5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハード・ボイルドはどうやって書くの?

1 :1:01/09/22 12:23
石原都知事の「太陽の季節」辺りから、

2 :1:01/09/22 12:25
>>1
誤爆。

辺りからが、ハードボイルド?

ああいう文章に憧れるなり。

3 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 12:52
お湯を沸かして卵を入れて10分だ。

4 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 13:02
>>3
いやいや、ハードボイルドは奥が深い。
沸騰してから11分。流水に2〜3分さらせ!
http://www.futaba.ne.jp/~oogaki/talk2.htm

5 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 13:04
虎穴でハードボイルドの作品を挙げよ。

6 :(゚∀゚):01/09/22 14:46
気持ちE

7 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 16:56
500Wの普通の家庭用電子レンジで今まで食べたこともないほどふっくらとしたゆで卵ができます。

作り方は簡単。
卵をそのまま電子レンジに入れるだけ。
電子レンジのターンテーブルの上に、剥き出しのまま卵を乗せ、約3分でOK
2個だと5分、3個だと7分といったように、卵の数×3−(卵の数+1)で幾つでもできます。
一応20個同時に作るまでは試しました。

厳密には茹でていないので、ゆで卵ではありませんが、中がふっくらしていて最高です。
ぜひ一度お試しあれ。

8 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 19:25
>>7
電子レンジに卵入れると、割れない?

ちなみに我が家は貧乏なのでレンジがないの。

9 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 20:24
>1
「長いお別れ」って読んだことあるかい?

ホントは大藪春彦だって言いたいんだけど、異論のある人もいるだろう
から、とりあえず安全圏を紹介しときます。

10 :一匹オオカミ:01/09/22 20:37
「ちっ!なんて強情な野郎だ!大将、やっちまいましょうや!」
「まあまあまてまて、なあ、おまえさんにも家族がいるんだろう?」
「ぺっ!誰がてめぇ〜らなんかにしゃべるかってんだぁ!ばーろーみさき!」
「へへ、こいつはちったぁお仕置きが必要かな・・・」
そういうと大将はおもむろに右腕を孝明の目の前に突き出し
そのまま左腕で袖をめくり血管の浮き出る鍛え上げられた図太い腕を見せつけた。
孝明「ひっ、ひゃあ!!」
孝明は生まれて初めて恐怖を味わった。中学生の頃から度胸だけは据わっていると自負していた孝明。
そのとき初めて高校生10人に喧嘩をうった自伝をまるで伝説のように思いこんでいた自分を恥ずかしく思った。
なおも迫る大将の腕。もはや逃れる方法は見あたらず、観念したのか孝明は抵抗を諦めてしまった。
なおも腕を見せつける大将。おびえる相手を見据えながら、それを楽しんでいるかのような大将の表情に
チンピラは不覚にも恋心を抱いてしまった。
チンピラ「す、すてき!」
大将「あぁ?」
大将が振り返るとそこには全裸のチンピラがいた。
チンピラ「大将惚れました、好きにして結構です。」
「へっ・・・」
この異常事態を恐る恐る見ていた孝明はこの異常事態にも
まるで驚きの表情を浮かべない大将に不覚にも恋心を抱いてしまった。
孝明「す、すてき」
「へっ・・・」

これがハードボイルドだ馬鹿野郎!

11 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 20:40
>10
ウソつけ(w

12 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 21:13
ぽ、ポーチドエッグ…?

13 :烏賊リング:01/09/22 21:22
鉄とか肉体とか鉛とか。
そんなのを文章の中に点在させれば!
ほら!
はーーーどぼいるど!

14 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 21:42
北方謙三が好きです。さいきん三国志を書いている。
歴史小説とハードボイルドは似てるかも!

15 :烏賊リング:01/09/22 22:07
ああ、>14
彼は面白いよね。
だって、「お前の一生は呼んだ本の多さできまるんだ」
なんて謂うらしいさ。

16 :通りすがりのラ板の人:01/09/22 22:34
固茹で卵ですか。分かりやすい上に片寄った知識ならば、麻生俊平の、その名も
「無理は承知で私立探偵(ハードボイルドと読む)」がお勧め。
これから、知識だけを吸い取れば書けると思うよ。間違ってもノリは吸い取るな
よ。(笑

17 :烏賊リング:01/09/22 22:45
花村萬月ってあれは固ゆでに入るの?

18 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 23:00
>17
ハードコアじゃないの?

19 :烏賊リング:01/09/22 23:04
は、はーどこあ??
そう謂うんだ・・・。
勉強になるなあ・・・。ありがとっす!

20 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 23:25
>7
電子レンジだと爆発するぞ!

21 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 23:35
ハードボイルドを書くには、拳銃の知識がいると思うんだよー。
でもどうやって身につけたらよいのやら。
サバゲー板をのぞいて勉強中。

22 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 23:36
まずはチャンドラーから。
北方はハードボイルドってゆーより、ハードな腋臭。

23 :14:01/09/22 23:42
>22
北方ファンだけど同意……
まずはチャンドラーからに一票。

24 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 23:50
>21
どんなジャンルでも資料集めが出来ない奴は、
まともな作品を書けるはずがない。
もちろん作家にもなれない。

25 :名無し物書き@推敲中?:01/09/22 23:54
>24
そんな分かり切ったことを……
資料探しの道を模索している21に対して何がいいたいんだ?

26 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 00:43
ただバカにしたいだけだよ、きっと。

27 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 03:18
ジャンル特定してるスレで「どんなジャンルでも」って話をしてもなぁ。

28 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 12:08
固ゆでより半熟、温泉卵が消化にいい。
ハードボイルドは(゚д゚)マズー

29 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 13:46
ハードボイルド
1感情を交えず、客観的な態度・文体で事実を模写する方法。
2推理小説で非常な探偵を主人公とするもの。
感想
1感情を交えずってどこからどこまでが感情?
2虎穴って推理小説少なくない?

30 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 14:03
チャンドラーは基本だが応用編でロス・マクドナルドも読むべし。

31 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 14:48
ハードボイルドとノワールってどう違うの?

32 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 15:48
ハードボイルドの元祖はヘミングウェイです。

33 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 15:51
朝起きた。夜寝た。

これがハードボイルド。一切の修飾語を除き、感情を排し、
骨組みだけを記す。拳銃や暴力や殺人など必要のないもの
は描写しないように。

34 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 16:06
>33
だらけた小学生の日記みたい。
それがハードボイルドなの?
私のイメージとかけ離れてるかも知れない…

35 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 16:19
ハードボイルドというと、グチというイメージがある。
シニカルに。

36 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 16:35
>>34
だらけた小学生はすぐれたハードボイルド作家なのです。

37 :一匹オオカミ:01/09/23 20:52
おもむろにを殴る、鼻骨がグシャリと悲鳴をあげ、鼻から鮮血が吹き出す。
まだまだ、もう一発殴る。足りない、今度は蹴り飛ばす。強情な野郎だ。
「しにてぇ〜のか!」
「しにてぇ〜」
拳銃を取り出す、これは親父が中学校3年生の時に警官からパクった物で
警官は自分の失態の発覚を恐れて事件沙汰にならなかったといういわく付きの物。
「そら、偽物だとおもってんのかぼけェ〜」
ズドーンバキューン
「うひぇー」

これこそハードボイルドだ馬鹿野郎!

38 :名無し物書き@推敲中?:01/09/23 22:05
>>37
拳銃を取り出す、これは親父が中学校3年生の時に警官からパクった物で
警官は自分の失態の発覚を恐れて事件沙汰にならなかったといういわく付きの物。
「そら、偽物だとおもってんのかぼけェ〜」
ズドーンバキューン
「うひぇー」

って、拳銃で撃たれたら悲鳴をあげる前に死ぬだろうが
(ハードボイルドだったら躊躇なく頭を撃てよ)

以上、ハードボイルドを読まず、歴史小説を読む
厨房の感想です。

39 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 00:26
たぶん殺してしまってはいけない理由があって、
おどしで撃ったのでしょう。

ズドーンバキューンって、2発撃ったのですか?
それにしても違う音がするのも変だな

40 :一匹狼:01/09/24 01:39
孝明は1000トンにも感じられる自分のまぶたに指を突き刺し叫んだ。
「ぎゃあああああああおおおおおおおおおおお!!」
まだまだ足りねえ。あせる視線の先には洗濯ばさみ。
孝明は勉強机の隅に落ちているその洗濯はさみを拾い上げ、それをまぶたに押しつけた。
「ぎゃあああああああおおおおおおおおおお!!」
寝ては入られない、東大の試験まであと3日ある。
理論上は3×24時間で七二時間も勉強できるじゃないか。
睡眠時間を一時間にすれば72−3で69時間も勉強できる。
これだけあれば十分復習ができる。
ぐうううううううううううううううう。。。。。
なんだ、腹が鳴ったぞ。畜生我慢しろよぼけなすが!
ご飯がなんだ、水だけあれば一週間は大丈夫だ、死ぬわけがない。
へっ、死ぬか・・・・そうだな、東大受かんなかったら自殺でもするかな。


これがハードボイルドだ馬鹿野郎!

41 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 02:00
「あ」と「お」と「う」の数が多すぎない?

悲鳴が多いのはハードボイルドではありません。
「 」に括られた音声を使わずに痛みや苦しみを表現するのが本物の
ハードボイルドです。

42 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 02:05
優良スレに認定します。

43 :名無しさんの初恋:01/09/24 09:40
発射音の違いは、たまたまどちらか一発が弱装弾だったか、なぜか違う弾種が
交互に装填されていた(例:38splと357Mag)のでしょう。

以上、ふだんは恋愛小説を読む厨房の
好意的解釈です。

44 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 14:21
二挺拳銃だったのかもしれんぞい

45 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 14:26
で、どうやって書くの。

46 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 15:15
具体に聞きなよ、子猫ちゃん

47 :猫くん:01/09/24 17:22
>46
呼んだ?ダーリン。

48 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 22:26
大藪や北方。
チャンドラーやハメット。
同じジャンルだけど全然違うよね。

49 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 22:31
>47
「子」猫じゃないって(w

…ところでだれも言ってないから、言っとくか…。
「ハードボイルドだど!」

…じじいは去る……。

50 :(゚∀゚):01/09/24 22:38
オレは彼の発言を地面に落ちて行くよごれた羽毛のように無視した。

51 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 22:43
俺はその時油断した(゚∀゚)の背中に「ヤリチン」と書かれた薄いメモ用紙を貼り付けた。

52 :(゚∀゚):01/09/24 22:53
「いつもこんな風に誘うの?」女はとろけるような声で言った。
「とんでもない。暇があるときは、(゚∀゚)はチベットの僧侶ですよ」

53 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 23:01
自分なりの例を虎の穴に書いといたけど、こんなのでもいいですか?

54 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 23:08
>53
どれ?
投稿数多くてどれを読んだらよいのか分からんかった。

55 :54:01/09/24 23:11
あ、分かったよ。スマソ。リロードしてなかった。
そのまんまだったね。これから読むよ。

56 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 23:18
ソフトボイルドってあるのかな……。

57 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 23:29
主人公は平和主義者。事件はすべて話し合いで解決。
家に帰ればマイホームパパ。愛する妻と娘の笑顔が何よりの宝物。
そん男が主人公の探偵小説?

58 :名無し物書き@推敲中?:01/09/24 23:33
( ・_・)ノ∝━━━━━━⇒(*><) ブスリッだ←ヤダって書いたら
こんなのが変換された。ヤダなあそんなの。

59 :名無し物書き@推敲中?:01/09/25 01:27
>58
意味わからん。

60 :名無し物書き@推敲中?:01/09/25 01:52
>>52
じゃあいつも暇がないのね(w

61 :名無し物書き@推敲中?:01/09/27 16:12
ハドボイブームも去ったか。

62 :名無し物書き@推敲中?:01/09/27 22:56
早かったね……

63 :(゚∀゚):01/09/28 00:33
「流行ではない。これは生き方の問題だ」(゚∀゚)は言った。
「時代遅れかもしれないが、こういうやり方しか知らない人間もいる」
彼女は(゚∀゚)のために泣いているのではなかった。涙を流してみたいだけなのだった。

64 :名無し物書き@推敲中?:01/09/28 01:27
ハードボイルドはむずかしいんだろうね。素人には。

65 :名無し物書き@推敲中?:01/09/28 19:45
>>64
簡単じゃ!お湯に玉子を入れて10分だ!

66 :444:01/09/28 20:00

http://www.nt.sakura.ne.jp/~rose/

67 :名無し物書き@推敲中?:01/10/03 16:12
最近虎の穴でみたよ。

68 :たけし怪獣記の怪獣:01/10/03 17:27
たけしのノベライズを書く。

69 :名無し物書き@推敲中?:01/10/03 19:55
お湯に卵を入れて13分待て!
このマッタリとした黄身がハードボイルド。

70 : :01/10/04 12:22
とりあえず目覚めたら、ハムを切らずにそのままかぶりつけ。

71 :名無し物書き@推敲中?:01/10/07 01:06
ゴルゴ13はハードボイルドですか?
ブラックジャックはハードボイルドですか?

72 :名無し物書き@推敲中?:01/10/07 01:11
なぜコミックをもってくるんだっての。
新宿鮫はどうだ?
黒 黒豹は どうだ?

73 :名無しさん:01/10/07 01:18
午前7時起床。定刻どうり一分の狂いもない。
ソファに見知らぬ女が座っている。
迷わず手元のライフルで女の眉間を打ち抜く。
女を見ながら朝食をとるのは2週間ぶりだ。
警察へ通報し、死体を引き揚げて貰う間、
ハイボールのグラスを3つ重ねた。

ハードボイルドっぽくない?

ライフルで撃つ前に
「・・7・・.・・6・・2・・・フル・・・メタル・・・・ジャケット・・」ってあると一味ちがうがな。

74 :名無し物書き@推敲中?:01/10/07 02:19
ちんこ、ちんこ、ち……。

75 :名無し物書き@推敲中?:01/10/10 01:24
>73
「定刻どうり」が「「定刻どおり」」だったらハードボイルドだったかもしれないのに……。

76 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 22:38
ハードボイルドもすったたな。

77 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 22:55
なにしろ すったたなだからな。
煙草を濡れたアスファルトに落として、俺は立ち去る。
行く先は
愛すべき人間動物園。

78 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 22:55
銃音(バキューンとか)は書いていいんですか?

79 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 22:56
おまえがそれをカッコイイと思うならナ。

80 :名無し物書き@推敲中?:01/11/25 23:22
ある意味画期的だナ。

81 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 09:18
「やれやれ」
私は、うんざりした気分で80の無意味なレスを読み終わって、そう呟いた。
無論、声に出してみたところで、何の意味もないことはわかっていた。
部屋の中には私1人だったし、壁に貼られた昔のアイドルのポスターが
返事をするわけもない。彼女はタバコのヤニで黄ばんでいた。
彼らに罪はなかった。
東洋のはずれのちっぽけな島国の人間が、あの片目のデザインの描かれた
カードを知っているわけもないのだ。ピンカートンと聞いて、「何それ?新人の芸人?」
などと聞き返してくる輩なのだ。
だが、私は叫ばずにはいられなかった。
「ゴラァ〜〜〜ッ!!ハードボイルドときたら、ハメットに決まってんだろーが!!」
壁に貼られた彼女が、少しだけ微笑んだような気がした。
だが、微笑みの横にある当時のキャッチフレーズだけは、永遠に色褪せたままだ。
『ちょっとエッチなミルキーっ娘!中森明菜』

82 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 11:45
かつてはヘビー級のボクサーだった男も、
今ではヘビー級の死体でしかなかった。

83 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 12:23
>82さん

その台詞、カッコええよ!
どこかのパクリ、それとも自分で作ったの?
オレ、自分の作品につかちゃおうかな?!

84 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 12:58
>83
B級ホラーテレビシリーズ「事件記者コルチャック」からのパクリ。
三流記者のコルチャックがミイラや吸血鬼を相手にする話だったのだが、
時折、コルチャックの洒落た独白が入る。ええ番組でした。

85 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 13:00
>82=84さん

オレ83です。
サンキューです。

86 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 14:11
>82
おっ、ホントにかっこいいや。
安っぽいところがいいね。
おれもこんなセリフ考えてみよ。

87 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 18:59
>>81
のもとねたってなに?なんか面白かった。

88 :名無し物書き@推敲中?:01/11/26 21:30
>>87
ありがとう。オリジナルです。
ハードボイルドが大好きなので、このスレを発見して嬉しくて、
ちょっと悪ノリして書いてしまいました。
導入部は、80までのレスを否定してるわけではなく、
ダシール・ハメットの名前が挙がってなかったことに引っかけただけで、
悪気はありません。気を悪くした人がいたらゴメンなさい。

>>1さんは、今も来てるのでしょうか?
私も石原慎太郎の初期の短編は大好きです。
タイトルは忘れましたが印象に残っているのは、
ザイルを切るべきか決断に迫られる登山家の話と、
新人の上り調子のプロボクサーとかつては天才と言われたものの
今ではパンチドランカーになってしまった元ボクサーとの対比を描いた
作品です。

89 :87:01/11/27 15:37
>>88
おお、オリジナルか。作家になるなら頑張ってくれ。きっとなれるよ。根拠は、無い。

90 :名無し物書き@推敲中?:02/01/14 20:14
保守アゲ。

91 :名無し物書き@推敲中?:02/01/22 07:05


92 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 11:24


93 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 11:25
>>1よ、
いいこと教えてやるから少し大人しくしてくれ。旨いゆで卵の作り方だ。

まず、生卵を用意する。 普通は鮮度が良い程良いのだが、この調理法で
は古い卵でも旨くなるのであまり気にしなくて良い。

次に電子レンジに生卵を入れる。この時注意して欲しいのは
●皿を使わず、直にターンテーブルの上に置く。
●ラップ等で包まず裸のまま入れる。
●卵は1個より3〜4個置いたほうが旨くなる。

あとは、電子レンジを回して3分程チンするだけだ(500W時)。
実際に茹でてないので厳密には茹で卵とは言えないが、そこはご愛嬌。
今までの卵料理とは段違いの旨さ、ふわふわ感なので是非試してくれ。
因みに食すときは酢醤油をお勧めする。

94 :名無し物書き@推敲中?:02/01/27 11:57
人情が入った時点でハードボイルドじゃなくなるの?

95 :名無し物書き@推敲中?:02/02/10 14:02


96 :名無し物書き@推敲中?:02/03/06 00:17
>>9
おそれすでスマソ
大藪春彦の「餓狼の弾痕」はどういうことなのか読んでたら説明願いたい。
私は読み終わって大笑いしてしまったぞ、と

ところで「長いお別れ」はスキ気に入ったなら
原寮を読むことをすすめる赤面してしまうほどハードボイルドだから

97 :名無し物書き@推敲中?:02/03/06 00:19
スマヌageちった

98 :名無し物書き@推敲中?:02/04/05 12:02
原寮さんって今どうしているんでしょうか?
お亡くなりになられたのでしょうか?
ご存知の方、誰か教えてください。
お願いします。


99 :名無し物書き@推敲中?:02/04/05 15:09
>93
ヽ( `д´)ノ 爆発したじゃないか! ウワァァァァァン! 


100 :(*゚ー゚)Cさん:02/04/05 18:56
>>96
ようするに、
ダーティなんたらかんたらという悪徳政治家から闇金を巻き上げる組織がある。
               ↓
 元米軍特殊部隊の世見月明率いる特殊部隊が政治家やら悪徳企業家やら
 を襲撃。金や株券、会員権を奪取。政治家とそいつらの愛人や妻に心臓
 部に爆弾を埋め込む。
               ↓
 世見月は見せしめに愛人や人妻を(゚∀゚)アボーン  
 政治家どもは((((((((゚д゚;))))))))ガクガクガクブルブルブルガクガクガクブルブル
骸は米軍用死体袋に入れてタイヤ工場へ。
               ↓
 本部に帰る世見月。明日の作戦のブリフィーングの後、隊員食堂で1kgのサーロ
 インステーキをメインとしたフルコース(笑)を平らげて仮眠
               ↓
 元米軍特殊部隊の世見月明率いる特殊部隊が(以下省略)

 とまあ、この繰り返し。トンデモ本でも紹介されてたな。
 正直、『野獣死すべし』シリーズや『蘇る金狼』はすごい面白いんだけど……ねえ。

101 :名無し物書き@推敲中?:02/04/05 19:47
それよか西村寿行の「荒ぶる魂」がスゴイぞ。まさに寿行の荒ぶる魂。
どうスゴイかは読んだ人にしかわからない。内緒なの。はぁと。
「もう残りページが少ないのだが」
読み終わる。
「おおコレが前衛小説というやつか」
違うだろ!

102 :(*゚ー゚)Cさん:02/04/05 20:19
>>101
そだね。まあ、餓狼は末期の末期、珍作ですからね。
そういえば、寿行は読んだ事無いな。
今度読んでみるよ。


103 :名無し物書き@推敲中?:02/04/05 21:16
北方はどうよ?

104 :名無し物書き@推敲中?:02/04/05 21:44
いや、寿行のソレも全盛期の珍作、トンデモの類なのだが。
まだトンデモ本という概念のなかった頃だから、編集者は泣き笑いで
ま、一月一冊出せればいいやーイケイケドンドンだったろうし、
読者も不思議に思わなかった…わけはないのだが、、、
北方も探せばありそうだなあ。地の文がなくて会話だけとか。



105 :名無し物書き@推敲中?:02/04/16 07:42
「なんじゃい、こりゃ…」
 工藤俊作は思わず声に出して呟いた。
 追われるようにロス・アンジェルスを去り、居着いた東洋の故国の街で、経験を生かして
探偵稼業でも始めようとした頃のことだ。
 見つけた事務所の手入れを夜まで掛かって済まし、試しにテレビの電源を入れ、自家製
レシピのコーヒーを淹れようとしたときに、そのドラマが始まった。
 オープニング・メッセージの渋い声に、ふと惹かれる。
「ハードボイルド? どれどれ」
 コンチネンタル・オプ、マーロウ、サム・スペード…彼が本場にいながらも、とうとう猿真似
にも届かなかった探偵たちのイメージが頭に浮かぶ。
 まあ、届くわけもなかろう。彼はプライヴェートの付かない探偵だったのだ。
 カップを片手に、ソファに腰を落ち着けた。

 飲まないままに、コーヒーは冷めていた。淹れ直す気にもなれなかった。
 なぜか、ドラマの刑事たちは飛行場の滑走路に横一列に並んで歩いていた。

 自分のイメージとのあまりのギャップに、工藤は声が出ていることを忘れていた。
「…ハードボイルドって、そういうもんじゃないだろ。事件が過激だからハードなのか、ああ、
そういうことか。ベッドシーンがあればボイルドなのか、あん?」
 ふと声が途切れる。そういう自分こそ、ハードボイルドのスタイルを逸脱しているのに気づ
いたのだ。
 工藤は努めて冷静な物腰を意識し、美味いとは言えないはずのコーヒーをゆっくり飲み
干した。そこでカメラに気づき、レンズの間際まで近づくと、機械に構わず煙草に火を点ける。
 紫煙を吐き掛け、答えが返らないのを承知で訊いてみた。
「日本のハードボイルドの未来はどうなっちゃうんでしょ? 小鷹信光さん」

 少なからずあんたも影響を与えているから心配(?)するな。

106 :名無し物書き@推敲中?:02/04/24 16:20
>>105
( ´,_ゝ`)プッ

107 :名無し物書き@推敲中?:02/05/07 10:13
船戸与一はハードボイルド?冒険小説って括りもねぇ

108 :名無し物書き@推敲中? :02/05/07 10:56
あのう、ハードボイルド詳しくないのでききたいのですが、
ハードボイルドというかどうかは、
文体ですか?
まなざしというか立ち位置ですか?
それとも話の中身ですか?
会話部分の喋り方ですか?

109 :名無し物書き@推敲中?:02/05/07 12:49
>>108
辞書で引くと>>29さんが言ってるような意味で載ってる。
どこかの本で

ハードボイルドとは主人公が中年のアメリカ人で探偵、
酒飲みでどうたらこうたら・・・であってほかのはホードボイルドとは呼ばない。

と書いてあったな。それチャンドラー以外はハドボとして認めないってこと?
って思ったよ。

>>100
レスサンクスです。
やっぱりみんなおかしいと思ってたのねw

110 :108:02/05/07 16:29
>>109
ありがとうございます。
しかし >>29 非常な探偵とは、非情な探偵のことでしょうか?
まさか肥饒な探偵であればハードボイルド?
ちゃかして申し訳ない。
フランス人の研究家がトシヒコ・ヤハギはハードボイルドって
言ってたのを読んだことがあるんで、
ここのみんなとの意見と違う感じだなと思って質問した。
矢作の前にチャンドラー4つ読んでたんだけど。

111 :名無し物書き@推敲中?:02/05/07 17:26
探偵ものってハードボイルドが多いよね。

112 :名無し物書き@推敲中?:02/05/07 17:31
レスのひとつについてたけど花村萬月はハドボじゃない気がする。
どちらかというと文学じゃないかなと思う。

馳星周はルノワール?だって言ってたけど
あれはハードボイルドと言ってもいい気がする。

113 :名無し物書き@推敲中?:02/05/07 18:23
それ印象派
もしくは喫茶店

114 :名無し物書き@推敲中?:02/05/07 19:30
ルノアール?

115 :名無し物書き@推敲中?:02/05/07 22:03
いやシャガール

116 :名無し物書き@推敲中?:02/05/08 23:18
チャイニーズマフィアが主人公のハードボイルドってありませんか?

117 :名無し物書き@推敲中?:02/05/25 19:08
保守あげ

118 :名無し物書き@推敲中?:02/05/31 09:45
パクればいいんじゃないの?

119 :名無し物書き@推敲中?:02/06/11 23:45
藤枝梅安シリーズは違うよな・・・・・・

120 :名無し物書き@推敲中?:02/06/19 01:20
                   

121 :名無し物書き@推敲中?:02/06/23 13:05
ハメット・チャンドラー・ロスマクの長編を、全部読めばいいんじゃない?
漏れにとって、ハードボイルドっていえるのはこの三人だけ。
ヘミングウェイは別にしてね。
基本的に一人称で、心情描写を極力抑えて客観的に書けば
ハードボイルドな文体になると思うよ。

122 :名無し物書き@推敲中?:02/07/02 23:01
                              

123 :名無し物書き@推敲中?:02/07/18 00:26
               

124 :名無し物書き@推敲中?:02/08/03 21:01


125 :名無し物書き@推敲中?:02/08/05 21:26
名無しのオプとかは出てないのね。
都築さんも嘆いてるだろうな。陳さんもか。
ああ「深夜+1」。

126 :名無し物書き@推敲中?:02/08/08 09:09
>>121
有名どころに限定されすぎでないか。

127 : :02/08/08 13:17
副詞と形容詞を極端に削った文体をハードボイルドと言ったのであって、
探偵稼業のやもめが殴ったり、銃を撃ったりして事件を解決するのがハー
ドボイルドではない。

世界で最初のハードボイルド小説はヘミングウェイのなんとかって作品で、
おっさん二人が山にキャンプに行く作品。

128 :名無し物書き@推敲中?:02/08/30 05:35
>>127
俺もそんなのを読んだな。
ただ、心情描写を極力省いて、状況描写に徹した文体ってことでなかったかな。
まあそれで、警察小説や探偵小説、クライムノベルにその文体が合ったので、
ハードボイルドはそっちのイメージになったと。

129 :名無し物書き@推敲中?:02/08/30 23:04
主人公はタフで過去に死線を彷徨った事があって、
恋人を事件か何かで失っているが、決して口には出さない。
でも、そのことをペラペラしゃべる友人や知り合いがいたりする。
常に虚無感を漂わせるが、一度決めたら何事も恐れずに突き進む。
そんな主人公は実は俺なんだと思いこんで書けば、できる!
根拠はないけど。

130 :名無し物書き@推敲中?:02/09/11 22:51
で?それでどうした?

131 :名無し物書き@推敲中?:02/09/12 05:38
ナミ

132 :名無し物書き@推敲中?:02/09/12 05:49
清水俊二さん、ありがとう アゲ

133 :名無し物書き@推敲中?:02/09/12 09:44
>>1
マニュアル坊やがハード・ボイルドを書くんじゃねぇ!

134 :名無し物書き@推敲中?:02/09/12 10:45
これでも読んで勉強すれ。

ttp://www.uranus.dti.ne.jp/~gimlet/wos/ranbun089.html

135 :名無し物書き@推敲中?:02/09/12 11:38
今は没落気味のソノラマ文庫に、その名も「かたゆでマック」とゆーなかなか
よくできた小説がある。SFだけど。
その主人公がハードボイルドを気取った三枚目、って役だった。気取りながらも
なりきれず、どころかギャグにしかなってないんだが。
つまり、ハードボイルドなんてのは狙って書くもんじゃないんじゃないかなぁ?
という意見でした。
長文スマン。

136 :名無し物書き@推敲中?:02/10/01 00:42


137 :名無し物書き@推敲中?:02/10/24 16:45


138 :名無し物書き@推敲中?:02/10/24 18:04
ハードボイルドって短文志向のことだろ。
ヘミングウェイの「日はまた昇る」にしても
訳者はそうとう工夫している様子がうかがえるよ。
そもそもあっちのものだから英語を学ぶところから
始めなくちゃいけないような・・・
真剣にやるんだったら。
 ハードボイルドとは少し違うけどサリンジャーの文体(原文)も
結構、スピード感、リズム感があってそういう意味ではハードボイルドの
勉強になるんじゃないかな。
 だって俺の中ではずっとハードボイルドってリズム感って印象がある。
早く読める、すらすら読めるという印象が。
 だったら流れるように書かなくてはいけない。
「この文の意味なんだ?」って読者に考えさせるというのは
純文学と違ってアウトだな。
 作者は流れるように書いて。読者も流れるように読んでいく。
これが大事じゃないかな。拳銃に詳しくなるとか、死人が多数でるとか、
歌舞伎町が舞台とかはとりあえず置いといて。

139 :名無し物書き@推敲中?:02/10/25 00:10
チャンドラーの系譜に連なるものなら、主人公は紋切り型、フィリップ・マーロウの
典型的な末裔でいいと思う(妻子なし、気骨あり、減らず口多し、煩悩あり…)。
あと、重要なのはギスギスした都市を描くすること。
フィリップ・カー「偽りの街」(新潮文庫)は主人公の名前は違えども、ナチス支配下の
ベルリンにマーロウが迷い込んだような作品で、破局の予感に閉塞する都市の閉塞した空気と、
ナチ党員らの勘違いマッチョぶりによって、主人公のワイズクラックが冴えまくるという
趣向だった。チャンドラーを一読して、気に入ったならおすすめ。

140 :139:02/10/25 00:12
ああ、変な文章になってしまった。(;´Д`)

×破局の予感に閉塞する都市の閉塞した空気
○破局の予感に閉塞する都市の空気

逝ってきます…

141 : ◆EEwxzaMYVU :02/10/30 17:17
自衛隊にでも入ればハードボイルドは書けるだろ。

142 :名無し物書き@推敲中?:02/11/02 14:37
初めて彼に会ったとき、私は下痢の衝動と、42分間、闘っているさなかだった。
初めて彼女と寝たとき、私は射精の衝動と、42秒間、闘って、脆くも敗れた。

143 :名無し物書き@推敲中?:02/11/06 18:21
 死体をまたぎこして私は部屋の中に入った。後頭部に手のひら
ほどもある穴を開けたその男が、部屋の空気を粘つく粒子に変え
ていた。部屋の隅には、ベッドの鉄枠に鎖でつながれた子犬がい
た。弱っている様子で前脚にあごをのせたまま上目遣いに私を見
つめた。
「わんわん」私は言った。
「きゅうーん」子犬が言った。
「わんわんわわわん」私は言った。
「きゅんきゅん」子犬は言った。
「ちゅうちゅう」ねずみが出てきて言った。
「ごそごそ」ゴキブリが言った。
「ひょんぴょん」ノミが言った。
---end---

144 :名無し物書き@推敲中?:02/11/06 19:11
男はタフでなければ生きていけない
優しくなければ生きている資格が無い

145 : ◆EEwxzaMYVU :02/11/08 19:48
カウボーイビバップを三十回ぐらい見ると、日常生活が、ハードボイルドに成るぞ。
夢の中にまでスパイクが出てきたら、OK。スパイクで日常生活を行動すれば、人生もハードボイルドになるよ。、

146 :名無し物書き@推敲中?:02/11/08 19:59
推理小説ならダシール・ハメット。文学ならヘミングウェイ。
チャンドラーは形式を確立したけど、精度に欠ける。
まずはハメットの「赤い収穫」か「マルタの鷹」でも読むといいよ。
ヘミングウェイなら図書館か本屋に並んでるもの適当に読めばいい。

ハードボイルドとは、登場人物の心理を描写せず、客観的な行動のみで描写する形式のこと。
このすさまじさは、ヘミングウェイの一般的な文学作品より、ハメットを読んだほうが伝わってくる。
なにしろ行動描写と台詞だけで「ミステリ」のプロットを組んだんだから、ほとんど神業だ。
ハメットは文学者として書かないことを、周りの人間にずいぶんと批判されたらしいね。

147 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 01:32
ヘミングウェイってハードボイルドなの?

148 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 02:00
>>143に禿しく萌えている漏れはクリスマスイブに
路地裏で撃たれる資格も無しでつか?

149 :名無し物書き@推敲中?:02/12/12 03:06
デビュー当時の丸山健二の作品を薦めるよ


150 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 00:19
雨のドラゴンっていつごろ?

151 :名無し物書き@推敲中?:02/12/13 21:51
俺には何も無いがソープ10回はしごするぜ。

152 :茨城陸 ◆WgohBatObk :02/12/13 22:10
>141
来年から本当に入るよ。俺

153 :C'est la vie. ◆1sx3TITwTo :02/12/14 14:04
>>145
冗談じみているが非常に正しいな。

とりあえずハードボイルドは片岡義男。コレ。
銃について知りたければ↓こちらへ。
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1039013032/l50

154 :名無し物書き@推敲中?:02/12/14 22:24

おれはギムレットでシビれた頭を二、三度振り、PCを開けた。
キャシーからのメールがある。
相変わらず直情的な女だ。
おれは葉巻に火をつけ、苦笑する。
『Fuck me now!』だと?
おれはPCを閉じ、夜の街に逆戻りする。
彼女に会うためじゃない。ギムレットをもう一杯飲むためだ。


155 :名無し物書き@推敲中?:02/12/15 01:24
北方謙三。


忘れんなや。
チャンドラー?しねよ。

156 :ラリー ◆GYqjbh2lpk :02/12/15 12:06

面白いスレだね。ハードボイルドじゃないけど、こんなんどう?

42丁目通りの、二流映画館が建ち並ぶ区域にあるディキシー・ホテルの
まん前で、おれが彼女を拾ったのか、はたまた彼女がおれを拾ったのか。
ともかく、彼女は午後に飲んだ酒を昼寝でごまかしてきたという体(てい)で、
その証拠に9時半なのに半分酔っ払っていた。瞳は茶色で、目の周りが
膨れていた。歳はおよそ49。おれの母親ほどの年齢だったが、鮮やかな
シフォンのドレスを着て、髪を綺麗に水で湿らせて整えていた。
彼女はおれの持っていた紙袋に視線を落として言った。坊や、なにか
いいものが入っているみたいだね。おれは言った。当たり。

(『Beautiful Soup』ドナルド・ニューラブ)
すごく好き。
ただし、日本では一冊も出ていない。古いエスクワイヤ誌でめっけた。




157 :名無し物書き@推敲中?:02/12/16 21:36
およそ49歳・・・・・( ´,_ゝ`)プッ
激しくワロタ。

158 :ラリー ◆GYqjbh2lpk :02/12/16 21:48
>>157
な、面白いだろw
あと、
>おれが彼女を拾ったのか、はたまた彼女がおれを拾ったのか。

>なにかいいものが入っているみたいだね。おれは言った。当たり。

おれ、すんげー好き。


159 :名無し物書き@推敲中?:02/12/16 21:57
ジエンはごくろーさんだが、ハードボイルドスレなのよここ。

160 :ラリー ◆GYqjbh2lpk :02/12/16 22:02
>>159
ジエンって、157のことか? ち・が・う・っ・つーの!
迷惑なら消えるよ。ばいばい。でも、いいスレだね。

161 :名無し物書き@推敲中?:02/12/16 22:25
すまん、ラリーと打って変換すると「ジエン」と出た。

162 :ラリー ◆GYqjbh2lpk :02/12/16 22:49
>>161
なんだとー! この野郎! ……くそっ、面白いじゃんw
まあ、おれ、ははーどぼいるど、あんまし読んでないからな。
でしゃばって、スマソ

163 :名無し物書き@推敲中?:02/12/16 23:24
>>157は俺が書きました。ラリーって人じゃないです。

何が受けたかって・・・およそっつってるのに49なんていう数字はどうかと・・・。
まぁわざとやってる筆者のユーモアなんでしょうが。
ちなみに俺はこういう文、好きじゃないです。
なんか描写がくどくどしてて、村上春樹みたいで嫌。


北方謙三が好きなんで・・・スマソ。

棒。

大好き。


164 :名無し物書き@推敲中?:02/12/17 00:02
私も北方謙三大好きですがなにか?
シリーズもいいけど、「友よ、静かに瞑れ」とか。「秋ホテル」とかがタマラソ。

165 :しゃけ:02/12/19 06:14
「お前は撃つのか?この俺を」
目の前の男は俺に細い銃口を向けて言った。
互いの両手に握られた黒い鉄塊は、間違いなく自らの鼻先に立つ獲物の額を捉えていた。
「・・・確かに、アンタは俺の親代わりだった。十年も養って貰った相手だ」
俺の頬を一滴の汗が伝い、薄い無精髭に染み込んで落ちた。
喉の奥が僅かに掠れるような痛みを発している。
「だが、アンタは俺に教えた。『受けた仕事は果たせ』と」
そう言って睨め付けた黒い照準は、薄暗い路地裏であるにも関わらず、なぜか眩しく見えた。
「育て方を間違えた、か・・・」
目の前の男は安けないリボルバーの撃鉄を起こし、トリガーガードに沿わせた指を引き金の上に置いた。
俺は無言で手の中のオートマチックの撃鉄を起こした。

一つ、乾いた音が響き、男は地面に仰向けて倒れた。

「莫迦野郎。あれだけ撃つ時には目を逸らすんじゃないと教えただろうが・・・」
胸を赤く染めた男は皺の入った面を苦い顔にして俺に言う。
「何で撃たなかった」
背中の筋肉が震え、手から銃が落ちないように俺は銃杷を強く握る。

「へ、手前のガキを殺したがる奴なんて、そうそう・・いねぇ・・んだ・・・よ・・・」

俺は事切れた男に近寄り、瞼を閉ざさせた。
そして俺は銃を懐に仕舞い、入れ替わりに残り少なくなったマルボロと、安っぽいオイルライターを取り出す。
白い帯が立ち上って、俺は一息煙を吐く。

懐の汗の所為なのか、今日の煙草は少し塩味が効いている気がした。

即興で書いたけど、これはハードボイルドでつか?
もしハードボイルドならば、何ハードボイル度ぐらいでしょうか?(単位:hb)
しかしこれ即興過ぎてストーリーがなんだかもう・・・(泣


166 :C'est la vie. ◆1sx3TITwTo :02/12/19 13:11
ハードボイルドに甘い煙草はご法度でしょうか?

>>165
リヴォルバー… .38S&W使用:62hb
        .357Mag使用:44hb
        .44Mag使用:7hb
        SA    :0hb(78MW)
SAオート  … .45ACP使用:19hb
       9mmLUGER使用:21hb
       .30MAUSER使用:17hb
         .50AE使用:1hb
※ステンレスモデルの場合全て-10hb修正
バカ    … 莫迦:105hb
馬鹿:15hb
マルボロ  …  赤ソフト:108hb
           赤箱:105hb
         マルハン:60hb
          マル金:61hb
          青マル:98hb
          黒マル:100hb
         マルメン:-79hb
         マルメラ:-130hb

参考にしてくだちい。

167 :しゃけ:02/12/19 14:13
>166 ありがとうございます、適当に計算してみまつ。
ちなみに、撃たれた方の男の銃はチーフ(38sp)、主役のはガバメント(45ACP)、
どちらも文脈に書いてある通り仕上げはマットブラックあたりのイメージです。
私の中には赤ソフト以外のマルボロという煙草は存在しておりません。
あと、場合によっては甘い煙草もありだと私は思ってまつ。


168 :C'est la vie. ◆1sx3TITwTo :02/12/19 23:29
>>167
チーフズはスナブノーズですから「細い」よりも「短く突き出た」銃口って感じですね。
ガバだったらデコックして持ち歩くよりもコック&ロックで「セイフティをかちりと外した」
方がリアルかもです。
赤マルソフトですか…湿度で味変わるんですよね。おいしい煙草って…

アークロイヤルは何hbぐらいでしょうか?
うちの主人公のお気にですけど…
ヒロインが両切りバットなんだけどなw

169 :しゃけ:02/12/20 01:09
>168
アークロイヤルは個人的には100hbは下らないとおもってまふ。
てか最もhbの高い煙草ってどれなんでしょうねぇ?特に紙巻きの中で。
両切りのバットは150hbは行きそうな気がします。男らしくてw

チーフの表現、まさにそのたうりでございます。
主人公があえてガバの撃鉄を起こしたのは、育ての親を殺す事に対する葛藤を少しでも表現したかったからなのではありますが。
「彼の心にはDAのトリガープルは重すぎた」って感じで。
でも実際コック&ロックで携帯してる以上ハンマーは起きたまんまなんだけど(汗
セフティに関してはまあ、わざわざ殺しに来てるんだからホルスターから抜いてる時点で既にセフティは外してるんでしょうけどね。
ああ・・・注釈入れないと状況を説明できないなんて私は物書き失格だぁ・・・(もともとそんな職ではない)

>145いまさらだけど。
カウボーイビバップってハードボイルドなのかな?個人的にはアレ大好きだけど。
会話とか聞いてるとハードボイルドだけど、一応SFのカテゴリらしいし。
まあ私のハードボイルドの根幹はビバップなんですがw

>165
やっぱり自分で書いたのは評価しにくい、一応500hb前後とは診断いたしましたが。
こうなると他の作品のhbもチョト知りたくなってくるなぁ・・・

170 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 07:08


171 :名無し物書き@推敲中?:02/12/24 12:10
3年くらい死体と一緒に生活してればハードボイルドに・・・・・・っていうか人間冷めてくるよ。ぃゃまじで・・・

あと17年間監禁されるとか・・・・・・ぃゃホントにさ・・・・・ふぅ・・・・・・

172 :昨日の夕刊の…:02/12/25 20:03
朝日新聞、十五面なんてどうでしょう。
私的にはハードボイルドの見本のような文章だと思いました。

物凄いリアリティ(当たり前か)でしたよ。

173 :山崎渉:03/01/06 16:05
(^^) 

174 :C'est la vie. ◆SAntoREMD2 :03/01/16 19:07
>>171
ハードボイルドってのは中身は静かにアツくなきゃ駄目ですよ。

175 :名無し物書き@推敲中?:03/01/17 09:44
重複スレ晒しage

176 :山崎渉:03/01/19 03:35
(^^)

177 :名無し物書き@推敲中?:03/01/26 23:11
>>165
ハードボイルドにしてはセンチメンタル過ぎるな

178 :ハードボイルド:03/02/10 10:11
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~     悪いことはいわねえ、ここにこい…

 
http://human.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1040262271/l50   

179 :名無し物書き@推敲中?:03/02/13 17:16
まあ、こんなもんだな。ハードボイルドもテクだけじゃなくて
気骨がないと書けねえわけだ。状況説明がおおいから、内容が
おろそかになりがちだしな。

180 :名無し物書き@推敲中?:03/02/14 13:29
>>1
逃亡中か…  ハードボイルドだな。


181 :名無し物書き@推敲中?:03/02/14 13:34
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~     固茹での茹で卵に、塩コショウ。
              これがハードボイルド。


182 :名無し物書き@推敲中?:03/02/14 13:55
 文体としてのハードボイルドと、ミステリの分野としてのハードボイルドは違うということだ。
 上の方で、誰か「ソフトボイルドはあるのか?」と訊いてたが、ミステリのハードボイルド
の中にはソフトボイルドと言われていた分野がある。

183 :名無し物書き@推敲中?:03/02/14 14:11
フランスの暗黒街を描くロマン・ノワールという分野もありますよ。

184 :名無し物書き@推敲中?:03/02/14 14:28
>>165は文体としては全然ハードボイルドではないな。

185 :名無し物書き@推敲中?:03/02/14 17:32
  _、 _  
(  ー`)  >>181 兄者、半熟にマヨネーズも美味ですぜ。

186 :名無し物書き@推敲中?:03/02/17 03:44
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~     だからお前は三流なんだ

187 :名無し物書き@推敲中?:03/02/18 13:39
巷で言われるハードボイルド調の文章だが、海外に端を発するにしろ、日本語なんだよ。
「〜だ」とか「〜だぜ」なんかは、それっぽいが、実際日本語。
日本語ハードボイルドをあらためて構築してくれ。オレは、まだこのジャンルは
未開発だとおもっているし、今後いくらでも変化可能だということさ。

188 :名無し物書き@推敲中?:03/02/18 13:48
おでんの玉子が、日本のハードボイルド。

189 :名無し物書き@推敲中?:03/02/18 15:17
>>184
文体もだが、話自体もハードボイルドではなくてその対極にある人情物だな。
ハードボイルド度は-100hbだな。

190 :名無し物書き@推敲中?:03/02/25 13:12
敏腕探偵のつもりが、いつのまにか三流シラケ探偵になってしまいます。
いいアドバイスありませんか。

191 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 12:32
ハードボイルドは生きザマです。

192 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 21:44
生島治郎先生のご冥福をお祈りします。

193 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 21:53
ハードボイルドファン集まれー・・・・・・。

194 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 21:58
ハードボイルドの太ももがムチムチでもう我慢できない!

195 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 22:03
緊迫する北朝鮮核開発問題とハードボイルドを考える。

196 :名無し物書き@推敲中?:03/03/04 22:10
・・・・・寝るかな・・・・・。

197 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 09:39
ハードボイルド?俺と一週間行動を共にしてみな、何かがわかるぞ

198 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 10:29
まさか、あんた工藤俊作?

199 :名無し物書き@推敲中?:03/04/05 10:36
バックシティバックバックシティ〜♪

200 :名無し物書き@推敲中?:03/04/16 01:54
200???

201 :山崎渉:03/04/17 12:58
(^^)

202 :山崎渉:03/04/20 02:04
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

203 :名無し物書き@推敲中?:03/04/22 23:01
山崎、酒と女について語れや。

204 :名無し物書き@推敲中?:03/04/30 00:40
ソフトボイルドも中々に萌えよの。

205 :山崎渉:03/05/22 03:06
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

206 :山崎渉:03/05/28 10:53
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

207 :山崎 渉:03/07/12 12:21

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

208 :15番:03/07/13 19:47
灰崎抗さんのはまさにハードボイルドだ。

209 :山崎 渉:03/07/15 11:42

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

210 :名無し物書き@推敲中?:03/07/26 07:52
人真似をした瞬間ハードボイルドではなくなる

211 :名無し物書き@推敲中?:03/07/26 08:03
強くなくても生きていける。
優しくなくても生存権はある。


212 :_:03/07/26 08:12
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

213 :名無し物書き@推敲中?:03/07/26 08:40
別にハードボイルドを気取ろうってわけじゃない。
だが、一人の人間に集団で暴行をはたらく君たちを見ていると、どうにも放って置けなくてね。
分からないのか。簡単な動機さ。「ベンツに十円傷を付けたときの音が聞きたくなったから、早速やってみました。」という感覚にとても近い。
予め言う。君たちに出来る最善の策は、今日は運が悪かったと思って、今後の人生をあきらめることだ。

214 :名無し物書き@推敲中?:03/07/26 09:26
「煙草はやらないんだ」
「意外だな。あんたらしくない」
「ガキのころ、家が焼けて、な」
「そりゃ、……無理もない」
「ああ。火元はテンプラ油だったんだが、それ以来、煙たいのはどうも苦手だ(苦笑」
「……ッ(騙された!?」

215 :_:03/07/26 09:32
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

216 :名無し物書き@推敲中?:03/07/26 09:45
古くさい町並みに、浮かぶように高く聳えるビルがあった。
今日みたいに霧がかかった日には、忽然と姿を見せるそれにいつも驚かされる。
この中に、今井はいる。門の前でふと、アポ無し訪問お断わりの貼り紙が目に入る。面倒になったもんだ。
俺は電話番号を思い出そうとしてやめた。聞いてさえいなかったのだ。
しかたがない。俺は守衛を騙して入ることにした。

217 :名無し物書き@推敲中?:03/07/26 10:02
役に立つポリシー?「ポリシーなんてものはクソの役にも立たない。」というポリシーは、役に立つよ。

218 :直リン:03/07/26 10:13
http://homepage.mac.com/maki170001/

219 :山崎 渉:03/08/02 01:09
(^^)

220 :名無し物書き@推敲中?:03/08/08 22:05
>>217あんたちょっとイカスぜ。

221 :山崎 渉:03/08/15 12:46
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

222 :名無し物書き@推敲中?:03/09/10 13:56
大沢在昌命

223 :名無し物書き@推敲中?:03/09/11 19:38
北方謙三命

224 :名無し物書き@推敲中?:03/09/16 02:54
大藪先生カムバ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ック!!!!!
殺伐とさせてくれ、ケツの穴から!!

225 :名無し物書き@推敲中?:03/09/24 13:42
>>1
自分の身の回りに起こった出来事を、一切の感情を付け加えずに、ただ淡々と書く。
それができれば、ハードボイルドは書ける。

226 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 23:28
( _ノ` )y━・~~~ それも読者が行間を示しながらな。そこが俺と謙三の違い・・・あいつは一度も口には出さなかったがな  

227 :名無し物書き@推敲中?:04/01/06 23:37
( _ノ` )y━・~~~ それも読者に行間を示しながらな。そこが俺と謙三の違い・・・あいつは、それを一度も口には出さなかったがな  
(まじがった)

228 :名無し物書き@推敲中?:04/01/08 02:16
とりあえず、ソープへ行け BY謙三

229 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 20:38

夕暮れがやってきた。
ドライマティーニを飲みたくなった。
がまんしていたわけじゃない。一杯目は一人で飲もうと思った。
二杯目を飲み干すあたりで、ケイトがやって来る予定だった。
トニーが短く笑って首をすくめた。
彼女はやって来なかった。
おれは今夜書くべき小説のことを考えることにした。



230 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 20:48
「ブルーズでもかけようか?」
トニーが言った。
「よしてくれよ」
おれは首を横に振り、シガーに火をつけた。
「なあ、トニー」
「なんだい?」
「おれは今夜、とびっきりドライなラヴ・ストーリーを書こうと思う」
「そいつはいいね」
トニーが頷く。
「だがな、このマティーニが気分を悪くさせるんだ」
「どういう意味だい?」
おれは二杯目のマティーニを飲み干した。そして言う。
「もっとドライなのをくれないか」



231 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 20:49
↑台詞ばっかりだな

232 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 20:59
フライファンが店の乾いた空気をかき回す。
オレンジ色のダウンライトがおれの手元とグラスを照らす。
空気がピンと張っている。
おれは開けたてのバーの匂いが好きだ。カウンターはピカピカで、
磨きたてのグラスが胸を張るようにして棚で光っている。
今夜、何人の男と女が惚れたはれたをやって、何組の客がトラブルを
起こすのだろう。
おれはそれまでに退散しようと思う。
ドライなラヴ・ストーリーを書くために。

233 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 21:06

「これはおれのおごりだよ」
トニーがカクテルグラスをおれの前に差し出す。
「ただし、マティーニじゃないよ。ジン&ビターだ。これよりも辛い
カクテルがあったらお目にかかりたいものだね」
トニーがおどけてウインクする。
「ありがとう」、とおれは言った。
「これでドライなラヴ・ストーリーのお膳立ては整ったよ」
まだ酔っちゃいない。
脳ミソはハミング・バードに突かれた程度のダメージだ。


234 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 21:14
おれは想像してみる。

そうだな。主人公の男は小説家だ。フィリップ・マーロウ?
バカな。探偵なんて100年も前に終わっちまってる。
小説家、それも売れない小説家だ。
女との初めての出会いは……、バー? いや、平凡だ。
平凡すぎる。
図書館、そうだ、図書館だ。
おれは図書館で初めて女と出会う。


235 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 21:32
おれは昨夜の二日酔いを慰めるために書棚にもたれてブコウスキーの
「くそったれ少年時代」を眺めている。
読んじゃいない。眺めているだけだ。活字なんて一行だって追えやしない。
彼女がおれにぶつかり、持っていた本を落とす。
彼女の名前は……、そうだな。ん、ケイト。ケイトでいいや。
「ごめんなさい」と、彼女は言う。
彼女はおれの眺めていたブコウスキーを拾い、そしてつぶれたゴキブリを
見てしまったように顔をしかめる。

で、



236 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 21:53
言った。

「ずい分とハンサムなブコウスキーさんね」
窓から差し込む日差しが彼女のウェイヴのかかった金髪を照らした。きれいな髪だ。
「そりゃどうも」と、おれはぶっきらぼうに答える。ブコに比べりゃ、ほとんどの
男はハンサムでクールだ。
「酔いをさましてるの?」彼女の愛らしい目が笑う。
「いや」とおれは答える。
「もう、酔いはさめましたよ、あなたに会ったんでね」


237 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 22:04
「単なる習慣なんですよ」と言っておれは首をすくめる。
「夕暮れがやってくると酒を飲みたくなっちまうんだ」
「いつも一人で?」
「たいていは一人だな。習慣だからね」
彼女は黄昏の光に照らされた前髪をかき上げながらおれを射るように見た。
そして言った。
「たまには習慣を変えてみるのもいいわ」


238 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 22:20
>>229よりつづき

おれは彼女を連れてトニーのバーのドアを開けた。
「おれは店を開けたばかりのバーが好きなんだ。
店の中の空気がまだきれいで、冷たくて、なにもかもぴかぴかに光っていて、
バーテンダーが鏡に向って、ネクタイが曲がっていないかを確かめている。
酒のビンがきれいにならび、グラスが美しく光って。」


239 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 22:43
「フィリップ・マーロウね」と言って彼女はリスのように笑った。
「ところで、どんなお仕事をしてるの?」
「探偵さ。……まさかね。小説家なんだ」
「へえ、すごいわ」
彼女のリスのような大きな目がおれを見た。
「すごいかな? 小説家にも二種類いるからね」
「二種類」
「そう、売れる小説家と……」
「売れない小説家」
トニーが二杯のカクテルグラスに注いだギムレットを差し出しながら、
ぶっきらぼうに言った。


240 :名無し物書き@推敲中?:04/01/10 23:05
>>299より

おれは苦笑する。頷く。そして黙る。
「ねえ、どんな小説を書いているの?」
彼女はカクテルグラスのふちに唇を寄せながら訊く。
「ラヴ・ストーリーさ。それもとびっきりドライなね」
「ドライ? スウィートじゃなくて?」
「ああ。このギムレツトみたいなね」
「悲しい話?」
「ああ、悲しくて可笑しくて、泣きたくなるような話さ」
「面白そうね」
彼女は悪戯っぽく笑った。
「で、どんなストーリー?」
「そいつを今、考えてるんだよ」



241 :名無し物書き@推敲中?:04/01/11 13:14
>>229から、まとめてアリにうpしました。
スレ汚し、すまん。

242 :名無し物書き@推敲中?:04/02/12 09:25
>>229-240
それハードボイルドのつもりか?
ハードボイルドらしいところが一片もないが…

243 :テスト ◆nPWa7yPe06 :04/03/24 16:08
テスト

244 :名無し物書き@推敲中?:04/03/26 07:59
フォシュ

245 :sageマン ◆CamT4XJm4s :04/03/27 00:42
ウンニョ

246 :名無し物書き@推敲中?:04/03/29 16:13
フォシュ

247 :あげまん:04/03/29 17:14
age

248 :名無し物書き@推敲中?:04/03/30 21:23
こんなのはどうでつか?

ttp://www.kdn.gr.jp/~victors/

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)