5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

萌える小説を創作し続けるスレ

183 :名無し物書き@推敲中?:03/08/21 04:06
3.

 ―その纏め上げた黒髪と微妙に覗いているうなじが素敵ですお嬢さん。
 「そうですね、本当に」
 「折角のお祭だと云うのに、一寸残念ですね」
 ―まぁ尤も今の僕はその透き通るような白い肌と薄桃色の唇、ほっそりとした喉元にどきどきなんですけれどもお嬢さん。
 「えぇ。でもきっと通り雨ですから。上がった後に涼しくなってくれると良いのですけれど」
 「そうですねきっと普段の着物姿も素敵なんでしょうけれども少し濡れた浴衣姿もなかなか素敵ですよお嬢さんところでその浴衣素敵ですね」
 ―そうですね、でも少し蒸しますから、矢張り振られている間は一寸
 ……あ、しまった、反転した。
 お嬢さんはあら、と一寸はにかんで、ありがとうございます、と云ってくれた。うっすら朱に染まった頬がまた素敵ですお嬢さん。そして僕は真っ赤です。耳たぶまできっと。


106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)