5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

庄司薫氏はいまどうしてる?

1 :小庄司薫:2001/07/09(月) 02:54
庄司薫のファンです。情報教えて!

2 :障子破:2001/07/09(月) 15:08
一時期は株の運用で食っていたとか。今もか?

3 :無名草子さん:2001/07/09(月) 15:17
昔聞いた話だが、いつも家でブラブラしていて
無職同然だから、結局中村紘子の稼ぎをあてに
して生活している。
きっと今でもそうだろう。

4 :無名草子さん:2001/07/09(月) 15:51
まえにもこの手のスレが立って、
そこでレスしたことがあるんだけど。
10年ぐらい前にフォーカスに、庭でヌボーッとしている
庄司さんを盗み撮りしたのが掲載されたことがあるよ。
いまでもヌボーッとしてるんじゃないのかな。

中村紘子のヒモみたいな書かれかたされてたけど、
奥さんが良しとするならいいんじゃないかな?

5 :無名草子さん:2001/07/09(月) 16:38
奥方のゴーストライター、これ定説でしたよね?
新作は自分で書いたらしく、格段に文章力が落ちて
いますが、代わりに臨場感は大きい。>「どこか古典派」

6 :可愛い奥様:2001/07/09(月) 19:54
>>5
 「ピアニストという蛮族がいる」でしたっけ?
あと、中村紘子の母親が画商やってて、バブル期に
その展示会パンフの文章とか書いているのを見たこと
あります。

7 :無名草子さん:2001/07/09(月) 19:56
高校生のとき、読んだー
赤頭巾ちゃんがなんとか、ってやつ。
やっぱりヒモなんですか?

8 :無名草子さん:2001/07/09(月) 23:03
おれも某都立高−某国立大だけど、いろんな奴がいたからいいんじゃない。特に法学部は、世間じゃ官僚養成所みたいなステレオタイプの見方が多いけど、ほんとマスプロ学部で、同じ法科なら京都のほうがましかもしれないね。あれ?脱線した?じゃ、戻すけど庄司薫=福田章二は、最初文3にはいってから法学部進学だから、なんていうか、やや傍流か。ま、どうでもいいけど。あ、おれ、また、はずしてる。

9 :無名草子さん:2001/07/09(月) 23:18
中村紘子のエッセーはおもしろいよ。もちろん文章は庄治薫だからとても上手。

10 :無名草子さん:2001/07/09(月) 23:21
あはは、そうなんだ。有名なの?このはなし?

11 :無名草子さん:2001/07/10(火) 00:00
初期のエッセイは、エスプリのきかせ方が、かなーり
庄司薫チックでしたよ。その後、けっこうへたに
書こうとした努力のあとが見えるようなのが
続いたような気がする。でも、文章うまい。うまければ
いいってもんでもないけど。

12 :無名草子さん:2001/07/10(火) 00:22
>>8
正確には文2から法学部。庄司薫自身の文章によると、当時の文2は文学部志望コースだったらしい。つーか、この人は日比谷高校入学以後のことはいろいろ書いているが、それ以前のことがほとんどわからん。どういう家庭に生まれた人なんだ? 父親(故人)は三省堂の重役だったとかいう噂だが…

13 :無名草子さん:2001/07/10(火) 00:51
ありがとな、12! 文2だったか。いま、実は、庄司薫が大ブレークしてるんだよ。
マニアのBBSじゃ、凄いことになってるということじゃ。
生きているうちに再評価されたということは、いいことじゃないかな?

14 :無名草子さん:2001/07/10(火) 04:47
彼はなぜ、いま、ブームなんだろう?

15 :無名草子さん:2001/07/10(火) 04:56
氏んだんじゃなかったっけ?生きてるの?
誰と勘違いしてるのかなぁ

16 :無名草子さん:2001/07/10(火) 11:03
有閑階級ってことですか。

17 :無名草子さん:2001/07/10(火) 11:45
庄司氏は中村紘子のダンナ、で有名だが、箇条書きにて庄司薫情報を記す。
・現在64歳。出身は東京豊島区。日比谷高校に入る前、「中学浪人」をしている。
・本名、福田章二。「喪失」で中央公論新人賞を受賞。同じ日比谷高校出身の江藤淳にボロクソにけなされる。
・福田章二の日比谷高校時代の同僚に、古井由吉、坂上弘など。
・芥川賞作家。受賞作「赤頭巾ちゃん気をつけて」。当時の大ベストセラー。
・同作品がサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」と似ていることもあり、「盗作疑惑」に巻き込まれる。
・作家の素性がはっきりしないこともあり、サリンジャーと比較されること、しばしば。
・東京大学では丸山真男の弟子。同窓に国会議員の江田五月。彼の初選挙のときは、走り回ったとか。
・中村紘子と東京三田の高級マンションに在住。そのマンションはもともと三井家の屋敷があった地で、慶応大学の横。三井倶楽部の裏手。
・最近、かつての小説が文庫新版となったが「あとがき」を寄せている。文体はあいかわらずの薫くん節。おいおい64歳のオジサンが18歳の青年文体で書くなよ。
・数年前「文藝春秋」の同窓生交歓、のコーナーに登場。ロマンスグレイのナイスミドル、といった雰囲気。スーツ族のなかに、一人ポロシャツを着用。

18 :無名草子さん:2001/07/10(火) 21:46
17さん、さすが!”箇条書きにて庄司薫情報を記す。” なんていう乾燥した情感が何とも言えず渋いな。”おいおい64歳のオジサンが18歳の青年文体で書くなよ。”そうだよ。・・でも、ま、いいんじゃないか。ファンていうのは、そういう変わらないものを追い求めているんだよ。それにしても、有効情報!おい!ざぶとん2まい!!


19 :無名草子さん:2001/07/10(火) 23:05
バブルの頃だが、この夫婦は不仲だと噂されたようだけれど、
今はどうなんだろ?

20 :無名草子さん:2001/07/10(火) 23:07
中村紘子が、庄司薫と結婚生活を続けるメリットって
一体・・・

21 :無名草子さん:2001/07/10(火) 23:58
>>17

情報サンクス。

>同じ日比谷高校出身の江藤淳にボロクソにけなされる

江藤淳は東大文2に落ちたクチだからね。慶應の文学部に進んだときは日比谷高校の教師から「君も案外伸びなかったね」と馬鹿にされたらしい。庄司への嫉妬があったのかも(藁

>日比谷高校に入る前、「中学浪人」をしている

これは初耳。「中学浪人」って、よその高校から入り直したとかじゃなくて? もっと詳しいことを知っていたら教えてください。

22 :無名草子さん:2001/07/11(水) 00:07
しばらく前まで京たこ市ヶ谷店で働いていたのですが、成績が割とよかったので
池袋店に栄転したそうです。

23 :無名草子さん:2001/07/11(水) 04:46
ずっと前、深夜にテレビをつけたら
「赤頭巾ちゃん気をつけて」の映画がやっていて、
町で出会った小さな女の子と別れるとき、
「(車に)気をつけて」って、主人公の青年が声をかけるのよね。
すると、女の子がくるっと振り向いて「あなたも気をつけて」っていうの。
子役の言い方や表情がむちゃくちゃ、いい感じでした。
でも原作でははっきり「あなたも気をつけて」って聞こえたわけじゃない書き方だった。
あれは映画のほうが正解だったな。

24 :無名草子さん:2001/07/11(水) 07:08
>>17
>・福田章二の日比谷高校時代の同僚に、古井由吉、坂上弘など。

同僚とは仕事、会社関係の同輩に使う言葉。この場合は同級だろうな(笑)

25 :なななしささん:2001/07/11(水) 10:43
中村紘子とのなれ初めは…

庄司の小説の中に
「中村絋子さんのようなピアニストに…」
というくだりがあることを教えられた中村が
新書本のカバーの庄司の写真を見て、ドキン!

ホテルで執筆中の庄司に電話をかけ
「ピアニストの中村絋子と申します。庄司さんのファンです!」と押しかけていったそうな。

26 :小庄司薫:2001/07/11(水) 22:31
そうだったんだ。

27 :無名草子さん:2001/07/12(木) 00:07
>>25
たしかに庄司薫は二枚目だからな。それがもし荒俣宏みたいな顔だったらどうなっていたか…

28 :無名草子さん:2001/07/12(木) 00:43
ハンサムなんですか。画像見たい。

29 :無名草子さん:2001/07/12(木) 00:45
例えに使うなよ〜、可哀想じゃないかよ〜>荒俣宏

30 :24:2001/07/12(木) 01:16
ごめん。中森明夫と言うべきだったな。

31 :30:2001/07/12(木) 01:17
>>30の名前欄の24は27の間違いでした。スマソ。

32 :無名草子さん:2001/07/12(木) 02:21
なぜか、ブレークしてるよ!

33 :無名草子さん:2001/07/12(木) 02:23
四谷あたりにある福田屋って高級料亭のおぼっちゃんじゃなかったけ

34 :無名草子さん:2001/07/12(木) 02:48
もっと、詳しく教えて・・?

35 :無名草子さん:2001/07/12(木) 10:19
『赤頭巾・・』は映画のほかにテレビもやってなかった?30年くらい前。
仁科明子が出ていたような記憶あるんだけど?

36 :無名草子さん:2001/07/12(木) 16:38
映画は深夜にやってんの見たことあるけどダメっぽかった。

37 :無名草子さん:2001/07/12(木) 21:46
ひそかに、某週刊誌が、このブレークの取材を開始した。

38 :無名草子さん:2001/07/12(木) 21:47
>>33
実家って確か神社だったような気がします。寅さんがうろうろしていたあたりの有名どころなのですが名前が思い出せません。

39 :無名草子さん:2001/07/12(木) 21:53
>37
ライターさんすか?(W

40 :無名草子さん:2001/07/12(木) 22:21
「赤頭巾チャン」ってサリンジャーのパクリだというのが定説じゃなかっか。

41 :無名草子さん:2001/07/12(木) 22:29
>38

いや、福田屋で間違いなしだと思うけどなー。一晩1人5万円は下らないのホントの高級料亭だよ。政治家とか作家がよく使う。上智大学のすぐ近くだ。オレは縁がないが、近くの人、行って聞いてみて。

42 :無名草子さん:2001/07/13(金) 04:29
中公文庫社編集部の山本さんが、情報に詳しいようだね。

43 :無名草子さん:2001/07/13(金) 04:37
庄司薫、まだ生きてるの?

44 :無名草子さん:2001/07/14(土) 03:11
どこに住んでるの?だれか住所知らない?

45 :無名草子さん:2001/07/14(土) 03:44
ひろこたんのゴーストライター。

46 :無名草子さん:2001/07/14(土) 14:35
そうだよ

47 :無名草子さん:2001/07/14(土) 16:51
>>44
>>17のレスを見たら分かるよ。
港区三田の三井倶楽部の裏で、
慶応大学横の高級マンション。

48 :無名草子さん:2001/07/14(土) 22:24
うん、I get it!!

49 :慶應出身だが:2001/07/15(日) 00:03
三田キャンパス西校舎の男子便所で小便するとき、庄司夫妻の三田綱町パークマンションが丸見えなのだ。いつもチンチン握りながら「あー、あそこで庄司薫と中村紘子がセクースして暮らしてるんだな」と思ってた。ちなみに、都庁舎を設計した建築家の丹下健三も同じマンションの住人。作曲家の広瀬量平もそうだったような気が…

50 :慶應出身だが:2001/07/15(日) 00:06
ちなみに庄司薫自身の文章によると、薫先生の部屋には望遠鏡が常備してあって、すぐ隣の慶大プールで泳ぐ女子大生たちを仔細に観察できるようになっているとのこと。

51 :無名草子さん:2001/07/15(日) 00:11
ひろこたんて誰?

52 :無名草子さん:2001/07/15(日) 01:15
三田綱町パークマンションには、東棟と西棟があるが、どっちだ?

53 :無名草子さん:2001/07/15(日) 06:11
あげ

54 :無名草子さん:2001/07/15(日) 12:55
望遠鏡が常備してあって、というのは、聞いたことがある。
なんか天候を調べる測候所なんて説明されていたが、そうか、すぐ隣の慶大プールで泳ぐ女子大生たちを仔細に観察できることも、あったのかもしれないな。
ところで何棟の何階だ?

55 :無名草子さん:2001/07/15(日) 18:13
紘子たん、大いにメリットあるよ。
内外の演奏旅行中に犬猫の面倒をみてくれるし、
ちゃんとお留守番しているんだから。

2,30年前から専業主夫しているなんて、本当に
進んでいたんだなあ。その辺りを小説にしたら
面白いと思ふ。

56 :無名草子さん:2001/07/15(日) 19:08
>>55
いや、もう、クラシック音楽エッセイしか
書けなくなったと思われ〜。
ペンを持つか、キーボードに触れたとたん、
そこには「ショパン」と記される・・・・・

57 :無名草子さん:2001/07/15(日) 22:48
そうか。紘子氏はカレーのCFにでてたなあ。薫氏は、カレーをつくってた?

58 :無名草子さん:2001/07/15(日) 22:58
どーして全部絶版なんですか?

59 :無名草子さん:2001/07/15(日) 23:24
>>54
15階に住んでいることは確か。どこの棟かは知らん。

60 :無名草子さん:2001/07/16(月) 16:45
>>58
usso!今全部絶版なの!?

61 :無名草子さん:2001/07/16(月) 22:22
でもないよ。文庫はちゃんとあるよ。

62 :無名草子さん:2001/07/17(火) 05:33
いま、初代ファンのこども=団塊ジュニアの間で(といっても高校生だが)ブレークしている。意外だが、ルーズセックスのオンナまで、ファンの裾野が広がっている。
燎原の火って感じでね。これに眼を付けているのが、週刊●●。3回くらいのキャンペーンで、かなりのブレークが見込めるが、いっちょ、のっとく?中公編集部平林さん?

63 :無名草子さん:2001/07/17(火) 09:07
>>62
ジサクジエーン?
このスレ、暇を持て余した庄司さんサイドが仕掛けているの?

64 :無名草子さん:2001/07/17(火) 11:06
>>63
そーゆータイプじゃないと思われ

65 :>>38 41:2001/07/17(火) 14:39
紀尾井町の福田屋はたしかに高級料亭だけど、もともとは高知の大料亭だよ。
先代のおかみさんは優しくて姉御肌で有名だったけど、今のおかみさんは誰か
すごいパトロンがついてる完全な水商売あがりの怖い人だけど・・赤頭巾〜に
あるようなお金持ちののんびりした家のイメージはないけどなあ。

66 :無名草子さん:2001/07/18(水) 17:47
私は>>17のレスを書いた、しがない編集者であるが……
>>50 慶応三田キャンパスに「プール」は存在しない。私は慶応卒だが、庄司氏の文面を思いだし、大学時代には「どこにプールがあるのかな?」と思っていた。あるいは慶応「中等部」のプールかもしれない。

庄司氏は「中学浪人」をしている……の詳細。
出し惜しみするわけじゃないが、あんまり2chでは書きたくないなあ。
小生、実は中学時代より庄司氏の大ファン。彼の実像が知りたく、足を使って「取材」をしている。
将来的には庄司氏の評伝(できれば氏の死後に)を刊行したく、草稿を温めている。
だから、もう少し内緒。

67 :無名草子さん:2001/07/18(水) 19:03
庄司氏は、三省堂の元重役の子息らしい。

68 :無名草子さん:2001/07/18(水) 19:28
>>66
何をもったいぶってんだか。

69 :無名草子さん:2001/07/18(水) 20:46
>>68 ほんま、同感。

70 :無名草子さん:2001/07/18(水) 20:47
今読むとださださ。
登場人物が服や靴を語ると、昭和のニュース映像が浮かぶよ。
足短いのにミニスカート、ベルボトム・・

71 :無名草子さん:2001/07/18(水) 22:01
まあ、いいじゃないか。もったいぶっても、ぶらなくても・・。
ところで、編集者ってだれよ?
もしかして・・・花田紀凱サン? このひと、いいよなあ。なんか。

72 :無名草子さん:2001/07/18(水) 22:10
>>71
どの「編集者」のこと?
意味不明。

73 :無名草子さん:2001/07/18(水) 23:33
>>71
花ちゃんが自分のこと「しがない」な〜んて書くわけないじゃん。

74 :俺も慶應出身だが:2001/07/19(木) 01:30
>>66
南麻布寄りに塾のグランドがあり、プールもそこにあるよ。綱町パークマンションから見ると三田キャンパスとは逆方向になる。

75 :無名草子さん:2001/07/19(木) 03:48
>>71
おい、花田さんが2chに書き込んだりするわけないだろ。
>>74
そう、南麻布よりにプールがある。しかし、そこで慶応の「女子大生」が水着になるだろうか。
教養課程の「日吉」のプールならありえる。

76 :無名草子さん:2001/07/19(木) 04:50
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=bun&key=976466579&ls=50

77 :無名草子さん:2001/07/19(木) 18:28
あshfだf

78 :無名草子さん:2001/07/19(木) 21:55
age

79 :無名草子さん:2001/07/20(金) 04:04
どうも、庄司薫が密かなブームになっておるという噂。中央公論の文庫編集部 山本さんが詳しい。

80 :無名草子さん:2001/07/20(金) 17:44
age

81 :無名草子さん:2001/07/20(金) 20:42
そうだな

82 :無名草子さん:2001/07/21(土) 02:09
いや、俺は鈴木さんか佐藤さんが怪しいと思うぜ。
もしかすると高橋さんかも知れないけどな。
または山田さんか。

83 :無名草子さん:2001/07/21(土) 02:16
庄司さん金に困ってきたのか?

84 :無名草子さん:2001/07/21(土) 07:44
中公文庫編集部の山本啓子さんが庄司薫氏について詳しい。
mail k-yamamoto@chuko.co.jp

85 :無名草子さん:2001/07/21(土) 12:56
悠々自適なのかな?

86 :無名草子さん:2001/07/22(日) 00:53
>>84
でもなんもしゃべらんだろうな。担当者は。

87 :無名草子さん:2001/07/22(日) 22:11
age

88 :無名草子さん:2001/07/23(月) 00:02
>82
いやいや、田中氏か斎藤氏、あるいは加藤さんだろう。

89 :無名草子さん:2001/07/23(月) 00:13
結局、彼の小説は

蝶をちぎった男のはなし
喪失
封印は花やかに
四部作
恐竜をつかまえた
アレクサンダー大王はいいな

だけなんですか?

90 :無名草子さん:2001/07/23(月) 00:16
それと、
>13さん
マニアのBBSってのを知りたいんですが。。

91 ::2001/07/23(月) 05:05
庄司薫って太川陽介に似てないか?

92 :無名草子さん:2001/07/23(月) 18:29
>>89
商業誌に発表したものは、それだけのはず。

93 :無名草子さん:2001/07/25(水) 02:00
>>17
>・福田章二の日比谷高校時代の同僚に、古井由吉、坂上弘など。
>・数年前「文藝春秋」の同窓生交歓、のコーナーに登場。ロマンスグレイのナイスミドル、といった雰囲気。スーツ族のなかに、一人ポロシャツを着用。
なんと、数年前ではなく、23年前、昭和53年5月号であったぞよ。で、同級生には
塩野七生、古井由吉、尾高修也がいることが判明。塩野七生のファンだけにびっくり。

94 ::2001/07/26(木) 00:26
>>93
庄司薫は昭和12年4月19日生まれ。塩野七生も昭和12年(7月)。古井由吉も昭和12年(11月)。ということは、日比谷高校に入るとき3人揃って浪人したということ? なにかおかしいよ。

95 :無名草子さん:2001/07/26(木) 02:31
>>94
いわゆる「中学浪人」の話ですね。
>>93
数年前にも「文芸春秋」に登場したはず。

96 :無名草子さん:2001/07/26(木) 13:08
『赤頭巾ちゃん〜』が出たとき、花田清輝が絶賛したとか。

97 :無名草子さん:2001/07/26(木) 21:28
彼の小説の根底には69年の東大紛争やら学生紛争やら
多分に思想的なものが含まれると思うのだが、
いまのやつらがそれを理解しないで彼の小説の雰囲気やらだけを
読んでしたり顔をしているとしたら(あくまでもしたら、ですが)
そんなやつやっつけてやる、なんておもったりするんだ。

98 :無名草子さん:2001/07/27(金) 02:37
>>97
文体、似てないよ。
ところで、庄司薫の大ファンを自認する芸能人に、小堺一機がいる。
彼は雑誌のインタビューで、四部作を今でも定期的に読むとコメントしていた。

99 :無名草子さん:2001/07/27(金) 16:30
age

100 :無名草子さん:2001/07/28(土) 01:46
>97
思想的なものは、ほとんどないんじゃないか?
強いていえば,ヴァレリーとか、そんなのじゃないの?

101 :無名草子さん:2001/07/28(土) 05:02
age

102 ::2001/07/31(火) 23:40
>>100
庄司薫の思想的な柱は、文学系統のものじゃなくて政治学系統のものかも。ぼーっとしてるように見えても実は株に強くて金儲けがうまかったり、意外と世渡りに長けたところがありそうに思える。

103 :無名草子さん:2001/08/01(水) 00:39
age

104 :無名草子さん:2001/08/01(水) 03:56
株って、バブル崩壊後にも、もうけてたのかな?
それなら、すごいな。

105 :無名草子さん:2001/08/02(木) 22:52
age

106 :無名草子さん:2001/08/05(日) 01:23
age

107 :無名草子さん:2001/08/07(火) 00:15
ぼくの大好きな青髭は、単行本化されたとき、筆者自身によって、大幅に短縮
され、ストーリーもかなり変わってしまっている。私は、学生時代、国会図書館
で未編集バージョンを読んだことがあるが、単行本よりはるかに面白かったYO!
大学生のおねえさん(妊娠した娘の姉)の家に行った髭で変装中の薫くんは、・・・
かなり、Hな展開があるよ。だれか、ネットで読めるようにしてくれたら、感謝!!

108 :無名草子さん:2001/08/07(火) 00:22
もしかして、四部作の他の作品でもこういうことあるのかな?
月刊誌の中央公論をいちいち国会図書館で何冊もよびだすのは
大変だった・・青髭はもともと単行本の2倍か3倍ある大長編だぞ。

109 :無名草子さん:2001/08/07(火) 01:50
>>107
初耳。

110 :無名草子さん:2001/08/12(日) 23:40
あげ

111 :無名草子さん:2001/08/17(金) 12:32
age

112 :無名草子さん:2001/08/18(土) 11:10
なんかファンレターを出すと1回だけ返事をくれると以前、某著作で宣言していたが、いまはどうかなあ。
しかし、レターは必ず保管してあって、いつか遠い未来に読者にあった時にも、みせるかどうかは別にして、相手に覚えてますよ、とおどかすことができるよう保管されていると本人が述べていた。

113 :無名草子さん:2001/08/18(土) 11:25
 赤頭巾ちゃんについては、二人の人間(兄。後書きにも有り)の合作であるという定説あり。芥川賞選評にすら指摘あり。

114 :無名草子さん:2001/08/18(土) 23:06
>113
お兄さんて、何なさってるんですか?

115 :無名草子さん:2001/08/19(日) 01:03
age

116 :無名草子さん:2001/08/25(土) 17:48
>113 お兄さんは東大生なのか?小説・赤頭巾ちゃんの中だけのはなしなのか教えて?

117 :無名草子さん:01/08/26 11:08
age

118 :無名草子さん:01/08/26 14:53
庄司薫というと、オザケンぽいイメージがあるな。
『赤頭巾ちゃん〜』を「犬キャラ」のときの彼に演じて欲しかった。

119 :無名草子さん:01/08/26 15:29
『赤頭巾ちゃん〜』の帯の推薦文は三島が書いてたね。

120 :無名草子さん:01/08/29 00:03 ID:4K9poM12
age

121 :無名草子さん:01/08/31 22:08 ID:lL/pasEM
>>118
あ〜、なんだかわかるような気がする。
邦楽版の小沢スレにもいらしてます?
家庭環境も似ていそうですよね。

122 :無名草子さん:01/09/11 21:23
age

123 :無名草子さん:01/09/29 23:31
庄司薫氏の作品もインテリ主人公だし、J.Dサリンジャーの主人公もそうだし、二人とも隠棲してるし、なんとなく共通点があるような気がしてなりません。
でも四部作は好きです。サリンジャーはどの作品もうんざりしました。サリンジャーはどうでもいいけど、庄司薫氏はたまには書いて欲しい気がします。

124 :名無しさん:01/09/30 01:07
>>123
>J.Dサリンジャーの主人公もそうだし

少なくともホールデン・コールフィールドはインテリではないだろう。
そもそもサリンジャー自身が名門プレップ・スクールを途中でやめた上に大学も中退したドロップアウト組で、学歴がらみの話になると劣等感を刺激されて癇癪玉を破裂させるような男であった(男である)らしい。
パーティの席でハーヴァード卒の編集者から何気なく「あなたはどこの大学を出たんですか?」と訊かれてヒステリックになり、「私は仏教を研究しているからわかるが、学歴などという下らないことにこだわる奴らは霊的に最低の段階にある」
うんぬんとアホくさい演説を始めた逸話も伝わっている。いちばんこだわっているのは、実はサリンジャー自身なのだ。

125 :無名草子さん:01/09/30 09:40
三浦哲郎という作家がいる。「長男の出家」という作品で芥川賞をとった。
彼はかつて明治大学の教授でもあった。彼は「赤頭巾」と「ライ麦」の類似点をあげ、文学界に物議をかもしだしたことがあった。
庄司さんは、新聞上に反論。仲裁役が佐伯彰一さんだった。

126 :無名草子さん:01/09/30 10:15
それは三浦清宏のまちがい。哲郎ってことはないだろう。

127 :名無しさん:01/09/30 16:00
>>125
>彼は「赤頭巾」と「ライ麦」の類似点をあげ、文学界に物議をかもし

物議をかもすほどのことかなあ。両作品の相似は、誰が見ても明らかじゃないかと思うが。
庄司薫のほうでも確信犯的にサリンジャーを真似たんじゃないかと俺は思っていたよ。薫クンがどういう反論をしたのか興味があるね。

128 :無名草子さん:01/09/30 17:56
>>127
身の潔白を主張した。
「ライ麦」に関しては、60年代に「危険な年齢」という訳書が出ており、文体の類似はその訳書も含めて議論すべし。

129 :名無しさん:01/09/30 23:40
>>128
橋本福夫が『危険な年齢』をダヴィッド社から出したのは1952年だよ(ちなみに橋本さんは著者名も「サリンガー」と表記していた)。
俺自身は橋本さんの訳文を読んでいないけれども、サリンジャーをポップな語り口で訳したのは野崎孝であると一般には知られている。野崎さん、あの文体を創り出すためにラジオの深夜放送を熱心に研究したそうだ。

130 :名無しさん:01/09/30 23:41
>>128
ちなみに、その「身の潔白を主張した」文章を読んでみたいので新聞の名前や日付など知っていたら教えてちょんまげ。

131 :無名草子さん:01/10/03 02:00
>>130
どこだっけなあ? 私は10年前に図書館で探したんだが……。
確か「東京新聞」だったか……。あの新聞の文藝コラム「大波小波」でサリンジャーとの類似が議論されたから。
庄司氏の主張は、彼は昔から日記マニアで、学生時代から「薫くん文体」で日記をつけている。中央公論新人賞の「喪失」も当初は「薫くん文体」でした、といったような内容。

それよりも、三浦清宏の「告発」評論の方がおもしろかった記憶がある。

それから庄司氏関連の文献でおもしろかったのは、1980年頃にソニーの盛田昭夫氏らと鼎談したもの。
庄司の近代文明に対するモノの見方がうかがえた。

132 :名無しさん:01/10/03 04:33
二十世紀後半の青春(庄司薫さん講演)

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hajime2k/kouen/kaoru801.html

133 :無名草子さん:01/10/07 02:29
>>107
単行本と文庫本で違うというのは知っていたがそれは盲点だった。
アレクサンダーと恐竜は同じように図書館でコピーしたよ。
図書館のコピーは激高なのでどうしようかな・・・。

134 :無名草子さん:01/10/10 22:16
春頃に出た自民党の広報誌に、中村紘子が出てて、
一コマだけ夫婦でケーキ囲んでる写真がありましたよ。

135 :名無しさん:01/10/11 00:37
>>134
髪は白くなってた?

136 :無名草子さん:01/10/18 22:25
age

137 :無名草子さん:01/10/19 00:22
>>135
いや、黒かったと思うけど・・・

138 :無名草子さん:01/10/27 17:19
age

139 :無名草子さん:01/10/28 08:32
sageてんじゃん。

140 :漫坊:01/10/28 19:22
もう30年近く昔、自分の姉が女子高に通っていたとき、
学園祭の講演に庄司氏が来校したそうだ。ところが
土足のまま校舎に上がり校長に怒鳴られそうになるわ、
講演はボソボソと小さな声で聞こえないわで、女生徒
たちは失望したそうだ。

141 :名無しさん:01/10/28 19:32
>>141
女子高って慶應女子?

142 :漫坊:01/10/28 20:37
>141
しなやかな県知事のいる県の進学校
(男女共学になってから学力低下!)でのことです。

143 :無名草子さん:01/11/01 10:51
agetoku

144 :無名草子さん:01/11/01 16:59
しょーじ、かおーる、さんっ。

145 :無名草子さん:01/11/07 16:42
あげ

146 :無名草子さん:01/11/07 17:46
庄司薫さんのように引きこもり(隠遁) しているなら、ぜったい外部での
自分の評判を知りたがるはず。
このスレにも書き込んでるよ。

147 :無名草子さん:01/11/23 02:27
寿退社しました。

148 :無名草子さん:01/11/24 02:31
age

149 :無名草子さん:01/12/03 05:20
そう言えば誰か、
獏の飼い主を目指して
を読んだ事がある人は居ますか?
手に入らないのだが、面白いのだろうか?

150 :無名草子さん:01/12/03 07:11
>149
まあまあかな。図書館の書庫にあると思われ。

151 :無名草子さん:01/12/05 21:53
「バクの飼い主」を読むと、なぜ庄司氏が絶筆したのか、理由がわかる。
確か講談社文庫だったか。

152 :無名草子さん:01/12/05 21:59
中公文庫だよ。

153 :無名草子さん:01/12/08 01:00
いやバクだけ講談社だYO!

154 :無名草子さん:01/12/08 18:19
かおるちゃんね、
毎日、日比谷公園で
ハトにエサやってるよ

155 :152:01/12/09 06:05
単行本→講談社
文庫本→中公文庫
じゃないの?

いまでも単行本手に入る?入るならほっしい・・・。

156 : :01/12/10 21:31
青髭がさー、手に入らない>中公文庫

157 :無名草子さん:01/12/11 04:19
>156
漏れも探し中だYO!
中央公論にのってたやつは大学の図書館で読んだけど…。

158 :無名草子さん:01/12/22 08:11
ageage

159 :無名草子さん:01/12/23 09:06
age

160 :無名草子さん:01/12/25 13:58
そうか・・・漏れも探してみるよ・・・倉庫内を

161 :無名草子さん:02/01/01 11:24
新年保全age

162 :無名草子さん:02/01/02 10:47
三田綱町パークマンションて・・・うちの近くじゃないか!
あそこは’高級’だったのかよ!たしかに高層ではあるが、あの程度の高層マンション
だったら今は荒川区・足立区にだってあるからな。
オレは数年前に引っ越してきたばかりだし、近所の人ともほとんど話もしないから
知らなかったぜ。丹下健三も住んでるんじゃたしかに高級なんだろう。
何年か前に死んだソニーの井深会長も三田のマンションと聞いたが、どこのマンション
かはわからなかった。もしかして’パーク’か。
オレから見ると、老朽化したパークマンションより、イタリア大使館周辺にある三田
ホーマットとかいったたぐいの、低層マンションがむしろ高級に思えるのだが・・・。
そもそも三田自体、港区内の住宅地としては青山や麻布に比べて、少し格が落ちる
というイメージがある。住んでいながら言うのもなんだが・・・。

中村紘子のゴーストということは・・・中村が大宅賞を受賞したやつも庄司がゴース
トで書いたってことか。まあ、賞を与えた側も、庄司にやるつもりで与えたのかもし
れないけど。庄司自身が受賞していれば芥川賞と大宅賞の両方受賞で・・・直木賞と
大宅賞を両方受賞した深田祐介みたいになっていたね。

163 :無名草子さん:02/01/02 15:06
三田綱町パークマンションは70年代の「高級」でしょうな。
バブル以降、マンション相場は様変わりですから。
あと、あの一帯は江戸時代にはお屋敷街で、慶応大学のあの高〜い外壁はその名残です。
明治期に入って、三井財閥が土地を所有し、パークマンションは三井家の土地に建てたもの。
裏手に「三井綱町倶楽部」が今もありますな。
あの建築物はなんでも、有名な西洋建築家が明治時代に設計したものだそうです。

164 :無名草子さん:02/01/02 16:08
実は、「三井綱町倶楽部」のほうがオレの家に近い。
あの建物・・・重要文化財になっても不思議ではない。がっしりと
した洋館だ。
オーストラリア大使館、前は警備もなくてほのぼのした雰囲気だった
けど、最近はパトカーがよく止まってるね。テロ対策もあるだろうけ
ど、インドネシア情勢も関係してるのかな。

165 : :02/01/02 16:44
>>1
餅食ってます。

166 : :02/01/02 17:35
>>165
うまい!

167 :無名草子さん:02/01/02 23:18
寿司もウマー

168 :無名草子さん:02/01/05 19:56
age

169 :庄司ヲタ:02/01/12 23:04
希代の寡作作家・庄司薫の隠れたエッセイ。
「武田さんの思い出」

これは雑誌『海』(中央公論社、現在は廃刊)の
1976年12月号に掲載された武田泰淳の追悼文。

まだまだあるよ、庄司ヲタは乞う御期待。

170 :ヒダ 名無し:02/01/17 02:14
御期待あげ

171 :無名草子さん:02/01/22 17:16
新刊でないかなぁー

172 :無名草子さん:02/01/22 22:49
>93,94
塩野七生さんは病弱で一年だぶりだそうな。
姉御肌でもてていたらしいっす。
遅レス&板違いでスマソ

173 :無名草子さん:02/01/23 17:53
このスレ、三年ぐらい残りそうね…
期待sage

174 :無名草子さん:02/01/26 11:03
そうだな、けっこう関連Webサイトはあるぞ!Googleで探すと出てくるぜ!!

175 :無名草子さん:02/02/03 05:03
なんにも動きがないからつまらんの。>>169はどうした?
つか、もし死んだら新聞に載るかな?


176 :無名草子さん:02/02/07 03:01
>>175
100歳まで生きるとか言ってなかったっけ。

177 :無名草子さん:02/02/09 09:16
結局、いま、どうしてるんだ? 知ってる? 中央公論さん?

178 :無名草子さん:02/02/09 19:16
シールポイントage

179 :無名草子さん:02/02/10 20:31

あの三部作、高校生の頃読んだけど
面白かったよ、普通に
似てるといわれてたサリンジャーをその後読んだけど
はっきりいって、こっちのほうが面白かった

丸山真男とかのことがよくでてきたけど
何を意味するのか当時はわかんなかったよ

今はほとんど興味ないなあ


180 :osha:02/02/10 21:00
まだあったんか このスレ

181 :無名草子さん:02/02/10 21:24
>>179
すまん。誰の三部作を読んだのか非常に聞きたい

182 :無名草子さん:02/02/13 06:10
赤白黒青1234

183 :無名草子さん:02/02/16 09:35
>169
もっと情報教えて!

184 :無名草子さん:02/02/17 00:15
結構、団塊の世代の主婦にも人気があるようだ。人生をふりかえって、あのころは気がつかなかったけど、いま読むとシンセン!!なんちゃってねえ。でも、まあ、いいんじゃない??

185 :無名草子さん:02/02/17 00:25
工房の頃「赤頭巾ちゃん」とか読んだけど。
いま読むと、胸焼けしそう・・・

186 :無名草子さん:02/02/17 23:30
今は読み返さないけれど、絶対捨てれない>4部作・・・。

いやらしいエリート意識がなんとなく好きだったなぁ・・・。

187 :無名草子さん:02/02/19 23:29
結構、いまでも女の子に人気があるんじゃない、なんとなく気になるんだよ。

188 :無名草子さん:02/02/20 06:36
>>187
中公文庫に出ている著者の顔写真が男前すぎるからな。中村紘子は単行本の著
者ポートレートを見て「あたし、この人のお嫁さんになるんだ」と決心し、と
うとうホテルに押しかけていって庄司の嫁さんになったんだから。それにして
もあれは何十年前の写真なんだろう?




189 :無名草子さん:02/02/20 12:17
小林の方がなんとなく好きだった。

190 :無名草子さん:02/02/20 16:08
>186
おどかしっことかチョトワロタ

>188
あの写真、たがわようすけ(字分からんスマソ)とかいう人
に似てない…?

登場人物の着てる服の描写が何となく興味深かった
記憶がある。。。

191 :無名草子さん:02/02/20 18:12
庄司薫と中村紘子のなれそめの件で、俺が聞いているのはこんな話。
当時、中村紘子は猫を飼っていた。が、マンション住まいという
こともあってか、どうも元気がない。
そこへ偶然(かどうかは分からないが)同じマンションに住んでいた
薫くんが遊びに来て、その猫を見るや、
「あー、これはクル病の一種ですね。日にあてれば直ります」
と診断。そして「僕の部屋のほうが日当たりがいいから、しばらく
お預かりしましょう」と、そのまま連れて行ってしまった。
ところが、いつまでたっても薫くんは猫を返さない。
しかたなく紘子嬢は「猫を仲人にして」(←本人談)、結婚したという。


192 :無名草子さん:02/02/20 21:30

なれそめというか出会いの事は、「ぼくが猫語を話せるわけ」に
載ってるYO!

193 :無名草子さん:02/02/20 21:33
自己レス

>出会いの事は →出会った頃の事は

スマソスマソ


194 :無名草子さん:02/02/21 03:42
188の件は、中村紘子の『ピアニストという蛮族がいる』に出ていたと記憶している。



195 :無名草子さん:02/02/23 11:32
>>194
たしかに『ピアニストという蛮族がいる』や『アルゼンチンまでもぐりたい』を読むと、なんとなく庄司薫の影が窺えますねえ・・。
ところで、最近の情報はなにかないのかな?誰か、知っています?

196 :無名草子さん:02/03/04 00:50
age

197 :無名草子さん:02/03/05 11:33
赤頭巾とか読んでみたいのに、古本屋でも最近見かけません。
10年くらい前には、100円コーナーとかに必ずあったのに。


198 :無名草子さん:02/03/05 12:56
>>197
ブックオフで必ずみるよ。文庫じゃなくて中公のビニカバー。

199 :無名草子さん:02/03/07 01:23
そうだな、まだまだBookOffにはある。それに、伊勢丹の古本市で、”黒頭巾の結婚”という”さよなら怪傑黒頭巾”の未公開稿(鉛筆原稿)がなんと25万円で売り出されたらしい・・。だれが流出させたのかなあ・・。

200 :無名草子さん:02/03/07 01:40
>>199
買い手はついたのかな。昔ならともかく、今の庄司薫の未発表原稿に25
マンエンの価値があるかどうか?

201 :無名草子さん:02/03/07 13:22
>>198,199
ありがとうございます。さがしてみます。

202 :無名草子さん:02/03/15 20:34
最近見た事ある人おらんの?

203 :無名草子さん:02/03/21 23:45
どうしてるんだろう?まだまだ、ファンはいるのにね。
文庫のあとがき作家?になったようなこといってたけど、もうすこし、出て来てもらいたいなあ。

204 :無名草子さん:02/04/12 02:10
ヤバそうなので保全age

205 :無名草子さん:02/04/12 03:08
庄司浅水とは・・・・関係ないか。

206 :無名草子さん:02/04/21 08:48
4/19は、庄司薫の誕生日だった。65歳なのだね。どんなおじいさんになっているのかなあ。
尤もこどもがいない(ようである)から、おじいさんではないか(笑)。

けっこう、イメージはむかしと全然かわってないかもしれないなあ。

207 :無名草子さん:02/04/26 01:04
うーん、何か情報がほしいところじゃな。なんでもいいよ、教えて!

208 :無名草子さん:02/04/26 01:10
宇宙飛行士と結婚して向井万起男って改名したんだよ。

209 :無名草子さん:02/04/26 23:04
>208
あはは、つまらん


210 :無名草子さん:02/04/27 00:46
もしかして宇宙飛行士=月光荘=中村さん

211 :無名草子さん:02/05/19 05:20
ダンナ中村

212 :無名草子さん:02/06/01 01:22
もう一度ブレイクしないかなあ、庄司薫。
わたしは、けっこういいと思うんだ!!

213 :無名草子さん:02/06/02 17:20
「白鳥の歌なんか聞こえない」映画版で薫君を演じた岡田祐介氏が東映の社長に
なったなあ。慶応のおぼっちゃまだったと思うけど、すこし庄司薫とかぶる感じで
悪くはなかった。
われもこうするかと思ったら、結構野心家だった。

214 :無名草子さん:02/06/02 17:22
岡田裕介もずいぶん年を取ったものだ。

http://www.mainichi.co.jp/entertainments/geinou/0205/29-03.html

215 :無名草子さん:02/06/15 11:53
うーん、ホンモノの庄司薫は、どうしてるんだ・・?
知りたいなあ・・。

216 :無名草子さん:02/06/26 19:46
はっきり言って、怠け者だと思うけど。

文学者って、いくつになっても、歳相応のテーマを追求するものでしょ。
スランプで一時書けないということはあるにしても、とっくにその域を超えている
よ。猫の本なんて、仕事のうちに入らないしね。

仕事をしていない以上、奥さんのパラサイトと見られても仕方ないのでは?


217 :無名草子さん:02/06/28 02:30
>>216
仕事はしてるよ。奥さんの名義で何冊も本を出して賞だって取ってる。


218 :無名草子さん:02/06/28 04:50
たぶん、年をとった「ボク」を肯定できないから、
書けなくなったんだと思うよ。
年をうまくとれなかったんだなあ。
で、世界的に成功したピアニストとして、エッセイを書くのは、
べつにジイサンになった自分とおりあいをつける必要がないから、
いくらでも書けるんだと思う。

219 :無名草子さん:02/06/28 08:34
どっちにしても、かっこ悪い。

220 :無名草子さん:02/06/28 10:36
いやいや。最初から読んできたけれどとても興味深いぞ。

221 :無名草子さん:02/06/28 17:18
人間としてかっこ悪い。

222 :無名草子さん:02/06/30 10:23
やはり庄司薫文学は、最初から読まないと、いまなぜ過去の偉大なるもののすべてを封印し、総退却したかが、わからないんだけどね。
それにしても、沈黙の期間が永いなあ。奥様のゴーストライターをやったり、文庫のあとがきでしか、お目にかかれないのは・・どうも気になるんだ。

223 :無名草子さん:02/06/30 10:47
いいんだよ。和製サリンジャーなんだから。

224 :221:02/06/30 11:10
わしも最初から読んだが、猫あたりでバカらしくなった。

225 :無名草子さん:02/06/30 11:21
私は庄司さんの作品をまだ一冊も読んだことがないのですが、
今父の本棚を見に行ったらズラリと並んでいました(驚
期末テストが終わったら読んでみようと思います。

226 :無名草子さん:02/07/07 22:02
>225さん、ぜひ読んで感想を聴かせてください。

そうか、娘さんのようだが、親からジュニアに読み継がれているのは・・なかなか感慨深いなあ。

もう、70年安保から32年が過ぎて自分の息子が、同じ年代を迎えているんだと思うと、時の流れの早さに驚きを感じるのだなあ・・。


227 :無名草子さん:02/07/13 04:16
「僕が猫語を話せるわけ」の感想キボンヌ。

228 :無名草子さん:02/07/14 18:24
そうだな、とにかく俺たち団塊世代のジュニア世代が庄司薫をどう感じているか、率直な感想を聴きたい・・キボンヌ。

229 :無名草子さん:02/07/14 18:26
「赤頭巾ちゃん気をつけて」だっけ?
名前が庄野潤三とまぎらわしい

230 :無名草子さん:02/07/27 12:55
え?庄司薫も、すでに過去のひとになりつつあるのかなあ。

そんなことなない、と思ったら、どなたか書き込みキボンヌ。

231 :無名草子さん:02/07/28 13:57
とっくに過去のひとだっつーの。
20年前にすでに過去の人になっていたし、今は故人だと思われているだろう。
あるいは、妻の収入で暮らしている能無しジジイと言っていた人もいるな。

232 :無名草子さん:02/08/08 05:52
紀伊国屋書店で文庫平積みでした。bookoffで100円で買いました。

233 :無名草子さん:02/08/08 07:22
小林薫とか庄司薫って本名なの?

234 :無名草子さん:02/08/08 10:34
>>233庄司薫=福田章二

235 :無名草子さん:02/08/08 10:42
そういえば昔、太宰治について論じてる文章を何かで読んだな。庄司薫の小説のネタはサリンジャーと太宰治かもしれないね。

236 :奈々詩さん:02/08/16 00:55
白鳥の歌なんて、聞こえない

そんな心境なんじゃないの?

237 :無名草子さん:02/08/25 13:07
誰かが対談で、「薫君シリーズ」は、作者が弟のアイデンティティーを借りて
書いてる、というようなことを仰ってたんですが、何しろ当時私は中学生で、
アイデンティティーと言う言葉の意味すら知らなかったので、なんのことやら
さっぱりでした。

238 :無名草子さん:02/08/25 13:35
猫語を話せるわけ
だけ読んだことある。理屈っぽい人だなーと思った。
対談でも相手に気を使わず、自分の話しばかりに持っていってて
自己中だなーと思った。自慢も多いし幼稚な性格なのでは。
赤頭巾読めば感想変わる?

239 :無名草子さん:02/08/25 14:18
「赤頭巾…」その他一連のシリーズは個人の好みによって評価が変わると思います。
好きな人は好きだけど、受け付けない人は全然駄目みたいです。>238さん

240 :無名草子さん:02/08/26 04:44
薫君の独白独白独白独白…で、何十ページも経てやっと一日が終わる、
という文章が受け付けないという人もいました。
僕は大好きですけど。

241 :238:02/08/26 07:47
>>239 >>240
うーん、微妙そうな。しかしサリンジャーと太宰はどちらも
好きなので一度読んでみようと思います。どうも。

242 :無名草子さん:02/08/26 10:27
だれもツッコマないが>>256は本人か?

243 :無名草子さん:02/08/26 13:12
>>256だぁ? たわけたこと言ってんじゃねーよバータレ。

244 :無名草子さん:02/08/26 13:16
>>35
1971年にNHKで放映された「白鳥の歌なんか聞こえない」
ですね。内容は、赤ずきん+白鳥の話だったような。

245 :無名草子さん:02/09/02 22:13
いわゆる高等遊民ですな。今風に言うとプータロー。

246 :無名草子さん:02/09/03 02:16
中村紘子のヒモに成り果てたと言ったほうが正しい。

247 :無名草子さん:02/09/04 21:36
小説の主人公の薫クンはその後どうしただろう?
けっきょく彼は東大法学部に進み大蔵官僚になったと思うね。


248 :無名草子さん:02/09/11 14:24
当方現在30歳の女性ですが、薫クンシリーズから「獏の飼い主・・・」など
古本屋ですべてゲットして高校生の頃はまってました。

私の中ではイメージはガイシュツですが「オザケン」かなぁ。

彼が中村紘子のゴーストだと仮定して、だけど、事実だとしても
どうもそういう「ずるっこ」をしてるって信じられないなぁ・・・。

作品中の「薫クン」の人格がそのまま「庄司薫」だという
脳内変換=刷り込み?があったせいでしょうか。

汚い大人になりたくないーと葛藤していたカンジの薫クンが、
普通以上に汚い「ヒモ」及び「ゴースト」になってたとは信じたくない。。。
有る意味かなり読者を裏切ってますよねぇ。。。

自分の名前で作品を発表できない理由ってあるんでしょうか?


249 : :02/09/11 17:20
学生時代、同じ下宿の先輩の部屋の本棚に庄司薫がズラリと並んでいた。懷かしいなあ。


250 :無名草子さん:02/09/11 22:09
>>248
庄司氏って、「薫君シリーズ」の前もかなり長期のブランクがあったんじゃなかっ
たっけ?
何十年かに一度開花する、笹の花みたいな人か?

251 :無名草子さん:02/09/11 23:54
10月10日に「薫くんシリーズ」4部作が中公文庫で再刊されるらしいよ!

252 :248:02/09/12 09:17
>250
福田章二の名前で「喪失」を発表して、長い沈黙のあと
「庄司薫」の名前で「薫君シリーズ」出したんですよね、確か。
ということは、福田章ニ → 庄司薫 → 中村紘子…という
PNの変遷?…んなワケないですね(w

エリートコースだから、官僚にでもなったのかと思ってたけど
(それで筆を休んでると思ってたんだけど)ほんとに
ずーっと無職なのかなぁ・・・・
想像しただけでも、ヒマで死にそうだけど…
ひそかに事業とかしてそうだけどなぁ。不思議な人ですよね。。。

253 :無名草子さん:02/09/12 17:08
筒井康隆の「乱調文学大辞典」によると、文壇バーだかで初めて対面したとき、
庄司氏は「あなたの本を読んだことがある」と言って書名をあげたが、
それは筒井氏の本ではなかったそうな。

254 :無名草子さん:02/09/14 21:34
本当にゴーストなんですか?
テレビで奥さんの話し方はしっかりしていて、文章の書けない方とは思えません
でしたが。手直しぐらいしてあげているのかな。


255 :無名草子さん:02/09/14 22:05
>>254
新潮文庫で昔「カラー版作曲家の生涯シリーズ」というのが出ていて、その中の一冊「ショパン」に
紘子が一文を寄せている。美文を書きたかったらしいが、レトリックの使い方が拙劣そのもので、
とてもじゃないが「ピアニストという蛮族がいる」「チャイコフスキー・コンクール」の著者が書いた文章とは思えない。

256 :無名草子さん:02/09/16 13:19
庄司薫は、不思議な人、いまもなぜか気になるんだ。
>>251
え?10月10日に「薫くんシリーズ」4部作が中公文庫で再刊される?
うれしいニュースかも。

ところで、庄司薫のサイトを検索しても結構でてくるんだな。まだまだがんばってほしいところだ。


257 :無名草子さん:02/09/23 00:48
岡田裕介社長はいまどうしてる?

258 :無名草子さん:02/09/23 01:46
NHKドラマの薫くんシリーズを覚えている人いますか?
銀河テレビ小説でやってたやつね
仁科明子がかわいかったです

中公文庫で復刊するのか、へぇ〜
青髭をちゃんと読みたいんだけどね
あれだけ、すっと読み飛ばして終わらせちゃったんだもん

庄司薫さんっていま何歳かな、もう65歳過ぎてるかなー

259 :無名草子さん:02/09/23 03:15
庄司薫!!!!!私も好き
猫の本が好きだった消防の頃(ませてたのか・・・?)
庄司薫の猫の本読んで、感想と写真送ったのです
(うちもシャム猫だったので)そしたら返事来ました
猫の写真付きで・・・子供からの手紙珍しかったのかな?
その後、他の作品も読みました
「舌噛んで死んじゃいたい」とかの言い回し、まだ覚えてる
学校の先生が庄司薫の知り合いで
「あの人は基本的にボンボンで怠け者でダメ、実力があっても
のし上がっていこうとか名を売ろう、生活費を稼ごうという頭がない
だからあんなギラギラした女の人とくっついたんだ」と言っていた
んーーーーーーーでも、未だに好きなんだよなー

260 :無名草子さん:02/09/23 03:59
この人の小説読んでるなんて
時間がもったいないですよ。

もっともっと選ばずどんどん色々な書物を読んでください。

261 :無名草子さん:02/09/23 04:58
>>260のおすすめは?


262 :無名草子さん:02/09/23 06:32
>>258
おぼえているよ〜
仁科あっちゃんのポスター水張りにして飾っていた
ちなみに庄司薫さんのマンションにいってあのピアノみたことある
独身の庄司さんの頃ってつ〜か
もろ薫君の本が出たとき


263 :無名草子さん:02/09/28 21:48
庄司薫がブレイクしそうな気配だ。
サイトがたくさんできてるし、10/10には4部作が中公文庫から再刊されるし、
10/23にはBS-2で映画”赤頭巾ちゃん”がオンエアされるんだ。
もう庄司薫ファンにはたまらないはずだ。

264 :無名草子さん:02/09/29 23:52
>>259 わたしも、なぜか庄司薫が好き!!!



265 :無名草子さん:02/09/30 18:21
肝腎の本人が鳴かず飛ばずではなあ

266 :無名草子さん:02/09/30 21:15
そういえば素顔の本人はどんな感じなんだ?
日比谷の同期生とか教えてよ!?

267 :無名草子さん:02/09/30 21:17
私も、普段の姿知りたい
昔のでも今のでも
どなたかよろしく

268 :無名草子さん:02/09/30 21:17
塩野七生に訊け。日比谷高校で同級生だったそうだから…

269 :無名草子さん:02/10/01 22:43
古在もそうだよ。塩野は留年して同級生になったんじゃないか?

270 :無名草子さん:02/10/02 07:11
スクープ!!

すでに気がついたひともいると思うが、
実は、>>226 は、本人、つまりずばりホンモノ!という可能性があるのだ。

やはり、彼もこの2ちゃんねるをこっそり見に来てるのか。


271 :無名草子さん:02/10/02 09:54
同時にまた、>>226>>270によるイタズラという可能性もあるな。

有名人に成りすまして発言したことは俺にもあるよ。

272 :無名草子さん:02/10/02 10:09
こんなところに書き込んでいる庄司氏の姿を想像すると、何ともわびしい。

273 :無名草子さん:02/10/02 11:38
おー、庄司薫!中学〜高校のときに中公文庫で出てるやつは全部読んだよ。
漏れの年代でこの人読んだことある人なんかいないと思ってたけど、
ブレークしてるんだって?嬉しいよ。好きな作家の一人だからな。
マニアックなBBSのアドレス求む!

274 :無名草子さん:02/10/02 19:07
庄司薫のBBSはいろいろあるよ。アドレスは、GoogleやGooで!

275 :無名草子さん:02/10/04 00:37
>>272 然り。
でも、ご本人もこういうところロムしてるに違いない
ギャッと言ってひっくりかえりながらね

>>274
発表作品が限られているから、HPをつくりやすいのでは?
すごいよね、いいページができてるなー


276 :無名草子さん:02/10/04 22:30
中央公論新社・中公文庫編集部のY本K子さんは、庄司薫氏のことを詳しくご存知のはずなのです。
Y本さん、近況を教えて!



277 :無名草子さん:02/10/05 11:14
>>275
そう、本人がロムしている可能性は高い。


278 :無名草子さん:02/10/09 23:05
10月10日の読売夕刊に庄司薫作品”復権”というタイトルで記事がでている。
もちろん4部作の出版の話題なのだが、やはり確実にブレイクしている。

279 :無名草子さん:02/10/11 21:58
中公文庫の復刊はうれしいけど
著者近影の写真が昔のままだ‥‥

いまの写真もサービスでつけてくれるかと思っていた

280 :無名草子さん:02/10/12 09:57
そう、写真はむかしのままだけど、黒、白、青にさりげなく、あとがきが追加されているのに気がついたかな?



281 :無名草子さん:02/10/13 15:54
どうも中公文庫の新版には、いろいろなひみつが隠されているようだ。
マニアのBBSをみてみよう!

http://homepage2.nifty.com/ohashit/

282 :無名草子さん:02/10/14 00:17
やっぱり 黒、白、青のあとがきは
今回初でした?

283 :無名草子さん:02/10/14 07:46
青はもう少し前みたいだね。

284 :無名草子さん:02/10/14 23:57
中公文庫・新版、わたしも買ってみよう!

285 :無名草子さん:02/10/15 00:48
ああ、懐かしい。大学生の頃読んだなあ…

でも、内容は全然おもいだせない。新版、買ってみます。

286 :無名草子さん:02/10/16 11:10
らぴゅたで『赤頭巾ちゃん気をつけて』を観た。
本も読み返した。
・・・・・・・なんかぬるかった。


287 :無名草子さん:02/10/16 12:55
庄司氏は長く生きすぎた。


288 :無名草子さん:02/10/16 13:22
庄司薫が芥川賞受賞の時、三島由紀夫が絶賛したのは有名なはなしね。
この人の魅力って何なのかしら。

289 :無名草子さん:02/10/16 15:28
>>288
三島は初め「赤頭巾ちゃん〜」を「甘ったれた作品」と言って嫌っていたんだよ。他の選考委員の説得で意見を変えたらしい。

290 :無名草子さん:02/10/17 01:39
>>289 耽美主義とマッチョ礼賛の気分で読むと
そういう感想になるだろうね

文芸評論家みたいな人たちによれば、
庄司薫の文体はある意味日本の現代文学の文体を規定したと
いう評価が多いようですね

291 :無名草子さん:02/10/17 17:11
庄司薫こと福田章二のひととなりをぜひ知りたい。

292 :無名草子さん:02/10/17 23:51
株はプロ級。

293 :無名草子さん:02/10/18 00:50
>289
それは「喪失」に対してでしょ。三島は「赤」は手放しでほめてるの。
ある意味にているから反発したんだろうね。

294 :無名草子さん:02/10/18 10:36
江田五月くんや庄司薫=福田章二くんのこと、もっと知ってるひといない?
丸山先生のゼミ関係者とか・・。

295 :無名草子さん:02/10/20 09:58
庄司薫って、なんか新鮮な感じ。
文庫を読んでも、とても30年前とは思えない・・結構、好きなのかな こういう男のコ?

296 :無名草子さん:02/10/20 16:30
>295
もうそんな男は死語に近い。いまは、もっとマッチョな男が求められているのだ。
庄司薫も三島みたいに身体を鍛えて、マッチョになれ。

297 :無名草子さん:02/10/20 19:26
芥川賞作家の受賞作がここまで長く読まれているのは、新たな古典というべき作品なのかもしれないな。
しかし、こうも本人が沈黙を続けていて、話題になる作家も、ある意味では、うらやましいのか?

298 :無名草子さん:02/10/21 18:38
栗本薫とはなんか関係あるんでしょうか?

299 :無名草子さん:02/10/22 00:17
栗本君は庄司薫のファン
文体もちょっと真似してた時期がある

300 :無名草子さん:02/10/22 16:55
復刻あげ

301 :無名草子さん:02/10/23 00:10
三島については、身体を鍛えれば鍛えるほど、むしろ内面の弱さを感じる。
いや、煽っているわけではないよ。三島はいろんな意味で凄すぎる。
薫君シリーズでの薫君は、決してマッチョではないが、
薫君の内面的なたたかいが至る所で展開されているので、
そこで見せる薫君の「男気」が、むしろ俺は好きだなぁ。


302 :無名草子さん:02/10/23 03:04
>>299
的確なご回答ありがとうございます。温帯は影響を受けていたのですね。

違う質問ですが、庄司興吉(東大教授:社会学)とは関係があるのでしょうか?
(本名が違うので関係はないとは思っているのですが、念のため)

303 :無名草子さん:02/10/24 09:29
がーん!昨晩深夜(23日1:00〜)に放送されたNHKBS2
「赤頭巾ちゃん気をつけて」(70年東宝・森谷司郎監督)
あんなに楽しみにしていたのに!!見るの忘れた〜〜涙涙涙

304 :無名草子さん:02/10/25 19:12
このスレは中公のキャンペーンですか?

305 :無名草子さん:02/10/31 22:31
>>303
観たけど、私のイメージとは違い過ぎました。
薫くんも、由美ちゃんも、小林君も。
女医さんに至っては、もう涙涙涙。

306 :無名草子さん:02/11/01 03:18
女医さん>妄想シーンでのぬぎっぷりがよかったです。

307 :無名草子さん:02/11/01 05:38
薫くん>東映社長
由美ちゃん>森本レオ夫人

308 :303:02/11/01 10:43
>>305さん
それはそれは(泣。観忘れて正解だったのかな…。
(今だといったい誰が薫くんを演じられるのだろ)

309 :無名草子さん:02/11/13 09:01
保守あげ

310 :無名草子さん:02/11/17 12:22
中村紘子の”どこか古典派(クラシック)”が文庫化されたが、これも、庄司薫のにおいがプンプンだった。似た者夫婦というが、結婚前とは全然違う文体の紘子嬢は、一緒に生活するだけで、こんなに変わるのかと、変われるものかと、思ってしまう。
まあ、このあたりは、あまり詮索しないのがスマート?な流儀なのかなあ。



311 :無名草子さん:02/11/17 14:20
>>310
亭主が文章に手を入れているんだろう?

312 :無名草子さん:02/11/17 16:10
違う。庄司薫の文章に中村紘子が手を入れているのだ。

313 :無名草子さん:02/11/17 19:22
中村紘子は出来上がってから始めて読む。

314 :無名草子さん:02/11/17 19:41
中村紘子は、来客から自分の「著書」の内容について話題にされても、うまくついてくることができないらしいな。
それというのも自分で書いた本じゃないからだ。


315 :無名草子さん:02/11/20 10:44
そう、音楽出版の方に、ひとつ提案があるのだが、中村紘子氏のリメイクCDに、庄司薫氏がコメントを書くなんて企画はできないかな。これは、作品の文庫化ならぬCD化ともいえるものだが、結構いけるとも思うのだが・・。

316 :無名草子さん:02/11/22 00:53
age

317 :無名草子さん:02/11/23 21:28
ネタとしては
中村紘子氏のCDの演奏は実は庄司薫氏のピアノだった
結婚後の庄司薫氏の小説とエッセイはみんな中村紘子氏が書いていた
というのだったら抜群に面白いんだけどなぁ

318 :無名草子さん:02/11/27 22:15
>317
んなーわけないよね。

でも、中村紘子の文章は,結婚後、激変しているんだな、これはご主人がアドバイスしているというより、直筆?じゃないかなあという感じだね。


319 :無名草子さん:02/11/30 21:07
保守あげ

偶然1950年に生まれたから、25年頑張ると75年で、50歳で
二千年で、みたいな事を「白鳥の歌なんて聞こえない」で言ってたから、
2000年には「薫君50歳記念」の何かが読めるかと思ってたんだけど。
若草に逝って、雑煮食ってきます。

320 :無名草子さん:02/12/01 01:15
>>318
だから、中村紘子のゴーストライターなんだってば(w

321 :無名草子さん:02/12/01 02:48
懐かしいですね。本屋で改訂版を見かけました。
父親は福田恒存だとばかり思い込んでいましたが、実家が料亭というのが正しいのでしょうか。


322 :無名草子さん:02/12/03 00:16
お父さんは、三省堂の元重役か?

323 :無名草子さん:02/12/04 12:23
小説中の薫君は1950年生まれだけど
作者は?

324 :無名草子さん:02/12/04 14:13
1937年4月19日  庄司 薫 (しょうじ・かおる) 【作家】 〔東京都〕


325 :無名草子さん:02/12/04 15:00
1950年生まれでも、いいかげんおっさんだな、、、

326 :無名草子さん:02/12/07 22:34
まあ、年齢だけでなく中身がおっさんかどうかは、本人が現れない以上確認できないなあ。

327 :リアルタイムで読んでた年寄り:02/12/08 13:27
>>326
この前、テレビに出てたじゃん。(シリーズの再ブームとかで)
見た限りでは普通のおっさんだな。

328 :無名草子さん:02/12/08 15:43
まだ、じいさんじゃ
ないってこと?

329 :無名草子さん:02/12/08 16:47
どこの局の何ていう番組に出ていた?

330 :無名草子さん:02/12/08 23:55
>326さん
情報Thanks。
TVにでていたって?もう少し詳しくおしえてほすい。


331 :無名草子さん:02/12/20 12:32
保守あげ、させていただきます。

332 :無名草子さん:02/12/21 03:57
ぼくが知ってる中村紘子さんファンによると、
東京近辺で開かれる紘子さんのコンサートには
たいてい庄司氏、来ているとのことだよ。
見たい人、見に行ったら。

333 :無名草子さん:02/12/21 09:40
髪結いの亭主てき雰囲気。
でも素敵!
ヒモという言葉は似合わないよ。

334 :無名草子さん:03/01/06 12:01
保守age

335 :山崎渉:03/01/12 18:37
(^^)

336 :無名草子さん:03/01/13 14:04
最近の庄司薫氏は、奥さんと自分のファンのHPサイトを覗いていて、これはイケる、これはイケないと、笑いながらひとつずつ評論をしているという話を編集者から聞いた。お忍びは結構面白いらしいよ。

337 :山崎渉:03/01/23 04:15
(^^)

338 :無名草子さん:03/02/21 00:28
日比谷高校が都立の重点校になったからなんだね
昨年の中公文庫の薫クンシリーズ復刊って
読売系による日比谷てこ入れ
というか、
日比谷復活祈願みたいな感じだったのかな

339 :無名草子さん:03/02/21 22:36
a

340 :しんちゃん:03/03/03 21:03
庄司薫は相場師(株の売買)で食っているのだよ。

341 :無名草子さん:03/03/07 21:09
このスレ今日はじめて発見しますた。
厨房の頃にファンレターを出したら年賀状を貰って狂喜乱舞したものです。
当時は夢中だったけど、今大人になって読んでみるとまた違う角度で見えて
新鮮で面白いです。何かイベントがあるなら逝ってしまう鴨。

342 :無名草子さん:03/03/11 17:33
このひと個人の現在の年収が知りたいね。ぶっちゃけ無収入に近いんじゃないか?

343 :山崎渉:03/03/13 16:12
(^^)

344 :無名草子さん:03/03/20 23:38
>>342
近いね

345 :無名草子さん:03/03/21 16:59
>>344
本人ですか?

346 :無名草子さん:03/03/21 17:44
株で食ってるってあやしいなあ。
バブル崩壊の時期と、去年から今年にかけての金融危機、
大相場はってる香具師はほとんど死滅。
相当大損してるのでは?

347 :無名草子さん:03/03/22 04:31
>>346
だとすると、365BBは既に手元にないと・・・
(相当の車好きらしい)

348 :無名草子さん:03/03/22 17:51
>>347
へー、車好きなんだ。
でも運転しているところなんて想像できない。
なんか歩いて10分以内のところで生活の全てをまかなっている感じ。
皮の白手袋とか持っているのかなぁ。

349 :無名草子さん:03/03/24 03:00
復刊されたんだ?
「女中」って表現はそのままですか?

350 :無名草子さん:03/03/25 00:37
>>349
そのまんまだけど、「女中」ってなにがいかんの?

351 :山崎渉:03/04/17 12:16
(^^)

352 :山崎渉:03/04/20 05:57
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

353 :無名草子さん:03/04/23 02:57
庄司薫さんって好きです。村上某が、サリンジャーのライ麦の新訳を出したけど、あれは旧訳のほうが良かったかも知れぬ。まあ、庄司薫氏とは、なにも関係がないのだが・・。

354 :無名草子さん:03/04/23 22:24
サリンジャー、ピンチョン、そして庄司。俺の理想とするスタイル。

355 :無名草子さん:03/04/26 10:46
いいよなあ、庄司薫。まだまだ頑張ってる。

356 :無名草子さん:03/04/26 12:47
頑張ってるって、女房のゴーストライターとしてか?

作家としての庄司薫はもう何十年も死亡状態だ。

357 :無名草子さん:03/04/29 04:14
age

358 :無名草子さん:03/04/29 22:09
どうも、いまの時代は、癒しの要素が必要な時代・・その辺でも、庄司薫は、見直されているんじゃないか?

359 :無名草子さん:03/05/10 18:11
いいかもね、わたし的には。

360 :無名草子さん:03/05/13 14:19
学生時代、うちの大学に講演に来たので、ご参考までに今覚えていることを書き留めておきますね。

青髭出して数年後くらいでしたが、肌の色は浅黒く、ボディービルで鍛えたようながっしりした体格で、写真のイメージとは全然違うのでびっくりしました。

「ドストエフスキーは文体の選択を間違えた。カラマゾフの兄弟はアリョーシャの一人称で書くべきだった。ボクはこれからドストエフスキーを越える傑作を書くつもり」
というようなことを真顔で言ってたので、かなり大風呂敷を広げる人だなと思いました。

たしか講演のテーマは、古典的な意味の青春はなくなった。逆に言えば、人生全体が青春のようになって、長期戦で試行錯誤していくような時代になったというようなことだったと思います。
うろ覚えの断片的な記憶ですみません。

361 :山崎渉:03/05/22 02:01
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

362 :山崎渉:03/05/28 17:00
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

363 :無名草子さん:03/06/11 13:24
保守

364 :無名草子さん:03/06/14 18:56
あげておこう!

365 :無名草子さん:03/06/15 08:56
>360さん
そういえば昔、いろんな大学(女子大)で講演していたね。人気があるんだろうが、どんなところが魅力があるのかな。

366 :無名草子さん:03/06/15 11:54
その講演は上智大学だよ。おれも聞いていた。

367 :無名草子さん:03/06/21 23:04
ソフィアか・・。あそこはおんなはいいが、おとこはイケてない。
まあ、そんなことは、どうでもいいが。

368 :無名草子さん:03/06/22 15:58
いいんだよ。庄司薫だって、男の聴衆の反応なんか初めから問題にしていない。

369 :無名草子さん:03/06/23 21:56
>367
そういう君はイケてるのかい?

370 :無名草子さん:03/06/23 23:49
>369
聞くまでもないだろ(w

371 :無名草子さん:03/06/24 11:03
「赤頭巾ちゃん気をつけて」ビデオで観たけど原作読んでないと理解出来ないんじゃ
と思った。
観たのは10年くらい前だけどそのレンタルビデオ屋にまだ置いてある。
人気があるんだろうか。

372 :無名草子さん:03/06/25 19:18
>人気があるんだろうか
あるわけないよ。
タイトルでロリものと間違えるんじゃない?

373 :無名草子さん:03/06/26 21:15
>>372
まあ「赤スキンちゃん気をつけて」というタイトルのAVあったしな。

374 :無名草子さん:03/06/26 21:22
楽しみ
http://pocket.muvc.net/


375 :無名草子さん:03/06/28 19:12
でも、庄司薫はいまでも根強いファンがいるようだ。
大半は女性だがな。まあ、どうでもいいが。

376 :無名草子さん:03/06/28 21:36
毎回「まあ、どうでもいいが」といいながら、本当にどうでもいいことを書くやつがいるな(w

377 :無名草子さん:03/06/28 23:16
age

378 :無名草子さん:03/06/28 23:28
>375
そういう君はイケてるのかい?


379 :無名草子さん:03/06/29 01:58
>>378
聞くまでもないだろ(ww

380 :無名草子さん:03/07/05 12:46
ところで庄司薫に再び筆をとるよう出版社から働きかけがあるようだ。

381 :無名草子さん:03/07/06 15:52
それって『青髭』再刊の噂のことでしょうか?

382 :無名草子さん:03/07/11 22:15
これも極秘なのだが、どうも、本人もその気になっているということらしいのだ。

383 :山崎 渉:03/07/12 08:12
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

384 :無名草子さん:03/07/14 14:16
赤頭巾ちゃん気をつけて〜 もう日が暮れる〜♪

385 :無名草子さん:03/07/14 15:17
あのション便を我慢してるようなじれったい文章が復活するのか。

386 :山崎 渉:03/07/15 11:23

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

387 :無名草子さん:03/07/15 23:17
なつかしいです、庄治サン!!! 復活に期待v

388 :無名草子さん:03/07/16 22:48
1ヶ月前に古本屋で「赤頭巾〜」を手に取ったのをキッカケに、
一気に4部作を読み、現在「猫語〜」を読んでいる最中。
この「猫語〜」に載っている対談に「結婚した」と書いてあったので、
お相手は「猫を預け」「いつのまにか住み込みになった」女性に違いないと当りをつけた。
更に読むと、その女性はCDまで出しているピアニストらしい。
もしかしたら奥さんが誰か分かるかも〜とか思って、
とりあえず情報収集だと思い、2チャンをのぞいてみた。

奥さんって、中村紘子なのか〜っ!!!!!!!!

ビックリしたよーも〜誰かこの驚きを分かってぇぇぇぇぇぇっ!

389 :無名草子さん:03/07/16 23:29
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030716-00000174-mai-bus_all

ぼくが猫語を話せるわけ

390 :無名草子さん:03/07/17 01:39
>>389
ちょっと笑ってしまった

391 :無名草子さん:03/07/17 01:50
>>388
>奥さんって、中村紘子なのか〜っ!!!!!!!!
うわあ、それも知らない世代が増えてるんだ〜!
無理もないよなぁ、彼、影が薄いもんね。「あの人は今」状態・・・
でもこれで終る人じゃないと思うけど。

392 :無名草子さん:03/07/17 01:53
http://www.39001.com/cgi-bin/cpc/gateway.cgi?id=ookazujp
http://www.39001.com/cgi-bin/cpc/welcome.cgi?id=ookazujp


393 :388:03/07/17 23:01
>>391
ハイ、知りませんでした…
中村紘子さんのエッセイを昔何冊か読んだけれど、
読み取るべき重要な要素を取りこぼしてしまった気になった。
でもある意味、そこで庄司文体(?)に親しんで、
現在読むに至ったのかもしれない(w

394 :無名草子さん:03/07/18 09:29
それどころか中村紘子って人自体知らないぞ。
ピアニストらしいってここで分かったけど顔知らない。

395 :無名草子さん:03/07/18 10:07
カレーの人でしょw

396 :無名草子さん:03/07/20 21:31
ネスカフェの人でしょw

397 :無名草子さん:03/07/20 22:12
おまえら新聞も読まないのか?
ttp://news.goo.ne.jp/news/topics/index/05012/1.html

398 :無名草子さん:03/07/27 16:57
実は、庄司氏は、ドストエフスキーを凌駕するような傑作を既に完成させている。
(大審問官のようなややSF的な作品で、「アレキサンダー大王はいいな」に
ちょっと似ている。それは、地球の人類ばかりか神々の運命をも予言するものだ)
しかし、おそらく、現在の氏のファンたちがそれを読むと、彼らの多くは
その作品の冷気にあたって凍死することだろう。
そういう配慮もあって、作品群の発表は、早くとも2038年以降になりそうだ。

399 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 06:00
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

400 :無名草子さん:03/08/02 13:30
実は、庄司氏は、ドストエフスキーを凌駕するような傑作を既に完成させている。
・・・これは有名な話だね。もう、一部は密かに出回っているという驚愕の事実を知っているかな?

401 :無名草子さん:03/08/03 01:49
サリンジャーの真似をした後はドストエフスキーの真似か。

しょせん人真似上手の小器用な才人に過ぎないんだろうね。

402 :無名草子さん:03/08/12 15:40
最近「赤頭巾ちゃん気をつけて」を読み、著者の写真をみて「ドキン!」として
それからもうずっと薫さんのことを考えています。中村紘子さんに先を越されて悲しい。


403 :無名草子さん:03/08/12 19:22
>>400
お前の腐りきった脳が驚愕だよ (w





404 :無名草子さん:03/08/12 22:35
                | |
                | |
                | |
                | |  ,..._
          ,.r-、 ,ry | |  ヒ;;;::}
      ィt:、 ,:'::::// '''´ | |  ,、.、  ,..,..._
      {:::}::}/::::r'ノィー::、 | |  ヾ、゙、//::::jr;::、
     ,rヾ''"ゞ=' 'ヾ.....⊃' ! !  ヽ''ヾ:、::;' `''",.=-、
     ー'’._ ,r'う {::jj ,.、、 _,...::::::''ヽ  ,.,´  {{::::::::ヽ.
    ,;'"'" ̄ヾ´,.., r::';;〃l'l::::;;:::::::f'_ ヾ'〃) `ヾ::::::/
   〈::::::::/ノ ヾ,jヽ='. ,,ヽへ-(ヾ::゙、 ゞ',.,.、 //::::/
    ヾ:::::゙、゙、 {{) {:::jj' ",,,,、 c;、ヽ='  ゙、::゙;ヾヾ/_
    ヾ::::/:ノ ,,,,_ (:ヾ'''⊆|:::::|P,r,r:、 ,:'''7  ``' ゙/〃
     ゙ー' /:::::;}}`",.,rt:、゙´ //::::/ ゙ー',.r::::、  _`'’
     r:::、、ヾ-''n.く:::;:::゙、゙、 ヾー' { ̄:::::ノ!,ィ'r':::|
     |::::::| |''ヽ`_,,.`'ヘ;r'ノ,..-:、_ _ `='-'" | |:::::|
  ___.   |::::::| |_`__|`ii'"''" /7 i'i::l´______|_|:::::|
___|:::「____|:::::::`::::::::::::::::::::}}f´ヽ、`,..,゙、}:::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄| ̄|::::::::::::::::::::::::::ゞヾ;;;jj{{;;;ノ{{:::::::::::::::::::::::::::|
:::::: [][]::|:::::|:_i二二二ユ;;::「   ,...., ,f;ノ「 ̄ ̄ ̄「|::::||ヾ ̄ ̄ ̄
、,...... ._: |:::::|]]]]]]]]]]]]]]]'i||__ ヾ-’_|::::|_____」」;;;;||_ `ヽ、_
,I、ー'_,!::| :::|--------/'|::::::'゙、 ,i'j:::::::::::::::::::::::::| ヽ...|、`ヽ、 |lllll
:|::::::::: |..|:::::|-------/;';'.|::::::::}}||::::::::::::,rr---:|ヽ. \ヽ、.|| .|lllll
:|::::::::: |,,!:'"-------/::;' :||「 ̄ ̄ ̄ ̄:|` ̄ ̄_|_\. ヽ、、l !lllll
TTTTTTTTTTTTTT:::;' :|l'| ̄ ̄「「「ニ|ニf(二二..))\ `゙、===
.LLLLLLLLLLLLL!::;' ::||'|:::::::::::::|.|.|..|ヾ;;|、;;;;;;;;;;;;;;;;! \ |:::::::
ニニニニニニニニ]' ::::|.|'|::::::::::::::|.|.|..|ヾ.| : :::::::::::::|゙、  `、!::::::

405 :無名草子さん:03/08/13 22:59
>>402
なんだかんだ言ったって文学者の人気と顔には相関関係があるんだよな。
その意味じゃ文学者は一種の芸能人。

406 :山崎 渉:03/08/14 20:10
ふん、つまらん。

407 :無名草子さん:03/08/15 15:56
江古田文学53号に庄司薫が特集されている。
日芸の文芸誌で、編集はいまいちだが、同級生の尾高も書いているし、それなりに読ませるものがある。



408 :山崎 渉:03/08/15 21:39
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

409 :山崎 渉:03/08/15 23:17
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

410 :無名草子さん:03/08/15 23:48
日大ごときが庄司薫を語るとは不届き千万。

日大はばななでも語っていればいいのだ。

411 :無名草子さん:03/08/16 14:56
>410
すごい!お前のいうとおりだ。
つまり日大よりヴァカなお前がそれを語ることが凄いということだな。(笑





412 :無名草子さん:03/08/16 16:02
中村紘子も中学までは慶応だよね?あの時代の子供にしてはいい暮らし振りしてるけど、
紘子さん&薫さんの実家情報教えて。もしくは調べ方を教えて下さい。

413 :無名草子さん:03/08/16 16:45
>>411
ヴァカな日大出身者が頭を捻って考えた苦心の煽り返しにしては良く出来ている。
力作だ。

414 :無名草子さん:03/08/16 17:07
中村紘子は山梨出身。てことはお母様は山梨の農家かな??

415 :無名草子さん:03/08/16 17:37
紘子パパは政財界関係者、薫パパは三省堂の重役と聞いたが。

416 :駿台・前文:03/08/16 19:07
中村紘子は山梨出身でもお母様は山梨の農家かは知らない。
ところで庄司薫は、紀尾井町の福田家の息子という説がある。

>>413

またしてもすごい!お前のいうとおりだ。
つまり日大よりヴァカなお前が”頭を捻って考えた苦心の煽り返し”なる言葉遣いを知っており、それをキーワードに評価らしきことを試みていること自体が凄いということじゃな。思い切りワロタ(W
因みに漏れは日大じゃなく国立大学出身。



417 :無名草子さん:03/08/16 19:16
ところで讀賣新聞記者の鵜飼君と庄司薫さんは同じ誕生日なのだそうだ。

合同誕生会を庄司邸でおこなって、中村紘子女史がすてきな料理を
ふるまったという。得意なのはカレーだけじゃなかったのか。

418 :無名草子さん:03/08/16 21:01
>>412
中村ヒロコの母親は銀座の画商で凄く裕福だった。
しかしその母親は、バブル期に仕事からみで大スキャンダルを起こした。(月光○事件だっけ?詳細は興味がないので忘れた)

419 :418:03/08/16 21:42
ちょっと調べてみたョ。
母親は銀座5丁目にある名門画廊の経営者だった故中村曜子(19
92年没)
月光荘は1989年200億円近くの負債を抱えて倒産。(しかし
今でも有名画材屋・名門画廊として営業中)
ここを舞台にした月光荘事件とは、1987〜1988年頃?
ダヴィンチの習作を中村の母親が不法に輸入(いってみれば密輸)
して、それを世界救生教の美術館(MOA美術館)に売りつけよう
とした事件のことらしい。
結局その絵はイタリア当局から返還するように言われ送り返した。
それ以外にも1978〜80年のレンブラントの絵(当時はがん作
と言われていたが、現在はレンブラントの工房で弟子が描いたと
されている)を、10億円でMOA美術館に売りつけたとか、広域
暴力団が債権者から取り上げた美術品や絵画を現金化したりなど、
闇の世界のマネーロンダリングに手を貸していたとされている。
(これは警視庁が捜査したが立件できず、仕方なく別件で暴力団
組長を逮捕)

420 :無名草子さん:03/08/17 10:04
紀尾井町の福田屋はもともとは高知の料亭だよね?薫くんから高知の匂いは感じられないけど・・・。
中村紘子さんのお父さんは何しているの?母子家庭?ヒモ?それなら今の薫くんの
状態も気にしないでいられるよね。

421 :無名草子さん:03/08/17 10:08
では、中村紘子のパパはどうなんだ。ホントに政財界関係者なのか?

422 :無名草子さん:03/08/17 10:44
>>421
父親は早死か離婚じゃないのか?
そういや父親の噂は聞かない。

423 :無名草子さん:03/08/17 11:01
中村紘子は、慶應幼稚舎、中等部と塾で育ったのだが、あとは桐朋だな。
いつごろパパはいなくなったのか?
三田●町の自宅マンションも中等部に近い。パパも塾出身者?

424 :無名草子さん:03/08/17 13:17
>>416
>因みに漏れは日大じゃなく国立大学出身

液便か、放送大学か。いずれにしても大差ないが、ウンコみたいな低能カキコで庄司薫のスレを汚すのは寄席(´,_ゝ`)プッ

425 :無名草子さん:03/08/17 13:48
>>423
三田綱町マンションは塾女子高の近くだよね。
あのあたりは、散歩したことがあるが、イタリア大使館や
三井倶楽部があり閑静でいいところだと思う。





426 :無名草子さん:03/08/17 21:22
庄司薫はあの超高級マンションに独身時代から住んでいた。なんでそんなに金があったんだろう?

427 :無名草子さん:03/08/17 21:43
>>423
桐朋学園高等部を中退し、アメリカ屈指のクラシック音楽教育機関
でいる名門のジュリアード音楽院(ニューヨーク)へ。

でも彼女の所属するマネージメントかなんかのプロフィールを見ても、
両親のことや夫のことは何ひとつ書かれていない。
しかし十数年前の週刊誌の記事によると、あの夫婦の仲は冷え切って
いるそうな。

428 :無名草子さん:03/08/17 22:14
ジュリアードって高校中退でも入れるのか?

429 :無名草子さん:03/08/18 22:21
>427
でも紘子さんのエッセーのゴーストなんでしょ??
アルゼンチンまでもぐりたいとかにも仲良さそうに書いてるけど・・。
仲悪いなら良さそうにふるまう必要もないと思うんだけど、
ハイソサエティの人はそういうもんなの?

430 :無名草子さん:03/08/19 07:52
赤頭巾読んだ。お手伝いさんがいて、なんか裕福そうな生活。親が何してんのか、
あにきは今ごろ官僚とかにでもなってんじゃねえのか、とか興味はつきない。

431 :無名草子さん:03/08/19 10:45
作中の「薫クン」のモデルは福田章二の弟と聞いたが。

432 :無名草子さん:03/08/19 10:46
それより、福田章二名義で小説を書くことをやめ、庄司薫名義で書き始めるまでに何をやって暮らしていたのか気になる。

433 :無名草子さん:03/08/19 11:27
>>428
ジュリアード音楽院へは、途中編入したんでしょう。
ま、五嶋みどりは小学校を卒業してからジュリアードに
入りました。
あそこは中学〜大学院まであるみたいですし、だから紘子
さんは高校に相当する学年に編入したのでしょう。

ちなみに多くのジャズマンを輩出したボストンのバークリー
音楽院は高卒でないと駄目だそうでつ。(優秀なら高校中退で
も特別に受け入れるらしいが)

434 :無名草子さん:03/08/19 22:20
>432
ほんとにね!収入はどこから???親掛かり?んで、結婚して嫁掛かり?
究極のパラサイトだね。薫たん。
 ところで知人がうそかほんとかわからんがフランスの音大に行くと言ってたが
国内コンクール入賞経験なし、都立三田高校卒、フランス語まったくダメで
いきなり行ける音大ってあるのか?

435 :無名草子さん:03/08/21 08:42
庄司薫あげ

436 :無名草子さん:03/08/21 13:56
>>434
フランスの場合、音大というより音楽院(コンセルヴァトワール)
というところへ逝くのだそうでつ。

437 :無名草子さん:03/08/21 21:28
音楽院の入学資格は?中卒でもOKなの?
そんでもって紘子たんの学歴って結局中卒?

438 :無名草子さん:03/08/21 21:54
ところで、どうも庄司薫特集を掲載した江古田文学(53号)の評判がよろしくない。
編集者の全体構成もどこか外していて読めば読むほど不満感のみが残るだけだ。
それに寄稿している者も完全に筆負けしており、そもそも庄司薫を語るなんているのは、
無理だったんじゃないのだろうかと思う。

江古田文学を三田文学のイメージで考えると、頭が凍りつくくらいサムイものを感じるのは
自分だけではないだろう。

ああ。

439 :無名草子さん:03/08/21 22:10
比べるなら三田文学というより、駒場文学だな。
これなら、まさに月とすっぽんということじゃな。

440 :無名草子さん:03/08/21 22:13
現役女子高生ですが、相当遊んでいるのでしょう。性感帯はかなり敏感でアヘアヘ状態です。
少し淫乱系なのか、快楽に対してかなり貪欲です。
ビラビラなども肥大気味で性生活を垣間見ることができます。
騎乗位で挿入されながらクリトリスを剥き出しにするシーンは個人的に気に入りました。
結合部のアップシーンが豊富で非常に楽しめる作品です。
援交女オンリー 。今すぐ無料ムービーをゲット!!
http://members.j-girlmovie.com/main.html

441 :無名草子さん:03/08/21 23:57
age

442 :無名草子さん:03/08/22 20:36
そうそう、江古田文学じゃ期待はもともとできないでしょうね。

もっとちゃんとした庄司薫特集を企画できる雑誌はないのかしら。
例えば中央公論なんか、期待できそう、たぶん、ね。

443 :無名草子さん:03/08/22 20:50
中央公論、期待できそうだけど、庄司薫というよりもフクダショージ本人に
興味のあるファン層もあなどれない(買い手として、ね。)から、中央公論じゃ
硬すぎるのではないかな〜。どうだろ。

444 :無名草子:03/08/22 20:55
そうかしら、文春のクレアなんかじゃどう?

445 :無名草子さん:03/08/23 10:16
江古田文学をけなすなら名を名乗れ。

446 :無名草子さん:03/08/23 16:16
江古田文学の庄司薫特集、妙な批評をだらだら載っているだけじゃないの。
江古田文学ってこの程度の雑誌かと思いますが、何か。

447 :無名草子さん:03/08/23 20:55
>444 今のクレアの読者で庄司薫を知ってる人間なんて、一割もいないと思うが。

448 :無名草子さん:03/08/23 21:55
そうか、やはり文芸春秋か。
そうだよな。

449 :無名草子さん:03/08/24 12:57
文芸春秋だろうね。

450 :abc:03/08/24 14:27

おかねもうけ情報見つけました

http://pocket.muvc.net/job/index.html


451 :無名草子さん:03/08/25 00:51
おーい、庄司薫やーい。
いま、どうしてる?
いそがしい?
いま何の本読んでる?
きのう何食べた?
いいことあった?



452 :無名草子さん:03/08/25 18:52
age

453 :無名草子さん:03/08/28 07:38
ビデオで赤ずきんちゃんみた。見終るまで、薫くんは石坂浩二が演じてたと
思いこんでた。そっくりー。

454 :無名草子さん:03/08/29 01:11
>>453
今も似ている。
http://www.minaminippon.co.jp/2000picup/2002/08/jpgs/30-01.jpg

455 :無名草子さん:03/08/29 21:40
岡田裕介だね。
映画『赤頭巾ちゃん、気をつけて』は、よかった。
本当に高校生だった僕の人生を変えた映画だっだよなあ。

456 :無名草子さん:03/08/30 07:27
>>454
わあほんとだ〜。赤頭巾ちゃんに載ってる薫くんの写真ともイメージ近かったから
今の薫くんもこんなかな〜?
>>455
いい映画だったね!原作のある映画って賛否両論だと思うけどよかったわ。

457 :無名草子さん:03/08/30 09:08
>>455
彼は東宝の重役しても知られるが、それより女優吉永小百合の長年の愛人としてのほうが有名だ罠。

458 :無名草子さん:03/08/30 17:51
重役ではなく、すでに社長になったんだぜ。
ところで、吉永小百合の愛人だったっていうか、アッシーじゃなかったか?

459 :無名草子さん:03/09/01 22:45
>>457

女優吉永小百合の長年の愛人・・そのはなしは、初耳だなあ。ホントか?

460 :無名草子さん:03/09/02 08:41
>>457
結婚する前?吉永小百合夫婦も不仲なの?なんかショックだ。。。
庄司さんと紘子さんは浮気してないわよね??

461 :無名草子さん:03/09/02 09:20
>>457
東宝だっけか? 岡田茂の息子だから東映では? 

462 :無名草子さん:03/09/02 10:17
毎日芸能ニュース
http://www.mainichi.co.jp/entertainments/geinou/0205/29-03.html

東映の新社長に岡田剛氏

 ◆東映 岡田剛氏(おかだ・つよし)73年慶大商卒、88年東映入社。
00年6月から常務。東京都出身、53歳。(6月27日就任。高岩淡社長は会長、
岡田茂会長は相談役に。新社長の剛氏は茂氏の長男で、「岡田裕介」の芸名で
俳優デビュー後、フリーの映画プロデューサーなども務めた)

(毎日新聞2002年5月29日東京朝刊から)

463 :無名草子さん:03/09/02 10:46
自分としては岡田裕介より
NHK銀河テレビ小説版『白鳥の歌なんか聞こえない』の
荒谷公之のほうが薫君のイメージに近い。
ヒロインの仁科明子もかわいかったし。

464 :無名草子さん:03/09/02 13:32
>>460
吉永小百合は以前若かりし頃の青春の思い出話として、「大岡越前」
で知られる加藤剛に片思いしていたことを語っていました。
でも加藤には婚約者がすでにいたから、付き合うに至らなかった
ということなのですが。
まぁこんなことより結婚前の吉永小百合の恋愛で一番しられている
のは「西部警察」あの渡哲也で、これは結婚寸前までいったらしい
です。
でも結局渡哲也が吉永小百合を振ったのは、やはり異常にウルサイ
吉永の両親を嫌った為とのこと。
で、岡田裕介との仲は彼女が結婚してからのようで、約20年
ぐらい前から現在に至るまで、数年おきに週刊誌で話題になる
割と有名な話なんです。
そして吉永小百合は10年ほど前に、旦那と別居説が浮上したくらい
ですから、夫婦関係は崩壊しているかもしれません。


465 :無名草子さん:03/09/02 21:13
ところで吉永小百合は、都立駒場高校に入学したんだが、仕事が忙しく、
出席日数が足りないため、やむなく精華に転校したんだな。

駒場のOGには加藤登紀子などもいるのだが、小百合は可愛かったようだぜ。

466 :無名草子さん:03/09/02 21:49
ジジイ

467 :無名草子さん:03/09/02 21:50
>>465
精華学園高校出身の有名人と言えば、吉永小百合に美空ひばり。
(あぁ、どんどん話がスレからズレていく)

468 :無名草子さん:03/09/02 23:53
どうも庄司薫は、あらたな執筆計画をちゃくちゃくと進めているらしい。

469 :無名草子さん:03/09/03 10:18
昨日、国道21号線(岐阜)で大和運輸(?)運転手庄司薫とあるのを見た。
サリンジャーならあるかなとも思うが、まあ、ないでしょうね。
親が「薫くん4部作」のファンで、たまたま名字が庄司だったのだろうか。
とあれば、親の思いは届いたのか、届かなかったのだろうか。

470 :無名草子さん:03/09/03 14:38
赤と白で薫君役の岡田氏も日比谷高出身です。
(ちなみに、大学は友人の小林君がいったと思われる慶応です。)


471 :無名草子さん:03/09/03 15:00
吉永小百合はヤリマンで、数回堕胎したせいで、子供が産めなくなった
らしい。

「松茸は舐めてしゃぶってまた舐めて」
これ、文士が集まった句会で吉永小百合が詠んだ句。
ソースは大昔の週刊文春。

472 :無名草子さん:03/09/04 19:31
>>463
おぉ!あのドラマを知っている方が・・・なつかしい。
自分も荒谷公之さんの方が繊細な感じで、声もよかった。
当時ビデオなんかないので、マイクでテープに録音するほど好きでした。

友達から薫さんの本を借りて一気に全部読んで、完全にはまりました。

川端康成が芥川賞の選考委員で、「赤頭巾ちゃん気をつけて」のことを
「読みあぐねた」と評したことは既出でしょうか?

473 :無名草子さん:03/09/04 20:26
川端康成は、森茉莉も言ってたけど、美しい叙情文学ってんじゃなくて
病的なまでの魔とエロとエグさで書いてる人だから、薫くんの育ちのよさ、
女性に対してのクールでスマートでありながら女受けよさげな距離感なんかに
うそっぽさを感じたのかしらー?
 

474 :無名草子さん:03/09/05 00:57
やめてくれ・・
私は、岡田裕介が好きだった。
あの体型も雰囲気も。
知りたくなかったなぁ。

475 :無名草子さん:03/09/05 01:14
サユリさんて早稲田時代(二部ね)中尾彬に夢中になってたらしいね。

476 :無名草子さん:03/09/05 10:45
小百合さん、加藤諦三とも深い仲だったと聞いたが。
スレ違い、スマソ。

477 :無名草子さん:03/09/05 18:52
小百合さん、渡テツヤとも??

478 :無名草子さん:03/09/05 19:13
>>477
そうでつ。
でも渡哲也には青山学院大時代から付き合っている同窓生の
恋人(ちなみにこの人は現在の渡哲也の奥様)がいて、一時期は
吉永小百合と二股をかけていたこともあります。
で、結局渡哲也が現在の奥様を選んだのは、奥様の実家の両親が
大変渡哲也を気にいっていて、特に父親(大手企業の重役だった
そうです)の方が、彼のことを息子のように可愛がったからです。
それに引き換え吉永小百合の両親は、娘可愛さのあまりエキセン
トリックで性格が大変悪いので有名だったので、さすがの渡哲也も
吉永小百合との結婚妻を断念したみたいです(藁。

479 :無名草子さん:03/09/05 20:39
>>472

>川端康成が芥川賞の選考委員で、「赤頭巾ちゃん気をつけて」のことを
「読みあぐねた」と評したことは既出でしょうか?

いいや、初出だよ。そういえば三島の賞賛に対して、川端のコメントに
がっかりしたことを思い出した。
思えば、後に自殺した川端はもう、この時に終わっていたんだなあと感じる。


480 :無名草子さん:03/09/06 01:30
花田清輝が『赤頭巾ちゃん』を評価したというけど、
どういう評価だったの?

481 :無名草子さん:03/09/06 07:25
>>478
レスありがとうございます!今共演することの多い二人を見て、いろいろ考えてしまいますわ〜

482 :無名草子さん:03/09/07 10:15
庄司薫はだれが好きなんだ?


483 :無名草子さん:03/09/08 02:50
「作品は作者と切り離して評価すべきだ」という意見があるが、庄司薫の場合は作者への興味と
作品への関心を分けて考えることが難しそうに思える。

484 :無名草子さん:03/09/08 09:04
>>483
そうねえ。ペンネームと主人公の名前が一緒だし、著者の写真がかっこいいし、
作品中の薫くんに、どの俳優さんよりぴったりだもんねえ。
 誰か、このテーマで卒論書いてないかな?見せてほし。

485 :無名草子さん:03/09/10 06:35
結構、いるんじゃないかしら。
あなた、見たい?

486 :無名草子さん:03/09/10 12:28
『赤頭巾ちゃん』9/12まで上映中
ttp://www.musashino-k.co.jp/eiga/nakano_iv/moritanishirou.html

487 :無名草子さん:03/09/10 18:17
>>485
出来のいいのならみたいわ〜。できれば親戚の子とか、内容の濃いのが一番だけど、
あとはマニアックな薫さんファンで、ストーカー気味に調べまくったやつとか。

488 :無名草子さん:03/09/12 07:40
薫さんは結局三省堂の重役のむすこってことで良いのでしょうか?


489 :無名草子さん:03/09/14 01:07
そうなの、この辺の裏づけ情報がないのよね〜。
誰かしらない?

490 :無名草子さん:03/09/15 21:44
三省堂の元専務の息子であることは間違いない。
福田章二が駒場文学の部長の頃、活版化の際、印刷を横浜刑務所に依頼する
ことになるのだが、当時の記録にもその旨の記述があるんだ。

491 :無名草子さん:03/09/16 01:04
駒場時代の友人の証言。文2(今の文3)で庄司薫は400人中1位だったというのだから凄い。

ttp://plaza19.mbn.or.jp/~tytya/KOMABA.html

ま、橋本治に言わせると「文3から法学部に行きたがるのは、これはもう絵に描いたような嫌な奴ばっかり」
ということになるのだがw

492 :無名草子さん:03/09/16 01:34
「赤ずきんちゃん気をつけて」が出版された当時、表紙のデザインや
冒頭の記述が(それに今ではなれっこになっていて感じないけど、この
タイトルの“音感”自体も)「ライ麦畑でつかまえて」とそっくりだったんで
パクリ疑惑が出たのだが、障子さんは「ははは、だね」と一笑に付したそうです。
図星だったんで、決まりが悪かったんでしょうね。

493 :無名草子さん:03/09/16 03:13
東ドイツのウルリヒ・プレンツドルフという作家も「若きWの新たな悩み」という小説を書いているね。

題名はゲーテを意識しているが、内容は「ライ麦畑」のパクリ。どうやら各国に模倣者がいたらしい。


494 :無名草子さん:03/09/16 08:28
>>490
サンクス!!


495 :無名草子さん:03/09/16 18:05
>>491
わあ〜薫さんってやっぱりもてたんだね〜。ダンスパーティーのとこなんか
さすが、やっぱりねって感じ。
 ところでどなたか中村紘子さんの若いころの写真アップして下さらないでしょうか。
今もかわいらしい顔してるけど、あの髪型は若い(結婚前)ころからなのかしら?
それはちょっと・・と思うのだけど。

496 :無名草子さん:03/09/17 21:02
>>495
きれいだよ。紘子さん。
http://www.chopin.pl/imprezy/konkursy/c7.html


497 :無名草子さん:03/09/17 21:19
ここに最近の庄司さんがでている。bSの犬のところ。
・・・・かっこよくない・・・。
http://dwcj.circle.ne.jp/photo1.htm

498 :無名草子さん:03/09/17 21:36
これなんか、結婚した当時に近いころの写真だと思うけど・・。
http://adagietto.cool.ne.jp/pianoix/m/music01.html

499 :無名草子さん:03/09/18 00:05
>>497
まあ、すごい。この写真は、ファン必見だわ。

500 :無名草子さん:03/09/18 00:26
>>497
コメディアンでこういう顔したのがいたような気がする。

501 :無名草子さん:03/09/18 07:15
>>497
ショック!!大ショック!!薫さん小っちゃい!!!
でもやっぱり黒のタートルネックなのね。
 若いころの写真、とくによく撮れてるのを著者近影としてだしたのかしら?

502 :無名草子さん:03/09/18 18:28
>>501
ひろこたんがでかいのではないかと。

503 :無名草子さん:03/09/19 21:45
もっと薫クンの写真が見たいです!
ね、見たい、見たい、見たい。


504 :無名草子さん:03/09/20 07:57
最近のは、もういいよう。
若い頃の薫さんが見たい。

505 :無名草子さん:03/09/20 08:17
かの有名な紀尾井町・福田家の令嬢・福田郁子さんは、東京新聞が中日新聞
に吸収された頃、東京新聞が作った東京社が主宰する雑誌『綜合ジャーナリズム研究』
の座談会に福田章二氏を招いていたようだ。

ところで、福田郁子さんと福田章二氏の関係は何なのか、どなかかご存知ですか?


506 :無名草子さん:03/09/20 11:17
「福田章二氏を招いていたようだ」ということは庄司薫の名前でデビューする前にということ?

507 :無名草子さん:03/09/20 12:17
そうだよ。

508 :無名草子さん:03/09/21 14:06
庄司薫は学生の頃、新大塚に住んでいたようだな。

509 :無名草子さん:03/09/21 14:10
「芥川賞作家だった庄司薫氏、エイズで死去」
・・・こんな記事が、そのうち新聞に載るのかな。

510 :無名草子さん:03/09/22 03:28
なんでエイズだ。

511 :無名草子さん:03/09/22 06:49
亡くなる前にもう一回作品を発表してくれ!!

512 :無名草子さん:03/09/22 09:48
『ダ・ヴィンチ』のP163に、赤頭巾ちゃん及び庄司氏の批評が出ている。
これはかなり射的の批評と思われ。

513 :無名草子さん:03/09/22 18:17
>>512
忙しくて本屋に行けない。
お手数ですがざっとupしてくださらぬか。

514 :512:03/09/22 19:01
要約……といってもやや長めですが。

◎普通の青春小説は世界に×をつけていく話。比較される『ライ麦〜』なんかが典型。薫君は世界に○をつけようと頑張った。それでも世界への憎悪に押し潰されて、いまにも×をつけそうになるんだけど、ギリギリのところで踏みとどまる。その展開が好き。
◎弱みとか欠点とか劣等感をどぎつくオーバーに拡大するものがウケる、狂気の時代が来るって予言するところは当たった。いまのベストセラーの大半がそう。
◎中村紘子さんと「優雅にショパンなど弾きながら暮らそうかなんて思ったりもするわけだ」の予言も当たった(笑)。
◎サリンジャーは読み継がれて、庄司氏をきちんと語る評論家がいないのは不自然。庄司氏があの文体を発明したから村上春樹が登場できた。伴走するすぐれた評論家を持てなかったのが悲劇。

浅賀行雄氏による似顔絵もついています(黒トックリじゃないところが玉に瑕)。

515 :512:03/09/22 19:17
因みに(C)「百年の誤読」という対談のコーナーです。
著者は岡野宏文氏×豊崎由美氏で、リテレールの別冊でやはり辛口の対談を
やっていたコンビですね。

516 :無名草子さん:03/09/23 00:52
>庄司氏があの文体を発明したから

って、あの文体はそもそも野崎孝訳サリンジャーの亜流だろ。

517 :無名草子さん:03/09/23 02:17
>516
お若い人、うすっぺらいなあ。

庄司氏、15年くらい前に東京農工大の講演会で見ました。
猫のはなしをしてた。
そのころは、薫くんが中年になったって印象でしたが。

518 :無名草子さん:03/09/23 02:23
>>517
>野崎訳の『ライ麦畑』は1964年に出版されて以来、その新鮮な訳で一世を風靡し
>(ちょっと古いけど、当時の感覚としてはこうだと思う)、多くの人々に読まれてきた。
>この野崎訳に影響を受けた日本の作家は少なくなく、庄司薫が芥川賞受賞作
>『赤頭巾ちゃん気をつけて』を出版したとき、「文体の剽窃」であるとして訴訟になった
>のは記憶に新しい(いや、新しくない人も多いかもしれない)。

http://www.hico.jp/ronnjya/honyaku/kanehara/17.htm

訴訟の原告は誰だったんだろう。まさか野崎孝?

519 :512:03/09/23 11:01
「あはは、だね」
ということで。

520 :無名草子さん:03/09/23 12:23
かりに剽窃だったとして、それで四部作の価値が下がることはないと思うけど
なあ。
たしかに『ライ麦』を意識しただろうけど、514にあるように、世界にバツを
つけるやりかたはいかがなものか? という批評精神があってのことだと思う。
だから、剽窃というより「本歌どり」ということではありますまいか。

521 :無名草子さん:03/09/23 16:42
サリンジャーをジャクソン5とすれば、庄司薫はフィンガー5のようなものだな。

猿真似は日本人の常。

522 :無名草子さん:03/09/23 17:44
「ねえ、キミ、スペーススキッパーって書いてあったけど、
あれ、ワーパーのことかい?」


523 :無名草子さん:03/09/23 17:46
ワーパーって何ですか。

524 :無名草子さん:03/09/23 17:58
↑例えに激しく笑ってしまった_| ̄|○
ていうかこのスレ2年も続くとは…
たてた本人見てるのかね…?

525 :小庄司薫:03/09/23 19:40
>>524さま

>ていうかこのスレ2年も続くとは…
たてた本人見てるのかね…?

はい、ちゃんと見てますよ。
それにしても、続きますね、みなさまのお陰です。
いやいや、まいった、まいった。


526 :無名草子さん :03/09/23 23:00
やはり、庄司薫さんって幸せだなって思う。
いつまでもファンに愛される作家であってほしい。


527 :無名草子さん:03/09/24 04:24
庄司薫は1970年に「題名のない音楽会」に出演したらしい。ビデオが残っていたら
ぜひ観たいものだ。

>04/10
>岩城宏之裁判(庄司薫ほか)昨年10月、NHK交響楽団の指揮者岩城宏之が三善晃
>「管弦楽のための協奏曲」の演奏後、観客に「義理の拍手はやめて欲しい、
>良いと思ったら盛大に拍手を」と発言し賛否両論を巻起こした。今夜はそれを
>テーマに岩城宏之を被告、皆川達夫検事、石丸寛弁護人、黛敏郎裁判長、羽仁進、
>庄司薫の証人などで音楽裁判を展開する。劇中に、三善「管弦楽のための協奏曲」ほか、
>武満徹「テクスチュアズ」、ベルリオーズ「断頭台への行進」を演奏する。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/johakyu/daimei.htm

528 :無名草子さん:03/09/24 05:31
中央公論新人賞受賞当時の写真。何か変。

http://www.linkclub.or.jp/~tokoro/people/syouji/jyusyo.html

529 :無名草子さん:03/09/24 05:39
庄治薫って、日比谷高校で江藤淳とか、坂上弘とかの同級生なんだってね。
あと、民主党の江田五月とは、東大の丸山ゼミで同窓。

530 :無名草子さん:03/09/24 05:44
江藤淳とはちょっと年齢が違うと思うが。

531 :無名草子さん:03/09/24 07:05
>>529、530

>>93,94,172
あたりを中心にご覧乞う。



532 :513:03/09/24 08:17
512たん、ありがとう!お手数かけましたね^^

533 :512:03/09/24 09:15
>513
You're welcome.

534 :無名草子さん:03/09/24 11:33
>○
これはカドでワだから、おどかすって意味になるんだ。

庄司さん、原始的な顔文字?まで発明していたのね。

535 :無名草子さん:03/09/24 13:22
>>495
ヒロコさんの爆発したような髪型は、私が小学校の頃からだから
まぁ30年近く前からほぼ同じですね。(多少変化はあっただろう
けれど)

536 :無名草子さん:03/09/24 18:37
>>495
>>535
下記のHPのモッコリヘアガールズに紘子さんがでてるよ。笑えるの。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/monamour/hair/

>>525
あの有名な庄司薫HPのマスターだね!がんばってね!更新楽しみにしてるなり。

537 :無名草子さん:03/09/25 00:52
どうでもいいが「モッコリヘア」とはいやらしい言葉だと思う。

538 :無名草子さん:03/09/25 01:34
すでにこの中に、庄司薫氏ご本人のかきこみがあるという情報を得たyo。
な〜るほどなり。


539 :無名草子さん:03/09/25 05:19
文芸編集者をやってる友人(熱烈なファン)に「そんなにファンなら何で庄司
さんにアタックしないんだ」と、聞いたら、「ファンだからできないんだ。特
に『白』なんかを読んでおいてだな、臆面もなく原稿依頼できるようなら、作
品が読めてないんだ。つまり本当のファンならそっとしておくような、『編集
者のジレンマ』的な仕掛けが、庄司作品には周到にめぐらされておるのだ」
と言ってました。

540 :無名草子さん:03/09/25 05:41
http://esenden.com/rank/network/ranklink.cgi?id=mercury

541 :無名草子さん:03/09/25 07:38
>>538
実は>>1が庄司薫当人で、ここ書き込みの8割は庄司薫による。

542 :無名草子さん:03/09/26 06:17
>>541

それは、違いますよ。

543 :無名草子さん:03/09/26 23:15
9割5分、が正しい。

544 :無名草子さん:03/09/27 01:16
くだらん。

545 :無名草子さん:03/09/27 08:24
じいさんなのにPC使えてエライな。腐っても東大か。

546 :無名草子さん:03/09/27 19:37
>>545
うちのじいさん中卒だけどパソコン使ってます。

547 :無名草子さん:03/09/28 10:56
>539

本当のファンならそっとしておくようなところかも・・・それは、そうだね。



548 :無名草子さん:03/09/28 14:43
>>547
ありがとう

549 :539:03/09/28 16:17
>>547,548
(^-^)

550 :無名草子さん:03/09/28 17:26
議員は落選すればタダの人なのに、作家は新作を出版してなくても肩書きは「作家」なのかね。

551 :無名草子さん:03/09/28 19:48
まあ、作家と議員は比較できないんじゃないかな。
もっとも、庄司薫さんなら、当選まちがいなしだが。

552 :無名草子さん:03/09/28 19:51
ところで小堺一機は、むかし庄司薫のファンだったと思うが、
その後、どんな読書遍歴を辿っているんだろう?

553 :無名草子さん:03/09/28 20:36
今の肩書きは「無職」もしくは「元作家」だろ。

554 :無名草子さん:03/09/28 20:56
>>550,551,553
だから?

555 :無名草子さん:03/09/29 06:50
>>553
ちが〜うよ〜
「ピアニスト中村紘子さんのご主人」でしょ〜。

556 :無名草子さん:03/09/29 07:47
ちが〜うよ〜
「カレーおばさんのヒモ」でしょ〜。

557 :無名草子さん:03/09/29 23:59
たとえ表面では棒ふり学生がいくらデカイ顔したって、世の中が何て言ったって、
お前の惚れた先生やなんかがビクともしないことぐらいは分かっているんだ。


558 :554:03/09/30 01:32
>>557
そうですね。「シェークスピアファンの宝塚的フンガイ」でした(^^)。感謝。

559 :無名草子さん:03/09/30 08:20
「〜やなんか」は野崎訳サリンジャーに頻出する表現だね。

560 :無名草子さん:03/09/30 22:18
むかつくむかつくむかつく死ね死ね死ね死ね死ね

561 :無名草子さん:03/10/01 01:09
むかつくのは「世界」と対峙する知性がないからだよ。勉強しよう。

562 :無名草子さん:03/10/01 02:37
ルサンチマン・バカと大阪のオバチャンには、有効な言葉はひとつもないよ。
スルー。

563 :無名草子さん:03/10/01 02:50
このスレッドのことがen-tax秋号巻頭の無名抄Columnに取り上げられても
だからといってスレの雰囲気が一向に変化のないところが「ははは、だね」

564 :563:03/10/01 02:54
>>563
ごめん、タイポ。
扶桑社から出ている「en-taxi(エンタクシー)」の秋号(創刊第3号)ね。

565 :無名草子さん:03/10/01 09:48
忘れられかけた作家が匿名掲示板で自己宣伝に必死(´,_ゝ`)プッ

566 :無名草子さん:03/10/02 00:01
自己宣伝してなんになる?自己宣伝じゃないでしょう。全然本書いてないんだもん。
読者増やして印税ゲットって思っても、あれだけ本だしてなきゃ新規の読者は皆ブックオフとか図書館利用でしょう。

567 :無名草子さん:03/10/02 00:34
文学的虚栄心と自己顕示欲

568 :無名草子さん:03/10/02 01:30
悔しかったら新作書いてみろバーカ。

569 :無名草子さん:03/10/02 18:48
本当に本人が来ているとしたら早く死んだ方がいいね。
2ちゃんなんて、それこそ庄司氏の軽蔑する「絶対値競争」でチンコの出し合いの
世界じゃなかったの?

570 :無名草子さん:03/10/03 18:55
>>569「2ちゃんなんて、それこそ庄司氏の軽蔑する「絶対値競争」でチンコの出し合いの
世界じゃなかったの?」
ごめん。よく考えたんだけど、意味わかんない。もっとやさしく言ってみてくれるかな?


571 :無名草子さん:03/10/03 22:08
>>570
当人登場

572 :無名草子さん:03/10/04 01:38
2ちゃんのスレは、一般世間では通常はばかれるような内容のことも
平気で晒しあい、あえてそのドギツサの程度を競う性格を持つ、
という意味。(98字)

573 :無名草子さん:03/10/04 20:15
>572
まあ、そんなこというなよ。
そっと配慮差し上げることが、最高のファンなんだな。


574 :無名草子さん:03/10/05 00:43
あ〜もう、小林クンがまた泣いちゃうよ・・・

575 :無名草子さん:03/10/05 08:18
小林だけど、何かあった?


576 :無名草子さん:03/10/05 20:28
>572
2ちゃんだって平和にまったりといきたいときあるじゃないか・・・

577 :無名草子さん:03/10/06 10:29
>576
賛成。よって中島はスルーでいきましょう。

578 :無名草子さん:03/10/07 03:15
ぼくも賛成。そっとしておくのがいい。

579 :無名草子さん:03/10/09 09:19
東北地方の寒村の、白鳥が営巣してる湖に中村紘子氏が訪れたんだそうな。
「こんなに静かなところでしたら、白鳥もゆったりできていいですね」
 と感想を述べたところ、案内役のおじさんが、
「大丈夫。白鳥は不味いから誰も食べん」
 って答えたそうな。

580 :無名草子さん:03/10/10 01:05
白鳥の肉なんかたべない

581 :無名草子さん:03/10/10 08:08
カレーのコマーシャルに一緒に出たら良いのに

582 :無名草子さん:03/10/10 13:00
なんで子供いないんだろ。いたら今ごろ父のことでもエッセーに書いただろうに。

583 :無名草子さん:03/10/10 22:28
家族としてのいぬとねこがいる。
うるめ・ごまめ、たばこ、やめた・・・わかる?

584 :無名草子さん:03/10/11 01:12
サリンジャーの娘は自動車整備工から転じてオクスフォードで博士号を取得した変り種

585 :無名草子さん:03/10/11 01:53
>575
桜餅は無いけどまあ、茶でも飲め。




586 :あなた小沢さんとキスした?なんてね:03/10/12 01:18
1972年二子玉川に住んでた。14歳。
多摩川を渡った高津の映画館で
「白鳥の歌なんか聞こえない」をみた
映画の最後に近い場面で由美の部屋から見た夜景は
二子玉川の富士観会館のサーチライトだった
その他の風景は原宿の山手線の線路脇など

その後、原作の庄司薫の作品を概ね読んだ。
赤頭巾ちゃん気をつけて
狼なんか怖く
喪失

青髯
岡田裕介と印象がだぶる
もう70歳近いのか。
俺も46歳か

587 :無名草子さん:03/10/15 17:31
「猫語」の文庫版解説、中村紘子「私も猫語が話せるわけ」
正直、恥ずかしい。

588 :無名草子さん:03/10/16 01:03
どして?

589 :無名草子さん:03/10/16 17:59
>>587
猫語、どうしても手に入らん。どして恥ずかしいのか?

590 :無名草子さん:03/10/17 20:09
Netの古本屋はどうよ?

591 :無名草子さん:03/10/19 11:28
村山由佳は、かなり庄司薫の影響受けていると思う
>おいしいコーヒーの入れ方

592 :無名草子さん:03/10/20 07:43
よくレポートの枚数かせぎで書いたよ
>おいしいカレーの作り方

593 :無名草子さん:03/10/24 02:08
あげておこう

594 :無名草子さん:03/10/24 16:30
「どこか古典派」でパソコンについて出てくるのが
すげおもろかった。スカジーがオーエスビーになるってな。
そうかこれもカオルタン書いてんのか。。。


595 :無名草子さん:03/11/10 19:11
さ・さがってる!あげあげ。
で、けっきょくかおるたんは三省堂の重役の息子でいいんだね!

596 :無名草子さん:03/11/11 10:58
伝記的な事実がこれほど知られていない作家も珍しいね。

597 :無名草子さん:03/11/12 03:30
あげます。

598 :無名草子さん:03/11/12 17:16
既出かもしれないけど、ここに庄司薫と駒場文学の同級だった人のホームページが
あります。福田君の駒場時代のエピソードや法学部進学に至った筆者の推測など
が載っていて、なかなか面白いですよ。
http://plaza19.mbn.or.jp/~tytya/C.C.C.INDEX.html

599 :無名草子さん:03/11/14 18:42
確かに面白かった。いい友達もっていたな、福田は。
ほかには、センパイだけど、粕谷とかな。

600 :無名草子さん:03/11/16 21:01
白鳥に出てくる小沢さんのおじいさんって、モデルがいるんだろうか?
現時点では井筒俊彦がピッタリする気がするんだが、、、。

601 :無名草子さん:03/11/22 18:59
あげておく!

602 :無名草子さん:03/11/22 19:04
>>600
これは林達夫じゃないの?

603 :無名草子さん:03/11/26 14:43
おもしろい。
いまだに庄司薫は生きているんだ。
ゴースト稼業なのかな。

604 :無名草子さん:03/11/28 22:55
587ではないけど、あの脱力解説読むと
中村紘子女史専属ゴーストライター説に禿げ同してまうな〜

605 :無名草子さん:03/11/29 03:27
中村紘子の文章って、一連のエッセイ集を読む限りじゃかなりのものだが、エッセイ集に収録されないような雑文を読んでみると出来映えが全く違うからね。

606 :無名草子さん:03/11/29 09:35
>>600
小林秀雄だと聞いたことあり。

607 :無名草子さん:03/12/03 20:27
あげじゃ。

608 :無名草子さん:03/12/05 12:28
赤頭巾ちゃん気をつけて
http://that.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1069663012/


609 :無名草子さん:03/12/07 15:57
うぎゃーーーーー!!!!!
本日、幻の一品ゲットしますた。
某所でお手手のマークがついてます(w

610 :無名草子さん:03/12/18 16:54
>>398
ケネディかよ!

611 :無名草子さん:04/01/09 08:26
庄司薫氏は、元気にされているかな?
紘子たんは、いつも、元気みたいだが・・・・。
これは、この年代になると、圧倒的なパワーの差が出てくる、ということを示唆している。

612 :600:04/01/18 13:24
>>602
>>606
約二か月ぶりに書き込むわけだが、まあ、このスレならいいか、、、。
お二人の言う事はよく分かるのだが、小澤さんちの図書館(?)での
シーンでの英米独仏ギリシャ語にラテン語はては、パーリ語、っていう
語学のスーパーマンぶりは井筒俊彦しか思い浮かばないんだなあ、
年からいったら全然モデルとしてはあわないんだけど。
小林秀雄も林達雄もこんな語学のスーパーマンじゃあ無い様な気がするし
、、、。長文スマン。

613 :無名草子さん:04/01/18 22:17
世間から隠遁するところまでサリンジャーのパクリか、おい。
いくら猿真似しか出来ない日本人とはいえ重症じゃないのか?

614 :無名草子さん:04/01/19 06:17
庄司薫氏は元気みたい。
ああ、よかった。

615 :無名草子さん:04/01/31 09:10
元気なんだ。

616 :無名草子さん:04/02/20 21:10
そうなんだ。

617 :無名草子さん:04/02/20 23:13
久しぶりに庄治薫原作の映画のビデオを見た。
「白鳥の歌なんか聞こえない」「赤頭巾ちゃん気をつけて」

ご存知の方いたら教えてください。「白鳥の...」の映画で
繰り返し出てくる青い柵の小沢邸の壁の版画はなんですか?
なんか海辺か郊外の風景に棒を持った僧か宇宙服を着た人物
が佇んでいる変な絵。あれはなんですか?

618 :無名草子さん:04/03/06 22:42
今深夜,読売テレビで放送が,・・・。
「赤頭巾ちゃん気をつけて」
1:30〜3:26 読売テレビ Gコード(66217842)

619 :無名草子さん:04/03/07 15:46
録画した〜yo.


620 :無名草子さん:04/03/10 10:45
見たよ。
映画はあまり見ないから出来不出来はわからないけど、
話が主人公の心の機敏を描いたものだからか、
より詳しく書いてある、小説のほうがよい感じ。
自分は、この時代の邦画を見るのは初めてなので、
話というよりは、トレンドや文化を追って見てた。
文化大革命のスローガンは日本でも掲げられてたのか!とか、
七三分けとか・・・・
中尾彬は最後の補足文(?)が出るまで、どの役をやっていたかわからなかったわけだが・・・

621 :無名草子さん:04/03/10 11:43
あと、主役が石坂浩二に見えた。
声は長井秀和のとダブって、なかなか入り込めなかったw

622 :無名草子さん:04/03/13 16:33
そうなんだ。


623 :無名草子さん:04/03/13 16:50
庄司薫って、エイズに感染して死んだ作家だっけ?

624 :無名草子さん:04/03/13 17:09
北海道の田舎から上京した大学1年の4月、授業が終わり誰もいなくなった
教室で前の席にカバンが置き忘れていて、その中に「僕の大好きな青髭」
(中公文庫)があった。そのまま持ち帰って読み、一気にハマッタ。
そこに描かれている時代・風景に心底憧れたものだった。今に至るも、あの時代を
あれほど鮮烈に描いた小説をほかに知らない(つうかあれば教えれ)。
庄司薫、永遠の青春。青髭の持ち主、パクッてスマソ。

625 :無名草子さん:04/03/13 20:20
おいらもシビれたよ。あの時代に。
青髭は別格の一冊だ。

626 :無名草子さん:04/03/13 22:01
ガイシュツだろうけど,あの映画版「赤頭巾〜」の配役
庄司 薫・岡田裕介(現・東映社長)
下条由美・森 和代(森本レオ夫人)

627 :無名草子さん:04/03/17 14:56
ここのみなさんは、
鎌倉の大仏がいつ立ったのか知っていますか?

628 :無名草子さん:04/03/17 15:37
それは大事件だな

629 :無名草子さん:04/03/17 23:48
庄司薫さん、好きです。

630 :無名草子さん:04/03/21 08:06
で、いまどうしてるの?

631 :無名草子さん:04/04/11 01:06
age

632 :無名草子さん:04/04/11 01:33


633 :無名草子さん:04/04/15 23:43
もうすぐ(4/19)お誕生日ですね。

634 :無名草子さん:04/04/17 23:50
庄司薫さんと島田雅彦さんは俺の初期青春の文学体験だな。
今の十代ってなに読んでるのか、素朴に気になる。




635 :無名草子さん:04/04/20 00:06
お誕生日おめでとうございました。
毎年GWになると、「どっとくりだす」という言葉がアタマをぐるぐる回ります。

636 :無名草子さん:04/04/20 00:48
>>634
太宰治と筒井康隆は俺の初期青春の文学体験だな。
今の十代ってなに読んでるのか、素朴に気になる。


637 :無名草子さん:04/04/29 12:29
読んでるのは、蹴りたいオヤジだよ。

638 :無名草子さん:04/05/01 12:43
>>637
うーん 20点


639 :無名草子さん:04/05/01 12:46
蹴りたいもなか

640 :無名草子さん:04/05/01 18:11
「どっくとりだす」GWになったが、快傑黒頭巾なつかしいね。
黒頭巾に出てくる中村さんのモデルは誰だろうと疑問に思っていた。

丸山眞男先生という説もあるが、別に大山先生という設定の人物が丸山先生らしい。

とすると中村さんとは誰なんだろう?

60の会の関係者・・ご存知でしょうか?

641 :無名草子さん:04/05/02 01:15
子供ができたらサトシかアキラ(字忘れた)とつけよう
と思っていた、あの頃。

642 :無名草子さん:04/05/03 20:03
例の兄貴たちのなまえをつけようとしていたってことは、あなたも、つまり、昭和20年代はじめのお生まれなんでしょうね。
そう、東大入試中止ではひどい目にあって、京都や一橋にいってはみたものの、やはり東大を受けなおしたヤシが多かったんだなあ。
それにしても学校群なんていう前代未聞の悪政を実行した東京都教育長のオビトラオには頭にくるな!
旧制府立の名だたる名門校をぶっつぶした罪は大きいぞ、こら!!



643 :無名草子さん:04/05/03 23:00
>651
彗(さとし)と燦(あきら)よ。覚えておいてね。


644 :無名草子さん:04/05/03 23:01
>643
651→641では?

645 :無名草子さん:04/05/04 01:43
>>642さんより、ずっと後の世代です。
柴咲コウという女優が「80年代に青春を送りたかった」と言ったように
60年代にそういう思いを持っています。

>>643さん ありがとう。

646 :無名草子さん:04/05/04 03:38
おう、おやすいごようさ、ずっと後の世代のお若いべっぴんさん。
すかっといこうぜ、まっいいってことで。

647 :無名草子さん:04/05/05 14:05
駒場文学で一緒だった佐々木亨さんなら、庄司薫氏の近況をご存知だろう。
いかがお過ごしなのでしょうね。


117 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)