5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『ゲド戦記』とルグウィン

1 :トーク:03/05/03 00:21 ID:Z8ZZNuH1
ゲド戦記シリーズを中心に、空飛び猫あたりなんかも。
(児童書板という事を根底に置けば、SF方面への脱線もありでしょう)

>>1-10



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 00:24 ID:PB7F9UZp
「帰還」「アースシー」今いち・・・。なくてもいい気がしる。

20年前、三部作を最初に読んだときの感動が忘れられない。

3 :トーク:03/05/03 00:31 ID:Z8ZZNuH1
ゲド戦記シリーズ

『影との戦い』"A Wizard of Earthsea"
『こわれた腕輪』"The Tombs of Atuan"
『さいはての島へ』"The Farthest Shore"
『帰還』"Tehanu"
『アースシーの風』"The Other Wind "

ゲド戦記外伝

「解放の呪文」ハヤカワ文庫『風の十二方位』に収録
「名前の掟」同上
「ドラゴンフライ」ハヤカワ文庫『伝説は永遠に―ファンタジイの殿堂〈3〉』に収録

>以上既刊

>以下近刊

『アースシーの5つの物語――ゲド戦記外伝』"Tales from Earthsea"

4 :トーク:03/05/03 00:38 ID:Z8ZZNuH1
『空飛び猫』講談社文庫
『帰ってきた空飛び猫』同上
"Wonderful Alexander and the Catwings"洋書(邦訳刊行予定無し?)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/03 08:29 ID:cXSGZgyP
「素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち」ISBN: 4062081504

1997/06に出てますが何か?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/04 15:27 ID:wRHHwOWO
SF板より
照らすべきはゲド戦記
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1051890258
語るべきはゲド戦記
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1008001724

7 : ◆GacHaPR1Us :03/05/04 16:53 ID:OP8BBau5
空飛び猫なら全部よんだけど、
村上春樹いいね。原作をきちんと『読んでる』
翻訳ってのは、ただ言葉を換えることではないから。

8 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/07 12:24 ID:KDo4y7g4
小学生の時に「影との戦い」読んで、高校生の時飛んだことがあるのを忘れて
1〜3巻を一気読み。
社会人になり「帰還」を読み、主婦となった今「アースシーの風」を読んだ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/08 00:06 ID:9XmJHH09
20代に入ってから同時代ライブラリーで『影との戦い』を読み、
続きを買おうと思ったが、いい年した男が児童書を買うのは、
当時、正直言って恥ずかしかった(それでも当然買ったが)。

今日、電車の中で『アースシーの風』を読んでいるおじさんを見た。
その姿を見て…


正直格好良いと思った。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/09 00:19 ID:FEXORnhS
同時代ライブラリで一巻しか出さなかったのは、
いい年をした奴らに児童書を買わせるという羞恥プレイをさせるためだったんだよ(半ばマジ

12 : ◆GacHaPR1Us :03/05/09 02:17 ID:8B8iPBQj
>>11
買っちゃた…
グッスシ

13 :中佐:03/05/09 11:53 ID:YuYOg8m/
ゲド戦記ほど魅力的な本を文庫本にするのは気が引けたんじゃない?
ハードカバーの表紙も優れていて、「ゲド戦記っていったらこの表紙!」
ってぐらいに定着してるからな・・・。
「このハードカバーで躊躇うような人には読んで貰わなくて結構」って
思惑があったりしたらかっこいい。

14 :中佐:03/05/09 12:02 ID:YuYOg8m/
あと、基本的には子供が読む本だからね。
俺は小学生の時に4巻セットのボックスを買ってもらって凄くうれし
かった思い出がある。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/09 12:30 ID:1yucDk7K
>>11
物語コレクションなら文庫(新書?)だぞ。
あの骨太な絵が表紙じゃないのは寂しいけれど

今は5巻セットが出てるね。
これを子どもに買い与えたお父さん(仮)が
どんなに重たい思いをして持ち帰るのかなーとか思うと
(・∀・)ニヤニヤ

16 :ばら:03/05/09 13:01 ID:13WlTLky
中佐さんって...若いんだね。
私が子供の頃は4巻は無かった。帰還が出たときはしっかり大人だったなぁ。
でもってアースシー..が出た今は、ハハハ。

17 :中佐:03/05/09 13:22 ID:YuYOg8m/
>>16
21歳で大学4年生。いつも大学で後輩とか新入生を見てるから自分が
若いって思って無かったけど、言われてみるとまだ若い・・・。

ところで話は変わるけど、この板ができる前の「児童書版(暫定)」に
あったゲド戦記のスレが消滅してる。なかなかいいスレだったのに。
理由知ってる人っている?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/09 16:12 ID:lzmnl7O6
>>17
?消滅してないよ。ほれ
http://jbbs.shitaraba.com/movie/bbs/read.cgi?BBS=1719&KEY=1035198655&LAST=100

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/10 11:23 ID:7N7jpB0L
「影との戦い」、「こわれた腕環」は何度も読んで覚えてるんだけど、
「さいはての島へ」、「帰還」はほとんど記憶にないので、
もういちど 「影〜」 から通して再読中。 はやく 「アースシーの風」 まで行き着きたい・・・

20 :中佐:03/05/10 17:56 ID:wRoq79ks
>>19
ほんとだ・・・。
でもこのスレ、↓の板からいつのまにか無くなってたから不思議だった。
http://jbbs.shitaraba.com/movie/1719/juvenile.html
おちた訳でもないのにね。でも良かったよ、ありがとう。

>>19
ドラゴンフライもね。


21 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/10 23:07 ID:n59XOsnU
何!五冊め出てたの〜〜!!知らなかった〜〜<汗
何故か昨日突然読み返したくなり今、二巻めを読んでるのですが、
これってもしかしたら虫の知らせだったのかしら!?
そんな訳で今、アマゾンで購入したです。ついでに「風の十二方位」も購入しました。
ドラゴンフライは以前に衝動買いしたのですがまだ読んでない。
ちなみにどの順番で読み進めば良いのでしょうか。
それと、アマゾンで在庫切れになっている「ゲド戦記」フェアセット 価格:¥29,100
ってどんなモノなんでしょうか。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/11 17:13 ID:ZzIl4DGc
>>22
一〜五巻大箱入り、
学院時代のゲドが書いたという設定の恥ずかしいポエム別装

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/11 20:04 ID:cr/91Ne8
ポ、ポエマーゲド恥ずかしすぎる・・・・
森の木陰で創作にふける姿を想像して思わず吹き出してしまった。

25 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

26 :中佐:03/05/12 20:11 ID:Crx0zQL5
>>22
1巻〜4巻→ドラゴンフライ→5巻 かな?
4巻はゴント島限定の話だったけど、ドラゴンフライは同じ時のローク島の
話になってる。それが5巻で統合される。
短編ながらドラゴンフライはそうとう気に入ったなww 訳も不器用な所が
かえって味が出てる。

>>23
マジっすか!?

27 :ばら:03/05/13 09:18 ID:kz+Vxkyj
ドラゴンフライの中で、名付けの長が今までの長たちの中でとりわけ映像的に書かれていて、
ついつい映画にしたら誰がやるんだろうなんて思ってしまった。
こないだ指輪を映画で見た影響かなぁ。


28 :22:03/05/13 19:58 ID:EJcfuYiB
>23さん
お答えありがとうございます。ゲドのポエムは気になりますね。
どんな内容なんだろう・・しかし、2万の大金はツライ。

>26さん
お答えありがとうございます。読む順番はレス通りに進めて行きますね。
風の十二方位の方は、別スレとか見てたらゲドとはあまり関係のない内容だ
そうで、ならば読む順番はいつでもいいみたいでした。

今日、図書館でゲドの原書を見つけたんですが、あちらでのさし絵ではゲドは
ネイティブアメリカン系の顔だちで描かれてるのですね。浅黒い肌、わし鼻との
書かれ方をしていたので、(それと親御さんがイシの研究、著作してたから)
それ系だろうと思ってたんで、自分の読みが正しかったんだってちょっと
嬉しくなってしまいました。(別スレで既出なのは知ってるのですがつい
嬉しくて書き込んでしまいました。スマソ)

29 :23:03/05/13 20:09 ID:HayS4pjl
本気にするなよーw

30 :中佐:03/05/14 11:04 ID:Db89XGtF
>>29
罪な人だ。

31 :なまえ_____かえす日:03/05/17 11:05 ID:wmmA5iQF
アースシーの風のアイリアンはちょっとぶっ飛びすぎ!一夜にして全ての
人間を超越したことで、驕りがあるのではなかろうか?ドラゴンフライでの
奥ゆかしさが皆無になってじゃじゃ馬と化している・・・。
それに対し、テルーはいい!素晴らしい!すごい!

32 :なまえ_____かえす日:03/05/17 13:58 ID:2EnZFZUT
>>31
竜の考えていることはわかりませんです、はい。
単に言葉が通じる生き物というだけですから。

33 :なまえ_____かえす日:03/05/17 23:00 ID:bdjJa1SE
読んでて、レバンネンが王女やテハヌーやアイリアンの間で
らぶひなやいちご100%状態になるんでないかと心配した自分
は、ルグゥイン母さんに刺されて逝ってきます。

34 :阿仲庵:03/05/19 00:30 ID:K319smdd
インタシンは魔法を使えたのでしょうか?

35 :なまえ_____かえす日:03/05/19 23:48 ID:ggRdc92G
正直おれにとってのゲドは3巻まで。

4巻読んでショボン。

36 :なまえ_____かえす日:03/05/20 00:59 ID:I4klQcH7
割れたくるみにガカーリしては逝けません。
そのうちたくさん桃が成りますれば。

37 :なまえ_____かえす日:03/05/20 09:36 ID:hCsyO0uz
そうそう、割れて実を結ぶわけだよ。
テハヌーの桃ね。

38 :山崎渉:03/05/22 02:14 ID:dwC6eZiF
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

39 :なまえ_____かえす日:03/05/24 23:15 ID:xnwpWDRu
ル・アルビとデッレ・アルピって似てない?

40 :なまえ_____かえす日:03/05/25 19:14 ID:zH5gPrq1
村上春樹の「ハードボイルドワンダーランド」が出たとき
この地下の「やみくろ」って、ゲド戦記絶対読んでるなあって、思った。
誰も、指摘しなかったけど。

41 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

42 :なまえ_____かえす日:03/05/26 00:45 ID:fgy3auDQ
ガンダム(の裏設定)に出てくるスペースコロニーの名前にアイランド・イフィッシュなんてものがあったり。

43 :なまえ_____かえす日:03/05/26 11:56 ID:MINufPFl
小説家や漫画家の多くはゲド読んでるんじゃないの?宮崎駿は公言
してるが・・・。

44 :なまえ_____かえす日:03/05/27 00:49 ID:xMgZwJkz
>40
村上春樹は、ル=グウィンの「空飛び猫」の翻訳もやってるしね。

45 :なまえ_____かえす日:03/05/28 00:21 ID:2Qv9Z1ZS
ガメラIIIで中山忍演ずる姉ちゃんの部屋でなんかを探すシーンがあって、
「えっと、そこの本棚の…そう、ゲド戦記の後ろ」みたいな台詞があったよ。

当然、本棚には4巻までズラリ。

46 :山崎渉:03/05/28 17:06 ID:QBu1S6cB
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

47 :ゲドの疑問:03/05/28 19:47 ID:Ft2uutV1
守りの長って一体何歳なんだ??一巻に出てきた守りの長と代わってない
よね?
あと、4巻ラストのゲドとテナーの子供をカレシンにあげるってのは何だ
ったの?テハヌーって意味では無いと思っていたんだが・・・。

もう一つ、一巻に出てきた竜のイエボーとオーム=エンバーって同一だ
ってよく言われるけど本当なの??


48 :なまえ_____かえす日:03/05/29 02:10 ID:5bbRM4kq
>>45
ガメラ2の水野美紀では…

49 :なまえ_____かえす日:03/05/29 10:33 ID:z9HmCpCO
十数年前みたドラマなんだけど、
確か滝田栄が父親役で子供が不治の病に懸ってて、家族と共に山の中のログハウスに
移り住むストーリーで、その子供が自分の心情を「影との戦い」の文章で
引用するの。何かすごい感動した記憶がある。題名は忘れちゃったのだけど
これが自分とゲド戦記との出逢いでした。

50 :なまえ_____かえす日:03/05/29 11:19 ID:mg56YQwJ
>>49
東芝日曜劇場でやっていた、「息子よ」シリーズですね。

51 :45:03/05/30 00:16 ID:/8OBRYGp
>>48
そうだ!
失礼しました。

52 :なまえ_____かえす日:03/06/03 08:27 ID:f49kn3e1
>>47
ゲドとテナーの子供ってのは、テハヌーのことでしょ。
守りの長は疑問ですねー。
もしかしてクレムカムレクの名前みたく、守りの長になったとたんあの姿になるとか!
なんか笑っちゃいますねぇ。
イエボーとオーム・エンバーは別の竜だと思います。
ただ私が疑問なのは、イエボーは初期の短編で、名前を呼ばれたにもかかわらず
その魔法使いを焼き殺しちゃったはずなのに、ゲドに名前を呼ばれたときは
従わざるを得なかったこと。
それだけゲドの力が強かったって事なのかな?

53 :ゲドの疑問:03/06/07 09:46 ID:zJaOBpsT
>>52
レス有難う!やっぱ子供ってテハヌーの事だったのかww

イエボーと黒ひげの話は確かに疑問だった。名前を呼ばれると、まずその
効果って魔法が使えなくなることだよね(一巻で影に名前を呼ばれて変身
不能に)。それから、名前を呼んで、かつ命じると、その命じられた通り
になってしまう(ドラゴンフライでトリオンがアイリアンにしようと図っ
た)。
このイエボーの場合は、名前を呼んで真の姿になる事を命じられただけ
だから、「竜」としての肉体的な力は削がれなかったって事じゃないかな。
でも、黒ひげが例え元から相手が竜だと知っていたとしても、ゲドのよう
にはいかなかったはず。やっぱゲドは超一流の魔法使いだったんだなあ。

54 :ゲドの疑問:03/06/07 10:06 ID:zJaOBpsT
そうそう、一巻で「竜のようなでかい生き物がどうやって宝を運んで
集められたんだろう?そもそも、竜にとっては人間の宝は小さ過ぎ
ないか?壊してしまうだけだろう」って疑問に思ったけど、イエボー
の昔の話を読んでやっと疑問が氷解したって思い出がある。
人間に変身して運び混んでたんだね・・・。なんか余りに竜が人間
っぽくて、ほのぼのさせられる。竜って人間と違って富や所有は放棄
したはずだけど、やっぱ我慢できなかったんだね。

55 :なまえ_____かえす日:03/06/10 15:07 ID:ygTVvCpw
前から疑問だったのだが、3巻の
「周りの者は奴をただのまじない師だと思っていたようだが、どうしてどうして、
 奴は生まれながらにしての大魔法使いだった」
「向こうがあんまり強かったものだから、こちらがもっと強いのだという事を思い知らせてやりたかった」

のクモとのいざこざは2巻よりも前なのかな?後なのかな?
上に書いた2つの台詞はすごく好き。いずれにしてもそのエピソードを読んでみたいと思ったり。
個人的には悟りを開いてない若きゲドが好きだ(w

56 :なまえ_____かえす日:03/06/10 22:00 ID:wC5KRCVp
「アースシーの風」読んでおりません。

はじめの三巻はたしかによかった〜。
「影との戦い」の若々しい躍動感(れんず豆のスープがおいしそうだった)、
「こわれた腕輪」のアルハの生意気さと暗闇のスリル、
「さいはての島へ」の閉塞感(ロークの均衡も危ういってとこ)、、、
でも!!!
別にテナーとゲドはくっつかないでもよかったんじゃ?!
あの暖炉の前のシーンは怖くて読み返せない!
やーめーてーくーれー!って感じでした。
「ゲドはル・アルビへ帰って行きました」終わり!でよかったなあ・・。


57 :なまえ_____かえす日:03/06/10 22:07 ID:PfDsoC5X
4巻否定派の方はお若い方が多いのではないかと常々感じております。
>56殿は二十歳そこそこ、ですかな?

58 :なまえ_____かえす日:03/06/10 23:20 ID:RhqnnCuD
やり方、描き方には不満があるけど、
最後にちゃんとゲドを解放してやった事は、
決して間違ってないと思うし、
あの物語の中でその役を出来るのは彼女だけだと思うな。

59 :なまえ_____かえす日:03/06/11 02:22 ID:3YQwan7g
ちょっと嫌な読み方かも知れないけれど、4巻以後は
テナーにル=グウィン自身が透けて見えることがあったな。
ヒロイックファンタジーの文脈からゲドを奪還するつーか。
アースシーの風なんかだともう囲い込みにはいっちゃってて、
自分だけのものにしちゃいたい!つかむしろ私だけのゲド!なーんて
作者の願望じゃないのか?とか。
いや、酷い誤読は承知の上でw

60 :なまえ_____かえす日:03/06/11 02:38 ID:xHqN0y1J
>私だけのゲド
それ、あるなあ・・・

61 :56:03/06/11 11:39 ID:WjJaNQNE
>57 ご指摘の通り23歳です・・。
どうして分かったんでしょう?ひえー。

「私だけのゲド」じゃなくて「ヒーローとしてのゲド」が
好きだから4巻を楽しめなかったんでしょうかねえ・・・。
5巻をついに読んでみようかな。


62 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

63 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

64 :なまえ_____かえす日:03/06/11 21:00 ID:Hka+IPAg
疑問といえば一巻では背が高い設定だったはずのゲドが、気がついたら
背が低い設定になってたり・・・。

65 :なまえ_____かえす日:03/06/12 12:46 ID:2DePiBOY
>>56
歳を取ったら4巻をもう一度と、5巻を読みなされ。
違う感想を持つ筈じゃ。

66 :56:03/06/12 18:19 ID:Abd08+F8
はい、オジオン様。

67 :なまえ_____かえす日:03/06/12 20:31 ID:KFlcXpot
魔法の使いすぎで背が縮んだとか。

68 :なまえ_____かえす日:03/06/12 21:34 ID:2gD0sxu5
>64
自分もそこで???と思ったんだが
第二次性徴で止まったんだな、と、お人好し解釈してたよ。

69 :なまえ_____かえす日:03/06/13 07:21 ID:jB4O0O3R
年取ると確かにちぢむ。
あと周りの平均身長が高くなったとか。

70 :なまえ_____かえす日:03/06/14 23:20 ID:VX78MoAi
まだ10代だけどw4巻以降も結構好きかも。
むしろ、読んだあとにいろいろなサイトめぐって
4巻嫌いって言う声が多くてびっくりした。
その声を聞いてみれば、なるほど、と思うこともあるけど。

>64
わたしも、そこで疑問符飛びまくった。読み間違いかと思った。
5巻だと、身長低くてもある程度納得するけどね…w

71 :陰太心:03/06/15 01:04 ID:4ASXpwD9
4巻はフェミニズムで引く人が多いみたいですね。
自分は全くそうは思いませんでしたけれどネット
の批評を見てみると、なるほどと思うような所
もありました。たとえば会話がエルフランドの言葉
じゃなくてフェミニズム小説の言葉になっていて、
作者が過去に書いていた意見を自ら裏切っていると
いうもの。これにはうなづかされました。
ただ2巻などもポストコロニアリズムの視点で見ると
問題点は大いにあるわけで、それは彼女の言う
エルフランドとも密接な関係にあるのも事実。
それらに対して試行錯誤を繰り返す姿勢が5巻などにも
見受けられて作者の誠意は感じますね。
ただハイタカは伝説の人物、鷹爺などという鋭い名前で
呼んだのならば、あんな飼い慣らされた姿では描いて欲しく
なかったというのが正直な感想です。

72 :なまえ_____かえす日:03/06/15 11:28 ID:VUMOCMbn
>71 ポストコロニアリズムってなんですか?
  物語のストーリーだけ楽しんでちゃだめなのかー。
  分析しなきゃだめなんですねー。
  おばかにはつらいところです。
  感想の「ただハイタカは伝説の人物、鷹爺などという鋭い名前で
  呼んだのならば、あんな飼い慣らされた姿では描いて欲しく
  なかった」これはよーく理解できますが。。

73 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

74 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

75 :なまえ_____かえす日:03/06/16 00:30 ID:xo2P+eq1
>>72
別に分析しなくても良いのと同様に、
別に分析したって良いんだよ。

そんなんじゃロークの学園から一生出られないぞ。
言葉がわからなければ、素直に聞けば良い。

知識の少なさは罪ではない。
知識の少なさ故に生じる、僻みと卑屈さこそが罪。

76 :なまえ_____かえす日:03/06/16 01:28 ID:/UVw97Va
>>75
「賢者は問うに及ばず、愚者は問うても無駄だとか。」とも申しますな。
人に読んでもらうために書くのであれば、人が読みやすいように書くのもまた言葉の真理。
カルガドのお姫様にハード語で愛を語って聞かせても心はなかなか通じないでしょう。

・・・はて、俺はいったいなにが言いたいんだ?ま、いっか。

77 :なまえ_____かえす日:03/06/16 23:04 ID:gW31qI6E
私もわかんないんで、調べてみました(w
あるサイトより・・・
コロニアリズム:主にヨーロッパ諸国による他空間の政治支配
ネオコロニアリズム:脱植民地化以降の文化・経済の間接支配
ポストコロニアリティ:
コロニアリズムからネオコロニアリズムに移行する状況化での新しい権力関係

78 :陰太心:03/06/17 02:52 ID:sRXrpCAr
私の言葉足らずのせいで皆様に大変ご迷惑をおかけしたみたいで恐縮です。
正直私もポストコロニアルを定義できるほど勉強しているわけではないので、
極めて欠陥だらけの説明になると思いますが、努力してみます。

ポストコロニアリズムは普通脱植民地主義と訳されています。つまり植民地
主義からの脱却を目指す思想とも言える訳です。そして植民地主義は77さまの
ご指摘の通り、概ね近代西欧諸国によるアジア、アフリカ、アメリカなどに対する
植民地政策に対応するものが、一般的です。
このころに書かれた文学作品などは、植民地政策を意識的、無意識的に幇助、補完
する機能を備えている場合が多かったわけです。例えば先住民を無知蒙昧に描いた
り、人食い人種の恐怖や未知の大陸の冒険心を煽ったり、資源の宝庫のように書いて
入植者勧誘の役割を果たしたりと、様々なことが行われていました。

79 :陰太心:03/06/17 03:05 ID:sRXrpCAr
これらの作品の中で、原住民がステレオタイプに描かれたり、
野蛮な文化として扱われることによって、ある種のイメージ
が一人歩きし、本当の原住民文化などが軽んじられていった
のです。このようなことは、古代から常に行われてきたこと
ですが、西欧諸国はこれをかつてない規模で行ったこと、
そしてキリスト教という、ある意味非常に強い倫理規定、価値基準
を持つ思想で行ったこと、そしてそれが現在も続いていて我々もそ
の支配下にある、ということが、古代や中世の植民地主義と近代の
それの違いでもあるわけです。脱植民地主義は、植民地主義によって
つくられた事物を批判的に捉え直し、それによって消されたものの
認識、または認識不能であることの自覚を行う作業であると言うことも
できるかもしれません。無論、今現在行われている植民地主義言説の
横行を批判することが重要な役割を占めていますが。

80 :陰太心:03/06/17 03:25 ID:sRXrpCAr
さて、その植民地主義言説の一つに良い先住民(奴隷・部下)、悪い先住民(敵)という
先住民の二極分化というものがあります。主人公を殺そうとする悪い部族(人物)と主人公
のために働く良い部族(人物)というように、先住民の事情など全くお構いなしに、二つに
分けてしまうわけです。その良い野蛮人(奴隷)が「妻」になるときもあります。その
代表的なものが、「ポカホンタス」であったり「八十日間世界一周」であったりする
わけです。このようなとき、決まって女は高位の女性であり、主人公は高位の悪い人
物から、彼女を救ったり、彼女に救われたりの冒険を行い、彼女を獲得します。
主人公(オス)が女性を獲得するため、強大な力と戦ったりするのは、通過儀礼として
昔からあることですし、ある地域の高位女性を獲得することで、その地域を支配した
ことになるというのも、昔からある支配様式です。問題は、この広範囲の汎用性を持
つ行動様式が、植民地支配に不可避な暴力行為を正当化する役割も果たしたという事
なのです。
 


81 :陰太心:03/06/17 03:37 ID:sRXrpCAr
「こわれた腕輪」は、このポカホンタスタイプの小説です。野蛮人の
王国にヒーローが忍び込み、そこの大巫女とお宝を失敬して帰還する
というもの。先住民の文化、この場合は太古の精霊を崇めることです
が、それに携わる巫女テナーの仕事の意義全般を否定して、自由こそ
が価値あることだと示します。そして神殿勢力の攻撃からテナーを守
り、ハブナーに連れて行きます。ここでもゲドのテナーかどわかしに
ある種の正当化がなされています。それが悪い先住民コシルです。こ
のようにテナーの身に生か死かの絶対状況を作り出して、ゲドの行為
に駄目押しの意義を持たせるということが行われるわけです。

82 :陰太心:03/06/17 03:50 ID:sRXrpCAr
無論、この作品はテナーが主人公であり、常に彼女の視点で書かれている
小説であり、通過儀礼の問題や、フェミニズムの問題が絡まり合っている
ので、男性主義的な冒険小説とは趣を異にします。しかし、伝統文化の否
定(これはフェミニズムの持つ最大の問題点ですが)によって植民地主義小
説と化していることは否めません。むしろ男性主義を採らないことによっ
て、一層問題点を曖昧にし、伝統文化否定の正当化に加担しているとさえ
言えるかも知れません。ただ、文化人類学に造詣の深いル・グウィン氏が、
この問題点に気づいていないはずはないと思います。事実、5巻を読めば、
この問題点をふまえていることがお分かりになると思います。

83 :陰太心:03/06/17 04:03 ID:sRXrpCAr
しかし、個人的な感想を述べますと、5巻は2巻を逆さにしただけとも
取れますし、解決策を提示したとは思えないのです。尤も、解決策を提示す
るために書かれるわけではありませんが。

付け加えますと、植民地主義だから2巻がだめだと言っているのではありません。
2巻がこのような問題を孕んでいると申し上げただけです。
72様、このような説明でよろしいでしょうか?


84 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

85 :なまえ_____かえす日:03/06/17 12:57 ID:275y741+
>>78-84
すごーい!勉強しちゃったよ。
プリントアウトして三色ボールペンで線ひかなきゃって思っちゃった。

ル・グィンが過去の自分を裏切っているというのはその通りだと思う。
でも、バリキャリから子供生んで一線を離れざるを得なかった今時の女性には
そういう事例はいっぱいあるので、すなおーーに納得したけどね。

86 :なまえ_____かえす日:03/06/17 13:13 ID:phKvCxR5
4〜5巻は時代背景の移り変わりを勉強出来る、とてもいい機会
かもしれませんね。同著作者の別本「夜の言葉」では、小説での主人公の
書き方は、汽車の向側に座った一人の老婦人が描けるようでなければ、と
言及。その点で、4巻はよく書けてる話だと思うのですが。
(5巻はまだ未読なので、ここまで)


87 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

88 :なまえ_____かえす日:03/06/17 18:56 ID:MpTTF1iX
意味あるレスが続く中申し訳ないけど、皆さん
ゲド戦記のキャラの容姿を思い浮かべる際どのようにイメージされてますか?
自分、文章から想像を飛躍できないみたいでちょっと寂しい思いをしています。
この役者さんの顔にあてはめている、みたいな話しがあったら教えて下さい。

89 :なまえ_____かえす日:03/06/17 21:41 ID:X5jG18fk
陰太心さん、私の心の中で、ぼあ〜んと、何となく見えていたことに、
はっきりと言葉で形を与えてくださいました。多謝

余談ですが、「陰太心」を、職業柄、インダシンと読んでしまう・・・




90 :なまえ_____かえす日:03/06/17 23:20 ID:a75KbW1K
89を見て

「僕は職業柄ダイインシンとよんでしまいますた」

と書こうと考えた奴が3人はいるはずだ

91 :なまえ_____かえす日:03/06/18 20:18 ID:OcUB9Mzd
やはりゲドで萌えを語るのは禁止だろうか?

92 :なまえ_____かえす日:03/06/18 21:01 ID:6Qy8FFjX
>>陰太心さん
大変勉強になりました。ありがとうございました〜。

>>88
そう言われてみると、アメリカのゲド戦記TVドラマ化の
キャストにも興味ありますね。
(…もうサイトめぐればキャストって見れますっけ…?
自分の探し方が甘いのかも…スレ違いっぽくってすみません)

>>91
私は、そういうのは構わないほうですが(私の周りは結構萌え言ってます…)。
読み方が人それぞれなだけに、そういうのも人それぞれだと思いますね…。

93 :なまえ_____かえす日:03/06/19 01:22 ID:SaPeOZuf
>萌え話
せめて、ラノベ板でやってくれないか?

94 :なまえ_____かえす日:03/06/19 23:36 ID:qs8EKW8k
ラノベにもゲドスレあるんだ?

95 :なまえ_____かえす日:03/06/19 23:55 ID:BxNUzAB4
添い寝したら安眠できそうなヘグ欲しい。和むだろうなぁ
この小動物、ずっと連れ歩いて欲しかった・・・

96 :なまえ_____かえす日:03/06/20 07:21 ID:2C2KK/HK
>>91
いいぞ、やってみようか。

くくりの魔法萌え。地味で良い。

97 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

98 :なまえ_____かえす日:03/06/20 23:08 ID:56yhzCgZ
ゲド5!
ゲドがセクースマンセーなこといってるヨ!児童書じゃないのか!!
オドロキ桃の木すももの木・・

99 :なまえ_____かえす日:03/06/20 23:25 ID:tuh1AKmC
Y9だからいいんだよ。

てゆうか夫婦のノーマルなセクースなんだからいいじゃん。

100 :なまえ_____かえす日:03/06/21 19:31 ID:fr7XpYj3
100ゲド

101 :なまえ_____かえす日:03/06/22 00:17 ID:O6vAJNvL
問いつめたい。
ならば子供には
「セックスは非常に汚らわしく、愚かな行為です」と説くことが
正しい大人のあり方なのかと。

102 :なまえ_____かえす日:03/06/22 00:39 ID:gI1XEZcR
「性を玩具にするのは非常に汚らわしく、愚かな行為です」
 で、大人じゃないの?。

103 :123:03/06/22 20:18 ID:lV6SgJdt
何事も無心になれば汚らわしさからは開放されます 

104 :なまえ_____かえす日:03/06/23 01:37 ID:Y4QJy+nE
>88
自分の中でのゲドの容姿は、
何故かアニメ「キングゲイナー」に出てくる
ゲインというキャラクターになっている…


ヲタな意見でスマソw

105 :123:03/06/23 03:31 ID:h4ymlRTY
一巻の表紙そのままで読んでたが・・・オレハ



106 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

107 :なまえ_____かえす日:03/06/23 19:06 ID:NAYr0os6
>88
自分は絵心がないせいか、具体的に当てはめられないみたい。
ただ、頭の中にはぼんやりとイメージの断片があって
目や腕の感じや頬の傷を想像しながら組み立てて読んでます。
ちゃんと年齢別パーツもあったりしてまさに『Myゲド』状態。
なので他のファンの方がせっかく描かれたイラストを見ても、
この俳優がゲドのイメージ〜とか言われても、
心の中ではこんなんゲドじゃないーーー!!! と、叫んでしまう。
いい大人なんで口には出しませんけどね(w


108 :なまえ_____かえす日:03/06/23 20:08 ID:Z7Mnt856
>107
同意。
自分もちょこっと絵を描いたりするけど、
ゲドーと思って描いてもなかなかイメージにならなかったり。
( 画 力 不 足 で す )
他の方のを見てもそうですねーう〜ん?と思うことも少なくない。
まあ、そういう違いを見るのも、返って楽しいわけですが。

109 :なまえ_____かえす日:03/06/24 10:11 ID:PEJj9u0I

俺のゲドは『老人と海』のサンチャゴ化してきてる・・・。

110 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

111 :なまえ_____かえす日:03/06/24 12:45 ID:wBVuIxsr
おお わかる!>サンチャゴ化

112 :なまえ_____かえす日:03/06/24 19:59 ID:wp0rEhZC
アメリカでTVドラマ化される〜って噂は結局どうなってるんだろう
正直、多島海の底に葬り去りたいのだが(w

人物の絵的イメージは湧かないけど、学院や街のイメージは
結構はっきりしてる。描写が細かいからかなぁ

113 :なまえ_____かえす日:03/06/24 21:04 ID:WbMaZJwY
>>112
気になって、作者のオフィシャルサイトも巡ったり、
放送される予定らしいテレビ局のサイトも巡ってみたが、
自分の英語力の無さなのか(痛)、情報はさっぱり。。。
6時間もするなら、相当気合を入れていいのを作ってほしいと願う反面、
同じく、アチュアンの墓所とともに崩れてほしい気もする(w。
ちなみに「闇の左手」は4時間だそうでつね。
ところで、何で映画化じゃなくてドラマ化なんでしょう。

・・・まあ、ファンタジーを映画化するのが盛んな昨今、
ゲドだけは・・・とか思ってしまう性悪な自分もいるわけで・・・。

114 :なまえ_____かえす日:03/06/25 12:57 ID:DLmIR+W1
うーん。
どう作っても違う!と思ってしまうんだろな、と覚悟してる。

115 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

116 :なまえ_____かえす日:03/06/27 23:34 ID:GQWXuDss
指輪とハリポタは映画効果多分だけど、ゲド戦記サイト(?)って
あるには面白いのがあるけど、少ないですね。


117 :なまえ_____かえす日:03/06/28 10:54 ID:ZRzuKfoB

ゲドは2巻目までなら映像化してもいいかも。3巻目以降は説明的過ぎる
って気がする。「闇」を説明して明らかにしたらツマンナイよ。
一巻、二巻に漂っていた神秘性が後の巻に行くほど無くなっていく。
「死や闇への恐怖」があるから一巻・二巻は面白い訳で、それが段々と
薄まっていって、5巻では「死者たちの解放」にまでなってしまった・・・。

ゲドの面白さはひとえに「神秘性」、それだったのになあ。


118 : ◆GacHaPR1Us :03/06/28 11:02 ID:VBSzkfry
ゲド戦記ってネーミングが間違ってるんだって
アースシー世界観の小説と、
ゲドの活躍を描く小説は別だと考えたほうがいいんだよ。
だから、映画化するんだったらやはりその点を踏まえているかどうかが大事

119 :なまえ_____かえす日:03/06/28 11:44 ID:8L1h27JS
噂だと(あくまで噂)、映画化は3巻までの模様。
4巻以降はいろいろと反響があったからしないのか、
ただ単に予算の問題なのか。。。

>>118
同意。

ちなみに私は、このタイトルだけでは魔法使いの話だとは思わなかった…。
血なまぐさい戦争ものだと思ってますた…。

120 :なまえ_____かえす日:03/06/28 20:22 ID:H/f3RaL3
「あくまで噂」としても、映画化の話があるんですか!?
初めて知りました!「あくまで噂」としても!


121 :119:03/06/28 20:40 ID:8L1h27JS
>>120
!!ぎゃあ!すみません!

テ レ ビ ド ラ マ 化

の間違いでした!!ごめんなさい;;

122 :なまえ_____かえす日:03/06/28 22:00 ID:U4wC0BZ9
>119
自分も戦争・伝記ものだと思ってた。
「アルスラーン戦記」と同じようなものだと(w
今思うとトンデモない勘違いでした、反省。

123 :なまえ_____かえす日:03/06/29 00:26 ID:acJW5EL5
んでもこれは「戦記」なのか?と思うよな。
確かに影とは戦ってるけど
確かに隣国とは不和だけど

戦らしい戦の描写ってゲドの少年期の、
さらっと流されてたとこしか
思い出さないのだけど他にあったかな

結局「アースシー物語」だったら良かったのにね、
という結論

124 :なまえ_____かえす日:03/06/29 16:05 ID:Qj2UTdPU
ほんとに。
「アースシー物語」として、外伝なんかもまとめて
一社から出してほしい…。
「アースシー物語」の中の「ゲドの勲の章」とかそんな感じで。

カコイイ装丁とかでやってみてくれないかな。
もし出たら大人買いして、本棚にズラッとはべらしたい。

125 :なまえ_____かえす日:03/06/29 22:58 ID:O5WcXqSS
河合隼雄氏が「ファンタジーを語る」とかいう本でゲドの事
話してた様な気がする。
結構面白かった。

126 :なまえ_____かえす日:03/06/29 23:42 ID:un9W4666
外伝を出す用意はある、というようなことを
書いてありましたね。5巻の巻末で。
今まで未収録の外伝なんかもあるんだろうか。

127 :なまえ_____かえす日:03/06/30 17:24 ID:1vsTnog4
「ドラゴンフライ」アイリアンの話でつ。
ガイシュツだけどね。
清水さんじゃない人の訳でハヤカワ文庫の
「ファンタジーは永遠に」の3に入ってます。

128 :なまえ_____かえす日:03/06/30 17:30 ID:1vsTnog4
↑ゴメン、まちがえました。
ファンタジイの殿堂 伝説は永遠に3でした。
逝ってきます。

129 :なまえ_____かえす日:03/06/30 21:50 ID:IL/7uepC
>127
たぶん、4巻と5巻の間に発売された
「Tales from Earthsea」のことだと思われ<用意中の外伝
「ドラゴンフライ」とかもこの際1冊にまとめてみてくれませんかー
と思ってみたり…。

てか「Tales〜」は原書を持ってるのだから、
読めばいいんだけどね、自分…。

130 :129:03/07/01 01:44 ID:62KPvit0
>127 じゃなくて >126 ですた。スマソ。

131 :なまえ_____かえす日:03/07/01 09:06 ID:bi5SFUJf
私も「Tales from Earthsea」買った。
装丁はあちら版の方が好きだなぁ。
なんかこちら版は3巻までの装丁の方が良かったな。

132 :なまえ_____かえす日:03/07/02 00:15 ID:vYSGjICk
>131
禿同!!3巻までのちょっと民族っぽい感じがよかったのに
4巻の微妙なリアル絵で萎・・・
3巻までは各章の頭についていたカットも好きだ。
5巻は表紙がカラフルすぎてちょっとイメージとは違う感じ・・・

133 :なまえ_____かえす日:03/07/03 10:18 ID:kdF6ZKg/
そういや読売新聞はゲド戦記を一生懸命薦めてたな。
担当記者がファンなんだろうか


134 :なまえ_____かえす日:03/07/03 12:58 ID:Pchac/r1
うちの近所の図書館の司書もそうなんだけど、児童書コーナーの入り口に
「ハリポタなんかよりも読んでほしい本」
「指輪物語よりも真にすぐれたファンタジー」
「ナルニアよりも・・・」
「○○よりも・・・」
「××なんかとちがって・・・」
という紹介文とともに置くのはやめてほしい。


135 :なまえ_____かえす日:03/07/03 15:07 ID:sdjZZTyB
新刊読了しました。内容に3回打ちのめされてしまった。
1.「あたし、思うんだけど」〜のテハヌーの言葉。
2.「どうしてもしなければならないことをどうやって見分けるか」の話。
3.「森は歩いた?」「いや、まだ。」
ゲド戦記を買って20年になるけれど・・・まだ教えられる事が多いです。

136 :なまえ_____かえす日:03/07/03 15:20 ID:a9nhWQbC
>134
ホント、あれはやめて欲しいよね。

いやそう主張したい気持ちはわかるんだけど
よけいな反感も煽っちゃうしさ……
良書って出会うタイミングもあると思うし
自分、色んな人にゲド貸したけど誰も読了してくんなかったから
もう布教はあきらめた。私が好きだと思っているだけでいいや。

137 :"Tales from Earthsea"収録作品:03/07/03 16:47 ID:z1XTnLKd
"The Finder": ローク魔法学校縁起。中編。
"Darkrose and Diamond": 魔法の才能を持って生まれてきた若者の恋物語。
"The Bones of the Earth": 若き日のオジオンが師匠と共にゴントを地震から救う。
"On the High Marsh": アークメイジ時代のゲドが登場。
"Dragonfly": 既出。

138 :"Tales from Earthsea"追加:03/07/03 16:51 ID:z1XTnLKd
巻末に"A Description of Earthsea":
アーキペラゴの歴史やエレス・アクベの伝説などが解説されています。

139 :なまえ_____かえす日:03/07/03 17:41 ID:XxLSbfqH
>134
でもハリポタとか指輪物語とかばっかり異様に持ち上げられてるのは
不自然だよ。そう書きたくなるよね。


140 :なまえ_____かえす日:03/07/03 18:20 ID:w2NBGTF4
>139
常識ある人なら書かないけどね。

141 :なまえ_____かえす日:03/07/03 18:53 ID:9djR7Eyn
>>137
・・・期待に胸が高鳴る。ドキドキ

142 :なまえ_____かえす日:03/07/03 23:15 ID:D8AAMv/o
「解放の呪文」と「名前の掟」は、"Tales from Earthsea"には
載っていないのですか?

「風の十二方位」でしか読めないの?

143 :なまえ_____かえす日:03/07/04 00:24 ID:GhpQFtFV
>137
うわぁん! 今すぐ読みたーーーーい!!!


144 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

145 :なまえ_____かえす日:03/07/04 08:50 ID:X7E/G89s
>134 136 に同意。

他の本も読んで欲しいなら
『ハリポタが面白かった人には、これをお勧め!』
でいいんじゃないかと思う。


146 :なまえ_____かえす日:03/07/04 13:09 ID:li6eDRL9
>145
そうなんだろうけどさ。
「ハリポタ」の傍流とは絶対に!!思われたくないって気持ちがあるんだよね。

147 :なまえ_____かえす日:03/07/04 13:48 ID:J66utNUH
>146
ふーん。「ゲド」は高尚だから? 
ガキ向けのハリポタなんかと一緒にされたくないわ、フンっってか?

148 :なまえ_____かえす日:03/07/04 14:17 ID:X7E/G89s
それは読んだ人が決めること。
きっかけなんか、どうでもいい。

そりゃあ、読んだ方が、ハリポタっぽいもの期待して読んだら、
麦茶だと思ってコーラ飲んだみたいに、おかしな感じになっち
ゃうかもしれないけど、ああいう司書さんのおすすめは、よけ
いになんかこー。

いかにも教条臭いものっぽくて、手に取る機会を失わせそう。

それにハリポタと1巻なら、ほら、魔法使いの学校話だしね。


149 :なまえ_____かえす日:03/07/04 20:22 ID:peZkFzpn
>146
知り合いのゲドファンが同じコト言ってたけど、
>147
知り合いのハリポタファンが同じコト言ってたけど、

私は何かもーそういうのは聞き飽きた感がある。
傍流とは思われたくないだの高尚だのガキ向けだのどっちでもいいよ〜

ハリーポッターはライトノベルとしてはまあまあ優秀な方だし
少なくとも普段本を読まない人にあの分厚いのを読ませてしまう
パワーみたいなモノはあるんだろうと思う。
ハリポタしか読まない一般ユーザーに司書が焦れてんのはわかるんだけど
世間は専門的に勉強してきた司書よりずーっと本読まないワケよ。
>134にあるようなレビューを見る度に司書の奢りを感じて何かもにょる。
勧めるのはいいけどもっとさらっと、>145 くらいの走り書きでちょうどいいんじゃないかな。



(往々にして読書量の多い司書は流行りモノアンチな上に
『善意』でユーザーの希望に適わないものを紹介したりする)


150 :なまえ_____かえす日:03/07/04 20:31 ID:jIU7NszS
>148
禿同。そうやって読書の幅が広がっていくんだろうね
そう言えば、自分がゲド戦記読んだきっかけって何だったろうなぁ
正直思いだせんな。
まぁ、所詮そんなものだ。
そう言えば子供の頃、麦茶と間違えてビール一気のみしたな

151 :なまえ_____かえす日:03/07/04 22:58 ID:5CFy3bX2
>148 149 禿同
自分は図書館で偶然選び取った本がゲドだったんで、
なんかゲドに引き寄せられた感じがして嬉しかったな。
結構そういう、偶然読んではまった本の方が思い入れがあったりもする。

レビューとかも参考にはなるけど、万人が必ずそう(>134みたいな感じ)思う
とは限らないしな。
へ〜こんな本があるんだ、読んでみようかな?と自然に思わせるような
ナイスな紹介の仕方もあるにはある。

確かに、
自分の好きなものが広く受け入れられていないということに焦れたり、
逆に受け入れられて、自分の「特別」が「特別」じゃなくなってしまう様な
気がして「何だかな…」と思いたくなるのも分かるんだけどね。
それが優劣(良い悪い)の評価とイコールになるとは思わないし、
大体それで本を読んでも楽しくなかろう。

152 :なまえ_____かえす日:03/07/04 23:49 ID:d7Jg8Okw
そういう概念じみた話も良いが、
せっかく2chなんだから
「ハリポタ如きが売れて、ゲドが売れないのは気にくわん、ムキー!」
って、素直に書くのもありかと。

153 :なまえ_____かえす日:03/07/05 01:37 ID:qeX7fr/+
ちょっとルグウィンは手強いよね、普段本なんか読まない人には。

でも「この本はいい本だよ」って恩着せがましく薦められるのってムカツク。
悪寒にそれやられてかなりよみそこなった傑作があるわたくし…

154 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

155 :なまえ_____かえす日:03/07/05 02:37 ID:Z66SCot5
人に本を薦められたりもするけど、本から「呼ばれる」場合もあるね。
グウィン著「夜の言葉」は、書店でそれしか目に入らなかった。
その本中の論文「SFとミセスブラウン」で、著者が示していた
スタンスが、今回のゲド5巻のラストに使われていた。

・・・十数年前の約束を忠実に新作に反映させるとは・・・凄い。

156 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

157 :守りの長:03/07/05 07:05 ID:p3+LsLEg
とりあえず>>158、お前の本名を教エロ、話はそれからだ。

2ちゃん的にはこうなる。

158 :なまえ_____かえす日:03/07/05 09:36 ID:nEt5Qf6v
え! 俺の本名は、田中太郎です。
本当です! 嘘じゃないんですう!

159 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

160 :なまえ_____かえす日:03/07/06 10:26 ID:hlvIOuKs
ルグインはいろいろ模索しているのが見えていいね

161 :なまえ_____かえす日:03/07/06 22:10 ID:M3UorL5W
とりあえず、
5巻のテハヌーのしゃべり方が、幼すぎる気がする。

162 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

163 :なまえ_____かえす日:03/07/07 03:36 ID:uFaMcr6S
テハヌーは結局引きこもり?

164 :なまえ_____かえす日:03/07/07 07:55 ID:nuH0PBQX
なんで守りの長は本名を最初に言わせるのあって考えると、
そいつが将来すごい悪になった時の保険なのかな?

165 :なまえ_____かえす日:03/07/07 09:05 ID:vMIHR03p
4巻おもしろくない。

といったら、ゲド信者な友人に、「ゲドに英雄像求めてる人にはつらいかもねー」と
いわれたけど、別にそんなもの求めてない。

話がおもしろくない。

166 :なまえ_____かえす日:03/07/07 12:15 ID:iKnfEs40
165はなんとなく10代のような気がする。

167 :なまえ_____かえす日:03/07/07 12:47 ID:vMIHR03p
>166
違うよ。何で?

168 :なまえ_____かえす日:03/07/07 14:35 ID:8EhHLzDz
>>161
そんなテハヌーに萌えた俺って・・・。

169 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

170 :なまえ_____かえす日:03/07/07 15:34 ID:lL+R/ZHV
>>161
子供の時、虐待された彼女が大人っぽいさかしらな
物言いをするとは思えないが。

171 :なまえ_____かえす日:03/07/07 15:52 ID:2iM/MSzd
>>165
私も4巻は苦手です。

ここのスレでこういう意見を出すのは恐いのですけど、
私に関しては、ゲド戦記のラノベっぽい部分(魔法学校、
幽閉の少女、世界の果てなど)が結構好きなので、ラノベ
らしさの見当たらない4巻は正直読むのが億劫でした。
エピソードも気が滅入るようなものが並んでますし。
生、病、老、死の苦しみ。 空想をもってしても救えません。

これは普通に辛い話なんじゃないですか?
魔法学校なんて架空の存在だけど読んでて楽しめます。
でもテハヌーやゴハの経験は、読んでて楽しいとか面白い
とか言えるものではないです。

日常の世界で、これに通じる苦しみを感じている方々は
どこかほっとしたり癒されたりなさるかもしれません。
しかし私は、先の暗い道を覗き込まされるような、そして
自分もいつかそこに行かなくてはならないのではという
恐怖感のようなものを読んでて感じてしまいました。

文学論は分かりませんが、本にささやかな楽しみを見出して
それで満足したい読者も居るんです。
ラノベらしさ、軽さ、若さ、そんなものを求めては駄目ですか?
それを期待したい読者も居るんです。
作者のお考えに異議を唱えるわけではないですが、そういう
期待をゲド戦記に持つことを否定されたりすると悲しくなります。
他に本は沢山あるよと言われますが、ゲド戦記好きなんです。

172 :なまえ_____かえす日:03/07/07 20:55 ID:BBMjVaXU
>>171
理解できる(感想は正反対ではあるが)。
俺はゲド戦記には神秘性というか、不思議な感覚・面白さを求めて
いた。『クラバート』っていう物語みたいな奇妙な不思議さ。
その期待に1巻2巻はよく答えてくれた。
しかし、3巻からは説明調になって、不思議さや神秘性の正体を
晒すようになった。5巻に至っては、もはや死者も闇の世界も十分に
説明されてしまって怖ろしさを失ってしまっている。
そして現実に近い話になったことで、かえって嘘臭く感じてしまう
ようになってしまった。

ゲド戦記は最終的に「悟り」を目的にしてるみたいだが、物事を悟り
きってしまうほどツマラナイものは無いのかもしれない。

173 :なまえ_____かえす日:03/07/07 22:39 ID:nA7YycKe
自分は1巻好きで、この独立した完成度が好みなんで、
171の欲しいものはわかる気がする。

ゲド戦記は巻によって読み方、というか
語りのポイントが全く違うから、仮に1巻と4巻だけ
読んだらわけわからんだろうなと思うし。

このへんの劇的なまでの作者の語り口の変化に
先に物語の世界ありき、というのとはまた違った
生身の人間の変遷が透けて見えて、そこが面白いなと思う。

174 :なまえ_____かえす日:03/07/07 23:32 ID:882a+1xS
>173
禿同。というよりも、その意見に一票。

しかしここ見て、やっぱり十人十色なんだな、と思った。
みんながマンセーしてる話も良いが、色々な受け取り方が出来て、
というよりも、反論でも何かしら反応が出る作品というのは、
それだけ読んだ人に残るものもあるんだろうな。
なんか、そうなのかな、と思うだけで、もういいかもしれない…私は(w

175 :なまえ_____かえす日:03/07/08 00:03 ID:j+zIs1PK
>174
>読んだ人に残るものもあるんだろうな
第1巻から数十年たっても、残っているものは確かにある。
そして第5巻に至っては、自分ももっと年をとり、経験を
積まねば理解出来ない事も書かれていると思う。
年をとるのが楽しいなんて、思ってもみなかったけど(w。


176 :なまえ_____かえす日:03/07/08 00:25 ID:5FAofUcK
ルグウィンの作品、少なくともゲドに関しては
現実逃避としてのファンタジーじゃなく、
常に現実を直視するための寓話だから、
4巻以前に辛さを感じなかったなら、それはあなたの○○が○○なだけ。

なんていったら、ちと言い過ぎか。
言い過ぎだな。

177 :なまえ_____かえす日:03/07/08 14:01 ID:C+BWNYhc
> あなたの○○が○○なだけ。
     ↑  ↑
     両目 ふし穴

うまい図解だ。両目と言うより眼鏡かな? ○○-ヘ

 ……ハズレですね。おそまつ。

ていうか、4巻あたりからの辛さと1巻あたりの辛さは
また別ものじゃなかろうか。

178 :なまえ_____かえす日:03/07/08 14:21 ID:RecIYLH3
1-3巻は、物語に入ってしまって辛くなる。重いものがのしかかって来る感じで。
個人的には3巻が一番辛かった。

4巻は、つまんなくてページひらいてるのが辛い…
○○が○○なんですかね。

179 :なまえ_____かえす日:03/07/08 15:33 ID:oLYI1Yyf
長いシリーズだからこそいろんな感想を持つ人がいるんだね。

私は3巻、アレン(レバンネン)のゲドマンセーっぷりがちと辛かった。
ゲドは大賢人でヒーローなんだけど、
あくまでも1巻の『影』と戦った一個人だと思ってたから。
5巻でも彼のゲドコン(?)は治ってないけど逆に可愛く思えたのは
読み手の私がトシ取ったからかな。

4巻、私は実は一番好きだったりする。あれは凄い。色んな意味で。
5巻の方が……大まかな展開には納得できるけど意外とあっさり味で
もう少し堪能したかった、なんて思ってます。

180 :なまえ_____かえす日:03/07/08 20:43 ID:a8ospYzP
レバンネンの心酔ぶりは、象徴的な意味合いを持たせてあると思って
気にしてなかった。

自分は1と3と4と5が好き。要するに2以外か。

181 :なまえ_____かえす日:03/07/08 22:10 ID:xB4W0eoR
>180
私は2巻が一番好きだった。
テヌーと同じ年頃に読んだからだと思うけど(w


182 :なまえ_____かえす日:03/07/08 23:43 ID:xP5SUfQv
>181  テナーかな?

183 :なまえ_____かえす日:03/07/09 00:04 ID:zqdbz8ll
>179 何か分かるところありますー<もう少し堪能したかった

私はどの巻も捨てがたいけれど、敢えて言うなら4巻が印象深いかな。
最後のアスペンのくだりはもう目も当てられませんが、
(アスペンにひたすら憎悪を感じるんですが…カレシンマンセー)
どんどん深みにはまったというか。。。
ゲドとテナーがああなったのが賛否両論みたいですが、
結局ほのぼのしてる感じで、そういう家庭(と言って良いのか)の暖かさ?
みたいなのが好きです。
ファンタジーって、まず世界ありきでキャラクターの感情を削いだような
ハードなイメージがあるので…あくまでイメージなんですけどね…
多読なわけではないので、こう言うのも何かおこがましいのですが(汗)。

というか、ゲド戦記はどの巻にせよ台詞が好きで!
邦訳のでも好きだなーと思うのですが、
5巻原書を買ったら、原文もたまらなく素敵でうっとり。
一番好きな台詞は?と言われて、なかなか選べません。
エアの創造はル=グウィンの言わんとするところが、詩的にだけど的確に
表れていてとても好きです。純粋に聞いても、かっこいいですしね。

184 :なまえ_____かえす日:03/07/09 00:27 ID:0jbQ2Afe
ゲドって箱入り版とソフトカバー版あるよね、どっちがいいとかあるの?
今持ってるのはソフトカバーの方です。
ヤフオク以外では箱入りのはみたことない。

185 :陰太心:03/07/09 06:05 ID:y/lZuzrj
第4巻は、巫術を捨てたテナーと魔法を捨てたゲドの話なわけで、ファンタジー
とは違うと思います。ですから、エルフランドの言葉も出てこないのではないか
と思います。先ほどクラバートの話も出ていましたが、彼も魔法を捨てて現実へと
帰っていったわけです。でも勝手が違う実社会で、今までと同じようにうまく行く
でしょうか?まあ彼は青年なのでやり直しも効きますけど、初老に達したゲドにそれ
は可能か?というのがテーマとしてこの巻を覆っているのではないでしょうか?
ゲドは魔力も使えないのに、過去の功績だけでちやほやされることを嫌っていたわけ
ですが、これは常に現在を生きようとする彼の厳しさであると思います。ゲドに何か
を期待して彼に何か冒険を求めようと思うのは、まさに彼の周囲の人たちが、彼を引
っ張り出そうとすることと同じではないのでしょうか?第4巻においては、
「大魔法使いゲド」という像こそが彼の「影」となっているのではないでしょうか?
そして第一巻で全きものとなったからこそ、その「影」に取り込まれるのを拒んでい
るのではないでしょうか?テナーがハブナーを逃れてゴントに来たのもあるいは同じ
理由と言えるでしょう。ファンタジーという象徴の世界では影は内的なもので通じま
すが、リアルな世界では対人関係を中軸とした外的な影が大きな位置を占めます。
そしてある意味ゲドは象徴的行為によって極限の対人関係を成功させています。
つまり盗賊(つまりは敵、或いはドラゴン)から(未来の)妻子を守るという行為によって、
それによって、配偶者を得る、という冒険小説の筋立てを地で行った訳です。
つまり彼の魔法=象徴の技が現実世界で通用した瞬間、リアルへの通過儀礼を
果たした瞬間かもしれません。その瞬間はファンタジーのように様々な予兆と
共に来るのではなく、不意に訪れ、そして試されるのではないでしょうか?
 私はむしろ5巻の方が怖いです。
自分がすべてを捨ててまで完成してきたことが、全く無駄であったことや、
前の世代が孤独に真剣に模索していったことを、新しい世代が集団で和気藹々
とやってしまう、恐ろしさがあると思います。
分かりようが無いものが簡単に論拠づけされて割り振られてしまう、そんな気がしました。
つまり「一人(主人公又は自分)の力など何ほどでもない」ということが語られている
と思います。しかし、彼がいなければことは成就しなかった。存在の軽さと重さを同時に
自覚することに耐えなくてはならないということなのかとも思いました。


186 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

187 :なまえ_____かえす日:03/07/09 06:47 ID:16hEQuRH
3巻は前半から中盤がちょっと退屈だと思った。
後半は怒濤の展開で面白いけど。


188 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

189 :なまえ_____かえす日:03/07/09 08:53 ID:IR6t/iSX
>>185
>私はむしろ5巻の方が怖いです。
>自分がすべてを捨ててまで完成してきたことが、全く無駄であったことや、
>前の世代が孤独に真剣に模索していったことを、新しい世代が集団で和気藹々
>とやってしまう、恐ろしさがあると思います。
>分かりようが無いものが簡単に論拠づけされて割り振られてしまう、そんな気がしました。
>つまり「一人(主人公又は自分)の力など何ほどでもない」ということが語られている
>と思います。しかし、彼がいなければことは成就しなかった。存在の軽さと重さを同時に
>自覚することに耐えなくてはならないということなのかとも思いました。

同意!
私も4巻まででゲドという一人の人間の完結を見て、ある意味独善的に満足していたところを
5巻ではたかれたような気がした。
そして改めてゲドを象徴とする一人の人間の存在意義を1〜4までの話を読み返して考えてしまいました。






190 :なまえ_____かえす日:03/07/09 11:43 ID:0SsHJjP+
>185
のように言ってもらえると、何とはなしにわかるような気がする。
5巻の言いようのないむなしさと、不思議なすがすがしさが。
よくわかんないけど、私は185のように感想を整理して書けないけど
老境のゲド……テナーの帰りを待っていた彼と二人の会話を読んだ時、
人間って哀しいけど、もしかしたら人生は凄く美しいんじゃないかって
(私はまだそこには達していないので)勝手に感動してしまった。

テナーはいい意味でも悪い意味でも煙たがられる存在かも知れないけど
私は2巻、彼女のつぶされかけていた可能性に『たまたま』ゲドがスイッチを入れたんだ、と思ってた。
元々、生きることに貪欲で、激しくて、手段すら選ばない女の子。
だから4巻のテナーに、私はとても納得しました(w
ああ、全然変わってないな、テナーはこうじゃなくっちゃ、って感じ。

191 :なまえ_____かえす日:03/07/09 21:52 ID:bu+J4dFk
「帰還」読んでるとこです。

非常によく出来たファンフィクションを読んでる気分です…


192 :なまえ_____かえす日:03/07/10 02:07 ID:yhBOGw0i
ファンフィクションならもっと生ぬるい内容になるべ?
あれは紛れもなく、本人だからこそ描ける作品。

193 :なまえ_____かえす日:03/07/10 03:23 ID:AeSMxrtP
>184
う〜ん、どっちにもメリットとデメリットがあるかと…。
でも、ハードカバーとソフトカバーって大して値段は
変わらないんですよね…。
(むしろソフトの方が高かった記憶があるんですが、これは記憶違いかもしれません;)

>185 >190
禿同。というか、言いたいことを的確に言ってもらえて
勝手にすっきりしました、ありがとうございます(w。

194 :なまえ_____かえす日:03/07/10 04:02 ID:+p37DTa6
>192
ルグウィンは、アニメの類を嫌ってるよね。

195 :なまえ_____かえす日:03/07/10 11:26 ID:ZW7KY/cy
ソフトカバーのほうが値段高いよ。

196 :なまえ_____かえす日:03/07/10 12:53 ID:c2np5sm+
自分も4巻はつまらん。○○が○○なんですかね。
それまでは物語としても楽しく読めたけど、
4巻はあきらかに作者の思想が入りすぎている気がする。
ル・グウィンってエッセイとか読んでもフェミ色強くてゲンナリしてくる。

197 :なまえ_____かえす日:03/07/10 14:24 ID:Svz4s/gI
うん、ファンタジーを読むぞと思ってると
(゚Д゚)?→(´_ゝ`)フーン…てなるわな。

ル・グウィン大好き!フェミニズム?老い?どんとこ〜い!な状態じゃないと
楽しめないかもしれん。もしくはあらかじめファンタジー性を期待するなと
釘を刺されていれば心構えもできるから大丈夫かもしれん。
自分は4巻の表紙絵や装丁の雰囲気が3巻までとは大分違うなぁ?と
訝しく思いつつ読み始めたので受け入れる事ができたような気がする。

198 :なまえ_____かえす日:03/07/10 14:49 ID:acQSIaCl
4巻絶賛派 − ル・グウィン信者
4巻分からん派 - ファンタジーヲタ

という気がする

ル・グウィンを理解しようとして読むのか、ファンタジー作品として読むのか
で評価が分かれるのだろうな。

199 :なまえ_____かえす日:03/07/10 17:47 ID:aR+dGHaI
ここ数年で、ファンタジーもフェミも受け取られ方が違ってきたのか・・・。
むかしは、ルグウィンぐらいしかフェミ本が無かったのさ。
年寄りの繰言でスマソ。

200 :なまえ_____かえす日:03/07/10 19:32 ID:cuQwZ7I1
>198
こちらに書き込んでいる人で「4巻分からん派」という方は少ないのではないでしょうか?
4巻が分からないのではなく、4巻はつまらないと言っている人が多いのでは?
私も、4巻は面白くないと思っている人です。
小説的に、です。


201 :なまえ_____かえす日:03/07/10 19:38 ID:pBevUsdu
最近5巻読んだが、けっこー楽しめた。

でもオイラは4巻が一番好きだ。

202 :なまえ_____かえす日:03/07/11 16:15 ID:Q6mBgvaA
俺はカラスノエンドウの妹が好きだ。


ところでアースシーの魔法使いって、スターウォーズのジェダイの騎士と似てるよな、
って話はセゴイが陸を海から引き上げたのと同じくらい既出ですか?

203 :なまえ_____かえす日:03/07/11 16:24 ID:wcQ6ZIrQ
結局、セゴイって何よ?

204 :なまえ_____かえす日:03/07/11 19:25 ID:qqoL0aIE
カラスノエンドウの妹。もう、孫がたくさんいるよ。

205 :なまえ_____かえす日:03/07/11 22:36 ID:SqAS6HFm
激しく遅レスだが
>164
興味深い。
あの長ならそうじゃないとも言い切れないかもしれないな〜(w
と言うか、ほんとに彼は何歳なんだろう…

206 :なまえ_____かえす日:03/07/12 03:34 ID:1U6OsUX9
カラスノエンドウの妹は1巻の清涼剤だよな〜
ゲドがパンをつまみ食いするシーン、とても好き。



207 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

208 :なまえ_____かえす日:03/07/13 03:49 ID:sVilO6lm
私は1巻から一気に4巻まで読んだからか、4巻が一番面白かったな。
4巻って、他の巻より暗くて生々しくって、好きだなあ。
自分の皿くらい自分で洗えってゲドがテナーに言われるとこが、両親とかぶった。
力ない惨めなゲドかわいそうだけど、そんなことお構いなしで、皿洗えよって細かいところ言うテナーが、女の実際だなあと。
ゲドが偉い魔法使いなのも面白いけど、その後その力なくなったら、って方が私は、共感できるって変だけど、気になる。

でも、2巻が一番好きなところもあるな。
なんか4巻って、自信もって人に勧めらんない感じする。

209 :なまえ_____かえす日:03/07/13 04:20 ID:BZkKiTJt
私も4巻が一番好きなんだが他人に勧めるとなると確かにムズいかも。
つーかゲド自体、お勧めするのはなかなか難しいな。
いやもう自分的には1〜5通してオススメ! なんだけどね!

プライベートな話ができる友人(これ、かなり重要)との酒の席で
さりげなく1巻を勧め、読了後にまた酒飲みながら2巻、3巻と勧め
3巻読了後に感想を聞いて判断する。
「私も3巻で終わるもんだとばかり思っていたんだけど……
 うーん、私的にはすっごいよかったんだよね。読んでみる?」

あと、ファンタジー好きな友人には敢えてゲドは勧めない。
ダルいとか重いとかの理由で挫折されるくらいならいいが
何かもの凄いトンチキな感想が返ってきたりしてすっげー凹む……

210 :なまえ_____かえす日:03/07/13 07:16 ID:JTdJ5VGo
「帰還」終了

…やっぱり私は○○が○○のようです。
「210は10代でしょ(w 」とか言われそうなので、ひっこんで5巻逝きます。

211 :なまえ_____かえす日:03/07/13 17:21 ID:skUmd/zR
>208
テナーが「皿洗え」と言ったのはゲドに対してではなく、自分の息子に対して
じゃなかったか?
むしろゲドは率先して後片づけしてた。

212 :なまえ_____かえす日:03/07/13 17:32 ID:hrJSBjSn
この物語で「均衡」って大きなテーマですよね。
1〜3巻では色んなレヴェルで崩れた「均衡」を回復する旅だったと思います。
4巻は、それまでの物語に対して、作者が「均衡」を課した内容でした。
それが余りにもよそよそしい「ツッコミ」のような形を取ったのには面食らいましたが。
先程、5巻を読み終わりました。包容力のある豊かな作品だと思いました。
4巻の何か復讐のようなどす黒さも、3巻までの広大な世界観も、
5巻には消える事無く、自然に溶け込んでいると思います。
作者が書いてきた事がすべて、静的な描写の内に「均衡」を得ていると感じました。
なんというか、これ以上望むべくも無いフィナーレだったなと。
以上、勝手な感想でした(周りに話せる奴いないんでスッキリしたよ〜




213 :なまえ_____かえす日:03/07/14 00:26 ID:obbekwKQ
今日5巻を読み終わりました。
感想。


ポカーン…
え、何これ? ギャグ?

駄目だ漏れにはもうついていけん・・・・ ってもう完結だっけ?
やっぱり漏れは3巻までがゲド戦記だな。
4巻5巻は二次創作。とてもよく出来た、二次創作。

214 :なまえ_____かえす日:03/07/14 06:05 ID:4hAP9pzN
5巻の後の世界。

竜達は姿を消し。
太古の言葉は失われ。
魔法使い達はみな、その力を失った。

だが一方で
死後の魂は再び輪廻を開始し
永遠の幽閉から解放された。

アースシーの世界から数千年経過した
世界が西暦2003年の「地球」

だからオイラは恐竜展にいっては
古竜オーム・エンバーを偲んでいまつ。

215 :山崎 渉:03/07/15 11:19 ID:oau48mjj

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

216 :なまえ_____かえす日:03/07/15 16:37 ID:A8LDjA2t
>>215
山崎? それが5巻を読んでの感想か?

217 :なまえ_____かえす日:03/07/16 23:19 ID:35iau7pn
カルガド人のインタシンは、魔法使えないんじゃないの?
それなのになんでエレス・アクベと魔法合戦ができたの?

218 :なまえ_____かえす日:03/07/17 01:07 ID:UvEzD1NY
>214
なるほど!そういうことか!(ワラ

でも
ル・グウィンがこれ以上続編書いたらやだけドナー


219 :なまえ_____かえす日:03/07/17 03:24 ID:Iyb6GRLe
>>217
言われてみれば確かに。

220 :なまえ_____かえす日:03/07/17 20:19 ID:/ra05wh5
それにしてもどうして今まで考え付かなかったんだろう。
・・・アースシー魔法使い強さ的ランキング(w

大賢人ゲド>ハブナーのクモ>>>大賢人ネマール>院生ゲド>カラスノエンドウ
    >ヒスイ>>>(石垣)>>>ハンノキ>>>(テナーのベッド)>>>elderゲド



備考:
ハンノキが自分が知らない死者達に真の名を呼ばれた時の衝撃 = 18ゲド
(1ゲド = ネットで本名を晒された時の衝撃)

221 :なまえ_____かえす日:03/07/18 12:36 ID:e20gMwdQ
叔父御とか赤い魔法使い、エルファーランとモレドも入れとけ

222 :なまえ_____かえす日:03/07/19 15:00 ID:UDOwNm6/
実は5巻のテナーはあまり好きじゃない。なんか好かれすぎてる気がする。

223 :なまえ_____かえす日:03/07/19 19:50 ID:VDd3t6/n
>222 わかる。

224 :なまえ_____かえす日:03/07/19 21:25 ID:5X57sFh4
>222
ゲドに愛され過ぎてる、ってこと?
ゲドとレバンネンにはすごい好かれてるけど
他の人からは普通に敬意を払われてるだけでは

225 :なまえ_____かえす日:03/07/20 00:23 ID:QwH36mvC
アチュアンの裏切り者なのにカルガド人に優遇されたり、
なにかテナーが力を振るいやすい状態にはなってるんじゃない?
もろにテナー目線が主体になってるし、ああいう良識派の視点
はかなりうざい。若年目線の3巻まではいいとして、4巻は平凡な
田舎生活を送る元エリート外国人(テナーね)の視線なんで割と良かったけど
5巻はエリート意識丸出し(本人気づかず)で、活躍気味なんで
読んでて鼻につく。テナーだけがバカみたいな行動を一つもとらないのもね。



226 :なまえ_____かえす日:03/07/20 00:29 ID:Uf4ymoI3
5巻で一番活躍したのは、子猫のヒッパリ。

227 :なまえ_____かえす日:03/07/20 01:32 ID:hZcPxA9P
>225
テナーは年長者の視点なんだとおもう。
もう自分の人生の終わりがどんなものか見えている=達観した人物として
ほとんど作者と同じ視点から若い世代を中心として
世界が動いていくのを見守っていて、
時には老婆心から忠告したりしてるのでは。
あれだけめずらしい経験を積んだ年長者を
ないがしろにするやつはあまりいないでしょ

年とっても「バカみたいな行動をとる」やつも世の中にはいますがね。

それよりも225は、作者が美化した自己の投影として
テナーというキャラクターに物語世界を仕切らせてると感じてウザイんじゃない?
邪推ですまんが。

228 :なまえ_____かえす日:03/07/20 01:55 ID:XQHFyG1G
>>227
>作者が美化した自己の投影として テナーというキャラクターに物語世界を仕切らせてる
てゆうかそうじゃないのかな? テナー = 自分だろ。
漏れも○○が○○なのかな?

229 :なまえ_____かえす日:03/07/20 12:39 ID:7zk3y/ec
あー、ナルホド。
ゲドに限らずあんまり良識的な登場人物に
作者が透けて見えるとうんざりするな。

230 :なまえ_____かえす日:03/07/20 13:37 ID:lur8rpNO
呼び出しの長の囲い込みが嫌だったな。

231 :なまえ_____かえす日:03/07/20 17:16 ID:G1TYs/Oy
てゆうかおまえら、テナーに自分の母親だぶらせて嫌ってるだけ。

気づけよ(w

232 :225:03/07/20 22:53 ID:QwH36mvC
はっきり言ってこれまでは作者も登場人物と一緒に手探りしてる
感じがあったけど、5巻じゃ何か答えを出してそれに向けて登場人物
を動かして行ってるように見える。ローク式がだめでカルガド式がいい、
って結論付けてるのもなんかこれまでの常識をひっくり返しただけに写る。
ゲド戦記の価値観は時代遅れのフェミニズム論に囚われてるように見えてならない。
男権社会という捉え方そのものが現代では意味をなさなくなっているのにも
かかわらず、今更「男権社会」と魔法使いを同一化して批判と嘲笑の対象
にして、フェミ男クンにしか価値を置かない描き方。そういう作者=テナー
の決定的に古い視点が作品を支配しているため登場人物がテナーに一元化される。
>231 自分の母というより母の原型だろ。太母=竜だとすると母権制の権化
   のテナーとドラゴンマンセーの五巻は目的が一致するな。


233 :なまえ_____かえす日:03/07/20 23:29 ID:WXAg7osg
フェミに限界があるからといって、ゲド戦記という作品まで
巻き込むなよ作者、と言いたいのかな?。
この作者のフェミ度は、ゲドより他作品のほうが度合いが大きいんだけど。
自分はあの世界感がハンノキをきっかけにしてグルグル変わりうる
のが単純で良いな、とただ思っている。


234 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

235 :なまえ_____かえす日:03/07/21 11:38 ID:z8CsIo5f
1−3巻はオスです
4−5巻はメスです
オスはメスのためにエサを一生懸命運んできて、
最後はメスに喰われる運命にあるのです。

236 :クモ:03/07/21 17:07 ID:Bt9LK7sg
な、なんだってー!(AA省略

237 :なまえ_____かえす日:03/07/21 18:50 ID:9DsEGiGB
やっぱり○○が○○な人が多いのな。

ゲド戦記というタイトルが悪いと言ってみるテスト

238 :なまえ_____かえす日:03/07/21 21:40 ID:zAlHxRKk
んなこたぁない。

と言いつつ心中同意してみるテスト

239 :なまえ_____かえす日:03/07/21 22:35 ID:k1KAJase
一度聞いてみたかったんだけど、

「ゲド戦記の中で一番好きなシーン(もしくは台詞)はどこ(何)でつか?」

自分は、一番なんて選べない!って感じなので、
他の人のが聞いてみたいと言ってみるテスト。

240 :なまえ_____かえす日:03/07/22 00:10 ID:7UkrSfS0
そりゃもう春の逍遙中、雨を避ける為木陰に身を寄せるオジオンたんに思いを馳せるあのシーン。

241 :なまえ_____かえす日:03/07/22 05:41 ID:7sjfG0QL
>237 アースシー5部作というのはもはや誰でも知ってますよ。
  タイトルは関係ないです。みんなハッスル鷹爺に期待してたのに
  フェミ爺やに堕落していたために怒っているのです。
  ゲド自身は「俺は死なねばならない!」と言って永久の眠りに
  ついていたのに作者は「そんなの彼の思い違い♪」とばかりに、
  テナー嬢ちゃんをあげるからちょっと起きてとかなんとか言って
  口説き落として無理やりテナー戦記に引っ張ってきたのです。
  それなのにテナーは生意気だし元生徒のイライズンには苛められ
  るし、せっかく魔力と引き換えに閉じた扉を平気で開かれるしで、
  5巻ではちょっとやる気をなくしたみたいですね。
  
 
  
  

242 :なまえ_____かえす日:03/07/22 06:08 ID:7sjfG0QL
>239 エレスアクベ対インタシンの三日三晩の大魔法合戦のシーンです。
   
   
  

243 :なまえ_____かえす日:03/07/22 10:36 ID:BGjQ7rJ+
>みんなハッスル鷹爺に期待してたのに
>フェミ爺やに堕落していたために怒っているのです。

○○が○○な自分は、別にハッスル鷹爺に期待してなかった。
もうショボショボになる覚悟でいたし。

4-5巻はファンタジー小説として面白くない。

アースシーの論理で動いているのでなくて、作者の主張のための
ご都合で動いているから。

244 :なまえ_____かえす日:03/07/22 12:11 ID:gvY+GLsN
自分もハッスル鷹爺に期待してなかった。
オジオン様という先例がありながら、そんな展開に
なるわけがない。ドタゴンフライを読んで無いけど、
魔法使いの奮闘はそちらにいった気がするな。
読んだ方、どうでしょう?。





245 :なまえ_____かえす日:03/07/22 12:12 ID:gvY+GLsN
訂正
×ドタゴンフライ→ドラゴンフライ

246 :なまえ_____かえす日:03/07/22 13:29 ID:nlmWkdB2
ドタゴンフライって何か可愛いね!
せっかく訂正してるのにゴメソ。本当に可愛かったので。

自分は4巻が一番好きなんですが、
>243のファンタジー小説として面白くないというのもうなずける。
ル・グインのご都合という言葉は乱暴な気がするけどそれもわかる気がする。
でも好きなんですよ〜。4巻。上手く説明できないんですが。
4巻以外では1巻が好きです。中学の頃に読んでめちゃくちゃ感動。
ちなみに自分、ゲド以外のファンタジーものはほとんど読まない上に
ル・グインの他の著作も全然知らないダメ読者……







247 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

248 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

249 :なまえ_____かえす日:03/07/22 18:57 ID:7sjfG0QL
>244 分かるけどゲドに匹敵するほど魅力のある若手って
  結局いなかったよね。テハヌーが思い切りそうなる可能性
  があったのにテナーハンノキ王様アイリアンにそれぞれ分散
  して結局どれも薄味になった気がする。
  むしろテハヌーとアイリアンに視点を限定して、世界がどうとか
  とかしなかった方が良かった気がするけどね。
  
 

250 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

251 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

252 :なまえ_____かえす日:03/07/22 23:34 ID:Pmuf+8Eu
1巻目が好きだっていう人って意外と少ないのね。
わしは断然1巻派なんだが。オジオン師匠モエー
師弟関係ってのはやっぱりかっこいい。

253 :なまえ_____かえす日:03/07/23 00:13 ID:6Yfi/RBs
1巻は当然みんな大好きだと思うがいかがか。
やっぱ1巻がおもしろいからみんなこのシリーズがすごく好きになって、
それゆえにそれ以降の巻について賛否両論起こるんだよね、たぶん

254 :なまえ_____かえす日:03/07/23 01:34 ID:8FCRARYf
このぶんだと6巻出そうだな。

255 :なまえ_____かえす日:03/07/23 01:40 ID:lW5QMxlr
>>239
一番好きなシーンっていったらやっぱり・・・

「きさまの名にかけて誓え! イ○○ー!!
 きさまも、きさまの息子どもも、二度とアーキベラゴへは行かぬとな!!!」

(真の名は本人の要望により伏字)


だろう。野卑で傲慢な若きハイタカ燃え。

256 :なまえ_____かえす日:03/07/23 02:03 ID:8FCRARYf
やっぱ一巻好き多いね。
私はオジオンのところに鷹でかえってきたシーンが好きだ。
>239 傲慢な男がいなくなったよね。いても絶対悪役で、女性差別主義者
   なんだよねー。
   

257 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

258 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

259 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

260 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

261 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

262 :なまえ_____かえす日:03/07/23 11:20 ID:aq5sQ7VX
やっぱり1巻は血が沸く。
カコイイもの。

263 :なまえ_____かえす日:03/07/23 13:49 ID:NMh4YE09
1巻好きですよ〜。
つーか1巻がこれほど心を捉えなければ
20年以上時を経て続刊読まないっすよ〜(w


264 :256:03/07/23 16:41 ID:8FCRARYf
>239は>255の間違いです。すみません。
やっぱり一巻はローカルスタンダードなんですよね。だからかっこいい。
よく伝統とか儀礼は無意味とかなんとか言う人がいますけど、ああいうの
って精神や意識を鍛えてるんじゃないかと思います。つまり1から3巻は
共同体的な儀礼に則ってやってるから格好良いけれど、それを乗り越える
ために自己流でやって成否を問うたのが、4,5巻だと思います。その意味
でナマな感じのする4巻は好きですね。5巻は自分と共同体との関係を模索
しているようにも見えます。でもあまりうまくいってるとは思いません。
ただ、作者の必死さが何か伝わってくるんですよね。  

265 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

266 :なまえ_____かえす日:03/07/24 03:21 ID:fpK6DOXU
いいスレなのに、このテンプレの多さに禿鬱…夏ですな。

1巻があってこそ続きを読もうと思ったわけだから、
1巻は問答無用で好き。
そして私は4巻も好き。

それにしても、どうして清水さんは「Tales〜」から翻訳しなかったんだろ。
外伝とは言え、原書の出版順でやってくれるものだと勝手に思ってた…。

267 :なまえ_____かえす日:03/07/24 06:10 ID:1syaiTaJ
どっちも読んでから5巻の方が先がいいと思ったんでしょうな

268 :なまえ_____かえす日:03/07/24 07:23 ID:6FYYVwgl
一巻好きと四巻好きが多いのかな?俺は2巻が好き。一巻がいっちゃんだけど。
>257同意。テルアーって世界設定とかが入ってるから
ちょっとベストセラーファンタジーとかラノベっぽく
なるもんね。

269 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

270 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

271 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

272 :なまえ_____かえす日:03/07/24 14:01 ID:Rnz6iw56
これだけ業者の多い板なのだからいいかげんsage進行にしませんか

273 :なまえ_____かえす日:03/07/24 19:57 ID:LLjYIMdO
賛成テナー。

274 :なまえ_____かえす日:03/07/24 21:17 ID:pndbG6Z5
死んだら黄泉の国へ飛ばされる = 封神演義の魂魄台

275 :なまえ_____かえす日:03/07/24 22:39 ID:vtqT1Yc+
なんだかんだで4巻はすごいな。

だって、ゲドってキャラクターで金儲けしようと思ったら、もっといくらでもやりようあるのに、
敢えてそれをせずに、彼のヒーローせいをすべて剥奪して、その立場から開放しちゃうんだから。

本気で書いてる作家じゃないと、あれは出来ないよ。

276 :なまえ_____かえす日:03/07/24 23:27 ID:6FYYVwgl
ゲドは強盗退治のヒーローですよ。

277 :なまえ_____かえす日:03/07/25 00:43 ID:2V8KRCKu
>だって、ゲドってキャラクターで金儲けしようと思ったら、もっといくらでもやりようあるのに、
>敢えてそれをせずに、彼のヒーローせいをすべて剥奪して、その立場から開放しちゃうんだから。

「ゲド」を「アースシーの世界」という単語と置き換えても、通じる所がある文ですね。
5巻の展開は、今時の世界観商売みたいじゃ無いし。
毅然とした完結を選んだ作者には恐れ入りました。


278 :なまえ_____かえす日:03/07/25 02:43 ID:eSoq5UAw
毅然とは言わんだろ>完結
最後はみんなで仲良くエッサエッサかよ。おめでてーな。
あのな、ゲド戦記っていうのはもっと殺伐としてるべきなんだよ。
南の島に住んでる竜がいつ誓いを破ってもおかしくない、
名を呼ぶか呼ばれるか、
そんな雰囲気がいいんじゃねえか。真の名を隠しもしないまじない女はすっこんでろ。
で、やっとロークの話になったと思ったら今度は、呼び出しの長がクマとか言われてるんですよ。
もうね。お前らな、呼び出しの長ってのは強力ば魔法の力を振るう偉大な魔法使いなんだよ。
最近の流行はやっぱり

279 :なまえ_____かえす日:03/07/25 03:46 ID:Xi4YOlSo
えらく中途半端だな。
吉野屋のネタなら、ちゃんとゲド戦記風のオチを。


280 :なまえ_____かえす日:03/07/25 04:31 ID:KFKsdySq
たしかに男っぽい女と女っぽい男がみんなでエッサエッサだな。
男らしい男とか女らしい女って生存競争の原理からできたもんだろ。
ジェンダフリーなんてテクノロジーの産物だろ。なんでアースシー
にアメリカが入ってくるんだ?アースシーも自由と平等の
グローバリゼーションの前に門戸をひらきなさいってか?
悪いやつらは最新ドラゴン兵器で一掃してあげます。超小型化できるので
ピンポイントで焼き尽くせます。自由万歳女性解放万歳ってか?
女性を抑圧するロークの独裁体制から救ったので私たちは西に戻ります。
あとはおすきにどうぞってか?

281 :なまえ_____かえす日:03/07/25 04:41 ID:KFKsdySq
えー?魔法使いがいないと治安が悪くなる?不便になった?カルガドが怖い?
いいじゃない、魂の安らぎを得たんだからさ。地獄に行くよりましでしょ。
いくら危険でも不便でも自由はいいよお!それにカルガド人は正しい民族だから悪いこと
しないよお。するのはあんたたちが武装するからさ!

282 :なまえ_____かえす日:03/07/25 05:03 ID:KFKsdySq
え、魔法使いたちこそ本当の男だった?
あのね実は魔法使いは本当は不能で童貞なんです。
だからあんたの隣のフェミオの方がよっぽど男ですよ。
テロリストイライズンはサディストでテロリストトリオンは覗き魔です。
ロークのやつらはろくなもんじゃない。魔法使いなんて所詮こんなもんです。
ええっと(汗、もちろん大多数はいい人たちばかりです(汗汗。薬草の長とかね。
一番良い人は様式の長です。尤も彼はカルガド人なんで当然ですけどw。
魔法を捨てた彼らこそ男の中の男ですよ。 

283 :なまえ_____かえす日:03/07/25 05:26 ID:4uhweu9E
>280
その反論はルグイン信者の自分にはこたえるな。
なんかスーチーさん軟禁とかで一番煩いのも部外者のヨーロッパ諸国だとか
そういうことを思い出してしまった。

でもやっぱり、治世が安定して国や文化が健全に成熟すれば自然に
男女間の役割分担もあいまいになってくるのではと言い張ってみるテスト
そしてそんな流れが気に入らない上の世代の庶民たちも話に登場しないだけで
存在したという設定があったりするかも、とか
苦しいな


284 ::03/07/25 05:29 ID:KFKsdySq
あーあ、出ちゃった。ま、いーか。ここまでするつもりはなかったんだけど、
あんまり溜め込むのも良くないよね。

285 ::03/07/25 05:33 ID:KFKsdySq
>283 どーも。レスありがとうございます。えーとひとまず
   284は、283へのレスを見て書いたわけではないことを記します。

286 ::03/07/25 05:52 ID:KFKsdySq
>283 ル・グインは公約を破って魔法世界をアレゴリカルに捉えてしまった。
  男性社会の反映としてです。で、別に女性でも男性と大差なく扱える
  最新兵器や事務労働の時代ならともかく、こんな世界で、女性と男性
  が同じ役割を果たしていくことは難しいと思います。有閑階級なら別
  でしょうけど。しかも軍事危機は厳然とあるのに、いままで依存していた
  大きな国防力が消えてしまった。これは非常な問題だと思います。
  第一4巻、とんぼ、において絶対状況を救ったのは常にドラゴンです。
  なんというか、二階に上げておいて、梯子を下ろすようなことをしたのです。
  結局、ルグインが魔法世界を男性社会にたとえた以上、
  アレゴリカルな批判はなされてしかるべきでしょう。
  ルグイン自身は280のような意識は多分もっていないと思います。ただ、
  彼女の思想に、その属性があるために、このような比喩が可能になって
  しまったことが問題だと申し上げるのです。

287 :なまえ_____かえす日:03/07/25 07:50 ID:KFKsdySq
>治世が安定して国や文化が健全に成熟すれば

その治安が安定することがどれほど困難であるかを認識した上の言葉
ですか?また健全に成熟とは何を持って健全・成熟と言われるのですか?
男女の役割分担は、生存に効率的だったからこそ採用される形態であり、
それがなくなるということは、外敵や窮乏がない状態と言えるでしょう。
でもそれは富の集中しているところにのみ可能ではないですか?また
貧しいゲリラの女性兵士などの例を見ても分かるとおり、困窮しすぎている
ところも単純な労働力として女性を扱います。つまり、ロボットとして
の男女完全平等もありうるわけです。肉体の能力が退化するほど豊かな
社会か、人間が物として扱われるほど貧しい社会にこそ男女の役割の曖昧
さがあるとはいえませんか?男が男らしく振舞え、女が女らしく振舞える
のは社会がある程度健全だからできることではないですか?
男女の不平等をなくすのと、美意識をなくすことを不可分とする思想こそが
問題ではないですか?

286
>ルグイン自身は280のような意識は多分もっていないと思います
煮え切らない態度はやめろ!意識していないことが最大の悪だ!
富裕都市の理屈でもって部族社会を斬った時代に書かれた書物に
そんな弁明が通じるものか!そのような比喩が可能になったということは
欧米の女性団体や都市民のタリバン嫌いのために膨大な農村の女性を餓死・誤爆
させた思想を十分に担ったということだ!意識しない影を見つめるべきなんだよ!



288 ::03/07/25 08:06 ID:KFKsdySq
今日は吹き出るなあ。どーしよー。昨日まで考えてもいなかったことばっか。
264と278のせいだな、きっと。

289 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

290 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

291 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

292 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

293 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

294 :なまえ_____かえす日:03/07/25 22:17 ID:PCS1vWGk
KFKsdySqは朝から数時間に渡ってオツカレサマデシター。
色々な解釈や言い方あるもんだと、改めて知りました。
私はあんまりそういう風に読まないので、理解に苦しむ所も
多々ありますが。だから278みたいな考えも、実は良く判らなかったり。
物語のどこが良いという感じ方は人それぞれだと思うし、
良さや作者の考えはこれだ、と言い切るには、作者ではないのだから、
その答え(?)は推論の域を出るものではないと思います。
だから、はっきり言われて、ちょっとドキドキしちゃいましたw
自分は、そこまでものを断定して言えない人間なので。

人に「ゲド戦記」をすすめるときも、
「これ面白いから、良かったら読んでねー」とか
「○○○○(問題発言につき伏せ)に萌えてしまうんだよ、ハァハァ!読め!」
とかいうすすめ方をしてます・・・。
好きなのに、うまいことすすめることが出来ないゲド読者でスマソ。

マジ、スマソ。

295 :なまえ_____かえす日:03/07/25 22:40 ID:5yB4swlv
>294
言いたいことにはおおむね同意なんだが
このスレで『萌え』という言葉は使わない方がいいと思われ。
普通に読める発言してるのに「巣に帰れ」的レスつけられるのは
嫌かな……と、思って。お節介スマソ。
前の方で萌え話してもいいかという質問に対し、
(つーかここでそういう質問するのもどうかと思うけど……(ニガワラ)
ご勘弁とか他でやれってニュアンスのレスがついていたし。
住人が嫌がる言葉は使わない方が平和だと思うよ。

いや自分も多分にそっち系嗜好なんだがゲドだけは萌えから外してる
子供の頃に感動した記憶が強すぎて萌えモードにならねえ……。

296 :なまえ_____かえす日:03/07/25 23:13 ID:PCS1vWGk
>295
うぅ、そうでした、ご忠告ありがとうございます。
不快になられた方がいらっしゃったら、本当にすみません;。

297 ::03/07/26 00:02 ID:Tqmk3oBF
>294
マジレスどーも。今朝はちょっと書いてるうちに急に考えが湧き上がって
きて勝手にハイテンションになって過激&長レスしてしまってすいません。
ところで294さんの○○○○ってなんですか?

298 :なまえ_____かえす日:03/07/26 00:41 ID:8Av4WkjT
このスレのいけん わけわからんのは ぜんぶ とばして よんでる。
ふぇみ とか ふぇみお とかも おもろないので ぜんぶとばしてる。
そんなん もってこなくても このものがたりは じゅうぶん たのしめるよ。
ものがたりの よみかた たのしみかたは ひとそれぞれ。
じぶんの いけん じぶんの かいしゃく おしつけ いくない。

299 :なまえ_____かえす日:03/07/26 00:55 ID:NAbWsOsn
>298
うん。自分もそう思うよ。
しかし逆ギレされない上手い書き方でつね。
90%スルー決定な書き方でもあるが(w

でも解釈を展開したい人は>298のレスがあってもなくても
解釈を展開し続けるだろうし、
フェミ云々言いたい人はやっぱり言いたいんだと思う。
私も何だこりゃと思う時もあるけど、そういう時は
解釈押しつけイクナイ!と言うのも押しつけかな〜と思い直して
取り敢えずスルーしてる(頭悪くてすまんね、実際)。
特にゲドはそういう議論をしたがる人にも好まれやすい傾向があるから
ある程度は仕方ないんじゃないかな〜と、思ってるよ。
マジレススマソ。

300 :なまえ_____かえす日:03/07/26 01:11 ID:Tqmk3oBF
別にさあ気に入らないなら反論すればいいじゃん。
議論って結局解釈の押し付け合いだよ。逆に言えば
4、5巻のローク解釈も作者の押し付けだよ。それに対して
反対してるだけでしょ。作者のイエスマンになることだけが
作品を楽しむ、ってことになるの?こっちだって本気で読んでる
からあんな解釈もしてしまうんだからさ。

301 :299:03/07/26 01:36 ID:NAbWsOsn
うん。だからいろんな解釈をする人に頭ごなしに
解釈押しつけイクナイ! と言うのもどうかな? と、思ったんだけど。
どうも私の書き方がいけなくて>300は怒ってしまったようですね。
私は全編通して楽しめたからこのスレに来たんだけど
いろんな人がいるな〜と思ったし、
なんだこりゃ、と、思った書き込みを読みつつ、
考え方として多分平行線だからその書き込みにはレスしなかっただけ。
そして>298の
>そんなん もってこなくても このものがたりは じゅうぶん たのしめるよ。
という部分には激しく同意でした。
楽しく読んだと書くと馬鹿っぽいですけど、全編通して拭いきれないフェミ臭は感じますし、
4巻5巻に対する反対意見も心情的にはわかる部分もあるんです。
なので議論はある程度仕方ないかな、と。
だけど正直、フェミ論議のループ(SF板からの)に関してはお腹イッパイなので、
私はもうここには来ない方がいいみたいです。
>300さん、怒らせてしまってすいませんでした。




302 :300:03/07/26 02:09 ID:Tqmk3oBF
>301
これは主に298に対してつけたレスで、レス指定つけ忘れたことは誤ります。
それに別に怒ったわけじゃないです。誤解する書き方すみません。
あとループに関してですが、これは仕方ないと思います。作者は
それを狙って書いたのでしょうから、議論を深めていくのも良いのでは?
と思っただけです。でもあまり攻撃的になるのもこのスレの主旨では
ないようですし、どーもお騒がせしました。

303 :なまえ_____かえす日:03/07/26 02:57 ID:BsB3YeEf
どうでもいいのでゲドを語れ。


5巻ではパルンの魔法使いが出てきたわけだが、3巻での邪悪な感じは無かったね。
パルンではロークに行かずに独自に魔法教習課程が存在するんだろうか。
灰色の魔法使いとクモのように、弟子を取ってはいるんだろうが。もしかして一子相伝?
でも一人で全部教えるのは大変そうだな。物の名前とか全部教えるのとか(藁

304 :ゆんぎゃん:03/07/27 01:25 ID:FVycHJ/n
過去に、翻訳者と話す機会があったのですが。
「(観察者から見て)名前(Magic)と存在はどちらが先なのでしょうか?」と阿呆な質問をしました。
その後、ゲド戦記を読んだことが無かったので、帰還を買いましたが。
ゲドが戻ってくるところまでしか読んでいません。


305 :ゆんぎゃん:03/07/27 01:27 ID:FVycHJ/n
村上春樹はよく読みます。

306 :ゆんぎゃん:03/07/27 01:34 ID:FVycHJ/n
>>304
「名前を付ける」が、「Magic」です。間違ってしまいました。修行が足りません(笑)。

307 :なまえ_____かえす日:03/07/27 01:44 ID:Z+f1R9gy
>304
それで、その質問の答えはあったんですか?

ちなみに村上春樹はこの間ようやく「ノルウェイの森」を読みました…ブーム時にはまだ生まれてなかったのでw。
スレ違いスマソ。

308 :なまえ_____かえす日:03/07/27 02:44 ID:2C+O2/TH
名無しがコテハンをつけるようなもんだ。

309 :ゆんぎゃん:03/07/27 09:15 ID:FVycHJ/n
>>307 さんへ
答えはありませんでした。清水真砂子さんは「どちらが先でしょうね・・・」って返事でした。
懇親会の前の講演で、「散歩道で見る花の名前を知ることで世界が広がるんですよ。
ゲド戦記の中には、いろんな植物の名前が出てきます。」こんな話だったかと。



310 :ゆんぎゃん:03/07/27 09:22 ID:FVycHJ/n
>>308 さんへ
観察者から見て、対象が(名前を)話しかけてくるのを汲み取れることでしょう。
「Magic」という言葉については、その後、プログラミングで知りました。
(タスクや、スレッドに仮名をつける)

311 :ゆんぎゃん:03/07/27 10:04 ID:FVycHJ/n
何かのドラマのエンディングで中島みゆきが歌ってる歌詞で何気に思い出したのです。

312 :なまえ_____かえす日:03/07/27 11:31 ID:YZkg+M7/
5巻は一応ものが先、って言ってる小説ですよね。

313 :なまえ_____かえす日:03/07/27 20:58 ID:HFQVls45
なんでロークを否定したんだ?>5巻

314 :なまえ_____かえす日:03/07/27 21:06 ID:aLG44pMB
4-5巻が嫌いな人ってようするにアンチ・フェミ?

315 :なまえ_____かえす日:03/07/28 00:43 ID:bzFuJXl5
>314 ローク支持派

316 :なまえ_____かえす日:03/07/28 00:49 ID:l4Z9v7VT
>>314
フェミはどうでもいいが、要するに冒険が無いし、何かの「正しさ」の押し付けに見える。
その正しさがフェミか何かはどうでもいいがな。はっきり言ってフェミはどうでもいい。

その正しさの押し付けが主人公が命を賭けた冒険の果てに得られるものではなく、
全くよく分からない語りや超常の力(竜とか)によっていきなり与えられてしまうのが嫌なの。

「死と命は等価、どちらを否定するともう一方も否定する事になる」という命題を実現するだけでも
3巻でゲドとアレンはさいはての島で死の谷を歩まねばならんわけ。
そういう労苦によって物語的にその正しさが重みを持つ。
アレンが苦しみの山の石を持ち帰った時のちっぽけでささやかな勝利感がそれ。

4巻5巻はそういうのがない。4巻がまだテナーと人間ゲドが色々苦労してるから最後の
テナーの「生活こそ大切なもの」みたいな思いもまだ分かる。

でも5巻には全く何もない。だからフェミとかがやたら不快な形で浮き彫りになってしまうんだよな。
呼び出しの長は駄目で、様式の長は良いとか。その根拠が人当たりが良いかどうかだけなんて。

ま、そんなわけだな。フェミを通したいならそれに見合うだけの物語的労苦が欲しいのよ。

317 :なまえ_____かえす日:03/07/28 03:09 ID:UT8xE0q5
児童文学板だから聞いてみたいのですけど、
「ゲド戦記」の児童文学らしい面白さってどこだと思います?
えーと、何というか…児童文学に区画されている要素と言うか理由と言うか…。
質問してるくせに、巧く言えなくて申し訳ないです;。
SF板とかの流れとかで、論議云々とか色々ありますが、
こういうのはどうかな?と思いまして…。
子供にフェミなんかはわかりませんしね。
だけどそれでも面白い!と感じる理由みたいな…。
自分の興味本位なので、ツマランと思ったらスルーしてくだちい。

318 :なまえ_____かえす日:03/07/28 04:56 ID:7NWBuTU0
>317
単にファンタジーだからだろ>児童文学扱い
だって、うちの近くの図書館「シルマリルの物語」も「ゴーメンガースト」も児童文学に分類してるし。

319 :なまえ_____かえす日:03/07/29 01:37 ID:+iHhE2vZ
主人公が少年少女だからじゃないの?(一巻ではゲド、二巻ではテナー、三巻ではアレン)
それに、思春期の子供が大人へと成長していくうえで大切なこと・経験すること
(自分の中の闇の部分と向き合うこと、知らない世界へ出て行く不安、生と死、など)
が書かれているから。

四巻・五巻は、その枠をはみ出しちゃってるけど、
三巻までの続きということで、ひとくくりに児童文学扱いされてるんじゃないかな。

320 :なまえ_____かえす日:03/07/29 01:52 ID:/UWjBgre
>319
その意見にイピョーウ

原書の方も児童文学というジャンルなんですかねー

321 :なまえ_____かえす日:03/07/29 02:22 ID:KsA9qbN6
>316
納得。4巻のフェミは全然不快じゃなかったんだけど
5巻のフェミが妙に押し付けがましい感じがするのはそのせいだったのか!

4巻のフェミはゴント限定というか生活に根ざしたフェミだったのに5巻は
世界全部に、解答というか単一モデルを押し付けている傲慢さがある。
それとフェミニズムが連動したから、妙に鼻につくようになったのかもね。
280でぶち切れたのはルグインが十年かけて辿り着いたのがこれだったのか!
って絶望感に襲われたからなんだけど(変な切れ方スマン)、
それは違う!って人がいない?


322 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

323 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

324 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

325 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

326 :なまえ_____かえす日:03/07/29 04:38 ID:/7/7YrXx
>>78-83
鼻血がでるくらい遅レスですまんですが、自分はそういうふうには思わんです。
確かに西洋人至上主義は海外作品によくみられるんだけども、
われわれ有色人種の側にもこのへんを強く意識している面があり
かえって逆差別的観点にとらわれすぎるということがありうる。
だから、こういう作品の場合はそのへん少し割り引いて考えなければならないかと思うのです。

2巻は1巻で少し触れたテレノンのあたりのテーマを、きちんとした形で表したものかと思う。
だから舞台設定について言えば、私は単純にテレノンのぱわーあっぷ版としてとらえます。
邦題「こわれた腕輪」で表されているとおり、壊れた腕輪(世界)をなおすのが本作品のテーマであって、
で、2つに分かたれた腕輪は男と女のめたふぁ臭いブツなわけで、
片方の性だけの抑圧された世界の描写はある種必然かと思うわけです。

まーここからは少しかたよった個人的考えですが、
ゲドは先進文明の人間としてでなく、「闇」と戦ってきた一人の男として登場した面があるのではないかと。
もっと言えば、アルハが闇と戦うための導き手というか(1巻でオジ怨がそうだったように)。
それから、陰太心さんも書いておられる通過儀礼の相手としてですね。
やっぱり映画「ロード・オブ・ザ・リング」「スター・ウォーズ」みたいな
マニュフェストデスティニーちっくなものとは少し違うと思います。


…ぶっちゃけ、私も最初読んだときは「バーバリアン扱い?」と思ったりしましたが。
あまりこだわりすぎるのもアレかと。
長々スンマセン

327 :321:03/07/29 06:01 ID:KsA9qbN6
×それは違う!って人がいない?
○それは違う!って人はいない?

328 :なまえ_____かえす日:03/07/30 22:22 ID:+0WWMREH
4,5巻に関して「フェミ」で語る方が多いようですね…
否定派の方もそれを理由に嫌っている人が多いような。
(後は、若かろうが老いていようが、とにかく魔法使いの冒険・大活躍
といった、ファンタジーらしい部分が見られなくって残念という人も多
いように感じました)

個人的には2巻も含め、「異文化との相互理解」の方が重要な意味合い
を持っていると感じています。
それまで一貫して野蛮な民族として描かれてきたカルガト帝国。
実はそのカルガトこそに、世界の謎を解放を解く鍵があった。
そのカルガドの具現者がテナーであり、王女(名前度忘れ)だった。
だから、5巻で彼女達が活躍するのも当然かと思っています。
もちろん、竜であった人達のほとんどが女性だったりと、フェミの側面
も否定しませんが。(特に4巻は顕著でしょうね。大好きですが)
私が感心するのは、本来、グイン女史の属する白人(=西洋)が戦闘的
で野蛮な民族だったり、先住民族が平和で文化的な人々だったり、王女
が中東(イスラム)的だったり、そういった民族性が上手く折り込まれ
て、最終話で和解に至る道を開きつつある点だったりします。
(そんなグイン女史が今のイラク戦争をどう思っているのか気になります)

そんなわけで、受ける感動に違いはあるものの、どの巻も素晴しく気に
入っています。(ただ5巻に関しては少々詰め込み過ぎのような…上下
巻に分けるぐらいの分量があっても良かったと思っています)

329 :なまえ_____かえす日:03/07/31 00:43 ID:PqZ8USZw
>グイン女史が今のイラク戦争をどう思っているのか気になります
 グイン女史ファンサイトの一つで見かけましたが、攻撃には反対表明をしたとか。
 情報源の英文記事を自動翻訳にかけたので、文意がバラバラでそれ以上は
 判りません・・・スマソ。

330 :316:03/07/31 01:42 ID:PmwuAdJJ
>>328
フェミでも男尊女卑でも民主主義でも共産主義でもゾルゲでもいいよ。
冒険や危険が無いから、物語における「これはこの世界の中で正しい事だ」
という主張に重みを感じることができなかった。

冒険がなくでも、1巻や3巻のロークでの長達が主張する「均衡」というものには
すごい重みを感じる事が出来た。魔法が万能であるがゆえに均衡を重視しなければ、
世界はすぐに滅んでしまう。あのあたりの「知識が豊かに増えれば増えるほど…」の
くだりはあの世界の中で強固な主張だと思えるんだよな。ゲドは1巻でそれを破って死に掛けるし、
変身の魔法は自身を失う危険を伴い、クモなんてたった一人の男の野望で世界全体がおかしくなってしまう。
血湧き肉踊る冒険がなくても、はり詰めた何かを感じられた。

でも5巻のラストのエッサエッサは均衡も何も全く考えてないし、均衡を侵してもよいかどうかの検討さえない。
あの1巻の張りつめた動かしがたさは全く無いんだよな。そしてその上で作者の意図的な何かの正義が
押し付けられる。そういうのがたまらんのよ。
別に押し付けられるのが民主主義でもゾルゲでもそれはあまり変わりない。ってこと。

331 :陰太心:03/07/31 01:52 ID:j/2KEso0
>326
 貴方の御指摘は理解できますが、作品のテーマというものは、一面だけで
割り切れるものではありませんし、長い間の文学史によって形成されてきた
物語のパターンというものもございます。ポストコロニアルは作者の意識し
ない無意識の面までも扱うものです。そして白人至上主義の問題だけではなく
自分と他者との表象関係をめぐる考察でもあるわけです。
 無論、植民地主義など入れずに作品の中だけで充足しろ、という意見もありますが、
4,5巻もフェミニズム、グローバリズムの問題を抱えてしまったことによって、上でも
論議が戦わされたように、作品が、外部的な思想と無関係でいることは不可能なのです。
私は、4巻がフェミ問題で汲々としていたので、1-3巻も別の問題があり、4,5巻では
それらの問題を考えているからこそ、これまでの世界の捉え方を壊さざるをえなく
なった、ということが申し上げたかったのです。


332 :陰太心:03/07/31 02:02 ID:j/2KEso0
>326
 フェミニズムの視点から見るとテレノンとアチュアンの関係こそが、
大問題になります。フェミニズムで批判されてきた魔女と聖女、
人妻と処女、前者の否定と後者の肯定というパターンが、露骨なまでに
現れてくるのです。そしてその批判されるべき社会通念こそが、1-3巻までの
世界に非常な厚みと重みをもたらしているのです。

333 :陰太心:03/07/31 02:13 ID:j/2KEso0
>330 
自分のいる共同体の重みを認識し、共同体のルールに従ったからこそ
1−3巻の厚みが出たと思うのです。そして、その共同体の矛盾に対して
自己を見つめなおしたのが4巻と言えると思います。
 そして5巻は、見つめなおして得た結論を共同体に応用しようと(押し付けようと)
したものと言えるかも知れません。理念による革命を、伝統は一切無意味だと
して強行する姿勢を確かに感じてしまいます。
 上手くいえませんが、共同体を背負った1ー3巻はそれだけ濃いはずです。
自分を自分によって捉えた4巻も自然なはずです。しかし自分の尺度で世界全部
を捉えたら、そこに何がしかの薄っぺらさが漂うのは不可避かもしれません。

334 :陰太心:03/07/31 02:19 ID:j/2KEso0
>330
ただ、ハンノキにおいてはかなり濃密だと思いますし、テハヌーもそうなりえた
可能性は十分にあったと思います。しかし、既出ですが、それもこれも世界の捉えなおし
という命題をおいてしまったが故に、全員大味になってしまったと思うのです。
個人的にはむしろ4巻の自己回復路線から、世界回復路線への飛躍が問題だったのでは
と思います。

335 :326:03/07/31 21:02 ID:iNY/aX7i
>>331-332陰太心さん
レスさんくすです。
作品単体でというより、文化的・思想史的な捕らえかたをしているということですね。
おっしゃることわかりました。なので、今度はちゃんと書きます。
『おいおい長えYO!』って人は読み飛ばしてください。スイマセン

えと、>>331-332で書かれていることは私も承知しています。
それに、ゲド戦記の根底に西洋的人種感があることも間違いないと思います。
たしかに、作品の中から背景的思想を探しだすというのも1つの読み方ではあります。
しかし作品を単体として評価するときは逆に、その作品の書かれた背景的事情を考慮し、
それによる欠点を(ときには美点も)加減して読むことにより、初めて作品の価値がわかると思うのです。

ゲド戦記において、差別というものも大きなテーマになっています。
女性差別しかり、人種差別しかりです。
ただ、女性差別についてはなかなか良くかけていますが、人種差別についてはあまり上手くありません。
努力しているのはよくわかるのですが、上手とはいいがたい。
それは人種間差異をメインテーマの1つにおいた5巻に至ってもあまり変わりないです。

しかし、ぬぐえない西洋的人種感がありながら、
それでも自分なりの誠実さでこの問題を扱おうとしているのは随所で感じ取れます。
様々な地方、言葉、文化があり、それぞれ個性と誇りを持っているように描こうとしています。
5巻ほど露骨でないにせよ、全巻を通じてこの特徴はあります。

そこで私は、この作品が西洋人種感のにじみ出ていることは理解しつつ、
あえてそれを無視してあげないと内容が上手く読めないと思います。
というよりむしろ、西洋人種思想が露骨に出ている部分こそが、
その問題を自分なりに描こうとした(そして失敗した)結果でもあると理解する必要があると思います。
ちょっと無意識に出てしまっている部分もありますが、安全に書ける範囲でおわらせず
積極的に他人種・他文化を描こうとした部分が大きい。
これについての理解がないと、片手落ちになりかねません。
これがまず1つ。

336 :326:03/07/31 21:03 ID:iNY/aX7i
続けます。
>長い間の文学史によって形成されてきた物語のパターン
ということについてですが、これについて触れたいと思います。
>>82でいみじくも述べておられますが
>この作品はテナーが主人公であり〜男性主義的な冒険小説とは趣を異にします
ということ、まさにこれが大切なことなのです。

男性が敵を打ち負かし、それによる成長・土地征服の話は植民地主義のできるはるか前からあります。
これはいいですね。世界中どこでもある英雄譚・異民族征服の話に見られます。
男性側通過儀礼の話の場合、「竜殺し→お姫様を手に入れる」という流れになります。
ここで倒される竜は外敵、あるいは母親からの束縛を意味します。
父親を指すこともあるのですが、これは外敵に含まれますのであまり考える必要ありません。
例をあげれば「一寸法師」・「桃太郎」です。
一寸法師は鬼(竜)を倒し、それによって初めて一人前の男性になる少年の話です。
桃太郎は多民族をまとめる指導者、及び異民族の征服者としての意味合いが強く表れています。
ここで重要なのが、男性通過儀礼の竜とは「男性にとっての障害」であるということです。

337 :326:03/07/31 21:04 ID:iNY/aX7i
ところが女性通過儀礼、つまり女性視点の話の場合、この解釈は全く通用しません。
竜にとらわれた少女を騎士が助け出す話の場合、
竜は騎士にとっての障害・外敵でなく「少女にとっての障害」を意味します。
すなわち、父からの束縛です。(女性通過儀礼の場合、母からの束縛をも意味する可能性があります)
外敵としての意味はまずありません。
「眠れる森の美女」という話がありますが、少女の呪いは彼女を縛る父性(又は母性)を意味します。
これは騎士(立派な男性)の登場により、初めて父の束縛から脱却できるということです。

ゲド戦記の場合、宦官の存在は父性の象徴として描かれています。
さらにここで言う父性は少女個人にふりかかるものでなく、社会全体を縛るものとしても描かれます。
この点についてはいいですね。父性−父が娘に求めるもの、処女性や従順さ(精神的支配)、
逆にレディファーストなどの「守るべきもの」としての観念が
社会的父性として現在も女性を縛っているのは論じるまでもありません。

そして、暗い地の底の描写は「父の束縛」のみならず「母親の胎内」をも表し、
そこからの脱却は一人の女性としての自立を意味します。

女性視点の英雄物語は、男性視点の英雄譚と一見似ている部分が多いため、
両者の違いを明白にとらえておく必要が有ります。

338 :326:03/07/31 21:05 ID:iNY/aX7i
ゲド2巻において、劣等人種としての女性、及び女性を縛る古い慣習を描こうとした結果、
作者のなかにある蛮人・蛮習の絵と重なった感は否めません。
なので、これを西洋人種感の表れとみなすのも正しいことではあると思います。

ただ、ゲド1〜3巻において人種間問題は一応描こうとしながらもメインテーマではありません。
西洋人種思想を念頭において読むのは当然ですが
この作品におけるそれは、むしろその問題に前向きに取り組んだ結果でもあり、
また内容における比重がかなり小さいことを考えると、議題以上の意味は見出しにくいと思うのです。
このへんが専門の方ならいいのですが、作品を理解するにあたってはほんの少し気にとめるくらいで、
それ以上になると作品の読み方が歪んでしまう恐れがあると思います。

ゲド戦記の一面には人種意識があるのですが、それを言うならば逆の評価もまた同時に。
あるいは、小さな問題として一応の認識だけで済ませてしまうか。
もっと差別意識の強い作品なら話は別なんですけどね。

339 :326:03/07/31 21:14 ID:iNY/aX7i
全体的なことも書こうと思ったんすけど、
クソ長くなったので止めます。

340 :なまえ_____かえす日:03/07/31 22:07 ID:O2AcQ0eX
お話では、ゲドは有色人でテナーが白人種でしたね。
4巻で「白い女はどうだ」と興味深々に夫が問われるのを、テナーが何ともはやな
態度で受け流すのが本当にリアルでした。

341 :陰太心:03/08/01 07:18 ID:A4R4KYVK
>326 
丁寧な説明ありがとうございます。貴方の意見には概ね同意です。

>作品単体でというより、文化的・思想史的な捕らえかたをしているということですね 

両方で捉えています

>それによる欠点を(ときには美点も)加減して読むことにより、
>初めて作品の価値がわかると思うのです。

だから
>植民地主義だから2巻がだめだと言っているのではありません。
>2巻がこのような問題を孕んでいると申し上げただけです。
と書いたのです。ポストコロニアルの説明を求められて、成り行き上
2巻の批判めいた文章になったので、決してそれで以て2巻を否定しているのではなく、
作品にその属性があるということを言いたかっただけなのです。

>この作品はテナーが主人公であり〜男性主義的な冒険小説とは趣を異にします
>ということ、まさにこれが大切なことなのです

そのとおりです。ですから書いたのです。ゲドの物語として捉えたのが、先の視点でしたから。
しかし、書き方が足りなかったようですね。筆力の至らなさを痛感します。 

>それでも自分なりの誠実さでこの問題を扱おうとしているのは随所で感じ取れます。
>様々な地方、言葉、文化があり、それぞれ個性と誇りを持っているように描こうとしています

全く同意です。但し、対等の誇りある文化と見るか、帝国統治下の誇りある文化と見做すかで、
大分違ってくると思います。ある意味1-3巻までは作者の視点とゲドの視点に距離があり、
アーキペラゴが、カルガドやパルンを野蛮国とみなしていても、作者がそう思っている
とは限らなかった。しかし、4-5巻においては作者がある理念をドラゴンを介して絶対化して
しまった。カルガドを特権化してしまったことはかなりの問題です。
私も
>それらに対して試行錯誤を繰り返す姿勢が5巻などにも
>見受けられて作者の誠意は感じますね。
と書きましたが、誠意がときに凶器になるかもしれません。
異文化を尊重する自分を異文化の上においてしまったことが、5巻の失敗だと思います。

>西洋人種思想が露骨に出ている部分こそが、
>その問題を自分なりに描こうとした(そして失敗した)結果でもあると理解する必要があると思います

私はそここそがゲド戦記の美しさを作り出したものの重要な要素だと思いますよ。

>内容における比重がかなり小さいことを考えると、議題以上の意味は見出しにくい

 ここで問題なのはテナーがゲドの価値観を受け入れてしまったことで、そこで
かつての海賊小説の枠組みが決定的に成立してしまうことなのです。そしてその反省が
5巻ではっきりとなされている以上、そこを無視することは厳しい批評を求める作者に対しても
礼儀にかなったことと言えるでしょうか?そしてその反省が、新たな問題を生み出した
ことも指摘してかまわないと思います。そこを踏まえて作者は6巻を書くはずですから。
 最後に、私はああだから正しい、こうだから間違いという作品評を
しているのではありません。4-5巻についても185などで肯定した上で語っています。




342 :326:03/08/02 00:44 ID:vbI99Czy
>>341陰太心さん
返事ありがとです。

人種差別を描こうとして…という点についてはあんまり認識の違いはないっぽいですね。
ただ、もう1つの要素である「女性視点の小説である」ということ、
これについてちょっと書き方がたりなかったみたいなので、もう一回書かせて下さい。

「竜殺し」のお話ですが、
男性視点で描かれたとき、倒すべき相手が「悪」であるのはほとんど必須条件です。
正義の相手を倒してしまえば主人公が「悪」になってしまいますし、
何より「男を上げる」ことができなくなってしまうからです。
敵が「悪」であるのは、男性視点のお話にとって本質に深く根ざしたものであり、
男性視点の英雄譚を解釈する上で避けて通れない部分です。
この場合、作者の持つ善悪の価値観・人種観は間違いなく大切な要素の1つであると言えます。

しかし、女性視点で書かれた話の場合はそうではありません。
描こうとしているものが根本的に違うためです。
「竜」は必ずしも「悪」である必要がなく、
たとえ「竜」が「悪」であってもそれは話の本質とはあまり関係がないのです。

343 :326:03/08/02 00:45 ID:vbI99Czy
具体的にゲド戦記2巻の話をします。
この話に男性視点の英雄譚、蛮人制圧のお話として描かれている部分があるならば、
それは「正義の騎士による悪い蛮族の制圧」という設定が無くなれば根底から崩壊することになります。
悪魔を退治する、というような男性視点の英雄譚を考えてみればそれは間違いの無いことです。
なぜなら男性の英雄譚では、本質的な部分で善悪の観念がとても重要な部分をしめているからです。

しかし「こわれた腕輪」はそうなりません。
設定を大きく変えて考えて見ます。
男性主体英雄譚のキモである「竜の悪」と「騎士の英雄性」を消します。
まずは「竜の悪」、野蛮さについでです。

国そのものが先進的な文明国で、争いがなく、厳格な規則で守られている。
アチュアンが地下の墓所でなく、たとえばとても高い山の上に建てられたきらびやな神殿であり、
かしずいているのも醜悪な宦官でなく、清らかな女官たちである。
しかし巫女であるアルハは厳しい戒律にしばられ、墓所アチュアンと同じく人間的な生き方を決して許されない。
彼らは「闇」でなく「光」を(盲目的に)あがめている。
そして「壊れた腕輪」は平和と繁栄の象徴として祭られている。

こういう設定だとしても、2巻のお話が大きく壊れることは無いと思います。
なぜなら、女性視点作品において男性的な観点の「美」あるいは「醜」を表現するとき、
表すものの美醜が逆転してもそれは表裏一体の観念であり、
どちらを描くかはあまり重要なことではないからです。

344 :326:03/08/02 00:48 ID:vbI99Czy
こんどは騎士役の英雄性についてです。
騎士役の男性(この場合ゲド)についても、必ずしも「正義」である必要はありません。
ゲドは理性的で万能に近い人物ですが、これも重要なことでなく、
騎士がその国の人間より野蛮であってもかまわないのです。

たとえば、ゲドは超越的な善悪の判断を持った人物ですが、
逆に騎士役の男性がその国の人間よりも非理知的な人間で、
「俺はバカだからうまく言えないけど、この国はどこかおかしいよ」
程度の認識しか持っていなくても話は成立します。
少女が彼の考えをそのまま受け入れなくても全くかまいません。
要は、古い価値観を壊す力さえあれば良いのです。

さら騎士(ゲド)は最後までアルハをエスコートして(つまり「姫」を手に入れて)いますが、
この部分が無くても話はなりたちます。
騎士が少女の成長のきっかけを与えるだけの脇役的立場であってもかまわないし、
あるいは物語の途中で(ヒロインを守るなどして)死んでしまってもかまわないのです。
それでも、このお話が壊れてしまうことは無いはずです。

それでも、何かしら魅力のある人物でなければ騎士役になれませんし、
騎士がゲドである場合、彼はシリーズの主人公でもあるので死ぬわけにいきませんが、
2巻の大筋としては、騎士が蛮族を倒して姫と財宝を手に入れる話と違うのは確かです。

それは「野蛮」の定義が少し違ってるだけだ、と考える人もいるかもしれません。
それならば
「政治の道具として政略結婚させられそうなお姫様が父王のもとから逃げ出す話」
でもかまいません。本質的には同じことです。
女性視点の「竜」は男性視点の「竜」と全く違うものを表しているのです。

345 :326:03/08/02 00:48 ID:vbI99Czy
ここでややこしいのが、作者がこの国をあえて野蛮人の国にしてしまったことです。
しかも騎士役であるゲドは、すでに1巻の時点でほとんど完全と言える成長を遂げた存在です。
これにより、一見して男性視点の「英雄による異民族征服」の話とそっくりになってしまったのです。
しかしながらこれは、男性視点の英雄譚のように話の本質に根ざした要素ではなく、
それとは全く異なった、言わば付加的要素にすぎないのです。
内容的には「英雄による異民族征服」とは完全に別の話です。

野蛮の表現は愚かしい慣習を表すための言わば小道具であり、
また、これが作者の勇み足としての異文化表現でもあることを考えると、
作品の本質理解において「野蛮人」描写が有する意味はほとんど無いと言えます。

それを理解した上でならば、作者の深層意識の中にある「英雄による異民族征服」像が
この作品に何らかの影響をあたえたのでは、という解釈には意味があります。
しかし、これは内容の理解とは少し違う話であり、
その上かなり突っ込んだ難しい解釈であるため、専門の方でなければ可能性の認識だけで充分と私は判断しました。

346 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:08 ID:Wprhf3lL
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

347 :なまえ_____かえす日:03/08/02 13:01 ID:x2ua+NOH
あげときます

348 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

349 :なまえ_____かえす日:03/08/02 17:34 ID:tW/E6dn+
ルグインさんは、日本を訪問された事があるのだろうか。
日本語に男性女性を現す単語「彼」「彼女」があると驚いてられたのを
読んだ記憶があります。
チベットとかは行ってそうですね。
ゲド戦記にも異文化体験が散りばめられていて、読んでて楽しいです。


350 :>349:03/08/02 18:30 ID:x2ua+NOH
たしか、日本語にはそれがないのが羨ましいとか書いてたよね。
たしかに理論的にはないね。彼女って彼に女くっつけた不自然な代名詞
だもんね。

351 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

352 :なまえ_____かえす日:03/08/02 21:37 ID:2Jh9xePv
>日本語に男性女性を現す単語「彼」「彼女」があると
驚いていたのか、
>日本語にはそれがないのが羨ましい
といっていたのか、さっぱり話がわからない
そもそも英語のheやsheと日本語の彼や彼女は違うの?

353 :なまえ_____かえす日:03/08/02 22:35 ID:8O8MjIx4
その文章の出典は、ルグイン著「夜の言葉」収録の
「性は必要か?」というエッセイから↓。

「この原因の一部は代名詞の選び方に由来しているといえましょう。
 わたしはゲセン人を‘‘彼 ”とよんでいますが、これはわたしが「彼」/「彼女」
 といった代名詞を作り出して英語を台無しにしたりする事だけは絶対的に拒否しようと決めて
 いたからです。そして英語における総称代名詞は、困った事に「彼」なのです。
 (日本人がうらやましい。日本語には、彼/彼女を示す代名詞があるという話です。)」

354 :陰太心:03/08/04 19:59 ID:ojCs0I1Y
326さん、詳しい説明を有難うございます。
ただ、若干気になったところがあったので、レスを返します。
ほとんど反論になっていますが、議論を深めるためと思って、ご容赦くださいませ。

>それは「正義の騎士による悪い蛮族の制圧」という設定が無くなれば根底から崩壊することになります。

敵の巫女を奪うというのは、完璧な征服行為であり2巻はまさにそのお話です。

>「俺はバカだからうまく言えないけど、この国はどこかおかしいよ」
>程度の認識しか持っていなくても話は成立します。

成立しません。ゲドが、異文化の人間だから、テナーは違う価値観に触れえたのです。
同じ国の兵隊さんでは、中心になるものを共有しているため、まさに中心そのものである
アルハには、毛ほども響きません。

>騎士がゲドである場合、彼はシリーズの主人公でもあるので死ぬわけにいきませんが、

その通りです。ゲドの物語であることを抜きにして、この物語は成り立ちません。

>あるいは物語の途中で(ヒロインを守るなどして)死んでしまってもかまわないのです。

成り立ちません。これはゲドの物語でもあるのです。

>これにより、一見して男性視点の「英雄による異民族征服」の話とそっくりになってしまったのです。

そっくりではなく、そのものなのです。ただ、視点がテナーのため、それだけではないだけです。

>野蛮の表現は愚かしい慣習を表すための言わば小道具であり、
>また、これが作者の勇み足としての異文化表現

勇み足ではなく、文学の伝統に則った「正しい」表現です。相手を野蛮に
描くことはある意味、自ら野蛮であることを隠さない、正直な行為なのです。

>話の本質に根ざした要素ではなく、それとは全く異なった、
>言わば付加的要素にすぎないのです

全く同意できません。どちらも本質です。男性の征服小説か?女性の成長小説か?
それは「こわれた腕輪」の一義的解釈に過ぎないのであり、両者は表裏一体とも
言えるし、相方同士とも言えます。どちらが主客かと言えば、明らかにテナーです。
しかし、テナーが「征服された」という要素によって、征服小説にもなっているのです。
そういう複合的な視点で立体的に解釈することが必要です。
 海賊小説であることが、成長小説を成立させているのです。はっきり言います。
2巻を「女性視点成長小説が本質である」と言うことは2巻を殺します。
男性視点の海賊小説でもあり、世俗政権対宗教権威の陰謀小説であることも
本質の一面であり、大小さまざまの要素が息づきながら生息しているのです。
それがときに作者の意図せざるものであったとしても、それでも生きているのです。

>野蛮の表現は愚かしい慣習を表すための言わば小道具であり

小道具ではなく身体の一部です。作品全体が有機的なものであり、どれも
否定できないものです。

これらは作者の深層心理などを詮索するテキスト論の類ではなく、一語一語が
作者の息吹があることへの信頼から来るものなのです。
ですから、ゲドがゲドであることを否定した上での、テナーのアチュアン逃亡
などあり得ないと言う他はありません。そして、テナーがテナーでなかったならば、
ゲドの探索は、エレスアクベの二の舞だったでしょう。

 

355 :なまえ_____かえす日:03/08/04 23:42 ID:b/P3LkzD
そういやあエレス・アクベってどういう人間だったのかな。
世界をその手に握りながら権力を放棄し、さいはての島で竜と戦い、果てる・・・
で良かったんだっけ? 今のアーキベラゴで英雄視されてるのはなんでだったっけか。
確かゲドもエレス・アクベをわが師って呼んでたような・・・。
エレス・アクベが実際に成し遂げた偉業ってなんだっけ?

356 :なまえ_____かえす日:03/08/05 10:42 ID:whJKOZ5J
>355

それは、マハリオン王の時代のこと・・・

357 :326:03/08/05 22:22 ID:A2TEn6Ag
>>354
レスさんくすです。
うーん、人によって本当に読み方ってちがうもんなんすねぇ。
やっぱり最終的なところは感覚的な問題になるんでしょうか。

私がこの話を英雄譚として読めないのも、
結局のところ単純に英雄譚としての匂いを感じとれないからなんですよね。
作家さんにとって異性的な要素って相当に描きにくいですけど、
ゲド戦記もそんな感じがするんです。男性的な匂いが無いというか。
逆に男性作家さんにとっての女性・女性的思考もそうですね。
それは自分の持つ本能的な感覚と、知識と想像でしか描けないことの差だと思います。

このへんに気を配る作家さんだとがんばってカバーしてますが、
吉本ばななさんとか唯川恵さんとか、あるいは少女マンガみたいに素直に人間描写をする作品を
思い浮かべるとわかりやすいですけど、男性キャラに人間的な厚みがないんです。
男臭さがないというか、汗臭く描けないというか、男性的な本能が欠落した感じを受けます。
自然に生き生きと描けるのはオカマさんぐらいですね。
同性の心を持つ異性はかえって描きやすいですから。
これはゲドもそうです。まったく汗臭くない。

358 :326:03/08/05 22:24 ID:A2TEn6Ag
それでも、1巻については男性心理学的表現をめいっぱい盛り込んで
なんとか人間っぽさ(本能的な部分)を出していますけど、
2巻からはそういうものさえ感じ取れないんです。
たぶん2巻を読んでゲドに感情移入できた人はほとんどいないと思います。
2巻のゲドは人間的な感情をもった登場人物というより
ある種機械的なキャラクタ、そして作者の代弁者としての登場だったと思うんです。

同様の理由で、作品全体からも男性的な気風を感じられません。
どうしても英雄譚には見えない。
せめて、ゲドが自分のために行動してるという部分が少しでもあれば別だったんですが。
男性としての我というものを、作品の中に見出すことができませんでした。

でも、確かに陰太心さんみたいな読み方もありですね。
この辺の感じ方は人それぞれですし。
私はこの作品をはっきりと英雄譚として読んだことがなかったので、
そういう考えかたはとっても新鮮でした。

359 :355:03/08/06 01:34 ID:JY6qjP8S
>>358

漏れの問いは無視でつか・・・?
男性とか女性とかどうでもいいからエレス・アクベが何やったか教エロ

360 :なまえ_____かえす日:03/08/07 15:23 ID:+96Tu0WP
何やったんだっけ・・・

361 :なまえ_____かえす日:03/08/07 21:22 ID:cVOMf+dd
>359
>360

調査して来ます。朗報をお待ちあれ。



362 :326:03/08/07 22:55 ID:nNRmKsiu
>>359
や、すまね。

 エレス・アクベ(1934〜 )……・住所--大阪府在住
                   ・職業--豆腐屋経営
                   ・特徴--豊かな白髪・メガネ。その容姿から、
                        「(道頓堀に消えた)カーネルさんの生まれ変わり」と言われる。
                   ・好物--ポッキー
                   ・趣味--ピンポンダッシュ




俺もよく知らねっす…
>>361さん、よろしくお願いしまふ…ゴフ

363 :なまえ_____かえす日:03/08/08 00:20 ID:vuFg5l4m
つーかモレドとエルファーラソもキボンヌ

ってかゲド戦記に出てくる神話を年代順にまとめてくれ。

364 :なまえ_____かえす日:03/08/08 18:57 ID:EY1ZsqP6
>362
禿しくワロタ。

神話を年代順にまとめてくれる賢者、ほんとにキボン…
頭弱い漏れでは無理でつ…

365 :361:03/08/10 21:10 ID:3uK5ktgy
調査結果

エレスアクベ

ハブナーのある村の魔女の子。
魔法が使えたので、ヘル女王の息子、マハリオンの顧問に抜擢さる。
マハリオンについては3巻の予言などを参照のこと。
以後、マハリオン王とは親友同士で、ともにカルガドと戦い続けた。

現在はここまで。



366 :361:03/08/10 21:32 ID:3uK5ktgy
洪水を使って、カルガド艦隊と戦ったり、
大魔法使い「炎王」と戦ったりしてます。

367 :361:03/08/10 21:51 ID:3uK5ktgy
これより詳しい報告は、「翻訳」になってしまうので勘弁。
じきにテイルズフロムアースシーの邦訳が出ると思うので、
それまでお待ちくださいな。

368 :なまえ_____かえす日:03/08/11 01:08 ID:0vtQ53xs
なんと! そうだったのか。
エレスアクベは「カルガドと」戦ったのな。今初めて知ったかもw
つまり彼は「対カルガド戦争の英雄」って事? 
エレスアクベが神扱いなのをみると、
もしかして当時はアーキベラゴ勢力とカルガド勢力は拮抗してたのだろうか。

369 :なまえ_____かえす日:03/08/11 22:04 ID:J2gNpBDo
子猫のヒッパリの原書での名前を教えて下さい。

370 :なまえ_____かえす日:03/08/12 05:19 ID:ncnmMJjv
hung up

371 :なまえ_____かえす日:03/08/14 02:37 ID:2Ov6mLjY
昨日、ル=グウィンに会う夢を見た。
夢の中でも自分の英語は片言だった…しょぼん。
ゲド戦記がどれぐらい好きかはっきり伝えられなくてヤキモキ。

それにしても「tales〜」の翻訳発売はいつですか、岩波さん…。

372 :なまえ_____かえす日:03/08/14 17:18 ID:UswlvTw4
>>370
ありがとう。

373 :なまえ_____かえす日:03/08/15 16:02 ID:txNKVc9G
功雄版タロットシリーズ 
┏━━━━━━━┓
┃     T    .┃
┃───────┃  
┃+  ++   +★ .┃
┃ + ヘ  + ‖ .┃
┃∬ | .\+ +‖ .┃
┃<>∠"⌒.>+‖. ┃
┃[] (.´W` ) ‖+┃
┃─ (つ ) つ  ┃
┃  | | |  ‖ ┃
┃ ∠_>_>   ┃
┃───────┃
┃1  魔術師    ┃
┃    THE    .┃
┃  MAGICIAN  .┃
┗━━━━━━━┛

374 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

375 :山崎 渉:03/08/15 21:28 ID:oenxnvWe
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

376 :山崎 渉:03/08/15 22:50 ID:HoKq+LLn
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

377 :369:03/08/18 12:17 ID:5prMCIHC
amazonで原書を購入してみました。1466円。
ヒッパリの原書での名前はTugでした。

one of the sailors called it Tug. Alder accepted the name for it.

378 :なまえ_____かえす日:03/08/24 06:10 ID:H3/9ZFyt
保守

379 :なまえ_____かえす日:03/08/26 18:06 ID:5J1XsNXz
たぶん知ってるだろうけど、

http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jidou/
★『ゲド戦記外伝』も年内刊行をめざして準備中です!

らしいね。

380 :なまえ_____かえす日:03/09/06 03:06 ID:VAMcLE3Z
ちょっと前のプチ祭りが嘘のように静かだ。誰か激論して!

381 :なまえ_____かえす日:03/09/06 23:15 ID:+XvPl/46
>>380
賢者は問うに及ばず、愚者は問うても無駄だとか。

382 :なまえ_____かえす日:03/09/08 04:25 ID:x2FuiqLO
>381
うまい

383 :なまえ_____かえす日 :03/09/09 08:59 ID:5ZCrUBcw
>279
うれしい!
ところで、子供の学校の司書の先生が、ゲドを勧めてくださったらしいんだけど、
うちの子、未だ8才なんだよね。
わかんないと思うし、みょーに読んだ気になって欲しくはないし、複雑な気分。

384 :なまえ_____かえす日:03/09/09 11:59 ID:CjEsNi1V
>>383
本というのは何度も読んで、読んだ年齢ごとに毎回違った
ものを見つけることができるのだから別によいと思いますが。


385 :なまえ_____かえす日:03/09/09 12:57 ID:o3ydXObM
でも、挫折して悪い印象が残ると
その本から縁遠くなってしまうこともあるよ。

でも、先生にゲドを薦められるくらい本好きなら
得るものは大きいかも。無理せずガンバレ8歳w

386 :なまえ_____かえす日:03/09/09 22:34 ID:sXtfsssC
外伝、年内発行か。
これまでのブランクを考えると全然すぐの話だ

5巻の発売は賜物でした。
外伝も楽しみに待ちます。

387 :なまえ_____かえす日:03/09/10 01:43 ID:a4m0g5ph
質問です。オジオンの真の名って、明かされてないよね?

388 :なまえ_____かえす日:03/09/10 07:52 ID:K4S18JG/
藍春?

389 :なまえ_____かえす日:03/09/10 14:01 ID:2EdvJi3G
愛春だねー

390 :なまえ_____かえす日:03/09/10 18:37 ID:IBjbrSbk
>>387
とりあえず四巻ヨメ。

話はそれからだ。

391 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

392 :387:03/09/10 22:18 ID:z2D8Y2Q9
>388.389 ありがとう。アイハルですか。全然憶えてなかったです。
>390
読んだけどかなり前なのですっかり忘れていました。
読み直します。

数年前にゲド1〜4巻をまとめて読んだ時に
「真の名」ていうシステムがすごく面白いと思ったので、
今年の読書感想文の宿題の題材にゲド1巻を選んだんです。
でも、実際真の名について書き始めたもののどうもうまくまとめられなくて、
結局「贖罪の旅」って感じで書いて出しました。
このために1巻を読み直したんですけどやっぱりおもしろい。2〜5巻も読み直します。

393 :なまえ_____かえす日:03/09/10 22:26 ID:ZTFEehhw
>>392
真の名という概念は人類の歴史の中で結構、見られるシステムです。
興味があれば調べてみるとよいかも(神話・民俗・民族・人類学系)。


394 :なまえ_____かえす日:03/09/10 23:24 ID:SoknvkSf
>>392
ちなみに2chでは、真の名をリモホと呼んで扱っています。

395 :なまえ_____かえす日:03/09/11 19:22 ID:BXW8PjEH
>>394
真の名は真の名だろ。みだりに口にすると名誉毀損で通報される。

396 :なまえ_____かえす日:03/09/22 22:01 ID:4hGy1OLH
外伝、そろそろ情報でないかな。

397 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

398 :なまえ_____かえす日:03/09/30 07:59 ID:zIR5olqr
帰還つまらん。
ゲドは情けないオッサンになってしまって子供に助けられる始末。
子供ったって、ドラゴンだったから助かったんだぜ?
ご都合主義的な偶然に助けれられて、ホントどうしようもない話だよ

399 :なまえ_____かえす日:03/09/30 22:56 ID:U/do0Paw
爺さんなのに現役バリバリの主人公だったら嫌だ。

400 :なまえ_____かえす日:03/10/01 19:02 ID:xHnzXZqi
>>398
同意。

401 :なまえ_____かえす日:03/10/01 22:55 ID:Mxtsv6oZ
ゲドには、格闘マンガとかに出てくる「正体不明のやたら強いクソジジイ」みたいな感じになってほしかった。
……って、間違った(偏った)考えなのはわかってるんだけど、だけどー(泣)。「帰還」のアレはねぇべ?



402 :なまえ_____かえす日:03/10/02 01:31 ID:ILp0j7ji
要するに江田島塾長のようになってほしかったと。

403 :なまえ_____かえす日:03/10/04 17:16 ID:VH9Sbeaq
ゲドはオジオンのようになってゲドII世のような若者に出会うと信じてたのに
会社を退職して燃え尽きてボケはいった、可哀想なおじさんになってしまった・・・。
「俺の人生は会社(魔法)だけだった、もっと地域の活動とかやっておけばよかったな」ショボン
みたいな。
テヌーはそんな旦那を尻目に近所のおばさんと旅行にいったり、ボランティア活動
をしている、元気闊達なおばさんって感じ。
ああ、生活臭い。

404 :なまえ_____かえす日:03/10/04 23:11 ID:x0oOsZqm
>>403
それだ!生活臭。


405 :なまえ_____かえす日:03/10/06 09:13 ID:h/kCa6V5
外伝、来年みたいですね。

406 :なまえ_____かえす日:03/10/07 06:11 ID:NvP42R7Q
「ゲド戦記最後の書」ではないんですか?

407 :なまえ_____かえす日:03/10/08 01:41 ID:puohOGZw
結局ゲドがあの世の扉を閉じたのは全くの無駄だったってことか・・・
蜘蛛男を倒してそのまま帰っていれば、魔法なくしても、みんなそうだから
ロークの互助会みたいなところでブイブイ言わせられたんだよね、きっと。
ゲド・・・哀しすぎ。独りで頑張って独りで燃え尽きて独りで無駄骨折。
全財産注ぎ込んで救った会社を、今度の事業の邪魔になるからって妻や後輩に
あっさり潰された感じだな。


408 :なまえ_____かえす日:03/10/08 19:35 ID:AhYghVPE
まったくだ。

やっぱりゲドに思い入れあるからなあ。
あの弱り具合には正直胸が痛むというか
グッタリするというか

竜に乗って飛び去って終わったところでは
なんかまだカコヨカタんだが・・・
そのまま人知れず力尽きてのたれ氏んでたとしても
なんだか余韻があったんだが

409 :なまえ_____かえす日:03/10/09 01:44 ID:YkmPiNLx
自分の妹はゲド1〜5巻の中で4巻が一番面白いと言って凄い勢いで読みすすめてたぞ。
曰く、テルーちゃんが可哀相で先が気になったらしい。

410 :なまえ_____かえす日:03/10/09 03:28 ID:HC0p17aJ
背背楽とテナーとの確執を期待したのに、何あっさり若い支店の?
愛利庵と手歯濡ももっとガンガン対立すりゃ良かったのに・・・・・・
竜人の空中戦を見たいと思った香具師は居らんのか?照るーの苦戦に
駆けつけるゲド龍、龍変化九賢人とセリダー龍軍団との一大決戦とか・・・

411 :なまえ_____かえす日:03/10/09 06:35 ID:gMPZHTcs
>>410
読みづらいね〜、もっと普通に書きなよ。

412 :なまえ_____かえす日:03/10/09 13:32 ID:v4Rd2MRi
4巻でもっときっぱりテルーに主役が代替わりしてくれてたら
読みやすかったかなと思った。
微妙に物語の焦点が定まらずに、ゲドやテナーやテルーの上を
ふらふらしているようで乗り物酔いの気分だった

413 :なまえ_____かえす日:03/10/10 02:52 ID:Xu1XJas5
>>412
5巻こそテルーが主人公と思ったのに残念。

414 :なまえ_____かえす日:03/10/22 00:57 ID:6zNio59Q
あれ?あれはテルーが主人公じゃないのでしょうかー?


415 :なまえ_____かえす日:03/10/23 21:56 ID:Fk+pIac4
つーかさ・・・

4巻以降は「二次創作」だと信じてる。
>>403の「ゲドはオジオンのようになってゲドII世のような若者に出会う」
に激しく同意。ラストシーンではゴンドの野卑で傲慢な若者がゴンド港で
船に乗り込んでロークを目指すのを老人ゲドが見送るんだよ。肩にはカラスとかで。

416 :なまえ_____かえす日:03/10/24 00:33 ID:B0rYbzwS
>415
本当に、そんなふうだったらどんなに良かったことか……(泣)。

417 :なまえ_____かえす日:03/10/24 22:11 ID:XlqEGeek

既に4巻でロークからの若くて傲慢な魔法使いに出会っていますが。


418 :なまえ_____かえす日:03/10/27 19:08 ID:gYz0qgD8
皆様ご存じかも知れませんが、ゲド戦記1巻目の朗読テープ
が刊行されています。
英語で、作者であるル・グィンとナレーターによって吹き込まれて
います。第1巻すべてが朗読で入っていますので、長いです。
カセットテープのみです。
各登場人物の英語名がどのように発音されているか?ということが
分かるので(字面の読みだけではなく)おもしろいかと。

以下書誌情報:
A Wizard of Earthsea
Fantastic Audio
UNABRIDGED
ISBN: 1-57453-421-1
25.00USD


419 :なまえ_____かえす日:03/11/07 17:27 ID:SaylFo0Z
ここは過疎スレか?

420 :なまえ_____かえす日:03/11/08 15:19 ID:aKIXWPw3
いや、板そのものが過疎だ。

421 :なまえ_____かえす日:03/11/10 01:12 ID:mPy9yWRd
ここはむしろ賑わっているほうだ。


そのうち外伝でもでたらまた賑わうかな。

422 :なまえ_____かえす日:03/11/11 04:10 ID:jkOVNxjj
大人のレスが多いな、ここ。
煽り(?)も内容は大真面目だし。
議論も罵りあいにはならないし、良スレ。

423 :なまえ_____かえす日:03/11/11 04:16 ID:jkOVNxjj
しかし過疎。
>>381
既出ネタではないか。



424 :なまえ_____かえす日:03/11/27 00:41 ID:PbrkPe7C
人がいない・・・

指輪スレで指輪映画の脚本家がゲド戦記の脚本にも参加しそーだ、
とかなんとかいうレスがあったけど、
映画化とかそんな話なんて、あったんだっけ・・・??

425 :なまえ_____かえす日:03/11/27 19:50 ID:Dhcq3WBf
>>424
多分舞台かドラマじゃないの?



しっかしホント人いないね。

426 :なまえ_____かえす日:03/11/27 21:50 ID:PbrkPe7C
TVドラマとかだったら禿しく見てみたいー。

ハリウッド映画なんかにされると、「こわれた指輪」あたりは
インディージョーンズみたいな話になっちゃいそうだ(w

427 :なまえ_____かえす日:03/11/30 11:11 ID:nEoofWc/
最近原書の1巻を読んだんですが(翻訳版は未読
おもろかった〜。ここ見て初めてVetchが「カラスノエンドウ」
という意味だという事に気付きました。

428 :なまえ_____かえす日:03/12/14 21:49 ID:5BybHNw4
ちょっと聴きたいんだが
アレンって白人なの?髪の色とか、この作品はほとんど人物描写がないのでわかんない・・・

429 :なまえ_____かえす日:03/12/15 00:02 ID:WwiS8wBo
カルカド人の肌は白くて
アーキペラゴ地域の人々は赤銅色の肌、
というような描写が一貫してあると思ったけど・・・。
アレンは赤銅色の肌に黒っぽい髪、だったか。

430 :なまえ_____かえす日:03/12/16 00:11 ID:FEXhXg4N
>>428
どうもありがとう!
今、ゲド戦記のイラスト(らくがき汗)描いてて
ちょっといきずまったので・・・
参考にさせていただきます!

431 :なまえ_____かえす日:03/12/20 01:45 ID:gV7U3GYE
既出だとは思うけど一応。
ゲドは確かアメリカで6時間のTVドラマ化されるとか
そんな話があるにはあるんだよね。
ちなみに闇の左手は4時間で。

…で、放映はいつですかーサイファイチャンネルー…

432 :なまえ_____かえす日:03/12/24 23:30 ID:Q0YAT6nX
江戸戦記

433 :なまえ_____かえす日:03/12/26 17:28 ID:uBfE40K4
>>424
亀レススマソ

前に宮崎駿がゲドをアニメ化したがっていたとき、調べたらもう既に映像化の
権利が買い取られていた後だったらしい。
で、ジブリアニメ化はなくなったということだ。



434 :なまえ_____かえす日:03/12/26 18:20 ID:EitHs54l
エーッ。
ジブリがゲドをアニメ化しようとしてたって、ほんと。
くわしく教えて、くわしく。
見たかったよお。


435 :なまえ_____かえす日:03/12/26 22:17 ID:BSFfH1Ka
433ではないのですが。

>>434
「図書 岩波少年文庫創刊40年記念号」(1990年7月号)の「座談会:本、子供、映像」内での宮崎駿氏の発言。

ゲド戦記をアニメ化する話が持ち上がって、猛烈に反対した。
しかし反対したけど、もし他人がやるなら自分が絶対やる。
だけど、あれを映像化したらちゃちなものになってしまうだろう。
幸いにして既にアメリカで映像化権が押さえられているので、良かった良かった。

・・・といった内容でした。

436 :なまえ_____かえす日:03/12/27 05:16 ID:5rO8zIVA
>もし他人がやるなら自分が絶対やる。

変なエロロジストな主張が前面に出てきてイヤーンな出来になりそうなヨカーンw

437 :なまえ_____かえす日:03/12/27 06:43 ID:p8fjJqlq
世界の合言葉は森・・・みたいな

438 :なまえ_____かえす日:03/12/27 10:47 ID:/z0uRKFU
影との戦いをすっ飛ばしていきなり2部からやりそう。
ラナ顔のテナーをやたら詳細に描写しそう。

439 :なまえ_____かえす日:03/12/28 00:56 ID:9Nul0F42
>>436
>変なエロロジストな主張が前面に出てきてイヤーン

確かに「エロ」ロジストではイヤンだわな。

440 :なまえ_____かえす日:03/12/31 17:51 ID:gZzIgTVC
宮崎駿は昔からやりたがっていたよね。
と言うか、宮崎駿の昔のアニメやら漫画には「ゲド」が入っていたよね。
ナウシカの漫画版とか。


441 :なまえ_____かえす日:04/01/06 02:54 ID:RCRg4liA
4巻評判悪いなぁ。5冊中、一番深くて面白いと思うんだけど。
4巻は宮崎風味では無理っぽい。

442 :なまえ_____かえす日:04/01/06 07:42 ID:QEQ1A1xM
じゃ、どうだろう。
4巻を高畑勲がやるってのは?
冗談でーす。


443 :なまえ_____かえす日:04/01/08 20:52 ID:olkCEU2n
俺17歳の時に四巻読んだけど1〜4巻の中では4巻が一番凄いと思った。
ゲドは力を失って単なる爺さんになってるしテナーは呪いかけられるし
テハヌーの描写もリアルすぎるし、何よりあのどうしようもない、本当にどうしようもない
世界観が大好きだ。

確かにフェミニズム思想も感じたけど、魔法の意味の問い詰め方も凄いよ、四巻。
ゲドの『コップ一杯の水を砂漠に注ぎ込んだところで緑は戻ってこない』(うろ覚え)って台詞と
ハンディ一味との会話のシーンは特に印象に残ってる。

まあ、流石に五巻は受け付けなかったがな(母曰く年取ると良さが分かるようになるらしいが)

444 :なまえ_____かえす日:04/01/12 20:59 ID:+slf9gvH
4・5巻はあれはあれで面白いとは思うんだけど、
自分の中では良くも悪くもゲド戦記は「全3巻」で一旦綺麗に
完結してしまってたんだよね・・・年月も経ってしまってたし。

だから内容的に4巻って深い、という意見はわかるけど、
個人的な思い入れ度は最初の3冊とは、比べ物にならないんだよな〜。

一気に読んでたら、また違ってたかもしれないとは思うけど。

445 :なまえ_____かえす日:04/01/13 00:01 ID:JoJUmR3o
自分の創造したヒーロー(とあえて言う)にあそこまで残酷になれる
ところは、自キャラに萌えてしまう女性作家よりは好感が持てる。


446 :なまえ_____かえす日:04/01/17 04:09 ID:NQvg1J41
>魔法の意味の問い詰め方
おーわかるわかる!迫力あった!!

あと四巻って二巻と対な気がした。
二巻ではテナーがアルハとしての力を失くし(アルハの死)、四巻ではゲドが
ハイタカとしての力を失くして(ハイタカの死)、ただのゴハとタカになる。
ゲドが「大魔法使いハイタカは死んだんだ(うろおぼえ)」と言ってた。
“生は死のなかにこそ〜”の体現とゆーか、生の輝きってそういう
もんだろうなーって感動したよ。

447 :なまえ_____かえす日:04/01/23 01:23 ID:1p1QgO07
>>445
そのへん偉いよな。
ただ逆に力入りすぎたかなという観はあり。

448 :なまえ_____かえす日:04/01/24 02:11 ID:15pZ2YrE
3巻までは「物語」として一歩引いて読める。
目的があり、探索があって、明確な結末がある。
引いて読む、というかとりあえず着地点の定まった安心感がある。
4巻は、いきなり裏舞台に引きずり込まれたような感じ。
物語のあるべき姿がいつまでも見えてこなくて、不安が募った。

考えてみると、それまでの巻は完成された「伝説」
なんだよね。そこから一転、先の見えない、
これまでの過去が正しいかどうかも分からない、
読んでいる読者と変わらない「現在」の不安感の中に舞台が移るんだな。

結構最近になって初めてゲド戦記を通読したけど
4巻に入った時は衝撃だったな。単純に戸惑いもした。
1巻と4巻、一冊の本の中で流れてる時間の長さがもの凄く違う。
時間の密度が違うから、読み方のリズムもガラリと変わって
最初感覚が時差ボケみたいな状態になったよw

449 :なまえ_____かえす日:04/01/24 18:33 ID:IGoupQTz
1〜3巻
テレビで昔のドラマの再放送を見る。
この主演俳優、最近見ないけどどうしたのかな?と思いつつ
面白いので見つづける。

4巻
そのドラマの主演俳優が隣に越してきて、近所廻りの挨拶に来た。
しかも今は俳優は引退して、ただの初老のオッサン。
その後は自分の女房から近所の噂話といっしょに彼とその妻の日常の
話を聞かされ、なんか妙な感じ。

そんな感じですかね?

450 :なまえ_____かえす日:04/01/24 18:48 ID:K8H21fha
オモロイw 確かにそんな感じだ

451 :なまえ_____かえす日:04/01/24 18:54 ID:R0NZ88Lg
読書の冬だん。色々な漫画・小説情報・購入サイトをうpしまくってる
スレなんだだん。
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/lobby/1074914875/l50

452 :なまえ_____かえす日:04/02/02 09:22 ID:IRlyb/Gg
1−5巻、読み終わりました。
1−3は再読。4−5は新しく読みました。
感想。
4巻からの温度差はすごいですね。
この巻から主人公がゲド→テナーになるような気がしました。
巻が進むにつれ愚痴っぽくなってくるところに作者の歳を感じました。

453 :なまえ_____かえす日:04/02/02 11:50 ID:8Fj/6Lxt
年取ったといえば、テナーとテハヌーが最後の夜を過ごすシーン。
なんか、作者も年とったなぁと自分は感じたなぁ。

454 :なまえ_____かえす日:04/02/11 23:52 ID:4DlZXCNH
4巻を読んだ時、もし自分が子供の視点で読むとしたら、児童虐待を
受けたテハヌーは外せないと思った。
現実のニュースでその手の実態は流れてるし、
最悪自分がそんな目にあった時の予防策を子供は読み取ると思う。




455 :なまえ_____かえす日:04/02/12 04:44 ID:6LChTqAc
「スカイアー!」
「もう、すぐだ」
振り返ったマントの中に既に顔は無かった。
ゲドはすぐさま彼自身の内部の力を集中させた。
「ゲド!」
もはや変身は不可能だった。


うろ覚えだがこんな急展開のぞぞぞなノリは、もう5巻では見られない・・・


456 :なまえ_____かえす日:04/02/12 13:19 ID:eEbnw+3x
1−5巻通して読むと、
4−5巻は単純に「作者の高齢化による筆力の衰え」という気がした。
特に4巻の前半は「思った」や「考えた」等の心の動き
でかつ繰り返しの内容(心が揺れ動く2巻とはこの点が違う)を
いちいち書き込んでいる文章に、想像力もそがれて萎えた。

考え方が変わったという理由だけなら、
別の主人公で別の魅力的な話を紡ぎだせばいいのではないか。

それができなかったのは、
(1)年齢的に新しい話を数冊書いて完結させるのが難しいと考えた
(2)人に興味を持たせる主人公を新たに描くのが難しいのでゲド戦記を利用した
等の理由しか思いつかない。

457 :なまえ_____かえす日:04/02/12 17:43 ID:tNtIibMB
>456
ゲド以外の作品では、別段に筆力の衰えは感じなかったが?。
むしろ、テーマの絞り方は見事だった>「言の葉の樹」。
こうなると、ゲド戦記1−3を書いた当時の作者は、
どんな位置にいたかが気になる。

458 :なまえ_____かえす日:04/02/12 23:49 ID:ypB6GB5S
野卑で傲慢なルグインだったのさ・・・>どんな位置

459 :なまえ_____かえす日:04/02/14 20:12 ID:RVCydjFM
野卑で傲慢でカッコいいゲドがもいちど読みたいなー。
ゲド戦記のフェミニズムって男っぽい女っていう古臭い型じゃ
ないけど、かかあっぽいってゆーか、窮屈。
マスキュリニズム?も若者っぽいからガキっぽいって感じになってるし、
なんだかなー、やっぱ年齢かなあ。

460 :なまえ_____かえす日:04/02/17 03:44 ID:hPysAms3
やると言ったらおれはやる!

461 :なまえ_____かえす日:04/02/17 10:42 ID:dEgPO/Ub
・1)修行時代
↓2)複線時代
↓3)とりあえず大団円
↓4)闘病時代(今までの膿を出してる)
・5)美しく安らかにFade-out

うーむ 流れ的にはこれ以上望むべくもないなぁ
書くべきことを書き 成るべくして成った物語だと思ったよ
個人的には「複線時代」の話でもう一冊欲しかったかな

462 :なまえ_____かえす日:04/02/18 00:55 ID:VF94IrCO
ごめん、「複線時代」って意味わからん。。

463 :なまえ_____かえす日:04/02/18 06:31 ID:0WMMOURh
1、職業訓練、就職
2、SEX
3、後任指導、失業
4、転職、結婚
5、隠居


464 :なまえ_____かえす日:04/02/18 07:58 ID:z8lBIDuR
それまで単線で運行していたのが拡幅工事で複線化
これでタブレット交換も行違い待ちも無くなって(゚Д゚)ウマー

465 :なまえ_____かえす日:04/02/18 14:02 ID:Mtiy2hrZ
ああ、その複線なのですか。
「伏線時代」かと思った。


466 :462:04/02/18 22:51 ID:VF94IrCO
いや、「複線」の意味はわかるけど「時代」を形容する表現として
普通に使うもんなのか・・・と。初めて見たっす。

途中からテナーやアレンが出て来て主人公複数化・・つーか
視点が増えたとか、そういう意味かな。

467 :なまえ_____かえす日:04/02/19 02:36 ID:askH+N9Z
エッサ、エッサか・・・

エッサといえば海に浮かぶ泡のことだと思ってたんだけどな(泣

468 :なまえ_____かえす日:04/02/19 18:13 ID:Po6eFRHH
オタクといえば小動物

469 :なまえ_____かえす日:04/02/20 01:59 ID:CD3a8fiW
talk といえば石なわけで。

470 :なまえ_____かえす日:04/02/27 18:15 ID:cDprcVo3
なかなか外伝がでないから、
ここもさびしいね〜。

471 :なまえ_____かえす日:04/02/28 06:26 ID:4V9fRM49
あっ、そう言えばどうなったんだろう・・・?
外伝は・・・?


472 :なまえ_____かえす日:04/02/28 14:44 ID:PcS/chAT
腐海に没しますた

473 :なまえ_____かえす日:04/03/06 19:40 ID:xHRMmHw5
とりあえず5巻のテナは2巻の面影が全く無い。あれは別人だ。

474 :なまえ_____かえす日:04/03/06 19:58 ID:hlyJpGAB
>>473
女も歳を取れば変わる。
おまいのお袋が、若い時はどうだったか親父さんに聞いてみれ。


475 :なまえ_____かえす日:04/03/07 13:18 ID:TvtRpBLH
まあ、ケストお婆さんが出てこなかったのは最後の良心じゃないだろうか。

476 :なまえ_____かえす日:04/03/07 20:12 ID:pIdL7A3f
もしヒスイは、石垣がエッサエッサで取り除かれてアースシー魔法均衡が崩壊してしまった
ことを知ったらどう思うんだろうな・・・

477 :なまえ_____かえす日:04/03/10 22:58 ID:0xjflkGC
ナウシカみたいだよな。最後の最後で今まで作ってきた世界をぶち壊す。

478 :なまえ_____かえす日:04/03/13 20:54 ID:UWxpQrZ8
外道戦記age

479 :なまえ_____かえす日:04/03/13 21:53 ID:48ibQtKp
ナウシカは、ゲド・リスペクトな宮崎駿がつくりましたから

480 :なまえ_____かえす日:04/03/13 21:54 ID:48ibQtKp
あくまで、当時リスペクトしてた、だと思うけど

481 :なまえ_____かえす日:04/03/15 16:21 ID:T3kZ3pWc
ナウシカはむしろ指輪に似てないか。
スレ違いだけど、ageときます。

482 :なまえ_____かえす日:04/03/15 17:42 ID:hhbH0tcW
アレはアレでいいとは思うけれどもっと外伝…というより
省略されているだろう数々の冒険譚を補完して欲しい。私だけ?

483 :なまえ_____かえす日:04/03/15 17:57 ID:CnsulVTp
四巻まで読んで、スゴイ考えさせられる作品だと思ったなあ。
シリーズ物なのに全然作品によって味が違うモンね。
でも共通してアースシーという「異世界」をすごくリアルに書けてる気がする。
ていうか第五巻なんて出てたんだ。図書館にあるかなぁ。読みたい。




484 :なまえ_____かえす日:04/03/18 13:01 ID:b//dVfZ6
外伝がいよいよ五月に出るらしい。

485 :なまえ_____かえす日:04/03/18 14:26 ID:kB6GplcQ
早く読みたくて5巻も外伝も原書買ったのに・・・・・5は4ページ目で翻訳でたし・
外伝もまだ30ページぐらいしか読んでないのにいいいいいいいーーーーーーー


486 :なまえ_____かえす日:04/03/18 22:08 ID:ounprY8Q
おお、とうとう外伝が。
本何色かな。明るい緑とかどーかね。

487 :なまえ_____かえす日:04/03/20 23:00 ID:Xdv5xc0i
5月27日て出てますね

488 :なまえ_____かえす日:04/03/21 00:57 ID:7/6BjFGN
物語コレクションで5巻がでたのは、今月だから
物語コレクションで外伝がでるのは、来年かな…

私は来年まで外伝我慢します。それまで5巻を楽しむよ…
(自分、このスレとえらい時差があるかも)

489 :なまえ_____かえす日:04/03/21 07:11 ID:vs+eKTEb
翻訳早くなったのはハリーポッターの影響ですかね?
本の値段が高いのまで影響されたくないケド。

490 :なまえ_____かえす日:04/03/22 00:11 ID:iTWPyfti
へ、早くなった?ハリポの影響?

491 :なまえ_____かえす日:04/03/22 15:20 ID:Sb+7YsIj
外伝一つにまとめられてたら嬉しいなぁ。

今更ですけど、私は4巻好きです。
だいぶ前に10代だとつまんないとか言われてましたが、
私はゲド自身が好きなので魔法使いじゃなくなっても
「そうかー」という感じでした。
すごく寂しかったですけど。
中学生の時に図書館で読んで、5巻セットを買いました。
今は高校も卒業しました。
読み返すと毎回違うように感じて、
分からなかったとこも分かるようになったり、やっぱ奥が深いです。
私の価値観はゲドに影響されてる所が多いです。

賛成も反対もなんにせよ人に影響を及ぼす本はすごいと思いました。

492 : ◆GacHaPR1Us :04/03/22 22:40 ID:yHrkYSRY
もともとは
『アースシー世界』の物語なのであって、
『ゲド戦記』という呼び名はそもそもから、適切ではなかったんだよな。
世界一つを文化から、精神から構築するという作業はいろんな人に感銘を与えるんだろう。

493 :なまえ_____かえす日:04/03/24 15:09 ID:mIPqtxKb
文化人類学の「アスディワル武勲詩」にちなんで、
「ゲド武勲詩」の方が適訳かと思いました。

494 : ◆GacHaPR1Us :04/03/24 23:43 ID:/gZcXbrn
一巻を最初に読んで、
最近になって五巻「アースシーの風」読んで
んで、ついこないだ映画版指輪物語に感動したついでに
二巻読んで思ったんだけど、テハヌーがゲドと添い遂げるためには
あの道のりしかなかったんではないだろかい?
ゲドから魔法を取り上げるしか二人は添い遂げられなかったんだよ。

495 :なまえ_____かえす日:04/03/25 23:41 ID:CAtdjyB2
>494
テハヌーでなくテナーですな?
最後の行は同意ですが・・・

もしかして、1巻読んで、次に5巻を読んだという意味?
んな訳ないかw

496 : ◆GacHaPR1Us :04/03/25 23:56 ID:sFf0BI2z
>>495
>もしかして、1巻読んで、次に5巻を読んだという意味?

そのとおし。
自分でもなんだけど、激しくへそ曲がりだな

497 :なまえ_____かえす日:04/03/27 01:44 ID:va+0Zd+8
うーん、2巻を読んだ時点では、
ゲドとアルハが結ばれるのが必然とは思わなかったなぁ。
子供だったのかな、私。

498 :なまえ_____かえす日:04/03/28 23:01 ID:VuLsF+Dc
アルハがゲドの姿を見て激怒した時点で
キタキタキタキター!と思った私は
逝ってよしですか?

499 :なまえ_____かえす日:04/03/28 23:22 ID:mqCeTlom
>497
494氏は5巻を先に読んでるから2巻を読んで
2人が結ばれるには・・・云々、と思われたんでしょうから。。

普通に1巻→2巻と読んだ自分は2巻読んだ時点では
むしろ2人が惹かれあってるようなのに別れなきゃならない
切なさにジーンとしてましたよw

500 :なまえ_____かえす日:04/03/29 21:49 ID:vDcG66yE
>498
わかるわかるw
自分もアルハが過酷な運命を背負った少女と
わかった時点でキターーーーー!!!!カモ?と思ったクチ

501 :497:04/04/01 00:05 ID:Jc+NVdJ3
>499
>494氏は5巻を先に読んでるから2巻を読んで
>2人が結ばれるには・・・云々、と思われたんでしょうから。。

なるほど。
私はあの二人はあそこで別れるというのがミソだと思ってました(笑)
「こわれた腕輪」ってちょっと変わった雰囲気で好きだった。
アルハが地下迷宮の道を覚えるところとか、
ゲドがアルハに魔法でドレスの幻影を見せるところとか。

でも一番印象に残っているのは、どういうわけか巫女のサーの死を描写するところ。
「その年の夏(?)サーが死んだ。(中略)
彼女がアルハに教えたのは誇りであって恐怖ではなかった。」というような文章だったと思う。
今、手許に本がないのでうろ覚えですが。




502 : ◆GacHaPR1Us :04/04/01 00:17 ID:xL7NJwrT
>>501
巫女たちすらも迷宮の闇の精霊たちからの影響を受けずにはすまなかったんだけど、
アルハはサーがその影響を受けつつも最後まで魂の強さを示した存在として
尊敬していたように自分は読んだ。

503 :なまえ_____かえす日:04/04/01 00:29 ID:h18az59b
テハヌーを嫁にしたいのですがどうすればいいですか?

504 :なまえ_____かえす日:04/04/07 14:41 ID:QCp63vof
http://slashdot.jp/article.pl?sid=04/04/07/0344208

505 :なまえ_____かえす日:04/04/13 23:30 ID:XmSdDdga
ほsh

506 :なまえ_____かえす日:04/04/15 20:32 ID:UOw0JZYd
外伝の表紙が見れるようになってました。

507 :なまえ_____かえす日:04/04/15 23:12 ID:t7ACEg3L
お。ホントだ〜。

508 :なまえ_____かえす日:04/04/16 20:22 ID:KTcO/uut
実写は見たくないけれど、でも見てみたい気もするし複雑。
でも宮崎さんには作って欲しくなかったので、
ここ来てホッとしました。>433

デッドゾーンはテレビ版もあったのかなどと、
べつな情報まで知り、ありがとうございました。

509 :なまえ_____かえす日:04/04/18 19:56 ID:WQbPW8pL
文体について。
短編の文体です。長編を書ききるような文章ではありません。
ゲド戦記は、長い短編なのです。
作者の研鑚の程がうかがえます。
だから良書なのです。


510 :なまえ_____かえす日:04/04/20 00:08 ID:uOFcAXE/
思考実験萌え

511 :なまえ_____かえす日:04/04/24 02:11 ID:+tyUKBoK
ルグウィンと聞くと、いつもグウィン・サーガを思い出してしまう。
読んだことないけどね。


512 : ◆GacHaPR1Us :04/04/24 17:16 ID:rRqsoX+t
ルグィンの文体の話が出てきたのでついでに思うことを書くと、
例えば、会話のなかでの受け答えで、その世界の説明を含めることで、
第三者による『語り』のカタチを止めながらも、『神』の視点になることを
防いでいるというのは秀逸だと思うよ。


513 :なまえ_____かえす日:04/04/27 19:15 ID:N1VDrwbU
最近良く行く本屋がレジから良く見えるとこに告知ポスター貼ってるから、
会計の度に、心の中でにやけてしまう……。

514 :なまえ_____かえす日:04/05/01 23:04 ID:hpkdHo3U
オークションで全5巻セットを
・古本なので少々難あり。(読む文には問題なし)
・箱無し
で2700+送料等で買ったんだけど、
コレって得でしたか?損でしたか?

515 :なまえ_____かえす日:04/05/02 11:38 ID:g1AV0WkW
買っちゃったんだしお得だっていうことで。

516 :なまえ_____かえす日:04/05/04 08:42 ID:atWcR+qz
異世界ファンタジーって大陸がいろんな国に分かれてるのが多いよね?
多島海って珍しいのかな。

5巻に登場する川辺の館は、なんとなく日本家屋をイメージしました。

153 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)