5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★小説でマンガよりも素晴らしい点を挙げよう★★

1 :黄色い名無し:01/10/12 01:33
マンガの方が表現が豊富だったり
色々有利な点が多い気がしますが
「そんなことないぞ!小説のが、ここがマンガよりも素晴らしい!」
って部分があったらどんどん挙げて下さい。

2 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:37
アゲてやるから
1は持論をまずかましてみ?
やりとりのなかで、輝くお題だ。

3 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:38

創作文芸板の奴らは怠け者だい
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=bun&key=1001318097

怠け者でも書ける点が素晴らしいと思うのだ。

4 : :01/10/12 01:40
>>3
マンガは怠け者ではかけないけど
小説はかけると
そういうことですか?

5 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:44
>4
怠け者スレ読めって。

6 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:46
スレ立てるほどの話題かよ。

7 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:46
確かに怠け者では漫画は描けん。
絵描くのってメンドイよなあ。描いてたけどもうヤメタよ。

8 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 01:56
ビジュアル・イメージとして
絵は直接的だけど
字は曖昧。

曖昧のほうが、心に残る場合もある。
直接であるほうが、余韻がでる場合もある。

漫画で優れているのは、表情だろう。
しかし
漫画よりも、BGMがのる映像作品のほうが
小説にとっては脅威であろう。

9 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:05
怠け者はまず創作をしようとしない
ちなみに漫画かいてる友人に言わせて見れば
字の方が面倒くさいらしい

10 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:11
何かを卑下し続けなければ
気がすまないって人、たまにいるよね
そんな人に踊らされてて楽しい?

11 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:12
書き手より、読み手に聞いた方がいいんでないか?

12 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:12
>10
とりあえず躍る。躍らないと損したような気がしないか?

13 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:15
ネタなんだから踊ろうよ。ダンス・ダンス・ダンス♪

14 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:19
風の歌でも聴きながらね。

15 :名無し:01/10/12 02:26
 

16 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 02:43
良スレage

17 :(゚∀゚):01/10/12 02:53
違う表現方法から学んだり感じたりすることはあるよな。オレは優劣はどうでもいい。(゚∀゚)(゚∀゚)

18 :(゚∀゚):01/10/12 02:55
刺激という点で映画と音楽は外せないな。
つーかマンコ(゚∀゚)y−〜〜

19 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 07:37
.

20 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 09:45
小説とマンガ共通の問題。それは、2chがそれらよりも面白いということ。
2ch、脅威だ・・・

21 : :01/10/12 22:17


22 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 23:23
小説は小説であり、マンガはマンガであるにしても、
小説とマンガはマンコではあるにしてもない。

23 :名無し物書き@推敲中?:01/10/12 23:25
小説も漫画もちんこだな。
俺の子宮にそそぎこんできて
作品という子供を生ませる。
難産のこともあり、双子のこともあり、未熟児のこともある。

24 : :01/10/13 02:27
 

25 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:28
つーかだれも小説がマンガより優れてる点を書けないなんて
小説ってやっぱダメだな、、魅力ねえんや。

26 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:32
まあな。

27 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:48
書くほうも怠け者だが、読む方も怠け者。
文字をじっくり読む奴なんて2chの私怨君が揚げ足とる時くらいだろ。

28 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:57
煽られてもこのマターリ度合い・・・・・・・・・・・・名スレ・・・?

29 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 02:58
その手の本を読んでもいいし、ネット上で検索したっていろいろ出てくるだろう。
子供の煽りに付き合う暇なんてないよ。

30 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:03
エロ漫画よりエロ小説のほうが興奮します

31 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:02
煽りがつまらんからな。

32 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:07
>30
確かに妄想力が養われるな(w

33 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:15
やっぱ小説あかんわ

34 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:20
結論が出て良かったな(w

35 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 03:32
小説の方が優れているポイント。

・雑誌連載をしなくてもいい。
・終わりを自分で決められるので、カチッとした物語が書きやすい。
・低コスト。
・絵に出来ない物も書ける。

……っていうか、優劣なんてつけられない。
少なくとも、とっつきやすさはマンガの方が圧倒的に優れている。
結局、マンガではなく小説を選ぶ理由は「小説というメディアに対する個人的な信頼感」、
その一点に尽きると思う。

36 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 04:05
漫画は無駄なコマ増やして、一つの話をいくらでも引き伸ばせるな。
絵だってコピーして拡縮反転なんでもありだな。
原稿用紙に穴あけるのもアリだよな。
かなわないよな。

37 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 04:49
自意識を描くのは小説の方が得意なんじゃないですか。
たとえば町田康のどうしようもない短編(卵の配置を1日中悩む、とか)のおもしろさは小説でこそという気がします。
あとシュリンク『朗読者』で、ナチスの収容所跡にて主人公が「どうしても僕には当時のことを想像できなかった、何も浮かばなかった」みたいなことを考えるくだりがありましたが、
あれなんかも小説ならではって感じがします。
庄野潤三「プールサイド小景」のように断片的なイメージがたくさん出てくる作品もそうじゃないですかね。

そんなに小説にくわしくないんでパッと思い浮かぶのはこのくらいですが、まだまだありそうですよ。

38 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 07:57
>>35
「終わりを自分で決められる」ってどういうこと?
あと4番目はよく言う事だけど、具体的にどういうものがある?
(竜宮城ですら結局は絵に描けちゃってるじゃん)

39 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 08:27
通勤電車に乗っているときの暇つぶしとしては、
小説の方が好き。
漫画はすぐ読み終わるから、朝だけで終わってしまう。
小説なら帰りも読める。

40 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 12:51
>38
「終わりを自分で決められる」
は漫画の方が編集部とかに口出しされやすい
って事かな?
>あと4番目はよく言う事だけど、具体的にどういうものがある?
絵に描くとグロ過ぎて、何らかの規制にかかっちゃうもの
でいかがざんしょ

41 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:34
想像力ね〜やっぱ。
漫画だと限定されるからね〜。

42 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:40
漫画は第一次想像を作者に任せてしまっている。
つまり、可愛い女という登場人物がいた場合、
漫画だと、どうしても作者好みの絵にならざる
をえず、読者はそれを受け入れるしかない。
しかし、小説なら、それぞれの頭の中で、理想
の女性像を結ぶことができる。
正直、夢中になったら、漫画は小説にはかなわ
ないよ。でも、そんな小説めったにお目にかか
れないけどね。楽しむなら基本的に漫画だね。

43 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:42
>>34
両津ですか?

44 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:52
媒体面から言うと、同サイズ同ページの単行本を比較した場合、
一般的には小説の方が内容密度の点で有利。
>>39の言う利点は此処にある。

45 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 13:54
小説がなければ漫画はここまで発展しなかっただろう。
人気のある漫画家は少なからず小説を読んでいる。
問題なのは小説が漫画に追従しはじめたことだと思う。
エンターテイメント性を求め、文学的価値を下げたことが現代の小説の敗北だ。

46 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 14:06
小説の、エンターテイメント性への追求を攻撃するのは如何なものか。
「エンターテイメント」を通俗的・世俗的なものと捉えるなら、
むしろ小説が生き残る指向性としての、純文学とは一線を画した独自の発展を促すべき。

とは言え、最近のメディアミックス嗜好には俺もウンザリ

47 :山崎:01/10/13 14:19
小説のよさは細かな心理状態を明確にひょうげんできることじゃないかな?
マンガはせりふと表情だけだもん。
ま、どっちもいいとかわるいかではなくて、どっちもおもしろいよね。
例えばここの小説とか、おもしろいよ。http://www.joy.hi-ho.ne.jp/sky-hi/

48 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 15:02
>43
パタリロ。

>47
サイト見てきたが、小説は標準から無評価ってところ。

心理描写はウイングマン描いてた奴(桂なんとか)の
恋愛物なんか感心したな。

49 : :01/10/13 17:21
 

50 ::01/10/13 18:58
    

51 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 19:43
お勉強が好きな読者っているんだよね。
例えば歴史ファンの歴史小説、時代小説読者。
軍事ファンの戦記、架空戦記読者。
小説は文中で薀蓄を語れる。
知られていなかった事実を解説したり、そこから新たな物語を解釈したり。
あるいは作者が間違ってたり知識が貧困だったらこき下ろしたり。
漫画でやれば・・・・・成功すればカムイ伝かな。
普通はネームのやたら多い漫画になる。

52 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 22:56
 

53 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 23:29
マンガと比べて低コストってのは、意外に重要なポイントだと思う。
喩えは悪いが、グインサーガをマンガでやったら何冊になると思う?

54 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 23:42
個人的には
漫画より小説の方が楽しめますが何か?

55 :名無し物書き@推敲中?:01/10/13 23:49
小説の醍醐味は、なめつくすように読むことで味わえるもの。
(佐藤亜紀も立花隆はそれを理解できていない、と批判していた。)
楽しみ方の違いを前提としないで漠然と論じてもしかたないでしょ。

たとえば小島信夫「抱擁家族」みたいな小説を読んでみれば、
何も言わなくたって小説の役割が明確に理解できるんじゃないか。
1が想定しているのがどんな小説なのかわからないけど。

56 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:20
漫画「シャーマンキング」の描きこみの密度に、
頭が痛くなった。
昨日と今日で一巻から十六巻まで読んだんだ。
ジャンプノベルって売れてんのかな?
ジャンプ的なストーリーは漫画の方が楽しめると思うんだよね。

57 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:33
>56
この漫画ってオカルトに関する知識で
間違ってるとこが多いらしいけど、どーなの?

58 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:42
>56
面白くするための演出かなー、と思う。
自分、あんまり詳しくないから気にならないし。
あれから得た知識を真実だと思って暮していても、
たいして困らん。

学術論文以外のものに知識の正しさは求めてないけどな。
みんなはどうなの?

59 :56:01/10/14 00:43
>58のレスは>57やみんなにあてて>56が書いたものです。
スマソ。

60 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:48
>58
いやいや
単純な知識も間違ってるとこがあるらしいんで
それは、創作の態度として、どーよって事です

61 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 00:55
>>40
でも言葉でも規制がかかってるものはいっぱいあるよ?
絵に描くとグロイものだったら言葉でもストレートには表現できないんじゃない?
ストレートに表現しなくていいのであれば、絵でも十分表現できちゃうだろうし

62 :56:01/10/14 00:56
>60
>創作の態度として
単純な間違いをそのまま放っておくのは誠実ではないと思うよ。
作者が気づいているなら、単行本のあとがきにでも正しい知識を
書いておけばいいんじゃないかなぁ。

63 : :01/10/14 09:32
>>62

もっと具体的に頼むよ
曖昧すぎる

64 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 11:03
>63
やだ。
スレ違い。

65 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 12:19
つか、男塾やキン肉マンに「正確な論述」をもとめる人はいない
訳で……漫画や小説に書かれた知識を全面的に信じる方がアホだと
思う今日この頃です。

66 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 12:23
良スレage

67 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 13:10
教科書だって信じられないもんね。

68 :111:01/10/14 14:56
http://www.f2.dion.ne.jp/~goldman/

69 :卵編集者:01/10/14 19:10
ある大小説家曰く
「もし、僕が漫画かけたら小説家なんて滋味な商売やってないよ」

70 :名無し物書き@推敲中?:01/10/14 19:58
>69
誰よ?

71 :名無し物書き@推敲中?:01/10/17 10:13
良スレage

72 :名がないぬいぐるみ:01/10/17 17:45
えっと、『思いっきり目茶苦茶にできる点』ですね。
銀行強盗しても、犯人爆破しても、狂言誘拐しても、本当になんでもありですからね。
あと、『台詞が限られない』点ですかね?

73 :名無し物書き@推敲中?:01/10/17 18:00
マンガもやってるよ。
キミは4歳から約30年マンガを読んでる僕にナニカ?
(要するに字も読まないようなアホなんだな。まあ最近はマンガすら
難しくて読めないって人も出てきたらしいから…)
ぷく子ちゃん今日は出番早いねえ。

74 :名がないぬいぐるみ:01/10/17 20:25
>73
四歳からマンガ読めたんですか?
ってことは、天才児だったんでしょうねぇ。相当な。
早いというか、今日は塾がなかっただけなんです。試験五日前ですけど。
というか、ぷく子ちゃんはやめて下さい。
急性胃潰瘍なんて病気やる年頃なんですから。

75 :猫くん:01/10/17 20:39
ありゃ、ぬいぐるみちゃん今晩はー。
マンガは覚えてないけど、あの頃は私絵本は大好きだったな。
一人でたくさん読んでいましたよ。
でももちろん足し算とかは出来なかったけどね。

76 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 15:18
あげ

77 :名がないぬいぐるみ:01/10/18 15:24
>75
こんばんわー。
私は小学1年生くらいから絵本よく読んでました。
というか、この頃200ページ以上の厚さの本が読めるようになりました。
だって、分厚くて、それまでは読む気しませんでしたもの。

78 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 15:56
小説の問題はマンガと違い、大抵の場合一冊で完結させなけりゃならんってことだ。
大ボスを前にして「つづく!」って訳にはいかん。よほどの大家なら別だけど。
その点マンガは人気さえあればいつまでも大風呂敷を広げられる。
例えどんなハデなシーンも、ページがなければ書けない。
ページ!
それこそ小説を書く上で最大の敵だ。その点マンガは羨ましいと思う。
あ、これはあくまでも個人的意見。

79 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 20:59
>名がないぬいぐるみ略してぷく子ちゃん
ダ〜メ♪質問スレに書かないでスレ立てるから当分ぷく子ちゃんよ♪

80 :猫くん:01/10/18 21:53
>79
意地悪言うなよ(w

81 :名無し物書き@推敲中?:01/10/18 21:57
♪教えてあげよか キミぷくちゃん
 ぷく
 ぷく
 ぷく
 ぷく ぷ・く・ちゃ・ん だ〜い!

 歳バレるな、オイ…。

82 :名無し物書き@推敲中?:01/10/19 00:16
>81
それがなんなのか全然わからないから、
>81が何歳くらいなのか見当もつきません……

わたくしはニ十代後半であります!

83 :他スレより引用:01/10/19 04:08
30 名前:名無しさんの主張 投稿日:01/10/05 00:46
僕の知り合いで言えば、漫画読んでいる方が頭もやわらかい。
小難しい本しか読まないような人は頑固で屁理屈が多い。
発想の転換とか出来なさそう。そんな気がします。
ちなみにこのスレでいう大人とは老人のことですか?

31 名前:名無しさんの主張 投稿日:01/10/05 00:55
小説が好きって人は大抵同じジャンルのものを
好む傾向が強く、漫画が好きって人は割りと
色んなジャンルを読んでいたりします。
まぁ小説も漫画もどっちも読めばいいんですがね。

【漫画は有害か無害か?】
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/soc/1002032083/

84 :名無し物書き@推敲中?:01/10/20 22:14
どっちも読むのが普通だと思ってましたけど、ナニカ?

85 :名無し物書き@推敲中?:01/10/21 13:52
あげ

86 :名無し物書き@推敲中?:01/10/21 22:48
>84
いや、両方読んでないと比べられないだろ。
普通。

87 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 00:25
漫画作品を書くと言う事は、大変なエネルギーを要するのである。
例えば文章ならば「雨が降ってきた」と、たった7文字を置けば雨が降ってくれる。
しかし漫画はそうはいかない。その雨がどんな場面で降っているのか。蓮池に無数の輪ができる状態もあるだろうし、ガラス窓を叩く場面も想定できるし、車のワイパーが激しく左右に揺れる場面もあろう。
いずれの場合にせよ、その状況を文章で表現するには、稚拙さはあってもさほどの苦労は必要としないと僕は思う。
漫画の場合はそうはいかない。絵として形として形に具現しなければならないという、大変なエネルギーを要するジャンルであり、時間のかかる作業なのである。
by 矢口高雄

漫画>小説って言う奴は「だから小説を書いている俺はすごい」って言いたいだけちゃうんかと。
擬似スレに書いてあったけどハゲドーだね。

88 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 00:30
漫画にしろ小説にしろ、良質な作品でないと、「すごい」とは言えないよね。

89 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 00:48
単語のイミにはもちろん一般的な規定はあるけど
その規定には、実は曖昧で明確な境界線がない。
そんな部分が、よかったりする。
単語にイメージがわけない人間には、本を読んでも奥行きがないんじゃないか。
けれど実際そんな人間、見たことないけど。

90 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 03:43
むしろ漫画の方が高い水準を要求されるのではないか。

91 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 11:23
原作者がノベライズとコミカライズ両方やっている作品はないのか?
比較対象としては使えると思うが。
勿論、得手不得手も考慮しなければならんがね。

92 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 11:39
こんなのあったよ。http://merumo.ne.jp/i/00040521.html

93 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 12:20
     

94 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 13:53
 

95 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 16:19
>漫画>小説って言う奴は「だから小説を書いている俺はすごい」って言いたいだけちゃうんかと。
>擬似スレに書いてあったけどハゲドーだね。

漫画>小説 じゃなくて 小説>漫画 じゃないのか
あと
漫画>小説って言う奴は「だから漫画を書いている俺はすごい」、にせよ
小説>漫画って言う奴は「だから小説を書いている俺はすごい」、にせよ
存在してるだろ
そこら辺を考えず、物を言うのはよさないか?

96 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 16:29
小説を書くにも、漫画を書くにもエネルギーを使う
このとき使われるエネルギーは向き不向きによって、どちらが多く使われるかは違うだろうし
余った分のエネルギーがあるなら、それを作品の向上に使うべきでしょ
そんなことも考えず、どっちが楽だの苦労するだの言うのって
結局、自分は本気で創作つもりなんて、さらさらありませんと言ってるようなもんだ

97 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 18:01
つーかだれも小説がマンガより優れてる点を書けないなんて
小説ってやっぱダメだな、、魅力ねえんや。

98 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 18:33
そうだ!魅力ないのだ!
これでいいのだ!

99 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 18:49
まったく

100 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 18:53
だからもういいのだ!

101 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 19:01
真に優れた作品ならば大義、理念、生きるつてになりうる点

102 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 19:03
ちなみに漫画だとやはり世間から白い目で見られてしまう

103 :名無し物書き@推敲中?:01/10/22 19:41
この娘の名前を教えてください!!!
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/045.jpg
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/046.jpg

104 :名無し物書き@推敲中?:01/10/23 16:28
       

105 :名無し物書き@推敲中?:01/10/23 23:19
            

106 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 01:44
実際自分で小説書いてても、いいマンガには勝てないなぁと思うよ。
何年も一緒に過したキャラへの愛着、限られた文字の中での心理描写
読み返したくなる度合い。ストーリーのオモシロさ。
一流のマンガ家の才能には到底及ばないのが多い。
小説って読むのめんどいもんね。

107 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 02:29
俺にとっての漫画は挿絵のいっぱい入った簡易小説か絵本っていう印象だな。
好き嫌いを絵に左右されるし、読むのも疲れるし、白黒だし、
コストパフォーマンスにも優れていないので、漫画は読まない。
でも手塚治虫の絵は疲れないな。あれだけは好きだ。

108 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 16:48
>>106
で、自分の無能さ加減を嘆きたいだけか?

109 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 22:44
小説も確かに面白いのだが、
マンガのほうがもっと面白いし楽だということだ。
どうでもいいが松本なんとかのせいでこの板くるのが
なんか不快になった。

110 :名無し物書き@推敲中?:01/10/24 22:58
http://210.236.188.140:8080/

111 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 02:01
読んでいるときの脳が違うよ。
小説は夢を見ている時と同じトコ使ってると思う。マンガは視覚だけ。
印象に残る景色の描写は、小説での方が遥かに勝っている。<経験上
小説は主観的経験として心に残っていく感じじゃん?

ちなみに、私はマンガの方が読むの面倒。
あちこち飛んで目の動きがせわしいし、文字と絵を見るのが大変だから。

112 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 13:44
ちょっとお得感がある。<小説
読むのに時間かかるからナー。

113 :名無し物書き@推敲中?:01/10/25 15:24
ノンフィクションを漫画やると説得力がない

114 :名無し物書き@推敲中?:01/11/01 00:59
age
age
age

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/01 01:35
映画・ドラマ・マンガ
 受け手に阿って表現が制限されてしまう。

特に小説を映像化するとき原作の雰囲気と
あまりにも違いすぎることがある。

116 :名無し物書き@推敲中?:01/11/01 02:28
小説書いてて漫画に対していちばん嫉妬するのは
漫画の扉や表紙、見開きの1枚絵のイラスト。
これの有無を言わせぬ説得力。

117 :名無し物書き@推敲中?:01/11/01 08:08
この娘の名前教えてください!!!
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/045.jpg
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/046.jpg
    

118 :名無し物書き@推敲中?:01/11/02 15:34
   

119 :名無し物書き@推敲中?:01/11/04 17:01
この娘の名前教えてください!!!
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/045.jpg
http://www3.tok2.com/home/takata/cgi-bin/upup/source/046.jpg   

120 :名無し物書き@推敲中?:01/11/05 03:02
  

121 :名無し物書き@推敲中?:01/11/05 19:40
     

122 :名無し物書き@推敲中?:01/11/06 20:11
   .__
  J_†_|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (,,゚Д゚) <  >>1
  ハ ̄ ̄`つ | 視覚に直感的に訴えるわけではないだけに、難しい。
  し ╋|   | それ、すなわちすばらしさでもあると思う。
   |___|   \____________
   ∪ ∪

123 :名がないぬいぐるみ:01/11/07 00:23
でもやっぱりマンガの良い点というのは、
「リアル」ですかね。どうしても小説だとキャラの表情とか、動作とか。
完全な形で伝えられないですからね。

124 :名無し物書き@推敲中?:01/11/07 06:26
>123
そう言う安易な事言うと、じゃあアニメ、映画のが上じゃん
て事にならざるえんな・・・

125 :名無し物書き@推敲中? :01/11/07 21:45
漫画を書いてると、小説よりむしろ映画を意識するけど。
どちらが上かという事ではなく。

例えばカメラの動きを漫画で表現する事は出来ないし
あるシーンで音楽を鳴らしたいと思ってもそれは無理だし。

126 :名無し物書き@推敲中?:01/11/08 07:56
最近漫画と小説をくらべれば比べるほど、漫画がよくみえてくる・・
小説ってルールが厳しいっていうか、自由度がないっていうか。
「?!」や「〜」を使うだけで駄目とか、横書きは駄目とか

127 :名無し物書き@推敲中?:01/11/08 12:35
>>123
活字から呼び起こされる読者の想像力次第。

128 :名無し物書き@推敲中?:01/11/08 22:57
>>126
たったそれだけ・・・

129 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 00:08
ほら、128みたいなのが出てくるでしょ?
漫画は比較的こういう嫌なやつは少ない

130 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 01:44
この後の128の逆上が恐いね

131 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 02:44
>>127に剥堂
漫画は、100描かれたものは100±αでしかない
小説は、作者の腕と読者の想像力次第で
100のものが50にもなれば200にもなる

132 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 03:20
漫画=感覚的、小説=論理的、かな。

133 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 03:22
お前ら、こんなくだらねぇレスしてないで
小説なり漫画なり書くなりしろよ、暇人がぁ!

134 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 04:44
おまえもにゃあ

135 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 04:50
小説は読みおえた時の達成感がいいな。
あと、なんか頭が良くなった感じが。
そのへんのくそマンガと比べると面白いの多いよ。
何十、百万部売れてるマンガと比べると、オモシロさとか
何年も一緒に過した親密度とかではさすがに
勝てないけど、そう捨てたもんじゃない。
これからの時代あえて小説で勝負する価値は十分ある。

136 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 05:12
そのへんのクソ漫画と普通の良い小説をくらべても仕方ないのでは。
その辺のクソ漫画と比べるなら、小説もその辺のクソ小説で比べなくては。
普通の良い小説とくらべるのなら、漫画も普通の良い漫画とくらべるべきでは

137 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 05:50
その通り              

138 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 11:32
クソ小説とクソ漫画、どちらが楽しめるかといえば
断然、クソ小説だろう。
小説は如何に駄作でも行間を自分で埋めることができるが、
漫画でコマ間を読む、ということは難しい。

まあ文体がむかつく、絵がむかつくの段階で生理的に受け付けないと思うが。

139 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 12:37
じゃあ一流の漫画家と比べてみよう。
同年代以降の人間で、
手塚の壮大なテーマと、細かな人間描写の共存が出来た者がいるか。
横山のサービス精神とエンターテイメント性を越える者が居たか。
藤子Aの、ドロリと粘りつくようなホラーの空気を漂わせた者が居るか。

140 :139:01/11/09 12:39
書いといてなんだが、なんぼでも居そうだな。
じゃあそれを誰にでも分かるものに昇華出来た小説家はあるか。

141 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 17:34
日本の漫画は海外でもどんどん認められているけど小説は漫画ほどは・・

142 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 18:01
台詞は翻訳してもさほど変わりないだろう。
だが文学の妙味はそうはいかない。
それはどの国の言語だろうが同じこと。
海外での評価を持ち出すのは間違いだ。

143 :松本祥宏:01/11/09 18:03
間違いではないが、十分ではない。ってとこだね。
142のように全否定するのも間違いだ!

144 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 21:28
>>142
でも海外の良い小説はどんどん翻訳されて日本で出版されているよね。。

145 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 21:30
漫画全否定で小説オンリーだと
142のように海外に目をやれない人間になってしまうのもちょっとね

146 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 21:35
>文学の妙味はそうはいかない。

「妙味」って言葉が入ってるからうまく誤魔化せているけど
結局は「文学の場合はそうはいかない」って言ってるのと同じだよね。
つまり、
「漫画は万国で受け入れられやすくて
小説はそうはいかない(受け入れられにくい)」
ってことだよね。
やっぱり漫画ってすごいね

147 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:13
ここは創作文芸板、小説寄りの意見を述べるものが圧倒的に多い中で
これだけ小説派が攻めきれない現状をみると
漫画の圧勝?

148 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:21
頑張れ小説派!

149 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:21
>漫画は万国で受け入れられやすくて
>小説はそうはいかない(受け入れられにくい)
その点は事実。絵という確たる共通言語が存在する漫画に比べ、
翻訳という作業を介することにより、リズムやニュアンスに
齟齬を生じる小説は、どうしても通用しにくい。
だがその点のみをもって評するのはいかがなものか。
なぜならそれは、裏返せば、「小説の方がよりその国の言語文化を
体現している」ということでもあるのだから。
もっとも、あなたの言う「すごい」がどういうニュアンスなのかは不明ですが。

150 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:22
すまん、どっちも好き。

151 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 22:39
>150
俺もだ。

しかし、仮に小説家が「俺は作家としては、トルストイ以上だと思う」
と言っても「奢るなよ」と言われるだけだが、漫画家が同じことを
言えば、漫画ヲタからすらも完璧にドキュソ扱いされてしまう。

やっぱ、メインカルチャーの信仰は強いね。

152 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:01
>>149みたいなグチグチ君にはなりたくないけど
小説ばっかり読んでいたらこうなっちゃうのかな・・

153 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:19
そうだね。漫画もたまには読もうっと♪

154 :149:01/11/09 23:31
>152
いや、俺は読んでる数は圧倒的に漫画の方が多い。
ということは、俺みたいなグチグチ君になりたくなければ
漫画はあまり読んじゃあいけないみたいだね(w

155 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:34
売れるものがすべて良しとするなら
音楽で言えば浜崎あゆみとかモームスが素晴らしいとか
いわにゃならなくなるなぁ
結局くらべるもんじゃないっしょ。
とかく世界には物語と名のつくものが多すぎる。

156 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:40
>>154
苦しい言い訳をする149

157 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:44
あれだけ粘着だった小説派最後の砦である149でさえも
>>154でとうとうプライドを捨て漫画派に寝返ってしまった。
小説派ますますピンチ!!

158 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:46
プロレスと総合格闘技みたいなもんで、似ている部分や通じる部分も
多いが根本的に別物。
よってどちらが優れているということはない。
強いて小説の勝る点をあげるとすれば、自分の場合、
「間」(ま)の感覚を養うのにいいかな、という印象がある。

159 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:47
>>158
出た。立場が悪くなると「くらべようがないからやめよう」
猿の常套手段(藁

160 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:47
頑張れ小説派!!

161 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:48
>>155
モー娘。をバカにしないでくれ

162 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:49
>>159
だってそうなんだからしょうがないじゃない。
あんたはどうなの?

163 :名無し物書き@推敲中?:01/11/09 23:51
>>162
私の意見とあなたの意見なんて
くらべようがないからもうやめようよ

164 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 00:05
>>163
ワラタ

165 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 00:07
読む奴しだいじゃないのか?
つーか、煽りが増えたね
前は煽り無しでやれたのに・・・

166 :149:01/11/10 00:16
>>157
ええっ!? 俺、たった2レスで最後の砦っスか!?(w
ならもうちょっと、小説擁護派としてがんばらなきゃあな。
……ええっと……ええっと……漫画に比べて……
……書くのが楽!
ああっ! こんなんじゃあ駄目だっ! 畜生おぼえてろ!
よく考えて出直してくるからな!

167 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 00:22
こんなところでどうこうしても小説は残る。

168 :Tia ◆kuFyqAZY :01/11/10 00:57
始めまして。
2ch上で、ノリと勢いで小説を始めて書いてしまったのですが
叱咤、激励、等のご感想を頂けると幸いです。
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1005219329/

169 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 01:17
うむ、読む奴次第という意見に同意
>131も言ってるが
活字からの刺激は読者のスキルや経験に大きく左右される。
イラストは絵を書けない奴が見てもそれなりにインパクトを与えられるが
文章は語彙力が備わっている、ということが先ず前提条件。
+感性が必要だからこれはどうしても敷居が高くなる。
……んな高尚なもんでも無いが。

しかし、マンガのワンシーンはあまり覚えていないが
小説の一場面は鮮明に覚えている、事が多い。俺の場合。

170 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 02:07
良スレあげ

171 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 03:48
マンガは読んだあとキャラのマネをしたくなることがなるが、
小説はそういうふうにはなりづらい気がする。
かなり無理していいふうに言いかえると、小説のほうがクールに萌えられる。

172 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 05:35


173 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 14:45
活字のインパクトってどうなんだろうか?
たとえば「鏖殺」と一言で書くのと
漫画でそのシーンを描写するのとでは・・・

174 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 14:51
鏖殺の一言だけで済む場合と済ませられない場合とがあるでしょ。
インパクトを与えるのなら一言では済まさず、
様々な描写で肉付けして読み手が話の中に引き込まれていくよう
に工夫するのが小説かと思うのだが。

175 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 16:45
漫画は血の色を伝えてはくれない。それはインクを混ぜて作られたしょせんはまがいものの色。
赫と玄との溶け合う中にわずかに混じる汚れた紫。浮いた脂が照り返す、蛍光灯の無機質な光。
漫画は血のにおいを伝えてはくれない。生命の残滓を含んだ吐き気を催す恍惚たる香り。
半ばかたまりかけた血の、どぶどろにも似たぬかるみに踏み入り、糸引く黒血を蹴散らす時の
あの足の裏がひそかに蠕動するかのような感覚を伝えてはくれない。
漫画は死のにおいを伝えてはくれない。
自分の鼻孔から肺まで細い触手を伸ばしたそれが、抗う術すらない吐き気を
はらわたの奥から引きずり出すことを教えてはくれない。

176 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 16:48
>>175
小説の読みすぎです。

177 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 17:03
>>175
漫画を読んでませんね。そのいずれを伝えることも漫画は可能とします。
文芸を趣味とする人が、他方を知ることなく決め付けて卑下する思考停止は
恥ずかしいのではないでしょうか?

178 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 17:14
>>177
175は漫画を読んでも想像力を刺激されない性質なんだよ。
ビジュアルを見せられると、それがすべてだと思ってしまうような純真な人間なのだよ。
小説を読む人間は、えてして繊細で傷つきやすいものであるから、
あまり断定的な口調で語りかけてはいけない。
生温かく見守ってやるのが最良の手段だ。

179 :175:01/11/10 18:00
スマンが俺、149=154(w
うん。たしかに決めつけは恥ずかしいな。
他人がやってくれるとよくわかる〜

180 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 18:07
>>179
>>177を書いた時点で、どんな言い訳もむなしいと思うが?
つまるところ漫画からそれだけのものしか受け取っていないということだ。

181 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 18:07
>>179
そんなことばかりやっているとどんどん卑屈になってしまうよ。
つーか、ここは技を競い合うスレでしたか。

182 :180:01/11/10 18:08
>>175だ。すまん。

183 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 19:31
漫画のほうがわかりやすいし読みやすい。
優れた小説家と優れた漫画家で比べれば、優れた漫画家のほうが人気があるだろう。
けれど、小説と漫画でどちらが優れているかと問われても、それはどちらとも言えないものだと思う。
小説の方が優れていると考えている人は間違い無くそう思っているのだろうし、
漫画の方が優れていると考えている人も間違い無くそう思っているのだろうから、結果として水掛け論になってしまう。
ただ、相手の揚げ足ばかり取るのはどうかと思う。

と、ここまでは前置きで、ここからが本題の小説の方が優れている点。
漫画よりも……
・一冊が長く読める
・想像力が育つ
・心象表現が多い

今思いついたのはこれくらい。

184 :179:01/11/10 19:47
>つまるところ漫画からそれだけのものしか受け取っていないということだ。
たぶんその通りなのだろう。
俺は多くの漫画を漫然と読んでいるが、においや触覚やあるいは味覚を
自分が体験しているかのように感じたことは、ない。
対して、文章を読んでそういったものを感じたことは、ある。
たぶんそのあたりが、小説が漫画より素晴らしい点 だと思う。

185 :名無し:01/11/10 20:24
やっぱり東大とか京大じゃないと相手にされないんですか?

186 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 21:41
>185
なんでしょうか?

187 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 23:00
あげ

188 :名無し物書き@推敲中?:01/11/10 23:10
小説だけ読んでて漫画を読まないと179のような嫌われものになってしまうということだけ分かったね。

189 :180:01/11/10 23:50
>>184
「小説が漫画より素晴らしい点だと思う」に「自分に取って」という語句を加えてくれ。
ただその場合、このスレに書き込む必要はなくなるのだが。

190 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 00:32
俺小説ばっかり読んでて漫画嫌いなんだけっど
179を見てたら漫画も読んだ方が良いかもって思えて来た。
ああはなりたくないっつーかさぁ(;-_-)
でも既に俺も他人からはこいつみたいな印象与えているのかな(鬱

191 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 00:42
マンガは友達。
小説は恋人。

192 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 00:58
漫画は作者が表現したいものを読者にストレートに表現できる。
小説は言葉でそれを読者に伝えなければいけない。
だから小説は逆に読者の想像力を必要とするし、読者は知らず想像力が豊かになる。
優劣はつけがたい。
漫画も小説も良質な作品もあれば駄作もある。
俺は漫画も読むし、小説も読む。191は良い表現をしてくれてる。
でも一番好きな作品は漫画にあるんだよね。

193 :名無し物書き@推敲中?:01/11/11 18:14
良スレあげ      

194 :名がないぬいぐるみ:01/11/11 20:58
でも、私が今一番好きな本はコバルトのS黄尾ですね。
小説だけど、漫画に劣らない破壊的なのがいいです。

195 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 07:14
>194
メール欄にどうして「あきらめろ」って書いてあるの?

196 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 19:06
  

197 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 19:24
きみがアホだから。

198 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 21:49
漫画読みやすいね。
三国志読むなら横山光輝。
日本の歴史読むなら石ノ森章太郎。

こういう事言っちゃうと
「難しい本を読めない奴」と小説派には皮肉られるかもしれないけどさ、
向こうは「難しい字を読める奴」に過ぎないと思うんだけど。

>>175
>>87の発言を読んでみようね。

199 :名無し物書き@推敲中?:01/11/12 22:13
   

200 :瑤香:01/11/12 23:58
あんま区別つかない

201 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 03:42
    

202 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 07:36
小説を読んでもらって女を口説くことができる。
マンガだとなかなか・・・。
ちなみにエキサイトあたりで人の作品を読みたがってる女に送って
面白ければ仲良くなれるぞ。中高生なんか落ちやすいぞ。

203 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 12:52
マンガよりデジタルコピーされにくい
WinMXで結構マンガのスキャンは出回ってるけど、
小説のはまだ見たことがない(w

っていうか、まじこれからの”クリエイター”はヤバイと思う
金を稼げるというメリットが無くなったらマンガ家なんか糞だし
・・・著作権は死ぬのか?

204 :名無し物書き@推敲中?:01/11/13 13:12
日本生命無限地獄へ突入
http://news.2ch.net/test/read.cgi?bbs=newsplus&key=1004597354

ひろゆきさんはやっぱり頭がいい

205 :名がないぬいぐるみ:01/11/13 17:09
>195
私に嫌がらせをしようとした人を、ガッカリさせる為です(キッパリ)

206 :名無し物書き@推敲中?:01/11/17 08:43
>>205
意味がわからんのでもう少し詳しく

207 :名無し物書き@推敲中?:01/11/17 22:09
   

208 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 06:48


209 :名無し物書き@推敲中?:01/11/19 20:26
>>1
楽にかけること。

210 :名無し物書き@推敲中?:01/11/20 02:02
わお

211 :名無し物書き@推敲中?:01/11/21 23:06
>>205
教えろー。気になって生姜ない。

212 :名無しさん@ピンキー:01/12/02 19:18
>>211
マンガでは2chは成立しないだろ。
だから、書く立場としてえは小説(文字)のほうが好き。

213 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 17:15
絵文字と文で成り立ってるとこを見ると、漫画に近い気がするが……。
(゚ε゚)キニシナイ!!


214 :名無し物書き@推敲中?:01/12/06 22:24
漫画と小説を比べるのは愚行也。
「話」以外の共通点が無いし。

215 :名無し物書き@推敲中?:01/12/07 15:09
音楽と美術
田中とハンバーガーを比べるくらい意味不明だぞ

216 :名無し物書き@推敲中?:01/12/14 13:37
ぶりりん ぶりりりりん びり ばり  ぼりぼりぼりぼりぃいい
あたし・・うんち・・うんちが もっもうだめだ!!!!離れて離れて!!
出ちゃう出ちゃう ぶひゃあ うっひょーーー ああアアアアaaaaaギズモa ageageageaaaaaえおあだオヒャクショウ.comボサノバ ブルリラ ブルリラ ウヒョホイ 0だべさアアア
ライブライブライブジュバンジュバンボボンボンボンbン
ジュダンヅジュダらるくあんしぇるンハアアはあbがあああああああ
おさえられない!!! はっはっは・・・ はhさん発射してしまうおぐあgyばっかさんはっははっははは じゅぱあ うっしゃあぁぁぁああ
お願い あっちいってて!!!!!!もう ぶひょしゃっは熱っ!!熱っ!!熱っ!!
デミぐらスソースばっはぁぁ−ウだあああ sfdsage kaaaぼっひゃん sひ ジュンバラボヘミアンbさdkブヒブヒjばあッひゃひゃひゃララボン!!bakaかジュビロ
ブリブリ!!! ハhジメマシテ!!!ブリブリ!!デューダデューダンサバデン ベンツbイチバンボシsひゃはははは
まじ!まじうんち・・うん子迫ってくる!!! ジャノメミシンふ(笑)うはああああ
わああアアア ヒコーキグモがばっはやああああ
すげええええええ すげえええええええええええ
肛門が…ボッカン ボッカン!!! イイワアアア おkおk!!ひょしゃっ じょ ミウだああ
だっふぁコイケええああっはははひゃひゃhyたs
こーモン…ブルブルしてるわ… おまえあっちいけ!! うぎきゃあチュッパッチャップス ああげうげkj ブリブリブリィィィ ムニャムニャモニョモニョバリバリ・・・本当にもうだmてえ。。
げぎゃああぎゅりわーーあお oh osだfだh だfだoh yeah・だふぁシャランQがjかjがはっはぶりぶりぶらいああらタイソンsがっはがっふぁん
ブリバリボリボリボリあああ かぐyあひめぁぁだっはあ ナマチャ!! ナマチャ!!!!ガッシャアアン
ブロンボン ぼばん ぼばんnだが そgんごはんブアバhシャアア ガダルカナルタカあおgjどあえああ
じょぼじょぼじょぼハシモトじゅばじゅばモグ゙モグモグ16+ ジュシャアアアア
ヤベエエエエエーー出まくってるぅぅ ミルミルミル!!! ムリムリムリィ・・・・・・・!!!!!!!!!
うぎゃああああああああ いてえええ バレるぅゥウウウウ
ksdじゃんあケツ見んなーアァッッァア  あっちぃぃぃぃぃ
あぼん ぶぼん ぶばんあブババババアバ ユワアッシャアアアアァァァァ
モリモリモリ・・・・!!!!!! くせえええエェェェェ くせえぞこりゃあぁぁぁ
ばおぶあじょjだシャバダハディバ゙ジゅ  おぱ゚アアアアアアアアあああああ
 

217 :名無し物書き@推敲中?:01/12/15 00:07
>>216
↑なんか言えよ
 

218 :名無し物書き@推敲中?:01/12/15 01:59
小説は想像力を喚起します。
絵が用意されないので、自分の記憶を用いて、イメージを作り上げます。
まさに自分と向かいあうって感じです。
それと、言葉っていうのは、意味が直接語りかけてきますね。

219 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 01:12
unko

220 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 04:36
言葉やセリフを基調とした漫画は意味ないのかな?

221 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 04:40
ちなみに漫画を小説にした奴って大抵イタいね。
なんか。

222 : :01/12/25 16:33
>221
「俺だって、その気になれば小説ぐらい書けるんだぜ」と勘違いした若いアニメ脚本家が
作者である場合が多いからでは?
藤川圭介も言ってたが、最近のアニメ脚本家は原作の能力が無に等しい。
だから、ノベライゼーションとなると、元の漫画の設定だけに頼りきってしまう。
独自性の欠片も無い作品がつまらないのは当然。

223 :名無し物書き@推敲中?:01/12/25 17:08
それは別に漫画に限ったことではない。

224 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 05:51
主人公が延々と小説を朗読するマンガをかけば、小説⊂マンガにはなる。
マンガの方が偉い?

225 :名無し物書き@推敲中?:01/12/26 15:18
そんな漫画つまらんわ。
小説>>>>>>>>>漫画

っつーか「⊂」この記号なにさ?タンポン?

226 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 12:54
……何でこんなに小説が劣勢に立ってるんだろう。
なんか小説が可愛そうになってきたので、擁護派に回ってみます。
小説が漫画に対し優れている点、ざっと列挙してみますね。

まず、人物、物体、その他オブジェクトの意味内容の認識を、名詞レベルで行える。
小説では、ある意味内容と、その固有名詞を対応させるだけで済むが、
漫画では、その二者に加え、意味内容を示す「絵」を読者が対応させなければならない。
まさかキャラクターが名札をつけているわけにはいかないだろう。
そのため、たとえば数十人の登場人物が錯綜する推理漫画などを読むときには、
誰が誰だか分からなくなりがちである。

また、入り組んだステートメントを叙述するときにも、小説は優れた効力を発揮する。
漫画には確かに図解という強力な文法があるが、すべての叙述が図解でカバーできるわけではない。
たとえばゴーマニズム宣言を見れば、漫画というメディアの不得手が明らかになるだろう。
複雑な論理はその説明に多くの文章を費やすが、長い文章のかたまりは、漫画では嫌われる。
よって、そのような内容は、小説で表現した方がスマートといえる。

他にも、非視覚的な表現の容易さとか、代名詞による情報の整理とか、
いろいろありそうだけどうまく文章にできないので、今回はここまで。

227 :あのね:02/01/01 13:06
違ったジャンルを比べて討論することが無理。
小説でしか表現できないこと、マンガでしか表現出来ないこと、それぞれある。
★★小説でマンガよりも素晴らしい点を挙げよう★★
↑なんて言っている1は小説のこともマンガのことも馬鹿にしている。

228 :名無し物書き@推敲中?:02/01/01 13:42
>>227
いや、確かにどっちも得手不得手あるよ。
でも、だからって比較ができないわけじゃないでしょ。
「それぞれいいところはあります」で終わってたら、発展性がない。
漫画も小説も、物語を表現するメディアっていう点では共通している。
だったら、共通点と相違点を抽出することは可能じゃないか?

229 :名無し物書き@推敲中?:02/01/02 23:14
小説は読者の想像力を使用するため、多用な表現方法が可能になる。
が、見た目で内容がわかりにくい=ユーザーインターフェイスが悪い。
宣伝や批評文などを参考にして買うなど、手に取られにくい。

漫画は見た目がすでに、相手を引き込むインターフェイスになっているため、
手に取られやすい。
が、それが欠点でもあり、作者の画力、作風に、表現力が制限される。

230 :名無し物書き@推敲中?:02/01/03 07:56
>>229
想像力に委ねるのが、多様な表現を可能にするのか?
そこらの因果関係を、もっと明確にしてくれないか?
それに小説の文体は、ぱっと見では分からないのか?
宣伝や批評によって漫画に手を出すことはないのか?
作風に表現を制限されるのは小説も同じではないか?

231 :くろとしろ:02/01/03 09:35
要するに漫画は絵なんです。活字と比べちゃいけません。漫画で
活字なのは大抵セリフと擬態音だけでしょ。つまりどうしても
必要な音だけは仕方が無いから書くんですよ。それ以外はいらない。

232 :名無し物書き@推敲中?:02/01/03 12:17
小説は一人で良い物が書ける。連載も可能である。
マンガは一人だと大変。連載なんてもっての外

233 :名無し物書き@推敲中?:02/01/03 19:02
漫画描きのストーリー構成でも、小説好きから入った奴とアニメから入った奴の差はかなりある。
ストーリ構成とか、微妙な心理描写の表現が上手い奴は大体が小説から。さらに設定マニア。

234 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 14:51
純粋培養の、漫画から入って漫画、ってパターンはないの?
あと、月刊誌とかだとひとりでやってる作家さんもけっこういるよー。

235 :名無し物書き@推敲中?:02/01/04 15:05
小説なら、週刊誌の連載が複数でも一人で書く
マンガは一人ではビックに育てない

236 :コピペ:02/01/04 16:53
お金の話はちといやらしいが、
税務署レベルの話で言えば、
申告職業の単純頭割りの平均年収だと、
漫画家>>脚本家>エッセイスト>小説家>ルポライターらしい・・・
まあ、職業としての『漫画家』『脚本家』は、
大まかな文筆業(エッセイスト、小説家、コラムニストなど)に比べ、
絶対数が少ないから割と有利ではあるが。
勿論、売れる売れないのレベルの圧倒的年収格差はどの分野でも自明。

237 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 00:02
おれは年収100万でもいいから小説家になりたい。

238 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 01:11
なんかの統計で読んだが、
商品として流通している印刷物の発行総数のうち、
30〜33%→漫画関係
6〜8%→小説関係
だったような気がする。
んでもって、職業としてのプロ志望者数(賞数×応募者数)
は小説家>>漫画家・・・
圧倒的に需要が少ない方が圧倒的に供給(プロ志望者)が
多いという滑稽かつ矛盾した現実を見れば、
ある意味「小説」と比べた場合の「漫画」の強さは神懸かってる・・・

239 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 14:02
そりゃあ小説は、文字さえ書ければ一応はできるものだから、敷居は低くなり、人口も多くなる。
だけど、ある程度以上の(「見れる」)レベルに達した人数を見れば、小説も漫画も似たようなものだと思う。
全体数だけを見て判断するのは、愚行だと思うな。

たとえば、他ジャンルを見れば分かる。エンターブレイン主催の、創作ゲームコンテスト。
ttp://www.enterbrain.co.jp/gamecon/
このコンテストでは、応募作品のプログラム言語は不問で、
なおかつスクリプトのみでまったくの初心者にも扱えるツクールシリーズによる作品も受け付けているのだが、
応募作品(つまり玉石混淆でのオリジナルプログラム作品・ツクール作品の応募数)は
ゲームコンストラクション作品部門(ツクール) 791
オリジナルプログラム作品部門(プログラム)  37
となるが、第一次審査通過作品(つまりある程度以上のレベルを保った作品群)となると、
ゲームコンストラクション作品部門   59作品
オリジナルプログラム作品部門  13作品
このようになる。
コンテストの性質でオリジナルプログラム作品は集まりにくいというのもあるが、
これだけ応募作品がツクール作品に偏っている事実に反し、
一般に、ツクールに関する書籍よりは、他のプログラム言語に関する書籍のほうが出回っている。

以上のデータを、ツクール→小説、プログラム→漫画、に置き換えて考えてみるといい。

240 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 14:14
冬厨はゲーム作家志望が多いな

241 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 14:14
というか、現実には「小説」の商業的パイ&社会的必要性及び影響力が
年々神懸かって弱くなっているんだけどね(苦笑

242 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 14:40
ヒット作を出せる人間が減ってるってことね。

243 :くろとしろ:02/01/05 15:11
小説は年寄りになっても書けるけど、漫画は書けない。

244 :宮城県:02/01/05 17:26
そうかなあ。

245 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 21:19
239は痛いね

246 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 23:14
出版社勤務の友人の話では、
「一部の堅実なエンターテインメント作家を除いては、
 週刊誌や単行本で優秀な漫画家さんが沢山稼いでくれてるから、
 その他大勢の糞みたいな小説家が本出せるんだぞ!」
とのこと・・・。

247 :名無し物書き@推敲中?:02/01/05 23:19
小説本の編集が漫画の編集より素晴らしいと熱く語って
K川書店の面接で落ちた。
電子書籍を重視して海外まで市場を広げようなど提案するも、
「小説はコミックスと違って売れねんだよ!」で却下。
さすがメディアミクスの帝王。

248 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 02:25
いや小説も面白い長編を最後まで書ける奴の絶対数なんかはかなり低いよ。
同人誌サークルが何十万もあるように、ある程度の絵なら誰でも描ける。
千の言葉を込めた努力と運が重要だね。

249 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 11:32
いわゆる巷のアンケートなどで、
若い世代(十代後半から二十代後半まで)の社会認識の中で、
職業的尊敬度&憧れ度が漫画家>>小説家になったのはもう数年前・・・

250 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 15:22
246が正しいんだろう。売れてる人間がいるからこそ、社会が回っていく。
248も当たり前のことを言ってる。同人誌サークルが何十万とあるかは疑問だが。
当たり前の努力で成功を掴もうとするのは難しいのかな。

251 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 18:35
だから、デジタルコピー技術の隆盛で漫画だろうが小説だろうが
作品の印税で食っていける”プロ”の表現者は将来的に存在できなくなります。
(もちろんアマチュア=同人市場も法の庇護が手薄であるぶん、
 より一層早い段階で崩壊するでしょう)
つまり、全ての表現活動は無償で行う趣味的なものとなり、
漫画も小説も他の仕事を持っている人間が余暇で創作するものになります。
そうなった場合、創作により多くのコスト(手間)のかかる漫画の方が、
文化的に衰退していくであろうことは想像に難くありません。
(小説をアプしているサイトはたくさんあるのに、漫画を無償でアプしているサイト
 は見たことがありません)

故に、遅くとも10年以内には小説>>>漫画が動かしがたい現実になると思われます。

252 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 18:38
>>251
漫画を無償でアプしてるサイトいっぱいあるじょ
http://www.otchy.com/wcrank/

253 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:02
所謂、書籍(小説、雑誌、コミックなど)の購入者の
八割が四十代以下・・・
しかも世代が下に行くほど、書籍購入の内訳は
漫画>>小説になっていく現実・・・
その若い世代が将来的には、文化風評を作り、
一般世論をリードする主要な社会構成員となる。
将来的な話をすれば、今後益々「漫画」と「小説」の
商業的パイ&社会的地位は広がっていく可能性大・・・

↑ てなこと、こないだ新聞で読んだ気がする。

254 :251:02/01/06 19:02
>>252
なるほど、これは不勉強でした。
しかし、漫画=ヒットすれば一般人より稼げるという通念がなくなることが、
多くの志望者たちから創作のモチベーションを奪うであろうという私の意見の
趣旨は理解いただけると思います。

しかし、専業の表現者を目指している人々は、ご自身の人生設計をどう考えているのでしょうか…
これからただでさえ貧富の差が増大する弱者淘汰の時代に、
収入につながらないスキルに精進すると言うのは無謀だとは思わないのでしょうか。
まあ、漫画家ならここ数年以内に億単位のヒットを飛ばして
生涯年収を稼ぎ、逃げ切るという手もあるかもしれませんが…あまり可能性は高くないでしょう。

255 :名無し物書き@推敲中?:02/01/06 19:10
>>254
赤川次郎を目指せ!
書いて書いて書きまくれ!

256 :251:02/01/06 19:13
>>253
ですから、デジタルコピー&頒布技術によって
あらゆる著作物の商業的パイ自体がすべて消えてしまうだろうというのが私の主張です。
個人的意見ですがWINMXをはじめとするP2P技術は、
活版印刷以来の技術革新であると考えています。
どれだけ法で縛ろうとも、著作物は無料で手に入れるという概念が
最終的には大衆に浸透してしまうでしょう。
表現者の懐には一銭もお金が入ってこなくなるわけです。

ただ、そうですね。社会的地位が充分に高くなれば、
漫画が文化財として国の保護の対象になることも考えられますね。
優秀な漫画家は税収から割り当てられた基金で生活し、
創作活動を行うことになるわけですね。
それが一筋の希望的観測でしょう。

257 :名無し物書き@推敲中?:02/01/07 12:11
十年後、「小説」は今の十分の一程度しか
出版されなくなる・・・
という某大手代理店の予測。。

258 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 10:59
内在的に漫画には絶対勝てない・・・っていったの吉本○○だっけ?

259 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 11:29
漫画

絵かけないと
アイディアがあっても没

260 :名無し物書き@推敲中? :02/01/10 11:55
WINMXってこの板では使ってる奴いるの?

261 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 19:07
ねーねー、なんでお金の話になってるの?
みんながプロになるわけじゃないんだし、いいじゃん別に。
ここで語るべきことは、メディアとしてどっちの方がどういう利点があるかって問題じゃないの?

262 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 19:32
なんで「いいじゃん」なんだ? いっちょ具体的にたのみたい

263 :名無し物書き@推敲中?:02/01/10 19:53
商業的観点からの話は、正直不毛だと思う。
みんながみんな、「金になる」って観点で小説/漫画を書いてるわけないじゃん。
それでも書いてる人は、書くのが好きだから書いてるだけ。
同人やってる人がこれだけ世の中に多いのがその証拠。
もし、物を書いて稼ごうなんて考えてる人がいたとしたら、
そんな非現実的で甘い考えの人間の書いた作品の程度なんて、たかが知れてるね。

それに、そんな不毛な議論を続けてて、「出版業界は絶望的です」なんて結論を明らかにしたところで、
このスレッドで得るものなんて、何がある?
それぞれのメディアの得手不得手を明らかにして、物語表現に適切な表現手法だの何だのを模索する。
純粋に技術論としてそういう方向性に持ってく方が、よほどこのスレを有効利用できるんじゃないかい?

とまあ、そんなことを云いたかったのです。

264 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 00:55
>259
小説

文章力ないと
ネタが良くても糞

265 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 01:00
漫画家で、尊敬できる人は萩尾望都だけ
小説家には、尊敬してる人がたくさんいる
特に、志賀直哉らh

266 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 01:00
漫画家志望だけどさ、週刊漫画家は辛いと思うよ。
アシスタントに頼る分が大きいから相当売れないと生活できないかも。
あと、絵は描けるけど話がかけないってヤツが多いらしく、専門学校関係者とか彼の休載漫画家も嘆いていたな。
漫画描こうと思ったら基礎の起承転結はもとより、小説書けるぐらいの構成力が要ると思われ。
冨樫曰く絵描いている暇ないそうだ(w

267 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 01:12
漫画にしろ小説にしろ
いい物語を作るには、構成力は当然!!!!!必要だと思う。
そのあたりをおろそかに考える漫画家志望が多いから
いい漫画家が育たないのかも。
昔は、純文学崩れが漫画家になった。
今は漫画家崩れが(流行)小説家になってたりする。
今後の展開はどうなるのだらう

ちなみに私は、娯楽としては漫画は大好きだ

268 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 12:21
>>265
以前ア○ヒ新聞の読者アンケートでは、
若者(10代後半〜30代前半)の尊敬できる職業は
漫画家>>>小説家らしい・・・

269 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 18:29
小説家の復権は、読者を感動させる大作家が登場しないと無理かもな。

270 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 18:48
>>265は間違い

271 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 19:16
★★漫画で小説より素晴らしい点を挙げよう★★
っていうスレを漫画板に立てたらどれだけ恐ろしい事になるだろう

272 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 19:40
>>269
いくら感動の作が出ようとも、敷居を低くしなきゃ無理だ。
名作と売れる作品は違うよ。そこ混同しちゃ困る。

273 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 20:12
小説に関しては単独での復権は難しいかもね・・・
ただ、質の良いエンターテインメントの提供者という点では、
漫画も映画もドラマも演劇も小説も音楽もというように、
優れた才能の持ち主が複数の分野で活躍するようになるかも。
結局、漫画家も脚本家も戯曲作家も小説家も、
ある意味「使う筋肉」の七〜八割がたは一緒なんだから、
本人がその才能をどこに落とすか、どこに集中させるか、だと思う。

274 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 20:41
>>273に同意。
んで、それぞれのメディアでは、
たとえば漫画なら図解が使えるとか、たとえば小説なら論理的な文章が展開できるとか、
文法の違いから来る、表現の得手不得手があるわけだから、
そういったメディアの利点を照らし合わせて、自分のお話に相応しいメディアを選択する。
それが、そのお話を効果的に見せる方法だと思う。

275 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 21:12
小説にせよ、漫画にせよ、既存のお約束ネタに頼っている限りは衰退しか
道はない、という点では共通していると思う。
もう男女の不倫の話やケンカの強い不良少年の話などではウケんだろう。
これからは、現実をノンフィクションでなく完全な娯楽フィクションにする
ようなテクニックを見せんかぎり、作家は生き残れないと思う。
例えば、朝鮮総連をモデルにした組織の裏金作りの物語とか、菅直人を
モデルにしたキャラクターがチベット人虐殺を応援する物語とか。
もちろん、必ず誰かから恨みを買い、時には命すら狙われるようになるかも
しれないが、ここまでやりでもしなければ今後は読者を得ることなんてでき
ないような時代がくるかもしれないぞ。
「作家とはテロに狙われる覚悟を持った人でなければなってはいけない職業である」
という時代がね。
最大の問題は、そういう物語を理解できる編集者がいるかどうかなんだけど。

276 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 21:23
あげ

277 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 22:02
小説は右肩下がりだが、漫画はまだ増大の余地ありというのが、
出版社の見方らしい・・・

278 :名無し物書き@推敲中?:02/01/12 23:19
物語に関しては「間」が重要かな。
間は小説にも重要だけど、漫画の方が扱いやすいと思う。

ただ、いちいち描写に手間がかかるのは漫画。

279 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 10:13
>277
それって、玩具メーカーや食品会社とのタイアップ漫画の需要が見込めるから、という
文化性ゼロの理由からかな?
力のある漫画家の多くは「漫画は伝統工芸のようになってしまうだろう」と見ているんだけど。

280 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 12:01
飽和市場と呼ばれる小説も質の良い作品は不足しているようで。
今氾濫しているのは駄作だろうが。

281 :名無し物書き@推敲中?:02/01/13 13:29
>>271
確かに恐ろしい結果になったみたいだよ。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1010831714/

282 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 01:03
抽象的な表現だが、
小説は読みたがる人より、書きたがる(批評したがる?)人が
増えたことも大きな衰退の原因だと思ふ・・・。

283 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 19:39
某出版社の編集長曰く、ネットでの大量のオナニー小説の垂れ流しが、
「小説」=面白くないもの という一般人への先入観を作っているというが・・・

284 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 19:58
それだけじゃないと思うけどな
だってネットで人気がある小説って、ハッキリ言ってシナリオみたいなの多いもん
読むほうの意識が変わったんだろ

285 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 19:59
そーかねえ。ずいぶんと妙な考えをする編集長だね。
ネットに溢れるオナニー小説など誰も見んよ、もとから。
小説を大衆から乖離させる一番の原因は、無意味に小説を芸術たらしめようとする世の風潮なんじゃないのかね。
読書が趣味だっていうと高尚だと思われちゃうあたり、そういうのを如実に感じる。
文化は、生活の場を離れたとき、その生命力を失うんだよ。

286 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:00
そうだな

287 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:12
小説=芸術と思わせたい&思われたいのは
一部の勘違い作家&団塊世代の生き残り編集者だけであって、
世論はとっくに見放してる&社会的影響力を感じていないと思ふ。

288 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:13
>>283-286
すげぇ(笑)。時間帯が込み入りすぎて、誰がどれに賛同/反対してるのかさっぱりだ。
ちなみに私は286に禿同。

289 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:53
そういえば、ギャグ漫画はあるのにギャグ小説ってないよな。
“芸術”ゆえにお高くとまっているためかな?

290 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:57
ユーモア小説家を殺せるセリフ……
つか、>289、本屋へ行け

291 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:13
>>285に同意。
>ネットでの大量のオナニー小説の垂れ流しが、
>「小説」=面白くないもの という一般人への先入観を作っている
なんて言っちゃう編集長が存在するってのも、
文芸衰頽の理由の一つなのかもな。

292 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:21
要するに、なんか流行っぽい他のメディアのせいにしとけば、
自メディア自体が衰退してるわけではないという面目が
保たれるからじゃない?

293 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:23
>>289
中島らもは?

294 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:28
「ユーモア小説」「コメディ小説」はあっても、
「ギャグ小説」ってほとんどない気がする。

295 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:35
結局、衰頽して行くメディアってのは、
大衆から「選ばれていない」それだけなんだよな。
色々原因はあるんだろうけれど。
ゲームやアニメや、マルチメディアがもてはやされる昨今、
小説がその中で、より伝わりにくい媒体になって来ている事は確かなんだろう。
手近な娯楽が「小説本」しか無かった時代から、漫画が出来て映画が生まれて、
ビデオが普及して、アニメやゲームが出来て、
お部屋サイズの娯楽の対象がこれだけ分散してるんだもん。
ウン十年前に比べて小説が読まれなくなって来てるのはしごく当然でもあるんだろう。

296 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 21:44
>>289
『直感的に笑わせる小説が無い』ってだけだろ。
たしかに絵見ただけで笑える漫画は多いけどな、
文章で笑わせる小説だって有る。
もっとネギ食えネギ。

297 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 09:37
     

298 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 14:23
小説の方がマンガよりも密度が濃い。

299 :名無しさん@お腹減った:02/01/20 15:31
どちらも、人の心を打つことに変わりはない。

300 :妄想100%バカ:02/01/20 16:25
小説でも、やりようによってはギャグできるんじゃないのかな?
今回変わったの書いてみて思ったよ。

301 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 16:31
視覚的なオチを
読者の想像に頼らざるおえない点がマイナスでは。

302 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 16:39
ギャグってのは、提示されるふたつの情報の落差が基本だから、
文字だけの小説が、文字と絵の両方を使える漫画に劣るのは、仕方ないんじゃないかね。

303 :一読者:02/01/20 16:40
視覚的なオチを、
読者の想像のままに膨らませる事が出来るのが
小説の大好きな点ですが。

304 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 16:46
漫画も小説も随分読んで来ましたが、
漫画では泣いたり笑ったりした事はあるけれど、
心の底から衝撃を受けたり感動した事は今までない。
小説では、そんな経験が何度もある。
そんな単純な理由で漫画より小説が自分にとっては素晴らしい。
今後読むものによって変わって来るのかもしれないけれど。

305 :名無し物書き@推敲中?:02/01/20 20:05
漫画「魔人-DEVIL-」(全二巻)読んで感動したよ。
まぁ、小説の方が深く突き刺さるだろうけど、ね。

306 :名無し物書き@推敲中?:02/01/21 11:27
おいおい、そんな主観的なこと云われても、優劣の証拠にゃならんよ。
どっちのが感動するかって全国アンケートでも取って、統計学的に決めてみるかい? ナンセンス!
もうちょい客観的論理的に話を進められんかね。仮にも物書きだろ。
せめて「何故小説の方が感動するか」の分析くらいはしてもらいたい。

307 :.:02/01/22 00:29
私が感動するのは、自分で及びもつかないことを気づかされるときやな。主観。

308 :名無し物書き@推敲中?:02/01/22 05:15
何故、感動するのかがわかってりゃ、
もう本がミリオンヒットしてるっつーの。

309 :名無し物書き@推敲中?:02/01/23 00:31
分かってても、書けるかどうかはまた別だ。
たとえば親しい人が死んで喪失感に苛まれる話は感動するぞ。白い犬となんとやらとかな。ほら書いてみろ。

310 :名無し物書き@推敲中? :02/01/23 00:42
>>305
大暮の漫画なんざで感動すんなよ、ボウヤが。

奴の売りはアクションとエロだよ。
それ以外求めたらダメ、ダメよ。

311 :.:02/01/23 11:32
>310
いや、「宇宙の全ては死に集束していくように作られている」と、「知恵で敵を倒す」、「知性の高い人間が最強の生物」という三点に感心した、ってだけかなあ。

別に、ボウヤでもいいよ。
ニルスで感動できるんだから。

312 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 11:15
>>309
だから、何でそれに感動するのさ。人間は。

313 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:09
>>312
要するに感動は緊張と緩和であり、不安と充足だよ。人間の感情ってのは突き詰めりゃ快と不快の二極なんだから。
……とかなんとか自説を披露するのはできなくはないが、めんどいからやんない。
そもそもここは物語構造の観点から感動を語る場じゃないしな。
テレビの仕組みが分からなくてもテレビが見れるのと同じく、感動の本質が分からなくても、感動の物語は書ける。
とりあえず人の生き死にを扱った話が感動するってのは自明だろ。それとも本当に、それも分かってないのか?

さて。白い犬となんとやらは、感動の物語によってミリオンセラーとなった。
君が同じ感動の物語を描こうとも、たぶんそれほどは売れない。
なぜなら白い犬は、優れた演出によって、そのストーリーを味付けしているからだ。
あ、出版の戦略やら宣伝やらの話は、まためんどくさくなるから云うな。

とにかく、だ。
感動は純粋に物語構造によってのみ呼び起こすものじゃない。
演出とか文法とか云われるものに、その存在は大きく依拠している。
>>309では、そういうことを指摘したかったんだわ。

それでだよ。こっからが本題だ。私が>>306で云いたかったことはつまり、
小説と漫画、どっちの「文法」が、どういう点で感動を演出しやすいか、それをきちんと考えろ、ってことだ。
同じ物語があったとする。小説と漫画(もしくは映画、演劇、なんでもいい)それぞれで表現した場合、どっちにどういう利点があるのか。
そして結局、どういう物語が、どういう点でどういうメディアでの表現に適していて、どういう表現を使ったときその物語がもっとも効果的に演出できるか。
ここはそういうことを語るスレだと思っていたんだが、如何か。

ってことを云いたかったんだが。ちょっと言葉が乱暴すぎたな、ごめん。

314 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:38
>>313って典型的なバカタイプだね
>>309に禿同意

315 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:41
>>281
おまえが立てたの?
確かに恐ろしい結果になってるけど。
小説の立場的に恐ろしい結果じゃなくて、スレの立場そのものが恐ろしい結果になってるじゃん。
ちゃんと責任もって育てろや。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1010831714/


このスレだって最初は糞スレだったけどここまで名スレに育ったじゃねえか

316 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:43
>>313>>309って同一人物なんじゃ?

317 :名無し物書き@推敲中?:02/01/25 23:44
>>314の訂正

>>313って典型的なバカタイプだね
>>305に禿同意


318 :312:02/01/26 07:02
根本的に、313と俺の意見が噛みあってない……。

319 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 07:25
313は文読んでの通りバカそのものだろ・・

320 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 10:27
才能は目に見えないから素晴らしいんだ。

321 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 19:20
>>317、319
どこらへんが? バカだから分からんので、教えてくれると嬉しい。

>>312
噛み合ってないも何も、意見らしい意見述べてないだろ。
いつ君が、小説と漫画を比較した?

322 :312:02/01/26 22:25
だから噛み合ってないっつーのに……。

だいたい俺だけじゃなく、お前だって比較の意見述べてねーだろ。
分析しろとかいう前に、自分で分析してくれよ。
それとさ、「白い犬となんとやら」って何?
例を上げたいなら、ちゃんと調べてからにしてくれ。
そこらへんで煽ってる奴の相手なんてしてねーでさ。




323 :312:02/01/26 22:27
>感動の本質が分からなくても、感動の物語は書ける。
>とりあえず人の生き死にを扱った話が感動するってのは自明だろ。

死ねば感動する?随分安っぽい価値観だな。
少なくとも俺は、そんな押し付けがましい感動作品は読みたくないね。
物語の構造より、演出や文法で感動するってのには俺も同意するけどさ。
お前のこの論理には、物語の構造より演出や文法が(・∀・)イイ!!と感動するって根拠がないじゃねーか?
こんなこと書いて矛盾を感じないの?

お前の例えを持ち出せば、
「テレビの仕組みがわからなくとも、テレビは見れる。
だけど、テレビの仕組みがわからなきゃテレビは作れない」けど何か?


324 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 22:40
>>323
おそらく自分の主観でしかものが見えていない阿呆だと思うから意見が噛み合わなくて当然でしょう

325 :名無し物書き@推敲中?:02/01/26 23:55
いや、論点がずれていることを指摘するためにレスを費やしちゃならんのか?
そもそも噛み合う意見もないってのに、何のどこが噛み合ってないと君は云うんだ。
ちなみに別に、私は君に意見を強要してなどいないぞ。ただ「噛み合ってない」発言に反論しただけで。

私は、とんでもない方向に向かって戻ってこない話の流れを戻すために発言した。それだけだ。
新スレで話題を振るわけでもなし、話の流れを整える役割だけこなしても構わんだろ。
もしそれでも私の意見が聞きたいってのなら、とりあえず既に、>>226とか>>274で述べてある。
これで文句ないな。

「白い犬とワルツを」、つい最近ベストセラーになった、割と有名な小説だが?
簡単にストーリー説明すれば、妻を亡くした男が心の隙間を埋める話だ。
知らんかったなら、既知のものとして話を進めた私が悪かった。ごめん。

>死ねば感動する?随分安っぽい価値観だな。
……いや、普通に、一般論を述べたんだが。
そこいらに溢れてる安っぽいドラマや三流小説見れば、一目瞭然だろ。
小林秀雄も云ってるが、人間の不安の源泉ってのは、突き詰めれば他者と死だけだ。
その源泉のひとつをモロに表現してるんだ。モチーフとしてはこの上なく有効だぞ。
ま、安易にそういうの使った作品読みたくないってのは同意だ。

>お前のこの論理には、物語の構造より演出や文法が(・∀・)イイ!!と感動するって根拠がないじゃねーか?
読み違えてくれるな。誰も物語の構造を軽視してるなどとは云ってない。
だがここは、漫画と小説を比較するスレだろ? なら物語の構造については語るな。
このスレでも、三百を超えるレスのうち、どれだけトピックから脱線してきたよ?
ちゃんとした話がしたいなら、論点をきちんと把握して、余計なことは黙ってろ。ってーことだ。

>だけど、テレビの仕組みがわからなきゃテレビは作れない
じゃ、ちょっと言葉を変える。「テレビを作るときに、ダイオードやプロジェクターの細かい部品を理解する必要はない」ってことで宜しいか。


>>324
「思うから」か。わはは。確かに自分の主観でしかものが見えていない阿呆だ。
とりあえず君とは意見が噛み合いそうにないのは分かった。

326 :312:02/01/27 01:59
あのさ、長文レス返してもらって悪いんだけど。
だったら俺のレスなんて、最初から無視すればよかったんじゃねーのか?

長文のわりに中身が無いし。
脱線から修正するカキコのわりには、俺の問いに対する答えも無いし。

やっぱ噛み合ってないよ。


327 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 03:28
小説→漫画→アニメ、もしくは小説(脚本)→映画
が本来の流れなんだよ!日本でハリポタ並の小説が出れば間違いなく漫画
とか映画も出る。バトロワとかがイイ例。
つまり、世界観が完璧に出来あがっていればアニメみたいに全部視覚で
表現できる。感動する小説が書けない奴には感動する漫画も描けない。

328 :309:02/01/27 15:13
いや……長文レスでなくていいなら、私が云いたいことは>>306>>309でおしまい。
そこいらに君がレスしたから、補足説明した。それだけだが。

無視すればいいって……それじゃ話が発展せんだろ。
レスされて、その意見に思うところがあればレスする。当然のことじゃないか。

で、問いってのはどれのことだ? 「何でそれに感動するのさ」のことか?
だったら、「どうでもいい。ここはそれを語る場ではない」。そう繰り返し云っている。
つーか、そもそも君、私の発言読み違えてないか? >>306で私が云ったのは、
「何故感動するか」ではなく「何故『小説の方が』感動するか」を分析しろ、ってことだぞ。

もし私の長文が嫌なら、もうちょい君が詳しく書き込んでくれ。
君の意図がよく分からなくて、推測で書くからこれだけ長くなってるんだが。
根本的になんか私が勘違いしてるならすまないが、ならどこが噛み合ってないのか、具体的に教えてくれ。

329 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 21:09
こいつ必死だな(w

>>326
無視できなかったのはプライドだけは高い馬鹿だからだろうな
こんだけ長文書いてるのに、みんなからどんどんアホ扱いされはじめていく馬鹿で
それに対してブチキレまくりの高いプライドw



330 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 21:16
↓結論

331 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 21:50
どっちもどっち

332 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 01:19
電波1人で必死になって自分の偏った主観押しつけようとしてるだけ

333 :312:02/01/28 05:41
だから、答える気がないならレスるなっつーの。
大した意見を言ってない俺に、何でそんなつっかかるのかがわからん。

あと、わかってないと思うので一応言っとく。
俺は305のレスした奴じゃない。

334 :名無し物書き@推敲中?:02/01/28 10:03
>何でそんなつっかかるのかがわからん。

単細胞だからでしょ


335 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 01:12
漫画は芸術ではない。絵を見せるものではないからだ。
漫画は文学ではない。小説よりも説得力に欠けるからだ。

漫画はこれ以上のない最高の「娯楽」であり「風刺」である。

336 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 02:24
>>335
小説だって大半が娯楽だよ。

337 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 03:04
えーと、個々のメディアの表現の可能性が、含む含まれるの関係にあるかどうかってことでしょ。
重複しない部分があるのならそれで意義はあるわけだし。私の疑問はワーグナーは映画監督を目指すのかってことなんだけど。

338 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 03:15
309か
久々に電波のつよい厨房を見たなぁw


339 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 09:29
あれだけ粘着してた309が大人しくなったな。
結局>>333のレスで自分の愚かさを自覚したのかな


340 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 09:36
まあ、そんなとこです。

341 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 13:46
漫画があれば、小説はいらないってのはちと納得いかない。
漫画と映画とゲームと・・・等すべての娯楽メディアがたばになれば
小説はいらない、と言い切れるかもしれない。
小説ってのは、心情、社会風刺、悲哀、歓喜そういう、人類普遍の
テーマを扱うのに、もっとも適した方法だと思うから、捨てがたい。
では漫画はそういうものをかけないのかっていうと、絵が前面にでてる
だけあって、抽象的なものを描くのは、キャパシティー的に大変だ。
もちろん、小説並にかきこんである漫画もあるが、そういうものは
真っ向からテーマにいどんでいても、どうしてもうまく匂わすことで
読者の本能的な直感に訴える結果になってると思われ。
そのかわり、視覚的な効果とか、分かりやすさといったものは、はるかに
漫画の方がすぐれている。
ただ小説をまったく読まないという穴は、かなり埋めがたいとは思う。
小説を読むことはストーリーの構築を学ぶことだから。小説を漫画に
直すのはけっこうたやすいが、漫画を小説に直すのが難しい、(っていうか
できあがったら別物になってるだろう)というのを考えると、小説は
その本のひとつの世界を作り上げるのがたやすいことが分かるだろう。




342 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 14:13
良いものはジャンルに関わらず良い。
それが漫画だろうと小説だろうとね。
漫画とか小説とかにこだわらないようにしています。

343 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 23:21
どっかの雑誌に書いてあった各ジャンルのプロ志望者の総人口
小説家>>漫画家>脚本家>映画監督

んでもって、各ジャンルのプロ志望者の平均ポテンシャル(プロとの平均能力差)では、
映画監督>脚本家>漫画家>>小説家だった・・・

独り善がりの志望者が一番多いのが小説ってこと・・・?

344 :名無し物書き@推敲中?:02/01/29 23:53
そりゃ、小学生でも文章らしきものなら書けることは書けるからね。
敷居が低くなればなるほど、裾野が広がるのは当たり前。
でも、脚本家と漫画家の位置が解せないなあ……そこは単に、人気の差?

345 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 00:39
小説にしか出来ない構成があると思う。
映画と漫画では理解不能となるところが、小説ではいくらでも説明できる。
作者だけがみている物語全体のビジョンが伝わりやすい、と思う。

良い面しかみてない意見ですが。

346 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 02:10
309出てきて反論しろよ逃げるなヴォケ

347 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 07:19
http://www.ff.iij4u.or.jp/~fjk/
小説更新してくれよ〜たのむから!

348 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 10:45
 

349 :名無し物書き@推敲中?:02/01/30 21:57
>>327
ハリーポッターで満足出来るなんて羨ましいよ。

350 :327:02/01/31 00:02
>>349
ハリポタで満足できん・・・
読みにくいし世界観も好きになれない。

351 ::02/01/31 00:44
具体的に。
叙述ミステリーというジャンルは、小説では表現できるが、漫画では
表現できない(と思う)。

352 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 01:14
309は逃げたか

353 :309:02/01/31 12:25
私が今更出てもウザいだけだと思うんで、もしそうだったら無視しといてくれ。
>>333 すべては私の勘違いだったわけか。すまんね。
あとついでに>>346,352、私を煽って荒そうってなら無駄だよ。
私は少なくとも自分の考えを一貫させてるつもりではあるんで、マトモになんか問い詰めたいことあるならいつでもどうぞ。

354 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 13:03
>私を煽って荒そうってなら無駄だよ。


誰もおまえの考えに共感を示さなくてお前が叩かれてるだけだろ。


355 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 13:12
>>354
>>誰もおまえの考えに共感を示さなくてお前が叩かれてるだけだろ。

>>312あたりで
>>346 >>352はただの煽りだと思うが?
>>309>>309で煽りに反応して出てこなけりゃいいのに・・・。
所で最近、他人の主観を否定して
自分の主観や思考を押し付けたがる奴が要るけど同一人物?

356 :309:02/01/31 13:52
>>355
別に押しつけてるつもりはないんだけどな……
ちゃんと、私の意見の「どこが」変かを指摘されたら、意見変えるよ。
ただ、みんな「噛み合ってない」「電波だ」としか云わなかったっしょ。
それじゃ、何がどう違うのか分からないじゃん。
私はそれが嫌なんよ。だから、何か云われたら必ず、長文を費やしても、
「何が」「どうなのか」自分の意見を述べるってスタンスを取った。
ま、それがウザかったみたいだけどね。
とりあえず私が書いたのは、>>263 >>285 >>302。以上。

あーあ。また粘着だとか云われるんだろうなー。粘着でも、言い捨てよりはよっぽど生産的だと思うんだけどな。
もし私に「もう出てくんな」とか云いたかったら、言い捨ての方が生産的だって私に納得させてね。はぁと。

357 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 14:30
>>356
>>お前の例えを持ち出せば、
>>「テレビの仕組みがわからなくとも、テレビは見れる。
>>だけど、テレビの仕組みがわからなきゃテレビは作れない」けど何か?

ざっと読んだだけだから違うかもしれないけど↑の辺りかな?

>>テレビの仕組みが分からなくてもテレビが見れるのと同じく、感動の本質が分からなくても、感動の物語は書ける。
>>とりあえず人の生き死にを扱った話が感動するってのは自明だろ。それとも本当に、それも分かってないのか?

主観を押し付けるってのはここら辺では?

358 :309:02/01/31 22:41
あー、なるほど。ようやくすっきりしたよ。
確かに押しつける口調になってるな、謝罪する。

で、気付いた。よーやく気付いたわ。
要するに私が徹底的に意見交換しようとしてたら、話題が脱線してったんだね。
余計な話やめとこうぜ、と云いながら、私が余計な話ばっかしてたわけだ。こりゃ確かに電波だな。
すまんね、312、みんな。逝ってきます。

359 :名無し物書き@推敲中?:02/01/31 22:44
モンスターはそこらへんの小説より奥が深いぞ!

360 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 03:27
うわあまた309が暴れ出したのかよ。
良スレだったのに嫌なやつがすみついちまったなあ

361 :名無し物書き@推敲中?:02/02/01 12:26
>>360
嬉しそうだな?
ホントにイヤなら放置すりゃいーのに。


362 :312:02/02/01 15:56
まったくだ。

363 : :02/02/02 01:07
旦那のオパーイを舐めるのが大好きなエロエロ主婦が立てたスレだ。
なんでもこのスレが900までいけば旦那が好きなだけオパーイを舐めさせてくれると約束したそうだ。
だからなんとしてもこのスレを900まで行かせたいらしい。
というわけだからおまえらも協力してやってくれ。
連続コピペ、大型AA、トリップテスト、なんでもありだ!
900まで行ったらお礼として、後日、旦那オパーイなめなめパラダイスの感想レポートを報告してくれるそうだ。


旦那のオパーイをなめたい
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/ms/1012564574/

364 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 09:16
あーあ、とんだ駄スレになっちまった

365 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 13:01
ちょいとごめんよ。

>>309の粘着スタンスはこのスレのドライな雰囲気には、
確かに合わないかもしれない。いや、合わない。合うわけがない。
立ち位置も語り位置もずれっぱなしだ。

ただ、>>309の意見に対し、>>312以外、誰一人として
四つに組んだレスを返さなかったのはスレ住人としては不味かったのではないか?
それは>>309は指摘したと思うが。
>>312も、自分の意見というより、気分を述べただけに留まったようだけどな。
プロポジションとしては失敗だよ。

俺も久しぶりに、一人の長レス議論厨と数多の叩きとの図式を見た。
>>309はもう現れないと思うが(多分ね…)、
今度来たら、議論には議論で応戦するくらいの気構えはあったほうがいい。
多分、心ならずも>>309は、ここで彼に噛み付いたあんたがたの「議論ベタ」を
白日の下に曝け出す役目を担ってしまった。

あ、俺?
傍観者としてこういうふうに見てる奴だっているってことさ。
面倒だから、>>309がいた時には声かけなかったけどね(藁

366 :名無し物書き@推敲中?:02/02/02 17:25
>>355

>所で最近、他人の主観を否定して
>自分の主観や思考を押し付けたがる奴が要るけど同一人物?

イコール厨問題は穴本家スレでも見たけど、
繋げて考えないほうがいいんじゃないの?
あと、こっちもどっかのスレでこの309と
同じようなレス調子のレスを読んだけど、
コテでもないんだからほっといたほうがヨカとオモタけど。

でもこんな感じのスレ、とうに絶滅してたとオモタけど、まだあったんやね…

367 :312:02/02/02 21:19

(´-`).。oO(なんでこんな事になったんだろう?)

368 : :02/02/03 04:38
365=309だね

369 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 04:42
しー

370 :名無し物書き@推敲中?:02/02/03 06:56
309と312、先に噛みついたのはどっち?

371 :365:02/02/04 00:47
>>368
妄想ご苦労さん。違うよ(藁
しっかし、本当にここのスレは厨房が多いな。

372 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 02:56
371のレスを見て365=309だったと信じる気になった。

373 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 04:54
漫画の絵が嫌いだったらどうしょうもないだろ?

374 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 05:38
>>372
レスありがとうよ、イコール厨(藁
では>>309に再登場願おう。

375 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 12:28
粘着なところが309にクリソツ

376 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 12:31
漫画は既存の家に似ている。
小説は注文建築に似ている。

377 :名無し物書き@推敲中?:02/02/04 22:41
309は365に似ている。
365は309に似ている。

378 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 20:31
>>309はもう現れないと思うが」とか書きながら
「では>>309に再登場願おう。」っていうのが、あからさまに矛盾してるな。

379 :名無し物書き@推敲中?:02/02/05 21:08
その辺は是非本人(374=365=309)に説明してもらいたいね

380 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 08:19
そうだねw

381 :名無し物書き@推敲中?:02/02/06 22:01
365は「では>>309に再登場願おう。」と書きつつ309が現れないことで、
読みが外れてる=別人、という式を成り立たせようとしてると妄想してみるテスト。

382 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 00:39
まあ>>365を読めば、>>309なのバレバレだけどね。


383 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 07:25
代表的な小説雑誌の部数 10万冊
代表的なマンガ雑誌の部数 100万冊
小説って売れない

384 :名無し物書き@推敲中?:02/02/07 09:21
Dragonballの魔人ブウ→チビブウと戦闘ブウ どっちが強い?

魔人ブウは

・最初のデブブウ
・デブブウを吸収した戦闘型体型の戦闘ブウ
・デブブウを引き剥がされて本来の状態に戻ったチビブウ

大きく分けて、この三段階に分かれるが
DBの議論になるとすぐ、戦闘ブウとチビブウで
どっちが強いか?の解釈がまっぷたつに分かれる。
ある人は「戦闘ブウのが強い」といい、ある人は「チビブウのが強い」という。
完全に真逆で対立しているのだが。
あなたはどっち??


さあ!!議論はこちらで!!↓

DBの魔人ブウ→チビブウと戦闘ブウ どっち強い?
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1013014577/


385 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 19:06
  しらねーよ

386 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 19:12
>383
ジャンプは600万部だろ?


387 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 23:04
>386
それは漫画バブルの頃の話。
今は300万部だよ。

388 :名無し物書き@推敲中?:02/02/17 22:10
  

389 :暇な男:02/02/18 00:26
漫画は絵で表現しているから人物がハッキリしているが

小説はある程度自分の理想の人物(顔等)
だと思える

390 :これだす:02/02/18 06:05
小説のほうがいい点その1
389と同様。マンガでもアニメ化されると声がちがう!と思うことがあるように、、、
その2 時間あたりの単価がやすい(笑)

391 :名無し物書き@推敲中?:02/02/18 12:32
なんか話がループしてるな……
誰か過去ログまとめないか?

392 :名無し物書き@推敲中?:02/02/21 17:33
表紙に主人公の顔のイラストが載ってたりすることがあるのは
なぜ?
出版社にとっては、ライトノベルなんてのはマンガの代用品という認識しか
持ってないということ?

393 :名無し物書き@推敲中?:02/02/22 06:29
>>391


(´-`).。oO(任せた)

394 :名無し物書き@推敲中?:02/02/22 06:32
>>392
それは
表紙イラスト・挿絵の人は、表現者ではないという発言かな?

395 :名無し物書き@推敲中?:02/02/23 14:02
>>394
違う違う。
このスレの流れでは、小説のメリットは、読者の想像力にゆだねられている部分が大きい、ということでしょ。
だけど、ライトノベルでは、「このキャラはこういう顔ですよ、この街はこんなたたずまいですよ」と
前もって示して、読者の想像力をしばっちゃってるの。
小説のメリットをわざわざ殺しているわけ。
なんでそんなことするのか、というと、想像力なんか使うのメンドくさい、という読者に
ラクチンをさせてあげよう、という出版社の配慮としか考えられん。
だけど、そんな配慮してくれるんなら、最初からマンガ読むわい!とオレは思う。
実際、ああいうことされると(絵柄が自分の好みにピッタリの場合を除き)
うるさくてうるさくてしょうがない。

396 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 14:08
ライトノベルを小説的観点から見るから、そういうことになってしまうんだと思われ。
漫画家と、その原作者の関係に近いんじゃないか?ライトノベルの場合。

397 :名無し物書き@推敲中?:02/02/24 22:36
とり・みき『マンガ家のひみつ』に収録されている、とり・みき×ゆうきまさみの対談で、
ライトノベルにおける表紙・挿絵の存在は、
単にかわいいキャラの絵が載ってりゃ読者はくらいつく、売れる、という程度の認識しか
出版する側は持っていない、だそうだ。
絵と小説とが一体となって作品を構成している、という認識はない。
(じっさいに読んでもそういう姿勢は感じられる。)

ティーンズに対して、本格的な小説を読ませるための経過的な措置として
そういうことやってるのなら、まだ分かるが、「呼び水」になっているのかも疑問だし、
だいたい最近は成人向けの小説にまで、その手の表紙が現れたりしている。

つまり、だ。
このスレで、小説の素晴らしいところは想像力をはばたかせられる余地が大きいところだ、
という話をしている一方で、
そういうメリットを出版社のほうでは全然メリットと思っていないとするなら、
小説の未来ってどうなるんだろう……ということを考えてしまいます。

398 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 00:02
 

399 :名無し物書き@推敲中?:02/02/25 02:30
ライトノベルと一般の小説を同列で論議しちゃあマズイと思う。
ライトノベルってマンガから派生してきたジャンルなワケで、容姿なんかが縛られるのは必然。
アニメとかマンガとかメディアミックスと切っても切れない関係だし、絵がなかったら同人とかどうしようもない。

ただ、出版する側の人間が表紙のアニメ絵を単純に呼び水として考えてるような。
いいかげんどうにかしろ、って感じのルーチンワーク。吐き気がする。

まあ文芸誌にアニメ絵が載るようになったら、小説の未来でも考えるべきかと。

400 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 00:28
「わさび抜きの寿司」って感じかねえ? ライトノベルってのは。
お子様の口にあうように合わせた、という。

401 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 00:38
でも「わさび抜きの寿司」がないとダメだろ?
誰も普通の寿司食わなくなったら意味ねえだろうし
俺はライトノベル読むことはないけど、その重要さは認めているぞ

402 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 04:49
>>401
おおむね同意。
このジャンルが売れてるってことが、必要とされてる証。


(´-`).。oO(作者側の都合なんて、読者はかんがえちゃくれねーよ。)

403 :名無し物書き@推敲中?:02/02/26 14:30
ただ、ライトノベル板に行くと、
わさび抜きの寿司にすっかり満足してしまい、
「わさびの入った寿司にもいずれ挑戦しよう」という気など毛頭ない人が
けっこういるみたいで……。
だったら意味ないじゃん、と。

気になって本屋に行って、大人向け小説の表紙だけ眺めてたら、
表紙にキャラの顔を描くにしても、抽象度を上げたり下げたりして、
読者の想像力をできるだけしばらないようにしているのは、
さすがプロのイラストレーターは違うな、と感心した。

404 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 00:54
ライトノベルなんて議論の対象になるか!
バカ向けのバカが書いてるもんだろーが!
このスレではマンガ擁護派の方が優勢みたいだが、
本当に大人が読めるマンガってあるのか?
あるなら具体例をあげてくれ。

405 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 01:49
ラブひな!!!
ラブひな!!!!!
ラブひな!!!!!!!!!!
ラブひなは、大人の鑑賞に耐えられるんだぞ!!!

406 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 22:10
作品の良し悪しなんて
個人の感性の問題だろーが。
だいたい、ここに大人の鑑賞に堪えられる漫画っての上げて、
お前にソレがホントに堪えられるのか判断できるのか?
>>404



407 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 22:32
小説を書ける漫画家がいたら、最強の表現力だと思うんだが・・・


408 :名無し物書き@推敲中?:02/02/27 22:43


(´-`).。oO(折原みと……。)

409 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 06:15
>406
できないよ。
でも、あると思うなら上げてみてよ。
できれば読むから。

410 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 14:44
>>409
スラムダンク、攻殻機動隊、ピンポン、ゴールデンラッキー、寄生獣、パトレイバー、
さくらの唄、トーマの心臓、無能の人、グラップラー刃牙、あずみ、日出処の天子、
羊の唄、ぷりぷり県、無面目、二千一夜物語、綿の国星、デビルマン、
とりあえずこれ全部読めば、一冊くらいは波長の合う漫画はあるのではないでしょうか?
でも、もしも生まれてこのかたほとんど漫画を読んだことがないのであれば、漫画の善し
悪しを判断する以前の問題ですので、少年ジャンプ等を数週分通読して、漫画の読解力を
つけるところからはじめるといいと思います。

411 :名無し物書き@推敲中?:02/02/28 20:23
少年誌は駄目だ……
漫画を馬鹿にする人って、少年誌だけ見て判断してるんでないかと思うが。

412 :名無し物書き@推敲中?:02/03/01 00:04
最近は大人向けの小説にも、分かりやすさ・読みやすさ重視路線が出てきてるぞ。
時代小説なのに、登場人物の思考様式がまるで現代日本と同じ、とか。
読者に想像力を使わせまいとしてるとしか思えん。
それが売れたり、評論で高く評価されたりしているのを見ると、なんとかしてくれ!と思う。
ライトノベルを笑っている場合じゃない。

413 :妄想百%:02/03/01 00:18
コマや吹きだしを気にせず、長い台詞がいえる。

414 :406:02/03/01 05:52
>>409
最近の漫画で言えば、
週刊モーニングの「ブラックジャックによろしく」
有名どころでいけば、「バガボンド」かな。
「バガボンド」は、吉川英治の「宮本武蔵」を原作にしてるけど、漫画ならではの切り口で楽しめると思うよ。

あとは週刊ビックコミックスピリッツの「昴」とか。
「昴」なんて、絶対漫画でしか描けない表現だと思うよ。

まぁ、どれも内容は曖昧にさせておくから、気が向いたら見て。
いい漫画なんて、自分で探す気になれば、いくらでも見つかるよ。


>>413
制限の中で生きてこそ、
「表現」だとも言えるのでは?

それに、小説の長ゼリフも見た目いいもんじゃないと思うが。

415 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 01:33
おっぱいシャブりたい

416 :名無し物書き@推敲中?:02/03/13 01:35
つい最近隣の家が夜逃げしちゃったんです。どうしたらいいんでしょうか??こんなとこできいてもしょうがないんですが・・・

417 :406:02/03/13 04:20
>>416
案外近くにいるもんだよ……。

418 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 09:13







?!

419 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 09:37
ミ,,゚Д゚ノ,っ━~  < オナニーの邪魔をしないでくれたまえ

420 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 16:32
              ▓▓
              ▓▓
              ▓▓
              ▓▓
            ▓▓▓▓▓▓
          ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
      ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
    ░░░░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
  ░░░░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
▓▓░░▓▓▓▓▓▓░░▓▓▓▓▓▓░░▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓▓▓░░▓▓░░▓▓░░▓▓░░▓▓▓▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓▓▓░░▓▓░░▓▓░░▓▓░░▓▓▓▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓██▓▓░░▓▓▓▓▓▓░░▓▓██▓▓▓▓▓▓
▓▓▓▓▓▓████▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓████▓▓▓▓▓▓
  ▓▓▓▓▓▓██████████████▓▓▓▓▓▓
      ▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓▓

421 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 18:22
人の痛みのわからない人間になりたくないな

422 :名無し物書き@推敲中?:02/03/14 19:29
変態家族は中国行け

423 :名無し物書き@推敲中?:02/03/15 01:35
またキリ番取っちゃった 

テヘ★

424 :名無し物書き@推敲中?:02/03/16 23:45
社会に対して大した影響力もなくて、こうやって匿名で無責任に発言し、
何か失敗してもやり直しがきくような毎日を過ごしている人間と、顔と名前を晒し、常に一挙一動慎重にしなくてはならん立場の人間とでは、明らかに物事に対するスタンスがちゃうやろ。

425 : :02/03/17 09:08
筒井康隆の作品はどうやっても漫画化出来ない様な物があるぞ。
パブリング創世記とか。

426 :「重複」「挫折」「植木鉢」:02/03/17 15:30
>>425
ロートレック荘事件もね

427 :名無し物書き@推敲中?:02/03/17 15:33
>>426
名前が・・・まあいいか。

小説のいいところは、読むのにある程度の時間を要するところだと思う。
漫画だと一冊読むのに30分もかからんからな。
楽しみは、長いほうが良し。

428 :名無し物書き@推敲中?:02/03/17 23:35
別にイイよそんな気にすんなよウゼぇから

429 :名無し物書き@推敲中?:02/03/17 23:44
>427
つまらなさも倍になります・・・
んで、多くの人が小説から離れていった。。

430 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 01:43
此処での経験は社会ではまったく役にたちません。

431 :名無し物書き@推敲中?:02/03/18 07:05
ようはアレだ。
「両方読めや、貧乏人」ってこった。

432 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 10:37
ここのコテハンの人は、マジレスさんで雑談もしていたのが、判別しにくいのでとりあえず、名前を付けているうちにそのまま定着した例も多いと思います。

433 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 10:47
夏のソニンのウンコはスイカのタネが混ざってたなぁ・・・

434 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:24
マンガ家はデビュー年齢が厳しすぎ

20歳普通
22歳遅過ぎ
25歳〜完全無理

社会経験なんか積むヒマありゃしない。
中途半端にデビューして売れなかったら一生フリータでもやるしかない。

435 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 18:56
オレが生き方に関して影響を受けたのは
漫画でも映画でもなくて、小説だった

436 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 19:04
同じ値段でも時間が持つ。友達の持論。

437 :名無し物書き@推敲中?:02/03/20 19:11
漫画はエンターテイメントでなきゃいけないという呪縛が鬱陶しい
良くも悪くも笑いに毒されている
職業としてはしかし、申し分ないんだろう
4次元空間を描ける漫画家がいたら素直に白旗を揚げてやるよ

438 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 13:52
確かに、数年前からの若い人向け雑誌の職業別イメージでは、
収入、人気、ステータス、軒並み漫画家>>>小説家だ・・・。

439 :名無し物書き@推敲中?:02/03/21 14:14
包茎チンポの奴らが他人の批評なんかするなって(笑

440 :名無し物書き@推敲中?:02/03/23 23:24
>>434
それあるよね。
小説家の紹介欄ってよく元○○って書いてある。
やはり絵って年を取ってから上達するのが難しいのかな。

441 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 09:37
すげえなこのスレ。厨房どもの馴れ合いばっかりでロクなレスついてない

442 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 09:39
( ゚д゚)カポーン

443 :名無し物書き@推敲中?:02/03/26 09:41
車板からやって来ました。ココなんのスレッドですか?

444 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 08:48
ガ━━━(゚Д゚;)━━ン!

445 :名無し物書き@推敲中?:02/03/30 12:57
>>402 

それは違うよ。

446 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:16
自殺って犯罪なの?
人間好きで生まれたわけじゃないから、自分の人生くらい自分で終わらせる選択肢があったって良いんじゃない!

447 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:28
今のアイデアはパクリじゃね〜か? どっかで聞いたことあるぞ

448 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:30
          /~ヽ              /:ヽ
          {:::::::::\        /.:::::::::}
          ヽ、::::::::\,.....-.―-/.:::::::::::ノ
           ゝ,.-‐-、,.‐‐-、::::::::::::::::~く
          /    /⌒丶 ヽ._::::::::::::::ヽ
         /   ,ィ〃//゙ヽ. ヾ ヽ::::::::::::}
         /  ∠_     `'、   ゝ:::::::::j
        {  /,.=、`   ,.ニ ̄`メ ヾ }:::::::メ
        ノ)イ1仆..}    ri⌒ヾ ソりト、::::/
          リソ,,`ー' .   、、::;ナ 仆⌒!ソ      厨房は寝なさい
     (\_/八    、_   ̄ '' ,.!|f_ノリ (\_/)
     ( ´∀`)リヽ.         ィルリ从メ   (´∀` ∩
     (.つ  つ   ` ー┬   トx     (つ   丿
      ) ,) ) '^~  ̄く(__ ___/ ,ゝ 、   (  ヽ,,ノ
      (,,_,,_,,)    /ソc< r一'~´  ヽ、 (,,゙__,,)
      /   レヘ、___//.:::::.ヽ\      入/   |


449 :名無し物書き@推敲中?:02/04/01 18:31
   , --――――-、
  /          ヽ
  l            ヽ
 l   i~´  ̄`^´ ̄`゛i |
 |   |         | |
 ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
  !、/   一   一 V
  |3|      |     .|
  ヽl   /( 、, )\  )    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |   ヽ ヽ二フ ) /  <   おまえらオナニーと2chばっかりやん
   丶        .ノ     \______
    | \ ヽ、_,ノ
   . |    ー-イ

450 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 01:59
       ___
     /      \
    /        ヽ        _____
    ( ((((   ))) ))     /
    ( ((  □━□  )     <  蘭ねーちゃーん
     (6   ム   |)       \______
      ヽ  ― ノ
        -
    〜 ┘∞└ 〜   +
   /   \\ / |   │
   /  ノ   ‖ │  ‖


451 :名無し物書き@推敲中?:02/04/03 02:30

>>445
短文じゃなく、ちゃんとした理由で否定してくれ。
それとも誤爆か?

452 :名無し物書き@推敲中?:02/04/04 01:19
 

453 :名無し物書き@推敲中?:02/04/06 04:27
あっそ(・_・ )

454 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:19
                 ,,,,...--――- 、
              ,, - ''''   ,,,     ヽ
           ,, - ''     -'''''   ,,  ''~⌒ヾ~` ヽ
          /                 ヾ´   ヽ
         /               ,, ''⌒ヾ´  ヽ
         |     /           ,,-、ヾヾ´`  ヽ
        |    /     /     /ヾヽヽヾ},-、  ヽ
          |        /    /ヽヽ.,l.,|.,|.,|.//ミヽ ヽ
       |            /         |ミ|  |
       |   |       /              |ミ|  |
       |   |      /             |ミ|  |
       | |  |     |   |ー- 、        __,, |ミ;|/
       | |  | | | | | | _  ヽ、    /__  }シ
       | |  | | | | | |ゝ、`fメ、'    ,,''ソ/' /| |
       | |  | | | | | |  `ー--'    'ー'' /| | |
       | | | | | | | | | | | |       __ゝ  /| | | |  / ヽ / ヽ / /
       | | | | | | | | | | | |       /____,ノ   /)| | | |  \  ノ   ノ  ト、ノ
       | | | | | | | | | | | |ヽ、     ''''   /'i | | | | |      _  _  y' ┼┐ヽ     〔〕 〔〕
       |_|_| | | | | | | | | |   ` - 、,, __/ | | | | | | | |     (ノ ) _ (___ | |  ー―  o o
        └|_|_|_|_|_|_|_|_|        |_l_|_|_|_|_|_|_|_|_|
           __   _|   ヽ    |  ____
       ,,..、--=''ヾ´´     ヽ    ```'ヾ`ヽ、
    〃´  ヽ;::::::::::::ヽ、ー――--- 、,  , ---|::::::::}ヽ、
   /      ヽ;::::::::::::::``' - 、 _       /::::::::: } ヽ
   |        i:::::::::::::::::::::::::::::::::`' ー - '':::::::::::::::::ヽ,   }

455 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:31
>このスレ、次スレはもう要らないよな?


了解了解

456 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 18:58
昔はこのぐらいのぺースは普通だったけどな。
最近はすぐ「荒れてる」とか騒ぐ厨房が増えてきた。
コピペ一つでもいちいち削除依頼に出しに行く奴とかいるもんな。いつからこうなったのか?

逆にこういう奴らが2chをつまんなくしてる事に気付いてほしい。

457 :名無し物書き@推敲中?:02/04/07 20:18
>>456
お前のような仕切り厨が1番ウザイって。
自分のことを棚にあげて他人を非難するその姿は見苦しいよ。

458 :名無し物書き@推敲中?:02/04/10 02:20
>このスレ、次スレはもう要らないよな?


了解了解

459 :名無し物書き@推敲中?:02/04/10 02:21
国会議員ですがなにか?

460 :名無し物書き@推敲中?:02/04/10 02:25
「本音ってどういうこと?」
「あんたブザイクなんだよ!!!!」

461 :名無し物書き@推敲中?:02/04/14 21:59
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /          ヽ
                 /           ヽ
                 | 人_____________     |
                 |●  ●  |     | 紳士的に
                 /       /   / |
                /|▼     ./  /  |
     ____________     |___|┴―   /__/ |  丿
     \〜〜 /       |  ̄        |__/ )
      \ /___       (\___    /  )―――
      ( つ(__/ \      (  |   /   )
      (__フ|    \  / (  |  /    )
      ⊂―||―、   | /

462 :名無し物書き@推敲中?:02/04/14 22:01
      _____
    /       ヽ
   / :::--:__::::  \
   | :::: 「     丶-:::: |    
  .| ::::::| ___  __〆 |  
  人::::ノ -=・= =・=- | ノ 
  | ∨    ノヽ.   | |   
   ヾ |    (_ _)   ソ
    ミ    ∈∋  /
     ヽ______/
連続コピペ嵐です。
透明あぼーんお願いします

463 :名無し物書き@推敲中?:02/04/25 09:54
アゲ

464 :名無し物書き@推敲中?:02/04/25 10:38
絵がDQNでも書ける。素晴らしい。

465 :名無し物書き@推敲中?:02/04/29 18:24
ネットで漫画か小説か・・・。
でも、結局漫画を画面で読もうとすると、A5(文庫見開き)位の大きさが必要だよなぁ。
それこそ小説だったら文字が出ればどんなハードでも対応可能なんだろうけど。
情報量も違うよなぁ。
漫画ってデジタル配信するにはもうちょっと時間が必要だよなぁ。
いずれにしろPCのディスプレイで長編読む気にはなれない。
漫画は読みやすいけど今は「何処かで見た・聞いた・読んだ話」ばっかだしなぁ。
小説は目で追うだけで頭に内容入らなかったりするしなぁ。
早い話、萌え所をつかれたらそれまでって事。
読んだ数が違いすぎるから比較にはならないけど、
漫画で感動したこともあるけど、小説で目から鱗が落ちたこともある。
ただ、小説にしろ漫画にしろ、作者が主人公をすごく可愛がってるような作品って、
サブキャラが立ちやすい分漫画の方が許せる。
地の文で説明できるから、小説の方が作者の意見が入りやすいのかなぁ。
最近はどっちも(ついでに映画も)説明過多だと感じるね。
で、どっちのブウが強いの?

466 :名無し物書き@推敲中?:02/05/13 03:36
猫虐待事件のネタ元らしいけど、これマジ?

>460 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:02/05/07 13:08 ID:atN26NMt
>私は敗北主義者です って言葉がヘルシングって言う漫画の中で使われてた気がする。
>関係ないのかも知れんがあれも虐殺シーンの時にこの文句が首に掛けられてたし。

>239 名前:  投稿日:02/05/12 15:31 ID:JZ2yfeP3
>>237 ヘルシング4巻参照
>該当ページうpしてあげたいけど兄貴が寝てて貸してくれない

問題とされてる漫画のスレ。
ここで波紋が広がってる。    
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1019919627/

467 :名無し物書き@推敲中?:02/06/18 01:26
  

468 :名無し物書き@推敲中?:02/06/30 11:03


469 :名無し物書き@推敲中?:02/07/04 09:53
1は日本人ではありません。
ハーリーズーです。

470 :名無し物書き@推敲中?:02/07/04 21:17
完成の鋭い人にとっては、小説の方がまんがより、イマジネーションを刺激すると
思う。
と書いてみるテスト。
http://members.goo.ne.jp/home/higuchit1102

471 :水煙:02/07/04 22:04
漫画にしかできない表現と小説でしかできない表現ってのがあるから、どっちが有利とか一概には言えないと思うけど・・・

たとえば漫画は「間」とか「雰囲気」を表現しやすいと思う。んで、小説は小説で心の動きとかを伝えやすいと思うな。
どうだろ?

472 :名無し物書き@推敲中?:02/07/16 21:11
最近サヨのほうがマトモなことを言う沈没寸前の日本をなんとか汁

473 :名無し物書き@推敲中?:02/07/16 23:50
右も左もどうでもいーわ。それから、本当に二ポーンを何とかしたいなら株でも買うよろし。
技術はあっても不当な評価に甘んじている企業はイパイあるなり。ニンニン。

474 :473:02/07/17 00:17
sageちった。めんご。

475 :名無し物書き@推敲中?:02/08/01 16:52


476 :名無し物書き@推敲中?:02/08/01 17:33
タイトルの趣旨からずれてしまうけど、マンガやテレビより吸引力のある小説
書きたくない?
俺はそういうのを書きたいし、読みたいよ。

小説が担うものは違うという話はひとまず脇にどけて、長編でも短編でもいいから、
その本を読むための時間を割いて作らせるくらいのを。
特に20〜30代を振り向かせたい。

エンタメ、ライトノベル化と同じじゃなくてさ。
ここ半年試行錯誤してるけど、俺の他にもそういうの目指してる人結構いるんじゃないかな。

477 :名無し物書き@推敲中?:02/08/01 18:59
>476
ハリーポッターみたいのか?

478 :名無し物書き@推敲中?:02/08/01 19:32
>>477
ごめんなさい、ハリーポッターは通り過ぎているので何も言えないです。


映像で提供されている物語は多少質が悪くても、最後まで見てもらえるじゃないですか。
小説だとそうはいかない。それが悔しいんですよね。

万人に受ける物を目指すわけではないんですけど、文章でなんとかならないもの
かと思ってます。
ワナビーに終わりたくないなあ・・・
バイトいってきます。

479 :名無し物書き@推敲中?:02/08/01 19:34
マンガやテレビの方が面白い。小説は電車の中で読む。
電車にはほとんど乗らないのがなんとも。


480 :55号:02/08/01 20:21
テレビには勝てない。絶対に勝てない。
東欧革命の引き金になったのが西側の裕福な生活を映しだした
映像だったということを知ったときは、活版印刷がカトリック
の支配を切り崩していったことを思い出した。

481 :名無し物書き@推敲中?:02/08/01 20:54
ところで優越の基準はなによ?

482 :名無し物書き@推敲中?:02/08/01 20:55
誤字:×優越 ○優劣 

483 :名無し物書き@推敲中?:02/08/01 20:56
懐かしいなマクルーハン

484 :名無し物書き@推敲中?:02/08/04 01:31
  

485 :名無し物書き@推敲中?:02/08/04 01:31
       

486 :名無し物書き@推敲中?:02/08/18 22:51
北島三郎ってハゲてる?

487 :名無し物書き@推敲中?:02/08/19 03:38
プロがどうこう、作品の質がどうこうはこの際置いておく。
当方アマチュアなんで、技術云々もパス。

単純に、小説なら紙とペン。それさえ無くても、ワープロがあれば自分の作品を作れる。
要は手軽さ。日本語が書ければ、小説は書ける。・・・そんだけ。

488 :ノイン:02/08/19 03:54
心理描写なんかは結構小説の方が描きやすいんじゃない?


489 :名無し物書き@推敲中?:02/08/31 00:13
香取慎吾はどう?

490 :名無し物書き@推敲中?:02/08/31 00:17
おまえらみんな氏ね

491 :名無し物書き@推敲中?:02/09/11 03:53
お金の差

492 :名無し物書き@推敲中?:02/09/11 04:47
週間連載の漫画家よか、日刊連載の文筆家の方が楽です。多分。

493 :名無し物書き@推敲中?:02/09/16 23:57
小説の優れてる点は数え切れないほどあると思うけど・・・。
漫画より小説の方が好きだなあ。おれは少数派なのかなあ。
漫画の方が優れてる点もまた同じくらいたくさんあるんだけどね・・・。

494 :詩人でありたい:02/09/17 13:09
小説の優れている点というか特長は、作者だけでなく読者が
作品を作るということ。作者の描いた世界と読者が描く世界が
違うものになりうるというのはすごいことだと思うのです。
漫画だと明らかに限定されてしまうでしょう?
漫画は固定的で小説は流動的なんですね。
そこによさを感じられない人は小説は楽しめないかもしれません。
その分漫画は読む側の想像力があまり必要とされないから
楽チンで、現代人にとっては漫画の方に需要があるのもわかる
気がします。

495 :名無し物書き@推敲中?:02/09/17 13:54
漫画もイメージが固定されてしまうと一概には言えないと思いますがね。
外見とか外的なことはそりゃ固定されるでしょうが・・・。まぁ少年漫画とか
なら固定されてしまうといえるのかな。

496 :名無し物書き@推敲中?:02/09/17 13:59
むしろ小説は心理的なことがわかりやすくて、漫画は行動的なこととかが
解りやすいというところがあると思うのですが。

497 :コギャルとH:02/09/17 14:03
わりきり出会い 

 http://go.iclub.to/bbqw/
  
PC/i/j/ez/対応してます 

女子中高生とわりきり出会い!
女性訪問者多数、書き込み中
完全メアド非公開女性無料!
男性有料ラッキナンバー
(111,333,555,777,999)
当選者には永久会員
パスワードと1万円プレゼント!!

498 :名無し物書き@推敲中?:02/10/20 03:28


499 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 12:02
漫画に食わしてもらってるっていう現状についてどうよ

500 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 14:03
べつに

501 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 15:15
しかし今となっては、
市場規模、社会影響度、作家収入、ステータス、将来性
どれを取っても漫画家>>>小説家という現実・・・。

502 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 18:53
ステータスは、そうかなあ

503 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 18:56
漫画はそれなりの絵が描けないと駄目だけど、
小説は少なくとも字さえ書ければ、
誰でも書けるな。

504 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 21:45
絵だって誰でもかけるべ

505 :名無し物書き@推敲中?:02/11/21 22:07
小説は字を書くだけ、写真はシャッター切るだけ。誰でも出来るが、
絵は出来る人しか出来んよ。

506 :名無し物書き@推敲中?:02/11/22 07:38
んなこたない

507 :名無し物書き@推敲中?:02/11/22 08:26
506

508 :名無し物書き@推敲中?:02/11/22 13:24
字だってかくだけなら書けるしな

509 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 13:57
509


510 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 14:13
おまえら俺がどれだけ絵が下手か知らないから
そんな事言えるんだ。ワープロなければ、
誰も俺の字を解読出来る奴はいないんだぞ。

511 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 14:50
字さえ書ければ小説を書けるが、
良い小説を書こうと思うなら膨大な知識と頭の良さを持ち合わせる必要がある。
小説なら一万台の大型トレーラーが国道108号線を砂埃巻き上げつつ疾走するということを簡単に表現できるが、
漫画ではかなりの労力を費やさないと表現できない。
漫画は作者の力量以上の光景は描けないが、
小説では読者の想像力が強いほど素晴らしいリアリティをもった世界を目にすることができる。

512 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 17:12
漫画家はデビューが早いから、経験無いっつーのは違うでしょ。
もちろんそういうのもわんさかいるけど、やっぱ良い漫画書く人は
取材に取材を重ねて、深い知識の裏付けをもって制作に当たるわけだし
そーいうのを目の当たりにすると感心するでしょ。

漫画も小説も結局作り手次第。
ジャンルとしての優劣はつけられないでしょ、実際の所

513 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 17:26
漫画って人間の身体の動きとか表情とか風景とか物質的な描写が主でしょ。
じっくり考えるような絵じゃないよね、漫画って。
読みやすく、次から次へのコマへと目を移して行きやすくかかれてるから。


514 :名無し物書き@推敲中?:02/11/25 17:32
絵がないと成り立たないってのが、漫画のだめなところ。
宮崎ハヤオの世界もエヴァも文字にしたらほとんど意味のない話だろう。
可愛いとか愉快とかそれが目的。




515 :名無し物書き@推敲中?:02/11/27 14:56
実は絵を描けなくても、ネームさえ出来ればマンガ原作者になれる罠。
結局、面白い話が作れるかどうかですな。

516 :名無し物書き@推敲中?:02/11/27 15:01
そう言うことじゃないだろ。そりゃ結論。比較の話。

517 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 22:11
おちんちんが恋しいのか?じゃあ「ください」は?

518 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 22:12
なかなか屈伏しないユミに、蛮具にあせりの色がでてきた。「こっ、このままファーストハーフをおえてしまえば、ユミに主導権を奪われてしまう‥」

519 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 22:14
ここのエッチ小説イイ!(・∀・)

520 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 22:15
ISSAって数あるハゲ芸能人の中の単なる一人で
しかもそれほどツルッパゲってわけでもないのにやけに言われるよね

521 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 22:17
あああああああ いい? いいのかこれええええええええ

522 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 22:19
島田しんすけのAA誰か貼ってくれない?あれずーっと探してるんだけど

523 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 01:20
つくれよ

524 : :02/12/15 14:16
漫画は眺める
小説は読む

525 :山崎渉:03/01/06 16:09
(^^) 

526 :まほ:03/01/17 13:53
「絵が描けないから」という理由で小説を書いてる人って、多いですか?
「もし絵が描けてたら、マンガを描きたいのに」って人。

527 :まほ:03/01/17 13:54
私としては、「マンガ最強」だと思います。
どこででも読めて、話の途中から読んでもおもしろくて、結構
自分の勝手な想像とかも許してくれる。
(たとえば私、アニメの「ワンピース」は見ません。
 キャラの声が自分の想像と違うから)

やっぱり単純に物語世界を楽しめることの「おもしろさ」でいえば、
マンガに叶うものはないって思います。

それでも私が小説を書くのは、マンガには描けない類の「おもしろさ」が
小説にはある、と思っているからです。

小説のおもしろさは、単純に物語世界を楽しむおもしろさではない。
それだと小説は、マンガに勝てっこない。

どういうおもしろさなのかは、うまくいえませんけど、
「小説ならではのおもしろさ」において、小説はマンガよりも素晴らしいと
思うんです。

528 :山崎渉:03/01/19 07:24
(^^)

529 :まほ:03/01/19 12:11
山崎って誰? うざいです。

ところで
「本当はマンガや映画で表現したい物語を、その才能がないから
 仕方なく、小説で表現しています」
 
    ↑こういうの、やっぱり間違ってますよね?

530 :名無し物書き@推敲中?:03/01/19 13:01
まほ自身はどうなんだ? マンガが描きたかったのか?

531 :HARUKI:03/01/19 15:11
小説は漫画と違い、その文章が表している情景を自分の中で自由に想像できるのでその点が優れていると思います。
あくまで限られた範囲の中でですけどね・・・。

532 :まほ:03/01/19 15:55
>>530
どっちが好きかと聞かれたら
やっぱり漫画が好きと答えますね(笑)

私が小説を書くのは「絵の才能がないから」、
そして「漫画には真似できない小説ならではのおもしろさを実現するため」。
復讐感情みたいなものは少なからずあるかもねぇ。

>>531
大概の読者には、それが「面倒臭い」んですよね。
漫画は絵で示してくれるから、途中から読んでもわかる。
連載小説を途中から(あらすじなしで)読んだって、
わからないでしょ?

533 :名無し物書き@推敲中?:03/01/19 16:07
絵は多少描けるけどそれがキライで、小説読んだり書いたりする方が好きだし
面白いという香具師もここにいるという事は主張しておきたい。


534 :名無し物書き@推敲中?:03/01/19 16:08
まあ、マンガもかなりの良作にならないとアレだけどな・・。
ジャンプで言えばスラムダンクやヒカルの碁クラスのクオリティ
でやられたら、小説に勝ち目はないだろう。
大作になれば、それに費やす時間と愛着度も違ってくるから
基本的に数時間の付き合いで終わってしまう映画や小説なんかと
比べるとどうしてもマンガひいきになってしまうのは自然なこと。
ましてやしばらくたって、キャラの名前ではなくタレントの名前だけしかでてこないドラマなんかは論外かと。

535 :名無し物書き@推敲中?:03/01/19 16:23
漫画は無言を表現できるからなあ。
小説でも様々な描写で表現できないことも無い、んだけどやはり漫画のそれと比較してしまうと。
個人的に小説の描写で唯一漫画を越えたと思えたのは。虚航船団の発狂したホチキス。
6ページ見開きオラオラオラもあれには勝てないよ(w

536 :まほ:03/01/19 16:41
>>533
一人そこにいても、関係ないです。
物語を享楽する手段としては、小説よりも
漫画、映画、ゲームのほうが一般的には求められているんですから。
市場が、求めているんですよ。

537 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 19:09
必死なお姉ちゃんが1人いるね・・・


と、言ってみるテスト

538 :名無し物書き@推敲中?:03/01/20 19:17




http://1.終了

539 :名無し物書き@推敲中?:03/01/23 19:51
能無しは漫画、天才は小説。

人が書き上げた下手な漫画より、自分の好みで想像するほうが、断然楽しい。


540 :名無し物書き@推敲中?:03/01/23 20:00
>市場が、求めているんですよ。

底が見えますよ姉さん。兄さんかもしれんが。

541 :まほ:03/01/23 21:01
>>539
あなたの勝手な結論ですよね。現実を見てみたら?

>>540
ふぅん。なぜですか?
理由も述べずに、他人の意見を小馬鹿にするのはフェアですかね?

>>527の後半部分をよく読んでください。
私の言いたいことは、そこに凝縮されています。

542 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 02:05
>>527を読んだけど、凝縮されてると言われるわりに
なんだかアイマイで漏れの読解力じゃ読みとれません。

あと>>540は「小馬鹿」にしてるのではないですよ。
明らかに馬鹿にしてるのでつ。文章力までなくて
すみません。

なんで馬鹿にしたかってーと姉さんの言う「勝ち負け」が
市場云々にすぎないし、さらに付け加えるなら>>527
「ならでは」という限定をしておきながら「よりも素晴らしい」
なんつーことを言っているからでつ。

謝るから漏れにもわかる文章にしてもらえませんか。
読解力アップに努めますけど、おそらくぜんぜん間に合わないので、
譲歩して簡単な明晰な文章で姉さんの意見を再度聞かせていただけ
ないでしょうか。

543 :貧体 ◆RmLq/guCik :03/01/24 06:34
漫画を読む大人が増えてきた。
俺も最近面白そうだからという理由で小説買わなくなってきた。
通常の大人の購買意欲をそそる品物として、タバコがの方が上回っている。
タバコを吸ってたほうが気が休まる、缶コーヒーとか美味い。
退屈な小説が多い。
勝ち負けで言うとタバコに軍配が上がる。敗者が小説を読む。馬鹿が漫画を読む。
実際タバコのほうが漫画より売れている。
市場が求めている。勝者はタバコを吸う。


544 :ゆきいろのーと ◆BIZ.rZ3SbY :03/01/24 07:34
漏れも絵が描ければ漫画家目指していたかも・・・
でも、小説にも面白さがあるし、どちらとも言えないなあ。
最近は漫画ばっかり読んではいるが。

とりあえず、心に染み込んでくる風景描写という点では、小説のがいいと思う。

545 :世直し一揆:03/01/24 13:30
  <血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉する(しかも好戦的・ファイト満々でキモイ、自己中心)
●自尊心が異常に強く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとす
る(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際には
たいてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者に弱く
、弱い者には強い)
●あら探しだけは名人級(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●一人では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「世間体命」、「〜みたい
」とよく言う)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ)
●表面上意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は
個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をし、ストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。しかも冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あいつの足を引っ張ってやる!!)」)

546 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 14:36
>>545って昔からよく見るけどさ、こいつの主張が正しいならこの文章を書いたのはA型の人間なんだろうな、と思う今日この頃。



547 :まほ:03/01/24 14:53
>>542
馬鹿なのはあなたのほうですね。論理に振り回されて、現実の見えない
タイプなのでしょう。

>「勝ち負け」
誰が、いつ、勝ち負けを問題にしましたか? 「素晴らしい」=「勝ち負け」
だとする短絡的な論理思考はこの際置いておいてください。馬鹿にもわかり
やすいように、たとえで説明しますね。

「NARUTO」という漫画が少年ジャンプで連載されています。忍者漫画なんですが、
あの漫画に、日向ヒナタという女の子が出てくるんですね。彼女は名門忍者一族の
宗家の娘なんですが、あまり出来が良くありません。一族の証である
「白眼(びゃくがん)」という能力を受け継ぎながらも、どうにも忍者としては
闘争心に欠け、目立たない存在となっています。一方、同門の分家に生まれた
日向ネジという少年は、ヒナタと対照的な性格ということもあり、同じく
生まれもった「白眼」を体術においてフルに活用し、天才忍者の名を欲しい
ままにします。
(下へ続く)

548 :まほ:03/01/24 14:55
(上からの続き)
ここにおいてヒナタはネジに、忍者として完全に劣っています。実際、
二人はある時対決し、ネジは圧倒的な強さでヒナタを倒してしまいます。
しかし、それはヒナタが「全的に」ネジに対して劣っているということで
しょうか? 違うと思うんですね。
忍者としては、劣っている。しかし、人間として劣っているわけではない。

「白眼」という能力は、人体の径脈を見ることができる能力です。
これを使ってネジは、確実に相手の動きを読み、相手の弱点を見抜き、
そこへ優れた体術によって、強烈な一撃を叩き込むことで、天才忍者と
呼ばれているのです。
しかしこの「白眼」、じつは医学にも使えるんじゃないかと、私は思うんです。
原作でヒナタは、その後、もっと頑張っていつか一流の忍者になってみせる
と誓うんですけど、私はヒナタは医者になるべきなんじゃないかと思うんです。
心優しいヒナタは、他人を傷つけることを好むネジよりも、優れた医者には
なれるんじゃないかと思うんです。

つまり、ヒナタはネジと同じような「白眼」の使い方をするなら、
いつまでたってもネジに遠く及ばないように思えるんだけど、
「ヒナタならではの白眼」の使い方をする場合において、ヒナタは
ネジよりも素晴らしい人物になれるのではないでしょうか。
逆にネジが忍者としての「白眼」の使い方をする場合においては、
ネジはヒナタよりも素晴らしい人物である、ということです。
「勝ち負け」じゃないんです。ただ単なる「差異」なんです。

549 :まほ:03/01/24 14:55
馬鹿な人には長文すぎて、伝わらないといけませんから、もうひとつ、
簡単なたとえを提示しておきますね。

ドラクエの僧侶が戦士のマネをして闘っても頼りないけれど、
「僧侶ならではの闘い方をすることにおいて」は素晴らしい働きをする。

わかりましたか?>お馬鹿さん

巷には「これだったら漫画で読んだほうが面倒臭くなくていいのに」と
思わせる小説があふれている現状ではないでしょうか?
もしも漫画にしたら面白くもなんともなさそうなのに、小説の形ならば
面白く読める、そんな「小説ならでは」の面白さ、素晴らしさ、そんなものは
あると思うんですね、私は。

550 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 15:03
横レスすまん・・・。
その程度の程度の意見を言うのに何故こんな例えがいるのかがわからん・・・。
まほさんの意見を理解する為にどーでもいい漫画の設定なんぞを理解せねばならんのか。
しかも、その説明なんかなくても
>ドラクエの僧侶が戦士のマネをして闘っても頼りないけれど、
>「僧侶ならではの闘い方をすることにおいて」は素晴らしい働きをする。
でいいし・・・。


551 :まほ:03/01/24 15:16
>>550
馬鹿な人がいらっしゃるようなので、なるべく具体的にしてみました。

あと私が「NARUTO」好きだということもあります。最近、つまらないけど。

552 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 15:16
長文レスはお馬鹿の証

553 :まほ:03/01/24 15:37
>>552
私は無礼な人に対する礼儀なんて持ち合わせていないんですね。
以後、あおりにレスはいたしません。
失礼します。

554 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 16:10
私小説は評価されるが、私漫画は評価されない。
ってのは出た?
まぁ、「まんが道」(?)は私漫画だと思うけど・・・。

555 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 18:19
まほ姉さん、長文を書かせてしまってごめんなさい。

ただ貴女が「最強」とかね、そういう言葉を使って持論を
展開されてたのでね、てっきり「強い/弱い」とか、その
強弱による「勝ち負け」を論じているのだと馬鹿な漏れは
誤読しちまったっつーワケなんざんすよ。

あと悪いけどナルトを例にとった部分、ぜんぜん意味わか
りまへんでした。

556 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 18:33
『まほ』って面白いね。

“物語世界を最も楽しませるにはどうしたら良いか?”
って問題があったとして、『まほ』は
“それはマンガという形態を取ることである”
という答えを持っている。

でも同時に、“自分には絵の才能がない”っていう認識もあって
それが強烈なまでのジレンマやコンプレックスになってしまっている。

そのジレンマが顕著に表れてるのが
>>527
>小説のおもしろさは、単純に物語世界を楽しむおもしろさではない
ってところ。

“マンガこそが最高である”という強迫観念と
“自分がやっている執筆行為”を自己肯定したいっていう想いの
板ばさみになっているように思えるなぁ。


557 :まほ:03/01/24 19:13
>>555
いえいえ。こちらこそ、またお馬鹿なレスをさせてしまってごめんなさい。
まったく、重箱の隅をつつくようにいちいち相手の言葉尻を捕まえて
嫌味を言わないと気が済まない人には、くたびれます。

私が言った「マンガ最強」の「最強」が、一般に物語を享受する方法と
してはもっとも労力や時間に左右されず、受け入れられやすいのはマンガだ、
ということだということぐらい、今までの文脈から読み取ることのできない
人が、創作文芸の板のようなところにいるとは思いませんでした。
まぁ、それ以前に、あれを書いた時、私は
「私としては、マンガ最強だと思います→私としては、マンガほどおもしろい
ものはないと思います」というような軽い意味で書いたのですけれど、
そんなニュアンスさえ読み取れないようですね。
たとえばマンガと小説で同じ物語があって、どっちを読んでも同じストーリー
だという場合、私ならマンガのほうを選ぶ、面倒臭くないから、
ということですね。説明するのも馬鹿馬鹿しいですけど。

558 :まほ:03/01/24 19:14
>>556
そうですか。おもしろい仮定ですね。
あなたは私のことをどれだけ知った上で、その仮定にたどり着いたのでしょう?
議論というのはお互いの間に作るものではないでしょうか?
一方的感情的に決めつけをしていたのでは、厨房と呼ばれるだけですよ。

私も本当は、感情的になって反論して来られるあなた方に、
「この人たちは、マンガでも描けるようなものを、ただ絵が描けない
という理由だけで、小説という形で書いている人たちなんだな」と
決めつけたい気持ちでいっぱいなんですよ。
それをしない私の誠実さを感じとってくださいましね☆

559 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 19:17
神経症女が一人いるね
なんで漫画と小説が戦わなきゃならんのか
あほらし

560 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 19:19
>マンガでも描けるようなものを、ただ絵が描けない
>という理由だけで、小説という形で書いている人

それがあんただよ(ワラ

561 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 19:22
>論理に振り回されて、現実の見えないタイプなのでしょう。
 
自分のこといってますよw


562 :まほ:03/01/24 19:27
>>559-561
ごめんなさい。何か悔しかったんですか?

さて、まともな反論があるまで、私は出て来ないことにしますね。
もしかしたら、永遠に出て来れないかもなぁ。

563 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 19:36
「語るに落ちていますよ、お嬢さん」
という新手のナンパだと思う。

564 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 19:38
さっさとお前がいいもんかけよ
アホ
こんなとこでゴミ吐いてんじゃねえよ

まあ屁理屈女には無理かw


565 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 19:43
いいじゃん、もうこないんだから。忘れて忘れて。

ところで
私漫画と言えばガロだろ。

566 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 19:45
別に終わってないのに伝説の漫画「ガロ」

567 :556:03/01/24 19:52
>>558

>>556
>“物語世界を最も楽しませるにはどうしたら良いか?”
>って問題があったとして、『まほ』は
>“それはマンガという形態を取ることである”
>という答えを持っている。
これは繰り返し貴女が主張されてることだと思うので
認識に誤りはないと思いますけど?

>でも同時に、“自分には絵の才能がない”っていう認識もあって
ここの部分は、>>532 >私が小説を書くのは「絵の才能がないから」
という発言からなんですけど?

>それが強烈なまでのジレンマやコンプレックスになってしまっている。
>>532の >復讐感情みたいなものは少なからずあるかもねぇ
と貴女が推測で語っていることを、断定したのが気に障ったのかもしれませんけど

>そのジレンマが顕著に表れてるのが
>>>527
>>小説のおもしろさは、単純に物語世界を楽しむおもしろさではない
>ってところ。
という風に、断定した根拠を示していますけど?

568 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 19:55
>マンガでも描けるようなものを、ただ絵が描けない
という理由だけで、小説という形で書いている人

=屁理屈女なんだろ?w

569 :まほ:03/01/24 20:25
>>567
まあ、まともな反論ですね。
でも、あなたは私を小さく見すぎていませんか?

私が絵が下手で、マンガが好きで、だからマンガに対する復讐感情が
少なからずあるかもしれない、と書いたそれだけで、
その部分が私の全てであるように思われるのは、とても不快です。
まぁ、私がはっきり自分の小説に対する情熱を書かなかったのが悪いのかも
しれませんが、書いたところで「うざい自己主張」と思われるだけのように
思いますし、なにより書かなくてもこんなことは創作する方々の間では
自明のことだと思っていましたし。でも、書かなくてはならないようですね。
私の小説に対する情熱を、二言で表します。

「マンガが描けないからといって、小説をマンガの代替品みたいに
考えるのは嫌だ」

「私にはどうやら文才があるようだ。それならマンガで描きたかったこと
とは頭を切り離して、小説でしかできないことを表現してやろう」

570 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 20:32
>>569
それが聞きたかった!

571 :まほ:03/01/24 20:33
あ。あと、私の考える「小説ならでは」が、ぼんやりと形に
なってきましたので、ちょっとだけ紹介しておきます。

マンガ=物語を伝える。

小説=物語を伝えない。読者は伝えられなかった物語を、
   小説との「間」において発見する。

本当にぼんやりです。ごめんあそばせ☆

572 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 20:37
>>571
それもいい、がこれから宮崎アニメみるからまた後で!

573 :556:03/01/24 21:07
>>569
>私が絵が下手で、マンガが好きで、だからマンガに対する復讐感情が
>少なからずあるかもしれない、と書いたそれだけで、
>その部分が私の全てであるように思われるのは、とても不快です。
でしょうね。

貴女が私の発言から「私は小さく評価された」と不愉快になったように
>>527
>やっぱり単純に物語世界を楽しめることの「おもしろさ」でいえば、
>マンガに叶うものはないって思います。
という発言から、「小説を小さく評価された」と不愉快になった人がいたわけです。

>私がはっきり自分の小説に対する情熱を書かなかったのが悪いのかもしれませんが
いえいえ、ちゃんと伝わっていますよ。
ですから、>>556
「ジレンマ」「コンプレックス」「板ばさみ」という言葉を用いているでしょう?

もし私が貴女の小説に対する熱意を認識していなかったら
このような言葉を用いるわけがないじゃないですか。

私が貴女にレスを返しているのは
創作文芸板であるのに「小説よりもマンガが優れている」
と発言した面白さに関心があるからなんですよ。

マンガに愛着を持っているにも関わらず、小説の道を志した貴女ならば
マンガに最も親しんでいるような若者に、小説手法を用いて物語の面白さを伝える方法
そのような考えをお持ちではないだろうか?
と(まぁ一方的に)思っているんですけどね。

574 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 21:09
煽りに乗らないといったのに乗った時点で、格付け終了。

575 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 21:32
とりあえずおっきく見てほしいなあ!

576 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 21:47
その前に書くものがないだろ
底が浅くてw

577 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 22:41
漫画マンセーなら漫画を描くべきだし、絵が下手だからと言う理由で逃げ
だと思う。
それに、漫画は物語を伝えるだけのジャンルではありません。視覚的演出
効果はどう解釈するんですか?それがなくてもいいなら絵の修練はいりま
せんが。


578 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 22:43
小説なら修練いらないと思ったんだろ。好きにやればいいさ。

579 :名無し物書き@推敲中?:03/01/24 22:46
小説は漫画と同じくらい修練が必要だというのがわからないとは幸せ。
初心者によくある勘違いですね。
きっとコマ割りとは何かについて考えたこともないんだろう。

580 :まほ:03/01/25 00:02
なんだか何も伝わっていないようですね。

私の文章力がないのでしょうか。
それともあなた方の読解力がないのでしょうか。
まぁ、どちらとも決めつけられませんけど。
「あなたは私を小さく見すぎていませんか?」
↑このセリフは読解力のない方にはわざと誤解されやすいように書きました。
とはいえ、ここまでひっかかってしまわれるとは。
よく読んでみることですね。

部分を見て森を見ない方々、決めつけで確定口調を使われる方々には、
正直つきあっていられません。
なぜあなた方は「問いかけ」をしないのでしょうね?
自分の中で答をもちすぎているのではありませんか?
頭を柔らかくする体操をお勧めしておきます。

あと私は、無理やり単純化するなら、次のように思っています。
マンガはおもしろい、小説は疲れるけれど深い。

マンガの読者層を喜ばせるような小説なんて、書く気はないですね。
どちらかというと、マンガの読者層の実は排他的で凝り固まった頭を
ブッ壊すような小説が書きたいと思っています。

ところで所詮2chだったかと、創作文芸板の皆様方にはがっかり
させられました。もっとまともな話のできる方はいないのでしょうか?

581 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:08
>>579
多くの小説家と多くの漫画家を比べたら、漫画家の方が遥かに過酷で苦悩の
毎日を送っているのは間違いない。

582 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:19
ちょっと前からのやり取りを見ていると、なんだか切なくなってくるなあ。
言ってることは「まほ」が圧倒的に正しい。それをわからない人間が多すぎる
のは民度の低さの反映かもしれない。
で、「まほ」の口調はクドイ。しかも無理して高みから発言しようとしている。
これは相当に民度が低い。

ところで、小説と漫画は別次元のもので、比べる必要がないという連中は
本当に生きているのだろうか。

583 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:20
正しいものは正しく伝えないと意味を持たない

584 :まほ:03/01/25 00:29
>>582
わたくしも人の子ですから、無礼には無礼で返してさしあげているだけですわ☆
まぁ、いわゆる厨房です。あおり合戦を結構楽しんでしまうところなど
ございます。もうしわけない!

ところで民度って、何?

585 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:34
『わかりたくもない文章』や『あえて真意を知らん顔したくなる文章』
ってのもあるもんだ。

耳障りな言葉しか吐き出せないから、曲解したようにレスがつくんだ
よ。まあそれも理解できず他人に自分を理解することだけ求めるよう
な「文才」のたかがしれるってもんだ。

586 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:35
一時期漫画も書いていたけど、
絵の才能以前に表現力の幅が狭くてやめてしまった。

小説と漫画の唯一にして最大の違いは、
読み手の想像力に対する処理なんだよな。

小説は読み手の想像力を解放するが、
漫画は読み手の想像力を束縛する。

587 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:39
映画と漫画は近い物があるね。「想像力の束縛」という観点から見れば。
束縛するからといって劣等なものでは決してない。

588 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:39
でも楽
これがあるからなー

589 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:43
ちなみに映画狂の俺から言わせてもらえれば、映画を本当の意味で、
つまり文学的な言い方をすると「文学的に」理解するのは、小説を理解
することよりも難しい。
例えばC・イーストウッドの監督作品。素人が見れば「普通に面白い映画」
としかうつらないが、実は世界最高峰の才能がほとばしっているわけだし、
スピルバーグも本当に理解するのには相当な教養が必要となる。

590 :まほ:03/01/25 00:44
>>585
最初に無礼を働いて来られたのは皆様のほうでしてよ。ホホホ!

>>586
それはもう聞き飽きましたわ。
程度の問題であって、私としては大した問題ではないと認識しておりますの。
だって、漫画だって、想像力は使うでしょ?
セリフをただ文字として読んでらっしゃるの?
描かれていないところは存在しないと認識してらっしゃるの?
私の場合に限って申しますと、読後に思考を働かせるのが小説、
想像力を働かせるのが漫画、でございますけれどね。まぁ、もちろん
あえて単純化して申せば、ですわ。
なんにせよ、そこは根本的な違いではなく、程度的な違いだと
私としては思っていましてよ。

そろそろ眠らなくては。それでは皆様、ごきげんよう。ホホホ!

591 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:45
映画の分析・理解はまた特殊だろ。総合芸術ともいえる代物だし。
ただこの手の物語が大きく絡む芸術は、
文章芸術の考え方が根底にあるよな。

これは漫画にしても同じだと思う。
漫画の描き方と映画の描き方は非常によく似ているな。

592 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 00:46
変なキャラクターが憑依しちゃたよおい……

593 :まほ:03/01/25 00:49
>>587
想像力をびんびんに働かせなくては理解できない映画というものも
ありますのよ。まぁ、私は映画通ではありませんし、他の方が
そのへんの作品を挙げてくださることを期待いたしますけれど。
そういう作品に関してはどう思ってらっしゃるのかしら?
お聞きしたいですわね。

ああ、もう寝ないと。。。
それでは皆様、失礼します。えいっ!(Log Off)

594 :587、589:03/01/25 00:58
>>593
ログ・オフするみたいだから熱弁ふるっても仕様がないのだが、あらゆる
傑作(映画作品のね)は目と耳、そして少々の頭で楽しめるというのが持論。
ゴダールだろうがムルナウだろうがヒッチコックだろうが少林サッカーだろう
が、映画は全て写真と音の連続で、向こうから勝手に入ってくる。作家は
モンタージュの呼吸などを体得しなければならないが、それも全て観客に
頭が空っぽでも楽しめるようにする方法論に過ぎない。
ま、板違いなので終わり。

595 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 01:34
>>594
ピーター・グリーナウェイだっけ。枕草紙とかの。
あれなんかはどうなの? 俺なんて、目と耳から入ってきたもの
だけじゃとても理解できなかったんだけど・・・。

あと、フェリーニとか。
俺にとっては、小津安二郎なんかもそうだ。
目と耳から入ってきらものだけで判断すると、とても面白いとは
思えない。

596 :587、589:03/01/25 01:47
>>595
グリーナウェイで傑作と呼べるのは「コックと泥棒・・・」「・・マコン」
あるいは甘く見積もっても「ZOO」だけ。
小津はホラーとしてみるのが正しいと思う。あのカット割。
フェリーニは監督としてそれほど優れているかというと疑問符がつく。

597 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 01:51
「ザンパンが来たよぉー」

フェリーニ?

598 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 01:57
らすとらーだ 
じゅりえった!じゅりえった!

599 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 02:13
経験から思うに、どんな分野でも、達人的な技を目にすると、
何も言えずに、ただ感動します。
マンガでも小説でも映画でも音楽でも、スポーツでも、一生懸命に働く姿を見ても。
なので、もしマンガよりも小説が劣ると感じているならば、
それはメディアの違いによるものではなく、書き手側の能力の差だと思います。
現在の日本では、マンガの方が読者も多く、描き手も当たれば収入が大きいしで、
マンガと小説どちらにも行ける人がいたならば、マンガの方に行くのではないかと。
人材の供給源がこの日本という同じ出所なのですから、
マンガに優秀な人材が流れてしまえば、小説側が見劣りするのは当然だろうと。
今では、さらにゲーム分野に流れているかもしれません。

メディアの違いによるそれぞれの利点を考えてみると、
小説では、人物の心情ゼリフを長々と書くことができるとか、
マンガでは、言葉なしで感情を伝えることができるとか、
一つのコマの中で二つの出来事を描けば、同時進行の状況がそのまま読者に伝わるとか。
それに、これはマンガ擁護になりますが、映像的なことに関してみれば、
マンガは想像力の束縛といっても、小説を読んで想像できる範囲というのは、
結局この現実世界の中から読者自身が目にしたものの範疇で、ならばマンガの絵を見て
初めて知ったというものもあるだろうし。ただ、そう言うと、マンガ家自身は、
現実にないものをどうやって描き出すのかという疑問も起きますが。
絵があった方が断然楽しめる分野の話なども、マンガの方がいいでしょうか。
モデルの世界とか写真家の世界とか。
ちなみに、誰かの詩があって、それがマンガの背景付きの中に文字で出てくると、
文字だけの詩の本よりも、強く感銘を受けてしまうのは、やはり絵の効果でしょうか。
マンガ家の解釈(背景の雰囲気とか)に縛られてしまっているというのは、あるかもしれませんが。

で、独断ですが、過去夢中になった小説(で記憶に残っているもの)は、
『罪と罰』『銀河英雄伝説』『人間失格』、マンガは多数。


600 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 02:14
と、見事にまほ様に誘導される童貞どもの図

601 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 02:32
まほ様は偉大ぴょん
腐ったトマトを投げつけるようなヤシは相手にしないんだぴょん

602 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 02:37
スタア誕生(お笑い)

で、なんだっけ?
>>599は結局なにが言いたいのか20文字でまとめれ。

603 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 03:34
>小説=物語を伝えない
随分安直な小説観だな

>なぜあなた方は「問いかけ」をしないのでしょうね?
時間の無駄だからだろう

>マンガはおもしろい、小説は疲れるけれど深い
お前の話はおもしろくない、下手な小説よりお前の方が疲れるし、浅い

>マンガの読者層の実は排他的で凝り固まった頭を
ブッ壊すような小説が書きたいと思っています。

お前に書けるわけないだろ。
いずれオレが書くけどなw

604 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 06:11
変な話だけど、俺は画家になりたかったし、
漫画も小学生ぐらいからちょこちょこ書いて人に見せてたし、
喋りで人を笑わすのも好きだったし、
小説を書いたりしてみながら今は映画を撮ってるわけだが、
最近の支出はほとんどCDを買うのに費やされてて、
絵画を観るのも好きだし、最近は演劇や歌舞伎を観ることが多い。

貪欲な人間はどんなジャンルであろうと
そこにある面白いものを見つけようとするんじゃないか?
本屋のレジにジャンプと『人間失格』を同時に持っていくなんてよくある行為。
別に排除しあう類の存在じゃないと思うが。
もし出版点数のことを心配してるんだったら、
俺はそんなことを気にして小説から漫画に移ったり漫画から小説に移るような奴は
もともと成功しないんじゃあないかと思う。
そんな売れるか売れないかの問題ではなくてさ、自分にとって何が合ってるかだろ?
書くに足るものがあるならそれはきっと表現できるはず。
どの媒体を使うかによって方法は違ってくるんだろうが。

605 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 06:37
長レスする気はなかったんだが、一言だけ擁護させて。
上で主張している「漫画のほうが楽しいから上」と言ってる意見にだけど、
確かに漫画を読んでいておもしろいと思うことは多いけど、
心の底から救われたと思ったことはないんだわ。
そう思うのは圧倒的に文学のほうが多かった。
精神浄化という点では圧倒的に文学の方に軍配が上がると思うが。

安易な「楽しさ」「面白さ」だけで比べないで欲しいとは思う。
その二つには求めるものが違うんだから。
今は楽しいものを求めたい年齢なのかもしれないけど、
それだけが絶対的な基準ではないんだよ。

606 :まほ:03/01/25 09:53
大変!
>>603以外はどれも誰に向けてのレスなのかわからなくて、
まほちゃま混乱!

全体へのレスだとしても、その全体がアレアレだから、
どんな流れから出てきた意見なのかさっぱり掴めないし、
私への反論だとしたら、たとえば>>604-605なんかは
私と同じようなことを主張しているわけだから、、、あ、そうか、
私を弁護してくれてるのかな。ありがとう☆

とりあえず>>603は面白そうだから放置してみよう。

607 :まほ:03/01/25 10:01
とりあえず皆様の「小説の威厳を守れ!」みたいな
小説信者の必死な想いは伝わってきたように思います。

私は小説を愛する者ですが、小説を守ろうなどとは思っておりません。
むしろ小説を攻めたいですね。小説なんて概念がなくなるほどに。

それじゃ、また遊んであげる→ボウやたち
今日はちょっと忙しいのだ!ヘッヘー♪

608 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 10:37
>私は小説を愛する者ですが、小説を守ろうなどとは思っておりません。
むしろ小説を攻めたいですね。小説なんて概念がなくなるほどに。

これこそ「小説の精神」(クンデラ)です。
「ドンキホーテ」以来の王道です。小説信者が必死にやってきたことです。

609 :まほ@まだ居た:03/01/25 10:58
>>608
あら。半ばあたりまではいいことを仰ってるのに、
最後に飛躍してしまったのはなぜなのかしら。
なぜ、それ=信者とするのか、というところの説明がまったく
飛んでしまっているわ。
それがドグマでもアンチでもなく、自由を基本においた思想だということくらい
誰にでもわかりそうなものだと思いますけどね☆

610 :変態 ◆5edT8.HnQQ :03/01/25 11:05
小説は誰でも書けるがゆえに差をつけるのが難しくあるのだ

611 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 11:06
うわっ、変態がまともな事書いてるっ!

612 :名無しマスかき@オナニー中 ◆XGcrM3txZQ :03/01/25 11:13
うるせえ611
寝るか

613 :名無しマスかき@オナニー中 ◆XGcrM3txZQ :03/01/25 11:21
>>612 >11:13の俺

寝ろ

614 :まほ@まだ居た :03/01/25 11:24
ちんこのお守りレス
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

615 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 11:33
>>609
わかんねえけど、漫画が好きなんだったら絵が描けないぐらいであきらめるなよ。
本当に漫画が最高なんだと信じてるんだったら、
血の滲むような努力をして望みの絵が描けるようになるまでがんばれよ。
小説か漫画かってよりも、あんたが逃げの態度でやってきてるのが心配だ。
いちど全力でやってみろよ。
消去法で小説なんかやって欲しくないし、
むしろ漫画でこそあんた自身を生かせられるんだと思うよ。
失敗しても笑われてもいいから、やってみたらいいんじゃないか?
俺はそんなような気がしてる。

616 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 11:58
そう、そこなんだよね。後ろ向きなんだよね。
いいんですよ。別に漫画優れてるって思うのは。
理屈はともかく実感として思う分には、それは個々人の自由だから。
でもそういう姿勢は、結局小説にも漫画にも微笑んでもらえないような気が
する。



617 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:06
経験上いうと、漫画で描く絵くらいなら一年くらい修練すればある程度描ける
ようになるはずだから(どういう絵を目指すかにもよるけど)、好きならがん
ばってくださいよ。
特に練習方法に工夫を。例えば手を単行本一冊分描き写せたら、かなり上手く
なっているはず。

618 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:06
「漫画が優れている」発言と「漫画のほうが好き」というのを同一視しない
方がいいと思うぞ。>>615>>616は。

619 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:08
>>617
その発想が「勤勉的小説書き」のもので、手を上手に写生できるからといって
「上手な漫画」になるかといえばそうではない。

620 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:09
いや、まほが同一視してるだけ。もともと小説と漫画は等価。

621 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:11
絵がヘタだから漫画が描けないと言っているのでそういっただけで、絵を
練習したらいい漫画が描けるとは言っていないです。

622 :まほ@まぁだ居た:03/01/25 12:11
>>614
あ、ニセモノ発見。

>>615
そうですね。私は消去法で小説を選びました。正確には「それだけ」では
ないんですけどね。
自分に小説の才能はあると確信したからだし、マンガとは違う小説ならではの
世界に深いおもしろみを感じているからだし、他にも私が小説を選んだ理由は
いっぱいある。

マンガを描くための努力はいっぱいしてきました。一応、そこらへんの人よりは
味のある絵を描ける自信はあるんですよ。でも、キャラを裏から透かして見ると
必ずデッサンが狂っているんです。いくらやっても。定規を使って整えると、
キャラの顔が気持ち悪くなっちゃうし。それより何より、私は人物以外の
ものがほとんど描けません。

ご忠告はありがたいですが、私が自分で選んだ道です。不真面目な選び方を
したつもりはまったくありません。小説を書くための努力だって相当なもので、
時に自信を失って投げ出したくなることもあります。それでも自分で決めた
からには、この道を頑張って行きたいと思うんです。マンガは趣味で続けます。

何より、どうしてもマンガという表現形式を取りたいのなら、
原作者という道もあるのに、それを選ばずに小説の道を行くというあたりに
私の覚悟のようなものを感じてもらえたら幸いです。

623 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:11
>>620
等価とも違うような・・・
現状では活気ある才能は漫画界に多いわけだし、「漫画が優れている」という
意見もそれを踏まえて「小説もっと頑張れよ。文壇バーでちっぽけな政治なんて
やってないでさ」とかいいたいんだろう。

624 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:14
そこまでいうなら、漫画より小説を愛してほしい。漫画の方が優れてるなんて
ウソでも言わないように心がけてほしい。

625 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:16
ちなみに俺も消去法で小説を書いとるのう。
映画監督になりたいのだが、これは小説家になるより遥かに難しい。
なぜなら金がかかるし集団作業だから。

消去法ってのを否定することはない。小説やってるって事は好きだからなの
には違いないんだから。アクター筒井なんかもそうだが、要は深い思慮が
重要なのだね、おそらく。

626 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:18
>>624
なぜなんだ。そんな理由がない。

627 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:22
仕事を強く愛している人には必ず仕事上の幸運がやってきます。
そう信じてます。


628 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:24
>>627
実際世の中そんなに甘くない。
「好き」という動機と勢いだけで書かれたり撮られたりした作品のなんと
見苦しいことか。
監督でも小説家でも登用試験を課すべきだとの説もあった。

629 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:41
それはただ単に好きというだけで、愛しているというレベルじゃない。
愛しているなら、かならず対努力がハンパじゃないはず。だから必ず、何
らかの形でやってきます。


630 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:42
やってこないときは、途上で交通事故にあうとかガンで死ぬとかいう時です。
それはやむなし。

631 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:47
>>629
まあ、そう思うんならいいんじゃない?
べつに他人に向かって主張するようなことではないと思うけどね。
それとも教祖様かい? 誰かを救ってあげたいの? 優しいね。

632 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 12:50
努力でどうにもならないものの方が多い事を知らないのは考えようによっては
幸せであった。

633 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 13:00
そもそも努力できないとかね。

634 :マツタケ:03/01/25 13:44
愛♥♥♥

635 :マツタケ:03/01/25 13:55
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

636 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 14:15
http://members.tripod.co.jp/umibenomakigai/index.html

637 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 16:38
いいようにあしらわれてるな(藁
才能を信じるなら煽られても目くじら立てて反論とかすんな。
デッサン狂った人物しかかけなくて、そこらへんの人より味のある絵が云々
なんつーイカレた自信の持ち方がおかしいよ、あんた。

638 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 17:12
おっと訂正だ。
「味のある」=「上手」じゃないんだよな?
失敬失敬(藁
あんまり逃げを打ちまくりの文章なんでこっちまで気をつかわんと
ならんな。
それがみなをいらだたせ、また嘲りの対象になってんのか?
煽ったり叩いたりしてる連中はどうなのよ。

ちなみに漏れは漫画と小説を比べてどうするのかわかんねえ。

639 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 18:00
だから揚げ足取りのアホ女は放置だよ
それより活気ある才能って
漫画喫茶はなんとかならないのか
この前問題になってたぞ

640 :まほ@くたびれたよ、もぉ:03/01/25 20:42
>>637
えっと。この板の平均年齢ってどれくらい?
15歳くらいかな。そんな気がする。読解力がまったくない上に、
わからなかったら質問することさえしない。
自分の頭の中にこだわりすぎて、相手の言ってることをまともに聞こうとしない、
いわゆる反抗期のお子様だわね。
それに、話のレベルがあまりにも違いすぎて、噛み合っていないのが
また可笑しいわ☆

まぁ、一言だけレスしてあげる。

「ズレすぎてますよ、過去ログを読む知能さえないの?」

それに私は目くじらなんて珍しい動物立てた覚えはないんだけどねぇ。
どっちかっていうと、お子様をからかっている気分。
というか、やっぱり啓蒙している気分ね。
なんなら一から教育してあげましょうか?
表面ばっかり気にして、根本的なところが見えない人には、それもなかなか
骨が折れそうですけどね☆

641 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 21:05
まあ・・ここの連中が馬鹿なのは昔からだが
あんまり関わらないほうがいいぞ。
それはともかくとして、自分自身もまた
他の人からはそう見えてることを忘れないように。
それさえ忘れなきゃガキあしらうのと同じように楽しめるさ。

642 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 21:20
>>目くじらなんて珍しい動物立てた覚えはないんだけどねぇ。

すンばらしいッ!

643 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 22:05
まほ様はやくご帰還なさってください。
馬鹿が群れをなしてお待ちしております。
コンテパンにのしてやってください。
モーレツなパンチをくれてやってください。
ハチャメチャにやっつけてください。

644 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 22:22
今更ながら言うが、2chには評論家気質な輩が多いと思う。
自分も結構それに近い傾向がある。

では本題。
小説と漫画において比較した時、それらの優劣は客観的に意見を述べれば、
きりがないのであります。
小説や漫画という名目という時点では、判断できないのであって、作品毎に
優劣を競えばいいのではないかと思う。



小説は独創性が豊満、漫画は創造性が豊満(なのかな?)。

645 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 22:24
漫画は眺めるもの
小説は読むもの

646 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 22:29
>>644
言わんとしていることの50%も伝わらんぞ。
漫画と小説を総体的に比較するのは並みの批評精神では不可能に近いが、
それでも現状の優劣は決定することができる。これはもう明確に。

647 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 23:02
ケテーイするのが批評とは知りませんでした。

648 :名無し物書き@推敲中?:03/01/25 23:49
値段と潰せる時間の量を考慮すれば……

649 :まほ:03/01/26 10:00
もう、このスレで発言するべきことは何もないみたいだ。
まぁ、書いても内容を自分好みに曲解してズレた反論してくる馬鹿ばっかだし☆

650 :名無し物書き@推敲中?:03/01/26 10:48
>まほさん
曲解されるのも無理ないことで、
単に貴女が嫌われているだけなんですよ?
議論したいのか折伏したいのかわかりませんけど
ネカマ臭くもなってるいのでそろそろ飽きました。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1008130564
に常駐することにしなさい。
卒業です。おめでとう。

651 :名無し物書き@推敲中?:03/01/26 11:07
なんだかんだ言って来てるのが可愛いが、育ちがよくない発言が多すぎるぞ。
和光大学と同レベル。まあ、それでも文芸板的には高学歴というのかもしれんが

652 :名無し物書き@推敲中?:03/01/26 11:38
そうだな。漏れはとりあえず高校中退だし……
高学歴な香具師ははよデビューでもなんでもしてくれ。
先がつっかえてる。まだ漏れの上には高卒もいるし。

653 :名無し物書き@推敲中?:03/01/26 20:04
age

654 :名無し物書き@推敲中?:03/01/26 20:11
負荷が高くて書き込めませんて?

655 :エヴァっ子:03/01/28 03:01
優劣をつけてなんになる。
僕はどっちも好きだ。それでいいんじゃない?

656 :o032217.ap.plala.or.jp:03/01/29 22:22
過去に感動した作品があるとか、あんなの書けたらすごいなとか
文芸に対してある種の光、或いは愛
を感じてなけりゃ書く資格もないでしょう
漫画でも同じで
市場より私情ですわw
合う合わない、向き不向き、好き嫌いでしょう

漫画の絵もすごいが、活字の印刷紙面が好きだ
なんかなまめかしいよな、あれ、日本語の活字って

プららなんで書けなかったわw

657 :o032217.ap.plala.or.jp:03/01/29 22:31
てか漫画ってめんどくさいよな
スクリーントーン切ったり貼ったり
しかもあれ一枚四、五百円もすんだろ、確か
ああめんどい
まあ文芸の方がその点じゃ楽かなw


658 :名無し物書き@推敲中?:03/01/29 22:33
今はComic Studioとかで貼れるからトーン代いらなくなってきたよ。
そのかわり10万するけど。
MXで交換するのは止めておきましょうん。

659 :o032217.ap.plala.or.jp:03/01/29 22:49
パソコンで書く場合ですか
手書きじゃなくて
よく知らないですが

昔四コマ漫画書いたが、落ちて止めた、
簡単そうだが絵がどうもね、同じ顔が二つ描けない、
甘くないし、ネタもきつい
いっぱつで愛着無くしたw
送るのも恥ずかしいしw

でも今パソコンで描けんのか?、でも高そーうひー

660 :名無し物書き@推敲中?:03/01/29 22:57
もう何年かしたらパソで描く方が主流になると思うよ。
最初は経費かかるかもしれないけど、その後のコストパフォーマンスがいい
と思うよ。入稿も楽になるだろうし。その代わり楽になった分量描かせられ
るかもねw
取り込んだ画像を手軽に使えるしデッサン人形も入ってるから、絵がそんな
に上手じゃない人でも描けるようになる可能性あるよ。
                                           
                           

661 :名無し物書き@推敲中?:03/01/29 22:59
ところで>>659
fusianasanとかいれると名前がそうなるんでしょうか?

662 :神 ジョン・スミス 降臨 ◆AIWOEVCG6U :03/01/29 23:17
どうせ串だろおい。
つまらんぞっと!

663 :o032217.ap.plala.or.jp:03/01/29 23:21
>661
はい、プロバイダホスト表示になるみたいです
二日書き込めなかったが、いい経験でしたw
2ちゃんのゴミ山を客観視できたしねw

>660
そうだろうねえ、いつかはそうなると思ったけど
すごい時代だ
でもオレには関係ない、てか今更遅い、
漫画より小説読む自分が好きだし、小説読んでる方が落ち着く

最後に読んだのは高橋留美子だったなあw
捨てられた15冊はいつか取り戻したいのだが、それだけです
あとは漁るんなら活字だけだなあ、やっぱ

でも四コマのネタ二百個くらいメモッたまま、放置してあるよw


664 :神 ジョン・スミス 降臨 ◆AIWOEVCG6U :03/01/29 23:23
>>633おめえ氏ねよ(爆

665 :名無し物書き@推敲中?:03/01/29 23:32
>>663
>漫画より小説読む自分が好きだし

なんだかここに凝縮されてる気がするな(w

666 :o032217.ap.plala.or.jp:03/01/29 23:40
663だよオレは
焦るなよw

667 :名無し物書き@推敲中?:03/02/02 20:28
両方書ける人もプロにはいるけどさ、言っていることは一緒
小説は人物の描写など情報量に長けていて
漫画は動きやイメージが作家のおもう通りに読者に伝えられる

668 :まほ:03/02/03 10:27
>>667
人物の描写? それを漫画が不得意だとでも?
どちらかというと、漫画が不得意とするのは、徹底した内面描写、
世界の構造(目に見えないところまでの)描写、などといった、
目に見えないところではないのかなぁ。それをすると普通、
文字が極端に多くなってしまうので、漫画にする意味がない。

●「ワンピース」を小説にする場合
●「罪と罰」を漫画にする場合
        ↑これで考えてみたらいいと思う。


669 :まほ:03/02/03 10:28
スピード重視とか、既知のものを読むいわゆる「アルファー読み」で
読める小説なんかは、正直小説の形で書く必要を感じないんだよね。
ただ「電車の中とかでの時間潰しになる」「漫画よりも高尚なものを
読んでいる気分になれる」ぐらいしか意味ないんじゃないの?

栗本薫の「グイン・サーガ」シリーズとか、文字量の極端に少ない
ものとかは、単純に「漫画が描けないから小説書いてます」って感じだよね。
実際、あのひと、漫画好きだし。文学にも詳しいくせにね。

670 :まほ:03/02/03 10:29
まぁ、あれよ。漫画みたいなことしてたって、小説が漫画に勝てるわけ
ないってこと。

小説だったら、小説ならではのことしようよ。

漫画みたいな小説が多すぎるゾ、最近。めっ!

671 :(。・_・。)ノ:03/02/03 10:37
(。・_・。)ノhttp://homepage3.nifty.com/digikei/ten.html

エロムービーをココにアップせよ

672 :名無し物書き@推敲中?:03/02/03 22:28
>小説だったら、小説ならではのことしようよ。
ほんとだよね、賛成
>漫画みたいな小説が多すぎるゾ、最近。めっ!
そんな小説読みなさんな

673 :名無し物書き@推敲中?:03/02/04 12:40
まほの放置され振りが面白いよ。

674 :陰核割礼済小学生:03/02/09 15:35
なんつたって、あーた、絵を描かなくても良いんだから、楽ですよ、想像力を縛る
必要がないから、表現できる質と量が、全然違う、ただし、よい小説の読者は、それなり
の訓練と資質が入りますからね、あほでもチョンでも楽しめる漫画とは、其処が違うね。

675 :名無し物書き@推敲中?:03/02/10 22:19
高瀬舟などで心の内面を繊細に描き出すなら小説に勝る物は無いだろう。

蒼天航路のような一つの絵や繋がりで迫力を出すなら漫画が一番だ。

マトリックスやタイタニックなどの臨場感は映画でなければ表現できまい。

短いセンテンスの中に無限の広がりを魅せるなら詩が最高だ。

 と、先輩が書いたのを見たことがある。例は偏っているが、おおむねその通りではないだろうか。

676 :花梨:03/02/11 10:01
やっぱ小説の場合は読者の想像力で登場人物の姿を自由に想像できるってとこが強みだよねvv
漫画の場合、話の内容がよくてもキャラの顔や服装、全体的な絵柄で受け付けないってのもあるしvv
まぁ小説でも文体が受け付けないってのはありうるだろうけどvvv

677 :名無し物書き@推敲中?:03/02/13 18:25
>>676
表紙に主人公の顔をドーンとイラストで載せてあるのを見ると殺気を覚える。
ライトノベルならともかく、普通に成人向け小説にもそういうのがある。

678 :名無し物書き@推敲中?:03/02/20 00:52
漫画 アクション・セリフ・テンポ
映画 リアリティ
小説 はーと

679 :名無し物書き@推敲中?:03/02/23 22:15
>心の内面を繊細に描き出すなら小説に勝る物は無いだろう。

こーゆー説ってよく聞くけど、本当か?
絵も文字も両方使えるマンガに対して、小説のほうが優位に立てるとは思えないのだが。

680 :名無し物書き@推敲中?:03/02/23 22:29
絵でくだくだやられると大概退屈に堕ちてしまうんじゃないのかな。
その点文章は韻律とかで美しく聞こえさせることも出来る?
もちろん絵でも伝えることは出来ると思うけど、漫画となるとストーリーを
消化しなくてはいけなくなるし、小説はストーリーを消化しつつ退屈ではない
内面描写を展開できると思う。そう思うがどうか?

681 :名無し物書き@推敲中?:03/02/23 22:53
小説並みに主人公の内面ばかり描いてる漫画があったらいやだな

682 :名無し物書き@推敲中?:03/02/24 00:07
映画で俳優さんがよければその演技だけで主人公の心情や様々な感情が
伝わってくる気がする。
漫画でも表現の仕方が良ければ感動するほど人物の心が伝わってくる。
で、漫画だろうが小説だろうが映画だろうがつまらない物はつまらない。
まぁ、書く人しだいで小説が優位かそうでないかは決まるんじゃないでしょうか。

683 :名無し物書き@推敲中?:03/02/24 00:39
小説ばかり読んで漫画読んだら
作り込みの甘さが目立つ。

684 :名無し物書き@推敲中?:03/02/24 17:26
媒体なんかどーでも良いんじゃぁ…
話が面白ければ。


685 :名無し物書き@推敲中?:03/02/24 20:48
小説では
 そのとき彼はこれこれこういうふうに思った。
と作中人物の内面を好きなだけ書くことができるが、映画ではそうはいかない。
たまに、「スクリーンでは俳優は口を閉じたまま、せりふを音声で聞かせる」という手法がとられることはあるが、
あまり多用するとウザい。
この点に関しては、映画<小説=マンガ、と言えそうだ。

ただ、マンガの場合、たとえば二人の人間がいて
Aの内面もBの内面も描いてしまう、という手法が使われることがある。
(小説でそれをやると読者が混乱する)
となると、小説のマンガに対する優位性というのも、なんか怪しいような気が。

686 :名無し物書き@推敲中?:03/02/27 21:07
>小説では
 そのとき彼はこれこれこういうふうに思った。
と作中人物の内面を好きなだけ書くことができるが、映画ではそうはいかない。

一理ありだが逆にいえば人物の内面について語って欲しくない、
自分で想像したほうが良いって感じることも無きにしも非ずなんだよなぁ。
映画とかはその点、映像から人物の感情なんかを想像してくってのがいいのかな。

僕個人としては小説は容量たっぷりで持ち運びが楽ってことで他の漫画なんかより
小説のほうが良いって思うんだけど…
こういうのって邪道?


687 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 01:57
心理描写という点でいえば、少女マンガに関しては小説よりも遅れをとっているとは
とてもいえない。

688 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 05:50
小説に関してただの一例ですが、たとえば主人公が「私」という人称で書かれていて最後で実は人じゃなかった、「僕」という人称で女だったというのは映像がないからこそ自然に使えるトリックだと思います。


689 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 05:51
◆ピンクエンジェル◆↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.pink-angel.jp/betu/index.html

690 :世直し一揆:03/03/04 10:52
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけのもっともらしさ(偽善)に騙されるな!!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的でファイト満々(キモイ、自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする
(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはた
いてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK!)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる)
●あら探しだけは名人級でウザイ(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「〜みたい」とよく言う、
世間体命)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ)
●表面上協調・意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をしストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)  
●後で自分の誤りに気づいても、無理にでも筋を通そうとし素直に謝れない(切腹あるのみ!)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。包容力がなく冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

691 :名無し物書き@推敲中?:03/03/05 15:13
3国志60巻の漫画と5冊の小説ならどちらが読むの速い?

692 :名無し物書き@推敲中?:03/03/05 15:20
◆ようこそ!ピンクエンジェルへ◆
http://www.pink-angel.jp/betu/index.html

693 :良スレあげ:03/03/19 16:04
やっぱ相対的に見て小説読みの方が教養あるなぁw
漫画サロン板でこの手のスレ立てても
「それぞれの良さがある、面白けりゃそれでいい」で終わっちゃうもん・・(泣
その点ここではちゃんと踏み込んで議論されてますね。

で、私は9割5部漫画で残りの0.5部が小説という典型的な現代っ子だと思います。
小説の優れている所は自由に情景を想像できる事という意見が多いようですが、
自分からすればその作業が非常〜に面倒くさいのです。
それを楽しむ事が出来る人の気持ちがよくわからなかったりします。
「それはお前が良質の小説を読んでいないからだ!」と仰られるかもしれませんが
名作と呼ばれる物に時々手を出して見たりするんですよ。
でも結果的に心に残ったり影響を受けたりするのは漫画の名作の方なんですよね。
それは自分がキャラクターに感情移入してるからだと思います。
例えば同じありふれた様な人生訓でも
自分が共感できるキャラが述べるだけで全然意味が違ってくる。
実際小説では漫画レベルに魅力的なキャラを作る事が難しいんじゃないか
と思います。思えば小説で好きなキャラって全くいないし。



694 :良スレあげ:03/03/19 16:08
あと漫画はイメージを限定されるという意見は
逆ですね。自分から言わせれば。
むしろ小説の心理描写の方がイメージを限定されます。
漫画だとキャラの表情やささいな台詞などで
「こいつはきっとこんな気持ちなんだろう」と想像できますが
小説には考えている事が具体的に書いてあって読み手が想像して楽しむという事ができない。
これが結構萎え。視覚的なイメージの限定より心理状態が限定される事の方が
自分にとってはつらい。
それにいくら例えを用いてもビジュアルのインパクトを言語で表現しきれるのか?という疑問
もあります。そういう小説の例えってくどく感じたりするんですよ。
だったら絵で見たいよって思う。
ここが小説派の人とはまったく逆なんでしょうね。
小説派の人は「繊細な例えを用いた言葉を絵で表現しきれるのか?」
という疑問にいくんだと思います。

総合的に結論を出します。
小説の方が扱ってるテーマが高尚かというとそうでも無い事に気付いた今では
漫画>小説なんですよね。  自分の中で。
それでも小説派!って人なんかいいのあります?
必ず読むんで漫画より面白い小説教えてください。




695 :ブ ッ シ ュ :03/03/19 16:13
俺の気に入らんレスが多いので

■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■■■終 了■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■打 ち 切 り■■■■■■byブッシュ■■■■■■■■■■■■■■■■

696 :dezuni:03/03/19 17:02
文学とまんがは関係が深いが、どっちがいいとかの問題じゃないでしょう。
どっちも面白い。
『パロディ漫画大全』(長谷邦夫・ナガタニクニオ)って本知ってるか。
昨年、水声社という版元がら出た900ページにわたる漫画パロディ集。
これには日本文学・海外文学がたくさん引用されていて、哄笑させられた。

文学志望者は絶対に読むベシ。
ナガタニが大変な文学ファンだということが分る。
4000円+税とちと高いが、書店注文すべし。

その上で漫画と文学を語り合ってみたいもんだ。

697 :名無し物書き@推敲中?:03/03/19 17:38
>>693−694
多分君はマンガを読んでけばいいと思うよ。
いや、決して悪い意味は無いんだが、なんかやっぱり君の文見てるとそう思う。
別に小説、特に好きって訳でもないんでしょ?だったら無理してマンガより面白い
と思える小説探すんじゃなくて、マンガを読んでって気が向いたら興味ある小説読
めばいいんじゃないかな?
ちょっと偉そうだなスマソ



698 :名無し物書き@推敲中?:03/03/19 17:47
「かもめのジョナサン」

699 :名無し物書き@推敲中?:03/03/19 20:49
単純なメディアとしての(あくまでもメディアとして、ね)優位性なら、
漫画>小説
じゃない?
つまり、漫画は小説の持つ表現方法を完全再現できる、という意味で。

漫画にも一応定型は存在するけど、ページ開いたらコマもなく、いきなり小説がそこに
続いてたらいけない、という決まりはないっしょ?
まあそれは極端にしても、文字だけのコマとかも使えるわけで、絵と文章の二つから、
よりその場面に合った表現方法を取捨選択できるって意味では強いよね。

700 :名無し物書き@推敲中?:03/03/19 20:50
小説>漫画、ということなら
やっぱ、細やかな心理描写でしょ。

701 :名無し物書き@推敲中?:03/03/19 20:52
小説だって別にページを開けたら漫画がある、
って構成をしてダメなわけじゃないんだが・・

ただ、ね、思想とか観念とか、
あるいは絵にならない夢のイメージとか、
そういうのを表現するときには文字のほうに軍配かな、と。

702 :名無し物書き@推敲中?:03/03/19 20:56
散文より詩が活字に向くよね。
散文は絵になりやすい。
つまり、優れた小説は詩的なエッセンスがある、ということかしら?

703 :名無し物書き@推敲中?:03/03/19 21:06
>>701
ん?
小説ってメディアの構成要素に「絵」は存在しないと思ってたんだけど
絵が入ったらその時点で小説じゃないんじゃないの?

704 :名無し物書き@推敲中?:03/03/19 21:19
>>703
いや、そんなことはないでしょ?
絵を使った小説も何度か見たよ。
基本的に自由なんだから。

>漫画にも一応定型は存在するけど、ページ開いたらコマもなく、いきなり小説がそこに
>続いてたらいけない、という決まりはないっしょ?

これと同じで、小説にも決まりはない。
ただし、書いてる人間が絵よりも文章の方で表現する適性を持っているか、
あるいは文字の表現力を信じているから、「普通」は文字だけでやってるだけで。

705 :名無し物書き@推敲中?:03/03/21 15:19
>>700
そんなことはない。
戦後、マンガが新しい表現方法を次から次へと開拓していくあいだ、
小説は何をやっていた?
根拠のない小説優位論はやめろ。

706 :名無し物書き@推敲中?:03/03/21 15:41
またどうでもいいスレがあがってきてるし。

707 :名無し物書き@推敲中?:03/03/21 16:11
>>706
戦後、マンガが新しい表現方法を次から次へと開拓していくあいだ、
小説は何をやっていた?

708 :名無し物書き@推敲中?:03/03/21 16:42
おまえ自分で答え持ってんなら、
自分で書き込めば?
なに問いかけてんだばかたれ。

709 :名無し物書き@推敲中?:03/03/21 20:07
主人公がうだうだ語るとか、小説じゃなかったらうざくて見てられない。

710 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 20:36
マンガでも結構うだうだ語ってる。

711 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 21:11
じゃあ、アンネの日記にはアンネの考えがたくさん入ってるだろ。
漫画でアンネの考え全部入れてたら、うざいだろう。
アンネの日記が小説かどうかはひとまず置いておくとして(あれは随筆か?)。

712 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 21:15
日記じゃないのか?

713 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 21:39
日記だな

714 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 21:47
二日目

今日は量が多くて、タイヘン。まいっちんぐ!


こんな感じだろ?

715 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 22:04
まああれだ、ノーベル賞なんか文学賞はあっても漫画賞はないからな。
権威に縁遠い漫画派が小説派に噛みつきたいのは分かるが、
いくら吼えても漫画は漫画で、小説は小説。

まあ漫画家が芥川賞作家とか直木賞作家と同じくらいの権威を手に入れようと思ったら、
手塚治虫レベルにならないと難しいだろうなあ。

野球とサッカーを比べるようなもんだな。




716 :名無し物書き@推敲中?:03/03/22 22:55
まんがより面白い
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1047828480/

717 :名無し物書き@推敲中?:03/03/23 00:01
表現者としては、やはりできるだけ多くの人間に、自分の作品を読んでもらいたいと思うもの。
お金が入ればなおよい。
であれば、当然小説家よりもマンガ家を目指すのが当然。
絵が描けない人間が、やむをえず小説家をめざすのである。

まあ、小説を書くなら、できるだけマンガ化・映像化されやすい小説を書くべきだね。
若者の活字離れって、シャレにならないレベルだから。

718 :名無し物書き@推敲中?:03/03/23 00:06
薄馬鹿な推論はやめておきなさい。

719 :名無し物書き@推敲中?:03/03/23 03:34
なにをやっても 相田みつをには勝てません。

720 :名無し物書き@推敲中?:03/03/23 21:17
小林信彦の本に書いてあったんだけど、
レンタルビデオが普及したとき、かなり本屋つぶれたらしい。
そして今DVDの普及、と。

721 :名無し物書き@推敲中?:03/03/23 21:34
子供の財布もケータイ代に消えてるって言うし・・・。てか、2ちゃんのせいで本が売れなくなったとか、ありそうで怖いのだが・・・。
俺もかなり2ちゃんに貢献しているが、やっぱモノ書き志望も金にならない文章書いちゃ駄目だ。
書きたいけど書いちゃ駄目。うあああああああん。。

722 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 19:09
安心しろよ。
ここに晒している書き込みは「文章」なんつー
シロモノじゃねえんだしよ。

723 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 19:10
なにをやっても 相田みつをには勝てません

724 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 19:15
相田320!

725 :名無し物書き@推敲中?:03/03/24 19:23
あがって来て気づいたが、
>>717はものすごく頭が悪そうだ。

726 :名無し物書き@推敲中?:03/03/26 04:45
こーゆー時代に小説家になろうと思ったら
(1)なるたけマンガ化・映像化され原作使用料でもうけられるような小説を書く
(2)マンガや映像では表現されえないような、小説でしか描けない世界をつとめて描く
さあどっちにする。

727 :花梨:03/03/29 14:22
漫画的な表現を取り入れるってのもひとつの手じゃないかな。。
ただ単に世界観とかを取り入れて活字化した漫画の小説版みたいな小説書くんじゃなくて
漫画独特の構成だとか表現手法とかをうまく取り入れて小説にあったような
形に変えて使うとか…
あんまりうまくいえないけど、なんかそんな方法もあるんじゃないかなーって気がするv
でも実際そういう小説である程度の水準を保った作品を書くのは難しいとは思うけどv

728 :名無し物書き@推敲中?:03/04/03 21:26
>>727
それってライトノベルじゃないの?

729 :エヴァっ子:03/04/05 02:22
ジョジョみたいな小説が書けたら……といつも考えてるんだけどなぁ。

730 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 20:11
JOJOはマンガだからイイんじゃないか、エブァッ子くん。
(ジョルノが康一に向かっていうセリフっぽくね!)

731 :エヴァっ子:03/04/05 21:37
そんなシャバイレスにビクついて
作家志望がやってられるかどうかは
てめー自身がよく知ってるはずだ
 byアリアリアリアリアリーデベルチの人

732 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 22:28
エブァッ子→エヴァアヴァエヴァアヴァエヴァアヴァエヴァアヴァ エヴァァッ!w

733 :名無し物書き@推敲中?:03/04/06 15:57
>>729ルイス・サッカーの「穴」を読め

734 :エヴァっ子:03/04/06 17:35
スティーブンじゃないの?

735 :取手市民:03/04/10 21:49
>>729
無理

736 :名無し物書き@推敲中?:03/04/11 03:00
なんでかわからないけけど絵より文章の方が萌だったり、エロかったりするよ。

737 :名無し物書き@推敲中?:03/04/11 08:40
漫画家志望者崩れが文章で勝負できるほど世の中甘くねー・・・・・・はずだったんだけどな。

738 :エヴァっ子:03/04/11 14:49
ん? 別に漫画家を志望した経験はないけどね。
ジョジョくらい吹っ飛んだセリフをつくってみたいんだよ。

739 :名無し物書き@推敲中?:03/04/11 17:15
そういう君にはフランス文学がおすすめだ

740 :エヴァっ子:03/04/11 17:23
何? そんなにイカレ……いや、いかしてんの?

741 :名無し物書き@推敲中?:03/04/11 17:37
真面目な話、台詞に執着したいのなら小説よりも戯曲を選んだ方がいい。
僕はジョジョみたいなうざったい熱気が嫌いだけど、あの種類の熱気が
欲しいんならシャイクスピアとヘルダーリンの詩を読めばいい。
ちょっとセンチに小林秀雄の「おふえりや遺文」なんかも面白いと思うかもしれない。

742 :名無し物書き@推敲中?:03/04/11 21:28
絵が無い所が優れている点だよ。それが解らない奴は小説なんか読まなくていい。

743 :名無し物書き@推敲中?:03/04/11 23:20
大塚英志『キャラクター小説の作り方』
読んだ?

744 :エヴァっ子:03/04/11 23:22
色々教えてくれて有り難う。
でも742の意見には賛成しかねるな。
挿絵がない小説は読めない、ていうわけじゃないけど。

745 :EVAっ子:03/04/11 23:57
シスプリみたいな小説が書きたいんだけど。
あの萌える雰囲気を文章で描写したい。

746 :エヴァっ子:03/04/12 00:00
不覚だ。笑った。
でも僕は萌え嫌いだよ。好きなのは燃えのほうさ。

747 :名無し物書き@推敲中?:03/04/12 17:06
本の方がマンガより読むのに時間が掛かってよい!

748 :機甲自転車:03/04/12 18:01
単に媒体としてなら漫画は小説を内包するような感じじゃないかな?
単純に文章に絵が加わっただけで。
0次元→一次元→二次元→三次元
見たいな感じで
小説→漫画→映像→現実
と情報が伝わる経路が太くなっていくんだよ
イメージ的には
モースル信号→電話→インターネット→ブロードバンド
というぐわいに時間あたりで送れる情報量が増えてくの。

749 :機甲自転車:03/04/12 18:23
さきに結論を言うと小説は漫画よりわかりにくいが必要だと思う

人間の脳みそって視覚の情報を分析するのに、けっこう容量使ってるんだ
だから単に文字の形を読み取って(ここで視覚の役割終了)
→意味を理解→頭の中で組み立てるより、絵で入力
してもらった方が理解が容易いと思う(特に読買能力の未発達な人が)。
だって日常生活で人は視覚に頼って生きているからそれ様の機能を
使いまわせばいい、
「一見は百聞にしかず」っていうでしょ。

じゃあ小説を読む読解力は日常に必要ないか?
そんなことはないよね。現代人が日常触れる情報のかなりの部分は言語(日本語とか)に圧縮
した物を文書や音声で伝達されてきて、それを想像力で解凍している。
発信できる能力も基本的に文章や音声だ。
だから日本語能力を鍛えることは大切、とあたりまえなことを確認。

750 :機甲自転車:03/04/12 18:31
本を読まない人間は結構いるが、実にもったいない。
もちろん彼らの多くは理解する能力がないわけじゃなく、
「字を読むのが疲れる」らしい。
これは明らかに文字を音声的な情報に起こしたり、文字の意味を
直接理解するインターフェース的能力を訓練していないだけなのだ。

じゃあ訓練しようよ、すきな小説でも読みながら。・・・じゃ駄目かな
この辺はどこかて「読書感想文が嫌いだった」ような人に
聞いて見ようと思ってるんだけど

751 :名無し物書き@推敲中?:03/04/12 18:49
誰か妹萌え角川ライトノベルでノーベル文学賞取れよ。

752 :エヴァっ子:03/04/12 22:40
突然ですが僕は読書感想文が嫌いだった。
小説は言葉で感想を述べるんじゃないと、今でも思っております。

753 :名無し物書き@推敲中?:03/04/12 22:42
メディアの違いに依って手法の違いが起きる事は当然だし、
それぞれの手法でしか表現出来ない事はあって当然で然るべきだと思いますよ。
勿論、映画も音楽も、そう。
色々な選択肢があって、その中でその時々の感動を覚えられる感受性がある事が
或る意味、一番幸せである事なんじゃないかな。


754 :機甲自転車:03/04/13 04:42
>>752
なるほど、人それぞれが小説から受け止めるものはとても言い表せないほど
複雑で高次・・・言い表せないほどに、ということかな。それは正しい
まあ、ただ、あえて言えば、その「形にできないもの」をいかに文章で表現するか、
という問題の目的と手段は創作文芸につながらないかな?
そもそも言語とは形にできないものを便宜的に抽象化したもの
なのだから、本領を発揮してもらねば。



755 :機甲自転車:03/04/13 04:44
>>753
まったく持って正論だ。
「感動を覚えられる感受性」はほかに変えがたいものだ。
人間に与えられた財産のひとつと言って間違いない。
しかし不幸なのは、感受性を働かせるには情報(エントロピー)を受け取る手段が必要で、
文字などに圧縮された情報を咀嚼しきれない人が少なからずいる事だ。
もっとも私だって大多数の外国語は理解できないし、音感も悪いから
五十歩百歩なのかもしれないが。
>メディアの違いに依って手法の違いが起きる事は当然だし、
>それぞれの手法でしか表現出来ない事はあって当然で然るべきだと思いますよ。
もっともだ。各々メディアは得手不得手がある、
不得手な物を伝えるのは難しい。とても難しい。
絵でオーケストラの交響曲を奏でることはできないし、
オーケストラが目に情景を焼き付けることも不可能だ。
それをしようとするには人のもつ想像力、君の言う感受性に頼らなければいけない。
それに成功しあるはずのない曲を情景感じさせたものは人に感動を与え、賛美される
もちろんそうやってできた曲や情景はかなり虚像に近い、
五感で直に読み取った情報比べて、読み手が自分で組み立てた部分と程度が極端に大きい
しかし人を感動させるのがどれぐらい実像かはどうでもいい事なんだろう。
結局は感動されすればよいのだから、脳が脳幹から快感物質を受け取りさえすれば良いのだから

はっきり言えばより高次のメディアと対決することはかなり難しい。
われわれが一次元や二次元を理解するのは容易いのに、
四次元の理解は難しく、五次元はほとんど無理だ。

小説でそこまでたどり着くには書き手、読み手に(比較的)高いレベルを要求する。
皆さんの健闘と盛隆を祈ってますよ。
小説の形で己を結晶化し、後世に渡って人々の心に留まり続けようと目論見
もがく同志達に祝福あれ!

756 :名無し物書き@推敲中?:03/04/13 04:57
機甲タンは昔三語スレでどんな目にあったのか、すっかりお忘れの様子ですな……

757 :名無し物書き@推敲中? :03/04/13 07:38
漫画のほうがおもしろい。単純にそれだけ。
小説はおもしろくない。単純にそれだけ。

758 :名無し物書き@推敲中?:03/04/13 10:16
小説書く人は気づいてないけど頭いいとしかできないんだよ。
文章つくれねーじゃん。だから小説>>>>>>>>>>>>>>>漫画と
思っていれば?

759 :名無し物書き@推敲中?:03/04/13 13:50
漫画は高いよね。一冊400円くらいで一つのストーリが終わるのに
何十冊もかかる。10冊が小説の2冊と考えれば。値段的には小説のほうが安い。
小説は貧乏なひとにおすすめ

760 :名無し物書き@推敲中?:03/04/13 18:02
俺は別に作品が後世なんかに残らなくてもいいから
売れたい。

761 :tantei:03/04/13 18:13
★あなたのお悩み解決致します!!
●浮気素行調査
彼氏、彼女、妻、夫の浮気を調査致します!!
●別れさせ工作
あらゆる手段を使ってターゲットを別れさせます!!
●盗聴器盗撮機発見
あなたの部屋に誰かが仕掛けているかも!!
●行方調査
行方不明になっている家族の消息を調査致します!!
●電話番号から住所割り出し
一般電話、携帯から住所を割り出し致します!!
その他人生相談からどんなお悩みでも解決いたします!!
 直通  090−8505−3086
URL  http://www.h5.dion.ne.jp/~grobal/
メール  hentaimtt@k9.dion.ne.jp
   ■グローバル探偵事務所 



762 :名無し物書き@推敲中?:03/04/13 20:58
僕は小説のライバルは漫画や映画じゃなくて
実は詩とゲームだと思うんだよね。

763 :名無し物書き@推敲中?:03/04/14 01:21
漫画は描写が細かいところまで作者によって描かれてるでしょ??でもそれってあくまで作者のイメージじゃない。そこにすばらしさを感じることもあるのかもしれないのかもしれないけど。小説はキャスティングとか自由でしょ!僕が小説を推す点はそこにあると思うんだよなぁ。

764 :名無し物書き@推敲中?:03/04/14 01:48
絶対に忘れてはならない事件です。
こいつらの犯した残虐な犯行はもはや人間の仕業ではありません。

犯人の氏名
●宮野 裕史(A)
  主犯格。懲役20年の刑で服役中。2008年出所予定。
●小倉 譲(B)
  すでに刑務所から出所。栃木県に潜伏との情報あり(未確認)
氏名、名前を変えている可能性が有ります。
●湊 伸治(C)
  犯行現場の部屋の提供者。すでに刑務所から出所。
千葉県市川市に潜伏との情報あり(未確認)
氏名、名前を変えている可能性が有ります。
●渡邊 泰史(D)
  少年院でいじめに合い、現在引きこもり症候群。
●中村 高次(E)
  宮野、小倉、湊からささいなことでリンチにあう。
現在は地元スナックでこの事件のことを面白おかしく語る無反省人間。
●伊原 真一(?)(F)
  結婚し娘をもうける。出所後、新聞配達員を経て現在は東京近郊の建築会社社員。

★参考サイト★
http://profiler.hoops.ne.jp/concrete.htm
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1617/
http://topia.yam.com/home/aoiryuyu/pages/josikouseikankin.htm
2000年に放送されたニュースステーションの特集に対する反響
非難
http://www.tv-asahi.co.jp/n-station/yv/bk9920/1130hsg_killer_1.html
http://www.tv-asahi.co.jp/n-station/yv/bk9920/1130hsg_killer_2.html
http://www.tv-asahi.co.jp/n-station/yv/bk9920/1130hsg_killer_3.html



765 :あぼーん:03/04/14 01:50
   ,.´ / Vヽヽ
    ! i iノノリ)) 〉
    i l l.´ヮ`ノリ <先生!こんなのがありました!
    l く/_只ヽ    
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ttp://saitama.gasuki.com/sinagawa/

766 :名無し物書き@推敲中?:03/04/14 10:25
漫画にはすばらしいエロスは無いように思う

767 :堕天使:03/04/15 13:39
http://life.fam.cx/



768 :名無し物書き@推敲中?:03/04/15 20:31
小説は読者にとって想像力を働かせる余地が大きいのがイイ、とよく言われるけど
最近の若者は、そうやって想像力を働かせること自体がメンドイと言いますな。
なにしろ(ラノベではない)一般小説の表紙にも、キャラ絵が登場したり。

769 :名無し物書き@推敲中?:03/04/15 20:47
その、「最近の若者」というのは誰?

770 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 13:43
奴らはハリーポッターなら読むが、それ以上のことはしようとしないな。
そもそもヒット作は何でも面白いと言ってるような気がする。
他の小説を読んでも面白い、というんじゃないのか?

771 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 17:38
何でも面白いと思えるに越した事は無い。

772 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 18:26
>>770そういう人たちも面白いと感じるから、ヒット作なんじゃ・・・。

773 :bloom:03/04/16 18:28
http://www2.leverage.jp/start/

774 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 22:24
ふだん小説を読まない人にも「読みたい」という気を起こさせるような小説を書いてこそ
ヒットをとばせるというものだが……。
どうすりゃそんなのが書けるのか……。

775 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 22:28
>>774
きみが美少女でしかもデビューと同時にAV出演とヘアヌード写真集
でも出すことになっていて、しかもデビュー作が赤裸々な中学生
時代の性体験なら読みたい。

776 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 22:29
>>772
別に何読んでもヒット作と言えば面白いと言うんじゃないかって事。
夏目漱石とか、シェイクスピアみたいな昔の名文学は別にしてな。
そもそもハリーポッターが読めれば大抵の小説はめんどくさがらずに読めるはずだが……。

777 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 22:32
>>776
ネタか?
ハリー・ポッターを読める程度の能力しかないやつが、五木寛之読めるのか?
高校生でもほとんどのやつはそこまで読めないぞ? でも、五木寛之の小説は面白い。

読めるか?

778 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 22:36
それはその高校生がうすらばかってだけの話。
おまえのレベルで見える高校生と一緒にすんなよ、精神的コビト。

779 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 22:52
>>778
言っておくが、今の中・高校生は驚くほど小説を読まないぞ?
もちろん、ライトノベルなんてのは抜かして、だ。
中高生で、『趣味は読書』なんて言ってる奴は大半が良く読む本、ライノベ・マンガ、とか、そんなもんだ。

太宰も漱石も芥川も読まないのかと問い詰めたくなってくる。
俺はライノベ中心に読んでるが、文学的名作ってのは一通り読んだんだがな……。

780 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 22:58
>>779
そういうセンスだってことだな。<ライノベ中心に読んでいるが、

781 :はなまる:03/04/16 23:09
春まで現役高校生だったので、
とりあえず裏を固めると

>>799
そのとおりです

782 :山崎渉:03/04/17 12:51
(^^)

783 :名無し物書き@推敲中?:03/04/17 13:33
芥川・漱石なんかが基本として名前だすのが間違い。
あれのせいで小説よまなくなったりしそう

784 :名無し物書き@推敲中?:03/04/19 11:53


785 :名無し物書き@推敲中?:03/04/19 14:50
漫画はストーリーの長さの割りに事件がすくなすぎない?
マガジンでやってた涯って漫画は連載でよむと面白かったが
通して考えるとボリュームがない

786 :名無し物書き@推敲中?:03/04/19 14:58
>>781
そうか?
根本的に、半分の奴は読まない。
読む奴の半分はラノベ。だけどこいつらは隔離されてる。
すごいのになると、純文だろうとなんだろうと読みまくる。
だけど不良が「ライ麦畑」を読んで薦めてきたりするから
誰が何を読むかなんてわからん。

ただ、ラノベを読む奴が他の事に掛けても「変態」のゾーンに居たことは確か。

787 :名無し物書き@推敲中?:03/04/19 15:02
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

788 :名無し物書き@推敲中?:03/04/19 15:18
悪徳勧誘業者に大人数で押し掛けるオフ
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/offevent/1044439342/l50

789 :名無し物書き@推敲中?:03/04/19 16:07
小説という形を取っているかぎり、
時代考証とか、背景だとかにリアリズムを
持たせなくてはならない。
漫画だったら、適当にお茶を濁してもいいのかもしれないけど。

790 :bloom:03/04/19 16:09
http://www2.leverage.jp/start/

791 :名無し物書き@推敲中?:03/04/19 16:36
>>789
アタマ堅すぎ

792 :山崎渉:03/04/20 01:33
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

793 :名無し物書き@推敲中?:03/05/02 22:47
『檸檬』を漫画化できる?
『人間失格』を漫画化できる?
『豊饒の海』を漫画化できる?
漫画化して、意味があるかい?

794 :名無し物書き@推敲中?:03/05/03 07:32
>>793
売れる。

795 :名無し物書き@推敲中?:03/05/03 07:59
『檸檬』byつげ義春

どう?

796 :名無し物書き@推敲中?:03/05/03 17:26
豊饒の海ってムチャクチャ漫画チックだと思った
輪廻転生とか

797 :793:03/05/03 21:12
>>794
参りました

>>796
仏教も遠い極東の島国から見れば「漫画チック」になっちゃうんだね(笑)

798 :名無し物書き@推敲中?:03/05/03 23:23
>>795
それは良い感じだね。

799 :名無し物書き@推敲中?:03/05/03 23:24
輪廻転生ってネタは発祥は仏教でも
何か今となっては凄くSF的なネタって印象を受けるなあ。

800 :名無し物書き@推敲中?:03/05/04 02:55
豊饒の海がSFだとは失笑

801 :名無し物書き@推敲中?:03/05/04 05:33
>>800
AVじゃないの?

802 :名無し物書き@推敲中?:03/05/10 11:31
漫画も小説も言ってしまえば「方法」に過ぎない。
それぞれの「方法」の性質を活かせるかどうかが、
作品の優劣に繋がると考えた方がいい。
漫画は視覚的効果や分り易さがあるし、
小説は書き手の感性や価値観が全面に出ている分、
読者が対話・共感・反感・想像をしやすい。
なのでそうした性質を踏まえて読めば、
漫画も小説も面白いものだ。
逆に性質を踏まえずに作られた作品はヘナチョコ。
安易な映画化・漫画化・小説化が
駄作に終わるのもその為。

803 :山崎渉:03/05/22 02:54
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

804 :山崎渉:03/05/28 10:59
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

805 :山崎 渉:03/07/12 12:14

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

806 :山崎 渉:03/07/15 11:50

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

807 :802が良い事言った!:03/07/20 10:50
自分は漫画も小説も描きます。漫画は絵と活字で、
漫画は活字で(挿絵を入れて息抜きを持たせる場合もありますが)
物事を表現しますよね?時々、「これは小説にするべきだった、逆に
これは漫画にするべきだった。」と後悔する場合があります。
小説の素晴らしい点、それは読み手の想像力ひとつで
その作品が心地好いもの、悪いものにはっきり分かれる処だと思います。
(勿論、作者はあらゆる描写で読み手を魅了しなければなりません。)
自分はこれからも両者を選りながら、作品を作って行くのだと
思います。欲張りなのは承知の上で。


808 :名無し物書き@推敲中?:03/07/20 11:07
小説は、字が多い。

すばらすぃー。

809 :名無し物書き@推敲中?:03/07/20 18:14
小説は漫画に劣る。ゆえに素晴すい。

810 :名無し物書き@推敲中?:03/07/24 13:18
このままだと「小説はマンガに劣る」という結論になってしまう。
誰か反論してくれ。

811 :名無し物書き@推敲中?:03/07/24 17:25
俺は漫画描きますが、やはり漫画表現の方が優れているように思う。
スラムダンクなど、ダンクを決めるシーンをあらゆる角度の映像でバン!バン!バン!と脳裏に刷り込んで感動させる手法は、活字を何万語費やしても表現しきれない感動

812 :_:03/07/24 17:31
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku06.html

813 :名無し物書き@推敲中?:03/07/25 00:06
村上春樹をマンガにしてみろ。

814 :名無し物書き@推敲中?:03/07/25 12:29
小説には、活字から想像する愉しみがある。
漫画で表現されてしまうキャラクターの
風体や描写などを読み手が自由に想像できる。





815 :???:03/07/25 12:34
みてね〜♪
http://www2.free-city.net/home/kojiro/page004.html

816 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 00:14
>小説には、活字から想像する愉しみがある。

ライトノベルはイラストがあるけど。しかも売れてるんだけど。

817 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 00:46
技術論的な話。

文字媒体と絵媒体ですから、それぞれ得手不得手はあると思うんです。
例えば、人間の五感を表現する場合でも、

    漫画  小説
視覚  ◎    △
聴覚  ◎    ○
味覚  △    ○
嗅覚  △    ◎
触覚  ○    ◎

というふうには分けられないでしょうか?戦闘機がぐんぐん迫ってくる迫力は
きっと漫画の方が豊かに描けるでしょうし、逆に魚の腐った臭いを漫画で表現
しようとしても、「腐った魚の絵」と「匂いを表す漫符」と「匂いを嗅いだ人間の
表情」で表現するしかないと思うんです。これが漫画の限界だと思います。

小説……というよりは文字媒体のメディアは、腐った魚の描写だけで極端な話、
10ページ使ったっていいわけです。こういうのは文字媒体の方が強いのでは
ないか、と思うのです。長文スマソ。

818 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 01:08
漫画はインパクトが強い分忘れやすいのだよ。そして文章を読むことで
頭の回転が速くなるのだ。そして詳細な描写は漫画だと絵で表されるから
強調されない。だから読み飛ばしてします人が多いのだよ。

上記のことは総推論です。

819 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 01:13
>>817
成る程!判り易い!


820 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 01:59
>ライトノベルはイラストがあるけど

小説にも挿絵がありますよ。
売れてるかどうかは論点が別。


821 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 16:17
>小説にも挿絵がありますよ。
>売れてるかどうかは論点が別。

もとの文章を100回読み直したあとで死ね

822 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 18:20
>821
小説で漫画より素晴らしい点を、だろうが。
売れてる=素晴らしい、とは限らない。
ラノベは悪い意味でマンガ。


823 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 18:22
  腿  \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ クリトリス ★オナニー共和国です★
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ 尿道    ★貴方の見たい娘がイッパイ(^0^)★無修正★
  
       / / ゜ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
大陰唇 / //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 膣 ) ── 小陰唇★http://endou.kir.jp/akira/linkvp.html

      \ \\// /
         `   \/  '
\         *──肛門(アナル)
  \_____/\_____/


824 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 19:53
ラノベは小説を父に、
漫画を母に持った
ひよわな未熟児。

825 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 20:00
このジャンルは新しくないです。
文学史的にいえば、
少女小説とかいわれるジャンルで、
瀬戸内じゃくちょーとか吉屋信子とかが若い頃書いてたものの末路です。

826 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 23:19
>>817
ちょっと違うんじゃない?
嗅覚や触覚だって、小説では想像するものでしょ?
それが◎ならほかの五感も◎になるはず。
どちらの媒体も情報の摂取という意味では視覚しかあり得ない。
それをどう飲み込むかというところがキー。

827 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 23:43
>>826
 はい。826さんの指摘はたぶん正しいと思います。文字媒体である以上、
五感全てが同じ文法に則って描かれているわけですから、どれかひとつが
◎で他のどれかが×or△ってことはないですよね。

 ただ、「百聞は一見にしかず」という言葉の示すとおり、100万語の言葉を
重ねてもたった1枚の絵にかなわないことは確かにあるわけで、それを考え
ると小説と漫画の比較に於いて小説側に◎を付けるのはやはり抵抗があった
のです。

 もちろん1枚の絵に勝る名文を書ききる作家も大勢いますよ。でも、それは
文字媒体の特徴じゃなく、作家自身のセンスであり技術だと思うのです。
「1枚の絵に負けない文章が書けないようじゃプロの作家じゃねーよ!」と
言われればそれまでなんですけど、いわゆる大作家だって100戦100勝って
わけにはいかないのも事実だと思うのです。

828 :817:03/07/27 23:44

間違えた。上の発言は817です。

829 :名無し物書き@推敲中?:03/07/27 23:52
>「百聞は一見にしかず」

この時点で、もうマンガと小説の優劣関係は明白だ。

830 :_:03/07/27 23:53
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku04.html

831 :_:03/07/28 00:03
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

832 :826:03/07/28 22:22
漫画の方が視覚で得られる情報量が多いというのはわかるんだけど。

小説は鏡みたいなものなんじゃないかなあ。
読んでいる人の人格とか人生経験がより強く反映する。

情報量が多いということは必ずしも良いことではない。
情報量と情緒は関係がないと思うので、
「百聞は一見にしかず」 はこの場合当たらないのでは。

これは受け手側の話をしてるけど、
書き手側となるともっと優劣はつけ難くなるような気がする。

833 :名無し物書き@推敲中?:03/07/30 23:53
>小説は鏡みたいなものなんじゃないかなあ。
>読んでいる人の人格とか人生経験がより強く反映する。
>情報量が多いということは必ずしも良いことではない。

推理小説でイラストを取り入れている作家も多い。シャーロック・ホームズも「踊る人形」で、人形のイラストを取り入れている。
人生経験が反映する事はマイナス。つまり小説はマンガに劣る。

834 :名無し物書き@推敲中?:03/07/31 12:06
>人生経験が反映する事はマイナス。つまり小説はマンガに劣る。

前の文脈と繋がらないのですが?

あと、イラスト入れてるからなんなの?

推理小説なんて持ち出したら、
叙述トリックとかは小説の方が書きやすいと思うけどね。

835 :名無し物書き@推敲中?:03/07/31 12:16
イラストは漫画とは別物だと思うのは俺だけですか?

>>833は漫画がどうであるか、小説との特徴の差を掴めていないと思いますが?


836 :名無し物書き@推敲中?:03/07/31 16:20
>イラスト入れてるからなんなの?

イラストじゃないと表現できない事が世の中には山ほどあるんだよ。おまえ、ここまで説明しないとわからないのか(笑)。

>叙述トリックとかは小説の方が書きやすいと思うけどね。

その「小説のほうが書きやすいトリック」とやらが書かれている本を教えろ。


837 :名無し物書き@推敲中?:03/07/31 17:32
>>836

832は「文学」の話をしてるんだろ。
ミステリも文学ではない、とは言わないが、ごく辺境の一ジャンルだろ。
そこで「絵のほうがうまく表現できる」といったところで、
小説の方がいい場合もある、っていう意見への反論にはならないだろ。

>その「小説のほうが書きやすいトリック」とやらが書かれている本を教えろ。
叙述トリックだ、って言ってるだろうに。
筒井の「ロートレック山荘殺人事件」(だっけ?)がそのいい例。
あれを漫画で視覚的に表現できるんだったらやってほしいが。

838 :名無し物書き@推敲中?:03/07/31 17:41
このスレで言われている、
漫画が小説より優れているという根拠を鑑みると・・



一番優れているのは映画ということになりました。

839 :名無し物書き@推敲中?:03/07/31 18:14
んな事言ってたら、一番優れているのは現実だろう?
所詮作り物なんて、現実には勝てんよ。










まぁ作り物しか知らない貴様らは、それを否定するんだろうけどな。

840 :名無し物書き@推敲中?:03/08/01 20:54
しゃうじき、パラサイトイヴとかは漫画化すると生々しさとか怖さとかが
無くなってる気がする、やっぱあのてのは想像した方が恐怖感がでるな

841 :山崎 渉:03/08/02 01:02
(^^)

842 :名無し物書き@推敲中?:03/08/02 20:54
音楽と絵画、どっちが優れてる?
どっちも優れてて、どちらも良い。
小説と漫画もそんなもんだろ。

843 :名無し物書き@推敲中?:03/08/02 21:13
>>842
これはマンガと小説どっちがいいかじゃなくて
小説のいい点をあげてるわけだろ?
スレタイよく見ろ阿呆

844 :名無し物書き@推敲中?:03/08/06 19:42
☆ ☆ ☆ http://www.gals-cafe.com ☆ ☆ ☆

まみでっす!みんな元気ぃ?夏だねーーー!

あたしね、今どこにいると思う?えへっ、実はアメリカなんだぁ。

でもアナタに逢いたくて、こーんなバイト始めちゃった♪

まみに逢いに来てくれたら、なんと7日間会費無料サービスだし、
しかもしかも10分間も無料なんだよ〜〜!すごいでしょ!
見てくれたアナタにだけの特別サービス!今すぐきて!
二人っきりで楽しいことしようよ!まってるね!
☆ ☆ ☆ http://www.gals-cafe.com ☆ ☆ ☆

845 :名無し物書き@推敲中?:03/08/08 15:19
今すぐ会いたいの。さんごはあなたなしじゃもうだめみたい。

私、ここにいるから……探しに来て、くれる?

7日間会費フリー、10分間無料になってるの。

あなたに会えなくちゃ、寂しくて死んじゃいそうだから
待ってます。来てくださいね!
→ → → http://www.gals-cafe.com ← ← ←

846 :元祖DVD:03/08/08 16:01
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 ☆★ 無修正DVD★☆なら 新宿歌舞伎町直送 ☆★
@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@
★☆人気爆発新作ベスト5入荷
 白石ひより SNAPSHOT 岡崎美女 POISON 宝来みゆき パンドラ
 持月真由 水中SEXのAQUASEX 超売れ筋 
  店頭販売の売れ筋のみ厳選してみました 安心の後払い
      http://no1.to/first
   白石ひとみ 小森詩 山田まり 長瀬愛
@@ 及川奈央 レジェンド @@ 堤さやか 東京バーチャル 依然大好評
      http://fry.to/first
  サンプル画像充実  見る価値あり  最高画質
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

847 :名無し物書き@推敲中?:03/08/08 19:46
漫画、小説、映画。
表現手段で一番優れているのは漫画だろうな。

848 :名無し物書き@推敲中?:03/08/12 16:21
せっかくの夏休みなのにっ!アメリカはもう学校ないんだよっ!

むーっ。あたし、あなたに会いにいけないじゃなーいっ!
そーんなイライラ解消ってことで、なんと7日間10分無料サービス中☆
http://www.gals-cafe.tv ここでバイトしてるンだぁ♪
なつき、ずっとずっと待ってるからね!遊びに来てね!
え?・・・モチロン、遊びじゃなくてマジなのも大歓迎、だよ(*^.^*)

849 :山崎 渉:03/08/15 12:08
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

850 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 05:32
このスレはアゲなきゃでしょ?

851 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 15:54
>>816
それはライトノベルだろ?
たくさんある小説のジャンルの一つじゃん

852 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 16:31
ageられたので書いてみる。

小説は読みあげてもらえる。
媒体が文字だけなので、朗読、点字、指文字などで
そのままの内容を伝えることができる。
漫画も台詞は読んでもらえるけれど、絵の部分は視覚を使う。
(絵の部分も説明はできるだろうが、それは説明する人の主観による)

853 :名無し物書き@推敲中?:03/08/30 16:37
あと、小説は気に入った文章を記憶として持ち運べ、
他人にそのまま伝えることもできる。
漫画も台詞の引用はできるが、絵のニュアンスをそのまま伝えるためには
やはり言葉による表現力が必要になる。(ジェスチャーもありだろうが)

ただこの利点が生かされるのは、「面白いものを誰かに伝えよう」とする
読み手の意思が動くときなんだよなあ…。
ただ読んでおもしろかったーで終わるだけなら、漫画のほうが有利かも。

854 :名無し物書き@推敲中?:03/09/04 19:26
コスト・パフォーマンス。

単純に、漫画二冊買うよか
同じ値段の小説一冊買うほうが暇つぶしできる。

855 :名無し物書き@推敲中?:03/10/06 22:26
a

856 :313:03/10/25 21:52
明日で30だよ。。童貞のまま30になりたくない(涙)

857 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 12:46
マンガと違って読むのに時間がかかるから、長時間の暇つぶしには持って来いのところ。

858 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 13:08
マンガだと、絵だけでなにをつたえたいのかがわかるが、小説だと
全部ナイト小説の面白さがわからない。なので、読んでいくうちに読解力が
養われる。漢字も覚えられる。本の最後に、参考文献、意味の説明をしてくれて
とても新説。
作家からみると、小説が1字1字読んでもらえるので作家冥利に尽きる。

859 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 13:11
なんといっても、ヘタな絵がつかない分、キャラクターの姿を勝手に思い描けることかな。

860 :名無し物書き@推敲中?:03/10/26 16:39
個人的に
小説を文学といっているばかりでは漫画には勝てない。
漫画を絵といっているばかりでは小説には勝てない。


861 ::03/10/27 00:39
http://mproject888.hp.infoseek.co.jp/
いってみたらいいじゃない。

862 :名無し物書き@推敲中?:03/10/27 04:50
比較するな!両者は別物であり、同じ土俵に上げて比べようとすること自体
ナンセンス。
小説のシーンをそのまま漫画化できないことがある時点で
もう比較不可。漫画家できないからどっちかが劣ってる、
とかじゃなくて、比較そのものが不可。
そもそもどっちのジャンルが「素晴らしいか」とかどうでも良くないか?
作品対作品でどっちが「面白いか」ならまだわかるが・・・。
大阪圏に住んでるころはエスカレーターは左を開けるもんやろ!
とか思ってたが、東京圏に住んでみたらどうでもよくなった。
比較したがるヤツはコンプレックスを持ってるってこったな。
プロレス最強!てよくプロレスファンが言うのといっしょ。

863 :名もない物書き:03/10/27 22:21
作家に支払われる印税の額が多い。

864 :名無し物書き@推敲中?:03/10/28 17:30
漫画家の印税って、小説家に支払われる印税より額が少ないの?
小説家が本の売れ行き1割程度と聞くけど。

865 :名無し物書き@推敲中?:03/11/01 23:21
>>864
漫画も1割だよカス

例えばハンター×ハンターは3000万部売れてるから
コミック400円の1割=40×3000万で12億円ですかね

さらに毎週の原稿代が一枚5万円と言われていますから、
平均15×5=75万円

つまり週給75万+印税ですか
まぁ小説家より漫画の方が才能のアドバンテージは上ですから仕方ないですね


866 :名無し物書き@推敲中?:03/11/02 11:52
>>865
なるほど、だがカスは言い過ぎ
いくらネット上でももうちょっと配慮しようや 

867 :865:03/11/04 09:14
>>866
ワラタ

868 :名無し物書き@推敲中?:03/11/04 18:45
読みの自由度だろ。

869 :名無し物書き@推敲中?:03/11/10 01:19
マンガだろうが小説だろうが印税収入なんてここ10年以内に死語になるよ。
デジタル上でのコピーの簡易化による事実上の著作権の消滅によってね。
まあ、著作権なんて金儲けのために無理矢理捏造した概念だからしょうがないんだけども。
そうなったら制作にコストのかかりすぎる映画、マンガ、ゲームといったメディアは淘汰され、
本業の片手間にできる文章だけが生き残るだろう。
飯の種にならないことに時間を食われていたら飢え死にしてしまうからね。
金持ちのボンボンなんかが道楽でやる場合は除くとして…。

870 :869:03/11/10 01:29
ああ、10年以内はいくらなんでも早過ぎ(w
20年後かな。それぐらいの未来なら、書籍メディアも
あらゆる局面でデジタルペーパーに駆逐されていそうだし。



871 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 19:33
>>869-870
に賛成の人いる?

俺は気持としては反対、客観的には…どうなんだろう?

872 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 20:21
自宅で簡単に製本できる機械が、安価で出たら怖いな。

873 :名無し物書き@推敲中?:03/11/24 21:55
>>869-870
ったく、かみの大切さがわかっていないな。
年々減っていくものだからこそ大事しなくてはならないのに。

……それはともかく。
紙はぜったいなくならない。なぜか。
紙の方が読みやすいから。
それと、著作権の消滅、というけど、それ自体がありえん。

874 :名無し物書き@推敲中?:03/11/25 22:12
なるほろ

875 :名無し物書き@推敲中?:03/12/03 16:33
自分好みのキャラが想像できる。
漫画版を見て「萌え〜」とか言ってる奴は妄想力のない2流妄想家。

876 :名無し物書き@推敲中?:03/12/21 20:31
この娘だれ?
http://uploader.org/normal/data/up103.jpg


877 :名無し物書き@推敲中?:03/12/27 22:12
小説家は物語のプロ→内容、情景描写が緻密
漫画家は絵描き+物語のプロ→どっちつかず→つまり内容、情景を絵で補っている

なんかフォローになってないな(´・ω・`)ショボーン

878 :名無し物書き@推敲中?:03/12/28 19:31
マンガの中に長文を入れる手法はよくあるが、
小説の中にマンガ(挿絵ではなく)が入ることはほとんどない。
ここからマンガ>小説、とする意見が出てたが、
逆に小説はマンガを侵食できると考えたらどうだろう?

どうにもなりませんか。

879 :名無し物書き@推敲中?:04/01/04 13:36
ならないねえ。

880 :名無し物書き@推敲中?:04/01/07 10:17
小説に漫画を入れるのは楽しそう。時々みかけるけど、面白いと思う。
くだけた絵本みたいな感じ。

でも漫画家さんは長文ぐらいなら書けるかもしれないけど、
小説家は絵を描けない人が多いから難しい。

881 : :04/02/11 13:10
執筆業をしているという主婦らしいんだけども
これは本当にプロレベルの文章なの?
http://life.2ch.net/test/read.cgi/cigaret/1076457957/1

882 :酒鬼薔薇:04/03/10 14:57
漫画喫茶からカキコテスト

883 :hasejun:04/03/11 08:51
酒鬼薔薇しばく。

884 :名無し物書き@推敲中?:04/03/11 08:53
うんたらべんた

885 :ネオ麦茶:04/03/11 16:46
おいっす!

886 :緊急のお知らせ 七月中部関東に核が襲う:04/03/11 16:51
<< 【緊急】避難しつつ東海原発浜岡の停止に参加・友人に広めデモ参加お願いします >>
チェルノブイリと同様に偏西風に乗って、七月頃中部地区関東地区に核の雨が拡散、風向き次第では関西地区に拡散、何千万人が癌に侵されてしまいます。

●陳情詳細は2チャンネル臨時地震板の・・【東海】原発浜岡なんとかスレ【地震】・・参照して下さい。
 トップリンクには・・とめよう裁判の会(訴訟団募集のお知らせ)で訴訟団加入申しこみお願いします
N0. 88には・・メ−ルで国内・外のマスコミにメ−ル攻勢
 NO.103には・・メディア偏向報道への怒りメ−ル攻勢
 NO.134には・・デモ参加(至急募集)

原告団・メ−ル攻勢・デモにならないと国会も動きません。原告団は300名余、メ−ル数も不足、デモ予定もない
●中国ODAよりも地方へ企業誘致の税源移譲、全国の津波防波堤や原発、石油コンビナ−トも危険整備すべき問題点でメ−ル等に入れてください。
●七月東南海地震、5月か9月関東大震災(火災旋風で首都消滅)NO,35参照、安全圏に避難しつつ攻勢もかけてください。 
詳細は世界の地震学者・各新聞社共同制作本 ニュ−トン「せまりくる巨大地震」ご一読を
●ニュ−トンで全国の活断層・過去の2次被害状況把握できます
★日本人の平和・安全・人権・財産・領土を脅かし、他国援助重視の日本政府に断固反対!!
 韓国>>>日本亡国! 2チャン廃止追い込む日本政府に反対!!

887 :名無し物書き@推敲中?:04/03/12 09:38
心理描写が、これでもか!というほど、
しつこく書き込める点。漫画だと難しい。

888 :河口恭吾:04/03/12 17:32
次は「さくらんぼ」って曲でミリオン狙うわ。

889 :manko仙人:04/03/12 23:19
age

890 :ななこ:04/03/13 04:15
なかなか面白いスレ見つけたので宣伝
君も議論に参加せよ。


女はシワ隠すのに化粧OK 男は禿隠すのにヅラNG3
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/female/1078962196/

891 :izuko:04/03/13 09:22
お逝きなさい!

892 :ニュース速報:04/03/13 14:16
MXで落とせる
平井堅の「もらい泣き」のカバーは、一青窈の音源をキー4つ下げただけの捏造ファイルです。

893 :たーざん:04/03/13 19:10
きつねうどん食べたい。

894 :judy:04/03/14 00:04
ふーん

895 :  スレ:04/03/15 15:00
( ノ゚ο゚)ノ 

896 :名無し物書き@推敲中?:04/03/15 20:00
Qちゃん落選についてどう思う?

897 :(^ヮ^) :04/03/16 03:00
あまんぼ

898 :ワラタ:04/03/16 19:03
富樫ヲタが必死にパクリを擁護


パクリで富樫に勝てるものはいない。 2
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1079336720/15-31

899 :宝くじキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! :04/03/17 01:58
おっしゃあ!

900 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 10:58
実学書が売れる時代に小説を読んで、どのような知識を得ようとしているのだろう。
漢字のお勉強のために読んでるのかい?
おまえらは一体、小説を読むことで何を学んでいるのか?
それを答えてくれ。


901 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 12:05
実学書が売れる時代に小説を読んで、どのような知識を得ようとしているのだろう。
漢字のお勉強のために読んでるのかい?
おまえらは一体、小説を読むことで何を学んでいるのか?
それを答えてくれ。


902 :名無し物書き@推敲中?:04/03/17 19:31
娯楽じゃいけませんか

903 :nori:04/03/17 20:52
単にって省略して通るものなのか

904 :ジャイアソ:04/03/18 10:00
今日これから生まれてはじめておっぱいを舐めて来ます。

905 :ジャイアソ:04/03/18 21:01
今日これから生まれてはじめておっぱいを舐めて来ます。

906 :森総理の神の国発言を上回る神言:04/03/19 10:00
迷言キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1079336720/113

87 名前:愛蔵版名無しさん 投稿日:04/03/18 14:46 ID:???
ぱくりはええんでないないの?
別に。

113 名前:愛蔵版名無しさん 投稿日:04/03/19 04:43 ID:???
パクリでも面白ければいいと思うけど…

907 :やくざ:04/03/19 20:00
あんだ?

908 :毒舌TV:04/03/19 20:05
毒舌TV、どくだみのようにひっそり開局いたしました。
これからコンテンツも充実させていきます。
http://tokyo.cool.ne.jp/dokuzetu-tv/

909 :卒業生:04/03/20 08:00

      キ        //   /::::://O/,|      /
      ュ     / |''''   |::::://O//|     /
      .ッ       \ |‐┐ |::://O/ ノ   ヾ、/
       :       |__」 |/ヾ. /    /
         ヽ /\  ヽ___ノ / . へ、,/
        /  ×    /  { く  /
        く  /_ \   !、.ノ `ー''"
  /\        ''"  //
 | \/、/           ゙′
 |\ /|\ ̄
   \|

910 :あかちゃん:04/03/20 18:02
おぎゃあおぎゃあ

911 :ひで:04/03/21 04:01
だれか俺と喧嘩しない?

912 :長助:04/03/21 11:00
次逝ってみよう。

913 :ちびっこ:04/03/21 18:00
ドラクエ5買う?

914 :名無し物書き@推敲中?:04/03/22 09:44
ボンバヘ

915 :名無し物書き@推敲中?:04/03/22 17:00
抱かれたい……

916 :14才:04/03/22 23:54
かきタレ欲しいなあ。

917 :あぼーん:04/03/23 08:00
あぼーん

918 :あぼーん:04/03/23 21:16
あぼーん

919 :名無し物書き@推敲中?:04/03/24 01:13
反論なければ「小説はマンガに劣る」とする。

920 ::04/03/24 11:10


921 ::04/03/24 21:03


922 :てす:04/03/25 07:31
☑ฺ

923 :名無し物書き@推敲中?:04/03/25 17:26
サービスエースの「エース」ってどういう意味?

924 :名無し物書き@推敲中?:04/03/25 17:29
サービスーの複数だってば!

925 :名無し物書き@推敲中?:04/03/26 03:19
答えろ

926 :名無し物書き@推敲中?:04/03/26 13:14
文句はそれぐらいにして
とっととかかってきたらどうだ?

927 :名無し物書き@推敲中?:04/03/26 14:34
春厨沸いてます

928 : :04/03/26 15:50
927のような春厨が。

929 :名無し物書き@推敲中?:04/04/04 21:47
さっさとやろうぜ

930 :名無し物書き@推敲中?:04/04/05 14:10
ごちゃごちゃいってねーで
なんでとっととかかってきやがらねーんだ?

931 :名無し物書き@推敲中?:04/04/05 14:21
小説の漫画より優れた点か。

朗読できることだな。

932 :名無し物書き@推敲中?:04/04/06 01:15
ごちゃごちゃいってねーで
なんでとっととかかってきやがらねーんだ?

933 :名無し物書き@推敲中?:04/04/06 12:12
ごちゃごちゃいってねーで
なんでとっととかかってきやがらねーんだ?

934 :捨ハン愚連隊:04/04/06 16:11
あ"ー、やっとレス全部読み終わった。
既出も含め、自分が思った小説の利点を箇条書きしてみる。
(ちなみに漫画も小説も大好き)

1、風景描写を深く描ける
2、心理描写を深く描ける
3、ビジュアルが見えないのを、逆にネタとして使える
4、「冷静と情熱の間」みたいなことができる
5、「間」を演出しやすい
6、特定のものを演出として「印象的に」描写できる
7、読む際に、ちゃんと完結している(ことが多い)

個別に詳しく補足しますが、もちろん上記は「えてして小説の方が〜」
という意味で、それらが上手い漫画家さんもいるのは知っておりまする。

935 :捨ハン愚連隊:04/04/06 16:12
まず上記の1、2、はさんざん既出だからいいよね?
漫画家でも風景・心理描写が上手い作家はもちろんいるけど。

3も既出で、誰かが言ってたけど「私」が女だと思わせといて
実は男だったり人間じゃなかったりとか、そういうこと。
書き出しで「それは何とも言い様のない不思議な形をしていた」
って始めたりするのも、小説ならでは。
昔、江口寿史の漫画で、失明した少女が主人公って設定で、
真っ黒ベタ塗り(セリフはある)のコマが並んだ漫画もあったけどね。
やっぱりそれは「実験」の域を出られないとオモタ。

4〜7はまだ出ていない意見かな。
4は共著ではなく、2人の作家がそれぞれの持ち味を出して、
2つの視点(2冊)で別々に話を進めて行くというパターン。
小説なら文体が違ってもそんなに違和感がないけれど、
漫画でこれをやると絵柄が違うので、違和感があると思う。

5は小説なら改行や「……」で『間』を演出しやすい。
漫画だと井上雅彦や小野塚カホリなんかが「間」のとり方うまいと
思うけど、やはり漫画だと間に上限があると思う。
変な話、小説なら3行空けても普通だが、漫画で3コマ空けたら変。

936 :捨ハン愚連隊:04/04/06 16:12
6、漫画は一度に知れる情報(風景・セリフ・表情・しぐさ・音など)
 が多い分だけ、反面、意識が向かうところがバラけるという特性がある。
 例えば「パックを塗った顔の下から、ひっそりと皮膚呼吸している1つの毛穴」
 を描写したい時、漫画だと顔(目や鼻やまゆ毛)やパック、他の毛穴などの
 ビジュアル的な邪魔が入り、上手くスポットを当てられない。
 かといって、ただの丸である毛穴のカットを、アップで続けるのも厳しい。

7は漫画だと「まだ続き出ないのかよ」とジリジリさせられることが多いから。
漫画は巻が分かれるのが当たり前だけど、小説は単行本になった時には完結
してることがほとんど。もちろんグイン・サーガみたいなモンもあるが、
あくまで確率として。

以上、良スレなんで、つい熱弁してしまった……長文スマソ( ゚Д゚) !

937 :名無し物書き@推敲中?:04/04/07 03:06
このケンカもできないヘタレ野郎が。

938 :名無し物書き@推敲中?:04/04/07 04:51
小説派は話がくどくてわかりにくいな

せめて漫画派の奴はわかりやすいレスを頼む



AAで

939 :捨ハン愚連隊:04/04/07 10:27
や、別に小説派ではないのだが。漫画も大好きなんで(´・ω・`)

940 :名無し物書き@推敲中?:04/04/07 10:38
漫画>描写の深みに限界はあるが、独特の雰囲気、間の表現力はすでに小説以上
小説>深く描写できる

俺、深くない小説読むと「それ漫画でいいじゃん」って批評かます事が多い。
※漫画描けないので文章で書きましたっていう奴は論外の上。

941 :捨ハン愚連隊:04/04/07 12:23
バトルロワイヤルなんかは、漫画的・ゲーム的な題材を小説でやったから
面白かったんだと思ったけどな。
実際、バトロワの漫画もゲームつまんなかったし。映画は見てない。

942 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 01:08
小説の素晴らしさを挙げるのに描写云々ばかりを持ち出すのって、
いかにも小説を表面的にしか捉えてない気がする。

詳細な描写も結構だが、演出に不都合な描写はしなくてもいい
という点も、小説のメリットの一つだろう。

言葉を巧みに操って、読んでいる人を騙すのが小説の醍醐味
だと思う。例えて言うなら呪文だな。

943 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 11:05
同意だが例えがわからん

944 :名無し物書き@推敲中? :04/04/08 13:40
小説ってはっきり言ってつまんないんだよね
字読むのだるいし読んでもおもしろくないしで最悪
漫画は楽に読めておもしろいで最高
それに小説って心理描写が長かったりでけっこう読者を束縛してるとこあると思う
漫画なら表情でそのキャラの気持ちを読者の想像にまかせるとこあるけど
小説は字しかないから全部言っちゃうでしょ?
小説は読者が想像できるとかいうけど案外漫画にできて小説にできないとこあんだよね




945 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 15:23
そうなー、こんだけ下手な小説家で飽和しちまった今何も言い返せないな。
小説の面白さという物を実感して欲しい気はあるが、
今俺が本屋で適当に買い漁ったら読書嫌いになると思う。

筒井康隆読ませたいなあ。
小説の面白さって、漫画と別ベクトルにぶっとんでるのよ。
本当は。

もどかしいけど、俺が筒井氏じゃない以上、
小説の方が面白いと言う資格は俺にはない。
嗚呼。

946 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:19
小説はどれがおもろいかわからない。
ゲームは雑誌、映画は雑誌と予告編を見れば推察できる。
口コミか、作家買いをするしかないのが現状。
そりゃ、衰退するよなあ。

将来、紙と同等以上のデバイスが発明されて、途中までDLさせてくれるなら状況は変わるかな。
携帯で流行りつつあるらしいが。

947 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 19:47
PDAでもPCでも、ずっと前からあるんだけどな。
予告読みできる電子本売りはなんで浸透せんのやら。
Sonyと松下が端末出してサービス本腰始めたけど、どうなるかな

948 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:02
絵描けないから小説ってのはよく聞くけど
絵描けるけど小説ってのは聞いたことないな
やっぱ最近は能力ある人はみんな漫画に流れてくんじゃないの?
漫画かけない奴が小説に行くのであって
まあ一概にはいえないけども
綿やとか金原もたいした話じゃないし
やっぱり今は漫画家のほうが上じゃないかね

949 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 20:57
>>945
小説だってダ・ヴィンチだとか、新聞・雑誌の書評欄があるじゃない?


950 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 21:07
>>948 京極夏彦

>>949 んな恣意的なものは信じられない。

951 :名無し物書き@推敲中?:04/04/08 23:45
絵が描けないって意見がいまいちよくわからんな。
見た物を描くぐらいの事は誰でも出来るだろ。

模写すらせずに今ある引き出しだけで絵を描こうとしても
描けるわけがない。小説だって同じだろう。単語だけ見知っていても
語彙が増えた事にはならない。実際使ってみないと。

絵が描けないなら描けるようになるまで練習すればいいじゃん。
小説に転向しても、いずれは同じ壁に突き当たる。それならば
好きな事で苦労した方がいいと、俺は思うんだが。

952 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 00:31
ダ・ビンチで思い出したけど、真の天才は器用貧乏にならずになんでもできるんだよな・・・。
小説の挿絵が書けるくらいの画力が欲しいぜ。


953 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 11:25
(^^;

954 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 11:34
>>948
俺俺。同人で漫画で参加して4冊ほど出した。
小説+挿絵の方が評価高かったから、今は小説。
漫画じゃ一人でやるには効率があがんないのが難点なのよ。

コマ割り、ページ割りの技術、カメラワークの技術、
デッサンの技術、配置のセンス,配色のセンス。
物語を仕立て上げる制約は小説より多いよな。
技術的な壁も多い。俺は色塗った途端に駄目になる。

小説に糞が増えて漫画に良作が増えたのも当然か。
トーン削りとか、マジで職人芸だよなー……。
まぁペンタブレットも安くなったし誰でも挿絵描く
くらいの素養は持っといても、損はないんじゃない?

お互い相手を知らずに叩き合っても仕方なかろ。

955 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 12:46
>>950
映画もゲームも試しに最初だけ見る(遊ぶ)って、
限られたタイトルしかできないし(店頭デモプレイとか)
漫画も単行本はビニールかかってて中読めないけど、
小説ならたいてい立ち読みできるじゃん?
DLしなくても本屋行けば読める。

それって結局、興味がないから、後付けで考えた理由なんじゃ?
別に批判してる訳じゃなくてさ。漏れはCDがそうだ。
(何がいい曲かわからんが、レンタルもしなけりゃラジオも聴かない)

956 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 12:51
漫画家で小説にシフトしてったのは、パッと思いつく人で
折原みととか、あさぎり夕。漫画家だけど、桜沢エリカや槙村さとる、
一条ゆかりはエッセイ出してる。
銀色夏生は確かイラストも自分でかいてるよね?(ウロオボエ)

まぁでもそういうコトを言いたいのではなくて、
「絵が描けないから小説」って人、そんなにいるとは思えないな。
漫画やりたいのに絵が描けないというなら、マンガ原作者でいいじゃん。

957 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 12:52
>>948でした

958 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 12:56
ネーム起こす前にプロット書いてキャラ絵固めながら
伏線の張り方を考察していたら挿絵付き小説が出来上がってたりはする

959 :39:04/04/09 18:18
体がほてって眠れない・・・

960 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 18:25
なぜ思い出したように39を名乗る

961 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 18:29
思い出すもなにもずっと39なんで・・・
怒らせてしまったようなのでやめます。。

962 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 18:39
怒ってはいないがそういや一行レスって気色悪いよな

963 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 19:10
俺はむしろ長文の方が(ry

964 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:32
>>962は一行レスだけど
自分の事を言っているのだろうか。

965 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:35
>>420
すげえ

966 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:36


967 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:38


968 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:43
1000

969 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:43
わかっとるがな

970 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:43
☑ฺ

971 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:44
だから、その頃から仲良くなるだろ。

972 :名無し物書き@推敲中?:04/04/09 20:45
↑が走る姿を見て皆爆笑する

973 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 11:10
↓が面白い事を書いてくれるらしいので注目

974 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 19:04
↓が面白い事を書いてくれるらしいので注目

975 :名無し物書き@推敲中?:04/04/10 19:49
オナラ プーッ!

976 : :04/04/11 02:57
全然偽善的でない、献身的なあなたのレスに心打たれました。
あなたは他人を第一に考えられる素晴らしい人ですね。
あれ?ディスプレイがうまく見えないや・・くっ・・・

977 ::04/04/11 12:27
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/female/1080442734/42

↑の42でおもろいおばかさんおばさんが降臨してるぞ。

978 :名無し:04/04/11 20:21
ワラタ

979 :名無し物書き@推敲中?:04/04/11 21:38
面白いと言って貼られたリンクに限って面白かった試しが無い

980 : :04/04/12 07:31
↓おもしろいカキコがされるそうなので注目

981 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 07:41
ふとんがねころんだ

ねこがどっかーん

982 : :04/04/12 15:39
↓おもしろいカキコがされるそうなので注目

983 : :04/04/12 15:40
↓おもしろいカキコがされるそうなので注目

984 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 16:16
↓もう必死

985 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:50
↑鏡

986 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:52
あほか

987 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:52
馬鹿にされてる事にきづけよ


988 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:53
ツーツー…

989 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:55
キタ!!!

990 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:56
バカバカらしい

991 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:56
誰かブラクラ貼って

992 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:57
( ´_∪`)<ブ男ども必死だな

993 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:57
男だらけのどんちゃん騒ぎ

994 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:57
何か質問あるか?


995 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:58
995

996 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:58
彼女とはじめてデートに行った時のこと。
別に漏れとしては極めて普通にデートしたつもりだったんだけど。
「こんなにゆっくりした気分になれたの、はじめて」
って言われた。なんかよくわかんなかったけど誉め言葉として受けとっておいた。
彼女は部活とかで毎日忙しそうだったから、余裕のある時間ってのが久々だったのかな。
実は漏れのデート計画の密度が薄くてフラフラ歩いた時間が多かったせいかもしれんがヽ(´ー`)ノ

997 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:59
最高・・・

998 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 22:59
んっ

999 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 23:00
149=151が論破されまくって泣きべそかきながら必死になってる姿にワラタ

1000 :名無し物書き@推敲中?:04/04/12 23:03
【 html化されたこのスレを読んでいる149=151へ 】



おい、149=151。そう、149=151だよ。

どうだ?反論したくてもできねーだろ。あれだけぐちぐちと反論好きなおまえでもな。
お前はこのスレを読むだけで、参加することはできねーんだよ。
かわいそうにな、プププ。
俺は今、ライブでこのスレに参加できる最後の瞬間に立ち会っている。
すっげー貴重な経験だよ。この先いつまでも自慢できる。
まあ、お前みたいなグチグチ君は、html化されたこのスレを指くわえて眺めてろってこった。  


このスレの総括
149=151はグチグチ野郎の嫌われ者の知障ってことで



1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

246 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)