像して、俺はえらい汚い生活しとった
>んやなと、とりあえず突っ込みを入れただけだがな。
現代の水準で考えれば、ね。
ローラ達はそもそも、放置して邪魔に感じる程多量の衣服は持ってないし、
着替えも一週間に一度していたかどうか怪しい。

つか、洗濯機がはじめて登場したアメリカでの宣伝文句は
「これで週に一度は下着が替えられます!」だったそうな。

…あの時代、入浴(というか行水)も週一度出来ればいいそうだったというし、
(アルマンゾの家も、教会に行く前の土曜日だけだったはず。あんだけ裕福な大農家だったのに)
衛生観念は現代とは比べ物にならないという事だったんでしょう。



79 :なまえ_____かえす日:03/08/05 07:19 ID:v614OCfH
>ローラ達はそもそも、放置して邪魔に感じる程多量の衣服は持ってないし、
>着替えも一週間に一度していたかどうか怪しい。

すでに別の好奇心で検証したくなってきたんだが。
そんなに衣類が少なかったとしたら、なおさら洗濯してから三日も放置する余裕はないのではなかろうか?
この雨ばっかの今年洗濯をあずかる主婦としては、当時より服あるはずの現代でも、ものによって着替えがなくなって困ったりするのだが。


80 :なまえ_____かえす日:03/08/05 08:14 ID:V1dN1qlU
日曜日は安息日なので、よそいき(持っている中で一番いい服の意)を着ます。
翌日の月曜日は洗濯日なので、日曜日に来た服がしみになったりするひまはない。
週末に向けて、掃除をして、オーブンで作った料理がきっちり揃えられ・・・・
という風に考えられた仕事手順なのだそう。

どこで読んだんだったかな? シリーズ関連の料理本だったかな?

81 :なまえ_____かえす日:03/08/05 08:58 ID:v614OCfH
なるほど。
よそいきだから、洗濯して、干して、繕う=手入れするわけだ。


82 :なまえ_____かえす日:03/08/05 09:02 ID:CWOR025+
>俺はえらい汚い生活しとった
>んやなと、とりあえず突っ込みを入れただけだがな。
>>現代の水準で考えれば、ね。

だから伝染病が蔓延して多くの人が死んだりしてるでしょう?
抗生物質がなかったってのも理由の一つだが。

83 :なまえ_____かえす日:03/08/05 09:09 ID:v614OCfH
下水も、昔の日本のような排泄物の社会的リサイクルシステムもな。

84 :なまえ_____かえす日:03/08/05 10:31 ID:mhCof96C
学校に通うとき、靴はいてなかったよね。すり減るから。

85 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

86 :なまえ_____かえす日:03/08/05 12:13 ID:WlNuUiKg
なかなか洗濯できないからエプロンドレスを着ると聞いたが…

87 :なまえ_____かえす日:03/08/05 15:00 ID:KJbADoFq
普段着でも、作業着とは違うよな。
あのころの女性用の服って。
仕事する服じゃねーや。

88 :なまえ_____かえす日:03/08/05 15:16 ID:q0QB69CV
ローラなんてガシガシハードに働く水呑み百姓の子なのに
コルセットしてたし。
でも肉体労働する時はさすがに外してたのかなあ?
メアリーは寝てる時もコルセットしてたんでしょ。信じられない。

89 :なまえ_____かえす日:03/08/05 17:58 ID:5KEWKYgh
母さんの一週間の仕事のことを聞いた者です。
教えてくれた方、ありがとうございました。
ずっと気になっていたのですが、今は本が手元になくて・・・。

>>80の、「考えられた仕事手順」
なるほど。本当にその通りですね。納得。
今では考えられないほど、不便で不潔な生活、
これまた納得。

その後、違う展開になってしまったようで申し訳ないですが、
なかなか興味深いです。


90 :なまえ_____かえす日:03/08/05 22:09 ID:VJqKuBh7
>>77
彼らは服が例え汚れても『着替えていない』のではないかと。
(日曜のよそいきはもちろん、教会に行く服だからしみが付く前に洗濯してアイロン必須だけど、
どうも本文中からするに、普段着は『くしゃくしゃ』になるまで着たきり雀のような)
向こうは乾燥した気候で、雨もあんまり降って無い様だし、その所為で
臭いとかについてはそこまで気にならなかったのかもね。(鼻が慣れてたのかもしれんが)

91 :なまえ_____かえす日:03/08/06 00:16 ID:ebRPbtED
そもそも服や体の匂いを気にするのは日本人ぐらいなものだろうに。

92 :なまえ_____かえす日:03/08/06 00:28 ID:wjMqjvyg
彼らナリに気にしてはいるんでないか。
で、香油や香水なんかバシバシにして誤魔化したり。

93 :なまえ_____かえす日:03/08/06 05:52 ID:ff0/oYxf
>91
いや、92の言うとおり、体臭が気になるからこそ香水が発達した。
もっとも主にヨーロッパで、だが。

が、臭い=体や服を洗おう、ではなく他の臭いでごまかそう、ではない
ので、日本人の鼻にはぼっとんトイレにキツイ芳香剤という、ろくでも
ない状況が発生する。彼女らはその香水すらなかったわけだが。

ついでに極限まで働かないよ。白人は。
すごい大変そうに書いてあっても、日本の常識に比べたら、のんびり&
手抜きで、ばっちくって、おおざっぱなわけよ。
仕事メニューにケチつけられたと怒る人の気もわかるけど、「昔は大変
だったんじゃあ!」といくら力説しても、実はその程度。
黒人という奴隷を手に入れたとき、限界を知らないもんだからこそ、限
界超えた仕事をさせるわけ。

94 :なまえ_____かえす日:03/08/06 07:22 ID:AEFFyOKE
>>93
黒人奴隷酷使の話、なんか目から鱗だ。
なるほどなあ。

95 :なまえ_____かえす日:03/08/06 12:22 ID:yzlQR3Dd
働くかどうかは人種じゃなくて文化の問題だろう?
>93の意見はあまりにも大雑把で信用できない。

96 :なまえ_____かえす日:03/08/06 13:17 ID:Tk2jhhoW
>95
信用しようが、しまいが、かまわない。
けどね、誰もが詳細な調査報告を、君にしながら話題を提供してくれ
ると思っているなら、そうしない相手に「信用できない」と言い切る
ような人生送ってるなら、世の中そんなに甘くない。

少しでも自分で調べてから、「信用できない」と発言してるわけ?
そんな発言をしたら、ネットの向こうにいる人が、どう感じるか、考
えたことがあるわけ?

たぶん95は、ネットの向こうにマナーを守るべき「人間」がいると
いうことを、実感してないんだろうね。いや、目の前にいる人にも同
じ態度を取ってる可能性だってあるが。

まず、93に書いてあることに反論したいなら、少しは調べろ。
自分で調べて、違うといいたいなら、どう違うのか言わなければ、
95の発言など93の発言の百分の一も信用されないってことを、
覚えておけ。
そして書き込む前にネットマナーを学べ。
93の内容が信用されなくとも、俺は痛くも痒くもないが、95の
書き込みで信用されないのは、その内容ではなく、93の人格だ。
匿名ネットだから、人格が信用されなくてもいい、というなら、も
っと自分を大事にしろ。と、俺はいいたい。

礼儀が守れないヤツってのは、所詮自分を大事に出来ないヤツだと、
俺は思っている。

97 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

98 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

99 :なまえ_____かえす日:03/08/06 13:29 ID:Tk2jhhoW
ちなみに、アメリカの黒人奴隷は酷使されたが、これは歴史的に見て
も珍しいことなのだ。
もちろん、他国民や民族、戦争捕虜を、酷使した例は多い。
しかし、奴隷制度が確立している場合、奴隷というものは、大事な財
産となる。よって死んだり病気になったりされるわけにはいかなかっ
たし、あまりひどい扱いをしすぎるて、徒党を組まれて反抗されるの
も避けたかった。
そのため、奴隷を大事にする日 なんてのがあったり、奴隷に生涯回
復不可能な傷を負わせた場合自由を与えなければならないとか、働け
なくなった奴隷を捨ててはいけないとか、そうした社会的なルールが、
決まっていた。
ところがだ、何年か前ニューヨークのビル工事で奴隷たちの墓が見つ
かりその骨を調べたところ、過酷すぎる労働による尊攘が数多く確認
された。
奴隷についての話は、そのときの特集の聞きかじりだったりする。

ほかにもいろいろあるが、95のために書き込んでいると思われるの
もイヤなので、やめておく。
95は、信用するなりしないなり勝手にしろ。

100 :なまえ_____かえす日:03/08/06 13:33 ID:Tk2jhhoW
補足
その奴隷文化が発達した地域は、アメリカに移住した白人たちの地域
とは、重ならないっぽい。


101 :なまえ_____かえす日:03/08/06 13:39 ID:iwak0rpf
>仕事メニューにケチつけられたと怒る人の気もわかるけど
意味不明。
別に誰も怒ってないじゃん。

102 :なまえ_____かえす日:03/08/06 13:59 ID:QwPla3GF
>>99
全然珍しいことじゃないよ>奴隷の酷使
インカ帝国や西インド諸島では、白人による奴隷の酷使によって
民族が死に絶えそうになったなんて実例もあります。

どうも知識の欠如と思い込みの激しい方が一名いらっしゃるような・・・。
夏に入ってスレの雰囲気変わりましたね。

103 :なまえ_____かえす日:03/08/06 14:11 ID:iwak0rpf
自分の考えを批判されるのが我慢できない
粘着な人が住み着いたようですね。
夏休みが終わるまでどこかに避難した方が
不快なレスを読まずに済むかもしれません。

104 :なまえ_____かえす日:03/08/06 14:13 ID:FxXla4m7
>どうも知識の欠如と思い込みの激しい方が一名いらっしゃるような・・・。

そうですね。本当に困ります。

>インカ帝国や西インド諸島では、白人による奴隷の酷使によって
>民族が死に絶えそうになったなんて実例もあります。

アメリカの奴隷を酷使した白人と同種だから、なんの反論にもなってないぞと。

他人の書き込みを、「信用できない」とか「意見を思い込みが激しい」と、一刀両断するようなネチケット違反の書き込みを、思い込みでする方が増えてしまって、ほんと困る。


105 :なまえ_____かえす日:03/08/06 14:16 ID:FxXla4m7
しかも読見直してみたら、99にはちゃんと

>もちろん、他国民や民族、戦争捕虜を、酷使した例は多い。

って書いてある。俺の指摘以前で、反論でもなんでもないや。

もしかしてネタ? アラシ?

こりゃあもう、103の言う通り、他人の意見にケチ付けるアフォが
いる間、避難してスルーするしかかも。


106 :なまえ_____かえす日:03/08/06 14:20 ID:QwPla3GF
>>104
あの・・・「同じ白人」って括りも乱暴すぎますよ。
インカや西インドで奴隷をこき使ったのは主にスペインやポルトガル
アメリカで黒人奴隷をこき使ったのは主にWASP
それくらいの区別も出来ないんですか・・・はぁ〜・・・

>その奴隷文化が発達した地域は、アメリカに移住した白人たちの地域
>とは、重ならないっぽい。
だいたい自分でこう書いたことと全く矛盾してますよ。
地域重なってないし。

白人は怠惰、というのも偏見と思い込みに満ち溢れた書込みですね。
一昔前の欧米の「白人」はよく言ってましたけど。
「黒人は怠惰で働くのが嫌い。アジア人はこずるい。」ってね。
それとあなたの言ってることは全く変わりませんよ。自分の言ってることの
おかしさを認める謙虚さを持てることをお祈りしています。
では。



107 :なまえ_____かえす日:03/08/06 14:22 ID:QwPla3GF
>>103
別スレ立てますか?

108 :なまえ_____かえす日:03/08/06 14:31 ID:q7a0VVhm
まさか2ちゃんで「ネチケット」なんてマジメに言う奴がいようとは。

109 :なまえ_____かえす日:03/08/06 14:53 ID:+frZCKFB
2CHは無法地帯ではありません。

しかし叩く必要もありません。

アラシには餌を与えずスルーしましょう。

「ムカッ ときたら、スルーです。」

110 :なまえ_____かえす日:03/08/06 15:54 ID:G30KPeKw
>>108
ネチケットを真面目に言ってもぜんぜんかまわないけど、
この場合自分への批判封じのためだけに振りかざしてるからなんか変なんだよ。

111 :なまえ_____かえす日:03/08/06 16:05 ID:DW0xzplS
103ですが、何か誤解されているようですが
「自分の考えを批判されるのが我慢できない
粘着な人」というのは
Tk2jhhoWやFxXla4m7のことを指しておりますので
念のため。

厨をスルーできなくてごめん。
もう逝きます。

112 :なまえ_____かえす日:03/08/06 16:49 ID:6+042X99
はたから見てると、どっちもどっちなんですが。

書き込みの真偽はともかく、いきなり信用できないとか、思い込みだ
と決め付けるのは、どうかとは思います。
そんな言い方をすれば、場が荒れるのは当然では?
普通に「情報が断片的すぎて、確かめられませんので、もっと詳しく
教えていただけませんか?」とか、「それは、これこれこうだから、
こうだと思いますが?」とか、そんなふうに言えばいいのではないで
しょうか?

このスレが荒れるのを見るのは、悲しいです。
スルーできなくてスマソ。

113 :なまえ_____かえす日:03/08/06 17:04 ID:W25n3k+p
うーん、この本でやはり食べ物以外の話題は荒れるもとか?w

114 :なまえ_____かえす日:03/08/06 17:18 ID:OR6RDzMV
メリーって結婚したの?
あの時代のひとは目が見えないなら結婚しないものなんかね

消防時代、メリーはあのヤマネコのような人(名前失念
ローラたちに大雪の中クリスマスプレゼント持ってきたあんちゃんと
結婚したにちがいないと思ってました

115 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

116 :なまえ_____かえす日:03/08/06 19:57 ID:8HgChQCE
>>114
独身で過ごしたんじゃなかったかな?<メアリー
テレビでは結婚したことになってましたね。

ヤマネコのような人は、たしかエドワードさんといったっけ。
大雪の中・・・・というと、違う人かな。

117 :なまえ_____かえす日:03/08/07 02:16 ID:0vDqCopM
>116
そうそう。エドワーズさん。
彼はいい男だった。
奴にならメリーをまかせてもいいと思ったんだが。

118 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

119 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

120 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

121 :なまえ_____かえす日:03/08/07 06:09 ID:M3NeM9+E
大雪の中プレゼントを持ってくる話は、
テレビでもありましたね。
下品だからと嫌っていた母さんが、
エドワーズさんを好きになってくれたことが
ローラには一番嬉しかったって。
大好きなエピソードのひとつです。

122 :なまえ_____かえす日:03/08/07 10:38 ID:hjJQMj5Y
っていうかエドワーズさんは妻子いるし。ずっと年上だし。

123 :なまえ_____かえす日:03/08/07 19:18 ID:SQvs7w6/
ええ!妻子いんの?
税金とられたときの話?
あれって単に役人からかってただけなんじゃなくて?

124 :なまえ_____かえす日:03/08/08 05:10 ID:3ZP6nAQT
本は、ずっと前に読んだきり実家に置きっぱなしで、
ちゃんと覚えてるわけじゃないけど、妻子はいないんじゃなかった?
テレビドラマの方ではいたけど。


125 :なまえ_____かえす日:03/08/08 11:45 ID:+H4ERzuB
>>124
いるよ。少なくとも本では妻子がいることになっている。

126 :なまえ_____かえす日:03/08/12 12:52 ID:1fQYvgx3
本では、エドワーズさんは最初にチャールズと会った時は
一人で来てたけど後に会った時は奥さんといっしょだったはず。
クリスマスかイースターを一度、一緒に過ごしたことがあるはず。
よさそうな奥さんだったよね。

また食べ物の話で悪いがその時食べたカキの缶詰って
当時はおいしそうに思ったけど今は微妙。

127 :なまえ_____かえす日:03/08/12 23:36 ID:uqqKT4/b
そりゃボーストさんと混じってないか?

128 :なまえ_____かえす日:03/08/14 04:27 ID:GpQewAdI
>126はボーストさんのこと。

エドワーズさんは,「長い冬」の冒頭で再登場。
その際,妻子が開拓地で待ってると自己申告。本文中への妻子登場はなし。

ボーストさん夫婦は子供ができなくて,ローズを養子にくれとローラに頼む。
「はじめの四年間」に出てくるシーンだが,泣ける。


129 :なまえ_____かえす日:03/08/14 04:31 ID:GpQewAdI
ところで,その後著作権継承者が書いた,
ローズや母さんが主人公になってるシリーズについてもこのすれで語ってよろしいか?

130 :なまえ_____かえす日:03/08/14 11:32 ID:Kr/RH06p
129>いいんじゃん?自分は読んで無いから知らないけど、でてたよねそんなの。

しかし大草原シリーズは実はローラじゃなくて、ローズが文章書いてたって話だけどね。
ちょっとがっかり。「はじめの4年」の文章が他と違うのは、ローズのブラッシュアップがされていないローらの原案状態で出版されたから。

131 :なまえ_____かえす日:03/08/15 01:33 ID:LvPJyDuH
>126
まだ短いスレなんだから読んでから書き込めばいいのに

132 :なまえ_____かえす日:03/08/15 07:11 ID:raXas5ZD
>131
まーそーいうなよ。
うっかり加減がかわいいじゃないか。

133 :なまえ_____かえす日:03/08/15 10:06 ID:MOLPYsUj
そういや,このシリーズマッカーサー指令で邦訳されたんだよな。

134 :山崎 渉:03/08/15 21:29 ID:HoKq+LLn
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

135 :山崎 渉:03/08/15 22:48 ID:HoKq+LLn
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

136 :なまえ_____かえす日:03/08/16 23:38 ID:zAgiLf0L
このお話に出てくる生活って目的がシンプルで好き。

外仕事で働いているお父さんとローラにキャリーがお水を差し入れてくれるところ。
その日はお母さんの配慮でショウガ水(ショウガ入りの甘い水)だった。
のローラの感想「こんなびっくりで今日という日が特別な一日になった」
かわいいなぁと思いました(´∀`*)

137 :なまえ_____かえす日:03/08/31 22:39 ID:Yli2QGgo
大草原の小さな家を昔テレビで見てファンでした。
いつか原書で読みたいと思っています。
あの英語は相当レベル高いですか?
私はあまり英語が得意ではなかったので。
辞書とか相当引かないと難しいでしょうか?

原書でお読みになった方、
御意見をお聞かせください。

138 :なまえ_____かえす日:03/09/02 04:07 ID:l4pXWRLV
挫折した人間ならいますよ…

構文はそんなに難しいと思わなかったんだけど,知らない単語が多くてout!
「ことこと煮る」「きらきら光る」など,聞いたこともない動詞が続出で,
受験英語の限界を思い知らされたことでした。
(鍋の種類だの服のつくろいがどうした,なんて受験のテキストには出てこないもんね)

辞書引き,ガンガレ>137

139 :なまえ_____かえす日:03/09/06 18:06 ID:2rJcFsne
とうさんがPa、かあさんがMaでしたね。
日本語には上手く翻訳されているけど、田舎言葉で昔の言葉が多いのが大変。
それから138さんのいうように生活言葉になじみがない。
子供向きの本だから、文法はそんなに難しくなかった。
結局、翻訳者上手だなあと思いながら読みました。

140 :なまえ_____かえす日:03/09/07 23:04 ID:59s7VaWX
本日講談社文庫のBOXセット(7冊)を新古書店にて発見し、
衝動的に購入してしまった。
後書きにはこのシリーズは全部で9冊と書いてあるが、
このBOXは7冊、何故?
ちなみに講談社文庫版の全巻構成は
@大きな森の小さな家
A大草原の小さな家
Bプラム川の土手で
Cシルバー湖のほとりで
D農場の少年
E大草原の小さな町
Fこの輝かしい日々

141 :なまえ_____かえす日:03/09/07 23:24 ID:cOuk1GMd
>140
「長い冬」と「最初の4年間」がないね

142 :なまえ_____かえす日:03/09/08 15:44 ID:B8NtNXua
>>141
ありがとう。
出版社(&翻訳者)が違うのですね。

143 :なまえ_____かえす日:03/09/09 01:32 ID:v7fMPHOH
「農場の少年」の食生活に憧れる〜うまそう。
しかしあれを現代で今の私がやったら
肥満まっしぐらだな。

144 :なまえ_____かえす日:03/09/09 22:57 ID:bJLNo3sI
そうそう、夜が明ける前に起きて農作業した後に学校に行って、
学校から帰ったら農作業をしないと、あんなに食べてはいかんだす。
小学生であれだけ親の手伝いをするなんてえらい!

145 :なまえ_____かえす日:03/09/09 23:07 ID:v0+enSdm
とゆうか日本の子供が恵まれ過ぎているのだと思う。
昔は日本も似た様な時期があった。
今の日本人に感謝の気持ちや、
他人を思いやる心が足りないのは、
楽に生活し過ぎているからだと思う。
どうしたらあの感覚を次世代に伝えられるか?
その役目の一端をこのシリーズに少し期待する。

146 :なまえ_____かえす日:03/09/11 05:05 ID:54svVLF8
>>145
なんかそういう単純な構図も違うと思うけど。
キャリーなんか飢えで体壊してるし。


147 :なまえ_____かえす日:03/09/13 14:32 ID:Irn/W6B3
そういえば昔、作中にあった
「塩漬け豚肉に小麦粉をまぶしてこんがり(確かフライパンで)焼く」
という「母さんの料理」を真似してみたたことがあります。
詳細なレシピ不要だと思ったし、とても美味しそうだったので。
塩漬け豚肉=ベーコンだと勝手に解釈しました。

他には、ドゥスメットでの誕生会に出てきた「オレンジの花」を
蜜柑で代用して再現してみたりしたなぁ。

何故か「大きな森の小さな家」「農場の少年」は未読なので、
図書館で借りて読みたいものですが、いつも無い罠。(借りパク?)
「長い冬」と「最初の4年間」も未読…。
(青い鳥文庫の後書きや前書きで粗筋ならば読みましたが。
「長い冬」は邦訳出ていましたっけ?)

148 :なまえ_____かえす日:03/09/13 23:09 ID:mRL4RUat
>>147
「長い冬」「最初の4年間」は岩波版で読んだことがありますよ。

149 :なまえ_____かえす日:03/09/24 11:16 ID:E3FQVHsq
「農場の少年」おすすめですよー。
豊富な食べ物(おいしそうな料理に加え、パイなどのデザート)に
綺麗な馬に憧れてました。
始めに出て来る、暴力をふるって先生を追い出そうとする少年の話って
(ビル・リッチー、だっけ?しかも父親もそれを応援してる)
昔の学級崩壊だよなーと思いました。

バーバラ・M・ウォーカー作「小さな家の料理の本」を買って
読みふけってましたが、当方料理が苦手なので
作ったのはパウンドケーキくらい。
でも読むだけで楽しい本でした。

150 :なまえ_____かえす日:03/09/25 21:56 ID:LSNjR66g
大草原の小さな町 しか読んだことないんだが
母ちゃんはインディアンが嫌いだったり黒人ネタの芸が披露されたり、
という部分があることにはわりと大きくなるまで気づかなかった

ローラやキャリー読んでては自然でいいなと思うが
父ちゃんがあまりにも万能すぎてちょっと辟易する
楽器、ダンス、スペリング、だじゃれコンテスト、なにをやっても
父ちゃんが一等賞 

151 :なまえ_____かえす日:03/09/26 06:20 ID:O5gsXA4b
チャールズ・インガルスはミシシッピー川以西でナンバーワンの器用貧乏だぜ。

152 :なまえ_____かえす日:03/10/01 15:03 ID:XAuAC7XL
>昔の学級崩壊だよなーと思いました。
ちがうと思う・・・





153 :なまえ_____かえす日:03/10/01 23:13 ID:Zkf2hGfQ
>>152
どうしてちがうと思うの?
ちゃんと説明してみてください

154 :なまえ_____かえす日:03/10/03 05:02 ID:9+YUO897
どうして「ちがうと思った」という素直な印象だけではいけないのか、
なぜ学級崩壊だと思ったことについては、ちゃんと説明しろと要求し
ないのか、

まず自身がちゃんと説明しなければ、あなたの発言など無視されても、
いたしかたないと思いますが、いかがでしょうか。


155 :なまえ_____かえす日:03/10/03 10:35 ID:V8pFYoNO
>153
なんか偉そうな言い方やな。食って掛かってるみたい

156 :なまえ_____かえす日:03/10/03 15:13 ID:y6beDJkB
作者ちがうがローラの娘が主人公の話っを全巻読みました。
どことなく幸せ間が薄かったなぁ。

157 :なまえ_____かえす日:03/10/03 18:55 ID:9+YUO897
薄い?

158 :152ではないが:03/10/03 20:37 ID:KkQZ8Oq0
不良一人が暴れているのは「問題児のいるクラス」であり、学級崩壊
とは違うんじゃないかと。読んでないから知らないけど。

159 :なまえ_____かえす日:03/10/03 20:55 ID:axJYURKa
リッチーの仲間は5人いた。でも学級崩壊っていうよりは校内暴力の感じだね。

160 :なまえ_____かえす日:03/10/04 02:41 ID:q0MyaZvz
>159
リッチーが引き金となって下っ端もどんどん調子に乗り、
普通の子も怖くて何も言えずクラス全体が集中できなくて
授業がなりたたなくなる、
教師にも暴力的な脅しをはじめたというのは学級崩壊としか。

全員で悪乗りするというのが学級崩壊だというなら別だけど
全員とかいってもいじめが怖くて何もいえない子もいると思うしね。

161 :長文スマソ:03/10/04 21:08 ID:JUZpJRQ3
>>160
ぐぐってみたけど、「学級崩壊」の定義ってないんですね。

「授業が成り立たない」状態を学級崩壊とするなら
ローラのクラスも学級崩壊状態。
この場合、反抗的で暴力的な生徒VS先生の図式。
かつての校内暴力に近いという>>159さんの指摘はうなずける。
最近になって問題視されているのは、
授業中じっとしていられない、などといった個人的な問題を抱える児童が多すぎて
学級がうまく機能しない、という点。
この新しい問題を学級崩壊と定義すると(最近の言葉だし)
違うんじゃない?ということになる。

で、結局ローラはこの問題を解決できたんですっけ?
15年前に読んだきりなので忘れてしまいました。
どう乗り越えたのか知りたい。
テレビ版では話し合いと個人指導で解決していたような気がするのですが
原作では違ったような・・・?





162 :なまえ_____かえす日:03/10/04 23:01 ID:+qcN1jzA
ブラックスネイク鞭で教育的指導。

163 :161:03/10/04 23:14 ID:JUZpJRQ3
>>162
あ、そうだったっけ?サンクス。意外なような、そうでないような。
目には目を、ってところかな。聖書にもそうあるしね。

164 :なまえ_____かえす日:03/10/05 05:32 ID:eWIoDdeR
夏休みに、なにげにテレビをつけたら大草原の小さな家をやっていて、
懐かしくなって、シリーズ全部読み返しちゃいました。
その後のローラが気になって、娘ローズの物語を翻訳が出てるもの全部読み、
母親キャロラインの物語も出ているという事で手に入るだけ全部読み、
ローラ&ローズ関連の本も可能な限り借りたり買ったりして読んで。
なんだったんだってぐらい、ローラの一族にとりつかれていた夏でした。

165 :なまえ_____かえす日:03/10/05 14:10 ID:vsxb2nAd
>>162
それは農場の少年のほうでしょ!
ローラが鞭でピシパシするわけない〜。

166 :なまえ_____かえす日:03/10/05 14:18 ID:Fy+pv7RP
ローラがやるんじゃないよ

167 :なまえ_____かえす日:03/10/05 16:36 ID:K8kRQpbr
毎年図書館で、古本を集めて
無料配布するんだけど、そこに
このシリーズの6冊セットが!
迷わず手に取ったら、図書館の人に
「あっ、それを見つけましたか!
ちょっと古くなってますけど…やっぱりいいですよねぇ」
と言われた。なんか癒されました(´∀` )


168 :なまえ_____かえす日:03/10/06 13:31 ID:/HIEGklW
153は消えました?

169 :なまえ_____かえす日:03/10/10 03:26 ID:vp8/DVEm
農場の少年では幸せいっぱいのアルマンゾだったけど
結婚してからは足が不自由になったり
けっこうきつかったみたいだね。

ローラはマンリーのお姉さんが嫌いだったみたいだけど
(書いてあるのが本当なら当然だけど)
ローズはそのお姉さんにかなり世話になったんだよね?
やはり娘とはかなり性格が違ったみたいだねえ。

170 :164:03/10/12 21:01 ID:rOsxKQNe
>169
そうそう、ローラはイライザ・ジェーンが嫌いだったみたいですね。
学生の頃、担任だったイライザに嫌な目にあわされたからでしょうか?
イライザは当時、とても進んだ考え方をもった女性だったみたいなことが
ローズを主人公にしたシリーズで書かれていました。
ローズも「農家で一生終わりたくない!」という考えを子どもの頃から
もってたようで、イライザとは文通するほど仲が良かったみたいです。
似たもの同士だったのかもしれないですね。

171 :なまえ_____かえす日:03/10/13 00:13 ID:yyf2zdLD
ローズにしてみれば血のつながった伯母さんだからね。

172 :なまえ_____かえす日:03/10/13 01:29 ID:slxZoaH1
いっぱい泣いたし、いっぱいヨダレたらした美味しいものの宝庫のお話だけど、
ダイエット中の今は
「母さんのウエストは父さんの両手より細い」ってことが憧れ。
遠すぎる…

173 :なまえ_____かえす日:03/10/13 01:32 ID:T4/+Wk1s
「パイレーツ オブ カリビアン」見たら
コルセットで気持ち悪くなるヒロインが出てたけど
ふだんからしてないとああなるよなあ。

お母さんやメアリーはいつもコルセットつけてたけど
ローラは苦手だったって書いてあったよね。
首長族の首輪や纏足みたいなもんだなあとオモタ。
今の時代に生まれてよかった・・・・・

174 :なまえ_____かえす日:03/10/13 08:42 ID:yyf2zdLD
>>172
漏れは大人になってからあの部分を読んだとき
オエッと思いましたよ。
さすがにそこまで細いのはちょっと…。
男の心理としてデヴィも嫌だがガリはもっと嫌っていうの普通です。
バランスが大事ってことで健康的なダイエットでガンガッテください。

175 :なまえ_____かえす日:03/10/13 14:20 ID:D1oOOGSq
父さんの手が並外れてデカいと思ってみるテスト。>>172

176 :なまえ_____かえす日:03/10/17 21:05 ID:VCTz+86O
ウェストを両手でつかめたって書いてあったような。
男で、でかい手をしていたとしても、50センチは超えなそう。
うーん、胃や腸はどうやっておさまっているのだ・・・

177 :なまえ_____かえす日:03/10/18 03:47 ID:kAycLHCg
上か下にずれてるとか。
当時のコルセットしてる写真見た事あるけど気持ち悪いくらい細かったよ。

178 :なまえ_____かえす日:03/10/18 08:57 ID:7bk3zO99
そのぶん寿命も短いし、失神とかしやすかったそーな。

179 :なまえ_____かえす日:03/10/18 09:14 ID:kAycLHCg
ローラ、コルセット嫌っててお母さん達が嘆いてたけど
それでも今の人よりだいぶ細かったんだろうね。

ローラが結婚した時、アルマンゾがお手製の自慢の台所を作って
ローラに見せた時の描写がよかったなあ。
貧しくても満ち足りてるかんじがね。

180 :なまえ_____かえす日:03/10/18 18:47 ID:wf4z3swR
先々週のドラマ見逃したんですが、内容をおしえてください。
オオカミ少年はどうなったんですか?

181 :なまえ_____かえす日:03/10/19 11:46 ID:9NxXs9o4
ローラ達の写真を見たけど、どう見ても現代日本人のイメージする ほっそり ではなかったよ。
どっちかっていうと結構どっしりしっかりって感じ。
でもアメリカ人って今でもダイナマイトな体型の方が好きってことだから、そんなもんなのかなって。
日本の女の子は細すぎるって、外国の人はよくいうよね。

ところで、キャロライン(母さん)が子供の頃を書いたシリーズもなかなかいい感じでした。
家事のことも細かく書いていたりして当時の様子がわかりましたよ。
前にここで話題になってたけど、洗濯の場面なんてそりゃもう大変そうでした。
何度も川にいって大鍋に水を汲み(←子供たち何人もで)、6つの山に分けた洗濯物を順に洗う。
ぐつぐついってるお湯に洗った物を入れて煮て1回目のすすぎ。この辺でお昼ご飯をはさんで
2回目のすすぎ。もちろん水はその都度川から汲んでくる。ちなみに脂と灰汁でつくった石鹸に
アンモニアをまぜたもので洗うから(白くふわっとなるんだそうな)、ものすごい臭いらしい。
そして絞って干して乾かして、取り込む。すぐにアイロンが必要なものはアイロンかけをする。
この本の中では、キャロラインの姉は普段着が1枚しかないから、最初の水汲みが終わったら、
服が乾くまでベッドの中で待ってた。

洗濯って1日がかりの大仕事だったんだなあって思いましたよ。

>180
マシューは裁判で、親切にしてくれてたお爺さんが本当のことを言ってくれた&エドワ−ズさんの
力説のおかげで無事、ウオルナットグローブに留まることができました。

182 :なまえ_____かえす日:03/10/20 09:23 ID:D7xunUKc
>>181
その母さんの子供の頃を描いた
シリーズの名前を教えていただけますか?
手に入るなら、読んでみたいです。

183 :なまえ_____かえす日:03/10/20 20:41 ID:sn2nXk4Y
>182
福音館からでている「クワイナー一家の物語」です。
@ブルックフィールドの小さな家
A十字路の小さな町
B森の小さな開拓地
Cコンコード・ヒルの上で
です。この後まだ三冊出るみたいですけど今はここまでしか出版されてないみたいです。
大草原シリーズに比べるとちょっと・・・という感じもしますが、暖かい雰囲気は十分伝わって
きました。読んでみてください。ちなみに一冊1600円位です。

あ、昨日書き込みした後、改めて本を眺めてたんですが、洗濯のシーン。
私の頭の中で色んな話がミックスされてたみたいでかなり違ったところが・・・(汗)
洗濯物は色物と白い物の2つの山でした。アンモニアとホウ酸を石鹸に加えるのは
「きれいに仕上がる」からだそうで、アイロンはかけてませんでした。
ん〜、よく確認せず書き込みしてしまった・・・ごめんなさい。気をつけます!

184 :なまえ_____かえす日:03/10/21 11:51 ID:DzYlDR0Y
>>183
ありがとうございます。
早速福音館のHPで、調べて
取り寄せお願いしました! 楽しみ!

185 :なまえ_____かえす日:03/11/26 15:05 ID:FOBn1tsN

大きな森の小さな雪の家。


. o ゚   i  |    ◯'⌒ヽ、       ゚。 o    *       ○   '⌒  ヽ、      *
・、.   / ノ    (    )       。        。゚      (     ) ノ   o
゙、\   i  i゚  ./`:;,,___ノ  ◯  。        ゚         (   ノ
 \`ー'   i //´ o    。 o       o   。       ___  o
   `\  ◯" ,ノ        。   ........____......o___...._____.....__........_  |______|       ○ 。゚
    i   。 /   o      o ,'"      ̄   ̄   ̄o    `、 iエエエi    o   。゚
o   |   /゚  ,i'⌒ヽ、  ゚   ,' ,ヘ、。 ◯   o  ,へ、 o   `く`ユュ/        。
゙、\_ノ  i o (    )      ,' メ ヘ     。   / oへ、     `、_メ  。
 ` 、゙   ノ /`;;;;;_ノ      ,' メ /::`、 o    / /_____\    `、     ◯  o
   \  i,//´   o   ,' メ /二:`、     i  | |ロ|ロ| | 。    `、           o
   i  ◯/    。    ,' メ /|iロiロ|`、  。  i.__|_|ロ|ロ|_|      ○   。
  /   / 。          ,' メ /..|iロiロ|..`、   O    ̄ ̄ ̄ o    `、     。  *
 ./   /    ○ o    i_/__/::::ニニ:::::`、_____________`。  o
:::/ο i        iニi、  | || \" ゙゙̄\゚ | |゚ ゚ ゚ ゚ ゚ °°゚ ゚ ゚ °|°
..i   |    O  ( ・ ・)   0| |o @:::| 。0ニニ二ニ|ミ田田彡|ニニ二ニ|   。   ○
ノ、.......,iー. __ . .(_  _)....|..|| |$::::::::::| | |二ニニ二ニニニ二ニニニ|`ー-、.,_.................................
     ,._,,,.,.,._.。--ー―'''''^"´,。=ー'^"´ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_,.。-ー'''^         ,.。-ー'^"´         o         o
             _,.-'"        ..    ...           ..      ○
           /   ....  O    ....          ⌒


186 :なまえ_____かえす日:03/11/26 19:24 ID:sGrEJc9R
よいねー(*´∀`)


187 :へへへ:03/11/30 23:24 ID:4zBd1AKS
グレイスも子供はいません。実はインガルス一家というのは、直系の子孫の
絶えた家系なのです。メアリーは一生独身でした。キャリーはドゥ・スメット
の新聞社で働き、かなり年がいってから子持ちの男やもめと結婚しました。その
子達を育てましたが、子供を生むには遅いけっこんでした。グレイスはドゥ・スメット
の近くの農夫、ネイソン・ダウと結婚しましたが、子供はできませんでした。


188 :へへへ:03/11/30 23:28 ID:4zBd1AKS
つまり姉妹の中で子供を生んだのはローラだけだったというわけ。
ローラは男の子も出産してるけど、この子は名前も付けないうちに
死んでしまいました。ローラの娘ローズですが、ローズは結婚したも
のの確か流産したんじゃなかったかな。違うか? 夫のジオットとも
離婚しているので子供は結局いません。

189 :なまえ_____かえす日:03/12/01 00:39 ID:UUjAuL5L
子供の頃すごい好きだったね。
本のやつもテレビのやつも。
テレビのやつはお母さんがよかったね。
本のやつはちょっと辛気臭い。
本のやつは「長い冬」から後もまだ続いてたんでしょうか?
でも「大きな森の小さな家」が一番好きだったね。
雪が降ることにすごい憧れた。
今もだけど。

190 :なまえ_____かえす日:03/12/02 01:05 ID:PRSkuZy3
昔はおいしそうな食べ物やクリスマスの描写にわくわくしてただけだったが
今読むと冬の寒さや偏った食料で冬を越す辛さが想像できて辛い。

191 :へへへ:03/12/03 00:25 ID:8SLSjISx
↑それは大人になったということ。そして世の中の厳しさを知ったと
 いうこと。

192 :なまえ_____かえす日:03/12/03 17:07 ID:A1rvdOSJ
大人になっても感じるところが変わりこそすれ
楽しめる本だよね。
赤毛のアンとかもそうだけれど。

193 :なまえ_____かえす日:03/12/05 01:42 ID:lNfgOX94
「Pioneer Girl」という、ローラが書いた初期の原稿(未出版)が存在
するのを知っていますか?一時期海外のローラサイトにはまっており、自分
はそこで知ったのですが、初期バージョンを現出版されているものと比較す
ると随所に訂正が加わっているのがわかり、非常に興味深いそうです。

例えば、結婚後にアルマンゾがローラにプレゼントしたあの素敵な台所。
本では「アルマンゾの手作り」ということになっていますが、元の原稿では
誰かに頼んで作ってもらったと書かれているとか。そーゆー話がポロ、ポロ
こぼれてきて、とても面白かったです。本当に向こうのサイトは詳しいです。
(本国だから当然なのでしょうが)

ちなみに「Pioneer Girl」は出版の予定はなく、どこかの図書館のみで
有料でコピーできるそうです。私の見た掲示板では、前もって日程を決め、
それぞれ自分の持ってるページを分担してコピペし、皆でそれについて
語り合うという形をとっていました。(なんて素敵!)

194 :なまえ_____かえす日:03/12/05 01:46 ID:lNfgOX94

それから、ここでいう「訂正」とは、あくまで話を面白くするために、
もしくはその他の理由で、後にローラ自身が加えたものだと思われます。
(もちろんローズの主張も入っているのでしょうが)

195 :なまえ_____かえす日:03/12/05 03:24 ID:vxU6MBtW
ガーン
あの引き出しもぴったり作った台所がアルマンゾ製作じゃなかったのか
_| ̄|○

でもよく考えたらふだん大工仕事をしてない人がいきなりあんな
手の込んだもの作れないよね。
それでもあれだけ考えられた台所をプレゼントしたんだから
いい話には変わりないか。


196 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

197 :なまえ_____かえす日:03/12/09 16:39 ID:oMV7wdkL
え?っていうかあの台所道具は「仕事は遅いが腕のいいおじいさん」
に頼んで作らせた、ってちゃんとこの楽しき日々に出てこなかった?

198 :なまえ_____かえす日:03/12/11 01:03 ID:mG6y6LVi
>>197
「楽しき日々」ではそうなんですか?
「この輝かしい日々」では、ローラが、アルマンゾがこの食料部屋を作るの
にどれだけ働かなきゃならなかったか考えた、という記述のみで済まされて
います。

私が知っているのは、今普通にアメリカで売られてるバージョンでは
そこはアルマンゾの手作りということになっているらしい、けれどオリ
ジナルバージョンでは、誰か他の人に頼んで作らせたと書かれていた、と
いうことだけ。

>「仕事は遅いが腕のいいおじいさん」に頼んで作らせた
私は原文を読んでないので知らないけれど、何でもここの部分が、
「アルマンゾが「ローラへの愛」として、その人に作ってもらった」のか、
「その人がアルマンゾの為に作り、それが「ローラへの愛」」なのか、あっちの人
でもよくわからない文章になっているらしく、ちょっと議論になってました。

199 :198:03/12/11 01:05 ID:mG6y6LVi
他には、「ローンの服(だかポプリンだか忘れた)は、オリジナルでは
○○(地名)にいるローラの友人に頼んで作ってもらったと書いてあるのに、
どうして後から母さんの手作りという設定にしたのか。私にはわからない」とか
いう会話もあったような。(うろ覚えでゴメンナサイ)

200 :なまえ_____かえす日:03/12/11 01:52 ID:cACE+8xf
テレビの話、えらく原作より家庭愛を強調した展開にしてるなあと
少し違和感を覚えたものですが
その原作もけっこう変わっていたのね。
古きよきアメリカを強調したかったのかなあ。


201 :なまえ_____かえす日:03/12/11 03:28 ID:mG6y6LVi
>>200

そうかも。どちらにしても素晴らしい作品であることには変わりはない
と思いますが。むしろ、その変わっている部分を見比べながら読んでみた
ら面白いかも。(向こうのサイトでやっていること)
「Pioneer Girl」読んでみたいです。でも、そのコピー料金がかなり
高かったような記憶が…。

202 :なまえ_____かえす日:03/12/12 00:58 ID:icPI3Kn7
>素晴らしい作品であることには変わりはない

同意。
子供が大きくなったら手に取って読んでどう思うかなあと楽しみにしつつ
前作揃えて本棚に置いてあります。

203 :なまえ_____かえす日:03/12/12 21:03 ID:A4sqUWaQ
>187
そうですか。インガルス家の直系の子孫はみんな途絶えてるんですね。
女の子が4人もいたのに・・・。


204 :なまえ_____かえす日:03/12/12 22:20 ID:Wn/TyB87
ていうか、妄想にしか過ぎないんだけど。
…キャロライン母さんの方の家系には何らかの遺伝疾患があったんでは…

キャロラインのお母さん(ローラの母方の母さん)も、キャロライン母さんも、
そしてローラも、生まれた息子を赤ん坊の内に亡くしている。
そして残った子供は娘ばかり。
(いくら赤ん坊の内は男の方が弱いと言っても三代続けてとは…娘は死んでないし…)
何か、息子に伝わると致命的な疾患を保因してたんじゃあ…(血友病とかの)

205 :なまえ_____かえす日:03/12/13 01:20 ID:XbCLDqzE
>>204
妄想しすぎ。
あの時代だったら赤ん坊が死ぬことなんてざらだったんだから。

単純に貧困のせいじゃないの?と思うよ。

206 :なまえ_____かえす日:03/12/13 03:23 ID:rP/pM+am
医療もおそまつなもんだしね。
昔の避妊なし、子沢山当たり前の暮らしだと
流産したり子供を亡くした人って普通にいたと思われ。

あと、キャロラインの兄弟って男の人もいなかったっけ?
大きな森でのダンス大会でローラがおじさんと踊っていた記憶が。
あれって父方だっけ?


207 :なまえ_____かえす日:03/12/13 03:24 ID:rP/pM+am
ダンス大会じゃないや、パーティだね。
メイプルシュガー作りの時の。
失礼しましたあ

208 :なまえ_____かえす日:03/12/13 09:29 ID:8un2eiFb
もうひとり、ローラ・インガルスという名の女の子が来ていたので父方と思う。

209 :なまえ_____かえす日:03/12/14 08:26 ID:6ZVy4x00
ローズが書いた大草原物語では、
キャロラインという17歳で結婚した娘がすぐに妊娠して、
夫チャールズが出稼ぎに言っている冬の間に
横穴小屋で一人で出産した話を書いている。

母ローラが勝手にモデルにしないでと非難したそうだけど、
あの当時の出産て大げさに書いてそんな感じだったのでは。

210 :なまえ_____かえす日:03/12/14 10:14 ID:s6pBbrrl
ひええ、一人で出産ですか?怖すぎる。
それって生まれたのはメアリーだよね。
よく二人とも無事で。

211 :なまえ_____かえす日:03/12/14 13:55 ID:6ZVy4x00
いや、どこまで本当でどこまでローズの創作かはわからない。
ただ、この作品は当時のベストセラーになったらしい。
ローラは勝手に両親の名前を使うなと怒ったとどこかに書いてあった。

でも後世に残ったのはローズが添削して世に出したローラのお話であった。

212 :なまえ_____かえす日:03/12/15 12:10 ID:e8dfy9Ai
同じ話でも書きようで身も蓋もない話→アメリカの児童文学の傑作になるんだから
すごい。

213 :なまえ_____かえす日:03/12/15 14:41 ID:lyGM3+/I
横穴小屋、ローラ達がある程度大きくなって
大きな森を出ていってから住んでたよね?
やっぱりローズの創作なんだろうね。

214 :なまえ_____かえす日:03/12/16 07:38 ID:ODpqg/4P
今でいえば、自分の出産シーンを娘が隠し撮りして、
それを販売したような感覚かもしれん。

創作であったとしても、もう外あるけねー。
まさに鬼娘の所業!

ってか?

215 :なまえ_____かえす日:03/12/16 22:15 ID:bEd+pcMn
そこまで言わなくてもいいのでは。

ローズとしては母親や祖母の子供時代をモデルに小説を書いたら
ベストセラーになったので、こういう話が求められていることを知った。
そこで母親に勧めて、子供向けのお話にしたのでは。
(で自分の小説よりベストセラーになり複雑な思いがあったみたいだけど)

大草原物語、いまは絶版なのかな。

216 :なまえ_____かえす日:03/12/16 22:39 ID:PccbzyGQ
Rose Wilder Lane作 "Young Pioneers" という本がアマゾンにあるけど。
主人公夫婦はDavidとMollyだから違う本か。



217 :なまえ_____かえす日:03/12/16 23:21 ID:bEd+pcMn
思い出しました。
原題はLet the Hurricane Roarです>大草原物語。

218 :なまえ_____かえす日:04/01/12 16:38 ID:KFbgYH4j
「大草原物語」持ってます。
でも、今探したら見当たらない。
きっと、どこかにあると思う。
出てきたら、出版社とか書き込みます。
10年前くらいに買った。

確か、ローラの本が売れた後 ローズが書いたと思う。
主人公の名前がキャロラインだったり、
エピソードが大草原シリーズと似てる物があったりします。
ローラは、ローズが「人の物(ネタ)を勝手に使った。」
ような意味で、怒ったそうですが
ローズは、「全くのフィクションで自分の物」と言って反論したそうです。
個人的には大草原シリーズのほうがはるかにおもしろいと思いました。


219 :なまえ_____かえす日:04/01/15 05:12 ID:qjCV+nOz
ローズ、農家が嫌で嫌で早くから家出たのに
母親の著作が人気が出たからって
似たようなもの書いて売ろうとするなんて姑息〜
しかもローラのお母さんの話だなんて。
まだ自分の体験を書いたほうがよかったんじゃ?

暖かい家庭に暮らしていたけどそのまま自分も農婦になろうとは思わず
勉強して飛び出していった自立心の強い少女の話ってかんじで。

220 :なまえ_____かえす日:04/01/18 13:06 ID:fg9i6YLD
どうしても、「ロッキーリッジの新しい夜明け」が見つからない〜


221 :なまえ_____かえす日:04/01/21 02:03 ID:2byZxLuS
>>219
大草原シリーズがあれ程の傑作になったのは
ローズの協力がかなり大きいそうなので、そこまで批判する謂われははな
いと思う・・・ローズを批判する前にローラは、もっとローズに感謝して
も良いはずだと思うけど。
ローズが存在無しに、あそこまでクオリティが高い作品にはならなかった
のだから。
それに確かローラに大草原シリーズを書くように薦めたのもローズだっ
たはず
あと作品に親の名前を勝手に使うなとローラは怒ったそうだが、
実在した人物をほぼ実名で作品に出しているローラが言っても説
得力が無いと思うの俺だけか・・・作品が書かれた当時に生きてた親
族には了解をとった可能性はあるけど
ネリーとかは、あとアルマンゾの姉貴とかマイナスイメージで書かれた
人達の立場は・・・
今だったら訴えられる可能性も


222 :なまえ_____かえす日:04/01/21 17:53 ID:UV1R9pxF
>>221
>ネリーとかは、あとアルマンゾの姉貴とかマイナスイメージで書かれた
人達の立場は・・・
今だったら訴えられる可能性も

わたしも同じことを思った事があります。
でも、ネリーなんかはそのまま実在した人じゃないらしいです。
ローラにいじわるをした人達の集合体?のようなキャラで、
何人かモデルになった人はいるそうです。
イライザ・ジェインもドラマではちょっとやな奴ですが、
原作では派手な結婚式を挙げられそうになったくらいで、
後は「農場の少年」でよくある姉弟のいざこざレベル。

ローズも他に著書があるのに、
今では、ほとんど知られていなくて
自分が推敲した
母の作品だけが残っているのが皮肉ですね。

223 :なまえ_____かえす日:04/01/22 03:34 ID:jUeO6nnB
>>221
実親から聞いた話や実際に一緒に暮らしていた頃の話を書くのと
ほとんど聞き書きや創作の祖母の若い頃の話とでは違うんでは。
ローズは生前、祖母とはほとんど会ってないはずだし。

まあ221さんはローズの方に多大に感情移入なさっているみたいなんで
ローラ寄りの考えには同意できないんでしょうね、人それぞれという事で。

224 :なまえ_____かえす日:04/01/22 03:35 ID:jUeO6nnB
>>221
あとネリーは222さんの言うとおり
実在の人一人ではありませんよ。
さすがにそこらへんは考慮してありますよ。

225 :なまえ_____かえす日:04/01/22 23:45 ID:Nmp36gXz
自分の人生に誇りを持ち、
娘にも同じような人生を歩んで欲しかったとまで思える。
そんなローラの生き方は、素晴らしい物だったと思います。
その反面、自分と考え方、生き方が違う娘を
理解してあげられなかった事は
一言で言えば頭が硬い。と、いう面もあったということですね。
実際は、そんな2人が協力しあわなければ大草原シリーズは
有り得なかったというのは複雑な心境です。
しかし親子でなければ、反目も反目しながらの共同作業もなかった
かもしれませんね。

226 :なまえ_____かえす日:04/01/23 22:51 ID:N1gfROdW
子供の頃大好きでした。
大人になって自分でお金稼ぐようになって、ハードカバーの揃えました。
ローラにもっともっと続きの物語を書いて欲しかったです。


227 :なまえ_____かえす日:04/01/25 00:03 ID:vb5kGzu/
>>226
私は 運良く初めからハードカバーを買ってもらえたので、
20うん年昔の本が、全部ちゃんと残ってます。
年一くらいで読み返してます。
続きの物語も、マクブライド氏の物を読みましたが
ローラの日記とは違う事が書かれいますし、
主人公がローズですし、
ローラの手によるものが読みたかったですね。

228 :なまえ_____かえす日:04/01/25 23:24 ID:A+1+rMhe
>>227
おや、うらやましい・・・
大人になってからハードカバー他現行で出ているローラ本は大方揃えました。
マクブライド氏の本ももちろん持ってまつ。
子供の時に読んだなら多分ローズに共感を覚えたでしょう。
今は結構いい年なので、ローラに共感しました。
ローラの視線から見た子育て論読みたかった・・・
結婚してからの方が波乱万丈だし。
お金やら何やらで苦労した事はローラもあんまり書きたくなかったのかな?
それでも読んで見たかった・・・

229 :なまえ_____かえす日:04/01/26 09:13 ID:NA88L85w
マンリー、病気のせいで足が不自由になってたんですよね。
写真で見る本人は苦労したせいか痩せた不機嫌な老人に見えた記憶が。
子供の頃は富農の家で裕福な暮らしだったから余計辛かったのかな。

ローラも自分がますます頑張らなくては!と意気込む余り
ますます頑固に見えたのかもしれないですね。

230 :なまえ_____かえす日:04/01/26 21:35 ID:hHjEwR8R
マンリーは呑気な青年のイメージがあります。ローラはお金のことには細かそうなので、
内心では結構マンリーにヤキモキしていたのでは?とオバチャンになった私はうがった
想像をしてしまいます。晩年「山羊」を飼っていたってのも何だか・・・
農場の少年のイメージが・・・若い時の写真では結構むっちりに見えていたのに。
確かに晩年の写真は気難しい感じですね。
ローラの方は子供に囲まれてサインしているのはやさしいグランマって感じでしたね。
さぞかしお孫さん欲しかったことでしょうね。


231 :227:04/01/26 21:36 ID:AXp8UhS+
>>228
マクブライド氏の本は、いい年になってから読んだのですが、
小さい頃から大好きだったローラに肩入れしてしまいましたね。
多かれ少なかれ、私もローズのような経験をしているにもかかわらず。
でも、冷静に考えてみるとローラはなかなかの頑固ばあさん。
母親に持つにはちょっとたいへんな人ですね。

232 :なまえ_____かえす日:04/01/27 00:27 ID:s287NeeY
>>230
農民が体が不自由になるのは決定的なダメージでしょう。
山羊も、畑作だときついから酪農系に手を出したのかも。
自分も足が不自由になったらイライラして呑気さも吹き飛ぶだろうなと
思うんで、マンリーに同情してしまう。

233 :なまえ_____かえす日:04/01/30 00:18 ID:S15AqhPR
「大きな森の小さな家」は小学校1-2年の頃、父が買ってくれました。
ハマって、あとの本は図書館で借りて夢中で読んだ。
長い冬からは文庫を自分で買ったので手元にあるけど、
最初に買ってもらった「大きな〜」は母に捨てられた。

・・・母に捨てられた本は数知れず。
結局大人になってからまた自分で買って集めてる。

お料理本、欲しいんだけど見つからない。
小学生の時、図書館で借りたけど、一人じゃ作れず断念したんだけど
今ならきっと作れると思うんだけどな。

234 :なまえ_____かえす日:04/01/30 15:58 ID:IIiq4CVo
「大きな森〜」
文庫じゃない、綺麗な本がブクオフで100円だったので急いでゲットして
何でこんなの売るんだろうと思ったけど
そういうオカンが売ってるのかもね(w
きっと大事に読まれてますよ。

料理本、今でも図書館に置いてあるところも多いと思うのだけど。
探してみたら?

235 :なまえ_____かえす日:04/01/30 22:31 ID:ABo68CCn
料理本、持ってるYO。
いくつか作ってみた。
個人的には「バーズネストプディング」がσ゚д゚)ボーノ!
あと、アリスが作った「パウンドケーキ」。現代のレシピと違って
すごくどっしりしてるけど(゚Д゚ )ウマーだった。

昔、学校の図書室で見つけて借りて読んだんだけど
どうしても手元に欲しくて、確かデパートの書籍売り場で
探し出した。他の料理でも、いろいろアレンジすると楽しめたYO。

236 :なまえ_____かえす日:04/01/31 11:07 ID:m8AhGWwI
私は、割とどれもマズーだった・・・
でも、リンゴを煮ないで生のまま大量に入れる
アップルパイが好評でした。
エッグノッグでは、何故か腹を壊した。

237 :なまえ_____かえす日:04/01/31 17:31 ID:QOQjB9vJ
NHKのドラマ見ましたか?
推敲したのは実際には自分の娘だったなんて、
なんか笑っちゃいました。
40年後には1行の変更もなく出版されたなんて
テレビだけ見た人はそのまま信じてしまいそう。

238 :なまえ_____かえす日:04/02/06 17:46 ID:I6QGOe2N
>>237
>40年後には1行の変更もなく出版されたなんて
テレビだけ見た人はそのまま信じてしまいそう。

本当にいた。

5 :奥さまは名無しさん :04/02/01 19:41 ID:aPkm5Wxb
昨日のって半分実話なんでしょ?
そうすると、現在出版されてる多くの小説は第三者によって手直しされたものなのか?
まあ、リトルハウスシリーズが手直しされてないってのは判ったが。
ちなみに俺は大草原の小さな家の原作本(もちろん和訳)ってそんなに感動しなかったな。
たしかインディアンを差別してたよね?原作。
TVシリーズではインディアン差別表記は無くなってたようだけど。
まあ、俺が原作読んだのもう10数年前なので記憶もあやふやだが。


239 :なまえ_____かえす日:04/02/06 19:33 ID:XXNeKCuN
料理本あったよ。
ロッキーリッジで検索してね。

http://market.bookservice.co.jp/top/ovindex.html

240 :なまえ_____かえす日:04/02/07 05:55 ID:6Ilfm0Y8
お母さんは確かにインディアンが嫌いだといってたけど
ローラ達はそうじゃなかったよね。
あの本を読んで「差別してるから感動しなかった」
ってどういう読み方なんだろうと思う。

なんでも上っ面だけで判断するのってつまらないし危険だなあ。
だから上の引用されたレスみたいな事書けちゃうんだなと。

241 :なまえ_____かえす日:04/02/07 09:57 ID:jEFG+iUJ
>>240
あの時期インディアン(今ならネイティブアメリカですね。)を
差別するのが普通だったのでしょうね。
父さんも、「インディアンは耕さないから、土地を所有する権利はない」
と、いった意味の事を言ってますし。
いくら、大好きな話でもその部分は確かに読むのがつらいです。
だからといって、差別があった事実に蓋をするのは
危険な事ですよね。
かなり公平な人物と思われる父さんでさえ差別をしてしまう。
そんな事実を読み取って欲しいですよね。

242 :なまえ_____かえす日:04/02/08 00:10 ID:Pt60n2Fn
>>241
同意。
当時がそういう時代だった事、そういう考えの愚かさは
後から見てわかるわけじゃないですか。
けれども、差別は良くないっていうのは禿げ同だけど
だからつまらない、良くない作品だったというのは違うと思う。

このレス元の人は、きっと10数年前に読んだって事だから
子供故に差別描写に脊髄反射しちゃったんだろうなーと思います。
なんか言い方おかしいですけど、すみません。

243 :なまえ_____かえす日:04/02/08 08:44 ID:98D9HYhO
>>242
>このレス元の人は、きっと10数年前に読んだって事だから
 子供故に差別描写に脊髄反射しちゃったんだろうなーと思います。

これ、おかしな言い方なんかじゃなくて良く分かります。
学校やなんかで、叩き込まれるからね。
差別=悪い事。⇒差別する事=悪い人。って。
その通りと言えばその通りなんだけど・・・

ドラマの方から入った人って、
ドラマと違うし、ドラマほど劇的なことがそうそう起こっているわけじゃないから
面白くないと感じる人もいるのかもね。

244 :なまえ_____かえす日:04/02/08 14:05 ID:VIc6Txtf
>学校やなんかで、叩き込まれるからね。
>差別=悪い事。⇒差別する事=悪い人。って。

うちの学校はそういうのなかったよ。でも、海外の本を読んでいて
日本人やアジア人や黄色人種に対する差別意識に出会うと、ちょっと
切ないもんを感じていた。ときには激しくむかついた。
世の中にはそういう感情がある(あった)んだ、ってことを知るのは
悪いことじゃないとは思うけどね。

245 :なまえ_____かえす日:04/02/08 17:00 ID:fo+Q386p
>>244
もしかして、年代が違うとあんまりないのかな?
道徳とか同和の時間。
差別問題が中心だったなぁ。

スレ違い失礼しました。

246 :なまえ_____かえす日:04/02/08 20:16 ID:jYKGBXSr
>>245
地方によっても違う。
同和の時間や同和担当の教師がいるのは基本的に西日本だけ。
凄い所になると、同和団体から反省文を書かされた教師、なんて話しもある。

ちなみに、こんな板もある。
人権問題 http://tmp2.2ch.net/rights/
学校関係はこっちも。
教育・先生 http://school.2ch.net/edu/

マジスレ!なんで学校で同和教育なんかするんだ??
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1018833794/


247 :なまえ_____かえす日:04/02/09 10:45 ID:YDYugj5O
>>245
道徳の時間はあったけど、ほとんど自習っぽかった。
北陸出身だけど、大学から関西に来てはじめて「同和」って言葉を
知った。

248 :なまえ_____かえす日:04/02/09 21:29 ID:0A8dOzGE
わたしの地元は部落差別問題があった所らしく
その事が中心でした。
本当に、所変わればなんですね。
ちょっと、驚きました。

249 :なまえ_____かえす日:04/02/11 22:10 ID:iwjqOMXQ
「長い冬」でかかれているローラとマンリーの年齢の差(19歳と13歳)と
「大きな町の小さな家」での年齢差(25歳と15歳)が違うと思うのですが
実際にはローラとマンリーは年齢は何歳離れていたんでしょうか?
10歳違うのが正しいのかな?

250 :なまえ_____かえす日:04/02/11 22:56 ID:dogBUnyu
>>249

確か10歳くらい違うのが正しいはず。
なぜ「長い冬」で後付けの設定まで設けてアルマンゾの年齢工作をしたかというと、
恐らく少年少女対象の小説を意識したため、とどこかで読んだことがあります。
当時、若い少女がローラとアルマンゾのロマンスを読む時、年齢が10歳も離れていて
は「え?」と違和感を感じるだろう、とのこと。
ちなみに誰の考えでそうしたか(ローラかローズか)は謎です。
ただ、その本を出した当時アルマンゾはまだ生きていたらしい。私としては、
その時に彼がどう感じたかの方が気になる。

251 :なまえ_____かえす日:04/02/12 00:35 ID:Mh5pXVqT

あ〜IDがdogだ!ジャックageすればよかった残念

252 :なまえ_____かえす日:04/02/12 14:23 ID:oiHTLijT
東京の会社で企画がダメになったとき

「ドウワ ? なんで童話で没になるの?」
と、みんなで首を捻りました。

253 :なまえ_____かえす日:04/02/13 23:29 ID:aYCyqhtN
>>250
特に何も気にならないと思うが。

254 :249です:04/02/14 00:07 ID:zQ6g2Wmk
>>250

即レスありがとうございました。
そんな工作がされてたんですね。
子供の頃からずっと不思議だったのでようやく謎が解けてうれしい。
実際大草原〜は事実を基にしたフィクションって事で考えると
(ネリーの件もそうだし)
そんな事があっても当たり前か。

それにしても「大きな町の小さな家」ってなんだよ<自分
「大草原の小さな町」の間違いでした。。

255 :なまえ_____かえす日:04/02/15 20:26 ID:Coz7DBhR
ここの一番下にあるロッキーリッジって
ローラのロッキーリッジのこと?
ローラのは名づけたのはローラだよね?
http://www.din.or.jp/~hajimebs/town/housing/h-stl2.html

256 :なまえ_____かえす日:04/02/20 08:12 ID:tRcVAEhA
>>253

そうかな。もし自分の妻が自伝的小説を出す際に、自分の年齢を実際より
かなり低く設定したりしたら、私なら結構気になるけどな。

ま、人それぞれじゃないですか。

257 :なまえ_____かえす日:04/02/21 11:54 ID:zlo6q/Ya
>>256
「俺って客観的に見たらロリコンだったのか!」
って、思うかも。
設定変えたのはローズのような気がするけど。

258 :なまえ_____かえす日:04/02/28 17:21 ID:a0/58DOG
誰か「ロッキーリッジの新しい夜明け」譲ってくれ!!
まじで、いらない人アマゾンに売って。
って、ここに来るような人にはいないか。

259 :なまえ_____かえす日:04/03/06 16:29 ID:UGquiO/W
保守

260 :なまえ_____かえす日:04/03/09 12:18 ID:gVOQDOsZ
シリーズのどこかで、リンゴに何かの植物の枝を挿したものをおばさん?に
プレゼントした、その枝を挿しておくと、いつまでもリンゴは腐らなくて、
いい匂いをさせつづける、と言った表現があったように記憶してるんですが、
これ、どの本に出てきたかわかる方教えて下さい。何の枝でしたっけ?
シリーズ全部ひっくり返すの大変で・・・。


261 :なまえ_____かえす日:04/03/09 12:55 ID:gV/yraFj
>>260
いわゆるポマンダーってやつですね。
丁字(クローブ)をオレンジやりんごに突き刺した物。
どのシリーズに出てたかは失念です、ごめんなさい。

262 :はろ:04/03/09 14:01 ID:Rs94Z1FU
はろ

263 :なまえ_____かえす日:04/03/09 20:44 ID:VffBviPk
『大きな森』じゃなかったかな?>ポマンダー

264 :なまえ_____かえす日:04/03/09 22:12 ID:PBCh+QzL
そうですね。「大きな森」です。
イライザおばさん(母さんの妹)が
母さんへのクリスマスプレゼントに持って来てくれた物です。

265 :なまえ_____かえす日:04/03/09 22:51 ID:QwL3m1br
鬼畜!レイプ魔高校教師が教え子を自殺に追い込む

探偵ファイルに、学校の先生から受けたレイプ被害について
相談を寄せていた少女が先日、自殺したようです。
これを受けて探偵ファイルはこの件を公開する事にしたそうです。

関連記事
http://www.redrival.com/tantei321/index.html
http://www.tanteifile.com/diary/index6.html

266 :なまえ_____かえす日:04/03/14 18:08 ID:goOuI0HR
何度か話題になった料理の本ですが、
amazonにありました。
わたしも持っていますが、
写真や(新たな)イラストはなく純粋なレシピ本に近いです。

大草原の『小さな家の料理の本』―ローラ・インガルス一家の物語から
バーバラ・M・ウォーカー, ガース・ウィリアムズ, 本間 千枝子, こだま ともこ
文化出版局

267 :なまえ_____かえす日:04/03/25 20:53 ID:7Go3z8Ge
インディアン云々のところは正直私は嫌だなーと感じてたな。
差別云々に関して主張があったわけではないけど(子供だったし)
自分がインディアンに対してある種の憧れを持っていたから
ローラのお母さんがインディアンに関して否定的な考えを
持ってる描写が嫌で嫌でたまらなかった。
大草原の小さな家シリーズは全体的に好きだったけど、今も
その箇所を思い出すと心が痛む。
と言うか「大草原の小さな家」のことを考えるとインディアンの
箇所のことが必ず思い出されるので、幼心に随分ショックを
受けていたんだなと思います。
だから文学的に否定する、とかいうのは全然無いし、
そういう時代背景があったことを知るのは大切なんだろうな。
ただ、「児童文学」といわれるものは子供の心にそこまで深く
影響するものなのだな、なんて思ったり。

268 :なまえ_____かえす日:04/03/27 00:11 ID:YA1/M/Sh
>>267
私も差別発言の部分は読むのが辛かったです。
今は「嫌だな」と思ったその気持ちが大事だったんだと思いますが。
ローラの作ではありませんが、
ローズの子供時代の事を書いた「オウザークの小さな町」に
ローラがインディアンがいかに差別されてきたか話すというエピソードがあります。

269 :なまえ_____かえす日:04/03/27 00:33 ID:YheA6PKq
ローラと父さんはインディアンを差別しないんだよね。
そのへんが、逆にどこまで理想化されてるかわかったもんじゃない。
眉に唾して読みますよ、私は。

270 :なまえ_____かえす日:04/03/27 02:24 ID:j12he1zr
差別しないというよりああいう暮らしにある種の憧れを持ってたような。
お父さんもローラもモンゴルなら幸せだったかも。
住まいと共に移動していく暮らしね。放牧民系。
お母さんはいい家に定住したい農民系の人で。

271 :なまえ_____かえす日:04/03/28 12:03 ID:sxmDCOY0
>>269
ローラが大草原シリーズを書いた頃は
今ほどインディアンに関する人権問題が
重要視されていなかったと思います。
ネイティブアメリカンという言葉も
あったのかあっても浸透していない時代なのではないでしょうか?
もし今、この本を書いたとしたら
もう少しその辺に配慮した書き方になっていると思います。
ですから、自己弁護のために理想化した描き方をする
必要があったとは思えないのです。
ただ、差別する側の人間と差別しない人間を対比、比較するために
ある程度、誇張した表現はあるかもしれません。
大草原シリーズの全てが全くのノンフィクションでは無い訳ですから。

272 :なまえ_____かえす日:04/03/28 20:04 ID:PmiAtNrC
てか、差別というより本当に怖いから嫌ってたんじゃあ?>インディアン
実際、父さんが不在の間にインディアンがやってきてとうもろこしパンを
母さんに焼かせて全部食べたエピソードなんて、下手したら妙齢の母さんと
小さな娘達がどんな目にあわされたか分からん。

人種的に劣る劣らないなんて机上の論じゃ無しに、現実の被害を受けたからこそ
嫌ってたんだろう。
今の人権意識がどうこうなんて持ち出すのはナンセンスだよ…

273 :なまえ_____かえす日:04/03/29 17:23 ID:K/7YXFiM
言葉がほとんど通じないしね。
女としての単純な恐怖が一番だったというのに同意。
変に意味を持たせたり解釈しちゃう方が怖いよなあ
とちびくろサンボを廃刊に追い込んだ親子のケースとか見ても思う。



274 :なまえ_____かえす日:04/03/29 17:42 ID:i4KaBNBp
その事件の前はどう思ってたんだろう

275 :なまえ_____かえす日:04/03/29 19:35 ID:pByGggBf
外国人というより獣に近い野蛮人。
大草原の家は未開と文明の闘いにおけるいわば最前線。


276 :なまえ_____かえす日:04/03/31 18:16 ID:nN6yuJF5
>>275
当時の人の考え方について言ってるんだよね?
今現在の自分の意見じゃないよね?

時代背景から考えると母さんのインディアン嫌いは
仕方の無い事と言えると思う。
もともとは>>275の理由とは違い
実際に脅威であったからだと思う。
でも、元を正せば開拓者の方が侵略者。
それを正当化するために>>275のような理由づけをしたりした。
当時の人には認められない事だったんだろうな。

当時の人々の考え方としてはそれが普通で
父さんやローラのような人の方が少なかったでしょう。

277 :なまえ_____かえす日:04/04/16 22:44 ID:OO0bZGTX
hoshu

278 :なまえ_____かえす日:04/05/02 04:38 ID:UbQp6gmV
キャップとメリー・パオワーが別れてしまったのが、妙にリアルだった。

279 :なまえ_____かえす日:04/05/02 05:55 ID:PyDe3LdB
つまり、狼とかを怖がるのと同じってことか?
一部には、狼の野生を好ましく思う人もいるけど、一般には実害を伴った現実的な脅威でしかないという。

280 :なまえ_____かえす日:04/05/02 16:42 ID:Vq5u+EJ0
>>278
ローラとアルマンゾは安定したカップルだったけど、ドゥ・スメット村でも色々あったんだろうな。

281 :なまえ_____かえす日:04/05/02 17:09 ID:tbRc4Wvg
>>280
村じゃなーい!
ドゥ・スメット青春白書・・・嫌だ。

282 :なまえ_____かえす日:04/05/05 21:38 ID:MeDt8ajp
ハワイで「ピンクのレモネード」を発見して、思わず飲んでしまいました。
アルマンゾの話を読みながら「レモネードがピンクぅ?」と驚いた記憶があったので…
味は普通だった…

283 :なまえ_____かえす日:04/05/06 21:19 ID:KOW+hLAb
Harper collins 社からローラのひいおばあちゃんからローズまでの本が出ているが、母系中心でちょっと残念。
年とった現在、イライザ・ジェインやレナが主役の番外編をとても読んでみたい。

284 :なまえ_____かえす日:04/05/07 18:11 ID:K3M/HNyM
>>250
アルマンゾは1857年生まれ
ローラは1867年生まれ

初めの四年間には戸棚が引退した職人によるもので、
支払いが済んでいないとか、色々台所事情が書いてある。

伝記が何冊か出ているのを読みましたが
ローラは結構がめつかったようで、ローズに対して冷たかったようです。
ちなみにローラは父親の葬式には出ましたが、母のもメアリーのも無視したようです。
NHKで昔あったというドキュメンタリー 見てみたいです。

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)