5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

みんなで書こう!★リレー小説★

1 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 14:01
なるべく、
1.前のレスを読んでつながりのある
文章にしましょう。
2.文体を変えすぎないように。

2 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 14:03
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。

3 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 14:09
尿。

4 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 14:14
しかしその世界地図の拡がった蒲団を
清は褒めてくれた。

5 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 15:14
「すいません。夢精してしまいました。」

6 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 18:55
看護婦は無言でシーツを取り替えてくれた。
僕は新しいパジャマに着替えた。


7 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 19:03
看護婦は全裸になり僕も全裸になった。

8 :アフォ ◇AFOlA2Ei2w :04/04/16 19:13
するとそこへ…。

9 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 19:37
監督が言った。
「休憩にしよう」

10 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 19:50
「なんだよAVかYO!」

11 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 19:55
 哲雄の叫びに、
「”坊ちゃん”が元ネタみたいだね」
 と、誰かが答えた。

12 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 20:55
それを耳にした監督の頭が爆ぜた。
飛散した脳漿と肉片と骨片は、部屋いっぱいに広がり、スタッフ達へと降り注いだ。

13 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 20:59
すたっふたちは おいしい おいしい といって みんなで それをたべた

14 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 21:45
おれはなんだか馬鹿馬鹿しくなってきた。
こんなAVを撮影するために物理学校を卒業し、
わざわざ松山まで来たのか、
と思うと情けなくなった。


15 :名無し物書き@推敲中?:04/04/16 22:09
おれは清に手紙を書いた。
「きのう着いた。つまらん所だ。病室でAVを撮っている。
 今日、撮影現場でみんなにあだなをつけてやった。
 監督は赤シャツ、カメラマンはのだいこ、女優はマドンナ。
 いまにいろんな作品に出演してやる。さよなら。」

16 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/04/17 01:46
おれは執筆に疲れて万年筆を置いた。しばらくぶりに手紙を書いたものだ。
最近はメールばっかりだったもの。おれは手紙を読み返してみて思った。手紙にも顔文字を着けたらどうだろうか。なるほど、よし書き直そう。
いや待て。そんな問題じゃない。おれってこんな文章下手だったっけ。こんな手紙投函できんわい。
オナニーしたあと精液を出す紙として使おう。おれは手紙を四つ折にして、膝までパンツをおろした。

17 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 02:38
「いや、駄目だ。精液は明日の撮影にとって置かないと。」
おれは思い直して、温泉に行くことにした。



18 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 03:11
外に出ると漆黒の闇だけが広がっていた。
駐車場には一台の車もなく、人影もなかった。
一体どういうことなのか。
僕は驚いて立ち尽くしていた。

19 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 03:44
こう見えてもおれは江戸っ子だ。これでも元は旗本だ。
恐れていてはおれの顔にかかわる。
ただ歩き出すまでだ。

おれは暗闇の中をずんずん進んでいった。
すると目の前に何かが見えてきた。

20 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 04:11
か、かあさん

21 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 04:14
ニダ

22 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 04:55
10数年前に生き別れになった母の顔だった。
まさかこんな所で母の幻覚を見るとは・・・。AV男優になった事を
自分自身でも後悔してるのだろうか。それにしても母はけっこういいオンナ
だったんだな。


23 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 06:18
「よく聞いて。
 気付いていなかったかもしれないけど、
 お前のスペルマには不思議な力があるのよ」

24 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 10:52
おれはとたんに哀しくなり、
まくしたてるように母に言った。
「おれのザーメンにどんな力があるって言うんだい?
 第一、最近ほとんど出ないんだ。いつも最後のシーンは
 代役の下半身男優がやってるんだ!
 立たなくて女優がうんざりしちまったこともある。
 母さんはそんなおれにどんな力があるというんだ!?」

25 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 14:38
「尿道を細く、細く、針に糸をを通すように細く」
その言葉を聞いて、なぜか涙があふれた。
「父さんが歌ってた歌だ」
母が微笑んで、うなづいた。

26 :名無し物書き@推敲中?:04/04/18 02:32
背後からいきなり肩を掴まれた。
おれが振り向くと蒼白な顔色の監督がいた。
「やばいことになった。すぐに一緒に来てくれ!」



27 :名無し物書き@推敲中?:04/04/18 03:21
真っ暗闇の中でいきなりおれを驚かすとは
赤シャツ監督も話せねえ雑兵だ。

「明日、撮影する予定のAVなんだが、カメラマンが
 怪我をしてしまったんだ。
 というわけで撮影はハメ撮りでいくことにする。
 できるか?」

28 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 08:45
「できませーーん」

29 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 09:04
振り返ると、そこのキョウコがいた。

30 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 19:55
キョウコは二つ年下のオレの妹だ。
「キョウコ… お前なんでここに?」
「お兄ちゃんとしたいの…」
「またかよ。昨日もしただろう?」
オレ達の関係は落ちるとこまで堕ちている。昨日もSMプレイをしたばかりであった。そこに監督が一言発した。
「ちょうどいい、禁断の兄妹愛というタイトルで撮れるではないか!」
「待ちなさいよ!」
だがそこに三つ年上の姉、キミコが現れた。


31 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 20:02
キミコは不気味なキノコを持っていた。

32 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 21:29
キミコはそのキノコをおれの口へと投げ込んだ!

33 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 22:26
1up!


34 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 23:28
1up! 1up! 1up!

35 :名無し物書き@推敲中?:04/04/19 23:36
すると、みるみるおれのティムポは膨れあがり
臨戦態勢は整った!

36 :名無し物書き@推敲中?:04/04/20 01:48
「ああっ、めんどくさい。姉貴もキョウコも一緒にやってやるよ」 
その言葉を聞いたAV監督は
「フフフ… そう来ると思って機材とスタッフは待機済みだ!」
「ハハハ! 久々に燃えてきたぜ!」
完全なセックスマシーンへと変貌したオレはその視線をキョウコに向けた。
そこにはすでにイッているキョウコの姿があった。おれのせいではない。
その時オレは気付いた。キョウコの後ろに不気味に佇む一人の― 

37 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/04/21 03:23
デブな作家志望

38 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/04/21 03:28
「Yeah!」

39 :名無し物書き@推敲中?:04/04/21 03:29
37 名前:罧原堤 ◆5edT8.HnQQ  [sage] 投稿日:04/04/21 03:23
デブな作家志望


38 名前:罧原堤 ◆5edT8.HnQQ  [] 投稿日:04/04/21 03:28
「Yeah!」

40 :名無し物書き@推敲中?:04/04/21 03:34
堤はデブな作家志望だった。
>>39のような文章を書いているから作家になれないのも無理はない。
キョウコにデブと言われる度に殺してやると思うが、裏方のバイトでしかない自分に自信がない。
監督がタバコを口にくわえた。ぼけっと突っ立っているだけの堤をキョウコが怒鳴りつける。
「火ぐらいつけなさいよ、このデブ! 作家 脂 肪 !」

41 :名無し物書き@推敲中?:04/04/21 03:37
ライターを探している間、監督は自分で火をつけた。
スタジオに「使えねえな」という声がもれる。
痩せさえすれば顔はキョウコよりいいのに……。
堤は台本を握り締めた。

42 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/04/21 03:54
とても強く握り締めた。

43 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/04/21 04:02
握り締めると汗が出た。

44 :39-41:04/04/21 04:03
数年後、やせた堤がマエハタジュンコと名前を変えてAVデビューした話は知られていない。

45 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/04/21 04:18
ハタジュンと死ぬ前にHしたい
ズワイガニよりおれのほうがいいぜ

46 :39-41:04/04/21 04:23

第二章  堤 復活

キョウコは腰痛が原因で女優を引退し、数年間助監督を務めたのち、初監督作品をとることが決まった。
その失敗できない第一作目にジュンコが使われることになったが、撮影の直前、
ジュンコは「昔の名前を使うなら出演してもいいわ」とゴネた。
ジュンコはたいていの我侭が許される大物女優となっていた。
「ジュンコさん、これはビジネスなの。ジュンコの名前で売ろうというのに、昔の名前なんて引っ張りだされても……」
キョウコが不服そうな顔を見せる。しかし怒鳴りつけることはしない。ジュンコの機嫌を損ねるわけにはいかない。
ジュンコは無視してタバコをくちにくわえてみせた。
「火は?」
キョウコがライターを取り出し、火をつける。次の瞬間、ジュンコが煙をキョウコの顔に吹きつけた。
「クレジットは罧原堤にしてちょうだい。でなきゃ、演技しないから。ちょっと手を見せて」
キョウコは意味がわからず手を見せた。
ジュンコ、いや堤が顔の表情を崩さずに、キョウコの手のひらへとタバコの灰を落としていく。

47 :39-41:04/04/21 04:27
>>45
死ぬのは勝手だがその前に続きを書け。私は寝る。お題は「ズワイガニ」

48 :罧原堤 ◆5edT8.HnQQ :04/04/21 05:06
「キョウコのマンコにズワイガニ。うん。いいな」
おれはキョウコのマンコにズワイガニを。

何をする。
痛いじゃないか。サツを呼べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!

まあ、そんなに痛がる事は無い。安心しろ。送迎バスは家の前まで送ってくれる。
京風だよ。あっさり薄味。
何をしたいかわからない? 何もしたくない! ヒヒヒ・・・・・

サツを呼べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!

サツを呼べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!

サツを呼べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!

サツを呼
サツを呼べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!

サツを呼べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!

サツを呼べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!

サツを呼べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!
べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!
ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!
べ! ヤクだ! ヤクをやってるぞ! サツを呼べ!



49 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 20:27
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)