5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

黒い百合

208 :名無し物書き@携帯:03/12/25 01:09
>>207の続き

綾野と咲妃、そして教員。それぞれが言い合っている時、静かな声が響いた。

「何の騒ぎですか?」

見ると、教室の入口には凛とした表情の女性がいた。

咲妃はその時に始めて教室の入口に由香が立っているのに気付いた。
しかし由香は咲妃ではなく、その女性を、まるで睨みつけているかの様に見ている。

「もう、授業は始まっているのですよ?」

少しずつ歩み寄る女性。生徒は割れた海の様に道を開け、女性は三人の横に立った。

「先生」

男性教師は女性に怯えているようだった。
その時、綾野が呟いた。

「香住先生…」

285 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)