5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたの文章不真面目に批評します。

1 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 14:42
ハナクソほじくりながらレス返す気合が欲しいね。

2 :現在の心境:02/12/02 14:44
決定的瞬間に立ち会うって、すごいことだよね。どんなことでも。

3 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 15:16
2ゲット!!

             ∧_∧ ッパシャ ッパシャ
             (/【◎】
          .   /  /┘
            ノ ̄ゝ
                   >>4 遅!



4 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 15:41
孤独はまだ良いというか、
一番辛いのは、支えてくれる人がいないことだ。
辛い時、泣きたい時、悲しい時、ショックな出来事があった時、
支えてくれる人がいないことが一番辛い。
ただの孤独というか、一人には慣れたまでは言わないけどさ、
それなら、まだ良いんだけどさ。
辛い時や大変な時に、それを言って気を紛らわせる人がいないことは
大変悲しいことだよ。
よくTVでリストラや破産などの逆境があったけど、
何とか立ち直れたという話を聞くけどさ、
それはその人間に支えてくれる人がいたからなんだよな。
そんな支えてくれる人すら俺にはいないんだと思うと悲しくて悲しくて、
なみだ目になり、泣いてしまいたくなる。
でも、男だから泣けないな。泣こうと思っても意志で制御されちまうよ。
これから長い人生、支えてくれる人が、この広い世の中に一人もいない
なんて、なんて悲しいことだろうか。
何のために人は生きるの?
家庭を持った奴は、家族の為に生きるなんて、何かと言えばほざくけど、
俺にはそんなものは一切いないんだよ。
生きるのも面倒、死ぬのも面倒。死にたくはない。

5 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 15:53
尻さわられた。おならしてみた。やめてくれなかった。
周りの人の視線が私のいる一角に注がれていたので、
振り返って痴漢野郎に「くせぇ〜よタコ!」と
吐き捨てながら違う車両に移った。
大 成 功 !

6 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 16:31
批評します
>>4
一行読んだ。
鬱な話だろ? 
読む気もしない
>>5
一文字読んだ。
ウンコとかそういう話か。


7 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 18:22
4歳の頃、祖父が死んだ。
葬式に出て出官の時に「これからどこにいくの?」と訊ねた私に
「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。
何の事だかさっぱりわからず寝てしまい。気が付くと家に。
しばらくして「ご飯よ〜」と母。で、その時のメニューが豚の生姜焼き。
急に感極まった父が泣きながら食っているので、その肉を間違いなくおじいちゃんだと
思って食べはじめた私。祖父が大好きだったので、私も泣きながら
「おじいちゃんおいしいね」と言うと父はさらに激しく泣き始めて、母が「おじいちゃん
みえるの?」と私に聞くので、目の前にある肉が祖父だと確信している私は「おじい
ちゃん目の前にあるよ」と答えると両親は二人で泣き出し、私も泣き出し、どうしようも
ないお馬鹿家族状態に。(豚の生姜焼きは祖父の大好物だったのをしるのは10何年後)
それから肉が我が家の食卓に上がると私は決まって「だれ?これだ〜れ?」と聞いた
そうだ。そのたび母は「だれじゃないでしょう・・・な〜にと聞きなさい」と小言。
本当に恥ずかしい話だが、小学4年位まで肉は全て人肉だと思っていた。なぜか
給食の肉?(南蛮鯨)はベトナム戦争の犠牲者だと思っていた。だから手を合わせて
いただきますと言うのだと思っていた。


8 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 18:36
>>7
コピペ飽きた

9 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 18:48
コピペじゃないよ♪


10 :名無し物書き@推敲中?:02/12/03 01:39
「よーし、行こう!行こうぜ皆ァー!」
翼くん、ジャンプ一番メッツァ君のトップスピンパスをカット!
「翼くん!」
南葛ゴールデンコンビが稲光のごとく西ドイツ陣営をかいくぐっていく!
迎え撃つのはシェスターくん、カルツくんの西ドイツMFコンビ。
「なにィ!」カルツくんのハリネズミアタック!
岬くん重心を崩して、こぼれ球になったぁー!
こぼれ球を拾ったのはカペロマンくん、サイドワインダーだぁぁぁぁ!
全日本、大ピンチ!「とめる」
あぁーっと、これは!?とめた?とめたのか若林源三!
西ドイツの誇る右ウィング・カペロマンの必殺シュートをワンハンドキャッチ!
三杉くんにパスがとおった!
華麗です!華麗なドリブル、全日本もう一人の天才、三杉淳!
「日向!」FW日向くん、タイガードライヴィングヘッドでGKミューラーくんと一騎打ちだァーーーーっ!
ズガァ!!ミューラーくん、巨岩をも砕くといわれるパンチをボールに見舞うが、腕がしびれてしばらくは立てない!
こぼれ球に飛び込むのはやっぱりこの人、全日本キャプテン・大空翼だぁぁぁっ!
決まるか!ドライヴ・オーバーヘッド!
「そうはさせん!」西ドイツキャプテン・シュナイダーくんの大ファインプレイ!
両者空中で激突!アッ!
西ドイツキャプテン!シュナイダーくんを吹き飛ばし!
ドライヴ・オーバーヘッドが西ドイツのゴールネットを突き破ったぁぁぁぁーーーーッ!!!!

11 :名無し物書き@推敲中?:02/12/03 19:44
>>10
日本1-0西ドイツ

12 :名無し物書き@推敲中?:02/12/03 19:57
4歳の頃、祖父が死んだ。
葬式に出て出官の時に「これからどこにいくの?」と訊ねた私に
「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。
何の事だかさっぱりわからず寝てしまい。気が付くと夜に。
しばらくして「チェキナベイベ」と母。で、その時のメニューが****。
急に感極まった父が泣き叫びながらウンコを漏らしたので、
その糞を食べはじめた私。ボブが大好きだったので、ノースモーキン
「おじいちゃんおいしいね」と言うと父はさらに激しく同意、母が「おじいちゃん
みえるの?」と私に聞くので、目の前にある糞がゲリだと確信している私は「さのやうだ。」
と答えると両親は二人で泣き叫びながら心中し、どうしようも
ないウンコに。(豚の生姜焼きは低脳)それから糞が我が家の食卓に上がると
私は決まって「Fight till you die」と云った。そのたび母は死んだ。
本当に恥ずかしい話だが、小学4年位まで糞はGetB*ck。なぜか
給食の肉?(オープンザファイヤー)は友達の肉。だから手を合わせて

13 :名無し物書き@推敲中?:02/12/03 20:55
>>12
もう飽きたってば

14 :名無し物書き@推敲中?:02/12/03 22:40
なんてやり甲斐のないスレなんだ。

15 :名無し物書き@推敲中?:02/12/03 22:47
めちゃくちゃ主観が入り込んだ熱い文章が
やる気なさそうに批評されてるのはいいねぇ

16 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 01:35
男爵いもは食えば男爵になれるという願いを込めた、
あるいは縁起を担いだ名前である。
同種のもので大学芋とか爽健美茶といった食品も
名前に願望が込められている。
ひるがえって五寸釘はどうか。
五寸とは言うまでもなく長さを表現しているが、
それは短くもなく長くも無い、中途半端な長さと思われるかもしれない。
またゴールデンバットやセブンスターはどうか。
一見華々しくはあるが金メッキのバットや七つばかり並んだ星に
人々の夢を見て取ることは難しい。

17 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 01:47
>>16
しょっぱなから男爵いもじゃな〜

18 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 02:02
よし誰でも良いから批評スレ


もたもたたもりがりがりひんそなボケをまひるのあるたであびる優に言った
客席のきゃきゃ笑うがうわうわうわっつらだけのわらいけっけっけけりいれたいくらいおもんない
あびるゆうゆう立ち上がりあがあがあごはずしてわらってるもたもたたもりに

「笑えない」

ひえびえ凍てついたスタジオにびえんびえんたもりがもりもりなみだをだして
くらくらくらいなきだしたしたってプロだしプロデューサーももさもさあたまを
かきかきカンペだしだしつづけさすたもりなくなくおともだちだっちでもいいだちを
しょうかいしてくださいあびるまたまたきれきれてきれぎれ

「帰ります」

さいさいさいでっかともいえないいいともともいってもらえずともばんぐみは
おわれるか? おわれないないかこにないないそんなことたもりなくなくあやまった
もりもりもりさんをしょうかいしてくださいさいでないとさいならいわさないない
あびるるるるるでんわだけどだれもでんわわたしこれいじょういても
いみないからいなくなるからたもりなくなくくったくなく言った

「いいとも」



19 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 02:14
あんまり不真面目だと投稿する方も張り合いないでしょうに・・・。

20 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 02:17
>>18
ひらがな多いねー。台詞三つは良いんじゃないか。

21 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 02:19
>4 一行目で読む気がなくなった。
>5 全部読んだけど、つまんない
>7 三行目でうざくなって止めた
>10 キャプ翼は死ぬほど嫌い
>12 おんなじのUpしてんじゃねえよ。氏ね
>16 アホ


22 :名無し物書き@推敲中?:02/12/08 21:07
 カーテンに青く透けるのは、冷たい月の影。かさかさと木の葉を揺らす風に
交じって聞こえる音がある。どうやら隣の部屋かららしい。
このアパートの壁は隣の住人の音が聞こえる程薄い。今夜もご苦労さんと思うと
独り者の私は布団に潜った。いや、今夜は何か違う。声は聞こえず、何やらしきりに
ごそごそしているらしい。恐ろしくもあり、胸が騒いだが私は眠った。
 次の日に聞いて納得した。泥棒があったと。そして、二人の若い男女が殺されていた。
これで幾らか虚しさを感じないで住むと、気の毒に思いながらも喜んだ。

23 :名無し物書き@推敲中?:02/12/08 22:44
>>22
……
ああ、ごめん、寝てた。ははははは。
ほら君の文章って寝るペースだからさ。

24 :名無し物書き@推敲中?:02/12/08 22:48
ウンコの中にミックス・ベジタブルを発見!
グリーンピースを検便容器にいれました。

25 :名無し物書き@推敲中?:02/12/08 22:56
>>22
うーん、詰め込みすぎ。
>>24
うんこの話はもういい。

26 :名無し物書き@推敲中?:02/12/09 00:53
月光の陰に輝く女体の裸体。
神妙なる高僧の心象。
女体不意に尿意。
高僧御意。
女体射出。

ああ神秘なる月下のシャイニング。

27 :名無し物書き@推敲中?:02/12/09 01:03
>>26
月光の影に輝くってのが難しすぎたからやめた。30点。

28 :名無し物書き@推敲中?:02/12/10 21:15
またり、あるじゃないですか。
自分、時々死にたくなるんですよ。
だからまたりに投稿してるって言うか。
突然死にたくなるから。
ほんと、道とか歩いてて「あ、死にてえ」って。(笑)
ダンプとか走ってきたら飛び込もうとか思って。
いきなりですよ。
だから予想できないんですよね、いつ死ぬのかとか。
女の子とかってリストカット? ですか?
ああいうの簡単で良いですよね。
でも自分の場合凄い衝動的で、目立ちたがりっていうか。
死ぬのに目立ちたがりとか無いですけどね。(笑)
だから死に方もどうしても大がかりになるかな。
どばーっと内臓とかまき散らすかんじ?
で、通行人とか「おえーっ!」っていわせて、一週間くらいメシが食えなくなって。
変ですかね、自分。

29 :名無し物書き@推敲中?:02/12/11 01:17
やる気どころか批評そのものが無くなったか・・・

30 :名無し物書き@推敲中?:03/01/03 21:29
 私は不真面目に批評されるために、このスレッドに書かせていただきました。
スレッドのタイトルに書いてあることですが、確認のために、いっておきます。
 今、この書き込みを見たあなたは、「阿呆臭すぎる」と、感じたことでしょう。
何の期待もせずに、ちょっと覗いてみる気持ちでこのスレッドを見たあなたには、
批評する気はなかったのかも知れません。しかし、お願いします。この文章を、
批評してください。勿論、不真面目に。
 私がスキーで転んで、足の骨折で近くのM病院に入院した時、
隣のベッドの患者から聞いた話です。
 「妙に寒い朝のことです。目を覚ました私は、なかなか温まった布団から、
出ることが出来ませんでした。布団に身体を埋めたまま、直ぐ側のカーテンの少し
めくれた窓から差す光を眺めていました。目やにで霞んでいたようです。はっきり
とは見えなかったのですが、微かだった光が俄に強くなり、その中に黒い影が見えました。
どうやら人のようです。男か女かは分かりませんでした。私の部屋は二階なので、
人が外にいるならば梯子に登っているか、屋根の上からロープを垂らしてぶら下がっているかの
どちらかだと考えていました。が、どちらでもありませんでした。なんとその人影は、
窓に飾ったミッキーマウスの人形の影でした」
 その話を聞いた私は、「なんとくだらない話だ」と心中で思いましたが笑顔で、
「そらすごい」といいました。後で考えると、如何にも空々しかったようです。


31 :名無し物書き@推敲中?:03/01/03 21:34
>>30
批評します。
前置き長すぎ。イジョ

32 :続き:03/01/05 00:28
 私の相づちも聞こえない程、彼女は自分の話に陶酔していたようで、
如何にも、夢見がちな少女の輝いた瞳を天井のどことも言えないところに向けていました。
口も半開きになって、少し大きめな前歯二本が覗いていました。そして、ちょっと間をおいて
彼女は付け加えました。
 「あのときは夢かと思いました。本当にただの人形だとは思えない程神々しい光を放っているように
見えたのです。あなたは信じていないかも知れませんが」
 彼女はいい終えると口を閉じ、卑しいものを見るような目つきで、ちらっと私の方を見ました。
そして、また天井の方を向き黙っていました。私は気まずく思い、この空気をどうにかしなければと、
ある提案をしました。将棋でもしようといってみたのです。けれども、まだ彼女は自分の世界から
抜け出せずにいるようなので、私は布団に深く潜り、彼女とは反対側の窓の方に身体を向けました。
外では、雨よりもゆっくりと風に揺られるように降るものがありました。雪です。病院の中では
暖房が効いているので、気候の変化には疎くなるものです。もう一週間、この病院にいるんだと
しみじみ感じました。

33 :名無し物書き@推敲中?:03/01/05 21:39
 夏の朝。まだ日も昇らず、誰も外に出ないような涼しいとき。夜通し降った雨は
止んでいたが、砂浜は少し湿っていた。波も穏やかで、西の空にも雲一つない。
 彼は誰もいない浜辺で、散歩をしていた。サンダルを濡らしながら、波打ち際に沿って
歩いていた。砂浜に埋まったカニの死骸が、波に洗われている。少し先にクラゲが陸に打ち上げられていた。
水族館で見たものは透き通っていたが、そのクラゲは砂まみれでみすぼらしく見えた。
彼は俯せて歩いたいたが、灯台の光に気が付き顔を上げた。遠くの霞んで見える岬の先から、
光を放っている。水蒸気がその光を拾って、薄く色を付けている。
 顔を上げたまま彼は、身体を海に真っ直ぐ向けた。海の際から日の光が空を染め始めていた。
海にも光は漏れていて、波が揺れるたびにきらきらと反射した。彼はじりじりと昇る日を眩しそうに
眺めていた。そして波の音にかき消されるような、小さな声で呟いた。
「もうすぐ春だな」
 今年も就職出来なかった彼は、フリーター四年目だ。

34 :名無し物書き@推敲中?:03/01/05 21:55
私のうちのハムスターの犬種はモルモットです。
実験用だよ!うひひひひひひっ!
さあて…今夜はどれくらい頑張れるかな…?
『一晩でハムスター(モルモット)は回し車をどれくらい回せるか』
っていう宿題、今年中に終わるカナ???

35 :34:03/01/05 21:56
ジャンガリアンってかわいいよね。
一人ぼっちになると、俺はそいつとこの世で二人きりなんじゃないかって
思うときがあるよ

36 :名無し物書き@推敲中?:03/01/06 00:06
『井戸の底』 短編ミステリー。下記冒頭。よろしくお願いします。

私がこの井戸に落ちてから何時間になるだろうか? 上にぼんやりと見える光がもう何度か闇に変わったような気がする。正確なことはよく判らないけれど。
そろそろ両親や彼氏が気付いてもいいところではないだろうか? …いや、気付くんならこの深い井戸に落ちた最初の日に気付いているだろう。
容姿端麗、キャリアウーマン、エリートコース一直線の私が、どうしてこんなところでただ救助を待つ時間を過ごさなければならないのだろうか?
神が居るのだとしたら、酷すぎる。
こういうことは、そうだ。私の会社の受け付け嬢をやっている、だけど全然、受付嬢なんて言葉からはかけ離れている、豚のようにぷくぷく太った田上にさせれば良いんだ。どうせ彼女は一日中暇をしているんだから。
ああ、私が今こうしているうちにも何件の契約が成立しているのだろうか? 何人が手柄を立てているのだろうか?
私はもう何度目かになる脱出を試みる。
と、言ってもこの私は、仕事は出来ても運動神経は頭を抱えるほどに、ない。
狭い井戸の壁に手をついて、少し昇るとずる、っと手が滑ってまた同じ位置にまで落ちてきてしまう。
幸いなのは井戸の底に乾燥しきった柔らかな草や木の葉がありクッション代わりになることだろうか。
「くそぅ、いつまでこんなことしてればいいのよ!」
苛立ちを隠すことも出来ずに、私は怒鳴った。会社や自宅でやれば誰かしらが怒るだろうけど、今は口五月蝿い上司も、少々過保護すぎるお母さんもいない。

37 : :03/01/06 00:12
>>36 キャリアウーマン、エリートコースとか地の文でぬかしてる
あたりが、激しく駄文だと思う

38 :名無し物書き@推敲中?:03/01/06 00:14
>>37
どういう意味でしょうか?

39 : 37:03/01/06 00:28
>>38 改変してみた。すまん

私がこの井戸に落ちてから何時間になるだろうか? 
正確なことはよく判らないけれど。
そろそろ両親や彼氏が気付いてもいいところではないだろうか?
どうしてこんなところでただ救助を待つ時間を過ごさなければならないのだろうか?
酷すぎる。 こういうことは、私の会社の受け付け嬢をやっている、
豚のようにぷくぷく太った田上にさせれば良いんだ。
どうせ彼女は一日中暇をしているんだから。
ああ、私が今こうしているうちにも何件の契約が成立しているのだろうか? 
私はもう何度目かになる脱出を試みる。
と、言ってもこの私は、運動神経は頭を抱えるほどに、ない。
狭い井戸の壁に手をついて、少し昇るとずる、
っと手が滑ってまた同じ位置にまで落ちてきてしまう。
幸いなのは井戸の底に乾燥しきった柔らかな草や木の葉があり
クッション代わりになることだろうか。
「くそぅ、いつまでこんなことしてればいいのよ!」
苛立ちを隠すことも出来ずに、私は怒鳴った。

40 :名無し物書き@推敲中?:03/01/06 00:33
>>39
言いたいことが判ったような気がします。
でも、私はこの冒頭のシーンで『主人公が自分のことをエリートだと思っているような鼻持ちないOL』みたいな雰囲気を出したかったんです。
それを配慮するとどうでしょうか…?

41 : 37:03/01/06 00:39
うーん。田上への侮蔑や、契約を気にしてることで
「鼻持ちならないようなOL」の雰囲気は出ると思います。
それでなかったら、他人に主人公への評価を言わせて、
それを回想してみるとか。

42 :3:03/01/06 00:47
>>41
あんまり冒頭は回想シーンを使いたくはないんですよねぇ。
田上への言い回しでどうにかやってみます。

43 :37:03/01/06 00:48
おお、それがよろしいと思います。

44 :36:03/01/06 00:50
ありがとうございました。
また後日利用させてもらいますねー。

それではおやすみなさい。

45 :山崎渉:03/01/06 15:53
(^^) 

46 :お願いします:03/01/10 23:12
水は体内を簡単に通り抜けていった
ちは体内を巡り渡るがなかなか通り抜けない
心臓に欠陥があるのだろうか
ヘモグロビンも減ってきた
俺の体はもう青い
霜焼けの指に針を指す
ただ、どす黒い水が出る

47 :名無し物書き@推敲中?:03/01/10 23:15
>>46 とりあえず血とかヘモグロビンとか詳しく書いてるなら
心臓とか体っていうのは何か代わりの言葉で書いたほうがいいだよ。

48 :名無し物書き@推敲中?:03/01/11 15:52
いよいよ暗くなってきた。音は聞こえるが姿が見えない。
俺は道を歩いていた。闇の中に白く浮かんで見える道を。
頼りになるのは俺の手の中の懐中電灯。電池はいつか切れるだろうが。
波の音が聞こえる内は大丈夫なはずだ。波のきらめきさえ見えないが。
どこからが空かはわからない。地平線も黒く沈んでいる。
日が昇るのはいつだろう。それまで俺は歩き続ける。
揺らめく白い果てない道を。

49 :46:03/01/11 20:26
リライト

水は俺を通り抜けた
いかにも自然なことだった
血はなかなか通り抜けない
ハートに欠陥があるわけではない
ヘモグロビンに一酸化炭素が結合する
霜焼けはますます青くなってきた
確かめるように針を刺してみる
どす黒い液体がにじんできた

体と心臓を変えてみた、どうだろう?

50 :K[kei]:03/01/11 21:19
>>49
横レスだけど、
循環器とか心室とか(俺は知らんが)、
そういう医学用語を使った方が雰囲気が出るっつー話ちゃうん?

ハートだと心を連想するけど、そういう意味はなさそうだし。

51 :sage:03/01/13 14:29
冬になると必ずしもやけができる。
血行が悪いからだろう。
とくに指の関節の所にできる。
筋肉が少ないからだろうか。
血行の悪さの原因は何だろう。
もしかすると暖房に頼る生活の
せいだろうか。それとも改善は
望めないものなのだろうか。
しかし、子供の頃からの
付き合いだ。親しみがないわけではない。
うまく付き合っていこう。
春の訪れとともに去り行く
冬の赤い親友と。

52 :山崎渉:03/01/19 03:38
(^^)

53 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 07:34
不真面目じゃないじゃん

54 :名無し物書き@推敲中?:03/03/12 20:49
>>51
しもやけなんかできません。

55 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 05:20
ttp://yami.plala.jp:774/upnop/data/yami4367.mpg

56 :ころにゃん ◆lHCatKraro :03/03/31 21:42
実は真面目なスレですか…?

57 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 21:44
地下スレで遊ぶの好きだな。

58 :ころにゃん ◆lHCatKraro :03/03/31 21:49
けっこう好きです。
地下は落ち着いてますよね。

59 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 22:00
だな。
上はオッサンが死ね死ね騒いでるし。
拳士呂もクラム叩きに必死だし。

60 :ころにゃん ◆lHCatKraro :03/03/31 22:07
アリスレの作者Aからシミ、HP発見と騒ぎが連続してるんですねー。
これはこれですごいかも。
でもmjさん、ageであんな事書いてわ…

61 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 22:17
そしてラリーが去るそうだ。
三月は別れの季節だな。

62 :ころにゃん ◆lHCatKraro :03/03/31 22:28
卒業かっこいいですね…
なんか目的を持って板に来てたって感じがします。

おやすみなさい…

63 :∪ΝΚΟ:03/04/03 02:05
μηκο УАЯО ∫НΙΝЕ !
あなた達の為に ΕΡ∫ΟΝ情報科学∫ΕΝΜΟΝ学校からラッシュで カムバックしてきたわョ!
イエス、イエス、イエッス
この∫ΕΝΜΟΝが来たからには ジャスト安心よ!
あなたの良く知る∫ΕΝΜΟΝΒΑΚΑだよ! ユゥノゥ?
・・・ああ 子供たち 私の最後の言葉をきいとくれ
∫ΕΝΜΟΝ ΒΑΚΑ ΚΟЯΟ∫∪!
お前のフェイスは ベリーベリーベリー ファニーだね フールだね ダムンだね!
お前の天然のウザさを例えるに 戦闘帰りに上機嫌で鼻歌歌ってたらダークに紛れて鼻の穴にダイブしてくる蚊柱のよう!
お前なんて今すぐどうにかなってしまい
世田羊イヒ
 介大   の為に・・・
これが私の最後の言葉! くれぐれもプロミスを守って・・・


64 :j117149.ppp.asahi-net.or.jp:03/04/07 23:53


65 :名無し物書き@推敲中?:03/04/08 03:13
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/img20030407222323.jpg
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/img20030407222405.jpg
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/img20030407222556.jpg
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/img20030407223423.jpg
http://upload.fam.cx/cgi-bin/img-box/img20030407223449.jpg
http://202.212.248.37/cgi-bin/up/img/19231.jpg
ttp://202.212.248.37/cgi-bin/up/img/19232.jpg
ttp://202.212.248.37/cgi-bin/up/img/19234.jpg
ttp://202.212.248.37/cgi-bin/up/img/19235.jpg
ttp://202.212.248.37/cgi-bin/up/img/19236.jpg
http://202.212.248.37/cgi-bin/up/img/19237.jpg


66 :名無し物書き@推敲中?:03/04/10 22:51
http://book.2ch.net/bun/kako/1017/10174/1017411844.html

67 :名無し物書き@推敲中?:03/04/10 23:54
http://book.2ch.net/bun/kako/1018/10182/1018275145.html

68 :名無し物書き@推敲中?:03/04/12 01:31
manami

69 :山崎渉:03/04/17 14:42
(^^)

70 :山崎渉:03/04/20 01:40
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

71 :山崎渉:03/05/22 03:11
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

72 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 15:53
えっとこれは「あなたの文章不真面目に批評します。(8)」ですか?

73 :72:03/05/22 15:54
あれ?

74 :72:03/05/22 15:55
タイトルよくみるとちがった。
しかもコピペしてしまった・・・(汗

75 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 15:56
ネタかと思ったよ……。

76 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 15:57
あなたの文章真面目に批評します(7) は最悪の終わりかたで笑いました。
991 名前:名無し物書き@推敲中? :03/05/22 15:40
発端のヲタより978がヤバイ
992 名前:978 :03/05/22 15:41
>>987
なりすましはやめて下さい。
993 名前:987 :03/05/22 15:41
二つ間違えた。
フレイヤの → フレイヤは
それと、987じゃなくて981だった。
994 名前:987 :03/05/22 15:42
ああ、また間違えた。もういいや……。
995 名前:名無し物書き@推敲中? :03/05/22 15:42
>>978>>940と同じ人?
996 名前:名無し物書き@推敲中? :03/05/22 15:44
>>987>>981はレベル同じ。
997 名前:987 :03/05/22 15:44
>>996
レベルじゃなくて、同一人物。
998 名前:978=940 :03/05/22 15:45
>>987>>981は私ではありません。
999 名前:987 :03/05/22 15:46
>>998
だから、俺だって。
1000 名前:名無し物書き@推敲中? :03/05/22 15:47
このスレもうすぐおわり。

77 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 15:58
まあ……すぐに次ができるスレだからね。

78 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 16:00
誰かさぁ
これがラノベだ!
っての書いてよ。

79 :77:03/05/22 16:01
次スレは出来ないのか……。

80 :72:03/05/22 16:07
>>79
重複してしまうかもしれないから
みんな様子見てるんだろ。

81 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 16:07
>>80
キャラ固定しろよ。

82 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 16:10
「あなたの文章真面目に批評します。」ってhtml化早いな。

83 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 16:10
ひろゆきの特別なはからいでせう。

84 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 16:11
sageで書こう。

85 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 16:12
新スレまだ?

86 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 17:25
ここ使っちゃダメ?

87 :M,M:03/05/24 16:28
『ぴっきーのほんの一瞬』

ボクはぴっきー(スマイル!
砂鉄で出来てるから磁石はNGなんだ
あとボクには親が居ません。
「気楽で良いね」って15歳のパキンソンは言うけど
「かわいそうに」って45歳のメルは言います
それとボクはセックスが出来ます
ボクは砂鉄だけど全身、性感帯のようなものなんです。
かたちも変えられるのでそれに応じた大きさ、長さにできちゃったり♪
彼女は「今日は大きめにして」だとかリクエストします。(ヘヘヘ

でもボクはほんの一瞬しか生きられません
「気楽で良いね」って15歳のパキンソンは言うけど
「かわいそうに」って45歳のメルは言います


88 :M,M>87:03/05/24 16:30
荒らそうと思い立ったけど
真面目に書いてしまった自分は
ぴっきー。そのものなんだなぁ

89 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 18:21
>>87-88
真面目なんじゃなくて、単に才能がないだけ。
心配すんな、努力で報われるさ。

90 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 19:31
>>87

ちゃんとオチさえ用意すれば おもしろいと思うが。
しかし、この「おもしろいオチ」というのが一番難しかったりする。

91 :山崎渉:03/05/28 10:29
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

92 :名無し物書き@推敲中?:03/06/04 16:46
私のやうな年寄りが、若い方たちが集ふ楽しひ場所で語ることを許してゐただきたひ。
昭和十八年、。突然、長年慈しんできた妻を亡くした私は何をする気もおきなくて、伯父と創めてやうやく軌道に乗りかかつた事業も抛ったらかして、朝、夕、妻に線香を、あげて
は、さめざめと泣く、といふやうな日常を過ごしてゐた。
私と妻の間に子はなく、日が暮れて、一人夕餉の支度などをしてゐる時など、先に逝った妻のことばかりが思ゐ出され、このままでは精神に異常をきたすのではと恐怖した。
そんな私の有様を見かねた親類縁者の口利きで、後添えを貰うことになつた。
相手の方も初婚ではなく、御主人を病気で亡くされ、御主人が亡くなった後に生まれた子供を気丈にも一人で育ててきた方だといふ。
妻を亡くした悲しみが癒えぬ私はとてもそのやうな気にはなれなかつたのだが、世話焼きの叔母がとんとんと話を進めてゐつた。

93 :名無し物書き@推敲中?:03/06/04 16:47
見合いの日、朝早くから叔母がやつて来て、せはしなく見合いの席を設えてゐる。
ほらほら、新之助さん、貴方も早くお支度なさいな。もうそんなに時間はありませんことよ。さつさとお髭でもあたつてらっしゃいな。
ひと段落し、茶をのんでゐるときに先方がやつて来た。
通り一遍の挨拶を交わしてから気付いたのだが、可愛い子がいる。きつとこの子が件の一人娘なのだらう。
やあ、可愛いお嬢ちゃん、お名前はなんといふの?
はじめまして、おぢさま。わたくし珠子と申します。歳は十二になります。
正直に言へば私はこのときに、はきはきと受け応えする幼さの残る珠子に、恋をしてしまつたのです。



94 :名無し物書き@推敲中?:03/06/04 16:48
さうか、珠子ちゃんと云ふのかい。あなたのお母様はおぢさんが貰ふことにするよ。今日からでもいい、おぢさんのことをお父様と呼んでくれ給へ。
まあ、おぢさま、いいえ、お父様、なんて素晴しいことなんでしょう。
さふして私は珠子の母である絹代に向かつて、
絹代さんよろしいでしょうかな。
おながいすます。

かうして、わたしと絹代ならぬ珠子との蜜のやうに甘く、そして淫靡な日々がはじまるのだつた。当然、珠子は小学生。
続きご所望致しまするか?


95 :名無し物書き@推敲中?:03/06/04 16:49
ああ、なんと寂しいことだらう。2チャンに来てはみたものの、やはり若者と伝ふやつは年寄りを蔑ろにする。せめてれすの一つも付けば、
すれ汚しすまぬ
とかきこして大人しく引つ込むのだが、このままでは引き下がれぬ。もう少し続けてみることにしやう。

絹代と珠子の二人がやつて来た日の夜、風呂に入るとき珠子を誘つてみた。
珠子や、一緒に風呂へ入らないかい。お父様は今日の祝言でとても疲れてしまつたんだが、よかつたら背中を流してはくれないかい。


96 :名無し物書き@推敲中?:03/06/04 16:50
ええ、宜しくてよお父様。わたし、お友達がお父様とお風呂に入つたと伝ふお話を聞くたび、とても羨ましく思つてゐたんですの。
先に湯船に浸かつてゐると、珠子が入つて来た。肩まである三つ編みのお下げ髪を解いた珠子は素晴らしく、歳よりも幼く見える肢体は私の劣情を燃え上がらせるに充分だつた。ほっそりとした体、仄かに隆起し始めたばかりの胸、そして未だすべすべの満子。
湯船からあがって、珠子に背中を流させてゐると、意識してかせずか、体を擦り付けてくる。しゃぼんに塗れた、まだ固いともいえる乳房が私の背や腕やそして腰にまで押し付けられる。私はたまらなくなり



97 :名無し物書き@推敲中?:03/06/04 16:51
珠子や、背中はもういいから、今度は前を頼む。
はいと返事して前に回つた珠子は目を見張つた。
まあ、お父様、お珍子が物凄く腫れてゐらつしゃるは。薬を塗るか、氷で冷やさなければいけないんじゃないかしら。
ああ、珠子、実はお父様はさっき湯船に入る時に足を滑らせて、湯船の角でしたたか打つてしまつたんだよ。
まあ、大変どうしたらいいんでしょう。
うむ、すまんがお前、嘗めては貰えないだらふか。口に含んで吸つたり、舌で転がしたりして貰うと腫れが引くのだが。



98 :名無し物書き@推敲中?:03/06/05 01:40
あたしに出来るかしら。
大丈夫だ。お前なら出来る。そう、そう上手いぞ。遊んでゐる手で玉袋を揉んでおくれでなゐかい。
そう云いながら、私は股間に顔を埋めて舌を使う珠子の仄かに膨らんだ胸を弄んだ。
珠子や、少し膿が出るかも知れんが吸いゐ出しておくれ。
わはひまひはわほとほさは。(分かりましたはお父様)


99 :名無し物書き@推敲中?:03/06/05 01:43
ああ、もう駄目ぽ。珠子や強く吸つておくれ。
はひ(はい)
事が済んで私の珍子汁を吐き出している珠子に
有難たふ珠子。御蔭で楽になつたよ。今度はお父様がお前の腫れを引かせてあげやう。
いいえ、お父様、珠子は何処も腫れていませんは。
そうかい、乳首が少し腫れているし、満子の小豆も腫れてゐるんじやないかひ。どれ、見てやらう、湯船に腰掛けてごらん。
さう云つて珠子を湯船に座らせ、足を開かせた


100 :名無し物書き@推敲中?:03/06/05 01:44
つるつるの満子は足を広げてもなほ、ぴつたりと閉じたままだつた。指でおし広げると皮を被つた小豆が見える。私は其れを人差し指の腹でゆつくりと、のの字を書くやうに揉みしだいた。
あっ、お父様、なんだかあたし、くすぐつたいは。
うん、いかんぞ。段々腫れが酷くなつてきた。これは注射をしなくてはいかん。
えっ、そんな所に注射なんかするんですの。あたし嫌だは。
うむ。注射と云つても肉注射のことだ。お父様の珍子をお前の満子に挿し入れる。
まあ、お父様の珍子、またそんなに腫れてゐるは。そんな大きなもの、私の満子に入らなひは。



101 :名無し物書き@推敲中?:03/06/05 01:54
あなたが探してるのってこれだよね?でも眠れなくなるよ!
http://endou.kir.jp/betu/linkvp/linkvp.html
http://angelers.free-city.net/page003.html

102 :名無し物書き@推敲中?:03/06/09 12:54
「ちんちんがかゆい」と一郎はユカリに催促するように言いながら
こかんを指差した。一郎のモノは大きく膨張していた。

103 :名無し物書き@推敲中?:03/07/08 00:57
あげ

104 :FAB.:03/07/08 09:04
全部読めた方、感想願います!
http://www.geocities.co.jp/Milkyway/3181/

105 :名無し物書き@推敲中?:03/07/08 09:07
>>104
読みにくい。色彩感覚0

106 :山崎 渉:03/07/12 11:08

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

107 :山崎 渉:03/07/15 12:02

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

108 :山崎 渉:03/08/02 01:21
(^^)

109 :山崎 渉:03/08/15 13:14
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

110 :名無し物書き@推敲中?:03/10/14 19:46
age

111 :名無し物書き@推敲中?:03/10/21 10:58
http://plaza.rakuten.co.jp/ladytanuki/diaryold/20031019/

112 :名無し物書き@推敲中?:03/10/23 15:45
>>111
ふふふ

113 :名無し物書き@推敲中?:03/10/23 16:35
誰かいますか?
おい出ましたら是非私めの文章力の批評をお願いいたします。
自身はあります。お題を頂ければ、5分以内に400字くらい
楽勝で笑わせて差し上げます。頑張るぞ!ぷーmm

114 :名無し物書き@推敲中?:03/10/29 22:10
久しぶりに書いてみました。
どなたかいらっしゃったらお付き合いください。
以下、お願いいたします。
 
 寝返りをうった。
片側に伸ばした腕に感じた、しゃりっという髪の毛の感触に、
僕はうっすらと瞼を開けた。僕の隣にある寝顔の主は、両手を頬の下にあてがい、
まるで赤ん坊のような感じですやすやと眠っている。
女の子らしい華奢な肩はむきだしのままで、やっと桃の蕾がふくらみかけた
春の陽気にはちょっと寒々しい。
彼女の向こう側に落ちかけていた羽毛布団をかけなおす。と、彼女がもぞもぞと動く。
「ん。寒い」
寝ぼけているのか、そうつぶやくと僕の胸元に顔を寄せてきた。ふんわりと、
香水かシャンプーかの匂いが漂う。動いた拍子に柔らかい茶色の髪が
ぱらぱらと彼女の顔に落ちかかる。
 もっとよく寝顔を見たくなって、その髪を後ろにそっと振りやった。桜貝のよ
うな可愛らしい耳たぶに、小さな銀色のリング状のピアスが光った。
 あいつは、ピアスしてなかったっけな。なんでだっけ。

再び閉じた瞼の裏に、未希の顔が浮かんだ。
「あたし、ピアスしたいんだけどね」
そう言って、残念そうに小さな宝飾品がいっぱい並んだ棚を見つめていた。



115 :名無し物書き@推敲中?:03/10/31 14:06
>>114
すいません、間違えました。
スルーしてください。

116 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 11:08
kj

117 :名無し物書き@推敲中?:04/01/29 11:14
   ☆彡■■■ 田中康夫はインチキの改革ゴロ ■■■☆彡
マスコミにない情報満載 田中康夫が恐れをなし、リンク拒否する「田中県政追撃コラム」
http://members.goo.ne.jp/home/tuigeki
世間では、田中康夫を改革派だの市民派だのって言ってるけど、あんなのぜんぜんインチキ、まるでダメ。「改革」をネタに売名してるだけの新タイプのゴロつき。
一ツ橋大学時代は学内誌の部費数百万円を横領して停学喰らい就職もフイ。プ〜タローしているときに書いた
小説がたまたま、文藝賞の「なんとなくクリスタル」。ところが、受賞騒ぎで横領事件が世間にバレルのでは?
と受賞辞退までしていた、なんて知ってた?
私は昔ロッキード事件なんてのを取材したこともある元記者で、こんな質問を会見で訊いたけどバックレ
られちゃって田中康夫の正体モロ見え。
この有様、長野県HP http://www.pref.nagano.jp/hisyo/press/20011228n.htm で確認できます。
今やってるのはメルマガだけど取材のほうはバッチリでマスコ゛ミの上を行く情報沢山出してます。長野県庁では大評判。
マスコミって言ったって、長野県辺りにいる連中はオイラから見れば出来の悪い大学生ぐらいにしか見え
ないんだけど、やってることは目茶苦茶でこんなんでよく・・・と今更ながら思う今日この頃。
うわべだけの田中康夫と、程度の低い新聞印刷会社の文案係が織り成す、ドタバタ長野県政物語を読
みたい方は読者登録の上お読みください、なんてね。

118 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 19:58
>>113
まだいらっしゃいますか?(いませんね・・・) もしいらしたなら、お題を提供させてください。
「ジェンダー」をテーマに、この投稿文を読んでから5分以内に400字程度の文を執筆していただきたい。
あなたの名文をお待ちしております。

119 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 00:04
アントニオ猪木がロープをまたいだ。薄暗い武道館がたちまち、耳をつんざく大歓声で沸き返る。それらはすりばち状の客席の底、照明に白く輝くリングへと降り注いだ。
「元気ですかーっ」
 猪木のおたけびが、増幅されて八方に舞い上がった。それを触媒に、渦巻く声援がより一層濃度を増して、会場中にみなぎった。
「元気があれば何でもできる…」
 饗宴に小休止を呼びかけるように、英雄はトーンを落として囁いた。私の安い席から見ると、彼は豆粒の大きさだ。それでも、紺のスーツを威風堂々と着こなすその雄姿は、その一挙手一投足は、私が憧れる猪木以外の何者でもない。
「いくぞーっ」
 お決まりの締め言葉だ。この瞬間を待ちわびていた私が観客が、一斉に身構えた。
 猪木が大げさに身振りしながら、力強く叫ぶ。
「ジーッ!ェーッ!ンーッ!」
 観衆と一体化し、腕を突き上げた。
「ダーーッ!」

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)