5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三浦しをんって知ってる?

1 :かたゆで:01/09/06 20:35
エッセイが時々面白い
http://www.boiledeggs.com/siori/sback.html

2 :ななし:01/09/06 21:48
ダヴィンチで見た。すげー地雷面。オタ面。

3 :無名草子さん:01/09/06 22:28
エッセイもオタ風味だね。
「極め道」という文庫を読んだが、いくつか面白い回があるが、
女オタクでないと理解できない回も多い。
出版社の採用試験で書いた作文が面白かったのでスカウトされたらしいが、
それはなんとなく理解できる。

4 :無名草子さん:01/09/06 22:29
「格闘するものに○」は爆笑しながら読んだ。
あれぞ抱腹絶倒モノ。
少女漫画好きは絶対読むべし。

5 :無名草子さん:01/09/06 23:20
『月魚』はセックス描写のないやおい小説なので、男性諸氏にはおすすめしない。

6 :無名草子さん:01/09/07 13:22
エッセイは割と好き。
小説は読んだことない。
まだ若い人ですよね。

7 :無名草子さん:01/09/07 20:23
今、リンク先で懸命にエッセイを読んだんだけど
…おもしろい?これがたまたま面白くないのかなぁ。
この人自身に興味がないとツライね。
友達同士のメール交換でもこのくらいの文章って
来るもんなー。

8 :無名草子さん:01/09/08 00:06
>7
そういう女友だちのいないおじさんには新鮮なのかもね。

9 :無名草子さん:01/09/10 12:49
漫画好きの友達の間での評価はわかれた。
面白い同意って言う人と、あの程度の内容をいちいち本にするかっていう人。
前者は一読者、後者は小説家志望なんだけどね。

10 :無名草子さん:01/09/10 13:53
格闘するものに○ 少女漫画っぽい
けっこう面白いとおもったけど

11 :無名草子さん:01/09/10 13:53
格闘するものに○ 少女漫画っぽい
けっこう面白いとおもったけど

12 :無名草子さん:01/09/10 15:48
>2
地雷面ってどういう意味?

13 :無名草子さん:01/09/10 18:29
>12
柳美里とかの面。人生経験のないお坊ちゃんなどがその
強烈なネガティブオーラを「雰囲気」と勘違いして関係を持ち、泥沼に。
不倫、リストカット、妄想、そういうものを引き寄せる女。

14 :無名草子さん:01/09/10 21:06
>13
三浦しをんはエッセイを読む限り、
男縁のない文学少女経由のオタク女って感じだったよ。

15 : :01/09/10 22:45
朝日新聞に載ってた短いエッセイは毎回すごく面白くて、この人は
どういう人だろうと思って書籍検索かけて「格闘する者に〇」を買ったけど
まだ読んでない(^^;)。

16 :無名草子さん:01/09/10 23:37
地雷面なのを勘違いしてモテると思ってる女特有のナルシズムはない。
「ブス」と言われた自分をネタに使える開き直りがある。

17 :無名草子さん:01/09/11 16:30

「格闘する者に〇」を就職活動中に読んだけど、よかったよ。
志望した業界は違ったけど。

18 :JPB:01/09/11 17:12
というか、私、彼女と語学クラスが一緒でした。しかしながら、小説を書くタイプ
には全く見えず、出席のとき、ペンネームみたいな名前だなあと思った記憶が
あります。
とはいえ、私は一年語学を落とし、二年語学もついていけず脱落するという失態を
演じたため、それ以上のことは知りません。
『月魚』の古本業界の記述は、どの程度正確なのでしょうか?

19 :無名草子さん:01/09/11 18:18
>18
編集者希望だったらしいけど、出版社の元面接官に
作家やライターのほうが向いているとスカウトされたらしいですよ。
http://www.boiledeggs.com/bebe/messay2.html
参照。
「月魚」は読んでいませんが、読んでも古本業界について知らないので
正確さはわからないと思います。一般読者なんてそんなものです。

20 :無名草子さん:01/09/11 18:43
>16
私もダヴィンチで見たけど、「和風美女」って堂々と紹介
されてたから、ブスキャラではないんじゃないの。

21 :無名草子さん:01/09/11 22:36
「和風美女」って「平安美女」ってこと?

22 :JPB:01/09/12 03:07
>>19さん
丁寧にありがとうございます。しかもリンクまで・・・
中国語は得意そうだったなあ。

23 :無名草子さん:01/09/16 20:47
エッセイ、夏休み中なんだね。
久々の更新はどんなことを書くんだろう。

24 :無名草子さん:01/09/17 11:07
エッセイは確かにオタでないとわからん描写が多いね。
小説の方がどちらかというと好みだけど、「月魚」はやおいなのかそうでないのか
はっきりさせてくれ、って感じで興ざめ。
3作目の小説も上がってるらしいので期待はしてる。

つかこの人、菅野彰とか好きそう……。

25 :無名草子さん:01/09/17 21:48
>24
三浦しをんが菅野彰を好きというより、読者がかぶっていそう。
それか、作家同士が、似た傾向の作品を好んで読んできた感じがする。
あとは女友だちに恵まれた感じ。弟もいるし。

26 :無名草子さん:01/09/20 20:23
エッセイに出てくる友人の山田花子って三浦しをん本人なの?

27 :無名草子さん:01/09/27 12:32
今週のしおりはつまらなかった。

28 :無名草子さん:01/09/28 02:13
 月魚って超つまんなかった。
 いかにも、お約束みたいな設定、しかも話が御都合主義だし。
 広告では絶賛してたけどねえ。

29 :無名草子さん:01/09/29 11:39
>28
普通広告では絶賛するでしょ。
書評は知らないが。
「月魚」に関する書評ってないかな?
興味あるんだ。

30 :無名草子さん :01/09/29 23:47
なんかさ〜、作家の顔がどうこういうのは間違ってる気がするんだけど、
その作家を抱えてる出版社が「何々美人」だのと言って売り出そうとしている
から萎える。

31 :無名草子さん:01/09/30 19:38
>29
28じゃないけど。
タイトルで検索するとわりとたくさん出てくるよー。

32 :無名草子さん:01/09/30 20:54
三浦しをんは潜在的な作家能力はあると思う。
あの独特な立ち位置は絶妙。
モノの視点もありきたりじゃなくていい。好きだな、結構。

33 :無名草子さん:01/09/30 22:23
 ルビー文庫のほうが似合ってそうな話だな。

34 :無名草子さん:01/09/30 23:09
>30
三浦しをん本人は、自分のことを平凡な顔とか地味な顔とか、
通りすがりに「ブス」って言われたってエッセイのネタにしてて、
勘違い女じゃないのにね。

35 :無名草子さん:01/09/30 23:19
一瞬「三浦をしん」って読んじゃう

36 :無名草子さん:01/09/30 23:26
>33
実際は今市子挿絵でビブロスの新書かクリスタル文庫が似合ってる。

37 :無名草子さん:01/10/01 00:43
>24
菅野彰より年下だけど、知性はある感じ。

38 :無名草子さん:01/10/02 01:51
 小説道場だったら、どの程度の評価がされたかなあ。

39 :無名草子さん:01/10/02 15:46
中島御大にはこき下ろされそうだね。

40 :無名草子さん:01/10/03 01:28
 いや、名誉一級にはなれるだろ。>39

41 :無名草子さん:01/10/03 17:47
御大には嫌われる作風かも>40

42 :無名草子さん:01/10/04 21:50
月魚って確かに、名前呼んでるだとか暑いくらいだった→蹴りとかヤオイな描写が
過剰でしらけました。
でも所詮自分根がオタクだから「格闘するもの」の友達と大学の先生のその後のお話
とか読みたかったりするわ(笑

43 :無名草子さん:01/10/05 11:01
>月魚って確かに、名前呼んでるだとか暑いくらいだった→蹴りとかヤオイな描写が
>過剰でしらけました。
もっともっと開き直って過剰なやおいにするか、もっとその手の描写は抑えて書くか、
どちらかのほうがよかったかもしれませんね。

44 :無名草子さん:01/10/06 01:07
 あれじゃ、ことこてすぎるよん。

45 :無名草子さん:01/10/06 09:25
>42-44
激しく同意。
あれで作者は「ほんのりホモ」のつもりで書いたというんだから、失礼ながら
ボーイズラブ読み過ぎて感覚が麻痺してんのか? と思ってしまう。

46 :無名草子さん:01/10/07 16:18
 本人は、あとがきで〇崎翠ににてると言われて舞い上がってたが、あの世の尾崎〇やファンがきいたら激怒ものだぜ。
(それか苦笑するか!)

47 :無名草子さん:01/10/07 22:51
舞い上がるなんてかわいいもんじゃん。

48 :無名草子さん:01/10/12 17:59
ここのところ週刊エッセイがいまいちだな。

49 :無名草子さん:01/10/22 10:44
http://www.esbooks.co.jp/myshop/mukyu-doh
「月魚」の無窮堂が実在してます……。

50 :無名草子さん:01/10/22 22:53
>49
真志喜がイヤンな男になっとる。

51 :無名草子さん:01/10/23 19:59
>49
激ワラタ。
なんじゃありゃ。

でも、作中にでてきた本を紹介してくれるって言うのはありがたいかも。

52 :無名草子さん:01/10/23 20:22
http://www.f2.dion.ne.jp/~goldman/

53 :無名草子さん:01/10/24 01:47
>49
熱心なファンなんだろうな。
便利だし、いいとこついてるよ。

54 :無名草子さん:01/10/24 21:41
格闘するものに○、読みました。
予想より面白かった。
でも中途半端なゲイネタはいらないと思う。

55 :無名草子さん:01/10/25 00:27
んで、次回作はいつ出るのか?

56 :無名草子さん:01/10/25 00:40
妄想炸裂、とかいうエッセイ集が出ているよね。

57 :無名草子さん:01/10/25 01:16
>56
それはWEBエッセイの総集編ですよね?

58 :無名草子さん:01/10/25 14:15
>55
角川書店のホームページによると、
11月に「白蛇島」という小説が刊行される予定だそうです。

59 :無名草子さん:01/10/25 20:32
>58
それは「月魚」のシリーズじゃないよな。
白蛇島に古書の買い付けに行くとか。

60 :無名草子さん:01/10/26 03:41
>59
「月魚」シリーズなどではないようですが、紹介がみじか過ぎて詳細は不明。
ミステリーっぽいのかな……? 同じようなものを書かないのが
この若い作家の可能性かもしれない。詳しくは、
http://www.kadokawa.co.jp/book/contents/200111/200109000067.html

61 :無名草子さん:01/10/26 09:42
あらすじ読む限りはシリーズじゃないと思うけどねえ。
来月発売か。楽しみだ。

つーか、あらすじだけだと某小説に似てる。

62 :無名草子さん:01/10/26 10:24
あらすじ読んだ限りではルビーで十分そうだが・・・

63 :無名草子さん:01/10/26 22:47
>61
某小説って?

64 :61:01/10/27 19:36
>63
妙な先入観与えるといけないんで、(メール欄)。

改めて考えるとあんまり似てないかもしれないんだけど。
まあ、こればっかりは読んでみないとわかんないよね。失礼。

65 :63:01/10/27 21:52
>61
ありがとう。
それ、私はまだ読んでいないので、反対の順序で読んでみようかな。
エッセイにもその作家の別作品の話が出てきているし。

66 :無名草子さん:01/10/29 03:28
早く出ないかなぁ。
きっとおもしろいはず、期待してます。

67 :名無し草:01/11/02 16:07
ハードカバーなのかな

68 :無名草子さん:01/11/02 19:40
>67
予価1900円だし、ハードカバーでしょ。

69 :少し待て:01/11/05 00:29
新作の内容が、少しばかり明らかになってきましたネ。
児童文学、エンターテイメント性の高い、秘密の匂いも濃厚な、
というのですが、それって、どういう作品なのでしょうか。
11月下旬発売ということですが。早く、出して……。
http://www.boiledeggs.com/info/info5.html

70 :無名草子さん:01/11/05 09:39
下旬発売ですか。
だんだん楽しみになってきたよ。早く読みたいね。

71 :なんだか:01/11/13 21:38
姫野カオルコとダブる。

72 :無名草子さん:01/11/16 02:36
11月28日発売決定。表紙が見られます。
http://www.kadokawa.co.jp/book/contents/200111/200109000067.html

73 :無名草子さん:01/11/16 10:08
発売日決定age。
問題は、近所の本屋には入荷しないだろうということだ。
やっぱネット書店で買うかなあ……。

74 :無名草子さん:01/11/16 12:12
姫野カオルコのほうが数段上手だよ。

エッセイに関しては、
酒井順子とか島村陽子とか姫野カオルコとか、
そのへんのエッセイの上手い人を取り混ぜて、
ヲタク色を強くした感じ。
面白いけど、凄く新鮮なかんじはしない。

75 :無名草子さん:01/11/16 12:12
http://www.nt.sakura.ne.jp/~rose/

76 :無名草子さん:01/11/16 22:34
>75
上のURLはエロサイトです。開かないようにしましょう。
削除依頼はどうすればいいのかしら。

77 :無名草子さん:01/11/17 14:00
あげ

78 :無名草子さん:01/11/21 23:47
「極め道」や「妄想炸裂」のネット書評を読むと、
作者とお友だちになれそう、と書いてる人が多くてもにょる。

79 :無名草子さん:01/11/22 09:58
>78

「もにょる」って?

80 :無名草子さん:01/11/22 13:54
>78
別に友達になりたいと言っているわけではあるまいし。
趣味があう、ってことのある意味決まり文句なんじゃ?

それよりも、「もにょる」って気持ち悪い。

81 :無名草子さん:01/11/22 16:56
私が見かけたのはこの程度。
>今この著者と出会ったら絶対お友達になれると思う

82 :無名草子さん:01/11/22 21:57
絶対か……。
絶対とまでいわれると確かに嫌だな。

83 :無名草子さん:01/11/22 22:52
好意的に解釈すれば、趣味が合うとか親近感の現れとかだと思うが、
相手にも選ぶ権利があるということが抜け落ちてる書き方ではある。
年若いから舐められているのだろうか。
読者と作者を乗り越えて、対等になりたいのはわかるが。
友達になれたら楽しいだろうな、と言う方なら可愛げがあるが。

84 :無名草子さん:01/11/23 00:30
>49
無窮堂よ、三浦しをん言うところの「こころ」のパロディーの「あのひと」が発売されたぞよ。

85 :無名草子さん:01/11/23 13:49
>84
「あのひと」って? 「白蛇島」は来週発売でしょ?
三浦さんが「こころ」のパロディだとおっしゃっているのですか?
質問ばかりですみません。

86 :無名草子さん:01/11/24 00:21
>85
「あのひと」は三浦さんが山田花子名義で「極め道」の中で書評してる作品。

87 :85:01/11/24 17:16
>86さん
ありがとうございます。木原音瀬さんの『あのひと』ですね。
お教えいただきありがとうございました。
     <わたし、無窮堂ではございませんが。

88 :無名草子さん:01/11/28 11:25
発売日age

89 :無名草子さん:01/11/29 19:53
『白蛇島』、どなたかお読みになりましたか。
いかがでしょう。まだ本屋に行けなくて。

90 :無名草子さん:01/12/02 03:12
>81
googleで検索したらあったよ。
三浦しをんより年上の書店員さんでしょ。

以下はそのサイトや三浦しをんに関わらずだけど、
私だったら著者本人に見られるかもしれないネット上には書けないな。
だって、著者にサイト読まれて「友だち? かんべんしてよ」と思われたら嫌だもの。
「私にも選ぶ権利はあるのよ」って。

91 :無名草子さん:01/12/02 17:04
読みました!!!、『白蛇島』。
すごいです。今までの作風とはまた違う。
どこまで進化するのでしょうか、三浦しをん。
どんどん引き込まれて、最後まで止められませんでした。

大陸に近い島で走る白く軽トラック……。
13年に一度行われるという大祭……。
白蛇様にまつわる伝説……。
ううう、話したいけれど、ネタばれになっては。

92 :無名草子さん:01/12/04 22:23
よかったですう。
夏の陽射しはいいね。

93 :無名草子さん:01/12/09 13:13
月魚を読みました。
面白いような、そうでもないような、微妙な感じです。
801のかほりがこうばしいです...

94 :無名草子さん:01/12/10 12:37
雑誌『鳩よ!』(マガジンハウス)1月号(12月17日発売)から3回、
集中短期連載が始まると、ボイルドエッグズのHPに出ています。
女子高生を主人公とした一人称小説だということです。

95 :無名草子さん:01/12/14 10:45
「白蛇島」、やっと読んだ。
個人的に物足りなく感じたところもあるので大絶賛はしないけど、
「月魚」よりも上手くなってるなとは思う。
今までの3冊全部が全く違う雰囲気の小説だから、次作への期待も高まるね。
しかし(メール欄)なんてどうすれば思いつくんだか(w

96 :無名草子さん:01/12/15 03:24
今日「白蛇島」読み終わりました。
個人的に物語が動き出すまで読み流しでしたが後半すごく楽しめました!
「あれ」の存在やよくわからないものの存在をリアルに書かれていたので
1人で読むのが怖かったです;
白い軽トラックで3冊がつながっていたとは…!

97 :無名草子さん:01/12/18 22:31
「鳩よ!」読みました。1作目はまだなんといっていいかわかりません。
よくわかりませんが、三浦さんが「最後まで必ず読んでください」と
コメントしていたので、来月号、再来月号も買おうと思います。
でも私の住んでいるところが舞台だったのでちょっと嬉しいです★

98 :無名草子さん:01/12/19 02:23
「あふれる」(『鳩よ!』)は、静かに始まりましたね。
このあとどのように展開するのか、ちょっと楽しみ。
どんな衝撃が待っているのでしょうか。

99 :無名草子さん:01/12/24 06:24
「白蛇島」1900円というのは、少し高いかな。
角川は、かなり部数を抑えているようですね。

100 :無名草子さん:01/12/26 03:22
100

101 :無名草子さん:01/12/26 19:24
100越えおめでとー。
このままローペースでスレがどこまで持つのか?

102 :無名草子さん:01/12/28 21:59
この頃、またエッセイがおもしろい。
今回は、正月を前にして更新が早まった。

103 :無名草子さん:01/12/28 22:48
a
a
a
a
a
a

104 :無名草子さん:02/01/13 16:24
今日(1月13日)の朝日新聞の中高生向け紙面「ブックサーフィン」で、
作家の角田光代さんが、『白蛇島』をずいぶんほめていたよ。

105 :無名草子さん:02/01/15 15:37
>81の「今この著者と出会ったら絶対お友達になれると思う」を読んでの
もにょりの原因がようやっとわかった。
某合宿所スレの押し掛け厨論理と似ているんだわ。
実行するのと思うのは全然違うけど。

106 :無名草子さん:02/01/18 21:08
『鳩よ!』集中連載「あふれる」の2回目が出たね。
「秘密の花園」だけど、どういう結末を迎えるのだろう。
わからない。

107 :無名草子さん:02/01/29 18:45

age

108 :無名草子さん:02/02/06 13:41
ウェブ ダヴィンチに短編「骨片(前編)」がアップされています。
http://www.mf-davinci.com/

そのプロフィールによれば、3月に出る新作は、
『秘密の花園』(マガジンハウス)だそうで、
>106さんの大当たり。すごい。


109 :無名草子さん:02/02/12 21:29
「骨片」、なかなか面白かった!
後編が早く読みたいよー。

しかし、この人もほんと全然違うタイプの話ばかり書くよね、いい意味で。


110 :無名草子さん:02/02/17 14:57
「あふれる」(『鳩よ!』3月号)の最終回、読みました。
予想外の結末に唖然というか、すごい。まさに衝撃的。

『秘密の花園』(マガジンハウス、3月)にはこの作品も含まれるとのこと。
待ち遠しい。


111 :無名草子さん:02/02/18 23:39
白蛇島を読みました。
前作より上手くなったな−と思いました。
次作もたのしみ。

で、「あれ」の名前ってなんだろう?
モデルになった伝説とか風習があるのかしら?


112 :無名草子さん:02/02/22 02:56
>111
「あれ」はアレでいいのじゃないでしょうか。
名前がわからないというのが怖いわけですから。

舞台になっている島は、対馬ではないかと推測しますが、
描かれているような伝説が実際にあるのかどうか……。
どなたかご存知ならお教えください。


113 :無名草子さん:02/02/27 20:43
「骨片」後篇(ウェブダヴィンチ)、「あふれる」最終回(鳩よ!)
どちらもおもしろかったです。というか、
「あふれる」はショックだった。


114 :無名草子さん:02/03/02 13:21
「骨片」、面白かった。

しかし、一つ気になるんだけど、(メール欄)とずっと思っていたんだけど、
宗派によって違うものなの?

115 :無名草子さん:02/03/04 23:49
>114 どういうこと?
「既婚」の女性が実家に戻れないのはわかりますが、
「未婚」の場合は、父に属していないと行くところがないのでは?
それとも、無縁仏かなんか……?

三浦しをんとはまったく関係ありませんが。
   

116 :114:02/03/05 09:58
>>115
いや、結婚するか、もしくは子供を産まないと女は一人前とは見てもらえないから、
別に墓を作らないといけない、っていうのがあるのよ、うちの寺の場合。
戒名も同じ理由で女性は子供扱いになるって話を聞いたことがあるから。
後者は気のせいかも。

117 :115:02/03/06 00:12
>>>116 なるほど、そういうしきたりのところもあるのですね。
考えてみれば、女性はそのようにしか扱われないというのが、
古い「家」にはずっとあったのでしょうね。
ありがとうございました。

それにしても、『秘密の花園』(マガジンハウス)早く
出ないかな。22日の発売だそうですが。



118 :無名草子さん:02/03/12 22:09
この人の本を神戸で買ったら偶然サイン本だったんだけどネタとしか思えない
ふるえた字でサインしてあったんだけど、何だったんだろう。…「当たり」?

119 :115:02/03/12 23:40
>118
池袋ジュンク堂にあったサイン本もふるえていましたよ。
神戸もジュンク堂?


120 :無名草子さん:02/03/13 10:28
私が見かけたサイン本も震えていたよ。
「白蛇島」のは震えた蛇の絵も描いてあった。

121 :無名草子さん:02/03/13 15:26
そう言えば、なにか雑誌のインタビューで、
ていねいに書こうととすると字が震えるというようなことを
おっしゃっていたような。

マガジンハウスの『秘密の花園』いよいよ22日発売ですね。
楽しみ。

122 :無名草子さん:02/03/14 21:57
>115・120・121
……書痙?

じゃあ、あれが基本なのか(w
何か渡辺多恵子さんのエッセイ思い出した。
サイン求められると脂汗が流れて硬直するとかなんとか…。



123 :無名草子さん:02/03/14 22:30
三浦さんは何才?

124 :無名草子さん:02/03/15 13:15
1999年春に大学を出て、
自称、いつも20歳だそうですよ。
決しておばあさんじゃない。

125 :無名草子さん:02/03/15 14:34
じゃあ24か25だろうね

126 :無名草子さん:02/03/21 03:41
22日発売の「秘密の花園」が池袋ジュンク堂に出たと
いう情報があるけど、誰か見た人いますか?


127 :無名草子さん:02/03/22 00:09
22日発売なら、早いところは20日くらいには出るもんね。
書籍の場合。21日祝日だから、20日には配本されてるだろうし。

128 :無名草子さん:02/03/22 01:17
ネット書店でも在庫のある店が多くなりましたね。
注文しました。早く読まなくちゃ。


129 :無名草子さん:02/03/24 20:22
秘密の花園発売age

130 :無名草子さん:02/03/24 20:30
三浦朱門からとった・・・んじゃないの>ペンネーム

131 :無名草子さん:02/03/24 22:01
>>130
ペンネームじゃなくって本名だよ。

132 :無名草子さん:02/03/25 00:05
三浦朱門からペンネームとる人なんてやだ!
本名だよ。エッセイ参照。

133 :無名草子さん:02/03/26 01:50
秘密の花園の感想きぼん

買うか迷ってる

134 :無名草子さん:02/03/26 02:19
>>133
ちんこが痛くなる小説です

135 :無名草子さん:02/03/26 08:08
>>134
禿同!!私は男性ではないけど(W

136 :無名草子さん:02/03/26 09:47
たしかに、痛そう……。
しかし、これは傑作! 今までで一番では?


137 :無名草子さん:02/03/27 00:03
あれは読んでてちんぽが痛くなったなあ・・確かにw

で、翠たんは処女ですか?(ハァハァ

138 :無名草子さん:02/03/27 16:52
>133
迷ってなどいないで、お買いなさいませ。
引き込まれてしまいますよ。


139 :無名草子さん:02/03/28 21:34
HP「ボイルドエッグズ」に、サイン本の置かれている書店が紹介されています。
震え字(おそらく)のサイン本のほしい方は、ぜひどうぞ。
ただし、東京の書店のみです。


140 :無名草子さん:02/04/01 22:07
すごい!! 
これだけ見事な文章を書ける若手作家はいないのではないか。

「秘密の花園」はブレイクするね。


141 :無名草子さん:02/04/03 16:26
サイン本山積みのままだったよ。

142 :無名草子さん:02/04/03 17:34
「秘密の花園」読了age。
私もこれは今までの作品の中で一番好きかも。

読んでいて高校生に戻ったような気がしたよ(w

143 :無名草子さん:02/04/04 00:52
>141
それ、どちらの書店?
ちなみに、お買いになりました?

144 :141:02/04/04 12:29
教文館です。
あそこはマガジンハウスのもの強いのかな?
レジに平積みで手ぶらで並ぶの嫌だったので、買いませんでした。

145 :無名草子さん:02/04/10 00:21
「秘密の花園」は、ちょっと女の子っぽい表紙で、
男どもには手に取りにくいだろうが、
買って読むべし!

オレは読んで大いに気に入ったぞ。
内容もあるし、文体もいい!


146 :無名草子さん:02/04/12 10:40
>>81
三浦しをんと絶対お友達になれる日記の人、
白泉社のMy文庫からデビューしたね……。

147 :無名草子さん:02/04/13 22:45
渋谷のブックファーストにもまだサイン本がありましたよ。

148 :無名草子さん:02/04/14 04:59
>147
ということは、あまり売れていないということですかね?
とても質の高い小説だと思うのですが……



149 :無名草子さん:02/04/18 16:15
三浦しをん氏は、「週刊新潮」の連休合併号から
連載エッセイ「人生激場」を担当するらしい。

エージェントのHP情報です。


150 :無名草子さん:02/04/21 02:27
お父さんを知っている。笑顔のとてもかわいい人。

151 :無名草子さん:02/04/21 09:12
>150
教え子さんですか?


152 :無名草子さん:02/04/22 05:43
>151
ひみつ

153 :無名草子さん:02/04/25 02:24
「週刊新潮」で始まった連載の第一回を読んだ。
いつまで続くのかは知らないが、まあ、お手並み拝見、
というところかな。

おじさんのハートを掴んで小説の部数が伸びればいいね。


154 :無名草子さん:02/04/30 22:30
ところでみなさん、
三浦しをんの作品では、どれが一番の
お好みですか。
わたしは、やはり『秘密の花園』ですかね。

文体がとても新鮮でした。

155 :無名草子さん:02/05/02 15:46
>>154
単行本ならやっぱり「秘密の花園」かな。
未収録分も入れるなら「骨片」。

156 :154:02/05/03 02:16
>>155
しっとりと落ち着いた雰囲気の短編ですよね、「骨片」は。
大正時代の小説のような感じがしました。
あそこに連載している作家たちのものがまとまって本になるのでしょうか。


157 :無名草子さん:02/05/08 17:00
『ダ・ヴィンチ』6月号の超短編の競作に、
「赤と白」という時代物が。
なんとも幅が広いこと。


158 :無名草子さん:02/05/15 09:05
22日『しをんのしおり』(新潮社)発売!! age


159 :無名草子さん:02/05/19 12:08
結局今のところ何冊でてるの? この人の本。
「月魚」しか読んでないんだが。

160 :無名草子さん:02/05/19 20:10
(小説)『格闘する者に○』(草思社)
    『月魚』(角川書店)
    『白蛇島』(角川書店)
    『秘密の花園』(マガジンハウス)
(エッセイ)『極め道』(光文社知恵の森文庫)
    『妄想炸裂』(新書館)
    『しをんのしおり』(新潮社、22日刊)

以上7冊(近刊1を含む)ですね。デビューして3年目。
   

161 :無名草子さん:02/05/21 18:23
>>160
サンクス。

162 :無名草子さん:02/05/22 14:58
「秘密の花園」読了。
この人、書く度に上手くなっているね。
編集にならなくてよかった、と思うよ。

163 :無名草子さん:02/05/26 13:18
「しをんのしおり」発売age

164 :無名草子さん:02/05/27 17:13
しをんパパもboiledeggsをエージェントにしたのか……

165 :無名草子さん:02/05/27 20:25
新潮社の新聞広告見て、
『しをんのしおり』(新潮社、22日刊)にめっちゃくちゃ興味を持った。
近来稀に見る書籍広告の傑作だった。
…で、いかがでした?



166 :無名草子さん:02/05/27 23:12
エッセイの三浦しをんテイストは、今回も全開・満開です。
エージェントのサイトで連載されたエッセイに手を入れたものなので、
どれも読んだものですが、でも可笑しい……。
計算されているのか自然体なのか、気になりますが、
小説との落差を考えれば、かなり巧妙に計算されているのかと……。


167 :無名草子さん:02/05/28 10:54
まだ途中までしか読んでないけど、面白いよ。
爆笑するって程でもないけど、妙におかしい。

それにしても、新潮社にもかなり目をかけてもらっている様子だし、
やっぱりこれから期待できそうな感じだなぁ。

168 :無名草子さん:02/05/28 18:09
しをんパパの本が文春80周年記念出版かあ


169 :無名草子さん:02/06/02 17:48
『白蛇島』読了age

170 :無名草子さん:02/06/03 11:49
池袋リブロにサイン本あったage

171 :無名草子さん:02/06/04 23:31
ところで淑子は帰って来るのか?

172 :無名草子さん:02/06/05 01:41
もう帰ったらしいよ。
先生とは別れたと言っていた。


173 :無名草子さん:02/06/08 18:25
せんせーに恋するなんて、まだまだ子供だね。

174 :無名草子さん:02/06/09 06:26
そうやって大人になるのよネ……。
それがいいかどうかはわからないけれど。


175 :無名草子さん:02/06/12 01:09
ま、淑子もいつか「こんなこともあったわね〜私もガキだったわ」と
笑って話せる時が来ればいいなあ、と思います。

176 :無名草子さん:02/06/12 20:07
今週の週刊新潮のエッセイ面白すぎage

「晴子情歌」読みつつ想像して思わずワラタ

177 :無名草子さん:02/06/12 23:01
>>49の書店がboildeggsで紹介されとるね。

178 :無名草子さん:02/06/16 14:09
>176
うん、伝書カモメはなかなか面白かったね。
だんだん調子に乗ってきたようだね。


179 :無名草子さん:02/06/27 00:08
こんどはどんな小説を書くのかな……

いつ出るのかな……

180 :無名草子さん:02/07/11 08:39
えらく胸毛が好きな人らしい。


181 :無名草子さん:02/07/11 15:45
くらたまと対談したんだ…

182 :無名草子さん:02/07/11 15:49
http://js-web.cside.com/

183 :無名草子さん:02/07/11 23:38
いろんなところにエッセイ書いてるね。

184 :無名草子さん:02/07/11 23:59
>181
対談は、
http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/454101-X.html

185 :無名草子さん:02/07/25 01:06
「小説現代」のエッセイ、「私の青春の一冊」はとてもよかった。
丸山健二の『水の家族』を取り上げている。

それにしても、いよいよ講談社だ、三浦しをん。


186 :無名草子さん:02/08/10 23:25
>164 & >168

しをんパパの本、売れてるようだね。


187 :無名草子さん:02/08/11 00:29
三浦しをんのエッセイでも小説でも、
あまりにでてくるマンガの趣味みたいなのが合いすぎてて笑える。


188 :無名草子さん:02/08/26 23:38
age

過去ログに落ちそうだったよ!!


189 :無名草子さん:02/08/27 12:53
三浦作品は最高です。


190 :無名草子さん:02/09/01 21:28
出版社30社にES送ったけど、作文褒められたことなし。
普通に筆記の勉強して何とか内定もらったよ。

191 :無名草子さん:02/09/01 22:40
ちょうど友達がハマってて「しをんのしおり」を読まされたんですけど、
なんだか、ちょっと欲求不満が残るかなあと。
系統が似てるからつい菅野彰と比較しちゃうんです。
自分の好みの問題なんですけど、でもやっぱり勢いで負けてる気が・・・。

192 :無名草子さん:02/09/02 03:26
勢いは菅野彰のほうがありますけど、
知性は三浦しをんのほうがあるので、
どちらも好きです。
1回の長さが違うし。

193 :無名草子さん:02/09/05 00:09
菅野さんも三浦さんも両方とも弟持ちだね。

194 :無名草子さん:02/09/08 02:32
ハヤカワ文庫の秋の文庫フェア宣伝用の小冊子に
エッセイ書いているね。
たしか、ハヤカワの入社試験で筆力を認められて
作家になったんだよね。
入社試験落ちてよかったよね。


195 :無名草子さん:02/09/22 15:40
「小説新潮」10月号の短編小説「結晶」を読んだ。
 今までとはまったくテイストの違う物語で、
とても緊迫感のある小説だった。
 真実はどこにあるのか、……。



196 :無名草子さん:02/09/25 00:40
順調ですな。

197 :無名草子さん:02/10/03 11:49
ananのコラム読んだこと無い。
読んだことある人、どんな感じでした?

198 :無名草子さん:02/10/06 17:32
>順調ですな
って、彼女の小説って誰が読んでいるの?
周りに読んでいる人だれもいないんですけど。


199 :無名草子さん:02/10/06 17:33
ここの書き込みってなんかやらせくさくない?
ボイルドなんとかの?

200 :無名草子さん:02/10/06 22:54
三浦しをんは801読みにファンが多いんじゃないの。
ウィングスでエッセイとかやってるし。菅野彰と比較した書き込み
なんてボイルドのやつにはできんだろ。

201 :無名草子さん:02/10/06 23:25
なーんだ、
しをんのファンって、
801だったのか。納得。

202 :無名草子さん:02/10/07 00:01
文春の連載で水着のパッドがずれたという記述あり。 正直すぎ。 確かに巨乳顔ではないが。

203 :無名草子さん:02/10/07 00:20
>198

あなたの周りって、年寄り?
遅れてますよ。


204 :無名草子さん:02/10/07 00:45
一年前に新潮社の入社試験受けたとき、
「これから注目する作家」(みたいな質問)の欄に三浦しをんって書いたら、
面接官の文芸部の人に
「誰? 三浦朱門じゃなくて?」と言われたことを思い出すよ…。
たった一年で小説新潮にまで載るとは素早いなあとしみじみ。
ちなみにその面接はダメでした。


205 :無名草子さん:02/10/07 01:25
遅れてるって何が?
ちなにみ198じゃないけどね。
おれはいくつか読んでみて、
それなりに認めているけど、
まだ何者でもない、って感じするよ。
801ってのは、少しだけわかるけどね。

206 :無名草子さん:02/10/07 04:31
エッセイと小説をいくつか読んでみて、そこそこ書ける人なのかなーとは思う。
ただ買って読むほどのものではない気がした。
私には一度立ち読みすれば十分な作家の一人。


207 :無名草子さん:02/10/07 07:52
好きなひとには申し訳ないけど、どうにもあの文体が好きになれないな…
中高生の文章的な印象が。

208 :無名草子さん:02/10/07 19:07
801とか漫画ヲタじゃない人には気持ち悪いタイプの作家。
ヲタ歴の長い筋金入りの人には中途半端で読んでて消化不良起こしそうな作家。
そんな印象だな・・・。
半端なヲタには受けそうなテイストだよね。

209 :無名草子さん:02/10/07 20:37
作家になれなかった人間が憂さを晴らすスレはここですか?(ワラ

210 :無名草子さん:02/10/07 21:31
アンチ=作家になりたくてなれない人って発想が単純すぎて痛々しいね(w
ファンはこの程度の奴しかいないのかな?

211 :無名草子さん:02/10/07 22:18
>209
むしろ叩いているのはやおい作家では。801板の作家スレでも
話題になってたし。やおい作家はイパーン小説やってる同年代の
作家に嫉妬あるみたいだね〜。

212 :無名草子さん:02/10/07 22:39
どうでもいいが、『妄想爆発』読んだとき、あまりに堂々と801っていうか
同人趣味出しててびっくりした&ひいた。っていうか、脳内で何考えてもいいですが、
一般人みてもホモ連想、文学作品読んでも勝手にホモネタ、っていうのはやめて欲しい。

213 :無名草子さん:02/10/07 22:42
ファンもアンチもいた方がバランス良くていい。
好きじゃない人もどこが良くないとか面白くないとかどんどん
書けばいい。マンセー意見ばかりじゃつまらんよ。
信者に囲まれてダメになった作家は結構いるし…。
まあ俺はこれからも読みますが(藁

214 :202:02/10/07 23:22
漏れの脳内で週刊は文春と新潮が区別出来てない! 鬱だ。死のう。

215 :無名草子さん:02/10/08 17:25
しをんのしおりしか読んだことない
古いタイプの顔ではあるな

216 :無名草子さん:02/10/10 01:42
>211
それはありえる。
三浦しをんとよくエッセイが比べられる菅野彰のライトノベル板での
単独スレの荒れようはひどかった。
アンチと信者が入り乱れ、しかもアンチには自称801作家で一般誌のオファーもあるけど断ってるの、
なんていう人も現れて。

217 :無名草子さん:02/10/10 19:23
他スレの話は持ち込むのやめようや。
作家の嫉妬なんて読者には関係ないし。

218 :無名草子さん:02/10/10 20:27
シンスゴ系の顔ですね

219 :無名草子さん:02/10/10 21:11
>>218
一緒にするのはさすがに可哀想かと……。

220 :無名草子さん:02/10/15 14:45
陶器市あげ

221 :無名草子さん:02/10/16 00:58
野球帽あげ

222 :吾輩は名無しである:02/10/16 22:33
この娘は一作ごとに少しづつではあるが、確実に
うまくなっている。更なる精進を望む。

223 :無名草子さん:02/10/25 14:28
松井あげ

224 :無名草子さん:02/10/31 12:00
あげ

225 :無名草子さん:02/11/02 22:32
ボイルドエッグズのWEBでの連載「しをんのしおり」
200回だにゃあ。
石の上にも4年かあ。これからも頑張ってくにゃされ。

小説、いつ出るのやら。

226 :無名草子さん:02/11/06 01:07
同い年だ〜…という認識。
まだブクオフでバイトしてるのこの人?

「格闘するものに○」藤原薫、「妄想炸裂」羽海野チカの表紙が、個人的に高ポイントだった。

227 :無名草子さん:02/11/06 20:01
>>226
確か「しをんのしをり」かなにかに収録のエッセイで
「古本屋のバイトは諸事情があって辞めた」
みたいなことを書いていたと思う。

228 :無名草子さん:02/11/16 22:12
「しをんのしおり」なんで更新ない?

229 :無名草子さん:02/11/16 22:56
更新ないね。毎週月曜日楽しみにしてるのに…。

230 :無名草子さん:02/11/16 23:23
ボイルドエッグズの情報によれば、
連載200回記念の休暇で、2週お休みだそうですよ。
たぶん、今度の月曜日(18日)から再開されるかと。

300回目指してがんばってください。 

231 :無名草子さん:02/11/18 01:22
201回目、アップされたね。

おもしろかった。

232 :無名草子さん:02/11/18 22:55
ハナクソ面白かったよ。

233 :228:02/11/19 20:26
↑どもありがと

234 :無名草子さん:02/11/19 20:35
なんだ、つまんないよ。
だっせーーー!!!!

235 :無名草子さん:02/11/19 20:38
なんちゃって。スマソ

236 :無名草子さん:02/12/07 13:46
age

237 :無名草子さん:02/12/07 15:19
>>236
上がってないよ…


238 :無名草子さん:02/12/08 04:20
『ダ・ヴィンチ』1月号恒例の「BOOK OF THE YEAR 2002」で、
『しをんのしおり』が「エッセイ&ノンフィクション」部門で8位、
「来年もっともブレイクしそうな作家」部門で5位になっていますね。

 大いにはじけていただきたいものです。


239 :無名草子さん:02/12/19 17:47
保全sage

240 :無名草子さん:02/12/27 13:40
2003年のブレイクを期待して、
ageます。

241 :無名草子さん:03/01/03 22:59
>エンターテインメント&サブカルチャー好感度マガジン「Gag Bank」の創刊号から、三浦
>しをんが新刊書評を連載する。

ということで、すでに発売されているらしいが。
読んだことある人感想キボンヌ


242 :無名草子さん:03/01/03 23:00
age忘れた

243 :無名草子さん:03/01/04 01:01
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。
http://www.imperialcasino.com/~1h4n/japanese/


244 :無名草子さん:03/01/04 16:20
>241
「Gag Bank」は、書籍コードで出てますな。
ISBNは4-901841-00-9、「ダ・カーポ」に似てるかな?
「犬のお散歩」という題の新刊紹介を1ページ。
創刊号は「海辺のカフカ」を三浦しをんらしい切り口で書いている。
いいんじゃないの、書評は。この雑誌が続くかどうかが問題だけど。


245 :無名草子さん:03/01/08 20:49
>244
遅レスですが感想アリガd
いまだに本屋で見かけないのは探し方が悪いせいなのか。
早くみつけないと次号がでてしまう。


246 :山崎渉:03/01/12 18:41
(^^)

247 :山崎渉:03/01/23 04:18
(^^)

248 :無名草子さん:03/01/26 22:07
新潮ケータイ文庫にて「結晶」連載中。

249 :無名草子さん:03/02/02 16:41
しをん、活躍してるな。
そろそろ年収いくらだ?

250 :無名草子さん:03/02/12 10:24
なんか、悪口書かれてるよ。

http://freehp.kakiko.com/diet/2003-2.html

251 :無名草子さん:03/02/12 12:58
トキエダマサユキ?
知らん。デムパはスルーしる。

252 :無名草子さん:03/02/13 19:36
ちょっとした冗談でしょ。

253 :無名草子さん:03/02/23 16:17
昨日(22日)の「東京新聞」夕刊に、
掌編小説「やわらかいまる」が掲載されていました。
しんみりした、なかなかいいお話でした。
言葉あそびが好きなひとだ。

254 :無名草子さん:03/03/05 14:21
しをんパパって、誰?有名なの?

255 :世直し一揆:03/03/06 17:55
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけのもっともらしさ(偽善)に騙されるな!!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●自分が悪いことでも世間のせいにする(「世間の人もやっていることだ!」等)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的でファイト満々(キモイ、自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする
(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはた
いてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK!)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる)
●あら探しだけは名人級でウザイ(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「〜みたい」とよく言う、
世間体命)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ)
●表面上協調・意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をしストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)  
●後で自分の誤りに気づいても、無理にでも筋を通そうとし素直に謝れない(切腹あるのみ!)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。包容力がなく冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

256 :無名草子さん:03/03/07 18:14
犯人の三浦和義のほうは完全犯罪に成功、
日本一の悪魔

257 :無名草子さん:03/03/13 13:43
>>254
古事記の著者といわれている。
太安万侶じゃないよ。為念。

258 :山崎渉:03/03/13 15:30
(^^)

259 :無名草子さん:03/03/14 10:08
ボイルドエッグスの最新情報にのってるしをんさん、かわいー。


260 :無名草子さん:03/03/20 18:05
この人って・・・レズ?


261 :無名草子さん:03/03/21 11:18
レズならレズというだろ。
それも売りになるし。

262 :無名草子さん:03/03/30 02:49
「小説新潮」4月号に、連作短編の2作め「残骸」が載りましたね。
本格的な、家族小説という漢字になってきたような。
前に、ウェブダヴィンチに掲載された「骨片」も
『あのころの宝もの』に入りました。
こちらはしっとりとした短編小説で、いいですね。
この人は、短編もなかなかうまい、という感じです。


263 :無名草子さん:03/04/03 22:24
「結晶」読んでないんだけど
「残骸」から読まない方がいい??


264 :262:03/04/04 00:51
>263
主人公は別の人物ですし、
独立した作品になっていますから、
「残骸」から読み始めても問題はないと思います。
「結晶」から読んだほうが、情況はわかりやすいでしょうが。
前作の『秘密の花園』(マガジンハウス)にちょっと似た
オムニバス構成という感じがします、まだ2作目ですが。


265 :無名草子さん:03/04/06 16:13
しをんさんの地元って、どこ?

266 :山崎渉:03/04/17 12:04
(^^)

267 :無名草子さん:03/04/18 22:26
>265
東京でしょう。

268 :山崎渉:03/04/20 05:47
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

269 :無名草子さん:03/04/22 16:54
東京のどこー?

270 :無名草子さん:03/04/24 09:10
神田周辺じゃーねーよ

271 :262:03/04/30 23:46
「週刊新潮」の連載が終わったと思ったら、
「朝日新聞」に読書日記の連載を始めたね。
30日「三四郎がそれから門を出た」だって。

272 :無名草子さん:03/05/06 10:42
「小一時間ばかり問い詰めたい」って、ねらー?

273 :無名草子さん:03/05/06 12:08
週間新潮早かったなー。
雑誌読者の年齢層が彼女の読者とまったくかぶってなかったのも辛かったかも。

274 :無名草子さん:03/05/07 23:50
朝日に載った「三四郎はそれから〜」は
アアヒドットコムでは読めないのかなあ。読みたいんだよう。

275 :サクラ:03/05/11 05:21
「週刊新潮」の連載って終わってたんですね・・・
私、彼女と中・高校ってクラスメイトだったから
「秘密の花園」はかなり笑えるとこが多かった。
宗教の時間の話・・・あれはマジです。


276 :動画直リン:03/05/11 05:25
http://homepage.mac.com/hitomi18/

277 :無名草子さん:03/05/12 14:34
>275
どこの学校?
横○フタバ?

278 :無名草子さん:03/05/12 14:35
sage

279 :サクラ:03/05/14 03:03
>277 正解

280 :山崎渉:03/05/22 02:00
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

281 :無名草子さん:03/05/23 21:59
「白蛇島」を、ずっと「しろだちょう」だと思っていた・・・

282 :無名草子さん:03/05/24 01:33
「小説新潮」6月号、「予言」はすごい短編だった。
独立した作品として読めるから、すぐに読んだほうがいい。
感想を聞きたい。

283 :山崎渉:03/05/28 16:40
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

284 :無名草子さん:03/06/01 13:06
「月魚」を読んだ。
やおい小説って聞いてたけど、
主人公の二人って、やっぱりそういう関係なの?

285 :無名草子さん:03/06/01 14:11
>284さん
読む側の読み方ではないでしょうかね。
作品をはじめからジャンルで色分けてしまうより、
おもしろいかどうかが大事だと思うのです。
『月魚』は小説としておもしろかった。


286 :無名草子さん:03/06/02 21:47
「熱いくらいでしたよ」って、やっぱりセクースしたってこと?
でも他人の家でそんなことするのか?と疑問。
あと、もし肉体関係があるんだったら、
真志喜が罪とかこだわる理由がわからん。
好きでなきゃそんなことしないんじゃないか?


287 :無名草子さん:03/06/08 18:47
セクースしてるとおもた。
挿入まではしてないかもしれんが。

288 :無名草子さん:03/06/19 20:19
みんな知ってる?三浦しをんのお父さんは、千葉大学で教授をしている三浦
佑之教授だよ。文学部日本文化学科で古代文学を教えている先生で、
けっこう有名な先生みたいだよ。
親子そろってすごいですね。

289 :無名草子さん:03/06/22 18:07
うわー……嵐?
お父さんの名前がゆうすけだったら高村薫読んでて
まんまその顔が浮かんで笑えるかもな…。

290 :無名草子さん:03/06/27 00:30
お父さん、ダヴィンチに載ってたね。

291 :無名草子さん:03/07/12 22:03
父ちゃん、本出したね。

292 :山崎 渉:03/07/15 11:28

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

293 :無名草子さん:03/07/21 23:35
毎月末の日曜日、「朝日新聞」の「ブックサーフィン」で、
書評書いてるね。
こんどは27日か。

294 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:55
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

295 :無名草子さん:03/08/22 20:04
(゚д゚)アゲー

296 :無名草子さん:03/09/05 01:46
10月に新潮社からエッセイ集『人生激場』が出るそうな。
小説はいつ出るのかな。


297 :無名草子さん:03/09/05 02:16
幻冬舎から出てる「結婚貧乏」ってアンソロジーに書いてた。
良かった。

298 :無名草子さん:03/09/23 01:32
「小説新潮」10月号に、連載第4作「水葬」が出たそうな。
まだ読んでいないが、どうなんだろう。
そのうち単行本にまとまりそうだし、買おうかどうしようか。


299 :URI:03/09/23 13:45
三浦しをんって
(プチ)レズで処女でしょ、多分。


300 :URI:03/09/24 11:38
三浦しをんって、男嫌いだよね・・・

301 :無名草子さん:03/09/28 23:31
処女だろうがレズだろうが男嫌いだろうが、
面白い作品書いてくれればそれでよい。

エッセー楽しみ。

302 :無名草子さん:03/09/29 19:38
レズ、処女、男嫌い。
いずれも外れているのだが。

303 :無名草子さん:03/09/29 19:39
ただのやりまんでしょ

304 :無名草子さん:03/10/02 08:25
角川文庫から、書き下ろしの恋愛小説?

305 :無名草子さん:03/10/04 14:58
処女かどうかはわからぬが、レズで男嫌いには見えない。
あの手の顔立ちは地方出身の童貞早稲田男と手堅く付き合うから処女でもないだろう。
URIは「秘密の花園」を読んで短絡的に考えた保守馬鹿男か、
しをんも801女なはずだから自分と同じはずと考えた801女か?

306 :無名草子さん:03/10/22 02:14
24日にエッセイ『人生激場』(新潮社)が出ます。
11月の角川文庫では、書下し小説『ロマンス小説の七日間』が
出るようですし、記念age です。


307 :無名草子さん:03/11/03 17:19
『人生激場』(新潮社)読みました。
「週間新潮」の連載より、ずっとずっと
パワーアップしています。
「思い出ホロホロ」という追記がいいし、
書下しもおもしろかったです。


308 :無名草子さん:03/11/12 21:10
ウィングス文庫より「妄想炸裂」が出てました。
ハードカバーは高かったので嬉しい限りです。

でも最近エッセイばかりなので、そろそろ小説出て欲しいなー


309 :無名草子さん:03/11/14 09:26
>308 22日発売の角川文庫から、
『ロマンス小説の七日間』という
書き下ろし小説が出るそうな。>新潮HP情報

310 :309:03/11/14 09:37
スマソ
角川HPのあやまりでした。

http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_search.php?pcd=200309000008



311 :無名草子さん:03/11/22 03:49
『ロマンス小説の七日間』(角川文庫書下し)でましたね!!!
おもしろかったぁぁぁぁ。
「小説新潮」12月号には、連作短編第5回「冷血」も載ってる。
こっちもいい、はやく単行本になってくれぇぇぇぇ。

312 :無名草子さん:03/11/29 04:18
『ロマンス小説の七日間』(角川文庫)
読んだひといる?
部数が少ないのかな、
出たばかりなのに、積んである数が少ない。

313 :無名草子さん:03/12/13 22:41
『夢のような幸福』(大和書房)が出たね。
『人生激場』『ロマンス小説の七日間』と
立て続けだ。


314 :無名草子さん:03/12/15 02:51
ロマンス小説の7日間、人生激場、読みました。
人生激場でハーレクインについて語っている回って、
ロマンス(略書いてる時なのかな?



315 :無名草子さん:03/12/18 22:14
『ロマンス小説の七日間』読みました。
私はあんまり・・・だった。
「ロマンス小説」の部分を読むのが辛い。
へぼんな小説の翻訳とはわかってるんだけど。

316 :無名草子さん:04/01/01 21:23
しをんパパ、トリビアの解説に出たね。

317 :無名草子さん:04/01/03 06:59
トリビア見てたけどどれか分からなかったよ〜

318 :無名草子さん:04/01/11 23:31
昨日白蛇島買いました。
月魚よりも評判よいようなので楽しみ。
ここ見て、しをんさんのお父さんが有名な人だと知った。


319 :無名草子さん:04/01/16 00:40
しおんさんもいつか芥川賞とれるかな?

320 :無名草子さん:04/01/17 18:03
芥川賞は新人の純文学短編の賞だから
ちょっと無理なんじゃ…

321 :無名草子さん:04/01/18 02:31
しおんさんはまだ二十代だし、
作家としては新人の部類に入るんじゃない?

芥川賞、もしくは日本エッセイスト大賞とかとって欲しい。

322 :無名草子さん:04/01/19 16:52
私としては、無冠の無頼派でも(・∀・)イイ!!

323 :無名草子さん:04/01/29 21:45
重版につきage

324 :無名草子さん:04/02/16 22:40
書き込み少ねぇ…。
なんか閑散としてますな。
皆さんは今まで出た本の中でどれが一番お好き?
私は実はデビュー作の『格闘する者に○』だったりする。

325 :無名草子さん:04/02/19 11:41
小説新潮でもう連載はしないのかな?
あれ早く単行本にまとまってほしいんだけど…。

326 :無名草子さん:04/02/28 19:00
私は秘密の花園だなぁ。


327 :無名草子さん:04/02/28 22:53
私も「秘密の花園」好きだな。

自分は公立共学高校で毎日がクルクルパーな楽しい生活を送っていたから、
カトリック・中高一貫・女子校の重苦しい高校生活も他人事で興味深い。

328 :無名草子さん:04/02/29 10:34
私も「秘密の花園」が一番好き。
エッセイはともかく、小説は新しいのが出るごとに面白くなってるなと
個人的には思う。

329 :無名草子さん:04/03/04 15:34
「秘密の花園」人気だなあ。
私もこれが一番好き。

読んでないんだけど、
「森を歩く」と「骨片」ってアンソロジーかなんかに収録されてたよね?
でもそのためだけに買う気はしない・・・ていうか、本屋で見かけないし。


330 :無名草子さん:04/03/07 23:47
森を歩く、は結構面白いと思ったけど、
小説なら、白蛇島・秘密の花園系の、
どこか影とか息苦しさがある感じの作品の方が好きだ。


331 :無名草子さん:04/03/16 23:06
妄想炸裂文庫版買ってきたあげ

332 :無名草子さん:04/03/26 10:50
小説の新作が読みたい…

333 :無名草子さん:04/03/29 01:25
検事や弁護士が出てくるようなミステリーを書いてほすぃ

334 :無名草子さん:04/03/29 03:08
三浦しゅもんなら知ってる

335 :無名草子さん:04/04/08 00:34
『月魚』が文庫になります(角川文庫、5月25日発売予定)。

336 :無名草子さん:04/04/08 00:39
『私が語りはじめた彼は』という新作も発売されます(新潮社、5月)。

337 :無名草子さん:04/04/08 23:01
「格闘するものに○」まだ文庫になってないよね?
ずっと待ってるんだけどな・・・。

338 :無名草子さん:04/04/09 15:38
>>337
最近、増刷されたらしいので、当分は文庫にはならないでしょう。

339 :無名草子さん:04/04/15 10:43
アルバイトしてた古本屋って、ほんとにブックオフなんですか?

340 :無名草子さん:04/04/17 03:27
あげ

341 :無名草子さん:04/04/21 16:54
どうでもいいことだが、
角川公式HPの「月魚」の文庫のところの
編:アニメ・コミック が微妙に気になった…

342 :無名草子さん:04/04/26 11:33
「月魚」文庫化のほかに、
5月には新作小説が出るようだ。「私が語りはじめた彼は」(新潮社)
雑誌に連載していたというが、楽しみ。


343 :無名草子さん:04/05/07 04:48
「月魚」ってどういう話?

344 :無名草子さん:04/05/07 13:11
英ゆりプロ(エロ)デュース、dでも企画(゚∀゚ )?

【起きたら=右手がポッキー】森村誠一推奨ネットグラドル
兼青春の過ち作家でも名高い英ゆりが、「Web現代」(講
談社)にて「コスプレ官能小説」を連載することが、白旗新
聞さじ投げ部の調べで明らかになった。
 不況だけど、時々希望もパンツも見失うけど(特に埼京線)、
『日本改造計画〜おもぴろ版』をテーマに始まったこの企画。
冥土に扮した英ゆりの、ドキドキ小説&セクシーグラビアが
まさかの炸裂!!ギトギトでぐちゃぐちゃな官能にとどまら
ない、感動のラブスペルマクルロマン!これには「わたしの
おにいちゃん」もビックリ(*ロ*)!!
第二回目のキラリちょきちょきJOY官能も、ピチャピチャ好
評連載中!!

詳しくはコチラ→
ttp://kodansha.cplaza.ne.jp/sexy/hanabusa/index.html


52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)