5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お前はどうして小説家になれないのだ?

1 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 02:47
たまには真摯に自己批判や反省をしてみないか。
自分が小説家になれないのはどうしてだと思う?


2 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 02:49
2gettsu

3 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 03:29
こういうスレをつい開いてしまうから。

4 :クマ:03/12/06 09:01
誰も読んでくれねえよな俺なんかが書いたものと思いながら書いてるから
想像力抑制してしまうし書いてて楽しくなくなるし感情ぶちまけられないのに
完ぺき主義だからかな

5 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 09:16
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ │ │さ│ │思│私│生│い│私│ │┃
┃ │ │よ│ │っ│の│き│ま│は│ │┃
┃ │ │う│ │て│よ│る│ま│今│ │┃
┃ │ │な│ │い│う│希│で│日││遺┃
┃ │ │ら│ │る│な│望│あ│死││書┃
┃ │ │。│ │は│ク│を│り│に│ │ ┃
┃ │ │ │ │ず│ズ│失│が│ま││ ┃
┃ │ │ │ │で│は│い│と│す│ │ ┃
┃ │ │ │ │す│死│ま│う│。│ │ ┃
┃ │ │ │ │。│ん│し|ご│ │ │  ┃
┃ │ │ │ │ │だ│た│ざ│ │ │ ┃
┃ │ │ │ │ │ほ│。│い│ │ │ ┃
┃ │ │ │ │ │う│ │ま│ │ │ ┃
┃ │ │ │ │ │が│ │し│ │ │ ┃
┃ │ │ │ │ │い│ │た│ │>>1|┃
┃ │ │ │ │ │い│ │。│ │ │  ┃
┃ │ │ │ │ │と│ │ │ │ │  ┃
┃ │ │ │ │ │皆│ │ │ │ │  ┃
┃ │ │ │ │ │が│ │ │ │ │  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 09:18
>>5
群像スレに誤爆したお前は本当に死んだ方がいいかもな。

7 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 09:40
>>6
色々なところにコピペされてるよ?

8 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 09:45
>>7
すまん。ここが2箇所目だったのだ。
でも、>>5が死んでいいことに変わりはない。

9 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 09:47
>>8
同意。
まあ、もし本当に死ぬ気だったら、イ`とだけは言っておいてやるが。

10 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 10:51
なる気がないから

11 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 11:04
2ちゃんに他人の作品の文句と気取った書き込みしかしてないから。

12 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 11:23
ようするに>>1-11は、分かっていながらちゃんとした行動ができてない下等な人間て事だね?

13 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 11:27
>>12そうそう。
麻原とか宮崎勤みたいなのになりうる犯罪者予備軍だ(ワラ

14 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 11:29
ジエン乙!

15 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 11:37
バカだな、こんな見え見えの自演をマジでする訳無いだろ(プッ

16 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 11:58
必死ダナ(プゲラプクス

17 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 14:24
理由はただ一つ

こいつらが書いているモノは所詮自己満足に過ぎないから

18 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 14:36
>>17
お前のもだろ?

19 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 19:08
要は自己満足が認められるかどうかだろ。

20 :クマ:03/12/06 19:32
なぜ認められないのか

21 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 19:37
>>20
猫とか熊とかいう類のハンドルは慎重に使えよ。
狂人と間違えられるぞ。

22 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 19:48
ここも、盛り上が……(ry

23 :クマ:03/12/06 21:21
    |┃三   人      ________________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  親父、味噌ラーメン一丁!
____.|ミ\__( ・∀・)  \   
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ

24 :クマ:03/12/06 23:34
なんで俺のレスで何時間も止まってるんだよぉ…


25 :ネコ:03/12/06 23:36
安心しろ。おれがとめてやるから。

26 :クマ:03/12/06 23:42
俺は無気力型ヤンキーだった
校内での喫煙が教師に見つかっても何故か俺だけ注意されない、
そんな悲しい存在だった。

27 :イッタンモメン:03/12/06 23:44
オレもとめるばーい

28 :イッタンモメン:03/12/06 23:45
あ、キライなタイプだからとめるのやめるばーい

29 :クマ:03/12/06 23:46
生まれつき能力が無いから。

30 :モンキー:03/12/06 23:47
だれがモンキーやねん!

31 :イクラ:03/12/06 23:50
ばぶー

32 :クマ:03/12/06 23:51
現実に、俺は元ハンセン氏病だとはいえ、俺を不快だと思っている人はいるのだから
そういう人達の隠れた賛同は得られたはず。
フラフラしたため、結局はどちらの側の賛意も得られずに終わった。
風見鶏・八方美人が一番損をするという典型的なケースだなあ。


33 :クマ:03/12/06 23:58
なんで俺のレスで何時間も止まってるんだよぉ…

34 :クマ:03/12/07 00:06
なんで俺はまだ一作も投稿してねえんだよ。四年前から書いてんのに

35 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 02:44
>>34
おれなんて10年だよ。しかも書いてすらいない。
ずっと作家志望なのに書けないわけよ。
書くからには傑作を書きたいからな。
それじゃいけないこともわかってるんだけどね。
お前なんて書いてるだけ立派だよ。

36 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 03:02
>>35
ははは、書け!
チラシの裏でもいいから、今すぐ書け!!

37 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 03:22
書けりゃ書いてるよ。
チラシの裏に何を書けつーんだ?
言っとくがなんでもいい駄文ならここに書いている。

38 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 03:29
>>37
あのな、書けなきゃ、自分が好きな作家の作品でも写せ。
甘えるな! 馬鹿野郎! 書かないでどうして作家になれる?

39 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 03:36
>>38
作品を写すぐらいはやったことがあるな。
なるほど、それを書くと言うのか。

40 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 03:38
つーか、もうどう書くのかはだいたいわかってるんだよね。
うまくやれる自信はあるんだよ。
でも何を書いていいものやらさっぱりわからんってことなんだよ。
深刻だろ?

41 :クマ:03/12/07 03:38
自己顕示欲丸出しで頑張ってやる奴、死ねよ

42 :クマ:03/12/07 03:42
自分のことかけばダメなんですか

43 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 03:44
>>42
自分のことを書いても、
それで楽しんでもらえるとは思えないっすね。


44 :クマ:03/12/07 03:47
下手に空想して虚構してるのより面白いと思うな
自分のことで恥ずかしくてかけないよな事とか

45 :クマ:03/12/07 03:51
うんこもらした日の思い出から始まって、
肛門に野菜突っ込んで、動物いじめて、
友達につらい仕打ちをして、
女に恥ずかしい告白して、
「俺がやったんじゃない」と必死で嘘をついて、
ラストが、2チャンネルにはまってる場面

46 :クマ:03/12/07 03:55
まあどうやったって他人に楽しんでもらえるものは書けないだろうから
いろいろやってみよう

47 :クマ:03/12/07 03:58
だいたい小説読むのって疲れるもんだし

48 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 04:01
>>39
何回写した? 一回だけだろ?

例えば、ヴァイオリンで食っていこうと思う者は、
自分が好きなアーティストの演奏を、何回自分で繰り返すと思う?

偉そうに言って悪いけど、あんたが本当にプロになりかかったら、
それだけのことはしないといけないんだよ。

49 :クマ:03/12/07 04:01
自分が楽しいもの書かないと書く気なくなるよな。
自分が楽しいことって自分のことじゃないか。
俺は自分の未完の小説がある限り死ねないんであって、小説家になれようがなれまいがどうでもいい

50 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 04:02
>>45
そんなの普通じゃん。

と言われるんじゃないかという恐怖感はないですか?
個人の経験なんて、いくら特異でもたかが知れてるでしょ。
また特異な体験だから面白いというわけでもないし。

51 :クマ:03/12/07 04:07
無から有を生み出したぜ的満足感なんて一時的なもので、、それこそ自己満足

52 :クマ:03/12/07 04:08
取材したり資料集めて書く馬鹿、何様のつもりだてめえは

53 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 04:11
クマさん、ちょっと論点ずれているぞ!

54 :クマ:03/12/07 04:16
>50

やっぱ書いてるときに何の感情も無いと駄文にしかならないのか、
自分で書いてて恥ずかしかったり、したほうがいいんじゃないかとか。
恐怖感があったほうがいいんじゃないか、安心して書いてるより、いい文章になるとか
いい小説かけるかも。筆が進んだりして。他人楽しまそうとして計算しだすとダメとか
わからないけど、どうせ他人は楽しまないだろうから。書く実力が無いんだから

55 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 04:17
>>48
アドバイスはありがたいけれども、
バイオリン奏者がやるような練習ならすでに終えている。
反復練習をこなしているし、弦がどんな音を出すのかは知っている。
おそらく人よりうまくひきこなせるだろう、
でもどんな曲を作っていいのかわからんってことだよ。

56 :クマ:03/12/07 04:18
だいたい小説は読んで面白いものじゃないからあんまり

57 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 04:20
>>56
あれ? 読んで面白いものじゃないのか。
書くのが面白いだけってこと?

58 :クマ:03/12/07 04:21
やっぱ作るからには壮大なものがいいな

59 :クマ:03/12/07 04:22
誰も読まないようなマニアックな題材で丹念に取材し、推敲を繰り返し、
自費出版かな、壮絶に自殺して世を去る。

60 :クマ:03/12/07 04:25
〉〉57

書いても読んでも面白くないな、昔読んでた時代小説なんか昔読んでて面白かったけど、

61 :クマ:03/12/07 04:26
ドストエフスキーとかなら大人が読んでも面白いだろうけど
あんな才能ある奴なんていないから

62 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 04:33
>>55
ちょっと重症かも知れないな。

しばらく小説を離れたらどうか? 絵画でも音楽でも、
他のジャンルで、思いきり浸れるものを探して、
それに呆れるほどのめり込んで、
そうした中から自分が書きたいテーマが出てくるまで気軽に待ったらどうか。
小説だけにかかわっているよりも、その方がいいよ。

きっとあんたはすでにいろいろ書いているのだろうから、あとは、
あんたが書かなければいられないテーマに出会うことだ大切だ。

別に絵画や音楽などじゃなくてもいい、恋愛とか友人との軋轢とか、
生活での葛藤が契機になるかもしれない。

63 :クマ:03/12/07 04:34
読んで面白い小説読んだってただの時間の無駄

64 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 04:35
>>60-61
えー、じゃあなんで書こうとしてるの?

65 :クマ:03/12/07 04:38
>62

あの人たしかたぶん十年書いてる人だよ気軽に待てないんじゃないか

66 :クマ:03/12/07 04:41
>64

作家になって女にモテたいからかな

67 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 04:52
>>66
そんな冗談はいらないんだよ

68 :クマ:03/12/07 05:16
死ぬに死ねないからだよ。
なんか2チャンみてるとネタパクリたくなるけど、そんな卑怯なことは俺にはできないし、
でも何が何でも作家になってやろうという気持ちが無いから小説家になれないんじゃないかと
思う、

69 :クマ:03/12/07 05:19
これパクリたいんだよね、ちょうど今書いてる小説にはさむといい感じになるから

258 名前:(-_-)さん :03/11/21 06:44 ID:???
死ぬ時の走馬灯を想像をしてみた。
走馬灯に浮かんできたのは中高生時代にハマッたゲームの画面・・・・
普通の奴は友達と遊んだ記憶とか、淡い初恋なんてのが浮かんでくるんだろうが、
俺はゲームの画面・・・・・・・
急に死ぬのが嫌になってきたよ。
生きてきた意味があると信じたい。


70 :バトルフィールドハザードシティ→戦場の街:03/12/07 08:55
盗(・∀・)作

71 :名無し物書き@推敲中?:03/12/08 02:10
>>69
いいじゃん、パクれよ。なんで躊躇してるんだ?
2ちゃんは誰の発言かわからないところがウリなんだよ。
「その258は自分が書いたレスだ」と強弁しろ。
そう強弁しても、誰も反証できないんだよ。

72 :クマ:03/12/08 02:56
バレたら嫌じゃん。盗作野郎として作家人生終わるし。強弁したら嘘つき野郎て言われるだろうし。何よりパクリタ区内

73 :名無し物書き@推敲中?:03/12/08 03:05
小説読んでるバカなんか…と思ったら、
これが意外といるんだな、電車に乗ってると
なんか無理してるっぽいバカ面が多いけど

74 :名無し物書き@推敲中?:03/12/08 03:41
阿部工房を超えられないからだ。

75 :名無し物書き@推敲中?:03/12/08 03:46
駄目な奴は何をやっても駄目だから。

76 :名無し物書き@推敲中?:03/12/08 04:14
アレンジしろよ。
オマージュ、オマージュ。

77 :名無し物書き@推敲中?:03/12/08 06:49
掲示板の匿名投稿にも著作権が認められる判決がでてるぞ。マジな話しだ。
まんまパクるから問題になるんだよ。
アイデアを一旦飲み込んでから、自分のなかで再構築しろ。
もっとズキッとくる表現を考えろ。

78 :名無し物書き@推敲中?:03/12/09 03:12
>>77
>掲示板の匿名投稿にも著作権が認められる判決がでてるぞ。マジな話しだ。

それは2ちゃんじゃないだろ。
匿名と言いつつ、実際は匿名じゃなかった掲示板の例だよね。
2ちゃんなら大丈夫だよ。
匿名掲示板に投稿したレスという段階で、
もう著作権を放棄しているのと同じなんだよ。

79 :名無し物書き@推敲中?:03/12/09 04:58
匿名掲示板にかかれたものを匿名じゃない掲示板にコピペしたら
コピペした奴が著作権を持つことになるのか?

80 :名無し物書き@推敲中?:03/12/09 05:33
トリップ付けてるのは?
2CHはもう匿名じゃないよ。あの出来事以来。

81 :名無し物書き@推敲中?:03/12/09 17:36
>>1
この板見てるやつが全員作家志望なわけねえだろ、アホか?

82 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 04:39
>>81
別に>>1はこの板見てるやつ全員に語りかけているわけじゃあるまい。
先走るな。

83 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 07:59
俺が小説家になれないのは、
ヒキなので社会経験が不足しているからだと思う。
でもヒキでなく、社会経験を豊富に積んだら小説家になれるのか?
と考えると、そうでもない気がする。
いくら面白い経験を積んでいても、小説家になれない人はなれない。
てことは、小説家になるのに必要なのは経験ではない。
つまり俺はヒキのままでも小説家になれるということだ。
あれ?
ようするに俺はなんで小説家になれないのだ?
誰か教えてくれ。

84 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 10:59
ヒキでもなれる証拠を示そう。

東京のホテルで行われた第33回新潮新人賞の授賞式で、受賞者が大勢の
来賓を前に姿を現さないという珍事があった。
受賞者の鈴木弘樹氏(37)は静岡県出身で現在アルバイトをしている。
「5人以上の人がいる所に出られない。この三年電車にも乗っていないし
家族もいない。今回、なんとか会場に行こうとしたができなかった。
申し訳ない」とのコメントを発表した。
前田新潮編集長は「受賞者は電話も携帯電話も持っておらず、やっと連絡が
とれて説得したが、人前に出るのが苦手でどうしても式に出られないという。
顔写真を載せたくない、といわれたときから嫌な予感はしていたが・・」 (日経新聞10月28日朝刊)

2作目を新潮に発表しているらしい。

85 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 11:35
小説家ってほとんど引きこもりのようなもんだろう

86 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 13:04
ヘタに社会経験がない方が妄想がぶっ飛んでて良いものを書く。

87 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 13:14
ほとんど書いてもないのに作家志望なんて人もいるんだあ。
私ってましかも。

88 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 13:43
>>84
でもその人は長い間東京で風俗ライターをしてたんでしょ。
その経験を書いたグラウンド(よしわらに改題)で受賞。
しかし受賞第一作がすでに二年以上たっても出ていない。
結局唯一の社会体験を切り売りした後何もないわけだ。
この人から得られることは逆に社会体験の重要さになってしまう。

89 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 13:44
>>87
けっこう書いてるのにまだ作家「志望」という方が終わってる。
初めて書き上げた作品でそのままデビューする人は結構多いし。
いちばん大変な部分というのが作品を完成させることだからね。

90 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 15:26
>いちばん大変な部分というのが作品を完成させることだからね。

お前、鬱陶しいよ。どこのスレでもおんなじこと書いてんじゃねえよ!
「作品を完成させることが大事」の一点張りじゃねえかよ。
お前だけだよ、小説を完成させたことねえバカは。
二度と同じこと書くんじゃねえよ!

91 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 19:09
すみませんでした。
気をつけます。

92 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 19:24
謙虚な91さんの姿勢にワロタ!微笑ましい ♪

93 :シタイシタイ病 ◆5edT8.HnQQ :03/12/11 19:51
私も完成させたことがありません

94 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 19:54
気にしな〜い ♪
誰しも最初の頃は、そうだもん。

95 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 20:03
91さんのその余裕が素敵ですう。

96 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 20:19
すまん。
>>91はオレが書いた。
オレは・・・・・・言いにくいが・・・・・・>>90も書いちまった。

97 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 20:36
ぐお〜〜〜〜っ!!
騙されちゃったじゃないか〜〜〜っ!!
その素直さが〜〜、素敵ってことにしといたるわ。ふんっ。

98 :名無し物書き@推敲中?:03/12/11 21:16
すまん。
オレは性格が悪いことでガキの頃から有名だったんだ。
ところで、オレと友だちになってくれないか?

99 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 03:57
やみくもに完成させるだけならサルでもできるんだよ。
そして上手く完成させることもコツをつかめば楽々やれる。
しかし、
それが「面白いか?」とか「意義があるか?」とか考え始めると、
完成させることがものすごく難しくなる。

あ、完成って、物語が完結することじゃないよ。
小説としての完成度の話だよ。

100 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 05:41
つーか、まじめな話、読書くらいはちゃんとしようぜ。

たまに、酷評スレ見るけど、
何を食ったらそんなヘボい文字の羅列を人前に見せれるんだ?てなのがクソのようにある。

夢を見るのは勝手だけど、my documentsから移動しないようにしてもらいたい。


101 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 06:16
いきなり「つーか」ってなんだよw

102 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 08:34
>98、ええ、よろしくってよ。



103 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 09:23
俺の場合、なんで小説家になれないかというと、
羞恥心を捨てきれないからだと思う。
恋愛小説を書く男が信じられない。
また、エロ小説も信じられない。
俺には書けないと思う。恥ずかしいもん。

でもこれらは、
多かれ少なかれどんな小説にも入っている要素なんだよね。
「書けない」じゃ済まないんだ。

104 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 09:43
そんなことないよ。
エロの全くない小説も多いよ。
「彼女は朝まで彼の家にいた」とぼやかしてもいいよ。
でも自分でどうしても書かなきゃと思うなら書いてみたら。
一回でもバカ丁寧にエロを書いてみるとすぐに慣れるよ。
次回以降は恥かしいどころかウンザリする。何とも思わなくなるよ。

105 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 12:27
>>90>>100が同一人物でないことくらい
わかんねえかよ。

106 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 12:33
>>99
>そして上手く完成させることもコツをつかめば楽々やれる。

んなわけねーだろ。
プロでも毎回悩むところなんだぜ。楽々やれたら毎回ベストセラーだよ。
お前、マジで最後まで書けたことねーだろ。
書く前にストーリーをじっくりと考えな。
結末も決めてないのに書き始めるからそうなるんだよ。
走りすぎたら駄目だ。

107 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 16:44
すみませんでした。
気をつけます。

108 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 17:01
そんで何?ここで私が素敵って言えばいいのか?
遊んでないで書かなくちゃ。もう。

109 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 17:59
すべてがむなしい

110 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 19:02
この世界はなんのためにそんざいしているのか?

111 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 20:51
書きあげても書きあげてもなれないのは
単にセンスが悪いだけだと気づけ。

112 :名無し物書き@推敲中?:03/12/12 21:00
鬱です……
さようなら

113 :名無し物書き@推敲中?:03/12/13 06:56
>>106
いやいや、上手く完成させることは簡単だよ。
でも、上手く完成させられたからといって、
それが面白いかどうかは別問題なんだよ。
上手くやれればベストセラーになるなんてありえない。
つーか、上手くやることを考えてるうちはダメなんだと思うよ。

114 :名無し物書き@推敲中?:03/12/13 07:00
同意。

書く事に一々小難しい理屈を付けるのは嫌いだ。
好きで書いているのだから他者にも、ごちゃごちゃ言いたく無いし。

115 :名無し物書き@推敲中?:03/12/13 08:23
>>114
あんたスゲー読解力だね。ちょっとびっくりした。
同意してもらえるか以前に、
まず書いたことがわかってもらえるかどうか心配だった。
4分か。
即座にそこまで理解されるとちょっと怖いな逆に。
なんか馬鹿になった気分だ。

116 :名無し物書き@推敲中?:03/12/13 09:56
片山恭一みたいなの書いて売れたいわけじゃないんだもんね。

117 :名無し物書き@推敲中?:03/12/13 21:39
自分のありったけの想像力を発揮し、形として残したいから。
これ最強。

118 :名無し物書き@推敲中?:03/12/13 23:42
>>1
村上龍の主張に従えば、伝えるべきものが何もないからということになるんだろうな。
鬱だ。

119 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 00:20
>>118
それは可哀そうだな。

伝えるべきものが何もないからということを伝える小説でも書いてみたら?

120 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 01:55
>>119
すごい。目が開いた。
ありがとな!

121 : :03/12/14 02:04
この小説を推薦します
http://www006.upp.so-net.ne.jp/kuroneko/SIAM/lib/lib2/snov023.htm

122 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 07:52
>>118
でも、
村上龍って、伝えるものがないから小説家になれた人だよね。

123 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 13:38
ベストを尽くさないからだ!

124 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 13:43
才能も無いくせに思い上がっているから。
人をひがんでばかりでのし上がる努力をしないから。

125 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 18:16
全く124の言う通りだと思うよ。
売れてる本の方が面白いことが多いし。

126 :名無し物書き@推敲中?:03/12/14 18:53
それにしても、100枚も書いたことないのに
作家志望て人多いよね。
どうやって小説家になるつもりなんだろうね。
不思議w

アメリカのある大学の創作コースに招かれた著名な作家が、
「どうすれば小説家になれるのですか?」と生徒に訊かれ、
「まずは毎日、二十枚以上書きなさい」と答えると
「先生、無理です。今までだって10枚以上の小説を書いたことがないんですから。
それよりも、もっと確実に小説家になれる方法を教えてください」
と言った。

て小話があるくらいだからね。


127 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 04:18
>>126
凄いね。一日20枚も書いてるの?
おれの場合最高記録が17枚だよ。

128 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 06:16
>>122
村上龍は、
世にごまんといる「作家志望者」の裏をかいた存在かもね。

129 :名無し物書き@推敲中?:03/12/15 10:23
村上龍は一生懸命「調べて書きました」って小説が多い。
しかし、調べた事柄を自分で咀嚼していない。
なんであんなに持て囃されるんだろう?

130 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 08:46
逆に、どうしてお前らって小説家になれると思ってるの?

131 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 09:08
>>129
それは最近でしょ。
昔は妄想で書いててそこがよかったのでは?

132 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 09:54
>>131
なるほど、そういわれりゃそうだ。
もう妄想できなくなったのか?
それとも、「大人の小説」を目指しているのか?

133 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 11:34
>>132
ヘタに知識をつけちゃったのが、良くないんだよね。
無知故の妄想がよかった。
国家権力とか大企業とかの力を過大評価してたりとか。
一流ブランド衣料に対する意味不明な畏怖とか。
最高の娼婦との最高の変態セックスがもたらすはずのあり得ない快楽とか。
高級な料理や酒の恐るべき快感とかね。

そこらへんを自分で体験して妄想が消えたときに彼の力の根源もなくなった。

134 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 12:40
俺の場合ストーリーが完成しているやつが3つあって、
プロットだけのも合わせれば5つのネタがあって
断片的な文章もかなり貯まっているんだけど
書き出せないんだなあ
俺のこのフットワークの重さ、一歩の踏み出せなさはもう

135 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 13:22
>>134
それって万人いる作家志望者と一緒ってことじゃない?
俺も一年くらい前はそんな感じだったし。

136 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 13:27
>>135
どうやって書き始められた?

137 :名無し物書き@推敲中?:03/12/16 18:44
>>133
なかなか洞察力のある椰子だな。
ところでひとつ聞きたいのだが、「限りなく透明に近いブルー」を
お前は良い作品だと思っているか?
おれは未だにあの良さが理解できないでいる。

138 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 09:46
でも絶賛する奴もいるよな。おれにも判らん。

139 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 11:12
>>134
それはどうして書き始められないの?
それだけネタがあればどれかひとつから始めればいいじゃん。
始められないのはナンデなの?

140 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 16:37
>>134
ストーリーが出来てるのなら、そのストーリーにもっとも効果的な
オープニングだって出来てるんじゃないの??

あとはネット切ってワード開けるだけじゃないですか。
俺の場合は一太郎だけど。

141 :名無し物書き@推敲中?:03/12/17 17:04
要するにやる気がないだけ

142 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 03:30
作家は持ってるか、持っていないかで決まる。by 辻仁成

143 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 04:29
だって、作家になろうなんて怠け者の口実だもん
少なくとも俺の場合はだけど

144 :名無し物書き@推敲中?:03/12/18 09:27
>>142
辻人生にだけは言われたくなかった……w

145 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 18:09
俺はそろそろ小説家になれそうな気がする。

146 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 18:27
俺は何がわかってないのかがわからない。

147 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 15:37
わかってなくても
書ける人は書ける
書けない人は書けない


148 :名無し物書き@推敲中?:03/12/29 00:24
書けない人でもわかってれば書けるだろ。

149 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 01:32
書けない人でもわかってれば書けるってどういう意味?

150 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 03:38
断片的なネタしか浮かばない一発屋はどうしたら小説を書けますか。
漏れいっつもネタだけ浮かべて、オープニング考えて、ネタに繋げるまでに挫折する。
ストーリー全部を小分けにしても、中々くっつかない。単に能力不足なのかな…。

151 :名無し物書き@推敲中?:03/12/30 22:59
インストールも小説にはいるんですか? 

152 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 06:09
>>150
ちょっとわかりにくすぎるぞw。
もうちょっと人に伝わるように書けよ。

153 :新参者 ◆EKNnjDCuA2 :04/01/03 06:46
>>150
ぼくの場合は、出だしとオチが真っ先に浮かんで、真ん中が思うようにいかず、頓挫することが多い。
ただ、歳を重ねるごとに、若い頃には思いもつかなかったようなテクが身につくのは事実。
全然無関係に思える事柄同士を有機的かつ効果的につなげることが可能になってくるのです。
ヒント。処女作に、持てるすべてを注ぎ込んだほうがいいみたいですよ。


154 :名無し物書き@推敲中?:04/01/03 08:51
>>150
それはよくわかるw
俺の場合、頭から通しで書いてても、
50枚越えたあたりで空中分解する。
結末と繋がらない。

155 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 02:00
小説家の皆さんは箱書きは作らないんですか?

156 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 03:36
プロット作れよ

157 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 03:58
プロットも箱も書かずに、
いきなり書き始める人って、多いのかな……。

158 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 04:11
>>157
このスレを見る限りでは多そうだ

予定調和がない作品なんて素人のうちから書くなよ、と個人的には思う

159 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 06:05
プロットを小説にするのが下手(こういう表現で合ってるのかな)
「誰が何をして最後にこうなる」って感じの箇条書きはできるけど、完成品に繋げれない。
絵も時々描くけど、下書きをスキャンしても主線を選ぶのに苦労する。

>153
いくつか作品を思いついちゃった場合とか、まさに処女作に全てを注ぎ込めなくなる。
どの小説にも使えるテクを分散させてるんだろうなぁ…。

160 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 11:16
古い話しだが、村上春樹が筋書きも決めないでいきなり書くそうだ。
それで春樹ほどのひとでも、やっぱり話が噛み合わなくなるので
また最初からつじつまあわせて5回ほど書き直すということだ。
漏れもその方法を採用することに決めた。

161 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 00:16
大変な才能を必要としますね

162 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 12:37
自動筆記マシーンと化すことが出来るのは天才タイプだろうな。
俺には無理。

163 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 14:05
プロットを練っているときに、情景が脳裏に浮かび、キャラが動き、勝手に会話をしてくれます。
その場面に関しては、自動筆記マシーンになれます。でも、全編はムリです。

164 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 16:51
え、筋書きとか決めるもんなの?
情景とか会話とかなんんとなく浮かんだものを書いてくうちに出来上がるんだが。

165 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 18:02
>>163
>キャラが動き、勝手に会話をしてくれます。
1ではないが、こういう今までに一万人は考えたような表現を疑問も持たずに(持って書いたのならなお悪い)書く奴がいるから、
小説家になれない奴が多いんじゃないか?

166 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 19:07
自動筆記で出来上がった物が
どの程度のものなのか?という話では・・・

167 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 19:13
詳細な設定さえあればキャラは勝手に動く
二次創作の多さを見ればそれはわかる
だが、それをオリジナルでやれるかどうかが問題だ
少なくとも>>163と漏れには不可能だろうがな

168 :163:04/01/05 19:45
えっ! キャラって、頭の中で、映画のように動いてくれるでしょ。面白くない場面では、
監督のつもりで「カット」と頭の中で叫び、もうちど同じ場面を別のセリフでやってみたり、
仕草やポーズを変えてみたりするでしょ? 色々なパターンを考えて、いちばんイイと
思うやつを採用。私はずっと、そうやってきました。
他の人は、頭の中に情景が浮かばないんですか?

169 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 19:46
それで小説家になれたのですか?

170 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:05
>>168
藻前、大丈夫か?

171 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:21
客観性の欠如だな、俺の場合、致命傷なのは…

172 :163:04/01/05 20:22
私は映画やアニメが好きなんで、その影響が大きいのかもしれません。
頭の中に情景を思い浮かべて、その絵を文章で表現してます。
もしも映像系を目指していたなら、同じ物語をコンテで表現していると思います。

173 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:27
プロです。
スランプで書けなかったんだけど
このスレの自己批判を見ていたら
かなり自分にあてはまることがわかりました。
(小説家になれない……というより、
 なぜ書けないか……ってのが……
 結局は自堕落で怠け者でお金があるうちは
 駄目なんだ、あたしゃ)
今から書きます。結局は書くしか解決しないんだから。
ネットを切って書き続けます。


174 :名無し物書き@推敲中?:04/01/05 20:29
>>173
がんがれ
















漏れモナー

175 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 07:22
さすが自称プロだけあって手厳しいね。
やっぱ2ちゃんから距離を置かないとダメだよね。
物理的、精神的に。

176 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 10:13
そうなんだよな、金あると燃えない、金ないと燃える。
オラの人生そのものがギャンブル。さーー書くぞ。

177 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 12:36
あ、そうか。2ちゃんを止めればいいんだ!
目からうろことは、この事だ!

178 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 16:28
>171
客観ってのは結局誰かの主観
あんまり力むと余計に客観的に見れない罠

179 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 13:10
>>171は、自分の欠点が客観性の欠如だとわかってる時点で、
自分のことを十分客観的に見れている。
むしろ、その客観性がヤバイと思われる。
自分では客観性と思ってるものは、単なる自己批判であり、
マイナス思考と五十歩百歩だ。
客観的に、良い面を見て自分を褒めれ。
そんで長所を伸ばせ。

180 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 17:49
現在、文壇で、売れっ子に低学歴が目立つのは、後がなく、とことん小説に執着したから。
この執着するということが、小説にかかわらず、必要なのだろう。
あと、低学歴は、ものを知らん強みがあり、想像で、なんでも書ける。
ま、学歴うんぬんにかかわらず、精いっぱい執着することが、成功の秘訣と思われ。

181 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:12
読点多すぎるよ。
あと低学歴はものを知らないっていうのは偏見だろ。
低学歴はものを知らない可能性が高い、くらいならいいけど。

182 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:53
>180、181
藻前ら低学歴、低学歴って、しょせん低学歴の苦しみがわからんアホじゃ


183 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:58
国語が乱れるから、低学歴は小説を書かなくてよし!

184 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 19:27
>>180
その読点のつけ方はウケ狙いなのか?

185 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 14:57
悪かったわよ中退で、ふんっ。

186 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 15:36
大学まで行って勉強したのに作家になれない。
低学歴で作家になった香具師がニクタラシー!

187 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 14:58
だって基本的に作家って、希少価値のある思考を文章にしてこそ価値があるんだよ。
その意味で大学生よりは中卒、小卒のほうが作家の素質がある。
いまどき大学なんて誰でも行くんだから珍しくないんだよね。
低学歴で作家になる人がさいきん多いのもそんな理由からだ。

188 :美女桜 ◆POpdmSspmI :04/01/11 16:34
みなさんはじめまして。お話に加えて頂きたく思います。
私は作家志望の厨房で、文芸部に所属、年に二回5〜10枚程度の原稿を書いています。
読書量は約4000冊くらいで、物語の書き方は頭に浮かんだ情景から発展したり、時々ふとネタを思いついたり様々です。
プロットは全く考えません、考えられないのです。
こんな私ですが、作家になれるでしょうか?

189 :美女桜 ◆POpdmSspmI :04/01/11 16:35
みなさんはじめまして。お話に加えて頂きたく思います。
私は作家志望の厨房で、文芸部に所属、年に二回5〜10枚程度の原稿を書いています。
読書量は約4000冊くらいで、物語の書き方は頭に浮かんだ情景から発展したり、時々ふとネタを思いついたり様々です。
プロットは全く考えません。考えない方が作りやすいからです。
こんな私ですが、作家になれるでしょうか?

190 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 16:36
>>189
高山

191 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 16:39
みんな類語辞典は使ってる?

192 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 16:41
>>189
4000冊といわれても。どんな種類の本を読んでいるかで大分違ってくるよ。
10枚程度で物語を書くなんて、よっぽどの腕が無きゃ不可能。

193 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:33
桁間違いだろ
一日一冊読んでも十一年かかるんだぞ

194 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 18:54
1,2時間で読める軽い読み物を大量に読んでいるんじゃない?
十津川警部や三毛猫が出てくるようなやつ。

195 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 00:07
年に2回、5〜10枚しか書かない!
これじゃ無理だと思う。
もし仮に、もの凄い才能が潜んでいたとしても、
開花させる努力なしに花開く事はない。
小説家を目指していると公言するのなら、
少なくとも年に500枚は書こうよ。

196 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 00:11
>186
学校の勉強と、小説家になる為の勉強は違う。
今までの自分の生き方を真摯に見詰め直せ。


197 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 01:01
お前はなぜ小説家になりたいのだ?

まずこちらを明確にしないと話が始まらない気がする。

ちなみに私は「なたりくない」
でも、小説家をめざす人については興味しんしん。
なぜならつきあってる彼がそういう人だから。
聞いても答えくれなしい。

198 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 01:11
そんなあなたに「なたりくない」

199 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 01:13
あ……なたりくないって書いちゃった。
なりたくない、ね。

200 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 01:27
ナタリクナイ
クレナシイ
いい響きだ。

201 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 14:25
>>189
愚問。作家への道は複数ある。答えが無数に存在する質問には、返事に窮する。
若い頃は乱読がお勧め。文学に限らず、ドキュメンタリーやエッセイ、新聞なども
読んでおくこと。将来、「何かを書きたい」という欲望にかられたら、書きたいものを
書きたいように書けばよいかも。その作品に商品価値があれば、作家になれる。

202 :名無し物書き@推敲中?:04/01/12 19:53
俺は自分で一生小説家なんかになれないってわかってるよ。
でも、少しくらい妄想しないとやってられないんだよ。
わかったか?

203 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 03:44
い切り自分を投げだすことができれば、
それが仕合わせなのである。
監督(小説家)になるか、ならないかは外のことであって、
内側で大事なことは、するか、しないか、である」     

by新藤兼人


204 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 05:57
>>202
嘘つけつーの。受け狙いで強がるなよ。

205 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 08:25
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hfk/cgi-bin/tanren/antho.cgi?action=html2&key=20040112220906

206 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 16:02
>>197
正直に書く。自分の好きなこと=文章を書くことで食っていきたいから。
いや、まだ自分に嘘ついてるな……
食っていくだけじゃ不満だ。はっきり言ってバカ売れしたい。
金がほしいのももちろんだ。でも、それだけ儲かるということは、自分が考えたことを世間が認めてくれた
証になる……そこにも強烈な憧れがある。

正直に書いたら、なんとも浅ましい文章になってしまった。
でも、本気でそう思ってる。



207 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 16:05
にゃははっ、バッカみたい♪♪♪
でも…あたしそーゆーの好き、だよ☆

208 :名無し物書き@推敲中?:04/01/13 16:53
>>206
激しく漏れと一緒だ。

209 : :04/01/13 17:01
本当は小説にこだわる必要がないからだよ、みんな

210 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 04:20
>1
小説家志望じゃないから。

211 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 06:10
小説が好きで書きたいしぃ、
それでお金もらってぇ、
有名になってぇ、
世界中で有名になってぇ、
ノーベル文学賞とかもらってぇ、
総理大臣になってぇ、
勲一等とかもらってぇ、
自殺してぇ、
みんな悲しんでぇ、
自分の記念館が湖のほとりにできてぇ、
ゆかりの地に石碑がたってぇ、
永遠に天才として世界中で言い伝えられてぇ。

212 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 15:20
永遠なんて無いんだよ

213 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 00:30
>>211
すっごい強欲でワロタ

214 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 05:23
俺に聞いているか?だったらこたえよう
めんどくさいからだ。それ以外に理由はないぞ


215 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 06:34
>自殺してぇ

ここだけ悲惨

216 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 11:54
作家など、国家試験があるものでもなく。
なぜ作家になれないか。
それはなれないと思っているからだ。
自分で言っちゃえ。「私は作家だ」と。
その瞬間から、キミは作家だ。
あとは書けばいいんだ。

217 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 12:03
大工だって国家試験はないけど、でも大工で身を立てるのは
おおきにむつかしござる。


218 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 12:29
>おおきにむつかしござる。

君が作家になれないのがよくわかったよ。

219 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 12:52
ちょ、ちょっと待って(;´д`)
いつのまにここネタスレになったんですか。

>180
地雷があるのを知って地雷原を歩くのは勇気。あるのを知らずに歩くのはただの馬鹿。
とある現役の小説家から聞いた言葉です。
経験や読書量から言っても高学歴や高齢の方が小説家に向いてると思う。
だけど最近は最年少作家も珍しくないように情報社会でいくらでも経験や読書ができる。
だとしたら学歴は関係ないと思うんですが。

220 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 15:38
関係はないよ。
でも作家になろうって決意した瞬間、つまりスタートの段階での差は大きいよ。
勿論逆転は可能。


ラッキーなのは日本の教育ではアウトプットが軽視されるから
文章での自己主張を不得手にしてる人間が多いこと。

221 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 21:23
作家って自己申告でしょ。
誰だってなれるよ

222 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 04:12
http://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1074172323.jpg

人間が違う。これが真の作家。

223 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 04:15
かわいい娘じゃん。よかった。よかった。

224 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 08:21
>>222
芥川賞のねーちゃんだね、たしかに別嬪さんだ。
おまけに才能も運もあるのか……くううう〜〜ッ
誹謗中傷したい気持ちを自分に向けて
ちゃんと悔しがって精進せねば。

225 : :04/01/16 14:18
「この人の考えていることなら知ってみたい」
と、思わせるくらいの深みを持ってなきゃ…

誰に言ってるわけでもないよ。

226 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 18:55
>>222
可愛いのでオナヌーに使ってしまった。
りさちゃん、ごめん。

227 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 19:19
高校生の頃の写真はもっとカワイイ

228 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 00:37
オナニーの話題に続けるわけじゃないが、
実際のところ、
俺が小説家になれないのは、俺がオナニー中毒だからだと思う。
一日、最低2回は射精するからな。
やる気が無くなるんだよ、オナニーすると。
でもやらずにいられないんだ。
たぶん、創作脳とエロ脳は隣接してると思う。
だって小説を書こうとすると、必ずオナニーしたくなるもん。

229 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 16:50
そういう時ってあるよねー

230 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 17:42
  今 何    // ̄> ´  ̄  ̄  `ヽ  Y  ,)   出 や え
  が も    L_ /              / ヽ  来 れ  |
  あ や    / '              '    i  る ば 俺
  る ら    /               /    く  !?    は
  ん ず    i   ,.lrH‐|'|   /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、
  じ に   l  | |_|_|_|/|  / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/ / ,-- レ
  ゃ 来    _ゝ|/'/⌒ヽ ヽ/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ    ,イ ̄`ヾ
  な た  「  l ′ 「1     /てヽ′| | |  「L!    ' i'ひ}  
  いか   ヽ  | ヽ__U,     ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,     ヾシ _ノ
⌒レ' ら厂 ̄  |   〈     _人__人ノ_  i  く
人_,、ノL_,iノ!  /!ヽ   r─‐-  「  キ   L_ヽ   r─‐- 、   u
ハ キ  /  / lト、 \ ヽ, -‐ ノ  モ    了\  ヽ, -‐┤
ハ ャ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`h)   |     |/! 「ヽ, `ー /) 

231 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 18:21
>>228
それは私生活の焦りだ

232 :名無し物書き@推敲中?:04/01/21 21:29
……書くのが遅いから。

233 :名無し物書き@推敲中?:04/01/22 00:46
>>231
? 私生活の焦りってどういう意味?

234 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 22:53
努力が足りないから

235 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 14:35
決めの一言がないから

236 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 15:37
才能がないから

237 :名無し物書き@推敲中?:04/01/24 16:25
俺がいないから

238 :パピヨン ◆tQ.hdNBCT2 :04/01/24 17:42
>>230
う〜ん。相変わらずこの2人はいいこと言うなあw

239 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 20:04
ちょっと切れてるのが気になるがなw

240 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 08:23
あげ

241 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 09:17
俺が小説家になれないのは、賞の審査員が見る目ないからだと思う。

242 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 10:12
何枚書いてる、とかよくきくけど、それって20×20の原稿用紙換算だよね。
実際原稿用紙に書いている人って何人いるんだ?俺はワードで書いてる。

243 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 16:25
漏れもメモ帖とかだな。KB換算なら今年ので200ぐらい。

244 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 11:38
90

245 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 15:44
俺が作家になれないのは、やっぱ俺がツマンネー人間だからだな。
最近、つくづくそう思うよ。

246 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 16:16
書いてないからだと思う。
作家になりたいとぼんやり考えてから一年、完成させたのは三十枚の短編のみ。
しかも娯楽性0、まともなストーリーのある文章が書けない。ま、仕方ない。

247 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 16:44
映画見たり小説読んだり、他人の創った仮想現実を実際に触れてみるのは悪くない方法かと
本を読まずに小説家になれる人なんてごく一部の天才だけだし。

248 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 19:22
620 名前: 兵庫もすけ [sage] 投稿日: 04/02/04 10:58
えっと……。
2日の10時頃に集英社から電話がありました。

内容ですが――3次を通過しました。最終が終わったら連絡します――でした。

あと、最終選考に残った人は審査用に冊子を作るそうなんですが、
送って貰えるようなことを言ってました。ちょっと楽しみです。

何となく公式の更新を待ってましたが、たいした内容でもないですし、
先に書いちゃうことにしました。

621 名前: 兵庫もすけ [sage] 投稿日: 04/02/04 11:09
>>616
29歳です。
受賞したら30歳からの社会復帰です。
ちなみに小説を書き始めてから4年ですね。
最初の駄文に2年、山田飛鴻に2年……かかってます……か。
まあ……体を壊した時期を除けば、半分以下に短縮出来るんですが、
体って勝手に壊れる物ですからねー。

249 :??・?a`Y:04/02/05 21:53
書きたいんですけど、何を書けばいいんですか?
僕は何をすればいいんですか?
とりあえず芥川翔をとりたいんですけど

250 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:54
とりあえず銀蝿っとけ

251 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 21:56
ゃらιぃ
ぁぁ ぃぃゎ
ぃゃン

ヵッォ ゃぅ+ィヵ?
ヮヵx  ぃぃょ
ヵッォ ヶッ ぃぃ?
ヮヵx  ぃゃょ
ヵッォ ι゙ゃぁ +xャ
ヮヵx  ゎーぃ!
ヵッォ ぅっ ぁっぃ
ヮヵx  ぇぇ?
ヵッォ ぅっ ぃ・・ぅ〜
ヮヵx  ぉっゅヵ゙ ぃゃ〜!!

252 :名無し物書き@推敲中?:04/02/05 23:06
>249
芥川翔のタマをとりたいならまず包丁を

いいから創作しる('A`)

253 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 00:02
何故、作家になれないのか。
それは作家になれた人の満たす条件を満たせないから。
石原慎太郎は一日に百枚以上書いてたらしい。
便利な機器が何も無い時代に。
能書きたれる前に、一日二百枚以上だ。(たぶん必要十分条件)

254 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 00:12
「わが母なる暗黒」を読んでみるといい。
作家とはこういう人間というか、変態
でなくては無理なのだ。

255 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 07:22
オレだって、19歳で美少年で早稲田の学生で
記者会見で世のオバサンたちを喜ばす術をしってりゃ
今すぐにでも作家になれるよ。

256 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 14:40
それなら作家以外の道があると思うの。

257 :名無し物書き@推敲中?:04/02/06 14:56
アヒャヒャヒャヒャ

258 :名無し物書き@推敲中?:04/02/10 19:12
俺がどうして小説家になれないか?
考えたことなかったな。
いずれ売れるとしか思ってなかったし、実際そうだと思う。

259 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:07
何となく思うことなんだが
今小説に求められているのは意外性ってもんだろ?
ようするになれない人は凡人ってこと。

260 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 01:27
頭が弱いから。

261 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 02:46
こんなにいっぱい小説家になりたい人がいるから

262 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 02:50
下読みと選考委員がオレの才能を見抜けないからに決まってるだろう!

263 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 03:00
小説を書こうとするとえもいわれぬ哀しい気持ちになるから

264 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 03:03
小説を書こうとすると、毒電波が飛んできてぼくのじゃまをするからです。

265 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 14:55
2ちゃんねるなんかやってるからだと思います

266 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 15:21
>265
激しく同意

267 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 16:31
さあ、みんな
今すぐLANコードぶち切れ!


そして人は居なくなった。ってオチで巨大掲示板の小説書いても
いいでつか?

268 :名無し物書き@推敲中?:04/02/11 22:05
意外性はあんまり無いかと。

一つの書き込みからいかに興味深くて意外な結果が起こるか
想像力と才能だけじゃそんなの書けネーヨ

269 :名無し物書き@推敲中?:04/02/14 20:47
>268
あたりまえなオチが見えるのもつまんね

270 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 13:13
http://www.interq.or.jp/world/integral/
本当にどうしてダメなんでしょう?

271 :名無し物書き@推敲中?:04/02/15 19:18
そのサイト行った事無いのに色変わってるリンクあったよ('`)
IN MY NOSTALGIA WITH K.っての眺めたけど3行目で誤字っぽいの見つけて萎えた。
エゴイズム→イゴイズムとかも個人的にショボーン

つくづく思うけど万人に愛される小説書けたら何を失ってもいいな。

272 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:03
ジョイスもプルーストも万人に愛されたわけではないが
圧倒的な存在感で歴史に残る。
そっちの方が良い。

273 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 00:42
君は歴史に残る小説を書いてるとでも言いたいのか?

274 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 15:11
活字になれば歴史には残る訳で。

275 :名無し物書き@推敲中?:04/02/19 18:36
抹消されるのもあるぞ

276 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 02:26
明日から書き始めようと決意してその実行をずっと先延ばしにしているからです


277 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 02:52
>>276
俺もそれだ。

278 :名無し物書き@推敲中?:04/02/23 14:07
みんな自分に言い聞かせるようにいろんな事言ってるが
本当はこうだろ? 俺が変わりに言ってやるよ。

要するに、お前らが小説家になれない理由は
才能と実力がない(自分ではあると勘違いしてる)・それに気がついていない
それなのに努力もしない だからだよ。

ある程度書いてるとそれが分かってくるだろ?
お前ら書いてて楽しいか? どうなんだ答えてみろよ。

279 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 00:33
お前らきちんと小説を書いているんだろうな。
年何回ぐらい応募してるんだ。
ただでさえ新人賞の数は少ないんだ。
春の新人賞を逃したら、秋冬まで待たなきゃいけ
ないんだぞ(藁

280 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 01:00
才能がないのは自覚済み。でも書きたい。
だけどそれを文章にする力は漏れにはない。
だから練習も兼ねて、少しの暇が出来れば参考の為に小説を読んだり、
思いついた文章を書いてみたりしている。
でも話が続かなくて捨てたりするのはザラ。
応募しようにも、進学校だから宿題だらけで応募する暇もない。
でもこれかなり言い訳。
本当に小説家になりたいのなら
徹夜してでもネタ引きずり出して書いた方がいいかもしれん。
>278
言いたいことは分かる。
だが、そう感情的に言われて納得してくれる人は少ないと思うぞ。

281 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 01:07
>>280
とりあえず暇になってから書きはじめれ
高校生ならまだ先は長いぞ

282 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 01:14
>>278
俺にとって創作は遊びだよ。
子供が遊びに夢中になるように、好きでやっている、
飽きたらやめる。そうしてまた暇なときに書く。
命がけで書いている人間はともかく、それ以外の
人間はほとんど遊びだと思うが。

283 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/24 11:43
>>1 名前:名無し物書き@推敲中?様

 単に自分が字が書けると言うだけの事を、自分だけの特別な能力だと思ってた
りしてるからじゃないですか?
----
>>219 名前:名無し物書き@推敲中?様

 スレッド題からしてネタふりだと思うんですが。


284 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/24 11:44
>>224 名前:名無し物書き@推敲中?様

> おまけに才能も運もあるのか……くううう〜〜ッ

 それ以前に力があるんじゃないですか?
----
>>248 名前:名無し物書き@推敲中?様

 ウソ? 連絡あるのは最終選考に残ったときじゃないの?

 三次選考通っても連絡なかったよ集英社様からは。

285 :名無し物書き@推敲中?:04/02/24 12:34
>単に自分が字が書けると言うだけの事を、自分だけの特別な能力だと思ってた
>りしてるからじゃないですか?

これは妙に納得してしまった。
自分、絵も描くけどこれで飯食えるとは到底思えない。
でも文章なら、とか思ってるんだよなぁ…。
絵みたいに形にできないから難しい問題だ。

286 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 09:42
よくわからんな。
まともに義務教育を受けていれば字や文章を書けるのは当然だろ?
それでなんで自分だけの特別な能力だと思うんだ?

287 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 09:57
文章を書くことと小説を書くことの違いがわかってないんだよ。
文章を書ける=小説を書ける=特別な能力がある
そう考えてる香具師が多いってことじゃない?

288 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 13:16
小説が書けることを特別な能力だと思う人は
デカイ本屋もしくは図書館に行ってみてはどうだろう?
結構現実が見えて来ると思うぞ。
二、三冊出して消えていく小説家は多いらしいからな。

289 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 13:23
冊数は関係ないよ
中谷章宏は大作家ですか?

290 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/25 21:56
>>285 名無し物書き@推敲中?様

> 絵みたいに形にできないから難しい問題だ。

 でも、出来ないと思っているなら病気だと思います。

 出来る人は出来るんです。お稽古積めば誰でも出来るんです。

291 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/25 21:59
>>282 名無し物書き@推敲中?様

> 俺にとって創作は遊びだよ。

 だとしたらわざわざ宣言しなくてもいいじゃん。

> 子供が遊びに夢中になるように、好きでやっている、
> 飽きたらやめる。そうしてまた暇なときに書く。

 それって、メモ、もしくは、日記、じゃないの?

 なにもわざわざ、創作、だなんてわけわからない用語使わなくてもいいじゃん。

> 命がけで書いている人間はともかく、それ以外の
> 人間はほとんど遊びだと思うが。

 遊びでやってるんだったら人に絡まずにおとなしくひとりで楽しんでればいい
んです。


292 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/25 22:00
>>286 名無し物書き@推敲中?様

 書き方変えます。

 自分が書いている字の羅列が、特別に価値があるものだと思っている。
----
>>287 名無し物書き@推敲中?様

 そういう人たちが、どう考えているのか分析するのは疲れたのでもうやりたく
ないのですが、病気なのは確かです。

293 :名無し物書き@推敲中?:04/02/25 23:56
>>白石昇 ◆Kjrx9yfSYM
何となく、自分の理論だけが正しい見たいな言い方に感じます。
人には人の考え方が有るんですから
分析がどうとか別にやらなくても良いのではないでしょうか?
それに疲れたと嘆くなら此処に来なければいい話です。

294 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 00:37
白石はちょっと煩いよ。

295 :ネオ神シュガー:04/02/26 01:45
内面が空虚な人間とかリアルで屑な人間が自らを
満たす為に書く場合、(成功願望で満たされちゃっ
た)その反動で自分を過剰に特権化しちゃうんだろうね。藁
描写の濃密さ・形容詞の数とか・還元された情報量と
かがすごい文章と言うのなら分かるが。。。
あり・またりにあるようなすかすかの作品でなら失笑きわま
るよ。
純粋な読者を否定し、趣味創作でも満たされず、
プロデビューや論壇でもてはやされなければ解消されないんだろ。コ・ン・プ
隠蔽工作の為に便宜的に借用される似非文学者
信仰の仮面と俺は凄いんだぜと言うハッタリ。
才能もありもせず、モチーフも架空のものを使い、登場人物、
会話、会話に至るすべてが存在せず、デビューさえも
成就しえない幻。藁
ありやまたりを見れば精神病じみた人間を垣間見れるよ。
キチガイ文章を特別と言いきる馬鹿なやつらと、その程度
で満たされる5流6流の内面がさ藁

296 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 01:48

その、語尾の後の謎の語句は一体何でつか?

297 :ネオ神シュガー:04/02/26 01:56
客観評価で駄作・糞にもかかわらず、選民意識が
解けない人間はやっぱり、一生駄目だと思うね。
それだけ悲惨な人生を送ってきたんだろうと思う。藁
しかし今の時代文学で満たされる人間なんて・・・だろ。
悲惨だな。藁

298 :ネオ神シュガー:04/02/26 02:13
空虚感、将来や目的の消失、虚無感、自己顕示、自己確認
の為に書いてるのかな????
作家デビューし賞賛される事でしか誇大感・自己
確認ができない。
文学でしかそのような確認作業ができないとするなら
ビョーキだろ。
自作の小説を持って精神科に通院されたほうがよいと思う。

ではさようなら。

299 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 02:50
>>298
創作に向いてないなら大人しくやめればいい

300 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 02:55
俺は他の才能がない奴とは違うんだ、と(ラクそうだから)モノ書きの道を選ぶ。
俺は他の作家未満(オタやラノベ系)とは違うんだ、と純文学系に走る。
ろくに才能がないのをごまかすために、批評家ぶって他人の書くものにチヤチャを入れ始める。
そんなこんなで、才能のない作家志望者は増えていく。

301 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 02:59
>300
成仏してください

302 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 07:21
>>291 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/25 21:59
>だとしたらわざわざ宣言しなくてもいいじゃん。

オイオイ、遊びだつーのはべつに宣言じゃねーだろ。
ナニイッテンダ?

>それって、メモ、もしくは、日記、じゃないの?
>なにもわざわざ、創作、だなんてわけわからない用語使わなくてもいいじゃん。

遊びでやってたらメモか日記なのか?
なんじゃそりゃ? 君は頭が弱いの?

>遊びでやってるんだったら人に絡まずにおとなしくひとりで楽しんでればいいんです。

オイオイ、なんで遊びで小説を書いている人間を否定するんだ?
君は何様のつもり?
つーか、文学や小説なんて遊びの精神でやるべきものだろ。
君はアホでつか?


303 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 07:51
何にせよ、自分の書くものを何か残したい。
そういうのが最初の気持ちで作家になろうとしてる俺はどうなんだろうな。

書くことは欠かしてない。だけどやっぱり、先が見えないって不安だ。

多分、それを乗り越えられる奴じゃなきゃ小説家になんてなれないんだろう。

……マジレスすまん。


304 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 10:50
負け犬佐藤復活? おめでとう。藁

305 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 11:52
人間、本とか読んでると
それに感化されて真似事をしたくなる人は多いと思う。
だから遊びで書くことの何が悪いのか。
その方がマジでわからん。

306 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 13:46
絵に感化されずに文章なら、と思って感化される屑が多いのは考え物。

307 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 16:14
>>302 名無し物書き@推敲中?様

> オイオイ、遊びだつーのはべつに宣言じゃねーだろ。
> ナニイッテンダ?

 その遊びを、創作、と言う言葉で定義することを宣言している、思ったのです。

> 遊びでやってたらメモか日記なのか?

 というか、少なくとも、創作、と定義する必要性を感じないし、メモや日記に
比べて適切だとも思えない。遊びなんだったら。

> なんじゃそりゃ? 君は頭が弱いの?

 確かに弱いですが、自分が使っている言葉には責任持てますよ。プロなんで。

308 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 16:16
> オイオイ、なんで遊びで小説を書いている人間を否定するんだ?

 そういう人たちに絡まれて何度も不毛で無為な時間を過ごしてきんですよ。

 だからひとつだけお伺いしたい。

 その遊びでお金取る覚悟はおありですか?

> 君は何様のつもり?

 藝人です。

> つーか、文学や小説なんて遊びの精神でやるべきものだろ。
> 君はアホでつか?

 でも最低限、受け手に対する姿勢はしっかり定めておく必要があります。

 そうしないと、遊び、という精神が製作物の品質を上げるためのものではなく、
単なる逃げのための詭弁になります。

309 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 16:19
>>303 名無し物書き@推敲中?様
> 何にせよ、自分の書くものを何か残したい。

 書いて出せばいいです。もしくはウェブサイト作ってそれをずっと残しておけ
ば安上がり。

> そういうのが最初の気持ちで作家になろうとしてる俺はどうなんだろうな。

 初心貫徹です。まず貫徹するのです。出すのです。

 作家になろうとしている俺、とか病人みたいな事についてはそれから考えれば
いいのです。

> 書くことは欠かしてない。だけどやっぱり、先が見えないって不安だ。

 先は見えないんじゃなくて自分でイメージしてないだけなんじゃないですか?

 イメージが上手くできればあとは目の前の仕事を片付けて行くだけじゃないで
すか。

> 多分、それを乗り越えられる奴じゃなきゃ小説家になんてなれないんだろう。

 大丈夫。ここにはあなたが製作したものに人生の貴重な時間を割いて読んで下
さるだけではなく、建設的な御意見まで下さる方が確実にいらっしゃいますから。
それも少数ではなく多数。

310 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 16:20
>>293 名無し物書き@推敲中?様

> 何となく、自分の理論だけが正しい見たいな言い方に感じます。

 というか理論なんて大げさなもんでもないんですが、もしそれが理論だとする
なら、自分以外に理論と呼べるようなものを提示してくれた人がいないのです。

 参考にしたいのでよろしかったらあなたの理論をお聞かせ下さい。

> 人には人の考え方が有るんですから

 だからそれをお伺いしたいのです。それを聞かせてもらえないのだから、自分
が今まで経験してきた類型に当てはめるしかないのです。

> 分析がどうとか別にやらなくても良いのではないでしょうか?

 月に何通かメールが来るんですよ。作家志望とか小説家志望とか言う人から。
そのメールに対応するという行為自体がすごく不毛な事なので、それを自分に納
得させるために、いやでも分析しなければいけなくなるのです。

311 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 16:20
> それに疲れたと嘆くなら此処に来なければいい話です。

 やだ。

 ここ好きだもん。昔から皆様にお世話になってるもん。それに、別にこ
こに来てるから疲れているわけじゃないし。出来れば病気の人たちには全快して
いただきたいし。

312 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 16:26
>>294 名無し物書き@推敲中?様

 ちょっと煩い、でよかったですっ。病気はまだ初期症状の段階ですっ。

 かなり煩い、と感じられる場合、病気はかなり進行している可能性がありますっ。
----
>>295 ネオ神シュガー様

 いえーいおひさしぶりー。その節はどうもー。
----
>>297 ネオ神シュガー様

 うん。あたしもそう思う。

 みんな自尊心と虚栄心が原因で病気になってる。
----
>>298 ネオ神シュガー様

 マジで持ってこられたら精神科の担当者が困るじゃないですか。

313 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 16:27
>>299 名無し物書き@推敲中?様

 創作、って何ですか? もしそれが作品製作のことなら向いてる向いてないと
かないですよ。
----
>>300 名無し物書き@推敲中?様

 あなたの発言はまっとうで大幅同意なんですが、才能がない、ってのはちがう
なあ。お稽古しない、って感じですあたし的には。
----
>>301 名無し物書き@推敲中?様

 何でまっとうに発言しているのに成仏しなければならないんですか?

 彼がイスラム教徒だったらどうするんですか?

314 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 16:54
この道をいけばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道は無し
踏み出せばその一足が道となり
その一足が道となる迷わず行けよ行けば分かるさ
ありがとう!!!!

315 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 17:03
友よ 夜明け前の闇の中で 友よ 戦いの炎を燃やせ
夜明けは近い 夜明けは近い
友よこの闇の向こうには 友よ輝く明日がある

友よ 君の涙君の汗が 友よ 報われるその日が来る
夜明けは近い 夜明けは近い
友よこの闇の向こうには 友よ輝く明日がある

友よ 昇り来る朝日の中で 友よ 喜びを分かち合おう
夜明けは近い 夜明けは近い
友よこの闇の向こうには 友よ輝く明日がある

316 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 21:11
うんこうんこうんこまんこ。ちょいーんす。
なあお前ら俺がお前らに一つだけ教えてやる。
沢山お金をもうけると沢山お金が手に入るぜ。たぶん。
俺みたいな大金持ちにはやくなれよお前ら。

317 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 21:41
お前ら、いい加減に現実を認めたらどうだ?

努力すれば作家になれるなら誰だって作家になれる。
しかし、現実は努力しても作家になれない奴の方が圧倒的(作家志望の99%以上)。
その一方で、小説なんか全く書いたことのない人間が処女作で芥川賞を取ることもある。

この差は何なんだ?



318 :名無し物書き@推敲中?:04/02/26 21:58
>>317


319 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 22:14
>>304 名無し物書き@推敲中?様

 いえーいおめでとー。

 いやあこの板の中ではトップクラスに健康体の人が戻って来てすごく嬉しいで
す。

320 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 22:15
>>305 名無し物書き@推敲中?様
> だから遊びで書くことの何が悪いのか。

 ぜんぜん悪くないです。

 ひとりで遊ぶなら誰にも迷惑かけないしね。

> その方がマジでわからん。

 遊びでビデオ撮るのが好きな人がいたとしましょう。

 自分の子供とか撮ってんの。

 でも、そういう人たちは、映像作家になりたいとか言わないし、その行為を創
作、などという怪しく権威的な言葉で語ったりしないんです。

 タダの撮影なんですよ。遊びなんだから。

 だから身内で見たりすることはあっても、誰か専業で仕事している人にどうやっ
たら映像作家になれますか? とか聞いたりしないし、匿名掲示板で過剰反応し
たりすることもないんです。

 非常に行動として健康的なんですよ。

321 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/26 22:17
>>306 名無し物書き@推敲中?様

 だから病気なんですよ。

 そもそも文章ですらない単なる文字の羅列である場合も多いしね。

322 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 01:28
どうよ?
大勢に見てもらいたいなら、WEBにしては。
で、正業に就くってのは。

323 :302:04/02/27 10:32
>>白石昇

何勘違いしてんだ。
君は「遊びで書く=いい加減に書く」と思ってるらしいが、
アホか。そんな質の低い話ではない。
遊びの精神で書かないと、人を楽しませられないつってんのよ。
馬鹿にしてんのか?

324 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/27 11:03
>>316 名無し物書き@推敲中?様

 たくさんの人から少しずつ木戸銭をいただきたいです。必要以上にたくさん儲か
るといいものをお出しできなくなってしまうような気がするのです。

325 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/27 11:04
>>317 名無し物書き@推敲中?様
> お前ら、いい加減に現実を認めたらどうだ?

 あなたも現実を見て下さい。

 病気で何が本当の現実なのかわからなくなってますよ。

> 努力すれば作家になれるなら誰だって作家になれる。

 努力なんかしなくたって、作家、なんて存在には誰だってなれますよ。

> しかし、現実は努力しても作家になれない奴の方が圧倒的(作家志望の99%以上)。

 なれないんじゃなくて、なろうとしてない人が大半なんじゃないですか。

326 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/27 11:04
> その一方で、小説なんか全く書いたことのない人間が処女作で芥川賞を取ることもある


 すみません。




 自己流ギター暦一年半で、人前で弾いたことなんか全くないクセに、最初に人前
で弾いて歌ったのが、路上でもライブハウスでもなく観客600人女子大生で超満
員の大講堂でした。

 しかもお膳立て全て人にやってもらってました。

 その後、本公演でも十六公演、総数二万人のお客様の前でギター弾いて歌いまし
た。首相や各界有名人の前でも歌いました。

 サポートの人もなにもなくひとりで弾いて歌いました。

 そんなこともあるんです。

 なんなんですかね?

327 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/27 11:04
> この差は何なんだ?

 お稽古してたんですよ力を付けるために。言葉なんて常日頃使ってるんだから、
日常的にお稽古しようと思ったらいくらでもできるんです。

 それが見えずに、差、とかわけわからない部分しか見えてらっしゃらないんだっ
たら>>317様の症状はあまり軽くない、と言うことです。
----
>>318 名無し物書き@推敲中?様

 足腰かもしれません。

328 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 11:19
エロ本どうなった?>>白石君

329 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 12:13
ネット小説書いてる人いるの?
ネット小説書いて試したら?
俺のとこは一日10ヒットしかしてないよ。

330 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 12:18
>>329
手っ取り早くひとを集めたいなら。

エロ小説書いて、痛い日記を毎日つければ良い。

331 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 15:48
>>330
知障?
なんで人を集めるんじゃなくて試すんだろ?作家になれるか、売れるか。
集めてどうすんだよ。しかも自分が試したいこと以外の分野で。
こういうバカは絶対作家になれないな。
試すまでもなく才能がわかってよかったね(^^)

332 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 16:06
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)
(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)

333 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/27 17:55
>>322 名無し物書き@推敲中?様

 うんそれ大事だと思う。毎日きっちり働いている堅気の皆様と接してその方達
がいかに尊敬できるかちゃんと考えてみると言うのは大事です。

 病気の人はどうも自分の職場の人とか普通の堅気の人たちに対する敬意を捨て
て自分を正当化しようとする傾向があるのです。

 あたしも含めて表現者なんてしょせん、人間の屑なのにね。

334 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/27 17:56
>>323 302様

> アホか。そんな質の低い話ではない。

 わたくしは確かにアホですが、質が高い低いはお客様が決めることだと思うん
です。あなたが自分で決めることではないです。

 ちなみにそれが、創作、であるか、小説、であるかなどの作品属性を最終的に
決めるのもお客様なのです。

> 遊びの精神で書かないと、人を楽しませられないつってんのよ。

 で、そうやって書いたものでお客様から木戸銭いただいてます?

 面白くない、って言われたら、遊びで書いたから、なんて言って逃げられない
状況に自分を置いてますか?

> 馬鹿にしてんのか?

 馬鹿にはしてません。どうしてそこまで詭弁を弄してまで、自分が製作してい
るものを、創作、という言葉で定義したいのか理解できないです。

 まあ、病気の人にありがちな傾向ではあるんですけどね。

 商品化しないんだったら、メモ、とか、日記、でかまわないでしょ?

335 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/27 17:57
>>328 名無し物書き@推敲中?様

 押忍、絶好調ス↓。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1042716755/850-

 去年上半期のあのお寒い状況が信じられないくらいス。

 気にかけていただいてありがとうございます。押忍。

336 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 22:28
なんか最近無駄に白石の書き込みが多いな。
しかも律儀にレスも返してあげて…
お疲れ様でつ。

337 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 22:29
この板、そんなに作家志望者が多いんですかね。
最初きたときはただ趣味で小説書いてる人のサロンの場みたいに捉えてた

338 :名無し物書き@推敲中?:04/02/27 23:15
とりあえず、白石昇、うざい。

339 :名無し物書き@推敲中?:04/02/28 00:26
ROMerとしては結構興味深いけどな、白石さん
煽りに時間割いてまでレスする姿勢は疑うものがあるけど納得できる点も少なからずある。
偉そうにスマソ

340 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/29 09:33
>>329
 えーと。ネットでいくつか公開してます。
----
>>330
 いやあなんかの波でたくさん人が来てもその人たちを維持するのが大変だと思
うのです。維持しないと意味ないですからそう簡単にはいかないかと。
----
>>331
 分野、って文章書いて読んだ人に喜んでもらうんだから基本は同じじゃん、と
思ったら病気の人なんですね。

 あちこちですでに言ってますが、なんか>>331様は病状ひどそうなのでさらに
言っておきます。作家、って言うのはなろうと思えばいつでもどこでも誰でもな
れるんですよ。それがわかってない病気なのに人をバカ呼ばわりしちゃいけませ
ん。
----
>>332
 (・)(・)(.人.)(・)(・)

341 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/29 09:35
>>336
 ありがとうございます。たとえひとりだけでもいいから病気が全快する人が出
てくるよう精進いたします。
----
>>337
 多いみたいです。すなわち病気の人が多いのです。
----
>>338
 うん、でも、どうしてうざいと感じるのかちゃんと考えないと病気治りません
よ。

342 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/02/29 09:36
>>339
 いやマジでね、確実に病気治していい仕事できる可能性がある人っているんで
すよここには。すごく少数だけどね。

 あと、まだ病気の人と接触したことがない人。あのね、この病気、感染するん
ですよ。というか病気の人って自分の病気を感染させたがるんです。それでここ
にいるほとんどの人が病気になってしまっちゃってるんです。

 だから、ひとりくらいは健康な人を見つけたり、まだ症状が軽い病気の人を解
毒したりして、ゆくゆくはいい本作ってもらいたいなあと思ったりするのです。
----
 ところで、結局>>302様はお客様から木戸銭いただくだけの覚悟があるんでしょ
うか?

 まあ、自分の言葉に責任持たずに感情にまかせて言いっぱなしにしちゃうのは
この病気の特徴だから、シカトされても仕方ないと言えば仕方ないですけど。

343 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 15:54
病気恐怖症患者はコワイね。

病気でも阿呆でも屑でも糞でも結構。
作品の面白さと人間性とは比例しない。
面白さだけが広く読まれる理由でもない。

自分が小説家になれないのは、まだまともでありたいからですよ。

344 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 17:37
>>白石昇 ◆Kjrx9yfSYM
煩いって言われてるワケわかってるか?
書き込みしすぎで言いたい放題だからだぞ?
病気扱いしてるんだったらほっといてやれよ。
言われる方が自覚し辛いだろ。

345 :名無し物書き@推敲中?:04/02/29 21:29
>>344
白石昇は、「こんなに書き込みしくってる自分が一番の重病人でした」
というギャグがやりたいだけ

346 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/01 10:16
>>343 名無し物書き@推敲中?様:04/02/29 15:54
 うん。怖い。何言っても自尊心と虚栄心にまみれた言葉しか吐かずに判断停止
してる人から定期的にメールとか来ると、すごく怖いです。

> 作品の面白さと人間性とは比例しない。

 病気は別問題。姿勢として判断停止しているんですから、人間性とはあまり関
係ないです。

> 面白さだけが広く読まれる理由でもない。

 品質の高い面白さは確実に残ります。というかお客様を面白がらせる気持ちが
無くてどうするんですか、と思うのです。

> 自分が小説家になれないのは、まだまともでありたいからですよ。

 でも、なりたい、とか、なれない、とかおもっているのなら病気ですよ。

 すくなくともまともじゃないです。

347 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/01 10:20
>>344 名無し物書き@推敲中?様:04/02/29 17:37
> 書き込みしすぎで言いたい放題だからだぞ?

 言いたい放題って失礼な。ちゃんと自分で責任取れる言葉を責任取れる形で発
言してますよ。間違ってたらちゃんと謝罪しますし。

> 病気扱いしてるんだったらほっといてやれよ。
> 言われる方が自覚し辛いだろ。

 いいじゃないですか。自覚することによって治療できて健康になれるんだから。
----
>>345 名無し物書き@推敲中?様:04/02/29 21:29
 外れ。

 ひとりくらい健康な人が出てきたら、その人に前向きに夢が叶う方法をお伝え
したいだけです。

348 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 10:44
病気恐怖症患者はコワイねー。
理解できないのかそれともしたくないのか。
硬直化した思考こそ判断停止状態ではないのか。

他称病人同士仲良くしましょうね(w

349 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 13:08
白石さんはプロって本当ですか? どんなものを書いてるんですか?

350 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 13:12
ウソに決まってる。

351 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 13:16
>>白石昇
匿名掲示板で「責任」?
面白いこと言うね。

興味あるんで、その「病気」の定義教えてくれませんか。

352 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 13:58

どんなに成績が良くて、立派なことを言えるような人物でも、
その人が変な顔で女にもてなかったらずい分と虚しいような気がする。
女にもてないという事実の前には、どんなごたいそうな台詞も色あせるように思うのだ。
変な顔をした人物に、でも、きみは女にもてないじゃないか、と嘆くことは
痛快なことに違いない。

「ぼくは勉強ができない」山田詠美

353 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 14:38
>>352
馬鹿で更に顔も悪いと絶望的

354 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 14:43
でも、サッカーがうまかったらセーフ?

355 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 14:57
>>349
白石氏の作品は次のHPで読めます。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2444/ (公式HP?)
http://www18.big.or.jp/~novels/chosha/siraishi.htm

ぜひこのスレの若い人の感想を聞きたい。
(言っておくけど、俺は白石氏じゃないよ)

356 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 15:15
>>355
日付がずいぶんと古いけど、これは白石さんの素人時代の作品ということなんでしょうか?

文章がヘタいです。まさかこれでプロってことはないでしょう?

357 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 16:15
少し前に文学板で話題になってた
美香とごはんというコテハンが絶賛
おさむというコテハンがけなしてたが

358 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:00
人は誰でも作家になれる 最初の一冊が出るまでの101章
http://product.esbooks.co.jp/product/keyword/keyword?accd=31184540

暗示をかけるように終始、作家になれると書いてある不思議な本。

359 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 17:49
>>358
だから?

360 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 18:16
>>358
自信が無くなったら読んで。

361 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 18:37
>>360
中谷彰宏で自信でる人はしあわせだな。
どうせなら全著作そろえてみ、無敵になれる。

362 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/01 19:51
>>348 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 10:44
 どういう根拠に基づいた何を理解しなくてはならないのか教えていただきたい
です。そしたら判断停止などという事態が起きないように検討しなおします。

> 他称病人同士仲良くしましょうね(w

 いやあなたは他称ではないですよ。病気の自覚があるからこそこうしてあたし
の発言に反応しているわけですから。

 というかあなたのことをあたしが病気だ、と言ったかどうかはあたしにはわか
らないんです。みんなお名前が、名無し物書き@推敲中?様なので。
----
>>349 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 13:08
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/972068826/585
----
>>350 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 13:12
 あなたがウソだと思うならウソでもいいです。あたしが何者であるかはお客様
ひとりひとりに決めていただけばいいと思っております。

 というか、何者、より、どんな仕事をしたか、の方が大事だし。

363 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/01 20:08
>>351 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 13:16
 あたしにとっては別にここも他の掲示板も変わらないのです。別に他の人に責
任求めてるわけじゃないし、あたしが責任取れるような姿勢を取って何か問題が
あるんですか?

> 興味あるんで、その「病気」の定義教えてくれませんか。
 はい↓。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/972068826/638
 もう既に偏った個人的見解じゃなくなりつつあります。ここの反応とか見てた
らもうほとんど確信そのもの、って感じです。
----
>>352 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 13:58
 いいですよね山田さん。もう訳して世界に広めたいくらい。
----
>>353 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 14:38
 メイク映えはするんですけどねあたし。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/2444/mongtammainaja.jpg
----
>>354 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 14:43
 大きなトンネル掘れる、ってのもカッコいいなあ。あ、今気付いたけどなんか
スレッド題から逸れていっている気がします。

364 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/01 20:09
>>355 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 14:57
 というかここにいるの若い人だけって限らないじゃないですか、というかもう
誰が誰だかさっぱりなんですけど。

 宜しければ>>355様のお言葉もお待ちしております。
----
>>356 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 15:15
 ごめんなさいお客様から木戸銭いただいてるんです。

 ヘタならヘタなりに気持ちよく読んでいただけるものを製作できるよう精進い
たします。あ、当然ヘタじゃなくなるようにも精進いたします。非常に簡潔なお
言葉、誠に有り難うございました。

365 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 20:38
ここいつから白石スレになったの?

366 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 22:36
顔がブサイクなので小説家になれません。

367 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 22:40
ラノベ読みスレも白石に乗っ取られた。

368 :348:04/03/01 23:16
>>362 :白石昇
> どういう根拠に基づいた何を理解しなくてはならないのか教えていただきたい

白石昇の発言全般に基づいた、白石昇は病気恐怖症患者であるという皮肉。

……なあ、おい、誰かネタだと言ってくれ。

369 :名無し物書き@推敲中?:04/03/01 23:32
荒らしは触れず、煽らず、冷静な対処を。無視・放置が基本です。

370 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/02 14:13
> 358 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:04/03/01 17:00
 こんな風にある意味本質がちゃんとわかってる部分があるから、確実に売れる
んでしょうねこの人。

371 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 14:16
白石さんを目標にしたら、どの程度の小説家になれますか? 

372 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 14:17
作家陣による講義
小説を読むことのクリエイティビティ
1. 講師 奥泉光 5月30日(金) 803教室(こどもの城)
2. 講師 星野智幸 6月27日(金) 802教室(〃)
3. 講師 横田 創 7月25日(金) 外苑前・ココデシカ(中会議室)
4. 講師 齋藤愼爾 9月26日(金) 802教室(こどもの城)
5. 講師 大道珠貴 10月24日(金) 802教室(こどもの城)
6. 講師 角田光代 11月21日(金) 903教室(こどもの城)
7〜10回は島田雅彦、角田光代などを予定しております。


373 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 14:22
>370
確かに、白石昇よりずっと売れてる。

374 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 14:29
自分が興味あることしか書きたい欲求のない人は脚本家より小説家向きでしょうか???????????

375 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 14:45
興味の対象によるんじゃ?

376 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 16:29
>>375
会社がどうとか、世間がどうとかは興味ないですね。空想は好きです・。

377 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 16:58
人は誰でも作家になれる 最初の一冊が出るまでの101章

【本の内容】
あなたの文章は、あなたにしか書けない!―作家、小説家、随筆家など、ものを書く人を異
世界の“特別な人”と思っていませんか?全ての文章は人生の物語です。書くことで、人生
の主人公になりましょう。本書は「応募しない懸賞は当たらない」「毎日1行でも書く」など作
家を目指している人へのアドバイスから、「文法よりも気分が大事」など書き始めるためのヒ
ントまでを紹介。
【目次】
1冊目の本ができあがった時、思わず手を合わせて、拝んだ。
1日1枚書けば1年で1冊の本になる。
出版社を紹介してもらうことより、1本の作品を書くことが先。
注文がなくても書いてしまう人が、作家になれる。
ボツ原稿をたくさん書いた人は、成功する。
ドストエフスキーは、借金に追いかけられて、名作を書いた。
枕元に積み上げたボツ原稿の山のエネルギーが、私に本を書かせる。
1冊目の本は、意地と体力と殺意と感謝で生まれる。
1冊も本が出ないうちに、忙しくなる日のために、書きためておこう。
最高傑作は、注文のない頃に、すでに書いている。〔ほか〕


378 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 17:16
>>372
ここに白石さんの名前がないのはなぜですか?

379 :ありえないパンマン:04/03/02 18:16
みんなもっと人を褒めようよ。

みんな良い人だと思う

ああ、人を褒めるのは本当に気持ちが良いなぁー。

380 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 19:05
>>379
文学板へ帰れ。いや、ここにずっといろ。文学板には来るな

381 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 20:36
愛のある書き込みが少ない

382 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 20:44
>>381
>>380には愛がある。

383 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 20:48
>>380
379誰?

384 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 21:31
<a href=363 target=_blank>>>白石昇 ◆Kjrx9yfSYM </a>
>スレッド題から逸れていっている気がします。
誰が逸らしたか分かってます?
貴方ですよ?
貴方が出てくる前はまだ
普通に皆反省やらなんだとやってました。

385 :名無し物書き@推敲中?:04/03/02 21:32
こっちもよろしくねー  (´∀`)
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1077370496/


386 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/03 23:13
>>365 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 20:38
 なってませんです。
----
>>366 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 22:36
 別になりたくもないです。小説はまた書くけど。
----
>>367 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 22:40
 どうしましょう。誰一人として、ラノベ、って何か答えてくれないのです。
----
>>368 348様:04/03/01 23:16
 あ、やっぱり根拠もなく過剰反応すると言うことは、小説家・作家志望の方な
のですね。

> ……なあ、おい、誰かネタだと言ってくれ。

 ネタですよ。真面目にネタやらせていただいてます。もしくは、ネタでマジや
らせていただいてます。

387 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/03 23:14
>>369 名無し物書き@推敲中?様:04/03/01 23:32
 うん。こんなに過剰反応してもらって有り難いことです。
----
>>371 名無し物書き@推敲中?様:04/03/02 14:16
 小説家かどうかは別として、白石昇以上は余裕でいけます。
----
>>373 名無し物書き@推敲中?様:04/03/02 14:22
 うん。この目次見てすごくまっとうだと思った。軽いまっとうさを前向きに連
打できるからこの人強いんだろうなあ。
----
>>374 名無し物書き@推敲中?様:04/03/02 14:29
 興味があることしか書きたい欲求がないんだったら、欲求がないんだから書か
なくていいかと思います。
----
>>375 名無し物書き@推敲中?様:04/03/02 14:45
 それ以前に欲求がないみたいです。

388 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/03 23:15
>>376 名無し物書き@推敲中?様:04/03/02 16:29
 会社とか世間とかも上手く妄想できるようになってお稽古地道に積めば、確実
に食えますよ。最近、源氏鶏太さんみたいな藝風の人あまり居ないからほぼ独占
できるかもしれません。
----
>>377 名無し物書き@推敲中?様:04/03/02 16:58
 いやあ、いい目次だ。前向きで。
----
>>378 名無し物書き@推敲中?様:04/03/02 17:16
 『小説を読むことのインディペンディティ 』だったらあったかもしれません。
もともと好きなように読んでいいものをわざわざクリエティブに読まなければな
らない理由がよくわかりませんのです。
----
>>379 ありえないパンマン様:04/03/02 18:16
 あなたはいい人です。保証します。
----
>>380 名無し物書き@推敲中?様:04/03/02 19:05
 え、向こうの人なの?

389 :名無し物書き@推敲中?:04/03/05 16:54
白石、お前はもういいよ。
お前は自分の作品を書け。

390 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 16:12
>>1は現在、心の病で療養中の身なんです。みなさん、許してあげてください。
彼の病状が一日も早くよくなるように、温かい目でみまもってあげてください。

391 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 16:16
今更1をどうこう言うのってどうなんですかね。

392 :名無し物書き@推敲中?:04/03/06 16:21
アゲがわりと見なしてるから心配すんな。

393 :名無し物書き@推敲中?:04/03/13 01:36
アゲがわり

394 :名無し物書き@推敲中?:04/03/18 11:05
あげ?

395 :名無し物書き@推敲中?:04/03/19 22:45
結論

・素人の持ち込みを採用するほど我々は人材に困っていない。
・賞に入ってもすぐに使い物になるなんて思ってほしくない。
・担当編集者とウマが合わないとまずその先はない。
・素人への門戸が広いように思えるが実際はそんなことはない。
・才能を磨くよりもコネを作る努力をしたほうがいい。才能はそのあと。

396 :名無し物書き@推敲中?:04/03/25 07:20
お、審査員の真摯な意見が出ましたよ。

397 :名無し物書き@推敲中?:04/03/25 12:23
>>395
ついでに、これも加えてくれ。

・美人なら顔で+αの評価があるからブサイクは整形した方がいい


398 :名無し物書き@推敲中?:04/03/28 09:34
綿矢りさがたまたま可愛かっただっただけじゃねーの?
他に文学畑で美人って思いつかんなー。
それに作者が美人だと、その人の作品は売れないだろ。
写真集なら売れるかもしれんが。
文学の世界では、美人はハンデキャップを負ってると思うな。
吉本ばななが綿矢りさの顔してたら、あんなに売れたはずがない。

399 :名無し物書き@推敲中?:04/03/28 16:45
何で売れるかっていったら感動できるからだよ。
くだらねーラノベでも感動できるものが売れるのよ。

まあ


118 名前:無名草子さん :04/03/28 16:23
感動できるか、あんな三文小説で。
わざわざハードカバーにすんなや。
資源のムダムダ。


119 名前:無名草子さん :04/03/28 16:43
無駄だと思う作家を以下にあげよう。

中上健次
古井由吉
大江健三郎
永井荷風
森博嗣
金井美恵子
大西巨人
三島由紀夫
綾辻なんとか


400 :名無し物書き@推敲中?:04/03/29 10:40
>>399
ラノベで感動できるはずネーじゃん。

泣ける場面があれば感動か?アホか。

401 :名無し物書き@推敲中?:04/03/29 22:52
もう50作ほど書いたけど賞とかに一度もだしたことないんだよな。
リアル厨房だからまだ早いと思ってたけど一度だしてみるか。
行動しないと始まらないね。

402 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 18:52
>>401
リア中のくせに50作か〜。
すげーなーオマエ。

403 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 18:56
>>402 いや、おまえの方がスゴイ。ある意味。


404 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:04
ショートショート含めたら2年で80作はあるけどさあ……

405 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:05
>>403
悪イ、自作自演なんだ。

406 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:08
>>400
決めつけだらけや体言止めだらけのラストで
格好付けるだけでも賞を取れてしまうご時世だ。
某スレで誰かが逝ってた言葉だが、
「普段本を読まない奴に売れる事が文学におけるヒット」
なのであればラノベで重版物が出てもおかしくはない。

ガキ共がショボい読解力でも反芻できる内容が売れるのよ。
ついでに泣きでも入れとけば地味な口コミが広がると。
それで挿絵が萌え系なら、カタい商品の完成という訳だ。

407 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:20
>>406
それ、挿し絵の話意外はまんまディープラブに当てはまるな。

408 :◆M4DV7mx8Q. :04/04/08 19:20
文学ってなんなんですかね?

409 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:23
>>408
まあ、お茶でも飲んで、テリー・イーグルdの本でも読めよ

いや俺にもわかんないんだけどね

410 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:25
純文学ってなんなんですかね?

411 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:26
純な文学

412 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:33
エンターテイメント文学=低級文学
純文学=上級文学

分けて商売してる奴の考え方を正直に綴ればこうなる

413 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:35
ヴァカな分類だけど、意識はそうなのかも。

414 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:37
文学的に新しいことをしていれば文学。
決まりごとや既製品で出来上がってるのは文芸。
SFや推理小説は文芸。
辻人生の小説も既製品の寄せ集めだから文芸。
純文学は私小説のことでしょ。

415 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:54
>>414
「文学的に新しいこと」ってのは何だ?
そもそも新しい事が可能なのか?

416 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:58
>>415
それを考えることが文学そのものだ。

417 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:06
>>406
出版社の思惑はさておき、「よく練られたストーリーテリング」「真に個性的な(重厚な、
洒脱な、流麗なetc.)文体」「型にはまっていない人物描写」「奔流のように溢れる奇想」
といった性質を備えている小説に飢えている層は、潜在的に存在すると思うんだよね。
いつの世にも。

笠井潔が、本格ミステリ不遇の時代に長篇本格推理を立て続けに書いて、それに対する
(読者も含めた)反応がなかったので「まるで大海に石を投げ込んでいるような気持ち
だった」と語ったそうだが、読み手はどこかに居るもんだぜ(綾辻行人を嚆矢とする、
本格ミステリのムーヴメントが勃興したのは、笠井が本格物でデビューしてから
約10年後だった)

だから諦めるのはまだ早い、むしろそういった愚にもつかんような現実を憎悪して
いる状態の方が、お前もいい小説がかけるんじゃないか?

418 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:19
ごめん俺編集側。そもそも自分で物語は書かない。

419 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:21
>>417
逆に言えば、ショボイ小説を求める時代もあるってことか。

420 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:24
それは悪かった。
というか読み捨てられるような本だけじゃなく、再読に耐えるような本を頑張って
編集してくれ。
問題意識を持っているお前のような編集者が居るのは、衷心から嬉しく思うよ。

と言ってる俺も、実は小説を執筆した経験がないのだが……(今のところ、専ら読み手)


421 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:26
>>419
飽くまでも「潜在的に」存在しているっていう事だからな。

>>420>>418 に対して。

422 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:34
>>421
うん、「潜在的に」ショボイ小説に飢えてる層もあるってことだよね。

423 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:37
>>422
無論それもあるし、ショボくない小説に飢えている層もある、って事だな。

424 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:38
リレー文学。

425 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 23:13
本屋でぱっと手に取ればだいたい悪書という現状をどうにかしてほしいわさ

426 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 23:20
>>425
古本屋でも、十数年くらい前までは、思わぬ拾い物に遭遇する確率が高かった。
絶版になった、角川文庫のマイナーな小説家の短編集とかが信じられんような廉価で
売られていたりとかさ。

それがいまや皆無に近いんだもんなー
屑としか思えんような本の山を見るたびに、嘆息を漏らすよ。


427 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 23:28
新鮮な刺激の需要が無いわけでも、新鮮な刺激を生める奴が
尽きた訳でもない。
小説ではないところに流れ出して、小説はというとわらわらと
厨房やDQNが枚挙して下層を埋め尽くしちまったわけだ。
文学に教養が不要という幻想が罷り通るとどうなるかを
歴史を張って証明した例だな

作家の経歴を問うと多少ましになる。
……多少な。

428 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/08 23:57
 だしぬけですけど、

 文学、って言葉に階級とか品質的な優越性はないような気がするんです。

 あるんですか?

429 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/09 00:19
いくらなんでも教養は地盤だろ。
資料を読むセンス一つとっても、
あるレベルの物を書くのに要する時間をとっても、
考証の深さをとっても。
何も持たず芸術家側のセンスで書いたとしても、
結局言語の解釈に押し込むじゃん。

歴史をさかのぼるほど、文学なんかに手を出せるのは
上流階級で暇を持てる奴らだったという構図もある。
技術と器量でパトロンを得る場合もあるが。

430 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/09 00:25
>>429鬱井くん ◆YnRRG3sK2U 様

 いやそうじゃなくて、書物それぞれにこれは文学で、文芸で、
っていう属性区別は成立しないような気がするんです。

 それこそ宣伝チラシも含めて全ての文字で描かれた情報が文学
だ、というのなら理解できるのですが。

431 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/09 00:26
 要するにわたくしが言いたいのは、文学、ってなんて胡散臭い
専門用語なのだろう、ということかもしれません。

432 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/09 00:28
え、文芸と文学ってちゃうの?
ぶん‐がく【文学】_学問。学芸。詩文に関する学術。_(literature)
  想像の力を借り、言語によって外界_および内界_を表現する芸術作品。
 すなわち詩歌・小説・物語・戯曲・評論・随筆など。文芸。_律令制で、親王家に官給された家庭教師。_江戸時代、諸藩の儒官の称。_
ぶん‐げい【文芸】_文物と学芸。また、学問と芸術。芸文。_(literature) 文学。「―雑誌」_
(広辞苑第五版より)

――違いがわからん

433 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/09 00:29
>>431
余計わからんですが、そろそろ寝ます。スマソ

434 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/09 00:32
>>432鬱井くん ◆YnRRG3sK2U 様

 というか、文学、ってのは中国語なの。明治以降にliteratureの訳語として
無理矢理持ってこられたの。そこによけいな意味がついてわけわかんなくなっ
たの。それをわけわかんないままみんな使ってるの。

 以上↑はわたくしの個人的な意見。 

> ――違いがわからん

 ないもんそんなの。っていうか文学の方が胡散臭い。ってこれもあたしの個
人的な見解。

435 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/09 00:33
>>433鬱井くん ◆YnRRG3sK2U 様

 わかっているのは、よく定義がわからない言葉は簡単に使ったらすごく胡散臭くなる
ということです。これははっきりしてます。

 それではおやすみなさーい。

436 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 01:45
私小説ならこれくらいは描けないとな。
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1078425484/


437 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 02:51
>>436
見れないYO

438 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/09 08:30
寝てる間にまくし立てられた模様だけど、
定義のどのへんがあやふやだと思ったん?
今の日本語なんて訳語の荒らしじゃん。「神経」とかって胡散臭い?

それとも、文学って言葉を狩って文芸と言えという主張?

439 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:03
>白石君

文学と文芸の差異はあるよ。
差異がないんだったら単語がふたつもいらんでしょ。
文学と文芸どっちかひとつでいいじゃん。
でその差異の境界を決める議論が文学論でもあるんだよ。
単純だな君は。

440 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/09 20:56
それ言語学ちゃうんか?

441 :ぐっちゃぐっちゃ:04/04/09 20:58
なろうと思えばなれる

442 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 21:16
▼イラクで拘束邦人が日本に掛けた迷惑料 既に13兆5千億円
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1081507051/

東証1部と2部に上場されていた株式の時価総額が昨日の終値から前場だけで一気に13兆5千億円減っている。
全てをイラクで拘束された日本人3馬鹿トリオのせいだとは言わないが、数兆円は間違いなくこいつらの責任。

443 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/10 00:00
>>438鬱井くん ◆YnRRG3sK2U 様

> 寝てる間にまくし立てられた模様だけど、

 あ、そんな卑怯なことしたつもりないですごめんなさい。

> 定義のどのへんがあやふやだと思ったん?
> 今の日本語なんて訳語の荒らしじゃん。「神経」とかって胡散臭い?
> それとも、文学って言葉を狩って文芸と言えという主張?

 いや、こんな感じで胡散臭いと思っているのです常日頃から↓
http://book.2ch.net/book/kako/1026/10261/1026107371.html

444 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/10 00:06
>>439

> 文学と文芸の差異はあるよ。

 江戸時代以前はなかったと言うことでいいですか?

> 差異がないんだったら単語がふたつもいらんでしょ。
> 文学と文芸どっちかひとつでいいじゃん。

 うん。ひとつでいいんだけど、どうも文学、の方が定義が幻想的なの僕的に。

> でその差異の境界を決める議論が文学論でもあるんだよ。

 のワリには定義不可能で権威的な使い方してる人が多いんだもの。

> 単純だな君は。

 うん単純。世の中には面白い書物と面白くない書物しか無いと思っているし、
それ全部ひっくるめて、文学、と言う言葉で定義するんだったら納得が行くの
でも、そうじゃない使い方してる人が多いからわけわかんないの。

 なんかね、文学、って言葉の定義をちゃんとできてない人が、文学、って言
葉を悪用しているように見受けられることが多々あるの。

445 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/10 00:07
>>440鬱井くん ◆YnRRG3sK2U様

 文学イコール人文学、と言う括りなら、文学の下に言語学、が来ても
おかしくないと思うの。


446 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/10 02:16
む、納得。
文学って言葉を悪用するってのはどうだろ。
その人なりに苦悩してりゃいいよ。
苦悩してりゃ文学かってーと定義とは別の話だろうけど。

447 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/10 17:43
>>446鬱井くん ◆YnRRG3sK2U 様

 苦悩じゃなくてただの思いこみによる病気の場合が多いんですよ。

 病気を正当化するために、文学、と言う言葉が濫用されたりするんです。

448 :鬱井くん ◆YnRRG3sK2U :04/04/10 18:08
それはヤだねえ。
ヒロイックというか自堕落な感傷が綴られる本が乱造される訳だ。
最近スカっとする勧善懲悪に出会えないのもそのせいかな。
悪者に中途半端な過去つけるくらいなら開き直った地の悪人の
物語というものを読みたいのだが。
昨今の小説は、文学としてもエンターテイメントとしても三流なのかもしれないな。

ところで貴様、人をくん付けした後で様呼ばわりするとはどういう了見だ。

449 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/10 18:49
>>448鬱井くん ◆YnRRG3sK2U 様

 ヤなんですけど多くの人はその事実に気付いていないままの濫用なんです。

> 昨今の小説は、文学としてもエンターテイメントとしても三流なのかもしれないな。

 揚げ足取るみたいで申し訳ないですが、この↑用法もそうです。

 文学とエンターテインメントは違うものではないんです今までわたくしたち二人が納
得してきた文脈的には。

 みんな無意識のうちにそうなってるんです。

> ところで貴様、人をくん付けした後で様呼ばわりするとはどういう了見だ。

 ハンドルがトムヤムクンだったりする場合もちゃんと様をつけます。

 というかくん付けしているのはあなたじゃないですか。


450 :とむやむくん:04/04/10 19:46
何か?

451 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 00:05
境界線はなくてもバイアスはあるでそ。
ミステリとかファンタジーみたいな定型的な要素が必要な差違じゃないけど。
筒井康隆ばっか読んでた俺としては、筒井氏にゃエンタメ意識、
むしろ役者経験としての芸人根性があったと思っとる。
書く側の狙いを大雑把に分けるためなら、
エンタメ、純文って意識はあってもいいんじゃないかなあ。

文学と文芸の差違について>>439氏の意見聞きたいな。

ハンドルへの突っ込み待ちが正論で返されて寂しいので名無しに戻ります。
他の方も入りにくいだろし。

452 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/11 20:14
>>451

> エンタメ、純文って意識はあってもいいんじゃないかなあ。

 純文、って商業属性以外になんか定義があるのだろうか? といつも思うのです。

453 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 22:01
>純文、って商業属性以外になんか定義があるのだろうか? といつも思うのです。
ないない。商業じゃないなら売るなって話だw
純文学なんて、ただのジャンルのひとつでしょう。
定義でなく、傾向。
お上品だとか、高級だとか、人によってイメージは
様々だろうけど「純」の意図が明確じゃない物だから。
結局読者は、感動なり泣きなり笑いなり感銘なりを
求めて金を投じるのだから、エンタメに徹してる
作品だろうと純文学意識臭の強い作品だろうと
境界線も定義もないでしょう。

454 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 10:17
で、どうしてお前らは小説家になれないの?
そこまで判ってるような口調しておきながらさぁ

455 :罧原 ◆tXSA0RUZGU :04/04/12 19:42
おれは文章が幼稚だからなれないんだ

456 :名無し物書き@推敲中?:04/04/13 20:14
そもそも小説家はそんなに人数は必要とされていない職種なワケで。
日本全体で100人程度居れば十分じゃね?

457 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/13 21:33
>>456
> そもそも小説家はそんなに人数は必要とされていない職種なワケで。
> 日本全体で100人程度居れば十分じゃね?

 すばらしいっ。そうなんですっ。市場的にその程度しか食えないんです普通はっ。

 それでも多すぎるんです日本はっ。

458 :名無し物書き@推敲中?:04/04/13 21:50
だからエロ本を売り歩いてるんだな白石は。

459 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/13 22:05
>>458

 売り歩ける状況的余裕があればもっとたくさんの書店様に委託できて、
とっくに初版三千部完売してますっ。

 次の本の製作で半軟禁状態なですっ。




 まあ自主的な軟禁状態なので自業自得なのですか。

460 :名無し物書き@推敲中?:04/04/13 22:10
>>459
次の本って白石の本? また他の人の本?

461 :罧原 ◆tXSA0RUZGU :04/04/13 22:20
>>456
ドストエフスキーとトルストイクラスの才能ある奴2人でいい。

462 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/13 22:21
>>460

 ひとのほんです。七割は。僕の本です。三割は。↓
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200307140320000000012912000

 印税比率的にそうなのです。

463 :名無し物書き@推敲中?:04/04/13 22:31
タイに住んでいるのですか?

464 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/13 22:40
>>463

 ええ一応。

 今日から泰正月なのでネットカフェに行くにもノートパソコンをビニール袋に
入れなければなりません。

 いやんもうびしょびしょ。


465 :名無し物書き@推敲中?:04/04/13 22:47
タイていうのは、ロリコン王国てのは本当ですか?

466 :名無し物書き@推敲中?:04/04/13 22:49
月5万ぐらいでセイカツ出きると聞きましたが。。。

467 :名無し物書き@推敲中?:04/04/13 22:55
翻訳ばかりしてないで、自分の本を書かなきゃ駄目じゃないか、白石君。

468 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/13 22:57
>>465

 そういう嗜好を持った方日本国籍の方が多数いらっしゃるようです。
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/21oversea/1068874937/

 そういう嗜好を持った方は最近カンボディアに移ったりもされているようです。

http://travel.2ch.net/test/read.cgi/21oversea/1042862524/
----
>>466

 月一万円くらいで生活してるかもしれません最近のあたしは。

 去年は二万円くらいだったのかなあ。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000069319

469 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/13 23:15
 ふと我に返りました。

 スレッド違いの雑談などしてしまったようなのですわたくしは。

 ごめんなさい反省します。

 でもおつきあいいただいた方、有り難うございました。

 それでは。

470 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 01:14
白石君帰還アゲ

471 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/17 01:23
>>470

 せっかくこっそりやってたのに……。


472 :名無し物書き@推敲中?:04/04/17 06:31
白石君、たまには風呂に入ってるかね?

473 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/25 22:39
>>472名無し物書き@推敲中?04/04/17 06:31様
 シャワーなら毎日。だってここお湯でないもん。

 あ、あたし昨日何をとち狂ったかバスタブの掃除なんかした。実に十ヶ月ぶり。

474 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 01:28
>>473
白石くんは小説書いてて楽しい?
俺は死にたくなってきたよ。
前はもっと楽しかった気がするんだが……
書いてて相当苦しい思いをしても、その底流に楽しさがあったというか……

475 :名無し物書き@推敲中?:04/04/26 10:36
白石くんじゃないが
小説書く事が辛いなら、少し離れた方がいいと思うぞ
俺はDTMやらバンドやらやりながら地味にweb関係の
仕事続けてるけど、命削るんじゃなく生活リズムの中に
執筆創作というライフワークを混ぜているつもりでやってる
辛い時期に無理して書くよりも、充電が必要だと思うんだ
人間はコンピューターにはなれない不完全な機関なんだから。

476 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/26 23:36
>>474
> 白石くんは小説書いてて楽しい?

 楽しいもなにも、えーといつからだ? ちょっと調べます。

 三年十ヶ月ほど小説書いてません。

 短篇は二年十ヶ月くらい書いてません。

 だからもうネタ発酵しまくってて次はバリバリ書けるはず。

> 俺は死にたくなってきたよ。
> 前はもっと楽しかった気がするんだが……

 まあ楽しもうが苦しもうが死にたくなろうがお客様が喜べばそれで良いんです
けどねプロとしては。

> 書いてて相当苦しい思いをしても、その底流に楽しさがあったというか……

 自分が楽しんでどうするんですか? というかここで読んでて楽しくない発言
書き込んでどうするんですかいくら名無し様とはいえ。

 ちょっとは小川直也さんを見習ってくださいっ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20040426-00000004-spnavi_ot-spo.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/live/200404/25/index.html
 これこそプロの発言です。

477 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/26 23:38
>>475
 いいなあバンドやりてえ。というかギター買って一年九ヶ月しかたってないの
に、いきなり初舞台六百人でその後二ヶ月間に十六ステージ総数二万人以上の観
客の前で歌わされたあたしは、そもそも当初意図していたように路上からきっち
りかっちり経験を積まなければならないと思うのです。

 でも最近仕事でそれどころではなく全然ギター弾いてなかったらこないだ座長
に、最近弾いてないな弾いてみろ、とか言われたんです。だからまた、大勢の前
でなんかやらされそうで怖いんです。いやもう仕事だけさせて。いきなり大勢の
前に放り出したりいつの間にかVCDのジャケットに写真のせたりするのはやめ
て。

 ちなみにあたしのギターはこれ↓。
http://homepage2.nifty.com/hirobunbun/guitarhead/head017.htm

478 :名無し物書き@推敲中?:04/04/27 11:27
俺のベースはアイバニーズの6弦。
観客は10人20人だと結構緊張するけど、千人越したらキャベツに
過ぎません。個体として扱ってコミュニケーション取りに行く事が
無理になっちまうし。
バンドじゃなくてピアノでステージ立った時は600人程度だったけど、
緊張以前にそもそも客との隔絶を感じた。
音楽を腕組みして聞く聴衆ってだいっ嫌い。

479 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/27 23:37
>>478
 スゲエ六弦弾けるんですね。

> 観客は10人20人だと結構緊張するけど、千人越したらキャベツに
> 過ぎません。個体として扱ってコミュニケーション取りに行く事が
> 無理になっちまうし。

 でも確実に歌いながら笑わせないといけないわけです暗闇の中にいるらしい千
人のお客様を私の場合。六百人で客席にもライトがついてた時は緊張して泣きそ
うになりました脚震えてるし。それがまた受けてるし。

> 緊張以前にそもそも客との隔絶を感じた。
> 音楽を腕組みして聞く聴衆ってだいっ嫌い。

 笑われないといけないところで笑って貰えないと非常にやばいと思います。い
ややばいどころかもう泣く。声が出なくなったりすると特に泣く。

480 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/27 23:51
>>467
 えー。だってえ。版元として言わせて貰えばぶっちゃけ商売にならないんだも
ん白石昇の嘘八百は。せめてもうちょっと知名度上がってからじゃないと商品化
できないねはっきり言って。

 だからとりあえずいつ売り出してもいいように流行モンじゃない乾物系のブツ
製作するように日頃から白石昇には強く言い聞かせてます。

481 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/04/30 21:32
>>450とむやむくん様

 実は海老って、ク、より、グ、に近い発音なんです。だから実際に海老をカナ
で表記するときはグンって書いてある場合が多いんです。

 でもトムヤムとコンビだとクンになってしまうこのタイ語カナ表記の謎。

482 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 03:19
白石君はオカマキャラを狙ってるの?

483 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 04:53
白石君は今回のイラク人質事件をどう思う?
郡山、高遠、今井の3氏のことね。

484 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 08:17
松本清張が記者に「作家の条件とは?」と尋ね、記者は「才能でしょう」と答えた。
清張は「違う」と否定し、こう言ったらしい。
「原稿用紙を置いた机の前に、どれくらい長く座っていられるか、その忍耐力さ」

あと、司馬遼太郎と松本清張は「無趣味で、書くこと以外に興味が向かない」
という共通点があったらしい。

で、白石君は、どう思う?

485 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 08:55
今からココアかコーヒー飲もうと思うんだけど
どう思う、白石君?

486 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 09:39
>>474
苦しいと思った時点で、もう終わってるんだよ、作家として。
今までの作品、原稿なら全部捨てて、データなら全部消して、さっさとやめた方がいい。
>>475
そんな中途半端なことやってるから、いつまでも中途半端のまんまで、自己満足で終わるんだよ。
「充電が必要」だの「人間は不完全」だの、言い訳するな。
要するに、向いてないだけなんだよ。才能がないんだよ。
まあ好きなだけ充電して、細々とライフワークとやらを続けてください。

487 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 14:20
才能があるだのないだの決め付けるなんて必死ですな

488 :名無し物書き@推敲中?:04/05/01 18:09
小一時間悩んだあげくココアとコーヒー両方飲んでしまったよ。
白石君はこんなボクをどう思う?

489 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/05/02 03:54
>>482

 というか日々憑依必須なのはおかまじゃなくて女そのもの。


490 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/05/02 03:58
>>483
 ここの読者様からのご質問のとこに書いておきました。↓。
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200404141800000000012912000


491 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/05/02 03:59
>>484

 作家になりたいとも条件を満たしたいとも思わないのでわかりません。

 というか条件なんてなくても誰でもなれるじゃないですか。

492 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/05/02 04:01
>>487

 経験上その言葉使う人は明らかに病気の人。

 お稽古すれば誰でも力がつく、ってあたりまえの現実が見えてないの。

 で、才能、って言葉に逃げる、と。でも、才能、って言葉が具体的に
何を指すかは説明できないの。病気だから。


493 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/05/02 22:40
>>488
 順番とかローテーションとかもし仮に混合させたならその調合具合とか
微妙なところが判断の決め手だと思います。

494 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/05/02 22:49
>>491

 あ、やっぱりこんな風に簡単に答えちゃいけないような気がするこの質問。

 とりあえずゆっくり考えてメルマガの方で丁寧に解答することにしますです。

124 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)