5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文芸板内学生スレ

1 :名無し物書き@推敲中?:02/11/17 17:28


ここは小説を創っている、主に学生が集まるスレッドです。
小説と勉強が両立できない、家族が難色を示しているなどの悩み。
また単純に小説を書く上での相談や、はたまたただの雑談でもOKです。
学生にしかわからない問題もあると思います。情報交換など活用していければ幸い。


2 :名無し物書き@推敲中?:02/11/17 17:30
2get


3 :名無し物書き@推敲中?:02/11/17 17:31


4 :☆☆☆☆☆:02/11/17 17:35
http://alink3.uic.to/user/ranran4.html

5 :名無し物書き@推敲中?:02/11/17 18:29
パンツ丸見えじゃん!!

6 :名無し物書き@推敲中?:02/11/17 18:33
文学部落ちたYO

7 :名無し物書き@推敲中?:02/11/17 18:46
授業中に原稿

8 :エヴァっ子:02/11/17 18:50
ウィッス。
スランプ中。

9 ::02/11/17 20:39
私も授業中に書いたりはしますねー。
どうにも楽しくない授業とかはほどほどに聞きつつ、あとはネタ帳にばっかり目がむいてます。

ちなみに当方高校二年。

10 :アルカリ:02/11/17 20:56
俺は登校中にネタ考えたりするけど、徒歩りながらだとあんまりいいネタが浮かばないのは俺だけ?

11 ::02/11/17 21:07
自分は学校までちゃりで一時間だから、割かしネタは浮かぶ方。
案外、ちゃりんここいでる方がバスでぼけっとしてるより集中できるかもしれない。

12 :名無し物書き@推敲中?:02/11/17 23:21
高校のうちに投稿した事あるやつ、います?
いたら何の応募で、どこまでいったかを、よろしければー。

13 :名無し物書き@推敲中?:02/11/18 00:56
>11
そうそう。で、学校着くと忘れてんだよ…

14 :名無し物書き@推敲中?:02/11/18 01:29
禿同


15 :名無し物書き@推敲中?:02/11/19 19:44
勉強やってられん

16 :アルカリ:02/11/20 17:19
ところで他のスレで「よほど昔から書いてないかぎり学生ではろくな文が書けない」
とか言ってるやつがいたけど実際のとこどうなのさ?
俺はあくまで自己満足できる物を書いてるから上手い文が書けなくてもいいが……

17 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 17:24
>16
ネクストスレ529へGO!

18 :羽毛 ◆N0cfD64cFU :02/11/20 17:56
うちの高校の文学部、三年の人たちがたむろってて怖いらしいので
テニス部ですw

19 :羽毛 ◆N0cfD64cFU :02/11/20 17:58
いや、スンマセン、文学部じゃなくて文芸部でした…(´Д`;)

20 :文谷良介:02/11/20 18:09
>>19 文芸部……存在自体が珍しい部にまともな部は少ないですよね(特に
文科系クラブで)
>>1 俺も高二です。この板にも高校生結構居るんだな〜。
>>12 文藝に一次落ち。大分直した奴をまたりに投稿してあるけど、投稿した当時のは
自分でも読むのが苦痛だった(w またりに出したのもまだまだ推敲不足だわ。
 つうか勉強もせねばなんで小説書く暇ないです。みんなどうしてる?

21 :羽毛 ◆N0cfD64cFU :02/11/20 18:19
厨から続けているし初めからテニス部に入ろうと思ってたんですけどね…。
文芸部ってなんだかイメージ悪くて…
同性愛描写部とか言われてましたし…(´Д`;)
なんだかなあ…と



22 :エヴァっ子:02/11/20 20:48
最近の女の子は考える事が怖いよね。
何だよ?BLって……。

23 ::02/11/20 21:20
>>16
といっても学生でデビューしたやつがいるわけだし。
デビューするという事にだけ関して言えば、結果だけが重要な世界だから。学生だろうといいものは書けるだろうし、社会人だからといって書ける物でもない。
と、この板の一般論に少しだけ反論してみる。

しかし文芸部かぁ。うちの学校にはないからねぇ。
ともかく、同性愛は勘弁してください、って感じですか。どっちの性別かは、あえてきかないことに…(´Д`;)

>>20
勉強もせねば、ですからねぇ。正直どうにもならないというか。
まぁ、学校の行き帰りや面白くない授業中に考え、家に帰ってすること終わってキーボード叩くといった感じか。
でもクソ遅筆なので……いやぁ、さっぱり。あとサッカーもしてるし。

遅筆といえば。
みんなは週単位でだいたい何枚くらい進みます? 目安みたいなかんじで。

24 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 21:30
なんで同性愛とかいう他人が引くジャンルを掲載するのか分からない。
個人の好みの偏りが激しいのになー、と思う。
同性愛を取り扱ってるが、不快にさせない自信がある!っていうならいいけど。
なんかただラブラブなところを書かれてもAHAHAHAっていう感じ。
若いね僕ら。

25 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 21:46
>>24
おまえは自分の作品が読み手に吐き気を催せてないという自信があるのか?


26 :受験控えた高校生です:02/11/20 21:48
っつーか、よく思うんだが、
文芸部の連中は
なんで暗いだけのテーマ性の薄い不快な作品ばかり書きたがるかね?
文芸のコンクールでの優秀作品のどこが優秀なのか小一時間問い詰めたい。

そーゆー俺は、
ロボットもののSF書いて旺文社の小説コンクールで入賞したが……。
今思うと、あんなのが入賞するなんてレベルが低すぎる。
ちなみに俺が入賞した年の最優秀作品は、子供の嗜虐性がテーマだった。

27 ::02/11/20 21:50
いやまぁ、でも世間的にもそれなりに需要はあるわけで。
好きにやって好きに楽しんでるならそれでいいのでは、と。
所詮そこはそこ、一般には理解しにくい独特の世界が展開されているのでしょう。それが悪いわけでもない。

ただ、どう転んでも書きもしないし読みもしないけど。

28 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 21:52
>>26
さりげなく自慢してる時点で、実はその程度の受賞を誇りに思ってるのが伝わって来る。

29 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 21:54
>>26
文芸部の傾向とお前の受賞とは関係ないと思うのだが。
聞かれてないことまで説明しちゃって。
同じ暗いテーマでも自分のは優秀賞作品ってことを言いたかったの?



30 :受験控えた高校生です:02/11/20 21:55
逆だな。>16を受けての言葉なんだが。
おそらくこの板では下も下の俺が取れてしまうという事実が問題。

学生じゃ太刀打ちできんよ、相当の才能の持ち主じゃないと。

31 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:02
>>30
16を受けても文芸部より自分の方がかなり優秀っていう臭いがぷんぷんするから
気をつけた方がいいよ。


32 ::02/11/20 22:04
マターリしませう。マターリ。

33 :受験控えた高校生です:02/11/20 22:05
>31
確かに……。失礼しました。忠告感謝。

34 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:06
自分の優秀さはなるべく隠すのが美しい行為だぞ。



35 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:11
>>25
なんでそう切り返す?
他人の吐き気なんぞ知らないよ。
少なくとも、一部ジャンル受けする類の話はかかないようにしている。
校内に出す部誌の場合は。

でも誰か吐いてるかもしんねーなー(w

36 :受験控えた高校生です:02/11/20 22:16
ええっと、受験生だからこそ強く感じることなんだろうが、

セ ン タ ー 試 験 の 小 説 問 題 は お か し い !

37 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:20
>>36
別におかしくないよ。
正しい日本語の使い方を知っているか試してるだけ。


38 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:26
でも、最近毎年のように学生デビュしてるヤシいるよな……

39 :受験控えた高校生です:02/11/20 22:26
>37
それは評論問題。評論問題は、確かにそうだ。
解釈はひとつ。というか、ひとつしかありえない。

でも、小説の解釈は、それこそ無限大である。
読み取り方はいくらでもあるはず。
いやいくらでも読み取り方があるからこそ、
文学研究が成立するんだろう。
「こころ」なんて研究論文がどれだけあると思ってるんだ。

それならその小説の問題に、
その解答者が一貫性を持って解答をしているなら、
その解答は正しいと言えないか?

センター試験の解答は、問題作成者の読み取りであって、
どうしてその作成者の主観に自分の答えを合わせなくてはならないのか。

評論は、ひとつしかありえないから、作成者の読み取りも何もないが、
小説はひとつじゃない。
ひとつだったら、研究論文はひとつで充分のはずだ。

40 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:31
高校時代の問題なんて忘れたー。
けど、まあ無難なのを選べばええんでないの?


41 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:31
>>38
そして毎年消えている罠(w


……学生に限らんか。

42 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:32
センターの問題に作成者の主観は入ってないよ。
一定の法則性に基づいて問題は作られてる。
読み手が普通の読書のつもりで読むと、ズレが生じるけど、
センター用の読み方を覚えると間違うことはまず無い。
センターの問題はテクスト論的な読みの変形だよ。
受験の参考書あたってみな。

43 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 22:32
低年齢化は芸能界と同じだな。
審査員側にも一種の流行みたいなのが気分としてあるんだろうな。



44 :受験控えた高校生です:02/11/20 22:38
実はいま、それを読んでいるんだ。>センター用の読み方

ただの愚痴です。失礼いたしました。

45 ::02/11/20 22:40
面白いものを書く力がないとデビューできない。
面白いものを書き続ける力がないとつづけていられない。

46 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 23:13
でも結局面白いって誰のためなんだろ。
誰の「面白い」のために書く?
批評家? 一般大衆? マニア?

結局いくら「面白」くかいたって
「面白いね」っつうのは他人なんだよ。
当たり前だけど。
じゃぁ漏れはなんで書く?

47 :名無し物書き@推敲中?:02/11/20 23:24
俺は俺が読みたい小説を書いている。

48 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 01:33
>>46
人それぞれだと思うが、俺の場合は

表現したい
多くの人に読んでもらいたい

第一条件は表現したい、って方
で、書きたいことで、出来るだけ面白そうなのを書く

まぁ、実際は出来てないんだけどね

49 :エヴァっ子:02/11/21 10:59
自分はマニア向けを狙うなぁ。
上遠野さんみたいに。

50 :文谷良介:02/11/21 14:14
>>46 カート・ヴォネガットは、どの作品も(姉が死んでのちも)姉に読ませる
つもりで書いてるって言ってるよ。「スラップスティック」の中で。
 で、彼いわく、
「もし、わたしがなんらかの芸術的統一性に達しえたなら、その秘密は姉にある。
わたしの小説技法の秘密、それは姉なのだ。わたしにいわせれば、
調和と統一のある創造物はどれでも、それを作った芸術家や発明家が、
一つにまとまった観客や聴衆を頭においていたからなのである。」

 俺は最近「この人達に読ませるつもりで書くぞ」って思える小グループが
見つかったんで、喜んで書いてます。

51 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 14:26
小学校の時、これこれを読んでどう思うかって設問で、
採点された時、きれそうになったな。
おまえ人の思いに点数つけるのかよって。

52 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 15:10
つけるのよ

53 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 15:42
五点。

54 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 17:06
俺を見習え
小説家を目指して高校辞めたぞ

55 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 17:18
>>54
詳しく教えて。

56 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 18:46
わけわからん

57 :羽毛 ◆N0cfD64cFU :02/11/21 19:25



58 :アルカリ:02/11/21 21:25
ところで手書きで書いてる人いる?
ちなみに俺はワードパッドだが……。


59 :名無し物書き@推敲中?:02/11/22 15:26
半々くらいで手書き。
入力しながらなおすよ

60 :名無し物書き@推敲中?:02/11/22 20:44
プリントして出して、手書きで直しつつ…。
あと手書きでノートに書いていって、パソコンに…。
こういうのが半々。
後者はパソが手元にないときにネタが沸いたとき。

61 :羽毛 ◆N0cfD64cFU :02/11/22 20:45
創作している時間が少なくて困ってますた(´Д`;)
学校遠いし、高校生の悩みでつ。

>>58
関係ない話ごめんよ…>>59と同じでつ

62 :みかん:02/11/22 21:08

http://www.freewebz.com/kotish/cgi-bin/img20021012165534.jpg




63 :名無し物書き@推敲中?:02/11/22 21:15
このスレッドに貼られたURLは見ないようにしようね
10分の8か9くらいの確率でエロ画像とかの罠だから。

64 :名無し物書き@推敲中?:02/11/22 22:38
エロ画像ならいいじゃん

65 ::02/11/22 22:52
こういうのは素直に無視しておいたほうが無難。

ちなみに、小説書くときはほぼパソコンなり。手書きはしないなぁ、字も汚いし。
ねたメモったり、あらすじ書きなぐったり、プロット組み立てたりはノートの方が便利だけど、いざ本番! となったらパソコンで書く。
ただ、たまに家族にみられるのが激しく鬱……

66 :名無し物書き@推敲中?:02/11/22 23:51
漏れマイパソあるが。
やっぱ少数派なんだな…。


67 :名無し物書き@推敲中?:02/11/23 12:28
いいな

68 :名無し物書き@推敲中?:02/11/23 12:33
>65
おれは家族共有だが、パスワードで入れなくしている。
これってXPからかな?

69 :アルカリ:02/11/23 13:28
俺もマイパソだけど少数派なのか?


70 :文谷良介:02/11/23 14:43
俺もマイパソ。

71 :名無し物書き@推敲中?:02/11/23 14:46
>68
XPからです。でもXPは……。

72 :名無し物書き@推敲中?:02/11/23 14:52
なに? きになるだろ

73 ::02/11/23 18:55
自分のノーパソほすぃ〜。

>71
話を聞く限りじゃぁ、色々と問題ありのようで。
MSは知っててやってるって噂が(笑)

74 :アルカリ:02/11/23 19:59
>>73
マジで?俺XPだよ……

75 :名無し物書き@推敲中?:02/11/23 20:49
家族の共有パソです。
筒抜け!

76 :名無し物書き@推敲中?:02/11/23 21:38
教室に持っていけるノーパソほちい。
たまにパソコンでノート取ってるやついるんだよなぁ。

77 ::02/11/23 22:41
ノートパソコン小脇に抱えてファミリーレストランへ行き、コーヒー飲み放題しながらカタカタと原稿書く。そんなことに、




それに痺れる! 憧れるぅ!

78 :名無し物書き@推敲中?:02/11/23 22:44
ノーパソはなぁ、落としたら修理費大変なんだぞ。
保険料高いんだぞ。覚悟して買わないと痛いぞ。
松下が落としても壊れないの作ってるけど高いぞ。

79 :名無し物書き@推敲中?:02/11/23 22:47
>>77
脳内だとカッコイイかもしれんが、実際にやるとただの変人にしか見えんからやめとけ。

80 ::02/11/23 22:58
>78-79
うん、だから結局憧れで終わるというか。

でもファミリーレストランとか喫茶店て、案外集中できるかもしれないかなと。
自宅はなんだかんだいって、集中力乱す誘惑物が盛りだくさんだから。

81 :アルカリ:02/11/23 23:00
>>80
周りの視線が気になって余計じゃないか?

82 :アルカリ:02/11/23 23:37
なんか三人称より一人称の方が書きやすいような気がするするけど俺だけかな?

83 ::02/11/23 23:55
どちらが書きやすいかは人それぞれだけれども。
私は一人称が書きやすいけど三人称で書いてるタイプ。なぜか、「私」という代名詞がかなり好き。

本当は全部「私」でいきたい……

84 :アルカリ:02/11/24 00:02
そうか、俺は一人称に依存してるからな〜。
あとさ別スレでもカキコしたけどファンタジー書くとき一人称ってどうかな?

85 :文谷良介:02/11/24 00:09
>>84 不可能じゃないと思いますよ。ただ、別の技術が必要になる場合はあるかも。
 視点をいくつか設けて、いろんな登場人物の一人称で書いていくという手もあると思う。

86 ::02/11/24 00:25
それは難しいとおもう。話の中で視点を一人に絞らずに複数に散らせるのはわかるけど、それを一人称でするとなると話が違ってくるかと。
全員「私」や「俺」では収拾がつかなくなるし、読者からしてもわかりにくい。冒頭に「〜〜の視点」と書くわけにもいかんし(世にはそういう市販小説もあるのか知らないけど)
工夫次第ではなんとでもなる! という気持ちもわかるけど、正直描写だけではなんともできないとおもう。

私が三人称にこだわってる理由の一つがそれ。

87 :名無し物書き@推敲中?:02/11/24 00:57
一人称でいくつかの視点に分けるっつーのは、
その集まる向きを共通にしないと効果がないと思う。

つまり、Aさんから見たX、Bさんから見たX、Cさんから見たX……
という具合にやっていくなら、とても面白いと思うが、
AがZを見ていて、BはYで、CはX……とかだと、収拾がつかなくなると思う。

要するに、その視点がその小説にあうかどうかだな

88 :名無し物書き@推敲中?:02/11/24 01:37
いろいろめんどうなんだな

89 ::02/11/24 10:44
まぁ難しく考えずに、書きやすく、読みやすいものを目指せばそれなりにいいものができるのでは?

90 :名無し物書き@推敲中?:02/11/24 22:58
てめえらぁ! どんなジャンルを書いてるのか、いっちょこの俺に教えてください!

91 :名無し物書き@推敲中?:02/11/24 23:04
本人はエンターテイメントだと信じている純文学。
(友達には純文学といわれてしまうのだよ、なぜか)
これが九割で、残り九分がSF、残り一分がファンタジー。

92 :名無し物書き@推敲中?:02/11/24 23:08
小説現代に送る香具師いる?

93 :名無し物書き@推敲中?:02/11/24 23:09
おい、学生じゃ無い奴手ぇ挙げなさい!

94 ::02/11/24 23:29
ジャンルは、現代伝奇物。ライトノベルにならないよう、いつも気をつけてます。

95 :エヴァっ子:02/11/25 00:04
ラノベだなぁ、書くのは。
皆結構純文書いてるので驚き。

96 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 00:05
>>91
つまらないからじゃない?

97 :現部長80:02/11/25 02:45
悲観的な意見が見たければコチラへ。

◆◇◆現役高校文芸部員が嘆くスレ◆◇◆
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1030036221/l50

98 :アルカリ:02/11/25 20:14
俺は恋愛だな特にメイドが好きだ。

99 ::02/11/25 20:41
やっぱりラノベ多いなー。

100 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 22:00
現代伝奇……ホラーっぽいヤツかな? どこと無く俺と似てるね。

101 ::02/11/25 22:20
ホラー要素は……あまりないかも(笑)
うーん、怖さにエンターテイメントを求めた小説じゃないからなぁ。むしろそれに立ち向かう人間対化物の構図。
最近、ファンタジー的な要素を加えようか加えまいかで苦悩してまふ……

102 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 23:25
>>96
ありうるな。

私も純文学!


103 :アルカリ:02/11/27 19:00
さがってるな、ageねば。

104 :名無し物書き@推敲中?:02/11/27 19:04
詳しくは
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=CKQ9L+C8KSFM+J6+BY643



105 :名無し物書き@推敲中?:02/11/27 20:25
>>104
アイフル

106 :名無し物書き@推敲中?:02/11/28 02:24
無料?

107 :名無し物書き@推敲中?:02/11/29 19:06
ぶっちゃけ17のうちにデビューしてみたかった…
学生作家やってみたかったなー

 も う 卒 業 で す よ

108 ::02/11/30 00:08



            ど ん ま い








109 :アルカリ:02/11/30 15:22
>>107
人生山あり谷あり、ガンガレ!

ところで物書きしてる時って音楽とか聴く?
俺は「VALENTI」聴いてると凄まじく書けるんだけど。

110 :名無し物書き@推敲中?:02/11/30 15:47
爆風スランプやブルーハーツが好き。
歌詞からイメージを奮い立たせるのと、パンクロック好きなのもあるけど。
最近はガガガSPやハイ・ロウズも良いナーなんて。

聴く曲は歌詞で決めてる。

111 ::02/11/30 18:57
あー、私は一切聴かないタイプ。聴くとして歌詞のないやつだけ。
歌詞とかセリフとか、聴いてたらどーにも、集中力が乱れるというかなんというか。

やっぱ無音。執筆してないときは聴くんだけどね。

112 :文谷良介:02/11/30 19:01
>>110 俺もブルーハーツやハイロウズ好きだけど、創作中は聴かないなあ……
俺は無音ですね。書いてるときには何かのフレーズが必ず頭の中で繰り返すんで、
音楽は必要ないんです。勉強するときはクラシック聴くけど。

113 :アルカリ:02/11/30 19:11
つーかテスト終った後のリラックスした気分はたまらんな、学生として。

114 ::02/11/30 19:17
ハゲドゥ。たまらん。

115 :名無し物書き@推敲中?:02/11/30 20:39
高校生多いのか。

(高校生は学生じゃなくて生徒なのに)

116 ::02/11/30 20:44
うえ、もしかして学生と生徒って違うのですか!
義務教育と、そうでないの差かな? うえー、知らんかった。スマソ。

117 :名無し物書き@推敲中?:02/11/30 20:56
高校は義務教育じゃないぞ。分かってると思うけど。

中学・高校には、児童会も学生会もないでしょ。あるのは、生徒会。
あと、中学以前の学級活動は、高校に入るとHRに名前が変わったり、
マイナーチェンジがある。

118 :アルカリ:02/11/30 21:30
ま、細かいことは気にせずその細かな神経を創作にむけようYO!

119 :名無し物書き@推敲中?:02/11/30 21:34
大学生ですが、おっさんですか?

120 :名無し物書き@推敲中?:02/11/30 21:37
大学にも文芸サークルってあんの?

121 :名無し物書き@推敲中?:02/11/30 21:41
普通はあるけど、ドキュソ大学にはないっぽい。
それなりに歴史のある大学の文芸サークルは割としっかりしてるっぽい。

122 :アルカリ:02/11/30 21:44
>>ドキュソ大学にはないっぽい。

(;´Д`)マジで?生きていけないよ……。

123 :屠所の羊制作委員会:02/11/30 22:37
依頼です
http://jbbs.shitaraba.com/study/967/
どなたか↑の掲示板の「羊を巡る冒険」というスレに連載しかかっている「屠所の羊」という小説の続きを書いてもらえませんか?

124 :名無し物書き@推敲中?:02/11/30 22:51
大学の文芸サークルは検索すると、結構でてくる。
そんな自分も大学生でしたね。


125 :名無し物書き@推敲中?:02/11/30 22:57
他人の小説の続きを書くのは容易ではない。
読んだけど、俺には無理。
あと、小説というには台詞で構成されすぎてる気がする。
内容は面白いと思うので、頑張って続きを書くヨロシ。

126 ::02/12/01 00:01
ムリ。いろいろな意味で。

127 :屠所の羊制作委員会:02/12/01 00:13
>>125
委員会と言うだけあって俺は原案者で、書いてるのは別のやつだったんですが、そいつが書けなくなってしまったので…
俺は携帯しかないから長文が書けんのです
あと、セリフが多かったのはプロローグの部分で主要キャラをセリフ主体で登場させるという書いていた奴の作風?ですのであまり気にしないで下さい

128 :文谷良介:02/12/01 00:59
>>117  学生証はどうなんでしょう……

129 :名無し物書き@推敲中?:02/12/01 12:29
早川から出てる大統領のミステリを読んで見れ。
当時の有名作家達が一章ずつ引き継いで書いた名作だ。

130 :名無し物書き@推敲中?:02/12/01 15:03
漏れらは有名作家ではなく学生なのでなんとも……。
他のスレに行った方が良い結果が出るであろうな。

131 :名無し物書き@推敲中?:02/12/01 16:54
◆◆◆2ちゃんねる住民調査実施中◆◆◆

・アンケートフォーム
http://cgi.din.or.jp/~norihide/cgi-bin/2ch2/2form.html
 
2ちゃんねるをテーマにした「論文」を書いています。
(先行研究→http://www5.airnet.ne.jp/umakoya/2chtext.html
その過程で「2ちゃんねら〜」の実態に興味が湧き、
アンケート調査を敢行することにいたしました。   
個人情報が外部に漏れることはありません。
2ch利用者の方は一人一回のみ、全16問のアンケートにご協力ください。
データ収集期間は11月30日-12月1日の予定です。
                    
なお2ch全体から、広く、偏りの無いデータを集めたいと考えています。
もしよろしければこのアンケートの存在を、
2chの各板・スレッドに宣伝して頂ければ幸いです。
みなさまのご協力よろしくお願いいたします。
                            

132 :アルカリ:02/12/01 19:34
なんだかんだで今日でPC歴一年か……。
時間が経つのって速いなぁ……。

133 :アルカリ:02/12/01 19:48
十分以上経ってもまだトップが変わらない……。
恐ろしい程の過疎板だな、別に良いけどね。

134 :名無し物書き@推敲中?:02/12/01 21:38
うん、まぁ確かに受験板とかにいると、ここの回転のおそさがもどかしひ。

135 :わか:02/12/01 21:40
オレの長短編見てくれ〜。


136 :アルカリ:02/12/01 21:51
>>135
いいよ

137 :名無し物書き@推敲中?:02/12/01 22:09
>>135
長いの短いの?

138 ::02/12/02 07:25
超短編?

139 :名無し物書き@推敲中?:02/12/02 19:26
うん

140 ::02/12/02 20:11
ええのでは? 簡単な感想くらいなら言えますです。

141 :アルカリ:02/12/02 20:16
何気に期待age

142 ::02/12/03 22:21
唐突であるけれど、何人くらいいるのか気になったり。
出席とってもよろしいですかー。

いやまぁ、てなわけで


>135わか氏
期待中。正直みしてホスィ。

143 :名無し物書き@推敲中?:02/12/03 22:39
2ゃ

144 :名無し物書き@推敲中?:02/12/04 02:21
3

145 :手首に傷を持つ男 ◆4JEHUg6ZvU :02/12/04 02:27
4です

146 :夕 涼美:02/12/04 09:55
小説書いているとさ色んな事知らないと駄目だな〜とか思っちゃいますね。
もう私は手遅れだけど…(当方大1)
皆さん、勉強頑張って下さいね(汗
若い人たちがうらやましいワイ

147 :アルカリ:02/12/04 16:56
5だったり

148 :名無し物書き@推敲中?:02/12/05 15:32
以上?

149 :6:02/12/06 22:29
6は俺が貰ったー!
……って、3回だけだけどな、書き込んだの(w

150 :アルカリ:02/12/07 12:23
下がってるよ……、このスレ結構好きなのに…。

151 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 12:27
某あほ大学からあくせすしています!
俺も含めてみんなあほばっかです!
脳みそとろけちゃってます!
やばいです!ある意味電波集団です!

152 ::02/12/07 18:52
しばらく忙しかったのですよー。

で、結局六人ですか。まぁこんな感じかな。十人は行って欲しいなと思ったけれど。マターリしませう。

>151
あほは好きです。デムパも嫌いじゃないです。

153 :アルカリ:02/12/07 21:18
そういや自分の書いた文章が本みたいに表示されるソフトがあったね。
結構良い感じだから長くお世話になってたけどHP閉鎖するみたいだよ……

154 :アルカリ:02/12/07 22:19
確かここにあるはず「窓の中の物語」ってやつ。
フリーだよ♪

http://www10.pos.to/~bei/


155 ::02/12/07 22:20
ん? わからんです。教えてくらさい。それとももう閉鎖したあとなのかな?

156 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 22:21
学生スレか……
俺はあと何年学生なんだろう……


157 ::02/12/07 22:22
おおぅ、グッドタイミン。どうもです。

158 :アルカリ:02/12/07 22:27
冬休みが近くなってきたしここらで初のファンタジー物一気に書きあげようかな。

159 ::02/12/07 22:38
>アルカリ氏
ファンタジーかぁ。
そこらへんの詳細をずずいぃーーっと、一つ。

160 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 22:39
>>158
ヲワーオ。がんばって。
そういや自分物語最後まで書き上げたことほとんどねぇや(w

161 :名無し物書き@修行中?:02/12/07 22:47
語彙力や表現力ばかりで発想力がヘタレな俺はどーすればよかとですか?
ネタさえあればバリバリ書けるんだけども、そのネタが一向に浮かんできちゃくれない。
バランス悪いよー。

162 :文谷良介:02/12/07 22:50
>>161 神話とかおとぎ話とかから普遍的なテーマをひろってきて、
それをもとに書いてみるとか。

163 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 23:03
>>159
王女と幼馴染の青年のラブファンタジー
なにぶん初めてだからかなりの駄文、三人称にも馴染んどこうと挑戦してみたけど停滞してるよ……

>>161
俺は逆だよ語彙力、表現力がかなりヤバイ、〜と言ったとか平気で使うしね。


164 ::02/12/07 23:05
まずは大まかな話の輪郭を妄想(俺はこんな物が書きたいんだぁ!)
            ↓
そして具体的な設定(街、キャラクター。極限まで具体的に)
            ↓
こんなシチュエーションとか会話がイカスゥ!(ネタに使うかはともかく、妄想が大事)
            ↓
そして材料を揃えるだけ揃えたら、具体的なストーリーへ。

私の場合はこんな感じでせうか。役に立たなかったらゴメソ。

165 :アルカリ:02/12/07 23:08
分かると思うけど163は俺です、ミスりすいません。

166 ::02/12/07 23:10
>163
ラブコメファンタジーか。私的に、恋愛は難しいとおもうのですががんばってください。
……私も挑戦したんだけど撃沈というか……出来上がったのが、あまりにベタすぎてやめてしまいました。

167 :アルカリ:02/12/07 23:11
>>164
俺は設定やってる時にそれに夢中になって結局、途中放棄って事がよくあるね。

168 ::02/12/07 23:11
わかったけど一応ね。

169 :名無し物書き@修行中?:02/12/07 23:16
お題を出されたり、他人の文のリライトなら何の苦もないんだよね。
そんなわけで「ひたすら描写するスレ」に入り浸ってたりする。
なにか、こう、インスピレーションがビビッと来る時って有るよね?

170 :名無し物書き@推敲中?:02/12/07 23:31
あーるあるある

171 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 01:33
あっ、こんなスレあったんですか。
はじめまして。
私は高2なんですけど、やっぱり親の目が厳しいです。
父方の伯母が詩人で曽祖父が時代小説家なので、
小説家目指すことについては、はっきり駄目とは言わないんですけど、
それでも「いい大学行ってちゃんと就職しろ」みたいなことほのめかすんですよ。
だから親(特に母)のいるところでは絶対書けません。
大体、基本的に自分の部屋というものが無いんです……。
だから、小説は学校に残ってかいてるか(これはあまりしませんが)、
夜遅くまでおきてて、皆が寝静まったころにこっそり書いてます。
……朝がつらい。



172 :名無し物書き@修行中?:02/12/08 01:48
>父方の伯母が詩人で曽祖父が時代小説家

凄いなぁ……。恵まれてる。
うちの親父も雑誌に載る文章書いてるけど、基本的に小説と関係ないから参考にならない。
単なる軍事、カメラヲタなんだもん。

173 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 01:52
最近、ラノベ風の冒険小説を書き始めました。(まだ冒頭……)
時代設定は、江戸時代っぽくしようと思ってます。
(でもロボットとか出そうかと考えてたり)
今までは短編書きだったのですが、初の長編に挑戦です。
……といっても、一話一話ごとに旅した町や出会った人とのことを書いた
短編をまとめようと思って……。
でも、テーマは一貫させて、最初は冒険の始まり、
最後はちゃんと終わるようにします。

>お題を出されたり、他人の文のリライトなら何の苦もないんだよね。
その気持ちすごく分かります。
私は大体三語スレをうろついてますね。
下手だとかは置いといて、お題を与えられたら、ショート
(15行以内はつらいですが)は話が思いつくので。
実を言うと、↑の話の原案も三語スレに書き込んだ話のうちから出来たんです。
自分の気に入った人物と設定が出来たので、このまま終わらせるのは、
もったいないし、おもしろくないと。
しかも初めてのラノベでした。
それまで、自分はラノベをかけないと思ってたんで……。

174 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 02:05
>>172
でもやっぱり自分とは関係ないじゃないですか、血なんて。
それを言うと父も母も普通のサラリーマンと主婦ですし。
でも、一つ分かったことはやっぱり話を聞くと、なるまでに苦労したようです。
(曽祖父の方は亡くなってるのであったことはないんですけど周りから聞くと)
なってからも、最初は二束の草鞋でがんばったっていってましたし。
それを聞くとやっぱり学生のうちじゃあ無理なのかとがっかりしたり(w
結局自分の腕を磨けるのは自分自身だし、才能が無くて
夢が叶わなくても、小説は自分が書く気さえあれば書けますし……。
……とはいっても、自分の信念、時々粉々になりそうになるときがしょっちゅうです。
そんな時、ネットって便利だなぁ、と思いましたよ。

175 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 02:06
日本語ミス……。
時々としょっちゅうを併用してしまった……。

176 :名無し物書き@修行中?:02/12/08 02:08
ラノベか。
ラノベだったら、リレー小説やってるサイトとかあるよね。
参加してみたいんだけど、周りの"ラノベ〜"な雰囲気にヤられる。
ま、それはぼちぼち頑張るか。どうせ時代小説や推理小説が書けるモンでもないし。
ホラー小説かな俺のハタケは。

177 :名無し物書き@修行中?:02/12/08 02:17
>>174
いや、血縁とかじゃなくて、身近にそう言う人間が居たって事さ。
うちは親父が書いてるから小説には寛容だし、ただ思うままに書いてそれを許されてる。
安いワープロを買ってくれたし、創作に関する愚痴も聞いてくれてる。
まぁ、はなっからコレで飯食っていこうなんて思ってないし単なる趣味でやってる事だから、
気楽な立場なのよね<俺

178 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 02:22
>>176
ホラー!!
うらやましいです。
二度ほど書きましたが、またりで……(苦藁
怖く出来ないんですよね、どうしても。
もう一つ適性に疑問を持ったのは、普段は推理小説を書いてたんですけど、
新地開拓で恋愛ものを書いたら、そっちの方が友人の間で、評判良かったんです(w
新しいジャンルが増えたという喜びと、書くのは好きなのに、
推理小説はむか無いんじゃないかという苦さを味わった瞬間でした……。

179 :名無し物書き@修行中?:02/12/08 02:33
ホラーっつってもそこまでおどろおどろしいもんはまだ書いてないけどね。
ただ表現が黒い、暗いってだけかも。
またりにはまだ書いたことないけど、参考までに↓
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1037278039/300
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1037705225/111
偉そうに語彙力、表現力なんて言ったけど大した事ないよ、実際。
あと自分には絶対に恋愛小説は書けない。あんなの無理だって!!

180 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 02:40
>>177
絶対家族にそういう愚痴は言えないですよ。
かわりに友達に聞いてもらってますけど。
話を書くのは、私も趣味でやってますけど、それでご飯が食べれればなぁ、
とは思います。
でも基本的には「ものを書く」行為自身が好きというか……。
それこそ、80だろうが90だろうが死ぬもしくは、
目や手がどうかなってない限り小説を話を書くことはできると思っています。
寛大に寛大に……。

181 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 02:45
>>179
雰囲気は出てます。
……描写がしっかりしててすごいですね。

182 :名無し物書き@修行中?:02/12/08 02:52
何事も好きだから出来るので、80や90どころか100や200になっても書きつづけてたいね。
評価は求めないで書いてて、もしそれが評価されればそれでいいだろうし。

183 :名無し物書き@修行中?:02/12/08 02:57
↑意味わかんないね。
"評価を求めないで書いてても、もしそれが何処かで評価されるならそれはそれでいいだろうし。"
だね。それでも意味ワカランかもしれんが。

184 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 03:40
>>183
十分分かりますよ。
私も似たような心境です。
小説を書く人って、そう思ってる人多いと思います。
そうでなければ、「趣味で」という人か、「絶対小説家になる」
とバリバリやってる人のどれかかな?


185 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 03:50
こんな感じのラノベにしようと思ってます。
(とりあえず、断片的に3つ)
最初のは三語スレに書いたんですけど、改訂したんで。
感想いただければうれしいです。

「私…砂漠地帯に行きたいな。ねぇ、路望、砂漠はこっちでいいのよね」
若い女性…と言うよりもは、まだ少女と言った方が似合うだろうか。
その勝気な表情の少女が路望と呼ばれる10歳くらいの小柄な少年に、地図を見ながら笑顔で話しかける。
少年は一瞬困ったような顔つきになり、次に皮肉めいた笑みを浮かべた。
「紫乃お嬢様は相変わらず方向音痴なんだから。地図、ちゃんと見てます?」
路望はつかつかと紫乃という少女に歩み寄り、少女の持っている地図に小さな指で目的地を指した。
「こっちに行くんですよ。ナビは僕に任せてください」
彼は、頭脳に今駆使できる科学のすべてをつぎ込んである最新型の人型ロボットだった。
「私だってできるわよ!でも…、今は路望に任せておいてあげるわ」
紫乃は少し頬を膨らませながらも、しぶしぶ信頼できる召使いに地図とコンパスを渡す。
「でも紫乃お嬢様、本当にあれで良かったんですか?旦那様はきっとかんかんですよ」
「いいのよ、あれで。お父様が勝手に私を結婚させようとしたんだから。私まだ16よ。花嫁になるにはまだ早いわ」
紫乃は路望の言葉に小さく肩を竦める。
しかし次の瞬間、紫乃は開き直ったように顔を上げ、まっすぐ前を見据えた。
「それに私、小さい頃から冒険家になりたかったの。今まではお屋敷に縛り付けられた生活に耐えて来たけど、理屈じゃなくて、この世界って地球儀みたいに本当に丸いのか自分の足で確かめたい」
路望は温かい目で紫乃を見つめて微笑む。
「仕方ないなぁ。僕もついていきますよ、紫乃お嬢様。だからその決心、途中で投げ出さないで下さいね。…お屋敷に戻ったら、お嬢様だけではなく、僕も旦那様に怒られるんですから」

http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1037705225/113
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1035997319/82

186 :名の無いぬいぐるみ:02/12/08 10:46
こんにちはv 久しぶりにきたらこんなスレが。
さっそく相談事なんですけど、
Q書房のQBOOKSっていうHPで行ってるオンライン小説バトル。
そこの学生1000字で一回チャンピオンとったのですが、
これはまだ喜んでいいのでしょうか?
審議していただきたいです。

187 ::02/12/08 18:13
えーと、下の発言最初から最後まで全部まるっと偉そうな上に自分のこと棚に置きまくりなので、ご留意くだしぃ。最初に謝っておきます(笑)
えらそでごめんなさい。


まず、審議というかそれについて話すにしても、何をどう言ったらいいのかわからないんですが>>186
喜ぶかどうか迷う対象が、千字の話でチャンピオン取ったことなのか、小さな範囲でのコンテストで入賞したことなのか、わかりません(一見したら純文学的な内容が多いような気がしたけれどそれについて?)
コンテストで入賞したことについてなら、それは他の方々に評価して頂いて自分なりに納得しているのなら、喜ぶべきでは? 
っていい方も変だけど喜んでもいいんじゃないかな、と。てか自分で投稿したんだから(笑)
私としては、満足してるかどうか、それを他人に訊いてもいい答えは返って来ないと思われます。小説投稿して何処かの何々で一位を取った経験があるわけでもないし(他の方はさておき)
名の無いぬいぐるみ氏がプロを目指しているのなら、甘えずにさらに高みを目指すべき、といいます。
何のジャンルを専攻してるのかわかりませんけど、千字というのも、ショートショートにもならない超短編だし。
小さなコンテストは上から下までほとんどが、プロになる上でのステータスにはなりえないでしょう。

『アマチュアなら楽しけりゃいい、プロを目指しているなら新人賞以外無意味』
今は閉鎖したとあるサイトで教えてもらったことですが、最初に言われた時は怖い世界だと思ったものです。
(でも多分、どこの世界もこんな感じゃないかなー、と最近感じてたり)


Q書房、QBOOKS
http://www.qshobou.org/
バトル会場
http://www.qshobou.org/kaijo.html

188 :☆☆☆☆☆:02/12/08 18:13
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

189 :名無し物書き@推敲中?:02/12/08 18:27
>>186
ぬいぐるみちゃん、久しぶり。
Q書房はこの板の人間でも誰かチャンピオン取ってる人が
いたと思うよ。
Qの一般レベルは解らないけれど、投稿サイトでの一位ってのは
なんであれ喜ぶべきなんじゃないかな。
ともかくおめでとう。よかったね。

190 :名の無いぬいぐるみ:02/12/08 18:45
>187
ありがとうございました。
少し喜んで、『アマチュアなら楽しけりゃいい、プロを目指しているなら新人賞以外無意味』
という言葉に少し反省。
ランクアップ目指してがんばります☆
ありがとうございましたv

>189
お久しぶりですv
チャンピオンとったと言っても、半年くらい前の話なんですけどね。
今も応募中です(笑)
ありがとうございますvv

191 :名無し物書き@推敲中?:02/12/08 19:47
>185
……三点リーダは二つ打った方が良い。

192 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/08 22:54
>>191
読んでいただいてありがとうございます。
あっ、直すの忘れてた……。
友達に注意されて、最近は三点リーダー注意してるけど、失敗;

オンラインバトルなんていうのがあるんですか……。
パソコン始めて、そんなに経ってないので知りませんでした。
今度参加してみよう♪
他にもそういうのがあったら教えてください。
お願いします。

193 :名無し物書き@修行中?:02/12/09 05:01
>>185>>192
読んだYO-♥
ああいう空気は好きー。
ほのぼのまったりした感じって憧れるね。自分で書くと何処かしら歪んでくるから。
ライトノベルとまでは行かないけど、それっぽいの書いてみるかなぁ……。
設定狂いなんでね。納得いくまで煮詰めてからじゃないと動けないだろうけど。
さて、基本が鬼畜のこの俺に書けそうなのってナンダロウ?

それはそうと、サウンドノベルに興味あるヤツ居るー?
ゲームとかである、テキストを選択肢で分岐させながら話を続けていくやつ。
アレやってみたいんだけど。

194 ::02/12/10 16:09
>>193
サウンドノベルは正直、面白いと思う。
小説とは違うくて、場や状況を絵に任してもいい部分が出てくるから、その分より人物の内面を表現できると思うし。
まぁしたくても周りに絵師も音師もいないわけで。
時間がないのもあるし。一人じゃできないからねぇ。
チームの中で時間合わせないといけない面も出てくるだろうし、本気で取り組もうとしたら色々と犠牲が必要だろうと思う。
お遊びでやるならいいけど、私的にはやるからには妥協したくないし。
だから、しない。むしろできないというか。やってみたくはあるけど。

195 :名無し物書き@推敲中?:02/12/10 22:00
あげてみる。

196 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/10 23:43
>>193
読んでくれてサンクスです。

サウンドノベルですか。
一度、友達の間でやろうかという話も出てたんだけど、
時間が無くてうやむやに……。
面白そうだけど、時間がかかるし、発案者は受験生の先輩でしたからね……。

皆さんに少しお聞きしたいんですが、やっぱり文芸部とかに入ってる
or入ってたんですか?
そっちの方が腕を磨けそうな気がするんですが、うちの学校はなくて(;0;)
(そして全然関係ない華道部とかに入ってる……)
実際どうなんでしょうか。

197 ::02/12/11 00:21
うちの学校も文芸部ないですよ。
他スレの話を聞く限り、あったとしてもいい環境かどうかは格差があるらしいけど……
でも確かに身近で、面と向かって感想言ってもらったり批評してもらったりしたのなら、腕上がりそうな気がする。

そして私も全然関係ないサッカー部に入ってる(ぉ

198 :名無し物書き@修行中?:02/12/11 04:37
ぶ、文芸部ですかい?
えぇと、ほら、その、実は、なんて言うか、アレだ、アレ。





…………部長ですよ(苦笑

199 :文谷良介:02/12/11 14:51
俺はテニス部に入っていました。
入って本当に良かったと思ってます。やっぱり
小説書きになりたければ本だけ読んでればいい、書いてればいい
ということではないと思いますよ。文芸部に入れないことを嘆く必要はないと思います。



って、俺は辞めたんだけどね(w

200 :うり:02/12/11 15:51
殺伐とした文芸板にそぐわない、和気藹々とした雰囲気の良スレだ。
擦れて歪んだ大人達に荒らして欲しく無い感じ。
オレは学生では無いので今後はROMにて。

201 ::02/12/11 18:13
>>198
もしかして、文芸部スレの方でつか?(笑)
ご苦労様です……苦労、多そうです……違うならそれはそれでよかなのですけど。
がんがって。

>>199
でも実際、本だけ読んで書いてるだけ(私は)
現実的にそれ以外の道はないし。知りたいことは多いけど、一般的なことならもう知ってることばかり。
構成や、新しくチャレンジしてみたやり方が成功しているかとか、そういう具体的な討論(というか話)をできる人が周りにいれば、本当にありがたいのだけれど。
家族にも味方少ないし。最近は、孤独と不安を身に染みこませながら執筆する毎日。

愚痴になりますた。ゴメソ。

202 :名無し物書き@修行中?:02/12/11 21:18
>>201
いや、お察しの通り私が"現部長80"です。
まぁ向こうは嘆くためのスレだし言いたかった愚痴は向こうに吐いてきたから。
その分こちらでマターリやるよ。

>>ALL
ヴィジュアルノベル作成ソフトを他スレからダウンしたけど、何やらテストプレイが動作しない。
しばらくおあずけの予感。

203 :アルカリ:02/12/11 22:34
>>1
「家族にも味方少ない」←確かに、っていうか俺は皆無だよ(泣)
たった一人の弟にも避けられる始末、ああ……。

204 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/11 22:37
やっぱり人様々ですか……。
私も本当に本を読むだけの人間です。
書いた作品を読んでくれたり、批評してくれる友達はいますが。
私も華道部入ってよかったと思うし、それでいいってことですよね。
それに、文芸部は文芸部で大変ですね。
何か今いえることは……皆さん(私も含む)がんばってください。
(ハァ……、今なんかものすごく後ろ向きです。
 帰ってきた英語のテストが悪くて《英語は嫌い!!》、親に
 「また話書いてたやろ。そのせいやで!受験終わるまでやめなさい」
 と言われたところです。何十回目の話でしょうか……。
 そしてその言葉に危機感を感じてしまった自分も悲しかったです。
 でも話が書きたいんだよ〜)


205 :文谷良介:02/12/11 22:58
>>1 確かに、確実に読んでくれる人がいるといないとでは大きな差があるかもしれません。
 俺の場合はテニス部の皆さんが読んでくれるのですけどね。

>現実的にそれ以外の道はないし。
 人間としての成長があれば世界が広がるかもしれないし、勉強にしても何かの高みに
辿り着ければそこから多くのものが見えてくるかもしれません。

 しかしあれですな、小説はまだいいが、夢見る女の子などに「読んでね」と言われて
詩を渡されたりすると実に辛いですね。

206 :文谷良介:02/12/11 23:15
皆さんやっぱり、親のことでいろいろ大変なんですね……。
俺は父が小説家(広義で。単行本は一冊だけで、あとは雑誌掲載)であることも
あって、ある程度の理解はあります。恵まれてるんだろうなあ。

>>204:ルゥさん
 勉強については俺も激しく言われます。わざわざ金を払ってもらい高校に通わせてもらって
いるのだからちょっとは頑張ろうと思うのですが、まったくやる気が起きないです。
英語、俺も嫌いですが、カート・ヴォネガット(アメリカの作家)が好きなんで、原書で
読みたいんで、頑張ってます。がんばっていきましょー。

207 ::02/12/11 23:36
>202むしろ現部長80氏
不覚にも、あっちのスレでの名前のネタで腹を抱えてしまいますた。
がんがって。

>アルカリ氏
家族は、なんというか親にだけ話したというか。
――将来これで食べていきたいねん。しょせん遊びやんけ。ちゃうねんちゃうねん本気やねん。本気も何もお前今の世の中……――ああたらこうたら。
『プロになるまではお前のやってる事は遊びに過ぎない。保険をかけるわけじゃないが、勉強もしっかりしておけ』
話が終わるころにはそうなってました。わからんでもないし、ていうかめちゃくちゃわかるほどわかるから、変な気分になりますた。
現在は敵でもないし、友軍でもないといったところか。うちの弟は割りとこっち側かも。

>ルゥ氏
読んでくれる人も批評かましてくれる人も、周りにいません。というか基本的にカミングアウトしてない(ぉ
たとえカミングアウトしても、絶対に友達連中には見せないでしょうね。そろいもそろってネタにしてしまうような親友ばっかりだから。
それと、やっぱり勉強はしておいた方がいいとおもいます。
いや、将来のためにー、とか。学生の本分としてー、とかではなくて、親を心配させない程度には、しといた方がいいかと。
それに勉強ちゃんとやってたら小説書くことに、納得してくれるかもしれないし。余計なお世話炸裂ですけど。
余計ついでに関西ですか? むしろ京都とみましたが。

208 ::02/12/11 23:39
>文谷氏
うちのサッカー部の連中は(以下略)ですから。ギャグに使われること間違いないので。弱みをみせるわけにはいかんのです。
そういう意味で見せれる仲間というのは大変うらやましい。もちろん親についても。

>人間としての成長
(自分が自己研鑽に血道を築いてるかどうかはさておき)小説を書く、というより何をするにしても人の内面的なレベルは大事だと私も思います。
確かに、本読んで書いてりゃいいものができるとは、思いたけど難しいですからねぇ。
あ、補足なんですが、私が『現実的にそれ以外の道はない』といったのは、あくまでも『高校生としての生活を送りながら』ですので。
……なんかすごいマジレスですけど、そういうことです。見返してみたらマジレスばっかです。スマソです。


詩はつらいとおもいます。でも青春してるとおもいます(隅)

209 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/12 00:06
>アルカリ君
弟……、うちの弟も味方してくれないんですよ。
こっそり話を書いてるのは黙っててくれますが、
それは向こうにもこっちから親に告げ口してほしくないことがあるわけで(w
結局、それだけってことです。
でも無視って言うのは……。
がんばってください!

>文谷君
父親の理解があってうらやましい。
私も伯母さんがそこそこの詩人だから、がんばれといってくれるのですが、
理解があっても住んでる場所が遠い……。
年2回しかあえないですからね……。
親の小言に耐えるだけ。
私が中途半端に進学校に行ってしまったのも悪いんですけどね……。
少なくとも中学まで英語嫌いじゃなかったし。
でも、創作やるってこと以外にも大学で学んだり研究したいことがあるから、
とりあえずがんばります。

そういう意味でミステリ作家の森博嗣さんってうらやましい……。
研究も出来て、創作も出来るんですから。

210 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/12 00:22
>1さん
確かに周りの環境が辛いですね。
話をネタにされるっていうのも大変かも。
でも案外話したら分かってくれたりして。
……それまでが辛いと思いますが。
勉強については……国語(文学)とか歴史とかについては面白いし好きです。
それこそまだ大学にも入ってないけど、院に進みたいくらい。
英語と数学がね……(;A;)
でも、自分の進みたい道に進むためにも、親を安心させるにも、
ヒィヒィ言いながらもがんばりたいです。
そして私は兵庫在住です。
兵庫といっても、大阪の中心地と神戸の中心地の中間くらいの場所です。
だから、言葉は大阪弁とも神戸弁とも言わず、尼弁(分かる人にはわかると思いますw)と呼んでます。

文谷君、1さん、そんなこと言っちゃ駄目です(w
女の子って結構詩を書いてる(もしくは書いてたことがある)のですよ。
友達もそして私も……(w
(自分は詩に適性がないことが分かりそれ以来書いてませんが)
うちの伯母も高校の頃バリバリに書いてて、そして成功した人ですから。



211 :文谷良介:02/12/12 00:31
>女の子って結構詩を書いてる(もしくは書いてたことがある)のですよ。

 なに、春樹さんの小説に書いてあったことは本当だったのか。
いや、その、なんつーか、ええと、俺も詩は書いてますよ。人には見せないけれど。
あ、短歌とかも詠むなあ。だから、詩を書く気持ちはわかるのですけれどね。

212 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/12 00:55
短歌は今でも作ってます(w
そして、俳句も作ってますね、時々。
……とりあえず全部手をつけてるんだな、という感じです。


213 :名無し物書き@修行中?:02/12/12 01:06
詩や詞や句はあんまり書かないかな。
歯が浮くような言葉や台詞回しが苦手なもので。
日常会話ならなんだって言わせられるけど、聞いて少しでもイタターと感じる
台詞はよっぽどじゃないと難しい。つーか恥ずい。

     ヾ( ゚д゚)ノ゛シナチクー

214 :文谷良介:02/12/12 01:15
>>213
>歯が浮くような言葉や台詞回しが苦手なもので。
 同感です。だから俺のつくった詩は、できの悪い吉野家コピペみたいになってしまいます。
>短歌(>>212
 仲間がいた、よかったよかった(w

215 :アルカリ:02/12/12 18:04
>女の子って結構詩を書いてる(もしくは書いてたことがある)のですよ。

俺のクラスだけで見ると絵とか描いてる子が結構いますね、詩はどうでしょう?
ところでなんで学校で絵を描いていながら見ようとすると隠すんだろう?


216 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 18:05
>>215の悪口を書いてるから

217 :アルカリ:02/12/12 18:12
>>216
絵で悪口ですか…怖いな〜。

部活は一学期までは卓球やってましたが二学期から帰宅部に移りました
なんか幾分気持ちが楽になってこれはこれで良いかな思ってます。(;´∀`)


218 :216:02/12/12 18:14
ネタにマジレスカコイイです!

219 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 18:18
大学の授業中は小説書いてた記憶しかねえ。
だから単位は一桁さ。
詩はバンド用だから英語でしか書かない。日本語の詩やったら、
単純に「愛」っていう単語つかったり、「〜〜だったよね?」系は
やらないほうがいい、と師匠に怒られたことがあるくらい。
俳句はばーちゃんに句会に拉致られて作った。二度といかなかった。
短歌は授業で作らされた。俳句より楽だった。
>>213
それをいかに文学的に聞こえがいい台詞として書き出すか、が真の手腕
だと思われ。書けない、じゃなくて、なぜ書けないか、どういったファクター
が自分に恥ずかしいのかを考え、ではどうすればよいのか、を考えなくては
いけないのでは。創作者としてそこは逃げてはいけない気がしたり。
学生身分の僕がいうのもなんだけど、誰かに強制されていない以上、
書けねえ、って思った瞬間負け犬決定疑惑。


220 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 18:25
書くことは自分の中から育てていくものだと思うナw
────v────────────────────
   ∧ ∧
   (*゚ー゚) 
   / つつ
 〜(__ノ


221 ::02/12/12 20:27
詩はよくわからんのですが、席隣の子も書いてました。読んだけどいまいちピンとこないというか。
教科書に出てくるような現代詩は結構好きだけれど。

>>210 ルゥ氏
詩はわかりませぬ。友達の一度見たことあるけど、共感できなかったっす。相性合わないのかも>詩
>周りの環境が辛
まぁ辛い辛いと言っても、ぬっくい環境なんでしょうね、私。
極限の苦労をしているわけでもないから、だから状況のせいにもできないというか。
それとリアルで自分の小説を他の人にみせるのは、よっぽどじゃない限りしないかも。
わかってくれるわかってくれないじゃなくて、わがままだけど欲しいのは書いてる側の人の意見だ、とか思ってますし。
読み手の感じ方は自分でもそれなりにできるから、と。わがままが過ぎますな。反省。

尼で崎ですか。ふむぅ。ああ、行ったことないなぁ。阪急利用で勢力圏内ですけど。


222 ::02/12/12 20:31
>>219
いやいやここ全員学生ですので(ぉ
アマチュアという立場で、確かに書けないと思ったら負けかも。
何の制約もない。リスクもない。書くべくして、書く。書かずにいられない。書こう。むしろ書け!俺!

>>220
癒されますタ。

223 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 20:47
http://finito-web.com/kanemou/index.html

224 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 22:35
詩や短歌、俳句なんかはちゃんとした勉強していないから書けない。
勉強したいとは思うけれど、今は小説で手一杯。

あぁ。ポストモダンに憧れまつ。

225 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 23:03
さっきまたり文庫行ってきました正直怖いですね、出直しです。(苦笑)

226 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 01:14
>>213
ウワーシナチク(・∀・)イイ!!

俺も歯の浮くようなの嫌いだが、詩は書くよ(矛盾
日常会話難しく感じるときある。
どっかのスレにあったように女言葉がむずかしい。
女友達の会話を文字に落としても男と変わりないし…(w
女意識して書くと変になる(w
女らしい女ってどういう言葉づかいから匂わせられんのだろう?
考え込む時点でダメか、もしかして。

227 :アルカリ:02/12/13 17:25
皆、二人称って知ってるよね?
多分「あなたは―――」って感じのやつなんだけど、それで小説書いた人いる?


228 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 18:08
あなたは段々眠くなる、って?
催眠術みたいだな。

229 ::02/12/13 18:35
ああ、ないですね。
二人称は難しいというよりキャラクター表現できないから。

230 :アルカリ:02/12/13 18:35
>>288
確かに(笑)つーか変なアドベンチャーゲームみたいだ。

おっと、そろそろ塾の時間だ、行ってきま〜す。

231 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/13 19:42
2人称ですか……。
ないですね、書いたこと。
1回やってみたいとは思いますが。
私は北村薫氏のファンなんで「ターン」好きです。
あれも書き出しが2人称ですよね。


232 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 19:45
書くのは自由だが、二人称が賞取ることはまずない。

233 ::02/12/13 19:46
新井素子氏で「チグリスとユーフラテス」を読了したのですが、
誰か読んだ方います? 特に女性で。
いや、面白かったのですけど、女の方が読んだらどういう風に感じるのかが気になって。

234 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/13 19:55
>1さん
残念ながらないです。
でもやっぱり男性と女性で読んだ本の感想が違うっていうのありますよね。
特に、江國香織さんとか辻仁成さんとか村山由佳さんとか村上春樹さんとか。
友達としゃべってて、上の4人の作品読んだ時の意見が全然違ったんですよね。
新井さんも何か中学のとき読んだはずですが……忘れました。

235 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 20:05
二人称でも面白い小説は書けると思う。
読む方は初めだけ戸惑うかもしれないけど。
しかし二人称でハッピーエンドじゃなかったら、やたらと感じ悪いだろうな。

236 :文谷良介:02/12/13 20:49
二人称というと、俺もターンしか思いつかないですね。といってもあれも厳密には
二人称ではないのでしょうし。全て二人称でもないし。
 またりに、「カツカレー大盛りを待っていた君」ってありましたよね。あれは面白かったです
けど、やっぱり二人称にした意義が良く見えてこなかったです。二人称で面白い小説って
あります?

 いつか挑戦してみようかな。最近書き始めた三人称に飽きたら(w

 あ、>>235さん、上記のまたり作品はハッピーエンドとは呼びがたいものでした。

237 :なか:02/12/13 21:59
綿谷りさってしってる?それ関係のスレありませんか?あったらあげてもらえないでしょうか?彼女いま大学生?

238 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 22:00
>>237
文学板。

239 :なか:02/12/13 22:13
ここは何板?文学板にあるの?パソコンの方あげてもらえるとうれしい!

240 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 22:38
でも二人称の人と自分の関係を表すときに一人称になっちゃうんでわ?
「君は私の妹だった」ってかんじに結局一人称?

241 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/13 23:01
二人称ではあえて関係をしめさず、三人称風に、しかし主人公はあなたで書くものでは?

242 :文谷良介:02/12/13 23:22
>>240 二人称、に自分(「わたし」)は出てこないんですよ。

243 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 23:55
>>241.242
ああ、そうか。私は神さまな位置にいるってことですね。
面白そうだなぁ。
なんかホラーとかにいいかもしれないですね。
本読んでる傍観者という立場から、書き手に話し掛けられているという点で当事者になるわけだから。
ちょっと先が見えなくて読んでると不安になりそうですね。

244 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 23:59
ミシェルビュトール「心変わり」を読むといいよ

245 :nanairo@mve.biglobe.ne.jp:02/12/13 23:59
著作権の登録代行を行っています。これからの時代、ものづくりも、自分の権利を主張することが、大
切になってきます。興味のある方は、せひ、お問い合わせください。


246 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 07:36
219書いたもんです。スマソ、確かにそうでした。ここは学生板でした。
>>1に「主に学生」って書いてあったから違うんもいる思った。
逝ってきます。

247 :文谷良介:02/12/14 11:30
>>246 別に逝く必要はないかと。

248 :アルカリ:02/12/14 12:37
>>243
それ(・∀・)イイ!!
やってみたいけどホラー書けなひ……(泣)

249 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 21:42
オナニーすると途端に書けるようになるぜ!

250 :作者A:02/12/14 21:51
>>249
ろくなものかけないでしょう。

251 :秋葉:02/12/14 21:52
 なるほど……わかりました。明日中にはフロッピーを探しておきますね。(←作品を分割してフロッピーに入れていたため、一枚紛失してしまった。
 まさか分割して書いたほうが良いと思ってフロッピーを変えたら見つからないなんて……しかし作品自体が、一気に見せる内容ではないので良いと思っていた奴

252 :アルカリ:02/12/14 21:58
>>249
それがあんた個人の意見ならそれはそれで構わないが、荒らしなら止めてくれ
ここは純粋な学生達が語り合うスレだ、多分。

>>251
またりスレと間違いましたか? あなたの投稿した作品面白かったですよ、続きが
楽しみです。

253 :秋葉:02/12/14 22:03
 ああっ! すみません。
 ここの仕組みにまだ慣れておらず、つい一番上の物に、良く確かめもせずに書き込んでしまいました。

 >>252
 暖かいご感想ありがとうございます。出来る限り早くに上げておきますので。

254 ::02/12/14 23:17
ミナサン。最近遅筆に悩んでいるんですけど、ミナサンは大体どれくらいのスピードで原稿進んでますか?
おせえてください。単位は「枚/時」
私は平均「3枚/時」です。

オソスギ。

255 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 23:42
>>254
そんなに速く書くと筆が荒れます。純文学作家は一日2〜5枚が平均でしょうね。
一部の人は例外ですが。
そうした話題は遅筆スレでもどうぞ。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1018543897/l50

256 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 23:45
「3枚/時」で遅い? 

257 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 23:48
ふざけてるよね。
暗に速書きって言いたいみたい。これはもしかして嫉妬かなw


258 ::02/12/15 00:11
えと、荒らしてしまったようで。
早いというか、書いて消して書いて消してなスタイルなんで。平均って書きましたけど多分最高が三枚くらいです。

名無しに戻ることに。スルーでどうぞ。

259 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 00:13
いずれにしても速書きは、今はよせ。若桜木じゃあるまいし。
それより文章を練るよう心がけたほうがいい。

260 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 00:19


170本以上のロリ&ショタビデオを好きなときに手に入れる方法
★重要なのはお金をかけない事と家族にもバレない事★

   http://aliceya.free-city.net/


261 :文谷良介:02/12/15 00:53
 とりあえず、またりに新作あげてきました。名前入れ忘れたけど(w

 俺は、7枚/時〜3枚/時くらい。割と早いほうだと思います。
その代わり、書かないときは延々と書かない。ひどいときは一ヶ月くらいキーボードを
たたきません。そう言うときは一文字も書けないので。

262 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 01:43
若桜木て?

263 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 08:32
漏れもノッてる時はかなり書くけどそれ以外は全然かかない。1/日ぐらい。
それより今書きたいのは官能小説なんだよ。
やたら生々しいと逆に萎えるんだろか?
うまくかけるようになったら最高なんだが。
って変な話スマソ。

264 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/15 10:12
>1さん
いろいろですよ。
しいて言えば3〜5/時くらいです。
……でもかける時は7枚くらいかける時もあるし、
5時間やって2,3枚だったり……。

今年の冬休みはたくさん書くぞ……と思ってたんですが、
塾の冬期講習やら、学校の冬季補習やら、父の実家に行かなくちゃいけないやら、
友達とクリスマスパーティ&その準備やらetc.気がつけば自分の時間が取れなくなってました。
宿題も鬼のように出たし……。
ついでに言うと、24日に終業式(……って2学期制だから言わないんですけど)
というところまではいいんですが、20日まで6時間授業です(;A;)
短縮授業プリーズというところでしょうか……。
でも、今やってる原稿は進めないと……。
皆さんは冬休みどんな感じですか?

265 :名無し物書き@修行中?:02/12/15 12:16
みんなよー書くなぁ。1〜2/時ぐらいだよ。
それも筆がノッてての話。一ヶ月停まるなんてザラだし。
短いならともかく、少しでも長い文だと掛かる時間は乗数倍で増えてく。
これが最大の悩みかな。ネタの枯渇。

冬休み(つーか年末)は例の先輩に拘束(物理的に)されそうな予感。
だ……誰か助けて!! まだ死にたくないYO!!

266 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 13:13
早いっていうか、なんか不安で。
自分は本気でなりたいって思ってるけど、壁は高いわけだし。最近ちょっと無理してるかも。
ストレスみたいなが色々とたまりだしてる罠。

>>264
確かに(笑)
意気込んでも色々と巻き込まれて時間が取れない気持ち、よくわかる。
こっちも冬休み部活ばっかり。午前か午後かのどっちかだからましだけど。年末に一度遠征行くからちょっとつらい。
クリスマス? 食べ物ですか?(ぉ

>>265
むしろその恐怖体験を元に傑作を執筆しる!

267 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 14:06
若桜木じゃないが、二週間で300枚を書いたことあるな。
(冬休み中に長編一作書いた)
これは我ながら異常なペースで、普段は20〜40字/分だな。
60倍してみよう。原稿用紙0・6〜1・2枚/時か。

268 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 17:10
掛算もできないの? ってツッコミを待ってるの?

269 :267:02/12/15 17:27
普通に間違えますた。3〜6枚/時ですた。打つ出し脳。

270 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 17:29
学生。自分も学生です大学生。
短編好き、と言うか長編はどうも、肌に合わないと言うか、
ただ書けないだけかも知れないが、短編ばかり書いてますよ。
月に一作。大体40〜80枚とまちまちですが。そのくらいのペース。
って言うかみんな高校生なの?



271 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 17:39
イエス。しかも受験生だじょ。
息抜き息抜き〜(センター近っ

272 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 17:46
ああ、センター。自分も去年は受験生でしたね。
いまは東京の某私大。
受験生で創作はきついでしょうねえ。
自分は大学に入ってから本格的に書き始めたんで。


273 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 17:51
なんか追い詰められてるときが一番書けるっす。
わー楽しーわー楽しー。


274 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 17:57
いいねえ。その半壊っぷりが。
やっぱ追い詰められると書けるよね。
まだ、自分は追い詰まってない。まだまだ不十分だから、
最近筆が進まない。
しかし、今日は友人の演劇見てきて、久々に気分がいい。
なので、テンションだけは高い。
いまこそ、書くべき瞬間だと思う。

275 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/15 22:59
今日、百枚ぐらい書いたぞー
って、一日家に篭りっきりだったんだけど
(しかも、一日にこんなに書いたの初めて…)

追い詰められたら書けるって言うの、
すごく分かる
私は体が弱いので、健康で書ける時が少ないから、
今のうちに書いとかなくちゃって
いっつも急かされる


276 :アルカリ:02/12/15 23:48
ふう、やっと繋がった、いや、なんかAir-Hが急に繋がんなくなって仕方なく一日中ワードパッド
でカタカタ書いてたんですよ、もう金返せよプロバイダー。(泣)
どうやら学校が二学期制の方もいるようですなネットは広いですね、つーかワードパッド使ってるの俺だけ?
誰かがやってたように原稿の枚数はまたりの機能使ってるんだけど……。


277 :名無し物書き@推敲中?:02/12/16 00:44
幻冬舎のNET文学賞またやるみたいですね。
誰か出す人いる?
というかここは高校生が多いのかな。

278 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/16 04:02
受験生の方もいらっしゃるんですか。
がんばってください。
試験にも原稿にも(w

>>265
向こうも読みましたよ。
何というか……死なないでくださいね(w

追い詰められたら書けるのってよくわかりますね。
一度友達に頼まれた小説を3時間でネタだしして書いたことが……。
丁度15枚くらいでしょうか。
ネタ出しに結構時間がかかったので、書き終わった後、大変でした。

……もしかして、長編書きさんが多いんですか?
私は短編ばっかりです。
ネタは浮かぶんですけど、途中でそれに飽きちゃうこともしばしば。
自分を満足するネタって言うのはなかなか見つからないようで。
またりと待ってます(苦笑
私は大体ワードですね。
時にはメモ帳で書いてる時も。
大体その時はショート・ショートで、その題材が面白ければそれを元に少し長めのを書いたりしてます。
でも次は長編を書こうと意気込んでます。
……睡眠時間でも削ろうかなぁ……(今でも睡眠時間平均2〜5時間ですけど)





279 :エヴァっ子:02/12/16 14:42
学生は短編好きが多いなぁ。
自分も短編ばっかです。

280 :名無し物書き@推敲中?:02/12/16 18:55
いや短編いいなぁ。
長編になってしまう…っつか未だ書き終わったのは数少ないな(藁
って笑えねー。

その場のもりあがりで一気にかきあげたいから、
長編みたいに間があいちゃうと情熱が長続きしないんだよね…(ゲホゲホ

281 :名無し物書き@推敲中?:02/12/18 21:31
age

282 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/19 01:08
>>280
私からすれば長編を書ける方のほうがうらやましい。
情熱が長続きしないって言うのは私にとっても痛いお言葉です(w
時間があるときに一気に書きますからね、一つの作品。

283 :エヴァっ子:02/12/19 14:33
いけないとは思いつつ……飽きちまうんだよなぁ。

284 :アルカリ:02/12/19 15:18
>>283
禿同

明日は終業式だけど皆はどうよ?
成績はなかなか良好らしいから楽しみだ。

285 :名無し物書き@推敲中?:02/12/19 18:56
もう冬休みに突入していますが何か?

今年は受験なので、去年のように長編を書いているわけにはいくまい。

286 :名無し物書き@推敲中?:02/12/19 19:06
おれセンター受験勉強と同時進行で
新しい世界が始まってしまった…
集中できねー!!
書き上げろと喚かれるんだよなー。ああ

287 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/20 02:42
学生で小説家希望の方、多いんですね
私は高一なのですが、進学希望でもあるので、
勉強との両立が難しいです。

みなさん、やっぱり冬休みには一本仕上げるつもりでしょうか?
良かったら誰か、教えてください


288 :エヴァっ子:02/12/20 12:04
成績かなり悪いッス。
ああ……それでも小説をやめられない。
ここまでくると依存症だね、みんな。

289 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/20 23:02
>アルカリさん
ついつい「あぁ、もうほかの学校はそんな時期なんや」といってしまう自分がいます。
2学期制ゆえどうもそのあたりは感覚が鈍っています。
前も書いたとおり短縮もありませんし。
そういえば今日弟が通知表もらってましたねぇ……。
>ゆりさん
一応、短編を一本書き上げるつもりです。
でも冬休みはとにかく忙しいです。
まだ高2で受験まで一年ありますけど、どうやらそんなこといってられない雰囲気になってきましたし。
でもやりたいことやっとかないと後悔しそうですから。
後悔だけはしたくないと思いますね。

290 :名無し物書き@推敲中?:02/12/21 00:37
みんなどっかに出してんのかね?

291 :名無し物書き@推敲中?:02/12/21 01:34
俺は今のところただの趣味。
出したこともないし、出し方すら知らんわ。
知り合いに頼まれて何か書くことならあるけども。

292 :名無し物書き@推敲中?:02/12/21 09:09
冬は短いくせにレポートがある。休み明けには試験もある。
二月ころまで仕上げるのはお預けですかね。
自分も、サークルの雑誌に載せるくらい。
新人賞とか興味ないのがいいことなのか悪いことなのかは知らん。

293 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/21 21:08
≫ルゥさん
そうですか。
私も来年は余裕なくなってるんだろうなぁ…
ことしの冬休みは、私も一本仕上げる積りです
九月からコツコツ書いてきた中編です
どこかの賞に応募しようかナとは考えてるんですけど、
果たして自分の作品は純文学なのか、大衆文学なのか
分からなくって、どの賞にしようか迷ってます
私なんかが書いたものが賞に入るとは思いませんが、
まあ、どこまでいけるのか、試してみようと思います

294 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/22 11:16
>>ゆりさん
がんばって下さい。
私もそろそろどこかの賞におうぼしようかと考えてますが……。(まだ出したことない)
……卒業までにできればいいな(w



295 :名無し物書き@推敲中?:02/12/22 17:44
今日、同じ中学校のやつとあって、びっくりしたんだけど、
高校の屋上ってみんな自由に入れるの?
うちのガッコはカギかかってんですけど……
うちが変なのか?

296 :文谷良介:02/12/22 19:30
>>295 うちも鍵かかってます。だから小説やマンガで「屋上で弁当」みたいなシーン見ると
とても羨ましいです。

297 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/22 20:19
≫ルゥさん
今日、私は第一稿が仕上がりそうです
今日までに道のりは長かった…
お互い、がんばりましょう

>>295 
私の通ってた中学校は、立ち入り禁止なので、
「鍵かかってる」とみんな思ってたんですが、
ある日こっそり行ってみると、
鍵はかかってませんでした。(笑)
「立ち入り禁止」の警告で先入観を持って、
誰もドアノブを回さなかったみたいです。

298 :名無し物書き@推敲中?:02/12/22 22:23
>>297
うん? それいいな。なんかの設定で使えそうだ。

『そこは僕たちだけの場所だった。立ち入りの禁止のプレートのせいで、みなここには鍵がかかっていると思い込んでいるせいだ。僕らはそこで毎日誰にも見つからず、したがって何一つとがめられることなく、学校でそれをすることができた。』

なんてふうにねー。
……ふぅ、ありがちですわな。

299 :295:02/12/22 23:20
おお、やっぱり結構な数の学校で、カギかかってるよねえ……
カギかけるくらいなら、最初から作るな、と思ったり。

300 :名無し物書き@推敲中?:02/12/22 23:27
古い校舎で、屋上には機械の類が置かれてなかった。
鍵はかかってなかったので、誰でも上がることができた。
昼飯なんか、みんな屋上で食べたなぁ。

空調完備の新校舎が建ったら、屋上には上がれなくなった。
一度だけ、どんな風になってるのか見たくて、頼んで上がらせてもらったけど、
周りじゅう背の高い機械だらけで、こりゃ上がっても何もできないやと思った。

301 :名無し物書き@推敲中?:02/12/23 12:49
>>300
そんな書き出しの話、いいと思う。

302 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/23 22:02
≫298
いい!!
そこで「僕ら」はいつも授業をふけ、
くたびれたジャンプを積み重ね、
早弁をしたり、寝たりした。
僕は、青い空が、飛行機雲に真っ二つに裂かれるのを、
寝転んで見るのが好きだった。
今思えば、宝物のように大切な時間だったに違いない。

こんな感じ?(笑)


303 :名無し物書き@推敲中?:02/12/23 23:48
あう……屋上っていったら、だれでもそういうこと考えるんだね……
ああ、そのテイストで文學界送ろうとしてるんだけど……やめようかなあ……

304 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 00:38
一応、送るだけ送ってみたら?

305 :エヴァっ子:02/12/24 16:27
屋上は何故かロマンがあるよね。ちなみにうちは本当に鍵がかかってます。

306 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 16:42
>303さん
映画でも歌でも小説でも、学生モノにはお約束の場面だからなあ・・・。
そのままだと陳腐かなあ。やりつくされたモノに対して
新たな切り口を与えられるかどうか、チャレンジし甲斐はあるけどね。

307 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 16:57
屋上ネタは、うーん……ありきたりすぎる感じが。
ひとひねりするべし、かな。

308 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 16:58
うわ、上ででてるよ……駄レススマソ

309 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 17:02
ここまでざっと読んで、偉そうに書きますが、デビューあせることないですよ。
小説書く上で大学はしっかり行っておいたほうがいい。
よっぽどアイデア豊富で突っ走れる人以外は、大学入って本読んだり色々な人と話したりすることで、小説の内容も深まります。
受験中とか、小説書けないというストレスがたまるでしょうが(俺も今大学院受験でたまってますが)、将来の糧になると思って勉強がんばったほうがいいと思います。
(家計とか)大学に行ける状況なら、「今じゃなきゃ書けない」とか思わないで、大学に行きましょう。

310 :_:02/12/24 17:04







http://genie.gaiax.com/home/matuda111







311 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 20:20
>>309
漏れもだよ。
がんばろーな。
そして合格したアカツキには書きまくるのだ。

312 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/24 20:23
>>303
その何処にでもある「当たり前の日常」の中に
刺すような斬新な展開を盛り込んでみては…
「普通」の基準がないと、
「異質」も表現しにくいし。
まあ、がんばってください。





313 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 22:01
受験生合格祝賀オフ会とか、または残念会。

314 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 22:29
悪くはないとおもいますよ、オフ会。
ただみんな地方でばらけてるしなぁ。それに残念会ばっかりだったら洒落にならん(苦笑)

315 :309:02/12/24 23:35
みんな日芸の文芸受けたりするの?
俺は文芸とは全然関係ない学科だけど(一応文学部)

316 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/25 02:37
屋上とは何というか素敵進行してたみたいですね。
うちの学校もおおよそ入らせてくれないです。
小学校のころ友達とこっそり入ったことがありますが、先生に怒られました(w
でも小説や映画なんかになると割とありますよね。
(実際あるのを見てびっくりしていますが)
憧れを小説に盛り込むからでしょうか?
でも使ってもかまわないと思いますよ。
ひねりと一緒にならば(何をえらそうなという感じですが)
屋上で告白という展開はいい加減あきましたが……(w
(漫画に多いですよね)

受験生の皆様は今が正念場で大変そうですね。
がんばってください。

ところでここにはどれくらい人がいるんだろうかと気になった今日この頃でした。

317 :文谷良介:02/12/25 11:29
>>315 俺は今のところ医学部狙いです(無理なら心理系に行きますが)。
 やっぱり、作家で食っていけるとは思えないので。仕事しながら趣味で書くことに
なるんじゃないかと思います。

318 :309:02/12/25 12:07
>>317
賢い選択です。俺は小学校から文系だったので医学部は不可能でした。ちょっとうらやましい。
小説の助けとしては心理の方がいいかも。俺も心理の授業で学んだことおおいし。
どちらにしろ、自分の勉強を生かした小説はそれだけで+でしょう。
瀬名秀明みたいに。

319 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 14:53
数学科なんだけど、授業で学んだことを小説に活かせるかしら。
数式を一個書くたびに、読者が半分になるとか言う話もあるけどねぇ。

320 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 15:32
>>319
むりです

321 :+-0:02/12/25 15:38
               ↓   
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★・裏情報取引サイト→http://www.kawachi.zaq.ne.jp/dpdan803/
★・国際免許取得→→→http://www.kawachi.zaq.ne.jp/dpdan803/
★・あらゆる調査→→→http://www.kawachi.zaq.ne.jp/dpdan803/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     +-ココ-+

322 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 15:51
>319さん
小説で活かせるのは、学校の授業で学ぶ以外の事が多い。
例えば恋愛、バイト、サークル。
授業は、知識の幅と奥行きを与えてくれるが、人生の幅と奥行きは与えてくれない。
まあ、研究者として院に残るなら別だけどね。

323 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 16:03
俺の友達の数学科のやつは意外に小説とか読んでる

324 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 16:35
>>320
去年の数セミの8月号(?)に、数学小説載ってたよ。
時間の進み方が、e^(-t)になってしまうストーリー。

325 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 16:52
>>324
意味がまったくわかりません。文系の俺にわかるように説明して。

326 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 17:08
数学の知識があるとそっち方面の話も書けて面白い。
文系は、特に文学部なんてのは何も大学じゃなくても学べることが多かったりするから
何気に理系の専門知識があったほうが面白い話がかけそうな気もする。

327 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 17:11
ただ、小説を書こうなんてやつは圧倒的に文系が多いだろ

328 :324:02/12/25 17:27
>>325
安心しろ。分かるように説明してないから。

そういえばオイラーのエピソードで、とあるフランスの哲学者(無神論者)と
神の存在について討論することがあって、オイラーが
「a + b/n = X。故に神は存在する。ご返答願いたい」と言ったら、
哲学者は数学がからっきしだったので、何も反論できずに
神の存在を認めてしまったという話がある。

329 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 17:33
>文系は、特に文学部なんてのは何も大学じゃなくても学べることが多かったりするから
なんつーか、非常に聞き捨てならないんですけど。

330 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 17:37
大学じゃなくても学べるんじゃないの?

331 :踊りドジョウ:02/12/25 18:36
漫画を書くのに専門学校に行く必要が無いのと(行って得る物が
あるかどうかどは別物ですよ?)同じですね。

332 :文谷良介:02/12/25 18:57
>>318 医学部でも精神医学をやりたいのです。俺も文系ではありますが、がんばれば
何とかなるんじゃないかなーと思ってがんばってますよ。
>>329 大丈夫でしょう。どんなことでも極めれば人生の全てに生きてきます。
 俺は、けん玉を極めに極めて、無銭でモンゴル旅行したり、日本中自転車で回ったりと、
電波少年みたいなことをやってる人を知ってます(関係ないか?)。

333 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 19:18
でもそういうこと言ったら数学だって同じになっちゃわないかな

334 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 19:58
>>332
スレ違いだけど、精神医学て医学部なの?
うちの大学だと心理学の方がそれっぽいかも。
大学によって違うのかもね。

335 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 20:06
授業の多くが「本読めば終わりじゃん」と思うのは確かだ。
はっきり言って大学に入って「よかった」と思える「講義形式の」ものはあまりなかった。
でもゼミとかはたくさんあった。それだけで十分。

336 :文谷良介:02/12/25 20:08
>>334 以前ちょっと調べてみましたが、精神医学は医学部と思います。
「精神医学部」なんてのはなくて、大抵医学部の中で精神医学を専攻するみたいです。
ですから、精神科医のほとんどは簡単な内科治療のできる方が多いようです。
 心理学でも精神病などについての研究はするかもしれませんが。どこの大学ですか?
とは聞いちゃいけないのかな。

337 :文谷良介:02/12/25 20:18
>>333 おおっと何気にキリ番ですね。すみません、俺の>>332の中の>>329
>>319の間違いです。俺も数学についてのレスをしたつもりだったんです。

338 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 20:24
>335
そうかなー。
まあ同じ文系でもいろいろあるから一概には言えないんだろうけど。
俺の場合は「本読めば終わり」って授業はなかったなー。

339 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 20:26
>>335
実験はそうはいかないよ。
ていっても、データ捏造しまくりな実験に
どれだけ意義があるのか分からないが。

340 :335:02/12/25 20:43
>>339
文系の話ね。理系の実験とか文系でもゼミとかは本読むだけとは違う。
でも、講義形式だと、自分の本買わせてそれを紹介して終わるようなのもけっこう多かった。

>>336
そういえば「異常心理」みたいなタイトルでリレー形式の授業やったときは、心理学と教育心理と医学部の精神医学の人がきてた。

341 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 20:58
>>335
法学部の授業は、本読んだだけでは分からないから解説してるって感じだな。
むしろ、専門書の読み方を教えてるのかな、覚えておかなきゃいけない予備知識とともに。

342 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 21:00
>でも、講義形式だと、自分の本買わせてそれを紹介して終わるようなのもけっこう多かった。
あー、確かに。いるいる、そういう教授。
俺はそういう教授の講義は取らないようにしてます。

343 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 21:18
生徒を置いてぼりにしてどんどん進む先生もいるよなぁ。
これも結構迷惑。
一回生の前期で、ブラとかケットとか説明なしに使われても
分かるやつおらんて。


344 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 22:10
>>343
それは食べ物ですか?

345 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 22:23
>343
むしろ人名ですか。

346 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/25 23:46
確かに単なる文学部(特に文学系)に行くよりも……という感じがしないでもないですが、
個人的に古典も好きなんでやってみたいかなという気もします。
理系は生物を除いて全然、お手上げなので、数学とか物理ができる人ってうらやましいです。
第一志望は史学科なのですが、史学科は文学部の中でも偏差値が高いので、
大変そうです。
時代小説というわけではなくて、現代小説の中に歴史のことをちょこちょこ混ぜたりする話を書くのが好きだし。
何より謎を追ってくのは楽しいですしね。
友達には自己満足の学問と言われましたが。

347 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 00:41
>>346
受験なんて一年あればかなりの部分どこにでも入れます。特に文系は。
ひたすら本(参考書)を読むことができればね。あと効率のよい勉強方法。
小説を書くくらいなら、きっと本を読むことは苦痛ではないでしょう。
というわけで偏差値高かろうが志望を貫いてください。

あと、小説を書くという点においては、教養科目が多いところがいいと思う。
俺の大学は最初二年教養なので、かなり幅広く勉強できた。


348 :文谷良介:02/12/26 01:04
>>347 まさか……東大?
>>346 偏差値持ち出したら俺なんて医学部ですよ〜(w。
今はD判定ですが、>>347殿が言うように一年あればどうにでもなるかと楽観しております。

349 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 01:11
おれ、高3の始めはE判定だった。
でも、最終的にはA判定まで持ってったヨ。

為せばなるもんだ。

350 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 02:23
みんなあまり作家希望ではない感じ(おれもテレビ制作を目指してるけど)
暇なんで勝手に「屋上」について書きます

 金髪で長髪の遠藤が僕を屋上に呼び出したのが、ちょうど二限目終了の十分前だった。
メールを見て小林と教室から出ていく間際、ちょっと来いと顎で屋上のほうをしゃくった。
今、四時。僕は屋上の扉の前に立ったまま、その先に何か見えないかと目を凝らしてみた。
そうしながら自分で自分の行動をおかしく思った。
 遠藤は恐い、だからどうしたとうそぶいていた。表だって反抗することはしなくても、
影ではいつも遠藤を馬鹿にしていた。目立たない生徒だった僕は、クラスの皆から尊敬の
眼差しを集めた。あげくこのざまだ。


351 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 02:27
 息を吐いて、ゆっくりと屋上に歩み出したとき、後ろから腕をつかまれた。最近、喧嘩
で野球部をクビになったばかりの石村だった。石村は黙って僕の体を屋上へと押しやった。
手すりに寄りかかってグラウンドを見ていた二人の男が振り返った。小林は僕に手招きを
した。もう一人は知らない奴だが、いかにも悪そうな顔つきでこちらを睨んだ。横にいた
石村に促されて、おそるおそる動き始めたとき、後ろから遠藤の声が聞こえた。
 遠藤はグラウンドとは反対側に座り込んで、携帯で話しているようだった。「うん、じゃ
また後でかけるわ」、そう言って立ち上がり僕の肩に腕を回すと、小林のほうへと歩き出し
た。「屋上っぱ、さみぃな」と呟き、わざと大きく肩を揺らした。遠藤はいつもと違い、楽
しそうな様子だった。これが一般の生徒には見せない素の自分なのだろうか。


352 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 02:31
四人は僕を取り囲むように立った。僕はいまになって逃げなかったことを後悔した。何
をされるのだろう。ボコボコになっても、まさか屋上から落とされるなんてことはないよ
な。これから起こることを思い、恐怖に震えていると、僕の後ろにいた知らない男が「な
んでこんな奴呼んだんだよ」と怒鳴った。小林が「こいつ頭がいいし、度胸もそこそこあ
るんだってよ、遠藤のご推薦だ」とめんどくさそうに答えた。「馬鹿は四人で充分」と石村
が相槌を打った。いったい何だと不思議に思っていると、前に立っていた遠藤が咳払いを
して、話し始めた。「俺らの学年にさ、北峰って奴がいただろ。そいつは二週間前に失踪し
てんだけど、それからそいつの家に変なダイレクトメールだの手紙だの、いっぱい送られて
くるんだってさ。昨日は電話も掛かってきたらしいぜ、女の声でな」、言葉を切ってあたりを
きょろきょろと見回した。

353 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 02:34
「女は、北峰君は命を狙われています、とだけ言ったらしい」。
遠藤はしばし考え込んで、これを1とするからと断った。「それで2はな、1年くらい前に
ここらで3人殺された事件があっただろ?いまも犯人は捕まってないが・・・あれで、殺され
た奴の口座に大金が振り込まれてんだ。2人が500万、あとの1人は5000万」、遠藤
がそれで3が、と話し出したとき、僕は何のことだと聞いた。「おれらの命がかかっている
重大な事件だよ」と見知らぬ男が不機嫌そうに言った。それを遠藤が落ち着けとなだめた。
「えーと、3だけど、駅の近くにさ、西村っていう、難しい本ばっかの本屋があるだろ。
そこの親父が最近死んで、謎の遺書が見つかって、それで・・・・・・」と言いかけて言葉に詰まり
長考した。遠藤は、「やっぱ、おれ馬鹿だから、こんな説明無理。小林頼むわ」と舌を出して小林を見た。

354 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 02:38
四人のなかで唯一僕よりわずかだが背の小さい小林は、一度ため息をつくと、
これを読めとポケットから封筒を取り出した。封筒の表には細い字で「遺書」と書かれていた。

ずっと前に書いてたやつですが、屋上関係ないみたいだね。
レス無駄にしてすまん。

355 :十六の夜 ◆s/qbtf6Zvs :02/12/26 11:19
新人賞に近づきたい人。
プロに通信添削を受けるか、小説のスクールに通うか。
ぼくは前者。まだ執筆歴一年半。

相当才能のある人でないか、うん十年書き続けた人でない限り、
新人賞、ジュニア賞の二次選考に入るのは難しい――と知り合いのアマ作家語りき。


>>353

横書きでも段落改行した方がいいよ。クセをつけておくのが重要です。

356 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 11:38
>355さん
小説のスクールは止めた方がいい。
出版社で編集の仕事をしている知り合いが何人かいるが、スクールに通う
作家志望者を一様に馬鹿にしている。
スクール出身者の多くは、技法は身に付いているが、枠(しかも小さな)にはまっているそうだ。
スクールはライターにはいいが小説には向かないらしいぜ。
そのアマ作家がどの程度の実力かは知らないが、その発言を聞く限り
大したものではない気がする。

357 :十六の夜 ◆s/qbtf6Zvs :02/12/26 11:50
>>356

ぼくはスクールがどういうものかどういったことをするのか、
具体的には飲み込めてないのですが、そのアマ作家の人曰く、
「上達が早い」と言っておられました。

実はそのアマ作家の人の原稿に、一度目を通させて頂いたのですが、
文体は綺麗だなあと思いました。それに相反してか発想力は低いと思いました。

356さんはジュニア賞か新人賞を目指しておられる方なのですか?
出版社の友人がおられるあたり、かなりやっているように見えるが?(良い意味で)

358 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 12:06
>十六の夜さん
はい、新人賞を目指してマス。
綺麗で読み易い文章なんて、それを意識して書き続ける内に身に付くものです。
意識しても出来ないのなら、それこそモノ書きを諦めた方がいいと言うもの。
それより必要なのはオリジナルな発想。
ですが、そんなもの誰も教えてくれません。(と言うか教えられないと言った方がいいか)
小説技法なんて二の次、三の次。
誰にも真似の出来ない文章を書くには、机の上の勉強だけでは、恐らく限界があると思います。
『誰にも真似の出来ない文章』それこそが賞を獲るのには不可欠です。
(たまには、パクリじゃんってのも出て来ますが)




359 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 12:07
>>358

添削指導は役立つのでしょうか?

360 :他板からデムパユンユーン(゚∀゚):02/12/26 12:12
今年もいろいろありましたね。本当に数え切れないくらい。
この前、僕はタマチャンを見に友達と多摩川に行ったんですよ。
数時間も友達と待って、やっと少しだけタマチャンを見ることができましてね。
「おお〜」とか「可愛い〜」とか、電波らしからぬ声を出して大喜びしてたんです。
そして僕たちは都心から見にきたかいがあったなあ、などと多摩川の土手で話していたんですよ。
しかしですね、背後からしわがれたものすごい叫び声が聞こえたんです。
僕らはびっくりして後ろを振り向きました。するとそこには強靭な肉体をもつ
老夫婦が(二人ともマッチョなんですよ!)「もり」を一本ずつ持ってたっていたんです。
「そこをどけ!」と耳をつんざくようなしわがれ声で老婆にで叫ばれ、僕らもあわてて
遠くに駆け出し、見守ることにしたんです。そうすると二匹のケダモノ(そんな感じでした!)は
多摩川にジャブジャブと入っていったんです!
「肉!肉!海鮮肉はどこじゃあ!」とマッチョジジイが叫び、水面から川底に向かって
何回も「もり」を突き刺していました。マッチョババアは僕達を睨みつけ、
「アタシらの肉をうばおうったってそうはいかないよ!」などと手にしている「もり」で
威嚇してきました。僕達は怖くなってついにその場から逃げ出しました。
今でもタマチャンはその愛くるしい姿で人々を魅了しているようですから、
あの夫婦は海鮮肉を食すことはできなかったのでしょう。ウタチャンのことは知りませんが
僕はあれ以来少子化が怖くなりました。
今年も残すところ数日。精一杯生き抜こうと思います。

361 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 12:20
>十六の夜さん
受験勉強の添削指導って、学生のバイトがマニュアルを見ながらやっているのが殆どなんだけど、
小説の場合はフリーのライターさんがバイト感覚でやっている場合が多いらしい。
十六の夜さんが、添削指導によって得るモノがあると思えばやる価値はあると思うよ。
いずれにしても、自分の文章に対して第三者の意見を得る事は大切だと思う。


362 :347:02/12/26 13:08
>>文谷良介
あと、判定を気にしすぎないことね。俺受かった大学は結局模試で(確か)C判定しかでなかったし、
模試の志望校内成績で120人合格の学部で1位3回3位1回5位1回でも落ちたから。

添削指導、内容については意味ないかも知れないけど、文章に関しては効果あるかも。
なんにしろ、ある程度本を読んでる人に読んでもらうことが重要だよ。
俺の友達は本好きが多いから、書いたの読んでもらったりしてる。
そういう機会がない人は添削は非常に効果的でしょ。
あと俺の場合は大学の授業で「翻訳家の先生が生徒全員の訳を毎週採点する」っていうのがあってすごくよかった。
内容は関係ないけど、文体は非常に磨かれる。「リズムが悪い」とかまで直されるから。先生有名人なのに偉すぎ。

363 :347:02/12/26 13:09
あ、よびすてだ。ごめんね。

364 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/26 21:13
私は作家志望で
文学部の国文学科志望です…
やっぱ、甘いかな?
なんかみんなのレスを見てると、
「当たり前」って感じの自分の道が、
恥ずかしくなってキタよ

ってこんなこと訊いても、
誰も一概には決められないか。
ま、大学いけるように頑張ろう。

365 :347:02/12/26 22:17
>>364
今何年?今年受験じゃないんでしょ?
ゆっくり大学を決めて下さい。同じ国文でも大学によって全然違う。
さすがに現代文学がいない大学はないと思うけど、うちの大学の国文は古代中心だから、作品を書く手助けにはあまりならなそう。
俺の友達もデビューしたけど、仏文だし。(なんて書いてると俺が特定されそうだが)
「国文がすき」なら「国文」でいいけど、「作家になるから国文」とは一概に言えない。
その大学でなにができるかをきちんと考えて受けましょう。
なんてほとんどの受験生はそこまで考えませんが。

366 :名無し物書き@推敲中?:02/12/26 22:22
私は障碍歴約40年の男です。前からこのホームペイジを見ていて不思議に思い
また、憤りをおぼえていた者です。
この掲示板では、feelさん、前の大野氏いずれも障害者としての正当な権利や意
見の主張をしたに過ぎず、それを受け入れないばかりか他の主張も、健常者に媚
び諂い、同じ障害者を援護するどころか、貶めている傾向がある。
過去と現在の障碍者を取り巻く扱いは明らかに不当であり、差別であった事は
火を見るより明らかな事実であってそれを改善するという正義の革命は
今以上に性急に行わねばならない障害者の権利は、これを健常者が無条件で
受け入れねばならず、それに異論を唱えるものはすべて差別主義者であると言
わざるを得ない。
あらゆる物事、結婚、就職、就学などに障碍を理由にして断わられる事はあっ
てはならない
もしそれらを行った場合、その個人または団体に対し、刑事または民事で訴え
られるような法律の整備こそが最優先で、また、障碍者差別をなくす唯一の方
法であると確信しています。
障碍、健常のお互いの理解などは不可能です
健常である事は暴君であり、障碍を得ている者は市民であり、強者と弱者、お
互いにお互いの心など酌みようがないのはあたりまえと言えばあたりまえであり
仕方のないことである。
小生も40代にして、いまだに独身なのは障碍のせいではなく障碍を差別視する
世の中の風潮や、世の中の女性の悪しき思想のせいであることは言うまでもなく、
今まで何人もの女性に自分の偽りのない愛を告白して来たが、みな障碍を理由に
断わられてきたという、あからさまな差別を受けてきたのである。
真のバリアフリーや真に差別をなくすという事は健常者と障碍者が話し合い行う
ものではなく、障害者の要求と要望をすべて健常者と社会が受け入れるべき
なのである、現在のような差別発言や、差別発言を行う者への援護の書き込みは
厳に慎まれたい。

障害者特別性交特権の早期実現を!


367 :羊をめぐる小説:02/12/26 22:27
http://jbbs.shitaraba.com/study/967/#3
どなたか存じませんが、こちらの方でしたらありがとうございますた!

368 :文谷良介:02/12/26 23:20
>>347=>>362さん
 とはいえ、親や担任が、「文系から医学部は無理」とあんまりうるさいので、「じゃあ三学期
に模試で良い判定がでなければあきらめます」と言ってしまったんですよね。まあそりゃ
数V、Cと化学を自力で(文系はこの二つの授業を取れない)やらなきゃならないのは苦しい
と思いますがね。励ましてくれてありがとうございます。

 なんか井上ひさしさんだったか、文章で一番大切なのは、「自分にしか書けないことを
誰にでも分かるように書く」ことだと言ってましたね。実にその通りだと思います。前の方の
レスにも書きましたが、俺は普段あまり本よ読まないであろうテニス部の皆さんに読んで
もらっているので、彼ら(彼女ら)でも楽しめるように書くよう心がけてます。

 はあ、この冬休みは小説書いてる場合じゃなさそうだ。勉強せねわ。

369 :362:02/12/27 00:08
それは厳しいね。化学は「モル」が出てきた時点で挫折したので(笑)、よくわからないけど。
うちの大学、数年後に、文系で入っても医学部に進学できるようになるらしいが。

あと、本たくさん読む人に読んでもらうのもそれはそれで意味あるよ。
「私がこの小説を書店で手にとって、最初の数ページ読んで、あまり買う気にはならない」とか具体的に色々言ってくれることあるし。
まぁたくさんの人に読んでもらうにこしたことはないってことだ。



370 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 00:20
医学部、広大なら大丈夫だぞ。センター試験と面接だけだから。
(二次募集だけかもしれないけど。センターは700以上が必須)

ま、医学部に行ったからといって医者になれるわけじゃない。
医者になるならぜひ小児科に行ってくれ。
不器用な外科医なんぞ、あんなにたくさんいらん。
小児科は足りないからな。小児科にいけ(゜Д゜)ゴルァ!!

371 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/27 09:18
>>365
今、高一なんですが。
うちの学校は、
一年から第一志望を決めて、
配点や学科調べをしなくちゃいけないんです…シンドイ

一応、一年の間は古典とか現代文をやって、
二年から専修ができるトコです…



372 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 11:43
早いうちにやっておいた方がいいぞ。
俺の母校は都立だったもんで、みんな意識が低くてな。
志望校しぼり始めるのが、願書送る一ヶ月前とかだった。
最後の最後に、みんな結構悩んでたよ。
放課後、あちこちにグループで集まってミーティングしたりね。

やっぱり、狙いは常に定まってた方がいいと思う。
途中で考え直すにしても、情報集めておけば判断も楽だし。

373 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 12:13
願書郵送当日まで志望校が決定せず、
教師の言うなりに志望校決めて、受験して、合格しちまって
現在ウダウダと大学生活を過ごしている男がここにいます。
みんなスゲーな、ちゃんと志望校とかやりたいこと決められて。
俺はいまだに自分がなにをやりたいんだか分からん。

374 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 13:34
おれは、夢(or 志)のない人生は歩めないなぁ。
目的を見失ってしまったら、まともな生活送れない。

375 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 13:51
いや、誰だって、見失う前はそう思ってるよ。
でも、実際見失うと、本当にどっちを向いて何をすればいいのかすら分からなくなる。
それを苦痛だと思えなくなったあとが、さらにヤバイことになるんだけど。

夢や志を抱いてる人は、それに必死こいてしがみついた方がいい。
他人から何か言われても、そんなの気にしちゃだめ。
無くした目標が具体的で、強く意識しているほど、
それを放したときのダメージはでかい、もう計り知れないほど。

夢やぶれたあとに帰る場所がある人は、その幸運に感謝すべきだね。
声を大にして言いたい。

376 :十六の夜:02/12/27 13:51
>>364

ぼくなんて理系科目の道に進んでいきそうな勢いです。
入学当時、工業系の学校でも文芸部ってあったんだと関心しました。
文系学部いけば作家になれるもんでもないでしょうな。

とある知り合いの言葉。
「作家になるには、とてつもない物知りでなければならない」

本当そうみたいに感じる。

377 :十六の夜:02/12/27 13:52
まあ文系の方がそれらしい勉強はたくさんするんでしょうか?

378 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 14:02
>まあ文系の方がそれらしい勉強はたくさんするんでしょうか?

そう思うよ。
文系でも、特に文学・文化論のほうね。
心理学とか法学とか史学とか社会学だとちょっと違う。


379 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 14:13
>十六の夜さん
とてつもない物知りで無くても大丈夫。
だって、知識を求められたら調べればいいだけだもん。
ただ、ネタを思いつく為の引出は学校の勉強だけでは不足するね。
注目を浴びた学生作家がすぐに消えてしまう事が多いのは、
人生経験の乏しさからくる引出の少なさが理由の一つだと思う。
頭の中で全てを構築出来る人は、ほんの一握りいるかいないかの大天才。
人生の波風や紆余曲折が引出になる。


380 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 14:23
まあ、>>326を書いたのはオレなんだが。

オレは高校んときは数学V・Cとってて理系も理系だったけど、文系に乗り換えて日文に入った。
興味がある本を読んでいりゃぁ自然と知識はつくし、その点どこの学部に入っても知識はつく。
知識の範囲で小説を書くか、小説に見合った知識を仕入れるか、スタイルは色々あるがどんな知識でも小説に関して
役立たないことは無いでしょうね。
大学の学部を選ぶ上で大事なのは、自分の興味のある分野に進むこと。まったく教師はあれで中々的確なことを言っていると思う。
やりたいことが無いなんてのは、少し自分のことを知らな過ぎる人でしょう。
大学の分野→職業の分野、と言う構図がそもそも気に入らないだけですが。学問は所詮趣味的なもんです。
やりたいことがないなら就職か、それが嫌なら経済学部をお勧めします。
経験上、小説を書きたいって言う人は文学部が多かった気がする。しかし面白い話を書く人は法学、政経の人のほうが多かった気もする。
(決して「上手い」とかでなく「面白い」や「妙な」小説かも知れんが)

小説家志望の多くは読書家→小説家の流れで興味を持つ人が多い気がする。
だから自分の好きな本ばっかり読んで、面白いことばかりに空想をめぐらしていれば、小説家の第一歩として申し分ない。
大学の内容とは本質的に関係ない気がする。文系の学部がそれっぽいことをする、と言うのは、本を読み込むと言う部分では
確かにそれっぽい。しかし知識の蓄積と言う点で言えば何の学問をしてもいいし、大学なんていかなくたって十分だと思う。
小説において文の技巧を気にし過ぎるのはまさに下の下。問題は何を書きたいのか、書きたいことが読み手に伝わるか。
そりゃあ読みやすい文章きれいな文章の方がいいに決まっているが、それが第一ではないと自分は思う。

とまあ、変に極論めいているが自分の考えはこんなとこです。

381 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 14:26
芸術大学出の人で、作家ってのも多いよなぁ。
気のせい?

382 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 14:45
>やりたいことが無いなんてのは、少し自分のことを知らな過ぎる人でしょう。

噛み付くわけじゃないけど、あなたはもう少し優しい想像力をもったほうがいいと思う。
あなたには信じられないかもしれないけど、本当に途方にくれてる人間っているんだよ。
もしそれが自分自身を知らないがゆえの無目的状態であったとしても、
知ろうとせずにいて無知なのか、知ろうとしてもたどりつけないがゆえに無知なのかでは違うでしょう。
「やりたいことがない」のではなく「やりたいことが分からない」のです。
自分自身と向かい合ったときに、明るい鏡を見つけられる人と、暗い鏡しか見つからない人がいると思います。
暗い鏡にうつるぼんやりとした自分の影に、無理やり輪郭線を与えるのではなく、
ぼんやりとした影をそのまま受け入れようと挑戦しつづけているんですよ。

と、創作板らしくカッコつけて書いてみましたけどw
ダメ人間の自己弁護に過ぎないのかな。駄レスですまん。

383 :353:02/12/27 14:45
いまさら申し訳ないが、十六の夜さん
>横書きでも段落改行した方がいいよ。クセをつけておくのが重要です。
とはどういう意味でしょうか?
書き方もろくに知らない奴がこんなところに来ること自体、間違っているのは
百も承知してますが、気になってしょうがないのです。

384 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 14:50
ほんとに小説家になりたいんだったら、大学に入る目的が完全にそれが目当てなら、学部よりも大学のシステムを中心に選んだ方がいいかも。たぶん専門がちがちより教養の幅が広い大学のほうが世界が広がる。
究極には文学系の学部行けばいいんだけどね。東京だったら日芸の文芸とか早稲田の二文とか。
あと、これも極論だけど、偏差値が高い大学ほど(小説をはじめとして)本を読んでる割合は高いね。
その分自分の作品を読んでもらったり、本の話ができる友達は多くできる。

文芸サークルにはあまり期待しないほうが良いと思う。あんまたいしたことなさそう。言っちゃ悪いが。

385 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/27 14:52
≫十六の夜さん

いいんじゃない?理系でも。
宮沢賢治も星新一も理系だよ。
アイザック・アシモフはそれをウリにしてるし。
三島由紀夫は法学だし。

意外と理系作家は重宝されるかもね。
私は、逆に文系しかできないので、羨ましいです。


386 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 14:55
>>378 とか

社会学はかなり小説に生きます。内容の面で。
例えば桜井亜美は本職?は社会学的なルポライターだし。
社会学で勉強したことは小説に生かせると思う。
もちろん文章修行とかにはならないが。


387 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 14:55
>だから自分の好きな本ばっかり読んで、面白いことばかりに空想をめぐらしていれば、小説家の第一歩として申し分ない。

ついでに。
私は学問に憧れをwもっている人間なんで、ちょっと弁護させもらうと、
その「面白いこと」とか「空想をめぐらす」ってなんだろう? って考える学問もありますよ。
そういうことを自分ひとりで考えていては、やがて自家中毒に陥ってくだけだと思います。
(その中毒が不気味に花開けばいいんですが、大抵は枯れてしまうだけでしょう)
文化について考えるということは、そういうふうにならないように自分を傷つける行為です。
そして自分を傷つけるには、自分以外の誰かが必要なんです。
その誰かを見つけるのは容易なことじゃない。だけど、大学にはそういう人がいる。

それとね、人間が一生のうちで読める本、身につけられる知識なんて知れてますよ。
先にたくさん本を読み、たくさん考え、知識を身につけてる人がいるとしたら、
その人から学ぼうというのは経済的にw効率がいいことだと思いますよ。

388 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:05
なんか、みんな、与えられる事ばかり考えてない?
どこに行ったって、自分から掴む気にならなければ駄目なんだぜ。
大学に行ったらどうなる。文系に行ったらどうなる。理系に行ったらどうなる。
なんか歯痒さを感じるのは気のせいか。




389 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:05
>>385
最近理系作家多いから、もうちょっと「うり」がないと。


390 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:10
うりうりとうりうり歩くうりうりの声

391 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:11
>>388
もちろん自分の意志は重要だけど、環境はでかいよ、絶対。
例えば、「心理学の本を読みたい」と思ったとき、自分で適当に捜すのと、先生に勧めてもらったりするのでは後者の方が世界が広がりやすい。
っていうか大学なんてそもそも「自分から勉強しなきゃしなくてすむ」わけで、ここにいるような人は少なくとも意志はもってるだろう。
授業の充実度とかも大学によって全然違うし。
「やりたいかどうか」は本人の意思だけど、「やれるかどうか」はやっぱり大学とか違いが大きい。


392 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:12
うりうりがうりうりに来てうり残し、うりうり帰るうりうりの声

393 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:14
日本の大学じゃ、授業に期待しちゃいかんな。
学生もやる気なきゃ、先生もやる気ないし。

ま、みんながみんなそうではないけどね。

394 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:24
>391さん
環境が大きいのは当たり前なのだが、
作家の素養を学問からしかとらえていない書き込みが多い気がする。
学問が作家への早道と言う幻想を持っている書き込みが多い気がする。
学者で面白い小説を書く人もいるが、学者だから面白い小説を書けたと言うワケではない。
柔軟な発想が出来る年代こそ、柔軟な生き方を考えるべきだと思うが。


395 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:24
>日本の大学じゃ、授業に期待しちゃいかんな。
>学生もやる気なきゃ、先生もやる気ないし。


そうなんだー、じゃあ俺めぐまれてたな。
一流校じゃないけどみんなやる気に満ち溢れてるよ。
教官も熱い人ばかりだし。

396 :_:02/12/27 15:27






http://freeweb2.kakiko.com/dengeki/indexf.htm






397 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:28
学者だから面白い小説を書けたと言うワケではない。


俺、担当教官の文章好きだよ。
いやしくも文化一般を相手取ろうという人間が、
「文章」という文化表象に無自覚のはずがない。
やっぱりそれなりに面白いものは書く。

まぁ、面白い「小説」となると分からないけど。

398 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:35
>397さん
そりゃ当たり前だと思うぜ。
院生から教授まで、常日頃、文章を書きまくっているんだから。
内容に魅力があって、読む人を納得させる文章を書けなきゃ学会で発表なんて出来ない。
でも、それがイコール小説とはならんでしょ。


399 :397:02/12/27 15:40
>>398さんは俺の最後の一行が読めないのかと小一時間……

いや、煽るつもりはないです。
ただ意思疎通がうまくいかないのって悔しいじゃないですか。

400 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:43
>397=399さん
いや、最後の『。』まできちんと読んでるよ。
ただ、最後の一文が付けたしみたいな感じだからさ。

401 :391:02/12/27 15:59
>>394
とりあえず自分のこと棚にあげて書く(なので「おまえもなー」というつっこみはなしで)。
最近の、特にネットに小説を載せてるやつ、ほとんどが一人称主語で、自分の日常とか考えてることとかたらたら書いてるだけなわけだ。
それで本気で「作家になりたい」とか言ってるわけで。
そういうやつ見てると、「少しは勉強しろよ」と言いたくなる。
俺の考えとして、小説を書ける人間には、「勉強した人(文章修行じゃなくて、世界・知識を広げるという意味で)」と「波瀾万丈な人生の人」といるように思う。
勉強もせずただたらたらした人生を送ってるやつに、面白いものが書けるとは思えない。
で、効率よく勉強するには「大学に行く」というのが一番ではないかと。そういうことだ。
まぁ自分が大学生だから言うんだけど。人生波瀾万丈じゃないし。

402 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 15:59
過去にないもりあがりだ。

403 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 16:09
>>401つまり大学は作家になるために適した場所ってことなのかな?

404 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 16:10
色んな経験がためになるよね。
大学って、色々と考える時間があるし。

405 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 16:14
そうですね。

406 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 16:19
ここの書き込みを読んでいると、人生に対する想像力と言うか、
生き方に対するバリエーションの狭さを感じてならない。


407 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 16:23
バリエーションの広い生き方は憧れますよねw。

408 :394:02/12/27 16:31
>401=391さん
効率よく勉強するには「大学に行く」。うん、ごもっとも。
大学生って、時間的には一番余裕のある世代だもん。
本当は「よく遊び、よく学べ」ってやつを実践して欲しいけどね。
(まあ、オレは遊び過ぎだけど)
>404さん
考えるだけじゃなくて、行動しよーぜ。


409 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 16:32
経験を手にいれるんなら旅に出たほうがはやそーだ。
作家になるために大学いくのはそこに未知との出会いがあるからっしょ?


410 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 16:34
自分探しの旅へw

411 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 17:04
要は、バリエーションのある生き方=波瀾万丈の生き方、として、そういった生き方は条件とかあってなかなか難しいわけで、大学で勉強して作家になるのも一つの道であると。そういうことだ。
どっちかがいいというわけではなく。
バリエーション求めた生き方なんてそう簡単にできませんよ。特に精神的に。


412 :文谷良介:02/12/27 17:12
>>369 化学は一年の時必修で、その時は得意だったんで多分いけると思いますが、数学が。
辺りに本よく読む人いないからなあ。ハリポタしか読んでない人多すぎ(w

>>370 あー、二次募集だけですね。やっぱ前期は理科2、数V、Cいるみたいです。
センターと面接と、調査書入るんで俺には無理っぽいです。調査書終わってるんで。それに広大はちょっと……。
 俺は精神科に行くつもりです。

 大学行ったら遊びますよー。留年覚悟で海外へ行きたいです。先日日本各地の留学生
との交流会が広島であったので行ったのですが、そこで、18歳にしてヨーロッパ諸国を
ほとんど回り、中国へも言って日本へやって来たアイスランド人の人と風呂につかりながら
二時間ほど(のぼせるまで)話をしました。彼は、「世界には本当にいろんな国があって、
本当にいろんな人たちが住んでいる。だから絶対そういったものを見といた方がいい」と
言っていました。
 俺が大学へ行きたい理由のひとつに、一人暮らしがあると思います。行きたい所へどこへ
でも行くし、やりたい事をなんでもする。もちろん勉強も。思うに、深い人間の言うことは何でも
深いし、実際に何かをやってきた人間の言う事には重みがあります。以前にも書いたけれど、
小説だけ書いていても芸術的完成は求められないのではないでしょうか。小説は子供みたい
なものですから、駄目な親のもとに良い小説が育つことはないはずです。
 その、自分を広げるというか、深めるというか、成長させるという点において、あらゆる面から、
大学というのは役に立つのではないかと俺はかねがね思うのであります。

 と、こんな長レスをつけるのも、勉強がはかどらないからだったりする(w

413 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 18:11
一人暮らしを始めると、生きることの大変さに気付くと思われ。
仕送りの量にもよるけどね。
ゼロだと修羅場もちょくちょく体験する。
ちょっぴし野生に戻るかも。

転がり込む場所は、早めに確保しておきな。

414 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 18:23
>>412
医学部ならわかんないけど、たぶん他の学部なら(特に文系なら)、海外行ったぐらいで留年しません。そんな覚悟いりません。
テスト前に日本にいれば、下手すれば四年間の8割くらいは海外に行ける気がする。
日本の大学なんてそんなもんだ。

あと、精神科はどんな医学部にもあるのか?(単なる質問)

415 :文谷良介:02/12/27 18:37
>>414 確かに。ないところもひょっとしたらあるかもしれない。俺の受けたいとこだけでも調べ
ときます。

416 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 19:27
自分は大学生だ。
小説で飯食ってこうなんて、考えてなかったんだけど、今は小説家も案外悪くないんじゃないかとも思っている。だけど、博打っぽいからやりたくないとも思う。
まぁ、今までの夢もほとんど博打だな。国家試験受けなきゃなんないし。頭わるいからなー。
はっきりいって小説は書きたい。でも、趣味のレベルだと思う。
小説を投稿なりしたことがないし。
このまま、今の夢を目指すか、小説家になるか、今が自分の人生の中で分岐点かもしれない。

小説家を目指している人は、その道に進んで今、何を思いますか?

417 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 19:42
>>416
@その夢とはなんだ?
Aその道に進むと言うことは、働かず(定職につかず)、学生でもなく、小説を書いてる人のこと?

俺は、小説家で食っていきたい。自信はある(というかないとやってられない)。いざとなれば国語の塾講師で食っていけると思う。だから、大学を出たら、フリーターしながらしばらく書くつもり。


と言い切れれば良いんだけどね(w
自信がないのでとりあえず院に行きます。自分の夢を追いきれないいくじのなさ、プライド(フリーターはどうだろう?)を呪いながら。



418 :416:02/12/27 20:21
>>417
@私の夢は警察官になること。ガキの頃からの夢(ほんとは言いたくなかったが聞かれたので)
Aそれも含まれ、学生で、小説家をメインに目指している方。

警官はガキの頃からの夢だし、今まで馬鹿にしてきたやつ(親も含め)を見返してやろうと思って目指している。
創作するのは昔から好きだった。で、最近、小説が書きたくなった。昔は漫画でも書こうと思ったが絵が下手で諦めた。
本が好きで、小説も漫画もありとあらゆる読むものが好き。
それだけで、小説家を目指すのはどうかと自分でも思うし。
皆、切っ掛けはなんだったのですか?

419 :文谷良介:02/12/27 20:57
>>418
 きっかけ……。
漫画家になりたい
 ↓
漫画書く
 ↓
褒められて調子に乗って書く
 ↓
絵を書くのが嫌いに気づく
 ↓
じゃあ、文章だけ書いてりゃいい小説家にしよう。

 あ、よく見ると俺は>>418さんの言う小説家志望には入らないのか。

420 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 21:20
漏れも創作するのが何かしら好きだった。
頭の中で自分の登場人物たちが泣いたり笑ったりしてると(ゆうのを考えてると
なんかすごく自分も嬉しかったり悲しかったりした。(巧く言えんなぁ…
その感情を誰かと共有したかったっていうか、誰かにもこの話を伝えたかった。
でも漏れが思い浮かぶのはワンシーンだけなのね。
そこまでいくのに無理やり理由をこじつけたのをノートに書いた。
最初は漏れも絵だった。
でも絵じゃなくて文章のがうまくいった。

俺小説家じゃなかったら、機織りするひとになりてーなー。

421 :417:02/12/27 22:00
俺のことを知ってる人がいないことを祈って書く。
小説家になろうと思ったのは、三つ理由がある。
まず、本が好きだったこと。幼稚園のころから本ばっかり読んでた。漫画も読んでたけど。
次。中学の時の塾の先生が、俺の作文見て、「お前は文章が書けるのだからそういった系統の仕事につけ」と。それで気分をよくした。
最後。昔から「表現する」ということに興味があり、合唱演劇バンド落語絵ピアノなどなどをやり、行き着いた先が小説。

>>416
全然関係ないけど、俺の友達も警視庁志望で、筆記通ったけど面接で落ちた。あなどるな面接。

422 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 22:40
小説家志望の奴が警察官になれるはずもなし、
警察官志望の奴が小説家になれるはずもない。

423 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 22:41
>>422
そう信じ続けていれば、そういう人生を歩めるはずだよね。

424 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 23:02
>>423
そういう人生って、どういう人生だ??

425 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 23:03
小説家になってから警官になるよりは、警官になってから小説家になるほうがいいだろう。
内部事情とか書いたら怒られそうだけど。

426 :名無し物書き@推敲中?:02/12/27 23:06
みんないったい何の話をしているんだ?w

427 :416:02/12/27 23:21
答えてくれてありがとう。
聞いてもらえてよかったです。
警官目指しながら、小説家になるってのは難しい。やはり、どちらか一つを絞らないと。
自分でも、分かってるんですが、小説書くのも楽しい。書くだけでなく誰かに読んで貰えたらなおいい。
ダチに見せるだけでなく、もっと色んな人に読んでもらいたい。
趣味のレベルだと沢山の人たちに読んでもらえないし……。
あー!クソッ!!
どうしたらいいんだろう。
もう少し、悩んでみます。

428 :アルカリ:02/12/27 23:44
ひさびさに来てみたら凄い事になってるな……。
俺は元々読書が好きで、本を読んでいくうちに自分で物語を作りたいと
思うようになったのがきっかけだったな、もう小六の時の話だが。
漫画は描かなかったな、周りには描くやつたくさんいるけどね。



429 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 01:09
>>416
作家はいつでもなれるよ。なんて言うか、なれるかは分からないけど、年齢は関係ないよ。
警官は年齢制限があるし、なりやすい。
作家目指して35歳になって「警官になっときゃよかった」って思っても遅いけど、警官になって35歳で「作家になりたい」と思っても可能性はある。
警官にしましょう。と他人の人生を決めてみる。

>>426
学生が学生の人生相談(w
しかも進路指導が中心て。

430 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 01:10
現役警察官が書くミステリって言ったらそのまま帯になりそうだな

431 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/28 02:08
漫画家になりたい→絵がかけないor嫌いになった→小説家になりたい
という方もいるんですね、やっぱり。
……って何を隠そう私も漫画かいてました(かいてる?)。
特に漫画家になりたいって訳でもなかったんですけど。
私も創作すると言う行為自体が好きなんですよ。
結局小説を書き始めてたのは、本を読むのが好きだったからです。
一番最初に話を書いたのはたぶん小3だったと……。
今みたいに書き始めたのは中3のクラブを引退してからですけどね。
自分に一番しっくりくるものだったというか……。
後、周りにものすごく絵を描くのがうまい子がいて、圧倒されちゃって……。
「お前は弱い」っていわれても仕方ないんですけどね。
でも、今でもよくイラストを描いたりしますね。
自分の小説の人物を書くと、これがまた結構創作がはかどるんですよ。
人物像がしっかりしてくるので。

>>416
429さんの言うとおり、作家に年齢は関係ないですよ。
警官になってからでも書けますし。
でも、後悔しないように悩むだけ悩んだほうがいいのでは?
中途半端に決定してもおそらく満足できないと思います。
相談は大いにするべきですが。
一人で悩んでもパンクしちゃいますからね。



432 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 02:23
俺は小説が書きたいのではないくて、
ただ物語が書きたいだけなのかもしれない、と思う。

433 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 02:27
>>425
そうか? 書いて怒られるような内部事情を抱えた司法機関の
方がまずいだろ。最近はつとにアレだし。一昔前の金融小説と近い
ものが求められている風潮は実際あると思う。分かりやすく、深く。

434 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/28 02:41
>>432
小説が書きたいという理由のうちの一つでもあると思いますが……。
私も描写することも好きですが、何よりストーリーを組み立てていく作業が一番好きですから

435 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 02:44
違うんだ。
物語を書きたいのなら、小説にこだわる必要はないんだ。
脚本でもゲームでも、何でも良いんだ。そこに物語があれば。

436 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/28 02:51
創作するという行為自身がお好きなのですね。
時間がかかるかもしれませんけど、色々やってみて、自分の適性を調べてみてはいかがですか?
ゲーム関係はそこに就職して――というのでなくてはいけませんけど、
大概のことは他の仕事を持ちながらでもいけますし、趣味ならば趣味ですし。

437 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 03:33
漫画書きになりたかった時もあったけど、
最近はなにより言葉の魔力、ってーか言葉の無限性に惹かれている。
絵で表現できないもの表現できたりするとこ。
多分いつだったか夢枕獏が坂口安吾の小説の「桜の森の満開の下」のラストの文章を
そういうふうに評価してたのを見たのが影響あったのかな。

俺は結構物語より、そっちの方が好きかもしれない(w
だからいつも小説が遅々として進まないのか……

438 :303:02/12/28 04:05
あらー……なんかすげえ流れになってますねえ。
まあ、これが終わったら、気楽に書こうかなあ、2年くらい。

とりあえずまだ61枚wなので、でかいことは言えないですが、
31日までに85枚超えたら文學界行きます。
28、29、30、31、……、……!?
あと4日!? あと24枚!? むりかも……
まあ、みなさんも執筆ライフ愉しんでくらはい。

439 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 10:18
>415
日本の医学部ならどこでも精神科はある。心配しないで大丈夫。

440 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 11:13
>>435,436
ゲームだって、雑誌でシナリオ募集とかしてるんじゃん?どんなものだって探せば公募があると思うよ。目指している人多いから。
とりあえず書いてみることでしょう。

>>437
西尾維新および野田秀樹(戯曲)を読んでみてください。趣味にあうかも。

>>438
こないだの文學界、一次通らなかった。前半が面白くなかったのだろうと自己反省。文章も読みづらいところあったし。
がんばってください。

441 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :02/12/28 14:11
どうでもいいけど
作家でごはんのごはんちゃんゲームおもろい。

442 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 19:01
私はもともと小説を書きたくて書きましたね。漫画は通らなかった。
小説の表現する世界に惚れた口。正直、とある作品を読んでかっこいいとおもった。


443 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 20:05
皆どれくらい文芸系の賞(小説じゃなくてもSSとか俳句とか短歌とか)取ってるの?
小さい賞とかには応募しないの?応募してる人は幾つくらい取ったの?
学校の同級生が何かそういう小さいコンクールに入選してるみたいで、なんか話してた。全然知らん奴やけど。
作家とか目指すなら学生のうちから少なくともそういう小さい賞を取れるレベル(応募するしないは別にして)じゃないと駄目ですか?

444 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 20:16
>>442
作品名出しとかないと。気になるがな。

>>443
俺は取ってないよ。出してない。よく学校単位で「作文コンクール」出すとことかあるけど、俺はやらなかった。
大学受験のとき、学校の小論文の授業で三回連続「良い論文の見本」て言われて配られたくらい。




445 :442:02/12/28 20:56
>>444
北方謙三で「友よ、静かに瞑れ」
多分ここでは読んでる人いないとおもうが。いいですよ?

446 :名無し物書き@推敲中?:02/12/28 23:10
>>443
そういう定義はないだろーし、必要ないんでない?
賞とってるから小説家ってわけでもないなら、賞とって無くても小説家ってあるよ。
単なる周りの納得材料にすぎんだろ。
つまり賞とってなくてもダメってことはないだろうと。


447 :名無し物書き@推敲中?:02/12/29 16:00
や、すいません。
小さい賞なら取れるくらいの実力を学生の時点で持ってないと駄目かな?ということを皆さんに聞きたいのです。

448 :名無し物書き@推敲中?:02/12/29 16:23
う〜ん、小さな賞に出しまくってるなら、
一個ぐらいは取れてた方がいいんじゃないかなぁ。
どんなのがいくつぐらいあって、どれだけ競争率激しいのかわからないけど。

449 :名無し物書き@推敲中?:02/12/29 16:24
あ、狙うなら取れてたほうがいい。
狙ってないなら、別に気にすることでもないだろって意味ね。

450 :文谷良介:02/12/29 17:02
>小さな賞云々
一回、賞金5万に引かれて出したことありますよ。カスりもしませんでしたが。
虎穴だったかまたりだったかにも投稿した「はなし」ってやつですけどね。

精神的ダメージは大きいので出すときは気をつけた方がいいですよ(w

451 :ルゥ ◆1twshhDf4c :02/12/30 04:25
私はまだ出したことないですね、小説に関しては。
(読書感想文と中学校の時近松俳句で入選したくらいかなぁ。
でも地元の割と小さいやつですし。
両方とも賞のうちにも入らないでしょうね)
高校のうちに何か出したいとは思っていますが。

452 :名無し物書き@推敲中?:02/12/30 11:15
休み中に書き溜めたい

453 :名無し物書き@推敲中?:02/12/30 14:23
鏡である

454 :名無し物書き@推敲中?:02/12/30 14:53
>>453
mirror?

455 :名無し物書き@推敲中?:02/12/30 16:01
作家志望の鑑ってことでねの?

456 :文谷良介:02/12/30 17:29
遅レスすみません。>>439さんありがとう。

457 :303:02/12/31 01:03
よ、ようやく目処が立った……
なんとか80枚ちょいで出せそうです……

応募は2回目。今年の頭に別の賞に1回。
もう、これ応募したら、しばらく応募する気はないですね。
2年くらいはゆっくりしよう……

458 :名無し物書き@推敲中?:02/12/31 01:49
>小さな賞云々
短歌コンテスト。SSコンテスト。小さい小説の賞。全部佳作で一個ずつとったよ。
賞金とかは無かったけど商品はちょっとあった。
次は小説現代SSコンテストにでも出してみようかな。賞金二万円出るみたいだし。

459 :エヴァっ子:02/12/31 15:24
ところで、ハリポタはおもしろいのですか?

460 :名無し物書き@推敲中?:02/12/31 15:29
自分で読んでみなよ。
俺は映画を見たけど、それなりに面白い。

でも、ファンタジーならゲド戦記をお勧めする。

461 :名無し物書き@推敲中?:02/12/31 15:57
ゲドか…

462 :名無し物書き@推敲中?:02/12/31 17:02
オレは面白くなかった。

463 :アルカリ:02/12/31 20:20
>>459
途中で読むのを放棄した始めての本です。

464 :303:02/12/31 23:29
出してきました。87枚まで膨らんだので(膨らませた?)
長さはまあ、大丈夫だと思います。
問題は、内容……推敲がまともに1回もできてません……
たぶん、ひどい出来だと思う……

465 :名無し物書き@推敲中?:02/12/31 23:32
膨らんだのか、それ?

466 :303:02/12/31 23:33
わかんない……
量は増えたけれども。

467 :名無し物書き@推敲中?:03/01/01 02:22
>463
難しかった?

468 :アルカリ:03/01/01 11:28
>>467
いや、難しくはなかったよ、ただつまらなくて読むの止めた。

初夢は笑うセールスマンを追い回す夢ですた、皆さんはどうでしたか?

469 :名無し物書き@推敲中?:03/01/01 12:18
夢。なんか化け物と闘う夢見た。

470 :名無し物書き@推敲中?:03/01/01 12:26
みなさま、あけおめです。
俺は受験が終わったら、初投稿にふみきりたいっすな。

471 :名無し物書き@推敲中?:03/01/01 23:33
僕も大学受験控えてるんでそれから投稿したいと思ってますわ。

472 :アルカリ:03/01/02 22:39
皆いつから小説書き始めた?
俺は高校入学してから1〜2ヶ月後ぐらいから書き始めたけど早い方かな?

473 :名無し物書き@推敲中?:03/01/02 22:42
小学校3年ごろからかな。
自分で漫画書いてたんだけど、その時できたストーリーを漫画で書くには
背景書くの面倒くさくて小説にした。

漫画と小説半々で書いてた。
本腰いれはじめたのは中学校からか?

474 :ゆり ◆YURIRsZ6T6 :03/01/02 23:15
初夢まだだ〜。
でも気がついてないうちに見たかも?

475 :アルカリ:03/01/02 23:50
>>473
しょ、小三ですか、ってことは俺は遅い方なのかな?



476 :名無し物書き@推敲中?:03/01/03 00:46
僕は中二。友達が自作の小説見せっこしてるのに影響された。
でも今になっても書いてるのは僕だけ。

477 :名無し物書き@推敲中?:03/01/03 01:17
私は高校一年の頃。友達に小さい賞に一緒に応募しよう、って言われて書いたら、
結構小説書くのが面白いってことに気づいてそのまま書き続けてる。

478 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/03 15:19
あけましておめでとうございます☆
初夢ですか……。
なんかミステリでしたよ。
……自分で書いてる話よりおもしろくて悲しかったです(w

479 :名無し物書き@修行中?:03/01/05 00:01
アケオメ

しばらく来なかったら履歴消えてて真っ青んなってたー

480 :エヴァっ子:03/01/05 03:35
中一です。
あぁ、皆同じように次第に周りから仲間が減ってくんだな。

481 :山崎渉:03/01/06 15:55
(^^) 

482 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 15:48
おまいら、図書館はよく利用するのですか?

483 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 16:04
>482さん
はい、資料調べでは良く利用します。
専門書は値段が高くて買えませんので。


484 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 16:09
まだ返してない資料が・・・(汗

485 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 16:13
うちの学校の図書室にはなぜかクトゥルー神話があってポイント高し。
見つけたときには思わず読んじまったYO!

486 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 16:16
大学の図書館で、古文書の書架は全然人が来ません。
それをいいことに彼女といちゃついちゃった僕は駄目ちんでしょうか?

487 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 16:18
反省しろこの厨房

488 :486:03/01/07 17:12
ごめんなちゃい。

489 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 20:34
うちの大学の書庫、希望者には防犯ベル貸し出し。めちゃめちゃでかく暗い。
大学に図書館が20以上あるからだいたいどんな本でもあるね。
最近の小説はないけど(w

490 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 20:37
バイオハザードの格好でサバイバルゲームができますね。

491 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 20:38
警察ざたになるかもしれませんがw

492 :489:03/01/07 20:41
できるできる。

493 :緊急企画:03/01/07 20:49

               〜創作文芸板オフ会〜

        >>489さんの学校のビッグな図書館でサバイバルゲーム!!


               1、参加資格:板住人

           2、PBガンの使用は禁止。

                    3、全員ゴーグル持参のこと


494 :489:03/01/07 22:08
学内者しか入れない(と思う)ので、まず大学に入るところからサバイバルです。

495 :名無し物書き@推敲中?:03/01/07 22:20
文谷君はまだいるのだろうか。
うちの大学の精神医学系の心理学の教授、うちの大学の心理学科出てからどこだかの医大の院?に行って精神科医になったらしいよ。
医学部間に合わなかったら心理もありだね。人気あるが。

496 :名無し物書き@推敲中?:03/01/08 03:08
文谷君て?

497 :エヴァっ子:03/01/08 14:15
うちの近くの図書館滅茶苦茶しょぼいよ。
絵本コーナーは結構あるが、星新一がひとつもおいてねぇ……。
なぜかロードス島戦記はおいてあるのに。

498 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 00:17
うちの高校の図書室は電撃文庫やら富士見ファンタジー文庫やらがやたら多い。
そういう系の小説ばっかで端から端まで埋まってる本棚がある。
痛いなあ……。

499 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 00:27
>>498
そういう高校もあるんだー、と素直に感心。

500 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/09 00:57
>>498
司書の先生の好みですか(w

私の学校もライトノベル、そこそこおいてありますね。
ブギーポップとか十二国記なんかは私もお世話になりましたが。
学校の図書室、割とPTAからお金が下りているようで、
最近のベストセラーはほとんどそろってて便利です。
常連になったら、学校に入れてほしい本とかも気軽に頼めますし。
(そして何回か読みたかった本を自分は買わずして、図書室に入れてもらいましたw)
資料系は、図書館に頼ってることも多いですが、少しと遠いのが難。
そこも市の中央図書館(かなり遠いし、交通手段が不便。めったに行かない)
ほどは本がそろってませんし。
近くの公民館は児童文庫が多くて、小学校の時はよく利用していましたが、
今はほとんど行きません。
徒歩3分程度なのになぁ……。

501 :名無し物書き@修行中?:03/01/09 01:07
ウチにはアニメ雑誌のNEWTYPEがあったよ。



                       待てコラ。

502 :エヴァっ子:03/01/09 04:05
ええなぁ、うちもおいて欲しいわ。
学校の図書館なんか薄っぺらな古書が大量にある。
誰もよまねーから捨てろ、っつーの。

503 :498:03/01/09 16:13
>502
そっちの方が羨ましい。
古書ってどんなのがあるの?

504 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 19:20
古書棄てるなら呼んで。もらいに行くから。

505 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 20:49
島本さんのおかげで
作家を目指すことにしました。

506 :アルカリ:03/01/09 21:50
俺の学校の図書館もキノの旅やMissingとかあるよ、あとギネスブックもあった。
家の近くに市立図書館もあるんでたすかる。

そういえばひろゆきがIP記録実験始めたらしいね、なんか影響あるのかな?


507 :エヴァっ子:03/01/10 02:47
1950年以上前の、伝記とか化学的な本。
あとジキルとハイドがあって読んでみたけど……さっぱり分からんかった。

508 :名無し物書き@推敲中?:03/01/10 03:15
いいなー。そんな古い本読みたいよ。

509 :名無し物書き@推敲中?:03/01/10 11:03
>エヴァっ子さん
非常にうらやましい。
うちの学校新しかったから、そういう本が全然無かったんだよなー

510 :エヴァっ子:03/01/10 16:04
ムゥ……うらやましい? 面白みが全然無いよ。その本達。
古書が二つ本棚占めて残りは小学生が読みそうな本ばっか……。やんなるよ。

ところで高校生の皆に聞きたい。
「備えあれば憂い無し」「異口同音」……意味わかるよね?

511 :機甲自転車 ◆OLMrOd1JGM :03/01/10 16:18
>>510
いくらなんでもそれは馬鹿にしてると思われ。
例の調査は本も新聞も読まない人たちが沢山居ますと言う事なんだから

先日我がクラスの自称読書家を訪問。本棚にはただただライトノベルだけが・・・

512 :名無し物書き@推敲中?:03/01/11 09:51
>>511
その彼などヌルヌリ。私の知ってる一番激しい例は、多趣味と言う彼の趣味を
聞いてみるとテレビ、ラジオ、まんが、音楽でした。

513 :名無し物書き@推敲中?:03/01/11 13:00
テレビが趣味って……。

514 :エヴァっ子:03/01/11 17:19
いやね、不安になったんですよ。
クラスメイトに聞いたところ6人中4人は「聞いたこともねぇ」だったから。
少し人間不信に陥ったよ。

515 :名無し物書き@推敲中?:03/01/11 17:32
君は「人間不信」の用法を間違っているけどね

516 :名無し物書き@推敲中?:03/01/11 18:05
ワラタ
狙ってやってたら肺扇子。

517 :アルカリ:03/01/11 19:07
まあまあ、マターリしませう。


518 :名無し物書き@推敲中?:03/01/12 01:03
我が自称読書家の友人は本棚にはライトノベルすら無く、
ありとあらゆる種類の萌え漫画がありました……。
関係ないけどそいつの部屋はそういう系のグッズで溢れてました……。
とりあえずそいつを友人から知人へ格下げすることを一緒に行った奴と誓い合いました。
これからは生暖かく見守りたいと思います。

519 :名無し物書き@修行中?:03/01/12 07:02
俺の友人と似た感覚の奴だなw
性格は悪くないんだが、その情熱の傾け方が理解できない。
学校中で同士を集めて、コ○ケにン十人単位で行こうとしてる奴等だから。
でも俺の先輩なんかより断然マシ。詳しくは文芸部スレで。

「お前もコ○ケ来い!」
「絶対に行きません!」
  ↑この押し問答で三十分ほど(本当に物理的に)拘束されたし。拒否してるんだから諦めてよ。
結局、埒があかないので走って逃げた。追われた。怖かった。でもやっぱ行かなかった。

520 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/14 01:31
>>519
そういう先輩を持つと大変ですね。
切りたくても切れない人の縁と言うのは私もよくわかるので、同情します。
生きてくださいね、強く。

私もライトノベルは読みますがそれだけと言うのは……。
それで、読書家ですとか語られてもピンときませんね。
小説すらないと言うのは……。
私もわりと偏った読書をする人間なのでそのことについてあまり多くを語ろうとは思いませんが。

冬休みが終わって、やっと小説が進みました。
(なんで長期休暇より普段のほうが時間があるんだろうw)
……と思ったら風邪を引いてあえなく中断。
(そして今も本当は発熱中)
うまくいかないものです。

最近この板過疎化が進んでますが、皆さんお元気でしょうか……。


521 :エヴァっ子:03/01/14 01:49
ああ……恥ずかしい間違いが……。

自分は何でも読むけどね。星新一からライトノベル、空想科学シリーズまで。
んでやっぱり小説は時間が無い時にかけるもんスね。自分もよぅっくわかります。

522 :名無し物書き@推敲中?:03/01/14 03:37
どの辺から読書家扱いされるのかしらんけど自慢してみよ。
ワシの場合は小説だと童話からライト含んだジュブナイル、推理に
歴史、SF、暗黒、金融、サスペンス、文学、詩文、クソゲー周辺、
トンデモ関係に法廷小説くらいが守備範囲(洋書含む)。理論書、新書
だと古典哲学、動植物学、生理・心理学、人文、政治力学、天文、
環境、発生、進化論、キリスト神学、トンデモ、Vに、看護学、医学、
あとエロとゲーム。思い切り偏った方向で行ってます。

523 :エヴァっ子:03/01/14 03:48
童話でドクタードリトル好きな人いる?
でなければ映画を見てビビッた人。

524 :名無し物書き@推敲中?:03/01/14 16:15
童話は「トロルの話」が最高だったな。

525 :名無し物書き@推敲中?:03/01/14 17:44
はりぽたのリスペクト小説があった。名前はバリー・ドロッターと愚者の石。
リスペクトっちゅーかオマージュっちゅーかワラタ。

526 :350:03/01/14 18:38
トロルの挿絵が怖かった。

527 :526:03/01/14 18:41
ごめん、名前の350は消し忘れ。このスレの350とは無関係です。

528 :文谷良介:03/01/14 19:51
>>523 ドリトル先生は全シリーズ読みましたよ。小学生の時に。
あれは童話というよりは児童文学なのでは?
 児童文学では、リンドグレーンが好きですね。

529 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/14 23:52
私もリンドグレーン好きでした。
ドリトル先生も好きですが。
でも何といっても私が好きだったのは、ケストナー。
「二人のロッテ」が特にお気に入りでした。
まぁ、これは女の子の観点からと言うのもありますが。
あと「飛ぶ教室」も好きでしたね。
ほかに児童文庫で好きだったのは「長靴下のピッピ」とか。




530 :名無し物書き@推敲中?:03/01/14 23:56
あと四日でセンター試験なわけだが。俺はこうして2chと。

531 :文谷良介:03/01/15 00:00
うわああああ>ルゥさん。
その三つとも大好きです…。飛ぶ教室は未だに本棚に並んでます。
リンドグレーンは、「やかまし村」シリーズ、「カッレくん」シリーズ、「ピッピ」シリーズ、
あとなんかあったっけ。そう、「ラスムスくん英雄になる」と、あともう一つ「〜村」シリーズが
あったような……。全部大好きです。
 思い出すなー。読み返してみようかなー。

532 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 00:05
とりあえず目標点と試験後の実際の点をさらせ

533 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 00:20
目標:700 といっておく。
結果は来週でおJAL。

534 :文谷良介:03/01/15 00:29
>>533 おお〜。頑張って下さいね(受験生には禁句なんでしたっけ)。
 なんか先輩方見てると、最近俺の方まで緊張してしまいます。

535 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 00:31
700か。結構頑張るんだな。東大?
おれ、680だったー。

536 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/15 00:32
>文谷君
同士ですね。
私も文谷君のあげたもの昔、全部読みましたよv
どの作品も大好きでした。
懐かしくなったので、私も読み返そうかな(w
私はそういうのを経て、アンとかローラとか「果てしない物語」とか「モモ」とか読みましたね。
でも結局そういう昔読んだ本が好きっていう自分の原点なのかも。

絵本もずいぶん読みましたけどね。
小1の時の教科書にも載ってたけど、アーノルド・ノーベルのがまくんとかえるくんのシリーズ好きでした。
知ってる人いますか?


537 :文谷良介:03/01/15 01:01
>ルゥさん
 少し残念なことに、>>536の中では「モモ」しか読んでないです。
俺はそこから、「ナルニア国物語」「ホビットの冒険」「指輪物語」と進んで行きました。
他にも本棚の奥の方を見ると「アラビアンナイト」やら「メアリー・ポピンズ」やら……。
 絵本は、有名どころの「星の王子様」と、ライナー・チムニクって人の「クレーン」(誰も知らない
だろうな……)しか記憶にないです。「クレーン」は今でもときどき読んでは感動してます。

 で、現在はどんな本読んでます?
 俺は(くどいようですが)カート・ヴォネガット、春樹、トルストイ、大江、
ヘッセ、太宰などなどを広く浅く読んでおります。ヴォネガットはほとんど読んだと思うけど。

538 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 01:07
後期試験が近いな。
文学部ではないどころか、理系の漏れは
小説とはまったく関係の無いテスト勉強をしないといけない。
せっかく小説書きにのってきたというのに、、、

539 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 01:12
すみません私センター試験真っ最中までファンタジー小説の
設定考えていましたっていうかテスト用紙設定でびっしり。

540 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/15 01:16
私も浅く広くがモットーでが、偏った読書が多いかもしれません。
村上春樹、北村薫、村山由香、夏目漱石、司馬遼太郎、乙一、モンゴメリ、シェークスピアなどなど。
後は……最近のミステリはけっこう読んでます。
話題作とかも一応目を通すようにしてますね。
それと他は古典作品です。
源氏物語とか、徒然草とか枕草子とか。
有名どころですけど。
さすがに原本のみでは無理なので、小説版とか、全訳版注釈つきなんていうのを読んでます。
ジャンルは特に選びませんが、どうしても小説が多数を占めていると言うのが現状でしょうか。

541 :文谷良介:03/01/15 01:40
>ルゥさん
 古典が結構来てますね。しかも古典中の古典が。シェークスピアは読んだ事ないですね。
漱石は少し、北村薫はターンだけ読みました。
>ジャンルは特に選びませんが、どうしても小説が多数を占めていると言うのが現状でしょうか。
え?「小説」って言うのはジャンルなんですか? 小説が細かくジャンル分けされているのでは?
 ジャンルは俺も選ばないですね。傾向はあると思いますけど。ミステリかあ……

542 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/15 01:55
>文谷くん
そういっても現代小説が一番読んでますよ(w
当然短時間で読めるものが古典作品に比べて多いですから。
>え?「小説」って言うのはジャンルなんですか? 小説が細かくジャンル分けされているのでは?
何といおうか……、ジャンルと言っても細かいものではなく、
小説とか、エッセイとか論文、論説とか詩といったもっと大まかな分類の上でです。
今一番好きな作家は北村薫なんですけど、私的には「ターン」より「スキップ」がお薦めですね。
でも、男の子の薦めたときと女の子に薦めた時では、違う反応が返ってくるんですよね。
ミステリは謎を追っていくときのスリルが好きで(w
あと、きれいに謎が解き明かされていく爽快感とか。
そのあたり、小さいころとあまり変わってないのかもしれません。
お薦め小説はなんですか?


543 :エヴァっ子:03/01/15 02:01
おぉ、結構いるなぁ。乙一さんファンもいるし。
自分のお勧めは荒木イロイコ先生の弟子達だな、あえて名を秘すけど。
自分は童話もよく読んだけど民話が多い。ロシアの魔女の話とかめっちゃ怖いよね。

544 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 02:05
本は専門書ばかり読んでて
楽しみのために読むのは漫画ばかり、
あと映画見たり、
これで小説書こうと思ってる漏れは無謀かもしれない。
いや、確実に無謀。

545 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 02:20
いいなあ、学生さん。漏れなんか中卒(高校中退)だから・・・。
ここ見ると、自分の人生呪いたくなる。「学生気分」って言葉を聞くことあるけど、
味わってみたいよ、そんな気分。核ボタンが目の前にあったら、躊躇なく押すね。
こんな学歴社会、ぶっこわしたいよ。


546 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/15 02:22
>エヴァっ子さん
民話に詳しい友達がいて、いくつか話を聞いたことはありますが、
そういう話もなかなか興味深いですね。
本としてはたいして読んでませんけど。
エヴァっ子さんも乙一好きなんですか?
私はやっぱりデビュー作の「夏と花火と私の死体」が好きだったりしますが。
何といっても最初に読んだので衝撃が強かったし。
「GOTH」もミステリとしては首をひねるところがありましたが、
さすがというか作品に圧倒されてました(w

>ぁさん
専門書で学んだ知識を生かし、小説を……というのは十分ありえることではないでしょうか。
文章力もすごく大切ですが、題材がしっかりしているほどの知識や経験がないとかけないものですからね。
(そして自分自身はそれが一番かけてたり)
漫画は私も結構読むほうです(w
というか活字なら何でも読みます。
それこそ、リンスの成分表でさえ(w


547 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/15 02:33
>>545
今からでも遅くはない!……というのは耳たこですか?(苦笑
学歴社会さえなければ……というのはよくわかります。
もしくは義務教育がすんだら、一年間社会に放り出されて、一年後勉強したい子だけが、
大学みたいな専門分野の勉強ができる学校はいって、
仕事を続けたいと言う人はそのまま続けて。
理想論だけ並べててもだめかもしれませんね。
あなたからみればこんなこと言ってる私はただのぬるま湯にいて、社会にまだおんぶされてる
甘いやつだと思うかもしれませんが。


548 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 02:41
>>545
大検受けて、今からでも大学を受けるとかは。。。
ダメかな。。。

>>546
そうですね。専門書で読んだ知識なんかは生かしていきたいですね。
文章力は、なんとか、がんばりたいです。

僕の場合は小説を読む絶対量が不足しているのか、
小説で心に残る作品というのがありません。
漫画やアニメ、映画だとあるんですが……
これが自分の中では大問題かな。
一冊でいいから、自分の心に強烈に残る作品に出会いたい。

549 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/15 02:56
>ぁさん
心に残る本に出会うと言うのは、漫画と同じで、割りと数うちゃあたるみたいなところはありますが。
確かに映画やアニメで感動作品に出会いやすいと言うのは、
もともと反響があった本や漫画が元になっているのが多いと言う部分があると思います。
私も年間200冊以上小説を読んでますけど、そのうち心に残るのは10冊あればいうことなしと言うくらい少ないです。
後、そのとき印象に残る残らないは、自分の現在置かれている状況や立場によっても大きく変わってきますからね。
私が強烈に残っているのは北村薫の「スキップ」、ダニエル・キースの「アルジャーノンに花束を」
それから「モモ」、灰谷健次郎の「太陽の子」でしょうか。
どの本もその時々にたたされた状況によって大きく影響された作品ばっかりです。
あと、だいたい第六感(信じる信じないは別ですが)で選んだ本は、当たっていることは多いですね。
そんなこといって、面白くない本に当たった場合は申し訳が立たないけど(w

550 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 03:08
http://fu.st86.arena.ne.jp/cgi-bin/mkakikomitai.cgi?id=ozora
siwo kaiteimasu
詩を書いています

551 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 03:11
>>549
やっぱり、数ですよね。
漫画や映画なら、今までに数百という作品に触れてきたけど、
小説は100冊届かないかなという感じです。
とにかく読もうかな。

『スキップ』『アルジャーノンに花束を』『モモ』『太陽の子』
は一応全部読みましたが、かなりおもしろかったけど、
強烈に心に残るというものではりませんでした。

ちなみに僕は漫画だと『寄生獣』というやつが心に残ってるんですが、
この系統の作品を小説に求めていて、なんか無さそうだから、
自分で納得のいく小説を書こうかなと思い出した次第です。

しかし、やっぱり、いろいろ読めば出てくるかな……

552 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/15 03:35
>ぁさん
まぁ、本にも色々好みがありますから。
急がなくてもゆっくり好きなときに本を読むうちに見つけていけばいいし、
強烈に心に残る作品にであったことがないからと言って、小説がかけないと言うこともありませんからね。

>自分で納得のいく小説を書こうかな
これはわかりますね。
私が話を作る時に注意するのが、自分が読みたいと思う作品かどうかと言う点ですから。
私も今書いてる小説は、自分がきっと一番読みたいような内容の本なんだろうなという題材を使ってます。
途中で愛想尽かさなければいいのですが(w

とにかく時間はまだまだあるのでゆっくり自分の心に残る作品を探してください。
そして自分が面白いと思える作品作りをしてください。
お互いがんばりましょう。
とりあえず、私が言えるのはそれだけです。







553 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 03:38
>>551
寄生獣のどのへんに心ひかれたの? この作品はよく永井豪の
デビルマンと引き比べられることが多いけど、半村良の伝奇SF
「獣人伝説」はデビルマン的な話ですごく恐い。好きなんだけど。
よかったら読んでみて。寄生獣とはちょっと違うけど。

554 :◆GSXUcoScS6 :03/01/15 04:13
>>552
とにかく本を読みます。
僕にはそれが決定的に不足してるようなんで、
あと文学の歴史とかも勉強しておこうかな。

>>553
『寄生獣』は、まずエンタメとしておもしろい。
残虐なシーンなんかもあるけど、万人受けすると思う。実際に売れてるし。

それでいて、作者が一つ言いたいことのために作品が構成され、
最初からラストまでに、それが見事に昇華されてる。
テーマを押し出しすぎて、エンタメとしておもしろくなくなってしまうもの
エンタメとしてのおもしろさを追求しすぎて、テーマを昇華しきれないもの
が多い中で『寄生獣』はお見事という感じかな。

『デビルマン』と『寄生獣』を比べる人もいるけど、
まあ、あれは世の中の作品にオリジナルが存在すると信じてる人達の素人意見。

個人的に『デビルマン』も好きなんで、期待しつつ『獣人伝説』は読んでみますね。

555 :エヴァっ子:03/01/15 04:46
寄生獣もデビルマンも好きだね、カタストロフィー!
キカイダー01のアニメは異常にうまい。かなり心に残った。

小説で心に残るものっつぅたら乙一さんかなぁ?
携帯の話を読んで、絶対かなわんと思った。

556 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 05:10
>>545
学生じゃないけど、キミの書き込み見たらちょっと一言おせっかいを焼きたく
なった。キミはまだ若いでしょ? おれから見たら、うらやましくもあるよ。
凡庸なセリフだけど、若いって素晴らしいよ。学生の時にデビューした作家も
いるけれど、社会経験積んでない分、それがマイナスに作用しているケースも
あるようだよ。それに比べたら、キミは社会経験も積みつつあるし、そのうえ
若い。今のうちにがんばって、仕事も小説もどんどん覚えたらいいよ。おれは
もういい年だけど、仕事がすごく忙しくてね、小説を書く時間がこの歳まで
なかなか作れなかった。仕事の選択を誤ったかな、と本気で後悔してる。
だから、キミみたいに若い人には同じような後悔してほしくないし、現状の
不満じゃなくて未来に向かって頭を立ててほしい。今のうちは若さの有り難さ
はわからないだろうけど、体が健康だという事ひとつとっても素晴らしいこと
なんだぜ。おれも愚痴っぽくなってきて気がさすけど、お互いがんばろう。

557 :あめま:03/01/15 05:17
まじかよこれ!!

http://www.hi-net.zaq.ne.jp/bubbs207

558 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 05:52
http://www6.ocn.ne.jp/~endou/index2.html

559 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 06:08
☆★▼▽▲△●○■□◆◇◇◆□■○●△▲▽▼★☆

今月もお小遣いすくなってきたよ・・・トホホ。
そんなあなたにこのサイト!!あなたのお小遣いを
1円でも多くして見せます!!
損はさせません!!早速アクセスをどうぞ!
↓   ↓   ↓
http://finito-web.com/kanemou/index.html

☆★▼▽▲△●○■□◆◇◇◆□■○●△▲▽▼★☆



560 :文谷良介:03/01/15 14:34
>ルゥさん
あ、ジャンルというのはそういう意味でしたか。
スキップは、また今度読んでみます。

お薦めですか?
カート・ヴォネガット全般(しつこいですか?)と、あとは宮本輝さんの「星々の悲しみ」ですかね。
輝さんは普段あまり読まない(蛍川とかそのくらいです)んですが、この短篇は本気でよかったです。

あと、俺が小説を書くきっかけになった、庄子薫のいわゆる「薫くんシリーズ」もいいですよ。

561 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 15:38
皆「こんな描写は得意だ」とか、
「こういう知識は誰にも負けない」っていう「武器」持ってる?


562 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 17:17
>>533
東大受けるの?
もしそうなら、前期にしか使わないセンターなんてほっとけ。
後期にいるやつを前日必死に追い込め。
後期はまじで足切られる。

563 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 17:19
http://www.e-mansion.co.jp/campaign/index.html

564 :533:03/01/15 17:30
こうしてまた2chに来ているわけだが(藁
ところで今日階段で滑りましたが何か?

565 :機甲自転車:03/01/15 17:36
>>564
怪我無かった?
私も20回ぐらい滑り落ちてるけどねw
私馬鹿なのと
撃ちの実家の階段は傾斜が殺人的傾斜で、
踏み板が足裏の半分強の奥行きしか無いからw

566 :名無し物書き@推敲中?:03/01/15 23:22
エヴァっ子さんてあの同性愛板のエヴァっ子さんじゃなかったんだ。
良かった。

567 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:09
イエー、漏れも2ch。意志薄弱な自分頃して逝ってきます。
センター近いんでねー。


568 :545:03/01/16 00:27
レス、サンクス。しっかし漏れ、もう33。だから終わってるんだ。
戦争にでもなれば、すべて引っくり返せるんだがなあ・・・。
システムが悪いのであって、大学生が悪いのではないのだが、
何よりも俺が駄目なんだな。勉強ができなかった漏れが、人間的に価値がないのだ。
人生はやり直せるとか、自殺しちゃいけない、なんてキレイゴトだよ。
もう、誰がどんな理不尽な目にあっても、同情する気は起きないくらい、
歪んじまってる。いっそ戦争状態にでもなってくれれば、敵より先に、
役人や、ムカつく同胞を真っ先に殺すけどね。学歴なかった時点で、終わる日本なんて、
故郷とはいえ、消えてしまえ。さよなら。この鬱屈した感情を作品にブツけるしか
やることがなかった負け犬男のグチでした。なかった、と言うのは、もう終わらせるから。
俺みたいのは、もうほんとしょうがないから、終わらせる。
君達、素晴らしい人生を送って下さい。さようなら。


569 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:33
大学留年してるんだが、みんなに先越されてく感じが堪らんな。
もう発狂しそうだよ。

570 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 00:34
>568
作品発表しないまま、どっか行くの?

571 :エヴァっ子:03/01/16 01:45
>>566
……もしかして、マジ?

>>568
別に死ぬなとか、生きろとは命令せんが、残り少ないかも知れん人生は楽しめるよう祈っとくよ。

572 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 03:25
568はまた創作文芸版に帰ってくると思うよ、ayaみたいに。
ここにいる連中は創作でもしないとやってられないヤシばかりだからな。

573 :名無し物書き@推敲中?:03/01/16 10:29
>>569
一浪一留で、今月大学院の試験で、落ちたらフリーター。
いっぱいいっぱい。


574 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/17 00:50
>文谷くん
カート・ヴォネガットはまだ読んだことないですね。
今度また読みたいと思います。
宮本輝は私も蛍川しか読んでないです。
でも、家の本箱を除いたら、文谷くんの薦めている本を発見しました……。
早速読もうっと。

そうですね、北村薫はやっぱり創元推理文庫(東京創元社)からでている
「空飛ぶ馬」からはじまる「私」シリーズを読んでもらいたいかも。
私がミステリを読むきっかけになった小説で、書く小説にも大きな影響を受けています。
特別派手ではないけれど、地道で最後が驚くような作品がすきなんです。




575 :文谷良介:03/01/17 23:31
 明日はセンター試験。あー、先輩達大丈夫かなあ……。大丈夫だったらいいなあ……。
というか、まだ先の話だけど、受かったかどうかは先輩に何って聞けばいいんだろう?
「どうでした?」とか言っておいて落ちてたら処置なしだし……。
 三点リーダ多すぎますね。独り言です。スミマセン。

>ルゥさん
 ヴォネガットは日本では何故か、ハヤカワ文庫のSFのところにありますんで、見つけにくい
かもしれません。「スローターハウス5」「青ひげ」「ジェイルバード」あたりかな、特に好きなのは。
 見つけたのは「星々の悲しみ」ですか?

 数日前、注文していた「スローターハウス5」のペーパーバックが届きました。
嬉しかったので、二万円出して電子辞書を買ってきて読んでおります。本を読むときなどには
紙の辞書と電子辞書とではスピードにえらい差がありますんで。
 悲しいのは、別に注文していたヴォネガットの2冊が日本では絶版であるらしいこと。

 今度古本屋に行って、北村薫をちょっとまとめて買って来て読んでみます。

576 :山崎渉:03/01/19 03:36
(^^)

577 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/01/19 15:42
>文谷くん
電子辞書は便利ですよね。私も重宝しております。
ただし私の国語辞典の機能だから、そのあたりが不便ですね。
後、古語辞典が入ってるのもうらやましい。
今のところあるもので事足りますけど。

ハヤカワSFはあまり読まないからな……(;
今度古本屋で探してみます。

578 :名無し物書き@推敲中?:03/01/19 16:37
誰か大学の選び方教えてよ。

579 :名無し物書き@推敲中?:03/01/19 16:39
センターもうだめぽ。
あーでもこれで肩の荷がおりた。二次までに、息抜きに一本仕上げまつ。

580 :名無し物書き@推敲中?:03/01/19 16:44
大学って受験前に書いてても受かるの?

581 :http://www.h4.dion.ne.jp/~udonchan/index.html:03/01/19 16:47
http://www.h4.dion.ne.jp/~udonchan/index.html

582 :名無し物書き@推敲中?:03/01/19 18:06
自分と同じ大学出身の有名人を調べたいんだけど、
なんかないかな。いい方法。

583 :文谷良介:03/01/19 23:26
>ルゥさん
 俺のには古語辞典は入ってないんですよ。英和、和英、国語、漢和、カタカナ語辞典が
ついてます。
 全然内容はSFじゃないんですけどね。ヴォネガットは日本では正当な評価を受けて
ないみたいです。

584 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 01:27
何回か文谷君にアドバイスした者だけどさ。こうるさいけどごめんな。
あのさ、電子辞書って受験に向かない気がするんだけど。
今高校生に教えてるんだけど、単語引かせるとさ、電子辞書で引くのよ。
そうすると「そこで聞かれている単語の意味」がすぐ出てきて納得しちゃうんだよね。
でもさ、俺の経験から言うと、例えば一個の単語引いたら、周りにある派生語一緒に読んで憶えたりとかさ、そういうことをしたのよ。
電子辞書ってあまりそういうことしないんじゃない?画面戻ったりしないといけないし。
受験には本の辞書を使うことを薦めるよ。

585 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 03:41











お    
         れ し か い         な   い予  感










586 :エヴァっ子:03/01/20 05:33
やんなるなぁ、受験シーズン。

587 :文谷良介:03/01/20 14:01
>>584
いえいえ、アドバイスありがとうございます。先生か何かなんですか?
そうですね。俺は電子辞書を引くのは本を読むときだけで、勉強する時は
紙の辞書使ってます。今の辞書(フェイバリット)は気に入ってますし。
俺は頭がどちらかと言うと古いんで、「紙の方がいいはずだ!」と信じております(w

昨日センターの英語やってみました。159点というのは、いい方なんでしょうか?
今日は国語をやってみようかな。数学はめんどいので。

588 :584:03/01/20 20:18
>>文谷君
俺は塾講師バイトをしている一大学生です。
医学部受けるなら、そして今年のセンターの問題なら、180以上は欲しいね。できれば190代。
ただそれは受ける時点なので、今の段階(2年)で159なら問題ない、というか上出来でしょう。
ただ、どこで間違えてるかだよね。
一番二番のような細かい文法は直前にやれば上がるから問題ない。
もし長文で落としているようなら、急上昇は難しいね。読み慣れたりとかの地道な努力が必要。
ペーパーバック読んでるみたいだから、きっと間違えたのは前半中心だと思うが。

(やな言い方だが)一応受験競争には勝ってきた方なので、文系の受験の質問とかあればなんでも答えますよ。
いい参考書とか。

589 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 20:33
文学部の友達、センター模試では190点未満の点数取ったことないって言ってた。
なんでそんな高得点叩き出せるかすんげー不思議。

590 :589:03/01/20 20:33
教科は国語ね。

591 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 20:35
国語は満点とるやついてもおかしくないよ。

592 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 20:44
>>589,591
それはない。まあ、たまに200とる気違いがいるが、
普通は180くらいが最高。
っつーか、俺は見たことがない。

593 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 20:48
オレも国語だけは良かったよw 170〜180くらい。
なのにセンター本番は140代だったからね。凹んだよ、あれは。

594 :591:03/01/20 20:57
俺センター国語190取ったよ。古典でチョット間違えたんだっけ。
でも数学が20だったけどw

595 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 21:02
俺現役のとき730越えた。でも落ちた。
やたら簡単な年だった。国語は186とかだったかな?

596 :文谷良介:03/01/20 23:52
>>588
 なるほど。塾講師でしたか。
間違いは仰る通り1、2番が主です。しかしあの、ストレスの長文のところでちょっと
引っ掛かってたり。
 あの、Z会だとか添削を3年からやるつもりなんですが、どこがいいですかね?
>>589
 凄いですね。俺はまだセンター模試てのを受けたことはないですが。
俺も普段の模試で一番高偏差値なのは国語ですけど、今回のセンター国語は全然
出来ませんでした。131点でした。まあ60分ぐらいでちゃちゃっとやったから(言い訳)。
>>591 国語は、国数英では一番満点が少ないみたいですよ。

 というか、何故ここの人たちはそんなにセンター取ってるんですか……。
ま、本番では900点目指して頑張りますんで。

597 :名無し物書き@推敲中?:03/01/21 00:19
そうか、来年度からは五教科七科目か。今年は六科目だが。
……きっとそのせいだ。

598 :名無し物書き@推敲中?:03/01/21 00:56
三教科で受けた。国語は満点だったよ。英語は106点。日本史は82点。

599 :588:03/01/21 21:45
>>596
添削?どの科目?
というかZ会以外ってほとんど選択肢ないだろ。
ただ、ああいう添削のメリットって「答案を直される」と同等に「ペースを強制的に決められる」というのがあるので、
もし自分で勉強を計画立てて進められる性格なら、英作とか添削の必要のある科目以外いらないと思うよ。
いい問題集を自分でやりこんだほうが金銭的にもいいと思う。



600 :文谷良介:03/01/21 21:59
>>599
 えーっと、基本的にはマイペース人間なんですが、
マイペースでやっていることプラス何か強制的に何かやらされた方がいいかなと思ったんです。
で、塾には行く気がないので。(まだ生まれてこのかた塾に行ったことがありません)
 英語の添削をやってくれる人は身近にいるので、数学、古典、理科あたりを
やりたいと思ってます。

 あれって何か毎回テストやるんですよね?で、出したら添削されて返ってきて、
順位とかもついてるんですよね、確か。そういうのがあると結構やる気になるんです。
負けず嫌いなので、順位で負けると「おのれ〜」と(w

 ゲームに近いものがありますからね、受験は。みんなでハイスコアを競い合う(w

601 :文谷良介:03/01/21 22:11
お、600踏んでた。

今Z会のページ見てきたら、テストじゃないし順位も出ないらしい。
……勘違いだったようです。やめときます。生物、化学で何かお薦めの問題集はありますか?
生物、化学ともにセミナーと、超効率整理生物は学校で買わされ、科学のチャートは友人に
もらって持ってますが。

602 :名無し物書き@推敲中?:03/01/21 22:25
化け学は、z貝から出てる一番難しい問題集使ってた。
物理は、SEGの問題集。
数学もSEGの闘う50題。

603 :588:03/01/21 23:43
モルが出た時点で脱落した俺は残念ながら何もアドバイスできません。。。
生まれついての文系なもので。。。
つーか文谷君理系なんだよね。。。

604 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/01/22 00:39
トリップは嫌いだけど、騙られるのはもっと嫌いなのでトリップデビュー。
>>603 文系ですけど、志望は医学なんで。あ、まあ化学は得意ですけれど。
>>602 SEG……今度本屋で立ち読みしてみます。ありがとうございました。

 いつの間にかこのスレ、「文谷良介の受験スレ」になってますね(w

605 :機甲自転車 ◆Pasc.VafDc :03/01/22 18:23
私が思うに文系理系に根本的な違いはないと思うよ。
私の周りだけで言うと
いきなり丸暗記という恐ろしいことをしようとする人は文系的、
まずは理解しようと試みる人が理系的と言った感じ。

606 :名無し物書き@推敲中 ◆1WX2JX0yvY :03/01/22 18:33
>>605機甲自転車さんの周りだけです。
ところであんなに私の間違いを息巻いていたのにどうしたんですか?ww

607 :名無し物書き@推敲中?:03/01/22 19:31
>>605
暖゜房フランクルも似たようなこといってたよ。
(いろいろ考えて)頭で覚えるのが理系、(机に座って)尻で覚えるのが文系。

中学のときの友達で、英語の教科書を頭から丸暗記している人がいて
びびったなぁ。さすが、文系だ。

608 :機甲自転車 ◆Pasc.VafDc :03/01/22 19:44
>>606
間違いを認める気になってくれたのは成長への一歩だと思います。
知識なんぞ図書館やネットで調べられるもの。大切なのは
どう評価し、どう活用するかのノウハウです。何かの資料をUPすればいい、
と言うのは間違いで人と議論し自分なりに整理していく過程が貴重なのです。
私のカリカリしてたので言い方に問題がありました。ごめんね

609 :受験生@二次目前!:03/01/22 20:11
どんな科目でもそうだが、
問題集とか考える前に教科書を読め。

俺は世界史が逝ってしまわれたので、点が足りなくて困っている。

610 :名無し物書き@推敲中?:03/01/22 23:05
>>609
レベルってもんがあるだろ。
医学部ねらいだったら、もう教科書は卒業してないと。
世界史はどんな大学にしろ教科書が重要だけどね。


611 :g:03/01/22 23:06
★あなたのお悩み解決致します!!
●浮気素行調査
彼氏、彼女、妻、夫の浮気を調査致します!!
●盗聴器盗撮機発見
あなたの部屋に誰かが仕掛けているかも!!
●行方調査
行方不明になっている家族の消息を調査致します!!
●電話番号から住所割り出し
一般電話、携帯から住所を割り出し致します!!
●ストーカー対策
社会問題ともなっているストーカーを撃退致します!!
その他人生相談からどんなお悩みでも解決いたします!!
 24時間受付  090−8505−3086
URL  http://www.h5.dion.ne.jp/~grobal/
メール  hentaimtt@k9.dion.ne.jp
   グローバル探偵事務局 



612 :山崎またる:03/01/22 23:49
山崎またる(`д´)ウワァァアン!

613 :エヴァっ子:03/01/29 17:21
いかん、時が止まってる。

614 :名無し物書き@推敲中?:03/01/30 10:06
ザ・ワールドッッッッッッッ!!

615 :エヴァっ子:03/01/30 17:52
同じ能力……!?

616 :名無し物書き@修行中?:03/01/30 22:46
今晩中に高校の部誌の原稿何ページか書かなきゃいけない羽目になった!
だけどネタ帳は真っ白! どうする俺!

そうだ!! こんな時は他人に良い知恵を貸してもらおう!

・みんな何か俺の"心の琴線に触れそうな言葉や状況や台詞"を書いてって下さい。
露骨な(エロ、グロ、パロ)はきついですが、実際に琴線に触れた言葉を使ったり
湧いたインスピレーション使ったりして一つ書きます。完成したらここにうpします。
どうか沢山のアレな言葉を私に恵んでください。

琴線に触れそうな物の基準は、「世にも奇妙な物語」ぐらいミステリアスだとかなりイイです。
謎がいっぱーいとか、ちょっと怖いホラーとか、電波的不思議とか、
そういうのが書けますっつーかそういうのしか書けない。
お願い!! DONDONプリーーズ!

617 :名無し物書き@推敲中?:03/01/30 22:50
そりゃあ、あんた

「人の脚とは思えん……」

しかないでしょう。

ざっくり切り取った脚を息子に見せて一言ですよ。

618 :名無し物書き@修行中?:03/01/30 22:52
>>617
おおっ! ちょっとグッときましたよ!?
この調子でDONDONカモーーン!

619 :名無し物書き@修行中?:03/01/30 23:20
この板に人が居ないのは知ってるけどせめて取捨選択が出来るぐらいは欲しいYOーー!!
もっともっとDONDON(略

620 :名無し物書き@推敲中?:03/01/30 23:50
「あれ、やっぱりこれも赤い……」

621 :名無し物書き@推敲中?:03/01/30 23:52
「違うよ、それが三人目だよ」ニヤリ

クソガキが言ってるっぽい。

622 :名無し物書き@修行中?:03/01/31 00:17
風呂入ってきたっすーー!
>>620-621
うほほほ〜〜っ
『色』!!
『順番』!!
結構な御手前ですよミナサマ!!
もうちょい募集しちゃるぞ!
age!

623 :名無し物書き@推敲中?:03/01/31 00:39
月光と交通事故の相関性について

624 :名無し物書き@修行中?:03/01/31 00:43
>>623
月齢と殺人事件の相関性は聞いた事があるな……。
掘り下げればもっとイイのが出るかも!
age!

625 :名無し物書き@修行中?:03/01/31 01:20
募り始めてから2時間半……。
集まった意見:四件

この板の過疎化は深刻な事態な気がするですな。
さて、そろそろ作業に入るか!
Last age!

626 :ららら:03/01/31 16:28
過疎化っていうより、みんな創作に集中してんじゃない?
3月〜5月に応募が集中してるからさ。

627 :名無し物書き@推敲中?:03/01/31 20:10
つか普通に>>616のテンションについていけないんだと思った

628 :名無し物書き@推敲中?:03/01/31 20:39
恋愛物を書いたんだけど、何処に応募すれば良いかな?
結構きつい残酷描写がある。主人公は高校生。ヒロインは大人。

629 :名無し物書き@推敲中?:03/02/02 23:56
>>628
You should send it NEXT Prize.

I can't push Jpanese ---Why!?

630 :名無し物書き@推敲中?:03/02/02 23:58
OH! I missed! No jpnese ----Japanese!

631 :All your base are belong to us:03/02/03 01:28
>>629
sendはそういう使い方しないと思う。
前置詞を入れるかなんかしないと。
shouldもちょっと強すぎるしな。
Next Prizeもなぁ……。

それに次の文、pushじゃなくって、typeっしょ。

missedって……。これも日本人にありがちな間違い。
mistook。

632 :名無し物書き@推敲中?:03/02/03 04:41
>631
mistakeの自動詞的用法も、あまり聞かないような……。
普通はfailedとか、この場合なら"My spelling was wrong."とか、
アメリカ風に"Sorry for the typo."とか。

633 :名無し物書き@推敲中?:03/02/03 21:02
不通に助けてやれよ

634 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/02/04 17:59
文学界新人賞て、次の締め切りいつですか?
こんなこと書くと「調べろ」と言われるらしいですけど、どうやってしらべればいいんですか?
出版社のHP行っても載ってないし、本屋で文学界を立ち読みしてみても募集要項みたいな
ものが見あたらない。みなさんどうやって調べているのでしょう。

635 :とある、法的に大人とされる年齢の一個人:03/02/04 18:20
いきなりなんですが、皆さんに質問をしても良いでしょうか
気が向いた人だけ、気軽に、なるべく真剣に答えてみてください
私が質問するのは、単純に好奇心ですが、皆さんにとっても興味のあることだと思います
また、ただの予想ですが、自らに同じ質問をすることは、多くの人にとって新鮮で
それ以上に人生の進路に関るのではないでしょうか


1.何故、表現したいのか?
2.何故、表現するために、小説というメディアを選んだか?
  もしくは、小説を書きたいという気持ちが先にあったのであれば、何故か?
3. 他のメディアで何かを作る気はあるか、もしくは既に作ったことがあるか?

私の答え
1.一般的な人が手にしえる幸せでは満足できないから。より幸せになるため(金銭的、社会的成功を求めて、という意味ではありません)
  自分の考えをそのまま書く事は出来ないでしょうが、出来る限り詳しく言うならば
  自分の作品に共感、願わくば感動してくれるならば、それこそが私の生きる意味になり得るだろう、と考えているからです
  そして自らの心の中にある怒り、悲しみ、それらの原因を私の作品を通じて、少しでもなくしたいからです。
2. ハッキリ言って、私は小説というメディアに拘りません。どの様なメディアでも良いのです。
  しかし自分の気持ちと自分の才能は別ですし、私の才能は物語を作ることだと思うからです。
  その上で、自分に合うと思うメディアは小説だと思ったからです。他のメディア、例えばマンガや映画
  これらにも、興味は無論あります。しかし第一歩は小説からだと考えています。
  理由としては、私が文字が好きである事、一人で職を持ちながら作れること、などです。
3.機会があれば是非作りたいです。将来、機会を自分で作ろうとするかも知れませんが、
  今は小説を作るのに精一杯です。


長文uzeeeeeeeeと思うでしょう
でも自分の考えをまとめる良い機会だし、他の人の答えに単純に興味があるでしょ?
試しにやってみてください

636 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 18:22
>>634
とりあえずぐぐる習慣をつけろ。
[文学界新人賞][締め切り]でヒットしたぞ。


637 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 18:48
今日びファンタジーじゃダメでしょうか?

638 :628:03/02/04 19:10
で、ぼかぁ何処に投稿すれば良いんだろう。
何か無い?幻冬社のアウトロー賞ってどうだろ。でも、あそこが求めているのとちょっと違うような気がするなあ。


639 :高村光太郎:03/02/04 19:12
処女詩集なのに童貞。

640 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 21:18
>>637
ファンタジーといっても色々あるじゃない?
どんなの?

641 :635:03/02/04 22:39
うわ 1レスもついてないw

面倒?それ以上に興味深いと思うのだけれども

642 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 22:41
付き合いたくないって

643 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 22:45
>>635
言っちゃあ悪いが、
そんな理由付けしてまで書きたいと思う奴いないと思うぞ。

プロになりたい、なれなくても良い、とか以前に、
ただ好きだから書くんだ。
それ以上でも以下でもない。
出発点は誰だってここだ。
理由付けなんて後世の文学研究者にやらせておけば良い。

644 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 22:51
純粋に>>635が長文過ぎて読む気が起きなかった。

645 :628:03/02/04 22:53
>>635
ただ単純に公募雑誌に載ってた地方の賞を狙った小遣い稼ぎ(一回五千〜二万とか。商品券とかの場合が多い)。
結構短歌・俳句・詩・短編小説なんかは入選する。大賞は取ったこと無くて、入選狙いですけども。
でも段々書くのが楽しくなってきたんで、自分の書きたいのを書いた。HPに載せた。褒められた。嬉しかった。
そしたら作風がどんどんグロくなってきた。リストカットとか死体処理とかを刻銘に記した内容が>>628の奴にはある。
でも楽しいから書く。プロになれたら、と少し最近思ってきた。単純に自己顕示欲。格好良いから。

皆他人の事はあまり興味が無いと思う。寧ろ興味ある方が稀だと思う。でも一応書いてみた。

646 :635:03/02/04 23:34
やっぱり長文すぎましたか
文章力ないんですよ……付き合ってくれぇと叫ぶしかありません

>>643
初レス、ありがとうございます。

私は違います。私の夢は小説家ではなく、私の<作品>に共感、感動してもらうことです
そして多くの人を、社会を変えていきたいのです。
小説はその手段にすぎません。
当然、ごくごく少数の人だけに読まれるのでは満足しません。そのためにプロになりたいのです。

>>645
レスしてくれて、ありがとうございます
理由については分かりました


2つのレスだけですが、非常に面白かったです。
何故小説を書くのか。その理由が、私の理由と驚くほど違っていましたね。
小説が好きだから書く、その気持ちは分かるつもりです。それは憧れでしょうか?(分かるつもり、と書いた後で聞くのも何ですがw)

誤解しないで欲しいのですが、私は私の意見を押し付けているのではありません
ただの好奇心です


小説以外のジャンルについてはどうですか?

647 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 23:38
あなたは好奇心だけで多くの人や社会を変えようと思っているのですか?
でなければ、何故変えたいんですか?
何か思想のようなものがあるんですか?


648 :635:03/02/04 23:52
文章力のなさが身にしみるレスでした
>>647
好奇心うんぬん、は
私がこの質問をした理由です

何故変えたいのか?
答えは単純ですが、同時に・・答えるのが非常に難しいです
なので単純に答えます
変えたいから、変える必要があると思うから、です
少しでも人生をマシなものにしたいから、でしょうか

思想のようなものは、あるとも言えるし、ないとも言えます
少なくとも、思想体系のようなものは持っていませんよ




答え募集中  ただし飽きたら消えます

649 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 23:55
キミが変わりたいのは勝手だけど、人を、社会を変えるって事は、どう変える
かって事を考えてやっていかないと大変な事にもなるんだよ。オウムだって
一応は社会を変えたしね。
もっともそれだけの力があったらの話だけど。

650 :名無し物書き@推敲中?:03/02/05 00:09
どう変えるか、のビジョンも持たずに変えたい、というのは、
幼稚園児が「そうりだいじんになりたい」なんていうのと
大して変わらんと思うが?

なにか理想が、無意識にせよあるには違いないのだから、
(理想があるから、現実に不満が出るのだよ)
まずそれを見つけることが大事だと思うぞ。

651 :635:03/02/05 00:19
無論、理想は持っています(言葉で端的に表現出来るかどうかは、また別の問題でしょう)
だからこんな事言っているんですよ

>>650
理想があるから、現実に不満が出る、という意見には反対です
私の意見は全く逆です

私に質問するのは良いのですけれど、私の質問にも答えてくれませんか

652 :650=643=652:03/02/05 00:26
……ですが何か?
匿名掲示板で個性を求めるのか? あほか。

もし理想もなくただ不満があって変えなくては、と思っているのなら、
欲しいおもちゃを買ってもらえなくて癇癪起こしている子供と同レベル。

653 :名無し物書き@推敲中?:03/02/05 00:30
>>652


654 :名無し物書き@推敲中?:03/02/05 00:31
>>653
??

655 :名無し物書き@推敲中?:03/02/05 00:31
では質問にお答えします。
635から
1.何故、表現したいのか?
理屈では答えられない。強いて言えば内なる過剰。
2.何故、表現するために、小説というメディアを選んだか?
  もしくは、小説を書きたいという気持ちが先にあったのであれば、何故か?
小説、もっというと文章という形式が好きでたまらないから。
何故好きかといえば、これも理屈では言い難い。あえて言うと絵や音楽より精密に
曖昧な表現、ハッキリした表現が可能だと感じるから。何故感じるかはこれから
の考察課題。
3. 他のメディアで何かを作る気はあるか、もしくは既に作ったことがあるか?
かってあったが現在は予定なし。

646より
小説以外のジャンルについてはどうですか?
強い興味はなし。ひたすら.txtにこだわりたい気持ちが強い。



656 :655:03/02/05 00:51
せっかく質問に答えたのだが…。もう寝たか。

657 :635:03/02/05 01:04
>>655
ありがとうございます

655さんへのレス書いてたんですが、何て書くか考えていたので・・

658 :635:03/02/05 01:12
すいません 眠すぎました
レスして頂いてスイマセンが、寝ます

659 :名無し物書き@推敲中?:03/02/05 01:14
あんまり「〜変えたい」って連呼しないほうがいいよ。
いや、>>635 が連呼しているわけじゃないが。
最近のヒップホップの、特に悪ぶってるたぐいのやつらが、「俺の歌が音楽シーンを変えるぜ」とか歌詞で言ってるけど、
じゃあどう変えるのかと小一時間。
やつら「変える」とかしか言わないで、変え方を歌わないんだよね。しらけるばかり。

とりあえず変えた先の「理想」くらいはもってないと説得力ない。説得力ないのはただのかけごえ。


660 :名無し物書き@推敲中?:03/02/05 01:20
>>659
実際にその歌自体が変えてるんじゃないの?
音楽シーンをさ。

661 :名無し物書き@推敲中?:03/02/05 01:23
目新しく見えただけだけど。
ファッションの域は出ないよ。せいぜいこういう事がありましたっていう
もんだろ。もっともそれだけでもいいんだろうけど。

662 :エヴァっ子:03/02/05 02:59
小説家を目指す人間は大抵誉められたのが嬉しくて……というのが多いね。
自分もその口。目的とか、小説家になって何かをしたいってのは無い。
面白い小説が描きたい、ただそれだけ。

663 :名無し物書き@推敲中?:03/02/06 13:19
こんなこと言うと個人が特定されそうだけど、
院試に落ちて、東大卒フリーター決定しました。
みんなはこんなことにならないように頑張ってね。。。

664 :名無し物書き@推敲中?:03/02/06 20:08
>>635
さぁてかいてみよー。

1、誰かを泣かしたい。笑わせたい。絶望させたい(メイソ)
  自分の手で知らない誰かの感情揺らしたい。
  そして自分の変なノスタルジーをカタチにしてみたい(最終目標)

2、表現が限られない。書こうと思えばどこまでもいける。
  ただ、読者が限られるのが痛い。文字離れがな…
  あと個人的に詩的な表現が好きだから、うまく書けると嬉しいっていうのも…。

3、自分の世界を具体化するっていう為には、映画も作ってみたいし漫画の原作もやりたい。
  写真や絵や詩はやってる。
  そのうち服も作ってみたい。
  ただ、それには他人の手も必要でよっぽど自分に近い人間じゃないと
  一緒に組みたくないので、今のところ自分に限られrてるのは
  文字ッちゅー手段だけなので、小説をかいておりんす。


以上、マジレスしてみました。さいなら。

665 :名無し物書き@推敲中?:03/02/06 22:16
意味のなく意味のない小説を書きたい。残したい。
自分の作った世界は少なくとも自分の中では美しい(?)

666 :名無し物書き@推敲中?:03/02/07 05:17
>>664
文章で作るのは、自分一人で全て作れるって最大のメリットがあるけれど、言葉を通すことで
読者と作者の間に壁があるよね
まぁ、他のメディアでもそうだけれども
音楽は一番壁が薄いから、音楽家が羨ましいよ
残念ながら俺に音楽の才能はないらしいから
まぁ、小説でネチッコク遠回りでやるほうが、俺の性格にあってると思うから
これで良いのか

667 :名無し物書き@推敲中?:03/02/07 05:28
http://bbs.1oku.com/bbs/bbs.phtml?id=yasuko
★管理人オススメ★

668 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/02/09 22:17
>>636 どうもです。 しかし、応募要綱ってのはどこにあるんですかね?
「文学界」に載ってるらしいんですが、どこに? 何度もスミマセン。

669 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/02/09 22:19
何いっ!四月号に載ってるのか! すみません。ぐぐったら分かりました!

670 :エヴァっ子:03/02/13 18:10
バレンタインの季節がきたね。
うちの教師は毎年、バレンタイン前日……つまり今日にこう言うんだが。
「皆、明日はバレンタインだが、チョコは持ってきてはいかんぞ。見つけたら没収する。……見つからないように」
他の学校じゃどうよ?
小説みたいな展開とか、ある?

671 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/02/13 21:03
>>670 俺のとこでは、教師にチョコあげる人とかいます。教師も、ホワイトデーには返してます。
 バレンタインはほぼ「女達の祭り」となってますねー。みんながケーキ作ってきて
食べあってるんですよ。なにぶん女の絶対量が多いもので。
 普段から休憩時間にはお菓子オッケーな学校なので、没収とか言うことはないようです。

 あ、バレンタインに自転車置き場に呼び出されてチョコと共に告白された〜っていう友達
がいたんで、結構そういう展開もあるみたいです。明日どーかなー。

672 :名無し物書き@修行中:03/02/14 02:41
こともあろうに、今日という日にテメェで作ったチョコチーズケーキをテメェで食おうとしている俺をどう思う?

いや、姉貴が手作りケーキを彼氏に作ったんだけど、材料が丁度もう一つ分ほど余ってるってんでさ。
甘党で菓子作りが好きな俺としては、姉貴にレシピ借りていっちょ作ってみたいんだよね。



そして他人から貰う予定は一切ない俺(つдT)

673 :名無し物書き@推敲中?:03/02/14 02:51
>>670
教師にあげたよ。
でも卒業するからホワイトデーのころにはもういないんだよなー残念(w
渡すとき心臓がすごいどきどきした。(実はそれが本命チョコだったり


674 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/02/16 23:33
ご無沙汰です。
最近パソコンを開く時間がめっきり減ってしまって……。
故に小説も進んでないです。……悲しいね。

バレンタインデーは女の子の祭りでしたね。
そういう私も、クッキー作って、30人くらい配りましたが。
先生にもあげましたよ。
友達の中には「ををを」という展開の子もいたようです。

今書いてる小説(短編)、3月中に仕上げて、応募できたらいいんですが、
真剣にやばくなってまいりました。
……終わんない。
それと、もう一本計画しているのを書き上げたら、ひとまず受験までは
休止(といってもショート・ショートくらいは書いてそうだが)使用かと考え中です。
いつ書きあがるかは不明ですが(w






675 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/02/16 23:39
>>674
 おひさしぶりです。

 俺は最近、勉強もせず、本も読まず、小説も書く気ナシ、という感じです。
応募用の小説、頑張って仕上げて下さい。個人的に応援してますので。

676 :ヘイル ◆mJZEr0LLNo :03/02/16 23:59
>>文谷君
前に何度か受験のアドバイスした者なんだけどさ、
実は「雪の穴」の作者なんだけどさ、
よかったら感想書いてください。

677 :名無し物書き@推敲中?:03/02/17 01:17
チョコの話しなんかしてるよーでは創作文芸者としては失格だな。

678 :名無し物書き@推敲中?:03/02/17 01:24
学生って大学生のことを指すの?
高校生は学生じゃないよな。

679 :名無し物書き@推敲中?:03/02/17 01:25
>>677

ふっ。実体験も創作には有効なのだよ。

680 :名無し物書き@推敲中?:03/02/17 07:28
ま、細かい事は気にせずに、社会人未満という事で。

681 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/02/17 21:04
>>678 
「学生」
 学業を修めるもの。特に、大学で学ぶもの。

 なので、高校生は学生じゃないってわけでもないようです。

>>676
 しばし待っていて下さい。そのうちひっそりと雪の穴の感想欄が増えていると思いますので。


682 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/02/17 21:05
あ、あと俺もまたりに出しましたんで。宣伝しときます。

683 :めー:03/02/17 22:44
>>677
チョコの話してる暇あったら創作しろってこと?
うーん、でもバレンタインもいい経験になったと思うなぁ創作の上で。
ちなみに私もチョコは先生に渡しました。
私の思いを知ってて、受け取ってくれたようでつ。
この思いがただの憧れなのかよくわからんけど、
向こうは憧れのままにしておいてくれるつもりのようでした。
なんとなくこの悲しいような甘いような気持ちが、私の創作の糧の一つとなることを願いまつ。

684 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/02/18 00:07
>文谷君
ありがとうございます。
がんばって仕上げます。

685 :名無し物書き@推敲中?:03/02/18 00:09
http://6812.teacup.com/sennmu/bbs

686 :雪の穴作者:03/02/18 01:37
文谷君感想ありがとうね。
がんばります。

687 :エヴァっ子:03/02/18 17:36
いいなぁ。うちの学校の連中さめてるからなぁ。
そういったイベントで熱い学校はうらやましい。

688 :エヴァっ子:03/02/21 02:27
なんか話題がとぎれるととことん書き込みがないな。
皆受験で忙しいだけかな?

689 :名無し物書き@推敲中?:03/02/26 13:11
いえー受験おわった。
浪人すべきかしないかで迷い中(不笑
さーーーて書きまくるぞ書きまくってやんぞ!!!!!
というわけですが、疲労が精神を麻痺させているので
今微妙に無感動な状態なのはどういうことだ?


690 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/03/09 22:51
これだけほっておかれてもせいぜい200ぐらいまでしか落ちないのかこの板はage

691 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/03/10 00:33
最近、人がいなくて見失っておりました、このスレ。
テストもようやく終了して、短編小説に今追い込みをかけています。
土曜日までにはあげる予定。
書きあがったら、また書き込みしますね。

692 :名無し物書き@推敲中?:03/03/10 00:46
>>691

どんな小説書いてるか詳しく教えて欲しいな〜。

693 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/03/10 01:24
日常ミステリ。
初恋と夢と……そして大学生と先生の話(わけわからないなw)
高校生に大学生の話ってw……ていわれるかもしれませんが。
詳しくはあがってからにします。

694 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/03/10 20:26
現在、学年末考査真っ最中ですが、

「考査中は、勉強をするなら辛い期間だが、しなければ単に学校が昼までしかない期間だ」

ということに今日初めて気づき、一日中将棋をやったり本を読んだりしていました。
よいよい、どうせ明日は英語に現国だ。


小説はというと、何ともつかないものを毎日書き散らしているばかりで、本命の長編には
まったく手がつかない。やる気がない。
ルゥさんが羨ましいです。

695 :エヴァっ子:03/03/12 09:41
あぁ……昨日筆記試験終わって今日面接ッスよ。
ここで落ちたら就職しなきゃなんないんでちょっとハラハラものです。
この不況のさなか働くところがあるだけましと思うべきなんでしょうけどね。

696 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/03/16 18:08
前に書き込んだ日常ミステリ上がりました。
だから、約束どおり記念書き込みしておきます。
これから校正が残ってますが、締め切りには間に合いそうなのでひとまず安心。
一次も通らないとは思いますが、書きたいテーマだったので、かけてよかった。
96枚なんですが、そのうち65枚は一週間であげました。
訳のわからない宿題が大量に出たので、それをやりもってだったのがしんどかったです。
久々に半日くらい寝てやろうと思います。
学校の課題が残ってるけど、もういいや。

>エヴァっ子さん
受かることをお祈りしておきます。

697 :名無し物書き@推敲中?:03/03/16 18:17
期末オワターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

698 :名無し物書き@推敲中?:03/03/16 22:41
三月末日締め切りの賞に出す人いる?
今どこに出そうか思案中なのだけども。
新潮新人・小説すばる、文藝賞、えんため賞…他になんかある?


699 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/03/16 23:08
手元の公募ガイドに、「小学館文庫小説賞」てのがありますよ。3月31締め切り。
入賞作品は完成度によって、単行本化or文庫本化だそうです。

700 :名無し物書き@推敲中?:03/03/16 23:49
>>698
ここに出せ↓
http://www.ehon-ej.com/funtagy.html

701 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/03/17 07:47
私が出すのは、創元社の推理小説短編賞。
偏った賞ですねw

702 :名無し物書き@推敲中?:03/03/18 17:48
実家に帰ったら、知り合いが覚醒剤所持で捕まってた。

703 :698:03/03/19 03:45
http://www.asayomu.com/pc/prize/index.html
関係ないけど色々調べてたら↑みたいなんがあったんで、以前書いた短編を改訂して送った。

さて、どうしましょ。
少しグロめ。恋愛。ジャンルは純文学は違う。かといってラノベという感じでも無い。
小説すばるの新人にでも送ってみようかな。えんためと小学館もアリだと思うけど……。

704 :浜洋平:03/03/19 05:11
なぜプログラマーになりたいんだ浜洋平

705 :エヴァっ子:03/03/25 04:07
人、減ったなぁ。
皆〆切とかで忙しいのかな?

706 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/03/25 19:40
とりあえず、今日原稿ポストに投げてきました。
受験まで、もう書くのはやめようと思ったけど、
次のネタが……。
ただし、それは歴史ものなので、資料集めがかなり必要ですが。
……書きたいなぁ……。

707 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/03/26 22:07
合宿中に心境の変化があり、医者から少し進路転換。
もちろん、医者になるのも悪くないと思ってますが、もっと広い教養科目を学べる
ところにいくのもいいかなー、と。

708 :名無し物書き@推敲中?:03/03/29 21:47
>>706
歴史物を友達が書いてたけど、滅茶苦茶だった。文章は良いんだけど描写とかが。明らかに当時の知識を不足ってな感じで。
もともと歴史マニアだったとかじゃないと歴史物は厳しいよ、結構。


709 :機甲自転車:03/03/30 18:33
>>708
そういうのはあるね。
史実を舞台にするにはノンフィクション並みの知識がないとボロがでる。
戦記小説の場合、「プロ」が書いたものでも矛盾が無く、軍事板でも
認められるものは5%も無い。問題外のも多い。
(もっとも、派手に誇張したり景気よく日本に勝たせたりした方が売れたりする、
その辺はニーズの問題で小林よしのりの「戦争論」のようなトンデモ本が幅を利かせてる)

その辺の知識が不安な人がファンタジー物やライトノベルなんかを書くんじゃ
無いかな。読まないからわからんけど

710 :エヴァっ子:03/03/30 22:22
機甲さん久しぶり。あなたの2ちゃんデビューは当時ヒヨッコだった僕に多大な衝撃を与えたものだ……。
歴史物とかは「俺の小説はフィクションだ!」位で開き直った方が良いね。
設定とかごちゃごちゃしてくると我々若年アマにゃ手に負えなくなる。

ところで明日から私、軍事施設の中に籠もって参ります。ネタじゃないよ?
運良く帰ってきたら色々面白いこと語れると思うんで、お楽しみに。

711 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/03/31 18:21
>>710
なんか、かっこいいです。。

>>708 >>709
そう、ネタはラノベ用のものなんですよね。
平安時代のミステリ。
本当は、私の文章体はラノベには向かないのですが、
主人公たちが少年少女だから仕方がないです。
しかし、主人公を下手に大人にすると仕事の問題とか色々ややこしいですから。
枕草子とか源氏物語とか伊勢物語とか読んでると、
確かに現代と思想とかが違うので大変かもしれません。
殺人トリックは一つ考えてはいるんですが、
それがちゃんと使えるかも調べていかないと……。

712 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/04/01 00:15
>それがちゃんと使えるかも調べていかないと……。
誰かで試してみるのですか?((((((; ゚Д゚))))))ガクガクブルブル

713 :名無し物書き@推敲中?:03/04/02 02:17
>>711
現代の思想との差はかなりあるかもね。
まあ世の中の市販されてる小説見るとその辺気にしないで書いてるのもあるけど。

別に市販じゃないけど、ネットで三国志の小説とか見ると当時の思想まったく無視して書いてるのが大半だね。
当方三国志マニアだからそういうのわかるんだけど。

あ、どうでも良いけどこの間文藝賞に出してきました。
誰か他に出した人います?

714 :機甲自転車:03/04/03 18:57
>>710
まっ、まさか中東の某国に・・・
インターネットなんてしてるとスパイ容疑でターイホされるぞエヴァたん
(んなわけないって)
煙草と人間の盾は大人になってからw

軍事関係の話題ならついていけるので楽しみにしてますよ。
あー自衛隊の基地見学いきたいなー
>>711
どこまで「リアルさ」を追求するべきかは、想定してる読者層が求める水準に
あわせれば十分だと思うよ。
陰陽師物とか見てても(笑)
資料・学習教材としての価値はそれほど重要じゃないんだろうし(笑)。
その辺のバランス感覚が「プロ」につながる予感。

715 :堕天使:03/04/16 19:41
http://life.fam.cx/


716 :Lee:03/04/16 20:31
文芸部に入って、賞を目指してがんばりたいんだけど、
賞への応募方法が分からないので、教えてください!

717 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 20:32
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/


718 :山崎渉:03/04/17 12:55
(^^)

719 :山崎渉:03/04/20 02:05
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

720 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/04/21 19:44
ここに、10日ぶりに来ましたよ。
そして、すごく下がっているのでageときますね。
受験生っていやだねと思ったり。
ネタだし完了しても、中々執筆うつれないし。(そうする前に英単語見てたり)
でも、皆一度は通る道かもと感じた今日この頃でした。

721 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/04/22 21:46
おひさしぶりです。

俺はとりあえず、本格的に小説を書くのは本読んで、大学行って勉強して、
って感じで自分高めてからにすることにしました。

皆一度は通る道。その通りですよねー。俺もそれなりに頑張ります。

722 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/04/23 17:54
そうですね。私も書きながらでもたくさん本は読みたいです。
……というか読んでます。
最近は明治・大正・昭和初期の文豪にちょっとはまってたり。
それでもまだ絶対量はたりませんけどね。
たかが17年しか生きてませんし。
生きてるつながりですが、高校の友人が亡くなって、
今日、臨時の全校集会がありました。
驚きと悲しさで、しばらく動けませんでした。
一昨日の学校ではあんなに元気だったのに……。
けっこう本を読む子で、面白い本を教えてもらったり、逆に教えたりしました。
それほど深い仲がではなかったのですが、接点が多くて……。
今からお通夜に行ってきます。辛いなぁ……。

723 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/04/23 18:39
そうですか。俺も中学の時友人が突然亡くなりました。
なかなか、言う言葉ってないものです。

行ってらっしゃいませ。

724 :703:03/05/02 00:02
むう。あれくらいの規模の賞で入選しなかったのは初めてだ。
最終候補かよ……。

725 :名無し物書き@推敲中?:03/05/16 00:12
当方女子です。
大学生の男性が、一人称で「僕」を使う小説を書いたのですが、
これって実際の男性から見てどうなんでしょうか。
やっぱり気持ち悪いですか?
ちなみに書いているのはミステリです。


726 :名無し物書き@推敲中?:03/05/16 01:01
>725
一般論で言えば、大学生になるとあんまりいないように感じる。>一人称が僕
ただ、その主人公の性格次第だと思う。小学生で一人称が「俺」ってのもいるし、色々。

727 :山崎渉:03/05/22 03:06
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

728 :エヴァっ子:03/05/24 22:20
>>726
アンタ最近の小学生舐めてるな?
アイツらはガキじゃない、屁理屈をこねる禿親爺だ。


大学生で僕でも別にイイ。
大学生でワイだったらどうかとおもうが。

729 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/05/25 00:42
>>725
私も一人称「僕」の大学生を書きましたよ。
うーん、俺でもよかった気がしますが……。
まあ、割合と皆自分のことを「俺」とか「私」以外でも呼んでますからね。
逆に女でも「俺」「僕」といったり、男でも「私」とか。
後、そういう呼び方って、兄弟姉妹が何人いるかとか、何番目かというのにも
関係してること多いですよね。
最後の方は余談ですが。

かなり久々にここに来て見たのですが、思ったよりこの板進行してなくて……。
よかったような、寂しいような。

730 :山崎渉:03/05/28 10:52
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

731 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/06/01 21:05
当方高校生ですが、同級生に「僕」って言う奴いますよ。

それに、実際出版されてる小説でも、地の文は「僕」、会話文は「俺」という小説はある。

732 :エヴァっ子:03/06/03 10:49
>>731
僕も。

733 :名無し物書き@推敲中?:03/06/15 01:44
別のところにも書いたのでつが。
幻冬舎学生NET大賞の状況知ってる人いませんか。
今年の予選通過者ってもう連絡きてるの?
昨年出した等、流れを知ってる人、詳細キボンヌ




734 :名無し物書き@推敲中?:03/06/15 10:09
そこでこの僕は断言する。犯人は君だ。

735 :文谷良介 ◆qNVJf9gkMU :03/06/16 21:17
>>734
ごめん。

736 :名無し物書き@推敲中?:03/06/24 22:38
僕は大学生で思いっきり「僕」と言ってるよ。
普通の大学生活を送ってる普通の大学生だけど。

737 :名無し物書き@推敲中?:03/06/26 00:19
かわいはやおも一人称は「僕」だった気がするな。

738 :名無し物書き@推敲中?:03/07/06 19:31
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1029208525/l50
正直、こんなスレたててる馬鹿が小説作ろうとしてるのがやだな
なんかむかつく、ノリでやってるみたいで

739 :山崎 渉:03/07/12 11:45

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

740 :名無し物書き@推敲中?:03/07/12 11:51
オレの場合、
公的な場所、目上のひとの場合は「ぼく」
友人関係「オレ」
と使い分けてる。

741 :山崎 渉:03/07/15 11:55

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

742 :名無し物書き@推敲中?:03/07/15 20:17
河合隼雄の文章は、著者見なくても一目でわかる。

743 :山崎 渉:03/08/02 01:28
(^^)

744 :ルゥ ◆1twshhDf4c :03/08/04 23:49
閑古鳥が鳴いてますね……。
夏休みだし短いの書こうかな。

745 :名無し物書き@推敲中?:03/08/05 11:38
浪人生なんだよね。
鬱だよ。

746 :_:03/08/05 11:43
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

747 :名無し物書き@推敲中?:03/08/05 11:57
俺は浪人してた時むちゃくちゃ楽しかったぞ。
目標がはっきりしていて、ただそれに邁進すればいいだけだったからなあ〜。
鬱になる時間が無いほど勉強しまくれ。

748 :山崎 渉:03/08/15 12:28
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

749 :名無し物書き@推敲中?:03/08/23 17:01
幻冬舎の学生文学賞はいつ選考が終わるんだろうか。
ここまで時間かかるなら送るんじゃなかったなあ……。
どうせなら一次で落ちてくれれば良かったのに。

750 :ひろみより:03/08/23 23:45
今すぐ会いたいの。ひろみはあなたなしじゃもうだめみたい。

私、ここにいるから・・・・・・探しに来て、くれる?
7日間会費フリー、10分間無料になってるの、だから来て。
あなたに会えなくちゃ、寂しくて死んじゃいそうだから
待ってます。来てくださいね!
→ → → http://www.gals-cafe.com ← ← ←

751 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 13:18
うちの大学の文芸部は、現役生は少なくて
一浪二浪は当たり前、編入、再受験はザラにいた。
みんな浪人が好きなんだな。浪人中に小説読んで、書いてるのかな?


752 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 14:47
フルタイム働きながら小説書いてる人のスレと比べると、ここはのびのびとしてていいね。

753 :名無し物書き@推敲中?:03/08/31 00:18
小説は人生を狂わす物だな。

754 :名無し物書き@推敲中?:03/09/01 17:04
いや、このスレは有意義なスレだね。
読んでて勉強になることも多かった。学生だけに学歴の話とかになったりするし。
駄目大学生の漏れは気後れする羽目になるんだけど。
小説だけに命をかけている人のスレッド、って感じがする。
その意味でも気後れしてしまう。正直、大したもんだと思ってしまった。
なんつーか、輝いてるね。頑張って下さい。

――もまえらの内から、一人でも小説作家が現れることを祈って。

755 :名無し物書き@推敲中?:03/09/02 01:53
夢に向かって頑張る姿は醜いな、と自分を見て思うよ。
この姿が美しくなるのは成功した時だけだから、お互い頑張ろう。

756 :名無し物書き@推敲中?:03/09/02 11:26
>>755
ahahahhaha

757 :名無し物書き@推敲中?:03/10/29 02:00
>753
一部の人間にとってはな。

758 :名無し物書き@推敲中?:03/11/06 19:20
高校生新聞の創作コンテストの短篇小説部門で入賞してたって学校の先生に言われました。佳作だけど。

759 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 06:26
早大の俺がうらやましいか?

760 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 10:26
勉強できるより面白い小説を創る能力が欲しいよ。

761 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 20:51
早大で小説の出きり俺が裏やjましいか?

762 :名無し物書き@推敲中?:03/11/26 22:07
おれがこわいのか?

763 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 07:14
文谷、ルウ、小、マーの学生チンカスどもはこのスレから出ないこと。隔離処置。
わたつみは偽受験生、すなわち学生以下のプー身分であるからして、
上記チンカスどもの下僕として隅っこで小さくなっていること。
文谷、ルウは自らが中卒であることをくれぐれも忘れないように。そして発言には気を付けること。

764 :名無し物書き@推敲中?:03/12/06 22:10
早大ってやばいよな。

765 :名無し物書き@推敲中?:03/12/07 10:23
エヴァっ子は開放しても良い、と。

766 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 02:06
幻冬舎NET学生文学大賞に出してる人っている?
どうなってんのあれ。もう選考は終わったの?

767 :名無し物書き@推敲中?:03/12/26 11:44
早漏大学、貧弱部のアホが多いな。

768 :名無し物書き@推敲中?:04/01/23 17:47
慶應はいないの?

208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)