5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

黒い百合

227 :201:03/12/26 23:19
>>226
 今日になって、奴隷の纏はいよいよカビの廻りも満ちてきたのか、その肌心地は は虫類の肌のようで、
それを纏う咲妃の気力は一気に奪い捨てられていった。
 しかし、それに俯いている時間は無い。 すぐにと自分で言ったからには すぐに行かねばならない。
もっとも、言わずともそうだが。
 
 咲妃がダイニングへ着くと、お姉さまは既に食卓についていらっしゃった。
……ただ……そこには いくら血の巡りの悪い咲妃にでも一目で判る違和があった。
 食卓の上には、何も用意されていないのである。……なれば当然、床の上にも咲妃の餌は無い。
 お姉さまの食事が用意されていない辺りを見ると、別に咲妃の餌を抜きにしたと言う事では無いようだし……。
「……いかがなさいましたか?」
 咲妃が恐る恐る訊ねると、お姉さまは相変わらず上機嫌のご様子で返してきた。
「ええ、 夕食がね、来るのを待っていたのよ」
「・・・・」  ゾクリ。 その瞬間、咲妃の背に悪寒が走った。
 もっとも、今の咲妃に その理由は計れないが……。
 とにかく……、かつて無い 恐怖を 感じ、そしてまた、更なる恐怖を予感した……。

285 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)