5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ガチンコ批評を見まもるスレ

1 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 21:57
批評スレに関連した簡素、ぼやき、批評、実況、その他はこちらでどうぞ。

関連スレ(現在の批評本スレ)
【リニューアル】批評者の会議室5【作品議論】

2 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 21:58
2

3 :糖衣:03/05/24 22:02
本スレにゃ仕事だから参加不能だ・・・・

4 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:04
>>3
大丈夫、ありゃ実質的には実力者しか参加できないから。
おまえじゃ無理だよ。つか、過去の批評スレ読んでないだろ。

5 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:05
クラムにへろが実力者・・・?

6 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:07
ノウミソ膿んでるんじゃねえか?<実力者云々

7 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:09
今回は面が割れてる奴が多いから、わりかし参加しやすいかも。

8 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:14
>>5-6
そういうのを、煽りじゃなくてきちんと片を付ける良い場だと思うぞ。
このスレを覗いてるわけだから、興味はあるわけだろ。
作品議論に参加して、クラムやへろの甘っちょろい意見を
叩いてみればいいじゃん。

9 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:14
1=へろと知ったとき、納得と苦笑いが俺の心に訪れた。。。

10 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:15
>>8
勘違いすんなよ。上がってるから、目に付くだけだよ。


11 :糖衣:03/05/24 22:16
個人的には>>4が寒すぎると思ったが、観察厨な俺には面白い祭りだろうな

12 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:16
>>10 スルー出来ないのか?

13 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:16
>>10
なんだ、やっぱりただ煽るしか能のない腰抜け野郎だったか。
去勢しろよ。

14 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:17
口だけ糖衣

15 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:17
明日はこちらに参加しよう。
裏スレみたいでおもしろいな。

16 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:17
>>11
別に寒くないし…
つか雑談コテに用はないぞ、ガチンコ批評は。

17 :糖衣:03/05/24 22:21
>>16
そもそもガチンコ批評ってイベント自体、初めて見るのでロムるのは楽しみなのだ



18 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 22:24
それで、糖衣の「鋏」の簡素は?

19 :糖衣:03/05/24 22:28
まだ読んでない。
探してすら居ないんで、ガチンコ前に探す努力をしてみることにする。

20 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 23:14
見守るならあげとけ

21 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 23:22
人いねーな。土曜の夜だってのに

22 :ディアボリカ ◆uGSfMN4E4w :03/05/24 23:36
相変わらずこの板はヲチ好きだな。
なんだよこのスレ。

23 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 23:59
アホが気まぐれに立てたスレだろ。 
猫の匂いがするがナー

24 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 00:49
この板ではいつからしっぽ→猫の呼び名になったのか
しっぽでいいじゃないかとー
猫なら猫くんとくんづけでなければならないかとー

25 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 00:51
わかったよ。
じゃ、次からは猫様にしてやらあ。

26 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 00:55
猫の別ハンがしっぽだろが。寝言言ってんじゃねえカス

27 :ディアボリカ ◆uGSfMN4E4w :03/05/25 00:59
>>26
>>24は単純に「猫」と呼び捨てにするのがおかしいと
言ってるような気がするけどne。
この板で猫って単語の入ってるコテハンがいたら
さぞ嫌な気持ちになるんじゃないか?と。

28 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:00
>>27
猫って単語の入ってるコテは一人しか知らん

29 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:02
最近ころにゃん見ないね

30 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:07
糖衣 不夜塔 ころにゃん 俺の中では空気コテ

31 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:19
>>30
不夜塔はどうかしらんが、彼らはあんまり暴れてないからな
あと、文谷とかも

32 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:20
不夜塔はいまさっちゃんなんだぞ。

33 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:22
ここは空気コテの名前を挙げるスレになりました。

34 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:24
空気コテでも害があるよかよっぽどましだw

35 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:24
作品書かないコテだらけだな

36 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 01:24
>>27
こいつキモイよ。
こんなのが批評に入って大丈夫なのか?
質が下がりそうだな〜。

37 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 02:00
>>36
お前よかましだろw

38 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 02:06
以前いた「モジョポン」とかいうクソコテよりはマシw

39 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 02:12
モジョポンってだれでつか、それは?


40 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 02:19
モジョポンってあれか? あれだな。
よし、わかった。

41 :教えてくん:03/05/25 02:22
あれって誰だよ、意地悪しないで教えてよ。>>40

42 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 02:26
>>41
わりい。
おれも知らないんだ。
ただ言ってみただけ。
モジョだけならmjのmojo handsのモジョかも。

43 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:42
ガチンコ批評を見まもるスレ



さーて、見守ろう。



44 ::03/05/25 18:49
茶でも飲みながら見守りますかい。
今回かなーりガタガタのごようすですがな。
今までのとはちょいと雰囲気が違う気もする。

45 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:52
どうちがう?

46 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:53
「鋏」

作品がちと弱いなあ。ここ、ビールとか売ってる?

47 ::03/05/25 18:54
前までは本当のところ、結構慎み深かったように思える。
公開裁判って言ってる人が居たけど、
今回はそんな感じだな。批評者のクリーンなイメージが
なくなった点で、体臭がぷんぷん感じられる。
祭みたい。

48 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:55
結局、作品の前夜祭はなかったんだね。

49 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:55
猫、うざいよ

50 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:55
ジャンボが騒いでるが。よーするに、こういう意識だよ。

へろやクラムなら、まあ、書ける香具師だから、
多少エラソなこと言っても許すか。
だが、ジャンボは自分の書いたものも晒さずに、
どれほどのモンよ、という感じ。



51 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:55
>>47
だね。オフラインだって噂もあるし、きな臭い。

52 ::03/05/25 18:56
>>46
お ま ま ご と ス レ は い ら ん 

53 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:57
>>50
だよな。
結構キツいこと言ってるのを真に受けていいのかどうか
俺らも戸惑うし、作者側は特にそうだろうなあ。
こればっかりは、受けとり手の取捨選択だけの問題じゃない。

54 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:57
まあ、批評の中身でしょ。

で今夜のみどころは……?

55 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:58
批評が終わったあとのロムヤの道化芸。

56 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 18:59
へろやクラムには言われてもいいが、


ジャンボ、お前には言われたくねえよ、って意識になっちまうな。




57 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:01
へろにジャンボは参加。クラムはおそらくmjがメールで
参加を呼びかけているものと思われ。
あと数人くらい、
批評やる香具師出てきそうだな。

58 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:02
絶対出てくるのが、前半と後半の繋がりの悪さね。
第一、破綻に近いくらいだから。
ここを批評家がどう言及するかだ。

59 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:03
彼はそこそこ本を読んでいた。頭もよく、物静かで勉強家であった。
彼は小説も子供の頃から書いていた。大人になってちょっとミーハーに
作家なんてイイかも、なんて考えたぼくらより、それこそずっと昔から。
勿論まわりには彼のような趣味の人なんていなかった。周囲からは神童
扱いされた。しかし、それから5年、10年、15年。
彼は何故か文章力が上達しなかった。沢山本を読み、さまざまな知識に富み、
論理的な思考もできているというのに、彼の小説は決して上手にはならなかったのだ。

60 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:06
へろ日記更新! しっぽの反応や如何に!!






。。。。つづく

61 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:06
>>59



62 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:09
ロムヤ、正座してなにやら経を唱え始めました。

63 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:11
おっ、ロムヤは味噌カツ食って体力つくってるぞ!

64 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:15

おおーっ、ロムヤ、きしめんまで食ってるぞ!!

65 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:17
いよいよ金のシャチホコパンツに履き替えました!

66 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:24
うみゃ〜

67 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:25
つか、ジャンボも謝ってるんだからいいだろ。
いつまでもぐちぐち五月蝿いよ。


68 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:28
ロマとかラリーを擁護しながら
微妙に騙ってるような香具師がウザイよ。

69 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:29
>ロマとかラリーを擁護しながら
>微妙に騙ってるような香具師がウザイよ。

ダメだこりゃ。

70 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:32
つか、
ラリーが「応募先が良かった」で、今頃文句言うと思うか?
ロマが「日本語書けないコ」に今更怒ると思うか?
ラリー騙りロマ騙りは板名物のお遊びだと思ってきたが、
そろそろ終わりにしろよ。

71 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:33
>>70
そうだね。

おっ、ロムヤ、二杯目のきしめん食ってるぞ!!


72 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:34
>>70
しょうがねえなあ

73 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:34
>>70
ラリーなら怒るね

74 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:35
小学生なら刺すね

75 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:36
小はモーホー?

76 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:36
出版話がどうなってるかによるな。

77 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:38
日本語書けないコ、はそんなことない
(創作の質じゃなくて日本人としてって意味で)
からただの煽りだけど、応募先が良かった、は、
すごく辛辣で痛烈な皮肉だから怒るのも無理はない。

78 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:38
漏れなら万引きするね。 ん?

79 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:39
>>77
もう疲れたよ。分かったからさ。

80 :◆sVcmOmcGj6 :03/05/25 19:41
>>60
日記読んだ。確認した。


81 :◆sVcmOmcGj6 :03/05/25 19:42
つか、コテスレに行ってコメントする。

82 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:50
>>81
そうしてくれ。じゃまだ。さて、メシ食うか。

83 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:52

お前、何度飯食うんだ?

84 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:54
本人であれ騙りであれ、
ラリーとかには未だ求心力があるのがわかった。
それにくらべて猫くんの方は見向きもされない。

85 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 19:58
>>84
つかしぽ地雷だから怖がってるだけだと見たんだけどw
本人はテキトーに傍観。

86 :こっちのがオモロイ:03/05/25 20:05
へろサイト
http://www.nornen.net/takara/


87 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 20:34
●今夜の見どころ

@昭和初期という舞台設定の中で翻弄される女。その舞台設定が
 生かされているか? 文章の作り込みはどうか?

A登場人物のこころの葛藤が、作者の力量によって描ききれているか?

Bストーリー展開の中で、ラスト付近の「鋏」に帰着した暗喩は
 どのように読まれるべきか?



88 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 20:40
ロムヤ、心臓バクバクだぞ! 餅つけ!

89 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 20:40
血圧が300を超えてます。

90 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 20:48
ロムヤ、突然死!

        こ、こんな結末になろうとは!

91 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 20:55
まー、へろもこのガチンコが終わったら板を去るそうだから。。。

92 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 20:57
へろは「し」が気になって、批評どころではなかったり…

93 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 21:06
>ビフォーアフターが済んで、着席しますた。
勿論むこうにはレスしません。また、みんなの楽しみを
邪魔をしようとも思いません。なお、味噌カツはたべてません。
が、きしめんは食べましたっつうか、何で解るん??

94 :◆sVcmOmcGj6 :03/05/25 21:11
現在点呼の模様ですね。
あわただしく夕飯も終わってマターリ。

95 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:12
>>92
普通にレスしてるじゃん。

96 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:26
321が気の毒だな。
なんだよあの排他性。

97 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:28
●楽屋

えー、そんでもってロムヤさん、この題材のヒントはあったんですか?
けっこう時代背景とか、資料が必要な気もするんですが。



98 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:29
>>97
ロムヤさん、本スレに夢中です。そりゃ作者ですもん。

99 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:31
こうやって見ると「鋏」は作品としての体力がないのがはっきり
わかるなあ。
早々とメルヘン説とかでた時点でもうだめぽ。

100 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:31
100

101 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:35
前提知識として。
陸軍の大佐は普通の軍人にとっての終着駅。
中央(陸軍省、参謀本部)では課長クラス、地方では連隊長(2000人程度を指揮)。
三十代(ほとんどあり得ないが)で大佐に昇進しているとなると
陸軍大学校出のスーパーエリートということになる。
頭脳明晰にして将来は軍や日本を背負って立つという気概があったことでしょう。
没落士族の嫁を貰うにはそれなりの理由がないと不自然。
あと、サーベル型の軍刀は陸軍では昭和9年までのようです。

102 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:35
たしかにあの時代背景を描ききるとなると、そうとうなり器量と、
マニアックなくらいあの時代を知り尽くさなけりゃ書けない。
そこに、なんでロムヤが挑んだのかと、そっちの方が気になる。

まあな、ここは見物席なので。


103 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:39
見物席から見るとさ、なんであれを書いたのかなあって気になるんだ。
前時代的な慣習によって翻弄されてゆく女たち。
当然、どう書いたって古色蒼然とした小説になる。
それをあえて書いた意味が俺にはわからない。



104 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:41
どうもミーハーな観念が渦巻いているような気がする。
というか、適当にいいと思ったエピソードをモザイクのように
つなぎあわせて作ったような気になるなあ。
気骨ある帝国軍人、聾障害を隠すひたむきで内気なその妻、
士族の家、古風な離縁問題。

105 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:45
んー見物席から見てるとロムヤがここにすら遊びにこないのが
不思議でしょうがないよ。>>97が無視されててかわいそうだ。

106 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:47
>>105

つうか、本人、夢中であっちをロムってるw

余裕こけや、と言いたい。


107 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 21:49

  咳をしても ひとり…    かね?

108 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:49
ロムヤので公表されてるのは
「夜のアトリエ」
「鋏」
祭り作の「黒いポルシェ」
「肺」か。ほかにある?

共通点なんだろう。。。

109 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:49
>>104
同様に感じた。

110 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:50
>>108
言語障害?


冗談。w

111 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:51
しかし批評スレ、前からこんなんだったっけなあ。
なんか物語の初歩的なところを突っついてるだけで
発展性がないように見えるんだが、これは作品のせいなのか
面子のせいなのか。
表面だけで、内部に踏み込んでないように思えるんだがなあ。

112 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:52
ロムヤ作品には重さ、濃密さ、そして色で言うとダークな印象がある。
あくまで印象ね。「ポルシェ」は最悪だがw
この人が描く世界は基本、暗いと感じる。なぜだろう?
本人はノー天気そうなのにw

113 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:53
ロムヤ、>>97に答えてやれや。

こっちはオチスレみたいなもん。楽屋オチ。

114 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:55
>>111
まあ、始まったばっかしなんだから、見物してれ。

115 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:56
>>112
暗いね。あと、品性に対する感覚が鋭敏だ。
よく言えば古風、悪く言えば時代遅れ。
教養はそれなりにある人だと思う。
だから腰を据えて時代物を手がけたらそれなりにのびるものがあると
思うんだよね。あと、民俗関係の話とかね。
頑張って現代ものを書いても、ラリーみたいになんか古臭く見えてしまう
危険性ははらんでいる。

116 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:56
>>104
同意。だから、テーマがよく分からないということになるんだ。
あと、美容師の鋏が、少しの狂いで使い物にならなくなるという雑学的知識を、
うまく使おうとしたんだろうけど、かみ合わなかったという感じだね。

117 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:56
古色蒼然(?)としたものを読むのが好きで、それが作品に出てるのかな。

118 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 21:57

>大江山 行く野の道の遠ければ…   (意味不明

119 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:57
>>111
素人作品で批評みたいなことをしようとすれば、こんなもんでしょ。
深読みや裏読みなんて出来ようはずもないのだし。
以前は無理やり深読みしてただけのような。

120 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 21:59
ロムヤ作

「夜のアトリエ」 「鋏」祭り作の「黒いポルシェ」
「肺」

さわやか、って作品はひとつもないね。



121 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:02
「夜アト」って、ストーリーがつまらん、っていう批判多かったけど、
「鋏」では克服してると思ったよ。
とりあえずストーリーがちゃんとあって、「鋏」を象徴的な
小道具にしてる。
成長したな、とは思った。


122 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:02
>>120
作品の巾は狭いよね、はっきり言って。
あと、その割に心の奥に流れる暗然としたテーマがまだ見えてこない
ってのはある。その点はひょっとしたらロマなんかと同じかなあ。
形は見えてても、芯がまだ自分で見えてないっていうか。

123 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:05
こっちは「書き手」についてのスレみたいだな。

俺が思うに、書きたい方向がぜんぜん見えてないように思う。
ざっくりエンタメか、純文か、って線を引いても、なおかつ見えてこない。
つまり中途半端。
まあ、車谷も直木賞だけどな。


124 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:05
人間の動かし方が悪いのかな、ロムヤ作品ってのは。
あるいは観察力が薄いのか、「普通ありえないだろ、その行動は」
ってのを持ってくる。美的センスは優れている分、聾の遺伝問題なんかに
中高生でもわかるミスを犯していて、そのへんが弱点。
つうか、知識が酷く偏っているのではと思う面もしばしばあるーよ。

125 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:07

ロムヤ、このへんでちみの創作年数を晒してくれ

126 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:10
おそらく、ロムヤの「苦手科目」は構成・ストーリーだと思われ。
どうも、どの作品も場面転換がギクシャクしている印象がある。

127 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 22:12
>ノーコメント!        …爆
ぼんやりと考えていた年数は長いが、書いた時間は少ない。(ヒント

128 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:14
文章も少し不自由だぞ。
主述がかみ合っていなかったり、不自然な文が目立つ。

129 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:14
>>127
若葉マークと自信持って言えますか?


130 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:15
本人、意識してるのかどうかはわからんが、「鋏」にしても「肺」にしても
最初にラストありき、という書き方をしている。
つまり、ラストにもっていくためにストーリーを鋳型に入れてしまっている。
これを力量不足、と言ってしまうのは酷だけど。

131 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:16
>>126
人物も弱いよ。大佐なんか散々じゃなかったかい。
アトリエの人物も誰が誰か解らないほど弱かった。

132 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:19
人物の動作はよく書けているけど、
心情がどうもヒシヒシと伝わってこない。
単純に書き込み不足というところもあるが、
比重としては動作、描写が多く、内省が少ないので、
作品全体が暗くて登場人物に感情移入しづらいんだと思う。



133 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:22
若葉マークのロムヤには、今回の批評はちっと酷だったんじゃないか?
構成・ストーリー・文章・人物・共感度
全て問題ありなんて悲惨すぎる。

134 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 22:25
mjはどうしてんだ? ROMってるのか?


135 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:25
ジャンボは相変わらず辛口だな。もし、あれで作品がダメなら笑える。

136 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:26
>>134
容赦ないね、虹w

137 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:27
mj=仕切り屋

否定しても文体でわかってしまう悲しさw

138 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:27
>>133
・・・・・・・・ロ、ロムヤ作品の長所をあげようよ、ね。

139 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 22:28
>>137
昨日違うとか言ってなかった毛?

140 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:29
嘘つくなよ、ってことに虹は一番うるさいからな。
mj今回どうするんだろうな。下手すりゃ信用問題だぞ。

141 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:30
>>138
ロムヤ作品はダークなレンブラントの絵のようだ。すんばらすい。

……どうよ?

142 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:30
あ、あの、ロムヤ作品の長所・・・・・・・・・・

143 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:30
>>139
仕切ご苦労さん

144 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:31
>>139
だから、仕切りやの口調はmjそのものだってば。

くせのw も多用してるしw

145 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 22:34
>>143
仕切りや=虹っていう意味か?
だとしたら違うよ。おれがそんなメンドクセーことするわけないじゃん。

>>144
そうなのか。まあこれ以上追求はしまい。

146 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:35
>>141
レンブラント「夜襲」とかかい?
光の画家か。確かにそんなイメージはあるな。
個人的にはもっと繊細なものを見ていたんだが。

147 :146:03/05/25 22:38
>>141
つーかそれじゃ、長所ってことにならない。
長所とは、他と較べてぬきんでてることを指すんだから、
おまいはmjのようにおかしな褒め方をしないように。

148 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 22:38
>146
「夜襲」? やめてくれ! 爆藁

レンブラントのデッサンのようだと言われたら、
死ぬほどうれp〜。 

149 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 22:39
つうかどっかでジャンボと同一人物説が飛び出したときは
ほうじ茶噴出しそうになったよ。

150 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:39
>>147
あの。。。マジレスしないように。。。

151 :141:03/05/25 22:40
ごめん、冗談がすぎた。

152 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:42
ロムヤ、だからあれは>>141の言葉に応じた>>146の比喩であって
あなたの長所そのものの指摘ではありませぬぞ。
誤解せぬよう。

153 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:42
>>149
だから誰だか言えよ。
クマか?
ん?

154 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:43


虹パパは批評苦手なの?




155 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:43
>>149
自分もたしか昔同一人物視されたよ。
ここの板の人間ってなあ暇なのね

156 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 22:44
>いや、「夜警」だろ? ボケじゃないよねぇ?

157 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:44
>>153
許してやれよ・・・・・可哀相だからさあ。

158 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:46
ロムヤは言語感覚がピカソで、作品が山下清だ、だなあぁ。

159 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 22:47
>>153
ジャンボに聞いてくれ。
オレはジャンボじゃないからわかんねーよ。


160 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:51
ジャンボとは現住所は違いますか?>>159

161 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 22:51
>158
おめえ、無茶苦茶ほめてるぞ! 爆

162 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:52
なんか、議論が空回り…

163 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:53
理解者に恵まれなければただのキチガイの意

164 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:54
>>162
してるね。来るだろうと思ったが、もう末端の雑学話に
なってしまっている。何でロット、何で焼き鏝。
生命保険のメビウスは来るだろうとは思っていたが。

165 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 22:55
ロムヤはmj、クラム並みのオヤジと見た!

166 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 22:56
>>154
大の苦手だ。面白かった。つまんね。位しか書けん。

>>160
ジャンボの住所知らないけど、オレが住んでる場所には
オレと妻と息子しかいねえよ。


167 :万引きジャンボ ◆O4wVzghMN2 :03/05/25 22:58
>>160
おれんちにはいろいろ住んでるが、虹の嫁や息子はおろか、虹本人さえ居ない。

168 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:01
>>167
向こう逝けよ。

169 :万引きジャンボ ◆O4wVzghMN2 :03/05/25 23:02
レス待ち中なの

170 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:03
まあ、ヅラをヅラといわないヤサシミということで。

171 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 23:06
ヤサシミって言葉久しぶりに聞いたな。昔それで粘着された記憶があるから……


172 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:07
ヤサシミ粘着・・・・何もかも懐かしい・・・

173 :万引きジャンボ ◆O4wVzghMN2 :03/05/25 23:09
オサシミと言って茶化した記憶はある

174 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:10
組長か?
今なにしてるかな。

175 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:12
今 い た り し て w ほ ら す ぐ そ こ に 

176 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:15
「虹」はおつレボなんか書いてないよw
おまえらにはズラを(ry

177 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:16
スレタイ



ガチンコ批評を見まもるスレ



178 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:18
ジャンボ、もしかして当時の雑談スレか挨拶スレ立てたのかな。
マターリ、おかずはオサシミ。ってキャッチ覚えてる。
んで、その次のスレで自分が雰囲気を受け継ごうとして、
初ガツオキタ━━(゚∀゚)━━!!とか書いた気がした。

179 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 23:22
>ちょっち! 漏れが主人公の、もう二度とない日なのに…
ヅラとか刺身とか、何なのよ! もう…でも、もう終りそうだし、
いいか? …>176 それはないじゃない?

180 :見物人:03/05/25 23:27
>>179
ロムヤ、そういう語りの一人称小説の方がオモロそうだな。

181 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 23:29
>>179
ごめんロムヤン。コテハンスレに行くからカンベン。

182 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 23:31
>虹パパ ジョークずら

183 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 23:35
そうはそうと本スレの連中はあんだけの意見よく出てくるよな。
読むのも大変だけど、即レスであれだけ書くの大変だろうに……。
ログは保存して家宝にしとけよ>ロムヤン

184 :ロムヤ ◆HejyzV8B42 :03/05/25 23:37
>虹パパ あんがと そうする。

185 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:39
しっかし、印象批評が多すぎだ。今回は。

186 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:39
いよいよ総評に入ったわけだが、もう三時間近く経過していますが。

187 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 23:40
次は「小」の奴をやんだよな? ちょっと楽しみだな。
個人的には超巨大便所あたりやって欲しいかな。
本人乱入してくりゃなお良し。

188 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:41
なんか古代天使のときと似てるね。>>185
あっちは更に脱線の度合いを強めていたけどなあ。
弱い作品には、語るものがないってことなのか。

189 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:42
次からへろが消えるわけだが。。。

190 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:44
>>187
「小」作品はもたないよ、絶対。

191 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:47
ジャンボも大人しかったし、妄想も少なかったし、
まずまずじゃね。
ロムヤは果報者よのう。

192 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:47
小のは「巨大便所」より「明日への再会」あたりをおながいしたい。
「逆襲」は長い割にイマイチだったし、「戦車」は迫力にごまかされがちだが、
内容が単調すぎていかん。
「愚者の祭」を塔が押していた(私も結構好きだった)が、あれは作者本人が
全く気に入ってないし、「ラーメン」は一発芸に程近い。
「恋愛小説」は大変いい作品だが、如何せん長すぎる。実は虎穴最長の作品
だったことを知る人は少ないかもしれない。
「孤島」「無題(ビル崩れ)」も悪くないが、纏まりとか個性とか考えると、
ねえ。。。。。

193 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:49
>>189
大丈夫。へろそっくりの新人コテハンが登場して盛り上げてくれます。
なあ、mj?計画進行中だろ?

194 :名無し物書き@推敲中?:03/05/25 23:52
小のは常に「次回にやる作品」です。

195 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/25 23:54
まあ超巨大便所はオレの趣味だから言ってみただけで、
なんでもいいんじゃないかな。
恋愛小説ってそんなに長かったっけ?
小の投稿作で一番長い作品ってこと?

196 :192:03/05/25 23:57
>>195
ううん、虎の穴の1000作以上で一番長かった作品ってこと。
シリーズとかで較べると、怪異あたりにまけるかもしれないけど。

197 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 00:02
>>194
現実問題、まじで批評の下に下ったら、「俺の作品を批評していいのは
こいつとこいつとこいつだけだあ!!」と、最もコテブランドに拘って
駄々こねそうでありますからなあ。
しかも厳しい評価受けると、当たっていても口とんがらかして拗ねるしな〜w

198 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/26 00:02
そうなのか?
てっきりオレの長編小説が一番長いと思ってたんだが
恋愛小説って300枚以上あったってことか?


199 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 00:10
>>198
以前換算してみたら360とか、そのへんだったと思う。
昔のことだから記憶おぼろげだけど、300は超えてた。

200 :虹パパ ◆KFognntpBk :03/05/26 00:11
そりゃすげえな。つか読んでないのがバレバレだ。

201 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 00:15
思いっきりスレちがい。

202 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 00:17
>>200
あれはなんとなく「オルタネイト」のイメージをにおわせた
青春ものだったよ。今回ごはんに貼った「暗黒の世界」はラストに
「恋愛小説」終盤の服役中のシーンを再利用して使ってるようなとこが出てきて
作品とは別に、創作の苦しみのようなものを感じたけど。

203 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 00:19
終わったみたいだね。本スレ。
これからへろ引退パーティーか。
出席の方は花束をご用意下さい。

204 :さっちゃん:03/05/26 06:38
>>192
「明日への再会」も結構好きだった。
ノイズぽい小説だったかな。
「愚者の祭」白装束の行列につっこんでいく場面あったと思うんだけど
ああいうの好きだなぁ。


205 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 12:03
ジャンボが大人しくて妄想もなきゃどこで面白がるんだ。

206 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 17:50
次はどの作品でやるの?
へろがいなくても出来るの?

207 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 18:52
>>206
大丈夫。へろとよく似た批評眼を持った新人批評家がデビューする予定。

208 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 18:56
へろは、ラリーとロマから一文字ずつとって、

「ヘラーロ」という名前でまたやってきます。

よろしくね。

209 :ヘル:03/05/26 19:15
これからは俺の時代ですね。

210 :ヘボ:03/05/26 19:26
はぢめまして。ヘボです。

211 :ヘン:03/05/26 19:33
僕、ヘンです(泣)
よろしく(鬱)

212 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 01:19
>>197
んなこたあない。
やれやれ。やって欠点を抉り出してくれ。
誰がやってくれてもかまわん。
名無しだろうと何だろうと好き勝手言ってくれちゃってOKですんで。

>>202
>創作の苦しみのようなものを感じたけど
書けない時は仕方ない。
別に一度目じゃないからそんなに焦ってないんだよね、俺。
少しずつ煮詰まってって最終的に噴出するような感じだから。
最近は「創作」というより「実用文」の方に行ってるのかなあ・・
飲み会で女の子のウケを取るほうに創作意欲は全部吸い取られてるので。

それにしても簡素が付かんな。
そんなにショボイ作品だったのだろうか。
「色あせてる」とか言われてたけど。

213 :名無し物書き@推敲中?:03/05/27 12:16
>>212
やあ。
一度、極めてオーソドックスな習作を作ってみたらどうだい?

・シリアスもので
・現代を舞台とし、
・三人称で人物を動かし、
・しっかりと起承転結を作る。
・枚数は30枚程度

君の場合、イマジネーションとか、文章の勢いとかはあるんだから、
もっと小説の基本となるスタイルを意図的に書いてみると、自分の
技術的な弱さが見えてくると思うよ。

がんばってください。


214 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 00:24
>>213
丁寧なレスをどうも。
自作を一年ぶりぐらいに引っ張り出して読んでみたんだが、
確かに弱いんだよなあ。特にラストが。
上に出てる「恋愛小説」みたいな長いのは文章が荒れてるし、
「逆襲」なんか面白いことやってるのに文章がひどすぎる。
あれで満足してた時期よりは少なくとも成長してるんでしょうな。

一番問題なのは、俺が世間でウケてるものをまったく面白くないと思うからなんだよなあ。
投稿作とか見ても、「よくある青春モノ」とか「テレビドラマのパクリ」とか「ラノベのアホ」とか
そんなんしか見えねーし。
そもそも純文とか書いてる奴はバカなんじゃねーかと思うよな。
「誰が何して、どんな気持ちになった」とか、そんなのばっか。
誰がどうなろうと知らねえっつうの。春樹とか、江国とか、あれが売れてるってことは、
みんな面白がってるんだろうねえ。
俺にはちっとも面白くない。バカにしか見えない。

215 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 00:32
単純に言えば「男と女が出会って、素敵な時間をすごして最後に別れる」
みたいなのが好きなんでしょ。自分を重ね合わせたりなんかして。
問題はあれだよ。もう現代になってるのにさ、社会の複雑さとか、
テクノロジーとか科学が進歩して、その中に生きる人間も変質してんのに、
それを無視して古臭いことばっかやってるから嫌なんだよ。純文は。
ラノベは単純に頭が悪いし。
俺は基本的にSFの人間だからこの二つには惜しみなく敵意を捧げるよ。

・シリアスもので
とか言われたって、真面目に誰かが何かをしてるのなんて何が面白いんだよ。
真面目に勉強している人間でもずっと書くか?
俺はシリアスも現代も嫌いなんだよ。バカバカしい。
起承転結に関しては、当然、必要だとは思うけど。

216 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 00:37
散々文句言ったけど、春樹は面白かったなあ。
「ネジ巻き」は「死ね」と思ったけど、
「国境の南、太陽の西」だっけ? あれは面白かった。
江国も好きではあるんだよ。
でもそれは俺の書きたいことでもないし、
読んで「死ぬほど面白い」とは言えないんだよなあ。
致命的な欠落がある気がする。

まあ、要するに俺にあの「形式」は合わないんだよ。

217 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 00:47
誰もいないんで好き勝手言うか。
「絵桜」とか「ドライブ」に感じる「面白くなさ」も似たようなとこなんだよなあ。
「それがどうした」っていうか。知的な発見とかも何もない。
どっかの誰かの話を聞かされて、はいそうですか、って感じで。
「上手い」だけで、何もない。「鋏」も読んだけど(前半は感情移入したりとか
美しいシーンがあったりして浸ったりとかはあったけど)読み終えたあとの満足感?
それは全くなかったんだよ。処理すべき文章として目の前にあっただけで。
「カタルシス」がないような気がするな。俺が言うのもどうかと思うけど。

別に大多数の読者があれを喜ぶなら俺の意見なんて無視っといて構わないけど。
うーん。マイノリティ。

218 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 00:48
江国がおもしろいだって!
終わってるな、おまえは。
おれは読んでいないからなんとも言えないが
一言だけ言っておく。
おれは犬の糞は踏まずに避ける。
おまえは踏む。
これがおまえとおれとの違いだ。
わかったか。

追伸:一言以上言ってしまったことはお詫びします。

219 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 00:52
>>218
「女性の感性」ちゅーもんを「リサーチ」しよう、とか言う
バカげた動機で読んだから、その意味での「面白さ」なんだよね。
「俺はこう感じない」とか「俺ならこんな長々とこんなことを書きはしない」とか、
セックスの捉え方の違いを見たりとか、そういう自己相対化の喜びはあったわけで。
かといって精神浄化の機能があったかといえば、皆無ですな。
そういや、昔彼女もこうしてたな、とか、そういう時はこんな気持ちだったのかな、とか、
そういう楽しみ方でもあったわけで、作品というよりも自分の記憶と考えを楽しんでいたと言えるのかもしれない。

220 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 00:57
犬のクソをみんなおいしがって食ってるんだから
俺も試しに食ってみなきゃあならないような気がして。
人生は短いわけだからもっと有意義な使いかたをしときゃあ良かった、
と思う本もあるわな。
だけどどっかで言ったな。教養。ただそれだけ。
どっかで話のネタに使えるならよし。
相手が女の子なら「俺も読んだよー」と話の切り口に。
相手が男ならこき下ろしてネタにしたり。
まあ、本を例に出して何か言ったりするとカッコよく見えるんだわな。
そのための消費財、って感じだよ。俺は。
類推するに、世の中の大多数にとってもそうなんじゃない?

だけど、俺は小説にそれは求めてない。
大分時間を無駄にしたが、最近ようやくそのことに気づいてきた。

221 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 01:15
ラノベが羨ましい今日この頃。
あんなスカスカの文章で、さらに「リサーチ」に基づいた
「売れる」話を書けばある程度の収入はあるわけで。
売れるわなあ。売れるんだろうなあ。
書いてしまおうか。「フランス書院」と「電撃」に偽名で書こうかな。
どっちも似たようなレベルなんだし、まあ、同じようなもんだろ。
楽だろうなあ。金のためにクソを切り売りしてしまおうかなあ。
変なプライドがそれを邪魔してるんだよ。
もう市場原理で物書きはラノベに行かなきゃ駄目なのに、
変な連中が純文にしがみ付いて、変な権威振りかざして、
純文のルールを押し付けてくるんだから。
金にならんことを必死になってやる奴は社会不適合だろ。
聖者か愚者かはしらんけど。俺はやる気はない。
俺はどうかと言えば誰も相手にしないSFへの憧景を捨てきれないのね。
もう宇宙でネコ耳の女の子を戦わせてやろうか。

222 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 01:22
そもそも小説なんて書いてどうするんだよ。
こんなもんバカしかやらないよ。
面白い小説を書ける奴は、当然面白い話が出来ないか?
面白い話が出来たら日常生活に不満はないだろ?
だから「日常生活で疎外された奴が小説を書く」って幻想はやめろ。
まったくそんなことはないんだから。
必死になるのもバカらしい文章の遊びで競い合うバカらしさ。
商売相手は疎外された少年か。「ボクは君の気持ちが分かるよ」と語りかければいいんだな。
そうして少し甘い気持ちを味あわせて、ほんの少し人生に希望を持たせればいいんだな?
そうすりゃ、そいつは中毒になって、希望がなくなるたびに本に走る。
気が付けば俺は大金持ちでウハウハになり、
その読者は小説家になろうと思って投稿サイトに作品を晒すようになるわけか。
「小説はすごいんです!」ってか。

223 :あんこく7:03/05/28 06:54
リサーチして、ターゲット層をプロファイリングして、
そいつらの強みと弱みをくすぐるような商品づくりにクリエイティブを発揮。
それがビジネスとしてのモノ作り。
ターゲット層ど真ん中にいて、自分の強みと弱みをくすぐりつづけて
それでビジネスになるやつもいるだろうけどね。

ビジネスにしたいんなら、ごちゃごちゃ言い訳せずにやればいいじゃん。

逆に、食い扶持は別で稼いでただ自分とごく少数のためだけにモノ作るやつがいてもいいわけで。
そういうやつは作りたいモノだけ作ってればいい。

小学生の場合はそこを割り切れずに、衝動なくして書けなくなったのを
理論やら分析で埋め合わせできると思いこみつつ、
それさえまともにやれないでどんどん泥沼にはまってってる。まるでデフレスパイラル。

ぶっちゃけたつもりでいい気になってるみたいだけど、
「必死になるのもバカらしい○○で競い合うバカらしさ」って
殴りあい、お絵かき、活動写真遊び、なんとでも入れ替え可能じゃん。
その世界の頂点はおろか、こんな過疎板でさえ頂点とれない能無しのまま言ってるんじゃ
負け犬の遠吠えに過ぎないよ。

ところで「必死になるのもバカらしい」理由は、金儲かるかどうかなの?
儲けられるほどの才能があるやつが上に書いたステップ踏めば、なにやったって儲かるよ。
それを無茶が許される今から諦めるなら、たぶん、君には才能がないってことだね。

224 :山崎渉:03/05/28 10:23
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

225 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 11:08
やあ。

こんな下の方のスレに人が数人いたんだね。驚いた。
おれが思うに、あらゆるアーテイスティックな活動は、
あるところまで純粋に「技術」「テク」が必要だ、ってことさ。
君が「こんなのはつまらん」「おれが書きたいのはこれだ」
というのはわかる。が、たとえばギターも弾けないのにいきなり
ステージで弾き語りをできるわけもない。
コードだけ刻んで叫んでたら、なんかウケちまった、というのが
過去の君なんじゃないかな。
・シリアスもので
・現代を舞台とし、
・三人称で人物を動かし、
・しっかりと起承転結を作る。
・枚数は30枚程度
というのは、要するに練習ってこと。ピアノで言えばバイエルだよ。
そういうの、これまでやってなかったんじゃないか?
シリアスがイヤだ、という問題ではなく、練習なんだから。
ついつい、ちょっと書けると人は自分の得意な手法に逃げてしまうものさ。
たとえばSF的な奇想、たとえばチンポマンコ、
たとえば濃密(なだけの)描写。そりゃあ、楽だもんな。
物語を冷徹な目で作りこむ、ということはすなわち、技術を磨くことだと思う。
サッカー選手だってジムで基礎体力を作り、筋トレもやるだろう。
いきなりグラウンドに出てがむしゃらに球蹴ってたのが君なんだよ。
だから、「巨大便所」はそのへんのフォームのまずさを指摘されてたよね。

一発、覚めた目で30枚くらいの読者を意識した作品を書いてみても
いいんじゃないかな。

そう思ったんだ。きっと今まで見えなかったものが見えてくると思うんだ。



226 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 11:13
追伸、

しっかし君は練習が好きじゃないんだなあw 

227 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 12:08
>>223
>衝動なくして書けなくなった
ってのを深刻に捉えすぎなんだよな。
別にいつだって傑作を書いているわけでもナシに。
書けなくなる時期なんて誰にでもあるし、俺自身のタイプからすれば
二年やそこら書けなくなるなんてのは往々にしてあることだし。
まだ俺はそんな年じゃないけどこれまでもそんなことはあったからね。

>それさえまともにやれないでどんどん泥沼にはまってってる。まるでデフレスパイラル。
ってのもおかしいんだよな。
泥沼を楽しんでる時期なのに。

>なんとでも入れ替え可能じゃん
じゃあ全部バカなんだろ。
最後の段落にも言えるけど、俺は「バカ」を評価してるよ。
見てて面白いからね。もっとやってくれ、と言いたいよ。

228 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 12:19
>>225
例えば音響系とかのノイズまみれの音をやりたいとする。
俺自身にはどんな音楽よりもそれが気持ちいい。
それを一般の人間が聴く場所で公開する。
まあ、例えばネットの掲示板とか。
すると「耳障りだ」「不快だ」という評価がもらえた上に、
「美しいメロディを奏でて人をいい気分にさせるのが音楽なんです」
などと説教されたりするんだな。
こんなナンセンスはないだろ。
ハードロックに「音がうるさいからダメ」とか言う評価もそれと同じだろ?
全く同じ技術があっても「ヘヴィ」な時点でダメ、っていう客に何が提供できる?
まともなメロディを書く練習をしろ、って言われるのかもしれないけど、
それはガムランとか世界の多様な音楽を知らない人間の戯言だろ。
「平均律で弾くべき」とか。それはお前らがそれを聴く様に慣らされて、
それを聴くのが「楽」だからだろ。
結局数が多い人間が強くなって、安っぽいメロディに恋とか愛を歌った曲が
一番すごい、ってことになるんだろうな。
「読者を意識しろ」と言われるが、俺は意識してるよ。
ただ、気持ちよくさせたり幸せにさせるために意識してるわけではなく、
もっと別のところで、だけど。

229 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 12:34
「読者を意識しろ」は、こっちへおいとこうか。ややこしいから。
「書く主体」に絞り込むなら、たとえば、

ジャズピアニストの山下洋輔は、モダンジャズも
クラシックも軽く弾けるんだよね。
そこいらのクラシックのピアニストよりも上手い。

そういった培われた技術の上で、拳で鍵盤叩いている。
山下洋輔が好きか嫌いかは別にしてさ。

どう思う? 


230 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 12:44
>まあ、例えばネットの掲示板とか。
>すると「耳障りだ」「不快だ」という評価がもらえた上に、
>「美しいメロディを奏でて人をいい気分にさせるのが音楽なんです」
>などと説教されたりするんだな。
>こんなナンセンスはないだろ。

ナンセンスではぜんぜんないだろう?

それは聞き手の本音であり、そう言われた「事実」は
動かすことはできないだろう。そう、動かしがたい事実だ。

支持されない音楽を、自分の信念に基づいてやる。
素晴らしいことじゃないか。
しかし、「支持されていない」という事実は厳粛に受け入れる
べきだろう。まして、逆に彼らの好きな美しいメロディーを
非難することもできないだろう。彼らは彼らだ。
それを指摘する方がナンセンスだよ。

練習したくないならしなくていいし、別の方法論を試す気がないなら
それでもいいさ。
けれど、君は「ウケない自分」に胸を張れてないじゃないか。
言い訳と遠吠えにしか聞こえないよ。


231 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 12:45
>>229
ピカソも若い頃はまともな絵を書いていた、
っていう話か。
もちろんその通りだろうね。
山下洋輔はそんなに数を聞いてないのでなんとも言えないけど、
確かに「技術」は必要だと思うんだよ。

じゃあ小説に戻して、小説の「技術」ってなに?
比喩表現の巧みさ? 構成のよさ? 文章の綺麗さ?

・シリアスもので
・現代を舞台とし、
・三人称で人物を動かし、
・しっかりと起承転結を作る。
・枚数は30枚程度
ってなあ・・
現代を舞台、って言ったって、現代のこれだけ広いどこを舞台にすればいいんだか。
短編な時点で限定された空間と時間にする必要があるだろうし、
別に現代性を盛り込む余地なんてなくないか?
小道具で携帯を出す、とかそんなノリか?
古典的な人間ドラマを描くなら別に舞台が現代である必要はないし、
それは「現代」に生きる読者が自分を重ねあわせやすい、ってことだけだろ。
「だけ」って言ったらあかんのか。そういうサービス精神も盛り込んだ方がいいのかな。
それとも現代において初めて登場した行動体系自体をテーマに盛り込めばいいのかな?

「書き手」が出来るだけ多くの手法に通じていた方がいいと思うのは事実。

232 :あんこく7:03/05/28 12:50
>>227
本人? だとしたら、自覚ないのかな?

>最後の段落にも言えるけど、俺は「バカ」を評価してるよ。
>見てて面白いからね。もっとやってくれ、と言いたいよ。

はたからヲチしてると、見てて面白いのも、もっとやってくれと言いたいのも
小学生そのものなんだが。w

いじられてることに気が付いてないのか?
本人も意識してやってるのかと思ってたが、
誉められてその気になった、みたいなの読んでると
どうも不安になってくる。

233 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 12:58
>>232
半々だよね。自覚と無自覚と。
書き込みが感情そのままってわけでもないし、
本音を書いているわけでもなし。
影響とかを計算してカキコの内容を決めてるときもあるし。
ヲチしてるとは言うけど逆に俺からも見てるわけだからお互い様だろ。

234 :あんこく7:03/05/28 13:07
「書けなくなった」って言うのはおれの言葉ではなくて
小学生自身の言葉だろ。

こっちから見たら、最近のはつまらんのばっかだなぁと。

虎の穴の頃に、
なんか下手だが面白くなるかなこの発想、とか言うのを書くガキがいたので
ちょっといじって遊んでたんだよ。
でしばらく板を離れててまた覗きはじめたら
一人はいなくなってて、一人は狼少年みたくなってた。

冗談でもほめたのが失敗だったかなあと、今さら思うね。

235 :あんこく7:03/05/28 13:14
あ、もちろん、おれをヲチするのは楽しかろうね。

逆に、最近の君はヲチしててもう猫とかわらんな、と。
そんな痛々しさやらなにやらを感じたので
ちょっと落ち着けば? と言いたかった。

落ち着くもなにも、これが君の常態だとしたら
つまらないし、そろそろヲチもやめにしようかな。

236 :名無し物書き@推敲中?:03/05/28 13:22
>>235
やめれやめれ。
正直鬱陶しかったんだよな、当時から、褒めみたいなのは。
ダメな部分は分かってるし商業レベルでもねえのに
持ち上げる奴がいて、「頭おかしいのかな?」ぐらいには思ってたよ。
けど、まあ、かわいそうな人もいるのかな、と思って、
俺からは「ありがとう」とか「嬉しいです」とかそんなことしか書いてなかったけど。

別に楽しくはないけどすぐ感情的になるので面白い。
「常態」は日常生活でしょ。ヲチなんかされてちゃ溜まらんし。
偉そうに上から批評して悦に入ってる馬鹿が一人消えるだけなんだから。
俺にはそっちのほうが全然ありがたい。

237 :あんこく7:03/05/28 13:35
おれはそんなにほめてなかったよ。
つか、そういやおれ、感想とかでほめたことないかも。

妙にほめまくってるやつがいてキモイ!っておれも思ったな、そういや。
あれも、おれみたいに遊んでるやつだったのか、
それとも本気でそう思ってるやつだったのかは今となってはわからんね。

しかし偉そうに上から批評して悦に入ってる、には笑ったよ。
「偉そうに上から」「リサーチ」したりしてる気分の君にとっては
目の上のたんこぶだったんだろうね。
なんだかんだ理屈を言いたいけど、それを形にできなかったり、
逆に理屈でねじ伏せられたりするのは
先が見えちまった気分のせいでなにごともまともにやり通せない君には
やりきれなかったろうから。

批評スレも、実質こないだのでもう終わりだろうし、
君や君の作品が揶揄されることはあっても、
真剣に語られることは、しばらくもうなくなるのだろう。

ほいじゃ、また。

238 :名無し物書き@推敲中?:03/05/29 01:00
>>237
別に俺はリサーチしたりやしてないよ。
そのときそのときで書きたいものを書いてるだけなんだから。
揶揄される、ねえ。まあ、いいけど。
昔書いたもののリサイクルをしに来ただけだから。

>先が見えちまった気分のせいでなにごともまともにやり通せない君には
というか、まだ途中なんだよ。
俺にはあと四年近くの猶予があるんだからそれの素材を探してるだけ。
まだやり通せてない、ってより、途上なんだから。
こないだの投稿だって、「あれがどう見られるのか?」を見るためのものだったし、
結果は得られたんだから別に俺には失敗でもないんだわ。
ある一部の部分だけ特化させて練習しまくって、後は断片を物語らしくまとめただけであって、
あれを書いた時点でまあ、目的の半分は終わったわけだよねえ。

239 :名無し物書き@推敲中?:03/05/29 01:10
>>230
いや、ナンセンスだろ。別にウケないことは事実だし、
そんなもんは受け入れていくに決まってんだろうが、
「メロディが綺麗じゃないと音楽じゃない」とか説教した挙句
「綺麗なメロディを書け」とか言ってくる連中に関しては
自分の価値観しか見えてない馬鹿のように見えるが。
「プロになりたいなら〜」とか「出版状況では〜」と枕詞をつけて言ってくる連中も同じだよ。

>別の方法論を試す気がないなら
というか、今現在が試している最中なんだよ。
実りは少ないが、この混沌とした試作の連続からしか何かは生まれてこない気がする。

>けれど、君は「ウケない自分」に胸を張れてないじゃないか。
別にウケてたときも胸張れてないからねえ。
別に俺がダラダラ適当になんか書いて好き勝手言っててもあんま気にする必要なくないか?
「板での評価」とか「地位」とか「評判」とか自分から放棄してんだから。
また持ち上げられて面倒なことに関わらせられても厄介だし。

240 :名無し物書き@推敲中?:03/05/29 03:03
>238
価値観云々、結果云々、反応云々、そういう読者の細かいことは、書くのにはあんまり
関係ないよ。読者のほざいてる理屈なんて後付けなんだから、そこに目を奪われ過ぎても
仕方ない。参考にはなるかも知れない。しかし、読者の簡素が山のようにあっても、
そこから作品は生まれない。まして、過去の作品を徹底的に批評してもらっても、
そこから創作のための素材や取っ掛かりが出てくるとは思えない。

読者に文句を言う暇があったら、渾身の作品を一本書いて読者に一撃食らわせるほうが、
よっぽど効果的だし、面白いはず。読者の反応は、あくまで参考。簡素は何十人という
読者が、一つの作品から多様なものを書ける。しかし、作品を書くのは作者一人しかいない。

読者の反応から何かを得られるのでは、と思う気持ちは分からなくもないけど、
読者は結局読者に過ぎない。作者との間には深い溝がある。
最終的には、作者は何言われても黙って書いて、結果を出すしかないと思うよ。

241 :名無し物書き@推敲中?:03/05/29 07:34
青臭いというかイカ臭いスレだな。
しかも言ってることは全部自己防衛でしかない。
若いうちから言い訳ばっかしてんなよ。ロクな大人にならねーぞ。
正直おまえの作品はつまらないし、勘違いした頭のイカレタ奴が
マンセーしてるだけだってことはもう分かってんだろ?



242 :名無し物書き@推敲中?:03/05/29 13:21
しっかしよくわかんねえことをゴチャゴチャ言ってるガキだな。
読者(評者)のウケなんか関係ねえ、渾身の力を込めて自分の書きたいことを
書きたいんだ、板での評価も関係ねえ、とかなんとか言ってるが、
だったらカフカみたいにまったく発表することを前提にせず、
こんな2ちゃんなんかに出入りもせず、家でシコシコ書いてりゃいいだろうよ。

ようするに、「どうだ、おれの作品、すごいだろ」と
見せつけたいだけだろう。ところがやたら評価が低いし、その前に
読んでももらえない。だから自分で再投稿して、スレでURL貼ったり
してんだろう。それでもなおかつ注目もされない。

もう少しこうやったらいいんじゃないの?
という声に耳も傾けず、上手くなりたいんだったら、不得意なことも
練習した方がいいんじゃないの?
と言っても、そんな必要はないという。

なんかさ、素直になれよ。自分が言ってること、矛盾だらけだろう。




243 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 19:26
小はこんな下のほうでグスグスやってたのか。age

244 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 21:32
>>243
グズグズは毎度おなじみの現象でありまして、
正直、作品よりもここで楽しそうに愚痴っているところをみるほうが
読んでいて楽しかったりするわけでありまして、
大人から末っ子として扱われたいのが本音ではなかったのかと
今になっては思うのでありまして、
ただそのへんが本人の数限りないミエミエの見栄の発言によって
素直じゃないとかなんだとかの評価を受けているのが
痛々しいのでありましてね。
要は寂しいんですわ、彼は。あと、信じられないほど正直モノ。
そんじゃ、こんなところで弄られても仕方が無い。
スカートめくりを楽しむ人は一人じゃなかったってこった。

つーか周りの連中も意地になって苛めるなよw いい年して大人気ない。。。。

245 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 21:51
くんくんくん。
こ、これは・・・!

246 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 22:34
「書きたいものを書きたいように書く。人の意見なんて聞く耳をもたない」

なら、なんで投稿すんだあ???

その時点で読む気にもならない。つーか、読まなくてもいいんだろ?

お前は書きたいものを書けりゃそれでいいんだろうから。

アフォかと。


247 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 22:38
予想通り、女に振られてからぐちゃぐちゃ
ねちゃねちゃ

248 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 22:45
「明日への再会」は確かにいいよ。ああいう突き抜けた意志が感じられる
ようなのはいい。
小の作品の欠点として、妙な気取りが入ってるのは駄目だよ。
「宇宙飛行士の冒険」とかはなんかそのへんが感じられて面白く読めなかった。
SFを意識して一生懸命書いてたってのはわかるけど。

んー後なあ、映画好きのあんたならわかると思うんだが、PINK FLOYDの
「THE WALL」(アラン・パーカー監督)のラストに見られるような、
壁の破壊の後に子供達がレンガ運びをやってるような、なんともいえない雰囲気を
描けるようになったらもっと成長したって言えるんだけどな。
観てなかったら一度観るといいよ。あれ、もう20年くらい前の作品だけど、
全く色褪せてないから。たしかビデオとかで出てると思う。

破壊ばっか基準に置いて書いてるから、続きが見えてこないんだよ。
んで、続きのない小説には余韻が乏しいんだ。

249 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 22:51
「明日への再会」
つまんなくて途中で放り投げた。半分くらいまで「俺」がどういう状況に
いるのかさっぱりわからない。簡素も書く気ない。
お前も聞く気ないんだし。

250 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 22:58
小のは、雰囲気小説なんだな。えらい計算してる割に、計算そのものより
雰囲気を重視してるような気がする。妙な話だが、ある意味女性的。
音楽と自分の脳味噌の波動を合致して楽しんだ覚えのない人には
あれは面白くないと思う。
上にガムラン(青銅音曲)を取り上げてきた時点で、少なくとも音楽に
関するセンスは小はかなりあると思ったが、あとはそれを知らないであろう
一般の人々に、言葉で言い表すのは非常に難しい感覚をどう伝えるかが
問題じゃないかと思う。
そんなわけで着眼点はかなりいいんだが、今はそれに共感できる人が少なすぎる。
万人向けである小説としては、まだもちっと食わせ方の研究が必要ってこったな。

251 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:03
てめえの言うことなんざ、聞く耳持ってないんで。

252 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:05
猫はうざい。

253 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:06
>>250
ぐちゃぐちゃ言ってんじゃねえよ。

254 :あんこく7:03/05/31 23:06
猫はうざい。

255 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:08
猫様と言え。
猫様はうぞい。

256 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:18
あんこく7て、どこのアニメキャラでつか?

257 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:23
アニメキャラだったのか。>あんこく7
というかもう騙りが出たのか、人気者だな、彼。

258 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:29
>>247
振られたんじゃないんだけどな。
まあ、若者らしく、気持ちに揺れがあったんじゃないかと。

259 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:31
ふられたのはしっぽだろ

260 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:33
振られたんじゃないんだけどな。 ←断定してるのに
まあ、若者らしく、気持ちに揺れがあったんじゃないかと。 ←想像してる

261 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:34
つらかったんだよ、しっぽだって女だし。
























自称

262 :さっちゃん:03/05/31 23:39
私は、作品作って、最高の作品だと思った作品をいろんな人間(読んだ人間のほとんど)
に否定されたいと思うけど、これは1回でいいかな。
1回じゃなくてもいいかな。
なかなかおこらんだろうなぁ。
とても好きだったり、冷静に考えて最高の作品だと思った自分の作品をいろんな人間(読んだ人間のほとんど)
が否定するってなかなかおこらないんじゃないかな。
普通はよいと言ってくれる人間が結構でてくるもんだと思うけど。


263 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:42
>>262

あ、そりゃダメだからだろ。なに理屈言ってんの?

264 :さっちゃん:03/05/31 23:47
>>263
極端だけど、糞をそのまま料理としてだして、それを1000人の人間に
試食してもらって、1000人全員が「うまい!」と言う所をみてみたい。
その人たちのみになって考えてみても、理解できないんじゃないかな。
不思議だと思うよ。
上に書いた例は極端でまずおこらないだろうけど。

265 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:48
電波はmjにメールでもしてろよ

266 :名無し物書き@推敲中?:03/05/31 23:50
豆腐やはいくつコテ持ってるんだ?
いい加減うざいよ

267 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:04
みんな喧嘩イクナイ。

268 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:04
>>262
「宇宙飛行士」もそうだが、
俺が何かの「達成」だと思ってたものに限って
評価が低かった気がする。
だけど、その「達成」ってのは、
猜疑心とか倦怠感とかからの脱出を成し遂げたって意味であって、
本人が思ってるよりも読み手にとっては価値がないんだろうね。

それでも書いておかなきゃならないものってのがあるわけで。
いつだって大事なのは次なんだよ。
次に来るものへの期待がなければあんなもんを出したりはしない。
スランプの打破、を宣言する作品ではあると思う。
何か一つ突破したような気がする。

269 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:07
>>268
じゃあさ、お姫様は例の評価低かった「暗黒の世界」は
その達成だと思ってたものに入るって思ってるのかな?

それは個人的な、んー、上手くいえないけど、
外に発表すべきものでない、自分のためだけの作品だと思うよ。
まだそれと外界向けの作品との区別がついてないから
小学生作品はややこしい立場に立たされるんだろうね。

270 :決定項:03/06/01 00:10
ガチンコ批評次回作品

アリ収録「明日への再開」
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20030531000003
6/1 21:00より開始。
ご参集よろしく。

271 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:10
うぜーよ、小学生

272 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:11
>>248
当然見てる。
あの気が狂った世界は一度見たときはハマったんだが、
見直してたら観念的過ぎて少し一度目より面白みを感じなかった。

俺は破壊に基準を置いてる、って見えるのかもしれないけど、
皆が言うほど、俺は破壊を念頭に置いてはいないんだよ。
というより、何を書いてるのかわからない状態で書き続けているから。

>>250
最近、プロットの立て方を学んだよ。
自分自身でも仰られる事は割かし自覚しているわけで、
時々暴走したように難解なものを難解なまま放り出したくなる。
「暗黒」、というより、今は「schizm」と呼びたいんだが、
あれも俺は誰か一人ぐらい分かる人がいるんじゃないかと藁にも縋る思いだった。
結果として、一人、いたんだよな。
あのこと自体で書き手としては書き続けていること自体が報われた気がする。
あれはね、嬉しかったね。正直。

273 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:18
>>269
だってよ、書いたものって人がどう評価するか分からないわけだぜ?
特にあれなんて、「新しいことをやってみたい」って衝動に動かされて書いたわけで、
作者自身にとっても評価なんて予測がつかないし、
それを俺に求めるのは酷だろ。

あとな、俺が意見を聞く耳を持たないって言ってる奴、
俺がいつそんなことを言った?
自作に付いた感想は全て目を通しているし、何度か読み返しているし、
次を考えるための糧にもなっている。
「意見を聞く耳」じゃなく、受け入れるか受け入れないかの選択肢を俺から奪おうとしてるなら、
お前は何様なんだよ。
俺は俺の方法論があり、受け入れられる意見と受け入れられない意見がある。
上に書いてある「練習しろ」もそれ自体は受け入れた上で、
それをやることに対する俺なりの反論を書いただけだろ。
今すぐやれといわれるなら断るが、次に何をするかの選択肢の中には取り入れてる。

274 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:23
>>272
学者的なんだと思うよ、君の考え方って、なんだかね。
人に教えるとか、興味あんまりないと思うけどさ。
教授について、学校に残るとか考えないの?
商業小説をあれやこれや模索するより、小説をもとにして論文とか書いてたほうが
似合ってる気がする。
商業で云々、金儲けして云々、というには、君は我が強すぎる気がする。
こんなとこで就職話してもいい迷惑だと思うんで、気に入らなかったらスルーしてくれ。

275 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:24
 






……ここは求人くんと猫くんが愛を語らうスレでつか?



276 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:24

ほんと、痛いやっちゃな。。。

277 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:27

>>240発言ね

読者は結局読者に過ぎない。作者との間には深い溝がある。
最終的には、作者は何言われても黙って書いて、結果を出すしかないと思うよ。




278 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:27
結局自分で告知しやがった。
あしたの21:00。
どれだけ集まるか楽しみだな。

279 :直リン:03/06/01 00:28
http://homepage.mac.com/yuuka20/

280 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:29
これ。

別にウケてたときも胸張れてないからねえ。
別に俺がダラダラ適当になんか書いて好き勝手言っててもあんま気にする必要なくないか?
「板での評価」とか「地位」とか「評判」とか自分から放棄してんだから。
また持ち上げられて面倒なことに関わらせられても厄介だし。

……クソガキが。。。



281 :248:03/06/01 00:29
>>272
「THE WALL」観てたか。何より何より。

んー、何を書いているのかわからない方法で書き続けているのであるってことは、
己が出てる、ってことではあるわな。
小の作品は随分正直で、「ここまで普通はかかねえよ」ってとこまで表現するだろ?
そのコントロールがあんまり上手じゃないんだよな。
ごはんで誰かが言ってたけど、「文章力が表現力に結びついてない」ってのも
その一端だと思う。

282 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:29
>>278
せいぜいふたりだろ。
ひとりはしっぽで、もうひとりは本人

283 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:30
小学生って、まわりの評価とはまったく関係無しなの?
ただの興味程度で?
過剰に反応してたラリーやロマよりは好ましいじゃん。

284 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:30
「板での評価」「地位」「評判」
一番気にしてるな、こいつ。

285 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:31
>>284
うすうす自覚あるんだろ、本人もきっと。
だから、ラリーと自分が似てるとかわけわからんこと言い出した

286 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:32
>>283
だったら批評スレに取り上げてくれい、なんて言うか?
少なくともラリーやロマは言わなかったぞ。
このクソガキみたいにな。

287 :250:03/06/01 00:33
>>272
その思考はプロ作家向きじゃないな。
明日批評スレでやるらしいが、プロ作家志望の人には
参考程度にしかならないだろうね。
まあ、いいんじゃないの?プロレベルだのなんだのに拘る批評は
はっきりいってもう不要だよ。

288 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:33
てか、完全に孤立してるね。
ちょっと前までは大袈裟に持ち上げて、
ラリーなんかとても小の足元にも及ばないって言ってたのにね。
小学生本人はともかく、あの信者たちはどこいったんだ?
なあ、虎マンセーのみなさんよw

289 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:34
>>287
本人が自作の批評やるんだよ。 誰も引き受け手がいないから。

290 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:35
ラリー、鼻高々

291 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:35
>>287
参考になりゃ充分じゃないの?
てか、それ以上の何を求めるつもりだよ。
依頼心が強いなあ。

292 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:36
遅い横レス
>>235
ヲチもなにも、彼のは地ですw
毎度のことなので仕方ないんではと思ってみたり。

293 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:37
猫かよ






















へろに謝罪汁!!!

294 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:37
>>288
小、自演はいいから。

295 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:39
明日は猫に褒めてもらえや。>小

296 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:40
>>274
教える仕事は今現在携わってる。少しだけどね。
分かりやすいように説明するのは骨が折れるけど、
理解したときに見せるあの顔を見たらやってよかったと思うんだよな。
教師自体は好きじゃなかったけど、「知」の世界自体は好きだったからねえ。
好奇心を満たしてくれる、とでも言うか。

教授は何度か直接話してみて、「なんで教授になったんですか?」とか聞いたり
色々すると「消去法でなった」とか「朝のラッシュが嫌だから」とか、
そんな感じで、いいなあとは思う。だけど積極的になりたいとは思わない。

金儲けは、差し迫ったらそのときに考えるだろうから、
今は考えないようにしてる。
キューブリックみたいになりたいなぁ…とか、そんな漠然としたもので。
金があれば出来ることをしたいから金が欲しいな。

297 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:41
で、その猫がいない可能性もあるわけですが皆様。

298 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:41
アリに簡素ひとつ入ったぞ。

「余計なお世話だ」って言ってきな。

299 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:43
ステハン名乗れってば、礼儀として。
少なくともわかりづらいぞ。
お前、批評の土俵に乗るんだぞ。
七誌のゴンベーやめれや。

300 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:45
往生際わるいぞ、猫 >297

301 :274:03/06/01 00:47
>>296
まさかレスが入るとは思わなかったw
学びたいものがしっかりあって、もっと研究したいとか探求したいとか
いう欲がある人が、基本、学者になる。
もっとも、教授職なんて椅子取りゲームなんで、ある程度サラリーマン的な
要領は身に付けとかなきゃいかんのだが。
研究者→講師→助教授→教授(だっけ)の出世は、今後の少子化も相まって
かなり激しい闘いになることが予想される。日本じゃ教授職に就けないからと
海外に逃げる人も多い。んで、そういう人に限って優秀だったりもするんだけどねw

302 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:49
もう放置だろ。
これだけ自己宣伝して名乗らない自意識過剰。
あしたは誰に批評してもえらうのかな。 猫以外。


303 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:49
>>300
そうじゃなくって批評スレ欠席かもよってこと。
ヲチャーのニヤニヤしたロムのなか、踊ってられるかよ。

304 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:51
>303
そういうことじゃない。
へろ追い出した責任とれ。
猫がへろのかわりに批評しろ。

305 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:52
>>283
それなりには反応するけどね。
褒められたら喜んだりとか、
あまり受けなかったら腹立てたりとか、ヘコんだりとか。

貶すことについてはあまり気にしてないというのが本当のこと。
全員に受けるとは書いている本人も思ってないから。
出来ればわかってくれて、この面白みが伝わっていれば、と願って書くけど、
伝わっていないようなので、残念だ、としか思わない。
むしろ反省材料でもあるけどね。

>>288
信者というか、好意的な簡素をくれた人はいたけどね。
何か通じるものがあったのか、俺の書くものを好きになってくれた人もいるみたいで、
そういう人には、なにか友情みたいなもんは感じるけどねえ。
何か、言わなくても分かってることが通じ合ってる気分で。

306 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:53

あははは、自己矛盾。

307 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:54
弄られてたってまだ気づいてないんだな。

308 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:55

ヤダヤダ、クソガキには付き合ってらんねえや。。。

309 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:55
要するに褒めてもらいたいだけなのです

310 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:57
音楽話を少し戻してきて悪いが、
そういえば小は、芸能山城組とか聴かないの?
「AKIRA」とか、強烈だと思うんだけど。

311 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:57
読者ほどいいかげんなものはない。しかし、いいかげんであるという
ことを正しく理解しておかねばならない。

=ジョン・アーヴィング

312 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 00:58
>>305
あんたが気にいった他人の作品って何?
虎でもマタリでもアリでも。

313 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:00
クソガキっつうかね、もうコテそのものなのよ、彼の行動が。
ふつう。自分の行ってる大学の学科までばらすか?
狛江駅前交番に世話になってた誰かさんと同じくらいパンツ脱げてるのよ。

そんなわけで批評スレの話はネタということで宜しいか>皆様

314 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:01
>>307
その辺は簡素を見ればある程度察しは付くわけで、
推測ながらも、その簡素者がどんな気分を味わって、
どういう気分で簡素書いてたのか、とか分かるじゃん。

>>301
学びたいものが広範に過ぎて収拾が付かない気がする。
「宇宙がいつ出来たのか?」とか「生命は何故生まれたのか?」とか、
「生命の最終目標は何か?」とか、その問いかけ自体に対する問いかけを繰り返してたら、
もう物理から宗教行って心理学とか、芸術(?)とか、色々なとこまで行くんだよねえ。
つまりは俺がやりたいのはこの「生」の探求なわけで、
ここに存在してる俺自身と、俺の接してる世界そのものとか、他者とか、
そういうのの探求をやりたいわけで、それは学問でもなんでもなくて、
単純にそれが「生」ってことなんだと思う。

315 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:02
そもそも批評に耐えられる作品じゃないからね、すべて。
昔、長い一発芸を褒められたサルみたいなもんさ。
イタすぎ。。。

316 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:05
いいように芸やらされて、アメしゃぶらせられたってわけだ。
かわいそうに。

317 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 01:05
>>314

無粋だが一応言っとくか。
追求する範囲を絞ったほうが身のため。

318 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:06
>>313
やつはそれを作品で表わしたぞ。
つか、mjって狛江なのか? 

319 :274:03/06/01 01:06
>>314
ほー。まあ、こちらはあくまでも「いまんとこ君の小説は商業向きじゃないよ」
と言いたかっただけのことでね。
学びたいものを広げたままにしたいのなら、それはそれでいいんじゃないかな。
まあ君は、いずれ一つにまとめてしまうか、全部捨ててしまうか、
どちらかだと思う。思うが、受験時代の時と現在との感覚を較べてみると、
全部捨てて次に移れるような器用な人間にはとても思えないんだが。
ぶっちゃけ、おっそろしく不器用な子だと思うよ。同世代でもそこまでの奴は
多分、いないんじゃないか?

320 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:07
>>312
どっかで言われてたけど、女性的な感性の作品には弱いですよ。
恥ずかしいので題名は言わないですけど。
どっちかっていうと自分のが観念的で抽象的な世界の方に向いている
(のかどうか今自信がないのだが、「自覚のメカニズム」についてはどっかで書いたので、
他の人からの評価を求む)から補償作用で、皮膚感覚みたいな世界に惹かれるんでないかと。
つまりは日常的で、肌で世界を感じているような、そんな作品が好きかな。
ネット投稿の世界で言えばね。
あとはアリにあるエッセイとか。

>>310
多分、俺はあなたに思われてるほど音楽に詳しくないよ。
その方は知らないんですよねえ・・ 山城シンゴなら知ってるけど。
アニメの「AKIRA」なら知ってるねえ。スマソ。
機会があれば聴いてみます。

321 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:08
結論:

 小学生はまずはリアルでの彼女づくりに専念しろ
 批評の話はその後だ。

 

322 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:08
>>314
その前に勉強することがあんだろうが→国語

323 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:10
だ か ら お ま い ら 
明 日 の 批 評 は ネ タ で い い で す か と 

さ っ き か ら 聞 い て お る ん じ ゃ (怒)


324 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:10
>>323
聞くまでもない

325 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:11
>>323
だからネタで、猫と小学生が夫婦漫才やるんだろ?
楽しみにしてるよ

326 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:11

>>320
ナルシストなのか馬鹿なのか判らんな。
女性的って感性? 
あほか、具体的に言えよ。
少しは手がかり掴む努力して損した。
おやすみ、おこちゃま。

327 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:12
>>323
つうか、俺、テレビ見るから。時間もったいないんで。

328 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:12
>>314
はげどう
>「宇宙がいつ出来たのか?」とか「生命は何故生まれたのか?」とか、
>「生命の最終目標は何か?」
ワラタ


329 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:12
つーかさ、小がさっさとしっぽのツバメになれば済む話だよな

330 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:13
しっぽにつばめ養う経済力があるのかって問題もあるな

331 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:14
つばめの巣は希少品だぞ!!

332 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:16
>>317
「知の快感」を感じるからねえ。
実際に役に立つかどうかはともかく、
俺の人生には役に立っている(?)と思うよ。
すごいことを知ったときの喜びは他に変えようがないもの。
ある程度は絞られていると思うよ。文学部な時点で。

>>319
「商業云々」はもうしばらくしたら考える。
まだ早い気がする。勘でしかないのだが。

333 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:16
虎時代にいじくりまわされたガキが、小説の地力もないのに
エラそなこと言って、今じゃ誰にも相手にされない。
こりゃ悲惨すぎるよな。別名、自業自得。

334 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:21
>>332
おまえは一体いつ戻って来たんだ?
あっちゅう間に戻って来てただろ

335 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:21
まあ明日の批評はないっつうことで。
単純に小は、誰かとこうして話してたいだけなのねん。

本当、んーなとこで遊んでないで、彼女作りなさいよw
特定の女もいず何十年もふらふらしてると、男は格が下がるからね。

336 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:22
>>328
分かりやすく言っただけだろ。
あんまり専門的なことを例に出してどうするんだよ。
専門的な用語使えば「読む人を意識してください」と言われるわ、
単純な例を出せばそれを笑いものにするわで、
どうすれっちゅうのよ。

337 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:22
女の場合は、格どころの騒ぎではないが。w

338 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:24
小の日本語の下手さかげんはロムヤンと双璧だな。。w
何言ってるのかさっぱり解らん

339 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:25
>>336
あおりなんだから、あおりなんだから・・・
酒入ってるだろ、あんたは。

340 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 01:26
>>332

いや知の快感は別にいい。
実際知らないことを知るのは楽しいんだよ。

だけど
>「宇宙がいつ出来たのか?」とか「生命は何故生まれたのか?」とか、
>「生命の最終目標は何か?」とか、

ここがまずい。

その問いかけ自体に対する問いかけを繰り返す、ってのがとくにまずい。

あれだろ?

「我々はなぜ生まれたのか?いやそもそも生まれるとはどういうことだろう?
あるいはなぜ人はこのような問いを繰り返さずにはいられないのか?」

とかこんなのだろ。ヤバイよ絶対ヤバイって。
クエスチョンだけが増えていく問いは不毛なだけだ。

341 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:29
無限に悩むことが夜のおかずになるお年頃なのでつ

342 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:29
>>340
そのことは「暗黒」で書いたな。引用してこよ。

>自分が誰だか分からなくなる感覚。分析に次ぐ分析の果てに、その分析をしている自分自身にまで分析を続け、
分析自体を分析してしまうことによって、合わせ鏡のように永遠のループに嵌まり込んでしまう。
いくら行っても続くような鏡の先は魅力的ではあるが、決して出口のない永久地獄なのだ。

五章の冒頭はそういうことを書いてたつもりなんだけどね。

343 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:30
>>342
結果を検証しないのを分析とは言わない。
それは自慰。

344 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:31
>>329
いや多分本人同士は激しく萎えておると思いますが。
どうよこの組み合わせ。
お前らはスリランカ式激辛カレーとハバネロ入りタコスを同時に食えますか?

345 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:33
つーか、批評はいつ取りやめになったんだよ。
俺はやらないよ、あれ。参加する気はないし、
宣伝もしてないよ。
俺自身から見た自作の批評は散々やってるんだから、
「自覚」出来てない部分を「他者」からの目線で批評して欲しいんだよ。
そのことはどっかで書かなかったっけ?
「人間の自己認識のメカニズム」っての。
他者からの評価と自己評価が正反対になる場合も、
実際人間の場合には多い、ってさ。
というよりも、誰しも自分自身について思い違いをしている部分がある。
異論があるなら自分の顔を誰かにビデオにとって貰って、失望を覚えないかどうか確かめて欲しい。

それと同じことが当然、書いたものにもあるだろうと思って、
俺は協力を求めてる。

346 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:34
げろ付きうんこに比べれば十分食えるな

347 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 01:35
>>342

ああ、それそれ。

>>341が言ってるように
特定の年頃にしかできない思考パターンではあるから
それに対して意見するのも無粋ではあるんだよね。

でもヤバイものはヤバイ。
と一応言うだけは言っておく。

348 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:36
>>343
「要素に分解して考察すること」。これが「分析」。
それを纏め上げて結論を出すこと。これが「総合」。

で、あれは「総合失調症」の話。
俺もその素養はあると思うよ。
「気質」なのかもしれないけど。

349 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:36
>>347
てか、そんだけもの申す気があるなら、明日は参加しろよ。
駄目なものを駄目、ヤヴァイものをヤヴァイというのが批評だろ。

350 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:36
>>344
食い物にたとえるところが中途半端だな。
こうだろ組み合わせるなら。
お前らは猫の糞と鼠の糞を同時に食えますか?

351 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:37
>>349
ひとこと、「ヤヴァイ。」で終了

352 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:39
>>345
でもさあ、それは実際、あの形骸化した批評スレでは無理だってば。
こうしてスレで相手できるのが精一杯なんだよ、皆。
つまりあんたは喋りすぎ。どんどん、いろんなことが脳味噌から
流れ出してしまってるのに気がつかないかな?
その流れをせき止めろって。
溜まっていく無理解への憤りや不満を作品の中に書いて、よく研究しろって。
それが停滞からの脱出だと思うよ、本当に。

まあ、私も人のこと言えないが。もうあんたは寝れ。 


353 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:40
>>352
しっぽはもう名乗らなくなったのか?

354 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:40
>352
と形骸化させた張本人が申しております。

355 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:41
>>352
へろ、自分で追い出しといてよく言うよな

356 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:41
形骸化って、そりゃえり草たちに失礼だろw

357 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:41
15分くらいで終わらしゃいいんでねえの。
とにかく一回はやってやんないと粘着がすげえからな。
やったという形だけは整えとかないと。

358 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:42
キチガイのいうことは気にしないことです。

359 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:42
>>157
15分間、「ヤヴァイ。」祭り。

360 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 01:43
>>349

あの作品の面白さってのは
特定の年代の人間にしか書けない代物だってことに依っている。
それをここに書いた以上の精度でどうこう言ってのける資格は俺にはないよ。

361 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:45
使い道もなく形骸化した膣に宿った怨念の叫び。
……それが猫くん

362 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:46
精度とか確度って問題じゃないだろ。
一つの視点として、どういうものを提示できるか、だろ。
あんたの見方としてを述べればいいでしょ。
そういうのを被批評者も望んでるし、
ギャラリーも望んでる。

363 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:46
>>356
つーか、いい作品を自然議論できた時代を知ってるからね。
言ってしまえば批評スレは国技館なわけだ。
それにのせて議論する作品としては、作者本人の希望もかなり
欲深すぎるし、皆もつきあいづらいだろうに。
もともとモンゴルの草原でああだこうだ言ってたような
作品と作者なんだからさ。。。。

364 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:48
だれか>>363の通訳を頼む。

365 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:49
自作が貶されたからって、スレが形骸化してるとは、これいかに?
それまでは自分も楽しみにロムってたじゃないか>猫

366 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:49
>>362
なら、お前がやってみせろよ。 他人に強要するんじゃなくて。

>>364
精神に障害をもたれた方の書き込みです。通訳不能です。

367 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:49
猫もキチガイ、小学生もキチガイ。
キチガイだらけで楽しい夜だね、皆。

368 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:50
>>364
国技館が出来る前にモンゴルで相撲をやってたってことだろ。
自然議論はいくつも起きているわけだよ。
だけど時期的に重なり合わなかったから国技館でやらなかっただけで。

369 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:50
さらにすごい電波が。。。あぜん>>368

370 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:51
ここに不夜塔がいるとさらに楽しいのだが

371 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:52
>>368
すげえな。
おまい、もしかしてシャルケ?

372 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:52
>>366
いや、オマエには言ってないからw
書けも読めもしない香具師に言うもんかw

373 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:52
まあ、小学生と猫くんはメールででもやりとりしろってことですね。

374 :隊長!:03/06/01 01:52
電波、約3名。

375 :368:03/06/01 01:53
ん?
国技館―批評スレ
相撲――作品

の比喩関係なんじゃないの?
それで最後に比喩の方を使って、
「どうせ小なんか国技館が出来る以前の原始(?)にモンゴル相撲をやってた奴でしょ」
ってことを言いたいんだと思うが。
間違ってたら言ってくれ。

376 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:53
シャルケってどういう香具師なの?

377 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:53
たぶん、電波>>376

378 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:55
>>376
神だよ、神。
誰にもわからないロムヤ大先生の創作意図を
ぴたりと当てた、超超超神だよ。
そりゃあもう、ロムヤ大先生と一心同体かってほどのwww
次もあんな読みができるかどうかは疑問だけどなwww
さて、明日はロムヤ大先生にも注目しておくか。
特に書き込みの時刻にな。

379 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:57
>>375
んー、その通りだよ。
も少し言うならば、純朴なモンゴル相撲からのし上がってきた
小からの視点と考えての国技館という感覚が加味される。


380 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:57
>>378
てか、普通に読める香具師なんだろ。
ロムヤ冤罪は潔白が証明されたんだろ?
じゃあたんに読める香具師だってことだ。
つまらん言いがかりはやめとけ。

381 :1:03/06/01 01:58
スレタイ、電波・妄想スレにしとくべきだったな。w

382 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:59
あ、ごめん363=379ってことで。

383 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:59
>mj
下手に庇うな、だまっとけ。余計ロムヤを追い込むことになるぞ。

384 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 01:59
>>380
「普通に」は読めんよ。
特別に読める香具師。

385 :368:03/06/01 01:59
>>371
いや、ちょうどその話の中でモンゴル相撲してることになってる人ですな。
俺の解釈が正しいのかどうかは本人が来てないので分からないけど、
あの書き込みを見て分からなかったからって「電波」とか「キチガイ」ってのは
違うんじゃないか・・?
綺麗な比喩関係で、ラストにさりげなく悪口を入れたいい文章だと思うけど。

つーか「国技館」っつったら「相撲」だし、それを批評スレに喩えてるんだったら
「作品と批評」は相撲でしょ。
それで「モンゴル」ときたら「相撲」しかありえないだろ。

解釈、終わり。

386 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:00
いつロムヤの潔白が証明されたんだ?
限りなく灰色のまま、疑いばかりが募っていたが?
あれからシャルケは来ないしなw

>>381
てか、オマエは1じゃないでしょ。立てたの俺だし。

387 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:00
>>385
だからなんで相撲の比喩が必要なんだよ、そこで。
たとえてる意味はなんだよ?
そこを電波って言ってるんだろ、わかんないのかマジで?

388 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 02:01
最近の小の奴は、一定のルールに従って批評するとなると物凄くつらい作品。

主人公の意識が流れる方向を軽い気分で批判したりすると
それがすべて作者への直接攻撃になりうる。
でもどうせ作者が望んでるのはそっち方面への分析だろうしな……

それで傷つかれるのもヤバイが
一番ヤバイのは
「あんた達の言ってたような反応は
全部俺の予想範囲だったよ。もっと凄いこと言ってくれると思ったのに」
ていう態度をとられる可能性が高いということ。

389 :368:03/06/01 02:01
あ、あってた。良かった。
これで「精神異常」とか「電波」とか言ってるような奴らが
大馬鹿だと判明したな。
何が国語を磨けだ、アホが。
お前が少しは読解力つけろ、コノ。

390 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:01
>>386
騙ってみますた。w

391 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:01
>>381
なんだ>>1はmjかよ。
おまえはどうしてこんなにスレ立てがヘタかな。
半端に関連スレタイ書かないで、リンクコピペくらいするの。

392 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:01
>>389
>>387

393 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:02
煽るみたいで悪いんだけどさ、結局どうなったのよ?
シャルケ疑惑はよ。
ロムヤとは友達で、あらかじめメールで
意図が知らされてたとかだよな。
とにかく、ロムヤとシャルケは追放だよな、皆の衆?

394 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:03
>>389
おまい、イタすぎるよ。
ほんとに。

395 :368:03/06/01 02:04
>>387
比喩の選択は比喩関係が正確であれば
基本的に何を採用しようと構わないはずだが。
>>379がわざわざ説明してくれてんじゃねえか。
普通は比喩の意味を説明するなんて無粋な真似はしないのに。

396 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:04
>>393
批評スレの俎上にものったことだし、思い残すことももうないだろう。
あとはどうせ馴れ合い目的なんだから裏板で十分だろうし

397 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:04
やたらと絡んでる香具師がいるなあ。
読みに失敗したジャンボかえり草が荒らしてるのか?

398 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:05
出来過ぎた偶然はすべて仕組まれたものと考えるのが定説

399 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:05
>>397
あれは読めないって、普通には。
神がかり、もしくは・・・www

400 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:06
おまえら寝なくていいんですか?
もう2時ですよ。

401 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:06
>>395
マジレスしちゃうけど
モンゴルの相撲と、日本の相撲はまったく別のスポーツだよ。
モンゴルから角技界にはいるのは、
いわば若乃花がアメフトに挑戦したようなもの。
だから比喩がなりたってない

402 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:06
>>397
あんなのに失敗もクソもないだろ。
批評のスタンスを考えてみろ。

403 :368:03/06/01 02:06
>>388
大丈夫大丈夫。
きちんと厳粛に(?)受け取るぐらいのTPOはわきまえてる。
わざわざそういうスレで扱ってもらうなら。
むしろ指摘をして欲しいねえ。

404 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:07
>>397
失敗(プ

ほかに誰がそう読んだんだと小一時間(ry
結局、あのスレでも採用には至らない雑談ですまされてたろうに

405 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 02:07
国技館と草原とではルールが違う、ってことじゃないのか?

極端に言えば、草原=ルールに縛られない世界ってことなんだろうが。

作者と作品の戦い、作品と批評者の戦いに格闘の比喩は珍しくはないだろう。
第一ここ「ガチンコ」批評を見まもるスレだし。

406 :379:03/06/01 02:08
>>401
だから、小の作品は批評スレにはアップするには
どーかといいたいのだけどなあ。
角界の常識と大蒙古の国技の常識が
どこまで噛み合うかというと、ねえ。

407 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:08
>>405
見守るスレにしては、語られてる内容はスレちがいだが。w

408 :ロムヤ:03/06/01 02:09
>>404
作者本人が認めてますが、何か?

409 :368:03/06/01 02:09
ってか自作の批評云々は置いておいて、
マジであれが読めないの?
誓って言うが、あれは俺じゃないよ。
見た瞬間に言わんとしていることはわかったが。
細かいディティール云々よりも、その連想のダイナミズムみたいなので
ニヤッとさせられたのだが、お前らには、それが一切ないわけ?

410 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:09
…準備室使ったほうがスレ違いっぽくなくていいと思うのだが。

411 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:09
>>406
小のは批評スレでは誰も扱わないだろ。
いつまで執着するかなあ。

412 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:11
>>409
これで、シャルケ=小学生ということが判明しましたね。
どうりで電波なわけだ。www

413 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:11
>>404
てか、核心をついた読みを
他の批評家はスルーしたってことだろ?
これって、深刻なんじゃ?
今回はたまたま作者の創作意図が明らかにされたが、
いままでだってこういうおかしな読み方はあったのかも。

批評家を批評するスレが必要かもな。

414 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:11
けっきょく釣られてやんの

415 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:12
てか、たまたま偶然に読めたシャルケの正体が
知りたくってしょうがないんだね、みんな。
偶然だよ、偶然。

416 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:13
いきなり鋏が出てきて、母子の絆だなんて……。
小説の傷にしかならんが、それでもいいのか。

417 :368:03/06/01 02:13
>>412
ん?
いや、違うだろ?
単純にこうとしか読めないもの。今のは。
別に俺は鋏の議論に参加してないよ。
今のスレの流れを見るに、
自分が読めないことすら自覚してない奴がうるさいだけなんだと、分かった。

418 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:13
>>413
>今回はたまたま作者の創作意図が明らかにされたが、
どこで? ソースは?

419 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:14
>>413
確かにそれは怖いかも。
もともと嫌がってたロムヤが、
誤読だけで終わらされてたら
堪らなかったろうな。
でも、批評ってのはそういうもんだろ?

420 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:15
>>419
だからソースどこよ?

421 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:15
>>418
今更何言ってんだ?

422 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:16
>>417
釣られているという自覚もないのか。
こりゃ難儀やな。

423 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:16
シャルケの読みが当たったとか
ジャンボが外れたとかは問題じゃないだろ。
批評ってのはつねにその可能性を示しながら
行われるもので、読み手にそれが示されてなければ、
書き手の力量不足ってことだ。

424 :368:03/06/01 02:17
>>419
解釈の違い云々よりも、
ある程度目が超えた人間ならある程度一致する見解ってのがあるんだよ。
「人それぞれ」が出てくるのはその後の段階。
どう見てもこう読むしかないのに別の解釈をする、ってのはただの誤読。
「読者」には「誤読の自由」はあるけど、
馬鹿にされるのも忘れないでね。

425 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:17
>>421
今更でもなんでもいいからソース示せよ

426 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:17
>>420
もしかして、ロムヤ=シャルケ疑惑を知らないでレスしてたのか?
おまえ、どっちの立場で物言ってたんだ?


427 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 02:17
>>413

俺を含めて他の奴らもだいたいシャルケと同じ読みをしてたと思うが。
ただ言わなかっただけで。

428 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:19
てか、読める奴は一応母娘の絆の線も考えるだろ。
それはシャルケやえり草だけじゃないと思うが。

429 :368:03/06/01 02:19
違った。424は間違い。
「批評者」は「誤読」はすべきではない、と思うんだよなあ。
少なくとも文章になってる部分に関しては。
文章の意味自体を間違って読む、ってのはあってはならないだろ?

俺のときにそうしろ、って言うのじゃなくて、一般論ね。
作者が絡むとまたややこしいことになるけど。

430 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:20
>>427
本スレは真逆の流れ、
娘=性悪女みたいになってなかった?
クラムはそう読んでたけどな。

431 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:21
>>426
>>418が質問なんだよ。ごめん。
どこでロムヤが意図をあかしたの? ロムヤ=シャルケってこと?

432 :晒しage:03/06/01 02:21
387 :名無し物書き@推敲中? :03/06/01 02:00
>>385
だからなんで相撲の比喩が必要なんだよ、そこで。
たとえてる意味はなんだよ?
そこを電波って言ってるんだろ、わかんないのかマジで?


433 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:21
それはシャルケだろ>>430

434 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:22
キチガイが荒しに変貌しましたね。今日はやりすぎでしょう。

435 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:22
>>428
だから普通はそこまで考えて読まないつーの。
>読み手にそれが示されてなければ、書き手の力量不足ってことだ。
ここポイント。おれも同意。

436 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:22
>>431
クラムが>>430の読みを示したのに対して、
実は母と娘の絆を書きたかったとロムヤが告白したんだよ。
んで、そんなの誰も読めねーって言ってるのに、
シャルケだけは本スレで読んでたから、これはおかしい、
ロムヤ=シャルケだろうって疑惑があがったのだよ。


437 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 02:24
>>427

性悪というか、ドライだとは思った。 

438 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:24
>>436
そういう展開が別にあったのか。了解。

439 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:24
絆と読むには、無理ありすぎだろ。

440 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:26
>>435
普通じゃないから批評の土俵に上がってるんじゃないのか?
おれが上がれるなら、上がってるよw 絆の可能性に気づいた
えり草や、レスにまでしたシャルケは新参とはいえその資格があるよ。


441 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:27
実際に字面で直接示さなくても、
物事に何かを象徴させるのは
作家なら誰でもやってる、ってのは常識だが。

特に近代日本文学の作家はよくやったよねえ。
映画になるが、エイゼンシュタインの作品なんかもそういう感じでしょ。

442 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:27
>>439-440
絆はそれでも、みんな気づいてんじゃないの?
でもそう読むには粗がありすぎて、
違う読み方の可能性さえある、ってとこを検証してたのかと思うが

443 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:28
>>441
古過ぎ

444 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:28
そんなに騒ぎを大きくするほどのことか?
シャルケってロマだろ? 普通に読むんじゃないの?
>>428に同意だな。


445 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:30
絆に気づかなかった香具師は読めないってことだよ。
もうちょっと勉強しなおすんだな。

446 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:30
>>441
暗喩は古典的な手法だが、そこにはしっかり計算された裏打ちが必要。
それが出来てるか出来てないかというのが「鋏」で取りざたされた問題だろ

447 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 02:31
俺の場合、壊れた鋏の比喩として考えたのは次の3つ。
一 単純に彦野
二 夫婦の絆
三 人間存在の本質的な脆さ

みんなこれぐらいは読んだと思うよ。
三ははっきり言ってギャグの領域だがそれでも言おうと思えば言える。
いや、一人なら言ってたねw

448 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:31
>>442
だよな。ジャンボだって、鋏に重きを置いて、
おそらくは絆についても考えた上で、
だけど作品に傷と荒がありすぎるせいで
直接結びつけた論を書かなかっただけだろうし。
みんな考えるよ。

449 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:32
あの流れで「母と娘の絆」を延々と描いていて、
題名が「鋏」であり、後半に至って娘がそれを持っているわけだから、
「母と娘の絆」の象徴であるのは確かなんだよ。
だけどあの鋏が、何を意味するために「鋏」であるのか分からない。
「現代的な金属性の鋭さ=娘」の象徴なんだろうか。
切れてしまっている、ってことなんだろうかな。
その辺は曖昧で確信がもてないものではあるし、
読者が解釈を楽しんでワイワイあれこれ言い合う部分でもあるだろうね。

450 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:33
マジレスするとおれはなんで鋏が出てきたのかわからなかったよ。
冒頭部で作者に不信感を持ったから、作者の意図なんて考えもしなかった。
物語自体にも破綻が多いし、ものは知らないし、考えるだけの価値があるとは
思わなかった。

451 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:34
>>448-449
それなら、つっこむべきだったろうが?
お前らは絆を読めなかった香具師は力が足りないなんて言ってるが、
本スレでもシャルケの意見はスルーだったろう?
可能性を視野に入れただけで、批評家だって本筋とは
思ってなかったってことじゃないのか? とにかく、
それが本筋なら、もっとちゃんとやって、あのわかりにくい作品を
批評すべきだったんだ。それをいまさら何だよ。

452 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:35
ちょっと落としただけで壊れる
(というか、見た目には問題ないが、使えなくなる)
ってのは完全に母親の象徴なんだろうが。
それならもっと使い方があっただろうなあ・・
娘が母親の顛末を知って、最後に落とした鋏を眺めて
「見た目には壊れてないように見えても、ちょっと歪んだだけで使えなくなるんだわ」(台詞適当)
とか呟けば、効果的な終わりだったと思うんだけどなあ。

453 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:36
結局、前半と後半をつなぐ糸になるのは、母と娘の絆しかあり得ないわけで、
そこをきちんとつながなかったね、というのがあの結論なのでは。

鋏の比喩でいくなら、蝶番はじゃあ具体的に何だといった時に、
聴力障害だけではつながらないだろう、とかさ。

454 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:36
なんで怒ってる奴がいるの?

455 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:37
ロムヤがいるな。www

456 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:37
「母と娘の絆」なんて描いてなかったぞ。
唐突に時代が飛んで娘の視点に切り替わって、なんじゃこりゃってなもん。
母親の兄だか弟の話は不要だろうに。

457 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:38
>>456
みんなそこに「母と娘の絆」を読んだと言ってるのだがw

458 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:38
>456
日本語使いなれてないやつが書いてるんだから、
すこしは大目にみてやれや

459 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:39
>>454
クラムじゃないの?
申し開きができないってくらい、ロムヤに失礼ってくらいに
誤読してたからなあ。

460 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:39
「ケースは棺」って意見、俺はゾクって来たけどね。
基本的にネット小説の場合はそこまで念入りに読まないんだけど、
批評スレで上がってるのを見てから読み直して、
あの意見には頷いたねえ。
ロムヤもあそこは苦心したと思うし、勝負だったと思うよ。

鋏=母親 の線で行きたいんだが、上でも書いたが、
見せ方が効果的じゃないんだよなあ・・

461 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:40
読むとか読まないとか以前に、
あのステロタイプの設定と物語なら、
よっぽどヘソまがりな作者じゃない限り、
「母と娘の絆」を書こうとしてるんだよ。
それが描けているかは別としてさ。

462 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:41
てか、この前は母と娘の絆なんてとても読めないって結論で、
だからロムヤ=シャルケなんて言ってたんだろう?
それが今日は何だよ? ちょっと旗色が悪くなったら、
どいつもこいつも読めてただと? 馬鹿じゃねえの。
潔く無さすぎるよ、お前ら。

463 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:41
>460
それを俗に「酔っ払う」と言ふ

464 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:41
>>461
ジャンボ、いるなら何故名乗んのだ?

465 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:42
>>462
母と娘の絆は、誰でも予想がつくんだよ。
で、あの鋏の解釈はなんだ?って話だろ

466 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 02:44
>>462

だからそのつなげ方が弱い、って本スレでも言ったのに。

467 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:44
これってまさか、汚名返上でロムヤ復権ってことか?

468 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:44
>>463
いや、鋏が母親だってのは分かったけど、
ケースが棺だってのは、一読しただけじゃ気づかなかったよ。
「2001年宇宙の旅」の「冒頭の骨」がモンタージュで
核ミサイル、宇宙船へと繋がって行くのを見れば暗喩は分かるんだが、
最後のボールペンまで繋がっていることには気づかなかったような、そんな感じ。

469 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:47
>>462
読めないように書いちゃってる、というか、
比喩に必要な三つの要素のうち二つは見えるんだよ。
だけどもう一つが見えないというか。
しかもそれがわざと見えなくしてるんじゃなくて、
作者が分かってなくてそうやってるんじゃねえか、っていう。
そういう結論に至ったんじゃなかったっけ?
だから評価が低くなっちゃったし、「そうは読めない」ってことになったんだろ。
俺は参加してないから追っかけて読んだだけだけど。

470 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:48
五歳の娘だぞ。
どの程度生母の記憶があるんだ?
鋏の出てきた時代もわからないし、娘の年齢もわからない。
育ての親との絆はどうなんだよ。
大佐との絆は?

471 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:50
鋏やら安心やらを善意に解釈したのがシャルケで、
ドライに解釈したのがえり草、ロジカルには読むことが
できない、そのまま読めば悪意ある娘だって言ったのがジャンボで、
母が自殺だと言い続けたのがへろ。
それぞれが読みの可能性を示して、役割分担もそれなりにできてるよ。


472 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:52
>>471
ただの電波読みだろ、特にシャルケなんてよ。
あんまり持ち上げない方がいいぜ。

473 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:52
>>470
生母の記憶は、ほとんどないって書いてあるよ。
死んだって電話があったとこで、立ってる姿だけ映像として思い出したとか。

474 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:54
批評家潰し、か?

475 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:56
いや、あいつらはすごいと思うよ。

476 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:56
そもそもあの作品の主人公は誰なんだ?

477 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:57
>>476
漏れ

478 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 02:57
おれは絆とか読めなかったけど、素直に驚いたよ。
シャルケはただの電波だと思ってたし、
えり草が棺なんて言いだしたときはほんとの馬鹿だと思ったけどな。
後者はmjだってたしなめてただろ?

しかし、やっぱ批評をしようって人間はちゃんと読んでるね。
読める香具師とかいう問題じゃなくて、
ちゃんと読もうとして作品と向き合ってるよ。
だから、いろいろと視野に入ってくる。可能性も見える。
すごいと思うよ。

479 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:00
>>478
プロの作品なら裏とか意図とかも考えないこともないけど、
素人の作品、それも傷だらけの作品をまじめに読もうとは
普通は思わんな。

480 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:01
>>479
同意。 批評スレが続きづらいわけだ罠

481 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:02
結論
・作品を提供できたロムヤはそれなりにすごい。
・いろいろな可能性を視野に入れて読んだ批評家はすごい。
・mjはまだ届かない。

482 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:03
結局、主人公はわからずじまいだし。

483 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:05
>>482
それはきっと大佐の家で飼われていたかなりやでしょう

484 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:07
>>482
「主人公」が誰か特定の一人でなくてはいけない、ってのもおかしな考えだよ。
例えば群像劇とかだと主人公はいなくて、状況そのものが主人公なわけだよ。
複数の人間が主人公である場合もあるし、人ではないときだってあるしょ。

関係ないが、「視点人物」と「主人公」の混同も多いよね。
これは実は違うから意識しておいた方がいいよ。

485 :えり草 ◆nICkImaGA2 :03/06/01 03:09
作者の意図を読むだけでは作品に失礼だと思ってる。
作品には作者が意図した以上のことが秘められているからな。

意図しえなかった詰めの甘さが作品の完成度を落とすこともあるし
逆に今まで鍛えてきた見識が無意識のうちに働いて
作品の完成度を飛躍的に高める場合だってありえる。

作者でさえ作品のすべてをコントロールできない。
その不可思議な魅力を発掘することが
批評する者の義務であり、批評の読者に対し見せるべき芸ではなかろうか。

俺は批評者としてアマチェアだから
しょせん本当のところはどうなのかわからんがね。

……なんで俺ハイになってんだろ。 もう寝よ。

486 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:10
>>485
おやすみ

487 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:11
特定の主人公なしで母と娘の絆を描いた作品だったのか。
道理で難しいわけだ。

488 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 03:11
えり草はすごい。

489 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 09:07
ふうむ、全員でも10人いないな。なんつー不毛。。。

490 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 09:57
214 発言より

一番問題なのは、俺が世間でウケてるものをまったく面白くないと思うからなんだよなあ。
投稿作とか見ても、「よくある青春モノ」とか「テレビドラマのパクリ」とか「ラノベのアホ」とか
そんなんしか見えねーし。
そもそも純文とか書いてる奴はバカなんじゃねーかと思うよな。
「誰が何して、どんな気持ちになった」とか、そんなのばっか。
誰がどうなろうと知らねえっつうの(略
俺にはちっとも面白くない。バカにしか見えない。

これ、「明日への最下位」そのものじゃんwww


491 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 10:28
今、本スレのログ追ってきたけど、
このスレで言われてるような母と娘の絆に気づいた上で、
って感じじゃなかったぞw
どう見ても。鋏の解釈の仕方にしてもw

492 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 10:31
読む人間によってかわるわな

493 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 10:51
「明日への最下位」は「よくある(ひきこもりの)青春もの」なわけだが。

494 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 10:54
基本的に作品として未熟なレベルで、作者の意図を読みすぎても、
作者を甘やかすだけです。批評は暗号解読ではありません。

495 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 10:58
>そもそも純文とか書いてる奴はバカなんじゃねーかと思うよな。
「誰が何して、どんな気持ちになった」とか、そんなのばっか。

小の作品は

「俺が何して、どんな気持ちになった」とか、そんなのばっか。

496 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 10:59
age

497 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 11:50

そもそも小説の体を成していない。はてしなく長い愚痴。

498 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 11:52
>そもそも純文とか書いてる奴はバカなんじゃねーかと思うよな。
「誰が何して、どんな気持ちになった」とか、そんなのばっか。

幼い!!!!

499 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 12:28
ううむ、「明日への最下位」は
阪神タイガースの存在意義をメタファーとして描いた傑作だな。
俺=阪神タイガース、
刺された少年=ジャイアンツ。
鉄塔というのは契約更改とドラフト制のメタファーだ。
逃げてる自分はフリーエージェントの不安。

ううむ、素晴らしい傑作だ。



500 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 13:25
なにげに、サラリと500

501 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 14:12

「最下位」読んだが、ぜんぜんダメだぞ。
スピード感のない引きこもりの舞城王太郎、というところだ。
主人公の苦悩があまりにも類型的。そんなのどの時代でも、
誰でも苦悩してたんじゃ? 新味ゼロ。
虎時代は知らないが、投稿作にならんでたら異色だったりしたんだろうな。
たかが投稿サイトでも時代が変わるのは早い。
簡素書く気もおきない退屈さだった。
あくびをかみしめて斜めに読んだよ。


502 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 14:20
虎時代には注目作だったが、いまとなっては地味な作、ということか。

503 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 14:22


Σ>─(;~◇~)→グサッ    て感じ。




504 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 14:23
ということで、残念ながら
今回は見合わせということで。
後ほど、履歴書だけ返送させていただきます。
今後のご健闘をお祈りいたします。

505 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 14:25

小(((+_+)))ガーン

506 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 14:45
と、小は言っちょりますが。プッ



「再会」辺りが一番作家性(?)というか、俺の方法論が炸裂してる感じがして、
人のウケはともかく、あれが妥当かとは思う。


507 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 14:47

炸裂? 退屈のまちがいじゃねえのか?

508 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 19:19
やっぱ人いないんだねえ。
訊きたいんだけど、
アリでやった「実験小説祭り」の幹事って、
小なの? ふと思ったりした。

509 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 20:28
いままでになく盛り下がっている悪寒。

510 :さち:03/06/01 21:04
上にある会話みてて思い出した、前に音楽が人間に与える影響というものを考えていたな
音楽が人間に与えるいろんな種類の影響があると思うんだけど、気分がよくなったり高揚
したり、やさしくなったり、かなしくなったり、聞く人間によって影響はかわるだろうけど
一つの音楽や特定のアーティストの音楽を空から全世界に対してかけて、全世界に対してど
のような影響を与えたか調べてみる、Aという音楽をかけつづけた結果犯罪が減ったとか、交通
事故が減ったとか、自殺者の数が減ったとか、それがその音楽の影響がもたらした結果かどうか
はっきりわかりにくいだろうけど。
いろんな音楽を試してみてよい影響を与える音楽ベスト10とか、悪い影響を
与える音楽ベスト10とか、そんなランキングつくったら面白いかも。
モーニング娘がよい影響を与える音楽ベスト1になって、レディオヘッドが
悪い影響を与える音楽ベスト1になったり。
芸術性の評価とは離れてるなぁ。
今日レディオヘッドの新譜買った。
もし、自分が好きなように作った作品が悪い影響を与える作品になり悪い影響を与えてしまう
という事が前もってわかれば作るのをやめるだろうな。
芸術性の評価がかなり高い作品だけど悪い影響を与える作品と芸術性の評価はかなり低いけど
よい影響を与える作品、どちらも狙って完成させる事ができて、どちらかを必ず作らなければ
いけないとしたら、芸術性の評価はかなり低いけどよい影響を与える作品の方を
選ぶだろうな、どれぐらいの影響を与えるか、にもよるけど。
どちらも狙って完成させる事ができて、別にどちらも作らなくてもよいとしたら
めんどくさいと理由でつくらないかも知れないなぁ。

511 :さち:03/06/01 21:13
誰にも相手にされていないような音楽が調べてみると(調べるのが難しいだろうけど)
よい影響を与える音楽だったという事もあるんだろうなぁとか思ってた。


512 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 21:15

\(・_\) そのはなしは (/_・)/ こっちに置いといて、と。





513 :さち:03/06/01 21:28
ある癒し系の音楽を調べてみると、何か複雑な事がおきていて、実は
自殺者を増やしていたとか。
ビートルズぐらいの大物(ビートルズはグループだけど)になれて、結果、よい影響を
与えるアーティストベスト5になれる、か、芸術性はまったく評価されず、よい影響を与える
アーティストベスト1になり、よい影響を与える音楽を作るアーティストとしてちょこっと
評価される、どちらかになれるとしたらどちらを選ぶか聞いてみたいきもするけど、この話はもういいか。


514 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 21:29
\(・_\) そのはなしは     





(/_・)/ こっちに置いといて、と。


スレタイ、読める?



515 :さち:03/06/01 21:35
はなれたレスすいません。
小さんの「明日への再会」の批評をやるのかな。
9時からだったかな。


516 :さち:03/06/01 21:37
あ、9時すぎとる。


517 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 22:09
これで小も気が晴れただろう。
批評してもらえてよかったね。

518 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 22:13
文章は上手いってさ。
語彙も豊富だし、使い方も鼻につく部分はあんまりないし。

519 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 22:17
多義的でパラノイアの意味を持たせなければ平面的なモノローグになってしまうってさ

520 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 22:22
終了しますた

521 :名無し物書き@推敲中?:03/06/01 22:30
>>518
mjだしw

522 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 01:56
でも点数もらえんかった。

523 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:30
今回はひでえな。別の意味で伝説化するね。

524 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:34
次回作は?

525 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:34
乗れるか乗れないかは作品次第。

526 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:36
名無しだけでまじめにやろうか。
自薦ありで。

527 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:37
それが良い。>526

528 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:39
候補に出ていたWslashをやればもっと盛り上がって人も来たはず。

529 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:40
>>528
それ長いやつじゃなかった?
あんまり長いとしんどいよ。

530 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:41
>>528
だから、次回はあんたがそれ推して進めれよ。
歯がゆいな〜。

531 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:43
>530 じゃああんたのお薦めはなんなんだ?

532 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:47
>>531
べつにないよ。
お奨めした奴が責任もたないから今回のとようになった
と言いたいだけ。

533 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:47
可能性読みと、テクスト中心読みとの二つに分けたらどうだろうか。
可能性読みは電波読みと紙一重だし、
文章上の粗を叩き出して貰いたいだけの人もいるだろうし。

534 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:52
そこまで厳密に湧けるのか?
つか、「鋏」のように未感性だが可能性を感じさせる作品はテクスト読みの方が作者のためだと思うよ。

535 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 02:57
参加者の面子によってはどろどろになってしまうだろ。
テクスト読みのスタンスの奴だけでやれば少しはマシになると思うんだ。
テクスト読みであれば自分も参加できるし、
そういう読み方だけで判断してもらいたいという作者もいるんではないかと。

536 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 11:11
自称テクスト読みが人から見ると電波だったりするわけだが。

537 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 11:37
人なんて言わずに正々堂々、自分から見ると、って言えばいいのにw

538 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 19:34
電波読みだろうがなんだろうが、
名乗った上で責任持ってる発言なら
いいじゃんって気がするよ。
電波かどうか、あるいは具体的な指摘は
あとでやりゃいいじゃん。

539 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 19:41
そんなことができるんだったら、
文芸誌だってすでに二つにわけて批評してるだろ。ボケ。

540 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 23:11
テクスト、最近口にしたばかりのやつらが。プッ。

541 :名無し物書き@推敲中?:03/06/02 23:12
うるせえよ、馬鹿が                     

542 :名無し物書き@推敲中?:03/06/03 19:37
テクスト読み   言葉が変。

543 :名無し物書き@推敲中?:03/06/04 00:07
テクスト読み 

544 :山崎 渉:03/07/12 11:58

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

545 :山崎 渉:03/07/15 11:54

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

546 :名無し物書き@推敲中?:03/07/29 23:00
スクール水着美少女のワレメが丸見えなサイトを発見したでつ!!
本当にマジでつよ。す、すごい… (*´Д`)ハァハァ…
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/idolnowareme/


547 :山崎 渉:03/08/02 01:05
(^^)

548 :山崎 渉:03/08/15 12:39
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

549 :♯magman:03/10/24 22:32
山崎に保守されてる・・

550 :名無し物書き@推敲中?:03/10/25 23:58
なるほど、そうだ。

551 :名無し物書き@推敲中?:03/11/06 01:08
       ζ
    / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /         \
  /\   ⌒  ⌒  |
  |||||||   (・)  (・) |
  (6-------◯⌒つ |
  |    _||||||||| |
   \ / \_/ / すいません、ちょっと波平ですよ
     \____/
      |    / 
      | /| |
      // | |  
     U  .U 


552 :名無し物書き@推敲中?:03/11/06 01:09
http://www.woodmann.com/protools/unpackers.htm
http://www.google.co.jp/search?q=cache:WuNjAIUnx9UJ:www.woodmann.com/protools/unpackers.htm
+%22tElock+0.95%22+nt++supports+unpack&hl=ja&ie=UTF-8

TELock.

tEunlock by r!sc & DAEMON. 06.X.2000.
tEunlock 1.0 (18K).http://www.woodmann.com/protools/files/unpackers/teunlock.zip

- Kills the Telock section & almost rebuilds resource section
- Support for the following versions v0.41b, v0.41c and v0.42
- Source code included.

tELock 0.60 unpacker by Unknown One. 27.II.2001.
tELock 0.60 unpacker (12K).http://www.woodmann.com/protools/files/unpackers/unte060.zip

553 :◆gdy9CM9DSY :03/11/09 20:59
てすと

554 :to ◆Sx0UvVQevE :03/11/09 21:00
test

555 :名無し物書き@推敲中?:03/11/11 18:43
a

556 :名無し物書き@推敲中?:03/11/11 21:32
a

557 :名無し物書き@推敲中?:03/11/11 21:33
a

558 :名無し物書き@推敲中?:03/11/11 21:34
test

559 :Rock ◆nT8Fm9wg1Y :03/11/11 22:08
 テスで保守されてるここって一体……(苦笑

560 :名無し物書き@推敲中?:03/11/11 23:21
otimasu ノシ

561 :牛とじ大。 ◆.......8js :03/11/17 10:07
 

562 :名無し物書き@推敲中?:03/11/17 23:12
733まで下がっていて
いよいよ落ちるかと思っていたのにな。
落ちるところを見たかった。
ガチンコ批評はないみたいだから、
祭りでも見まもることにするか。

563 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 13:46
11/22

こんやは「晩秋祭り合評」を見守るスレです。

564 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 20:58
亡霊のようなスレだな。
ときどき鬼火のように姿を現す〜。

565 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 21:27
ペペロンが進行役やるってよ。


566 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:09
議論すべき作品なのだろうか? ぺぺろん

567 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:16
変に持ち上げるとあとが面倒

568 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:21
主人公も可愛いし。

杉井、大丈夫か?

569 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:22
自分でも何を書いているのか解っていないのじゃ?
あの饒舌はそんな風に思える。まあ、最後まで読んでないが…

570 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:29
>>569
言える。
幻月といい、ぺぺろんといい、困っシトたちだ。

571 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:38
足腰たたないように叩きのめさなくて
2ちゃんの価値がないよなぁ…。

572 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:42
杉井が仕切ってる。
微笑ますい。

573 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:43
叩くと猛烈な反撃があるから
面倒でスルーしてるなw

574 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 22:55
しかし、あれが合評なのかね?
まるで園児の遊戯だな。幹事は何をやっている?

575 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 23:03
すてはん2号はmjか?

576 :名無し物書き@推敲中?:03/11/22 23:08
ペペロンに批評される幻月も気の毒だな。

577 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:24
滅びが杉井じゃないって?
じゃあ誰なんだ。

578 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:25
……ふとこのスレの存在を思い出して来てみたら……

579 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:27
おまい、遅いよ、もう寝る時間だ。

580 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:29
うわっ 杉井はいったいどんな作品を読んでいるのだ。

581 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:32
実はあれが杉井とかw

582 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:37
焚き火=杉井?

そらないだろ?

583 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:40
若いんだから、もっと強引な作品はないものだろうか?

584 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:45
劣化版だったりして

585 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 00:48
劣化版てなんだ

586 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 01:07
どうして彼奴らは焚き火をしないんだ?
できない訳でもあるのか?

587 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 01:15
>>586
よくあるじゃんものすごく巧いんだけど魅力を感じない、ってやつ。
そういう感じなんじゃない?

588 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 01:25
巧さすら理解していなかったりして。

589 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 01:32
「寒さ」という言葉がサブリミナル効果を発している、とか?w
数えてみたら四つしかなかったよ。

逆だよな。

590 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 15:17
巧いのも、下手だけど個性的なのも書けない奴に限って
こういうレスしたがるんだね。→587

591 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 21:30
今日はラリーが進行係だ。
なんか、たまってるのかなぁ…。

592 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 21:38
かのぷすって、誰だったっけ?

593 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 21:50
杉井登場。

594 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 21:52
ふぁっくまん面白〜い。はは

595 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 21:54
……っつーか、ペペロンチーノってまだ語れる余地があるの?
ないっしょ。

596 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 22:06
杉井が新スレ立てた。
マメだね、それが欠点なのだが…まあいいか…。

597 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 22:22
おっと、mj登場! 飲み会じゃねえのか?

598 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 22:31
mjはなにか企んでいる。

599 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 22:42
>598
おまいがmjだたら最高なんだが…

600 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 22:53
エンタメ作家としてのラリーは
氷を評価せざるを得ないのかにゃぁ…どう?

601 :名無し物書き@推敲中?:03/11/23 23:05
う〜ん、パパのコメント、、切れてな〜い。
笑いを取らなきゃ

602 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 01:08
ラリーが落ちた。。。

603 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 12:28
蛇パパもAAがなけりゃカキコもできんようになったか。

604 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 12:34
自演疑惑がそうとうコタエタらすい。

605 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 12:34
めっきり、信心深くなったようだ。

606 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 12:36
>>603
っていうフェイクじゃないの?
いつもAA使ってたら、名無し自演とかが気分的にやりやすそうじゃん。
九州はいつもAAを使う、っていう固定観念が植えられて、バレにくいだろうし。

607 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/24 20:33
今回の祭はいつもの固定面子でなくてよかったやんけ。
ペペロンやマーくんはまだ十代だしいぞ。

608 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 19:01
mjよ、十代とマジでやりあおうなんて、虚しくないのかえ?

おら虚しい。せめて三十過ぎの物書きと話したい。

609 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 21:09
>>608
いや、おっさんになってから書き始めたおれからすると
十代で創作しちゃう椰子って、珍獣みたく思えるわけ。w
自分のその頃とつい比較してしまうのさ。
どっちが珍獣じゃ、という突っ込みはなしじゃ。。。

610 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 21:11
>>608十代ですみませんねぇ。
とはいえ、いきなり年取るわけにも行きませんしねぇ。
あと十二年くらい待ってくださいよ。

>>609……珍獣ですか、そうですかw

611 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 21:19
mjの十代と言えば、
吉行・色川を読んで、こりゃかなわん、
って思ったんだろ?
こいつら、読んでも、逝けると思ってるのさ、
そこんとこが根本的に違う。

612 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 21:25
>>611
へぇー、そいつはすごい。
どんな名文を書くのか見てみたいもんだ。

613 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 21:29
珍獣、二匹目だ。w

614 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 21:31
>>610、611
そういえば高校に文芸部ってあったっけなーと。
彼等はガリ版刷りの刊行物を創ってたな。
おれはバンド小僧で、文芸書なんて読んでたら
舐められちゃうではないかと思っていた。w
文化的な匂いを嫌う傾向にあったんだね。
だって文部省刊行の現代国語教科書に吉行や遠藤や阿部や川端たち作品から抜粋されたものが
使われていて、著者紹介欄に「東大卒業」とか書いてあるわけ。w
とても自分の仲間だとは思えなかったんだよね。w
文学書を読むおれは文化的な支配階級にひれ伏す民草にように思えて
「こんなことじゃだめだぜ、おれ」
とか思っていたものだよ。。。w

615 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 21:41
けれども、その吉行や遠藤や阿川も、
川端や谷崎、鴎外や漱石が上にいるんだから、
大変だったんだろうなぁ…。

616 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 21:48
……何もいない、今のほうが逆にきついとも言える。

617 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 21:57
まー、第3の新人世代は、そのまえの世代が
イデオロギーたらアイデンティティたら社会正義たらが主題だったから
その反動で思想的なものを意識的に排除したらしい。
だから川端や荷風、谷先なんかをお手本していたようだよ。
おれも漱石、鴎外より荷風の方が好きだな。
谷先はみんなが良いというからふてくされのおれはあんまし読まんかった。w
生きている作家で最高峰とされる小島と古井は
小島が第3の新人、古井がそのあとの世代内向派(だっけ?)。
そのあとの大作家が村上春樹って流れらしいね。
若い椰子にとって、春樹はやはり偉大な作家なの?

618 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 22:12
そりゃ違うだろう?
読み比べりゃ解るじゃん。

619 :610:03/11/25 22:13
十代だけど、春樹はぜんぜん読まないっす。
春樹を一番読む世代はむしろ、二十代、三十代に多いんじゃないかと。
偉大というよりも、現代の面白い作家、というイメージかな。

最近の愛読書は、安部公房の密会とドストエフスキーの罪と罰w

620 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 22:16
おれ、自慢じゃないが、罪と罰、厨房の時読んだ。
ばばあを殺すまでは痺れた、あとは覚えて茄子。

公房、面白いかい? 文学じゃない感触が…。

621 :610:03/11/25 22:20
>>620
やった、やっと罪と罰を語れる人を見つけた……嬉しいよぉ。
最初読んだのは高一のときだった。つまんなくて死にそうだった。
最近読み返した。涙が溢れてどうしようもなかった。
特に最後のシーン、素晴らしすぎる……
ドストエフスキーの小説、これしか読んだことないんだけどねw

公房も面白いよー。
密会は、あの絶望感がたまんないっす。
いま友人に貸しているので、うろ覚えなんだけど。
「密会を抱きしめて云々」のくだりはもう最高!!

622 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 22:27
だから俺はドスト、あまし好きじゃない。
白痴など、短編に出来ると、不遜な考えを持っておる。
どちらかと言われるまでもなく、チェーホフ、マンセーなのだ。

公房は、密やかでしめやかな雰囲気がない。やだ!

623 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 22:27
>>618
いや、春樹は短篇を少し読んだだけだから判らんのです。
>>619
おや、そうなんか。
安部公房か。。。「ユーキッタン」の擬音ってそうだっけ?
それくらいしか読んでない。 あ、「箱男」とか読んだ憶えあり。
ドストか。十代のころ「罪と罰」を途中で放り投げてしまった。w
おれはきのうときょうで
大江の「犬の人生」吉行の「崖下の家」を読みました。(いずれも短篇)

624 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 22:30
mj 公房、砂の女は小説の形態になっておったぞ。

625 :610:03/11/25 22:44
安部公房は、砂の女、壁、箱男、密会、カンガルー・ノート、しか読んだことない。
読みたくてもなかなか時間が……受験早く終われ。
>>622密会はひそやかでしめやかな雰囲気がありますよ?
むしろ、変態的なほどの官能かなw

>>623さっき、ニュースステーションに大江がでているのを知って大慌てでテレビに向かってたw
二百年の子供、だっけ? 早速、明日、買いに行こう。

626 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 22:44
公房ってカフカに似てるの?
よくそう聞くけど
考えたらビッグネームは案外読んでないんだよな、おれ。


627 :610:03/11/25 22:50
カフカは読んだことないから似てるかどうかはわからない。

628 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 22:53
>>625
え? そりゃ見逃した。。。
でも大江の家っておれんとこからわりあい近いんよ。w
光クンを駅の改札で待ってる先生を何回か見たっす。w

629 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 22:56
大江って、面白くないよねぇ?
おれ、武苦オフでみつけても、買わない。

630 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 23:03
>>629
おれはノーベル賞っつーだけで引いてしまう方だが
読むと面白いよ。
「死者の奢り」「空の怪物アグイー」とか。
きょう読んだ「犬の世界」はすごく良い。
なんやかんや言っても、才能が溢れてるよ。 <柳美里もね。。。w

631 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:04
公房がファザコンだとは思わないが…(似ているに関して)

632 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:09
大江?
万延元年のフットボールくらいはおさえておこう。
たぶん、維新以降で最高の作品かと。

633 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 23:11
>>631
カフカは父子の葛藤が創作の源だよね。
「橋」って掌編、知ってる?
親父に怒られて橋になっちゃうやつ。w
考えたらおれの贔屓作家ははみんな父系なんだな。w
吉行、色川、田中実昌、内田百閨B
おれはどっちか言えば父親より母親にシンパシー。。。
でもマザコンじゃないよ。w

634 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:11
川端や谷崎は最高と思うが、
ちらっと手にとって見る大江は、ry


635 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:14
>mj
ストリンドベリーって知ってる?
ファザコンだ。芥川がいかれてた。

636 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:14
>>633志賀直哉みたいなもん?

637 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 23:18
川端や谷崎は様式美なんじゃないの?
究極的な、これ以上は追求しようがないレベルっつーか
人間国宝の邦楽士のような。。。w
大江はやっぱりもっと広い視点で書いてると思う。
それが良い悪いではないが、社会や後進作家にに与える影響
という意味では大江の方が判りやすいよね。

638 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:21
現役作家にもっとも影響を及ぼしてるのは、
漱石でも三島でもなくて、大江なのだよ。

639 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:26
でも近頃の大江って、面白くないじゃん。
裸の王様じゃないの?w

640 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:28
近頃はそう、面白くないね。
同時代ゲームくらいから怪しくなって、
燃えあがる木の緑ではっきりとおかしくなった。
宙返りとかは読むのもツラい。

641 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:28
>mj
様式美、違うデエ…
もっとどろどろしとる罠。

642 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:33
竹取物語>源氏物語>夜警>雨月物語>
>南総里見八犬伝>>>万延元年〜>>伊豆の踊子

643 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:34
おーい、なんか変なものがひとつ入ってるぞー

644 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:38
>642はひとつも読んでないと見た!

645 :642:03/11/25 23:41
>>644
mj大先生の最高傑作だけ読んでないw
個人的には竹取物語が一番好きなのだよ。
大江ならピンチランナー、川端は掌編が好き。

646 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 23:43
>645
ファンタジー作家か?w

夜警を読んでないなんて! 万死に値する。

647 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 23:48
ういっす。
TELがはいって中断した。。。w
しかし長年第一線にいるってことだけでもすぎょいと思うよ。<大江
中上も色川も純文型は爆死するじゃん。。。w

648 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/25 23:51
川端は「16歳の日記」がすぎょい。
業の深さを感じる。
と思っていたのだが、おれは16歳のときに書いたのではないと最近知った。w
そのくらい図図しくないと逝かんちゅーことだな。。。w

649 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 00:03
光くんがいるから、死ねないじゃん、大江は。
中上だって普通に病死だし。飲み過ぎだと思うけどw

中上なら……いまなら讃歌とか異族、奇跡かな。
岬以降の三部作や千年の愉楽は薄いと最近思いはじめてきたよ。

650 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 00:04
大江君は、音楽でいえば即興演奏のような、文法を無視した文章が多いね。
あれはやっぱり天才だと思うな。

651 :mj ◆nVp4ztX6Bg :03/11/26 00:09
>>649
つか大江くらいになれば光クンは世の中がなんとかするだろ。。。w
おれは大江と中上をセットで考えてたから
大江が面白く思えれば中上も読めるかな、と考えてます。
こんどトライします。
むかし、「岬」で挫折した憶えあり。w
色川に目覚めたころだったな。
つい比較して「なんだこのかっぺ」とか思ったっす。w


652 :名無し物書き@推敲中?:04/05/06 21:10
ちんこびんびん

146 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)