5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もまいら、リレー小説やるぞゴルァ!

1 :売れない作家:04/03/29 14:48 ID:eABmthg+
こんなもんでどうよ。N岸

《注意事項》
1、同じ香具師がつづけてかくこと
2、人が書いたのを叩くこと
3、いきなり違う話に変えること

以上のことまもれ、2chやってるにんげんとして

2 :イラストに騙された名無しさん:04/03/29 14:49 ID:V8aDrl7A
ハイ、板違いです。
創作文芸板あたりで続きをお楽しみください。
http://book2.2ch.net/bun/


3 :イラストに騙された名無しさん:04/03/29 17:53 ID:y4iWVQbP
>>1
ドンマイ。めげんな。

4 :イラストに騙された名無しさん:04/03/29 21:00 ID:K3iAaiXq
つーか同じ香具師が書いたらリレーじゃないんじゃ…

5 :イラストに騙された名無しさん:04/03/29 23:44 ID:y4iWVQbP
そうかここで言う「注意事項」というのは「禁止事項」ではなくて、「これを実行せよ」っていう事項だったのか!

6 :イラストに騙された名無しさん:04/03/30 00:11 ID:WktPoCdv
一人で100ネタを頼む>1

7 :名無し物書き@推敲中?:04/04/04 06:27
おいおい、3月29日に立てて最下層かよ……。
マッハな落ちっぷりだな。

8 :名無し物書き@推敲中?:04/04/05 14:56
age

9 :名無し物書き@推敲中?:04/04/05 16:33
>>1
出だし書いていいの?

10 :名無し物書き@推敲中?:04/04/05 17:53
まず、皆でキャラ作ろうや:
【名前】             【性別】
【年齢】   【職業】
【外見】

【性格】 

【趣味】

【備考】
…とりあえずこんなもんで。テンプはいじったり追加OK。


11 :名無し物書き@推敲中?:04/04/05 18:19
このスレ移転されてきたのか? もとはどの板にあったの?

12 :名無し物書き@推敲中?:04/04/07 20:53
あれれ、レスが続いてない。そもそもどんなジャンルなのかが決まってない
から続きようがない。つーことで誰か希望を頼む。
俺が出だし書いてみるから。ただし、相当駄文なのは覚悟しろ。

じゃ、頼んだぞ↓

13 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/08 17:32
一人一行リレースレが終わりそうなのですが
続きはここでいいかしら。
ageで失礼ます

14 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 17:56
あの破壊から数年が過ぎた。破壊の言葉「1000」がもたらした、あの破壊。

15 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/08 18:33
「やんの? 一行ルール継続?」と誰かが呟いた。

16 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 18:46
>>15
ていうか、すでに後継スレ立ってるし。

17 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/08 18:59
age損失礼

18 :我是東京人:04/04/08 19:37
 ここは感動的な小説を書くために皆が資料やアドバイスを書くスレに変更しますた。
自分は第一次大戦直後、イングランドからドイツにやって来た主人公がドイツのスパイに
なりイングランドから重要な文章を盗み出す。彼にとっては昔の祖国を選ぶか、今の祖国
を選ぶかの一大事になる。そこでイングランドの情報を盗む代わりに主人公もイングラン
ドの諜報員になるがドイツで逮捕される。彼の家族の切なる考えで彼をイングランドの実
家に一旦、戻す事に。そして収容所に着いた主人公が見たものは古くからの友人の写真、
つまり友人たちはここで死刑にされたのである。結局は彼は処刑され、家族は屈辱的な人
生を歩む事に。そして戦後―ドイツは裕福になったが家族はどうしても穴を埋めずにいら
れなかったのである。………スパイゾルゲの見過ぎですか?

19 :我是東京人:04/04/08 19:39
おっとこういう事は世界史板でも言ったほうがいいんじゃないかな…?

20 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 10:47
しかし並列世界ではイングランドと日本が入れ替わってて
天皇がクローンされていて大量の天皇によってドイツを制圧。
その後宇宙からアクセスされて地球は壊滅。
ストーンヘンジの当たりに位置する並行世界上の
大阪ではみんな道頓堀に身投げした事でチャンネルがリンク、
スターチャイルドが誕生する。

というアフターストーリーはどうだろう。

21 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 22:02
創作板っぽくなってきました

22 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 10:19
そうか?
電波板向きじゃね?

23 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 14:06
太郎君は必死に走って、バトンを次郎君に渡すと、ばったり倒れました。

24 :罧原 ◆tXSA0RUZGU :04/04/12 17:36
太郎が倒れてから三時間経ったが、誰も太郎を助け起こそうとするものはあらわれなかった。
知的障害者として生まれた太郎を起こそうとするものなどいるわけが無かった。
もう冷たくなった地面に倒れ伏し続けて、太郎は妄想していた。
* * *
「太郎大丈夫か?」
「なにやってんだ次郎! 早く走りやがれ!」
「何言ってんだよ! お前血が出てるじゃねえか! ほっとけるかよ」
「次郎、ありがとお・・・・・・」
* * *
太郎の口、鼻、目から少量の血が流れていた。

25 :我是東京人:04/04/21 19:25
しかし、次郎はブレイク工業社員だった!

26 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 16:50

【名前】 橘あゆみ 【性別】 女
【年齢】 16 【職業】 高校生
【外見】
とっても可愛い女の子。髪は長い。
胸は小さい。背は普通。細身。表情が暗い。
【性格】 
おとなしい。優しい。
【趣味】
料理。
【備考】
数日前、親友Aの変死体が河原で発見された。

27 :たむたむ:04/05/01 17:38
>>26さん。
何だかインスピレーションが湧きました。

28 :たむたむ:04/05/01 17:39
 少女がその男と出会ったのはとある夕暮れ時の事であった。街の雑踏の中、幾多の人
々が行き交う中。少女は離れた場所、人混みの狭間からその男を見かけた。

 その男は人々の群れの中、ぽつんと立っていた。ごく自然に人混みに紛れている。およ
そ存在感という物を感じさせない。けれどそれは男が凡庸な風体だという訳ではない。二
十代だろうか? 目が吸い付けられるほどの造物の奇跡ともいえる端正な顔。大理石の彫
刻ともいえる白亜の透き通る肌。外国人だろう、黄金色の髪。すらりと長身。上下を高価
そうな背広に身を包む。……なにかこの世の物とは思えないほどの妖艶さ。

 少女は男から目が離せない。周りの行き交う人々はその男に一瞥だにくれず流れすぎて
いく。男の存在など全く見えないかのように。
 人々は行き交う。談笑しながら。携帯電話で喋りながら。今日の出来事に一喜一憂しな
がら。生活の疲れを引きずりながら。それら数多の海流の如く。夕日が世界を染め上げて
いく。

29 :たむたむ:04/05/01 17:43
 少女が見つめていると、男がこちらを見た。真っ直ぐとした視線。何か超越した瞳。目
が放せられない、吸い付く。少女と男の視線が蛇のように絡み合う。
 少女は引きずり込まれていく。男は微笑んだ。

 少女訳も分からず男に向かって駆け出そうとする。が、一瞬、歩行者に視界を遮られる。
次の瞬間には男の姿は消えていた。忽然と。人混みの中、立ちつくす。

30 :たむたむ:04/05/01 17:59
 毎日日報、十月二十日号。社会面二面。

『多摩川河川敷にて変死体』
 十九日午後五時ごろ、都内多摩川河川敷にて身元不明変死体が発見された。発見された
のは若い女性で、身長百五十センチ程度、体重五十キロ弱。年齢は十代後半と思われ、お
よそ死後二、三日程度とみられる。
 現在、警視庁○○署では所持品から遺体の特定を図るとともに事件・事故の両面から捜
査に当たっている。

31 :たむたむ:04/05/01 18:10
 十月二十六日。
 月刊VAO編集員、高野 美津夫は溜息をついた。場所は編集部。あたりが忙しそうに
立ち回る編集部の中で一人、高野はデスクに座ったまま。
 彼は皆が忙しい中でゆったりしていられるほどお偉いわけではない。彼は今年三十二。
部の中でも若手になる。彼はデスクの上の資料を見回す。煩雑にちらかった書類。灰皿に
たまった煙草の吸い殻。投げ出されたペン。わりと普段はきれい好きの彼にしては珍しい。
 それらが高野の行き詰まりを表す。そう、今彼の抱える記事の取材がまったくもっては
かどっていないのだ。高野はもう一度大きく溜息をついた。
 と、そこに若いバイトのカメラマン、岩田が通りかかる。あいかわらず悩みなさそうな
顔。岩田、高野に気付く。
「あれ、高野さん。どうしちゃったんですか。あーあ、こんなに机汚しちゃって。例の記
事進んで無さそうッスね」
頭の悪そうな笑顔。高野は少しむかっ腹がたつ。一言二言文句も出るが、岩田相変わらず
へらへらと軽くいなした。

32 :たむたむ:04/05/01 18:15
 このようなやり取りをする二人、コンビで幾度も記事を作ってきた。そうは言ってもい
かにも『VAOらしい』記事であるが。この岩田、不美人をやや不美人程度に見せる撮影
テクニックでは部内でも定評がある。
 この男、これまでも風俗リポートでは活躍してきた。そのテクに対してついた通り名が
『ザ・職人』である。
 と、二人で談笑していると編集長と目があった。高野、きまずくなる。目をそらそうと
するも編集長、手招き。高野はこの日一番の溜息をつくと編集長のもとにいく。

「高野、記事の方はどうなってるんだい?」
そう言う編集長、顔は笑っているが目は笑っていない。彼は接待・逆接待の暴飲暴食で肥
えた体をたいぎそうに動かす。編集長の夜の武勇伝、業界では有名だ。酔ってホステスに
は卑猥なことをするわ、路上看板にはドロップキックをかますわで、あげくテーブルをひ
っくり返すというふうで、たちの悪い絡み酒の歩く見本。いつ知れず付いたあだ名が『夜
の星一徹』。言い得て妙である。

33 :たむたむ:04/05/01 18:24
「高野、おまえ締め切りのことはちゃんと分かってるんだろな。取材があまり進んでない
んだったら適当でもいいからなんか書かんかい」
高野はその言い様よりもその目つきに萎縮する。彼なりに状況の説明はいつもしているの
だが。言い過ぎを気付いたのか編集長は諭すような口調になる。

「高野、お前が本当は新聞記者に成りたかったのも知っている。だから律儀に取材をする
のも分からんでもない。だがな、所詮うちは三流ゴシップ誌さ。……売れない女優の売名
行為のヌード、風俗嬢のなんちゃって女子高生パンチラ、有名人スキャンダルで飯食って
る。だからな少しはお前も頭を柔らかくして、いい意味で手を抜いちゃあどうなんだい?」
編集長はそう言うとやんわり笑う。

 高野は席に戻ると考えた。編集長の分かり易い飴と鞭はなんだか癪だが、彼の言うこと
にも一理ある。そう考えることにしよう。彼は呟いた。

34 :たむたむ:04/05/01 18:47
 席に戻ると、高野はデスク上の一枚の写真を眺めた。一人の女の子。凡庸そうな少女。
名前は笠木優子、年は十六才。今回の記事の主役である。
 高野は改めて記事の概要を整理してみた。

 およそ一週間前、多摩川河川敷にて変死体が発見された。警察の調べにより、数日前よ
り捜索願が出されていた近くの女子高生、笠木優子だということが判明した。
 死因は心臓麻痺。外傷は何処にも無く、着衣の乱れ、所持品が荒らされた様子も無い。
年齢でいえば若干不審でもあるが、突発的病死とでも解釈せざるを得ない状況であった。
これでは、高野の様なゴシップ誌記者がわざわざ記事にしようとも思わないだろう。平凡
とは言えないが、すぐに忘れ去られるただの事故死。その程度の事。
 ただ一つ、左の目玉が無くなっていたことを除けば。

 不可解であった。その左目は強引に抜き取られたわけでもない。血が吹き出してもいな
い。いや、一滴の血痕すらない。一言でいえば、忽然と消滅、したような。
 死体の顔、元は眼球が有った部分には空虚な空洞が有るのみであったのだ。

35 :たむたむ:04/05/01 19:06
 警察は苦慮した。これは果たして事件なのか、事故なのか。消えた眼球は。そしていか
にして眼球は失われたのか。全てが不可解であった。
 ごく一般的・常識的な意見としては何か野犬の様なものにでも喰われたのではないか、
というものが有ったがそれも説得力が弱い。現在、東京都にどれほどの野犬がいるのか。
考えるまでも無い。もしも、いたとしても都内近郊にでも現れれば即刻保健所の目が届く
所となる。
 そして、それ以上に。喰われたにしては余りに綺麗だったのだ。いや、傷口そのものが
無い。果たして犬畜生が左の眼球だけを忽然と喰うことなど可能な事なのか?
 もっと言えば。例え持ち去ったのが人間であったとして。死後、血液が固まっていたと
して、全くの出血も無く、全くの傷すらなく眼球のみを奪い取ることなどできるのか?
 誰にも、結論が出せなかった。

 こうして、笠木優子の件は不可解な変死事件として、ワイドショー、スポーツ新聞の紙
面を賑わすこととなったのである。月刊VAOもその例外にはならない。

36 :たむたむ:04/05/01 19:14
あわわわわ、、、
よく見ると、>>1で、続けて書かないでってあったよ。。
ごめんなさい。

>>26のキャラクターで発想を得て、序盤(〜33迄)は以前書きっぱ
なしになってた原稿をいじって載せたんだけど。
あちゃ〜失敗したです。ホントすいません。
しかも、今までのを第一パートとすると第二までは頭の中にあるし、
主人公(橘あゆみ)もそこで登場予定だし。
皆さん、もしよかったら、第二パートまで続けた上でリレーの形を取
りませんか? 是非、お願いします。厚かましくて悪いんだけども。
ホント、すいません。ごめんなさい。

37 :26:04/05/01 20:10
まさかこんなに書いてくださるとは……。

このスレって、同じ人が続けて書いたり、
人が書いたのを叩いたり、いきなり違う話に変えるのを
楽しむスレじゃなかったんですね。

>>1に書いてあることはあんまり気にせず、
同じ人が続けて書いてもいいと思います。

ちなみに橘あゆみは「ファミコン探偵倶楽部」のヒロインです。
備考のところに書いたのも、同ゲームまんまです。
ごめんねー。
嫌だったら名前変えてもいいよー。
がんばってね。

38 :たむたむ:04/05/01 23:31
 高野は考え込んだ。今、同業誌の多くが今回の変死体事件を追っているらしい。ワイド
ショーなどを見るに、大人しい真面目な女子高生、その心の闇等と題して彼女が影で非行
に走っていたのではないかとする切り口である。
 同業他誌も伝え聞くところ、怪しげな連中と付き合いが有ったという『真実』を作り上
げようとしているようだ。それを怪奇で猟奇的な事件として結びつける狙いだろう。

 『美人女子高生怪奇事件 〜大人しい少女の心の闇〜』
高野の脳裏に他誌がいかにもつけそうな記事題名が浮かんでくる。実に手っ取り早く売り
上げが増えそうな記事。読者は興味をそそられるだろう。
 高野には電車中吊り広告にそれらの文字が並ぶのが目に浮かぶようだ。

 高野も容易く、なおかつ売れる記事を作ろうとするならばその様にすべきだろう。現に
先程の編集長も暗にそれを示唆しているのだ。彼もつい、その腹づもりであった。

39 :たむたむ:04/05/01 23:33
 だが、笠木優子の写真を眺めている内に、なにやら彼の中でもやもやしたものが湧いて
くる。人一人の生き死にをろくすっぽ大して調べもせず、理解もせずに記事にして良いも
のだろうか。不特定多数の読者、世間に売り出すことに高野は戸惑いを感じる。

 彼女がどういう人間だったのか。今回のは事故なのか、事件なのか。そして、事件なら
ば、どんな事に巻き込まれたのか。やはり自分なりに調べねばならないだろう。
 文筆をもって飯を食べることへの彼なりの矜持であった。

 勿論、安っぽい正義感なのかも知れないというのは彼自身承知していた。そのせいで彼
はこの職場でも貧乏くじを引かされることも多々あった。が、それでも。

「高野さん、まあ、気楽にいきましょうよ。編集長の言うとおり、売れる記事になればい
いんスよ。少々は適当でもいいじゃないッスか」
へらへらとした岩田に、高野は難しい顔で首を横に振る。やはり、高野は高野であった。

40 :たむたむ:04/05/03 21:33
 朝。今日も橘 あゆみは足取り重く学校に向かった。十六才。高校二年生。
 都内の普通高校に通う彼女は、TVなどで取り上げられるような浮わついた女子高生な
どではない。小さい頃から視力の悪い目に眼鏡をかけて、なんとなく周りに取り残されな
いよう見様見真似中途半端な服装、内気な少女。

 あゆみは教室に入る。と、友達の麻里が話しかけてきた。
「おはよ、あゆみ」
麻里は晴美と同じく地味な高校生。彼女は少しくらい顔で寄ってくる。
 彼女は死んだ級友の事を口にした。仲良く遊んでいた三人組の一人、十日ほど前河原で
死んでいた笠木優子のことを。

「……どうしてあんなことになっちゃったんだろね」
あゆみは呟く。あの陽気でいつも下らないことばかり喋っていた、あの優子が死んじゃう
なんて。本当の所、未だ実感が湧かないことばかり。しかし、優子の死は残された二人に
暗い影を落としていた。

41 :たむたむ:04/05/03 21:52
 しばらく喋っている内に雑談となり、漫画の話、テレビの話題となった。やっと二人の
顔に笑顔も浮かぶ。友達を亡くしたばかりでこんな話をするのは不謹慎なのかもしれない。
だけどもこんな話でもしていなければやりきれない。
 彼女の死は生活に死という現実を見せ、背中に優子の幻影が姿無き姿をさらしているよ
うに思えた。

42 :たむたむ:04/05/03 21:55
「あゆみ、きのうのミュージックエイト見た?」
麻里はアイドルの男の子、大好きだ。よくあゆみとコンサートに行って一緒にうちわを振
っている。
「うん見たよー。○○クン、カワイかったね」
麻里の言うのは音楽番組のこと。二人ともとあるアイドルグループの大ファンで毎週テレ
ビ出演予定チェックに余念がない。
「えー、あゆみ、△△クンのほうがいいよー。子犬みたいにつぶらな瞳!」
麻里が顔を近づけてまくしたてる。この子は思いこんだり語り始めると前後見境がつかな
くなる。

43 :たむたむ:04/05/03 22:01
 さすがに声が大きかったか、近くの男子達が二人の方をちらり覗き見る。彼らは互いに
顔を見合わせ苦笑した。
(なんだあれ。地味なのが顔つき合わせてキモチワル!)
(オイオイやばいんじゃないの、妄想入ってるってアイツら。アブねー)
 それに合わせて何人かの女子もくすくす、とこちらを振り返り嗤う。


 あゆみは貝殻を見つけるとその中に籠もった。小さな、それはちっぽけな貝殻。そこで
胎児のように丸くなる。暗くて狭くて、暖かい……

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)