5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

黒い百合

132 :201:03/12/20 21:40
>>131の続き。

 咲妃が菫の家にご厄介意になり始めて、既に二週間が過ぎていた。
 ともすれば、この十月も終わりの頃で テストなどのある憂鬱な時期だ。
 どうしよう? なんて クラスメイトとお話をしている自分が居る。
 日々は順調に流れていた。
 あれから幾度かお姉さま……、……由香様が訪ねてこられる事があったのだけれど、
その都度 みんなが守ってくれた。
 由香様がいらっしゃった所で、誰も取り次ごうとはしないし、無断で入って来ようものなら
大勢が咲妃を囲んでおしゃべりを始める為に、由香様は決して咲妃に近づけなかった。
 だから 咲妃は『適合者』達が心強い味方だと感じていたし、自らもその内の一人で居られる事が嬉しかった。
 だけれど その『適合者』の中にも幾つかの暗黙のルールが有って、その内にのひとつに
『望月綾野』とは関わってはいけないというものがあった。
 始めにそれを知った時には、あまりいい気がしなかったけれど……言われてみて考えれば
 彼女は時々咲妃の事をじっと見ていて……その目がどこか怖いので、関わらない方が良いのは
何かしらの理由が有っての事なんだろうなあ、と思うようになったものだから、咲妃も彼女の事は極力避けている。
……それに。
 ルールは乱してはいけない……。 

285 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)