5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★芥川賞を目指す人のためのスレ★

1 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:25
「俺の目指してるのは歴史時代小説でも
推理小説でもオタクな少女文庫でもない
大江健三郎に続く三人目のノーベル文学賞だって
ねらってる」という人、日本の純文学の明日を
担おうと思っている人はこのスレに文章を書き込んで
批評し合いましょう。文学論争もしましょう。


2 :春樹:02/05/09 19:26
候補で終わっちゃった〜♪

3 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:28
>>2
候補になったの?すごいじゃん。

4 :島田:02/05/09 19:30
すごい? ありがとう。じゃあぼくは6回すごいね。

5 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:32
>>4
マジレスしまくるけどプロですか?

6 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 19:33
>>5
文学界購入者と見た。

7 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 19:34
>>2
村上春樹
>>4
島田雅彦

8 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 19:35
>>7
ワロタ

9 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:35
>>6
文芸誌はあまり読まないです。これから読もうと思ってるけど。

10 :4:02/05/09 19:35
現在1行小説リレーをかけもちでござる。

11 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:36
>>7

12 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 19:36
1も7もマジレスではないかという恐ろしい予感がする……

13 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:38
>>11
スマソ。なるほどそういうことですかと書きたかったのです。

14 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:40
>>13
>>1はマジですよ。

15 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:41
訂正>>13>>12

16 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 19:44
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi/bun/1011459026/l50

17 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:46
>>16
誘導ですか。でもこのスレは議論だけでなく文章も書き込んで
いいですよ。

18 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 19:47
>>7
ちなみに二人とも結局、受賞できてないよね。
何となくふざけてるスタンスが審査員に不評なんだろう。
うまいんだけど、真面目に書いてないというか。
高みの見物というか。

一方、受賞者はというと、村上龍にしろ田中康夫にしろ、
町田康にしろ、一見ふざけてるかのようにも見えるけど、
本人たちは至って本気以外の何者でもなかったりする。

つまりは、イタイってこと。
本当に痛々しいスタンスで創作している人じゃないと
芥川賞は受賞させてもらえないんだと思う。

日本全国のイタイ小説家志望者諸君、
君たちは芥川賞作家になる資質に満ち溢れている!

19 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 19:52
>>1
>>18はちょっとした文学論争の問題提起のつもりなんだけど。
ちなみに、川端康成も大江健三郎も紛れもなくイタイ部類の人だよね。

20 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:54
>>18
正直芥川賞作品はあまり読んだことないのでよく分からないです。
尊敬するのは安部公房と大江健三郎くらいですね。

21 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:55
>>19
どの辺が痛いですか?川端も好きですが。

22 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 19:55
安部公房が芥川賞作家で筒井康隆が芥川賞作家じゃないのって僕は納得いかないんだけど。

23 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 19:58
>>22
筒井康隆って芸術家なんですか?

24 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:00
>>21
イタイっていうのは、周りが見えてない羞恥心のなさということです。
謙遜が感じられないというか。ぎりぎりのところで真っ向勝負するしかない不器用さというか。
そういった部分が、いい意味で痛いわけです。
画家にたとえるならば、ピカソじゃなくてゴッホ的ということです。


25 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:02
>>23
全作品が文学的ではないと思うけれど、文学的志向に根差した作品はかなり素晴らしいと思う。
でもやはり、わざとやってる感じが審査員に不評なんだと思う。

26 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:03
>>24
そうですね。「不器用さ」はピュアということですからね。

27 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:04
>>25
なんという作品ですか?今度読んでみます。

28 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:10
>>26
だから単純に文章力があれば受賞できるって類のものではないんだと思う。
常人との感覚のズレや生活態度の差異といったものが作中に滲み出ていてこそ
芥川賞作家としての資質が見出されるのに違いない。

29 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:13
>>28
いってみれば「変人」みたいなものですよね。
常識人は書いても駄目ですね。

30 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:14
>>27
泉鏡花賞受賞作の「虚人たち」(中公文庫)とか詠んでみると、
筒井康隆=エンタテインメント作家という認識は崩れますよ。
他にも色々あるので探してみて下さい。

31 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:18
>>30
分かりました。スレ立てて良かったです。
自分の嗜好だけを追っても井の中の蛙になって
しまいますからね。

32 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:22
>>30
でもやっぱり筒井康隆は芸術家ではあっても社会性を持った常識人なんですよね。
ちなみに芥川賞の悪口を書いた作家がその後芥川賞を受賞したという話を聞いたことがないので、
あまり悪口は書かないでおこうと思います。でも、もう手遅れかな。
というよりもそれ以前に、悪口を言わなければ芥川賞を受賞できるかもしれない
なんて事を考えている時点でどうかしているよなどと、自分で自分を戒めてみたりする今日この頃。

33 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:27
受験と同じように考えてみるのも一つの手かなとは思います。
芥川賞受賞への近道として、とりあえず芥川賞受賞作の完全読破計画というのはどうでしょう。
傾向を把握した上で対策を練るのも有効な方策だと思うのです。
ちなみに僕はまだ20作品くらいしか読んでいませんけど。

34 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 20:30
>>1
つうか、まじで獲りましょうよ、芥川賞。
「ガチンコ芥川賞クラブ」みたいなものを作って、やっていきませんか?

35 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:33
>>32
スレタイは芥川賞マンセーみたいになってるけど
自分を貫いて賞を逃すのなら、後代が認めて
くれるでしょう。このスレの主旨は如何にして
賞を取るかではなく、文学芸術の実践です。
やはり芥川賞を取ってなくても後世に名を残す人は
いるだろうし、その逆もあるでしょう。
純文学を志向する人が住人になってくれれば嬉しいです。

36 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:37
>>33
面白そうですね。やはり実戦的に目指していくというのは
それ自体ピュアでいいですね(w

37 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:38
>>34
「ガチンコ」って何ですか?無知でスマソ。




38 :名無し物書き@推敲中?:02/05/09 20:43
丁度、芥川賞全集が配本されてるよ。

39 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 20:46
>>38
>>1は貧乏だから文庫本で読もう(w

40 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 21:26
>>39
図書館で借りて読めばいいのでは?
ただし人口に対する日本の図書館数の割合は先進国の中でもかなり低いらしいから、
借りられなくて困る可能性が高いですけどね。

ちなみに「ガチンコ」はテレビ番組のタイトルで、
「ガチンコファイトクラブ」というコーナーでは企画参加者の中から
実際にプロボクサーを産み出してしまおうというものです。
すでにプロデビューした人も何人かいたはずです。
でも文学を志す上ではむしろテレビなんか見ないほうがいいかもしれませんね。
本当はインターネットも悪影響かもしれないですけどね。
過去ログで何度か書いた「痛々しいスタンスでの創作」を実践するには、
できるだけ文学以外の知識を得るべきではない様にも思えます。
それが夜叉丸さんがおっしゃっているような、ピュアな文芸創作者の生き方なのかもしれませんね。
マスコミ情報から得られる時事問題や流行文化に関する幅広い分野の知識を蓄えている時点で既に、
世渡りの術を心得た常識人になってしまうわけですからね。

41 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 22:27
>>40
そういえばあまり図書館を利用しないですね。
安価に手に入る文庫本文化が日本の図書館の衰退の遠因かもしれない
と思いましたが、でも市販で手に入らない本などはやはり図書館が頼り
ですね。
「ガチンコ」の意味を教えて頂いて有り難うございました。
>>1はTVを処分して三年経ちました。それまではすごいテレビっ子だった
のですが、やはり本を読む時間を奪うので処分しました。でもPCは時代に
逆らえず買ってしまったのでこうして2chネラーしているわけです(w
(ちなみに携帯電話は去年初めて買いましたw)
ネットも文学にとって脅威ですね。飲まれてはいけないですね。良さもある
わけですから建設的に利用しようと心がけてはいますが。
重要なのはよく読み、考えて、書くことですね。想像力は非常に大事ですね。
メディアは想像力を奪いますね。


42 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/09 22:28
>>1はもう落ちます。工藤伸一さん、マジレスしてくれて
有り難うございました。

43 :工藤伸一 ◆j1HkWi6c :02/05/09 23:00
>>41
僕も夜叉丸さんの考え方には同意します。
作者は忘れてしまいましたが、「新聞病」についての文章を思い出しました。

登場人物を紹介するときに、「名前、年齢、職業」の順で箇条書きする作品をよく見かけるけれど、
それは多分、学校で文章の勉強のために新聞を読めと言われ続けたために身に付いた悪影響だろう。
新聞の文章は事実をわかりやすく伝える上では優れているが、決して文学的に優れたものではない。

というような文章です。近頃はこれに加えて「テレビ病」と「インターネット病」が
文壇に蔓延しているのでしょう。気をつけなくてはなりませんね。

44 :夜叉丸 ◆ZmeODHmE :02/05/10 08:07
>>43
確かに新聞記事は文学の勉強にはならないですね。新聞報道に主観を交えるのは
タブーとされていますから(社説やコラムなどは別)。でも主観に走りやすい人は
新聞の客観的な記述を学び取るところがあります。>>1もその口ですね。私小説より
古典的な客観小説を目指しています。

45 :名無し物書き@推敲中?:02/06/02 20:10
コテハン問答

46 :名無し物書き@推敲中?:02/06/02 21:05
新聞の文体をまねるのは?だけど、三島由紀夫の言っていた
「三面記事リアリズム」ていう方法論もあるよね。
社会面の記事から、どれだけ面白い物語を作り出せるか、ていう。

テレビでも新聞でもネットでも、どれだけ想像力が高められるか、
なんだろうけど、2chを前にして想像力が敗北しつつある自分(w

47 :名無し物書き@推敲中?:02/06/02 22:30
>>工藤
辻原登って芥川賞作家だけど全然イタくないよ。

48 :名無し物書き@推敲中?:02/06/18 19:43


49 :名無し物書き@推敲中?:02/06/21 10:07
在日の人が差別されているのは、
韓国においても差別されてきた人たちだからですか?

50 :名無し物書き@推敲中?:02/06/22 05:12
>>49
自分で検索しろよ。
ttp://www.han.org/a/faq/

51 :名無し物書き@推敲中?:02/07/03 09:15


52 :名無し物書き@推敲中?:02/07/17 19:58
芥川賞ケテーィ

53 :名無し物書き@推敲中?:02/07/17 21:51
目指そうぜ!

54 :名無し物書き@推敲中?:02/07/27 17:17


55 :名無し物書き@推敲中?:02/08/07 08:12


56 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 10:17
>>夜叉丸
俺もマジでノーベル文学賞目指してるよ。
最終目標はノーベル賞だから必ずしも芥川賞受賞しなければならないのではない
とは思うし、ノーベル文学賞受賞者を最もたくさん出しているフランスではゴン
クール賞を受賞しなかったけどノーベル賞を受賞した作家がかなり多い。しかし、
ノーベル賞は年とってから受賞するケースが多いし、まずプロ作家となるために
は芥川賞を受賞するべきなので一応芥川賞を中間目標として目指している(第一
段階の目標は文學界新人賞)。

芥川賞全集は16巻まで読んだ。最近のは文藝春秋に発表時に読んだり、単行本
で読んだりしているので過去の芥川賞受賞全作品の9割は読み終えた。あと数作
で全作品読了だ。

ノーベル賞については、受賞者リストを見ながら少しずつ読んでいる。なるべく
多くの作品を読むべきなんだろうけど、最初は受賞の決め手となった作品を中心
に絞って読もうと思っている。作品を読むより優先してやっているのが「傾向と
対策」。今は絶版になってしまった「ノーベル賞文学全集」を図書館から借りて
きて、選考経過の部分だけをコピーしている。この全集は作品そのものも載って
いるがページが限られているせいか必ずしも重要ではない作品が載っているし、
貸し出し期間中に読めないので選考経過・受賞演説をコピーして返却している。

「ノーベル賞・傾向と対策」といったスレを立てようかと思ったが、AAやコピペ
文による>>1総攻撃をくらうことは確実なので今のところはやめた。

57 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 10:22
>この賞(ノーベル賞)は「文学の分野において理想主義的な傾向にあって
>最も優れた作品を創作した」人に与えられます。


58 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 12:22
>56
最近他人と喋ったことありますか?

59 :56:02/08/25 12:33
58のようなことをたくさん書かれて荒らされただろうから、やっぱ新規スレ
は立てなくて正解だったな。

60 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 12:37
つーか要するにワナビーだろ?

61 :56:02/08/25 12:52
ワナビーって欲次郎とかいう人のこと?
俺は文学板の住人だからこっちはあまり見ないのでよくわからんが。
コテハンは使ったことないし。捨てハンはときどき使うけど。
文学板に比べて創作文芸板はトゲトゲしいな。

62 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 13:38
似たようなものだと思うが

63 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 13:50
こっちの方が年齢層が低いような。
錯覚かな?

64 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 14:01
最新受賞作、吉田修一「パーク・ライフ」読みますた。
文春掲載で読んだのは川上弘美「蛇を踏む」以来だったけど、
前者は、完成してる感じ。
もう、よほどのことがない限り、
これ以上上手くはならないような。
後者は、へ?これが?あくたがわしょう?マジ?
って感じだったけど、ぐいぐい引き込まれた憶えあり。
魅力的だったのは、断然後者。
で、素朴に疑問なのは、あの賞って、新人賞だよね?
だから、作品の完成度より、作者の可能性を重視すべき、
と思うけど。
「パーク・ライフ」はそうじゃないような気が。
私見だけど。

65 :   :02/08/25 14:58
「パレード」は面白かったけどね。
「パークライフ」は・・・。
インテリアショップの広告に出てくるようなオシャレアイテムに騙されず
によく読むと、結構、しょうもない話だったりする。
 

66 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 17:01
芥川賞受賞作品は、さすが面白い、と感じるものが多いが、ときどき
「それがどうした?」としか言いようがないのがあったりする。
最近だけではなく、戦前の受賞作品でも。
第一回の石川達三 「蒼氓」からして退屈で、これから芥川賞全集全
巻読むぞ! とはりきっている気持ちをいきなり萎えさせてくれた。
他の人もやはり同様で、やはり同じように第一回から読もうとして・・・
「蒼氓でダウン」となったそうだ。

第一巻を読みきると、あとはかなりドンドン読めるようになる。
趣味で読んでるわけでないので、選評は作品以上にじっくり読む。
しかし、「傾向と対策」をつかんだといえるほどになるには、もう
一回全巻を通読し、さらに分析し・・・という作業をしなければな
らないと感じている。

67 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 18:04
>>66
印象に残った作品は?
3〜5作品程度、紹介キボン。
作品名、作者名だけでいいから。

68 :66:02/08/25 18:43
>>67
近藤啓太郎「海女舟」
柏原兵三「徳山道助の帰郷」
庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」
日野啓三「あの夕陽」
重兼芳子「やまあいの煙」

死ぬまで「カルチャーセンター出身の芥川賞作家」と言われつづけた重兼芳子
は、作品自体より「文章の書き方」という本が参考になるかも。絶版だろうけど。
題名に反してほとんど自分の経歴が延々と書かれてるんだけど、50代の単なる
主婦がいかにして2年で芥川賞作家になったか・・・。
朝日カルチャーセンターで重兼の先生だった駒田信二の小説の書き方の本もなか
なか良い。これも絶版だけど。

69 :67:02/08/25 18:58
>68
さんくす。
挙げてもらったなかでは「海女舟」しか読んだ事がないけど、
ちなみに、漏れの印象に残った、
と言うか読んだことある受賞作は、
小島信夫「アメリカンスクール」
五味康介「喪神」
池田万寿夫「エーゲ海に捧ぐ」
三田まさひろ「ぼくって何」
吉行淳之介「驟雨」
龍「・・・ブルー」

くらいかな。
思い出すと、けっこう読んでるもんだ、とビク―リ。

70 ::02/08/25 22:02
もうこれは完全に個人的な趣味というか感傷に過ぎないのかもしれませんが、
芥川賞受賞作で一番好きなのは安部公房の「壁」です。
音楽におけるYMOにも感じた「何か新しい世界が始まるぞ」、という
わくわくするような興奮がありました。
ただ、今、再読に耐えるかどうかは不明。

71 :名無し物書き@推敲中?:02/08/25 23:22
>>70
「壁」は、選評を見るとかなりキワどいところで受賞したという感じだ。
同時受賞の石川利光が主で、安部はおまけのような扱い。

昭和20年代に書かれたというのが信じられない。昭和時代の芥川賞受賞
作の中ではかなり浮いた存在だ。
「壁」の3期後に受賞した五味康祐「喪神」もある意味で浮いてるが(w
「喪神」は、昭和27年当時でもやっぱり古臭い作品として受け取られて、
選評でも「こんな昔の剣豪小説まがい・・・」などと言われている。

「傾向と対策」を練るために全作品通読をやってるけど、実際にはこうい
うとんでもない、傾向から外れた作品が突然受賞したりする。
ただ、そういう「突然変異的受賞者」が平野タンだけでなく過去にも存在し
たというのも全作品通読のおかげで知ったわけだけど。

72 :名無し物書き@推敲中?:02/09/13 03:22
  ,,,,.,.,,,,
 ミ・д・ミ <hoshu hoshu・・・
  """"

保守し続けよう、芥川賞とるために


73 :名無し物書き@推敲中?:02/10/01 18:53


74 :名無し物書き@推敲中?:02/10/01 19:25
芥川賞作家どもの陳腐な自意識ぷんぷんな文体萎え

75 :名無し物書き@推敲中?:02/10/01 21:14
芥川賞云々よりもさぁ、まずはどっかの新人賞でもとろうや。

76 :相野:02/10/02 11:16
芥川賞って、公募じゃないから、先に他の雑誌かなんかに掲載されないといけないんですよね?
今、なんか、群像新人賞が、10月末締め切りらしいんですが、詳細知っている方居たら教えてくれませんか?
なんか、群像っていう文芸誌あるのかと、思ったらないんですよね。
うちの近くだけの本屋だけなのかもしれないですが・・・。


77 :名無し物書き@推敲中?:02/10/02 12:11
僕も、書いてみようかと思います。
皆さんは、原稿用紙にシャーペン、あるいはペンで書かれるのですか?
下書きというか、まだ応募前の段階の作品をワープロ、パソコンで書かれている方いらっしゃいますか?
どんなマシン、どんなソフトをお使いでしょう・・・

78 :名無し物書き@推敲中?:02/10/02 15:27
というか芥川賞の傾向なんて学んでどうする? 選考委員はずっとおなじじゃないん
だよ。それよりはむしろレベルの高い作品を書く努力をすべきではないか? 芥川賞を
獲った人は痛いというのもよくわからない。作家なんてみんな痛い。じゃなかったら小説
なんて書かない。レーベル賞の傾向を学んでいるのにはもっと驚く。
そういうことではなくて、レベルの高い小説を書くことにエネルギーをそそぐべきじゃない
のかな。野心があるのはけっこうだが。

79 :名無し物書き@推敲中?:02/10/02 15:31
レーベル賞なら欲しいな(w


80 :名無し物書き@推敲中?:02/10/02 15:36
みんなすげえ自信だな

81 :78:02/10/02 15:37
きみにあげます。

82 :名無し物書き@推敲中?:02/10/02 23:19
>>77
下書き、推敲段階のこと?どちらにしても、パソコンは必須だよ。
紙とペンよりも、はるかに効率がいい。実例は、枚挙にいとまないほど。やってみると分かる。
パソコンは何でもいいと思うよ

83 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 07:47
>>76
月に2〜3回は似たような書き込みをみかけるねぇ。
それだけ売っていない証拠なんやろうか。

群像スレで聞いてみるか、大きな図書館に行って調べるかしる。

84 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 17:52
>78
基本的に同意。このスレ見て馬鹿か、と
本気で思った。今から対策練って書いてどうするんだ。
やっぱりいい小説って自己快楽、書いてて面白いものから
生まれると俺は思うけどね。
そりゃ、プロのみなさんは制約の中で楽しむ方法も探さないと
いけないだろうから俺の知らない領域だけれども・・・
けどこの板の住人が・・・(W

85 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 17:58
>>84
そんなこと言わずにレーベル賞目指そうぜ


86 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 18:02
最近の芥川賞と直木賞ってひどすぎねえか?

87 :78:02/10/03 18:11
85はいちいち揚げ足とらない。たしかに最近の芥川賞・直木賞はひどい。
芥川賞は低レベルだし、直木賞は名の知られた作家の順番待ち。まるで年金。

88 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 19:18
>>87
芥川賞作家を低レベルと言い切れる貴方は凄い。
誰の、どの作品が、どのように低レベルかを説明できたら尚凄い。
ただ単に「低レベル」だの「順番待ち」だの言ってるだけじゃ、めっ。

89 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 19:39
唯川恵が直木賞とっていいのか?
あと、芥川のほうでも、パークライフとか
安易なカタカナ語が多いな。本文は読んでないが。

つーか、カタカナ語の題名見ただけで読む気が失せてしまう・・・。

90 :78:02/10/03 19:49
『パークライフ』作者に言わせると、物語がはじまる前の風景が書きた
かったらしいが、そんなものより物語を書いてくれといいたい。公園の
俯瞰図と人体の構造を重ねてみたシーンだけがよかった。あとは石原氏の
選評どおり。『パレード』のほうが数段良かったし、芥川賞狙いがもろばれ。

91 :78:02/10/03 19:50
直木賞が作者の代表作に与えられないのは有名な話。宮部しかり桐野しかり。


92 :78:02/10/03 19:53
順番待ちについて。エンターテイメントの作家では直木賞を獲ってないのが
少ないぐらい。有名どころでね。

93 ::02/10/03 19:53
文学板は こっち です →

94 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 19:53
芥川賞受賞作が芥川賞狙いで何の文句があるんだろうか?
狙える人は狙うんじゃないの?

95 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 19:54
はいはいはいはい創作板では百年早いです。
貴重なご意見は文学板でお願いします。

96 :78:02/10/03 19:58
>>94
というか吉田修一の場合は文学界新人賞でデビューして、それから芥川賞
狙いのぜんぜん物語性のないつまらないものばっかり書いて、それで
『パレード』で方向転換して山本周五郎賞をもらったのだが、やはり
芥川賞は魅力らしく、またつまらない作風に回帰してしまったのです。

>>92
芥川賞狙って書くなんてばからしくないですか?

97 :92:02/10/03 20:00
ばからしくないです。

98 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:00
なんだ? こいつら。

99 :78:02/10/03 20:03
芥川賞なんて選考委員に支持されただけだよ。それよりはレベルの高い作品を
書く努力をすべきじゃないか? それなのに選考委員に好まれる表現や物語を
書こうとする作家のばからしさ。

100 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:04
板違いでくっちゃべってる78と92はクズです。

101 :78:02/10/03 20:05
文学板じゃないとこうした話はできないのか? だから創作文芸板は
ばかにされるんだ。

102 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:06
92は78?
78は92?

103 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:06
みんな最終には残ってる?

104 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:08
78ってほんとヴァカな? 創作に関係ないじゃん。
お前らの話しで、なにか得るものあるか?
ちっとは考えろよ、低能芸人さん。

105 :78:02/10/03 20:10
>>104

そんなこといったらこのスレ自体が創作に無関係。それに自分はそういう
姿勢はとらないというのは創作者としての所信だよ。きみたちももう少し
本を読みなさい。ついていけないからって煽っちゃだめ。

106 :78:02/10/03 20:12
弱い犬ほどよく吠える。

107 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:12
二次は逝った?

108 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:13
とりあえず78は黙ってくれる?

109 :78:02/10/03 20:14
あらら。出る杭はうたれる。

110 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:14
78は口だけのクズ。燃えないし埋めても汚染が広がります。
芥川より塵あくたがお似合い。

111 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:14
>>109
凹んでるから抜かれただけw

112 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:15
一次は逝けるよね?

113 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:15
>>112 うさぴょんひさしぶりだね

114 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:16
>>78
いくら本を読んでもそんな態度じゃね〜。

すこし社会勉強しなさい。

115 :78:02/10/03 20:16
ぜんぜん論理的な煽りがないなあ。それじゃ梨のつぶてだよ(ちょっと
悪乗りしすぎだな)
>>111
ご苦労様です。へこんでいるのを抜くのはたいへんでしょう。

116 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:16
>>113
激しく見当違い

117 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:18
78は黙ってください。

118 :78:02/10/03 20:18
>>114
いや、質の悪い煽りがいたからね。ちょっと悪ふざけ。でももうやめます。

119 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:19
漏れは78の話しは放置でいいと思う。
ただ、さげでやってほしい。人間性にも問題ありそうだし。

120 :78:02/10/03 20:20
今度はこっちが煽りあつかいだもんなあ。まじめに話してんのを邪魔したのは
誰だって聞きたいよ、まったく。

121 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:21
>>115
ねえ、君は何がしたいの? 荒らしですか? 釣り師ですか?
論理的な煽り云々の前に、まずはおまいが論理的なことを言ってみろです。
あ、また「石原の選評の…」なんて言って逃げないでねです。

122 :78:02/10/03 20:22
いや、僕は92とちょっと議論してただけ。

123 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:22
何を「読んだか」より、
何を「書いたか」だよ、この板は。

読み自慢は文学板へどうぞ。

124 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:22
>>119 お願いだから黙ってください。

125 :78:02/10/03 20:23
少なくとも煽りの方たちよりは論理的なことをいったでしょ。レスを
ちゃんと読んで。

126 :95:02/10/03 20:23
>>123
同意。

127 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:24
論理的だってプッ

128 :78:02/10/03 20:25
>>123
別に読み自慢なんてしてませんよ。みんな文学板へどうぞっていうけど、
創作者だってそういうことを語れるし、それは一般の読者とはまた違った
アプローチの仕方になると思うんだけど。

129 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:26
>>125
他者との比較によってのみ、自分が論理的であると述べているのですかです。
どこをどう見ても論理的な文章は見出せませんよです。


130 :123:02/10/03 20:26
もとい「これから何を書くのか」のが最も大事。

131 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:27
>芥川賞は低レベルだし、直木賞は名の知られた作家の順番待ち。まるで年金。

これ読んで、この人は著名な批評家か大作家ぶってて気持ち悪いなあ、と思った。
技量が伴ってないとしたら、こんな悲しいことはない。

まあ、少し考えて書き込んだ方が良いよ。

132 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:27
>>128 読み自慢の臭いプンプン。ついていけないからってどーのこーの。
俺たちが芥川について語らないのはプライドがあるからだよ。

133 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:28
でも俺、中学ぐらいまで天才って言われてたんだぜ

134 :78:02/10/03 20:30
というか、僕もこのスレに否定的なレスをしたんでね。
>>131
そんなきはないよ。ただそれが素人の特権でしょう。
>>132
どんなプライド? そもそもじゃあなんでこのスレ見てんの?

135 :123:02/10/03 20:30
>>133
なら、学者になれ。

136 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:32
>>134
あなたは作家志望じゃないの?

137 :78 :02/10/03 20:32
本当に創作板ってレベルが低い。

138 :78:02/10/03 20:32
作家志望は素人じゃないんですか?

139 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:33
>>134

>『パークライフ』作者に言わせると、物語がはじまる前の風景が書きた
>かったらしいが、そんなものより物語を書いてくれといいたい。

↑これを見る限り、どうやら貴方は相当に自己中心的なお人のようですねです。
それより、ひょっとしてこの文章に論理的な何かが隠れているのでしょうかです。

140 :78:02/10/03 20:33
>>139 死ね

141 :78:02/10/03 20:33
ちなみに>>137は偽者ですから。もう煽りはしないといったからにはしない。
こういうことをやるやつが論理的とは思えませんね。

142 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:34
>>138
切羽詰った時の常等文句だな、それ(W

143 :2チャンネルで超有名:02/10/03 20:35
http://www.tigers-fan.com/~xxccxxc

http://www.tigers-fan.com/~kaaax

ヌキヌキ部屋に直行
  コギャルとヌキヌキ
  全国地域別出会い

144 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:35
まさか! これが有名な創作まつりですか?

145 :78:02/10/03 20:35
>>140
もうやめなよ。そういうことやっておもしろいの?
>>139
じゃあ、あなたの論理的な文章を読ませて。どっかの党の代表みたいな
ことしかできてないから。

146 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:35
>>138
でもね、作家志望の人間が「まったく近頃の芥川賞は」
なんて言ってるのが、どれだけ気持ち悪いことかぐらいはわかるでしょ?

147 :78:02/10/03 20:35
とにかく文学板には行きません。煽りはやめます。
文句言った人も論理的な意見がいえないなら、語らないで欲しい。
素人のひがみはやめましょう。

148 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:37
>>146 ものすごく同意。それがプライドだと言ったんだが。

149 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:38
島田何とかノベル賞候補なんでしょ?

いいのかな。

150 :78:02/10/03 20:39
>>138
わかってます。あと僕なんかより147の貧しい精神性を批判したいですけどね。
たしかに僕はアンチテーゼとしていったわけだけど、いいすぎてもいる。
ただ作家志望の段階で芥川賞やノーベル賞の傾向と対策を学んでいる人たちが
あなたのいうように気持ち悪かったのでレスしたんです。

151 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:40
>>150 自己矛盾

152 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:41
>>78
私が論理的な文章を書けるなどとは一言も言っていないだろうがです。
きっと貴方よりも劣る人間でしょうね、私はです。
というか、その前にもう一度だけ貴方の意見をお聞かせくださいです。

最近の芥川賞の、どこが低レベルなのですか?
どのように低レベルなのですか?

153 :78:02/10/03 20:41
どこが自己矛盾なのかな?

154 :名無しさん:02/10/03 20:41
それより三島由紀夫賞がほしい

155 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:42
極めてささやかな祭り…

156 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:42
78の底が知れたのでもういいです。

157 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:43
ところで、>>133って誰よ
そっちの方が気になる

158 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:43
あー、なんか飽きてきたな。もうツマランぽ。

>>154
ウサギさんこんにちは

159 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:44
れみ感?

160 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:44
>>150
たまりかね、横レス。
じゃあ、何で文学を学ぶのかしら?

日本文学代表作、各芥川賞、世界文学代表作、各ノーベル賞作などを
熟読し、深い文学観を養わないで一体どこで文学を学ぶのかしら?
そもそも芥川賞を受賞した人間だって、そこまでの勉強家は稀なはず。
むしろ私は「進めたい」くらいなもんですが。

161 :78:02/10/03 20:44
芥川賞だからすばらしいというのはないですよね。


162 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:45
ミームのほうが面白い。
やつは好感もてる。

163 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:47
高校あたりから没落したが。

164 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:47
なんで荒れてるの?

165 :78:02/10/03 20:48
>>160
賞に対する妄信がありますね。非受賞作のなかにもすばらしい作品は
たくさんあります。そもそも小説に賞なんていうものはあいまいでしょ。
またこういうこというと気持ち悪いっていわれるけど、たとえばAの作品
よりBの作品がいいなんてのは主観であって人それぞれでしょう。僕が最近の
受賞作がつまらないというのと同じようにそれをおもしろいという人がいる。
それはいい。でも賞としておしつけられるのはどうかと。

166 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:48
78が気持ち悪いから。

167 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:48
女っけがねえぞ。

168 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:48
78が自分の論理性を疑いなく肯定しておいて、
指摘されてもその破綻に気付かないから。

169 :78:02/10/03 20:49
それに160のいうのは深い文学観ではなく、マジョリティの文学観に
すぎない。

170 :78:02/10/03 20:50
>>168
だから破綻ってなんです? それを説明してください。

171 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:50
受賞作に対して、自分の作品と比べてどうこーならわかる。
78は無意味な語りしかしてない。しかも自己矛盾のロンリ。

172 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:51
そんなどこまで行っても個人の主観の問題でしかない不毛な議論してるひまがあったら書いたらどうかっていう意見はガイシュツ?

173 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:52
>>169
でも、マイノリティーじゃ集英社かハヤカワ系になるだろ。
マイノリティーで新潮社閥につくのは難しい。

174 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:52
>>172 そしてネクスト参加者は書き続ける。

175 :78:02/10/03 20:53
自分なりにつきつめていく、160のことばでは文学観を深めていくというの
は賛成ですね。ただそれは受賞作を読むことではなく、自分が書きたいと思う
あるいは自分なりにレベルが高いと思う小説を読むことでしょう。受賞作を
読むってのはその過程をないがしろにしている。そういうのは自分で考えないと。
むろん僕もね。

176 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:53
>>167
カマっけ出していいですか?

177 :78:02/10/03 20:54
>>171
受賞作にたいして自分の作品を比べる? きみの批判のほうが無意味だな。
このスレにあってない。このスレがおかしいってのは僕も思うが。

178 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:55
だからこのスレがおかしいんだよw


179 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:56
>>175
そんなの当たり前じゃないか。言うまでもない。

180 :78:02/10/03 20:56
>>177
そうだとは思う。でもそれは僕のせいじゃないんだ。

181 :78:02/10/03 20:57
>>179
160にいってるんです。そういうのを読まないで批判しないで。浅い。

182 :94:02/10/03 20:58
おい、少しは78に時間をあげよう。
よってたかってレスしたら、思考も纏まらん。
78は、パークライフを例にあげ、最近の芥川賞、直木賞はつまらん、と言った。
もうちょい詳しくキボン。
例えば、いつ頃の誰それくらいまでは良かったとか。
漏れは、これから風呂入るから、アト―デネ。

183 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 20:58
まぁまぁおまいら、酒飲め

184 :酒飲み:02/10/03 21:00
で? つまらないパークより上の作品書けるの?

185 :78:02/10/03 21:01
>>182
僕も風呂はいりたい。ありがたい振りです。
僕は芥川賞は村上龍までだったんじゃないかなあと思うんです。好き嫌い
はあるだろうけど、創作者としても興味深い技法が使われてる。
そのあと辻仁成や柳美里なんかがでてきてどうしちゃったんだろうって。
最近では町田康がよかったですけど。

186 :78:02/10/03 21:02
>>184
その批判はもっともです。でも、あれは最近の新人賞受賞作よりだめなん
じゃないかなあ。

187 :酒飲み:02/10/03 21:03
結局酒飲みながら誰々の受賞はどーとかこーとか言ってんのと同じやろ?
あはははっははっはっはっははあは俺と同じだ。一生うだつがあがらずに底辺で呻くんだ。


188 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:04
村上龍いや〜ん、大嫌い。

189 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:05
直木賞がいいな。

190 :78:02/10/03 21:07
だから好き嫌いはあるって。でも初期の彼はいいと思う。限りなくでは
最初の映画的な手法や会話文にかっこをつけないで地の文と同じように
書くことによって、ドラッグの作用をあらわしている。何より彼はあまり
本を読んでいなかった。なんという独自性だろう。
とりあえず僕もここまで。

191 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:08
78様頭の悪いボクに文学への道標を示してください。

お風呂から出てくるまで待ってます。

192 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:11
アメリカかぶれの軽薄バカがそんなにいいの?
映画的な手法というより、アメリカ的なモノを
盲信していただけのような気がするが。

193 :78 :02/10/03 21:13
今日は落ちます。

194 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:13
コインロッカー読めって、とりあえず。
それで駄目だったら趣味が合わないってこと。

195 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:15
>>193
行かないで!

196 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:18
でも78の言いたいこともちょっとはわかるよ。
ただ、実績がそれについてゆけてないだけで。

けっきょくのところ、結果を残してから言わないと、
何様のつもりだ!ってなっちゃうんだよね。

197 :78:02/10/03 21:25
風呂はいってるあいだにまた偽者が出てる。少なくとも僕は彼よりはましだと
思うが。>>196おっしゃるとおりです。

198 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:27
78もやっと分かったか……。

199 :78:02/10/03 21:30
いや、もうずいぶん前からいってるんですがね。むろん僕にそんなことをいう
資格はないのはわかってる。ただ芥川賞やノーベル賞の傾向と対策を学んでいたり
>>160のように誤った価値観に縛られている人を見て、ちょっといいすぎたわけです。
僕は芥川賞=レベルが高いとはどうしても思えないし、読者をないがしろにして芥川
賞を狙いにいった人間はさもしいと思う。

200 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:31
じゃあ78が芥川を受賞して、会見で言ってくれよ。
そしたら認める。

201 :78:02/10/03 21:32
>>191
何を読めばいいかということですか? 

202 :78:02/10/03 21:33
>>200
そうですね。

203 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:34



78からホラサス1臭がするのは何故?




204 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:35
>>203
こら

205 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:36
>203 チョト面白い

206 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 21:47
いまホラサス見てきた。激しく笑った。
けど、フォローすると、78さんのほうがまともでしょう。
個人的には最近の芥川・直木の両賞とも首をかしげることが多い。

結局は「東大批判は東大にはいってから」と同じたぐいでしょう。

207 :78:02/10/03 22:33
僕はホラサスの1じゃないですからね。あと僕は文芸板にばかにされてるの
が悔しいんですよ。何を読むかだっていった人も結局は何もいわなかった。
さも真理のようにいうけど、僕らはそれを実践しているだろうか?
最近は本を読まないのに作家になりたがる人がいるとよく指摘されるが、
僕は読まなくてもいいと思う。ただ読まなくていいのは真の天才だけで
僕のような凡人は読まなければならないですがね。


208 :コテっちゃん:02/10/03 22:43
>78
とりあえず新人発掘のための、最もメジャーな賞が「芥川/直木」じゃん?
かつてと違って、所謂「才能」は分散しているのでは?
映像系やアニメ系、PCゲーム系に持っていかれているような気がします。
宮崎ハヤオなんて、文章修行すれば、直木賞いける、と思うオイラは認識甘いかな。

209 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 22:43
みんな、がんばっていこう。

210 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 22:45
>>208
芥川賞はともかく直木賞はそういう賞ではないよ。宮崎駿がとるのは
別におかしくないと思う。

211 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 22:48
話に出てきたのが吉田と辻と柳と龍。
龍を称賛
辻、柳、吉田を批判

で? こいつがよく本を読んでいる、と。
ふーん……あんまりおもしろい香具師ではないな。

212 :コテっちゃん:02/10/03 22:50
>>210
で、もっと言えば、ハヤオは芥川賞もいける、と思う漏れ。
「もののけ」や「千と千尋」、訴え方しだいでは純文系でもいけるっしょ?

213 :78:02/10/03 22:50
たしかにこんなもので本を読んでいるとは認められたくないですね。
僕はドストエフスキーや大江健三郎やカミュが好きなのだから。
大江さんはちなみに芥川賞作家ですがね。

214 :78:02/10/03 22:52
芥川賞は難しいと思う。あの年齢で獲った人って知らないし。

215 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 22:53
>>213
ドスとカミュと大江が出てきても大差ねーよw

216 :78:02/10/03 22:53
>>211も黙っちゃったのかな。結局批判するだけで本人こそ低レベルなのかな。

217 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 22:53
>でも賞としておしつけられるのはどうかと。
おしつけてはいないでしょう。



218 :78:02/10/03 22:54
ああ、いた。じゃあ誰を読めばいいの? いってみてよ。

219 :78:02/10/03 22:55
>>217
芥川賞受賞作ならまだしもその次の帯は受賞第一作。いつまでひっぱるんだ。
それが売れてしまうのも事実だけど、そういうのが嫌だ。受賞第一作って。

220 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 22:56
結局なにが言いたいんだ、78は?
俺には釣り師にしか見えぬが……

221 :78:02/10/03 22:57
>>215は何を読めばいいのか教えてよ。自分は言わないなんてそれは
卑怯以外の何ものでもないぜ。

222 :コテっちゃん:02/10/03 22:57
>78
なるほろ。
がちがちの純文系の名前が。。。
あんさんが大真面目にレスしていることは分った。
でも、大江のころと比べると、志す者が少ない→良いものが少なくなる→そのなかでの選評。

223 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 22:58
>あと僕は文芸板にばかにされてるのが悔しいんですよ。
文芸板にばかにされてる?
個人個人が参加しているんだよ。


224 :78:02/10/03 22:58
>>222
たしかにあの時代に比べて志すものどころか読者も少なくて僕らには
つらい状況だけど、やりがいもありますね。

225 :78:02/10/03 23:01
とにかく>>215が出てきて欲しいですね。他人のことをいうなら、まず
自分の意見をいうべき。>>223は文学板に行ったことがある? あそこで
小説家志望だとわかると帰れコールされるよ。負けてないのにさ。

226 :コテっちゃん:02/10/03 23:01
ん?
だから、あんさんのやりがいは良いのだが。。。
最近はあかん、と憂いて嘆くのは結構だが、
現状を認識せい、ちゅーことなんだが....

227 :78:02/10/03 23:02
現状を認識?

228 :223:02/10/03 23:04
>>225
そうか。
ここの板で自分(78)がバカにされていると言ってると思った。


229 :211:02/10/03 23:04
>>216にはとりあえずオマエモナーと言っておきたいところだけど、
おれが>>211で言ったおもしろくないってのは、芥川賞の権威が
どうのこうのって言ってる香具師のクセに、辻、柳の圧倒的に
批判が多いものをわざわざとりあげ、新しい吉田をとりあえず貶し、
そんでもって村上をただ褒める、というのはあまりに芸がないのではないか、
と思うわけ。
俺は正直「限りなく……」よりは「海峡の光」のほうがマシだと思うので、
村上信者にしか見えんわけよ。

230 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:05
////////恥ずかしい!!!!
  (;o;)

231 :78:02/10/03 23:08
僕は村上龍では限りなくとコインロッカーいがいはあまり好きではないですね。
海峡の光はあのわざとらしい文が嫌いですし、自分にとって参考になるような
ものではありませんでした。だから村上龍をほめたのはそういう意味ですし、
それに限りなくは現在でも言及されることのある小説ですが、『パークライフ』
はどうでしょう? 『海峡の光』もあまり、というかまったく言及されません。

232 :コテっちゃん:02/10/03 23:09
ぶっちゃけ、大江と辻は同じ賞を受賞して、言わばパスポートを得て、
闊歩してるわけだが、大江当時といまとでは、
人々の「文学」に対する認識と希求度がちがうっしょ、ってこと。
で、パークライフ、は創作する立場から見て、上手い、と漏れは思う。
それくらいの「希求」しかないのが現状。
つーか、それが本来の「文芸」だと思う。


233 :78:02/10/03 23:10
それにドストエフスキーや大江健三郎のかわりにあなたは辻仁成を
持ってくるのでしょうか? 別にそれでもかまわないが、それでは
僕をばかにはできませんね。

234 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:11
78は劣等感持ち過ぎ。どうした?

235 :78:02/10/03 23:12
>>232
それは退化を認めるということなのでは? 

236 :78:02/10/03 23:12
別に劣等感なんて持ってないけどね。文学板のこと? あれは事実だから
しょうがない。

237 :コテっちゃん:02/10/03 23:13
233は漏れへのレス?
もれは馬鹿にしとらんで。
むしろめずらしくマジレスしとるんだが....

238 :コテっちゃん:02/10/03 23:16
>>236
「退化」をあんさんは認めないの?
信じられん香具師だなあ。w
べつに、けんか売ってるわけじゃないのだが。

239 :78:02/10/03 23:17
いや、あなたへのレスじゃないです。>>211にです。芸がないといわれるけど、
そういう僕がここでは少数派だったりするんでね。多数派がこういうことを
いったらほんとうに芸がないということでしょうが。

240 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:19
たしかにコンプレックス抱えてそう

241 :2チャンネルで超有名:02/10/03 23:19
http://www.tigers-fan.com/~xxccxxc

http://www.tigers-fan.com/~kaaax

ヌキヌキ部屋に直行
  コギャルとヌキヌキ
  全国地域別出会い

242 :78:02/10/03 23:19
>>238
退化を認めたくはありません。もちろん社会は多様化して小説はかつての
地位にない。それは認めます。だからといって、読者のレベルが落ちたから
といって小説家までレベルを落としてどうするんです?

243 :211:02/10/03 23:20
>>231
うん? だから>>211の通り、
辻、柳、吉田 → 無理
龍 → OK
ってことだろ?
マイノリティーを自覚しているつもりだろうが、
すごく一般的な(あるいは2ちゃんねる文学板的な)意見だと思う。

>>233
辻よりは他人の足あたりのほうが面白かったが、最後の意見はすごく謎。

244 :78:02/10/03 23:22
だから僕はここでは少数派なんですって。一般論をいってるだけですがね。
大江健三郎のなかで他人の足以上のグルーミーな作品はたくさんありますよ。


245 :78:02/10/03 23:23
もし『他人の足』だけで大江健三郎を批評するなら浅いなあ。

246 :78:02/10/03 23:25
もっと議論を楽しみたいのになあ。大江やドストエフスキー以上というのは
難しくともそれに比肩する様な作家はいぱいいるけどなあ。

247 :コテっちゃん:02/10/03 23:26
>>243
小説家を志す者が少なくなったが、文学賞の数は減らんっしょ?
例えは悪いが、東大出でも、かつてのように優秀じゃない、とか親父たちがよう言うじゃん?
レベルダウンは当事者云々じゃなくて、もっと、個人の意思の届かない処からそうなってるって話なんだが。

248 :211:02/10/03 23:26
>>244
2ちゃんで少数派だと自覚することの空しさ……
まあいいけれど。
とにかく俺としては君がなにをしたいのか皆目見当がつかないわけ。


249 :78:02/10/03 23:26
もう落ちよう。ぜんぜんおもしろい答えが返ってこない。結局みんな
批判しているだけ。自分が何も読んでないから、読むのは無意味だって
いってるだけ。僕にはそう思えてしまう。

250 :211:02/10/03 23:29
>>245
大江は別に批判してないけど?
>>246
なにが言いたいの?
本読んでるか? ってことかな?
読んでなくはないけれど、こういうものって上は際限なくいるから
それを誇るのはどうなのだろう? まあ、いいけど。
そういう自慢がしたいのか?

251 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:29
>>78さんも>>211さんも現在の芥川賞に満足してないってことなのかな。
で、その原因は>>232の小説の「退化」にあるってことでしょ。純文学っ
ていうジャンル自体廃れつつあるのは事実だと思う。
>>1さんはそれを踏まえて、現状をぶっ飛ばせっていう意味でこのスレを
建てたんじゃないのかな、と。


252 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:30
ピンチョン読んで寝ろ

253 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:31
賞を狙って書くというのも全然良いと思うよ。
自由に創作できるのが一番だよ。



254 :78:02/10/03 23:32
>>215はきみじゃないのか? だから僕を読書自慢してるって思うのは被害妄想
だよ。僕は読まなければならないのは凡人だっていってるわけだし。
ただきみがあれほど高姿勢に出るからにはおもしろい、僕が読んだこともない
作家の名前が出てくるのかと思ったら期待はずれだった。
やっぱりこういう話題は文学板でしかできないのかな? それってすごくおかしい
と思うけど。

255 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:33
パワーズ読んで寝ろ

256 :78:02/10/03 23:33
>>252はトマス・ピンチョンをちゃんと読んだ? 

257 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:34
マルケス読んで寝ろ         

258 :78:02/10/03 23:35
ガルシア・マルケスはたしかにすばらしい。

259 :211:02/10/03 23:35
>>254
高姿勢? それこそ被害妄想だと思うが?
君が読んだことのない作家の名前を出せばいいのかな?
やっぱりなにがしたいのか圧倒的に不明なのだけれど。

260 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:36
もう一回だけ言わせて欲しい。
自由だよ、自由。
自由に創作できるのが一番だよ。


261 :78:02/10/03 23:37
>>260
賞のために書くのは自由なの? 賞のために。そおれは自由にしても
限られた自由だ。

262 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:38
>賞のために書くのは自由なの? 
それも自由さ。

263 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:38
目標があっていいじゃん、ねぇ

264 :78:02/10/03 23:39
ただ僕は嫌いだ。

265 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:39
>>78
なぜ、パワーズにはふれないの?

266 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:39
>>261
それも作家の自由意志だと思う。賞を取って本が売れて満足ならそれで
良いんじゃないかな。

ちなみに>>260じゃないです。

267 :78:02/10/03 23:40
目標のために小説を書くとかそういうことをいうかなあ? それにしても
小さな目標ですね。

268 :78:02/10/03 23:40
すいません、パワーズって誰?

269 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:41
78は放置で

270 :コテっちゃん:02/10/03 23:41
だいたい78は賞のために書くのはナンセンスとか、消防レスしたからさ、この話題は。

271 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:41
小説自体が小さな世界。

272 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:41
自分ではおさえきれない感情によって、
宿命のように小説かけばいいのか?

かっこつけすぎ

273 :211:02/10/03 23:42
あいかわらず78のしたいことは不明だけど
落ちよう……今夜は寝付けなさそうだ……

274 :78:02/10/03 23:42
いや、小説は大きいと思うし、小説が小さな世界なのと小さな目標と
どう関係あるんだろう? 僕は放置ですか? それでもいいや。そしたら
落ちる。

275 :78:02/10/03 23:43
ごめん、たしかに僕はちょっと議論をしたいだけなんです。したいことが
不明といわれるのはもっともですね。

276 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:44
だから、なんの議論?

277 :78:02/10/03 23:45
いや、芥川賞や直木賞なんかに関係なくいい本はあって、そのことを
話したいし、話してもらいたいんです。でも話してるだけ。作家の名前
を置いていくだけでもまだましなほう。

278 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:47
リチャード・パワーズ

「舞踏会へ向かう三人の農夫」「ガラテイア2.2」

279 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:47
>>277
芥川賞受賞者以外のすばらしい作家ならば、
ここで一番効率のよい名前を出せばいいのに……

280 :78:02/10/03 23:48
パワーズはまったく知りませんでした。どこの国の作家で何世紀の人
なんですか? 聞いたこともなかった。

281 :7878:02/10/03 23:48
効率のよい名前?


282 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:49
>>277
でも板違いだと思う。もともとそういう意向で書き込んだの?

283 :コテっちゃん:02/10/03 23:50
>>78
でも、芥川賞に色気はあるから文句も言いたいんだろ?
漏れを含めて、「アクタガワショウ」話題だから、小祭になったと....
まずは、新人賞だろ。
能書たれてねーで、書けや、オメーラ!

284 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:52
パワーズはアメリカの人だよ
現代のひとです

みんな読んでね。ちょっと難しいけど

285 :78:02/10/03 23:53
>>282
こういう話題をここでできないのが疑問です。すでに書きましたが。

286 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:53
芥川賞

287 :78:02/10/03 23:54
アメリカ文学はまったくといっていいほど読んでない。ロシアやヨーロッパに
惹かれるので。

288 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:54
78は文学板のほうが向いてそうです

289 :78:02/10/03 23:55
でも僕は小説家志望なんですよね。

290 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:56
小説家希望が文学板にいっちゃいけないというルールはないっす
むこうにも新人賞スレあります       

291 :コテっちゃん:02/10/03 23:57
>>78
あんさん、おちるって言って、何回でてくる?
狼少年か?
漏れはおちる。
健闘を祈る。

292 :78:02/10/03 23:57
いや、でもほんとに帰れコールされます。それに創作者の方たちと話し
たかったんです。やはりあちらとは読み方がちがいますからね。

293 :名無し物書き@推敲中?:02/10/03 23:59
雑談スレでだったらいけると思うよ。

294 :78:02/10/03 23:59
僕も今度はほんとに落ちます。

295 :名無し物書き@推敲中?:02/10/04 00:02
>>294
雑談スレageておいたよ。

296 :名無し物書き@推敲中?:02/10/04 02:36
つーか、どうせ狙うならレーベル賞めざせよ


297 :名無し物書き@推敲中?:02/10/04 03:00
あほ

298 :名無し物書き@推敲中?:02/10/04 05:01
ここで語って何の意味があるの?
逆に芥川賞をもらえなくても
成功してやるってパワーの方が
遥かに魅力的だと思うけど

299 :名無し物書き@推敲中?:02/10/05 02:50
>>298
4行も語って何の意味があるの?


300 :ラブストーリー1:02/10/05 14:17
僕が中3の部活の合宿のとき、夜寝ていたら急にお腹が痛くなった。どうしても我慢できないので、
外部指導員(大学生で20歳くらい)に言いに行った。そしたら、コーチは「きっと、便秘気味なんだろう」
と言って、浣腸をすすめた。僕は恥ずかしかったけれど、どうしても我慢できなかったので、
浣腸してもらうことにした。コーチが「さあ、恥ずかしいけれど、パンツ下ろして」と言ったので、
僕はコーチの目の前で、下半身を丸出しにした。そしたら「ちんちんはいいから、はよ、けつみせろ」と言った。
そして僕はコーチの前にけつを突き出した。そしたらコーチが「肛門が開いてないぞ。もっと力を入れろ」と言った。
なんで、踏ん張った。そしたらコーチが「おっ、肛門が開いた」と言った。「さあ、すぐに楽になるぞ」とコーチは言い、
わんわんスタイルになっている僕の腰に両手を当ててきた。そしたらけつの穴に異物感を感じた。
こーちは「はあはあはあはあ」息苦しそうにしている。僕は不思議に思って「コーチ。なんで苦しそうなんですか」と言った。
そしたらコーチが「特大の浣腸を使っているので、入れるのに体力が必要なんだ」と言った。僕はあまりにも異物感が強かったので、
早く終わらしてくれるように頼んだ。でも、なかなか終わらない。それに、浣腸にしては太すぎる感じがする。それに、コーチが
僕の両腰に手を当てている。何だか揺れているようである。なので、僕は振り向いた。そしたら、
信じられない光景が。なんと、僕のけつの穴に入っていたのは、コーチの太いちんこだった。


301 :ラブストーリー2:02/10/05 14:17
僕はびびって「何を入れているんですかコーチ」と言った。そしたら、「こっちのほうが効くんだ」とコーチは叫んだ。
そして、凄い勢いで腰を振り続けている。振り振り振り振り。ハアハアハア。コーチは喘いでいる。
僕はそのコーチのマシンガンのような振り腰のおかげで、便意を催してきた。僕は
「コーチ出そうです」と言った。そしたら、「俺が先に出してからだ」とこーちは訳のわからないことを言った。
僕はどうしても我慢できなくて、肛門をキュッと締め付けた。そしたらコーチが「いってーな。もっと肛門を緩めろ」と怒鳴った。
僕は「緩めると出そうなんです」と言った。そしたら「出ないように緩めろ」とコーチは
意味不明な言葉を連発し激高。僕はびびって肛門を緩めた。そしたら、ぶりぶりぶりぶりぶり。
僕のけつの穴から、凄い勢いで下痢便しかも血便入りが飛び出した。コーチは「くっせーな。きたねーな」
と激しく怒り、仕返しだといわんばかりに、腰を弾丸のように振り振り腸を突いてきた。その瞬間、おえーゲロゲロゲロ。
なんと、コーチは僕のくその臭いでゲロを吐いたのであった。あたりは、下痢便とゲロと血便の臭いで、異常状態だった。
でも、僕とコーチは気持ち良い状態だったので、気にならなかった。コーチも腰を振り振り振り振り。


302 :ラブストーリー3:02/10/05 14:18
そしてコーチは「いっいっいっいっいっ。ひいひいひいひいひはっはっはっは」と言った。その瞬間僕の腸の中にどろどろとしたエキスが
入っていくのを感じだ。その瞬間僕も気持ちよくなり、僕の無毛包茎ちんちんから、
透明な液体が飛び出した。それは明らかにおしっことは違っていた。今思うと、それは精子の入っていない、精液だったのだろう。
まだ、睾丸が子供だったので、精子を作る能力がなかった僕の中学3年生のころの思い出である。
それをきっかけに現在僕はホモであり、おもにウケで楽しんでいる。
ちなみに、コーチの名前は吉田紀明。当時○○体育大学3年生である。僕の出身中学校は、長野市立○○中学校である。
今から6年前の3月に卒業しました。僕の浣腸ストーリー。読んでくれて感謝感謝。

303 :名無し物書き@推敲中?:02/10/06 18:01
芥川賞ってむずいの?

304 :名無し物書き@推敲中?:02/10/06 20:26
>301 「出ないように緩めろ」
意味不明な言葉を連発し激高。

ふと読んだら笑ってしまった。

305 :名無し物書き@推敲中?:02/10/06 20:28
http://yahooo.s2.x-beat.com/

306 :78:02/10/06 21:28
誰かいないかあ? また来てみたんだけども。

307 :名無し物書き@推敲中?:02/10/07 02:13
誰もいないよ


308 :名無し物書き@推敲中?:02/10/07 03:10
>>300-302

感動した。
続編をどうぞ。

309 :名無し物書き@推敲中?:02/10/09 17:57
かっこつけすぎ

310 :名無し物書き@推敲中?:02/10/09 17:57
darega?


311 :名無し物書き@推敲中?:02/10/11 16:28
   なぜ才能があっても、新人賞が突破できないのか?

■「作家になるための特別講習会」12月1日(日)開催■

新人賞の下読み担当者、下読み経験者の視点で見て、作品を残すか落すかの判断には、一定の基準があります。今回、作家集団「
塊」は、
「どのように書き、どのように応募するのか」に的を絞った少人数特別講習会を開きます。第一次選考をクリアし、最終選考に残る作品
は、
どこがどうポイントになるなのか。講師は、「塊」主宰の五十嵐勉(群像長編新人賞)をはじめ、飯田章(群像新人賞・芥川賞候補)、
河林満(文学界新人賞・芥川賞候補)、大高雅博(群像長編新人賞)、八角正大(新潮新人賞)の各氏。
主婦相手のカルチャーセンター講師とは違った文学創造の熱意にあふれた高ボルテージ講師陣です!

2002年12月1日(日)1:00pm〜4:30pm
五反田「ゆうぽうと」/参加費1万2千円
(直接添削指導5000円割引特典付・講習内容には自信あり)
お問い合わせ/〒158-0083 東京都世田谷区奥沢 アジア文化社
tel/ 03-5706-7847・fax /03-5706-7848 (五十嵐勉まで)

      ※ お気軽にお問い合わせください。

312 :名無し物書き@推敲中?:02/10/11 16:49
【売国政党】 社民党が総力をあげて朝鮮総連を擁護
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/giin/1008246776/-100

313 :名無し物書き@推敲中?:02/10/13 13:58
文学において何が高みにあって、何が陳腐であるかを知らない人が多すぎるね。
芸術を志す人間に審美眼がないとはね。

314 :名無し物書き@推敲中?:02/10/13 14:02
ガンガロー

315 :名無し物書き@推敲中?:02/10/13 16:46
>>313
ワラタ


316 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 18:00
素人なんで教えて下さい。
小説があるなら大説もあるんでしょうか?
芥川賞とれば飯食えるようになりますか?
小説は芸術なんですか?

317 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 19:22
>313

寝言ですか?

318 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 19:31
>>316
清涼院流水先生が、自分の書いたミステリを大説だと豪語しています。
芥川賞を獲っても飯を食えない人もいるようです。
芸術って何ですか?

319 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 19:50
芥川賞とって飯が食えない人は、
もともと才能がないのにまちがってむ賞を獲ってしまったと思われ。
(純文学にはいる)
生活だけなら、エッセイでも何でも書いて食っていけるでしょう。
行き詰まったり、書いても編集者がのせられないような作品なら、無理よね。

320 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 19:52
そうよね。

321 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 19:53

「大説」とは正史のことです。
つまり為政者が編纂した権力側の歴史のこと。
それに批評や風刺を加えて、
在野知識人の視点でゲリラ的に書かれたフィクションが「小説」。

322 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 20:40
ちょっと質問なんですが、「坊ちゃん文学賞」ってどれぐらいの
レベルですか??

323 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 22:48
>>316
小説と文学の違いは俺もわかんないけど、文学は芸術だと思うよ。
文学はイメージを文字にしていく作業だから絵画とは対極の位置にある。
そして、絵画は紛れも無く芸術じゃない?

324 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 22:50
>文学はイメージを文字にしていく作業だから
( ´,_ゝ`) プッ


325 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 22:56
>文学はイメージを文字にしていく作業だから
( ´,_ゝ`) プッ

( ´,_ゝ`) ププッ ウサギダセ-

326 :名無し物書き@推敲中?:02/10/14 23:18
頭が煮えそうだ


327 :名無し物書き@推敲中?:02/10/28 17:42
>>323
文学には小説だけでなく、詩とかも含まれるだろ。


328 :名無し物書き@推敲中?:02/11/09 23:47
>>327
>詩とかも含まれるだろ。

詩・ポエム板には、こういうスレが。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1034551741/l50

329 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 01:00
ガンガロー




330 :名無し物書き@推敲中?:02/12/23 08:36
茶川賞

331 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 00:48
ちょっとこのスレ読んだんだけど、なるほど芥川賞受賞作の謎がひとつ解けますた。
私も最近、読んでいるのですが、おもしろさがはっきりわかるような作品は少ない
ような気がしていました。
自然や人間関係のほんのちょっとした機微をとらえて、スケッチしていくようで、
ある意味、起承転結があってないような、一見平坦な作品が多いと思っていたの
ですが、これは作家たちが芥川賞を意識して書いているからなんですね。
正直、どこが面白いのかよくわからず、なぜ、こういう作品が多いのか、不思議
に思っていたので。

332 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:00
パークライフのことか

333 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:17
パークライフもそうだけど、夏の約束とか、
少しさかのぼって、この人の閾、
さらにさかのぼって杳子なんかも、はっきりしない印象を受けますた

安部公房とか大江健三郎はその深い洞察や切り込み方が派手である意味わかりやすいし
好きじゃないけど、村上龍とか平野啓一郎なんかもね
方向性は違うけど芝木好子や三浦哲郎、宮本輝も叙情がよくにじんでわかりやすい

けど私が読んだ大半の小説は、モチーフはわかるのだけど、それがあまりにも
微かすぎるというか、静かすぎるというか、抑揚がなさすぎるというか・・・
そんな感じの小説が多いなという印象だったので

334 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:19
常識に囚われない作品を書きたいけど、
下読みで落とされるのが恐くて、典型的な小説作法に沿ったような
小説を書いてしまうことってありませんか?
新人賞って、既成の文学にとらわれない物を望んでいるくせに、
構成とかが変わってたりすると理解してもらえない。
下読みの人間は頭の柔らかい人間を採用しろ!
かといって知性ゼロの主婦とかはやめろ!

335 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:23
常識に囚われないってどんな作品だ?
飛び出す絵本の小説版?


336 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:25
>>335
それはネタなのか?
ネタとしても笑えないぞ。

337 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:32
>>334のいいたいことはなんとなくわかるよ
俺もひとつ構想があるんだけど、それが新人賞で受け入れられるかすごく不安。
まだ駆け出しなので、応募は一作しかないけど、もう少し技術を上げたら
そのへんのネタを使いたいとは思っているのだが。
狙いとしては、やっぱ群像か文藝賞かなあ・・・
どちらにしても「こんなの文芸作品とはいえない」と、すぐさまはねられそうで・・・。

338 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:35
>>334, 337
本当に「常識に囚われない作品を書きたい」気持ちがあるなら、
下読みのレベルなんて気にする必要はないよ。
確かにいい加減な下読みされることもあるけど、
きみが本物なら、必ず認められから。

一度でダメなら何度でもトライすること。
きみにそれだけの情熱があるなら、
きっと理解する人が出てくるよ。

339 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:38
みんな年末〆切の文学界には応募したの?

340 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:40
>>339
あんた、したの?

341 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:41
いや、してない

342 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:43
>>341
してない理由は?
あんた作家志望でしょ、いちおう?

343 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:45
「文學界」には今週中に出そうと思います。
あまり新しさはないから難しいかな。
それなりに時間をかけて書いたのですが。
339じゃないよ、俺。

344 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:48
>>343
どんな書いたの?
ちょっと言ってみ。

345 :339:02/12/25 01:48
作家志望だったが、就職決まったから一時保留です。
また落ち着いたら再開したいな。
だから、今はみんなの応援してるだけ。がんばってね。

346 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:49
お前、アホか、いうわけないだろ。

347 :涼菜:02/12/25 01:50
涼菜と申します。
2003年の1年間を通して、一人ひとりがノベルを完成させるプロジェクトの参加者を募集しています。締切りは12月29日となっています。
対象公募
 ●スニーカー大賞
 ●角川学園小説大賞
 ●富士見ファンタジア長編小説大賞
 ●富士見ヤングミステリー大賞
 ●電撃大賞
 ●電撃hp短編小説賞
 ●スーパーダッシュ小説新人賞
 ●児童文学ファンタジー大賞
 ●ソノラマ文庫大賞
 ●日本ファンタジーノベル大賞
等となっています。

詳細はhttp://members7.tsukaeru.net/jnproject/をご覧ください。
またご質問はhttp://bbs4.sekkaku.net/bbs/jnpro.htmlへの書込みでお願い致します。

それでは、ご応募お待ちいたしております。



348 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:54
>>347
芥川賞スレで営業するものじゃねえじゃねえか。
ラノベ書いてる奴がこのスレにいるか?
いそうで怖い。

349 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:55
>>346
えやないか、言いてみ。
嘘でもいいから。
みんなを騙せるような嘘言えたら、
きっと1次くらいは楽勝だ

350 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 01:58
1次くらい過去にも通ってるから、
お前にいわれんでも通るっちゅうに。

351 :名無し物書き@推敲中?:02/12/25 02:00
けんかはやめなさい

352 :山崎渉:03/01/06 16:05
(^^) 

353 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 15:44
★芥川賞候補に高校3年生

・第128回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が9日、決まった。
 芥川賞候補には高校3年生の島本理生さん(19)も含まれる。
 島本さんが選ばれると史上最年少。選考会は16日夕、東京・築地の料亭
 「新喜楽」で開かれる。(作品リストは略)

 http://www.sankei.co.jp/news/030109/0109bun027.htm

※画像URL
・「芥川賞候補になった高校3年生の島本理生さん」
 http://www.sankei.co.jp/news/030109/0109bun027.jpg

354 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 15:46
◆◇◆◇◆最新情報◆◇◆◇◆
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

355 :名無し物書き@推敲中? :03/01/09 19:11
今の時代、純文学は受けないよ。
映画化狙いで書くなら別だけど。
でも例え映画化されてもヒットしないだろうけどね・・・・。


356 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 19:13
>>355
ラノベ書いてろよ

357 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 19:14
>355
分かった風に言うな
じゃあお前が書いてみろゆう話だ

358 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 19:17
>353
顔が平野敬一郎に似てるなw

359 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 19:21
>>357
わかった風に言ってんのはてめえだろうがとゆう話だ。

360 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 19:24
>>359
言ってないと思うが。

361 :名無し物書き@推敲中?:03/01/09 19:27
食いつきキタアw
お前らには無理だな
おれのもんだ
続く

362 :名無し物書き@推敲中?:03/01/10 18:32
>>361
死ねよクズ

363 :名無し物書き@推敲中?:03/01/10 19:24
http://kenk6.infoseek.livedoor.com/

こいつも仲間に入れてやって下さい。

364 :名無し物書き@推敲中?:03/01/10 22:20
オンライン作家のもの読むと
下手なんで安心しますw

365 :名無し物書き@推敲中?:03/01/10 23:03
つうかカウンタ48だったぞ

366 :名無し物書き@推敲中?:03/01/14 16:34
俺、高校中退だから柳美里みたいに受賞できるかな?

367 :名無し物書き@推敲中?:03/01/14 19:10
>>333
杳子は一緒にしないで欲しい。

368 :同志募る!応戦求む!:03/01/14 19:22
【祭り】***田代まさしの道徳本***【祭り】
神の本を2ちゃんねらーの力で復刊させましょう!
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=12760

神の執筆し聖書をこの世に再び普及させよ!
これは我ら神の子の使命と思へ!

芥川賞受賞作品です

369 :名無し物書き@推敲中?:03/01/17 04:37
私は文学オンチなんですが芥川賞が発表されたニュースを今しがたニュースで
見たので何となくこの板に来てみました。

芥川賞とる人ってどうやって取ってるんですか?作品の募集とかしてるんでしょうか?
いつも受賞のニュースだけしか聞かないのでいつどういう風に始ってるのか
疑問に思ってます。

あと小説ってみなさんどんな手順で書いてるんでしょうか?





370 :名無し物書き@推敲中?:03/01/17 04:47
公募ガイドで募集してるんじゃね?

371 :名無し物書き@推敲中?:03/01/17 09:47
公募はしてません。新人の作で有望そうなのを選んで褒賞します。

372 :名無し物書き@推敲中?:03/01/17 09:52
36の新人、しかも4んどめの正直

373 :名無し物書き@推敲中?:03/01/17 11:13
http://kenk6.infoseek.livedoor.com/

次回は俺の番だな

374 :名無し物書き@推敲中?:03/01/17 13:08
福岡出身の人がまたとったね。同郷なので純粋に嬉しい。

375 :山崎渉:03/01/19 03:35
(^^)

376 :名無し物書き@推敲中?:03/01/22 02:08
すいません。
ド素人です。
誰か教えてくれると嬉しいです。

友人達と、芥川賞ってどういう人が取れるんだ?って話になり、色々調べてみたのですが細かいところがわかりません。
「各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品中最も優秀なるものに呈する賞」の雑誌って文学系のだったらなんでもOKってことですか?
それから、短編小説ってどの程度の長さなんですか?

本気で目指してる方達にとっては常識なんでしょうが全くわからないので教えてください。
お願いします。

創作活動の方もがんばってください。


377 :名無し物書き@推敲中?:03/01/23 22:02
>>376
あんた別のスレにも同じ質問していたね。
そのとき答えたんだけど、読まなかった?
以下そのときのコピペを一部手直ししたものです。

−−−−
「芥川賞」なら、いわゆる純文学系の文芸誌
(『文學界』『群像』『新潮』・・・)、
「直木賞」なら、いわゆる中間・大衆系の文芸誌
(『オール読み物』『小説現代』『小説新潮』・・・)
などに載ったものが受賞対象です。

話題づくりのために、大手以外の雑誌からの受賞もありますが、
両賞とも今では出版業界の販売促進が主な目的なので、
大手の推薦がないと問題になりません。

その点で公募系の文学賞とはまったく性格が違っています。

最終審査も文壇(作家を含む出版業界)内の力関係が大きく左右します。
「文壇への登竜門」と言われる所以です。

ここで言っている「短編」とは、400字詰め原稿用紙
(最近はそんなの使っている人はいないでしょうが)で
200枚くらいまで、文庫本だと150ページ位まででしょうが、
はっきりした決まりがあるわけじゃありません。

実際単行本になる分量で対象になっているのもあります。

378 :376:03/01/24 00:07
>>377さん
こちらでも答えていただいているとは気が付きませんでした。
2度もありがとうございます。
言い訳になりますが、質問時間としてはこちらでの質問が先なのです。
で、1日経ってもレスがなかったのであちらで質問をさせて頂いたのです。
最初はあちらのスレに気が付きませんでしたので・・・。

379 :377:03/01/24 03:32
>>378
そういう事情でしたか。了解です。
お互い頑張りましょう!!

380 :名無し物書き@推敲中?:03/02/20 05:20
よし、今から頑張ろう、来年には間に合うかな。
ちなみに技術士の試験は400字原稿用紙、20枚はあります。


381 :おばか:03/03/09 00:18
『文學界』『群像』『新潮』いずれも読者からの投稿原稿は受け付けないとありますよね・・
いったいどうやって載せるの?

382 :papa:03/03/09 14:33
わからん

383 :名無し物書き@推敲中?:03/03/09 14:34
だめポ

384 :匿名希望さん:03/03/09 14:36
http://www.pink7.net/sig/
↑わりきり出会い。安心の18才未満使用禁止表示済み。年齢も19才から表示となっております♪(携帯からもOK。アドレスクリックしてもHPへ飛べないようですので、コピー&ペーストでお願いします)
http://srv.cocospace.com/eDEAI/?oid=love2-net&sid=5213
↑大人の出会い(熟年多し?)

385 :ピュァ..・.*☆:03/03/11 18:40
中学生でも小説の投稿はできるのですか?

386 :名無し物書き@推敲中?:03/03/11 18:43
>>385
とーーぜんだよ。小学生でも幼稚園児でもできるよ。

387 :名無し物書き@推敲中?:03/03/11 21:20
>386
新人賞以外でも?

388 :名無し物書き@推敲中?:03/03/11 22:53
>>387
>新人賞以外でも?

質問の意味がよくわからんのだが、文学賞には、

1)誰でも参加できる公募の賞(普通新人賞と呼ばれるものはここに入る)
2)すでに雑誌や単行本で出版されたものに与えられる賞

の2つがあって、
1)なら、中学生だろうと老人ホームにお住まいのお方でもOKだよ。 

389 :名無し物書き@推敲中?:03/03/21 17:51
辻仁成は処女作ですばる文学賞とったんでしょ?なのになんで芥川賞もとれたの?
すばる文学賞とったくらいだとまだまだ無名の作家ってことなの?

390 :名無し物書き@推敲中?:03/03/21 18:54
すごい釣り師が現れてますね。

391 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 00:08
ttp://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=pamache&P=0&MD=


392 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 00:12
文学界新人賞、群像新人賞、すばる文学賞、
つまり大手出版社の新人賞は全て芥川賞の対象。
三島賞も野間新人賞もね。

393 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 00:19
芥川賞の対象って?辻はピアニシモですばる、海峡の光で芥川をとったんだけど。

394 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 00:26
そういえば最近辻先生の歌声がテレビからよく流れていますね

395 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 00:27
候補の対象は文芸春秋社の純文担当者が決める。
大手出版社の新人賞以外では同人雑誌に発表されたものが選ばれる場合もあるけれど
最近はほとんどないようだ。
近道は、文学界、新潮、文藝、すばる、の新人賞を獲ること。
ちなみにすばるは、「すばる文学賞/純文」「小説すばる新人賞/エンタメ」
な。

396 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 00:58
それは新人賞をとると芥川の可能性が高くなる、ということですか?

397 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 01:03
その通り。
多くは「文学界新人賞」が多し。
そもそも自社(ヌン芸春秋社)の文芸誌だし。
たまに群像新人賞の香具師が候補になることもあるが。

398 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 01:05
なんかえっちだ。<ヌン芸春秋

399 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 01:15
今時文学賞めざして小説書く奴に
まともな人はいいらっしゃらないと
存じ上げる次第でありますです

400 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 01:17
ヌン学賞だからけっこーまともさ。

401 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 01:35
…ところで、阿部和重は結局獲れない、ということなんですか?

402 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 01:36
Jヌン学だからな。

403 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 19:13
ヌン学アゲ

404 :名無し物書き@推敲中?:03/03/30 21:10
正直、なぜ村上春樹が芥川賞を受賞しないのか
と悩んでいた。
彼は新人だった当時、「こんなのは文学ではない」と
激しくけなされていたらしい。選考委員も散々に貶した
人がいたそうだ。

現在の芥川賞受賞作を見ていると「?」と思う様な
ものも確かに含まれている。


405 :名無し物書き@推敲中?:03/03/31 22:01
春樹はどんなにがんばっても無理だと思われ。

406 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 19:05
>>405
どんなにがんばっても、選考委員が春樹を正しく評価することが、無理。
ということでよろしいんでしょうか?

407 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 20:01
>>406
いえ、あなたが春樹を正しく評価することが無理。
芥川は基本的に無名作家に贈られるということも知らないんでしょうか?

408 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 20:05
新人賞だからな。

409 :406:03/04/01 20:21
>>407

いや、春樹の文壇での孤立性(良い意味での)について言いたかったんだけどな、俺は。

谷崎潤一郎賞を20年近く前にもらってから、
野間文芸賞とか川端康成賞とかのいわゆる文壇賞をもらってないでしょ。

410 :mj ◆fJHXbipmYo :03/04/01 20:24
当時は、純文=重厚、という迷信がまたり通っていたものと思われ。w
春樹以降、バナナ、源一郎、と軽くなく一方だったが
「あれじゃ<こく>がないんじゃないの?」
てなことになって、奥泉とか笙野、松浦のような密度の濃い文を書く香具師等がでてきた。
いまはそれが中和されて吉田修一、長島有、大満ち珠貴が台頭してきている。
ちがうかな?w

411 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 20:32
<こく>の問題じゃないと思うなあ。最近の純文のすたれようは。
あまりにも作家自身が自己中心的にかたまりすぎて書いているからだと
思われる。あまりにも書いた世界が閉鎖的なので、
大半の読み手はその閉鎖性がうざく感じるのではないかな?

ところで川上の「センセイの〜」と大道の「しょっぱい〜〜」は、
どっちも超年上男と年下女の恋愛めいたものを書いているわけだが、
比較するとみんなどう思っているんだろうか?

412 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 20:33
>>409
ああ、そっちのことか。
まあ文壇村から離れて生活してるよね。
樵って感じ。

413 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 20:35
比較すると
負けず劣らずのオヤジ殺しな作品だな、と。

まあキョンキョンに軍配。

414 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 21:02
超年上男と年下女の恋愛めいたもの >>411 か。

これってその年下女の視点で書くから読めるんであって、
逆じゃダメだよな。渡辺淳一かよくて田山花袋?

415 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 21:31
>>414
確か谷崎の作品であったね。じいさんが嫁に欲情しつづけるやつ。
あの時代だからこそ、じいさん視点もありだったかもしれないが、
今だとスルーだろうな。いいこという。

416 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 22:00
瘋癲な。

作品並べてどう思う? ってのがこの板では通用しねえのが
笑えるんだが……。

417 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 22:08
>>416
それは作品を知らないというのではなくて、
個々の作品よりもそれを生み出した個性(=作家)に主たる興味があるからだと思われ。

作品論は「文学板/一般書籍板」でやればよいのだし。

なんてね、ほんとは俺たちの勉強不足です。はい。

418 :名無し物書き@推敲中?:03/04/01 22:20
あー書き手として作家性の方に気がいっちゃうってか?

かと言って作家論的なことも出てこないし、
作家を語る場合にその伝記的情報だけではなく、
同時に作品も語っていかなくてはいけないだろうしね。

めんどくせえよな。

技術論ならいいのかもな。

419 :山崎渉:03/04/17 13:26
(^^)

420 :山崎渉:03/04/20 01:57
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

421 :山崎渉:03/05/22 03:36
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

422 :名無し物書き@推敲中?:03/05/22 23:36
しかし、山崎はどこにでもでてくるな
なんだか尊敬するよ

423 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 11:56
なにものなの、山崎渉。マトリックスか?不気味だな。

424 :ショートショートスレの254:03/05/23 12:35
山崎渉は20歳で佐久間という名字らしいです。
引きこもり板とPCニュース板で言っていました。
あと一般書籍板にもスレが立っていましたね。

425 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 13:47
山崎、全板、全スレ制覇を目指しているんでしょ。
次々に新しいスレできるんだから、それこそ無限地獄だよね。

人間とは何にでも生き甲斐を見いだせるんだね。

426 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 16:56
いやおかしい。
どうして本名でやらないのか。
意味ないじゃん。
どうせなら本名でやるよ俺なら。

427 :名無し物書き@推敲中?:03/05/23 23:42
山崎氏は複数犯であるかもしれんね。

428 :名無し物書き@推敲中?:03/05/24 00:21
>>426
黙れ名無し

429 :名無し物書き@推敲中?:03/05/26 16:14
俺が小説家になりたい理由は、
ただひとつ、
感動したいからだ。
感動させたいからだ。
感動を共有したいからだ。
それだけだそれだけだほんとうにそれだけだ。

430 :山崎渉:03/05/28 10:24
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

431 :名無し物書き@推敲中?:03/06/05 06:34
a

432 :山崎 渉:03/07/12 11:57

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

433 :名無し物書き@推敲中?:03/07/13 23:35
今度の芥川、2chらーあがりの作家が内定したみたいなんだが、情報ある?

434 :名無し物書き@推敲中?:03/07/14 16:54
>>429
駄目だこりゃ。

435 :山崎 渉:03/07/15 11:41

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

436 :名無し物書き@推敲中?:03/07/31 12:45
         /|
        / |
   ∧ ∧,/   / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,゚Д゚/   /<だれかカキコしろや!ゴルァ!
 _/ つ/ テ /  \_____
 ~て ) / ポ /
  /∪ ド /
  \/ ン./|
   \__/, |
  /// \_|
 ωω


437 :山崎 渉:03/08/02 01:41
(^^)

438 :山崎 渉:03/08/15 14:13
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

439 :名前はいらない:03/08/15 15:09
http://www.dnb.jp/

440 :名無し物書き@推敲中?:03/08/15 15:20
山崎の活躍を一望するにいいスレだね。

441 :名無し物書き@推敲中?:03/08/15 15:22
美形スレンダーギャルの本物援交シーン!
これは見逃せません。騎上位での腰フリに注目してください。
無料ムービーはこちら!
http://www.cappuchinko.com/

442 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 14:23
今、書いてる作品は非現実的な話で、仮想の世界なんだけど、
歴代の芥川賞だと、安部の壁〜カルマと川上の蛇を踏む以外は
受賞作品に現実離れしたのはないの?

443 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 14:24
タイムスリップ・コンビナートも現実離れしてる

444 ::03/08/17 14:37
  ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
 ☆★ 無修正DVD★☆なら 新宿歌舞伎町直送 ☆★

人気爆発新作ベスト9入荷
  堤さやか引退特集 憂木瞳 プロジェクトX No8 ベイビーフェイスをやっちまえ
 白石ひより・愛葉るび SNAPSHOT 地下映像陵辱援交 すぎはら美里痴女教師
 店頭販売の売れ筋のみ厳選してみました 商品確認後安心の後払い
     http://www3.to/milk-milk
http://book-i.net/moromoro/   
   白石ひとみ 小森詩 山田まり 長瀬愛
@@ 及川奈央 レジェンド @@ 堤さやか 東京バーチャル 依然大好評
    
  サンプル画像充実  見る価値あり  最高画質
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

445 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 15:51
株操作の無茶苦茶さ加減では
スティル・ライフも現実離れしてる。

あと、藤原智美の「運転士」とか。
あれが芥川賞全作品のなかで一番好き。

446 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 15:58
石の来歴、犬婿入りなんかも現実離れしてる。
古い作品のほうはちょっと思い出せん……

447 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 16:16
熊の敷石なんかも現実離れしてる

448 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 17:38
現実離れしているというか
例えば吉村マンイチのクチュクチュバーンなんかも芥川の対象になるんかな?

449 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 17:40
は? クチュクチュバーンは芥川賞獲ってないだろうが。
死ね。

450 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 18:09
      ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (,,  )  <  >>449は識字能力が著しくないようなので
     .(  つ   |   気を付けて!! 
     | , |    \____________
     U U


451 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 18:17
俺から見りゃ三匹の蟹なんかも十分怪しい。


452 :名無し物書き@推敲中?:03/08/17 18:26
三匹の蟹は現実離れしてないでしょ
つまりは非現実的かどうかってことではないの?


453 :名無し物書き@推敲中?:03/08/18 15:54
安部公房の「壁」が現実的なのか?

454 :名無し物書き@推敲中?:03/08/18 22:51
なんで現実にこだわるの?

455 :名無し物書き@推敲中?:03/08/19 12:35
>>454
現実と戦うべきなのか、シニフィアンの戯れでよいのかで、
作風が全然違ってくるから。

456 :名無し物書き@推敲中?:03/09/06 01:25
若肉教職

吉村萬壱は>>>>

花村萬月の焼肉定食と言えよう。



457 :名無し物書き@推敲中?:03/09/06 01:32
意味わかんねーよ。

458 :名無し物書き@推敲中?:03/09/06 01:46
君向きの話題ぢゃなかったかもね

459 :名無し物書き@推敲中?:03/09/06 02:08
>>455
シニフィアンの戯れで現実と戦うって方法はないのか。
シニフィアンと戯れて現実を意識しない「架空庭園」を作ること自体で、
現実に対する強烈な否定と反逆なわけだし。

460 :名無し物書き@推敲中?:03/09/06 03:08
戦うって発想は好きじゃないな。現実はまず見つめてみるのがいいと思う。
そう思うだけだけど。


461 :名無し物書き@推敲中?:03/09/06 05:11
芥川賞自体、意味を失っている……無くせばいいんだよ(ワラ

462 :名無し物書き@推敲中?:03/09/09 21:35
物書き志望者の八割以上が
唯一の文壇権威として「直木賞」を
志向する時代・・・

そして出版社&一般人のほとんどが
直木賞>>芥川賞と明確に
落差をつけている時代・・・

でも、負け組の美学もあるさ・・・(ボソ

463 :名無し物書き@推敲中?:03/09/16 21:19
生のソースが他国と競争できない分野だけに
結局国内業界の権威と慣習ばかりが重要になっちゃうからなぁ・・・
自分の文章の水準が一定レヴェルに達したと分かる目標としては
やっぱり憧れだけど、そこから先文壇でどうこうしたいという
モチヴェーションが湧かない・・・。

464 :名無し物書き@推敲中?:03/09/16 21:21
1988年のベストセラーズ文庫
順位 書名 編著者名 出版者 刊年 請求記号
1 ノルウェイの森 上 村上春樹 講談社 1987 BS1987 5 1
  ノルウェイの森 下 村上春樹 講談社 1987 BS1987 5 2
2 こんなに

465 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 15:01
今回は女性三人が最終選考で若い人もいるみたいだね。

466 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 15:39
あまりにも本が売れないため、候補作の段階での話題作りが
ミエミエです。
毎日新聞もトップで扱うニュースではない。
すべてが腐りかけのオメコのような時代だ。


467 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 15:57
まあいくらレヴェルが高くても誰も買わないんじゃ意味ないもんな。
純文学的な表現に拘ると日常の言葉から離れていくだけなのが難しい。
海外進出にしても音楽やスポーツと違って言葉の壁が
表現の中身に直接左右するし。



468 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 16:08
芥川賞も読者投票設けたらいいのにな!

469 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 17:27
>>468
にちゃんねらーの手によって田代まさしが
受賞してしまうので駄目です。

470 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 17:30
タイトルは?w

471 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 17:34
>>468
創価とか幸福の科学が出てくるから問題外。

472 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 17:51
若いマンコ三つが史上最年少の受賞候補者って… 話題重視に走ったら駄目でしょ。。 芥川賞もモダメポ

473 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 17:53
三人同時受賞でセールス三倍ウマー!

474 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:16
海外の新人賞ってどんな状況なんだろうねぇ・・?

475 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 18:30
あの三人の文章なんて本当に読んでられない。
児童文学なら文句は言わないけど、純文学か?
ちゃんとした文学に触れて、教養を身に付けた上で書いてほしい。
文学は決してあらすじだけじゃないのに。芸術なのになあ・・・

>>453
安部は現実的だよ。「砂漠の思想」嫁。

476 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 21:50
でも、批評家たちが揶揄して曰く、
直木賞はプロ対象、芥川賞はアマチュア対象だから・・・
価値やレベルに差が出ても仕方ないかと。
まあ、いまや完全イロモノ賞になっちゃったけど・・・

477 :名無し物書き@推敲中?:04/01/09 22:00
しかし、このラインナップはなぁ... 仮にも"文学"だろ? 受ければよしなら、スニーカーやメフィストなんかのラノベと変わらんやん。

478 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 10:53
来年は現役女子中学生にしないと駄目だろうな。

479 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 18:26
芥川っていうのはゴミの川って意味だ。
ゴミクズの名に恥じない駄作が賞を取る。
そうなんだろ?(プゲラ

480 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 18:30
線路と電車がどうたらという数年前の受賞作をブクオフで立ち読みしたが、正にクソ。
もう絶版になってんじゃないか(w

481 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 22:55
純文学は前衛的じゃなきゃだめだよ
あんな大衆っぽいのがエントリーされると
昔からの純文学好きは悲しむし
現代の若者は最初から無関心だし
騷ぐのはマスコミと中高生のヲタっぽい女だけじゃないか?

482 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 00:43
レベル低いから芥川賞ノミネートなのだろう。
エンタメ(直木賞)は実力と実績が必要だし。

確かに、世間や文壇にそっぽ向かれて久しいし、
話題性だけで喰いつなごうとしてるよなあ・・・>芥川賞
本当にラノベ>純文になってしまうのか?


483 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 08:27
ヲタクな少女文庫どころか、カスだカス。

484 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 16:36
あのワタヤとかカネハラとかの小説って
ヤングアダルトと言われる種類じゃないか?
小学校高学年〜中学生を対象とした物語。

485 :名無し物書き@推敲中?:04/01/14 20:21
明日決まりますよね?楽しみ☆

486 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 01:45
芥川など、日本の純文学系賞がこれほど凋落したのは、"私小説"の蔓延が元凶かと。
愚痴書き連ねて文学だなんて、世界を見渡してもこの国だけじゃ...

487 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 11:44
確かに、現在の文壇や世間で感覚的に職業定義や社会的地位を語れば、
プロ作家=エンタメ
アマチュア作家=純文
となるので、いかに身辺雑記(自己満足?)と自分語り(オナニー?)の壁を
超えられるかだと某編集長も語る・・・。

レベル低い自分語りオナニー作家(志望者)に純文学という安易且つ脳髄反射の
言い訳(逃げ道)を与えてしまったことがマズかったのかもね。
昔の純文学と今の(なんちゃって)純文学とじゃ
文壇と世間と読者の認識と扱いが明らかに違うのに・・・。


488 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 12:21
芥川賞候補まだ読んでない人はこの梗概くらい見ときなよ。

絲山秋子 「海の仙人」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/57
金原ひとみ 「蛇にピアス」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/48
島本理生 「生まれる森」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/49
中村航 「ぐるぐるまわるすべり台」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/51
綿矢りさ 「蹴りたい背中」 http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1063459565/53


489 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:25
まあ、あれだ、これで可愛い娘だったら神。
若いの三人共ブスに決まってる。

490 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 16:34
>>489
釣果はいかがですか?

491 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 17:48
3人のお顔を拝見したい

492 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 17:56
優勝した平家より
最終選考に残ったメンバーで作ったモー娘。の方が売れたからな。
ここは一つ、三人娘のユニットを結成するといいかもw

493 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 19:14
19:04 芥川賞最年少2人 金原さんと綿矢さん

494 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 19:22
第130回芥川賞に金原、綿矢さん 史上最年少を更新

 第130回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が15日、
東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞は、金原ひとみさん(20)の
「蛇にピアス」(すばる11月号)と綿矢りささん(19)の「蹴りたい背中」(文芸秋号)に決まった。
 金原さん、綿矢さんの受賞は、石原慎太郎さんや大江健三郎さんらが
受賞した23歳を更新し、同賞史上で最年少の受賞となる。

 贈呈式は2月20日、東京・丸の内の東京会館で。賞金100万円が贈られる。

http://www.sankei.co.jp/news/040115/0115bun091.htm

495 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 19:22
金原ひとみ「蛇にピアス」
綿矢りさ「蹴りたい背中」

受賞決まりました

496 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 19:23
NHKで顔見たけどけっこう可愛かったよ

497 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 19:24
NHKで見た。
綿矢りさタン  ハァハァ

498 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 19:26
最悪だな。
今回「該当無し」にならなきゃ文学界は終わると思ったんだが。
こんな児童文学に純文学の賞をあたえてどうするんだよ。

499 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 19:35
太宰や村上春樹を蹴った芥川賞が、こんな下らない人達に与えられていいのですか?

500 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 19:37
綿矢りさってヤシのNHKの顔写真見て( ´,_ゝ`)プッ
わざと視線そらしてんじゃねーよ!
おまえは思春期の中学生か?w

501 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:10
彼のドストエフスキーも存命中は下卑た大衆小説家だと言われていた。

とか言ってみるテスタメント。

502 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:25
でもワタヤみたいな小説なんてヤングアダルト系の児童文学ではありふれてんだよな。
今更あえて書いたり、賞を与えたりする必要あるのかな

503 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:28
ワタヤは自分で可愛いこと自覚しているからね。
ポートレート写真をアイドル写真集の撮影かなんかと
勘違いした節はあるね>NHKの写真

504 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:30
「年齢に関係なく破たんが少ない」
「肩に力が入っていないし、奇をてらっていない」
「感心するほどよくできていた」
って、なんじゃそりゃー。

505 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:36
>>504
わかりやすくていいんじゃない?

>>499
時代が悪かったとしかいいようがない。

506 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:42
>>484
だって仕方ないでしょ。
書いてる本人が19歳、20歳じゃ

507 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:44
ワタヤも金井も、モー娘なのです。

508 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:46
金原

509 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 20:49
名前ぐらい覚えてやれよ

510 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 21:04
何故2人とも身体が傾いているのだろう・・・

511 :イラストに騙された名無しさん:04/01/15 21:18
確かに面白いような気もするけど、これが芥川っていわれると
なんか凋落を感じる。もう少し選考基準を変えるべきだと
思うんだが…
貰うほうも恥ずかしいんじゃないかな。

512 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 21:19
>>510
お前等とは住む世界の次元が違うんだよ
ということを身体で表現

513 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 21:19
洒落じゃなく漫画がまさってるってことだ。
アイドル作家にタイトルを獲らせないと話題がないという最低最悪な文学界・・・廃頽だなぁ。 
話題づくりだとか批判してる?いや違うだろう、才能の欠片もない綿矢を祭り上げないといけない現状は、なにか悲しいものがある。アイドル作家にタイトル与えて話題作り・・・アホ過ぎる。

とくに綿矢りさってヤシのNHKの顔写真見て( ´,_ゝ`)プッ
わざと視線そらしてんじゃねーよ! 気取りすぎWW

「年齢に関係なく破たんが少ない」 「肩に力が入っていないし、奇をてらっていない」 「感心するほどよくできていた」 って、なんじゃそりゃー。
俺が“ちゃんと校正したで賞”をやるよ

514 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 21:22
むしろ奇をてらったような実験作が読みたいわけで。
あたりさわりのない小説はイラネ

515 :名無し物書き@推敲中?:04/01/15 21:27
文学のカラオケ化、大いに結構。
夏目漱石だって2ちゃんねるがあったら、小説に書くさ。
大江健三郎だって、太平洋戦争なかったら、損してるさ。

516 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 01:52
平野啓一郎の月触と、綿やの蹴りたい背中を読み比べると
まったく別の賞作品に思える。

517 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 01:54
>>516
月食しか読んでないのだけど、今回のはそんなに酷いんすかね?
もう一つの方はどうですか?

518 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 02:42
>>517
綿やは、私小説の蔓延が末期症状に陥ってることをしらしめてくれます。
金谷はラノベでデビューた方がよさげです。

519 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 02:43

金谷→金原

520 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 03:57
日蝕な

521 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 10:35
今朝、テレビでふたりを見た。もう、ほとんどアイドル扱い。
こうなると、ふたりに同情してしまう。あの若さで世間に翻弄
されたら、まともなものは書けなくなりそう。


522 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 12:52
そうかな。金原はしらんが、綿矢はいつも通りな気が。
投稿から今まで昇り調子だったし、「東京に行く欲求も作家になる欲求も満たされた。あとは大学を卒業するだけ。」
と、のたまっとるし。
だいたい、社会に一度も疑問覚えたことがない、ってヤツなんだから
周りがはやし立てても、ごく日常のように受け取るんじゃない。

523 :「芥川賞を祭る文」:04/01/16 13:33
歳は甲申に在り一月某夜、寒風淅瀝として露白く天高きの時、
一星忽焉として墜ちて声あり、嗚呼芥川賞死す矣、
而して其光栄ある歴史は全く抹殺されぬ。

524 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 14:23
蹴りたい背中のようなスタンスに立てるって凄いと思う。
普通ジャニーズに魅かれるだろうに。
よっぽど綿矢さんは腰が座っているのだろう。
首は据わっていないようだが。

525 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 14:25
ぇ━(*´・д・)━・・・
どうみてもモー娘。のほうが可愛いと思ったょ……。
さっきテレビに出てるの見たけど、写真ほど可愛くなくて(´・ω・`)ガッカリ・・・

526 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 14:26
ラノベ板に、綿矢のスレたってたんだが。

……キモかった。
スレタイが。

527 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 14:26
(おまいらの年齢)−19歳=(ムダな人生)+(ムダな努力)


 夢 見 る な 。

汗を流してまじめに働け!


528 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 14:27
>>527
胎内に戻ってしまいますがなにか?

529 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 15:16
http://www.h5.dion.ne.jp/~cube/0_spike/spikelink02.htm

530 :名無し物書き@推敲中?:04/01/16 17:58
>>527
真理。大多数はそうやって挫折するものだ。

531 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 07:58
当日のニュースと翌日の新聞以来世間の反応がないな。。。。

532 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 11:37
女作家はいいよな。いざとなったら脱いだり風俗行けば儲けられるし
後日談をタラタラ纏めて書けば本として売れるから(w

533 :名無し物書き@推敲中?:04/01/26 14:43
>>532
情けないやつだな、キミは。

534 :名無し物書き@推敲中?:04/01/28 12:54
>>532
男性作家でも、風俗巡りとか、女遊びをネタにして本を出せる。
男でも女でも、一発あてたら、エッセイとテレビ出演で生活費を稼げる。

535 :ジーナ:04/02/07 19:04
宮台なんかその典型だよね。

536 :名無し物書き@推敲中? :04/02/16 00:29
今日電車の中吊り広告で、モロにアイドル扱いの、ああ、こーゆー風に
売りたいわけね風味の二人の写真のドアップ春秋見て引いた。
売れりゃいいや資本主義が文章の世界にも来ちゃったねみたいな幹事で。
でも、文学のレベルがーとかほざくのも、じゃあお前が真っ当なモン書いて
賞とったら?って話になるので批判する気もないけど。

しかし話題性とったのはわかるけどあきらかに人選ミスだろ。
特にこのピアスブス。ジジイが大学教授でテメエがDQNじゃなきゃー誰も
興味持ったりそれで儲けてややろうなんて考えもしなかっただろう。
で、百万歩譲っててめえの書いてるものがよければいいけど、アレだし。

この賞の発表は、こんな椰子らでも取れるんだから俺もいける!と考える
小説家候補者を奮い立たせるショック作戦かのようにも思える。違うけど。

537 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 01:40
>>536
ま、あれだ。フラミンゴの集団自殺みたいなもんだ、今回のは。
なんつーか、やけのやんぱちって感じw

538 :(;゚∀゚):04/02/16 01:47
まあ、それでも本は売れない訳だけどね。

539 :名無し物書き@推敲中?:04/02/16 02:31
面白くないと買わないモンな。
けっこうみんなシビアだよね。

540 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 20:45
芥川龍之介の作品読んでて、「小説は芸術作品だな」と実感。
ミケランジェロとかダヴィンチのマネできないのと同じように
小説も俺じゃプロとか目指せそうにないってよくわかった。
スレ違いスマソ。

541 :名無し物書き@推敲中?:04/02/17 21:23
今の時代、真偽美醜より知名度の方が金になるからなぁ。
それにしても、国内完結の狭い世界に引き篭もっちゃったね。
これからは萌えやBL化が進行してくの?

542 :吾輩は名無しである:04/03/26 12:47
ひーーーーーーーーーー

543 :名無し物書き@推敲中?:04/04/21 02:15
晒しage

544 :名無し物書き@推敲中?:04/05/02 21:52
今回の芥川賞受賞までの流れ:
第壱話    選考日、襲来
第弐話    見知らぬ、原稿
第参話    鳴らない、電話
第四話    落選、逃げ出した後
第伍話    りさ、心のむこうに
第六話    決戦、選考会
第七話    金を造りしもの
第八話    ひとみ、来日
第九話    瞬間、受賞、重ねて
第拾話    インストール
第拾壱話   停止した思考の中で
第拾弐話   芥川賞の価値は
第拾参話   龍、侵入
第拾四話   純文、魂の座
第拾伍話   蛇と背中
第拾六話   ぐるぐるまわるすべり台、そして
第拾七話   四人目の候補者
第拾八話   受賞作の選択を
第拾九話   女の戦い
第弐拾話   賞のかたち 出版のかたち
第弐拾壱話 最年少受賞者、誕生
第弐拾弐話 せめて、物書きらしく
第弐拾参話 涙
第弐拾四話 最後の候補者
第弐拾伍話 終わる文壇
最終話    世界の中心で愛を叫ぶ、大ヒット


545 :名無し物書き@推敲中?:04/05/02 21:58
ぶわははははははははははは母っっっっっっっっうーーーーぷわっはははははくくっっっっ゜

546 :名無し物書き@推敲中?:04/05/02 22:48
[1]雑談
空 空 空 空 空 空 空 空
[2]ホストさん専用
♂ 満 満 満 満 ♂ 空 満

[3]ホステスさん専用
満 空 満 空 空 空 空 空
[4]フードルさん専用
満 満 空 空 空 空 空 空

[5]女の子同士専用
満 空 満 空 空 空 空 空
[6]待ち合わせ
空 空 空 空 空 空 空 空

[7]ちょっとH
満 ♂ ♂ 満 ♂ 満 満 満
[8]北海道専用
空 空 空 空 空 空 空 空




547 :名無し物書き@推敲中?:04/05/03 18:08
(  ゜,_ゝ゜)バカジャネーノ

548 :名無し物書き@推敲中?:04/05/06 03:06
パロディも純文学に入れていいのかな。

111 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)