5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中学一年生に読ませたい本

1 :無名草子さん:04/02/28 06:20
国語科の教員です。いままでずっと高校で教えていましたが、
四月から初めて中学一年を受け持ちます。

そこで、中学一年生に読ませたい本を募集します。
書名だけでなく、できれば、作者名、出版社、思い入れなどもきぼん。

※書店や図書館で、現在でも比較的手に入りやすいものでお願いします。

>>2-5 補足など

2 :無名草子さん:04/02/28 06:20
ちなみに、マスコミの報道どおり子どもの活字離れは著しく、
高校では、授業で漱石や鴎外を取り上げる一方で、
読書課題のほうは、本来、小学校高学年〜中学生向けとされている
児童書、少年少女小説なども積極的に紹介していました。

3 :無名草子さん:04/02/28 06:39
[だからあなたも生きぬいて] 大平光代・著 [ゲーム27イヤーズオルド] 飯野賢治・著 [僕にできないこと。僕にしかできないこと。] 春山満・著 マジメな先生、我好感持

4 :無名草子さん:04/02/28 18:11
模倣犯

5 :無名草子さん:04/02/28 18:14
インストール

6 :無名草子さん:04/02/28 18:44
「エッチな気持ち」

7 :無名草子さん:04/02/28 18:49
ゴーマニズム宣言 戦争論 1,2,3

8 :無名草子さん:04/02/28 18:54
お、これは良スレな予感。
早速マジレス。


興味、関心「悪魔の辞典/筒井康隆、芥川の小説」

読む面白さ「星新一の小説」

といった感じ。
特に星新一は中一には読んでおいてほしい。
中二、中三で星新一はちょい遅い。


悪魔の辞典は筒井康隆のでなければいけない。
他のはゲロマズな訳。

9 :無名草子さん:04/02/28 19:00
超マジレス 

ショウーペンハウエル 読書について

10 :無名草子さん:04/02/28 19:24
さて>>1の受け持つクラスにリア房は何人いるでしょうか?

11 :無名草子さん:04/02/28 20:11
http://www.gazo-box.com/waracolla/img-box/img20031020015207.jpg


12 :無名草子さん:04/02/28 21:24
そろそろネタスレにしてもいい頃だろ

13 :無名草子さん:04/02/28 21:59
手始めに最近はやりの雑学本なんか読ませてみてはどうでしょうか。
興味のあるところだけ拾い読みできるので、
余計なプレッシャーなしに読んでもらえるのではないかと思います。
それから生徒たちが興味を示したものを調べて、
生徒の興味の対象にあわせた本を個別に紹介していく、と。
めんどくさいですし、文学作品などから離れて実用書のほうに
流れて行くような気がするので、
国語教師としては抵抗のあるやり方とは思いますが・・・

14 :無名草子さん:04/02/29 01:34
教育という事を考えて為になる本を選ぶよりも、
まずは本を読む楽しさを知って貰う方がいいかも。
中学一年ならまだ社会的なことに殆ど関心がないだろうし、
あまり硬い本を読ませても残っていかない気がする。

生徒に話を聞きながら決めてみてはどうですか。
中には本が好きな子もいるかもしれないから、
そういう子に意見を聞いたりするのもいいかもね。
とりあえずSFやファンタジー系とかでいい気もするな。

15 :無名草子さん:04/03/02 12:20
国語科の先生に推薦図書を薦めるなんて釈迦に説法も良いところではあるが、
せっかくのスレなのでざっと思いつく限り。四角マークは私見。

「僕はこんな本を読んできた」立花隆 文春文庫
■まず読書のあり方とは何かということを悟るには十分な一冊かと思われる。

文学なら私が中学時代に読んだのはモーパッサン、ヘッセ、芥川龍之介、井上靖
O・ヘンリ、サガン、遠藤周作(「沈黙」ほかキリスト教もの)、灰谷健次郎などもよく読んだ。
コナン・ドイル、モーリス・ルブラン、江戸川乱歩あたりの推理小説ものを薦めるのもよいかも。
単発で挙げると
「銀の匙」中勘助 岩波文庫
「ちいろば先生物語」三浦綾子 朝日文庫 (「塩狩峠」は中1では早いかな?)

詩集も良いかと。
中学生といえば北原白秋とか宮沢賢治とかかな?
「フランス名詩選」「ドイツ名詩選」岩波文庫 (対訳で読めるのが利点)

16 :無名草子さん:04/03/02 12:20
私の専門は音楽関係なのでその手のを数点。これはむしろ音楽の先生が薦めるべきか?

「ボクの音楽武者修行」小澤征爾 新潮文庫
「オーケストラは素敵だ」茂木大輔 音楽の友社ON BOOKS
■音楽家としての人生を志す生徒に薦める本

「音・沈黙と測りあえるほどに」武満徹 新潮社
(上記単行本のほか、「武満徹著作集」全5巻・新潮社の第1巻にも収録)
「人生の半ば」湯浅譲二 慶應大学出版部
「魂のランドスケープ」細川俊夫 岩波書店
■現代の日本人作曲家を代表する著者たちの生の考えを読む。

「シューベルト」前田昭雄 新潮文庫
(文庫本だがかなり丁寧な解説。著者はシューベルト研究の第一人者)
「ドビュッシーとピアノ曲」マルグリット・ロン 音楽の友社
「幸福だった私の一生」ダリウス・ミヨー
■作曲家伝記(ミヨーは自伝)として大変よく出来た本。

「名曲とっておきの話」宮本英世 音楽の友社ON BOOKS
「音楽史とっておきの話」武川寛海 音楽の友社ON BOOKS
「名曲ガイド101」志鳥栄八郎 音楽の友社ON BOOKS
■以上は「クラシック入門」として気軽に読める本。

17 :無名草子さん:04/03/02 13:37
SFやラノベで活字に親しむべきだと思うんですよ

18 :無名草子さん:04/03/02 22:34
山本有三なんかどう?

19 :無名草子さん:04/03/02 22:35
鉄拳


20 :無名草子さん:04/03/02 22:41
おまんこからしたたるすっぱくてチーズみたいな本

21 :無名草子さん:04/03/02 22:49
いまの中学生は活字なんてほとんど読まない子がほとんど
だろうから、とにかく読んで楽しいのがいいんじゃない?



22 :21:04/03/02 22:51
書きかけで送ってしまった…

昔読んでとびきり面白かったのは小林信彦の
オヨヨ大統領シリーズ。もう絶版だけど。


23 :無名草子さん:04/03/02 22:51
漏れの中学の頃は学校で推薦図書100冊てのを決めてプリントとして配っていたはずですが、
そういうのは>>1先生の学校には無いんですか?

冒険者たち―ガンバと15ひきの仲間 斎藤惇夫 岩波少年文庫

アニメ「ガンバの冒険」の原作。ちょうど中一になったときにアニメの再放送が始まって、
あわせてこの原作も読んだ。
装丁が児童文庫だったので中学に上がったいまさら買うのがためらわれたが、
読んでみるととても面白かった(当時)記憶がある。
続編として「ガンバとカワウソの冒険」、番外編で「グリックの冒険」もあり。

24 :無名草子さん:04/03/02 22:53
詩集なら谷川とか。
僕らは朝をリレーするのだとCMでやっているのを聞いて、
詩なんかに縁のない旦那が「いいな、これ」って言っていた。

25 :無名草子さん:04/03/02 22:56
ライ麦畑とジャズカントリーはガキのうちに読め

26 :無名草子さん:04/03/02 23:01
水上勉「ブンナよ、木から降りて来い」

27 :無名草子さん:04/03/02 23:24
山川方夫「夏の葬列」
以前あった「文學界」の国語教科書特集によると
「夏の葬列」を採用してる教科書が一冊(一社)になってた。
哀しい事だ。これも時代の流れか。

>>23
夏休み前になると、俺の中学校でも推薦図書リスト配ってたな。

28 :無名草子さん:04/03/02 23:43
推薦図書を読むガキは信じられん

29 :しょうへい:04/03/02 23:48
 俺、中二だけど、読書好きだよ。俺としては、今話題の「蹴りたい背中」と、「蛇にピアス」がお勧め!読んでみたけどおもしろかったし。それに中学生って今ブームのものとか好きだしね。

30 :無名草子さん:04/03/03 00:08
>>24
谷川俊太郎もいいね。大岡信はどう?
ちょっと背伸びしたければ田村隆一とか。
瀧口修造は・・・ちょっと中学生には難しいかな?

谷川俊太郎で思い出した。
武満徹の「系図」小澤征爾指揮サイトウキネンオーケストラ、遠野凪子・朗読
のCD(Philips)を、授業で聞かせるとか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FEXN/qid=1078236830/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/249-1869694-8269142
ただし谷川の原作本での一人称は男の子で「僕」だったのが、
武満の希望により主人公が女の子になり「わたし」に置き換えられている。
海外版のCDだと英語なので注意。こちらは小澤の娘、小澤征良の英語朗読。

31 :無名草子さん:04/03/03 00:13
高橋新吉 山之口獏 金子光晴

32 :無名草子さん:04/03/03 00:29
萩原朔太郎 中原中也 高村光太郎

33 :1:04/03/03 03:08
1です。レスくださった方、どうもありがとうございます!
さっそく参考にさせていただきます。

児童書板のほうにも同じスレ立てました。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1078250131/l50

少しでも、本の好きな子を増やせればなあと思います。
まだまだ、ご意見、おすすめの本など、お待ちしています。

34 :無名草子さん:04/03/03 03:10
マルチじゃないの?

35 :無名草子さん:04/03/03 04:34
>>35
まーそーいうなって。
>>1センセも、後日授業風景や指導要綱の報告求ム。
これでホントに反映されたら、祭り?

36 :無名草子さん:04/03/03 04:35
レス版間違えた、>>34ね。

37 :無名草子さん:04/03/03 07:04
まず、絶対に純文学は避けて欲しいな。
本との最初の出会いは、楽しい本でなければならない。
たとえ奥が深く、文章が美しい本でも、内容が小難しい本は絶対駄目。

海底二万里とか月世界旅行とかドリトル先生航海記とか、SF風味の児童文学はどうかな?
相手が幼稚園〜小学生時代まったく活字に親しんでいない中学生なら、このへんから
読ませてみるといいんじゃないかな。
大人になってから読んでも楽しい本だし、活字に親しんでいる子にも喜ばれると思います。

今の活字離れって、学生時代の読書感想文の課題図書が引き起こしています。
読書=苦痛の図式が、読書感想文で出来上がるんです。一生影響します。
>>1さんが教師なら、これ、必ず頭の隅に置いといて。


38 :無名草子さん:04/03/03 07:26
普通に「ハリー・ポッター」読ましとけば?

39 :無名草子さん:04/03/03 11:26
「隣りの家の少女」

40 :無名草子さん:04/03/03 13:38
児童書板から、お返しします。

バカめが。オマエ自身に沢山の読書経験がなく、沢山の他人に勧められるほど、本を知らないってだけじゃないか。
でなきゃ、学校の図書室にある本の1割も読んでないってことだろうが。

>1のように、他人が読ませたい本を、
>2のように、読ませようとするから、当然活字離れが大量生産されたんだよッ!

その親に育てられた第二世代だ。本を読むわけなかろ?
ってか、なーにが活字離れだよ。なに現実から目をそむけてるんだよ。昔は子供がもっと本を読んでたってんなら、その証拠を見せてみろ!
だいたいなんだよ、その他力本願は! 本ってのは自分で選んで読むもんだよ!
「先生が選んでくれた本、しかも実は先生すら読んだことがなく、先生が面白いと太鼓判すら押せない本」で、なに期待してんだよ!

まず赴任する中学校の図書室にいって、どんな本があるか読んでこい!
どーせ学校の図書購入費なんて知れてるんだから、新しいタイトルなんぞ知ったって、読ませられんぞ!

自分で選べないってなら、いっそ選ぶな!
この板で名前が出てる本、全部がお勧めだ!
理由なんか気にするな!
作家名や絶版かどうかや、お勧めな点を、他人に調べてもらったり、
まとめてもらったりするな! んなもんは書店サイトみたり、スレ
を読めばわかるわい!

この手抜き教師が!




41 :無名草子さん:04/03/03 13:40
ははは、実際に子供を介して教師とつきあっとる本好きの連中は、手厳しいね。


42 :無名草子さん:04/03/03 13:41
中学生ならやっぱり いちご同盟 ですかね


43 :無名草子さん:04/03/03 15:15
「性ってなあに?」

44 :無名草子さん:04/03/03 15:47
児童書板の住人は、おおむね厨房になる前に本にはまった連中で、その
実際の経験から「推薦図書」と聞いただけで、つまらん本の可能性が高
いと判断するんだよ。
本好きの厨房にとって、教師なんて読書の敵でしかないからな。

で、ここで出ているタイトルのいくつかは、実際ズレてるよやっぱ。
本嫌いを作りたいなら別だけどさ。

児童書板のレスは手厳しいが、しかし真実だね。



45 :無名草子さん:04/03/03 18:20
40の言う通りだね。でもマジレスすると、南条あやの「卒業式まで死にません」だったかな?みたいな本もいいと思うよ

46 :無名草子さん:04/03/03 19:16
>>40の意見も最もかと。
つーか>>1はここで挙がったタイトルを子供に勧める前に自分で一度は目に通すんだろうな?当然。
スレ立ててお伺いする以上、出てきたタイトルは可能な限り全て読むのが原則。

>バカめが。オマエ自身に沢山の読書経験がなく、沢山の他人に勧められるほど、本を知らないってだけじゃないか。
>でなきゃ、学校の図書室にある本の1割も読んでないってことだろうが。

これについては100%的を得ているとは言いがたい。
>>1が本を読み始めたのが小中学校ではなく高校大学からならもっと固い本を読んでいるだろうし、
あるいは文学よりもノンフィクションを読む比率が高い人もいる。
(余談だが推薦図書には文学のみならずノンフィクションも混ぜるべき。)
小中学校の頃だとしてもマセガキだったとすればいきなり漱石や鴎外から読んでいる可能性もある。
その場合、児童書に知識が無いという可能性もある。
いくら2chとはいえあまり他人を頭ごなしにこき下ろすのもどうかと。

>だいたいなんだよ、その他力本願は! 本ってのは自分で選んで読むもんだよ!

そうかも知れんが最初はある程度の指針も必要。
「推薦図書一覧」も抵抗ある人は多いかも知れんが、参考になるのは事実。
でも当然のことながら、推薦する人は自分がその本を隅々まで知ってから
推薦しなければ意味が無い。

47 :無名草子さん:04/03/03 19:17
おまんこからしたたるすっぱくてチーズみたいな本


48 :無名草子さん:04/03/03 20:27
>(余談だが推薦図書には文学のみならずノンフィクションも混ぜるべき。)

いっぱいあるが?
戦争の悲惨さを伝えるとかいう、ものすげーグロティスクな本が、
これでもかってぐらい。
あとボランティアとか、エコロジーのやつとか。

本、嫌いにさせたいんだろーなやっぱ

49 :無名草子さん:04/03/03 20:33
小学生日記
普通の中学3年生が書くレベルのエッセイだよ

50 :無名草子さん:04/03/03 21:06
川端とか灰谷とかそこらへん

51 :無名草子さん:04/03/03 21:55
「きぼん。」とか書く国語の先生はいやだ。

52 :無名草子さん:04/03/03 22:19
>>46
全てに同意。

53 :無名草子さん:04/03/04 01:44
◆アイザック・アシモフ「われはロボット」
ロボット三大原則などSF入門の決定版。

◆ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)「怪談」

54 :無名草子さん:04/03/04 03:38
1の感想が入るわけでもなく子供に紹介した報告が入るわけでもなく
紹介者のレビューが入るわけでもなく、ただ羅列されていくな。書名が。

質問スレで聞くとか雑談で振るとかで良かったんじゃないの?先生。

55 :無名草子さん:04/03/04 04:43
スレ主は、まじめになんか質問してない、いやまともに質問する能力がない。

1の>>2-5 補足など って、補足なんて5までないじゃん。
しかも後から作った児童書板のスレでも、同じことやってんだぜ?

こんなやつに本を教えたって、無駄じゃないの?


56 :無名草子さん:04/03/04 04:47
中学一年生の女子に俺の自慢のペニスを見せ付けたい

57 :無名草子さん:04/03/04 07:43
>>54-55
禿堂。てかこんな奴が教師をやってるということが疑問。早く首吊って氏ね>>>1

58 :無名草子さん:04/03/04 10:11
なんか一部妙に攻撃的だけど、ま、気にすんな。
鬱屈を2chで解消してる人がたまたまこのスレみつけただけだから。

子供の活字離れをなんとかしようっていう試みは有意義なことだよ。

59 :無名草子さん:04/03/04 10:27
しかし>>1もスレを立てて意見を募った以上、
せめて挙げられた本について買ったとか図書館で借りたとか
本屋を物色したとか、そういう努力くらい報告するくらいのことを
しても良いと思うぞ。
まあ毎日毎晩2chにへばりついている人間ばかりじゃないから、
そのうち>>1の事後報告を楽しみにしよう。出来れば数日中に。

60 :無名草子さん:04/03/04 10:28
参考。類似スレ

最近本読み出した高校生はなによめばいい?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1016472742/l50

61 :無名草子さん:04/03/05 10:36
今朝古紙回収にゴミ捨てに行ったら、中3の国語教科書が捨ててあるのを発見。
このスレのことを思い出し、思わず拾ってきて読んでみた。奥付から見て今年度の教科書。
当時と大人の今とでは全然理解度が違う分とても面白かった。
椎名誠や俵万智が載ってるのは意外だったが、これも今の時代なんだろうな。
魯迅や島崎藤村は漏れの時代と変わっていない。
しかしその捨て主、相当のサボり屋だったらしく教科書のいたるところに落書きがある。
漏れらの時代もよくやったページ隅のパラパラ漫画やRPGの武器(よくある剣や盾)の絵は
もちろんのこと、

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オマエモナー
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

とまで書いてあるのには苦笑。(しかしこのAAあまりに古すぎないか?)

62 :無名草子さん:04/03/06 12:06
もはや2ch脳です。

63 :無名草子さん:04/03/06 13:38
「希望の国のエクソダス」by村上龍(文春文庫)
教師としての立場無くなるかもしれんけど、教師だからこそ勧めてほしい。

64 :無名草子さん:04/03/06 14:00
「悪魔のドクドクライスカレー」

65 :無名草子さん:04/03/06 14:48
のらねこソクラテス

宿題ばっかり出す先生を、ネコが懲らしめる話

66 :無名草子さん:04/03/06 22:32
リアルで厨1なので今までに読んだ本を↓

 「注文の多い料理店」宮沢賢治 紙芝居が面白かったので
 「リング」鈴木光司 映画と設定結構違ってて面白かった。
 「呪怨1/2」大石圭 読みやすい。ワンパターンであまり恐くないかも。
 「ミス」赤川次郎 とにかく面白くて、読むのが遅い自分でも一気に読み終えてしまった。
 「ブギーポップは笑わない」上遠野浩平 面白かったけど、電撃文庫を手にとるのはこれが最初で最後かも。
 「69 sixty nine」村上龍 映画化の話を聞いて初めて買った村上龍の本。これもかなり面白かった。
 「ガンバルモンカ」辻仁成 一編が短いし、安いからおすすめ。一昔前の高一チャレンジに載ってたらしいです。
 「サヨナライツカ」辻仁成 感動でページが濡れちゃった。
 「死ぬまでにしたい10のこと」ナンシー・キンケイド 訳がおかしい気が。
 「Deep Love アユの物語」yoshi 評価が見事に割れてて気になった本作。AIDSについて誤って書かれていますし、誤字もあります。教育資料として取り上げている学校もあるようですが、やめた方がいいと思います。
 「57577 go,city,go,city,city!」枡野浩一 短歌とコミックのナイスマッチ。小説じゃないけど、おすすめ。
 「ハッピーロンリーウォーリーソング」枡野浩一 写真と短歌。こっちもおすすめです。
 「白い部屋で月の歌を」朱川湊人 最初はごく普通の話ですが、ラストで一気に恐くなります。性行為も美しく描かれていて、いい感じ。
 「とんでろ じいちゃん」山中(名前分からず) 初めて感動で泣いた本。違うタイトルで映画になってます。
 「ハリーポッターシリーズ」J.K.ローリング 七巻もあってさすがにちょっと…けど面白いから三巻からすっ飛ばして七巻を買ってしまおうと思っています。
 思い出せる限りでこれくらい。読んでる途中のはいっぱいあります。

67 :無名草紙さん:04/03/06 23:09
今現役厨房(2年)です。
中学生の児童書といえばやはり森絵都でしょう!
森作品ならばほぼハズレなし・・・と思います。
あとあさのあつこのバッテリーシリーズ。一巻はもう文庫になっているハズ。
ところで、僕は以前図書委員をやっていて、かなりの本好きなのですが、
スレをたてるよりももっと近くにいる生徒達の意見を聞いてはどうかと思います。
委員会では委員が選んだ本などを新しく購入してもらったりしたんですけど、
なかなか評判良かったですよ。先生も生徒からおススメの本を借りたり・・・。
同じ他人ならばまず生徒に聞くほうが絶対楽しいですよ。

68 :無名草子さん:04/03/06 23:12
中一、中二でそんなに読んでわけ?異常ですね。

69 :無名草紙さん:04/03/06 23:15
まわりから本馬鹿、プチ書店員の称号を頂きました。
でも異常とは言われませんよ。

70 :無名草子さん:04/03/07 00:05
そう?いかにも中学生でも読みやすそうなものばかりだし、
妥当な感じがしたんだけど。

71 :無名草子さん:04/03/07 03:52
リア厨なら「奪取」読んで偽●造りにチャレンジ・・・







は絶対にしないように!

72 :無名草子さん:04/03/07 08:45
別におかしくないよ。小さいときから本を読んでたらそんぐらいにはなる。
この板のほとんどの人はそんな幼少を過ごしたんじゃないのかな。

73 :無名草子さん:04/03/07 09:38
>>67
森絵都はいいね。児童文学作家だっけ。
DIVE!とかは中学生にもいいかもね。スポ根小説。

74 :無名草子さん:04/03/07 11:57
俺は中学生のとき井上ひさしとか筒井康隆読んでた。
小学生にならケストナーを推薦する。

75 :無名草子さん:04/03/07 13:25
自分は中学生のとき、家畜人ヤプーを読んだなあ。
だってふつうに、図書館にあったからさ。

76 :無名草子さん:04/03/07 14:24
お前、ただ者じゃないな。敬意を表す。

77 :無名草紙さん:04/03/07 21:50
67の現役厨房です。
>>75家畜人ヤプーってミ板でもスレあって、
読みたくて探しているのですが作者、出版社もろもろ全部不明で困っています;;

最初異常だって言われてちょっとショックだったんですけど、
後のスレを読んで回復しました!!ありがとう。
ところで疑問なのですがこのスレをたてた方はどうなさっているのでしょう?
気配がありませんよ??

78 :無名草子さん:04/03/07 23:04
ねぎま!の本屋かわいいよね。意外とおっぱいあるし

79 :無名草子さん:04/03/08 01:00
漏れは自分の子にドグラマグラを読ませたい

80 :無名草子さん:04/03/08 01:54
/////////////////////////////////////////////////////////
本日発売 赤旗日曜版3月7日号 創価ヤフーBB事件特集号 
http://www.jcp.or.jp/akahata/week/
■ヤフーBB事件の闇・恐喝未遂で逮捕された創価学会の幹部

 インターネット接続業界第一位の「ヤフーBB」で起きた、
史上最大の452万人もの顧客情報流出事件が衝撃を与えています。
流出規模の大きさとともに、流出したデータを悪用して会社を恐喝しよう
とした容疑者の正体(創価幹部)が意味するものは。大手新聞が書かないタブーを報じています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/week/sunday3-7top.jpg (竹岡容疑者の顔写真など)

赤旗日曜版(200円)が購入できる場所〜各地区委員会にいけば、購入できる
(東京都内の地区委員会リスト)
http://www.jcp.or.jp/jcp/address/tiku_add/tokyo_.html
(全国都道府県別の地区委員会リスト)
http://www.jcp.or.jp/jcp/address/tiku_add/
http://www.jcp.or.jp/akahata/address-sokyoku.html

また、郵送購入も可能だろう。

国会で、もっと取り上げて欲しいかたは、各議員に電話・メールしる!

衆議院議員9名:
http://www.jcp.or.jp/diet/syu-giin.html
参議院20名:
http://www.jcp.or.jp/diet/san-giin.html

「450万人」のユーザーが注目する事件なので、貴誌でもトップ面で特集すれば売れますよん
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

81 :無名草子さん:04/03/08 12:38
>>77
幻冬社から出ている。自己責任で読んでくれ。

82 :無名草子さん:04/03/08 15:12
正直にいえば正常な恋愛観やセックス観ができあがる前に
ヤプーを読むのはオススメしない。

83 :無名草子さん:04/03/09 20:51
>>79
66ですが読んでます、上巻。しかも角川文庫のやつ(w

84 :無名草子さん:04/03/13 17:04
家畜人ヤプー って、そんな有名?

85 :無名草子さん:04/03/14 01:25
>>1はスレ立て逃げ

86 :無名草子さん:04/03/14 14:08
>>84
江川達也の漫画にもなっとる。漫画も幻冬社
三島由紀夫も誉めてたんじゃなかったっけ?

87 :66:04/03/21 01:44
村上春樹「海辺のカフカ」読み始めました。読みたい本は出てくるけど、追いつけない・・・。
今「模倣犯」も読みたいです。
前に言っていたドグラ・マグラ、読み終わったときの自分はどんなだろうと不安になります。
amazonレビュアーのレビューとか見てると。

88 :無名草子さん:04/03/22 00:41
リア厨2です。
森博嗣、京極夏彦、有栖川有栖、
おーなり由子、山田詠美、夢野久作、太宰治、夏目漱石とか読んでます。
夢野はドグラ・マグラ、少女地獄が有りますが読めてない状況。
最近は青空文庫でアンデルセン、中原中也、
ドフトエフスキー、小熊秀雄落としました。(大半未読)
芥川にも興味あります。

>66さん
ドグラ・マグラ中々読めないよね、自分も稀に見るローペース。。

つか正統派にミヒャエル・エンデとかもどうでしょ。

89 :無名草子さん:04/04/02 22:16
だからこの糞教師は立て逃げだって。
こんなのばっかだから日本の教育が腐るんだよ。
行く末はせいぜい中一女子に手を出してタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!だろうけどな。


   ★☆★☆★☆★☆★ 終  了 ★☆★☆★☆★☆★

90 :無名草子さん:04/04/14 22:19
ズッコケ三人組なんてどう?

91 :ポュキー:04/04/15 10:08
13歳のハローワーク
盲導犬のクィールの一生

92 :無名草子さん:04/04/15 22:11
厨3です。

図書室においてある本は良いものがあります。
「カラフル」はサクッと読める。読書嫌いでも。
青木和雄さんの本も良い。『ハートボイス』『ハードル』は良い話です。
小・中学生向きですが、感想文にも最適です〜

93 :無名草子さん:04/04/16 09:30
>>1
次の二冊を「最適な教育現場での教科書」としてお勧めする。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344001869/qid=1082075156/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-0566506-7113012
*マネーロンダリング(橘玲著:幻冬舎)
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/406cc3643474e0104652?aid=&bibid=02425368&volno=0000
*小説地下銀行(車田康明著:新風舎)
いずれも「子供の教育」に最適だ。子供の頃から「お金の大切さ」を
教えるのも学校教育の基本。しっかり教えてやるべきだと思う。

94 :無名草子さん:04/04/30 09:20
麻意ね死ぬのがこわいの

95 :無名草子さん:04/04/30 11:14
ソドム120日/マルキ・ド・サド



96 :無名草子さん:04/04/30 18:00
リア工房です
今までよんだ一部を羅列
「秘密」「白夜行」「幻夜」「分身」東野圭吾(秘密はおすすめ、白夜〜と幻〜は一気に読める
「奪取」「ホワイトアウト」真保なんとかって人(奪取はよくないかも・・・
「バトルロワイアル」高見広春(ちょっと衝撃強すぎ
「屍鬼1〜5」小野不由美(残酷な表現もあるけど面白かった
「白い巨塔1〜5」山崎豊子だっけ?(じっくり読むと面白い
「砂の器上下」?(あんまり面白くなかった
「炎都」「禍都」「遙都」「宙都1〜3」柴田よしき「のめり込むととまらなくなる
「慟哭」貫井徳郎だっけ?(ラストは仰天です
「最悪」奥田英朗(見事な書きっぷり。でもラストはちょっと・・
「半落ち」横山秀夫(悲しい・・・でも面白いです
「青の炎」貴志祐介(いいんですけど映画みるとかなりがっかりします
「リング」「らせん」「ループ」「リング0〜バースデイ〜」(ループは読まないほうがいい

中一に↑これらを読ませるのはいいんだか悪いんだか・・(;・∀・)
まぁ宮崎とか読ませればいいんじゃないですか?


97 :ぼこす:04/05/02 04:45
現代ヤクザに学ぶ最強交渉に処世術・夏原武著

一般の企業でさえ市場原理主義(弱肉強食)になりつつある。
つまり堅気の人間もヤクザ化しつつあるわけ、そんなら今の内からヤクザのテクニックを学んだ方が良い。
彼らは暴力が背景にありまた死ぬ覚悟ねえよ、というあなたに薦める。ここ最近の風潮である図解をとりいれ、また、物語・ストーリーで構成されており暇つぶし、消費型の読書としてもいいだろう。
住吉会の最高幹部インタビュー・若手ヤクザの対談、すぐ実行に移せる事ばかりが載っておりなんともおいしい一冊。スピード感があり一気に読ませてくれる。
仕事に人生に強いあなたになる事約束できますよ。

                                               

98 :無名草子さん:04/05/02 17:02
中一には、船戸与一の『山猫の夏』か『猛き箱舟』を読ませるべし。

99 :無名草子さん:04/05/02 18:26
『キャンディ』(テリイ・サザーン・高杉麟訳 角川文庫 絶版)
何回これで抜いたことか・・・。


100 :無名草子さん:04/05/02 18:41
絶版本を薦めるなよ

101 :無名草子さん:04/05/02 20:00
兎の眼〜灰谷健次郎

102 :無名草子さん:04/05/02 23:58
花村萬月の「二進法の犬」なんてどうだい?

103 :無名草子さん:04/05/03 00:08
痴人の愛
檸檬
白痴

104 :無名草子さん:04/05/03 00:36
冨増寛和「ある10代の日記」(文芸社)
同じ10代の思想が凝縮されているから
考えるところが多いと思います。

105 :無名草子さん:04/05/03 00:51
森絵都のは是非読んでもらいたい。
「宇宙のみなしご」「カラフル」「月のふね」
月のふねはどちらかというと三年生に読んでもらいたい。
大人になるのを恐怖したり、将来への不安とかがいい話

ライトノベルなら、今はなきレモン文庫の「お嬢様シリーズ」とか。
入手困難だが、ギャグもテンポもシリアスもいい。
倒錯恋愛に走る可能性もあるが

106 :無名草子さん:04/05/03 01:24
高野悦子の『二十歳の原点』

107 :無名草子さん:04/05/03 07:11
児童文学なら魚住直子や佐藤多佳子もぜひ。
肉親もふくめて、他人との縁がどのように
自分に作用するのかを思い返してもらえれば。

自分の経験なら、チェ・ゲバラの日記や伝記。
「こんなオトコになりたい!」と打ち震えた。

108 :無名草子さん:04/05/03 07:39
曲亭馬琴『南総里見八犬伝』

109 :無名草子さん:04/05/03 12:40
俺は、荒畑寒村自伝に心踊った消防だったぞ。

110 :無名草子さん:04/05/03 15:51
以前、1年間だけ中高一貫の学校に講師として勤めていたことがある。
夏休み前に校内誌で「一年生のために−先生が選ぶ夏休みの読書」なんて特集があって、俺もお薦めの本を選ぶハメになったのだが、そのときは『岩波文庫総目録』を挙げておいたよ。

111 :シンクタンク・ヒデキワダ・オンエンスチュワート:04/05/08 15:40
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   ,――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /ーー●ーー●ー
  (6       つ  |
  |      ___  | なんや兄ちゃん元気あるじゃねえか... 和田本どこの書店にあるの? 
  |      /__/ /   
/|         /\

112 :無名草子さん:04/05/08 22:34
とりあえず漏れの読んだ本の中では
児童書
「ドリトル先生シリーズ」「ズッコケ三人組」
ただ中一相手では幼すぎるな。
小学低学年ぐらいから読んだほうがいいと思う。
一年生でも何とかなる内容。
ラノベ
「魔術師オーフェンはぐれ旅」
今のラノベ界の中でもまだまともな文章と内容だと思う。
ラノベは活字に慣れるという意味ではそれなりに有用。
慣れておけばそのまま一般向け大衆娯楽書籍にすんなり入れる。
一般向け
「こらっ!」中島らも
こんな見方もあるんだ、と。
いきなりこれを読むと頭が危険思想に染まりかねないので注意が必要。
難解
カフカをあげておく。

113 :高2ちゃん:04/05/09 19:20
『世界の中心で、愛をさけぶ』をお勧めします 心が豊かになりますよ きっと

114 :無名草子さん:04/05/09 19:48
>>113
あまり、釣れないみたいですな…(w

115 :無名草子さん:04/05/09 20:14
普通に「坊ちゃん」だと思うんだけどガイシュツですか?

116 :無名草子さん:04/05/09 20:15
吉川英治の宮本武蔵もいいと思う。
司馬遼太郎の竜馬がゆくとか。

117 :無名草子さん:04/05/09 21:50
当方厨3です。
新潮45編集部編「殺ったのはおまえだ」「殺人者はそこにいる」「その時殺しの手が動く」
小林泰三著「家に棲むもの」「玩具修理者」
吉村達也「ケータイ」「踊る少女」
小松左京「復活の日」
吉村昭「破獄」
赤川次郎「さよならをもう一度」
村上龍「限りなく透明に近いブルー」等々、、、
読書に目覚め出したのはここ2ヶ月ぐらいなので家にあるものを適当に読んでいます。
文字に起こすと節操ないですね。


31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)